空 気 を 読 む 行 為 は 社 会 的 コストを 判 断 基 準 とした 選 択 の 結 果 で 戦 略 補 完 的 であるのに 対 し 他 の 同 調 行 為 は 社 会 的 コストが 伴 わない 状 態 での 選 択 の 結 果 であるとする ここでアッシュの 同 調 実 験 を 紹 介 し

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "空 気 を 読 む 行 為 は 社 会 的 コストを 判 断 基 準 とした 選 択 の 結 果 で 戦 略 補 完 的 であるのに 対 し 他 の 同 調 行 為 は 社 会 的 コストが 伴 わない 状 態 での 選 択 の 結 果 であるとする ここでアッシュの 同 調 実 験 を 紹 介 し"

Transcription

1 戦 略 的 補 完 的 行 動 と 震 災 後 の 自 粛 行 為 慶 應 義 塾 大 学 経 済 学 部 大 垣 昌 夫 研 究 会 研 究 グループ1 班 岡 寛 樹 高 橋 寛 行 高 橋 芳 明 瀧 本 理 沙 子 布 施 宏 規 * 要 旨 * 昨 年 の 東 日 本 大 震 災 直 後 自 粛 の 名 のもとに 企 業 はこぞって 営 利 目 的 の CM の 放 送 を 取 りやめ また 各 方 面 でイベントや 行 事 は 次 々と 中 止 された だが 自 粛 ムード の 中 で 果 たして 私 たち は 本 当 に 喪 に 服 し 被 害 者 を 弔 う 目 的 で 自 粛 を 行 ったのだろうか 我 々の 研 究 グループで は 空 気 を 読 む という 行 為 に 現 れる 戦 略 的 補 完 性 を 独 自 に 定 義 し 一 連 の 自 粛 行 為 が 本 来 の 目 的 とは 離 れた 空 気 を 読 む = 社 会 的 コスト 回 避 のための 行 為 であったと 考 えた アンケ ートによるデータ 集 計 の 結 果 ある 行 為 に 伴 う 社 会 的 コストを 大 きく 見 積 もる 人 ほど 自 粛 行 為 の 必 要 性 を 感 じているという 予 測 を 立 てることができた あくまで 相 関 関 係 を 確 認 したに 過 ぎな いが 日 本 人 の 根 底 にある 空 気 を 読 む という 美 意 識 が 震 災 後 の 自 粛 過 剰 化 の 一 つの 原 因 で あったということは 出 来 るのかもしれない *はじめに* 自 粛 による 第 5の 被 害 = 経 済 的 な 損 失 は 大 きく 外 食 産 業 耐 久 消 費 財 の 大 幅 な 売 上 減 退 を 招 いた 我 々が 自 粛 という 行 為 に 興 味 を 持 ったのは 一 連 の 行 為 が 明 らかにホモ エコノミカス の 視 点 から 見 て 不 合 理 であったからだ マクロ 経 済 では 需 要 の 冷 え 込 みは 最 終 的 に 国 民 所 得 の 減 退 を 引 き 起 こすとされる 上 に 自 粛 に 伴 う 機 会 費 用 も 非 常 に 大 きかったはずだ なぜこうい った 限 定 合 理 的 な 行 為 が ムード あるべき 姿 として 日 本 を 席 巻 したのだろうか もちろん 自 粛 行 為 には 被 害 者 を 弔 うという 目 的 が 第 一 にあるだろう 日 本 はもちろん 世 界 中 で 同 胞 の 死 を 悲 しみ 喪 に 服 するという 文 化 がある 中 で それを 否 定 することは 難 しい その 一 方 で 第 5の 被 害 とまで 言 われる 一 連 の 自 粛 行 為 は 明 らかに 過 剰 であり 本 来 以 上 の 目 的 が 潜 んでいる と 思 わずにはいられなかった 本 研 究 は この 過 剰 な 自 粛 行 為 をもたらした 原 因 を 究 明 すること を 通 じて 日 本 人 の 持 つ 世 界 観 哲 学 美 意 識 の 一 部 を 明 らかにすることを 主 旨 としている 限 定 合 理 性 をもたらす 日 本 人 の 感 覚 の 実 態 を 明 らかにすることは 行 動 経 済 学 の 使 命 であり 本 研 究 が 日 本 人 的 感 覚 と 経 済 行 動 の 関 係 性 を 探 る 上 で 今 後 の 行 動 経 済 学 上 重 要 な 意 義 を 持 つものと 期 待 している * 同 調 空 気 を 読 む 戦 略 的 補 完 性 * 日 本 人 の 特 質 として 空 気 を 読 むという 行 為 が 頻 繁 にとりあげられる ことなかれ の 発 想 で 周 囲 に 同 調 することにより 自 分 の 社 会 的 ポジションを 維 持 するという 行 為 である 空 気 を 読 ま ないと 周 囲 からバッシングを 受 けたり 場 の 雰 囲 気 が 悪 くなるなどの 罰 を 与 えられる ここ で 空 気 を 読 む ということを 明 確 に 定 義 するため 戦 略 的 補 完 性 に 触 れつつ 他 の 同 調 行 為 との 違 いを 明 確 化 しておく 本 研 究 では 戦 略 補 完 的 な 行 動 を ある 行 為 に 伴 う 社 会 的 コストの 大 小 を 見 積 もり コストを 避 けることを 行 動 規 範 とした 結 果 周 囲 に 同 調 することを 選 択 する 行 為 として 定 義 する 故 に

2 空 気 を 読 む 行 為 は 社 会 的 コストを 判 断 基 準 とした 選 択 の 結 果 で 戦 略 補 完 的 であるのに 対 し 他 の 同 調 行 為 は 社 会 的 コストが 伴 わない 状 態 での 選 択 の 結 果 であるとする ここでアッシュの 同 調 実 験 を 紹 介 しておこう この 実 験 ではモデルとなる 棒 が 見 せられ 被 験 者 はいくつかの 選 択 肢 の 中 から モデルの 棒 と 同 じ 長 さの 棒 を 選 ぶ 正 解 は 一 目 瞭 然 なのだが ア ッシュはここでサクラを 数 人 用 意 し そのサクラ 全 員 に 間 違 った 選 択 肢 を 選 ばせると 多 くの 場 合 被 験 者 もその 選 択 肢 を 選 ぶ 日 本 人 は 空 気 を 読 む 習 慣 があるので 一 見 するとサクラに 同 調 する 傾 向 が 他 民 族 よりも 強 いように 思 えるが 実 際 はむしろその 傾 向 は 弱 く 個 人 主 義 敵 民 族 として 知 られるアメリカ 人 と 同 等 のものだったということが 報 告 されている この 結 果 は 社 会 的 コストの 伴 わない 同 調 行 為 は 空 気 を 読 む 行 為 とは 異 なる 性 質 を 持 つ ということができる ここで 注 意 されたいのは 空 気 を 読 む 行 為 もあくまで 同 調 行 為 の 一 部 であるという 点 だ ここで は 同 調 行 為 のなかでも 戦 略 的 補 完 的 なものを 空 気 を 読 む 行 為 戦 略 補 完 的 でないものを 単 なる( 他 の) 同 調 行 為 と 呼 んでいる * 自 粛 と 空 気 を 読 む 行 為 * 先 ほどの 定 義 を 前 提 として 本 研 究 では 空 気 を 読 むという 社 会 的 規 範 及 び 行 為 が 自 粛 の 過 剰 化 をもたらしたという 仮 説 を 立 てた つまり 空 気 を 読 もうとする 人 ほど 自 粛 行 為 の 必 要 性 を 感 じ ているという 相 関 関 係 があるという 仮 説 である 空 気 を 読 む 行 為 と 自 粛 に 対 する 意 識 に 正 の 相 関 関 係 が 見 られれば 社 会 的 コスト 回 避 が 自 粛 過 剰 化 の 原 因 の 一 つであった 可 能 性 を 示 すことがで きる そこで 我 々の 研 究 グループでは アンケート 調 査 で 得 たデータを 回 帰 分 析 することで こ の 相 関 関 係 の 有 無 を 明 らかにしようと 試 みた *アンケート 調 査 の 概 要 * アンケート 調 査 では8つの 質 問 を 用 意 した そのうち6つは 空 気 を 読 む 行 為 に 関 する 質 問 残 り 2つは 自 粛 行 為 についての 質 問 であり 前 者 は 説 明 変 数 後 者 は 被 説 明 変 数 を 導 出 するための 質 問 である 質 問 の 内 容 は 後 ほど 記 す 被 験 者 は 学 生 が 中 心 で 計 94 人 に 対 して 紙 媒 体 で 実 施 し た 自 粛 に 関 する 質 問 は 震 災 直 後 を 仮 想 したアンケートであったため 震 災 後 に 企 画 の 中 止 等 の 自 粛 行 為 をするかどうか という 選 択 に 実 際 に 迫 られた 経 験 のある 人 を 対 象 とするのが 理 想 であ ったが アンケート 実 施 期 間 が 短 かったため 対 象 者 の 選 別 が 難 しく 学 生 中 心 の 実 験 となってし まった *アンケートの 内 容 * 質 問 は6つが 空 気 を 読 む 行 為 に 関 するもの 2つが 自 粛 行 為 に 関 するものである 同 調 空 気 を 読 む 戦 略 的 補 完 性 で 述 べたように 被 験 者 がどれほど 空 気 を 読 むことを 重 視 しているか というのは 被 験 者 がその 行 為 に 対 してどれだけの 社 会 的 コストを 見 積 もるかに 応 じると 考 える そのため 空 気 を 読 む 行 為 に 関 する 質 問 は 集 団 行 動 のなかで 起 こりうる 出 来 事 に 対 し 被 験 者 が 空 気 を 読 まない 行 動 をとった 時 にどれくらいの 損 失 があると 考 えるか そうすることにどれ くらいの 抵 抗 を 感 じるか を 数 値 化 するものとした 選 択 肢 は1~5からなり 数 が 大 きくなる ほど 損 失 を 大 きく 見 積 もり より 大 きな 抵 抗 を 感 じることを 示 している 自 粛 行 為 に 関 する 質 問

3 は 二 つ 用 意 したが 一 つはダミーとして 節 電 に 関 する 質 問 を 用 意 した 個 人 レベルで 節 電 をし なかった 場 合 でも 社 会 的 コストが 発 生 するとは 考 えにくいためである 二 つ 目 の 質 問 は 被 験 者 に 自 分 が 震 災 後 のイベントの 企 画 者 であると 仮 想 してもらい どれくらい 企 画 を 中 止 する 必 要 性 を 感 じるか というものである これも1~5まで5つの 選 択 肢 があり 数 値 が 大 きくなる ほど 必 要 性 を 強 く 感 じていることを 示 している 自 粛 に 関 する2つの 質 問 の 前 に 震 災 後 の 雰 囲 気 を 思 い 出 してもらうために 次 の 質 問 は 昨 年 の 東 日 本 大 震 災 後 の 自 粛 行 為 についての 質 問 です 震 災 後 企 業 の 営 利 行 為 や 市 民 の 娯 楽 は 不 謹 慎 であるとして 全 国 的 に 自 粛 ムード が 漂 いました テレビ CM は ACの 放 送 するもののみとなり 花 火 大 会 や 花 見 は 中 止 が 相 次 ぎました その 時 のことを 思 い 出 しながら 質 問 に 答 えてください という 注 意 書 きを 記 載 した * 質 問 一 覧 * * 空 気 を 読 む 行 為 に 関 する 質 問 * 1 新 しく 始 めたバイトは 給 料 が 良 く すぐになじむことができました そんな 中 あ なたは 今 より 給 料 の 良 いバイトを 見 つけました 自 分 の 気 持 ちは 給 料 の 良 いほうのバイ トに 傾 いていますが バイト 先 の 仲 間 はやめないでほしいと 言 っています そこで バ イトを 辞 め 給 料 の 良 い 新 たなバイト 先 に 移 動 することで あなたにどれくらいの 不 利 益 があると 思 いますか 2 新 たに 入 ったボランティアグループでおそろいものを 買 うことになりました 自 分 は 欲 しくない 買 う 必 要 はないと 感 じていますが それを 買 わないことによってどれく らいの 不 利 益 があると 思 いますか 3 新 社 会 人 として 就 職 したばかりのある 日 飲 み 会 が 開 かれました 1 次 会 が 終 わり 上 司 や 同 僚 は 全 員 2 次 会 に 参 加 するといっています 特 に 用 事 があるわけではありませ んが 自 分 は 行 きたくないと 思 っています そこで 不 参 加 を 選 択 した 場 合 自 分 にどれ くらいの 不 利 益 があると 思 いますか 4 あなたは 今 茶 髪 です 就 活 で 髪 を 黒 染 めしないことに 対 して どれくらい 抵 抗 を 感 じますか 5 不 特 定 多 数 を 相 手 にするネット 上 のやり 取 りにおいて 話 の 流 れを 無 視 した 発 言 コメントをすることによって 自 分 にどれくらいの 不 利 益 が 生 ずると 思 いますか 6 就 職 活 動 中 のグループディスカッションで 他 人 の 不 正 や 間 違 いを 指 摘 することに よって 自 分 にどれくらいの 不 利 益 があると 思 いますか 選 択 肢 1 全 く 不 利 益 はない 2あまり 不 利 益 はない 3どちらでもない 4やや 不 利 益 がある 5 非 常 に 不 利 益 がある ( 質 問 4は 不 利 益 という 言 葉 を 抵 抗 に 置 き 換 えて 質 問 をした )

4 * 自 粛 行 為 に 関 する 質 問 * 7 震 災 後 の 節 電 に 協 力 する 必 要 はあると 思 いますか 8 あなたが 幹 事 だったら 震 災 直 後 の 宴 会 や 飲 み 会 を 中 止 すべきだと 思 いますか ( 余 震 等 の 天 災 の 可 能 性 は 考 慮 に 入 れないでください) 選 択 肢 1 全 くそう 思 わない 2あまりそう 思 わない 3どちらでもない 4ややそう 思 う 5 強 くそう 思 う * 回 帰 分 析 の 結 果 * アンケート 結 果 を Excel を 用 いて 集 計 し 回 帰 分 析 を 行 った 正 の 相 関 関 係 の 見 られた 質 問 を 取 り 上 げ 得 られた 数 値 を 見 ていきたい 回 帰 分 析 では 説 明 変 数 となる 数 値 が 質 問 1~6 被 説 明 変 数 となる 数 値 が 質 問 8に 対 応 する 以 下 は 質 問 1 4 6についての 単 回 帰 分 析 の 結 果 である * 質 問 1* 質 問 1 係 数 切 片 X 値 * 質 問 4* 質 問 4 係 数 切 片 X 値

5 * 質 問 6* 質 問 6 係 数 切 片 X 値 以 下 は 質 問 1~6をまとめて 重 回 帰 分 析 を 行 った 結 果 である 質 問 1~6 係 数 切 片 X 値 X 値 X 値 X 値 X 値 X 値 (X 値 は 質 問 番 号 に 対 応 している) * 考 察 * 質 問 1 4 6について 正 の 相 関 関 係 が 見 られ 仮 説 に 対 して 整 合 的 であることがわかった こ れに 対 し 質 問 2 3 5については 整 合 的 な 結 果 を 得 ることができなかった この 原 因 につい て 考 察 したい これらの 質 問 は 六 つの 質 問 の 中 でも 特 にリアリティがあり 研 究 グループの 中 では 強 く 正 の 相 関 関 係 が 見 られると 期 待 していた 質 問 であった 従 ってこれらの 質 問 では 他 の 質 問 とは 異 なり 不 利 益 がある 前 提 で 選 択 肢 を 作 り より 正 確 に 被 験 者 の 見 積 もりを 計 ることが 必 要 だったのかも しれない 正 確 な 計 測 にはそれだけ 細 かい 選 択 肢 を 用 意 すべきだった ところが 実 験 での 選 択 肢 のうち 不 利 益 がある と 感 じた 際 に 選 べるのは 4やや 不 利 益 がある と 5 非 常 に 不 利 益 がある の 二 つのみであった 不 利 益 がある という 趣 旨 の 選 択 肢 を 細 分 化 することで 質 問 を 改 善 すれば より 正 確 に 被 験 者 の 心 情 を 反 映 し 我 々の 期 待 通 りに 強 い 正 の 相 関 関 係 を 観 察 する ことができるかもしれない 質 問 1 4 6に 関 しては 正 の 相 関 関 係 が 見 られたものの 質 問 1の 係 数 は0に 近 く 標 本 数 を 増 やした 時 に 同 じような 結 果 が 出 るかどうかはわからない

6 * 結 論 * 結 果 と 考 察 から ある 行 動 に 伴 う 社 会 的 コストを 大 きく 見 積 もる 人 つまり 空 気 を 読 むことを 重 視 する 人 ほど 震 災 後 の 自 粛 行 為 の 必 要 性 を 強 く 感 じている という 仮 説 が 正 しいということ は 言 い 切 ることは 難 しいが 質 問 内 容 を 改 善 すれば 仮 説 を 正 しいと 結 論 づけることができそうだ という 予 測 を 立 てることはできた 今 後 の 研 究 成 果 として 仮 説 の 正 しさを 裏 付 けることができれば 震 災 後 の 過 剰 な 自 粛 行 為 が 自 粛 の 本 来 の 目 的 から 離 れていってしまった 原 因 の 一 つが 社 会 的 コストを 避 けるための 空 気 を 読 む という 行 為 にあった ということができるだろう 震 災 後 の 自 粛 行 為 に 関 する 社 会 的 な 研 究 はそれほど 多 くない 本 研 究 とこれに 続 く 研 究 が 自 粛 ムード の 本 質 を 明 らかにすることにできれば 自 粛 過 剰 化 の 原 因 だけではなく 自 粛 の 本 来 あ るべき 姿 を 社 会 全 体 に 示 すことに 繋 がるのではないだろうか * 参 考 文 献 * 山 本 七 平, 空 気 の 研 究. 文 春 文 庫 Yohtaro Takano and Shunya Sogon, Are Japanese More Collectivic Than Americans? Journal of Cross-Cultural Psychology. Akarof, G.A. and R.E. Kranton, Identity Ecomonics. Princeton University Press, Princeton. 青 木 昌 彦, 経 済 システムの 進 化 と 多 元 性 - 比 較 制 度 分 析 序 説. 講 談 社 学 術 文 庫. 18. 横 山 隆 治 and 山 本 直 人, ポスト 3.11 のマーケティング- 企 業 は 消 費 者 はどうかわ るのか-. デジタルコンサルティングパートナーズ.

Microsoft PowerPoint - ■食生活調査2014・150303完成版_.pptx

Microsoft PowerPoint - ■食生活調査2014・150303完成版_.pptx 1 牛 乳 食 生 活 動 向 調 査 2014 改 めて 確 認 されたこと 新 しく 分 かったこと ~ 最 終 公 表 版 ~ 2015 年 3 月 3 日 目 次 3 P4 調 査 の 概 要 1. 牛 乳 飲 用 に 関 する 行 動 や 意 識 の 主 要 な 変 化 (2012~2014) P6 (1) 牛 乳 類 飲 用 ( 利 用 ) 頻 度 の 変 化 P7 (2) 牛 乳 を

More information

「節電に対する生活者の行動・意識

「節電に対する生活者の行動・意識 節 電 に 対 する 生 活 者 の 行 動 意 識 に 関 する 調 査 -2014 年 調 査 - みずほ 情 報 総 研 株 式 会 社 環 境 エネルギー 第 1 部 2015 年 3 月 9 日 目 次 要 旨 調 査 の 背 景 と 目 的 調 査 方 法 調 査 の 主 な 結 果 調 査 結 果 1. 回 答 者 の 基 本 属 性 2. 電 力 不 足 地 球 温 暖 化 への 意

More information

Microsoft Word - 826yamagishi.doc

Microsoft Word - 826yamagishi.doc 文 教 大 学 情 報 学 部 社 会 調 査 ゼミナール 報 告 書 大 学 生 のストレス 状 況 2009 年 3 月 情 報 学 部 広 報 学 科 3 年 山 岸 さやか 第 1 章 研 究 の 概 要 1.1 研 究 の 背 景 と 目 的 2 1.2 研 究 の 方 法 (1) 進 歩 経 緯 (2) 調 査 の 概 要 1.3 成 果 の 概 要 (1) 主 な 結 果 4 (2)その

More information

対 象 者 属 性 男 女 N=500 年 代 N=500 20 代 50.0 50.0 男 性 女 性 30 代 40 代 50 代 60 代 居 住 地 N=500 未 既 婚 子 供 有 無 N=500 0.0 14.8 15.8 24.2 45.2 東 京 都 神 奈 川 県 千 葉 県 埼

対 象 者 属 性 男 女 N=500 年 代 N=500 20 代 50.0 50.0 男 性 女 性 30 代 40 代 50 代 60 代 居 住 地 N=500 未 既 婚 子 供 有 無 N=500 0.0 14.8 15.8 24.2 45.2 東 京 都 神 奈 川 県 千 葉 県 埼 報 道 関 係 者 各 位 自 主 調 査 東 日 本 大 震 災 後 の 意 識 に 関 する 調 査 2011 年 4 月 11 日 株 式 会 社 マーシュ 震 災 から1ヶ 月 自 粛 すべきでない トップ3は アニメ 番 組 外 食 結 婚 式 -1 都 3 県 在 住 者 に 意 識 調 査 を 実 施 インターネット 調 査 会 社 の 株 式 会 社 マーシュ( 東 京 都 世 田

More information

<313691B2834183938350815B836731353032288376838C8358838A838A815B83589770292E786C7378>

<313691B2834183938350815B836731353032288376838C8358838A838A815B83589770292E786C7378> 2016 年 卒 ブンナビ 学 生 アンケート(2015 年 2 月 [ 就 活 解 禁 直 前 ] 実 施 )の 調 査 結 果 を 発 表 就 職 解 禁 前 だが すでに 選 考 に 参 加 している 学 生 が3 割 株 式 会 社 文 化 放 送 キャリアパートナーズ( 本 社 : 東 京 都 港 区 社 長 : 竹 村 勝 彦 )は 2016 年 卒 業 予 定 の 学 生 を 対 象

More information

実 との 関 連 付 け を 参 考 にした 限 られた 授 業 時 間 に 集 中 して 取 り 組 めるように 連 想 ゲーム には 制 限 時 間 を 設 ける 時 間 制 限 があることで 短 時 間 に 単 語 を 連 想 する 必 要 が 出 てくる 短 時 間 にできるだけ 多 く 連

実 との 関 連 付 け を 参 考 にした 限 られた 授 業 時 間 に 集 中 して 取 り 組 めるように 連 想 ゲーム には 制 限 時 間 を 設 ける 時 間 制 限 があることで 短 時 間 に 単 語 を 連 想 する 必 要 が 出 てくる 短 時 間 にできるだけ 多 く 連 実 践 報 告 英 語 の 瞬 発 力 を 上 げるために キーワード: 英 語 の 瞬 発 力 コミュニケーション 能 力 協 同 学 習 堀 内 ちとせ 1.はじめに 英 語 に 対 して 学 習 意 欲 が 見 られなくても 英 語 でコミュニケーションを 取 る ことには 興 味 がある 学 生 がいる とは 言 え 日 常 生 活 の 中 では 英 語 を 話 す 機 会 は 皆 無 である

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2082A88B7182B382DC834183938350815B83678C8B89CA816948509770816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2082A88B7182B382DC834183938350815B83678C8B89CA816948509770816A2E707074> お 客 さまアンケートの 結 果 について ( 平 成 20 年 4 月 実 施 ) お 客 さまアンケート 結 果 概 要 実 施 時 期 実 施 方 法 対 象 者 回 収 状 況 質 問 内 容 結 果 平 成 20 年 3 月 31 日 ~4 月 18 日 郵 送 によるアンケート 方 式 北 陸 3 県 において 当 行 とお 取 引 をいただいているお 客 さま より 無 作 為 に 選

More information

白 東 村 山 市 転 入 転 出 アンケート 調 査 報 告 書 平 成 年 月 東 村 山 市 経 営 政 策 部 都 市 マーケティング 課 白 目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要 調 査 の 概 要 報 告 書 の 見 方 Ⅱ. 回 答 者 の 属 性 回 答 者 の 属 性 ( 転 入 者 アンケート) 回 答 者 の 属 性 ( 転 出 者 アンケート) 0 Ⅲ. 調 査 結 果 の 分 析.

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

法的な知識をもとに誠意をもって話し合おう

法的な知識をもとに誠意をもって話し合おう 解 雇 退 職 雇 止 めをめぐる 話 合 いQ&A ~ 法 律 と 法 的 な 考 え 方 をもとに 誠 実 に 話 し 合 おう~ Q28 社 長 から 解 雇 すると 言 われました 取 消 しを 求 めるにはどうすればいいですか 解 雇 の 問 題 を 解 決 する 基 本 的 な 方 法 は 労 働 者 と 使 用 者 との 自 主 的 な 話 合 いです 事 実 関 係 をひとつ ひとつ

More information

第1回大学生の生活と意識アンケート~首都圏私立3大学編~

第1回大学生の生活と意識アンケート~首都圏私立3大学編~ 第 1 回 大 学 生 の 生 活 と 意 識 アンケート ~ 首 都 圏 私 立 3 大 学 編 ~ 2013 年 度 社 会 調 査 実 習 A B 1 このアンケートの 目 的 について 私 たちは 専 修 大 学 人 間 科 学 部 社 会 学 科 の 授 業 社 会 調 査 実 習 A B の 一 環 として 首 都 圏 の3 大 学 ( 慶 應 義 塾 大 学 成 蹊 大 学 専 修 大

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B60979D82C697E78B568E4F9363985F8AAE90AC94C52E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B60979D82C697E78B568E4F9363985F8AAE90AC94C52E646F6378> 義 理 と 礼 儀 を 重 んじる 世 界 観 が 労 働 の 選 択 に 与 える 影 響 大 垣 昌 夫 研 究 会 石 田 恵 悟 岡 崇 文 杉 本 洋 樹 槙 野 麻 由 1 1. 概 要 本 稿 の 研 究 仮 説 は 義 理 と 礼 儀 を 重 んじる 世 界 観 は 労 働 と 余 暇 の 選 択 に 関 連 しており それにより 影 響 を 受 けている というものである 世 界

More information

22 第 1 章 資 本 金 等 利 益 積 立 金 貴 見 のとおり 資 本 等 取 引 は 本 来 は 増 資 とか 減 資 と か さらには 旧 資 本 積 立 金 額 の 増 加 または 減 少 をいうこと になる ただ 利 益 の 配 当 はいわゆる 資 本 金 等 取 引 である か 損

22 第 1 章 資 本 金 等 利 益 積 立 金 貴 見 のとおり 資 本 等 取 引 は 本 来 は 増 資 とか 減 資 と か さらには 旧 資 本 積 立 金 額 の 増 加 または 減 少 をいうこと になる ただ 利 益 の 配 当 はいわゆる 資 本 金 等 取 引 である か 損 第 1 章 資 本 金 等 利 益 積 立 金 21 20 利 益 または 剰 余 金 の 配 当 会 社 法 では 資 本 剰 余 金 の 分 配 をした 場 合 において も これを 配 当 とすることとされていますが 税 法 を みますと 受 取 配 当 の 益 金 不 算 入 のところでは 剰 余 金 の 配 当 は 利 益 の 配 当 に 限 定 しているのに 対 して 資 本 等 取 引

More information

な 諸 費 用 が 支 払 えない 学 生 に 対 し 学 費 や 生 活 費 の 援 助 を 行 う 制 度 であるといえる この ような 定 義 を 見 ると 奨 学 金 制 度 とは 社 会 保 障 制 度 に 近 い 制 度 であるといえるだろう このような 奨 学 金 制 度 だが 実 際

な 諸 費 用 が 支 払 えない 学 生 に 対 し 学 費 や 生 活 費 の 援 助 を 行 う 制 度 であるといえる この ような 定 義 を 見 ると 奨 学 金 制 度 とは 社 会 保 障 制 度 に 近 い 制 度 であるといえるだろう このような 奨 学 金 制 度 だが 実 際 部 員 各 位 平 成 27 年 6 月 6 日 岩 田 弘 雪 ( 法 2) 日 本 の 奨 学 金 制 度 目 次 一 初 めに 二 奨 学 金 とは 三 奨 学 金 の 歴 史 四 日 本 における 奨 学 金 制 度 の 変 遷 五 現 状 の 奨 学 金 制 度 の 問 題 六 まとめ 七 参 考 文 献 一 初 めに ここにいる 皆 さんは 大 学 生 だ 四 年 目 に 突 入 して

More information

(1)セクシュアル ハラスメント セクシャル ハラスメントとは 性 的 な 言 動 や 性 的 欲 求 性 別 により 役 割 を 分 担 すべき とする 意 識 に 基 づく 言 動 等 によって 相 手 方 に 不 快 感 や 不 利 益 を 与 え 就 労 就 学 や 教 育 研 究 課 外

(1)セクシュアル ハラスメント セクシャル ハラスメントとは 性 的 な 言 動 や 性 的 欲 求 性 別 により 役 割 を 分 担 すべき とする 意 識 に 基 づく 言 動 等 によって 相 手 方 に 不 快 感 や 不 利 益 を 与 え 就 労 就 学 や 教 育 研 究 課 外 ハラスメントの 防 止 等 のために 東 京 藝 術 大 学 職 員 及 び 学 生 等 が 認 識 すべき 事 項 についての 指 針 第 1 ハラスメントを 行 わないために 認 識 すべき 事 項 1 ハラスメントについて ハラスメントとは 様 々な 場 面 での 嫌 がらせ いじめ 等 をいう ハラスメントには セクシャル ハラスメント アカデミック ハラスメント パワー ハラスメント 及

More information

資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを

資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを 用 語 解 説 1 共 通 事 項 用 語 算 出 方 法 解 説 経 常 収 支 比 率 (%) ( 法 適 用 企 業 ) 経 常 収 益 経 常 費 用 損 益 計 算 書 の 項 目 間 の 分 析 であり 企 業 にとっては 最 も 重 要 な 指 標 の 一 つである この 比 率 は 主 たる 営 業 活 動 によって 得 た 収 益 と 他 の 関 連 する 収 益 の 合 算 を

More information

Microsoft Word - 文書 1

Microsoft Word - 文書 1 若 は 出 世 願 望 がない? の 謎 を 解 く 東 洋 経 済 オンライン 城 幸 司 出 世 という 葉 を 最 近 に 出 したことはありますか? 出 世 して 親 を 喜 ばせたい いい 家 を 買 って 供 を 学 に かせる 分 だけでなく 家 族 も 望 んでいる 希 望 出 世 には 昔 も 今 も 変 わらず そういう 響 きがあります 本 における 出 世 の 歴 史 体 は

More information

Microsoft Word - Report_2.doc

Microsoft Word - Report_2.doc Reasons for the decline number of Japanese language learners in Hong Kong - Survey report - 宇 田 川 洋 子 李 夢 娟 李 澤 森 劉 礪 志 香 港 日 本 語 教 育 研 究 会 要 旨 本 報 告 は 過 去 数 年 香 港 の 日 本 語 教 育 機 関 で 問 題 となっている 日 本 語 学

More information

岐阜市

岐阜市 資 料 3 岐 阜 市 少 子 化 対 策 に 関 するアンケート 調 査 調 査 ご 協 力 のお 願 い 皆 様 には 日 頃 より 市 政 にご 理 解 とご 協 力 をたまわり 誠 にありがとうございます この 調 査 は これからの 岐 阜 市 における 少 子 化 対 策 への 取 り 組 みや 次 世 代 育 成 支 援 対 策 行 動 計 画 の 策 定 を 進 めるうえでの 参 考

More information

日本学術会議第23期1年目(平成26年10月~平成27年9月)の活動状況に関する評価

日本学術会議第23期1年目(平成26年10月~平成27年9月)の活動状況に関する評価 平 成 28 年 3 月 24 日 日 本 学 術 会 議 会 長 大 西 隆 殿 日 本 学 術 会 議 第 23 期 1 年 目 ( 平 成 26 年 10 月 ~ 平 成 27 年 9 月 ) の 活 動 状 況 に 関 する 評 価 外 部 評 価 有 識 者 尾 池 和 夫 ( 座 長 ) 喜 田 宏 ( 座 長 代 理 ) 荒 川 研 清 原 慶 子 田 中 里 沙 林 隆 之 今 般

More information

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6 豊 橋 市 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 指 針 平 成 27 年 3 月 豊 橋 市 目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2

More information

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に 第 192 回 産 業 セミナー 社 会 保 障 の 公 的 負 担 現 状 と 課 題 前 川 聡 子 財 政 社 会 保 障 制 度 研 究 班 研 究 員 経 済 学 部 教 授 はじめに 野 田 政 権 発 足 後 社 会 保 障 財 源 の 確 保 を 目 的 とした 消 費 税 増 税 を 実 現 する 方 向 で 議 論 が 着 々 と 進 められている 既 に 消 費 税 ( 国 税

More information

Microsoft Word - 最終報告_ver8.docx

Microsoft Word - 最終報告_ver8.docx 福 島 第 一 原 発 事 故 を 受 けて 放 射 線 についての 教 育 現 状 とその 意 識 調 査 リスク 工 学 グループ 演 習 8 班 新 屋 樹 中 田 星 子 劉 陽 (アドバイザー 教 員 : 掛 谷 英 紀 ) 1.はじめに 11 年 3 月 11 日 の 東 日 本 大 震 災 により 福 島 第 一 原 発 事 故 が 発 生 し 放 射 性 物 質 が 漏 れ 出 した

More information

ガイダンスレジュメ前半

ガイダンスレジュメ前半 宅 建 ガイダンスレジュメ 目 次 1. 今 年 の 宅 建 試 験 はこう 変 わる! 2. 今 年 の 宅 建 試 験 には ここが 出 題 される! 3. 今 年 はこのように 勉 強 すれば 合 格 できる! 資 格 と 教 養 のスクール フォーサイト < 通 信 講 座 事 務 局 > 456-0046 名 古 屋 市 熱 田 区 木 之 免 町 1102 TEL 052-671-6666

More information

<5461726F31332D83708375835283818A6D92E82E6A7464>

<5461726F31332D83708375835283818A6D92E82E6A7464> 商 品 取 引 所 法 及 び 商 品 投 資 に 係 る 事 業 の 規 制 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 省 令 の 整 備 等 に 関 する 省 令 ( 案 ) 等 に 対 する 意 見 2010 年 ( 平 成 22 年 )9 月 10 日 日 本 弁 護 士 連 合 会 商 品 取 引 所 法 及 び 商 品 投 資 に 係 る

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 27 年 5 月 8 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 40 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 委 員 長 藤 田 義 嗣 委 員 ( 委 員 長 職 務 代 理 者 ) 土 井 真 一 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 ( 教 育 長 ) 河 原

More information

【修正】食品ロスアンケート集計結果

【修正】食品ロスアンケート集計結果 食 品 ロスについてのアンケート 結 果 滋 賀 県 における 食 品 ロス 対 策 の 方 向 性 を 検 討 するため 食 品 ロスに 関 する 県 民 の 皆 様 の 意 識 や 取 組 状 況 等 を 把 握 するアンケート 調 査 を 実 施 しました 調 査 時 期 : 平 成 28 年 8 月 対 象 者 : 県 政 モニター396 人 回 答 数 :356 人 ( 回 収 率 89.9%)

More information

Microsoft Word - H21高原町教育研究所 研究紀要 _修正済み_.doc

Microsoft Word - H21高原町教育研究所 研究紀要 _修正済み_.doc Ⅰ Ⅱ 研 究 主 題 主 題 設 定 理 由 1 社 会 要 請 教 育 的 課 題 から 表 現 力 向 上 を 目 指 した 学 習 指 導 研 究 ~ 言 語 力 を 高 める 指 導 実 践 を 通 して~ 21 世 紀 は 新 しい 知 識 情 報 技 術 が 政 治 経 済 文 化 をはじめ 社 会 あらゆる 領 域 で 活 動 基 盤 として 飛 躍 的 に 重 要 性 を 増 す

More information

Microsoft Word - 2(2)個人消費改

Microsoft Word - 2(2)個人消費改 (2) 個 人 消 費 の 動 向 ( 大 型 小 売 店 販 売 額 は2 ぶりに 減 少 ) 24 の 個 人 消 費 を 大 型 小 売 店 販 売 額 ( 既 存 店 ベース)の 動 きからみると 前 比.5% 減 となり2 ぶりに 前 を 下 回 った 前 の 23 は 東 日 本 大 震 災 直 後 に 自 粛 ムードの 広 がりや 消 費 マインドの 低 下 により 消 費 が 減 少

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

Ⅰはじめに

Ⅰはじめに 日 本 人 は 幸 福 か ~ 幸 福 度 先 進 国 との 比 較 と 日 本 人 の 幸 福 感 について~ 群 馬 県 立 前 橋 女 子 高 等 学 校 2 年 吉 川 綾 乃 Ⅰ はじめに 日 本 人 は 幸 福 か 高 校 生 の 私 にとって 非 常 に 大 きなテーマである 幸 福 かどうか というのは 非 常 に 個 人 的 な 感 覚 であり 年 齢 も 性 別 も 環 境 も

More information

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 第 6 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 参 考 資 料 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 の 議 事 概 要 平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係

More information

説 明 会 アンケートで 出 された 質 問 に 対 する 回 答 説 明 会 関 係 Q1 今 回 の 説 明 会 の 位 置 づけは 何 でしょうか? 現 在 私 ども 厚 生 年 金 基 金 を 取 り 巻 く 情 勢 は 極 めて 厳 しいものがあり 事 業 主 の 皆 様 に 当 基 金

説 明 会 アンケートで 出 された 質 問 に 対 する 回 答 説 明 会 関 係 Q1 今 回 の 説 明 会 の 位 置 づけは 何 でしょうか? 現 在 私 ども 厚 生 年 金 基 金 を 取 り 巻 く 情 勢 は 極 めて 厳 しいものがあり 事 業 主 の 皆 様 に 当 基 金 平 成 26 年 10 月 事 業 主 様 大 阪 府 建 築 厚 生 年 金 基 金 理 事 長 沼 田 亘 代 議 員 会 資 料 送 付 について 拝 啓 秋 冷 の 候 ますますご 健 勝 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 当 基 金 の 事 業 運 営 に 特 段 のご 尽 力 賜 っておりますことに 厚 く 御 礼 申 し 上 げます また 本 年 8 月 に 開 催

More information

スライド 1

スライド 1 報 道 関 係 者 各 位 介 護 レポート かいごのホンネ Vol.3 介 護 レポート かいごのホンネ Vol.3 初 秋 の 候 ますますご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます さて 株 式 会 社 エス エム エス( 本 社 所 在 地 : 東 京 都 港 区 代 表 取 締 役 社 長 : 諸 藤 周 平 以 下 当 社 )は 高 齢 社 会 に 適 した 情 報 インフラを

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2014 年 6 月 23 日 賃 貸 住 宅 におけるDIY 意 向 調 査 借 主 負 担 DIY 型 賃 貸 借 契 約 の 利 用 意 向 を 示 している 人 は46.9% 実 際 のリフォームやカスタマイズの 実 施 経 験 は4.2% 株 式 会 社 リクルート 住 まいカンパニー( 本 社 : 東 京 都 千 代 田 区 代 表 取 締 役 社 長 : 野 口 孝 広 )は このたび

More information

Microsoft Word - NOTES② 月号(宮木).doc

Microsoft Word - NOTES② 月号(宮木).doc 2 電 話 勧 誘 訪 問 販 売 DMに 対 する 生 活 者 意 識 研 究 開 発 室 宮 木 由 貴 子 - 要 旨 - 1 内 閣 府 は 2005 年 に 策 定 された 消 費 者 基 本 計 画 において 消 費 者 が 望 まないのに 勧 誘 を 受 け る いわゆる 不 招 請 勧 誘 について 何 らかの 規 制 に 関 する 一 定 の 結 論 を 得 るとしている こ うした

More information

図 1-2 就 職 先 は 第 何 希 望 か Q. あなたが 今 年 新 社 会 人 として 入 社 入 職 したお 勤 め 先 は 第 何 希 望 でしたか 50.5 6.5 49.5 16.5 7.0 44.0 21.0 8.5 26.5 2013 年 (n=500) 46.2 19.2 26

図 1-2 就 職 先 は 第 何 希 望 か Q. あなたが 今 年 新 社 会 人 として 入 社 入 職 したお 勤 め 先 は 第 何 希 望 でしたか 50.5 6.5 49.5 16.5 7.0 44.0 21.0 8.5 26.5 2013 年 (n=500) 46.2 19.2 26 報 道 関 係 各 位 2016 年 新 社 会 人 の 意 識 調 査 ~ 職 場 の 飲 みにケーションには 積 極 的!でも プライベートでは 繋 がりたくない ~ 2016 年 6 月 3 日 株 式 会 社 マクロミル 株 式 会 社 マクロミル( 本 社 : 東 京 都 港 区 代 表 執 行 役 グローバル CEO:スコット アーンスト 以 下 マクロミル)は 今 年 4 月 から 働

More information

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

国土技術政策総合研究所 研究資料

国土技術政策総合研究所 研究資料 第 4 章 水 位 放 流 方 式 適 用 性 の 検 証 と 改 良 4.1 水 位 放 流 方 式 と VR 方 式 の 必 要 性 第 3 章 で 述 べた WRF による 降 雨 予 測 を 利 用 したダム 洪 水 調 節 手 法 は WRF による 降 雨 予 測 誤 差 のリスク 管 理 が 極 めて 重 要 であり 一 定 の 数 の 洪 水 を 対 象 とした 解 析 を 試 み

More information

にとってその 相 手 方 となる 職 員 は 利 害 関 係 者 となるのか 基 本 的 に 省 庁 内 部 の 職 員 同 士 は 利 害 関 係 者 にはならないものとして 取 り 扱 うこと としている 問 8 許 認 可 等 不 利 益 処 分 行 政 指 導 については 行 政 手 続 法

にとってその 相 手 方 となる 職 員 は 利 害 関 係 者 となるのか 基 本 的 に 省 庁 内 部 の 職 員 同 士 は 利 害 関 係 者 にはならないものとして 取 り 扱 うこと としている 問 8 許 認 可 等 不 利 益 処 分 行 政 指 導 については 行 政 手 続 法 国 家 公 務 員 倫 理 規 程 質 疑 応 集 利 害 関 係 者 の 定 義 利 害 関 係 者 全 般 問 1 倫 理 法 及 び 倫 理 規 程 の 事 業 者 等 には 地 方 公 共 団 体 は 含 まれるのか 地 方 公 共 団 体 の 首 長 議 会 議 員 はどうか 地 方 公 共 団 体 は 事 業 者 等 に 含 まれる 地 方 公 共 団 体 の 首 長 議 会 議 員 は

More information

調査結果報告書(要旨)

調査結果報告書(要旨) 平 成 28 年 3 月 22 日 日 本 プロフェッショナル 野 球 組 織 コミッショナー 熊 﨑 勝 彦 殿 調 査 委 員 会 委 員 長 大 鶴 基 成 委 員 加 藤 善 孝 同 吉 田 和 彦 調 査 結 果 報 告 書 ( 要 旨 ) 読 売 巨 人 軍 の 高 木 京 介 選 手 に 係 る 有 害 行 為 ( 日 本 プロフェッショナル 野 球 協 約 第 18 章 )につき 調

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

の 属 性 等 を 用 いることができるからだ (インターネットによるアンケート 調 査 の 利 点 は 同 じ 回 答 者 に 対 して 繰 り 返 し 調 査 を 行 えるところにある ) 1-2 アンケート 調 査 のデザイン 以 下 では 平 成 21 年 度 地 震 保 険 消 費 者 ア

の 属 性 等 を 用 いることができるからだ (インターネットによるアンケート 調 査 の 利 点 は 同 じ 回 答 者 に 対 して 繰 り 返 し 調 査 を 行 えるところにある ) 1-2 アンケート 調 査 のデザイン 以 下 では 平 成 21 年 度 地 震 保 険 消 費 者 ア 1. 平 成 21 年 度 地 震 保 険 消 費 者 アンケート 調 査 に 基 づいた 研 究 1-1 調 査 の 実 施 概 要 について 近 未 来 課 題 解 決 事 業 では 平 成 20 年 度 に 地 震 保 険 に 関 する 消 費 者 意 識 調 査 を 実 施 した その 手 法 としては NRI のインターネットリサーチサービスを 利 用 日 本 全 国 に 在 住 する 一

More information

ⅱ 町 内 会 自 治 会 で 独 自 に 作 成 した 場 合 のかかった 費 用 印 刷 代 : 最 低 額 200 円 最 高 額 300,000 円 ( 数 年 ごと) 平 均 約 27,000 円 ( 具 体 的 な 金 額 を 回 答 した 42 団 体 の 平 均 ) その 他 : 用

ⅱ 町 内 会 自 治 会 で 独 自 に 作 成 した 場 合 のかかった 費 用 印 刷 代 : 最 低 額 200 円 最 高 額 300,000 円 ( 数 年 ごと) 平 均 約 27,000 円 ( 具 体 的 な 金 額 を 回 答 した 42 団 体 の 平 均 ) その 他 : 用 名 簿 地 図 作 成 についての 調 査 ( 集 計 結 果 ) 2013 年 6 月 28 日 調 査 時 期 :2013 年 5 月 調 査 目 的 : 平 成 17 年 4 月 の 個 人 情 報 保 護 法 前 面 施 行 により 個 人 情 報 の 意 識 が 高 まり 取 り 組 みも 進 んできたものの 法 の 趣 旨 の 誤 解 から 名 簿 の 作 成 が 中 止 されるなど 過

More information

プレスリリース

プレスリリース 報 道 関 係 者 各 位 2013 年 5 月 23 日 マミーズサミット 全 国 ネット 調 べ 育 児 休 業 三 年 抱 っこし 放 題 ママたちはどう 考 えてる? 緊 急! 育 休 アンケート 結 果 速 報 抱 っこし 放 題 よりも 選 択 し 放 題 の 働 き 方 を!! 携 帯 メルマガ あったかめ~る による 地 域 密 着 子 育 て 情 報 の 発 信 や 子 育 てと

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

2 宅 建 業 法 難 易 度 としては やはり 昨 年 に 比 べて Aランクの 問 題 が 13 問 から 11 問 に 減 り 逆 にCラ ンクの 問 題 が2 問 から4 問 に 増 えました(この4 問 とも 個 数 問 題 であり 個 数 問 題 対 策 が 決 定 的 に 重 要 とい

2 宅 建 業 法 難 易 度 としては やはり 昨 年 に 比 べて Aランクの 問 題 が 13 問 から 11 問 に 減 り 逆 にCラ ンクの 問 題 が2 問 から4 問 に 増 えました(この4 問 とも 個 数 問 題 であり 個 数 問 題 対 策 が 決 定 的 に 重 要 とい 宅 建 士 初 年 度 試 験 から 見 えた 傾 向 と 平 成 28 年 度 宅 建 士 試 験 の 効 果 的 な 対 策 TAC 宅 建 士 講 座 主 任 講 師 木 曽 計 行 Ⅰ 平 成 27 年 度 宅 建 士 本 試 験 の 傾 向 分 析 と 今 後 の 方 向 性 1. 数 字 で 見 る 本 試 験 ( 最 近 5 年 間 の 本 試 験 の 受 験 者 数 合 格 率 合

More information

企業の利益分配から見た賃金・設備投資の先行き

企業の利益分配から見た賃金・設備投資の先行き 経 済 分 析 レポート 215 年 8 月 11 日 全 7 頁 企 業 の 利 益 分 配 から 見 た 賃 金 設 備 投 資 の 先 行 き が 設 備 投 資 のけん 引 役 に 小 林 俊 介 久 後 翔 太 郎 橋 本 政 彦 [ 要 約 ] 足 下 の 日 本 経 済 はこれまでの 拡 大 傾 向 が 一 服 しているが 企 業 収 益 は 極 めて 高 い 水 準 で の 推 移

More information

ディジタルドキュメント

ディジタルドキュメント 統 計 -1 (3) 高 久 雅 生 masao@slis.tsukuba.ac.jp 2013 年 11 月 27 日 ( 水 ) 1 2 時 限 授 業 サイト(Moodle): https://moodle.tsukuba.ac.jp/course/view.php?id=64727 1 前 回 の 振 り 返 り 代 表 値 平 均 メディアン モード 散 布 度 分 散 標 準 偏 差 2

More information

いか 然 り 従 来 どおり5 年 間 の 国 庫 債 務 負 担 行 為 で 契 約 した 場 合 と 20 機 を7 年 間 でまとめて 長 期 契 約 した 場 合 のコストを 比 較 している 資 料 に 各 年 度 の 年 割 額 という 表 が 出 ているが 従 来 の 年 割 は 継

いか 然 り 従 来 どおり5 年 間 の 国 庫 債 務 負 担 行 為 で 契 約 した 場 合 と 20 機 を7 年 間 でまとめて 長 期 契 約 した 場 合 のコストを 比 較 している 資 料 に 各 年 度 の 年 割 額 という 表 が 出 ているが 従 来 の 年 割 は 継 契 約 制 度 研 究 会 ( 第 25 回 ) 議 事 要 旨 1 日 時 平 成 27 年 6 月 11 日 ( 木 )10 時 00 分 ~11 時 50 分 2 場 所 防 衛 省 A 棟 11 階 第 1 省 議 室 3 出 席 者 : 小 林 会 長 有 川 委 員 尾 畑 委 員 神 﨑 委 員 中 村 委 員 橋 本 委 員 山 本 委 員 : 経 理 装 備 局 長 大 臣 官 房

More information

Microsoft PowerPoint - 140616.pptx

Microsoft PowerPoint - 140616.pptx 日 本 交 通 政 策 研 究 会 記 念 講 演 機 会 費 用 からみる 交 通 と 社 会 2014 年 6 月 16 日 東 京 女 子 大 学 現 代 教 養 学 部 国 際 社 会 学 科 経 済 学 専 攻 竹 内 健 蔵 1 2 費 用 (cost)とは 何 か? 果 物 店 に 行 って 1 個 100 円 のリンゴを3 個 買 い ました 全 部 で300 円 を 払 いました

More information

事 務 局 : 道 路 資 産 台 帳 は 法 律 上 の 道 路 台 帳 とは 別 で 新 公 会 計 制 度 を 導 入 した 時 に それに 合 うような 形 にエクセルで 建 設 部 が 作 成 し 管 理 している 鵜 川 委 員 : 会 計 データの 台 帳 ということか 事 務 局 :

事 務 局 : 道 路 資 産 台 帳 は 法 律 上 の 道 路 台 帳 とは 別 で 新 公 会 計 制 度 を 導 入 した 時 に それに 合 うような 形 にエクセルで 建 設 部 が 作 成 し 管 理 している 鵜 川 委 員 : 会 計 データの 台 帳 ということか 事 務 局 : 第 2 回 町 田 市 会 計 基 準 委 員 会 議 事 要 旨 日 時 場 所 出 席 者 2014 年 7 月 16 日 ( 水 ) 午 前 10 時 00 分 ~ 午 前 12 時 00 分 町 田 市 庁 舎 10 階 10-3 会 議 室 委 員 鵜 川 正 樹 委 員 長 米 田 正 巳 委 員 事 務 局 会 計 課 傍 聴 者 なし 1. 開 会 会 計 管 理 者 から 開 会

More information

内 容 1.はじめに... 3 2. 先 行 研 究... 3 3. 分 析 手 法... 4 3.1 モデルについて... 4 3.1.1 パネルデータ 分 析 について... 4 3.1.2 重 回 帰 分 析 について... 6 3.2 データについて... 6 4. 分 析 結 果... 7

内 容 1.はじめに... 3 2. 先 行 研 究... 3 3. 分 析 手 法... 4 3.1 モデルについて... 4 3.1.1 パネルデータ 分 析 について... 4 3.1.2 重 回 帰 分 析 について... 6 3.2 データについて... 6 4. 分 析 結 果... 7 長 倉 大 輔 研 究 会 第 4 期 気 象 データを 用 いた 野 菜 の 市 場 価 格 の 決 定 要 因 分 析 野 村 周 平 慶 應 義 塾 大 学 経 済 学 部 2016 年 1 月 要 旨 本 稿 では 気 象 データが 国 内 野 菜 の 市 場 価 格 に 与 える 影 響 について 分 析 を 行 った 国 内 野 菜 の 価 格 を 決 めうる 要 因 には 需 給 メカニズムの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF8251814082DC82BF82C382AD82E882C98AD682B782E9834183938350815B836792B28DB8955B81698E7396AF9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF8251814082DC82BF82C382AD82E882C98AD682B782E9834183938350815B836792B28DB8955B81698E7396AF9770816A2E646F63> ま ち づ く り に 関 す る ア ン ケ ー ト 調 査 平 市 人 口 ン 平 市 合 策 定 のための 市 掟 調 査 アンケート 調 査 へのご のお 願 い 平 市 では 平 成 27 拢 までに 平 市 人 口 ン 平 市 合 を 策 定 することとし 現 在 その 準 備 作 業 を 進 めております 合 は 本 市 が に て る 捯 を 人 口 が 捠 に 進 捯 する 現 在

More information

目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護

目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 88 年 07 年 東 京 調 査 の 結 果 目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護 者 選 択

More information

3 方 法 今 回 の 実 験 では アンケートによってサンプルを 収 集 し それを 回 帰 分 析 することで 仮 説 との 整 合 性 を 検 証 するという 方 法 を 採 択 した 具 体 的 には 被 説 明 変 数 に 教 育 熱 を 測 る 質 問 を 説 明 変 数 には 自 尊

3 方 法 今 回 の 実 験 では アンケートによってサンプルを 収 集 し それを 回 帰 分 析 することで 仮 説 との 整 合 性 を 検 証 するという 方 法 を 採 択 した 具 体 的 には 被 説 明 変 数 に 教 育 熱 を 測 る 質 問 を 説 明 変 数 には 自 尊 日 韓 における 自 尊 心 競 争 心 見 栄 の 度 合 いによる 親 の 子 供 に 対 する 教 育 熱 の 度 合 い 著 者 朝 緑 明 子 井 本 拓 希 宋 熹 允 山 下 裕 一 朗 所 属 先 慶 應 義 塾 大 学 経 済 学 部 1 要 約 日 本 では 昨 今 熾 烈 な 大 学 受 験 戦 争 が 起 きている しかし その 戦 争 に 勝 利 して 有 名 大 学 に

More information

2) 配 給 食 材 (じゃがりこ,コーン 缶 詰 )でポテトサラダ 作 り 3) 段 ボール 箱 とポリ 袋 によって, 水 をこぼさず 手 軽 に 運 ぶ 方 法 について,リーフレットをとおして 説 明 するとともに, 実 際 に 参 加 していただいた 市 民 の 皆 様 に モノづくり を

2) 配 給 食 材 (じゃがりこ,コーン 缶 詰 )でポテトサラダ 作 り 3) 段 ボール 箱 とポリ 袋 によって, 水 をこぼさず 手 軽 に 運 ぶ 方 法 について,リーフレットをとおして 説 明 するとともに, 実 際 に 参 加 していただいた 市 民 の 皆 様 に モノづくり を リーフレットを 用 いた 防 災 体 験 教 室 について- 高 槻 市 真 上 公 民 館 - 須 藤 英 明 ( 鹿 島 建 設 ), 磯 打 千 雅 子 ( 香 川 大 学 ), 野 村 泰 稔 ( 立 命 館 大 学 ) 長 谷 川 潤 (さいたま 市 ), 広 兼 道 幸 ( 関 西 大 学 ) 1. はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 のあと,

More information

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」 中 国 における 地 方 財 政 問 題 と 地 方 債 発 行 の 実 行 可 能 性 についての 研 究 李 建 偉 中 国 国 務 院 発 展 研 究 中 心 マクロ 経 済 研 究 部 副 処 長 1. 中 国 の 地 方 財 政 が 直 面 している 主 要 な 問 題 1.1. 分 税 制 改 革 実 施 後 中 央 と 地 方 における 財 政 管 理 権 と 事 務 処 理 権 の

More information

もろい石材の保管方法の最適なのはどれだろう

もろい石材の保管方法の最適なのはどれだろう 第 7 話 力 のモーメントと 曲 げモーメントを 混 同 していませんか 2008 年 4 月 0 日 作 成 萩 原 芳 彦 はりの 曲 げや 軸 のねじりにおいて 登 場 する 曲 げモーメントやねじりモーメントについて なかなか 正 しく 理 解 できない 学 生 がおり 教 える 側 としても 苦 労 するところである これ もニュートンの 第 法 則 や 第 3 法 則 の 本 質 をおろそかにして

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

精神症状を持つ認知症高齢者のための初期対応プログラム(案)

精神症状を持つ認知症高齢者のための初期対応プログラム(案) 1. 暴 言 暴 力 暴 言 暴 力 は 老 人 福 祉 施 設 などで 働 くケアワーカーにとって 最 も 対 忚 に 苦 慮 する 問 題 の 一 つです 老 人 福 祉 施 設 に 入 所 する 認 知 症 高 齢 者 のう ち 約 1 割 が 暴 力 を 振 るったり 暴 言 を 吐 いたりするという 報 告 もあり 暴 言 暴 力 の 頻 度 は 小 さくありません ケアワーカーと 他 の

More information

長 できたのではないかと 思 います 2 つ 目 は 自 分 たちでテーマを 設 定 し 考 えることの 大 切 さです 私 たちの 身 の 回 りは 大 小 様 々な 問 題 で 溢 れています しかし その 多 種 多 様 な 問 題 について 考 えることはあまり ありません けれども 今 回

長 できたのではないかと 思 います 2 つ 目 は 自 分 たちでテーマを 設 定 し 考 えることの 大 切 さです 私 たちの 身 の 回 りは 大 小 様 々な 問 題 で 溢 れています しかし その 多 種 多 様 な 問 題 について 考 えることはあまり ありません けれども 今 回 2013.3.4 人 間 環 境 学 部 長 谷 川 ゼミ 2 年 11H0506 新 井 梨 那 2012 年 度 リーディング ユニバーシティ 募 金 による 21 世 紀 社 会 のリーダー 育 成 学 生 報 告 書 1. 活 動 内 容 私 たち 長 谷 川 ゼミでは ゼミを 9 チームに 分 け 日 経 ストックリーグ という 大 会 に 参 加 しました この 大 会 では 株 式 上

More information

平成22年第4回臨時会

平成22年第4回臨時会 平 成 26 年 第 2 回 臨 時 会 総 務 民 生 常 任 委 員 会 会 議 録 期 日 : 平 成 26 年 4 月 16 日 ( 水 ) 場 所 : 大 曲 庁 舎 第 1 委 員 会 室 大 仙 市 議 会 総 務 民 生 常 任 委 員 会 会 議 録 日 時 : 平 成 26 年 4 月 16 日 ( 水 曜 日 ) 午 前 10 時 24 分 ~ 午 前 11 時 09 分 会

More information

7 考 察 (まとめ) 人 々のうち どの 程 度 が 店 舗 を 利 用 しているかを 知 るため に 用 いるものである( 来 店 者 数 / 通 行 者 数 で 表 し 通 常 は 0.5 4-1 論 文 調 査 と 課 題 の 発 見 (1,2) ~3% 程 度 ) 目 的 来 店 とは 本

7 考 察 (まとめ) 人 々のうち どの 程 度 が 店 舗 を 利 用 しているかを 知 るため に 用 いるものである( 来 店 者 数 / 通 行 者 数 で 表 し 通 常 は 0.5 4-1 論 文 調 査 と 課 題 の 発 見 (1,2) ~3% 程 度 ) 目 的 来 店 とは 本 衝 動 来 店 の 概 念 による 新 たな 立 地 モデル 1160405 勝 本 茜 高 知 工 科 大 学 マネジメント 学 部 1. 概 要 店 舗 を 持 つ 商 売 のマネジメントにおいて 立 地 とい う 概 念 は 最 も 大 切 な 要 素 と 言 っても 過 言 ではない また 単 に 立 地 と 言 っても ただ 人 の 多 い 場 所 に 店 舗 を 建 設 すれば 良 いというわけではない

More information

相関関係と因果関係

相関関係と因果関係 相 関 関 係 と 因 果 関 係 (Correlation and Causality) 相 関 係 数 の 二 つの 落 とし 穴 2002 年 7 月 27 日 明 治 大 学 阪 井 和 男 sakai@isc.meiji.ac.jp 相 関 関 係 の 有 無 と 因 果 関 係 の 有 無 とはどのような 関 係 があるのだろうか 相 関 関 係 と 因 果 関 係 の 混 同 は 現

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B20816020303594AD8CBE97768E7C208CF68A4A94C5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B20816020303594AD8CBE97768E7C208CF68A4A94C5> 平 成 25 度 第 1 回 移 動 教 育 委 員 会 懇 談 会 発 言 要 旨 開 催 日 平 成 25 年 5 月 22 日 ( 水 ) 会 場 静 岡 県 立 農 林 大 学 校 教 職 員 との 懇 談 会 14:40~15:30 参 加 者 静 岡 県 立 農 林 大 学 校 班 長 主 幹 主 査 担 当 職 員 静 岡 県 教 育 委 員 会 教 育 委 員 会 教 育 委 員 長

More information

直 ぐに 役 場 へ ではなくて まずは 自 分 で 地 域 で 考 えてほしい 家 族 を 大 切 にする( 離 れて 暮 らす 親 も 含 め) 余 力 があれば 近 所 を 大 切 にする 町 の 何 か につながる 参 加 する 住 民 でできることは 自 ら 行 う 行 政 だけでできるこ

直 ぐに 役 場 へ ではなくて まずは 自 分 で 地 域 で 考 えてほしい 家 族 を 大 切 にする( 離 れて 暮 らす 親 も 含 め) 余 力 があれば 近 所 を 大 切 にする 町 の 何 か につながる 参 加 する 住 民 でできることは 自 ら 行 う 行 政 だけでできるこ 実 施 日 20130827 20130828 20130829 職 員 向 け 自 治 基 本 条 例 ワークショップ 手 法 ワールドカフェ 参 加 人 数 60 人 ワークショップ 結 果 住 民 の 皆 さんにお 伝 えしたいこと 隣 近 所 の 付 き 合 いを 大 切 にしてほしい 限 られた 財 源 の 中 では 住 民 の 皆 さんに 負 担 をお 願 いすることもある 親 と 一

More information

Microsoft Word - 会報44号 最終原稿

Microsoft Word - 会報44号 最終原稿 2013-7 第 44 号 全 国 拡 大 教 材 製 作 協 議 会 代 表 世 話 人 佐 藤 邦 隆 108-0073 港 区 三 田 3-7-26-405 Tel Fax 03-3453-3052 http//www.kakudai.org/ 標 準 拡 大 教 科 書 の 浸 透 とボランティアの 新 しい 役 割 代 表 世 話 人 佐 藤 邦 隆 デジタルデータ 管 理 機 関 によると

More information

2.2 依 頼 に 関 する 研 究 頼 (2005)の 研 究 では 依 頼 という 行 為 は 依 頼 主 体 が ある 相 手 に 実 行 してもらいたいと いう 意 志 があり その 行 動 を 相 手 に 実 行 させようとする 行 為 であると 定 義 されている 行 動 するかどうかを

2.2 依 頼 に 関 する 研 究 頼 (2005)の 研 究 では 依 頼 という 行 為 は 依 頼 主 体 が ある 相 手 に 実 行 してもらいたいと いう 意 志 があり その 行 動 を 相 手 に 実 行 させようとする 行 為 であると 定 義 されている 行 動 するかどうかを タイ 人 と 日 本 人 の 誘 い と 依 頼 への 断 り 行 為 の 意 識 について Triktima LEADKITLAX 1. 本 稿 の 背 景 と 目 的 2008 年 以 降 のタイから 日 本 への 留 学 生 数 の 急 増 を 背 景 に タイ 人 日 本 語 学 習 者 ( 以 後 NNS と 省 略 ) と 日 本 語 母 語 話 者 ( 以 後 NS と 省 略 )が

More information

F8 昨 年 の 世 帯 年 収 をお 知 らせください 1 100 万 円 未 満 4 300 万 円 ~400 万 円 7 600 万 円 ~700 万 円 2 100 万 円 ~200 万 円 5 400 万 ~500 万 円 8 700 万 円 以 上 3 200 万 円 ~300 万 円

F8 昨 年 の 世 帯 年 収 をお 知 らせください 1 100 万 円 未 満 4 300 万 円 ~400 万 円 7 600 万 円 ~700 万 円 2 100 万 円 ~200 万 円 5 400 万 ~500 万 円 8 700 万 円 以 上 3 200 万 円 ~300 万 円 はじめに あなたご 自 身 のことについてお 伺 いいします F1 あなたのお 住 まいは 次 のどの 地 域 ですか 1 県 北 地 域 3 県 南 地 域 5 南 会 津 地 域 7 いわき 地 域 2 県 中 地 域 4 会 津 地 域 6 相 双 地 域 お 住 まいの 地 域 がわからない 場 合 は 以 下 に 市 町 村 名 をご 記 入 ください ( ) F2 あなたの 出 身 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323037303382D382B682DD96EC8E7388D38EAF92B28DB895F18D908F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323037303382D382B682DD96EC8E7388D38EAF92B28DB895F18D908F912E646F63> ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 画 ( 後 期 基 本 計 画 ) 市 民 意 識 調 査 報 告 書 平 成 24 年 3 月 ふじみ 野 市 役 所 総 合 政 策 部 改 革 推 進 室 計 画 評 価 係 調 査 目 次 12 調 査 の 目 概 的 要...1......1 3 集 計 調 方 査 法 結...1 果 の 概 要...............2 12 あなた( 市 の

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 愛 知 大 学 為 廣 ゼミ ーARROWS 泉 伊 藤 岡 田 塩 見 野 村 1 もくじ 2 もくじ 1. 研 究 背 景 価 値 2. 海 外 ひとり 旅 の 定 義 3. 私 たちの 課 題 4. 方 法 の 提 案 5. 参 考 文 献 3 研 究 背 景 価 値 4 研 究 背 景 海 外 ひとり 旅 5 海 外 旅 行 の 同 伴 者 に 関 する 調 査 夫 婦 のみ 家 族 親 族

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CB48D65814093FA8AA78C9A90DD8BC6905695B7208F4390B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CB48D65814093FA8AA78C9A90DD8BC6905695B7208F4390B32E646F63> 日 刊 建 設 産 業 新 聞 : 平 成 8 年 5 月 5 日 掲 載 次 世 代 の 耐 震 設 計 法 : 地 震 リスクを 考 える 武 蔵 工 業 大 学 教 授 吉 川 弘 道 篠 塚 研 究 所 主 席 研 究 員 中 村 孝 明 リスク とは 将 来 における 不 確 かな 損 失 あるいは 不 利 益 と 定 義 できる これを 定 量 的 に 記 述 すると 被 害 の 発 生

More information

山 県 市 議 会 議 員 の 報 酬 費 用 弁 償 及 び 期 末 手 当 に 関 する 条 例 改 正 請 求 書 第 1 請 求 の 趣 旨 1. 山 県 市 の 財 政 の 展 望 は 決 して 明 るくありません 合 理 的 な 事 務 事 業 の 推 進 や 制 度 改 革 が 求 め

山 県 市 議 会 議 員 の 報 酬 費 用 弁 償 及 び 期 末 手 当 に 関 する 条 例 改 正 請 求 書 第 1 請 求 の 趣 旨 1. 山 県 市 の 財 政 の 展 望 は 決 して 明 るくありません 合 理 的 な 事 務 事 業 の 推 進 や 制 度 改 革 が 求 め 2008 年 ( 平 成 20 年 )1 18 告 示 岐 阜 県 山 県 市 山 県 市 議 会 議 員 の 報 酬 費 用 弁 償 及 び 期 末 手 当 に 関 する 条 例 改 正 請 求 請 求 者 署 名 簿 第 号 2 18 ( )までが 署 名 できる 期 間 です この 署 名 簿 は2 19 ( 火 ) 必 着 で 返 送 してください 山 県 市 議 会 議 員 の 報 酬 費

More information

政 策 的 役 割 について 1. 都 市 再 生 事 業 都 市 再 生 より 都 市 マネジメントの 支 援 が 今 後 重 要 になると 思 う 地 方 公 共 団 体 は 財 政 的 に 厳 しい 状 況 にあり 公 的 なまちづくりという 視 野 を 持 って 事 業 ができる 公 的 中

政 策 的 役 割 について 1. 都 市 再 生 事 業 都 市 再 生 より 都 市 マネジメントの 支 援 が 今 後 重 要 になると 思 う 地 方 公 共 団 体 は 財 政 的 に 厳 しい 状 況 にあり 公 的 なまちづくりという 視 野 を 持 って 事 業 ができる 公 的 中 資 料 1 今 後 のURの 組 織 業 務 の 在 り 方 について (これまでに 提 示 された 意 見 項 目 ) 政 策 的 役 割 について 1. 都 市 再 生 事 業 2. 賃 貸 住 宅 事 業 初 期 の 政 策 的 役 割 高 額 賃 貸 住 宅 事 業 高 齢 者 向 け 住 宅 の 供 給 低 所 得 者 等 の 居 住 の 安 定 直 面 する 財 務 上 の 課 題 について

More information

武蔵大学論文

武蔵大学論文 最 優 秀 賞 被 災 企 業 訪 問 から 考 える 被 災 企 業 救 済 の 新 たなスキームの 提 案 ~ 災 害 に 強 い 国 づくりファンド~ 武 蔵 大 学 経 済 学 部 安 蔵 洋 平 竹 田 勝 利 島 真 人 市 村 真 也 ( 提 言 の 要 約 ) 私 たちは 東 日 本 大 震 災 によって 浮 き 彫 りになった 被 災 地 企 業 の 二 重 債 務 問 題 について

More information

長期失業者の求職活動と就業意識

長期失業者の求職活動と就業意識 第 1 章 調 査 研 究 の 目 的 方 法 と 分 析 結 果 の 概 要 第 1 節 調 査 研 究 の 目 的 バブル 経 済 崩 壊 後 の 長 期 不 況 は 労 働 市 場 の 様 相 を 一 変 させた 長 期 雇 用 慣 行 が 定 着 して いたわが 国 の 労 働 市 場 は 1980 年 代 まで 完 全 失 業 率 が 1~2%という 低 い 水 準 を 維 持 し 若 年

More information

Q1.あなたは 普 段 どの 交 通 機 関 ( 東 京 メトロ)を 利 用 されますか? 仕 事 と 仕 事 以 外 それぞれについてお 答 えください ( 複 数 選 択 可 ) 利 用 している 交 通 機 関 N=1,000 東 京 都 23 区 内 で 働 くビジネスパーソン1,000 人

Q1.あなたは 普 段 どの 交 通 機 関 ( 東 京 メトロ)を 利 用 されますか? 仕 事 と 仕 事 以 外 それぞれについてお 答 えください ( 複 数 選 択 可 ) 利 用 している 交 通 機 関 N=1,000 東 京 都 23 区 内 で 働 くビジネスパーソン1,000 人 報 道 関 係 者 各 位 2011 年 7 月 8 日 株 式 会 社 マーシュ ミニリサーチ 東 京 メトロに 関 する 調 査 空 調 遅 延 乗 り 継 ぎ 出 口 のわかりにくさ 改 善 望 む 声 - ビジ ネスパーソン1,000 人 アンケート- 東 京 メトロに 関 する 調 査 インターネット 調 査 会 社 の 株 式 会 社 マーシュ( 東 京 都 世 田 谷 区 三 軒 茶

More information

平 成 26 年 12 月 11 日 中 部 経 済 産 業 局 特 定 商 取 引 法 違 反 の 訪 問 販 売 業 者 に 対 する 業 務 停 止 命 令 について 中 部 経 済 産 業 局 は 床 下 基 礎 補 修 や 床 下 換 気 扇 設 置 などの 床 下 補 修 関 連 工 事

平 成 26 年 12 月 11 日 中 部 経 済 産 業 局 特 定 商 取 引 法 違 反 の 訪 問 販 売 業 者 に 対 する 業 務 停 止 命 令 について 中 部 経 済 産 業 局 は 床 下 基 礎 補 修 や 床 下 換 気 扇 設 置 などの 床 下 補 修 関 連 工 事 News Release 平 成 26 年 12 月 11 日 消 費 者 庁 特 定 商 取 引 法 に 基 づく 行 政 処 分 について 本 日 中 部 経 済 産 業 局 が 特 定 商 取 引 法 に 基 づく 行 政 処 分 を 実 施 しましたので 公 表 します 本 件 は 特 定 商 取 引 法 第 69 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 消 費 者 庁 長 官 の 権 限

More information

3. 鎌 倉 市 の 実 状 と 問 題 点 鎌 倉 市 を 訪 れる 年 間 観 光 客 1,782 万 人 ( 平 成 14 年 )のうち 9 割 以 上 は 鎌 倉 地 域 を 訪 れ る 観 光 目 的 の 交 通 と 通 過 交 通 により 鎌 倉 地 域 では 慢 性 的 な 交 通 渋

3. 鎌 倉 市 の 実 状 と 問 題 点 鎌 倉 市 を 訪 れる 年 間 観 光 客 1,782 万 人 ( 平 成 14 年 )のうち 9 割 以 上 は 鎌 倉 地 域 を 訪 れ る 観 光 目 的 の 交 通 と 通 過 交 通 により 鎌 倉 地 域 では 慢 性 的 な 交 通 渋 第 3 節 鎌 倉 地 域 における 渋 滞 問 題 と TDM 施 策 増 田 渚 1. 日 本 国 内 の 渋 滞 問 題 の 現 状 日 本 国 内 では 平 成 8 年 にひと 世 帯 当 たりの 自 家 用 車 の 普 及 台 数 が 1.000 台 を 超 え 平 成 18 年 には 過 去 最 高 の 普 及 台 数 である 1.112 台 に 達 し 途 中 減 尐 傾 向 はあったものの

More information

任意売却体験記

任意売却体験記 任 意 売 却 体 験 記 Chapter 1 任 意 売 却 とは? 任 意 売 却 という 言 葉 がだいぶ 浸 透 してきたようです 実 際 この 言 葉 と 債 務 整 理 などを 組 み 合 わせて ネット 上 で 検 索 すると 任 意 売 却 をビジネスにするところが 大 変 多 いことに 驚 きます 私 は 不 動 産 業 に 従 事 しているわけではありませんので 自 らの 債 務

More information

表 アンケートの 会 ンを コード 委 員 会 活 動 報 告 臨 床 研 究 支 援 の 在 り 方 に 関 する 基 本 的 考 え 方 透 明 性 ガイドラインについて 製 品 情 報 概 要 審 査 会 報 告 会 員 会 社 における 医 療 関 係 者 に 対 するギフト 規 制 状 況

表 アンケートの 会 ンを コード 委 員 会 活 動 報 告 臨 床 研 究 支 援 の 在 り 方 に 関 する 基 本 的 考 え 方 透 明 性 ガイドラインについて 製 品 情 報 概 要 審 査 会 報 告 会 員 会 社 における 医 療 関 係 者 に 対 するギフト 規 制 状 況 第 4 回 コード オブ プラクティス / プロモーションコード 実 務 担 当 者 会 を 開 催 2014 年 9 月 29 日 東 京 中 央 区 の 野 村 コンファレンスプラザ 日 本 橋 6 階 大 ホールにて 第 4 回 コード オブ プラクティス (COP)/プロモーションコード(PC) 実 務 担 当 者 会 を 開 催 しました 代 理 出 席 を 含 め68 社 97 名 のCOP/PC

More information

最 後 に イントロデューサー 紹 介 者 という 意 味 です 登 録 されているお 店 ビジネスの 紹 介 活 動 を 行 っていきます 今 まで 無 料 で 行 っていた 口 コミサイトへの 投 稿 や 評 価 などの 行 為 が これからは 今 までと 同 じやり 方 で お 金 につながり

最 後 に イントロデューサー 紹 介 者 という 意 味 です 登 録 されているお 店 ビジネスの 紹 介 活 動 を 行 っていきます 今 まで 無 料 で 行 っていた 口 コミサイトへの 投 稿 や 評 価 などの 行 為 が これからは 今 までと 同 じやり 方 で お 金 につながり (Q&A) Q エージェント セラー イントロデューサーの 違 いを 教 えてください エージェントは 代 理 人 という 意 味 です 会 社 の 代 理 人 として エージェントとして 活 動 したい 人 お 店 を 出 店 したい 人 =セラー いろいろなお 店 を 宣 伝 してくれる 人 =イントロデューサー の3 者 を 集 めてくることを 行 います エージェントは セラーやイントロデューサーが

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

1.みらいくのモデル 授 業 の 流 れ 中 学 校 の 授 業 で 使 用 する 場 合 一 般 的 な 時 間 は 50 分 です 授 業 時 間 は 必 ず 厳 守 してくだ さい 導 入 <5 分 > 自 己 紹 介 及 び 趣 旨 説 明 判 断 フロー 学 習 (PPT 資 料 参 照

1.みらいくのモデル 授 業 の 流 れ 中 学 校 の 授 業 で 使 用 する 場 合 一 般 的 な 時 間 は 50 分 です 授 業 時 間 は 必 ず 厳 守 してくだ さい 導 入 <5 分 > 自 己 紹 介 及 び 趣 旨 説 明 判 断 フロー 学 習 (PPT 資 料 参 照 ~ 親 子 で 選 択! 日 本 の 未 来 ~ みらいく 講 師 マニュアル( 中 学 生 版 ) 公 益 社 団 法 人 日 本 青 年 会 議 所 2014 年 度 国 家 グループ 日 本 の 未 来 選 択 委 員 会 1 1.みらいくのモデル 授 業 の 流 れ 中 学 校 の 授 業 で 使 用 する 場 合 一 般 的 な 時 間 は 50 分 です 授 業 時 間 は 必 ず 厳

More information

事 業 に 協 力 すること (11) 全 日 本 アマチュア 野 球 連 盟 を 通 じた 国 際 野 球 連 盟 アジア 野 球 連 盟 及 び 公 益 財 団 法 人 日 本 オリンピック 委 員 会 の 事 業 に 協 力 すること (12) 野 球 競 技 に 関 する 刊 行 物 を 発

事 業 に 協 力 すること (11) 全 日 本 アマチュア 野 球 連 盟 を 通 じた 国 際 野 球 連 盟 アジア 野 球 連 盟 及 び 公 益 財 団 法 人 日 本 オリンピック 委 員 会 の 事 業 に 協 力 すること (12) 野 球 競 技 に 関 する 刊 行 物 を 発 公 益 財 団 法 人 日 本 野 球 連 盟 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 日 本 野 球 連 盟 といい 外 国 に 対 しては Japan Amateur Baseball Association( 略 称 JABA)と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 千 代

More information

ヒアリング事項について

ヒアリング事項について 資 料 3-1 介 護 労 働 者 の 確 保 定 着 等 に 関 する 研 究 会 における 質 問 項 目 日 本 介 護 福 祉 士 会 1 基 本 情 報 1 貴 団 体 の 概 要 設 立 年 月 日 平 成 12 年 6 月 26 日 ( 任 意 団 体 設 立 : 平 成 6 年 2 月 12 日 ) 定 款 に 定 める 目 的 本 会 は 介 護 福 祉 士 の 職 業 倫 理 及

More information

Microsoft Word - 8鶴山2(校正).doc

Microsoft Word - 8鶴山2(校正).doc 子 どもの 遊 びの 実 態 に 関 する 研 究 A Study of Actual Conditions of Children s Play 鶴 山 博 之 TSURUYAMA Hiroyuki 橋 爪 和 夫 1) HASHIZUME Kazuo 中 野 綾 2) NAKANO Aya Ⅰ. 緒 言 子 どもは 遊 びを 経 験 することによってさまざまなことを 学 習 していくといわれている

More information

總統選舉選情分析 (一)

總統選舉選情分析 (一) 総 統 選 挙 をめぐる 民 進 党 の 選 挙 情 勢 葉 高 華 ( 一 ) 支 持 基 盤 の 拡 大 こそが 進 む 道 多 くの 有 権 者 の 投 票 傾 向 は 選 挙 戦 が 始 まる 前 から 決 まっている 有 権 者 の 投 票 傾 向 を 変 えるには 少 なくとも 数 年 の 時 間 が 必 要 で たった 数 ヶ 月 の 選 挙 活 動 において 有 権 者 の 意 向

More information

(Microsoft Word - \211G\226\354\214\264\215e2.doc)

(Microsoft Word - \211G\226\354\214\264\215e2.doc) 介 護 人 材 育 成 Vol.8 no.1 日 本 総 合 研 究 所 2011 年 3.4 月 号 タイトル 人 材 採 用 面 接 のスキル スキルと 採 用 のポイント びわこ 学 院 大 学 准 教 授 烏 野 猛 はじめに 介 護 現 場 で 優 秀 な 人 材 が 欲 しい この 言 葉 は 介 護 事 業 所 のトップや 管 理 者 であれば 誰 もが 思 い そして 願 うことだと

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838183668342834191CE899E834B83438368838983438393816995D78BAD89EF816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838183668342834191CE899E834B83438368838983438393816995D78BAD89EF816A2E646F63> 報 道 記 者 と 接 するときの 心 得 メディア 対 応 のガイドライン コモンズ ネットワーク 目 次 はじめに (1) メディアトレーニングの 目 的 と 重 要 性 (2) メディアがニュース 価 値 を 認 める 情 報 とは (3) メディアから 取 材 を 受 ける 前 に (4) インタビュー 時 のポイント (5) メディア 対 応 の 形 式 (6) その 他 の 注 意 点

More information

(Microsoft Word - \212\256\220\254\224\305)

(Microsoft Word - \212\256\220\254\224\305) 演 習 Ⅰ 安 立 先 生 母 子 関 係 が 女 子 大 生 の 友 人 関 係 に 及 ぼす 影 響 C 班 問 題 私 たちには 生 まれた 瞬 間 から 母 親 の 存 在 がある 母 親 は 遺 伝 的 発 達 的 に 最 も 近 く 互 いに 依 存 し 合 う 関 係 であり 共 生 関 係 が 続 きやすい 乳 児 は 生 後 まもなく 第 一 次 養 育 者 に 対 し 特 別 な

More information

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A その 他 法 律 2012 年 10 月 5 日 全 13 頁 いまさら 人 には 聞 けない 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )のQ&A 金 融 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では 航 空 法 放 送 法 など 個 別 業 法 による 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )に 関 す る 基 本 的 な 事 項 をQ&A

More information

関東マーケティング大会 最終発表

関東マーケティング大会 最終発表 春 山 班 春 山 翠 里 服 部 伶 奈 中 畑 真 耶 櫻 井 悠 生 安 藤 広 貴 目 次 2 研 究 の 目 的 現 状 分 析 仮 説 アンケート 分 析 提 案 1 研 究 の 目 的 テーマ 4 研 究 の 目 的 5 近 年 若 者 のビール 離 れ が 酒 類 市 場 で 叫 ばれている 若 者 がビールをどのように 捉 え 位 置 づけしているか 調 査 し 若 者 に 好 まれる

More information

スライド 1

スライド 1 ガラスびん( 容 器 ) に 関 する 意 識 調 査 報 告 書 < 概 要 > 2014 年 7 月 14 日 調 査 元 : 日 本 ガラスびん 協 会 調 査 実 施 :マイボイスコム 株 式 会 社 < 目 次 > 1. 調 査 概 要 --------------------------------------------- 2 2. 回 答 者 の 属 性 -----------------------------------------

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63> 食 肉 センター 事 業 特 別 会 計 に 係 る 過 少 申 告 加 算 税 および 延 滞 税 の 支 出 差 止 め に 関 する 住 民 監 査 請 求 について, 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査 したので,その 結 果 を 同 項 の 規 定 により 次 のとおり 公 表 します 平 成 20 年 11 月 11 日

More information

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ 第 章 調 査 票 - - この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこの 調 査 票 に 直 接 記 入 してください 選 択 肢 で その 他

More information

Taro-新20120327_第13回経営協議

Taro-新20120327_第13回経営協議 平 成 23 年 度 第 13 回 経 営 協 議 会 議 事 概 要 日 時 平 成 24 年 3 月 27 日 ( 火 )13:30~15:15 場 所 第 一 会 議 室 出 席 者 別 紙 のとおり 本 学 の 活 動 状 況 について 学 長 から, 議 事 に 先 立 ち, 前 回 会 議 以 降 の 本 学 の 活 動 状 況 について, 資 料 に 基 づき, 報 告 があった 議

More information

(1) 基 本 情 報 の 整 理 結 果 表 1-1 テキスト 全 体 の 基 本 統 計 量 表 1 より,コメント 全 体 の 総 行 数,つまりコメント 数 は, 全 監 督 を 合 計 すると 5456 コ メントであった 単 語 数 は 47355 である また, 勝 ち 試 合 のコメ

(1) 基 本 情 報 の 整 理 結 果 表 1-1 テキスト 全 体 の 基 本 統 計 量 表 1 より,コメント 全 体 の 総 行 数,つまりコメント 数 は, 全 監 督 を 合 計 すると 5456 コ メントであった 単 語 数 は 47355 である また, 勝 ち 試 合 のコメ プロ 野 球 監 督 の 試 合 後 コメント 内 容 と 楽 観 主 義 二 川 優 太 ( 和 光 大 学 ) Yuta FUTAGAWA (Wako University) キーワード:ポジティブ 心 理 学, 楽 観 主 義, 野 球 監 督 問 題 論 者 は,2011 年 度 の 和 光 大 学 卒 業 論 文 において, 日 本 のプロ 野 球 12 球 団 の 各 監 督 が 試 合

More information