中国造船業における各国舶用品のシェアに関する調査報告書

Size: px
Start display at page:

Download "中国造船業における各国舶用品のシェアに関する調査報告書"

Transcription

1

2

3 刊 行 によせて 一 般 社 団 法 人 日 本 舶 用 工 業 会 では 我 が 国 の 造 船 関 係 事 業 の 振 興 に 資 するために ボートレース 事 業 の 交 付 金 による 日 本 財 団 の 助 成 金 を 受 けて 造 船 関 連 海 外 情 報 収 集 及 び 海 外 業 務 協 力 事 業 を 実 施 しております その 一 環 としてジェトロ 関 係 海 外 事 務 所 を 拠 点 として 海 外 の 海 事 関 係 の 情 報 収 集 を 実 施 し 収 集 した 情 報 の 有 効 活 用 を 図 るため 各 種 調 査 報 告 書 を 作 成 しております 本 書 は ( 一 社 ) 日 本 舶 用 工 業 会 と 日 本 貿 易 振 興 機 構 と 共 同 で 運 営 しているジェトロ 香 港 事 務 所 舶 用 機 械 部 ( 小 橋 素 己 部 長 )が 造 船 業 における 各 国 舶 用 品 のシェアに 関 する 調 査 の 結 果 を とりまとめたものです 関 係 各 位 に 有 効 にご 活 用 いただければ 幸 いです 2015 年 3 月 一 般 社 団 法 人 日 本 舶 用 工 業 会 一 般 財 団 法 人 日 本 船 舶 技 術 研 究 協 会 1

4

5 はじめに 2008 年 ~2012 年 世 界 における 新 造 船 竣 工 隻 数 は 全 世 界 で 年 間 約 3,000 隻 ( 総 トン 数 100 トン 以 上 )と 一 定 の 規 模 を 保 っています この 5 年 間 における の 竣 工 隻 数 の 増 加 は 特 に 顕 著 であり 竣 工 量 で 2008 年 の 世 界 第 3 位 から 2010 年 には 第 1 位 になりました この 間 世 界 の 舶 用 工 業 製 品 市 場 について 見 ると 我 が 国 舶 用 工 業 製 品 の 生 産 高 は 微 減 傾 向 であり 輸 出 額 においても 同 様 の 傾 向 を 示 しています 韓 国 は 緩 やかな 山 谷 はあるものの 我 が 国 と 2012 年 時 点 において 同 等 の 生 産 高 となっています 一 方 における 2012 年 の 舶 用 工 業 製 品 の 生 産 高 は 2008 年 に 比 べ 2 倍 以 上 の 伸 びを 見 せています この 背 景 には 政 府 による 舶 用 製 品 の 国 産 化 政 策 があります 2006 年 9 月 国 防 科 学 技 術 工 業 委 員 会 及 び 国 家 発 展 改 革 委 員 会 は 船 舶 工 業 中 長 期 発 展 計 画 の 中 で 年 までに 国 際 的 に 競 争 力 のある 一 連 の 舶 用 工 業 企 業 群 を 整 備 し 国 産 舶 用 設 備 の 平 均 装 備 率 60% 以 上 を 目 指 すこと 年 までに 国 産 舶 用 設 備 の 平 均 装 備 率 80% 以 上 を 目 指 すことなどを 発 表 し 現 在 この 計 画 に 基 づいて 官 民 挙 げて 目 標 達 成 に 努 力 しています 政 府 は 国 産 化 の 目 標 達 成 のために 舶 用 企 業 が 自 力 で 市 場 シェアを 拡 大 するか 又 は 外 国 企 業 との 合 弁 や 提 携 を 通 じて 自 国 内 で 生 産 する 量 を 増 やすことを 求 めています 本 調 査 においては 急 激 に 成 長 している 舶 用 工 業 に 関 し 市 場 の 現 状 舶 用 機 器 採 用 状 況 ( 各 国 ブランド 別 シェア) 国 産 化 政 策 の 動 向 等 について 調 査 を 行 いました 本 報 告 書 が 我 が 国 の 舶 用 工 業 関 係 者 を 始 めとする 海 事 関 係 者 の 皆 様 のご 参 考 になれば 幸 いです ジェトロ 香 港 事 務 所 舶 用 機 械 部 長 小 橋 素 己 2

6

7 目 次 要 約 1 1 舶 用 品 市 場 の 現 状 舶 用 工 業 全 体 の 概 況 舶 用 品 の 輸 出 入 状 況 舶 用 メーカーの 現 状 53 2 造 船 所 の 舶 用 機 器 採 用 状 況 全 体 像 舶 用 機 械 製 品 別 の 採 用 状 況 (2014 年 ) 舶 用 機 械 製 品 別 の 採 用 予 定 (2015 年 ) 我 が 国 の 舶 用 工 業 に 関 する 提 言 政 府 の 舶 用 品 国 産 化 政 策 の 動 向 舶 用 工 業 製 品 の 国 産 化 政 策 国 産 化 政 策 の 具 体 的 な 運 用 状 況 我 が 国 造 船 業 及 び 舶 用 工 業 への 影 響 113 ( 参 考 ) 添 付 資 料 舶 用 品 アンケートフォーマット 114 3

8

9 要 約 近 年 の 舶 用 品 市 場 では 世 界 的 な 金 融 危 機 に 見 舞 われた 造 船 業 の 経 営 面 を 立 て 直 すため 政 府 は 2009 年 6 月 に 公 布 された 船 舶 工 業 調 整 と 振 興 計 画 を 始 め 船 舶 工 業 第 12 次 五 カ 年 発 展 計 画 工 業 のモデルチェンジとグレードアップ 計 画 船 舶 工 業 構 造 調 整 加 速 変 革 促 進 実 施 方 案 (2013 年 年 ) 等 一 連 の 政 策 を 打 ち 出 した また 同 時 期 に 技 術 面 での 成 長 を 促 すため 2012 年 8 月 に 公 布 された ハイテク 船 舶 科 学 研 究 プロジェクトガイド 2012 を 始 め 2013 年 には ハイテク 船 舶 科 学 研 究 プロジェクトガイド 2012 等 の 技 術 振 興 策 が 発 表 された こうした 動 きの 中 舶 用 品 市 場 はどのように 変 化 してきているかにつき 舶 用 工 業 の 概 況 舶 用 機 器 の 生 産 状 況 造 船 所 の 舶 用 品 調 達 の 実 態 等 を 調 査 し 報 告 することとする 本 報 告 書 の 第 1 章 では 舶 用 品 市 場 の 現 状 を 把 握 するため 総 売 上 高 利 益 総 額 から 最 近 5 年 間 の 動 向 を 分 析 し また 舶 用 低 速 中 速 高 速 ディーゼルエンジン 等 の 動 力 機 械 及 びウ ィンドラス 舶 用 クレーン 等 の 甲 板 機 械 の 主 要 舶 用 品 の 生 産 量 を 調 べ 最 近 5カ 年 の 動 向 を 分 析 す る その 他 に 舶 用 品 の 輸 入 輸 出 データを 調 べ 最 近 5カ 年 の 動 き 及 び 国 別 の 状 況 を 詳 細 に 分 析 することとした 更 に 舶 用 メーカーの 企 業 数 や 企 業 分 布 及 び 収 益 性 等 の 分 析 を 通 じて 中 国 舶 用 メーカーの 現 状 を 把 握 することとした 第 2 章 造 船 所 の 舶 用 機 器 採 用 状 況 では 造 船 所 へのアンケート 調 査 を 行 った 上 で 造 船 所 の 実 際 の 採 用 状 況 を 把 握 し 舶 用 品 全 体 及 び 品 目 ごとの 採 用 状 況 を 詳 細 に 分 析 し 舶 用 品 を 採 用 する 時 の 決 定 要 素 について 舶 用 品 全 体 での 分 析 及 び 品 目 ごとの 分 析 を 行 った 第 3 章 政 府 の 舶 用 品 国 産 化 政 策 の 動 向 では 船 舶 工 業 第 12 次 5カ 年 計 画 等 の 政 策 及 び ハイテク 船 舶 科 学 研 究 プロジェクトガイド 等 の 施 策 から 舶 用 品 国 産 化 関 連 政 策 を 抽 出 してま とめたうえで 舶 用 品 の 国 産 化 政 策 の 実 施 状 況 を 把 握 した 最 後 に 第 4 章 として 調 査 結 果 を 踏 まえて 我 が 国 造 船 業 及 び 舶 用 工 業 への 影 響 を 考 察 す る - 1-4

10 1 舶 用 品 市 場 の 現 状 近 年 の 舶 用 品 市 場 では 世 界 的 な 金 融 危 機 に 見 舞 われた 造 船 業 の 経 営 面 を 立 て 直 すため 政 府 は 2009 年 6 月 に 公 布 された 船 舶 工 業 調 整 と 振 興 計 画 を 始 め 船 舶 工 業 第 12 次 五 カ 年 発 展 計 画 工 業 のモデルチェンジとグレードアップ 計 画 船 舶 工 業 構 造 調 整 加 速 変 革 促 進 実 施 方 案 (2013 年 年 ) 等 一 連 の 政 策 を 打 ち 出 した また 同 時 期 に 技 術 面 での 成 長 を 促 すため 2012 年 8 月 に 公 布 された ハイテク 船 舶 科 学 研 究 プロジェクトガイド 2012 を 始 め 2013 年 には ハイテク 船 舶 科 学 研 究 プロジェクトガイド 2012 等 の 技 術 振 興 策 が 発 表 された こうしたた 動 きの 中 で 舶 用 品 市 場 はどのように 変 化 しているかについて 世 界 的 な 金 融 危 機 後 の 五 年 間 (2009 年 ~2013 年 ) の 舶 用 工 業 全 体 の 総 売 上 高 総 利 益 及 び 舶 用 品 の 総 輸 出 額 総 輸 入 額 等 データを 通 して 見 ることとする 1.1 舶 用 工 業 全 体 の 概 況 総 売 上 高 舶 用 工 業 全 体 の 総 売 上 高 世 界 的 な 金 融 危 機 後 の5 年 間 (2009 年 ~2013 年 ) 舶 用 工 業 は 2009 年 から 2013 年 まで 5 年 間 の 総 売 上 高 の 推 移 を 見 ると 成 長 率 に 高 低 はあるものの 右 肩 上 がりとなっ っている ( 以 下 図 1-1 を 参 照 ) ( 単 位 : 億 元 ) 1, , , , 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 図 1-1 最 近 5 カ 年 舶 用 工 業 総 売 上 高 の 推 移 出 所 : 船 舶 工 業 年 鑑 2010~2014 年 特 に 船 舶 工 業 では 受 注 から納 期 までのの 期 間 が 長 いため 2012 年 造 船 業 における 新 造 船 量 受 注 量 及 び 手 持 受 注 量 がいずれも 大 幅 に 下 落 していたが 舶 用 工 業 一 定 規 模 以 上 舶 用 企 業 1 の 総 売 上 高 は 初 めて 1,000 億 元 を 超 えて 億 元 に 達 し 前 年 比 18.3% %と 大 幅 に 1 国 家 統 計 局 は 2011 年 から 一 定 規 模 以 上 の 企 業 の 基 準 を 国 営 企 業 及 び 年 間 売 上 高 2,000 万 元 以 上 の 非 国 営 企 業 に 調 整 した うち 非 国 営 企 業 の 一 定 規 模 以 上 の 企 業 に入 る 基 準 は 従 来 の 500 万 元 から 2,000 万 元 に 調 整 され た - 2-5

11 上 昇 した 総 売 上 高 が 金 融 危 機 後 から 2013 年 まで 上 昇 してきたことは 政 府 の 支 援 策 があ る 程 度 功 を 奏 したと 見 てとれる 2013 年 造 船 業 の 新 造 船 量 は 前 年 に 比 べ 24.7%と 大 幅 に 下 落 していたが における 舶 用 工 業 一 定 規 模 以 上 の 舶 用 企 業 の 総 売 上 高 は 前 年 比 0.8% 増 の 1, 億 元 に 達 した 舶 用 工 業 の 各 企 業 は 新 造 船 市 場 の 不 況 期 に 新 製 品 の 開 発 海 洋 構 造 物 市 場 や 陸 上 市 場 への 参 入 等 を 通 じて 経 営 を 工 夫 していると 窺 える 総 売 上 高 伸 び 率 ただし 総 売 上 高 の 伸 び 率 の 推 移 2 を 見 ると 世 界 金 融 危 機 が 起 こった 2008 年 でピークの 121.9%に 達 したが その 後 総 売 上 高 の 伸 び 率 は 右 肩 下 がりとなり 2009 年 ではピーク 時 の 121.9% から 39.2%まで 急 落 し 2010 年 と 2011 年 では 更 に18.7%と 12.4%に 下 落 し 2012 年 の 総 売 上 高 伸 び 率 は 18.3%に 回 復 したが 2013 年 ではまた 急 落 し わずか 0.8%と 低 かった ( 以 下 図 1-2 を 参 照 ) 政 府 は 金 融 危 機 後 も 各 種 政 策 を 行 ってきていたが やはり 金 融 危 機 から 舶 用 工 業 への 被 害 は 深 刻 化 してきていることが 見 てとれる 140.0% 120.0% 121.9% 100.0% 80.0% 60.0% 40.0% 20.0% 0.0% -20.0% 35.2% 39.2% 18.7% 18.3% 12.4% -10.8% 0.8% 2006 年 2007 年 2008 年 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 図 1-2 最 近 8 カ 年 舶 用 工 業 総 売 上 高 伸 び 率 の 推 移 出 所 : 船 舶 工 業 年 鑑 2006~2014 年 より 計 算 地 域 別 の 総 売 上 高 2013 年 の 舶 用 工 業 地 域 別 トップの 総 売 上 高 を 見 ると 江 蘇 省 山 東 省 遼 寧 省 湖 北 省 上 海 市 浙 江 省 江 西 省 福 建 省 安 徽 省 重 慶 市 の 順 となっており うち 造 船 の 盛 んな 省 である 江 蘇 省 は 舶 用 工 業 においてもトップとなっており 江 蘇 省 の 総 売 上 高 が 舶 用 工 業 全 体 総 売 上 高 の 三 分 の 一 以 上 を 占 めており においては 江 蘇 省 の 船 舶 工 業 全 体 の 実 力 が 最 も 高 いことの 証 左 となっている ( 以 下 図 1-3を 参 照 ) 2 総 売 上 高 の 伸 び 率 の 推 移 をより 詳 細 に 見 るため 時 間 軸 を 伸 ばして 2006 年 から 2013 年 までの 8 年 間 のデータとした - 3-6

12 江 西, 福 建, , 安 徽, 19.56, 2% 24.79, 3% 2% 浙 江, 31.37, 3% 上 海, 44.47, 4% 重 慶, 13.71, 1% 湖 北, 76.12, 8% 江 蘇, , 36% 遼 寧, , 10% 山 東, , 31% 図 年 舶 用 工 業 地 域 別 売 上 高 トップ 10( 単 位 : 億 元 ) 出 所 : 船 舶 工 業 年 鑑 2014 年 より 計 算 最 近 5 カ 年 地 域 別 の 総 売 上 高 の 推 移 以 下 図 1-4 を 参 照 しながら 2009 年 から 2013 年 までの 5 年 間 における 舶 用 工 業 地 域 別 ト ップ 10 の 総 売 上 高 の推 移 を 比 較 して 見 る 1 トップの 江 蘇 省 は 2013 年 のみ 多 少 落 ちているが 2009 年 から 2012 年 までの 4 年 間 では 右 肩 上 がりとなっている 2 トップ 10 のうち 山 東 省 湖 北 省 と 福 建 省 は 2009 年 から 2013 年 までの 5 年 間 の 総 売 上 高 は 右 肩 上 がりとなっており それぞれ 2009 年 時 のランキングの 4 位 6 位 13 位 から 2013 年 の2 位 4 位 8 位 にランクアップを 実 現 した 山 東 省 湖 北 省 と 福 建 省 舶 用 工 業 の 各 企 業 は 造 船 業 の深 刻 な 不 況 の 中 で 新 製 品 の 開 発 漁 船 や 海 洋 構 造 物 分 野 陸 上 分 野 への 進 出 等 を 通 じて 売 上 高 のアップに 努 力 していたこと とが 見 てとれる うち 福 建 省 は 世 界 金 融 危 機 後 プレジャー 船 製 造 業 分 野 に 乗 出 し 年 にプレジャー 船 メー ーカー 及 びプレジャー 船 舶 用 品 メー カーが 30 社 あり 2012 年 に 入 り 60 社 まで 急 増 し におけるプレジャ ー 船 製 造 業 の集 積 地 となった プレジャー 船 産 業 の 振 興 は 福 建 省 舶 用 工 業 の 総 売 上 高 の 急 増 に 大 きく 貢 献 したと 考 えられる 3 ただ 詳 細 に 見 ると 上 海 市 と 浙 江 省 は 2009 年 から2013 年 までの 5 年 間 に 若 干 上 昇 したが 全 体 的 に 右 肩 下 がりとなっており 造 船 業 の 不 況 に 影 響 されていることが 窺 える 特 に 浙 江 省 の 造 船 業 は 輸 出 依 存 度 が 高 いため 金 融 危 機 に 甚 大 な 被 害 を 受 け 浙 江 省 の 舶 用 工 業 も 造 船 業 の 落 込 みにつれ 下 落 していたことが 見 てとれる 年 時 トップ 2の 遼 寧 省 は 2009 年 から 2013 年 までの 5 年 間 に 上 昇 下 降 を 繰 り 返 し 2013 年 の 総 売 上 高 はほぼ 2009 年 の数 値 に 戻 っ ていたが 舶 用 工 業 地 域 別 ランキングの トップ 3 となり 1 ランクが 下 がった 遼 寧 省 の 舶 用 工 業 も 金 融 危 機 に 大 きく 影 響 されてい たことが 窺 える - 4-7

13 5 安 徽 省 と 重 慶 市 は 舶 用 工 業 地 域 別 ランキングの の9 位 と 10 位 となっているが 2009 年 から 2013 年 まで 5 年 間 の 総 売 上 高 の 推 移 は 右 肩 上 がりとなっている 上 記 の 湖 北 省 と 合 わせて これらの 地 域 が 内 航 船 を 中 心 に 建 造 していたため 金 融 危 機 の 影 響 を 比 較 的 受 けずに か つ 政 府 の 国 内 需 要 喚 起 に 関 する 政 策 類 が 功 を 奏 したものと 考 えられる 江 蘇 省 の 総 売 上 高 山 東 省 の 総 売 上 高 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 2009 年 年 2011 年 2012 年 2013 年 遼 寧 省 の 総 売 上 高 湖 北 省 の 総 売 上 高 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 2009 年 年 2011 年 2012 年 2013 年 上 海 市 の 総 売 上 高 浙 江 省 の 総 売 上 高 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 2009 年 年 2011 年 2012 年 2013 年 江 西 省 の 総 売 上 高 福 建 省 の 総 売 上 高 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 2009 年 年 2011 年 2012 年 2013 年 - 5-8

14 3.64 安 徽 省 の 総 売 上 高 重 慶 市 の 総 売 上 高 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 2009 年 年 2011 年 2012 年 2013 年 図 1-4 最 近 5カ年 舶 用 工 業 地 域 別 トップ 10 の 総 売 上 高 の 推 移 出 所 : 船 舶 工 業 年 鑑 2010 年 ~2014 年 より よ 計 算 注 : 上 記 図 の 総 売 上 高 の 単 位 は 億 元 である 利 益 総 額 舶 用 工 業 の 利 益 総 額 2009 年 から 2013 年 まで 5 年 間 の 舶 用 工 業 利 益 総 額 3 の 推 移 を 見 ると 2008 年 からら 2011 まで は 右 肩 上 がりとなっているが 2012 年 以 降 右 肩 下 がりとなり 利 益 総 額 が 4..3% 下 降 し 新 造 船 市 場 の 深 刻 な 不 況 を 受 けていることが 見 てとれる ( 以 下 図 1-5を 参 照 ) 2013 年 舶 用 工 業 の 利 益 総 額 が 前 年 比 1.3 億 元 増 と 小 幅 ながら 増 加 し 舶 用 工 業 の 各 企 業 は 新 造 船 市 場 の 不 況 の 下 で 新 製 品 の 開 発 海 洋 構 造 物 市 場 や 陸 上 市 場 への 参 入 等 を 通 じて 経 営 を 工 夫 していることが 窺 える ( 単 位 : 億 元 ) 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 図 1-5 最 近 5 カ 年 舶 用 工 業 利 益 総 額 の 推 移 出 所 : 船 舶 工 業 年 鑑 2010~2014 年 3 利 益 総 額 は 日 本 で 言 う 税 引 き 前 利 益 に 当 たる た 会 計 基 準 では 営 業 利 益 に 投 資 収 益 と 営 業 外 収 支 を 加 減 算 するる 段 階 で 営 業 外 収 支 に 特 別 損 益 も 組 み 込 み 算 出 された 数 字 は 利 益 総 額 となる - 6-9

15 利 益 総 額 伸 び 率 250.0% 200.0% 214.0% 150.0% 100.0% 50.0% 0.0% -50.0% 75.0% 37.7% 4.8% 6.4% 2.3% 2006 年 2007 年 2008 年 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 -24.1% -4.3% 図 1-6 最 近 8 カ 年 舶 用 工 業 利 益 総 額 伸 び 率 の 推 移 出 所 : 船 舶 工 業 年 鑑 2006~2014 年 より 計 算 少 し 時 間 軸 を 伸 ばして 2006 年 から 2013 年 までの 8 年 間 における 舶 用 工 業 全 体 の 利 益 総 額 伸 び 率 の 推 移 を 見 ると 2006 年 の 時 は 75%と 高 かったが 2006 年 では 生 産 体 制 が 整 わず-24.1%と マイナスの 伸 びとなってしまった 金 融 危 機 の 起 こった 2008 年 ではこれが 是 正 されピークの 214% に 達 した ところが その 後 利 益 総 額 の 伸 び 率 は 右 肩 下 がりとなり 2009 年 ではピークの 214% から 37.7%まで 急 下 降 し 2010 年 では 更 に 4.8%に 急 下 降 し 2011 年 では 若 干 の 回 復 を 見 せたが 2012 年 では 再 び 下 降 し マイナスの 伸 び 率 (-4.3%)に 陥 ってしまう 造 船 業 の 深 刻 な 不 況 につれ て 舶 用 工 業 の 経 営 に 甚 大 な 被 害 をもたらしていることが 見 てとれる ( 以 上 図 1-6 を 参 照 ) 2013 年 舶 用 工 業 全 体 の 利 益 総 額 伸 び 率 が 2.3%に 回 復 し 舶 用 工 業 の 業 者 達 は 造 船 業 の 深 刻 な 不 況 の 中 で 経 営 の 改 善 に 精 一 杯 に 努 力 していることが 窺 える 地 域 別 の 利 益 総 額 2013 年 の 舶 用 工 業 地 域 別 トップの 利 益 総 額 を 見 ると 江 蘇 省 山 東 省 湖 北 省 福 建 省 浙 江 省 遼 寧 省 上 海 市 江 西 省 安 徽 省 重 慶 市 の 順 となっている ( 以 下 図 1-7 を 参 照 )

16 浙 江, 1.53, 3% 福 建, 2.14, 4% 湖 北, 6.01, 11% 上 海, 1.32, 2% 遼 寧, 1.38, 2% 江 西, 1.18, 2% 安 徽, 0.88, 2% 重 慶, 0.86, 1% 江 蘇, 24.11, 43% 山 東, 16.92, 30% 図 年 舶 用 工 業 地 域 別 利 益 総 額 トップ 10( 単 位 : 億 元 ) 出 所 : 船 舶 工 業 年 鑑 2014 年 より 計 算 6 造 船 が 最 も 盛 んな 省 である 江 蘇 省 は 舶 用 工 業 の 利 益 総 額 ランキングにおいてもトップ となっており しかも 4 割 以 上 を 占 めており においては 江 蘇 省 の 舶 用 工 業 全 体 の 収 益 が 最 も 良 いことが 分 かる 7 山 東 省 は 舶 用 工 業 の 総 売 上 高 ランキングと 同 じように 利 益 総 額 においてもトップ2 となっており しかも 3 割 と 高 い 割 合 を 占 めている 8 舶 用 工 業 の 総 売 上 高 ランキングでそれぞれれ 4 位 と8 位 となっている 湖 北 省 と 福 建 省 は 舶 用 工 業 の 利 益 総 額 ランキングにおいてそれぞれ 3 位 と4 位 にランクアップを 実 現 し 湖 北 省 と 福 建 省 の 舶 用 工 業 の 各 企 業 は 経 営 を 工 夫 していたことが 見 てとれる 9 舶 用 工 業 の 総 売 上 高 ランキングでそれぞれれ 3 位 と5 位 となっている 遼 寧 省 と 上 海 市 は 舶 用 工 業 の 利 益 総 額 ランキングにおいてそれぞれ 6 位 と7 位 になってしまい 遼 寧 省 と 上 海 市 の 舶 用 工 業 は 造 船 業 の 深 刻 な 不 況 に 大 きく 影 響 されていることが 窺 える 最 近 5 カ 年 地 域 別 の 総 売 上 高 の 推 移 以 下 図 1-8 を 参 照 しながら 2009 年 から 2013 年 までの 5 年 間 における 舶 用 工 業 地 域 別 ト ップ 10 の 利 益 総 額 の推 移 を 比 較 してみる 年 から 2013 年 まで5 年 間 の 江 蘇 省 舶 用 工 業 の 利 益 総 額 は 造 船 業 の 深 刻 な 不 況 に 影 響 さ れず 右 肩 上 がりとなっている 江 蘇 省 舶 用 工 業 の 各 企 業 は 世 界 金 融 危 機 が 進 展 する 中 で 新 製 品 の 開 発 海 洋 構 造 物 市 場 や 陸 上 市 場 への 開 拓 等 を 通 じて 経 営 を 工 夫 していることが 見 てと れる 2 山 東 省 の 舶 用 工 業 利 益 総 額 は 2010 年 に 一 度 急 落 したが その 後 右 肩 上 がりとなり 2009 年 時 の9 位 から 5 年 後 の2013 年 に2 位 となった 山 東 省 舶 用 工 業 の 各 企 業 は 造 船 業 の 不 況 を 乗 越 えようと 努 力 していたことが 窺 える

17 3 湖 北 省 舶 用 工 業 の 利 益 総 額 は 横 ばいであるが 2009 年 時 のランキング6 位 から 2013 年 の3 位 にランクアップした 湖 北 省 は 内 航 船 を 中 心 に 建 造 していたため 世 界 金 融 危 機 に 比 較 的 影 響 されなかっ ったことが 見 てとれる 江 蘇 省 の 利 益 総 額 山 東 省 の 利 益 総 額 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 2009 年 年 2011 年 2012 年 2013 年 4.45 湖 北 省 の 利 益 総 額 福 建 省 の 利 益 総 額 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 2009 年 年 2011 年 2012 年 2013 年 浙 江 省 の 利 益 総 額 遼 寧 省 の 利 益 総 額 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 2009 年 年 2011 年 2012 年 2013 年 9.20 上 海 市 の 利 益 総 額 江 西 省 の 利 益 総 額 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 2009 年 年 2011 年 2012 年 2013 年

18 0.15 安 徽 省 の 利 益 総 額 重 慶 市 の 利 益 総 額 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 2009 年 年 2011 年 2012 年 2013 年 図 1-8 最 近 5カ年 舶 用 工 業 地 域 別 トップ 10 の 利 益 総 額 の 推 移 出 所 : 船 舶 工 業 年 鑑 2010 年 ~2014 年 注 : 上 記 図 の 総 売 上 高 の 単 位 は 億 元 である 4 上 海 市 と 遼 寧 省 の 舶 用 工 業 の 利 益 総 額 は 2009 年 時 にはそれぞれ2 位 と 3 位 であっ ったが 5 年 後 の 2013 年 にはそれぞれ7 位 と6 位 と 大 幅 にランクダウンした 上 海 市 舶 用 工 業 の 利 益 総 額 は2009 年 から 2011 年 までの3 年 間 では 小 幅 ながら 上 昇 していたが 2012 年 に 急 落 し 2013 年 に 更 に 下 落 した 2012 年 の 造 船 業 の 深 刻 な 不 況 から 逃 れられなかったものと 考 えられ る 遼 寧 省 舶 用 工 業 の 利 益 総 額 は 年 々 少 しづつ 下 がってきており 世 界 金 融 危 機 の 被 害 が 甚 大 であったことが 見 てとれる 5 福 建 省 舶 用 工 業 の 利 益 総 額 は 2009 年 の 時 に 11 位 とランキングされていたが 2011 年 までは 横 ばいで 年 に 急 上 昇 し 2013 年 も 小 幅 ながら 上 昇 し ランキングの4 位 にランクアッ プした 前 述 したように 福 建 省 は 世 界 金 融 危 機 後 プレジャー 船 製 造 業 分 野 に 乗 出 し 2012 年 に プレジャー 船 メーカーとプレジャー 船 舶 用 品 メーカー ーは 従 来 の 30 社 から 60 社 まで 急 増 し におけるプレジャー 船 製 造 業 の 集 積 地 となった プレジャー 船 産 業 の 振 興 は 福 建 省 舶 用 工 業 の 利 益 総 額 の 増 加 につながるものと 見 られる 生 産 量 前 述 したように 金 融 危 機 後 の5 年 間 における 舶 用 工 業 全 体 の 総 売 上 高 は 造 船 業 の 深 刻 な 不 況 に 影 響 されず 右 肩 上 がりとなっ っているが 舶 用 工 業 における 主 要 製 品 の 生 産 量 はどんな 動 き をしているかを 見 てみる 舶 用 低 速 ディーゼルエンジンン 2009 年 から 2013 年 までの 舶 用 低 速 ディーゼルエ エンジン 生 産 量 の 推 移 を 見 ると 年 から 2011 年 までの3 年 間 の 生 産 量 は 台 数 ベースにしても 総 出 力 ベースにしても 右 肩 上 がりであったが 2012 年 から 下 降 し 始 め 2013 年 も 下 降 した ( 以 下 図 1-9 を 参 照 ) 舶 用 低 速 ディーゼルエンジンは 新 造 船 の 受 注 に 関 連 があり 世 界 金 融 危 機 以 前 に 既 に 2011 年 ま での 建 造 量 を 確 保 していたので 2009 年 から 2011 年 までの 生 産 量 は 上 昇 した しかしながら 世 界 金 融 危 機 後 の 新 造 船 受 注 量 の 急 減 に 伴 っ て 舶 用 低 速 ディーゼルエンジンの 受 注 量 も 急 減 したた め 舶 用 低 速 ディーゼルエンジンの 生 産 量 は 2012 年 から 下 降 した

19 台 数 万 kw 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 図 1-9 最 近 5カ 年 舶 用 低 速 ディー ーゼルエンジン 生 産 量 の 推 移 出 所 : 船 舶 工 業 年 鑑 2010 年 ~2014 年 2010 年 から 2013 年 までの4 年 間 の 舶 用 低 速 ディーゼルエンジンメーカーの 生 産 量 を 見 ると で 最 も 有 力 な 舶 用 低 速 ディー ーゼルエンジンメーカーである 滬 東 重 機 有 限 公 司 の 生 産 量 は 2012 年 まで 上 昇 していたが 2013 年 では 2012 年 の 140 台 /144.6 万 kwから87 台 /96.1 万 kwまで 急 減 し 台 数 と 総 出 力 の 減 少 幅 はそれぞれれ 37.9%と 33.5%と 大 きかった これに 続 く 大 連 船 用 柴 油 機 有 限 公 司 中 船 三 井 造 船 柴 油 機 有 限 公 司 宜 昌 船 舶 柴 油 機 有 限 公 司 青 島 斉 耀 瓦 錫 蘭 菱 重 麟 山 船 用 柴 油 機 有 限 公 司 合 肥 熔 安 動 力 機 械 有 限 公 司 等 舶 用 低 速 ディーゼルエ ンジンメー ーカー5 社 の 生 産 量 は 全 て 2011 年 まで 上 昇 していたが 2012 年 から 下 降 し 始 め 2013 年 には 更 に 下 降 することとなった ( 以 下 表 1-1 を 参 照 ) 安 泰 動 力 機 械 有 限 公 司 と 鎮 江 中 船 設 備 有 限 公 司 の2 社 は 舶 用 低 速 ディーゼルエンジン 分 野 にお いて 生 産 量 が 少 なく 2013 年 では2 社 とも生 産 量 ゼロであった 表 1-1 最 近 4 年 間 の 舶 用 低 速 ディー ーゼルエンジンメーカー ーの 生 産 量 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 台 万 kw 台 万 kw 台 万 kw 台 万 kw 滬 東 重 機 有 限 公 司 大 連 船 用 柴 油 機 有 限 公 司 中 船 三 井 造 船 柴 油 機 有 限 公 司 宜 昌 船 舶 柴 油 機 有 限 公 司 青 島 斉 耀 瓦 錫 蘭 菱 重 麟 山 船 用 柴 油 機 有 限 公 司 合 肥 熔 安 動 力 機 械 有 限 公 司 安 泰 動 力 機 械 有 限 公 司 鎮 江 中 船 設 備 有 限 公 司 出 所 : 船 舶 工 業 年 鑑 2011 年 ~2014 年 注 : 青 島 斉 耀 瓦 錫 蘭 菱 重 麟 山 船 用 柴 油 機 有 限 公 司 は 2014 年 8 月 以 降 青 島 海 西 船 舶 柴 油 機 有 限 公 司 に 変 更 された

20 舶 用 中 速 ディーゼルエンジンン 2009 年 から 2013 年 までの 舶 用 中 速 ディーゼルエ エンジン 生 産 量 の 推 移 を 見 ると まず 台 数 ベースでは 2010 年 はやや 上 昇 を 見 せたが 全 体 的 には 穏 やかな 右 肩 下 がりとなっている 2009 年 から 2013 年 までの 舶 用 中 低 速 ディー ーゼルエンジン 生 産 量 の 推 移 を 総 出 力 ベースで 見 ると 2010 年 は 上 昇 を 見 せたが 2011 年 と 2012 年 の 生 産 量 は 少 しずつ 下 降 し 2013 年 では 大 幅 に 下 降 し た ( 以 下 図 1-10 を 参 照 ) 台 数 万 kw 16,157 16,258 14,619 13, , 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 図 1-10 最 近 5 カ 年 舶 用 中 速 ディー ーゼルエンジン 生 産 量 の 推 移 出 所 : 船 舶 工 業 年 鑑 2010 年 ~2014 年 舶 用 中 速 ディーゼルエンジンの 生 産 量 は舶 用 低 速 ディーゼルエンジンほど 減 少 しなかった 背 景 には 政 府 の 内 需 拡 大 政 策 である 沿 海 内 陸 河 川 航 行 船 舶 の 更 新 による 需 要 刺 激 策 が 功 を 奏 し たものと 考 えられる 2013 年 舶 用 中 速 ディーゼルエンジンの台 数 ベースの 生 産 量 はそれほど 低 い 訳 ではなかったが 総 出 力 ベー ースの 生 産 量 では 大 幅 に 下 がっていた 沿 海 内 陸 河 川 航 行 船 舶 の 新 規 需 要 の 効 果 は 生 産 量 の 台 数 ベースではそれほど 現 れないが これらの 船 舶 は 小 さいため 総 主 力 の 合 計 は大 幅 に 減 少 した 舶 用 高 速 ディーゼルエンジンン 2009 年 から 2013 年 までの 舶 用 高 速 ディーゼルエ エンジン 生 産 量 の 推 移 を 見 ると 台 数 ベース にしても 総 出 力 ベースにしても 2009 年 から 2010 年 までは 上 昇 を 見 せたが 2011 年 では 下 降 に 転 じた しかしながら 2012 年 では 大 幅 に 上 昇 することとなった しかしまた 2013 年 では 再 び 右 肩 下 がりとなった ( 以 下 図 を 参 照 ) 舶 用 高 速 ディーゼルエンジンは 官 公 庁 船 プレジャー ーボート 漁 船 沿 海 内 陸 河 川 航 行 輸 送 船 工 事 船 等 の 船 型 に 使 用 されている うち 漁 船 分 野 において は 漁 船 大 国 とも 言 われており 漁 船 の 保 有 量 は 世 界 漁 船 保 有 量 の 1/4 を 占 めている 年 11 月 に 農 業 部 漁 業 局 より 公 布 された 漁 業 発 展 第 12 次 五 カ 年 計 画 では 漁 船 漁 船 用 機 械 と 漁 具 標 準 化 の 更 新 改 造 の 推 進 が 明 確 化 されたため 2012 年 に 入 って 漁 船 の 更 新 建 造 は 政 府 の 支 援 を 受 けるようになった この ことは 2012 年 の 舶 用 高 速 ディー ーゼルエンジン 生 産 量 の 急 増 に 大 きく 貢 献 したと 考 えられる

21 12,687 台 数 19,330 16,672 万 kw ,502 7, 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 図 1-11 最 近 5 カ 年 舶 用 高 速 ディー ーゼルエンジン 生 産 量 の 推 移 出 所 : 船 舶 工 業 年 鑑 2010 年 ~2014 年 アンカー 係 留 機 械 (ウィンドラス) 2009 年 から 2013 年 までの アンカー 係 留 機 械 生 産 量 の 推 移 を 見 ると 2009 年 の 生 産 量 は 3,314 台 であったが 2010 年 に 入 って 143 台 に 急 激 に 減 少 し 2011 年 に 入 って 反 転 し 3,637 台 となった しかし 2012 年 と 2013 年 では 再 び 上 昇 下 降 を 繰 り 返 した 2009 年 から 2013 年 までの5 年 間 のう ち 2010 年 の 生 産 量 は 特 に 少 なく また 2012 年 の 生 産 量 も 3,000 台 未 満 の 数 値 であったが 他 の3 年 間 は 3,000 台 以 上 に 達 し 政 府 の 支 援 政 策 が 一 定 程 度 功 を 奏 したものと 考 えられる ( 以 下 図 1-12 を 参 照 ) 台 数 4,000 3,500 3,000 3,314 3,637 2,783 3,245 2,500 2,000 1,500 1, 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 図 1-12 最 近 5カ 年 舶 用 アンカー 係 留 機 械 生 産 量 の 推 移 出 所 : 船 舶 工 業 年 鑑 2010 年 ~2014 年 注 : 統 計 年 鑑 では 2009 年 から 2011 年 までの3 年 間 はウィンドラスの 生 産 量 として 記 載 され 2012 年 と2013 年 の2 年 間 はアンカー 係 留 機 械 として 記 載 された 舶 用 クレーン 2009 年 から 2013 年 までの 舶 用 クレー ーン 生 産 量 の 推 移 を 見 ると 2009 年 から 2011 年 までの 3 年 間 の 生 産 量 は 右 肩 上 がりとなっていたが 2012 年 から 下 降 し 始 め 2013 年 も 更 に 下 降 した ( 以 下 図 1-13 を 参 照 )

22 台 数 1,400 1,200 1,018 1,361 1,313 1,139 1, 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 図 1-13 最 近 5 カ 年 舶 用 クレーン 生 産 量 の 推 移 出 所 : 船 舶 工 業 年 鑑 2010 年 ~2014 年 操 舵 機 2009 年 から 2013 年 までの 操 舵 機 生 産 量 の 推 移 を 見 ると 2009 年 では 1,603 台 であったが 2010 年 に 入 って 427 台 に 下 降 し その 後 の 3 年 間 はほぼ 横 ばいで 400 台 前 後 にある ( 以 下 図 1-14 を 参 照 ) 台 数 1,800 1,603 1,600 1,400 1,200 1, 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 図 1-14 最 近 5 カ 年 操 舵 機 生 産 量 の 推 移 出 所 : 船 舶 工 業 年 鑑 2010 年 ~2014 年 舶 用 環 境 設 備 ( 舶 用 焼 却 炉 ) 2009 年 から 2013 年 までの 舶 用 環 境 設 備 ( 主 に 舶 用 焼 却 炉 ) 生 産 量 の 推 移 を 見 ると 下 がっ たり 上 がっ ったりするのはあるが 2012 年 の 539 台 を 除 いて 基 本 的 には 600 台 ~700 台 の 間 にある ( 以 下 図 1-15 を 参 照 )

23 台 数 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 図 1-15 最 近 5 カ 年 舶 用 環 境 設 備 生 産 量 の 推 移 出 所 : 船 舶 工 業 年 鑑 2010 年 ~2014 年 注 : 統 計 年 鑑 では 2009 年 から 2011 年 までの3 年 間 は 舶 用 焼 却 炉 の 生 産 量 として 記 載 され 2012 年 と 2013 年 の2 年 間 は 舶 用 環 境 設 備 として 記 載 された 1.2 舶 用 品 の 輸 出 入 状 況 税 関 税 則 によると における 輸 出 入 されている 舶 用 工 業 製 品 は 主 に 28 品 目 あり それぞれ 一 つの 税 関 税 則 番 号 が 付 けられている 例 えば 舶 用 ディーゼルエンジンである 舶 用 圧 力 燃 焼 式 ピストン 内 燃 発 動 機 の 税 則 番 号 は で 舶 用 ディーゼルエンジンである 舶 用 舷 外 点 火 燃 焼 往 復 / 回 転 式 ピストン 内 燃 発 動 機 の 税 則 番 号 は である におけ る 輸 出 輸 入 されている 28 品 目 の 舶 用 工 業 製 品 は 以 下 の 表 1-2 の 通 りである 表 1-2の 舶 用 工 業 製 品 28 品 目 のうち 上 部 分 の 11 品 目 は 舶 用 専 用 製 品 であり 下 部 分 の 17 品 目 は 舶 用 品 を 含 め 他 の 業 界 や 他 の 用 途 の 製 品 も 入 っている 従 って 本 報 告 書 では 舶 用 専 用 製 品 の11 品 目 について 分 析 することにする 2009 年 から 2013 年 までの における 舶 用 工 業 製 品 全 体 の 輸 出 入 総 額 の 推 移 を 見 ると 2009 年 から 2011 年 までの 3 年 間 では 年 々 上 昇 して 右 肩 上 がりとなり 2012 年 からは 下 降 し 始 め 右 肩 下 がりとなっ った 下 げ 幅 を 見 ると 2012 年 は 5.4%であり 2013 年 になると 世 界 造 船 市 場 の 不 況 が さらに 深 刻 化 したため 10.8%と 下 げ 幅 が 大 きかった 船 舶 工 業 では 新 造 船 の 納 期 が 長 いため 金 融 危 機 の 船 舶 工 業 への 影 響 は 遅 れて 出 てくるという 特 性 が 舶 用 品 の 輸 出 入 総 額 からも 見 られる

24 ( 億 米 ドル) 年 年 年 年 年 出 所 : 税 関 図 1-16 最 近 5 カ 年 舶 用 品 の 輸 出 入 総 額 の 推 移 以 下 2009 年 から 2013 年 までの 舶 用 工 業 における 製 品 別 及 び 地 域 別 の 輸 出 入 状 況 を 分 析 し てみる

25 区 分 Ⅰ 主 要 舶 用 設 備 Ⅱ 舶 用 関 連 設 備 表 1-2 における 輸 出 輸 入 されている 舶 用 工 業 製 品 一 覧 表 税 則 番 号 (HS) 設 備 部 品 区 分 税 則 商 品 名 用 途 等 単 位 舶 用 ディーゼルエンジン 舶 用 圧 力 燃 焼 式 ピストン 内 燃 発 動 機 ( 舶 用 ディーゼルエンジン) 舶 用 専 用 台 /kw 舶 用 ディーゼルエンジン 舶 用 舷 外 点 火 燃 焼 往 復 / 回 転 式 ピストン 内 燃 発 動 機 舶 用 専 用 台 /kw 舶 用 ディーゼルエンジン 舶 用 その 他 点 火 燃 焼 往 復 / 回 転 式 ピストン 内 燃 発 動 機 舶 用 専 用 台 /kw 舶 用 プロペラ 舶 用 推 進 器 翼 板 舶 用 専 用 Kg その 他 ( 動 力 装 置 ) 舶 用 動 力 用 タービン 舶 用 専 用 台 /kw その 他 ( 甲 板 機 械 ) 舶 用 操 舵 機 及 びスタビライザー 舶 用 専 用 台 重 要 部 品 ( 舶 用 ディーゼルエンジン) 舶 用 クランクシャフト 舶 用 専 用 台 重 要 部 品 ( 舶 用 ディーゼルエンジン) その 他 の 舶 用 伝 動 シャフト 舶 用 専 用 台 重 要 部 品 ( 舶 用 ディーゼルエンジン) 舶 用 点 火 燃 焼 式 ピストン 内 燃 発 動 機 の 部 品 舶 用 専 用 Kg 重 要 部 品 ( 舶 用 ディーゼルエンジン) その 他 舶 用 発 動 機 の 部 品 ( 舶 用 ディーゼルエンジン 部 品 ) 舶 用 専 用 Kg 重 要 部 品 ( 甲 板 機 械 ) 舶 用 操 舵 及 び 操 舵 安 定 装 置 用 部 品 舶 用 専 用 Kg 舶 用 発 電 機 交 流 発 電 機 75KVA< 出 力 効 率 375KVA 船 用 ブラシレス 三 相 同 歩 発 電 機 台 舶 用 発 電 機 交 流 発 電 機 375KVA< 出 力 効 率 750KVA 船 用 ブラシレス 三 相 同 歩 発 電 機 台 舶 用 発 電 機 交 流 発 電 機 750KVA< 出 力 効 率 350MVA 船 用 ブラシレス 三 相 同 歩 発 電 機 台 舶 用 ポンプ その 他 遠 心 分 離 機 遠 心 乾 燥 機 を 含 む 舶 用 オイル 分 離 装 置 / 舶 用 液 体 濾 過 净 化 処 理 装 置 台 舶 用 ポンプ その 他 の 非 家 庭 用 型 濾 過 浄 化 水 装 置 舶 用 汚 水 処 理 装 置 飲 用 水 消 毒 器 及 び 鉱 化 フィルム 台 舶 用 ポンプ その 他 液 量 計 が 装 着 済 / 装 着 可 能 なポンプ 給 油 ユニット 台 航 海 計 装 計 器 ( 測 位 ) 羅 針 盤 電 気 磁 石 電 磁 磁 石 等 台 航 海 計 装 計 器 ( 測 位 ) その 他 無 線 航 法 援 助 装 置 GPS 衛 星 航 法 装 置 台 航 海 計 装 計 器 ( 誘 導 ) その 他 航 法 計 器 装 置 自 動 操 舵 装 置 距 離 計 測 装 置 等 台 航 海 計 装 計 器 ( 誘 導 ) その 他 大 地 水 道 測 量 海 洋 気 象 地 球 物 理 用 計 器 ソナー 台 航 海 計 装 計 器 ( 誘 導 ) 航 法 用 レーダー 装 置 レーダー 台 航 海 計 装 計 器 ( 通 信 ) その 他 レーダー 装 置 レーダー 応 答 装 置 台 その 他 ( 動 力 装 置 ) 無 線 遠 隔 制 御 設 備 舶 用 エンジン 制 御 装 置 推 進 装 置 制 御 システム 等 その 他 ( 動 力 装 置 ) 多 相 交 流 モータ 出 力 効 率 >75KW 推 進 モーター 台 その 他 ( 動 力 装 置 ) 配 電 盤 電 圧 >1,000V 中 圧 配 電 盤 Kv その 他 ( 甲 板 機 械 ) その 他 電 動 の 巻 き 上 げ 機 ウィンチ 舶 用 係 留 用 ウィンチ 台 その 他 ( 甲 板 機 械 ) その 他 非 電 動 の 巻 き 上 げ 機 ウィンチ 舶 用 錨 揚 げ 機 船 用 組 合 せ 錨 用 ウィンチ 台 台

26 1.2.1 輸 入 2009 年 から 2013 年 までの 舶 用 品 の 輸 入 総 額 の 推 移 を 見 ると 2009 年 から 2011 年 までの 3 年 間 では 徐 々に 上 昇 し 穏 やかなな 右 肩 上 がりとなり 年 からはは 下 降 し 始 め 右 肩 下 がりとなっ た 2012 年 と 2013 年 の 下 げ 幅 はそれぞれ 14.9%と 13..8%と 大 きく 世 界 造 船 市 場 の 深 刻 な 不 況 と の 国 産 化 政 策 からの 影 響 があるものと 考 えられる ( 億 米 ドル) 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 出 所 : 税 関 図 1-17 最 近 5 カ 年 舶 用 品 の 輸 入 総 額 の 推 移 舶 用 ディーゼルエンジン HS コー ード: 製 品 名 : 舶 用 圧 力 燃 焼 式 ピストン 内 燃 発 動 機 表 1-3 最 近 5カ 年 舶 用 圧 力 燃 焼 式 ピストン 内 燃 発 動 機 の 輸 入 量 輸 入 額 項 目 2009 年 2010 年 輸 入 量 ( 台 ) 前 年 比 伸 び 率 4,060-3, % 輸 入 額 ( 千 米 ト ル) 前 年 比 伸 び 率 2,344,681-2,554, % 輸 入 単 価 ( 千 米 ト ル/ 台 ) 出 所 : 税 関 年 4, % 2,399, % 年 4, % 1,687, % 年 3, % 1,146, %

27 表 1-4 最 近 5 カ 年 舶 用 ディーゼルエンジンの 国 別 輸 入 量 ( 単 位 : 台 ) 輸 入 元 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 日 本 ,031 1, アメリカ デンマーク ドイツ スウェーデン 韓 国 オーストリア イギリス イタリア ノルウェー フィンランド 出 所 : 税 関 表 1-5 最 近 5 カ 年 舶 用 ディーゼルエンジンの 国 別 輸 入 額 ( 単 位 : 千 米 ドル) 輸 入 元 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 韓 国 1,234,881 1,416,565 1,386,387 1,050, ,078 日 本 423, , , , ,461 アメリカ 137, ,432 82, , ,493 ドイツ 252, , ,824 94, ,626 フィンランド 135, ,091 62,285 45,932 44,041 イギリス 21,351 20,231 24,025 42,830 43,882 ノルウェー 49,799 10,491 18,611 6,479 22,179 スウェーデン 13,857 12,997 14,572 11,632 11,227 デンマーク 19,502 20,346 15,016 3,449 8,217 オーストリア 1, ,307 2,807 4,237 イタリア 38,942 6,859 8,776 9,855 4,055 出 所 : 税 関

28 表 1-6 最 近 5 カ 年 舶 用 ディーゼルエンジンの 国 別 平 均 輸 入 単 価 ( 単 位 : 千 米 ドル/ 台 ) 輸 入 元 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 韓 国 3, , , , , フィンランド 1, , , , 日 本 ノルウェー ドイツ イギリス アメリカ イタリア スウェーデン オーストリア デンマーク 出 所 : 税 関 データより 計 算 舶 用 船 外 点 火 燃 焼 往 復 / 回 転 式 ピストン 内 燃 発 動 機 HS コード: 製 品 名 : 舶 用 船 外 点 火 燃 焼 往 復 / 回 転 式 ピストン 内 燃 発 動 機 表 1-6 最 近 5 カ 年 舶 用 船 外 点 火 燃 焼 往 復 / 回 転 式 ピストン 内 燃 発 動 機 の 輸 入 量 輸 入 額 項 目 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 輸 入 量 ( 台 ) 13,927 19,754 23,522 23,775 14,974 前 年 比 伸 び 率 % 19.1% 1.1% -37.0% 輸 入 額 ( 千 米 ト ル) 26,903 36,462 51,655 50,625 36,968 前 年 比 伸 び 率 % 41.7% -2.0% -27.0% 輸 入 単 価 ( 千 米 ト ル/ 台 ) 出 所 : 税 関 表 1-7 最 近 5 カ 年 舶 用 船 外 点 火 燃 焼 往 復 / 回 転 式 ピストン 内 燃 発 動 機 の 国 別 輸 入 量 単 位 : 台 輸 入 元 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 日 本 12,662 16,828 21,188 19,820 12,334 タイ ,558 アメリカ フランス 525 1, , ドイツ 出 所 : 税 関

29 表 1-8 最 近 5 カ 年 船 外 点 火 燃 焼 往 復 / 回 転 式 ピストン 内 燃 発 動 機 の 国 別 輸 入 額 ( 単 位 : 千 米 ドル) 輸 入 元 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 日 本 24,643 31,945 45,503 43,106 29,945 アメリカ 1,276 2,343 4,710 4,836 5,203 タイ ,625 フランス 313 1, , ドイツ 出 所 : 税 関 表 1-9 最 近 5 カ 年 舶 用 船 外 点 火 燃 焼 往 復 / 回 転 式 ピストン 内 燃 発 動 機 の 国 別 輸 入 単 価 単 位 : 台 輸 入 元 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 日 本 タイ アメリカ フランス ドイツ 出 所 : 税 関 より 計 算 舶 用 その 他 点 火 燃 焼 往 復 / 回 転 式 ピストン 内 燃 発 動 機 HS コード: 製 品 名 : 舶 用 その 他 点 火 燃 焼 往 復 / 回 転 式 ピストン 内 燃 発 動 機 表 1-10 最 近 5 カ 年 舶 用 その 他 点 火 燃 焼 往 復 / 回 転 式 ピストン 内 燃 発 動 機 の 輸 入 量 額 項 目 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 輸 入 量 ( 台 ) 前 年 比 伸 び 率 % 36.5% -80.9% 0.0% 輸 入 額 ( 千 米 ト ル) 1,371 3,546 2, ,345 前 年 比 伸 び 率 % -35.0% -60.0% 45.8% 輸 入 単 価 ( 千 米 ト ル/ 台 ) 出 所 : 税 関

30 表 1-11 最 近 5 カ 年 舶 用 その 他 点 火 燃 焼 往 復 / 回 転 式 ピストン 内 燃 発 動 機 の 国 別 輸 入 量 単 位 : 台 輸 入 元 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 アメリカ 日 本 イタリア メキシコ スウェーデン ドイツ オーストリア 韓 国 出 所 : 税 関 表 1-12 最 近 5 カ 年 舶 用 その 他 点 火 燃 焼 往 復 / 回 転 式 ピストン 内 燃 発 動 機 の 国 別 輸 入 額 ( 単 位 : 千 米 ドル) 輸 入 元 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 アメリカ 1,212 2, 日 本 イタリア メキシコ スウェーデン ドイツ オーストリア 韓 国 出 所 : 税 関 表 1-13 最 近 5 カ 年 舶 用 その 他 点 火 燃 焼 往 復 / 回 転 式 ピストン 内 燃 発 動 機 の 国 別 輸 入 単 価 ( 単 位 : 千 米 ドル/ 台 ) 輸 入 元 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 アメリカ 日 本 イタリア オーストリア 韓 国 メキシコ スウェーデン ドイツ 出 所 : 税 関 データより 計 算

31 舶 用 プロペラ( 舶 用 推 進 器 翼 板 ) HS コード: 製 品 名 : 舶 用 プロペラ( 舶 用 推 進 器 翼 板 ) 表 1-14 最 近 5 カ 年 舶 用 プロペラ( 舶 用 推 進 器 翼 板 )の 輸 入 量 輸 入 額 項 目 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 輸 入 量 ( 千 kg) 25,576 25,774 24,330 23,731 25,883 前 年 比 伸 び 率 % -5.6% -2.5% 9.1% 輸 入 額 ( 千 米 ト ル) 651, , , , ,284 前 年 比 伸 び 率 % -11.6% -9.5% 3.9% 輸 入 単 価 ( 千 米 ト ル/ 千 kg) 出 所 : 税 関 表 1-15 最 近 5 カ 年 舶 用 プロペラの 国 別 輸 入 量 ( 単 位 : 千 kg) 輸 入 元 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 日 本 6,918 7,248 8,452 7,995 9,630 ドイツ 6,417 6,522 5,932 5,884 6,142 フィンランド 3,881 4,624 3,854 4,342 2,990 ノルウェー 1,941 1,966 1,158 1,189 2,027 シンガポール ,259 韓 国 ,268 1,388 1,197 スウェーデン ,156 イタリア アメリカ オランダ 3,188 1, デンマーク フランス 出 所 : 税 関 表 1-16 最 近 5 カ 年 舶 用 プロペラの 国 別 輸 入 額 ( 単 位 : 千 米 ドル) 輸 入 元 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 日 本 127, , , , ,703 ドイツ 164, , , , ,467 ノルウェー 58,946 61,794 38,362 41,810 75,330 フィンランド 95, , , ,093 74,282 スウェーデン 38,933 38,252 26,566 13,895 32,

32 シンガポール 24,605 22,384 17,858 9,905 28,110 イタリア 7, ,900 22,383 韓 国 2, ,672 16,605 14,612 アメリカ 8, ,657 21,497 11,317 オランダ 96, ,862 12,312 3,228 3,334 フランス 3, ,224 8,526 3,269 デンマーク 8,374 29,633 16,025 14,676 1,973 出 所 : 税 関 表 1-17 最 近 5 カ 年 舶 用 プロペラの 国 別 平 均 輸 入 単 価 ( 単 位 : 千 米 ドル/ 千 kg) 輸 入 元 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 アメリカ フランス ノルウェー デンマーク オランダ イタリア スウェーデン フィンランド シンガポール ドイツ 日 本 韓 国 出 所 : 税 関 舶 用 動 力 用 タービン HS コード: 製 品 名 : 舶 用 動 力 用 タービン 表 1-18 最 近 5 カ 年 舶 用 動 力 用 タービンの 輸 入 量 輸 入 額 項 目 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 輸 入 量 ( 台 ) 前 年 比 伸 び 率 % -100% 100% 100% 輸 入 額 ( 千 米 ト ル) , 前 年 比 伸 び 率 -- 8,375.0% -99.8% 86.2% 1,120.7% 輸 入 単 価 ( 千 米 ト ル/ 台 ) , 出 所 : 税 関

33 表 1-19 最 近 5 カ 年 舶 用 タービンの 国 別 輸 入 量 と 輸 入 額 ( 単 位 : 台 千 米 ドル) 輸 入 元 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 量 額 量 額 量 額 量 額 量 額 韓 国 アメリカ 日 本 出 所 : 税 関 データより 計 算 舶 用 操 舵 機 HS コード: 製 品 名 : 舶 用 操 舵 機 表 1-20 最 近 5 カ 年 舶 用 操 舵 機 の 輸 入 量 輸 入 額 項 目 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 輸 入 量 ( 千 kg) 4,848 5,712 5,766 7,621 5,717 前 年 比 伸 び 率 % 0.9% 32.2% -25.0% 輸 入 額 ( 千 米 ト ル) 118, , , ,847 62,205 前 年 比 伸 び 率 - 8.4% 8.0% -25.7% -39.5% 輸 入 単 価 ( 千 米 ト ル/ 千 kg) 出 所 : 税 関 表 1-21 最 近 5 カ 年 舶 用 操 舵 機 及 び 操 舵 安 定 装 置 の 国 別 輸 入 量 ( 単 位 : 台 ) 輸 入 元 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 カナダ 1,074 1,585 1,524 2,036 2,269 フランス 1,169 1,054 1,037 1, イタリア 韓 国 689 1, , アメリカ , ノルウェー シンガポール 日 本 ドイツ デンマーク オランダ フィンランド 出 所 : 税 関

34 表 1-22 最 近 5 カ 年 舶 用 操 舵 及 び 操 舵 安 定 装 置 の 国 別 輸 入 額 ( 単 位 : 千 米 ドル) 輸 入 元 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 日 本 16,482 16,136 19,923 26,655 22,222 ノルウェー 46,328 51,927 60,548 32,703 12,161 韓 国 17,219 20,996 25,592 21,974 9,112 ドイツ 18,703 18,298 20,835 10,586 6,565 シンガポール 6,307 6,421 3,079 4,535 4,658 アメリカ 624 1,001 1,128 1,261 1,771 デンマーク ,585 カナダ 3,023 2, ,059 1,402 フランス ,248 オランダ 971 1,413 1, イタリア フィンランド 1,078 1, 出 所 : 税 関 表 1-23 最 近 5 カ 年 舶 用 操 舵 及 び 操 舵 安 定 装 置 の 国 別 平 均 輸 入 単 価 ( 単 位 : 千 米 ドル/ 台 数 ) 輸 入 元 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 日 本 ドイツ オランダ ノルウェー シンガポール デンマーク 韓 国 フィンランド アメリカ フランス カナダ イタリア 出 所 : 税 関

35 舶 用 クランクシャフト HS コード: 製 品 名 : 舶 用 クランクシャフト 表 1-24 最 近 4カ 年 舶 用 クランクシャフトの 輸 入 量 輸 入 額 項 目 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 輸 入 量 ( 本 ) 984 3,493 1,860 1,013 前 年 比 伸 び 率 % -46.8% -45.5% 輸 入 額 ( 千 米 ト ル) 158, ,649 76,476 42,668 前 年 比 伸 び 率 % -56.5% -44.2% 輸 入 単 価 ( 千 米 ト ル/ 本 ) 出 所 : 税 関 注 : 舶 用 クランクシャフトは 2009 年 までは HS コード の 舶 用 伝 動 シャフトの 中 に 含 まれ ていたため 2009 年 のデータがない 2010 年 から 従 来 の HS コード ( 舶 用 伝 動 シャフ ト)は HS コード ( 舶 用 クランクシャフト)と HS コード (その 他 の 舶 用 伝 動 シャフト)の 二 つに 分 けることにした 表 1-25 最 近 5 カ 年 舶 用 クランクシャフトの 国 別 輸 入 量 ( 単 位 : 本 ) 輸 入 元 国 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 ドイツ 日 本 韓 国 295 1, アメリカ チェコ フランス デンマーク イタリア スペイン 出 所 : 税 関 表 1-26 最 近 5 カ 年 舶 用 クランクシャフトの 国 別 輸 入 額 ( 単 位 : 千 米 ドル) 輸 入 元 国 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 韓 国 41,047 76,176 34,889 18,051 日 本 67,750 57,090 27,707 13,329 ドイツ 8,901 4,022 4,514 6,033 チェコ 18,437 26,555 6,404 3,684 アメリカ 893 1, ,

36 スペイン 10,466 1, イタリア フランス デンマーク 出 所 : 税 関 表 1-27 最 近 5 カ 年 舶 用 クランクシャフトの 国 別 平 均 輸 入 単 価 ( 単 位 : 千 米 ドル/ 本 ) 輸 入 元 国 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 韓 国 チェコ 日 本 スペイン デンマーク アメリカ イタリア ドイツ フランス 出 所 : 税 関 データより 計 算 その 他 の 舶 用 推 進 軸 HS コード: 製 品 名 :その 他 の 舶 用 推 進 軸 表 1-28 最 近 5 カ 年 その 他 の 舶 用 推 進 軸 の 輸 入 量 輸 入 額 項 目 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 輸 入 量 ( 本 ) 15,912 35,791 40,281 6,338 5,506 前 年 比 伸 び 率 % 12.5% -84.3% -13.1% 輸 入 額 ( 千 米 ト ル) 240,145 37,537 47,536 30,316 19,607 前 年 比 伸 び 率 % 26.6% -36.2% -35.3% 輸 入 単 価 ( 千 米 ト ル/ 本 ) 出 所 : 税 関 注 :2009 年 までは HS コード の 舶 用 推 進 軸 として 記 載 されているが 2010 年 から 舶 用 ク ランクシャフトは 別 途 HS コード ( 舶 用 クランクシャフト)で 記 載 されることにし 舶 用 クランクシャフト 以 外 の 舶 用 推 進 軸 は HS コード (その 他 の 舶 用 推 進 軸 )で 記 載 されることにした つまり 上 記 2009 年 のデータの 中 に 舶 用 クランクシャフト 及 びその 他 の 舶 用 推 進 軸 が 含 まれており 2010 年 から 2013 年 までのデータには 舶 用 クランクシャフトを 除 いたその 他 の 舶 用 推 進 軸 だけのものが 含 まれている

37 表 1-29 最 近 5 カ 年 その 他 の 舶 用 推 進 軸 の 国 別 輸 入 量 ( 単 位 : 本 ) 輸 入 元 国 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 日 本 ,314 韓 国 1,066 1,452 1, ノルウェー シンガポール フィンランド 台 湾 4,853 6,508 1, デンマーク フランス スウェーデン 出 所 : 税 関 注 :2009 年 のデータには 舶 用 クランクシャフトが 入 っており ほかの 年 のデータと 比 べるものにな らないため 国 別 輸 入 量 では 2010 年 からのデータを 取 得 して 分 析 する 注 :ドイツ イタリア アメリカ オランダの 数 字 についてはデータの 確 度 が 低 いため 割 愛 する 表 1-30: 最 近 5 カ 年 その 他 の 舶 用 推 進 軸 の 国 別 輸 入 額 ( 単 位 : 千 米 ドル) 輸 入 元 国 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 日 本 9,284 11,638 9,925 7,132 韓 国 7,147 19,452 9,232 2,679 フィンランド 11,663 8,020 4,898 2,137 ドイツ 3,048 1,767 1,463 1,632 デンマーク 1, ,397 スウェーデン 1,237 2, ,261 シンガポール ,153 ノルウェー 1, オランダ アメリカ 1, イタリア 台 湾 ドイツ 出 所 : 税 関

38 表 1-31 最 近 5 カ 年 その 他 の 舶 用 推 進 軸 の 国 別 輸 入 単 価 ( 単 位 : 千 米 ドル/ 本 ) 項 目 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 スウェーデン デンマーク フィンランド シンガポール 韓 国 オランダ 日 本 ノルウェー ドイツ 台 湾 アメリカ フランス イタリア 出 所 : 税 関 データより 計 算 舶 用 点 火 燃 焼 式 ピストン 内 燃 発 動 機 の 部 品 HS コード: 製 品 名 : 舶 用 点 火 燃 焼 式 ピストン 内 燃 発 動 機 の 部 品 表 1-32 最 近 5 カ 年 舶 用 点 火 燃 焼 式 ピストン 内 燃 発 動 機 の 部 品 の 輸 入 量 額 項 目 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 輸 入 量 ( 千 kg) 1,053 27, 前 年 比 伸 び 率 - 2,509.9% -96.6% -23.9% 4.3% 輸 入 額 ( 千 米 ト ル) 15, ,735 15,755 12,902 16,733 前 年 比 伸 び 率 - 1,569.7% -93.9% -18.1% 29.7% 輸 入 単 価 ( 千 米 ト ル/ 千 kg) 出 所 : 税 関 表 1-33 最 近 5 カ 年 舶 用 点 火 燃 焼 式 ピストン 内 燃 発 動 機 の 部 品 の 国 別 輸 入 量 ( 単 位 : 千 kg) 輸 入 元 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 韓 国 アメリカ 台 湾 ノルウェー

39 日 本 ドイツ メキシコ デンマーク シンガポール フィンランド オランダ 出 所 : 税 関 表 1-34: 最 近 5 カ 年 舶 用 点 火 燃 焼 式 ピストン 内 燃 発 動 機 の 部 品 の 国 別 輸 入 額 ( 単 位 : 千 米 ドル) 輸 入 元 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 アメリカ 3,659 7,113 5,063 5,350 5,125 韓 国 3,233 3,554 3,942 3,272 3,046 ノルウェー 1, ,790 日 本 2,220 2,398 2,789 2,512 1,516 ドイツ 2,465 4, ,180 メキシコ ,176 フィンランド 1, , デンマーク 台 湾 オランダ シンガポール 出 所 : 税 関 表 1-35 最 近 5 カ 年 舶 用 点 火 燃 焼 式 ピストン 内 燃 発 動 機 部 品 の 国 別 輸 入 単 価 ( 単 位 : 千 米 ドル/ 千 kg) 輸 入 元 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 フィンランド メキシコ オランダ ノルウェー ドイツ デンマーク 日 本 アメリカ シンガポール 韓 国 台 湾 出 所 : 税 関 データより 計 算

40 その 他 舶 用 発 動 機 の 部 品 ( 舶 用 ディーゼルエンジン 部 品 ) HS コード: 製 品 名 :その 他 舶 用 発 動 機 の 部 品 ( 舶 用 ディーゼルエンジン 部 品 ) 表 1-36 最 近 5 カ 年 その 他 舶 用 発 動 機 の 部 品 ( 舶 用 ディーゼルエンジン 部 品 )の 輸 入 量 輸 入 額 項 目 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 輸 入 量 ( 千 kg) 22,400 27,489 36,286 36,685 26,623 前 年 比 伸 び 率 % 32.0% 1.1% -27.4% 輸 入 額 ( 千 米 ト ル) 272, , , , ,163 前 年 比 伸 び 率 % 34.9% -16.5% -19.0% 輸 入 単 価 ( 千 米 ト ル/ 千 kg) 出 所 : 税 関 表 1-37 最 近 5 カ 年 その 他 舶 用 発 動 機 の 部 品 ( 舶 用 ディーゼルエンジン 部 品 )の 国 別 輸 入 量 ( 単 位 : 千 kg) 輸 入 元 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 韓 国 13,446 22,057 28,078 31,356 21,871 日 本 5,697 2,945 4,894 2,648 2,609 オーストリア , ドイツ 1,506 1,081 1, デンマーク アメリカ シンガポール ノルウェー スイス スウェーデン オランダ イタリア 出 所 : 税 関

41 表 1-38 最 近 5 カ 年 その 他 舶 用 発 動 機 の 部 品 ( 舶 用 ディーゼルエンジン 部 品 )の 国 別 輸 入 額 ( 単 位 : 千 米 ドル) 輸 入 元 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 韓 国 71, , , , ,974 独 53,185 47,904 43,744 29,855 39,000 日 本 70,230 42,413 67,992 28,762 23,554 デンマーク 16,210 13,158 17,182 13,593 13,641 オーストリア 3,940 5,071 15,020 12,307 9,266 アメリカ 9,219 8,137 6,149 3,906 5,588 オランダ 4,529 3,651 3,764 2,923 3,628 ノルウェー 11, ,041 3,084 2,475 スイス 4,596 5,265 8,154 3,465 2,311 イタリア 2,971 3,651 4,126 2,358 2,036 スウェーデン 3,571 5,265 1,807 1,555 1,818 シンガポール 4,648 1,887 1,234 1,567 1,510 出 所 : 税 関 表 1-39 最 近 5 カ 年 その 他 舶 用 発 動 機 の 部 品 ( 舶 用 ディーゼルエンジン 部 品 )の 国 別 平 均 輸 入 単 価 ( 単 位 : 千 米 ドル/ 千 kg) 輸 入 元 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 イタリア オランダ ドイツ デンマーク スイス スウェーデン ノルウェー アメリカ オーストリア シンガポール 日 本 韓 国 出 所 : 税 関 データより 計 算

42 舶 用 操 舵 機 用 部 品 HS コード: 製 品 名 : 舶 用 操 舵 機 用 部 品 表 1-40 最 近 5 カ 年 舶 用 操 舵 機 用 部 品 の 輸 入 量 輸 入 額 項 目 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 輸 入 量 ( 千 kg) 1,589 1,598 1,883 1,351 1,552 前 年 比 伸 び 率 - 0.6% 17.8% -28.2% 14.9% 輸 入 額 ( 千 米 ト ル) 14,175 13,013 13,911 7,122 11,840 前 年 比 伸 び 率 % 6.9% -48.8% 66.2% 輸 入 単 価 ( 千 米 ト ル/ 千 kg) 出 所 : 税 関 表 1-41 最 近 5 カ 年 舶 用 操 舵 機 用 部 品 の 国 別 輸 入 量 ( 単 位 : 千 kg) 輸 入 元 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 韓 国 930 1,149 1,586 1,228 1,234 ドイツ 日 本 アメリカ ノルウェー シンガポール オランダ イギリス カナダ 台 湾 イタリア 出 所 : 税 関 表 1-42 最 近 5 カ 年 舶 用 操 舵 機 用 部 品 の 国 別 輸 入 額 ( 単 位 : 千 米 ドル) 輸 入 元 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 韓 国 4,039 3,763 5,843 3,264 5,044 ドイツ 5,090 3,710 2, ,281 日 本 730 1,090 3,015 1,554 1,158 アメリカ ノルウェー シンガポール

43 オランダ イギリス カナダ 台 湾 イタリア 出 所 : 税 関 表 1-43 最 近 5 カ 年 舶 用 操 舵 機 の 国 別 平 均 輸 入 単 価 ( 単 位 : 千 米 ドル/ 千 kg) 輸 入 元 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 オランダ 日 本 イギリス アメリカ シンガポール カナダ ノルウェー イタリア 台 湾 ドイツ 韓 国 出 所 : 税 関 データより 計 算 輸 出 2009 年 から 2013 年 までの 舶 用 品 の 輸 出 総 額 の 推 移 を 見 ると 2009 年 から 2012 年 までの 4 年 間 では 右 肩 上 がりとなり うち 2011 年 と 2012 年 の 上 昇 幅 が 大 きかった 2013 年 では 小 幅 なが ら 下 降 していた ( 以 下 図 1-18 を 参 照 ) 舶 用 品 の 輸 出 総 額 は 輸 入 総 額 より 小 さく 輸 入 総 額 最 大 の 2011 年 ではわずか 50%しかなく 2013 年 では 輸 出 総 額 が 増 加 したため 輸 入 総 額 の 73%となった

44 ( 億 米 ドル) 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 図 1-18 最 近 5 カ 年 舶 用 工 業 総 輸 出 額 の 推 移 出 所 : 税 関 舶 用 ディー ーゼルエンジン HS コー ード: 製 品 名 : 舶 用 圧 力 燃 焼 式 ピストン 内 燃 発 動 機 表 1-44 最 近 5 カ 年 舶 用 圧 力 燃 焼 式 ピストン 内 燃 発 動 機 の 輸 出 量 輸 出 額 項 目 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 輸 出 量 ( 台 ) 3,,760 4,393 4,337 8,894 31,049 前 年 比 伸 び 率 % -1.27% % % 輸 出 額 ( 千 米 ト ル) 76,797 76,732 70,284 72,375 89,239 前 年 比 伸 び 率 % -8.40% 2.98% 23.30% 輸 出 単 価 ( 千 米 ト ル/ 台 ) 出 所 : 税 関 表 1-45 最 近 5 カ 年 舶 用 ディーゼルエンジンの 国 別 輸 出 量 ( 単 位 : 台 ) 輸 出 先 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 フィリピン ,195 24,867 インドネシア ,,044 インドド ロシアア ベトナム バングラデシュ フランス シンガポール

45 マレーシア 香 港 ミャンマー 韓 国 出 所 : 税 関 表 1-46 最 近 5 カ 年 舶 用 ディーゼルエンジンの 国 別 輸 出 額 ( 単 位 : 千 米 ドル) 輸 出 先 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 フィリピン 1,721 1,631 2,437 4,481 9,932 インドネシア 326 1,230 3,801 6,972 9,609 ミャンマー 7,002 2,632 3,411 1,910 8,525 インド 5,241 11,136 7,132 8,064 7,929 ロシア 919 2,896 4,892 6,477 7,145 バングラデシュ 2,198 5,987 6,385 12,293 6,914 香 港 9,633 20,213 2,932 6,453 5,481 シンガポール 1,561 2,072 5,638 5,401 4,416 ベトナム 26,528 9,061 6,545 4,749 3,743 韓 国 802 3, ,784 3,116 マレーシア 2,464 2,784 2,631 3,411 2,653 フランス 745 1,184 2, ,149 出 所 : 税 関 表 1-47 最 近 5 カ 年 舶 用 ディーゼルエンジンの 輸 出 単 価 ( 単 位 : 千 米 ドル/ 台 ) 輸 出 先 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 ミャンマー バングラデシュ シンガポール 香 港 ロシア インドネシア ベトナム マレーシア 韓 国 インド フランス フィリピン 出 所 : 税 関 データより 計 算

46 舶 用 舷 外 点 火 燃 焼 往 復 / 回 転 式 ピストン 内 燃 発 動 機 HS コード: 製 品 名 : 舶 用 舷 外 点 火 燃 焼 往 復 / 回 転 式 ピストン 内 燃 発 動 機 表 1-48 最 近 5 カ 年 舶 用 舷 外 点 火 燃 焼 往 復 / 回 転 式 ピストン 内 燃 発 動 機 の 輸 出 量 輸 出 額 項 目 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 輸 出 量 ( 台 ) 40,682 82, , , ,189 前 年 比 伸 び 率 % 43.05% 20.36% 13.08% 輸 出 額 ( 千 米 ト ル) 59, , , , ,827 前 年 比 伸 び 率 % 11.58% 16.30% 0.62% 輸 出 単 価 ( 千 米 ト ル/ 台 ) 出 所 : 税 関 表 1-49 最 近 5 カ 年 舶 用 舷 外 点 火 燃 焼 往 復 / 回 転 式 ピストン 内 燃 発 動 機 の 国 別 輸 出 量 ( 単 位 : 台 ) 輸 出 先 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 ロシア 794 5,802 18,451 34,295 48,988 アメリカ 13,128 25,953 29,202 35,565 32,929 フィンランド 1,132 4,340 11,740 9,848 17,233 ウクライナ 265 1,887 2,517 6,696 10,604 オーストラリア 2,670 3,305 3,895 4,416 6,293 ベルギー 4,764 7,728 6,004 4,420 5,616 カナダ 2,375 4,439 2,618 4,377 3,926 ブラジル 1,407 1,855 3,207 4,805 3,487 アルゼンチン 690 3,576 3,867 3,970 1,980 マレーシア 238 1,013 1,768 1,574 1,761 トルコ ,013-1,666 スウェーデン 1,847 3,723 3,130 1,334 1,433 出 所 : 税 関 表 1-50 最 近 5 カ 年 舶 用 舷 外 点 火 燃 焼 往 復 / 回 転 式 ピストン 内 燃 発 動 機 の 国 別 輸 出 額 ( 単 位 : 千 米 ドル) 輸 出 先 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 アメリカ 26,563 69,682 74,102 85,206 80,614 ロシア 489 2,699 8,885 15,235 21,186 ベルギー 12,781 21,105 16,347 12,417 15,671 フィンランド 744 2,070 5,084 5,338 6,961 オーストラリア 4,302 5,119 4,155 4,948 6,890 カナダ 4,002 8,173 6,171 7,190 5,204 ウクライナ ,526 3,

47 ブラジル 697 1,220 2,075 3,157 2,214 アルゼンチン 389 2,222 2,094 2,707 1,504 マレーシア ,008 1,194 1,298 トルコ ,290 スウェーデン 1,163 1,801 1, 出 所 : 税 関 表 1-51 最 近 5 カ 年 舶 用 舷 外 点 火 燃 焼 往 復 / 回 転 式 ピストン 内 燃 発 動 機 の 国 別 平 均 輸 出 単 価 ( 単 位 : 千 米 ドル/ 千 kg) 輸 出 先 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 ベルギー アメリカ カナダ オーストラリア トルコ アルゼンチン マレーシア スウェーデン ブラジル ロシア フィンランド ウクライナ 出 所 : 税 関 データより 計 算 舶 用 その 他 点 火 燃 焼 往 復 / 回 転 式 ピストン 内 燃 発 動 機 HS コード: 製 品 名 : 舶 用 その 他 点 火 燃 焼 往 復 / 回 転 式 ピストン 内 燃 発 動 機 表 1-52 最 近 5 カ 年 舶 用 その 他 点 火 燃 焼 往 復 / 回 転 式 ピストン 内 燃 発 動 機 の 輸 出 量 額 項 目 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 輸 出 量 ( 台 ) ,558 1, 前 年 比 伸 び 率 % % 6.16% % 輸 出 額 ( 千 米 ト ル) ,888 4,947 前 年 比 伸 び 率 % 27.09% % % 輸 出 単 価 ( 千 米 ト ル/ 台 ) 出 所 : 税 関

48 表 1-53 最 近 5 カ 年 舶 用 その 他 点 火 燃 焼 往 復 / 回 転 式 ピストン 内 燃 発 動 機 の 国 別 輸 出 量 ( 単 位 : 台 ) 輸 出 先 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 インドネシア - - 1,440 1, ベトナム インド バングラデシュ 北 朝 鮮 ドイツ 出 所 : 税 関 表 1-54 最 近 5 カ 年 舶 用 その 他 点 火 燃 焼 往 復 / 回 転 式 ピストン 内 燃 発 動 機 の 国 別 輸 出 額 ( 単 位 : 千 米 ドル) 輸 出 先 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 ベトナム ,076 インド バングラデシュ インドネシア 北 朝 鮮 ドイツ 出 所 : 税 関 表 1-55 最 近 5 カ 年 舶 用 その 他 点 火 燃 焼 往 復 / 回 転 式 ピストン 内 燃 発 動 機 の 国 別 平 均 輸 出 単 価 ( 単 位 : 千 米 ドル/ 千 kg) 輸 出 先 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 北 朝 鮮 ベトナム インド バングラデシュ インドネシア ドイツ 出 所 : 税 関 データより 計 算

49 舶 用 プロペラ( 舶 用 推 進 器 翼 板 ) HS コード: 製 品 名 : 舶 用 プロペラ( 舶 用 推 進 器 翼 板 ) 表 1-56 最 近 5 カ 年 舶 用 プロペラ( 舶 用 推 進 器 翼 板 )の 輸 出 量 輸 出 額 項 目 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 輸 出 量 ( 千 kg) 10,572 8,291 8,262 8,557 9,367 前 年 比 伸 び 率 % -0.35% 3.57% 9.46% 輸 出 額 ( 千 米 ト ル) 137,275 79,481 85,341 96,282 95,270 前 年 比 伸 び 率 % 7.37% 12.82% -1.05% 輸 出 単 価 ( 千 米 ト ル/ 千 kg) 出 所 : 税 関 表 1-57 最 近 5 カ 年 舶 用 プロペラの 国 別 輸 出 量 ( 単 位 : 千 kg) 輸 出 先 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 日 本 2,468 2,717 2,644 1,922 2,176 フィンランド ,395 アメリカ 1, ,336 オランダ 1, イタリア ルーマニア シンガポール インドネシア ドイツ マレーシア ミャンマー 韓 国 出 所 : 税 関 表 1-58 最 近 5 カ 年 舶 用 プロペラ( 舶 用 推 進 器 翼 板 )の 国 別 輸 出 額 ( 単 位 : 千 米 ドル) 輸 出 先 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 アメリカ 11,485 7,808 7,566 9,939 15,441 日 本 17,702 13,850 15,384 9,897 10,644 フィンランド 3,481 5,719 3,973 4,583 7,168 オランダ 20,516 11,602 8,926 4,824 7,079 イタリア 1,787 1,256 3,510 5,639 6,474 シンガポール 14,169 5,100 2,413 11,422 6,094 ドイツ 7,043 4,099 7,362 6,173 3,

50 ミャンマー 1, , ,066 インドネシア 2, ,056 1,187 2,716 韓 国 10,389 2,812 4,423 10,160 2,273 マレーシア 3,414 2,296 2,969 3,059 2,150 出 所 : 税 関 注 :ルーマニアの 数 字 についてはデータの 確 度 が 低 いため 割 愛 する 表 1-59 最 近 5 カ 年 舶 用 プロペラ( 舶 用 推 進 器 翼 板 ) 国 別 の 輸 出 単 価 ( 単 位 : 千 米 ドル/ 千 kg) 輸 出 先 国 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 ルーマニア ミャンマー イタリア オランダ シンガポール 韓 国 ドイツ アメリカ インドネシア マレーシア フィンランド 日 本 出 所 : 税 関 データより 計 算 舶 用 動 力 用 タービン HS コード: 製 品 名 : 舶 用 動 力 用 タービン 表 1-60 最 近 5 カ 年 舶 用 動 力 用 タービンの 輸 出 量 輸 出 額 項 目 2009 年 2010 年 2011 年 2012 年 2013 年 輸 出 量 ( 台 ) 前 年 比 伸 び 率 % % - 輸 出 額 ( 千 米 ト ル) ,301 3,175 - 前 年 比 伸 び 率 % % - 輸 出 単 価 ( 千 米 ト ル/ 台 ) 出 所 : 税 関

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む )

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

Microsoft Word - 中国海事通信2013年12月号.docx

Microsoft Word - 中国海事通信2013年12月号.docx 本 事 業 は 日 本 財 団 の 支 援 を 得 て 実 施 されています 中 国 海 事 通 信 CHINA MARITIME NEWS ( 第 242 号 : 平 成 25 年 12 月 ( 香 港 事 務 所 作 成 )) < 造 船 舶 用 工 業 > 第 17 回 中 国 国 際 海 事 展 高 級 海 事 フォーラム-----------------------------P1 交 通

More information

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ①

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ① 第 228 回 メディア フォーラム 中 国 人 訪 日 旅 行 者 の 実 態 とニーズ1 - 統 計 等 からみた 概 況 - 2015 年 10 月 29 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 社 会 システムコンサルティング 部 産 業 インフラグループ グループマネージャー 岡 村 篤 100-0005 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-6-5 丸 の 内 北 口 ビル

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

議論の前提

議論の前提 第 1 章 の 補 足 資 料 ( 消 費 税 はだれが 負 担 するのか) 消 費 税 のしくみ 日 本 の 消 費 税 は 付 加 価 値 税 (value added tax VAT)と 呼 ばれる 税 の 一 種 であり 卸 売 り 小 売 りの 各 段 階 で 生 み 出 された 付 加 価 値 に 対 して 課 税 する 売 り 手 が 納 税 の 義 務 を 負 っているので 消 費

More information

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮 都 市 力 について 考 えましょう H20.3.21 春 夏 秋 冬 本 音 クラブ 話 題 提 供 者 安 達 司 郎 あなたは 今 の 日 本 を 東 京 をどんな 街 にしたいですか 都 市 力 とは 将 来 に 向 かっての 都 市 の 競 争 力 や 社 会 資 本 の 充 実 度 その 都 市 の 多 様 な 魅 力 の 総 合 力 と 仮 定 します 1. 今 日 の 議 論 のポイント

More information

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 世 界 日 本 の 長 期 エネルギー 需 給 の 見 通 し 平 成 21 年 9 月 3 日 第 1 回 エネルギーベストミックス 研 究 会 財 団 法 人 日 本 エネルギー 経 済 研 究 所 計 量 分 析 ユニット 主 任 研 究 員 松 尾 雄 司 1 発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 1. 世 界

More information

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの (28.3) ハローワークシステム 外 国 人 雇 用 状 況 届 出 雇 用 情 報 複 数 登 録 手 順 書 目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し わが 国 製 造 業 企 業 の 海 外 事 業 展 開 に 関 する 調 査 報 告 -2013 年 度 海 外 直 接 投 資 アンケート 結 果 ( 第 25 回 )- 2013 年 11 月 国 際 協 力 銀 行 業 務 企 画 室 調 査 課 本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 観 光 の 現 状 と 政 府 の 取 組 平 成 28 年 2 月 17 日 観 光 庁 長 官 田 村 明 比 古 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 万 人 2000 1900 1800 1700 1600 1973.7 万 人 (47.1% 増 ) 12 月 :177.3 万 人 (43.4% 増 ) 11 月 :164.8 万 人 (41.0% 増 ) 10 月 :182.9

More information

平 成 6 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 摘 発 件 数 は 9 件 ( 前 比 % 増 )と 微 増 し 押 収 量 は 約 6kg( 前 比 % 減 ) と 過 去 で 最 高 を 記 録

平 成 6 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 摘 発 件 数 は 9 件 ( 前 比 % 増 )と 微 増 し 押 収 量 は 約 6kg( 前 比 % 減 ) と 過 去 で 最 高 を 記 録 平 成 月 日 財 務 省 財 務 省 は 平 成 6 の 間 に 全 国 の 税 関 が 空 港 や 港 湾 等 において 不 正 薬 物 の 密 輸 入 その 他 の 関 税 法 違 反 事 件 を 取 り 締 まった 実 績 をまとめましたのでお 知 らせします. 不 正 薬 物 等 報 道 発 表 不 正 薬 物 の 押 収 量 が 連 続 で 6kg 超 え 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数

More information

<30305F947A957A8E9197BF955C8E86>

<30305F947A957A8E9197BF955C8E86> 参 考 資 料 教 職 員 及 び 高 校 生 の 国 際 化 について 1 県 内 教 職 員 及 び 高 校 生 の 国 際 化 等 に 関 する 現 状 (1) 高 校 生 の 海 外 渡 航 の 状 況... 1 (2) 海 外 高 校 生 の 受 入 れ 状 況 等... 4 (3) 県 内 教 職 員 の 海 外 研 修 等 の 実 績... 5 (4) 私 立 高 等 学 校 の 国

More information

Microsoft Word - 09 P88~102 研究ノート 青木健.doc

Microsoft Word - 09  P88~102  研究ノート 青木健.doc 研 究 ノ ー ト 廃 プラスチックと 古 紙 にみる リサイクル 資 源 の 世 界 貿 易 青 木 健 Takeshi Aoki 杏 林 大 学 総 合 政 策 学 部 教 授 ( 財 ) 国 際 貿 易 投 資 研 究 所 客 員 研 究 員 東 アジア 諸 国 の 多 くは 世 界 平 均 を 上 回 る 経 済 成 長 を 遂 げている そのた め 中 国 を 筆 頭 に 東 アジア 諸

More information

Ⅲ 外国人観光客の動向

Ⅲ 外国人観光客の動向 Ⅲ 外 国 人 観 光 客 の 動 向 1 全 国 の 動 向 平 成 24 年 の 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 は 対 前 年 比 34.4% 増 の 835 万 8,105 人 となった 訪 日 外 国 人 旅 行 者 のうち 観 光 客 は 604 万 1,645 人 ( 対 前 年 48.9% 増 ) 商 用 客 は 144 万 2,946 人 ( 同 16% 増 ) 客 は 87

More information

取扱説明書[SH705iⅡ]

取扱説明書[SH705iⅡ] 海 国 際 ローミング(WORLD WING)の 概 要...................... 378 海 で できるサービスについて......................... 378 海 でご になる 前 の 確 認............................... 379 滞 在 先 で 電 話 をかける.....................................

More information

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc 平 成 25 年 3 月 8 日 社 団 法 人 日 本 アクチュアリー 会 平 成 24 年 度 CERA 資 格 認 定 について 日 本 アクチュアリー 会 ( 理 事 長 : 野 呂 順 一 )は 平 成 24 年 度 から ERM(エンタープライズ リ スク マネジメント)の 専 門 資 格 である CERA の 資 格 認 定 を 開 始 いたしました CERA 資 格 認 定 の 概

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 参 考 資 料 観 光 を 取 り 巻 く 現 状 平 成 28 年 5 月 11 日 東 京 都 目 次 世 界 の 旅 行 者 数 の 推 移 ( 今 後 の 予 測 ) 1 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 2 国 地 域 別 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 内 訳 (2015 年 ) 3 外 国 人 旅 行 者 受 入 数 の 国 際 比 較 (2014 年 ) 4 空

More information

平 成 26 年 訪 日 外 客 数 出 国 日 本 人 数 2014 Visitor Arrivals & Japanese Overseas Travelers 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) Japan National Tourism Organization(JNTO) 訪 日

平 成 26 年 訪 日 外 客 数 出 国 日 本 人 数 2014 Visitor Arrivals & Japanese Overseas Travelers 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) Japan National Tourism Organization(JNTO) 訪 日 PRESS RELEASE( 報 道 発 表 資 料 ) 経 営 戦 略 部 総 務 広 報 グループ TEL:03-3216-1905 FAX:03-3214-7680 http://www.jnto.go.jp 本 リリースは 国 土 交 通 記 者 会 交 通 運 輸 記 者 会 に 配 布 しております 平 成 27 年 1 月 20 日 理 事 長 松 山 良 一 2014 年 過 去 最

More information

スライド 1

スライド 1 ZESDAプロデュースカフェ 特 別 版 未 来 予 測 2014-2025 ~ 第 2 回 サスティナビリティ ~ 株 式 会 社 アクアビット 代 表 取 締 役 チーフ ビジネスプランナー 田 中 栄 1 未 来 予 測 レポート シリーズ 全 産 業 /マスター 版 2011 年 4 月 サスティナビリティ ( 環 境 資 源 エネルギー) 2013 年 7 月 ライフ イノベーション 食

More information

216 年 2 月 3 日 1. インドネシア 消 費 者 物 価 上 昇 率 が 6 年 ぶりの 低 水 準 に 止 まるなかで 高 まる 追 加 利 下 げ 期 待 1 月 1 日 インドネシア 中 銀 は 政 策 金 利 であるBIレートを7.%から7.2%へ.2% ポイント 引 き 下 げた

216 年 2 月 3 日 1. インドネシア 消 費 者 物 価 上 昇 率 が 6 年 ぶりの 低 水 準 に 止 まるなかで 高 まる 追 加 利 下 げ 期 待 1 月 1 日 インドネシア 中 銀 は 政 策 金 利 であるBIレートを7.%から7.2%へ.2% ポイント 引 き 下 げた 216 年 2 月 3 日 ASEAN インド 月 報 (216 年 2 月 ) 目 次 ASEAN インドのマクロ 経 済 動 向 インドネシア 1 マレーシア 2 フィリピン 3 シンガポール タイ ベトナム 6 インド 7 アジア 主 要 国 地 域 の 主 要 経 済 指 標 ( 国 地 域 別 ) 8 アジア 主 要 国 地 域 の 主 要 経 済 指 標 比 較 13 経 済 調 査 室

More information

(2) 沿 革 有 史 以 降 上 海 の 名 前 がでてくるのは 1843 年 のアヘン 戦 争 後 に 締 結 された 南 京 条 約 により 対 外 貿 易 港 として 開 港 したときが 初 めてである 南 京 条 約 によって 欧 米 の 公 使 館 が 設 置 され 貿 易 港 として

(2) 沿 革 有 史 以 降 上 海 の 名 前 がでてくるのは 1843 年 のアヘン 戦 争 後 に 締 結 された 南 京 条 約 により 対 外 貿 易 港 として 開 港 したときが 初 めてである 南 京 条 約 によって 欧 米 の 公 使 館 が 設 置 され 貿 易 港 として 上 海 市 概 況 1. 一 般 概 況 (1) 概 要 ( 人 口 面 積 主 要 産 業 ) 市 名 上 海 市 面 積 6,340.5km2( 群 馬 県 (6,363.2km2)とほぼ 同 じ 東 京 都 は 2,102.4km2 ) 人 口 常 住 人 口 2415.27 万 人 出 生 率 *1 7.25 *4( 戸 籍 人 口 ) 戸 籍 人 口 1433.62 万 人 死 亡 率 *2

More information

日経平均と騰落レシオ

日経平均と騰落レシオ 今 さら 人 に 聞 けない!!マレーシアってどんな 国? 1 基 礎 データ 面 積 約 33 万 平 方 キロメートル( 日 本 の 約.9 倍 ) 人 口 約 2995 万 人 (213 年 マレーシア 統 計 局 ) 主 な 都 市 クアラルンプール( 首 都 ) ペナン ジョホールバル コタキナバル 南 シナ 海 をはさんで 東 西 に 分 かれている 左 側 のタイから 南 に 延 び

More information

* 海 外 旅 行 平 均 費 用 は 燃 油 サーチャージ 旅 行 先 での 交 通 費 宿 泊 費 食 費 を 含 む < 年 末 年 始 の 旅 行 の 特 徴 > 12 月 28 日 から1 月 5 日 まで11 年 ぶりの 最 大 9 連 休 冬 のボーナス 増 も 旅 行 を 後 押 し

* 海 外 旅 行 平 均 費 用 は 燃 油 サーチャージ 旅 行 先 での 交 通 費 宿 泊 費 食 費 を 含 む < 年 末 年 始 の 旅 行 の 特 徴 > 12 月 28 日 から1 月 5 日 まで11 年 ぶりの 最 大 9 連 休 冬 のボーナス 増 も 旅 行 を 後 押 し JTB 広 報 室 140-8602 東 京 都 品 川 区 東 品 川 2-3-11 TEL.03-5796 -5833 FAX.03-5796 -5848 http://jtb 2013 年 第 109 号 (2013.12. 4) 年 末 年 始 (2013 年 12 月 23 日 ~2014 年 1 月 3 日 )の 旅 行 動 向 国 内 旅 行 海 外 旅 行 共 に 過 去 最 高 国

More information

はじめに 安 倍 政 権 が 推 進 しているアベノミクスは 第 一 の 矢 である 大 胆 な 金 融 政 策 と 第 二 の 矢 である 機 動 的 な 財 政 政 策 で 景 気 を 浮 揚 させつつデフレからの 脱 却 を 果 たし 第 三 の 矢 である 民 間 投 資 を 喚 起 する

はじめに 安 倍 政 権 が 推 進 しているアベノミクスは 第 一 の 矢 である 大 胆 な 金 融 政 策 と 第 二 の 矢 である 機 動 的 な 財 政 政 策 で 景 気 を 浮 揚 させつつデフレからの 脱 却 を 果 たし 第 三 の 矢 である 民 間 投 資 を 喚 起 する 平 成 27 年 (215 年 )6 月 3 日 NO.215-6 成 長 力 の 底 上 げに 向 け 前 向 きな 変 化 が 現 れてきた 企 業 行 動 要 旨 企 業 行 動 の 前 向 きな 変 化 の 背 景 には 経 常 利 益 が 過 去 最 高 を 更 新 するなど 円 安 基 調 の 定 着 を 受 けた 収 益 環 境 の 全 般 的 な 改 善 がある 円 安 基 調 の

More information

けて 7 月 7 日 に 田 中 角 栄 は 中 華 人 民 共 和 国 との 国 交 正 常 化 を 急 ぎ 激 動 する 世 界 情 勢 の 中 にあって 平 和 外 交 を 強 力 に 推 進 していく と 表 明 した この 日 本 側 の 動 きに 即 座 に 呼 応 して 7 月 9 日

けて 7 月 7 日 に 田 中 角 栄 は 中 華 人 民 共 和 国 との 国 交 正 常 化 を 急 ぎ 激 動 する 世 界 情 勢 の 中 にあって 平 和 外 交 を 強 力 に 推 進 していく と 表 明 した この 日 本 側 の 動 きに 即 座 に 呼 応 して 7 月 9 日 中 国 と 日 本 の 経 済 関 係 房 文 慧 はじめに 中 国 が 日 本 にとって 最 大 の 貿 易 相 手 国 となったことに 象 徴 されるように 日 中 の 経 済 関 係 はますます 強 くなっている ここでは まず 日 中 両 国 の 政 府 間 関 係 について 外 交 関 係 日 本 の 対 中 政 府 開 発 援 助 を 取 り 上 げて 整 理 する 次 に 日 中 の

More information

平 成 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 押 収 量 は 約 5kg( 前 比 8% 減 )と 連 続 で 減 少 したものの 5 連 続 で 5kg を 超 えた また 指 定 薬 物 が 関 税

平 成 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 押 収 量 は 約 5kg( 前 比 8% 減 )と 連 続 で 減 少 したものの 5 連 続 で 5kg を 超 えた また 指 定 薬 物 が 関 税 平 成 8 月 日 財 務 省 財 務 省 は 平 成 の 間 に 全 国 の 税 関 が 空 港 や 港 湾 等 において 不 正 薬 物 の 密 輸 入 その 他 の 関 税 法 違 反 事 件 を 取 り 締 まった 実 績 をまとめましたのでお 知 らせします. 不 正 薬 物 等 報 道 発 表 指 定 薬 物 の 輸 入 してはならない 貨 物 への 追 加 に 伴 い 摘 発 件 数

More information

ASEAN NOW (Vol.15)

ASEAN NOW (Vol.15) 東 南 アジア 経 済 1 年 月 日 全 13 頁 ASEAN NOW (Vol.) アセアンへの 外 国 人 観 光 客 事 情 経 済 調 査 部 佐 藤 清 一 郎 [ 要 約 ] 外 国 人 観 光 客 数 の 増 加 は 旅 行 サービス 輸 出 増 や 消 費 増 を 通 じて 訪 問 国 の 経 済 活 動 にプ ラスとなる 11 年 世 界 の 観 光 収 入 は 初 めて 1 兆

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674> 資 料 3 第 2 回 病 院 等 を 対 象 とするヘルスケアリートの 活 用 に 係 るガイドライン 検 討 委 員 会 THE ASSOCIATION FOR REAL ESTATE SECURITIZATION 投 資 法 人 の 活 動 及 び 資 産 運 用 の 範 囲 等 について 2014 年 10 月 23 日 ( 木 ) 一 般 社 団 法 人 不 動 産 証 券 化 協 会 Jリートの

More information

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進 第 2 節 安 定 成 長 を 模 索 する 中 国 経 済 中 国 経 済 が 大 規 模 な 景 気 刺 激 策 に 頼 ることなく 自 律 的 かつ 安 定 的 な 成 長 を 実 現 するた めには 過 剰 投 資 過 剰 生 産 過 剰 信 用 の 調 整 と 投 資 から 消 費 への 移 行 を 進 めるとと もに 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 問 題 に 対 処

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 1 1 21 22 23 2 2 2 2 2 2 30 31 32 33 3 3 3 3 3 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 責 任 者 氏 名 担 当 者 の 氏 名 電 話 番 号 短 期 債 権 国 ( 地 域 ) 別 ミャンマー 中 国 香

More information

大 学 専 門 校 等 卒 業 後 の 在 留 資 格 の 切 り 替 えのルールと 手 続 き 資 料 1: 在 留 資 格 一 覧 表 資 料 2: 平 成 26 年 における 留 学 生 の 日 本 企 業 等 への 就 職 状 況 について 資 料 3: 技 術 人 文 知 識 国 際 業 務 の 在 留 資 格 の 明 確 化 等 について 資 料 4: 就 労 資 格 の 在 留 諸 申

More information

(Microsoft Word - \221\346\202P\217\315\201i\214\273\217\363\201j.doc)

(Microsoft Word - \221\346\202P\217\315\201i\214\273\217\363\201j.doc) 酸 性 棄 物 とは 廃 棄 物 処 理 法 1で ごみ 粗 大 ごみ 燃 え 殻 汚 泥 ふん 尿 廃 油 廃 で 廃 アルカリ 動 物 の 死 体 その 他 の 汚 物 又 は 不 要 物 であって 固 形 状 又 は 液 状 のもの( 放 射 否 物 売 かは 質 却 及 することができないために びこれによって 占 有 者 の 意 思 その 汚 染 されたものを 性 状 不 等 要 を になったもの

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 :

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 平 成 28 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 2 月 2 日 上 場 会 社 名 横 河 電 機 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 6841 URL http://www.yokogawa.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 西 島 剛 志 問 合 せ 先

More information

産業トピックス

産業トピックス 平 成 2 年 (28 年 )9 月 12 日 ~オリンピック 後 難 度 を 増 す 政 策 運 営 ~ 1. 経 済 動 向 (1)オリンピック 後 の 景 気 後 退 回 避 策 中 国 では 未 だ 実 質 GDP が 二 桁 成 長 ながら 景 気 は 減 速 傾 向 にあり オ リンピックという 節 目 を 経 て 景 気 後 退 に 陥 るのではないかという 危 惧 が 広 がっている

More information

出 力 6,620キロワット (2) 設 備 及 び 性 能 等 ア おおいた おおいたは, 平 成 15 年 9 月 に 進 水 した, 航 行 区 域 を 沿 海 区 域 とする 全 通 二 層 甲 板 型 でバウバ イザー 及 びバウスラスターを 有 する 鋼 製 旅 客 船 兼 自 動 車

出 力 6,620キロワット (2) 設 備 及 び 性 能 等 ア おおいた おおいたは, 平 成 15 年 9 月 に 進 水 した, 航 行 区 域 を 沿 海 区 域 とする 全 通 二 層 甲 板 型 でバウバ イザー 及 びバウスラスターを 有 する 鋼 製 旅 客 船 兼 自 動 車 平 成 20 年 門 審 第 9 号 旅 客 船 おおいた 防 波 堤 衝 突 事 件 言 渡 年 月 日 平 成 20 年 6 月 27 日 審 判 庁 門 司 地 方 海 難 審 判 庁 ( 井 上 卓, 伊 東 由 人, 蓮 池 力 ) 理 事 官 中 井 勤 受 審 人 A 職 名 おおいた 船 長 海 技 免 許 三 級 海 技 士 ( 航 海 ) 受 審 人 B 職 名 おおいた 機 関

More information

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2 報 道 発 表 平 成 27 年 2 月 23 日 東 京 税 関 不 正 薬 物 の 摘 発 件 数 196 件 押 収 量 約 346kg 覚 醒 剤 大 麻 の 押 収 量 が 不 正 薬 物 全 体 の 約 98%を 占 めた 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数 が 過 去 1 年 間 で2 番 目 を 記 録 ~ 平 成 26 年 の 東 京 税 関 における 不 正 薬 物 密 輸 入 事

More information

< 目 次 > 第 1 章 地 域 区 分 と 地 域 別 特 性 第 1 章 (1) 地 域 区 分 1. 行 政 区 分 2. 3 大 地 域 区 分 3. 6 大 地 域 区 分 4. 7 大 地 域 区 分 5. その 他 地 域 区 分 第 1 章 (2) 31 省 自 治 区 直 轄 市

< 目 次 > 第 1 章 地 域 区 分 と 地 域 別 特 性 第 1 章 (1) 地 域 区 分 1. 行 政 区 分 2. 3 大 地 域 区 分 3. 6 大 地 域 区 分 4. 7 大 地 域 区 分 5. その 他 地 域 区 分 第 1 章 (2) 31 省 自 治 区 直 轄 市 中 国 マーケティングデータ 総 覧 2014 価 格 : 35,000 円 ( 税 別 ) ( 著 ) 株 式 会 社 日 本 能 率 協 会 総 合 研 究 所 ( 製 作 ) 株 式 会 社 日 本 能 率 協 会 総 合 研 究 所 ( 販 売 ) 株 式 会 社 日 本 能 率 協 会 総 合 研 究 所 発 行 日 :2014 年 2 月 28 日 版 型 :A4 版 ページ 数 :537

More information

スライド 1

スライド 1 訪 日 旅 行 の 全 体 像 4 ( 単 位 : 千 人 ) 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1, 訪 日 旅 行 者 数 訪 日 旅 行 マーケットの 全 体 像 -199 年 以 降 の 訪 日 旅 行 者 数 の 推 移 - 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO)がまとめた 訪 日 旅 行 者 数 の199 年 からの 推 移 をみると 24 年 から 急 速 に 訪 日

More information

’00

’00 明 石 の 人 口 平 成 17 年 (2005 年 ) 国 勢 調 査 結 果 報 告 書 平 成 17 年 国 勢 調 査 の 概 要 調 査 の 目 的 及 び 沿 革 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 の 状 況 を 明 らかにするため, 大 正 9 年 以 来 ほぼ 5 年 ごとに 行 われており, 平 成 17 年 国 勢 調 査 はその 18 回 目 に 当 たる 国 勢

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378> 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の 状 況 に 関 する 年 次 報 告 書 平 成 28 年 8 月 経 済 産 業 省 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 の 運 用 指 針 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 以 下 運 用 指 針 という )5.(1)により 経 済 産 業 省 は 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の

More information

海 輸 送 が 競 合 : 同 40~ 60%) 第 4 階 層 ( 海 上 輸 送 にやや 依 存 : 同 60~ 90%) 第 5 階 層 ( 海 上 輸 送 に 大 きく 依 存 : 同 90~ 100%)とした 各 年 階 層 別 に 品 目 数 とそのシェアを 示 している また 食 料

海 輸 送 が 競 合 : 同 40~ 60%) 第 4 階 層 ( 海 上 輸 送 にやや 依 存 : 同 60~ 90%) 第 5 階 層 ( 海 上 輸 送 に 大 きく 依 存 : 同 90~ 100%)とした 各 年 階 層 別 に 品 目 数 とそのシェアを 示 している また 食 料 海 運 シフトの 検 証 と 海 運 選 択 要 因 の 分 析 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 日 刊 CARGO1208 日 本 海 事 センター 企 画 研 究 部 研 究 員 川 崎 智 也 はじめに 前 回 (12 年 7 月 10 日 号 )のリポートでは アセアン 発 米 国 向 けの HS コ ード 第 2~ 10 類 の 食 料 関 連 品 第 84 85 類 の 機 械 関 連

More information

ITI

ITI 論 文 中 間 財 のサプライチェーンに 組 込 まれていないミャンマー カンボジア ~ 求 められるモノカルチャー 的 な 貿 易 構 造 からの 脱 却 ~ 高 橋 俊 樹 Toshiki Takahashi ( 一 財 ) 国 際 貿 易 投 資 研 究 所 研 究 主 幹 要 約 ミャンマーの 主 な 輸 出 先 はアジアで カンボジアの 主 な 輸 出 先 はアジ ア 以 上 に 先 進

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20975C966888E397C394C781408376838C835B83938E9197BF5F8DC58F49>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20975C966888E397C394C781408376838C835B83938E9197BF5F8DC58F49> 長 寿 大 国 日 本 の 予 防 医 療 ~ 健 康 に 長 生 きしよう~ ( 資 料 )http://www.sakucci.or.jp/pinkoro/index.html 公 益 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター 岡 圭 佑 ( 日 本 生 命 保 険 ) 松 木 拓 ( 八 十 二 銀 行 ) 皆 川 篤 (JR 東 海 ) 綿 貫 剛 ( 横 浜 銀 行 ) 高 齢 化

More information

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 2004 年 10 月 22 日 発 行 来 港 中 国 人 旅 行 者 の 増 加 と 香 港 経 済 本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 E-mail hiroshi.inagaki@mizuho-cb.com 活 気 を 取 り 戻 す 香 港 観 光 セクター 香 港

More information

Microsoft Word - 2(2)個人消費改

Microsoft Word - 2(2)個人消費改 (2) 個 人 消 費 の 動 向 ( 大 型 小 売 店 販 売 額 は2 ぶりに 減 少 ) 24 の 個 人 消 費 を 大 型 小 売 店 販 売 額 ( 既 存 店 ベース)の 動 きからみると 前 比.5% 減 となり2 ぶりに 前 を 下 回 った 前 の 23 は 東 日 本 大 震 災 直 後 に 自 粛 ムードの 広 がりや 消 費 マインドの 低 下 により 消 費 が 減 少

More information

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回)

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回) 平 成 6 年 度 日 本 留 学 試 験 ( 第 回 ) 実 施 結 果 の 概 要 目 次 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試 験 実 施 要 項 実 施 状 況 3 科 目 別 平 均 点 等 一 覧 7 得 点 分 布 図 8 得 点 累 積 分 布 図 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試

More information

しかし 蒸 気 機 関 は 蒸 気 の 持 つ 熱 エネルギーをピストンの 往 復 運 動 によって 機 械 エネルギーに 変 換 していたため 効 率 も 低 く 大 容 量 化 は 困 難 であった しかし 1880 年 代 の 初 頭 に 相 次 いで 実 用 化 された 蒸 気 タービンは

しかし 蒸 気 機 関 は 蒸 気 の 持 つ 熱 エネルギーをピストンの 往 復 運 動 によって 機 械 エネルギーに 変 換 していたため 効 率 も 低 く 大 容 量 化 は 困 難 であった しかし 1880 年 代 の 初 頭 に 相 次 いで 実 用 化 された 蒸 気 タービンは 2001 年 8 月 例 会 資 料 火 力 発 電 の 変 遷 - 大 容 量 化 と 高 効 率 化 への 挑 戦 - Keywords 蒸 気 タービン ガスタービン 発 電 機 ボイラ 複 合 サイクル 大 地 昭 生 1. はじめに 火 力 発 電 は19 世 紀 末 に 出 現 し 100 年 以 上 の 歴 史 を 持 つ 効 率 的 な 電 力 供 給 方 式 としてそ の 後 の

More information

本文

本文 Aug 8, 2016 中 国 経 済 情 報 2016 年 8 月 号 内 容 1. 伊 藤 忠 拠 点 が 見 た 中 国 経 済 情 勢 (1) 新 常 態 を 先 取 りする 地 域 製 造 業 は 不 振 ながら サービス 業 のすそ 野 は 拡 大 三 次 産 業 主 導 の 成 長 への 移 行 が 進 む (2) 新 たなけん 引 役 として 期 待 される 中 西 部 地 域 製

More information

<4D F736F F D BD90AC E937890C590A789FC90B D>

<4D F736F F D BD90AC E937890C590A789FC90B D> 平 成 27 年 11 月 5 日 一 般 社 団 法 人 全 国 住 宅 産 業 協 会 会 長 神 山 和 郎 平 成 28 年 度 住 宅 土 地 税 制 改 正 要 望 わが 国 経 済 は 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 傾 向 が 続 くなかで 政 府 の 経 済 対 策 等 の 下 支 えもあり 景 気 は 穏 やかな 回 復 基 調 が 続 くことが 期 待 されていますが 消

More information

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464>

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464> 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 国 土 交 通 省 告 示 第 八 百 六 十 五 号 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 ) 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き に 係 る 経 営 力 向 上 に 関 す る 指 針 を 次 の と お り 定 め た の で 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 公 表 す る 船 舶 産 業 分 野 国 土 交

More information

untitled

untitled 平 成 22 年 (2010 年 )3 月 1 日 NO.2010-09 韓 国 経 済 プレゼンス 拡 大 の 背 景 韓 国 は グローバル 金 融 危 機 後 世 界 的 にみて 比 較 的 早 い 段 階 で 景 気 が 持 ち 直 した ほか 家 電 や 自 動 車 といった 主 力 製 品 の 世 界 市 場 でのシェア 拡 大 など 躍 進 が 目 立 っ ている 以 下 では 最 近

More information

野村資本市場研究所|人口移動と資金移動:中国の例(PDF)

野村資本市場研究所|人口移動と資金移動:中国の例(PDF) 特 集 1:アジア 人 口 移 動 と 資 金 移 動 : 中 国 の 例 人 口 移 動 と 資 金 移 動 : 中 国 の 例 宮 本 佐 知 子 要 約 1. 現 在 の 中 国 と 高 度 成 長 期 の 日 本 は 類 似 点 も 多 く 現 在 の 中 国 で 大 きな 問 題 と なっている 地 域 間 の 所 得 格 差 や 大 規 模 な 人 口 移 動 は 当 時 の 日 本 で

More information

2009年度調査国際結果の要約

2009年度調査国際結果の要約 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 Programme for International Student Assessment ~2009 年 調 査 国 際 結 果 の 要 約 ~ PISA 調 査 の 概 要 参 加 国 が 共 同 して 国 際 的 に 開 発 し 実 施 している 15 歳 児 を 対 象 とする 学 習 到 達 度 調 査 読 解 力 数 学 的 リテラシー

More information

明 治 大 学 2/5, 全 学 部 統 一 経 営 国 際 日 本 商 情 報 コミュニケーション 政 治 経 済 農 (1) 第 二 次 世 界 大 戦 の 戦 場 となったヨーロッパの 戦 後 復 興 は, 新 たな 国 家 間 の 枠 組 みの 形 成 と 並 行 して 進 め

明 治 大 学 2/5, 全 学 部 統 一 経 営 国 際 日 本 商 情 報 コミュニケーション 政 治 経 済 農 (1) 第 二 次 世 界 大 戦 の 戦 場 となったヨーロッパの 戦 後 復 興 は, 新 たな 国 家 間 の 枠 組 みの 形 成 と 並 行 して 進 め 1 2010 学 習 院 大 学 2/7 文 問 1 下 図 の 空 欄 1~3に 適 する 国 際 経 済 組 織 名 をアルファベットを 用 いた 略 称 で 答 えなさい また, 空 欄 4 ~8に 適 する 加 盟 国 名 を 答 えなさい 解 答 用 紙 記 述 問 2 EEC に 対 抗 して 発 足 し た EFTA の 現 在 の 加 盟 国 は, 設 立 当 時 と 大 きく 異

More information

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act 航 空 法 施 行 規 則 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 三 十 一 日 運 輸 省 令 第 五 十 六 号 ) 第 一 章 総 則 ( 航 空 保 安 施 設 ) 第 一 条 航 空 法 ( 昭 和 二 十 七 年 法 律 第 二 百 三 十 一 号 以 下 法 という ) 第 二 条 第 五 項 の 規 定 による 航 空 保 安 施 設 は 次 のとおりとする 一 航 空 保 安 無 線

More information

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか-

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか- スウェーデン 企 業 におけるワーク ライフ バランス 調 査 ----- 従 業 員 の 育 児 休 業 にどう 対 応 しているか 1 スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 と 取 得 状 況 (1)スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 (イ) 育 児 休 業 制 度 の 概 要 育 児 休 業 は 両 親 合 わせて 480 労 働 日 ( 約 1 年 10 ヶ 月 に 相 当 ) 取 得

More information

運用方針

運用方針 金 融 経 済 全 般 (5 月 ) 日 本 経 済 は 景 気 持 ち 直 しの 動 きが 続 いています 2010 年 1-3 月 期 の 実 質 GDP 成 長 率 ( 一 次 推 計 値 )は 前 期 比 年 率 +4.9%と 2009 年 10-12 月 期 の 同 +4.2%から 加 速 し 景 気 回 復 の 勢 いが 衰 えていないことを 示 しました 内 訳 を 見 ると 外 需

More information

1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 2. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 特 性 3. 拡 大 するグローバル 市 場 と 熾 烈 な 誘 致 競 争 4. 訪 日 外 国 人 誘 致 に 向 けたJNTOの 取 り 組 み 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセ

1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 2. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 特 性 3. 拡 大 するグローバル 市 場 と 熾 烈 な 誘 致 競 争 4. 訪 日 外 国 人 誘 致 に 向 けたJNTOの 取 り 組 み 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセ 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセミナー 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 と 日 本 政 府 観 光 局 の 取 り 組 み 2012 年 7 月 23 日 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) 理 事 長 松 山 良 一 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセミナー 2012.07.23 作 成 :JNTO 1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の

More information

経済・物価情勢の展望(2015年10月)

経済・物価情勢の展望(2015年10月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 10 月 ) 2015 年 10 月 30 日 日 本 銀 行 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にかけて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけては 消 費 税 率 引 き 上

More information

平成26年1-3月期 報告書

平成26年1-3月期 報告書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 結 果 及 び 分 析 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 JAPAN TOURISM AGENCY 2 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 平 成 26 年 1-3 月 期 目 次 報 告 書 Ⅰ 平 成 26

More information

3. 観 光 消 費 額 も 着 実 に 増 加 観 光 客 の 増 加 に 伴 い, 平 成 26 年 の 福 岡 市 内 における 観 光 消 費 額 は, 前 年 比 12.4%(416 億 円 ) 増 の 3,773 億 円 と 推 計 される 観 光 消 費 額 平 成 26 年 平 成

3. 観 光 消 費 額 も 着 実 に 増 加 観 光 客 の 増 加 に 伴 い, 平 成 26 年 の 福 岡 市 内 における 観 光 消 費 額 は, 前 年 比 12.4%(416 億 円 ) 増 の 3,773 億 円 と 推 計 される 観 光 消 費 額 平 成 26 年 平 成 平 成 28 年 3 月 30 日 経 済 観 光 文 化 局 観 光 産 業 課 平 成 26 年 観 光 統 計 の 概 要 1. 入 込 観 光 客 数 は, 過 去 最 高 を 更 新!(3 年 連 続 ) 本 編 p1,2 参 照 平 成 26 年 の 福 岡 市 の 入 込 観 光 客 数 ( 推 計 )は,NHK 大 河 ドラマ 軍 師 官 兵 衛 の 放 映 機 会 を 捉 えた 黒

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73>

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73> 生 活 1 人 口 世 帯 数 世 帯 人 員 の 減 少 傾 向 が 続 く 人 口,, 3, 3,,,, 1,, 17,7 9,1 13,13 1,1 39,7 人 17,19 戸,9 人 17,7 人 19 19 19 197 197 19 19 199 199 9 女 男 世 帯 数 人 口 の 合 計 世 帯 数 ( 戸 ), 1, 1, 1, 1, 1,,,,, 豊 中 市 の 人 口

More information

各 薬 物 事 犯 における 密 輸 入 事 犯 や 営 利 犯 などの 違 反 態 様 別 の 数 値 には 国 際 的 な 協 力 の 下 に 規 制 薬 物 に 係 る 不 正 行 為 を 助 長 する 行 為 等 の 防 止 を 図 るための 麻 薬 及 び 向 精 神 薬 取 締 法 等

各 薬 物 事 犯 における 密 輸 入 事 犯 や 営 利 犯 などの 違 反 態 様 別 の 数 値 には 国 際 的 な 協 力 の 下 に 規 制 薬 物 に 係 る 不 正 行 為 を 助 長 する 行 為 等 の 防 止 を 図 るための 麻 薬 及 び 向 精 神 薬 取 締 法 等 平 成 26 年 3 月 平 成 2 5 年 の 薬 物 銃 器 情 勢 確 定 値 警 察 庁 刑 事 局 組 織 犯 罪 対 策 部 薬 物 銃 器 対 策 課 各 薬 物 事 犯 における 密 輸 入 事 犯 や 営 利 犯 などの 違 反 態 様 別 の 数 値 には 国 際 的 な 協 力 の 下 に 規 制 薬 物 に 係 る 不 正 行 為 を 助 長 する 行 為 等 の 防 止 を

More information

日刊版ひながた

日刊版ひながた [ 華 鐘 通 信 ] 日 刊 2016 年 2 月 1 日 ( 月 ) 第 3726 号 発 行 : 華 鐘 コンサルタントグループ ニュース 提 供 : 時 事 通 信 社 DAILY HUAZHONG NEWS 華 鐘 グループのお 知 らせ 2016 上 海 海 塩 企 業 誘 致 説 明 会 が 開 催... 2 浙 江 省 海 塩 県 の 概 要 (http://www.hyfet.gov.cn)...

More information

第 3 節 新 たな 国 際 分 業 と 日 本 経 済 第 3-3 - 20 図 日 米 欧 の 収 益 性 と 総 資 本 回 転 率 米 欧 に 比 日 本 収 益 率 (1)( 総 資 産 益 率 ) (2)( 資 本 益 率 ) 第 (3) 上 益 率 (4) 総 資 本 回 転 率 3

第 3 節 新 たな 国 際 分 業 と 日 本 経 済 第 3-3 - 20 図 日 米 欧 の 収 益 性 と 総 資 本 回 転 率 米 欧 に 比 日 本 収 益 率 (1)( 総 資 産 益 率 ) (2)( 資 本 益 率 ) 第 (3) 上 益 率 (4) 総 資 本 回 転 率 3 第 3 章 3 日 本 経 済 の 競 争 力 一 国 経 済 の 競 争 力 というのは 曖 昧 な 概 念 であるが ここでは そこに 立 地 する 企 業 が 成 長 できるような 環 境 を 提 供 する 力 であると 考 えてみよう そうした 定 義 の 下 では 競 争 力 のある 国 の 企 業 は 高 い 収 益 を 上 げているはずであり また 海 外 から 多 くの 直 接 投

More information

委託契約書

委託契約書 資 料 目 次 資 料 1 福 岡 女 子 大 学 の 沿 革 資 料 2 公 立 大 学 法 人 福 岡 女 子 大 学 中 期 目 標 中 期 計 画 資 料 3 福 岡 女 子 大 学 改 革 基 本 計 画 の 概 要 資 料 4 福 岡 県 の 主 要 施 策 資 料 5 福 岡 県 の 貿 易 額 の 推 移 資 料 6 福 岡 県 の 輸 出 入 国 ( 地 域 ) 順 位 表 資 料

More information

第 1 章 我 が 国 の 中 長 期 的 な 構 造 変 化 我 が 国 では 中 長 期 的 な 経 済 社 会 構 造 の 変 化 が 起 こっており 中 小 企 小 規 模 事 者 の 経 営 環 境 はますます 厳 しいものとなっている また 中 小 企 の 数 は 長 期 にわたり 減

第 1 章 我 が 国 の 中 長 期 的 な 構 造 変 化 我 が 国 では 中 長 期 的 な 経 済 社 会 構 造 の 変 化 が 起 こっており 中 小 企 小 規 模 事 者 の 経 営 環 境 はますます 厳 しいものとなっている また 中 小 企 の 数 は 長 期 にわたり 減 中 小 企 小 規 模 事 者 が 直 面 する 経 済 社 会 構 造 の 変 化 第 2 部 第 1 章 我 が 国 の 中 長 期 的 な 構 造 変 化 我 が 国 では 中 長 期 的 な 経 済 社 会 構 造 の 変 化 が 起 こっており 中 小 企 小 規 模 事 者 の 経 営 環 境 はますます 厳 しいものとなっている また 中 小 企 の 数 は 長 期 にわたり 減 少

More information

Microsoft PowerPoint - 参考資料(前田様).pptx

Microsoft PowerPoint - 参考資料(前田様).pptx 対 日 投 資 の 現 状 とJETROの 活 動 について 2015 年 6 月 21 日 日 本 貿 易 振 興 機 構 (JETRO) 対 日 投 資 部 長 前 田 茂 樹 Section 1 対 日 直 接 投 資 の 現 状 と 日 本 の 魅 力 国 際 的 に 見 た 日 本 の 対 内 直 接 投 資 の 現 状 対 日 直 接 投 資 残 高 とGDP 比 率 の 推 移 (2000~2013

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081798DC58F498F4390B3817A8E9197BF87408F848E8B914492F882CC8D8290AB945C89BB82C982C282A282C42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 予 算 事 業 名 担 当 部 局 庁 会 計 区 分 根 拠 法 令 ( 具 体 的 な 条 項 も 記 載 ) 事 業 の 目 的 ( 目 指 す 姿 を 簡 潔 に 3 行 程 度 以 内 ) 巡 視 船 艇 の 整 備 に 関 する 経 費 海 上 保 安 庁 は 海 難 救 助 犯 罪 の 予 防 及 び 鎮 圧 海 上 防 災 海 上 交 通 安 全 海 洋 汚 染 防 止 等 に 係

More information

2012年4月 日本政府観光局(JNTO)

2012年4月 日本政府観光局(JNTO) PRESS RELEASE( 報 道 発 表 資 料 ) 経 営 戦 略 部 総 務 広 報 グループ TEL:03-3216-1905 FAX:03-3214-7680 http://www.jnto.go.jp 本 リリースは 国 土 交 通 記 者 会 交 通 運 輸 記 者 会 に 配 布 しております 平 成 26 年 5 月 23 日 理 事 長 松 山 良 一 中 国 旅 行 会 社

More information

スライド 1

スライド 1 タイ 投 資 セミナー in 仙 台 札 幌 最 近 の 日 本 企 業 の 進 出 動 向 とタイの 魅 力 目 次 1. タイへの 日 本 企 業 の 進 出 状 況 2. タイのビジネス 環 境 上 の 優 位 点 ~ 生 産 拠 点 として 消 費 市 場 として~ 3. の 課 題 4.まとめ 2 1.タイへの 日 本 企 業 の 進 出 状 況 3 ASEANでは 日 本 企 業 はタイに

More information

海外たばこ事業実績補足資料2015年1-12月期及び10-12月期

海外たばこ事業実績補足資料2015年1-12月期及び10-12月期 2016 年 2 月 4 日 日 本 たばこ 産 業 株 式 会 社 Japan Tobacco International (JTI) 海 外 たばこ 事 業 実 績 補 足 資 料 (2015 年 1-12 月 期 及 び 10-12 月 期 ) JTI GFB 好 調 とプライシングにより 二 桁 の 利 益 成 長 前 年 同 期 比 1-12 月 10-12 月 ( 億 本 百 万 ドル)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BF38D60834183938350815B83678DC58F4995F18D908F9188EA8A872E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BF38D60834183938350815B83678DC58F4995F18D908F9188EA8A872E646F63> 首 都 圏 の 空 港 に 関 する 企 業 へのアンケート 調 査 調 査 結 果 報 告 書 平 成 18 年 8 月 横 浜 市 目 次 調 査 の 概 要... 2 調 査 結 果 ( 要 旨 )... 3 アンケートの 集 計 結 果... 12 1 回 答 企 業 の 属 性... 12 1) 業 種 別... 12 2) 所 在 地 別... 13 3) 資 本 金 規 模 別...

More information

観光の潜在力を探る ―訪日外国人数の中期見通し

観光の潜在力を探る ―訪日外国人数の中期見通し 観 光 の 潜 在 力 を 探 る 訪 日 外 国 人 数 の 中 期 見 通 し 2011 年 1 月 12 日 日 本 経 済 研 究 センター 研 究 員 蓮 見 亮 * * hasumi@jcer.or.jp 1 目 次 1.はじめに 産 業 としての 観 光 2.データで 探 る 観 光 の 潜 在 力 3. 分 析 : 訪 日 外 国 人 数 の 将 来 予 測 4. 観 光 立 国 実

More information

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分 Ⅳ 社 会 保 険 社 会 保 険 とは 国 民 に 発 生 する 社 会 的 危 険 を 保 険 方 式 により 対 処 することで 国 民 の 健 康 及 び 所 得 を 保 障 する 制 度 を 意 味 する( 社 会 保 障 基 本 法 第 3 条 第 2 項 ) 同 制 度 は 国 家 及 び 社 会 が 責 任 を 持 って 国 民 生 活 を 脅 かす 様 々な 生 活 上 の 危 険

More information

しての 使 用 を 抑 制 する 法 律 が 制 定 されて いる 2 エタノールとバイオディーゼル 油 のバイオ 燃 料 については 予 測 期 間 を 通 じてガソリン 混 合 に 対 する 税 控 除 と 輸 入 関 税 が 残 ると 見 込 んだ この 結 果 エ タノールの 生 産 は 予

しての 使 用 を 抑 制 する 法 律 が 制 定 されて いる 2 エタノールとバイオディーゼル 油 のバイオ 燃 料 については 予 測 期 間 を 通 じてガソリン 混 合 に 対 する 税 控 除 と 輸 入 関 税 が 残 ると 見 込 んだ この 結 果 エ タノールの 生 産 は 予 海 外 情 報 2016 年 までの 農 業 予 測 米 国 農 務 省 局 間 農 業 予 測 委 員 会 米 国 農 務 省 (USDA) の 局 間 農 業 予 測 委 員 会 (Interagency Agricultural Projections Committee) は 2007 年 2 月 2016 年 ま で の 農 業 予 測 米 国 農 務 省 (USDA Agricultural

More information

論 文 概 要 私 たちの 班 では 北 海 道 の 貿 易 について 考 察 した この 論 文 の 趣 旨 としてはまず 北 海 道 全 体 の 貿 易 事 情 のデータを 用 いて 見 ていく そしてデータを 見 た 後 に 北 海 道 の 貿 易 額 上 位 4 カ 国 に 焦 点 を 当

論 文 概 要 私 たちの 班 では 北 海 道 の 貿 易 について 考 察 した この 論 文 の 趣 旨 としてはまず 北 海 道 全 体 の 貿 易 事 情 のデータを 用 いて 見 ていく そしてデータを 見 た 後 に 北 海 道 の 貿 易 額 上 位 4 カ 国 に 焦 点 を 当 2010 年 度 テーマ アジア 化 する 北 海 道 ~ 北 海 道 の 貿 易 の 現 状 と 未 来 ~ 北 海 学 園 大 学 宮 島 ゼミⅠ 松 井 大 輔 芹 田 充 青 木 翔 太 郎 前 田 拓 也 2010 年 12 月 1 論 文 概 要 私 たちの 班 では 北 海 道 の 貿 易 について 考 察 した この 論 文 の 趣 旨 としてはまず 北 海 道 全 体 の 貿 易

More information

別紙2

別紙2 運 輸 事 情 調 査 中 国 東 北 地 方 ( 遼 寧 省 吉 林 省 黒 龍 江 省 ) ( 出 展 : 中 国 統 計 年 鑑 29 遼 寧 統 計 年 鑑 29 吉 林 統 計 年 鑑 29 黒 龍 江 統 計 年 鑑 29) 基 本 情 報 図 1. 中 国 東 北 三 省 地 図 図 2. 中 国 東 北 地 方 と 日 本 の 位 置 関 係 表 1. 東 北 三 省 の 基 本 情

More information

2011年8月29日

2011年8月29日 各 県 別 海 事 産 業 の 経 済 学 青 森 県 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 日 本 海 事 新 聞 1401 日 本 海 事 センター 企 画 研 究 部 情 報 課 長 奈 良 孝 1. 県 勢 青 森 県 は 日 本 の 本 州 最 北 端 に 位 置 し 北 は 津 軽 海 峡 を 隔 てて 北 海 道 に 相 対 し 東 は 太 平 洋 西 は 日 本 海 に 面 し 南 は 岩

More information

輸入食品監視指導計画

輸入食品監視指導計画 厚 生 労 働 省 Ministry of Health, Labour and Welfare 輸 入 食 品 等 の 安 全 性 確 保 について 平 成 255 年 7 月 23 日 新 潟 検 疫 所 金 沢 七 尾 出 張 所 / 小 松 空 港 出 張 所 新 潟 検 疫 所 食 品 監 視 課 小 松 空 港 分 室 黒 飛 敏 1 内 容 輸 入 食 品 の 現 状 について 輸 出

More information

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6.

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6. 平 成 26 年 観 光 統 計 ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ~12 月 31 日 ) 古 い 町 並 高 山 市 商 工 観 光 部 観 光 課 目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7

More information

Microsoft Word - 070711”‚Š¿4’lfiI‚¹”¸−z

Microsoft Word - 070711”‚Š¿4’lfiI‚¹”¸−z 人 的 損 失 額 に 関 する 検 討 について 資 料 4 1.これまでの 検 討 経 緯 および 今 回 の 議 論 のポイント (1)これまでの 検 討 経 緯 ( 技 術 指 針 における 記 述 ) 公 共 事 業 評 価 の 費 用 便 益 分 析 に 関 する 技 術 指 針 ( 平 成 16 年 2 月 国 土 交 通 省 )の 事 業 分 野 間 における 評 価 指 標 等 設

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9190BB91A28BC62D955C8E862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9190BB91A28BC62D955C8E862E646F63> 中 国 の 製 造 業 における 労 働 力 事 情 と 関 連 労 働 法 制 に 関 する 調 査 2008 年 3 月 社 団 法 人 日 本 舶 用 工 業 会 刊 行 によせて 当 工 業 会 では 我 が 国 の 造 船 関 係 事 業 の 振 興 に 資 するために 競 艇 公 益 資 金 による 日 本 財 団 の 助 成 を 受 けて 造 船 関 連 海 外 情 報 収 集 及 び

More information

Microsoft Word - Ch02_Matsuoka.doc

Microsoft Word - Ch02_Matsuoka.doc 第 2 章 中 国 のオートバイ 産 業 はじめに 松 岡 憲 司 ( 龍 谷 大 学 ) 近 年 内 外 を 問 わず 自 動 車 産 業 の 分 業 構 造 に 関 する 研 究 が 活 発 である 組 立 加 工 型 産 業 の 典 型 である 自 動 車 は さまざまな 時 代 や 地 域 における 分 業 構 造 の 違 いを 調 べるためには 恰 好 の 対 象 であるからであろう それに

More information

する 取 極 めを 締 結 している( 表 1 参 照 ) 表 1:クロアチアの 承 認 取 極 め 締 結 国 地 域 一 覧 海 技 資 格 を 相 互 承 認 する 取 極 締 結 国 地 域 EU 加 盟 国 香 港 マレーシア シンガポール インドネシア クロアチアの 海 技 資 格 を

する 取 極 めを 締 結 している( 表 1 参 照 ) 表 1:クロアチアの 承 認 取 極 め 締 結 国 地 域 一 覧 海 技 資 格 を 相 互 承 認 する 取 極 締 結 国 地 域 EU 加 盟 国 香 港 マレーシア シンガポール インドネシア クロアチアの 海 技 資 格 を クロアチアの 船 員 教 育 海 技 資 格 制 度 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 日 本 海 事 新 聞 1410 日 本 海 事 センター 研 究 員 野 村 摂 雄 ポイント 外 航 船 員 の 資 質 には 定 評 あり ほとんどが 海 外 船 社 に 雇 用 されている 外 航 船 員 教 育 は 中 等 教 育 ( 海 事 高 校 ) 及 び 高 等 教 育 ( 海 事 大 学 ) 乗

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 第 53 回 インナー 大 会 国 内 農 業 の 海 外 市 場 参 入 専 修 大 学 望 月 ゼミ 国 際 比 較 班 大 里 尚 史 勝 亦 ありさ 北 川 美 有 香 発 表 の 流 れ 問 題 提 起 国 内 農 業 の 現 状 分 析 オランダの 農 業 現 状 政 策 提 言 問 題 提 起 大 テーマ 持 続 的 可 能 な 経 済 成 長 の 実 現 日 本 経 済 再 生 プロジェクト

More information

日本の国際観光発展のために

日本の国際観光発展のために 日 本 の 国 際 観 光 発 展 のために 地 方 の 観 光 地 特 徴 別 の 最 適 公 共 民 間 投 資 先 704077 松 波 利 明 2008 年 月 論 文 概 要 本 稿 では 我 が 国 の 国 際 観 光 の 発 展 について 考 察 する そして 本 稿 では 地 方 の 特 徴 に 合 った 観 光 政 策 とは 何 かを 探 る 本 稿 の 特 徴 は 観 光 の 現

More information

①表紙201506.xdw

①表紙201506.xdw 平 成 7 年 (15 年 )6 月 11 日 見 通 しの 概 要 ~ 世 界 経 済 の 回 復 ペースは 依 然 緩 やかにとどまる 見 通 し~ 日 本 ~ 企 業 の 前 向 きな 支 出 行 動 の 明 確 化 を 起 点 に 景 気 は 底 堅 さを 増 す 見 通 し~ 米 国 ~ 一 時 的 な 下 押 し 影 響 の 解 消 後 は 家 計 需 要 の 拡 大 を 軸 とした 緩

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 28 年 度 税 制 改 正 について ( 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 ) 平 成 27 年 12 月 中 小 企 業 庁 < 主 な 改 正 事 項 > 新 たな 機 械 装 置 の 投 資 に 係 る 固 定 資 産 税 の 特 例 の 創 設 中 小 企 業 者 等 の 少 額 減 価 償 却 資 産 の 取 得 価 額 の 損 金 算 入 の 特 例 の 延 長

More information

平 成 27 年 訪 日 外 客 数 出 国 日 本 人 数 2015 Visitor Arrivals & Japanese Overseas Travelers 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) Japan National Tourism Organization(JNTO) 訪 日

平 成 27 年 訪 日 外 客 数 出 国 日 本 人 数 2015 Visitor Arrivals & Japanese Overseas Travelers 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) Japan National Tourism Organization(JNTO) 訪 日 PRESS RELEASE( 報 道 発 表 資 料 ) 経 営 管 理 部 総 務 広 報 グループ TEL:03-3216-1905 FAX:03-3214-7680 http://www.jnto.go.jp 本 リリースは 国 土 交 通 記 者 会 交 通 運 輸 記 者 会 に 配 布 しております 平 成 27 年 6 月 17 日 理 事 長 松 山 良 一 訪 日 外 客 数 (2015

More information

目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える... 6 感 情 的 な 要 素 を 強 調 して 購 入 を 促 進 ( 特 にミレニ

目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える... 6 感 情 的 な 要 素 を 強 調 して 購 入 を 促 進 ( 特 にミレニ これからの 需 要 と マーケティング 世 界 の 需 要 拡 大 に 応 える4つの 戦 略 2014 年 4 月 Copyright 2014 The Nielsen Company 目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える...

More information