Microsoft Word 金融危機シンポジウム

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 101009金融危機シンポジウム"

Transcription

1 金 融 危 機 シンポジウム 第 2 編 危 機 後 の 金 融 界 第 2 回 日 本 の 金 融 市 場 の 活 性 化 に 向 けて 山 澤 光 太 郎 氏 株 式 会 社 大 阪 証 券 取 引 所 取 締 役 常 務 執 行 役 員 日 時 :2010 年 7 月 28 日 ( 水 ) 場 所 : 早 稲 田 大 学 日 本 橋 キャンパス ホール 報 告 日 本 の 金 融 市 場 は 欧 米 アジアと 比 べて 落 ち 込 みが 著 しい その 要 因 は 何 か 活 性 化 に 向 けた 方 策 に 触 れたい また 政 府 の 新 成 長 戦 略 として 進 められている 総 合 取 引 所 構 想 に ついての 個 人 的 な 見 解 を 述 べる 日 本 の 金 融 市 場 の 現 状 認 識 シェアはますます 縮 小 日 本 市 場 と 欧 米 市 場 アジア 市 場 ( 中 国 香 港 上 海 韓 国 ) の 時 価 総 額 を 1999 年 末 リーマン ショック 前 の 2007 年 末 2010 年 5 月 末 のデータで また 売 買 代 金 の 推 移 を 99 年 07 年 09 年 のデータでそれぞれ 比 べてみると 時 価 総 額 売 買 代 金 ともにアジアの 伸 びが 著 しく 日 本 の 相 対 的 なシェアの 落 ち 込 みが 目 立 っている 特 に 中 国 の 3 市 場 ( 上 海 香 港 深 セ ン)の 成 長 は 著 しく この 10 年 で 日 本 市 場 を 越 えている IPO 件 数 についても 日 米 両 国 がリーマン ショック 以 前 の 水 準 に 回 復 していない 中 で アジアの 主 要 市 場 での IPO 件 数 は 07 年 と 09 年 で 大 幅 な 減 少 は 見 られない 日 本 では 新 興 市 場 の 極 端 な 低 迷 に 加 えて 海 外 市 場 での 上 場 を 目 指 す 動 きが 顕 現 化 していることもあって IPO 件 数 が 激 1

2 減 している 例 えば 韓 国 の 新 興 市 場 KOSDAQ(コスダック) は グローバル 競 争 力 を 保 つために 外 国 の 企 業 を 積 極 的 に 誘 致 しており すでに 日 本 の 9 社 が 主 幹 事 契 約 をしていると 報 じ られている 日 本 市 場 は 制 度 や 規 制 が 厳 しく 上 場 までに 時 間 がかかると 言 われており スピード 感 のあるアジア 市 場 での 日 本 の 上 場 企 業 は 今 後 も 増 えていくと 見 られる 次 に 主 要 取 引 所 の 時 価 総 額 収 益 力 を 比 較 すると 国 内 で 唯 一 上 場 している 大 阪 証 券 取 引 所 ( 大 証 )の 上 場 時 価 総 額 は 1320 億 円 に 過 ぎず また 世 界 の 主 要 取 引 所 のデリバティブ 取 引 高 ランキングを 見 ても 16 位 に 止 まっており 日 本 の 実 体 経 済 に 比 してプレゼンスが 低 い ある 調 査 レポートによると 10 年 後 のアジア 地 域 における 取 引 高 について 中 国 市 場 が 60% 韓 国 が 13%とシェアを 伸 ばす 一 方 で 日 本 市 場 は 4% シンガ ポール 市 場 は 2%にまで 低 下 することが 予 想 されている 日 本 の 金 融 市 場 低 迷 の 要 因 日 本 経 済 のプレゼンス 低 下 日 本 の 金 融 業 金 融 市 場 の 地 盤 沈 下 の 理 由 として 5 点 を 指 摘 したい 1 日 本 経 済 のプレゼンスの 低 下 2 他 国 に 比 べて 過 剰 な 金 融 規 制 3 他 国 に 比 べて 不 利 な 金 融 税 制 4 貧 弱 な 金 融 インフラ 5 弱 い 英 語 力 である 最 近 社 内 の 公 用 語 を 英 語 に する 企 業 も 出 てきたが 金 融 業 界 の 難 解 な 英 語 を 理 解 するのは たやすいことではない 最 近 では 日 本 向 けファンドが 大 きく 減 少 する 一 方 で アジ ア 全 体 をカバーするファンドやインド 中 国 韓 国 に 特 化 した ファンドは 増 加 傾 向 にある そうしたファンドは 比 較 的 規 制 が 緩 く 税 金 が 安 いシンガポールや 香 港 豪 州 に 多 い 同 時 に 主 要 なプレーヤーである 外 資 系 金 融 機 関 の 日 本 における 規 模 縮 小 撤 退 の 動 きも 顕 在 化 している 英 HSBC やフィデリティ バークレイズ キャピタル メ 2

3 リルリンチなどでは アジア 地 区 の 本 部 を 香 港 シンガポール などへシフトしており 日 本 の 収 益 規 模 はピーク 時 の 半 分 以 下 となっている 日 本 の 人 員 を 減 らし その 分 をアジアの 新 興 国 に 振 り 向 ける 動 きが 続 いている 日 系 の 大 手 証 券 会 社 について も アジアにおけるビジネス 体 制 シフトをはじめている 世 界 の 国 際 金 融 市 場 ランキングをみても 東 京 は 低 順 位 に 止 まっており 日 本 を アジア 金 融 センター にする 計 画 はもは や 瀬 戸 際 まで 追 い 詰 められている さらに 大 証 市 場 の 取 引 内 容 を 仔 細 にみると 日 経 225 先 物 取 引 における 自 己 取 引 の 比 率 は 過 去 8 年 間 で 30% 以 上 も 低 下 し ている アルゴリズム 取 引 の 増 加 や 市 場 のボラティリティの 低 下 コンプラ 上 の 制 約 等 から 国 内 でのディーリング ビジネ スは 困 難 になっていることが 見 て 取 れる 日 本 で 自 立 的 に 相 場 を 動 かしにくくなっていることは 市 場 にとって 大 きなマイナ スポイントだ 金 融 市 場 活 性 化 に 向 けた 方 策 スピード 感 を 持 って 対 応 を 金 融 庁 は 日 本 市 場 の 規 制 環 境 や 市 場 制 度 市 場 参 加 者 が 取 り 組 むべき 課 題 について スタディグループなどで 検 討 してい る 日 本 市 場 を 魅 力 的 にするためには 様 々な 課 題 があるが 取 引 所 関 連 に 課 題 として まず 外 国 企 業 に 対 する PE(Permanent Establish) 課 税 問 題 がある 次 に 現 在 のリモートメンバーシ ップ 制 度 についても 使 い 勝 手 が 悪 いところがあり 実 際 に 利 用 を 拡 大 するには 課 題 が 多 い また 日 本 の 株 式 市 場 には 立 会 場 があった 時 代 の 取 引 手 法 を そのままシステム 化 したような 固 有 のルールが 残 っており 海 外 からの 参 加 者 を 増 やす 際 の 大 きな 障 壁 になっている さらに 国 内 でヘッジファンドを 設 立 する 際 にも 金 融 商 品 3

4 取 引 法 によって 高 いハードルが 設 定 されている 日 本 に 助 言 機 能 だけおき ハードルが 高 い 投 資 運 用 業 はシンガポールで 行 う ファンドもある 総 合 取 引 所 への 取 り 組 み システム 統 合 のメリット 大 政 府 は 7つの 戦 略 分 野 と 21 の 重 点 施 策 を 策 定 しており 金 融 関 連 では 総 合 的 な 取 引 所 ( 証 券 金 融 商 品 )の 創 設 が 重 点 施 策 として 取 り 上 げられている 総 合 取 引 所 には 機 能 としての 概 念 と 組 織 としての 概 念 がある 海 外 の 主 要 取 引 所 は 既 に 機 能 としての 総 合 取 引 所 を 実 現 しており 一 つの 取 引 所 で さまざまな 原 資 産 の 派 生 商 品 を 幅 広 く 取 引 できるようになっている 日 本 でも 10 年 7 月 に 金 融 商 品 取 引 所 と 商 品 取 引 所 の 相 互 乗 り 入 れが 可 能 になったが 現 在 でも 監 督 官 庁 の 規 制 面 の 整 理 はなされてお らず 今 後 の 課 題 として 残 されている 一 方 で 組 織 としての 総 合 取 引 所 については 単 一 の 持 ち 株 会 社 の 下 に 証 券 取 引 所 や 金 融 取 引 所 商 品 取 引 所 がぶら 下 げる 格 好 が 想 定 されるが どのような 組 織 体 制 が 良 いのか 意 見 が 分 かれている 総 合 取 引 所 構 想 をビジネスの 面 から 考 えると 現 物 取 引 につ いては デリバティブ 取 引 に 比 べて 属 地 性 が 強 いために 国 内 独 占 の 弊 害 が 表 面 化 しやすいと 考 えられる 例 えば 日 本 では 98 年 に 有 価 証 券 取 引 に 関 する 取 引 所 集 中 義 務 が 撤 廃 され 本 邦 市 場 における 私 設 取 引 システム(PTS)の 運 営 が 可 能 にな ったが 日 本 の PTS 市 場 取 引 は 取 引 所 取 引 に 比 べて 1% 以 下 の シェアにとどまっており 新 しく 市 場 を 開 設 しても 売 買 高 を 増 やすことは 容 易 ではないということが 明 らかになっている コストの 面 から 考 えると 既 に 取 引 所 ビジネスは 装 置 産 業 化 している 特 に 最 近 では 取 引 参 加 者 から 取 引 所 システムの 4

5 処 理 スピードに 対 する 要 求 水 準 が 高 まっており 取 引 所 のシス テム 関 係 費 用 は 拡 大 する 一 方 だ こうした 状 況 下 国 内 外 の 主 要 取 引 所 においても システムを 自 前 で 開 発 している 取 引 所 は 少 なくなっている 東 証 はアローヘッドを 独 自 に 開 発 したが 大 証 では NASDAQ-OMX 製 の CLICK XT というシステムを 次 期 デリバティブシステムとして 利 用 することとしている 海 外 のパッケージ 製 品 を 使 っていけば 5 年 後 10 年 後 にも 自 動 的 にアップグレードが 可 能 で コストが 削 減 できると 考 えたか らである デリバティブ 取 引 はこれから 国 境 を 越 えた 厳 しい 競 争 が 予 想 され システムの 統 合 メリットも 大 きい 新 興 市 場 の 活 性 化 信 頼 される 取 引 所 目 指 す ライブドア 事 件 以 降 新 興 市 場 に 対 する 投 資 家 の 不 信 感 が 高 まり 売 買 高 の 低 迷 が 資 金 調 達 を 困 難 にし ベンチャー 企 業 の IPO 意 欲 を 減 退 させるという 負 のスパイラルに 陥 っている 大 証 の 新 しい 新 興 市 場 は 3 つのコンセプトを 掲 げ 10 年 10 月 に 新 JASDAQ として 生 まれ 変 わる 1つ 目 は 信 頼 性 2つ 目 は 革 新 性 3 つ 目 は 地 域 性 国 際 性 だ 上 場 会 社 による 相 次 ぐ 不 祥 事 への 対 応 と 流 動 性 を 向 上 するための 取 り 組 み 新 興 市 場 を 活 性 化 するための 取 り 組 みを 続 けながら 投 資 家 に 信 頼 さ れる 取 引 所 を 目 指 したい 日 本 人 は 悲 観 的 になりがちな 国 民 性 だ 少 子 高 齢 化 による 労 働 力 の 低 下 や 最 近 の 市 場 環 境 の 変 化 を 踏 まえると 今 後 は モノづくり だけに 依 存 できない 戦 後 日 本 人 が 蓄 積 して きた 1500 兆 円 もの 個 人 金 融 資 産 を 取 引 所 としてどう 活 かし ていくのか 我 々に 課 された 問 題 である 5

6 質 疑 応 答 Q: 日 本 企 業 が 香 港 や 台 湾 で 上 場 するのはなぜか A: 日 本 の 取 引 所 への 上 場 に 関 しては 上 場 審 査 に 係 るスピ ードや 機 関 投 資 家 をはじめとした Valuation 価 値 算 定 のあ り 方 等 に 課 題 があると 言 われている アジアの IPO 市 場 は 日 本 よりも 規 制 が 緩 やかであり 上 場 し 易 いということが 言 われ ている Q:コモディティの 取 引 所 は 必 要 か A: 日 本 の 個 人 投 資 家 の 間 で 運 用 商 品 としてコモディティ はすでに 定 着 している 品 揃 えや 取 引 仕 法 は 多 様 化 するはず だからこそ 取 引 所 は 必 要 である 6

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353190BB91A28BC682CC8A438A4F90B68E5983568374836782C697418F6F82CC8D82957489C189BF926C89BB2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353190BB91A28BC682CC8A438A4F90B68E5983568374836782C697418F6F82CC8D82957489C189BF926C89BB2E70707478> 今 月 のトピックス No.251-1(216 年 3 月 17 日 ) (21 年 =1) 95Q2 98Q2 14 実 質 実 効 為 替 レート( 右 目 盛 ) 12 1 8 製 造 業 の 海 外 生 産 シフトと 輸 出 の 高 付 加 価 値 化 1.リーマンショック 以 降 の 日 本 の 輸 出 の 弱 さの 背 景 には 構 造 的 要 因 日 本 の 輸 出 を 数 量 ベースでみると

More information

第2部-6.indd

第2部-6.indd 第 6 章 金 融 保 険 業 第 6 章 金 融 保 険 業 1 金 融 保 険 業 の 概 況 (1) 再 編 が 進 む 金 融 保 険 業 金 融 保 険 業 は 金 融 取 引 の 規 制 緩 和 を 背 景 に 銀 行 業 や 証 券 業 保 険 業 等 の 業 態 の 垣 根 を 越 えて 収 益 力 の 高 い 金 融 コングロマリット( 複 合 企 業 )を 目 指 す 時 代 に

More information

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース みずほインサイト 日 本 経 済 13 年 1 月 7 日 日 本 企 業 のマネーフローに 変 化 は みられるか みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 市 場 調 査 部 金 融 調 査 部 3-3591-18/3-3591-1351 13 年 7~9 月 期 における 日 本 企 業 の 資 金 運 用 ( 資 金 の 使 い 途 )は 大 企 業 では 投 融 資 の 増 加 を 背

More information

第1回東京国際金融センターの推進に関する懇談会議事概要

第1回東京国際金融センターの推進に関する懇談会議事概要 第 1 回 東 京 国 際 金 融 センターの 推 進 に 関 する 懇 談 会 議 事 要 旨 日 時 場 所 出 席 者 平 成 26 年 10 月 10 日 ( 金 ) 午 前 10 時 30 分 ~ 正 午 日 本 証 券 業 協 会 第 1 会 議 室 伊 藤 座 長 ほか 各 委 員 議 事 概 要 1. 伊 藤 座 長 挨 拶 2. 国 際 金 融 センターとしての 東 京 市 場 の

More information

中国の環境汚染と日中環境協力

中国の環境汚染と日中環境協力 2013 年 5 月 1 日 全 6 頁 中 国 の 環 境 汚 染 と 日 中 環 境 協 力 常 務 理 事 金 森 俊 樹 [ 要 約 ] 本 年 初 から 北 京 を 始 めとする 中 国 各 地 で 大 気 中 の PM2.5( 直 径 2.5 マイクロメートル の 微 粒 子 中 国 では 正 式 名 称 として 細 顆 粒 物 と 呼 ぶようになっている)の 値 が 急 上 昇 し 改

More information

公営地下鉄の建設資金と収益状況

公営地下鉄の建設資金と収益状況 Economic Report 公 営 地 下 鉄 の 建 設 資 金 と 収 益 状 況 ネットワーク 拡 大 から 収 益 向 上 へ 2012 年 5 月 17 日 全 14 頁 金 融 調 査 部 中 里 幸 聖 [ 要 約 ] わが 国 の 地 下 鉄 は 地 方 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであり 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古

More information

Microsoft Word - 16_2

Microsoft Word - 16_2 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 213 年 8 月 号 ユーロ 圏 中 核 国 に 広 がる 経 済 悪 化 の 影 響 < 要 旨 > 昨 年 9 月 以 降 ユーロ 圏 の 金 融 市 場 は 落 ち 着 いているが 周 縁 国 のみならず 中 核 国 においても 実 体 経 済 の 悪 化 が 長 引 くと 銀 行 の 経 営 状 況 ひいては 金 融 システムの 安 定 性

More information

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯 みずほインサイト 政 策 2015 年 11 月 27 日 地 方 圏 での 戦 略 型 企 業 誘 致 地 場 産 業 と 連 携 した 誘 致 による 自 立 的 発 展 が 有 効 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 上 村 未 緒 03-3591-1336 mio.uemura@mizuho-ri.co.jp 地 方 創 生 の 一 環 として 推 進 される 雇 用 創 出 の 代 表

More information

ベトナム 建 設 省 及 び 政 府 官 房 が 集 計 した 受 注 金 額 データによると 計 上 額 に 偏 在 が 見 ら れるが 全 体 的 な 傾 向 としては 受 注 を 伸 ばしたいという 日 本 の 意 向 に 拘 わらず 特 に 韓 国 に 大 きな 差 をつけられている 状 態

ベトナム 建 設 省 及 び 政 府 官 房 が 集 計 した 受 注 金 額 データによると 計 上 額 に 偏 在 が 見 ら れるが 全 体 的 な 傾 向 としては 受 注 を 伸 ばしたいという 日 本 の 意 向 に 拘 わらず 特 に 韓 国 に 大 きな 差 をつけられている 状 態 建 設 分 野 における 競 合 国 に 関 する 調 査 研 究 概 要 (1) 調 査 研 究 の 目 的 技 術 力 等 の 強 みを 活 かした 海 外 展 開 の 取 組 が 進 められているところ 日 本 の 技 術 力 品 質 信 頼 等 に 関 する 定 評 に 拘 わらず 受 注 に 結 びつかない 状 況 が 生 じている また 人 口 減 少 に 伴 う 日 本 国 内 市 場

More information

産業トピックス

産業トピックス 平 成 2 年 (28 年 )9 月 12 日 ~オリンピック 後 難 度 を 増 す 政 策 運 営 ~ 1. 経 済 動 向 (1)オリンピック 後 の 景 気 後 退 回 避 策 中 国 では 未 だ 実 質 GDP が 二 桁 成 長 ながら 景 気 は 減 速 傾 向 にあり オ リンピックという 節 目 を 経 て 景 気 後 退 に 陥 るのではないかという 危 惧 が 広 がっている

More information

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し 213. 2. 22 ( 第 45 号 -1) 新 設 住 宅 着 工 見 通 し 213. 2. 15 ( 第 44 号 -3) 中 古 住 宅 平 成 25 年 1 月 の 動 向 213.2.22 ( 第 45 号 ) 新 設 住 宅 着 工 戸 数 の 見 通 し 1~12 月 期 GDP1 次 速 報 後 ( 注 ) 前 回 の 予 測 はPromotional i 33 号 (11/22)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63> 特 別 会 計 の 聖 域 なき 改 革 に 向 けて 地 震 再 保 険 特 別 会 計 見 直 しの 新 たな 考 え 方 前 予 算 委 員 会 調 査 室 吉 田 博 光 1.はじめに 平 成 18 年 5 月 26 日 簡 素 で 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するための 行 政 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 行 革 推 進 法 )が 参 議 院 本 会 議 で 可

More information

(3) 人 口 の 減 少 と 地 域 活 力 の 減 退 国 勢 調 査 の 結 果 における 本 村 の 人 口 については 昭 和 30 年 の9,044 人 をピークに その 後 鉱 山 の 閉 山 や 高 度 経 済 成 長 に 起 因 し 過 疎 化 が 急 激 に 進 み 平 成 22

(3) 人 口 の 減 少 と 地 域 活 力 の 減 退 国 勢 調 査 の 結 果 における 本 村 の 人 口 については 昭 和 30 年 の9,044 人 をピークに その 後 鉱 山 の 閉 山 や 高 度 経 済 成 長 に 起 因 し 過 疎 化 が 急 激 に 進 み 平 成 22 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 1 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 山 形 県 最 上 郡 大 蔵 村 2 構 造 改 革 特 別 区 域 の 名 称 心 のふるさと おおくら 観 光 交 流 特 区 3 構 造 改 革 特 別 区 域 の 範 囲 山 形 県 最 上 郡 大 蔵 村 の 全 域 4 構 造 改 革 特 別 区 域 の 特 性 (1)

More information

野村資本市場研究所|個人金融資産動向:2014年第2四半期(PDF)

野村資本市場研究所|個人金融資産動向:2014年第2四半期(PDF) 野 村 資 本 市 場 クォータリー 1 Autumn 個 人 金 融 資 産 動 向 :1 年 第 四 半 期 宮 本 佐 知 子 要 約 1. 日 本 銀 行 1 年 ~ 月 期 資 金 循 環 統 計 によれば 1 年 月 末 の 個 人 金 融 資 産 残 高 は 1, 兆, 億 円 ( 前 期 比 1.3% 増 前 年 比.% 増 )となった 前 年 からの 株 価 上 昇 により 家 計

More information

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 2004 年 10 月 22 日 発 行 来 港 中 国 人 旅 行 者 の 増 加 と 香 港 経 済 本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 E-mail hiroshi.inagaki@mizuho-cb.com 活 気 を 取 り 戻 す 香 港 観 光 セクター 香 港

More information

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」 中 国 における 地 方 財 政 問 題 と 地 方 債 発 行 の 実 行 可 能 性 についての 研 究 李 建 偉 中 国 国 務 院 発 展 研 究 中 心 マクロ 経 済 研 究 部 副 処 長 1. 中 国 の 地 方 財 政 が 直 面 している 主 要 な 問 題 1.1. 分 税 制 改 革 実 施 後 中 央 と 地 方 における 財 政 管 理 権 と 事 務 処 理 権 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC82518253944E93788E968BC68C7689E62E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC82518253944E93788E968BC68C7689E62E646F63> 平 成 24 年 度 事 業 計 画 社 団 法 人 全 国 競 輪 施 行 者 協 議 会 方 針 我 が 国 の 経 済 は 東 日 本 大 震 災 や 世 界 的 金 融 危 機 などの 影 響 を 受 け 未 だに 景 気 回 復 が 見 えない 状 況 が 続 いている 競 輪 業 界 においても 競 輪 の 認 知 度 向 上 新 た な 市 場 創 設 に 向 けた 企 画 立 案 等

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 観 光 の 現 状 と 政 府 の 取 組 平 成 28 年 2 月 17 日 観 光 庁 長 官 田 村 明 比 古 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 万 人 2000 1900 1800 1700 1600 1973.7 万 人 (47.1% 増 ) 12 月 :177.3 万 人 (43.4% 増 ) 11 月 :164.8 万 人 (41.0% 増 ) 10 月 :182.9

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63> 平 成 27 年 度 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 財 政 投 融 資 計 画 の 概 要 平 成 27 年 4 月 中 小 企 業 庁 中 小 企 業 対 策 費 の 予 算 及 び 財 政 投 融 資 計 画 1. 中 小 企 業 対 策 費 27 年 度 予 算 額 ( 注 1) 26 年 度 予 算 額 ( 注 2) 対 前 年 比 政 府 全 体 1,856 億

More information

開 示 制 度 ワーキング グループメンバー くろぬま えつろう 座 長 黒 沼 悦 郎 あ べ やすひさ 阿 部 泰 久 早 稲 田 大 学 大 学 院 法 務 研 究 科 教 授 日 本 経 済 団 体 連 合 会 経 済 基 盤 本 部 長 いしぐろ 石 黒 いしはら 石 原 うえやなぎ 上

開 示 制 度 ワーキング グループメンバー くろぬま えつろう 座 長 黒 沼 悦 郎 あ べ やすひさ 阿 部 泰 久 早 稲 田 大 学 大 学 院 法 務 研 究 科 教 授 日 本 経 済 団 体 連 合 会 経 済 基 盤 本 部 長 いしぐろ 石 黒 いしはら 石 原 うえやなぎ 上 金 融 庁 開 示 制 度 ワーキング グループ 報 告 ~ 英 文 開 示 の 範 囲 拡 大 について ~ 平 成 22 年 12 月 17 日 開 示 制 度 ワーキング グループメンバー くろぬま えつろう 座 長 黒 沼 悦 郎 あ べ やすひさ 阿 部 泰 久 早 稲 田 大 学 大 学 院 法 務 研 究 科 教 授 日 本 経 済 団 体 連 合 会 経 済 基 盤 本 部 長 いしぐろ

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

EU離脱で危機に瀕するロンドン国際金融センター

EU離脱で危機に瀕するロンドン国際金融センター 2016 年 6 月 30 日 経 済 レポート EU 離 脱 で 危 機 に 瀕 するロンドン 国 際 金 融 センター ~7 万 人 の 雇 用 が 英 国 から 移 転 し バーゼル 規 制 の 行 方 にも 影 響 か~ 調 査 部 主 席 研 究 員 廉 了 英 国 (ロンドン)は 米 国 (ニューヨーク)と 並 び 金 融 取 引 を 多 く 抱 える 国 際 金 融 センターとして 圧

More information

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか?

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか? 日 本 経 済 予 測 Monthly 216 年 6 月 21 日 全 頁 日 本 経 済 見 通 し: 何 故 個 人 消 費 は 低 迷 して いるのか? 国 内 要 因 が 景 気 下 支 え 役 となるが 海 外 発 の 景 気 下 振 れリスクは 残 存 エコノミック インテリジェンス チーム 執 行 役 員 チーフエコノミスト 熊 谷 亮 丸 シニアエコノミスト 長 内 智 エコノミスト

More information

Microsoft Word - 20160407 経済 インド・利下げ.docx

Microsoft Word - 20160407 経済 インド・利下げ.docx グローバル マクロ トピックス 01/ /7 投 資 情 報 部 シニアエコノミスト 折 原 豊 水 インド 中 銀 は 利 下 げ 実 施 底 堅 いルピー インド 準 備 銀 行 は 月 会 合 で 政 策 金 利 (レポ)を0.% 引 き 下 げ.0%に 事 前 の 市 場 予 想 通 りの 結 果 利 下 げの 理 由 として 物 価 見 通 しの 安 定 や 投 資 等 の 弱 含 み 1

More information

YACレポート2013.indd

YACレポート2013.indd 税 務 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について YAC 税 理 士 法 人 シニアマネージャー 山 田 晴 康 ( 公 認 会 計 士 ) 自 民 公 明 両 党 は 1 月 24 日 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 を 決 定 しました 今 回 の 税 制 改 正 では 安 倍 政 権 が 掲 げるデフレ 脱 却 と 景 気 浮 揚 を 税 制 面 から 後 押 しするため

More information

合 は 減 少 しましたが 過 半 数 以 上 が 米 国 へ 期 待 しています 日 本 への 期 待 は 以 前 よりも 高 まっ ており 前 回 調 査 時 の 2 倍 以 上 となりました 中 国 ( 香 港 )の 個 人 投 資 家 は アジア( 日 本 を 除 く)への 期 待 が 最

合 は 減 少 しましたが 過 半 数 以 上 が 米 国 へ 期 待 しています 日 本 への 期 待 は 以 前 よりも 高 まっ ており 前 回 調 査 時 の 2 倍 以 上 となりました 中 国 ( 香 港 )の 個 人 投 資 家 は アジア( 日 本 を 除 く)への 期 待 が 最 平 成 26 年 6 月 30 日 各 位 マネックス 証 券 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 CEO 松 本 大 TradeStation Securities, Inc. William Cahill, President and COO Monex Boom Securities (H.K.) Limited Nick Tang, COO 第 13 回 MONEX グローバル 投

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

Ⅱ. 本 報 告 書 の 概 要 企 業 再 生 債 権 管 理 ニュースレター 1. 本 報 告 書 において 検 討 された 3 つの 制 度 モデル 本 検 討 会 においては 商 取 引 債 権 者 も 債 権 カット 対 象 となることにより 事 業 価 値 維 持 が 困 難 となるとい

Ⅱ. 本 報 告 書 の 概 要 企 業 再 生 債 権 管 理 ニュースレター 1. 本 報 告 書 において 検 討 された 3 つの 制 度 モデル 本 検 討 会 においては 商 取 引 債 権 者 も 債 権 カット 対 象 となることにより 事 業 価 値 維 持 が 困 難 となるとい 2015 年 9 月 号 事 業 再 生 ADR への 多 数 決 原 理 導 入 に 向 けた 動 き ~ 本 年 3 月 の 有 識 者 検 討 会 報 告 書 について~ Ⅰ. はじめに Ⅱ. 本 報 告 書 の 概 要 Ⅲ. 今 後 の 課 題 と 展 望 森 濱 田 松 本 法 律 事 務 所 弁 護 士 山 崎 良 太 TEL 03 5223 7790 ryota.yamasaki@mhmjapan.com

More information

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進 第 2 節 安 定 成 長 を 模 索 する 中 国 経 済 中 国 経 済 が 大 規 模 な 景 気 刺 激 策 に 頼 ることなく 自 律 的 かつ 安 定 的 な 成 長 を 実 現 するた めには 過 剰 投 資 過 剰 生 産 過 剰 信 用 の 調 整 と 投 資 から 消 費 への 移 行 を 進 めるとと もに 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 問 題 に 対 処

More information

要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超 えて おり 無 年 金 者 を 含 む 低 年

要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超 えて おり 無 年 金 者 を 含 む 低 年 2009 年 5 月 18 日 発 行 増 加 が 見 込 まれる 低 年 金 者 ~ 早 急 な 実 施 が 求 められる 低 年 金 対 策 ~ 要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

東京三菱 中国情報月報 12月号

東京三菱 中国情報月報 12月号 BTMU CHINA WEEKLY JULY 13TH 2016 WEEKLY DIGEST 経 済 6 月 の CPI 前 年 同 月 比 +1.9% 前 月 比 0.1 ポイント 鈍 化 GDP 算 出 方 法 の 改 定 研 究 開 発 費 用 を 固 定 資 本 に 計 上 産 業 2015 年 ネットショッピング 利 用 者 数 前 年 比 +14.3%の 4 億 1,300 万 人 金

More information

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ①

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ① 第 228 回 メディア フォーラム 中 国 人 訪 日 旅 行 者 の 実 態 とニーズ1 - 統 計 等 からみた 概 況 - 2015 年 10 月 29 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 社 会 システムコンサルティング 部 産 業 インフラグループ グループマネージャー 岡 村 篤 100-0005 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-6-5 丸 の 内 北 口 ビル

More information

税制改革について

税制改革について 税 制 改 革 について 平 成 20 年 5 月 20 日 伊 藤 隆 敏 丹 羽 宇 一 郎 御 手 洗 冨 士 夫 八 代 尚 宏 税 制 は 国 民 生 活 や 経 済 社 会 にとって 極 めて 重 要 な 制 度 インフラであ り 21 世 紀 の 我 が 国 にふさわしい 税 体 系 の 再 構 築 は 喫 緊 の 課 題 となっ ている 国 民 の 視 点 に 立 った 分 かりやすい

More information

MONEX個人投資家サーベイ 2015年1月調査

MONEX個人投資家サーベイ 2015年1月調査 MONEX 個 人 投 資 家 サーベイ 2015 年 1 月 調 査 個 人 投 資 家 の 皆 様 の 相 場 環 境 等 に 対 する 意 識 調 査 のため 2015 年 1 月 16 日 ~1 月 19 日 にマネ ックス 証 券 に 口 座 をお 持 ちのお 客 様 向 けにアンケートを 実 施 しました ご 回 答 くださった 皆 様 には ご 協 力 に 感 謝 いたします 誠 にありがとうございました

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

Microsoft Word - AMT Capital Markets Legal Update _February 2013_.doc

Microsoft Word - AMT Capital Markets Legal Update _February 2013_.doc CAPITAL MARKETS LEGAL UPDATE 2013 年 2 月 C ONTENTS 1 見 直 しの 背 景 2 資 金 調 達 資 本 政 策 手 段 の 多 様 化 3 ガバナンスの 向 上 に 向 けた 仕 組 みの 導 入 4 インサイダー 取 引 規 制 の 導 入 5 その 他 の 提 言 6 改 正 時 期 投 資 法 人 法 制 の 見 直 しの 動 向 弁 護 士

More information

平成25年版厚生労働白書 若者の現状と課題

平成25年版厚生労働白書 若者の現状と課題 平 成 25 年 版 厚 生 労 働 白 書 若 者 の 意 識 を 探 る 概 要 厚 生 労 働 省 平 成 25 年 版 厚 生 労 働 白 書 の 全 体 像 第 1 部 (テーマ 編 ) 若 者 の 意 識 を 探 る 若 者 を 取 り 巻 く 社 会 経 済 の 現 状 と 変 化 を 踏 まえ 若 者 の 意 識 やライフコースにおける 様 々な 課 題 について 分 析 併 せて

More information

裁判所での法律相談センター広報について

裁判所での法律相談センター広報について 法 曹 人 口 問 題 に 関 する 各 会 員 の 現 状 及 び 意 見 等 の 調 査 回 答 受 付 期 間 平 成 22 年 1 月 14 日 ~4 月 28 日 回 答 数 173 名 総 会 員 数 ( 平 成 22 年 4 月 30 日 時 点 ) 486 名 回 答 率 35.59% 資 料 1 アンケート 結 果 についての 分 析 2 アンケート 結 果 (グラフによる 集 計

More information

欧州に学ぶマイナス金利の経済への影響

欧州に学ぶマイナス金利の経済への影響 経 済 分 析 レポート 年 月 日 全 頁 欧 州 に 学 ぶ 金 利 の 経 済 への 影 響 日 銀 による 金 利 導 入 の 影 響 をどう 捉 えるか? エコノミック インテリジェンス チーム エコノミスト 岡 本 佳 佑 [ 要 約 ] 月 9 日 日 本 銀 行 が 金 利 付 き 量 的 質 的 金 融 緩 和 の 導 入 を 決 定 した 世 界 を 見 渡 せば 金 利 を 導

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

需給とも好調なホテルマーケットの見通し

需給とも好調なホテルマーケットの見通し 需 給 とも 好 調 なホテルマーケットの 見 通 し 投 資 調 査 第 1 部 客 員 研 究 員 岡 村 七 月 今 ホテルマーケットが 熱 い 日 本 人 の 国 内 旅 行 需 要 が 消 費 税 率 の 引 き 上 げの 影 響 による 落 ち 込 みから 回 復 する 中 外 国 人 観 光 客 が 過 去 に 例 を 見 ない 勢 いで 増 加 し 東 京 や 大 阪 では 曜 日

More information

北海道の観光における課題等について20140110

北海道の観光における課題等について20140110 2014 年 1 月 10 日 日 本 銀 行 札 幌 支 店 北 海 道 金 融 経 済 レポート 北 海 道 の 観 光 における 課 題 等 について 本 レポートの 執 筆 は 札 幌 支 店 営 業 課 金 森 渉 が 担 当 しました 本 レポートで 示 された 意 見 は 執 筆 者 に 属 し 必 ずしも 日 本 銀 行 札 幌 支 店 の 見 解 を 示 すものではありません 照

More information

証 券 取 引 所 の 規 則 によって 上 場 会 社 には1 名 以 上 の 独 立 役 員 ( 一 般 株 主 と 利 益 相 反 が 生 じる 恐 れのない 社 外 取 締 役 または 社 外 監 査 役 をい う)を 確 保 することが 要 求 されている このよう な 一 連 の 改 正

証 券 取 引 所 の 規 則 によって 上 場 会 社 には1 名 以 上 の 独 立 役 員 ( 一 般 株 主 と 利 益 相 反 が 生 じる 恐 れのない 社 外 取 締 役 または 社 外 監 査 役 をい う)を 確 保 することが 要 求 されている このよう な 一 連 の 改 正 コーポレート ガバナンスの 発 展 に 向 けて 非 業 務 執 行 役 員 に 関 する 議 論 を 中 心 に わが 国 のコーポレート ガバナンスについては 近 年 会 社 法 金 融 商 品 取 引 法 証 券 取 引 所 規 則 による 規 律 強 化 がはかられてきているが 最 近 も 不 祥 事 事 案 があり 海 外 投 資 家 の 一 部 に 存 在 する 根 強 い 不 信 感

More information

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額 リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 社 団 法 人 日 本 貿 易 会 調 査 グループ 米 国 での 金 融 不 安 の 発 生 とそれに 拍 車 を 掛 けた 年 9 月 のリーマンショックから1 年 が 経 過 した 米 国 経 済 の 急 速 な 景 気 後 退 は 米 国 と 相 互 依 存 関 係 を 深 める 世 界 各 国 の 実 体 経 済 にも 波 及 し 世 界 貿 易

More information

野村資本市場研究所|個人金融資産動向:2013年第3四半期(PDF)

野村資本市場研究所|個人金融資産動向:2013年第3四半期(PDF) 個 人 金 融 資 産 動 向 :13 年 第 3 四 半 期 宮 本 佐 知 子 要 約 1. 日 本 銀 行 13 年 7~9 月 期 資 金 循 環 統 計 によれば 13 年 9 月 末 の 個 人 金 融 資 産 残 高 は 1,59 兆 1,55 億 円 ( 前 期 比.% 増 前 年 比 5.9% 増 )となった 株 価 上 昇 により 家 計 が 保 有 する 株 式 や 投 資 信

More information

政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 大 嶋 寧 子 3-39-38 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が

政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 大 嶋 寧 子 3-39-38 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が みずほリポート 年 6 月 日 無 貯 蓄 低 貯 蓄 世 帯 の 増 加 と 働 き 方 を 巡 る 問 題 本 稿 では 貯 蓄 残 高 がゼロまたは 少 ない 無 貯 蓄 低 貯 蓄 世 帯 の 増 加 に 焦 点 をあて 働 き 方 との 関 わりや 無 貯 蓄 低 貯 蓄 克 服 の 手 段 としての 共 働 きの 有 効 性 を 考 察 した 働 き 方 との 関 わりを 見 ると 勤

More information

企業の利益分配から見た賃金・設備投資の先行き

企業の利益分配から見た賃金・設備投資の先行き 経 済 分 析 レポート 215 年 8 月 11 日 全 7 頁 企 業 の 利 益 分 配 から 見 た 賃 金 設 備 投 資 の 先 行 き が 設 備 投 資 のけん 引 役 に 小 林 俊 介 久 後 翔 太 郎 橋 本 政 彦 [ 要 約 ] 足 下 の 日 本 経 済 はこれまでの 拡 大 傾 向 が 一 服 しているが 企 業 収 益 は 極 めて 高 い 水 準 で の 推 移

More information

4 月 2 日 例 の 記 事 が 出 た 日 です ある 空 港 では 大 変 だったそうです A 大 学 別 科 ( 実 際 は 実 名 )のベトナム 人 留 学 生 百 数 十 名 とB 日 本 語 学 校 ( 同 )のベ トナム 人 留 学 生 7 80 人 が1 階 の 出 口 でひしめき

4 月 2 日 例 の 記 事 が 出 た 日 です ある 空 港 では 大 変 だったそうです A 大 学 別 科 ( 実 際 は 実 名 )のベトナム 人 留 学 生 百 数 十 名 とB 日 本 語 学 校 ( 同 )のベ トナム 人 留 学 生 7 80 人 が1 階 の 出 口 でひしめき 留 学 生 通 信 53 号 一 般 社 団 法 人 全 国 日 本 語 学 校 連 合 会 2015 年 4 月 8 日 慎 重 さ 求 められる 日 本 語 学 校 設 置 基 準 の 緩 和 文 部 科 学 省 法 務 省 とも 基 準 緩 和 を 否 定 官 民 協 力 してこそ 留 学 生 30 万 人 計 画 は 立 派 に 達 成 できる 波 紋 呼 んだ 産 経 新 聞 の 一 本

More information

とを 目 的 として 政 府 が 資 金 サポートし MASが 管 理 している 金 融 セクター 発 展 ファンド(FSDF)の 下 に 金 融 セクター 人 材 転 換 制 度 というプログ ラムを 導 入 し 官 民 一 体 となって 人 材 育 成 を 進 めてきた 3 金 融 人 材 の

とを 目 的 として 政 府 が 資 金 サポートし MASが 管 理 している 金 融 セクター 発 展 ファンド(FSDF)の 下 に 金 融 セクター 人 材 転 換 制 度 というプログ ラムを 導 入 し 官 民 一 体 となって 人 材 育 成 を 進 めてきた 3 金 融 人 材 の 第 3 回 資 産 運 用 等 に 関 するワーキング グループ 議 事 要 旨 日 時 平 成 27 年 12 月 24 日 ( 木 ) 午 後 1 時 30 分 ~3 時 30 分 場 所 日 本 証 券 業 協 会 第 1 会 議 室 ( 東 京 証 券 会 館 5 階 ) 出 席 者 大 崎 主 査 ほか 各 委 員 議 事 概 要 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 安 定 的 な 資

More information

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって 平 成 16 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 は じ め に わが 国 経 済 の 喫 緊 の 課 題 は デフレの 克 服 内 需 拡 大 特 に GDPの6 割 を 占 める 個 人 消 費 を 中 心 とした 民 間 需 要 の 回 復 にある 税 制 の 見 直 しは これらの 課 題 を 解 決 するうえで 多 くの 企 業 を 活 性 化 さ せ また 個 人 の 消

More information

Microsoft Word - 第28回国日協報告最終版130905.doc

Microsoft Word - 第28回国日協報告最終版130905.doc 第 28 回 国 立 大 学 日 本 語 教 育 研 究 協 議 会 報 告 2013 年 5 月 24 日 ( 金 )に 第 28 回 国 立 大 学 日 本 語 教 育 研 究 協 議 会 が 東 京 海 洋 大 学 で 開 催 されました 当 日 の 協 議 会 について 情 報 共 有 セッション 分 科 会 総 合 討 議 を 中 心 にご 報 告 します 1. 日 時 :2013 年 5

More information

ル マレーシア インドネシア タイの 銀 行 で 占 められています ベトナムの 上 場 銀 行 は ベトコムバ ンク(VCB)が 27 位 ベトインバンク(CTG)が 28 位 以 下 44 位 から 47 位 に エクシムバンク(EIB) サコムバンク(STB) アジア 商 業 銀 行 (ACB

ル マレーシア インドネシア タイの 銀 行 で 占 められています ベトナムの 上 場 銀 行 は ベトコムバ ンク(VCB)が 27 位 ベトインバンク(CTG)が 28 位 以 下 44 位 から 47 位 に エクシムバンク(EIB) サコムバンク(STB) アジア 商 業 銀 行 (ACB アセアン 域 内 の 主 要 な 上 場 銀 行 の 時 価 総 額 ランキング 再 編 が 遅 れているベトナムの 銀 行 セクターのアセアン 域 内 での 位 置 付 け- 下 の 2 つのリストは アセアン 主 要 6 ヶ 国 の 証 券 取 引 所 に 上 場 している 上 場 銀 行 の 時 価 総 額 ランキン グとアセアン 諸 国 以 外 のアジア 主 要 国 の 上 場 銀 行 の

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817993FA967B8CEA81698DC48DB791D694C5816A817A8A6D92E85F8DE096B18FC85F93FA8FD88BA6835A837E8369815B8E9197BF>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817993FA967B8CEA81698DC48DB791D694C5816A817A8A6D92E85F8DE096B18FC85F93FA8FD88BA6835A837E8369815B8E9197BF> 日 本 国 債 市 場 と 国 債 管 理 政 策 2012 年 10 月 12 日 ( 金 ) 財 務 省 大 臣 官 房 審 議 官 ( 理 財 局 担 当 ) 美 並 義 人 JGB 発 行 残 高 の 推 移 1990 年 代 の 公 共 事 業 費 の 増 加 近 年 の 社 会 保 障 費 の 増 加 による 歳 出 増 景 気 悪 化 や 減 税 による 税 収 減 により 国 の 債

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート 2014 年 度 新 車 販 売 の 行 方 発 表 日 :2014 年 1 月 24 日 ( 金 ) ~ 車 体 課 税 の 見 直 しの 効 果 はいかに?~ ( 要 旨 ) 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 エコノミスト 大 塚 崇 広 TEL:03-5221-4525 昨 年 12 月 に 平 成

More information

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 項 目 平 成 28 年 8 月 金 融 庁 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 金 融 所 得

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

野村資本市場研究所|中国の社会保険法(草案)の公表と公的年金制度改革(PDF)

野村資本市場研究所|中国の社会保険法(草案)の公表と公的年金制度改革(PDF) 特 集 ファイナンシャル セーフティネット: 人 口 高 齢 化 への 対 応 1 中 国 の 社 会 保 険 法 ( 草 案 )の 公 表 と 公 的 年 金 制 度 改 革 関 根 栄 一 要 約 1. 中 国 の 社 会 保 険 は 基 本 養 老 保 険 ( 日 本 の 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 に 相 当 ) 医 療 保 険 労 災 保 険 失 業 保 険 出 産 保 険 の

More information

労働市場から消えた25~44歳男性

労働市場から消えた25~44歳男性 経 済 社 会 構 造 分 析 レポート 経 済 構 造 分 析 レポート No.43 労 働 市 場 から 消 えた 25~44 歳 男 性 地 域 間 で 広 がる 格 差 抱 える 問 題 はそれぞれ 異 なる 2016 年 4 月 8 日 全 16 頁 経 済 調 査 部 研 究 員 山 口 茜 [ 要 約 ] 25~44 歳 女 性 就 業 率 は この 30 年 間 で 上 昇 傾 向

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション カンボジア 投 資 セミナー( 日 本 アセアンセンター 駐 日 カンボジア 王 国 大 使 館 主 催 ) カンボジアでのビジネスの 可 能 性 ~カンボジアへの 投 資 促 進 に 関 する 調 査 結 果 を 踏 まえて~ 2006 年 11 月 15 日 : 名 古 屋 11 月 17 日 : 東 京 JICAカンボジア 国 経 済 政 策 支 援 調 査 団 1 目 次 1. 調 査 の

More information

もはや 大 阪 市 を 含 めた 大 阪 全 域 において 将 来 的 に 発 展 持 続 可 能 な 統 治 機 構 の 改 革 を 実 現 することが 不 可 欠 である つまり 経 済 発 展 や 産 業 インフラ 等 の 広 域 業 務 については 大 阪 都 に 住 民 に 優 しい サー

もはや 大 阪 市 を 含 めた 大 阪 全 域 において 将 来 的 に 発 展 持 続 可 能 な 統 治 機 構 の 改 革 を 実 現 することが 不 可 欠 である つまり 経 済 発 展 や 産 業 インフラ 等 の 広 域 業 務 については 大 阪 都 に 住 民 に 優 しい サー 大 阪 市 長 選 マニフェスト 素 案 1. 大 阪 市 の 現 状 大 阪 市 は 市 民 の 最 貧 困 化 が 進 んでいる 大 阪 市 における 年 収 200 万 円 以 下 の 世 帯 は 約 4 分 の1を 占 め(32 万 8 千 世 帯 : 全 世 帯 数 126 万 世 帯 ) 名 古 屋 市 :14 万 5 千 世 帯 ( 全 世 帯 数 96 万 5000 世 帯 ) 横

More information

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他 インフラ 長 寿 命 化 基 本 計 画 平 成 25 年 11 月 インフラ 老 朽 化 対 策 の 推 進 に 関 する 関 係 省 庁 連 絡 会 議 目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割

More information

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 には 解 雇 などの 在 職 者 に 対 する 雇 用 調 整 ではなく 所 定 外 労 働 時 間 の 削 減 とともに 新 規 採 用 をは じめとする 入 職 抑 制 を 選 択 する 傾 向 にあり この 傾 向 は 基 本 的 には 変 わっていないと 考 えられる こ のため バブル 崩

More information

はじめに 安 倍 政 権 が 推 進 しているアベノミクスは 第 一 の 矢 である 大 胆 な 金 融 政 策 と 第 二 の 矢 である 機 動 的 な 財 政 政 策 で 景 気 を 浮 揚 させつつデフレからの 脱 却 を 果 たし 第 三 の 矢 である 民 間 投 資 を 喚 起 する

はじめに 安 倍 政 権 が 推 進 しているアベノミクスは 第 一 の 矢 である 大 胆 な 金 融 政 策 と 第 二 の 矢 である 機 動 的 な 財 政 政 策 で 景 気 を 浮 揚 させつつデフレからの 脱 却 を 果 たし 第 三 の 矢 である 民 間 投 資 を 喚 起 する 平 成 27 年 (215 年 )6 月 3 日 NO.215-6 成 長 力 の 底 上 げに 向 け 前 向 きな 変 化 が 現 れてきた 企 業 行 動 要 旨 企 業 行 動 の 前 向 きな 変 化 の 背 景 には 経 常 利 益 が 過 去 最 高 を 更 新 するなど 円 安 基 調 の 定 着 を 受 けた 収 益 環 境 の 全 般 的 な 改 善 がある 円 安 基 調 の

More information

Microsoft Word - 文書 2

Microsoft Word - 文書 2 中 国 進 出 外 資 企 業 の 選 択 肢 - 人 件 費 上 昇 への 対 応 ( 大 和 総 研 常 務 理 事 金 森 俊 樹 ) 1990 年 代 から 日 系 企 業 も 含 め 多 くの 外 資 企 業 が 無 尽 蔵 とも 思 われた 安 価 な 労 働 力 を 求 め 沿 海 部 を 中 心 に 積 極 的 に 中 国 に 進 出 してきた 外 資 企 業 の 進 出 は 特 に

More information

アベノミクス: 背 景 90 年 代 バブル 崩 壊 と 日 本 経 済 の 構 造 転 換 経 済 成 熟 化 少 子 高 齢 化 長 期 停 滞 デフレ 最 後 の 日 本 型 ケインズ 主 義 ( 赤 字 財 政 と 公 共 事 業 ) 失 敗 と 遺 産 ( 国 債 発 行 残 高 の 激

アベノミクス: 背 景 90 年 代 バブル 崩 壊 と 日 本 経 済 の 構 造 転 換 経 済 成 熟 化 少 子 高 齢 化 長 期 停 滞 デフレ 最 後 の 日 本 型 ケインズ 主 義 ( 赤 字 財 政 と 公 共 事 業 ) 失 敗 と 遺 産 ( 国 債 発 行 残 高 の 激 アベノミクスと 雇 用 改 革 竹 田 茂 夫 法 政 大 学 経 済 学 部 2013 11.16 アベノミクス 雇 用 改 革 背 景 政 策 理 念 背 景 労 働 法 制 をめぐる 対 立 1 アベノミクス: 背 景 90 年 代 バブル 崩 壊 と 日 本 経 済 の 構 造 転 換 経 済 成 熟 化 少 子 高 齢 化 長 期 停 滞 デフレ 最 後 の 日 本 型 ケインズ 主 義

More information

海外レースの馬券発売をめぐる課題

海外レースの馬券発売をめぐる課題 海 外 レースの 馬 券 発 売 をめぐる 課 題 競 馬 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 農 林 水 産 委 員 会 調 査 室 高 橋 陽 子 はじめに 競 馬 の 国 際 化 の 進 展 等 最 近 の 競 馬 をめぐる 情 勢 の 変 化 に 鑑 み 海 外 で 実 施 される 特 定 の 競 馬 の 競 走 について 日 本 中 央 競 馬 会 等 が 勝 馬 投 票

More information

平成14年度

平成14年度 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 一 般 社 団 法 人 愛 媛 県 法 人 会 連 合 会 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 目 的 は 大 きく2つある 1つは 社 会 保 障 の 機 能 強 化 で あり もう1つは 財 政 の 健 全 化 である 一 見 すると 相 反 する 目 的 のようにも 見

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション リテール 証 券 2015 年 度 決 算 の 動 向 ~ 変 わる 金 融 商 品 販 売 平 成 28 年 5 月 27 日 0 2015 年 度 決 算 の 特 徴 リテール 証 券 会 社 の2015 年 度 決 算 は 株 式 市 場 の 下 落 を 受 けて 全 体 的 には 低 調 となった 主 要 21 社 ベースでみ ると 純 営 業 収 益 合 計 は1.92 兆 円 と 前 年

More information

季 刊 中 国 資 本 市 場 研 究 2009 Spring 別 に 制 度 化 されそれぞれ 別 の 基 金 として 積 み 立 てられ 管 理 されてきていた しかしながら これ らの 社 会 保 険 を 統 一 的 かつ 整 合 的 に 律 する 全 国 レベルの 法 令 はこれまでは 存

季 刊 中 国 資 本 市 場 研 究 2009 Spring 別 に 制 度 化 されそれぞれ 別 の 基 金 として 積 み 立 てられ 管 理 されてきていた しかしながら これ らの 社 会 保 険 を 統 一 的 かつ 整 合 的 に 律 する 全 国 レベルの 法 令 はこれまでは 存 Chinese Capital Markets Research 中 国 の 社 会 保 険 法 ( 草 案 )の 公 表 と 公 的 年 金 制 度 改 革 関 根 栄 一 1. 中 国 の 社 会 保 険 は 基 本 養 老 保 険 ( 日 本 の 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 に 相 当 ) 医 療 保 険 労 災 保 険 失 業 保 険 出 産 保 険 の 五 つから 構 成 されているが

More information

平 成 26 年 6 月 27 日 ユニチカ 株 式 会 社 の 事 業 再 編 計 画 のポイント ユニチカ 株 式 会 社 は 7 月 31 日 に 主 要 取 引 金 融 機 関 及 びファンドを 引 受 先 と する 第 三 者 割 当 増 資 を 実 施 する 外 部 出 資 による 成

平 成 26 年 6 月 27 日 ユニチカ 株 式 会 社 の 事 業 再 編 計 画 のポイント ユニチカ 株 式 会 社 は 7 月 31 日 に 主 要 取 引 金 融 機 関 及 びファンドを 引 受 先 と する 第 三 者 割 当 増 資 を 実 施 する 外 部 出 資 による 成 平 成 26 年 6 月 27 日 ユニチカ 株 式 会 社 の 産 業 競 争 力 強 化 法 に 基 づく 事 業 再 編 計 画 を 認 定 しました 経 済 産 業 省 は 本 日 ユニチカ 株 式 会 社 から 提 出 された 産 業 競 争 力 強 化 法 に 基 づく 事 業 再 編 計 画 を 認 定 しました 外 部 出 資 による 成 長 投 資 資 金 の 確 保 と 事 業

More information

国 際 観 光 振 興 の 中 で MICE 誘 致 の 役 割 が 明 確 に MICEの 誘 致 の 割 合 は 都 道 府 県 と 政 令 指 定 都 市 とでは 大 きな 差 がみられる また 2010 年 度 調 査 ( )と 比 較 すると 都 道 府 県 の MICEの 誘 致 は 微

国 際 観 光 振 興 の 中 で MICE 誘 致 の 役 割 が 明 確 に MICEの 誘 致 の 割 合 は 都 道 府 県 と 政 令 指 定 都 市 とでは 大 きな 差 がみられる また 2010 年 度 調 査 ( )と 比 較 すると 都 道 府 県 の MICEの 誘 致 は 微 News Release 2014 年 12 月 5 日 都 道 府 県 及 び 政 令 指 定 都 市 の 観 光 政 策 に 関 するアンケート 調 査 公 益 財 団 法 人 日 本 交 通 公 社 横 浜 商 科 大 学 高 崎 経 済 大 学 株 式 会 社 JTB 総 合 研 究 所 は 共 同 研 究 により 都 道 府 県 及 び 政 令 指 定 都 市 における 観 光 の 位 置

More information

1. 官 業 時 代 の 簡 保 事 業 に 対 する 問 題 認 識 簡 易 生 命 保 険 と 民 間 生 保 との 競 争 条 件 の 不 整 合 国 営 事 業 として 一 定 の 事 業 制 限 のもと 民 間 と 競 合 することなく 民 業 を 補 完 する 目 的 (*1)で 事 業

1. 官 業 時 代 の 簡 保 事 業 に 対 する 問 題 認 識 簡 易 生 命 保 険 と 民 間 生 保 との 競 争 条 件 の 不 整 合 国 営 事 業 として 一 定 の 事 業 制 限 のもと 民 間 と 競 合 することなく 民 業 を 補 完 する 目 的 (*1)で 事 業 郵 政 改 革 推 進 室 ヒアリング 資 料 平 成 21 年 12 月 11 日 生 命 保 険 協 会 1. 官 業 時 代 の 簡 保 事 業 に 対 する 問 題 認 識 簡 易 生 命 保 険 と 民 間 生 保 との 競 争 条 件 の 不 整 合 国 営 事 業 として 一 定 の 事 業 制 限 のもと 民 間 と 競 合 することなく 民 業 を 補 完 する 目 的 (*1)で

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に 総 務 文 教 常 任 委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 7 月 17 日 焼 津 市 議 会 議 長 石 田 昭 夫 様 総 務 文 教 常 任 委 員 会 報 告 者 池 谷 和 正 下 記 の 通 り 視 察 調 査 を 行 いましたので 概 要 につきましてご 報 告 致 します 1 期 間 : 平 成 25 年 5 月 14 日 ( 火 )~15 日 ( 水 ) 2

More information

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し わが 国 製 造 業 企 業 の 海 外 事 業 展 開 に 関 する 調 査 報 告 -2013 年 度 海 外 直 接 投 資 アンケート 結 果 ( 第 25 回 )- 2013 年 11 月 国 際 協 力 銀 行 業 務 企 画 室 調 査 課 本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

ています :( : 57.7% 欧 州 ( 英 国 ): 8.2% アジア( を 除 く): 12.7% : 21.4%) :( : 69.1% 欧 州 ( 英 国 ): 14.0% アジア( を 除 く): 11.0% : 5.9%) 中 国 ( ):( : 59.1% 欧 州 ( 英 国 ):

ています :( : 57.7% 欧 州 ( 英 国 ): 8.2% アジア( を 除 く): 12.7% : 21.4%) :( : 69.1% 欧 州 ( 英 国 ): 14.0% アジア( を 除 く): 11.0% : 5.9%) 中 国 ( ):( : 59.1% 欧 州 ( 英 国 ): 平 成 28 年 6 月 15 日 各 位 マネックス 証 券 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 勝 屋 敏 彦 TradeStation Securities, Inc. John Bartleman, President Monex Boom Securities (H.K.) Limited Nick Tang, COO 第 21 回 MONEX グローバル 個 人 投 資 家 サーベイ

More information

次世代RTGS第1期対応実施後の決済動向

次世代RTGS第1期対応実施後の決済動向 9-J- 次 世 代 RTGS 第 期 対 応 実 施 後 の 決 済 動 向 決 済 機 構 局 9 年 5 月 日 本 銀 行 は 8 年 月 に 次 世 代 RTGS 第 期 対 応 を 実 施 した この 間 わが 国 の 金 融 環 境 は 厳 しい 状 態 が 続 いているが そうした 中 にあっても 第 期 対 応 実 施 後 の 日 本 銀 行 金 融 ネットワークシステムは 順 調

More information

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04 HR News Letter 2011 年 4 月 号 平 澤 国 際 社 労 士 事 務 所 東 京 都 港 区 芝 大 門 1-3-5 山 田 ビル 3 階 TEL 03-5402-8491 http://www.jp-hrpayroll.com/ ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

2009年度中の全国信用金庫主要勘定増減状況

2009年度中の全国信用金庫主要勘定増減状況 2009 年 度 中 の 全 国 信 用 金 庫 主 要 勘 定 増 減 状 況 ( 速 報 ) 貸 出 金 増 加 に 伴 い 預 貸 率 も 上 昇 へ (2009 年 5 月 13 日 ) S C B SHINKIN SHINKIN CENTRAL CENTRAL BANK BANK 海 外 経 金 済 融 調 査 レポート 情 報 No.11 27-30 (2016.2.9) 2000.10

More information

日興アセットマネジメントがお伝えしたいこと

日興アセットマネジメントがお伝えしたいこと 2008.2 日 興 AMファンドアカデミー ベーシック 改 めて 今 分 配 金 について 日 興 アセットマネジメントが お 伝 えしたいこと? お 客 様 から 分 配 金 は 下 がるのか? あと 何 カ 月 くらい 今 の 分 配 金 が 続 けられるのか? というお 問 い 合 わせを 受 けることが 多 くなってきました それに 対 して 明 確 なお 返 事 やお 約 束 をすることはできません

More information

第 2 章 アジア 内 需 とともに 成 長 する 我 が 国 持 続 的 成 長 実 現 に 向 けたアジア 太 平 洋 の 枠 組 み 第 2-3-4-2 図 主 要 国 地 域 の 家 計 貯 蓄 率 の 推 計 2-3-4-2 72.5 71.4 17.2 5.7 2-3-4-3 Maste

第 2 章 アジア 内 需 とともに 成 長 する 我 が 国 持 続 的 成 長 実 現 に 向 けたアジア 太 平 洋 の 枠 組 み 第 2-3-4-2 図 主 要 国 地 域 の 家 計 貯 蓄 率 の 推 計 2-3-4-2 72.5 71.4 17.2 5.7 2-3-4-3 Maste アジア 消 費 市 場 の 拡 大 良 質 な 市 場 へ 向 けて 第 3 節 第 2-3-3-4 図 中 国 におけるB to C 電 子 商 取 引 市 場 の 推 移 第 2-3-3-6 表 最 近 のネットビジネス 分 野 の 日 系 企 業 海 外 進 出 事 例 ( 株 )ファーストリティリング 2009 年 4 月 中 国 でネット 通 販 大 手 アリババと 提 携 SBIベリトランス(

More information

図 4-4 国 内 債 残 高 /GDP 比 率 の 推 移 資 料 :BIS(2007) World Bank(2007)により 筆 者 作 成 図 4-5 国 債 残 高 /GDP 比 率 の 推 移 資 料 :BIS(2007) World Bank(2007)により 筆 者 作 成 83

図 4-4 国 内 債 残 高 /GDP 比 率 の 推 移 資 料 :BIS(2007) World Bank(2007)により 筆 者 作 成 図 4-5 国 債 残 高 /GDP 比 率 の 推 移 資 料 :BIS(2007) World Bank(2007)により 筆 者 作 成 83 4-4-3 高 齢 化 する 東 アジアの 金 融 市 場 の 課 題 このように 東 アジアの 金 融 市 場 は 特 に 債 券 市 場 で 脆 弱 性 が 目 立 つ この 脆 弱 性 を 改 善 し 年 金 基 金 等 の 効 率 的 な 資 産 配 分 に 資 する 金 融 市 場 債 券 市 場 とするため ADB 世 界 銀 行 等 は 以 下 のような 改 革 課 題 を 指 摘 している

More information

Microsoft Word - 5.SCJ第20期-200719-20541000-005(将来構想).doc

Microsoft Word - 5.SCJ第20期-200719-20541000-005(将来構想).doc 記 録 文 書 番 号 SCJ 第 20 期 -200719-20541 000-005 委 員 会 等 名 日 本 学 術 会 議 化 学 委 員 会 アジア 化 学 イニシャティブ 分 科 会 標 題 アジア 化 学 イニシャティブに 関 する 将 来 構 想 作 成 日 平 成 20 年 (2008 年 ) 7 月 19 日 本 資 料 は 日 本 学 術 会 議 会 則 第 二 条 に 定

More information

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光 震 災 後 の 個 人 消 費 の 動 向 について 震 災 の 影 響 を 受 けた 消 費 者 マインドの 急 激 な 悪 化 自 粛 ムードの 広 がり サプライ チェーン 寸 断 による 供 給 制 約 といった 要 因 等 を 背 景 に 3 月 の 個 人 消 費 は 大 幅 な 落 ち 込 みを 記 録 した 4 月 以 降 は これら 要 因 が 徐 々に 緩 和 してきていることから

More information

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で みずほインサイト 政 策 2015 年 12 月 18 日 COP21 がパリ 協 定 を 採 択 地 球 温 暖 化 抑 止 に 向 けた 今 後 の 課 題 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 堀 千 珠 03-3591-1304 chizu.hori@mizuho-ri.co.jp 2015 年 11 月 末 からフランスで 開 催 された 気 候 変 動 枠 組 条 約 第 21 回 締

More information

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か 金 融 資 本 市 場 215 年 9 月 3 日 全 1 頁 企 業 年 金 の 先 行 きは 縮 小 か 普 及 拡 大 か 厚 生 年 金 基 金 と 同 時 に DB DC においても 全 体 的 な 見 直 しが 進 む 金 融 調 査 部 研 究 員 佐 川 あぐり [ 要 約 ] 214 年 4 月 に 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための

More information

1. 消 費 の 低 迷 を 背 景 とした 日 本 経 済 の 停 滞 の 見 方 を 維 持 : 成 長 の 微 修 正 2015 年 度 は 前 年 度 の 落 ち 込 みを 回 復 せ ず 景 気 の 現 状 をみると 2015 年 度 の 実 質 GDP 1 は+0.8%となり 2 年 振

1. 消 費 の 低 迷 を 背 景 とした 日 本 経 済 の 停 滞 の 見 方 を 維 持 : 成 長 の 微 修 正 2015 年 度 は 前 年 度 の 落 ち 込 みを 回 復 せ ず 景 気 の 現 状 をみると 2015 年 度 の 実 質 GDP 1 は+0.8%となり 2 年 振 2016 年 5 月 24 日 新 生 銀 行 金 融 調 査 部 MRFRD-20160004 消 費 の 実 態 は 弱 く 景 気 は 停 滞 との 見 方 を 維 持 ~2016 2017 年 度 の 日 本 経 済 の 見 通 し~ 実 質 GDP の 予 想 2016 年 度 ( 増 税 あり) 0.5% ( 増 税 なし) 0.5% 2017 年 度 ( 増 税 あり) 0.3% (

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832362E31302E323720283129959F89AA8BF38D6082CC96AF8AD488CF91F582C982C282A282C48179967B95D2817A816988C4816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832362E31302E323720283129959F89AA8BF38D6082CC96AF8AD488CF91F582C982C282A282C48179967B95D2817A816988C4816A2E646F6378> 福 岡 空 港 の 民 間 委 託 について( 案 ) 福 岡 空 港 運 営 検 討 協 議 会 平 成 26 年 10 月 1 福 岡 空 港 の 現 状 について (1) 空 港 の 概 要 1 (2) 就 航 路 線 利 用 状 況 3 (3) 福 岡 空 港 の 需 要 予 測 及 び 滑 走 路 処 理 容 量 について 5 (4) 福 岡 空 港 の 整 備 ( 滑 走 路 増 設

More information

檜皮の確保と檜皮採取者の育成

檜皮の確保と檜皮採取者の育成 檜 皮 の 確 保 と 檜 皮 採 取 者 の 育 成 岡 山 理 科 大 学 江 面 嗣 人 1.はじめに 文 化 財 建 造 物 の 檜 皮 葺 の 建 物 は 現 在 788 棟 ( 平 成 19 年 末 現 在 )が 国 の 重 要 文 化 財 に 指 定 されている これは 指 定 された 重 要 文 化 財 建 造 物 の 約 18.8パーセントにあたり 重 要 文 化 財 建 造 物

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

Microsoft Word - エコノミスト便り 渡邊 160622.docx

Microsoft Word - エコノミスト便り 渡邊 160622.docx エコノミスト 便 り 6 年 6 三 井 住 友 アセットマネジメント シニアエコノミスト 渡 邊 誠 本 経 済 消 費 低 迷 の 背 景 を 探 る 浮 かび 上 がる 5 つの 要 因 雇 所 得 環 境 が 堅 調 な 割 に 個 消 費 が 冴 えないのは 何 故 か 個 消 費 低 迷 の 背 景 を 探 った 様 々な 経 済 統 計 を 分 析 していくと 可 処 分 所 得 の

More information

みずほ 総 合 研 究 所 コンサルティング 部 主 任 コンサルタント 谷 尾 久 幸 上 席 主 任 コンサルタント 佐 野 暢 彦 当 リポートは 情 報 提 供 のみを

みずほ 総 合 研 究 所 コンサルティング 部 主 任 コンサルタント 谷 尾 久 幸 上 席 主 任 コンサルタント 佐 野 暢 彦 当 リポートは 情 報 提 供 のみを はどのような 管 理 を 行 っているか ~ が 保 有 する 権 限 機 能 調 査 結 果 報 告 ~ 2013 年 5 月 27 日 発 行 みずほ 総 合 研 究 所 コンサルティング 部 主 任 コンサルタント 谷 尾 久 幸 hisayuki.tanio@mizuho-ri.co.jp 上 席 主 任 コンサルタント 佐 野 暢 彦 nobuhiko.sano@mizuho-ri.co.jp

More information

設 立 しました 現 在 中 小 企 業 向 けにインターネット 電 話 サービスを 提 供 しています 次 にベンチャーキャピタルから 資 金 を 提 供 してもらうまでを 紹 介 したいと 思 います まず 初 期 の 面 談 があり その 後 会 社 概 要 株 主 リスト 謄 本 決 算 資

設 立 しました 現 在 中 小 企 業 向 けにインターネット 電 話 サービスを 提 供 しています 次 にベンチャーキャピタルから 資 金 を 提 供 してもらうまでを 紹 介 したいと 思 います まず 初 期 の 面 談 があり その 後 会 社 概 要 株 主 リスト 謄 本 決 算 資 第 19 回 KVS セミナー 講 演 録 ベンチャーキャピタルの 本 質 的 役 割 -ベンチャーキャピタルとの 付 き 合 い 方 - 1. パネラー: アジルネットワークス 株 式 会 社 CEO 篠 田 亘 司 氏 : 伊 藤 忠 テクノロジーベンチャーズ 株 式 会 社 社 長 安 達 俊 久 氏 パネルコーディネーター: KVS 運 営 委 員 公 平 良 三 氏 2. 日 時 : 2008

More information

2014-101.indd

2014-101.indd 第 章 景 気 と 地 価 不 動 産 関 連 指 標 の 時 系 列 相 関 に 関 する 考 察 第 章 景 気 と 地 価 不 動 産 関 連 指 標 の 時 系 列 相 関 に 関 する 考 察 株 式 会 社 都 市 未 来 総 合 研 究 所 研 究 第 一 部 副 主 任 研 究 員 丸 山 直 樹 (まるやま なおき) maruyama@tmri.co.jp はじめに 202 年 2

More information

者 にご 連 絡 下 さい 切 替 に 要 する 期 間 は 切 替 日 が 1スマートメーターへの 取 替 工 事 が 必 要 となる 場 合 は 原 則 8 営 業 日 に 2 暦 日 を 加 えた 日 以 降 の 最 初 の 定 例 検 針 日 2 取 替 工 事 が 不 要 である 場 合

者 にご 連 絡 下 さい 切 替 に 要 する 期 間 は 切 替 日 が 1スマートメーターへの 取 替 工 事 が 必 要 となる 場 合 は 原 則 8 営 業 日 に 2 暦 日 を 加 えた 日 以 降 の 最 初 の 定 例 検 針 日 2 取 替 工 事 が 不 要 である 場 合 電 力 小 売 全 面 自 由 化 に 関 する 消 費 者 向 けのFAQについて 1. 概 要 項 目 (9 問 ) 以 下 の 内 容 は 詳 細 項 目 から 主 要 なものを 抜 粋 小 売 の 全 面 自 由 化 により 一 般 家 庭 にとって 何 が 変 わるのですか いつから 小 売 の 全 面 自 由 化 が 行 われるのですか 小 売 電 気 事 業 者 を 切 り 替 えるための

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

untitled

untitled 平 成 22 年 (2010 年 )3 月 1 日 NO.2010-09 韓 国 経 済 プレゼンス 拡 大 の 背 景 韓 国 は グローバル 金 融 危 機 後 世 界 的 にみて 比 較 的 早 い 段 階 で 景 気 が 持 ち 直 した ほか 家 電 や 自 動 車 といった 主 力 製 品 の 世 界 市 場 でのシェア 拡 大 など 躍 進 が 目 立 っ ている 以 下 では 最 近

More information