ⅠOECD諸国の労働生産性の国際比較

Size: px
Start display at page:

Download "ⅠOECD諸国の労働生産性の国際比較"

Transcription

1 労 働 生 産 性 の 国 際 比 較 1 OECD 加 盟 諸 国 の 国 民 1 人 当 たり GDP と 労 働 生 産 性 (1) 国 民 1 人 当 たり GDP の 国 際 比 較 経 済 的 豊 かさでみると が 国 際 的 にどのような 位 置 づけにあるのかについて 国 民 1 人 当 たり 国 内 総 生 産 (GDP)からみていきたい 国 民 1 人 当 たりGDPは 国 内 総 生 産 国 民 1 人 当 たりGDP= 人 口 によって 算 出 される 国 民 1 人 当 たりGDPを 各 国 通 貨 から 換 算 するにあたっては OECD が 発 表 する 購 買 力 平 価 (Purchasing power parity/ppp)を 用 いている 先 進 34カ 国 で 構 成 されるOECD( 経 済 協 力 開 発 機 構 ) 加 盟 諸 国 の 2012 年 の 国 民 1 人 当 た りGDPをみると 第 1 位 はルクセンブルク (91,378ドル/968 万 円 )であった 以 下 ノル ウェー(65,638ドル/696 万 円 ) スイス(53,733 ドル/569 万 円 ) 米 国 (51,689ドル/548 万 円 ) といった 国 が 上 位 に 並 んでいる( 図 3-1 参 照 ) の 国 民 1 人 当 たりGDPは 35,203ドル (373 万 円 )で 34カ 国 中 第 18 位 となっている これは 英 国 (37,446ドル/397 万 円 /16 位 ) やフランス(36,249ドル/384 万 円 /17 位 ) イ タリア(33,139ドル/351 万 円 /19 位 )といっ た 欧 州 主 要 国 とほぼ 同 じ 水 準 である OECD 加 盟 国 平 均 (34,806ドル/369 万 円 )とも 同 水 準 にあたる の 国 民 1 人 当 たりGDPは 1990 年 代 初 ( 図 3-1)OECD 加 盟 諸 国 の1 人 当 たりGDP (2012 年 /34カ 国 比 較 ) ルクセン ブルク 1 ノルウェ ー 2 スイ ス 3 米 国 4 オーストラ リア 5 オーストリア 6 アイ ルラ ン ド 7 スウェ ーデン 8 オラ ン ダ 9 デンマーク 10 カナダ 11 ドイ ツ 12 ベルギー 13 フィンランド 14 アイ スラ ン ド 15 英 国 16 フラ ン ス イタリア 19 スペイ ン 20 ニュージーランド 21 韓 国 22 イスラエル 23 スロベニア 24 チェ コ 25 ギリシャ 26 スロバキア 27 ポルトガル 28 エストニア 29 チリ 30 ポーラ ンド 31 ハン ガリー 32 トルコ 33 メキシコ 34 OECD 平 均 0 15,000 30,000 45,000 60,000 75,000 90,000 45,899 53,733 51,689 65,638 91,378 43,848 43,578 43,176 43,146 42,176 41,454 41,231 40,106 38,282 37,569 37,446 36,249 35,203 33,139 32,081 31,850 30,800 29,830 27,493 26,599 25,331 25,323 25,275 23,625 22,363 22,167 22,124 18,335 単 位 : 購 買 力 平 価 換 算 USドル 17,547 34,806 26

2 ( 図 3-2) 主 要 先 進 7カ 国 の 国 民 1 人 当 たりGDPの 順 位 の 変 遷 米 国 英 国 ドイツ フランス イタリア カナダ めにOECD 加 盟 国 中 第 6 位 主 要 先 進 7カ 国 1 でみると 米 国 に 次 ぐ 水 準 であったものの その 後 の 経 済 停 滞 とともに 徐 々に 他 国 に 追 い 抜 かれるようになり 近 年 ではOECD 加 盟 国 の 中 で 17~20 位 程 度 で 推 移 している これは 順 位 だけでみると1980 年 当 時 とほぼ 同 じ 程 度 である 主 要 先 進 7カ 国 の 推 移 をみると イタリアやフランスは OECD 加 盟 諸 国 中 第 15~20 位 あ たりの 順 位 で 推 移 しており と 並 んで 主 要 先 進 7カ 国 の 下 位 グループ を 形 成 してい る 一 方 ドイツは1990 年 代 後 半 から 順 位 が 落 込 んでいたが 2000 年 代 後 半 になって 上 昇 基 調 へと 転 じており 2012 年 は 第 12 位 になっている これは 主 要 先 進 7カ 国 でみると 米 国 と カナダに 次 ぐ 水 準 にあたる 英 国 は 1990 年 代 半 ばまで 主 要 先 進 7ヵ 国 の 中 で 国 民 1 人 当 た りGDPが 最 も 低 い 状 況 が 続 いていたが 1990 年 代 後 半 からフランスやイタリアを 上 回 るよう になり 近 年 は15~16 位 あたりの 順 位 が 続 いている また 米 国 の 国 民 1 人 当 たりGDPは 1970 年 以 降 ほぼ 一 貫 してOECD 加 盟 国 の 中 でも 上 位 の 水 準 にあり 主 要 先 進 7カ 国 の 中 で 最 も 高 い 状 況 が 続 いている ( 図 3-2 参 照 ) ちなみに の2012 年 の 国 民 1 人 当 たりGDPは トップの 米 国 の 約 7 割 弱 の 水 準 である 購 買 力 平 価 (PPP)について 購 買 力 平 価 とは 物 価 水 準 などを 考 慮 した 各 国 通 貨 の 実 質 的 な 購 買 力 を 交 換 レ-トで 表 したものであ る 通 常 各 国 の 通 貨 換 算 は 為 替 レ-トを 用 いることが 多 いが 為 替 変 動 に 伴 って 数 値 にぶれが 生 じる ことになる そのため 各 種 の 比 較 にあたっては 為 替 レ-トによるほかに 購 買 力 平 価 を 用 いるように なっている 購 買 力 平 価 は 国 連 国 際 比 較 プロジェクト(ICP)として 実 施 計 測 されており 同 じもの( 商 品 ないしサ-ビス)を 同 じ 量 ( 特 定 のバスケットを 設 定 する) 購 入 する 際 それぞれの 国 で 通 貨 がいくら 必 要 かを 調 べ それを 等 置 して 交 換 レ-トを 算 出 している 例 えば 日 米 で 質 量 とも 全 く 同 一 のマクドナルドのハンバ-ガ-が 米 国 で1ドル で100 円 である とすればハンバ-ガ-のPPPは1ドル=100 円 となる 同 様 の 手 法 で 多 数 の 品 目 についてPPPを 計 算 し それを 加 重 平 均 して 国 民 経 済 全 体 の 平 均 PPPを 算 出 したものが GDPに 対 するPPP(PPP for GDP)にな る 購 買 力 平 価 はOECDや 世 界 銀 行 で 発 表 されており OECDの2012 年 の 円 ドル 換 算 レ-トは1ドル = 円 になっている 1 米 国 英 国 フランス ドイツ イタリア カナダの 7 カ 国 27

3 (2) 購 買 力 平 価 換 算 GDP 労 働 生 産 性 の 国 際 比 較 国 民 1 人 当 たりGDPに 代 表 されるような 経 済 的 豊 かさをもたらす 要 因 の1つとして 挙 げら れるのが 労 働 生 産 性 の 向 上 である 高 齢 化 によって 就 業 率 が 低 下 しても 労 働 生 産 性 がそ れ 以 上 に 上 昇 すれば 国 民 1 人 当 たりGDPは 上 昇 する そこで ここでは 労 働 生 産 性 から 日 本 の 国 際 的 な 位 置 付 けをみていきたい 労 働 生 産 性 を 国 際 的 に 比 較 するにあたっては 付 加 価 値 をベースとする 方 式 が 一 般 的 であり 労 働 生 産 性 を 購 買 力 平 価 (PPP) 換 算 労 働 生 産 性 PPPで 評 価 されたGDP = 就 業 者 数 として 計 測 を 行 っている また 労 働 生 産 性 ( 図 3-3)OECD 加 盟 諸 国 の 労 働 生 産 性 の 計 測 に 必 要 な 各 種 データにはOECDの 統 計 (2012 年 /34カ 国 比 較 ) データを 用 いており 2011 年 以 前 のデータに 0 30,000 60,000 90, ,000 ルクセンブルク 1 128,281 ついても 遡 及 して 修 正 を 行 っている ノルウェ ー 2 127,147 こうして 計 測 した2012 年 の の 労 働 生 産 性 は 購 買 力 平 価 で 換 算 して71,619ドル 米 国 3 アイ ルラ ン ド 4 ベルギー 5 112, ,944 97,997 (759 万 円 )であった これは OECD 加 盟 34カ スイ ス 6 96,661 フラ ン ス 7 91,941 国 の 中 でみると 第 21 位 にあたる( 図 3-3 参 照 ) の 労 働 生 産 性 をOECD 加 盟 諸 国 と 比 較 す ると イスラエル(64,430ドル/683 万 円 )や オーストラ リア 8 オーストリア 9 スウェ ーデン 10 イ タリア 11 デンマーク 12 90,522 88,314 88,237 88,085 87,690 オラ ン ダ 13 85,797 ニュージーランド(63,611ドル/674 万 円 ) 韓 スペイ ン 14 85,686 国 (62,403ドル/661 万 円 )といった 国 を 上 回 るものの 米 国 (112,917ドル/1,197 万 円 )の 約 ドイ ツ 15 フィンランド 16 カ ナダ 17 84,307 82,786 82,279 3 分 の2の 水 準 にとどまっている 英 国 18 80,513 ギリシャ 19 75,935 アイ スラ ン ド 20 71,762 なお 労 働 生 産 性 が 最 も 高 かったのは ル 21 71,619 クセンブルク(128,281ドル/1,359 万 円 )であ った ルクセンブルクは 鉄 鋼 業 のほか ヨー イ スラ エル 22 ニュージーラ ンド 23 韓 国 24 64,430 63,611 62,403 スロベニア 25 60,213 ロッパでも 有 数 の 金 融 センターがあること スロバキア 26 58,782 で 知 られ GDPの 半 分 近 くが 金 融 業 や 不 動 産 業 鉄 鋼 業 などによって 生 み 出 されている ポルトガル 27 チェ コ 28 ハン ガリー 29 57,689 57,175 56,711 こうした 労 働 生 産 性 の 高 い 産 業 分 野 に 就 業 ポーラ ンド 30 54,789 トルコ 31 54,665 チリ 32 51,217 者 の3 割 近 くが 集 中 していることもあり 国 エストニア 33 50,375 単 位 : 購 買 力 平 価 換 算 USドル レベルでみても 労 働 生 産 性 が 極 めて 高 い 水 メキシコ 34 41,849 OECD 平 均 82,941 準 になっているものと 考 えられる なお 第 2 位 はノルウェーの127,147ドル(1,347 万 円 ) 第 3 位 は 米 国 であった 近 年 は こ の3カ 国 が 上 位 3カ 国 を 占 める 状 況 が 続 いている また 上 位 の 変 遷 をみると ドイツのよう に 順 位 が 落 込 んでいる 国 も 一 部 あるものの 1980 年 代 に 上 位 に 並 んでいた 国 の 多 くが

4 ( 表 3-1) 労 働 生 産 性 上 位 10カ 国 の 変 遷 1970 年 1980 年 1990 年 2000 年 2012 年 1 米 国 ルクセンブルク ルクセンブルク ルクセンブルク ルクセンブルク 2 ルクセンブルク ドイツ ドイツ 米 国 ノルウェー 3 カナダ 米 国 米 国 ノルウェー 米 国 4 ドイツ オランダ ベルギー イタリア アイルランド 5 オランダ ベルギー イタリア ベルギー ベルギー 6 オーストラリア イタリア イスラエル アイルランド スイス 7 ニュージーランド カナダ フランス オーストリア フランス 8 ベルギー オーストラリア オーストリア フランス オーストラリア 9 スウェーデン フランス オランダ スイス オーストリア 10 イタリア ニュージーランド カナダ オーストラリア スウェーデン - (19 位 ) (18 位 ) (14 位 ) (20 位 ) (21 位 ) 年 でも 上 位 の 一 角 を 占 めており 年 代 によって 顔 ぶれが 大 きく 変 化 しているわけではない ( 表 3-1 参 照 2 ) 一 方 金 融 や 財 政 に 問 題 を 抱 える 南 欧 諸 国 は イタリア(88,085ドル/ 第 11 位 ) スペイン (85,686ドル/ 第 14 位 )では 労 働 生 産 性 が 比 較 的 高 い 水 準 を 維 持 しているほか ギリシャ (75,935ドル/ 第 19 位 )も と 同 水 準 になっている ただ これらの 国 では GDPが 大 きく 落 込 んでいるものの 経 済 情 勢 の 悪 化 から 失 業 率 が 極 めて 高 くなっており 結 果 として 就 業 者 数 が 大 きく 減 少 したことで 労 働 生 産 性 の 低 下 を 免 れているに 過 ぎない 特 に ギリシャの 失 業 率 は23.6%(2012 年 ) 3 と 5 年 前 (8.1%/2007 年 )の3 倍 近 くに 上 昇 しており (4.3%) の5 倍 以 上 になっている スペインも 2007 年 に8.3%だった 失 業 率 が2012 年 には25.1%へと 上 昇 しており それが 結 果 として 労 働 生 産 性 を 押 し 上 げる 要 因 になっている 他 の 主 要 国 をみると 英 国 (80,513ドル)やカナダ(82,279ドル)は 労 働 生 産 性 が をやや 上 回 る 水 準 で 推 移 している 英 国 の 労 働 生 産 性 は 2000 年 以 降 より10% 以 上 高 い 水 準 ( 図 3-4) 主 要 先 進 7カ 国 の 労 働 生 産 性 の 順 位 の 変 遷 米 国 イタリア フランス カナダ ドイツ 英 国 表 3-1 は 各 年 においてデ-タ 取 得 可 能 な 国 を 対 象 としたものであり データの 制 約 から 全 加 盟 国 のラン キングではないことに 留 意 されたい なお 1970 年 は 22 カ 国 1980 年 は 21 カ 国 1990 年 は 25 カ 国 2000 年 は 33 カ 国 2010 年 は 34 カ 国 で 比 較 を 行 っており それぞれの 上 位 10 カ 国 を 表 に 掲 出 している 3 OECD Annual labour force statistics による 数 値 のため 各 国 統 計 局 の 公 表 値 とは 異 なる 可 能 性 がある 29

5 で 推 移 してきたもの の 近 年 になって 少 しずつ 差 が 縮 小 して きている 英 国 経 済 は2000 年 代 前 半 こそ 良 好 なパフォーマン スが 続 いていたが リーマン ショック を 境 に 経 済 成 長 率 が 大 きく 落 込 み 深 刻 な 景 気 後 退 に 見 舞 わ れた それが 労 働 生 産 性 の 動 向 にも 反 映 されているとみられ ( 図 3-5) 米 国 と 比 較 した 主 要 先 進 国 の 労 働 生 産 性 ( 米 国 =100) 米 国 の 労 働 生 産 性 水 準 ドイツ イタリア フランス カナダ 英 国 カナダ フランス ドイツ イタリア 英 国 る ただ 2013 年 に 入 り 英 国 の 経 済 成 長 率 は 年 率 3%を 越 える 水 準 まで 回 復 してきている ことから 足 もとの 状 況 は 好 転 しつつある 一 方 ドイツは 2000 年 代 になって 人 口 が 停 滞 しつつあるものの 景 気 拡 大 に 伴 って 就 業 者 の 緩 やかな 増 加 が 続 いており 労 働 生 産 性 もこ のところ 上 昇 基 調 にある これは 経 済 不 振 に 喘 ぐ 欧 州 諸 国 が 多 い 中 ドイツでは 良 好 な 経 済 情 勢 が 続 いていることを 反 映 したものと 考 えられ 拡 大 傾 向 にあった 米 国 との 生 産 性 格 差 も2012 年 には 縮 小 へと 転 じている なお 2012 年 の の 労 働 生 産 性 は 米 国 を100とすると63.4の 水 準 となっている 前 年 (62.5)と 比 較 すると 格 差 がわずかに 縮 小 しているものの 2000 年 代 前 半 まで 概 ね70 前 後 で 推 移 してきた 日 米 の 生 産 性 格 差 は リーマン ショックによって の 名 目 GDPが 大 きく 落 込 んでから62~63 程 度 で 推 移 する 状 況 が 続 いている ( 図 3-5 参 照 ) 30

6 (3) 労 働 生 産 性 上 昇 率 の 国 際 比 較 ( 図 3-6)OECD 加 盟 諸 国 の 実 質 労 働 生 産 性 上 昇 率 (2010~2012 年 平 均 /34カ 国 比 較 ) 一 国 の 労 働 生 産 性 は 様 々な 条 件 に 影 響 されるこ ポーラ ンド 1 とから 水 準 を 短 期 間 で 大 きく 引 き 上 げることは アイ ルラ ン ド 2 2.8% 容 易 なことではない しかし 他 国 を 上 回 る 労 働 生 産 性 上 昇 率 を 持 続 させることで 労 働 生 産 性 を 相 スペイ ン 3 スロバキア 5 2.5% 2.4% オーストラ リア 4 エストニア 6 2.4% 1.9% フラ ン ス 7 1.9% 対 的 に 高 めることは 十 分 に 可 能 である ニュージーランド 8 1.6% アイ スラ ン ド 9 1.4% 2010 年 以 降 の の 労 働 生 産 性 上 昇 率 (2010~ メキシコ % 2012 年 平 均 )は 物 価 変 動 の 影 響 を 除 いた 実 質 ベー スで+0.9%であり OECD 平 均 (+0.8%)をやや 上 回 る OECD 加 盟 34カ 国 の 中 では 第 15 位 と 中 位 ポルトガル 11 デンマーク 12 米 国 13 韓 国 % 1.2% 1.1% 1.1% 0.9% に 位 置 している トップはポーランド(+4.4%) 第 2 位 はアイルランド(+2.8%)であった これらの カナダ 16 スウェ ーデン % 0.7% オーストリア 17 ギリシャ % 0.7% トルコ % 国 では 経 済 成 長 率 が 鈍 化 しつつあるが 一 方 で 雇 ノルウェ ー % 用 調 整 が 進 んでおり それが 比 較 的 高 水 準 の 労 働 生 産 性 上 昇 率 へと 結 びついたと 考 えられる 主 要 先 進 7カ 国 でみると フランス(+1.9%)と 米 国 (+ ベルギー 22 ドイツ 23 スロベニア 24 チェ コ 25 フィンランド % 0.3% 0.3% 0.2% 0.2% 1.1%)が の 労 働 生 産 性 上 昇 率 を 上 回 っている スイ ス 27 英 国 % -0.2% なお の 労 働 生 産 性 上 昇 率 は 1990 年 代 後 オラ ン ダ % チリ % イタリア % 半 (+0.5%)に 主 要 先 進 7カ 国 で 最 も 低 かったもの ハン ガリー % ルクセン ブ ルク % の 2000 年 代 前 半 (+1.6%)になって 米 国 (+1.9%) イスラエル % や 英 国 (+1.8%)に 次 ぐ 水 準 まで 回 復 した 2000 年 OECD 平 均 0.8% 代 後 半 は 世 界 的 な 金 融 危 機 や 欧 州 債 務 危 機 などの 影 響 で 他 の 主 要 国 と 同 様 にマイナス(- 0.6%)へと 落 込 んだものの 2010 年 以 降 (+0.9%)になるとフランス(+1.9%)と 米 国 (+1.1%) に 次 ぐ 水 準 まで 再 び 回 復 してきている ( 図 3-7 参 照 ) ( 図 3-7) 主 要 先 進 7カ 国 の 実 質 労 働 生 産 性 上 昇 率 の 推 移 -4% -2% 0% 2% 4% 6% 4.4% (1995~1999 年 平 均 ) -1% 0% 1% 2% 3% 4% (2000~2004 年 平 均 ) -1% 0% 1% 2% 3% 4% 米 国 1 英 国 2 カナダ 3 ドイツ 4 フランス 5 イタリア % 0.5% 1.8% 1.5% 1.4% 2.7% 2.4% 米 国 1 英 国 2 3 ドイツ 4 フランス 5 カナダ 6 イタリア 7-0.4% 1.0% 0.9% 0.5% 1.9% 1.8% 1.6% (2005~2009 年 平 均 ) -2% -1% 0% 1% 2% 3% (2010~2012 年 平 均 ) -2% -1% 0% 1% 2% 3% 米 国 1 フランス 2 英 国 3 カナダ 4 5 ドイツ 6 イタリア 7-0.1% -0.1% -0.3% -0.6% -0.8% -1.2% 0.6% フランス 1 米 国 2 3 カナダ 4 ドイツ 5 英 国 6 イタリア 7-1.1% -0.2% 0.3% 1.1% 0.9% 0.8% 1.9% 31

7 (4) 時 間 当 たり 労 働 生 産 性 の 国 際 比 較 ( 図 3-8)OECD 加 盟 諸 国 の 時 間 当 たり 労 働 生 産 性 (2012 年 /34カ 国 比 較 ) 労 働 生 産 性 は 就 業 者 1 人 当 たりだけでなく 就 業 1 時 間 当 たりとして 計 測 されることも 多 い 2012 年 の の 就 業 1 時 間 当 たり 労 働 生 産 性 は 40.1ド ル(4,250 円 )で OECD 加 盟 34カ 国 中 第 20 位 であった ( 図 3-8 参 照 ) これは アイスランド(41.7ドル)と ほぼ 同 じ 水 準 にあたる また 順 位 でいえば 2003 年 から 同 じ 順 位 (20 位 )で 推 移 しており 1990 年 代 以 降 ほとんど 変 化 していない OECD 加 盟 諸 国 で 就 業 1 時 間 当 たり 労 働 生 産 性 が 最 も 高 かったのは ノルウェー(86.6ドル/9,178 円 )だった 第 2 位 はルクセンブルク(79.7ドル/ 8,451 円 ) 第 3 位 はアイルランド(71.2ドル/7,541 円 )と 続 いている 就 業 者 1 人 あたりでみるとルク センブルクがトップ 第 2 位 がノルウェーであった が 時 間 当 たりでみると 両 国 の 順 位 が 入 れ 替 わっ ている ノルウェーをはじめ 北 欧 諸 国 は 労 働 時 間 が 短 いことで 知 られるが そうした 労 働 時 間 の 違 いがノルウェーの 時 間 当 たり 労 働 生 産 性 を 相 対 的 に 高 める 要 因 になったものと 考 えられる ちなみに 主 要 先 進 7カ 国 では 米 国 (64.1ドル/ ( 図 3-9) 米 国 と 比 較 した の 労 働 生 産 性 水 準 ( 米 国 =100) ノルウェ ー 1 ルクセン ブルク 2 アイ ルラ ン ド 3 米 国 4 ベルギー 5 オラ ン ダ 6 デンマーク 7 フラ ン ス 8 ドイ ツ 9 スイ ス 10 スウェ ーデン 11 オーストリア 12 オーストラ リア 13 カナダ 14 スペイ ン 15 フィンランド 16 英 国 17 イタリア 18 アイ スラ ン ド スロベニア 21 ニュージーラ ンド 22 スロバキア 23 ギリシャ 24 ポルトガル 25 イスラエル 26 チェ コ 27 トルコ 28 韓 国 29 ハン ガリー 30 ポーラ ンド 31 エストニア 32 チリ 33 メキシコ 34 OECD 平 均 米 国 の 労 働 生 産 性 水 準 就 業 者 1 人 あ たり 労 働 生 産 性 就 業 1 時 間 あ たり 労 働 生 産 性 単 位 : 購 買 力 平 価 換 算 USドル 第 4 位 )が 最 も 高 く フランス(59.5ドル/ 第 8 位 ) ドイツ(58.3ドル/ 第 9 位 ) カナダ(51.8ドル / 第 14 位 ) 英 国 (48.5ドル/ 第 17 位 ) イタリア(46.7ドル/ 第 18 位 )と 続 き は 就 業 者 1 人 当 たりと 同 様 に 最 下 位 だった の 労 働 生 産 性 は 就 業 者 1 人 当 たりでみても 時 間 当 た 就 業 者 1 人 当 たり 労 働 生 産 性 時 間 当 たり 労 働 生 産 性 りでみても 主 要 先 進 7カ 国 で は 最 も 低 い 状 況 が1990 年 代 後 半 から 続 いている なお の 労 働 時 間 は このところOECD 平 均 とほぼ 同 程 度 で 推 移 していることも あり 労 働 生 産 性 も 就 業 者 1 人 当 たりの 順 位 と 就 業 1 時 間 当 たりの 順 位 に 大 きな 違 いはな くなってきている 1980 年 代 32

8 は 長 時 間 労 働 を 背 景 に 就 業 者 1 人 当 たりでみた 方 が 順 位 が 高 かったものの 近 年 では 逆 に 就 業 1 時 間 当 たりでみた 方 が 順 位 がわずかに 高 くなりつつある 2012 年 をみても 就 業 者 1 人 当 たり( 第 21 位 )より 就 業 1 時 間 当 たり( 第 20 位 )の 方 が1ランク 高 くなっている また 米 国 の 労 働 生 産 性 水 準 と 比 較 しても 就 業 者 1 人 当 たり 労 働 生 産 性 と 時 間 当 たり 労 働 生 産 性 で 大 き な 差 があるわけではなく いずれもアメリカの3 分 の2 程 度 の 水 準 となっている( 図 3-9 参 照 ) 2010 年 以 降 の の 時 間 当 たり 実 質 労 働 生 産 性 上 昇 率 (2010 年 ~2012 年 / 年 率 平 均 )は + 0.6%とOECD 加 盟 34カ 国 中 第 22 位 だった これは 主 要 先 進 7カ 国 でみると フランス(+ 0.7%)や 米 国 (+0.7%)とほぼ 同 水 準 であり OECD 平 均 (+0.8%)をわずかに 下 回 る 水 準 で ある ( 図 3-10)OECD 加 盟 諸 国 の 時 間 当 たり 実 質 労 働 生 産 性 上 昇 率 (2010~2012 年 年 率 平 均 /34カ 国 比 較 ) -5% -3% 0% 3% 5% なお 就 業 者 1 人 当 たりでみた 実 質 労 働 生 産 3.9% 性 上 昇 率 (+0.9%)と 比 較 すると 時 間 当 たり 3.8% 2.8% 労 働 生 産 性 上 昇 率 が0.3%ポイント 低 くなって 2.5% 2.5% いる この 差 は 2010 年 以 降 に の 労 働 時 間 がわずかながら 増 加 したことを 意 味 してい 2.3% 2.2% 2.1% 1.8% る と 同 様 2010 年 以 降 の 就 業 1 時 間 当 た 1.6% り 労 働 生 産 性 上 昇 率 が 就 業 者 1 人 当 たり 上 昇 1.6% 1.6% 率 を 下 回 った 国 はOECD34カ 国 中 17カ 国 と 半 数 だった 逆 に スペインやイタリアといっ 1.5% 1.3% た 経 済 不 振 が 深 刻 な 国 では 労 働 時 間 もまた 減 少 しており 就 業 1 時 間 あたりの 労 働 生 産 性 上 昇 率 の 方 が 高 くなっている チリ 1 ポーラ ンド 2 アイ ルラ ン ド 3 スペイ ン 4 オーストラ リア 5 スロバキア 6 ニュージーラ ンド 7 ポルトガル 8 エストニア 9 韓 国 10 スロベニア 11 ハン ガリー 12 メキシコ 13 トルコ 14 ドイ ツ 15 スウェ ーデン 16 アイ スラ ン ド 17 チェ コ 18 フラ ン ス 19 オーストリア 20 米 国 カナダ 23 ノルウェ ー 24 デンマーク 25 フィンランド 26 スイ ス 27 ギリシャ 28 英 国 29 イタリア 30 オラ ン ダ 31 ベルギー 32 ルクセン ブルク 33 イスラエル 34 OECD 平 均 -2.3% -0.1% -0.2% -0.3% -0.4% -0.5% -0.7% -0.8% 1.1% 1.1% 1.0% 0.8% 0.7% 0.7% 0.7% 0.6% 0.3% 0.3% 0.1% 0.1% 0.8% 33

9 2 産 業 別 労 働 生 産 性 の 国 際 比 較 (1) 主 要 先 進 7 カ 国 の 産 業 別 労 働 生 産 性 のトレンド 労 働 生 産 性 は 景 気 循 環 などの 影 響 により 短 期 的 に 振 幅 を 伴 いながら 変 動 する 傾 向 があ る 中 長 期 的 なトレンド( 生 産 性 の 推 移 )も それぞれの 産 業 の 構 造 や 成 熟 度 特 性 に 影 響 を 受 けるため 産 業 によって 異 なるのが 一 般 的 である ここでは そうした 生 産 性 のトレンド を 産 業 別 に 概 観 するため 2005 年 時 点 の 数 値 を 1 として 指 数 化 し 1990 年 代 以 降 (1991 年 ~2011 年 )の 実 質 付 加 価 値 労 働 生 産 性 のトレンドを 産 業 別 に 推 計 している 4 また 2000 年 代 後 半 の 労 働 生 産 性 上 昇 率 からも 産 業 別 にみた の 労 働 生 産 性 と 他 の 主 要 先 進 7 カ 国 の 比 較 を 行 っている 1 製 造 業 の 労 働 生 産 性 トレンド 製 造 業 の 労 働 生 産 性 のトレンドは 2000 年 代 後 半 のリーマン ショックに 起 因 する 落 込 み を 除 くと 各 国 とも 概 ね 上 昇 基 調 で 推 移 している 1990 年 代 以 降 のトレンドをみると は +2.8%と 米 国 (+3.9%)に 次 ぐ 水 準 であった また 2006 年 以 降 の 労 働 生 産 性 上 昇 率 は 日 本 (+3.3%)が 主 要 先 進 7カ 国 で 最 も 高 くなっている これは の 生 産 性 が2000 年 代 後 半 の 一 時 的 な 落 込 みから これまでの 上 昇 トレンドへいち 早 く 回 帰 したことが 影 響 していると 考 えられる 主 要 国 では 米 国 やドイツ フランスが と 同 様 に 一 時 的 な 落 込 みから 脱 し ているものの イタリアは 回 復 が 遅 れており 国 によって 状 況 にばらつきが 生 じている ( 図 3-11) 製 造 業 の 労 働 生 産 性 の 時 系 列 比 較 (2005 年 =1) 米 国 英 国 イタリア カナダ ドイツ フランス 年 代 以 降 の 生 産 性 上 昇 率 (トレンド) 2000 年 代 後 半 の 労 働 生 産 性 上 昇 率 米 国 3.9% 3.2% カナダ 1.7% 1.7% ドイツ 2.4% 1.0% フランス 2.5% 1.7% 英 国 2.4% 1.2% イタリア 0.7% -0.2% 2.8% 3.3% 91~11 年 / 回 帰 によるトレント 値 06~11 年 / 年 率 平 均 値 イタリアは'91 年 欠 損 4 トレンドは 最 小 2 乗 法 によって 推 計 しており 説 明 される 変 数 ( 被 説 明 変 数 )を 実 質 労 働 生 産 性 説 明 変 数 を 時 間 (T) とすると モデルは LP t =α+βt t である ただし LP t はt 期 の 実 質 労 働 生 産 性 αは 切 片 βは 直 線 の 傾 きである 34

10 2 電 気 ガスの 労 働 生 産 性 トレンド 1990 年 代 以 降 の 電 気 ガスの 労 働 生 産 性 トレンドは 英 国 (+2.2%)がやや 突 出 しているもの の 他 の6カ 国 をみると+0.2~+1.4% 程 度 で 比 較 的 緩 やかなトレンドになっている 一 方 2000 年 代 後 半 になると フランス(-4.5%) 英 国 (-5.0%)など6カ 国 で 労 働 生 産 性 が 低 下 基 調 に 転 じており (-1.7%)もマイナスであった の 労 働 生 産 性 は 1990 年 代 から2008 年 までゆるやかな 上 昇 基 調 にあったが 2009 年 以 降 低 下 に 転 じている ( 図 3-12) 電 気 ガスの 労 働 生 産 性 の 時 系 列 比 較 (2005 年 =1) 米 国 英 国 イタリア カナダ ドイツ フランス 年 代 以 降 の 生 産 性 上 昇 率 (トレンド) 2000 年 代 後 半 の 労 働 生 産 性 上 昇 率 米 国 1.0% -1.4% カナダ 0.5% * -1.8% ドイツ 1.4% -0.8% フランス 0.7% -4.5% 英 国 2.2% -5.0% イタリア 0.3% -1.6% 0.2% * -1.7% 91~11 年 / 回 帰 によるトレント 値 06~11 年 / 年 率 平 均 値 イタリアは'91 年 欠 損 フランスは'11 年 欠 損 生 産 性 上 昇 率 は'06-'10 年 平 均 *は 統 計 的 に 有 意 でないことを 示 す 3 建 設 業 の 労 働 生 産 性 トレンド 建 設 業 の 労 働 生 産 性 は 長 期 低 落 傾 向 にある 国 が 多 く 他 の 産 業 分 野 と 比 べても 生 産 性 でみ たパフォーマンスが 低 調 な 状 況 が 続 いている 1990 年 代 以 降 のトレンドをみると (- 1.2%)やイタリア(-0.8%) 米 国 (-1.6%) フランス(-0.7%)で 労 働 生 産 性 上 昇 率 がマイナ スになっている ただ 2000 年 代 後 半 になると や 米 国 の 労 働 生 産 性 上 昇 率 はプラス ( 図 3-13) 建 設 業 の 労 働 生 産 性 の 時 系 列 比 較 (2005 年 =1) 米 国 英 国 イタリア カナダ ドイツ フランス 年 代 以 降 の 生 産 性 上 昇 率 (トレンド) 2000 年 代 後 半 の 労 働 生 産 性 上 昇 率 米 国 -1.6% 0.3% カナダ 0.1% * -1.5% ドイツ 0.0% * 0.4% フランス -0.7% -2.7% 英 国 0.4% * -0.5% イタリア -0.8% -2.9% -1.2% 1.0% 91~11 年 / 回 帰 によるトレント 値 06~11 年 / 年 率 平 均 値 イタリアは'91 年 欠 損 *は 統 計 的 に 有 意 でないことを 示 す

11 に 転 じるなど これまでのトレンドが 変 化 してきている 国 もある の 労 働 生 産 性 は 公 共 事 業 の 縮 小 などの 影 響 もあって 1991 年 ~2008 年 まで 長 期 低 落 傾 向 が 続 いていたが 2008 年 を 境 に 回 復 基 調 が 続 いている 特 に 東 大 震 災 の 復 興 需 要 が 顕 在 化 した 2011 年 は 一 部 で 人 手 不 足 が 深 刻 化 したこともあり 労 働 生 産 性 も 大 きく 向 上 している 4 卸 小 売 飲 食 の 労 働 生 産 性 トレンド 卸 小 売 飲 食 の 労 働 生 産 性 は 労 働 生 産 性 のトレンドが 国 によって 異 なる 傾 向 がみられる 1990 年 代 以 降 のトレンドをみると 米 国 (+2.1%)やカナダ(+1.9%) 英 国 (+1.6%)では1.5% を 超 える 上 昇 トレンドとなっており (+0.6%)やフランス(+0.6%) イタリア(-0.3%) とは1%ポイントを 越 えるギャップが 生 じている 2000 年 代 後 半 になると 各 国 の 労 働 生 産 性 上 昇 率 が 鈍 化 しているものの こうした 二 極 化 傾 向 に 大 きな 変 化 はみられない の 労 働 生 産 性 は 2000 年 代 半 ばまで 緩 やかに 上 昇 する 傾 向 にあったが 2000 年 代 後 半 に 入 って 低 落 傾 向 へと 転 じている その 後 2010 年 から 再 び 上 昇 に 転 じており 年 代 によって 生 産 性 のトレンドが 異 なる 状 況 にある ( 図 3-14) 卸 小 売 飲 食 の 労 働 生 産 性 の 時 系 列 比 較 (2005 年 =1) 米 国 英 国 イタリア カナダ ドイツ フランス 年 代 以 降 の 生 産 性 上 昇 率 (トレンド) 2000 年 代 後 半 の 労 働 生 産 性 上 昇 率 米 国 2.1% 0.3% カナダ 1.9% 1.1% ドイツ 0.9% -1.4% フランス 0.6% 0.7% 英 国 1.6% -0.1% イタリア -0.3% * -0.8% 0.6% -0.6% 91~11 年 / 回 帰 によるトレント 値 06~11 年 / 年 率 平 均 値 *は 統 計 的 に 有 意 でないことを 示 す イタリアは'91 年 欠 損 : 卸 小 売 業 のみで 飲 食 を 含 まない 5 運 輸 通 信 の 労 働 生 産 性 トレンド 運 輸 通 信 は 製 造 業 と 並 んで 労 働 生 産 性 が 比 較 的 安 定 的 に 推 移 している 産 業 分 野 の1つで ある 1990 年 代 以 降 のトレンドをみても 2000 年 代 後 半 に 労 働 生 産 性 が 一 時 的 に 落 込 んだ 日 本 やカナダを 除 くと 各 国 の 労 働 生 産 性 上 昇 率 はそれほど 大 きく 上 下 することなく 推 移 して いる もっとも 英 国 (+3.5%)や 米 国 (+3.1%)では 上 昇 率 が3%を 超 える 一 方 イタリア(+ 1.7%)や (+1.6%) カナダ(+1.6%)では1% 台 半 ばにとどまっている これは 英 国 や 米 36

12 ( 図 3-15) 運 輸 通 信 の 労 働 生 産 性 の 時 系 列 比 較 (2005 年 =1) 米 国 英 国 イタリア カナダ ドイツ フランス 年 代 以 降 の 生 産 性 上 昇 率 (トレンド) 2000 年 代 後 半 の 労 働 生 産 性 上 昇 率 米 国 3.1% 3.1% カナダ 1.6% -1.8% ドイツ 2.5% 3.5% フランス 2.4% 1.1% 英 国 3.5% 2.6% イタリア 1.7% -0.1% 1.6% -0.2% 91~11 年 / 回 帰 によるトレント 値 06~11 年 / 年 率 平 均 値 イタリアは'91 年 欠 損 国 が2000 年 代 後 半 もこれまでと 同 様 の 生 産 性 向 上 が 続 いたのに 対 し カナダやイタリア 日 本 では 生 産 性 上 昇 率 がマイナスに 転 じたことが 大 きく 影 響 している の 動 向 をみると 一 時 的 に 落 込 んだ 生 産 性 が 再 び 上 昇 基 調 を 続 けており 主 要 国 であっても 国 によって 近 年 の 生 産 性 の 動 向 が 大 きく 異 なるといってよい 6 金 融 不 動 産 の 労 働 生 産 性 トレンド 金 融 不 動 産 は 他 の 産 業 分 野 と 比 較 しても 主 要 先 進 7 カ 国 の 労 働 生 産 性 のトレンドに 比 較 的 大 きなばらつきがみられる 1990 年 代 以 降 のトレンドをみると 英 国 (+1.5%)や 米 国 (+ 1.2%) カナダ(+0.7%)といった 国 では 労 働 生 産 性 が 上 昇 基 調 にある 一 方 フランス(-0.5%) やドイツ(-1.3%) イタリア(-2.1%)といった 国 では 労 働 生 産 性 が 長 期 低 落 傾 向 にある 日 本 の 生 産 性 (-0.2%)をみると 近 年 こそ 上 昇 基 調 にあるものの 2000 年 代 半 ばまで 長 期 停 滞 が 続 いていたとみることができる ただ 2000 年 代 後 半 をみると 米 国 (+1.1%)はこれまでのトレンドと 大 きく 変 わらない ものの これまで 長 期 低 落 傾 向 にあったフランス(+0.3%)や (+0.5%)で 生 産 性 が 上 昇 に ( 図 3-16) 金 融 不 動 産 の 労 働 生 産 性 の 時 系 列 比 較 (2005 年 =1) 米 国 英 国 イタリア カナダ ドイツ フランス 1990 年 代 以 降 の 生 産 性 上 昇 率 (トレンド) 2000 年 代 後 半 の 労 働 生 産 性 上 昇 率 米 国 1.2% 1.1% カナダ 0.7% 0.4% ドイツ -1.3% -0.5% フランス -0.5% 0.3% 英 国 1.5% -0.7% イタリア -2.1% -0.1% -0.2% 0.5% 91~11 年 / 回 帰 によるトレント 値 06~11 年 / 年 率 平 均 値 *は 統 計 的 に 有 意 でないことを 示 す カナダは'09 年 以 降 欠 損 のため '06-'08 年 平 均

13 転 じている イタリア(-0.1%)やドイツ(-0.5%)でも 90 年 代 以 降 のトレンドと 比 較 する とマイナス 幅 が 縮 小 していることから 各 国 のばらつきがこれまでより 小 さくなりつつある 7 サ-ビス 業 の 労 働 生 産 性 トレンド サ-ビス 業 は 主 要 先 進 7カ 国 全 てで 労 働 生 産 性 がここ20 年 ほどほぼ 横 ばいで 推 移 してい る 1990 年 代 以 降 のトレンドをみても 各 国 の 労 働 生 産 性 上 昇 率 は-0.3~+0.3% 程 度 にと どまっており 停 滞 傾 向 にあるといってよい これは サービス 業 に 分 類 される 医 療 福 祉 や 教 育 人 材 派 遣 娯 楽 といった 分 野 が 労 働 集 約 的 な 性 格 を 持 ち 経 済 規 模 を 拡 大 する 際 に 多 くの 雇 用 を 吸 収 してきたことが 影 響 している 2000 年 代 後 半 をみても こうした 状 況 に 大 きな 変 化 があったわけではない 米 国 (+0.6%) と (+0.4%) ドイツ(+0.2%)といった 国 では 生 産 性 がわずかながら 上 昇 しているものの 英 国 (-0.9%)やカナダ(-0.8%) イタリア(-0.6%) フランス(-0.1%)では 生 産 性 上 昇 率 が 若 干 のマイナスとなっている こうした 推 移 をみる 限 り どの 国 も 生 産 性 の 停 滞 から 脱 した とはいいにくい 状 況 にある 1.4 ( 図 3-17) サービス 業 の 労 働 生 産 性 の 時 系 列 比 較 (2005 年 =1) 1990 年 代 以 降 の 生 産 性 上 昇 率 (トレンド) 2000 年 代 後 半 の 労 働 生 産 性 上 昇 率 1.2 米 国 -0.1% * 0.6% カナダ -0.1% -0.8% 米 国 英 国 イタリア カナダ ドイツ フランス ドイツ 0.1% 0.2% フランス 0.2% -0.1% 英 国 -0.1% * -0.9% イタリア 0.3% -0.6% -0.3% * 0.4% 91~11 年 / 回 帰 によるトレント 値 06~11 年 / 年 率 平 均 値 *は 統 計 的 に 有 意 でないことを 示 す カナダは'10 年 以 降 欠 損 生 産 性 上 昇 率 は'06-'09 年 平 均 フランスは'11 年 欠 損 生 産 性 上 昇 率 は'06-'10 年 平 均 :サービスに 加 え 飲 食 を 含 む 8 農 林 水 産 業 の 労 働 生 産 性 トレンド 農 林 水 産 業 の 労 働 生 産 性 のトレンドをみると カナダ(+0.1%)を 除 く6カ 国 で+2~+3% 程 度 で 推 移 している 特 に 米 国 (+3.1%)やフランス(+3.0%)は 1990 年 以 降 の 実 質 労 働 生 産 性 上 昇 率 が3%を 超 えており 英 国 (+2.7%)や (+2.4%) イタリア(+2.4%)も2%を 超 え る 水 準 で 推 移 している 38

14 ( 図 3-18) 農 林 水 産 業 の 労 働 生 産 性 の 時 系 列 比 較 (2005 年 =1) 米 国 英 国 イタリア カナダ ドイツ フランス 1990 年 代 以 降 の 生 産 性 上 昇 率 (トレンド) 2000 年 代 後 半 の 労 働 生 産 性 上 昇 率 米 国 3.1% -0.3% カナダ 0.1% 2.2% ドイツ 2.1% - フランス 3.0% 5.0% 英 国 2.7% 0.4% イタリア 2.4% 1.4% % 3.6% 91~11 年 / 回 帰 によるトレント 値 06~11 年 / 年 率 平 均 値 ドイツは'06 年 以 降 欠 損 ただ 2000 年 代 後 半 の 動 向 をみると 米 国 (-0.3%)は 一 転 してマイナスに 転 じているほか 英 国 (+0.4%)やイタリア(+1.4%)も 生 産 性 上 昇 率 が 大 幅 に 減 速 している も 2008 年 を 境 に2010 年 まで 生 産 性 が 落 込 んでおり 2011 年 になって 回 復 へと 転 じたものの 不 安 定 な 状 況 が 続 いている (2) 製 造 業 の 労 働 生 産 性 水 準 の 国 際 比 較 ( 図 3-19) 製 造 業 の 名 目 労 働 生 産 性 水 準 (2011 年 /OECD 加 盟 国 ) スイ ス , , , , ,849 労 働 生 産 性 を 国 際 比 較 するにあたっては そ れぞれの 産 業 のトレンドを 比 較 するだけでな く 生 産 性 水 準 を 比 較 することが 望 ましい し かし それには 産 業 によって 異 なる 価 格 水 準 を 調 整 する 必 要 があり 産 業 別 の 購 買 力 平 価 を 用 いて 生 産 性 を 換 算 することが 求 められる そう したデータは 公 表 されておらず 生 産 性 の 産 業 別 比 較 にあたっての 障 害 になっている そのた め ここでは 為 替 レートを 用 い 為 替 変 動 によ って 価 格 がある 程 度 調 整 されやすい 製 造 業 に ついて 労 働 生 産 性 の 比 較 を 行 った もっとも 為 替 レートは 国 際 的 な 金 融 取 引 や 投 機 などさまざまな 要 因 によって 変 動 するこ とから 生 産 性 水 準 にもバイアスがかかること は 否 めない ここではそうした 影 響 を 軽 減 する ため 当 年 及 び 前 後 2 年 の 為 替 レートを 用 いて 移 動 平 均 した 為 替 レートを 用 いて 換 算 を 行 っ 米 国 2 ノルウェ ー 3 オラ ン ダ 4 フィンランド 5 オーストリア 6 7 ベルギー 8 ドイ ツ 9 デンマーク 10 ルクセン ブルク 11 フラ ン ス 12 英 国 13 スペイ ン 14 韓 国 15 イタリア 16 ギリシャ 17 スロベニア 18 チェ コ 19 ポルトガル 20 スロバキア 21 ハン ガリー 22 エストニア 23 ポーラ ンド 24 OECD 平 均 149, , , , , ,831 95,682 89,373 88,052 84,856 83,695 77,929 74,767 74,106 70,397 54,232 39,571 34,098 34,089 31,188 30,772 単 位 :USドル 25,865 25,164 70,168 39

15 ( 表 3-2) 製 造 業 の 労 働 生 産 性 水 準 上 位 10カ 国 の 変 遷 ,858 75,634 米 国 80,380 米 国 107,813 スイス 158,849 2 ルクセンブルク 56,643 スイス 71,284 72,277 スイス 101,779 米 国 149, 米 国 53,948 ルクセンブルク 69,389 スイス 64,577 スウェーデン 96,846 ノルウェー 135,279 スイス 50,031 米 国 67,538 フィンランド 63,879 フィンランド 92,113 オランダ 122,292 ベルギー 48,892 ベルギー 67,232 ルクセンブルク 63,257 ノルウェー 90,924 フィンランド 105,674 イタリア 46,668 スウェーデン 61,525 スウェーデン 61,166 ルクセンブルク 87,661 オーストリア 104,801 フィンランド 46,627 フィンランド 58,786 カナダ 54,792 81, ,831 フランス 44,227 フランス 56,967 ノルウェー 52,475 オーストリア 77,948 ベルギー 95,682 スウェーデン 43,310 オランダ 53,591 ベルギー 52,452 ベルギー 76,918 ドイツ 89,373 カナダ 42,773 ドイツ 51,483 フランス 51,733 フランス 72,416 デンマーク 88,052 ( 単 位 ) USドル ( 移 動 平 均 した 為 替 レートにより 換 算 ) ている 5 また 2012 年 データが 出 揃 っていないため 2011 年 データで 比 較 を 行 っている こうした 手 法 により OECD 加 盟 国 のうちデ-タが 得 られた24カ 国 について 製 造 業 の 名 目 労 働 生 産 性 を 比 較 すると 最 も 水 準 が 高 かったのはスイス(158,849ドル/1,327 万 円 )であっ た スイスは 国 土 面 積 や 人 口 が 多 いわけではないが 精 密 機 械 や 食 品 医 薬 品 などの 分 野 で グローバル 展 開 する 企 業 がスイスに 本 拠 を 構 えており こうした 企 業 を 中 心 とした 産 業 クラ スターがスイス 各 地 に 形 成 されている 資 本 集 約 的 な 性 格 が 強 く 生 産 性 が 構 造 的 に 高 くな りやすい 精 密 機 械 や 医 薬 品 バイオテクノロジーが 製 造 業 の 中 で 最 も 大 きなウエイトを 占 め ていることも 非 常 に 高 い 生 産 性 水 準 へと 結 びついている また 第 2 位 は 米 国 (149,843ドル/1,251 万 円 )であった 近 年 の 推 移 をみると 米 国 とスイ スの 労 働 生 産 性 は OECD 加 盟 国 の 中 でもやや 突 出 した 水 準 になっている の 製 造 業 の 労 働 生 産 性 は101,831ドル(908 万 円 )で OECD 加 盟 国 で 製 造 業 の 労 働 生 産 性 の 計 測 が 可 能 だ った24カ 国 中 第 7 位 であった これは フィンランド(105,674ドル)やオ-ストリア(104,801 ドル)とほぼ 同 じ 水 準 にあたる の 労 働 生 産 性 はOECD 平 均 (70,168ドル)を 約 45% 上 回 る ものの 米 国 の2/3の 水 準 にとどまっている 1990 年 代 にはトップクラスだった の 製 造 業 の 労 働 生 産 性 は 2000 年 代 になって 他 国 の 後 塵 を 拝 するようになってきた 2000 年 には 米 国 に 次 ぐ 第 2 位 だったものの 2005 年 には 第 7 位 まで 後 退 し 2008 年 には 第 14 位 まで 落 込 んでいる とはいえ 2011 年 の 順 位 は 2005 年 と 同 じ 第 7 位 だが これは2008 年 から 少 しずつ 順 位 を 上 げてきたことによるものである 足 も とでは 80 円 前 後 で 推 移 していた 為 替 水 準 が100 円 前 後 まで 修 正 されたことで 国 内 製 造 業 の 生 産 活 動 が 活 性 化 しつつある そうした 状 況 が 持 続 すれば 国 際 的 にみた の 製 造 業 の 労 働 生 産 性 水 準 も 現 在 の 回 復 基 調 が 続 くものと 考 えられる 5 移 動 平 均 は 上 下 の 振 幅 が 大 きい 株 式 や 為 替 の 推 移 の 変 動 幅 を 平 準 化 する 際 などに 用 いられる 手 法 の 一 つ 今 回 の 手 法 で 算 出 した 2011 年 の 対 ドルレ-トは 円 である 40

16 3 世 界 銀 行 等 のデ-タによる 労 働 生 産 性 の 国 際 比 較 (1) 2011 年 の 労 働 生 産 性 の 国 際 比 較 グローバル 化 が 進 む 中 の 輸 出 産 業 が 競 合 する 相 手 をみると ここまで 比 較 を 行 って きたOECD 加 盟 諸 国 だけでなく 中 国 や 韓 国 ASEANといった 新 興 国 のウエイトが 飛 躍 的 に 高 くなっている 企 業 が 生 産 拠 点 を 検 討 する 際 こうした 新 興 国 と のコストや 生 産 性 各 種 インフラなどを 比 較 検 討 することが 当 たり 前 のようになりつつある そこで こ こでは 世 界 銀 行 など 国 際 機 関 のデ-タから 世 界 の 幅 広 い 国 ( 地 域 )の 労 働 生 産 性 の 国 際 比 較 を 行 いたい( 図 3-20~3-22 参 照 ) なお 比 較 にあたっては データの 制 約 から2011 年 を 比 較 年 次 としており 世 界 銀 行 のデ-タに 加 え アジア 開 発 銀 行 やILO( 国 際 労 働 期 間 )などの デ-タも 補 完 的 に 使 用 し 一 部 で 推 計 も 行 う ( 図 3-20) 世 界 銀 行 等 のデータによる 世 界 各 国 の 労 働 生 産 性 ことによって88カ 国 の 労 働 生 産 性 を 計 測 し (2011 年 /1~30 位 ) ている 労 働 生 産 性 が 最 も 高 かったのはルクセン ブルク(124,747ドル/1,333 万 円 ) 第 2 位 はノ ルウェー(118,855ドル/1,270 万 円 )と 上 位 2 カ 国 をみるとOECDのデータを 用 いた 比 較 と 同 様 であった ただ 第 3 位 は カタール (110,664ドル/1,182 万 円 )となっている カ タールは 人 口 140 万 人 ほどの 小 規 模 国 家 だ が 世 界 でも 有 数 の 石 油 天 然 ガス 産 出 量 を 誇 る 資 源 大 国 である また 第 5 位 にブルネ イ 6 (104,893ドル/1,121 万 円 ) 第 7 位 にシン ガポール(100,507ドル/1,074 万 円 ) 第 8 位 に 香 港 (99,915ドル/1,067 万 円 )が 入 っており OECDに 加 盟 していないアジアの 国 が 上 位 10カ 国 のうち4カ 国 を 占 めている もちろん 上 位 の 多 くはOECD 加 盟 諸 国 に よって 占 められており (68,771ドル/ 735 万 円 )は 第 27 位 に 位 置 している これは ニュージーランド(61,244ドル/654 万 円 )を やや 上 回 るものの 南 ヨーロッパに 位 置 する 0 20,000 40,000 60,000 80, , , , ,747 ルクセン ブルク 1 ノルウェ ー 2 カタール 3 米 国 4 ブルネイ 5 アイ ルラ ン ド 6 シン ガポール 7 香 港 8 ベルギー 9 スイ ス 10 フラ ンス 11 イタリア 12 オーストリア 13 オラ ンダ 14 スウェ ーデン 15 デンマーク 16 カナダ 17 オーストラ リア 18 スペイ ン 19 ドイ ツ 20 フィンラ ンド 21 英 国 22 イスラエル 23 ギリシャ 24 アイ スラ ン ド 25 マルタ バハマ , , , , , ,507 99,915 94,678 92,829 87,423 86,320 85,729 85,332 84,675 83,533 82,163 82,103 81,825 81,218 80,974 76,584 71,626 71,431 70,355 69,754 68,771 61,791 ニュージーランド 29 韓 国 30 61,244 61,158 単 位 : 購 買 力 平 価 換 算 USドル 6 正 式 な 国 号 はブルネイ ダルサラーム 国 だが ここでは 略 称 のブルネイと 表 記 している 41

17 ( 図 3-21) 世 界 銀 行 等 のデータによる 世 界 各 国 の 労 働 生 産 性 (2011 年 /31~60 位 ) 0 20,000 40,000 60,000 80, , , ,000 ( 図 3-22) 世 界 銀 行 等 のデータによる 世 界 各 国 の 労 働 生 産 性 (2011 年 /61~88 位 ) 0 20,000 40,000 60,000 80, , , ,000 スロ ベニア 31 スロ バキア 32 ハン ガリー 33 チェ コ 34 ポルトガル 35 トルコ 36 トリニダート トバゴ 37 チリ 38 クロ アチア 39 リトアニア 40 59,251 56,203 56,119 56,095 55,842 52,269 52,079 51,898 51,367 51,259 ドミニカ 共 和 国 61 ヨルダン 62 ブラジル 63 コロ ン ビ ア 64 エジプ ト 65 アゼルバイ ジャン 66 ペルー 67 アルメニア 68 スリラ ンカ 69 25,390 25,257 23,620 23,404 22,127 21,115 20,567 16,051 15,692 ポーラ ンド 41 50,485 モロ ッコ 70 15,674 エストニア 42 48,199 タイ 71 15,641 キプロス 43 47,894 ウクラ イ ナ 72 15,349 ロシア 44 44,881 中 国 73 14,789 ラトビア 45 43,395 グルジア 74 14,745 メキシコ 46 41,487 ブータン 75 13,705 南 アフリカ 47 39,780 パラ グアイ 76 13,571 マレーシア 48 ブルガリア 49 マケドニア 50 ルーマニア 51 モーリシャス 52 エクアドル 53 パナマ 54 ホ スニア ヘルツェコ ヒ ナ 55 ウルグアイ 56 チュニジア 57 38,246 36,209 35,600 34,657 34,216 33,835 33,236 32,117 31,556 31,541 グアテマラ 77 モン ゴル 78 モルドバ 79 ガイ アナ 80 インド 81 フィリピ ン 82 イ ン ドネシア 83 パキスタン 84 ウズベキスタン 85 13,016 12,807 11,881 10,661 10,550 10,488 10,259 8,930 8,100 ベネズエラ 58 29,490 ベトナム 86 5,961 単 位 : コスタリカ 59 カザフスタン 60 27,804 26,171 単 位 : 購 買 力 平 価 換 算 USドル カ ン ボジア 87 ルワン ダ 88 4,660 2,694 購 買 力 平 価 換 算 USドル 人 口 40 万 人 ほどのマルタ(69,754ドル/745 万 円 /26 位 )などとほぼ 同 じ 水 準 にあたる 以 下 31~60 位 をみると スロベニア(59,251ドル/ 第 31 位 )やスロバキア(56,203ドル/ 第 32 位 ) クロアチア(51,367ドル/ 第 39 位 ) ポーランド(50,485ドル/ 第 41 位 )といった 中 欧 東 欧 諸 国 が 多 くなっている また リトアニア(51,259ドル/ 第 40 位 )やエストニア(48,199ド ル/ 第 42 位 ) ラトビア(43,395ドル/ 第 45 位 )のバルト 三 国 の 労 働 生 産 性 もこのあたりに 位 置 している BRICSの 一 角 を 占 めるロシア(44,881ドル)は 第 44 位 南 アフリカ(39,780ドル)は 第 47 位 と メキシコ(41,487ドル/ 第 46 位 )やマレーシア(38,246ドル/ 第 48 位 )とほぼ 同 水 準 であった 他 のBRICS 諸 国 をみると ブラジルの 労 働 生 産 性 が23,620ドル( 第 63 位 ) 中 国 が14,789ドル( 第 73 位 ) インドが10,550ドル( 第 81 位 )となっており BRICSと 総 称 される 国 々の 生 産 性 には 大 きなばらつきがみられる ブラジルの 労 働 生 産 性 は ベネズエラ(29,490ドル)やコロンビア (23,404ドル) ペルー(20,567ドル)といった 近 隣 諸 国 とほぼ 同 じ 水 準 であり 20,000~30,000 ドルのあたりに 南 米 諸 国 が 数 多 く 並 んでいる また 中 国 (14,789ドル)の 労 働 生 産 性 はタイ (15,641ドル)をやや 下 回 るものの インド(10,550ドル)やフィリピン(10,488ドル) インドネ 42

18 シア(10,259ドル)といった 国 の1.5 倍 近 い 水 準 になっている このほか アジア 諸 国 では カザフスタン(26,171ドル)が 第 60 位 スリランカ(15,692ドル) が 第 69 位 パキスタン(8,930ドル)が 第 84 位 ベトナム(5,961ドル)が 第 86 位 に 入 っている こ うしたアジアの 国 々は 比 較 的 高 い 水 準 の 経 済 成 長 が 続 いているものの 経 済 規 模 や 経 済 発 展 段 階 が 国 によって 大 きく 異 なる 状 況 にあり それが 生 産 性 水 準 のばらつきにもつながって いるものと 考 えられる (2) 労 働 生 産 性 上 昇 率 の 国 際 比 較 データが 取 得 できる2011 年 から 直 近 5 年 間 (2007~2011 年 )の 実 質 労 働 生 産 性 上 昇 率 ( 年 率 平 均 )をみると 第 1 位 がモルドバ(+9.9%) 第 2 位 が 中 国 (+9.2%) 第 3 位 がモンゴル(+7.3%) であった モルドバは 旧 ソ 連 邦 に 属 した 東 ヨ ーロッパの 国 で 欧 州 最 貧 国 の1つともされる が 第 3 位 のモンゴルと 同 様 に 社 会 主 義 経 済 から 市 場 経 済 への 移 行 をはかることで 比 較 的 高 水 準 の 経 済 成 長 を 続 けている 第 4 位 のウズ ベキスタン(+5.7%)や 第 5 位 のアゼルバイジ ャン(+5.1%)も 旧 ソ 連 邦 に 属 する 中 央 アジ アの 国 である 両 国 は 豊 富 な 天 然 資 源 を 背 景 に 急 速 な 経 済 発 展 が 続 いており それが 高 い 労 働 生 産 性 上 昇 率 にも 結 びついているとみら れる こうした 国 々をみると 独 立 や 市 場 経 済 への 移 行 に 際 して 経 済 に 混 乱 が 生 じ その 反 動 もあって 高 い 経 済 成 長 率 が 続 いている 国 も 多 い また 豊 富 な 天 然 資 源 をもとに 経 済 成 長 が 続 く 国 は 他 にもインドネシア(+ 3.4%)やカザフスタン(+2.6%)が 上 位 に 名 を 連 ねている 東 南 アジアの 新 興 国 をみると カンボジア (+3.3%)が 第 15 位 ベトナム(+3.3%)が 第 17 位 であった 一 方 で タイ(+0.4%)やシンガ ポール(+0.5%) マレーシア(+0.3%)では 労 働 生 産 性 上 昇 率 が1%を 下 回 るなど ASEAN モルドバ 1 中 国 2 モン ゴル 3 ウズベキスタン 4 アゼルバイ ジャン 5 スリラ ンカ 6 パナマ 7 エクアドル 8 ペルー 9 ウルグアイ 10 モロ ッコ 11 ブータン 12 グルジア 13 インドネシア 14 カンボジア 15 ガイ アナ 16 ベトナム 17 エジプ ト 18 リトアニア 19 ドミニカ 共 和 国 20 モーリシャス 21 ブルガリア 22 カザフスタン 23 スロ バキア 24 ポーラ ンド 25 南 アフリカ 26 韓 国 27 スペイ ン 28 チュニジア 29 香 港 30 パラ グアイ 31 アイ ルラ ン ド 32 フィリピン 33 ブラジル 34 コスタリカ 35 米 国 36 ヨルダン 37 ロシア 38 ポルトガル 39 チリ 40 ( 図 3-23) 世 界 銀 行 等 のデータによる 実 質 労 働 生 産 性 上 昇 率 / 年 率 平 均 (2007~2011 年 /1~40 位 ) -5% 0% 5% 10% 15% 9.9% 9.2% 7.3% 5.7% 5.1% 5.0% 4.5% 4.4% 4.3% 4.2% 3.5% 3.5% 3.5% 3.4% 3.3% 3.3% 3.3% 3.2% 3.2% 3.0% 3.0% 2.9% 2.6% 2.5% 2.4% 2.3% 2.3% 2.2% 2.1% 2.0% 1.8% 1.7% 1.5% 1.5% 1.4% 1.2% 1.1% 1.1% 1.0% 0.9% 43

19 域 内 でも 国 によって 状 況 が 大 きく 異 なって いる( 図 3-24 参 照 ) また の 労 働 生 産 性 上 昇 率 は-0.1%で 第 65 位 であった 主 要 先 進 国 をみると ドイ ツ(-0.4%)や 英 国 (-0.6%) イタリア(- 0.9%)のように 生 産 性 が 落 込 んでいる 国 が 多 くなっている 労 働 生 産 性 水 準 が 最 も 高 いル クセンブルク(-2.6%)や 第 2 位 のノルウェー (-1.0%)も 労 働 生 産 性 上 昇 率 はマイナスに なっている こうした 国 々においては 労 働 生 産 性 が 向 上 する 余 地 が 少 なくなっている だけでなく リーマン ショックや 欧 州 債 務 危 機 などによって 経 済 情 勢 が 悪 化 している ことが 労 働 生 産 性 上 昇 率 を 下 押 しする 要 因 になっているものと 考 えられる イスラエル 41 ルーマニア 42 チェ コ 43 スウェ ーデン 44 オーストラ リア 45 オラ ンダ 46 クロ アチア 47 シン ガポール 48 タイ 49 マレーシア 50 コロンビア 51 パキスタン 52 ラトビア 53 カナダ 54 マルタ 55 トルコ 56 フラ ンス 57 スロ ベニア 58 ベルギー 59 キプロス 60 ハン ガリー 61 マケドニア 62 デンマーク 63 オーストリア スイ ス 66 グアテマラ 67 エストニア 68 アイ スラ ン ド 69 ニュージーラ ンド 70 ドイ ツ 71 フィンランド 72 英 国 73 ホ スニア ヘルツェコ ヒ ナ 74 メキシコ 75 ウクラ イナ 76 アルメニア 77 イタリア 78 ノルウェ ー 79 ベネズエラ 80 カタール 81 ギリシャ 82 トリニダート トバゴ 83 バハマ 84 ルクセン ブルク 85 ブルネイ 86 ( 図 3-24) 世 界 銀 行 等 のデータによる 実 質 労 働 生 産 性 上 昇 率 / 年 率 平 均 (2007~2011 年 /41~86 位 ) -5% 0% 5% 10% 0.9% 0.8% 0.8% 0.6% 0.6% 0.6% 0.5% 0.5% 0.4% 0.3% 0.2% 0.2% 0.2% 0.1% 0.1% 0.1% 0.1% 0.1% 0.1% 0.0% -0.1% -0.1% -0.1% -0.1% -0.1% -0.2% -0.2% -0.3% -0.3% -0.4% -0.4% -0.5% -0.6% -0.7% -0.8% -0.8% -0.9% -0.9% -1.0% -1.1% -1.5% -1.5% -1.8% -2.0% -2.6% -2.6% 44

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73>

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73> 生 活 1 人 口 世 帯 数 世 帯 人 員 の 減 少 傾 向 が 続 く 人 口,, 3, 3,,,, 1,, 17,7 9,1 13,13 1,1 39,7 人 17,19 戸,9 人 17,7 人 19 19 19 197 197 19 19 199 199 9 女 男 世 帯 数 人 口 の 合 計 世 帯 数 ( 戸 ), 1, 1, 1, 1, 1,,,,, 豊 中 市 の 人 口

More information

2009年度調査国際結果の要約

2009年度調査国際結果の要約 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 Programme for International Student Assessment ~2009 年 調 査 国 際 結 果 の 要 約 ~ PISA 調 査 の 概 要 参 加 国 が 共 同 して 国 際 的 に 開 発 し 実 施 している 15 歳 児 を 対 象 とする 学 習 到 達 度 調 査 読 解 力 数 学 的 リテラシー

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む )

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc 平 成 25 年 3 月 8 日 社 団 法 人 日 本 アクチュアリー 会 平 成 24 年 度 CERA 資 格 認 定 について 日 本 アクチュアリー 会 ( 理 事 長 : 野 呂 順 一 )は 平 成 24 年 度 から ERM(エンタープライズ リ スク マネジメント)の 専 門 資 格 である CERA の 資 格 認 定 を 開 始 いたしました CERA 資 格 認 定 の 概

More information

議論の前提

議論の前提 第 1 章 の 補 足 資 料 ( 消 費 税 はだれが 負 担 するのか) 消 費 税 のしくみ 日 本 の 消 費 税 は 付 加 価 値 税 (value added tax VAT)と 呼 ばれる 税 の 一 種 であり 卸 売 り 小 売 りの 各 段 階 で 生 み 出 された 付 加 価 値 に 対 して 課 税 する 売 り 手 が 納 税 の 義 務 を 負 っているので 消 費

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

210X297

210X297 Education at a Glance: OECD Indicators - 2004 Edition Summary in Japanese 図 表 でみる 教 育 OECD インディケータ(2004 年 版 ) まとめ 経 済 状 況 や 社 会 情 勢 の 変 化 に 伴 い 個 人 の 成 功 や 国 家 の 繁 栄 に 果 たす 教 育 の 役 割 はますます 重 要 になってきている

More information

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在 下 記 査 証 情 報 は 日 本 国 籍 での 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 及 び 必 要 な となります 外 国 籍 の 方 は 各 大 使 館 及 び 領 事 館 にお 問 合 せ 下 さい 査 証 情 報 は 各 大 使 館 領 事 館 からの 発 出 情 報 ですが 予 告 なく 変 更 になる 場 合 があります 予 めご 了 承 ください : 観 光 要 : 観 光 不 要

More information

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額 リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 社 団 法 人 日 本 貿 易 会 調 査 グループ 米 国 での 金 融 不 安 の 発 生 とそれに 拍 車 を 掛 けた 年 9 月 のリーマンショックから1 年 が 経 過 した 米 国 経 済 の 急 速 な 景 気 後 退 は 米 国 と 相 互 依 存 関 係 を 深 める 世 界 各 国 の 実 体 経 済 にも 波 及 し 世 界 貿 易

More information

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の 日 本 国 籍 の 日 本 人 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 査 証 渡 航 認 証 及 び 必 要 な です 訪 問 の 目 的 や 訪 問 頻 度 滞 在 日 数 によっては 査 証 が 必 要 な 国 地 域 があります インドネシアやタイなどでは 訪 問 目 的 が 技 術 指 導 機 械 設 置 やメンテナンスの 場 合 には 目 的 に 応 じた 査 証 が 必 要 となります

More information

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 1 immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 Ibrahim Baylan (skolministern) km segregation citizen 3 4 5 1 2 1950 3 4 5 市 民 (Citizens) 自 治 体 ( 県 )による 医 療 支 援 U N H C R 書 類 選 考 受 入 決 定 政 府

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 1 1 21 22 23 2 2 2 2 2 2 30 31 32 33 3 3 3 3 3 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 責 任 者 氏 名 担 当 者 の 氏 名 電 話 番 号 短 期 債 権 国 ( 地 域 ) 別 ミャンマー 中 国 香

More information

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し わが 国 製 造 業 企 業 の 海 外 事 業 展 開 に 関 する 調 査 報 告 -2013 年 度 海 外 直 接 投 資 アンケート 結 果 ( 第 25 回 )- 2013 年 11 月 国 際 協 力 銀 行 業 務 企 画 室 調 査 課 本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの

More information

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件 オーストリア 視 界 不 良 時 は 防 塵 で 頑 丈 な 箱 で 保 管 のこと 任 意 ドライバーは 市 街 地 や 高 速 道 路 において 故 障 に より 自 車 を 離 れざるを 得 ない 場 合 は 着 用 が 必 要 ベラルーシ けん 引 車 を 伴 う 自 動 車 お よび 特 殊 自 動 車 1 は 自 動 車 はすべて 救 急 セットの 車 載 が 必 須 ベルギー 乗 用

More information

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ①

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ① 第 228 回 メディア フォーラム 中 国 人 訪 日 旅 行 者 の 実 態 とニーズ1 - 統 計 等 からみた 概 況 - 2015 年 10 月 29 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 社 会 システムコンサルティング 部 産 業 インフラグループ グループマネージャー 岡 村 篤 100-0005 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-6-5 丸 の 内 北 口 ビル

More information

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業 厚 生 労 働 科 学 研 究 推 進 事 業 新 型 インフルエンザ 等 新 興 再 興 感 染 症 研 究 推 進 事 業 公 募 申 込 の 手 引 き Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 公 益 社 団 法 人 国 際 厚 生 事 業 団 目 次 Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 第 1. 事 業 の 目 的 1 第 2. 対 象 となる 日

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮 都 市 力 について 考 えましょう H20.3.21 春 夏 秋 冬 本 音 クラブ 話 題 提 供 者 安 達 司 郎 あなたは 今 の 日 本 を 東 京 をどんな 街 にしたいですか 都 市 力 とは 将 来 に 向 かっての 都 市 の 競 争 力 や 社 会 資 本 の 充 実 度 その 都 市 の 多 様 な 魅 力 の 総 合 力 と 仮 定 します 1. 今 日 の 議 論 のポイント

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか-

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか- スウェーデン 企 業 におけるワーク ライフ バランス 調 査 ----- 従 業 員 の 育 児 休 業 にどう 対 応 しているか 1 スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 と 取 得 状 況 (1)スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 (イ) 育 児 休 業 制 度 の 概 要 育 児 休 業 は 両 親 合 わせて 480 労 働 日 ( 約 1 年 10 ヶ 月 に 相 当 ) 取 得

More information

はじめに 本 報 告 書 は 2012 年 に 実 施 された OECD( 経 済 協 力 開 発 機 構 ) 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 (PISA: Programme for International Student Assessment)のうち 国 際 オプ ションとして 実 施 された 問 題 解 決 能 力 の 国 際 調 査 結 果 を 基 に 日 本 にとって 特 に

More information

Ⅲ 外国人観光客の動向

Ⅲ 外国人観光客の動向 Ⅲ 外 国 人 観 光 客 の 動 向 1 全 国 の 動 向 平 成 24 年 の 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 は 対 前 年 比 34.4% 増 の 835 万 8,105 人 となった 訪 日 外 国 人 旅 行 者 のうち 観 光 客 は 604 万 1,645 人 ( 対 前 年 48.9% 増 ) 商 用 客 は 144 万 2,946 人 ( 同 16% 増 ) 客 は 87

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

Microsoft Word - 09 P88~102 研究ノート 青木健.doc

Microsoft Word - 09  P88~102  研究ノート 青木健.doc 研 究 ノ ー ト 廃 プラスチックと 古 紙 にみる リサイクル 資 源 の 世 界 貿 易 青 木 健 Takeshi Aoki 杏 林 大 学 総 合 政 策 学 部 教 授 ( 財 ) 国 際 貿 易 投 資 研 究 所 客 員 研 究 員 東 アジア 諸 国 の 多 くは 世 界 平 均 を 上 回 る 経 済 成 長 を 遂 げている そのた め 中 国 を 筆 頭 に 東 アジア 諸

More information

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 職 員 の 外 国 旅 行 の 旅 費 に 関 する 規 程 制 定 平 成 20 年 6 月 1 日 規 程 第 221 号 最 近 改 正 平 成 26 年 5 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 旅 費 規 程 ( 以 下 国 内 旅 費

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A> 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (T I M S S 2 0 1 1) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (TIMSS2011) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 平 成 24 年 12 月 Ⅰ 調 査 の 概 要 -----------------------------------------------------------

More information

21 北 朝 鮮 22 台 湾 23 大 韓 民 国 24 香 港 特 別 行 政 区 25 中 華 人 民 共 和 国 26 アイスランド 共 和 国 27 アイルランド 28 アルバニア 共 和 国 29 アンドラ 公 国 (フランス) 30 イタリア 共 和 国 31 オランダ 王 国 32

21 北 朝 鮮 22 台 湾 23 大 韓 民 国 24 香 港 特 別 行 政 区 25 中 華 人 民 共 和 国 26 アイスランド 共 和 国 27 アイルランド 28 アルバニア 共 和 国 29 アンドラ 公 国 (フランス) 30 イタリア 共 和 国 31 オランダ 王 国 32 日 本 国 籍 の 観 光 査 証 渡 航 認 証 要 否 旅 券 の 残 存 期 間 ご 注 意! 渡 航 される 場 合 は 必 ず 関 係 諸 機 関 へお 問 い 合 わせいただき その 時 点 の 最 新 情 報 を 入 手 してください 弊 社 では 下 記 情 報 に 起 因 する 一 切 の 責 任 を 負 いかねます 事 をあらかじめご 承 知 おきください 2013 年 9 月

More information

平成26年要約版(閲覧用)

平成26年要約版(閲覧用) 海 外 在 留 邦 人 数 調 査 統 (Annual Report of Statistics on Japanese Nationals Overseas) 平 成 26 年 要 約 版 ( 平 成 25 年 (2013 年 )10 月 1 日 現 在 ) 外 務 省 領 事 局 政 策 課 目 次 利 用 の 手 引 き 1 1. 統 の 目 的 調 査 方 法 及 び 用 語 の 定 義

More information

ASEAN NOW (Vol.15)

ASEAN NOW (Vol.15) 東 南 アジア 経 済 1 年 月 日 全 13 頁 ASEAN NOW (Vol.) アセアンへの 外 国 人 観 光 客 事 情 経 済 調 査 部 佐 藤 清 一 郎 [ 要 約 ] 外 国 人 観 光 客 数 の 増 加 は 旅 行 サービス 輸 出 増 や 消 費 増 を 通 じて 訪 問 国 の 経 済 活 動 にプ ラスとなる 11 年 世 界 の 観 光 収 入 は 初 めて 1 兆

More information

新 興 国 の 経 済 1 経 済 新 興 国 は 底 堅 い 内 需 に 下 支 えされ 堅 調 なペースでの 成 長 を 続 けているが 米 経 済 減 速 の 影 響 に 注 意 が 必 要 1 前 月 の 振 り 返 り 月 1 日 開 催 のFOMC( 米 連 邦 公 開 市 場 委 員

新 興 国 の 経 済 1 経 済 新 興 国 は 底 堅 い 内 需 に 下 支 えされ 堅 調 なペースでの 成 長 を 続 けているが 米 経 済 減 速 の 影 響 に 注 意 が 必 要 1 前 月 の 振 り 返 り 月 1 日 開 催 のFOMC( 米 連 邦 公 開 市 場 委 員 21 年 9 月 7 日 住 信 アセットマネジメント 株 式 会 社 21 年 9 月 号 月 末 7 月 末 月 間 騰 落 率 新 興 国 MSCI エマージング マーケット インデックス ( 円 換 算 ベース) 2.27 59.55.57% 中 国 上 海 総 合 指 数 2,3. 2,37.5.5% インド ムンバイ SENSEX3 種 指 数 17,971. 17,.29.5% アジア

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 銀 行 等 の 非 居 住 者 等 に 対 する 国 別 債 権 債 務 に 関 する 報 告 書 ( 年 月 末 現 在 ) 報 告 年 月 日 : 根 拠 法 規 : 外 国 為 替 の 取 引 等 の 報 告 に 関 する 省 令 主 務 官 庁 : 財 務 省 短 期 債 権 報 告 者 : 名 称 及 び

More information

「東欧の金融・経済」 ~EU、ユーロ動向の最前線~

「東欧の金融・経済」 ~EU、ユーロ動向の最前線~ 東 欧 の 金 融 経 済 ~EU ユーロ 動 向 の 最 前 線 ~ 7 月 1 日 にEUに 加 盟 したクロアチアの 聖 マルコ 寺 院 ( 筆 者 撮 影 ) H25.7.20 拓 殖 大 学 政 経 学 部 高 橋 智 彦 東 欧 とは 一 般 に 日 本 では 冷 戦 時 の 欧 州 の 社 会 主 義 圏 のイメー ジ 国 連 定 義 ではこのイメージに 近 くポーランド チェコ スロバキア

More information

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0%

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0% 8 8 グローバル 化 の 急 速 な 進 展 の 中 人 事 行 政 の 分 野 においても 国 際 協 力 や 国 際 交 流 の 重 要 性 は 高 まっており 開 発 途 上 国 政 府 や 国 際 機 関 への 技 術 協 力 を 目 的 とする 日 本 の 公 務 員 に 対 する 派 遣 要 請 に 加 え 各 国 政 府 職 員 の 人 材 育 成 や 公 務 員 制 度 の 整 備

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208F4390B394C52D83438393836882CC8C6F8DCF90AC92B782C68E738FEA93AE8CFC>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208F4390B394C52D83438393836882CC8C6F8DCF90AC92B782C68E738FEA93AE8CFC> インドの 経 済 成 長 と 市 場 動 向 ~ 大 国 への 道 を 歩 む 静 かなる 聖 流 ~ 平 成 21 年 9 月 18 日 株 式 会 社 SBI 証 券 投 資 調 査 部 (ガンジス 川 ) 1.アジア アジアの 成 長 大 国 ( 概 略 ) 国 名 インド インド(India India) 首 都 ニューデリー ニューデリー(New Delhi)

More information

大 学 専 門 校 等 卒 業 後 の 在 留 資 格 の 切 り 替 えのルールと 手 続 き 資 料 1: 在 留 資 格 一 覧 表 資 料 2: 平 成 26 年 における 留 学 生 の 日 本 企 業 等 への 就 職 状 況 について 資 料 3: 技 術 人 文 知 識 国 際 業 務 の 在 留 資 格 の 明 確 化 等 について 資 料 4: 就 労 資 格 の 在 留 諸 申

More information

Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx

Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx 悪 化 した 企 業 収 益 が 雇 用 と 所 得 に 与 える 影 響 国 内 の 消 費 は 政 府 の 景 気 対 策 の 効 果 もあって このところ 持 ち 直 しの 動 きが 続 いている が 雇 用 所 得 環 境 は 依 然 として 厳 しい 情 勢 が 続 いている 以 下 では 昨 年 末 以 降 の 景 気 後 退 による 製 造 業 を 中 心 とした 企 業 収 益 の

More information

経済・物価情勢の展望(2015年10月)

経済・物価情勢の展望(2015年10月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 10 月 ) 2015 年 10 月 30 日 日 本 銀 行 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にかけて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけては 消 費 税 率 引 き 上

More information

の 少 ない 労 働 者 の 比 率 が 次 第 に 大 きくなってきている 図 表 3-1 週 平 均 労 働 時 間 の 分 布 (1990 年 ~2005 年 ) ( 単 位 :%) EU12:ベルギー フランス オランダ イタリア ルクセンブルク 西 ドイツ デンマーク アイルランド イギリ

の 少 ない 労 働 者 の 比 率 が 次 第 に 大 きくなってきている 図 表 3-1 週 平 均 労 働 時 間 の 分 布 (1990 年 ~2005 年 ) ( 単 位 :%) EU12:ベルギー フランス オランダ イタリア ルクセンブルク 西 ドイツ デンマーク アイルランド イギリ 付 属 資 料 欧 州 における 労 働 時 間 とワーク ライフ バランスの 実 態 欧 州 労 働 条 件 調 査 から 欧 州 は 拡 大 を 続 けており 域 内 における 労 働 生 活 条 件 の 水 準 の 格 差 もまた 明 らかに 拡 大 し 続 けている 欧 州 レベルで 生 産 性 を 向 上 させ 雇 用 を 拡 大 し 労 働 の 質 を 改 善 しようとす る 政 策 立

More information

Microsoft Word レポート(最終)

Microsoft Word レポート(最終) 景 気 動 向 指 数 からみる 消 費 税 増 税 後 の 県 内 景 気 < はじめに > 26 4 月 に 消 費 税 が5%から8%へと 引 き 上 げられた 本 県 経 済 は 増 税 直 後 か ら 一 部 で 増 税 に 伴 う 駆 け 込 み 需 要 の 反 動 減 がみられるなど 全 体 として 弱 い 動 きが 続 き 増 税 から2 近 くたった 現 在 においても 直 接 的

More information

閣議版-第3章

閣議版-第3章 第 節 日 本 的 雇 用 システムと 今 後 の 課 題 前 節 では 企 業 が 若 手 正 社 員 として 求 める 人 材 とは 何 かを 中 心 にみてきたが 企 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 大 きく 変 化 する 中 で 正 社 員 の 雇 用 システムも 変 化 を 求 められている 日 本 では 大 企 業 を 中 心 に 長 期 雇 用 やいわゆる 年 功 賃 金 という

More information

取扱説明書[SH705iⅡ]

取扱説明書[SH705iⅡ] 海 国 際 ローミング(WORLD WING)の 概 要...................... 378 海 で できるサービスについて......................... 378 海 でご になる 前 の 確 認............................... 379 滞 在 先 で 電 話 をかける.....................................

More information

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回)

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回) 平 成 6 年 度 日 本 留 学 試 験 ( 第 回 ) 実 施 結 果 の 概 要 目 次 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試 験 実 施 要 項 実 施 状 況 3 科 目 別 平 均 点 等 一 覧 7 得 点 分 布 図 8 得 点 累 積 分 布 図 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試

More information

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得 ハーベスト グローバル インベストメント リミテッド 提 供 の 情 報 に 基 づき SBIアセットマネジメントが 作 成 帯 路 政 策 の 窓 となる 港 2016 年 7 月 吉 日 サミットの 様 子 2016 年 5 が 提 唱 する 帯 路 構 想 に 関 するサミットが 港 特 別 政 区 政 府 主 導 で 開 催 され 全 代 委 員 をはじ め 政 策 の 恩 恵 を 受 ける

More information

目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える... 6 感 情 的 な 要 素 を 強 調 して 購 入 を 促 進 ( 特 にミレニ

目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える... 6 感 情 的 な 要 素 を 強 調 して 購 入 を 促 進 ( 特 にミレニ これからの 需 要 と マーケティング 世 界 の 需 要 拡 大 に 応 える4つの 戦 略 2014 年 4 月 Copyright 2014 The Nielsen Company 目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える...

More information

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 世 界 日 本 の 長 期 エネルギー 需 給 の 見 通 し 平 成 21 年 9 月 3 日 第 1 回 エネルギーベストミックス 研 究 会 財 団 法 人 日 本 エネルギー 経 済 研 究 所 計 量 分 析 ユニット 主 任 研 究 員 松 尾 雄 司 1 発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 1. 世 界

More information

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分 Ⅳ 社 会 保 険 社 会 保 険 とは 国 民 に 発 生 する 社 会 的 危 険 を 保 険 方 式 により 対 処 することで 国 民 の 健 康 及 び 所 得 を 保 障 する 制 度 を 意 味 する( 社 会 保 障 基 本 法 第 3 条 第 2 項 ) 同 制 度 は 国 家 及 び 社 会 が 責 任 を 持 って 国 民 生 活 を 脅 かす 様 々な 生 活 上 の 危 険

More information

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418 制 定 平 成 22 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 25 年 4 月 18 日 JAHIS 規 程 5010 号 海 外 旅 費 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 会 員 会 社 に 所 属 する 者 一 般 社 団 法 人 保 健 医 療 福 祉 情 報 システム 工 業 会 ( 以 下 本 会 という)への 出 向 者 本 会 が 雇 用 した 職 員 および 業

More information

数字で見る国連WFP 2014

数字で見る国連WFP 2014 2014 レベル3の 緊急支援 2014年 国連WFPはレベル3の緊急支援活動6件に並行して取り組みました レベル3とは 国連WFPが定める緊急事態の最高段階です 国連WFPは レベル3と判断した事態には 国事務所や地域事務所を中心としつつ 全組織を挙げて対応します 数字で見る国連WFP 2014 レベル3の 緊急支援 中央アフリカ共和国 法と秩序の崩壊により住む家を追われた100万人以上に支援を届けました

More information

1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000 全 世 界

1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000 全 世 界 料 2 株 式 会 社 海 外 通 信 放 送 郵 便 事 業 支 援 機 構 について 平 成 27 年 7 月 総 務 省 1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 海 外 旅 行 調 査 2014 Market Survey Of Overseas Travel ~2013 年 海 外 旅 行 者 の 選 択 プロセス 評 価 と 今 後 の 意 向 ~ 目 次 序 章 本 報 告 書 の 概 要 5 1. 調 査 概 要 6 2. 回 答 者 プロフィール 7 参 考 2013 年 の 海 外 渡 航 状 況 11 1. 調 査 概 要 12 2.2013

More information

Microsoft PowerPoint - 160407 - Unitary Patent & UPC_HP掲載用

Microsoft PowerPoint - 160407 - Unitary Patent & UPC_HP掲載用 免 責 事 項 2016 年 4 月 7 日 知 財 情 報 研 究 会 欧 州 中 東 アフリカ 部 会 本 スライドは 記 載 事 項 についていかなる 保 証 をするものではなく 法 的 アドバイスを 提 供 するものではありません OVERVIEW 欧 州 単 一 特 許 統 一 特 許 裁 判 所 移 行 期 間 中 の 手 続 メリット デメリット 出 願 人 特 許 権 者 の 観 点

More information

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 出 張 旅 費 支 給 規 程 制 定 平 成 13 年 4 月 1 日 最 終 改 正 平 成 28 年 1 月 1 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 役 員 及 び 職 員 ( 派 遣 労 働 者 を

More information

第 3 節 新 たな 国 際 分 業 と 日 本 経 済 第 3-3 - 20 図 日 米 欧 の 収 益 性 と 総 資 本 回 転 率 米 欧 に 比 日 本 収 益 率 (1)( 総 資 産 益 率 ) (2)( 資 本 益 率 ) 第 (3) 上 益 率 (4) 総 資 本 回 転 率 3

第 3 節 新 たな 国 際 分 業 と 日 本 経 済 第 3-3 - 20 図 日 米 欧 の 収 益 性 と 総 資 本 回 転 率 米 欧 に 比 日 本 収 益 率 (1)( 総 資 産 益 率 ) (2)( 資 本 益 率 ) 第 (3) 上 益 率 (4) 総 資 本 回 転 率 3 第 3 章 3 日 本 経 済 の 競 争 力 一 国 経 済 の 競 争 力 というのは 曖 昧 な 概 念 であるが ここでは そこに 立 地 する 企 業 が 成 長 できるような 環 境 を 提 供 する 力 であると 考 えてみよう そうした 定 義 の 下 では 競 争 力 のある 国 の 企 業 は 高 い 収 益 を 上 げているはずであり また 海 外 から 多 くの 直 接 投

More information

Microsoft Word - 2014-04 French Economy_JP_.doc

Microsoft Word - 2014-04 French Economy_JP_.doc 海 外 駐 在 情 報 BTMU Focus, London Akiko Darvell 44-20-7577-1591 akiko.darvell@uk.mufg.jp April 11, 2014 経 済 の 成 長 力 低 下 懸 念 について < 要 旨 > 欧 州 経 済 が 緩 慢 ながらも 持 ち 直 し 傾 向 を 辿 るなか 経 済 の 低 調 さが 懸 念 材 料 のひとつとなっている

More information

スライド 1

スライド 1 ZESDAプロデュースカフェ 特 別 版 未 来 予 測 2014-2025 ~ 第 2 回 サスティナビリティ ~ 株 式 会 社 アクアビット 代 表 取 締 役 チーフ ビジネスプランナー 田 中 栄 1 未 来 予 測 レポート シリーズ 全 産 業 /マスター 版 2011 年 4 月 サスティナビリティ ( 環 境 資 源 エネルギー) 2013 年 7 月 ライフ イノベーション 食

More information

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 旅 費 規 程 平 成 13 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 平 成 18 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国

More information

アジア.indd

アジア.indd 調 査 部 目 次 1.アジア 全 体 (1)2013 年 上 期 のアジア 経 済 (2) 今 後 のアジア 経 済 2. 中 国 経 済 (1) 景 気 は 足 踏 み 状 態 (2) 二 つの 景 気 シナリオ 3.インド 経 済 景 気 は 緩 やかに 持 ち 直 し (1)2012 年 度 の 実 質 GDP 成 長 率 は5.0%と10 年 ぶりの 低 成 長 (2) 景 気 は 緩 やかながらも

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353190BB91A28BC682CC8A438A4F90B68E5983568374836782C697418F6F82CC8D82957489C189BF926C89BB2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353190BB91A28BC682CC8A438A4F90B68E5983568374836782C697418F6F82CC8D82957489C189BF926C89BB2E70707478> 今 月 のトピックス No.251-1(216 年 3 月 17 日 ) (21 年 =1) 95Q2 98Q2 14 実 質 実 効 為 替 レート( 右 目 盛 ) 12 1 8 製 造 業 の 海 外 生 産 シフトと 輸 出 の 高 付 加 価 値 化 1.リーマンショック 以 降 の 日 本 の 輸 出 の 弱 さの 背 景 には 構 造 的 要 因 日 本 の 輸 出 を 数 量 ベースでみると

More information

明 治 大 学 2/5, 全 学 部 統 一 経 営 国 際 日 本 商 情 報 コミュニケーション 政 治 経 済 農 (1) 第 二 次 世 界 大 戦 の 戦 場 となったヨーロッパの 戦 後 復 興 は, 新 たな 国 家 間 の 枠 組 みの 形 成 と 並 行 して 進 め

明 治 大 学 2/5, 全 学 部 統 一 経 営 国 際 日 本 商 情 報 コミュニケーション 政 治 経 済 農 (1) 第 二 次 世 界 大 戦 の 戦 場 となったヨーロッパの 戦 後 復 興 は, 新 たな 国 家 間 の 枠 組 みの 形 成 と 並 行 して 進 め 1 2010 学 習 院 大 学 2/7 文 問 1 下 図 の 空 欄 1~3に 適 する 国 際 経 済 組 織 名 をアルファベットを 用 いた 略 称 で 答 えなさい また, 空 欄 4 ~8に 適 する 加 盟 国 名 を 答 えなさい 解 答 用 紙 記 述 問 2 EEC に 対 抗 して 発 足 し た EFTA の 現 在 の 加 盟 国 は, 設 立 当 時 と 大 きく 異

More information

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光 震 災 後 の 個 人 消 費 の 動 向 について 震 災 の 影 響 を 受 けた 消 費 者 マインドの 急 激 な 悪 化 自 粛 ムードの 広 がり サプライ チェーン 寸 断 による 供 給 制 約 といった 要 因 等 を 背 景 に 3 月 の 個 人 消 費 は 大 幅 な 落 ち 込 みを 記 録 した 4 月 以 降 は これら 要 因 が 徐 々に 緩 和 してきていることから

More information

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進 第 2 節 安 定 成 長 を 模 索 する 中 国 経 済 中 国 経 済 が 大 規 模 な 景 気 刺 激 策 に 頼 ることなく 自 律 的 かつ 安 定 的 な 成 長 を 実 現 するた めには 過 剰 投 資 過 剰 生 産 過 剰 信 用 の 調 整 と 投 資 から 消 費 への 移 行 を 進 めるとと もに 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 問 題 に 対 処

More information

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの (28.3) ハローワークシステム 外 国 人 雇 用 状 況 届 出 雇 用 情 報 複 数 登 録 手 順 書 目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV

More information

旅費規程改正案(2012.4.1~)

旅費規程改正案(2012.4.1~) 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 旅 費 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 43 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 13 条 ) 第 2 章 内 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 14 条 - 第 26 条 ) 第 3 章 外 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 27 条 - 第 34 条 ) 第 4

More information

平 成 28 年 版 労 働 経 済 分 析 誰 もが 活 躍 できる 社 会 実 現 と 労 働 生 産 性 向 上 に 向 けた 課 題 平 成 28 年 9 月 厚 生 労 働 省 目 次 平 成 28 年 版 労 働 経 済 分 析 誰 もが 活 躍 できる 社 会 実 現 と 労 働 生 産 性 向 上 に 向 けた 課 題 はじめに 1 凡 例 2 第 1 章 労 働 経 済 推 移

More information

平成26年1-3月期 報告書

平成26年1-3月期 報告書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 結 果 及 び 分 析 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 JAPAN TOURISM AGENCY 2 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 平 成 26 年 1-3 月 期 目 次 報 告 書 Ⅰ 平 成 26

More information

Microsoft Word - 16_2

Microsoft Word - 16_2 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 213 年 8 月 号 ユーロ 圏 中 核 国 に 広 がる 経 済 悪 化 の 影 響 < 要 旨 > 昨 年 9 月 以 降 ユーロ 圏 の 金 融 市 場 は 落 ち 着 いているが 周 縁 国 のみならず 中 核 国 においても 実 体 経 済 の 悪 化 が 長 引 くと 銀 行 の 経 営 状 況 ひいては 金 融 システムの 安 定 性

More information

160603 World Employment and Social Outlook 2016(EJ)

160603 World Employment and Social Outlook 2016(EJ) WORLD EMPLOYMENT SOCIAL OUTLOOK 2016 Transforming jobs to end poverty 世 界 の 雇 用 及 び 社 会 の 見 通 し 2016 仕 事 を 変 化 させて 貧 困 を 終 わらせる International Labour Office Geneva 要 旨 大 半 の 国 では 過 去 20 年 間 に 貧 困 が 減 少

More information

学校制度(学制)-諸外国との比較

学校制度(学制)-諸外国との比較 資 料 1 学 校 制 度 ( 学 制 )- 諸 外 国 との 比 較 再 生 実 行 会 議 平 成 25 年 11 月 26 日 ( 火 )17:45-19:15 官 邸 2 階 小 ホール あきら 二 宮 皓 比 治 山 大 学 比 治 山 大 学 短 期 大 学 部 学 長 二 宮 皓 @ 比 治 山 大 学 1 1 学 制 学 校 体 系 ( 学 校 段 階 の 区 分 接 続 及 び 学

More information

untitled

untitled 平 成 22 年 (2010 年 )3 月 1 日 NO.2010-09 韓 国 経 済 プレゼンス 拡 大 の 背 景 韓 国 は グローバル 金 融 危 機 後 世 界 的 にみて 比 較 的 早 い 段 階 で 景 気 が 持 ち 直 した ほか 家 電 や 自 動 車 といった 主 力 製 品 の 世 界 市 場 でのシェア 拡 大 など 躍 進 が 目 立 っ ている 以 下 では 最 近

More information

年 月 第 週 号 日 本 経 済 情 勢 概 況 ( 取 り 消 し 線 は 前 回 から 削 除 した 箇 所 下 線 は 追 加 した 箇 所 ) 日 本 経 済 は 回 復 基 調 で 推 移 している 大 幅 マイナスだった - 月 期 の 反 動 で 7-9 月 期 の 成 長 率 は

年 月 第 週 号 日 本 経 済 情 勢 概 況 ( 取 り 消 し 線 は 前 回 から 削 除 した 箇 所 下 線 は 追 加 した 箇 所 ) 日 本 経 済 は 回 復 基 調 で 推 移 している 大 幅 マイナスだった - 月 期 の 反 動 で 7-9 月 期 の 成 長 率 は 年 月 第 週 号 ( 原 則 毎 月 第 週 週 発 行 ) 年 度 vol. 財 政 危 機 は 避 けられないのか 回 目 の 消 費 税 率 引 き 上 げについての 是 非 を 巡 る 議 論 が 盛 んだが ここへきて 先 送 りの 機 運 もかなり 高 まってきている 政 府 内 からは 年 半 後 などという 具 体 的 な 期 間 を 提 示 する 意 見 も 出

More information

2

2 1 2 3 2013 年 度 コマツの 連 結 売 上 高 は 前 年 比 +3.6% 増 収 の1 兆 9,536 億 円 営 業 利 益 は 前 年 比 +13.7% 増 益 の2,404 億 円 となりました 営 業 利 益 率 も1.1ポイント 改 善 し 12.3%となりました 建 設 機 械 車 両 : 中 国 日 本 において 建 機 需 要 が 増 加 しましたが 鉱 山 機 械 需

More information

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 2004 年 11 月 26 日 発 行 地 方 税 の 国 際 比 較 ~ 三 位 一 体 の 改 革 の 税 源 移 譲 に 向 けての 留 意 点 ~ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 はじめに 地 方 税 財 政 における 三 位 一 体 の 改 革 の 具 体 像 を 固 める

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674> 資 料 3 第 2 回 病 院 等 を 対 象 とするヘルスケアリートの 活 用 に 係 るガイドライン 検 討 委 員 会 THE ASSOCIATION FOR REAL ESTATE SECURITIZATION 投 資 法 人 の 活 動 及 び 資 産 運 用 の 範 囲 等 について 2014 年 10 月 23 日 ( 木 ) 一 般 社 団 法 人 不 動 産 証 券 化 協 会 Jリートの

More information

欧州に学ぶマイナス金利の経済への影響

欧州に学ぶマイナス金利の経済への影響 経 済 分 析 レポート 年 月 日 全 頁 欧 州 に 学 ぶ 金 利 の 経 済 への 影 響 日 銀 による 金 利 導 入 の 影 響 をどう 捉 えるか? エコノミック インテリジェンス チーム エコノミスト 岡 本 佳 佑 [ 要 約 ] 月 9 日 日 本 銀 行 が 金 利 付 き 量 的 質 的 金 融 緩 和 の 導 入 を 決 定 した 世 界 を 見 渡 せば 金 利 を 導

More information

資 料 6 第 6 期 第 3 回 福 岡 市 男 女 共 同 参 画 審 議 会 ( 平 成 27 年 7 月 6 日 ) 男 女 共 同 参 画 に 関 するデータ 集 目 次 項 目 ページ 1 福 岡 市 の 人 口 推 移 と 推 計 人 口 (1985 年 ~2040 年 ) 1 2 福 岡 市 の 人 口 推 計 人 口 における 年 齢 構 造 の 変 化 (1985 年 ~2040

More information

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 旅 費 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 26 年 12 月 24 日 平 成 27 年 3 月 26 日 平 成 28 年 3 月 23 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 (

More information

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2 報 道 発 表 平 成 27 年 2 月 23 日 東 京 税 関 不 正 薬 物 の 摘 発 件 数 196 件 押 収 量 約 346kg 覚 醒 剤 大 麻 の 押 収 量 が 不 正 薬 物 全 体 の 約 98%を 占 めた 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数 が 過 去 1 年 間 で2 番 目 を 記 録 ~ 平 成 26 年 の 東 京 税 関 における 不 正 薬 物 密 輸 入 事

More information

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース みずほインサイト 日 本 経 済 13 年 1 月 7 日 日 本 企 業 のマネーフローに 変 化 は みられるか みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 市 場 調 査 部 金 融 調 査 部 3-3591-18/3-3591-1351 13 年 7~9 月 期 における 日 本 企 業 の 資 金 運 用 ( 資 金 の 使 い 途 )は 大 企 業 では 投 融 資 の 増 加 を 背

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204E6F2E3035938A8D658140834F838D815B834A838B82C88E8B935F82A982E78D6C82A682E92E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204E6F2E3035938A8D658140834F838D815B834A838B82C88E8B935F82A982E78D6C82A682E92E646F63> 21 世 紀 の 日 本 のかたち(5) --- グローカルな 視 点 から 考 える -- 戸 沼 幸 市 ( 財 団 法 人 日 本 開 発 構 想 研 究 所 理 事 長 ) 1.グローカル 社 会 日 本 の 現 代 社 会 はさまざまな 場 面 でグローバル ( 世 界 地 球 大 )な 要 素 とローカル( 日 本 地 域 的 )な 要 素 がダイナミックに 混 合 して 現 れていま

More information

経済・物価情勢の展望(2015年4月)

経済・物価情勢の展望(2015年4月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2015 年 4 月 30 日 日 本 銀 行 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にか けて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけ ては 消 費 税 率 引 き 上

More information

Microsoft Word - 07i31j_01.doc

Microsoft Word - 07i31j_01.doc 先 進 主 要 7カ 国 (G7)の 格 付 け 見 直 し 07-I-31 2007 年 8 月 13 日 株 式 会 社 日 本 格 付 研 究 所 (JCR)は G7の 外 貨 建 ておよび 自 国 通 貨 建 て 長 期 優 先 債 務 の 格 付 け 及 び 見 通 しを 見 直 し 据 え 置 きとしましたのでお 知 らせします 対 象 国 外 貨 建 て 長 期 優 先 債 務 自 国

More information

ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を 生 産 分 配 支 出 の3 面 から 体

ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を 生 産 分 配 支 出 の3 面 から 体 平 成 25 年 度 香 川 県 県 民 経 済 計 算 推 計 結 果 平 成 27 年 12 月 香 川 県 政 策 部 統 計 調 査 課 ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を

More information

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 2004 年 10 月 22 日 発 行 来 港 中 国 人 旅 行 者 の 増 加 と 香 港 経 済 本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 E-mail hiroshi.inagaki@mizuho-cb.com 活 気 を 取 り 戻 す 香 港 観 光 セクター 香 港

More information

日 本 の 成 人 の 読 解 力 と 数 的 思 考 力 は 参 加 中 1 位 となった 日 本 の 成 人 の IT を 活 用 した 問 題 解 決 能 力 は 平 均 並 みだった 日 本 は 成 人 力 調 査 の 読 解 力 が 上 位 3 レベルとなった 生 産 年 齢 (16~65

日 本 の 成 人 の 読 解 力 と 数 的 思 考 力 は 参 加 中 1 位 となった 日 本 の 成 人 の IT を 活 用 した 問 題 解 決 能 力 は 平 均 並 みだった 日 本 は 成 人 力 調 査 の 読 解 力 が 上 位 3 レベルとなった 生 産 年 齢 (16~65 日 本 主 な 問 題 点 日 本 の 成 人 の 読 解 力 と 数 的 思 考 力 の 習 熟 度 は 参 加 国 中 1 位 となった 日 本 の 成 人 の IT を 活 用 した 問 題 解 決 能 力 は 平 均 並 みであった 日 本 では 若 年 層 の 成 人 の 得 点 が この 分 野 で 平 均 以 下 であった 日 本 の 成 人 の 情 報 処 理 能 力 の 習 熟 度

More information

216 年 2 月 3 日 1. インドネシア 消 費 者 物 価 上 昇 率 が 6 年 ぶりの 低 水 準 に 止 まるなかで 高 まる 追 加 利 下 げ 期 待 1 月 1 日 インドネシア 中 銀 は 政 策 金 利 であるBIレートを7.%から7.2%へ.2% ポイント 引 き 下 げた

216 年 2 月 3 日 1. インドネシア 消 費 者 物 価 上 昇 率 が 6 年 ぶりの 低 水 準 に 止 まるなかで 高 まる 追 加 利 下 げ 期 待 1 月 1 日 インドネシア 中 銀 は 政 策 金 利 であるBIレートを7.%から7.2%へ.2% ポイント 引 き 下 げた 216 年 2 月 3 日 ASEAN インド 月 報 (216 年 2 月 ) 目 次 ASEAN インドのマクロ 経 済 動 向 インドネシア 1 マレーシア 2 フィリピン 3 シンガポール タイ ベトナム 6 インド 7 アジア 主 要 国 地 域 の 主 要 経 済 指 標 ( 国 地 域 別 ) 8 アジア 主 要 国 地 域 の 主 要 経 済 指 標 比 較 13 経 済 調 査 室

More information

海外たばこ事業実績補足資料2015年1-12月期及び10-12月期

海外たばこ事業実績補足資料2015年1-12月期及び10-12月期 2016 年 2 月 4 日 日 本 たばこ 産 業 株 式 会 社 Japan Tobacco International (JTI) 海 外 たばこ 事 業 実 績 補 足 資 料 (2015 年 1-12 月 期 及 び 10-12 月 期 ) JTI GFB 好 調 とプライシングにより 二 桁 の 利 益 成 長 前 年 同 期 比 1-12 月 10-12 月 ( 億 本 百 万 ドル)

More information

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか?

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか? 日 本 経 済 予 測 Monthly 216 年 6 月 21 日 全 頁 日 本 経 済 見 通 し: 何 故 個 人 消 費 は 低 迷 して いるのか? 国 内 要 因 が 景 気 下 支 え 役 となるが 海 外 発 の 景 気 下 振 れリスクは 残 存 エコノミック インテリジェンス チーム 執 行 役 員 チーフエコノミスト 熊 谷 亮 丸 シニアエコノミスト 長 内 智 エコノミスト

More information

Microsoft Word - J_20120613エンゲル.docx

Microsoft Word - J_20120613エンゲル.docx Economic Trends マ クロ 経 済 分 析 レポート テーマ:エンゲル 係 数 上 昇 で 広 がる 生 活 格 差 212 年 6 月 13 日 ( 水 ) ~ 食 料 エネルギー 価 格 上 昇 と 所 得 減 で 必 要 となるインフレ 目 標 の 見 直 し~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利 廣 (3-5221-4531)

More information

スライド 1

スライド 1 タイ 投 資 セミナー in 仙 台 札 幌 最 近 の 日 本 企 業 の 進 出 動 向 とタイの 魅 力 目 次 1. タイへの 日 本 企 業 の 進 出 状 況 2. タイのビジネス 環 境 上 の 優 位 点 ~ 生 産 拠 点 として 消 費 市 場 として~ 3. の 課 題 4.まとめ 2 1.タイへの 日 本 企 業 の 進 出 状 況 3 ASEANでは 日 本 企 業 はタイに

More information

平 成 26 年 訪 日 外 客 数 出 国 日 本 人 数 2014 Visitor Arrivals & Japanese Overseas Travelers 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) Japan National Tourism Organization(JNTO) 訪 日

平 成 26 年 訪 日 外 客 数 出 国 日 本 人 数 2014 Visitor Arrivals & Japanese Overseas Travelers 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) Japan National Tourism Organization(JNTO) 訪 日 PRESS RELEASE( 報 道 発 表 資 料 ) 経 営 戦 略 部 総 務 広 報 グループ TEL:03-3216-1905 FAX:03-3214-7680 http://www.jnto.go.jp 本 リリースは 国 土 交 通 記 者 会 交 通 運 輸 記 者 会 に 配 布 しております 平 成 27 年 1 月 20 日 理 事 長 松 山 良 一 2014 年 過 去 最

More information

Microsoft Word - 文書 2

Microsoft Word - 文書 2 中 国 進 出 外 資 企 業 の 選 択 肢 - 人 件 費 上 昇 への 対 応 ( 大 和 総 研 常 務 理 事 金 森 俊 樹 ) 1990 年 代 から 日 系 企 業 も 含 め 多 くの 外 資 企 業 が 無 尽 蔵 とも 思 われた 安 価 な 労 働 力 を 求 め 沿 海 部 を 中 心 に 積 極 的 に 中 国 に 進 出 してきた 外 資 企 業 の 進 出 は 特 に

More information

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し 213. 2. 22 ( 第 45 号 -1) 新 設 住 宅 着 工 見 通 し 213. 2. 15 ( 第 44 号 -3) 中 古 住 宅 平 成 25 年 1 月 の 動 向 213.2.22 ( 第 45 号 ) 新 設 住 宅 着 工 戸 数 の 見 通 し 1~12 月 期 GDP1 次 速 報 後 ( 注 ) 前 回 の 予 測 はPromotional i 33 号 (11/22)

More information

Microsoft Word - 2(2)個人消費改

Microsoft Word - 2(2)個人消費改 (2) 個 人 消 費 の 動 向 ( 大 型 小 売 店 販 売 額 は2 ぶりに 減 少 ) 24 の 個 人 消 費 を 大 型 小 売 店 販 売 額 ( 既 存 店 ベース)の 動 きからみると 前 比.5% 減 となり2 ぶりに 前 を 下 回 った 前 の 23 は 東 日 本 大 震 災 直 後 に 自 粛 ムードの 広 がりや 消 費 マインドの 低 下 により 消 費 が 減 少

More information

中国造船業における各国舶用品のシェアに関する調査報告書

中国造船業における各国舶用品のシェアに関する調査報告書 刊 行 によせて 一 般 社 団 法 人 日 本 舶 用 工 業 会 では 我 が 国 の 造 船 関 係 事 業 の 振 興 に 資 するために ボートレース 事 業 の 交 付 金 による 日 本 財 団 の 助 成 金 を 受 けて 造 船 関 連 海 外 情 報 収 集 及 び 海 外 業 務 協 力 事 業 を 実 施 しております その 一 環 としてジェトロ 関 係 海 外 事 務 所

More information

1.トピック: 二 極 化 が 進 展 する 中 国 の 住 宅 市 場 回 復 の 色 を 増 す 中 国 の 住 宅 市 場 1 級 都 市 や 一 部 の 2 級 都 市 ではバブルの 恐 れも 3 級 都 市 などの 地 方 の 中 小 都 市 では 住 宅 市 場 の 回 復 ペースは 緩

1.トピック: 二 極 化 が 進 展 する 中 国 の 住 宅 市 場 回 復 の 色 を 増 す 中 国 の 住 宅 市 場 1 級 都 市 や 一 部 の 2 級 都 市 ではバブルの 恐 れも 3 級 都 市 などの 地 方 の 中 小 都 市 では 住 宅 市 場 の 回 復 ペースは 緩 みずほ 中 国 経 済 情 報 216 年 5 月 号 トピック 二 極 化 が 進 展 する 中 国 の 住 宅 市 場 中 国 の 住 宅 市 場 は 足 元 回 復 の 色 を 濃 くしているが 著 しい 二 極 化 が 進 展 しており 大 都 市 ではバブルが 懸 念 される 一 方 地 方 の 中 小 都 市 では 過 剰 在 庫 が 住 宅 市 場 の 回 復 の 重 し になっている

More information