薬 学 の 基 礎 としての 物 理 (Introduction to Pharmaceutical Physics) 1 1P(H22~) 秦 季 之 廣 瀬 順 造 薬 学 を 学 ぶ 上 で 必 要 な 物 理 学 の 基 礎 力 を 身 につけるために 物 質 および 物 体 間 の 相 互

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "薬 学 の 基 礎 としての 物 理 (Introduction to Pharmaceutical Physics) 1 1P(H22~) 秦 季 之 廣 瀬 順 造 薬 学 を 学 ぶ 上 で 必 要 な 物 理 学 の 基 礎 力 を 身 につけるために 物 質 および 物 体 間 の 相 互"

Transcription

1 薬 学 入 門 Ⅰ (Introduction to PharmacyⅠ) 2 1P1(H22~) 岡 村 信 幸 他 薬 学 生 としてのモチベーションを 高 めるために 薬 の 専 門 家 として 身 につけるべ き 基 本 的 知 識 技 能 態 度 を 修 得 し 卒 業 生 の 活 躍 する 現 場 などを 体 験 する A B 1 医 療 社 会 における 薬 学 の 役 割 について 概 説 できる 2 医 薬 品 の 適 正 使 用 における 薬 剤 師 の 役 割 について 概 説 できる 3 医 療 と 薬 剤 師 の 関 わりについて 考 えを 述 べる 4 卒 業 生 の 活 躍 する 現 場 を 体 験 し 薬 剤 師 業 務 の 役 割 や 重 要 性 について 自 分 の 意 見 をまとめ 発 表 する 5 薬 学 生 として 自 ら 学 習 する 大 切 さを 認 識 する 薬 学 入 門 Ⅱ コミュニュケーション 生 命 倫 理 医 療 コミュニケーション 医 療 に 担 い 手 の 心 構 え 特 記 なし 第 1 回 KJ 法 によって 希 望 期 待 不 安 を 認 識 する SBOs-22,23,24,30,31,32 第 2 回 薬 とは 何 かについて 討 議 する SBOs-18,19,42,43,44,45,46 第 3 回 薬 とは 何 かについて 意 見 をまとめ 発 表 する SBOs-42,43,44,45,46 第 4 回 医 療 と 薬 剤 師 のかかわりについて 討 議 する SBOs-8,9,10,33,34,37,38,39,40,41,51 第 5 回 医 療 と 薬 剤 師 のかかわりについて 意 見 をまとめ 発 表 する SBOs-8,9,10,33,34,37,38,39,40,41,51 第 6 回 病 院 や 保 険 薬 局 の 役 割 について 討 議 する SBOs-8,9,10,33,34,37,38,39,41,51 第 7 回 病 院 や 保 険 薬 局 の 役 割 について 意 見 をまとめ 発 表 する SBOs-8,9,10,33,34,37,38,39,41,51 第 8 回 体 験 学 習 における 学 習 課 題 や 注 意 点 について 討 議 する SBOs-8,9,10,33,34,37,38,39,41,51 第 9 回 体 験 学 習 の 学 習 課 題 や 注 意 点 について 意 見 をまと め 発 表 する SBOs-8,9,10,33,34,37,38,39,41,51 第 10 回 薬 剤 師 のやり 甲 斐 やコミュニケーションスキルを 学 習 する SBOs-8,9,10,20,21,22,37,38,39,41 第 11 回 早 期 体 験 学 習 実 施 ( 病 院 ) SBOs-8,9,10,37,38,39,41,53,54,56 第 12 回 早 期 体 験 学 習 実 施 ( 保 険 薬 局 ) SBOs-8,9,10,37,38,39,41,53,54,56 第 13 回 早 期 体 験 学 習 の 見 学 内 容 を 整 理 する SBOs-8,9,10,37,38,39,41,53,54,56 第 14 回 早 期 体 験 学 習 の 見 学 内 容 を 発 表 する SBOs-8,9,10,37,38,39,41,51,53,54,56 第 15 回 行 動 変 容 のための 役 立 ち 感 について 気 づきの 学 習 をする SBOs-8,9,10,37,38,39,41,51,53,54,56 薬 学 の 基 礎 としての 数 学 統 計 A (Basic Mathematics and Statistics for 1 1P(H22~) Pharmacists A) 冨 田 久 夫 薬 学 を 学 ぶ 上 で 基 礎 となる 数 学 統 計 学 に 関 する 基 本 的 知 識 を 修 得 し それら を 薬 学 領 域 で 応 用 するための 基 本 的 技 能 を 身 につける F(6) 1 一 次 および 二 次 関 数 の 基 本 概 念 を 理 解 し それを 用 いた 計 算 ができる 2 指 数 関 数 対 数 関 数 の 基 本 概 念 を 理 解 し それを 用 いた 計 算 ができる 3 三 角 関 数 の 基 本 概 念 を 理 解 し それを 用 いた 計 算 ができる 4 微 分 積 分 の 基 本 概 念 を 理 解 し それを 用 いた 計 算 ができる 5 基 本 的 な 微 分 方 程 式 の 計 算 ができる 6 間 隔 比 率 尺 度 のデータを 用 いて 度 数 分 布 表 ヒストグラムをつくり 平 均 値 中 央 値 分 散 標 準 偏 差 を 計 算 できる 7 相 関 と 回 帰 について 説 明 できる 特 になし なし 第 1 回 数 と 式 の 計 算 SBOs-1551 第 2 回 関 数 とグラフ SBOs-1551 第 3 回 三 角 関 数 SBOs-1553 第 4 回 指 数 と 指 数 関 数 SBOs-1552 第 5 回 対 数 と 対 数 関 数 SBOs-1552 第 6 回 関 数 の 極 限 SBOs-1551,1552 第 7 回 微 分 (1) 微 分 係 数 SBOs-1554 第 8 回 微 分 (2) 導 関 数 SBOs-1554 第 9 回 微 分 (3) 微 分 計 算 SBOs-1555 第 10 回 不 定 積 分 微 分 方 程 式 SBOs-1555 第 11 回 測 定 値 の 統 計 的 処 理 (1) 平 均 値 分 散 標 準 偏 差 SBOs-1558,1559 第 12 回 測 定 値 の 統 計 的 処 理 (2) 回 帰 分 析 SBOs-1560 中 間 試 験 および の 成 績 を 総 合 して 評 価 する 出 席 態 度 レポート 発 表 などで 総 合 評 価 する ヒューマニズム 薬 学 入 門 日 本 薬 学 会 編 東 京 化 学 同 人

2 薬 学 の 基 礎 としての 物 理 (Introduction to Pharmaceutical Physics) 1 1P(H22~) 秦 季 之 廣 瀬 順 造 薬 学 を 学 ぶ 上 で 必 要 な 物 理 学 の 基 礎 力 を 身 につけるために 物 質 および 物 体 間 の 相 互 作 用 に 関 する 基 本 的 知 識 を 習 得 する F(3) 1. 有 効 数 字 概 念 を 説 明 できる 2. 物 理 量 について 説 明 できる 3. 運 動 の 法 則 について 理 解 し 数 式 を 用 いて 説 明 できる 4.エネルギーの 相 互 変 換 にういて 例 を 挙 げて 説 明 できる 5. 光 音 電 磁 波 などの 波 の 性 質 を 理 解 し 反 射 屈 折 などの 特 性 を 説 明 でき る 6. 電 荷 と 電 流 などの 関 連 項 目 を 説 明 できる 7. 電 場 と 磁 場 に 関 して 説 明 できる 薬 学 の 基 礎 としての 数 学 なし 第 1 回 物 理 学 の 基 本 概 念 ( 有 効 数 字 物 理 量 )( 秦 )SBOs-1492~1495 第 2 回 運 動 の 法 則 1( 力 質 量 加 速 度 仕 事 )( 秦 )SBOs-1496 第 3 回 運 動 の 法 則 2( 直 線 運 動 円 運 動 )( 秦 )SBOs 第 4 回 運 動 の 法 則 3( 単 振 動 慣 性 モーメント)( 秦 )SBOs 第 5 回 エネルギー( 運 動 エネルギー ポテンシャルエネルギー)( 秦 )SBO s-1499 第 6 回 波 動 1( 光 音 電 磁 波 )( 秦 )SBOs-1500 第 7 回 波 動 2( 反 射 屈 折 )( 秦 )SBOs-1500,1501 第 8 回 波 動 3( 屈 折 干 渉 )( 秦 )SBOs-1500,1501 第 9 回 電 荷 と 電 流 1( 電 荷 と 電 流 電 圧 )( 秦 )SBOs-1502 第 10 回 電 荷 と 電 流 2(コンデンサ) ( 秦 )SBOs-1503 第 11 回 電 場 と 磁 場 1( 電 場 と 磁 場 の 相 互 作 用 )( 廣 瀬 )SBOs-1504 第 12 回 電 場 と 磁 場 2( 電 場 あるいは 磁 場 中 の 荷 電 粒 子 の 運 動 )( 廣 瀬 )SBOs-1505 複 数 回 の 試 験 レポートにより 評 価 する 薬 学 生 のための 物 理 入 門 広 岡 秀 明 共 立 出 版 有 機 化 学 入 門 A (Introduction to Organic ChemistryA) 1 1P(H22~) 町 支 臣 成 日 比 野 俐 薬 学 の 専 門 科 目 を 学 ぶ 上 で 必 要 な 化 学 の 基 礎 力 を 身 につけるための 入 門 科 目 である 高 校 の 化 学 で 学 習 したことを 復 習 しながら 化 学 物 質 ( 医 薬 品 および 生 体 物 質 を 含 む)に 含 まれる 官 能 基 の 性 質 およびその 化 学 構 造 に 関 する 基 本 的 知 識 を 修 得 する C4 (1),(2),(3) 1. 基 本 的 な 化 合 物 を 命 名 し ルイス 構 造 式 で 書 くことができる 2. 薬 学 領 域 で 用 いられる 代 表 的 化 合 物 を 慣 用 名 で 記 述 できる 3. 代 表 的 な 官 能 基 を 列 挙 し 個 々の 官 能 基 を 有 する 化 合 物 をIUPAC の 規 則 に 従 って 命 名 できる 4. 複 数 の 官 能 基 を 有 する 化 合 物 をIUPAC の 規 則 に 従 って 命 名 できる 5. 基 本 的 な 炭 化 水 素 およびアルキル 基 を IUPAC の 規 則 に 従 って 命 名 することができる 6. アルカンの 基 本 的 な 物 性 について 説 明 できる 7. アルカンの 構 造 異 性 体 を 図 示 し その 数 を 示 すことができる 8. シクロアルカンの 環 の 歪 みを 決 定 する 要 因 について 説 明 できる 9. シクロヘキサンのいす 形 配 座 と 舟 形 配 座 を 図 示 できる 10. シクロヘキサンのいす 形 配 座 における 水 素 の 結 合 方 向 (アキシアル エクアトリアル)を 図 示 できる 11. 置 換 シクロヘキサンの 安 定 な 立 体 配 座 を 決 定 する 要 因 について 説 明 できる 12. 構 造 異 性 体 と 立 体 異 性 体 について 説 明 できる 13. キラリティーと 光 学 活 性 を 概 説 できる 14. エナンチオマーとジアステレオマーについて 説 明 できる 15. ラセミ 体 とメソ 化 合 物 について 説 明 できる 16. 絶 対 配 置 の 表 示 法 を 説 明 できる 17. Fischer 投 影 式 と Newman 投 影 式 を 用 いて 有 機 化 合 物 の 構 造 を 書 くことができる 18. エタンおよびブタンの 立 体 配 座 と 安 定 性 について 説 明 できる 特 になし なし 第 1 回 アルカンの 性 質 と 命 名 ( 町 支 ) SBOs-206,207,234,235,236,253,254 第 2 回 アルケンとアルキンの 性 質 と 命 名 ( 町 支 ) SBOs-253,254 第 3 回 シクロアルカンの 性 質 と 命 名 ( 町 支 ) SBOs-259,253,254 第 4 回 ベンゼン 誘 導 体 の 性 質 と 命 名 ( 町 支 ) SBOs-248,253,254 第 5 回 ハロゲン 化 合 物 の 性 質 と 命 名 ( 町 支 ) SBOs-253,254,259 第 6 回 アルコール フェノール エーテルの 性 質 と 命 名 ( 町 支 ) SBOs-253,254,262 第 7 回 アミン カルボン 酸 の 性 質 と 命 名 ( 町 支 ) SBOs-253,254,263 第 8 回 アルデヒド ケトンの 性 質 と 命 名 ( 町 支 ) SBOs-253,254,267 第 9 回 構 造 異 性 体 と 立 体 異 性 体 ( 町 支 ) SBOs-253,254,215 第 10 回 エナンチオマーとジアステレオマー その 絶 対 配 置 表 示 法 ( 町 支 ) SBOs-216,217,219,298 第 11 回 メソ 化 合 物 とラセミ 体 Fischer 投 影 式 と Newman 投 影 式 の 表 現 方 法 ( 日 比 野 ) SBOs-218,220 第 12 回 エタンおよびブタンの 立 体 配 座 と 安 定 性 置 換 シクロアルカンの 性 質 について( 日 比 野 ) SBOs-221,237,238,239,240 中 間 の2 回 の 試 験 提 出 物 により 評 価 する 全 有 機 化 合 物 名 称 のつけ 方 廖 春 栄 三 共 出 版 ソロモンの 新 有 機 化 学 上 花 房 昭 静 他 廣 川 書 店 ソロモンの 新 有 機 化 学 下 花 房 昭 静 他 廣 川 書 店 ソロモン 新 有 機 化 学 スタディガイド 花 房 昭 静 他 廣 川 書 店 HGS 分 子 構 造 模 型 ( 有 機 学 生 用 セット) 丸 善 薬 学 基 礎 有 機 化 学 問 題 集 ( 仮 称 ) 新 刊 です 廣 川 書 店 に 問 い 合 わせてください 廣 川 書 店

3 物 質 の 基 本 概 念 A (Fundamental Notion of Substance,Inorganic Pharmaceutical 1 1P(H22~) ChemistryA) 石 津 隆 藤 岡 晴 人 基 本 的 な 無 機 および 有 機 化 合 物 の 構 造 物 性 反 応 性 を 理 解 するために 電 子 配 置 電 子 密 度 化 学 結 合 の 性 質 などに 関 する 基 本 的 知 識 を 修 得 する C4(1) 1. 代 表 的 な 典 型 元 素 を 列 挙 し その 特 徴 を 説 明 できる 2. 代 表 的 な 遷 移 元 素 を 列 挙 し その 特 徴 を 説 明 できる 3. 窒 素 酸 化 物 の 名 称 構 造 性 質 を 列 挙 できる 4. イオウ リン ハロゲンの 酸 化 物 オキソ 化 合 物 の 名 称 構 造 性 質 を 列 挙 で きる 5. 代 表 的 な 無 機 医 薬 品 を 列 挙 できる 6. 有 機 化 合 物 の 性 質 に 及 ぼす 共 鳴 の 影 響 について 説 明 できる 7. 有 機 反 応 における 結 合 の 開 裂 と 生 成 の 様 式 について 説 明 できる 8. 基 本 的 な 有 機 反 応 ( 置 換 付 加 脱 離 転 位 )の 特 徴 を 概 説 できる 9. ルイス 酸 塩 基 を 定 義 することができる 10. 炭 素 原 子 を 含 む 反 応 中 間 体 (カルボカチオン カルバニオン ラジカル カ ルベン)の 構 造 と 性 質 を 説 明 できる 11. 反 応 の 進 行 を エネルギー 図 を 用 いて 説 明 できる 12. 有 機 反 応 を 電 子 の 動 きを 示 す 矢 印 を 用 いて 説 明 できる 特 になし 予 習 復 習 を 行 うこと 特 に 復 習 は 力 を 入 れて 行 うようにし よく 理 解 できなか ったことについては 質 問 し 次 回 の 講 義 までには 理 解 しておくように 努 める 第 1 回 原 子 の 電 子 配 置 と 周 期 表 ( 石 津 ) SBOs-222,223 第 2 回 典 型 元 素 ( 石 津 ) SBOs-222 第 3 回 遷 移 元 素 ( 石 津 )SBOs-223 第 4 回 元 素 の 一 般 的 性 質 ( 石 津 )SBOs-222,223 第 5 回 窒 素 酸 化 物 イオウ リン ハロゲンの 酸 化 物 オキソ 化 合 物 の 名 称 構 造 性 質 ( 石 津 )SBOs-224,225 第 6 回 代 表 的 な 無 機 医 薬 品 ( 石 津 )SBOs-226 第 7 回 有 機 反 応 における 結 合 の 開 裂 と 生 成 の 様 式 ( 藤 岡 ) SBOs-209 第 8 回 基 本 的 な 有 機 反 応 ( 置 換 付 加 脱 離 転 位 )( 藤 岡 ) SBOs-210 第 9 回 ルイス 酸 塩 基 ( 藤 岡 )SBOs-211 第 10 回 炭 素 原 子 を 含 む 反 応 中 間 体 (カルボカチオン カルバニオン ラ ジカル カルベン)( 藤 岡 )SBOs-212 第 11 回 反 応 のエネルギー 図 ( 藤 岡 )SBOs-213 第 12 回 有 機 反 応 における 電 子 の 動 きを 示 す 矢 印 について( 藤 岡 ) SBOs-214 中 間 試 験 期 末 試 験 を 総 合 して 評 価 する 薬 学 のための 無 機 化 学 桜 井 弘 編 著 化 学 同 人 CBT 対 策 と 演 習 有 機 化 学 薬 学 教 育 研 究 会 廣 川 書 店 薬 学 の 基 礎 としての 生 物 A (Basic Biology for Pharmaceutical 1 1P(H22~) Sciences A) 杉 原 成 美 赤 﨑 健 司 薬 学 を 学 ぶ 上 で 必 要 な 生 物 学 の 基 礎 力 を 身 につけるために 細 胞 組 織 器 官 個 体 集 団 レベルでの 生 命 現 象 と 誕 生 から 死 への 過 程 に 関 する 基 本 的 知 識 を 修 得 する F(5) 1 多 細 胞 生 物 である 高 等 動 物 の 成 り 立 ちを 生 体 高 分 子 細 胞 組 織 器 官 固 体 に 関 係 づけて 概 説 できる 2 動 物 植 物 微 生 物 の 細 胞 について それらの 構 造 の 違 いを 説 明 できる 3 細 胞 内 小 器 官 の 構 造 と 働 きについて 概 説 できる 4 細 胞 膜 の 構 造 と 性 質 について 概 説 できる 5 生 体 の 持 つホメオスタシス( 恒 常 性 )について 概 説 できる 6 生 体 の 情 報 伝 達 系 防 御 機 構 について 概 説 できる 7 代 謝 ( 異 化 同 化 )について 説 明 できる 8 独 立 栄 養 生 物 と 従 属 栄 養 生 物 について 説 明 できる 9 嫌 気 呼 吸 および 酸 素 呼 吸 について 概 説 できる 10 水 溶 性 ビタミンを 列 挙 し 各 々の 構 造 基 本 的 性 質 補 酵 素 や 補 欠 分 子 とし て 関 与 する 生 体 内 反 応 について 説 明 できる 11 脂 溶 性 ビタミンを 列 挙 し 各 々の 構 造 基 本 的 性 質 と 生 理 機 能 を 説 明 できる 12 細 胞 の 増 殖 死 について 概 説 できる 13 個 体 と 器 官 が 形 成 される 発 生 過 程 を 概 説 できる 14 細 胞 の 分 化 の 機 構 について 概 説 できる 15 多 細 胞 生 物 における 細 胞 の 多 様 性 と 幹 細 胞 の 性 質 について 概 説 できる 16 ヒトの 成 長 老 化 に 関 する 基 本 的 現 象 を 説 明 できる 17 生 物 群 の 構 成 と 環 境 変 化 による 個 体 群 の 変 動 を 概 説 できる 授 業 終 了 後 に 次 回 の 講 義 内 容 の 予 習 を 指 示 する 第 1 回 オリエンテーション( 杉 原 )SBOs ~1556 第 2 回 生 命 体 を 構 成 している 物 質 ( 杉 原 ))SBOs-1524 第 3 回 細 胞 の 種 類 と 構 造 ( 杉 原 ))SBOs-1525 第 4 回 細 胞 内 小 器 官 の 構 造 と 機 能 ( 杉 原 ))SBOs-1526 第 5 回 細 胞 膜 の 構 造 と 物 質 の 輸 送 ( 杉 原 ))SBOs-1527 第 6 回 酵 素 反 応 とその 阻 害 ( 杉 原 ))SBOs-1530 第 7 回 ビタミンとその 生 理 機 能 ( 赤 﨑 ))SBOs 第 8 回 物 質 代 謝 とエネルギー 代 謝 ( 赤 﨑 ))SBOs-1530~1533 第 9 回 生 体 の 恒 常 性 と 調 節 ( 赤 﨑 ))SBOs 第 10 回 細 胞 分 裂 発 生 ( 赤 崎 )SBOs-1534, 1540 第 11 回 細 胞 の 分 化 と 成 長 ( 赤 崎 )SBOs-1541~1544 第 12 回 生 態 系 ( 赤 崎 )SBOs-1545, 回 の 記 述 試 験 と 課 題 レポートにより 評 価 する illustrated 基 礎 生 命 科 学 竹 島 浩 京 都 廣 川 書 店

4 薬 学 入 門 Ⅱ (Introduction to PharmacyⅡ) 2 1P(H22~) 岡 村 信 幸 薬 学 生 としてのモチベーションを 高 めるために 薬 の 専 門 家 として 身 につけるべき 基 本 的 知 識 技 能 態 度 を 修 得 し 卒 業 生 の 活 躍 する 現 場 などを 体 験 する B(1) B(2) 出 席 態 度 レポート 発 表 などで 総 合 評 価 する ヒューマニズム 薬 学 入 門 日 本 薬 学 会 編 東 京 化 学 同 人 参 考 書 1 医 療 社 会 における 薬 学 の 役 割 について 概 説 できる 2 医 薬 品 の 適 正 使 用 における 薬 剤 師 の 役 割 について 概 説 できる 3 医 療 と 薬 剤 師 の 関 わりについて 考 えを 述 べる 4 卒 業 生 の 活 躍 する 現 場 を 体 験 し 薬 剤 師 業 務 の 役 割 や 重 要 性 について 自 分 の 意 見 をまとめ 発 表 する 5 薬 学 生 として 自 ら 学 習 する 大 切 さを 認 識 する 薬 学 入 門 Ⅰ コミュニケーション 生 命 倫 理 医 療 コミュニケーショ ン 医 療 に 担 い 手 の 心 構 え 薬 学 入 門 Ⅰを 十 分 に 理 解 した 上 で 学 習 に 取 り 組 んで 下 さい 第 1 回 これからの 薬 剤 師 に 求 められるものについて 学 習 する SBOs-8,9,10,33,34,35,36 第 2 回 前 期 の 早 期 体 験 学 習 先 から 寄 せられた 意 見 について 討 議 する SBOs-22,23,24,30,31,32 第 3 回 早 期 体 験 学 習 の 反 省 点 についてまとめ 発 表 する SBOs-22,23,24,30,31,32 第 4 回 体 験 学 習 施 設 について 調 べ 薬 剤 師 の 活 動 分 野 を 討 議 する SBOs-8,9,10,33,34,37,38,39,40,41,51 第 5 回 体 験 学 習 施 設 の 薬 剤 師 の 活 動 分 野 をまとめ 発 表 する SBOs-8,9,10,33,34,37,38,39,40,41,51 第 6 回 体 験 学 習 における 学 習 課 題 や 注 意 点 について 討 議 す る SBOs-8,9,10,33,34,37,38,39,40,41,51 第 7 回 体 験 学 習 の 学 習 課 題 や 注 意 点 について 意 見 をまとめ 発 表 する SBOs-8,9,10,37,38,39,41,51 第 8 回 早 期 体 験 学 習 実 施 (ドラッグストア 薬 局 企 業 卸 薬 剤 師 会 など) SBOs-8,9,10,37,38,39,40,41,54,55,56 第 9 回 早 期 体 験 学 習 の 見 学 内 容 を 整 理 する SBOs-8,9,10,37,38,39,40,41,54,55,56 第 10 回 早 期 体 験 学 習 の 見 学 内 容 を 発 表 する SBOs-8,9,10,37,38,39,40,41,51,54,55,56 第 11 回 医 療 における 薬 学 が 果 たしてきた 役 割 を 学 ぶ SBOs-47,48,49 第 12 回 現 代 社 会 と 薬 学 との 接 点 を 学 ぶ SBOs-33,35,36,47,48,49 第 13 回 行 動 変 容 のための 役 立 ち 感 について 気 づきの 学 習 を する SBOs-8,9,10,37,38,39,41,51,54,55,56 第 14 回 KJ 法 によって 抽 出 し 希 望 期 待 不 安 を 認 識 する SBOs-22,23,24,30,31,32 第 15 回 今 後 の 行 動 目 標 を 討 議 し 発 表 する SBOs-22,23,24,30,31,32

5 物 質 の 状 態 Ⅰ (State of MatterⅠ) 1 1P(H22~) 秦 季 之 物 質 の 状 態 および 相 互 変 換 過 程 を 解 析 できるようになるために 熱 力 学 の 基 本 知 識 と 技 能 を 修 得 する C1(2) 1 ファンデルワールスの 状 態 方 程 式 について 説 明 できる 2 気 体 の 分 子 運 動 とエネルギーの 関 係 について 説 明 できる 3 仕 事 および 熱 の 概 念 を 説 明 できる 4 熱 力 学 第 一 法 則 について 式 を 用 いて 説 明 できる 5 エンタルピーについて 説 明 できる 6 標 準 生 成 エンタルピーについて 説 明 できる 7 エントロピーについて 説 明 できる 8 熱 力 学 第 二 法 則 について 説 明 できる 9 熱 力 学 第 三 法 則 について 説 明 できる 10 自 由 エネルギーについて 説 明 できる 11 熱 力 学 関 数 の 計 算 結 果 から 自 発 的 な 変 化 の 方 向 と 程 度 を 予 測 できる 12 自 由 エネルギーと 平 衡 定 数 の 温 度 依 存 性 について 説 明 できる 薬 学 の 基 礎 としての 数 学 薬 学 の 基 礎 としての 物 理 なし 第 1 回 理 想 気 体 混 合 気 体 と 分 圧 ( 秦 )SBOs-81 第 2 回 気 体 分 子 の 運 動 とエネルギー ファンデルワールスの 状 態 方 程 式 ( 秦 )SBOs-82,83 第 3 回 系 と 外 界 状 態 関 数 熱 力 学 第 一 法 則 ( 秦 )SBOs-84,85,88 第 4 回 系 の 変 化 体 積 変 化 による 仕 事 エンタルピー ( 秦 ) SBOs-86,91,92 第 5 回 気 体 の 熱 容 量 ( 秦 )SBOs-87,89 第 6 回 可 逆 と 不 可 逆 過 程 可 逆 過 程 における 熱 と 仕 事 ( 秦 )SBOs-93 第 7 回 可 逆 と 不 可 逆 過 程 可 逆 過 程 における 熱 と 仕 事 ( 秦 )SBOs-93 第 8 回 エントロピー 熱 力 学 第 二 法 則 エントロピーの 統 計 的 性 質 ( 秦 ) SBOs-93,94 第 9 回 エントロピーの 温 度 変 化 と 熱 力 学 第 三 法 則 ( 秦 )SBOs-95,96 第 10 回 自 由 エネルギーと 平 衡 定 数 ( 秦 )SBOs-97,98 第 11 回 平 衡 定 数 の 温 度 依 存 性 ルシャトリエの 法 則 ( 秦 ) SBOs-98,99,100 第 12 回 クラペイロンークラウジウスの 式 共 役 反 応 ( 秦 )SBOs-100 複 数 回 の 試 験 レポートにより 評 価 する 薬 学 物 理 化 学 第 5 版 松 島 美 一 松 島 美 一 監 修 小 野 行 雄 編 集 廣 川 書 店 化 学 平 衡 (Chemical Equilibrium) 1 1P(H22~) 鶴 田 泰 人 井 上 裕 文 水 溶 液 中 での 化 学 物 質 ( 医 薬 品 を 含 む)の 性 質 を 理 解 するために 各 種 の 化 学 平 衡 に 関 する 基 本 的 知 識 を 修 得 する C2(1) F(4) 1 質 量 作 用 の 法 則 について 説 明 できる 2 酸 塩 基 平 衡 ( 酸 塩 基 の 定 義 と 電 離 平 衡 )を 説 明 できる 3 溶 液 の ph を 計 算 できる 4 緩 衝 作 用 について 具 体 例 をあげて 説 明 できる 5 代 表 的 な 緩 衝 液 の 特 徴 とその 調 製 法 を 説 明 できる 6 化 学 物 質 の ph による 分 子 形 イオン 形 の 変 化 を 説 明 できる 7 分 配 平 衡 について 説 明 できる 8 イオン 交 換 について 説 明 できる 2 年 生 の 化 学 物 質 の 検 出 と 定 量 3 年 生 の 薬 局 方 収 載 の 試 験 法 につながり ます 配 布 するプリントの 内 容 を 理 解 しておくこと 第 1 回 質 量 作 用 の 法 則 と 平 衡 定 数,( 井 上 裕 文 ) 第 2 回 酸 塩 基 平 衡, 酸 塩 基 の 定 義 と 電 離 平 衡 ( 井 上 裕 文 ) SBOs-136 第 3 回 酸 塩 基 溶 液 の ph(1), 強 酸, 弱 酸, 強 塩 基, 弱 塩 基 ( 井 上 裕 文 ) SBOs-138 第 4 回 酸 塩 基 溶 液 の ph(2), 塩 の 加 水 分 解 と 両 性 電 解 質 の ph( 井 上 裕 文 ) SBOs-138 第 5 回 緩 衝 液 (1) 特 徴 とpH( 井 上 裕 文 ) SBOs 第 6 回 緩 衝 液 (2) 調 製 法 ( 井 上 裕 文 ) SBOs 第 7 回 化 学 物 質 の 分 子 形 イオン 形 の ph 分 布 ( 井 上 裕 文 ) SBOs-141 第 8 回 演 習 ( 井 上 裕 文 ) SBOs-136 SBOs-138ー141 第 9 回 分 配 平 衡 (1) 分 配 係 数 ( 鶴 田 泰 人 ) SBOs-146 第 10 回 分 配 平 衡 (2) 分 配 比 ( 見 かけの 分 配 係 数 )( 鶴 田 泰 人 ) SBOs-146 第 11 回 分 配 平 衡 演 習 ( 鶴 田 泰 人 ) SBOs-146 第 12 回 イオン 交 換 演 習 ( 鶴 田 泰 人 ) SBOs-147 複 数 回 の 試 験 により 評 価 する 薬 学 領 域 の 分 析 化 学 財 津 潔 鶴 田 泰 人 編 廣 川 書 店 演 習 で 理 解 する 薬 学 の 分 析 化 学 山 口 政 俊 鶴 田 泰 人 能 田 均 編 廣 川 書 店 化 学 サポートシリーズ エントロピーから 化 学 ポテンシャルまで 渡 辺 啓 裳 華 房 薬 学 物 理 化 学 演 習 第 3 版 小 野 行 雄 編 集 廣 川 書 店

6 有 機 化 合 物 の 骨 格 と 性 質 (Structure and Properties of Organic 1 1P(H22~) Compound) 藤 岡 晴 人 他 脂 肪 族 の 性 質 を 理 解 するために それぞれの 基 本 構 造 物 理 的 性 質 反 応 性 に 関 する 基 本 的 知 識 を 修 得 する C4 (2),(3) C5 (1), (2) 1 有 機 ハロゲン 化 合 物 の 代 表 的 な 性 質 と 反 応 を 列 挙 し 説 明 できる 2 求 核 置 換 反 応 (SNl および SN2 反 応 )の 機 構 について 立 体 化 学 を 含 めて 説 明 できる 3 ハロゲン 化 アルキルの 脱 ハロゲン 化 水 素 の 機 構 を 図 示 し 反 応 の 位 置 選 択 性 (Saytzeff 則 )を 説 明 できる 4 アルケンヘの 代 表 的 なシン 型 付 加 反 応 を 列 挙 し 反 応 機 構 を 説 明 できる 5 アルケンヘの 臭 素 の 付 加 反 応 の 機 構 を 図 示 し 反 応 の 立 体 特 異 性 (アンチ 付 加 )を 説 明 できる 6 アルケンヘのハロゲン 化 水 素 の 付 加 反 応 の 位 置 選 択 性 (Markovnikov 則 )に ついて 説 明 できる 7 カルポカチオンの 級 数 と 安 定 性 について 説 明 できる 8 共 役 ジエンヘのハロゲンの 付 加 反 応 の 特 徴 について 説 明 できる 9 アルケンの 酸 化 的 開 裂 反 応 を 列 挙 し 構 造 解 析 への 応 用 について 説 明 でき る 10 アルキンの 代 表 的 な 反 応 を 列 挙 し 説 明 できる 物 質 の 基 本 概 念 A 有 機 化 学 入 門 A なし 第 1 回 有 機 ハロゲン 化 合 物 の 代 表 的 な 性 質 と 反 応 ( 町 支 )SBOs-259 第 2 回 有 機 ハロゲン 化 合 物 の 代 表 的 な 合 成 法 ( 町 支 )SBOs-259,303 第 3 回 求 核 置 換 反 応 (SNl および SN2 反 応 )の 機 構 ( 町 支 )SBOs-260 第 4 回 ハロゲン 化 アルキルの 脱 ハロゲン 化 水 素 の 機 構 および 位 置 選 択 性 ( 町 支 )SBOs-261 第 5 回 アルケンの 代 表 的 な 合 成 法 ( 町 支 )SBOs-261,301 第 6 回 カルボカチオンの 級 数 と 安 定 性 ( 町 支 )SBOs-212,244 第 7 回 アルキンの 合 成 と 代 表 的 な 反 応 ( 日 比 野 )SBOs-247,302 第 8 回 アルケンヘのハロゲンの 付 加 反 応 ( 藤 岡 )SBOs-242,304 第 9 回 アルケンヘのハロゲン 化 水 素 の 付 加 反 応 ( 逆 Markovnikov 則 )( 藤 岡 )SBOs-243 第 10 回 アルケンの 酸 化 的 開 裂 反 応 ( 藤 岡 )SBOs-246 第 11 回 共 役 ジエンヘのハロゲンの 付 加 反 応 と 安 定 性 ( 藤 岡 )SBOs-245 第 12 回 共 役 ジエンと 1.4 付 加 環 化 反 応 ( 藤 岡 )SBOs-245,313 中 間 の2 回 の 試 験 提 出 物 により 評 価 する 第 9 版 ソロモンの 新 有 機 化 学 上 池 田 正 澄 他 訳 廣 川 書 店 第 9 版 ソロモンの 新 有 機 化 学 下 池 田 正 澄 他 訳 廣 川 書 店 第 9 版 ソロモン 新 有 機 化 学 スタディガイド 第 9 版 池 田 正 澄 他 訳 廣 川 書 店 官 能 基 の 性 質 反 応 合 成 (Properties, Reaction, and Synthesis of 1 1P(H22~) Functional Groups) 日 比 野 俐 他 官 能 基 が 有 機 化 合 物 に 与 える 効 果 を 理 解 するために ヒドロキシル 基 などの 官 能 基 を 有 する 有 機 化 合 物 について 反 応 性 およびその 他 の 性 質 に 関 する 基 本 的 知 識 を 修 得 し それらを 応 用 するための 基 本 的 技 能 を 身 につける 芳 香 族 炭 化 水 素 の 性 質 を 理 解 するために それぞれの 基 本 構 造 物 理 的 性 質 反 応 性 に 関 する 基 本 的 知 識 を 修 得 する C4 (2),(3), C5 (1) 1. アルコール 類 の 代 表 的 な 性 質 と 反 応 を 列 挙 し 説 明 できる 2. フェノール 類 の 代 表 的 な 性 質 と 反 応 を 列 挙 し 説 明 できる 3. フェノール 類 チオール 類 の 抗 酸 化 作 用 について 説 明 できる 4. エーテル 類 の 代 表 的 な 性 質 と 反 応 を 列 挙 し 説 明 できる 5. オキシラン 類 の 開 環 反 応 における 立 体 特 異 性 と 位 置 選 択 性 を 説 明 できる 6. アルコール チオール フェノール カルボン 酸 などの 酸 性 度 を 比 較 して 説 明 できる 7. アルコール フェノール カルボン 酸 およびその 誘 導 体 の 酸 性 度 に 影 響 を 及 ぼす 因 子 を 列 挙 し 説 明 できる 8. 代 表 的 な 芳 香 族 化 合 物 を 列 挙 し その 物 性 と 反 応 性 を 説 明 できる 9. 芳 香 族 性 (ヒュッケル 則 )の 概 念 を 説 明 できる 10. 芳 香 族 化 合 物 の 求 電 子 置 換 反 応 の 機 構 を 説 明 できる 11. 芳 香 族 化 合 物 の 求 電 子 置 換 反 応 の 反 応 性 および 配 向 性 に 及 ぼす 置 換 基 の 効 果 を 説 明 できる 12. 芳 香 族 化 合 物 の 代 表 的 な 求 核 置 換 反 応 について 説 明 できる 薬 学 入 門 有 機 化 合 物 の 骨 格 と 性 質 なし 第 1 回 アルコール 類 の 代 表 的 な 性 質 ( 石 津 ) SBOs-262 第 2 回 アルコール 類 の 代 表 的 な 反 応 ( 石 津 )SBOs-262 第 3 回 エーテル 類 の 代 表 的 な 性 質 と 反 応 ( 石 津 )SBOs-265, 266 第 4 回 フェノール 類 の 代 表 的 な 性 質 ( 石 津 )SBOs-263 第 5 回 フェノール 類 の 代 表 的 な 性 質 ( 石 津 )SBOs-264 第 6 回 アルコール チオール フェノール カルボン 酸 などの 酸 性 度 ( 石 津 )SBOs-272, 273 第 7 回 代 表 的 な 芳 香 族 化 合 物 およびその 物 性 ( 日 比 野 )SBOs-248 第 8 回 芳 香 族 性 (ヒュッケル 則 )の 概 念 ( 日 比 野 )SBOs-249 第 9 回 芳 香 族 化 合 物 の 求 電 子 置 換 反 応 の 機 構 ( 日 比 野 )SBOs-250 第 10 回 芳 香 族 化 合 物 の 求 電 子 置 換 反 応 の 反 応 性 ( 町 支 )SBOs-251 第 11 回 芳 香 族 化 合 物 の 求 電 子 置 換 反 応 の 配 向 性 に 及 ぼす 置 換 基 の 効 果 ( 日 比 野 )SBOs-251 第 12 回 芳 香 族 化 合 物 の 代 表 的 な 求 核 置 換 反 応 ( 日 比 野 )SBOs-252 中 間 試 験 期 末 試 験 を 総 合 して 評 価 する ソロモン 新 有 機 化 学 ( 上 ) 池 田 ら 共 訳 廣 川 書 店

7 漢 方 薬 物 Ⅰ (Kampo Medicinal Science Ⅰ) 1 1P(H22~) 岡 村 信 幸 現 代 医 療 で 使 用 されている 漢 方 薬 の 適 正 使 用 や 処 方 設 計 について 理 解 する ために 漢 方 医 学 の 基 本 概 念 漢 方 薬 の 処 方 原 則 代 表 的 な 漢 方 薬 の 適 用 に 基 づいた 生 薬 の 特 性 を 系 統 的 に 修 得 する C7(3) 1 漢 方 医 学 の 特 徴 について 概 説 できる 2 漢 方 医 学 と 西 洋 医 学 の 診 断 治 療 法 の 違 いを 概 説 できる 3 構 成 生 薬 の 特 性 を 理 解 し 漢 方 薬 の 適 応 ( 証 )を 説 明 できる 4 代 表 的 な 漢 方 薬 の 治 療 指 針 を 概 説 できる 漢 方 薬 物 Ⅱ 薬 になる 動 植 鉱 物 特 になし 第 1 回 漢 方 に 関 する 基 本 的 知 識 - 漢 方 薬 と 西 洋 薬 の 違 い SBOs-387,388,392 第 2 回 漢 方 に 関 する 基 本 的 知 識 - 証 の 重 要 性 SBOs-386,389 第 3 回 漢 方 薬 の 特 性 SBOs-386,389 第 4 回 桂 麻 剤 について SBOs-390 第 5 回 桂 麻 剤 - 桂 枝 湯, 葛 根 湯 など SBOs-390,391,393 第 6 回 桂 麻 剤 - 麻 黄 湯, 麻 杏 甘 石 湯 など SBOs-390,391,393 第 7 回 柴 胡 剤 について SBOs-390 第 8 回 柴 胡 剤 に 分 類 される 漢 方 薬 SBOs-390,391,393 第 9 回 大 黄 剤 について SBOs-390 第 10 回 大 黄 剤 に 分 類 される 漢 方 薬 と 桂 枝 湯 類 乾 姜 剤 について SBOs-390,391,393 第 11 回 漢 方 薬 の 服 薬 指 導 SBOs-394 第 12 回 まとめ 期 末 試 験 で 評 価 する 病 態 からみた 漢 方 薬 物 ガイドライン 第 2 版 岡 村 信 幸 京 都 廣 川 書 店 漢 方 薬 物 Ⅱ (Kampo Medicinal Science Ⅱ) 1 1P(H22~) 岡 村 信 幸 現 代 医 療 で 使 用 されている 漢 方 薬 の 適 正 使 用 や 処 方 設 計 について 理 解 する ために 漢 方 医 学 の 基 本 概 念 漢 方 薬 の 処 方 原 則 代 表 的 な 漢 方 薬 の 適 用 に 基 づいた 生 薬 の 特 性 を 系 統 的 に 修 得 する C7(3) 1 漢 方 医 学 の 特 徴 について 概 説 できる 2 漢 方 医 学 と 西 洋 医 学 の 診 断 治 療 法 の 違 いを 概 説 できる 3 構 成 生 薬 の 特 性 を 理 解 し 漢 方 薬 の 適 応 ( 証 )を 説 明 できる 4 代 表 的 な 漢 方 薬 の 治 療 指 針 を 概 説 できる 漢 方 薬 物 Ⅰ 薬 になる 動 植 鉱 物 漢 方 薬 物 Ⅱを 十 分 に 理 解 した 上 で 学 習 に 取 り 組 んで 下 さい 第 1 回 気 血 水 の 異 常 による 病 態 の 概 念 SBOs-386,389 第 2 回 人 参 剤 - 気 の 異 常 による 病 態 (1) SBOs-390,391,393 第 3 回 理 気 剤 - 気 の 異 常 による 病 態 (2) SBOs-390,391,393 第 4 回 利 水 剤 - 水 の 異 常 による 病 態 SBOs-390,391,393 第 5 回 補 血 剤 - 血 の 異 常 による 病 態 (1) SBOs-390,391,393 第 6 回 駆 オ 血 剤 - 血 の 異 常 による 病 態 (2) SBOs-390,391,393 第 7 回 五 蔵 の 変 調 による 病 態 の 概 念 SBOs-386,389 第 8 回 ゴン 連 剤 - 心 の 変 調 による 病 態 SBOs-390,391,393 第 9 回 石 膏 剤 - 肺 の 変 調 による 病 態 SBOs-390,391,393 第 10 回 竜 骨 牡 蛎 剤 附 子 剤 地 黄 丸 類 - 腎 の 変 調 による 病 態 SBOs-390,391,393 第 11 回 EBM NBMならびに 医 療 経 済 からみた 漢 方 薬 SBOs-392 第 12 回 まとめ 中 間 試 験 と 期 末 試 験 で 評 価 する 病 態 からみた 漢 方 薬 物 ガイドライン 第 2 版 岡 村 信 幸 京 都 廣 川 書 店

8 人 体 の 構 造 と 機 能 Ⅰ (Morphology and Function of Human Body 1 1P(H22~) Ⅰ) 田 村 豊 本 講 義 のねらいは 人 体 を 構 成 する 器 官 および 器 官 系 の 機 能 を 学 ぶことにあ る これによりヒトの 生 命 あるいは 健 康 がどのようなメカニズムで 維 持 されている かを 知 り 次 学 年 以 降 で 学 ぶ 疾 患 を 理 解 するための 基 礎 知 識 を 修 得 することを 目 標 とする C8(1) C8(2) C8(3) 人 体 を 構 成 する 器 官 の 位 置 大 きさ 機 能 について 説 明 できる また 器 官 系 の 機 能 についても 説 明 できる 薬 学 の 基 礎 としての 生 物 A 同 時 期 に 開 講 される 薬 学 の 基 礎 としての 生 物 A を 履 修 すること 第 1 回 細 胞 の 基 本 構 造 と 機 能 を 説 明 できる SBOs-412 第 2 回 ヒトの 体 を 構 成 する 細 胞 について 説 明 できる SBOs-413 第 3 回 細 胞 組 織 器 官 について 説 明 できる SBOs-395 第 4 回 ヒトの 身 体 を 構 成 する 器 官 の 名 称 および 体 内 での 位 置 を 説 明 でき る SBOs-396 第 5 回 人 の 身 体 を 構 成 する 各 器 官 の 機 能 を 概 説 できる SBOs-396 第 6 回 神 経 系 の 構 成 と 機 能 の 概 要 を 説 明 できる SBOs-397,425,426 第 7 回 末 梢 神 経 系 の 構 成 と 機 能 の 概 要 を 説 明 できる SBOs-398 第 8 回 循 環 器 系 を 構 成 する 器 官 の 構 造 と 機 能 を 説 明 できる SBOs-402,403,404 第 9 回 消 化 器 系 を 構 成 する 器 官 の 構 造 と 機 能 を 説 明 できる SBOs-405,406 第 10 回 骨 格 筋 系 を 構 成 する 器 官 の 構 造 と 機 能 を 説 明 できる SBOs-400,401,428 第 11 回 呼 吸 器 系 を 構 成 する 器 官 の 構 造 と 機 能 を 説 明 できる SBOs-405 第 12 回 泌 尿 器 感 覚 器 を 構 成 する 器 官 の 構 造 と 機 能 を 説 明 できる SBOs-402,407,408,410,434,435 臨 時 試 験 および により 評 価 する 体 の 地 図 帳 高 橋 長 雄 講 談 社 新 訂 目 でみるからだのメカニズム 人 体 の 構 造 と 機 能 Ⅱ (Morphology and Function of Human Body 1 1P(H22~) Ⅱ) 田 村 豊 他 本 講 義 は 前 期 に 行 った 人 体 の 構 造 と 機 能 Ⅰの 学 習 内 容 を 基 本 として さらに 詳 細 な 器 官 系 の 機 能 を 学 ぶ さらに 器 官 の 機 能 を 調 節 する 化 合 物 が どのような 疾 患 に 対 する 治 療 薬 として 使 用 できるかについても 学 んでいく 本 講 義 は すべ ての 講 義 を 4 人 の 教 員 ( 田 村 豊 西 尾 廣 昭 佐 藤 英 治 道 原 明 宏 ) 全 員 で 担 当 する すなわち 1 学 年 を 12 のグループに 分 け 1 人 の 教 員 が 4 つのグループ を 担 当 し スモールグループディスカッション(SGD)を 基 本 とした PBL チュートリア ル 方 式 により 進 めていく C8(1) (2) (3) 器 官 系 の 機 能 と 生 命 維 持 および 器 官 系 の 機 能 異 常 と 疾 患 の 関 係 について 説 明 できる 人 体 の 構 造 と 機 能 Ⅰ 薬 学 の 基 礎 そしての 生 物 A 人 体 の 構 造 と 機 能 Ⅰ 薬 学 の 基 礎 そしての 生 物 A などの 学 習 内 容 を 復 習 してお くこと 第 1 回 神 経 感 覚 器 系 の 機 能 と 疾 患 1( 神 経 感 覚 器 系 の 機 能 について の SGD)SBOs-410,425,426,427 第 2 回 神 経 感 覚 器 系 の 機 能 と 疾 患 2( 神 経 感 覚 器 系 の 疾 患 に 関 する SGD)SBOs-410,425,426,427 第 3 回 神 経 感 覚 器 系 の 機 能 と 疾 患 3( 神 経 感 覚 器 の 機 能 と 疾 患 との 関 連 について 発 表 )SBOs-410,425,426,427 第 4 回 循 環 器 系 の 機 能 と 疾 患 1( 循 環 器 系 の 機 能 についての SGD)SBOs-402,403,404,431,435,438 第 5 回 循 環 器 系 の 機 能 と 疾 患 2( 循 環 器 系 の 疾 患 に 関 する SGD)SBOs-402,403,404,431,435,438 第 6 回 循 環 器 系 の 機 能 と 疾 患 3( 循 環 器 の 機 能 と 疾 患 との 関 連 について 発 表 )SBOs-402,403,404,431,435,438 第 7 回 消 化 器 系 の 機 能 と 疾 患 1( 消 化 器 系 の 機 能 についての SGD)SBOs-405,406,436,437 第 8 回 消 化 器 系 の 機 能 と 疾 患 2( 消 化 器 系 の 疾 患 に 関 する SGD)SBOs-405,406,436,437 第 9 回 消 化 器 系 の 機 能 と 疾 患 3( 消 化 器 の 機 能 と 疾 患 との 関 連 について 発 表 )SBOs-405,406,436,437 第 10 回 内 分 泌 系 の 機 能 と 疾 患 1( 内 分 泌 系 の 機 能 についての SGD)SBOs-409,429,430 第 11 回 内 分 泌 系 の 機 能 と 疾 患 2( 内 分 泌 系 の 疾 患 に 関 する SGD)SBOs-409,429,430 第 12 回 内 分 泌 系 の 機 能 と 疾 患 3( 内 分 泌 系 の 機 能 と 疾 患 との 関 連 につい て 発 表 )SBOs-409,429,430 学 習 態 度 自 己 学 習 内 容 レポート および 試 験 により 評 価 する

9 生 命 体 の 基 本 単 位 としての 細 胞 (Basic Cell Biology) 1 1P(H22~) 赤 﨑 健 司 他 細 胞 の 構 成 分 子 である 糖 質 脂 質 の 構 造 と 役 割 に 関 する 基 本 知 識 を 習 得 する また 多 細 胞 生 物 の 成 り 立 ちを 細 胞 レベルで 理 解 するために 細 胞 の 構 造 細 胞 の 増 殖 分 化 死 の 制 御 および 組 織 構 築 に 関 する 基 本 知 識 を 習 得 する C8 (2),C9(1) 1 糖 質 および 脂 質 の 構 造 性 質 役 割 を 説 明 できる 2 細 胞 の 構 造 について 説 明 できる 3 細 胞 分 裂 および 細 胞 死 の 機 構 について 説 明 できる 4 細 胞 間 接 着 および 細 胞 外 マトリックスの 構 造 について 説 明 できる 5 細 胞 集 合 による 組 織 および 器 官 の 構 築 について 説 明 できる 薬 学 の 基 礎 としての 生 物 A 前 もって 配 布 するプリントを 予 習 する 第 1 回 糖 質 (1)グルコース( 本 屋 敷 )SBOs-465 第 2 回 糖 質 (2) 二 糖 多 糖 ( 赤 﨑 )SBOs-466,467 第 3 回 脂 質 (1) 脂 質 の 構 造 分 類 ( 赤 﨑 ) SBOs-461 第 4 回 脂 質 (2) 脂 肪 酸 の 構 造 分 類 ( 赤 﨑 ) SBOs-462 第 5 回 細 胞 膜 (1) 細 胞 膜 構 成 分 子 ( 赤 﨑 )SBOs-415,416 第 6 回 細 胞 膜 (2) 物 質 移 動 ( 赤 﨑 )SBOs-417 第 7 回 細 胞 小 器 官 ( 赤 﨑 )SBOs-418 第 8 回 細 胞 分 裂 ( 赤 﨑 )SBOs-419,420 第 9 回 細 胞 死 ( 赤 﨑 )SBOs-421 第 10 回 細 胞 間 接 着 構 造 ( 赤 﨑 )SBOs-423 第 11 回 細 胞 外 マトリックス( 赤 﨑 )SBOs-424 第 12 回 細 胞 と 組 織 ( 杉 原 )SBOs-412,413,422 出 席 と により 評 価 する 基 礎 生 命 科 学 竹 島 浩 京 都 廣 川 実 習 Ⅰ (ExperimentⅠ (Organic Chemistry)) 1 1P 藤 岡 晴 人 他 化 学 物 質 ( 医 薬 品 および 生 体 物 質 を 含 む)の 基 本 的 な 反 応 性 を 理 解 するため に 代 表 的 な 反 応 分 離 法 構 造 決 定 法 などについての 基 本 的 知 識 と それらを 実 施 するための 基 本 的 技 能 を 修 得 する C4(1) (2) (3) (4) C5(1) (2) 1 代 表 的 な 官 能 基 の 定 性 試 験 を 実 施 できる 2 官 能 基 の 性 質 を 利 用 した 分 離 精 製 を 実 施 できる 3 実 測 値 を 用 いて 比 旋 光 度 を 計 算 できる 4 代 表 的 な 官 能 基 を 他 の 官 能 基 に 変 換 できる 特 になし 事 前 に 実 習 書 や 配 布 資 料 をよく 読 んでおくこと また 指 示 された 課 題 をやって おくこと 第 1 回 文 献 検 索 ( 藤 岡 日 比 野 石 津 町 支 堤 ) 第 2 回 ガラス 細 工 ( 藤 岡 日 比 野 石 津 町 支 堤 ) 第 3 回 常 圧 蒸 留 ( 藤 岡 日 比 野 石 津 町 支 堤 ) 第 4 回 減 圧 蒸 留 ( 藤 岡 日 比 野 石 津 町 支 堤 ) 第 5 回 ろ 過 などの 基 本 操 作 ( 藤 岡 日 比 野 石 津 町 支 堤 ) 第 6 回 薄 層 クロマトグラフィーなどの 基 本 操 作 ( ( 藤 岡 日 比 野 石 津 町 支 堤 ) 第 7 回 分 液 ロートなど 実 験 器 具 使 い 方 ( 藤 岡 日 比 野 石 津 町 支 堤 ) 第 8 回 官 能 基 の 性 質 を 利 用 した 抽 出 分 離 1( 酸 性 中 性 塩 基 性 物 質 の 分 離 ) SBOs ( 藤 岡 日 比 野 石 津 町 支 堤 ) 第 9 回 官 能 基 の 性 質 を 利 用 した 抽 出 分 離 2( 強 酸 性 弱 酸 性 物 質 の 分 離 ) SBOs ( 藤 岡 日 比 野 石 津 町 支 堤 ) 第 10 回 融 点 測 定 と 溶 解 性 テスト SBOs ( 藤 岡 日 比 野 石 津 町 支 堤 ) 第 11 回 官 能 基 の 検 出 1(ハロゲン ニトロ 基 )SBOs ( 藤 岡 日 比 野 石 津 町 支 堤 ) 第 12 回 官 能 基 の 検 出 2(シアノ 基 不 飽 和 結 合 )SBOs ( 藤 岡 日 比 野 石 津 町 支 堤 ) 第 13 回 官 能 基 の 検 出 3(アルデヒドおとびケトン)SBOs ( 藤 岡 日 比 野 石 津 町 支 堤 ) 第 14 回 第 15 回 官 能 基 の 検 出 4(カルボキシル 基 水 酸 基 )SBOs ( 藤 岡 日 比 野 石 津 町 支 堤 ) 官 能 基 の 検 出 5(アミノ 基 エステル)SBOs ( 藤 岡 日 比 野 石 津 町 支 堤 ) 試 験 レポート 実 習 態 度 を 総 合 して 評 価 する

10 薬 学 英 語 Ⅰ (English Communication in Pharmaceutical 1 2P(H22~) ScienceⅠ) 大 西 正 俊 他 薬 学 に 学 ぶ 学 生 諸 君 は1 年 次 に 習 得 した 英 語 力 に 加 えて 専 門 用 語 や 慣 用 句 を 理 解 する 語 学 力 vocabulary および 情 報 交 換 能 力 communication を 持 つことが 必 須 である 本 講 義 においては 薬 学 専 門 分 野 の 化 学 物 理 生 物 および 医 療 薬 学 に 関 する 基 礎 的 な 英 語 表 現 について 読 む 書 く さらに 聞 く 話 す に 関 する 基 本 的 知 識 と 技 能 を 修 得 する F(2) 1. 薬 学 専 門 分 野 の 化 学 物 理 生 物 および 医 療 薬 学 に 関 する 簡 単 な 英 語 表 現 を 読 んで その 内 容 を 説 明 できる 2. 薬 学 専 門 分 野 の 化 学 物 理 生 物 および 医 療 薬 学 に 関 する 簡 単 な 英 語 表 現 を 列 記 できる 3. 薬 学 専 門 分 野 の 化 学 物 理 生 物 および 医 療 薬 学 に 関 する 簡 単 な 表 現 を 英 語 で 発 音 できる 基 礎 教 育 科 目 ; 英 語 Ⅰ Ⅱ 英 会 話 Ⅰ Ⅱ 日 々の 予 習 復 習 は 通 常 の 大 学 生 として 必 須 である 第 1 回 イントロダクション ( 大 西 ) SBOs-1481,1482 第 2 回 薬 学 における 基 本 的 単 位 数 値 の 英 語 表 現 < 読 む 書 く> ( 西 尾 ) SBOs-1485,1486 第 3 回 薬 学 における 基 本 的 単 位 数 値 の 英 語 表 現 < 聞 く 話 す> ( 西 尾 ) SBOs-1485,1486 第 4 回 有 機 化 学 の 基 礎 (1) 脂 肪 族 芳 香 族 化 合 物 ( 堤 ) SBOs-1482,1487 第 5 回 有 機 化 学 の 基 礎 (2) 官 能 基 ( 堤 ) SBOs-1482,1487 第 6 回 フリーラジカル ( 大 橋 ) SBOs-1482,1487 第 7 回 抗 酸 化 物 ( 大 橋 ) SBOs-1482,1487 第 8 回 核 酸 と 遺 伝 情 報 ( 松 岡 ) SBOs-1482,1487 第 9 回 遺 伝 子 の 発 現 ( 松 岡 ) SBOs-1482,1487 第 10 回 薬 剤 師 のための 英 会 話 (1)- 主 語 の 必 然 的 な 存 在 ( 大 西 ) SBOs-1488,1489 第 11 回 薬 剤 師 のための 英 会 話 (2)- 語 順 ( 大 西 ) SBOs-1490 第 12 回 薬 剤 師 のための 英 会 話 (3)- 瞬 発 力 ( 大 西 ) SBOs-1491 わかりやすい 薬 学 英 語 伊 藤 智 夫 廣 川 書 店 薬 学 英 語 Ⅱ (English communication in pharmaceutical 1 2P(H22~) science Ⅱ) 金 尾 義 治 他 薬 学 を 中 心 とした 自 然 科 学 の 分 野 で 必 要 とされる 英 語 の 基 礎 力 を 身 につける ために 読 む 書 く 聞 く 話 す に 関 する 基 本 的 知 識 と 技 能 を 修 得 する 読 む 1. 易 しい 英 語 で 書 かれた 文 章 を 速 読 し 主 題 を 把 握 することができる ( 知 識 技 能 ) 2. 易 しい 英 語 で 書 かれた 文 章 を 読 んで 内 容 を 説 明 できる ( 知 識 技 能 ) 3. 薬 学 に 関 連 する 英 語 の 専 門 用 語 のうち 代 表 的 なものを 列 挙 し その 内 容 を 説 明 できる ( 知 識 技 能 ) 4. 英 語 で 書 かれた 科 学 医 療 に 関 連 する 著 述 の 内 容 を 正 確 に 説 明 できる ( 知 識 技 能 ) 書 く 1. 短 い 日 本 文 を 文 法 にかなった 英 文 に 直 すことができる ( 知 識 技 能 ) 2. 自 己 紹 介 文 手 紙 文 などを 英 語 で 書 くことができる ( 知 識 技 能 ) 3. 自 然 科 学 各 分 野 における 基 本 的 単 位 数 値 現 象 の 英 語 表 現 を 列 記 できる ( 知 識 技 能 ) 4. 科 学 実 験 操 作 結 果 の 簡 単 な 説 明 に 関 する 英 語 表 現 を 列 記 できる ( 知 識 技 能 ) 5. 科 学 医 療 に 関 連 する 簡 単 な 文 章 を 英 語 で 書 くことができる ( 知 識 技 能 ) 聞 く 話 す 1. 英 語 の 基 礎 的 音 声 を 聞 き 分 けることができる ( 知 識 技 能 ) 2. 英 語 の 会 話 を 聞 いて 内 容 を 理 解 して 要 約 できる ( 知 識 技 能 ) 3. 英 語 による 日 常 会 話 での 質 疑 応 答 ができる ( 知 識 技 能 ) 4. 主 な 病 名 組 織 臓 器 名 医 薬 品 名 などを 列 挙 し 正 確 に 発 音 できる ( 知 識 技 能 ) 英 会 話 Ⅰ 英 会 話 Ⅱ なし 第 1 回 薬 学 英 語 への 招 待 肝 臓 ( 金 尾 ) 第 2 回 喫 煙 と 肺 がん ( 赤 﨑 ) 第 3 回 細 胞 ( 赤 﨑 ) 第 4 回 有 害 物 質 の 体 内 への 取 り 込 み ( 赤 﨑 ) 第 5 回 アルカンと 芳 香 族 炭 化 水 素 ( 藤 岡 ) 第 6 回 酸 化 マグネシウム ( 藤 岡 ) 第 7 回 可 燃 性 溶 媒 ( 藤 岡 ) 第 8 回 化 合 物 B ( 田 中 ) 第 9 回 コカインとプロカイン ( 田 中 ) 第 10 回 花 粉 症 ( 田 中 ) 第 11 回 気 体 の 体 積 ( 金 尾 ) 第 12 回 水 道 水 と 蒸 留 水 ( 金 尾 ) レポート 並 びに 中 間 試 験 と により 判 定 する 続 話 しながら 学 ぶ 化 学 英 語 福 馬 淳 子 著 廣 川 書 店

11 コミュニケーション (Communication) 2 2P 鶴 田 泰 人 他 医 療 の 担 い 手 の 一 員 である 薬 学 専 門 家 として 患 者 同 僚 地 域 社 会 との 信 頼 関 係 を 確 立 できるようになるために 相 手 の 心 理 立 場 環 境 を 理 解 するための 基 本 的 知 識 技 能 態 度 を 修 得 する 幼 児 高 齢 者 との 交 流 を 通 してコミュニケ ーション 能 力 を 培 うと 同 時 に 他 者 に 対 する 自 己 の 役 立 ち 感 に 気 づいて 自 己 肯 定 感 自 尊 感 情 を 育 んでホスピタリティを 培 う A(3) 1 言 語 的 および 非 言 語 的 コミュニケーションの 方 法 を 概 説 できる 2 意 思 情 報 の 伝 達 に 必 要 な 要 素 を 列 挙 できる 3 相 手 の 立 場 文 化 習 慣 などによって コミュニケーションのあり 方 が 異 なるこ とを 例 示 できる 4 対 人 関 係 に 影 響 を 及 ぼす 心 理 的 要 因 を 概 説 できる 5 相 手 の 心 理 状 態 とその 変 化 に 配 慮 し 適 切 に 対 応 する ( 知 識 態 度 ) 6 対 立 意 見 を 尊 重 し 協 力 してよりよい 解 決 法 を 見 出 すことができる ( 技 能 ) 7 自 分 の 特 徴 を 知 ることによって 自 己 を 表 現 することができる 8 相 手 の 気 持 ちを 理 解 する 話 の 聴 き 方 をすることができる 9 自 分 が 他 者 に 対 して 役 立 っていることを 実 感 することができる 10 今 の 自 分 を 認 めて 受 容 し 自 分 を 大 切 にすることができる 11 ハンディキャップ 体 験 を 通 じて 他 者 への 心 配 りを 体 験 することができる 1 年 生 : 薬 学 入 門 Ⅰ Ⅱ( 教 養 ゼミ) 教 養 講 座 3 年 生 : 生 命 倫 理 医 療 コミュニケーションに 関 連 している ホスピタリティーについて 考 える 第 1 回 コミュニケーションと 交 流 学 習 のオリエンテーション SBOs a 22b 保 育 園 : 岡 村 井 上 ( 裕 ) 井 上 ( 敦 ) 五 郎 丸 ( 剛 ) 高 齢 者 施 設 : 塩 見 土 谷 福 長 道 原 小 嶋 田 村 松 岡 大 西 吉 富 鶴 田 第 2 回 ハンディキャップ 体 験 (ブラインドウォーク)( 担 当 全 教 員 ) SBOs-29 第 3 回 気 づきの 体 験 学 習 1 交 流 分 析 ( 菅 及 び 担 当 全 教 員 ) SBOs a 22b 第 4 回 気 づきの 体 験 学 習 2 人 間 関 係 ( 菅 及 び 担 当 全 教 員 ) SBOs a 22b 第 5 回 交 流 学 習 ー 施 設 ごとオリエンテーション( 担 当 全 教 員 ) 第 6 回 幼 児 高 齢 者 との 交 流 学 習 (1)( 各 施 設 担 当 教 員 ) SBOs 第 7 回 幼 児 高 齢 者 との 交 流 学 習 (2)( 各 施 設 担 当 教 員 ) SBOs 第 8 回 幼 児 高 齢 者 との 交 流 学 習 (3)( 各 施 設 担 当 教 員 ) SBOs 第 9 回 幼 児 高 齢 者 との 交 流 学 習 (4)( 各 施 設 担 当 教 員 ) SBOs 第 10 回 幼 児 高 齢 者 との 交 流 学 習 (5)( 各 施 設 担 当 教 員 ) SBOs 第 11 回 幼 児 高 齢 者 との 交 流 学 習 (6)( 各 施 設 担 当 教 員 ) SBOs 第 12 回 幼 児 高 齢 者 との 交 流 学 習 (7)( 各 施 設 担 当 教 員 ) SBOs 第 13 回 幼 児 高 齢 者 との 交 流 学 習 (8)( 各 施 設 担 当 教 員 ) SBOs 第 14 回 施 設 ごとの 交 流 学 習 のまとめ( 担 当 全 教 員 ) 第 15 回 コミュニケーションと 自 己 理 解 ( 鶴 田 井 上 岡 村 ) 物 質 の 構 造 Ⅰ (Structure of MatterⅠ) 1 2P(H22~) 秦 季 之 物 質 を 構 成 する 基 本 単 位 である 原 子 および 分 子 の 性 質 を 理 解 するために 原 子 構 造 分 子 構 造 および 化 学 結 合 に 関 する 基 本 的 知 識 と 技 能 を 修 得 する C1 (1) F3 1 化 学 結 合 の 成 り 立 ちについて 説 明 できる 2 軌 道 の 混 成 について 説 明 できる 3 分 子 軌 道 の 基 本 概 念 を 説 明 できる 4 共 役 や 共 鳴 を 説 明 できる 5 分 子 の 分 極 と 双 極 子 モーメントについて 説 明 できる 6 エネルギーの 量 子 化 ボルツマン 分 布 について 説 明 できる 7 電 磁 波 の 性 質 および 物 質 との 相 互 作 用 を 説 明 できる 8 分 子 の 振 動 回 転 電 子 遷 移 について 説 明 できる 9 スピンとその 磁 気 共 鳴 について 説 明 できる 薬 学 の 基 礎 としての 数 学 薬 学 の 基 礎 としての 物 理 なし 第 1 回 原 子 軌 道 の 概 念 量 子 数 の 意 味 ( 秦 )SBOs-1506 第 2 回 波 動 方 程 式 ( 秦 )SBOs-1507 第 3 回 不 確 定 性 原 理 ( 秦 )SBOs-1508 第 4 回 化 学 結 合 と 軌 道 の 混 成 ( 秦 )SBOs-57,58 第 5 回 分 子 軌 道 と 共 役 共 鳴 ( 秦 )SBOs 第 6 回 分 子 間 相 互 作 用 1 静 電 相 互 作 用 ファンデルワールス 相 互 作 用 ( 双 極 子 間 相 互 作 用 分 散 力 )( 秦 )SBOs 第 7 回 分 子 間 相 互 作 用 2 水 素 結 合 電 荷 相 互 作 用 疎 水 性 相 互 作 用 ( 秦 )SBOs-67 第 8 回 電 磁 波 の 性 質 および 物 質 との 相 互 作 用 ( 秦 )SBOs-68 第 9 回 分 子 の 振 動 回 転 電 子 遷 移 ( 秦 )SBOs-69 第 10 回 電 子 スピンと 磁 気 共 鳴 ( 秦 )SBOs-72 第 11 回 分 子 の 分 極 と 双 極 子 モーメント( 秦 )SBOs-71 第 12 回 偏 光 旋 光 性 散 乱 干 渉 回 折 ( 秦 )SBOS 複 数 回 の 試 験 レポートにより 評 価 する 薬 学 物 理 化 学 第 5 版 松 島 美 一 監 修 小 野 行 雄 編 集 薬 学 物 理 化 学 演 習 第 3 版 小 野 行 雄 編 集 廣 川 書 店 廣 川 書 店 態 度 レポートなどで 評 価 する

12 化 学 物 質 の 検 出 と 定 量 (Detection & Determination of Chemical 1 2P(H22~) Substance) 井 上 裕 文 小 嶋 英 二 朗 試 料 中 に 存 在 する 化 学 物 質 ( 医 薬 品 を 含 む)の 種 類 および 濃 度 を 正 確 に 知 るた めに, 代 表 的 な 医 薬 品,その 他 の 化 学 物 質 の 定 性 定 量 法 を 含 む 各 種 の 分 離 分 析 法 の 基 本 的 知 識 を 修 得 する C2(1) (2) 1 代 表 的 な 化 学 変 化 を 化 学 量 論 的 にとらえ その 量 的 関 係 を 計 算 できる 2 日 本 薬 局 方 収 載 の 重 量 分 析 法 の 原 理 および 操 作 法 を 説 明 できる 3 日 本 薬 局 方 収 載 の 容 量 分 析 法 について 列 挙 できる 4 中 和 滴 定 の 原 理, 操 作 法 および 応 用 例 を 説 明 できる 5 非 水 滴 定 の 原 理, 操 作 法 および 応 用 例 を 説 明 できる 6 沈 殿 平 衡 ( 溶 解 度 と 溶 解 度 積 )について 説 明 できる 7 沈 殿 滴 定 の 原 理, 操 作 法 および 応 用 例 を 説 明 できる 8 錯 体 キレート 生 成 平 衡 について 説 明 できる 9 キレート 滴 定 の 原 理, 操 作 法 および 応 用 例 を 説 明 できる 10 酸 化 と 還 元 について 電 子 の 授 受 を 含 めて 説 明 できる 11 酸 化 還 元 電 位 について 説 明 できる 12 酸 化 還 元 平 衡 について 説 明 できる 13 酸 化 還 元 滴 定 の 原 理, 操 作 法 および 応 用 例 を 説 明 できる 14 電 気 滴 定 ( 電 位 差 滴 定 電 気 伝 導 度 滴 定 など)の 原 理, 操 作 法 および 応 用 例 を 説 明 できる 化 学 平 衡,3 年 次 科 目 の 薬 局 方 収 載 の 試 験 法 につながる 化 学 平 衡 ( 酸 塩 基 平 衡 )の 内 容 を 復 習 しておくこと 第 1 回 重 量 分 析 法 ( 井 上 裕 文 )SBOs-153, 1521 第 2 回 容 量 分 析 法 電 気 滴 定 ( 井 上 裕 文 )SBOs-154, 161 第 3 回 中 和 滴 定 (1), 終 点 決 定 法 酸 塩 基 指 示 薬 ( 井 上 裕 文 )SBOs-156 第 4 回 中 和 滴 定 (2), 滴 定 曲 線 と 終 点 決 定 ( 井 上 裕 文 )SBOs-156 第 5 回 非 水 滴 定 ( 井 上 裕 文 )SBOs-157 第 6 回 まとめ 演 習 ( 井 上 裕 文 ) 第 7 回 沈 殿 平 衡 ( 小 嶋 英 二 朗 )SBOs-143 第 8 回 沈 殿 滴 定 ( 小 嶋 英 二 朗 )SBOs-159 第 9 回 錯 体 キレート 生 成 平 衡 ( 小 嶋 英 二 朗 )SBOs-142 第 10 回 キレート 滴 定 ( 小 嶋 英 二 朗 )SBOs-158 第 11 回 酸 化 還 元 電 位 と 酸 化 還 元 平 衡 ( 小 嶋 英 二 朗 ) SBOs-144, 145, 1523 第 12 回 酸 化 還 元 滴 定 ( 小 嶋 英 二 朗 )SBOs-160 複 数 回 の 試 験 により 評 価 する 薬 学 領 域 の 分 析 化 学 財 津 潔, 鶴 田 泰 人 編 廣 川 書 店 演 習 で 理 解 する 薬 学 の 分 析 化 学 山 口 政 俊, 鶴 田 泰 人, 能 田 均 編 廣 川 書 店 スタンダード 薬 学 シリーズ2 物 理 系 薬 学 Ⅱ. 化 学 物 質 の 分 析 第 2 版 日 本 薬 学 会 編 東 京 化 学 同 人 生 体 分 子 の 立 体 構 造 (Steric Structure of Biomolecule) 1 2P(H22~) 廣 瀬 順 造 秦 季 之 生 体 分 子 の 機 能 および 医 薬 品 の 働 きを 立 体 的 動 的 にとらえるために タンパク 質 核 酸 および 脂 質 などの 立 体 構 造 やそれらの 相 互 作 用 に 関 する 基 本 的 知 識 と 技 能 を 修 得 する C3(2) 1 生 体 分 子 (タンパク 質 核 酸 脂 質 など)の 立 体 構 造 を 概 説 できる 2 タンパク 質 核 酸 生 体 膜 の 立 体 構 造 を 規 定 する 因 子 ( 疎 水 性 相 互 作 用 静 電 相 互 作 用 水 素 結 合 など)について 具 体 例 を 用 いて 説 明 できる 3 タンパク 質 の 折 りたたみ 過 程 をについて 概 説 できる 4 鍵 と 鍵 穴 モデルおよび 誘 導 適 合 モデルについて 具 体 例 を 挙 げて 説 明 できる 5 転 写 翻 訳 シグナル 伝 達 における 代 表 的 な 生 体 分 子 間 相 互 作 用 について 具 体 例 を 挙 げて 説 明 できる 6 脂 質 の 水 中 における 分 子 集 合 構 造 ( 膜 ミセル 膜 タンパク 質 など)について 説 明 できる 7 生 体 高 分 子 と 医 薬 品 の 相 互 作 用 における 立 体 構 造 的 要 因 の 重 要 性 を 具 体 例 を 挙 げて 説 明 できる 8 生 体 膜 を 構 成 する 脂 質 の 化 学 構 造 の 特 徴 を 説 明 できる 薬 学 の 基 礎 としての 物 理 物 質 の 構 造 I 薬 学 の 基 礎 としての 物 理 物 質 の 構 造 I を 復 習 しておく 第 1 回 タンパク 質 と 核 酸 と 脂 質 ( 廣 瀬 )SBOs-196 第 2 回 タンパク 質 の 立 体 構 造 を 規 定 する 因 子 1 静 電 相 互 作 用 ( 廣 瀬 ) SBOs-198 第 3 回 タンパク 質 の 立 体 構 造 を 規 定 する 因 子 2 ファンデルワールス 相 互 作 用 ( 廣 瀬 )SBOs-198 第 4 回 タンパク 質 の 折 りたたみ 機 構 ( 廣 瀬 )SBOs-199 第 5 回 核 酸 のコンホメーション( 廣 瀬 )SBOs-200 第 6 回 タンパク 質 と 核 酸 の 立 体 構 造 のまとめ( 廣 瀬 ) SBOs-196,198~200 第 7 回 生 体 膜 の 基 本 構 造 ( 秦 )SBOs-201 第 8 回 生 体 膜 の 動 的 構 造 ( 秦 )SBOs-201 第 9 回 鍵 と 鍵 穴 モデル( 秦 )SBOs-202 第 10 回 転 写 翻 訳 シグナル 伝 達 における 分 子 間 相 互 作 用 ( 秦 ) SBOS-203 第 11 回 水 中 における 分 子 集 合 構 造 ( 秦 )SBOs-204 第 12 回 生 体 高 分 子 と 医 薬 品 の 相 互 作 用 ( 秦 )SBOs-205 複 数 回 の 試 験 レポートにより 評 価 する 物 理 系 薬 学 (スタンダード 薬 学 シリーズ3) ; 生 体 分 子 化 学 物 質 の 構 造 決 定 日 本 薬 学 会 編 東 京 化 学 同 人

13 物 質 の 構 造 Ⅱ (Structure of Matter Ⅱ) 1 2P(H22~) 本 屋 敷 敏 雄 物 質 を 構 成 する 基 本 単 位 である 原 子 および 分 子 の 性 質 を 理 解 するために 物 質 の 構 造 Ⅰに 続 いて 原 子 構 造 分 子 構 造 および 放 射 性 壊 変 放 射 線 についての 基 本 的 知 識 を 修 得 する C1(1) 放 射 性 壊 変 現 象 に 関 わる 次 の 事 項 を 説 明 できる 原 子 の 構 造 と 放 射 性 壊 変 電 離 放 射 線 の 種 類 と 物 質 との 相 互 作 用 放 射 性 核 種 の 物 理 的 性 質 核 反 応 および 放 射 平 衡 放 射 線 の 測 定 原 理 また 次 の 事 項 を 説 明 できる 偏 光 および 旋 光 性 散 乱 および 干 渉 結 晶 構 造 と 回 折 現 象 特 になし なし 第 1 回 原 子 核 の 構 造 とその 安 定 性 ( 本 屋 敷 )SBOs-76 第 2 回 放 射 性 壊 変 現 象 (α β)( 本 屋 敷 )SBOs-76,78 第 3 回 放 射 性 壊 変 現 象 (γ)( 本 屋 敷 )SBOs-76,78 第 4 回 放 射 性 壊 変 速 度 と 放 射 能 ( 本 屋 敷 )SBOs-76,78 第 5 回 放 射 平 衡 とその 機 構 ( 本 屋 敷 )SBOs-79 第 6 回 放 射 線 と 物 質 の 相 互 作 用 (α β)( 本 屋 敷 )SBOs-77 第 7 回 放 射 線 と 物 質 の 相 互 作 用 (γ)( 本 屋 敷 )SBOs-77 第 8 回 放 射 線 の 測 定 ( 電 離 作 用 )( 本 屋 敷 )SBOs-80 第 9 回 放 射 線 の 測 定 ( 蛍 光 作 用 )( 本 屋 敷 )SBOs-80 第 10 回 原 子 核 反 応 と 核 分 裂 ( 本 屋 敷 )SBOs-79 第 11 回 光 の 特 性 ( 本 屋 敷 )SBOs-73,74 第 12 回 結 晶 構 造 と 回 折 現 象 ( 本 屋 敷 )SBOs-75 臨 時 試 験 およびレポートの 結 果 を 総 合 して 評 価 する 放 射 化 学 放 射 薬 品 学 [ 第 2 版 ] 五 郎 丸 堀 江 編 集 廣 川 書 店 物 質 の 状 態 Ⅱ (State of Matter Ⅱ) 1 2P(H22~) 冨 田 久 夫 複 雑 な 系 における 物 質 の 状 態 および 相 互 変 換 過 程 を 熱 力 学 に 基 づき 解 析 でき るようになるために 溶 液 および 電 気 化 学 に 関 する 基 本 的 知 識 と 技 能 を 修 得 す る C1(3) 1 相 変 化 に 伴 う 熱 の 移 動 (Clausius-Clapeyron の 式 など)について 説 明 できる 2 相 平 衡 と 相 律 について 説 明 できる 3 代 表 的 な 状 態 図 ( 一 成 分 系 二 成 分 系 三 成 分 系 相 図 )について 説 明 できる 4 物 質 の 溶 解 平 衡 について 説 明 できる 5 溶 液 の 束 一 的 性 質 ( 浸 透 圧 沸 点 上 昇 凝 固 点 降 下 など)について 説 明 でき る 6 化 学 ポテンシャル 活 量 活 量 係 数 について 説 明 できる 7 電 解 質 のモル 伝 導 率 の 濃 度 変 化 イオンの 輸 率 と 移 動 度 について 説 明 でき る 8 イオン 強 度 について 説 明 できる 9 電 解 質 の 活 量 係 数 の 濃 度 依 存 性 (Debye-Huckel の 式 )につ いて 説 明 できる 10 代 表 的 な 化 学 電 池 の 種 類 とその 構 成 について 説 明 できる 11 標 準 電 極 電 位 について 説 明 できる 12 起 電 力 と 標 準 自 由 エネルギー 変 化 の 関 係 を 説 明 できる 13 Nernst の 式 が 誘 導 できる 14 濃 淡 電 池 について 説 明 できる 薬 学 の 基 礎 としての 数 学 統 計 A(B) 毎 回 の 講 義 の 初 めに 前 回 の 講 義 内 容 についての 確 認 テストを 実 施 するので 前 回 の 復 習 をして 講 義 に 出 席 すること 第 1 回 相 転 移 一 成 分 系 の 相 図 SBOs-103,104 第 2 回 相 転 移 の 熱 力 学 相 平 衡 SBOs-102,103 第 3 回 相 律 溶 液 の 束 一 的 性 質 SBOs-103,106 第 4 回 二 成 分 系 の 相 図 (1) 気 相 - 液 相 液 相 - 液 相 SBOs-104 第 5 回 二 成 分 系 の 相 図 (2) 固 相 - 液 相 SBOs-104 第 6 回 三 成 分 系 の 相 図 SBOs-104 第 7 回 薬 品 の 溶 解 平 衡 分 配 平 衡 SBOs-105,107,108 第 8 回 化 学 ポテンシャル SBOs-110,112 第 9 回 溶 液 の 電 気 伝 導 イオンの 輸 率 と 移 動 度 SBOs-113,114 第 10 回 活 量 と 活 量 係 数 イオン 強 度 SBOs-111,115,116 第 11 回 化 学 電 池 の 種 類 標 準 電 極 電 位 SBOs-117,118 第 12 回 電 池 の 起 電 力 と Nernst の 式 濃 淡 電 池 SBOs-119,120,121 中 間 試 験 および の 成 績 によって 総 合 的 に 評 価 する スタンダード 薬 学 シリーズ2 物 理 系 薬 学 Ⅰ. 物 質 の 物 理 的 性 質 日 本 薬 学 会 編 東 京 化 学 同 人 薬 学 物 理 化 学 ( 第 5 版 ) 松 島 美 一 監 修 廣 川 書 店

14 生 体 中 の 金 属, 分 子 を 解 析 する (Instrumental Analysis) 1 2P(H22~) 鶴 田 泰 人 他 化 学 物 質 ( 医 薬 品 を 含 む)をその 性 質 に 基 づいて 分 析 できるようになるために 物 質 の 定 性 定 量 などに 必 要 な 基 本 的 知 識 を 修 得 する さらに 生 体 の 機 能 や 医 薬 品 の 働 きが 三 次 元 的 な 相 互 作 用 によって 支 配 されていることを 理 解 するた めに 生 体 分 子 の 立 体 構 造 生 体 分 子 が 関 与 する 相 互 作 用 およびそれらを 解 析 する 手 法 に 関 する 基 本 的 知 識 を 修 得 する (C2(2),C3(1)(2)) 1 紫 外 可 視 吸 光 度 測 定 法 の 原 理 を 説 明 し 生 体 分 子 の 解 析 への 応 用 例 につい て 説 明 できる 2 蛍 光 光 度 法 の 原 理 を 説 明 し 生 体 分 子 の 解 析 への 応 用 例 について 説 明 でき る 3 代 表 的 な 生 体 分 子 ( 核 酸 タンパク 質 )の 紫 外 および 蛍 光 スペクトルを 測 定 し 構 造 上 の 特 徴 と 関 連 付 けて 説 明 できる 4 原 子 吸 光 光 度 法 の 原 理 操 作 法 および 応 用 例 を 説 明 できる 5 発 光 分 析 法 の 原 理 操 作 法 および 応 用 例 を 説 明 できる 6 旋 光 度 測 定 法 ( 旋 光 分 散 ) 円 偏 光 二 色 性 測 定 法 の 原 理 と 生 体 分 子 の 解 析 への 応 用 例 について 説 明 できる 7 核 磁 気 共 鳴 スペクトル 測 定 法 の 原 理 を 説 明 できる 8 生 体 分 子 の 解 析 への 核 磁 気 共 鳴 スペクトル 測 定 法 の 応 用 例 について 説 明 で きる 9 質 量 分 析 法 の 原 理 を 説 明 できる 10 生 体 分 子 の 解 析 への 質 量 分 析 の 応 用 例 について 説 明 できる 11 赤 外 ラマン 分 光 スペクトルの 原 理 と 生 体 分 子 の 解 析 への 応 用 例 について 説 明 できる 12 電 子 スピン 共 鳴 (ESR)スペクトル 測 定 法 の 原 理 と 生 体 分 子 の 解 析 への 応 用 例 について 説 明 できる 13 X 線 結 晶 解 析 の 原 理 を 概 説 できる 14 生 体 分 子 の 解 析 へのⅩ 線 結 晶 解 析 の 応 用 例 について 説 明 できる 15 生 体 分 子 間 相 互 作 用 の 解 析 法 を 概 説 できる 物 質 の 構 造 Ⅰ(2 年 生 ) 3 年 生 の 薬 局 方 収 載 の 試 験 法 につながる 配 布 するプリントの 内 容 を 理 解 しておくこと 第 1 回 紫 外 可 視 吸 光 度 測 定 法 ( 原 理 )( 鶴 田 泰 人 ) SBOs-183 第 2 回 紫 外 可 視 吸 光 度 測 定 法 ( 応 用 )( 鶴 田 泰 人 ) SBOs 第 3 回 蛍 光 光 度 法 ( 鶴 田 泰 人 ) SBOs-184 第 4 回 原 子 吸 光 光 度 法 ( 鶴 田 泰 人 ) SBOs-163 第 5 回 発 光 分 析 法 ( 鶴 田 泰 人 ) SBOs-164 第 6 回 旋 光 度 測 定 法 ( 旋 光 分 散 ) 円 偏 光 二 色 性 測 定 法 ( 鶴 田 泰 人 ) SBOs-187 第 7 回 核 磁 気 共 鳴 スペクトル 測 定 法 ( 小 嶋 英 二 朗 ) SBOs 第 8 回 質 量 分 析 法 ( 小 嶋 英 二 朗 ) SBOs 第 9 回 まとめ( 第 7 8 回 )( 小 嶋 英 二 朗 ) 第 10 回 赤 外 ラマン 分 光 スペクトル 測 定 法 ( 廣 瀬 順 造 ) SBOs-185 第 11 回 電 子 スピン 共 鳴 (ESR)スペクトル 測 定 法 ( 廣 瀬 順 造 ) SBOs-186 第 12 回 X 線 結 晶 解 析 ( 廣 瀬 順 造 ) SBOs 複 数 回 の 試 験 により 評 価 する 薬 学 領 域 の 機 器 分 析 学 第 2 版 財 津 潔 鶴 田 泰 人 編 廣 川 書 店 第 16 改 正 日 本 薬 局 方 解 説 書 廣 川 書 店 演 習 で 理 解 する 薬 学 の 分 析 化 学 山 口 政 俊 鶴 田 泰 人 能 田 均 ( 編 ) 廣 川 書 店 化 学 物 質 の 分 析, 臨 床 応 用 (Analytical and Clinical Chemistry) 1 2P(H22~) 小 嶋 英 二 朗 他 化 学 物 質 ( 医 薬 品 を 含 む)をその 性 質 に 基 づいて 分 析 できるようになるために 物 質 の 定 性 定 量 などに 必 要 な 基 本 的 知 識 と 技 能 を 修 得 する さらに 薬 学 研 究 や 臨 床 現 場 で 分 析 技 術 を 適 切 に 応 用 するために 代 表 的 な 分 析 法 の 基 本 的 知 識 と 技 能 を 修 得 する C2(3) 1 臨 床 分 析 における 精 度 管 理 および 標 準 物 質 の 意 義 を 説 明 できる 2 臨 床 分 析 の 分 野 で 用 いられる 代 表 的 な 分 析 法 を 列 挙 できる 3 免 疫 反 応 を 用 いた 分 析 法 の 原 理 実 施 法 および 応 用 例 を 説 明 できる 4 酵 素 を 用 いた 代 表 的 な 分 析 法 の 原 理 を 説 明 できる 5 電 気 泳 動 法 の 原 理 を 説 明 できる 6 代 表 的 なセンサーを 列 挙 し 原 理 および 応 用 例 を 説 明 できる 7 代 表 的 なドライケミストリーの 原 理 を 説 明 できる 8 代 表 的 な 画 像 診 断 技 術 (Ⅹ 線 検 査 CT スキャン MRI 超 音 波 核 医 学 検 査 など)について 概 説 できる 9 画 像 診 断 薬 ( 造 影 剤 放 射 線 医 薬 品 など)について 概 説 できる 10 薬 学 領 域 で 繁 用 されるその 他 の 分 析 技 術 (バイオイメージング マイクロチッ プなど)について 概 説 できる 11 毒 物 中 毒 における 生 体 試 料 の 取 扱 いについて 説 明 できる 12 代 表 的 な 中 毒 原 因 物 質 ( 乱 用 薬 物 を 含 む)のスクリーニング 法 を 列 挙 し 説 明 できる 特 になし 特 になし 血 液 などの 複 雑 な 混 合 試 料 中 の 特 定 物 質 を 測 定 したり 全 身 像 を 測 定 することによって 得 られた 結 果 を 診 断 等 に 利 用 するわけだが どのような 測 定 法 があるのか 測 定 の 際 留 意 すべきことはなにかなどを 予 想 しておくとよい 第 1 回 臨 床 分 析 総 論 ( 小 嶋 英 二 朗 ) SBOs-169, 170 第 2 回 イムノアッセイ( 小 嶋 英 二 朗 ) SBOs-171 第 3 回 酵 素 を 用 いた 代 表 的 な 分 析 法 ( 小 嶋 英 二 朗 ) SBOs-172 第 4 回 電 気 泳 動 法 ( 小 嶋 英 二 朗 ) SBOs-173 第 5 回 センサー ドライケミストリー( 小 嶋 英 二 朗 ) SBOs-174, 175 第 6 回 まとめ( 第 1 回 ~ 第 5 回 )( 小 嶋 英 二 朗 ) SBOs-169~175 第 7 回 画 像 診 断 (1). 画 像 診 断 技 術 ( 本 屋 敷 敏 雄 ) SBOs-176 第 8 回 画 像 診 断 (2). 画 像 診 断 薬 ( 本 屋 敷 敏 雄 ) SBOs-177 第 9 回 まとめ( 第 7, 8 回 )( 本 屋 敷 敏 雄 ) SBOs-176~178 第 10 回 薬 物 中 毒 (1). 薬 物 中 毒 の 現 状 と 起 因 物 質 の 同 定 の 意 義 ( 杉 原 成 美 ) SBOs-181 第 11 回 薬 物 中 毒 (2). 薬 物 中 毒 における 生 体 試 料 の 取 り 扱 い( 杉 原 成 美 ) SBOs-180 第 12 回 薬 物 中 毒 (3). 中 毒 原 因 物 質 の 分 析 スクリーニング 法 ( 杉 原 成 美 ) SBOs-181 その 他 により 評 価 する 薬 学 領 域 の 機 器 分 析 学 財 津 潔 鶴 田 泰 人 編 廣 川 書 店 放 射 化 学 放 射 薬 品 学 五 郎 丸 毅 堀 江 正 信 編 廣 川 書 店 演 習 で 理 解 する 薬 学 の 分 析 化 学 山 口 政 俊 ら 編 廣 川 書 店 スタンダード 薬 学 シリーズ2 物 理 系 薬 学 Ⅱ. 化 学 物 質 の 分 析 日 本 薬 学 会 編 東 京 化 学 同 人 薬 学 生 のための 臨 床 化 学 ( 改 訂 第 2 版 ) 後 藤 順 一 ら 編 南 江 堂 DVD 画 像 医 学 の 知 識 と 技 術 米 本 恭 三 総 監 修 医 学 映 像 教 育 センター

15 官 能 基 と 構 造 解 析 (Functional Group and Analysis of 1 2P(H22~) Chemical Structure Organic Chemistry) 藤 岡 晴 人 石 津 隆 官 能 基 が 有 機 化 合 物 に 与 える 効 果 を 理 解 するために カルボニル 基 を 有 する 有 機 化 合 物 について 反 応 性 およびその 他 の 性 質 に 関 する 基 本 的 知 識 を 修 得 し それらを 応 用 するための 基 本 的 技 能 を 身 につける C4(2) 基 本 的 な 化 学 物 質 の 構 造 決 定 ができるようになるために 核 磁 気 共 鳴 (NMR) スペクトル 赤 外 吸 収 (IR)スペクトル マススペクトルなどの 代 表 的 な 機 器 分 析 法 の 基 本 的 知 識 と データ 解 析 のための 基 本 的 技 能 を 修 得 する C4(4) 1. アルデヒドおよびケトン 2. 官 能 基 の 導 入 変 換 3. 炭 素 骨 格 の 構 築 法 4. 1HNMR スペクトル 5. 13C NMR スペクトル 6. IR スペクトル 7. マススペクトル 有 機 化 学 入 門 A 有 機 化 合 物 の 骨 格 と 性 質 官 能 基 の 性 質 反 応 合 成 予 習 復 習 を 行 うこと 特 に 復 習 は 力 を 入 れて 行 うようにし よく 理 解 できなか ったことについては 質 問 し 次 回 の 講 義 までには 理 解 しておくように 努 める 第 1 回 カルボニル 基 の 酸 化 還 元 反 応 ( 藤 岡 )SBOs-304,1523 第 2 回 Grignard 反 応 ( 藤 岡 )SBOs-316 第 3 回 アルデヒドとケトンの 合 成 法 ( 藤 岡 )SBOs-307 第 4 回 アルコールや 有 機 金 属 試 薬 の 付 加 反 応 ( 藤 岡 ) SBOs-316 第 5 回 ケト-エノール 互 変 異 性 ( 藤 岡 )SBOs-267 第 6 回 アルドール 縮 合 ( 藤 岡 )SBOs-316 第 7 回 NMR スペクトルの 概 要 と 測 定 法 ( 石 津 )SBOs-276 第 8 回 有 機 化 合 物 中 の 代 表 的 水 素 原 子 の 化 学 シフト 値 ( 石 津 ) SBOs-277~280 第 9 回 1HNMR のシグナルのカップリングとスピン 結 合 定 数 ( 石 津 ) SBOs-281~283 第 10 回 13CNMR の 測 定 により 得 られる 情 報 ( 石 津 )SBOs-284,285 第 11 回 IR スペクトルの 概 要 と 測 定 法 ( 石 津 )SBOs-286,287 第 12 回 マススペクトルの 概 要 と 測 定 法 ( 石 津 )SBOs-289~295 中 間 試 験 期 末 試 験 を 総 合 して 評 価 する 中 間 試 験 期 末 試 験 を 総 合 して 評 価 する 第 9 版 ソロモンの 新 有 機 化 学 上 池 田 正 澄 他 訳 廣 川 書 店 第 9 版 ソロモンの 新 有 機 化 学 下 池 田 正 澄 他 訳 廣 川 書 店 薬 になる 動 植 鉱 物 (Pharmacognosy) 1 2P(H22~) 岡 村 信 幸 澁 谷 博 孝 薬 として 用 いられる 植 物 動 物 鉱 物 由 来 の 生 薬 の 基 本 的 性 質 を 理 解 するため に それらの 基 原 特 色 臨 床 応 用 などについての 基 本 的 知 識 を 修 得 する C7(1) 1 代 表 的 な 生 薬 を 列 挙 し その 特 徴 を 概 説 できる 2 代 表 的 な 生 薬 の 基 原 植 物 薬 用 部 位 薬 効 主 成 分 などを 説 明 できる 3 抗 癌 剤 や 鎮 痛 剤 などの 重 要 な 医 薬 品 原 料 となる 生 薬 を 列 挙 できる 4 代 表 的 な 生 薬 の 同 定 と 品 質 評 価 法 について 概 説 できる 漢 方 薬 物 Ⅰ Ⅱ 天 然 物 化 学 薬 物 の 宝 庫 としての 天 然 物 特 になし 第 1 回 生 薬 から 新 薬 への 展 開 ( 澁 谷 ) SBOs-356,357 第 2 回 アルカロイド 含 有 生 薬 について( 岡 村 ) SBOs-356,363,365 第 3 回 アルカロイド 含 有 生 薬 -オウレン,ロートコンなど( 岡 村 ) SBOs-360,361,363 第 4 回 アルカロイド 含 有 生 薬 -マオウ,ブシなど( 岡 村 ) SBOs-360,361,363 第 5 回 強 心 配 糖 体 強 心 ステロイド 含 有 生 薬 ( 岡 村 ) SBOs-356,360,361,363,365 第 6 回 サポニン 含 有 生 薬 ( 岡 村 ) SBOs-356,360,361,363,365 第 7 回 苦 味 配 糖 体 青 酸 配 糖 体 アントラキノン 誘 導 体 含 有 生 薬 ( 岡 村 ) SBOs-356,360,361,363,365 第 8 回 精 油 含 有 生 薬 ( 岡 村 ) SBOs-356,360,361,363,365 第 9 回 タンニン フラボノイド 含 有 生 薬 ( 岡 村 ) SBOs-356,360,361,363,365 第 10 回 フェノール 性 化 合 物 多 糖 類 含 有 生 薬 ( 岡 村 ) SBOs-356,360,361,363,365 第 11 回 その 他 の 植 物 性 動 物 性 鉱 物 性 生 薬 ( 岡 村 ) SBOs-364 第 12 回 まとめ( 岡 村 ) SBOs-373,374,377 中 間 試 験 期 末 試 験 で 評 価 する 薬 学 生 薬 剤 師 のための 知 っておきたい 生 薬 100 日 本 薬 学 会 編 東 京 化 学 同 人 第 9 版 ソロモン 新 有 機 化 学 スタディガイド 第 9 版 池 田 正 澄 他 訳 廣 川 書 店

16 ターゲット 分 子 の 合 成 (Synthesis of Target Molecule) 1 2P(H22~) 町 支 臣 成 藤 岡 晴 人 官 能 基 が 有 機 化 合 物 に 与 える 効 果 を 理 解 するために アミノ 基 やカルボニル 基 を 有 する 有 機 化 合 物 について 反 応 性 およびその 他 の 性 質 に 関 する 基 本 的 知 識 を 修 得 し それらを 応 用 するための 基 本 的 技 能 を 身 につける 医 薬 品 を 含 む 目 的 化 合 物 を 合 成 するために 入 手 容 易 な 化 合 物 を 出 発 物 質 と して 代 表 的 な 炭 素 骨 格 の 構 築 法 などに 関 する 基 本 的 知 識 技 能 態 度 を 修 得 す る C4 (3), C5 (1), (2) 1. アミン 類 の 代 表 的 な 性 質 と 反 応 を 列 挙 し 説 明 できる 2. 代 表 的 な 生 体 内 アミンを 列 挙 し 構 造 式 を 書 くことができる 3. 含 窒 素 化 合 物 の 塩 基 性 度 を 説 明 できる 4. アミンの 代 表 的 な 合 成 法 について 説 明 できる 5. カルボン 酸 の 代 表 的 な 性 質 と 反 応 を 列 挙 し 説 明 できる 6. カルボン 酸 誘 導 体 ( 酸 ハロゲン 化 物 酸 無 水 物 エステル アミド ニトリル)の 代 表 的 な 性 質 と 反 応 を 列 挙 し 説 明 できる 7. カルボン 酸 の 代 表 的 な 合 成 法 について 説 明 できる 8. カルボン 酸 誘 導 体 (エステル アミド ニトリル 酸 ハロゲン 化 物 酸 無 水 物 )の 代 表 的 な 合 成 法 について 説 明 できる 9. 転 位 反 応 を 用 いた 代 表 的 な 炭 素 骨 格 の 構 築 法 を 列 挙 できる 10. 代 表 的 な 炭 素 - 炭 素 結 合 生 成 反 応 (アルドール 反 応 マロン 酸 エステル 合 成 アセト 酢 酸 エステル 合 成 Michael 付 加 Mannich 反 応 Grignard 反 応 Wittig 反 応 など)について 概 説 できる 11. 代 表 的 な 位 置 選 択 的 反 応 を 列 挙 し その 機 構 と 応 用 例 について 説 明 できる 12. 代 表 的 な 立 体 選 択 的 反 応 を 列 挙 し その 機 構 と 応 用 例 について 説 明 でき る 有 機 化 学 入 門 A 有 機 化 合 物 の 骨 格 と 性 質 官 能 基 の 性 質 反 応 合 成 官 能 基 と 構 造 解 析 なし 第 1 回 アミンの 性 質 構 造 と 塩 基 性 ( 藤 岡 ) SBOs-274 第 2 回 アミンの 合 成 : 求 核 置 換 反 応 ( 藤 岡 ) SBOs-270,271,310 第 3 回 アミンの 合 成 : 還 元 反 応 ( 藤 岡 )SBOs-270,271,310 第 4 回 アミンの 反 応 :ジアゾ 化 ニトロソ 化 スルホンアミド Sandmeier 反 応 ( 藤 岡 )SBOs-274,310 第 5 回 アミンの 反 応 :スルホンアミド Sandmeier 反 応 ( 藤 岡 ) SBOs-274,310 第 6 回 カルボン 酸 : 性 質 および 合 成 法 ( 藤 岡 )SBOs-268,308 第 7 回 カルボン 酸 誘 導 体 : 酸 ハロゲン 化 物 酸 無 水 物 の 合 成 と 反 応 ( 町 支 )SBOs-269,309 第 8 回 カルボン 酸 誘 導 体 :エステル アミドおよびニトリルの 合 成 と 反 応 ( 町 支 )SBOs-269,309 第 9 回 カルボン 酸 誘 導 体 :エステル アミドおよびニトリルの 性 質 と 加 水 分 解 反 応 ( 町 支 )SBOs-269,309 第 10 回 ジカルボニル 化 合 物 の 合 成 と 反 応 :エノレートイオンの 化 学 クライ ゼン 縮 合 アセト 酢 酸 エステル 合 成 マロン 酸 エステル 合 成 ( 町 支 )SBOs-315,316 第 11 回 ジカルボニル 化 合 物 の 合 成 と 反 応 :クネーベナーゲル 反 応 ( 町 支 ) SBOs-316 第 12 回 ジカルボニル 化 合 物 の 合 成 と 反 応 :マイケル 付 加 ( 町 支 ) SBOs-316 中 間 の2 回 の 試 験 提 出 物 により 評 価 する 天 然 物 化 学 (Natural Product Chemistry) 1 2P(H22~) 澁 谷 博 孝 大 橋 一 慶 天 然 物 由 来 の 医 薬 品 の 概 要 を 理 解 するために 植 物 第 二 次 代 謝 産 物 のうち 脂 肪 酸 関 連 化 合 物 強 心 配 糖 体 テルペノイド フェニルプロパノイド ポリケチド の 化 学 構 造 の 特 徴 と 生 合 成 及 び 基 原 植 物 について 理 解 する C7(1), (2) 代 表 的 な 脂 肪 酸 関 連 化 合 物 強 心 配 糖 体 テルペノイド フェニルプロパノイド ポリケチドの 化 学 構 造 を 生 合 成 経 路 に 基 づいて 説 明 し その 化 学 構 造 と 基 原 植 物 を 関 係 づけることができる 薬 になる 動 植 鉱 物 なし 第 1 回 天 然 物 化 学 序 論 ( 澁 谷 )SBOs-365 第 2 回 天 然 有 機 化 合 物 の 分 離 ( 澁 谷 )SBOs-381 第 3 回 植 物 第 二 次 代 謝 産 物 の 生 合 成 概 論 ( 澁 谷 )SBOs-365 第 4 回 糖 質 ( 澁 谷 )SBOs-365 第 5 回 酢 酸 ーマロン 酸 経 路 ( 澁 谷 )SBOs-371,378 第 6 回 シキミ 酸 経 路 ( 澁 谷 )SBOs-369,378 第 7 回 フラボノイド タンニン( 澁 谷 )SBOs-369,372 第 8 回 メバロン 酸 経 路 ( 澁 谷 )SBOs-366,378 第 9 回 テルペノイド(1); C10 C15( 大 橋 )SBOs-366,372 第 10 回 テルペノイド(2); C20 及 び C30( 大 橋 )SBOs-366 第 11 回 サポニン ステロイド( 大 橋 )SBOs-366 第 12 回 強 心 配 糖 体 植 物 色 素 ( 大 橋 )SBOs-367 中 間 試 験 及 び 学 期 末 試 験 を 総 合 して 評 価 する 薬 学 生 のための 天 然 物 化 学 木 村 孟 淳 南 江 堂 中 間 の2 回 の 試 験 提 出 物 により 評 価 する ソロモンの 新 有 機 化 学 下 花 房 昭 静 他 廣 川 書 店

17 生 命 活 動 を 担 うタンパク 質 (Protein for Life Action) 1 2P(H22~) 森 田 哲 生 生 命 活 動 の 担 い 手 であるタンパク 質 酵 素 について 理 解 するために その 構 造 性 状, 代 謝 についての 基 本 的 知 識 を 修 得 する C9(3) タンパク 質 の 構 造 機 能 発 現 や 酵 素 の 特 性 役 割 反 応 速 度 論 活 性 調 節 補 酵 素 について 説 明 できる 脂 質 等 の 輸 送 や 情 報 伝 達 等 に 関 与 するタンパク 質 に ついて 説 明 できる 薬 学 の 基 礎 としての 生 物 生 命 体 の 基 本 単 位 としての 細 胞 1 年 次 生 物 系 および 化 学 系 科 目 の 充 実 を 行 うこと 第 1 回 アミノ 酸 の 構 造 と 機 能 ( 森 田 )SBOs-469 第 2 回 タンパク 質 の 構 造 と 機 能 ( 森 田 )SBOs-493 第 3 回 酵 素 論 ( 森 田 )SBOs-496,497,498,499,500 第 4 回 タンパク 質 代 謝 各 論 ( 森 田 )SBOs-504,505 第 5 回 アミノ 酸 代 謝 各 論 ( 森 田 )SBOs-470 第 6 回 情 報 受 容 タンパク 質 論 ( 森 田 )SBOs-505 第 7 回 物 質 輸 送 タンパク 質 論 ( 森 田 )SBOs-503 第 8 回 血 漿 タンパクの 機 能 論 ( 森 田 )SBOs-504 第 9 回 細 胞 内 情 報 伝 達 とタンパク 質 ( 森 田 )SBOs-505 第 10 回 細 胞 内 情 報 伝 達 とアミノ 酸 ( 森 田 )SBOs-505 第 11 回 細 胞 骨 格 形 成 タンパク 質 の 生 化 学 ( 森 田 )SBOs-506 第 12 回 総 括 ( 森 田 )SBOs-470,510 臨 時 試 験 並 びに の 成 績 によって 評 価 する 臨 時 試 験 並 びに の 成 績 によって 評 価 する 生 命 活 動 と 生 化 学 への 展 開 森 田 哲 生 著 京 都 廣 川 書 店 生 命 情 報 を 担 う 遺 伝 子 (Gene structure and function) 1 2P(H22~) 松 岡 浩 史 森 田 哲 生 遺 伝 子 DNA の 基 本 構 造 や 遺 伝 情 報 の 維 持 伝 達 とその 発 現 のメカニズムに ついて 学 習 し 正 常 な 生 命 活 動 の 維 持 における 遺 伝 子 の 働 きについて 理 解 する また 遺 伝 子 が 相 互 に 関 係 し 合 って 一 つのシステムとして 機 能 するゲノムについ て 理 解 する C9 (2) 1 核 酸 の 構 成 成 分 とその 代 謝 について 説 明 できる 2 DNA および RNA の 構 造 を 説 明 できる 3 染 色 体 DNA の 構 造 を 説 明 できる 4 遺 伝 情 報 の 維 持 伝 達 について 説 明 できる 5 遺 伝 情 報 の 発 現 について 説 明 できる 6 遺 伝 子 多 型 について 説 明 できる 薬 学 の 基 礎 としての 生 物 学 上 記 科 目 の 復 習 第 1 回 DNA の 構 造 ( 森 田 ) SBOs-476, 479 第 2 回 RNA の 構 造 ( 森 田 ) SBOs-477, 479 第 3 回 核 酸 塩 基 の 代 謝 (1) 生 合 成 ( 森 田 ) SBOs-475 第 4 回 核 酸 塩 基 の 代 謝 (2) 分 解 ( 森 田 ) SBOs-475 第 5 回 染 色 体 の 構 造 ( 松 岡 ) SBOs-481 第 6 回 複 製 半 保 存 的 複 製 ( 松 岡 ) SBOs-489 第 7 回 DNA の 変 異 と 修 復 ( 松 岡 ) SBOs-490, 491 第 8 回 転 写 ( 松 岡 ) SBOs-478, 480, 482, 483, 484 第 9 回 RNA のプロセシング ( 松 岡 ) SBOs-486 第 10 回 翻 訳 遺 伝 暗 号 リボソーム ( 松 岡 ) SBOs-487, 488 第 11 回 転 写 制 御 (1) オペロン ( 松 岡 ) SBOs-481, 482, 484, 485 第 12 回 遺 伝 子 変 異 と 遺 伝 子 多 型 ( 松 岡 ) SBOs-492 臨 時 試 験 および 講 義 出 席 により 総 合 的 に 評 価 分 子 生 物 学 東 中 川 徹 ほか オーム 社 生 命 活 動 と 生 化 学 への 展 開 森 田 哲 生 京 都 廣 川 書 店 Essential 細 胞 生 物 学 中 村 桂 子 ほか 南 江 堂 薬 学 領 域 の 生 化 学 伊 藤 晃 ほか 廣 川 書 店

18 生 体 エネルギー (Bioenergy) 1 2P(H22~) 本 屋 敷 敏 雄 道 原 明 宏 生 命 活 動 が 生 体 エネルギーにより 支 えられていることを 理 解 するために 食 物 成 分 からのエネルギーの 産 生 および 糖 質 脂 質 タンパク 質 の 代 謝 に 関 する 基 本 的 知 識 を 修 得 し それらを 取 り 扱 うための 基 本 技 能 を 身 につける C9(4) 生 体 におけるエネルギーの 通 貨 である ATP を 理 解 し ATP 産 生 に 関 与 する 糖 代 謝 脂 質 代 謝 系 について 説 明 できる 生 命 体 の 基 本 単 位 としての 細 胞 なし 第 1 回 解 糖 系 ( 本 屋 敷 )SBOs-511,512 第 2 回 アルコール 発 酵 乳 酸 発 酵 ( 本 屋 敷 )SBOs-520 第 3 回 クエン 酸 回 路 ( 本 屋 敷 )SBOs-513 第 4 回 電 子 伝 達 系 酸 化 的 リン 酸 化 ( 本 屋 敷 )SBOs-514 第 5 回 ペントースリン 酸 回 路 糖 新 生 ( 本 屋 敷 ) SBOs-519,522,525,526,528 第 6 回 グリコーゲンの 合 成 と 分 解 ( 本 屋 敷 )SBOs-521,524 第 7 回 ミトコンドリアの 役 割 ATP 産 生 阻 害 物 質 およびその 阻 害 機 構 ( 本 屋 敷 )SBOs-516,517,518 第 8 回 脂 質 の 構 造 ( 道 原 )SBOs-461,462 第 9 回 脂 肪 酸 の 生 合 成 β 酸 化 ( 道 原 )SBOs-463,515,527 第 10 回 飢 餓 状 態 のエネルギー 代 謝 ( 道 原 )SBOs-523 第 11 回 コレステロールの 生 合 成 経 路 ( 道 原 )SBOs-464 第 12 回 コレステロールの 代 謝 ( 道 原 )SBOs-464 中 間 試 験 並 びに の 成 績 によって 評 価 する 薬 学 領 域 の 生 化 学 伊 東 晃 他 廣 川 書 店 生 理 活 性 分 子 とシグナル 分 子 (Bioactive Factor and Signal Molecule) 1 2P(H22~) 西 尾 廣 昭 他 生 体 のダイナミックな 情 報 ネットワーク 機 構 を 物 質 や 細 胞 レベルで 理 解 するた めに 代 表 的 な 情 報 伝 達 物 質 ( 神 経 伝 達 物 質 オータコイド ホルモン サイトカ イン 増 殖 因 子 ケモカイン)の 種 類 作 用 発 現 機 構 および 細 胞 内 情 報 伝 達 など に 関 する 基 本 的 知 識 を 獲 得 する C9(5) 1. 神 経 伝 達 物 質 を 挙 げ その 生 合 成 経 路 分 解 経 路 生 理 活 性 を 説 明 できる 2.オータコイドを 挙 げ その 生 合 成 生 理 作 用 および 生 体 内 での 役 割 について 説 明 できる 3. 代 表 的 ホルモンを 挙 げ その 産 生 臓 器 生 理 作 用 および 分 泌 調 節 機 構 を 説 明 できる 4. 代 表 的 サイトカイン 増 殖 因 子 ケモカインを 挙 げ その 役 割 を 概 説 できる 人 体 の 構 造 と 機 能 Ⅰ 人 体 の 構 造 と 機 能 Ⅱ 薬 学 の 基 礎 としての 生 物 A での 学 習 内 容 を 充 分 に 理 解 し 復 習 しておくこと が 望 ましい 第 1 回 カテコールアミン 系 神 経 伝 達 物 質 : 生 合 成 代 謝 経 路 生 理 活 性 ( 井 上 ) SBOs-539 第 2 回 アセチルコリン: 生 合 成 代 謝 経 路 生 理 活 性 ( 井 上 ) SBOs-542 第 3 回 アミノ 酸 系 神 経 伝 達 物 質 : 生 合 成 代 謝 経 路 生 理 活 性 ( 井 上 ) SBOs-540 第 4 回 生 理 活 性 アミン: 生 合 成 代 謝 経 路 生 体 内 での 役 割 ( 西 尾 ) SBOs-536 第 5 回 生 理 活 性 ペプチド: 生 合 成 代 謝 経 路 生 体 内 での 役 割 ( 西 尾 ) SBOs-537 第 6 回 エイコサノイド 一 酸 化 窒 素 : 生 合 成 経 路 生 理 活 性 ( 西 尾 ) SBOs-533,534,535,538 第 7 回 サイトカイン: 種 類 生 体 内 での 役 割 ( 大 西 ) SBOs-543 第 8 回 ケモカイン 増 殖 因 子 : 種 類 生 体 内 での 役 割 ( 大 西 ) SBOs-544,545 第 9 回 ホルモン: 産 生 臓 器 生 理 作 用 および 分 泌 調 節 機 構 ( 土 谷 ) SBOs-529,530 第 10 回 ステロイドホルモン: 産 生 臓 器 生 理 作 用 および 分 泌 調 節 機 構 ( 土 谷 ) SBOs-531 第 11 回 第 12 回 ホルモン 異 常 による 疾 患 とその 病 態 ( 土 谷 ) SBOs-532 細 胞 内 情 報 伝 達 :G-タンパク セカンドメッセンジャー 核 内 受 容 体 の 役 割 ( 土 谷 ) SBOs-546,547,548,549 臨 時 試 験 並 びに の 成 績 によって 評 価 する 新 生 理 学 木 幡 邦 彦 ほか 文 光 堂 機 能 形 態 学 玄 番 宗 一 ( 編 ) 化 学 同 人

19 生 体 機 能 調 節 (Regulation of Human Body Function) 1 2P(H22~) 西 尾 廣 昭 他 ホメオスタシス( 恒 常 性 )の 維 持 機 構 を 個 体 レベルで 理 解 するために 生 体 の ダイナミックな 調 節 機 構 に 関 する 基 礎 的 知 識 を 修 得 する C8(1),(3) 1. 生 体 ホメオスタシス 維 持 機 構 のダイナミックスを 説 明 できる 2. 体 液 の 調 節 機 構 を 説 明 できる 3. 自 律 神 経 系 による 生 体 調 節 機 構 を 説 明 できる 4. 循 環 系 による 生 体 調 節 機 構 を 説 明 できる 人 体 の 構 造 と 機 能 Ⅰ 人 体 の 構 造 と 機 能 Ⅱ 薬 学 の 基 礎 としての 生 物 A での 学 習 内 容 を 充 分 に 理 解 し 復 習 しておくこと が 望 ましい 第 1 回 生 体 ホメオスタシス 維 持 機 構 ( 土 谷 ) SBOs-1528 第 2 回 体 液 の 調 節 機 構 (1) 生 理 的 調 節 機 構 ( 土 谷 ) SBOs-434 第 3 回 体 液 の 調 節 機 構 (2) 尿 の 生 成 調 節 機 構 ( 土 谷 ) SBOs-435 第 4 回 体 液 の 調 節 機 構 (3) 腎 機 能 の 調 節 機 構 ( 土 谷 ) SBOs-407 第 5 回 自 律 神 経 系 による 調 節 機 構 (1) 交 感 神 経 と 副 交 感 神 経 ( 井 上 ) SBOs-399,425,426,427 第 6 回 自 律 神 経 系 による 調 節 機 構 (2) 自 律 神 経 系 の 機 能 ( 井 上 ) SBOs-399,425,426,427 第 7 回 自 律 神 経 系 による 調 節 機 構 (3) 副 交 感 神 経 系 に 作 用 する 薬 ( 井 上 ) SBOs-399,425,426,427 第 8 回 自 律 神 経 系 による 調 節 機 構 (4) 交 感 神 経 系 に 作 用 する 薬 ( 井 上 ) SBOs-399,425,426,427 第 9 回 循 環 系 の 調 節 機 構 (1) 血 液 の 機 能 ( 西 尾 ) SBOs-403 第 10 回 循 環 系 の 調 節 機 構 (2) 造 血 機 構 ( 西 尾 ) SBOs-411 第 11 回 循 環 系 の 調 節 機 構 (3) 血 液 凝 固 / 線 溶 機 構 ( 西 尾 ) SBOs-433 第 12 回 循 環 系 の 調 節 機 構 (4) 血 圧 調 節 機 構 ( 西 尾 ) SBOs-431 臨 時 試 験 並 びに の 成 績 によって 評 価 する 新 生 理 学 木 幡 邦 彦 ほか 文 光 堂 機 能 形 態 学 玄 番 宗 一 ( 編 ) 化 学 同 人 細 胞 を 構 成 する 分 子 (Cell-constituting molecules) 1 2P(H22~) 森 田 哲 生 本 屋 敷 敏 雄 生 命 の 活 動 単 位 としての 細 胞 の 成 り 立 ちを 分 子 レベルで 理 解 するために その 構 成 分 子 の 構 造 生 合 成 性 状 機 能 に 関 する 基 本 知 識 を 修 得 し それらを 取 り 扱 うための 基 本 技 能 を 身 につける C8(3).C9(1).(3).(4).(5) 栄 養 成 分 とその 消 化 と 吸 収 および 血 糖 の 調 節 肺 や 気 管 支 の 機 能 と 構 造 ガス 交 換 筋 収 縮 の 機 構 ならびに 主 要 なホルモンの 産 生 臓 器 や 生 理 作 用 および 分 泌 調 節 機 構 を 説 明 できる 薬 学 の 基 礎 としての 生 物 生 命 体 の 基 本 単 位 としての 細 胞 1 年 次 の 生 物 系 化 学 系 科 目 の 基 礎 を 充 実 させておくこと 第 1 回 糖 質 の 消 化 と 吸 収 ( 森 田 )SBOs-437,510 第 2 回 脂 質 タンパク 質 の 消 化 と 吸 収 ( 森 田 )SBOs-437,510 第 3 回 呼 吸 の 生 化 学 ( 本 屋 敷 )SBOs-432 第 4 回 ヘム 蛋 白 質 の 生 化 学 ( 本 屋 敷 )SBOs-432 第 5 回 筋 収 縮 機 構 の 生 化 学 ( 本 屋 敷 )SBOs-428 第 6 回 筋 収 縮 のエネルギー( 本 屋 敷 )SBOs-428 第 7 回 ホルモン 作 用 機 構 ( 森 田 )SBOs-429 第 8 回 ペプチドホルモン 各 論 ( 森 田 )SBOs-529 第 9 回 アミノ 酸 誘 導 体 ホルモン 各 論 ( 森 田 )SBOs-530 第 10 回 ステロイドホルモン 各 論 ( 森 田 )SBOs-531 第 11 回 ホルモンの 相 互 作 用 ( 森 田 )SBOs-429,430 第 12 回 ホルモンのまとめ ( 森 田 )SBOs-532 臨 時 試 験 並 びに の 成 績 によって 評 価 する 臨 時 試 験 並 びに の 成 績 によって 評 価 する 生 命 活 動 と 生 化 学 への 展 開 森 田 哲 生 著 京 都 廣 川 書 店

20 小 さな 生 き 物 たち (Microbes) 1 2P(H22~) 福 長 将 仁 田 淵 紀 彦 微 生 物 の 性 状 生 態 やヒトとの 関 わりを 理 解 するために 微 生 物 の 分 類 構 造 生 活 史 ならびに 発 見 研 究 の 歴 史 などに 関 する 基 礎 的 知 識 をまなび 生 物 の 多 様 性 ならびにそれぞれの 生 態 系 での 役 割 を 理 解 するとともに 環 境 保 全 や 健 康 維 持 に 努 めることのできる 態 度 を 修 得 する C8(4) 1 生 態 系 における 微 生 物 の 役 割 について 説 明 できる 2 原 核 生 物 と 真 核 生 物 の 違 いを 説 明 できる 3 細 菌 の 構 造 と 増 殖 機 構 を 説 明 できる 4 細 菌 の 系 統 分 類 について 説 明 でき 主 な 細 菌 を 列 挙 できる 5 グラム 陽 性 菌 と 陰 性 菌 好 気 性 菌 と 嫌 気 性 菌 の 違 いを 説 明 できる 6 マイコプラズマ リケッチア クラミジア スピロヘータ 放 線 菌 についてその 特 性 を 説 明 できる 7 腸 内 細 菌 の 役 割 について 説 明 できる 8 細 菌 の 遺 伝 子 伝 達 ( 接 合 形 質 導 入 形 質 転 換 )について 説 明 できる 9 代 表 的 な 細 菌 毒 素 の 作 用 を 説 明 できる 10 代 表 的 なウイルスの 構 造 と 増 殖 過 程 を 説 明 できる 11 ウイルスの 分 類 法 について 概 説 できる 12 代 表 的 な 動 物 ウイルスの 培 養 法 定 量 法 について 説 明 できる 13 主 な 真 菌 の 性 状 について 説 明 できる 14 主 な 原 虫 寄 生 虫 の 生 活 史 について 説 明 できる 15 滅 菌 消 毒 防 腐 および 殺 菌 静 菌 の 概 念 を 説 明 できる 16 細 菌 の 同 定 に 用 いる 代 表 的 な 試 験 法 ( 生 化 学 的 性 状 試 験 血 清 型 別 試 験 分 子 生 物 学 的 試 験 )について 説 明 できる 自 然 と 人 間 授 業 後 半 で 行 う PBL にあたっては 発 表 内 容 をあらかじめダウンロードして 各 自 予 習 しておくこと 第 1 回 微 生 物 とはどのような 生 き 物 か( 福 長 :SBOs-439ー40, 444) 第 2 回 細 菌 の 構 造 と 増 殖 多 様 な 微 生 物 ( 福 長 :SBOs-441ー3, 6) 第 3 回 正 常 細 菌 叢 細 菌 遺 伝 細 菌 毒 素 ( 福 長 :SBOs-445, 7) 第 4 回 ウイルスの 構 造 と 増 殖 ( 福 長 :SBOs-448, 450) 第 5 回 ウイルスの 分 類 と 感 染 症 ( 福 長 :SBOs-449) 第 6 回 真 菌 原 虫 と 寄 生 虫 ( 福 長 :SBOs-451, 2) 第 7 回 PBL 環 境 と 微 生 物 ( 福 長 田 淵 :SBOs-439ー40) 第 8 回 PBL 微 生 物 の 多 様 性 ( 福 長 田 淵 :SBOs-441ー5) 第 9 回 PBL 微 生 物 の 遺 伝 学 ( 福 長 田 淵 :SBOs-446) 第 10 回 PBL 細 菌 の 病 原 性 ( 福 長 田 淵 :SBOs-441ー7) 第 11 回 PBLウイルスの 病 原 性 ( 福 長 田 淵 :SBOs-448ー50) 第 12 回 PBL 感 染 を 防 止 する( 福 長 田 淵 :SBOs-453ー5) 中 間 (30%) 期 末 学 科 試 験 (20%) レポート(30%) PBL 発 表 と 報 告 書 発 表 会 における 発 言 学 生 相 互 の 評 価 (20%)を 総 合 して 評 価 する 合 格 基 準 は 個 々の 微 生 物 の 性 状 相 互 関 係 と 環 境 中 での 役 割 を 概 説 できること とする 微 生 物 学 病 原 微 生 物 学 の 基 礎 今 井 康 之 ほか 南 江 堂 平 成 25 年 度 シラバス ( 薬 学 部 専 門 教 育 科 目 )

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73>

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73> [ 薬 と 疾 病 ] C13 薬 の 効 くプロセス 医 薬 品 の 作 用 する 過 程 を 理 解 するために 代 表 的 な 薬 物 の 作 用 作 用 機 序 および 体 内 での 運 命 に 関 する 基 本 的 知 識 と 態 度 を 修 得 し それらを 応 用 する 基 本 的 技 能 を 身 につける (1) 薬 の 作 用 と 生 体 内 運 命 作 用 部 位 に 達 した

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

Microsoft Word - minifile-1976-2010.doc

Microsoft Word - minifile-1976-2010.doc ミニファイル:1976 年 ~2010 年 1976 年 1977 年 1977 年 1978 年 1979 年 1980 年 標 準 の 話 化 合 物 命 名 法 試 薬 標 準 試 料 公 定 分 析 法 海 外 の 標 準 公 定 分 析 法 単 位 と 標 準 の 歩 み 正 式 名 とは 何 か 日 本 における 公 定 試 薬 規 格 有 機 分 析 用 標 準 試 料 大 気 汚 染

More information

第 15 回 先 端 医 療 センター 再 生 医 療 審 査 委 員 会 審 査 結 果 日 時 : 平 成 20 年 2 月 26 日 ( 火 )16:00~ 場 所 : 先 端 医 療 センター4 階 大 会 議 室 委 員 長 : 山 岡 義 生 委 員 : 井 上 明 大 内 ますみ 大 田 清 志 守 殿 貞 夫 神 田 勉 玉 岡 かおる 永 井 謙 一 西 田 芳 矢 村 上 雅 義

More information

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成 5 腎 膠 原 病 内 科 後 期 臨 床 研 修 カリキュラム 専 門 医 養 成 コース 1. 腎 膠 原 病 内 科 の 概 要 1.スタッフ 部 長 1 名 小 山 勝 志 医 長 1 名 医 員 3 名 後 期 研 修 医 3 名 日 本 内 科 学 会 : 認 定 内 科 医 3 名 専 門 医 1 名 指 導 医 1 名 日 本 腎 臓 学 会 : 専 門 医 2 名 指 導 医 1

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

肝機能検査の基礎

肝機能検査の基礎 肝 機 能 検 査 の 基 礎 刈 谷 豊 田 総 合 病 院 臨 床 検 査 科 大 島 彩 肝 臓 の 特 徴 と 働 き 特 徴 人 体 の 代 謝 能 の 中 枢 大 きな 予 備 能 と 再 生 能 を 有 する ( 正 常 肝 の 場 合 6/7を 切 除 しても 肝 機 能 は 正 常 に 働 く!!) 働 き 1 代 謝 機 能 (グルコース アミノ 酸 脂 肪 酸 など) 2 胆

More information

<4D F736F F D EF8CE38F4390B A96F28DDC8E748D9189C68E8E8CB18F6F91E88AEE8F8082C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D EF8CE38F4390B A96F28DDC8E748D9189C68E8E8CB18F6F91E88AEE8F8082C982C282A282C42E646F63> 薬 剤 師 国 家 試 験 出 題 基 準 薬 剤 師 国 家 試 験 出 題 基 準 ( 以 下 出 題 基 準 という )は 薬 剤 師 国 家 試 験 委 員 が 試 験 問 題 を 作 成 するうえで 妥 当 な 出 題 範 囲 と ほぼ 一 定 の 問 題 水 準 を 保 つために 策 定 される 基 準 であり その 内 容 については 学 術 の 進 歩 及 び 薬 剤 師 業 務 の

More information

Microsoft Word - HP用H.21年度事業報告書.doc

Microsoft Word - HP用H.21年度事業報告書.doc 公 益 財 団 法 人 痛 風 財 団 平 成 21 年 度 事 業 報 告 書 事 業 の 概 要 1. 研 究 助 成 事 業 平 成 21 年 度 の 研 究 助 成 は 下 記 4 部 門 を 対 象 として 総 額 900 万 円 の 助 成 を 行 った 1 痛 風 高 尿 酸 血 症 に 関 する 臨 床 的 色 彩 の 濃 い 研 究 を 対 象 とした 鳥 居 痛 風 学 術 賞

More information

vol.54.pmd

vol.54.pmd 平 成 25 年 度 神 奈 川 県 立 がんセンター がん 臨 床 講 座 予 定 表 ( 毎 週 水 曜 日 18:30-19:30 管 理 医 局 棟 3 階 総 合 診 断 室 ) 日 付 曜 日 演 題 名 所 属 講 師 名 ( 敬 称 略 ) 平 成 25 年 4 月 17 日 水 病 理 診 断 の ABC 病 理 診 断 科 横 瀬 智 之 24 日 水 放 射 線 治 療 総 論

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

指 導 担 当 医 山 谷 秀 喜 (やまや ひでき) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 所 属 日 本 移 植 学 会 所 属 日 本 アフェレシス 学 会 所 属 慢 性 腎 臓 病 の 管 理 内 シャント 拡 張 術 奥 山 宏 (おくやま ひろし) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 専 門 医

指 導 担 当 医 山 谷 秀 喜 (やまや ひでき) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 所 属 日 本 移 植 学 会 所 属 日 本 アフェレシス 学 会 所 属 慢 性 腎 臓 病 の 管 理 内 シャント 拡 張 術 奥 山 宏 (おくやま ひろし) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 専 門 医 腎 臓 内 科 科 長 のメッセージ 腎 炎 から 腎 臓 移 植 まですべての 領 域 をカバーしている 日 本 唯 一 といっていい 総 合 腎 臓 内 科 であ り 6つの 専 門 医 が 取 得 可 能 です One for all, all for one の 精 神 で 皆 が 連 帯 しています 科 長 横 山 仁 (よこやま ひとし) 教 授 腎 臓 内 科 学 腎 炎 ネフローゼ

More information

<30352D312D39398EF68BC689C896DA82CC8A F4390B394C5816A2E786C73>

<30352D312D39398EF68BC689C896DA82CC8A F4390B394C5816A2E786C73> 様 式 第 2 号 (その3の1) ( 医 学 薬 学 府 総 合 薬 品 学 攻 ) 授 業 の 概 要 区 分 授 業 の 名 称 講 義 等 の 内 容 備 考 生 体 分 子 分 析 学 特 論 生 体 分 子 分 析 学 演 習 医 薬 品 合 成 学 特 論 様 々な 生 体 分 子 の 構 造 と 機 能 を 追 求 するための 最 新 の 方 法 論 につい て 講 義 する とりわけ

More information

《第68回日本栄養・食糧学会大会》における研究発表(8題)

《第68回日本栄養・食糧学会大会》における研究発表(8題) 報 道 関 係 各 位 平 成 26 年 5 月 29 日 第 68 回 日 本 栄 養 食 糧 学 会 大 会 における 研 究 発 表 (8 題 ) 雪 印 メグミルク 株 式 会 社 ( 本 社 : 東 京 都 新 宿 区 代 表 取 締 役 社 長 : 中 野 吉 晴 )は コーポレートスローガン 未 来 は ミルクの 中 にある に 基 づき おいしさ と 健 康 を 追 求 するための

More information

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療 ( 母 体 胎 児 専 門 医 ) 第 7 条 一 般 目 標 母 体 胎 児 専 門 医 は 正 常 及 び 異 常 な 妊 娠 分 娩 ならびに 合 併 症 妊 娠 に 対 する 診 療 を 行 い, 助 言 を 提 供 する 母 体 胎 児 医 療 の 専 門 医 であり, 以 下 の 知 識 と 技 能 を 習 得 することが 必 要 である. (1) 妊 娠 分 娩 経 過 の 正 常 及

More information

親水親油 パンフ表(HP)

親水親油 パンフ表(HP) 材 料 表 面 の Information for Consultants in Colloid and Surface Science 親 水 親 油 の 評 価 と 制 御 設 計 監 修 執 筆 者 72 発 刊 2016 年 7 月 27 日 体 裁 B5 判 二 段 組 上 製 本 600 頁 価 格 本 体 48,000 円 (+ 税 ) 国 内 送 料 弊 社 負 担 発 行 >>>>>>>>

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

血 液 浄 化 療 法 の 機 能 効 率 に 関 する 小 委 員 会 川 西 秀 樹, 峰 島 三 千 男, 小 川 智 也, 川 崎 忠 行, 久 野 勉, 佐 藤 隆, 篠 田 俊 雄, 武 本 佳 昭, 土 田 健 司, 友 雅 司, 深 澤 瑞 也, 政 金 生 人, 水 口 潤, 山

血 液 浄 化 療 法 の 機 能 効 率 に 関 する 小 委 員 会 川 西 秀 樹, 峰 島 三 千 男, 小 川 智 也, 川 崎 忠 行, 久 野 勉, 佐 藤 隆, 篠 田 俊 雄, 武 本 佳 昭, 土 田 健 司, 友 雅 司, 深 澤 瑞 也, 政 金 生 人, 水 口 潤, 山 委 員 会 委 員 名 簿 総 務 委 員 会 新 田 孝 作, 川 西 秀 樹, 衣 笠 えり 子, 篠 田 俊 雄, 峰 島 三 千 男, 森 石 みさき HP 電 算 機 小 委 員 会 峰 島 三 千 男, 山 下 明 泰, 川 崎 忠 行, 川 西 秀 樹, 芝 本 隆, 武 本 佳 昭, 花 房 規 男 ( 外 部 委 員 ) 田 代 嗣 晴 腎 不 全 看 護 師 栄 養 管 理 士

More information

2

2 横 浜 薬 科 大 学 教 育 研 究 年 報 Yokohama University of Pharmacy 平 成 25 年 度 2013 2 目 次 横 浜 薬 科 大 学 学 事 報 告... 15 教 育 年 報... 20 1 年 次... 21 教 養 科 目... 21 基 礎 英 語... 21 国 語 表 現 法... 21 情 報 科 学 入 門... 21 情 報 処 理 演

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

第12回 代謝統合の破綻 (糖尿病と肥満)

第12回 代謝統合の破綻 (糖尿病と肥満) 第 12 回 代 謝 統 合 の 破 綻 ( 糖 尿 病 と 肥 満 ) 日 紫 喜 光 良 基 礎 生 化 学 講 義 2014.7.15 1 糖 尿 病 とは インスリンの 相 対 的 もしくは 絶 対 的 な 不 足 に 起 因 する 空 腹 時 の 血 糖 値 上 昇 で さまざまな 疾 患 からなる 症 候 群 2 図 25.1より 1 型 糖 尿 病 と2 型 糖 尿 病 1 型 糖 尿

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF332D3120939C9441956181418C7689E68169916688C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF332D3120939C9441956181418C7689E68169916688C4816A2E646F63> 糖 尿 病 の 医 療 体 制 構 築 について 第 1 糖 尿 病 の 現 状 1 糖 尿 病 の 疫 学 状 況 糖 尿 病 は 血 液 中 のブドウ 糖 ( 血 糖 )が 過 剰 に 増 える 疾 病 で 血 糖 値 を 下 げるホルモンである インスリンの 不 足 により 主 に 幼 児 から 小 児 期 に 発 症 する1 型 糖 尿 病 と 過 食 運 動 不 足 肥 満 な どによりインスリンの

More information

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4 日 付 時 限 内 容 4 月 6 日 2 総 論 GIO: 耳 鼻 咽 喉 科 疾 患 を 持 つ 患 者 の 診 断 と 治 療 ができるようになるために これらの 系 の 基 本 的 知 識 特 性 を 理 解 する SBO: 1. 耳 疾 患 について 説 明 できる 2. 鼻 疾 患 について 説 明 できる 3. 咽 頭 喉 頭 疾 患 について 説 明 できる 4 月 13 日 2 鼻

More information

スライド 1

スライド 1 1. すい 臓 の 生 理 学 血 糖 値 を 下 げる 唯 一 のホルモン : インスリン すい 臓 から 分 泌 される すい 臓 の 働 き 消 化 液 の 分 泌 ホルモンの 分 泌 すい 臓 のホルモン 分 泌 に 関 わる 細 胞 の 集 まり 食 物 の 消 化 を 助 ける 血 糖 値 に 関 係 する ランゲルハンス 島 細 胞 の 名 称 分 泌 されるホルモン ホルモンの 役

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

参 考 資 料 第 7 次 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 の 策 定 経 過 ( 平 成 27 年 ) 3 月 23 日 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 策 定 協 議 会 同 地 域 医 療 構 想 部 会 の 設 置 協 議 会 : 保 健 医 療 関 係 者 住 民 代 表 学 識 経 験 者 及 び 行 政 関 係 者 29 名 地 域 医 療

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030383033303388F38DFC9770816089C88A778B5A8F7093AE8CFC95F18D90816092868D9181695265762E31816A5243524397702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030383033303388F38DFC9770816089C88A778B5A8F7093AE8CFC95F18D90816092868D9181695265762E31816A5243524397702E646F63> 4.4.5 国 家 重 点 実 験 一 覧 (2008 年 1 月 調 査 現 在 ) 2.5.1 研 究 開 発 プログラム-(4) 国 家 重 点 実 験 計 画 で 紹 介 した 国 家 重 点 実 験 の 一 覧 を 以 下 に 示 す 科 学 技 術 部 管 の 国 家 重 点 実 験 は 2008 年 1 月 時 点 で 220 箇 指 定 されている なお 本 文 中 にも 記 載 した

More information

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 物 品 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 目 次 I. 業 務 概 要... 2 1 委 託 業 務 名... 2 2 業 務 の 目 的... 2 3 期 間... 2 4 病 院 概 要... 2 5 開 院 スケジュール... 3 6 対 象 業 務... 3 1 7 管 理 対 象 及 び 搬 送 対

More information

平成21年度教育関係共同利用様式

平成21年度教育関係共同利用様式 ( 別 紙 様 式 4) 職 業 実 践 専 門 課 程 の 基 本 情 報 について 学 校 名 設 置 認 可 年 月 日 校 長 名 所 在 地 国 際 メディカル 専 門 平 成 4 年 月 9 日 渡 辺 敏 彦 950 094 学 校 新 潟 市 中 央 区 紫 竹 山 6 丁 目 4 番 号 ( 電 話 )05(55)5 設 置 者 名 設 立 認 可 年 月 日 代 表 者 名 所

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

2 頁 部 級 退 職 予 定 技 職 平 田 大 登 磯 子 区 福 祉 保 健 センター ( 保 健 事 職 金 子 裕 磯 子 区 福 祉 保 健 センター 担 当 部 ( 保 健 技 職 齋 藤 泉 金 沢 区 副 区 ( 金 沢 区 総 務 部 兼 務 ) 事 職 山 本 敏 昭 緑 区

2 頁 部 級 退 職 予 定 技 職 平 田 大 登 磯 子 区 福 祉 保 健 センター ( 保 健 事 職 金 子 裕 磯 子 区 福 祉 保 健 センター 担 当 部 ( 保 健 技 職 齋 藤 泉 金 沢 区 副 区 ( 金 沢 区 総 務 部 兼 務 ) 事 職 山 本 敏 昭 緑 区 1 頁 区 局 級 退 職 予 定 部 級 退 職 予 定 医 職 蔵 田 英 志 港 南 区 担 当 理 事 ( 福 祉 保 健 センタ ー ) ( 保 健 事 職 濱 陽 太 郎 旭 区 事 職 信 時 正 人 温 暖 化 対 策 統 括 本 部 環 境 未 来 都 市 推 進 担 当 理 事 事 職 岸 村 英 憲 政 策 局 大 学 担 当 理 事 技 職 中 島 徹 也 国 際 局 国 際

More information

2014年度医療機関・医療関係者等に対する支払い情報

2014年度医療機関・医療関係者等に対する支払い情報 氏 名 医 療 施 設 名 団 体 名 学 会 名 所 属 ( 診 療 科 / 部 課 / 教 室 ) 役 職 名 相 川 竜 一 地 方 独 立 行 政 法 人 桑 名 市 総 合 医 療 センター 桑 名 南 医 療 センター 循 環 器 内 科 副 院 長 青 木 勇 日 本 赤 十 字 社 秋 田 赤 十 字 病 院 循 環 器 青 山 信 和 国 立 大 学 法 人 神 戸 大 学 医 学

More information

第1号議案 平成14年度事業報告並びに収支決算について

第1号議案 平成14年度事業報告並びに収支決算について 平 成 27 年 度 事 業 報 告 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 1 当 法 人 の 現 況 に 関 する 事 項 (1) 事 業 の 経 過 及 びその 経 過 事 業 別 予 算 額 決 算 額 達 成 率 公 衆 衛 生 推 進 事 業 21,310,809 21,340,463 % 100.1 学 術 普 及 向 上 事 業 5,194,599

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

目 次 福 島 県 県 北 医 療 圏 県 中 医 療 圏 県 南 医 療 圏 会 津 医 療 圏 南 会 津 医 療 圏 相 双 医 療 圏 いわき

目 次 福 島 県 県 北 医 療 圏 県 中 医 療 圏 県 南 医 療 圏 会 津 医 療 圏 南 会 津 医 療 圏 相 双 医 療 圏 いわき 7. 福 島 県 県 北 会 津 相 双 県 中 南 会 津 いわき 県 南 7-1 目 次 福 島 県... 7 3 1. 県 北 医 療 圏... 7 9 2. 県 中 医 療 圏... 7 15 3. 県 南 医 療 圏... 7 21 4. 会 津 医 療 圏... 7 27 5. 南 会 津 医 療 圏... 7 33 6. 相 双 医 療 圏... 7 39 7. いわき 医 療 圏...

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

1. 超 高 齢 社 会 生 活 習 慣 病 の 増 加 増 大 する 国 民 医 療 費 により 危 機 的 状 況 を 迎 える 国 民 の 健 康 生 活 国 民 の 健 康 や 将 来 の 生 活 に 対 する 不 安 の 増 大 医 療 費 増 大 等 による 医 療 介 護 制 度 の

1. 超 高 齢 社 会 生 活 習 慣 病 の 増 加 増 大 する 国 民 医 療 費 により 危 機 的 状 況 を 迎 える 国 民 の 健 康 生 活 国 民 の 健 康 や 将 来 の 生 活 に 対 する 不 安 の 増 大 医 療 費 増 大 等 による 医 療 介 護 制 度 の 講 演 資 料 2 医 学 の 視 点 から 農 林 水 産 食 品 分 野 と の 連 携 や 医 食 の 連 携 による 新 たな 産 業 創 出 の 展 望 京 都 府 立 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 吉 川 敏 一 1. 超 高 齢 社 会 生 活 習 慣 病 の 増 加 増 大 する 国 民 医 療 費 により 危 機 的 状 況 を 迎 える 国 民 の 健 康 生

More information

<8199915388F589FC28485094AD928D9770816A2E786C7378>

<8199915388F589FC28485094AD928D9770816A2E786C7378> ニッタン 株 式 会 社 第 1 種 火 災 報 知 システム 専 門 技 術 者 名 簿 1 期 板 谷 敏 行 NK-96-1-0002 吉 井 俊 明 NK-96-1-0037 山 本 博 司 NK-96-1-0077 作 左 部 義 文 NK-96-1-0004 田 中 英 則 NK-96-1-0038 会 沢 潔 NK-96-1-0079 丹 羽 忍 NK-96-1-0006 下 川 雄

More information

血 糖 値 (mg/dl) 血 中 イン スリン 濃 度 (pg/ ml) No.12 かまぼこには 血 糖 値 上 昇 抑 制 効 果 がある! 研 究 タイトル; かまぼこの 血 糖 値 上 昇 抑 制 作 用 主 任 研 究 者 ; 矢 澤 一 良 東 京 海 洋 大 学 大 学 院 ヘルスフ

血 糖 値 (mg/dl) 血 中 イン スリン 濃 度 (pg/ ml) No.12 かまぼこには 血 糖 値 上 昇 抑 制 効 果 がある! 研 究 タイトル; かまぼこの 血 糖 値 上 昇 抑 制 作 用 主 任 研 究 者 ; 矢 澤 一 良 東 京 海 洋 大 学 大 学 院 ヘルスフ No.11 かまぼこには DNA を 守 る 力 がある! 研 究 タイトル; 新 たに 開 発 した 脱 塩 基 DNA 法 で 評 価 する かまぼこ の 癌 予 防 効 果 主 任 研 究 者 ; 原 田 和 樹 (( 独 ) 水 産 大 学 校 食 品 科 学 科 食 品 加 工 利 用 学 講 座 教 授 ) 研 究 目 的 ; かまぼこには 癌 の 予 防 効 果 があるかどうかを 調

More information

イヌリンと脂質異常症

イヌリンと脂質異常症 イヌリンと 脂 質 異 常 症 ( 高 脂 血 症 ) 株 式 会 社 国 際 医 薬 品 開 発 研 究 所 代 表 取 締 役 薬 学 博 士 工 藤 庄 次 はじめに: イヌリンとは 難 消 化 性 の 水 溶 性 高 分 子 多 糖 で, チコリ, 菊 芋, にんにく, ゴボウ, ニラ, タマネギ, アスパラガスなどの 根 菜 野 菜 に 含 まれる 日 本 において, チコリや 菊 芋 は

More information

2014 14 12

2014 14 12 2014 26 2014 14 12 Ⅰ. 医 療 保 健 学 部 授 業 一 覧 (カリキュラム 表 ) (1)-1 看 護 学 授 業 (2009 度 以 降 に 入 学 した 学 生 用 ) 2 (1)-2 看 護 学 授 業 (2012 度 以 降 に 入 学 した 学 生 用 ) 4 (1)-3 看 護 学 ( 編 入 学 生 ) 授 業 (2014 度 以 降 に 入 学 した 学 生

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

炎 症 の 定 義 を 説 明 できる 到 達 目 標 自 己 評 価 炎 症 の 分 類 組 織 形 態 学 的 変 化 と 経 時 的 変 化 を 説 明 できる 血 漿 タンパク 質 の 種 類 と 機 能 を 説 明 できる 白 血 球 の 種 類 と 機 能 を 説 明 できる 血 漿 タ

炎 症 の 定 義 を 説 明 できる 到 達 目 標 自 己 評 価 炎 症 の 分 類 組 織 形 態 学 的 変 化 と 経 時 的 変 化 を 説 明 できる 血 漿 タンパク 質 の 種 類 と 機 能 を 説 明 できる 白 血 球 の 種 類 と 機 能 を 説 明 できる 血 漿 タ 10: 免 疫 膠 原 病 アレルギーコース 1. 免 疫 膠 原 病 アレルギーコースの 概 要 本 コースでは 人 体 の 免 疫 応 答 の 異 常 に 関 連 する 疾 患 を 学 習 する 免 疫 応 答 の 異 常 とは 免 疫 能 低 下 免 疫 寛 容 の 破 綻 および 過 敏 反 応 等 であり 疾 患 として 免 疫 不 全 症 膠 原 病 アレルギー 性 疾 患 に 該 当

More information

P. 9-2 検 討 を 進 めたが 必 要 に 応 じて 食 品 企 業 団 体 案 および 国 外 の 関 連 資 料 の 内 容 も 考 慮 した 2.ガイドライン 案 の 適 用 対 象 厚 生 労 働 省 自 主 点 検 ガイドライン は 錠 剤 カプセル 状 等 食 品 の 製 造 に

P. 9-2 検 討 を 進 めたが 必 要 に 応 じて 食 品 企 業 団 体 案 および 国 外 の 関 連 資 料 の 内 容 も 考 慮 した 2.ガイドライン 案 の 適 用 対 象 厚 生 労 働 省 自 主 点 検 ガイドライン は 錠 剤 カプセル 状 等 食 品 の 製 造 に P. 9-1 健 康 食 品 の 安 全 性 評 価 ガイドライン (2008 年 6 月 更 新 ) 財 団 法 人 日 本 健 康 栄 養 食 品 協 会 健 康 食 品 安 全 性 評 価 に 係 る 検 討 委 員 会 Ⅰ.ガイドライン 作 成 の 目 的 と 安 全 性 評 価 の 基 本 的 考 え 方 1. 目 的 近 年 国 民 の 健 康 に 対 する 関 心 の 高 まりなどを

More information

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載!

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! 7 国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! イラストで 解 説 した 講 義 用 に 最 適 なテキスト 補 足 しておくべき 事 項 や, 知 っておくと 役 立 つちょっと した 知 識 などを 解 説 Sample 75% 縮 小 日

More information

(5) 適 用 方 法 及 び 用 量 アセトアミノフェンの 使 用 対 象 動 物 及 び 使 用 方 法 等 を 以 下 に 示 す 対 象 動 物 及 び 使 用 方 法 使 用 国 休 薬 期 間 となっているものについては 今 回 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号

(5) 適 用 方 法 及 び 用 量 アセトアミノフェンの 使 用 対 象 動 物 及 び 使 用 方 法 等 を 以 下 に 示 す 対 象 動 物 及 び 使 用 方 法 使 用 国 休 薬 期 間 となっているものについては 今 回 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 アセトアミノフェン 今 般 の 残 留 基 準 の 検 討 については 本 剤 について 動 物 用 医 薬 品 としての 製 造 販 売 の 承 認 申 請 がなされたこと 及 び 使 用 禁 止 期 間 の 変 更 について 要 望 書 が 提 出 されたことに 伴 い 薬 事 法 に 基 づく 使 用 基 準 の 変 更 について 農 林 水 産 大 臣 から 意 見 聴 取 があったことから

More information

日 本 医 師 生 涯 教 育 制 度 奈 良 県 医 師 認 定 講 H28.6.1 以 降 の 名 称 日 時 開 催 場 所 講 演 時 間 内 容 講 師 単 位 CC 主 催 1 奈 良 県 眼 医 総 定 例 6/12( 日 ) 13:00~18:00 奈 良 県 医 師 館 特 別 講

日 本 医 師 生 涯 教 育 制 度 奈 良 県 医 師 認 定 講 H28.6.1 以 降 の 名 称 日 時 開 催 場 所 講 演 時 間 内 容 講 師 単 位 CC 主 催 1 奈 良 県 眼 医 総 定 例 6/12( 日 ) 13:00~18:00 奈 良 県 医 師 館 特 別 講 日 本 医 師 生 涯 教 育 制 度 奈 良 県 医 師 認 定 講 H28.6.1 以 降 の 名 称 日 時 開 催 場 所 講 演 時 間 内 容 講 師 単 位 CC 主 催 1 第 1 回 南 和 地 域 病 診 連 携 研 修 6/1( 水 ) 14:00~16:00 南 奈 良 総 合 医 療 センタ- 講 演 14:00~14:30 最 近 の 大 腸 がんの 診 断 治 療 について

More information

Y-7 Selenoprotein Pの 中 和 抗 体 による 耐 糖 能 異 常 及 びインスリン 分 泌 能 の 改 善 三 田 雄 一 郎,2 中 山 華 穂 稲 荷 尚 吾 吉 岡 佑 弥 高 部 稚 子 御 簾 博 文 篁 俊 成 野 口 範 子 斎 藤 芳 郎 同 志 社 大 学 生

Y-7 Selenoprotein Pの 中 和 抗 体 による 耐 糖 能 異 常 及 びインスリン 分 泌 能 の 改 善 三 田 雄 一 郎,2 中 山 華 穂 稲 荷 尚 吾 吉 岡 佑 弥 高 部 稚 子 御 簾 博 文 篁 俊 成 野 口 範 子 斎 藤 芳 郎 同 志 社 大 学 生 招 待 講 演 プログラム 第 日 目 8 月 0 日 ( 火 ) 開 会 の 辞 A 会 場 ( 橘 ) 8:20~ 大 会 長 : 赤 池 孝 章 ( 東 北 大 学 大 学 院 医 学 系 研 究 科 ) 学 術 奨 励 賞 候 補 講 演 B 会 場 ( 萩 ) 8:0~0:4 座 長 : 赤 池 孝 章 ( 東 北 大 学 大 学 院 医 学 系 研 究 科 環 境 保 健 医 学 分 野

More information

Writer標準

Writer標準 はじめに 結 核 診 断 の 手 引 き 年 間 2 万 人 以 上 の 新 規 患 者 が 登 録 されている 結 核 は 今 なお 国 内 最 大 の 感 染 症 です 但 し 下 記 に 示 すように 患 者 数 は 減 少 傾 向 にあるものの 傾 きは 鈍 化 してきており 特 に 山 形 県 では この 10 年 間 は 毎 年 の 新 規 患 者 数 が 140 人 ( 置 賜 では

More information

Microsoft Word - h26_syokugyou_sagyou.doc

Microsoft Word - h26_syokugyou_sagyou.doc ( 別 紙 様 式 4) 職 業 実 践 専 門 課 程 の 基 本 情 報 について 校 名 設 置 認 可 年 月 日 校 長 名 所 在 地 あいち 福 祉 医 療 専 門 平 成 4 年 3 月 9 日 熊 崎 正 実 456-000 校 名 古 屋 市 熱 田 区 金 山 町 一 丁 目 7 番 3 号 ( 電 話 )05-678-80 設 置 者 名 設 立 認 可 年 月 日 代 表

More information

第37回 漢方で見える!聞こえる!(漢方)

第37回 漢方で見える!聞こえる!(漢方) 第 37 回 漢 方 教 室 ( 漢 方 ) 漢 方 で 見 える! 聞 こえる!- 目 や 耳 の 病 気 は 漢 方 で 治 せるか?- Ⅰ. 漢 方 治 療 の 適 応 1 西 洋 医 学 と 漢 方 の 病 気 に 対 するアプローチの 違 い 漢 方 : 患 者 側 からのアプローチ 不 快 な 自 覚 症 状 など ホスト 側 ( 生 体 側 )に 着 目 ホストの defense 力

More information

<5461726F2D8376838C835881693233313132318CBB8DDD82C58DEC90AC816A>

<5461726F2D8376838C835881693233313132318CBB8DDD82C58DEC90AC816A> 防 衛 省 発 令 防 衛 大 学 校 訓 練 部 訓 練 課 長 を 命 ずる ( 陸 上 自 衛 隊 幹 部 学 校 主 任 教 官 ) 1 等 陸 佐 佐 藤 末 明 防 衛 大 学 校 教 授 を 命 ずる ( 帯 広 駐 屯 地 業 務 隊 長 ) 1 等 陸 佐 土 生 円 徳 防 衛 医 科 大 学 校 学 生 部 主 任 訓 練 教 官 を 命 ずる ( 陸 上 自 衛 隊 東 北

More information

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療 資 料 5 筑 後 市 立 病 院 概 要 平 成 22 年 度 版 視 察 団 体 埼 玉 県 東 松 山 市 市 議 会 視 察 日 平 成 17 年 10 月 20 日 ( 木 ) 筑 後 市 立 病 院 目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3.

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

2010 年 3 月 号 Vol.70 1 月 28 日 ( 木 )に 楽 天 の 山 崎 武 司 選 手 が 小 児 病 棟 を 激 励 に 訪 れました 写 真 はサインボールを 手 渡 す 山 崎 選 手 です ( 関 連 記 事 P 6) 平 成 21 年 度 災 害 医 療 研 修 救 護 技 術 を 習 得 2 第 9 回 QCサークル 活 動 発 表 会 4 年 連 続 最 優 秀 賞

More information

PM2.5による健康影響

PM2.5による健康影響 中 国 におけるPM2.5に 関 する 説 明 相 談 会 PM2.5による 健 康 影 響 京 都 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 金 谷 久 美 子 kanatani.kumiko.2r@kyotou.ac.jp 1 本 日 の 内 容 1. どんな 疾 患 の 可 能 性?(15 分 ) 1. 過 去 の 事 例 から 2. 実 験 結 果 から 3. 疫 学 調 査 から 2. どんな

More information

獣医学教育モデル・コア・カリキュラム

獣医学教育モデル・コア・カリキュラム 獣 医 学 教 育 モデル コア カリキュラム 平 成 23 年 度 版 獣 医 学 教 育 モデル コア カリキュラムに 関 する 調 査 研 究 委 員 会 獣 医 学 教 育 モデル コア カリキュラム 緒 言 近 年 獣 医 学 を 取 り 巻 く 環 境 は 大 きく 変 貌 しています 国 際 的 には 公 共 獣 医 事 (Veterinary Service)を 担 う 人 材 の

More information

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文 教 員 一 覧 総 合 科 学 部 総 合 科 学 研 究 科 総 合 科 学 科 ( 総 合 科 学 プログラム) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 文 化 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 言 語 コミュニケーション 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 行 動 科 学 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 (スポーツ 健 康 科 学 授 業

More information

( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原

( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原 神 * 石 原 神 2* 佐 藤 神 佐 藤 神

More information

2015/04/20 ( 月 ) 2015/04/20 ( 月 ) 2015/04/27 ( 月 ) 2015/04/27 ( 月 ) 日 常 生 活 1 日 常 生 活 2 使 用 頻 度 の 高 い 単 語 や 慣 用 表 現 を 学 習 し 文 法 知 識 を 補 強 しながら 英 語 を 習

2015/04/20 ( 月 ) 2015/04/20 ( 月 ) 2015/04/27 ( 月 ) 2015/04/27 ( 月 ) 日 常 生 活 1 日 常 生 活 2 使 用 頻 度 の 高 い 単 語 や 慣 用 表 現 を 学 習 し 文 法 知 識 を 補 強 しながら 英 語 を 習 年 次 学 期 学 則 科 目 責 任 者 1 年 次 通 年 山 上 登 美 子 ( 英 語 ) 英 語 学 習 目 標 (GIO) 評 価 方 法 (EV) 英 語 は 聞 く 力 話 す 力 読 む 力 書 く 力 という4 技 能 を 養 うことを 目 標 にする 正 しい 発 音 を 聴 き 取 り 音 読 することによって 聞 く 力 と 話 す 力 を 養 い 英 文 の 構 造 を

More information

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention 専 攻 医 ( 後 期 臨 床 研 修 )プログラム 西 宮 市 立 中 央 病 院 6. 麻 酔 科 ペインクリニック 科 当 院 の 麻 酔 科 は 手 術 臨 床 麻 酔 に 加 えて 活 発 なペインクリニック 科 と 緩 和 医 療 に 特 徴 があります 日 本 麻 酔 科 学 会 日 本 ペインクリニック 学 会 日 本 緩 和 医 療 学 会 の 研 修 指 定 病 院 であり 2

More information

2

2 NEWS NEWS H26 年 度 東 北 ブロック DMAT 参 集 訓 練 2 平 成 26 年 度 東 北 AIDS/HIV 看 護 研 修 / 宮 城 県 総 合 防 災 訓 練 NEWS 東 西 南 北 4 9 月 管 理 診 療 会 議 報 告 / 地 域 医 療 連 携 室 だより 5 仙 台 市 医 師 会 主 催 第 26 回 病 院 親 善 野 球 大 会 / 第 3 回 仙 台

More information

Microsoft Word - 重点研究_20101213_[提出版][1].docx

Microsoft Word - 重点研究_20101213_[提出版][1].docx I N I I Pwel PMD DARC 25nm P N well 研 究 テーマ 量 子 ビームを 用 いた 材 料 生 体 の 構 造 と 機 能 の 研 究 材 料 生 体 の 構 造 と 機 能 を 原 子 分 子 電 子 スケールで 解 明 して 環 境 と 生 命 を 守 る 社 会 基 盤 技 術 の 創 成 に 生 かす(❶ ❼) グリーンイノベーションとライフ イノベーションの

More information

糖 尿 病 内 科 助 教 野 田 紗 恵 子 糖 尿 病 内 科 助 教 長 尾 恵 理 子 糖 尿 病 内 科 助 教 笠 置 里 奈 糖 尿 病 内 科 助 教 浅 野 栄 水 糖 尿 病 内 科 助 教 吉 田 実 加 糖 尿 病 内 科 助 教 島 内 理 紗 神 経 内 科 助 教 福

糖 尿 病 内 科 助 教 野 田 紗 恵 子 糖 尿 病 内 科 助 教 長 尾 恵 理 子 糖 尿 病 内 科 助 教 笠 置 里 奈 糖 尿 病 内 科 助 教 浅 野 栄 水 糖 尿 病 内 科 助 教 吉 田 実 加 糖 尿 病 内 科 助 教 島 内 理 紗 神 経 内 科 助 教 福 各 教 員 が 有 する 学 位 ( 平 成 27 年 5 月 1 日 現 在 ) 附 属 病 院 所 属 職 名 氏 名 学 位 消 化 管 内 科 講 師 舟 木 康 医 学 博 士 消 化 管 内 科 講 師 海 老 正 秀 医 学 博 士 消 化 管 内 科 助 教 井 澤 晋 也 医 学 博 士 消 化 管 内 科 助 教 柳 本 研 一 郎 消 化 管 内 科 助 教 伊 藤 義 紹 医

More information

様式S−1−11 応募内容ファイル

様式S−1−11 応募内容ファイル 核 医 学 診 療 科 専 門 医 養 成 コース 概 要 当 院 における 核 医 学 診 療 全 般 を 受 け 持 っています 年 間 の 核 医 学 検 査 件 数 はシングルフォト ン(SPECTなど) 関 連 約 7500 件,PET 関 連 約 2000 件 で, 核 医 学 診 断 が 関 連 する 全 臓 器 とその 機 能 に 関 する 診 断 をカバーしています 甲 状 腺 外

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

バルコニー 家 族 控 室 EV EV EVホール 500 501 502 N 食 堂 談 話 スタッフ ステーション スタッ フ 室 522 521 520 男 子 トイレ 女 子 トイレ 浴 室 更 衣 室 洗 濯 室 503 505 506 507 508 510 511 512 513 51

バルコニー 家 族 控 室 EV EV EVホール 500 501 502 N 食 堂 談 話 スタッフ ステーション スタッ フ 室 522 521 520 男 子 トイレ 女 子 トイレ 浴 室 更 衣 室 洗 濯 室 503 505 506 507 508 510 511 512 513 51 hospital 2014 Winter Vol.73 バルコニー 家 族 控 室 EV EV EVホール 500 501 502 N 食 堂 談 話 スタッフ ステーション スタッ フ 室 522 521 520 男 子 トイレ 女 子 トイレ 浴 室 更 衣 室 洗 濯 室 503 505 506 507 508 510 511 512 513 515 516 517 518 3 2 5 4 西

More information

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷 1 青 森 市 秋 元 良 幸 二 本 柳 主 高 橋 勇 佐 々 木 芳 春 石 橋 修 豊 川 良 一 成 田 守 俊 吉 川 主 山 田 文 夫 葛 西 金 徳 2 弘 前 市 桜 庭 義 則 岡 本 洋 外 崎 美 智 幸 岩 崎 和 弘 野 口 幸 喜 渋 谷 鉄 五 郎 中 村 慎 二 相 馬 親 志 奈 良 道 明 長 内 力 3 八 戸 市 福 田 馨 田 中 勝 芳 風 張 清 志

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

講 義 の 内 容 放 射 線 の 基 礎 放 射 線 の 単 位 低 線 量 被 曝 のリスク 放 射 線 防 護

講 義 の 内 容 放 射 線 の 基 礎 放 射 線 の 単 位 低 線 量 被 曝 のリスク 放 射 線 防 護 地 域 ワークショップ 福 井 2012.12.1. 放 射 線 の 基 礎 と 防 護 の 考 え 方 東 京 大 学 大 学 院 医 学 系 研 究 科 鈴 木 崇 彦 講 義 の 内 容 放 射 線 の 基 礎 放 射 線 の 単 位 低 線 量 被 曝 のリスク 放 射 線 防 護 放 射 線 の 特 徴 は? 物 質 を 透 過 する 線 量 が 大 きくなると 障 害 を 引 き 起 こす

More information

アジェンダ <ライフサイエンス 分 野 の 技 術 戦 略 マップについて> 15:50-16:00 全 体 概 要 < 個 別 分 野 毎 の 技 術 戦 略 マップについて> 16:00-16:10 創 薬 診 断 技 術 分 野 16:10-16:20 診 断 治 療 機 器 分 野 16:2

アジェンダ <ライフサイエンス 分 野 の 技 術 戦 略 マップについて> 15:50-16:00 全 体 概 要 < 個 別 分 野 毎 の 技 術 戦 略 マップについて> 16:00-16:10 創 薬 診 断 技 術 分 野 16:10-16:20 診 断 治 療 機 器 分 野 16:2 イノベーション ジャパン 技 術 戦 略 マップの 概 要 - ライフサイエンス 分 野 - 平 成 17 年 9 月 28 日 ( 水 ) NEDO 技 術 開 発 機 構 バイオテクノロジー 医 療 技 術 開 発 部 アジェンダ 15:50-16:00 全 体 概 要 < 個 別 分 野 毎 の 技 術 戦 略 マップについて>

More information

様式S−1−11 応募内容ファイル

様式S−1−11 応募内容ファイル リウマチ 膠 原 病 内 科 (2) 概 要 リウマチ 膠 原 病 内 科 (2)では, 関 節 リウマチ,その 他 の 膠 原 病 疾 患 を 通 して, 全 人 的 医 療 を 目 標 と して 日 々の 診 療 に 当 たっております 関 節 リウマチ, 全 身 性 エリテマトーデスといった 膠 原 病 は 全 身 に 多 彩 な 合 併 症 を 来 すことが 特 徴 です 当 科 はこのような

More information

ヤブコウジ Ardisia japonica Bl.(ヤブコウジ 科 ) ヤブコウジは 新 年 の 季 語 とされているおめでたい 植 物 です 辞 典 によれば アカ ダマノキ ヤマタチバナ 深 見 草 漢 名 紫 金 牛 などの 古 名 があります ヤブコウジ は 樹 下 に 自 生 するヤブコ

ヤブコウジ Ardisia japonica Bl.(ヤブコウジ 科 ) ヤブコウジは 新 年 の 季 語 とされているおめでたい 植 物 です 辞 典 によれば アカ ダマノキ ヤマタチバナ 深 見 草 漢 名 紫 金 牛 などの 古 名 があります ヤブコウジ は 樹 下 に 自 生 するヤブコ Syllabus 2015 ( 授 業 計 画 ) 東 北 大 学 薬 学 部 ヤブコウジ Ardisia japonica Bl.(ヤブコウジ 科 ) ヤブコウジは 新 年 の 季 語 とされているおめでたい 植 物 です 辞 典 によれば アカ ダマノキ ヤマタチバナ 深 見 草 漢 名 紫 金 牛 などの 古 名 があります ヤブコウジ は 樹 下 に 自 生 するヤブコウジ 科 の 常 緑

More information

<タイトル>DES被害の軌跡(1)

<タイトル>DES被害の軌跡(1) 書 評 : 平 成 薬 証 論 を 読 んで 野 口 衛 私 は, 平 成 22 年 12 月 6 日 より 同 20 日 まで, 糖 尿 病 の 検 査 のため 大 阪 市 内 の 西 淀 病 院 に 入 院 することになり,この 間 に 標 記 著 作 に 目 を 通 すことにした そこで, 以 下 に, 簡 単 にその 感 想 を 述 べることにする 1 は じ め に 本 書 の 著 者 渡

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プ ログラ ム 平 成 25 年 度 版 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の

More information

ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 40 歳 以 上 69 歳 以 下 田 尻 貴 雄 大 阪 府 0:39: :19: :58: 高 田 一 治 広 島 県 0:40: :28:

ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 40 歳 以 上 69 歳 以 下 田 尻 貴 雄 大 阪 府 0:39: :19: :58: 高 田 一 治 広 島 県 0:40: :28: ロング(スイム2.4km ラン21km)の 部 男 子 19 歳 以 上 39 歳 以 下 1 118 中 橋 秀 明 香 川 県 0:35:35.17 2 1:30:41.01 4 2:06:16.18 2 124 茶 屋 孝 三 広 島 県 0:44:02.95 10 1:25:27.58 1 2:09:30.53 3 109 久 保 真 一 鳥 取 県 0:39:58.90 6 1:30:10.43

More information

hyoushi

hyoushi 序 昨 年 度 から 表 題 を 年 報 改 めます 年 報 を 発 行 す る 目 的 は 実 績 を 公 表 することであり また 記 録 することよっ 歴 史 を 記 述 しることもなります しかし 年 報 を 発 行 する 社 会 的 意 義 とし を 公 表 する 事 が 重 要 である と 考 え 積 極 的 力 を 注 できました をどう 捉 えるかは ろろな 観 点 や 意 見 があると

More information

市 立 学 校 施 設 一 覧 ) 小 学 校 93 校 分 校 校 地 面 積 m2) 番 号 学 校 名 所 在 地 創 立 年 月 電 話 番 号 学 校 長 名 運 動 場 その 他 計 鉄 筋 鉄 骨 2 3 4 5 9 0 2 3 4 5 9 20 2 22 23 24 25 2 2 2

市 立 学 校 施 設 一 覧 ) 小 学 校 93 校 分 校 校 地 面 積 m2) 番 号 学 校 名 所 在 地 創 立 年 月 電 話 番 号 学 校 長 名 運 動 場 その 他 計 鉄 筋 鉄 骨 2 3 4 5 9 0 2 3 4 5 9 20 2 22 23 24 25 2 2 2 市 立 学 校 施 設 一 覧 22 2 共 同 調 理 場 施 設 一 覧 32 2 市 立 学 校 施 設 一 覧 ) 小 学 校 93 校 分 校 校 地 面 積 m2) 番 号 学 校 名 所 在 地 創 立 年 月 電 話 番 号 学 校 長 名 運 動 場 その 他 計 鉄 筋 鉄 骨 2 3 4 5 9 0 2 3 4 5 9 20 2 22 23 24 25 2 2 2 29 30

More information

Microsoft Word - 01.docx

Microsoft Word - 01.docx 糖 分 を 細 胞 内 に 輸 送 する 膜 たんぱく 質 の 立 体 構 造 と 動 きを 解 明 ~ 肥 満 やがんの 抑 制 策 に 役 立 つ 新 たな 知 見 ~ ポイント 抗 体 を 用 いる 独 自 の 結 晶 化 技 術 により ヒト 哺 乳 類 において 糖 分 子 を 細 胞 内 に 輸 送 す る 膜 たんぱく 質 の 立 体 構 造 を 解 明 した 膜 たんぱく 質 が 柔

More information

Microsoft Word - IF25new.DOC

Microsoft Word - IF25new.DOC 2007 年 8 月 作 成 ( 第 3 版 ) インタビューフォーム 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 875200 医 療 用 漢 方 製 剤 ケイシブクリョウガンリョウ 本 草 桂 枝 茯 苓 丸 料 エキス 顆 粒 -M H25 剤 形 顆 粒 剤 含 量 規 格 一 般 名 桂 枝 茯 苓 丸 製 造 会 社 名 本 草 製 薬 株 式 会 社 販 売 会 社 名 本 草 製 薬 株

More information

北海道医療大学歯学部シラバス

北海道医療大学歯学部シラバス 病 理 学 口 腔 病 理 学 口 腔 病 理 学 [ 講 義 ] 第 3 学 年 後 期 必 修 担 当 者 名 教 授 / 安 彦 善 裕 講 師 / 講 師 / 佐 藤 惇 助 教 / 非 常 勤 講 師 / 下 野 正 基 非 常 勤 講 師 / 松 原 茂 非 常 勤 講 師 / 浜 野 弘 規 概 要 口 腔 病 理 学 は 歯 をはじめ 口 腔 領 域 に 発 生 する 疾 病 や 病

More information

虚 血 性 心 疾 患 の 検 討. 臨 床 薬 理 3 1 : 3 1 3-3 1 4, 2 0 0 0. 1 5. 山 科 育 子, 横 山 広 行, 安 武 正 弘, 木 内 要, 高 山 守 正, 清 野 精 彦, 高 野 照 夫, 田 島 廣 之, 隅 崎 達 夫, 池 崎 弘 之, 小

虚 血 性 心 疾 患 の 検 討. 臨 床 薬 理 3 1 : 3 1 3-3 1 4, 2 0 0 0. 1 5. 山 科 育 子, 横 山 広 行, 安 武 正 弘, 木 内 要, 高 山 守 正, 清 野 精 彦, 高 野 照 夫, 田 島 廣 之, 隅 崎 達 夫, 池 崎 弘 之, 小 主 な 和 文 原 著 1. 横 山 広 行, 安 武 正 弘, 福 間 長 知, 今 泉 孝 敬, 斎 藤 勉, 畑 典 武, 高 山 守 正, 宗 像 一 雄, 岸 田 浩, 早 川 弘 一. 急 性 心 筋 梗 塞 の 5 年 心 事 故 発 生 率 と そ の 予 後 規 定 因 子. T h e r R e s 1 2 : 2 1 9-2 2 4, 1 9 9 1. 2. 宗 像 一 雄,

More information

陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 総 務 課 監 理 班 長 を 命 ずる ( 中 央 即 応 集 団 司 令 部 人 事 部 長 ) 1 等 陸 佐 島 守 英 次 陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 会 計 課 会 計 監 査 班 長 を 命 ずる ( 西 部 方 面 総 監 部 総 務 部

陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 総 務 課 監 理 班 長 を 命 ずる ( 中 央 即 応 集 団 司 令 部 人 事 部 長 ) 1 等 陸 佐 島 守 英 次 陸 上 幕 僚 監 部 監 理 部 会 計 課 会 計 監 査 班 長 を 命 ずる ( 西 部 方 面 総 監 部 総 務 部 防 衛 省 発 令 防 衛 研 究 所 主 任 研 究 官 を 命 ずる ( 第 3 高 射 特 科 群 長 ) 1 等 陸 佐 山 口 尚 彦 統 合 幕 僚 監 部 総 務 部 総 務 課 勤 務 を 命 ずる ( 航 空 幕 僚 監 部 監 理 監 察 官 付 ) 2 等 空 佐 泉 山 正 司 統 合 幕 僚 監 部 防 衛 計 画 部 防 衛 課 付 を 命 ずる ( 第 7 高 射 特

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

研修プログラム モデル例

研修プログラム モデル例 麻 酔 科 専 門 医 研 修 プログラム 名 東 京 女 子 医 科 大 学 病 院 麻 酔 科 専 門 医 研 修 プログラム TEL 03-3353-8112 ( 内 線 39312) 連 絡 先 FAX 03-3359-2517 e-mail ikyoku@anes.twmu.ac.jp 担 当 者 名 尾 﨑 眞 プログラム 責 任 者 氏 名 尾 﨑 眞 責 任 基 幹 施 設 東 京

More information

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4 2015 年 6 月 改 訂 薬 価 基 準 収 載 処 方 箋 医 薬 品 : 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 使 用 前 に 必 ずお 読 みください - 新 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 の 解 説 禁 忌 ( 次 の 患 者 には 投 与 しないこと) 本 剤 の 成 分 に 対

More information

Microsoft PowerPoint - 20140214「消化器がんの予防と検診」配布資料[1]

Microsoft PowerPoint - 20140214「消化器がんの予防と検診」配布資料[1] 消 化 器 がんの 予 防 と 1.がん について 2. 消 化 器 がん 食 道 がん 胃 がん 大 腸 がん 肝 臓 がん 膵 臓 がん 3.がんを 予 防 する 4. 早 期 発 見 で 治 す 5. 個 別 化 予 防 滋 賀 県 立 成 人 病 センター 疾 病 介 護 予 防 推 進 室 水 田 和 彦 平 成 26 年 2 月 14 日 予 防 受 治 療 発 生 断 可 能 症 状

More information

Ⅱ 線 形 代 数 学 第 二 Bと 同 様 に, 線 形 空 間 内 積 固 有 値 固 有 ベクトル 行 列 の 対 角 化 を 扱 うが, 基 本 的 な 部 分 に 重 点 を 置 く 授 業 時 間 内 に 適 宜 演 習 を 行 う 線 形 代 数 学 第 二 B(Linear Alge

Ⅱ 線 形 代 数 学 第 二 Bと 同 様 に, 線 形 空 間 内 積 固 有 値 固 有 ベクトル 行 列 の 対 角 化 を 扱 うが, 基 本 的 な 部 分 に 重 点 を 置 く 授 業 時 間 内 に 適 宜 演 習 を 行 う 線 形 代 数 学 第 二 B(Linear Alge Ⅲ 理 工 系 基 礎 科 目 微 分 積 分 学 第 一 (Calculus Ⅰ) 内 山 耕 平 教 授 村 井 隆 文 教 授 三 町 勝 久 教 授 柳 田 英 二 教 授 川 中 子 正 准 教 授 磯 部 健 志 准 教 授 山 ノ 井 克 俊 准 教 授 小 島 定 吉 教 授 後 藤 泰 宏 非 常 勤 講 師 池 田 和 正 非 常 勤 講 師 滝 口 孝 志 非 常 勤 講 師

More information

<91E589EF895E8963>

<91E589EF895E8963> 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 51 35 52 36 53 37 54 38 55 39 56 40 57 41 58 42 59 43 60 44 61 45 62 46 63 47 64 48 65 49 66 50 67 試 合 番 号 BT-1

More information

テクニカルスキルアップ 講 座 2 11 月 3 日 ( 土 ) 第 3 会 場 (1 F イベントホール 東 )14:00 ~ 15:00 1. 神 経 伝 導 検 査 のコツ 50 佐 藤 研 吾 ( 鳥 取 大 学 医 学 部 保 健 学 科 病 態 検 査 学 講 座 ) 司 会 : 宮 地

テクニカルスキルアップ 講 座 2 11 月 3 日 ( 土 ) 第 3 会 場 (1 F イベントホール 東 )14:00 ~ 15:00 1. 神 経 伝 導 検 査 のコツ 50 佐 藤 研 吾 ( 鳥 取 大 学 医 学 部 保 健 学 科 病 態 検 査 学 講 座 ) 司 会 : 宮 地 特 別 企 画 目 次 教 育 講 演 < 一 般 公 開 講 座 > 11 月 3 日 ( 土 ) 第 1 会 場 (3F コンベンションホール)13:00 ~ 13:55 検 診 における 臨 床 検 査 の 意 義 44 講 師 : 小 出 典 男 ( 岡 山 大 学 名 誉 教 授 ( 総 合 内 科 学 ) 香 川 県 病 院 事 業 管 理 者 ) 司 会 : 岡 田 健 ( 岡 山 大

More information

(2) 二 糖 類 二 糖 類 は, 単 糖 が2つグリコシド 結 合 したものである たとえば,マルトース( 麦 芽 糖 )は,グル コース+グルコース,スクロース(ショ 糖 )は,グルコース+フルクトース,ラクトース( 乳 糖 )は, グルコース+ガラクトースのグリコシド 結 合 によるものであ

(2) 二 糖 類 二 糖 類 は, 単 糖 が2つグリコシド 結 合 したものである たとえば,マルトース( 麦 芽 糖 )は,グル コース+グルコース,スクロース(ショ 糖 )は,グルコース+フルクトース,ラクトース( 乳 糖 )は, グルコース+ガラクトースのグリコシド 結 合 によるものであ 糖 質 とは 炭 水 化 物 のうち, 消 化 管 内 で 消 化 酵 素 によって 加 水 分 解 を 受 けて 吸 収 される 物 質,あるいはそのま ま 吸 収 を 受 ける 物 質 を 糖 質 という また, 消 化 吸 収 を 受 けない 炭 水 化 物 を 食 物 繊 維 という 糖 質 には,そのまま 小 腸 で 吸 収 を 受 けるグルコース(ブドウ 糖 ),フルクトース( 果 糖

More information

Microsoft Word - ’¶Œ½›È−w.doc

Microsoft Word - ’¶Œ½›È−w.doc 生 命 科 学 構 成 員 平 成 3 年 3 月 3 日 現 在 教 授 人 助 教 授 助 手 (うち 病 院 籍 ) ( 人 ) 大 学 院 学 生 (うち 他 講 座 から) 2 人 (2 人 ) 研 究 生 人 外 国 人 客 員 研 究 員 技 官 その 他 ( 技 術 補 佐 員 等 ) 合 計 4 人 2 教 官 の 異 動 状 況 堀 内 健 太 郎 ( 教 授 )( 期 間 中

More information

<504446977020513037208E8E919695CE8DB788EA97972E786C73>

<504446977020513037208E8E919695CE8DB788EA97972E786C73> 試 走 偏 差 一 覧 データ 抽 出 条 件 12011 年 4 月 1 日 ~2012 年 3 月 31 日 2 良 走 路 の 成 績 3 妨 害 を 受 けた 競 走 事 故 不 成 立 の 成 績 は 除 く 4 試 走 偏 差 が 0.2 以 上 の 成 績 は 除 く 試 走 偏 差 : 競 走 タイム( 秒 /100m)と 試 走 タイムの 差 ( 競 走 タイム- 試 走 タイム)

More information

51 仲 田 茂 満 39 42 52 烏 谷 純 一 43 50 93 19.2 53 渡 辺 勝 介 46 46 54 福 岡 雅 人 41 45 86 12.0 55 和 田 豊 茂 43 43 56 鳥 越 博 之 44 42 86 12.0 57 石 山 靖 人 42 44 58 土 屋

51 仲 田 茂 満 39 42 52 烏 谷 純 一 43 50 93 19.2 53 渡 辺 勝 介 46 46 54 福 岡 雅 人 41 45 86 12.0 55 和 田 豊 茂 43 43 56 鳥 越 博 之 44 42 86 12.0 57 石 山 靖 人 42 44 58 土 屋 優 勝 藤 城 正 裕 44 36 2 高 取 正 38 41 79 9.6 3 中 田 康 夫 36 44 4 西 岡 和 敏 36 38 74 3.6 5 嶋 矢 廣 喜 44 40 6 加 藤 正 之 43 35 78 7.2 7 伊 佐 岡 朗 宏 46 44 8 向 井 義 明 42 41 83 12.0 9 川 上 孝 子 49 46 10 児 玉 和 生 37 33 70 +1.2 11

More information

新 人 事 異 動 産 業 港 湾 部 次 経 済 部 観 光 振 興 室 主 幹 小 鷹 孝 一 生 活 環 境 部 次 環 境 部 副 参 事 品 田 憲 人 生 活 環 境 部 副 参 事 環 境 部 廃 棄 物 対 策 課 間 渕 博 昭 医 療 保 険 部 次 福 祉 部 次 志 久 旭

新 人 事 異 動 産 業 港 湾 部 次 経 済 部 観 光 振 興 室 主 幹 小 鷹 孝 一 生 活 環 境 部 次 環 境 部 副 参 事 品 田 憲 人 生 活 環 境 部 副 参 事 環 境 部 廃 棄 物 対 策 課 間 渕 博 昭 医 療 保 険 部 次 福 祉 部 次 志 久 旭 人 事 異 動 新 小 樽 市 辞 令 部 ( 職 ) 公 営 企 業 管 理 者 ( 水 道 局 ) 小 樽 病 院 事 務 局 小 軽 米 文 仁 産 業 港 湾 部 港 湾 部 磯 谷 揚 一 生 活 環 境 部 経 済 部 次 小 原 正 徳 生 活 環 境 部 参 事 ( 北 しりべし 広 域 連 合 派 遣 ) 環 境 部 次 五 十 嵐 映 児 医 療 保 険 部 市 民 部 佃 信

More information

<88A4926D8CA782AA82F1835A E815B815E82AA82F1835A E815B836A B835891E6398D86>

<88A4926D8CA782AA82F1835A E815B815E82AA82F1835A E815B836A B835891E6398D86> 第 9 号 平 成 16 年 7 月 1 日 発 行 愛 知 県 がんセンター Tel.052-762-6111 代 私 たちは 病 む 人 の 立 場 にたって 最 新 の 研 究 成 果 に 基 づく 最 良 の 心 あるがん 医 療 を 提 供 します The mission of Aichi Cancer Center is to provide patients suffering from

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information