目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総"

Transcription

1 千 代 田 区 総 合 設 計 許 可 要 綱 千 代 田 区 平 成 27 年 9 月 ( 平 成 28 年 1 月 一 部 改 正 )

2 目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総 合 設 計 6 2 共 同 住 宅 建 替 誘 導 型 総 合 設 計 7 3 都 心 居 住 型 総 合 設 計 8 4 要 除 却 認 定 マンション 建 替 型 総 合 設 計 9 5 マンション 建 替 法 第 105 条 型 総 合 設 計 9 第 3 章 計 画 基 準 第 1 計 画 に 当 たって 配 慮 すべき 事 項 等 11 第 2 計 画 基 準 11 1 公 開 空 地 11 2 住 宅 15 3 省 エネ 性 能 15 4 防 災 施 設 16 第 4 章 容 積 率 制 限 の 緩 和 第 1 容 積 率 制 限 の 緩 和 の 原 則 17 第 2 容 積 率 制 限 の 緩 和 の 基 準 17 1 公 開 空 地 による 容 積 率 の 緩 和 17 2 公 益 施 設 等 の 整 備 による 容 積 率 の 緩 和 19 第 3 割 増 容 積 率 の 限 度 及 び 特 例 20 1 公 開 空 地 及 び 公 益 施 設 等 の 整 備 による 割 増 容 積 率 の 合 計 の 限 度 20 2 公 共 空 地 による 容 積 率 の 緩 和 20 3 高 度 利 用 地 区 内 等 に 計 画 する 総 合 設 計 に 対 する 基 準 容 積 率 の 取 扱 い 20 4 容 積 率 制 限 の 割 増 しを 受 ける 計 画 建 築 物 に 対 する 形 態 制 限 の 付 加 21 第 5 章 雑 則 第 1 雑 則 22 1 他 の 手 法 との 併 用 22 2 計 画 建 築 物 の 敷 地 が 二 以 上 の 区 域 地 域 又 は 地 区 の 内 外 にわたる 場 合 の 取 扱 い 22 3 その 他 22 附 則 22

3 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 趣 旨 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 59 条 の2に 基 づく 総 合 設 計 制 度 は 適 切 な 規 模 の 敷 地 における 土 地 の 有 効 利 用 を 推 進 し 併 せて 敷 地 内 に 日 常 一 般 に 開 放 され た 空 地 ( 以 下 公 開 空 地 という )を 確 保 させるとともに 良 好 な 市 街 地 住 宅 の 供 給 の 促 進 等 良 好 な 建 築 物 の 誘 導 を 図 り もって 市 街 地 環 境 の 整 備 改 善 に 資 することを 目 的 として 創 設 されたものである 一 方 で マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 78 号 以 下 マンション 建 替 法 という ) 第 105 条 第 1 項 に 基 づく 総 合 設 計 制 度 は 同 法 第 102 条 第 1 項 の 認 定 を 受 けたマンション( 以 下 要 除 却 認 定 マンション という )の 除 却 建 替 えを 促 進 するとともに 新 たに 建 築 されるマンションにおける 公 開 空 地 の 確 保 や 地 域 の 防 災 環 境 等 への 貢 献 等 を 通 じて 市 街 地 の 安 全 性 の 向 上 や 良 好 な 市 街 地 住 宅 の 供 給 の 促 進 等 良 好 な 建 築 物 の 誘 導 を 図 り もって 市 街 地 環 境 の 整 備 改 善 に 資 するこ とを 目 的 として 創 設 されたものである これらの 建 築 基 準 法 第 59 条 の2 及 びマンション 建 替 法 第 105 条 第 1 項 に 基 づく 総 合 設 計 制 度 の 運 用 に 関 しては 国 から マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 第 105 条 の 規 定 の 運 用 について ( 平 成 26 年 12 月 5 日 付 国 住 街 第 145 号 )の 技 術 的 助 言 が 出 されている 千 代 田 区 においては 技 術 的 助 言 の 趣 旨 を 踏 まえるとともに 市 街 地 環 境 の 整 備 改 善 等 に 資 する 建 築 計 画 に 対 し 本 制 度 の 積 極 的 な 活 用 を 図 るため 総 合 設 計 許 可 の 取 扱 方 針 として 本 要 綱 を 定 めるものである 2 基 本 目 標 都 市 計 画 等 に 基 づく 地 域 のまちづくりの 方 針 に 沿 った 良 好 な 市 街 地 環 境 の 形 成 を 目 指 し 建 築 活 動 を 通 じて 市 街 地 環 境 の 向 上 に 資 するよう 建 築 計 画 を 誘 導 するため 総 合 設 計 制 度 の 運 用 に 当 たっての 基 本 目 標 を 次 のとおり 定 める ア 市 街 地 環 境 の 整 備 改 善 イ 良 好 な 建 築 住 宅 ストックの 形 成 ウ 公 共 施 設 の 機 能 の 補 完 エ 市 街 地 の 防 災 機 能 の 強 化 オ 福 祉 のまちづくりの 推 進 カ 都 心 居 住 の 推 進 キ 職 と 住 とのバランスのとれた 都 市 の 形 成 ク 良 好 な 都 市 景 観 の 創 造 ケ 緑 化 の 推 進 1

4 コ 低 炭 素 型 都 市 づくりの 推 進 3 運 用 方 針 本 要 綱 は 特 定 行 政 庁 の 許 可 の 取 扱 方 針 を 定 めたものであるとともに その 許 可 に 係 る 良 好 な 建 築 計 画 の 要 件 となる 基 準 を 広 く 一 般 に 示 したものである この 基 準 は 技 術 基 準 として 許 可 の 申 請 に 当 たっての 必 要 条 件 としての 性 格 を 持 つものであり 申 請 に 係 る 計 画 が 許 可 の 要 件 を 十 分 に 満 たすものであるか 否 かは 具 体 的 な 計 画 に 即 し 総 合 設 計 制 度 の 趣 旨 等 を 勘 案 して 判 断 する 必 要 がある したがって 本 制 度 の 運 用 に 当 たっては 常 に 趣 旨 及 び 基 本 目 標 に 照 らして 総 合 的 見 地 から 行 うものとする なお 許 可 により 緩 和 する 制 限 は 容 積 率 制 限 のみとし 引 き 続 き 業 務 需 要 の 高 い 土 地 利 用 特 性 がある 千 代 田 区 において 第 3 次 基 本 構 想 における 施 策 1 住 と 職 の 調 和 のとれたまち 及 び 施 策 2 多 様 なくらしに 応 じた 住 まいを 選 択 できるまち を 着 実 に 実 現 していくため 許 可 の 対 象 は 住 まい 住 環 境 づくりに 係 わる 建 築 計 画 とする 斜 線 制 限 に 関 しては 建 築 基 準 法 第 56 条 第 7 項 の 規 定 が 適 用 できるため 本 制 度 の 許 可 による 緩 和 は 行 わない 第 2 用 語 の 定 義 本 要 綱 において 次 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は それぞれ 次 に 定 めるところによる (1) 計 画 建 築 物 建 築 基 準 法 第 59 条 の2 又 はマンション 建 替 法 第 105 条 第 1 項 に 基 づく 総 合 設 計 の 計 画 に 係 る 建 築 物 をいう (2) 要 除 却 認 定 マンション マンション 建 替 法 第 102 条 第 1 項 の 認 定 を 受 けたマンションをいう (3) 市 街 地 住 宅 型 総 合 設 計 市 街 地 住 宅 の 供 給 の 促 進 に 資 することを 目 的 として 住 宅 の 用 途 に 供 する 部 分 の 床 面 積 の 合 計 ( 容 積 率 の 算 定 基 礎 となる 延 べ 面 積 に 算 入 されない 部 分 を 除 く )が 敷 地 面 積 に 割 増 容 積 率 を 乗 じて 得 た 数 値 以 上 となり 割 増 容 積 率 に 相 当 する 部 分 の 住 宅 の 専 有 面 積 が 55 平 方 メートル 以 上 となる 建 築 計 画 に 適 用 する 建 築 基 準 法 第 59 条 の2に 基 づく 総 合 設 計 をいう (4) 共 同 住 宅 建 替 誘 導 型 総 合 設 計 良 質 な 住 宅 ストックの 形 成 に 資 することを 目 的 として 原 則 として 建 築 後 30 年 を 経 過 した 主 たる 用 途 が 共 同 住 宅 である 建 築 物 を 建 て 替 える 計 画 ( 千 代 田 区 総 合 設 計 許 可 要 綱 実 施 細 目 ( 以 下 実 施 細 目 という )で 定 める 施 設 以 外 の 場 合 は 住 宅 用 途 以 外 の 用 途 に 供 する 部 分 の 床 面 積 の 合 計 が 建 替 え 前 より 増 加 しないものに 限 る )であり 割 増 容 積 率 に 相 当 する 部 分 ( 建 築 基 準 法 第 3 条 第 2 項 の 規 定 により 建 2

5 築 基 準 法 第 52 条 第 1 項 第 2 項 及 び 第 7 項 の 規 定 の 適 用 を 受 けない 既 存 建 築 物 にお ける 超 過 容 積 率 に 相 当 する 部 分 を 除 く( 超 過 容 積 率 の 算 定 方 法 は 第 4 章 第 2の1(2) の 規 定 による ) )の 住 宅 の 専 有 面 積 が 55 平 方 メートル 以 上 となる 建 築 計 画 に 適 用 する 建 築 基 準 法 第 59 条 の2に 基 づく 総 合 設 計 をいう (5) 都 心 居 住 型 総 合 設 計 都 心 居 住 を 推 進 することを 目 的 として 次 のいずれにも 該 当 する 建 築 計 画 に 適 用 する 建 築 基 準 法 第 59 条 の2に 基 づく 総 合 設 計 をいう ア 住 宅 の 用 途 に 供 する 部 分 の 床 面 積 の 合 計 が 計 画 建 築 物 の 延 べ 面 積 の3 分 の2 以 上 となり かつ 延 べ 面 積 の4 分 の3 以 上 を 住 宅 又 は 日 常 生 活 を 支 える 施 設 ( 実 施 細 目 で 定 める 施 設 をいう 以 下 同 じ )の 用 途 に 供 する 計 画 イ 住 宅 戸 数 の3 分 の2 以 上 が 55 平 方 メートル 以 上 の 専 有 面 積 を 有 する 計 画 ウ 住 宅 の 専 有 面 積 が 全 て 40 平 方 メートル 以 上 となる 計 画 (6) 要 除 却 認 定 マンション 建 替 型 総 合 設 計 要 除 却 認 定 マンションに 係 るマンションの 建 替 えにより 新 たに 建 築 されるマンシ ョンの 計 画 ( 第 2 章 第 2の4(5)から(7)に 適 合 するものに 限 る )に 適 用 する 建 築 基 準 法 第 59 条 の2に 基 づく 総 合 設 計 をいう (7) マンション 建 替 法 第 105 条 型 総 合 設 計 要 除 却 認 定 マンションに 係 るマンションの 建 替 えにより 新 たに 建 築 されるマンシ ョンの 計 画 ( 第 2 章 第 2の5(5)から(7)に 適 合 するものに 限 る )に 適 用 するマンショ ン 建 替 法 第 105 条 第 1 項 に 基 づく 総 合 設 計 をいう なお 敷 地 面 積 が 500 平 方 メートル 以 上 の 計 画 については 要 除 却 認 定 マンショ ン 建 替 型 総 合 設 計 として 建 築 基 準 法 第 59 条 の2に 基 づく 許 可 を 行 う (8) 基 準 建 蔽 率 建 築 基 準 法 第 53 条 の 規 定 により 許 容 される 建 築 物 の 建 築 面 積 の 敷 地 面 積 に 対 する 割 合 の 限 度 を 百 分 率 (%)で 表 したものをいう (9) 空 地 建 築 物 又 はこれに 準 ずる 工 作 物 に 覆 われていない 敷 地 の 部 分 をいう (10) 空 地 率 次 式 による 数 値 をいう ( 空 地 面 積 / 敷 地 面 積 ) 100(%) (11) 基 準 容 積 率 建 築 基 準 法 第 52 条 の 規 定 により 許 容 される 建 築 物 の 延 べ 面 積 の 敷 地 面 積 に 対 する 割 合 の 限 度 を 百 分 率 (%)で 表 したものをいう (12) 割 増 容 積 率 本 要 綱 によって 基 準 容 積 率 に 割 増 しされる 容 積 率 (%)をいう (13) ピロティ 等 ピロティ アーケード 等 の 建 築 物 又 は 建 築 物 の 部 分 をいう 3

6 (14) 公 開 空 地 計 画 建 築 物 の 敷 地 内 の 空 地 又 は 開 放 空 間 (ピロティ 等 をいう )のうち 日 常 一 般 に 公 開 される 部 分 ( 当 該 部 分 に 設 ける 環 境 の 向 上 に 寄 与 する 植 栽 花 壇 池 泉 等 及 び 空 地 の 利 便 の 向 上 に 寄 与 する 公 衆 便 所 等 の 小 規 模 の 施 設 に 係 る 土 地 並 びに 屋 内 に 設 けられるもの 等 で 特 定 行 政 庁 が 深 夜 等 に 閉 鎖 することを 認 めるものを 含 み 車 路 並 びに 自 動 車 及 び 自 転 車 の 駐 車 の 用 に 供 する 部 分 を 除 く )で 第 3 章 第 2の1(1) に 定 める 公 開 空 地 の 規 模 形 状 の 基 準 に 適 合 する 帯 状 又 は 一 団 の 形 態 を 成 すものを いう (15) 歩 道 状 空 地 公 開 空 地 のうち 前 面 道 路 に 沿 って 設 ける 歩 行 者 用 の 空 地 及 び 当 該 空 地 に 沿 って 設 ける 修 景 施 設 ( 当 該 空 地 に 接 する 部 分 から 幅 4メートル 未 満 の 部 分 に 限 る )をい う (16) 貫 通 通 路 公 開 空 地 のうち 敷 地 内 の 屋 外 空 間 及 び 計 画 建 築 物 内 を 動 線 上 自 然 に 通 り 抜 け かつ 道 路 ( 原 則 として 道 路 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 180 号 )による 道 路 に 限 る ) 公 園 その 他 これらに 類 する 公 共 施 設 ( 以 下 道 路 等 の 公 共 施 設 という ) 相 互 間 を 有 効 に 連 絡 する 歩 行 者 用 通 路 ( 当 該 通 路 に 沿 って 設 ける 修 景 施 設 のうち その 接 する 部 分 から 幅 員 2メートル 未 満 の 部 分 を 含 む )をいう (17) 屋 外 貫 通 通 路 貫 通 通 路 のうち 計 画 建 築 物 の 屋 外 に 設 けるもの(ピロティ 等 の 部 分 を 含 む )を いう (18) 屋 内 貫 通 通 路 屋 外 貫 通 通 路 以 外 の 貫 通 通 路 をいう (19) 広 場 状 空 地 歩 道 状 空 地 貫 通 通 路 以 外 の 公 開 空 地 をいう (20) 公 開 空 地 の 有 効 面 積 公 開 空 地 の 面 積 ( 有 効 面 積 の 算 定 の 対 象 となる 部 分 に 限 る )に 当 該 公 開 空 地 の 種 別 に 応 じて 第 3 章 第 2の1(3)に 定 める 公 開 空 地 の 有 効 係 数 を 乗 じた 数 値 をいう (21) 有 効 公 開 空 地 率 次 式 による 数 値 をいう ( 公 開 空 地 の 有 効 面 積 の 合 計 / 敷 地 面 積 ) 100(%) (22) 基 準 公 開 空 地 率 有 効 公 開 空 地 率 から 次 章 第 2の 種 類 別 要 件 に 定 める 有 効 公 開 空 地 率 の 最 低 限 度 を 減 じた 数 値 をいう (23) 地 上 部 の 緑 化 敷 地 内 の 地 上 部 を 樹 木 で 有 効 に 植 栽 することをいう 4

7 (24) 建 築 物 上 の 緑 化 建 築 物 の 屋 上 壁 面 等 の 部 分 を 樹 木 多 年 草 等 で 有 効 に 植 栽 することをいう (25) 子 育 て 支 援 施 設 保 育 所 認 定 こども 園 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 の 用 に 供 する 施 設 一 時 預 かり 事 業 の 用 に 供 する 施 設 その 他 これらに 類 する 施 設 (26) マンション マンション 建 替 法 第 2 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 するマンションをいう (27) マンションの 建 替 え マンション 建 替 法 第 2 条 第 1 項 第 2 号 に 規 定 するマンションの 建 替 えをいう 5

8 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 1 共 通 事 項 (1) 総 合 設 計 の 適 用 区 域 総 合 設 計 の 適 用 区 域 は 指 定 容 積 率 が 1,000 パーセントを 超 える 区 域 を 除 く 千 代 田 区 全 域 とする (2) 歩 道 状 空 地 の 設 置 計 画 建 築 物 の 敷 地 には 原 則 として 歩 道 状 空 地 を 設 けること なお 歩 道 状 空 地 は 原 則 として 前 面 道 路 ( 幅 員 4.5 メートル 以 上 の 歩 道 が 確 保 されているものを 除 く )に 接 する 全 ての 敷 地 の 部 分 に 設 けること (3) 外 壁 面 の 後 退 ア 隣 地 境 界 線 計 画 建 築 物 の 外 壁 又 はこれに 代 わる 柱 の 外 面 から 敷 地 境 界 線 までの 水 平 距 離 は 2メートル 以 上 であること ただし 要 除 却 認 定 マンション 建 替 型 総 合 設 計 又 は マンション 建 替 法 第 105 条 型 総 合 設 計 の 適 用 を 受 ける 計 画 建 築 物 で 敷 地 面 積 が 1,000 m2 以 下 のものについては 次 式 による 距 離 とすることができる 水 平 距 離 (m)=((a-300)/700)+1 A: 敷 地 面 積 (m2) また 公 共 用 歩 廊 渡 り 廊 下 地 下 鉄 駅 出 入 口 施 設 その 他 これらに 類 する 建 築 物 の 部 分 はこれによらないことができる イ 道 路 境 界 線 計 画 建 築 物 の 外 壁 又 はこれに 代 わる 柱 の 外 面 から 道 路 境 界 線 までの 水 平 距 離 は 当 該 部 分 の 計 画 建 築 物 の 高 さ( 敷 地 境 界 線 の 地 表 面 からの 高 さをいう )の 平 方 根 の2 分 の1に 総 合 設 計 の 種 類 別 に 必 要 な 歩 道 状 空 地 の 幅 員 を 加 えた 数 値 以 上 であ ること ただし 実 施 細 目 で 定 める 危 険 防 止 の 措 置 を 講 じている 場 合 は 総 合 設 計 の 種 類 別 に 必 要 な 歩 道 状 空 地 の 幅 員 の 数 値 以 上 とすることができる また 公 共 用 歩 廊 渡 り 廊 下 地 下 鉄 駅 出 入 口 施 設 その 他 これらに 類 する 建 築 物 の 部 分 にあっては これによらないことができる (4) 用 途 の 制 限 計 画 建 築 物 は 東 京 都 文 教 地 区 建 築 条 例 別 表 1 に 掲 げる 用 途 に 供 してはならない 第 2 種 類 別 要 件 1 市 街 地 住 宅 型 総 合 設 計 (1) 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 500 平 方 メートルとする (2) 空 地 率 の 最 低 限 度 6

9 空 地 率 の 最 低 限 度 は 次 式 による 空 地 率 (%)=120- 基 準 建 蔽 率 (3) 有 効 公 開 空 地 率 の 最 低 限 度 計 画 建 築 物 の 敷 地 内 における 有 効 公 開 空 地 率 の 最 低 限 度 は 当 該 敷 地 の 基 準 容 積 率 に 応 じて 下 表 に 掲 げる 数 値 とする ( 単 位 :%) 基 準 容 積 率 (Vo) 有 効 公 開 空 地 率 の 最 低 限 度 (Po) 100<Vo< (Vo/20) 500 Vo 10 (4) 前 面 道 路 の 幅 員 計 画 建 築 物 の 敷 地 は 用 途 地 域 の 種 別 に 応 じて 下 表 に 掲 げる 数 値 以 上 の 幅 員 を 有 する 道 路 に 接 すること ただし 商 業 地 域 内 にある 計 画 建 築 物 の 敷 地 が 幅 員 6 メートル 以 上 の 道 路 に 当 該 敷 地 境 界 線 の 長 さの 合 計 の4 分 の1 以 上 接 する 場 合 で かつ 幅 員 4メートル 以 上 の 歩 道 状 空 地 ( 当 該 道 路 境 界 線 から2メートルまでの 部 分 は 建 築 物 又 は 建 築 物 の 部 分 で 覆 われていないものとする この 場 合 当 該 部 分 は 公 開 空 地 の 有 効 面 積 の 算 定 から 除 くものとする )を 当 該 道 路 に 接 して 有 効 に 設 け たときは この 限 りでない ( 単 位 :m) 用 途 地 域 道 路 幅 員 第 一 種 住 居 地 域 及 び 第 二 種 住 居 地 域 6 商 業 地 域 8 (5) 接 道 長 計 画 建 築 物 の 敷 地 の 接 道 長 は (4)に 定 める 前 面 道 路 の 幅 員 の 数 値 以 上 の 幅 員 を 有 する 道 路 に 当 該 敷 地 境 界 線 の 長 さの 合 計 の6 分 の1 以 上 接 するものであること た だし (4)のただし 書 に 該 当 する 場 合 は この 限 りでない 2 共 同 住 宅 建 替 誘 導 型 総 合 設 計 (1) 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 500 平 方 メートルとする (2) 空 地 率 の 最 低 限 度 空 地 率 の 最 低 限 度 は 次 式 による 空 地 率 (%)=120- 基 準 建 蔽 率 (3) 有 効 公 開 空 地 率 の 最 低 限 度 計 画 建 築 物 の 敷 地 内 における 有 効 公 開 空 地 率 の 最 低 限 度 は 当 該 敷 地 の 基 準 容 積 率 に 応 じて 下 表 に 掲 げる 数 値 とする 7

10 ( 単 位 :%) 基 準 容 積 率 (Vo) 有 効 公 開 空 地 率 の 最 低 限 度 (Po) 100<Vo< (Vo/20) 500 Vo 10 (4) 前 面 道 路 の 幅 員 と 接 道 長 計 画 建 築 物 の 敷 地 は 幅 員 6メートル 以 上 の 道 路 に 当 該 敷 地 境 界 線 の 長 さの 合 計 の6 分 の1 以 上 接 するものであること (5) 隣 地 の 取 り 込 みの 制 限 原 則 として 隣 地 を 取 り 込 んだ 建 替 え 計 画 ではないこと 3 都 心 居 住 型 総 合 設 計 (1) 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 1,000 平 方 メートルとする (2) 空 地 率 の 最 低 限 度 空 地 率 の 最 低 限 度 は 次 式 による 空 地 率 (%)=120- 基 準 建 蔽 率 (3) 有 効 公 開 空 地 率 の 最 低 限 度 計 画 建 築 物 の 敷 地 内 における 有 効 公 開 空 地 率 の 最 低 限 度 は 当 該 敷 地 の 基 準 容 積 率 に 応 じて 下 表 に 掲 げる 数 値 とする ( 単 位 :%) 基 準 容 積 率 (Vo) 有 効 公 開 空 地 率 の 最 低 限 度 (Po) 100<Vo< (Vo/20) 500 Vo 10 (4) 前 面 道 路 の 幅 員 計 画 建 築 物 の 敷 地 は 割 増 し 後 の 容 積 率 に 応 じて 下 表 に 掲 げる 数 値 以 上 の 幅 員 を 有 する 道 路 ( 当 該 道 路 に 沿 って 歩 道 状 空 地 が 設 けられているものに 限 る )に 接 す ること ( 単 位 :m) 割 増 し 後 の 容 積 率 道 路 幅 員 600% 以 下 のもの 8 600%を 超 えるもの 12 (5) 接 道 長 計 画 建 築 物 の 敷 地 の 接 道 長 は (4)に 定 める 前 面 道 路 の 幅 員 の 数 値 以 上 の 幅 員 を 有 する 道 路 に 当 該 敷 地 境 界 線 の 長 さの 合 計 の6 分 の1 以 上 接 するものであること 8

11 4 要 除 却 認 定 マンション 建 替 型 総 合 設 計 (1) 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 500 平 方 メートルとする (2) 空 地 率 の 最 低 限 度 空 地 率 の 最 低 限 度 は 次 式 による 空 地 率 (%)=120- 基 準 建 蔽 率 (3) 有 効 公 開 空 地 率 の 最 低 限 度 計 画 建 築 物 の 敷 地 内 における 有 効 公 開 空 地 率 の 最 低 限 度 は 5パーセントとする (4) 前 面 道 路 の 幅 員 と 接 道 長 計 画 建 築 物 の 敷 地 は 原 則 として 幅 員 6メートル 以 上 の 道 路 に 当 該 敷 地 境 界 線 の 長 さの 合 計 の8 分 の1 以 上 接 するものであること (5) 住 宅 用 途 以 外 の 用 途 に 供 する 部 分 次 のア 及 びイに 適 合 させること ア 住 宅 用 途 以 外 の 用 途 ( 実 施 細 目 で 定 める 施 設 を 除 く 以 下 ア 及 びイにおいて 同 じ )に 供 する 部 分 の 床 面 積 の 合 計 が 要 除 却 認 定 マンションの 住 宅 用 途 以 外 の 用 途 に 供 する 部 分 の 床 面 積 の 合 計 より 増 加 しないこと ただし 住 宅 の 用 途 に 供 す る 部 分 の 床 面 積 の 合 計 が 増 加 する 場 合 はこの 限 りでない イ 住 宅 用 途 以 外 の 用 途 に 供 する 部 分 の 床 面 積 の 合 計 が 基 準 容 積 率 の 算 定 の 基 礎 となる 延 べ 面 積 を 超 えないこと (6) 住 戸 の 専 有 面 積 等 割 増 容 積 率 に 相 当 する 部 分 ( 建 築 基 準 法 第 3 条 第 2 項 の 規 定 により 同 法 第 52 条 第 1 項 第 2 項 及 び 第 7 項 の 規 定 の 適 用 を 受 けない 既 存 建 築 物 における 超 過 容 積 率 に 相 当 する 部 分 を 除 く( 超 過 容 積 率 の 算 定 方 法 は 第 4 章 第 2の1(2)の 規 定 による ) ) の 住 宅 の 専 有 面 積 を 55 平 方 メートル 以 上 とすること (7) 隣 地 の 取 り 込 み 等 の 制 限 要 除 却 認 定 マンションの 敷 地 面 積 以 上 の 面 積 の 隣 地 を 取 り 込 んだ 建 替 え 計 画 要 除 却 認 定 マンションの 敷 地 を 細 分 化 した 建 替 え 計 画 及 びマンション 建 替 法 第 2 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 するマンションに 該 当 しない 建 築 物 をマンションに 変 更 した 上 で 行 う 建 替 え 計 画 ではないこと ただし 特 定 行 政 庁 が 要 除 却 認 定 マンションの 除 却 建 替 えのために 必 要 と 認 める 範 囲 で 行 うものについてはこの 限 りでない 5 マンション 建 替 法 第 105 条 型 総 合 設 計 (1) 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 計 画 建 築 物 の 敷 地 面 積 の 最 低 限 度 は 用 途 地 域 の 種 別 に 応 じて 下 表 に 掲 げる 数 値 とする 9

12 ( 単 位 :m2) 用 途 地 域 敷 地 面 積 第 一 種 住 居 地 域 及 び 第 二 種 住 居 地 域 500 商 業 地 域 300 (2) 空 地 率 の 最 低 限 度 空 地 率 の 最 低 限 度 は 次 式 による 空 地 率 (%)=110- 基 準 建 蔽 率 (3) 有 効 公 開 空 地 率 の 最 低 限 度 計 画 建 築 物 の 敷 地 内 における 有 効 公 開 空 地 率 の 最 低 限 度 は 5パーセントとする (4) 前 面 道 路 の 幅 員 と 接 道 長 計 画 建 築 物 の 敷 地 は 原 則 として 幅 員 6メートル 以 上 の 道 路 に 当 該 敷 地 境 界 線 の 長 さの 合 計 の8 分 の1 以 上 接 するものであること (5) 住 宅 用 途 以 外 の 用 途 に 供 する 部 分 次 のア 及 びイに 適 合 させること ア 住 宅 用 途 以 外 の 用 途 ( 実 施 細 目 で 定 める 施 設 を 除 く 以 下 ア 及 びイにおいて 同 じ )に 供 する 部 分 の 床 面 積 の 合 計 が 要 除 却 認 定 マンションの 住 宅 用 途 以 外 の 用 途 に 供 する 部 分 の 床 面 積 の 合 計 より 増 加 しないこと ただし 住 宅 の 用 途 に 供 す る 部 分 の 床 面 積 の 合 計 が 増 加 する 場 合 はこの 限 りでない イ 住 宅 用 途 以 外 の 用 途 に 供 する 部 分 の 床 面 積 の 合 計 が 基 準 容 積 率 の 算 定 の 基 礎 となる 延 べ 面 積 を 超 えないこと (6) 住 戸 の 専 有 面 積 等 割 増 容 積 率 に 相 当 する 部 分 ( 建 築 基 準 法 第 3 条 第 2 項 の 規 定 により 同 法 第 52 条 第 1 項 第 2 項 及 び 第 7 項 の 規 定 の 適 用 を 受 けない 既 存 建 築 物 における 超 過 容 積 率 に 相 当 する 部 分 を 除 く( 超 過 容 積 率 の 算 定 方 法 は 第 4 章 第 2の1(2)の 規 定 による ) ) の 住 宅 の 専 有 面 積 を 55 平 方 メートル 以 上 とすること (7) 隣 地 の 取 り 込 み 等 の 制 限 要 除 却 認 定 マンションの 敷 地 面 積 以 上 の 面 積 の 隣 地 を 取 り 込 んだ 建 替 え 計 画 要 除 却 認 定 マンションの 敷 地 を 細 分 化 した 建 替 え 計 画 及 びマンション 建 替 法 第 2 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 するマンションに 該 当 しない 建 築 物 をマンションに 変 更 した 上 で 行 う 建 替 え 計 画 ではないこと ただし 特 定 行 政 庁 が 要 除 却 認 定 マンションの 除 却 建 替 えのために 必 要 と 認 める 範 囲 で 行 うものについてはこの 限 りでない 10

13 第 3 章 計 画 基 準 第 1 計 画 に 当 たって 配 慮 すべき 事 項 等 本 要 綱 により 許 可 の 対 象 となる 建 築 計 画 は 建 築 基 準 法 及 びマンション 建 替 法 に 定 める 有 効 な 都 市 空 間 の 確 保 を 基 調 とし 併 せて 第 1 章 第 1の2に 定 める 基 本 目 標 の 実 現 に 貢 献 する 次 の 項 目 に 配 慮 又 は 対 応 した 計 画 とする ア 千 代 田 区 都 市 計 画 マスタープランの 地 域 別 構 想 地 区 計 画 の 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 に 関 する 方 針 その 他 のまちづくり 方 針 等 に 沿 ったものであること イ 周 辺 の 市 街 地 環 境 等 に 対 して 配 慮 した 建 築 形 態 であること ウ 周 辺 市 街 地 の 状 況 の 変 化 等 を 踏 まえ 計 画 建 築 物 の 形 態 配 置 等 について 地 区 の 将 来 像 を 見 据 えた 配 慮 がなされていること エ 計 画 の 規 模 及 び 周 辺 市 街 地 の 状 況 に 応 じ 都 市 施 設 若 しくは 公 共 施 設 等 の 機 能 補 完 又 はこれらの 負 荷 軽 減 のための 具 体 的 な 措 置 を 講 じていること オ 計 画 の 規 模 に 応 じ 周 辺 市 街 地 の 防 災 避 難 に 有 効 な 施 設 を 設 けていること カ 福 祉 のまちづくりの 推 進 に 配 慮 したものであること キ 住 宅 の 整 備 に 当 たっては 多 様 な 世 帯 が 居 住 する 活 力 ある 地 域 社 会 の 形 成 に 配 慮 すること ク 敷 地 内 の 空 地 及 び 建 築 物 の 屋 上 等 について 緑 化 が 図 られていること なお 公 開 空 地 の 緑 化 については 豊 かな 緑 を 育 むための 都 市 緑 化 植 物 ガイド ライン ( 平 成 23 年 千 代 田 区 )に 即 したものであること ケ 省 エネルギー 対 策 等 によるカーボンマイナス(CO2 の 排 出 削 減 )について 配 慮 し たものであること コ 建 築 物 の 高 さ 等 について 別 に 定 める 建 築 物 の 高 さ 等 誘 導 指 針 に 適 合 したもの であること サ 要 除 却 認 定 マンション 建 替 型 総 合 設 計 又 はマンション 建 替 法 第 105 条 型 総 合 設 計 の 適 用 を 受 ける 場 合 は マンション 建 替 法 第 4 条 第 1 項 により 国 土 交 通 大 臣 が 定 める マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 基 本 的 な 方 針 に 留 意 すること 第 2 計 画 基 準 1 公 開 空 地 (1) 公 開 空 地 の 規 模 形 状 の 基 準 ア 歩 道 状 空 地 (ア) 幅 員 が3メートル 以 上 で かつ 通 行 可 能 な 部 分 の 幅 ( 以 下 有 効 幅 員 と いう )が2メートル 以 上 であること ただし 歩 道 と 連 続 して 通 行 可 能 な 部 分 を 整 備 することにより 当 該 歩 道 を 含 めた 通 行 可 能 な 部 分 の 幅 の 合 計 が3メ ートル 以 上 となる 場 合 は 歩 道 状 空 地 内 の 有 効 幅 員 を 1.5 メートル 以 上 とする ことができる 11

14 (イ) 共 同 住 宅 建 替 誘 導 型 総 合 設 計 の 適 用 を 受 ける 建 築 物 の 敷 地 にあっては (ア)の 規 定 にかかわらず 幅 員 及 び 有 効 幅 員 は2メートル 以 上 であること ただし 歩 道 と 連 続 して 通 行 可 能 な 部 分 を 整 備 することにより 当 該 歩 道 を 含 めた 通 行 可 能 な 部 分 の 幅 の 合 計 が3メートル 以 上 となる 場 合 は 歩 道 状 空 地 内 の 有 効 幅 員 を 1.5 メートル 以 上 とすることができる (ウ) 要 除 却 認 定 マンション 建 替 型 総 合 設 計 又 はマンション 建 替 法 第 105 条 型 総 合 設 計 の 適 用 を 受 ける 建 築 物 の 敷 地 にあっては (ア)の 規 定 にかかわらず 幅 員 及 び 有 効 幅 員 は 1.5 メートル 以 上 であること (エ) 原 則 として 段 差 が 設 けられておらず 車 椅 子 の 通 行 が 可 能 であるなど 福 祉 のまちづくりに 寄 与 する 構 造 であること イ 貫 通 通 路 (ア) 屋 外 貫 通 通 路 は 幅 員 が3メートル 以 上 で かつ 有 効 幅 員 が2メートル 以 上 であること ただし 車 路 に 沿 って 設 ける 貫 通 通 路 にあっては 幅 員 が2メ ートル 以 上 で かつ 有 効 幅 員 を 1.5 メートル 以 上 とすることができる (イ) 屋 内 貫 通 通 路 は 有 効 幅 員 が6メートル 以 上 で かつ 天 井 の 各 部 分 の 高 さ が8メートル 以 上 であること ただし 地 下 鉄 から 道 路 へのバリアフリールー トとして 整 備 されるものについては 有 効 幅 員 及 び 天 井 の 各 部 分 の 高 さを3メ ートル 以 上 とすることができる (ウ) 要 除 却 認 定 マンション 建 替 型 総 合 設 計 又 はマンション 建 替 法 第 105 条 型 総 合 設 計 の 適 用 を 受 ける 建 築 物 の 敷 地 にあっては (ア)の 規 定 にかかわらず 屋 外 貫 通 通 路 の 幅 員 及 び 有 効 幅 員 を 1.8 メートル 以 上 とすることができる ウ 広 場 状 空 地 (ア) 最 も 狭 い 部 分 の 幅 は 4メートル 以 上 であること ただし 要 除 却 認 定 マン ション 建 替 型 総 合 設 計 又 はマンション 建 替 法 第 105 条 型 総 合 設 計 の 適 用 を 受 ける 建 築 物 の 敷 地 にあっては 最 も 狭 い 部 分 の 幅 を3メートル 以 上 とすること ができる (イ) 市 街 地 住 宅 型 総 合 設 計 共 同 住 宅 建 替 誘 導 型 総 合 設 計 又 は 都 心 居 住 型 総 合 設 計 の 適 用 を 受 ける 建 築 物 の 敷 地 にあっては 一 の 広 場 状 空 地 ( 二 以 上 の 広 場 状 空 地 が 一 体 の 空 間 を 成 し かつ 相 互 間 を 有 効 に 連 絡 するものを 含 む この 場 合 当 該 空 地 面 に 高 低 差 があるときは その 高 低 差 が3メートル 以 内 のものに 限 る 以 下 同 じ )の 面 積 は 用 途 地 域 の 区 分 に 応 じて 下 表 に 掲 げる 数 値 以 上 であること なお 空 地 面 積 の 最 低 限 度 の 算 定 に 当 たっては 当 該 広 場 状 空 地 と 同 じ 高 さ で 接 する 歩 道 状 空 地 及 び 屋 外 貫 通 通 路 を 含 むことができる この 場 合 幅 員 が 4メートル 未 満 の 部 分 を 除 くものとする また 敷 地 面 積 の 規 模 が 令 第 136 条 第 3 項 の 表 (ろ) 欄 に 掲 げる 規 模 未 満 の 場 12

15 合 にあっては 下 表 にかかわらず 敷 地 面 積 の 10 分 の1 以 上 かつ 100 平 方 メートル 以 上 とすることができる ( 単 位 :m2) 用 途 地 域 空 地 面 積 第 一 種 住 居 地 域 及 び 第 二 種 住 居 地 域 200 商 業 地 域 100 (ウ) 要 除 却 認 定 マンション 建 替 型 総 合 設 計 又 はマンション 建 替 法 第 105 条 型 総 合 設 計 の 適 用 を 受 ける 建 築 物 の 敷 地 にあっては 一 の 広 場 状 空 地 の 面 積 は 敷 地 面 積 の 10 分 の1 又 は 用 途 地 域 の 区 分 に 応 じて (イ)の 表 に 掲 げる 数 値 のいずれ か 小 さい 数 値 以 上 かつ 50 平 方 メートル 以 上 であること (エ) 全 周 長 の6 分 の1 以 上 が 道 路 公 園 ( 一 体 的 に 利 用 されるものに 限 る ) 歩 道 状 空 地 又 は 屋 外 貫 通 通 路 に 接 するものであること エ 公 開 空 地 に 含 まれるピロティ 等 (ア) 天 井 の 高 さが6メートル 以 上 で かつ 奥 行 きが 当 該 高 さの 2 分 の 1 以 内 の 部 分 であること (イ) 全 周 長 の4 分 の1 以 上 が 道 路 等 の 公 共 施 設 又 は 他 の 公 開 空 地 と 接 すること (2) 公 開 空 地 の 有 効 面 積 の 算 定 公 開 空 地 である 屋 内 貫 通 通 路 及 びピロティ 等 の 公 開 空 地 の 有 効 面 積 の 算 定 に 当 たっては 公 開 空 地 全 体 の 面 積 の3 分 の1の 面 積 に 相 当 する 部 分 を 対 象 とする (3) 公 開 空 地 の 有 効 係 数 次 のアからエまでの 一 に 該 当 する 一 の 公 開 空 地 の 有 効 係 数 は 当 該 アからエまで に 掲 げる 数 値 ( 次 のオに 該 当 する 場 合 はオに 掲 げる 数 値 を 乗 じた 数 値 )とする ア 歩 道 状 空 地 幅 員 が4メートル 以 下 で 道 路 との 高 低 差 が1メートル 以 下 の 歩 道 状 空 地 の 有 効 係 数 は 連 続 ( 二 辺 以 上 の 連 続 ( 総 合 設 計 の 種 類 別 に 必 要 な 前 面 道 路 幅 員 を 満 た す 道 路 と 満 たさない 道 路 との 連 続 は 除 く )を 含 め 出 入 口 等 による 分 断 は 必 要 と 認 められる 範 囲 で 連 続 とみなす )する 歩 道 状 空 地 の 長 さに 応 じて 下 表 (ア)に 掲 げ る 数 値 とし その 他 の 歩 道 状 空 地 の 有 効 係 数 は 下 表 (イ)に 掲 げる 数 値 とする 計 画 形 態 有 効 係 数 (ア) 1 長 さが 60m 以 上 のもの 長 さが 20m 以 上 60m 未 満 のもの 長 さが 10m 以 上 20m 未 満 のもの 長 さが 10m 未 満 のもの 1.2 袋 地 状 道 路 ( 行 き 止 まり 道 路 )に 沿 って 設 けられる 場 合 は 1~3 にかかわらず 有 効 係 数 は 1.0~1.2 とする 13

16 (イ) その 他 の 部 分 0.8 イ 貫 通 通 路 計 画 形 態 有 効 係 数 (ア) 屋 外 貫 通 通 路 1 地 下 鉄 から 道 路 へのバリアフリールート 上 欄 以 外 の 部 分 0.8 (イ) 屋 内 貫 通 通 路 1 地 下 鉄 から 道 路 へのバリアフリールート 上 欄 以 外 の 部 分 (その 規 模 及 び 形 態 に 応 じて) 0.2~0.4 ウ 広 場 状 空 地 計 画 形 態 有 効 係 数 (ア) 幅 員 6m 以 上 の 道 路 又 は 当 該 道 路 に 沿 った 歩 道 状 空 地 (この 表 において 道 路 等 という )に 接 する 一 の 広 場 状 空 地 の 面 積 が 300 m2 以 上 のもの 1 道 路 等 に 面 する 部 分 道 路 等 に 面 しない 部 分 0.5 (イ) 道 路 等 に 接 する 一 の 広 場 状 空 地 の 面 積 が 100 m2 以 上 300 m2 未 満 のもの 1 道 路 等 に 面 する 部 分 道 路 等 に 面 しない 部 分 0.5 (ウ) 道 路 等 に 接 する 一 の 広 場 状 空 地 の 面 積 が 100 m2 未 満 のもの 1 道 路 等 に 面 する 部 分 道 路 等 に 面 しない 部 分 0.4 エ ピロティ 等 計 画 形 態 有 効 係 数 天 井 の 高 さが6m 以 上 かつ 奥 行 きが 高 さの 2 分 の 1 以 内 0.6 の 部 分 オ 低 減 係 数 利 用 形 態 有 効 係 数 広 場 状 空 地 のうち 計 画 建 築 物 により 冬 至 日 の 真 太 陽 時 の 午 前 8 時 から 午 後 4 時 までの 間 で 全 ての 時 間 帯 で 日 影 となる 部 0.8 分 (4) 公 開 空 地 の 質 の 基 準 公 開 空 地 の 質 は 豊 かな 緑 を 育 むための 都 市 緑 化 植 物 ガイドライン に 適 合 した 上 で 次 に 掲 げる 事 項 について 実 施 細 目 に 定 める 基 準 に 適 合 するよう 努 めること ア 周 辺 の 緑 との 連 続 性 イ 樹 種 の 多 様 性 14

17 ウ 既 存 樹 木 の 保 全 活 用 エ 樹 高 の 高 い 木 の 植 栽 オ 芝 生 水 面 等 による 被 覆 カ 建 築 物 上 の 緑 化 ( 屋 上 壁 面 ベランダ) (5) 公 開 空 地 の 危 険 防 止 外 壁 又 はこれに 代 わる 柱 の 外 面 から 当 該 計 画 建 築 物 の 高 さ( 公 開 空 地 の 地 表 面 からの 高 さをいう )の 平 方 根 の2 分 の1 以 内 の 距 離 の 部 分 を 公 開 空 地 とする 場 合 は 実 施 細 目 に 定 める 危 険 防 止 の 措 置 を 講 ずるものとする (6) 公 開 空 地 内 に 設 置 できる 自 転 車 シェアリングのポート ステーション 千 代 田 区 等 からの 設 置 要 請 等 に 基 づく 自 転 車 シェアリングのポート ステーショ ンは 第 1 章 第 2 の(14)の 日 常 一 般 に 公 開 される 部 分 に 該 当 するものとして (1) のアからエの 基 準 に 適 合 する 公 開 空 地 内 ( 有 効 幅 員 の 部 分 を 除 く )に 設 置 すること ができる なお 当 該 ポート ステーションが 廃 止 される 際 には 当 該 ポート ステーショ ンが 設 置 されていた 部 分 を 通 行 可 能 な 部 分 又 は 植 栽 等 の 修 景 施 設 として 再 整 備 す るものとする 2 住 宅 (1) 住 宅 性 能 の 基 準 住 宅 性 能 は 次 に 掲 げる 基 準 に 適 合 するよう 努 めること なお 等 級 は 住 宅 の 品 質 確 保 の 促 進 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 11 年 法 律 第 81 号 以 下 住 宅 品 確 法 という )に 基 づく 日 本 住 宅 性 能 表 示 基 準 による ア 構 造 の 安 定 性 は 耐 震 等 級 2 以 上 又 は 免 震 構 造 建 築 物 かつ 耐 風 等 級 2であ ること イ 火 災 時 の 安 全 性 は 耐 火 等 級 ( 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 開 口 部 ))2 以 上 か つ 耐 火 等 級 ( 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 開 口 部 以 外 ))4であること ウ 劣 化 の 軽 減 は 劣 化 対 策 等 級 3であること エ 維 持 管 理 への 配 慮 は 維 持 管 理 対 策 等 級 ( 共 用 配 管 )2 以 上 であること オ 高 齢 者 等 への 配 慮 は 高 齢 者 等 配 慮 対 策 等 級 ( 共 用 部 分 )4 以 上 であること 3 省 エネ 性 能 ア 計 画 建 築 物 は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 ) 第 73 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 判 断 の 基 準 ( 以 下 省 エネ 基 準 という )に 適 合 しなければならない イ アに 加 え 計 画 建 築 物 全 体 の 設 計 一 次 エネルギー 消 費 量 ( 省 エネ 基 準 に 定 める 設 計 一 次 エネルギー 消 費 量 をいう )が 計 画 建 築 物 全 体 の 基 準 一 次 エネルギー 消 15

18 費 量 ( 省 エネ 基 準 に 定 める 基 準 一 次 エネルギー 消 費 量 をいう )の9 割 以 下 となる よう 努 めること 4 防 災 施 設 原 則 として 建 築 物 ごとに 次 の 基 準 を 満 たすこと (1) 防 災 備 蓄 倉 庫 の 整 備 基 準 原 則 として 用 途 ごとに 下 表 の 基 準 を 満 たす 防 災 備 蓄 倉 庫 を 整 備 すること この 場 合 防 災 備 蓄 倉 庫 の 一 か 所 当 たりの 面 積 は 0.5 平 方 メートル 以 上 とする 用 途 業 務 住 宅 その 他 の 用 途 防 災 備 蓄 倉 業 務 の 用 に 供 する 住 宅 の 用 に 供 する 1m2 以 上 庫 の 必 要 面 積 部 分 の 延 べ 面 積 の 倍 以 上 部 分 の 延 べ 面 積 の 倍 以 上 整 備 位 置 いずれの 階 からも 最 長 歩 行 距 離 4 層 以 内 に1か 所 以 上 いずれの 階 からも 最 長 歩 行 距 離 2 層 以 内 に1か 所 以 上 いずれの 階 からも 最 長 歩 行 距 離 4 層 以 内 に1か 所 以 上 自 動 車 車 庫 及 び 駐 輪 場 の 用 に 供 する 部 分 を 除 く 16

19 第 4 章 容 積 率 制 限 の 緩 和 第 1 容 積 率 制 限 の 緩 和 の 原 則 第 2 章 に 定 める 要 件 に 適 合 し 第 2に 定 める 容 積 率 制 限 の 緩 和 の 基 準 に 適 合 する 建 築 計 画 にあっては 建 築 基 準 法 第 52 条 第 1 項 から 第 8 項 まで 及 び 同 法 第 57 条 の2 第 6 項 の 規 定 について 緩 和 の 対 象 とする ただし 公 開 空 地 による 容 積 率 の 割 増 しの 適 用 を 受 けないものについては 第 2の2の 規 定 は 適 用 しない 第 2 容 積 率 制 限 の 緩 和 の 基 準 1 公 開 空 地 による 容 積 率 の 緩 和 (1) 緩 和 の 対 象 計 画 建 築 物 の 敷 地 内 に 有 効 公 開 空 地 率 が 第 2 章 第 2において 総 合 設 計 の 種 類 別 に 定 める 有 効 公 開 空 地 率 の 最 低 限 度 ( 以 下 有 効 公 開 空 地 率 の 最 低 限 度 という )を 超 える 公 開 空 地 を 設 ける 場 合 (2) 割 増 容 積 率 の 限 度 ア 公 開 空 地 による 割 増 容 積 率 の 限 度 は 次 式 による ただし 共 同 住 宅 建 替 誘 導 型 総 合 設 計 要 除 却 認 定 マンション 建 替 型 総 合 設 計 及 びマンション 建 替 法 第 105 条 型 総 合 設 計 を 除 く 総 合 設 計 にあっては (P-Po)の 値 が 10 未 満 の 場 合 は 割 増 しを 行 わない 割 増 容 積 率 (%)=(P-Po) α ((Vo/400)+Kx β) P : 有 効 公 開 空 地 率 (%) Po : 有 効 公 開 空 地 率 の 最 低 限 度 (%) α : 公 開 空 地 の 質 係 数 前 章 第 2の1(4)に 掲 げるアからカまでの 事 項 について 次 の 表 1に 定 め る 内 容 ごとに 実 施 細 目 に 定 めるところによる 評 価 ( 以 下 計 画 適 合 評 価 という )に 応 じて 表 2に 定 める 係 数 をいう 表 1 事 項 内 容 周 辺 の 緑 との 連 続 性 近 隣 の 公 園 や 隣 接 する 公 開 空 地 などのみど りとの 連 続 性 樹 種 の 多 様 性 落 葉 樹 常 緑 樹 のバランスのとれた 植 栽 既 存 樹 木 の 保 全 活 用 既 存 樹 木 のうち 健 全 な 樹 木 の 保 全 活 用 樹 高 の 高 い 木 の 植 栽 植 栽 基 盤 を 確 保 した 上 での より 樹 高 の 高 い 木 の 植 栽 芝 生 水 面 等 による 被 覆 まとまりのある 芝 生 地 及 び 水 系 施 設 の 整 備 建 築 物 上 の 緑 化 地 上 部 から 視 認 性 の 高 い 建 築 物 上 の 緑 化 ( 屋 上 壁 面 ベランダ) 17

20 表 2 計 画 適 合 評 価 A B C D 公 開 空 地 の 質 係 数 Vo : 基 準 容 積 率 (%) Kx : 総 合 設 計 種 類 別 係 数 下 表 の 総 合 設 計 制 度 の 種 類 により 定 める 係 数 をいう 総 合 設 計 の 種 類 Kx 市 街 地 住 宅 型 総 合 設 計 3 共 同 住 宅 建 替 誘 導 型 総 合 設 計 6 都 心 居 住 型 総 合 設 計 4.5 要 除 却 認 定 マンション 建 替 型 総 合 設 計 8 マンション 建 替 法 第 105 条 型 総 合 設 計 8 β : 住 宅 係 数 βは 次 の 計 算 式 により 求 める β=1+ 住 宅 性 能 係 数 (β 住 )+ 建 替 支 援 係 数 (β 建 替 ) 住 宅 性 能 係 数 (β 住 ) =0.05 前 章 第 2の2(1)に 定 める 住 宅 性 能 の 基 準 への 適 合 数 ただし 0.2 を 上 限 とする 建 替 支 援 係 数 (β 建 替 ) = 超 過 容 積 率 (%) ただし 0.25 を 上 限 とする なお 建 替 支 援 係 数 の 適 用 は 建 築 基 準 法 第 3 条 2 項 の 規 定 により 同 法 第 52 条 1 項 第 2 項 又 は 第 7 項 の 規 定 の 適 用 を 受 けない 既 存 建 築 物 において 共 同 住 宅 建 替 誘 導 型 総 合 設 計 要 除 却 認 定 マンション 建 替 型 総 合 設 計 又 はマンシ ョン 建 替 法 第 105 条 型 総 合 設 計 を 適 用 する 場 合 に 限 る 超 過 容 積 率 は 次 式 による (So-Ao 基 準 容 積 率 )/A( 単 位 :%) So: 建 築 基 準 法 第 52 条 を 適 用 するとした 場 合 の 容 積 率 の 算 定 の 基 礎 となる 延 べ 面 積 (m2) Ao: 既 存 建 築 物 の 敷 地 面 積 (m2) A : 計 画 建 築 物 の 敷 地 面 積 (m2) イ 地 上 部 及 び 建 築 物 上 の 緑 化 面 積 に 応 じて アによる 割 増 容 積 率 の 限 度 を 以 下 の 値 により 増 減 するものとする 18

21 (P-Po) ((Vo/400)+1) Kz ( 単 位 :%) Kz: 地 上 部 及 び 建 築 物 上 の 緑 化 係 数 Kz 0.07 の 範 囲 を 限 度 として 次 式 により 求 める Kz=X-Xo (X Xo の 場 合 ) Kz=(X-Xo)/2 (Xo<X の 場 合 ) X : 当 該 敷 地 の 緑 化 率 X=( 地 上 部 の 緑 化 面 積 及 び 建 築 物 上 の 緑 化 面 積 の 合 計 )/ ( 敷 地 面 積 - 建 築 面 積 + 屋 上 の 面 積 ) Xo: 緑 化 基 準 値 Xo=0.3 ただし 計 画 建 築 物 の 敷 地 面 積 が 5,000 平 方 メートル 以 上 の 場 合 は 0.35 とする なお 緑 化 の 基 準 及 び 緑 化 面 積 等 の 算 定 方 法 については 千 代 田 区 緑 化 推 進 要 綱 ( 平 成 10 年 千 代 田 区 )によるほか 実 施 細 目 に 定 める 緑 化 の 基 準 による ものとする ウ ア 及 びイの 規 定 にかかわらず 割 増 容 積 率 の 限 度 は 総 合 設 計 制 度 の 種 類 に より 次 の 表 に 定 める 数 値 ( 以 下 割 増 容 積 率 の 最 高 限 度 という )を 超 える ことができない 総 合 設 計 の 種 類 割 増 容 積 率 の 最 高 限 度 市 街 地 住 宅 型 総 合 設 計 180% 共 同 住 宅 建 替 誘 導 型 総 合 設 計 180% 都 心 居 住 型 総 合 設 計 180% 要 除 却 認 定 マンション 建 替 型 総 合 設 計 200% マンション 建 替 法 第 105 条 型 総 合 設 計 200% ただし 割 増 し 後 の 容 積 率 は 1,000 パーセントを 超 えることはできない 2 公 益 施 設 等 の 整 備 による 容 積 率 の 緩 和 (1) 緩 和 の 対 象 次 のアからキまでに 掲 げる 施 設 又 はその 建 設 予 定 地 で 千 代 田 区 等 の 要 請 等 に 基 づき 当 該 要 請 等 に 基 づく 規 模 等 のものを 計 画 建 築 物 の 敷 地 内 又 は 境 域 内 に 設 ける 場 合 ア 子 育 て 支 援 施 設 イ 地 域 用 の 防 災 倉 庫 等 の 地 域 の 防 災 性 の 向 上 に 資 する 施 設 ウ 保 安 公 害 防 止 等 に 寄 与 する 施 設 エ 地 域 社 会 の 文 化 教 育 等 の 向 上 に 貢 献 する 施 設 オ 福 祉 の 向 上 に 貢 献 する 施 設 (アに 該 当 するものを 除 く ) 19

22 カ 一 般 交 通 の 機 能 の 向 上 に 資 する 施 設 キ 供 給 処 理 施 設 等 の 負 荷 軽 減 に 寄 与 する 施 設 (2) 割 増 容 積 率 の 限 度 公 益 施 設 等 による 割 増 容 積 率 は 次 式 による 数 値 をその 限 度 として 公 益 施 設 等 の 床 面 積 に 応 じて 緩 和 する ただし 整 備 に 必 要 な 部 分 の 床 面 積 の 合 計 に 相 当 する 部 分 を 算 定 することが 困 難 な 場 合 は 下 表 のとおりとする (Vo/50)+80 (Vo: 基 準 容 積 率 (%)) 道 路 の 無 電 柱 化 10%( 前 面 道 路 のみの 場 合 ) 10%~30%( 周 辺 道 路 も 含 めた 場 合 ) 自 転 車 シェアリングのポート ( 自 転 車 を 駐 留 する 部 分 の 水 平 投 影 面 積 ステーション / 敷 地 面 積 ) 100(%) 第 3 割 増 容 積 率 の 限 度 及 び 特 例 1 公 開 空 地 及 び 公 益 施 設 等 の 整 備 による 割 増 容 積 率 の 合 計 の 限 度 (1) 公 開 空 地 及 び 公 益 施 設 等 の 整 備 による 割 増 容 積 率 の 合 計 の 限 度 は 第 2の1 及 び 2に 定 めるそれぞれの 割 増 容 積 率 の 限 度 を 合 計 した 数 値 とする ただし 割 増 後 の 容 積 率 は 1,000 パーセントを 超 えることはできない (2) 公 益 施 設 等 の 整 備 による 割 増 容 積 率 は 公 開 空 地 による 割 増 容 積 率 以 下 とする 2 公 共 空 地 による 容 積 率 の 緩 和 (1) 緩 和 の 対 象 計 画 建 築 物 の 整 備 と 一 体 的 に 計 画 配 置 される 道 路 公 園 緑 地 広 場 その 他 これ らに 類 する 公 共 空 地 のうち 事 業 者 の 無 償 譲 渡 等 に 係 るもので かつ 都 市 計 画 決 定 ( 地 区 計 画 等 を 含 む )されたもの( 計 画 建 築 物 とおおむね 同 時 期 に 決 定 されるも のを 含 む ) 又 は 地 方 公 共 団 体 により 管 理 されるもの( 開 発 行 為 等 に 伴 い 整 備 する 提 供 公 園 等 の 受 益 者 負 担 部 分 を 除 く ) (2) 緩 和 の 限 度 当 該 公 共 空 地 面 積 に 基 準 容 積 率 を 乗 じて 求 められる 面 積 を 計 画 建 築 物 の 許 容 延 べ 面 積 に 加 えることができる 3 高 度 利 用 地 区 内 等 に 計 画 する 総 合 設 計 に 対 する 基 準 容 積 率 の 取 扱 い ア 高 度 利 用 地 区 内 及 び 用 途 別 容 積 型 地 区 計 画 の 区 域 内 に 計 画 する 場 合 は この 章 で 定 める 割 増 容 積 率 の 限 度 を 求 める 場 合 の 基 準 容 積 率 (V 0 )を 第 1 章 第 2(11)に 定 め る 基 準 容 積 率 の 定 義 にかかわらず これらの 都 市 計 画 で 定 める 容 積 率 及 び 計 画 建 築 物 の 用 途 により 求 められる 容 積 率 の 限 度 を 適 用 しない 場 合 の 容 積 率 の 限 度 を 基 準 容 積 率 とみなして 1の 規 定 による 公 開 空 地 による 割 増 容 積 率 の 限 度 を 算 定 する 20

23 ものとする イ 建 築 基 準 法 第 57 条 の2 第 3 項 の 規 定 により 特 定 行 政 庁 が 特 例 容 積 率 の 限 度 の 指 定 を 行 った 特 例 敷 地 内 に 計 画 する 場 合 は この 章 で 定 める 割 増 容 積 率 の 限 度 を 求 める 場 合 の 基 準 容 積 率 (V 0 )を 第 1 章 第 2(11)に 定 める 基 準 容 積 率 の 定 義 にかかわ らず 当 該 指 定 を 行 う 前 の 同 法 第 52 条 に 規 定 する 基 準 容 積 率 とみなして 1の 規 定 による 公 開 空 地 による 割 増 容 積 率 の 限 度 を 算 定 するものとする 4 容 積 率 制 限 の 割 増 しを 受 ける 計 画 建 築 物 に 対 する 形 態 制 限 の 付 加 第 4 章 第 2の 規 定 により 容 積 率 の 割 増 しを 受 ける 計 画 建 築 物 で 基 準 容 積 率 に 割 増 容 積 率 ( 他 の 手 法 により 割 増 容 積 率 を 受 ける 場 合 は それらの 合 計 とする )を 加 えた 割 増 し 後 の 容 積 率 を 適 用 する 場 合 で 道 路 斜 線 制 限 規 定 である 建 築 基 準 法 別 表 第 3(は) 欄 に 掲 げる 数 値 ( 距 離 )が 割 増 し 前 の 基 準 容 積 率 を 適 用 する 場 合 の 数 値 と 異 なるとき は 割 増 後 の 容 積 率 による 同 欄 に 掲 げる 規 定 に 適 合 しなければ 割 増 容 積 率 を 制 限 す るものとする ただし 隣 接 地 の 用 途 地 域 土 地 利 用 状 況 又 は 当 該 敷 地 からの 方 位 等 により 市 街 地 環 境 の 整 備 改 善 に 支 障 がないと 判 断 できる 場 合 はこの 限 りでない 21

24 第 5 章 雑 則 第 1 雑 則 1 他 の 手 法 との 併 用 建 築 基 準 法 第 57 条 の2 第 3 項 の 規 定 により 特 定 行 政 庁 が 特 例 容 積 率 の 限 度 の 指 定 を 行 った 特 例 敷 地 については 同 法 第 52 条 各 項 に 規 定 する 容 積 率 の 限 度 を 超 える 指 定 を 行 った 特 例 敷 地 に 限 り 総 合 設 計 制 度 を 適 用 する 2 計 画 建 築 物 の 敷 地 が 二 以 上 の 区 域 地 域 又 は 地 区 の 内 外 にわたる 場 合 の 取 扱 い 計 画 建 築 物 の 敷 地 が 区 域 地 域 又 は 地 区 の 内 外 にわたる 場 合 は 本 要 綱 に 別 に 定 め のある 場 合 又 は 建 築 基 準 法 第 52 条 第 53 条 及 び 第 56 条 に 規 定 する 場 合 を 除 き 原 則 としてその 建 築 物 又 はその 敷 地 の 全 部 について 敷 地 の 過 半 の 属 する 区 域 地 域 地 区 の 建 築 物 に 関 するこの 要 綱 の 規 定 を 適 用 する 3 その 他 この 要 綱 の 実 施 に 関 して 必 要 な 事 項 は 別 に 実 施 細 目 で 定 める 附 則 平 成 27 年 9 月 25 日 付 27 千 環 建 指 発 第 91 号 ( 施 行 期 日 ) 1 この 要 綱 は 平 成 27 年 9 月 30 日 から 施 行 する ( 経 過 措 置 ) 2 この 要 綱 の 施 行 の 日 ( 以 下 施 行 日 という )より 前 に 改 正 前 の 千 代 田 区 総 合 設 計 許 可 要 綱 ( 以 下 改 正 前 の 要 綱 という )に 規 定 する 計 画 要 件 に 適 合 するものとして 許 可 を 受 けている 建 築 物 に 係 る 当 該 許 可 は 改 正 後 の 千 代 田 区 総 合 設 計 許 可 要 綱 ( 以 下 改 正 後 の 要 綱 という )に 規 定 する 計 画 要 件 にかかわらず 施 行 日 以 後 においてなおその 効 力 を 有 する 3 施 行 日 より 前 に 改 正 前 の 要 綱 に 規 定 する 計 画 要 件 に 基 づいてされた 許 可 の 申 請 ( 計 画 変 更 の 申 請 を 含 む )に 係 る 建 築 物 については 施 行 日 以 後 においてなお 改 正 前 の 要 綱 に 規 定 する 計 画 要 件 に 基 づいて 審 査 するものとする 4 施 行 日 より 前 に 許 可 を 受 けている 建 築 物 であって 施 行 日 以 後 に 当 該 建 築 物 についてさ れる 計 画 変 更 の 申 請 については 改 正 後 の 要 綱 に 規 定 する 計 画 要 件 に 基 づいて 審 査 する ものとする 附 則 平 成 28 年 1 月 28 日 付 27 千 環 建 指 発 第 164 号 この 要 綱 は 平 成 28 年 1 月 29 日 から 施 行 する 22

目 次 第 1 章 第 1 節 総 則 総 則 第 1 款 趣 旨 ( 第 1 条 ) 2 第 2 款 基 本 目 標 ( 第 2 条 ) 2 第 3 款 運 用 方 針 ( 第 3 条 ) 2 第 2 節 用 語 の 定 義 ( 第 4 条 ) 3 第 2 章 計 画 要 件 第 1 節 計 画

目 次 第 1 章 第 1 節 総 則 総 則 第 1 款 趣 旨 ( 第 1 条 ) 2 第 2 款 基 本 目 標 ( 第 2 条 ) 2 第 3 款 運 用 方 針 ( 第 3 条 ) 2 第 2 節 用 語 の 定 義 ( 第 4 条 ) 3 第 2 章 計 画 要 件 第 1 節 計 画 世 田 谷 区 マンション 建 替 法 容 積 率 許 可 要 綱 (マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 第 105 号 ) 世 田 谷 区 平 成 28 年 4 月 目 次 第 1 章 第 1 節 総 則 総 則 第 1 款 趣 旨 ( 第 1 条 ) 2 第 2 款 基 本 目 標 ( 第 2 条 ) 2 第 3 款 運 用 方 針 ( 第 3 条 ) 2 第 2

More information

港区住宅型総合設計許可要綱(改正案)

港区住宅型総合設計許可要綱(改正案) 港 区 マンション 建 替 法 容 積 率 許 可 要 綱 平 成 27 年 6 月 1 日 27 港 街 計 第 791 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 78 号 以 下 法 という ) 第 105 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 容 積 率 の 許

More information

都計法等講習会における説明メモ

都計法等講習会における説明メモ 国 住 街 第 1 4 5 号 平 成 2 6 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 建 築 行 政 主 務 部 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 市 街 地 建 築 課 長 マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 第 105 条 の 規 定 の 運 用 について 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 59 条 の2に 基 づくいわゆる

More information

柏 市 総 合 設 計 制 度 許 可 取 扱 基 準 柏 市 平 成 10 年 10 月 制 定 平 成 24 年 4 月 改 正 目 次 第 1 総 則.........1 1 趣 旨...1 2 運 用 方 針...1 3 用 語 の 定 義...2 第 2 基 本 要 件.........3 1 一 般 総 合 設 計...3 2 市 街 地 住 宅 総 合 設 計...7 3 環 境 配

More information

<303034205F8CBB8D735F93DF94658E73918D8D8790DD8C768B9689C28EE681453F>

<303034205F8CBB8D735F93DF94658E73918D8D8790DD8C768B9689C28EE681453F> 那 覇 市 総 合 設 計 許 可 取 扱 要 綱 平 成 8 年 4 月 目 次 第 1 総 合 設 計 制 度 1. 総 合 設 計 制 度 の 目 的 2. 許 可 取 扱 要 綱 の 制 定 第 2 総 合 設 計 許 可 取 扱 要 綱 1. 基 本 目 標 2. 運 用 に 当 たっての 基 本 姿 勢 第 3 技 術 基 準 1. 用 語 の 定 義 2. 基 本 要 件 (1) 法

More information

東京都再開発等促進区を定める地区計画運用基準

東京都再開発等促進区を定める地区計画運用基準 東 京 都 再 開 発 等 促 進 区 を 定 める 地 区 計 画 運 用 基 準 東 京 都 都 市 整 備 局 平 成 2 5 年 4 月 目 次 第 1 総 則 1 1 目 的 1 2 基 本 目 標 1 3 本 運 用 基 準 の 位 置 付 け 1 4 用 語 の 定 義 2 第 2 策 定 基 準 5 1 区 域 の 要 件 5 (1) 基 本 計 画 等 との 適 合 5 (2) 基

More information

守口市総合設計制度許可実施基準

守口市総合設計制度許可実施基準 守 口 市 総 合 設 計 制 度 許 可 取 扱 要 綱 実 施 基 準 平 成 26 年 12 月 改 正 守 口 市 総 合 設 計 制 度 許 可 取 扱 要 綱 実 施 基 準 目 次 第 1 条 趣 旨 1 第 2 条 計 画 の 基 本 要 件 1 第 3 条 敷 地 の 条 件 等 1 第 4 条 配 置 計 画 2 第 5 条 その 他 所 要 施 設 3 第 6 条 住 宅 等

More information

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 都 市 計 画 及 び 総 合 設 計 等 運 用 基 準 目 次 1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 ------------------- 1 第 2 本 基 準 の 構 成 ------------------- 1 2 章 土 地 の 高 度 利 用 に 係 る 適 用 評 価 について 第 1 適 用

More information

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針 広 島 駅 新 幹 線 口 周 辺 地 区 における 用 途 地 域 及 び 容 積 率 の 見 直 し 等 の 都 市 計 画 に 関 する 運 用 方 針 平 成 21 年 (2009 年 )12 月 広 島 市 都 市 整 備 局 都 市 計 画 課 目 次 第 1 総 則 1 1 目 的 1 2 本 運 用 方 針 の 位 置 づけ 1 3 本 運 用 方 針 の 適 用 範 囲 1 4 用

More information

<964C93878BE68D E8BE68E7792E895FB906A8B7982D18E7792E88AEE8F BD90AC E31308C8E817A2E786477>

<964C93878BE68D E8BE68E7792E895FB906A8B7982D18E7792E88AEE8F BD90AC E31308C8E817A2E786477> 豊 島 区 高 度 利 用 地 区 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 豊 島 区 都 市 整 備 部 平 成 25 年 10 月 目 次 指 定 方 針 1 指 定 基 準 4 第 1 用 語 の 定 義 4 第 2 高 度 利 用 地 区 の 指 定 対 象 区 域 7 第 3 高 度 利 用 地 区 の 指 定 要 件 8 1 地 区 の 最 低 規 模 2 地 区 の 境 界 3 幹 線

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7390EC8E7395979276926E8BE68FF097E182C98AEE82C382AD8B9689C282CC90528DB88AEE8F80>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7390EC8E7395979276926E8BE68FF097E182C98AEE82C382AD8B9689C282CC90528DB88AEE8F80> 市 川 市 風 致 地 区 条 例 に 基 づく 許 可 の 審 査 基 準 第 1 章 総 則 第 1 通 則 1 本 基 準 は 市 川 市 風 致 地 区 条 例 ( 以 下 条 例 という )に 基 づく 建 築 物 等 の 行 為 許 可 の 統 一 的 運 用 を 定 め 事 務 の 円 滑 な 処 理 を 図 ることを 目 的 とする 2 条 例 第 4 条 ただし 書 の 適 用 は

More information

Ⅲ. 低 炭 素 循 環 型 社 会 関 連 税 制 1. 省 エネ グリーン 化 の 推 進 1 認 定 省 エネ 住 宅 ( 仮 称 )の 普 及 促 進 のため 以 下 の 措 置 を 創 設 住 宅 ローン 減 税 制 度 の 控 除 対 象 借 入 限 度 額 の 引 き 上 げ(H24

Ⅲ. 低 炭 素 循 環 型 社 会 関 連 税 制 1. 省 エネ グリーン 化 の 推 進 1 認 定 省 エネ 住 宅 ( 仮 称 )の 普 及 促 進 のため 以 下 の 措 置 を 創 設 住 宅 ローン 減 税 制 度 の 控 除 対 象 借 入 限 度 額 の 引 き 上 げ(H24 平 成 24 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 の 概 要 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) Ⅰ. 暮 らしの 安 全 安 心 確 保 関 連 税 制 1. 住 まいの 質 の 向 上 無 理 のない 負 担 での 住 宅 の 確 保 等 1 新 築 住 宅 に 係 る 固 定 資 産 税 の 減 額 措 置 ( 戸 建 て3 年 間 マンション5 年 間 1/2)を2 年 間 延 長 2

More information

法第34条第1号から9号に係る基準

法第34条第1号から9号に係る基準 * 印 は 運 用 又 は 注 を 表 す 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 等 の 許 可 基 準 第 1 章 総 則 第 1 目 的 この 基 準 は 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 の 許 可 の 範 囲 を 明 確 化 することによって 法 律 の 運 用 を 円 滑 に 行 い 開 発 許 可 権 限 の 公 平 な 行 使 に 資

More information

修正済・まちなかマンション購入奨励金交付要綱取扱要領H28.4.1

修正済・まちなかマンション購入奨励金交付要綱取扱要領H28.4.1 金 沢 市 まちなかマンション 購 入 奨 励 金 交 付 要 綱 取 扱 要 領 平 成 18 年 3 月 31 日 決 裁 平 成 21 年 10 月 1 日 改 正 平 成 23 年 4 月 1 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 改 正 ( 通 則 ) 第 1 条 この 要 領 は 金 沢 市 まちなかマンション 購 入 奨 励 金 交 付

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

総合設計実施細則(案)

総合設計実施細則(案) 守 口 市 総 合 設 計 制 度 許 可 取 扱 実 務 マニュアル 平 成 26 年 12 月 守 口 市 総 合 設 計 制 度 許 可 取 扱 実 務 マニュアル 制 定 平 成 20 年 7 月 23 日 改 正 平 成 21 年 5 月 8 日 改 正 平 成 26 年 12 月 9 日 第 1. 趣 旨 この 実 務 マニュアルは 敷 地 面 積 の 規 模 が 一 定 以 上 である

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E646F6378> 東 広 島 市 街 化 調 における 運 用 基 準 の 1 作 目 的 成 この に 関 運 し 用 必 基 要 準 な は 事 項 本 を 市 定 の めることにより 市 街 化 調 整 区 域 内 市 における 街 化 調 整 地 区 区 域 計 における 画 制 度 の 良 運 好 用 な 及 環 び 境 地 の 区 維 計 持 画 及 の び 素 形 案 成 に 寄 与 することを 目 的

More information

東京都高度利用地区

東京都高度利用地区 新 宿 区 高 度 利 用 地 区 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 新 宿 区 都 市 計 画 部 平 成 2 7 年 11 月 目 次 指 定 方 針 1 指 定 基 準 4 第 1 用 語 の 定 義 4 第 2 高 度 利 用 地 区 の 指 定 対 象 区 域 7 第 3 高 度 利 用 地 区 の 指 定 要 件 8 1 地 区 の 最 低 規 模 2 地 区 の 境 界 3 幹

More information

建築基準法第52条第14項第1号に基づく練馬区容積率の許可に関する取扱基準

建築基準法第52条第14項第1号に基づく練馬区容積率の許可に関する取扱基準 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 基 づく 練 馬 区 容 積 率 の 許 可 に 関 する 取 扱 基 準 練 都 建 第 282 号 平 成 14 年 3 月 11 日 第 1 運 用 方 針 練 馬 区 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 規 定 による 機 械

More information

取扱基準 本文

取扱基準 本文 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 基 づく 東 京 都 容 積 率 の 許 可 に 関 する 取 扱 基 準 1 制 定 15 都 市 建 市 第 282 号 平 成 16 年 3 月 4 日 改 正 16 都 市 建 企 第 233 号 平 成 16 年 9 月 10 日 改 正 21 都 市 建 企 第 893 号 平 成 22 年 3 月 31 日 改 正 25

More information

03

03 東 京 都 市 計 画 の 変 更 ( 文 京 区 決 定 ) 平 成 年 月 日 文 京 区 告 示 第 号 最 高 面 積 欄 の( ) 内 は 変 更 前 を 示 す 種 類 面 積 建 築 物 の 高 さの 最 高 又 は 最 低 備 考 第 1 種 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さ( 地 盤 面 からの 高 さによる 以 下 同 じ )は 当 該 部 分 から 前 面 道 路 の 反

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

施設整備交付要綱

施設整備交付要綱 東 京 都 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 6 衛 医 対 第 1125 号 17 福 保 医 政 第 165 号 平 成 7 年 2 月 1 日 平 成 17 年 7 月 15 日 7 衛 医 対 第 1186 号 18 福 保 医 政 第 1050 号 平 成 7 年 10 月 25 日 平 成 18 年 12 月 15 日 8 衛 医 計 第 3 1

More information

高 第 3 種 17m 第 3 種 20m 第 3 種 30m 第 3 種 40m 第 3 種 30m 40m 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さは 当 該 部 分 から 前 面 道 路 1 建 築 物 の 高 さは20メートル

高 第 3 種 17m 第 3 種 20m 第 3 種 30m 第 3 種 40m 第 3 種 30m 40m 建 築 物 の 各 部 分 の 高 さは 当 該 部 分 から 前 面 道 路 1 建 築 物 の 高 さは20メートル 東 京 都 市 計 画 の 変 更 ( 目 黒 区 決 定 ) 都 市 計 画 を 次 のように 変 更 する す 面 積 欄 の( ) 内 は 変 更 前 を 示 種 類 面 積 建 築 物 の 高 さの 高 又 は 低 備 考 高 第 1 種 17m 第 1 種 第 2 種 17m 第 2 種 20m 第 2 種 30m 第 2 種 587.2 64.4 (66.6) 4.7 480.6 (478.4)

More information

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準 建 築 設 計 業 務 等 積 算 基 準 平 成 28 年 4 月 1 日 沖 縄 県 土 木 建 築 部 目 次 第 1 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 基 準 1 第 2 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 要 領 3 第 1 節 総 則 3 第 2 節 業 務 人 時 間 数 の 算 定 方 法 5 第 3 節 対 象 外 業 務 率 の

More information

目 次 1 趣 旨... 2 2 一 般 型 総 合 設 計 の 種 類... 3 3 一 般 型 総 合 設 計 適 用 の 基 本 的 条 件... 4 4 公 開 空 地 等... 6 (1) 公 開 空 地 の 定 義... 6 (2) 公 開 空 地 に 準 ずる 有 効 な 空 地...

目 次 1 趣 旨... 2 2 一 般 型 総 合 設 計 の 種 類... 3 3 一 般 型 総 合 設 計 適 用 の 基 本 的 条 件... 4 4 公 開 空 地 等... 6 (1) 公 開 空 地 の 定 義... 6 (2) 公 開 空 地 に 準 ずる 有 効 な 空 地... 兵 庫 県 一 般 型 総 合 設 計 許 可 取 扱 要 領 兵 庫 県 県 土 整 備 部 住 宅 建 築 局 建 築 指 導 課 平 成 19 年 3 月 ( 平 成 27 年 4 月 一 部 改 訂 ) 0 目 次 1 趣 旨... 2 2 一 般 型 総 合 設 計 の 種 類... 3 3 一 般 型 総 合 設 計 適 用 の 基 本 的 条 件... 4 4 公 開 空 地 等...

More information

開 発 事 業 の 内 容 研 究 施 設 研 究 開 発 型 施 設 又 は 研 修 施 設 の 建 設 教 育 施 設 又 は 文 化 施 設 の 建 設 開 発 事 業 の 区 域 の 面 積 の 基 準 1 5ヘクタール 以 上 2 研 修 施 設 は 20ヘクタール 未 満 ただし 研 究

開 発 事 業 の 内 容 研 究 施 設 研 究 開 発 型 施 設 又 は 研 修 施 設 の 建 設 教 育 施 設 又 は 文 化 施 設 の 建 設 開 発 事 業 の 区 域 の 面 積 の 基 準 1 5ヘクタール 以 上 2 研 修 施 設 は 20ヘクタール 未 満 ただし 研 究 第 3 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 利 用 行 為 の 基 準 ( 開 発 事 業 の 遵 守 基 準 ) 第 30 条 市 街 化 調 整 区 域 内 において 開 発 事 業 ( 区 域 の 面 積 が 3,000 平 方 メートル 以 上 の 建 築 物 系 の 開 発 事 業 又 は 非 建 築 物 系 の 開 発 事 業 に 限 る 以 下 この 条 において 同 じ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 村 山 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 に 住 民 に 身 近 な 行 政 は 地 方 公 共 団 体 が 自 主 的 かつ 総 合 的 に 広 く 担 うとともに 地 域 住 民 が 自 らの 判 断 と 責 任 において 地 域 の 諸 課 題 に 取 り 組 むことができるようにする

More information

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用 鳥 取 県 大 規 模 店 舗 立 地 誘 導 条 例 ( 平 成 21 年 3 月 27 日 鳥 取 県 条 例 第 5 号 ) 目 次 前 文 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 大 規 模 店 舗 の 立 地 の 誘 導 ( 第 8 条 - 第 17 条 ) 第 3 章 雑 則 ( 第 18 条 - 第 20 条 ) 附 則 本 県 には 都 市 部 はもちろん

More information

Taro11-第5章.jtd

Taro11-第5章.jtd 第 5 章 法 第 43 条 令 第 34 条 令 第 35 条 令 第 36 条 規 則 第 34 条 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 以 外 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 法 第 四 十 三 条 何 人 も 市 街 化 調 整 区 域 のうち 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 以 外 の 区 域 内 においては 都 道 府 県 知 事 の 許 可 を 受

More information

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 27 年 8 月 佐 世 保 市 目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章

More information

用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 4 月 昭 島 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 る ための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 分 権 一 括 法 ) の 公 布 に 伴 い 都 市 計 画 法 が 一 部 改 正

More information

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 4 月 狛 江 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第

More information

( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 6 8 条 の2 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 地 区 計 画 の 区 域 内 における 建 築 物 の 用 途 敷 地 及 び 構 造 に 関 する

( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 6 8 条 の2 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 地 区 計 画 の 区 域 内 における 建 築 物 の 用 途 敷 地 及 び 構 造 に 関 する 平 塚 市 地 区 計 画 建 築 物 条 例 及 び 同 解 説 平 成 20 年 7 月 1 日 作 成 平 成 27 年 10 月 1 日 改 訂 平 塚 市 まちづくり 政 策 部 建 築 指 導 課 ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 6 8 条 の2 第 1 項 の 規 定 に 基 づき

More information

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477>

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477> 開 発 許 可 審 査 基 準 平 成 24 年 8 月 春 日 部 市 目 次 総 則 第 01 目 的 1 第 02 法 令 の 略 称 規 定 1 第 03 開 発 行 為 の 定 義 1 都 市 計 画 法 第 29 条 開 発 行 為 の 許 可 3 都 市 計 画 法 第 33 条 開 発 許 可 の 基 準 5 都 市 計 画 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可

More information

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と 三 鷹 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 12 月 三 鷹 市 はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基

More information

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物 京 都 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 4 月 15 日 制 定 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 平 成 27 年 4 月 10 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 本 市 に 存 する 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 を 促 進 するため, 当 該 木 造 住 宅 の

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

用途地域等に関する指定方針

用途地域等に関する指定方針 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 大 和 市 は じ め に これまで 東 京 都 においては 東 京 の 新 しい 都 市 づくりビジョン 及 び 東 京 におけ る 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 について を 踏 まえ 政 策 誘 導 型 の 都 市 づくりを 進 めるた め 平 成 14 年 7 月 に

More information

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定)

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定) 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 知 事 同 意 又 は 協 議 にあたっての 判 断 指 針 平 成 24 年 2 月 茨 城 県 土 木 部 都 市 局 都 市 計 画 課 目 次 1 判 断 指 針 策 定 の 趣 旨 1 2 本 判 断 指 針 が 対 象 とする 地 区 計 画 1 3 県 が 判 断 するにあたっての 基 本 方 針 2 4 地 区 計 画 の 対

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

<5461726F2D824F8255817C8BDF8D5D94AA94A68E7381402E6A7464>

<5461726F2D824F8255817C8BDF8D5D94AA94A68E7381402E6A7464> この 条 例 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該 各 号 に 定 めるところによる (1) 開 発 行 為 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という ) 第 4 条 第 12 項 に 規 定 する 開 発 行 為 をいう (2) 建 築 行 為 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 2

More information

本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建 物 設 備 の 基 準 ( 要 綱 6) 基 本 的 な 考

本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建 物 設 備 の 基 準 ( 要 綱 6) 基 本 的 な 考 H25.4.1 版 認 証 保 育 所 施 設 基 準 解 説 平 成 22 年 10 月 東 京 都 福 祉 保 健 局 少 子 社 会 対 策 部 保 育 支 援 課 0/15 本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A97708140967B95B681408C9A927A90DD8C76939988CF91F597BF8E5A92E88AEE8F805F31353034303189FC92F95F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A97708140967B95B681408C9A927A90DD8C76939988CF91F597BF8E5A92E88AEE8F805F31353034303189FC92F95F2E646F63> 建 築 設 計 等 委 託 料 算 定 基 準 平 成 27 年 4 月 静 岡 県 経 営 管 理 部 建 築 設 計 等 委 託 料 算 定 基 準 1 総 則 この 基 準 は 県 が 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業 務 ( 以 下 設 計 等 の 業 務 という )を 委 託 に 付

More information

はじめに

はじめに 第 3 版 町 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 適 正 な 土 地 利 用 の 調 整 に 関 する 条 例 の 手 引 き 町 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 適 正 な 土 地 利 用 の 調 整 に 関 する 条 例 施 行 規 則 を 一 部 改 正 し2011 年 4 月 1 日 に 施 行 しました (2012 年 7 月 17 日 付 庁 舎 移 転 等 に

More information

1 道 路 位 置 指 定 申 請 の 手 引 き 平 成 28 年 4 月 横 須 賀 市 都 市 部 目 次 位 置 指 定 編 道 路 の 位 置 の 指 定 とは 1 目 的 1 道 路 位 置 指 定 申 請 と 関 係 手 続 きの 流 れ 2 道 路 位 置 指 定 の 手 続 き 事 前 審 査 3 道 路 位 置 指 定 の 手 続 き 本 申 請 5 道 路 の 位 置 の 表 示

More information

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第 伊 達 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより

More information

( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十

( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 第 6 章 市 街 化 調 整 区 域 の 立 地 基 準 ( 開 発 許 可 の 基 準 その2)( ) 第 1 節 立 地 基 準 の 構 成 ( 目 的 ) 前 条 の 規 定 にかかわらず 市 街 化 調 整 区 域 に 係 る 開 発 行 為 ( 主 として 第 二 種 特 定 工 作 物 の 建 設 の 用 に 供 す る 目 的 で 行 う 開 発 行 為 を 除 く )については 当

More information

第25回税制調査会 総25-2

第25回税制調査会 総25-2 主 要 税 目 ( 地 方 税 )の 税 収 ( 決 算 額 地 方 財 政 計 画 ベース)の 推 移 10 11 固 定 資 産 税 の 性 格 1 わが 国 税 制 の 現 状 と 課 題 -21 世 紀 に 向 けた 国 民 の 参 加 と 選 択 -( 抄 )( 平 成 12 年 7 月 税 制 調 査 会 ) 第 一 基 本 的 考 え 方 四 税 制 の 検 討 の 視 点 4. 地

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 11 章 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 法 律 ( 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ) 第 四 十 一 条 都 道 府 県 知 事 は 用 途 地 域 の 定 められていない 土 地 の 区 域 における 開 発 行 為 につい て 開

More information

(2) 基 準 地 の 価 格 の 審 査 調 整 及 び 判 定 (3) 周 知 措 置 ( 地 価 公 示 との 関 係 等 ) 第 4 条 知 事 は 事 業 の 実 施 にあたっては 地 価 公 示 法 の 規 定 に 基 づいて 国 が 行 う 地 価 公 示 との 調 和 を 保 ち 一

(2) 基 準 地 の 価 格 の 審 査 調 整 及 び 判 定 (3) 周 知 措 置 ( 地 価 公 示 との 関 係 等 ) 第 4 条 知 事 は 事 業 の 実 施 にあたっては 地 価 公 示 法 の 規 定 に 基 づいて 国 が 行 う 地 価 公 示 との 調 和 を 保 ち 一 和 歌 山 県 地 価 調 査 事 業 実 施 要 綱 ( 平 成 12 年 3 月 21 日 制 定 ) ( 総 則 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 号 以 下 令 という ) 第 9 条 の 規 定 に 基 づく 和 歌 山 県 地 価 調 査 事 業 ( 以 下 事 業 という )の 円 滑 な 遂 行 に 資

More information

建築基準法第43条第1項ただし書き許可

建築基準法第43条第1項ただし書き許可 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 許 可 申 請 マニュアル 平 成 17 年 4 月 作 成 ( 平 成 23 年 8 月 改 正 ) 特 定 行 政 庁 桑 名 市 目 次 許 可 制 度 と 手 続 き P. 1 許 可 手 続 きフロー P. 3 道 路 判 断 の 流 れ P. 4 建 築 審 査 会 における 取 り 扱 い P. 5 建 築 審 査 会 包 括

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

神戸市確認審査基準

神戸市確認審査基準 ⅲ. 集 団 規 定 ⅲ-01 道 路 内 の 建 築 制 限 法 第 44 条 第 1 項 に 規 定 する 建 築 制 限 のかかる 道 路 の 範 囲 は 法 第 42 条 第 1 項 に 規 定 され た 法 令 によって 道 路 区 域 に 位 置 づけられる 道 路 敷 も 含 まれ 道 路 の 上 下 空 間 も 対 象 となる 関 連 法 令 等 法 第 42 条 第 44 条, 令

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

Microsoft Word - 220401 要綱.doc

Microsoft Word - 220401 要綱.doc 国 立 市 開 発 行 為 等 指 導 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 立 市 における 開 発 行 為 等 によって 無 秩 序 な 市 街 化 が 行 われる ことを 規 制 し 良 好 な 市 街 地 の 造 成 並 びに 快 適 な 生 活 環 境 を 保 持 するとともに 人 間 を 大 切 にするまちづくり の 実 現 をはかることを 目 的

More information

区 分 後 退 距 離 要 件 説 明 要 件 道 路 側 隣 側 ( 緑 化 基 準 ) B 1 都 市 の 美 観 風 致 を 維 持 するための 樹 木 の 保 存 に 関 する 法 律 により 指 定 された 保 存 樹 木 または これに 準 ずる 樹 木 の 保 全 のために これらの

区 分 後 退 距 離 要 件 説 明 要 件 道 路 側 隣 側 ( 緑 化 基 準 ) B 1 都 市 の 美 観 風 致 を 維 持 するための 樹 木 の 保 存 に 関 する 法 律 により 指 定 された 保 存 樹 木 または これに 準 ずる 樹 木 の 保 全 のために これらの 別 表 第 1( 第 4 条 関 係 ) 2つの 要 件 に 該 当 する 場 合 または のうち の 緩 い 方 との 組 合 せが 適 用 できる : 緩 和 措 置 あり : 限 定 緩 和 措 置 あり : 緩 和 措 置 なし 区 分 後 退 距 離 要 件 説 明 要 件 道 路 側 隣 側 ( 緑 化 基 準 ) A 1 都 市 の 美 観 風 致 を 維 持 するための 樹 木 の

More information

Microsoft PowerPoint - 20150615_【HP用】綱島SST素案説明会.pptx

Microsoft PowerPoint - 20150615_【HP用】綱島SST素案説明会.pptx 綱 島 サスティナブル スマートタウン 地 区 地 区 計 画 都 市 計 画 市 素 案 説 明 会 平 成 27 年 6 月 12 日 横 浜 市 ~ 本 日 の 説 明 内 容 ~ 地 区 の 概 要 と 上 位 計 画 経 緯 地 区 計 画 の 都 市 計 画 市 素 案 今 後 の 都 市 計 画 手 続 地区の概要 港北区 日吉駅 綱島サスティナブル スマートタウン地区 面積 約4.4ha

More information

目 次 番 号 案 件 頁 1 分 家 住 宅 ( 包 括 承 認 ) 4 2 収 用 対 象 事 業 による 移 転 ( 包 括 承 認 ) 6 3 既 存 建 築 物 の 建 替 え( 包 括 承 認 ) 7 4 用 途 ( 使 用 主 体 の 属 性 )の 変 更 ( 包 括 承 認 ) 11

目 次 番 号 案 件 頁 1 分 家 住 宅 ( 包 括 承 認 ) 4 2 収 用 対 象 事 業 による 移 転 ( 包 括 承 認 ) 6 3 既 存 建 築 物 の 建 替 え( 包 括 承 認 ) 7 4 用 途 ( 使 用 主 体 の 属 性 )の 変 更 ( 包 括 承 認 ) 11 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 等 の 審 査 基 準 ( 都 市 計 画 法 第 34 条 第 14 号 編 ) 平 成 26 年 11 月 1 日 沼 津 市 都 市 計 画 部 まちづくり 指 導 課 目 次 番 号 案 件 頁 1 分 家 住 宅 ( 包 括 承 認 ) 4 2 収 用 対 象 事 業 による 移 転 ( 包 括 承 認 ) 6 3 既 存 建 築 物

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A817989FC90B388C4817A88CA92758E7792E882CC82B582A882E881693133303531338F4390B3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A817989FC90B388C4817A88CA92758E7792E882CC82B582A882E881693133303531338F4390B3816A2E646F63> 横 浜 市 位 置 指 定 申 請 のしおり 平 成 25 年 5 月 横 浜 市 建 築 局 本 しおりで 引 用 した 主 な 法 令 名 は 次 のような 略 称 名 を 用 いました 法 : 建 築 基 準 法 令 : 建 築 基 準 法 施 行 令 条 例 : 横 浜 市 建 築 基 準 条 例 細 則 : 横 浜 市 建 築 基 準 法 施 行 細 則 目 次 第 1 章 位 置 指 定

More information

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464>

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464> 1. 本 市 の 区 域 内 において 行 われる 開 発 行 為 等 ただし 都 市 計 画 法 第 29 条 第 4 号 から 第 9 号 までに 規 定 される 開 発 行 為 は 除 く 2. 建 築 基 準 法 第 6 条 第 1 項 又 は 第 18 条 第 1 項 に 規 定 する 建 築 物 を 建 築 し 若 しくは 工 作 物 を 設 置 する 行 為 3. 建 築 基 準 法

More information

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 継 続 し 借 入 申 込 日 において 貯 蓄 残 高 が50 万 円 以 上 ある 者 2 融

More information

( 注 意 ) 居 室 としての 利 用 が 予 想 されるものは 当 然 階 としてみなされる 小 屋 裏 物 置 等 は 室 内 からの 利 用 を 想 定 しており 外 部 から 利 用 するものは 認 められな い 以 下 のように 余 剰 空 間 を 意 図 的 に 作 った 場 合 は

( 注 意 ) 居 室 としての 利 用 が 予 想 されるものは 当 然 階 としてみなされる 小 屋 裏 物 置 等 は 室 内 からの 利 用 を 想 定 しており 外 部 から 利 用 するものは 認 められな い 以 下 のように 余 剰 空 間 を 意 図 的 に 作 った 場 合 は 9 面 積 高 さ 空 地 9-1 小 屋 裏 等 利 用 の 収 納 庫 法 第 92 条 令 第 2 条 次 の(1)から(5)まで 又 は(6)に 掲 げる 条 件 を 満 たす 場 合 は 階 とみなさず 床 面 積 にも 算 入 しない なお 当 該 小 屋 裏 物 置 等 の 面 積 が その 存 する 階 の 床 面 積 の1/8を 超 える 場 合 は 平 成 12 年 5 月 23

More information

Taro-270409_近代化実施要綱

Taro-270409_近代化実施要綱 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 実 施 要 綱 最 終 改 正 健 政 発 第 7 8 6 号 平 成 5 年 1 2 月 1 5 日 医 政 発 0409 第 29 号 平 成 2 7 年 4 月 9 日 1 目 的 この 事 業 は 医 療 資 源 の 効 率 的 な 再 編 及 び 地 域 医 療 の 確 保 に 配 慮 しつつ 病 院 における 患 者 の 療 養 環 境

More information

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 金 融 証 券 税 制 公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 の 投 資 信 託 の 受 益 権 3 証 券 投 資 信 託 以 外 の 公

More information

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378>

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378> 東 近 江 市 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 の 解 説 東 近 江 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 策 定 の 背 景 昭 和 43 年 に 制 定 された 新 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という )で 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域

More information

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場 平 成 27 年 分 住 宅 の 取 得 に 係 る 税 額 控 除 のあらまし 居 住 者 が 住 宅 の 新 築 取 得 又 は 増 改 築 をした 場 合 で 一 定 の 要 件 を 満 たすときは 次 のAからEの 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けることによって 居 住 の 用 に 供 した 年 分 以 後 の 各 年 分 の 所 得 税 額 から 一 定 の 金 額 を 控 除 する

More information

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根 第 2 建 築 物 構 造 1 構 造 (1) 主 要 構 造 部 ア 耐 火 構 造 ( 建 基 法 第 2 条 第 7 号 ) 壁 柱 床 その 他 の 建 築 物 の 部 分 の 構 造 のうち 耐 火 性 能 ( が 終 了 するまでの 間 当 該 火 災 による 建 築 物 の 倒 壊 及 び 延 焼 を 防 止 するために 当 該 建 築 物 の 部 分 に 必 要 とされる 性 能 をいう

More information

神戸市防火基準適合表示要綱

神戸市防火基準適合表示要綱 防 火 基 準 適 合 表 示 制 度 実 施 要 綱 運 用 要 領 第 1 目 的 ( 第 1 条 関 係 ) この 要 領 は 防 火 基 準 適 合 表 示 制 度 実 施 要 綱 ( 以 下 実 施 要 綱 という )の 運 用 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 表 示 対 象 物 の 範 囲 ( 第 2 条 関 係 ) 1 ホテル 旅 館 等 ( 消 防 法

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ 熊 本 市 道 路 位 置 指 定 取 扱 い 基 準 制 定 平 成 5 年 5 月 5 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 8 日 改 正 平 成 21 年 7 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 24 年 11 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 25 年 8 月 30 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条

More information

いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請

いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請 国 住 政 第 116 号 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 建 築 士 会 連 合 会 会 長 殿 日 本 建 築 士 事 務 所 協 会 連 合 会 会 長 殿 日 本 建 築 家 協 会 会 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 住 宅 政 策 課 長 住 宅 企 画 官 買 取 再 販 で 扱 われる 住 宅 の 取 得 に 係 る 不 動

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止 長 浜 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

Taro-t5-7第4章(1~14)(P71

Taro-t5-7第4章(1~14)(P71 第 4 章 法 第 34 条 令 第 29 条 の 5 第 29 条 の 6 第 29 条 の 7 第 30 条 規 則 第 28 条 本 条 は 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 の 立 地 性 についての 基 準 を 定 めたものです 1 公 益 上 必 要 な 建 築 物 又 は 日 常 生 活 に 必 要 な 物 品 等 の 販 売 店 等 ( 法 第 34 条 第 1

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E389BB8CF0957497768D6A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E389BB8CF0957497768D6A> 平 成 24 年 度 高 知 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 知 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 43 年 高 知 県 規 則 第 7 号 以 下 規 則 という ) 第 24 条 の 規 定 に 基 づき 高 知 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 ( 以

More information

2 次 に 掲 げ 区 域 を 含 もうとす 場 合 は 各 々の 区 域 が 指 定 された 主 旨 を 尊 重 し その 意 義 が 失 われないよう 留 意 すものとす (1) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 に 規 定 す 工 業 等 導 入 地 区 (2) 鳥 獣 の 保

2 次 に 掲 げ 区 域 を 含 もうとす 場 合 は 各 々の 区 域 が 指 定 された 主 旨 を 尊 重 し その 意 義 が 失 われないよう 留 意 すものとす (1) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 に 規 定 す 工 業 等 導 入 地 区 (2) 鳥 獣 の 保 延 岡 市 市 街 化 調 整 区 域 におけ 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 17 年 3 月 28 日 策 定 平 成 18 年 8 月 12 日 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 区 計 画 の 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 内 におけ 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 当 該

More information

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作 開 成 町 住 環 境 整 備 マスタープラン( 概 要 版 ) 1.はじめに 1-1 計 画 の 目 的 開 成 町 では これまで 土 地 区 画 整 理 事 業 等 による 面 的 な 住 環 境 整 備 に 取 り 組 み 主 に 開 成 駅 周 辺 において 都 市 基 盤 の 充 実 を 図 ってきた 平 成 27 年 に 南 部 地 区 土 地 区 画 整 理 事 業 が 完 了 の

More information

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 関 する 許 可 基 準 改 定 平 成 23 年 10 月 1 日 Ⅰ 趣 旨 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 許 可 制 度 は 機 械 室 等 部 分 の 床 面 積 の 合 計 の 建 築 物 の 延 べ 面 積 に 対 する

More information

認可保育所募集要項

認可保育所募集要項 平 成 28 年 度 中 野 区 認 可 保 育 所 開 設 事 業 者 募 集 要 項 ( 追 加 募 集 ) 平 成 28 年 6 月 中 野 区 8 月 一 部 修 正 版 1 平 成 28 年 度 中 野 区 認 可 保 育 所 開 設 事 業 者 募 集 要 項 (6 月 追 加 募 集 ) 平 成 28 年 6 月 中 野 区 8 月 24 日 : 下 線 部 修 正 第 1 募 集 概

More information

Taro-1 建築基準法施行条例

Taro-1 建築基準法施行条例 福 島 県 建 築 基 準 法 施 行 条 例 昭 26. 8. 7 福 島 県 条 例 第 60 号 改 正 昭 35. 7.22 条 例 28 同 37. 7.31 同 36 同 44.12.10 同 66 同 46.10.20 同 55 同 52.10.21 同 45 同 59. 3.30 同 23 同 62.12.22 同 6l 平 4. 3.24 同 55 同 5. 3.23 同 3l 同

More information

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4%

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4% 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 平 成 27 年 9 月 17 日 一 般 社 団 法 人 不 動 産 協 会 我 が 国 の 経 済 は 緩 やかな 回 復 を 続 けているが 少 子 化 高 齢 化 を 伴 う 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 産 業 構 造 の 転 換 グローバル 化 の 急 激 な 進 展 等 著 しい 構 造 変 化 に 直 面 している そのような

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20926D82C182C493BE82B782E98CC592E88E918E5990C582CC8E64916782DD2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20926D82C182C493BE82B782E98CC592E88E918E5990C582CC8E64916782DD2E70707478> 知 って 得 する 固 定 資 産 税 の 仕 組 み エース 鑑 定 コンサルティング( 株 ) 代 表 取 締 役 不 動 産 鑑 定 士 鈴 木 彰 1 固 定 資 産 税 の 種 類 土 地 田 畑 宅 地 塩 田 鉱 泉 地 山 林 牧 場 原 野 その 他 の 土 地 をいう 家 屋 住 家 店 舗 工 場 倉 庫 その 他 の 建 物 をいう 償 却 資 産 会 社 や 個 人 で 工

More information

存 しておくべきこと (2) 知 事 の 承 認 を 受 けて 財 産 を 処 分 することにより 収 入 があった 場 には その 収 入 の 全 部 又 は 一 部 を 県 に 納 付 すべきこと (3) 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 の 増 加 した 財 産 については

存 しておくべきこと (2) 知 事 の 承 認 を 受 けて 財 産 を 処 分 することにより 収 入 があった 場 には その 収 入 の 全 部 又 は 一 部 を 県 に 納 付 すべきこと (3) 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 の 増 加 した 財 産 については 宮 崎 県 まちなか 商 業 再 生 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 21 年 4 月 1 日 商 工 観 光 労 働 部 商 工 政 策 課 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は 商 店 街 等 と 多 様 な 主 体 が 連 携 して 行 う 新 たな 振 興 策 や 起 業 への 取 組 及 び 商 店 街 の 活 性 化 への 取 組 を 促 進 するため 予 算 で

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63> 調 布 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 26 年 9 月 調 布 市 は じ め に 本 市 は, 平 成 10 年 に 策 定 した 調 布 市 都 市 計 画 マスタープラン で 示 されたまちづく りの 目 標 を 実 現 するため, 各 種 の 取 組 を 進 めてきた この 中 で, 用 途 地 域 の 指 定 見 直 しは, 土 地

More information

概 要 1. 植 物 工 場 の 立 地 における 主 な 法 律 と 課 題 の 概 要 農 業 として 認 められる 植 物 工 場 は 法 的 な 規 制 が 少 なく 一 般 工 場 との 位 置 づけ では 農 地 転 用 建 築 基 準 法 消 防 法 等 の 法 律 規 制 がある 2

概 要 1. 植 物 工 場 の 立 地 における 主 な 法 律 と 課 題 の 概 要 農 業 として 認 められる 植 物 工 場 は 法 的 な 規 制 が 少 なく 一 般 工 場 との 位 置 づけ では 農 地 転 用 建 築 基 準 法 消 防 法 等 の 法 律 規 制 がある 2 第 5 章 植 物 工 場 の 法 規 制 等 -73- 概 要 1. 植 物 工 場 の 立 地 における 主 な 法 律 と 課 題 の 概 要 農 業 として 認 められる 植 物 工 場 は 法 的 な 規 制 が 少 なく 一 般 工 場 との 位 置 づけ では 農 地 転 用 建 築 基 準 法 消 防 法 等 の 法 律 規 制 がある 2. 農 地 関 連 (1) 農 業 振 興

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63> 栗 東 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより 市 街 化 調 整 区 域 における 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 形 成 並 びに 適 正

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information