<4D F736F F D2089CE8B438E DD94F58E7793B18AEE8F F38DFC90BB967B A2E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D2089CE8B438E67977090DD94F58E7793B18AEE8F80816988F38DFC90BB967B9770816A2E646F63>"

Transcription

1 第 4 厨 房 設 備 1 用 語 の 定 義 (1) 厨 房 設 備 とは 調 理 を 目 的 として 使 用 する 火 を 使 用 する 設 備 及 び 当 該 設 備 に 附 属 する 設 備 の 全 体 をいう (2) 業 務 用 厨 房 設 備 とは 営 業 用 及 び 一 般 事 業 所 の 従 業 員 食 堂 学 校 病 院 の 給 食 用 等 の 厨 房 設 備 をいう (3) グリスフィルターとは 排 気 中 の 油 脂 及 びじんあい 等 を 排 気 ダクトに 入 る 前 に 分 離 し 除 去 する 目 的 で 天 蓋 内 部 に 設 けられる 媒 介 物 をいう (4) グリスエクストラクターとは 天 蓋 内 部 で 機 械 的 に 排 気 気 流 を 縮 流 加 速 し その 遠 心 力 によ って 排 気 中 に 含 まれる 油 脂 及 びじんあい 等 を 分 離 し かつ その 除 去 した 油 脂 及 びじんあい 等 を 自 動 的 に 洗 浄 する 機 能 を 有 する 装 置 をいう (5) たわみ 継 手 とは 排 気 ファンと 排 気 ダクトを 接 続 する 場 合 に 振 動 の 絶 縁 のために 用 いる 継 手 をいう (6) レンジフードファンとは 厨 房 用 の 換 気 扇 ( 電 安 政 令 別 表 第 2に 規 定 する 換 気 扇 )で 器 体 の 一 部 を 天 蓋 とした 風 量 15 m3/min 以 下 のもので 金 属 製 のものをいう (7) ドロップイン 式 こんろとは 組 込 型 のこんろのうち 調 理 台 等 に 落 し 込 んだこんろをいう (8) キャビネット 型 グリル 付 こんろとは グリル 付 きこんろを 専 用 のキャビネット( 台 )の 上 に 取 り 付 けたものをいう (9) 据 置 型 レンジとは オーブンとこんろを 組 み 合 わせて 台 又 は 床 面 に 据 え 置 いたものをいう (10) 火 を 使 用 する 器 具 とは 第 4 章. 第 2 節. 第 15 火 を 使 用 する 器 具 に 該 当 するものをい う 2 条 例 の 運 用 条 例 によるほか 次 によること (1) 第 4 章. 第 1 節. 第 1(1.(8) (9)を 除 く )の 規 定 を 準 用 する (2) 気 体 燃 料 を 使 用 する 厨 房 設 備 ( 条 例 別 表 第 3の 適 用 対 象 外 ) 本 体 の 設 置 要 領 ア 燃 焼 機 器 に 係 る 防 火 性 能 評 定 によるもの 条 例 別 表 第 3 適 用 対 象 外 の 厨 房 設 備 で ガス 機 器 防 火 性 能 評 定 委 員 会 により 防 火 性 能 が 確 認 された 次 のタイプのものは 条 例 第 3 条 第 1 項 第 1 号 イを 適 用 して 離 隔 距 離 の 表 示 銘 板 に 表 示 してある 離 隔 距 離 に 従 って 設 置 することができるもので 適 用 される 厨 房 設 備 には 第 4-1 図 に 示 す 表 示 がなされているものであること また 離 隔 距 離 の 表 示 銘 板 に 床 面 の 構 造 等 の 一 定 の 条 件 が 附 されて 表 示 されているものは その 条 件 に 従 って 設 置 すること 39

2 JIA 認 証 本 体 周 囲 本 体 上 方 周 囲 ガス 機 器 防 火 性 能 評 定 品 可 燃 物 からの 離 隔 距 離 (cm) 上 方 側 方 前 方 後 方 上 方 側 方 前 方 後 方 財 団 法 人 日 本 ガス 機 器 検 査 協 会 第 4-1 図 イ 前 ア 以 外 の 気 体 燃 料 を 使 用 する 業 務 用 の 厨 房 設 備 の 周 囲 の 構 造 業 務 用 のレンジ こんろ オーブン ブロイラー サラマンダーの 周 囲 は 次 の 構 造 に 適 合 していること ( 第 4-2 図 参 照 ) (ア) 厨 房 設 備 が 据 え 付 けられる 床 面 は 厚 さ 10cm 以 上 の 空 洞 コンクリートブロック(JIS A 5406 によるもの 以 下 同 じ )レンガ(JIS R 1250 によるもの 以 下 同 じ ) 又 はこれと 同 等 以 上 の 耐 熱 性 断 熱 性 を 有 する 材 料 で 造 られており その 範 囲 は 設 備 の 周 囲 15cm 以 上 とすること ただし 床 面 ( 下 地 を 含 む )が 不 燃 材 料 で 造 られている 場 合 はこの 限 りでな い (イ) 設 備 が 据 え 付 けられる 背 面 及 び 側 面 の 壁 体 は 厚 さ 10cm 以 上 の 空 洞 コンクリートブロッ ク 軽 量 気 ほうコンクリート(JIS A 5416 によるもの ) レンガ 又 はこれと 同 等 以 上 の 耐 熱 性 断 熱 性 を 有 する 材 料 で 造 られており その 範 囲 は 床 面 から 設 備 の 上 方 80cm 以 上 設 備 の 周 囲 15cm 以 上 とし 当 該 範 囲 に 窓 等 の 開 口 部 を 有 する 場 合 は 不 燃 材 料 で 造 られてい ること 40

3 可 燃 性 壁 体 等 ////////////////////// コンクリートブロック 等 の 断 熱 材 100 以 上 150 以 上 床 150 以 上 可 燃 性 壁 体 等 可 燃 性 壁 体 コンクリートブロック 等 の 断 熱 材 150 以 上 800 以 上 等 コ ン ク リ ー ト ブ ロ ッ ク 等 業 務 用 ガスレンジ 等 コンクリートブロック 等 の 断 熱 材 100 以 上 可 燃 性 壁 体 等 第 4-2 図 厨 房 設 備 の 周 囲 の 構 造 例 ( 単 位 mm) (3) 天 蓋 及 び 排 気 ダクト ア 業 務 用 厨 房 設 備 に 附 属 する 天 蓋 及 び 排 気 ダクト 業 務 用 厨 房 設 備 に 附 属 する 天 蓋 及 び 排 気 ダクトについては 次 によること ただし 下 方 排 気 方 式 によるガス 焼 肉 等 用 機 器 ( 業 務 用 )については 別 記 資 料 1によること (ア) 材 料 41

4 a 天 蓋 は ステンレス 鋼 板 又 はこれと 同 等 以 上 の 強 度 及 び 耐 熱 性 耐 食 性 を 有 する 不 燃 材 料 を 使 用 すること ただし 油 脂 を 含 む 蒸 気 を 発 生 するおそれのない 厨 房 設 備 に 設 け る 天 蓋 にあっては 亜 鉛 鉄 板 (JIS G 3302 によるもの 以 下 亜 鉛 鉄 板 という ) 又 は これと 同 等 以 上 の 強 度 及 び 耐 熱 性 耐 食 性 を 有 する 不 燃 材 料 を 使 用 することができる b 排 気 ダクトは ステンレス 鋼 板 又 は 亜 鉛 鉄 板 若 しくはこれと 同 等 以 上 の 強 度 及 び 耐 熱 性 耐 食 性 を 有 する 不 燃 材 料 を 使 用 すること c たわみ 継 手 は ロックウール シリカ 繊 維 等 の 無 機 繊 維 を 基 材 とした 耐 熱 性 を 有 する 不 燃 材 料 を 使 用 すること d グリスフィルターに 使 用 される 材 料 は 通 常 の 使 用 清 掃 等 の 維 持 管 理 条 件 において 機 能 上 支 障 を 及 ぼすおそれのない 不 燃 材 料 であること e グリスエクストラクターは ステンレス 鋼 板 又 はこれと 同 等 以 上 の 強 度 及 び 耐 熱 性 耐 食 性 を 有 する 不 燃 材 料 を 使 用 すること f 防 火 ダンパーの 羽 根 は 1.5 mm 以 上 のステンレス 鋼 板 又 は 2.3 mm 以 上 の 亜 鉛 鉄 板 若 しく はこれと 同 等 以 上 の 強 度 及 び 耐 熱 性 耐 食 性 を 有 する 不 燃 材 料 を 使 用 すること g 防 火 ダンパーのケーシングは 1.5 mm 以 上 の 鋼 板 (JIS G 3141 によるもの ) 又 はこれ と 同 等 以 上 の 強 度 及 び 耐 熱 性 耐 食 性 を 有 する 不 燃 材 料 を 使 用 すること (イ) 構 造 及 び 設 置 要 領 構 造 及 び 設 置 要 領 は 条 例 第 3 条 の4の 規 定 によるほか 次 によること a 天 蓋 (a) 板 厚 は 第 4-1 表 によること 第 4-1 表 天 蓋 の 長 辺 板 厚 ( 単 位 mm) ( 単 位 mm) 亜 鉛 鉄 板 ステンレス 鋼 板 450 以 下 0.6 以 上 0.5 以 上 450 を 超 え 1,200 以 下 0.8 以 上 0.6 以 上 1,200 を 超 え 1,800 以 下 1.0 以 上 0.8 以 上 1,800 を 超 えるもの 1.2 以 上 1.0 以 上 (b) 板 の 継 目 は 気 密 性 を 有 すること (c) 幅 及 び 奥 行 きは 火 を 使 用 する 設 備 の 幅 及 び 奥 行 きの 寸 法 以 上 とすること ただし 周 囲 が 耐 火 構 造 等 で 延 焼 のおそれのない 場 合 は これによらないことができる (d) グリスフィルターを 容 易 に 着 脱 できる 構 造 とし 水 油 等 の 滴 下 を 防 止 し かつ それらを 回 収 できるものとすること ( 別 図 第 4-1 参 照 ) (e) 条 例 第 3 条 の4 第 1 項 第 1 号 ウに 定 める 天 蓋 の 側 方 と 可 燃 性 の 部 分 との 離 隔 距 離 に ついては 可 燃 性 の 部 分 を 厚 さ9mm 以 上 の 遮 熱 性 を 有 する 不 燃 材 料 で 被 覆 した 場 合 10cm 未 満 とすることができる ( 別 図 第 4-2 参 照 ) (f) 支 持 金 具 等 により 堅 固 に 取 り 付 けること (g) 照 明 設 備 を 固 定 させないこと ただし 次 の 事 項 が 講 じられている 場 合 はこの 限 り ではない 42

5 ア 照 明 設 備 は 耐 熱 性 のもので 油 脂 蒸 気 等 の 防 護 措 置 が 施 されていること イ 衝 撃 を 受 けるおそれのある 部 分 の 照 明 設 備 は 金 網 等 で 防 護 すること ウ 熱 の 影 響 を 受 けるおそれのある 部 分 の 電 気 配 線 は 耐 熱 性 を 有 する 電 線 (けい 素 ゴム 絶 縁 ガラス 編 組 電 線 又 はふっ 素 樹 脂 電 線 若 しくはこれと 同 等 以 上 の 耐 熱 性 を 有 するもの)を 使 用 すること (h) 電 気 配 線 は 天 蓋 の 内 側 に 設 けないこと b 排 気 ダクト (a) 板 厚 は 第 4-2 表 第 4-3 表 によること 第 4-2 表 ( 角 型 ダクト) ダクトの 長 辺 板 厚 ( 単 位 mm) ( 単 位 mm) 亜 鉛 鉄 板 ステンレス 鋼 板 450 以 下 0.6 以 上 0.5 以 上 450 を 超 え 1,200 以 下 0.8 以 上 0.6 以 上 1,200 を 超 え 1,800 以 下 1.0 以 上 1,800 を 超 えるもの 1.2 以 上 0.8 以 上 第 4-3 表 ( 円 形 ダクト) ダクトの 直 径 板 厚 ( 単 位 mm) ( 単 位 mm) 亜 鉛 鉄 板 ステンレス 鋼 板 750 以 下 0.6 以 上 0.5 以 上 750 を 超 え 1,000 以 下 0.8 以 上 0.6 以 上 1,000 を 超 え 1,250 以 下 1.0 以 上 1,250 を 超 えるもの 1.2 以 上 0.8 以 上 (b) 曲 がりの 数 を 少 なくし 立 下 りをさけ 内 面 をなめらかにすること (c) わん 曲 部 等 の 必 要 な 箇 所 の 側 面 には 一 辺 の 長 さが 300 mm( 断 面 の 側 方 の 一 辺 の 長 さが 1,200 mm 以 上 の 排 気 ダクトに 設 ける 場 合 にあっては 450 mm) 以 上 の 点 検 清 掃 に 必 要 な 点 検 口 を 設 けること なお 点 検 口 は 気 密 性 を 有 し かつ 容 易 に 開 口 しない 構 造 とすること( 別 図 第 4-3 参 照 ) (d) たわみ 継 手 を 設 ける 場 合 は 排 気 ファンに 近 接 する 部 分 に 設 け 長 さは 必 要 最 小 限 とし かつ 建 築 物 のたわみ 継 手 に 面 する 部 分 を 不 燃 材 料 で 覆 うこと (e) 吹 出 口 は 可 燃 性 の 部 分 から 60cm 以 上 離 隔 し かつ 吹 出 方 向 に 可 燃 物 がない 位 置 に 設 けること ただし 可 燃 性 の 部 分 を 金 属 以 外 の 遮 熱 性 を 有 する 不 燃 材 料 で 被 覆 し た 場 合 はこの 限 りでない (f) 支 持 金 具 等 で 堅 固 に 取 り 付 けること (g) 電 気 配 線 は ダクト 内 に 設 けないこと (h) 条 例 第 3 条 の4 第 1 項 第 1 号 ウに 定 める 金 属 以 外 の 不 燃 材 料 で 有 効 に 被 覆 する 部 分 とは ロックウール 保 温 材 (JIS A 9504 によるもの 以 下 ロックウール 保 温 材 という ) 又 はけい 酸 カルシウム 保 温 材 (JIS A 9510 によるもの 以 下 けい 酸 カルシ 43

6 ウム 保 温 材 という ) 若 しくはこれらと 同 等 以 上 の 遮 熱 性 及 び 耐 久 性 を 有 する 不 燃 材 料 で 厚 さ 50 mm 以 上 被 覆 する 部 分 をいう (i) ダクトには 湯 沸 設 備 等 の 排 気 筒 を 接 続 しないこと ただし 次 の 場 合 はこの 限 り でない ア 対 象 機 器 等 a 財 団 法 人 日 本 ガス 機 器 検 査 協 会 ガス 機 器 防 火 性 能 評 定 品 により 厨 房 設 備 に 附 属 する 排 気 可 燃 物 からの 離 隔 距 離 (cm) ダクトに 直 結 する 湯 沸 器 として 上 方 側 方 前 方 後 方 評 定 された 半 密 閉 式 給 湯 湯 沸 設 備 - 以 上 15 以 上 15 以 上 15 以 上 を 排 気 ダクトに 接 続 する 場 合 ダクトに 直 結 して 使 用 することを 条 件 と b 財 団 法 人 日 本 ガス 機 器 検 査 協 会 して 評 定 したものである 財 団 法 人 日 本 ガス 機 器 検 査 協 会 の 排 気 フード 検 査 基 準 に 基 づ 第 図 く 検 査 に 合 格 した 排 気 フードを 使 ガス 機 器 防 火 性 能 評 定 品 の 表 示 用 して 排 気 ダクトと 半 密 閉 式 給 湯 湯 沸 設 備 とを 接 続 する 場 合 ( 平 成 7 年 4 月 1 日 から) ( 平 成 7 年 3 月 31 日 まで) 第 図 日 本 ガス 機 器 検 査 協 会 合 格 ラベル イ 設 置 接 続 方 法 a 排 気 ダクトに 排 気 筒 を 直 結 することについて 評 定 がなされた 半 密 閉 式 ガス 湯 沸 器 ⅰ 同 一 室 内 で 油 脂 を 含 む 蒸 気 を 発 生 させるおそれのある 厨 房 設 備 器 具 と 当 該 給 湯 湯 沸 設 備 を 設 ける 場 合 は 油 脂 等 が 給 湯 湯 沸 設 備 に 流 入 しない 措 置 を 施 す 排 気 ダクト 排 気 フード 厨 房 ダクト 直 結 半 密 閉 式 給 湯 湯 沸 設 備 仕 切 板 取 付 仕 切 板 の 幅 は 湯 沸 器 本 体 の 幅 以 上 とする レンジ 第 図 レンジ 近 傍 に 湯 沸 設 備 を 設 置 した 場 合 の 有 効 な 流 入 防 止 措 置 の 例 図 44

7 ⅱ 前 aの 給 湯 湯 沸 設 備 と 油 脂 を 含 む 蒸 気 を 発 生 させるおそれのある 厨 房 設 備 器 具 とが 排 気 ダクトを 併 用 する 場 合 排 気 ダクトから 給 湯 湯 沸 設 備 本 体 へ 油 脂 等 が 滴 下 しない 措 置 を 施 す 15~20 mm 突 き 出 す フランジ 接 続 等 コーキング 厨 房 ダクト 厨 房 ダクト 15~20 mm 突 き 出 す フランジ 接 続 等 コーキング センターラインより 上 に 厨 房 ダクトに 向 かって 先 下 がり 勾 配 厨 房 ダクト 直 結 半 密 閉 式 給 湯 湯 沸 設 備 第 図 側 面 接 続 の 例 厨 房 ダクト 直 結 半 密 閉 式 給 湯 湯 沸 設 備 第 図 底 面 接 続 の 例 b 排 気 ダクトと 湯 沸 器 の 排 気 筒 を 接 続 できる 排 気 フード ( 既 存 の 建 築 物 に 限 る ) ⅰ 同 一 室 内 で 油 脂 を 含 む 蒸 気 を 発 生 させるおそれのある 厨 房 設 備 器 具 と 当 該 排 気 フードを 設 ける 場 合 は 油 脂 等 がフード 内 に 流 入 しない 措 置 を 施 す メインダクト HPフード 一 般 用 フード 給 湯 器 ガスレンジ フライヤー 等 CF 第 図 ⅱ 前 bの 排 気 フードと 油 脂 を 含 む 蒸 気 を 発 生 させるおそれのある 厨 房 設 備 器 具 とが 排 気 ダクトを 併 用 する 場 合 排 気 ダクトから 当 該 フードへ 油 脂 等 が 滴 下 し ない 措 置 を 施 す ( 第 図 第 図 参 照 ) c グリス 除 去 装 置 (a) グリスフィルターを 使 用 するグリス 除 去 装 置 は 排 気 中 に 含 まれる 油 脂 分 の 75% 以 上 除 去 することができる 性 能 を 有 すること 45

8 (b) グリスエクストラクターは 排 気 中 に 含 まれる 油 脂 分 の 90% 以 上 除 去 することがで きる 性 能 を 有 すること (c) グリスフィルターは 容 易 に 取 りはずして 清 掃 することができる 構 造 とし 清 掃 す る 場 合 に 必 要 な 予 備 品 を 備 えること ただし グリス 除 去 装 置 がリース 等 により 適 正 に 維 持 管 理 がなされている 場 合 は 容 易 に 清 掃 ができる 構 造 として 取 り 扱 って 支 障 ない (d) グリスフィルターは 水 平 面 に 対 し 45 度 以 上 の 傾 斜 を 有 すること (e) グリス 除 去 装 置 は 過 度 に 温 度 上 昇 して 性 能 が 損 なわれることのない 位 置 に 設 ける こと (f) グリス 除 去 装 置 とこんろ 等 の 火 源 との 距 離 は 次 によること ただし 火 源 が 露 出 せ ず 自 動 温 度 調 節 装 置 及 び 過 熱 防 止 装 置 が 設 けられており 油 温 熱 板 温 度 等 が 発 火 危 険 に 至 らない 構 造 の 設 備 に 設 けるものにあっては これによらないことができる ア グリスフィルターにあっては 1m(ブロイラー( 食 肉 等 を 放 射 熱 で 焼 く 密 閉 型 の 焼 物 器 をいう ) 等 に 設 けるものにあっては 1.2m) 以 上 ただし グリスフィル ターより 15cm 以 内 の 部 分 にバッフル 板 を 取 り 付 ける 場 合 は バッフル 板 にそった 距 離 を 含 めることができるものとする イ グリスエクストラクターにあっては 45cm 以 上 ウ グリス 除 去 装 置 は 油 脂 分 が 火 源 及 び 作 業 面 下 に 滴 下 しない 構 造 とすること エ グリス 回 収 容 器 は 火 源 の 直 上 に 設 けないこと (g) 第 4-4 図 に 示 す( 社 ) 日 本 厨 房 工 業 会 の 認 定 ラベルがちょう 付 されている 油 脂 除 去 装 置 については 前 (a) 及 び(b)に 適 合 しているとして 取 り 扱 って 支 障 ないものであ ること なお グリスセパレーターと 火 源 との 保 有 距 離 は 1m 以 上 とすること 1.5cm 認 定 年 西 暦 の 下 2 桁 cm 油 脂 除 去 装 置 の 種 類 001 グリスエクストラクター 002 グリスフィルター 003 グリスセパレーター 製 品 番 号 下 2 桁 認 定 者 番 号 上 2 桁 第 4-4 図 日 本 厨 房 工 業 会 の 認 定 ラベル d 火 炎 伝 送 防 止 装 置 (a) 油 脂 を 発 生 するおそれのある 設 備 の 排 気 ダクトに 当 該 設 備 以 外 の 厨 房 設 備 器 具 の 46

9 排 気 ダクトを 接 続 する 場 合 で 火 炎 が 伝 送 するおそれのあるものにあっては 火 炎 伝 送 防 止 装 置 を 設 けること (b) 条 例 第 3 条 の4 第 1 項 第 2 号 エの 自 動 消 火 装 置 は 第 3 章. 第 2 節. 第 24 フード 等 用 簡 易 自 動 消 火 装 置 適 合 品 又 はこれと 同 等 の 性 能 を 有 するものとする (c) 条 例 第 3 条 の4 第 1 項 第 2 号 ウの 排 気 ダクトの 長 さ 若 しくは 当 該 厨 房 設 備 の 入 力 及 び 使 用 状 況 から 判 断 して 火 災 予 防 上 支 障 がないと 認 められるもの とは 次 による こと ア 排 気 ダクトの 長 さから 判 断 して 火 災 予 防 上 支 障 ないと 認 められるもの とは 次 のいずれかに 該 当 する 場 合 をいうものであること( 燃 焼 設 備 から5m 以 内 にファ ン 停 止 用 スイッチを 設 け その 旨 表 示 されているものに 限 る ) a 厨 房 室 から 直 接 屋 外 に 出 る 水 平 部 分 の 長 さ4m 以 下 のダクトで 厨 房 室 内 の 開 放 された 場 所 に 設 置 されているもの b 耐 火 構 造 の 共 用 排 気 ダクトに 接 続 されている 水 平 部 分 の 長 さが2m 以 下 のダク トで 厨 房 室 内 の 開 放 された 場 所 に 設 置 されているもの イ 当 該 厨 房 設 備 の 入 力 及 び 使 用 状 況 から 判 断 して 火 災 予 防 上 支 障 がないと 認 めら れるもの とは 当 該 厨 房 設 備 の 入 力 が 21kW 以 下 であって かつ 当 該 厨 房 設 備 の 使 用 頻 度 が 業 務 用 の 厨 房 設 備 と 比 較 して 低 い 場 合 をいうものであり 共 同 住 宅 等 で 使 用 されている 厨 房 設 備 をいうものであること (d) 条 例 第 3 条 の4 第 1 項 第 2 号 ウの 規 定 に 基 づき 火 炎 伝 送 防 止 装 置 として 防 火 ダン パーを 用 いる 場 合 は 次 によること ア グリス 除 去 装 置 に 近 接 する 部 分 に 設 けるとともに 防 火 ダンパーの 点 検 清 掃 に 必 要 な 点 検 口 ( 容 易 に 点 検 清 掃 できる 構 造 のものを 除 く )を 設 けること イ 火 炎 等 により 温 度 が 上 昇 した 場 合 自 動 的 に 閉 鎖 する 構 造 とし 自 動 閉 鎖 の 作 動 温 度 設 定 値 は 周 囲 温 度 を 配 慮 し 誤 作 動 しない 範 囲 でできる 限 り 低 い 値 とするこ と ウ 作 動 した 場 合 自 動 的 に 排 気 ファンが 停 止 する 構 造 とすること ただし 当 該 燃 焼 設 備 から 歩 行 距 離 5m 以 内 にファン 停 止 用 スイッチを 設 け かつ その 旨 表 示 さ れている 場 合 はこの 限 りでない (e) 条 例 第 3 条 の4 第 1 項 第 2 号 エの 規 定 に 基 づき 次 に 掲 げる 厨 房 設 備 の 火 炎 伝 送 防 止 装 置 は 簡 易 自 動 消 火 装 置 とすること ア 特 定 防 火 対 象 物 の 地 階 部 分 に 設 ける 入 力 の 合 計 が 350kW 以 上 の 厨 房 設 備 イ 高 さ 31mを 超 える 建 築 物 に 設 ける 入 力 の 合 計 が 350kW 以 上 の 厨 房 設 備 なお 上 記 以 外 の 特 定 防 火 対 象 物 に 設 ける 入 力 の 合 計 が 350kW 以 上 の 厨 房 設 備 の 火 炎 伝 送 防 止 装 置 は 努 めて 簡 易 自 動 消 火 装 置 とするよう 指 導 すること イ 共 同 住 宅 等 の 厨 房 設 備 に 附 属 する 天 蓋 及 び 排 気 ダクト 条 例 第 3 条 の4 第 1 項 第 1 号 ア 及 び 第 2 号 イの ただし 当 該 厨 房 設 備 の 入 力 及 び 使 用 状 況 から 判 断 して 火 災 予 防 上 支 障 がないと 認 められるも とは 当 該 厨 房 設 備 の 入 力 が 21kW 以 下 であって かつ 当 該 厨 房 設 備 の 使 用 頻 度 が 業 務 用 の 厨 房 設 備 と 比 較 して 低 い 場 合 をい 47

10 い 共 同 住 宅 等 で 使 用 されている 厨 房 設 備 をいうものである 当 該 設 備 に 附 属 する 天 蓋 及 び 排 気 ダクトについては 次 によること なお 特 定 の 安 全 性 を 備 えた 調 理 油 過 熱 防 止 装 置 付 こんろ 等 については 別 記 資 料 2によ ること (ア) 材 料 a 天 蓋 は ステンレス 鋼 板 又 は 亜 鉛 鉄 板 若 しくはこれと 同 等 以 上 の 強 度 及 び 耐 熱 性 耐 食 性 を 有 する 不 燃 材 料 を 使 用 すること ただし レンジフードファンにあっては これ によらないことができる b 排 気 ダクトは ステンレス 鋼 板 又 は 亜 鉛 鉄 板 若 しくはこれと 同 等 以 上 の 強 度 及 び 耐 熱 性 耐 食 性 を 有 する 不 燃 材 料 を 使 用 すること c たわみ 継 手 は ロックウール シリカ 繊 維 等 の 無 機 繊 維 を 基 材 とした 耐 熱 性 を 有 する 不 燃 材 料 を 使 用 すること d グリスフィルターは 金 属 製 のものを 使 用 すること (イ) 構 造 及 び 設 置 要 領 構 造 及 び 設 置 要 領 は 条 例 第 3 条 の4の 規 定 によるほか 次 によること a 天 蓋 (a) 板 厚 は 第 4-4 表 によること ただし レンジフードファンにあっては これによ らないことができる 第 4-4 表 天 蓋 長 辺 板 厚 ( 単 位 mm) ( 単 位 mm) 亜 鉛 鉄 板 ステンレス 鋼 板 800 以 下 0.6 以 上 0.5 以 上 800 を 超 え 1,200 以 下 0.8 以 上 0.6 以 上 1,200 を 超 え 1,800 以 下 1.0 以 上 0.8 以 上 1,800 を 超 えるもの 1.2 以 上 1.0 以 上 (b) 板 の 継 目 は 気 密 性 を 有 すること (c) 幅 及 び 奥 行 きは 火 を 使 用 する 設 備 の 幅 及 び 奥 行 きの 寸 法 以 上 とすること( 別 図 第 4-4 参 照 ) (d) グリスフィルターを 容 易 に 着 脱 できる 構 造 とすること (e) 条 例 第 3 条 の4 第 1 項 第 1 号 ウに 定 める 天 蓋 と 可 燃 性 の 部 分 との 離 隔 距 離 について は 次 によること ア 天 蓋 の 側 方 にあっては 可 燃 性 の 部 分 を 厚 さ 9 mm 以 上 の 遮 熱 性 を 有 する 不 燃 材 料 で 被 覆 した 場 合 は 10cm 未 満 とすることができる イ 天 蓋 の 上 方 にあっては 可 燃 性 の 部 分 を 厚 さ 5 mm(9 mm) 以 上 の 遮 熱 性 を 有 する 不 燃 材 料 で 被 覆 した 場 合 は 20 mm(10 mm) 以 上 とすることができる( 別 図 第 4-4 参 照 ) (f) 支 持 金 具 等 により 堅 固 に 取 り 付 けること (g) 照 明 設 備 を 固 定 させないこと (レンジフードファンを 除 く )ただし 次 の 事 項 が 48

11 講 じられている 場 合 は この 限 りでない ア 照 明 設 備 は 耐 熱 性 のもので 油 脂 蒸 気 等 の 防 護 措 置 が 施 されていること イ 衝 撃 を 受 けるおそれのある 部 分 の 照 明 設 備 は 金 網 等 で 防 護 すること ウ 熱 の 影 響 を 受 けるおそれのある 部 分 の 電 気 配 線 は 耐 熱 性 を 有 する 電 線 (けい 素 ゴム 絶 縁 ガラス 編 組 電 線 又 はふっ 素 樹 脂 電 線 若 しくはこれと 同 等 以 上 の 耐 熱 性 を 有 するもの)を 使 用 すること b 排 気 ダクト (a) 板 厚 は 第 4-5 表 4-6 表 によること 第 4-5 表 ( 角 形 ダクト) ダクトの 長 辺 板 厚 ( 単 位 mm) ( 単 位 mm) 亜 鉛 鉄 板 ステンレス 鋼 板 300 以 下 0.5 以 上 300 を 超 え 450 以 下 0.6 以 上 0.5 以 上 450 を 超 え 1,200 以 下 0.8 以 上 0.6 以 上 1,200 を 超 え 1,800 以 下 1.0 以 上 1,800 を 超 えるもの 1.2 以 上 0.8 以 上 第 4-6 表 ( 円 形 ダクト) ダクトの 長 辺 板 厚 ( 単 位 mm) ( 単 位 mm) 亜 鉛 鉄 板 ステンレス 鋼 板 300 以 下 0.5 以 上 300 を 超 え 750 以 下 0.6 以 上 0.5 以 上 750 を 超 え 1,000 以 下 0.8 以 上 0.6 以 上 1,000 を 超 え 1,250 以 下 1.0 以 上 1,250 を 超 えるもの 1.2 以 上 0.8 以 上 (b) 曲 がりの 数 を 少 なくし 立 下 りをさけ 内 面 をなめらかにすること (c) たわみ 継 手 を 設 ける 場 合 は 排 気 ファンに 近 接 する 部 分 に 設 け 長 さは 必 要 最 小 限 とし かつ 建 築 物 のたわみ 継 手 に 面 する 部 分 を 不 燃 材 料 で 覆 うこと (d) 吹 出 口 は 可 燃 性 の 部 分 から 60cm 以 上 離 隔 し かつ 吹 出 方 向 に 可 燃 物 がない 位 置 に 設 けること ただし 可 燃 性 の 部 分 を 金 属 以 外 の 遮 熱 性 を 有 する 不 燃 材 料 で 被 覆 し た 場 合 は この 限 りでない (e) 支 持 金 具 等 で 堅 固 に 取 り 付 けること (f) 条 例 第 3 条 の4 第 1 項 第 1 号 ウに 定 める 金 属 以 外 の 不 燃 材 料 で 有 効 に 被 覆 する 部 分 とは 可 燃 性 の 部 分 を 厚 さ5mm 以 上 の 不 燃 材 料 で 被 覆 し( 隠 ぺい 部 分 は 除 く )50 mm 以 上 とする 部 分 並 びに 排 気 ダクトにロックウール 保 温 材 グラスウール 保 温 材 (JIS A 9504 によるもの) 若 しくはけい 酸 カルシウム 保 温 材 又 はこれと 同 等 以 上 の 遮 熱 性 及 び 耐 久 性 を 有 する 不 燃 材 料 で 厚 さ 50 mm 以 上 被 覆 する 部 分 をいう (g) ダクトには 湯 沸 設 備 等 の 排 気 筒 を 接 続 しないこと(ただし 前 ア.(イ).b.(i) 49

12 に 適 合 する 設 備 にあってはこの 限 りでない ) c グリス 除 去 措 置 (a) 火 源 から1m 以 上 離 隔 して 設 置 すること ただし レンジフードファンにあっては 80cm 以 上 とすることができる( 別 図 第 4-4 参 照 ) (b) グリスフィルターは 容 易 に 清 掃 することができる 構 造 とすること 別 図 第 4-1 天 蓋 の 構 造 その1 A-A 断 面 図 B-B 断 面 図 その2 A-A 断 面 図 B-B 断 面 図 50

13 別 図 第 4-2 天 蓋 の 構 造 その1 化 粧 板 を 取 付 ける 場 合 は 不 燃 材 料 を 使 用 する 9mm 以 上 の 不 燃 材 料 51

14 その2 9mm 以 上 の 不 燃 材 料 52

15 その3 53

16 別 図 4-3 排 気 ダクトの 点 検 口 平 面 図 54

17 別 図 4-4レンジフードファンの 設 置 例 その1 その2 55

18 別 記 資 料 1 下 方 排 気 方 式 によるガス 焼 肉 等 用 機 器 ( 業 務 用 )の 設 置 に 係 る 技 術 基 準 の 運 用 第 1 用 語 の 定 義 1 下 方 排 気 方 式 とは 排 気 が 上 方 に 拡 張 する 前 に 排 気 を 排 気 取 入 口 から 下 方 に 強 制 的 に 引 き 込 み 床 下 やカウンターの 下 等 に 敷 設 するダクトを 通 して 排 気 する 方 式 のものをいう 2 下 方 排 気 方 式 の 排 気 ダクトとは 下 方 排 気 方 式 において 使 用 される 排 気 ダクトをいう 3 下 方 排 気 方 式 による 機 器 ( 以 下 下 方 排 気 方 式 機 器 という )とは 下 方 排 気 方 式 において 使 用 される 厨 房 設 備 で 当 該 設 備 の 一 部 に 排 気 取 入 口 を 有 し かつ 下 方 排 気 方 式 のダクトと 接 続 して 使 用 されるもの( 当 該 排 気 ダクトについて 以 下 下 方 排 気 方 式 ダクト という ) をいう 4 下 方 排 気 方 式 によるガス 焼 肉 等 用 機 器 ( 業 務 用 )とは 気 体 燃 料 を 使 用 する 下 方 排 気 方 式 機 器 で 油 脂 蒸 気 を 発 生 するおそれのあるもののうち 肉 等 を 焼 き 網 その 他 にこれに 類 するものの 上 で 焼 く 厨 房 設 備 ( 業 務 用 )をいい( 以 下 下 方 排 気 方 式 ガス 焼 肉 等 用 機 器 という ) 固 体 燃 料 を 併 用 する 機 器 を 含 まない 第 2 適 用 範 囲 本 運 用 は 第 1.4で 規 定 する 下 方 排 気 方 式 ガス 焼 肉 等 用 機 器 の 設 置 に 係 る 事 項 について 適 用 する 第 3 条 例 上 の 運 用 条 例 第 3 条 の4によるほか 次 によること 1 グリス 除 去 装 置 の 取 扱 い 下 方 排 気 方 式 ガス 焼 肉 等 用 機 器 の 本 体 構 造 に 次 に 掲 げる 安 全 装 置 が 施 されているものを 条 例 第 3 条 の4 第 1 項 第 2 号 アで 定 めるグリス 除 去 装 置 に 適 合 しているものとして 取 り 扱 うもの であること ( 別 図 1 参 照 ) (1) 下 方 排 気 ダクト 内 への 油 脂 除 去 装 置 ア 機 器 本 体 ( 機 器 本 体 内 のフィルター 等 を 含 む )で 75% 以 上 の 油 脂 を 除 去 できること イ 下 方 排 気 方 式 ダクト 内 に 油 脂 が 侵 入 しにくい 構 造 であること (2) 点 検 清 掃 の 容 易 性 機 器 本 体 内 に 溜 まった 油 脂 等 を 容 易 に 点 検 清 掃 ができる 構 造 であること 2 下 方 排 気 方 式 ガス 焼 肉 等 用 機 器 の 安 全 装 置 下 方 排 気 方 式 ガス 焼 肉 等 用 機 器 の 本 体 構 造 に 次 に 掲 げる 安 全 装 置 が 施 されているものであ ること( 別 図 2 参 照 ) (1) 排 気 取 入 口 の 肉 片 等 の 侵 入 防 止 装 置 ア 焼 き 面 と 排 気 取 入 口 下 端 とは 25mm 以 上 の 段 差 を 有 すること イ 排 気 取 入 口 には スリット 等 ( 直 径 が 15mm で 長 さが 30mm の 円 柱 棒 が 入 らないもの)が 56

19 設 けられ 肉 片 等 が 侵 入 しにくい 構 造 であること (2) 焼 き 面 下 部 の 水 槽 焼 き 面 下 部 に 400cm³ 以 上 の 水 を 蓄 えられる 水 槽 を 有 すること (3) 下 方 排 気 方 式 ダクト 内 への 肉 片 等 の 侵 入 防 止 措 置 下 方 排 気 方 式 ダクト 内 への 肉 片 等 の 侵 入 を 防 止 する 構 造 であること (4) 燃 焼 廃 ガスの 温 度 燃 焼 廃 ガスの 温 度 は 機 器 出 口 ( 下 方 排 気 方 式 ダクト 入 口 )で 80 以 下 であること( 基 準 周 囲 温 度 は 35 とする ) (5) 警 報 装 置 ガス 遮 断 装 置 燃 焼 廃 ガスの 温 度 が 異 常 に 上 昇 した 場 合 に 警 報 を 発 し かつ ガスを 遮 断 する 装 置 を 有 す ること (6) 点 検 清 掃 の 容 易 性 上 記 (1)から(5)までの 措 置 を 容 易 に 点 検 清 掃 ができる 構 造 であること 3 下 方 排 気 方 式 ダクトの 取 扱 い 下 方 排 気 方 式 ダクトについては 次 の(1)から(4)までの 事 項 以 外 は 第 4 章. 第 2 節. 第 4. 2.(3).ア 業 務 用 厨 房 設 備 に 付 属 する 天 蓋 及 び 排 気 ダクト ( 以 下 業 務 用 厨 房 基 準 とい う )の 中 の 排 気 ダクトに 係 る 基 準 ( 以 下 排 気 ダクト 基 準 という )を 準 用 する (1) 排 気 ダクト 基 準 ( 板 厚 ) 板 厚 は 次 表 によること 角 型 ダクトの 場 合 ダクトの 長 辺 板 厚 ( 単 位 mm) ( 単 位 mm) 亜 鉛 鉄 板 ステンレス 鋼 板 450 以 下 0.6 以 上 0.5 以 上 450 を 超 え 1,200 以 下 0.8 以 上 0.6 以 上 1,200 を 超 え 1,800 以 下 1.0 以 上 0.8 以 上 1,800 をこえるもの 1.2 以 上 円 形 ダクトの 場 合 ダクトの 直 径 板 厚 ( 単 位 mm) ( 単 位 mm) 亜 鉛 鉄 板 ステンレス 鋼 板 750 以 下 0.6 以 上 0.5 以 上 750 を 超 え 1,000 以 下 0.8 以 上 0.6 以 上 1,000 を 超 え 1,250 以 下 1.0 以 上 1,250 をこえるもの 1.2 以 上 0.8 以 上 (2) 排 気 ダクト 基 準 ( 排 気 の 容 易 性 ) 曲 がりの 数 を 少 なくし 下 方 排 気 方 式 ガス 焼 肉 等 用 機 器 との 接 続 部 分 以 外 の 立 下 がりは 避 け 内 面 をなめらかにすること (3) 排 気 ダクト 基 準 ( 点 検 口 の 設 置 ) わん 曲 部 等 の 必 要 な 箇 所 (ダクト 部 分 及 びダクトを 覆 う 部 分 )には 点 検 清 掃 に 必 要 な 57

20 点 検 口 を 設 けること なお 点 検 口 (ダクト 部 分 )は 気 密 性 を 有 し かつ 容 易 に 開 口 しない 構 造 とすること (4) 下 方 排 気 方 式 ガス 焼 肉 等 用 機 器 と 下 方 排 気 方 式 ダクトとの 接 続 部 下 方 排 気 方 式 ガス 焼 肉 等 用 機 器 と 下 方 排 気 方 式 ダクトとの 接 続 部 は 気 密 性 を 有 すること 4 火 炎 伝 送 防 止 装 置 の 取 扱 い 火 炎 伝 送 防 止 装 置 については 次 の(1) 及 び(2)の 事 項 以 外 は 業 務 用 厨 房 基 準 の 中 の 火 炎 伝 送 防 止 装 置 に 係 る 基 準 ( 以 下 火 炎 伝 送 防 止 装 置 基 準 という )を 準 用 する (1) 火 炎 伝 送 防 止 装 置 基 準 (フード 等 用 簡 易 自 動 消 火 装 置 の 適 用 ) 火 炎 伝 送 防 止 装 置 の 性 能 を 有 するものとして フード 等 用 簡 易 自 動 消 火 装 置 を 用 いる 場 合 は 下 引 ダクト 用 簡 易 自 動 消 火 装 置 とすること ただし フード ダクト 用 簡 易 自 動 消 火 装 置 を 用 いて 下 方 排 気 方 式 ガス 焼 肉 等 用 機 器 内 部 及 びこれに 接 続 する 下 方 排 気 方 式 ダクト 内 部 を 有 効 に 消 火 できる 場 合 は この 限 りでない (2) 火 炎 伝 送 防 止 装 置 基 準 ( 防 火 ダンパーの 構 造 等 ) 火 炎 伝 送 防 止 装 置 として 防 火 ダンパーを 設 ける 場 合 は 次 によること ア 下 方 排 気 方 式 ダクトの 排 気 取 入 口 に 設 ける(1.(1)で 規 定 する 下 方 排 気 方 式 ガス 機 器 本 体 の 下 方 排 気 方 式 ダクト 内 への 油 脂 除 去 措 置 性 能 の 算 定 外 のダクト 側 直 近 )とともに 防 火 ダンパーの 点 検 清 掃 に 必 要 な 点 検 口 ( 容 易 に 点 検 清 掃 ができる 構 造 のものを 除 く ) を 設 けること イ 火 災 等 により 温 度 が 上 昇 した 場 合 自 動 的 に 閉 鎖 する 構 造 とし 自 動 閉 鎖 の 作 動 温 度 設 定 値 は 周 囲 温 度 を 配 慮 し 誤 作 動 しない 範 囲 でできる 限 り 低 い 値 とすること ウ 作 動 した 場 合 自 動 的 に 排 気 ファンが 停 止 する 構 造 とすること ただし 当 該 燃 焼 設 備 から 歩 行 距 離 5m 以 内 にファン 停 止 用 スイッチを 設 け かつ その 旨 の 表 示 がされている 場 合 はこの 限 りではない 5 下 方 排 気 方 式 ガス 焼 肉 等 用 機 器 本 体 の 性 能 確 認 方 法 等 ( 財 ) 日 本 ガス 機 器 検 査 協 会 ラベル( 別 図 3 参 照 )がちょう 付 けされている 下 方 排 気 方 式 ガス 焼 肉 等 用 機 器 については 第 3.1 及 び 第 3.2で 規 定 する 安 全 措 置 が 施 されているものと 同 等 の 性 能 を 有 するものとして 取 り 扱 って 差 し 支 えないものであること 別 図 3 財 団 法 人 日 本 ガス 機 器 検 査 協 会 検 査 合 格 品 ラベル 58

21 別 図 1 下 方 排 気 方 式 ガス 焼 肉 等 用 機 器 の 下 方 排 気 方 式 ダクト 内 への 油 脂 除 去 装 置 ( 概 略 図 ) 焼 き 網 テーブル 機 器 フィルター 油 止 め 排 気 ダクト 内 に 油 脂 が 侵 入 しにくい 構 造 防 火 ダンバー 床 面 排 気 ダクト 点 検 掃 除 用 の 扉 機 器 上 部 のバーナー 水 槽 等 は 取 り 外 し 容 易 容 易 に 点 検 清 掃 ができる 構 造 75% 以 上 の 油 脂 を 除 去 する 範 囲 別 図 2 下 方 排 気 方 式 ガス 焼 肉 等 用 機 器 の 安 全 装 置 ( 概 略 図 ) 焼 き 網 焼 き 面 と 排 気 取 入 口 との 段 差 (25 mm 以 上 ) テーブル スリット 等 ガス 遮 断 装 置 警 報 装 置 温 度 感 知 器 水 槽 (400cc 以 上 ) φ15 l30 mmの 円 柱 棒 が 入 らないもの フィルター 排 気 ダクト 内 への 肉 片 等 の 侵 入 防 止 措 置 と 油 脂 除 去 措 置 を 兼 用 燃 焼 廃 ガスの 温 度 は 80 以 下 床 面 防 火 ダンパー 点 検 掃 除 用 の 扉 機 器 上 部 のバーナー 水 槽 等 は 取 外 し 容 易 容 易 に 点 検 清 掃 ができる 構 造 排 気 ダクト 59

22 別 記 資 料 2 特 定 安 全 性 を 備 えた 調 理 油 過 熱 防 止 装 置 付 こんろ 等 の 設 置 基 準 ( 共 同 住 宅 等 用 )の 運 用 について 1 趣 旨 共 同 住 宅 等 で 使 用 される 厨 房 設 備 調 理 用 器 具 のうち 揚 げ 物 火 災 に 対 して 特 定 の 安 全 性 を 備 えた ものについて その 安 全 性 に 見 合 った 当 該 設 備 器 具 の 上 方 における 可 燃 物 等 との 離 隔 距 離 基 準 及 び 排 気 ダクトの 排 気 取 入 口 と 火 源 との 火 災 予 防 上 安 全 な 距 離 基 準 の 運 用 を 定 めることにより 共 同 住 宅 等 における 揚 げ 物 火 災 の 実 質 的 な 低 減 をねらいとし 住 宅 における 防 火 安 全 対 策 を 推 進 するもの である 2 用 語 の 定 義 (1) 調 理 油 過 熱 防 止 装 置 とは 調 理 油 の 温 度 が 過 度 に 上 昇 した 場 合 に 自 動 的 に 燃 焼 又 は 熱 源 を 停 止 するもので 停 止 した 場 合 に 自 動 復 帰 しない 装 置 をいう (2) 調 理 油 の 温 度 が 過 度 に 上 昇 した 場 合 とは 調 理 油 の 温 度 が 300 近 くに 上 昇 した 場 合 をいう (3) 特 定 調 理 油 過 熱 防 止 装 置 とは 調 理 油 過 熱 防 止 装 置 のうち 次 の 各 号 に 適 合 するものをいう ア 調 理 油 量 200mL 以 上 で かつ 調 理 油 温 度 が 300 を 超 えない 範 囲 において 燃 焼 又 は 熱 源 を 停 止 する 機 能 を 有 すること イ 調 理 油 過 熱 防 止 装 置 の 感 熱 部 に 損 傷 等 の 異 常 が 生 じた 場 合 にも 安 全 性 が 損 なわれないこと ウ 調 理 油 過 熱 防 止 装 置 の 機 能 を 解 除 できないこと (4) 共 同 住 宅 等 とは 戸 建 て 専 用 住 宅 共 同 住 宅 長 屋 店 舗 併 用 住 宅 の 住 宅 部 分 等 の 用 途 に 供 されるもので 営 業 用 及 び 一 般 事 業 所 の 従 業 員 食 堂 学 校 病 院 の 給 食 用 等 の 用 途 以 外 のもの をいう 3 本 基 準 が 適 用 される 厨 房 設 備 調 理 用 器 具 本 設 置 基 準 が 適 用 される 揚 げ 物 調 理 をする 厨 房 設 備 調 理 用 器 具 は 共 同 住 宅 等 で 使 用 される こんろ 等 (JIS 又 は 火 災 予 防 上 これと 同 等 以 上 の 基 準 に 適 合 したもの)のうち 次 の 各 号 に 適 合 す るものとする( 以 下 適 用 こんろ 等 という ) (1) 特 定 調 理 油 過 熱 防 止 装 置 すべてのこんろバーナー 又 は 発 熱 体 等 の 部 分 に 特 定 調 理 油 過 熱 防 止 装 置 が 設 けられている こと (2) 特 定 調 理 油 過 熱 防 止 装 置 が 作 動 するモード( 以 下 揚 げ 物 調 理 モード という )より 高 温 の 調 理 モードに 設 定 できるものにあっては 揚 げ 物 調 理 モードより 高 温 の 調 理 モードに 設 定 する 場 合 において 使 用 者 の 明 確 な 意 識 なしに 設 定 できないこと (3) 立 消 え 安 全 装 置 すべてのこんろバーナーに 立 消 え 安 全 装 置 が 装 着 されていること( 電 気 を 熱 源 とするもの を 除 く ) (4) 取 扱 い 説 明 書 調 理 油 量 鍋 材 質 その 他 使 用 上 の 注 意 事 項 が 取 扱 い 説 明 書 に 記 載 されていること 60

23 (5) 適 用 こんろ 等 の 表 示 適 用 こんろ 等 については 適 用 コンロ 等 の 本 体 の 見 やすい 位 置 に 別 図 1の 表 示 がなされてい ること 4 適 用 建 築 物 等 適 用 建 築 物 は 共 同 住 宅 等 の 用 途 に 供 する 建 築 物 とし かつ 各 住 戸 において 単 独 排 気 方 式 に よるものとする 5 設 置 要 領 ( 別 図 2 参 照 ) (1) 上 方 の 可 燃 物 等 との 離 隔 距 離 条 例 第 3 条 の4 及 び 条 例 第 21 条 で 規 定 する 気 体 燃 料 を 使 用 する 適 用 こんろ 等 ( 以 下 適 用 ガ スこんろ 等 という )については 条 例 別 表 第 3における 上 方 離 隔 距 離 100cm 以 上 80cm 以 上 を 条 例 第 3 条 第 1 項 第 1 号 イを 適 用 してそれぞれ 80cm 以 上 60cm 以 上 とすることができる また 条 例 第 3 条 の4 及 び 条 例 第 22 条 で 規 定 する 電 気 を 熱 源 とする 適 用 こんろ 等 ( 以 下 適 用 電 気 こんろ 等 という )についても 条 例 別 表 第 3における 上 方 離 隔 距 離 100cm 以 上 80cm 以 上 を 条 例 第 3 条 第 1 項 第 1 号 イを 適 用 してそれぞれ 80cm 以 上 60cm 以 上 とすることができる (2) 排 気 ダクト 排 気 取 入 口 (グリス 除 去 装 置 )と 火 源 との 火 災 予 防 上 安 全 な 距 離 適 用 こんろ 等 にあっては 排 気 ダクトの 排 気 取 入 口 (グリス 除 去 装 置 )は 適 用 こんろ 等 の 火 源 から 80cm 以 上 保 有 して 設 置 すること ただし レンジフードファンにあっては 60cm 以 上 とすることができる (3) その 他 前 (1) 及 び(2)に 係 る 事 項 以 外 については 現 行 基 準 を 適 用 すること 6 運 用 上 の 留 意 事 項 別 図 1に 示 すガス 機 器 防 火 性 能 評 定 ラベルがちょう 付 けされているガスこんろ 等 にあっては 適 用 ガスこんろ 等 として 取 り 扱 って 差 し 支 えないものであること 61

24 別 図 1 ガス 機 器 防 火 性 能 評 定 ラベル( 例 ) 15 以 上 グリスフ ィルター 60 以 上 金 属 以 外 の 不 燃 材 料 (3mm 以 上 ) 15 以 上 財 団 法 人 日 本 ガス 機 器 検 査 協 会 別 図 2 現 行 運 用 ( 適 用 こんろ 等 以 外 のもの) 80cm 以 上 防 熱 板 がない 場 合 は 100cm 以 上 不 燃 材 料 (5mm 以 上 ) ( 注 )レンジフード 15cm 以 上 80cm 以 上 レンジフードファン 以 外 の 場 合 は 100cm 以 上 不 燃 材 料 (9mm 以 上 ) 不 燃 材 料 (3mm 以 上 ) 不 燃 材 料 は 金 属 以 外 のものとする 60cm 以 上 防 熱 板 がない 場 合 は 80cm 以 上 新 運 用 ( 適 用 こんろ 等 ) 各 住 戸 において 単 独 排 気 方 式 によるものとす る 不 燃 材 料 (5mm 以 上 ) レンジフード 15cm 以 上 60cm 以 上 レンジフードファ ン 以 外 の 場 合 は 80cm 以 上 不 燃 材 料 (9 mm 以 上 ) 不 燃 材 料 (3mm 以 上 ) ( 特 定 調 理 油 過 熱 防 止 装 置 無 ) ( 特 定 調 理 油 過 熱 防 止 装 置 付 ) 62

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日 別 記 様 式 1-11 給 排 水 区 分 概 要 給 水 源 水 道 水 井 水 排 水 再 利 用 水 ( ) 給 水 方 式 直 結 方 式 直 結 増 圧 方 式 受 水 タンク 方 式 ( 受 水 タンク 高 置 タンク) 受 水 タンク 置 場 所 地 下 室 内 (B F) 地 上 階 室 内 ( F) 屋 外 排 水 方 法 公 共 下 水 道 合 併 処 理 浄 化 槽 ( 放

More information

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設 1 建 築 設 備 第 1 条 の3 第 4 項 ( 建 築 物 の 計 画 に 建 築 設 備 が 含 まれる 場 合 の 確 認 申 請 ) 表 1 い 法 第 28 条 第 2 項 から 第 4 項 までの 規 定 が 適 用 され る 換 気 設 備 ( 居 室 の 採 光 及 び 換 気 ) 換 気 設 備 の 使 用 材 料 2 法 第 28 条 の2 第 3 号 の 規 定 が 適 用

More information

Microsoft Word - h4ki26.htm

Microsoft Word - h4ki26.htm 消 防 危 第 26 号 平 成 4 年 3 月 25 日 各 都 道 府 県 消 防 主 管 部 長 殿 消 防 庁 危 険 物 規 制 課 長 内 燃 機 関 を 原 動 機 とする 加 圧 送 水 装 置 の 構 造 及 び 性 能 の 基 準 について( 通 知 ) 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 第 20 条 の 規 定 に 基 づき 製 造 所 等 に 設 ける 消 火 設

More information

公共建築設備数量積算基準 平成15年版

公共建築設備数量積算基準 平成15年版 公 共 建 築 設 備 数 量 積 算 基 準 平 成 15 年 版 平 成 15 年 3 月 31 日 国 営 計 第 196 号 この 基 準 は 国 土 交 通 省 官 庁 営 繕 部 及 び 地 方 整 備 局 等 営 繕 部 が 官 庁 施 設 の 営 繕 を 実 施 するための 基 準 として 制 定 したものです また この 基 準 は 官 庁 営 繕 関 係 基 準 類 等 の 統

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

目 次. 法 第 2 条 関 係 Page 1. 建 築 物 としての 取 扱 い 1 2. 立 体 駐 車 場 の 建 築 物 としての 取 扱 い 2 3. ラック 式 倉 庫 の 建 築 物 としての 取 扱 い 3 4. 駅 舎 の 取 扱 い 6 5. 建 築 物 の 用 途 の 取 扱

目 次. 法 第 2 条 関 係 Page 1. 建 築 物 としての 取 扱 い 1 2. 立 体 駐 車 場 の 建 築 物 としての 取 扱 い 2 3. ラック 式 倉 庫 の 建 築 物 としての 取 扱 い 3 4. 駅 舎 の 取 扱 い 6 5. 建 築 物 の 用 途 の 取 扱 平 成 27 年 度 版 目 次. 法 第 2 条 関 係 Page 1. 建 築 物 としての 取 扱 い 1 2. 立 体 駐 車 場 の 建 築 物 としての 取 扱 い 2 3. ラック 式 倉 庫 の 建 築 物 としての 取 扱 い 3 4. 駅 舎 の 取 扱 い 6 5. 建 築 物 の 用 途 の 取 扱 い(1) 7 6. 建 築 物 の 用 途 の 取 扱 い(2) 8 7.

More information

鉄について

鉄について 1 煙 突 の 重 要 性 焙 煎 機 の 煙 突 に つ い て 焙 煎 機 の 導 入 計 画 がある 店 舗 において まず 優 先 的 に 検 討 しなければならな いのが 立 地 条 件 や 広 さなどの 他 に 煙 突 の 設 置 が 出 来 るかどうかの 確 認 です 電 気 式 クリーナーやアフターバーナーのような 消 煙 装 置 を 設 ける 場 合 でも 換 気 や 焙 煎 機

More information

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文)

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文) 消 防 法 等 施 行 細 則 昭 和 48 年 7 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 50 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 昭 和 55 年 5 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 昭 和 59 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 平 成 2 年 5 月 23 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 平 成 4

More information

いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請

いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請 国 住 政 第 116 号 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 建 築 士 会 連 合 会 会 長 殿 日 本 建 築 士 事 務 所 協 会 連 合 会 会 長 殿 日 本 建 築 家 協 会 会 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 住 宅 政 策 課 長 住 宅 企 画 官 買 取 再 販 で 扱 われる 住 宅 の 取 得 に 係 る 不 動

More information

現   行

現   行 高 層 建 築 物 の 計 画 に 対 する 指 導 指 針 ( 抜 粋 ) 新 旧 表 現 行 改 正 案 高 層 建 築 物 の 計 画 に 対 する 指 導 指 針 高 層 建 築 物 の 計 画 に 対 する 指 導 指 針 第 1 ( 略 ) 第 1 ( 略 ) 第 2 ( 略 ) 第 2 ( 略 ) 第 3 出 火 防 止 対 策 1 火 気 使 用 設 備 器 具 (1) 電 気 を

More information

第8章 消防施設に関する事項

第8章 消防施設に関する事項 第 8 章 消 防 施 設 に 関 する 事 項 1 消 防 水 利 の 設 置 消 防 水 利 は 次 の 基 準 により 設 置 するものとする 1) 消 防 水 利 の 種 別 消 防 水 利 は 消 防 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 186 号 ) 第 20 条 第 1 項 の 規 定 により 消 防 庁 が 定 める 消 防 水 利 の 基 準 ( 昭 和 39 年 消 防 庁 告

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF8251817C8252817A32303135944E82CC93738E73834B83588E968CCC82C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF8251817C8252817A32303135944E82CC93738E73834B83588E968CCC82C982C282A282C42E646F63> 2015 年 の 都 市 ガス について 資 料 2-3 平 成 28 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 ガ ス 安 全 室 ガス 事 業 法 第 46 条 の 規 定 に 基 づき 都 市 ガス 事 業 者 ( 一 般 ガス 事 業 者 及 び 簡 易 ガス 事 業 者 )が 各 産 業 保 安 監 督 部 に 対 して 行 った 2015 年 の 報 告 を 集 計 し 要 因 分 析

More information

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根 第 2 建 築 物 構 造 1 構 造 (1) 主 要 構 造 部 ア 耐 火 構 造 ( 建 基 法 第 2 条 第 7 号 ) 壁 柱 床 その 他 の 建 築 物 の 部 分 の 構 造 のうち 耐 火 性 能 ( が 終 了 するまでの 間 当 該 火 災 による 建 築 物 の 倒 壊 及 び 延 焼 を 防 止 するために 当 該 建 築 物 の 部 分 に 必 要 とされる 性 能 をいう

More information

乙種第4類(危険物取扱者試験)

乙種第4類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 4 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令

More information

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 関 する 許 可 基 準 改 定 平 成 23 年 10 月 1 日 Ⅰ 趣 旨 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 許 可 制 度 は 機 械 室 等 部 分 の 床 面 積 の 合 計 の 建 築 物 の 延 べ 面 積 に 対 する

More information

Taro-1 建築基準法施行条例

Taro-1 建築基準法施行条例 福 島 県 建 築 基 準 法 施 行 条 例 昭 26. 8. 7 福 島 県 条 例 第 60 号 改 正 昭 35. 7.22 条 例 28 同 37. 7.31 同 36 同 44.12.10 同 66 同 46.10.20 同 55 同 52.10.21 同 45 同 59. 3.30 同 23 同 62.12.22 同 6l 平 4. 3.24 同 55 同 5. 3.23 同 3l 同

More information

Microsoft Word - (28.7)騒音・振動.doc

Microsoft Word - (28.7)騒音・振動.doc 騒 音 振 動 関 係 法 令 の 概 要 H28.7 ( 工 場 事 業 場 の 規 制 基 準 ) 騒 音 規 制 法 p1~p5 振 動 規 制 法 p6~p7 特 定 工 場 における 公 害 防 止 組 織 の 整 備 に 関 する 法 律 p8~p9 福 岡 県 公 害 防 止 等 生 活 環 境 の 保 全 に 関 する 条 例 p10~p11 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 p12

More information

147

147 第 8 章 維 持 管 理 1. 維 持 管 理 給 水 装 置 は 需 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 でありその 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 う 必 要 がある 給 水 用 具 によっては 間 違 った 使 用 方 法 や 適 切

More information

は じ め に (1) この 取 扱 基 準 は 限 定 特 定 行 政 庁 としての 本 市 の 建 築 基 準 法 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 を 示 したものです (2) 本 基 準 によりがたい 場 合 は 法 の 趣 旨 に 照 らして 個 別 に 判 断 します (3) 本

は じ め に (1) この 取 扱 基 準 は 限 定 特 定 行 政 庁 としての 本 市 の 建 築 基 準 法 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 を 示 したものです (2) 本 基 準 によりがたい 場 合 は 法 の 趣 旨 に 照 らして 個 別 に 判 断 します (3) 本 霧 島 市 建 築 基 準 法 取 扱 基 準 ( 第 2 版 ) 霧 島 市 - 1 - は じ め に (1) この 取 扱 基 準 は 限 定 特 定 行 政 庁 としての 本 市 の 建 築 基 準 法 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 を 示 したものです (2) 本 基 準 によりがたい 場 合 は 法 の 趣 旨 に 照 らして 個 別 に 判 断 します (3) 本 基 準 は

More information

-4- 他 照 射 録 診 療 放 射 線 技 師 は 放 射 線 を 人 体 に 対 して 照 射 したときは 遅 滞 なく 必 要 事 項 を 記 載 した 照 射 録 を 作 成 し その 照 射 について 指 示 をした 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 署 名 を 受 けているか ( 診

-4- 他 照 射 録 診 療 放 射 線 技 師 は 放 射 線 を 人 体 に 対 して 照 射 したときは 遅 滞 なく 必 要 事 項 を 記 載 した 照 射 録 を 作 成 し その 照 射 について 指 示 をした 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 署 名 を 受 けているか ( 診 病 院 医 療 監 視 チェック 表 ( 放 射 線 関 係 ) 病 院 名 検 査 日 検 査 者 管 理 調 査 項 目 - 医 療 法 の 手 続 --5 診 療 放 射 線 機 器 の 届 出 - 患 者 入 院 状 況 --5 器 具 同 位 元 素 治 療 患 者 の 放 射 線 治 療 室 以 外 の 入 院 禁 止 --6 放 射 線 治 療 室 への 他 の 患 者 の 入 院 防

More information

柏 市 総 合 設 計 制 度 許 可 取 扱 基 準 柏 市 平 成 10 年 10 月 制 定 平 成 24 年 4 月 改 正 目 次 第 1 総 則.........1 1 趣 旨...1 2 運 用 方 針...1 3 用 語 の 定 義...2 第 2 基 本 要 件.........3 1 一 般 総 合 設 計...3 2 市 街 地 住 宅 総 合 設 計...7 3 環 境 配

More information

           目    次

           目    次 第 10 章 維 持 管 理 第 10 章 維 持 管 理 1 給 水 装 置 の 維 持 管 理 給 水 装 置 は 年 月 の 経 過 に 伴 う 材 質 の 劣 化 により 故 障 漏 水 等 の 事 故 が 発 生 す ることがある 事 故 を 未 然 に 防 止 するため 又 は 最 小 限 に 抑 えるためには 維 持 管 理 を 行 うことが 重 要 である (1) 給 水 装 置 工

More information

古賀市土地対策指導要綱に関する公共・公益施設整備の手引き

古賀市土地対策指導要綱に関する公共・公益施設整備の手引き 古 賀 市 土 地 対 策 指 導 要 綱 に 関 する 公 共 公 益 施 設 整 備 の 手 引 き ( 平 成 25 年 4 月 1 日 ) 本 書 は 古 賀 市 土 地 対 策 指 導 要 綱 に 定 められた 公 共 公 益 施 設 の 各 整 備 指 導 基 準 を 要 約 したものです この 他 各 基 準 の 詳 細 については 各 担 当 課 にお 尋 ねください 1. 道 路

More information

JLIA基準(圧力調整器)/選定と設置

JLIA基準(圧力調整器)/選定と設置 JLIA-B-2 圧 力 調 整 器 H23 改 正 第 4 章 圧 力 調 整 器 の 選 定 と 設 置 4.1 圧 力 調 整 器 の 選 定 LP ガス 用 圧 力 調 整 器 に 求 められる 機 能 は 燃 焼 器 具 を 使 用 する 時 に 要 求 されるガス 量 とガス 圧 を 供 給 し 正 常 な 燃 焼 を 保 つことである この 機 能 を 満 足 させるため 4.1.1~4.1.3

More information

2/5 従 来 型 無 煙 ロースターの 種 々の 障 害 点 (GF:グリスフィルター)(オイルミスト= 着 火 因 子 : 油 塵 ) < 設 備 上 の 特 異 点 > < 現 状 設 備 の 懸 念 点 > Ⅰ 排 気 ダクトは 防 災 上 単 独 ダクト である 従 って 種 々の 安 全

2/5 従 来 型 無 煙 ロースターの 種 々の 障 害 点 (GF:グリスフィルター)(オイルミスト= 着 火 因 子 : 油 塵 ) < 設 備 上 の 特 異 点 > < 現 状 設 備 の 懸 念 点 > Ⅰ 排 気 ダクトは 防 災 上 単 独 ダクト である 従 って 種 々の 安 全 1/5 Ⅰ. 何 故 無 煙 ロースターはダクト 火 災 が 多 発 するのか!? 油 塵 と 排 煙 を 迅 速 に 排 気 せねばならぬ 為 に 排 気 能 力 を 最 重 視 する 従 って 排 気 ファン のみを 強 化 してダクト 油 塵 防 止 対 策 が 軽 視 される 故 に 低 除 去 力 のGFとノーメンテ の 排 気 ダクトは 油 塵 まみれの 危 険 領 域 となる 通 気

More information

<4D F736F F D C835894AD955C8E9197BF81698F4390B394C5816A2E646F63>

<4D F736F F D C835894AD955C8E9197BF81698F4390B394C5816A2E646F63> ドライクリーニング 工 場 に 係 る 調 査 状 況 並 びに 引 火 性 溶 剤 を 用 いるドライクリーニング 工 場 に 係 る 建 築 基 準 法 用 途 規 制 違 反 への 対 応 及 び 同 法 第 48 条 の 規 定 に 基 づく 許 可 の 運 用 に 関 する 技 術 的 助 言 について 平 成 22 年 9 月 10 日 国 土 交 通 省 引 火 性 溶 剤 を 用 いるドライクリーニング

More information

附 則 この 規 程 は 平 成 25 年 7 月 8 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 7 月 9 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 8 月 6 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 11 月 12

附 則 この 規 程 は 平 成 25 年 7 月 8 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 7 月 9 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 8 月 6 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 11 月 12 制 定 平 成 25 年 6 月 19 日 原 規 技 発 第 1306194 号 原 子 力 規 制 委 員 会 決 定 改 正 平 成 26 年 7 月 9 日 原 規 技 発 第 1407092 号 原 子 力 規 制 委 員 会 決 定 改 正 平 成 26 年 8 月 6 日 原 規 技 発 第 1408062 号 原 子 力 規 制 委 員 会 決 定 改 正 平 成 26 年 11 月

More information

取扱基準 本文

取扱基準 本文 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 基 づく 東 京 都 容 積 率 の 許 可 に 関 する 取 扱 基 準 1 制 定 15 都 市 建 市 第 282 号 平 成 16 年 3 月 4 日 改 正 16 都 市 建 企 第 233 号 平 成 16 年 9 月 10 日 改 正 21 都 市 建 企 第 893 号 平 成 22 年 3 月 31 日 改 正 25

More information

れた 工 作 物 (イ 及 びウに 規 定 するものを 除 く )に 張 り 付 けられた 保 温 材 耐 火 被 覆 材 等 が 損 傷 等 により 石 綿 等 の 粉 じんを 発 散 させ 及 び 労 働 者 がその 粉 じんに ばく 露 するおそれがあるときは 当 該 保 温 材 耐 火 被

れた 工 作 物 (イ 及 びウに 規 定 するものを 除 く )に 張 り 付 けられた 保 温 材 耐 火 被 覆 材 等 が 損 傷 等 により 石 綿 等 の 粉 じんを 発 散 させ 及 び 労 働 者 がその 粉 じんに ばく 露 するおそれがあるときは 当 該 保 温 材 耐 火 被 別 添 基 発 0423 第 8 号 平 成 26 年 4 月 23 日 別 記 関 係 団 体 の 長 あて 厚 生 労 働 省 労 働 基 準 局 長 石 綿 障 害 予 防 規 則 の 改 正 及 び 労 働 者 の 石 綿 ばく 露 防 止 に 関 する 技 術 上 の 指 針 の 制 定 について 日 ごろから 労 働 基 準 行 政 の 推 進 に 格 段 の 御 理 解 御 協 力 を

More information

工 事 内 容 別 一 戸 建 て 住 宅 フォーム 1 床 面 積 が 増 え 特 殊 建 築 物 へ る 工 事 ( 屋 内 用 途 変 更 で 増 床 を 含 む) ケルン フォーム 工 事 ( 床 面 積 形 態 は 変 更 なし) 工 事 内 容 耐 震 化 工 事 構 造 に 絡 む 開

工 事 内 容 別 一 戸 建 て 住 宅 フォーム 1 床 面 積 が 増 え 特 殊 建 築 物 へ る 工 事 ( 屋 内 用 途 変 更 で 増 床 を 含 む) ケルン フォーム 工 事 ( 床 面 積 形 態 は 変 更 なし) 工 事 内 容 耐 震 化 工 事 構 造 に 絡 む 開 S E K I S A N 602 614 615 619 工 事 内 容 別 一 戸 建 て 住 宅 フォーム 1 床 面 積 が 増 え 特 殊 建 築 物 へ る 工 事 ( 屋 内 用 途 変 更 で 増 床 を 含 む) ケルン フォーム 工 事 ( 床 面 積 形 態 は 変 更 なし) 工 事 内 容 耐 震 化 工 事 構 造 に 絡 む 開 外 装 変 更 内 装 仕 上 げ 口

More information

12

12 12. 維 持 管 理 12.1 維 持 管 理 1 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり その 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 うことが 必 要 である 2 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 等 が

More information

本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建 物 設 備 の 基 準 ( 要 綱 6) 基 本 的 な 考

本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建 物 設 備 の 基 準 ( 要 綱 6) 基 本 的 な 考 H25.4.1 版 認 証 保 育 所 施 設 基 準 解 説 平 成 22 年 10 月 東 京 都 福 祉 保 健 局 少 子 社 会 対 策 部 保 育 支 援 課 0/15 本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建

More information

目 次 第 1 仮 貯 蔵 又 は 仮 取 扱 いの 承 認 1-1~ 22 第 2 製 造 所 等 の 設 置 又 は 変 更 の 許 可 等 2-1~13 第 3 仮 使 用 の 承 認 3-1~ 45 第 4 製 造 所 4-1~16 4-1~22 第 5 一 般 取 扱 所 5-1~12 5

目 次 第 1 仮 貯 蔵 又 は 仮 取 扱 いの 承 認 1-1~ 22 第 2 製 造 所 等 の 設 置 又 は 変 更 の 許 可 等 2-1~13 第 3 仮 使 用 の 承 認 3-1~ 45 第 4 製 造 所 4-1~16 4-1~22 第 5 一 般 取 扱 所 5-1~12 5 危 険 物 審 査 基 準 制 定 平 成 7 年 4 月 9 日 浜 消 達 第 47 号 全 改 正 平 成 17 年 12 月 27 日 浜 消 達 第 223 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 浜 消 達 第 51 号 (い) 平 成 21 年 2 月 27 日 浜 消 達 第 159 号 (ろ) 浜 松 市 消 防 本 部 予 防 課 危 険 物 保 安 グル-プ 目 次 第

More information

1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給 する 施 設 ( 貯 水 槽 水 道 )のうち 受 水 槽 の 有 効 容 量 の 合

1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給 する 施 設 ( 貯 水 槽 水 道 )のうち 受 水 槽 の 有 効 容 量 の 合 太 田 市 簡 易 専 用 水 道 の 手 引 き 問 い 合 わせ 先 太 田 市 役 所 環 境 政 策 課 電 話 : 0276-47-1893 FAX : 0276-47-1881 1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給

More information

千代田区

千代田区 千 代 田 区 ワンルームマンション 等 建 築 物 に 関 する 指 導 要 綱 良 好 な 近 隣 関 係 及 び 地 域 の 健 全 な 生 活 環 境 の 保 持 向 上 のために 千 代 田 区 ワンルームマンション 等 建 築 物 を 建 築 される 方 へ 千 代 田 区 は 多 様 な 人 々が 住 み 働 き 集 う 心 豊 かなまち 千 代 田 の 実 現 をめざして 景 観 まちづくりを

More information

建物等清掃業務の仕様書、実施要領

建物等清掃業務の仕様書、実施要領 収 集 事 業 課 施 設 維 持 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 本 業 務 にかかる 実 施 要 領 機 名 実 施 回 数 実 施 月 その 他 は 下 記 のとおりとする 1. 委 託 場 所 明 石 市 大 久 保 町 松 陰 1138 明 石 市 環 境 部 収 集 事 業 課 2. 委 託 業 務 内 容 (1) 建 物 等 業 務 (2) 消 防 用 設 備 等 年 次 点 検

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E591BA8E7393B9984888CA92758E7792E8905C90BF8EE891B182AB82CC8EE888F882AB>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E591BA8E7393B9984888CA92758E7792E8905C90BF8EE891B182AB82CC8EE888F882AB> 大 村 市 位 置 指 定 申 請 手 続 きの 手 引 き 平 成 23 年 4 月 1 日 大 村 市 建 築 住 宅 課 目 次 1. 適 用 1 2. 事 前 協 議 及 び 取 扱 基 準 について (1) 事 前 協 議 1 (2) 取 扱 基 準 1 1) の 位 置 指 定 から 指 定 を 延 長 する 場 合 の 取 り 扱 い 1 2) 関 係 規 定 の 適 用 における 指

More information

Taro-098 内装仕上げ施工(H20改

Taro-098 内装仕上げ施工(H20改 内 装 仕 上 げ 施 工 技 能 検 定 試 験 の 試 験 科 目 及 びその 範 囲 並 びにその 細 目 平 成 21 年 3 月 厚 生 労 働 省 職 業 能 力 開 発 局 目 次 1.1 級 内 装 仕 上 げ 施 工 技 能 検 定 試 験 の 試 験 科 目 及 びその 範 囲 並 びにその 細 目 1ページ 制 定 昭 和 59 年 度 改 正 平 成 20 年 度 2.2 級

More information

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ 防 衛 庁 訓 令 第 32 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 165 号 ) 第 107 条 第 5 項 の 規 定 に 基 づき 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 平 成 7 年 4 月 17 日 防 衛 庁 長 官 玉 沢 徳 一 郎 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 改 正 平 成 19

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EE688B590E096BE8F915F8CC592E846445F41315F88F38DFC97702E727466>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EE688B590E096BE8F915F8CC592E846445F41315F88F38DFC97702E727466> 三 菱 有 圧 換 気 扇 用 システム 部 材 固 定 式 防 火 ダンパー 取 付 工 事 取 扱 説 明 書 この 製 品 は 当 社 製 ウェザーカバーと 併 用 して 使 用 するものです 厨 房 など 高 温 になる 場 所 では120 がセットされた 厨 房 等 高 温 場 所 用 の 防 火 タイプを 使 用 してください この 製 品 の 性 能 機 能 を 十 分 に 発 揮 させ

More information

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ 熊 本 市 道 路 位 置 指 定 取 扱 い 基 準 制 定 平 成 5 年 5 月 5 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 8 日 改 正 平 成 21 年 7 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 24 年 11 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 25 年 8 月 30 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条

More information

南青葉台道路舗装工事に伴う引込管更新業務仕様書

南青葉台道路舗装工事に伴う引込管更新業務仕様書 増 圧 式 及 び 3 4 階 直 結 式 に 関 する 基 本 書 河 内 長 野 市 上 下 水 道 部 目 次 Ⅰ. 総 説 1. 目 的 1 2. 給 水 方 式 1 3. 責 任 分 界 点 5 Ⅱ. 構 造 及 び 材 料 1. 増 圧 ポンプ 等 の 位 置 構 造 6 2. 使 用 材 料 8 Ⅲ. 設 計 1. 設 計 水 圧 9 2. 水 理 計 算 9 3. 給 水 管 口 径

More information

附 則 別 表 生 物 化 学 的 酸 素 要 求 量 化 学 的 酸 素 要 求 量 項 目 /16 甲 水 域 備 考 1 甲 水 域 とは 次 に 掲 げる 河 川 (その 支 派 川 を 含 む ) 及 びこれに 接 続 し 流 入 する 水 路 の 水 域 をいう 千 歳 川

附 則 別 表 生 物 化 学 的 酸 素 要 求 量 化 学 的 酸 素 要 求 量 項 目 /16 甲 水 域 備 考 1 甲 水 域 とは 次 に 掲 げる 河 川 (その 支 派 川 を 含 む ) 及 びこれに 接 続 し 流 入 する 水 路 の 水 域 をいう 千 歳 川 大 気 汚 染 防 止 法 第 4 条 第 1 項 の 規 定 による 排 出 基 準 及 び 水 質 汚 濁 防 止 法 第 3 条 第 3 項 の 規 定 による 排 水 基 準 を 定 める 条 例 ( 昭 和 46 年 月 15 日 条 例 第 5 号 ) 改 正 昭 和 48 年 月 19 日 条 例 第 59 号 昭 和 50 年 月 1 日 条 例 第 33 号 昭 和 55 年 3

More information

2 製 品 に 関 する 要 求 2.1 構 成 構 成 は 表 2による 表 2- 構 成 番 号 品 名 数 量 注 記 1 トイレ 処 理 ハイ キューブ コンテナ 40ft 1 2 原 水 槽 一 式 3 受 入 槽 一 式 4 生 物 処 理 槽 一 式 5 沈 降 槽 一 式 6 洗 浄

2 製 品 に 関 する 要 求 2.1 構 成 構 成 は 表 2による 表 2- 構 成 番 号 品 名 数 量 注 記 1 トイレ 処 理 ハイ キューブ コンテナ 40ft 1 2 原 水 槽 一 式 3 受 入 槽 一 式 4 生 物 処 理 槽 一 式 5 沈 降 槽 一 式 6 洗 浄 完 全 自 立 移 動 式 循 環 型 水 洗 バイオトイレ 仕 様 書 1 総 則 この 仕 様 書 は 館 山 市 ( 以 下 市 という )が 購 入 設 置 する 完 全 自 立 移 動 式 循 環 型 水 洗 バイオトイレ( 以 下 本 体 という )について 示 すものである なお この 仕 様 書 に 示 した 要 求 事 項 等 は 市 が 求 める 最 低 水 準 を 規 定 するものであり

More information

5. 給 湯 量 の 算 定 給 湯 量 の 算 定 は 人 員 による 算 定 方 法 と 器 具 数 による 算 定 方 法 があるが 一 般 的 には 人 員 による 算 定 を 行 い 必 要 に 応 じて 器 具 数 による 算 定 によりチェックを 行 う 1 1 日 の 使 用 湯 量

5. 給 湯 量 の 算 定 給 湯 量 の 算 定 は 人 員 による 算 定 方 法 と 器 具 数 による 算 定 方 法 があるが 一 般 的 には 人 員 による 算 定 を 行 い 必 要 に 応 じて 器 具 数 による 算 定 によりチェックを 行 う 1 1 日 の 使 用 湯 量 給 湯 設 備 1. 給 湯 設 備 の 概 要 給 湯 設 備 は 給 水 設 備 と 同 様 に 必 要 な 水 量 ( 湯 量 ) 使 用 目 的 に 適 した 水 圧 衛 生 的 に 安 全 な 水 質 これらに 加 えて 適 温 の 湯 を 建 物 内 の 給 湯 必 要 箇 所 に 供 給 することが 目 的 である 2. 湯 の 性 質 比 体 積 単 位 重 量 当 たりの 体 積

More information

1-2 外 壁 の 開 口 部 法 第 2 条 第 9 号 の2 第 9 号 の3 法 第 64 条 1 主 要 構 造 部 が 不 燃 材 料 で 造 られた 卸 売 市 場 の 上 屋 開 放 自 転 車 置 き 場 その 他 これら に 類 する 建 築 物 又 はこれらの 建 築 物 の 部

1-2 外 壁 の 開 口 部 法 第 2 条 第 9 号 の2 第 9 号 の3 法 第 64 条 1 主 要 構 造 部 が 不 燃 材 料 で 造 られた 卸 売 市 場 の 上 屋 開 放 自 転 車 置 き 場 その 他 これら に 類 する 建 築 物 又 はこれらの 建 築 物 の 部 1 用 語 の 定 義 1-1 開 放 渡 り 廊 下 等 のある 場 合 の 防 火 中 心 線 法 第 2 条 第 6 号 1 建 築 物 相 互 をつなぐ 開 放 の 渡 り 廊 下 と 建 築 物 の 関 係 ( 建 築 確 認 のための 基 準 総 則 集 団 規 定 の 適 用 事 例 2013 年 度 版 p.30 による) 2 延 焼 のおそれのある 部 分 附 属 建 築 物 の

More information

2 炊 飯 器 とは 外 がま 内 がま 加 熱 源 などから 構 成 され これらを 一 体 として 使 用 したときに 内 圧 を 上 昇 させることができる 器 具 であるとする 4. 安 全 性 品 質 に 関 して 基 準 () ばり まくれ とは 成 型 加 工 切 断 加 工 時 のば

2 炊 飯 器 とは 外 がま 内 がま 加 熱 源 などから 構 成 され これらを 一 体 として 使 用 したときに 内 圧 を 上 昇 させることができる 器 具 であるとする 4. 安 全 性 品 質 に 関 して 基 準 () ばり まくれ とは 成 型 加 工 切 断 加 工 時 のば 家 庭 用 の 圧 力 なべ 及 び 圧 力 がまの 検 査 マニュアル 制 定 平 成 20 年 4 月 日 改 正 平 成 22 年 2 月 27 日 改 正 平 成 28 年 4 月 日 一 般 財 団 法 人 製 品 安 全 協 会 この 検 査 マニュアルは 家 庭 用 の 圧 力 なべ 及 び 圧 力 がまの 基 準 並 びに 基 準 確 認 方 法 に 基 づいた 検 査 を 適 切

More information

の 流 出 が 妨 げられないようにするこ (6) 加 湿 水 の 補 給 水 槽 がある 場 合 には, 定 期 的 に 清 掃 するこ (7) 気 化 式 加 湿 器 については, 加 湿 材 の 汚 れ 及 び 加 湿 能 力 を 点 検 し, 必 要 に 応 じて 洗 浄 又 は 交 換 を

の 流 出 が 妨 げられないようにするこ (6) 加 湿 水 の 補 給 水 槽 がある 場 合 には, 定 期 的 に 清 掃 するこ (7) 気 化 式 加 湿 器 については, 加 湿 材 の 汚 れ 及 び 加 湿 能 力 を 点 検 し, 必 要 に 応 じて 洗 浄 又 は 交 換 を 別 添 茨 城 県 建 築 物 環 境 衛 生 維 持 管 理 要 領 第 1 空 気 環 境 の 調 整 1 空 気 調 和 設 備 等 の 運 転 操 作 空 気 調 和 設 備 等 ( 空 気 調 和 設 備 又 は 機 械 換 気 設 備 をいう )の 運 転 操 作 については, 気 象 条 件, 各 居 室 の 使 用 状 況, 過 去 における 空 気 環 境 の 測 定 結 果 等

More information

原 子 力 発 電 所 の 新 規 制 基 準 適 合 性 に 係 る 審 査 会 合 第 168 回 議 事 録 1. 日 時 平 成 2 6 年 12 月 4 日 ( 木 ) 10: 01~ 17: 51 2. 場 所 原 子 力 規 制 委 員 会 13 階 会 議 室 A 3. 出 席 者

原 子 力 発 電 所 の 新 規 制 基 準 適 合 性 に 係 る 審 査 会 合 第 168 回 議 事 録 1. 日 時 平 成 2 6 年 12 月 4 日 ( 木 ) 10: 01~ 17: 51 2. 場 所 原 子 力 規 制 委 員 会 13 階 会 議 室 A 3. 出 席 者 原 子 力 発 電 所 の 新 規 制 基 準 適 合 性 に 係 る 審 査 会 合 第 168 回 平 成 26 年 12 月 4 日 ( 木 ) 原 子 力 規 制 委 員 会 原 子 力 発 電 所 の 新 規 制 基 準 適 合 性 に 係 る 審 査 会 合 第 168 回 議 事 録 1. 日 時 平 成 2 6 年 12 月 4 日 ( 木 ) 10: 01~ 17: 51 2. 場

More information

<817995CA955C8250817A8A658EBA82CC97768B8190858F8081408BA492CA8E968D808145967D97E1303732382E786C73>

<817995CA955C8250817A8A658EBA82CC97768B8190858F8081408BA492CA8E968D808145967D97E1303732382E786C73> なお 別 表 2-1 ~ 別 表 2-5 の - は 各 に 該 当 しない 場 合 を 示 す (1/6) A. 事 項 各 室 の 基 本 的 諸 条 件 を 示 す (a) 室 規 模 表 記 の 程 度 を 目 標 として 計 画 する 但 し 特 記 無 き 場 合 で 室 の 機 能 上 問 題 が 無 け れば 若 干 の 増 減 は 構 わない (1) 室 面 積 床 m2 付 属

More information

法第34条第1号から9号に係る基準

法第34条第1号から9号に係る基準 * 印 は 運 用 又 は 注 を 表 す 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 等 の 許 可 基 準 第 1 章 総 則 第 1 目 的 この 基 準 は 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 の 許 可 の 範 囲 を 明 確 化 することによって 法 律 の 運 用 を 円 滑 に 行 い 開 発 許 可 権 限 の 公 平 な 行 使 に 資

More information

浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設 置 変 更 許 可 申 請 の 審 査 補 正 1 1:H

浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設 置 変 更 許 可 申 請 の 審 査 補 正 1 1:H 資 料 No.1-1 高 浜 発 電 所 3 4 号 機 工 事 計 画 の 概 要 について 平 成 27 年 9 月 3 日 関 西 電 力 株 式 会 社 浜 3 4 号 機 の 審 査 状 況 について 1 新 規 制 基 準 施 に 伴 う 審 査 状 況 T3 4 (H25.7.8) 申 請 T3 4 T3 4 (H25.7.8)(H25.8.5) 追 加 申 申 請 請 1 原 炉 設

More information

守口市総合設計制度許可実施基準

守口市総合設計制度許可実施基準 守 口 市 総 合 設 計 制 度 許 可 取 扱 要 綱 実 施 基 準 平 成 26 年 12 月 改 正 守 口 市 総 合 設 計 制 度 許 可 取 扱 要 綱 実 施 基 準 目 次 第 1 条 趣 旨 1 第 2 条 計 画 の 基 本 要 件 1 第 3 条 敷 地 の 条 件 等 1 第 4 条 配 置 計 画 2 第 5 条 その 他 所 要 施 設 3 第 6 条 住 宅 等

More information

「設備機器の保守・点検のポイント」

「設備機器の保守・点検のポイント」 施 設 管 理 に 役 立 つ 点 検 のポイント ( 公 社 ) 全 国 ビルメンテナンス 協 会 建 築 物 の 機 能 や 性 能 を 良 好 な 状 態 に 保 ち 利 用 者 に 安 全 で 衛 生 的 な 環 境 を 提 供 し 更 に 建 物 の 長 寿 命 化 を 図 るためには 適 切 な 維 持 保 全 が 重 要 である 建 築 設 備 の 維 持 保 全 は 日 常 の 点

More information

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計 山 口 県 港 湾 施 設 維 持 管 理 点 検 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 8 月 山 口 県 土 木 建 築 部 港 湾 課 目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書

More information

高 崎 市 中 高 層 建 物 直 結 給 水 及 び 増 圧 式 設 計 施 工 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 高 崎 市 の 給 水 区 域 において の 圧 力 を 利 用 して 中 高 層 の 建 物 ( 以 下 中 高 層 という )の 給 水 装 置 に 直 結

高 崎 市 中 高 層 建 物 直 結 給 水 及 び 増 圧 式 設 計 施 工 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 高 崎 市 の 給 水 区 域 において の 圧 力 を 利 用 して 中 高 層 の 建 物 ( 以 下 中 高 層 という )の 給 水 装 置 に 直 結 改 訂 版 高 崎 市 中 高 層 建 物 直 結 給 水 及 び 増 圧 給 水 設 計 施 工 基 準 平 成 24 年 4 月 1 日 改 定 高 崎 市 水 道 局 高 崎 市 中 高 層 建 物 直 結 給 水 及 び 増 圧 式 設 計 施 工 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 高 崎 市 の 給 水 区 域 において の 圧 力 を 利 用 して 中 高 層 の 建

More information

第 1 章 総 則 第 1 条 ( 趣 旨 ) 1ページ 第 2 章 災 害 危 険 区 域 第 2 条 ( 災 害 危 険 区 域 ) 1ページ 第 3 条 ( 建 築 の 制 限 ) 1ページ 第 3 章 建 築 物 の 敷 地 及 び 構 造 第 4 条 ( 崖 に 近 接 する 建 築 物

第 1 章 総 則 第 1 条 ( 趣 旨 ) 1ページ 第 2 章 災 害 危 険 区 域 第 2 条 ( 災 害 危 険 区 域 ) 1ページ 第 3 条 ( 建 築 の 制 限 ) 1ページ 第 3 章 建 築 物 の 敷 地 及 び 構 造 第 4 条 ( 崖 に 近 接 する 建 築 物 熊 本 市 建 築 基 準 条 例 と 同 解 説 平 成 25 年 4 月 熊 本 市 建 築 指 導 課 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 趣 旨 ) 1ページ 第 2 章 災 害 危 険 区 域 第 2 条 ( 災 害 危 険 区 域 ) 1ページ 第 3 条 ( 建 築 の 制 限 ) 1ページ 第 3 章 建 築 物 の 敷 地 及 び 構 造 第 4 条 ( 崖 に 近 接 する 建

More information

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A>

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A> 16 林 業 専 用 道 作 設 指 針 北 海 道 スタンダ-ド 平 成 23 年 3 月 31 日 各 振 興 局 長 あて 森 林 第 1280 号 水 産 林 務 部 長 [ 沿 革 ] 平 成 26 年 3 月 28 日 森 整 第 1331 号 改 正 平 成 27 年 1 月 13 日 森 整 第 915 号 改 正 平 成 27 年 3 月 30 日 森 整 第 1201 号 改 正

More information

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 平 成 2 8 年 2 月 か ら 適 用 す る 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 表 平 成 2 8 年 1 月 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048323530345F82B382A282BD82DC8E738CF68BA48C9A927A8D488E9693E096F38F918DEC90AC977697CC2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048323530345F82B382A282BD82DC8E738CF68BA48C9A927A8D488E9693E096F38F918DEC90AC977697CC2E646F6378> さいたま 市 公 共 建 築 工 事 内 訳 書 作 成 要 領 平 成 25 年 4 月 さいたま 市 さいたま 市 公 共 建 築 工 事 内 訳 書 作 成 要 領 目 次 第 章 総 則 () 目 的 第 2 章 内 訳 書 の 作 成 () 一 般 事 項 (2) 内 訳 書 の 構 成 第 3 章 内 訳 書 の 内 容 () 種 目 別 内 訳 書 (2) 科 目 別 内 訳 書 (3)

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

建築基準法第52条第14項第1号に基づく練馬区容積率の許可に関する取扱基準

建築基準法第52条第14項第1号に基づく練馬区容積率の許可に関する取扱基準 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 基 づく 練 馬 区 容 積 率 の 許 可 に 関 する 取 扱 基 準 練 都 建 第 282 号 平 成 14 年 3 月 11 日 第 1 運 用 方 針 練 馬 区 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 規 定 による 機 械

More information

はじめに

はじめに 固 定 資 産 税 固 定 資 産 税 は 毎 年 1 月 1 日 ( 賦 課 期 日 といいます ) 現 在 で 土 地 家 屋 償 却 資 産 (これらを 総 称 して 固 定 資 産 といいます)を 所 有 している 人 が その 固 定 資 産 の 価 格 をもとに 算 定 された 税 額 をその 固 定 資 産 の 所 在 する 市 町 村 に 納 める 税 金 です 1 課 税 の 対

More information

浄 水 場 運 転 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 この 仕 様 書 は 蕨 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 部 という )が 業 務 受 託 者 ( 以 下 受 託 者 とい う )に 対 し 委 託 する 中 央 浄 水 場 塚 越 浄 水 場 及 び 水 源 井 等 の 運 転 管

浄 水 場 運 転 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 この 仕 様 書 は 蕨 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 部 という )が 業 務 受 託 者 ( 以 下 受 託 者 とい う )に 対 し 委 託 する 中 央 浄 水 場 塚 越 浄 水 場 及 び 水 源 井 等 の 運 転 管 浄 水 場 運 転 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 蕨 市 水 道 部 浄 水 場 運 転 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 この 仕 様 書 は 蕨 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 部 という )が 業 務 受 託 者 ( 以 下 受 託 者 とい う )に 対 し 委 託 する 中 央 浄 水 場 塚 越 浄 水 場 及 び 水 源 井 等 の 運 転 管 理 業 務 ( 以 下

More information

Microsoft Word - 01 消防用設備等早見表15.docx

Microsoft Word - 01 消防用設備等早見表15.docx 1 消 防 用 設 備 等 早 見 表 の 使 用 上 の 注 意 (1) 簡 便 に 消 防 用 設 備 等 を 調 べるものであり 施 行 令 施 行 規 則 技 術 基 準 規 格 又 は 条 例 等 で 必 ず 確 認 すること (2) 面 積 階 数 人 数 高 さ 等 の 数 値 は 一 部 を 除 き 以 上 であること (3) 面 積 については 延 べ 面 積 床 面 積 又 は

More information

目 次 第 1 章 第 1 節 総 則 総 則 第 1 款 趣 旨 ( 第 1 条 ) 2 第 2 款 基 本 目 標 ( 第 2 条 ) 2 第 3 款 運 用 方 針 ( 第 3 条 ) 2 第 2 節 用 語 の 定 義 ( 第 4 条 ) 3 第 2 章 計 画 要 件 第 1 節 計 画

目 次 第 1 章 第 1 節 総 則 総 則 第 1 款 趣 旨 ( 第 1 条 ) 2 第 2 款 基 本 目 標 ( 第 2 条 ) 2 第 3 款 運 用 方 針 ( 第 3 条 ) 2 第 2 節 用 語 の 定 義 ( 第 4 条 ) 3 第 2 章 計 画 要 件 第 1 節 計 画 世 田 谷 区 マンション 建 替 法 容 積 率 許 可 要 綱 (マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 第 105 号 ) 世 田 谷 区 平 成 28 年 4 月 目 次 第 1 章 第 1 節 総 則 総 則 第 1 款 趣 旨 ( 第 1 条 ) 2 第 2 款 基 本 目 標 ( 第 2 条 ) 2 第 3 款 運 用 方 針 ( 第 3 条 ) 2 第 2

More information

令 第 129 条 の4(エレベーターの 構 造 上 主 要 な 部 分 ) 1) 強 度 計 算 の 規 定 例 示 仕 様 による 強 度 の 確 認 (ガイドレール 等 はグラフによって 判 断 ) エレベーター 強 度 検 証 法 による 強 度 の 確 認 安 全 率 等 については 告

令 第 129 条 の4(エレベーターの 構 造 上 主 要 な 部 分 ) 1) 強 度 計 算 の 規 定 例 示 仕 様 による 強 度 の 確 認 (ガイドレール 等 はグラフによって 判 断 ) エレベーター 強 度 検 証 法 による 強 度 の 確 認 安 全 率 等 については 告 昇 降 機 法 令 の 規 定 は 主 に 例 示 仕 様 性 能 規 定 に 分 類 されます それぞれの 定 義 については 下 記 の 通 りです 例 示 仕 様 条 文 に 書 かれている 寸 法 重 量 等 を 遵 守 することで 成 立 する 法 令 性 能 規 定 条 文 に 書 かれている 性 能 上 の 規 定 を 遵 守 すれば その 範 囲 内 で 自 由 な 設 計 が 可

More information

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準 建 築 設 計 業 務 等 積 算 基 準 平 成 28 年 4 月 1 日 沖 縄 県 土 木 建 築 部 目 次 第 1 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 基 準 1 第 2 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 要 領 3 第 1 節 総 則 3 第 2 節 業 務 人 時 間 数 の 算 定 方 法 5 第 3 節 対 象 外 業 務 率 の

More information

1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 決 定 した 都 道 府 県 別 職 種 別 の 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 一 覧 を 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 に 示 す

1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 決 定 した 都 道 府 県 別 職 種 別 の 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 一 覧 を 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 に 示 す 平 成 28 年 1 月 20 日 土 地 建 設 産 業 局 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 通 省 が 平 成 27 年 10 月 に 実 施 した 公 共 事 業 労 務 費 調 査 に 基 づき 平 成 28 年 2 月 からの 公 共 工 事 の 工 事 費 の 積 算 に 用 いるための

More information

001-01 建物配置図(20.10.15).xls

001-01 建物配置図(20.10.15).xls ( 別 紙 1) 和 光 校 舎 配 置 図 グラウンド テニスコート 霞 寮 若 松 寮 船 橋 寮 和 光 寮 厚 生 棟 体 育 館 西 門 司 法 研 修 所 研 修 棟 階 段 教 室 棟 バ ス 停 留 所 ( 樹 林 公 園 ) バ ス 停 留 所 ( 樹 林 公 園 ) 管 理 棟 バ ス 停 留 所 ( 税 務 大 学 校 ) エントランス 東 京 外 環 自 動 車 道 バ ス

More information

Microsoft Word - h doc

Microsoft Word - h doc 8 保 安 第 12 号 消 防 特 第 39 号 平 成 8 年 3 月 29 日 関 係 都 道 府 県 消 防 防 災 主 管 部 長 殿 通 商 産 業 省 環 境 立 地 局 保 安 課 長 自 治 省 消 防 庁 特 殊 災 害 室 長 新 設 等 の 計 画 の 届 出 に 係 る 審 査 事 務 の 簡 素 合 理 化 に ついて( 通 知 ) 改 正 平 成 10 年 1 月 19

More information

001-01 建物配置図.xls

001-01 建物配置図.xls ( 別 紙 1) 和 光 校 舎 配 置 図 グラウンド テニスコート 霞 寮 若 松 寮 船 橋 寮 和 光 寮 厚 生 棟 体 育 館 西 門 司 法 研 修 所 研 修 棟 階 段 教 室 棟 バ ス 停 留 所 ( 樹 林 公 園 ) バ ス 停 留 所 ( 樹 林 公 園 ) 管 理 棟 バ ス 停 留 所 ( 税 務 大 学 校 ) エントランス 東 京 外 環 自 動 車 道 バ ス

More information

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 27 年 8 月 佐 世 保 市 目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章

More information

Microsoft PowerPoint - 06床・床材料

Microsoft PowerPoint - 06床・床材料 床 の 機 能 床 床 材 料 野 口 貴 文 構 築 機 能 積 載 荷 重 の 支 持 振 動 などの 障 害 に 対 する 十 分 な 耐 力 居 住 機 能 人 に 対 する 安 全 性 快 適 性 下 階 に 対 する 防 音 防 振 防 水 精 密 機 器 に 対 する 障 害 防 止 床 に 対 する 要 求 条 件 床 に 対 する 要 求 と 材 料 性 能 (1) 安 全 性 居

More information

1. 概 要 所 得 税 固 定 資 産 税 1 1. 省 エネの 減 税 制 度 省 エネを 対 象 とした 税 の 優 遇 措 置 省 エネを 対 象 とした 税 の 優 遇 措 置 には 次 の 制 度 があります ❶ 所 得 税 額 の 控 除 省 エネを 対 象 とした 所 得 税 額 の

1. 概 要 所 得 税 固 定 資 産 税 1 1. 省 エネの 減 税 制 度 省 エネを 対 象 とした 税 の 優 遇 措 置 省 エネを 対 象 とした 税 の 優 遇 措 置 には 次 の 制 度 があります ❶ 所 得 税 額 の 控 除 省 エネを 対 象 とした 所 得 税 額 の 1. 概 要 Ⅲ. 省 エネ 1-1. 省 エネの 減 税 制 度 省 エネを 対 象 とした 税 の 優 遇 措 置 P.Ⅲ - 2 1-2. 対 象 となる 省 エネとは 1) 断 熱 改 修 工 事 の 種 類 P.Ⅲ- 3 2) 対 象 となる 工 事 と 部 位 P.Ⅲ- 4 3) 特 定 断 熱 改 修 工 事 等 の 内 容 P.Ⅲ- 6 4) 代 表 的 な 窓 の 仕 様 P.Ⅲ-

More information

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63>

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63> 磁 気 探 査 実 施 要 領 ( 案 ) 平 成 24 年 10 月 沖 縄 総 合 事 務 局 開 発 建 設 部 目 次 1 総 則 1 1-1 目 的 1 1-2 適 用 範 囲 1 1-3 用 語 の 定 義 1 1-3-1 磁 気 探 査 1 1-3-2 不 発 弾 不 発 弾 等 1 1-3-3 不 発 弾 貫 入 深 度 1 1-3-4 磁 気 量 2 2 探 査 計 画 3 2-1

More information

概 要 1. 植 物 工 場 の 立 地 における 主 な 法 律 と 課 題 の 概 要 農 業 として 認 められる 植 物 工 場 は 法 的 な 規 制 が 少 なく 一 般 工 場 との 位 置 づけ では 農 地 転 用 建 築 基 準 法 消 防 法 等 の 法 律 規 制 がある 2

概 要 1. 植 物 工 場 の 立 地 における 主 な 法 律 と 課 題 の 概 要 農 業 として 認 められる 植 物 工 場 は 法 的 な 規 制 が 少 なく 一 般 工 場 との 位 置 づけ では 農 地 転 用 建 築 基 準 法 消 防 法 等 の 法 律 規 制 がある 2 第 5 章 植 物 工 場 の 法 規 制 等 -73- 概 要 1. 植 物 工 場 の 立 地 における 主 な 法 律 と 課 題 の 概 要 農 業 として 認 められる 植 物 工 場 は 法 的 な 規 制 が 少 なく 一 般 工 場 との 位 置 づけ では 農 地 転 用 建 築 基 準 法 消 防 法 等 の 法 律 規 制 がある 2. 農 地 関 連 (1) 農 業 振 興

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

120808改正請負契約書(最低価格落札方式)

120808改正請負契約書(最低価格落札方式) 印 紙 契 約 書 ( 案 ) 支 出 負 担 行 為 担 当 官 中 国 四 国 地 方 環 境 事 務 所 総 務 課 長 遠 藤 正 ( 以 下 甲 という ) は ( 以 下 乙 という )と 平 成 25 年 度 五 色 台 ビジターセンター 及 び 自 然 体 験 施 設 定 期 点 検 及 び 保 守 管 理 業 務 ( 以 下 業 務 という )について 次 の 条 項 により 契

More information

構造設備、機器及び衛生管理

構造設備、機器及び衛生管理 構 造 設 備 機 器 及 び 衛 生 管 理 構 造 設 備 4.1 原 則 構 造 設 備 は 次 のように 設 置 し 設 計 し 建 設 し 利 用 す a) 製 品 の 保 護 を 確 保 する b) 効 率 的 に 清 掃 衛 生 管 理 及 び 保 守 が 行 えるよ うにする c) 製 品 原 料 及 び 包 装 材 料 の 混 同 のリスクを 最 小 限 にする 区 域 の 種 類

More information

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定)

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定) 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 知 事 同 意 又 は 協 議 にあたっての 判 断 指 針 平 成 24 年 2 月 茨 城 県 土 木 部 都 市 局 都 市 計 画 課 目 次 1 判 断 指 針 策 定 の 趣 旨 1 2 本 判 断 指 針 が 対 象 とする 地 区 計 画 1 3 県 が 判 断 するにあたっての 基 本 方 針 2 4 地 区 計 画 の 対

More information

基準24

基準24 第 3 節 警 報 設 備 第 1 自 動 火 災 報 知 設 備 令 第 21 条 並 びに 規 則 第 23 条 第 24 条 及 び 第 24 条 の2の 規 定 によるほか 次 に よること 1 警 戒 区 域 警 戒 区 域 の 設 定 は 令 第 21 条 第 2 項 第 1 号 及 び 第 2 号 並 びに 規 則 第 23 条 第 1 項 によるほか 次 によること (1) 防 火

More information

グローイングタウン西川田地区のまちづくり

グローイングタウン西川田地区のまちづくり みずほの 緑 の 郷 地 区 の まちづくり 地 区 計 画 の 手 引 き 宇 都 宮 市 目 次 1.はじめに 地 区 計 画 制 度 とは 1 2. 地 区 計 画 の 内 容 2 3. 地 区 計 画 の 内 容 の 趣 旨 と 解 説 3 4. 新 築 や 増 改 築 の 際 の 手 続 き 20 5.みずほの 緑 の 郷 地 区 計 画 ( 計 画 書 ) 24 みずほの 緑 の 郷 地

More information

改 造 費 の 一 部 : 切 取 面 補 修 工 事 費 補 足 材 費 を 含 む + 残 存 部 の 一 部 増 改 築 費 補 足 材 費 を 含 む 2- 従 前 建 物 の 切 取 部 分 の 推 定 再 建 築 費 1 1 改 造 のために 必 要 となる 全 ての 切 取 部 分 を

改 造 費 の 一 部 : 切 取 面 補 修 工 事 費 補 足 材 費 を 含 む + 残 存 部 の 一 部 増 改 築 費 補 足 材 費 を 含 む 2- 従 前 建 物 の 切 取 部 分 の 推 定 再 建 築 費 1 1 改 造 のために 必 要 となる 全 ての 切 取 部 分 を 別 記 8 (その4) 非 木 造 建 物 Ⅰ 移 転 料 積 算 基 準 ( 通 則 ) 第 1 本 基 準 は 非 木 造 建 物 Ⅰ ( 以 下 非 木 造 建 物 という )の 移 転 料 を 積 算 するための 方 法 を 示 すものである なお 非 木 造 建 物 Ⅱ の 移 転 料 積 算 についても これを 準 用 するものとする ( 移 転 料 ) 第 2 非 木 造 建 物 の

More information

( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 6 8 条 の2 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 地 区 計 画 の 区 域 内 における 建 築 物 の 用 途 敷 地 及 び 構 造 に 関 する

( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 6 8 条 の2 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 地 区 計 画 の 区 域 内 における 建 築 物 の 用 途 敷 地 及 び 構 造 に 関 する 平 塚 市 地 区 計 画 建 築 物 条 例 及 び 同 解 説 平 成 20 年 7 月 1 日 作 成 平 成 27 年 10 月 1 日 改 訂 平 塚 市 まちづくり 政 策 部 建 築 指 導 課 ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 6 8 条 の2 第 1 項 の 規 定 に 基 づき

More information

Microsoft Word - 成田市給水装置工事施行基準(H27改定版)(黒)

Microsoft Word - 成田市給水装置工事施行基準(H27改定版)(黒) 第 7 章 維 持 管 理 138 第 7 章 維 持 管 理 7.1 維 持 管 理 給 水 装 置 はお 客 様 ( 需 要 者 )に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり 給 水 装 置 の 的 確 な 維 持 管 理 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えるため 水 を 汚 染 し 又 は 漏 水 のない よう 随 時 又 は 定 期 的 に 行 うこと 給

More information

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477>

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477> 開 発 許 可 審 査 基 準 平 成 24 年 8 月 春 日 部 市 目 次 総 則 第 01 目 的 1 第 02 法 令 の 略 称 規 定 1 第 03 開 発 行 為 の 定 義 1 都 市 計 画 法 第 29 条 開 発 行 為 の 許 可 3 都 市 計 画 法 第 33 条 開 発 許 可 の 基 準 5 都 市 計 画 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可

More information

務 所 TL 0- 代 FX -8 務 所 TL 0- 代 FX -8 務 所 TL 0- 代 FX -8 務 所 TL 0- 代 FX -8 務 所 TL 0- 代 FX -8 務 所 TL 0- 代 FX -8 務 所 TL 0- 代 FX -8-0 -0-0 -0-0 -0-0 一 級 築 士

務 所 TL 0- 代 FX -8 務 所 TL 0- 代 FX -8 務 所 TL 0- 代 FX -8 務 所 TL 0- 代 FX -8 務 所 TL 0- 代 FX -8 務 所 TL 0- 代 FX -8 務 所 TL 0- 代 FX -8-0 -0-0 -0-0 -0-0 一 級 築 士 平 成 8 年 度 福 島 再 生 賃 貸 住 宅 整 図 株 式 会 社 山 口 Tel 0--Fax 0--8 務 所 TL 0- 代 FX -8 務 所 TL 0- 代 FX -8 務 所 TL 0- 代 FX -8 務 所 TL 0- 代 FX -8 務 所 TL 0- 代 FX -8 務 所 TL 0- 代 FX -8 務 所 TL 0- 代 FX -8-0 -0-0 -0-0 -0-0

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63> 平 成 19 年 7 月 版 安 全 衛 生 チェックリスト 総 務 部 労 務 課 安 全 衛 生 係 学 部 名 棟 名 称 階 室 名 室 番 記 入 者 氏 名 記 入 日 該 当 記 入 文 字 : 対 応 済 項 目 マーク: 未 対 応 項 目 X マーク 第 1 章 実 験 室 等 の 安 全 衛 生 チェック 1. 化 学 物 質 ( 化 学 的 危 険 等 ) 等 を 取 り 扱

More information

工 事 の 施 工 のための 詳 細 図 等 をいう (17) JIS とは, 工 業 標 準 化 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 185 号 ) に 基 づく 日 本 工 業 規 格 をいう (18) JAS とは, 農 林 物 資 の 規 格 化 及 び 品 質 表 示 の 適 正 化 に

工 事 の 施 工 のための 詳 細 図 等 をいう (17) JIS とは, 工 業 標 準 化 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 185 号 ) に 基 づく 日 本 工 業 規 格 をいう (18) JAS とは, 農 林 物 資 の 規 格 化 及 び 品 質 表 示 の 適 正 化 に 資 料 -3 公 共 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 ( 建 築 工 事 編 ) 平 成 22 年 版 公 共 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 ( 建 築 工 事 編 ) 平 成 25 年 版 ( 案 ) 備 考 1 章 一 般 共 通 事 項 1 章 一 般 共 通 事 項 1 節 一 般 事 項 1.1.1 適 用 範 囲 (a) 公 共 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 ( 建 築

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F918B8CFB97705F93B9984888CA92758E7792E88AD68C57964097DF8F5720323030382E30342E30312E444F43>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F918B8CFB97705F93B9984888CA92758E7792E88AD68C57964097DF8F5720323030382E30342E30312E444F43> 一 般 配 布 用 鎌 ケ 谷 市 道 路 位 置 指 定 関 係 法 令 集 平 成 15 年 4 月 1 日 ( 平 成 20 年 4 月 1 日 一 部 改 訂 ) 鎌 ケ 谷 市 都 市 建 設 部 建 築 住 宅 課 Tel.047(445)1141( 内 )496 Fax.047(445)1400 目 次 1. 手 続 きの 流 れ 1 2. 添 付 書 類 2 3. 建 築 基 準 法

More information

○所沢市街づくり条例

○所沢市街づくり条例 所 沢 市 街 づくり 条 例 に 係 る 施 設 整 備 等 の 基 準 目 次 第 36 条 関 係 道 路 の 整 備 に 関 する 基 準 1 第 37 条 関 係 下 水 道 の 整 備 に 関 する 基 準 4 第 38 条 関 係 上 水 道 施 設 等 の 整 備 に 関 する 基 準 7 第 39 条 関 係 公 園 等 の 整 備 に 関 する 基 準 9 第 40 条 関 係

More information

瀬戸内市消防訓令第  号

瀬戸内市消防訓令第  号 〇 うるま 市 防 火 対 象 物 防 火 基 準 適 合 表 示 制 度 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は ホテル 旅 館 等 不 特 定 多 数 の 者 を 収 容 する 防 火 対 象 物 の 防 火 安 全 対 策 の 重 要 性 に 鑑 み 防 火 対 象 物 の 関 係 者 の 防 火 に 対 する 認 識 を 高 め 防 火 管 理 業 務 の 適 正 化

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7390EC8E7395979276926E8BE68FF097E182C98AEE82C382AD8B9689C282CC90528DB88AEE8F80>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7390EC8E7395979276926E8BE68FF097E182C98AEE82C382AD8B9689C282CC90528DB88AEE8F80> 市 川 市 風 致 地 区 条 例 に 基 づく 許 可 の 審 査 基 準 第 1 章 総 則 第 1 通 則 1 本 基 準 は 市 川 市 風 致 地 区 条 例 ( 以 下 条 例 という )に 基 づく 建 築 物 等 の 行 為 許 可 の 統 一 的 運 用 を 定 め 事 務 の 円 滑 な 処 理 を 図 ることを 目 的 とする 2 条 例 第 4 条 ただし 書 の 適 用 は

More information

確 認 申 請 確 認 申 請 確 認 申 請 確 認 申 請 確 認 申 請 添 付 図 面 添 付 図 面 添 付 図 面 添 付 図 面 -00 表 紙 -0 階 展 開 図 管 理 特 -Ⅰ 期 - 図 書 室 家 具 仕 様 書 - 階 平 面 図 ( 文 科 省 ) 構 造 -0 構 造

確 認 申 請 確 認 申 請 確 認 申 請 確 認 申 請 確 認 申 請 添 付 図 面 添 付 図 面 添 付 図 面 添 付 図 面 -00 表 紙 -0 階 展 開 図 管 理 特 -Ⅰ 期 - 図 書 室 家 具 仕 様 書 - 階 平 面 図 ( 文 科 省 ) 構 造 -0 構 造 本 安 真 紀 級 建 築 士 登 録 第 988 号 表 紙 No cale -00 確 認 申 請 確 認 申 請 確 認 申 請 確 認 申 請 確 認 申 請 添 付 図 面 添 付 図 面 添 付 図 面 添 付 図 面 -00 表 紙 -0 階 展 開 図 管 理 特 -Ⅰ 期 - 図 書 室 家 具 仕 様 書 - 階 平 面 図 ( 文 科 省 ) 構 造 -0 構 造 関 係 特

More information

( 注 意 ) 居 室 としての 利 用 が 予 想 されるものは 当 然 階 としてみなされる 小 屋 裏 物 置 等 は 室 内 からの 利 用 を 想 定 しており 外 部 から 利 用 するものは 認 められな い 以 下 のように 余 剰 空 間 を 意 図 的 に 作 った 場 合 は

( 注 意 ) 居 室 としての 利 用 が 予 想 されるものは 当 然 階 としてみなされる 小 屋 裏 物 置 等 は 室 内 からの 利 用 を 想 定 しており 外 部 から 利 用 するものは 認 められな い 以 下 のように 余 剰 空 間 を 意 図 的 に 作 った 場 合 は 9 面 積 高 さ 空 地 9-1 小 屋 裏 等 利 用 の 収 納 庫 法 第 92 条 令 第 2 条 次 の(1)から(5)まで 又 は(6)に 掲 げる 条 件 を 満 たす 場 合 は 階 とみなさず 床 面 積 にも 算 入 しない なお 当 該 小 屋 裏 物 置 等 の 面 積 が その 存 する 階 の 床 面 積 の1/8を 超 える 場 合 は 平 成 12 年 5 月 23

More information

(\215\\\221\2425\(24.4.1\).jww)

(\215\\\221\2425\(24.4.1\).jww) 上 田 市 位 置 指 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 42 条 第 1 項 第 5 号 の 規 定 により の 位 置 指 定 を 行 うについて 上 田 市 位 置 指 定 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という )により 定 められた 具 体 的 な 基 準 を 定 め

More information

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 衛 生 管 理 センター 適 正 管 理 計 画 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 アルミニウム 及 びその 化 合 物 TKフロック 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の

More information

18 18 18 18 18 18 18 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため 以 外 に 使 用 してはならない 図 又 は 完 成 図 の 作 成 のため

More information