目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学"

Transcription

1

2 目 次 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 教 育 目 標 人 材 養 成 上 の 目 的 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 香 川 大 学 医 学 部 開 設 科 目 に 係 る 欠 席 取 扱 い 申 合 せ GPAによる 成 績 評 価 について 附 属 病 院 における 実 習 中 の 学 生 の 針 刺 し 等 汚 染 事 故 発 生 時 の 対 応 について 平 成 8 年 度 行 事 予 定 表 平 成 8 年 度 授 業 時 間 割 表 (~6 年 次 生 用 ) ディプロマ ポリシー(DP)と DP コードについて シラバス 年 次 生 医 用 物 理 学 医 用 化 学 Ⅰ 医 科 生 物 学 微 分 積 分 学 医 用 統 計 学 医 療 心 理 学 医 学 概 論 早 期 体 験 学 習 早 期 医 学 実 習 Ⅰ 医 療 プロフェッショナリズムの 実 践 Ⅰ 国 際 交 流 活 動 年 次 生 医 用 化 学 Ⅱ 細 胞 生 物 学 自 然 科 学 実 習 ( 物 理 学 ) 自 然 科 学 実 習 ( 化 学 ) 自 然 科 学 実 習 ( 生 物 学 ) 分 子 遺 伝 学 分 子 生 物 学 医 療 プロフェッショナリズムの 実 践 Ⅱ 解 剖 学 Ⅰ 解 剖 学 Ⅱ 生 理 学 Ⅰ 生 理 学 Ⅱ 生 化 学 早 期 医 学 実 習 Ⅱ 医 療 心 理 学

3 3 年 次 生 医 学 英 語 Ⅰ 医 学 英 語 Ⅱ 内 分 泌 学 病 理 学 Ⅰ 病 理 学 Ⅱ 免 疫 学 薬 理 学 微 生 物 学 医 動 物 学 生 理 薬 理 実 習 臨 床 総 論 講 義 症 候 論 消 化 器 ユニット 脳 神 経 筋 骨 格 ユニット 精 神 神 経 ユニット 内 分 泌 代 謝 ユニット 麻 酔 ユニット 救 急 災 害 ユニット 放 射 線 ユニット 呼 吸 器 ユニット 循 環 器 ユニット 課 題 実 習 医 療 心 理 学 年 次 生 臨 床 英 語 衛 生 学 公 衆 衛 生 学 法 医 学 生 理 薬 理 実 習 呼 吸 器 ユニット 循 環 器 ユニット 膠 原 病 ユニット 生 殖 系 ユニット 小 児 科 ユニット 感 染 症 ユニット 腎 泌 尿 器 ユニット 血 液 系 ユニット 皮 膚 感 覚 系 ユニット PBLチュートリアル 年 次 生 児 童 精 神 医 学 Ⅱ 臨 床 病 理 検 討 会

4 医 療 管 理 学 診 断 学 6 年 次 生 医 療 総 合 講 義 87 9 講 義 実 習 時 間 割 表 年 次 生 年 次 生 3 年 次 生 4 年 次 生 5 年 次 生 6 年 次 生

5 香 川 大 学 医 学 部 の 基 本 理 念 世 界 に 通 ずる 医 学 及 び 看 護 学 の 教 育 研 究 を 目 指 す 人 間 性 の 豊 かな 医 療 人 並 びに 医 学 及 び 看 護 学 の 研 究 者 を 養 成 する 3 医 学 及 び 看 護 学 の 進 歩 並 びに 人 類 の 福 祉 に 貢 献 すると 共 に 地 域 医 療 の 充 実 発 展 に 寄 与 する 教 育 目 標 医 学 に 関 する 問 題 を 的 確 に 把 握 し その 問 題 を 自 主 的 積 極 的 かつ 総 合 的 に 解 決 するために 必 要 な 基 本 的 知 識 及 び 基 本 的 技 術 を 修 得 する 生 涯 を 通 じて 自 己 学 習 する 基 本 的 態 度 習 慣 を 身 につけ 自 らを 正 しく 評 価 できる 客 観 的 判 断 能 力 を 養 う 3 医 療 を 単 に 疾 病 の 治 療 として 把 握 するにとどまらず 予 防 リハビリテ-ションをも 含 む 包 括 的 なものとしてとらえ その 背 景 にある 精 神 的 社 会 的 諸 問 題 と 関 係 づけて 考 える 総 合 的 な 視 野 を 養 う 人 材 養 成 上 の 目 的 幅 広 い 教 養 と 高 い 倫 理 観 を 備 えた 人 間 性 豊 かな 医 師 医 学 研 究 者 を 育 成 する 自 ら 課 題 を 探 求 し それを 解 決 できる 高 度 な 専 門 知 識 と 技 術 科 学 的 思 考 力 判 断 力 をもっ た 医 師 医 学 研 究 者 を 育 成 する 3 地 域 に 根 ざした 医 療 人 として 地 域 医 療 に 貢 献 し かつ 地 域 における 医 学 医 療 の 中 核 として の 指 導 的 役 割 を 担 うことのできる 医 師 医 学 研 究 者 を 育 成 する 4 国 際 交 流 や 国 際 貢 献 のための 幅 広 いコミュニケ-ション 能 力 と 国 際 的 視 野 を 持 った 医 師 医 学 研 究 者 を 育 成 する -- ()

6 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 ( 趣 旨 ) 香 川 大 学 医 学 部 履 修 要 項 第 この 要 項 は 香 川 大 学 学 則 ( 以 下 学 則 という ) 香 川 大 学 医 学 部 規 程 及 び 香 川 大 学 追 試 験 及 び 再 試 験 に 関 する ( 趣 旨 ) 規 則 に 定 めるもののほか 履 修 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 める 第 この 要 項 は 香 川 大 学 学 則 ( 以 下 学 則 という ) 香 川 大 学 医 学 部 規 程 及 び 香 川 大 学 追 ( 授 業 科 目 等 ) 試 験 及 び 再 試 験 に 関 する 規 則 に 定 めるもののほか 履 修 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 める 第 開 設 する 授 業 科 目 単 位 数 及 び 履 修 年 次 は 医 学 科 にあっては 別 表 看 護 学 科 にあっては 別 表 のとおりとする ( 授 業 科 目 等 ) ただし 必 要 がある 場 合 には 教 授 会 の 議 を 経 て 各 年 次 配 当 及 び 単 位 数 を 変 更 することがある 第 開 設 する 授 業 科 目 単 位 数 及 び 履 修 は 医 学 科 にあっては 別 表 看 護 学 科 にあって ( 授 業 科 目 の 履 修 ) は 別 表 のとおりとする ただし 必 要 がある 場 合 には 教 授 会 の 議 を 経 て 各 年 次 配 当 及 び 単 第 3 授 業 科 目 は 原 則 として 別 表 及 び 別 表 に 定 める 年 次 配 当 順 に 履 修 するものとする 位 数 を 変 更 することがある 学 生 は 別 表 又 は 別 表 に 掲 げる 授 業 科 目 を 履 修 しようとするときは 履 修 届 を 所 定 の 期 日 までに 総 務 課 学 務 室 ( 以 下 ( 授 業 科 目 の 履 修 ) 学 務 室 という )に 提 出 しなければならない 第 3 授 業 科 目 は 原 則 として 別 表 及 び 別 表 に 定 める 年 次 配 当 順 に 履 修 するものとする 3 前 項 の 履 修 届 を 提 出 したのち 履 修 すべき 授 業 科 目 の 変 更 又 は 取 消 しをする 場 合 は 履 修 科 目 変 更 ( 取 消 ) 届 を 所 定 の 学 生 は 別 表 又 は 別 表 に 掲 げる 授 業 科 目 を 履 修 しようとするときは 履 修 届 を 所 定 の 期 日 期 日 までに 学 務 室 に 提 出 しなければならない までに 総 課 学 務 室 ( 以 下 学 務 室 という )に 提 出 しなければならない 4 医 学 科 の 学 生 は 臨 床 実 習 開 始 前 の 学 生 評 価 のための 共 用 試 験 (CBT 及 びOSCE)( 以 下 共 用 試 験 という ) に 合 格 3 前 項 の 履 修 届 を 提 出 したのち 履 修 すべき 授 業 科 目 の 変 更 又 は 取 消 しをする 場 合 は 履 修 科 し 一 般 社 団 法 人 全 国 医 学 部 長 病 院 長 会 議 からStudent Doctorに 認 定 されなければ 医 学 実 習 Ⅰ 及 び 医 学 実 習 Ⅱを 目 変 更 ( 取 消 ) 届 を 所 定 の 期 日 までに 学 務 室 に 提 出 しなければならない 履 修 できない 4 医 学 科 の 学 生 は 臨 床 実 習 開 始 前 の 学 生 評 価 のための 共 用 試 験 (CBT 及 び OSCE)( 以 下 共 用 ( 単 位 の 認 定 ) 試 験 という ) に 合 格 し 一 般 社 団 法 人 全 国 医 学 部 長 病 院 長 会 議 から Student Doctor に 認 第 4 履 修 した 授 業 科 目 については 試 験 又 はその 他 の 審 査 を 行 い 合 格 した 科 目 について 所 定 の 単 位 を 認 定 する また 定 されなければ 医 学 実 習 Ⅰ 及 び 医 学 実 習 Ⅱを 履 修 できない 学 年 以 上 にまたがる 科 目 については それぞれ 履 修 途 中 における 学 年 末 に 履 修 段 階 判 定 を 行 うことがある ( 単 位 の 認 定 ) ( 試 験 ) 第 4 履 修 した 授 業 科 目 については 試 験 又 はその 他 の 審 査 を 行 い 合 格 した 科 目 について 所 定 第 5 試 験 は 定 期 試 験 追 試 験 及 び 再 試 験 とする の 単 位 を 認 定 する また 学 年 以 上 にまたがる 科 目 については それぞれ 履 修 途 中 における 定 期 試 験 は 原 則 として 学 期 未 に 一 定 の 期 間 を 定 めて 行 う 学 年 末 に 履 修 段 階 判 定 を 行 うことがある 3 追 試 験 は 定 期 試 験 終 了 後 に 再 試 験 は 定 期 試 験 及 び 追 試 験 終 了 後 に 期 間 を 定 めて 行 う ( 試 験 ) 4 前 項 に 定 める 試 験 のほか 担 当 教 員 は 学 習 成 果 の 評 価 を 随 時 に 行 うことができる 第 5 試 験 は 定 期 試 験 追 試 験 及 び 再 試 験 とする 5 医 学 科 の 学 生 は 学 部 開 設 科 目 の 講 義 については 時 間 数 の3 分 の 以 上 実 験 及 び 実 習 については 原 則 としてすべて 定 期 試 験 は 原 則 として 学 期 未 に 一 定 の 期 間 を 定 めて 行 う 出 席 しなければその 授 業 科 目 の 試 験 を 受 けることができない 3 追 試 験 は 定 期 試 験 終 了 後 に 再 試 験 は 定 期 試 験 及 び 追 試 験 終 了 後 に 期 間 を 定 めて 行 う 6 看 護 学 科 の 学 生 は 学 部 開 設 科 目 の 講 義 及 び 演 習 については3 分 の 以 上 臨 地 実 習 については5 分 の4 以 上 出 席 し 4 前 項 に 定 める 試 験 のほか 担 当 教 員 は 学 習 成 果 の 評 価 を 随 時 に 行 うことができる なければその 授 業 科 目 の 試 験 を 受 けることができない 5 医 学 科 の 学 生 は 学 部 開 設 科 目 の 講 義 については 時 間 数 の3 分 の 以 上 実 験 及 び 実 習 につ 7 次 の 各 号 のいずれかの 事 由 により 定 期 試 験 に 欠 席 した 者 に 対 しては 追 試 験 を 行 う いては 原 則 としてすべて 出 席 しなければその 授 業 科 目 の 試 受 けることができない () 天 災 その 他 の 非 常 災 害 ( 事 由 書 添 付 ) 6 看 護 学 科 の 学 生 は 学 部 開 設 科 目 の 講 義 及 び 演 習 については3 分 の 以 上 臨 地 実 習 について () 交 通 機 関 の 突 発 事 故 ( 事 由 書 添 付 ) は5 分 の4 以 上 出 席 しなければその 授 業 科 目 の 試 験 を 受 けることができない (3) 負 傷 又 は 疾 病 ( 医 師 の 診 断 書 添 付 ) 7 次 の 各 号 のいずれかの 事 由 により 定 期 試 験 に 欠 席 した 者 に 対 しては 追 試 験 を 行 う (4) 3 親 等 内 の 親 族 の 死 亡 による 忌 引 き( 事 由 書 添 付 ) () 天 災 その 他 の 非 常 災 害 ( (5) 就 職 試 験 の 受 験 ( 事 由 書 添 付 ) () 交 通 機 関 の 突 発 事 故 ( 事 由 書 添 付 ) (6) その 他 医 学 部 長 が 相 当 と 認 める 事 由 ( 事 由 書 添 付 ) (3) 負 傷 又 は 疾 病 ( 医 師 の 診 断 書 添 付 ) 8 前 項 による 追 試 験 の 許 可 を 受 けようとする 者 は 欠 席 した 試 験 が 行 われた 日 の 翌 日 から 起 算 して7 日 以 内 に 前 項 各 号 (4) 3 親 等 内 の 親 族 の 死 亡 による 忌 引 き( 事 由 書 添 付 ) に 掲 げる 書 類 を 添 えて 医 学 部 長 に 願 い 出 なければならない (5) 就 職 試 験 の 受 験 ( 事 由 書 添 付 ) 9 再 試 験 は 定 期 試 験 又 は 追 試 験 を 受 験 し 不 合 格 になった 場 合 願 い 出 により 科 目 担 当 教 員 の 承 認 を 得 て 受 けること (6) その 他 医 学 部 長 が 相 当 と 認 める 事 由 ( 事 由 書 添 付 ) ができる 8 前 項 による 追 試 験 の 許 可 を 受 けようとする 者 は 欠 席 した 試 験 が 行 われた 日 の 翌 日 から 起 算 ( 成 績 の 評 価 ) して7 日 以 内 に 前 項 各 号 に 掲 げる 書 類 を 添 えて 医 学 部 長 に 願 い 出 なければならない 第 6 成 績 の 評 価 は 次 表 のとおりの 評 点 及 び 評 語 をもって 表 し 秀 優 良 又 は 可 を 合 格 不 可 を 不 合 格 とする 9 再 試 験 は 定 期 試 験 又 は 追 試 験 を 受 験 し 不 合 格 になった 場 合 願 い 出 により 科 目 担 当 教 員 評 点 評 語 の 承 認 を 得 て 受 けることができる 90 点 以 上 秀 ( 成 績 の 評 価 ) 80 第 点 6 以 上 成 90 績 点 の 未 評 満 価 は 次 表 のとおりの 優 評 点 及 び 評 語 をもって 表 し 秀 優 良 又 は 可 を 合 格 不 70 点 可 以 を 上 不 80 合 点 格 未 とする 満 60 点 以 上 70 点 未 満 良 可 評 点 評 語 60 点 90 未 点 満 以 上 不 可 秀 ただし 80 点 以 医 上 学 90 実 習 点 II 未 課 満 題 実 習 早 期 医 学 実 習 国 際 交 流 活 動 はこれらの 評 点 及 優 び 評 語 によらず 合 格 のときは 了 と 評 価 することができる 70 点 以 上 80 点 未 満 良 再 試 験 の 評 価 は 可 を 限 度 とする 60 点 以 上 70 点 未 満 可 3 か 年 以 上 の 年 次 にわたって 開 講 する 科 目 については その 途 中 の 各 年 次 ごとに 合 又 は 否 の 履 修 段 階 判 定 を 行 うこと 60 点 未 満 不 可 ができる ( 医 学 科 の 履 修 段 階 判 定 及 び 進 級 判 定 ) 第 7 年 次 末 において 当 該 年 次 に 履 修 すべき 授 業 科 目 等 に 不 合 格 となった 授 業 科 目 がある 場 合 は 年 次 に 進 級 でき -- ()

7 ただし 医 学 実 習 II 課 題 実 習 早 期 医 学 実 習 Ⅰ 早 期 医 学 実 習 Ⅱ 国 際 交 流 活 動 はこれら の 評 点 及 び 評 語 によらず 合 格 のときは 了 と 評 価 することができる 再 試 験 の 合 格 者 の 評 価 は 原 則 として 可 とする 3 か 年 以 上 の 年 次 にわたって 開 講 する 科 目 については その 途 中 の 各 年 次 ごとに 合 又 は 否 の 履 修 段 階 判 定 を 行 うことができる 4 成 績 の 評 価 に 疑 義 がある 場 合 は 成 績 調 査 依 頼 ができる ( 医 学 科 の 履 修 段 階 判 定 及 び 進 級 判 定 ) 第 7 年 次 末 において 当 該 年 次 に 履 修 すべき 授 業 科 目 等 に 不 合 格 となった 授 業 科 目 がある 場 合 は 年 次 に 進 級 できない ただし 不 合 格 科 目 が 全 学 共 通 科 目 のみのときは 進 級 できる 年 次 末 において 当 該 年 次 に 履 修 すべき 授 業 科 目 等 に 不 合 格 となった 授 業 科 目 がある 場 合 は 3 年 次 に 進 級 できない ただし 不 合 格 科 目 が 全 学 共 通 科 目 のみのときは 進 級 できる 3 3 年 次 末 において 当 該 年 次 に 履 修 すべき 授 業 科 目 等 に 不 合 格 又 は 否 となった 授 業 科 目 があ る 場 合 は 4 年 次 に 進 級 できない 全 学 共 通 科 目 についても 所 定 の 単 位 以 上 修 得 していない 場 合 は 進 級 できない 4 4 年 次 末 において 当 該 年 次 に 履 修 すべき 授 業 科 目 等 に 不 合 格 若 しくは 否 となった 授 業 科 目 がある 場 合 又 は 共 用 試 験 に 不 合 格 となった 場 合 は 5 年 次 に 進 級 できない 5 5 年 次 末 において 当 該 年 次 に 履 修 すべき 授 業 科 目 等 に 不 合 格 若 しくは 否 となった 授 業 科 目 がある 場 合 は 6 年 次 に 進 級 できない ( 看 護 学 科 の 進 級 判 定 ) 第 8 各 学 年 次 末 において 該 当 学 年 次 末 までに 履 修 しなければならない 必 修 科 目 について 不 合 格 となった 授 業 科 目 がある 場 合 は 進 級 できない ただし 年 次 末 において 全 学 共 通 科 目 は 進 級 判 定 から 除 くものとし 年 次 末 までに 修 得 しなければならない 3 年 次 未 において 年 次 から3 年 次 までに 履 修 しなければならない 選 択 科 目 について 所 定 の 単 位 以 上 修 得 していない 場 合 は 進 級 できない 3 3 年 次 編 入 学 生 については 前 項 の 規 定 は 適 用 しない ( 成 績 の 認 定 ) 第 9 成 績 の 総 合 認 定 は 教 授 会 において 審 議 する ( 再 履 修 ) 第 年 次 に 留 め 置 かれた 場 合 は 不 合 格 又 は 否 となった 授 業 科 目 ( 実 習 を 含 む ) を 再 履 修 するものとする ただし 選 択 科 目 については 該 当 する 授 業 科 目 のうちから 再 履 修 す るものとする 前 項 の 再 履 修 の 方 法 は 担 当 教 員 の 指 示 による ( 聴 講 ) 第 既 に 合 格 となった 授 業 科 目 の 聴 講 を 希 望 する 者 は 当 該 授 業 科 目 担 当 教 員 に 聴 講 願 を 出 して 許 可 を 得 た 上 で 講 義 を 聴 講 することができる なお 聴 講 できる 授 業 科 目 は 聴 講 する 学 生 の 該 当 する 学 年 次 以 下 において 開 講 されている 授 業 科 目 とする ( 試 験 における 不 正 行 為 ) 第 試 験 において 不 正 行 為 があったときは 教 授 会 の 議 を 経 て 次 のとおり 措 置 する () 不 正 行 為 があった 学 期 のすべての 授 業 科 目 の 成 績 を 無 効 とし 原 級 に 留 め 置 く () 不 正 行 為 について 反 省 が 認 められない 場 合 は ()の 措 置 に 加 えて 学 則 第 84 条 により 懲 戒 する (その 他 ) 第 3 その 他 この 履 修 要 項 の 定 めにより 処 理 し 難 い 事 項 及 び 不 合 理 な 事 例 が 生 じた 場 合 は 学 務 委 員 会 の 議 を 経 て 処 理 する 附 則 この 要 項 は 平 成 6 年 4 月 日 から 施 行 する 平 成 5 年 9 月 30 日 に 香 川 医 科 大 学 ( 以 下 旧 香 川 医 科 大 学 という )に 在 学 し かつ 平 成 6 年 3 月 3 日 に 旧 香 川 医 科 大 学 に 在 学 する 者 ( 以 下 在 学 者 という ) 及 び 在 学 者 の 属 する 年 次 に 編 入 学 等 する 者 が 在 学 しなくなるまでの 間 旧 香 川 医 科 大 学 を 卒 業 するために 必 要 と -3-

8 される 教 育 課 程 その 他 教 育 に 必 要 な 事 項 は 旧 香 川 医 科 大 学 の 医 学 部 規 程 その 他 の 規 程 等 の 定 めるところによる 附 則 この 要 項 は 平 成 7 年 3 月 日 から 施 行 する ただし 改 正 後 の 要 項 第 4 及 び 別 表 につい ては 平 成 7 年 4 月 日 から 施 行 する 附 則 この 要 項 は 平 成 8 年 4 月 日 から 施 行 する 附 則 この 要 項 は 平 成 9 年 4 月 日 から 施 行 する 附 則 この 要 項 は 平 成 0 年 4 月 日 から 施 行 する 附 則 この 要 項 は 平 成 年 4 月 日 から 施 行 する ただし 平 成 年 3 月 3 日 以 前 に 入 学 した 学 生 については なお 従 前 の 例 による 附 則 この 要 項 は 平 成 年 0 月 日 から 施 行 する 附 則 この 要 項 は 平 成 3 年 4 月 日 から 施 行 する 附 則 この 要 項 は 平 成 4 年 4 月 日 から 施 行 する ただし 平 成 3 年 3 月 3 日 以 前 に 入 学 した 学 生 については なお 従 前 の 例 による 附 則 この 要 項 は 平 成 4 年 4 月 日 から 施 行 する ただし 平 成 3 年 3 月 3 日 以 前 に 入 学 した 学 生 については なお 従 前 の 例 による 附 則 この 要 項 は 平 成 4 年 4 月 日 から 施 行 する 附 則 この 要 項 は 平 成 5 年 4 月 日 から 施 行 する ただし 平 成 5 年 3 月 3 日 以 前 に 入 学 した 学 生 については なお 従 前 の 例 による 附 則 この 要 項 は 平 成 5 年 4 月 日 から 施 行 する 附 則 この 要 項 は 平 成 5 年 4 月 日 から 施 行 する 附 則 この 要 項 は 平 成 6 年 4 月 日 から 施 行 する ただし 平 成 6 年 3 月 3 日 以 前 に 入 学 した 学 生 については なお 従 前 の 例 による 附 則 この 要 項 は 平 成 6 年 4 月 日 から 施 行 する ただし 平 成 6 年 3 月 3 日 以 前 に 入 学 した 学 生 については なお 従 前 の 例 による 附 則 この 要 項 は 平 成 7 年 4 月 日 から 施 行 する ただし 平 成 7 年 3 月 3 日 以 前 に 入 学 した 学 生 については なお 従 前 の 例 による 附 則 この 要 項 は 平 成 8 年 4 月 日 から 施 行 する 附 則 この 要 項 は 平 成 8 年 4 月 日 から 施 行 する ただし 平 成 8 年 3 月 3 日 以 前 に 入 学 した 学 生 については なお 従 前 の 例 による -4-

9 別 表 ( 平 成 8 年 度 入 学 ~) 全 学 共 通 科 目 専 門 基 礎 科 目 早 期 医 学 学 学 際 医 基 礎 医 学 社 学 会 医 授 業 科 目 等 単 位 数 年 次 主 題 科 目 A 主 題 科 目 B 主 題 科 目 C- 講 義 型 科 目 主 題 科 目 C- 実 践 型 科 目 4 単 位 以 上 修 得 ( 単 位 )( 注 ) ( 単 位 )( 注 ) 6 単 位 以 上 修 得 学 問 基 礎 科 目 4 単 位 以 上 修 得 高 学 年 向 け 教 養 科 目 ( 単 位 )( 注 ) 年 次 大 学 入 門 ゼミ 情 報 リテラシー コミュニケーション 科 目 既 修 外 国 語 5 4 初 修 外 国 語 4 4 健 康 スホ -ツ 実 技 医 用 物 理 学 医 用 化 学 I 医 用 化 学 II 医 科 生 物 学 細 胞 生 物 学 自 然 科 学 実 習 微 分 積 分 学 医 用 統 計 学 分 子 遺 伝 学 分 子 生 物 学 医 療 心 理 学 医 学 概 論 早 期 体 験 学 習 医 療 プロフェッショナリズムの 実 践 I 医 療 プロフェッショナリズムの 実 践 II 早 期 医 学 実 習 I 早 期 医 学 実 習 II 医 学 英 語 I 医 学 英 語 II 国 際 交 流 活 動 解 剖 学 生 理 学 生 化 学 内 分 泌 学 病 理 学 免 疫 学 薬 理 学 生 理 薬 理 実 習 微 生 物 学 医 動 物 学 衛 生 学 公 衆 衛 生 学 法 医 学 履 修 年 次 3 年 次 4 年 次 年 次 6 年 次 単 位 修 得 備 単 位 修 得 単 位 修 得 5 単 位 以 上 修 得 4 単 位 以 上 修 得 単 位 修 得 必 修 必 修 自 由 必 修 自 由 必 修 必 修 考 単 位 以 上 修 得 9 単 位 以 上 修 得 -5-

10 別 表 ( 平 成 8 年 度 入 学 ~) 統 合 講 義 等 臨 床 医 学 授 業 科 目 等 小 児 外 科 学 麻 酔 学 救 急 災 害 医 学 歯 科 口 腔 外 科 学 内 分 泌 代 謝 臨 床 検 査 医 学 総 合 診 療 医 学 地 域 医 療 学 児 童 精 神 医 学 漢 方 医 学 臨 床 病 理 検 討 会 単 位 数 年 次 年 次 履 修 年 次 3 年 次 4 年 次 5 年 次 6 年 次 臨 床 総 論 講 義 症 候 論 PBLチュートリアル 消 化 器 ユニット 循 環 器 ユニット 呼 吸 器 ユニット 腎 泌 尿 器 ユニット 小 児 科 ユニット 脳 神 経 筋 骨 格 ユニット 精 神 神 経 ユニット 生 殖 系 ユニット 内 分 泌 代 謝 ユニット 血 液 系 ユニット 膠 原 病 ユニット 皮 膚 感 覚 系 ユニット 麻 酔 ユニット 救 急 災 害 ユニット 感 染 症 ユニット 放 射 線 ユニット 課 題 実 習 医 学 実 習 Ⅰ 内 科 学 3 小 児 科 学 精 神 神 経 医 学 皮 膚 科 学 放 射 線 科 学 放 射 線 腫 瘍 学 外 科 学 3 脳 神 経 外 科 学 整 形 外 科 学 形 成 外 科 学 泌 尿 器 科 学 眼 科 学 耳 鼻 咽 喉 科 学 周 産 期 学 婦 人 科 学 医 療 管 理 学 診 断 学 医 学 実 習 Ⅱ 医 療 総 合 講 義 計 卒 業 要 件 88 単 位 以 上 ( 注 ) ( ) 内 の 単 位 数 を 上 限 として 卒 業 要 件 単 位 数 の 単 位 として 認 定 する 附 則 この 要 項 は 平 成 8 年 4 月 日 から 施 行 する ただし 平 成 8 年 3 月 3 日 以 前 に 入 学 した 学 生 について は なお 従 前 の 例 による 必 修 必 修 備 考 -6-

11 別 表 ( 平 成 7 年 度 入 学 ~) 全 学 共 通 科 目 専 門 基 礎 科 目 早 期 医 学 学 学 際 医 基 礎 医 学 社 学 会 医 授 業 科 目 等 主 題 科 目 A 主 題 科 目 B 学 問 基 礎 科 目 コミュニケーション 科 目 高 学 年 向 け 教 養 科 目 医 用 物 理 学 医 用 化 学 I 医 用 化 学 II 医 科 生 物 学 細 胞 生 物 学 自 然 科 学 実 習 微 分 積 分 学 医 用 統 計 学 分 子 遺 伝 学 分 子 生 物 学 医 療 心 理 学 医 学 概 論 早 期 体 験 学 習 年 次 年 次 大 学 入 門 ゼミ 情 報 リテラシー 既 修 外 国 語 5 4 初 修 外 国 語 4 4 健 康 スホ -ツ 実 技 医 療 プロフェッショナリズムの 実 践 I 医 療 プロフェッショナリズムの 実 践 II 早 期 医 学 実 習 I 早 期 医 学 実 習 II 医 療 と 法 規 医 学 英 語 I 医 学 英 語 II 国 際 交 流 活 動 解 剖 学 生 理 学 生 化 学 内 分 泌 学 病 理 学 免 疫 学 薬 理 学 生 理 薬 理 実 習 微 生 物 学 医 動 物 学 衛 生 学 公 衆 衛 生 学 法 医 学 単 位 数 履 修 年 次 3 年 次 4 年 次 5 年 次 6 年 次 自 由 必 修 自 由 必 修 必 修 6 単 位 以 上 修 得 4 単 位 以 上 修 得 単 位 修 得 単 位 修 得 5 単 位 以 上 修 得 4 単 位 以 上 修 得 単 位 修 得 必 修 必 修 備 単 位 修 得 考 単 位 以 上 修 得 9 単 位 以 上 修 得 -7-

12 別 表 ( 平 成 7 年 度 入 学 ~) 統 合 講 義 等 臨 床 医 学 授 業 科 目 等 臨 床 総 論 講 義 症 候 論 消 化 器 ユニット 循 環 器 ユニット 呼 吸 器 ユニット 腎 泌 尿 器 ユニット 小 児 科 ユニット 脳 神 経 筋 骨 格 ユニット 脳 神 経 外 科 学 整 形 外 科 学 形 成 外 科 学 泌 尿 器 科 学 眼 科 学 耳 鼻 咽 喉 科 学 単 位 数 年 次 年 次 履 修 年 次 3 年 次 4 年 次 精 神 神 経 ユニット 生 殖 系 ユニット 内 分 泌 代 謝 ユニット 血 液 系 ユニット アレルギー 膠 原 病 ユニット 皮 膚 感 覚 系 ユニット 麻 酔 救 急 ユニット 感 染 症 ユニット 放 射 線 ユニット 課 題 実 習 医 学 実 習 Ⅰ 4 内 科 学 3 小 児 科 学 精 神 神 経 医 学 皮 膚 科 学 放 射 線 科 学 放 射 線 腫 瘍 学 外 科 学 3 周 産 期 学 婦 人 科 学 小 児 外 科 学 麻 酔 学 救 急 災 害 医 学 歯 科 口 腔 外 科 学 臨 床 検 査 医 学 総 合 診 療 医 学 地 域 医 療 学 児 童 精 神 医 学 漢 方 医 学 臨 床 病 理 検 討 会 医 療 管 理 学 診 断 学 医 学 実 習 Ⅱ 医 療 総 合 講 義 計 5 年 次 6 年 次 8 8 備 考 必 修 必 修 卒 業 要 件 88 単 位 以 上 附 則 この 要 項 は 平 成 7 年 4 月 日 から 施 行 する ただし 平 成 7 年 3 月 3 日 以 前 に 入 学 した 学 生 につ は なお 従 前 の 例 による -8-

13 別 表 ( 平 成 6 年 度 入 学 ~) 全 学 共 通 科 目 専 門 基 礎 科 目 早 期 医 学 学 際 医 学 基 礎 医 学 社 会 医 学 授 業 科 目 等 単 位 数 年 次 主 題 科 目 A 単 位 修 得 主 題 科 目 B 6 単 位 以 上 修 得 学 問 基 礎 科 目 4 単 位 以 上 修 得 大 学 入 門 ゼミ 単 位 修 得 情 報 リテラシー 単 位 修 得 コミュニケーション 科 目 既 修 外 国 語 単 位 以 上 修 得 初 修 外 国 語 単 位 以 上 修 得 健 康 スホ -ツ 実 技 単 位 修 得 高 学 年 向 け 教 養 科 目 医 用 物 理 学 医 用 化 学 I 医 用 化 学 II 医 科 生 物 学 細 胞 生 物 学 自 然 科 学 実 習 必 修 微 分 積 分 学 医 用 統 計 学 分 子 遺 伝 学 分 子 生 物 学 医 療 心 理 学 医 学 概 論 早 期 体 験 学 習 医 療 プロフェッショナルの 実 践 Ⅰ 必 修 医 療 プロフェッショナルの 実 践 II 早 期 医 学 実 習 自 由 医 学 英 語 I 医 学 英 語 II 必 修 国 際 交 流 活 動 自 由 解 剖 学 6 6 生 理 学 4 4 生 化 学 内 分 泌 学 病 理 学 4 4 免 疫 学 必 修 薬 理 学 生 理 薬 理 実 習 微 生 物 学 医 動 物 学 衛 生 学 公 衆 衛 生 学 必 修 法 医 学 年 次 履 修 年 次 3 年 次 4 年 次 5 年 次 6 年 次 備 考 単 位 以 上 修 得 9 単 位 以 上 修 得 -9-

14 別 表 ( 平 成 6 年 度 入 学 ~) 統 合 講 義 等 臨 床 医 学 授 業 科 目 等 単 位 数 年 次 年 次 履 修 年 次 臨 床 総 論 講 義 症 候 論 消 化 器 ユニット 3 3 循 環 器 ユニット 3 3 呼 吸 器 ユニット 3 3 腎 泌 尿 器 ユニット 小 児 科 ユニット 3 3 神 経 筋 骨 格 ユニット 3 3 精 神 神 経 ユニット 3 3 生 殖 系 ユニット 内 分 泌 代 謝 ユニット 3 3 血 液 系 ユニット アレルギー 膠 原 病 ユニット 皮 膚 感 覚 系 ユニット 4 4 麻 酔 救 急 ユニット 感 染 症 ユニット 放 射 線 ユニット 課 題 実 習 医 学 実 習 Ⅰ 4 4 内 科 学 小 児 科 学 精 神 神 経 医 学 皮 膚 科 学 放 射 線 科 学 放 射 線 腫 瘍 学 外 科 学 脳 神 経 外 科 学 整 形 外 科 学 形 成 外 科 学 泌 尿 器 科 学 眼 科 学 耳 鼻 咽 喉 科 学 周 産 期 学 婦 人 科 学 小 児 外 科 学 麻 酔 学 救 急 災 害 医 学 歯 科 口 腔 外 科 学 臨 床 検 査 医 学 総 合 診 療 医 学 地 域 医 療 学 児 童 精 神 医 学 漢 方 医 学 臨 床 病 理 検 討 会 医 療 管 理 学 診 断 学 医 学 実 習 Ⅱ 8 8 医 療 総 合 講 義 計 3 年 次 4 年 次 5 年 次 6 年 次 備 考 必 修 必 修 卒 業 要 件 88 単 位 以 上 -0-

15 別 表 ( 平 成 5 年 度 入 学 ~) 授 業 科 目 等 単 位 数 年 次 年 次 履 修 年 次 3 年 次 4 年 次 5 年 次 6 年 次 備 考 全 学 共 通 科 目 主 題 科 目 A 主 題 科 目 B 学 問 基 礎 科 目 コミュニケーション 科 目 単 位 修 得 単 位 以 上 修 得 単 位 以 上 修 得 大 学 入 門 ゼミ 単 位 修 得 情 報 リテラシー 単 位 修 得 既 修 外 国 語 単 位 以 上 修 得 初 修 外 国 語 単 位 以 上 修 得 4 単 位 以 上 修 得 9 単 位 以 上 修 得 健 康 スホ -ツ 実 技 単 位 修 得 高 学 年 向 け 教 養 科 目 医 用 物 理 学 Ⅰ 医 用 物 理 学 Ⅱ 医 用 化 学 生 命 物 質 化 学 専 門 基 礎 科 目 生 命 有 機 化 学 医 科 生 物 学 基 礎 細 胞 生 物 科 学 形 態 機 能 生 物 学 自 然 科 学 実 習 必 修 微 分 積 分 学 医 用 統 計 学 分 子 遺 伝 学 分 子 生 物 学 児 童 精 神 医 学 Ⅰ 早 期 医 学 医 学 概 論 早 期 体 験 学 習 早 期 医 学 実 習 必 修 自 由 総 合 医 保 療 健 学 福 祉 世 紀 の 社 会 環 境 と 医 学 医 療 保 健 指 導 福 祉 カウンセリンク チーム 医 療 の 基 礎 児 童 精 神 医 学 Ⅱ ホ ランティア 体 験 学 習 必 修 自 由 学 際 医 学 医 学 英 語 臨 床 英 語 国 際 交 流 活 動 必 修 自 由 基 礎 医 学 系 基 礎 医 学 臨 床 基 礎 医 学 解 剖 学 6 6 生 理 学 4 4 生 化 学 内 分 泌 学 病 理 学 4 4 免 疫 学 薬 理 学 微 生 物 学 必 修 医 動 物 学 --

16 授 業 科 目 等 単 位 数 年 次 年 次 履 修 年 次 3 年 次 4 年 次 5 年 次 6 年 次 備 考 社 会 医 学 統 合 講 義 等 臨 床 医 学 衛 生 学 公 衆 衛 生 学 法 医 学 神 経 系 運 動 器 ( 筋 骨 格 ) 系 精 神 系 6 6 内 分 泌 栄 養 代 謝 系 3 3 循 環 器 系 腎 尿 路 系 6 6 感 染 症 血 液 造 血 器 リンパ 系 免 疫 アレルギー 疾 患 4 4 呼 吸 器 系 3 3 消 化 器 系 3 3 生 殖 機 能 妊 娠 と 分 娩 乳 房 成 長 と 発 達 3 3 皮 膚 系 眼 視 覚 系 耳 鼻 咽 喉 口 腔 系 4 4 臨 床 総 論 講 義 3 3 生 理 薬 理 実 習 課 題 実 習 医 学 実 習 Ⅰ 7 7 内 科 学 小 児 科 学 精 神 神 経 医 学 皮 膚 科 学 放 射 線 科 学 放 射 線 腫 瘍 学 外 科 学 脳 神 経 外 科 学 整 形 外 科 学 形 成 外 科 学 泌 尿 器 科 学 眼 科 学 耳 鼻 咽 喉 科 学 周 産 期 学 婦 人 科 学 小 児 外 科 学 麻 酔 学 救 急 災 害 医 学 歯 科 口 腔 外 科 学 臨 床 検 査 医 学 総 合 診 療 医 学 地 域 医 療 学 臨 床 病 理 検 討 会 医 療 管 理 学 診 断 学 医 学 実 習 Ⅱ 4 4 医 療 総 合 講 義 計 必 修 必 修 必 修 卒 業 要 件 88 単 位 以 上 --

17 別 表 ( 平 成 4 年 度 入 学 ~) 授 業 科 目 等 単 位 数 年 次 年 次 履 修 年 次 3 年 次 4 年 次 5 年 次 6 年 次 備 考 基 礎 医 学 系 全 学 共 通 科 目 専 門 基 礎 科 目 早 期 医 学 総 合 医 保 療 健 学 福 祉 学 際 医 学 社 会 医 学 基 礎 医 学 臨 床 基 礎 医 学 主 題 科 目 A 単 位 修 得 主 題 科 目 B 単 位 以 上 修 得 学 問 基 礎 科 目 単 位 以 上 修 得 大 学 入 門 ゼミ 単 位 修 得 情 報 リテラシー 単 位 修 得 コミュニケーション 科 目 既 修 外 国 語 単 位 以 上 修 得 初 修 外 国 語 単 位 以 上 修 得 健 康 スホ -ツ 実 技 単 位 修 得 高 学 年 向 け 教 養 科 目 医 用 物 理 学 生 命 物 質 化 学 生 命 有 機 化 学 応 用 生 物 科 学 神 経 生 物 学 自 然 科 学 実 習 必 修 医 用 統 計 学 分 子 遺 伝 学 分 子 生 物 学 児 童 精 神 医 学 Ⅰ 医 学 概 論 早 期 体 験 学 習 必 修 早 期 医 学 実 習 自 由 保 健 医 療 福 祉 看 護 介 護 論 世 紀 の 社 会 環 境 と 医 学 医 療 保 健 指 導 カウンセリンク チーム 医 療 の 基 礎 必 修 児 童 精 神 医 学 Ⅱ ホ ランティア 体 験 学 習 自 由 医 学 英 語 臨 床 英 語 必 修 国 際 交 流 活 動 自 由 解 剖 学 6 6 生 理 学 4 4 生 化 学 内 分 泌 学 病 理 学 4 4 必 修 免 疫 学 薬 理 学 微 生 物 学 医 動 物 学 衛 生 学 公 衆 衛 生 学 必 修 法 医 学 単 位 以 上 修 得 37 単 位 以 上 修 得 -3-

18 授 業 科 目 等 単 位 数 年 次 年 次 履 修 年 次 3 年 次 4 年 次 5 年 次 6 年 次 備 考 臨 床 医 学 統 合 講 義 等 医 学 実 習 Ⅰ 内 科 学 6 6 小 児 科 学 精 神 神 経 医 学 皮 膚 科 学 放 射 線 医 学 外 科 学 脳 神 経 外 科 学 整 形 外 科 学 形 成 外 科 学 泌 尿 器 科 学 眼 科 学 耳 鼻 咽 喉 科 学 周 産 期 学 婦 人 科 学 小 児 外 科 学 麻 酔 学 救 急 災 害 医 学 歯 科 口 腔 外 科 学 6 6 臨 床 検 査 医 学 総 合 診 療 医 学 地 域 医 療 実 習 臨 床 病 理 検 討 会 医 療 管 理 学 診 断 学 医 学 実 習 Ⅱ 医 療 総 合 講 義 神 経 系 運 動 器 ( 筋 骨 格 ) 系 精 神 系 内 分 泌 栄 養 代 謝 系 循 環 器 系 腎 尿 路 系 感 染 症 血 液 造 血 器 リンパ 系 免 疫 アレルギー 疾 患 呼 吸 器 系 消 化 器 系 生 殖 機 能 妊 娠 と 分 娩 乳 房 成 長 と 発 達 皮 膚 系 眼 視 覚 系 耳 鼻 咽 喉 口 腔 系 臨 床 総 論 講 義 生 理 薬 理 実 習 課 題 実 習 計 必 修 必 修 卒 業 要 件 88 単 位 以 上 -4-

19 別 表 ( 平 成 3 年 度 入 学 ~) 授 業 科 目 等 単 位 数 年 次 年 次 履 修 年 次 3 年 次 4 年 次 5 年 次 6 年 次 備 考 医 早 学 期 基 礎 医 学 系 全 学 共 通 科 目 専 門 基 礎 科 目 総 合 医 保 療 健 学 福 祉 医 学 学 際 社 会 医 学 基 礎 医 学 臨 床 基 礎 医 学 主 題 科 目 A 単 位 修 得 主 題 科 目 B 単 位 以 上 修 得 教 養 セ ミナール 選 択 学 問 基 礎 科 目 単 位 以 上 修 得 既 修 外 国 語 5 4 コミュニケーション 科 目 初 修 外 国 語 4 4 健 康 スホ -ツ 実 技 高 学 年 向 け 教 養 科 目 医 用 物 理 学 生 命 物 質 化 学 生 命 有 機 化 学 応 用 生 物 科 学 神 経 生 物 学 自 然 科 学 実 習 情 報 科 学 実 習 医 用 統 計 学 分 子 遺 伝 学 分 子 生 物 学 児 童 精 神 医 学 Ⅰ 医 学 概 論 早 期 体 験 学 習 3 3 保 健 医 療 福 祉 看 護 介 護 論 世 紀 の 社 会 環 境 と 医 学 医 療 保 健 指 導 カウンセリンク チーム 医 療 の 基 礎 児 童 精 神 医 学 Ⅱ ホ ランティア 体 験 学 習 医 学 英 語 臨 床 英 語 解 剖 学 6 6 生 理 学 4 4 生 化 学 内 分 泌 学 病 理 学 4 4 必 修 免 疫 学 薬 理 学 微 生 物 学 医 動 物 学 衛 生 学 公 衆 衛 生 学 必 修 法 医 学 5 単 位 以 上 修 得 4 単 位 以 上 修 得 単 位 修 得 必 修 必 修 必 修 自 由 必 修 4 単 位 以 上 修 得 35 単 位 以 上 修 得 -5-

20 授 業 科 目 等 単 位 数 年 次 年 次 履 修 年 次 3 年 次 4 年 次 5 年 次 6 年 次 備 考 臨 床 医 学 統 合 講 義 等 内 科 学 小 児 科 学 精 神 神 経 医 学 皮 膚 科 学 放 射 線 医 学 外 科 学 脳 神 経 外 科 学 整 形 外 科 学 形 成 外 科 学 泌 尿 器 科 学 眼 科 学 耳 鼻 咽 喉 科 学 周 産 期 学 婦 人 科 学 小 児 外 科 学 麻 酔 学 救 急 災 害 医 学 歯 科 口 腔 外 科 学 臨 床 検 査 医 学 総 合 診 療 医 学 臨 床 病 理 検 討 会 医 療 管 理 学 診 断 学 医 学 実 習 Ⅱ 6 6 地 域 医 療 実 習 ( 医 療 総 合 講 義 ) ( 医 学 実 習 Ⅰ) 神 経 系 運 動 器 ( 筋 骨 格 ) 系 精 神 系 内 分 泌 栄 養 代 謝 系 循 環 器 系 腎 尿 路 系 感 染 症 血 液 造 血 器 リンパ 系 免 疫 アレルギー 疾 患 呼 吸 器 系 消 化 器 系 生 殖 機 能 妊 娠 と 分 娩 乳 房 成 長 と 発 達 皮 膚 系 眼 視 覚 系 耳 鼻 咽 喉 口 腔 系 臨 床 総 論 講 義 3 3 課 題 実 習 計 必 修 医 療 総 合 講 義 及 び 医 学 実 習 Ⅰを 含 む 必 修 必 修 必 修 卒 業 要 件 88 単 位 以 上 -6-

21 別 表 ( 平 成 年 度 入 学 ~) 授 業 科 目 等 単 位 数 年 次 年 次 履 修 年 次 3 年 次 4 年 次 5 年 次 6 年 次 備 考 全 学 共 通 科 目 専 門 基 礎 科 目 医 早 学 期 総 合 保 健 福 祉 医 療 学 医 学 学 際 基 礎 医 学 系 社 会 医 学 基 礎 医 学 臨 床 基 礎 医 学 教 養 セ ミナール 主 題 科 目 共 通 科 目 健 康 スホ -ツ 科 目 選 択 単 位 以 上 修 得 単 位 以 上 修 得 単 位 修 得 高 学 年 向 け 教 養 科 目 外 国 語 科 目 既 修 外 国 語 単 位 以 上 修 得 初 修 外 国 語 単 位 以 上 修 得 医 用 物 理 学 生 命 物 質 化 学 生 命 有 機 化 学 応 用 生 物 科 学 神 経 生 物 学 自 然 科 学 実 習 情 報 科 学 実 習 必 修 数 学 解 析 入 門 医 用 統 計 学 分 子 遺 伝 学 分 子 生 物 学 児 童 思 春 期 医 学 医 学 概 論 早 期 体 験 学 習 3 3 必 修 保 健 医 療 福 祉 看 護 介 護 論 世 紀 の 社 会 環 境 と 保 健 医 療 福 祉 保 健 指 導 カウンセリンク チーム 医 療 の 基 礎 臨 床 心 理 / 家 族 チームケア 時 事 医 学 ホ ランティア 体 験 学 習 医 学 英 語 臨 床 英 語 解 剖 学 6 6 生 理 学 4 4 生 化 学 内 分 泌 学 病 理 学 4 4 免 疫 学 薬 理 学 微 生 物 学 医 動 物 学 衛 生 学 公 衆 衛 生 学 法 医 学 必 修 自 由 必 修 必 修 必 修 4 単 位 以 上 修 得 35 単 位 以 上 修 得 -7-

22 授 業 科 目 等 単 位 数 年 次 年 次 履 修 年 次 3 年 次 4 年 次 5 年 次 6 年 次 備 考 臨 床 医 学 統 合 講 義 等 内 科 学 小 児 科 学 精 神 神 経 医 学 皮 膚 科 学 放 射 線 医 学 外 科 学 脳 神 経 外 科 学 整 形 外 科 学 形 成 外 科 学 泌 尿 器 科 学 眼 科 学 耳 鼻 咽 喉 科 学 周 産 期 学 婦 人 科 学 小 児 外 科 学 麻 酔 学 救 急 災 害 医 学 歯 科 口 腔 外 科 学 臨 床 検 査 医 学 総 合 診 療 医 学 臨 床 病 理 検 討 会 医 療 管 理 学 医 学 実 習 Ⅱ 6 6 地 域 医 療 実 習 ( 医 療 総 合 講 義 ) ( 医 学 実 習 Ⅰ) 神 経 系 運 動 器 ( 筋 骨 格 ) 系 精 神 系 内 分 泌 栄 養 代 謝 系 循 環 器 系 腎 尿 路 系 感 染 症 血 液 造 血 器 リンパ 系 免 疫 アレルギー 疾 患 呼 吸 器 系 消 化 器 系 生 殖 機 能 妊 娠 と 分 娩 乳 房 成 長 と 発 達 皮 膚 系 眼 視 覚 系 耳 鼻 咽 喉 口 腔 系 臨 床 総 論 講 義 3 3 課 題 実 習 計 必 修 医 療 総 合 講 義 及 び 医 学 実 習 Ⅰを 含 む 必 修 必 修 必 修 卒 業 要 件 88 単 位 以 上 -8-

23 別 表 ( 平 成 0 年 度 入 学 ~) 授 業 科 目 等 単 位 数 年 次 年 次 履 修 年 次 3 年 次 4 年 次 5 年 次 6 年 次 備 考 全 学 共 通 科 目 専 門 基 礎 科 目 医 早 学 期 総 合 保 健 福 祉 医 療 学 医 学 学 際 基 礎 医 学 系 社 会 医 学 基 礎 医 学 臨 床 基 礎 医 学 教 養 セ ミナール 主 題 科 目 共 通 科 目 健 康 スホ -ツ 科 目 外 国 語 科 目 医 用 物 理 学 生 命 物 質 化 学 生 命 有 機 化 学 応 用 生 物 科 学 神 経 生 物 学 自 然 科 学 実 習 情 報 科 学 実 習 数 学 解 析 入 門 医 用 統 計 学 分 子 遺 伝 学 児 童 思 春 期 医 学 医 学 概 論 早 期 体 験 学 習 選 択 単 位 以 上 修 得 単 位 以 上 修 得 単 位 修 得 既 修 外 国 語 単 位 以 上 修 得 初 修 外 国 語 単 位 以 上 修 得 必 修 必 修 3 3 保 健 医 療 福 祉 看 護 介 護 論 世 紀 の 社 会 環 境 と 保 健 医 療 福 祉 保 健 指 導 カウンセリンク チーム 医 療 の 基 礎 臨 床 心 理 / 家 族 チームケア 時 事 医 学 ホ ランティア 体 験 学 習 医 学 英 語 臨 床 英 語 解 剖 学 6 6 生 理 学 4 4 生 化 学 内 分 泌 学 病 理 学 4 4 免 疫 学 薬 理 学 微 生 物 学 医 動 物 学 分 子 生 物 学 衛 生 学 3 3 公 衆 衛 生 学 3 3 法 医 学 3 3 必 修 自 由 必 修 必 修 必 修 4 単 位 以 上 修 得 35 単 位 以 上 修 得 -9-

24 授 業 科 目 等 単 位 数 年 次 年 次 履 修 年 次 3 年 次 4 年 次 5 年 次 6 年 次 備 考 臨 床 医 学 統 合 講 義 等 内 科 学 小 児 科 学 精 神 神 経 医 学 皮 膚 科 学 放 射 線 医 学 外 科 学 脳 神 経 外 科 学 整 形 外 科 学 形 成 外 科 学 泌 尿 器 科 学 眼 科 学 耳 鼻 咽 喉 科 学 周 産 期 学 婦 人 科 学 小 児 外 科 学 麻 酔 学 救 急 災 害 医 学 歯 科 口 腔 外 科 学 臨 床 検 査 医 学 総 合 診 療 医 学 臨 床 病 理 検 討 会 医 療 管 理 学 医 学 実 習 Ⅱ 6 6 ( 医 療 総 合 講 義 ) ( 医 学 実 習 Ⅰ) 神 経 系 運 動 器 ( 筋 骨 格 ) 系 精 神 系 内 分 泌 栄 養 代 謝 系 循 環 器 系 腎 尿 路 系 感 染 症 血 液 造 血 器 リンパ 系 免 疫 アレルギー 疾 患 呼 吸 器 系 消 化 器 系 生 殖 機 能 妊 娠 と 分 娩 乳 房 成 長 と 発 達 皮 膚 系 眼 視 覚 系 耳 鼻 咽 喉 口 腔 系 臨 床 総 論 講 義 課 題 実 習 計 必 修 医 療 総 合 講 義 及 び 医 学 実 習 Ⅰを 含 む 必 修 必 修 必 修 必 修 必 修 卒 業 要 件 88 単 位 以 上 -0-

25 別 表 ( 平 成 8 年 度 入 学 ~) 授 業 科 目 等 単 位 数 年 次 年 次 履 修 年 次 3 年 次 4 年 次 5 年 次 6 年 次 備 考 全 学 共 通 科 目 専 門 基 礎 科 目 医 早 学 期 総 合 保 健 福 祉 医 療 学 医 学 学 際 基 礎 医 学 系 社 会 医 学 基 礎 医 学 臨 床 基 礎 医 学 教 養 セ ミナール 選 択 主 題 科 目 単 位 以 上 必 修 共 通 科 目 単 位 以 上 必 修 健 康 スホ -ツ 科 目 単 位 必 修 外 国 語 科 目 既 修 外 国 語 単 位 以 上 必 修 初 修 外 国 語 単 位 以 上 必 修 医 用 物 理 学 Ⅰ 医 用 物 理 学 Ⅱ 生 命 物 質 化 学 生 命 有 機 化 学 応 用 生 物 科 学 神 経 生 物 学 必 修 自 然 科 学 実 習 情 報 科 学 実 習 数 学 解 析 入 門 医 用 統 計 学 児 童 思 春 期 医 学 医 学 概 論 早 期 体 験 学 習 3 3 必 修 保 健 医 療 福 祉 看 護 介 護 論 世 紀 の 社 会 環 境 と 保 健 医 療 福 祉 保 健 指 導 カウンセリンク チーム 医 療 の 基 礎 臨 床 心 理 / 家 族 チームケア 時 事 医 学 ホ ランティア 体 験 学 習 医 学 英 語 臨 床 英 語 解 剖 学 6 6 生 理 学 4 4 生 化 学 内 分 泌 学 病 理 学 4 4 免 疫 学 薬 理 学 微 生 物 学 医 動 物 学 分 子 生 物 学 衛 生 学 3 3 公 衆 衛 生 学 3 3 法 医 学 3 3 必 修 自 由 必 修 必 修 必 修 4 単 位 以 上 修 得 35 単 位 以 上 修 得 --

26 授 業 科 目 等 単 位 数 年 次 年 次 履 修 年 次 3 年 次 4 年 次 5 年 次 6 年 次 備 考 臨 床 医 学 統 合 講 義 等 内 科 学 小 児 科 学 精 神 神 経 医 学 皮 膚 科 学 放 射 線 医 学 外 科 学 脳 神 経 外 科 学 整 形 外 科 学 形 成 外 科 学 泌 尿 器 科 学 眼 科 学 耳 鼻 咽 喉 科 学 周 産 期 学 婦 人 科 学 小 児 外 科 学 麻 酔 救 急 医 学 歯 科 口 腔 外 科 学 臨 床 検 査 医 学 総 合 診 療 医 学 臨 床 病 理 検 討 会 医 療 管 理 学 医 学 実 習 Ⅱ 7 7 ( 医 療 総 合 講 義 ) ( 医 学 実 習 Ⅰ) 神 経 系 運 動 器 ( 筋 骨 格 ) 系 精 神 系 内 分 泌 栄 養 代 謝 系 循 環 器 系 腎 尿 路 系 感 染 症 血 液 造 血 器 リンパ 系 免 疫 アレルギー 疾 患 呼 吸 器 系 消 化 器 系 生 殖 機 能 妊 娠 と 分 娩 乳 房 成 長 と 発 達 皮 膚 系 眼 視 覚 系 耳 鼻 咽 喉 口 腔 系 臨 床 総 論 講 義 課 題 実 習 計 必 修 医 療 総 合 講 義 及 び 医 学 実 習 Ⅰを 含 む 必 修 必 修 必 修 卒 業 要 件 88 単 位 以 上 --

27 別 表 ( 平 成 7 年 度 入 学 者 の 教 育 課 程 表 ) 授 業 科 目 等 単 位 数 年 次 年 次 履 修 年 次 3 年 次 4 年 次 5 年 次 6 年 次 備 考 医 早 学 期 医 学 学 際 基 礎 医 学 系 全 学 共 通 科 目 専 門 基 礎 科 目 総 合 保 健 福 祉 医 療 学 社 会 医 学 基 礎 医 学 臨 床 基 礎 医 学 教 養 セ ミナール 主 題 科 目 共 通 科 目 健 康 スホ -ツ 科 目 外 国 語 科 目 医 用 物 理 学 Ⅰ 医 用 物 理 学 Ⅱ 生 命 物 質 化 学 生 命 有 機 化 学 応 用 生 物 科 学 神 経 生 物 学 自 然 科 学 実 習 情 報 科 学 実 習 数 学 解 析 入 門 医 用 統 計 学 科 学 表 現 論 児 童 思 春 期 医 学 医 学 概 論 早 期 体 験 学 習 保 健 医 療 福 祉 看 護 介 護 論 世 紀 の 社 会 環 境 と 保 健 医 療 福 祉 保 健 指 導 カウンセリンク チーム 医 療 の 基 礎 臨 床 心 理 / 家 族 チームケア 時 事 医 学 ホ ランティア 体 験 学 習 医 学 英 語 臨 床 英 語 選 択 単 位 以 上 必 修 単 位 以 上 必 修 講 義 単 位 必 修 実 習 単 位 必 修 英 語 単 位 以 上 必 修 ドイツ 語 単 位 以 上 必 修 3 3 解 剖 学 6 6 生 理 学 4 4 生 化 学 内 分 泌 学 病 理 学 4 4 免 疫 学 薬 理 学 微 生 物 学 医 動 物 学 分 子 生 物 学 衛 生 学 3 3 公 衆 衛 生 学 3 3 法 医 学 3 3 必 修 必 修 必 修 自 由 必 修 必 修 必 修 4 単 位 以 上 修 得 3 単 位 修 得 8 単 位 以 上 修 得 35 単 位 以 上 修 得 -3-

28 授 業 科 目 等 単 位 数 年 次 年 次 履 修 年 次 3 年 次 4 年 次 5 年 次 6 年 次 備 考 臨 床 医 学 統 合 講 義 等 内 科 学 小 児 科 学 精 神 神 経 医 学 皮 膚 科 学 放 射 線 医 学 外 科 学 脳 神 経 外 科 学 整 形 外 科 学 形 成 外 科 学 泌 尿 器 科 学 眼 科 学 耳 鼻 咽 喉 科 学 周 産 期 学 婦 人 科 学 小 児 外 科 学 麻 酔 救 急 医 学 歯 科 口 腔 外 科 学 臨 床 検 査 医 学 総 合 診 療 医 学 臨 床 病 理 検 討 会 医 療 管 理 学 医 学 実 習 Ⅱ 7 7 ( 医 療 総 合 講 義 ) ( 医 学 実 習 Ⅰ) 神 経 系 運 動 器 ( 筋 骨 格 ) 系 精 神 系 8 8 内 分 泌 栄 養 代 謝 系 循 環 器 系 腎 尿 路 系 9 9 感 染 症 血 液 造 血 器 リンパ 系 免 疫 アレルギー 疾 患 6 6 呼 吸 器 系 3 3 消 化 器 系 3 3 生 殖 機 能 妊 娠 と 分 娩 乳 房 成 長 と 発 達 3 3 皮 膚 系 眼 視 覚 系 耳 鼻 咽 喉 口 腔 系 3 3 ( 臨 床 総 論 講 義 ) 計 必 修 医 療 総 合 講 義 及 び 医 学 実 習 Ⅰを 含 む 必 修 必 修 必 修 卒 業 要 件 88 単 位 以 上 -4-

29 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 第 年 次 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 ( 趣 旨 ) 第 この 要 項 は 香 川 大 学 医 学 部 規 程 第 8 条 第 項 の 規 定 に 基 づき 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 における 第 年 次 編 入 学 生 ( 以 下 編 入 学 生 という )の 在 学 期 間 等 について 必 要 な 事 項 を 定 める ( 修 業 年 限 ) 第 編 入 学 生 の 修 業 年 限 は 香 川 大 学 学 則 ( 以 下 学 則 という ) 第 5 条 の 規 定 にかかわらず5 年 とする ( 在 学 期 間 ) 第 3 編 入 学 生 の 在 学 期 間 は 学 則 第 6 条 第 項 の 規 定 にかかわらず0 年 を 超 えることができない ただし 第 年 次 第 3 年 次 及 び 第 4 年 次 については6 年 第 5 年 次 及 び 第 6 年 次 について4 年 をそれぞれ 超 えることができない ( 卒 業 要 件 ) 第 4 編 入 学 生 の 卒 業 要 件 は 学 則 第 59 条 の 規 定 にかかわらず5 年 以 上 在 学 し 別 表 に 定 めるところにより 43 単 位 以 上 を 修 得 し その 修 了 の 認 定 を 受 けるものとする 附 則 この 要 項 は 平 成 7 年 4 月 日 から 施 行 する -5-

30 別 表 ( 平 成 8 年 度 入 学 ~) 授 業 科 目 等 単 位 数 年 次 3 年 次 履 修 年 次 4 年 次 5 年 次 6 年 次 備 考 専 門 基 礎 科 目 医 早 学 期 学 際 医 学 基 礎 医 学 医 社 学 会 統 合 講 義 等 医 用 化 学 II 細 胞 生 物 学 自 然 科 学 実 習 分 子 遺 伝 学 分 子 生 物 学 医 療 プロフェッショナリズムの 実 践 II 早 期 医 学 実 習 II 医 学 英 語 I 医 学 英 語 II 国 際 交 流 活 動 解 剖 学 生 理 学 生 化 学 内 分 泌 学 病 理 学 免 疫 学 薬 理 学 生 理 薬 理 実 習 微 生 物 学 医 動 物 学 衛 生 学 公 衆 衛 生 学 法 医 学 臨 床 総 論 講 義 症 候 論 消 化 器 ユニット 循 環 器 ユニット 呼 吸 器 ユニット 腎 泌 尿 器 ユニット 小 児 科 ユニット 脳 神 経 筋 骨 格 ユニット 精 神 神 経 ユニット 生 殖 系 ユニット 内 分 泌 代 謝 ユニット 血 液 系 ユニット アレルギー 膠 原 病 ユニット 皮 膚 感 覚 系 ユニット 麻 酔 救 急 ユニット 感 染 症 ユニット 放 射 線 ユニット 課 題 実 習 必 修 自 由 必 修 自 由 必 修 必 修 必 修 -6-

31 別 表 ( 平 成 8 年 度 入 学 ~) 臨 床 医 学 授 業 科 目 等 皮 膚 科 学 放 射 線 科 学 放 射 線 腫 瘍 学 外 科 学 脳 神 経 外 科 学 整 形 外 科 学 形 成 外 科 学 泌 尿 器 科 学 眼 科 学 耳 鼻 咽 喉 科 学 周 産 期 学 婦 人 科 学 小 児 外 科 学 麻 酔 学 救 急 災 害 医 学 歯 科 口 腔 外 科 学 臨 床 検 査 医 学 総 合 診 療 医 学 地 域 医 療 学 児 童 精 神 医 学 漢 方 医 学 臨 床 病 理 検 討 会 医 療 管 理 学 診 断 学 医 学 実 習 Ⅱ 医 療 総 合 講 義 計 単 位 数 年 次 3 年 次 履 修 年 次 4 年 次 5 年 次 医 学 実 習 Ⅰ 内 科 学 小 児 科 学 精 神 神 経 医 学 6 年 次 附 則 この 要 項 は 平 成 7 年 4 月 日 から 施 行 する ただし 平 成 7 年 3 月 3 日 以 前 に 入 学 した 学 生 に ついては なお 従 前 の 例 による 必 修 備 考 卒 業 要 件 43 単 位 以 上 -7-

32 別 表 ( 平 成 7 度 入 学 ~) 授 業 科 目 等 単 位 数 年 次 3 年 次 履 修 年 次 4 年 次 5 年 次 6 年 次 備 考 専 門 基 礎 科 目 早 期 医 学 学 際 医 学 基 礎 医 学 社 会 医 学 統 合 講 義 等 医 用 化 学 II 細 胞 生 物 学 自 然 科 学 実 習 分 子 遺 伝 学 分 子 生 物 学 医 療 プロフェッショナルの 実 践 II 医 学 英 語 I 医 学 英 語 II 国 際 交 流 活 動 解 剖 学 生 理 学 生 化 学 内 分 泌 学 病 理 学 免 疫 学 薬 理 学 生 理 薬 理 実 習 微 生 物 学 医 動 物 学 衛 生 学 公 衆 衛 生 学 法 医 学 臨 床 総 論 講 義 症 候 論 消 化 器 ユニット 循 環 器 ユニット 呼 吸 器 ユニット 腎 泌 尿 器 ユニット 小 児 科 ユニット 神 経 筋 骨 格 ユニット 精 神 神 経 ユニット 生 殖 系 ユニット 内 分 泌 代 謝 ユニット 血 液 系 ユニット アレルギー 膠 原 病 ユニット 皮 膚 感 覚 系 ユニット 麻 酔 救 急 ユニット 感 染 症 ユニット 放 射 線 ユニット 課 題 実 習 必 修 必 修 必 修 自 由 必 修 必 修 必 修 -8-

33 別 表 ( 平 成 7 度 入 学 ~) 授 業 科 目 等 単 位 数 年 次 3 年 次 履 修 年 次 4 年 次 5 年 次 6 年 次 備 考 臨 床 医 学 医 学 実 習 Ⅰ 4 4 内 科 学 小 児 科 学 3 3 精 神 神 経 医 学 皮 膚 科 学 放 射 線 科 学 放 射 線 腫 瘍 学 外 科 学 脳 神 経 外 科 学 整 形 外 科 学 形 成 外 科 学 泌 尿 器 科 学 眼 科 学 耳 鼻 咽 喉 科 学 3 3 周 産 期 学 婦 人 科 学 小 児 外 科 学 麻 酔 学 救 急 災 害 医 学 歯 科 口 腔 外 科 学 臨 床 検 査 医 学 総 合 診 療 医 学 地 域 医 療 学 児 童 精 神 医 学 漢 方 医 学 臨 床 病 理 検 討 会 医 療 管 理 学 診 断 学 医 学 実 習 Ⅱ 8 8 医 療 総 合 講 義 計 必 修 卒 業 要 件 43 単 位 以 上 -9-

34 ( 趣 旨 ) 第 この 要 項 は 香 川 大 学 医 学 部 規 程 第 8 条 第 項 の 規 定 に 基 づき 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 における 第 年 次 第 学 期 編 入 学 生 ( 以 下 編 入 学 生 という )の 在 学 期 間 等 について 必 要 な 事 項 を 定 める ( 修 業 年 限 ) 第 編 入 学 生 の 修 業 年 限 は 香 川 大 学 学 則 ( 以 下 学 則 という ) 第 5 条 の 規 定 にかかわらず4 年 6 月 とす る ( 在 学 期 間 ) 第 3 編 入 学 生 の 在 学 期 間 は 学 則 第 6 条 第 項 の 規 定 にかかわらず9 年 を 超 えることができない ただし 第 年 次 第 学 期 第 3 年 次 及 び 第 4 年 次 については5 年 第 5 年 次 及 び 第 6 年 次 については4 年 をそれぞれ 超 えることはできない ( 卒 業 要 件 ) 第 4 編 入 学 生 の 卒 業 要 件 は 学 則 第 59 条 の 規 定 にかかわらず4 年 6 月 以 上 在 学 し 別 表 に 定 めるところにより 7 単 位 以 上 を 習 得 し その 修 了 の 認 定 を 受 けるものとする 附 則 この 要 項 は 平 成 6 年 4 月 日 から 施 行 する 附 則 この 要 項 は 平 成 年 4 月 日 から 施 行 する 附 則 この 要 項 は 平 成 年 4 月 日 から 施 行 する ただし 平 成 年 3 月 3 日 以 前 に 入 学 した 学 生 については なお 従 前 の 例 による 附 則 この 要 項 は 平 成 4 年 4 月 日 から 施 行 する 附 則 香 川 大 学 医 学 部 医 学 科 第 年 次 第 学 期 編 入 学 生 の 在 学 期 間 の 通 算 等 の 取 扱 いに 関 する 要 項 この 要 項 は 平 成 5 年 4 月 日 から 施 行 する 附 則 この 要 項 は 平 成 6 年 4 月 日 から 施 行 する -30-

35 別 表 ( 平 成 6 度 入 学 ~) 授 業 科 目 等 単 位 数 年 次 3 年 次 履 修 年 次 4 年 次 5 年 次 6 年 次 備 考 専 門 基 礎 科 目 児 童 精 神 医 学 Ⅰ 必 修 総 合 保 健 福 祉 医 療 学 学 際 医 学 基 礎 医 学 系 社 会 医 学 統 合 講 義 等 基 礎 医 学 臨 床 基 礎 医 学 児 童 精 神 医 学 Ⅱ 必 修 ホ ランティア 体 験 学 習 自 由 医 学 英 語 必 修 臨 床 英 語 国 際 交 流 活 動 自 由 解 剖 学 6 6 生 理 学 生 化 学 内 分 泌 学 病 理 学 免 疫 学 薬 理 学 微 生 物 学 医 動 物 学 衛 生 学 公 衆 衛 生 学 法 医 学 神 経 系 運 動 器 ( 筋 骨 格 ) 系 精 神 系 内 分 泌 栄 養 代 謝 系 循 環 器 系 腎 尿 路 系 感 染 症 血 液 造 血 器 リンパ 系 免 疫 アレルギー 疾 患 呼 吸 器 系 消 化 器 系 生 殖 機 能 妊 娠 と 分 娩 乳 房 成 長 と 発 達 皮 膚 系 眼 視 覚 系 耳 鼻 咽 喉 口 腔 系 必 修 必 修 必 修 臨 床 総 論 講 義 3 3 生 理 薬 理 実 習 課 題 実 習 医 学 実 習 Ⅰ 7 7 内 科 学 3 3 小 児 科 学 精 神 神 経 医 学 皮 膚 科 学 放 射 線 科 学 放 射 線 腫 瘍 学 外 科 学 3 3 脳 神 経 外 科 学 整 形 外 科 学 形 成 外 科 学 -3-

36 授 業 科 目 等 単 位 数 年 次 3 年 次 履 修 年 次 4 年 次 5 年 次 6 年 次 備 考 臨 床 医 学 泌 尿 器 科 学 眼 科 学 耳 鼻 咽 喉 科 学 周 産 期 学 婦 人 科 学 必 修 小 児 外 科 学 麻 酔 学 救 急 災 害 医 学 歯 科 口 腔 外 科 学 臨 床 検 査 医 学 総 合 診 療 医 学 地 域 医 療 学 臨 床 病 理 検 討 会 医 療 管 理 学 診 断 学 医 学 実 習 Ⅱ 4 4 医 療 総 合 講 義 計 9 9 卒 業 要 件 7 単 位 以 上 -3-

37 別 表 ( 平 成 5 度 入 学 ~) 授 業 科 目 等 単 位 数 年 次 3 年 次 4 年 次 5 年 次 備 6 年 次 考 専 門 基 礎 科 目 児 童 精 神 医 学 Ⅰ 必 修 総 合 保 健 福 祉 医 療 学 学 際 医 学 基 礎 医 学 系 臨 床 医 学 社 会 医 学 基 礎 医 学 臨 床 基 礎 医 学 医 学 実 習 Ⅰ 児 童 精 神 医 学 Ⅱ 必 修 ホ ランティア 体 験 学 習 自 由 医 学 英 語 必 修 臨 床 英 語 国 際 交 流 活 動 自 由 解 剖 学 6 6 生 理 学 4 4 生 化 学 内 分 泌 学 病 理 学 4 4 必 修 免 疫 学 薬 理 学 微 生 物 学 医 動 物 学 衛 生 学 公 衆 衛 生 学 必 修 法 医 学 内 科 学 小 児 科 学 精 神 神 経 医 学 皮 膚 科 学 放 射 線 医 学 外 科 学 脳 神 経 外 科 学 整 形 外 科 学 形 成 外 科 学 泌 尿 器 科 学 眼 科 学 耳 鼻 咽 喉 科 学 必 修 周 産 期 学 婦 人 科 学 小 児 外 科 学 麻 酔 学 救 急 災 害 医 学 歯 科 口 腔 外 科 学 臨 床 検 査 医 学 総 合 診 療 医 学 地 域 医 療 実 習 臨 床 病 理 検 討 会 医 療 管 理 学 診 断 学 必 修 医 学 実 習 Ⅱ 4 4 医 療 総 合 講 義 -33-

38 授 業 科 目 等 単 位 数 年 次 3 年 次 4 年 次 5 年 次 備 6 年 次 考 神 経 系 運 動 器 ( 筋 骨 格 ) 系 精 神 系 6 6 内 分 泌 栄 養 代 謝 系 3 3 循 環 器 系 腎 尿 路 系 7 7 統 合 講 義 等 感 染 症 血 液 造 血 器 リンパ 系 免 疫 アレルギー 疾 患 呼 吸 器 系 消 化 器 系 生 殖 機 能 妊 娠 と 分 娩 乳 房 成 長 と 発 達 必 修 皮 膚 系 眼 視 覚 系 耳 鼻 咽 喉 口 腔 系 4 4 臨 床 総 論 講 義 3 3 課 題 実 習 計 9 卒 業 要 件 7 単 位 以 上 -34-

39 別 表 ( 平 成 4 度 入 学 ~) 授 業 科 目 等 単 位 数 年 次 3 年 次 4 年 次 5 年 次 備 6 年 次 考 専 門 基 礎 科 目 児 童 精 神 医 学 Ⅰ 必 修 総 合 保 健 福 祉 医 療 学 学 際 医 学 基 礎 医 学 系 社 会 医 学 臨 床 医 学 基 礎 医 学 臨 床 基 礎 医 学 児 童 精 神 医 学 Ⅱ 必 修 ホ ランティア 体 験 学 習 自 由 医 学 英 語 必 修 臨 床 英 語 解 剖 学 6 6 生 理 学 4 4 生 化 学 内 分 泌 学 病 理 学 4 4 必 修 免 疫 学 薬 理 学 微 生 物 学 医 動 物 学 衛 生 学 公 衆 衛 生 学 必 修 法 医 学 内 科 学 小 児 科 学 精 神 神 経 医 学 皮 膚 科 学 放 射 線 医 学 外 科 学 脳 神 経 外 科 学 整 形 外 科 学 形 成 外 科 学 泌 尿 器 科 学 眼 科 学 必 修 耳 鼻 咽 喉 科 学 周 産 期 学 婦 人 科 学 小 児 外 科 学 麻 酔 学 救 急 災 害 医 学 歯 科 口 腔 外 科 学 臨 床 検 査 医 学 総 合 診 療 医 学 臨 床 病 理 検 討 会 医 療 管 理 学 診 断 学 医 学 実 習 Ⅱ 6 6 必 修 地 域 医 療 実 習 ( 医 療 総 合 講 義 ) ( 医 学 実 習 Ⅰ) 必 修 -35-

40 授 業 科 目 等 単 位 数 年 次 3 年 次 4 年 次 5 年 次 備 6 年 次 考 神 経 系 運 動 器 ( 筋 骨 格 ) 系 精 神 系 6 6 内 分 泌 栄 養 代 謝 系 3 3 循 環 器 系 腎 尿 路 系 7 7 統 合 講 義 等 感 染 症 血 液 造 血 器 リンパ 系 免 疫 アレルギー 疾 患 呼 吸 器 系 消 化 器 系 生 殖 機 能 妊 娠 と 分 娩 乳 房 成 長 と 発 達 必 修 皮 膚 系 眼 視 覚 系 耳 鼻 咽 喉 口 腔 系 4 4 臨 床 総 論 講 義 3 3 課 題 実 習 計 8 8 卒 業 要 件 7 単 位 以 上 -36-

41 別 表 ( 平 成 3 度 入 学 ~) 授 業 科 目 等 単 位 数 年 次 3 年 次 4 年 次 5 年 次 備 6 年 次 考 専 門 基 礎 科 目 児 童 思 春 期 医 学 必 修 総 合 保 健 福 祉 医 療 学 学 際 医 学 基 礎 医 学 系 社 会 医 学 臨 床 医 学 基 礎 医 学 臨 床 基 礎 医 学 臨 床 心 理 / 家 族 チームケア 必 修 時 事 医 学 ホ ランティア 体 験 学 習 医 学 英 語 臨 床 英 語 自 由 必 修 解 剖 学 6 6 生 理 学 4 4 生 化 学 内 分 泌 学 病 理 学 4 4 必 修 免 疫 学 薬 理 学 微 生 物 学 医 動 物 学 衛 生 学 公 衆 衛 生 学 必 修 法 医 学 内 科 学 小 児 科 学 精 神 神 経 医 学 皮 膚 科 学 放 射 線 医 学 外 科 学 脳 神 経 外 科 学 整 形 外 科 学 形 成 外 科 学 泌 尿 器 科 学 眼 科 学 必 修 耳 鼻 咽 喉 科 学 周 産 期 学 婦 人 科 学 小 児 外 科 学 麻 酔 学 救 急 災 害 医 学 歯 科 口 腔 外 科 学 臨 床 検 査 医 学 総 合 診 療 医 学 臨 床 病 理 検 討 会 医 療 管 理 学 医 学 実 習 Ⅱ 6 6 地 域 医 療 実 習 ( 医 療 総 合 講 義 ) ( 医 学 実 習 Ⅰ) 必 修 必 修 -37-

42 授 業 科 目 等 単 位 数 年 次 3 年 次 4 年 次 5 年 次 備 6 年 次 考 神 経 系 運 動 器 ( 筋 骨 格 ) 系 精 神 系 6 6 内 分 泌 栄 養 代 謝 系 3 3 循 環 器 系 腎 尿 路 系 7 7 統 合 講 義 等 感 染 症 血 液 造 血 器 リンパ 系 免 疫 アレルギー 疾 患 呼 吸 器 系 消 化 器 系 生 殖 機 能 妊 娠 と 分 娩 乳 房 成 長 と 発 達 必 修 皮 膚 系 眼 視 覚 系 耳 鼻 咽 喉 口 腔 系 4 4 臨 床 総 論 講 義 3 3 課 題 実 習 計 9 9 卒 業 要 件 7 単 位 以 上 -38-

43 香 川 大 学 医 学 部 開 設 科 目 に 係 る 欠 席 取 扱 い 申 合 せ 平 成 3 年 月 3 日 医 学 部 学 務 委 員 会 香 川 大 学 医 学 部 の 学 生 の 通 学 が 困 難 となる 事 由 が 発 生 した 場 合 における 医 学 部 開 設 授 業 ( 定 期 試 験 を 含 む 以 下 同 じ )の 欠 席 の 取 扱 いについて 次 のとおり 定 める ( 定 義 ) 第 この 取 扱 いにおける 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は それぞれ 当 該 各 号 に 定 めるとおり とする () 欠 席 とは 授 業 に 出 席 しない 場 合 をいう () 休 講 とは 授 業 を 取 りやめることをいう (3) 公 欠 とは 一 定 の 条 件 を 満 たすことにより 授 業 に 出 席 したものとみなす 取 扱 いとす る 授 業 の 欠 席 をいう なお 公 欠 として 取 り 扱 う 授 業 については 原 則 として 補 講 は 行 わず 授 業 担 当 教 員 ( 以 下 担 当 教 員 という )が 当 該 授 業 に 相 当 する 学 習 を 課 す ものとする (4) 準 公 欠 とは 担 当 教 員 の 判 断 により 前 号 の 取 扱 いに 準 じて 授 業 に 出 席 したものとみ なす 取 扱 いとする 授 業 の 欠 席 をいう (5) 出 席 停 止 とは 学 校 保 健 安 全 法 第 9 条 に 規 定 する 出 席 停 止 をいう ( 学 生 が 感 染 症 に 罹 患 した 場 合 の 取 扱 い) 第 学 生 が 感 染 症 に 罹 患 した 場 合 及 び 感 染 の 拡 大 を 防 止 するために 医 学 部 開 設 授 業 の 一 部 又 は 全 部 を 休 講 又 は 欠 席 する 場 合 は 出 席 停 止 又 は 公 欠 とし その 取 扱 いは 別 紙 に 定 めるとおりとする ( 気 象 に 関 する 警 報 の 発 表 等 の 場 合 における 取 扱 い) 第 3 気 象 に 関 する 警 報 の 発 表 等 の 場 合 は 平 成 6 年 月 4 日 付 け( 全 学 ) 教 務 委 員 会 申 合 せの 定 めるところにより 取 扱 い 地 震 その 他 の 非 常 災 害 により 交 通 が 困 難 となってい る 場 合 は 休 講 又 は 公 欠 とし その 取 扱 いは 別 紙 に 定 めるとおりとする ( 学 生 の 親 族 が 死 亡 した 場 合 の 取 扱 い) 第 4 学 生 の 親 族 が 死 亡 した 場 合 で 学 生 が 葬 儀 服 喪 その 他 親 族 の 死 亡 に 伴 う 忌 引 きの ために 通 学 できない 場 合 は 公 欠 とし その 取 扱 いは 別 紙 3に 定 めるとおりとする ( 準 公 欠 に 該 当 する 場 合 の 取 扱 い) 第 5 第 第 4 号 に 該 当 する 準 公 欠 とは 次 の 各 号 に 定 めるとおりとする ただし 実 験 実 習 はすべて 出 席 することを 原 則 とし その 欠 席 は 準 公 欠 から 除 外 する なお 当 該 事 由 による 欠 席 の 取 扱 いについては 担 当 教 員 に 一 任 する () 負 傷 又 は 疾 病 ( 医 師 の 診 断 書 を 添 付 する ) () 就 職 試 験 の 受 験 ( 事 由 書 を 添 付 する ) (3) 国 際 大 会 全 国 体 育 大 会 西 日 本 医 科 学 生 総 合 体 育 大 会 西 日 本 コメディカル 総 合 体 育 大 会 及 び 前 者 の 西 日 本 大 会 に 種 目 のないサークルは 当 該 大 会 に 相 当 する 大 会 ( 本 大 会 に 選 手 登 録 されている 場 合 のみを 対 象 とし 地 区 大 会 は 認 めない 選 手 登 録 されている 事 由 書 を 添 付 する ) ( 欠 席 届 の 提 出 ) -39-

44 第 6 学 生 は 公 欠 または 準 公 欠 の 事 由 に 該 当 し 授 業 を 欠 席 する 場 合 は 事 前 ( 事 前 に 届 出 ができないときは 事 後 )に 別 紙 様 式 欠 席 届 を 速 やかに 医 学 部 学 務 室 へ 提 出 するも のとする ( 一 授 業 科 目 当 たりの 公 欠 及 び 準 公 欠 の 制 限 ) 第 7 第 から 第 5までの 規 定 にかかわらず 一 の 授 業 科 目 についての 公 欠 及 び 準 公 欠 の 扱 いとすることができる 回 数 は 当 該 授 業 科 目 の 授 業 回 数 の5 分 のを 超 えることがで きないものとする (その 他 ) 第 8 第 から 第 5までに 定 めるもののほか 学 生 の 通 学 が 困 難 となる 事 由 が 発 生 した 場 合 であって 学 務 委 員 長 が 特 別 の 事 情 があると 認 めるときの 授 業 等 の 取 扱 いについては 医 学 部 学 務 委 員 会 の 議 により 学 務 委 員 長 が 判 断 し 措 置 する 附 則 この 申 合 せは 平 成 3 年 月 3 日 から 施 行 し 平 成 4 年 4 月 日 から 適 用 する この 申 合 せは 平 成 5 年 4 月 日 から 適 用 する この 申 合 せは 平 成 6 年 5 月 5 日 から 施 行 し 平 成 6 年 4 月 日 から 適 用 する この 申 合 せは 平 成 7 年 月 8 日 から 施 行 し 平 成 7 年 月 日 から 適 用 する -40-

45 別 紙 第 関 係 ( 出 席 停 止 公 欠 ). 学 生 が 感 染 症 に 罹 患 した 場 合 () 学 生 が 次 表 の 感 染 症 に 罹 患 した 場 合 は 医 師 の 診 断 に 基 づき 出 席 停 止 とする 感 染 症 の 種 類 第 一 種 第 二 種 第 三 種 学 校 保 健 安 全 法 施 行 規 則 第 8 条 に 規 定 する 感 染 症 の 病 名 エボラ 出 血 熱 クリミア コンゴ 出 血 熱 痘 そう 南 米 出 血 熱 ペスト マール ブルグ 病 ラッサ 熱 急 性 灰 白 髄 炎 ジフテリア 重 症 急 性 呼 吸 器 症 候 群 ( 病 原 体 がコロナウイルス 属 SARSコロナウイルスであるものに 限 る ) 及 び 鳥 イン フルエンザ( 病 原 体 がインフルエンザウイルスA 属 インフルエンザAウイルスで あつてその 血 清 亜 型 がH 五 N 一 であるものに 限 る 以 下 鳥 インフルエンザ(H 五 N 一 ) という ) 新 型 インフルエンザ 等 感 染 症 指 定 感 染 症 新 感 染 症 インフルエンザ( 鳥 インフルエンザ(H 五 N 一 )を 除 く ) 百 日 咳 麻 しん 流 行 性 耳 下 腺 炎 風 しん 水 痘 咽 頭 結 膜 熱 及 び 結 核 及 び 髄 膜 炎 菌 性 髄 膜 炎 コレラ 細 菌 性 赤 痢 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 腸 チフス パラチフス 流 行 性 角 結 膜 炎 急 性 出 血 性 結 膜 炎 その 他 の 感 染 症 () 出 席 停 止 の 期 間 は 学 校 保 健 安 全 法 施 行 規 則 第 9 条 に 規 定 する 出 席 停 止 の 期 間 を 基 準 に 医 師 に 治 癒 したと 診 断 されるまでとし 医 師 の 発 行 する 次 の 項 目 が 記 載 された 診 断 書 ( 治 癒 証 明 書 )に 基 づき 措 置 する 一 病 名 二 罹 患 期 間 学 校 保 健 安 全 法 施 行 規 則 第 9 条 に 規 定 する 出 席 停 止 の 期 間 ) 第 一 種 の 感 染 症 にかかつた 者 については 治 癒 するまで ) 第 二 種 の 感 染 症 ( 結 核 及 び 髄 膜 炎 菌 性 髄 膜 炎 を 除 く )にかかつた 者 については 次 の 期 間 ただし 病 状 により 学 校 医 保 健 管 理 センター 医 師 その 他 の 医 師 において 感 染 のおそれがないと 認 めたときは この 限 りでない イ インフルエンザ( 鳥 インフルエンザ(H 五 N 一 ) 及 び 新 型 インフルエンザ 等 感 染 症 を 除 く )にあつては 発 症 した 後 五 日 を 経 過 し かつ 解 熱 した 後 二 日 を 経 過 するまで ロ 百 日 咳 にあつては 特 有 の 咳 が 消 失 するまで 又 は 五 日 間 の 適 正 な 抗 菌 性 物 質 製 剤 による 治 療 が 終 了 するまで ハ 麻 しんにあつては 解 熱 した 後 三 日 を 経 過 するまで ニ 流 行 性 耳 下 腺 炎 にあつては 耳 下 腺 顎 下 腺 又 は 舌 下 腺 の 腫 脹 が 発 現 した 後 五 日 を 経 過 し かつ 全 身 状 態 が 良 好 になるまで ホ 風 しんにあつては 発 しんが 消 失 するまで ヘ 水 痘 にあつては すべての 発 しんが 痂 皮 化 するまで 3-4-

46 ト 咽 頭 結 膜 熱 にあつては 主 要 症 状 が 消 退 した 後 二 日 を 経 過 するまで 3) 結 核 髄 膜 炎 菌 性 髄 膜 炎 及 び 第 三 種 の 感 染 症 にかかつた 者 については 病 状 によ り 学 校 医 保 健 管 理 センター 医 師 その 他 の 医 師 において 感 染 のおそれがないと 認 め るまで 4) 第 一 種 若 しくは 第 二 種 の 感 染 症 患 者 のある 家 に 居 住 する 者 又 はこれらの 感 染 症 に かかつている 疑 いがある 者 については 予 防 処 置 の 施 行 の 状 況 その 他 の 事 情 により 学 校 医 保 健 管 理 センター 医 師 その 他 の 医 師 において 感 染 のおそれがないと 認 める まで 5) 第 一 種 又 は 第 二 種 の 感 染 症 が 発 生 した 地 域 から 通 学 する 者 については その 発 生 状 況 により 必 要 と 認 めたとき 学 校 医 保 健 管 理 センター 医 師 の 意 見 を 聞 いて 適 当 と 認 める 期 間 6) 第 一 種 又 は 第 二 種 の 感 染 症 の 流 行 地 を 旅 行 した 者 については その 状 況 により 必 要 と 認 めたとき 学 校 医 保 健 管 理 センター 医 師 の 意 見 を 聞 いて 適 当 と 認 める 期 間. 出 席 停 止 となった 期 間 の 授 業 の 取 扱 い 学 生 が 出 席 停 止 となった 期 間 に 出 席 できなかった 授 業 については 届 出 により 公 欠 扱 いとする 3. 公 欠 の 届 出 感 染 症 に 罹 患 した 場 合 は 学 生 が 医 学 部 学 務 室 へ 電 話 連 絡 を 行 い 公 欠 の 届 出 は 治 癒 後 別 紙 様 式 欠 席 届 により 学 生 が 医 学 部 学 務 室 へ 医 師 の 診 断 書 ( 治 癒 証 明 書 (コ ピー 可 ))とともに 提 出 するものとする 届 出 を 受 理 した 場 合 は その 写 しにより 担 当 教 員 へ 連 絡 するものとする 4. 感 染 の 拡 大 を 防 止 するために 医 学 部 開 設 授 業 の 一 部 又 は 全 部 を 休 業 する 場 合 感 染 症 罹 患 者 の 発 生 に 伴 い 感 染 の 拡 大 を 防 止 する 目 的 で 行 う 休 業 措 置 は 医 学 部 長 が 決 定 するものとする 5. 学 生 への 連 絡 休 業 の 周 知 は 学 内 掲 示 本 学 医 学 部 ホームページ 掲 載 メール 送 信 等 により 学 内 及 び 学 外 実 習 中 の 学 生 に 速 やかに 行 うものとする 4-4-

47 別 紙 第 3 関 係 ( 出 席 停 止 公 欠 ) 気 象 に 関 する 警 報 の 発 表 等 の 場 合 における 休 講 措 置 の 基 準 について 平 成 6 年 月 4 日 ( 全 学 ) 教 務 委 員 会 申 合 せ 平 成 6 年 月 7 日 ( 全 学 ) 教 務 委 員 会 一 部 改 正 全 ての 学 部 及 び 研 究 科 の 開 講 科 目 並 びに 全 学 共 通 教 育 の 開 講 科 目 に 関 して 特 別 警 報 及 び 気 象 警 報 の 発 表 等 の 場 合 における 休 講 の 措 置 は 次 の 基 準 による なお 休 講 の 措 置 については 掲 示 及 びホームページへの 掲 載 等 により 周 知 する. 特 別 警 報 の 発 表 による 場 合 各 キャンパスの 所 在 する 地 域 に 特 別 警 報 の 発 表 があった 場 合 は 当 該 キャンパスの 全 て の 授 業 を 直 ちに 中 止 する. 気 象 警 報 の 発 表 による 場 合 () 昼 間 の 授 業 について 指 定 する 地 域 に 大 雨 洪 水 暴 風 又 は 大 雪 の 警 報 が 午 前 6 時 30 分 に 発 表 され ている 場 合 は 休 講 とする 午 前 6 時 30 分 以 降 に 発 表 された 場 合 は 発 表 された 時 刻 以 降 に 開 始 する 授 業 を 休 講 とする ただし 午 前 0 時 30 分 の 時 点 で 警 報 が 解 除 されている 場 合 で かつ それ 以 降 に 発 表 されないときは 午 後 時 以 降 に 開 始 される 授 業 を 実 施 する () 夜 間 の 授 業 ( 午 後 6 時 以 降 に 開 始 する 授 業 )について 指 定 する 地 域 に 大 雨 洪 水 暴 風 又 は 大 雪 の 警 報 が 午 後 3 時 に 発 表 されている 場 合 は 休 講 とする 午 後 3 時 以 降 に 発 表 された 場 合 は 発 表 された 時 刻 以 降 に 開 始 す る 授 業 を 休 講 とする (3) 前 号 の 指 定 する 地 域 を 次 のとおり 定 める 幸 町 キャンパス 及 び 林 町 キャンパスは 高 松 市 とし 医 学 部 キャンパス 及 び 農 学 部 キ ャンパスは 高 松 市 又 は 三 木 町 とする なお 居 住 地 の 気 象 状 況 又 は 交 通 機 関 の 運 休 等 により 登 校 できなかった 学 生 につ いては 補 講 等 により 個 別 に 対 応 するものとする (4) 教 育 実 習 臨 床 実 習 臨 地 実 習 及 びフィールドワーク 科 目 等 の 授 業 で 前 各 号 によ りがたい 場 合 は その 都 度 その 授 業 を 開 講 する 部 局 の 長 が 判 断 し 措 置 する 3.その 他 非 常 時 の 場 合 学 部 研 究 科 及 び 全 学 共 通 教 育 の 開 講 科 目 については 学 部 長 等 が 判 断 し 措 置 する 附 則 この 申 合 せは 平 成 6 年 4 月 日 から 施 行 する この 申 合 せの 施 行 により 気 象 警 報 の 発 令 等 の 場 合 における 休 講 措 置 の 基 準 について ( 平 成 年 月 6 日 制 定 )は 廃 止 する 3 この 申 合 せは 平 成 7 年 月 日 から 施 行 する. 公 欠 の 届 出 公 欠 の 届 出 は 後 日 別 紙 様 式 欠 席 届 により 学 生 が 医 学 部 学 務 室 へ 交 通 機 関 の 運 行 休 止 道 路 遮 断 を 明 らかにする 書 類 とともに 提 出 するものとする 教 務 係 は 届 出 を 受 理 した 場 合 は その 写 しにより 担 当 教 員 へ 連 絡 するものとする 5-43-

48 . 学 生 への 連 絡 休 業 の 周 知 は 学 内 掲 示 本 学 医 学 部 ホームページ 掲 載 メール 送 信 等 により 学 内 及 び 学 外 実 習 中 の 学 生 に 速 やかに 行 うものとする 別 紙 3 第 4 関 係 ( 公 欠 ) Ⅰ. 学 生 が 葬 儀 服 喪 その 他 親 族 の 死 亡 に 伴 う 忌 引 きのために 通 学 できない 場 合. 忌 引 きの 対 象 となる 親 族 の 範 囲 配 偶 者 親 等 ( 親 子 ) 3 親 等 ( 兄 弟 姉 妹 祖 父 母 孫 ) 4 3 親 等 ( 本 人 配 偶 者 の 曾 祖 父 母 伯 父 叔 伯 母 曾 祖 父 母 伯 父 叔 伯 母 の 配 偶 者 甥 姪 甥 姪 の 配 偶 者 曾 孫 ). 忌 引 きの 日 数 配 偶 者 の 場 合 は 死 亡 した 日 以 降 の 連 続 する7 日 以 内 ( 土 日 休 日 を 含 む ) 親 等 の 場 合 は 死 亡 した 日 以 降 の 連 続 する7 日 以 内 ( 土 日 休 日 を 含 む ) 3 親 等 の 場 合 は 死 亡 した 日 以 降 の 連 続 する3 日 以 内 ( 土 日 休 日 を 含 む ) 4 3 親 等 の 場 合 は 死 亡 した 日 若 しくは 死 亡 した 翌 日 以 降 の 日 ( 土 日 休 日 を 含 む ) 3. 公 欠 の 届 出 公 欠 の 届 出 は 後 日 別 紙 様 式 欠 席 届 により 学 生 が 医 学 部 学 務 室 へ 会 葬 礼 状 等 裏 付 ける 書 類 とともに 提 出 するものとする 届 出 を 受 理 した 場 合 は その 写 しにより 担 当 教 員 へ 連 絡 するものとする 6-44-

49 別 紙 様 式 欠 席 届 平 成 年 月 日 香 川 大 学 医 学 部 長 殿 医 学 部 学 科 第 年 次 学 籍 番 号 番 氏 名 連 絡 先 下 記 事 由 により 欠 席 します(しました)のでお 届 けします 記 期 間 平 成 年 月 日 から 平 成 年 月 日 まで 理 由 授 業 科 目 名 及 び 担 当 教 員 授 業 科 目 名 担 当 教 員 名 授 業 科 目 名 担 当 教 員 名 教 員 教 員 教 員 教 員 教 員 教 員 教 員 教 員 教 員 教 員 教 員 教 員 7-45-

50 提 出 書 類 等 ( 欠 席 届 裏 面 ) 以 下 の 事 項 については 各 事 項 に 定 められた 証 明 書 類 を 添 付 の 上 事 前 ( 事 前 に 届 出 ができないときは 事 後 )に この 欠 席 届 を 速 やかに 医 学 部 学 務 室 教 務 係 へ 提 出 する こと 教 務 係 は 届 出 を 受 理 した 場 合 は その 写 しにより 授 業 担 当 教 員 へ 連 絡 する. 学 生 が 学 校 保 健 安 全 法 施 行 規 則 第 8 条 に 規 定 する 感 染 症 に 罹 患 した 場 合 () 医 師 の 診 断 に 基 づき 出 席 停 止 とする 学 生 が 出 席 停 止 となった 期 間 に 出 席 できな かった 授 業 については 届 出 により 公 欠 扱 いとする () 医 師 の 診 断 に 基 づき 感 染 症 に 罹 患 したことが 判 明 したときは 学 生 が 医 学 部 学 務 室 学 生 係 へ 届 出 の 電 話 連 絡 を 行 うこと (3) 出 席 停 止 の 期 間 は 学 校 保 健 安 全 法 施 行 規 則 第 9 条 に 規 定 する 出 席 停 止 の 期 間 を 基 準 に 医 師 に 治 癒 したと 診 断 されるまでとする なお 医 師 の 発 行 する 診 断 書 は 次 の 項 目 が 記 載 された 診 断 書 ( 治 癒 証 明 書 )とする 一 病 名 二 罹 患 期 間 三 治 癒 したことの 証 明 (4) 公 欠 の 届 出 は 治 癒 後 この 欠 席 届 に 医 師 の 診 断 書 ( 治 癒 証 明 書 (コピー 可 )) を 添 付 すること. 気 象 に 関 する 警 報 の 発 表 等 により 休 講 となる 場 合 には この 欠 席 届 の 提 出 はしな くてよい 地 震 その 他 の 非 常 災 害 により 交 通 が 困 難 となる 場 合 の 公 欠 の 届 出 は この 欠 席 届 に 交 通 機 関 の 運 行 休 止 道 路 遮 断 を 明 らかにする 書 類 を 添 付 すること 3. 学 生 が 葬 儀 服 喪 その 他 親 族 の 死 亡 に 伴 う 忌 引 きのために 通 学 できない 場 合 の 公 欠 の 届 出 は この 欠 席 届 に 会 葬 礼 状 等 裏 付 ける 書 類 を 添 付 するとともに 死 亡 した 親 族 の 続 柄 葬 儀 場 所 の 住 所 ( 都 道 府 県 名 郡 区 市 名 ) 葬 祭 日 を 明 記 すること 4. 次 の 準 公 欠 の 事 由 により 授 業 に 欠 席 した 場 合 は 各 号 の 書 類 を 添 付 すること ただし 実 験 実 習 の 欠 席 は 準 公 欠 の 取 扱 いから 除 外 するものとする () 負 傷 又 は 疾 病 ( 医 師 の 診 断 書 を 添 付 する ) () 就 職 試 験 の 受 験 ( 事 由 書 を 添 付 する ) (3) 国 際 大 会 全 国 体 育 大 会 西 日 本 医 科 学 生 総 合 体 育 大 会 西 日 本 コメディカル 総 合 体 育 大 会 及 び 前 者 の 西 日 本 大 会 に 種 目 のないサークルは 当 該 大 会 に 相 当 する 大 会 ( 本 大 会 に 選 手 登 録 されている 場 合 のみを 対 象 とし 地 区 大 会 は 認 めない 選 手 登 録 されている 事 由 書 を 添 付 する ) 8-46-

51 GPAによる 成 績 評 価 について GPA(Grade Point Average) 制 度 は アメリカの 大 学 において 一 般 的 に 用 いられている 学 生 の 成 績 評 価 システムである 人 の 学 生 が 修 得 してきた 授 業 科 目 の 成 績 評 語 ( 評 価 )ごとに 以 下 の 表 のよう にGP(Grade Point)を 与 え それを 平 均 したものをGPA(Grade Point Average)という 医 学 部 においては 平 成 8 年 4 月 日 入 学 者 から 適 用 する 評 語 ( 評 価 ) 秀 (S) 優 (A) 良 (B) 可 (C) 不 可 (X) 評 点 90 点 以 上 80 点 以 上 70 点 以 上 80 点 未 満 60 点 以 上 70 点 未 満 60 点 未 満 90 点 未 満 GP GPA 算 出 式 GPA= 秀 の 修 得 単 位 数 4+ 優 の 修 得 単 位 数 3+ 良 の 修 得 単 位 数 + 可 の 修 得 単 位 数 履 修 登 録 単 位 総 数 不 可 履 修 放 棄 試 験 放 棄 の 単 位 を 含 む また 同 じ 科 目 を 何 度 も 再 履 修 した 場 合 は 再 履 修 の 都 度 の 履 修 登 録 単 位 を 含 む 対 象 科 目 GPAの 対 象 科 目 となる 科 目 は 本 学 開 講 科 目 を 対 象 とするが 成 績 が 合 了 と 標 記 される 科 目 や 医 学 部 以 外 の 他 学 部 開 講 科 目 他 大 学 開 講 科 目 は 除 外 する 認 定 英 語 (TOEIC など) 初 修 外 国 語 ( 単 位 認 定 ) 再 履 修 科 目 は 対 象 科 目 とする -47-

52 附 属 病 院 における 実 習 中 の 学 生 の 針 刺 し 等 汚 染 事 故 発 生 時 の 対 応 について 針 刺 事 故 用 検 査 その 後 の 診 療 までの 対 応 は 当 該 学 生 の 実 習 を 担 当 している 指 導 教 員 が 責 任 をもって 行 う 学 生 教 育 研 究 災 害 傷 害 保 険 ( 学 研 災 )の 手 続 きは 学 務 室 学 生 係 が 担 当 する 針 刺 し 等 汚 染 事 故 発 生 時 のフローチャート 針 刺 し 等 汚 染 事 故 発 生 速 やかに 指 導 教 員 に 報 告! 学 生 皮 膚 の 切 創 粘 膜 汚 染 石 けんと 流 水 で 丁 寧 に 洗 う 目 に 曝 露 コンタクトレンズを 外 し 水 道 水 で 洗 い 流 す 擦 らない 口 腔 十 分 な 含 嗽 を 行 う 指 導 教 員 は 病 院 感 染 予 防 マニュアルに 基 づき 迅 速 に 以 下 の 措 置 をとる 指 導 教 員 感 染 対 策 室 (3058)に 連 絡 汚 染 源 患 者 の 3 ヶ 月 以 内 の HCV 抗 体 HBs 抗 原 HIV 抗 体 を 確 認 医 事 課 外 来 係 (303, 304)に 連 絡 し 検 査 部 へ 受 付 を 依 頼 3 ヶ 月 内 の 検 査 結 果 がない 場 合 患 者 の 同 意 を 得 て 針 刺 事 故 用 検 査 伝 票 で 検 査 実 施 受 傷 者 はただちに 針 刺 事 故 用 検 査 伝 票 で 検 査 実 施 検 体 と 針 刺 事 故 用 検 査 伝 票 を 検 査 部 に 提 出 ( 時 間 内 3676 時 間 外 5880) 指 導 教 員 は 汚 染 源 患 者 の 感 染 症 検 査 結 果 を 確 認 検 査 結 果 に 応 じた 対 応 を 行 う HBs 抗 原 (+)または HCV 抗 体 (+): 消 化 器 内 科 受 診 HIV 抗 体 (+):HIV 診 療 担 当 医 師 受 診 学 生 受 診 処 置 後 医 事 課 の 支 払 い( 保 険 診 療 )を 終 え 学 務 室 学 生 係 に 報 告 学 務 室 学 生 係 (06)に 事 故 報 告 書 を 提 出 学 生 教 育 研 究 災 害 傷 害 保 険 ( 学 研 災 )の 手 続 きに ついて 説 明 をうける -48-

53 学 期 学 年 前 期 4 金 学 年 始 第 学 期 開 始 4 月 入 学 式 カ イタ ンス 5 火 新 入 生 カ イタ ンス 6 水 定 期 健 康 診 断 修 学 相 談 会 7 木 授 業 開 始 平 成 8 年 度 行 事 予 定 表 ( 医 学 科 ) 3 4 金 学 年 始 第 学 期 開 始 授 業 開 始 授 業 カ イタ ンス 4 金 学 年 始 第 学 期 開 始 授 業 開 始 授 業 カ イタ ンス 9 土 新 入 生 合 宿 研 修 0 日 月 定 期 健 康 診 断 ( 午 後 休 講 ) 3 水 定 期 健 康 診 断 ( 午 後 休 講 ) 土 年 次 編 入 学 試 験 次 6 4 土 年 次 編 入 学 試 験 次 7 7 土 年 次 編 入 学 試 験 次 7 土 年 次 編 入 学 試 験 次 6 土 授 業 予 備 日 8 月 夏 季 休 業 開 始 9 火 前 期 定 期 試 験 3 土 授 業 予 備 日 金 5 月 夏 季 休 業 開 始 8 木 第 学 期 末 試 験 (7/8~8/3) 木 医 学 部 オープンキャンパス 4 木 医 学 部 オープンキャンパス 4 木 医 学 部 オープンキャンパス 6 土 夏 季 休 業 開 始 8/4~0 日 補 講 試 験 予 備 日 8 日 夏 季 休 業 終 了 9 月 授 業 開 始 前 期 定 期 試 験 日 夏 季 休 業 終 了 9 5 月 授 業 開 始 前 期 定 期 試 験 9 金 授 業 ガイダンス 3 金 月 統 合 講 義 開 始 30 金 夏 季 休 業 終 了 30 金 授 業 ガイダンス 第 学 期 終 了 第 学 期 終 了 30 金 第 学 期 終 了 後 期 0 土 第 学 期 開 始 0 土 第 学 期 開 始 0 土 第 学 期 開 始 大 学 記 念 日 ( 休 業 ) 大 学 記 念 日 ( 休 業 ) 大 学 記 念 日 ( 休 業 ) 3 月 授 業 開 始 5 水 授 業 ガイダンス 4 火 防 災 l 訓 練 7 金 前 夜 祭 ( 午 後 休 講 ) 7 金 前 夜 祭 ( 午 後 休 講 ) 8 土 医 学 部 祭 8 土 医 学 部 祭 8 土 医 学 部 祭 9 日 9 日 9 日 6 水 金 曜 日 授 業 振 替 日 8 金 臨 時 休 業 ( 香 大 祭 前 夜 祭 ) 9 土 香 大 祭 30 日 3 月 臨 時 休 業 ( 香 大 祭 撤 収 日 ) 火 月 曜 日 授 業 振 替 日 5 火 慰 霊 祭 ( 予 定 ) 8 金 入 試 準 備 ( 午 後 休 講 ) 8 金 入 試 準 備 ( 午 後 休 講 ) 9 土 推 薦 入 試 ( 医 学 科 ) 9 土 推 薦 入 試 ( 医 学 科 ) 9 土 推 薦 入 試 ( 医 学 科 ) 6 土 授 業 予 備 日 0 火 金 曜 日 授 業 振 替 日 5 日 冬 季 休 業 開 始 5 日 冬 季 休 業 開 始 5 日 冬 季 休 業 開 始 3 火 冬 季 休 業 終 了 4 水 授 業 開 始 7 土 冬 季 休 業 終 了 7 土 冬 季 休 業 終 了 0 火 授 業 開 始 0 火 授 業 開 始 3 金 センター 試 験 準 備 ( 臨 時 休 業 ) 3 金 センター 試 験 準 備 ( 午 後 休 講 ) 3 金 センター 試 験 準 備 ( 午 後 休 講 ) 4 土 大 学 入 試 センター 試 験 4 土 大 学 入 試 センター 試 験 4 土 大 学 入 試 センター 試 験 5 日 5 日 5 日 4 土 授 業 予 備 日 9 木 第 学 期 末 試 験 (/9~/5) 3 月 後 期 定 期 試 験 5 水 6 木 補 講 試 験 予 備 日 (/6~/) 水 3 木 5 土 入 学 者 選 抜 試 験 ( 前 期 ) 5 土 入 学 者 選 抜 試 験 ( 前 期 ) 5 土 入 学 者 選 抜 試 験 ( 前 期 ) 6 日 6 日 6 日 7 月 補 講 期 間 開 始 金 補 講 期 間 終 了 土 春 季 休 業 開 始 土 春 季 休 業 開 始 土 春 季 休 業 開 始 日 入 学 者 選 抜 試 験 ( 後 期 医 学 科 ) 日 入 学 者 選 抜 試 験 ( 後 期 医 学 科 ) 日 入 学 者 選 抜 試 験 ( 後 期 医 学 科 ) 3 月 3 月 3 月 3 金 第 学 期 終 了 3 金 第 学 期 終 了 3 金 第 学 期 終 了 学 年 終 学 年 終 学 年 終 -49-

54 学 期 学 年 4 平 成 8 年 度 行 事 予 定 表 ( 医 学 科 ) 5 6 前 期 4 金 学 年 始 4 金 学 年 始 4 金 学 年 始 第 学 期 開 始 第 学 期 開 始 第 学 期 開 始 授 業 開 始 授 業 開 始 授 業 開 始 火 定 期 健 康 診 断 ( 午 前 休 講 ) 月 定 期 健 康 診 断 ( 午 後 休 講 ) 3 水 定 期 健 康 診 断 ( 午 後 休 講 ) 土 年 次 編 入 学 試 験 次 6 4 土 年 次 編 入 学 試 験 次 6 4 土 年 次 編 入 学 試 験 次 5 土 PCC (Advanced) OSCE 試 験 7 土 年 次 編 入 学 試 験 次 7 土 年 次 編 入 学 試 験 次 7 土 年 次 編 入 学 試 験 次 5 月 夏 季 休 業 開 始 5 月 夏 季 休 業 開 始 8 月 夏 季 休 業 開 始 木 医 学 部 オープンキャンパス 4 木 医 学 部 オープンキャンパス 4 木 医 学 部 オープンキャンパス 5 木 夏 季 休 業 終 了 日 夏 季 休 業 終 了 8 日 夏 季 休 業 終 了 6 金 授 業 開 始 月 授 業 開 始 9 月 授 業 開 始 月 卒 業 試 験 開 始 30 金 第 学 期 終 了 30 金 第 学 期 終 了 30 金 第 学 期 終 了 後 期 0 土 第 学 期 開 始 0 土 第 学 期 開 始 0 土 第 学 期 開 始 大 学 記 念 日 ( 休 業 ) 大 学 記 念 日 ( 休 業 ) 大 学 記 念 日 ( 休 業 ) 4 火 防 災 l 訓 練 7 金 前 夜 祭 ( 午 後 休 講 ) 8 土 医 学 部 祭 8 土 医 学 部 祭 8 土 医 学 部 祭 9 日 9 日 9 日 金 卒 業 試 験 終 了 9 土 推 薦 入 試 ( 医 学 科 ) 9 土 推 薦 入 試 ( 医 学 科 ) 9 土 推 薦 入 試 ( 医 学 科 ) 木 CBT 試 験 5 日 冬 季 休 業 開 始 5 日 冬 季 休 業 開 始 5 日 冬 季 休 業 開 始 7 土 冬 季 休 業 終 了 7 土 冬 季 休 業 終 了 7 土 冬 季 休 業 終 了 0 火 授 業 開 始 0 火 授 業 開 始 4 土 大 学 入 試 センター 試 験 4 土 大 学 入 試 センター 試 験 4 土 大 学 入 試 センター 試 験 5 日 5 日 5 日 8 土 OSCE OSCE 追 再 試 験 期 間 (/8から/5 ) 0 金 CBT 追 再 試 験 5 土 入 学 者 選 抜 試 験 ( 前 期 ) 5 土 入 学 者 選 抜 試 験 ( 前 期 ) 5 土 入 学 者 選 抜 試 験 ( 前 期 ) 6 日 6 日 6 日 3 3 金 授 業 終 了 3 3 水 卒 業 認 定 日 4 土 春 季 休 業 開 始 6 月 総 合 試 験 ( 医 学 実 習 Ⅰ) 7 火 春 季 休 業 開 始 日 入 学 者 選 抜 試 験 ( 後 期 医 学 科 ) 日 入 学 者 選 抜 試 験 ( 後 期 医 学 科 ) 3 月 3 月 30 木 臨 床 実 習 開 始 式 3 金 第 学 期 終 了 3 金 第 学 期 終 了 学 年 終 学 年 終 4 金 卒 業 式 -50-

55 平 成 7 8 年 度 医 学 科 授 業 時 間 割 表 ( 年 次 生 ) 前 期 (4 月 8 日 ~ 8 月 5 日 ) Ⅰ 時 限 Ⅱ 時 限 Ⅲ 時 限 Ⅳ 時 限 Ⅴ 時 限 曜 日 8:50~0:0 0:30~:00 3:00~4:30 4:40~6:0 6:0~7:50 月 全 学 共 通 科 目 ( 幸 町 キャンハ ス) 火 全 学 共 通 科 目 ( 幸 町 キャンハ ス) 大 学 入 門 ゼミ 医 学 概 論 微 分 積 分 学 早 期 体 験 学 習 (チュートリアル) 水 ( 西 屋 他 ) ( 新 井 今 井 田 ) ( 上 原 ) ( 出 口 ) A,D, 小 D, 小 E,30,303 D D D 木 全 学 共 通 科 目 ( 幸 町 キャンハ ス) 医 用 物 理 学 医 用 化 学 Ⅰ 医 科 生 物 学 医 用 物 理 学 金 ( 久 冨 ) ( 和 田 ) ( 山 本 ( 融 )) ( 久 冨 ) D D D D ( 備 考 ). 前 期 定 期 試 験 7 月 8 日 ( 木 )~8 月 3 日 ( 水 ) 授 業 定 期 試 験 予 備 日 8 月 4 日 ( 木 )~8 月 0 日 ( 水 ) 後 期 (0 月 日 ~ 3 月 0 日 ) Ⅰ 時 限 Ⅱ 時 限 Ⅲ 時 限 Ⅳ 時 限 Ⅴ 時 限 曜 日 8:50~0:0 0:30~:00 3:00~4:30 4:40~6:0 6:0~7:50 月 火 水 木 金 全 学 共 通 科 目 ( 幸 町 キャンハ ス) 早 期 医 学 実 習 Ⅰ Aコース( 自 由 科 目 ) 医 療 プロフェッショナリズムの 実 践 Ⅰ 医 用 統 計 学 情 報 リテラシー ( 上 原 ) ( 横 井 ) ( 岡 田 他 ) D D マルチ 早 期 医 学 実 習 Ⅰ Bコース( 自 由 科 目 ) 医 療 と 法 ( 柴 田 ) 医 学 部 キャンパス ( 全 学 共 通 科 目 ) D 全 学 共 通 科 目 ( 幸 町 キャンハ ス) 全 学 共 通 科 目 ( 幸 町 キャンハ ス) 全 学 共 通 科 目 ( 幸 町 キャンハ ス) 医 療 心 理 学 医 科 生 物 学 医 用 化 学 Ⅰ ( 黒 河 内 ) ( 山 本 ( 融 )) ( 和 田 ) D D D は 医 学 部 キャンパスで 授 業 を 実 施 する ( 備 考 ).0 月 5 日 ( 水 ) 授 業 ガイダンス. 後 期 定 期 試 験 月 9 日 ( 木 )~ 月 5 日 ( 水 ) 授 業 定 期 試 験 予 備 日 月 6 日 ( 木 )~ 月 日 ( 水 ) 3. 教 室 名 A 大 講 義 室 A( 講 義 棟 階 ) D 大 講 義 室 D( 講 義 棟 階 ) 小 D 小 講 義 室 D( 講 義 棟 階 ) 小 E 小 講 義 室 E( 講 義 棟 階 ) マルチ マルチメテ ィア 実 習 室 ( 看 護 学 科 棟 階 ) 講 義 室 ( 看 護 学 科 棟 3 階 ) 講 義 室 ( 看 護 学 科 棟 3 階 ) -5-

56 平 成 8 年 度 医 学 科 授 業 時 間 割 表 ( 年 次 生 ) 前 期 (4 月 日 ~ 5 月 7 日 ) 曜 日 Ⅰ 時 限 Ⅱ 時 限 Ⅲ 時 限 Ⅳ 時 限 Ⅴ 時 限 8:50~0:0 0:30~:00 3:00~4:30 4:40~6:0 6:0~7:50 分 子 遺 伝 学 医 用 化 学 Ⅱ 自 然 科 学 実 習 月 ( 竹 崎 ) ( 和 田 ) ( 物 理 学 化 学 生 物 学 ) C C 実 分 子 生 物 学 解 剖 学 Ⅱ 火 ( 神 鳥 ) ( 荒 木 ) C C, 実 分 子 生 物 学 分 子 遺 伝 学 医 療 フ ロフェッショナリス ムの 実 践 Ⅱ 水 ( 神 鳥 ) ( 竹 崎 ) ( 岡 田 他 ) C C C 細 胞 生 物 学 医 用 化 学 Ⅱ 自 然 科 学 実 習 木 ( 山 本 ( 融 )) ( 和 田 ) ( 物 理 学 化 学 生 物 学 ) C C 実 ( 全 学 共 通 科 目 ) 細 胞 生 物 学 早 期 医 学 実 習 Ⅱ( 自 由 科 目 ) 金 英 語 ( 長 井 他 ) ( 山 本 ( 融 )) A,C, 小 D, 小 E C 前 期 (5 月 30 日 ~ 7 月 日 ) 曜 日 Ⅰ 時 限 Ⅱ 時 限 Ⅲ 時 限 Ⅳ 時 限 Ⅴ 時 限 8:50~0:0 0:30~:00 3:00~4:30 4:40~6:0 6:0~7:50 月 生 化 学 ( 上 田 ) 自 然 科 学 実 習 ( 物 理 学 化 学 生 物 学 ) C 実 生 理 学 Ⅰ 解 剖 学 Ⅰ 火 ( 徳 田 ) ( 三 木 ) C C, 実 分 子 生 物 学 分 子 遺 伝 学 医 療 フ ロフェッショナリス ムの 実 践 Ⅱ 水 ( 神 鳥 ) ( 竹 崎 ) ( 岡 田 他 ) C C C 分 子 生 物 学 生 理 学 Ⅱ 自 然 科 学 実 習 木 ( 神 鳥 ) ( 平 野 ) ( 物 理 学 化 学 生 物 学 ) C C 実 ( 全 学 共 通 科 目 ) 解 剖 学 Ⅰ 早 期 医 学 実 習 Ⅱ( 自 由 科 目 ) 金 英 語 ( 長 井 他 ) ( 三 木 ) C 細 胞 生 物 学 早 期 医 学 実 習 Ⅱ( 自 由 科 目 ) A,C, 小 D, 小 E ( 山 本 ( 融 ))C 金 曜 日 上 段 :5 月 30 日 ~6 月 0 日 下 段 :6 月 3 日 ~7 月 日 前 期 (7 月 4 日 ~ 7 月 5 日 ) 曜 日 Ⅰ 時 限 Ⅱ 時 限 Ⅲ 時 限 Ⅳ 時 限 Ⅴ 時 限 8:50~0:0 0:30~:00 3:00~4:30 4:40~6:0 6:0~7:50 月 生 化 学 生 理 学 Ⅱ ( 上 田 ) ( 平 野 ) C C 火 生 理 学 Ⅰ 解 剖 学 Ⅰ ( 徳 田 ) ( 三 木 ) C C, 実 水 分 子 生 物 学 分 子 遺 伝 学 医 療 フ ロフェッショナリス ムの 実 践 Ⅱ ( 神 鳥 ) ( 竹 崎 ) ( 岡 田 他 ) C C 木 分 子 遺 伝 学 生 理 学 Ⅱ 生 理 学 Ⅰ ( 竹 崎 ) ( 平 野 ) ( 徳 田 ) C C C 金 ( 全 学 共 通 科 目 ) 細 胞 生 物 学 早 期 医 学 実 習 Ⅱ( 自 由 科 目 ) 英 語 ( 長 井 他 ) ( 山 本 ( 融 )) A,C, 小 D, 小 E C ( 備 考 ). 4 月 日 ( 月 ) 午 後 定 期 健 康 診 断 ( 午 後 休 講 ). 全 学 共 通 科 目 英 語 は7 月 日 ( 金 ) 授 業 あり 3. 医 療 心 理 学 ( 長 谷 )の 夏 季 集 中 講 義 を 実 施 する 8 月 3 日 ( 火 )~8 月 5 日 ( 木 ) 4. 前 期 定 期 試 験 9 月 5 日 ( 月 )~9 月 3 日 ( 金 ) 5.9 月 30 日 ( 金 ) 授 業 ガイダンス -5- C

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

Microsoft Word - 短 131 28第1部 第3章 授業

Microsoft Word - 短 131 28第1部 第3章 授業 第 3 章 授 業 1. 授 業 回 数 授 業 は 各 学 期 とも 15 回 行 うことを 標 準 としています ただし 8 回 で 完 結 するものもあります 2. 学 年 暦 ( 学 事 日 程 ) 本 学 における 今 年 度 の 学 事 日 程 は 表 紙 裏 にある 予 定 表 のとおり 計 画 されています なお 各 学 期 とも 15 回 の 授 業 回 数 を 確 保 するため

More information

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す 山 口 県 警 察 に 勤 務 する 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 訓 令 平 成 7 年 3 月 31 日 本 部 訓 令 第 1 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 訓 令 は 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 山 口 県 条 例 第 11 号 以 下 勤 務 時 間 条 例 という ) 及

More information

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文 教 員 一 覧 総 合 科 学 部 総 合 科 学 研 究 科 総 合 科 学 科 ( 総 合 科 学 プログラム) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 文 化 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 言 語 コミュニケーション 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 行 動 科 学 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 (スポーツ 健 康 科 学 授 業

More information

hyoushi

hyoushi 序 昨 年 度 から 表 題 を 年 報 改 めます 年 報 を 発 行 す る 目 的 は 実 績 を 公 表 することであり また 記 録 することよっ 歴 史 を 記 述 しることもなります しかし 年 報 を 発 行 する 社 会 的 意 義 とし を 公 表 する 事 が 重 要 である と 考 え 積 極 的 力 を 注 できました をどう 捉 えるかは ろろな 観 点 や 意 見 があると

More information

1 学 校 保 健 安 全 法 の 規 定 学 校 において 予 防 すべき 感 染 症 分 類 第 一 種 感 染 症 法 の 一 類 感 染 症 と 結 核 を 除 く 二 類 感 染 症 を 規 定 している 第 二 種 空 気 感 染 または 飛 沫 感 染 するも ので 学 校 におい て

1 学 校 保 健 安 全 法 の 規 定 学 校 において 予 防 すべき 感 染 症 分 類 第 一 種 感 染 症 法 の 一 類 感 染 症 と 結 核 を 除 く 二 類 感 染 症 を 規 定 している 第 二 種 空 気 感 染 または 飛 沫 感 染 するも ので 学 校 におい て 学 校 における 感 染 症 発 生 時 の 対 応 学 校 保 健 法 が 学 校 保 健 安 全 法 に 改 正 され 平 成 21 年 4 月 1 日 から 施 行 されました その 後 学 校 保 健 安 全 法 施 行 規 則 の 学 校 において 予 防 すべき 感 染 症 の 種 類 や 出 席 停 止 の 期 間 の 基 準 が 見 直 されました 本 資 料 は 長 野 県 における

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63> 東 京 芸 術 大 学 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 21 年 5 月 11 日 平 成 21 年 7 月 17 日 平 成 22 年 3 月 30 日 平 成 22 年 6 月 22 日 第 1 章 総

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 施 行 規 程 ( 平 成 10 年 3 月 3 1 日 ) 平 成 10 年 規 程 第 3 号 ( 趣 旨 ) 改 正 平 成 11 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平 成 14 年 2 月 26 日 規 程 第 2 号 平 成 14 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

平成15年度 埼玉医科大学大学院医学研究科 博士課程 学生募集要項(案)

平成15年度 埼玉医科大学大学院医学研究科 博士課程 学生募集要項(案) 平 成 27 年 度 ( 後 期 入 学 ) 埼 玉 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 博 士 課 程 学 生 募 集 要 項 < 一 般 選 抜 > < 社 会 人 選 抜 > < 外 国 人 選 抜 > < 科 目 等 履 修 生 > 目 次 埼 玉 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 博 士 課 程 概 要 1 博 士 課 程 募 集 要 項 4 埼 玉 医 科 大

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療 資 料 5 筑 後 市 立 病 院 概 要 平 成 22 年 度 版 視 察 団 体 埼 玉 県 東 松 山 市 市 議 会 視 察 日 平 成 17 年 10 月 20 日 ( 木 ) 筑 後 市 立 病 院 目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3.

More information

ア イ 以 外 の 者 在 職 期 間 年 次 有 給 休 暇 日 数 表 付 与 日 数 9 月 を 超 え1 年 未 満 の 期 間 20 日 6 月 を 超 え9 月 に 達 するまでの 期 間 15 日 3 月 を 超 え6 月 に 達 するまでの 期 間 10 日 3 月 に 達 するまで

ア イ 以 外 の 者 在 職 期 間 年 次 有 給 休 暇 日 数 表 付 与 日 数 9 月 を 超 え1 年 未 満 の 期 間 20 日 6 月 を 超 え9 月 に 達 するまでの 期 間 15 日 3 月 を 超 え6 月 に 達 するまでの 期 間 10 日 3 月 に 達 するまで 休 暇 の 取 扱 いについて ( 平 成 7 年 3 月 24 日 甲 通 達 警 第 18 号 ) みだしのことについては 静 岡 県 警 察 職 員 の 勤 務 休 日 休 暇 等 の 管 理 に 関 する 訓 令 ( 平 成 7 年 県 本 部 訓 令 第 7 号 以 下 勤 務 訓 令 という ) 第 18 条 の 規 定 に 基 づき 次 のとおり 定 め 平 成 7 年 4 月 1 日

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

は 1 時 間 ( 年 次 有 給 休 暇 5 日 を 限 度 )とすることができる 2 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 年 次 有 給 休 暇 を 日 に 換 算 する 場 合 は 8 時 間 をもって1 日 とする ( 病 気 有 給 休 暇 ) 第 4 条 規 則 第 20 条

は 1 時 間 ( 年 次 有 給 休 暇 5 日 を 限 度 )とすることができる 2 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 年 次 有 給 休 暇 を 日 に 換 算 する 場 合 は 8 時 間 をもって1 日 とする ( 病 気 有 給 休 暇 ) 第 4 条 規 則 第 20 条 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 休 暇 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 27 年 10 月 1 日 一 部 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 別 に 定 めるもののほか 職 員 就 業 規

More information

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章 駐 労 規 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 3 号 改 正 改 正 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 11 号 平 成 18 年 6 月 29 日 駐 労 規 第 13 号 平 成 19 年 7 月 27 日 駐 労 規 第 12 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 駐 労 規 第 8 号 改 正 平 成 22 年 3

More information

(4) 研 修 手 当 月 手 当 248,000 円 夏 期 及 び 年 末 には 謝 礼 として それぞれ 150,000 円 支 給 住 居 手 当 として 最 高 28,500 円 まで 該 当 者 に 支 給 通 勤 手 当 を 該 当 者 に 支 給 臨 時 服 務 手 当 (5) 社

(4) 研 修 手 当 月 手 当 248,000 円 夏 期 及 び 年 末 には 謝 礼 として それぞれ 150,000 円 支 給 住 居 手 当 として 最 高 28,500 円 まで 該 当 者 に 支 給 通 勤 手 当 を 該 当 者 に 支 給 臨 時 服 務 手 当 (5) 社 京 都 第 一 赤 十 字 病 院 看 護 職 員 募 集 要 項 (2 次 募 集 ) 京 都 第 一 赤 十 字 病 院 研 修 歯 科 医 師 募 集 要 項 募 集 職 種 研 修 歯 科 医 師 募 集 人 員 1 名 試 験 日 平 成 28 年 8 月 10 日 ( 水 ) 受 験 票 試 験 日 の 案 内 を 応 募 期 間 終 了 後 別 途 送 付 選 考 方 法 筆 記 試

More information

(5) 最 終 学 校 卒 業 証 明 書 ( 又 は 同 見 込 証 明 書 ) (6) 連 帯 保 証 人 の 同 意 書 ( 市 内 在 住 者 及 び 近 隣 の 者 2 名 ) (7)その 他 協 会 が 指 定 するもの( 資 格 証 等 ) 2 前 項 の 提 出 書 類 の 記 載

(5) 最 終 学 校 卒 業 証 明 書 ( 又 は 同 見 込 証 明 書 ) (6) 連 帯 保 証 人 の 同 意 書 ( 市 内 在 住 者 及 び 近 隣 の 者 2 名 ) (7)その 他 協 会 が 指 定 するもの( 資 格 証 等 ) 2 前 項 の 提 出 書 類 の 記 載 公 益 財 団 法 人 黒 石 市 体 育 協 会 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 益 財 団 法 人 黒 石 市 体 育 協 会 ( 以 下 協 会 という ) 定 款 第 3 3 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 協 会 職 員 ( 以 下 職 員 という ) の 就 業 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目

More information

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 )

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 ) 任 期 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 16 規 程 第 10 号 平 成 16 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 17 規 程 第 4 号 平 成 17 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 57 号 平 成 19 年 3 月 13 日 平 18 規 程 第 101 号 平 成 19 年 3 月 30 日 平 19 規 程 第 20 号 平 成 19 年 8 月 23 日 平 19 規

More information

Microsoft Word - H25人事行政公表(最終)

Microsoft Word - H25人事行政公表(最終) 亀 岡 市 公 告 第 60 号 亀 岡 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 亀 岡 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 3 月 29 日 条 例 第 5 号 ) の 規 定 に 基 づき 平 成 24 年 度 における 亀 岡 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 次 のと おり 公 表 する 平

More information

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医 熊 本 県 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 後 の 抗 HIV 薬 服 用 マニュアル 平 成 25 年 3 月 マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに

More information

たときは 直 ちに 人 事 課 に 届 け 出 なければならない 第 7 条 職 員 が 著 書 を 刊 行 し 若 しくは 学 術 論 文 等 を 発 表 したとき 又 は 本 学 を 経 由 せず 辞 令 若 しくは 学 位 を 受 け その 業 績 が 履 歴 上 に 関 係 あるときは その

たときは 直 ちに 人 事 課 に 届 け 出 なければならない 第 7 条 職 員 が 著 書 を 刊 行 し 若 しくは 学 術 論 文 等 を 発 表 したとき 又 は 本 学 を 経 由 せず 辞 令 若 しくは 学 位 を 受 け その 業 績 が 履 歴 上 に 関 係 あるときは その 福 岡 大 学 就 業 規 則 昭 和 31 年 4 月 1 日 制 定 第 1 章 総 則 第 1 条 この 規 則 は 学 校 法 人 福 岡 大 学 寄 附 行 為 並 びに 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) 及 び 関 係 法 令 の 精 神 に 則 り 職 員 の 就 業 に 関 する 基 本 的 な 事 項 を 定 めたものであって これにより 真 に

More information

目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12

目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12 津 島 市 民 病 院 病 院 年 報 [ 平 成 22 年 度 ] 2 0 1 0 目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12 10 年 度

More information

Microsoft Word - 議事次第

Microsoft Word - 議事次第 平 成 25 年 6 月 28 日 金 10:00~12:00 厚 生 労 働 省 9 階 省 議 室 第 7 回 特 定 機 能 病 院 及 び 地 域 医 療 支 援 病 院 のあり 方 に 関 する 検 討 会 議 事 次 第 1. 特 定 機 能 病 院 及 び 地 域 医 療 支 援 病 院 のあり 方 について 2. その 他 配 付 資 料 資 料 1 特 定 機 能 病 院 及 び

More information

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況 HIV への 職 業 上 曝 露 後 の 感 染 防 止 予 防 服 用 マニュアル 一 般 医 療 機 関 用 平 成 26 年 10 月 < 兵 庫 県 エイズ 拠 点 病 院 連 絡 協 議 会 編 > 兵 庫 県 健 康 福 祉 部 健 康 局 疾 病 対 策 課 目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2

More information

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 平 成 26 年 3 月 25 日 ) 改 正 平 26 規 程 第 16 号 平 成 26 年 11 月 28 日 平 26 規 程 第 41 号 平 成 27 年 1 月 28 日 平 26 規 程 第 67 号 平 成 27 年 3 月 31 日 平 27 規 程 第 28 号 平 成 28 年 3 月

More information

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 物 品 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 目 次 I. 業 務 概 要... 2 1 委 託 業 務 名... 2 2 業 務 の 目 的... 2 3 期 間... 2 4 病 院 概 要... 2 5 開 院 スケジュール... 3 6 対 象 業 務... 3 1 7 管 理 対 象 及 び 搬 送 対

More information

No. 2 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 第 1 条 この 法 人 の( 以 下 本 学 会 という) 入 会 については 定 款 に 定 められたことの 他 は この 規 則 による 第 2 条 本 学 会

No. 2 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 第 1 条 この 法 人 の( 以 下 本 学 会 という) 入 会 については 定 款 に 定 められたことの 他 は この 規 則 による 第 2 条 本 学 会 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 定 款 細 則 (2011 年 9 月 ) 目 次 1. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 定 款 2. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 3. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 会 費 規 則 ( 定

More information

診療行為コード

診療行為コード 別 添 5 オンライン 又 は 光 ディスク 等 による 請 求 に 係 る 診 療 行 為 コード ( 医 科 用 DPC 用 ) 平 成 20 年 4 月 版 凡 例 1 診 療 行 為 コードは 次 により 設 定 している (1) コードの 設 定 対 象 範 囲 コードの 設 定 対 象 範 囲 は 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 3 月 5 日 厚 生 労 働

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ 医 療 従 事 者 等 における 体 液 曝 露 事 故 後 の HIV 感 染 防 止 マニュアル 徳 島 県 エイズ 連 携 会 議 ( 平 成 28 年 4 月 改 訂 ) は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切

More information

Ⅰ 単 位 制 学 位 大 学 における 授 業 科 目 の 履 修 は 単 位 制 によって 行 われる 単 位 制 とは 一 定 の 基 準 により 単 位 を 付 与 された 各 授 業 科 目 を 履 修 要 領 にしたがって 履 修 し 所 定 の 春 期 秋 期 の 試 験 (またはこれ

Ⅰ 単 位 制 学 位 大 学 における 授 業 科 目 の 履 修 は 単 位 制 によって 行 われる 単 位 制 とは 一 定 の 基 準 により 単 位 を 付 与 された 各 授 業 科 目 を 履 修 要 領 にしたがって 履 修 し 所 定 の 春 期 秋 期 の 試 験 (またはこれ 履 修 試 験 進 級 及 び 卒 業 Contents - 29 - Ⅰ 単 位 制 学 位 30 1. 授 業 日 数 と 単 位 算 定 の 基 準 30 2. 履 修 登 録 32 3. 授 業 時 間 33 Ⅱ 授 業 34 1. 出 席 欠 席 公 欠 34 2. 休 講 35 3. 補 講 35 Ⅲ 試 験 35 1. 定 期 試 験 35 2. 小 試 験 レポート 35 3. 追

More information

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう ) 第 21 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 同 規 則 第 3 条 第 1 項 の 規 定 により 任 命 された 者 (

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 2 月 12 日 厚 生 労 働 大 臣 長 妻 昭 殿 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 会 長 遠 藤 久 夫 答 申 書 ( 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 について) 平 成 22 年 1 月 15 日 付 け 厚 生 労 働 省 発 保 0115 第 1 号 をもって 諮 問 のあった 件 について 別 紙 1から 別 紙 6までの 改 正 案 を

More information

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73>

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73> 総 括 () 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 塩 竈 市 の 給 与 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 人 件 費 率 平 成 22 年 度 57,266 人 2,59,774 486,43 3,398,0 5.7% 6.2%

More information

Taro-02 基本診療料施設基準通知

Taro-02 基本診療料施設基準通知 保 医 発 0 3 0 5 第 2 号 平 成 2 4 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚

More information

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 2 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 15 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 36 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 3 号 平 成 20 年 12 月 25 日 20 規 程

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 (

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 ( 年 金 手 当 など 1 各 種 障 害 年 金 制 度 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 国 民 年 金 に 加 入 中 又 は 加 入 していた 方 が 病 気 やけがによって65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 までに 障 害 者 となり 医 療 機 関 を 受 診 していたとき また20 歳 前 に 障 害 者 となった 方 は20 歳 から 障 害 等 級 表 のいずれかの 状

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 平 成 4 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 4 年 度 末 ) 平 成 4 年 度 379,678 豊 橋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 ( 注 ) 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 などを 含 む A 114,956,597 実 質 収 支 3,87,17

More information

Microsoft Word - 5-26職員給与規程

Microsoft Word - 5-26職員給与規程 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 5 月 10 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 28

More information

収 容 定 員 16 名 本 学 大 学 院 の 設 置 する 各 研 究 科 および 専 攻 における 教 育 研 究 の 目 的, 人 材 の 育 成 に 関 する 目 的 については 次 の 通 りとする (1) 社 会 情 報 研 究 科 社 会 情 報 研 究 科 の 教 育 研 究 は,

収 容 定 員 16 名 本 学 大 学 院 の 設 置 する 各 研 究 科 および 専 攻 における 教 育 研 究 の 目 的, 人 材 の 育 成 に 関 する 目 的 については 次 の 通 りとする (1) 社 会 情 報 研 究 科 社 会 情 報 研 究 科 の 教 育 研 究 は, 広 島 文 化 学 園 大 学 大 学 院 学 則 第 1 章 総 則 ( 大 学 院 の 目 的 ) 第 1 条 広 島 文 化 学 園 大 学 大 学 院 ( 以 下 本 学 大 学 院 という )は, 広 島 文 化 学 園 の 建 学 の 精 神 である 究 理 実 践 に 基 づき 対 話 の 教 育 を 推 し 進 め, 高 度 の 専 門 性 が 求 められる 職 業 を 担 うための

More information

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識 第 1 回 国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 次 第 日 時 平 成 26 年 7 月 23 日 ( 水 ) 午 後 1 時 30 分 から 場 所 国 保 小 見 川 総 合 病 院 附 属 看 護 専 門 学 校 3 階 講 堂 1. 開 会 2. 委 嘱 状 交 付 3. 組 合 長 挨 拶 4. 委 員 紹 介 事 務 局 職 員 紹 介 5.

More information

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の 準 職 員 就 業 規 則 及 び 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 麦 の 子 会 ( 以 下 法 人 という ) 就 業 規 則 第 3 条 の 規 定 に 基 づいて 雇 用 する 準 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 に 定

More information

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73>

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73> の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 21 年 度 の 人 件 費 率 264,775 人 89,572,418 千 989,606 千 17,550,569

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

(H25.3HP\214\366\225\\.xls)

(H25.3HP\214\366\225\\.xls) 総 括 の 給 与 定 員 管 理 等 について () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 年 度 23 20,405 6,70,284 79,68 2,422,689 4.5 5.6 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) ア 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) ア 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 森 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 24 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 24 年 度 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 割 合 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 人 件 費 率 人 千 円 千 円 千 円 %

More information

技 能 労 務 職 高 校 卒 137,200 円 146,700 円 中 学 卒 129,200 円 137,200 円 (3) 職 員 の 経 験 年 数 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 経 験 年 数 15 年 以 上 経 験 年 数 2

技 能 労 務 職 高 校 卒 137,200 円 146,700 円 中 学 卒 129,200 円 137,200 円 (3) 職 員 の 経 験 年 数 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 経 験 年 数 15 年 以 上 経 験 年 数 2 上 北 山 村 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 1. 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 平 成 25 年 4 月 1 日 現 平 成 25 年 度 中 の 退 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 職 員 数 A 職 者 数 平 成 26 年 4 月 1 日 採 在 の 職 員 数 B B-A 用 者 数 36 人 0

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

平成17年度の人事行政等の状況

平成17年度の人事行政等の状況 平 成 25 年 度 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 1. 職 員 の 任 免 及 び に 関 する 状 況 (1) 職 員 の 採 用 退 職 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 2 日 から 平 成 26 年 4 月 1 日 ) 職 種 H25.4.1 現 在 期 間 内 の 退 職 者 期 間 内 の 採 用 者 H26.4.1 現 在 医 師 118 人 32

More information

資料9-1 大学教育改革地域フォーラムの結果(2/3)

資料9-1 大学教育改革地域フォーラムの結果(2/3) 熊 本 大 学 文 部 科 学 省 共 催 / 高 等 教 育 コンソーシアム 熊 本 後 援 大 学 教 育 改 革 地 域 フォーラム 2012 in 熊 本 大 学 日 時 2012 年 5 月 16 日 ( 水 ) 14:00~16:50 会 場 熊 本 大 学 黒 髪 南 キャンパス 工 学 部 百 周 年 記 念 館 テーマ1 大 学 での 学 修 の 内 容 と 時 間 を 教 員 学

More information

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4 日 付 時 限 内 容 4 月 6 日 2 総 論 GIO: 耳 鼻 咽 喉 科 疾 患 を 持 つ 患 者 の 診 断 と 治 療 ができるようになるために これらの 系 の 基 本 的 知 識 特 性 を 理 解 する SBO: 1. 耳 疾 患 について 説 明 できる 2. 鼻 疾 患 について 説 明 できる 3. 咽 頭 喉 頭 疾 患 について 説 明 できる 4 月 13 日 2 鼻

More information

Taro-20160325記載要領通知(溶け

Taro-20160325記載要領通知(溶け 別 添 3 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 について ( 平 成 18 年 3 月 30 日 保 医 発 第 0330008 号 ) 別 紙 Ⅰ 一 般 的 事 項 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 1 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 及 び 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 ( 以 下 請 求 書 等 という )については

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

Taro-H24年度.jtd

Taro-H24年度.jtd 石 井 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 ( 平 成 24 年 度 ) 1. 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 (1) 職 員 採 用 の 状 況 (H24.4.1) 一 般 行 政 事 務 4 人 幼 稚 園 教 諭 1 人 保 育 士 9 人 計 14 人 (2) 職 員 の 退 職 状 況 (H23.4.1~H24.3.31) 一 般 行 政 事 務

More information

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc)

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc) 目 的 ) 地 方 独 立 行 政 法 人 奈 良 県 立 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 1 づき 与 に 関 この 地 する 方 規 独 事 程 立 項 は 行 を 政 定 地 法 めることを 方 人 独 奈 立 良 行 県 政 立 目 法 病 的 人 院 とする 奈 機 良 構 県 ( 立 以 病 下 院 機 法 構 人 就 という )に 業 規 則 ( 以 下 勤 就 務 業 する

More information

国立大学法人富山大学職員給与規則

国立大学法人富山大学職員給与規則 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 給 与 規 則 平 成 17 年 1 0 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 10 月 1 日 改 正 平 成 20 年 4 月 1 日 改 正 平 成 2 1 年 4 月 1 日 改 正 平 成 2 1 年 21 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日

More information

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1 (H28.4 新 規 申 請 用 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 申 請 手 続 きの 御 案 内 〇 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 とは 小 児 慢 性 特 定 疾 病 にかかっている 児 童 等 について 健 全 育 成 の 観 点 から 患 児 家 庭 の 医 療 費 の 負 担 軽 減 を 図 るため その 医 療 費 の 一 部

More information

大分大学職員給与規程(案)

大分大学職員給与規程(案) 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 16 年 規 程 第 18 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 5 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 分

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

ただし 本 提 案 は 技 術 的 検 討 結 果 であり 国 民 に 対 して 広 く 接 種 機 会 を 提 供 する 仕 組 みとして 実 施 するためには 前 提 として ワクチンの 供 給 実 施 体 制 の 確 保 必 要 となる 財 源 の 捻 出 方 法 等 の 検 討 を 行 った

ただし 本 提 案 は 技 術 的 検 討 結 果 であり 国 民 に 対 して 広 く 接 種 機 会 を 提 供 する 仕 組 みとして 実 施 するためには 前 提 として ワクチンの 供 給 実 施 体 制 の 確 保 必 要 となる 財 源 の 捻 出 方 法 等 の 検 討 を 行 った 資 料 1-1 B 型 肝 炎 ワクチンの 定 期 接 種 化 について これまでの 経 緯 1986 年 1 月 :B 型 肝 炎 母 子 感 染 防 止 事 業 において 乳 児 に 対 する 感 染 防 止 事 業 を 開 始 1992 年 3 月 : WHOがB 型 肝 炎 ワクチンのユニバーサル 化 を 推 奨 2012 年 5 月 : 厚 生 科 学 審 議 会 感 染 症 分 科 会

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

職 員 の 平 均 給 料 の 月 額 初 任 給 などの 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 及 び 平 均 給 料 平 均 給 与 の 月 額 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 支 給 分 ) 平 均 年 齢 平 均 給 料 の 月 額 平 均 給 与 月 額 医 師 41.2

職 員 の 平 均 給 料 の 月 額 初 任 給 などの 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 及 び 平 均 給 料 平 均 給 与 の 月 額 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 支 給 分 ) 平 均 年 齢 平 均 給 料 の 月 額 平 均 給 与 月 額 医 師 41.2 平 成 25 年 度 掛 川 市 袋 井 市 病 院 企 業 団 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 掛 川 市 袋 井 市 病 院 企 業 団 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 に 基 づき 掛 川 市 袋 井 市 病 院 企 業 団 の 任 免 給 与 勤 務 条 件 などの 概 要 についてお 知 らせします 1. 職 員 の 任

More information

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ

第 3 章 異 動 第 7 条 ( 異 動 ) 業 務 の 都 合 により 必 要 がある 場 合 は 社 員 に 異 動 ( 配 置 転 換 転 勤 出 向 )を 命 じ または 担 当 業 務 以 外 の 業 務 を 行 わせることがある 第 4 章 就 業 時 間 休 憩 時 間 休 日 およ 就 業 規 則 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は ( 以 下 会 社 という)の 秩 序 を 維 持 し 業 務 の 円 滑 な 運 営 を 期 すため 社 員 の 就 業 に 関 する 労 働 条 件 および 服 務 規 律 を 定 めたものである 第 2 条 ( 社 員 の 定 義 ) 1. 社 員 とは 会 社 と 雇 用 契 約 を 締 結 した 者 のうち

More information

2013 April 内 外 診 療 科 科 心 臓 血 管 セ ン タ ー 呼 吸 器 ( 新 患 ) 呼 吸 器 ( 再 診 ) 血 液 消 化 器 腎 臓 科 心 臓 血 管 外 科 月 熊 部 山 口 佐 々 木 中 村 竹 田 大 地 火 山 口 須 加 原 外 山 工 藤 水 佐 々 木 松 本 中 村 新 名 木 須 加 原 山 口 外 山 大 地 7 階

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031362E30342E30315F91E5924A91E58A77925A8AFA91E58A7795948A7791A5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031362E30342E30315F91E5924A91E58A77925A8AFA91E58A7795948A7791A5> 大 谷 大 学 短 期 大 学 部 学 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 大 谷 大 学 短 期 大 学 部 ( 以 下 本 学 という )は 教 育 基 本 法 及 び 学 校 教 育 法 による 短 期 大 学 として 仏 教 の 精 神 に 基 づき 職 業 に 必 要 な 専 門 教 育 を 施 し 教 養 ある 有 能 な 社 会 人 を 育 成 することを 目 的 とする

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

平 成 28 年 度 カリキュラム 概 要 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 は 医 師 及 び 医 学 研 究 者 としての 幅 広 い 教 養 柔 軟 な 思 考 力 と 創 造 性 豊 かな 人 間 性 高 邁 な 倫 理 観 を 涵 養 し 基 礎 および 臨 床 医 学 における 高 度

平 成 28 年 度 カリキュラム 概 要 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 は 医 師 及 び 医 学 研 究 者 としての 幅 広 い 教 養 柔 軟 な 思 考 力 と 創 造 性 豊 かな 人 間 性 高 邁 な 倫 理 観 を 涵 養 し 基 礎 および 臨 床 医 学 における 高 度 本 学 の 教 育 理 念 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 は 医 学 及 び 保 健 看 護 学 に 関 する 基 礎 的 総 合 的 な 知 識 と 高 度 で 専 門 的 な 学 術 を 教 授 研 究 するとともに 豊 かな 人 間 性 と 高 邁 な 倫 理 観 に 富 む 資 質 の 高 い 人 材 を 育 成 することにより 和 歌 山 県 の 医 療 保 健 の 充 実 を 図

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

就業規則

就業規則 特 定 非 営 利 活 動 法 人 サイバー キャンパス コンソーシアム TIES 職 員 就 業 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 サイバー キャンパス コンソーシアムTI ES( 以 下 本 法 人 という ) 事 務 局 に 勤 務 する 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する

More information

1分冊_表紙1

1分冊_表紙1 この 約 の 概 要 5 年 ごと 配 当 付 定 疾 病 保 障 終 身 保 険 約 条 項 目 次 第 1 条 約 保 険 金 の 支 払 第 2 条 約 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 3 条 約 保 険 金 の 免 責 事 由 に 該 当 した 場 合 の 取 扱 第 4 条 約 保 険 金 の 請 求 支 払 時 期 および 支 払 場 所 第 5 条 約 定 疾 病 保

More information

学 歌

学 歌 学 歌 平 成 0 年 度 学 年 暦 ( 工 学 部 ) 平 成 0 年 度 学 年 暦 ( 情 報 工 学 部 ) 目 次 九 州 工 業 大 学 のあゆみ 学 科 の 変 遷 3 組 織 6 九 州 工 業 大 学 学 則 7 工 学 部 Ⅰ 九 州 工 業 大 学 工 学 部 学 修 細 則 4 人 間 科 学 科 目 履 修 課 程 表 ⑴ 人 間 科 学 基 礎 科 目 8 ⑵ 副 専

More information

就 業 規 則

就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 契 約 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 平 成 18 年 4 月 1 日 国 語 研 規 則 第 7 号 改 正 平 成 20 年 2 月 12 日 改 正 平 成 21 年 3 月 10 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 ( 以 下 研 究 所 という )の 業 務

More information

平成21年度教育関係共同利用様式

平成21年度教育関係共同利用様式 ( 別 紙 様 式 4) 職 業 実 践 専 門 課 程 の 基 本 情 報 について 学 校 名 設 置 認 可 年 月 日 校 長 名 所 在 地 国 際 メディカル 専 門 平 成 4 年 月 9 日 渡 辺 敏 彦 950 094 学 校 新 潟 市 中 央 区 紫 竹 山 6 丁 目 4 番 号 ( 電 話 )05(55)5 設 置 者 名 設 立 認 可 年 月 日 代 表 者 名 所

More information

抗 HIV 予 防 服 用 フローチャート 平 日 対 応 用 < 事 故 発 生!!> 経 皮 的 創 傷 粘 膜 結 膜 および 傷 のある 皮 膚 ( 手 荒 れ 傷 ささくれ)への 曝 露 HIV 抗 体 (+) 血 液 HIV 抗 体 (+)が 強 く 疑 われる 血 液 カリニ 肺 炎

抗 HIV 予 防 服 用 フローチャート 平 日 対 応 用 < 事 故 発 生!!> 経 皮 的 創 傷 粘 膜 結 膜 および 傷 のある 皮 膚 ( 手 荒 れ 傷 ささくれ)への 曝 露 HIV 抗 体 (+) 血 液 HIV 抗 体 (+)が 強 く 疑 われる 血 液 カリニ 肺 炎 抗 HIV 予 防 内 服 のための 苫 小 牧 市 立 病 院 受 診 の 手 続 き 事 故 を 起 こす 前 に 事 故 前 に 抗 HIV 予 防 内 服 薬 について 必 要 性 副 作 用 危 険 性 を 理 解 しておく 必 要 があります 予 め 各 説 明 書 をご 参 照 の 上 事 故 時 には 自 己 決 定 のもと 迅 速 行 動 が 望 まれます 事 故 時 の 対 処

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

00本文

00本文 保 医 発 1 2 2 2 第 2 号 平 成 2 6 年 1 2 月 2 2 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 ( 平 成 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 前 年 度 の 人 件 費 率 101,638 人 363 億

池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 ( 平 成 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 前 年 度 の 人 件 費 率 101,638 人 363 億 池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 目 次 1 総 括 1 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 3 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 職 員 の 手 当 の 状 況 56 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 7 6 職 員 数 採 用 試 験 の 状 況 811 7 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条

More information

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦 36 36 野 崎 京 子 野 崎 長 阪 府 推 薦 136 奈 川 県 ペ 麻 酔 京 都 部 卒 京 都 部 麻 酔 入 局 後 北 野 阪 市 国 立 京 都 阪 赤 十 字 住 友 阪 市 17 3 月 阪 府 豊 中 市 ペ 野 崎 長 阪 府 面 肝 玉 母 ド 頼 長 福 田 正 博 氏 評 博 3 男 1 女 母 顔 著 書 安 向 マガジハ 野 崎 http://www.myclinic.ne.jp/nozaki/

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

19

19 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 則 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 33 条 の 規 定 に 基 づき 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 (

More information