留 学 生 と 日 本 人 家 庭 の 継 続 的 交 流 をめぐる 現 状 と 課 題 ( 見 城 ) まとめる 中 で 地 域 社 会 と 留 学 生 がどのような 形 で 関 わりを 持 ち 続 けているのかを 整 理 す るとともに 交 流 をめぐる 諸 問 題 を 考 察 することを 課

Size: px
Start display at page:

Download "留 学 生 と 日 本 人 家 庭 の 継 続 的 交 流 をめぐる 現 状 と 課 題 ( 見 城 ) まとめる 中 で 地 域 社 会 と 留 学 生 がどのような 形 で 関 わりを 持 ち 続 けているのかを 整 理 す るとともに 交 流 をめぐる 諸 問 題 を 考 察 することを 課"

Transcription

1 国 際 教 育 第 1 号 (2007 年 3 月 ) 留 学 生 と 日 本 人 家 庭 の 継 続 的 交 流 をめぐる 現 状 と 課 題 見 城 悌 治 要 旨 ホースステイやホームビジットを 経 験 した 日 本 人 家 庭 が プログラム 終 了 後 留 学 生 とどのような 継 続 的 交 流 をしているのかについてのアンケ ート 調 査 の 分 析 が 本 稿 である 大 学 側 が 設 定 したプログラムの 終 了 後 も ビジットやステイを 継 続 的 に 行 ない 交 流 を 深 めている 家 庭 は ビジット 受 け 入 れ 家 庭 で5 割 ステイでは7 割 にも 上 った また 滞 日 中 はもとより 帰 国 後 も 家 族 ぐるみの 交 流 を 継 続 している 家 庭 が 少 なくないことも 明 ら かになった はじめに 留 学 生 が 日 本 社 会 への 理 解 を 深 め 適 応 していくための 方 途 の 一 つとして ホームビジ ット( 日 本 人 家 庭 日 帰 り 訪 問 )やホームステイがある 千 葉 大 学 では 1991 年 4 月 に 留 学 生 センター( 現 国 際 教 育 センター)が 設 立 されて 以 降 日 本 語 研 修 コース 生 ( 予 備 教 育 生 ) を 対 象 にした 短 期 のホームステイ( 週 末 の1 泊 2 日 )を 1993 年 12 月 に 開 始 し 94 年 12 月 からはホームビジットも 合 わせて 実 施 し 今 日 まで 継 続 している( 1 ) 筆 者 は ホームステイ ホームビジット( 以 下 ステイ ビジットと 略 記 する)が 留 学 生 日 本 人 家 庭 双 方 にもたらすメリットと 克 服 すべき 問 題 点 について かつてまとめたこ とがある( 2 )が その 要 点 をかいつまんで 言 えば 以 下 の 通 りである キャンパスの 中 だけでは 学 ぶことのできない 様 々な 日 本 を 一 般 日 本 人 家 庭 で 実 体 験 できるこれらのプログラムは 留 学 生 およびそれを 受 け 入 れる 日 本 人 家 庭 にもたらす 役 割 は 極 めて 大 きい しかしながら 実 際 には 数 時 間 程 度 の 受 け 入 れ(ビジット)であっ ても 躊 躇 する 家 庭 が 少 なくない そもそも 留 学 生 の 中 には 確 かに 茶 道 華 道 のような 伝 統 的 古 典 的 な 日 本 へ 興 味 を 持 つ 者 もいるが 実 際 にはアニメ 漫 画 などの 現 代 大 衆 文 化 や 日 本 経 済 などを 窓 口 にした 現 代 日 本 への 関 心 の 方 が 高 いのである( 3 ) したがって 受 け 入 れる 日 本 人 家 庭 は 日 本 情 緒 をそれほど 意 識 せず 現 実 の 日 本 を 日 常 の 家 庭 生 活 をありのままに 見 てもらえば 良 いであろう 云 々 さて ステイ ビジットを 実 施 した 後 本 センターから 受 け 入 れ 家 庭 にお 礼 状 とアンケ ートを 送 付 し 今 後 何 かの 機 会 があれば 留 学 生 を 改 めて 招 くなどをしていただければ 幸 いです などとホストファミリーへ 伝 えている しかしながら 各 家 庭 と 留 学 生 がどの ような 継 続 的 交 流 をしているのかに 関 し 個 別 に 情 報 を 聞 くケースはあるものの 全 体 像 を 把 握 する 機 会 はほとんど 設 けていなかった そこでプログラム 終 了 後 の 交 流 の 実 際 について 調 査 するために 千 葉 大 学 留 学 生 と 日 本 人 家 庭 の 継 続 的 交 流 に 関 するアンケート を 2006 年 3 月 に 実 施 した 本 稿 は その 概 要 を 47

2 留 学 生 と 日 本 人 家 庭 の 継 続 的 交 流 をめぐる 現 状 と 課 題 ( 見 城 ) まとめる 中 で 地 域 社 会 と 留 学 生 がどのような 形 で 関 わりを 持 ち 続 けているのかを 整 理 す るとともに 交 流 をめぐる 諸 問 題 を 考 察 することを 課 題 とする 1 アンケートおよびアンケート 対 象 者 の 概 要 1)アンケートについて まずアンケートの 質 問 項 目 については 以 下 の 通 りである( 末 尾 に 資 料 として 添 付 した) Ⅰ 名 前 ( 記 名 匿 名 のいずれでも 可 ) Ⅱ 住 所 ( 市 区 名 程 度 ) Ⅲ これまで 受 け 入 れ た 留 学 生 名 ( 個 人 名 や 国 籍 などは 記 載 しなくても 可 ) Ⅳ 継 続 的 関 係 のありかた 1まっ たく 連 絡 交 流 なし 2 手 紙 やメールで 遣 り 取 り 3 日 帰 りで 自 宅 に 招 く 4 自 宅 に 宿 泊 さ せる 5 上 記 以 外 の 交 流 (これらの 項 目 に 受 け 入 れごとのチェックを 求 め 具 体 的 交 流 内 容 を 記 載 してもらう) Ⅴ 自 宅 に 招 いた 留 学 生 との 継 続 的 交 流 を 望 むか 否 か このアンケートを ここ3 年 間 (2003~05 年 度 )( 4 )に 実 際 に 留 学 生 受 け 入 れをした 150 家 庭 に 発 送 協 力 依 頼 し 116 家 庭 からの 回 答 を 得 た( 5 ) 2) 千 葉 大 学 におけるホームステイ ホームビジットの 実 際 千 葉 大 学 国 際 教 育 センターが 依 頼 するステイ ビジットは ここ 数 年 では 年 間 を 通 し て ステイが 60~70 家 庭 (1 家 庭 1 名 の 留 学 生 を 依 頼 ) ビジットが 30~40 家 庭 (1 家 庭 2 名 程 度 の 留 学 生 )の 受 け 入 れで 推 移 している これらに 参 加 する 留 学 生 は 月 に 来 日 する 半 年 間 の 日 本 語 研 修 コース( 予 備 教 育 ) の 国 費 留 学 生 ( 日 本 の 文 部 科 学 省 から 奨 学 金 を 給 付 されている 研 究 留 学 生 ) および210 月 に 来 日 し 半 年 の 日 本 語 研 修 を 受 けた 後 学 部 学 生 となる 日 韓 理 工 系 学 部 留 学 生 ( 国 費 生 ) 310 月 に 来 日 し1 年 間 滞 在 する 短 期 留 学 生 ( 文 部 科 学 省 が 選 定 し 奨 学 金 を 給 付 する 日 本 語 日 本 文 化 研 修 生 および 千 葉 大 学 が 海 外 の 協 定 校 から 受 け 入 れる J-PAC 生 など)が そのほとんどを 占 めている 一 般 の 私 費 留 学 生 ( 学 部 院 研 究 生 )も 参 加 する 場 を 設 定 し 参 加 を 促 してはいるが 現 状 では 少 数 派 である さて この3 年 間 のホームステイの 受 け 入 れは おおむね1 千 葉 大 学 国 際 教 育 センター に 直 接 登 録 している 市 民 ボランティア 2 木 更 津 市 国 際 交 流 協 会 会 員 および 同 協 会 登 録 ボ ランティア 3 袖 ヶ 浦 市 国 際 交 流 協 会 会 員 および 同 協 会 登 録 ボランティア に 依 頼 してき た 1については 千 葉 大 学 留 学 生 センター( 国 際 教 育 センターの 前 身 )ができた 後 1994 年 以 降 のボランティア 登 録 者 である 2は 1995 年 から 3は 2001 年 から それぞれ 継 続 して 受 け 入 れをお 願 いしている 人 々である ちなみに 木 更 津 市 は 千 葉 市 の 南 35kmあまりに 位 置 し 留 学 生 の 多 くが 住 む 千 葉 大 学 国 際 交 流 会 館 ( 留 学 生 寮 )のあるJR 稲 毛 駅 から 快 速 電 車 で 40 分 程 度 かかる 場 所 にある 木 更 津 市 国 際 交 流 協 会 は 地 元 紙 誌 等 を 通 じ 周 辺 市 町 にも 受 け 入 れを 呼 びかけるため 受 け 入 れ 家 庭 は 木 更 津 市 を 中 心 に 市 原 市 袖 ヶ 浦 市 君 津 市 富 津 市 などに 及 ぶ( 6 ) また 木 更 津 の 北 に 位 置 する 袖 ヶ 浦 市 までは 同 じく 快 速 電 車 で 30 分 あまり 同 市 交 流 協 会 がコ 48

3 国 際 教 育 第 1 号 (2007 年 3 月 ) ーディネイトする 受 け 入 れ 家 庭 は ほとんど 同 市 内 にある ここ 数 年 のステイの 日 程 や 受 け 入 れ 家 庭 数 ( 約 60 家 庭 )の 傾 向 を 述 べれば 7 月 上 旬 に 木 更 津 市 に 10 家 庭 前 後 ( 留 学 生 10 名 受 け 入 れ 以 下 同 じ) 8 月 初 旬 に 袖 ヶ 浦 市 に3~5 家 庭 年 明 け1 月 半 ばに 木 更 津 市 20~25 家 庭 袖 ヶ 浦 市 10~15 家 庭 国 際 教 育 センター 登 録 ボランティア5~10 家 庭 である ホームビジット( 年 間 30~40 家 庭 へ 依 頼 )については 1 国 際 教 育 センターの 登 録 ボラ ンティア 2 千 葉 市 国 際 交 流 協 会 登 録 のボランティアにお 願 いしている ここ 数 年 は 6 月 中 旬 にセンター 登 録 ボランティア( 千 葉 市 および 周 辺 市 在 住 者 )で 7~10 家 庭 ( 留 学 生 2 名 ずつ 10~20 名 ) 12 月 半 ばに 千 葉 市 国 際 交 流 協 会 ボランティアと 本 センター 登 録 ボ ランティアから 20~30 家 庭 ( 同 40~50 名 )に 依 頼 している ステイとビジットの 依 頼 対 象 地 域 が やや 異 なる 理 由 は 移 動 時 間 ( 距 離 )に 余 裕 を 持 つことができるステイはやや 遠 方 に ビジットは 比 較 的 近 場 を 設 定 する 意 図 に 基 づく 2 アンケートの 結 果 1)ホームステイ 1 回 答 者 の 地 域 別 数 ステイ 経 験 者 として 回 答 をいただいた 受 け 入 れ 家 庭 は 71 家 庭 にのぼり その 住 所 は 木 更 津 市 (33 名 ) 袖 ヶ 浦 市 (12) 千 葉 市 (7) 君 津 市 (6) 船 橋 市 (3) 市 原 市 (3) 習 志 野 市 (2) 富 津 市 (2) 八 千 代 市 (1) 市 川 市 (1) 記 載 なし(1) となった 例 年 ステイの 対 象 家 庭 は 60 家 庭 前 後 で そのうち 三 分 の 二 程 度 は 何 度 も( 毎 年 のよ うに) 受 け 入 れている 家 庭 であるため 71 家 庭 という 回 答 率 は 決 して 低 くない また ス テイについての 回 答 者 の4 分 の3(53 家 庭 )は 袖 ヶ 浦 市 以 南 の 在 住 者 であったのは 先 に 述 べたが 千 葉 市 からやや 遠 方 の 家 庭 に 依 頼 することが 多 いためである 2 訪 問 した 留 学 生 の 国 籍 など 各 家 庭 が 受 け 入 れた 学 生 たち として 記 載 したものを 数 の 多 かった 順 に 列 挙 すると 以 下 のとおりになる 中 国 27 韓 国 25 インドネシア 25 米 国 16 タイ 14 豪 州 11 ハンガリー 10 ドイツ 8 フィリピン 7 ベトナム ロシア 4 マレーシア 3 ミャンマー カンボジア モンゴル スウェーデン エルサルバドル メキシコ ア ルゼンチン ブラジル 2 台 湾 ラオス ウズベキスタン インド トルコ エジプト ケニア ガーナ イギリス イタリア ポーランド ルーマニア ベルギー スペイン ラトビア ノルウェー ギリシャ カナダ メキシコ ボリビア ナイジェリア ホンジ ュラス ペルー ジャマイカ ソロモン 1 無 記 載 2 これらの 受 け 入 れ 延 べ 人 数 は 195 名 となり 71 家 庭 で 割 ると 回 答 を 寄 せた1 家 庭 平 均 で 2.75 名 を 受 け 入 れていたことになる( 最 も 多 く 受 け 入 れていた 家 庭 は 10 名 である) 今 回 の 調 査 は ここ3 年 に 受 け 入 れていただいた 家 庭 にアンケート 依 頼 をしたのだが 49

4 留 学 生 と 日 本 人 家 庭 の 継 続 的 交 流 をめぐる 現 状 と 課 題 ( 見 城 ) 各 家 庭 からの 返 信 には 2002 年 以 前 の 受 け 入 れ 事 例 も 多 かった(1995 年 の 事 例 記 載 もあっ た) ただ これらはすべて 受 け 入 れ 家 庭 の 記 憶 ( 記 録 ) によるもので 実 際 には 家 庭 を 訪 問 しているにもかかわらず 記 載 されてない( 名 前 が 遺 漏 している) 留 学 生 もいると 思 われる 言 い 方 を 変 えれば この 71 家 庭 に 限 定 しても 受 け 入 れ 総 数 では 200 名 以 上 に なっているであろう( 次 項 で 紹 介 するビジットの 数 値 についても 事 情 は 全 く 同 様 である) 3 終 了 後 の 継 続 的 交 流 のあり 方 アンケートの 回 答 を 集 計 したものを 示 すと 以 下 の 通 りである 1)その 後 全 く 連 絡 交 流 はなかった 24 名 (33.8%) 2) 手 紙 やメールで 何 度 か 遣 り 取 りをした 53 (74.6%) 3)その 後 何 度 か 自 宅 に 招 いた( 日 帰 り) 29 (40.8%) 4)その 後 何 度 か 自 宅 に 宿 泊 させた 24 (33.8%) 5) 上 記 以 外 の 交 流 をもった 23 (32.4%) また 継 続 的 交 流 の 希 望 の 有 無 については 次 のようであった 継 続 的 交 流 を 望 む 58 名 (81.8%) 望 まない 4 (5.6%) どちらともいえない 5 (7.0%) 無 回 答 4 (5.6%) なお パーセントについては 回 答 者 数 を 71 で 割 った 数 値 として 算 出 している 交 流 の 形 は5つの 選 択 肢 から 複 数 回 答 も 認 めているため 総 計 は 100 を 超 えている この 結 果 から 明 らかになったのは 日 帰 り(ビジット)の 形 での 訪 問 が4 割 再 度 のホ ームステイ 受 け 入 れも3 割 強 が 実 施 しているという 事 実 である(なお 複 数 回 答 可 とした ので ここには3)4)に 重 複 回 答 している 家 庭 も 複 数 含 まれている したがって 合 計 7 割 の 家 庭 が 何 らかの 形 で 再 度 招 いている 訳 ではない) その 一 方 で 一 回 きりの 受 け 入 れで 関 係 が 途 絶 えてしまった 家 庭 が3 分 の1あった そして いずれにせよ 8 割 以 上 の 家 庭 が 継 続 的 交 流 を 望 んでいることは 重 要 である これらステイ 受 け 入 れ 家 庭 についての 具 体 的 考 察 は 次 に 紹 介 するビジットの 回 答 デー タと 合 わせ 次 章 で 行 っていく 2)ホームビジット 1 回 答 者 の 地 域 別 数 ビジットの 受 け 入 れの 回 答 者 は 58 名 で その 居 住 地 域 は 以 下 の 通 りである 千 葉 市 (40) 船 橋 市 (7) 習 志 野 市 (3) 八 千 代 市 (2) 市 原 市 (2) 四 街 道 市 (1) 市 川 市 (1) 大 網 白 里 町 (1) 袖 ヶ 浦 市 (1) 先 に 触 れたが ビジットの 受 け 入 れ 家 庭 は 本 センター 登 録 ボランティアおよび 千 葉 市 国 際 交 流 協 会 登 録 ボランティアが 主 体 であり 依 頼 先 は 比 較 的 大 学 と 留 学 生 寮 の 近 くに 50

5 国 際 教 育 第 1 号 (2007 年 3 月 ) 設 定 するようにしている そのため 千 葉 市 在 住 者 が7 割 になっている 2 訪 問 した 留 学 生 の 国 籍 など 中 国 29 韓 国 22 インドネシア 21 タイ 10 米 国 9 ロシア 8 台 湾 フィリピン 6 モンゴル ドイツ 5 マレーシア 豪 州 4 パキスタン カナダ アルゼンチン 3 香 港 ベトナム ヨルダン イギリス エジプト ブラジル ペルー ホンジュラス メキシコ ドミニカ 2 ミャンマー インド ネパール ウズベキスタン イタリア ポルトガル フ ィンランド スウェーデン フランス ラトビア エルサルバドル ソロモン エチオピ ア ガーナ カメルーン ナイジェリア チュニジア スーダン パプアニューギニア パラグアイ 1 無 記 載 2 ここであげられたビジット 参 加 の 留 学 生 延 べ 数 は 178 名 で 1 家 庭 あたり 平 均 3.06 名 に なる ある 家 庭 はビジットの 形 では 27 名 受 け 入 れていると 回 答 を 寄 せたが こうしたボラ ンティアによって 多 くの 留 学 生 が 支 えられているのである 3 終 了 後 の 継 続 的 交 流 のあり 方 アンケートの 回 答 を 集 計 したものを 示 すと 以 下 の 通 りである 1)その 後 全 く 連 絡 交 流 はなかった 16(27.6%) 2) 手 紙 やメールで 何 度 か 遣 り 取 りをした 40(70.0%) 3)その 後 何 度 か 自 宅 に 招 いた( 日 帰 り) 20(34.5%) 4)その 後 何 度 か 自 宅 に 宿 泊 させた 8(13.8%) 5) 上 記 以 外 の 交 流 をもった 13(22.4%) 無 回 答 3( 5.2%) 継 続 的 交 流 を 望 む 41(70.7%) 望 まない 4( 6.9%) どちらともいえない 9(15.5%) 無 回 答 4( 6.9%) ビジットで 受 け 入 れてもらった 事 例 の 場 合 は 再 度 のビジット 実 施 が3 分 の2 また 親 密 度 が 増 し ステイに 発 展 したケースは 14%ある 一 方 で 全 く 交 流 が 続 かなかったのは 4 分 の1 強 である また 7 割 の 人 が 継 続 的 交 流 を 望 んでいる 実 態 も 明 らかになった 3 留 学 生 と 日 本 人 家 庭 の 継 続 的 交 流 のあり 方 アンケート 結 果 から 1 受 け 入 れ 形 式 (ステイかビジットか)による 継 続 的 交 流 の 違 い 以 上 のアンケート 結 果 から いくつかの 視 角 を 設 定 し 特 色 を 見 い 出 していきたい ま ず 一 つ 目 は 当 初 の 受 け 入 れ 形 式 (ステイかビジットか)によって 継 続 的 交 流 の 展 開 に 違 いが 出 るか 否 か という 点 である そこで 先 に 示 した 終 了 後 の 交 流 の 形 継 続 的 交 流 の 希 望 についての 結 果 を 棒 グ ラフにしてみた( 図 12) これによると 訪 問 した 後 ただちに 交 流 が 途 絶 えてしまうの 51

6 留 学 生 と 日 本 人 家 庭 の 継 続 的 交 流 をめぐる 現 状 と 課 題 ( 見 城 ) は ビジットよりもステイの 方 が6ポイントほど 高 いことがわかる [ 図 1] しかしながら その 終 了 後 の 交 流 の 形 項 目 以 外 は ステイ 受 け 入 れ 家 庭 の 積 極 性 が % 33.8% すべてで 上 回 っている % 74.6% 特 に 再 び 自 宅 に 泊 め % 34.5% 40.8% 33.8% ビジット ステイ た が 20 ポイント そ れ 以 外 の 交 流 を 行 っ 22.4% た が 10 ポイントも 高 % くなっている 無 回 答 5.2% 0.0% 継 続 的 な 交 流 の 希 望 0% 20% 40% 60% 80% の 有 無 についても ス テイが 82%あまりで ビジットよりも 11 ポイ [ 図 2] ント 高 い 継 続 的 交 流 の 希 望 またビジット 受 け 入 はい 70.7% 81.8% れ 家 庭 の 交 流 継 続 的 希 望 は 70%もあった 一 方 望 まない 人 は いいえ 6.9% 5.6% ビジット 7% 程 度 しかいないが 15.5% ステイ どちらとも 言 えない 7.0% ステイに 比 べるとやや 無 回 答 6.9% 高 い 数 値 となっている 5.6% ビジットが ステイを 0% 20% 40% 60% 80% 100% 上 回 るのは どちらと も 言 えない で ステイの2 倍 以 上 となっている これらから ステイ ビジットともに 継 続 的 交 流 を 積 極 的 に 発 展 させている 人 が 少 なく ないことが 明 らかになったが 両 者 には 多 少 の 差 も 出 ている まず 全 般 的 にビジットの 方 が 低 い 数 値 となったのは 次 の 理 由 によると 考 える すなわち ビジットは 留 学 生 が 複 数 で 訪 問 するのが 一 般 的 で 受 け 入 れ 側 が 留 学 生 一 人 に 向 けられる 時 間 や 意 識 は 相 対 的 に 少 なくなる さらに 訪 問 時 間 も 短 いので 親 密 度 がそれほど 深 まらない 場 合 も 多 いと 思 わ れる それに 対 し ステイの 場 合 は 土 曜 日 の 昼 から 翌 日 昼 まで 滞 在 したとすれば 睡 眠 時 間 を 除 いても 十 数 時 間 は 一 緒 に 帯 同 することになり 馴 染 み 合 う 時 間 も 多 くなる これらを 勘 案 すると ステイの 方 が 継 続 的 交 流 をしていく 端 緒 としては より 効 果 が 大 きいことになる また 比 較 的 気 軽 に 受 け 入 れられるビジットよりも 宿 泊 をさせてまで 52

7 国 際 教 育 第 1 号 (2007 年 3 月 ) 交 流 をしていきたい という 受 け 入 れ 側 の 気 構 えも 結 果 としては 継 続 的 交 流 につながる 傾 向 を 高 めることになっているだろう もちろん 人 と 人 の 関 係 性 なので 双 方 が 継 続 的 交 流 を 希 望 しても 相 性 という 現 実 問 題 が 立 ちはだかることもある 一 度 きりでその 後 連 絡 が 途 絶 える 比 率 がステイの 方 が 高 い のは 継 続 的 交 流 の 期 待 度 が 高 いことへの 裏 返 しではないかと 推 測 している また 継 続 的 交 流 の 希 望 について どちらとも 言 えない と 答 えた 家 庭 の 回 答 には 相 手 ( 留 学 生 )の 希 望 にもよる と 書 かれていたものがあった この 項 目 にチェックをした 人 数 はビジットの 方 が 多 かったが 数 時 間 会 っただけの 関 係 性 では 何 とも 判 断 しがたい という 現 実 的 な 意 味 合 いも 込 められているだろう 2 居 住 地 域 による 継 続 的 交 流 の 違 い 千 葉 大 学 留 学 生 の 受 け 入 れを 依 頼 している 日 本 人 家 庭 は ステイについては 千 葉 市 の 南 に 位 置 する 袖 ヶ 浦 市 以 南 の 地 域 ( 袖 ヶ 浦 木 更 津 君 津 富 津 市 )が ビジットについて は 千 葉 市 周 辺 が 中 心 になっていることは 既 に 触 れた ステイとビジットを 合 わせた 受 け 入 れ 家 庭 の 地 域 別 の 表 を 作 成 すると 表 1のようになる(なお 今 回 のアンケートは 116 名 からの 回 答 を 得 たが その 中 でステイとビジットを 大 学 からそれぞれ 別 に 依 頼 したこ とのある 家 庭 が 13 軒 含 まれている しかし ここに 挙 げた 表 1は ステイ 71 名 とビジッ ト 58 名 をそのまま 足 した 129 を 市 町 別 にまとめたものである) [ 表 1] 地 域 名 人 数 比 率 こうした 処 理 をすると 千 葉 市 在 住 者 が 最 も 多 くなり 千 葉 市 47 名 36.1% 次 いで 木 更 津 市 袖 ヶ 浦 市 船 橋 市 と 続 く 木 更 津 市 留 学 生 と 日 本 人 家 庭 との 継 続 的 交 流 のあり 方 を 考 える 本 袖 ヶ 浦 市 稿 においては 留 学 生 の 居 住 地 から 受 け 入 れ 先 への 移 動 距 船 橋 市 離 の 遠 近 が 関 わっているのか 否 かについても 知 りたいとこ 君 津 市 ろである そこで 千 葉 市 在 住 者 (47 名 )と 袖 ヶ 浦 市 以 南 市 原 市 の 在 住 者 ( 袖 ヶ 浦 市 木 更 津 市 君 津 市 富 津 市 の 総 計 54 習 志 野 市 名 )に 分 けてグラフ 化 し 交 流 のあり 方 に 差 異 が 生 じるの 八 千 代 市 か 否 かを 以 下 で 見 ていきたい 富 津 市 なお 千 葉 大 学 からの 距 離 で 言 えば 市 川 市 ( 千 葉 から 市 川 市 km) 船 橋 市 ( 同 16km)も 近 いとは 言 えないが 東 京 方 面 に 行 くことが 少 なくない 留 学 生 にとって 市 川 船 橋 は 四 街 道 市 決 して 未 知 の 土 地 ではなかろう 千 葉 市 内 と 袖 ヶ 浦 市 以 南 大 網 白 里 町 ( 千 葉 から 25km 以 上 南 )の 比 較 を 敢 えて 試 みるのは 遠 記 載 なし 方 に 出 かけて わざわざ 日 本 人 家 庭 に 行 く という 条 件 が 総 計 % どう 影 響 するかを 見 るためでもある 53

8 留 学 生 と 日 本 人 家 庭 の 継 続 的 交 流 をめぐる 現 状 と 課 題 ( 見 城 ) [ 図 3] 終 了 後 の 交 流 の 形 ( 袖 ヶ 浦 市 以 南 と 千 葉 市 の 比 較 ) 図 3は ステイ % 23.4% ビジットが 終 了 し た 後 の 交 流 のあり % 68.1% かたを 千 葉 市 在 住 % 36.2% 31.5% 21.3% 35.2% 25.5% 袖 ヶ 浦 市 以 南 千 葉 市 者 と 袖 ヶ 浦 市 以 南 の 在 住 者 とに 分 け て 集 計 したもので 無 回 答 0.0% 8.5% ある 先 に 示 した 図 0% 20% 40% 60% 80% 12は ステイとビ ジットの 属 性 ごと のグラフであった そのステイ 回 答 者 71 名 のうち 袖 ヶ 浦 市 以 南 の 在 住 者 が 53 名 (75%) を 占 めること またビジット 回 答 者 58 名 のうち 千 葉 市 在 住 者 が 40 名 (69%)を 占 める ことという 事 実 もあり ここで 示 した 図 3は 図 1の 傾 向 に 近 いグラフになった すなわ ち 交 流 がすぐに 途 絶 える 比 率 はステイを 多 く 受 け 入 れている 袖 ヶ 浦 以 南 が 相 対 的 に 高 い [ 図 4] ものの 一 旦 交 流 が 軌 道 に 乗 り 始 継 続 的 交 流 の 希 望 ( 袖 ヶ 浦 市 以 南 と 千 葉 市 の 比 較 ) めると 千 葉 市 在 はい 81.4% 住 者 以 上 に 積 極 72.0% 的 な 関 係 性 を 結 いいえ 5.6% 8.5% 袖 ヶ 浦 市 以 南 んでいることが 7.4% 千 葉 市 伺 える どちらとも 言 えない 14.9% ただし ここで 無 回 答 5.6% 4.6% グラフ 化 はして みたものの この 0% 20% 40% 60% 80% 100% 方 法 では 遠 方 だから の 特 色 なのか ステイだから の 特 色 なのかは 確 定 しがたいところがある 敢 えて 指 摘 できるところと 言 えば 交 流 が 一 回 きりで 終 わってしまう 比 率 が 袖 ヶ 浦 市 以 南 で 高 いのは 遠 方 という 理 由 に 拠 る 部 分 が 大 きいのではないか という 推 測 くらいであろ うか なお 図 3の 5ビジット ステイ 以 外 の 交 流 のポイントが 袖 ヶ 浦 市 以 南 において 高 くなっている 理 由 の 一 つとして 袖 ヶ 浦 市 国 際 交 流 協 会 独 自 の 活 動 があると 考 えられる が それは 後 で 触 れることとする 54

9 国 際 教 育 第 1 号 (2007 年 3 月 ) 3 留 学 生 の 出 身 地 域 による 継 続 的 交 流 の 違 い アジアの 学 生 は 交 流 が 継 続 するが 米 豪 露 などの 学 生 は 交 流 が 続 かない 傾 向 にあ る という 趣 旨 の 指 摘 がアンケートの 自 由 記 述 中 に2つほどあった そこで こうした 傾 向 があるのかないのかを 次 に 見 てみたい その 前 に 今 回 の 調 査 協 力 家 庭 が 挙 げた 受 け 入 れた 留 学 生 の 国 名 を ステイ ビジ ットの 合 算 として 作 表 したので それを 確 認 しておこう( 表 2;ステイ ビジットをとも に 引 き 受 けている 13 家 庭 については それぞれ 別 の 学 生 への 対 処 と 見 て 単 純 合 算 している) [ 表 2] 国 地 域 名 人 数 国 地 域 名 人 数 中 国 56 名 (14.9%) イタリア 2 名 (0.5%) 韓 国 47 (13.6) ポルトガル 2 ( 0.5) インドネシア 46 (12.3) フランス 2 ( 0.5) 米 国 25 ( 6.7) ノルウェー 2 ( 0.5) タイ 24 ( 6.4) ラトビア 2 ( 0.5) 豪 州 15 ( 4.0) ドミニカ 2 ( 0.5) フィリピン 14 ( 3.7) ソロモン 2 ( 0.5) ドイツ 13 ( 3.5) ラオス 1 ( 0.3) ロシア 11 ( 2.9) ネパール 1 ( 0.3) ハンガリー 10 ( 2.7) トルコ 1 ( 0.3) マレーシア 7 ( 1.9) ウズベキスタン 1 ( 0.3) ベトナム 6 ( 1.6) ケニア 1 ( 0.3) アルゼンチン 5 ( 1.3) カメルーン 1 ( 0.3) ブラジル 4 ( 1.1) チュニジア 1 ( 0.3) メキシコ 4 ( 1.1) スーダン 1 ( 0.3) パキスタン 3 ( 0.8) フィンランド 1 ( 0.3) ミャンマー 3 ( 0.8) ポーランド 1 ( 0.3) カナダ 3 ( 0.8) ルーマニア 1 ( 0.3) エジプト 3 ( 0.8) ベルギー 1 ( 0.3) イギリス 3 ( 0.8) スペイン 1 ( 0.3) スウェーデン 3 ( 0.8) ギリシャ 1 ( 0.3) エルサルバドル 3 ( 0.8) ジャマイカ 1 ( 0.3) ペルー 3 ( 0.8) ボリビア 1 ( 0.3) ホンジュラス 3 ( 0.8) パラグアイ 1 ( 0.3) 香 港 2 ( 0.5) パプアニューギニア 1 ( 0.3) カンボジア 2 ( 0.5) インド 2 ( 0.5) 総 計 ヨルダン 2 ( 0.5) (58 の 国 地 域 ) 375 名 ナイジェリア 2 ( 0.5) エチオピア 2 ( 0.5) ガーナ 2 ( 0.5) この 集 計 からは 58 の 国 地 域 の 学 生 375 名 が 日 本 人 家 庭 を 訪 問 していることが 明 ら かになる しかし 日 本 語 研 修 コースの 国 費 留 学 生 や 短 期 留 学 生 はステイとビジットを 各 々 一 度 ずつ 体 験 するのが 一 般 的 なので 留 学 生 の 実 数 はこの3 分 の2から2 分 の1の 間 にな 55

10 留 学 生 と 日 本 人 家 庭 の 継 続 的 交 流 をめぐる 現 状 と 課 題 ( 見 城 ) る またその 一 方 で 先 にも 記 したように 今 回 はアンケート 回 答 で 受 け 入 れ 家 庭 が 受 け 入 れた 学 生 と 記 憶 ( 記 録 )し 記 載 したものを 集 計 した 数 値 である したがって 受 け 入 れ 側 の 未 回 答 分 や 遺 漏 学 生 分 は 含 まれておらず その 意 味 から 言 えば 全 体 の 受 け 入 れ 延 べ 人 数 は 375 名 より 多 くなることは 確 実 である ところで 千 葉 大 学 に 在 籍 している 留 学 生 の 出 身 地 域 は 年 ごとに 入 れ 替 わりはあるも のの 単 年 度 ではおよそ 50~60 の 国 地 域 に 及 んでいる その 意 味 で 58 という 数 値 は 千 葉 大 学 に 在 籍 している 留 学 生 のほとんどの 地 域 をカバーしていると 言 える またここ 数 年 の 千 葉 大 学 留 学 生 在 籍 数 は 700 名 後 半 から 800 名 半 ばである プログラムに 参 加 した 実 数 を 375 名 の 半 数 程 度 (180 名 余 )と 想 定 すれば 全 留 学 生 の2,3 割 がステイかビジ ットを 体 験 していることになる 参 加 留 学 生 の 国 籍 等 についても 若 干 のコメントを 加 えたい 参 加 者 中 でもっとも 多 い のは 中 国 人 留 学 生 の 56 名 であった とは 言 え 中 国 人 学 生 は 千 葉 大 学 の 全 留 学 生 中 の 60% を 占 めているので ここでの 百 分 比 15%は 決 して 高 い 数 値 とは 言 えない 中 国 留 学 生 の9 割 は 私 費 留 学 生 であり 学 業 のほか アルバイト 等 に 忙 殺 されているため こうしたプロ グラムになかなか 参 加 しない(できない) 状 況 にあるのだろう 参 加 国 別 では 第 2 位 にな っている 韓 国 も 留 学 生 全 体 の 比 率 から 言 えば 中 国 と 同 様 な 傾 向 にある それらと 対 照 的 に 現 実 の 留 学 生 在 籍 数 と 比 較 して このプログラムへの 参 加 比 率 が 高 いのが インドネシア 米 国 豪 州 などである 2005 年 5 月 時 の 国 籍 別 在 籍 学 生 数 で 言 え ば インドネシア 29 名 米 国 6 名 豪 州 5 名 であったので 2003 年 以 前 の 受 け 入 れ 分 が 算 入 されていたとしても 相 当 な 高 率 である インドネシアに 関 しては 日 本 語 研 修 コー ス 生 ( 国 費 留 学 生 )と 短 期 留 学 生 の 数 が 毎 年 多 いため また 米 国 と 豪 州 はすべて 短 期 留 学 生 ながら 毎 年 一 定 の 人 数 が 来 日 し このプログラムに 参 加 する 確 率 が 高 いため こうし た 結 果 になっている さて 国 別 のトップ4に 入 った 中 国 韓 国 インドネシア そして 米 国 を 受 け 入 れた 日 本 人 家 庭 が プログラム 終 了 後 どのような 関 係 性 を 結 んでいたかをグラフ 化 してみた( 図 5) ここでアジアと 欧 米 を 対 比 させようとするならば 米 国 と 豪 州 を 合 算 する あるいは 欧 米 をすべてまとめて 数 える 等 の 方 法 もあったが 米 国 が 単 独 である 程 度 の 数 値 に 達 していたので 敢 えてそうした 形 は 取 らなかった このグラフから 読 み 取 れる 特 色 は 以 下 の 通 りである まず 1の その 後 全 く 連 絡 交 流 がなかった については 米 国 が 30%を 越 え 他 の3ヶ 国 が 10% 前 後 に 留 まっている のと きわだって 大 きな 差 異 を 見 せた さらに 米 国 学 生 に 対 しては 2 手 紙 やメールで の 遣 り 取 りをした 3 再 度 自 宅 に 日 帰 りで 招 いた も 低 い 数 値 に 留 まった ただし 興 味 深 いのは 4の 再 度 宿 泊 させた 比 率 が 他 の3ヶ 国 よりも 10 ポイント 近 く 高 くなっ ていることである 一 方 アジア3ヶ 国 の 間 の 違 いは 米 国 を 比 較 対 象 に 置 くと ほとんど 無 いかに 見 える 敢 えて 言 えば インドネシアの 学 生 が 終 了 後 全 くの 没 交 渉 となってしまう 比 率 は4ヶ 国 56

11 国 際 教 育 第 1 号 (2007 年 3 月 ) 中 で 最 も 低 い のは 彼 らの 真 面 目 さの 表 れと 考 えることくらいか また 韓 国 学 生 が 手 紙 メール 等 の 遣 り 取 りで 交 流 を 継 続 する 比 率 が 高 い についての 説 明 も 難 しい 韓 国 はインターネットの 普 及 度 が 他 国 に 比 して 高 いから と 苦 肉 の 説 明 をできないこともない が そんな 無 理 をしなければならないほどに 中 韓 インドネシア 学 生 の 間 に きわだ [ 図 5] 出 身 国 別 継 続 的 交 流 の 形 チェックなし 12.5% 10.6% 8.7% 32.0% 46.4% 57.4% 52.2% 36.0% 30.4% 25.5% 26.1% 16.0% 14.3% 14.9% 17.4% 24.0% 16.1% 19.1% 19.6% 8.0% 12.5% 21.3% 13.0% 8.0% 0% 20% 40% 60% 80% 中 国 韓 国 インドネシア 米 国 った 差 はない 2の 中 韓 の 回 答 に 10 ポイントの 差 がついている 他 は すべて5ポイント 内 外 の 差 で それらは 誤 差 の 範 囲 と 言 ってもよいほどである つまり 本 項 の 冒 頭 に 掲 げた アジアの 学 生 は 交 流 が 継 続 するが 米 などの 学 生 は 交 流 が 続 かない 傾 向 にある という 指 摘 は 今 回 のアンケート 結 果 から 見 れば その 傾 向 がある 程 度 裏 付 けられたとも 言 える ただし こうした 傾 向 をあまり 性 急 に 一 般 化 するのは 保 留 すべきであろう 米 国 に ついては 再 度 ホームステイをさせた 家 庭 の 比 率 が 10 ポイントあまり 高 かった 事 実 も 57

12 留 学 生 と 日 本 人 家 庭 の 継 続 的 交 流 をめぐる 現 状 と 課 題 ( 見 城 ) ある 受 け 入 れ 側 の 問 題 で 言 えば アジア 学 生 よりも 米 国 学 生 を 受 け 入 れることを 希 望 する 日 本 人 家 庭 が 相 対 的 に 多 いのは 事 実 である こうした 家 庭 とマッチングされた 場 合 継 続 的 交 流 が 順 調 に 行 く 可 能 性 はもちろん 高 いだろう その 一 方 で 米 国 の 留 学 生 が 日 本 人 家 庭 との 積 極 的 継 続 的 交 流 を 希 望 しない(あるい はしにくい) 状 況 にある 可 能 性 も 指 摘 しておきたい すなわち 千 葉 大 学 の 米 国 留 学 生 は 10 月 に 来 日 し 翌 9 月 まで1 年 間 滞 在 する 短 期 留 学 生 がほとんどである この 短 い 期 間 で 20 歳 を 越 えたばかりの 若 い 米 国 人 に 接 触 してくる 日 本 人 ( 学 生 一 般 市 民 )は アジアか らの 留 学 生 に 比 べれば 相 対 的 に 多 いと 思 われる 換 言 すれば 米 国 学 生 が 限 られた 滞 日 期 間 の 中 で 関 わりを 持 つことができる 日 本 人 の 選 択 肢 は 他 のアジア 留 学 生 よりも 多 い ことになる さらに 日 本 語 会 話 能 力 はアジア 学 生 よりも 相 対 的 に 劣 る 場 合 が 多 く 英 語 が 堪 能 でない 日 本 人 家 庭 の 場 合 は 継 続 的 交 流 に 困 難 を 来 たす 確 率 が 高 い これらの 理 由 から 米 国 学 生 については 一 部 の 家 庭 を 除 き ホームステイやビジット で知 り 合 った 日 本 人 と 継 続 的 交 流 をしていく 確 率 が 他 のアジア 学 生 よりも 低 い 数 値 とし て 現 れるのではないだろうか 4継 続 的 交 流 の 実 際 アンケートの 回 答 欄 には 交 流 の 実 際 について 自 由 にお 書 きください という 項 目 も 設 けた そこには 様 々な 形 での 交 流 のあり 方 が 示 されている 以 下 では いくつかの カテゴリーに 分 けて その 実 際 を 紹 介 していきたい 1) 手 紙 やメールの 遣 り 取 り 帰 国 後 クリスマスカードの 交 換 をしている 帰 国 後 特 産 品 の 送 付 が 相 互 にある 私 と 妻 の 誕 生 日 帰 国 した 留 学 生 の 誕 生 日 ごとに 毎 年 1 回 電 話 で 交 流 している インドネシア 学 生 は 帰 国 後 も 状 況 を 知 らせるメールをくれる 大 津 波 の 時 も ただち にメールをくれて 安 心 した 結 婚 した 留 学 生 と 年 賀 状 のやりとりをしている 2) 小 旅 行 など 長 野 県 上 高 地 への 旅 行 を 一 緒 にした 県 内 ドライブ 温 泉 旅 行 スキーに 一 緒 に 行 く 潮 干 狩 りに 行 く 3) 日 本 人 側 の 企 画 イベントへの 招 聘 市 のイベントに 参 加 し 発 表 してもらう 市 の 公 開 講 座 に 招 き 講 師 をしてもらった ステイは1 人 で 受 け 入 れたが その 後 奥 さんと 子 ども3 名 を 招 き 家 族 ぐるみの 付 き 合 いをした 58

13 国 際 教 育 第 1 号 (2007 年 3 月 ) その 後 日 本 国 籍 を 取 った 学 生 が 近 所 に 住 み 家 族 ぐるみの 付 き 合 いをしている 季 節 の 行 事 ごとに 招 き また 帰 国 する 際 は さよならパーティをしている 美 術 館 コンサート 等 の 招 待 券 が 手 に 入 った 場 合 送 付 している 子 供 に 英 語 をおしえてもらった もちつきの 手 伝 いをしてもらった 帰 国 する 際 に 寮 から 成 田 空 港 まで 車 で 送 り 見 送 った 4) 留 学 生 の 母 国 訪 問 中 国 旅 行 に 行 った 際 帰 国 した 学 生 に 案 内 してもらった マレーシアのお 宅 を 訪 問 した ハンガリーを 訪 問 し 再 会 した ベルギー 旅 行 をした 際 に ステイさせてもらった 5) 留 学 生 の 結 婚 式 等 への 参 加 日 本 の 知 人 と 結 婚 し 式 に 夫 婦 で 出 席 した( 結 婚 式 等 へ 招 かれた 事 例 は 少 なくとも 他 に3 件 ) 6) 滞 日 時 の 諸 支 援 引 っ 越 しの 手 伝 いもして 自 分 の 子 供 のように 接 している 病 気 で 留 学 生 が 寮 で 臥 せっている 時 に 好 物 のピザを 妻 が 作 り 届 け 大 変 感 謝 された 7) 本 人 および 関 係 者 のホームステイ 引 き 受 け 仕 事 で 出 張 の 際 に 宿 泊 させる 奥 さんの いとこ が 我 が 家 に 1 か 月 ステイした 母 国 で 教 員 であった 留 学 生 の 教 え 子 を 自 宅 に 泊 めた 中 国 のご 両 親 が 来 日 した 時 に 泊 めてさしあげた 8)その 他 就 職 の 斡 旋 をしようとしたが 不 調 に 終 わった 以 上 特 徴 的 なものだけを 抜 き 出 したつもりだが だいぶ 多 くなってしまった 無 理 の ない 範 囲 で 適 宜 の 交 流 をしているとの 回 答 がもちろん 多 いのだが ここに 挙 げたのは か なりの 発 展 的 事 例 である 結 婚 式 に 招 かれる 留 学 生 の 国 を 訪 問 した 際 ステイさせて もらった などの 家 族 ぐるみの 付 き 合 いが たった2 時 間 のホームビジットから あるい は1 泊 のホームステイから 生 まれたことを 考 えると 感 慨 深 いものがある 市 のイベントに 参 加 してもらい 発 表 してもらう とは 袖 ヶ 浦 市 の 事 例 である 同 市 国 際 交 流 協 会 は 会 員 がステイで 受 け 入 れた 学 生 に 対 し 市 の 交 流 イベント 等 で 自 国 文 化 紹 介 を 何 度 か 依 頼 しているが ステイを 経 て またイベント 参 加 協 力 を 通 じて 交 流 がより 発 展 した 事 例 である ここまでの 関 係 性 がなぜ 構 築 できたのか それらのヒントを 記 している 文 章 を 以 下 で 紹 介 していきたいが その 前 に 交 流 があまりうまく 行 かなかった 事 例 や 問 題 点 を 指 摘 す 59

14 留 学 生 と 日 本 人 家 庭 の 継 続 的 交 流 をめぐる 現 状 と 課 題 ( 見 城 ) る 回 答 を 見 ておきたい 5 継 続 的 交 流 を 妨 げるもの 1) 留 学 生 側 のプログラム 参 加 意 欲 の 有 無 学 生 からメールをもらいましたが 複 数 の 言 語 が 混 ざり 合 って 意 味 不 明 でした 新 年 の 餅 つき 大 会 に 来 る 約 束 をしましたが 寝 坊 した とのことで 来 ませんでした 寮 では いつもテレビゲームを 友 達 と 遅 くまでやっています 明 日 は 試 験 で 大 変 です とよく 言 っ ていました 先 進 国 の 学 生 ほどその 様 ですね 日 本 からの 留 学 生 もだいたいこんなものか と 思 いました 非 常 にマイペー スな 学 生 で 溶 け 込 もうとしなかった こちらのホスピタリティーが 通 じ ず もてなしが 空 手 形 に 終 わった その 後 は 積 極 的 受 け 入 れをためらっている 回 答 者 が 自 分 たちの 失 望 感 を 包 み 隠 さずに 指 摘 してくださったことにまずお 礼 を 言 わ なくてはならない これらの 事 例 は 該 当 留 学 生 の 個 性 に 係 る 部 分 もあるが ステイ ビジットに 参 加 する 留 学 生 全 体 の 心 構 えあるいは 動 機 付 けを 問 うているだろう さらに 回 答 者 の 中 には 授 業 の 一 部 と 捉 えている 発 言 があった 義 務 となると それ 以 上 のも のと 考 えている 我 々と 違 いが 生 じてくる 継 続 的 な 交 流 をするかもそこにかかっている すでに 歳 の 近 い 友 人 がいるらしく 大 学 の 課 程 の 一 部 として 義 務 的 にいらしたように 感 じた 日 本 について 知 りたいという 熱 意 は 全 く 感 じられなかった 残 念 である との 厳 し い 指 摘 もあった これについては お 詫 びとともに 多 少 の 説 明 を 加 えておきたい まず ステイやビジットは 単 位 を 出 すような 必 修 授 業 でない しかしながら 短 期 留 学 生 等 の 年 間 スケジュールの 中 に 組 み 込 まれていることも 一 方 の 事 実 であり そのた め まったく 気 乗 りしないが 仕 方 なく 行 く という 学 生 が 含 まれていた 可 能 性 はありう る そうした 場 合 は 学 生 のモチベーションは 低 いものであったかもしれない しかし こうした 問 題 を 未 然 に 防 ぐため 3 年 ほど 前 から これらのプログラムへの 参 加 は 義 務 ではなく 任 意 である 旨 を オリエンテーションの 際 により 徹 底 している その 結 果 ステイに 行 かないことを 選 ぶ 学 生 も 少 数 ながら 出 てきている 日 本 をよく 知 ろうとする 学 生 は 交 流 が 継 続 でき 消 極 的 な 学 生 はそういかない とい う 感 想 も 複 数 名 から 寄 せられている ステイやビジットが 日 本 社 会 への 理 解 を 深 める ための 得 がたい 機 会 であることを 学 生 に 丁 寧 に 伝 えていくことの 必 要 性 は 改 めて 肝 に 銘 じたい 2) 学 生 の 多 忙 さ 明 け 方 まで 勉 強 しているという 話 だったので 交 流 に 時 間 を 取 らせるのはどうかと 思 い 積 極 的 に 連 絡 をしなかった という 声 も 寄 せられた ステイ 等 への 参 加 人 数 自 体 は 少 ないものの 私 費 留 学 生 が勉 学 に 加 えアルバイト 等 で 60

15 国 際 教 育 第 1 号 (2007 年 3 月 ) 相 当 に 忙 しい 毎 日 を 送 っているのは 事 実 である また 奨 学 金 を 支 給 されている 日 本 語 研 修 コース 生 ( 予 備 教 育 生 )は コース 在 籍 中 においては 日 々の 日 本 語 学 習 に 大 学 院 進 学 後 は 研 究 成 果 を 出 すため 根 を 詰 める 状 態 にある それに 対 し 一 年 間 滞 在 の 短 期 留 学 生 は 単 位 をそれほど 必 要 としない 非 正 規 生 であり 時 間 的 余 裕 が 比 較 的 ある 学 生 たちで ある しかし この 短 期 留 学 生 においても 限 られた 滞 日 期 間 をどのように 使 っていくか の 選 択 肢 の 中 で 交 流 の 優 先 順 位 が 決 められていくのであろう 一 年 滞 在 の 留 学 生 の 多 くは やることが 多 く 多 忙 である その 時 の 楽 しい 一 刻 がす べてで 良 い 記 憶 を 残 せたら 満 足 します と 短 期 生 の 立 場 を 気 遣 う 回 答 者 もいた 継 続 的 交 流 の 展 開 発 展 は 望 ましいことだが 強 要 されるべき 性 質 のものではない 相 互 の 事 情 を 慮 りつつ 細 く 長 い 関 係 を 保 っていければ それで 良 しという 所 であろうか 3) 学 生 の 経 済 面 への 気 遣 い 留 学 生 は 経 済 的 に 切 り 詰 められているようで 往 き 帰 りの 交 通 費 を 気 にかけ 声 をか けにくい という 指 摘 も 受 け 入 れ 家 庭 の 回 答 にあった これも 難 しい 問 題 である しかし 年 に 数 回 の 行 き 来 だけであれば 受 け 入 れ 家 庭 が 最 も 遠 方 の 一 つである 富 津 市 内 であった としても 同 地 への 往 復 の 電 車 賃 1640 円 が 捻 出 できない 額 とは 思 えない(JR 稲 毛 JR 青 堀 間 の 運 賃 ちなみに JR 稲 毛 JR 渋 谷 は 1560 円 である) 関 係 性 を 深 めようという 意 志 が 双 方 にあるならば それほど 気 にする 要 素 ではないと 筆 者 は 考 えている 留 学 生 は 経 済 的 に 厳 しいだろう と 考 え 交 通 費 から 食 費 に 至 るまでのすべてを 毎 回 支 弁 するような 形 式 も あまり 望 ましくない こうした 関 係 性 は 留 学 生 も 気 詰 まりとな り 継 続 的 交 流 を 困 難 にしていくだろう ともかく 無 理 のない 範 囲 での 交 流 が 第 一 である なお 留 学 生 の 経 済 面 について 留 学 生 は 裕 福 な 人 が 多 く 年 金 暮 らしとしては 複 雑 な 思 いをすることがある との 指 摘 を 記 す 回 答 者 もいた 先 の 認 識 とは 正 反 対 のものだが ステイに 参 加 する 学 生 のかなりの 部 分 は 日 本 政 府 から 奨 学 金 を 支 給 されている 留 学 生 で あり 経 済 的 にそれほど 困 窮 していないのも 事 実 である それが 受 け 入 れ 側 に 複 雑 な 思 い を 抱 かせたとすれば なんとも 言 いがたい 局 面 ではある これはすべての 留 学 生 に 当 てはまる 事 情 ではないが 留 学 生 も 多 様 であることを 受 け 入 れ 側 に 周 知 していく 必 要 を 感 ずるところである 6継 続 的 交 流 を 構 築 するための 方 途 以 下 では 継 続 的 交 流 がうまく 行 っ ている 事 例 から その 特 色 をまとめていきたい 1) 受 け 入 れ 側 の 姿 勢 ただ 単 に 観 光 案 内 するとか 外 食 に 誘 うとかでなく 日 本 人 の 生 活 文 化 をよく 知 ら しめることが 大 切 である 受 け 入 れに 慣 れていなかったので 日 常 生 活 を 見 てもらうこ とができなかったことを 反 省 している などの 意 見 が 複 数 の 家 庭 から 寄 せられている 受 け 入 れ 側 の 日 本 人 のキャパシティーも 問 われている もてなし 歓 待 をしすぎる 珍 客 扱 い 61

16 留 学 生 と 日 本 人 家 庭 の 継 続 的 交 流 をめぐる 現 状 と 課 題 ( 見 城 ) は 再 考 を 要 するのでは という 指 摘 さえあった 他 人 扱 いせず 自 分 の 家 族 と 同 じように 接 すること 私 のスタンスは 日 本 にいる お母 さん 彼 らがお 母 さんに 家 に 来 る そんな 存 在 でいたいと 思 います のように 原 則 的 には 自 然 体 での 付 き 合 いを 継 続 し 無 理 をしないことが 最 も 望 ましいと 筆 者 は 考 えている みな 大 人 なので これからも 適 度 な 交 流 を 続 けていきたい というスタンスで 良 いのではないだろうか 4に 挙 げた 交 流 の 実 際 の 事 例 群 は その 手 厚 い 対 応 相 互 交 流 の 深 化 に 驚 くものも 多 かった しかし これらは 例 外 に 属 すると 考 えた 方 が 良 いだろう 一 般 的 には 何 らか の 機 会 に 電 話 やメールで 近 況 を 報 告 しあう 程 度 で 十 分 ではないかと 思 う 誕 生 日 に 電 話 を 掛 ける という 実 践 例 も 先 に 引 用 したが 父 の 日 母 の 日 に おめでとう の 電 話 をもら った 時 は 心 にかけてくださったのかと うれしさと 同 時 に 驚 きがあった という 感 想 も 寄 せられている その 意 味 では イ ンドネシアの 帰 国 学 生 が スマトラ 沖 地 震 津 波 に 際 し 無 事 である という 連 絡 を 少 なくとも 日 本 の 受 け 入 れ 家 庭 2 軒 にメール 連 絡 をしていたことが 今 回 の アンケートから 明 らかになった 混 乱 と 困 難 の 中 で 即 時 の 素 晴 らしい 対 応 をしてくれた ものだ と 感 心 せざるを 得 ないが そうした 配 慮 の 一 つ 一 つの 積 み 重 ねが 関 係 性 を 継 続 する 糸 口 になるのだろう 2) 留 学 生 側 の 気 構 え 5 継 続 的 交 流 を 妨 げるもの の1 番 目 で 留 学 生 側 の 参 加 意 欲 について 論 じた そこ で挙 げた 義 務 的 に 仕 方 なく 行 くかのような 態 度 で 臨 むことは 継 続 的 交 流 を 妨 げる 最 たるものであろう 日 本 の 文 化 に 興 味 のある 人 の 方 が 継 続 しているように 思 う 何 事 にも 意 欲 ある 人 だとコミュニケーションが 取 りやすい という 声 は もっともである 大 学 側 としては ステイ ビジットの 意 義 や 役 割 を 留 学 生 にきちんと 説 明 すること 参 加 する 以 上 は 積 極 的 意 味 を 見 出 していく 姿 勢 を 持 たせることが 肝 要 になってくるだろう 受 け 入 れ 家 庭 側 の 提 言 1 泊 だけのステイだと 長 続 きしないことが 多 い 交 流 をする ためには 自 分 と 相 手 の 努 力 が 必 要 本 当 にステイし 交 流 したい 人 を 望 むので 学 生 に も 心 構 えが 必 要 と 伝 えて 欲 しい を しっかり 受 け 止 めたい 3)きっかけ 作 り 連 絡 方 法 もっと 深 い 交 流 をしたいのだが 子 どもがいないため 何 かきっかけがつかめない 夫 婦 とも 70 歳 前 後 なので 世 代 が 違 う 若 い 学 生 が 楽 しめたかは 不 明 という 感 想 も 寄 せ られた 留 学 生 は若 者 だから 若 者 との 交 流 だけを 欲 していると 断 言 することは 出 来 ない 子 ど もがいないから 若 い 世 代 の 気 持 ちは 分 からないから という 発 想 は 理 解 できるが そ もそも 同 列 で 論 ずることができない 事 項 であるだろう 人 生 経 験 を 多 く 持 つ 人 ならではの 62

17 国 際 教 育 第 1 号 (2007 年 3 月 ) 助 言 や 体 験 談 ( 戦 争 の 悲 惨 さと 平 和 を 語 ること あるいは 高 度 成 長 期 にどのような 苦 心 を して 現 在 の 社 会 を 築 いたのかを 語 ること などなど)に 興 味 を 示 す 留 学 生 も 少 なくないと 考 える 受 け 入 れ 家 庭 から 継 続 的 関 係 がうまくいく 遣 り 方 としての 提 案 が2つあった 一 つ は 留 学 生 は 遠 慮 するので 家 庭 側 から 誘 ってみる 二 つ 目 は これまで7 名 を 受 け 入 れたが 今 度 はあなたが 自 分 で 連 絡 して 私 たちに 会 いに 来 てください というと ほと んどの 学 生 が 連 絡 してきて 交 流 が 継 続 する 両 者 は 相 反 するように 見 えるが そうでも ない 別 れる 時 に 次 のきっかけを 作 るのは あなたからですよ と 確 認 することは 留 学 生 側 に 自 覚 と 選 択 権 を 与 えるという 意 味 で 多 くの 家 庭 が 真 似 ていい 方 法 だろう ただ その 一 方 で 働 きかける 機 会 やコンタクトをする 頻 度 については 日 本 人 家 庭 側 が イニ シアティブを 取 るのが 現 実 的 と 考 える 国 民 性 にもよるが 留 学 生 も 相 当 な 気 遣 いをして いることは 知 って 欲 しいことである そして 家 庭 側 が 何 度 か 声 を 掛 けても 反 応 が 芳 し くなかった 場 合 は その 学 生 とは 縁 がなかったと 思 うしかないだろう 学 生 が 帰 国 する 際 に 連 絡 をいただけると またきっかけとなるのでは? という 提 案 もあった 在 学 中 の 連 絡 先 は 把 握 しておき 帰 国 する 前 に 連 絡 を 入 れてもらえる 程 度 の 関 係 性 を 繋 げておけば 帰 国 後 を 含 めた 新 たな 関 係 性 が 開 かれるかもしれない 4) 継 続 的 交 流 のアイデア 留 学 生 を 招 こうとしたら 勉 強 が 忙 しいので 都 合 がつかない と 言 われた 前 もって カリキュラムがわかれば 学 生 に 伝 えさせてほしい という 希 望 も 寄 せられている 試 験 期 間 などについては 確 かに 外 部 から 分 かりにくい 事 象 である こうした 情 報 を 事 後 の お 礼 状 と 一 緒 に 伝 えることは 今 後 考 えていきたい 大 学 で 留 学 生 と 受 け 入 れ 家 族 の 交 流 会 同 窓 会 のような 場 を 設 けていただければ 関 係 性 が 継 続 するのでは という 提 言 も 2 名 からあった こうした 場 を 大 学 主 導 で 設 定 することはできるが 一 方 的 に 定 めた 特 定 の 日 時 に かつて 関 わりを 持 った 日 本 人 と 留 学 生 の 双 方 に 臨 席 してもらうことは なかなか 難 しいと 思 われる 特 定 の 学 生 との 継 続 的 関 係 を 考 えるのであれば 個 別 に 設 定 してもらうのが 穏 当 であろう 帰 国 後 の 住 所 がわかれば 手 紙 やカードを 送 りたい という 意 見 もあった 良 いアイ デアであると 思 うが 近 年 の 個 人 情 報 管 理 の 問 題 などから 安 易 に 教 えがたい 現 実 もある これは 該 当 学 生 と 連 絡 交 流 ができている 段 階 で 家 庭 から 働 きかけて 聞 き 出 してことが 第 一 であろう 継 続 的 交 流 をするために 大 学 (センター)が 関 与 していく 必 要 や 場 面 はもちろんある しかし ステイ ビジットは 大 学 を 離 れた 場 での 自 由 な 交 流 として 発 展 していくのが 望 ましいというのが 私 の 見 解 である 受 け 入 れ 家 庭 は 様 々な 試 みをしていることを 今 回 知 ることができたが その 中 に 我 が家 の 宿 泊 ノートに 残 された これまでの 受 け 入 れ 者 のメッセージが 嬉 しい というもの 63

18 留 学 生 と 日 本 人 家 庭 の 継 続 的 交 流 をめぐる 現 状 と 課 題 ( 見 城 ) があった これは 留 学 生 を 何 回 も 宿 泊 ( 訪 問 )させた 家 庭 でしかできないことではある が 自 分 たちの 前 に 多 くの 先 輩 がこの 家 庭 を 訪 れ 交 流 を 継 続 させていることを 知 らせる ことは 彼 らの 安 心 と 期 待 につながると 思 われる その 冊 子 は 受 け 入 れ 家 庭 の 留 学 生 交 流 の 証 にもなるだろう こうした 営 為 また 試 行 錯 誤 から 様 々な 発 展 的 関 係 性 が 生 まれて いくことを 期 待 したいと 思 う おわりに たとえその 後 連 絡 がなくても 私 たちが 彼 らにしたことが きっと 彼 らの 心 に 残 る 私 たちとの 交 流 が 継 続 しなくとも 私 たちが 彼 らにした 誠 意 を 私 たちが 彼 らにして あげたように 彼 らが 誰 かにしてあげてくれれば それが 最 も 嬉 しく 思 える 発 展 です これは 今 回 のアンケートの 自 由 記 述 欄 に ある 受 け 入 れ 家 庭 が 記 した 文 である この 回 答 者 は こうした 発 展 形 態 もあるのだ と 優 しい 言 葉 で 語 ってくれている ホームステイ ホームビジットは ほとんどの 場 合 が 機 械 的 な 組 み 合 わせで 始 められて おり それを 継 続 的 発 展 的 交 流 に 導 くのは そもそも 容 易 なわざではない しかし 今 回 のアンケート 調 査 で 帰 国 後 を 含 め 良 好 な 関 係 性 を 保 ち 続 けている 家 庭 が 相 当 数 存 在 す ることが 明 らかになった 故 国 を 離 れた 留 学 生 の 日 本 の 家 族 となり 親 身 に 対 処 して くださっている 数 々の 事 例 にはただただ 感 謝 するほかない 本 文 中 でも 触 れたが 私 見 としては 細 く 長 く 無 理 のない関 係 性 を 継 続 していくこと が一 番 であると 考 えている そうすることによってこそ 多 くの 一 般 家 庭 が 関 わっていけ るのであろうし 勉 学 やアルバイトで 忙 しい 留 学 生 も 関 わっていけるのであろう そうし た 広 がりをいかに 創 出 していくかを 今 回 のアンケート 結 果 を 元 に 考 えていくことが わ れわれの 次 の 課 題 となる 本 稿 は 日 本 人 家 庭 と 留 学 生 の 継 続 的 交 流 についてのアンケート 回 答 の 概 要 を 簡 単 にま とめるつもりであった しかし 後 半 3 分 の1は アンケートの 継 続 的 交 流 の 実 際 や 提 案 に 対 する 筆 者 なりの 反 応 を 逐 次 入 れ 込 むような 形 にしてしまったため 結 果 的 にか なりのボリュームになってしまった それは 今 回 のアンケート 回 答 中 に 拙 稿 に 盛 り 込 む べき 紹 介 すべきと 考 えた 内 容 がたくさん 含 まれていたからであり 多 くの 回 答 者 が 留 学 生 に 対 して 注 ぐ 愛 情 が 見 えたからである 末 尾 ではあるが アンケートにご 協 力 いただいた 各 ご 家 庭 およびボランティア 家 庭 を とりまとめる 団 体 として 長 年 お 世 話 になっている 木 更 津 市 国 際 交 流 協 会 袖 ヶ 浦 市 国 際 交 流 協 会 千 葉 市 国 際 交 流 協 会 に 深 甚 の 謝 意 を 改 めて 表 し むすびとしたい 1 千 葉 大 学 留 学 生 センター 編 異 文 化 への 新 しい 旅 立 ち 千 葉 大 学 留 学 生 センター 自 己 点 検 評 価 報 告 書 同 センター 2003 年 p46 p139 2 見 城 千 葉 大 学 におけるホームステイ ホームビジットプログラムの 現 状 と 課 題 千 葉 大 学 留 学 生 セン ター 紀 要 第 3 号 1997 年 見 城 留 学 生 と 地 域 住 民 との 交 流 の 端 緒 千 葉 大 学 留 学 生 センター 紀 要 64

19 国 際 教 育 第 1 号 (2007 年 3 月 ) 第 4 号 1998 年 3 日 本 の 留 学 生 を3 分 の2を 占 めるのは 中 国 人 留 学 生 であるが 中 国 の 大 学 生 の 日 本 イメージと 志 向 を 分 析 した 論 考 に 見 城 現 代 中 国 における 日 本 語 専 攻 大 学 生 の 日 本 イメージ ( 国 際 教 育 第 1 号 2007 年 本 雑 誌 )がある 4 実 際 には 10 年 以 上 も 受 け 入 れてくださっている 家 庭 もあるが アンケート 依 頼 枚 数 に 区 切 りを 付 ける 意 味 で 今 回 は ここ3 年 に 受 け 入 れた 方 と 限 定 した 5 今 回 の 調 査 では アンケートに 答 える 際 記 名 無 記 名 ( 匿 名 )いずれでもよい としたのだが 匿 名 だったのは 117 回 答 中 7 名 (6%)に 過 ぎなかった 6 これらの 市 はすべて 東 京 湾 岸 の 内 房 地 域 にあり 市 原 市 は 千 葉 市 の 南 側 に 隣 接 し その 南 側 にある のが 袖 ヶ 浦 市 である 袖 ヶ 浦 市 の 南 が 木 更 津 市 さらに 南 に 君 津 市 富 津 市 と 連 なっている 65

20 留 学 生 と 日 本 人 家 庭 の 継 続 的 交 流 をめぐる 現 状 と 課 題 ( 見 城 ) 参 考 資 料 千 葉 大 学 留 学 生 と 日 本 人 家 庭 の 継 続 的 交 流 に 関 するアンケート (2006 年 3 月 ) Ⅰ あなたのお 名 前 ( 記 名 匿 名 いずれでもけっこうです) Ⅱ あなたの 住 所 ( 市 区 名 程 度 の 記 述 で 番 地 などは 不 要 です) 市 町 区 Ⅲ これまで 受 け 入 れた 留 学 生 ( 留 学 生 の 個 人 名 や 国 籍 などは 場 合 によって 書 いていただかなくてもけっこうです また 受 け 入 れが6 名 を 越 えている 場 合 は 裏 面 などに 書 いていただければ 幸 いです ) 1 名 前 国 籍 受 け 入 れた 年 月 年 月 4 名 前 国 籍 年 月 年 月 受 け 入 れの 形 式 ビジット ステイ 受 け 入 れの 形 式 ビジット ステイ 2 3 名 前 国 籍 5 名 前 国 籍 受 け 入 れた 年 月 年 月 年 月 年 月 受 け 入 れの 形 式 ビジット ステイ 受 け 入 れの 形 式 ビジット ステイ 名 前 国 籍 6 名 前 国 籍 受 け 入 れた 年 月 年 月 年 月 年 月 受 け 入 れの 形 式 ビジット ステイ 受 け 入 れの 形 式 ビジット ステイ Ⅳ 大 学 からの 依 頼 で 留 学 生 を 受 け 入 れた 後 その 学 生 と 何 らかの 継 続 的 関 係 がありましたか? ( 複 数 回 答 可 ) 1 その 後 全 く 連 絡 交 流 はなかった ( 上 記 番 号 で 言 うと ) 2 手 紙 や で 何 度 か 遣 り 取 りをした ( 上 記 番 号 で 言 うと ) 3 その 後 何 度 か 自 宅 に 招 いた( 日 帰 り) ( 上 記 番 号 で 言 うと ) 4 その 後 何 度 か 自 宅 に 宿 泊 させた ( 上 記 番 号 で 言 うと ) 5 上 記 以 外 の 交 流 を 持 った ( 上 記 番 号 で 言 うと ) 2~4の 具 体 的 内 容 また5の 交 流 内 容 などについて 差 し 支 えない 範 囲 でお 書 きいただければ 幸 いです(スペースが 足 りなければ 裏 面 などにお 書 き 願 います) Ⅴ あなたは ご 自 宅 へ 招 いた 留 学 生 等 との 継 続 的 交 流 を 望 まれますか? はい いいえ はい いいえ それぞれの 理 由 についての また 交 流 を 継 続 し 発 展 させていくために 必 要 と 思 わ れる 事 項 ( 留 学 生 大 学 側 ご 家 庭 側 )についてのお 考 え ご 意 見 などがあれば お 書 きください 66

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

’00

’00 明 石 の 人 口 平 成 17 年 (2005 年 ) 国 勢 調 査 結 果 報 告 書 平 成 17 年 国 勢 調 査 の 概 要 調 査 の 目 的 及 び 沿 革 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 の 状 況 を 明 らかにするため, 大 正 9 年 以 来 ほぼ 5 年 ごとに 行 われており, 平 成 17 年 国 勢 調 査 はその 18 回 目 に 当 たる 国 勢

More information

要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超 えて おり 無 年 金 者 を 含 む 低 年

要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超 えて おり 無 年 金 者 を 含 む 低 年 2009 年 5 月 18 日 発 行 増 加 が 見 込 まれる 低 年 金 者 ~ 早 急 な 実 施 が 求 められる 低 年 金 対 策 ~ 要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超

More information

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 1 immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 Ibrahim Baylan (skolministern) km segregation citizen 3 4 5 1 2 1950 3 4 5 市 民 (Citizens) 自 治 体 ( 県 )による 医 療 支 援 U N H C R 書 類 選 考 受 入 決 定 政 府

More information

議論の前提

議論の前提 第 1 章 の 補 足 資 料 ( 消 費 税 はだれが 負 担 するのか) 消 費 税 のしくみ 日 本 の 消 費 税 は 付 加 価 値 税 (value added tax VAT)と 呼 ばれる 税 の 一 種 であり 卸 売 り 小 売 りの 各 段 階 で 生 み 出 された 付 加 価 値 に 対 して 課 税 する 売 り 手 が 納 税 の 義 務 を 負 っているので 消 費

More information

消費税増税先送りに伴う他政策への影響

消費税増税先送りに伴う他政策への影響 税 制 A to Z 2014 年 11 月 21 日 全 13 頁 消 費 税 増 税 先 送 りに 伴 う 他 政 策 への 影 響 住 宅 ローン 減 税 自 動 車 税 制 年 金 制 度 給 付 措 置 などに 影 響 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 安 倍 首 相 は 2014 年 11 月 18 日 に 記 者 会 見 を 行 い 消 費 税 率 の 10%への

More information

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0%

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0% 8 8 グローバル 化 の 急 速 な 進 展 の 中 人 事 行 政 の 分 野 においても 国 際 協 力 や 国 際 交 流 の 重 要 性 は 高 まっており 開 発 途 上 国 政 府 や 国 際 機 関 への 技 術 協 力 を 目 的 とする 日 本 の 公 務 員 に 対 する 派 遣 要 請 に 加 え 各 国 政 府 職 員 の 人 材 育 成 や 公 務 員 制 度 の 整 備

More information

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた 拉 致 被 害 者 等 への 今 後 の 支 援 策 の 在 り 方 について( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 8 月 拉 致 問 題 対 策 本 部 関 係 省 庁 拉 致 問 題 連 絡 会 ( 支 援 幹 事 会 ) 目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2)

More information

給与支払報告書の書き方

給与支払報告書の書き方 給 与 支 払 報 告 書 の 記 入 と 住 民 税 特 別 徴 収 のご 案 内 Ⅰ 給 与 支 払 報 告 書 の 概 要 P1 Ⅱ 給 与 支 払 報 告 書 による 特 別 徴 収 への 流 れ P2 Ⅲ 総 括 表 及 び 普 通 徴 収 申 請 書 記 入 の 際 の 注 意 点 P3~5 Ⅳ 給 与 支 払 報 告 書 の 記 入 の 際 の 注 意 点 P6~10 Ⅴ 間 違 えやすい

More information

実 との 関 連 付 け を 参 考 にした 限 られた 授 業 時 間 に 集 中 して 取 り 組 めるように 連 想 ゲーム には 制 限 時 間 を 設 ける 時 間 制 限 があることで 短 時 間 に 単 語 を 連 想 する 必 要 が 出 てくる 短 時 間 にできるだけ 多 く 連

実 との 関 連 付 け を 参 考 にした 限 られた 授 業 時 間 に 集 中 して 取 り 組 めるように 連 想 ゲーム には 制 限 時 間 を 設 ける 時 間 制 限 があることで 短 時 間 に 単 語 を 連 想 する 必 要 が 出 てくる 短 時 間 にできるだけ 多 く 連 実 践 報 告 英 語 の 瞬 発 力 を 上 げるために キーワード: 英 語 の 瞬 発 力 コミュニケーション 能 力 協 同 学 習 堀 内 ちとせ 1.はじめに 英 語 に 対 して 学 習 意 欲 が 見 られなくても 英 語 でコミュニケーションを 取 る ことには 興 味 がある 学 生 がいる とは 言 え 日 常 生 活 の 中 では 英 語 を 話 す 機 会 は 皆 無 である

More information

Ⅲ 外国人観光客の動向

Ⅲ 外国人観光客の動向 Ⅲ 外 国 人 観 光 客 の 動 向 1 全 国 の 動 向 平 成 24 年 の 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 は 対 前 年 比 34.4% 増 の 835 万 8,105 人 となった 訪 日 外 国 人 旅 行 者 のうち 観 光 客 は 604 万 1,645 人 ( 対 前 年 48.9% 増 ) 商 用 客 は 144 万 2,946 人 ( 同 16% 増 ) 客 は 87

More information

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの (28.3) ハローワークシステム 外 国 人 雇 用 状 況 届 出 雇 用 情 報 複 数 登 録 手 順 書 目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV

More information

Microsoft Word - douko.doc

Microsoft Word - douko.doc 住 まいの 売 却 で 4 件 中 3 件 が 売 却 損 発 生 不 動 産 売 買 に 当 たりインターネットの 利 用 者 が5 割 不 動 産 流 通 に 関 する 消 費 者 動 向 調 査 結 果 ( 社 ) 不 動 産 流 通 経 営 協 会 住 まいの 売 却 のうち 4 件 中 3 件 で 売 却 損 が 発 生 不 動 産 価 格 の 下 落 により 不 動 産 の 購 入 に

More information

住み慣れたこの町で最期まで 安心して暮らすために

住み慣れたこの町で最期まで 安心して暮らすために 第 6 次 出 入 国 管 理 政 策 懇 談 会 新 宿 区 1 新 宿 区 は 外 国 人 住 民 が 全 国 で 一 番 多 く 暮 らす 自 治 体 で 全 区 民 の10%を 超 えています 地 域 別 全 国 平 成 26 年 1 月 1 日 現 在 住 民 記 録 人 口 総 数 ( 人 ) 日 本 人 住 民 人 口 外 国 人 住 民 人 口 人 数 ( 人 ) 割 合 (%) 人

More information

各 小 中 学 校 の 保 護 者 へのアンケート 調 査 等 をもとに 協 議 され 中 学 校 の 統 合 に 対 する 賛 成 意 見 が 多 かった 委 員 からは 小 学 校 よりも 中 学 校 の 統 合 を 早 くするべき もう 尐 し 保 護 者 の 意 見 を 吸 い 上 げてから

各 小 中 学 校 の 保 護 者 へのアンケート 調 査 等 をもとに 協 議 され 中 学 校 の 統 合 に 対 する 賛 成 意 見 が 多 かった 委 員 からは 小 学 校 よりも 中 学 校 の 統 合 を 早 くするべき もう 尐 し 保 護 者 の 意 見 を 吸 い 上 げてから 平 成 21 年 度 第 2 回 ( 第 9 回 ) 磯 辺 地 区 学 校 適 正 配 置 地 元 代 表 協 議 会 議 事 要 旨 1 日 時 平 成 21 年 9 月 7 日 ( 月 ) 10 時 ~12 時 2 場 所 磯 辺 地 域 ルーム( 磯 辺 第 一 中 学 校 内 ) 3 出 席 者 (1) 委 員 22 名 欠 席 : 高 橋 委 員 池 上 委 員 (2) 事 務 局 古

More information

4 点 が 示 されている 1 相 互 のねらいや 方 法 などを 踏 まえ 継 続 的 計 画 的 に 取 り 組 む 2 幼 稚 園 小 学 校 の 教 員 が 子 どもの 発 達 を 長 期 的 にとらえ 互 いの 教 育 内 容 や 指 導 方 法 の 違 いや 共 通 点 について 理 解

4 点 が 示 されている 1 相 互 のねらいや 方 法 などを 踏 まえ 継 続 的 計 画 的 に 取 り 組 む 2 幼 稚 園 小 学 校 の 教 員 が 子 どもの 発 達 を 長 期 的 にとらえ 互 いの 教 育 内 容 や 指 導 方 法 の 違 いや 共 通 点 について 理 解 幼 児 教 育 と 小 学 校 教 育 の 円 滑 な 接 続 の 在 り 方 幼 児 教 育 係 長 植 松 利 晴 Uematsu Toshiharu 研 究 指 導 主 事 廣 岡 由 美 Hirooka Yumi 主 査 中 村 美 喜 江 Nakamura Mikie 要 旨 平 成 20 年 3 月 に 新 幼 稚 園 教 育 要 領 が 公 示 された その 改 訂 に 伴 い 発 達

More information

発行:東京農工大学工学部

発行:東京農工大学工学部 2.3 繊 維 から 分 子 へ (1) 工 業 社 会 と 1950 年 代 前 半 に 我 が 国 は 第 二 次 世 界 大 戦 で 受 けた 重 大 なダメージから 徐 々に 立 ち 直 り 経 済 は 本 格 的 な 拡 大 期 に 入 った この 期 間 に 高 度 成 長 の 波 に 乗 って 繊 維 工 業 や 工 業 などの 重 工 業 が 大 きく 発 展 したが そのような 最

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

Q1.あなたは 普 段 の 食 生 活 で ご 自 身 の 健 康 維 持 や 病 気 の 予 防 を 意 識 していますか (1つ 選 択 ) 普 段 の 食 生 活 における 健 康 意 識 N=600 少 し 意 識 している が46.8%と 最 も 多 く 次 いで 意 識 している が29

Q1.あなたは 普 段 の 食 生 活 で ご 自 身 の 健 康 維 持 や 病 気 の 予 防 を 意 識 していますか (1つ 選 択 ) 普 段 の 食 生 活 における 健 康 意 識 N=600 少 し 意 識 している が46.8%と 最 も 多 く 次 いで 意 識 している が29 報 道 関 係 各 位 ミニリサーチ 食 生 活 と 結 婚 意 識 に 関 する 調 査 2011 年 10 月 24 日 株 式 会 社 マーシュ 154-0012 東 京 都 世 田 谷 区 駒 沢 1-4-15 真 井 ビル7F TEL: 03-5433-0321 FAX: 03-5433-0481 調 査 結 果 独 身 男 性 の8 割 独 身 女 性 の7 割 は 結 婚 相 手 に

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

パートタイム 労 働 者 の 厚 生 年 金 雇 用 保 険 への 未 加 入 行 動 に 関 する 考 察 安 部 由 起 子 北 海 道 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 谷 村 孝 子 北 海 道 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 博 士 課 程 要 旨 本 稿 では パー

パートタイム 労 働 者 の 厚 生 年 金 雇 用 保 険 への 未 加 入 行 動 に 関 する 考 察 安 部 由 起 子 北 海 道 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 谷 村 孝 子 北 海 道 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 博 士 課 程 要 旨 本 稿 では パー Discussion Paper, Series B, No. 2007-71 パートタイム 労 働 者 の 厚 生 年 金 雇 用 保 険 への 未 加 入 行 動 に 関 する 考 察 安 部 由 起 子 谷 村 孝 子 2007 年 12 月 北 海 道 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 060-0809 札 幌 市 北 区 北 9 条 西 7 丁 目 パートタイム 労 働 者 の

More information

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その4)監査結果

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その4)監査結果 平 成 2 8 年 8 月 1 日 問 い 合 わ せ 先 監 査 事 務 局 監 査 事 務 局 総 務 課 電 話 03-5320-7011 知 事 専 用 車 の 使 用 を 違 法 不 当 と し て そ の 使 用 に 要 し た 経 費 の 返 還 を 求 める 住 民 監 査 請 求 (その4) 監 査 結 果 について 東 京 都 監 査 委 員 同 同 同 同 山 加 朱 美 吉

More information

2 テーマ 1 留 学 生 数 と 入 管 法 の 関 係 2 留 学 生 の 在 留 関 係 審 査 書 類 3 新 しい 在 留 管 理 と 留 学 生 4 新 しい 在 留 管 理 への 問 題 提 起 5 高 度 人 材 ポイント 制 の 意 味

2 テーマ 1 留 学 生 数 と 入 管 法 の 関 係 2 留 学 生 の 在 留 関 係 審 査 書 類 3 新 しい 在 留 管 理 と 留 学 生 4 新 しい 在 留 管 理 への 問 題 提 起 5 高 度 人 材 ポイント 制 の 意 味 1 監 視 される 高 度 人 材 留 学 生 財 団 法 人 アジア 学 生 文 化 協 会 教 育 交 流 事 業 部 白 石 勝 己 113-8642 東 京 都 文 京 区 本 駒 込 2-12-13 Tel:03-3946-7565 shiraishi@abk.or.jp 2 テーマ 1 留 学 生 数 と 入 管 法 の 関 係 2 留 学 生 の 在 留 関 係 審 査 書 類 3 新

More information

配偶者控除見直しについて~家計の可処分所得への影響~

配偶者控除見直しについて~家計の可処分所得への影響~ ニッセイ 基 礎 研 究 所 基 礎 研 レポート 2016-02-05 配 偶 者 控 除 見 直 しについて ~ 家 計 の 可 処 分 所 得 への 影 響 ~ 経 済 研 究 部 研 究 員 薮 内 哲 (03)3512-1839 yabuuchi@nli-research.co.jp はじめに 現 在 政 府 は 所 得 税 改 革 に 向 けた 総 点 検 に 着 手 しており とりわけ

More information

1 個人研究費計画

1 個人研究費計画 公 的 研 究 費 の 使 用 について 2015 年 4 月 公 立 大 学 法 人 青 森 公 立 大 学 は じ め に 公 的 研 究 費 ( 個 人 研 究 費 を 含 む)とは 国 又 は 地 方 公 共 団 体 若 しくは 独 立 行 政 法 人 などの 公 的 機 関 から 特 定 の 研 究 を 遂 行 するために 配 分 される 研 究 活 動 を 進 める 上 で 欠 くことので

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BF38D60834183938350815B83678DC58F4995F18D908F9188EA8A872E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BF38D60834183938350815B83678DC58F4995F18D908F9188EA8A872E646F63> 首 都 圏 の 空 港 に 関 する 企 業 へのアンケート 調 査 調 査 結 果 報 告 書 平 成 18 年 8 月 横 浜 市 目 次 調 査 の 概 要... 2 調 査 結 果 ( 要 旨 )... 3 アンケートの 集 計 結 果... 12 1 回 答 企 業 の 属 性... 12 1) 業 種 別... 12 2) 所 在 地 別... 13 3) 資 本 金 規 模 別...

More information

会議録

会議録 第 4 回 秦 野 市 公 立 幼 稚 園 あり 方 検 討 委 員 会 1 日 時 平 成 24 年 2 月 7 日 ( 火 ) 午 前 10 時 ~ 正 午 2 場 所 秦 野 市 役 所 本 庁 舎 3 階 3A 会 議 室 3 出 席 委 員 逢 坂 委 員 小 林 委 員 佐 藤 委 員 佐 々 木 委 員 桐 山 委 員 横 尾 委 員 大 澤 委 員 梅 原 委 員 野 々 山 委 員

More information

Microsoft Word - 07fiida

Microsoft Word - 07fiida 富 里 高 校 における 台 湾 の 学 校 との 学 校 交 流 について 千 葉 県 立 富 里 高 等 学 校 教 諭 飯 田 太 (1)はじめに 本 校 は, 成 田 空 港 に 隣 接 した 場 所 に 立 地 しており, 教 育 目 標 の 一 つを 国 際 社 会 の 中 で 広 く 活 躍 できる 積 極 的 な 人 間 の 育 成 をめざす としている 一 昨 年 度 から 海 外

More information

なんともありがたいことに ( 税 金 なのでありがたい 話 ではありませんが ) 申 告 分 離 課 税 は 翌 3 年 間 は 損 失 繰 り 越 しができます したがって むしろ 2013 年 の1 年 間 で 利 益 を 出 せなかった 方 こそ 積 極 的 に 確 定 申 告 すべきと 考

なんともありがたいことに ( 税 金 なのでありがたい 話 ではありませんが ) 申 告 分 離 課 税 は 翌 3 年 間 は 損 失 繰 り 越 しができます したがって むしろ 2013 年 の1 年 間 で 利 益 を 出 せなかった 方 こそ 積 極 的 に 確 定 申 告 すべきと 考 お 忙 しいあなたのことですから 要 点 だけをまずお 伝 えします 今 年 の 確 定 申 告 は 絶 対 に2 月 中 に 終 わらせましょう 確 定 申 告 は 株 式 も FX も バイナリーオプション も 日 経 225 先 物 も オプション も 全 ての 方 が 対 象 となります 同 様 に 利 益 を 出 していても 利 益 を 出 していなくても 全 ての 方 が 対 象 となります

More information

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版>

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版> 高 齢 者 等 の 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 に 対 する 賃 貸 人 の 不 安 解 消 に 関 する 調 査 < 概 要 版 > 1. 調 査 目 的 民 間 賃 貸 住 宅 において 賃 貸 人 が 高 齢 者 等 の 入 居 を 制 限 する 実 態 が 見 られ その 理 由 として 家 賃 の 支 払 い 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 等 への 賃 貸 人 の 不 安

More information

<95F18D908F912E786477>

<95F18D908F912E786477> 参 考 鹿 児 島 県 民 の 生 活 意 識 実 態 調 査 等 の 結 果 平 成 23 年 3 月 28 日 目 次 I. 世 代 別 にみた 特 徴 と 課 題... 2 1. 20 歳 代... 2 2. 30 歳 代... 3 3. 40 歳 代... 5 4. 50 歳 代... 7 5. 60 歳 代... 8 6. 70 歳 以 上... 10 II. 就 業 形 態 別 にみた

More information

Microsoft Word - 鷹山.doc

Microsoft Word - 鷹山.doc 平 成 24 年 度 まちづくりミーティングの 質 問 と 回 答 の 要 旨 鷹 山 地 区 :7 月 2 日 ( 月 ) 午 後 7 時 30 分 ~9 時 参 加 者 数 62 人 < 質 問 > Q 文 書 配 布 の 量 をなるべく 減 らそうという 傾 向 があるが 町 報 だけでは 紙 面 が 少 なすぎるのではない か 学 校 だより 等 が 配 布 になるため 情 報 が 得 られる

More information

国 民 年 金 繰 上 げ 受 給 率 の 推 移 17 資 料 出 所 社 会 保 険 事 業 の 概 況 ( 社 会 保 険 庁 )

国 民 年 金 繰 上 げ 受 給 率 の 推 移 17 資 料 出 所 社 会 保 険 事 業 の 概 況 ( 社 会 保 険 庁 ) 満 額 でない 基 礎 年 金 等 の 受 給 権 者 無 年 金 者 が 生 じる 要 因 として 考 えられる 理 由 年 金 の 額 の 算 定 の 基 礎 となる 保 険 料 納 付 済 期 間 が 満 額 受 給 の 期 間 に 満 たないこと 昭 和 61 年 3 月 以 前 に 被 用 者 の 配 偶 者 であった 者 で 国 民 年 金 に 任 意 加 入 しなかった 者 この 場

More information

Ⅰ 調 査 目 的 介 護 保 険 制 度 の 創 設 以 後 介 護 サービスを 供 給 する 企 業 は 増 加 を 続 けているが 近 年 は 訪 問 通 所 介 護 を 中 心 に 人 手 不 足 や 競 争 の 激 化 から 経 営 不 振 に 陥 る 企 業 も 少 なくない 高 齢 化

Ⅰ 調 査 目 的 介 護 保 険 制 度 の 創 設 以 後 介 護 サービスを 供 給 する 企 業 は 増 加 を 続 けているが 近 年 は 訪 問 通 所 介 護 を 中 心 に 人 手 不 足 や 競 争 の 激 化 から 経 営 不 振 に 陥 る 企 業 も 少 なくない 高 齢 化 平 成 28 年 2 月 9 日 日 本 政 策 金 融 公 庫 総 合 研 究 所 介 護 者 からみた 介 護 サービスの 利 用 状 況 ~ 訪 問 介 護 通 所 介 護 に 関 するアンケート から~ Ⅰ 調 査 目 的 Ⅱ 実 施 要 領 Ⅲ 調 査 結 果 1 被 介 護 者 数 2 被 介 護 者 の 要 介 護 度 3 介 護 保 険 サービスを 利 用 するに 当 たって 最 初

More information

マウントテーバー 中 学 校 修 学 旅 行 団 受 入 日 曜 行 程 宿 泊 先 4/21 火 関 空 着 4/22 水 グループ 学 習 4/23 木 グループ 学 習 4/24 金 市 長 表 敬 訪 問 ウェルカムパーティ 山 東 自 然 の 家 4/25 土 グループ 学 習 4/26

マウントテーバー 中 学 校 修 学 旅 行 団 受 入 日 曜 行 程 宿 泊 先 4/21 火 関 空 着 4/22 水 グループ 学 習 4/23 木 グループ 学 習 4/24 金 市 長 表 敬 訪 問 ウェルカムパーティ 山 東 自 然 の 家 4/25 土 グループ 学 習 4/26 朝 来 市 連 合 国 際 交 流 協 会 会 報 誌 The Asago city Union International Association 平 成 27 年 10 月 30 日 発 行 今 年 もア メ リ カ の 中 学 生 と 友 好 を 深 め ま し た 平 成 2 7 年 度 海 外 派 遣 受 入 事 業 朝 来 市 では 市 内 中 学 生 の 国 際 交 流 活 動 の 一

More information

Ⅰ 調査の概要

Ⅰ 調査の概要 資 料 6 伊 達 市 地 域 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 向 けた 職 員 意 識 調 査 報 告 書 ( 結 婚 出 産 子 育 て) ( 第 2 版 ) 平 成 2 7 年 5 月 総 合 政 策 課 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 の 目 的... 2 2. 調 査 の 実 施 方 法 等... 2 (1) 調 査 対 象 実 施 方 法... 2 (2) 回

More information

提 供 サービスの 充 実 を 主 とした 外 国 人 の 住 みやすく 訪 れやすい 環 境 づ くりの 推 進 の4つの 目 標 を 掲 げている 計 画 に 基 づき 本 市 の 国 際 化 を 進 め 現 在 においても 市 民 が 主 体 的 に 活 動 できる 環 境 の 支 援 充 実

提 供 サービスの 充 実 を 主 とした 外 国 人 の 住 みやすく 訪 れやすい 環 境 づ くりの 推 進 の4つの 目 標 を 掲 げている 計 画 に 基 づき 本 市 の 国 際 化 を 進 め 現 在 においても 市 民 が 主 体 的 に 活 動 できる 環 境 の 支 援 充 実 2 廿 日 市 市 の 国 際 化 の 現 状 と 課 題 (1) 現 状 ア 本 市 における 国 際 化 の 歴 史 廿 日 市 市 は 海 外 移 民 の 多 い 地 域 であり 明 治 の 半 ばからハワイ 北 米 南 米 などの 諸 国 へ 進 出 し それぞれの 国 において 地 域 社 会 の 発 展 に 貢 献 し てきた 近 年 の 国 際 化 の 進 展 に 伴 い 国 際 交

More information

2009年度調査国際結果の要約

2009年度調査国際結果の要約 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 Programme for International Student Assessment ~2009 年 調 査 国 際 結 果 の 要 約 ~ PISA 調 査 の 概 要 参 加 国 が 共 同 して 国 際 的 に 開 発 し 実 施 している 15 歳 児 を 対 象 とする 学 習 到 達 度 調 査 読 解 力 数 学 的 リテラシー

More information

< 図 1> (1) 事 前 調 査 用 地 調 査 は 土 地 登 記 簿 建 物 登 記 簿 戸 籍 簿 等 の 調 査 及 び 公 図 等 の 転 写 を 行 うことから 始 まる これらにより 土 地 等 の 権 利 者 を 探 す (2) 用 地 調 査 の 説 明 土 地 等 の 権 利

< 図 1> (1) 事 前 調 査 用 地 調 査 は 土 地 登 記 簿 建 物 登 記 簿 戸 籍 簿 等 の 調 査 及 び 公 図 等 の 転 写 を 行 うことから 始 まる これらにより 土 地 等 の 権 利 者 を 探 す (2) 用 地 調 査 の 説 明 土 地 等 の 権 利 別 紙 2 土 地 売 買 契 約 等 に 伴 う 留 意 事 項 の 文 書 確 認 について 前 茂 充 近 畿 地 方 整 備 局 用 地 部 用 地 対 策 課 ( 540-8586 大 阪 府 大 阪 市 中 央 区 大 手 前 1-5-44) 被 補 償 者 が 用 地 買 収 により 補 償 金 を 受 け 取 ることによって 所 得 税 や 住 民 税 が 増 えたり 各 種 年 金

More information

機能面に着目した保育所の環境・空間に係る研究事業

機能面に着目した保育所の環境・空間に係る研究事業 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 少 子 化 対 策 特 別 部 会 保 育 第 一 専 門 委 員 会 平 成 21 年 9 月 8 日 参 考 資 料 2 機 能 面 に 着 目 した 保 育 所 の 環 境 空 間 に 係 る 研 究 事 業 研 究 結 果 の 概 要 平 成 21 年 3 月 社 会 福 祉 法 人 全 国 社 会 福 祉 協 議 会 1. 調 査 研 究 事 業 の

More information

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度 資 料 1-1 年 金 に 関 する 資 料 平 成 23 年 5 月 23 日 厚 生 労 働 省 基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

More information

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 第 6 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 参 考 資 料 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 の 議 事 概 要 平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係

More information

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A その 他 法 律 2012 年 10 月 5 日 全 13 頁 いまさら 人 には 聞 けない 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )のQ&A 金 融 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では 航 空 法 放 送 法 など 個 別 業 法 による 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )に 関 す る 基 本 的 な 事 項 をQ&A

More information

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した 年 金 Q&A( 年 金 と 税 金 ) < 日 本 年 金 機 構 の HP より> Q. 申 告 書 を 提 出 した 場 合 の 源 泉 徴 収 税 額 は どのように 計 算 するのですか 日 本 年 金 機 構 よりお 支 払 いしている 厚 生 年 金 等 にかかる 所 得 税 および 復 興 特 別 所 得 税 につ きましては 申 告 書 を 提 出 された 場 合 以 下 の 計

More information

Microsoft Word - 01 表紙

Microsoft Word - 01 表紙 高 校 生 等 に 対 する 修 学 支 援 制 度 ガイドブック 平 成 27 年 12 月 兵 庫 県 教 育 委 員 会 事 務 局 高 校 教 育 課 目 次 ページ はじめに 1 兵 庫 県 の 各 部 局 が 所 管 する 事 業 一 覧 表 2 兵 庫 県 の 各 部 局 が 所 管 する 事 業 6 兵 庫 県 内 の 各 市 町 が 所 管 する 事 業 一 覧 表 25 兵 庫

More information

表紙.indd

表紙.indd コミュニティ 通 訳 の つなぐ 行 為 にみる 橋 渡 しとは 三 木 紅 虹 みなみ 市 民 活 動 多 文 化 共 生 ラウンジ コーディネーター NPO 法 人 MICかながわ 中 国 語 医 療 通 訳 はじめに 近 年 各 自 治 体 や 国 際 交 流 協 会 など 民 間 団 体 において コミュニティ 通 訳 が 無 視 できない 存 在 となりつつあるが その 人 材 の 育 成

More information

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分 Ⅳ 社 会 保 険 社 会 保 険 とは 国 民 に 発 生 する 社 会 的 危 険 を 保 険 方 式 により 対 処 することで 国 民 の 健 康 及 び 所 得 を 保 障 する 制 度 を 意 味 する( 社 会 保 障 基 本 法 第 3 条 第 2 項 ) 同 制 度 は 国 家 及 び 社 会 が 責 任 を 持 って 国 民 生 活 を 脅 かす 様 々な 生 活 上 の 危 険

More information

<4D F736F F D20945B90C58C8B89CA95F18D90>

<4D F736F F D20945B90C58C8B89CA95F18D90> 平 成 24 年 度 第 2 回 調 布 市 インターネット 市 政 モニターアンケート 調 査 結 果 調 査 名 市 税 の 納 付 や 広 報 の 方 法 について, 新 たな 制 度 を 検 討 するための 意 識 調 査 調 査 期 間 平 成 24 年 11 月 22 日 ( 木 )~12 月 2 日 ( 日 ) 登 録 モニター 数 66 人 回 答 モニター 数 31 人 ( 回 答

More information

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版)

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版) 広 島 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 35 回 ) 議 事 概 要 第 1 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 16 日 ( 月 ) 午 前 9 時 45 分 第 2 開 催 場 所 広 島 地 方 裁 判 所 第 一 会 議 室 第 3 出 席 者 [ 委 員 ] 江 種 則 貴, 大 久 保 隆 志, 後 藤 友 之, 小 西 洋, 佐 々 木 和 宏, 髙 尾 ひとみ, 平 岡

More information

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc

Microsoft Word - NPOて何?(pdf用).doc NPOって 何? 平 成 25 年 10 月 浜 松 市 市 民 部 市 民 協 働 地 域 政 策 課 目 次 Q 1 NPOって 何? 2 Q 2 非 営 利 とはどういうことですか? 2 Q 3 NGOとの 違 いは? 3 Q 4 NPOとボランティアとの 違 いは? 3 Q 5 NPOで 働 いて 給 料 をもらえますか? 4 Q 6 町 内 会 や 自 治 会 との 違 いは? 4 Q 7

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

苦情・相談

苦情・相談 苦 情 相 談 報 告 (かなおか 保 育 園 ) 平 成 25 年 度 時 期 申 出 人 苦 情 相 談 の 内 容 対 応 及 び 結 果 医 師 の 指 示 により 薬 を 不 十 分 な 説 明 で 不 快 にさせた 事 につ 預 けていたが 年 度 が 替 わ いて 主 任 が 謝 罪 する る 為 に 一 度 返 された 薬 の 乳 幼 児 期 は 成 長 が 著 しく 体 調 も 変

More information

はじめに 拓 殖 大 学 国 際 学 部 の 文 系 学 生 のグローバル 農 業 人 材 育 成 は 農 業 に 関 する 基 礎 専 門 科 目 の 学 習 と 八 王 子 キャンパスの 学 内 圃 場 や 拓 殖 大 学 北 海 道 短 期 大 学 敷 地 内 の 農 地 などを 活 用 した

はじめに 拓 殖 大 学 国 際 学 部 の 文 系 学 生 のグローバル 農 業 人 材 育 成 は 農 業 に 関 する 基 礎 専 門 科 目 の 学 習 と 八 王 子 キャンパスの 学 内 圃 場 や 拓 殖 大 学 北 海 道 短 期 大 学 敷 地 内 の 農 地 などを 活 用 した 拓 殖 大 学 国 際 学 部 大 学 教 育 学 生 支 援 推 進 事 業 大 学 教 育 推 進 プログラム テーマA 文 系 学 生 のグローバル 農 業 人 材 育 成 外 部 評 価 報 告 書 平 成 24 年 3 月 日 本 インフォメーション 株 式 会 社 はじめに 拓 殖 大 学 国 際 学 部 の 文 系 学 生 のグローバル 農 業 人 材 育 成 は 農 業 に 関 する

More information

質 問 1 法 人 による 実 績 のみで 融 資 を 受 けるには どれ 位 の 規 模 が 目 安 ですか? 法 人 による 実 績 のみで 融 資 を 受 けるには どれ 位 の 規 模 が 目 安 ですか? ここでいう 規 模 とは 取 得 物 件 数 や 物 件 評 価 額 CF や 借

質 問 1 法 人 による 実 績 のみで 融 資 を 受 けるには どれ 位 の 規 模 が 目 安 ですか? 法 人 による 実 績 のみで 融 資 を 受 けるには どれ 位 の 規 模 が 目 安 ですか? ここでいう 規 模 とは 取 得 物 件 数 や 物 件 評 価 額 CF や 借 ご 注 意 この 回 答 はライフデザイン 実 践 会 の 会 員 にのみ 提 供 しているものです お 取 扱 いには 十 分 注 意 して 頂 き 事 前 許 可 無 く 本 レポートの 一 部 または 全 部 をあらゆる データ 蓄 積 手 段 ( 印 刷 物 電 子 ファイルなど)により 複 製 流 用 をしないようにご 協 力 をお 願 いします また 回 答 に 記 載 した 内 容 は

More information

(Microsoft Word - \203A\203\201\201[\203o\214o\211c\227\235\211\360.doc)

(Microsoft Word - \203A\203\201\201[\203o\214o\211c\227\235\211\360.doc) 1. 経 営 管 理 フレームとしての 基 本 的 な 特 徴 アメーバ 経 営 は 経 営 管 理 の 仕 組 みの 側 面 から 見 ると 時 間 当 り という 利 益 効 率 指 標 を 中 核 に 置 いた 部 門 別 採 算 管 理 手 法 であると 言 える 以 下 にその 重 要 な 特 徴 について 述 べる 1 時 間 当 り という 指 標 時 間 当 り の 求 め 方 は

More information

付 録 1 東 京 外 国 語 大 学 学 生 の 学 習 環 境 学 習 時 間 を 調 査 するアンケート A. 最 初 に 下 記 の 項 目 にお 答 えください 学 年 をお 答 えください 1つだけ 1: 学 部 1 年 2: 学 部 2 年 3: 学 部 3 年 4: 学 部 4 年 5: 修 士 1 年 6: 修 士 2 年 7: 博 士 1 年 8: 博 士 2 年 9: 博 士

More information

職場でのがん経験者とのコミュニケーション調査報告

職場でのがん経験者とのコミュニケーション調査報告 ~ がんになっても 安 心 して 暮 らせる 社 会 の 実 現 に 向 けて ~ 職 場 でのがん 経 験 者 とのコミュニケーション 調 査 報 告 2013 年 4 月 16 日 アフラック(アメリカンファミリー 生 命 保 険 会 社 日 本 における 代 表 者 社 長 : 外 池 徹 )は 職 場 におけ るがん 経 験 者 と 上 司 同 僚 など 周 囲 とのコミュニケーションに 関

More information

2 相 手 が 日 本 語 で 話 さなかったら どうしますか 日 本 語 で 話 したいとき どのように 言 ったらいいか 考 えてもらいましょう 下 記 のような 表 現 が 考 えられ ます 表 現 例 控 えめに あの すみません 日 本 語 で 話 してもいいですか もっと 上 手 になり

2 相 手 が 日 本 語 で 話 さなかったら どうしますか 日 本 語 で 話 したいとき どのように 言 ったらいいか 考 えてもらいましょう 下 記 のような 表 現 が 考 えられ ます 表 現 例 控 えめに あの すみません 日 本 語 で 話 してもいいですか もっと 上 手 になり 1 日 本 語 で 自 己 紹 介 をする POINT 1 会 話 を 始 めるとき どうしますか POINT 1 のねらいは 自 ら 積 極 的 に 日 本 語 でインターアクションを 始 めるにはどうしたら いいか 考 えてもらい 実 際 の 場 面 で 使 う 方 法 を 学 習 することです 1 こんなとき どの 人 に どう 話 しかけますか 表 現 例 A : 男 の 人 が 食 べ 物

More information

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ 第 章 調 査 票 - - この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこの 調 査 票 に 直 接 記 入 してください 選 択 肢 で その 他

More information

日本の国際観光発展のために

日本の国際観光発展のために 日 本 の 国 際 観 光 発 展 のために 地 方 の 観 光 地 特 徴 別 の 最 適 公 共 民 間 投 資 先 704077 松 波 利 明 2008 年 月 論 文 概 要 本 稿 では 我 が 国 の 国 際 観 光 の 発 展 について 考 察 する そして 本 稿 では 地 方 の 特 徴 に 合 った 観 光 政 策 とは 何 かを 探 る 本 稿 の 特 徴 は 観 光 の 現

More information

「報・連・相」の方法

「報・連・相」の方法 1 All Rights Reserved Copyright 資 産 工 学 研 究 所 LIMITED 2012 2 All Rights Reserved Copyright 資 産 工 学 研 究 所 LIMITED 2012 報 連 相 の 方 法 はじめに 本 資 料 は ビジネスパーソンがあいまいに 使 用 している 報 連 相 の 定 義 と 方 法 を 詳 細 に 紹 介 す るものです

More information

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回)

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回) 平 成 6 年 度 日 本 留 学 試 験 ( 第 回 ) 実 施 結 果 の 概 要 目 次 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試 験 実 施 要 項 実 施 状 況 3 科 目 別 平 均 点 等 一 覧 7 得 点 分 布 図 8 得 点 累 積 分 布 図 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試

More information

誤 解 の 多 い 法 解 釈 Q 通 算 5 年 になる 前 や 雇 用 契 約 期 間 の 満 了 前 に 契 約 を 打 ち 切 っても 大 丈 夫 ですか? 労 働 契 約 法 では 契 約 期 間 中 の 契 約 解 除 について 使 用 者 は 期 間 の 定 めのある 労 働 契 約

誤 解 の 多 い 法 解 釈 Q 通 算 5 年 になる 前 や 雇 用 契 約 期 間 の 満 了 前 に 契 約 を 打 ち 切 っても 大 丈 夫 ですか? 労 働 契 約 法 では 契 約 期 間 中 の 契 約 解 除 について 使 用 者 は 期 間 の 定 めのある 労 働 契 約 I n stitu te of Re se a rc h for Sm a ll an d Me d iu m En te r pr i se 中 小 総 研 労 働 契 約 法 改 正 でアルバイトはいなくなるか(IRSME13005) 平 成 25 年 5 月 24 日 山 本 貢 郎 5 年 以 上 の 反 復 更 新 を 経 た 雇 止 めの 禁 止 有 期 契 約 労 働 者 を 雇 用

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 観 光 の 現 状 と 政 府 の 取 組 平 成 28 年 2 月 17 日 観 光 庁 長 官 田 村 明 比 古 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 万 人 2000 1900 1800 1700 1600 1973.7 万 人 (47.1% 増 ) 12 月 :177.3 万 人 (43.4% 増 ) 11 月 :164.8 万 人 (41.0% 増 ) 10 月 :182.9

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends 経 済 関 連 レポート 年 金 財 政 をやさしく 解 説 ( 中 編 ) 発 表 日 :2014 年 7 月 7 日 ( 月 ) ~ 所 得 代 替 率 を 基 準 に 使 った 年 金 削 減 ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 熊 野 英 生 ( :03-5221-5223) 財 政 検 証 をみて 戸 惑 うのは 所 得 代

More information

<5461726F31332D93568DE782CC8376838C8358838A838A815B83582E6A7464>

<5461726F31332D93568DE782CC8376838C8358838A838A815B83582E6A7464> 資 料 提 供 平 成 22 年 5 月 31 日 県 民 文 化 政 策 課 消 費 生 活 室 消 費 生 活 班 電 話 0188601517 美 の 国 あきたネットへの 掲 載 有 エステティックサービス 事 業 者 に 対 する 業 務 停 止 命 令 (6か 月 )について 秋 田 県 では 本 日 付 けで エステティックサービス 事 業 者 である 有 限 会 社 天 咲 に 対

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

いても, 一 定 の 地 域 に 長 く 住 み 続 ける 意 思 という 主 観 的 な 要 件 と 一 定 の 地 域 に 住 む という 客 観 的 な 要 件 が 必 要 で す また, 一 定 の 地 域 に 長 く 住 み 続 ける 意 思 と 言 う 主 観 的 な 要 件 を 認 定

いても, 一 定 の 地 域 に 長 く 住 み 続 ける 意 思 という 主 観 的 な 要 件 と 一 定 の 地 域 に 住 む という 客 観 的 な 要 件 が 必 要 で す また, 一 定 の 地 域 に 長 く 住 み 続 ける 意 思 と 言 う 主 観 的 な 要 件 を 認 定 国 際 税 務 研 究 会 国 際 税 務 2012 年 2 月 号 掲 載 台 湾 税 法 における 個 人 に 対 する 課 税 所 得 の 範 囲 と 納 税 方 法 ( 下 ) 税 理 士 法 人 プライスウォーターハウスクーパース パートナー 加 藤 雅 規 マネージャー 周 泰 維 堀 越 大 三 郎 3. 居 住 者 と 非 居 住 者 に 対 する 課 税 方 法 (1) 居 住 者

More information

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書 平 成 26 年 度 文 部 科 学 省 委 託 調 査 研 究 者 等 の 業 績 に 関 する 評 価 に 関 する 調 査 分 析 報 告 書 平 成 27 年 3 月 本 報 告 書 は 文 部 科 学 省 の 平 成 26 年 度 研 究 開 発 評 価 推 進 調 査 委 託 事 業 による 委 託 業 務 として 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 が 実 施 した 平 成 26

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B60979D82C697E78B568E4F9363985F8AAE90AC94C52E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B60979D82C697E78B568E4F9363985F8AAE90AC94C52E646F6378> 義 理 と 礼 儀 を 重 んじる 世 界 観 が 労 働 の 選 択 に 与 える 影 響 大 垣 昌 夫 研 究 会 石 田 恵 悟 岡 崇 文 杉 本 洋 樹 槙 野 麻 由 1 1. 概 要 本 稿 の 研 究 仮 説 は 義 理 と 礼 儀 を 重 んじる 世 界 観 は 労 働 と 余 暇 の 選 択 に 関 連 しており それにより 影 響 を 受 けている というものである 世 界

More information

3CCCC892D18C3E6149256F390018DC9

3CCCC892D18C3E6149256F390018DC9 主 文 1 本 件 訴 えのうち, 本 判 決 確 定 日 の 翌 日 以 降 の 賃 金 の 支 払 を 求 める 部 分 を 却 下 す る 2 原 告 が, 被 告 に 対 し, 労 働 契 約 上 の 権 利 を 有 することを 確 認 する 3 被 告 は, 原 告 に 対 し, 平 成 13 年 12 月 から 本 判 決 確 定 の 日 まで, 毎 月 10 日 限 り45 万 0760

More information

調査研究方法論

調査研究方法論 韓 国 大 衆 文 化 への 接 触 と 展 開 金 慈 恵 1. 分 析 のねらい 最 近 日 本 では 韓 国 の 大 衆 文 化 が 徐 々に 入 ってきている ユン ソナ という 韓 国 のタレント がバラエティ 番 組 に 出 演 したり Boa という 歌 手 が 日 本 で CD を 出 したりもした また 冬 のソナタ 等 の 韓 国 ドラマが 韓 流 と 呼 ばれてヒットし 出 演

More information

日 本 は 昔 から 地 震 の 多 い 国 で 有 名 です 最 近 では 気 象 庁 による 地 震 発 生 前 に 震 度 や 地 震 発 生 までの 時 間 をカウントダウンしてくれるシステム 緊 急 地 震 速 報 が ラ ジオやテレビの 放 送 で 始 まりました 平 成 18 年 度

日 本 は 昔 から 地 震 の 多 い 国 で 有 名 です 最 近 では 気 象 庁 による 地 震 発 生 前 に 震 度 や 地 震 発 生 までの 時 間 をカウントダウンしてくれるシステム 緊 急 地 震 速 報 が ラ ジオやテレビの 放 送 で 始 まりました 平 成 18 年 度 VOL.29 2007/12/1 今 月 号 の 掲 載 内 容 知 っていますか 地 震 保 険 料 控 除 1P~ 農 地 等 の 納 税 猶 予 の 特 例 5P~ 今 月 のトピック 年 末 調 整 7P~ お 客 様 からのお 言 葉 欄 納 税 スケジュール 9P 清 田 会 計 事 務 所 は 電 子 申 告 を 推 進 しています 当 事 務 所 ホームページも 是 非 ご 覧 下

More information

【共通部分】(修正後11/28②Y反映18:00)

【共通部分】(修正後11/28②Y反映18:00) 介 護 予 防 サービス 支 援 計 画 表 の 記 入 の 仕 方 1. 基 本 的 な 事 項 に 関 する 項 目 群 < NO. 欄 > 利 用 者 のを 記 載 する < 利 用 者 名 欄 > 利 用 者 の 氏 名 を 記 載 する < 認 定 年 月 日 欄 > 要 介 護 認 定 の 結 果 を 受 けた 日 を 記 載 する < 認 定 の 有 効 期 間 欄 > 認 定 の 有

More information

教 育 資 金 一 括 贈 与 の 贈 与 税 非 課 税 措 置 の 創 設 について 主 税 局 税 制 第 一 課 主 税 企 画 官 中 村 英 正 1. 制 度 導 入 の 背 景 経 緯 家 計 資 産 の6 割 を 60 歳 以 上 の 世 代 が 保 有 現 在 家 計 資 産 の

教 育 資 金 一 括 贈 与 の 贈 与 税 非 課 税 措 置 の 創 設 について 主 税 局 税 制 第 一 課 主 税 企 画 官 中 村 英 正 1. 制 度 導 入 の 背 景 経 緯 家 計 資 産 の6 割 を 60 歳 以 上 の 世 代 が 保 有 現 在 家 計 資 産 の 税 制 改 正 法 案 が 成 立 スタートした 教 育 資 金 贈 与 税 非 課 税 制 度 その 目 的 と 運 用 方 法 平 成 25 年 度 税 制 改 正 の 目 玉 政 策 の 一 つである 教 育 資 金 贈 与 の 非 課 税 制 度 が4 月 にスタートした 信 託 銀 行 などが 本 制 度 対 応 の 商 品 を 発 売 し 始 め 孫 の 教 育 費 を 援 助 したい

More information

休 憩 時 間 休 憩 時 間 は 勤 務 時 間 の 途 中 で 自 分 の 時 間 として 自 由 に 利 用 することが 法 律 で 保 障 されている 時 間 です 学 校 職 場 では1 日 45 分 です 勤 務 する 義 務 がないの で 給 与 の 対 象 外 です 仕 事 による 肉 体 的 精 神 的 な 疲 労 を 回 復 するために 労 働 基 準 法 で 決 められています

More information

司 法 試 験 予 備 試 験 制 度 に 関 する 緊 急 の 提 言 ( 要 旨 ) 法 科 大 学 院 を 中 核 とするプロセスとしての 法 曹 養 成 制 度 は 旧 司 法 試 験 という 点 による 選 抜 を 重 視 した 制 度 の 弊 害 を 克 服 するために 導 入 され 制

司 法 試 験 予 備 試 験 制 度 に 関 する 緊 急 の 提 言 ( 要 旨 ) 法 科 大 学 院 を 中 核 とするプロセスとしての 法 曹 養 成 制 度 は 旧 司 法 試 験 という 点 による 選 抜 を 重 視 した 制 度 の 弊 害 を 克 服 するために 導 入 され 制 法 曹 養 成 制 度 改 革 推 進 会 議 御 中 この 度 司 法 試 験 予 備 試 験 制 度 に 関 する 緊 急 の 提 言 をとりまとめましたので お 届 け 致 します ご 査 収 いただけますと 幸 いです なお この 提 言 は 法 務 大 臣 及 び 文 部 科 学 大 臣 にもお 届 け 致 します 2014 年 6 月 9 日 京 都 大 学 大 学 院 法 学 研 究

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323037303382D382B682DD96EC8E7388D38EAF92B28DB895F18D908F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323037303382D382B682DD96EC8E7388D38EAF92B28DB895F18D908F912E646F63> ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 画 ( 後 期 基 本 計 画 ) 市 民 意 識 調 査 報 告 書 平 成 24 年 3 月 ふじみ 野 市 役 所 総 合 政 策 部 改 革 推 進 室 計 画 評 価 係 調 査 目 次 12 調 査 の 目 概 的 要...1......1 3 集 計 調 方 査 法 結...1 果 の 概 要...............2 12 あなた( 市 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63> ( 第 6 回 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する 検 討 会 川 渕 委 員 配 布 資 料 ) 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 1 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 < 高 額 介 護 合 算 療 養 費 関 連 > ( 問 1) 高 額 介 護 合 算 療 養 費 は 医 療 保 険 に 係 る

More information

5. 個 ロッカー 下 箱 入 学 と 同 時 に 個 人 用 ロッカー 下 足 箱 を 各 1 個 貸 与 します その 使 用 管 理 は 学 生 本 人 に 責 任 を 持 ち 行 ってもら います 鍵 を 使 用 する 場 合 は 各 自 で 南 京 錠 ( 生 協 購 買 で 販 売 して

5. 個 ロッカー 下 箱 入 学 と 同 時 に 個 人 用 ロッカー 下 足 箱 を 各 1 個 貸 与 します その 使 用 管 理 は 学 生 本 人 に 責 任 を 持 ち 行 ってもら います 鍵 を 使 用 する 場 合 は 各 自 で 南 京 錠 ( 生 協 購 買 で 販 売 して 6 学 生 生 活 について 1. 原 付 転 通 学 原 付 自 転 車 による 通 学 は 学 生 課 に 所 定 の 用 紙 で 駐 輪 場 使 用 届 を 提 出 し 使 用 ステッカーの 交 付 を 受 け 原 付 自 転 車 のよくわかる 部 分 に 貼 付 してください 駐 輪 場 の 収 容 台 数 の 都 合 により 受 付 台 数 には 制 限 があります 使 用 上 の 確 認

More information

- 1 -

- 1 - 平 成 27 年 度 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 書 東 村 山 市 公 式 キャラクター ひがっしー 平 成 27 年 12 月 東 村 山 市 - 1 - 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 3 2 調 査 の 設 計... 3 3 回 収 結 果... 3 4 設 問 の 構 成... 3 5 調 査 結 果 に 関 する 留 意 事 項... 5 Ⅱ 基

More information

会議録

会議録 会 議 録 ( 要 旨 ) 会 議 名 平 成 25 年 度 第 4 回 武 蔵 村 山 市 行 政 評 価 委 員 会 開 催 日 時 平 成 26 年 2 月 4 日 ( 火 ) 午 前 9 時 57 分 から 午 前 11 時 47 分 まで 開 催 場 所 市 役 所 301 会 議 室 出 席 者 及 び 欠 席 者 出 席 者 : 坂 野 委 員 ( 委 員 長 ) 榎 本 委 員 (

More information

大 学 専 門 校 等 卒 業 後 の 在 留 資 格 の 切 り 替 えのルールと 手 続 き 資 料 1: 在 留 資 格 一 覧 表 資 料 2: 平 成 26 年 における 留 学 生 の 日 本 企 業 等 への 就 職 状 況 について 資 料 3: 技 術 人 文 知 識 国 際 業 務 の 在 留 資 格 の 明 確 化 等 について 資 料 4: 就 労 資 格 の 在 留 諸 申

More information

別添2(表紙・目次)

別添2(表紙・目次) 別 添 2 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 等 目 次 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 35 全 体 概 要 36 企 業 事 例 一 覧 38 賃 金 制 度 の 見 直 しに 当 たって 従 業 員 の 納 得 性 を 高 めるための 取 組 事 例 57 中

More information

目 次 制 度 (ページ) (Q1) 個 人 住 民 税 とは 何 ですか? 1 (Q2) 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 とは 何 ですか? 1 (Q3) 特 別 徴 収 はしなくてはいけないのですか? 1 (Q4) 特 別 徴 収 は 新 しい 制 度 なのですか?( 制 度 が 変 わ

目 次 制 度 (ページ) (Q1) 個 人 住 民 税 とは 何 ですか? 1 (Q2) 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 とは 何 ですか? 1 (Q3) 特 別 徴 収 はしなくてはいけないのですか? 1 (Q4) 特 別 徴 収 は 新 しい 制 度 なのですか?( 制 度 が 変 わ 個 人 住 民 税 ( 個 人 県 民 税 個 人 市 ( 町 ) 民 税 ) 特 別 徴 収 に 関 するQ&A 平 成 26 年 3 月 愛 媛 県 全 市 町 目 次 制 度 (ページ) (Q1) 個 人 住 民 税 とは 何 ですか? 1 (Q2) 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 とは 何 ですか? 1 (Q3) 特 別 徴 収 はしなくてはいけないのですか? 1 (Q4) 特 別

More information

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増 資 料 5 債 権 回 収 室 引 継 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 平 成 26 年 度 に 債 権 回 収 室 が 取 りまとめた 引 継 ぎ 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する 平 成 27 年 11 月 末 現 在 の は 次 のとおりです なお 課 題 については 今 後 も 引 き 続 き 債 権 所 管

More information

2010.8 A C P F N E W S No.49 (31) 平 成 21 年 9 月 1 日 アジア 刑 政 通 信 48 号 発 刊 平 成 21 年 9 月 30 日 本 部 支 部 運 営 会 議 敷 田 先 生 感 謝 の 集 い 平 成 21 年 12 月 カレンダー 作 成 配

2010.8 A C P F N E W S No.49 (31) 平 成 21 年 9 月 1 日 アジア 刑 政 通 信 48 号 発 刊 平 成 21 年 9 月 30 日 本 部 支 部 運 営 会 議 敷 田 先 生 感 謝 の 集 い 平 成 21 年 12 月 カレンダー 作 成 配 (30) A C P F N E W S No.49 2010.8 役 員 会 で 東 京 支 部 設 立 を 決 定 平 成 22 年 6 月 30 日 に 第 92 回 役 員 会 ( 理 事 会 )が 開 催 され 21 年 度 事 業 報 告 収 支 決 算 等 についての 承 認 及 びこ れらの 法 務 大 臣 報 告 等 並 びに 東 京 支 部 の 新 規 設 立 につい て 議 決

More information

労働市場から消えた25~44歳男性

労働市場から消えた25~44歳男性 経 済 社 会 構 造 分 析 レポート 経 済 構 造 分 析 レポート No.43 労 働 市 場 から 消 えた 25~44 歳 男 性 地 域 間 で 広 がる 格 差 抱 える 問 題 はそれぞれ 異 なる 2016 年 4 月 8 日 全 16 頁 経 済 調 査 部 研 究 員 山 口 茜 [ 要 約 ] 25~44 歳 女 性 就 業 率 は この 30 年 間 で 上 昇 傾 向

More information

労 務 管 理 情 報 退 職 時 に 求 められる 主 な 事 務 手 続 き 従 業 員 が 退 職 する 際 には 雇 用 保 険 や 社 会 保 険 をはじめとして 様 々な 手 続 きが 必 要 となります そこで 以 下 では 退 職 時 に 発 行 すべき 書 類 と 退 職 時 の

労 務 管 理 情 報 退 職 時 に 求 められる 主 な 事 務 手 続 き 従 業 員 が 退 職 する 際 には 雇 用 保 険 や 社 会 保 険 をはじめとして 様 々な 手 続 きが 必 要 となります そこで 以 下 では 退 職 時 に 発 行 すべき 書 類 と 退 職 時 の 22011 最 近 年 金 に 関 するトピックスが 相 次 いでいます 現 役 世 代 の1.8 人 が 受 給 世 代 を 支 えてい るので 限 界 に 近 い 受 給 開 始 年 齢 を 現 在 の65 歳 から 引 き 上 げる 必 要 がある 等 ですが 言 え ることは 年 金 だけで 幸 せな 老 後 生 活 を 送 るのは 無 理 になった ということです 自 己 責 任 と いう

More information

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に 第 192 回 産 業 セミナー 社 会 保 障 の 公 的 負 担 現 状 と 課 題 前 川 聡 子 財 政 社 会 保 障 制 度 研 究 班 研 究 員 経 済 学 部 教 授 はじめに 野 田 政 権 発 足 後 社 会 保 障 財 源 の 確 保 を 目 的 とした 消 費 税 増 税 を 実 現 する 方 向 で 議 論 が 着 々 と 進 められている 既 に 消 費 税 ( 国 税

More information

Taro-外国人研修生意見書(弁連)

Taro-外国人研修生意見書(弁連) 外 国 人 研 修 技 能 実 習 制 度 の 法 改 正 に 対 する 意 見 書 2009 年 2 月 9 日 内 閣 総 理 大 臣 麻 生 太 郎 殿 法 務 大 臣 森 英 介 殿 外 務 大 臣 中 曽 根 弘 文 殿 厚 生 労 働 大 臣 舛 添 要 一 殿 経 済 産 業 大 臣 二 階 俊 博 殿 国 土 交 通 大 臣 金 子 一 義 殿 外 国 人 研 修 生 問 題 弁 護

More information

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 )

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 ) 人 第 189 回 国 会 質 問 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 議 員 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 す る 質 問 主 意 書 (215 年 8 月 1 日 ) 答 弁 書 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 君 提 出 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 する 質 問 に 対 する 答 弁 書 (215 年

More information

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し 上 毛 かるたのこれから 更 なる 発 展 に 向 けて 田 島 広 大 1.はじめに 私 が 住 む 群 馬 県 には 全 国 に 誇 ることのできる 上 毛 かるた がある 上 毛 かるたは 多 くの 県 民 に 認 知 され 親 しまれている 私 自 身 も 群 馬 で 生 まれ 育 ち 地 域 の 子 ども 会 を 通 じて 上 毛 かるたで 遊 んできた 上 毛 かるたを 通 じて 群 馬

More information

Microsoft Word - 2012年度地震・防災訓練総括.doc

Microsoft Word - 2012年度地震・防災訓練総括.doc 2012 年 度 愛 知 大 学 全 学 地 震 防 災 訓 練 総 括 1. 目 的 と 概 要 2012 年 度 の 地 震 防 災 訓 練 は 東 日 本 大 震 災 を 教 訓 とし 名 古 屋 校 舎 は 授 業 中 の 大 規 模 地 震 及 び それに 伴 う 津 波 発 生 を 想 定 した また 車 道 校 舎 及 び 豊 橋 校 舎 は 授 業 中 の 大 規 模 地 震 及 びそれ

More information

新たな在留管理制度・外国人住民基本台帳制度に関する各市区町村に対するアンケート結果をふまえての意見書

新たな在留管理制度・外国人住民基本台帳制度に関する各市区町村に対するアンケート結果をふまえての意見書 2012 年 6 月 7 日 新 たな 在 留 管 理 制 度 外 国 人 住 民 基 本 台 帳 制 度 に 関 する 各 市 区 町 村 に 対 する アンケート 結 果 をふまえての 意 見 書 東 京 弁 護 士 会 会 長 斎 藤 義 房 当 会 は 本 年 7 月 9 日 に 予 定 されている 新 たな 在 留 管 理 制 度 ( 以 下 新 在 管 制 度 という) 及 び 外 国

More information