凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3"

Transcription

1 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関

2 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む ) 熊 本 ( 平 成 13 年 4 月 開 港 ) 水 俣 三 角 熊 本 空 港 鹿 児 島 ( 喜 入 ( 平 成 20 年 7 月 以 降 )を 含 む ) 川 内 枕 崎 ( 平 成 11 年 7 月 開 港 ) 喜 入 ( 平 成 20 年 6 月 まで) 鹿 児 島 空 港 及 び 志 布 志 の 各 税 関 官 署 における 管 轄 地 域 の 貿 易 額 をそれぞれ 掲 載 した 2. 統 計 資 料 本 表 は 平 成 22 年 (2010 年 ) 暦 年 中 に 税 関 に 提 出 された 輸 出 ( 入 ) 申 告 書 積 戻 し 申 告 書 蔵 ( 移 ) 入 承 認 申 請 書 等 通 関 上 の 諸 申 告 書 類 及 び 船 舶 ( 航 空 機 ) 入 港 届 船 ( 機 ) 用 品 積 込 承 認 申 告 書 等 を 資 料 とした 3. 統 計 計 上 範 囲 (1) 本 表 に 記 載 されている 貿 易 統 計 には 次 のものは 含 まれない 少 額 貨 物 (20 万 円 以 下 の 貨 物 ) 見 本 品 寄 贈 品 旅 客 用 品 興 行 用 品 軍 関 係 貨 物 見 本 市 等 への 出 品 物 密 輸 品 運 送 のため 反 復 使 用 されるコンテナー 類 等 (2) 本 表 の 通 過 貿 易 表 船 ( 機 ) 用 品 積 込 表 には 20 万 円 以 下 の 貨 物 は 含 まれない (3) 本 表 の 船 舶 及 び 航 空 機 入 港 表 は 外 国 貿 易 船 ( 機 )の 総 入 港 隻 ( 機 ) 数 を 計 上 した 4. 統 計 計 上 の 時 期 (1) 輸 出 は 貨 物 を 積 載 した 船 舶 ( 航 空 機 )の 出 港 の 日 (2) 輸 入 は 輸 入 許 可 の 日 ただし 保 税 蔵 置 場 に 蔵 入 れ 保 税 工 場 に 移 入 れ 又 は 総 合 保 税 地 域 に 総 保 入 れされたもの 及 び 輸 入 許 可 前 に 国 内 への 引 取 りを 承 認 されたものは それぞれの 承 認 の 日 (3) 通 過 貿 易 及 び 船 ( 機 ) 用 品 は 当 該 貨 物 を 積 み 込 んだ 日 (4) 船 舶 及 び 航 空 機 は 当 該 船 舶 及 び 航 空 機 の 入 港 の 日 5. 商 品 分 類 本 表 に 記 載 されている 商 品 分 類 は 国 際 統 一 商 品 分 類 (HS)に 準 拠 する 輸 出 入 統 計 品 目 表 を 基 準 とする 品 目 分 類 基 準 表 ( 巻 末 付 表 )による 6. 数 量 数 量 単 位 は 輸 出 入 統 計 品 目 表 に 記 載 されている 単 位 を 基 本 とするが 桁 数 の 大 きいも のについては 上 位 のものを 用 い 単 位 未 満 は 四 捨 五 入 した 7. 価 額 原 則 として 輸 出 は 本 船 渡 価 額 (FOB) 輸 入 は 到 着 価 額 (CIF)により 千 円 単 位 と し 単 位 未 満 は 切 り 捨 てた

3 8. 国 別 原 則 として 輸 出 は 仕 向 国 輸 入 は 原 産 国 とし その 国 名 及 び 包 含 地 域 は 財 務 省 編 さ んの 統 計 国 名 符 号 表 による 備 考 1. 数 量 又 は 価 額 欄 中 (1) - は 実 績 皆 無 のもの (2) 0 は 計 上 単 位 に 満 たないもの (3) 空 欄 は 数 量 単 位 を 設 けていないもの 単 位 が 異 なるため 集 計 できないもの 又 は 平 成 21 年 には 存 在 しなかった 概 況 品 コード 2. 第 1 表 年 別 月 別 総 額 表 前 年 比 欄 中 倍 は 前 年 比 200% 以 上 10000% 未 満 殆 全 増 は 前 年 比 10000% 以 上 の 場 合 3. 数 量 単 位 略 語 巻 末 付 表 数 量 単 位 略 語 表 を 参 照 願 います 本 表 についてのお 問 い 合 わせは 下 記 に 願 います 長 崎 税 関 調 査 部 調 査 統 計 課 長 崎 市 出 島 町 1 番 36 号 電 話 長 崎 税 関 ホームページ 税 関 ホームページ 上 の 貿 易 統 計 から 全 国 及 び 全 国 各 港 別 の 輸 出 入 通 関 実 績 が 閲 覧 でき ますのでご 利 用 ください (ホームページアドレス ) 本 表 を 他 に 転 載 するときは 必 ず 長 崎 税 関 の 資 料 による 旨 注 記 願 います

4 目 次 管 内 貿 易 概 況 1 輸 出 入 貿 易 額 ベ ス ト 第 1 表 年 別 月 別 総 額 表 14 第 2 表 輸 出 入 国 別 表 25 第 3 表 輸 出 品 別 表 39 第 4 表 輸 入 品 別 表 53 第 5 表 輸 出 品 別 国 別 表 66 第 6 表 輸 入 品 別 国 別 表 74 第 7 表 輸 出 国 別 品 別 表 80 第 8 表 輸 入 国 別 品 別 表 85 第 9 表 通 過 貿 易 表 89 第 10 表 船 ( 機 ) 用 品 積 込 表 91 第 11 表 船 舶 及 び 航 空 機 入 港 表 96 付 表 品 目 分 類 基 準 表 100 数 量 単 位 略 語 表 125

5 平 成 22 年 管 内 貿 易 概 況 1. 管 内 貿 易 動 向 (1) 概 況 平 成 22 年 分 の 長 崎 税 関 管 内 の 貿 易 額 は 次 のとおりである 貿 易 額 伸 び 率 (%) 増 減 額 ( 百 万 円 ) 1 輸 出 5,901 億 30 百 万 円 億 03 百 万 円 2 輸 入 1 兆 6657 億 53 百 万 円 億 39 万 円 3 輸 出 入 合 計 2 兆 2558 億 83 百 万 円 億 42 百 万 円 4 差 引 1 兆 0756 億 22 百 万 円 の 輸 入 超 過 1 輸 出 額 電 気 機 器 が 減 少 したものの 主 力 の 船 舶 類 一 般 機 械 などが 増 加 したことにより 総 額 で5,901 億 30 百 万 円 ( 対 前 年 比 110.9%)で2 年 ぶりのプラスとなり 過 去 最 高 値 を 記 録 した なお 輸 出 総 額 の 全 国 比 は 前 年 の1.0%から0.1ポイント 減 少 し0.9%となった ( 平 成 17~21 年 の 5 年 間 の 輸 出 総 額 の 年 平 均 : 5,197 億 32 百 万 円 ) 2 輸 入 額 穀 物 及 び 同 調 製 品 が 減 少 したものの 主 力 の 鉱 物 性 燃 料 飼 料 化 学 製 品 生 ゴムなど が 増 加 したことにより 総 額 で1 兆 6657 億 53 百 万 円 ( 対 前 年 比 113.5%)と2 年 ぶり のプラスとなった なお 輸 入 総 額 の 全 国 比 は 前 年 の2.9%から0.2ポイント 減 少 し2.7%となった ( 平 成 17~21 年 の 5 年 間 の 年 平 均 : 1 兆 9817 億 51 百 万 円 ) 3 輸 出 入 合 計 前 年 の2 兆 42 百 万 円 から12.8% 増 の2 兆 2558 億 83 百 万 円 となり 2 年 ぶりの プラスとなった ( 平 成 17~21 年 の 5 年 間 の 年 平 均 : 2 兆 5014 億 83 百 万 円 ) 4 輸 出 入 差 引 原 油 等 鉱 物 性 燃 料 の 輸 入 額 のウェートが 大 きいことから 昭 和 47 年 以 降 毎 年 輸 入 超 過 で 推 移 している ( 平 成 17~21 年 の 5 年 間 の 年 平 均 : 1 兆 4620 億 18 百 万 円 の 輸 入 超 過 ) 億 円 40,000 長 崎 税 関 管 内 の 輸 出 入 貿 易 額 の 推 移 輸 出 輸 出 入 合 計 輸 入 輸 出 入 差 引 30,000 20,000 10, ,000 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22-20,000-30,000 1

6 (2) 主 要 品 目 別 動 向 輸 出 平 成 22 年 単 位 : 百 万 円 % 前 年 順 位 品 目 単 位 数 量 前 年 比 金 額 前 年 比 構 成 比 金 額 1 船 舶 類 NO , ,549 2 一 般 機 械 85, ,504 3 化 学 製 品 25, ,941 4 電 気 機 器 15, ,929 5 ゴム 製 品 MT 25, , ,113 6 鉄 鋼 のくず MT 159, , ,205 7 金 属 製 品 5, ,323 8 鉄 鋼 MT 63, , ,878 9 魚 介 類 及 び 同 調 製 品 MT 13, , , パルプ 及 び 古 紙 MT 37, 倍 1, 倍 船 舶 類 4,219 億 01 百 万 円 (+15.7%( 伸 び 率 以 下 同 じ) 573 億 51 百 万 円 増 ) マレーシア(0 百 万 円 殆 全 減 前 年 414 億 50 百 万 円 ) バハマ(146 億 45 百 万 円 73.7%) 向 けが 減 少 したものの パナマ(1,918 億 64 百 万 円 +38.6%) シンガポール(838 億 56 百 万 円 2.1 倍 ) 香 港 (585 億 05 百 万 円 +49.3%) 向 けが 増 加 したことにより 3 年 連 続 のプラスとなり 過 去 最 高 値 を 更 新 した タンカー:22 隻 1,618 億 40 百 万 円 ( 18.7%) 貨 物 船 :56 隻 2,565 億 56 百 万 円 (+57.5%) 2 一 般 機 械 853 億 87 百 万 円 (+21.1% 148 億 82 百 万 円 増 ) 主 要 品 目 の 原 動 機 は サウジアラビア(13 億 46 百 万 円 82.4%) エジプト(24 億 95 百 万 円 60.5%) 向 けが 減 少 したものの インドネシア(293 億 30 百 万 円 5.1 倍 ) 中 国 (71 億 51 百 万 円 +56.3%) インド(49 億 88 百 万 円 21.1 倍 ) 向 けが 増 加 した 更 に 加 熱 用 冷 却 用 機 器 建 設 用 鉱 山 用 機 械 ともに 増 加 したことにより 一 般 機 械 全 体 では3 年 ぶりのプラスとなった 原 動 機 :557 億 43 百 万 円 (+16.2%) 加 熱 用 冷 却 用 機 器 :142 億 34 百 万 円 (+96.6%) 建 設 用 鉱 山 用 機 械 : 42 億 05 百 万 円 (3.1 倍 ) 3 化 学 製 品 252 億 49 百 万 円 (+58.4% 93 億 08 百 万 円 増 ) 主 要 品 目 の 有 機 化 合 物 (68 億 52 百 万 円 +45.5%)は 台 湾 (90 百 万 円 77.4%) 向 けが 減 少 したものの 中 国 (18 億 90 百 万 円 2.8 倍 ) フランス(14 億 04 百 万 円 +26.5%) 向 けが 増 加 した また 無 機 化 合 物 (17 億 03 百 万 円 +28.3%)も スウェーデン(81 百 万 円 38.6%) 向 けが 減 少 したものの アメリカ(3 億 97 百 万 円 +6.0%) 韓 国 (3 億 67 百 万 円 %) 向 けが 増 加 したことにより 化 学 製 品 全 体 では2 年 ぶりのプラスとなった 2

7 4 電 気 機 器 157 億 87 百 万 円 ( 62.3% 261 億 42 百 万 円 減 ) 主 要 品 目 の 重 電 機 器 (38 億 58 百 万 円 86.3%)は 大 韓 民 国 (14 億 16 百 万 円 + 3.2%) 中 国 (1 億 62 百 万 円 3.8 倍 増 ) 向 けが 増 加 したものの アメリカ(22 億 53 百 万 円 91.5%) ベトナム(7 百 万 円 53.1%) 向 けが 減 少 した また 半 導 体 等 電 子 部 品 (55 億 40 百 万 円 12.4%%)も ドイツ(16 億 72 百 万 円 +31.9%) 台 湾 (13 億 56 百 万 円 +19.1%) 向 けが 増 加 したものの 香 港 (- 百 万 円 全 減 前 年 23 億 84 百 万 ) マレーシア(3 億 30 百 万 円 19.6%) 向 けが 減 少 したことによ り 電 気 機 器 全 体 では4 年 連 続 のマイナスとなった 5 ゴム 製 品 85 億 99 百 万 円 (+40.7% 24 億 87 百 万 円 増 ) 主 要 品 目 のタイヤ 及 びチューブ(79 億 95 百 万 円 +38.1%)はロシア(1 億 94 百 万 円 44.2%) 向 けが 減 少 したものの アメリカ(71 億 21 百 万 円 +43.9%) オーストラ リア(6 億 39 百 万 円 +39.2%) 向 けが 増 加 したことにより ゴム 製 品 全 体 では2 年 連 続 のプラスとなった 6 鉄 鋼 のくず 64 億 89 百 万 円 ( 29.5% 27 億 16 百 万 円 減 ) 台 湾 (1 億 16 百 万 円 +7.5%) 向 けが 増 加 したものの 韓 国 (32 億 12 百 万 円 5.4%) 中 国 (31 億 61 百 万 円 44.4%) 向 けが 減 少 したことにより 2 年 ぶりのマイナスと なった 7 金 属 製 品 58 億 40 百 万 円 (+35.1% 15 億 17 百 万 円 増 ) アメリカ(20 億 50 百 万 円 6.5%) 韓 国 (2 億 83 百 万 円 65.6%) 向 けが 減 少 したものの 中 国 (10 億 45 百 万 円 14.1 倍 ) サウジアラビア(7 億 11 百 万 円 +74.7%) 向 けが 増 加 したことにより 2 年 ぶりのプラスとなった 8 鉄 鋼 46 億 01 百 万 円 (+18.6% 7 億 23 百 万 円 増 ) 韓 国 (17 億 02 百 万 円 26.0%) 中 国 (1 億 73 百 万 円 75.1%) 向 けが 減 少 し たものの 台 湾 (14 億 55 百 万 円 殆 全 増 ) インドネシア(10 億 63 百 万 円 +56.6%) 向 けが 増 加 したことにより 3 年 ぶりのプラスとなった 9 魚 介 類 及 び 同 調 製 品 21 億 24 百 万 円 (+4.8% 96 百 万 円 増 ) 韓 国 (5 億 78 百 万 円 24.6%) ペルー(3 億 34 百 万 円 18.8%) 向 けが 減 少 し たものの アメリカ(3 億 12 百 万 円 5.8 倍 ) パプアニューギニア(1 億 92 百 万 円 全 増 ) 中 国 (1 億 78 百 万 円 +17.6%) 向 けが 増 加 したことにより 2 年 ぶりのプラ スとなった 10 パルプ 及 び 古 紙 12 億 31 百 万 円 (4.7 倍 9 億 70 百 万 円 増 ) 韓 国 (6 億 21 百 万 円 全 増 ) 中 国 (4 億 09 百 万 円 +73.6%) 向 けなど 軒 並 み 増 加 したことにより 2 年 連 続 のプラスとなった 億 円 4,500 4,000 3,500 3,000 2,500 2,000 1,500 1, 長 崎 税 関 管 内 主 要 輸 出 品 目 の 推 移 船 舶 類 一 般 機 械 電 気 機 器 H18 H19 H20 H21 H22 3

8 輸 入 単 位 : 百 万 円 % 平 成 22 年 前 年 順 位 品 目 単 位 数 量 前 年 比 金 額 前 年 比 構 成 比 金 額 鉱 物 性 燃 料 1,382, ,211,428 1 原 粗 油 千 KL 27, ,193, ,046,988 石 炭 千 MT 15, , ,173 天 然 製 造 ガス 千 MT , ,778 2 穀 物 及 び 同 調 製 品 千 MT 4, , ,323 3 飼 料 千 MT 1, , ,521 4 化 学 製 品 22, ,428 5 生 ゴム MT 70, , 倍 1.1 8,299 6 魚 介 類 及 び 同 調 製 品 MT 93, , ,173 7 金 属 製 品 12, ,496 8 一 般 機 械 12, ,405 9 パルプウッド 等 千 MT , , 非 鉄 金 属 MT 44, , ,094 1 鉱 物 性 燃 料 1 兆 3820 億 68 百 万 円 (+14.1% 1706 億 40 百 万 円 増 ) 主 力 の 原 粗 油 は 数 量 が 減 少 したものの 原 油 価 格 の 上 昇 により 円 高 傾 向 の 中 にお いても2 桁 台 の 増 加 となり これに 追 随 するかのように 天 然 製 造 ガスも 増 加 した また 石 炭 も 数 量 金 額 ともに 増 加 したことにより 鉱 物 性 燃 料 全 体 では2 年 ぶり のプラスとなった 原 粗 油 27,416 千 キロリットル( 6.8%) 1 兆 1933 億 16 百 万 円 (+14.0%) 国 名 数 量 ( 千 KL) 前 年 比 金 額 ( 百 万 円 ) 前 年 比 構 成 比 サウジアラビア 7, % 328, % 27.5% アラブ 首 長 国 連 邦 3, % 152, % 12.8% クウェート 3, % 131, % 11.1% イラク 2, % 122, % 10.2% カタール 2, % 98, % 8.3% オマーン 2, % 91, % 7.7% イラン 1, % 81, % 6.8% スーダン 1, % 80, % 6.7% ロシア 1, % 50, % 4.3% インドネシア 1, % 45, % 3.9% その 他 215 9, % 計 27, % 1,193, % 100.0% 4

9 原 油 粗 油 仕 出 国 別 構 成 比 8% 7% 8% 7% 7% 8% 8% 6% 4% 4% 1% 10% 4% 4%1% 27% 外 円 : 金 額 内 円 : 数 量 11% 11% 11% 27% 13% 13% サウジアラビア アラブ 首 長 国 連 邦 クウェート イラク カタール オマーン イラン スーダン ロシア インドネシア その 他 石 炭 15,113 千 トン(+15.6%) 1,313 億 41 百 万 円 (+15.0%) 国 名 数 量 ( 千 MT) 前 年 比 金 額 ( 百 万 円 ) 前 年 比 構 成 比 オーストラリア 7, % 69, % 52.9% インドネシア 5, % 40, % 30.5% カナダ 1, % 12, % 9.2% ロシア % 6, % 4.7% 南 アフリカ 倍 1,822 4 倍 1.4% 中 国 % 1, % 1.3% ベトナム 4 全 増 64 全 増 0.0% 計 15, % 131, % 100.0% 石 炭 仕 出 国 別 構 成 比 5% 1%1%0% 9% 5% 1%1%0% オーストラリア 9% インドネシア 31% 35% 外 円 : 金 額 内 円 : 数 量 49% 53% カナダ ロシア 南 アフリカ 中 国 ベトナム 5

10 2 穀 物 及 び 同 調 製 品 871 億 28 百 万 円 ( 1.4% 11 億 96 百 万 円 減 ) 主 要 品 目 のうち 飼 料 用 とうもろこしは アルゼンチン(40 億 64 百 万 円 7.9 倍 ) ブ ラジル(39 億 97 百 万 円 47.8 倍 ) 仕 出 しが 増 加 したものの アメリカ(482 億 55 百 万 円 14.5%) 仕 出 しが 減 少 した また 飼 料 用 こうりゃんも アメリカ(55 億 62 百 万 円 3.7 倍 ) アルゼンチン(37 億 47 百 万 円 3.0 倍 ) 仕 出 しが 増 加 したものの オーストラリア(9 億 27 百 万 円 89.0%) 仕 出 しが 減 少 した 一 方 大 麦 及 びはだか 麦 はカナダ(3 億 43 百 万 円 42.8%)が 減 少 したものの オ ーストラリア(72 億 59 百 万 円 +19.1%) 仕 出 しが 増 加 した これらの 主 要 3 品 目 により 穀 物 及 び 同 調 製 品 全 体 では2 年 連 続 のマイナスとなった とうもろこし( 飼 料 用 ):2,793 千 トン( 0.9%) 578 億 99 百 万 円 ( 1.2%) こ う りゃん( 飼 料 用 ): 512 千 トン( 13.6%) 102 億 37 百 万 円 ( 8.4%) 大 麦 及 び はだか 麦 : 393 千 トン(+3.0%) 80 億 28 百 万 円 (+6.0%) 3 飼 料 471 億 87 百 万 円 (+3.7% 16 億 66 百 万 円 増 ) 主 要 品 目 のうち 植 物 性 油 かすは インド(114 億 86 百 万 円 +9.4%) 仕 出 しが 増 加 したものの 中 国 (122 億 52 百 万 円 1.5%) アメリカ(22 億 83 百 万 円 25.4%) 仕 出 しが 減 少 した 一 方 魚 粉 及 びミールはチリ(24 億 65 百 万 円 +23.3%) ペルー(26 億 72 百 万 円 +78.9%) インド(9 億 36 百 万 円 5.9 倍 ) 仕 出 しなどが 軒 並 み 増 加 したことに より 飼 料 全 体 では2 年 ぶりのプラスとなった 植 物 性 油 かす: 779 千 トン( 0.3%) 288 億 75 百 万 円 ( 4.1%) 魚 粉 及 びミール: 64 千 トン(+14.1%) 85 億 36 百 万 円 (+69.1%) 4 化 学 製 品 222 億 96 百 万 円 (+14.8% 28 億 68 百 万 円 ) 主 要 品 目 の 有 機 化 合 物 (97 億 75 百 万 円 +7.5%)は パキスタン(4 億 69 百 万 円 44.2%) タイ(1 億 78 百 万 円 49.9%) 仕 出 しが 減 少 したものの ブラジル(64 億 83 百 万 円 +14.6%) ベルギー(9 億 14 百 万 円 +6.4%) 仕 出 しが 増 加 した また 無 機 化 合 物 (40 億 42 百 万 円 +65.1%)も 中 国 (11 億 57 百 万 円 2.2 倍 ) タイ(10 億 58 百 万 円 +89.7%) 韓 国 (10 億 31 百 万 円 +31.8%) 仕 出 しなどが 軒 並 み 増 加 したことにより 化 学 製 品 全 体 では2 年 ぶりのプラスとなった 5 生 ゴム 180 億 82 百 万 円 (2.2 倍 97 億 83 百 万 円 増 ) インドネシア(139 億 91 百 万 円 2.1 倍 ) 大 韓 民 国 (15 億 91 百 万 円 2.6 倍 ) 仕 出 しなどが 軒 並 み 増 加 したことにより 2 年 ぶりのプラスとなった 6 魚 介 類 及 び 同 調 製 品 150 億 43 百 万 円 (+14.2% 18 億 70 百 万 円 増 ) マーシャル(7 億 28 百 万 円 54.7%) 仕 出 しが 減 少 したものの 中 国 (71 億 74 百 万 円 +26.5%) インドネシア(27 億 06 百 万 円 +15.8%) 仕 出 しが 増 加 したこ とにより 2 年 ぶりのプラスとなった 7 金 属 製 品 129 億 10 百 万 円 (+12.3% 14 億 14 百 万 円 増 ) 中 国 (40 億 02 百 万 円 24.7%) 仕 出 しが 減 少 したものの 大 韓 民 国 (82 億 65 百 万 円 +45.1%) 仕 出 しが 増 加 したことにより 3 年 ぶりのプラスとなった 8 一 般 機 械 121 億 25 百 万 円 (+28.9% 27 億 21 百 万 円 増 ) 韓 国 (39 億 11 百 万 円 18.4%) 中 国 (6 億 01 百 万 円 81.4%) 仕 出 しが 減 少 し たものの ドイツ(62 億 41 百 万 円 34.7 倍 ) 仕 出 しが 増 加 したことにより 3 年 ぶり のプラスとなった 6

11 9 パルプウッド 等 118 億 51 百 万 円 (+13.0% 13 億 63 百 万 円 増 ) ブラジル(- 百 万 円 全 減 前 年 11 億 22 百 万 円 ) 仕 出 しが 全 減 となったものの オースト ラリア(55 億 15 百 万 円 +29.0%) 南 アフリカ(38 億 12 百 万 円 +24.7%) 仕 出 し が 増 加 したことにより 2 年 ぶりのプラスとなった 10 非 鉄 金 属 88 億 43 百 万 円 (+73.6% 37 億 49 百 万 円 増 ) 主 要 品 目 のアルミニウム 及 び 同 合 金 (87 億 75 百 万 円 +72.7%)は インドネシア (69 億 77 百 万 円 +83.4%) オーストラリア(7 億 52 百 万 円 2.3 倍 ) 南 アフリカ (6 億 43 百 万 円 +44.8%) 仕 出 しなどが 軒 並 み 増 加 したことにより 3 年 ぶりのプ ラスとなった (3) 主 要 地 域 ( 国 ) 別 動 向 輸 出 単 位 : 百 万 円 % 順 位 地 域 金 額 前 年 比 前 年 構 成 比 主 要 輸 出 品 1 アジア 259, , 船 舶 類 一 般 機 械 化 学 製 品 2 中 南 米 218, , 船 舶 類 一 般 機 械 3 アフリカ 54, , 船 舶 類 一 般 機 械 4 北 米 20, , 一 般 機 械 電 気 機 器 5 大 洋 州 17, 倍 8, 船 舶 類 電 気 機 器 6 西 欧 13, , 一 般 機 械 電 気 機 器 1 アジア 2,593 億 07 百 万 円 (+30.4% 604 億 18 百 万 円 増 ) 主 力 の 船 舶 類 ではマレーシア(0 百 万 円 殆 全 減 前 年 414 億 51 百 万 円 ) 向 けが 減 少 し たものの シンガポール(838 億 56 百 万 円 2.1 倍 ) 香 港 (585 億 05 百 万 円 +49.3%) 向 けが 増 加 したことにより+18.3%と2 桁 台 の 増 加 となった また 一 般 機 械 も 韓 国 (87 億 55 百 万 円 2.4%) 向 けが 減 少 したものの イン ドネシア(305 億 49 百 万 円 5.0 倍 ) 中 国 (102 億 40 百 万 円 +24.0%) 向 けが 増 加 したことにより+93.8%と 大 幅 増 となった そのほか 電 気 機 器 が 20.7% 減 少 し 化 学 製 品 が+85.5% 増 加 したことにより アジア 地 域 における 総 額 では2 年 連 続 のプラスとなった 2 中 南 米 2,183 億 27 百 万 円 (+8.6% 173 億 59 百 万 円 増 ) 主 力 の 船 舶 類 では バハマ(146 億 45 百 万 円 73.7%) 向 けが 減 少 したものの パナマ(1,918 億 64 百 万 円 +38.6%) 向 けが 増 加 したことにより+10.2%と2 桁 台 の 増 加 となった 一 方 一 般 機 械 では パナマ(1 億 88 百 万 円 8.5 倍 ) 向 けが 増 加 したものの ベネズエラ(17 億 84 百 万 円 20.0%) メキシコ(6 億 87 百 万 円 63.0%) 向 けが 減 少 したことにより 53.7%と 大 幅 減 となった 船 舶 類 の 寄 与 により 中 南 米 地 域 における 総 額 では2 年 ぶりのプラスとなった 3 アフリカ 542 億 46 百 万 円 (+53.8% 189 億 71 百 万 円 増 ) 船 舶 類 はリベリア(465 億 76 百 万 円 +87.7%) 向 けが 大 幅 に 増 加 した 一 方 一 般 機 械 はアルジェリア(43 億 49 百 万 円 全 増 ) 向 けが 増 加 したものの エジプト(25 億 21 百 万 円 60.5%) 南 アフリカ(2 億 04 百 万 円 85.2%) 向 け が 減 少 したことにより 20.3%と 大 幅 減 となった 船 舶 類 の 寄 与 により アフリカ 地 域 における 総 額 では2 年 連 続 のプラスとなった 7

12 4 北 米 200 億 08 百 万 円 ( 54.0% 235 億 23 百 万 円 減 ) 一 般 機 械 はカナダ(1 億 70 百 万 円 87.0%) 向 けが 減 少 したものの アメリカ (49 億 38 百 万 円 +53.9%) 向 けが 増 加 したことにより+13.2%と 2 桁 台 の 増 加 と なった 一 方 風 力 発 電 などの 電 気 機 器 はアメリカ(33 億 50 百 万 円 87.9%) 向 けが 減 少 したことにより 87.9%と 大 幅 減 となり 北 米 地 域 における 総 額 では2 年 連 続 のマ イナスとなった 5 大 洋 州 177 億 60 百 万 円 (2.1 倍 92 億 19 百 万 円 増 ) 船 舶 類 はバヌアツ(- 百 万 円 全 減 前 年 30 億 34 百 万 円 ) 向 けが 全 減 となったものの マ ーシャル(158 億 24 百 万 円 3.5 倍 ) 向 けが 増 加 したことにより 2.1 倍 となった また 電 気 機 器 もオーストラリア(6 億 40 百 万 円 殆 全 増 ) 向 けが 増 加 したことに より 9.2 倍 となったことにより 大 洋 州 における 総 額 では3 年 ぶりのプラスとなった 6 西 欧 130 億 41 百 万 円 ( 47.5% 118 億 06 百 万 円 減 ) 一 般 機 械 はスペイン(1 億 39 百 万 円 84.7%) 向 けが 減 少 したものの フラン ス(33 億 86 百 万 円 4.8 倍 ) ドイツ(11 億 84 百 万 円 2.6 倍 ) 増 加 したことによ り 2.2 倍 となった また 電 気 機 器 もポルトガル(8 百 万 円 94.0%) 向 けが 減 少 したものの ドイ ツ(18 億 91 百 万 円 +1.1%) イタリア(2 億 48 百 万 円 6.6 倍 ) 向 けが 増 加 した ことにより+10.8%と 大 幅 増 となった なお 前 年 ノルウェー 向 けに 船 舶 (151 億 67 百 万 円 )が 輸 出 されたが 本 年 全 減 となったことにより 西 欧 地 域 における 総 額 では4 年 連 続 のマイナスとなった 以 上 の6 地 域 で 全 体 の 98.7%を 占 めており 続 いて 中 東 1.1% 中 東 欧 ロシア 等 0.2% となっている 輸 入 単 位 : 百 万 円 % 順 位 地 域 金 額 前 年 比 前 年 構 成 比 主 要 輸 入 品 1 中 東 1,043, , 原 粗 油 LPG 2 アジア 242, , 原 粗 油 石 炭 飼 料 3 アフリカ 93, , 原 粗 油 石 炭 ウット チッフ 4 大 洋 州 91, , 石 炭 穀 物 ウット チッフ 5 北 米 87, , 穀 物 石 炭 飼 料 6 中 東 欧 ロシア 等 61, , 原 粗 油 石 炭 穀 物 1 中 東 1 兆 0431 億 06 百 万 円 (+14.9% 1349 億 46 百 万 円 増 ) 主 力 の 原 粗 油 は アラブ 首 長 国 連 合 (1522 億 88 百 万 円 13.1%) クウェー ト(1319 億 13 百 万 円 5.7%)が 減 少 したものの サウジアラビア(3280 億 71 百 万 円 +35.5%) イラク(1222 億 83 百 万 円 +64.8%)が 増 加 したことにより +14.3%と2 桁 台 の 増 加 となった なお 原 油 価 格 の 上 昇 により 数 量 (2323 万 KL) は 中 東 全 体 で 6.6% 減 少 したが 金 額 (1 兆 0062 億 円 )は 14.3% 増 加 した また 液 化 石 油 ガスも 数 量 (534 千 MT)が 2.8% 減 少 したものの 金 額 (351 億 39 百 万 円 )が+31.0%と 大 幅 増 となったことにより 中 東 地 域 における 総 額 では2 年 ぶりのプラスとなった 8

13 2 アジア 2427 億 12 百 万 円 (+15.3% 322 億 76 百 万 円 増 ) インドネシア(1154 億 76 百 万 円 )は 原 粗 油 (459 億 72 百 万 円 +17.5%) 石 炭 (400 億 08 百 万 円 +28.1%) 天 然 ゴム(139 億 91 百 万 円 2.1 倍 ) アルミニウ ム 及 び 同 合 金 (69 億 77 百 万 円 +83.4%)などが 軒 並 み 増 加 したことにより+31.8% と 大 幅 増 となった 中 国 (514 億 54 百 万 円 )は 魚 介 類 及 び 同 調 製 品 (71 億 74 百 万 円 +26.5%)が 増 加 したものの 飼 料 (153 億 49 百 万 円 3.5%) 金 属 製 品 (40 億 02 百 万 円 24.7%) が 減 少 したことにより 7.9%と 小 幅 減 となった 韓 国 (300 億 78 百 万 円 )は 一 般 機 械 (39 億 11 百 万 円 18.4%)が 減 少 したもの の 金 属 製 品 (82 億 65 百 万 円 +45.1%) 石 油 製 品 (81 億 28 百 万 円 +71.0%)が 増 加 したことにより+28.7%と 大 幅 増 となった これらの 上 位 3 ケ 国 の 貿 易 額 によりアジア 地 域 における 総 額 では2 年 ぶりのプラス となった 3 アフリカ 939 億 79 百 万 円 (+45.1% 292 億 33 百 万 円 増 ) スーダン(804 億 36 百 万 円 +42.1%) アンゴラ(70 億 56 百 万 円 3.2 倍 )の 輸 入 品 目 は 原 粗 油 のみで 数 量 価 格 ともに 増 加 した また 南 アフリカ 共 和 国 (64 億 25 百 万 円 )も 石 炭 (18 億 22 百 万 円 4.0 倍 ) ウッ ドチップ(38 億 12 百 万 円 +24.7%)が 増 加 したことにより+57.5%と 大 幅 増 となり アフリカ 地 域 における 総 額 では2 年 ぶりのプラスとなった 4 大 洋 州 914 億 10 百 万 円 ( 1.7% 15 億 87 百 万 円 減 ) 当 該 地 域 の 中 で 98%の 貿 易 額 を 占 めるオーストラリア(893 億 19 百 万 円 )は 石 炭 (694 億 47 百 万 円 +13.5%) ウッドチップ(55 億 15 百 万 円 +29.0%)が 増 加 したものの 穀 物 及 び 同 調 製 品 (87 億 50 百 万 円 42.2%) 液 化 天 然 ガス(27 億 19 百 万 円 24.8%)が 減 少 したことにより 0.9%と 若 干 マイナスとなり 大 洋 州 にお ける 総 額 では2 年 連 続 のマイナスとなった 5 北 米 877 億 18 百 万 円 ( 7.4% 70 億 48 百 万 円 減 ) アメリカ(729 億 17 百 万 円 )は 穀 物 及 び 同 調 製 品 (601 億 35 百 万 円 6.9%) 飼 料 (59 億 05 百 万 円 14.3%)がともに 減 少 したことにより 5.8%と 小 幅 減 とな った また カナダ(147 億 91 百 万 円 )も 穀 物 及 び 同 調 製 品 (7 億 36 百 万 円 +17.9%) が 増 加 したものの 飼 料 (7 億 08 百 万 円 24.4%) 石 炭 (120 億 91 百 万 円 20.1%) がともに 減 少 したことにより 14.8%と2 桁 台 の 減 少 となり 北 米 地 域 における 総 額 で は2 年 連 続 のマイナスとなった 6 中 東 欧 ロシア 等 612 億 59 百 万 円 ( 12.3% 85 億 98 百 万 円 減 ) 当 該 地 域 の 中 で 96%の 貿 易 額 を 占 めるロシア(590 億 14 百 万 円 )は 原 粗 油 (508 億 20 百 万 円 2.5%)が 減 少 し 石 炭 (62 億 26 百 万 円 +40.3%)が 増 加 したこと により+0.7%と 若 干 プラスとなった 一 方 前 年 実 績 があったアゼルバイジャンの 原 粗 油 (87 億 08 百 万 円 )が 全 減 と なったことにより 中 東 欧 ロシア 等 地 域 における 総 額 では6 年 ぶりのマイナスとな った 以 上 の6 地 域 で 全 体 の 97.2%を 占 めており 続 いて 中 南 米 2.1% 西 欧 0.7% となっている 9

14 2. 管 内 官 署 別 貿 易 動 向 (1) 長 崎 税 関 本 関 1 輸 出 2170 億 07 百 万 円 12.6% 一 般 機 械 が 増 加 したものの 主 力 の 船 舶 類 電 気 機 器 が 減 少 したことにより 12.6% と 5 年 ぶりのマイナス 2 輸 入 483 億 79 百 万 円 +25.2% 化 学 製 品 電 気 機 器 が 減 少 したものの 石 炭 金 属 製 品 が 増 加 したことにより %と 2 年 ぶりのプラス (2) 長 崎 空 港 出 張 所 1 輸 出 98 百 万 円 62.0% 中 国 向 けの 鮮 魚 の 輸 出 が 99.5%を 占 め +42.8%と 大 幅 増 となったものの 一 般 機 械 電 気 機 器 が 大 幅 に 減 少 したことにより 62.0%と 4 年 連 続 のマイナス 2 輸 入 5 億 81 百 万 円 +19.5% 化 学 製 品 電 気 機 器 が 減 少 したものの 92%のシェアを 占 める 魚 介 類 及 び 同 調 製 品 が 増 加 したことにより +19.5%と 3 年 ぶりのプラス (3) 佐 世 保 支 署 1 輸 出 1850 億 62 百 万 円 +10.3% 一 般 機 械 が 減 少 したものの 97%のシェアを 占 める 主 力 の 船 舶 類 が+12.4%と2 桁 台 の 増 加 により 総 額 でも+10.3%と 7 年 連 続 のプラス 2 輸 入 1161 億 24 百 万 円 +8.1% 金 属 製 品 一 般 機 械 が 減 少 したものの 主 力 の 石 炭 LPG の 鉱 物 性 燃 料 が 増 加 したこ とにより +8.1%と 2 年 ぶりのプラス (4) 三 池 支 署 ( 久 留 米 出 張 所 を 含 む ) 1 輸 出 1430 億 15 百 万 円 2.0 倍 60%シェアを 占 める 船 舶 類 のほか 一 般 機 械 化 学 製 品 など 軒 並 み 増 加 したことによ り 2.0 倍 と 2 年 ぶりのプラス 2 輸 入 364 億 85 百 万 円 +13.1% アルミニウム 石 炭 家 具 金 属 製 品 など 軒 並 み 増 加 したことにより +13.1%と 2 年 ぶりのプラス (5) 八 代 支 署 1 輸 出 95 億 47 百 万 円 24.9% 一 般 機 械 紙 類 及 び 同 製 品 が 増 加 したものの 金 属 鉱 及 びくず 船 舶 類 が 減 少 したこ とにより 24.9%と 2 年 連 続 のマイナス 2 輸 入 340 億 70 百 万 円 +2.4% 穀 物 及 び 同 調 製 品 が 減 少 したものの ウッドチップ アルミニウムが 増 加 したことに より+2.4%と 2 年 ぶりのプラス (6) 熊 本 出 張 所 1 輸 出 81 億 22 百 万 円 +35.5% 10

15 電 気 機 器 一 般 機 械 化 学 製 品 など 軒 並 み 増 加 したことにより +35.5%と 2 年 連 続 のプラス 2 輸 入 58 億 34 百 万 円 +2.2% 一 般 機 械 電 気 機 器 が 減 少 したものの 魚 介 類 及 び 同 調 製 品 鉄 鋼 が 増 加 したことに より +2.2%と 2 年 ぶりのプラス (7) 三 角 出 張 所 1 輸 出 31 億 09 百 万 円 +17.4% 一 般 機 械 化 学 製 品 が 減 少 したものの 金 属 鉱 及 びくず 魚 介 類 及 び 同 調 製 品 が 増 加 したことにより +17.4%と 2 年 ぶりのプラス 2 輸 入 331 億 15 百 万 円 +10.5% 化 学 製 品 が 全 減 となったものの 92%を 占 める 石 炭 のほか 船 舶 類 が 増 加 したことに より +10.5%と 2 年 ぶりのプラス (8) 水 俣 出 張 所 1 輸 出 83 百 万 円 +62.8% 肥 料 が 減 少 したものの 船 舶 類 自 動 車 が 増 加 したことにより +62.8%と 3 年 ぶり のプラス 2 輸 入 73 億 03 百 万 円 +15.0% 飼 料 用 とうもろこし 有 機 化 合 物 肥 料 など 軒 並 み 増 加 したことにより +15.0%と 3 年 ぶりのプラス (9) 熊 本 空 港 出 張 所 1 輸 出 ( 実 績 なし) 全 減 電 気 機 器 一 般 機 械 など 軒 並 み 全 減 2 輸 入 30 百 万 円 9.1% 電 気 機 器 化 学 製 品 が 増 加 したものの 一 般 機 械 が 減 少 したことにより 9.1%と 3 年 連 続 のマイナス (10) 鹿 児 島 支 署 1 輸 出 32 億 57 百 万 円 28.8% 船 舶 類 化 学 製 品 が 増 加 したものの 金 属 鉱 及 びくず 魚 介 類 及 び 同 調 製 品 が 減 少 し たことにより 28.8%と 3 年 連 続 のマイナス 2 輸 入 1 兆 2436 億 49 百 万 円 +13.4% 穀 物 及 び 同 調 製 品 が 減 少 したものの 96%を 占 める 主 力 の 原 粗 油 天 然 製 造 ガス が 増 加 したことにより +13.4%と 4 年 連 続 のプラス (11) 鹿 児 島 空 港 出 張 所 1 輸 出 33 億 62 百 万 円 53.2% 航 空 機 類 が 増 加 したものの 電 気 機 器 一 般 機 械 が 減 少 したことにより 53.2% と 5 年 連 続 のマイナス 2 輸 入 25 億 22 百 万 円 2.9 倍 電 気 機 器 馬 航 空 機 類 などが 軒 並 み 増 加 したことにより 2.9 倍 と 3 年 ぶりのプラス 11

16 (12) 志 布 志 出 張 所 1 輸 出 147 億 37 百 万 円 +47.3% ゴム 製 品 電 気 機 器 原 皮 及 び 毛 皮 ( 未 仕 上 )などが 軒 並 み 増 加 したことにより %と 2 年 ぶりのプラス 2 輸 入 1142 億 11 百 万 円 +12.2% 穀 物 及 び 同 調 製 品 飼 料 が 前 年 並 みで 生 ゴム 化 学 製 品 電 気 機 器 が 増 加 したこと により +12.2%と 2 年 ぶりのプラス (13) 川 内 出 張 所 1 輸 出 22 億 17 百 万 円 2.1 倍 パルプ 及 び 古 紙 金 属 鉱 及 びくず 紙 類 及 び 同 製 品 が 軒 並 み 増 加 したことにより 2.1 倍 と 2 年 ぶりのプラス 2 輸 入 163 億 99 百 万 円 2.2 倍 一 般 機 械 ウッドチップ 飼 料 など 軒 並 み 増 加 したことにより 2.2 倍 と 2 年 ぶりの プラス (14) 枕 崎 出 張 所 1 輸 出 5 億 15 百 万 円 8.2% 魚 介 類 及 び 同 調 製 品 船 舶 類 が 増 加 したものの 一 般 機 械 電 気 機 器 が 減 少 したこと により 8.2%と 2 年 連 続 のマイナス 2 輸 入 70 億 52 百 万 円 3.5% 88%を 占 める 魚 介 類 及 び 同 調 製 品 が 増 加 したものの 電 気 機 器 石 油 製 品 が 減 少 した ことにより 3.5%と 3 年 ぶりのマイナス 24% 平 成 22 年 管 内 輸 出 貿 易 額 37% 31% 長 崎 佐 世 保 長 崎 空 港 三 池 三 角 水 俣 八 代 5,901 億 円 熊 本 空 港 熊 本 空 港 熊 本 鹿 児 島 鹿 児 島 空 港 志 布 志 川 内 枕 崎 平 成 22 年 管 内 輸 入 貿 易 額 7% 7% 1 兆 6658 億 円 75% 長 崎 佐 世 保 長 崎 空 港 三 池 三 角 水 俣 八 代 熊 本 鹿 児 島 鹿 児 島 空 港 志 布 志 川 内 枕 崎 12

17 輸 出 入 貿 易 額 ベスト10 品 目 別 ( 単 位 : 百 万 円 ) 順 位 輸 出 輸 入 品 名 価 額 前 年 比 構 成 比 品 名 価 額 前 年 比 構 成 比 総 額 590, % 100.0% 総 額 1,665, % 100.0% 1 船 舶 類 421, % 71.5% 鉱 物 性 燃 料 1,382, % 83.0% 2 一 般 機 械 85, % 14.5% 穀 物 及 び 同 調 製 品 87, % 5.2% 3 化 学 製 品 25, % 4.3% 飼 料 47, % 2.8% 4 電 気 機 器 15, % 2.7% 化 学 製 品 22, % 1.3% 5 ゴム 製 品 8, % 1.5% 生 ゴム 18, 倍 1.1% 6 鉄 鋼 のくず 6, % 1.1% 魚 介 類 及 び 同 調 製 品 15, % 0.9% 7 金 属 製 品 5, % 1.0% 金 属 製 品 12, % 0.8% 8 鉄 鋼 4, % 0.8% 一 般 機 械 12, % 0.7% 9 魚 介 類 及 び 同 調 製 品 2, % 0.4% パルプウッド 等 11, % 0.7% 10 パルプ 及 び 古 紙 1, 倍 0.2% 非 鉄 金 属 8, % 0.5% 国 別 ( 単 位 : 百 万 円 ) 順 輸 出 輸 入 国 名 価 額 前 年 比 構 成 比 国 名 価 額 前 年 比 構 成 比 位 総 額 590, % 100.0% 総 額 1,665, % 100.0% 1 パナマ 192, % 32.5% サウジアラビア 338, % 20.3% 2 シンガポール 85, 倍 14.5% アラブ 首 長 国 連 邦 161, % 9.7% 3 香 港 62, % 10.5% クウェート 138, % 8.3% 4 リベリア 46, % 7.9% イラク 122, % 7.3% 5 インドネシア 33, 倍 5.6% インドネシア 115, % 6.9% 6 中 華 人 民 共 和 国 29, % 5.1% カタール 105, % 6.3% 7 大 韓 民 国 21, % 3.6% オマーン 91, % 5.5% 8 アメリカ 合 衆 国 19, % 3.4% オーストラリア 89, % 5.4% 9 マーシャル 15, 倍 2.7% イラン 84, % 5.1% 10 バハマ 14, % 2.5% スーダン 80, % 4.8%

18 港 第 1 表 年 別 月 別 総 額 表 管 内 合 計 長 崎 ( 単 位 : 千 円 ) 輸 出 入 ( 長 崎 外 郵 を 含 む ) 年 月 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 平 成 11 年 436,016, % 567,478, % 148,277, % 25,561, % 12 年 425,575, % 792,486, % 148,091, % 33,974, % 13 年 394,941, % 870,258, % 102,042, % 41,258, % 14 年 430,637, % 899,502, % 138,913, % 45,075, % 15 年 370,808, % 947,109, % 107,391, % 55,414, % 16 年 533,925, % 1,183,350, % 223,089, 倍 39,214, % 17 年 422,918, % 1,522,285, % 129,311, % 43,439, % 18 年 523,479, % 1,933,553, % 209,244, % 52,377, % 19 年 552,172, % 2,122,692, % 211,196, % 56,021, % 20 年 568,062, % 2,862,207, % 227,977, % 75,682, % 21 年 532,027, % 1,468,014, % 248,209, % 38,628, % 1 月 66,758, % 109,886, % 48,942, % 5,472, % 2 月 43,612, % 93,765, % 11,701, % 4,471, % 3 月 72,725, % 89,391, % 49,957, % 2,227, % 4 月 38,132, % 90,142, % 15,976, % 2,829, % 5 月 32,675, % 97,478, % 7,204, 倍 2,178, % 6 月 50,658, % 125,288, % 18,462, % 2,129, % 7 月 40,544, % 145,269, % 7,097, % 4,032, % 8 月 33,784, % 129,062, % 16,822, 倍 2,488, % 9 月 40,275, % 125,662, % 18,447, % 2,497, % 10 月 45,472, % 126,965, % 24,602, % 2,727, % 11 月 42,163, % 169,093, % 14,776, % 3,690, % 12 月 25,224, % 166,009, % 14,218, % 3,882, % 22 年 590,130, % 1,665,752, % 217,006, % 48,378, % 1 月 97,801, % 168,227, % 48,643, % 3,393, % 2 月 34,379, % 126,161, % 17,619, % 3,232, % 3 月 58,766, % 162,278, % 11,061, % 3,566, % 4 月 53,250, % 131,246, % 24,765, % 3,644, % 5 月 43,488, % 126,446, % 18,517, 倍 5,847, 倍 6 月 44,516, % 136,793, % 7,913, % 5,249, 倍 7 月 59,384, % 114,660, % 24,514, 倍 3,700, % 8 月 42,115, % 112,139, % 23,051, % 3,896, % 9 月 31,664, % 118,921, % 7,840, % 4,804, % 10 月 44,895, % 148,861, % 5,120, % 2,989, % 11 月 47,836, % 149,402, % 20,406, % 2,610, % 12 月 32,030, % 170,613, % 7,553, % 5,443, %

19 年 別 月 別 総 額 表 ( 単 位 : 千 円 ) 港 長 崎 長 崎 外 郵 輸 出 入 年 月 平 成 11 年 12 年 13 年 14 年 15 年 16 年 17 年 18 年 19 年 20 年 21 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 22 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 ( 平 成 9 年 7 月 以 降 松 島 を 含 む ) ( 平 成 11 年 6 月 まで) 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 148,277, % 25,561, % % 148,091, % 33,974, % ,042, % 41,258, % ,913, % 45,075, % ,391, % 55,414, % ,089, 倍 39,214, % ,311, % 43,439, % ,244, % 52,377, % ,196, % 56,021, % ,977, % 75,682, % ,209, % 38,628, % ,942, % 5,472, % ,701, % 4,471, % ,957, % 2,227, % ,976, % 2,829, % ,204, 倍 2,178, % ,462, % 2,129, % ,097, % 4,032, % ,822, 倍 2,488, % ,447, % 2,497, % ,602, % 2,727, % ,776, % 3,690, % ,218, % 3,882, % ,006, % 48,378, % ,643, % 3,393, % ,619, % 3,232, % ,061, % 3,566, % ,765, % 3,644, % ,517, 倍 5,847, 倍 ,913, % 5,249, 倍 ,514, 倍 3,700, % ,051, % 3,896, % ,840, % 4,804, % ,120, % 2,989, % ,406, % 2,610, % ,553, % 5,443, %

20 港 年 別 月 別 総 額 表 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 単 位 : 千 円 ) 輸 出 入 年 月 平 成 11 年 12 年 13 年 14 年 15 年 16 年 17 年 18 年 19 年 20 年 21 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 22 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 2,299, % 963, % 74,342, % 45,186, % 2,496, % 1,315, % 87,375, % 50,733, % 4,747, % 4,198, 倍 106,777, % 65,359, % 2,593, % 586, % 110,793, % 60,577, % 3,463, % 1,558, 倍 87,746, % 64,751, % 8,646, 倍 694, % 100,083, % 69,954, % 9,722, % 776, % 105,560, % 96,413, % 18,244, % 765, % 118,629, % 110,291, % 16,283, % 1,023, % 139,159, % 140,665, % 14,760, % 896, % 143,365, % 235,721, % 258, % 485, % 167,725, % 107,403, % 99, % 18, % 6,716, % 10,127, % 22, % 57, % 20,581, 倍 10,330, % 35, % 9, % 16,513, % 7,296, % 31, % 41, % 3,253, % 9,788, % 8, % 54, % 18,121, % 4,891, % 8, % 41, % 18,094, % 7,610, % 13, % 41, % 27,769, 倍 7,375, % 7, % 22, % 9,185, % 9,614, % 6, % 63, % 14,870, % 5,153, % 7, % 50, % 8,533, % 9,955, % 9, % 42, % 22,362, % 12,185, % 7, % 41, % 1,723, % 13,073, % 98, % 580, % 185,062, % 116,123, % 6, % 52, 倍 33,472, 倍 7,535, % 6, % 29, % 10,265, % 11,937, % 8, % 36, 倍 21,196, % 9,877, % 7, % 55, % 17,776, 倍 9,081, % 8, % 115, 倍 6,537, % 8,704, % 5, % 6, % 20,742, % 9,956, % 10, % 34, % 16,164, % 12,294, % 8, % 35, % 8,904, % 9,044, % 8, % 76, % 12,683, % 8,577, % 8, % 42, % 20,521, 倍 8,222, % 9, % 46, % 8,663, % 7,060, % 8, % 49, % 8,132, 倍 13,831, %

21 年 別 月 別 総 額 表 ( 単 位 : 千 円 ) 港 三 池 三 池 輸 出 入 年 月 平 成 11 年 12 年 13 年 14 年 15 年 16 年 17 年 18 年 19 年 20 年 21 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 22 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 ( 久 留 米 を 含 む ) ( 久 留 米 を 含 まない ) 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 131,518, % 46,921, % 108,790, % 18,220, % 112,081, % 43,579, % 82,415, % 16,213, % 109,602, % 43,879, % 85,175, % 17,430, % 127,940, % 42,448, % 104,410, % 15,777, % 112,593, % 37,612, % 87,494, % 15,308, % 134,107, % 40,533, % 100,260, % 19,481, % 105,385, % 40,987, % 80,071, % 21,446, % 100,782, % 46,058, % 73,416, % 26,075, % 113,641, % 52,163, % 82,454, % 32,076, % 114,924, % 54,320, % 88,199, % 36,850, % 70,857, % 32,258, % 57,720, % 22,082, % 8,443, % 3,636, % 7,517, % 2,564, % 7,593, % 2,338, % 6,700, % 1,520, % 2,587, % 2,764, % 1,779, % 1,890, % 14,562, % 3,181, % 13,221, % 2,334, % 3,196, % 2,130, % 2,341, % 1,421, % 9,903, % 2,701, % 8,656, % 1,753, % 2,614, % 1,909, % 1,480, % 813, % 3,824, % 2,321, % 2,681, % 1,570, % 3,383, % 2,921, % 2,254, % 2,134, % 8,693, 倍 2,129, % 7,194, 倍 1,406, % 2,910, % 3,429, % 1,939, % 2,632, % 3,145, % 2,793, % 1,952, % 2,041, % 143,015, 倍 36,484, % 125,890, 倍 29,176, % 12,440, % 2,539, % 11,072, % 1,864, % 3,257, % 2,796, % 1,971, % 2,121, % 23,448, 倍 3,007, % 22,116, 倍 2,465, % 6,278, % 3,526, % 4,446, % 2,933, % 15,156, 倍 2,938, % 13,763, 倍 2,396, % 12,467, % 2,798, % 10,987, % 2,216, % 15,088, 倍 2,788, % 13,506, 倍 2,055, 倍 5,784, % 3,398, % 4,363, % 2,762, % 6,661, % 3,296, % 5,373, 倍 2,761, % 15,602, % 3,166, % 14,122, % 2,601, % 14,388, 倍 3,481, % 13,101, 倍 2,965, % 12,439, 倍 2,746, % 11,065, 倍 2,031, %

22 年 別 月 別 総 額 表 ( 単 位 : 千 円 ) 港 久 留 米 八 代 輸 出 入 年 月 平 成 11 年 12 年 13 年 14 年 15 年 16 年 17 年 18 年 19 年 20 年 21 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 22 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 ( 平 成 13 年 3 月 までは 熊 本 を 含 む ) 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 22,727, % 28,701, % 14,547, % 23,761, % 29,665, % 27,366, % 5,596, % 29,469, % 24,426, % 26,449, % 8,030, % 27,778, % 23,529, % 26,671, % 4,423, % 28,471, % 25,099, % 22,304, % 7,649, % 29,029, % 33,846, % 21,052, % 11,322, % 33,277, % 25,314, % 19,541, % 12,577, % 36,496, % 27,366, % 19,983, % 14,302, % 37,888, % 31,187, % 20,087, % 14,805, % 45,767, % 26,725, % 17,469, % 17,523, % 48,816, % 13,137, % 10,176, % 12,709, % 33,262, % 925, % 1,072, % 710, % 3,010, % 893, % 818, % 575, % 3,195, % 808, % 873, % 587, % 2,254, % 1,340, % 846, % 1,539, % 3,453, % 855, % 709, % 1,517, % 2,333, % 1,246, % 947, % 1,752, % 2,838, % 1,134, % 1,096, % 487, % 3,302, % 1,142, % 751, % 397, % 1,748, % 1,128, % 787, % 579, % 2,563, % 1,498, % 723, % 717, % 2,864, % 970, % 797, % 454, % 2,701, % 1,192, % 751, % 3,390, 倍 2,994, % 17,124, % 7,308, % 9,547, % 34,070, % 1,367, % 675, % 646, % 1,807, % 1,285, % 675, % 534, % 3,407, % 1,331, % 541, % 618, % 2,904, % 1,832, % 593, % 1,646, % 3,273, % 1,393, % 541, % 582, % 2,291, % 1,480, % 582, % 482, % 3,071, % 1,582, % 732, % 830, % 2,280, % 1,421, % 635, % 958, 倍 2,990, % 1,288, % 535, % 803, % 3,038, % 1,480, % 565, % 391, % 3,351, % 1,286, % 515, % 1,390, 倍 2,876, % 1,373, % 714, % 662, % 2,774, %

23 年 別 月 別 総 額 表 ( 単 位 : 千 円 ) 港 八 代 熊 本 輸 出 入 年 月 平 成 11 年 12 年 13 年 14 年 15 年 16 年 17 年 18 年 19 年 20 年 21 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 22 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 ( 熊 本 を 含 まない ) ( 平 成 13 年 4 月 開 港 ) 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 1,465, % 18,225, % , % 22,969, % ,538, 倍 26,385, % 5,395,006-4,571,691-4,423, % 28,471, % 3,872, ,635, ,649, % 29,029, % 2,176, % 5,183, % 11,322, % 33,277, % 2,243, % 7,208, % 12,577, % 36,496, % 2,677, % 5,825, % 14,302, % 37,888, % 4,089, % 7,350, % 14,805, % 45,767, % 3,639, % 6,619, % 17,523, % 48,816, % 2,933, % 6,653, % 12,709, % 33,262, % 5,995, % 5,709, % 710, % 3,010, % 155, % 543, % 575, % 3,195, % 451, % 472, % 587, % 2,254, % 580, 倍 898, % 1,539, % 3,453, % 435, 倍 688, % 1,517, % 2,333, % 420, 倍 415, % 1,752, % 2,838, % 522, 倍 363, % 487, % 3,302, % 590, % 391, % 397, % 1,748, % 864, 倍 319, % 579, % 2,563, % 470, 倍 368, % 717, % 2,864, % 477, 倍 290, % 454, % 2,701, % 470, 倍 485, % 3,390, 倍 2,994, % 555, % 472, % 9,547, % 34,070, % 8,121, % 5,834, % 646, % 1,807, % 552, 倍 295, % 534, % 3,407, % 474, % 306, % 618, % 2,904, % 600, % 441, % 1,646, % 3,273, % 678, % 940, % 582, % 2,291, % 592, % 608, % 482, % 3,071, % 898, % 478, % 830, % 2,280, % 811, % 307, % 958, 倍 2,990, % 727, % 284, % 803, % 3,038, % 603, % 374, % 391, % 3,351, % 659, % 508, % 1,390, 倍 2,876, % 785, % 783, % 662, % 2,774, % 737, % 502, %

24 港 年 別 月 別 総 額 表 三 角 水 俣 ( 単 位 : 千 円 ) 輸 出 入 年 月 平 成 11 年 12 年 13 年 14 年 15 年 16 年 17 年 18 年 19 年 20 年 21 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 22 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 1,404, 倍 5,590, % 62, % 7,068, % 1,400, % 7,236, % 86, % 6,873, % 1,514, % 10,216, % 4, % 7,594, % 1,941, % 9,025, % 153, 倍 6,748, % 1,924, % 9,743, % 1,338, 倍 7,434, % 2,693, % 14,057, % 1,335, 倍 9,656, % 3,878, % 19,032, % 851, % 8,674, % 3,094, % 22,958, % 251, % 8,589, % 3,250, % 29,568, % 289, % 10,853, % 3,847, % 52,009, % 111, % 10,207, % 2,648, % 29,956, % 50, % 6,350, % 75, % 3,132, % - 全 減 338, % 154, % 3,113, % 6, % 776, % 72, % 3,671, 倍 12, % 856, % 317, 倍 1,700, % - 0.0% 626, % 276, % 757, % - 全 減 215, % 208, % 2,550, % - 0.0% 870, % 393, % 2,482, % - 全 減 596, % 248, % 1,306, % - 0.0% 247, % 251, % 3,716, % 17,230 全 増 360, % 219, 倍 2,423, % 9,431 全 増 685, % 108, % 3,278, % - 全 減 242, % 322, 倍 1,825, % 6,080 全 増 531, % 3,108, % 33,114, % 82, % 7,303, % 235, 倍 1,760, % , 倍 757, 倍 2,022, % - 全 減 642, % 139, % 1,834, % - 全 減 744, % 216, % 937, % , % 356, % 3,765, 倍 , 倍 133, % 3,170, % 6,080 全 増 206, % 68, % 3,092, % 52,000 全 増 724, % 317, % 2,033, % 6,240 全 増 610, 倍 324, % 2,796, % 18, % 500, % 278, % 5,383, 倍 - 全 減 669, % 147, % 4,209, % , % 132, % 2,110, % - 全 減 776, %

25 港 年 別 月 別 総 額 表 熊 本 空 港 鹿 児 島 ( 単 位 : 千 円 ) 輸 出 入 年 月 平 成 11 年 12 年 13 年 14 年 15 年 16 年 17 年 18 年 19 年 20 年 21 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 22 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 ( 平 成 20 年 7 月 以 降 喜 入 を 含 む ) 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 4,802, 倍 222, % 18,502, % 40,231, % 9,175, % 195, % 18,424, % 37,764, % 6,094, % 312, % 18,219, % 42,003, % 2,083, % 140, % 4,337, % 42,415, % 2,587, % 200, % 6,886, % 43,512, % 3,817, % 180, % 5,474, % 50,236, % 4,896, % 200, % 4,247, % 50,482, % 5,999, % 217, % 5,690, % 48,579, % 6,825, % 225, % 6,772, % 64,101, % 5,140, % 166, % 6,203, % 1,069,091, 倍 212, % 32, % 4,573, % 1,096,369, % 208, % 14, % 53, % 72,385, 倍 3, % 0 全 減 353, % 61,803, 倍 - 全 減 1, % 310, % 60,327, 倍 - 全 減 % 512, % 58,581, 倍 - 全 減 2, % 531, % 74,733, 倍 - 全 減 4, % 303, % 95,425, 倍 - 全 減 % 357, % 114,334, % - 全 減 0 全 減 941, % 101,400, % - 全 減 0 全 減 663, 倍 97,410, % - 全 減 3, % 221, % 96,049, % - 全 減 2, % 45, % 132,605, % - 全 減 1, % 277, % 131,311, % - 全 減 29, % 3,256, % 1,243,649, % - 全 減 1, % 211, 倍 138,586, % - 全 減 , % 90,790, % - - 1, % 172, % 121,828, 倍 全 減 468, % 96,768, % % 440, % 90,628, % - - 2, % 98, % 100,345, % - - 5, 倍 130, % 77,727, % , % 79,668, % - - 4,912 全 増 307, % 85,093, % - - 3, % 158, % 114,636, % 全 減 202, 倍 116,849, % - - 9, 倍 160, % 130,726, %

26 港 年 別 月 別 総 額 表 鹿 児 島 空 港 喜 入 ( 単 位 : 千 円 ) 輸 出 入 年 月 平 成 11 年 12 年 13 年 14 年 15 年 16 年 17 年 18 年 19 年 20 年 21 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 22 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 ( 平 成 20 年 6 月 まで) 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 33,324, % 19,993, % 1,165, % 305,623, % 31,326, % 1,426, % 2,964, 倍 529,988, % 23,577, % 1,615, % 1,652, 倍 554,375, % 20,619, % 7,122, 倍 5,043, 倍 571,399, % 27,461, % 3,917, 倍 512, 倍 601,016, % 31,115, % 15,790, 倍 2,729, 倍 812,730, % 34,655, % 8,072, % 15, % 1,116,632, % 32,201, % 4,152, % 123, 倍 1,493,850, % 23,814, % 9,880, % 95, 倍 1,575,529, % 16,086, % 1,274, 倍 - 全 減 1,147,906, % 7,183, % 878, % - 0.0% - 0.0% 866, % 1, % % 1,463, % 168, % % 1,029, % 57, % % 708, % 123, % - 全 増 - 0.0% 477, % 20, % - 全 増 - 0.0% 514, % 251, % % 411, % 82, % - 全 増 - 0.0% 441, % % - 全 増 - 0.0% 433, % 8, % - 全 増 - 0.0% 290, % 73, % % 245, % 30, 倍 % 301, % 58, % % 3,362, % 2,522, 倍 , % 160, 倍 , % 194, % , % 252, 倍 , % 185, % , % 208, 倍 , % 209, % , % 109, % , % 121,164 殆 全 増 , % 67, 倍 , % 70, % , % 76, 倍 , % 866, 倍

27 年 別 月 別 総 額 表 ( 単 位 : 千 円 ) 港 志 布 志 川 内 輸 出 入 年 月 平 成 11 年 12 年 13 年 14 年 15 年 16 年 17 年 18 年 19 年 20 年 21 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 22 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 5,675, % 36,899, % 80, % 6,301, % 6,178, % 38,635, % 111, % 6,306, % 6,793, % 53,117, % 197, % 7,814, % 7,365, % 63,827, % 64, % 8,466, % 7,803, % 71,670, % 631, 倍 7,408, % 6,585, % 73,477, % 332, 倍 8,497, % 8,421, % 74,576, % 476, % 14,342, % 9,880, % 85,455, % 672, % 9,530, % 11,002, % 113,392, % 869, % 12,040, % 11,897, % 141,139, % 2,510, 倍 12,147, % 10,006, % 101,794, % 1,034, % 7,577, % 379, % 10,115, % 94, % 455, % 621, % 6,117, % 23, % 432, % 930, % 8,321, % 66, % 363, % 680, % 7,688, % 82, % 910, % 759, % 9,138, % 102, % 190, % 826, % 8,930, % 32, % 673, % 669, % 9,095, % 98, % 984, % 797, % 8,515, % 70, % 892, % 1,054, % 8,499, % 62, % 768, % 1,559, % 8,625, % 108, % 665, % 665, % 8,735, % 83, % 569, % 1,062, % 8,009, % 208, % 670, % 14,737, % 114,210, % 2,216, 倍 16,398, 倍 1,129, 倍 10,185, % 160, % 535, % 902, % 8,526, % 105, 倍 839, % 1,044, % 9,694, % 129, % 7,452, 倍 946, % 11,106, % 137, % 496, % 769, % 9,940, % 140, % 515, 倍 1,175, % 10,176, % 162, 倍 676, % 1,118, % 10,471, % 199, 倍 684, % 1,186, % 8,628, % 184, 倍 1,153, % 1,858, % 8,891, % 287, 倍 1,287, % 1,371, % 7,814, % 357, 倍 1,429, 倍 1,418, 倍 9,626, % 207, 倍 304, % 1,814, % 9,147, % 145, % 1,023, %

28 港 年 別 月 別 総 額 表 枕 崎 ( 単 位 : 千 円 ) 輸 出 入 年 月 平 成 11 年 12 年 13 年 14 年 15 年 16 年 17 年 18 年 19 年 20 年 21 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 22 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 ( 平 成 11 年 7 月 開 港 ) 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 13,500-3,152, , 倍 4,986, , % 6,160, % 490, % 7,562, % 641, % 8,654, % 350, % 7,840, % 240, % 6,332, % 271, % 5,488, % 524, % 4,838, % 781, % 6,173, % 560, % 7,306, % 12, % 633, % 59, % 487, 倍 41, 倍 341, % 31, 倍 528, 倍 59,954 全 減 415, % 30, % 895, % 40, 倍 637, 倍 182, 倍 182, % 34, 倍 1,330, 倍 31, % 419, % 30, 倍 1,092, % 4, 倍 342, % 514, % 7,051, % 38, 倍 674, % 10, % 1,434, 倍 47, % 635, % 22, % 545, % 52, % 315, % 63, 倍 446, % 3, % 439, % 7, % 273, % 52, % 110, % 203, 倍 572, % 2, % 998, % 9, % 605, %

29 第 2 表 輸 出 入 国 別 表 管 内 ( 単 位 : 千 円 ) 国 名 輸 出 輸 入 22 年 21 年 22 年 21 年 総 額 590,130, ,027,437 1,665,752,756 1,468,014,143 アジア 259,307, ,889, ,712, ,436, 大 韓 民 国 21,396,023 22,370,741 30,078,382 23,366, 中 華 人 民 共 和 国 29,825,947 24,862,342 51,454,445 55,840, 台 湾 11,166,588 5,593,564 5,848,930 4,794, 香 港 62,018,256 43,705, , , ベトナム 1,413, ,145 4,745,920 7,814, タイ 4,486,018 4,173,139 8,341,670 9,609, シンガポール 85,614,850 41,137, , , マレーシア 3,061,964 44,483,300 6,774,245 6,567, フィリピン 764,412 1,124,133 5,275,660 2,144, インドネシア 33,229,800 7,345, ,475,788 87,611, インド 6,144,191 1,792,600 13,412,424 11,193,109 大 洋 州 17,759,935 8,540,668 91,410,395 92,997, オーストラリア 1,384, ,525 89,319,258 90,154, パプアニューギニア 192,385-73, ツバル 200,750 80, マーシャル 15,922,345 4,654, ,343 1,609,704 北 米 20,007,951 43,530,524 87,718,241 94,765, カナダ 183,843 1,315,433 14,791,015 17,369, アメリカ 合 衆 国 19,824,108 42,215,091 72,916,833 77,396,111 中 南 米 218,327, ,968,178 34,474,330 19,482, メキシコ 789,115 1,983,257 1,327, , パナマ 192,085, ,514,320 6,157,226 2,325, バハマ 14,700,838 55,625,059 1,092 1, ケイマン 諸 島 ( 英 ) 7,331,835 4, ベネズエラ 1,888,370 2,230, ペルー 333, ,334 2,672,937 1,493, チリ 494 1,629,236 2,769,532 2,205, ブラジル 1,172, ,939 12,007,419 7,947, アルゼンチン 2,325 4,620 8,965,629 4,247,

30 国 別 表 管 内 ( 単 位 : 千 円 ) 国 名 輸 出 輸 入 22 年 21 年 22 年 21 年 西 欧 13,040,750 24,847,088 11,078,078 7,485, アイスランド 508, ,122-12, ノルウェー 26,737 15,192, , , スウェーデン 121, , ,873 89, 英 国 358, ,125 58, , オランダ 609, , , , ベルギー 614, , , , フランス 5,051,404 1,895, , , ドイツ 3,372,089 2,934,487 7,914,619 3,208, ポルトガル 149, ,215 6,888 15, スペイン 559,155 1,013, ,041 1,564, イタリア 902,643 1,018,282 48, , フィンランド 38,673 16, , , トルコ 613,195 31, 中 東 欧 ロシア 等 1,058,868 2,141,005 61,259,452 69,857, ロシア 532, ,563 59,013,835 8,708, ブルガリア 337,773 14,170-58,586, エストニア 58, リトアニア 99, ,723 3,179 4,995 中 東 6,382,832 17,836,232 1,043,106, ,160, イラン 38,608 22,640 84,912, ,349, バーレーン 566,170 15,872-74,192, サウジアラビア 4,157,095 9,372, ,124, ,514, クウェート 961, , ,492, ,819, カタール 43,503 6,780, ,101,453 90,117, オマーン 3, ,976 91,743,554 60,055, イスラエル 19,590 9,841 64,395 62, アラブ 首 長 国 連 邦 578, , ,182, ,899,342 アフリカ 54,245,595 35,274,585 93,978,570 64,745, アルジェリア 4,349,110 6,700-1,853, エジプト 2,550,588 6,476,087 1,200 2, リベリア 46,582,951 25,478, スーダン ,435,970 56,596, 南 アフリカ 共 和 国 503,902 1,664,628 6,424,532 4,078,689 特 殊 地 域 ,127 83,

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 1 1 21 22 23 2 2 2 2 2 2 30 31 32 33 3 3 3 3 3 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 責 任 者 氏 名 担 当 者 の 氏 名 電 話 番 号 短 期 債 権 国 ( 地 域 ) 別 ミャンマー 中 国 香

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

平 成 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 押 収 量 は 約 5kg( 前 比 8% 減 )と 連 続 で 減 少 したものの 5 連 続 で 5kg を 超 えた また 指 定 薬 物 が 関 税

平 成 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 押 収 量 は 約 5kg( 前 比 8% 減 )と 連 続 で 減 少 したものの 5 連 続 で 5kg を 超 えた また 指 定 薬 物 が 関 税 平 成 8 月 日 財 務 省 財 務 省 は 平 成 の 間 に 全 国 の 税 関 が 空 港 や 港 湾 等 において 不 正 薬 物 の 密 輸 入 その 他 の 関 税 法 違 反 事 件 を 取 り 締 まった 実 績 をまとめましたのでお 知 らせします. 不 正 薬 物 等 報 道 発 表 指 定 薬 物 の 輸 入 してはならない 貨 物 への 追 加 に 伴 い 摘 発 件 数

More information

平 成 6 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 摘 発 件 数 は 9 件 ( 前 比 % 増 )と 微 増 し 押 収 量 は 約 6kg( 前 比 % 減 ) と 過 去 で 最 高 を 記 録

平 成 6 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 摘 発 件 数 は 9 件 ( 前 比 % 増 )と 微 増 し 押 収 量 は 約 6kg( 前 比 % 減 ) と 過 去 で 最 高 を 記 録 平 成 月 日 財 務 省 財 務 省 は 平 成 6 の 間 に 全 国 の 税 関 が 空 港 や 港 湾 等 において 不 正 薬 物 の 密 輸 入 その 他 の 関 税 法 違 反 事 件 を 取 り 締 まった 実 績 をまとめましたのでお 知 らせします. 不 正 薬 物 等 報 道 発 表 不 正 薬 物 の 押 収 量 が 連 続 で 6kg 超 え 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数

More information

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2 報 道 発 表 平 成 27 年 2 月 23 日 東 京 税 関 不 正 薬 物 の 摘 発 件 数 196 件 押 収 量 約 346kg 覚 醒 剤 大 麻 の 押 収 量 が 不 正 薬 物 全 体 の 約 98%を 占 めた 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数 が 過 去 1 年 間 で2 番 目 を 記 録 ~ 平 成 26 年 の 東 京 税 関 における 不 正 薬 物 密 輸 入 事

More information

その 代 理 人 は 日 本 国 内 に 事 務 所 を 有 する 者 とする なお 代 理 人 が 証 明 書 の 発 行 を 申 請 する 場 合 は 輸 出 しようとする 者 が 作 成 し た 別 記 様 式 1((2)イ(ア)の 輸 出 証 明 書 発 行 システムにより 申 請 する 場

その 代 理 人 は 日 本 国 内 に 事 務 所 を 有 する 者 とする なお 代 理 人 が 証 明 書 の 発 行 を 申 請 する 場 合 は 輸 出 しようとする 者 が 作 成 し た 別 記 様 式 1((2)イ(ア)の 輸 出 証 明 書 発 行 システムにより 申 請 する 場 輸 出 される 食 品 等 に 関 する 証 明 書 の 発 行 事 務 処 理 要 領 制 定 平 成 27 年 1 月 30 日 付 け26 食 産 第 3838 号 一 部 改 正 平 成 27 年 2 月 25 日 付 け26 食 産 第 4161 号 一 部 改 正 平 成 27 年 5 月 1 日 付 け27 食 産 第 626 号 一 部 改 正 平 成 27 年 9 月 28 日 付

More information

Microsoft Word - H25年度の概要

Microsoft Word - H25年度の概要 1 県 民 経 済 計 算 の 概 要 1. 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 概 要 平 成 25 年 度 の 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 について 主 な 経 済 指 標 は 次 のとおりです 3 千 葉 県 [ 参 考 ] 全 国 実 数 増 加 率 実 数 増 加 率 1 県 ( 国 ) 内 総 生 産 県 ( 国 ) 民 所 得 名 目 19 兆 8,112

More information

は し が き

は し が き 1 総 資 本 形 成 の 概 念 総 資 本 形 成 とは 一 般 政 府 公 的 企 業 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 民 間 法 人 及 び 家 計 ( 個 人 企 業 )の 支 出 ( 購 入 及 び 自 己 生 産 物 の 使 用 )のうち 中 間 消 費 とならないものであり 総 固 定 資 本 形 成 と 在 庫 品 増 加 に 区 別 される (1) 総 固 定 資 本 形

More information

1. 業 務 概 要 貨 物 情 報 登 録 済 の 貨 物 に 対 して システムを 介 さずに 行 われた 税 関 手 続 きについて 税 関 が 許 可 承 認 等 を 行 った 旨 を 登 録 する また システムで 行 われた 以 下 の 税 関 手 続 き( 以 下 輸 出 申 告 等

1. 業 務 概 要 貨 物 情 報 登 録 済 の 貨 物 に 対 して システムを 介 さずに 行 われた 税 関 手 続 きについて 税 関 が 許 可 承 認 等 を 行 った 旨 を 登 録 する また システムで 行 われた 以 下 の 税 関 手 続 き( 以 下 輸 出 申 告 等 3012. 許 可 承 認 等 情 報 登 録 ( 輸 出 通 関 ) 業 務 コード 業 務 名 A 許 可 承 認 等 情 報 登 録 ( 輸 出 通 関 ) 1. 業 務 概 要 貨 物 情 報 登 録 済 の 貨 物 に 対 して システムを 介 さずに 行 われた 税 関 手 続 きについて 税 関 が 許 可 承 認 等 を 行 った 旨 を 登 録 する また システムで 行 われた

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

法 改 正 の 内 容 Ⅰ. 期 限 後 特 例 申 告 に 係 る 無 申 告 加 算 税 についての 改 正 改 正 のポイント:これまでは 所 定 の 条 件 を 満 たしていて 特 例 申 告 書 の 提 出 期 限 から2 週 間 以 内 に 期 限 後 特 例 申 告 書 が 提 出 さ

法 改 正 の 内 容 Ⅰ. 期 限 後 特 例 申 告 に 係 る 無 申 告 加 算 税 についての 改 正 改 正 のポイント:これまでは 所 定 の 条 件 を 満 たしていて 特 例 申 告 書 の 提 出 期 限 から2 週 間 以 内 に 期 限 後 特 例 申 告 書 が 提 出 さ 平 成 27 年 度 通 関 士 試 験 対 策 法 改 正 資 料 法 改 正 一 覧 Ⅰ. 期 限 後 特 例 申 告 に 係 る 無 申 告 加 算 税 についての 改 正 P2 Ⅱ. 輸 入 してはならない 貨 物 の 追 加 P2 Ⅲ. 輸 出 してはならない 貨 物 及 び 輸 入 してはならない 貨 物 に 係 る 申 立 て 手 続 についての 改 正 P3 Ⅳ. 課 税 価 格 に

More information

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正)

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正) 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 支 給 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 売 上 高 や 生 産 量 の 減 少 等 に 伴 う 人 員 削 減 により 離 職 した 者 を 正 規 雇 用 した 事 業 主 に 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 ( 以 下 奨 励 金 という )を 支 給 するために 必 要 な 事 項 を 定 める ( 定 義

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 関 する 許 可 基 準 改 定 平 成 23 年 10 月 1 日 Ⅰ 趣 旨 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 許 可 制 度 は 機 械 室 等 部 分 の 床 面 積 の 合 計 の 建 築 物 の 延 べ 面 積 に 対 する

More information

銅地金輸入 ( その2) HS モンゴル 0 0 ラオス 0 0 イラン 0 0 オマーン 0 0 ウズベキスタン 0 0 ノルウェー 0 0 ポーランド 0 0 コンゴ共和国 0 0 コンゴ民主共和国 0 0 タンザニア 0 0 モザンビーク 0 0 ジンバブエ 0 0 ニ

銅地金輸入 ( その2) HS モンゴル 0 0 ラオス 0 0 イラン 0 0 オマーン 0 0 ウズベキスタン 0 0 ノルウェー 0 0 ポーランド 0 0 コンゴ共和国 0 0 コンゴ民主共和国 0 0 タンザニア 0 0 モザンビーク 0 0 ジンバブエ 0 0 ニ 銅地金輸入 ( その1) HS 7402.00-010 イラン 0 0 ブルガリア 0 0 ザイール 0 0 ジンバブエ 0 0 小計 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 HS 7402.00-020 0 0 0 0 小計 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 HS 7402.00-030 韓国 83,070 82,930 82,930 パキスタン 4,746,920

More information

銅地金輸入 ( その2) HS モンゴル 0 0 ラオス 0 0 イラン 0 0 オマーン 0 0 ウズベキスタン 0 0 ノルウェー 0 0 ポーランド 0 0 コンゴ共和国 0 0 コンゴ民主共和国 0 0 タンザニア 0 0 モザンビーク 0 0 ジンバブエ 0 0 ニ

銅地金輸入 ( その2) HS モンゴル 0 0 ラオス 0 0 イラン 0 0 オマーン 0 0 ウズベキスタン 0 0 ノルウェー 0 0 ポーランド 0 0 コンゴ共和国 0 0 コンゴ民主共和国 0 0 タンザニア 0 0 モザンビーク 0 0 ジンバブエ 0 0 ニ 銅地金輸入 ( その1) HS 7402.00-010 イラン 0 0 ブルガリア 0 0 ザイール 0 0 ジンバブエ 0 0 小計 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 HS 7402.00-020 0 0 0 0 小計 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 HS 7402.00-030 韓国 83,070 82,930 82,930 パキスタン 4,746,920

More information

銅地金輸入 ( その2) HS モンゴル 0 0 ラオス 0 0 イラン 0 0 オマーン 0 0 ウズベキスタン 0 0 ノルウェー 0 0 ポーランド 0 0 コンゴ共和国 0 0 コンゴ民主共和国 0 0 タンザニア 0 0 モザンビーク 0 0 ジンバブエ 0 0 ニ

銅地金輸入 ( その2) HS モンゴル 0 0 ラオス 0 0 イラン 0 0 オマーン 0 0 ウズベキスタン 0 0 ノルウェー 0 0 ポーランド 0 0 コンゴ共和国 0 0 コンゴ民主共和国 0 0 タンザニア 0 0 モザンビーク 0 0 ジンバブエ 0 0 ニ 銅地金輸入 ( その1) HS 7402.00-010 イラン 0 0 ブルガリア 0 0 ザイール 0 0 ジンバブエ 0 0 小計 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 HS 7402.00-020 0 0 0 0 小計 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 HS 7402.00-030 韓国 83,070 82,930 33,130 116,060

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

総合評価点算定基準(簡易型建築・電気・管工事)

総合評価点算定基準(簡易型建築・電気・管工事) 別 記 3 総 合 評 価 点 算 定 基 準 ( 簡 易 型 建 築 電 気 管 工 事 ) 1 総 合 評 価 点 の 算 定 方 法 総 合 評 価 点 は 以 下 すべてを 満 たす 者 について 次 の 算 式 により 算 定 する 1 入 札 書 が 無 効 でない 者 2 予 定 価 格 の 制 限 の 範 囲 内 の 者 ( 失 格 となった 者 を 除 く ) 3 施 工 計 画

More information

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25 平 成 25 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 25 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 25 の 保 険 料

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

2

2 1 2 3 2013 年 度 コマツの 連 結 売 上 高 は 前 年 比 +3.6% 増 収 の1 兆 9,536 億 円 営 業 利 益 は 前 年 比 +13.7% 増 益 の2,404 億 円 となりました 営 業 利 益 率 も1.1ポイント 改 善 し 12.3%となりました 建 設 機 械 車 両 : 中 国 日 本 において 建 機 需 要 が 増 加 しましたが 鉱 山 機 械 需

More information

平成24年度 業務概況書

平成24年度 業務概況書 平 成 27 年 度 第 3 四 半 期 厚 生 年 金 保 険 給 付 調 整 積 立 金 運 用 状 況 ( 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 ) 平 成 27 年 度 第 3 四 半 期 運 用 状 況 の 概 要 第 3 四 半 期 末 の 運 用 資 産 額 は 10 兆 1,895 億 円 となりました 第 3 四 半 期 の 修 正 総 合 収 益 率 ( 期 間 率 )は

More information

大阪港臨港地区における構築物の規制について

大阪港臨港地区における構築物の規制について 大 阪 臨 地 の 分 における 構 築 物 の 規 制 に 関 する 条 例 制 定 昭 40. 4. 1 条 例 32 改 正 昭 54.12.27 条 例 37 改 正 昭 62. 2.20 条 例 3 改 正 平 13. 3. 5 条 例 20 改 正 平 28. 5. 26 条 例 82 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 湾 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 218 号 以

More information

銅地金輸入 ( その2) HS モンゴル 0 0 ラオス 0 0 イラン 0 0 オマーン 0 0 ウズベキスタン 0 0 ノルウェー 0 0 ポーランド 0 0 コンゴ共和国 0 0 コンゴ民主共和国 0 0 タンザニア 0 0 モザンビーク 0 0 ジンバブエ 0 0 ニ

銅地金輸入 ( その2) HS モンゴル 0 0 ラオス 0 0 イラン 0 0 オマーン 0 0 ウズベキスタン 0 0 ノルウェー 0 0 ポーランド 0 0 コンゴ共和国 0 0 コンゴ民主共和国 0 0 タンザニア 0 0 モザンビーク 0 0 ジンバブエ 0 0 ニ 銅地金輸入 ( その1) HS 7402.00-010 イラン 0 0 ブルガリア 0 0 ザイール 0 0 ジンバブエ 0 0 小計 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 HS 7402.00-020 0 0 0 0 小計 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 HS 7402.00-030 韓国 128 140 140 パキスタン 3,989,570 879,390

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 資 料 3-2 平 成 23 度 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 23 度 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 添 付 資 料 の 目 次 1. 当 四 半 期 決 算 に 関 する 定 性 的 情 報 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 説 明 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 説 明 2 (3) 連 結 業 績 予 想 などの 将 来 予 測 情 報 に 関 する 説 明 2 2.サマリー 情 報 ( 注 記 事 項 )に 関 する 事 項 2 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間

More information

平成21年度 固定資産税(償却資産)

平成21年度 固定資産税(償却資産) 本 巣 市 平 成 28 年 度 固 定 資 産 税 ( 償 却 資 産 ) 申 告 書 等 の 記 載 方 法 本 巣 市 マスコットキャラクター もとまる 償 却 資 産 申 告 書 の 記 載 方 法 種 類 別 明 細 書 ( 増 加 資 産 全 資 産 用 )の 記 載 方 法 種 類 別 明 細 書 ( 減 少 資 産 用 )の 記 載 方 法 償 却 資 産 の 概 要 企 業 の 電

More information

国際数学・理科教育動向調査(TIMSS)結果の推移

国際数学・理科教育動向調査(TIMSS)結果の推移 国際数学 理科教育動向調査 (TIMSS2015) における成績 小学校算数 小学校理科 中学校数学 中学校理科 国 / 地域 (49) 平均得点 国 / 地域 (47) 平均得点 国 / 地域 (39) 平均得点 国 / 地域 (39) 平均得点 シンガポール 618 点 シンガポール 590 点 シンガポール 621 点 シンガポール 597 点 香港 615 韓国 589 韓国 606 日本

More information

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 は 我 が 国 の 全 産 業 分 野 における 事 業 所 及 び 企 業 の 経 済 活 動 の 実 態 を 全 国 及 び 地 域 別 に 明 らかにするとともに 事 業 所 及 び 企 業 を 調 査 対 象 とする 各 種 統 計 調 査 の 精

More information

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額 リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 社 団 法 人 日 本 貿 易 会 調 査 グループ 米 国 での 金 融 不 安 の 発 生 とそれに 拍 車 を 掛 けた 年 9 月 のリーマンショックから1 年 が 経 過 した 米 国 経 済 の 急 速 な 景 気 後 退 は 米 国 と 相 互 依 存 関 係 を 深 める 世 界 各 国 の 実 体 経 済 にも 波 及 し 世 界 貿 易

More information

3 連 結 財 務 諸 表 の 概 要 損 益 計 算 書 の 概 要 年 度 年 度 対 前 年 比 営 業 収 益 126,827 153,822 26,995 121% 営 業 費 用 94,213 109,560 15,347 116% 営 業 利 益 32,614 44,261 11,64

3 連 結 財 務 諸 表 の 概 要 損 益 計 算 書 の 概 要 年 度 年 度 対 前 年 比 営 業 収 益 126,827 153,822 26,995 121% 営 業 費 用 94,213 109,560 15,347 116% 営 業 利 益 32,614 44,261 11,64 2015 年 5 月 14 日 2015 年 3 月 期 連 結 決 算 について 関 西 国 際 空 港 の 航 空 機 発 着 回 数 国 際 線 旅 客 数 が 過 去 最 高 となり 商 業 事 業 を 中 心 に 増 収 また OATグループ との 統 合 もあり 営 業 収 益 は1,500 億 円 を 上 回 り 営 業 利 益 経 常 利 益 ともに 前 年 比 110 億 円 以

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E937890C590A789FC90B382CC8EE582C893E09765>

<4D F736F F D2095BD90AC E937890C590A789FC90B382CC8EE582C893E09765> 平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 実 施 年 度 等 にご 注 意 ください 1 軽 自 動 車 税 の 見 直 し 2 住 宅 ローン 減 税 の 期 限 延 長 3 納 税 に 係 る 特 例 額 の 拡 充 及 び 申 告 手 続 きの 簡 素 化 4 固 定 資 産 税 等 の 負 担 調 整 措 置 及 び 特 例 措 置 5 旧 3 級 品 の 製 造 たばこに

More information

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 税 通 則 法 関 係 ) 国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 成 25

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 平 成 22 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 22 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 22 の 保 険

More information

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場

の 基 礎 の 欄 にも 記 載 します ア 法 人 税 の 中 間 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 合 は 中 間 イ 法 人 税 の 確 定 申 告 書 ( 退 職 年 金 等 積 立 金 に 係 るものを 除 きます ) 又 は 連 結 確 定 申 告 書 に 係 る 申 告 の 場 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します (2) この 申 告 書 は 千

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2034325F8253814490EC8DE88E7382CC8CF092CA8E968FEE81698251816A8341935393B9836C83628367838F815B834E2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2034325F8253814490EC8DE88E7382CC8CF092CA8E968FEE81698251816A8341935393B9836C83628367838F815B834E2E646F63> (2) 分 野 別 の 現 況 課 題 ア 鉄 道 ネットワーク (ア) 市 内 の 鉄 道 市 では 6 事 業 者 15 路 線 54 駅 で 運 行 を 行 っている 京 王 相 模 原 線 (イ) 駅 密 度 市 の 駅 密 度 は 政 令 指 定 都 市 19 都 市 中 3 番 目 の.37 駅 / 平 方 km であり おおよそ 半 径 9m の 円 内 に1 駅 ある 換 算 となる

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

Microsoft Word - 07②-2 補足説明資料1.docx

Microsoft Word - 07②-2 補足説明資料1.docx 補 足 説 明 資 料 1 期 末 連 結 決 算 概 要 平 成 27 年 4 月 28 日 東 海 旅 客 鉄 道 株 式 会 社 当 社 の 運 輸 収 入 は ビジネス 観 光 ともにご 利 用 が 順 調 に 推 移 したことから 好 調 だった 前 年 度 を 上 回 り 増 収 グループ 会 社 については 減 収 となったものの 連 結 営 業 収 益 全 体 では 増 収 営 業

More information

<タイトル>

<タイトル> 輸 出 関 連 業 務 に 関 わる 照 会 業 務 海 上 編 輸 出 入 港 湾 関 連 情 報 処 理 センター 株 式 会 社 平 成 26 年 5 月 更 新 照 会 業 務 資 格 者 一 覧 表 ( 輸 出 関 連 業 務 ) 1 業 務 コード 業 務 名 船 会 社 船 舶 代 理 店 C Y 保 税 蔵 置 場 通 関 業 海 貨 業 N V O C C 輸 出 入 者 汎 用

More information

3. 観 光 消 費 額 も 着 実 に 増 加 観 光 客 の 増 加 に 伴 い, 平 成 26 年 の 福 岡 市 内 における 観 光 消 費 額 は, 前 年 比 12.4%(416 億 円 ) 増 の 3,773 億 円 と 推 計 される 観 光 消 費 額 平 成 26 年 平 成

3. 観 光 消 費 額 も 着 実 に 増 加 観 光 客 の 増 加 に 伴 い, 平 成 26 年 の 福 岡 市 内 における 観 光 消 費 額 は, 前 年 比 12.4%(416 億 円 ) 増 の 3,773 億 円 と 推 計 される 観 光 消 費 額 平 成 26 年 平 成 平 成 28 年 3 月 30 日 経 済 観 光 文 化 局 観 光 産 業 課 平 成 26 年 観 光 統 計 の 概 要 1. 入 込 観 光 客 数 は, 過 去 最 高 を 更 新!(3 年 連 続 ) 本 編 p1,2 参 照 平 成 26 年 の 福 岡 市 の 入 込 観 光 客 数 ( 推 計 )は,NHK 大 河 ドラマ 軍 師 官 兵 衛 の 放 映 機 会 を 捉 えた 黒

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169959F93878CA797708F4390B3816A819A95CA8B4C976C8EAE91E682538B4C8DDA97E12E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169959F93878CA797708F4390B3816A819A95CA8B4C976C8EAE91E682538B4C8DDA97E12E646F6378> ( 別 様 式 第 4の1-1/3-) 復 興 産 業 集 積 区 域 における 研 究 開 発 税 制 の 特 例 等 ( 法 第 39 条 ) 指 定 を 行 った 認 定 地 方 公 共 法 人 の 場 合 事 業 年 度 又 は 連 結 事 業 年 度 終 了 後 団 体 の 長 の 氏 名 を 載 してく 1か 月 以 内 に 提 出 し ださい 個 人 の 場 合 事 業 年 度 ( 暦

More information

Microsoft Word - 世界のエアコン2014 (Word)

Microsoft Word - 世界のエアコン2014 (Word) 世界のエアコン需要推定 2014 年 4 月 地域世界のエアコン需要の推定について 2014 年 4 月 一般社団法人日本冷凍空調工業会 日本冷凍空調工業会ではこのほど 2013 年までの世界各国のエアコン需要の推定結果をまとめましたのでご紹介します この推定は 工業会の空調グローバル委員会が毎年行なっているもので 今回は 2008 年から 2013 年までの過去 6 ヵ年について主要な国ごとにまとめました

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

1 口 速 報 集 計 について 県 において 国 に 提 出 した 調 査 書 をもとに 速 報 値 として 集 計 したものである したがって 国 における 審 査 の 結 果 次 第 では 国 がこの2 月 に 公 表 する 予 定 の 口 速 報 集 計 値 と 一 致 しないことがある ま

1 口 速 報 集 計 について 県 において 国 に 提 出 した 調 査 書 をもとに 速 報 値 として 集 計 したものである したがって 国 における 審 査 の 結 果 次 第 では 国 がこの2 月 に 公 表 する 予 定 の 口 速 報 集 計 値 と 一 致 しないことがある ま 平 成 27 年 国 勢 調 査 高 知 県 の 口 速 報 集 計 結 果 平 成 28 年 1 月 18 日 高 知 県 総 務 部 統 計 課 1 口 速 報 集 計 について 県 において 国 に 提 出 した 調 査 書 をもとに 速 報 値 として 集 計 したものである したがって 国 における 審 査 の 結 果 次 第 では 国 がこの2 月 に 公 表 する 予 定 の 口 速

More information

国際会議等への参加のために行った受入れ状況

国際会議等への参加のために行った受入れ状況 H28.2.28 ~ H28.3.6 東京都東京オーストラリア 1 H28.2.28 ~ H28.3.6 東京都東京ニュージーランド 1 H28.2.28 ~ H28.3.6 東京都東京アメリカ領サモア 1 H28.2.28 ~ H28.3.6 東京都東京クック諸島 1 H28.2.28 ~ H28.3.6 東京都東京フィジー 1 H28.2.28 ~ H28.3.6 東京都東京ミクロネシア諸島 1

More information

<5461726F2D8CF68D908A549776816989BA97AC89CD90EC8FF38BB592B28DB8>

<5461726F2D8CF68D908A549776816989BA97AC89CD90EC8FF38BB592B28DB8> 入 札 公 告 をご 覧 いただく 前 に ( 公 告 概 要 のお 知 らせ) この 度 公 告 する 滝 沢 ダム 下 流 河 川 状 況 調 査 の 主 な 内 容 は 以 下 のとおりです ( 入 札 公 告 本 文 は このお 知 らせの 後 段 に 掲 載 しております ) 一. 業 務 内 容 等 について 1 業 務 名 滝 沢 ダム 下 流 河 川 状 況 調 査 2 履 行 期

More information

堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域 防 災 拠 点 阪 神 高 速 4 号 湾 岸 線 堺 7 区 堺 2 区 汐 見 沖 地 区 助 松 地 区 堺 5 区 堺 6 区 大 浜 地 区 堺 市 汐 見 地 区 小 松 地 区 泉

堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域 防 災 拠 点 阪 神 高 速 4 号 湾 岸 線 堺 7 区 堺 2 区 汐 見 沖 地 区 助 松 地 区 堺 5 区 堺 6 区 大 浜 地 区 堺 市 汐 見 地 区 小 松 地 区 泉 堺 泉 北 港 港 湾 計 画 一 部 変 更 ( 前 回 改 訂 : 平 成 18 年 2 月 目 標 年 次 : 平 成 20 年 代 後 半 ) 港 湾 管 理 者 : 大 阪 府 平 成 27 年 3 月 10 日 交 通 政 策 審 議 会 第 59 回 港 湾 分 科 会 資 料 5 堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

Microsoft Word - 設計委託特記仕様書20130201.doc

Microsoft Word - 設計委託特記仕様書20130201.doc 川 崎 病 院 ナースコールシステム 改 修 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 担 当 係 長 課 長 建 築 電 気 機 械 平 成 25 年 5 月 1 日 まちづくり 局 施 設 整 備 部 Ⅰ 業 務 概 要 1 業 務 名 称 ( 川 崎 病 院 ナースコールシステム 改 修 設 計 業 務 委 託 ) 2 計 画 施 設 概 要 本 業 務 の 対 象 となる 施 設 ( 以

More information

2014年3月期 第2四半期決算 参考資料(平成26年3月期)

2014年3月期 第2四半期決算 参考資料(平成26年3月期) 2014 年 3 月 期 第 2 四 半 期 決 算 参 考 資 料 ( 平 成 25 年 9 月 第 2 四 半 期 ) Ⅰ. 決 算 の 実 績 と 見 込 み( ) p 1 Ⅱ. 子 会 社 (8 社 )の 概 況 p 2 Ⅲ. 決 算 の 実 績 と 見 込 み( ) p 3 Ⅳ. 主 要 項 目 の 実 績 と 見 込 み 1. 売 上 損 益 ( ) p 4 2. 工 種 別 の 完 成

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63> 退 職 所 得 に 対 する 住 民 税 の 特 別 徴 収 の 手 引 ( 平 成 25 年 1 月 1 日 以 降 適 用 ) 愛 知 県 清 須 市 - 1 - は じ め に 個 人 の 住 民 税 は 納 税 義 務 者 の 前 年 中 の 所 得 を 課 税 標 準 としてその 翌 年 に 課 税 するいわゆる 前 年 所 得 課 税 をたてまえとしておりますが 退 職 所 得 に 対

More information

全設健発第     号

全設健発第     号 全 設 健 発 第 114 号 平 成 28 年 2 月 23 日 事 業 主 殿 全 国 設 計 事 務 所 健 康 保 険 組 合 理 事 長 石 井 純 公 印 省 略 健 康 保 険 法 の 改 正 の ご 案 内 等 に つ い て 時 下 益 々ご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 当 健 康 保 険 組 合 の 運 営 につきましては 日 頃 よりご 協 力 いただき 厚

More information

地域別世界のエアコン需要の推定について 年 月 一般社団法人 日本冷凍空調工業会 日本冷凍空調工業会ではこのほど 年までの世界各国のエアコン需要の推定結果を まとめましたのでご紹介します この推定は 工業会の空調グローバル委員会が毎年行 なっているもので 今回は 年から 年までの過去 ヵ年について主

地域別世界のエアコン需要の推定について 年 月 一般社団法人 日本冷凍空調工業会 日本冷凍空調工業会ではこのほど 年までの世界各国のエアコン需要の推定結果を まとめましたのでご紹介します この推定は 工業会の空調グローバル委員会が毎年行 なっているもので 今回は 年から 年までの過去 ヵ年について主 世界のエアコン需要推定 2017 年 4 月 地域別世界のエアコン需要の推定について 年 月 一般社団法人 日本冷凍空調工業会 日本冷凍空調工業会ではこのほど 年までの世界各国のエアコン需要の推定結果を まとめましたのでご紹介します この推定は 工業会の空調グローバル委員会が毎年行 なっているもので 今回は 年から 年までの過去 ヵ年について主要な国ごとに まとめました * ここでのエアコンは 住宅

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817993FA967B8FAC8C5E914494958C9F8DB88B408D5C817A95CA9359825081698E7793B18AC493C28FF38BB5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817993FA967B8FAC8C5E914494958C9F8DB88B408D5C817A95CA9359825081698E7793B18AC493C28FF38BB5816A2E646F63> ( 別 添 1) 特 別 の 法 律 により 設 立 される 民 間 法 人 の 運 営 に 関 する 指 導 監 督 基 準 に 基 づく 指 導 監 督 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 法 人 名 日 本 小 型 船 舶 検 査 機 構 根 拠 法 令 名 船 舶 安 全 法 ( 昭 和 6 10 月 1 日 民 間 法 人 化 ) 1. 法 人 の 概 要 業 務 の 概 要 1. 船

More information

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定 資 料 10 減 損 損 失 及 び 資 本 金 の 変 動 に 関 する 調 査 記 載 上 の 注 意 事 項 当 調 査 は 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 資 本 金 の の 変 動 等 を 把 握 するために 調 査 する ものである 調 査 対 象 は 地 方 公 営 企 業 状 況 調 査 の 対 象 となっている 法 適 用 企 業 とする Ⅰ 提 出 物 について

More information

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 研 究 開 発 法 人 土 木 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 研 究 所 は 土 木 技 術 に 関 する 研 究 開 発 技 術

More information

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後 ( 様 式 第 K66 号 ) 処 理 コード 7464 01 特 定 処 分 対 象 農 地 等 及 び 特 定 農 業 用 施 設 処 分 届 ( 特 例 付 加 年 金 ) (1) 特 例 付 加 年 金 証 書 の 記 号 番 号 (2) (フリガナ) 記 号 番 号 新 制 度 (H26.4) K66 号 1/9 A 面 氏 名 印 () 生 年 月 日 昭 和 2 年 月 日 各 事 由

More information

Ⅲ 外国人観光客の動向

Ⅲ 外国人観光客の動向 Ⅲ 外 国 人 観 光 客 の 動 向 1 全 国 の 動 向 平 成 24 年 の 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 は 対 前 年 比 34.4% 増 の 835 万 8,105 人 となった 訪 日 外 国 人 旅 行 者 のうち 観 光 客 は 604 万 1,645 人 ( 対 前 年 48.9% 増 ) 商 用 客 は 144 万 2,946 人 ( 同 16% 増 ) 客 は 87

More information

地域別世界のエアコン需要の推定について 2016 年 4 月一般社団法人日本冷凍空調工業会日本冷凍空調工業会ではこのほど 2015 年までの世界各国のエアコン需要の推定結果をまとめましたのでご紹介します この推定は 工業会の空調グローバル委員会が毎年行なっているもので 今回は 2010 年から 2015 年までの過去 6 ヵ年について主要な国ごとにまとめました * ここでのエアコンは 住宅 ビル等に用いられるエアコンの合計で

More information

添 付 資 料 の 目 次 1. 当 四 半 期 決 算 に 関 する 定 性 的 情 報 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 説 明 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 説 明 2 (3) 連 結 業 績 予 想 などの 将 来 予 測 情 報 に 関 する 説 明 2 2.サマリー 情 報 ( 注 記 事 項 )に 関 する 事 項 3 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間

More information

貸 借 対 照 表 内 訳 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 公 益 目 的 事 業 会 計 収 益 事 業 等 会 計 法 人 会 計 内 部 取 引 消 去 合 計 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金

貸 借 対 照 表 内 訳 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 公 益 目 的 事 業 会 計 収 益 事 業 等 会 計 法 人 会 計 内 部 取 引 消 去 合 計 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金 貸 借 対 照 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 当 年 度 前 年 度 ( 注 ) 増 減 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金 286,929,827 217,799,894 69,129,933 未 収 金 24,691,586 24,68,834 82,752 前 払 金 2,857,973 2,75,243

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている.

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている. 別 紙 高 山 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 月 日 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 千 千 千 2,9 2,64,628 6,8 467,928 8. 2.4 (2) 職 員 給 与 費

More information

続 に 基 づく 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 再 認 定 を 受 けていること ) c) 会 社 更 生 法 に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされている 者 又 は 民 事 再 生 法 に 基 づき 再 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなさ

続 に 基 づく 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 再 認 定 を 受 けていること ) c) 会 社 更 生 法 に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされている 者 又 は 民 事 再 生 法 に 基 づき 再 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなさ 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 ( 総 合 評 価 落 札 方 式 )に 係 る 手 続 開 始 の 公 示 次 のとおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 の 選 定 の 手 続 を 開 始 します 平 成 28 年 9 月 20 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 東 北 地 方 整 備 局 秋 田 河 川 国 道 事 務 所 長 渡 邊 政 義 1. 業 務 概 要

More information

3. 競 争 入 札 参 加 資 格 の 有 効 期 間 平 成 28 年 7 月 1 日 から 平 成 29 年 6 月 30 日 までになります 4. 申 請 書 の 提 出 について (1) 提 出 方 法 郵 送 宅 配 便 又 は 持 参 のいずれかの 方 法 で 提 出 してください 郵

3. 競 争 入 札 参 加 資 格 の 有 効 期 間 平 成 28 年 7 月 1 日 から 平 成 29 年 6 月 30 日 までになります 4. 申 請 書 の 提 出 について (1) 提 出 方 法 郵 送 宅 配 便 又 は 持 参 のいずれかの 方 法 で 提 出 してください 郵 建 設 連 業 務 競 争 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 の 手 引 き 1. 申 請 の 対 象 となる 業 務 業 種 業 務 測 量 地 上 測 量 地 図 の 調 整 航 空 測 量 建 築 連 建 設 意 匠 構 造 暖 冷 房 衛 生 電 気 建 築 積 算 機 械 節 義 積 算 電 気 設 備 積 算 タト 調 査 一 般 土 木 連 建 設 土 質 及 び 基 礎 鋼 構

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 1 級 135,6 2 級 185,8 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである 3 級

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 1 級 135,6 2 級 185,8 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである 3 級 伊 江 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 4,822 8,663,924 25,2 91,719 1.4 17.1 (2) 職 員 給 与 費

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

プレゼンテーションタイトル

プレゼンテーションタイトル 資 料 3 半 島 振 興 の 現 況 について 国 土 交 通 省 国 土 政 策 局 平 成 27 年 12 月 15 日 ( 火 ) Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 半 島 振 興 対 策 について 半 島 振 興 法 ( 昭 和 60 年 法 律 第 63 号 ) 我 が 国 において 重 要 な 役 割 を 果

More information

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 に 係 る 企 画 提 案 書 募 集 要 領 1 委 託 事 業 名 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 業 務 委 託 2 目 的 離 島 地 域 の 産 業 の 振 興 を 図 るため これまで 開 発 された 離 島 の 特 産 品 等 を 対 象 と して コーディネーター( 受 託 事 業 者 ) 及 び 外 部

More information

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418 制 定 平 成 22 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 25 年 4 月 18 日 JAHIS 規 程 5010 号 海 外 旅 費 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 会 員 会 社 に 所 属 する 者 一 般 社 団 法 人 保 健 医 療 福 祉 情 報 システム 工 業 会 ( 以 下 本 会 という)への 出 向 者 本 会 が 雇 用 した 職 員 および 業

More information

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します この 申 告 書 は 事 務 所 又 は

More information

年 総 務 省 令 第 42 号 ) 第 1 条 第 2 項 に 規 定 する 対 象 施 設 ( 以 下 この 条 において 対 象 施 設 という )を 新 設 し 又 は 増 設 した 者 について 当 該 対 象 施 設 である 家 屋 及 び 償 却 資 産 並 びに 当 該 家 屋 又

年 総 務 省 令 第 42 号 ) 第 1 条 第 2 項 に 規 定 する 対 象 施 設 ( 以 下 この 条 において 対 象 施 設 という )を 新 設 し 又 は 増 設 した 者 について 当 該 対 象 施 設 である 家 屋 及 び 償 却 資 産 並 びに 当 該 家 屋 又 浦 添 市 固 定 資 産 税 の 課 税 免 除 に 関 する 条 例 平 成 12 年 3 月 31 日 条 例 第 12 号 改 正 平 成 14 年 3 月 31 日 条 例 第 19 号 平 成 15 年 3 月 31 日 条 例 第 3 号 平 成 17 年 3 月 28 日 条 例 第 5 号 平 成 19 年 3 月 31 日 条 例 第 19 号 平 成 24 年 9 月 28 日

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

b) 参 加 表 明 書 の 提 出 時 において 東 北 地 方 整 備 局 ( 港 湾 空 港 関 係 を 除 く) における 平 成 27 28 年 度 土 木 関 係 建 設 コンサルタント 業 務 に 係 る 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 認 定 を 受 けて

b) 参 加 表 明 書 の 提 出 時 において 東 北 地 方 整 備 局 ( 港 湾 空 港 関 係 を 除 く) における 平 成 27 28 年 度 土 木 関 係 建 設 コンサルタント 業 務 に 係 る 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 認 定 を 受 けて 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 ( 総 合 評 価 落 札 方 式 )に 係 る 手 続 き 開 始 の 公 示 次 のとおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 の 選 定 の 手 続 を 開 始 します 平 成 28 年 9 月 27 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 東 北 地 方 整 備 局 三 陸 国 道 事 務 所 長 永 井 浩 泰 1. 業 務 概 要 (1)

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC5905694C5817A3230313230388A4F8D91906C8CA48B868ED282CC8EF393FC>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC5905694C5817A3230313230388A4F8D91906C8CA48B868ED282CC8EF393FC> 鳥 取 大 学 外 国 人 研 究 者 受 入 の 手 引 き 研 究 国 際 協 力 部 国 際 交 流 課 国 際 交 流 係 平 成 24 年 9 月 1 日 改 正 目 次 [ 来 日 前 の 手 続 き] P1 1. 手 続 きの 流 れ 2. 在 留 資 格 認 定 証 明 書 交 付 申 請 手 続 き 3. 住 居 について [ 来 日 後 の 手 続 き] P4 1. 新 規 住

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 8 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1 法 第 43 条 に 基 づく 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1-1 建 築 許 可 等 の 手 続 きフロー 市 街 化 調 整 区 域 における 建 築 許 可 に 関 する 標 準 的 な 手 続 きについては 次 のフローのと おりとなります 建 築 主 地 目 が 農 地 の 場 合 建 築 許

More information

Microsoft Word - 【参考資料】トラック輸送状況の実態調査結果概要

Microsoft Word - 【参考資料】トラック輸送状況の実態調査結果概要 トラック 輸 送 状 況 の 実 態 調 査 ( 版 ) 結 果 概 要 参 考 資 料 平 成 28 年 2 月 1 日 版 調 査 概 要 有 効 回 答 数 運 送 事 業 者 1,252 社 ドライバー5,029 名 (うち 女 性 62 名 ) 調 査 期 間 平 成 27 年 9 月 14 日 ( 月 )~20 日 ( 日 )の 7 日 間 1. 回 答 ドライバーの 概 要 3ページ

More information

第1号様式 その1

第1号様式 その1 別 記 第 1 号 様 式 ( 第 6 条 関 係 ) ( 宛 先 ) 大 田 区 長 ( 第 1 面 ) 事 業 計 画 書 ( 提 出 者 ) 現 住 所 ( - ) 年 月 日 企 業 名 代 表 者 役 職 氏 名 印 大 田 区 研 究 開 発 企 業 等 拠 点 整 備 助 成 事 業 実 施 要 綱 第 6 条 の 規 定 により 次 のとおり 提 出 します 1 業 種 大 分 類

More information

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類 1 市 町 村 民 所 得 の 概 念 (1) 市 町 村 民 所 得 の 概 念 市 町 村 民 所 得 推 計 は 県 民 経 済 計 算 の 概 念 を 市 町 村 という 行 政 区 域 に 適 用 して 市 町 村 単 位 での 1 年 間 に 生 み 出 された 価 値 ( 付 加 価 値 )を 生 産 分 配 の 二 面 からとらえることにより 市 町 村 経 済 の 規 模 や 産

More information

鹿 児 島 県 住 生 活 基 本 計 画 平 成 23~32 年 度 平 成 24 年 3 月 鹿 児 島 県 18 6 鹿 児 島 県 の 総 人 口 一 般 世 帯 数 と 高 齢 化 率 の 推 移 千 人 2,500 鹿 児 島 県 の 総 人 口 鹿 児 島 県 の 一 般 世 帯 数 鹿 児 島 県 の 高 齢 化 率 全 国 平 均 の 高 齢 化 率 40% 2,000 1,500

More information

企業結合ステップ2に関連するJICPA実務指針等の改正について③・資本連結実務指針(その2)

企業結合ステップ2に関連するJICPA実務指針等の改正について③・資本連結実務指針(その2) 会 計 監 査 企 業 結 合 ステップ2に 関 連 するJICPA 実 務 指 針 等 の 改 正 について3 資 本 連 結 実 務 指 針 (その2) 公 認 会 計 士 長 ながぬま 沼 ようすけ 洋 佑 1.はじめに 平 成 26 年 2 月 24 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 (JICPA)は 企 業 会 計 基 準 委 員 会 (ASBJ)によ り 平 成 25 年 9 月

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 平 成 22 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 サンエツ 金 属 株 式 会 社 上 場 取 引 所 名 コード 番 号 5757 URL http://www.sanetu.co.jp 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 釣 谷 宏 行 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

H27年報

H27年報 沖 縄 県 家 計 調 査 結 果 の 概 況 ( 平 成 27 年 平 均 ) 沖 縄 県 企 画 部 統 計 課 消 費 農 林 統 計 班 (Mail :aa014001@pref.okinawa.lg.jp) TEL:098-866-2050 沖 縄 県 統 計 資 料 Webサイト (http://www.pref.okinawa.jp/toukeika/) 統 計 データ 項 目 一 覧

More information

地域別世界のエアコン需要の推定について 2018 年 4 月一般社団法人日本冷凍空調工業会日本冷凍空調工業会ではこのほど 2017 年までの世界各国のエアコン需要の推定結果をまとめましたのでご紹介します この推定は 工業会の空調グローバル委員会が毎年行なっているもので 今回は 2012 年から 20

地域別世界のエアコン需要の推定について 2018 年 4 月一般社団法人日本冷凍空調工業会日本冷凍空調工業会ではこのほど 2017 年までの世界各国のエアコン需要の推定結果をまとめましたのでご紹介します この推定は 工業会の空調グローバル委員会が毎年行なっているもので 今回は 2012 年から 20 世界のエアコン需要推定 2018 年 4 月 地域別世界のエアコン需要の推定について 2018 年 4 月一般社団法人日本冷凍空調工業会日本冷凍空調工業会ではこのほど 2017 年までの世界各国のエアコン需要の推定結果をまとめましたのでご紹介します この推定は 工業会の空調グローバル委員会が毎年行なっているもので 今回は 2012 年から 2017 年までの過去 6 ヵ年について主要な国ごとにまとめました

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 には 事 委 員 会 が 設 置 されていないため 勧 告 はありません 1 月 例 給 民 間 給 与 公 務 員 給 与 A B 24 年 度 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 AB ( 改 定

(5) 給 与 改 定 の 状 況 には 事 委 員 会 が 設 置 されていないため 勧 告 はありません 1 月 例 給 民 間 給 与 公 務 員 給 与 A B 24 年 度 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 AB ( 改 定 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 千 千 千 46,445 2,239,554 454,172 3,386,243 16.73 15.69

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information