凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

Size: px
Start display at page:

Download "凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3"

Transcription

1 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関

2 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む ) 熊 本 ( 平 成 13 年 4 月 開 港 ) 水 俣 三 角 熊 本 空 港 鹿 児 島 ( 喜 入 ( 平 成 20 年 7 月 以 降 )を 含 む ) 川 内 枕 崎 ( 平 成 11 年 7 月 開 港 ) 喜 入 ( 平 成 20 年 6 月 まで) 鹿 児 島 空 港 及 び 志 布 志 の 各 税 関 官 署 における 管 轄 地 域 の 貿 易 額 をそれぞれ 掲 載 した 2. 統 計 資 料 本 表 は 平 成 22 年 (2010 年 ) 暦 年 中 に 税 関 に 提 出 された 輸 出 ( 入 ) 申 告 書 積 戻 し 申 告 書 蔵 ( 移 ) 入 承 認 申 請 書 等 通 関 上 の 諸 申 告 書 類 及 び 船 舶 ( 航 空 機 ) 入 港 届 船 ( 機 ) 用 品 積 込 承 認 申 告 書 等 を 資 料 とした 3. 統 計 計 上 範 囲 (1) 本 表 に 記 載 されている 貿 易 統 計 には 次 のものは 含 まれない 少 額 貨 物 (20 万 円 以 下 の 貨 物 ) 見 本 品 寄 贈 品 旅 客 用 品 興 行 用 品 軍 関 係 貨 物 見 本 市 等 への 出 品 物 密 輸 品 運 送 のため 反 復 使 用 されるコンテナー 類 等 (2) 本 表 の 通 過 貿 易 表 船 ( 機 ) 用 品 積 込 表 には 20 万 円 以 下 の 貨 物 は 含 まれない (3) 本 表 の 船 舶 及 び 航 空 機 入 港 表 は 外 国 貿 易 船 ( 機 )の 総 入 港 隻 ( 機 ) 数 を 計 上 した 4. 統 計 計 上 の 時 期 (1) 輸 出 は 貨 物 を 積 載 した 船 舶 ( 航 空 機 )の 出 港 の 日 (2) 輸 入 は 輸 入 許 可 の 日 ただし 保 税 蔵 置 場 に 蔵 入 れ 保 税 工 場 に 移 入 れ 又 は 総 合 保 税 地 域 に 総 保 入 れされたもの 及 び 輸 入 許 可 前 に 国 内 への 引 取 りを 承 認 されたものは それぞれの 承 認 の 日 (3) 通 過 貿 易 及 び 船 ( 機 ) 用 品 は 当 該 貨 物 を 積 み 込 んだ 日 (4) 船 舶 及 び 航 空 機 は 当 該 船 舶 及 び 航 空 機 の 入 港 の 日 5. 商 品 分 類 本 表 に 記 載 されている 商 品 分 類 は 国 際 統 一 商 品 分 類 (HS)に 準 拠 する 輸 出 入 統 計 品 目 表 を 基 準 とする 品 目 分 類 基 準 表 ( 巻 末 付 表 )による 6. 数 量 数 量 単 位 は 輸 出 入 統 計 品 目 表 に 記 載 されている 単 位 を 基 本 とするが 桁 数 の 大 きいも のについては 上 位 のものを 用 い 単 位 未 満 は 四 捨 五 入 した 7. 価 額 原 則 として 輸 出 は 本 船 渡 価 額 (FOB) 輸 入 は 到 着 価 額 (CIF)により 千 円 単 位 と し 単 位 未 満 は 切 り 捨 てた

3 8. 国 別 原 則 として 輸 出 は 仕 向 国 輸 入 は 原 産 国 とし その 国 名 及 び 包 含 地 域 は 財 務 省 編 さ んの 統 計 国 名 符 号 表 による 備 考 1. 数 量 又 は 価 額 欄 中 (1) - は 実 績 皆 無 のもの (2) 0 は 計 上 単 位 に 満 たないもの (3) 空 欄 は 数 量 単 位 を 設 けていないもの 単 位 が 異 なるため 集 計 できないもの 又 は 平 成 21 年 には 存 在 しなかった 概 況 品 コード 2. 第 1 表 年 別 月 別 総 額 表 前 年 比 欄 中 倍 は 前 年 比 200% 以 上 10000% 未 満 殆 全 増 は 前 年 比 10000% 以 上 の 場 合 3. 数 量 単 位 略 語 巻 末 付 表 数 量 単 位 略 語 表 を 参 照 願 います 本 表 についてのお 問 い 合 わせは 下 記 に 願 います 長 崎 税 関 調 査 部 調 査 統 計 課 長 崎 市 出 島 町 1 番 36 号 電 話 長 崎 税 関 ホームページ 税 関 ホームページ 上 の 貿 易 統 計 から 全 国 及 び 全 国 各 港 別 の 輸 出 入 通 関 実 績 が 閲 覧 でき ますのでご 利 用 ください (ホームページアドレス ) 本 表 を 他 に 転 載 するときは 必 ず 長 崎 税 関 の 資 料 による 旨 注 記 願 います

4 目 次 管 内 貿 易 概 況 1 輸 出 入 貿 易 額 ベ ス ト 第 1 表 年 別 月 別 総 額 表 14 第 2 表 輸 出 入 国 別 表 25 第 3 表 輸 出 品 別 表 39 第 4 表 輸 入 品 別 表 53 第 5 表 輸 出 品 別 国 別 表 66 第 6 表 輸 入 品 別 国 別 表 74 第 7 表 輸 出 国 別 品 別 表 80 第 8 表 輸 入 国 別 品 別 表 85 第 9 表 通 過 貿 易 表 89 第 10 表 船 ( 機 ) 用 品 積 込 表 91 第 11 表 船 舶 及 び 航 空 機 入 港 表 96 付 表 品 目 分 類 基 準 表 100 数 量 単 位 略 語 表 125

5 平 成 22 年 管 内 貿 易 概 況 1. 管 内 貿 易 動 向 (1) 概 況 平 成 22 年 分 の 長 崎 税 関 管 内 の 貿 易 額 は 次 のとおりである 貿 易 額 伸 び 率 (%) 増 減 額 ( 百 万 円 ) 1 輸 出 5,901 億 30 百 万 円 億 03 百 万 円 2 輸 入 1 兆 6657 億 53 百 万 円 億 39 万 円 3 輸 出 入 合 計 2 兆 2558 億 83 百 万 円 億 42 百 万 円 4 差 引 1 兆 0756 億 22 百 万 円 の 輸 入 超 過 1 輸 出 額 電 気 機 器 が 減 少 したものの 主 力 の 船 舶 類 一 般 機 械 などが 増 加 したことにより 総 額 で5,901 億 30 百 万 円 ( 対 前 年 比 110.9%)で2 年 ぶりのプラスとなり 過 去 最 高 値 を 記 録 した なお 輸 出 総 額 の 全 国 比 は 前 年 の1.0%から0.1ポイント 減 少 し0.9%となった ( 平 成 17~21 年 の 5 年 間 の 輸 出 総 額 の 年 平 均 : 5,197 億 32 百 万 円 ) 2 輸 入 額 穀 物 及 び 同 調 製 品 が 減 少 したものの 主 力 の 鉱 物 性 燃 料 飼 料 化 学 製 品 生 ゴムなど が 増 加 したことにより 総 額 で1 兆 6657 億 53 百 万 円 ( 対 前 年 比 113.5%)と2 年 ぶり のプラスとなった なお 輸 入 総 額 の 全 国 比 は 前 年 の2.9%から0.2ポイント 減 少 し2.7%となった ( 平 成 17~21 年 の 5 年 間 の 年 平 均 : 1 兆 9817 億 51 百 万 円 ) 3 輸 出 入 合 計 前 年 の2 兆 42 百 万 円 から12.8% 増 の2 兆 2558 億 83 百 万 円 となり 2 年 ぶりの プラスとなった ( 平 成 17~21 年 の 5 年 間 の 年 平 均 : 2 兆 5014 億 83 百 万 円 ) 4 輸 出 入 差 引 原 油 等 鉱 物 性 燃 料 の 輸 入 額 のウェートが 大 きいことから 昭 和 47 年 以 降 毎 年 輸 入 超 過 で 推 移 している ( 平 成 17~21 年 の 5 年 間 の 年 平 均 : 1 兆 4620 億 18 百 万 円 の 輸 入 超 過 ) 億 円 40,000 長 崎 税 関 管 内 の 輸 出 入 貿 易 額 の 推 移 輸 出 輸 出 入 合 計 輸 入 輸 出 入 差 引 30,000 20,000 10, ,000 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22-20,000-30,000 1

6 (2) 主 要 品 目 別 動 向 輸 出 平 成 22 年 単 位 : 百 万 円 % 前 年 順 位 品 目 単 位 数 量 前 年 比 金 額 前 年 比 構 成 比 金 額 1 船 舶 類 NO , ,549 2 一 般 機 械 85, ,504 3 化 学 製 品 25, ,941 4 電 気 機 器 15, ,929 5 ゴム 製 品 MT 25, , ,113 6 鉄 鋼 のくず MT 159, , ,205 7 金 属 製 品 5, ,323 8 鉄 鋼 MT 63, , ,878 9 魚 介 類 及 び 同 調 製 品 MT 13, , , パルプ 及 び 古 紙 MT 37, 倍 1, 倍 船 舶 類 4,219 億 01 百 万 円 (+15.7%( 伸 び 率 以 下 同 じ) 573 億 51 百 万 円 増 ) マレーシア(0 百 万 円 殆 全 減 前 年 414 億 50 百 万 円 ) バハマ(146 億 45 百 万 円 73.7%) 向 けが 減 少 したものの パナマ(1,918 億 64 百 万 円 +38.6%) シンガポール(838 億 56 百 万 円 2.1 倍 ) 香 港 (585 億 05 百 万 円 +49.3%) 向 けが 増 加 したことにより 3 年 連 続 のプラスとなり 過 去 最 高 値 を 更 新 した タンカー:22 隻 1,618 億 40 百 万 円 ( 18.7%) 貨 物 船 :56 隻 2,565 億 56 百 万 円 (+57.5%) 2 一 般 機 械 853 億 87 百 万 円 (+21.1% 148 億 82 百 万 円 増 ) 主 要 品 目 の 原 動 機 は サウジアラビア(13 億 46 百 万 円 82.4%) エジプト(24 億 95 百 万 円 60.5%) 向 けが 減 少 したものの インドネシア(293 億 30 百 万 円 5.1 倍 ) 中 国 (71 億 51 百 万 円 +56.3%) インド(49 億 88 百 万 円 21.1 倍 ) 向 けが 増 加 した 更 に 加 熱 用 冷 却 用 機 器 建 設 用 鉱 山 用 機 械 ともに 増 加 したことにより 一 般 機 械 全 体 では3 年 ぶりのプラスとなった 原 動 機 :557 億 43 百 万 円 (+16.2%) 加 熱 用 冷 却 用 機 器 :142 億 34 百 万 円 (+96.6%) 建 設 用 鉱 山 用 機 械 : 42 億 05 百 万 円 (3.1 倍 ) 3 化 学 製 品 252 億 49 百 万 円 (+58.4% 93 億 08 百 万 円 増 ) 主 要 品 目 の 有 機 化 合 物 (68 億 52 百 万 円 +45.5%)は 台 湾 (90 百 万 円 77.4%) 向 けが 減 少 したものの 中 国 (18 億 90 百 万 円 2.8 倍 ) フランス(14 億 04 百 万 円 +26.5%) 向 けが 増 加 した また 無 機 化 合 物 (17 億 03 百 万 円 +28.3%)も スウェーデン(81 百 万 円 38.6%) 向 けが 減 少 したものの アメリカ(3 億 97 百 万 円 +6.0%) 韓 国 (3 億 67 百 万 円 %) 向 けが 増 加 したことにより 化 学 製 品 全 体 では2 年 ぶりのプラスとなった 2

7 4 電 気 機 器 157 億 87 百 万 円 ( 62.3% 261 億 42 百 万 円 減 ) 主 要 品 目 の 重 電 機 器 (38 億 58 百 万 円 86.3%)は 大 韓 民 国 (14 億 16 百 万 円 + 3.2%) 中 国 (1 億 62 百 万 円 3.8 倍 増 ) 向 けが 増 加 したものの アメリカ(22 億 53 百 万 円 91.5%) ベトナム(7 百 万 円 53.1%) 向 けが 減 少 した また 半 導 体 等 電 子 部 品 (55 億 40 百 万 円 12.4%%)も ドイツ(16 億 72 百 万 円 +31.9%) 台 湾 (13 億 56 百 万 円 +19.1%) 向 けが 増 加 したものの 香 港 (- 百 万 円 全 減 前 年 23 億 84 百 万 ) マレーシア(3 億 30 百 万 円 19.6%) 向 けが 減 少 したことによ り 電 気 機 器 全 体 では4 年 連 続 のマイナスとなった 5 ゴム 製 品 85 億 99 百 万 円 (+40.7% 24 億 87 百 万 円 増 ) 主 要 品 目 のタイヤ 及 びチューブ(79 億 95 百 万 円 +38.1%)はロシア(1 億 94 百 万 円 44.2%) 向 けが 減 少 したものの アメリカ(71 億 21 百 万 円 +43.9%) オーストラ リア(6 億 39 百 万 円 +39.2%) 向 けが 増 加 したことにより ゴム 製 品 全 体 では2 年 連 続 のプラスとなった 6 鉄 鋼 のくず 64 億 89 百 万 円 ( 29.5% 27 億 16 百 万 円 減 ) 台 湾 (1 億 16 百 万 円 +7.5%) 向 けが 増 加 したものの 韓 国 (32 億 12 百 万 円 5.4%) 中 国 (31 億 61 百 万 円 44.4%) 向 けが 減 少 したことにより 2 年 ぶりのマイナスと なった 7 金 属 製 品 58 億 40 百 万 円 (+35.1% 15 億 17 百 万 円 増 ) アメリカ(20 億 50 百 万 円 6.5%) 韓 国 (2 億 83 百 万 円 65.6%) 向 けが 減 少 したものの 中 国 (10 億 45 百 万 円 14.1 倍 ) サウジアラビア(7 億 11 百 万 円 +74.7%) 向 けが 増 加 したことにより 2 年 ぶりのプラスとなった 8 鉄 鋼 46 億 01 百 万 円 (+18.6% 7 億 23 百 万 円 増 ) 韓 国 (17 億 02 百 万 円 26.0%) 中 国 (1 億 73 百 万 円 75.1%) 向 けが 減 少 し たものの 台 湾 (14 億 55 百 万 円 殆 全 増 ) インドネシア(10 億 63 百 万 円 +56.6%) 向 けが 増 加 したことにより 3 年 ぶりのプラスとなった 9 魚 介 類 及 び 同 調 製 品 21 億 24 百 万 円 (+4.8% 96 百 万 円 増 ) 韓 国 (5 億 78 百 万 円 24.6%) ペルー(3 億 34 百 万 円 18.8%) 向 けが 減 少 し たものの アメリカ(3 億 12 百 万 円 5.8 倍 ) パプアニューギニア(1 億 92 百 万 円 全 増 ) 中 国 (1 億 78 百 万 円 +17.6%) 向 けが 増 加 したことにより 2 年 ぶりのプラ スとなった 10 パルプ 及 び 古 紙 12 億 31 百 万 円 (4.7 倍 9 億 70 百 万 円 増 ) 韓 国 (6 億 21 百 万 円 全 増 ) 中 国 (4 億 09 百 万 円 +73.6%) 向 けなど 軒 並 み 増 加 したことにより 2 年 連 続 のプラスとなった 億 円 4,500 4,000 3,500 3,000 2,500 2,000 1,500 1, 長 崎 税 関 管 内 主 要 輸 出 品 目 の 推 移 船 舶 類 一 般 機 械 電 気 機 器 H18 H19 H20 H21 H22 3

8 輸 入 単 位 : 百 万 円 % 平 成 22 年 前 年 順 位 品 目 単 位 数 量 前 年 比 金 額 前 年 比 構 成 比 金 額 鉱 物 性 燃 料 1,382, ,211,428 1 原 粗 油 千 KL 27, ,193, ,046,988 石 炭 千 MT 15, , ,173 天 然 製 造 ガス 千 MT , ,778 2 穀 物 及 び 同 調 製 品 千 MT 4, , ,323 3 飼 料 千 MT 1, , ,521 4 化 学 製 品 22, ,428 5 生 ゴム MT 70, , 倍 1.1 8,299 6 魚 介 類 及 び 同 調 製 品 MT 93, , ,173 7 金 属 製 品 12, ,496 8 一 般 機 械 12, ,405 9 パルプウッド 等 千 MT , , 非 鉄 金 属 MT 44, , ,094 1 鉱 物 性 燃 料 1 兆 3820 億 68 百 万 円 (+14.1% 1706 億 40 百 万 円 増 ) 主 力 の 原 粗 油 は 数 量 が 減 少 したものの 原 油 価 格 の 上 昇 により 円 高 傾 向 の 中 にお いても2 桁 台 の 増 加 となり これに 追 随 するかのように 天 然 製 造 ガスも 増 加 した また 石 炭 も 数 量 金 額 ともに 増 加 したことにより 鉱 物 性 燃 料 全 体 では2 年 ぶり のプラスとなった 原 粗 油 27,416 千 キロリットル( 6.8%) 1 兆 1933 億 16 百 万 円 (+14.0%) 国 名 数 量 ( 千 KL) 前 年 比 金 額 ( 百 万 円 ) 前 年 比 構 成 比 サウジアラビア 7, % 328, % 27.5% アラブ 首 長 国 連 邦 3, % 152, % 12.8% クウェート 3, % 131, % 11.1% イラク 2, % 122, % 10.2% カタール 2, % 98, % 8.3% オマーン 2, % 91, % 7.7% イラン 1, % 81, % 6.8% スーダン 1, % 80, % 6.7% ロシア 1, % 50, % 4.3% インドネシア 1, % 45, % 3.9% その 他 215 9, % 計 27, % 1,193, % 100.0% 4

9 原 油 粗 油 仕 出 国 別 構 成 比 8% 7% 8% 7% 7% 8% 8% 6% 4% 4% 1% 10% 4% 4%1% 27% 外 円 : 金 額 内 円 : 数 量 11% 11% 11% 27% 13% 13% サウジアラビア アラブ 首 長 国 連 邦 クウェート イラク カタール オマーン イラン スーダン ロシア インドネシア その 他 石 炭 15,113 千 トン(+15.6%) 1,313 億 41 百 万 円 (+15.0%) 国 名 数 量 ( 千 MT) 前 年 比 金 額 ( 百 万 円 ) 前 年 比 構 成 比 オーストラリア 7, % 69, % 52.9% インドネシア 5, % 40, % 30.5% カナダ 1, % 12, % 9.2% ロシア % 6, % 4.7% 南 アフリカ 倍 1,822 4 倍 1.4% 中 国 % 1, % 1.3% ベトナム 4 全 増 64 全 増 0.0% 計 15, % 131, % 100.0% 石 炭 仕 出 国 別 構 成 比 5% 1%1%0% 9% 5% 1%1%0% オーストラリア 9% インドネシア 31% 35% 外 円 : 金 額 内 円 : 数 量 49% 53% カナダ ロシア 南 アフリカ 中 国 ベトナム 5

10 2 穀 物 及 び 同 調 製 品 871 億 28 百 万 円 ( 1.4% 11 億 96 百 万 円 減 ) 主 要 品 目 のうち 飼 料 用 とうもろこしは アルゼンチン(40 億 64 百 万 円 7.9 倍 ) ブ ラジル(39 億 97 百 万 円 47.8 倍 ) 仕 出 しが 増 加 したものの アメリカ(482 億 55 百 万 円 14.5%) 仕 出 しが 減 少 した また 飼 料 用 こうりゃんも アメリカ(55 億 62 百 万 円 3.7 倍 ) アルゼンチン(37 億 47 百 万 円 3.0 倍 ) 仕 出 しが 増 加 したものの オーストラリア(9 億 27 百 万 円 89.0%) 仕 出 しが 減 少 した 一 方 大 麦 及 びはだか 麦 はカナダ(3 億 43 百 万 円 42.8%)が 減 少 したものの オ ーストラリア(72 億 59 百 万 円 +19.1%) 仕 出 しが 増 加 した これらの 主 要 3 品 目 により 穀 物 及 び 同 調 製 品 全 体 では2 年 連 続 のマイナスとなった とうもろこし( 飼 料 用 ):2,793 千 トン( 0.9%) 578 億 99 百 万 円 ( 1.2%) こ う りゃん( 飼 料 用 ): 512 千 トン( 13.6%) 102 億 37 百 万 円 ( 8.4%) 大 麦 及 び はだか 麦 : 393 千 トン(+3.0%) 80 億 28 百 万 円 (+6.0%) 3 飼 料 471 億 87 百 万 円 (+3.7% 16 億 66 百 万 円 増 ) 主 要 品 目 のうち 植 物 性 油 かすは インド(114 億 86 百 万 円 +9.4%) 仕 出 しが 増 加 したものの 中 国 (122 億 52 百 万 円 1.5%) アメリカ(22 億 83 百 万 円 25.4%) 仕 出 しが 減 少 した 一 方 魚 粉 及 びミールはチリ(24 億 65 百 万 円 +23.3%) ペルー(26 億 72 百 万 円 +78.9%) インド(9 億 36 百 万 円 5.9 倍 ) 仕 出 しなどが 軒 並 み 増 加 したことに より 飼 料 全 体 では2 年 ぶりのプラスとなった 植 物 性 油 かす: 779 千 トン( 0.3%) 288 億 75 百 万 円 ( 4.1%) 魚 粉 及 びミール: 64 千 トン(+14.1%) 85 億 36 百 万 円 (+69.1%) 4 化 学 製 品 222 億 96 百 万 円 (+14.8% 28 億 68 百 万 円 ) 主 要 品 目 の 有 機 化 合 物 (97 億 75 百 万 円 +7.5%)は パキスタン(4 億 69 百 万 円 44.2%) タイ(1 億 78 百 万 円 49.9%) 仕 出 しが 減 少 したものの ブラジル(64 億 83 百 万 円 +14.6%) ベルギー(9 億 14 百 万 円 +6.4%) 仕 出 しが 増 加 した また 無 機 化 合 物 (40 億 42 百 万 円 +65.1%)も 中 国 (11 億 57 百 万 円 2.2 倍 ) タイ(10 億 58 百 万 円 +89.7%) 韓 国 (10 億 31 百 万 円 +31.8%) 仕 出 しなどが 軒 並 み 増 加 したことにより 化 学 製 品 全 体 では2 年 ぶりのプラスとなった 5 生 ゴム 180 億 82 百 万 円 (2.2 倍 97 億 83 百 万 円 増 ) インドネシア(139 億 91 百 万 円 2.1 倍 ) 大 韓 民 国 (15 億 91 百 万 円 2.6 倍 ) 仕 出 しなどが 軒 並 み 増 加 したことにより 2 年 ぶりのプラスとなった 6 魚 介 類 及 び 同 調 製 品 150 億 43 百 万 円 (+14.2% 18 億 70 百 万 円 増 ) マーシャル(7 億 28 百 万 円 54.7%) 仕 出 しが 減 少 したものの 中 国 (71 億 74 百 万 円 +26.5%) インドネシア(27 億 06 百 万 円 +15.8%) 仕 出 しが 増 加 したこ とにより 2 年 ぶりのプラスとなった 7 金 属 製 品 129 億 10 百 万 円 (+12.3% 14 億 14 百 万 円 増 ) 中 国 (40 億 02 百 万 円 24.7%) 仕 出 しが 減 少 したものの 大 韓 民 国 (82 億 65 百 万 円 +45.1%) 仕 出 しが 増 加 したことにより 3 年 ぶりのプラスとなった 8 一 般 機 械 121 億 25 百 万 円 (+28.9% 27 億 21 百 万 円 増 ) 韓 国 (39 億 11 百 万 円 18.4%) 中 国 (6 億 01 百 万 円 81.4%) 仕 出 しが 減 少 し たものの ドイツ(62 億 41 百 万 円 34.7 倍 ) 仕 出 しが 増 加 したことにより 3 年 ぶり のプラスとなった 6

11 9 パルプウッド 等 118 億 51 百 万 円 (+13.0% 13 億 63 百 万 円 増 ) ブラジル(- 百 万 円 全 減 前 年 11 億 22 百 万 円 ) 仕 出 しが 全 減 となったものの オースト ラリア(55 億 15 百 万 円 +29.0%) 南 アフリカ(38 億 12 百 万 円 +24.7%) 仕 出 し が 増 加 したことにより 2 年 ぶりのプラスとなった 10 非 鉄 金 属 88 億 43 百 万 円 (+73.6% 37 億 49 百 万 円 増 ) 主 要 品 目 のアルミニウム 及 び 同 合 金 (87 億 75 百 万 円 +72.7%)は インドネシア (69 億 77 百 万 円 +83.4%) オーストラリア(7 億 52 百 万 円 2.3 倍 ) 南 アフリカ (6 億 43 百 万 円 +44.8%) 仕 出 しなどが 軒 並 み 増 加 したことにより 3 年 ぶりのプ ラスとなった (3) 主 要 地 域 ( 国 ) 別 動 向 輸 出 単 位 : 百 万 円 % 順 位 地 域 金 額 前 年 比 前 年 構 成 比 主 要 輸 出 品 1 アジア 259, , 船 舶 類 一 般 機 械 化 学 製 品 2 中 南 米 218, , 船 舶 類 一 般 機 械 3 アフリカ 54, , 船 舶 類 一 般 機 械 4 北 米 20, , 一 般 機 械 電 気 機 器 5 大 洋 州 17, 倍 8, 船 舶 類 電 気 機 器 6 西 欧 13, , 一 般 機 械 電 気 機 器 1 アジア 2,593 億 07 百 万 円 (+30.4% 604 億 18 百 万 円 増 ) 主 力 の 船 舶 類 ではマレーシア(0 百 万 円 殆 全 減 前 年 414 億 51 百 万 円 ) 向 けが 減 少 し たものの シンガポール(838 億 56 百 万 円 2.1 倍 ) 香 港 (585 億 05 百 万 円 +49.3%) 向 けが 増 加 したことにより+18.3%と2 桁 台 の 増 加 となった また 一 般 機 械 も 韓 国 (87 億 55 百 万 円 2.4%) 向 けが 減 少 したものの イン ドネシア(305 億 49 百 万 円 5.0 倍 ) 中 国 (102 億 40 百 万 円 +24.0%) 向 けが 増 加 したことにより+93.8%と 大 幅 増 となった そのほか 電 気 機 器 が 20.7% 減 少 し 化 学 製 品 が+85.5% 増 加 したことにより アジア 地 域 における 総 額 では2 年 連 続 のプラスとなった 2 中 南 米 2,183 億 27 百 万 円 (+8.6% 173 億 59 百 万 円 増 ) 主 力 の 船 舶 類 では バハマ(146 億 45 百 万 円 73.7%) 向 けが 減 少 したものの パナマ(1,918 億 64 百 万 円 +38.6%) 向 けが 増 加 したことにより+10.2%と2 桁 台 の 増 加 となった 一 方 一 般 機 械 では パナマ(1 億 88 百 万 円 8.5 倍 ) 向 けが 増 加 したものの ベネズエラ(17 億 84 百 万 円 20.0%) メキシコ(6 億 87 百 万 円 63.0%) 向 けが 減 少 したことにより 53.7%と 大 幅 減 となった 船 舶 類 の 寄 与 により 中 南 米 地 域 における 総 額 では2 年 ぶりのプラスとなった 3 アフリカ 542 億 46 百 万 円 (+53.8% 189 億 71 百 万 円 増 ) 船 舶 類 はリベリア(465 億 76 百 万 円 +87.7%) 向 けが 大 幅 に 増 加 した 一 方 一 般 機 械 はアルジェリア(43 億 49 百 万 円 全 増 ) 向 けが 増 加 したものの エジプト(25 億 21 百 万 円 60.5%) 南 アフリカ(2 億 04 百 万 円 85.2%) 向 け が 減 少 したことにより 20.3%と 大 幅 減 となった 船 舶 類 の 寄 与 により アフリカ 地 域 における 総 額 では2 年 連 続 のプラスとなった 7

12 4 北 米 200 億 08 百 万 円 ( 54.0% 235 億 23 百 万 円 減 ) 一 般 機 械 はカナダ(1 億 70 百 万 円 87.0%) 向 けが 減 少 したものの アメリカ (49 億 38 百 万 円 +53.9%) 向 けが 増 加 したことにより+13.2%と 2 桁 台 の 増 加 と なった 一 方 風 力 発 電 などの 電 気 機 器 はアメリカ(33 億 50 百 万 円 87.9%) 向 けが 減 少 したことにより 87.9%と 大 幅 減 となり 北 米 地 域 における 総 額 では2 年 連 続 のマ イナスとなった 5 大 洋 州 177 億 60 百 万 円 (2.1 倍 92 億 19 百 万 円 増 ) 船 舶 類 はバヌアツ(- 百 万 円 全 減 前 年 30 億 34 百 万 円 ) 向 けが 全 減 となったものの マ ーシャル(158 億 24 百 万 円 3.5 倍 ) 向 けが 増 加 したことにより 2.1 倍 となった また 電 気 機 器 もオーストラリア(6 億 40 百 万 円 殆 全 増 ) 向 けが 増 加 したことに より 9.2 倍 となったことにより 大 洋 州 における 総 額 では3 年 ぶりのプラスとなった 6 西 欧 130 億 41 百 万 円 ( 47.5% 118 億 06 百 万 円 減 ) 一 般 機 械 はスペイン(1 億 39 百 万 円 84.7%) 向 けが 減 少 したものの フラン ス(33 億 86 百 万 円 4.8 倍 ) ドイツ(11 億 84 百 万 円 2.6 倍 ) 増 加 したことによ り 2.2 倍 となった また 電 気 機 器 もポルトガル(8 百 万 円 94.0%) 向 けが 減 少 したものの ドイ ツ(18 億 91 百 万 円 +1.1%) イタリア(2 億 48 百 万 円 6.6 倍 ) 向 けが 増 加 した ことにより+10.8%と 大 幅 増 となった なお 前 年 ノルウェー 向 けに 船 舶 (151 億 67 百 万 円 )が 輸 出 されたが 本 年 全 減 となったことにより 西 欧 地 域 における 総 額 では4 年 連 続 のマイナスとなった 以 上 の6 地 域 で 全 体 の 98.7%を 占 めており 続 いて 中 東 1.1% 中 東 欧 ロシア 等 0.2% となっている 輸 入 単 位 : 百 万 円 % 順 位 地 域 金 額 前 年 比 前 年 構 成 比 主 要 輸 入 品 1 中 東 1,043, , 原 粗 油 LPG 2 アジア 242, , 原 粗 油 石 炭 飼 料 3 アフリカ 93, , 原 粗 油 石 炭 ウット チッフ 4 大 洋 州 91, , 石 炭 穀 物 ウット チッフ 5 北 米 87, , 穀 物 石 炭 飼 料 6 中 東 欧 ロシア 等 61, , 原 粗 油 石 炭 穀 物 1 中 東 1 兆 0431 億 06 百 万 円 (+14.9% 1349 億 46 百 万 円 増 ) 主 力 の 原 粗 油 は アラブ 首 長 国 連 合 (1522 億 88 百 万 円 13.1%) クウェー ト(1319 億 13 百 万 円 5.7%)が 減 少 したものの サウジアラビア(3280 億 71 百 万 円 +35.5%) イラク(1222 億 83 百 万 円 +64.8%)が 増 加 したことにより +14.3%と2 桁 台 の 増 加 となった なお 原 油 価 格 の 上 昇 により 数 量 (2323 万 KL) は 中 東 全 体 で 6.6% 減 少 したが 金 額 (1 兆 0062 億 円 )は 14.3% 増 加 した また 液 化 石 油 ガスも 数 量 (534 千 MT)が 2.8% 減 少 したものの 金 額 (351 億 39 百 万 円 )が+31.0%と 大 幅 増 となったことにより 中 東 地 域 における 総 額 では2 年 ぶりのプラスとなった 8

13 2 アジア 2427 億 12 百 万 円 (+15.3% 322 億 76 百 万 円 増 ) インドネシア(1154 億 76 百 万 円 )は 原 粗 油 (459 億 72 百 万 円 +17.5%) 石 炭 (400 億 08 百 万 円 +28.1%) 天 然 ゴム(139 億 91 百 万 円 2.1 倍 ) アルミニウ ム 及 び 同 合 金 (69 億 77 百 万 円 +83.4%)などが 軒 並 み 増 加 したことにより+31.8% と 大 幅 増 となった 中 国 (514 億 54 百 万 円 )は 魚 介 類 及 び 同 調 製 品 (71 億 74 百 万 円 +26.5%)が 増 加 したものの 飼 料 (153 億 49 百 万 円 3.5%) 金 属 製 品 (40 億 02 百 万 円 24.7%) が 減 少 したことにより 7.9%と 小 幅 減 となった 韓 国 (300 億 78 百 万 円 )は 一 般 機 械 (39 億 11 百 万 円 18.4%)が 減 少 したもの の 金 属 製 品 (82 億 65 百 万 円 +45.1%) 石 油 製 品 (81 億 28 百 万 円 +71.0%)が 増 加 したことにより+28.7%と 大 幅 増 となった これらの 上 位 3 ケ 国 の 貿 易 額 によりアジア 地 域 における 総 額 では2 年 ぶりのプラス となった 3 アフリカ 939 億 79 百 万 円 (+45.1% 292 億 33 百 万 円 増 ) スーダン(804 億 36 百 万 円 +42.1%) アンゴラ(70 億 56 百 万 円 3.2 倍 )の 輸 入 品 目 は 原 粗 油 のみで 数 量 価 格 ともに 増 加 した また 南 アフリカ 共 和 国 (64 億 25 百 万 円 )も 石 炭 (18 億 22 百 万 円 4.0 倍 ) ウッ ドチップ(38 億 12 百 万 円 +24.7%)が 増 加 したことにより+57.5%と 大 幅 増 となり アフリカ 地 域 における 総 額 では2 年 ぶりのプラスとなった 4 大 洋 州 914 億 10 百 万 円 ( 1.7% 15 億 87 百 万 円 減 ) 当 該 地 域 の 中 で 98%の 貿 易 額 を 占 めるオーストラリア(893 億 19 百 万 円 )は 石 炭 (694 億 47 百 万 円 +13.5%) ウッドチップ(55 億 15 百 万 円 +29.0%)が 増 加 したものの 穀 物 及 び 同 調 製 品 (87 億 50 百 万 円 42.2%) 液 化 天 然 ガス(27 億 19 百 万 円 24.8%)が 減 少 したことにより 0.9%と 若 干 マイナスとなり 大 洋 州 にお ける 総 額 では2 年 連 続 のマイナスとなった 5 北 米 877 億 18 百 万 円 ( 7.4% 70 億 48 百 万 円 減 ) アメリカ(729 億 17 百 万 円 )は 穀 物 及 び 同 調 製 品 (601 億 35 百 万 円 6.9%) 飼 料 (59 億 05 百 万 円 14.3%)がともに 減 少 したことにより 5.8%と 小 幅 減 とな った また カナダ(147 億 91 百 万 円 )も 穀 物 及 び 同 調 製 品 (7 億 36 百 万 円 +17.9%) が 増 加 したものの 飼 料 (7 億 08 百 万 円 24.4%) 石 炭 (120 億 91 百 万 円 20.1%) がともに 減 少 したことにより 14.8%と2 桁 台 の 減 少 となり 北 米 地 域 における 総 額 で は2 年 連 続 のマイナスとなった 6 中 東 欧 ロシア 等 612 億 59 百 万 円 ( 12.3% 85 億 98 百 万 円 減 ) 当 該 地 域 の 中 で 96%の 貿 易 額 を 占 めるロシア(590 億 14 百 万 円 )は 原 粗 油 (508 億 20 百 万 円 2.5%)が 減 少 し 石 炭 (62 億 26 百 万 円 +40.3%)が 増 加 したこと により+0.7%と 若 干 プラスとなった 一 方 前 年 実 績 があったアゼルバイジャンの 原 粗 油 (87 億 08 百 万 円 )が 全 減 と なったことにより 中 東 欧 ロシア 等 地 域 における 総 額 では6 年 ぶりのマイナスとな った 以 上 の6 地 域 で 全 体 の 97.2%を 占 めており 続 いて 中 南 米 2.1% 西 欧 0.7% となっている 9

14 2. 管 内 官 署 別 貿 易 動 向 (1) 長 崎 税 関 本 関 1 輸 出 2170 億 07 百 万 円 12.6% 一 般 機 械 が 増 加 したものの 主 力 の 船 舶 類 電 気 機 器 が 減 少 したことにより 12.6% と 5 年 ぶりのマイナス 2 輸 入 483 億 79 百 万 円 +25.2% 化 学 製 品 電 気 機 器 が 減 少 したものの 石 炭 金 属 製 品 が 増 加 したことにより %と 2 年 ぶりのプラス (2) 長 崎 空 港 出 張 所 1 輸 出 98 百 万 円 62.0% 中 国 向 けの 鮮 魚 の 輸 出 が 99.5%を 占 め +42.8%と 大 幅 増 となったものの 一 般 機 械 電 気 機 器 が 大 幅 に 減 少 したことにより 62.0%と 4 年 連 続 のマイナス 2 輸 入 5 億 81 百 万 円 +19.5% 化 学 製 品 電 気 機 器 が 減 少 したものの 92%のシェアを 占 める 魚 介 類 及 び 同 調 製 品 が 増 加 したことにより +19.5%と 3 年 ぶりのプラス (3) 佐 世 保 支 署 1 輸 出 1850 億 62 百 万 円 +10.3% 一 般 機 械 が 減 少 したものの 97%のシェアを 占 める 主 力 の 船 舶 類 が+12.4%と2 桁 台 の 増 加 により 総 額 でも+10.3%と 7 年 連 続 のプラス 2 輸 入 1161 億 24 百 万 円 +8.1% 金 属 製 品 一 般 機 械 が 減 少 したものの 主 力 の 石 炭 LPG の 鉱 物 性 燃 料 が 増 加 したこ とにより +8.1%と 2 年 ぶりのプラス (4) 三 池 支 署 ( 久 留 米 出 張 所 を 含 む ) 1 輸 出 1430 億 15 百 万 円 2.0 倍 60%シェアを 占 める 船 舶 類 のほか 一 般 機 械 化 学 製 品 など 軒 並 み 増 加 したことによ り 2.0 倍 と 2 年 ぶりのプラス 2 輸 入 364 億 85 百 万 円 +13.1% アルミニウム 石 炭 家 具 金 属 製 品 など 軒 並 み 増 加 したことにより +13.1%と 2 年 ぶりのプラス (5) 八 代 支 署 1 輸 出 95 億 47 百 万 円 24.9% 一 般 機 械 紙 類 及 び 同 製 品 が 増 加 したものの 金 属 鉱 及 びくず 船 舶 類 が 減 少 したこ とにより 24.9%と 2 年 連 続 のマイナス 2 輸 入 340 億 70 百 万 円 +2.4% 穀 物 及 び 同 調 製 品 が 減 少 したものの ウッドチップ アルミニウムが 増 加 したことに より+2.4%と 2 年 ぶりのプラス (6) 熊 本 出 張 所 1 輸 出 81 億 22 百 万 円 +35.5% 10

15 電 気 機 器 一 般 機 械 化 学 製 品 など 軒 並 み 増 加 したことにより +35.5%と 2 年 連 続 のプラス 2 輸 入 58 億 34 百 万 円 +2.2% 一 般 機 械 電 気 機 器 が 減 少 したものの 魚 介 類 及 び 同 調 製 品 鉄 鋼 が 増 加 したことに より +2.2%と 2 年 ぶりのプラス (7) 三 角 出 張 所 1 輸 出 31 億 09 百 万 円 +17.4% 一 般 機 械 化 学 製 品 が 減 少 したものの 金 属 鉱 及 びくず 魚 介 類 及 び 同 調 製 品 が 増 加 したことにより +17.4%と 2 年 ぶりのプラス 2 輸 入 331 億 15 百 万 円 +10.5% 化 学 製 品 が 全 減 となったものの 92%を 占 める 石 炭 のほか 船 舶 類 が 増 加 したことに より +10.5%と 2 年 ぶりのプラス (8) 水 俣 出 張 所 1 輸 出 83 百 万 円 +62.8% 肥 料 が 減 少 したものの 船 舶 類 自 動 車 が 増 加 したことにより +62.8%と 3 年 ぶり のプラス 2 輸 入 73 億 03 百 万 円 +15.0% 飼 料 用 とうもろこし 有 機 化 合 物 肥 料 など 軒 並 み 増 加 したことにより +15.0%と 3 年 ぶりのプラス (9) 熊 本 空 港 出 張 所 1 輸 出 ( 実 績 なし) 全 減 電 気 機 器 一 般 機 械 など 軒 並 み 全 減 2 輸 入 30 百 万 円 9.1% 電 気 機 器 化 学 製 品 が 増 加 したものの 一 般 機 械 が 減 少 したことにより 9.1%と 3 年 連 続 のマイナス (10) 鹿 児 島 支 署 1 輸 出 32 億 57 百 万 円 28.8% 船 舶 類 化 学 製 品 が 増 加 したものの 金 属 鉱 及 びくず 魚 介 類 及 び 同 調 製 品 が 減 少 し たことにより 28.8%と 3 年 連 続 のマイナス 2 輸 入 1 兆 2436 億 49 百 万 円 +13.4% 穀 物 及 び 同 調 製 品 が 減 少 したものの 96%を 占 める 主 力 の 原 粗 油 天 然 製 造 ガス が 増 加 したことにより +13.4%と 4 年 連 続 のプラス (11) 鹿 児 島 空 港 出 張 所 1 輸 出 33 億 62 百 万 円 53.2% 航 空 機 類 が 増 加 したものの 電 気 機 器 一 般 機 械 が 減 少 したことにより 53.2% と 5 年 連 続 のマイナス 2 輸 入 25 億 22 百 万 円 2.9 倍 電 気 機 器 馬 航 空 機 類 などが 軒 並 み 増 加 したことにより 2.9 倍 と 3 年 ぶりのプラス 11

16 (12) 志 布 志 出 張 所 1 輸 出 147 億 37 百 万 円 +47.3% ゴム 製 品 電 気 機 器 原 皮 及 び 毛 皮 ( 未 仕 上 )などが 軒 並 み 増 加 したことにより %と 2 年 ぶりのプラス 2 輸 入 1142 億 11 百 万 円 +12.2% 穀 物 及 び 同 調 製 品 飼 料 が 前 年 並 みで 生 ゴム 化 学 製 品 電 気 機 器 が 増 加 したこと により +12.2%と 2 年 ぶりのプラス (13) 川 内 出 張 所 1 輸 出 22 億 17 百 万 円 2.1 倍 パルプ 及 び 古 紙 金 属 鉱 及 びくず 紙 類 及 び 同 製 品 が 軒 並 み 増 加 したことにより 2.1 倍 と 2 年 ぶりのプラス 2 輸 入 163 億 99 百 万 円 2.2 倍 一 般 機 械 ウッドチップ 飼 料 など 軒 並 み 増 加 したことにより 2.2 倍 と 2 年 ぶりの プラス (14) 枕 崎 出 張 所 1 輸 出 5 億 15 百 万 円 8.2% 魚 介 類 及 び 同 調 製 品 船 舶 類 が 増 加 したものの 一 般 機 械 電 気 機 器 が 減 少 したこと により 8.2%と 2 年 連 続 のマイナス 2 輸 入 70 億 52 百 万 円 3.5% 88%を 占 める 魚 介 類 及 び 同 調 製 品 が 増 加 したものの 電 気 機 器 石 油 製 品 が 減 少 した ことにより 3.5%と 3 年 ぶりのマイナス 24% 平 成 22 年 管 内 輸 出 貿 易 額 37% 31% 長 崎 佐 世 保 長 崎 空 港 三 池 三 角 水 俣 八 代 5,901 億 円 熊 本 空 港 熊 本 空 港 熊 本 鹿 児 島 鹿 児 島 空 港 志 布 志 川 内 枕 崎 平 成 22 年 管 内 輸 入 貿 易 額 7% 7% 1 兆 6658 億 円 75% 長 崎 佐 世 保 長 崎 空 港 三 池 三 角 水 俣 八 代 熊 本 鹿 児 島 鹿 児 島 空 港 志 布 志 川 内 枕 崎 12

17 輸 出 入 貿 易 額 ベスト10 品 目 別 ( 単 位 : 百 万 円 ) 順 位 輸 出 輸 入 品 名 価 額 前 年 比 構 成 比 品 名 価 額 前 年 比 構 成 比 総 額 590, % 100.0% 総 額 1,665, % 100.0% 1 船 舶 類 421, % 71.5% 鉱 物 性 燃 料 1,382, % 83.0% 2 一 般 機 械 85, % 14.5% 穀 物 及 び 同 調 製 品 87, % 5.2% 3 化 学 製 品 25, % 4.3% 飼 料 47, % 2.8% 4 電 気 機 器 15, % 2.7% 化 学 製 品 22, % 1.3% 5 ゴム 製 品 8, % 1.5% 生 ゴム 18, 倍 1.1% 6 鉄 鋼 のくず 6, % 1.1% 魚 介 類 及 び 同 調 製 品 15, % 0.9% 7 金 属 製 品 5, % 1.0% 金 属 製 品 12, % 0.8% 8 鉄 鋼 4, % 0.8% 一 般 機 械 12, % 0.7% 9 魚 介 類 及 び 同 調 製 品 2, % 0.4% パルプウッド 等 11, % 0.7% 10 パルプ 及 び 古 紙 1, 倍 0.2% 非 鉄 金 属 8, % 0.5% 国 別 ( 単 位 : 百 万 円 ) 順 輸 出 輸 入 国 名 価 額 前 年 比 構 成 比 国 名 価 額 前 年 比 構 成 比 位 総 額 590, % 100.0% 総 額 1,665, % 100.0% 1 パナマ 192, % 32.5% サウジアラビア 338, % 20.3% 2 シンガポール 85, 倍 14.5% アラブ 首 長 国 連 邦 161, % 9.7% 3 香 港 62, % 10.5% クウェート 138, % 8.3% 4 リベリア 46, % 7.9% イラク 122, % 7.3% 5 インドネシア 33, 倍 5.6% インドネシア 115, % 6.9% 6 中 華 人 民 共 和 国 29, % 5.1% カタール 105, % 6.3% 7 大 韓 民 国 21, % 3.6% オマーン 91, % 5.5% 8 アメリカ 合 衆 国 19, % 3.4% オーストラリア 89, % 5.4% 9 マーシャル 15, 倍 2.7% イラン 84, % 5.1% 10 バハマ 14, % 2.5% スーダン 80, % 4.8%

18 港 第 1 表 年 別 月 別 総 額 表 管 内 合 計 長 崎 ( 単 位 : 千 円 ) 輸 出 入 ( 長 崎 外 郵 を 含 む ) 年 月 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 平 成 11 年 436,016, % 567,478, % 148,277, % 25,561, % 12 年 425,575, % 792,486, % 148,091, % 33,974, % 13 年 394,941, % 870,258, % 102,042, % 41,258, % 14 年 430,637, % 899,502, % 138,913, % 45,075, % 15 年 370,808, % 947,109, % 107,391, % 55,414, % 16 年 533,925, % 1,183,350, % 223,089, 倍 39,214, % 17 年 422,918, % 1,522,285, % 129,311, % 43,439, % 18 年 523,479, % 1,933,553, % 209,244, % 52,377, % 19 年 552,172, % 2,122,692, % 211,196, % 56,021, % 20 年 568,062, % 2,862,207, % 227,977, % 75,682, % 21 年 532,027, % 1,468,014, % 248,209, % 38,628, % 1 月 66,758, % 109,886, % 48,942, % 5,472, % 2 月 43,612, % 93,765, % 11,701, % 4,471, % 3 月 72,725, % 89,391, % 49,957, % 2,227, % 4 月 38,132, % 90,142, % 15,976, % 2,829, % 5 月 32,675, % 97,478, % 7,204, 倍 2,178, % 6 月 50,658, % 125,288, % 18,462, % 2,129, % 7 月 40,544, % 145,269, % 7,097, % 4,032, % 8 月 33,784, % 129,062, % 16,822, 倍 2,488, % 9 月 40,275, % 125,662, % 18,447, % 2,497, % 10 月 45,472, % 126,965, % 24,602, % 2,727, % 11 月 42,163, % 169,093, % 14,776, % 3,690, % 12 月 25,224, % 166,009, % 14,218, % 3,882, % 22 年 590,130, % 1,665,752, % 217,006, % 48,378, % 1 月 97,801, % 168,227, % 48,643, % 3,393, % 2 月 34,379, % 126,161, % 17,619, % 3,232, % 3 月 58,766, % 162,278, % 11,061, % 3,566, % 4 月 53,250, % 131,246, % 24,765, % 3,644, % 5 月 43,488, % 126,446, % 18,517, 倍 5,847, 倍 6 月 44,516, % 136,793, % 7,913, % 5,249, 倍 7 月 59,384, % 114,660, % 24,514, 倍 3,700, % 8 月 42,115, % 112,139, % 23,051, % 3,896, % 9 月 31,664, % 118,921, % 7,840, % 4,804, % 10 月 44,895, % 148,861, % 5,120, % 2,989, % 11 月 47,836, % 149,402, % 20,406, % 2,610, % 12 月 32,030, % 170,613, % 7,553, % 5,443, %

19 年 別 月 別 総 額 表 ( 単 位 : 千 円 ) 港 長 崎 長 崎 外 郵 輸 出 入 年 月 平 成 11 年 12 年 13 年 14 年 15 年 16 年 17 年 18 年 19 年 20 年 21 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 22 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 ( 平 成 9 年 7 月 以 降 松 島 を 含 む ) ( 平 成 11 年 6 月 まで) 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 148,277, % 25,561, % % 148,091, % 33,974, % ,042, % 41,258, % ,913, % 45,075, % ,391, % 55,414, % ,089, 倍 39,214, % ,311, % 43,439, % ,244, % 52,377, % ,196, % 56,021, % ,977, % 75,682, % ,209, % 38,628, % ,942, % 5,472, % ,701, % 4,471, % ,957, % 2,227, % ,976, % 2,829, % ,204, 倍 2,178, % ,462, % 2,129, % ,097, % 4,032, % ,822, 倍 2,488, % ,447, % 2,497, % ,602, % 2,727, % ,776, % 3,690, % ,218, % 3,882, % ,006, % 48,378, % ,643, % 3,393, % ,619, % 3,232, % ,061, % 3,566, % ,765, % 3,644, % ,517, 倍 5,847, 倍 ,913, % 5,249, 倍 ,514, 倍 3,700, % ,051, % 3,896, % ,840, % 4,804, % ,120, % 2,989, % ,406, % 2,610, % ,553, % 5,443, %

20 港 年 別 月 別 総 額 表 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 単 位 : 千 円 ) 輸 出 入 年 月 平 成 11 年 12 年 13 年 14 年 15 年 16 年 17 年 18 年 19 年 20 年 21 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 22 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 2,299, % 963, % 74,342, % 45,186, % 2,496, % 1,315, % 87,375, % 50,733, % 4,747, % 4,198, 倍 106,777, % 65,359, % 2,593, % 586, % 110,793, % 60,577, % 3,463, % 1,558, 倍 87,746, % 64,751, % 8,646, 倍 694, % 100,083, % 69,954, % 9,722, % 776, % 105,560, % 96,413, % 18,244, % 765, % 118,629, % 110,291, % 16,283, % 1,023, % 139,159, % 140,665, % 14,760, % 896, % 143,365, % 235,721, % 258, % 485, % 167,725, % 107,403, % 99, % 18, % 6,716, % 10,127, % 22, % 57, % 20,581, 倍 10,330, % 35, % 9, % 16,513, % 7,296, % 31, % 41, % 3,253, % 9,788, % 8, % 54, % 18,121, % 4,891, % 8, % 41, % 18,094, % 7,610, % 13, % 41, % 27,769, 倍 7,375, % 7, % 22, % 9,185, % 9,614, % 6, % 63, % 14,870, % 5,153, % 7, % 50, % 8,533, % 9,955, % 9, % 42, % 22,362, % 12,185, % 7, % 41, % 1,723, % 13,073, % 98, % 580, % 185,062, % 116,123, % 6, % 52, 倍 33,472, 倍 7,535, % 6, % 29, % 10,265, % 11,937, % 8, % 36, 倍 21,196, % 9,877, % 7, % 55, % 17,776, 倍 9,081, % 8, % 115, 倍 6,537, % 8,704, % 5, % 6, % 20,742, % 9,956, % 10, % 34, % 16,164, % 12,294, % 8, % 35, % 8,904, % 9,044, % 8, % 76, % 12,683, % 8,577, % 8, % 42, % 20,521, 倍 8,222, % 9, % 46, % 8,663, % 7,060, % 8, % 49, % 8,132, 倍 13,831, %

21 年 別 月 別 総 額 表 ( 単 位 : 千 円 ) 港 三 池 三 池 輸 出 入 年 月 平 成 11 年 12 年 13 年 14 年 15 年 16 年 17 年 18 年 19 年 20 年 21 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 22 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 ( 久 留 米 を 含 む ) ( 久 留 米 を 含 まない ) 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 131,518, % 46,921, % 108,790, % 18,220, % 112,081, % 43,579, % 82,415, % 16,213, % 109,602, % 43,879, % 85,175, % 17,430, % 127,940, % 42,448, % 104,410, % 15,777, % 112,593, % 37,612, % 87,494, % 15,308, % 134,107, % 40,533, % 100,260, % 19,481, % 105,385, % 40,987, % 80,071, % 21,446, % 100,782, % 46,058, % 73,416, % 26,075, % 113,641, % 52,163, % 82,454, % 32,076, % 114,924, % 54,320, % 88,199, % 36,850, % 70,857, % 32,258, % 57,720, % 22,082, % 8,443, % 3,636, % 7,517, % 2,564, % 7,593, % 2,338, % 6,700, % 1,520, % 2,587, % 2,764, % 1,779, % 1,890, % 14,562, % 3,181, % 13,221, % 2,334, % 3,196, % 2,130, % 2,341, % 1,421, % 9,903, % 2,701, % 8,656, % 1,753, % 2,614, % 1,909, % 1,480, % 813, % 3,824, % 2,321, % 2,681, % 1,570, % 3,383, % 2,921, % 2,254, % 2,134, % 8,693, 倍 2,129, % 7,194, 倍 1,406, % 2,910, % 3,429, % 1,939, % 2,632, % 3,145, % 2,793, % 1,952, % 2,041, % 143,015, 倍 36,484, % 125,890, 倍 29,176, % 12,440, % 2,539, % 11,072, % 1,864, % 3,257, % 2,796, % 1,971, % 2,121, % 23,448, 倍 3,007, % 22,116, 倍 2,465, % 6,278, % 3,526, % 4,446, % 2,933, % 15,156, 倍 2,938, % 13,763, 倍 2,396, % 12,467, % 2,798, % 10,987, % 2,216, % 15,088, 倍 2,788, % 13,506, 倍 2,055, 倍 5,784, % 3,398, % 4,363, % 2,762, % 6,661, % 3,296, % 5,373, 倍 2,761, % 15,602, % 3,166, % 14,122, % 2,601, % 14,388, 倍 3,481, % 13,101, 倍 2,965, % 12,439, 倍 2,746, % 11,065, 倍 2,031, %

22 年 別 月 別 総 額 表 ( 単 位 : 千 円 ) 港 久 留 米 八 代 輸 出 入 年 月 平 成 11 年 12 年 13 年 14 年 15 年 16 年 17 年 18 年 19 年 20 年 21 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 22 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 ( 平 成 13 年 3 月 までは 熊 本 を 含 む ) 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 22,727, % 28,701, % 14,547, % 23,761, % 29,665, % 27,366, % 5,596, % 29,469, % 24,426, % 26,449, % 8,030, % 27,778, % 23,529, % 26,671, % 4,423, % 28,471, % 25,099, % 22,304, % 7,649, % 29,029, % 33,846, % 21,052, % 11,322, % 33,277, % 25,314, % 19,541, % 12,577, % 36,496, % 27,366, % 19,983, % 14,302, % 37,888, % 31,187, % 20,087, % 14,805, % 45,767, % 26,725, % 17,469, % 17,523, % 48,816, % 13,137, % 10,176, % 12,709, % 33,262, % 925, % 1,072, % 710, % 3,010, % 893, % 818, % 575, % 3,195, % 808, % 873, % 587, % 2,254, % 1,340, % 846, % 1,539, % 3,453, % 855, % 709, % 1,517, % 2,333, % 1,246, % 947, % 1,752, % 2,838, % 1,134, % 1,096, % 487, % 3,302, % 1,142, % 751, % 397, % 1,748, % 1,128, % 787, % 579, % 2,563, % 1,498, % 723, % 717, % 2,864, % 970, % 797, % 454, % 2,701, % 1,192, % 751, % 3,390, 倍 2,994, % 17,124, % 7,308, % 9,547, % 34,070, % 1,367, % 675, % 646, % 1,807, % 1,285, % 675, % 534, % 3,407, % 1,331, % 541, % 618, % 2,904, % 1,832, % 593, % 1,646, % 3,273, % 1,393, % 541, % 582, % 2,291, % 1,480, % 582, % 482, % 3,071, % 1,582, % 732, % 830, % 2,280, % 1,421, % 635, % 958, 倍 2,990, % 1,288, % 535, % 803, % 3,038, % 1,480, % 565, % 391, % 3,351, % 1,286, % 515, % 1,390, 倍 2,876, % 1,373, % 714, % 662, % 2,774, %

23 年 別 月 別 総 額 表 ( 単 位 : 千 円 ) 港 八 代 熊 本 輸 出 入 年 月 平 成 11 年 12 年 13 年 14 年 15 年 16 年 17 年 18 年 19 年 20 年 21 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 22 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 ( 熊 本 を 含 まない ) ( 平 成 13 年 4 月 開 港 ) 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 1,465, % 18,225, % , % 22,969, % ,538, 倍 26,385, % 5,395,006-4,571,691-4,423, % 28,471, % 3,872, ,635, ,649, % 29,029, % 2,176, % 5,183, % 11,322, % 33,277, % 2,243, % 7,208, % 12,577, % 36,496, % 2,677, % 5,825, % 14,302, % 37,888, % 4,089, % 7,350, % 14,805, % 45,767, % 3,639, % 6,619, % 17,523, % 48,816, % 2,933, % 6,653, % 12,709, % 33,262, % 5,995, % 5,709, % 710, % 3,010, % 155, % 543, % 575, % 3,195, % 451, % 472, % 587, % 2,254, % 580, 倍 898, % 1,539, % 3,453, % 435, 倍 688, % 1,517, % 2,333, % 420, 倍 415, % 1,752, % 2,838, % 522, 倍 363, % 487, % 3,302, % 590, % 391, % 397, % 1,748, % 864, 倍 319, % 579, % 2,563, % 470, 倍 368, % 717, % 2,864, % 477, 倍 290, % 454, % 2,701, % 470, 倍 485, % 3,390, 倍 2,994, % 555, % 472, % 9,547, % 34,070, % 8,121, % 5,834, % 646, % 1,807, % 552, 倍 295, % 534, % 3,407, % 474, % 306, % 618, % 2,904, % 600, % 441, % 1,646, % 3,273, % 678, % 940, % 582, % 2,291, % 592, % 608, % 482, % 3,071, % 898, % 478, % 830, % 2,280, % 811, % 307, % 958, 倍 2,990, % 727, % 284, % 803, % 3,038, % 603, % 374, % 391, % 3,351, % 659, % 508, % 1,390, 倍 2,876, % 785, % 783, % 662, % 2,774, % 737, % 502, %

24 港 年 別 月 別 総 額 表 三 角 水 俣 ( 単 位 : 千 円 ) 輸 出 入 年 月 平 成 11 年 12 年 13 年 14 年 15 年 16 年 17 年 18 年 19 年 20 年 21 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 22 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 1,404, 倍 5,590, % 62, % 7,068, % 1,400, % 7,236, % 86, % 6,873, % 1,514, % 10,216, % 4, % 7,594, % 1,941, % 9,025, % 153, 倍 6,748, % 1,924, % 9,743, % 1,338, 倍 7,434, % 2,693, % 14,057, % 1,335, 倍 9,656, % 3,878, % 19,032, % 851, % 8,674, % 3,094, % 22,958, % 251, % 8,589, % 3,250, % 29,568, % 289, % 10,853, % 3,847, % 52,009, % 111, % 10,207, % 2,648, % 29,956, % 50, % 6,350, % 75, % 3,132, % - 全 減 338, % 154, % 3,113, % 6, % 776, % 72, % 3,671, 倍 12, % 856, % 317, 倍 1,700, % - 0.0% 626, % 276, % 757, % - 全 減 215, % 208, % 2,550, % - 0.0% 870, % 393, % 2,482, % - 全 減 596, % 248, % 1,306, % - 0.0% 247, % 251, % 3,716, % 17,230 全 増 360, % 219, 倍 2,423, % 9,431 全 増 685, % 108, % 3,278, % - 全 減 242, % 322, 倍 1,825, % 6,080 全 増 531, % 3,108, % 33,114, % 82, % 7,303, % 235, 倍 1,760, % , 倍 757, 倍 2,022, % - 全 減 642, % 139, % 1,834, % - 全 減 744, % 216, % 937, % , % 356, % 3,765, 倍 , 倍 133, % 3,170, % 6,080 全 増 206, % 68, % 3,092, % 52,000 全 増 724, % 317, % 2,033, % 6,240 全 増 610, 倍 324, % 2,796, % 18, % 500, % 278, % 5,383, 倍 - 全 減 669, % 147, % 4,209, % , % 132, % 2,110, % - 全 減 776, %

25 港 年 別 月 別 総 額 表 熊 本 空 港 鹿 児 島 ( 単 位 : 千 円 ) 輸 出 入 年 月 平 成 11 年 12 年 13 年 14 年 15 年 16 年 17 年 18 年 19 年 20 年 21 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 22 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 ( 平 成 20 年 7 月 以 降 喜 入 を 含 む ) 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 4,802, 倍 222, % 18,502, % 40,231, % 9,175, % 195, % 18,424, % 37,764, % 6,094, % 312, % 18,219, % 42,003, % 2,083, % 140, % 4,337, % 42,415, % 2,587, % 200, % 6,886, % 43,512, % 3,817, % 180, % 5,474, % 50,236, % 4,896, % 200, % 4,247, % 50,482, % 5,999, % 217, % 5,690, % 48,579, % 6,825, % 225, % 6,772, % 64,101, % 5,140, % 166, % 6,203, % 1,069,091, 倍 212, % 32, % 4,573, % 1,096,369, % 208, % 14, % 53, % 72,385, 倍 3, % 0 全 減 353, % 61,803, 倍 - 全 減 1, % 310, % 60,327, 倍 - 全 減 % 512, % 58,581, 倍 - 全 減 2, % 531, % 74,733, 倍 - 全 減 4, % 303, % 95,425, 倍 - 全 減 % 357, % 114,334, % - 全 減 0 全 減 941, % 101,400, % - 全 減 0 全 減 663, 倍 97,410, % - 全 減 3, % 221, % 96,049, % - 全 減 2, % 45, % 132,605, % - 全 減 1, % 277, % 131,311, % - 全 減 29, % 3,256, % 1,243,649, % - 全 減 1, % 211, 倍 138,586, % - 全 減 , % 90,790, % - - 1, % 172, % 121,828, 倍 全 減 468, % 96,768, % % 440, % 90,628, % - - 2, % 98, % 100,345, % - - 5, 倍 130, % 77,727, % , % 79,668, % - - 4,912 全 増 307, % 85,093, % - - 3, % 158, % 114,636, % 全 減 202, 倍 116,849, % - - 9, 倍 160, % 130,726, %

26 港 年 別 月 別 総 額 表 鹿 児 島 空 港 喜 入 ( 単 位 : 千 円 ) 輸 出 入 年 月 平 成 11 年 12 年 13 年 14 年 15 年 16 年 17 年 18 年 19 年 20 年 21 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 22 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 ( 平 成 20 年 6 月 まで) 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 33,324, % 19,993, % 1,165, % 305,623, % 31,326, % 1,426, % 2,964, 倍 529,988, % 23,577, % 1,615, % 1,652, 倍 554,375, % 20,619, % 7,122, 倍 5,043, 倍 571,399, % 27,461, % 3,917, 倍 512, 倍 601,016, % 31,115, % 15,790, 倍 2,729, 倍 812,730, % 34,655, % 8,072, % 15, % 1,116,632, % 32,201, % 4,152, % 123, 倍 1,493,850, % 23,814, % 9,880, % 95, 倍 1,575,529, % 16,086, % 1,274, 倍 - 全 減 1,147,906, % 7,183, % 878, % - 0.0% - 0.0% 866, % 1, % % 1,463, % 168, % % 1,029, % 57, % % 708, % 123, % - 全 増 - 0.0% 477, % 20, % - 全 増 - 0.0% 514, % 251, % % 411, % 82, % - 全 増 - 0.0% 441, % % - 全 増 - 0.0% 433, % 8, % - 全 増 - 0.0% 290, % 73, % % 245, % 30, 倍 % 301, % 58, % % 3,362, % 2,522, 倍 , % 160, 倍 , % 194, % , % 252, 倍 , % 185, % , % 208, 倍 , % 209, % , % 109, % , % 121,164 殆 全 増 , % 67, 倍 , % 70, % , % 76, 倍 , % 866, 倍

27 年 別 月 別 総 額 表 ( 単 位 : 千 円 ) 港 志 布 志 川 内 輸 出 入 年 月 平 成 11 年 12 年 13 年 14 年 15 年 16 年 17 年 18 年 19 年 20 年 21 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 22 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 5,675, % 36,899, % 80, % 6,301, % 6,178, % 38,635, % 111, % 6,306, % 6,793, % 53,117, % 197, % 7,814, % 7,365, % 63,827, % 64, % 8,466, % 7,803, % 71,670, % 631, 倍 7,408, % 6,585, % 73,477, % 332, 倍 8,497, % 8,421, % 74,576, % 476, % 14,342, % 9,880, % 85,455, % 672, % 9,530, % 11,002, % 113,392, % 869, % 12,040, % 11,897, % 141,139, % 2,510, 倍 12,147, % 10,006, % 101,794, % 1,034, % 7,577, % 379, % 10,115, % 94, % 455, % 621, % 6,117, % 23, % 432, % 930, % 8,321, % 66, % 363, % 680, % 7,688, % 82, % 910, % 759, % 9,138, % 102, % 190, % 826, % 8,930, % 32, % 673, % 669, % 9,095, % 98, % 984, % 797, % 8,515, % 70, % 892, % 1,054, % 8,499, % 62, % 768, % 1,559, % 8,625, % 108, % 665, % 665, % 8,735, % 83, % 569, % 1,062, % 8,009, % 208, % 670, % 14,737, % 114,210, % 2,216, 倍 16,398, 倍 1,129, 倍 10,185, % 160, % 535, % 902, % 8,526, % 105, 倍 839, % 1,044, % 9,694, % 129, % 7,452, 倍 946, % 11,106, % 137, % 496, % 769, % 9,940, % 140, % 515, 倍 1,175, % 10,176, % 162, 倍 676, % 1,118, % 10,471, % 199, 倍 684, % 1,186, % 8,628, % 184, 倍 1,153, % 1,858, % 8,891, % 287, 倍 1,287, % 1,371, % 7,814, % 357, 倍 1,429, 倍 1,418, 倍 9,626, % 207, 倍 304, % 1,814, % 9,147, % 145, % 1,023, %

28 港 年 別 月 別 総 額 表 枕 崎 ( 単 位 : 千 円 ) 輸 出 入 年 月 平 成 11 年 12 年 13 年 14 年 15 年 16 年 17 年 18 年 19 年 20 年 21 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 22 年 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 ( 平 成 11 年 7 月 開 港 ) 輸 出 前 年 比 輸 入 前 年 比 13,500-3,152, , 倍 4,986, , % 6,160, % 490, % 7,562, % 641, % 8,654, % 350, % 7,840, % 240, % 6,332, % 271, % 5,488, % 524, % 4,838, % 781, % 6,173, % 560, % 7,306, % 12, % 633, % 59, % 487, 倍 41, 倍 341, % 31, 倍 528, 倍 59,954 全 減 415, % 30, % 895, % 40, 倍 637, 倍 182, 倍 182, % 34, 倍 1,330, 倍 31, % 419, % 30, 倍 1,092, % 4, 倍 342, % 514, % 7,051, % 38, 倍 674, % 10, % 1,434, 倍 47, % 635, % 22, % 545, % 52, % 315, % 63, 倍 446, % 3, % 439, % 7, % 273, % 52, % 110, % 203, 倍 572, % 2, % 998, % 9, % 605, %

29 第 2 表 輸 出 入 国 別 表 管 内 ( 単 位 : 千 円 ) 国 名 輸 出 輸 入 22 年 21 年 22 年 21 年 総 額 590,130, ,027,437 1,665,752,756 1,468,014,143 アジア 259,307, ,889, ,712, ,436, 大 韓 民 国 21,396,023 22,370,741 30,078,382 23,366, 中 華 人 民 共 和 国 29,825,947 24,862,342 51,454,445 55,840, 台 湾 11,166,588 5,593,564 5,848,930 4,794, 香 港 62,018,256 43,705, , , ベトナム 1,413, ,145 4,745,920 7,814, タイ 4,486,018 4,173,139 8,341,670 9,609, シンガポール 85,614,850 41,137, , , マレーシア 3,061,964 44,483,300 6,774,245 6,567, フィリピン 764,412 1,124,133 5,275,660 2,144, インドネシア 33,229,800 7,345, ,475,788 87,611, インド 6,144,191 1,792,600 13,412,424 11,193,109 大 洋 州 17,759,935 8,540,668 91,410,395 92,997, オーストラリア 1,384, ,525 89,319,258 90,154, パプアニューギニア 192,385-73, ツバル 200,750 80, マーシャル 15,922,345 4,654, ,343 1,609,704 北 米 20,007,951 43,530,524 87,718,241 94,765, カナダ 183,843 1,315,433 14,791,015 17,369, アメリカ 合 衆 国 19,824,108 42,215,091 72,916,833 77,396,111 中 南 米 218,327, ,968,178 34,474,330 19,482, メキシコ 789,115 1,983,257 1,327, , パナマ 192,085, ,514,320 6,157,226 2,325, バハマ 14,700,838 55,625,059 1,092 1, ケイマン 諸 島 ( 英 ) 7,331,835 4, ベネズエラ 1,888,370 2,230, ペルー 333, ,334 2,672,937 1,493, チリ 494 1,629,236 2,769,532 2,205, ブラジル 1,172, ,939 12,007,419 7,947, アルゼンチン 2,325 4,620 8,965,629 4,247,

30 国 別 表 管 内 ( 単 位 : 千 円 ) 国 名 輸 出 輸 入 22 年 21 年 22 年 21 年 西 欧 13,040,750 24,847,088 11,078,078 7,485, アイスランド 508, ,122-12, ノルウェー 26,737 15,192, , , スウェーデン 121, , ,873 89, 英 国 358, ,125 58, , オランダ 609, , , , ベルギー 614, , , , フランス 5,051,404 1,895, , , ドイツ 3,372,089 2,934,487 7,914,619 3,208, ポルトガル 149, ,215 6,888 15, スペイン 559,155 1,013, ,041 1,564, イタリア 902,643 1,018,282 48, , フィンランド 38,673 16, , , トルコ 613,195 31, 中 東 欧 ロシア 等 1,058,868 2,141,005 61,259,452 69,857, ロシア 532, ,563 59,013,835 8,708, ブルガリア 337,773 14,170-58,586, エストニア 58, リトアニア 99, ,723 3,179 4,995 中 東 6,382,832 17,836,232 1,043,106, ,160, イラン 38,608 22,640 84,912, ,349, バーレーン 566,170 15,872-74,192, サウジアラビア 4,157,095 9,372, ,124, ,514, クウェート 961, , ,492, ,819, カタール 43,503 6,780, ,101,453 90,117, オマーン 3, ,976 91,743,554 60,055, イスラエル 19,590 9,841 64,395 62, アラブ 首 長 国 連 邦 578, , ,182, ,899,342 アフリカ 54,245,595 35,274,585 93,978,570 64,745, アルジェリア 4,349,110 6,700-1,853, エジプト 2,550,588 6,476,087 1,200 2, リベリア 46,582,951 25,478, スーダン ,435,970 56,596, 南 アフリカ 共 和 国 503,902 1,664,628 6,424,532 4,078,689 特 殊 地 域 ,127 83,

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 1 1 21 22 23 2 2 2 2 2 2 30 31 32 33 3 3 3 3 3 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 責 任 者 氏 名 担 当 者 の 氏 名 電 話 番 号 短 期 債 権 国 ( 地 域 ) 別 ミャンマー 中 国 香

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418 制 定 平 成 22 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 25 年 4 月 18 日 JAHIS 規 程 5010 号 海 外 旅 費 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 会 員 会 社 に 所 属 する 者 一 般 社 団 法 人 保 健 医 療 福 祉 情 報 システム 工 業 会 ( 以 下 本 会 という)への 出 向 者 本 会 が 雇 用 した 職 員 および 業

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 世 界 日 本 の 長 期 エネルギー 需 給 の 見 通 し 平 成 21 年 9 月 3 日 第 1 回 エネルギーベストミックス 研 究 会 財 団 法 人 日 本 エネルギー 経 済 研 究 所 計 量 分 析 ユニット 主 任 研 究 員 松 尾 雄 司 1 発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 1. 世 界

More information

Microsoft Word - 09 P88~102 研究ノート 青木健.doc

Microsoft Word - 09  P88~102  研究ノート 青木健.doc 研 究 ノ ー ト 廃 プラスチックと 古 紙 にみる リサイクル 資 源 の 世 界 貿 易 青 木 健 Takeshi Aoki 杏 林 大 学 総 合 政 策 学 部 教 授 ( 財 ) 国 際 貿 易 投 資 研 究 所 客 員 研 究 員 東 アジア 諸 国 の 多 くは 世 界 平 均 を 上 回 る 経 済 成 長 を 遂 げている そのた め 中 国 を 筆 頭 に 東 アジア 諸

More information

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2

1 覚 醒 剤 密 輸 入 事 犯 の 概 況 押 収 量 は 5 年 連 続 で2kg 超 となる 約 289kgであった 摘 発 件 数 124 件 は 過 去 1 年 間 で2 番 目 となった 東 京 税 関 における 覚 醒 剤 摘 発 実 績 4 35 kg 押 収 量 件 数 件 2 報 道 発 表 平 成 27 年 2 月 23 日 東 京 税 関 不 正 薬 物 の 摘 発 件 数 196 件 押 収 量 約 346kg 覚 醒 剤 大 麻 の 押 収 量 が 不 正 薬 物 全 体 の 約 98%を 占 めた 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数 が 過 去 1 年 間 で2 番 目 を 記 録 ~ 平 成 26 年 の 東 京 税 関 における 不 正 薬 物 密 輸 入 事

More information

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在 下 記 査 証 情 報 は 日 本 国 籍 での 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 及 び 必 要 な となります 外 国 籍 の 方 は 各 大 使 館 及 び 領 事 館 にお 問 合 せ 下 さい 査 証 情 報 は 各 大 使 館 領 事 館 からの 発 出 情 報 ですが 予 告 なく 変 更 になる 場 合 があります 予 めご 了 承 ください : 観 光 要 : 観 光 不 要

More information

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73>

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73> 生 活 1 人 口 世 帯 数 世 帯 人 員 の 減 少 傾 向 が 続 く 人 口,, 3, 3,,,, 1,, 17,7 9,1 13,13 1,1 39,7 人 17,19 戸,9 人 17,7 人 19 19 19 197 197 19 19 199 199 9 女 男 世 帯 数 人 口 の 合 計 世 帯 数 ( 戸 ), 1, 1, 1, 1, 1,,,,, 豊 中 市 の 人 口

More information

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮 都 市 力 について 考 えましょう H20.3.21 春 夏 秋 冬 本 音 クラブ 話 題 提 供 者 安 達 司 郎 あなたは 今 の 日 本 を 東 京 をどんな 街 にしたいですか 都 市 力 とは 将 来 に 向 かっての 都 市 の 競 争 力 や 社 会 資 本 の 充 実 度 その 都 市 の 多 様 な 魅 力 の 総 合 力 と 仮 定 します 1. 今 日 の 議 論 のポイント

More information

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 1 immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 Ibrahim Baylan (skolministern) km segregation citizen 3 4 5 1 2 1950 3 4 5 市 民 (Citizens) 自 治 体 ( 県 )による 医 療 支 援 U N H C R 書 類 選 考 受 入 決 定 政 府

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0%

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0% 8 8 グローバル 化 の 急 速 な 進 展 の 中 人 事 行 政 の 分 野 においても 国 際 協 力 や 国 際 交 流 の 重 要 性 は 高 まっており 開 発 途 上 国 政 府 や 国 際 機 関 への 技 術 協 力 を 目 的 とする 日 本 の 公 務 員 に 対 する 派 遣 要 請 に 加 え 各 国 政 府 職 員 の 人 材 育 成 や 公 務 員 制 度 の 整 備

More information

Ⅲ 外国人観光客の動向

Ⅲ 外国人観光客の動向 Ⅲ 外 国 人 観 光 客 の 動 向 1 全 国 の 動 向 平 成 24 年 の 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 は 対 前 年 比 34.4% 増 の 835 万 8,105 人 となった 訪 日 外 国 人 旅 行 者 のうち 観 光 客 は 604 万 1,645 人 ( 対 前 年 48.9% 増 ) 商 用 客 は 144 万 2,946 人 ( 同 16% 増 ) 客 は 87

More information

2009年度調査国際結果の要約

2009年度調査国際結果の要約 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 Programme for International Student Assessment ~2009 年 調 査 国 際 結 果 の 要 約 ~ PISA 調 査 の 概 要 参 加 国 が 共 同 して 国 際 的 に 開 発 し 実 施 している 15 歳 児 を 対 象 とする 学 習 到 達 度 調 査 読 解 力 数 学 的 リテラシー

More information

平 成 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 押 収 量 は 約 5kg( 前 比 8% 減 )と 連 続 で 減 少 したものの 5 連 続 で 5kg を 超 えた また 指 定 薬 物 が 関 税

平 成 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 押 収 量 は 約 5kg( 前 比 8% 減 )と 連 続 で 減 少 したものの 5 連 続 で 5kg を 超 えた また 指 定 薬 物 が 関 税 平 成 8 月 日 財 務 省 財 務 省 は 平 成 の 間 に 全 国 の 税 関 が 空 港 や 港 湾 等 において 不 正 薬 物 の 密 輸 入 その 他 の 関 税 法 違 反 事 件 を 取 り 締 まった 実 績 をまとめましたのでお 知 らせします. 不 正 薬 物 等 報 道 発 表 指 定 薬 物 の 輸 入 してはならない 貨 物 への 追 加 に 伴 い 摘 発 件 数

More information

平成26年要約版(閲覧用)

平成26年要約版(閲覧用) 海 外 在 留 邦 人 数 調 査 統 (Annual Report of Statistics on Japanese Nationals Overseas) 平 成 26 年 要 約 版 ( 平 成 25 年 (2013 年 )10 月 1 日 現 在 ) 外 務 省 領 事 局 政 策 課 目 次 利 用 の 手 引 き 1 1. 統 の 目 的 調 査 方 法 及 び 用 語 の 定 義

More information

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し わが 国 製 造 業 企 業 の 海 外 事 業 展 開 に 関 する 調 査 報 告 -2013 年 度 海 外 直 接 投 資 アンケート 結 果 ( 第 25 回 )- 2013 年 11 月 国 際 協 力 銀 行 業 務 企 画 室 調 査 課 本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの

More information

1.アラブ 首 長 国 連 邦 (UAE)の 食 品 流 通 システム UAE は 食 品 に 関 しては 政 治 的 な 規 制 であるアラブボイコット(イスラエル 製 品 の 輸 入 禁 止 :1 次 ボイコ ット)や 宗 教 上 で 規 制 のあるアルコールや 肉 製 品 ( 豚 肉 製 品

1.アラブ 首 長 国 連 邦 (UAE)の 食 品 流 通 システム UAE は 食 品 に 関 しては 政 治 的 な 規 制 であるアラブボイコット(イスラエル 製 品 の 輸 入 禁 止 :1 次 ボイコ ット)や 宗 教 上 で 規 制 のあるアルコールや 肉 製 品 ( 豚 肉 製 品 (ドバイ 発 ) UAE 食 品 流 通 概 観 (2010 年 3 月 ) ジェトロ 食 品 農 林 水 産 輸 出 促 進 海 外 コーディネーター スポット 調 査 免 責 条 項 ジェトロは 本 報 告 書 の 記 載 内 容 に 関 して 生 じた 直 接 的 間 接 的 あるいは 懲 罰 的 損 害 及 び 利 益 の 喪 失 については 一 切 の 責 任 を 負 いません これは たとえジェトロがかかる

More information

その 代 理 人 は 日 本 国 内 に 事 務 所 を 有 する 者 とする なお 代 理 人 が 証 明 書 の 発 行 を 申 請 する 場 合 は 輸 出 しようとする 者 が 作 成 し た 別 記 様 式 1((2)イ(ア)の 輸 出 証 明 書 発 行 システムにより 申 請 する 場

その 代 理 人 は 日 本 国 内 に 事 務 所 を 有 する 者 とする なお 代 理 人 が 証 明 書 の 発 行 を 申 請 する 場 合 は 輸 出 しようとする 者 が 作 成 し た 別 記 様 式 1((2)イ(ア)の 輸 出 証 明 書 発 行 システムにより 申 請 する 場 輸 出 される 食 品 等 に 関 する 証 明 書 の 発 行 事 務 処 理 要 領 制 定 平 成 27 年 1 月 30 日 付 け26 食 産 第 3838 号 一 部 改 正 平 成 27 年 2 月 25 日 付 け26 食 産 第 4161 号 一 部 改 正 平 成 27 年 5 月 1 日 付 け27 食 産 第 626 号 一 部 改 正 平 成 27 年 9 月 28 日 付

More information

中国造船業における各国舶用品のシェアに関する調査報告書

中国造船業における各国舶用品のシェアに関する調査報告書 刊 行 によせて 一 般 社 団 法 人 日 本 舶 用 工 業 会 では 我 が 国 の 造 船 関 係 事 業 の 振 興 に 資 するために ボートレース 事 業 の 交 付 金 による 日 本 財 団 の 助 成 金 を 受 けて 造 船 関 連 海 外 情 報 収 集 及 び 海 外 業 務 協 力 事 業 を 実 施 しております その 一 環 としてジェトロ 関 係 海 外 事 務 所

More information

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの (28.3) ハローワークシステム 外 国 人 雇 用 状 況 届 出 雇 用 情 報 複 数 登 録 手 順 書 目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV

More information

平 成 6 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 摘 発 件 数 は 9 件 ( 前 比 % 増 )と 微 増 し 押 収 量 は 約 6kg( 前 比 % 減 ) と 過 去 で 最 高 を 記 録

平 成 6 の 全 国 の 税 関 における 関 税 法 違 反 事 件 の 取 締 り 状 況. 不 正 薬 物 等 不 正 薬 物 全 体 の 摘 発 件 数 は 9 件 ( 前 比 % 増 )と 微 増 し 押 収 量 は 約 6kg( 前 比 % 減 ) と 過 去 で 最 高 を 記 録 平 成 月 日 財 務 省 財 務 省 は 平 成 6 の 間 に 全 国 の 税 関 が 空 港 や 港 湾 等 において 不 正 薬 物 の 密 輸 入 その 他 の 関 税 法 違 反 事 件 を 取 り 締 まった 実 績 をまとめましたのでお 知 らせします. 不 正 薬 物 等 報 道 発 表 不 正 薬 物 の 押 収 量 が 連 続 で 6kg 超 え 覚 醒 剤 の 摘 発 件 数

More information

大 学 専 門 校 等 卒 業 後 の 在 留 資 格 の 切 り 替 えのルールと 手 続 き 資 料 1: 在 留 資 格 一 覧 表 資 料 2: 平 成 26 年 における 留 学 生 の 日 本 企 業 等 への 就 職 状 況 について 資 料 3: 技 術 人 文 知 識 国 際 業 務 の 在 留 資 格 の 明 確 化 等 について 資 料 4: 就 労 資 格 の 在 留 諸 申

More information

取扱説明書[SH705iⅡ]

取扱説明書[SH705iⅡ] 海 国 際 ローミング(WORLD WING)の 概 要...................... 378 海 で できるサービスについて......................... 378 海 でご になる 前 の 確 認............................... 379 滞 在 先 で 電 話 をかける.....................................

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A> 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (T I M S S 2 0 1 1) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (TIMSS2011) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 平 成 24 年 12 月 Ⅰ 調 査 の 概 要 -----------------------------------------------------------

More information

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc 平 成 25 年 3 月 8 日 社 団 法 人 日 本 アクチュアリー 会 平 成 24 年 度 CERA 資 格 認 定 について 日 本 アクチュアリー 会 ( 理 事 長 : 野 呂 順 一 )は 平 成 24 年 度 から ERM(エンタープライズ リ スク マネジメント)の 専 門 資 格 である CERA の 資 格 認 定 を 開 始 いたしました CERA 資 格 認 定 の 概

More information

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の 日 本 国 籍 の 日 本 人 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 査 証 渡 航 認 証 及 び 必 要 な です 訪 問 の 目 的 や 訪 問 頻 度 滞 在 日 数 によっては 査 証 が 必 要 な 国 地 域 があります インドネシアやタイなどでは 訪 問 目 的 が 技 術 指 導 機 械 設 置 やメンテナンスの 場 合 には 目 的 に 応 じた 査 証 が 必 要 となります

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

ASEAN NOW (Vol.15)

ASEAN NOW (Vol.15) 東 南 アジア 経 済 1 年 月 日 全 13 頁 ASEAN NOW (Vol.) アセアンへの 外 国 人 観 光 客 事 情 経 済 調 査 部 佐 藤 清 一 郎 [ 要 約 ] 外 国 人 観 光 客 数 の 増 加 は 旅 行 サービス 輸 出 増 や 消 費 増 を 通 じて 訪 問 国 の 経 済 活 動 にプ ラスとなる 11 年 世 界 の 観 光 収 入 は 初 めて 1 兆

More information

平成26年1-3月期 報告書

平成26年1-3月期 報告書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 結 果 及 び 分 析 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 JAPAN TOURISM AGENCY 2 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 平 成 26 年 1-3 月 期 目 次 報 告 書 Ⅰ 平 成 26

More information

数字で見る国連WFP 2014

数字で見る国連WFP 2014 2014 レベル3の 緊急支援 2014年 国連WFPはレベル3の緊急支援活動6件に並行して取り組みました レベル3とは 国連WFPが定める緊急事態の最高段階です 国連WFPは レベル3と判断した事態には 国事務所や地域事務所を中心としつつ 全組織を挙げて対応します 数字で見る国連WFP 2014 レベル3の 緊急支援 中央アフリカ共和国 法と秩序の崩壊により住む家を追われた100万人以上に支援を届けました

More information

スライド 1

スライド 1 ZESDAプロデュースカフェ 特 別 版 未 来 予 測 2014-2025 ~ 第 2 回 サスティナビリティ ~ 株 式 会 社 アクアビット 代 表 取 締 役 チーフ ビジネスプランナー 田 中 栄 1 未 来 予 測 レポート シリーズ 全 産 業 /マスター 版 2011 年 4 月 サスティナビリティ ( 環 境 資 源 エネルギー) 2013 年 7 月 ライフ イノベーション 食

More information

議論の前提

議論の前提 第 1 章 の 補 足 資 料 ( 消 費 税 はだれが 負 担 するのか) 消 費 税 のしくみ 日 本 の 消 費 税 は 付 加 価 値 税 (value added tax VAT)と 呼 ばれる 税 の 一 種 であり 卸 売 り 小 売 りの 各 段 階 で 生 み 出 された 付 加 価 値 に 対 して 課 税 する 売 り 手 が 納 税 の 義 務 を 負 っているので 消 費

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9182CC816888EA91D188EA9848816890ED97AA82C695908AED966688D52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9182CC816888EA91D188EA9848816890ED97AA82C695908AED966688D52E646F63> 地 域 戦 略 安 全 保 障 特 集 : 中 国 の 一 帯 一 路 戦 略 と 武 器 貿 易 漢 和 防 務 評 論 20150805 ( 抄 訳 ) ( 訳 者 コメント) 阿 部 信 行 中 国 の 一 帯 一 路 戦 略 と 中 国 が 最 近 提 唱 した アジアインフラ 投 資 銀 行 は 表 裏 一 体 のものであると 見 られています 中 国 は 必 要 な 資 源 を 獲 得

More information

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 旅 費 規 程 平 成 13 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 平 成 18 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国

More information

untitled

untitled 平 成 22 年 (2010 年 )3 月 1 日 NO.2010-09 韓 国 経 済 プレゼンス 拡 大 の 背 景 韓 国 は グローバル 金 融 危 機 後 世 界 的 にみて 比 較 的 早 い 段 階 で 景 気 が 持 ち 直 した ほか 家 電 や 自 動 車 といった 主 力 製 品 の 世 界 市 場 でのシェア 拡 大 など 躍 進 が 目 立 っ ている 以 下 では 最 近

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 :

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 平 成 28 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 2 月 2 日 上 場 会 社 名 横 河 電 機 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 6841 URL http://www.yokogawa.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 西 島 剛 志 問 合 せ 先

More information

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回)

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回) 平 成 6 年 度 日 本 留 学 試 験 ( 第 回 ) 実 施 結 果 の 概 要 目 次 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試 験 実 施 要 項 実 施 状 況 3 科 目 別 平 均 点 等 一 覧 7 得 点 分 布 図 8 得 点 累 積 分 布 図 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試

More information

スライド 1

スライド 1 訪 日 旅 行 の 全 体 像 4 ( 単 位 : 千 人 ) 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1, 訪 日 旅 行 者 数 訪 日 旅 行 マーケットの 全 体 像 -199 年 以 降 の 訪 日 旅 行 者 数 の 推 移 - 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO)がまとめた 訪 日 旅 行 者 数 の199 年 からの 推 移 をみると 24 年 から 急 速 に 訪 日

More information

Microsoft Word - H25年度の概要

Microsoft Word - H25年度の概要 1 県 民 経 済 計 算 の 概 要 1. 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 概 要 平 成 25 年 度 の 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 について 主 な 経 済 指 標 は 次 のとおりです 3 千 葉 県 [ 参 考 ] 全 国 実 数 増 加 率 実 数 増 加 率 1 県 ( 国 ) 内 総 生 産 県 ( 国 ) 民 所 得 名 目 19 兆 8,112

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 参 考 資 料 観 光 を 取 り 巻 く 現 状 平 成 28 年 5 月 11 日 東 京 都 目 次 世 界 の 旅 行 者 数 の 推 移 ( 今 後 の 予 測 ) 1 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 2 国 地 域 別 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 内 訳 (2015 年 ) 3 外 国 人 旅 行 者 受 入 数 の 国 際 比 較 (2014 年 ) 4 空

More information

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額 リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 社 団 法 人 日 本 貿 易 会 調 査 グループ 米 国 での 金 融 不 安 の 発 生 とそれに 拍 車 を 掛 けた 年 9 月 のリーマンショックから1 年 が 経 過 した 米 国 経 済 の 急 速 な 景 気 後 退 は 米 国 と 相 互 依 存 関 係 を 深 める 世 界 各 国 の 実 体 経 済 にも 波 及 し 世 界 貿 易

More information

台湾における国際航空貨物の現状

台湾における国際航空貨物の現状 第 6 章 台 湾 における 国 際 航 空 貨 物 の 現 状 池 上 寬 要 約 : 台 湾 では 1979 年 に 台 湾 桃 園 国 際 空 港 が 開 港 し, 台 湾 を 代 表 する 空 港 として 多 くの 貨 物 を 取 り 扱 っている 台 湾 のような 海 で 周 りを 囲 まれている 場 所 では, 航 空 貨 物 で 輸 送 される ものの 多 くが 国 際 貨 物 として

More information

明 治 大 学 2/5, 全 学 部 統 一 経 営 国 際 日 本 商 情 報 コミュニケーション 政 治 経 済 農 (1) 第 二 次 世 界 大 戦 の 戦 場 となったヨーロッパの 戦 後 復 興 は, 新 たな 国 家 間 の 枠 組 みの 形 成 と 並 行 して 進 め

明 治 大 学 2/5, 全 学 部 統 一 経 営 国 際 日 本 商 情 報 コミュニケーション 政 治 経 済 農 (1) 第 二 次 世 界 大 戦 の 戦 場 となったヨーロッパの 戦 後 復 興 は, 新 たな 国 家 間 の 枠 組 みの 形 成 と 並 行 して 進 め 1 2010 学 習 院 大 学 2/7 文 問 1 下 図 の 空 欄 1~3に 適 する 国 際 経 済 組 織 名 をアルファベットを 用 いた 略 称 で 答 えなさい また, 空 欄 4 ~8に 適 する 加 盟 国 名 を 答 えなさい 解 答 用 紙 記 述 問 2 EEC に 対 抗 して 発 足 し た EFTA の 現 在 の 加 盟 国 は, 設 立 当 時 と 大 きく 異

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 銀 行 等 の 非 居 住 者 等 に 対 する 国 別 債 権 債 務 に 関 する 報 告 書 ( 年 月 末 現 在 ) 報 告 年 月 日 : 根 拠 法 規 : 外 国 為 替 の 取 引 等 の 報 告 に 関 する 省 令 主 務 官 庁 : 財 務 省 短 期 債 権 報 告 者 : 名 称 及 び

More information

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 職 員 の 外 国 旅 行 の 旅 費 に 関 する 規 程 制 定 平 成 20 年 6 月 1 日 規 程 第 221 号 最 近 改 正 平 成 26 年 5 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 旅 費 規 程 ( 以 下 国 内 旅 費

More information

旅費規程改正案(2012.4.1~)

旅費規程改正案(2012.4.1~) 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 旅 費 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 43 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 13 条 ) 第 2 章 内 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 14 条 - 第 26 条 ) 第 3 章 外 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 27 条 - 第 34 条 ) 第 4

More information

別冊

別冊 平 成 19 年 度 食 品 規 制 実 態 調 査 タイの 農 業 政 策 農 業 の 現 状 と 周 辺 国 を 巡 る 動 き 別 冊 タイの 主 要 農 水 産 物 の 生 産 貿 易 統 計 集 2008 年 3 月 (2006 年 までの 統 計 データ 収 載 ) 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 目 次 1. 米 1 2. 米 粉 および 米 菓 子 10 3. メイズ

More information

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ①

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ① 第 228 回 メディア フォーラム 中 国 人 訪 日 旅 行 者 の 実 態 とニーズ1 - 統 計 等 からみた 概 況 - 2015 年 10 月 29 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 社 会 システムコンサルティング 部 産 業 インフラグループ グループマネージャー 岡 村 篤 100-0005 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-6-5 丸 の 内 北 口 ビル

More information

第 49 回 1996 年 2 月 村 山 富 市 前 内 閣 総 理 大 臣 今 川 幸 雄 前 駐 カンボジア 大 使 第 50 回 1996 年 3 月 加 藤 紘 一 自 民 党 幹 事 長 第 51 回 1996 年 4 月 三 塚 博 前 自 民 党 幹 事 長 黒 河 内 康 前 駐

第 49 回 1996 年 2 月 村 山 富 市 前 内 閣 総 理 大 臣 今 川 幸 雄 前 駐 カンボジア 大 使 第 50 回 1996 年 3 月 加 藤 紘 一 自 民 党 幹 事 長 第 51 回 1996 年 4 月 三 塚 博 前 自 民 党 幹 事 長 黒 河 内 康 前 駐 第 1 回 1992 年 1 月 加 藤 紘 一 内 閣 官 房 長 官 栗 山 尚 一 次 期 駐 米 大 使 第 2 回 1992 年 2 月 小 沢 一 郎 元 自 民 党 幹 事 長 中 平 立 日 朝 交 渉 首 席 代 表 第 3 回 1992 年 3 月 C Fバーグステン 米 国 際 経 済 研 究 所 長 渡 辺 泰 造 前 外 務 省 報 道 官 第 4 回 1992 年 4 月

More information

21 北 朝 鮮 22 台 湾 23 大 韓 民 国 24 香 港 特 別 行 政 区 25 中 華 人 民 共 和 国 26 アイスランド 共 和 国 27 アイルランド 28 アルバニア 共 和 国 29 アンドラ 公 国 (フランス) 30 イタリア 共 和 国 31 オランダ 王 国 32

21 北 朝 鮮 22 台 湾 23 大 韓 民 国 24 香 港 特 別 行 政 区 25 中 華 人 民 共 和 国 26 アイスランド 共 和 国 27 アイルランド 28 アルバニア 共 和 国 29 アンドラ 公 国 (フランス) 30 イタリア 共 和 国 31 オランダ 王 国 32 日 本 国 籍 の 観 光 査 証 渡 航 認 証 要 否 旅 券 の 残 存 期 間 ご 注 意! 渡 航 される 場 合 は 必 ず 関 係 諸 機 関 へお 問 い 合 わせいただき その 時 点 の 最 新 情 報 を 入 手 してください 弊 社 では 下 記 情 報 に 起 因 する 一 切 の 責 任 を 負 いかねます 事 をあらかじめご 承 知 おきください 2013 年 9 月

More information

ITI

ITI 論 文 中 間 財 のサプライチェーンに 組 込 まれていないミャンマー カンボジア ~ 求 められるモノカルチャー 的 な 貿 易 構 造 からの 脱 却 ~ 高 橋 俊 樹 Toshiki Takahashi ( 一 財 ) 国 際 貿 易 投 資 研 究 所 研 究 主 幹 要 約 ミャンマーの 主 な 輸 出 先 はアジアで カンボジアの 主 な 輸 出 先 はアジ ア 以 上 に 先 進

More information

平 成 26 年 訪 日 外 客 数 出 国 日 本 人 数 2014 Visitor Arrivals & Japanese Overseas Travelers 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) Japan National Tourism Organization(JNTO) 訪 日

平 成 26 年 訪 日 外 客 数 出 国 日 本 人 数 2014 Visitor Arrivals & Japanese Overseas Travelers 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) Japan National Tourism Organization(JNTO) 訪 日 PRESS RELEASE( 報 道 発 表 資 料 ) 経 営 戦 略 部 総 務 広 報 グループ TEL:03-3216-1905 FAX:03-3214-7680 http://www.jnto.go.jp 本 リリースは 国 土 交 通 記 者 会 交 通 運 輸 記 者 会 に 配 布 しております 平 成 27 年 1 月 20 日 理 事 長 松 山 良 一 2014 年 過 去 最

More information

別紙1~9

別紙1~9 国 際 戦 略 港 国 際 拠 点 港 重 要 港 湾 の 一 覧 別 紙 1 港 格 都 道 府 県 港 湾 名 港 格 都 道 府 県 港 湾 名 国 際 戦 略 港 湾 東 京 都 東 京 港 重 要 港 湾 大 阪 府 阪 南 港 神 奈 川 県 横 浜 港 尼 崎 西 宮 芦 屋 港 兵 庫 県 川 崎 港 東 播 磨 港 大 阪 府 大 阪 港 和 歌 山 県 日 高 港 国 際 拠 点

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203034204C50834B835882CC8BD98B7D8E9E8B9F8B8B91CC90A782C98C5782E98CBB8FF382C689DB91E82E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203034204C50834B835882CC8BD98B7D8E9E8B9F8B8B91CC90A782C98C5782E98CBB8FF382C689DB91E82E70707478> 資 料 4 LPガスの 緊 急 時 供 給 体 制 に 係 る 現 状 と 課 題 平 成 26 年 4 月 資 源 エネルギー 庁 資 源 燃 料 部 1. 対 策 の 現 状 と 課 題 LPガスサプライチェーンの 強 靱 化 1 LPガスサプライチェーンの 意 義 と 直 面 する 課 題 LPガスサプライチェーンの 意 義 LPガスは 大 規 模 災 害 等 により 電 力 都 市 ガス 供

More information

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6.

目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7 5. 観 光 施 設 の 入 込 み 状 況 8 6. 平 成 26 年 観 光 統 計 ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ~12 月 31 日 ) 古 い 町 並 高 山 市 商 工 観 光 部 観 光 課 目 次 はじめに 1 観 光 動 向 2 1. 観 光 客 の 入 込 み 状 況 3 2. 外 国 人 観 光 客 の 入 込 み 状 況 4 3. 交 通 機 関 の 利 用 状 況 6 4. 教 育 旅 行 等 の 入 込 み 状 況 7

More information

凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米 軍 関 係 者 及 び 在 留 資 格 不 明 者 を 除 いた 外 国 人

凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米 軍 関 係 者 及 び 在 留 資 格 不 明 者 を 除 いた 外 国 人 平 成 27 年 4 月 来 日 外 国 人 犯 罪 の 検 挙 状 況 ( 平 成 26 年 ) 警 察 庁 刑 事 局 組 織 犯 罪 対 策 部 国 際 捜 査 管 理 官 凡 例 本 資 料 の 来 日 外 国 人 とは 我 が 国 に 存 在 する 外 国 人 のうち いわゆる 定 着 居 住 者 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 及 び 特 別 永 住 者 ) 在 日 米

More information

各 薬 物 事 犯 における 密 輸 入 事 犯 や 営 利 犯 などの 違 反 態 様 別 の 数 値 には 国 際 的 な 協 力 の 下 に 規 制 薬 物 に 係 る 不 正 行 為 を 助 長 する 行 為 等 の 防 止 を 図 るための 麻 薬 及 び 向 精 神 薬 取 締 法 等

各 薬 物 事 犯 における 密 輸 入 事 犯 や 営 利 犯 などの 違 反 態 様 別 の 数 値 には 国 際 的 な 協 力 の 下 に 規 制 薬 物 に 係 る 不 正 行 為 を 助 長 する 行 為 等 の 防 止 を 図 るための 麻 薬 及 び 向 精 神 薬 取 締 法 等 平 成 26 年 3 月 平 成 2 5 年 の 薬 物 銃 器 情 勢 確 定 値 警 察 庁 刑 事 局 組 織 犯 罪 対 策 部 薬 物 銃 器 対 策 課 各 薬 物 事 犯 における 密 輸 入 事 犯 や 営 利 犯 などの 違 反 態 様 別 の 数 値 には 国 際 的 な 協 力 の 下 に 規 制 薬 物 に 係 る 不 正 行 為 を 助 長 する 行 為 等 の 防 止 を

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 観 光 の 現 状 と 政 府 の 取 組 平 成 28 年 2 月 17 日 観 光 庁 長 官 田 村 明 比 古 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 万 人 2000 1900 1800 1700 1600 1973.7 万 人 (47.1% 増 ) 12 月 :177.3 万 人 (43.4% 増 ) 11 月 :164.8 万 人 (41.0% 増 ) 10 月 :182.9

More information

216 年 2 月 3 日 1. インドネシア 消 費 者 物 価 上 昇 率 が 6 年 ぶりの 低 水 準 に 止 まるなかで 高 まる 追 加 利 下 げ 期 待 1 月 1 日 インドネシア 中 銀 は 政 策 金 利 であるBIレートを7.%から7.2%へ.2% ポイント 引 き 下 げた

216 年 2 月 3 日 1. インドネシア 消 費 者 物 価 上 昇 率 が 6 年 ぶりの 低 水 準 に 止 まるなかで 高 まる 追 加 利 下 げ 期 待 1 月 1 日 インドネシア 中 銀 は 政 策 金 利 であるBIレートを7.%から7.2%へ.2% ポイント 引 き 下 げた 216 年 2 月 3 日 ASEAN インド 月 報 (216 年 2 月 ) 目 次 ASEAN インドのマクロ 経 済 動 向 インドネシア 1 マレーシア 2 フィリピン 3 シンガポール タイ ベトナム 6 インド 7 アジア 主 要 国 地 域 の 主 要 経 済 指 標 ( 国 地 域 別 ) 8 アジア 主 要 国 地 域 の 主 要 経 済 指 標 比 較 13 経 済 調 査 室

More information

金属表紙2012年05月pdf用

金属表紙2012年05月pdf用 1) JOGMEC 特 別 顧 問 東 京 大 学 生 産 技 術 研 究 所 サスティナブル 材 料 国 際 センター 客 員 教 授 澤 田 賢 治 BRICsVISTAGDPGDP 1. 世 界 主 要 国 におけるマクロ GDP Gross Domestic Product NIEsNewly Industrializing Economies IT PPPPurchasing Power

More information

地球温暖化対策推進法に基づく

地球温暖化対策推進法に基づく 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 25(2013) 温 の 集 計 結 果 平 成 28 年 6 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 は 温 スを 相 当 程 度 多 く する

More information

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 )

人 6 年 が11 人 平 成 27 年 が 統 計 を 有 している3 月 末 日 時 点 で2 人 である 申 請 数 と 認 定 数 認 定 率 の 推 移 6 5 4 3 2 1 25 26 27 28 29 21 211 212 213 214 215 年 3 月 申 請 数 ( 人 ) 人 第 189 回 国 会 質 問 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 議 員 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 す る 質 問 主 意 書 (215 年 8 月 1 日 ) 答 弁 書 第 233 号 参 議 院 議 員 石 橋 通 宏 君 提 出 我 が 国 における 難 民 認 定 の 状 況 に 関 する 質 問 に 対 する 答 弁 書 (215 年

More information

日 本 の 地 域 と 途 上 国 相 互 依 存 度 調 査 愛 知 県 ファイナル レポート 要 約 版 平 成 24 年 3 月 (202 年 ) 独 立 行 政 法 人 国 際 協 力 機 構 (JICA) 中 部 国 際 センター 三 菱 UFJリサーチ&コンサルティング 株 式 会 社 序 調 査 の 目 的 日 本 の 経 済 社 会 は 戦 後 の 高 度 経 済 成 長 を 経

More information

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 出 張 旅 費 支 給 規 程 制 定 平 成 13 年 4 月 1 日 最 終 改 正 平 成 28 年 1 月 1 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 役 員 及 び 職 員 ( 派 遣 労 働 者 を

More information

1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000 全 世 界

1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000 全 世 界 料 2 株 式 会 社 海 外 通 信 放 送 郵 便 事 業 支 援 機 構 について 平 成 27 年 7 月 総 務 省 1 世 界 のICT/ 通 信 インフラ 市 場 の 動 向 1. 世 界 のICT( 情 報 通 信 技 術 ) 投 は 増 加 傾 向 世 界 のICT 投 規 模 予 測 ( 単 位 : 百 万 ドル) 5,000,000 4,500,000 4,000,000 3,500,000

More information

1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 2. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 特 性 3. 拡 大 するグローバル 市 場 と 熾 烈 な 誘 致 競 争 4. 訪 日 外 国 人 誘 致 に 向 けたJNTOの 取 り 組 み 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセ

1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 2. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 特 性 3. 拡 大 するグローバル 市 場 と 熾 烈 な 誘 致 競 争 4. 訪 日 外 国 人 誘 致 に 向 けたJNTOの 取 り 組 み 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセ 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセミナー 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 と 日 本 政 府 観 光 局 の 取 り 組 み 2012 年 7 月 23 日 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) 理 事 長 松 山 良 一 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセミナー 2012.07.23 作 成 :JNTO 1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の

More information

論 文 概 要 私 たちの 班 では 北 海 道 の 貿 易 について 考 察 した この 論 文 の 趣 旨 としてはまず 北 海 道 全 体 の 貿 易 事 情 のデータを 用 いて 見 ていく そしてデータを 見 た 後 に 北 海 道 の 貿 易 額 上 位 4 カ 国 に 焦 点 を 当

論 文 概 要 私 たちの 班 では 北 海 道 の 貿 易 について 考 察 した この 論 文 の 趣 旨 としてはまず 北 海 道 全 体 の 貿 易 事 情 のデータを 用 いて 見 ていく そしてデータを 見 た 後 に 北 海 道 の 貿 易 額 上 位 4 カ 国 に 焦 点 を 当 2010 年 度 テーマ アジア 化 する 北 海 道 ~ 北 海 道 の 貿 易 の 現 状 と 未 来 ~ 北 海 学 園 大 学 宮 島 ゼミⅠ 松 井 大 輔 芹 田 充 青 木 翔 太 郎 前 田 拓 也 2010 年 12 月 1 論 文 概 要 私 たちの 班 では 北 海 道 の 貿 易 について 考 察 した この 論 文 の 趣 旨 としてはまず 北 海 道 全 体 の 貿 易

More information

《株価急落の背景》

《株価急落の背景》 エマージングにとって 一 人 当 たり GDP3, ドルの 壁 ~タイの 教 訓 ~ 29 年 7 月 2 日 アセットマネジメント 部 チーフ エコノミスト チーフ ストラテジスト 黒 瀬 浩 一 近 年 エマージング 向 けの 株 式 投 資 がある 種 のブームとなっている 昨 年 秋 には リーマン ショッ ク で 株 価 と 通 貨 が 共 に 大 きく 下 落 したものの 景 気 の 底

More information

堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域 防 災 拠 点 阪 神 高 速 4 号 湾 岸 線 堺 7 区 堺 2 区 汐 見 沖 地 区 助 松 地 区 堺 5 区 堺 6 区 大 浜 地 区 堺 市 汐 見 地 区 小 松 地 区 泉

堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域 防 災 拠 点 阪 神 高 速 4 号 湾 岸 線 堺 7 区 堺 2 区 汐 見 沖 地 区 助 松 地 区 堺 5 区 堺 6 区 大 浜 地 区 堺 市 汐 見 地 区 小 松 地 区 泉 堺 泉 北 港 港 湾 計 画 一 部 変 更 ( 前 回 改 訂 : 平 成 18 年 2 月 目 標 年 次 : 平 成 20 年 代 後 半 ) 港 湾 管 理 者 : 大 阪 府 平 成 27 年 3 月 10 日 交 通 政 策 審 議 会 第 59 回 港 湾 分 科 会 資 料 5 堺 泉 北 港 各 地 区 の 役 割 について 堺 泉 北 臨 海 工 業 地 帯 基 幹 的 広 域

More information

3. 観 光 消 費 額 も 着 実 に 増 加 観 光 客 の 増 加 に 伴 い, 平 成 26 年 の 福 岡 市 内 における 観 光 消 費 額 は, 前 年 比 12.4%(416 億 円 ) 増 の 3,773 億 円 と 推 計 される 観 光 消 費 額 平 成 26 年 平 成

3. 観 光 消 費 額 も 着 実 に 増 加 観 光 客 の 増 加 に 伴 い, 平 成 26 年 の 福 岡 市 内 における 観 光 消 費 額 は, 前 年 比 12.4%(416 億 円 ) 増 の 3,773 億 円 と 推 計 される 観 光 消 費 額 平 成 26 年 平 成 平 成 28 年 3 月 30 日 経 済 観 光 文 化 局 観 光 産 業 課 平 成 26 年 観 光 統 計 の 概 要 1. 入 込 観 光 客 数 は, 過 去 最 高 を 更 新!(3 年 連 続 ) 本 編 p1,2 参 照 平 成 26 年 の 福 岡 市 の 入 込 観 光 客 数 ( 推 計 )は,NHK 大 河 ドラマ 軍 師 官 兵 衛 の 放 映 機 会 を 捉 えた 黒

More information

する 取 極 めを 締 結 している( 表 1 参 照 ) 表 1:クロアチアの 承 認 取 極 め 締 結 国 地 域 一 覧 海 技 資 格 を 相 互 承 認 する 取 極 締 結 国 地 域 EU 加 盟 国 香 港 マレーシア シンガポール インドネシア クロアチアの 海 技 資 格 を

する 取 極 めを 締 結 している( 表 1 参 照 ) 表 1:クロアチアの 承 認 取 極 め 締 結 国 地 域 一 覧 海 技 資 格 を 相 互 承 認 する 取 極 締 結 国 地 域 EU 加 盟 国 香 港 マレーシア シンガポール インドネシア クロアチアの 海 技 資 格 を クロアチアの 船 員 教 育 海 技 資 格 制 度 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 日 本 海 事 新 聞 1410 日 本 海 事 センター 研 究 員 野 村 摂 雄 ポイント 外 航 船 員 の 資 質 には 定 評 あり ほとんどが 海 外 船 社 に 雇 用 されている 外 航 船 員 教 育 は 中 等 教 育 ( 海 事 高 校 ) 及 び 高 等 教 育 ( 海 事 大 学 ) 乗

More information

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得 ハーベスト グローバル インベストメント リミテッド 提 供 の 情 報 に 基 づき SBIアセットマネジメントが 作 成 帯 路 政 策 の 窓 となる 港 2016 年 7 月 吉 日 サミットの 様 子 2016 年 5 が 提 唱 する 帯 路 構 想 に 関 するサミットが 港 特 別 政 区 政 府 主 導 で 開 催 され 全 代 委 員 をはじ め 政 策 の 恩 恵 を 受 ける

More information

目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える... 6 感 情 的 な 要 素 を 強 調 して 購 入 を 促 進 ( 特 にミレニ

目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える... 6 感 情 的 な 要 素 を 強 調 して 購 入 を 促 進 ( 特 にミレニ これからの 需 要 と マーケティング 世 界 の 需 要 拡 大 に 応 える4つの 戦 略 2014 年 4 月 Copyright 2014 The Nielsen Company 目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える...

More information

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業 厚 生 労 働 科 学 研 究 推 進 事 業 新 型 インフルエンザ 等 新 興 再 興 感 染 症 研 究 推 進 事 業 公 募 申 込 の 手 引 き Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 公 益 社 団 法 人 国 際 厚 生 事 業 団 目 次 Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 第 1. 事 業 の 目 的 1 第 2. 対 象 となる 日

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674> 資 料 3 第 2 回 病 院 等 を 対 象 とするヘルスケアリートの 活 用 に 係 るガイドライン 検 討 委 員 会 THE ASSOCIATION FOR REAL ESTATE SECURITIZATION 投 資 法 人 の 活 動 及 び 資 産 運 用 の 範 囲 等 について 2014 年 10 月 23 日 ( 木 ) 一 般 社 団 法 人 不 動 産 証 券 化 協 会 Jリートの

More information

(別表)日本標準産業分類の分類項目と類似業種比準価額計算上の業種目との対比表(平成21年分)

(別表)日本標準産業分類の分類項目と類似業種比準価額計算上の業種目との対比表(平成21年分) ( 別 表 ) 日 本 標 準 産 分 類 の 分 類 項 目 と 類 似 種 比 準 価 額 計 算 上 の 種 目 との 対 比 表 ( 平 成 21 年 分 ) A B C 農, 林 01 農 011 耕 種 農 012 畜 産 農 013 農 ( 園 芸 を 除 く) 014 園 芸 02 林 021 育 林 022 素 材 生 産 023 特 用 林 産 物 生 産 (きのこ 類 の 栽

More information

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効 果 ガス 排 出 量 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 22(2010) 年 度 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の 集 計 結 果 平 成 25 年 9 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効

More information

委託契約書

委託契約書 資 料 目 次 資 料 1 福 岡 女 子 大 学 の 沿 革 資 料 2 公 立 大 学 法 人 福 岡 女 子 大 学 中 期 目 標 中 期 計 画 資 料 3 福 岡 女 子 大 学 改 革 基 本 計 画 の 概 要 資 料 4 福 岡 県 の 主 要 施 策 資 料 5 福 岡 県 の 貿 易 額 の 推 移 資 料 6 福 岡 県 の 輸 出 入 国 ( 地 域 ) 順 位 表 資 料

More information

はじめに 本 報 告 書 は 2012 年 に 実 施 された OECD( 経 済 協 力 開 発 機 構 ) 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 (PISA: Programme for International Student Assessment)のうち 国 際 オプ ションとして 実 施 された 問 題 解 決 能 力 の 国 際 調 査 結 果 を 基 に 日 本 にとって 特 に

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 23 年 3 月 期 第 2 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 22 年 10 月 29 日 上 場 会 社 名 株 式 会 社 商 船 三 井 上 場 取 引 所 東 大 名 福 コード 番 号 9104 URL http://www.mol.co.jp/ir-j/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 執 行 役 員 ( 氏 名 )

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208273826F826F82C6945F8BC68145904897BF814594EC97BF81698250816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208273826F826F82C6945F8BC68145904897BF814594EC97BF81698250816A2E70707478> TPPと 農 業 食 料 肥 料 の 変 化 ( 社 ) 全 国 肥 料 商 連 合 会 会 長 上 杉 登 1 安 倍 首 相 TPP 交 渉 参 加 表 明 TPP 交 渉 参 加 表 明 首 相 米 と 新 経 済 圏 7 月 にも 合 流 農 業 は 攻 めの 政 策 安 倍 首 相 の 記 者 会 見 平 成 二 十 五 年 三 月 十 五 日 ( 金 ) 内 閣 支 持 率 TPP 参

More information

るもの 第 回 第 回 は その 簿 冊 が 複 数 回 接 収 されたもので それぞれの 接 収 返 還 年 月 日 を 記 している 青 又 は 赤 ~ ~ は 昭 和 49 年 に 当 館 に 返 還 された 返 還 文 書 中 にあり その 請 求 番 号 防 衛 庁 経 由 は 昭 和 3

るもの 第 回 第 回 は その 簿 冊 が 複 数 回 接 収 されたもので それぞれの 接 収 返 還 年 月 日 を 記 している 青 又 は 赤 ~ ~ は 昭 和 49 年 に 当 館 に 返 還 された 返 還 文 書 中 にあり その 請 求 番 号 防 衛 庁 経 由 は 昭 和 3 北 の 丸 第 34 号 ( 平 成 13 年 11 月 刊 行 )より 公 文 書 の 接 収 返 還 返 還 台 帳 ( 内 閣 関 係 )について 公 文 書 専 門 官 室 終 戦 直 後 に 多 くの 政 府 機 関 国 策 会 社 等 から 多 数 の 公 文 書 資 料 が 連 合 国 側 によって 接 収 されたことはよく 知 られている これらの 接 収 資 料 の 部 は 昭 和

More information

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分 Ⅳ 社 会 保 険 社 会 保 険 とは 国 民 に 発 生 する 社 会 的 危 険 を 保 険 方 式 により 対 処 することで 国 民 の 健 康 及 び 所 得 を 保 障 する 制 度 を 意 味 する( 社 会 保 障 基 本 法 第 3 条 第 2 項 ) 同 制 度 は 国 家 及 び 社 会 が 責 任 を 持 って 国 民 生 活 を 脅 かす 様 々な 生 活 上 の 危 険

More information

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類 1 市 町 村 民 所 得 の 概 念 (1) 市 町 村 民 所 得 の 概 念 市 町 村 民 所 得 推 計 は 県 民 経 済 計 算 の 概 念 を 市 町 村 という 行 政 区 域 に 適 用 して 市 町 村 単 位 での 1 年 間 に 生 み 出 された 価 値 ( 付 加 価 値 )を 生 産 分 配 の 二 面 からとらえることにより 市 町 村 経 済 の 規 模 や 産

More information

ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を 生 産 分 配 支 出 の3 面 から 体

ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を 生 産 分 配 支 出 の3 面 から 体 平 成 25 年 度 香 川 県 県 民 経 済 計 算 推 計 結 果 平 成 27 年 12 月 香 川 県 政 策 部 統 計 調 査 課 ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082698268826882602E92868D9182CC8376838C835B8393835881698DC58F498CB48D65816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082698268826882602E92868D9182CC8376838C835B8393835881698DC58F498CB48D65816A2E646F63> 第 二 章 軍 事 科 学 技 術 中 国 は 装 備 の 近 代 化 を 急 いでいる ロシアからの 最 新 鋭 兵 器 を 次 々に 買 い 世 界 最 大 の 兵 器 輸 入 国 になった 中 国 は 軍 事 力 の 矛 先 について 台 湾 独 立 阻 止 と 海 洋 権 益 の 保 護 を 挙 げている だが ICBM や SLBM など 戦 略 兵 器 の 開 発 能 力 強 化 も 同

More information

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押 2011 年 12 月 26 日 米 国 新 規 失 業 保 険 申 請 件 数 は36.4 万 件 に 減 少 08 年 4 月 以 来 の 低 水 準 となった 11 月 の 中 古 住 宅 販 売 件 数 は 前 月 比 で4% 増 を 示 し 10か 月 ぶりの 高 水 準 となった 米 議 会 が 給 与 減 税 の2ヶ 月 延 長 で 合 意 に 達 し オバマ 大 統 領 の 支 持

More information

日経平均と騰落レシオ

日経平均と騰落レシオ 今 さら 人 に 聞 けない!!マレーシアってどんな 国? 1 基 礎 データ 面 積 約 33 万 平 方 キロメートル( 日 本 の 約.9 倍 ) 人 口 約 2995 万 人 (213 年 マレーシア 統 計 局 ) 主 な 都 市 クアラルンプール( 首 都 ) ペナン ジョホールバル コタキナバル 南 シナ 海 をはさんで 東 西 に 分 かれている 左 側 のタイから 南 に 延 び

More information

危機にある世界遺産

危機にある世界遺産 人 間 開 発 指 標 (HDI) 高 0.8 中 ベネズエラ エクアドル アセ ルハ イシ ャン イラン アルジェリア カンボジア パキスタン ネパール 0.5 イエメン ウガンダ ギニア コートジボアール コンゴ 民 主 エチオピア ニジェール 低 中 央 アフリカ ポーランド クロアチア アルバニア ブルガリア ブラジル オーマン ペルー ヨルダン チュニジア フィリピン エジプト ホンジュラス

More information

市場と経済A

市場と経済A 財 政 学 Ⅰ 1 第 12 回 租 税 (6) 消 費 税 ( 付 加 価 値 税 )(2) 2015 年 6 月 26 日 ( 金 ) 担 当 : 天 羽 正 継 ( 経 済 学 部 経 済 学 科 准 教 授 ) 2 日 本 の 消 費 税 (1) 2013 年 度 決 算 における 消 費 税 の 収 入 額 は10.8 兆 円 で 税 収 に 占 める 割 合 は23.6% 一 般 会 計

More information

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 旅 費 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 26 年 12 月 24 日 平 成 27 年 3 月 26 日 平 成 28 年 3 月 23 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 (

More information

新 興 国 の 経 済 1 経 済 新 興 国 は 底 堅 い 内 需 に 下 支 えされ 堅 調 なペースでの 成 長 を 続 けているが 米 経 済 減 速 の 影 響 に 注 意 が 必 要 1 前 月 の 振 り 返 り 月 1 日 開 催 のFOMC( 米 連 邦 公 開 市 場 委 員

新 興 国 の 経 済 1 経 済 新 興 国 は 底 堅 い 内 需 に 下 支 えされ 堅 調 なペースでの 成 長 を 続 けているが 米 経 済 減 速 の 影 響 に 注 意 が 必 要 1 前 月 の 振 り 返 り 月 1 日 開 催 のFOMC( 米 連 邦 公 開 市 場 委 員 21 年 9 月 7 日 住 信 アセットマネジメント 株 式 会 社 21 年 9 月 号 月 末 7 月 末 月 間 騰 落 率 新 興 国 MSCI エマージング マーケット インデックス ( 円 換 算 ベース) 2.27 59.55.57% 中 国 上 海 総 合 指 数 2,3. 2,37.5.5% インド ムンバイ SENSEX3 種 指 数 17,971. 17,.29.5% アジア

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 23 年 11 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 23 年 3 月 28 日 上 場 会 社 名 象 印 マホービン 株 式 会 社 上 場 取 引 所 大 コード 番 号 7965 URL http://www.zojirushi.co.jp 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 市 川 典 男 問 合 せ 先

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378> 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の 状 況 に 関 する 年 次 報 告 書 平 成 28 年 8 月 経 済 産 業 省 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 の 運 用 指 針 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 以 下 運 用 指 針 という )5.(1)により 経 済 産 業 省 は 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の

More information

2015 年 度 アンジェロ 州 立 大 学 (4 月 ) 国 立 パランカラヤ 大 学 (インドネシア)(5 月 ) スタヴァンゲル 大 学 (ノルウェー)(6 月 ) マドリード 工 科 大 学 (スペイン)(6 月 ) スインバン 工 科 大 学 (オーストラリア)(6 月 ) 南 台 科 技

2015 年 度 アンジェロ 州 立 大 学 (4 月 ) 国 立 パランカラヤ 大 学 (インドネシア)(5 月 ) スタヴァンゲル 大 学 (ノルウェー)(6 月 ) マドリード 工 科 大 学 (スペイン)(6 月 ) スインバン 工 科 大 学 (オーストラリア)(6 月 ) 南 台 科 技 サラマンカ 大 学 (スペイン)(4 月 ) 協 定 更 新 浙 江 大 学 ( 中 国 )(5 月 ) デルフト 工 科 大 学 (オランダ)(6 月 ) 2016 年 度 予 定 ミュンヘン 防 衛 大 学 (ドイツ) 交 換 プログラム( 研 修 機 械 工 学 科 (1 4-9 月 [ 約 6 カ 月 間 ] タンペレ 工 科 大 学 (フィンラン 長 期 交 換 留 学 プログラム( 特

More information