次 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 による 新 たな 成 戦 略 への 提 案 第 1 部 総 論 1. 背 景 課 題 2 2.プロジェクトの 基 本 向 3 3. 実 施 主 体 法 4 4. 規 制 制 度 改 要 望 4 5. 期 待 成 果 5 6.KPI 想 定 項

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "次 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 による 新 たな 成 戦 略 への 提 案 第 1 部 総 論 1. 背 景 課 題 2 2.プロジェクトの 基 本 向 3 3. 実 施 主 体 法 4 4. 規 制 制 度 改 要 望 4 5. 期 待 成 果 5 6.KPI 想 定 項"

Transcription

1 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 による 新 たな 成 戦 略 への 提 案 地 球 環 境 への 貢 献 と 新 たな 産 業 の 創 出 に 向 けて 平 成 25 年 9 10 千 代 化 建 設 株 式 会 社 川 崎 市

2 次 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 による 新 たな 成 戦 略 への 提 案 第 1 部 総 論 1. 背 景 課 題 2 2.プロジェクトの 基 本 向 3 3. 実 施 主 体 法 4 4. 規 制 制 度 改 要 望 4 5. 期 待 成 果 5 6.KPI 想 定 項 5 第 2 部 提 案 プロジェクト Ⅰ. 素 社 会 を えるインフラの 構 築 6 Ⅱ. 素 供 給 モデルの 全 国 展 開 と 他 分 野 への 拡 展 開 9 Ⅲ. 素 供 給 モデルの 海 外 輸 出 11 参 考 資 料 1 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 展 開 イメージ 12 2 脱 素 化 素 化 デモプラント( 安 リサーチパーク) 12 3 素 ネットワークの 構 築 13 4 素 ネットワークの 展 開 (イメージ) 13 5 発 電 コスト 較 (CO2 対 策 費 を 含 む) 14 6 素 供 給 コスト 削 減 シナリオ( ) 15 7 素 エネルギーの 意 義 (エネルギーコストの 国 内 還 流 ) 16 川 崎 臨 海 部 の 主 な 発 電 施 設 17 川 崎 臨 海 部 における 環 境 技 術 に 関 する 取 組 18 1

3 第 1 部 総 論 1. 背 景 課 題 我 が 国 においては 東 本 震 災 以 降 エネルギーの 安 定 供 給 の 確 保 エネルギーセ キュリティの 向 上 燃 料 費 を 含 めた 発 電 コストにおける 経 済 性 の 追 求 とともに 増 する CO2 の 発 抑 制 と 環 境 負 荷 の 低 減 に 資 する 低 炭 素 社 会 の 実 現 が きな 課 題 とな っている 本 再 興 戦 略 においては 2030 年 に クリーンで 経 済 的 なエネルギーが 供 給 さ れる 社 会 を 指 すとしており 次 世 代 のクリーンエネルギーである 素 の 位 置 づけ が まっている 素 の 普 及 拡 による 素 社 会 を 実 現 するためには 素 の 製 造 コストの 低 減 に 加 え 運 搬 貯 蔵 供 給 コスト 削 減 による 低 廉 な 素 の 量 調 達 と 安 定 した 需 要 の 創 出 が 必 要 となる 素 社 会 の 実 現 に 向 けて その 基 盤 技 術 となる 世 界 初 の 新 たな 素 の 量 貯 蔵 輸 送 技 術 である 有 機 ケミカルハイドライド 法 が 確 された 素 エネルギーの 意 義 素 は 我 が 国 における 環 境 問 題 資 源 問 題 経 済 成 に 関 する 課 題 を 同 時 に 解 決 し 他 のエネルギーと 共 存 しながら 次 世 代 を える 重 要 なエネ ルギーと 位 置 づけられる 1 低 炭 素 社 会 の 実 現 ( 環 境 問 題 ) 素 エネルギー 利 による 究 極 的 かつ 現 実 的 な CO2 削 減 不 安 定 な 再 可 能 エネルギーの 素 による 安 定 化 と 普 及 促 進 2 エネルギー 供 給 の 安 定 化 ( 資 源 問 題 ) エネルギー 源 および 輸 国 の 多 様 化 による 供 給 リスクの 分 散 新 たなエネルギー 調 達 オプションによる LNG 価 格 の 抑 制 有 機 ケミカルハイドライド 法 を 活 したエネルギー 貯 蔵 による 緊 急 時 対 応 の 強 化 3 経 済 活 性 化 ( 経 済 成 ) 素 を 起 点 とした 新 しい 産 業 と 雇 の 創 出 エネルギーコストの 国 内 還 流 による 貿 易 収 の 改 善 本 発 の 社 会 インフラ 輸 出 による 外 貨 獲 得 2

4 2.プロジェクトの 基 本 向 Ⅰ 素 社 会 を えるインフラの 構 築 海 外 の 油 等 における 未 利 の 原 油 随 伴 ガスなどから 製 造 する 素 を 新 たな 素 の 量 貯 蔵 輸 送 技 術 を 活 し 常 温 常 圧 で 川 崎 臨 海 部 に 輸 送 するとともに 臨 海 部 素 供 給 グリッド を 企 業 間 連 携 により 2015 年 を 途 に 新 たに 整 備 し コン ビナートにおける 素 の 産 業 利 を 推 進 ( 素 利 量 年 間 約 7 億 N m3) 世 界 初 の 商 素 発 電 所 (9 万 kw=90mw 級 )を 川 崎 臨 海 部 に 2015 年 を 途 に 建 設 し CO2 を 排 出 しない 発 電 事 業 を 開 始 するとともに 素 混 焼 データの 収 集 と 燃 焼 ノウハウを 蓄 積 ( 素 利 量 年 間 約 6.3 億 N m3) 素 発 電 所 で 発 する 未 利 排 熱 を 素 供 給 グリッド 内 において 有 効 活 すること で 脱 素 反 応 プロセスにおける 省 エネルギー 化 効 率 化 を 推 進 川 崎 臨 海 部 において 新 たな 素 供 給 グリッドを 構 築 し モデル 化 Ⅱ-1 素 供 給 モデルの 全 国 展 開 脱 素 プラントの 整 備 を 核 とした 外 部 調 達 による 素 供 給 モデルを 国 内 各 地 のコ ンビナートや 業 地 帯 に 展 開 し 新 たな 素 需 要 を 創 出 するとともに 油 コンビ ナートにおける 事 業 の 再 構 築 を 援 素 発 電 所 の 燃 焼 実 績 ノウハウ 等 を 活 し 国 内 各 地 の 既 存 LNG 発 電 所 へ の 素 混 焼 の 展 開 を 図 ることで CO2 の 幅 削 減 と 素 需 要 を 拡 Ⅱ-2 部 ( 市 活 交 通 分 野 )への 展 開 とグリーン 素 の 活 市 街 地 への 安 全 かつ 効 率 的 な 素 供 給 輸 送 システムを 構 築 し 市 活 分 野 ( 定 置 型 燃 料 電 池 )や 交 通 分 野 ( 燃 料 電 池 動 (FCV) 燃 料 電 池 バス 素 ステーショ ン)などに 展 開 再 可 能 エネルギーの 発 電 余 剰 電 により 素 を 製 造 貯 蔵 (グリーン 素 )し 必 要 な 時 に 電 として 活 するシステムの 構 築 ( 再 可 能 エネルギーの 規 模 電 貯 蔵 ) 素 供 給 モデルの 全 国 展 開 他 分 野 への 拡 展 開 Ⅲ 素 供 給 モデルの 海 外 輸 出 官 が 連 携 して 素 供 給 グリッド 素 発 電 等 をシステムも 含 めて 統 合 パッケージ 化 し 海 外 に 輸 出 することにより 素 エネルギー 分 野 において 国 際 競 争 を 得 る とともに 関 連 産 業 のビジネス 機 会 を 創 出 地 球 環 境 問 題 の 解 決 に 貢 献 するとともに 我 が 国 の 経 済 効 果 を 発 現 3

5 3. 実 施 主 体 法 1 実 施 主 体 : 千 代 化 建 設 株 式 会 社 川 崎 市 連 携 : 油 精 製 油 化 学 電 機 運 輸 動 総 合 商 社 エネルギー 関 連 企 業 2 実 施 法 素 供 給 グリッドの 構 築 に 向 けて 間 主 導 による 取 組 を 政 の 協 なバックア ップにより 相 互 に 連 携 を 図 りながら 推 進 川 崎 臨 海 部 素 ネットワーク 協 議 会 ( 平 成 25 年 8 発 )と 連 携 を 図 りなが ら 産 官 学 連 携 により 各 プロジェクトを 展 開 4. 規 制 制 度 改 要 望 素 発 電 により 発 電 した 電 の 環 境 価 値 の 認 定 ( 固 定 価 格 買 取 制 度 への 追 加 等 ) グリーン 投 資 減 税 への 素 発 電 設 備 の 追 加 底 トンネル 内 の 圧 ガス 配 管 ( 素 )の 設 置 に 関 する 新 たな 基 準 の 設 置 素 ガス( 低 圧 圧 ) 供 給 に 関 する 安 全 基 準 等 の 創 設 整 備 素 関 係 の 設 備 投 資 に 対 する 法 税 等 の 課 税 に 対 する 優 遇 措 置 の 創 設 素 関 連 設 備 に 係 る 使 素 材 の 規 制 緩 和 ( 国 際 的 な 先 事 例 の 国 内 適 ) 補 助 事 業 で 取 得 した 財 産 の 有 効 活 ( 補 助 適 正 化 法 ) 脱 素 プラントに 対 する 場 地 法 の 緩 和 電 気 事 業 法 における 電 融 通 を う 上 での 要 件 緩 和 発 電 した 電 を 供 給 するための 託 送 料 の 低 減 30 分 同 時 同 量 制 度 の 緩 和 熱 供 給 事 業 法 における 緩 やかな 熱 供 給 [ 成 り き 供 給 ]を 考 慮 した 特 例 措 置 ( 供 給 義 務 の 緩 和 柔 軟 な 料 設 定 など) 公 益 性 を 評 価 した 道 路 法 における 道 路 占 上 の 配 慮 熱 導 管 による 共 同 溝 法 上 の 共 同 溝 利 の 緩 和 再 エネ 貯 蔵 の 普 及 援 制 度 の 創 設 グリーン 素 を 活 する 場 合 の 固 定 価 格 買 取 制 度 と 同 程 度 の 経 済 的 メリット 創 出 ( 固 定 価 格 買 取 制 度 の 特 例 ) FCバスから 建 物 への 電 源 供 給 に 係 る 電 気 事 業 法 上 の 規 制 緩 和 底 トンネル 等 の 危 険 物 搭 載 の 通 規 制 の 緩 和 素 ステーションにおけるセルフ 充 填 式 の 実 現 等 国 間 オフセット 制 度 等 を 活 した 海 外 展 開 への 援 CO2 の 固 定 化 に 対 する 援 制 度 の 創 設 4

6 5. 期 待 成 果 調 達 の 多 様 化 によるエネルギー 価 格 の 低 減 素 価 格 の 低 減 による 素 の 普 及 拡 油 コンビナートの 国 際 競 争 強 化 国 内 産 業 の 活 性 化 発 電 における CO2 削 減 の 実 現 新 たな 技 術 のパッケージ 化 海 外 展 開 による 経 済 成 国 際 貢 献 6.KPI 想 定 項 エネルギーコストの 低 減 素 利 によるCO2 削 減 国 内 産 業 の 活 性 化 など 5

7 第 2 部 提 案 プロジェクト Ⅰ 素 社 会 を えるインフラの 構 築 素 社 会 を 実 現 には 今 後 追 加 的 発 する 規 模 な 素 需 要 を 充 たすため 素 に 関 して 低 廉 か つ 安 定 的 な 量 供 給 を 可 能 とする 新 たなエネルギーシステムの 構 築 が 必 須 条 件 東 本 震 災 以 降 エネルギーの 安 定 供 給 の 確 保 エネルギーセキュリティの 向 上 燃 料 費 を 含 めた 発 電 コストにおける 経 済 性 の 追 求 とともに 増 する CO2 の 発 抑 制 と 環 境 負 荷 の 低 減 に 資 する 低 炭 素 社 会 の 実 現 が きな 課 題 現 在 素 の 供 給 法 としては 化 燃 料 の 改 質 や 副 素 等 の 利 が 般 的 であるが 改 質 の 過 程 でCO2を 排 出 するなど その 削 減 を 進 める 上 で 課 題 があるほか 追 加 的 に 発 する 規 模 な 素 需 要 に 合 う 供 給 量 を 確 保 できるか 未 確 定 このため CCS(CO2 回 収 貯 留 ) 技 術 などを 活 しながら 産 油 国 で 活 されていない 原 油 随 伴 ガスなどから 素 を 取 り 出 し CO2フリーの 素 を 新 たな 素 の 量 貯 蔵 輸 送 技 術 を 活 し 常 温 常 圧 で 国 内 に 輸 送 し コンビナート 内 での 素 供 給 グリッドを 整 備 し 産 業 利 を 推 進 するとともに 商 素 発 電 所 を 建 設 することで 素 社 会 を える 新 たなエネルギー システム(インフラ)を 構 築 しモデル 化 1 事 業 の 内 容 (1) 世 界 初 の 素 供 給 グリッドの 整 備 海 外 の 原 油 随 伴 ガスなどから 製 造 する 素 を 新 たな 素 の 量 貯 蔵 輸 送 技 術 ( 有 機 ケミ カルハイドライド 法 )を 活 し 常 温 常 圧 で 川 崎 臨 海 部 に 輸 送 するとともに 臨 海 部 素 供 給 グリッド を 企 業 間 連 携 により 2015 年 を 途 に 新 たに 整 備 し コンビナートにおける 素 の 産 業 利 を 推 進 素 利 量 年 間 約 7 億 N m3( 予 定 ) (2) 世 界 初 の 商 素 発 電 所 の 建 設 世 界 初 の 商 素 発 電 所 (9 万 kw=90mw 級 )を 川 崎 臨 海 部 に 2015 年 を 途 に 建 設 し CO2 を 排 出 しない 発 電 事 業 を 開 始 するとともに 素 混 焼 データの 収 集 と 燃 焼 ノウハウを 蓄 積 素 利 量 年 間 約 6.3 億 N m3( 予 定 ) (3) 素 発 電 所 で 発 する 排 熱 の 有 効 活 素 発 電 所 で 発 する 排 熱 を 素 供 給 グリッドにおいて 有 効 活 することで 脱 素 反 応 プロ セスにおける 省 エネルギー 化 効 率 化 を 推 進 実 施 主 体 千 代 化 建 設 株 式 会 社 川 崎 市 間 事 業 者 6

8 2 規 制 緩 和 制 度 改 要 望 (1) 素 発 電 により 発 電 した 電 の 環 境 価 値 の 認 定 ( 固 定 価 格 買 取 制 度 への 追 加 等 ) FIT 対 象 ( 現 ) 太 陽 光 発 電 発 電 発 電 地 熱 発 電 バイオマス 発 電 ( 新 規 追 加 ) 素 発 電 (2)グリーン 投 資 減 税 対 象 設 備 へ 素 発 電 設 備 の 追 加 対 象 施 設 ( 現 ) 1 太 陽 光 発 電 設 備 及 び 発 電 設 備 (2 設 備 ) 2 新 エネルギー 利 設 備 等 ( 中 発 電 設 備 熱 利 設 備 雪 氷 熱 利 設 備 バイオマス 利 装 置 )(4 設 備 ) 3 熱 電 併 給 型 動 発 設 備 (1 設 備 ) 4 酸 化 炭 素 排 出 抑 制 設 備 等 ( 熱 併 給 型 動 発 装 置 コンバインドサイクル 発 電 ガスタービ ン プラグインハイブリッド 動 エネルギー 回 型 ハイブリッド 動 電 気 動 電 気 動 専 急 速 充 電 設 備 定 置 蓄 電 設 備 など)(18 設 備 ) 5エネルギー 使 制 御 設 備 ( 可 変 量 制 御 装 置 インバーターなど)(6 設 備 ) ( 新 規 追 加 ) 素 発 電 設 備 (1 設 備 ) (3) 底 トンネル 内 の 圧 ガス 配 管 ( 素 )の 設 置 に 関 する 新 たな 基 準 の 設 置 消 防 法 ( 危 険 物 ) 上 危 険 物 配 管 と 圧 ガス( 素 ) 配 管 を 地 上 に 設 置 する 場 合 35m 以 上 の 離 隔 距 離 が 必 要 底 トンネル 内 の 設 置 要 件 は 未 整 備 要 件 の 整 備 が 必 要 (4) 素 のガス 供 給 ( 低 圧 圧 )に 関 する 安 全 基 準 等 の 創 設 整 備 低 圧 ガス(1MPa 未 満 )として 供 給 する 安 全 基 準 等 は 未 整 備 圧 ガス( 上 記 参 照 ) 基 準 の 整 備 が 必 要 (5) 補 助 事 業 で 取 得 した 財 産 の 有 効 活 素 供 給 グリッドの 整 備 に 当 たり 補 助 で 取 得 した 財 産 ( 既 存 インフラ)の 有 効 活 を 可 能 とする (6) 素 関 連 設 備 に 係 る 使 素 材 の 規 制 緩 和 ( 国 際 的 な 先 事 例 の 国 内 適 ) (7) 発 電 した 電 を 供 給 するための 託 送 料 の 低 減 30 分 同 時 同 量 制 度 の 緩 和 (8) 脱 素 プラントに 対 する 場 地 法 の 緩 和 クリーンエネルギー 導 にあたって 緑 地 確 保 に 関 する 要 件 を 緩 和 7

9 (9) 電 気 事 業 法 における 電 融 通 を う 上 での 要 件 緩 和 各 場 の 間 に 密 接 関 連 性 ( 産 程 資 本 関 係 的 関 係 )がなくとも 電 の 融 通 ができよう 要 件 の 緩 和 (10) 素 関 係 の 設 備 投 資 に 対 する 法 税 等 の 課 税 に 対 する 優 遇 措 置 の 創 設 (11) 熱 供 給 事 業 法 における 緩 やかな 熱 供 給 [ 成 り き 供 給 ]を 考 慮 した 特 例 措 置 ( 供 給 義 務 の 緩 和 柔 軟 な 料 設 定 など) 3 実 現 による 効 果 KPIへの 寄 与 1エネルギー 源 の 多 様 化 と 調 達 の 多 様 化 によるエネルギー 価 格 の 低 減 2 素 価 格 の 低 減 による 素 の 普 及 拡 3 国 内 産 業 の 活 性 化 4 油 コンビナートの 国 際 競 争 強 化 5CO2フリーの 素 利 による 発 電 における CO2 削 減 の 実 現 6 新 たな 技 術 のパッケージ 化 海 外 展 開 による 経 済 成 国 際 貢 献 8

10 Ⅱ 素 供 給 モデルの 全 国 展 開 と 他 分 野 への 拡 展 開 素 社 会 の 実 現 に 向 け 川 崎 臨 海 部 にて 確 する 素 供 給 グリッド 等 のモデルを 国 内 の 他 地 域 に 展 開 することにより 素 に 関 して 低 廉 かつ 安 定 的 な 量 供 給 を 可 能 とする 新 たなエネルギーシ ステムと 素 発 電 の 全 国 展 開 により 素 社 会 を えるエネルギーインフラ を 確 するととも にCO2の 幅 削 減 に 貢 献 こうしたエネルギーインフラを 活 して 市 活 分 野 や 交 通 分 野 などの 部 へ 展 開 し 我 が 国 の 持 続 的 な 成 を み 出 す 新 たな 成 産 業 を 創 出 するとともにCO2の 幅 削 減 に 貢 献 化 燃 料 の 改 質 など 化 燃 料 由 来 の 量 素 製 造 においては その 過 程 でCO2 排 出 が 込 ま れるが 再 可 能 エネルギーで 得 られる 電 を いて 製 造 される 素 (グリーン 素 )は 製 造 過 程 でのCO2 排 出 ゼロを 実 現 し 究 極 の 持 続 的 成 をもたらすエネルギーシステムとなり 得 る グリーン 素 を 活 のためには 素 の 量 貯 蔵 輸 送 技 術 が 不 可 であり 素 社 会 を えるエ ネルギーインフラ を 活 し 究 極 の 持 続 的 成 をもたらすエネルギーシステムを 構 築 1 事 業 の 内 容 (1) 素 モデルの 全 国 展 開 国 内 他 地 域 のコンビナートや 業 地 帯 において 脱 素 プラントを 整 備 し 新 たな 素 需 要 を 創 出 するとともに 油 コンビナートにおける 事 業 の 再 構 築 を 援 素 発 電 所 の 燃 焼 実 績 ノウハウ 等 を 活 し 国 内 他 地 域 の 既 存 LNG 発 電 所 への 素 混 焼 の 展 開 を 図 ることで CO2 の 幅 削 減 と 素 需 要 を 拡 (2) 部 ( 市 活 交 通 分 野 )への 展 開 とグリーン 素 との 連 携 市 活 分 野 ( 定 置 型 燃 料 電 池 )や 交 通 分 野 ( 燃 料 電 池 動 (FCV) 燃 料 電 池 バス 素 ス テーションへの 供 給 )などへ 展 開 するとともに 市 街 地 への 安 全 かつ 効 率 的 な 素 供 給 輸 送 シ ステムを 構 築 再 可 能 エネルギーの 発 電 余 剰 電 により 素 を 製 造 貯 蔵 し 必 要 な 時 に 電 として 活 す るエネルギーシステムの 構 築 実 施 主 体 千 代 化 建 設 株 式 会 社 川 崎 市 間 事 業 者 2 規 制 緩 和 制 度 改 要 望 (1)FCバスから 建 物 への 電 源 供 給 に 係 る 電 気 事 業 法 上 の 規 制 緩 和 (2) 底 トンネル 等 の 危 険 物 搭 載 の 通 規 制 の 緩 和 (3) 素 ステーションにおけるセルフ 充 填 式 の 実 現 等 (4)グリーン 素 を 活 する 場 合 の 固 定 価 格 買 取 制 度 と 同 程 度 の 経 済 的 メリット 創 出 ( 固 定 価 格 買 取 制 度 の 特 例 ) (5) 再 エネ 貯 蔵 の 普 及 援 制 度 の 創 設 9 9

11 3 実 現 による 効 果 KPIへの 寄 与 1エネルギー 源 の 多 様 化 と 調 達 の 多 様 化 によるエネルギー 価 格 の 低 減 2 素 価 格 の 低 減 による 素 の 普 及 拡 3 国 内 産 業 の 活 性 化 4 油 コンビナートの 国 際 競 争 強 化 5CO2フリーの 素 利 による 発 電 における CO2 削 減 の 実 現 6 新 たな 技 術 のパッケージ 化 海 外 展 開 による 経 済 成 国 際 貢 献 10

12 Ⅲ 素 供 給 モデルの 海 外 輸 出 いわゆる 新 興 国 を 中 とした 世 界 のインフラ 需 要 は 膨 であり 経 済 成 などにより 今 後 更 なる 市 場 の 拡 が 込 まれる 世 界 的 に 太 陽 光 発 電 や 発 電 といった 再 可 能 エネルギーの 量 普 及 により 電 需 給 バラン スの 調 整 のための 規 模 な 電 貯 蔵 システムが 期 待 されている さらには 再 可 能 エネルギーを いて から 得 られたグリーン 素 エネルギーは 化 燃 料 に 依 存 しない 究 極 の 持 続 的 成 をもたらすエネルギーシステムとなり 得 るものであるが その 活 のためには 素 の 貯 蔵 輸 送 技 術 が 不 可 素 のエネルギー 利 を 可 能 とする 素 の 量 貯 蔵 距 離 輸 送 技 術 を 活 した 素 供 給 グリッ ドシステムと 素 発 電 システム 等 を 統 合 パッケージ 化 し 素 エネルギー 社 会 を えるエネルギ ーインフラとして 海 外 へ 展 開 することにより 我 が 国 の 持 続 的 な 成 を み 出 す 新 たな 成 産 業 を 創 出 するとともに 地 球 温 暖 化 対 策 として 国 際 貢 献 1 事 業 の 内 容 (1) 素 供 給 モデルの 海 外 展 開 官 が 連 携 して 素 供 給 グリッド 素 発 電 等 をシステムも 含 めた 統 合 パッケージ 化 し 海 外 に 展 開 することにより 素 エネルギー 分 野 において 国 際 競 争 を 得 るとともに 関 連 産 業 の ビジネス 機 会 を 創 出 実 施 主 体 千 代 化 建 設 株 式 会 社 川 崎 市 間 事 業 者 2 規 制 緩 和 制 度 改 要 望 (1) 国 間 クレジット 制 度 等 を 活 した 海 外 展 開 への 援 (2)CO2 の 固 定 化 に 対 する 援 制 度 の 創 設 CO2 回 収 貯 留 (CCS) CO2 回 収 再 利 等 (CCR)への 援 制 度 の 創 設 3 実 現 による 効 果 KPIへの 寄 与 1 素 関 連 の 国 内 産 業 の 活 性 化 2パッケージ 化 した 新 たな 技 術 の 海 外 展 開 による 経 済 成 国 際 貢 献 3 化 燃 料 由 来 の 素 であっても CCS と 組 み 合 わせることによりグリーン 素 と 認 識 されれば 低 炭 素 技 術 として 国 際 社 会 へ 貢 献 11

13 参 考 資 料 1 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 展 開 イメージ 海 外 水 素 供 給 グリッドを 構 築 し モデル 化 他 分 野 への 展 開 水 素 製 造 運 搬 (MCH) 貯 蔵 脱 水 素 水 素 発 電 製 造 プロセス 交 通 分 野 民 生 分 野 業 務 分 野 水 素 ステーション FCV FCバス 定 置 型 燃 料 電 池 グリーン 水 素 の 活 用 風 力 発 電 太 陽 光 発 電 グリー ン 水 電 解 既 存 発 電 所 への 混 焼 海 外 輸 出 水 素 供 給 グリッドをパッケージ 化 を 図 り 海 外 輸 出 地 球 環 境 改 善 に 貢 献 するとともに 我 が 国 の 経 済 効 果 を 発 現 水 素 供 給 グリッドの 全 国 展 開 2 脱 素 化 素 化 デモプラント( 千 代 化 建 設 安 リサーチパーク) 本 国 内 側 資 源 国 側 脱 素 化 反 応 器 素 化 反 応 器 世 界 に 先 駆 け 有 機 ケミカルハイドライド 法 のシステム 全 体 (50N m3/h) を 実 証 (2013 年 4 運 転 開 始 ) 12

14 3 素 ネットワークの 構 築 素 の 量 貯 蔵 輸 送 技 術 日 本 ( 川 崎 ) 水 素 発 電 施 設 ( 商 用 ベース) 石 油 化 学 の 原 材 料 等 素 供 給 モデルの 展 開 川 崎 臨 海 部 で 事 業 展 開 素 に 関 する 包 括 協 定 の 締 結 (H ) 川 崎 市 千 代 化 建 設 素 供 給 モ デ ル の 海 外 輸 出 4 素 ネットワークの 展 開 (イメージ) 13

15 5 発 電 コスト 較 (CO2 対 策 費 を 含 む) 素 発 電 は 素 輸 送 量 の 拡 などにより LNG とほぼ 同 等 の 発 電 コス トとなる 通 し ( 円 /kwh) 14

16 6 素 供 給 コスト 削 減 シナリオ( 年 ) 素 供 給 コストの 削 減 において 設 備 およびタンカーの 型 化 CO2 回 収 の 効 率 化 未 利 熱 の 有 効 活 が きな 要 素 15

17 7 素 エネルギーの 意 義 (エネルギーコストの 国 内 還 流 ) 本 発 のシステムによる 素 輸 は LNG より 海 外 流 出 コストが 少 なく 貿 易 収 の 改 善 に 寄 与 また 投 下 資 本 のほとんどが 国 内 に 還 流 し 国 富 の 流 出 を 抑 えつつ 温 室 効 果 ガス 削 減 を 可 能 とする 16

18 川 崎 臨 海 部 の 主 な 発 電 施 設 太 陽 光 風 力 バイオマス LNGなどを 活 用 した 多 様 な 発 電 所 の 集 積 1 東 燃 ゼネラル 石 油 川 崎 工 場 出 力 167,225kW 面 積 約 205ha 事 業 主 体 東 燃 ゼネラル 石 油 運 転 開 始 1968 種 類 火 力 ( 重 油 燃 料 ガス 余 剰 ガスなど) 殿 町 小 島 町 羽 田 空 港 2 川 崎 バイオマス 発 電 所 出 力 約 33,000kW 面 積 約 2.2ha 事 業 主 体 川 崎 バイオマス 発 電 運 転 開 始 種 類 木 質 バイオマス 3 川 崎 天 然 ガス 発 電 所 出 力 847,400kW 面 積 約 6.2ha 事 業 主 体 川 崎 天 然 ガス 発 電 出 資 者 JX 日 鉱 日 石 エネルギー 東 京 ガス 運 転 開 始 種 類 火 力 (LNG) 4 富 士 電 機 川 崎 工 場 地 熱 火 力 発 電 設 備 等 の 製 造 面 積 約 17.8ha 白 石 町 大 川 町 扇 町 水 江 町 千 鳥 町 東 扇 島 浮 島 町 5 昭 和 電 工 川 崎 事 業 所 出 力 124,200kW 面 積 約 34.2ha 事 業 主 体 昭 和 電 工 種 類 火 力 ( 重 油 など) 6 東 日 本 旅 客 鉄 道 川 崎 発 電 所 出 力 万 kw( 計 画 含 む) 面 積 約 6.7ha 事 業 主 体 東 日 本 旅 客 鉄 道 運 転 開 始 種 類 火 力 ( 灯 油 LNGなど) 扇 島 京 浜 港 11 川 崎 火 力 発 電 所 出 力 約 128,000kW 緊 急 設 置 事 業 主 体 東 京 電 力 運 転 開 始 種 類 火 力 (LNG) 7 扇 島 太 陽 光 発 電 所 出 力 約 13,000kW 面 積 約 23ha パネル 設 置 面 積 約 20ha 事 業 主 体 東 京 電 力 川 崎 市 運 転 開 始 種 類 太 陽 光 8 扇 島 風 力 発 電 所 出 力 1,990kW 高 さ 約 123m(タワー 部 分 約 80m) 事 業 主 体 JX 日 鉱 日 石 エネルギー 運 転 開 始 種 類 風 力 9 東 扇 島 火 力 発 電 所 出 力 200 万 kw 面 積 約 47ha 運 転 開 始 事 業 主 体 東 京 電 力 種 類 火 力 (LNG) 10エリーパワー 川 崎 事 業 所 大 型 蓄 電 池 の 製 造 面 積 約 2.9ha 川 崎 臨 海 部 の 発 電 能 力 約 630 万 kw( 火 力 含 む) 12 川 崎 クリーンパワー 発 電 所 出 力 約 30,000kW 面 積 約 0.7ha 事 業 主 体 丸 紅 運 転 開 始 種 類 火 力 (LNG) 一 般 家 庭 の 消 費 電 力 一 都 三 県 ( 東 京 都 神 奈 川 県 千 葉 県 埼 玉 県 ) 分 に 相 当 全 ての 発 電 施 設 が 最 大 出 力 で 稼 動 した 場 合 ( 世 帯 数 約 1575 万 世 帯 使 用 電 力 約 0.4kW/ 世 帯 時 で 算 出 ) 13 ジェネックス 水 江 発 電 所 出 力 274,190kW 面 積 約 2.7ha 事 業 主 体 ジェネックス 出 資 者 東 亜 石 油 電 源 開 発 運 転 開 始 種 別 火 力 ( 副 生 ガス 重 質 油 など) 14 川 崎 火 力 発 電 所 出 力 342 万 kw( 計 画 含 む) 面 積 約 28ha 事 業 主 体 東 京 電 力 運 転 開 始 種 類 火 力 (LNG) 川 崎 スチームネット: 発 電 所 の 蒸 気 を 近 隣 企 業 10 社 に 供 給 15 浮 島 太 陽 光 発 電 所 出 力 約 7,000kW 面 積 約 11ha パネル 設 置 面 積 約 10ha 事 業 主 体 東 京 電 力 川 崎 市 運 転 開 始 種 類 太 陽 光 16 浮 島 処 理 センター 出 力 12,500kW 面 積 約 6ha 事 業 主 体 川 崎 市 運 転 開 始 種 類 火 力 ( 廃 棄 物 ) 川 崎 臨 海 部 の 主 な 発 電 施 設 の 発 電 出 力 名 称 出 力 ( 万 キロワット) 現 状 計 画 1 東 燃 ゼネラル 石 油 川 崎 工 場 川 崎 バイオマス 発 電 所 川 崎 天 然 ガス 発 電 所 昭 和 電 工 川 崎 事 業 所 東 日 本 旅 客 鉄 道 川 崎 発 電 所 扇 島 太 陽 光 発 電 所 扇 島 風 力 発 電 所 東 扇 島 火 力 発 電 所 川 崎 火 力 発 電 所 ( 緊 急 設 置 分 ) 川 崎 クリーンパワー 発 電 所 ジェネックス 水 江 発 電 所 川 崎 火 力 発 電 所 浮 島 太 陽 光 発 電 所 浮 島 処 理 センター 計 川 崎 市 総 合 企 画 局 臨 海 部 国 際 戦 略 室 改 訂 17

19 川 崎 臨 海 部 における 環 境 技 術 に 関 する 取 組 天 然 ガス 発 電 所 ( 扇 島 ) 出 力 約 85 万 kw 熱 効 率 約 58% 世 界 最 高 水 準 全 体 運 転 開 始 2008 年 10 月 事 業 主 体 川 崎 天 然 ガス 発 電 (JX 日 鉱 日 石 エネルギー 東 京 ガス ) 殿 町 小 島 町 羽 田 空 港 重 質 油 高 度 統 合 処 理 技 術 開 発 ( 浮 島 ) 製 油 所 間 において 異 なる 重 質 油 分 解 設 備 を 組 み 合 わせ 一 体 的 に 運 用 することによ り 揮 発 油 等 の 高 付 加 価 値 石 油 製 品 の 効 率 的 な 製 造 を 可 能 とする 事 業 主 体 東 燃 ゼネラル 石 油 昭 和 シェル 石 油 東 亜 石 油 (RING 事 業 ) 夜 光 千 鳥 町 浮 島 町 最 新 鋭 タービン 発 電 機 専 用 工 場 ( 田 辺 新 田 ) 蒸 気 タービン 発 電 機 の 製 作 地 熱 発 電 分 野 で 世 界 最 大 級 の139MW 地 熱 蒸 気 タービン 発 電 機 を 製 作 納 入 事 業 主 体 富 士 電 機 田 辺 新 田 白 石 町 大 川 町 扇 町 水 江 町 東 扇 島 企 業 間 連 携 による 水 素 の 有 効 活 用 ( 浮 島 ) JXのスチームクラッカーから 発 生 した 水 素 を 東 燃 に 移 送 16.1%のCO2 削 減 効 果 事 業 主 体 東 燃 ゼネラル 石 油 JX 日 鉱 日 石 エネルギー 京 浜 港 扇 島 廃 プラスチックアンモニア 原 料 化 施 設 ( 扇 町 ) 処 理 量 64,000t/ 年 ( 廃 プラスチック) 生 産 量 58,000t/ 年 (アンモニア) 運 転 開 始 2003 年 事 業 主 体 昭 和 電 工 昭 和 電 工 は 水 素 を 製 造 するとともに 臨 海 部 企 業 へ 原 材 料 等 として 水 素 を 供 給 大 規 模 太 陽 光 発 電 所 ( 浮 島 扇 島 ) 出 力 20MW 敷 地 面 積 約 34ha パネル 面 積 約 30ha 運 転 開 始 2011 年 8 月 事 業 主 体 東 京 電 力 川 崎 市 PR 施 設 かわさきエコ 暮 らし 未 来 館 (2011 年 8 月 開 館 ) 風 力 発 電 所 ( 扇 島 ) 出 力 約 2 千 kw 風 車 仕 様 高 さ 約 123m (タワー 部 分 約 80m) 運 転 開 始 2010 年 3 月 事 業 主 体 JX 日 鉱 日 石 エネルギー 資 源 エネルキ ー 庁 補 助 採 択 火 力 発 電 所 の 蒸 気 を 周 辺 企 業 に 供 給 ( 千 鳥 町 夜 光 ) 供 給 量 約 30 万 トン/ 年 供 給 開 始 2010 年 2 月 事 業 主 体 川 崎 スチームネット 千 鳥 夜 光 地 区 10 社 に 供 給 コンバインドサイクル 発 電 の 導 入 敷 地 面 積 約 28ha ( 千 鳥 町 ) 1 号 系 列 出 力 150 万 kw(1500 級 ) 熱 効 率 約 59%(1500 級 ) 世 界 最 高 水 準 運 転 開 始 2009 年 2 月 2 号 系 列 出 力 50 万 kw 1 軸 (1500 級 ) 71 万 kw 2 軸 (1600 級 ) 熱 効 率 約 61%(1600 級 ) 世 界 最 高 水 準 全 体 運 転 開 始 ( 予 定 ) 2017 年 度 事 業 主 体 東 京 電 力 18

スライド 1

スライド 1 総 合 資 源 エネルギー 調 査 会 総 合 部 会 第 1 回 会 合 参 考 資 料 1-4 我 が 国 のエネルギー 情 勢 4 < 消 費 > 平 成 25 年 3 月 15 日 資 源 エネルギー 庁 目 次 < 最 近 の 環 境 変 化 > 1. 東 日 本 大 震 災 と 東 電 福 島 原 発 事 故 2. 国 際 情 勢 の 変 化 3. 安 定 供 給 不 安 4. エネルギーコストの

More information

CHIYODA PowerPoint Format

CHIYODA PowerPoint Format SPERA 千 代 田 の 供 給 事 業 千 代 田 化 工 建 設 株 式 会 社 アジェンダ 0. 需 給 ポテンシャル P.2 1.SPERA 技 術 のご 紹 介 P.3 2.SPERA による 新 しいエネルギーネットワーク P.7 3.サプライチェーン 確 立 に 向 けた 事 業 展 開 ( 川 崎 1 号 案 件 ) P.12 4. 東 京 オリンピック パラリンピックに 向 けた

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378> 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 2.1 事 業 の 目 的 我 が 国 のエネルギー 政 策 のグランドデザインは 慎 重 に 描 く 必 要 性 がある 一 方 で 国 内 の 電 力 需 給 は 今 後 数 年 間 厳 しい 状 況 が 継 続 する 見 通 しであり 一 日 も 早 い 新 規 電 源 の 開 発 が 求 められている

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

x x な 別 添 6 規 制 の 特 例 措 置 等 の 提 案 書 提 案 団 体 名 : 長 崎 県 長 崎 市 佐 世 保 市 西 海 市 政 策 課 題 解 決 策 との 関 係 区 分 ( 1) 現 行 の 規 制 制 度 の 所 管 関 係 官 庁 ( 該 当 に を 記 載 ) 提

More information

まえがき目次.indd

まえがき目次.indd ま え が き 本 書 新 石 油 読 本 は 石 油 製 品 販 売 店 の 皆 さまを 中 心 に 油 田 がどのように 探 鉱 開 発 され 生 産 されて 日 本 に 輸 送 されるのか また 日 本 に 到 着 した 原 油 が 製 品 化 され 給 油 所 で 販 売 されるまでのサプライチェーン 全 般 の 基 礎 知 識 をやさしく 解 説 した 書 籍 が 欲 しい という 要 望

More information

燃 料 池 車 (FCV: Fuel Cell Vehicle) 果 たす 役 割 FCV 持 つ 経 済 的 ポテンシャル 非 常 源 してポテンシャル 製 品 部 品 材 FCV FCスタック 極 材 非 常 時 力 消 費 非 常 時 1 日 間 維 持 必 要 な FCバス (455kWh/

燃 料 池 車 (FCV: Fuel Cell Vehicle) 果 たす 役 割 FCV 持 つ 経 済 的 ポテンシャル 非 常 源 してポテンシャル 製 品 部 品 材 FCV FCスタック 極 材 非 常 時 力 消 費 非 常 時 1 日 間 維 持 必 要 な FCバス (455kWh/ 2014 2 月 13 日 自 由 民 主 党 資 源 エネルギー 戦 略 調 査 会 社 会 推 進 小 委 員 会 説 明 資 料 FCV( 燃 料 池 車 ) 中 心 した 社 会 促 進 する 研 究 会 事 務 局 長 衆 議 院 議 員 ふくだ 峰 之 1 燃 料 池 車 (FCV: Fuel Cell Vehicle) 果 たす 役 割 FCV 持 つ 経 済 的 ポテンシャル 非 常

More information

職 業 能 力 開 発 研 究 誌,31 巻,1 号 2015 2.2. 市 場 の 動 向 わが 国 の 水 素 エネルギー 導 入 に 向 けた 取 り 組 みを 紹 介 する 2013 年 3 月 経 済 産 業 省 は 水 素 をエネルギー 源 として 活 用 する 水 素 社 会 の 実

職 業 能 力 開 発 研 究 誌,31 巻,1 号 2015 2.2. 市 場 の 動 向 わが 国 の 水 素 エネルギー 導 入 に 向 けた 取 り 組 みを 紹 介 する 2013 年 3 月 経 済 産 業 省 は 水 素 をエネルギー 源 として 活 用 する 水 素 社 会 の 実 研 究 資 料 水 素 関 連 ビジネス 市 場 動 向 の 一 考 察 A Study of Hydrogen-Related Business Market Trends 藤 井 享 ( 日 立 製 作 所 産 業 ソリューション 営 業 本 部 営 業 企 画 部 ) Toru Fujii 水 素 エネルギーは 高 いエネルギー 効 率 と 環 境 にやさしい 負 荷 特 性 により 将 来

More information

基 本 的 な 考 え 方 と 大 局 観 資 源 小 国 の 日 本 では エネルギーの 選 択 肢 を 安 易 に 放 棄 すべきではない 大 胆 なシフトとバランスの 維 持 でエネルギーの ベストミックスを 追 求 してきたところに 日 本 人 の 知 恵 がある その 意 味 では 安 易

基 本 的 な 考 え 方 と 大 局 観 資 源 小 国 の 日 本 では エネルギーの 選 択 肢 を 安 易 に 放 棄 すべきではない 大 胆 なシフトとバランスの 維 持 でエネルギーの ベストミックスを 追 求 してきたところに 日 本 人 の 知 恵 がある その 意 味 では 安 易 2012.05.11/ 日 本 記 者 クラブ10 階 ホール( 東 京 都 千 代 田 区 ) シリーズ 企 画 3.11 大 震 災 エネルギー 政 策 の 見 直 しと 日 本 電 力 業 の 今 後 橘 川 武 郎 (きっかわ たけお) 一 橋 大 学 大 学 院 商 学 研 究 科 教 授 kikkawa09@gmail.com 1 基 本 的 な 考 え 方 と 大 局 観 資 源 小

More information

自治体と国の連携

自治体と国の連携 資 料 4-2 燃 料 電 池 自 動 車 等 の 普 及 促 進 に 向 けた 自 治 体 と 国 の 連 携 について 平 成 27 年 2 月 24 日 資 源 エネルギー 庁 燃 料 電 池 推 進 室 1. 基 本 的 な 考 え 方 1-1. 自 治 体 連 携 会 議 の 趣 旨 目 的 燃 料 電 池 自 動 車 等 の 水 素 利 活 用 技 術 の 普 及 には 国 が 基 本

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798D4C95F18C5792F18F6F9770817A8D829378906C8DDE837C83438393836790A782CC89C1935F91CE8FDB82C682C882E98343836D8378815B83568387839391A390698E788987915B927588EA97972E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798D4C95F18C5792F18F6F9770817A8D829378906C8DDE837C83438393836790A782CC89C1935F91CE8FDB82C682C882E98343836D8378815B83568387839391A390698E788987915B927588EA97972E646F63> 高 度 人 材 ポイント 制 の 加 点 対 象 となるイノベーション 促 進 支 援 措 置 一 覧 高 度 人 材 ポイント 制 の 申 請 を 行 う 外 国 人 の 方 が 所 属 する 大 学 企 業 等 の 機 関 が, 次 の1 又 は2に 掲 げる 措 置 を 受 けている 場 合 には, 特 別 加 算 としてポイントが 加 点 されます(1 0 点 所 属 機 関 が 中 小 企

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション FCVの 普 及 に 向 けた 水 素 供 給 事 業 の 展 開 について 2015 年 2 月 10 日 総 合 企 画 部 1 JXグループ 概 要 2010 年 7 月 発 足 国 内 燃 料 油 販 売 シェア シェア36%: 国 内 1 位 *2012 年 度 需 要 統 計 ベース パラキシレン 供 給 能 力 262 万 トン/ 年 :アジア1 位 原 油 天 然 ガス 生 産 量

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 参 考 資 料 2 ヒートアイランド 現 象 の 要 因 変 化 の 推 定 方 法 本 マニュアルではヒートアイランド 現 象 が 顕 著 な 大 都 市 ( 東 京 都 区 部 名 古 屋 市 大 阪 市 福 岡 市 )を 対 象 に ヒートアイランド 現 象 の 主 な 要 因 である1 地 表 面 被 覆 の 人 工 化 2 都 市 形 態 の 高 密 度 化 3 人 工 排 熱 の 増 加

More information

我 が 国 経 済 はデフレからの 脱 却 に 向 けたアベノミクスにより 回 復 しつつあるも のの 個 人 消 費 や 民 間 投 資 は 力 強 さを 欠 き 新 興 国 の 成 長 鈍 化 や 英 国 のEU 離 脱 の 動 き 等 により 成 長 が 減 速 する 恐 れがある このような

我 が 国 経 済 はデフレからの 脱 却 に 向 けたアベノミクスにより 回 復 しつつあるも のの 個 人 消 費 や 民 間 投 資 は 力 強 さを 欠 き 新 興 国 の 成 長 鈍 化 や 英 国 のEU 離 脱 の 動 き 等 により 成 長 が 減 速 する 恐 れがある このような 平 成 29 年 度 住 宅 土 地 関 連 税 制 改 正 住 宅 関 連 予 算 要 望 平 成 28 年 8 月 一 般 社 団 法 人 住 宅 生 産 団 体 連 合 会 我 が 国 経 済 はデフレからの 脱 却 に 向 けたアベノミクスにより 回 復 しつつあるも のの 個 人 消 費 や 民 間 投 資 は 力 強 さを 欠 き 新 興 国 の 成 長 鈍 化 や 英 国 のEU 離

More information

資 料 10 くし 地 域 経 済 の 面 からも 雇 用 の 面 からも 悪 影 響 を 及 ぼすことになる 紙 パルプ 関 連 産 業 の 現 状 ( 平 成 22 年 ) 出 荷 額 6 兆 8 732 億 円 従 業 員 数 17 万 1 千 人 紙 板 紙 生 産 量 2,736 万 トン

資 料 10 くし 地 域 経 済 の 面 からも 雇 用 の 面 からも 悪 影 響 を 及 ぼすことになる 紙 パルプ 関 連 産 業 の 現 状 ( 平 成 22 年 ) 出 荷 額 6 兆 8 732 億 円 従 業 員 数 17 万 1 千 人 紙 板 紙 生 産 量 2,736 万 トン 資 料 10 再 生 可 能 エネルギーの 固 定 価 格 買 取 制 度 (FIT 制 度 )における 木 質 バイオマス 発 電 に 対 する 要 望 平 成 24 年 4 月 3 日 日 本 製 紙 連 合 会 製 紙 業 界 は 我 が 国 において マテリアル 利 用 サーマル 利 用 を 通 じて 最 も 多 く 木 質 バイオマスを 利 用 している 業 界 として 再 生 可 能 エネルギーの

More information

1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は 1 広 域 的 な 送 電 線 運 用 の 拡 大 2 小 売 の 全 面 自 由 化 3 法 的 分 離 による 送 配 電 部 門 の 中 立 性 の 一 層 の 確 保 の3つを 大 きな 柱 としています 3つの

1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は 1 広 域 的 な 送 電 線 運 用 の 拡 大 2 小 売 の 全 面 自 由 化 3 法 的 分 離 による 送 配 電 部 門 の 中 立 性 の 一 層 の 確 保 の3つを 大 きな 柱 としています 3つの 電 力 システム 革 について - 電 力 の 小 売 全 面 自 由 化 は 電 力 システム 革 の 一 部 と して 位 置 づけられています ここでは 自 由 化 の 背 景 としての 電 力 システム 革 について 概 要 をご 説 明 します 2015 年 11 月 経 済 産 業 省 資 源 エネルギー 庁 1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は

More information

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災 資 料 5 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 緊 急 石 油 供 給 について 平 成 28 年 5 月 17 日 資 源 エネルギー 庁 資 源 燃 料 部 現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必

More information

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに 1 現 行 の 電 気 料 金 制 度 と 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 平 成 24 年 2 月 3 日 2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報

More information

スライド 1

スライド 1 元 気 な 日 本 復 活 予 算 5つのポイント メリハリ/ 従 来 型 の 配 分 を 大 胆 に 組 み 替 えます 拡 充 社 会 保 障 5% 増 科 学 研 究 費 補 助 金 3 割 増 重 点 化 別 枠 で 成 長 と 雇 用 に 重 点 化 見 直 し 公 共 事 業 を 実 質 5% 削 減 税 制 措 置 法 人 減 税 ( 以 降 別 枠 関 連 予 算 は と 表 示 )

More information

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 世 界 日 本 の 長 期 エネルギー 需 給 の 見 通 し 平 成 21 年 9 月 3 日 第 1 回 エネルギーベストミックス 研 究 会 財 団 法 人 日 本 エネルギー 経 済 研 究 所 計 量 分 析 ユニット 主 任 研 究 員 松 尾 雄 司 1 発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 1. 世 界

More information

Microsoft Word - 浜田港長期構想(素案)20160308ver2.docx

Microsoft Word - 浜田港長期構想(素案)20160308ver2.docx 鰐 石 地 区 港 湾 関 連 用 地 6.4ha(H30 年 度 完 成 に 向 け 整 備 中 ) 背 後 圏 島 根 県 ( 万 人 ) ( 万 人 ) 全 国 注 ) 年 齢 不 詳 は 含 まない 輸 出 23 千 トン 移 出 30 千 トン 輸 入 273 千 トン 移 入 138 千 トン 速 報 値 浜 田 港 利 用 企 業 福 井 3 号 280m( 暫 定 水

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048323381798B4C8ED294AD955C817A3233924589B7926789BB8AD698418EE597768E968BC681693032303231383030816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048323381798B4C8ED294AD955C817A3233924589B7926789BB8AD698418EE597768E968BC681693032303231383030816A2E646F63> ( 予 算 概 要 参 考 資 料 ) 平 成 23 年 度 予 算 案 における 地 球 温 暖 化 対 策 関 連 事 業 昨 年 12 月 に 策 定 された 横 浜 市 中 期 4か 年 計 画 において 地 球 温 暖 化 対 策 は 横 浜 版 成 長 戦 略 の 筆 頭 に 当 たる 環 境 最 先 端 都 市 戦 略 の 中 核 を 担 う 施 策 と 位 置 づけ られました 低

More information

スライド タイトルなし

スライド タイトルなし EV PHV 普 及 に 向 けた 経 済 産 業 省 の 取 組 について 2015 年 6 月 8 日 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 自 動 車 課 電 池 次 世 代 技 術 ITS 推 進 室 長 吉 田 健 一 郎 化 石 燃 料 への 依 存 とCO2 排 出 化 石 燃 料 への 依 存 度 95% 以 上 運 輸 部 門 からのCO2 排 出 量 は 日 本 全 体 の 排

More information

社 会 還 元 加 速 プロジェクト 情 報 通 信 技 術 を 用 いた 安 全 で 効 率 的 な 道 路 交 通 システムの 実 現 報 告 書 平 成 25 年 3 月 目 次 1.はじめに 1-1. 社 会 還 元 加 速 プロジェクト 1 1-2. 本 プロジェクトが 目 指 す 道 路 交 通 社 会 の 姿 と 目 標 2 1-3. 具 体 的 な 取 り 組 みと 実 施 計 画

More information

目 次 1 1. 日 本 の 電 力 供 給 の 仕 組 み p2 2. 電 力 の 小 売 全 面 自 由 化 とは? p3 ( 参 考 ) 電 力 の 小 売 自 由 化 の 歴 史 ( 参 考 ) 既 に 自 由 化 された 大 口 部 門 での 新 規 参 入 者 の 動 向 ( 参 考 )

目 次 1 1. 日 本 の 電 力 供 給 の 仕 組 み p2 2. 電 力 の 小 売 全 面 自 由 化 とは? p3 ( 参 考 ) 電 力 の 小 売 自 由 化 の 歴 史 ( 参 考 ) 既 に 自 由 化 された 大 口 部 門 での 新 規 参 入 者 の 動 向 ( 参 考 ) 2015 年 11 月 経 済 産 業 省 資 源 エネルギー 庁 目 次 1 1. 日 本 の 電 力 供 給 の 仕 組 み p2 2. 電 力 の 小 売 全 面 自 由 化 とは? p3 ( 参 考 ) 電 力 の 小 売 自 由 化 の 歴 史 ( 参 考 ) 既 に 自 由 化 された 大 口 部 門 での 新 規 参 入 者 の 動 向 ( 参 考 ) 小 売 全 面 自 由 化 によって

More information

b 稼 働 後 40 年 を 経 過 した 原 発 は 順 次 廃 炉 とし 延 長 を 認 めず 新 設 も 認 めない c 重 要 な 電 源 として 今 後 もリプレイス( 建 て 替 え)や 新 設 が 必 要 d その 他 (その 他 の 場 合 は300 字 以 内 で 具 体 的 にお

b 稼 働 後 40 年 を 経 過 した 原 発 は 順 次 廃 炉 とし 延 長 を 認 めず 新 設 も 認 めない c 重 要 な 電 源 として 今 後 もリプレイス( 建 て 替 え)や 新 設 が 必 要 d その 他 (その 他 の 場 合 は300 字 以 内 で 具 体 的 にお 参 議 院 選 挙 に 向 けた 政 策 アンケート 地 球 温 暖 化 対 策 についてのアンケート 調 査 の 結 果 の 公 開 CASAは7 月 の 参 議 院 選 挙 に 向 け 各 党 に 地 球 温 暖 化 対 策 についてのアンケート 調 査 を 行 い ました アンケートは 公 明 党 おおさか 維 新 の 会 新 党 改 革 日 本 のこころを 大 切 にする 党 に 送 付 し

More information

12 資料2  H2Osakaビジョンについて.pptx

12 資料2  H2Osakaビジョンについて.pptx 資 料 2 H2Osaka(エイチツーオオサカ) ビジョンについて H2Osakaビジョン( 概 要 ) H2Osakaビジョン( 本 文 ) 1 H2Osakaビジョン 概 要 版 2 策 定 の 背 景 1 様 々な 社 会 課 題 の 解 決 に 貢 献 する 水 素 エネルギーの 有 望 性 エネルギーの 多 様 な 選 択 肢 の 一 つとして 水 素 が 活 用 されている 水 素 社

More information

(Microsoft PowerPoint - 02.\214\247\223\340IR\216\221\227\2772013\202\2261.0.pptx)

(Microsoft PowerPoint - 02.\214\247\223\340IR\216\221\227\2772013\202\2261.0.pptx) 会 社 説 明 会 資 料 2013 年 3 月 1 日 地 域 とともに 地 域 のために 証 券 コード 9511 沖 縄 電 力 の 概 要 当 社 の 特 徴 広 大 な 海 域 に 点 在 する 沖 縄 本 島 および37 37の の 島 々に 電 力 を 供 給 沖 縄 県 の 発 展 とともに 今 後 も 成 長 本 土 と 送 電 線 が 繋 がっていない 単 独 系 統 のため ため

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

目 次 環 境 方 針 環 境 方 針 行 動 指 針 会 社 概 要 取 組 の 対 象 範 囲 会 社 概 要 認 証 登 録 の 対 象 範 囲 ( 組 織 活 動 ) 3 組 織 図 実 施 体 制 3 組 織 図 実 施 体 制 4 平 成 6 年 度 及 び 中 期 環 境 目 標 と

目 次 環 境 方 針 環 境 方 針 行 動 指 針 会 社 概 要 取 組 の 対 象 範 囲 会 社 概 要 認 証 登 録 の 対 象 範 囲 ( 組 織 活 動 ) 3 組 織 図 実 施 体 制 3 組 織 図 実 施 体 制 4 平 成 6 年 度 及 び 中 期 環 境 目 標 と 平 成 6 年 度 版 梅 田 クリーン 工 業 株 式 会 社 発 行 : 平 成 7 年 7 月 目 次 環 境 方 針 環 境 方 針 行 動 指 針 会 社 概 要 取 組 の 対 象 範 囲 会 社 概 要 認 証 登 録 の 対 象 範 囲 ( 組 織 活 動 ) 3 組 織 図 実 施 体 制 3 組 織 図 実 施 体 制 4 平 成 6 年 度 及 び 中 期 環 境 目 標 と

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

1.1 プロジェクトの 概 略 本 プロジェクトは 中 国 浙 江 省 における 染 色 工 場 を 対 象 とする 既 存 の 旧 式 テンターを 高 効 率 タイプのテンターに 更 新 することで 熱 媒 加 熱 に 用 いる 石 炭 消 費 量 の 節 減 及 び 消 費 電 力 節 減 によ

1.1 プロジェクトの 概 略 本 プロジェクトは 中 国 浙 江 省 における 染 色 工 場 を 対 象 とする 既 存 の 旧 式 テンターを 高 効 率 タイプのテンターに 更 新 することで 熱 媒 加 熱 に 用 いる 石 炭 消 費 量 の 節 減 及 び 消 費 電 力 節 減 によ 中 国 浙 江 省 における 染 色 工 場 の 高 効 率 テンター 普 及 プログラムCDM 実 現 可 能 性 調 査 2011 年 9 月 21 日 九 州 電 力 株 式 会 社 技 術 本 部 技 術 戦 略 グループ 目 次 1.プロジェクトの 概 要 1.1 プロジェクトの 概 略 1.2 本 調 査 の 実 施 体 制 1.3. 適 用 する 技 術 1.4 プロジェクトの 背 景

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

指 定 - 第 2 表 エネルギー 管 理 指 定 工 場 等 のエネルギーの 使 用 量 及 び 販 売 した 副 生 エネルギーの 量 平 成 27 年 度 エネルギーの 種 類 単 位 使 用 量 販 売 した 副 生 エネルギーの 量 数 値 熱 量 GJ 数 値 熱 量 GJ 原 油 (コ

指 定 - 第 2 表 エネルギー 管 理 指 定 工 場 等 のエネルギーの 使 用 量 及 び 販 売 した 副 生 エネルギーの 量 平 成 27 年 度 エネルギーの 種 類 単 位 使 用 量 販 売 した 副 生 エネルギーの 量 数 値 熱 量 GJ 数 値 熱 量 GJ 原 油 (コ 指 定 工 場 等 定 期 報 告 書 (エクセル 形 式 支 援 ツールによる 記 載 例 ) エネルギー 管 理 指 定 工 場 等 単 位 の 報 告 指 定 - 第 1 表 エネルギー 管 理 指 定 工 場 等 の 名 称 等 工 業 株 式 会 社 には 三 つの 指 定 工 場 等 が 存 在 しますが 本 記 載 例 は 高 岡 工 場 の 例 を 示 したものです エネルギー 管

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030393038323720819A91BE977A944D8145834F838A815B8393944D835A837E8369815B816994AD955C97708F4390B394C5816A2E7070745B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030393038323720819A91BE977A944D8145834F838A815B8393944D835A837E8369815B816994AD955C97708F4390B394C5816A2E7070745B93C782DD8EE682E890EA97705D> (2009/8/27 グリーンエネルギー 政 策 環 境 セミナー~ 眠 れる 巨 人 太 陽 熱 とグリーン 熱 利 用 の 拡 大 を 目 指 して~) 東 京 都 の 太 陽 熱 新 市 場 拡 大 プロジェクト 東 京 都 環 境 局 都 市 地 球 環 境 部 再 生 可 能 エネルギー 担 当 小 林 省 二 1 本 日 お 話 する 内 容 1 太 陽 熱 の 利 用 拡 大 向 けた

More information

消 費 ~ 軽 減 率 消 費 の 軽 減 率 制 度 が 消 費 率 10% 時 に 導 入 することとされています 平 成 26 年 4 月 1 日 平 成 27 年 10 月 1 日 ( 予 定 ) 消 費 率 5% 消 費 率 8% 消 費 率 10% 軽 減 率 の 導 入 平 成 26

消 費 ~ 軽 減 率 消 費 の 軽 減 率 制 度 が 消 費 率 10% 時 に 導 入 することとされています 平 成 26 年 4 月 1 日 平 成 27 年 10 月 1 日 ( 予 定 ) 消 費 率 5% 消 費 率 8% 消 費 率 10% 軽 減 率 の 導 入 平 成 26 消 費 ~ 簡 易 課 制 度 のみなし 仕 入 率 の 見 直 し 簡 易 課 制 度 におけるみなし 仕 入 率 が 以 下 のとおり 見 直 されます 該 当 する 区 分 改 正 前 みなし 仕 入 率 みなし 仕 入 率 改 正 後 区 分 卸 売 業 小 売 業 製 造 業 等 金 融 業 その 他 の サービス 及 び 業 等 保 険 業 不 動 産 業 第 1 種 第 2 種 第 3

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031332D312D31352D8A8B8AAA90AD96B192B28DB88E8B8E4095F18D908F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031332D312D31352D8A8B8AAA90AD96B192B28DB88E8B8E4095F18D908F912E646F63> 自 民 清 風 会 会 長 : 山 崎 憲 伸 印 政 務 調 査 視 察 報 告 書 報 告 者 : 杉 浦 久 直 視 察 日 平 成 25 年 1 月 15 日 ( 火 ) 視 察 内 容 クリーンエネルギーの 取 り 組 みについて 視 察 者 小 野 政 明 野 村 康 治 蜂 須 賀 喜 久 好 田 口 正 夫 内 田 実 川 上 守 杉 浦 久 直 < 葛 巻 町 の 概 要 > 葛

More information

目 標 設 定 時 の 現 状 と 課 題 国 は 東 日 本 大 震 災 及 び 原 発 事 故 を 受 けて 現 行 のエネルギー 基 本 計 画 を 白 紙 から 見 直 し 平 成 24 年 夏 を 目 途 に 新 しいエネルギー 基 本 計 画 を 議 論 する 予 定 である 中 野 区

目 標 設 定 時 の 現 状 と 課 題 国 は 東 日 本 大 震 災 及 び 原 発 事 故 を 受 けて 現 行 のエネルギー 基 本 計 画 を 白 紙 から 見 直 し 平 成 24 年 夏 を 目 途 に 新 しいエネルギー 基 本 計 画 を 議 論 する 予 定 である 中 野 区 35 地 球 温 暖 化 対 策 分 野 (24 年 度 ) 地 球 温 暖 化 対 策 に 取 り 組 むまち 分 野 目 標 脱 温 暖 化 の 取 組 みが 根 付 いた エコシティなかの の 実 現 を 目 指 し 環 境 基 本 計 画 のアクションプログラムを 改 定 し 着 実 に 進 められるよう なかのエコポイントなどのしくみを 活 用 することにより 省 エネや 再 エネ 利 用

More information

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16 普 通 交 付 税 算 定 事 務 の 手 引 きについて 平 成 26 年 12 月 改 訂 岐 阜 県 清 流 の 国 推 進 部 市 町 村 課 税 政 係 目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A> 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 平 成 26 年 1 月 はじめに 東 京 都 住 宅 供 給 公 社 では 公 社 賃 貸 住 宅 ストック 活 用 に 重 点 を 置 いた 事 業 展 開 に 向 けて 建 替 え 等 によるストック 更 新 を 計 画 的 に 推 進 するため 平 成 15 年 5 月 に 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 を

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FC88347836C96408366815B835E8FEE95F18CF68A4A90BF8B8182CC8C6F88DC32303037944E8250824F8C8E825293FA2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FC88347836C96408366815B835E8FEE95F18CF68A4A90BF8B8182CC8C6F88DC32303037944E8250824F8C8E825293FA2E646F63> 2007 年 10 月 3 日 地 球 温 暖 化 防 止 情 報 公 開 訴 訟 3 地 裁 判 決 を 経 て 大 阪 高 裁 判 決 へ ( 省 エネ 法 第 1 種 エネルギー 管 理 指 定 工 場 ( 事 業 所 )の 燃 料 別 電 気 の 種 別 エネルギー 使 用 量 の 定 期 報 告 の 情 報 開 示 請 求 と 非 開 示 処 分 の 取 消 し 開 示 命 令 を 求 める

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031343037323482E682B182CD82DC908591668347836C838B834D815B8BA68B6389EF816990EC8DE88E7381458E4F8959959B8E7392B7816A8179835A8362836794C5817A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031343037323482E682B182CD82DC908591668347836C838B834D815B8BA68B6389EF816990EC8DE88E7381458E4F8959959B8E7392B7816A8179835A8362836794C5817A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 平 成 26 年 7 24 第 2 回 よこはま 素 エネルギー 協 議 会 素 エネルギーフロンティア 川 崎 の 挑 戦 川 崎 市 副 市 三 浦 淳 国 際 社 会 における 我 が 国 の 課 題 世 界 経 済 の 懸 念 人 口 食 糧 問 題 地 球 環 境 問 題 資 源 エネルギー 問 題 経 済 雇 用 対 策 環 境 エネルギー 政 策 少 子 高 齢 化 対 策 高 度 情

More information

1. 水 素 供 給 の 現 状

1. 水 素 供 給 の 現 状 資 料 2 水 素 の 製 造 輸 送 貯 蔵 について 平 成 26 年 4 月 14 日 資 源 エネルギー 庁 燃 料 電 池 推 進 室 1. 水 素 供 給 の 現 状 1-1. 水 素 利 用 の 現 状 水 素 は 他 の 原 子 と 共 有 結 合 しやすい 燃 焼 時 に 生 成 されるものは 水 のみである 質 量 当 たりの 熱 量 が 大 き いなどの 性 質 がある このため

More information

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効 果 ガス 排 出 量 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 22(2010) 年 度 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の 集 計 結 果 平 成 25 年 9 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効

More information

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間

再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 の 概 要 ) 計 画 の 名 称 京 都 府 地 球 温 暖 化 対 策 等 推 進 基 金 計 画 の 期 間 交 付 対 象 京 都 府 府 内 市 町 村 民 間 様 式 第 2 号 ( 第 5の6(1)2 関 係 ) 再 生 可 能 エネルギー 等 導 入 推 進 基 金 事 業 計 画 書 ( 各 年 度 計 画 書 ) ( 事 業 計 画 書 作 成 担 当 者 ) 都 道 府 県 等 の 名 称 所 在 地 事 業 計 画 作 成 担 当 者 京 都 府 京 都 市 上 京 区 下 立 売 通 新 町 西 入 薮 ノ 内 町 氏 名 所 属 部 局 役

More information

Microsoft Word - FINAL_suppliers report.docx

Microsoft Word - FINAL_suppliers report.docx クリーンな 電 力 会 社 選 べる? 電 力 小 売 全 面 自 由 化 を 前 に 電 力 会 社 のクリーン 度 調 査 を 実 施 2016 年 3 月 発 行 グリーンピースレポート 2016 年 4 月 からスタートする 電 力 小 売 市 場 の 全 面 自 由 化 を 前 に 国 際 環 境 NGO グ リーンピース ジャパンは 一 般 電 気 事 業 者 に 代 わるクリーンな 電

More information

平 成 27 年 度 地 方 税 制 改 正 要 望 事 項 総 括 表 府 省 庁 名 経 済 産 業 省 平 成 26 年 10 月 31 日 現 在 税 目 別 記 載 欄 減 収 見 込 額 個 法 事 不 固 事 共 ( 百 万 円 ) 要 望 人 人 業 動 定 業 同 要 望 項 目

平 成 27 年 度 地 方 税 制 改 正 要 望 事 項 総 括 表 府 省 庁 名 経 済 産 業 省 平 成 26 年 10 月 31 日 現 在 税 目 別 記 載 欄 減 収 見 込 額 個 法 事 不 固 事 共 ( 百 万 円 ) 要 望 人 人 業 動 定 業 同 要 望 項 目 平 成 27 年 度 地 方 税 制 改 正 要 望 事 項 総 括 表 府 省 庁 名 経 済 産 業 省 平 成 26 年 10 月 31 日 現 在 税 目 別 記 載 欄 減 収 見 込 額 個 法 事 不 固 事 共 ( 百 万 円 ) 要 望 人 人 業 動 定 業 同 要 望 項 目 名 区 分 住 住 税 産 資 所 その 他 要 ( 税 目 ) 経 緯 民 民 取 産 税 の 税

More information

しかし 蒸 気 機 関 は 蒸 気 の 持 つ 熱 エネルギーをピストンの 往 復 運 動 によって 機 械 エネルギーに 変 換 していたため 効 率 も 低 く 大 容 量 化 は 困 難 であった しかし 1880 年 代 の 初 頭 に 相 次 いで 実 用 化 された 蒸 気 タービンは

しかし 蒸 気 機 関 は 蒸 気 の 持 つ 熱 エネルギーをピストンの 往 復 運 動 によって 機 械 エネルギーに 変 換 していたため 効 率 も 低 く 大 容 量 化 は 困 難 であった しかし 1880 年 代 の 初 頭 に 相 次 いで 実 用 化 された 蒸 気 タービンは 2001 年 8 月 例 会 資 料 火 力 発 電 の 変 遷 - 大 容 量 化 と 高 効 率 化 への 挑 戦 - Keywords 蒸 気 タービン ガスタービン 発 電 機 ボイラ 複 合 サイクル 大 地 昭 生 1. はじめに 火 力 発 電 は19 世 紀 末 に 出 現 し 100 年 以 上 の 歴 史 を 持 つ 効 率 的 な 電 力 供 給 方 式 としてそ の 後 の

More information

電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1

電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1 資 料 2 電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) と 原 子 力 発 電 について 平 成 26 年 10 月 資 源 エネルギー 庁 電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1 電 力 システム 改 革 の 目 的 2 1. 安 定 供 給 を 確 保 する 震 災 以 降 多 様 な 電 源 の 活 用 が 不 可 避 な 中 で 送 配 電 部 門 の 中 立 化

More information

<4D F736F F F696E74202D20312E936EE7B C91CE8DF489DB92B F4E45444F835A E B93C782DD8EE682E890EA97705D205B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D20312E936EE7B C91CE8DF489DB92B F4E45444F835A E B93C782DD8EE682E890EA97705D205B8CDD8AB B83685D> 新 エネルギー 政 策 について 渡 邊 昇 治 家 中 川 小 水 力 市 民 発 電 所 (20kW) 目 次 日 本 の 再 生 可 能 エネルギーの 現 状 再 生 可 能 エネルギーに 関 する 政 策 地 域 への 支 援 研 究 開 発 導 入 拡 大 エネルギーマネージメント ジメント 蓄 電 池 について エネルギー 基 本 計 画 新 成 長 戦 略 2 日 本 の 再 生 可

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

Microsoft Word - 答申本文.doc

Microsoft Word - 答申本文.doc 第 3 章 窒 素 酸 化 物 対 策 の 環 境 改 善 効 果 予 測 1 対 策 効 果 予 測 について 第 2 章 で 検 討 した 更 なる 対 策 について 対 策 の 実 施 による 将 来 の NOx 排 出 量 や 環 境 濃 度 の 低 減 効 果 等 を 把 握 することは 対 策 を 進 めていく 上 で 重 要 な 根 拠 となる そのため 第 1 章 -3で 設 定 した

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

テ ク ノ ロ ジ ー にも 0.3 ~ 0.7% 程 度 の 非 常 に 濃 度 の 薄 い 通 気 メ タン (VAM:Ventilation Air Methane) というメ タンガスが 含 まれています メタンガスは CO2 の 21 倍 の 温 暖 化 係 数 を 持 つため メタンガス

テ ク ノ ロ ジ ー にも 0.3 ~ 0.7% 程 度 の 非 常 に 濃 度 の 薄 い 通 気 メ タン (VAM:Ventilation Air Methane) というメ タンガスが 含 まれています メタンガスは CO2 の 21 倍 の 温 暖 化 係 数 を 持 つため メタンガス 中 国 におけるCDM 事 業 の 推 進 CDM( 排 出 権 取 引 ) 事 業 は 先 進 国 と 発 展 途 上 国 と が 協 力 してプロジェクトを 実 施 し その 結 果 得 られた CO2 排 出 抑 制 効 果 または CO2 吸 収 増 大 効 果 に 応 じ て 発 行 されたクレジットをプロジェクト 参 加 者 間 で 分 け 合 うというものです この 制 度 によって

More information

1041297.xls

1041297.xls 地 球 温 暖 化 対 策 計 画 書 ( 提 出 先 ) 横 浜 市 長 平 成 年 1 月 1 日 住 所 東 京 都 中 央 区 銀 座 六 丁 目 17 番 1 号 株 式 会 社 読 売 新 聞 東 京 本 社 氏 名 代 表 取 締 役 社 長 老 川 祥 一 ( 法 人 の 場 合 は 名 称 及 び 代 表 者 の 氏 名 ) 横 浜 市 生 活 環 境 の 保 全 等 に 関 する

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

環 境 目 標 成 に 努 め 廃 棄 物 の 再 資 源 化 グリーン 調 達 環 境 関 連 法 規 の 環 境 会 計 スト 回 収 商 品 処 分 などの 上 下 流 コストに20% 使 用 し てい 遵 守 などの 目 標 は 達 成 しました 今 後 は 中 期 目 標 を 2010 年

環 境 目 標 成 に 努 め 廃 棄 物 の 再 資 源 化 グリーン 調 達 環 境 関 連 法 規 の 環 境 会 計 スト 回 収 商 品 処 分 などの 上 下 流 コストに20% 使 用 し てい 遵 守 などの 目 標 は 達 成 しました 今 後 は 中 期 目 標 を 2010 年 環 境 理 念 環 境 方 針 私 たちは お 客 様 第 一 主 義 の 経 営 理 念 のもと 経 皮 吸 収 型 貼 付 剤 を 中 心 とした 医 薬 品 の 提 供 を 通 じて 貼 って 手 当 てすることの 良 さ を 伝 えながら 世 界 中 の 人 々の 健 康 づくりに 積 極 的 に 取 り 組 んできました 地 球 環 境 の 保 全 に 貢 献 することは 当 社 の 経

More information

3 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 及 び 推 進 体 制 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 [ 基 本 理 念 ] 人 類 が 自 然 と 調 和 し 未 来 にわたり 持 続 可 能 な 発 展 を 実 現 するため NTTグルー

3 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 及 び 推 進 体 制 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 [ 基 本 理 念 ] 人 類 が 自 然 と 調 和 し 未 来 にわたり 持 続 可 能 な 発 展 を 実 現 するため NTTグルー 地 球 温 暖 化 対 策 実 施 状 況 書 1 地 球 温 暖 化 対 策 事 業 者 の 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 事 業 者 ( 届 出 者 ) の 名 称 地 球 温 暖 化 対 策 事 業 者 ( 届 出 者 ) の 住 所 西 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 名 古 屋 支 店 名 古 屋 市 中 区 大 須 四 丁 目 9 番 60 号 工 場 等 の 名 称 NTT

More information

< E EC93E08E AC28BAB B93738E7392F188C48F C8EAE3129>

< E EC93E08E AC28BAB B93738E7392F188C48F C8EAE3129> 環 境 モデル 都 市 提 案 書 ( 様 式 1) タイトル 超 スマート! 薩 摩 川 内 市 ~みんなで 創 るエネルギーのまちの 未 来 ~ 提 案 団 体 鹿 児 島 県 薩 摩 川 内 市 (さつませんだいし) 人 口 :99,589 人 ( 平 成 22 年 度 国 勢 調 査 ) 担 当 者 名 及 担 当 者 の 所 属 : 薩 摩 川 内 市 役 所 新 エネルギー 対 策 課

More information

目 次 1. ガイドライン 作 成 の 考 え 方 2. ガイドラインの 内 容 3. エコ アクション ポイントの 位 置 付 け 等 4. エコ アクション ポイントの 基 本 モデル 5. 他 の 政 府 主 導 型 エコ ポイント 制 度 との 違 い 6. プログラム 参 加 者 の メリ

目 次 1. ガイドライン 作 成 の 考 え 方 2. ガイドラインの 内 容 3. エコ アクション ポイントの 位 置 付 け 等 4. エコ アクション ポイントの 基 本 モデル 5. 他 の 政 府 主 導 型 エコ ポイント 制 度 との 違 い 6. プログラム 参 加 者 の メリ エコ アクション ポイントに 関 する ガイドラインについて 1 目 次 1. ガイドライン 作 成 の 考 え 方 2. ガイドラインの 内 容 3. エコ アクション ポイントの 位 置 付 け 等 4. エコ アクション ポイントの 基 本 モデル 5. 他 の 政 府 主 導 型 エコ ポイント 制 度 との 違 い 6. プログラム 参 加 者 の メリット 7. プログラムへの 参 加

More information

地球温暖化対策推進法に基づく

地球温暖化対策推進法に基づく 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 25(2013) 温 の 集 計 結 果 平 成 28 年 6 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 は 温 スを 相 当 程 度 多 く する

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資 料 1 第 7 回 検 討 会 資 料 2 各 論 点 の 方 向 性 について 論 点 項 目 ( 案 ) Ⅰ 自 動 車 関 係 諸 税 の 在 り 方 について( 簡 素 化 及 び 負 担 の 軽 減 等 について) (1) 車 体 課 税 のあり 方 について 1 現 行 の 車 体 課 税 の 体 系 と 今 後 のあり 方 について 2 自 動 車 に 関 する 国 都 道 府 県

More information

別紙1

別紙1 Ⅳ. 特 記 事 項 地 域 連 携 地 域 貢 献 を 重 視 した 教 育 研 究 - 地 域 に 愛 される 大 学 として - 基 準 10で 述 べたように 本 学 は 地 域 社 会 との 協 力 を 極 めて 重 視 し 地 域 連 携 地 域 貢 献 を 通 し 地 域 に 愛 される 大 学 として 教 育 研 究 活 動 を 活 発 に 展 開 している その 中 で も 特 に

More information

<5461726F2D837083758352838188D38CA989F1939A2E6A7464>

<5461726F2D837083758352838188D38CA989F1939A2E6A7464> 総 合 物 流 施 策 大 綱 (2013-2017) 案 に 関 する パブリックコメントの 募 集 結 果 について 平 成 25 年 6 月 25 日 国 土 交 通 省 経 済 産 業 省 国 土 交 通 省 経 済 産 業 省 では 総 合 物 流 施 策 大 綱 (2013-2017) 案 について ホー ムページを 通 じてご 意 見 を 募 集 したところ 7 名 の 方 から22

More information

表紙_責了.indd

表紙_責了.indd 2012 Vol. 36 環 境 都 市 宣 言 シンボルマーク 稚 内 市 では 生 ごみや 下 水 汚 泥 を 微 生 物 の 発 酵 により 減 容 すると 共 に 発 生 するバイオガスを 回 収 してエネルギーとして 活 用 するため 稚 内 市 バイオエネルギーセンターを 整 備 しました この 施 設 では 生 ごみ(4,200トン/ 年 ) 下 水 汚 泥 (2,100トン/ 年 )を

More information

Microsoft Word - 温対編_1章_130531

Microsoft Word - 温対編_1章_130531 第 1 地 球 温 暖 化 問 題 と 我 が 国 の 現 状 地 球 温 暖 化 は 人 間 活 動 によって 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 など 温 室 効 果 ガスの 濃 度 が 増 加 し これに 伴 って 太 陽 からの 日 射 や 地 表 面 から 放 射 する 熱 の 一 部 がバランスを 超 えて 温 室 効 果 ガ スに 吸 収 されることにより 地 表 面 の 温 度 が

More information

平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 平 成 26 年 7 月 名 古 屋 商 工 会 議 所 我 が 国 の 経 済 情 勢 は 安 倍 政 権 下 での 金 融 財 政 政 策 が 功 を 奏 し 極 端 な 円 高 水 準 の 是 正 や 株 価 の 上 昇 とともに 本 年 4 月 以 降 の 消 費 増 税 の 影 響 を 吸 収 しつ つ 経 済 再 生 とデフレ

More information

スライド 1

スライド 1 福 島 に 森 のエコシティを 創 出 する CLTにかかわる 現 状 と 課 題 協 力 委 員 パナソニック 株 式 会 社 エコソリューションズ 社 エネマネ 推 進 センター 西 川 弘 記 東 北 には 豊 富 な 森 林 資 源 がある 2 充 実 する 森 林 資 源 ~ 我 が 国 の 森 林 資 源 は 戦 後 植 林 した 人 工 林 を 中 心 に 年 々 増 加 ~ 森 林

More information

平成23年度税制改正について

平成23年度税制改正について 日 医 発 第 896 号 ( 年 税 48) 平 成 2 2 年 1 2 月 2 2 日 都 道 府 県 医 師 会 長 殿 日 本 医 師 会 長 原 中 勝 征 平 成 23 年 度 税 制 改 正 について 去 る12 月 16 日 平 成 23 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されまし た の で 平 成 23 年 度 税 制 改 正 についてご 報 告 申 し 上 げます

More information

Microsoft PowerPoint - 20150615_【HP用】綱島SST素案説明会.pptx

Microsoft PowerPoint - 20150615_【HP用】綱島SST素案説明会.pptx 綱 島 サスティナブル スマートタウン 地 区 地 区 計 画 都 市 計 画 市 素 案 説 明 会 平 成 27 年 6 月 12 日 横 浜 市 ~ 本 日 の 説 明 内 容 ~ 地 区 の 概 要 と 上 位 計 画 経 緯 地 区 計 画 の 都 市 計 画 市 素 案 今 後 の 都 市 計 画 手 続 地区の概要 港北区 日吉駅 綱島サスティナブル スマートタウン地区 面積 約4.4ha

More information

目 次 1 組 織 の 概 要 1-1 事 業 活 動 の 概 要 1-2 組 織 図 2 環 境 方 針 3 環 境 目 標 とその 実 績 3-1 環 境 目 標 3-2 環 境 への 負 荷 実 績 4 主 要 な 環 境 活 動 計 画 の 内 容 5 次 年 度 の 活 動 計 画 6 環

目 次 1 組 織 の 概 要 1-1 事 業 活 動 の 概 要 1-2 組 織 図 2 環 境 方 針 3 環 境 目 標 とその 実 績 3-1 環 境 目 標 3-2 環 境 への 負 荷 実 績 4 主 要 な 環 境 活 動 計 画 の 内 容 5 次 年 度 の 活 動 計 画 6 環 2015 年 度 環 境 活 動 レポート ( 活 動 期 間 :2015 年 4 月 ~2016 年 3 月 ) 飯 塚 商 亊 株 式 会 社 2016 年 4 月 1 日 発 行 1 ページ 目 次 1 組 織 の 概 要 1-1 事 業 活 動 の 概 要 1-2 組 織 図 2 環 境 方 針 3 環 境 目 標 とその 実 績 3-1 環 境 目 標 3-2 環 境 への 負 荷 実 績

More information

伊 24 1980 昭 和 55 知 多 LPG 基 地 LPG 輸 送 知 多 LPG 基 地 への 液 化 天 然 ガス 輸 送 に 関 する 調 査 研 究 東 邦 ガス 伊 25 1980 昭 和 55 知 多 LPG 基 地 LPG 輸 送 知 多 LPG 基 地 への 液 化 天 然 ガ

伊 24 1980 昭 和 55 知 多 LPG 基 地 LPG 輸 送 知 多 LPG 基 地 への 液 化 天 然 ガス 輸 送 に 関 する 調 査 研 究 東 邦 ガス 伊 25 1980 昭 和 55 知 多 LPG 基 地 LPG 輸 送 知 多 LPG 基 地 への 液 化 天 然 ガ 伊 勢 湾 海 難 防 止 協 会 受 託 事 業 伊 勢 湾 海 難 防 止 協 会 受 託 事 業 参 考 資 料 資 料 番 号 刊 行 年 度 主 地 域 名 港 区 地 区 岸 壁 埠 頭 等 調 査 概 要 調 査 概 要 資 料 名 ( 名 ) 委 託 者 委 員 長 伊 1 1975 昭 和 50 伊 勢 湾 LNG 輸 送 伊 勢 湾 液 化 天 然 ガス 輸 送 問 題 に 関

More information

2 ご 議 論 いただきたい 事 項 今 後 の 設 備 形 成 の 考 え 方 について ご 報 告 事 項 技 術 調 査 の 取 り 組 み 状 況 について

2 ご 議 論 いただきたい 事 項 今 後 の 設 備 形 成 の 考 え 方 について ご 報 告 事 項 技 術 調 査 の 取 り 組 み 状 況 について 第 9 回 広 域 系 統 整 備 委 員 会 資 料 2 1 広 域 系 統 長 期 方 針 の 策 定 について 2016 年 1 月 29 日 広 域 系 統 整 備 委 員 会 事 務 局 2 ご 議 論 いただきたい 事 項 今 後 の 設 備 形 成 の 考 え 方 について ご 報 告 事 項 技 術 調 査 の 取 り 組 み 状 況 について 長 期 方 針 の 策 定 の 方 向

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx

Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx 農 業 水 利 施 設 を 活 用 した 小 水 力 等 発 電 の 導 入 促 進 について 平 成 25 年 10 月 3 日 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 農 業 水 産 部 農 業 振 興 課 目 次 1. 小 水 力 等 発 電 導 入 の 状 況 について 2. 制 度 手 続 き 規 制 緩 和 について 3. 農 業 農 村 整 備 事 業 等 における 助 成 制 度

More information

( 年 ) ( 製 造 者 ) ( 出 力 ) ( 高 さ) ( 直 径 ) 出 典 :ALL ENERGY 2016 Benj Sykes 氏 講 演 資 料 DONG Energy 社 図 1-1 風 力 発 電 タービンの 大 きさの 変 遷 1.4 英 国 の 洋 上 風 力 発 電 業 界

( 年 ) ( 製 造 者 ) ( 出 力 ) ( 高 さ) ( 直 径 ) 出 典 :ALL ENERGY 2016 Benj Sykes 氏 講 演 資 料 DONG Energy 社 図 1-1 風 力 発 電 タービンの 大 きさの 変 遷 1.4 英 国 の 洋 上 風 力 発 電 業 界 情 報 報 告 ウィーン ALL ENERGY 2016(その 3) 2016 年 5 月 4 日 から5 日 にかけ 欧 州 の 再 生 可 能 エネルギー 市 場 に 関 する 会 議 ALL ENERGY 2016が 英 国 Glasgowで 開 催 された 主 催 者 はReed Exhibitions 社 ( 英 国 )であ る 今 回 は 英 国 の 洋 上 風 力 発 電 の 展 望

More information

資 料 1 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 ( 抜 粋 ) 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 四 消 費 課 税 2 車 体 課 税 の 見 直 し ( 地 方 税 ) (1) 自 動 車 の 廃 止 自 動 車 は 平 成 29 年 3 月 31 日 をもって

資 料 1 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 ( 抜 粋 ) 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 四 消 費 課 税 2 車 体 課 税 の 見 直 し ( 地 方 税 ) (1) 自 動 車 の 廃 止 自 動 車 は 平 成 29 年 3 月 31 日 をもって 平 成 28 年 度 税 制 改 正 結 果 概 要 ( 車 体 課 税 関 係 ) 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 ( 抜 粋 ) 資 料 1 ( 参 考 ) 平 成 28 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 ( 抜 粋 ) < 基 本 的 な 考 え 方 > 資 料 2 ( 参 考 ) 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 ( 抜 粋 ) < 基 本 的 な

More information

原子力政策

原子力政策 エネルギー 政 策 における 原 子 力 発 電 について Ⅰ 最 近 のエネルギー 情 勢 と 今 後 の 需 給 見 通 し Ⅱ 原 子 力 発 電 を 取 り 巻 く 状 況 Ⅲ エネルギー 政 策 における 原 子 力 発 電 の 位 置 付 け 平 成 27 年 6 月 資 源 エネルギー 庁 Ⅰ 最 近 のエネルギー 情 勢 日 本 のエネルギーは 今 原 発 停 止 による 発 電 用

More information

Microsoft PowerPoint - 【速報版】図解 平成26年度税制改正大綱.pptx

Microsoft PowerPoint - 【速報版】図解 平成26年度税制改正大綱.pptx 平 成 26 年 度 税 制 改 正 大 綱 速 報 版 情 報 提 供 税 理 士 法 人 名 南 経 営 広 報 室 平 成 26 年 度 税 制 改 正 の 全 体 像 ~ 主 要 項 目 一 覧 ~ 個 人 所 得 税 高 所 得 層 の 給 与 所 得 控 除 の 上 限 の 引 下 げ ゴルフ 会 員 権 等 の 損 益 通 算 の 廃 止 金 融 証 券 税 制 NISA( 少 額 投

More information

国土技術政策総合研究所 研究資料

国土技術政策総合研究所 研究資料 第 1 節 目 的 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 1 目 的 本 ガイドラインは 下 水 道 事 業 における 大 幅 なコスト 縮 減 や 省 エネルギー 創 エネルギー 効 果 の 増 大 に 寄 与 するため 下 水 道 革 新 的 技 術 実 証 事 業 (B-DASH プロジェクト)の 革 新 的 技 術 の1つである 下 水 道 バイオマスからの 電 力 創 造 システムに 関

More information

新 設 拡 充 又 は 延 長 を 必 要 と す る 理 由 (1) 政 策 目 的 1 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 等 を 踏 まえ 以 下 の 見 直 しを 行 う 自 動 車 税 軽 自 動 車 税 消 費 税 10% 時 点 までにグリーン 化 特 例 の 現 行

新 設 拡 充 又 は 延 長 を 必 要 と す る 理 由 (1) 政 策 目 的 1 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 等 を 踏 まえ 以 下 の 見 直 しを 行 う 自 動 車 税 軽 自 動 車 税 消 費 税 10% 時 点 までにグリーン 化 特 例 の 現 行 平 成 28 年 度 税 制 改 正 ( 租 税 特 別 措 置 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 ) 制 度 名 車 体 課 税 の 抜 本 的 見 直 し ( 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 自 動 車 課 ) 税 目 自 動 車 重 量 税 ( 自 動 車 重 量 税 法 全 文 自 動 車 重 量 税 法 施 行 令 全 文 自 動 車 重 量 税 法 施 行 規 則

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3233944E937892E88E9E918D89EF82CC93C195CA8D75898982CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3233944E937892E88E9E918D89EF82CC93C195CA8D75898982CC8A5497762E646F63> 平 成 23 年 度 定 時 総 会 の 特 別 講 演 の 概 要 この 内 容 は 講 演 者 久 保 田 晃 司 氏 のご 好 意 により 当 日 の 発 表 資 料 を 掲 載 するものです 従 って 資 料 の 取 り 扱 いはあくまでも 会 員 各 位 の 個 人 の 責 任 範 囲 においてご 利 用 下 さい 当 資 料 の 利 用 希 望 がある 場 合 は 利 用 目 的 を 明

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817996D891BA8E518E968AAF95E28DB2817A81798376838D83578346834E835E815B97708E9197BF817A323031363033313696BC8CC389AE91E58A778264826C8CA48B8681458C9F93A289EF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817996D891BA8E518E968AAF95E28DB2817A81798376838D83578346834E835E815B97708E9197BF817A323031363033313696BC8CC389AE91E58A778264826C8CA48B8681458C9F93A289EF2E70707478> 名 古 屋 大 学 エネルギーマネジメント 研 究 検 討 会 平 成 27 年 度 エネルギーに 関 する 文 理 融 合 研 究 合 同 成 果 報 告 会 第 11 回 名 大 発 - 省 エネ 推 進 と 地 球 温 暖 化 防 止 省 エネ 法 等 に 係 る 最 近 の 動 向 平 成 28 年 3 月 16 日 文 部 科 学 省 大 臣 官 房 文 教 施 設 企 画 部 参 事 官

More information

船舶・海洋事業説明会資料

船舶・海洋事業説明会資料 船 舶 海 洋 事 業 説 明 会 2009.6.4 船 舶 海 洋 事 業 本 部 長 飯 島 史 郎 1 目 次 1. 2008 年 度 の 総 括 2. 船 舶 海 洋 事 業 の 近 況 3. 2009 年 度 の 業 績 見 通 し 4. 2009 年 度 対 策 の 骨 子 5. 全 社 緊 急 対 策 チャレンジ09 6. 事 業 戦 略 の 再 構 築 ( 本 部 事 業 方 針 )

More information

私 たちが 目 指 すもの 原 発 に 依 存 しない 電 気 をもっと 増 やしたい 2000 年 の 電 力 自 由 化 で 電 気 は 電 力 会 社 以 外 から 購 入 が 可 能 になりました 2016 年 4 月 から 家 庭 などの 小 口 電 力 も 対 象 になります 原 発 に

私 たちが 目 指 すもの 原 発 に 依 存 しない 電 気 をもっと 増 やしたい 2000 年 の 電 力 自 由 化 で 電 気 は 電 力 会 社 以 外 から 購 入 が 可 能 になりました 2016 年 4 月 から 家 庭 などの 小 口 電 力 も 対 象 になります 原 発 に 勉 強 会 & 意 見 交 換 会 電 力 自 由 化 の 光 と 影 電 力 自 由 化 で 脱 原 発 するために 電 源 で 選 び 隊 の 提 案 電 気 をカエル 計 画 TEL/FAX 058-323-2534 office@ekaeru.jpn.org 私 たちが 目 指 すもの 原 発 に 依 存 しない 電 気 をもっと 増 やしたい 2000 年 の 電 力 自 由 化 で 電

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037>

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037> 平 成 28 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 平 成 27 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は じ め に 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は 自 動 車 の 生 産 販 売 使 用 の 各 段 階 にわたる 総 合 団 体 として クルマ 社 会 の 健 全 な 発 展 に 貢 献 し 持 続 可 能 な 社 会 の

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版))

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版)) 広 報 用 資 料 2014 年 度 定 期 航 空 協 会 年 次 総 会 資 料 1 2013 年 度 事 業 報 告 P.1 2 2014 年 度 事 業 方 針 P.10 3 役 員 の 選 任 P.12 2014 年 5 月 23 日 1 2013 年 度 事 業 報 告 定 期 航 空 協 会 規 約 第 3 条 に 示 された 本 会 の 目 的 達 成 のため 2013 年 度 事

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

1. 本 資 料 の 趣 旨 電 気 の 大 口 使 用 者 への 小 売 事 業 ( 電 気 の 供 給 事 業 )については 平 成 12 年 から 参 入 規 制 が 順 次 撤 廃 され 地 域 の 電 力 会 社 ( 北 海 道 電 力 から 沖 縄 電 力 までの 計 10 社 の こと

1. 本 資 料 の 趣 旨 電 気 の 大 口 使 用 者 への 小 売 事 業 ( 電 気 の 供 給 事 業 )については 平 成 12 年 から 参 入 規 制 が 順 次 撤 廃 され 地 域 の 電 力 会 社 ( 北 海 道 電 力 から 沖 縄 電 力 までの 計 10 社 の こと 電 力 小 売 市 場 の 自 由 化 について 経 済 産 業 省 資 源 エネルギー 庁 電 力 ガス 事 業 部 電 力 市 場 整 備 課 平 成 24 年 8 月 本 資 料 は 資 源 エネルギー 庁 のホームページからもダウンロードできます http://www.enecho.meti.go.jp/denkihp/index.html http://www.enecho.meti.go.jp/denkihp/genjo/seido.pdf

More information

報告書

報告書 低 炭 素 型 の 国 土 づくり ~ 米 代 川 流 域 圏 での 取 組 ~ 米 代 川 流 域 圏 における 低 炭 素 型 国 土 形 成 のための 連 絡 協 議 会 1 1. 低 炭 素 型 の 国 土 づくりと 流 域 圏 ( 低 炭 素 化 と 国 土 づくり) 地 球 温 暖 化 問 題 の 解 決 に 向 けて 地 域 においても 省 エネルギーや 再 生 可 能 エネルギーの

More information

再 提 案 (10 項 目 ) 部 局 名 提 案 事 項 健 康 福 祉 部 公 立 保 育 所 民 間 立 保 育 所 等 の 一 体 的 な 運 営 を 図 るため 公 立 保 育 所 における 給 食 の 外 部 搬 入 を 特 区 として 認 められている 地 域 において 公 立 保 育

再 提 案 (10 項 目 ) 部 局 名 提 案 事 項 健 康 福 祉 部 公 立 保 育 所 民 間 立 保 育 所 等 の 一 体 的 な 運 営 を 図 るため 公 立 保 育 所 における 給 食 の 外 部 搬 入 を 特 区 として 認 められている 地 域 において 公 立 保 育 作 成 年 月 日 平 成 22 年 6 月 28 日 作 成 部 局 企 画 県 民 部 政 策 室 課 室 名 地 域 振 興 課 [ 兵 庫 県 地 域 再 生 構 造 改 革 特 区 推 進 会 議 ( 平 成 22 年 度 第 1 回 )] 構 造 改 革 特 区 ( 第 18 次 ) 及 び 地 域 再 生 ( 第 8 次 )の 提 案 標 記 の 提 案 については 6 月 7 日 から

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション カーボンレジストリ オンライン 入 力 方 法 一 般 社 団 法 人 イクレイ 日 本 注 意 事 項 赤 いアスタリスク * のついた 項 目 は 入 力 必 須 項 目 です 資 料 添 付 欄 に * が 付 いている 場 合 があります 英 語 の 資 料 がある 場 合 はそれを 日 本 語 資 料 の みの 場 合 は その 旨 を 記 載 した 文 書 をアップロードして 下 さい

More information

平成17~20年度補助事業者の 実施状況に関する分析

平成17~20年度補助事業者の 実施状況に関する分析 岡 山 県 環 境 未 来 都 市 構 想 ~オカヤマ エコスマートエリアプロジェクト~ 備 前 みどりのまほろば 協 議 会 備 前 グリーンエネルギー 株 式 会 社 岡 山 県 の 現 状 1.80 1.60 岡 山 県 のエネルギー 消 費 の 特 徴 75% 以 上 が 産 業 利 用 産 業 は90 年 より 消 費 量 減 尐 運 輸 業 務 家 庭 は 増 加 傾 向 運 輸, 1.57

More information