Microsoft Word - RM最前線 doc

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - RM最前線2014-14.doc"

Transcription

1 2014 No.14 IPCC 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル 第 5 次 評 価 報 告 書 第 2 作 業 部 会 報 告 書 の 公 表 2014 年 3 月 25~29 日 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル( 以 下 IPCC:Intergovernmental Panel on Climate Change) 第 38 回 総 会 および 第 2 作 業 部 会 会 合 が 横 浜 で 開 催 された IPCC 総 会 が 日 本 で 開 催 されるのは 今 回 が 初 めてであり 第 2 作 業 部 会 会 合 には 約 110 か 国 から 約 400 名 が 参 加 した そこでは 第 5 次 評 価 報 告 書 第 2 作 業 部 会 報 告 書 の 政 策 決 定 者 向 け 要 約 (SPM:Summary for Policy-Makers)が 承 認 公 表 されるとともに 第 2 作 業 部 会 報 告 書 の 本 体 が 受 諾 された 本 稿 では はじめにIPCCについて 概 説 し 次 に 今 回 採 択 された 第 5 次 評 価 報 告 書 第 2 作 業 部 会 報 告 書 ( 政 策 決 定 者 向 け 要 約 )の 概 要 をまとめたうえで 最 後 に 企 業 が 今 後 留 意 すべき 点 に ついて 解 説 する 1. 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル(IPCC)について 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル(IPCC)は 気 候 変 動 についての 評 価 を 行 うための 国 連 に よる 国 際 的 な 組 織 体 であり 1988 年 に 国 連 環 境 計 画 (UNEP:United Nations Environment Programme)および 世 界 気 象 機 関 (WMO:the World Meteorological Organization)によっ て 設 立 された IPCCの 目 的 は 気 候 変 動 とそれに 伴 う 潜 在 的 な 環 境 および 社 会 経 済 的 影 響 に 関 する 最 新 の 科 学 的 技 術 的 社 会 経 済 的 情 報 をレビュー 評 価 し 現 時 点 で 科 学 的 に 解 明 さ れている 情 報 を 世 界 に 示 すことである 一 方 IPCC 自 体 は 気 候 変 動 に 関 する 研 究 や 気 候 に 関 連 するデータおよびパラメータの 監 視 等 は 一 切 行 っていない 現 在 IPCCのメンバー 国 は 195 か 国 であり 数 千 人 の 科 学 者 がIPCCの 活 動 に 参 加 している IPCCは 最 高 決 議 機 関 である 総 会 と 3 つの 作 業 部 会 およびタスクフォースによって 構 成 さ れている( 図 1) 第 1 作 業 部 会 は 気 候 変 動 に 関 する 自 然 科 学 的 根 拠 第 2 作 業 部 会 は 気 候 変 動 に 関 する 影 響 適 応 脆 弱 性 第 3 作 業 部 会 では 気 候 変 動 の 緩 和 について 評 価 を 行 ってお り 国 際 的 温 室 効 果 ガスインベントリに 関 するタスクフォース では 温 室 効 果 ガスの 国 別 排 出 目 録 作 成 手 法 の 策 定 等 を 行 っている なお 第 2 作 業 部 会 で 扱 う 気 候 変 動 に 関 する 影 響 適 応 脆 弱 性 のうち 適 応 とは 既 に 起 こりつつある あるいは 起 こりうる 温 暖 化 の 影 響 に 対 して 自 然 や 社 会 のあり 方 を 調 整 する ことである また 脆 弱 性 とは 温 暖 化 や 極 端 な 現 象 を 含 む 気 候 変 動 による 影 響 の 受 けやすさ または 対 処 できない 度 合 いのことである さらに 地 球 温 暖 化 対 策 として 適 応 と 対 になるの が 第 3 作 業 部 会 で 扱 う 緩 和 である 緩 和 とは 地 球 温 暖 化 の 原 因 となる 温 室 効 果 ガスの 排 出 を 抑 制 することである 1 IPCCでは 気 候 変 動 の 解 明 に 関 連 する 最 新 の 科 学 的 技 術 的 社 会 経 済 的 情 報 のレビュー および 評 価 に 関 して 定 期 的 に 評 価 報 告 書 を 発 行 している 評 価 報 告 書 には 各 作 業 部 会 の 報 告 1 環 境 省 温 暖 化 から 日 本 を 守 る 適 応 への 挑 戦 2012 による 定 義 1

2 書 と 各 作 業 部 会 の 報 告 書 を 統 合 した 統 合 報 告 書 があり それぞれ 政 策 決 定 者 向 け 要 約 (SPM) が 併 せて 作 成 されている 図 1 IPCCの 構 成 出 典 :IPCCのWebサイトより 弊 社 作 成 IPCCは 1990 年 に 第 1 次 評 価 報 告 書 を 発 表 して 以 降 1995 年 に 第 2 次 評 価 報 告 書 2001 年 に 第 3 次 評 価 報 告 書 2007 年 に 第 4 次 評 価 報 告 書 を 発 行 している 発 行 された 報 告 書 はそれぞれ 気 候 変 動 枠 組 条 約 締 約 国 会 議 (COP) 等 において 地 球 温 暖 化 および 気 候 変 動 対 策 の 取 組 みに ついて 科 学 的 根 拠 を 示 すものとして 重 要 な 役 割 を 果 たしている 2007 年 には IPCCは 地 球 温 暖 化 と 人 類 活 動 の 因 果 関 係 を 広 く 知 らしめた ことが 評 価 され 前 米 国 副 大 統 領 であるアル ゴア 氏 とともにノーベル 平 和 賞 を 受 賞 している 現 在 は 2013 年 から 2014 年 にかけて 第 5 次 評 価 報 告 書 が 作 成 されている 過 程 にあり 今 回 公 表 された 第 2 作 業 部 会 の 報 告 書 のほか 第 1 作 業 部 会 の 報 告 書 は 2013 年 9 月 にストックホルムで 開 催 された 第 36 回 総 会 において 第 3 作 業 部 会 の 報 告 書 は 2014 年 4 月 12 日 にベルリンで 開 催 さ れた 第 39 回 総 会 において それぞれ 公 表 されている 今 後 は 統 合 報 告 書 が 2014 年 10 月 にコペ ンハーゲンで 開 催 される 第 40 回 総 会 において 公 表 される 予 定 である 2

3 2. 第 5 次 評 価 報 告 書 第 2 作 業 部 会 報 告 書 ( 政 策 決 定 者 向 け 要 約 )の 概 要 IPCC 第 5 次 評 価 報 告 書 第 2 作 業 部 会 は 2009 年 から 作 業 が 着 手 されており 2014 年 3 月 25 ~29 日 に 政 策 決 定 者 向 け 要 約 (SPM)が 承 認 公 表 されるとともに 評 価 報 告 書 本 体 が 受 諾 さ れた 評 価 報 告 書 の 作 成 には 70 か 国 から 243 名 の 代 表 執 筆 者 と 66 名 の 査 読 者 が 参 加 するととも に 436 名 の 執 筆 協 力 者 が 携 わっており 12,000 を 超 える 科 学 文 献 が 引 用 されている 今 回 の 報 告 書 では 気 候 変 動 によるリスクと 潜 在 的 なメリットのパターンの 変 化 について 評 価 を 行 ってお り 気 候 変 動 に 関 連 する 影 響 およびリスクを 適 応 と 緩 和 により 減 少 させ 管 理 することができるか という 点 について 検 討 している また 適 応 に 関 連 する 必 要 性 選 択 肢 機 会 制 約 レジリエ ンス( 強 靭 性 ) 2 限 界 およびその 他 の 側 面 について 評 価 している 政 策 決 定 者 向 け 要 約 (SPM)はA B Cの 3 つのセクションから 構 成 されており セクシ ョンAでは 観 測 されている 影 響 脆 弱 性 曝 露 および 適 応 策 について 明 らかにしている セクシ ョンBでは 将 来 的 なリスクと 潜 在 的 な 便 益 について 分 析 しており セクションCでは 気 候 変 動 に 係 る 今 後 のリスクを 管 理 し レジリエンスを 構 築 するために 効 果 的 な 適 応 の 在 り 方 等 につい て 検 討 している 次 に それぞれのセクションについて 概 説 する (1)セクションA: 観 測 されている 影 響 脆 弱 性 および 適 応 ここでは 気 候 変 動 は ここ 数 十 年 の 間 すべての 大 陸 および 海 洋 において 自 然 生 態 系 およ び 人 間 社 会 に 影 響 を 生 じており その 影 響 は 自 然 生 態 系 において 最 も 強 力 かつ 包 括 的 に 表 れてい る としており 前 回 の 第 4 次 評 価 報 告 書 よりも 断 定 的 な 表 現 が 用 いられた 図 2 では 気 候 変 動 に 起 因 して 観 測 された 影 響 と それぞれにおける 気 候 変 動 要 因 の 確 信 度 (confidence) 3 につい て 示 したものである 2 内 閣 官 房 国 土 強 靭 化 推 進 室 国 土 強 靭 化 とは? によれば 強 靭 性 とは 強 くてしなやかなこと とされて いる 3 モデル 解 析 あるいはある 意 見 の 正 しさについての 専 門 家 の 判 断 に 基 づく 不 確 実 性 の 程 度 を 表 す 3

4 図 2 世 界 において 広 がる 気 候 変 動 等 による 影 響 出 典 :IPCC 第 5 次 評 価 報 告 書 第 2 作 業 部 会 政 策 決 定 者 向 け 要 約 (SPM) に 弊 社 加 筆 表 1 確 信 度 の 定 義 用 語 正 しさについての 確 信 度 確 信 度 が 非 常 に 高 い very high confidence 10 のうち 少 なくとも 9 が 正 しい 確 信 度 が 高 い high confidence 10 のうち 約 8 が 正 しい 確 信 度 が 中 程 度 medium confidence 10 のうち 約 5 が 正 しい 確 信 度 が 低 い low confidence 10 のうち 約 2 が 正 しい 確 信 度 が 非 常 に 低 い very low confidence 10 のうち1 未 満 出 典 : 気 象 庁 IPCC 第 4 次 評 価 報 告 書 第 1 作 業 部 会 報 告 書 政 策 決 定 者 向 け 要 約 の 日 本 語 訳 より 弊 社 作 成 ここでは 気 候 変 動 により 降 水 量 や 氷 雪 の 溶 解 が 変 化 し 水 資 源 の 水 量 や 水 質 に 影 響 が 出 たり 陸 上 および 水 中 の 生 物 の 生 息 域 や 生 態 に 変 化 が 生 じたり 農 作 物 にマイナスの 影 響 がより 多 く 発 生 していることが 示 されている また いくつかの 生 態 系 や 人 間 社 会 については 近 年 の 気 候 変 4

5 動 に 関 連 した 熱 波 干 ばつ 洪 水 等 の 極 端 現 象 (climate-related extremes)の 発 生 による 影 響 を 受 けやすく 被 害 が 生 じやすいことが 示 されている これらの 気 候 変 動 及 び 極 端 現 象 に 対 して これまでも 人 間 社 会 は 適 応 策 を 講 じて 対 処 すること により 程 度 の 差 はあるが 成 功 を 収 めてきており 一 部 においては 既 に 国 や 地 域 の 開 発 計 画 のプ ロセスに 組 み 込 まれて 実 施 されているものもある 気 候 変 動 および 極 端 現 象 の 影 響 が 明 らかとな る 中 多 くの 政 策 策 定 等 における 意 思 決 定 において 気 候 変 動 および 極 端 現 象 を 踏 まえることが 重 要 となっている 気 候 に 関 連 するリスクは 気 候 変 動 及 び 開 発 の 進 展 により 変 化 しており 変 化 す る 気 候 リスクに 対 応 するため 世 界 は 適 応 策 に 取 り 組 む 必 要 があるとしている (2)セクションB: 将 来 のリスクおよび 適 応 の 機 会 セクションBでは 今 後 数 十 年 における 将 来 的 なリスクと 潜 在 的 なメリットについて 示 してい る ここでの 主 要 リスク とは 気 候 変 動 枠 組 条 約 の 第 2 条 における 気 候 系 に 対 して 危 険 な 人 為 的 干 渉 を 及 ぼすこと 4 によって 深 刻 な 影 響 をもたらす 可 能 性 を 意 味 している 確 信 度 が 高 い(10 のうち 約 8 が 高 いレベル) 複 数 の 分 野 および 地 域 に 及 ぶ 主 要 リスクとして 表 2 の 8 項 目 が 示 されている また それぞれの 主 要 なリスクについて 補 足 し 包 括 する 5 つの 懸 念 の 理 由 があわせて 示 されている 懸 念 の 理 由 は 適 応 の 限 界 を 示 すものであり 気 候 システムを 脅 かす 人 為 的 干 渉 を 評 価 するための 一 つの 出 発 点 を 示 している 4 環 境 省 気 候 変 動 に 関 する 国 際 連 合 枠 組 条 約 ( 気 候 変 動 枠 組 条 約 ) による 定 義 5

6 表 2 主 要 リスクと 懸 念 の 理 由 出 典 :IPCC 第 5 次 評 価 報 告 書 第 2 作 業 部 会 政 策 決 定 者 向 け 要 約 (SPM) より 弊 社 作 成 また 本 セクションでは 地 域 ごとの 主 要 なリスクと 適 応 の 可 能 性 についても 示 されている 例 えばアジアでは 主 要 なリスクとして1 洪 水 による 被 害 の 増 加 2 熱 関 連 死 のリスクの 増 加 3 干 ばつによる 水 及 び 食 糧 不 足 による 栄 養 失 調 リスクの 増 加 の 3 つが 挙 げられており それぞれ のリスクと 適 応 のポテンシャルが 現 在 近 未 来 (2030~2040 年 ) 長 期 (2080~2100 年 ) に 分 けて 示 されている 長 期 については 気 温 の 上 昇 が 2 の 場 合 と 4 の 場 合 に 分 けられて おり いずれも 気 温 の 上 昇 が 4 の 場 合 にリスクが 高 くなっている なお それぞれのリスクに 関 する 適 応 策 としては 効 果 的 な 土 地 開 発 計 画 および 選 択 的 な 移 住 や 監 視 及 び 早 期 警 報 システム の 導 入 ヒートアイランドを 減 少 させる 都 市 計 画 や 高 温 に 関 する 警 報 システムの 導 入 早 期 警 報 システムや 地 域 の 対 処 戦 略 を 含 めた 災 害 対 策 適 応 策 と 一 体 の 水 資 源 管 理 等 が 示 されており 適 応 策 によりリスクの 低 減 が 可 能 であることが 示 されている 6

7 (3)セクションC: 将 来 のリスクの 管 理 とレジリエンスの 構 築 気 候 変 動 のリスクを 管 理 するためには 次 世 代 および 将 来 的 な 経 済 環 境 を 意 識 して 適 応 策 と 緩 和 策 の 両 方 を 行 っていくことが 必 要 である このセクションでは レジリエンス( 気 候 変 動 に 対 して 強 靭 な 社 会 )を 構 築 し 気 候 変 動 の 影 響 に 適 応 するために 効 果 的 な 適 応 策 のあり 方 につ いて 評 価 するとともに 気 候 変 動 に 対 して 強 靭 な 社 会 を 構 築 するための 方 法 や 政 治 的 社 会 的 経 済 的 技 術 的 システムの 各 方 面 から 変 革 を 進 めることの 必 要 性 について 検 討 している 適 応 策 は 地 域 や 個 別 の 状 況 に 応 じて 講 じられるものであるため 1 つの 手 段 によってすべてのリ スクを 低 減 することはできない このため 現 在 の 気 候 変 化 に 対 して 影 響 を 受 けやすい 弱 い 部 分 や 被 害 が 生 じやすい 部 分 を 減 らしていくことが 将 来 の 気 候 変 動 に 向 けた 適 応 策 の 第 一 歩 となる 世 界 的 に 適 応 策 を 展 開 するためには 相 応 の 費 用 が 必 要 となる しかし 今 回 の 報 告 書 ではその 金 額 は 明 記 されず 全 世 界 における 適 応 策 の 必 要 性 と その 実 行 のために 必 要 な 資 金 には 隔 たりが あり また その 資 金 等 を 評 価 するためには さらなる 研 究 が 必 要 であるとされている 気 候 変 動 に 対 して 強 靭 な 社 会 を 構 築 していくためには 気 候 変 動 およびその 影 響 を 低 減 させる ための 適 応 と 緩 和 を 組 み 合 わせることにより 持 続 可 能 な 開 発 5 を 行 うことが 必 要 である そして 経 済 的 社 会 的 技 術 的 政 治 的 決 定 および 行 動 において 変 革 6 を 行 うことにより 気 候 変 動 に 対 して 強 靭 な 社 会 を 構 築 することが 可 能 となる 第 5 次 評 価 報 告 書 第 2 作 業 部 会 において 気 候 変 動 に 関 するリスク 管 理 に 関 して 核 となるコン セプトは 図 3 の 通 りである 5 外 務 省 Web サイト: 持 続 可 能 な 開 発 (Sustainable Development)によれば 環 境 と 開 発 に 関 する 世 界 委 員 会 が 1987 年 に 公 表 した 報 告 書 Our Common Future の 中 心 的 な 考 え 方 として 取 り 上 げた 概 念 であり 将 来 の 世 代 の 欲 求 を 満 たしつつ 現 在 の 世 代 の 欲 求 も 満 足 させるような 開 発 のこと 6 IPCC 第 5 次 評 価 報 告 書 第 2 作 業 部 会 政 策 決 定 者 向 け 要 約 (SPM) によれば 自 然 および 人 間 社 会 システムの 基 本 的 特 性 における 変 化 のこと この 政 策 決 定 者 向 け 要 約 においては 貧 困 の 削 減 を 含 む 持 続 可 能 な 開 発 に 向 けて 適 応 策 を 促 進 させるため パラダイム 目 標 又 は 価 値 観 を 強 化 変 化 又 は 同 調 させ 得 ることを 意 味 する 7

8 図 3 気 候 変 動 に 関 するリスクの 管 理 に 関 して 核 となるコンセプト 出 典 :IPCC 第 5 次 評 価 報 告 書 第 2 作 業 部 会 政 策 決 定 者 向 け 要 約 (SPM) に 弊 社 加 筆 3. 企 業 における 留 意 点 IPCCの 評 価 報 告 書 は 主 に 国 際 的 な 地 球 温 暖 化 対 策 を 検 討 するための 科 学 的 な 根 拠 として まとめられたものであり 今 後 気 候 変 動 枠 組 条 約 の 締 約 国 会 議 (COP)で 議 論 される 新 しい 枠 組 みづくり 等 で 活 用 されるものである ここで 示 された 事 象 や 新 たに 特 定 された 地 球 温 暖 化 に 関 する 主 要 なリスクと 懸 念 の 理 由 等 は 企 業 においても 留 意 を 要 する 内 容 が 盛 り 込 まれている 気 候 変 動 に 関 連 して 既 に 顕 在 化 しつつあるリスクとして 例 えば ゲリラ 豪 雨 や 洪 水 等 の 極 端 な 気 象 現 象 によって 従 業 員 や 生 産 拠 点 の 安 全 が 脅 かされる 可 能 性 がある また 気 温 上 昇 降 水 量 の 変 動 等 により 農 作 物 等 の 生 産 に 影 響 が 生 じ 原 料 調 達 に 支 障 が 生 じる 可 能 性 がある 一 方 長 期 的 な 影 響 としては 海 面 上 昇 等 により 沿 岸 部 や 小 島 嶼 国 においてコミュニティが 成 り 立 たな くなったり 農 業 生 産 性 の 大 幅 な 低 下 により 食 糧 の 安 全 保 障 が 脅 かされる 等 の 可 能 性 がある こ のため 特 に 気 候 変 動 の 影 響 を 受 けやすいと 考 えられる 業 種 や 業 態 の 企 業 が 持 続 可 能 性 を 維 持 す るためには 今 回 示 されたような 最 新 の 科 学 的 知 見 を 有 する 専 門 家 にアドバイスを 仰 ぐ 等 積 極 的 な 情 報 収 集 により 自 社 におけるリスクや 取 るべき 適 応 策 を 把 握 し 対 応 可 能 なものについて は 備 えておくことが 重 要 である 気 候 変 動 によって 自 然 と 人 間 社 会 にもたらされるリスクを 地 形 分 類 別 に 俯 瞰 すると 特 に 乾 燥 地 域 を 中 心 とした 水 資 源 の 不 足 沿 岸 部 および 海 抜 の 低 い 地 域 おける 水 害 の 増 加 農 作 物 生 産 量 の 減 少 海 洋 資 源 の 減 少 と 食 糧 安 全 保 障 への 影 響 都 市 部 における 熱 波 洪 水 等 による 環 境 劣 化 等 が 重 大 なものとして 挙 げられる 8

9 企 業 においては 自 社 の 事 業 活 動 に 関 わる 地 形 地 域 の 特 徴 を 把 握 してリスクに 備 えるととも に これらのリスクへの 適 応 策 が 新 たなビジネスチャンスに 結 びつく 可 能 性 7 について 検 討 するこ とも 重 要 である 具 体 的 には 今 後 予 測 される 動 植 物 の 生 息 域 の 変 化 や 安 全 な 水 の 不 足 食 糧 不 足 等 に 対 して 気 候 変 動 の 影 響 を 受 けにくい 食 糧 生 産 システム 高 度 浄 水 技 術 食 糧 生 産 高 効 率 化 等 の 技 術 は 将 来 的 に 大 きなニーズが 見 込 まれる また 今 後 増 加 が 見 込 まれる 水 害 等 への 対 応 として 防 災 対 策 および 危 機 管 理 対 応 等 も 必 要 となる このため 適 宜 専 門 家 のアドバイス 等 を 受 けながら 気 候 変 動 によるリスクとチャンスを 積 極 的 にビジネスに 活 かすことが 求 められる [2014 年 5 月 21 日 発 行 ] 7 気 候 変 動 がもたらすビジネスリスクとチャンスについては 弊 社 2013 年 11 月 5 日 発 行 リスクマネジメント 最 前 線 地 球 環 境 の 変 化 がビジネスにもたらすリスクとチャンス ビジネスのための 地 球 環 境 概 況 第 5 次 報 告 書 を 参 照 願 う ( 製 品 安 全 環 境 事 業 部 CSR 環 境 グループ 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 東 京 海 上 日 動 ビル 新 館 8 階 Tel Fax

11 月 3 日 の 記 事 から 温 室 効 果 ガス 排 出 今 世 紀 末 ゼロにせ よ 国 連 報 告 書 人 類 に 許 されたCO2 残 り1 兆 トン ( 産 経 新 聞 ) 温 暖 化 30 年 で 許 容 上 限 迅 速 対 応 迫 る 毎 日 新 聞 気 温 上 昇 2 度 未

11 月 3 日 の 記 事 から 温 室 効 果 ガス 排 出 今 世 紀 末 ゼロにせ よ 国 連 報 告 書 人 類 に 許 されたCO2 残 り1 兆 トン ( 産 経 新 聞 ) 温 暖 化 30 年 で 許 容 上 限 迅 速 対 応 迫 る 毎 日 新 聞 気 温 上 昇 2 度 未 IPCC 第 5 次 評 価 報 告 書 から 分 かること 気 象 庁 地 球 環 境 海 洋 部 気 候 情 報 課 調 査 官 石 原 幸 司 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 1 11 月 3 日 の 記 事 から 温 室 効 果 ガス 排 出 今 世 紀 末 ゼロにせ よ 国 連 報 告 書 人 類 に 許 されたCO2

More information

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書第1作業部会報告書(自然科学的根拠)の公表について

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書第1作業部会報告書(自然科学的根拠)の公表について 報 道 発 表 資 料 平 成 25 年 9 月 2 7 日 文 部 科 学 省 経 済 産 業 省 気 象 庁 環 境 省 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル(IPCC) 第 5 次 評 価 報 告 書 第 1 作 業 部 会 報 告 書 ( 自 然 科 学 的 根 拠 )の 公 表 について 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル(IPCC) 第 36 回 総 会 及 び

More information

Microsoft Word - 温対編_1章_130531

Microsoft Word - 温対編_1章_130531 第 1 地 球 温 暖 化 問 題 と 我 が 国 の 現 状 地 球 温 暖 化 は 人 間 活 動 によって 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 など 温 室 効 果 ガスの 濃 度 が 増 加 し これに 伴 って 太 陽 からの 日 射 や 地 表 面 から 放 射 する 熱 の 一 部 がバランスを 超 えて 温 室 効 果 ガ スに 吸 収 されることにより 地 表 面 の 温 度 が

More information

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で みずほインサイト 政 策 2015 年 12 月 18 日 COP21 がパリ 協 定 を 採 択 地 球 温 暖 化 抑 止 に 向 けた 今 後 の 課 題 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 堀 千 珠 03-3591-1304 chizu.hori@mizuho-ri.co.jp 2015 年 11 月 末 からフランスで 開 催 された 気 候 変 動 枠 組 条 約 第 21 回 締

More information

社 会 還 元 加 速 プロジェクト 情 報 通 信 技 術 を 用 いた 安 全 で 効 率 的 な 道 路 交 通 システムの 実 現 報 告 書 平 成 25 年 3 月 目 次 1.はじめに 1-1. 社 会 還 元 加 速 プロジェクト 1 1-2. 本 プロジェクトが 目 指 す 道 路 交 通 社 会 の 姿 と 目 標 2 1-3. 具 体 的 な 取 り 組 みと 実 施 計 画

More information

Microsoft PowerPoint - ベトナム発表日本語_yec岩本_150106.pptx

Microsoft PowerPoint - ベトナム発表日本語_yec岩本_150106.pptx The 1st Vietnam-Japan International Workshop for Sustainable Ocean Development and Disaster-Environmental Risk Management January 13, 2015 ブルーカーボンおよび 沿 岸 生 態 系 を 活 用 した 環 境 防 災 リスク 管 理 八 千 代 エンジニヤリング 株

More information

世 界 平 均 地 上 気 温 の 上 昇 量 の 予 測 出 典 : 平 成 19 年 度 国 土 交 通 白 書 各 温 室 効 果 ガスの 地 球 温 暖 化 への 影 響 地 球 温 暖 化 の 原 因 となっている 温 室 効 果 ガスには 二 酸 化 炭 素 以 外 にも メタン 一 酸

世 界 平 均 地 上 気 温 の 上 昇 量 の 予 測 出 典 : 平 成 19 年 度 国 土 交 通 白 書 各 温 室 効 果 ガスの 地 球 温 暖 化 への 影 響 地 球 温 暖 化 の 原 因 となっている 温 室 効 果 ガスには 二 酸 化 炭 素 以 外 にも メタン 一 酸 Ⅱ. 運 輸 部 門 における 主 要 な 環 境 問 題 の 現 状 1 地 球 環 境 問 題 の 現 状 わたしたちの 住 む 地 球 は 地 球 温 暖 化 やオゾン 層 の 破 壊 等 深 刻 な 環 境 問 題 に 直 面 しています 次 世 代 の 人 々に 安 心 した 生 活 を 営 める 惑 星 を 受 け つぐため わたしたちの 世 代 が 早 急 な 対 策 を 講 じ ることが

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション S-8 報 告 書 本 文 修 正 事 項 について(2014 年 11 月 10 日 ) 2014 年 3 月 18 日 版 に 公 表 致 しました 報 告 書 の 内 容 に 一 部 修 正 事 項 があります 修 正 個 所 1. 用 語 文 章 の 修 正 1 作 付 適 地, 生 産 適 地 を 栽 培 適 地 に 修 正 (P.9, P.10, P.31, P.32, P.34, P.35,

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc 非 営 利 法 人 委 員 会 研 究 資 料 第 3 号 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 と 展 望 平 成 20 年 9 月 2 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1. 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 認 識 と 問 題 点... 1 (1) 設 立 根 拠 法 令 ごとの 会 計 基 準... 1 (2) 所 轄 庁 の 指 導 監 督 目 的 と 会 計 基 準...

More information

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か 金 融 資 本 市 場 215 年 9 月 3 日 全 1 頁 企 業 年 金 の 先 行 きは 縮 小 か 普 及 拡 大 か 厚 生 年 金 基 金 と 同 時 に DB DC においても 全 体 的 な 見 直 しが 進 む 金 融 調 査 部 研 究 員 佐 川 あぐり [ 要 約 ] 214 年 4 月 に 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための

More information

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 島 根 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 指 針 平 成 27 年 3 月 島 根 県 < 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 3 長 寿

More information

Microsoft Word - 16_2

Microsoft Word - 16_2 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 213 年 8 月 号 ユーロ 圏 中 核 国 に 広 がる 経 済 悪 化 の 影 響 < 要 旨 > 昨 年 9 月 以 降 ユーロ 圏 の 金 融 市 場 は 落 ち 着 いているが 周 縁 国 のみならず 中 核 国 においても 実 体 経 済 の 悪 化 が 長 引 くと 銀 行 の 経 営 状 況 ひいては 金 融 システムの 安 定 性

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A83628367817A91E58D6A8169955C8E86816A816988C48367838C816A2E646F63> 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 平 成 22 年 12 月 17 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 23 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について 別 紙 のとおり 定 める これに 伴 い 平 成 16 年 12 月 10 日 付 け 閣 議 決 定 平 成 17 年 度 以 降 に 係 る 防 衛

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

デジタル ネット 時 代 に 対 応 した 知 財 制 度 の 構 築 世 界 最 高 水 準 の 情 報 通 信 環 境 をいかし 新 たなネットビジネスの 発 展 や 技 術 開 発 を 促 すとともに クリ エーターの 創 作 インセンティブを 高 める 知 財 制 度 を 構 築 する 情

デジタル ネット 時 代 に 対 応 した 知 財 制 度 の 構 築 世 界 最 高 水 準 の 情 報 通 信 環 境 をいかし 新 たなネットビジネスの 発 展 や 技 術 開 発 を 促 すとともに クリ エーターの 創 作 インセンティブを 高 める 知 財 制 度 を 構 築 する 情 参 考 資 料 デジタル ネット 時 代 における 知 財 制 度 の 在 り 方 について 平 成 20 年 12 月 知 的 財 産 戦 略 本 部 デジタル ネット 時 代 における 知 財 制 度 専 門 調 査 会 デジタル ネット 時 代 に 対 応 した 知 財 制 度 の 構 築 世 界 最 高 水 準 の 情 報 通 信 環 境 をいかし 新 たなネットビジネスの 発 展 や 技

More information

参考資料1 平成23年度文部科学省予算案の概要(測地学関連の抜粋)

参考資料1 平成23年度文部科学省予算案の概要(測地学関連の抜粋) 参 考 資 料 1 科 学 技 術 学 術 審 議 会 測 地 学 分 科 会 ( 第 22 回 ) H23.2.16 平 成 23 年 度 文 部 科 学 省 予 算 案 の 概 要 ( 測 地 学 関 連 の 抜 粋 ) 地 震 防 災 分 野 の 研 究 開 発 の 推 進 平 成 23 年 度 予 算 案 119 億 円 ( 平 成 22 年 度 予 算 額 125 億 円 ) 平 成 22

More information

平成23年度税制改正について

平成23年度税制改正について 日 医 発 第 896 号 ( 年 税 48) 平 成 2 2 年 1 2 月 2 2 日 都 道 府 県 医 師 会 長 殿 日 本 医 師 会 長 原 中 勝 征 平 成 23 年 度 税 制 改 正 について 去 る12 月 16 日 平 成 23 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されまし た の で 平 成 23 年 度 税 制 改 正 についてご 報 告 申 し 上 げます

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

Microsoft Word - 20130603050.docx

Microsoft Word - 20130603050.docx 東 日 本 大 震 災 からの 住 宅 の 再 建 に 向 けた 取 組 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 廣 原 孝 一 1. はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 においては 津 波 により 東 北 地 方 沿 岸 部 を 中 心 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 しており 建 築 物 の 被 害 は 全 国 で 全 壊 約 13 万 戸

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

橡IPCC概要rev1.PDF

橡IPCC概要rev1.PDF World Meteorological Organization, (United Nations Environment Programme, ) 1988 (International panel on Climate Change, ) 1 United Nations Framework Convention on Climate Change, ( ) 2 IPCC IPCC WMO/UNEP

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information

書 評 阿 部 志 郎 岡 本 榮 一 監 修 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 学 会 編 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 の 歴 史 ミネルヴァ 書 房 2014 年 6 月 A5 判 522 頁 5,500 円 ( 税 別 ) * 白 波 瀬 達 也 1. はじめに 本 書 は 日

書 評 阿 部 志 郎 岡 本 榮 一 監 修 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 学 会 編 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 の 歴 史 ミネルヴァ 書 房 2014 年 6 月 A5 判 522 頁 5,500 円 ( 税 別 ) * 白 波 瀬 達 也 1. はじめに 本 書 は 日 Title < 書 評 > 阿 部 志 郎 岡 本 榮 一 監 修 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 学 会 編 日 本 キリスト 教 社 会 福 祉 の 歴 史 Author(s) 白 波 瀬, 達 也 Citation 宗 教 と 社 会 貢 献. 5(1) P.103-P.108 Issue 2015-04 Date Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/11094/51350

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

ができたとしよう この 場 合 世 帯 数 要 因 は 東 京 での 増 加 と 秋 田 での 減 少 で 相 殺 されるためゼロと 考 える 同 時 に 住 居 を 必 要 としている 人 が 秋 田 県 に 引 っ 越 してその 住 宅 を 建 替 えた 場 合 には 建 替 え 要 因 として

ができたとしよう この 場 合 世 帯 数 要 因 は 東 京 での 増 加 と 秋 田 での 減 少 で 相 殺 されるためゼロと 考 える 同 時 に 住 居 を 必 要 としている 人 が 秋 田 県 に 引 っ 越 してその 住 宅 を 建 替 えた 場 合 には 建 替 え 要 因 として みずほインサイト 日 本 経 済 216 年 1 月 4 日 今 後 の 住 宅 市 場 をどうみるか?1 住 宅 着 工 は22 年 代 に 6 万 戸 台 へ 経 済 調 査 部 エコノミスト 多 田 出 健 太 3-3591-1283 kenta.tadaide@mizuho-ri.co.jp 世 帯 数 建 替 え ミスマッチの3 要 因 から 住 宅 着 工 戸 数 の 長 期 予 測 を

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

日本学術会議第23期1年目(平成26年10月~平成27年9月)の活動状況に関する評価

日本学術会議第23期1年目(平成26年10月~平成27年9月)の活動状況に関する評価 平 成 28 年 3 月 24 日 日 本 学 術 会 議 会 長 大 西 隆 殿 日 本 学 術 会 議 第 23 期 1 年 目 ( 平 成 26 年 10 月 ~ 平 成 27 年 9 月 ) の 活 動 状 況 に 関 する 評 価 外 部 評 価 有 識 者 尾 池 和 夫 ( 座 長 ) 喜 田 宏 ( 座 長 代 理 ) 荒 川 研 清 原 慶 子 田 中 里 沙 林 隆 之 今 般

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

地震保険普通保険約款

地震保険普通保険約款 地 震 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 ( 建 物 の 場 合 ) 建 物 の 主 要 構 造 部 の 損 害 の 額 が その 建 物 の 保 険 価 額 ( 注 )の3% 以 上 20% 未 満 である 損

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

資  料3 総理の新提案(美しい星へのいざない「Invitation to 『Cool Earth 50』」~3つの提案、3つの原則~)

資  料3 総理の新提案(美しい星へのいざない「Invitation to 『Cool Earth 50』」~3つの提案、3つの原則~) 美 しい 星 へのいざない Invitation to Cool Earth 50 ~ 3つの 提 案 3つの 原 則 ~ 資 料 3 冒 頭 杉 田 日 本 経 済 新 聞 社 社 長 アジア 各 国 指 導 者 の 皆 様 御 来 賓 の 皆 様 本 日 各 方 面 でアジアを 代 表 する 皆 様 方 の 前 で スピーチをする 機 会 をいただい たことを 誠 にうれしく 思 います 本 日

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒 平 成 27 年 8 月 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 書 酒 類 業 中 央 団 体 連 絡 協 議 会 幹 事 日 本 洋 酒 酒 造 組 合 日 本 酒 造 組 合 中 央 会 日 本 蒸 留 酒 酒 造 組 合 ビ ー ル 酒 造 組 合 全 国 卸 売 酒 販 組 合 中 央 会 全 国 小 売 酒 販 組 合 中 央 会 日 本 ワ イ ナ リ ー 協

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

快報 風険消息2016年2月10日号_8.12天津爆発事故の事故調査報告書の内容について

快報 風険消息2016年2月10日号_8.12天津爆発事故の事故調査報告書の内容について -China Risk Flash - 快 報 風 險 消 息 三 井 住 友 海 上 火 災 保 険 ( 中 国 ) 有 限 公 司 インターリスク 上 海 < 瑛 得 管 理 諮 詢 ( 上 海 ) 有 限 公 司 快 報 風 険 消 息 は 中 国 に 拠 点 をお 持 ちの 企 業 の 皆 様 にお 届 けするリスク 情 報 誌 中 国 風 険 消 息 の 速 報 版 です 2016 年 2

More information

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 には 解 雇 などの 在 職 者 に 対 する 雇 用 調 整 ではなく 所 定 外 労 働 時 間 の 削 減 とともに 新 規 採 用 をは じめとする 入 職 抑 制 を 選 択 する 傾 向 にあり この 傾 向 は 基 本 的 には 変 わっていないと 考 えられる こ のため バブル 崩

More information

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

IPCC第5次評価報告書のポイントを読む—執筆に参加した国立環境研究所研究者が解説—

IPCC第5次評価報告書のポイントを読む—執筆に参加した国立環境研究所研究者が解説— IPCC Fifth Assessment Report IPCC 第 5 次 評 価 報 告 書 のポイントを 読 む 執 筆 に 参 加 した 国 立 環 境 研 究 所 研 究 者 が 解 説 国 立 環 境 研 究 所 地 球 環 境 研 究 センター IPCC( 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル) 設 立 の 経 緯 とその 役 割 1957~58 年 の 国 際 地 球

More information

当 面 の 具 体 的 取 り 組 み 4. 単 組 は 拙 速 な 制 度 改 正 を 阻 止 する 取 り 組 みとして 別 紙 1 の 要 求 書 モデ ルを 参 考 に 以 下 の 事 項 について 早 急 に 当 局 との 確 認 を 行 います 1 退 職 手 当 制 度 の 見 直 し

当 面 の 具 体 的 取 り 組 み 4. 単 組 は 拙 速 な 制 度 改 正 を 阻 止 する 取 り 組 みとして 別 紙 1 の 要 求 書 モデ ルを 参 考 に 以 下 の 事 項 について 早 急 に 当 局 との 確 認 を 行 います 1 退 職 手 当 制 度 の 見 直 し < 議 案 報 告 -2> 退 職 手 当 見 直 しの 取 り 組 みについて (1)これまでの 経 過 政 府 は 国 家 公 務 員 に 関 する 退 職 給 付 の 官 民 較 差 (402.6 万 円 )を 是 正 する ため 8 月 7 日 国 家 公 務 員 の 退 職 手 当 の 支 給 水 準 引 下 げ 等 について を 閣 議 決 定 しました また 総 務 省 は 同 日 この

More information

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 先 課 題 推 進 枠 や 地 財 政 計 画 における

More information

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ の 保 守 管 理 問 題 原 子 力 規 制 委 員 会 の 勧 告 までの 経 緯 環 境 委 員 会 調 査 室 大 嶋 健 志 1. はじめに 平 成 27 年 11 月 13 日 原 子 力 規 制 委 員 会 は 馳 浩 文 部 科 学 大 臣 に 対 して 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ に 関 連 して 勧 告 を 行 った この 勧 告

More information

Microsoft Word - ☆06-0資料3:表紙.doc

Microsoft Word - ☆06-0資料3:表紙.doc 資 料 -3 鉄 道 プロジェクトの 評 価 手 法 マニュアル 2012 ( 案 ) 国 土 交 通 省 鉄 道 局 2012 年 3 月 目 次 第 1 編 総 説 第 1 章 本 マニュアルの 目 的 と 改 訂 の 経 緯... 1 1.1 本 マニュアルの 対 象 と 目 的... 1 1.2 マニュアル 改 訂 の 経 緯... 2 第 2 章 鉄 道 プロジェクト 評 価 の 基 本

More information

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し 税 制 抜 本 改 革 に 伴 う 車 体 課 税 及 び 地 方 法 人 課 税 の 見 直 し 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 総 務 委 員 会 調 査 室 星 友 佳 1.はじめに 平 成 24 年 8 月 社 会 保 障 税 一 体 改 革 の 一 環 として 消 費 税 率 の 引 上 げ 等 を 内 容 とす る 税 制 抜 本 改 革 法 1 が 成 立

More information

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的 日 米 同 盟 : 未 来 のための 変 革 と 再 編 ( 骨 子 ) Ⅰ. 概 観 日 米 同 盟 は 日 本 の 安 全 とアジア 太 平 洋 地 域 の 平 和 と 安 定 のために 不 可 欠 な 基 礎 同 盟 に 基 づいた 緊 密 かつ 協 力 的 な 関 係 は 世 界 における 課 題 に 対 処 する 上 で 重 要 な 役 割 を 果 たす 閣 僚 は 役 割 任 務 能 力

More information

中国の環境汚染と日中環境協力

中国の環境汚染と日中環境協力 2013 年 5 月 1 日 全 6 頁 中 国 の 環 境 汚 染 と 日 中 環 境 協 力 常 務 理 事 金 森 俊 樹 [ 要 約 ] 本 年 初 から 北 京 を 始 めとする 中 国 各 地 で 大 気 中 の PM2.5( 直 径 2.5 マイクロメートル の 微 粒 子 中 国 では 正 式 名 称 として 細 顆 粒 物 と 呼 ぶようになっている)の 値 が 急 上 昇 し 改

More information

( 医 療 機 器 の 性 能 及 び 機 能 ) 第 3 条 医 療 機 器 は 製 造 販 売 業 者 等 の 意 図 する 性 能 を 発 揮 できなければならず 医 療 機 器 としての 機 能 を 発 揮 できるよう 設 計 製 造 及 び 包 装 されなければならない 要 求 項 目 を

( 医 療 機 器 の 性 能 及 び 機 能 ) 第 3 条 医 療 機 器 は 製 造 販 売 業 者 等 の 意 図 する 性 能 を 発 揮 できなければならず 医 療 機 器 としての 機 能 を 発 揮 できるよう 設 計 製 造 及 び 包 装 されなければならない 要 求 項 目 を 様 式 3の 記 載 方 法 基 本 要 件 基 準 の 基 本 的 考 え 方 ( 別 紙 3)も 併 せて 参 照 すること チェックリストの 作 成 にあたっては 添 付 のテンプレートファイル(ワード 版 )を 用 いること 注 意 改 正 基 準 であっても 規 定 書 式 に 整 合 させるために 添 付 のテンプレートファイル(ワード 版 )を 用 いて 作 成 すること( 不 欄 適

More information

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF 平 成 27 年 度 企 業 年 金 税 制 改 正 に 関 する 要 望 平 成 26 年 8 月 8 日 企 業 年 金 連 合 会 少 子 高 齢 化 の 進 展 を 背 景 に 公 的 年 金 がスリム 化 していく 中 で 高 齢 期 における 所 得 保 障 としての 企 業 年 金 には 公 的 年 金 を 補 完 する 重 要 な 役 割 が 求 められている 企 業 年 金 連 合

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

実施状況(市ヶ谷地区(防衛省)に係る施設の管理・運営業務)

実施状況(市ヶ谷地区(防衛省)に係る施設の管理・運営業務) 資 料 2 28.6.16 防 衛 省 民 間 競 争 入 札 実 施 事 業 防 衛 省 市 ヶ 谷 地 区 における 施 設 管 理 業 務 の 実 施 状 況 について ( 平 成 26 年 度 及 び27 年 度 ) Ⅰ 事 業 の 概 要 1. 委 託 業 務 内 容 防 衛 省 市 ヶ 谷 地 区 の 施 設 管 理 業 務 建 築 設 備 点 検 保 守 業 務 電 気 設 備 点 検

More information

1 公 営 企 業 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 2 企 業 会 計 基 準 の 見 直 しの 進 展 事 業 サービスの 拡 充 期 から 人 口 減 少 社 会 インフラ 更 新 縮 小 時 代 へ 民 間 企 業 との 比 較 分 析 を 容 易 にするために 整 合 を 図 る 必

1 公 営 企 業 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 2 企 業 会 計 基 準 の 見 直 しの 進 展 事 業 サービスの 拡 充 期 から 人 口 減 少 社 会 インフラ 更 新 縮 小 時 代 へ 民 間 企 業 との 比 較 分 析 を 容 易 にするために 整 合 を 図 る 必 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 し 概 要 について 約 半 世 紀 ぶりに 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 が 改 正 されました この 会 計 制 度 は 全 国 約 3,000の 地 方 公 営 企 業 法 の 財 務 適 用 企 業 の 経 営 管 理 ツールの 一 つです 新 制 度 への 移 行 により 貸 借 対 照 表 や 損 益 計 算 書 など 予 算

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037208DE096B18FC8816993C18BE691E631368E9F208DC48C9F93A2977690BF89F1939A208CC2955B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037208DE096B18FC8816993C18BE691E631368E9F208DC48C9F93A2977690BF89F1939A208CC2955B816A2E646F63> 07 財 務 省 特 区 第 16 次 再 検 討 要 請 回 答 管 理 コード 070010 プロジェクト 名 要 望 事 項 土 地 区 画 整 理 事 業 における 公 共 施 設 充 当 用 地 につ 都 道 府 県 愛 媛 県 ( 事 項 名 ) 提 案 主 体 名 いての 事 業 施 行 者 の 証 明 書 の 発 行 要 件 の 見 直 し 提 案 事 項 管 理 番 号 1006010

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303136303530322096688DD08A778F7098418C6791CC95F18D9089EF208E968CE3947A957A9770>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303136303530322096688DD08A778F7098418C6791CC95F18D9089EF208E968CE3947A957A9770> 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 地 盤 土 砂 災 害 の 知 見 と 今 後 の 防 災 展 望 公 益 社 団 法 人 地 盤 工 学 会 会 長 東 畑 郁 生 ( 関 東 学 院 大 学 客 員 教 授 ) 地 盤 工 学 会 調 査 団 副 団 長 安 福 規 之 ( 九 州 大 学 教 授 ) 山 口 弘 志 ( 中 央 開 発 株 式 会 社 ) 清 田 隆 ( 東 京 大

More information

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響 子 育 て 世 帯 に 対 する 手 当 等 と 扶 養 控 除 縮 減 の 影 響 ~ 最 近 の 制 度 改 変 に 伴 う 所 得 別 の 影 響 試 算 ~ 調 査 情 報 担 当 室 鈴 木 克 洋 1.はじめに 子 育 て 世 帯 に 対 する 支 援 ( 子 育 て 支 援 )の 充 実 が 政 策 課 題 の 一 つとなってい る この 子 育 て 支 援 は 次 代 の 社 会 を

More information

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長 高 速 道 路 の 計 画 的 更 新 と 料 金 徴 収 期 間 の 延 長 道 路 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 村 田 和 彦 1.はじめに 我 が 国 においては 昭 和 30 年 代 に 入 ると 経 済 規 模 の 拡 大 に 伴 い 自 動 車 交 通 が 激 増 し 高 速 交 通 のための 高 規 格 の 道 路 に 対

More information

税制改革について

税制改革について 税 制 改 革 について 平 成 20 年 5 月 20 日 伊 藤 隆 敏 丹 羽 宇 一 郎 御 手 洗 冨 士 夫 八 代 尚 宏 税 制 は 国 民 生 活 や 経 済 社 会 にとって 極 めて 重 要 な 制 度 インフラであ り 21 世 紀 の 我 が 国 にふさわしい 税 体 系 の 再 構 築 は 喫 緊 の 課 題 となっ ている 国 民 の 視 点 に 立 った 分 かりやすい

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊

減 することとし 計 画 期 間 末 の 編 成 定 数 については おおむね16 万 6 千 人 程 度 常 備 自 衛 官 定 員 につ いてはおおむね15 万 6 千 人 程 度 即 応 予 備 自 衛 官 員 数 については おおむね1 万 人 程 度 をめどとする なお 陸 上 自 衛 隊 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 ) I 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 13 年 度 平 成 17 年 度 )について 平 成 12 年 12 月 15 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 12 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 13 年 度 から 平 成 17 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛

More information

2 経 営 者 との 間 で 経 営 者 保 証 に 係 る 契 約 を 締 結 する 際 の 債 権 者 の 対 応 ( 適 切 な 説 明 適 切 な 保 証 金 額 の 設 定 等 ) 3 既 存 の 保 証 契 約 の 適 切 な 見 直 し( 保 証 契 約 の 解 除 申 入 れがあった

2 経 営 者 との 間 で 経 営 者 保 証 に 係 る 契 約 を 締 結 する 際 の 債 権 者 の 対 応 ( 適 切 な 説 明 適 切 な 保 証 金 額 の 設 定 等 ) 3 既 存 の 保 証 契 約 の 適 切 な 見 直 し( 保 証 契 約 の 解 除 申 入 れがあった LM ニュースレター Vol.9 平 成 26 年 8 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドラインを 利 用 した 保 証 債 務 整 理 日 本 商 工 会 議 所 と 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 が 事 務 局 となっている 経 営 者 保 証 に 関 するガイ およ 任 ドライン 研 究 会 より 昨 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 1 (

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

平成25年台風18号の特徴と防災気象情報――初の特別警報発表

平成25年台風18号の特徴と防災気象情報――初の特別警報発表 95 平 成 25 年 台 風 18 号 の 特 徴 と 防 災 気 象 情 報 初 の 特 別 警 報 発 表 水 田 潤 Jun Mizuta リスクエンジニアリング 事 業 本 部 主 席 コンサルタント 佐 々 木 亮 Ryo Sasaki リスクエンジニアリング 事 業 本 部 主 任 コンサルタント はじめに 2013 年 9 月 16 日 午 前 8 時 前 愛 知 県 豊 橋 市 に

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

28年1定.xdw

28年1定.xdw 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 総 務 委 員 会 委 員 長 報 告 資 料 平 成 28 年 3 月 18 日 総 務 委 員 長 吉 沢 章 子 議 案 第 1 号 川 崎 市 職 員 の 退 職 管 理 に 関 する 条 例 の 制 定 について * 過 去 の 再 就 職 者 状 況 の 公 表 対 象 年 数 及 び 公 表 開 始 時 期 について 過 去 の 再 就 職 者

More information

付 属 資 料 1. 事 業 事 前 評 価 表 ( 開 発 調 査 ) 2. 実 施 細 則 (S/W)( 和 文 中 文 ) 付 属 資 料 1 事 業 事 前 評 価 表 ( 開 発 調 査 ) 1. 案 件 名 首 都 周 辺 風 砂 被 害 地 域 植 生 回 復 モデル 計 画 調 査 2. 協 力 概 要 (1) 事 業 の 目 的 本 事 業 の 目 的 は 北 京 や 天 津 周

More information

目 次 はじめに 1 地 球 温 暖 化 は 本 当 に 進 んでいるのか (1) 地 球 は 温 暖 化 している エルニーニョ 現 象 とラニーニャ 現 象 (2) 地 球 温 暖 化 の 停 滞? Hiatus の 発 生 1 海 洋 熱 吸 収 の 活 発 化 について 2 気 候 モデルに

目 次 はじめに 1 地 球 温 暖 化 は 本 当 に 進 んでいるのか (1) 地 球 は 温 暖 化 している エルニーニョ 現 象 とラニーニャ 現 象 (2) 地 球 温 暖 化 の 停 滞? Hiatus の 発 生 1 海 洋 熱 吸 収 の 活 発 化 について 2 気 候 モデルに 日 本 地 球 惑 星 科 学 連 合 2013 年 秋 の 公 開 講 演 会 地 球 温 暖 化 と 近 年 の 異 常 気 象 講 師 : 東 京 大 学 大 気 海 洋 研 究 所 渡 部 雅 浩 先 生 慶 應 義 塾 女 子 高 校 1 年 堀 江 美 音 目 次 はじめに 1 地 球 温 暖 化 は 本 当 に 進 んでいるのか (1) 地 球 は 温 暖 化 している エルニーニョ

More information

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 Ⅸ. 管 理 運 営 財 務 403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 的 に 流 るゝの 恐 れあり 切 に 之 を 戒 慎 す 可 き 事

More information

委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 11 月 29 日 提 出 井 原 市 議 会 議 長 宮 地 俊 則 様 報 告 者 議 会 運 営 委 員 会 西 田 久 志 期 間 平 成 25 年 11 月 14 日 ( 木 )~ 平 成 25 年 11 月 15 日 ( 金 ) 出 張 先 及 び 担 当 職 員 職 名 氏 名 愛 知 県 大 府 市 議 会 静 岡 県 湖 西

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

72 京 都 教 育 大 学 環 境 教 育 研 究 年 報 第 18 号 いる 1)~ これまでにも, 緑 のカーテン を 用 いた 日 射 遮 蔽 蒸 発 冷 却 効 果 に 関 する 研 究 2) はあ るが, 緑 のカーテン は 植 物 であるから 工 業 製 品 のようにその 性 能 は

72 京 都 教 育 大 学 環 境 教 育 研 究 年 報 第 18 号 いる 1)~ これまでにも, 緑 のカーテン を 用 いた 日 射 遮 蔽 蒸 発 冷 却 効 果 に 関 する 研 究 2) はあ るが, 緑 のカーテン は 植 物 であるから 工 業 製 品 のようにその 性 能 は 京 都 教 育 大 学 環 境 教 育 研 究 年 報 第 18 号 71-77(2010) 71 緑 のカーテンを 利 用 した 癒 しの 空 間 づくり(2) - 暑 熱 期 の 採 涼 効 果 - 延 原 理 恵 1) 浅 野 三 奈 1) 梁 川 正 1) Development of Spaces for Relaxation Using Green Curtains (Part 2):

More information

<92868AFA8BC696B1895E896395FB906A2E786C73>

<92868AFA8BC696B1895E896395FB906A2E786C73> 中 期 務 運 営 方 針 ( 平 成 6 度 - 平 成 8 度 ) 平 成 6 3 月 制 定 平 成 7 3 月 改 定 . 中 期 務 運 営 方 針 策 定 趣 旨 中 期 務 運 営 方 針 ( 平 成 6 度 平 成 8 度 ) これまで 総 括 平 成 4 月 設 立 ( 設 立 5 経 過 ) 認 定 割 賦 販 売 協 会 認 定 個 人 情 報 保 護 団 界 団 として 活

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208262826E825182CC8B7A8EFB97A682A982E782DD82BD93FA967B82CC8E5297D182CC8CBB8FF32E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208262826E825182CC8B7A8EFB97A682A982E782DD82BD93FA967B82CC8E5297D182CC8CBB8FF32E646F6378> CO2の 吸 収 率 からみた 日 本 の 山 林 の 現 状 青 木 一 郎 Ⅰ 森 林 に 関 する 京 都 議 定 書 の 内 容 1. 平 成 9 年 (1997 年 )に 京 都 で 気 候 変 動 枠 条 約 第 3 回 締 結 国 会 議 (COP 3)が 開 催 され 京 都 議 定 書 が 全 会 一 致 で 採 択 された 京 都 議 定 書 は 平 成 20 年 (2008 年

More information

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO 今 後 の 幼 児 教 育 の 動 向 と 課 題 子 ども 子 育 て 新 システムと 保 育 の 質 国 立 特 別 支 援 教 育 総 合 研 究 所 小 田 豊 プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の

More information

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関 マイナンバー 制 度 について 質 問 をします マイナンバー 社 会 保 障 税 番 号 制 度 は 今 年 10 月 赤 ちゃん からお 年 寄 りまで 住 民 登 録 をしているすべての 人 へ12 桁 法 人 へ は13 桁 の 番 号 が 通 知 され 2016 年 1 月 から 運 用 が 開 始 されます 政 府 はマイナンバーによって 国 民 一 人 ひとりの 社 会 保 障 の 利

More information

2013_06不動産105_03_4K.mcd

2013_06不動産105_03_4K.mcd 第 Ⅲ 部 投 資 法 人 資 産 運 用 業 における 利 益 相 反 取 引 の 諸 規 制 について ケネディクス( 株 ) 小 松 浩 樹 著 者 紹 介 小 松 浩 樹 (こまつ こうじゅ) 1996 年 早 稲 田 大 学 法 学 部 卒 業 同 年 三 井 信 託 銀 行 株 式 会 社 ( 現 三 井 住 友 信 託 銀 行 株 式 会 社 ) 入 社 同 社 不 動 産 営 業 部

More information

表紙

表紙 2-1 本 市 の 現 況 2-2 都 市 計 画 マスタープラン 策 定 に 向 けた 課 題 のとりまとめ 2. 現 況 と 課 題 の 整 理 2-1 本 市 の 現 況 (1) 歴 史 本 市 は 明 治 の 大 合 併 時 に2 町 9 村 となり 昭 和 29~35 年 の 昭 和 の 大 合 併 時 に 現 在 の 市 の 前 身 の6 市 町 村 になっています さらに 平 成 18

More information

請求の原因

請求の原因 第 5 回 会 議 資 料 1 第 4 回 検 討 委 員 会 までの 状 況 住 民 投 票 制 度 の 概 要 と 主 要 な 論 点 等 について 第 4 回 検 討 委 員 会 までの 状 況 論 点 1 住 民 投 票 の 対 象 事 項 ネガティブリスト 方 式 とするか ポジティブリスト 方 式 とするか また 対 象 対 象 外 事 項 をどのように 定 めるか ネガティブリスト 方

More information

(2) 築 地 市 場 の 再 整 備 計 画 ~ 移 転 後 築 地 再 整 備 計 画 以 上 の 点 を 踏 まえた 実 際 に 挙 げられている 再 整 備 計 画 を 図 5-63 に 示 す 築 地 市 場 再 整 備 計 画 は 大 きく 3 つに 分 けられる 以 後 それぞれの 再

(2) 築 地 市 場 の 再 整 備 計 画 ~ 移 転 後 築 地 再 整 備 計 画 以 上 の 点 を 踏 まえた 実 際 に 挙 げられている 再 整 備 計 画 を 図 5-63 に 示 す 築 地 市 場 再 整 備 計 画 は 大 きく 3 つに 分 けられる 以 後 それぞれの 再 5.6 築 地 市 場 を 中 心 としたエネルギー 供 給 システムの 提 案 5.6.1 築 地 市 場 をめぐる 動 向 (1) 現 状 の 築 地 市 場 の 問 題 点 東 京 都 築 地 市 場 の 現 状 の 問 題 点 としては 1 施 設 の 老 朽 化 ( 開 設 以 来 60 年 ) 2 市 場 内 の 交 通 の 混 雑 があげられる これらの 問 題 は 再 整 備 により

More information

資 料 1 委 員 等 名 簿 有 識 者 遠 藤 寛 下 吉 拓 治 本 間 俊 充 丸 山 結 横 山 邦 彦 一 般 財 団 法 人 電 力 中 央 研 究 所 研 究 アドバイザー 九 州 大 学 客 員 教 授 公 益 財 団 法 人 原 子 力 安 全 技 術 センター 参 事 国 立

資 料 1 委 員 等 名 簿 有 識 者 遠 藤 寛 下 吉 拓 治 本 間 俊 充 丸 山 結 横 山 邦 彦 一 般 財 団 法 人 電 力 中 央 研 究 所 研 究 アドバイザー 九 州 大 学 客 員 教 授 公 益 財 団 法 人 原 子 力 安 全 技 術 センター 参 事 国 立 原 子 力 艦 の 原 子 力 災 害 対 策 マニュアル 検 証 に 係 る 作 業 委 員 会 ( 第 5 回 ) 日 時 : 平 成 28 年 3 月 28 日 ( 月 )13:00~15:00 場 所 : 中 央 合 同 庁 舎 8 号 館 3 階 災 害 対 策 本 部 会 議 室 議 事 次 第 1. 開 会 2. 挨 拶 3. 議 題 (1) 原 子 力 艦 の 移 動 による 影 響

More information

私募REITに求められる流動性とは

私募REITに求められる流動性とは 私 募 REIT に 求 められる 流 動 性 とは Report 私 募 投 資 顧 問 部 主 任 研 究 員 米 倉 勝 弘 私 募 REIT の 換 金 方 法 として 払 戻 請 求 に 加 えて 一 部 ではマッチング 取 引 (セカンダリーマーケット)が 導 入 されている 私 募 REIT の 運 用 サイド 投 資 家 サイドのどちらにとっても セカンダリーマーケットの 拡 大 は

More information

再 提 案 (10 項 目 ) 部 局 名 提 案 事 項 健 康 福 祉 部 公 立 保 育 所 民 間 立 保 育 所 等 の 一 体 的 な 運 営 を 図 るため 公 立 保 育 所 における 給 食 の 外 部 搬 入 を 特 区 として 認 められている 地 域 において 公 立 保 育

再 提 案 (10 項 目 ) 部 局 名 提 案 事 項 健 康 福 祉 部 公 立 保 育 所 民 間 立 保 育 所 等 の 一 体 的 な 運 営 を 図 るため 公 立 保 育 所 における 給 食 の 外 部 搬 入 を 特 区 として 認 められている 地 域 において 公 立 保 育 作 成 年 月 日 平 成 22 年 6 月 28 日 作 成 部 局 企 画 県 民 部 政 策 室 課 室 名 地 域 振 興 課 [ 兵 庫 県 地 域 再 生 構 造 改 革 特 区 推 進 会 議 ( 平 成 22 年 度 第 1 回 )] 構 造 改 革 特 区 ( 第 18 次 ) 及 び 地 域 再 生 ( 第 8 次 )の 提 案 標 記 の 提 案 については 6 月 7 日 から

More information

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 序 章 2015 年 の 東 アジア - 厳 しさを 増 す 戦 略 環 境 - 1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 上 に シリア 領

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A> 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 平 成 26 年 1 月 はじめに 東 京 都 住 宅 供 給 公 社 では 公 社 賃 貸 住 宅 ストック 活 用 に 重 点 を 置 いた 事 業 展 開 に 向 けて 建 替 え 等 によるストック 更 新 を 計 画 的 に 推 進 するため 平 成 15 年 5 月 に 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 を

More information

Taro-国交職組ニュー ス231 

Taro-国交職組ニュー ス231  国 交 職 組 2015. 9. 24 No.231 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 新 規 増 員 1,555 人 要 求 - 国 交 省 - 定 員 合

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8> 東 大 谷 川 水 系 河 川 整 備 基 本 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 第 1 河 川 の 総 合 的 な 保 全 と 利 用 に 関 する 基 本 方 針 1 1 河 川 及 び 流 域 の 現 状 1 (1) 河 川 及 び 流 域 の 概 要 1 (2) 治 水 事 業 の 沿 革 と 現 状 1 (3) 河 川 の 利 用 及 び 住 民 との 関 わり 2 (4)

More information

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に 総 務 文 教 常 任 委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 7 月 17 日 焼 津 市 議 会 議 長 石 田 昭 夫 様 総 務 文 教 常 任 委 員 会 報 告 者 池 谷 和 正 下 記 の 通 り 視 察 調 査 を 行 いましたので 概 要 につきましてご 報 告 致 します 1 期 間 : 平 成 25 年 5 月 14 日 ( 火 )~15 日 ( 水 ) 2

More information

平成21年2月17日

平成21年2月17日 平 成 26 年 12 月 18 日 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 公 益 社 団 法 人 福 岡 中 部 法 人 会 福 岡 地 区 の5 公 益 社 団 法 人 会 は 平 成 28 年 度 の 税 制 改 正 に 関 して 中 小 企 業 に 係 る 税 制 を 中 心 に 下 記 のとおり その 実 現 を 強 く 要 望 します 記 1 重 点 要 望 事 項 1

More information

<3033208E518D6C8E9197BF816990AD8DF4955D89BF82CC8A8897708FF38BB58E9697E1816A81698A658C5789F1939A94BD8966816A2E786C7378>

<3033208E518D6C8E9197BF816990AD8DF4955D89BF82CC8A8897708FF38BB58E9697E1816A81698A658C5789F1939A94BD8966816A2E786C7378> 参 考 資 料 ( 政 策 評 価 の 活 用 状 況 事 例 ) ( 政 府 案 ) 平 成 24 年 1 月 財 務 省 主 計 局 ( 目 次 ) 所 管 政 策 名 頁 内 閣 府 消 費 者 政 策 の 推 進 1 総 務 省 国 家 公 務 員 の 人 事 管 理 の 推 進 2 法 務 省 人 権 の 擁 護 3 外 務 省 海 外 広 報 文 化 交 流 (うち 具 体 的 施 策

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information