地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "地震対応マニュアル(防災計画・避難計画などを含む)の見直しについて"

Transcription

1 学 校 防 災 マニュアル ( 修 正 版 ) 本 マニュアルは 平 成 24 年 3 月 に 全 面 改 定 した 学 校 防 災 マニュアルを 平 成 25 年 3 月 に 修 正 された 目 黒 区 地 域 防 災 計 画 と 整 合 性 を 図 るため 平 成 25 年 6 月 に 一 部 修 正 したものである 平 成 25 年 6 月 目 黒 区 教 育 委 員 会

2 目 次 災 害 時 対 応 の 基 本 的 な 考 え 方... 4 学 校 での 防 災 活 動 の 流 れ... 5 Ⅰ 日 ごろの 備 え 日 常 的 定 期 的 な 安 全 指 導 の 進 め 方 災 害 発 生 時 の 職 員 体 制 学 校 施 設 や 通 学 路 の 管 理 と 点 検 Ⅱ 災 害 発 生 時 の 初 動 対 応 緊 急 地 震 速 報 が 出 たときの 行 動 大 地 震 などの 災 害 が 発 生 したら 場 面 ごとの 行 動 保 護 者 への 連 絡 と 引 渡 し 情 報 収 集 と 教 育 委 員 会 への 連 絡 安 否 確 認 と 心 のケア 施 設 とライフラインの 点 検 教 育 活 動 の 再 開 に 向 けて 学 校 用 各 種 様 式 Ⅲ 避 難 所 対 応 学 校 に 住 民 等 が 避 難 して 来 たら 避 難 所 の 開 設 避 難 所 運 営 の 流 れ 避 難 所 運 営 のための 各 種 様 式 資 料 編 資 料 1 避 難 所 としての 学 校 施 設 の 利 用 区 分 表 の 作 成 資 料 2 震 度 階 級 表 ( 抄 ) 資 料 3 帰 宅 困 難 者 が 多 数 発 生 した 場 合 の 一 時 滞 在 施 設 について 資 料 4 避 難 所 関 係 機 関 一 覧 / 災 害 ダイヤル 災 害 Web 掲 示 板 資 料 5 地 域 避 難 所 防 災 倉 庫 備 蓄 品 一 覧 配 置 標 準 図 資 料 6 備 蓄 倉 庫 一 覧 資 料 7 防 災 マップ 資 料 8 防 災 無 線 の 基 本 操 作 ( 半 固 定 型 携 帯 型 FAX) 資 料 9 自 然 宿 泊 体 験 教 室 事 業 における 施 設 の 防 災 対 策 について

3 本 マニュアルの 活 用 について このマニュアルは 主 に 大 地 震 発 生 時 を 想 定 して 各 学 校 幼 稚 園 及 びこ ども 園 において 職 員 全 員 がとるべき 行 動 とその 手 順 をまとめたものであ る 各 学 校 幼 稚 園 及 びこども 園 では 本 マニュアルに 基 づき 以 下 の 観 点 か ら 学 校 独 自 防 災 マニュアルの 見 直 しを 行 い 緊 急 対 応 の 強 化 充 実 に 向 け た 対 策 を 進 めること 1 東 日 本 大 震 災 の 被 災 状 況 を 踏 まえて 職 員 配 置 や 施 設 点 検 リストを 再 確 認 する 2 防 災 訓 練 を さまざまな 想 定 をもとに 見 直 し 実 践 する 3 学 校 周 辺 での 大 火 災 や 火 災 延 焼 危 険 物 を 取 り 扱 う 施 設 (ガソリンスタ ンドや 工 場 等 )での 事 故 から 回 避 が 可 能 になっているか 4 広 域 避 難 場 所 への 避 難 経 路 は 複 数 確 保 されているか 5 校 内 で 落 下 物 や 転 倒 物 (ピアノや 大 型 ロッカー 等 )による 危 険 回 避 が 可 能 になっているか 6 校 庭 への 避 難 経 路 は 複 数 確 保 されているか 7 地 理 的 特 徴 や 地 域 特 性 を 考 慮 し 対 策 の 見 直 しを 行 う 8 特 別 支 援 学 級 に 在 籍 する 児 童 生 徒 通 常 学 級 に 在 籍 する 特 別 な 支 援 が 必 要 な 児 童 生 徒 への 個 別 対 応 方 法 は 明 確 になっているか 9 保 護 者 への 引 渡 し 方 法 は 明 確 になっているか なた 保 護 者 が 来 られ ない 状 況 に 対 する 対 応 方 法 は 明 確 になっているか 10 校 長 または 副 校 長 が 不 在 の 際 の 職 員 分 担 は 明 確 になっているか また 管 理 職 が2 名 とも 不 在 の 際 の 教 員 分 担 は 明 確 になっているか 3

4 本 マニュアルで 取 り 上 げる 大 規 模 地 震 は 次 のとおり 定 義 する 目 黒 区 又 は 東 京 23 区 で 震 度 5 弱 以 上 の 地 震 が 発 生 したとき (ただし それ 以 下 の 震 度 でも 学 校 周 辺 の 状 況 によっては 本 マニュアルに 沿 っ て 行 動 するものとする ) 災 害 時 対 応 の 基 本 的 な 考 え 方 1 児 童 生 徒 の 安 全 確 保 を 第 一 とする 2マニュアルを 熟 読 し 迅 速 に 対 応 できるよう 訓 練 する 3 臨 機 応 変 に 対 応 する 1 児 童 生 徒 の 安 全 確 保 を 第 一 とする 各 小 学 校 中 学 校 幼 稚 園 及 びこども 園 ( 以 下 各 学 校 という ) では 発 達 の 段 階 や 程 度 に 応 じ 全 ての 児 童 生 徒 幼 児 ( 以 下 児 童 生 徒 という )が 安 全 に 避 難 できるようにすること 災 害 発 生 時 にどのように 対 応 するか 日 常 の 安 全 教 育 を 充 実 すること 緊 急 時 の 対 応 策 について 常 に 検 討 改 善 を 行 うこと 2マニュアルを 熟 読 し 迅 速 に 対 応 できるように 訓 練 する この 学 校 防 災 マニュアル( 修 正 版 ) を 参 考 に 各 学 校 の 学 校 防 災 マ ニュアルを 作 成 すること 様 々な 状 況 を 想 定 した 訓 練 を 定 期 的 に 行 うこと 職 員 全 員 で 災 害 に 関 する 対 応 について 各 学 校 の 学 校 防 災 マニュアルを 研 修 等 で 活 用 し 共 通 理 解 を 図 ること 3 臨 機 応 変 に 対 応 する 日 ごろの 訓 練 を 充 実 させ 予 測 できない 状 況 に 直 面 した 時 も 適 切 な 対 応 ができるよう 職 員 の 対 応 力 を 向 上 させること 正 確 な 情 報 を 素 早 く 収 集 し 的 確 に 状 況 を 判 断 すること 4

5 学 校 での 防 災 活 動 の 流 れ 日 ごろの 備 え P7 災 害 の 発 生 学 校 災 害 対 策 本 部 の 設 置 ( 初 期 対 応 ) P13,P26 児 童 生 徒 の 校 庭 への 避 難 完 了 住 民 等 が 学 校 へ 避 難 学 校 災 害 対 策 本 部 ( 二 次 対 応 )へ P66 児 童 生 徒 避 難 者 は 校 庭 で 待 機 避 難 所 運 営 本 部 の 設 置 < 緊 急 期 > P75 建 物 の 安 全 確 認 区 から 避 難 所 参 集 指 定 職 員 到 着 建 物 安 全 確 認 後 校 舎 内 へ 誘 導 安 全 指 導 の 充 実 さまざまな 想 定 による 訓 練 児 童 生 徒 の 居 住 地 や 個 別 事 情 の 把 握 学 校 災 害 対 策 本 部 の 整 備 学 校 ごとの 組 織 と 役 割 職 員 の 役 割 分 担 学 校 施 設 や 通 学 路 の 管 理 と 点 検 施 設 点 検 と 備 品 等 の 転 倒 防 止 通 路 の 確 保 緊 急 対 応 用 品 類 の 準 備 緊 急 持 出 書 類 の 管 理 通 学 路 周 辺 状 況 の 確 認 点 検 児 童 生 徒 の 避 難 と 安 全 確 保 児 童 生 徒 の 避 難 誘 導 校 舎 内 残 留 の 児 童 生 徒 の 捜 索 保 護 者 への 連 絡 引 渡 し 初 期 消 火 元 栓 の 閉 止 危 険 物 毒 物 劇 物 の 点 検 等 負 傷 者 の 応 急 処 置 非 常 持 出 品 の 搬 出 管 理 ( 火 災 延 焼 の 恐 れあるとき) 等 児 童 生 徒 の 安 全 確 保 と 避 難 者 の 受 入 れ 教 育 指 導 課 に 避 難 状 況 等 を 報 告 保 護 者 への 連 絡 引 渡 し 避 難 者 の 受 入 れ( 児 童 生 徒 との 区 分 け) 防 災 倉 庫 開 錠 負 傷 者 の 応 急 処 置 等 災 対 教 育 部 への 連 絡 災 対 教 育 部 教 育 政 策 課 に 避 難 者 が 来 校 してい ることを 報 告 区 長 が 避 難 所 開 設 を 指 示 ( 必 ず 指 示 があるとは 限 らない 校 長 等 が 応 急 的 に 開 設 することもある ) 物 資 食 糧 の 配 給 衛 生 環 境 整 備 等 徐 々に 住 民 の 自 主 的 運 営 に 移 行 < 復 旧 期 > P77 学 校 再 開 避 難 所 縮 小 閉 鎖 へ < 展 開 期 > P78 避 難 所 の 開 設 災 対 教 育 部 教 育 政 策 課 へ 避 難 所 の 開 設 を 報 告 避 難 所 運 営 協 議 会 が 本 部 会 議 開 催 ( 住 区 住 民 会 議 代 表 校 長 副 校 長 町 会 自 治 会 の 代 表 者 防 災 区 民 組 織 の 代 表 者 などで 構 成 ) 周 辺 の 状 況 把 握 避 難 所 運 営 の 班 を 編 成 班 長 選 任 役 割 確 認 学 校 施 設 利 用 区 分 確 認 利 用 場 所 の 明 示 避 難 者 名 簿 の 作 成 等 5

6 このページは 白 紙 です 6

7 Ⅰ 日 ごろの 備 え 7

8 このページは 白 紙 です 8

9 1 日 常 的 定 期 的 な 安 全 指 導 の 進 め 方 <P10> 2 災 害 発 生 時 の 職 員 体 制 <P13> 3 学 校 施 設 や 通 学 路 の 管 理 と 点 検 <P16> 9

10 1 日 常 的 定 期 的 な 安 全 指 導 の 進 め 方 (1)さまざまな 場 面 を 想 定 した 安 全 指 導 想 定 される 場 面 (P28~ 参 照 )を 基 に 避 難 訓 練 を 行 うこと 緊 急 地 震 速 報 の 利 用 や 停 電 ( 校 内 放 送 が 使 えない) 想 定 等 を 取 り 入 れる 児 童 生 徒 への 訓 練 とともに 職 員 に 対 する 訓 練 研 修 も 適 宜 行 うこと 学 校 内 での 教 育 活 動 学 校 外 での 教 育 活 動 登 下 校 授 業 社 会 科 見 学 登 校 中 給 食 自 然 宿 泊 体 験 教 室 下 校 中 休 み 時 間 訪 問 活 動 始 業 前 体 験 活 動 在 宅 中 安 否 確 認 放 課 後 班 別 行 動 等 外 出 中 安 否 確 認 等 団 体 行 動 安 全 確 保 のための 冷 静 な 行 動 10

11 (2) 児 童 生 徒 の 居 住 地 と 個 別 事 情 の 把 握 と 確 認 あらかじめ 保 護 者 面 談 等 を 通 じて 緊 急 時 の 帰 宅 ( 引 取 り)とその 連 絡 方 法 等 について 保 護 者 と 十 分 に 確 認 をしておくこと ア 地 域 班 の 作 成 住 所 や 通 学 路 の 利 用 方 面 に 基 づき 地 域 班 を 設 ける イ 児 童 生 徒 の 居 住 地 の 把 握 年 度 当 初 ( 又 は 転 入 時 )に 保 護 者 から 引 渡 しカード 児 童 生 徒 理 解 カード の 提 出 を 求 め 児 童 生 徒 の 自 宅 住 所 家 族 の 連 絡 先 学 童 保 育 利 用 状 況 等 を 把 握 し 緊 急 時 の 引 取 りについて 保 護 者 と 確 認 をしておく 引 渡 しカード 児 童 生 徒 理 解 カード は 学 校 で 保 管 する ウ 公 共 交 通 機 関 を 利 用 して 登 下 校 をしている 児 童 生 徒 の 把 握 居 住 地 に 応 じて 公 共 交 通 機 関 利 用 者 についても 緊 急 時 の 引 取 りについ て 保 護 者 と 確 認 をしておく (3) 緊 急 避 難 時 の 校 庭 の 使 い 方 の 確 認 ( 例 ) 校 庭 体 育 館 地 域 住 民 等 が 使 用 するスペース 児 童 生 徒 用 スペース 校 舎 校 舎 正 門 近 隣 住 民 等 誘 導 表 示 正 門 を 開 ける 近 隣 住 民 や 通 行 人 が 避 難 してくることを 想 定 して 誘 導 用 の 掲 示 を 出 す 集 合 場 所 は 児 童 生 徒 と 近 隣 住 民 等 とを 分 けること 同 行 避 難 ペット 及 び 帰 宅 困 難 者 スペースを 考 慮 する 11

12 (4) 防 災 教 育 の 充 実 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 を 踏 まえ まず 自 分 の 命 を 守 り 次 に 身 近 な 人 を 助 け さらに 地 域 に 貢 献 できる 人 材 を 育 成 する 防 災 教 育 を 一 層 推 進 する 必 要 がある そのために 各 教 科 道 徳 総 合 的 な 学 習 の 時 間 において 横 断 的 に 指 導 を 充 実 していくことが 求 められている ア 具 体 的 な 実 施 例 地 震 発 生 のメカニズム 理 科 地 震 発 生 の 仕 組 み マグニチュードと 震 度 活 断 層 過 去 の 震 災 について 社 会 関 東 大 震 災 阪 神 淡 路 大 震 災 東 日 本 大 震 災 過 去 の 震 災 との 比 較 復 興 生 命 尊 重 助 け 合 い 道 徳 発 達 段 階 により 適 切 な 教 材 を 選 択 する 国 際 協 力 社 会 道 徳 国 際 消 防 救 助 隊 東 日 本 大 震 災 後 の 各 国 からの 支 援 ユニセフからの 支 援 適 切 な 応 急 手 当 保 健 体 育 総 合 的 な 学 習 の 時 間 応 急 手 当 の 必 要 性 手 順 止 血 法 搬 送 法 心 肺 蘇 生 法 AED 防 災 ボランティア 総 合 的 な 学 習 の 時 間 防 災 ボランティアとは 何 か 東 京 都 の 防 災 対 策 ( 地 震 風 水 害 火 山 ) 避 難 訓 練 防 災 訓 練 地 震 発 生 時 の 対 応 避 難 行 動 様 々な 場 面 での 避 難 訓 練 等 イ 教 材 等 について 使 用 教 材 小 中 学 校 版 防 災 教 育 補 助 教 材 3.11を 忘 れない ( 東 京 都 教 育 委 員 会 ) 地 震 と 安 全 < 小 学 校 1~3 年 小 学 校 4~6 年 中 学 校 高 等 学 校 > ( 東 京 都 教 育 委 員 会 ) 道 徳 副 読 本 参 考 資 料 安 全 教 育 プログラム( 東 京 都 教 育 委 員 会 ) 小 中 学 校 版 防 災 教 育 補 助 教 材 3.11を 忘 れない 手 引 き ( 東 京 都 教 育 委 員 会 ) 人 権 教 育 プログラム( 東 京 都 教 育 委 員 会 ) 高 等 学 校 保 健 補 助 教 材 災 害 の 発 生 と 安 全 健 康 ~3.11を 忘 れない~ ( 東 京 都 教 育 委 員 会 ) 教 育 指 導 課 で 閲 覧 可 能 12

13 2 災 害 発 生 時 の 職 員 体 制 (1) 学 校 災 害 対 策 本 部 の 組 織 と 役 割 校 長 は あらかじめ 学 校 災 害 対 策 本 部 の 組 織 事 務 分 掌 を 定 めておく また その 際 避 難 所 支 援 班 の 役 割 についても 定 める 校 長 は 災 害 が 発 生 した 場 合 直 ちに 全 職 員 に 対 し 定 められた 分 掌 に 従 って 災 害 活 動 に 従 事 するよう 指 示 する ( 校 長 不 在 の 場 合 は 副 校 長 が 本 部 長 を 代 理 す る 校 長 副 校 長 ともに 不 在 の 場 合 の 指 揮 命 令 系 統 を 定 めておく ) < 学 校 災 害 対 策 本 部 組 織 の 例 > ( 初 期 対 応 ) ( 二 次 対 応 ) 学 校 災 害 対 策 本 部 情 報 連 絡 係 情 報 連 絡 係 本 部 長 ( 校 長 ) 避 難 誘 導 係 避 難 誘 導 係 消 火 巡 視 係 消 火 巡 視 係 救 護 係 救 護 係 搬 出 係 搬 出 係 他 の 係 への 応 援 要 員 避 難 所 支 援 担 当 要 員 避 難 所 支 援 班 時 間 の 経 過 により 避 難 所 運 営 協 議 会 へ 本 部 を 移 行 し 本 部 長 以 下 各 担 当 を 事 前 に 決 めた 役 割 分 担 やルールに 従 い 運 営 を 行 う (P74 参 照 ) 初 期 対 応 から 二 次 対 応 への 移 行 は 校 庭 等 に 避 難 した 時 点 で 行 う ( 例 ) 児 童 生 徒 の 避 難 が 完 了 し 区 民 避 難 者 が 来 校 してきたなどの 状 況 に 応 じて 避 難 誘 導 係 の 一 部 は 避 難 所 支 援 班 に 搬 出 係 は 情 報 連 絡 係 に 合 流 する その 後 は 状 況 に 応 じて 臨 機 応 変 に 対 応 する 避 難 所 運 営 協 議 会 の 構 成 員 は 住 区 住 民 会 議 町 会 自 治 会 防 災 区 民 組 織 事 業 者 PTA, 学 校 教 職 員 区 参 集 指 定 職 員 等 からなり 本 部 移 行 後 は 構 成 員 とし て 本 部 運 営 を 一 緒 に 行 う 13

14 (2) 学 校 災 害 対 策 本 部 の 役 割 分 担 表 学 校 ごとに 職 員 を 割 り 振 り 4 担 当 者 氏 名 記 入 欄 に 記 載 し 職 員 室 内 等 に 掲 示 する とともに 全 員 に 配 付 し 各 自 が 自 分 の 役 割 を 常 に 認 識 できるようにする (3の 記 載 は 校 長 副 校 長 以 外 は 例 示 ) 業 務 の 遂 行 にあたっては 全 教 職 員 が 役 割 を 自 覚 し 迅 速 かつ 臨 機 応 変 に 対 応 する 本 部 長 のリーダーシップのもと 全 児 童 生 徒 教 職 員 等 の 安 全 確 保 を 図 る 無 理 をせず 必 要 なときは 応 援 要 員 や 他 係 の 助 けを 求 める 時 間 の 経 過 とともに 業 務 量 の 集 中 個 所 が 変 化 する 状 況 をみて 臨 機 応 変 に 対 応 する 1 係 2 主 な 業 務 3 担 当 者 の 例 4 担 当 者 氏 名 記 入 欄 本 部 長 情 連 報 絡 係 避 難 誘 導 係 消 火 巡 視 係 救 護 係 搬 出 係 職 員 の 役 割 分 担 組 織 編 制 区 災 害 対 策 本 部 等 への 連 絡 災 害 に 関 する 情 報 収 集 本 部 長 への 連 絡 児 童 生 徒 の 避 難 誘 導 保 護 者 への 引 渡 し 残 留 児 童 生 徒 の 保 護 点 呼 時 に 所 在 不 明 の 児 童 生 徒 の 捜 索 初 期 消 火 元 栓 の 閉 止 保 管 薬 品 の 点 検 等 負 傷 者 の 応 急 処 置 救 急 用 品 の 確 保 医 療 救 護 所 への 連 絡 等 非 常 持 出 品 の 搬 出 管 理 ( 校 舎 内 の 火 災 延 焼 の 恐 れがあ るとき) 校 長 副 校 長 生 活 指 導 主 任 避 難 訓 練 担 当 者 クラス 担 任 学 童 擁 護 主 事 空 き 時 間 の 教 員 用 務 主 事 保 健 主 任 養 護 教 諭 事 務 主 事 教 務 主 任 応 援 要 員 避 難 者 の 救 助 や 捜 索 など 他 の 係 への 応 援 など 状 況 に 合 わせて 対 応 ( 二 次 対 応 では 避 難 所 支 援 班 ) 体 育 主 任 14

15 (3) 学 校 教 職 員 の 参 集 教 職 員 の 非 常 配 備 態 勢 と 参 集 方 法 を 事 前 に 確 認 しておくこと ア 動 員 対 象 者 は 3の 例 示 を 参 考 に 各 学 校 で 毎 年 度 当 初 に 定 める イ 表 の4に 自 校 の 動 員 対 象 者 名 を 記 載 し 職 員 室 等 に 掲 示 する 非 常 配 備 態 勢 と 動 員 対 象 者 一 覧 表 1 非 常 配 備 態 勢 2 主 な 指 令 の 時 期 3 動 員 対 象 者 4 動 員 対 象 者 の 例 ( 数 ) 氏 名 第 1 非 常 配 備 態 勢 勤 務 時 間 内 外 を 問 わず 区 内 で 震 度 5 弱 以 下 の 地 震 により 相 当 の 被 害 が 発 生 校 長 副 校 長 用 務 主 事 (1 名 ) 合 計 3 名 したとき 第 2 非 常 配 備 態 勢 勤 務 時 間 内 外 を 問 わずに 区 内 で 震 度 5 強 の 地 震 が 発 生 したとき 校 長 副 校 長 用 務 主 事 (2 名 ) 合 計 4 名 第 3 非 常 配 備 態 勢 勤 務 時 間 内 外 を 問 わずに 全 教 職 員 区 内 で 震 度 6 弱 以 上 の 地 震 が 発 生 したとき 区 の 参 集 指 定 職 員 に 指 定 されているものは 勤 務 時 間 内 外 を 問 わず 区 内 で 震 度 5 弱 以 上 の 地 震 が 発 生 した 場 合 には 指 令 を 待 たずに 指 定 された 施 設 へ 参 集 する その 他 職 員 は 目 黒 区 地 域 防 災 計 画 に 示 されている 非 常 配 備 態 勢 基 準 及 び 非 常 配 備 指 定 区 分 等 一 覧 により 参 集 する 勤 務 時 間 内 外 を 問 わずに 区 内 で 震 度 6 弱 以 上 の 地 震 が 発 生 した 場 合 は 全 ての 教 職 員 が 家 族 及 び 自 宅 の 安 全 を 確 認 の 上 勤 務 校 に 自 発 的 に 参 集 する しかし 遠 隔 地 の 教 職 員 もおり 活 動 態 勢 の 確 立 にはある 程 度 の 時 間 がかかるため 当 面 の 初 動 態 勢 を 確 立 するために 必 要 な 教 職 員 をあらかじめ 決 定 しておき それらの 教 職 員 を 中 心 に 参 集 する 15

16 3 学 校 施 設 や 通 学 路 の 管 理 と 点 検 各 項 目 について チェックリストを 作 成 し 定 期 的 に 点 検 確 認 すること (1) 学 校 施 設 の 安 全 点 検 と 管 理 ア 定 期 的 な 安 全 点 検 の 実 施 1 日 常 点 検 及 び6か 月 点 検 を 確 実 に 実 施 する 実 施 にあたっては 防 災 の 視 点 を 盛 り 込 むこと 2 火 元 責 任 者 を 確 認 し 正 しく 掲 示 されているかを 点 検 する 3 警 備 会 社 との 連 絡 責 任 者 の 届 出 が 正 しくなされているか 確 認 する ( 届 出 先 = 当 該 警 備 会 社 ) イ 施 設 内 の 安 全 確 認 1 落 下 物 転 倒 防 止 対 策 の 徹 底 戸 棚 やテレビ スクリーン 等 の 固 定 落 下 防 止 灯 油 薬 品 ガスボンベの 適 切 な 保 管 2 避 難 通 路 の 確 保 廊 下 に 荷 物 机 椅 子 等 が 放 置 されていないか 3 植 栽 の 安 全 管 理 倒 木 の 危 険 性 のある 植 栽 はないか 避 難 の 妨 げとなるような 枝 の 張 り 出 しなどはないか 16

17 (2) 施 設 や 設 備 の 把 握 と 共 有 化 副 校 長 や 管 理 責 任 者 だけでなく 全 職 員 が 施 設 状 況 を 共 有 化 できるようにしてお く 図 表 は クリアフォルダー 等 にまとめ すべての 職 員 がその 所 在 を 把 握 できるよ うにしておく 備 品 や 機 器 類 は 所 在 使 用 方 法 状 態 ( 使 用 可 能 か) 等 を 確 認 する 日 常 的 に 使 用 する 機 会 を 設 け 操 作 に 慣 れておく 有 感 地 震 発 生 の 都 度 使 用 する 等 東 日 本 大 震 災 で 学 校 施 設 に 被 害 があった 学 校 は その 対 応 と 対 策 を 基 に 施 設 状 況 を 確 認 しておく ア 図 表 類 の 用 意 1 わかりやすい 校 舎 平 面 図 の 用 意 2 避 難 所 としての 学 校 施 設 利 用 区 分 表 と 区 分 が 色 分 け 表 示 された 平 面 図 3 電 話 配 置 図 と 番 号 表 ( 校 内 の 電 話 の 位 置 と 番 号 を 記 入 したもの) 災 害 時 優 先 電 話 の 設 置 場 所 と 番 号 の 確 認 イ 各 種 設 備 が 故 障 した 時 の 連 絡 先 一 覧 表 ( 修 理 保 守 委 託 等 の 事 業 者 連 絡 先 ) (P95 参 照 ) 水 道 電 気 ガス エレベーター など ウ プールの 水 をためておく 消 防 水 利 指 定 の 確 認 エ 停 電 時 の 対 応 ( 特 に 校 内 放 送 が 使 用 できない 場 合 の 準 備 ) ハンドマイク メガホン 可 搬 式 無 線 機 等 電 池 の 予 備 オ 非 常 用 連 絡 ( 通 信 ) 機 器 の 点 検 グループウェア 用 パソコン 保 護 者 あてメール 送 信 学 校 HPへの 連 絡 事 項 掲 載 災 害 時 使 用 電 話 災 害 時 優 先 電 話 公 衆 電 話 校 内 放 送 機 器 防 災 無 線 操 作 マニュアル(P99 参 照 ) トランシーバー ハンドマイク など カ 体 育 用 マットや 暗 幕 等 避 難 所 になった 場 合 に 活 用 できる 物 品 の 確 認 17

18 (3) 地 域 安 全 マップ 作 りと 通 学 路 の 点 検 地 域 安 全 マップ 作 りを 通 して 児 童 生 徒 による 学 校 周 辺 や 通 学 路 における 危 険 箇 所 を 確 認 するとともに 職 員 も 日 ごろから 状 況 を 把 握 しておく ア 学 区 内 の 公 共 交 通 機 関 の 状 況 鉄 道 バス 等 イ 通 学 路 の 危 険 箇 所 の 把 握 看 板 街 路 樹 等 の 落 下 や 倒 木 ブロック 塀 等 の 倒 壊 通 行 障 害 物 浸 水 等 の 危 険 箇 所 工 場 作 業 場 などで 危 険 物 を 扱 う 場 所 等 ウ 建 築 物 の 特 徴 の 把 握 木 造 建 築 高 層 建 築 商 業 地 域 住 宅 地 域 商 住 混 在 地 域 等 エ 学 校 立 地 の 地 理 的 特 徴 による 危 険 箇 所 河 川 の 近 くか がけや 盛 土 等 の 崩 れやすい 場 所 があるか 水 害 等 の 危 険 個 所 に 該 当 していないか ( 水 害 ハザードマップで 確 認 ) オ 広 域 避 難 場 所 学 校 以 外 の 避 難 場 所 の 確 認 自 校 が 危 険 になったときの 避 難 先 ( 複 数 )とそこへの 経 路 ( 複 数 )の 想 定 避 難 訓 練 等 で 児 童 生 徒 を 引 率 して 実 地 踏 査 し 広 さ( 収 容 可 能 人 数 ) 経 路 所 要 時 間 トイレ 等 を 確 認 しておく 地 図 の 用 意 ( 複 数 枚 ) カ 近 隣 の 地 区 備 蓄 倉 庫 の 確 認 (4) 危 険 物 及 び 毒 物 劇 物 の 管 理 と 点 検 ア 危 険 物 灯 油 ガソリン 塗 料 の 溶 剤 等 の 引 火 性 液 体 等 毒 物 劇 物 理 科 の 授 業 などで 使 用 する 化 学 薬 品 等 イ 所 在 の 確 認 と 職 員 への 周 知 危 険 物 や 毒 物 劇 物 について 所 在 を 確 認 する 全 職 員 間 で 危 険 性 の 認 識 を 共 有 する ウ 管 理 監 督 者 の 選 任 と 適 切 な 保 管 危 険 物 や 毒 物 劇 物 の 管 理 者 監 督 者 を 決 めて 明 示 する 危 険 物 や 毒 物 劇 物 の 管 理 方 法 を 確 認 する 毒 物 劇 物 保 管 庫 の 施 錠 鍵 の 保 管 管 理 簿 の 作 成 と 管 理 など 大 丈 夫 ですか? あなたの 学 校 の 管 理 体 制! 毒 物 劇 物 取 扱 い 保 管 管 理 の 手 引 き ( 東 京 都 福 祉 保 健 局 健 康 安 全 部 ) (P21 参 照 ) エ 震 災 対 策 を 視 野 に 入 れた 管 理 の 徹 底 保 管 庫 には 転 倒 防 止 措 置 を 講 ずる LPGのタンクなどは 鎖 で 固 定 するなど 転 倒 防 止 措 置 を 講 ずる 保 管 庫 内 の 薬 品 が 転 倒 落 下 容 器 破 損 しないような 設 備 を 設 ける 18

19 (5) 学 校 の 防 災 倉 庫 等 の 鍵 の 管 理 1 防 災 倉 庫 の 鍵 2 体 育 館 の 鍵 3 下 水 道 直 結 型 トイレマンホールの 鍵 とフック この3 種 類 4 点 について 所 在 保 管 者 を 確 認 しておく 保 管 者 ア 学 校 用 の 鍵 の 所 在 と 管 理 者 学 校 の 全 教 職 員 がわかるようにしておく イ 地 域 避 難 所 参 集 指 定 職 員 1を 保 管 (1の 他 施 設 内 に 入 る 鍵 の 保 管 を 予 定 しています ) (6) 防 災 倉 庫 の 備 蓄 品 の 確 認 (P96 参 照 ) 自 校 に 設 置 してある 備 蓄 品 の 具 体 的 品 目 棚 の 位 置 等 を 把 握 しておく 食 料 人 日 分 水 人 日 分 毛 布 サバイバルブランケットなど 枚 (7) 救 急 用 品 の 確 認 負 傷 者 への 止 血 など 応 急 措 置 が 迅 速 に 行 えるよう 救 急 用 品 の 種 類 数 量 を 確 認 し 必 要 量 の 補 充 や 使 用 期 限 の 確 認 をしておくこと * 災 害 用 救 急 医 療 セットについては 健 康 福 祉 計 画 課 が 計 画 的 に 入 替 えを 行 って いる 児 童 生 徒 用 備 蓄 品 について 引 き 取 りを 待 つ 間 児 童 生 徒 用 及 び 教 職 員 の 食 料 は 各 学 校 等 の 備 蓄 スペースに 備 蓄 された 食 料 を 使 用 する 毛 布 等 の 生 活 用 品 は 当 面 各 学 校 等 に 設 置 された 防 災 倉 庫 の 物 品 を 使 用 する ただし 地 域 の 避 難 者 は 食 料 や 生 活 用 品 等 を 防 災 倉 庫 内 の 物 品 を 使 用 するので 食 料 等 が 不 足 す る 場 合 には 地 域 の 避 難 者 にも 使 用 させ 不 足 分 の 補 充 要 請 をする 補 充 要 請 は 災 対 教 育 部 ( 教 育 委 員 会 )に 品 目 と 数 量 を 報 告 し 補 充 を 要 請 すること 各 学 校 等 の 児 童 生 徒 用 及 び 教 職 員 の 毛 布 等 生 活 用 品 の 不 足 分 は 地 区 の 備 蓄 倉 庫 から 配 布 される 予 定 である 興 津 自 然 学 園 八 ヶ 岳 林 間 学 園 では 災 害 等 で 孤 立 した 場 合 に 備 え 常 時 100 人 3 食 2 日 分 の 食 料 ( 水 カンパン アルファー 化 米 )を 備 蓄 している ( 平 成 24 年 度 からは 200 人 3 食 3 日 分 に 拡 大 している )(P104 参 照 ) 19

20 (8) 重 要 書 類 等 の 保 管 と 管 理 ア 日 常 の 管 理 と 非 常 時 の 持 ち 出 し 書 類 等 の 確 認 イ 非 常 時 に 持 ち 出 す 書 類 を 確 認 しておく また 非 常 時 には 誰 がどのよう に 持 ち 出 すかを 事 前 に 取 り 決 めておく ( 例 ) 学 校 災 害 対 策 本 部 の 搬 出 係 氏 名 ウ 非 常 時 に 持 ち 出 すための 袋 をあらかじめ 用 意 し 備 え 付 けておく エ 学 校 ごとに 非 常 時 持 出 一 覧 表 を 作 成 する ( 非 常 時 持 出 一 覧 表 の 例 ) 項 目 関 係 書 類 保 管 場 所 管 理 責 任 者 持 出 し 者 教 務 関 係 指 導 要 録 ほか 学 校 教 育 法 で 定 められている 公 簿 類 等 学 事 管 理 関 係 学 籍 に 関 する 書 類 出 席 簿 児 童 生 徒 名 簿 児 童 生 徒 調 査 票 等 保 健 関 係 健 康 診 断 票 歯 の 検 査 票 その 他 児 童 生 徒 の 健 康 に 関 する 記 録 等 20

21 21 ( 参 考 資 料 )

22 このページは 白 紙 です 22

年間行事

年間行事 第 1 章 自 主 防 災 組 織 とは 1. 自 主 防 災 組 織 の 必 要 性 東 海 地 震 を 含 む 南 海 トラフの 巨 大 地 震 等 から 自 分 や 家 族 の 命 を 守 るためには さまざまな 被 害 の 発 生 に 備 え 普 段 から 十 分 な 対 策 を 講 じておかなくてはなりません しかし ひとた び 大 地 震 が 発 生 すると 災 害 の 拡 大 を 防

More information

(Microsoft Word - \216Q\215l\227l\216\256\202\331\202\251.doc)

(Microsoft Word - \216Q\215l\227l\216\256\202\331\202\251.doc) Ⅱ チェックシート 1 平 常 時 のチェックシート 地 震 風 水 害 等 に 対 する 備 えが 十 分 かどうかを 定 期 的 に 少 なくとも 防 災 訓 練 時 にチェックして 万 全 の 体 制 を 整 える (その1) 立 地 条 件 と 災 害 予 測 地 盤 地 形 などの 立 地 環 境 と 起 こりうる 災 害 予 測 の 確 認 1 1 1 情 報 伝 達 強 化 館 内 一

More information

【様式1】

【様式1】 様 式 1 避 難 施 設 運 営 組 織 ( 事 前 対 策 ) < 運 営 管 理 責 任 者 > 氏 名 所 属 又 は 住 所 TEL 備 考 会 長 副 会 長 避 難 施 設 従 事 職 員 ( 市 職 員 ) 施 設 管 理 者 < 避 難 施 設 運 営 班 > ( 印 : 班 長 印 : 副 班 長 ) 氏 名 自 治 会 名 住 所 TEL 備 考 総 務 班 名 簿 班 食 料

More information

1 防 災 ( 避 難 ) 訓 練 の 計 画 防 災 ( 避 難 ) 訓 練 は 教 育 課 程 の 中 に 位 置 付 け 計 画 的 に 実 施 しなければならない 実 施 に 当 たっては 地 域 の 実 状 に 応 じて 災 害 対 応 マニュアルに 基 づく 訓 練 を 実 施 し い

1 防 災 ( 避 難 ) 訓 練 の 計 画 防 災 ( 避 難 ) 訓 練 は 教 育 課 程 の 中 に 位 置 付 け 計 画 的 に 実 施 しなければならない 実 施 に 当 たっては 地 域 の 実 状 に 応 じて 災 害 対 応 マニュアルに 基 づく 訓 練 を 実 施 し い 防 災 ( 避 難 ) 訓 練 の 充 実 1 防 災 ( 避 難 ) 訓 練 の 計 画 防 災 ( 避 難 ) 訓 練 は 教 育 課 程 の 中 に 位 置 付 け 計 画 的 に 実 施 しなければならない 実 施 に 当 たっては 地 域 の 実 状 に 応 じて 災 害 対 応 マニュアルに 基 づく 訓 練 を 実 施 し い かなる 災 害 に 遭 遇 した 場 合 でも 安 全 に

More information

第3章 災害応急対策計画                     第1節 活動体制計画   

第3章 災害応急対策計画                         第1節 活動体制計画    第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 計 画 の 方 針 地 震 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれのある 場 合 において 災 害 の 予 防 及 び 災 害 応 急 対 策 等 の 防 災 活 動 を 強 力 に 推 進 するために 災 害 対 策 本 部 等 の 設 置 応 援 要 請 応 急 公 用 負 担 等 の 活 動 体 制 を 確 立 する

More information

<303493EC8A43836783898374926E906B96688DD091CE8DF4908490698C7689E695D22E786477>

<303493EC8A43836783898374926E906B96688DD091CE8DF4908490698C7689E695D22E786477> 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 編 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 推 進 計 画 の 目 的 1 第 2 防 災 関 係 機 関 が 地 震 発 生 時 の 災 害 応 急 対 策 として 行 う の 大 綱 1 第 2 章 関 係 者 との 連 携 協 力 の 確 保 11 第 1 資 機 材 人 員 等 の 配 備 手 配 11 第 2 他 機 関 に 対 する

More information

- 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域

- 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域 相 模 湖 公 園 の 震 災 時 対 応 の 考 え 方 参 考 資 料 1 - 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 における

More information

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63>

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63> 防 災 業 務 計 画 平 成 27 年 4 月 西 部 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 防 災 業 務 計 画 の 目 的 第 2 節 防 災 業 務 計 画 の 基 本 構 想 第 3 節 防 災 業 務 計 画 の 運 用 第 2 章 防 災 体 制 の 確 立 2 第 1 節 防 災 体 制 第 2 節 対 策 組 織 の 運 営 第 3 節 災 害 対

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 実 施 担 当 全 部 班. 推 進 計 画 の 目 的 この 計 画 は 南 海 トラフ 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 の 推 進 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 年 法 律 9 号 以 下 南 海 トラフ 法 という ) 条 項 の

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

防災マニュアル 分割1

防災マニュアル 分割1 新 居 浜 特 別 支 援 学 校 防 災 マニュアル - 平 成 4 度 版 - 愛 媛 県 立 新 居 浜 特 別 支 援 学 校 79-004 愛 媛 県 新 居 浜 市 本 郷 丁 目 番 5 号 Tel 0897--6656 Fax 0897-44-5599 目 次 南 海 大 地 震 の 災 害 の 特 性 と 被 害 の 想 定 地 震 発 生 時 の 基 本 的 対 応 地 震 防

More information

別 表 1 緊 急 事 態 発 生 時 の 対 処 救 急 及 び 緊 急 連 絡 体 制 事 件 事 故 発 生 大 切 なポイント 1. 子 どもの 安 全 確 保 生 命 維 持 最 優 先 2. 冷 静 で 的 確 な 判 断 と 指 示 3. 適 切 な 対 処 と 迅 速 正 確 な 連

別 表 1 緊 急 事 態 発 生 時 の 対 処 救 急 及 び 緊 急 連 絡 体 制 事 件 事 故 発 生 大 切 なポイント 1. 子 どもの 安 全 確 保 生 命 維 持 最 優 先 2. 冷 静 で 的 確 な 判 断 と 指 示 3. 適 切 な 対 処 と 迅 速 正 確 な 連 防 災 マニュアル 別 表 一 覧 緊 急 事 態 発 生 時 の 対 処 救 急 及 び 緊 急 連 絡 体 制 ( 別 表 1) 災 害 時 の 役 割 分 担 表 ( 別 表 2) 職 員 緊 急 連 絡 体 制 ( 別 表 3) 緊 急 連 絡 先 一 覧 表 ( 別 表 4) 職 員 召 集 参 集 基 準 ( 別 表 5) 園 児 情 報 一 覧 表 ( 別 表 6) 避 難 経 路 図

More information

伊勢市地域防災計画

伊勢市地域防災計画 伊 勢 市 地 震 防 災 強 化 計 画 平 成 28 年 3 月 伊 勢 市 防 災 会 議 目 次 第 1 節 総 則...1 第 2 節 地 震 災 害 警 戒 本 部 の 設 置 等...6 第 3 節 情 報 伝 達 計 画...8 第 4 節 広 報 計 画...9 第 5 節 自 主 防 災 活 動... 11 第 6 節 避 難 対 策 計 画... 13 第 7 節 緊 急 輸

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

(3) 事 前 対 策 リスト( 自 助 ) 家 の 中 の 安 全 避 難 救 水 や 食 料 避 難 生 活 用 品 家 具 が 転 倒 しないように 固 定 する 耐 震 診 断 耐 震 補 強 をする 寝 室 には 家 具 を 置 かないか 寝 床 に 向 かって 転 倒 しないようにする

(3) 事 前 対 策 リスト( 自 助 ) 家 の 中 の 安 全 避 難 救 水 や 食 料 避 難 生 活 用 品 家 具 が 転 倒 しないように 固 定 する 耐 震 診 断 耐 震 補 強 をする 寝 室 には 家 具 を 置 かないか 寝 床 に 向 かって 転 倒 しないようにする 6. 事 前 対 策 リスト 災 害 時 の 応 急 対 応 を 効 果 的 に 行 えるよう 1 事 前 対 策 リスト( 自 助 )と 2 事 前 対 策 リスト( 共 助 )を 考 えましょう 2 事 前 対 策 リスト( 共 助 )は 第 3 回 ワークショップの 議 論 をもとに 災 害 対 応 の 特 に 優 先 度 の 高 い 活 動 とそのための 事 前 対 策 をテーマ 毎 に 検

More information

H26改訂案【西諸県】応急業務(BCP推進会議資料)

H26改訂案【西諸県】応急業務(BCP推進会議資料) 添 付 資 料 西 諸 県 地 域 版 BCP 実 施 要 領 この 実 施 要 領 は 非 常 時 における 具 体 的 な 対 応 方 法 必 要 な 人 員 体 制 連 携 体 制 を 想 定 し こ れを 実 現 するために 事 前 に 準 備 しておかなければならないこと 等 について 定 めるものです 実 施 要 領 は 次 のように 構 成 します 項 目 責 任 所 属 非 常 時

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63> 平 成 19 年 7 月 版 安 全 衛 生 チェックリスト 総 務 部 労 務 課 安 全 衛 生 係 学 部 名 棟 名 称 階 室 名 室 番 記 入 者 氏 名 記 入 日 該 当 記 入 文 字 : 対 応 済 項 目 マーク: 未 対 応 項 目 X マーク 第 1 章 実 験 室 等 の 安 全 衛 生 チェック 1. 化 学 物 質 ( 化 学 的 危 険 等 ) 等 を 取 り 扱

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

昭 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 平 成 25 年 修 正 ) 昭 島 市 防 災 会 議 凡 例 本 計 画 で 使 用 する 用 語 等 は 次 によるものとする (1) 市 昭 島 市 (2) 市 防 災 会 議 昭 島 市 防 災 会 議 (3) 市 本 部 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 (4) 本 部 長 又 は 市 長 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 長 又 は 昭 島

More information

東京事務所BCP【実施要領】溶け込み版

東京事務所BCP【実施要領】溶け込み版 添 付 資 料 東 京 事 務 所 版 BCP 実 施 要 領 この 実 施 要 領 は 非 常 時 における 具 体 的 な 対 応 方 法 必 要 な 人 員 体 制 連 携 体 制 を 想 定 し これを 実 現 するために 事 前 に 準 備 しておかなければならないこと 等 について 定 めるものです 実 施 要 領 は 次 のように 構 成 します 項 目 非 常 時 事 前 の 備 え(

More information

( 決 定 の 通 知 ) 第 9 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をしたときは 速 やかにその 決 定 の 内 容 及 びこれに 条 件 を 付 した 場 合 にはその 条 件 を 補 助 金 交 付 ( 変 更 ) 決 定 通 知 書

( 決 定 の 通 知 ) 第 9 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をしたときは 速 やかにその 決 定 の 内 容 及 びこれに 条 件 を 付 した 場 合 にはその 条 件 を 補 助 金 交 付 ( 変 更 ) 決 定 通 知 書 弥 富 市 自 主 防 災 組 織 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 15 年 3 月 31 日 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 自 主 防 災 組 織 の 結 成 を 推 進 するため 当 該 組 織 が 行 う 活 動 及 び 防 災 資 機 材 等 の 整 備 に 要 する 経 費 について 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 する 補 助 金 に 関 し 必 要

More information

第 28 節 学 校 等 における 応 急 対 策 -------------------------------------------- 349 第 29 節 文 化 財 応 急 対 策 ---------------------------------------------------- 3

第 28 節 学 校 等 における 応 急 対 策 -------------------------------------------- 349 第 29 節 文 化 財 応 急 対 策 ---------------------------------------------------- 3 第 1 編 震 災 等 共 通 対 策 第 3 章 災 害 応 急 対 策 災 害 応 急 対 策 タイムスケジュール ------------------------------------------------- 156 第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 計 画 -------------------------------------- 163 第 2 節 地 震 津

More information

<4D F736F F D BB92E892B290AE88F58BC696B1837D836A B>

<4D F736F F D BB92E892B290AE88F58BC696B1837D836A B> 判 定 調 整 員 業 務 マニュアル 平 成 26 年 3 月 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 連 絡 協 議 会 このマニュアルでは 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 制 度 を 迅 速 かつ 的 確 に 活 用 し その 目 的 であ る2 次 災 害 の 軽 減 防 止 住 民 の 安 全 確 保 を 確 実 に 行 うために 判 定 調 整 員 が 行 うべきこ とについて 具 体

More information

あわら市地域防災計画資料編

あわら市地域防災計画資料編 あわら 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 あわら 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 目 次 1 条 例 規 則 要 綱 等... 1 (1) あわら 市 防 災 会 議 条 例... 1 (2) あわら 市 災 害 対 策 本 部 条 例... 3 (3) あわら 市 災 害 対 策 本 部 運 営 要 綱... 4 (4) 嶺 北 消 防 組 合 警 防 規 定... 16 (5)

More information

<81A18E518D6C395F8E518D6C8E9197BF81698EE582C891CE8DF497E182CC8EE5977682C88EC08E7B8EE591CC816A2E786C73>

<81A18E518D6C395F8E518D6C8E9197BF81698EE582C891CE8DF497E182CC8EE5977682C88EC08E7B8EE591CC816A2E786C73> 主 な 対 策 例 主 要 な 実 施 主 体 は 報 告 書 中 に 記 載 された 主 な 対 策 一 次 的 な 実 施 主 体 を 示 す 行 政 から 働 きかけを 受 けて 住 民 や 企 業 が 直 接 的 な 行 動 をとるといった ように 対 策 最 終 的 な 実 施 主 体 が 別 場 合 がある 例 えば 住 宅 建 築 物 等 耐 震 化 不 燃 化 等 推 進 場 合 一

More information

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震 Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 東 海 地 震 注 意 情 報 発 表 時 (1) 医 務 課 衛 生 薬 務 課 Ⅶ-1 Ⅶ-1 Ⅶ-2 2 病 院 診 療 所 の 対 応 (1) 院 内 の 安 全 確 保 等 (2) 医 療 救 護 活 動 の 準 備 Ⅶ-3 Ⅶ-4 Ⅶ-4 3 基 幹 災 害 拠 点 病 院 基

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

( 消 防 法 の 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 施 行 対 応 ) 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ( 統 括 防 火 管 理 者 の 選 任 が 必 要 となる 対 象 物 の 建 物 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ) 第 1 章 総 則 第

( 消 防 法 の 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 施 行 対 応 ) 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ( 統 括 防 火 管 理 者 の 選 任 が 必 要 となる 対 象 物 の 建 物 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 例 ) 第 1 章 総 則 第 全 体 についての 消 防 計 画 作 成 について 作 成 例 は 統 括 防 火 管 理 義 務 対 象 物 における 基 本 的 な 全 体 についての 防 火 管 理 に 係 る 消 防 計 画 の 作 成 例 であ ることから 次 の 点 に 留 意 する 1 統 括 防 火 管 理 者 が 作 成 する 建 物 全 体 についての 消 防 計 画 は 当 該 防 火 対 象 物 の 各

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (22 年 度 末 ) A B 22 年 度 1,025,619 539,469,112 4,455,499 151,781,717 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年 度 の 件 費 率 28.1 27.9 (2)

More information

第 3 部 災 害 応 急 対 策 計 画 第 8 章 災 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 5 節 救 助 の 実 施 1. 実 施 機 関 (1) 県 災 害 救 助 法 を 適 用 する 場 合 の 救 助 は 県 が 行 うこととするが 次 に 掲 げる 事 項 すべてに 該 当 する

第 3 部 災 害 応 急 対 策 計 画 第 8 章 災 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 5 節 救 助 の 実 施 1. 実 施 機 関 (1) 県 災 害 救 助 法 を 適 用 する 場 合 の 救 助 は 県 が 行 うこととするが 次 に 掲 げる 事 項 すべてに 該 当 する 第 3 部 災 害 応 急 対 策 計 画 第 8 章 災 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 8 章 災 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 救 助 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 118 号 )の 適 用 申 請 及 び 救 助 等 の 実 施 を 適 切 に 行 うことを 目 的 とする 第 2 節 災 害 救 助 法 の 適 用 県 は

More information

<87508CF6955C8CB48D652E786C73>

<87508CF6955C8CB48D652E786C73> 1 総 括 吹 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 16 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 平 成 15 年 度 の 人 件 費 率 平 成 16 年 度 345,51 人 1,2,449 千 268,4 千

More information

目  次(秦野市地域防災計画)

目  次(秦野市地域防災計画) 目 次 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 第 1 章 総 則 風 -1 第 1 節 計 画 の 目 的 風 -1 第 2 節 構 成 風 -2 1 災 害 予 防 計 画 風 -2 2 災 害 応 急 対 策 計 画 風 -2 3 災 害 復 旧 復 興 計 画 風 -2 4 特 殊 災 害 対 策 風 -2 第 3 節 防 災 関 係 機 関 の 実 施 責 任 及 び 処 理 すべき 事

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 以 下 基 本 法 という ) 第 4 2 条 の 規 定 に 基 づき 鹿 部 町 ( 以 下 本 町 という )の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 等 の 災 害 対 策 を

More information

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定 大 分 県 警 察 継 続 計 画 策 定 について 平 成 2 4 年 1 1 月 1 日 大 通 達 甲 ( 備 ) 第 10 号 大 通 達 甲 ( 警 ) 第 16 号 大 通 達 甲 ( 生 ) 第 13 号 大 通 達 甲 ( 刑 ) 第 15 号 大 通 達 甲 ( 交 ) 第 9 号 大 分 県 警 察 本 部 長 から 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 各 警 察

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 LPガス 販 売 事 業 者 一 般 社 団 法 人 山 形 県 LPガス 協 会 山 形 県 高 圧 ガス 地 域 防 災 協 議 会 関 係 機 関 県

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

福井県耐震改修促進計画

福井県耐震改修促進計画 福 井 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 18 年 12 月 策 定 平 成 24 年 3 月 改 定 平 成 28 年 3 月 改 定 福 井 県 福 井 県 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 はじめに (1) 住 宅 建 築 物 の 耐 震 化 の 必 要 性 1 (2) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律

More information

1 応 急 活 動 体 制 の 基 本 事 項 (1) 応 急 活 動 の 基 本 1 応 急 活 動 の 種 類 災 害 応 急 対 策 は 次 の5 種 の 活 動 からなる ア 人 命 救 助 活 動 イ 消 火 活 動 ウ 情 報 活 動 エ 救 急 医 療 活 動 オ 避 難 活 動 2

1 応 急 活 動 体 制 の 基 本 事 項 (1) 応 急 活 動 の 基 本 1 応 急 活 動 の 種 類 災 害 応 急 対 策 は 次 の5 種 の 活 動 からなる ア 人 命 救 助 活 動 イ 消 火 活 動 ウ 情 報 活 動 エ 救 急 医 療 活 動 オ 避 難 活 動 2 活 動 体 制 を 速 やかに 確 立 するために 第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 計 画 の 方 針 大 規 模 な 地 震 が 発 生 したときは 速 やかに 市 災 害 対 策 本 部 を 設 置 し 全 市 を 挙 げて 災 害 対 策 活 動 に 従 事 する 必 要 がある 従 って 適 切 な 災 害 応 急 活 動 を 実 施 するに 当 たり 役 割 分 担

More information

地 震 災 害 対 策 編 第 1 編 地 震 災 害 予 防 計 画 地 震 災 害 対 策 編 第 1 編 地 震 災 害 予 防 計 画 第 1 章 防 災 思 想 知 識 普 及 計 画 総 務 課 学 校 教 育 課 福 祉 課 町 及 び 関 係 機 関 は 各 所 属 職 員 はじめ 住 民 等 に 対 し 自 主 防 災 思 想 の 普 及 徹 底 を 図 るとと もに 地 震

More information

イ 東 京 都 中 学 校 体 育 大 会 に 参 加 した 場 合 に 守 るべき 条 件 a 東 京 都 中 学 校 体 育 連 盟 大 会 実 施 要 項 競 技 専 門 部 要 項 及 び 規 則 を 遵 守 するとともに 大 会 の 円 滑 な 運 営 に 協 力 する b 大 会 参 加

イ 東 京 都 中 学 校 体 育 大 会 に 参 加 した 場 合 に 守 るべき 条 件 a 東 京 都 中 学 校 体 育 連 盟 大 会 実 施 要 項 競 技 専 門 部 要 項 及 び 規 則 を 遵 守 するとともに 大 会 の 円 滑 な 運 営 に 協 力 する b 大 会 参 加 平 成 26 年 度 東 京 都 中 学 校 体 育 大 会 実 施 要 項 26.2.25 1 目 的 東 京 都 中 学 校 体 育 大 会 は 中 学 校 教 育 の 一 環 として 生 徒 に 広 くスポーツ 実 践 の 機 会 を 与 え 体 力 技 能 の 向 上 と スポーツ 精 神 の 高 揚 を 図 り 心 身 ともに 健 康 な 生 徒 を 育 成 する また ス ポーツの 交

More information

消 防 計 画

消 防 計 画 サンプラザ 熊 野 店 消 防 計 画 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 消 防 計 画 は 消 防 法 第 8 条 第 1 項 及 び 消 防 法 第 8 条 の2 第 1 項 に 基 づき サンプラ ザ 熊 野 店 の 防 火 管 理 についての 必 要 事 項 を 定 め 火 災 地 震 その 他 の 災 害 の 予 防 と 人 命 の 安 全 被 害 のならびに 災 害

More information

本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建 物 設 備 の 基 準 ( 要 綱 6) 基 本 的 な 考

本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建 物 設 備 の 基 準 ( 要 綱 6) 基 本 的 な 考 H25.4.1 版 認 証 保 育 所 施 設 基 準 解 説 平 成 22 年 10 月 東 京 都 福 祉 保 健 局 少 子 社 会 対 策 部 保 育 支 援 課 0/15 本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建

More information

<30322D B95D293998E9197BF D38CA991CE899E955C B95D A816A2E786C73>

<30322D B95D293998E9197BF D38CA991CE899E955C B95D A816A2E786C73> 資 料 2-5 岩 手 県 地 域 防 災 対 策 見 直 し 素 案 に 係 るパブリック コメント 意 見 件 数 及 び 対 応 状 況 1 意 見 件 数 受 付 方 法 人 数 ( 人 機 ) 意 見 件 数 ( 件 ) 県 民 市 町 村 防 災 係 機 計 県 民 市 町 村 防 災 係 機 計 郵 便 ( 持 参 を 含 む) 0 0 ファクシミリ 1 2 2 5 1 4 2 7 電

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

目    次

目    次 目 次 一 般 対 策 編... 23 第 1 章 総 則... 23 第 1 節 目 的... 23 1 計 画 の 構 成... 23 2 災 害 の 想 定 と 計 画 作 成 の 基 礎 資 料... 23 3 用 語... 23 4 他 の 計 画 との 関 係... 23 5 市 計 画 の 修 正... 23 6 市 計 画 の 周 知 徹 底... 24 7 市 民 運 動 の 展

More information

海士町地域防災計画改正の概要

海士町地域防災計画改正の概要 海 士 町 地 域 防 災 計 画 改 正 の 概 要 海 士 町 目 次 Ⅰ 海 士 町 地 域 防 災 計 画 に 係 る 改 正 概 要 について----------------1 Ⅱ 修 正 ポイントの 概 要 --------------------------------------2 Ⅲ 修 正 ポイントに 基 づいた 主 な 修 正 追 加 項 目 について--------5 修 正

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 計 画 の 目 的 鶴 岡 ガス 株 式 会 社 及 び 庄 内 中 部 ガス 株 式 会 社 並 びにその 他 ガス 事 業 者 は 災 害 発 生 後

More information

目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 す

目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 す 深 谷 市 建 築 物 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 28 年 3 月 深 谷 市 目 次 第 1 はじめに 1. 策 定 の 目 的 1 2. 計 画 策 定 の 背 景 1 3. 計 画 の 位 置 づけ 2 4. 計 画 の 期 間 3 5. 対 象 となる 区 域 及 び 建 築 物 3 第 2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目

More information

<92C3946794F093EF8C7689E681698A6D92E894C5816A>

<92C3946794F093EF8C7689E681698A6D92E894C5816A> 浦 河 町 津 波 避 難 計 画 平 成 26 年 2 月 第 1 章 総 則 1 目 的 この 計 画 は 津 波 が 発 生 した 場 合 または 発 生 する 恐 れがある 場 合 の 津 波 災 害 に 対 し 住 民 の 命 を 守 る ことを 最 優 先 した ソフト 面 の 対 策 を 充 実 させるため 地 震 津 波 発 生 直 後 か ら 津 波 が 終 息 するまでの 概 ね

More information

untitled

untitled 常 滑 市 地 域 防 災 計 画 ( 制 定 年 月 日 昭 和 38 年 8 月 1 日 ) 目 次 第 1 編 総 則 常 滑 市 地 域 防 災 計 画 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 1 計 画 の 構 成 1 第 2 計 画 の 修 正 1 第 3 計 画 の 運 用 1 第 3 節 防 災 関 係 機 関 等 の 処 理 すべき 事 務 又

More information

第 5 編 大 規 模 事 故 対 策 編 第 1 章 計 画 の 前 提 5-1 5-2 第 1 節 計 画 の 目 的 本 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 大 網 白 里 市 防 災 会 議 ( 以 下 防 災 会 議 という )が 策 定 する 計 画 であり 大 網 白 里 市 の 地 域 に

More information

甲府市中央卸売市場清掃業務委託

甲府市中央卸売市場清掃業務委託 市 立 甲 府 病 院 警 備 等 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 1. 目 的 本 業 務 は 市 立 甲 府 病 院 の 建 物 内 及 び 敷 地 内 の 秩 序 維 持 火 災 等 の 事 故 防 止 に 努 め 施 設 財 産 と 利 用 者 等 の 安 全 と 快 適 な 医 療 環 境 を 確 保 することを 目 的 とする 2. 業 務 名 市 立 甲 府 病 院 警 備 等

More information

第3編 震災対策

第3編  震災対策 嬉 野 市 地 域 防 災 計 画 5 編 佐 賀 県 嬉 野 市 平 成 28 年 2 月 第 5 編 その 他 の 災 害 対 策... 1 第 1 章 総 則... 1 第 2 章 大 規 模 火 事 災 害 対 策... 2 第 1 節 災 害 予 防 対 策 計 画... 2 第 2 節 災 害 応 急 対 策 計 画... 10 第 3 節 災 害 復 旧 復 興 計 画... 27 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031388ED089EF959F8E838E7B90DD8B7982D19561894082C982A882AF82E996E98AD482CC966889CE8AC7979D91CC90A78E7793B1837D836A83858341838B82CC895E977082C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031388ED089EF959F8E838E7B90DD8B7982D19561894082C982A882AF82E996E98AD482CC966889CE8AC7979D91CC90A78E7793B1837D836A83858341838B82CC895E977082C982C282A282C42E646F63> 別 表 1 出 火 区 画 の 限 界 時 間 ( T f ) 出 火 区 画 の 限 界 時 間 は, 当 該 建 築 物 の 条 件 により, 下 表 のとおりとす 条 出 火 区 画 の 基 準 時 間 (Tf1) 件 内 装 制 限 がなされている 場 合 ( 注 1) 内 装 制 限 がなされていない 場 合 スプリンクラー 設 備 設 置 の 場 合 9 分 スプリンクラー 設 備 設

More information

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報 災 害 発 生 時 には 職 員 及 び 関 係 機 関 との 間 で 1 現 状 がどうなっているか 2 今 後 の 見 通 しはどうか 3 今 後 何 をするべきか について 状 況 認 識 の 統 一 を 図 ることが 最 も 重 要 である このことを 常 に 心 掛 ければ ほとんどの 課 題 は 解 決 できる 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 1 章 災 害 応 急 活 動 組

More information

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案)

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案) 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 認 可 保 育 所 管 理 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 ( 以 下 事 業 団 という )が 設 置 経 営 する 認 可 保 育 所 ( 以 下 園 という )の 運 営 管 理 については 法 令 に 定 めるものの ほか この 規 程 に 定 めるところによる

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

予 防 対 策 1 章 自 助 共 助 を 育 む 対 策 の 推 進 1 章 自 助 共 助 を 育 む 対 策 の 推 進 1 節 市 民 や 地 域 離 島 の 防 災 対 策 の 促 進 1 項 防 災 重 点 目 標 現 在 の 状 態 家 庭 での 食 料 や 飲 料 水 の 備 蓄 家

予 防 対 策 1 章 自 助 共 助 を 育 む 対 策 の 推 進 1 章 自 助 共 助 を 育 む 対 策 の 推 進 1 節 市 民 や 地 域 離 島 の 防 災 対 策 の 促 進 1 項 防 災 重 点 目 標 現 在 の 状 態 家 庭 での 食 料 や 飲 料 水 の 備 蓄 家 予 防 対 策 予 防 対 策 1 章 自 助 共 助 を 育 む 対 策 の 推 進 1 章 自 助 共 助 を 育 む 対 策 の 推 進 1 節 市 民 や 地 域 離 島 の 防 災 対 策 の 促 進 1 項 防 災 重 点 目 標 現 在 の 状 態 家 庭 での 食 料 や 飲 料 水 の 備 蓄 家 屋 の 耐 震 化 や 家 具 固 定 発 災 時 の 家 族 間 の 連 絡 方

More information

進 する また 山 地 災 害 の 発 生 を 防 止 するため 森 林 の 造 成 を 図 る d 治 山 治 水 急 傾 斜 地 崩 壊 対 策 農 地 防 災 等 の 事 業 による 風 水 害 対 策 を 実 施 する 場 合 は 環 境 や 景 観 へも 配 慮 する (オ) 老 朽 化

進 する また 山 地 災 害 の 発 生 を 防 止 するため 森 林 の 造 成 を 図 る d 治 山 治 水 急 傾 斜 地 崩 壊 対 策 農 地 防 災 等 の 事 業 による 風 水 害 対 策 を 実 施 する 場 合 は 環 境 や 景 観 へも 配 慮 する (オ) 老 朽 化 第 1 節 風 水 害 に 強 い 市 づくり 第 1 基 本 方 針 当 市 は 全 国 的 にも 少 雨 地 帯 となっているが 梅 雨 前 線 秋 雨 前 線 の 停 滞 期 には その 影 響 を 受 けやすく また 台 風 期 にあってはその 進 路 となり 局 地 的 に 大 雨 をもたらす 特 異 な 気 象 条 件 にあ る これらの 地 域 性 に 配 慮 しつつ 総 合 的 風

More information

Microsoft Word - 01_表紙.doc

Microsoft Word - 01_表紙.doc 都 内 区 市 町 村 の 妊 婦 乳 幼 児 に 関 連 した 防 災 対 策 調 査 平 成 19 年 2 月 東 京 都 < 調 査 の 概 要 > 本 調 査 は 都 内 区 市 町 村 の 妊 婦 及 び 乳 幼 児 に 対 する 防 災 対 策 事 業 の 実 施 状 況 について 把 握 し 今 後 の 区 市 町 村 における 地 域 防 災 計 画 の 改 訂 や 各 種 マニュ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030378EC08E7B967B95948BC696B1837D836A83858341838B>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030378EC08E7B967B95948BC696B1837D836A83858341838B> 実 施 本 部 業 務 マニュアル 平 成 26 年 3 月 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 連 絡 協 議 会 このマニュアルでは 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 制 度 を 迅 速 かつ 的 確 に 活 用 し その 目 的 であ る2 次 災 害 の 軽 減 防 止 住 民 の 安 全 確 保 を 確 実 に 行 うために 実 施 本 部 業 務 の 作 成 につ いて 具 体 的 に

More information

秋田県耐震改修促進計画(素案)

秋田県耐震改修促進計画(素案) 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 21 年 3 月 湯 沢 市 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 湯 沢 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 1 第 1 湯 沢 市 で 想 定 される 地 震 の 規 模 及 び 被 害 の 状 況 2 1 湯 沢 市 で 想 定 される 地 震 2 2 被 害 想 定 結 果 4 第 2 住 宅 公 共 建 築 物 の 耐 震

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

mono【集約版】熊本地震に係る支援状況(H28.05.13 1430時現在)

mono【集約版】熊本地震に係る支援状況(H28.05.13 1430時現在) 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 係 る 支 援 状 況 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 点 県 ( 被 災 地 への 支 援 ) 区 分 依 頼 元 担 当 課 支 援 内 容 対 応 状 況 1 人 的 厚 生 労 働 省 医 療 政 策 課 県 立 病 院 課 DMAT( 災 害 派 遣 医 療 チーム)の 派 遣 島 根 DMAT1 次 隊 4/16:10 隊 52 名 を 派

More information

羅臼町地域防災計画

羅臼町地域防災計画 第 1 章 総 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 羅 臼 町 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 羅 臼 町 の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 予 防 応 急 及 び 復 旧 等 の 災 害 対 策 を 実 施 するに 当 たり 防 災

More information

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 (

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 ( 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 称 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 2 業 務 目 的 堺 市 役 所 本 庁 区 役 所 においては 児 童 手 当 や 児 童 扶 養 手 当 等 を 含 め 膨 大 な 事 務 処 理 を 行 っている さらに 平 成 27 年 度 からの 子

More information

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 には 当 初 その 被 害 の 原 因 が 明

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

はじめに < 概 要 > 事 業 継 続 計 画 (BCP) 策 定 事 例 ( 以 下 本 資 料 )は 実 際 に 事 業 継 続 計 画 ( 以 下 BCP)を 策 定 された 企 業 の 事 例 を 提 示 するものです 本 資 料 は 企 業 の 皆 様 にとりまして まず 事 業 継 続

はじめに < 概 要 > 事 業 継 続 計 画 (BCP) 策 定 事 例 ( 以 下 本 資 料 )は 実 際 に 事 業 継 続 計 画 ( 以 下 BCP)を 策 定 された 企 業 の 事 例 を 提 示 するものです 本 資 料 は 企 業 の 皆 様 にとりまして まず 事 業 継 続 企 業 の 事 業 継 続 計 画 (BCP) 策 定 事 例 業 種 : 高 速 道 路 の 整 備 運 用 に 関 する 事 業 内 閣 府 防 災 担 当 はじめに < 概 要 > 事 業 継 続 計 画 (BCP) 策 定 事 例 ( 以 下 本 資 料 )は 実 際 に 事 業 継 続 計 画 ( 以 下 BCP)を 策 定 された 企 業 の 事 例 を 提 示 するものです 本 資 料

More information

Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震

Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震 平 成 16 年 (2004 年 ) 新 潟 県 中 越 地 震 ( 確 定 報 ) 平 成 21 年 10 月 21 日 ( 水 )10 時 00 分 消 防 庁 1 地 震 の 概 要 震 度 6 弱 以 上 のもの (1) 発 生 日 時 平 成 16 年 10 月 23 日 17 時 56 分 頃 1 震 央 地 名 新 潟 県 中 越 地 方 ( 北 緯 37 度 18 分 東 経 138

More information

7 前 項 の 委 員 は 再 任 されることができる ( 専 門 委 員 ) 第 4 条 防 災 会 議 に 専 門 の 事 項 を 調 査 させるため 専 門 委 員 を 置 くことができる 2 専 門 委 員 は 関 係 地 方 行 政 機 関 の 職 員 府 の 職 員 町 の 職 員 関

7 前 項 の 委 員 は 再 任 されることができる ( 専 門 委 員 ) 第 4 条 防 災 会 議 に 専 門 の 事 項 を 調 査 させるため 専 門 委 員 を 置 くことができる 2 専 門 委 員 は 関 係 地 方 行 政 機 関 の 職 員 府 の 職 員 町 の 職 員 関 参 考 資 料 -1 豊 能 町 防 災 会 議 条 例 豊 能 町 防 災 会 議 条 例 昭 和 38 年 6 月 25 日 条 例 第 6 号 改 正 昭 和 53 年 3 月 11 日 条 例 第 12 号 平 成 3 年 9 月 27 日 条 例 第 18 号 昭 和 55 年 7 月 2 日 条 例 第 21 号 平 成 12 年 3 月 30 日 条 例 第 20 号 昭 和 56 年

More information

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264>

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264> 南 三 陸 町 地 域 防 災 計 画 資 料 編 平 成 26 年 3 月 南 三 陸 町 防 災 会 議 資 料 編 資 料 編 目 次 1 南 三 陸 町 防 災 会 議 条 例 1 2 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 条 例 3 3 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 運 営 規 程 4 4 指 定 避 難 所 避 難 場 所 一 覧 12 5 急 傾 斜 地 崩 壊 危 険

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 大 規 模 事 故 編 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 大 規 模 事 故 への 体 制 1 第 1 防 災 体 制 の 確 立 1 第 2 報 告 2 第 3 災 害 救 助 法 の 適 用 3 第 2 章 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 1 節 航 空 機 災 害 対 策 5 第 1 基 本 方 針 5 第 2 予 防 計 画 5 第 3 応 急 対 策 計 画 6 第 2 節

More information

震災予防計画

震災予防計画 第 5 編 第 1 節 概 要 第 5 編 広 域 応 援 編 第 1 節 概 要 1 都 6 県 と 県 境 を 接 する 本 県 は 関 東 の 中 央 に 位 置 し さいたま 新 都 心 には 国 の 行 政 機 関 等 が 集 積 してい5つの 高 速 道 路 と 主 要 国 道 が 縦 横 に 設 けられ 東 北 や 上 信 越 から 首 都 への 玄 関 口 でもあ 首 都 圏 同 時

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

資料3-地域防災計画【基本対策】.doc

資料3-地域防災計画【基本対策】.doc 資 料 3 基 本 対 策 ( 修 正 案 ) 平 成 26 年 修 正 大 阪 府 防 災 会 議 平 成 26 年 月 日 施 行 但 し 第 183 回 国 会 提 出 災 害 対 策 基 本 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 に 係 る 修 正 部 分 については 同 法 附 則 第 1 条 に 定 める 施 行 の 日 から 施 行 する 総 則 目 次 第 1 節 目 的 等

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 に 関 する 仕 様 書 本 仕 様 書 は 高 島 市 病 院 事 業 ( 以 下 甲 とする )が 委 託 する 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 について その 仕 様 を 定 めるものであり 受 託 請 負 業 者 ( 以 下 乙 とする ) は 電 気 通

More information

表 1 必 要 人 員 業 務 内 容 業 務 時 間 帯 人 数 1) 設 備 責 任 者 原 則 として 平 日 8:30~17:15 1 人 3) 警 備 責 任 者 原 則 として 平 日 8:30~17:15 1 人 4) 設 備 管 理 ( 日 勤 帯 ) すべての 日 8:30~17:

表 1 必 要 人 員 業 務 内 容 業 務 時 間 帯 人 数 1) 設 備 責 任 者 原 則 として 平 日 8:30~17:15 1 人 3) 警 備 責 任 者 原 則 として 平 日 8:30~17:15 1 人 4) 設 備 管 理 ( 日 勤 帯 ) すべての 日 8:30~17: 施 設 管 理 ( 設 備 警 備 ) 業 務 仕 様 書 1 目 的 この 仕 様 書 は 高 知 県 高 知 市 病 院 企 業 団 立 高 知 医 療 センター( 以 下 本 病 院 という ) の 病 院 本 館 精 神 科 病 棟 ドクターヘリ 場 外 離 着 陸 場 職 員 宿 舎 等 のその 他 施 設 の 設 備 管 理 及 び 警 備 を 適 切 に 行 うことにより 本 病 院

More information

北 区 業 務 継 続 計 画 < 地 震 編 > 平 成 25 年 3 月 改 定 危 機 管 理 室 防 災 課 目 次 第 章 業 務 継 続 計 画 < 地 震 編 >の 改 定 趣 旨... 第 2 章 基 本 方 針... 2 2. 用 語 の 定 義...2 2.2 緊 急 時 優 先 業 務 継 続 基 本 方 針...3 2.3 計 画 の 運 用...3 2.4 業 務 とマニュアルの

More information

Microsoft Word - HP掲載用_表紙・目次.docx

Microsoft Word - HP掲載用_表紙・目次.docx 宇 和 島 市 地 域 防 災 計 画 第 2 編 風 水 害 等 対 策 編 平 成 26 年 度 修 正 宇 和 島 市 防 災 会 議 宇 和 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 2 編 風 水 害 等 対 策 編 ) 目 次 第 1 章 災 害 予 防 計 画... 1 第 1 節 気 象 予 警 報 等 の 伝 達 1 第 1 主 旨... 1 第 2 警 報 等 の 定 義...

More information

- 地 震 対 策 編 目 次 - 第 1 編 総 論... 1 第 1 章 計 画 の 主 旨... 1 11-1 計 画 の 目 的... 1 11-2 計 画 の 性 格... 1 11-3 計 画 の 構 成... 1 第 2 章 予 想 される 災 害... 2 12-1 危 険 度 の

- 地 震 対 策 編 目 次 - 第 1 編 総 論... 1 第 1 章 計 画 の 主 旨... 1 11-1 計 画 の 目 的... 1 11-2 計 画 の 性 格... 1 11-3 計 画 の 構 成... 1 第 2 章 予 想 される 災 害... 2 12-1 危 険 度 の 地 震 対 策 編 - 地 震 対 策 編 目 次 - 第 1 編 総 論... 1 第 1 章 計 画 の 主 旨... 1 11-1 計 画 の 目 的... 1 11-2 計 画 の 性 格... 1 11-3 計 画 の 構 成... 1 第 2 章 予 想 される 災 害... 2 12-1 危 険 度 の 試 算... 2 12-2 東 海 地 震 の 危 険 度 の 試 算... 3

More information

防災計画(基本編)

防災計画(基本編) 安 芸 高 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 基 本 編 ) 平 成 28 年 7 月 安 芸 高 田 市 防 災 会 議 基 本 編 目 次 ~ 目 次 ~ 第 1 章 総 則 ------------------------------------------------------------- 1 第 1 節 防 災 計 画 作 成 の 目 的 --------------------------------------------------

More information

銚子市斎場

銚子市斎場 銚 子 市 斎 場 指 定 管 理 仕 様 書 平 成 25 年 7 月 銚 子 市 目 次 1 趣 旨 2 2 対 象 施 設 の 概 要 2 3 火 葬 状 況 2 4 斎 場 の 管 理 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 2 5 施 設 の 管 理 基 準 3 6 危 機 管 理 体 制 3 7 個 人 情 報 の 保 護 と 情 報 公 開 3 8 指 定 管 理 者 が 行 う 業

More information

5 業 務 の 内 容 ⑴ 受 付 業 務 ア 火 葬 許 可 証 等 の 受 理 及 び 確 認 イ 斎 場 使 用 許 可 申 請 書 兼 使 用 許 可 証 の 受 理 及 び 確 認 ウ 斎 場 使 用 料 の 徴 収 及 び 収 納 (ア) 乙 は 甲 に 代 わって 条 例 により 定

5 業 務 の 内 容 ⑴ 受 付 業 務 ア 火 葬 許 可 証 等 の 受 理 及 び 確 認 イ 斎 場 使 用 許 可 申 請 書 兼 使 用 許 可 証 の 受 理 及 び 確 認 ウ 斎 場 使 用 料 の 徴 収 及 び 収 納 (ア) 乙 は 甲 に 代 わって 条 例 により 定 南 那 須 地 区 斎 場 火 葬 業 務 委 託 仕 様 書 本 仕 様 書 は 南 那 須 地 区 広 域 行 政 事 務 組 合 ( 以 下 甲 という )が 発 注 する 南 那 須 地 区 斎 場 火 葬 業 務 ( 以 下 業 務 という )を 受 託 する 者 ( 以 下 乙 という )の 業 務 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 1 施 設 の 概 要 ⑴ 施 設

More information

神戸市防火基準適合表示要綱

神戸市防火基準適合表示要綱 防 火 基 準 適 合 表 示 制 度 実 施 要 綱 運 用 要 領 第 1 目 的 ( 第 1 条 関 係 ) この 要 領 は 防 火 基 準 適 合 表 示 制 度 実 施 要 綱 ( 以 下 実 施 要 綱 という )の 運 用 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 表 示 対 象 物 の 範 囲 ( 第 2 条 関 係 ) 1 ホテル 旅 館 等 ( 消 防 法

More information

第 2 章 災 害 予 防 計 画 第 1 節 第 2 節 第 3 節 災 害 に 強 い 組 織 ひとづくり 災 害 に 強 いまちづくり 応 急 活 動 体 制 の 整 備 本 章 では 災 害 が 発 生 する 前 ( 予 防 期 )の 対 策 として 災 害 に 強 い 組 織 ひとづくり 災 害 に 強 いまちづくり と 応 急 活 動 体 制 の 整 備 のための 施 策 を 体 系 化

More information

Microsoft Word - 01 原稿

Microsoft Word - 01 原稿 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 千 葉 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 26 年 度 普 通 会 計 ( 決 算 額 )に 占 める 件 費 の 状 況 は 次 のとおりです ( 平 成 27 年 度 ) 件 費 の 内 訳 は 教 育 関 係 職 員 ( 市 町 村 立 小 中 学 校 の 教 員 を 含 む)が 67.5% 警 察 関

More information

9 政 令 指 定 都 市 平 均 全 国 市 平 均 (5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 民 間 給 与 事 委 員 会 の 勧 告 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 23 年 度 399,

9 政 令 指 定 都 市 平 均 全 国 市 平 均 (5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 民 間 給 与 事 委 員 会 の 勧 告 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 23 年 度 399, の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 715,637 268,79,786 4,138,833 47,61,99 17.5 16.5 (48,651,395)

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が 福 島 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 23 年 度 (23 年 度 末 ) 人 1,991,865 2,231,214,824 A 5,986,441 275,881,976 B 人 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年

More information