27概念と構成

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "27概念と構成"

Transcription

1 1 県 民 経 済 計 算 の 概 要 (1) 県 民 経 済 計 算 とは 私 たちの 経 済 活 動 は 生 産 活 動 を 営 むことによって 財 (モノ) サービスを 生 産 し 新 たな 価 値 ( 付 加 価 値 )をつくりだし その 付 加 価 値 はその 生 産 に 参 加 した 人 や 企 業 などに 分 配 さ れ 分 配 された 所 得 は 消 費 や 投 資 として 支 出 され これがさらに 生 産 を 呼 び 起 こす という 循 環 を 繰 り 返 している 県 民 経 済 計 算 は 国 民 経 済 計 算 の 基 本 的 な 考 え 方 や 仕 組 みに 基 づき 一 年 度 間 に 県 という 行 政 区 域 において 県 民 ( 家 計 企 業 政 府 非 営 利 団 体 )の 経 済 活 動 によって 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 を 生 産 分 配 支 出 の 三 面 から 記 録 するものである 生 産 分 配 支 出 は 同 一 の 価 値 の 流 れを 異 なった 側 面 からとらえたものであり 概 念 的 には 生 産 = 分 配 = 支 出 となる これを 三 面 等 価 の 原 則 という (2) 県 民 経 済 計 算 の 機 能 県 民 経 済 計 算 は 以 下 のような 事 項 を 明 らかにしようとするものであり 県 という 行 政 区 域 における 経 済 活 動 の 実 態 を 総 合 的 に 把 握 することができる 県 経 済 の 規 模 や 成 長 率 県 経 済 の 基 本 構 造 所 得 水 準 や 分 配 の 状 況 家 計 消 費 や 企 業 の 設 備 投 資 の 動 向 (3) 県 民 経 済 計 算 の 推 計 方 法 県 民 経 済 計 算 は 国 民 経 済 計 算 との 比 較 及 び 各 都 道 府 県 相 互 の 比 較 が 可 能 なように でき るだけ 統 一 された 方 法 により 推 計 されることが 望 ましい このような 観 点 から 内 閣 府 経 済 社 会 総 合 研 究 所 の 県 民 経 済 計 算 標 準 方 式 に 基 づき 推 計 を 行 っている 当 県 における 推 計 方 法 の 概 略 は 県 民 経 済 計 算 推 計 方 法 概 略 に 記 載 している 県 民 経 済 計 算 は 数 多 くの 一 次 統 計 等 を 加 工 して 作 成 する 二 次 統 計 である 一 次 統 計 の 中 に は 毎 年 実 施 されていないものもあり 実 施 されない 中 間 年 は 便 宜 上 統 計 的 処 理 により 求 めた 数 値 を 用 いて 推 計 を 行 い 新 しい 調 査 結 果 が 公 表 された 時 点 で 最 新 の 結 果 を 用 いて 遡 及 して 改 定 している また 国 民 経 済 計 算 が 基 準 改 定 を 行 った 際 にはその 作 業 結 果 を 反 映 す るほか 精 度 向 上 を 図 るために 推 計 方 法 の 見 直 しを 絶 えず 行 っており これによっても 過 去 の 推 計 結 果 が 改 定 される このように 最 新 年 度 の 推 計 結 果 の 公 表 に 伴 い 過 去 の 各 年 度 の 数 値 も 遡 及 して 改 定 されることから 利 用 にあたってはこの 点 への 留 意 が 必 要 となる なお 一 次 統 計 の 公 表 時 期 などの 資 料 入 手 の 制 約 により 県 民 経 済 計 算 の 公 表 時 期 は 最 新 の 推 計 対 象 年 度 の 翌 々 年 度 となっている (4) 県 民 経 済 計 算 体 系 の 移 行 国 は 昭 和 53 年 (1978 年 )に それまで 作 成 していた 国 民 所 得 統 計 から 昭 和 43 年 (1968 年 )に 国 連 が 採 択 し 各 国 に 提 唱 した 国 民 経 済 計 算 体 系 (いわゆる68SNA)に 全 面 的 に 移

2 行 した これに 伴 い 県 においても 国 民 経 済 計 算 体 系 との 整 合 性 を 図 るため 国 に 準 じた 県 民 経 済 計 算 体 系 に 移 行 することとなった 第 1 段 階 として 昭 和 53 年 度 からは 従 来 の 県 民 所 得 統 計 を68SNA 概 念 に 変 更 調 整 ( 概 念 調 整 方 式 )する 推 計 方 法 をとり 昭 和 56 年 度 (1981 年 )からは 第 2 段 階 に 移 行 し 国 から 毎 年 提 示 される 県 民 経 済 計 算 標 準 方 式 に 基 づいて 68SNA 概 念 でのフロー 勘 定 体 系 の 整 備 を 行 ってきた 平 成 12 年 国 は 平 成 5 年 (1993 年 )に 国 連 より 勧 告 された 新 たな 国 民 経 済 計 算 体 系 (い わゆる 93SNA( 注 ))に 全 面 的 に 移 行 し 県 も 平 成 14 年 度 公 表 の 平 成 12 年 度 推 計 から93 SNAに 移 行 した ( 注 ) System of National Accounts 1993 の 略 国 際 間 の 所 得 水 準 や 経 済 成 長 率 の 正 確 な 比 較 を 可 能 にするために 1993 年 に 国 際 連 合 が 提 唱 した 国 民 経 済 計 算 体 系 を 指 す 93SNA 移 行 の 主 な 変 更 点 としては 1 中 間 消 費 として 扱 っていた 受 注 型 ソフトウェアの 購 入 分 を 総 固 定 資 本 形 成 に 計 上 2 一 般 政 府 の 所 有 する 社 会 資 本 の 固 定 資 本 減 耗 分 を 政 府 最 終 消 費 支 出 に 計 上 3 消 費 を 最 終 消 費 支 出 と 現 実 最 終 消 費 に2 元 化 などがある また 平 成 24 年 度 公 表 の 平 成 22 年 度 推 計 から93SNA 及 び2008 年 に 国 連 より 勧 告 され た 08SNAに 適 合 するように 1 金 融 業 の 産 出 額 の 推 計 に 間 接 的 に 計 測 される 金 融 仲 介 サービス(FISIM) を 導 入 2 市 場 性 の 有 無 や 政 府 支 配 の 有 無 を 見 直 し 政 府 関 係 諸 機 関 の 分 類 を 変 更 3 自 社 開 発 ソフトウェアの 固 定 資 本 形 成 への 計 上 などの 概 念 の 変 更 を 行 っ た 2 県 民 経 済 計 算 による 経 済 の 循 環 と 構 造 のとらえ 方 (1) 取 引 の 分 類 取 引 の 分 類 については 領 域 別 分 類 と 機 能 別 分 類 が 考 えられる ア 取 引 の 領 域 別 分 類 県 民 経 済 計 算 においては フローとストック モノ( 実 物 )とカネ( 金 融 )といった 取 引 対 象 の 観 点 から 取 引 を 区 分 してとらえるため 取 引 は 次 のような 領 域 に 分 類 される A フロー 1モノ( 財 貨 サービス) 2カネ( 所 得 金 融 ) 3 県 外 との 取 引 ( 実 物 及 び 金 融 ) B ストック( 実 物 及 び 金 融 ) A-1は 実 物 フローの 取 引 を 示 すものであり 基 本 的 には 生 産 消 費 及 び 蓄 積 といった 経 済 活 動 の 領 域 のいずれかに 分 類 される これは モノ( 財 貨 サービス)

3 の 産 出 ( 供 給 )と 処 分 ( 需 要 )をとらえるものであり 産 出 についてはその 投 入 構 成 が 処 分 については 中 間 消 費 最 終 消 費 総 固 定 資 本 形 成 在 庫 品 増 加 などのありさまが 明 ら かにされる A-2は 経 済 各 部 門 の 所 得 金 融 の 収 支 に 関 する 取 引 を 示 すもので 所 得 支 出 勘 定 資 本 調 達 勘 定 及 び 資 金 循 環 勘 定 の 領 域 がその 対 象 範 囲 となる A-3は 県 外 との 実 物 及 び 金 融 取 引 を 一 括 して 取 り 扱 う 部 分 である Bは 実 物 金 融 の 取 引 の 結 果 として 実 物 資 産 や 金 融 資 産 のストックのありさまが 明 ら かにされるもので 県 民 貸 借 対 照 表 の 領 域 がその 対 象 範 囲 となる イ 取 引 の 機 能 別 分 類 経 済 循 環 は 個 々の 取 引 によって 構 成 されているが それらの 取 引 範 囲 は 極 めて 広 く そ の 中 には 種 々 性 格 を 異 にした 取 引 が 含 まれる ここで 経 済 循 環 の 構 造 を 体 系 化 してと らえようとする 場 合 それぞれの 取 引 の 機 能 を 検 討 し それぞれのもつ 特 徴 によって 分 類 することが 必 要 となる 県 民 経 済 計 算 に 使 われる 取 引 種 類 の 特 殊 例 として 移 転 取 引 と 帰 属 取 引 とがあ る 移 転 取 引 は 会 計 学 上 にいう 一 方 的 取 引 とほぼ 同 じ 意 味 をもつが さらに 社 会 的 な 立 場 からみた より 広 い 内 容 範 囲 にわたってとらえられた 県 民 経 済 計 算 上 の 用 語 である 帰 属 取 引 は 会 計 学 上 の 用 語 には 見 られない 例 外 的 なもので 社 会 会 計 上 の 観 点 からの 必 要 に 応 じ 現 実 には 行 っていない 取 引 を 仮 想 し 受 払 いの 両 建 てを 擬 制 するものである (2) 取 引 記 録 の 基 準 県 民 経 済 の 循 環 と 構 造 を 取 引 によって 系 統 的 に 整 理 し 受 払 いのバランスとしてとらえる ためには 取 引 を 記 録 する 時 点 について 一 定 基 準 により 統 一 的 にとらえることが 必 要 となり 発 生 主 義 の 原 則 に 準 拠 して 記 録 される (3) 評 価 基 準 等 の 概 念 県 民 経 済 計 算 では 以 下 のような 概 念 が 評 価 基 準 等 として 用 いられている ア 総 (グロス)と 純 (ネット) 建 設 機 械 設 備 等 の 固 定 資 産 は 生 産 過 程 において 年 々 減 耗 する この 減 耗 分 を 評 価 し たものと 資 本 偶 発 損 を 合 わせたものを 固 定 資 本 減 耗 という この 固 定 資 本 減 耗 を 含 む 計 数 を 総 (グロス) といい 含 まない 計 数 を 純 (ネット) という イ 市 場 価 格 表 示 と 要 素 費 用 表 示 市 場 価 格 表 示 とは 市 場 で 取 引 される 価 格 による 評 価 方 法 であり 要 素 費 用 表 示 とは 各 商 品 の 生 産 のために 必 要 とされる 生 産 要 素 ( 労 働 資 本 等 )に 対 して 支 払 われた 費 用 に よる 評 価 方 法 である この 二 つの 間 には 次 の 関 係 がある 市 場 価 格 表 示 = 要 素 費 用 表 示 + 生 産 輸 入 品 に 課 される 税 - 補 助 金 ウ 名 目 と 実 質 名 目 とは 物 価 変 動 を 含 む 年 々の 時 価 で 評 価 したものである 一 方 実 質 とは 一 定 の 基 準 年 次 の 物 価 を 評 価 基 準 として 物 価 変 動 の 影 響 を 取 り 除 いたもので 経 済 の 実 質 的 ( 数

4 量 的 )な 伸 びを 見 る 場 合 に 用 いられる 現 在 は 平 成 17 年 ( 暦 年 )を 基 準 としている エ 県 内 概 念 と 県 民 概 念 県 内 概 念 とは 県 という 行 政 区 域 内 の 生 産 活 動 によって 生 み 出 された 付 加 価 値 を その 生 産 に 携 わった 者 の 居 住 地 にかかわりなく 把 握 するものである 県 民 概 念 とは 県 内 居 住 者 が 生 み 出 した 付 加 価 値 を その 生 産 活 動 の 地 域 にかかわりなく 把 握 するものである こ こでいう 居 住 者 とは 個 人 のみならず 法 人 企 業 や 政 府 機 関 等 を 含 む 経 済 主 体 全 般 を 指 す 県 民 経 済 計 算 で 表 章 する 主 要 系 列 表 の 評 価 基 準 等 は 次 のとおりである 系 列 の 表 名 経 済 活 動 別 県 内 総 生 産 ( 名 目 ) 経 済 活 動 別 県 内 総 生 産 ( 実 質 ) 県 民 所 得 県 内 総 生 産 ( 支 出 側 名 目 ) 県 内 総 生 産 ( 支 出 側 実 質 ) 総 (グロス) 総 (グロス) 純 (ネット) 総 (グロス) 総 (グロス) 評 価 基 準 等 市 場 価 格 表 示 市 場 価 格 表 示 要 素 費 用 表 示 市 場 価 格 表 示 市 場 価 格 表 示 名 目 実 質 名 目 名 目 実 質 県 内 概 念 県 内 概 念 県 民 概 念 県 内 概 念 県 内 概 念 なお 三 面 等 価 の 原 則 にかかわらず 県 内 総 生 産 が 県 民 所 得 ( 分 配 )と 一 致 しないの は 上 記 のとおり 両 者 の 評 価 基 準 等 が 異 なるためであり 生 産 で 推 計 する 固 定 資 本 減 耗 と 生 産 輸 入 品 に 課 される 税 マイナス 補 助 金 にあたるものが 分 配 では 除 かれ 逆 に 県 外 からの 所 得 ( 純 )が 加 えられている このため 県 内 総 生 産 からこれらを 控 除 加 算 す ると 県 民 所 得 に 一 致 する (4) 取 引 主 体 の 分 類 県 民 経 済 計 算 のように マクロ 集 計 量 を 取 扱 う 勘 定 体 系 においては 個 々の 経 済 主 体 を 同 質 のグループに 集 約 する 必 要 がある その 場 合 いくつかの 観 点 からの 分 類 基 準 が 考 えられ るが 県 民 経 済 計 算 の 体 系 においては 国 民 経 済 計 算 に 準 拠 し 実 物 と 金 融 の2 分 法 に 従 っ て 2 種 類 の 取 引 主 体 に 分 類 している 一 つは 財 貨 サービスの 流 れ つまり 実 物 のフローの 取 引 に 関 与 する 主 体 であり 生 産 消 費 および 資 本 形 成 の 諸 勘 定 に 関 連 するものである これは 生 産 消 費 および 資 本 形 成 の 経 済 活 動 に 関 連 するところから 経 済 活 動 別 分 類 と 呼 ばれる もう 一 つは 資 金 の 流 れ つまり 金 融 フローに 関 与 する 主 体 であり 所 得 支 出 資 本 調 達 および 県 民 貸 借 対 照 表 の 諸 勘 定 に 関 連 するものである これは 所 得 の 受 取 や 処 分 資 金 の 調 達 や 運 用 など 組 織 体 の 意 思 決 定 に 関 連 するところから 制 度 部 門 別 分 類 と 呼 ばれる 経 済 活 動 別 分 類 は 産 業 構 造 分 析 など 生 産 分 析 の 目 的 から 必 要 とされ 他 方 の 制 度 部 門 別 分 類 は 所 得 および 金 融 面 の 分 析 など 金 融 分 析 の 目 的 から 必 要 とされるものである ア 経 済 活 動 別 分 類 経 済 活 動 別 分 類 は 取 引 主 体 を 財 貨 サービスの 生 産 及 び 使 用 に 関 与 する 性 格 に 従 って 事 業 所 が 分 類 単 位 とされ 1 産 業 2 政 府 サービス 生 産 者 3 対 家 計 民 間 非 営 利 サービス 生 産 者 の3つに 分 類 される 日 本 標 準 産 業 分 類 に 準 拠 するが 一 部 例 外 として 取 り 扱 うも のがある ( 経 済 活 動 別 分 類 (SNA 分 類 )と 日 本 標 準 産 業 分 類 の 対 応 表 参 照 )

5 なお 事 業 所 とは 一 つの 地 域 に 立 地 しており そしてそこでただ 一 つの( 非 付 随 的 な) 生 産 活 動 のみを 行 っているか あるいはそこでの 主 生 産 活 動 がその 付 加 価 値 のほとんどを 占 めている 企 業 や 企 業 の 一 部 分 として 定 義 される 実 際 には 通 常 特 定 の 生 産 活 動 が 行 われている 個 々の 作 業 の 場 である 例 えば 個 々の 農 場 鉱 山 採 石 場 工 場 プラン ト 小 売 店 商 店 建 設 現 場 輸 送 倉 庫 空 港 自 動 車 修 理 工 場 銀 行 事 務 所 診 療 所 等 を 言 う 事 業 所 は 市 場 生 産 者 と 非 市 場 生 産 者 に 分 けられる 市 場 生 産 者 とは 経 済 的 に 意 味 のあ る 価 格 で 生 産 物 のほとんど または 全 てを 販 売 する 生 産 者 であって 産 業 を 構 成 する 非 市 場 生 産 者 とは 無 料 または 経 済 的 に 意 味 のない 価 格 で 供 給 される 財 貨 及 び 個 別 的 集 合 的 サービスの 生 産 者 で 対 家 計 民 間 非 営 利 サービス 生 産 者 と 政 府 サービス 生 産 者 である (ア) 産 業 産 業 は 経 済 的 に 意 味 のある 価 格 で 生 産 物 のほとんど または 全 てを 販 売 する 生 産 者 ( 市 場 生 産 者 )である 産 業 は 民 間 企 業 の 事 業 所 のほか 公 的 企 業 として 産 業 に 分 類 される 政 府 関 係 機 関 がある 政 府 諸 機 関 については 次 の 基 準 にしたがって 分 類 する a 金 融 機 関 非 金 融 機 関 の 区 分 売 上 高 の50% 以 上 が 金 融 仲 介 活 動 又 は 補 助 的 金 融 活 動 による 機 関 は 金 融 機 関 に 分 類 する b 一 般 政 府 非 営 利 部 門 法 人 企 業 部 門 の 区 分 aで 非 金 融 機 関 に 分 類 された 場 合 は 売 上 高 が 生 産 費 用 の50% 以 上 であれば 市 場 性 があるとして 法 人 企 業 に 分 類 し それ 以 外 は 一 般 政 府 非 営 利 部 門 に 分 類 する c 公 的 部 門 民 間 部 門 の 区 分 aで 金 融 機 関 に 分 類 された 場 合 及 び bで 法 人 企 業 部 門 に 分 類 された 場 合 は 政 府 が 議 決 権 の 過 半 数 を 保 有 しているか 取 締 役 会 等 の 統 治 機 関 を 支 配 している( 過 半 数 の 任 命 権 を 持 つ) 場 合 は 公 的 企 業 ( 金 融 非 金 融 )に 分 類 する bで 一 般 政 府 非 営 利 部 門 に 分 類 された 場 合 は 政 府 が 役 員 の 選 任 権 を 保 有 している 場 合 は 一 般 政 府 に 分 類 する なお 医 療 機 関 については 社 会 保 険 診 療 報 酬 制 度 により 同 一 のサービス 価 格 体 系 の 中 で 競 合 できる 存 在 であることから すべて 産 業 ( 市 場 生 産 者 )として 扱 う この 他 に 次 のものが 産 業 に 含 まれる 主 として 企 業 のためにサービスを 提 供 することを 目 的 とする 民 間 非 営 利 団 体 家 計 の 所 有 する 住 宅 や 政 府 及 び 民 間 非 営 利 団 体 が 職 員 のため 所 有 する 住 宅 の 帰 属 サービス 家 計 政 府 又 は 民 間 非 営 利 団 体 が 自 ら 使 用 するために 行 う 住 宅 及 び 非 居 住 用 建 物 の 建 設 活 動 (イ) 政 府 サービス 生 産 者 政 府 サービスとは 国 家 の 治 安 や 秩 序 の 維 持 経 済 厚 生 社 会 福 祉 の 増 進 等 のための

6 サービスで 政 府 以 外 によっては 効 率 的 かつ 経 済 的 に 供 給 されない 性 格 のものである 政 府 サービス 生 産 者 には 上 記 の 機 能 を 果 たす 中 央 政 府 ( 国 出 先 機 関 ) 地 方 政 府 ( 県 市 町 村 )などの 行 政 機 関 のほか 社 会 保 障 基 金 ( 注 )や 独 立 行 政 法 人 などの 特 定 の 非 営 利 団 体 が 含 まれる 県 と 市 町 村 が 出 資 している 一 部 事 務 組 合 は 出 資 金 の 比 率 によって 県 と 市 町 村 とに 分 割 する ( 注 ) 社 会 全 体 あるいは 大 部 分 を 対 象 として 社 会 保 障 給 付 を 行 うことを 目 的 として いること 加 入 が 法 律 により 義 務 付 けられていること 資 金 が 積 立 方 式 以 外 の 方 法 で 運 営 されていること の 条 件 を 満 たす 組 織 (ウ) 対 家 計 民 間 非 営 利 サービス 生 産 者 他 の 方 法 では 効 率 的 に 提 供 し 得 ない 社 会 的 公 共 的 サービスを 利 益 追 求 を 旨 とする ことなく 家 計 に 提 供 する 団 体 を 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 といい これを 生 産 者 として 把 握 する 場 合 対 家 計 民 間 非 営 利 サービス 生 産 者 という 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 は ある 特 定 の 目 的 を 遂 行 するために 集 まった 個 人 の 自 発 的 な 団 体 であり その 活 動 は 通 常 会 費 や 家 計 企 業 政 府 からの 寄 付 補 助 金 によってまかなわれる 労 働 組 合 政 党 宗 教 団 体 社 会 福 祉 施 設 ( 産 業 及 び 政 府 サービス 生 産 者 に 格 付 けされるものを 除 く)のほか 私 立 学 校 のすべてがこれに 含 まれる なお 副 次 活 動 として 営 利 活 動 を 営 む 場 合 その 副 次 活 動 は 分 離 して 産 業 に 含 めら れる イ 制 度 部 門 別 分 類 制 度 部 門 別 分 類 は 独 立 した 組 織 として 所 得 の 受 払 や 財 産 の 所 有 運 用 に 関 する 意 思 決 定 を 行 う 制 度 単 位 を 基 準 として 行 われる この 分 類 において 取 引 主 体 は 主 として 機 能 行 動 目 的 等 を 基 に 1 非 金 融 法 人 企 業 2 金 融 機 関 3 一 般 政 府 4 家 計 ( 個 人 企 業 を 含 む) 5 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 の5つに 大 別 される (ア) 非 金 融 法 人 企 業 市 場 財 及 び 市 場 非 金 融 サービスの 生 産 を 主 活 動 とするすべての 居 住 者 である 非 金 融 法 人 企 業 または 準 法 人 企 業 である 財 貨 及 び 非 金 融 サービスの 市 場 生 産 に 携 わる 非 営 利 団 体 も 含 まれる (イ) 金 融 機 関 主 に 金 融 仲 介 活 動 または 金 融 仲 介 業 務 に 密 接 に 関 連 した 補 助 的 金 融 活 動 ( 金 融 仲 介 活 動 を 円 滑 促 進 する 活 動 )に 従 事 しているすべての 居 住 者 である 法 人 企 業 または 準 法 人 企 業 である 金 融 的 性 格 をもつ 市 場 生 産 ( 保 険 業 務 など)に 従 事 する 非 営 利 団 体 も 含 まれる (ウ) 一 般 政 府 中 央 政 府 ( 国 出 先 機 関 ) 地 方 政 府 ( 県 市 町 村 )とそれらによって 設 定 管 理 され ている 社 会 保 障 基 金 から 構 成 される これらには 政 府 及 び 社 会 保 障 基 金 により 支 配 資 金 供 給 され 非 市 場 生 産 に 従 事 している 非 営 利 団 体 も 含 まれる

7 (エ) 家 計 同 じ 住 居 を 持 ち 所 得 や 富 の 一 部 または 全 部 をプールし 住 宅 や 食 料 を 中 心 に 共 同 で 特 定 の 財 貨 やサービスを 消 費 する 人 々の 小 集 団 自 営 の 個 人 企 業 も 含 まれる これは 家 計 の 構 成 員 が 独 自 の 企 業 を 所 有 し それが 法 人 企 業 または 準 法 人 企 業 でない 場 合 所 属 する 家 計 部 門 の 利 益 となるために 活 動 していると 見 なされ その 企 業 はその 家 計 自 身 と 不 可 分 のものと 見 なされることによる (オ) 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 政 府 によって 支 配 資 金 供 給 されているものを 除 き 家 計 に 対 して 非 市 場 の 財 貨 サ ービスを 提 供 するすべての 居 住 者 である 非 営 利 団 体 により 構 成 される ウ 経 済 活 動 別 分 類 と 制 度 部 門 別 分 類 の 相 互 関 係 は 次 のとおりである ( 経 済 活 動 別 分 類 ) ( 制 度 部 門 別 分 類 ) 1 産 業 1 非 金 融 法 人 企 業 2 金 融 機 関 2 政 府 サービス 生 産 者 3 一 般 政 府 4 家 計 ( 個 人 企 業 を 含 む) 3 対 家 計 民 間 非 営 利 サービス 生 産 者 5 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 3 統 計 表 の 概 念 と 内 容 当 県 で 表 章 している 統 計 表 については 次 のとおりである Ⅰ 基 本 勘 定 1 統 合 勘 定 (1) 県 内 総 生 産 勘 定 ( 生 産 側 及 び 支 出 側 ) この 勘 定 は 県 内 における 経 済 活 動 を 総 括 する 県 内 総 生 産 を 生 産 側 と 支 出 側 からとらえる ものであり 制 度 部 門 の 所 得 支 出 勘 定 及 び 資 本 調 達 勘 定 を 統 合 して 記 録 する 勘 定 の 貸 方 は 県 内 生 産 物 に 対 する 支 出 の 総 額 を 市 場 価 格 によって 評 価 した 県 内 総 生 産 ( 支 出 側 )であり 構 成 項 目 は 民 間 最 終 消 費 支 出 政 府 最 終 消 費 支 出 総 固 定 資 本 形 成 在 庫 品 増 加 財 貨 サービスの 移 出 入 ( 純 ) が 示 される 借 方 は 県 内 経 済 活 動 における 付 加 価 値 総 額 を 市 場 価 格 によって 評 価 した 県 内 総 生 産 ( 生 産 側 )であり 構 成 項 目 は 県 内 雇 用 者 報 酬 営 業 余 剰 混 合 所 得 固 定 資 本 減 耗 生 産 輸 入 品 に 課 される 税 及 び ( 控 除 ) 補 助 金 で 示 される なお 県 内 総 生 産 ( 生 産 側 )と 県 内 総 生 産 ( 支 出 側 )は 理 論 上 は 同 額 となるものであるが 実 際 の 推 計 では それ ぞれの 推 計 に 用 いられる 基 礎 資 料 や 推 計 方 法 が 異 なるため 不 一 致 を 免 れない そのため 統 計 上 の 誤 差 や 脱 漏 に 基 づく 差 額 を 統 計 上 の 不 突 合 として 県 内 総 生 産 ( 支 出 側 )に

8 計 上 し 両 面 のバランスを 成 立 させている (2) 県 民 可 処 分 所 得 と 使 用 勘 定 この 勘 定 は 県 内 で 発 生 する1 次 所 得 に 県 外 からの 雇 用 者 報 酬 受 取 ( 純 ) 及 び 財 産 所 得 の 受 取 ( 純 )が 加 えられることによって 県 民 概 念 の1 次 所 得 が 定 義 され さらに 県 外 からの 経 常 移 転 ( 純 )が 加 わって 県 民 可 処 分 所 得 が 決 まる 勘 定 の 貸 方 ( 県 民 可 処 分 所 得 )では 雇 用 者 報 酬 は 県 内 雇 用 者 報 酬 と 県 外 からの 雇 用 者 報 酬 ( 純 ) からなる また 営 業 余 剰 混 合 所 得 は 各 制 度 部 門 ( 非 金 融 法 人 企 業 金 融 機 関 家 計 )の 合 計 になる 移 転 項 目 については 県 外 からの 財 産 所 得 ( 純 ) と 県 外 からのその 他 の 経 常 移 転 ( 純 ) とに 区 別 して 表 章 される さらに 生 産 輸 入 品 に 課 さ れる 税 と ( 控 除 ) 補 助 金 が 一 般 政 府 の 一 次 所 得 として 計 上 されている 借 方 は 県 民 可 処 分 所 得 の 使 用 であり 民 間 最 終 消 費 支 出 及 び 政 府 最 終 消 費 支 出 が 示 され バランス 項 目 が 県 民 貯 蓄 である (3) 資 本 調 達 勘 定 この 勘 定 は 資 本 形 成 とその 資 本 調 達 のバランスを 全 制 度 部 門 について 統 合 したもので 実 物 取 引 と 金 融 取 引 とに 区 分 される 県 民 経 済 計 算 では 実 物 取 引 についてのみ 推 計 してい る この 勘 定 においては 各 制 度 部 門 における 純 貸 出 (+)/ 純 借 入 (-)の 合 計 は 県 外 に 対 する 債 権 変 動 と 統 計 上 の 不 突 合 の 合 計 に 等 しくなっている 資 本 移 転 には 県 外 からの 資 本 移 転 等 ( 純 )のみが 計 上 されている (4) 県 外 勘 定 県 外 勘 定 は 県 全 体 としてとらえた 県 外 取 引 が 計 上 されており 県 外 の 視 点 から 記 録 され ている 経 常 取 引 と 資 本 取 引 に 区 分 されるが 県 民 経 済 計 算 では 経 常 取 引 について 記 録 する 経 常 取 引 は 物 の 売 買 や 運 輸 通 信 保 険 などサービスの 売 買 によりなる 財 貨 サービ スの 移 出 ( 入 ) 労 働 に 対 して 支 払 われる 雇 用 者 報 酬 利 子 や 配 当 金 などからなる 財 産 所 得 対 価 の 受 領 を 伴 わない 財 貨 サービス 現 金 の 受 払 のうち 経 常 的 なものよりなる その 他 の 経 常 移 転 によって 構 成 され バランス 項 目 として 支 払 側 に 経 常 県 外 収 支 が 設 けられている 2 制 度 部 門 別 所 得 支 出 勘 定 この 勘 定 は 1 非 金 融 法 人 企 業 2 金 融 機 関 3 一 般 政 府 4 家 計 ( 個 人 企 業 を 含 む) 及 び 5 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 の5 制 度 部 門 別 に 作 成 される 生 産 活 動 により 生 み 出 された 付 加 価 値 ( 所 得 )が どの 制 度 部 門 に 分 配 され さらに 各 制 度 部 門 及 び 県 外 部 門 間 での 移 転 取 引 により それらの 所 得 が 最 終 的 にどのように 振 り 向 けられたかを 示 している さらに このような 分 配 再 分 配 の 結 果 である 可 処 分 所 得 が 消 費 支 出 と 貯 蓄 にどのように 配 分 されたかを 表 すととも に バランス 項 目 としての 貯 蓄 を 通 じて 制 度 部 門 ごとに 資 本 調 達 勘 定 に 結 びつけられている 勘 定 の 貸 方 ( 受 取 )には 要 素 所 得 として 県 民 雇 用 者 報 酬 営 業 余 剰 混 合 所 得 及 び 移 転 所 得 ( 財 産 所 得 経 常 移 転 ) が 示 され 借 方 ( 支 払 )には 最 終 消 費 支 出 移

9 転 項 目 ( 財 産 所 得 と その 他 の 経 常 移 転 ) 及 び 残 差 である 貯 蓄 が 示 される (1) 要 素 所 得 ア 県 民 雇 用 者 報 酬 雇 用 者 の 仕 事 に 対 する 報 酬 として 企 業 によって 雇 用 者 に 対 して 支 払 われた 現 金 または 現 物 による 報 酬 の 総 額 を 指 し 雇 主 の 現 実 社 会 負 担 及 び 帰 属 社 会 負 担 を 含 む 県 外 との 受 払 を 調 整 した 県 民 概 念 で 計 上 されている イ 営 業 余 剰 混 合 所 得 産 出 額 から 中 間 投 入 固 定 資 本 減 耗 及 び 生 産 輸 入 品 に 課 される 税 ( 純 )を 差 し 引 いた 県 内 純 生 産 ( 県 内 要 素 所 得 )から 県 内 雇 用 者 報 酬 を 差 し 引 いたものであり 非 金 融 法 人 企 業 金 融 機 関 及 び 家 計 ( 個 人 企 業 )の3 制 度 部 門 に 計 上 される (2) 移 転 所 得 制 度 部 門 別 所 得 支 出 勘 定 に 示 される 移 転 は 財 産 所 得 と その 他 の 経 常 移 転 があり その 他 の 経 常 移 転 には 所 得 富 等 に 課 される 経 常 税 現 物 社 会 移 転 以 外 の 社 会 給 付 と 社 会 負 担 その 他 がある ア 財 産 所 得 利 子 法 人 企 業 の 分 配 所 得 保 険 契 約 者 に 帰 属 する 財 産 所 得 賃 貸 料 の4つ からなる なお 平 成 17 年 基 準 改 定 において FISIMの 概 念 を 導 入 したことから 旧 概 念 で の 利 子 をFISIM 調 整 前 として 参 考 表 章 している イ その 他 の 経 常 移 転 (ア) 所 得 富 等 に 課 される 経 常 税 所 得 に 課 される 税 とその 他 の 経 常 税 に 分 類 される なお 相 続 税 贈 与 税 は 資 本 移 転 として 扱 い 資 本 調 達 勘 定 ( 実 物 取 引 )において 計 上 される (イ) 現 物 社 会 移 転 以 外 の 社 会 給 付 及 び 社 会 負 担 a 社 会 給 付 社 会 保 険 制 度 に 基 づく 社 会 保 険 給 付 ( 社 会 保 障 基 金 年 金 基 金 無 基 金 )と そう した 制 度 に 基 づかない 社 会 扶 助 給 付 とに 分 類 される (a) 現 金 による 社 会 保 障 給 付 社 会 保 障 基 金 が 家 計 に 対 して 支 払 う 社 会 給 付 のうち 国 民 年 金 厚 生 年 金 等 から の 年 金 給 付 や 失 業 給 付 などの 現 金 により 支 払 われるものが 含 まれる (b) 年 金 基 金 による 社 会 給 付 厚 生 年 金 基 金 適 格 退 職 年 金 による 給 付 等 が 含 まれる (c) 無 基 金 雇 用 者 社 会 給 付 社 会 保 障 基 金 金 融 機 関 ( 年 金 基 金 )などの 外 部 機 関 を 利 用 せず また 自 己 で 基 金 を 設 けることもせず 雇 主 がその 源 泉 から 雇 用 者 に 支 払 う 福 祉 的 な 給 付 である 雇 主 による 公 務 災 害 補 償 や 労 働 災 害 に 対 する 見 舞 金 の 支 払 等 が 含 まれるほか 退 職 一 時 金 も 含 まれる

10 (d) 社 会 扶 助 給 付 社 会 保 険 制 度 の 枠 組 みの 中 ではなく 政 府 部 門 または 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 が 家 計 に 支 払 う 社 会 給 付 を 示 し 生 活 保 護 費 戦 没 者 遺 族 年 金 恩 給 等 が 含 まれる b 社 会 負 担 社 会 保 険 給 付 が 支 払 われることに 備 えて 社 会 保 険 制 度 に 行 う 現 実 または 帰 属 の 支 払 であり 現 実 社 会 負 担 と 帰 属 社 会 負 担 に 分 類 される (a) 現 実 社 会 負 担 雇 主 が 社 会 保 険 制 度 を 管 理 する 基 金 に 対 して 支 払 う 社 会 負 担 である 雇 主 の 現 実 社 会 負 担 と 雇 用 者 本 人 による 社 会 保 険 制 度 を 管 理 する 基 金 に 対 する 負 担 である 雇 用 者 の 社 会 負 担 に 分 類 されて 計 上 されている 雇 主 の 現 実 社 会 負 担 は 社 会 保 障 基 金 に 対 する 雇 主 の 強 制 的 現 実 社 会 負 担 と 年 金 基 金 に 対 する 雇 主 の 自 発 的 現 実 社 会 負 担 に 分 けられ これらは 雇 主 が 雇 用 者 の 利 益 のために 支 払 う 性 格 のものであるため まず 雇 用 者 報 酬 の 構 成 要 素 として 計 上 し 同 額 を 家 計 が 一 般 政 府 ないし 金 融 機 関 に 支 払 ったかのように 計 上 している 雇 用 者 の 社 会 負 担 は 支 払 先 によって 雇 用 者 の 強 制 的 社 会 負 担 ( 対 社 会 保 障 基 金 )と 雇 用 者 の 自 発 的 社 会 負 担 ( 対 年 金 基 金 )とに 分 けて 記 録 している (b) 帰 属 社 会 負 担 無 基 金 雇 用 者 社 会 給 付 が 県 民 雇 用 者 報 酬 の 構 成 要 素 雇 主 の 帰 属 社 会 負 担 としても 計 上 されることから 家 計 による 二 重 受 取 を 回 避 するために 設 けられた 項 目 であり 雇 主 の 帰 属 社 会 負 担 と 同 額 を 家 計 が 雇 主 に 支 払 ったものとして 計 上 し 家 計 から 企 業 等 への 移 転 として 扱 うという 帰 属 計 算 を 行 っている (ウ) その 他 の 経 常 移 転 非 生 命 保 険 取 引 一 般 政 府 内 の 経 常 移 転 他 に 分 類 されない 経 常 移 転 の3 種 類 に 分 類 される a 非 生 命 保 険 取 引 非 生 命 保 険 は 生 命 保 険 以 外 のすべてのリスク( 事 故 疾 病 火 災 等 )を 網 羅 する 概 念 である 損 害 保 険 会 社 等 の 非 生 命 保 険 が 属 する 金 融 機 関 の 支 払 側 及 び 全 ての 制 度 部 門 の 受 取 側 に 非 生 命 保 険 金 を 記 録 し 金 融 機 関 の 受 取 側 及 び 全 ての 制 度 部 門 の 支 払 側 に 非 生 命 純 保 険 料 を 記 録 している また 保 険 等 に 係 るリスクコスト である 非 生 命 純 保 険 料 については 既 経 過 保 険 料 ベースで 捉 え 非 生 命 保 険 金 と 同 額 を 記 録 する b 一 般 政 府 内 の 経 常 移 転 異 なる 一 般 政 府 の 内 訳 部 門 間 ( 中 央 政 府 地 方 政 府 社 会 保 障 基 金 )の 経 常 移 転 の ことであり 一 般 政 府 のみに 計 上 されている 中 央 政 府 地 方 政 府 へと 移 転 され る 地 方 交 付 税 交 付 金 義 務 教 育 費 国 庫 負 担 金 等 中 央 政 府 社 会 保 障 基 金 へと 移 転 される 厚 生 保 険 特 別 会 計 国 民 年 金 特 別 会 計 への 繰 入 等 地 方 政 府 中 央 政 府 へと 移 転 される 補 助 費 等 からなる 経 常 的 移 転 が 含 まれる

11 c 他 に 分 類 されない 経 常 移 転 上 記 項 目 に 含 まれない 制 度 単 位 間 制 度 部 門 間 並 びに 居 住 者 非 居 住 者 間 の 経 常 移 転 取 引 が 計 上 され 罰 金 寄 付 金 負 担 金 家 計 間 の 仕 送 り 贈 与 金 等 他 の 項 目 に 計 上 されないあらゆる 経 常 移 転 取 引 が 含 まれ 全 制 度 部 門 に 計 上 されている (3) 現 物 社 会 移 転 現 物 社 会 給 付 と 個 別 的 非 市 場 財 サービスの 移 転 の2 項 目 からなる ア 現 物 社 会 給 付 社 会 保 障 基 金 による 医 療 保 険 給 付 分 であり 払 い 戻 しによる 社 会 保 障 給 付 ( 高 額 療 養 費 移 送 費 等 ) と その 他 の 現 物 社 会 保 障 給 付 ( 診 療 費 薬 剤 支 給 入 院 時 食 事 療 養 費 訪 問 看 護 療 養 費 療 養 費 看 護 費 等 )がある イ 個 別 的 非 市 場 財 サービスの 移 転 家 計 に 対 して 無 料 または 経 済 的 に 意 味 のない 価 格 で 一 般 政 府 または 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 といった 非 市 場 生 産 者 によって 提 供 される 財 サービスの 提 供 をいう 一 般 政 府 から 家 計 向 けサービスの 費 用 として 支 出 される 教 科 書 購 入 費 や 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 から 家 計 に 移 転 される 私 立 保 育 園 の 経 営 費 美 術 館 や 動 物 園 の 運 営 費 などが 含 ま れる (4) 最 終 消 費 支 出 及 び 貯 蓄 以 上 に 掲 げた 分 配 再 分 配 による 所 得 の 受 払 に さらに 一 般 政 府 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 及 び 家 計 については 各 制 度 部 門 が 実 際 に 支 出 負 担 した 額 を 示 す 最 終 消 費 支 出 として 記 録 される 支 払 がある その 結 果 各 制 度 部 門 における 受 取 と 支 払 との 差 額 が 貯 蓄 として 計 上 される (5) 年 金 基 金 年 金 準 備 金 の 変 動 金 融 機 関 である 年 金 基 金 から 家 計 が 受 け 取 る 社 会 給 付 と 家 計 が 年 金 基 金 へ 払 い 込 む 自 発 的 社 会 負 担 が 経 常 取 引 として 記 録 されるが 一 方 で 年 金 基 金 が 管 理 する 年 金 準 備 金 は 生 命 保 険 が 管 理 する 準 備 金 と 同 じように 家 計 が 所 有 している 金 融 資 産 すなわち 貯 蓄 とし て 扱 われる このため 家 計 の 年 金 負 担 額 と 年 金 受 取 額 の 差 額 によって 家 計 の 貯 蓄 が 過 大 にならないようにするため 年 金 負 担 額 と 年 金 受 取 額 の 差 額 を 調 整 項 目 として 設 け 年 金 負 担 と 年 金 給 付 が 経 常 移 転 として 記 録 されていなかった 場 合 と 同 じ 貯 蓄 額 に 戻 すよう 記 録 す る 具 体 的 には 以 下 の 式 で 定 義 される 年 金 基 金 年 金 準 備 金 の 変 動 を 導 入 し 家 計 の 受 取 側 金 融 機 関 の 支 払 側 に 記 録 することとしている 年 金 基 金 年 金 準 備 金 の 変 動 = 雇 主 の 自 発 的 現 実 社 会 負 担 + 雇 用 者 の 自 発 的 社 会 負 担 - 年 金 基 金 による 社 会 給 付

12 3 制 度 部 門 別 資 本 調 達 勘 定 この 勘 定 は 1 非 金 融 法 人 企 業 2 金 融 機 関 3 一 般 政 府 4 家 計 ( 個 人 企 業 を 含 む) 5 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 の5つの 制 度 部 門 について 作 成 され 資 本 蓄 積 の 形 態 とそのための 資 本 調 達 の 源 泉 を 示 し 資 産 の 変 動 を 導 出 するものである 貯 蓄 を 通 じて 所 得 支 出 勘 定 と 資 金 循 環 勘 定 を 結 びつけると 同 時 に 資 産 の 変 動 を 通 じてフロ ー 勘 定 とストック 勘 定 である 貸 借 対 照 表 を 結 びつける 役 割 を 果 たすものである ただし 県 民 経 済 計 算 では 資 金 循 環 勘 定 及 び 貸 借 対 照 表 の 記 録 は 行 っていない (1) 実 物 取 引 勘 定 実 物 取 引 勘 定 は 総 固 定 資 本 形 成 (ネットで 取 引 を 把 握 することが 可 能 になるよう 固 定 資 本 減 耗 分 を 控 除 項 目 として 記 録 している) 在 庫 品 増 加 土 地 の 購 入 ( 純 )という 実 物 資 産 の 蓄 積 の 姿 を 示 すと 同 時 に この 蓄 積 のための 原 資 をどう 調 達 したかを 明 らかにする 原 資 としては 1 所 得 支 出 勘 定 における 受 取 のうち 他 の 支 払 にあてられず 残 差 として 得 られた 貯 蓄 2 他 の 部 門 からの 資 産 の 購 入 のために 反 対 給 付 なしに 受 け 取 る 資 本 移 転 ( 受 取 - 支 払 の 純 額 )からなる この 結 果 原 資 が 実 物 資 産 の 蓄 積 を 上 回 れば 純 貸 出 になり 資 金 を 他 部 門 で 運 用 していることを 表 す 逆 に 原 資 が 実 物 資 産 の 蓄 積 を 下 回 れば 純 借 入 になり 県 外 を 含 め 他 の 部 門 から 資 金 を 調 達 していることを 表 す (2) 統 合 勘 定 における 資 本 調 達 勘 定 との 関 係 統 合 勘 定 における 資 本 調 達 勘 定 は 各 制 度 部 門 の 資 本 調 達 勘 定 を 積 み 上 げたものであるが 表 章 上 は 以 下 の 各 点 が 異 なっている ア 制 度 部 門 別 勘 定 では 土 地 の 購 入 ( 純 ) により 部 門 間 の 土 地 売 買 を 計 上 しているが 土 地 の 売 買 は 住 居 者 間 のみで 行 われるため 県 全 体 でみると 土 地 売 却 = 土 地 購 入 となるの で 統 合 勘 定 においては 土 地 の 購 入 ( 純 ) は 表 章 されていない なお 県 外 における 土 地 の 購 入 は 県 外 勘 定 ( 資 本 取 引 )に 計 上 され 概 念 上 は 金 融 資 産 の 取 得 となる イ 制 度 部 門 別 勘 定 における 貯 蓄 投 資 バランスは 純 貸 出 (+)/ 純 借 入 (-) として 計 上 されているが 統 合 勘 定 においては 県 外 に 対 する 債 権 の 変 動 として 計 上 されている しかし 統 計 上 の 不 突 合 があるため 各 制 度 部 門 の 純 貸 出 (+)/ 純 借 入 (-)の 合 計 は 統 合 勘 定 の 県 外 に 対 する 債 権 の 変 動 と 一 致 しない これは 当 県 全 体 の 貯 蓄 投 資 バランス は 県 外 に 対 する 債 権 の 変 動 になること 及 び 統 合 勘 定 における 統 計 上 の 不 突 合 はその 性 格 からして 各 制 度 部 門 に 分 割 することが 不 可 能 であり 制 度 部 門 別 勘 定 には 計 上 されて いないことのためである したがって 県 外 に 対 する 債 権 の 変 動 + 統 計 上 の 不 突 合 = 各 部 門 の 純 貸 出 (+)/ 純 借 入 (-)の 合 計 となる ウ 資 本 移 転 は 統 合 勘 定 では 県 外 からの 資 本 移 転 等 ( 純 ) として 計 上 されている こ れは 県 内 の 各 制 度 部 門 間 の 資 本 移 転 は 相 殺 され 県 外 からの 資 本 移 転 のみ 計 上 されるため である

13 Ⅱ 主 要 系 列 表 1 経 済 活 動 別 県 内 総 生 産 経 済 活 動 別 県 内 総 生 産 とは 一 定 期 間 内 に 県 内 経 済 部 門 の 生 産 活 動 によって 新 たに 付 加 さ れた 価 値 の 評 価 額 を 1 産 業 2 政 府 サービス 生 産 者 3 対 家 計 民 間 非 営 利 サービス 生 産 者 別 経 済 活 動 別 に 示 したものである これは 県 内 の 生 産 活 動 に 対 する 各 経 済 活 動 部 門 の 寄 与 を 表 すものであって 産 出 額 から 中 間 投 入 を 控 除 したものにあたる ここにいう 生 産 とは 農 業 製 造 業 等 の 物 的 生 産 だけでなく 商 業 金 融 保 険 業 公 務 などのサービスの 生 産 も 含 まれる 農 家 の 自 家 消 費 に 充 てられた 生 産 物 所 有 者 自 身 が 使 用 する 住 居 のサービスなどのように 貨 幣 と 交 換 されない 生 産 物 や 便 益 もここでは 評 価 されて 含 まれる 事 業 所 の 産 出 額 には 本 社 その 他 の 事 業 所 の 産 出 額 ( 本 社 その 他 の 事 業 所 の 一 般 管 理 費 物 的 諸 経 費 人 件 費 等 のいわゆる 本 社 経 費 負 担 分 )が 織 り 込 まれているものとみなす これらの 諸 経 費 は 通 常 工 場 等 の 事 業 所 では 支 出 されないものであるが 生 産 物 が 市 場 に 供 給 される 際 には 当 然 必 要 な 経 費 として 考 えられ コストの 一 部 として 付 加 されているもの である 総 生 産 は 県 内 概 念 によってとらえられたものであるので 県 内 で 生 産 された 生 産 物 であ れば 他 県 の 県 民 に 対 し 県 外 への 所 得 として 分 配 されるものでも 含 まれるが 県 外 からの 所 得 で その 源 泉 が 他 県 内 の 生 産 にかかわるものは 含 まれない この 県 内 総 生 産 に 県 間 の 所 得 受 払 の 差 額 県 外 からの 所 得 ( 純 ) を 加 算 すれば 県 民 総 所 得 が 得 られる なお この 経 済 活 動 別 県 内 総 生 産 については 名 目 値 のほか 連 鎖 方 式 による 実 質 値 及 びデ フレーターも 表 示 される 実 質 値 は 価 格 の 騰 落 による 増 減 を 除 去 し 数 量 の 動 き( 品 質 の 変 化 を 含 む )をとらえるために 表 章 されており 参 照 年 (デフレーター=100 となる 年 現 在 は 平 成 17 暦 年 )の 名 目 値 を 基 準 として 金 額 表 示 したものになっている また デフレーターは 名 目 値 を 実 質 値 で 除 したもの(インプリシット デフレーター)を 掲 載 している (1) 産 業 産 業 の 分 類 は 原 則 として 経 済 活 動 が 行 われる 事 業 所 基 準 により 日 本 標 準 産 業 分 類 に 準 拠 するが 一 部 例 外 として 取 扱 うものがある ( 4 経 済 活 動 別 分 類 と 日 本 標 準 産 業 分 類 の 対 応 表 参 照 ) (2) 政 府 サービス 生 産 者 政 府 サービス 生 産 者 は 電 気 ガス 水 道 業 サービス 業 公 務 に 区 分 する なお 各 県 が 他 県 に 置 く 事 務 所 駐 在 所 は 自 県 の 居 住 者 ( 他 県 の 非 居 住 者 )とする 中 央 政 府 とされる 国 の 出 先 機 関 は 原 則 として 特 定 の 地 域 を 対 象 として 政 府 サービスを 提 供 す るものであり 本 省 の 行 政 機 能 を 補 完 する 付 属 機 関 や 研 究 機 関 も 事 業 所 とみなす (3) 対 家 計 民 間 非 営 利 サービス 生 産 者 日 本 標 準 産 業 分 類 の 大 分 類 学 術 研 究 専 門 技 術 サービス 業 宿 泊 業 飲 食 サービ

14 ス 業 教 育 学 習 支 援 業 及 び サービス 業 ( 他 に 分 類 されないもの) のうち 次 に 掲 げる 4 経 済 活 動 別 分 類 (SNA 分 類 )と 日 本 標 準 産 業 分 類 の 対 応 表 中 3の 中 分 類 又 は 小 分 類 に 属 し 総 務 省 事 業 所 企 業 統 計 調 査 報 告 経 済 センサス の 経 営 組 織 区 分 の 民 営 に 区 分 され 会 社 以 外 の 法 人 ( 平 成 18 年 調 査 では その 他 の 法 人 ) 又 は 法 人 でな い 団 体 に 分 類 される 事 業 所 である (4) 輸 入 品 に 課 される 税 関 税 総 資 本 形 成 に 係 る 消 費 税 ア 輸 入 品 に 課 される 税 関 税 輸 入 品 に 課 される 税 関 税 は 関 税 輸 入 品 商 品 税 からなり 輸 入 した 事 業 所 所 在 県 で 計 上 され 国 民 経 済 計 算 に 準 じて 経 済 活 動 別 に 配 分 せずここで 一 括 計 上 する イ 総 資 本 形 成 に 係 る 消 費 税 総 資 本 形 成 に 係 る 消 費 税 は 設 備 投 資 及 び 在 庫 投 資 にかかる 消 費 税 であり 税 法 上 控 除 対 象 仕 入 額 の 一 部 であるため ここで 一 括 控 除 する ( 参 考 ) 平 成 17 年 基 準 改 定 に 伴 い 93SNA 及 び08SNAに 適 合 するように 帰 属 利 子 に 代 わ って FISIM( 間 接 的 に 計 測 される 金 融 仲 介 サービス)が 導 入 され 通 常 の 財 貨 サ ービスの 一 つとして 位 置 づけられた これまで 金 融 業 の 金 融 仲 介 サービスは 帰 属 利 子 というかたちで 全 て 他 産 業 の 中 間 投 入 となり 付 加 価 値 は 生 まないものとして 処 理 されてきたが 今 回 の 改 定 では 生 産 活 動 を 行 い 付 加 価 値 を 生 む 活 動 に 改 められた これは 金 融 仲 介 機 関 の 利 子 率 の 一 部 を 預 金 サービ ス 貸 出 サービスに 対 して 支 払 われたサービス 料 とみなすものである こうした 金 融 仲 介 機 関 による 明 示 的 には 料 金 を 課 さないサービスの 対 価 を 間 接 的 な 測 定 方 法 を 用 いて 推 計 したものが FISIM であり その 支 払 は 中 間 投 入 最 終 消 費 移 出 入 ( 純 )にそれ ぞれ 計 上 される FISIMの 概 要 図 運 用 利 子 率 運 用 残 高 ( 貸 出 残 高 総 額 ) ( 貸 出 平 均 利 回 り) A 参 照 利 子 率 調 達 利 子 率 ( 預 金 平 均 利 回 り) B D 調 達 残 高 ( 預 金 残 高 総 額 ) C E A+B+C : FISIMの 総 額 = 借 り 手 側 FISIM+ 貸 し 手 側 FISIM A : 借 り 手 側 FISIM=( 運 用 利 子 率 - 参 照 利 子 率 ) 貸 出 残 高 総 額 B+C : 貸 し 手 側 FISIM=( 参 照 利 子 率 - 調 達 利 子 率 ) 預 金 残 高 総 額

15 2 県 民 所 得 ( 分 配 ) 県 民 所 得 は 県 内 居 住 者 が 一 年 間 にたずさわった 生 産 活 動 によって 発 生 した 純 付 加 価 値 額 を 生 産 要 素 と 制 度 部 門 別 を 折 衷 した 分 類 項 目 で 表 示 したものであって 制 度 部 門 別 所 得 支 出 勘 定 の 各 制 度 部 門 の 該 当 項 目 から 組 替 え 表 示 することによってとらえられる なお 県 民 所 得 を 人 口 で 割 って 算 出 する 一 人 当 たり 県 民 所 得 は 雇 用 者 報 酬 のほか 財 産 所 得 や 企 業 所 得 など 県 民 や 県 内 企 業 などが 得 た 所 得 の 合 計 を 県 の 総 人 口 で 割 ったものであ る したがって 個 人 の 給 与 や 所 得 の 水 準 を 表 すものではなく 企 業 の 利 潤 などを 含 む 県 民 経 済 全 体 の 水 準 を 表 している (1) 県 民 雇 用 者 報 酬 県 民 雇 用 者 報 酬 は 所 得 支 出 勘 定 の 家 計 部 門 の 貸 方 ( 受 取 )にある 総 額 が 1 賃 金 俸 給 2 雇 主 の 社 会 負 担 の 二 つに 分 類 される 雇 用 者 とは 県 内 に 常 時 居 住 地 を 有 し 産 業 政 府 サービス 生 産 を 含 むあらゆる 生 産 活 動 に 常 雇 日 雇 を 問 わず 従 事 する 就 業 者 のうち 個 人 業 主 と 無 給 の 家 族 従 業 者 を 除 くすべての 者 であり 法 人 企 業 の 役 員 特 別 職 の 公 務 員 議 員 等 も 雇 用 者 に 含 まれる 雇 用 者 について 県 の 居 住 者 を 決 定 する 基 準 としては 家 計 最 終 消 費 支 出 との 対 応 関 係 も あり 常 時 居 住 地 主 義 をとり 常 時 居 住 地 の 属 する 県 の 居 住 者 とみなすこととする 3か 月 以 上 他 県 に 就 労 する 季 節 労 務 者 については 国 勢 調 査 に 準 拠 し 就 労 地 を 常 時 居 住 地 とみな す 県 民 雇 用 者 報 酬 の 内 訳 項 目 は 次 のとおりとする ア 賃 金 俸 給 (ア) 現 金 によるもの 雇 用 者 が 労 働 提 供 の 報 酬 として 受 取 る 賃 金 俸 給 のうち 貨 幣 で 支 払 われるものであり 賃 金 給 与 手 当 賞 与 歳 費 報 酬 などが 含 まれる ただし 剰 余 金 処 分 による 役 員 賞 与 は 配 当 として 扱 う 社 会 保 障 に 対 する 雇 用 者 の 負 担 金 や 源 泉 所 得 税 などについては これを 控 除 前 で 評 価 する 作 業 道 具 作 業 衣 などや 業 務 上 の 旅 費 宿 泊 費 交 際 費 など 生 産 者 の 中 間 投 入 とすべきものを 雇 用 者 が 負 担 している 場 合 これに 対 する 払 戻 し 相 当 額 は 賃 金 俸 給 か ら 控 除 する 諸 手 当 のうち 家 族 手 当 や 比 較 的 長 期 の 休 業 手 当 など 福 祉 給 付 的 性 格 の 強 いものは 賃 金 俸 給 では 雇 用 者 福 祉 のための 負 担 金 に 分 類 することを 原 則 とする また 家 族 手 当 については 扶 養 手 当 としては 金 額 的 に 少 なく また 資 料 上 の 制 約 もあってこれらの 手 当 も 賃 金 俸 給 としている ただし 児 童 手 当 及 び 子 ども 手 当 は 福 祉 負 担 とされる (イ) 現 物 によるもの 賃 金 俸 給 には 無 料 または 著 しく 安 い 価 格 で 雇 用 者 に 支 給 され 主 として 消 費 者 とし ての 雇 用 者 の 利 益 となる 財 貨 サービスの 支 給 が 含 まれる 自 社 製 品 などの 通 貨 以 外 のも のによる 給 与 の 支 払 食 事 通 勤 定 期 券 などの 支 給 や 消 費 物 資 の 廉 価 販 売 などに 要 し た 費 用 などがそれである

16 現 物 給 与 の 評 価 は 原 則 として 支 給 に 要 した 費 用 ( 原 価 )によることとし 雇 用 者 の 負 担 分 は 除 く 雇 用 者 の 利 益 となると 同 時 に 生 産 者 の 利 益 となるようなもの 例 えば 健 康 診 断 やス ポーツ 施 設 レクリエーション 施 設 などの 提 供 は 生 産 者 の 中 間 投 入 であって 雇 用 者 報 酬 にはならない (ウ) 役 員 給 与 手 当 常 勤 非 常 勤 を 問 わず 法 人 企 業 の 役 員 に 対 して 支 払 われる 給 与 手 当 であるが 企 業 会 計 上 損 金 経 理 されるもののみを 記 録 し 利 益 処 分 による 役 員 賞 与 は 配 当 として 扱 う (エ) 議 員 歳 費 等 県 市 町 村 会 議 員 の 報 酬 地 方 公 共 団 体 の 委 員 手 当 のほか 国 会 議 員 のうち 県 内 に 主 たる 生 活 の 根 拠 を 有 し 県 の 居 住 者 とみなされる 議 員 の 歳 費 を 含 む (オ) 給 与 住 宅 差 額 家 賃 社 宅 公 務 員 住 宅 などで 市 中 家 賃 より 低 廉 な 家 賃 により 従 業 者 に 提 供 されている 場 合 の 従 業 者 の 支 払 家 賃 とその 時 価 ( 市 中 平 均 家 賃 )との 差 額 を 入 居 者 が 受 取 った 現 物 給 与 の 一 種 とみなして 計 上 する イ 雇 主 の 社 会 負 担 雇 主 の 社 会 負 担 は 雇 主 の 現 実 社 会 負 担 および 雇 主 の 帰 属 社 会 負 担 からなる (ア) 雇 主 の 現 実 社 会 負 担 一 般 政 府 を 構 成 する 社 会 保 障 基 金 および 金 融 機 関 である 年 金 基 金 への 雇 主 の 負 担 額 であり 前 者 を 雇 主 の 強 制 的 現 実 社 会 負 担 後 者 を 雇 主 の 自 発 的 現 実 社 会 負 担 という 雇 主 の 強 制 的 現 実 社 会 負 担 は 1 特 別 会 計 2 共 済 組 合 3 組 合 管 掌 健 康 保 険 4 児 童 手 当 及 び 子 ども 手 当 5 基 金 6 介 護 保 険 を 推 計 対 象 範 囲 とする なお 児 童 手 当 及 び 子 ども 手 当 の 公 務 員 分 は 各 政 府 機 関 から 直 接 支 給 されるものであって 基 金 を 持 つも のではないが 民 間 雇 用 者 分 と 統 一 的 に 扱 うため ここに 含 める 雇 主 の 自 発 的 現 実 社 会 負 担 は 1 厚 生 年 金 基 金 企 業 年 金 連 合 会 2 適 格 退 職 年 金 3 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 4 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 小 規 模 企 業 共 済 勘 定 5 確 定 給 付 企 業 年 金 6 確 定 拠 出 年 金 ( 企 業 型 )を 推 計 対 象 範 囲 とする (イ) 雇 主 の 帰 属 社 会 負 担 社 会 保 障 基 金 や 年 金 基 金 によらず 雇 主 自 らが 雇 用 者 の 福 祉 のために 負 担 する 分 であ る 退 職 一 時 金 社 会 保 障 基 金 によらない 業 務 災 害 補 償 などへの 雇 主 負 担 からなる a 退 職 一 時 金 退 職 一 時 金 支 給 に 要 した 雇 主 の 費 用 であるが 退 職 給 与 引 当 金 は 含 めず 実 際 の 支 給 時 の 支 給 額 を 記 録 する b 無 基 金 雇 用 者 社 会 負 担 (a) 公 務 災 害 補 償 費 民 間 雇 用 者 に 対 する 労 災 保 険 に 相 当 するものであり 公 務 員 に 対 する 給 付 額 を 社

17 会 保 険 料 の 雇 主 負 担 に 相 当 するものとみて 県 民 雇 用 者 報 酬 に 加 算 する ただし 地 方 公 務 員 に 対 する 公 務 災 害 補 償 基 金 によるものは 雇 主 の 強 制 的 現 実 社 会 負 担 に 含 め ここでは 除 かれる (b) そ の 他 労 災 保 険 適 用 前 の 法 定 補 償 損 害 保 険 会 社 による 労 働 者 災 害 補 償 責 任 保 険 損 害 保 険 によらない 労 災 保 険 への 上 積 給 付 のための 賠 償 責 任 保 険 健 康 保 険 への 上 積 給 付 交 通 傷 害 保 険 団 体 生 命 保 険 等 の 保 険 料 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 制 度 に 対 する 奨 励 金 給 付 金 などの 雇 主 負 担 が 含 まれる (2) 財 産 所 得 ( 非 企 業 部 門 ) 財 産 所 得 は 1 一 般 政 府 2 家 計 3 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 の 各 制 度 部 門 の 該 当 項 目 を 振 替 え 財 産 所 得 の 純 額 受 取 額 及 び 支 払 額 を 表 示 している また 家 計 部 門 については 利 子 配 当 ( 受 取 ) 保 険 契 約 者 に 帰 属 する 財 産 所 得 及 び 賃 貸 料 ( 受 取 ) ごとに 表 示 されている 財 産 所 得 とは ある 経 済 主 体 が 他 の 経 済 主 体 の 所 有 する 金 融 資 産 土 地 及 び 著 作 権 特 許 権 などの 無 形 資 産 を 使 用 する 場 合 その 使 用 を 原 因 として 生 ずる 所 得 の 実 際 の 移 転 と 帰 属 計 算 による 移 転 であり 利 子 法 人 企 業 の 分 配 所 得 ( 配 当 等 ) 保 険 契 約 者 に 帰 属 する 財 産 所 得 及 び 賃 貸 料 の4つからなっている これらは 発 生 主 義 でとらえられ 利 子 賃 貸 料 については 支 払 義 務 発 生 時 点 で 法 人 企 業 の 分 配 所 得 保 険 契 約 者 に 帰 属 す る 財 産 所 得 についても 配 当 金 などの 公 告 あるいは 利 潤 獲 得 時 ではなくその 支 払 の 義 務 発 生 時 点 で 計 上 している なお 利 子 法 人 企 業 の 分 配 所 得 ( 配 当 等 ) 保 険 契 約 者 に 帰 属 する 財 産 所 得 及 び 賃 貸 料 とその 使 用 する 財 産 との 関 係 は 以 下 のようになっている 資 産 項 目 財 産 項 目 金 融 ( 下 記 資 産 を 除 く) 利 子 株 式 出 資 金 法 人 企 業 の 分 配 所 得 ( 配 当 など) 保 険 年 金 準 備 金 保 険 契 約 者 に 帰 属 する 財 産 所 得 有 形 非 生 産 資 産 ( 土 地 森 林 など) 賃 貸 料 ( 地 代 特 許 料 など) 無 形 非 生 産 資 産 ( 著 作 権 特 許 権 など) ア 利 子 預 貯 金 貸 出 金 借 入 金 手 形 売 掛 金 買 掛 金 などの 金 銭 的 請 求 権 について 生 じた 利 息 割 引 料 などの 所 得 の 移 転 である なお FISIMの 導 入 に 伴 い 利 子 の 受 取 支 払 の 概 念 が 変 更 となっている 従 前 の 受 取 支 払 の 利 子 総 額 には 金 融 仲 介 サービスの 対 価 が 反 映 されていることから ここではFISIM 分 の 調 整 を 行 っているが 家 計 部 門 の 受 取 支 払 利 子 については 調 整 を 行 う 前 の 利 子 を 参 考 表 章 している イ 法 人 企 業 の 分 配 所 得 配 当 と 準 法 人 企 業 所 得 からの 引 出 し のほか 国 民 経 済 計 算 では 海 外 直 接 投 資

18 に 関 する 再 投 資 収 益 と 表 章 されているものも 含 む 配 当 とは 法 人 企 業 が 株 主 からの 資 金 を 利 用 した 結 果 として 当 該 法 人 を 所 有 する 株 主 が 受 取 りを 主 張 することができる 財 産 所 得 の 一 形 態 であり 株 式 出 資 金 配 当 等 及 び 役 員 賞 与 からなる 準 法 人 企 業 所 得 からの 引 出 し とは 法 人 企 業 から 引 き 出 される 所 得 に 類 似 する 株 主 に 対 して 支 払 われる 配 当 で 公 的 準 法 人 所 得 引 出 し ( 公 的 非 金 融 法 人 に 分 類 されている 公 務 員 宿 舎 の 賃 貸 料 収 入 公 営 住 宅 使 用 料 など)と 外 国 に 居 住 する 制 度 部 門 に 属 する 非 法 人 企 業 からの 引 出 し ( 海 外 支 店 収 益 )に 分 類 されている ウ 保 険 契 約 者 に 帰 属 する 財 産 所 得 保 険 企 業 ( 生 命 保 険 非 生 命 保 険 年 金 基 金 を 含 む)から 受 け 取 ることができる 保 険 技 術 準 備 金 ( 生 命 保 険 準 備 金 及 び 年 金 基 金 に 関 する 家 計 の 純 持 分 ( 責 任 準 備 金 ) と 保 険 料 の 前 払 いに 対 する 準 備 金 ( 未 経 過 保 険 料 ) 及 び 未 払 い 保 険 金 に 対 する 準 備 金 ( 支 払 準 備 金 ) を 合 わせて 保 険 技 術 準 備 金 という )の 投 資 により 得 られる 所 得 のことである 保 険 技 術 準 備 金 は 保 険 契 約 者 の 資 産 であるため 保 険 契 約 者 の 受 取 りとして 記 録 し 追 加 保 険 料 として 再 び 保 険 企 業 に 全 額 支 払 われるように 取 り 扱 う 従 って 最 終 的 に 家 計 に 帰 属 する エ 賃 貸 料 土 地 等 の 純 賃 貸 料 ( 総 賃 貸 料 マイナス 税 金 等 諸 経 費 )と 特 許 権 著 作 権 などの 使 用 料 か らなる ただし 構 築 物 ( 住 宅 を 含 む) 設 備 機 械 等 の 再 生 産 可 能 な 有 形 固 定 資 産 の 賃 貸 に 関 するものは 商 品 としてのサービスの 購 入 販 売 として 扱 われるのでここには 含 ま ない (ア) 土 地 土 地 の 賃 貸 料 ( 地 代 )は 原 則 として 土 地 の 所 有 により 生 じた 純 賃 貸 料 に 限 られ 土 地 にかかる 税 金 維 持 費 などのうち 賃 貸 料 に 含 めて 賃 貸 者 が 負 担 している 分 は 本 来 土 地 所 有 者 が 支 払 義 務 を 負 っているものであり この 項 目 から 除 かれる (イ) 特 許 権 特 許 権 商 標 権 の 使 用 料 が 技 術 指 導 や 経 営 指 導 に 対 する 料 金 をも 含 んでいる 場 合 は その 料 金 のすべてが 一 種 の 商 品 サービス 購 入 販 売 として 扱 われる (3) 企 業 所 得 ( 法 人 企 業 の 分 配 所 得 受 払 後 ) 企 業 所 得 は 所 得 支 出 勘 定 の 営 業 余 剰 混 合 所 得 ( 注 )に 財 産 所 得 の 受 払 の 差 額 すなわ ち 純 財 産 所 得 を 加 えたものである 1 民 間 法 人 企 業 2 公 的 企 業 3 個 人 企 業 ごとに 表 示 されている ( 注 ) 企 業 会 計 でいう 営 業 利 益 にほぼ 相 当 し したがって 企 業 所 得 は 営 業 利 益 か ら 負 債 利 子 などの 営 業 外 費 用 を 支 払 い 逆 に 他 社 からの 株 式 配 当 などの 営 業 外 収 益 を 加 えたいわゆる 経 常 利 益 に 近 い 概 念 といえる ア 民 間 法 人 企 業 民 間 法 人 企 業 所 得 は 所 得 支 出 勘 定 の 非 金 融 法 人 企 業 部 門 と 金 融 機 関 部 門 の 民 間 分 から

19 導 きだされており 他 部 門 への 法 人 企 業 の 分 配 所 得 の 受 払 後 のものについて 表 示 している イ 公 的 企 業 公 的 企 業 は 原 則 として 政 府 により 所 有 または 支 配 されている 企 業 で 商 法 その 他 の 公 法 特 別 立 法 行 政 規 則 等 により 法 人 格 をもつ 公 的 法 人 企 業 及 び 生 産 する 財 貨 サービスの ほとんどを 市 場 で 販 売 する 大 規 模 な 非 法 人 政 府 事 業 体 からなり その 活 動 の 類 型 すなわ ち 生 産 技 術 や 経 営 形 式 の 特 性 から 産 業 として 分 類 される 事 業 所 を 単 位 とする 公 的 法 人 企 業 の 例 としては 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 各 社 日 本 銀 行 都 市 再 生 機 構 等 があ げられ 非 法 人 政 府 事 業 体 としては 上 水 道 簡 易 水 道 のような 企 業 特 別 会 計 が 該 当 する ウ 個 人 企 業 個 人 企 業 は 個 人 が 企 業 の 主 体 となり 家 族 の 労 働 等 を 使 って 企 業 を 運 営 しているもので ある 個 人 企 業 については 家 計 分 との 経 理 が 明 瞭 に 区 別 しがたい 面 があるため 受 取 財 産 所 得 は 営 業 資 産 に 関 して 生 じたものであっても 最 終 消 費 主 体 としての 家 計 の 財 産 所 得 とみな して 企 業 所 得 には 含 めない また 支 払 財 産 所 得 のうち 賃 貸 料 は 全 額 個 人 企 業 の 支 払 と して 取 扱 い 利 子 については 消 費 用 のもの( 消 費 者 負 債 利 子 )とその 他 の 利 子 に 区 分 し 前 者 を 家 計 の 後 者 を 個 人 企 業 の 支 払 と 考 える なお 自 宅 と 事 業 所 が 異 なる 場 合 は 事 業 所 の 所 在 する 県 の 経 済 活 動 とみなし 営 業 余 剰 から 企 業 活 動 による 利 子 賃 貸 料 の 支 払 および 反 対 給 付 のない 経 常 移 転 の 支 払 を 控 除 し たものを 事 業 活 動 県 の 財 産 所 得 のその 他 の 支 払 とする 自 宅 所 在 県 では 同 額 を 県 外 からの 財 産 所 得 の 受 取 として 計 上 する (4) 県 民 所 得 以 上 の 諸 項 目 の 合 計 額 が 県 民 概 念 の 要 素 費 用 表 示 の 純 生 産 = 県 民 所 得 として 表 示 される (5) 生 産 輸 入 品 に 課 される 税 ( 控 除 ) 補 助 金 ア 生 産 輸 入 品 に 課 される 税 いわゆる 間 接 税 であり 1 財 貨 サービスの 生 産 販 売 購 入 または 使 用 に 関 して 生 産 者 に 課 される 租 税 及 び 税 外 負 担 で 2 税 法 上 損 金 算 入 が 認 められて 所 得 とはならず 3その 負 担 が 最 終 購 入 者 へ 転 嫁 されるものである 例 として 消 費 税 関 税 酒 税 不 動 産 取 得 税 事 業 税 固 定 資 産 税 企 業 の 支 払 う 自 動 車 税 などの 租 税 印 紙 収 入 があげられる また 財 政 収 入 を 目 的 とするもので 政 府 の 事 業 所 得 に 分 類 されない 税 外 収 入 ( 日 本 中 央 競 馬 会 納 付 金 など)も 生 産 輸 入 品 に 課 される 税 に 含 まれる 持 ち 家 家 計 は 住 宅 賃 貸 業 を 営 むものと 擬 制 されているので 家 計 からの 固 定 資 産 税 は 生 産 輸 入 品 に 課 される 税 として 扱 われる イ 補 助 金 1 企 業 に 対 して 支 払 われるものであること 2 企 業 の 経 常 費 用 を 賄 うために 交 付 される ものであること 3 財 サービスの 市 場 価 格 を 低 下 させると 考 えられるものであること の3つの 条 件 を 満 たす 経 常 的 交 付 金 である 公 的 企 業 の 営 業 損 失 を 補 うためになされる 政 府 からの 繰 り 入 れも 補 助 金 に 含 まれる 補 助 金 によって その 額 だけ 市 場 価 格 が 低 められ

20 るため 負 の 生 産 輸 入 品 に 課 される 税 とみなすことができる なお 投 資 資 本 資 産 運 転 資 産 の 損 失 の 補 償 のために 産 業 に 対 して 行 われる 移 転 は 補 助 金 ではなく 資 本 移 転 に 分 類 されるほか 補 助 金 という 名 称 であっても 地 方 自 治 体 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 家 計 などの 産 業 以 外 の 主 体 への 経 常 的 交 付 金 は 政 府 による 他 の 種 類 の 経 常 移 転 ( 他 に 分 類 されない 経 常 移 転 )として 扱 われる (6) 県 民 所 得 ( 市 場 価 格 表 示 ) 県 民 所 得 ( 要 素 費 用 表 示 の 県 民 純 生 産 )に 所 得 支 出 勘 定 の 一 般 政 府 部 門 の 受 払 に 計 上 さ れているものから 算 出 する 生 産 輸 入 品 に 課 される 税 マイナス 補 助 金 を 加 え 市 場 価 格 ベースに 転 換 して 市 場 価 格 表 示 の 県 民 所 得 が 表 示 される (7) その 他 の 経 常 移 転 ( 純 ) 1 非 金 融 法 人 企 業 及 び 金 融 機 関 2 一 般 政 府 3 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 4 家 計 ( 個 人 企 業 を 含 む)に 分 けて 表 示 されている 制 度 部 門 別 所 得 支 出 勘 定 の 受 払 の 差 額 が 計 上 される (8) 県 民 可 処 分 所 得 県 民 可 処 分 所 得 は 以 下 のとおり 導 き 出 される 可 処 分 所 得 = 各 制 度 部 門 が 生 産 過 程 へ 参 加 した 結 果 として 受 け 取 る 所 得 ( 雇 用 者 報 酬 混 合 所 得 営 業 余 剰 等 )と 財 産 所 得 の 受 払 における 受 取 と 支 払 の 残 差 + 所 得 富 等 に 課 される 経 常 税 の 受 払 + 社 会 給 付 社 会 負 担 の 受 払 + その 他 の 経 常 移 転 の 受 払 県 民 可 処 分 所 得 は 制 度 部 門 別 には 受 け 取 った 所 得 から 経 常 移 転 支 払 を 控 除 したもので 消 費 と 貯 蓄 の 合 計 に 等 しくなる 県 全 体 では 市 場 価 格 表 示 の 県 民 所 得 に 制 度 部 門 別 所 得 支 出 勘 定 から 求 められる 財 産 所 得 以 外 のその 他 の 経 常 移 転 の 純 受 取 額 の 各 制 度 部 門 総 額 を 加 算 したものが 県 民 可 処 分 所 得 となる 3 県 内 総 生 産 ( 支 出 側 ) 県 内 所 得 は 最 終 生 産 物 に 対 する 支 出 の 面 でも 把 握 することができる これを 県 内 総 生 産 ( 支 出 側 )という 県 内 総 生 産 ( 支 出 側 )は 市 場 価 格 で 表 示 される 県 内 総 生 産 ( 生 産 側 )に 対 応 する 県 内 概 念 に 基 づき 財 貨 サービスの 処 分 状 況 を 最 終 消 費 支 出 総 資 本 形 成 ( 投 資 ) 財 貨 サービスの 移 出 ( 入 )の 需 要 項 目 ごとに 把 握 し これに 統 計 上 の 不 突 合 を 加 えることによって 県 内 総 生 産 ( 支 出 側 )を 表 示 し 最 後 に 県 外 からの 所 得 の 純 額 を 加 算 することによって 県 民 総 所 得 が 示 される なお この 県 内 総 生 産 ( 支 出 側 )については 名 目 値 のほか 固 定 基 準 年 方 式 による 実 質 値 及 びデフレーターも 表 示 される 実 質 値 は 価 格 の 騰 落 による 増 減 を 除 去 し 数 量 の 動 き( 品 質 の 変 化 を 含 む )をとらえるために 表 章 されており 参 照 年 (デフレーター=100となる 年

21 現 在 は 平 成 17 暦 年 )の 名 目 値 を 基 準 として 金 額 表 示 したものになっている また デフレーターは 名 目 値 を 実 質 値 で 除 したもの(インプリシット デフレーター)を 掲 載 している (1) 民 間 最 終 消 費 支 出 民 間 最 終 消 費 支 出 は 家 計 最 終 消 費 支 出 と 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 最 終 消 費 支 出 の 合 計 であ る ア 家 計 最 終 消 費 支 出 家 計 最 終 消 費 支 出 は 居 住 者 である 家 計 ( 個 人 企 業 を 除 く)が 一 定 期 間 に 行 う 新 たな 財 貨 サービスの 取 得 に 対 して 費 用 を 直 接 に 支 払 う 支 出 であって 同 種 の 中 古 品 スクラ ップの 純 販 売 額 ( 販 売 額 - 購 入 額 )を 控 除 したものである 中 古 品 取 引 については それが 家 計 部 門 内 相 互 間 の 取 引 である 場 合 と 他 部 門 との 間 の 取 引 である 場 合 とにわけられる 前 者 の 場 合 には 中 古 品 の 販 売 額 は 相 殺 され その 取 引 に 伴 う 流 通 マージンのみが 家 計 最 終 消 費 支 出 に 計 上 されるが 後 者 の 場 合 には 家 計 からの 販 売 額 はマイナスの 家 計 消 費 支 出 となり 逆 に 家 計 が 他 部 門 から 購 入 した 中 古 品 は 購 入 額 が 家 計 最 終 消 費 支 出 となり 販 売 した 部 門 では 販 売 額 をマイナスの 支 出 として 計 上 する こととしている 財 貨 サービスの 取 得 は 現 金 支 出 を 伴 うもののほか 農 家 における 農 作 物 の 自 家 消 費 自 己 所 有 住 宅 の 帰 属 家 賃 賃 金 俸 給 における 現 物 給 与 等 ( 給 与 住 宅 差 額 家 賃 を 含 む)も 含 まれる 家 計 の 財 貨 購 入 のうち 家 具 その 他 の 耐 久 財 購 入 はすべて 消 費 支 出 としてここに 含 まれ るが 土 地 造 成 及 び 住 宅 建 設 は 投 資 活 動 とみなして 民 間 総 固 定 資 本 形 成 に 含 められ 個 人 税 及 び 税 外 負 担 は 移 転 的 なもので 最 終 消 費 支 出 から 除 かれる 仕 送 り 金 贈 与 金 労 働 組 合 費 などの 家 計 間 及 び 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 への 移 転 も 家 計 最 終 支 出 とはみなされない イ 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 最 終 消 費 支 出 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 最 終 消 費 支 出 は 対 家 計 民 間 非 営 利 サービス 生 産 者 ( 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 )の 産 出 額 から 商 品 非 商 品 ( 注 )の 販 売 額 を 控 除 したものである すなわち 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 が 商 品 非 商 品 の 販 売 により 得 ることができる 収 入 は 生 産 コスト ( 中 間 投 入 + 雇 用 者 報 酬 + 固 定 資 本 減 耗 + 生 産 輸 入 品 に 課 される 税 )をカバーしえず その 差 額 が 自 己 消 費 とみなされ 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 最 終 消 費 支 出 として 計 上 される ( 注 ) 県 民 経 済 計 算 では 財 貨 サービスを 商 品 と 非 商 品 とに 区 分 している 商 品 は 産 業 によって 生 産 される 財 貨 サービスで 利 潤 獲 得 のため 生 産 される ものである 通 常 生 産 コストを 上 回 る 価 格 で 市 場 で 取 引 される 非 商 品 は 政 府 サービス 生 産 者 及 び 対 家 計 民 間 非 営 利 サービス 生 産 者 により 生 産 される 財 貨 サービスである 通 常 価 格 が 生 産 コストをカバーせず 市 場 におけ る 取 引 によらないで 供 給 される

22 (2) 政 府 最 終 消 費 支 出 県 民 経 済 計 算 では 一 般 政 府 を 単 なる 消 費 主 体 としてだけでなく 生 産 主 体 としても 捉 え ており 生 産 された 政 府 サービスは 一 部 を 除 き 政 府 自 ら 消 費 するものとして 政 府 最 終 消 費 に 計 上 する すなわち 一 般 政 府 の 財 政 サービスに 対 する 経 常 的 支 出 である 政 府 サービス 生 産 者 の 産 出 額 ( 中 間 投 入 + 雇 用 者 報 酬 + 固 定 資 本 減 耗 + 生 産 輸 入 品 に 課 される 税 )から 他 部 門 に 販 売 した 額 ( 商 品 非 商 品 販 売 )(たとえば 国 公 立 学 校 の 生 産 する 教 育 サービスのような ものの 授 業 料 など)を 差 し 引 いたもの( 自 己 消 費 )に 現 物 社 会 給 付 等 を 加 えたものを 政 府 最 終 消 費 支 出 として 計 上 する (3) ( 再 掲 ) 家 計 現 実 最 終 消 費 政 府 現 実 最 終 消 費 一 般 政 府 や 家 計 等 の 消 費 には その 源 泉 が 可 処 分 所 得 か 調 整 可 処 分 所 得 かによっ て 2つの 概 念 すなわち 最 終 消 費 支 出 と 現 実 最 終 消 費 ( 注 )が 存 在 する 最 終 消 費 支 出 は 各 制 度 部 門 が 実 際 に 支 出 負 担 した 額 を 示 す 項 目 であり 一 方 現 実 最 終 消 費 は 各 制 度 部 門 が 実 際 に 享 受 した 便 益 の 額 を 表 すものである 具 体 的 には 現 実 最 終 消 費 は 最 終 消 費 支 出 に 現 物 社 会 移 転 の 受 払 を 加 味 したものである 各 制 度 部 門 の 最 終 消 費 支 出 と 現 実 最 終 消 費 の 関 係 を68SNAにおける 消 費 の 概 念 も 併 せて 示 せば 次 のとおりである 消 費 概 念 の2 元 化 ( 概 念 図 ) 68SNA 93SNA 93SNA ( 可 処 分 所 得 の 使 用 勘 定 ) ( 調 整 可 処 分 所 得 の 使 用 勘 定 ) 家 計 最 終 消 費 支 出 移 転 的 支 出 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 最 終 消 費 支 出 一 般 政 府 最 終 消 費 支 出 家 計 最 終 消 費 支 出 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 最 終 消 費 支 出 一 般 政 府 最 終 消 費 支 出 個 別 A 消 費 支 B 出 集 合 消 費 支 出 家 計 現 実 最 終 消 費 一 般 政 府 現 実 最 終 消 費 A: 一 般 政 府 からの 移 転 的 支 出 ( 医 療 費 のうち 社 会 保 障 基 金 からの 給 付 分 及 び 教 科 書 購 入 費 等 )に 一 致 B: 教 育 や 保 健 衛 生 等 の 政 府 の 個 別 的 サービス 活 動 に 関 する 消 費 支 出 分

23 家 計 現 実 最 終 消 費 = 家 計 最 終 消 費 支 出 + 現 物 社 会 移 転 の 受 取 = 家 計 最 終 消 費 支 出 + 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 最 終 消 費 支 出 + 一 般 政 府 最 終 消 費 支 出 ( 個 別 消 費 支 出 分 ) 一 般 政 府 現 実 最 終 消 費 = 一 般 政 府 最 終 消 費 支 出 - 現 物 社 会 移 転 の 支 払 = 一 般 政 府 最 終 消 費 支 出 - 一 般 政 府 最 終 消 費 支 出 ( 個 別 消 費 支 出 分 ) = 一 般 政 府 最 終 消 費 支 出 ( 集 合 消 費 支 出 分 ) 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 現 実 最 終 消 費 = 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 最 終 消 費 支 出 - 現 物 社 会 移 転 の 支 払 = 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 最 終 消 費 支 出 - 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 最 終 消 費 支 出 ( 個 別 消 費 支 出 分 ) =0 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 最 終 消 費 支 出 には 集 合 的 サービスが 存 在 しないため そ の 最 終 消 費 支 出 すべてがそのまま 同 制 度 部 門 の 個 別 消 費 支 出 となる ( 注 ) 政 府 最 終 消 費 支 出 のうち 個 別 消 費 支 出 は 現 物 社 会 移 転 として 家 計 に 対 して 支 給 する 個 別 的 サービスについて 行 われる 支 出 である しかし 一 般 政 府 または 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 は 現 物 社 会 移 転 分 を 自 ら 消 費 するわけではなく 実 際 に 消 費 し 便 益 を 受 けるのは 家 計 である そこで 家 計 最 終 消 費 支 出 に 一 般 政 府 および 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 から の 現 物 社 会 移 転 を 加 え 便 益 を 受 けた 側 ( 家 計 部 門 )での 消 費 として 捉 えたものが 家 計 現 実 最 終 消 費 であり 一 般 政 府 現 実 最 終 消 費 は 一 般 政 府 最 終 消 費 支 出 から 現 物 社 会 移 転 としての 個 別 消 費 支 出 を 控 除 した 集 合 消 費 支 出 となる なお 最 終 消 費 支 出 は 実 際 にお 金 を 支 出 した 側 ( 部 門 )で 捉 えたものである (4) 総 資 本 形 成 民 間 及 び 公 的 企 業 一 般 政 府 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 家 計 ( 個 人 企 業 )の 支 出 ( 購 入 及 び 自 己 生 産 物 の 使 用 )のうち 中 間 消 費 とならないものであり 総 固 定 資 本 形 成 と 在 庫 品 増 加 からなる ア 総 固 定 資 本 形 成 民 間 法 人 公 的 企 業 一 般 政 府 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 及 び 家 計 ( 個 人 企 業 )が 新 規 に 購 入 した 有 形 又 は 無 形 の 資 産 ( 中 古 品 やスクラップ 土 地 等 の 純 販 売 額 は 控 除 し マージ ンや 移 転 経 費 は 含 む)であり 以 下 のものが 該 当 する (ア) 有 形 固 定 資 産 住 宅 住 宅 以 外 の 建 物 及 び 構 築 物 輸 送 機 器 機 械 設 備 育 成 資 産 ( 種 畜 乳 牛 果 樹 等 ) 民 間 転 用 が 可 能 な 防 衛 関 係 設 備 等 も 含 む (イ) 無 形 固 定 資 産 鉱 物 探 査 コンピュータ ソフトウエア( 受 注 型 及 びパッケージ 型 自 社 開 発 ソフト ウェア 等 ) プラントエンジニアリング

24 (ウ) 有 形 非 生 産 資 産 の 改 良 土 地 の 造 成 改 良 鉱 山 農 地 等 の 開 発 拡 張 等 なお 建 物 道 路 ダム 港 湾 等 建 設 物 の 仕 掛 工 事 は 建 設 発 注 者 の 総 固 定 資 本 形 成 に 含 まれるが 重 機 械 器 具 の 仕 掛 工 事 は その 財 貨 生 産 者 の 在 庫 品 増 加 に 分 類 される a 民 間 総 固 定 資 本 形 成 は 次 の 基 準 のいずれかに 該 当 する 支 出 を 属 地 主 義 によって 推 計 す る (a) 耐 用 年 数 1 年 以 上 1 品 目 1 件 当 たりの 金 額 がおおむね10 万 円 以 上 の 有 形 及 び 無 形 の 固 定 資 産 の 取 得 に 対 する 支 出 (b) 固 定 資 産 の 取 得 に 要 する 直 接 的 経 費 (c) 修 繕 補 修 のうち 改 造 や 新 しい 機 能 の 追 加 など その 耐 用 年 数 や 生 産 性 を 大 幅 に 増 大 させる 支 出 ( 単 なる 破 損 の 修 理 や 正 常 な 稼 働 を 保 つための 支 出 ( 経 常 的 修 理 維 持 )は 除 く 中 間 消 費 ) (d) 鉄 道 用 レールおよび 電 線 など 取 替 資 産 の 取 替 分 (e) 建 設 工 事 ( 建 物 道 路 その 他 の 建 物 等 )で 建 設 仮 勘 定 に 計 上 されている 県 内 向 け 仕 掛 工 事 ( 支 出 把 握 の 時 点 は 進 捗 ベースによる) (f) 土 地 改 良 および 住 宅 建 築 向 け 個 人 ( 家 計 にサービスを 提 供 する 民 間 非 営 利 団 体 を 含 む)の 支 出 (g) 大 動 植 物 の 取 得 のための 費 用 固 定 資 産 として 取 り 扱 われる 大 動 植 物 の 取 得 は 企 業 設 備 に 含 める (h) 中 古 資 産 は 他 県 との 間 で 移 転 するものだけを 対 象 とし 取 得 価 額 を 企 業 設 備 に 加 算 すると 同 時 に 移 入 に 計 上 し 売 却 した 県 は 企 業 設 備 から 控 除 すると 同 時 に 移 出 に 計 上 する (i) 船 舶 車 両 及 び 航 空 機 などの 移 動 性 償 却 資 産 で2 以 上 の 県 にわたって 使 用 され るものについては 総 務 省 から 市 町 村 に 配 分 する 当 該 固 定 資 産 の 評 価 額 を 調 査 し て 計 上 する (j) 住 宅 は 所 有 のいかんを 問 わず 民 間 所 有 の 専 用 住 宅 産 業 併 用 住 宅 の 居 住 用 部 分 分 譲 住 宅 ( 都 市 再 生 機 構 住 宅 供 給 公 社 などの 分 譲 分 を 含 む) 法 人 所 有 の 社 宅 からなっている b 公 的 公 的 固 定 資 本 形 成 の 推 計 対 象 は 普 通 会 計 非 企 業 会 計 及 び 公 的 企 業 である 公 的 固 定 資 本 形 成 を 把 握 する 際 には 公 共 事 業 関 係 の 調 査 費 計 画 費 は 建 設 事 業 が 具 体 的 に 決 定 された 後 の 当 該 工 事 の 施 工 に 必 要 なものだけを また 工 事 事 務 費 は 現 場 事 務 所 の 経 費 だけを 資 本 支 出 とする 公 的 固 定 資 本 形 成 は 進 捗 ベースで 把 握 することを 原 則 とし 国 直 轄 の 公 共 事 業 で2 県 以 上 にわたる 場 合 はその 県 に 該 当 する 投 資 額 を 計 上 する なお 資 本 補 助 金 ( 主 と して 施 設 設 備 補 助 金 からなっている)は 資 本 形 成 を 行 う 主 体 に 計 上 する

25 車 両 等 移 動 性 固 定 資 産 は 所 属 する 事 業 所 の 所 在 する 県 の 資 本 形 成 に 計 上 するが 受 託 工 事 については その 工 事 の 委 託 者 の 固 定 資 本 形 成 とするのを 原 則 とするから 政 府 では 計 上 しないこととする なお 一 般 政 府 に 含 められた 独 立 行 政 法 人 の 固 定 資 本 形 成 は 機 械 設 備 の 購 入 等 も 計 上 する イ 在 庫 品 増 加 在 庫 品 増 加 は 企 業 及 び 一 般 政 府 が 所 有 する 製 品 仕 掛 品 原 材 料 等 の 棚 卸 資 産 のある 一 定 期 間 における 物 量 的 増 減 を 市 場 価 格 で 評 価 したものである 仕 掛 工 事 中 の 重 機 械 器 具 と 畜 や 商 品 用 に 飼 育 されている 家 畜 も 含 まれる これは 民 間 企 業 の 在 庫 品 増 加 公 的 企 業 の 在 庫 品 増 加 一 般 政 府 の 在 庫 品 増 加 に 分 けられる 在 庫 品 増 加 は 事 業 所 主 義 で 計 上 するが 船 舶 車 両 および 航 空 機 などの 移 動 性 償 却 資 産 の 仕 掛 工 事 分 は 発 注 者 に 引 渡 すまでは 受 注 者 の 在 庫 に 計 上 し 引 渡 し 時 において 在 庫 減 とすると 同 時 に 発 注 者 の 固 定 資 本 形 成 に 計 上 する 公 的 企 業 の 在 庫 品 増 加 は 食 糧 管 理 特 別 会 計 の 麦 等 の 原 材 料 資 材 貯 蔵 品 等 の 増 減 で ある また 一 般 政 府 のそれは 国 の 原 油 備 蓄 等 の 増 減 を 含 む なお 在 庫 品 増 加 は 在 庫 品 評 価 調 整 ( 注 ) 後 で 評 価 する ( 注 ) 県 民 経 済 計 算 においては 発 生 主 義 の 原 則 がとられており 在 庫 品 増 加 は 当 該 棚 卸 資 産 の 在 庫 増 減 時 点 の 価 格 で 評 価 すべきものとされている しかし 入 手 可 能 な 在 庫 関 係 データは 企 業 会 計 に 基 づくものであり 後 入 先 出 法 や 先 入 先 出 法 等 企 業 会 計 上 認 められる 様 々な 在 庫 評 価 方 法 で 評 価 されている 従 って 期 末 在 庫 残 高 から 期 首 在 庫 残 高 を 差 し 引 いて 得 られる 増 減 額 には 期 首 と 期 末 の 評 価 価 格 の 差 による 分 ( 一 種 の キャピタル ゲインあるいはロス)も 含 まれている この 評 価 価 格 の 差 による 分 を 除 くための 調 整 が 在 庫 品 評 価 調 整 である 在 庫 品 評 価 調 整 は 生 産 では 産 業 別 に 営 業 余 剰 で 分 配 では 企 業 所 得 で 支 出 では 在 庫 品 増 加 で 行 われる (5) 財 貨 サービスの 移 出 入 ( 純 ) 財 貨 サービスの 移 出 ( 入 )と 直 接 購 入 から 構 成 される 移 出 ( 入 )とは 居 住 者 と 非 居 住 者 間 の 財 貨 サービスの 取 引 であり 直 接 購 入 とは 居 住 者 ( 非 居 住 者 )による 県 外 ( 内 ) 市 場 の 財 貨 サービスの 直 接 取 引 である 財 貨 サービスの 移 出 入 ( 純 )とは 県 外 に 移 出 した 商 品 等 と 県 外 居 住 者 の 県 内 における 消 費 支 出 と 県 外 から 移 入 した 商 品 等 と 県 内 居 住 者 の 県 外 における 消 費 支 出 の 差 である ただし ここでは 要 素 所 得 ( 労 働 及 び 資 本 )にかかるものは 除 かれる (6) 統 計 上 の 不 突 合 県 内 総 生 産 ( 支 出 側 )と 県 内 総 生 産 ( 生 産 側 )は 概 念 上 一 致 すべきものであるが 推 計 上 の 接 近 方 法 が 異 なっているため 推 計 値 にくいちがいが 生 じることがある このくいちが いを 統 計 上 の 不 突 合 といい 勘 定 体 系 のバランスを 図 るために 表 章 される (7) 県 外 からの 所 得 ( 純 ) 県 民 所 得 から 県 内 純 生 産 を 差 し 引 いて 求 められる 県 外 との 所 得 の 受 払 には 雇 用 者 報 酬 財 産 所 得 が 含 まれる

26 Ⅲ 付 表 1 一 般 政 府 の 部 門 別 所 得 支 出 取 引 一 般 政 府 の 内 訳 部 門 別 ( 国 出 先 機 関 県 市 町 村 社 会 保 障 基 金 )の 所 得 支 出 勘 定 である 一 般 政 府 全 体 としての 当 勘 定 は 一 般 政 府 をその 性 格 及 び 果 たす 役 割 などにしたがって 一 般 政 府 に 分 類 されるすべての 省 庁 事 務 所 などの 組 織 で 中 央 政 府 の 手 足 となる 部 門 で 構 成 されて いる 国 出 先 機 関 地 方 自 治 体 である 県 市 町 村 社 会 全 体 ないし 社 会 の 多 くの 部 分 を 対 象 にし ており 加 入 が 法 律 によって 強 制 され 積 立 方 式 以 外 の 方 法 で 運 営 されている 社 会 保 障 基 金 ( 国 の 社 会 保 険 特 別 会 計 共 済 組 合 国 民 年 金 など)の4 部 門 に 分 割 し それぞれの 部 門 の 所 得 支 出 取 引 をみることにより 政 府 部 門 の 県 民 経 済 に 果 たしている 役 割 を 詳 細 に 把 握 するための 取 引 表 である 2 社 会 保 障 負 担 の 明 細 表 ( 一 般 政 府 の 受 取 ) 社 会 保 障 負 担 とは 雇 用 者 によって 負 担 されるか 雇 主 によって 負 担 されるかにかかわらず 一 般 政 府 の 一 部 門 である 社 会 保 障 基 金 に 対 して 雇 用 者 の 利 益 のために 支 出 される 負 担 金 であ る 本 表 においては 社 会 保 障 基 金 に 属 する 社 会 保 険 特 別 会 計 共 済 組 合 などの 構 成 部 門 ごとに 雇 主 及 び 雇 用 者 の 負 担 額 を 表 章 している 一 般 政 府 から 家 計 への 移 転 の 明 細 表 ( 社 会 保 障 関 係 ) とともに 社 会 保 障 基 金 を 構 成 している 各 部 門 が 住 民 の 福 祉 のためにいかなる 活 動 を 示 しているかを 把 握 するための 明 細 表 である 3 一 般 政 府 から 家 計 への 移 転 の 明 細 表 ( 社 会 保 障 関 係 ) 国 連 93SNAにおいて 社 会 保 障 給 付 の 二 元 的 記 録 ( 現 金 によるものと 現 物 社 会 給 付 )が 勧 告 されていることを 受 け 社 会 保 障 に 係 る 一 般 政 府 から 家 計 への 経 常 移 転 の 詳 細 を 記 録 する 一 般 政 府 から 家 計 への 移 転 の 明 細 表 において 現 物 社 会 移 転 以 外 の 社 会 給 付 及 び 現 物 社 会 移 転 の2つの 項 目 に 分 けて 記 録 している これにより 社 会 保 障 基 金 から 家 計 に 支 払 われる 社 会 保 障 給 付 金 ( 雇 用 保 険 給 付 金 事 故 傷 害 及 び 疾 病 に 対 する 給 付 金 など) 特 定 の 基 金 準 備 金 を 設 けず また 民 間 基 金 や 保 険 組 織 に 加 入 しないで 雇 主 によって 雇 用 者 に 直 接 支 払 われる 無 基 金 雇 用 者 社 会 給 付 ( 退 職 一 時 金 公 務 災 害 補 償 費 など) 及 び 社 会 扶 助 給 付 ( 恩 給 特 別 弔 慰 金 など)の 社 会 保 障 関 係 支 出 の 状 況 を 社 会 保 障 制 度 を 構 成 する 厚 生 年 金 等 の 特 別 会 計 国 民 健 康 保 険 共 済 組 合 等 といった 機 関 ごとに 国 民 に 対 する 福 祉 ( 社 会 保 障 関 係 )の 実 態 を その 社 会 保 障 給 付 が 現 金 によるものなのか 現 物 によるものなのかを 詳 細 に 把 握 するこ とが 可 能 となる 4 経 済 活 動 別 県 内 総 生 産 及 び 要 素 所 得 経 済 活 動 別 に 産 出 額 から 県 内 要 素 所 得 まで 示 され さらに 県 内 要 素 所 得 は 県 内 雇 用 者 報 酬 と 営 業 余 剰 混 合 所 得 に 分 けて 示 される 経 済 活 動 別 に 生 産 者 価 格 表 示 の 産 出 額 を 推 計 し これから 中 間 投 入 額 ( 原 材 料 燃 料 等 の 物 的 経 費 及 びサービス 経 費 等 )を 控 除 して 県 内 総 生 産 を 推 計 する こうして 求 めた 生 産 者 価 格 表 示 の 経 済 活 動 別 県 内 総 生 産 から 固 定 資 本 減 耗 を 控 除 して 生 産 者 価 格 表 示 の 県 内 純 生 産 を 求

27 める 次 いで これから 生 産 輸 入 品 に 課 される 税 ( 控 除 ) 補 助 金 を 控 除 して 県 内 要 素 所 得 を 求 め さらにこれから 県 内 雇 用 者 報 酬 を 控 除 して 営 業 余 剰 混 合 所 得 を 求 める 5 経 済 活 動 別 就 業 者 数 及 び 雇 用 者 数 経 済 活 動 別 の 労 働 力 の 投 入 量 を 年 間 平 均 就 業 者 数 雇 用 者 数 のかたちで 示 したものである 計 数 の 利 用 にあたっては 次 の 点 に 留 意 する 分 類 は93SNA 分 類 による いくつかの 仕 事 を 兼 ねている 者 例 えば 営 業 主 を 本 業 としながら 副 業 として 雇 用 者 でもあ る 者 あるいは2か 所 の 事 業 所 に 雇 用 されているような 者 については 2 人 と 数 えているた め 国 勢 調 査 など1 人 の 仕 事 を1つの 就 業 に 限 って 数 えているような 調 査 から 得 られる 計 数 より 雇 用 者 総 数 は 大 きくなっている 就 業 時 間 の 短 いパート タイム 労 働 者 についても 人 数 を 就 業 時 間 の 多 少 によって 調 整 する ことはせず フル タイムの 労 働 者 と 同 様 に 一 人 としている 個 人 企 業 における 有 給 の 家 族 従 業 者 は 雇 用 者 としている なお 労 働 生 産 性 の 分 析 などのためには 雇 用 者 のほかに 個 人 業 主 や 家 族 従 業 者 ( 無 給 )を 含 めた 産 業 別 就 業 者 数 が 有 用 である

28 4 経 済 活 動 別 分 類 (SNA 分 類 )と 日 本 標 準 産 業 分 類 の 対 応 表 S N A 産 業 分 類 1 産 業 (1) 農 林 水 産 業 1 農 業 2 林 業 日 本 標 準 産 業 分 類 01 農 業 (0113 のうち きのこ 類 の 栽 培 林 業 ) (014 園 芸 サービス 業 サービス 業 ) 741 獣 医 業 02 林 業 0113 野 菜 作 農 業 (きのこ 類 の 栽 培 を 含 む) (うち きのこ 類 の 栽 培 ) 3 水 産 業 03 漁 業 ( 水 産 養 殖 業 を 除 く) 04 水 産 養 殖 業 (2) 鉱 業 (3) 製 造 業 1 食 料 品 2 繊 維 3 パルプ 紙 4 化 学 5 石 油 石 炭 製 品 05 鉱 業 採 石 業 砂 利 採 取 業 2181 砕 石 製 造 業 09 食 料 品 製 造 業 10 飲 料 たばこ 飼 料 製 造 業 1641 脂 肪 酸 硬 化 油 グリセリン 製 造 業 (うち 硬 化 油 ( 食 用 ) ) 952 と 畜 場 11 繊 維 工 業 (1112 化 学 繊 維 製 造 業 化 学 ) (1113 炭 素 繊 維 製 造 業 窯 業 土 石 製 品 製 造 業 ) (116 外 衣 シャツ 製 造 業 ( 和 式 を 除 く) 117 下 着 類 製 造 業 118 和 装 製 品 その 他 の 衣 服 繊 維 製 身 の 回 り 品 製 造 業 その 他 の 製 造 業 ) (1191 寝 具 製 造 業 1192 毛 布 製 造 業 1194 帆 布 製 品 製 造 業 1195 繊 維 製 袋 製 造 業 1196 刺 しゅう 業 1197 タオル 製 造 業 1199 他 に 分 類 されない 繊 維 製 品 製 造 業 その 他 の 製 造 業 ) 14 パルプ 紙 紙 加 工 品 製 造 業 1226 繊 維 板 製 造 業 16 化 学 工 業 (1641 脂 肪 酸 硬 化 油 グリセリン 製 造 業 のうち 硬 化 油 ( 食 用 ) 食 料 品 ) 1112 化 学 繊 維 製 造 業 17 石 油 製 品 石 炭 製 品 製 造 業 6 窯 業 土 石 製 品 21 窯 業 土 石 製 品 製 造 業 (2181 砕 石 製 造 業 鉱 業 ) 1113 炭 素 繊 維 製 造 業 7 鉄 鋼 8 非 鉄 金 属 9 金 属 製 品 10 一 般 機 械 11 電 気 機 械 22 鉄 鋼 業 23 非 鉄 金 属 製 造 業 24 金 属 製 品 製 造 業 25 はん 用 機 械 器 具 製 造 業 26 生 産 用 機 械 器 具 製 造 業 27 業 務 用 機 械 器 具 製 造 業 (273 計 量 器 測 定 器 分 析 機 器 試 験 機 測 量 機 械 器 具 理 化 学 機 械 器 具 製 造 業 274 医 療 用 機 械 器 具 医 療 用 品 製 造 業 275 光 学 機 械 器 具 レンズ 製 造 業 精 密 機 械 製 造 業 ) (2761 武 器 製 造 業 その 他 の 製 造 業 ) 28 電 子 部 品 デバイス 電 子 回 路 製 造 業 29 電 気 機 械 器 具 製 造 業 30 情 報 通 信 機 械 器 具 製 造 業

29 S N A 産 業 分 類 12 輸 送 用 機 械 日 本 標 準 産 業 分 類 31 輸 送 用 機 械 器 具 製 造 業 13 精 密 機 械 14 その 他 の 製 造 業 (4) 建 設 業 (5) 電 気 ガス 水 道 業 1 電 気 業 2 ガス 業 熱 供 給 業 273 計 量 器 測 定 器 分 析 機 器 試 験 機 測 量 機 械 器 具 理 化 学 機 械 器 具 製 造 業 274 医 療 用 機 械 器 具 医 療 用 品 製 造 業 275 光 学 機 械 器 具 レンズ 製 造 業 323 時 計 同 部 分 品 製 造 業 3297 眼 鏡 製 造 業 ( 枠 を 含 む) 11 繊 維 工 業 (うち116 外 衣 シャツ 製 造 業 ( 和 式 を 除 く) 117 下 着 類 製 造 業 118 和 装 製 品 その 他 の 衣 類 繊 維 製 身 の 回 り 品 製 造 業 1191 寝 具 製 造 業 1192 毛 布 製 造 業 1194 帆 布 製 品 製 造 業 1195 繊 維 製 袋 製 造 業 1196 刺 しゅう 業 1197 タオル 製 造 業 1199 他 に 分 類 されない 繊 維 製 品 製 造 業 ) 12 木 材 木 製 品 製 造 業 ( 家 具 を 除 く) (1226 繊 維 板 製 造 業 パルプ 紙 紙 加 工 品 製 造 業 ) 13 家 具 装 備 品 製 造 業 15 印 刷 同 関 連 業 18 プラスチック 製 品 製 造 業 ( 別 掲 を 除 く) 19 ゴム 製 品 製 造 業 20 なめし 革 同 製 品 毛 皮 製 造 業 2761 武 器 製 造 業 32 その 他 の 製 造 業 (323 時 計 同 部 分 品 製 造 業 3297 眼 鏡 製 造 業 ( 枠 を 含 む) 精 密 機 械 器 具 製 造 業 ) 4121 レコード 制 作 業 06 総 合 工 事 業 ~ 08 設 備 工 事 業 33 電 気 業 34 ガス 業 35 熱 供 給 業 3 水 道 業 361 上 水 道 業 (うち 船 舶 給 水 業 を 除 く) 362 工 業 用 水 道 業 4 廃 棄 物 処 理 業 88 廃 棄 物 処 理 業 (うち 民 営 事 業 所 による 活 動 ) (6) 卸 売 小 売 業 1 卸 売 業 2 小 売 業 (7) 金 融 保 険 業 1 金 融 業 50 各 種 商 品 卸 売 業 ~ 55 その 他 の 卸 売 業 959 他 に 分 類 されないサービス 業 (うち 卸 売 市 場 ) 56 各 種 商 品 小 売 業 (6033 調 剤 薬 局 のうち 医 師 の 処 方 箋 に 基 づく 調 剤 サービス 業 ) 61 無 店 舗 小 売 業 77 持 ち 帰 り 配 達 飲 食 サービス 業 (772 配 達 飲 食 サービス 業 のうち 給 食 政 府 サービス 生 産 者 サービス 業 対 家 計 民 間 非 営 利 サービス 生 産 者 教 育 ) ~ 62 銀 行 業 ~ 66 補 助 的 金 融 業 等 2 保 険 業 67 保 険 業 ( 保 険 媒 介 代 理 業 保 険 サービス 業 を 含 む)

30 S N A 産 業 分 類 (8) 不 動 産 業 1 不 動 産 取 引 業 68 不 動 産 取 引 業 日 本 標 準 産 業 分 類 2 住 宅 賃 貸 業 3 不 動 産 賃 貸 業 (9) 運 輸 業 (10) 情 報 通 信 業 1 通 信 業 2 放 送 業 3 情 報 サービス 映 像 文 字 情 報 制 作 業 (11) サ ー ビ ス 業 1 公 共 サービス 業 教 育 692 貸 家 業 貸 間 業 帰 属 計 算 する 住 宅 賃 貸 料 69 不 動 産 賃 貸 業 管 理 業 (6912 土 地 賃 貸 業 を 除 く) (693 駐 車 場 業 運 輸 業 ) 42 鉄 道 業 ~ 48 運 輸 に 附 帯 するサービス 業 (4855 桟 橋 泊 きょ 業 政 府 サービス 生 産 者 ( 公 務 )) 693 駐 車 場 業 791 旅 行 業 37 通 信 業 40 インターネット 付 随 サービス 業 49 郵 便 業 ( 信 書 便 事 業 を 含 む) 86 郵 便 局 38 放 送 業 39 情 報 サービス 業 411 映 像 情 報 制 作 配 給 業 413 新 聞 業 414 出 版 業 4161 ニュース 供 給 業 4169 その 他 の 映 像 音 声 文 字 情 報 制 作 に 附 帯 する サービス 業 ( 音 声 を 除 く) 7291 興 信 所 8221 職 員 教 育 施 設 支 援 業 8299 他 に 分 類 されない 教 育 学 習 支 援 業 研 究 71 学 術 開 発 研 究 機 関 ( 政 府 非 営 利 に 含 まれるものを 除 く) 医 療 保 健 6033 調 剤 薬 局 (うち 医 師 の 処 方 箋 に 基 づく 調 剤 ) 83 医 療 業 (うち 介 護 保 険 におけるサービス 除 く) 842 健 康 相 談 施 設 8491 検 疫 所 ( 動 物 検 疫 所 植 物 防 疫 所 を 除 く) 8492 検 査 業 ( 国 及 び 地 方 公 共 団 体 による 活 動 を 除 く) 8493 消 毒 業 ( 国 及 び 地 方 公 共 団 体 による 活 動 を 除 く) 8499 他 に 分 類 されない 保 健 衛 生 ( 国 及 び 地 方 公 共 団 体 による 活 動 を 除 く) 85 社 会 保 険 社 会 福 祉 介 護 事 業 (うち 会 社 個 人 等 による 活 動 ( 介 護 保 険 におけるサービス 除 く)) 介 護 83 医 療 業 (うち 介 護 保 険 におけるサービス 活 動 ) 854 老 人 福 祉 介 護 事 業 (うち 介 護 保 険 によって 提 供 されるサービス) 8599 他 に 分 類 されない 社 会 保 険 社 会 福 祉 介 護 事 業 (うち 介 護 保 険 によって 提 供 されるサービス) その 他 の 公 共 サービス 87 協 同 組 合 ( 他 に 分 類 されないもの) 931 経 済 団 体

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類 1 市 町 村 民 所 得 の 概 念 (1) 市 町 村 民 所 得 の 概 念 市 町 村 民 所 得 推 計 は 県 民 経 済 計 算 の 概 念 を 市 町 村 という 行 政 区 域 に 適 用 して 市 町 村 単 位 での 1 年 間 に 生 み 出 された 価 値 ( 付 加 価 値 )を 生 産 分 配 の 二 面 からとらえることにより 市 町 村 経 済 の 規 模 や 産

More information

Taro-25 目次、概念と構成等

Taro-25 目次、概念と構成等 1 県 民 経 済 計 算 の 目 的 県 民 経 済 計 算 の 概 念 と 構 成 県 民 経 済 計 算 は 国 民 経 済 計 算 ( 国 連 提 案 の 現 行 国 際 標 準 方 式 93SNA(a System of National Accounts)による 計 算 体 系 )の 基 本 的 な 考 え 方 や 計 算 体 系 を 県 段 階 に 援 用 し 県 という 行 政 区

More information

1 道 民 経 済 計 算 の 概 要 (1) 道 民 経 済 計 算 のねらい 道 民 経 済 計 算 は 北 海 道 の 経 済 の 循 環 と 構 造 を 生 産 分 配 支 出 の 各 面 から 計 量 的 に 把 握 することにより 本 道 経 済 の 実 態 を 包 括 的 体 系 的

1 道 民 経 済 計 算 の 概 要 (1) 道 民 経 済 計 算 のねらい 道 民 経 済 計 算 は 北 海 道 の 経 済 の 循 環 と 構 造 を 生 産 分 配 支 出 の 各 面 から 計 量 的 に 把 握 することにより 本 道 経 済 の 実 態 を 包 括 的 体 系 的 第 3 編 道 民 経 済 計 算 の し く み 第 1 章 道 民 経 済 計 算 の し く み - 287 - 1 道 民 経 済 計 算 の 概 要 (1) 道 民 経 済 計 算 のねらい 道 民 経 済 計 算 は 北 海 道 の 経 済 の 循 環 と 構 造 を 生 産 分 配 支 出 の 各 面 から 計 量 的 に 把 握 することにより 本 道 経 済 の 実 態 を 包 括

More information

<34323192AC96AF8F8A93BE90848C762E786C73>

<34323192AC96AF8F8A93BE90848C762E786C73> 平 成 21 年 度 和 泊 町 民 所 得 推 計 報 告 書 平 成 24 年 3 月 鹿 児 島 県 大 島 郡 和 泊 町 は し が き ここに 平 成 21 年 度 町 民 所 得 推 計 結 果 を 公 表 します 御 承 知 の 通 り, 町 民 所 得 推 計 は, 町 民 の1 年 間 の 経 済 活 動 によって 生 み 出 された 所 得 を 総 合 的 に 把 握 して,

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

4-1_H25riyousyanotameni

4-1_H25riyousyanotameni 1 市 町 村 民 所 得 の 目 的 と 利 用 について 市 町 村 民 所 得 は 市 町 村 の 経 済 実 態 を 包 括 的 に 明 らかにし 併 せて 県 民 経 済 における 市 町 村 経 済 の 位 置 を 明 らかにします また 市 町 村 経 済 相 互 間 の 比 較 をすることにより 県 民 経 済 の 地 域 的 分 析 と 地 域 開 発 施 策 の 基 礎 資 料

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE> Ⅱ 会 計 科 目 の 説 明 (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 区 分 大 科 目 小 科 目 内 容 収 入 学 生 生 徒 等 納 学 則 に 記 載 されている 納 付 金 をいう( 在 学 条 件 として 義 務 的 に の 部 付 金 収 入 又 一 律 に 納 付 すべきものをいう ) 授 業 料 収 入 聴 講 料 補 講 料 教 職 課 程 履 修 費 を 含 む 入 学

More information

250912資料.xdw

250912資料.xdw 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 について ~ 会 計 基 準 の 概 要 運 用 指 針 ~ 平 成 25 年 9 月 12 日 ( 木 ) 小 野 瀬 木 下 税 理 士 法 人 小 野 瀬 公 認 会 計 士 事 務 所 大 木 芳 則 本 日 の 研 修 の 目 的 1. 新 会 計 基 準 の 構 成 について 理 解 しましょう! > 基 準 本 文 > 基 準 注 解 > 運 用

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

<91E6825295942E786477>

<91E6825295942E786477> 第 3 部 参 考 資 料 第 1 章 現 行 推 計 方 法 への 経 緯 第 2 章 取 引 主 体 の 分 類 第 3 章 用 語 解 説 第 4 章 推 計 方 法 第 5 章 SNA 経 済 活 動 別 分 類 と 日 本 標 準 産 業 分 類 との 対 応 第 6 章 平 成 25 年 度 の 主 なできごと 第 1 章 現 行 推 計 方 法 への 経 緯 1 国 における 経 緯

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

(4) 株 式 利 子 および 配 当 等 の 権 益 性 投 資 所 得 は 所 得 を 分 配 する 企 業 の 所 在 地 に 基 づき 確 定 する; (5) 利 息 所 得 賃 貸 料 所 得 特 許 権 使 用 料 所 得 は これらの 所 得 を 負 担 もしくは 支 払 う 企 業

(4) 株 式 利 子 および 配 当 等 の 権 益 性 投 資 所 得 は 所 得 を 分 配 する 企 業 の 所 在 地 に 基 づき 確 定 する; (5) 利 息 所 得 賃 貸 料 所 得 特 許 権 使 用 料 所 得 は これらの 所 得 を 負 担 もしくは 支 払 う 企 業 中 華 人 民 共 和 国 企 業 所 得 税 法 実 施 条 例 第 1 章 総 則 第 1 条 中 華 人 民 共 和 国 企 業 所 得 税 法 ( 以 下 企 業 所 得 税 法 と 略 称 )の 規 定 に 基 づ き 本 条 例 を 制 定 する 第 2 条 企 業 所 得 税 法 第 1 条 にいう 個 人 独 資 企 業 パートナーシップ 企 業 とは 中 国 の 法 律 行 政 法

More information

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を 学 校 法 人 会 計 の 特 徴 や 企 業 会 計 との 違 い 学 校 法 人 は 学 校 を 運 営 し 教 育 研 究 を 遂 行 することを 目 的 としており 企 業 のよう に 利 益 を 追 求 する 経 済 活 動 そのものを 事 業 目 的 とすることはできません 学 校 法 人 会 計 では 文 部 科 学 省 令 により 定 められた 学 校 法 人 会 計 基 準 に 基

More information

<875681418757816995BD90AC82508253944E937881408E7392AC91BA96AF81453F3F3F3F14>

<875681418757816995BD90AC82508253944E937881408E7392AC91BA96AF81453F3F3F3F14> Ⅲ 市 町 村 民 所 得 の 概 念 - 85 - Ⅲ 市 町 村 民 所 得 の 概 念 1 基 本 的 な 考 え 方 市 町 村 民 所 得 とは 一 定 期 間 ( 通 常 1カ 年 )において 市 町 村 居 住 者 の 生 産 活 動 により 新 たに 付 加 された 価 値 の 貨 幣 評 価 額 である それはまた この 生 産 に 参 加 した 諸 要 素 の 所 得 となり 次

More information

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金 別 表 第 二 ( 第 17 条 関 係 ) 水 道 用 水 供 給 事 業 勘 定 科 目 表 収 益 の 部 款 項 目 節 説 明 細 節 事 業 収 益 すべての 収 益 的 収 入 を 記 載 し 営 業 収 益 営 業 外 収 益 及 び 特 別 利 益 に 区 分 する 営 業 収 益 営 業 外 収 益 給 水 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 の 営 業 収 益 受 取 利

More information

ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を 生 産 分 配 支 出 の3 面 から 体

ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を 生 産 分 配 支 出 の3 面 から 体 平 成 25 年 度 香 川 県 県 民 経 済 計 算 推 計 結 果 平 成 27 年 12 月 香 川 県 政 策 部 統 計 調 査 課 ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を

More information

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標 資 料 1-2 参 考 資 料 ( 財 政 規 律 情 報 公 開 報 酬 給 与 ) 平 成 25 年 4 月 2 日 参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例

More information

は し が き

は し が き 1 総 資 本 形 成 の 概 念 総 資 本 形 成 とは 一 般 政 府 公 的 企 業 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 民 間 法 人 及 び 家 計 ( 個 人 企 業 )の 支 出 ( 購 入 及 び 自 己 生 産 物 の 使 用 )のうち 中 間 消 費 とならないものであり 総 固 定 資 本 形 成 と 在 庫 品 増 加 に 区 別 される (1) 総 固 定 資 本 形

More information

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc 利 用 者 負 担 について 1. 所 得 区 分 認 定 個 別 減 免 補 足 給 付 の 認 定 方 法 について 2 (1) 負 担 上 限 月 額 を 定 める 際 の 所 得 区 分 の 設 定 について 2 (2) 個 別 減 免 の 収 入 資 産 等 の 認 定 について 7 (3) 補 足 給 付 の 認 定 について 14 2. 生 活 保 護 境 界 層 対 象 者 に 対

More information

Microsoft Word - H25年度の概要

Microsoft Word - H25年度の概要 1 県 民 経 済 計 算 の 概 要 1. 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 概 要 平 成 25 年 度 の 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 について 主 な 経 済 指 標 は 次 のとおりです 3 千 葉 県 [ 参 考 ] 全 国 実 数 増 加 率 実 数 増 加 率 1 県 ( 国 ) 内 総 生 産 県 ( 国 ) 民 所 得 名 目 19 兆 8,112

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 施 設 支 援 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き( 改 訂 案 ) 平 成 23 年 10 月 版 Ver.6 留 意 点 10 月 1 日 からの 施 行 を 予 定 している 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 関 係 の 改 正 箇 所 は 赤 字 下 線 今 後 の 政 省 令 等 の 改 正 作 業 等 により 内 容 の 変 更 がありうる

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと

Z-65-F 第 一 問 解 答 問 1-35 点 - (1)について 1 課 税 資 産 の 譲 渡 等 の 意 義 (1) 課 税 資 産 の 譲 渡 等 ( 法 21 九 )3 資 産 の 譲 渡 等 のうち 国 内 取 引 の 非 課 税 の 規 定 により 消 費 税 を 課 さないことと 035-8900-1094-16 税 15 第 6 5 回 税 理 士 試 験 消 費 税 法 はじめに 第 一 問 第 二 問 ともに2 題 形 式 での 出 題 であり それぞれ 問 1 問 2の 配 点 の 内 訳 が 明 らかにされてい なかった 今 回 の 本 試 験 は 資 料 や 問 題 文 の 読 み 取 りが 厳 しい 内 容 もあったが 基 本 的 な 事 項 を 確

More information

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 ( 住 民 税 )の 算 出 方 法 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 渋 谷 区 内 に 住 所 がある 人 に 対 して 平 成 27 年 の 1 月 から 12 月 までの 1 年 間 の 所 得 を 基 礎 に 税 額 を 算 出 します 住 民 税 の 算 出 方 法 は 次 のとおりです なお 区 内 に 住 所 がなく 区 内 に 事

More information

地球温暖化対策推進法に基づく

地球温暖化対策推進法に基づく 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 25(2013) 温 の 集 計 結 果 平 成 28 年 6 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 は 温 スを 相 当 程 度 多 く する

More information

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車 Ⅳ 産 分 類 別 愛 知 県 内 ランキング 表 以 下 事 所 数 及 び 従 者 数 は 必 要 な 事 項 の 数 値 が 得 られた 事 所 を 対 象 として 集 した 表 Ⅳ 1 産 ( 小 分 類 ) 別 事 所 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 事 所 数 構 成 比 (%) 累 (%) 1 専 門 料 理 店 日 本 料 理 店, 焼 肉 店,ラーメン

More information

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73>

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73> 平 成 16 事 業 年 度 ( 第 1 期 事 業 年 度 ) 財 務 諸 表 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 ~ 平 成 17 年 3 月 31 日 ) 国 立 大 学 法 人 福 岡 教 育 大 学 資 産 の 部 Ⅰ 固 定 資 産 1 有 形 固 定 資 産 土 地 24,078,450 建 物 1,416,003 減 価 償 却 累 計 額 53,476 1,362,527 構

More information

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効 果 ガス 排 出 量 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 22(2010) 年 度 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の 集 計 結 果 平 成 25 年 9 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効

More information

<30333662816991E633368D86816A95CA955C816D91DD8ED891CE8FC6955C89C896DA816E816D91B989768C768E5A8F9189C896DA816E3232303333312E786C73>

<30333662816991E633368D86816A95CA955C816D91DD8ED891CE8FC6955C89C896DA816E816D91B989768C768E5A8F9189C896DA816E3232303333312E786C73> [ 経 常 費 用 ] 業 務 費 教 育 研 究 経 費 消 耗 品 費 備 品 費 印 刷 製 本 費 水 道 光 熱 費 機 構 の 業 務 として 学 生 等 に 対 し 行 われる 教 育 に 要 する 経 費 及 び 教 員 等 の 研 究 に 要 する 経 費 を 対 象 とする ただし, 教 育 研 究 支 援 経 費, 受 託 研 究 費, 受 託 事 業 費, 教 員, 職 員,

More information

0300072008520000E001.xls

0300072008520000E001.xls ( 平 成 年 度 調 査 ) 道 府 県 税 の 課 税 状 況 等 に 関 する 調 調 査 表 一 覧 表 頁 番 号 表 番 号 調 査 表 類 法 人 の 道 府 県 民 税 等 に 関 する 調 P () 道 府 県 民 税 額 等 に 関 する 調 法 人 県 民 税 5P 7 () 業 種 別 及 び 割 基 準 別 に 関 する 調 法 人 県 民 税 7P 9 () 資 本 金

More information

Ⅱ 1. 厚 生 年 金 保 険 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 が 適 用 されている 事 業 所 をいう すなわち 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げられている 事 業 の 事 業 所 であって 常 時 5 人 以 上 の 従 業 員 を 使 用 する 事 業 所 又 は 船 舶 及 び 国

More information

例 えば 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 はもとより 貨 物 利 用 運 送 事 業 倉 庫 業 港 湾 運 送 事 業 等 の ように 経 営 するすべての 事 業 をその 種 類 ごとに 記 載 する 8 従 業 員 数 の 欄 は 期 中 の 平 均 従 業 員 を 記 載 する

例 えば 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 はもとより 貨 物 利 用 運 送 事 業 倉 庫 業 港 湾 運 送 事 業 等 の ように 経 営 するすべての 事 業 をその 種 類 ごとに 記 載 する 8 従 業 員 数 の 欄 は 期 中 の 平 均 従 業 員 を 記 載 する (1) 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 報 告 規 則 では 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 の 様 式 及 び 勘 定 科 目 については 定 められていない が この 趣 旨 は 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 法 が 事 業 規 制 の 緩 和 を 目 的 としたことにかんがみ 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 についても 一 般 に 公 開

More information

                                 18

                                 18 18.9.29 スライド 法 における 変 動 率 (スライド 率 )についての 考 察 小 林 達 哉 1. 不 動 産 鑑 定 評 価 基 準 に 基 づく 算 式 (1) 現 行 賃 料 を 定 めた 時 点 における 純 賃 料 変 動 率 (スライド 率 )+ 価 格 時 点 におけ る 必 要 諸 経 費 等 (2) 実 際 実 質 賃 料 ( 実 際 支 払 賃 料 ) 現 行 賃 料

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

(別表)日本標準産業分類の分類項目と類似業種比準価額計算上の業種目との対比表(平成21年分)

(別表)日本標準産業分類の分類項目と類似業種比準価額計算上の業種目との対比表(平成21年分) ( 別 表 ) 日 本 標 準 産 分 類 の 分 類 項 目 と 類 似 種 比 準 価 額 計 算 上 の 種 目 との 対 比 表 ( 平 成 21 年 分 ) A B C 農, 林 01 農 011 耕 種 農 012 畜 産 農 013 農 ( 園 芸 を 除 く) 014 園 芸 02 林 021 育 林 022 素 材 生 産 023 特 用 林 産 物 生 産 (きのこ 類 の 栽

More information

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L)

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L) 平 成 24 年 度 稚 内 市 財 務 書 類 報 告 書 ( 新 地 方 公 会 計 制 度 - 総 務 省 方 式 改 訂 モデル) 貸 借 対 照 表 行 政 コ ス ト 計 算 書 純 資 産 変 動 計 算 書 資 金 収 支 計 算 書 北 海 道 稚 内 市 平 成 26 年 3 月 はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

新農中政第号

新農中政第号 平 成 25 年 分 の 農 業 所 得 計 算 上 の 留 意 事 項 平 成 2 6 年 1 月 JA 新 潟 中 央 会 この 資 料 の 仕 訳 例 の 科 目 のあとの( )は 消 費 税 の 取 扱 いを 示 す 課 : 課 税 不 : 不 課 税 非 : 非 課 税?: 個 別 内 容 により 判 断 1. 米 の 仮 渡 金 の 入 金 共 計 における 精 算 払 いの 処 理 (1)

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

Q4. 生 産 性 向 上 設 備 投 資 促 進 税 制 に 関 する 問 い 合 わせ 先 はどこですか? A4. 経 済 産 業 省 に 設 けられた 生 産 性 税 制 電 話 相 談 窓 口 にお 尋 ね 下 さい 電 話 番 号 :03-3501-1565 対 応 時 間 : 平 日 9

Q4. 生 産 性 向 上 設 備 投 資 促 進 税 制 に 関 する 問 い 合 わせ 先 はどこですか? A4. 経 済 産 業 省 に 設 けられた 生 産 性 税 制 電 話 相 談 窓 口 にお 尋 ね 下 さい 電 話 番 号 :03-3501-1565 対 応 時 間 : 平 日 9 生 産 性 向 上 設 備 投 資 促 進 税 制 に 係 る 証 明 書 発 行 に 関 するQ&A 1. 税 制 全 体 に 関 する 件 Q1. 生 産 性 向 上 設 備 投 資 促 進 税 制 の 目 的 は 何 ですか? A1. 産 業 競 争 力 強 化 法 の 施 行 に 伴 い 質 の 高 い 設 備 投 資 の 促 進 を 行 うことによって 事 業 者 の 生 産 性 向 上

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

00_改正税法の概要_白表紙

00_改正税法の概要_白表紙 所 得 税 法 等 ( 扶 養 控 除 関 係 )の 改 正 1 年 少 扶 養 親 族 に 対 する 扶 養 控 除 の 廃 止 ⑴ 年 少 扶 養 親 族 ( 扶 養 親 族 のうち 年 齢 16 歳 未 満 の 者 をいいます )に 対 す る 扶 養 控 除 が 廃 止 されました ( 平 成 23 年 分 以 降 適 用 ) ⑵ 上 記 ⑴の 改 正 にあわせて 扶 養 控 除 の 対 象

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

) 1. 2. [ ] [ ] 個 別 決 算 4 貸 借 対 照 表 平 成 25 年 3 月 31 日 資 産 の 部 本 州 四 国 連 絡 高 速 道 路 株 式 会 社 ( 単 位 : 百 万 円 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 10,721 高 速 道 路 事 業 営 業 未 収 入 金 5,882 未 収 入 金 144 未 収 還

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FC8F6F8BE082CC8BE695AA82C68AA892E889C896DA82CC91CE899E955C32303132303732302E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FC8F6F8BE082CC8BE695AA82C68AA892E889C896DA82CC91CE899E955C32303132303732302E646F63> 付 属 入 出 金 取 引 の 一 覧 表 (Version Version4.1 以 降 ) 第 1 章 出 金 取 引 の 一 覧 表 税 に 記 載 されているものは 消 費 税 の 課 税 情 報 です 課 課 税 仕 入 不 不 課 税 仕 入 非 非 課 税 仕 入 [ 資 金 移 動 ]--- 取 引 内 容 区 分 借 方 勘 定 科 目 税 青 色 決 算 科 目 預 金 の 場

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

( 運 用 原 則 ) b 従 前 建 築 主 からの 贈 与 ( 贈 与 予 定 も 含 む この 場 合 三 親 等 以 内 に 限 る ) により 取 得 した 者 が 行 う 場 合 c 当 該 建 築 物 が 従 前 建 築 主 の 負 債 の 返 済 に 伴 う 競 売 により 落 札

( 運 用 原 則 ) b 従 前 建 築 主 からの 贈 与 ( 贈 与 予 定 も 含 む この 場 合 三 親 等 以 内 に 限 る ) により 取 得 した 者 が 行 う 場 合 c 当 該 建 築 物 が 従 前 建 築 主 の 負 債 の 返 済 に 伴 う 競 売 により 落 札 都 市 計 画 法 施 行 令 第 36 条 第 1 項 第 3 号 ホ( 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 物 の 用 途 変 更 について)に 関 する 判 断 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 都 市 計 画 法 ( 以 下 法 という ) 施 行 令 ( 以 下 令 という ) 第 36 条 第 1 項 第 3 号 ホ( 建 築 物 の 用 途 変 更 )の 判 断

More information

市場と経済A

市場と経済A 財 政 学 @ 埼 玉 大 学 経 済 学 部 1 第 6 回 租 (2) ( 前 ) 2014 年 11 月 4 日 ( 火 ) 担 当 : 天 羽 正 継 ( 高 崎 経 済 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 専 任 講 師 ) 2 とは 何 か : 個 人 の に 対 して 課 される 国 以 外 に に 対 して 課 される 国 としては 法 人 の に 対 して 課 される 法 人

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

申告書の書き方HP.indd

申告書の書き方HP.indd 平 成 6 年 度 市 民 税 府 民 税 申 告 の 手 引 き 申 告 書 の 提 出 は 3 日 までです 平 素 は 市 税 務 行 政 につきまして ご 理 解 とご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 市 民 税 府 民 税 は 前 年 の 所 得 に 対 して 課 税 されますので 前 年 ( 日 ~ 3 )の 所 得 等 について 申 告 してください 申 告 書

More information

資 産 課 税 1. 農 地 保 有 にかかる 課 税 の 強 化 軽 減 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構

資 産 課 税 1. 農 地 保 有 にかかる 課 税 の 強 化 軽 減 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構 2016( 平 成 28) 年 度 税 制 改 正 大 綱 決 定 2016.1.15 ~ 収 益 力 ある 企 業 の 投 資 や 賃 金 の 引 き 上 げ 促 進! 本 年 度 の 税 制 改 正 大 綱 について この 度 政 府 は 2016 年 度 税 制 改 正 の 関 連 法 案 を 閣 議 決 定 しました(2015.12.24) 3 月 末 までの 成 立 を 目 指 します 本

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

⑫企業会計基準適用指針第6号

⑫企業会計基準適用指針第6号 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 6 号 固 定 資 産 の 減 損 に 係 る 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 15 年 10 月 31 日 改 正 平 成 20 年 1 月 24 日 最 終 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 3 範 囲 3 用 語 の 定 義 4 対 象 資 産 5 資

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

Ⅱ 1. 人 口 構 造 及 び 世 帯 と 年 金 (1) 人 口 構 造 わが 国 は 諸 外 国 にも 例 をみないスピードで 高 齢 化 が 進 行 している そこで 年 金 保 険 の 事 業 状 況 に ついて 説 明 するに 先 立 ち 人 口 構 造 の 現 状 及 び 今 後 の 見 通 しについて 触 れる 日 本 人 の 平 成 24 年 の 平 均 寿 命 ( 厚 生 労 働 省

More information

控 除 明 細 書 ( 規 則 第 6 号 様 式 別 表 11) 4 利 子 割 額 の 都 道 府 県 別 明 細 書 ( 規 則 第 9 号 の3 様 式 ) 5 課 税 標 準 の 分 割 に 関 する 明 細 書 ( 規 則 第 10 号 様 式 ) 4 医 療 法 人 等 の 所 得 計

控 除 明 細 書 ( 規 則 第 6 号 様 式 別 表 11) 4 利 子 割 額 の 都 道 府 県 別 明 細 書 ( 規 則 第 9 号 の3 様 式 ) 5 課 税 標 準 の 分 割 に 関 する 明 細 書 ( 規 則 第 10 号 様 式 ) 4 医 療 法 人 等 の 所 得 計 医 療 法 人 等 に 係 る 所 得 の 計 算 書 記 載 の 手 引 き 等 ( 熊 本 県 ) 平 成 27 年 4 月 目 次 1 はじめに P1 2 この 計 算 書 の 提 出 について P1 3 申 告 書 の 提 出 に 必 要 な 添 付 書 類 P1 4 医 療 法 人 等 の 所 得 計 算 書 ( 上 段 部 分 )の 記 載 方 法 P2 5 所 得 の 計 算 の 基

More information

3 医 療 法 人 等 の 所 得 金 額 の 計 算 書 ( 付 表 ) ( 下 段 部 分 )の 記 載 のしかた 社 会 保 険 医 療 分 の 収 入 金 額 欄 地 方 税 法 第 72 条 の23 第 2 項 の 社 会 保 険 関 係 法 律 等 の 規 定 に 基 づく 給 付 又

3 医 療 法 人 等 の 所 得 金 額 の 計 算 書 ( 付 表 ) ( 下 段 部 分 )の 記 載 のしかた 社 会 保 険 医 療 分 の 収 入 金 額 欄 地 方 税 法 第 72 条 の23 第 2 項 の 社 会 保 険 関 係 法 律 等 の 規 定 に 基 づく 給 付 又 医 療 法 人 等 の 所 得 金 額 計 算 書 記 載 の 手 引 1 この 計 算 書 の 用 途 等 (1) 医 療 法 人 の 課 税 標 準 の 算 定 については 地 方 税 法 第 72 条 の23 第 1 項 において 社 会 保 険 診 療 につき 支 払 を 受 けた 金 額 は 益 金 の 額 に 算 入 せず また 当 該 社 会 保 険 診 療 に 係 る 経 費 は 損

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

<8E9197BF DE096B18F94955C2E786C73>

<8E9197BF DE096B18F94955C2E786C73> 平 成 19 年 度 財 務 諸 表 第 1 期 事 業 年 度 自 平 成 19 年 4 月 1 日 至 平 成 20 年 3 月 31 日 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 134 貸 借 対 照 表 ) 567 損 益 計 算 書 キャッシュ フロー 計 算 書 損 失 の 処 理 に 関 する 書 類 ( 案 行 政 サービス 実 施 コスト 計 算 書 注 記 11

More information

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要 株 価 引 き 下 げ 対 策 事 業 承 継 対 策 Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1. 株 価 引 き 下 げの 目 的 2. 株 式 の 評 価 の 仕 組 み 3. 取 引 相 場 のない 株 式 についての 評 価 方 法 4. 株 価 引 き 下 げの3つの 方 法 Ⅱ 株 価 引 き 下 げのポイント 1. 配 当 金 の 引 き 下 げによる 株 価 引 き

More information

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 するQ& 平 成 12 年 8 月 ( 平 成 24 年 3 月 最 終 改 訂 ) 総 務 省 行 政 管 理 局 財 務 省 主 計 局 日 本 公 認 会 計 士 協 会 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20335F81798DC58F498D65817A834A8393837B8357834182CC938A8E918AC28BAB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20335F81798DC58F498D65817A834A8393837B8357834182CC938A8E918AC28BAB2E646F63> 第 12 章 税 制 カンボジアの 税 に 関 する 基 本 法 は 1997 年 1 月 に 国 民 議 会 により 採 択 された 1997 年 税 法 (Low on Taxation)である その 後 2000 年 には 経 済 財 務 省 が 法 人 税 に 関 する 大 臣 令 を 発 行 2003 年 には 税 法 改 正 に 関 する 法 律 (Law on Amendment on

More information

CFP ラストスパート 用 レジュメ 2006 タックスプランニング 目 次 法 改 正 税 制 改 正 のまとめ P3 1 国 税 と 地 方 税 所 得 税 概 論 P28 1-1 国 税 と 地 方 税 P28 1-2 所 得 税 のしくみ P29 2 各 種 所 得 の 計 算 P33 2-

CFP ラストスパート 用 レジュメ 2006 タックスプランニング 目 次 法 改 正 税 制 改 正 のまとめ P3 1 国 税 と 地 方 税 所 得 税 概 論 P28 1-1 国 税 と 地 方 税 P28 1-2 所 得 税 のしくみ P29 2 各 種 所 得 の 計 算 P33 2- 平 成 18 年 度 CFP 受 験 対 策 ラストスパート 用 レジュメ 2006 タックスプランニング サンプル 版 ~ 途 中 でページが 省 略 されている 部 分 があります 法 改 正 税 制 改 正 のまとめ CFP 試 験 頻 出 ポイント 集 株 式 会 社 住 まいと 保 険 と 資 産 管 理 http://www.fpcom.net http://www.mylifenavi.net

More information

<87408A778D5A9640906C89EF8C768AEE8F8081698267323782A982E782CC90568AEE8F80816A82C982C282A282C42E786C73>

<87408A778D5A9640906C89EF8C768AEE8F8081698267323782A982E782CC90568AEE8F80816A82C982C282A282C42E786C73> 学 校 法 人 会 計 基 準 について ( 平 成 27 年 度 以 降 ) 予 算 と 決 算 の 両 方 を 満 たす 計 算 体 系 の 説 明 学 校 法 人 の 概 要 学 校 法 人 とは 学 校 教 育 法 私 立 学 校 法 の 定 めるところにより 私 立 学 校 の 設 置 を 目 的 に 設 立 された 法 人 です 私 立 学 校 は この 学 校 法 人 によって 設 置

More information

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査 別 紙 1 簡 易 水 道 事 業 勘 定 科 目 は 規 則 別 表 第 一 号 に 定 める 水 道 事 業 の 勘 定 科 目 を 考 慮 して 区 分 すること 港 湾 整 備 事 業 ( 埋 立 ) 収 益 埋 立 事 業 収 益 営 業 収 益 土 地 売 却 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 営 業 収 益 営 業 外 収 益 受 取 利 息 及 び 配 当 金 預 金 利 息

More information

医療法人等に係る所得金額の計算書

医療法人等に係る所得金額の計算書 (お 知 らせ) 本 手 引 きは 平 成 25 年 度 に 改 正 しました 変 更 点 は 赤 文 字 となっています 申 告 書 作 成 に あたっては 変 更 点 に 留 意 いただきますようお 願 いします なお 平 成 25 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 分 から 適 用 します ( 主 な 変 更 点 ) 各 種 補 助 金 助 成 金 の 取 扱 い(P9~10)や

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

法 人 の 県 民 税 利 子 割 交 付 金 均 等 割 均 等 割 額 資 本 金 等 の 額 による 法 人 等 の 区 分 ( 年 額 ) 1,000 万 円 以 下 の 法 人 等 2 万 円 1,000 万 円 を 超 え1 億 円 以 下 である 法 人 5 万 円 1 億 円 を 超

法 人 の 県 民 税 利 子 割 交 付 金 均 等 割 均 等 割 額 資 本 金 等 の 額 による 法 人 等 の 区 分 ( 年 額 ) 1,000 万 円 以 下 の 法 人 等 2 万 円 1,000 万 円 を 超 え1 億 円 以 下 である 法 人 5 万 円 1 億 円 を 超 5 神 奈 川 県 の 県 税 県 税 相 談 神 奈 川 県 の 県 税 県 民 の 声 相 談 室 (かながわ 県 民 センター2 階 神 奈 川 区 鶴 屋 町 2-24-2) 土 日 祝 日 年 末 年 始 (12 月 29 日 ~1 月 日 ) を 除 く 毎 日 ( 午 前 9 時 ~12 時 午 後 1 時 ~4 時 ) 平 成 24 年 度 地 方 財 政 計 画 によると 都 道

More information

生 計 支 出 は 用 途 分 類 と 品 目 分 類 の2 体 系 に 分 類 される (2) その 他 の 実 支 出 は 税 金 社 会 保 険 料 などの 支 出 項 目 からなる (3) 実 支 出 以 外 の 支 出 は 資 産 の 増 加 又 は 負 債 の 減 少 を 意 味 する

生 計 支 出 は 用 途 分 類 と 品 目 分 類 の2 体 系 に 分 類 される (2) その 他 の 実 支 出 は 税 金 社 会 保 険 料 などの 支 出 項 目 からなる (3) 実 支 出 以 外 の 支 出 は 資 産 の 増 加 又 は 負 債 の 減 少 を 意 味 する Ⅴ 収 支 項 目 分 類 の 基 本 原 則 1 収 入 収 入 総 額 は 実 収 入 実 収 入 以 外 の 収 入 繰 入 金 に 分 類 される (1) 実 収 入 は 世 帯 員 全 員 の 現 金 収 入 ( 税 込 み)を 合 計 したもので 主 として 勤 労 や 事 業 の 対 価 として 新 たに 家 計 に 入 る 収 入 である 中 間 項 目 として 経 常 収 入 と

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A97708140967B95B681408C9A927A90DD8C76939988CF91F597BF8E5A92E88AEE8F805F31353034303189FC92F95F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A97708140967B95B681408C9A927A90DD8C76939988CF91F597BF8E5A92E88AEE8F805F31353034303189FC92F95F2E646F63> 建 築 設 計 等 委 託 料 算 定 基 準 平 成 27 年 4 月 静 岡 県 経 営 管 理 部 建 築 設 計 等 委 託 料 算 定 基 準 1 総 則 この 基 準 は 県 が 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業 務 ( 以 下 設 計 等 の 業 務 という )を 委 託 に 付

More information

<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド

<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド < 購 入 換 金 手 数 料 なし> ニッセイTOPIXインデックスファンド 投 資 信 託 説 明 書 ( 請 求 目 論 見 書 ) < 訂 正 事 項 分 > 2016.01.26 ニッセイアセットマネジメント 株 式 会 社 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 第 2 項 第 2 号 に 規 定 する 詳 細 情 報 を 記

More information

Ⅰ 所 得 金 額 1 営 業 等 所 得 2 農 業 所 得 3 不 動 産 所 得 営 業 等 所 得 農 業 所 得 不 動 産 所 得 必 要 経 費 平 成 27 年 中 に 収 入 を 得 るために 直 接 要 した 費 用 です これには 販 売 した 商 品 など の 原 価 雇 人

Ⅰ 所 得 金 額 1 営 業 等 所 得 2 農 業 所 得 3 不 動 産 所 得 営 業 等 所 得 農 業 所 得 不 動 産 所 得 必 要 経 費 平 成 27 年 中 に 収 入 を 得 るために 直 接 要 した 費 用 です これには 販 売 した 商 品 など の 原 価 雇 人 平 成 28 年 度 分 市 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き 見 附 市 この 申 告 書 は 平 成 27 年 中 のあなたの 収 入 状 況 を 証 明 する 大 切 な 資 料 となりますので 収 入 控 除 など 該 当 する 項 目 を もれなく 記 載 し 申 告 期 間 内 ( 平 成 28 年 2 月 16 日 ~3 月 1 日 )に 必 ず 提 出 してください 提 出

More information

会計制度委員会研究資料第4号「時価の算定に関する研究資料~非金融商品の時価算定~」の概要(会計情報2013年9月号)  

会計制度委員会研究資料第4号「時価の算定に関する研究資料~非金融商品の時価算定~」の概要(会計情報2013年9月号)   会 計 監 査 会 計 制 度 委 員 会 研 究 資 料 第 4 号 時 価 の 算 定 に 関 す る 研 究 資 料 非 金 融 商 品 の 時 価 算 定 の 概 要 公 認 会 計 士 こ 小 ぼり 堀 かずひで 一 英 はじめに 日 本 公 認 会 計 士 協 会 (JICPA)は 平 成 25 年 7 月 9 日 付 けで 会 計 制 度 委 員 会 研 究 資 料 第 4 号 時 価

More information

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ IFRSに 基 づく 連 結 財 務 諸 表 の 開 示 例 2016 年 3 月 31 日 金 融 庁 目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

役 員 選 挙 規 程 第 1 章 総 則 第 1 条 役 員 の 選 出 は 定 款 第 22 条 に 基 づき この 規 程 によって 行 う 第 2 章 選 挙 管 理 委 員 会 第 2 条 役 員 を 選 出 するために 理 事 会 の 承 認 を 得 て 選 挙 管 理 委 員 会 を

役 員 選 挙 規 程 第 1 章 総 則 第 1 条 役 員 の 選 出 は 定 款 第 22 条 に 基 づき この 規 程 によって 行 う 第 2 章 選 挙 管 理 委 員 会 第 2 条 役 員 を 選 出 するために 理 事 会 の 承 認 を 得 て 選 挙 管 理 委 員 会 を 一 般 社 団 法 人 長 崎 県 診 療 放 射 線 技 師 会 規 程 役 員 選 挙 規 程 第 1 章 総 則 第 1 条 役 員 の 選 出 は 定 款 第 22 条 に 基 づき この 規 程 によって 行 う 第 2 章 選 挙 管 理 委 員 会 第 2 条 役 員 を 選 出 するために 理 事 会 の 承 認 を 得 て 選 挙 管 理 委 員 会 を 設 ける 第 3 条 選

More information

Microsoft Word - 外貨建取引.docx

Microsoft Word - 外貨建取引.docx 外 貨 建 取 引 第 1 回 : 外 貨 建 取 引 と 在 外 支 店 の 換 算 2010.09.02 新 日 本 有 限 責 任 監 査 法 人 公 認 会 計 士 山 岸 聡 はじめに 外 貨 建 取 引 等 会 計 処 理 基 準 ( 以 下 会 計 基 準 )および 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 4 号 外 貨 建 取 引 等 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針

More information

平成28年度市・県民税申告の手引き作成中罫線

平成28年度市・県民税申告の手引き作成中罫線 平 成 28 年 度 ( 平 成 27 年 分 ) 市 県 民 税 申 告 の 手 引 き 渋 川 市 市 民 税 県 民 税 につきましては 日 ごろからご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 市 県 民 税 の 申 告 は 皆 様 からの 申 告 に 基 づいて 税 額 を 決 定 するために 必 要 な 手 続 きです 今 回 申 告 していただく 所 得 は 平 成 27

More information

Ⅴ 個 別 評 価 貸 倒 引 当 金 ( 法 51)3 不 動 産 所 得 を 生 ずべき 業 務 を 事 業 と 称 するに 至 らない 業 務 として 行 う 者 は その 業 務 の 遂 行 上 生 じた 未 収 家 賃 等 の 貸 倒 による 損 失 の 見 込 額 について 貸 倒 引

Ⅴ 個 別 評 価 貸 倒 引 当 金 ( 法 51)3 不 動 産 所 得 を 生 ずべき 業 務 を 事 業 と 称 するに 至 らない 業 務 として 行 う 者 は その 業 務 の 遂 行 上 生 じた 未 収 家 賃 等 の 貸 倒 による 損 失 の 見 込 額 について 貸 倒 引 035-8900-1091-19 税 15 第 6 5 回 税 理 士 試 験 所 得 税 法 はじめに 第 一 問 の 理 論 については いずれも 本 年 度 の 予 想 出 題 論 点 として 注 目 され 対 策 していた 論 点 からの 出 題 であったため ある 程 度 の 解 答 を 作 成 できた 受 験 生 が 多 かったと 思 われる 第 二 問 の 計 算 については

More information

P000 ご利用にあたって.eca

P000 ご利用にあたって.eca 第 3 章 東 京 信 用 保 証 協 会 の 信 用 保 証 制 度 163 第 3 章 東 京 信 用 保 証 協 会 の 信 用 保 証 制 度 1 信 用 保 証 制 度 のしくみ 中 小 企 業 者 が 金 融 機 関 から 事 業 資 金 の 借 入 をしようとする 場 合 に 信 用 保 証 協 会 が 保 証 人 となり 借 入 の 実 現 を 図 るのが 信 用 保 証 制 度 です

More information

認定マニュアル

認定マニュアル 第 2 章 扶 養 手 当 第 1 性 格 扶 養 手 当 は 扶 養 家 族 のある 職 員 に 対 して 支 給 される 手 当 で 扶 養 親 族 のある 職 員 の 生 計 費 を 補 給 しようとするものであり 生 活 給 的 な 性 格 を 有 する 手 当 である 根 拠 : 給 与 条 例 第 12 条 第 1 項 技 労 条 例 第 4 条 第 2 認 定 事 務 の 手 続 1

More information