27概念と構成

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "27概念と構成"

Transcription

1 1 県 民 経 済 計 算 の 概 要 (1) 県 民 経 済 計 算 とは 私 たちの 経 済 活 動 は 生 産 活 動 を 営 むことによって 財 (モノ) サービスを 生 産 し 新 たな 価 値 ( 付 加 価 値 )をつくりだし その 付 加 価 値 はその 生 産 に 参 加 した 人 や 企 業 などに 分 配 さ れ 分 配 された 所 得 は 消 費 や 投 資 として 支 出 され これがさらに 生 産 を 呼 び 起 こす という 循 環 を 繰 り 返 している 県 民 経 済 計 算 は 国 民 経 済 計 算 の 基 本 的 な 考 え 方 や 仕 組 みに 基 づき 一 年 度 間 に 県 という 行 政 区 域 において 県 民 ( 家 計 企 業 政 府 非 営 利 団 体 )の 経 済 活 動 によって 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 を 生 産 分 配 支 出 の 三 面 から 記 録 するものである 生 産 分 配 支 出 は 同 一 の 価 値 の 流 れを 異 なった 側 面 からとらえたものであり 概 念 的 には 生 産 = 分 配 = 支 出 となる これを 三 面 等 価 の 原 則 という (2) 県 民 経 済 計 算 の 機 能 県 民 経 済 計 算 は 以 下 のような 事 項 を 明 らかにしようとするものであり 県 という 行 政 区 域 における 経 済 活 動 の 実 態 を 総 合 的 に 把 握 することができる 県 経 済 の 規 模 や 成 長 率 県 経 済 の 基 本 構 造 所 得 水 準 や 分 配 の 状 況 家 計 消 費 や 企 業 の 設 備 投 資 の 動 向 (3) 県 民 経 済 計 算 の 推 計 方 法 県 民 経 済 計 算 は 国 民 経 済 計 算 との 比 較 及 び 各 都 道 府 県 相 互 の 比 較 が 可 能 なように でき るだけ 統 一 された 方 法 により 推 計 されることが 望 ましい このような 観 点 から 内 閣 府 経 済 社 会 総 合 研 究 所 の 県 民 経 済 計 算 標 準 方 式 に 基 づき 推 計 を 行 っている 当 県 における 推 計 方 法 の 概 略 は 県 民 経 済 計 算 推 計 方 法 概 略 に 記 載 している 県 民 経 済 計 算 は 数 多 くの 一 次 統 計 等 を 加 工 して 作 成 する 二 次 統 計 である 一 次 統 計 の 中 に は 毎 年 実 施 されていないものもあり 実 施 されない 中 間 年 は 便 宜 上 統 計 的 処 理 により 求 めた 数 値 を 用 いて 推 計 を 行 い 新 しい 調 査 結 果 が 公 表 された 時 点 で 最 新 の 結 果 を 用 いて 遡 及 して 改 定 している また 国 民 経 済 計 算 が 基 準 改 定 を 行 った 際 にはその 作 業 結 果 を 反 映 す るほか 精 度 向 上 を 図 るために 推 計 方 法 の 見 直 しを 絶 えず 行 っており これによっても 過 去 の 推 計 結 果 が 改 定 される このように 最 新 年 度 の 推 計 結 果 の 公 表 に 伴 い 過 去 の 各 年 度 の 数 値 も 遡 及 して 改 定 されることから 利 用 にあたってはこの 点 への 留 意 が 必 要 となる なお 一 次 統 計 の 公 表 時 期 などの 資 料 入 手 の 制 約 により 県 民 経 済 計 算 の 公 表 時 期 は 最 新 の 推 計 対 象 年 度 の 翌 々 年 度 となっている (4) 県 民 経 済 計 算 体 系 の 移 行 国 は 昭 和 53 年 (1978 年 )に それまで 作 成 していた 国 民 所 得 統 計 から 昭 和 43 年 (1968 年 )に 国 連 が 採 択 し 各 国 に 提 唱 した 国 民 経 済 計 算 体 系 (いわゆる68SNA)に 全 面 的 に 移

2 行 した これに 伴 い 県 においても 国 民 経 済 計 算 体 系 との 整 合 性 を 図 るため 国 に 準 じた 県 民 経 済 計 算 体 系 に 移 行 することとなった 第 1 段 階 として 昭 和 53 年 度 からは 従 来 の 県 民 所 得 統 計 を68SNA 概 念 に 変 更 調 整 ( 概 念 調 整 方 式 )する 推 計 方 法 をとり 昭 和 56 年 度 (1981 年 )からは 第 2 段 階 に 移 行 し 国 から 毎 年 提 示 される 県 民 経 済 計 算 標 準 方 式 に 基 づいて 68SNA 概 念 でのフロー 勘 定 体 系 の 整 備 を 行 ってきた 平 成 12 年 国 は 平 成 5 年 (1993 年 )に 国 連 より 勧 告 された 新 たな 国 民 経 済 計 算 体 系 (い わゆる 93SNA( 注 ))に 全 面 的 に 移 行 し 県 も 平 成 14 年 度 公 表 の 平 成 12 年 度 推 計 から93 SNAに 移 行 した ( 注 ) System of National Accounts 1993 の 略 国 際 間 の 所 得 水 準 や 経 済 成 長 率 の 正 確 な 比 較 を 可 能 にするために 1993 年 に 国 際 連 合 が 提 唱 した 国 民 経 済 計 算 体 系 を 指 す 93SNA 移 行 の 主 な 変 更 点 としては 1 中 間 消 費 として 扱 っていた 受 注 型 ソフトウェアの 購 入 分 を 総 固 定 資 本 形 成 に 計 上 2 一 般 政 府 の 所 有 する 社 会 資 本 の 固 定 資 本 減 耗 分 を 政 府 最 終 消 費 支 出 に 計 上 3 消 費 を 最 終 消 費 支 出 と 現 実 最 終 消 費 に2 元 化 などがある また 平 成 24 年 度 公 表 の 平 成 22 年 度 推 計 から93SNA 及 び2008 年 に 国 連 より 勧 告 され た 08SNAに 適 合 するように 1 金 融 業 の 産 出 額 の 推 計 に 間 接 的 に 計 測 される 金 融 仲 介 サービス(FISIM) を 導 入 2 市 場 性 の 有 無 や 政 府 支 配 の 有 無 を 見 直 し 政 府 関 係 諸 機 関 の 分 類 を 変 更 3 自 社 開 発 ソフトウェアの 固 定 資 本 形 成 への 計 上 などの 概 念 の 変 更 を 行 っ た 2 県 民 経 済 計 算 による 経 済 の 循 環 と 構 造 のとらえ 方 (1) 取 引 の 分 類 取 引 の 分 類 については 領 域 別 分 類 と 機 能 別 分 類 が 考 えられる ア 取 引 の 領 域 別 分 類 県 民 経 済 計 算 においては フローとストック モノ( 実 物 )とカネ( 金 融 )といった 取 引 対 象 の 観 点 から 取 引 を 区 分 してとらえるため 取 引 は 次 のような 領 域 に 分 類 される A フロー 1モノ( 財 貨 サービス) 2カネ( 所 得 金 融 ) 3 県 外 との 取 引 ( 実 物 及 び 金 融 ) B ストック( 実 物 及 び 金 融 ) A-1は 実 物 フローの 取 引 を 示 すものであり 基 本 的 には 生 産 消 費 及 び 蓄 積 といった 経 済 活 動 の 領 域 のいずれかに 分 類 される これは モノ( 財 貨 サービス)

3 の 産 出 ( 供 給 )と 処 分 ( 需 要 )をとらえるものであり 産 出 についてはその 投 入 構 成 が 処 分 については 中 間 消 費 最 終 消 費 総 固 定 資 本 形 成 在 庫 品 増 加 などのありさまが 明 ら かにされる A-2は 経 済 各 部 門 の 所 得 金 融 の 収 支 に 関 する 取 引 を 示 すもので 所 得 支 出 勘 定 資 本 調 達 勘 定 及 び 資 金 循 環 勘 定 の 領 域 がその 対 象 範 囲 となる A-3は 県 外 との 実 物 及 び 金 融 取 引 を 一 括 して 取 り 扱 う 部 分 である Bは 実 物 金 融 の 取 引 の 結 果 として 実 物 資 産 や 金 融 資 産 のストックのありさまが 明 ら かにされるもので 県 民 貸 借 対 照 表 の 領 域 がその 対 象 範 囲 となる イ 取 引 の 機 能 別 分 類 経 済 循 環 は 個 々の 取 引 によって 構 成 されているが それらの 取 引 範 囲 は 極 めて 広 く そ の 中 には 種 々 性 格 を 異 にした 取 引 が 含 まれる ここで 経 済 循 環 の 構 造 を 体 系 化 してと らえようとする 場 合 それぞれの 取 引 の 機 能 を 検 討 し それぞれのもつ 特 徴 によって 分 類 することが 必 要 となる 県 民 経 済 計 算 に 使 われる 取 引 種 類 の 特 殊 例 として 移 転 取 引 と 帰 属 取 引 とがあ る 移 転 取 引 は 会 計 学 上 にいう 一 方 的 取 引 とほぼ 同 じ 意 味 をもつが さらに 社 会 的 な 立 場 からみた より 広 い 内 容 範 囲 にわたってとらえられた 県 民 経 済 計 算 上 の 用 語 である 帰 属 取 引 は 会 計 学 上 の 用 語 には 見 られない 例 外 的 なもので 社 会 会 計 上 の 観 点 からの 必 要 に 応 じ 現 実 には 行 っていない 取 引 を 仮 想 し 受 払 いの 両 建 てを 擬 制 するものである (2) 取 引 記 録 の 基 準 県 民 経 済 の 循 環 と 構 造 を 取 引 によって 系 統 的 に 整 理 し 受 払 いのバランスとしてとらえる ためには 取 引 を 記 録 する 時 点 について 一 定 基 準 により 統 一 的 にとらえることが 必 要 となり 発 生 主 義 の 原 則 に 準 拠 して 記 録 される (3) 評 価 基 準 等 の 概 念 県 民 経 済 計 算 では 以 下 のような 概 念 が 評 価 基 準 等 として 用 いられている ア 総 (グロス)と 純 (ネット) 建 設 機 械 設 備 等 の 固 定 資 産 は 生 産 過 程 において 年 々 減 耗 する この 減 耗 分 を 評 価 し たものと 資 本 偶 発 損 を 合 わせたものを 固 定 資 本 減 耗 という この 固 定 資 本 減 耗 を 含 む 計 数 を 総 (グロス) といい 含 まない 計 数 を 純 (ネット) という イ 市 場 価 格 表 示 と 要 素 費 用 表 示 市 場 価 格 表 示 とは 市 場 で 取 引 される 価 格 による 評 価 方 法 であり 要 素 費 用 表 示 とは 各 商 品 の 生 産 のために 必 要 とされる 生 産 要 素 ( 労 働 資 本 等 )に 対 して 支 払 われた 費 用 に よる 評 価 方 法 である この 二 つの 間 には 次 の 関 係 がある 市 場 価 格 表 示 = 要 素 費 用 表 示 + 生 産 輸 入 品 に 課 される 税 - 補 助 金 ウ 名 目 と 実 質 名 目 とは 物 価 変 動 を 含 む 年 々の 時 価 で 評 価 したものである 一 方 実 質 とは 一 定 の 基 準 年 次 の 物 価 を 評 価 基 準 として 物 価 変 動 の 影 響 を 取 り 除 いたもので 経 済 の 実 質 的 ( 数

4 量 的 )な 伸 びを 見 る 場 合 に 用 いられる 現 在 は 平 成 17 年 ( 暦 年 )を 基 準 としている エ 県 内 概 念 と 県 民 概 念 県 内 概 念 とは 県 という 行 政 区 域 内 の 生 産 活 動 によって 生 み 出 された 付 加 価 値 を その 生 産 に 携 わった 者 の 居 住 地 にかかわりなく 把 握 するものである 県 民 概 念 とは 県 内 居 住 者 が 生 み 出 した 付 加 価 値 を その 生 産 活 動 の 地 域 にかかわりなく 把 握 するものである こ こでいう 居 住 者 とは 個 人 のみならず 法 人 企 業 や 政 府 機 関 等 を 含 む 経 済 主 体 全 般 を 指 す 県 民 経 済 計 算 で 表 章 する 主 要 系 列 表 の 評 価 基 準 等 は 次 のとおりである 系 列 の 表 名 経 済 活 動 別 県 内 総 生 産 ( 名 目 ) 経 済 活 動 別 県 内 総 生 産 ( 実 質 ) 県 民 所 得 県 内 総 生 産 ( 支 出 側 名 目 ) 県 内 総 生 産 ( 支 出 側 実 質 ) 総 (グロス) 総 (グロス) 純 (ネット) 総 (グロス) 総 (グロス) 評 価 基 準 等 市 場 価 格 表 示 市 場 価 格 表 示 要 素 費 用 表 示 市 場 価 格 表 示 市 場 価 格 表 示 名 目 実 質 名 目 名 目 実 質 県 内 概 念 県 内 概 念 県 民 概 念 県 内 概 念 県 内 概 念 なお 三 面 等 価 の 原 則 にかかわらず 県 内 総 生 産 が 県 民 所 得 ( 分 配 )と 一 致 しないの は 上 記 のとおり 両 者 の 評 価 基 準 等 が 異 なるためであり 生 産 で 推 計 する 固 定 資 本 減 耗 と 生 産 輸 入 品 に 課 される 税 マイナス 補 助 金 にあたるものが 分 配 では 除 かれ 逆 に 県 外 からの 所 得 ( 純 )が 加 えられている このため 県 内 総 生 産 からこれらを 控 除 加 算 す ると 県 民 所 得 に 一 致 する (4) 取 引 主 体 の 分 類 県 民 経 済 計 算 のように マクロ 集 計 量 を 取 扱 う 勘 定 体 系 においては 個 々の 経 済 主 体 を 同 質 のグループに 集 約 する 必 要 がある その 場 合 いくつかの 観 点 からの 分 類 基 準 が 考 えられ るが 県 民 経 済 計 算 の 体 系 においては 国 民 経 済 計 算 に 準 拠 し 実 物 と 金 融 の2 分 法 に 従 っ て 2 種 類 の 取 引 主 体 に 分 類 している 一 つは 財 貨 サービスの 流 れ つまり 実 物 のフローの 取 引 に 関 与 する 主 体 であり 生 産 消 費 および 資 本 形 成 の 諸 勘 定 に 関 連 するものである これは 生 産 消 費 および 資 本 形 成 の 経 済 活 動 に 関 連 するところから 経 済 活 動 別 分 類 と 呼 ばれる もう 一 つは 資 金 の 流 れ つまり 金 融 フローに 関 与 する 主 体 であり 所 得 支 出 資 本 調 達 および 県 民 貸 借 対 照 表 の 諸 勘 定 に 関 連 するものである これは 所 得 の 受 取 や 処 分 資 金 の 調 達 や 運 用 など 組 織 体 の 意 思 決 定 に 関 連 するところから 制 度 部 門 別 分 類 と 呼 ばれる 経 済 活 動 別 分 類 は 産 業 構 造 分 析 など 生 産 分 析 の 目 的 から 必 要 とされ 他 方 の 制 度 部 門 別 分 類 は 所 得 および 金 融 面 の 分 析 など 金 融 分 析 の 目 的 から 必 要 とされるものである ア 経 済 活 動 別 分 類 経 済 活 動 別 分 類 は 取 引 主 体 を 財 貨 サービスの 生 産 及 び 使 用 に 関 与 する 性 格 に 従 って 事 業 所 が 分 類 単 位 とされ 1 産 業 2 政 府 サービス 生 産 者 3 対 家 計 民 間 非 営 利 サービス 生 産 者 の3つに 分 類 される 日 本 標 準 産 業 分 類 に 準 拠 するが 一 部 例 外 として 取 り 扱 うも のがある ( 経 済 活 動 別 分 類 (SNA 分 類 )と 日 本 標 準 産 業 分 類 の 対 応 表 参 照 )

5 なお 事 業 所 とは 一 つの 地 域 に 立 地 しており そしてそこでただ 一 つの( 非 付 随 的 な) 生 産 活 動 のみを 行 っているか あるいはそこでの 主 生 産 活 動 がその 付 加 価 値 のほとんどを 占 めている 企 業 や 企 業 の 一 部 分 として 定 義 される 実 際 には 通 常 特 定 の 生 産 活 動 が 行 われている 個 々の 作 業 の 場 である 例 えば 個 々の 農 場 鉱 山 採 石 場 工 場 プラン ト 小 売 店 商 店 建 設 現 場 輸 送 倉 庫 空 港 自 動 車 修 理 工 場 銀 行 事 務 所 診 療 所 等 を 言 う 事 業 所 は 市 場 生 産 者 と 非 市 場 生 産 者 に 分 けられる 市 場 生 産 者 とは 経 済 的 に 意 味 のあ る 価 格 で 生 産 物 のほとんど または 全 てを 販 売 する 生 産 者 であって 産 業 を 構 成 する 非 市 場 生 産 者 とは 無 料 または 経 済 的 に 意 味 のない 価 格 で 供 給 される 財 貨 及 び 個 別 的 集 合 的 サービスの 生 産 者 で 対 家 計 民 間 非 営 利 サービス 生 産 者 と 政 府 サービス 生 産 者 である (ア) 産 業 産 業 は 経 済 的 に 意 味 のある 価 格 で 生 産 物 のほとんど または 全 てを 販 売 する 生 産 者 ( 市 場 生 産 者 )である 産 業 は 民 間 企 業 の 事 業 所 のほか 公 的 企 業 として 産 業 に 分 類 される 政 府 関 係 機 関 がある 政 府 諸 機 関 については 次 の 基 準 にしたがって 分 類 する a 金 融 機 関 非 金 融 機 関 の 区 分 売 上 高 の50% 以 上 が 金 融 仲 介 活 動 又 は 補 助 的 金 融 活 動 による 機 関 は 金 融 機 関 に 分 類 する b 一 般 政 府 非 営 利 部 門 法 人 企 業 部 門 の 区 分 aで 非 金 融 機 関 に 分 類 された 場 合 は 売 上 高 が 生 産 費 用 の50% 以 上 であれば 市 場 性 があるとして 法 人 企 業 に 分 類 し それ 以 外 は 一 般 政 府 非 営 利 部 門 に 分 類 する c 公 的 部 門 民 間 部 門 の 区 分 aで 金 融 機 関 に 分 類 された 場 合 及 び bで 法 人 企 業 部 門 に 分 類 された 場 合 は 政 府 が 議 決 権 の 過 半 数 を 保 有 しているか 取 締 役 会 等 の 統 治 機 関 を 支 配 している( 過 半 数 の 任 命 権 を 持 つ) 場 合 は 公 的 企 業 ( 金 融 非 金 融 )に 分 類 する bで 一 般 政 府 非 営 利 部 門 に 分 類 された 場 合 は 政 府 が 役 員 の 選 任 権 を 保 有 している 場 合 は 一 般 政 府 に 分 類 する なお 医 療 機 関 については 社 会 保 険 診 療 報 酬 制 度 により 同 一 のサービス 価 格 体 系 の 中 で 競 合 できる 存 在 であることから すべて 産 業 ( 市 場 生 産 者 )として 扱 う この 他 に 次 のものが 産 業 に 含 まれる 主 として 企 業 のためにサービスを 提 供 することを 目 的 とする 民 間 非 営 利 団 体 家 計 の 所 有 する 住 宅 や 政 府 及 び 民 間 非 営 利 団 体 が 職 員 のため 所 有 する 住 宅 の 帰 属 サービス 家 計 政 府 又 は 民 間 非 営 利 団 体 が 自 ら 使 用 するために 行 う 住 宅 及 び 非 居 住 用 建 物 の 建 設 活 動 (イ) 政 府 サービス 生 産 者 政 府 サービスとは 国 家 の 治 安 や 秩 序 の 維 持 経 済 厚 生 社 会 福 祉 の 増 進 等 のための

6 サービスで 政 府 以 外 によっては 効 率 的 かつ 経 済 的 に 供 給 されない 性 格 のものである 政 府 サービス 生 産 者 には 上 記 の 機 能 を 果 たす 中 央 政 府 ( 国 出 先 機 関 ) 地 方 政 府 ( 県 市 町 村 )などの 行 政 機 関 のほか 社 会 保 障 基 金 ( 注 )や 独 立 行 政 法 人 などの 特 定 の 非 営 利 団 体 が 含 まれる 県 と 市 町 村 が 出 資 している 一 部 事 務 組 合 は 出 資 金 の 比 率 によって 県 と 市 町 村 とに 分 割 する ( 注 ) 社 会 全 体 あるいは 大 部 分 を 対 象 として 社 会 保 障 給 付 を 行 うことを 目 的 として いること 加 入 が 法 律 により 義 務 付 けられていること 資 金 が 積 立 方 式 以 外 の 方 法 で 運 営 されていること の 条 件 を 満 たす 組 織 (ウ) 対 家 計 民 間 非 営 利 サービス 生 産 者 他 の 方 法 では 効 率 的 に 提 供 し 得 ない 社 会 的 公 共 的 サービスを 利 益 追 求 を 旨 とする ことなく 家 計 に 提 供 する 団 体 を 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 といい これを 生 産 者 として 把 握 する 場 合 対 家 計 民 間 非 営 利 サービス 生 産 者 という 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 は ある 特 定 の 目 的 を 遂 行 するために 集 まった 個 人 の 自 発 的 な 団 体 であり その 活 動 は 通 常 会 費 や 家 計 企 業 政 府 からの 寄 付 補 助 金 によってまかなわれる 労 働 組 合 政 党 宗 教 団 体 社 会 福 祉 施 設 ( 産 業 及 び 政 府 サービス 生 産 者 に 格 付 けされるものを 除 く)のほか 私 立 学 校 のすべてがこれに 含 まれる なお 副 次 活 動 として 営 利 活 動 を 営 む 場 合 その 副 次 活 動 は 分 離 して 産 業 に 含 めら れる イ 制 度 部 門 別 分 類 制 度 部 門 別 分 類 は 独 立 した 組 織 として 所 得 の 受 払 や 財 産 の 所 有 運 用 に 関 する 意 思 決 定 を 行 う 制 度 単 位 を 基 準 として 行 われる この 分 類 において 取 引 主 体 は 主 として 機 能 行 動 目 的 等 を 基 に 1 非 金 融 法 人 企 業 2 金 融 機 関 3 一 般 政 府 4 家 計 ( 個 人 企 業 を 含 む) 5 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 の5つに 大 別 される (ア) 非 金 融 法 人 企 業 市 場 財 及 び 市 場 非 金 融 サービスの 生 産 を 主 活 動 とするすべての 居 住 者 である 非 金 融 法 人 企 業 または 準 法 人 企 業 である 財 貨 及 び 非 金 融 サービスの 市 場 生 産 に 携 わる 非 営 利 団 体 も 含 まれる (イ) 金 融 機 関 主 に 金 融 仲 介 活 動 または 金 融 仲 介 業 務 に 密 接 に 関 連 した 補 助 的 金 融 活 動 ( 金 融 仲 介 活 動 を 円 滑 促 進 する 活 動 )に 従 事 しているすべての 居 住 者 である 法 人 企 業 または 準 法 人 企 業 である 金 融 的 性 格 をもつ 市 場 生 産 ( 保 険 業 務 など)に 従 事 する 非 営 利 団 体 も 含 まれる (ウ) 一 般 政 府 中 央 政 府 ( 国 出 先 機 関 ) 地 方 政 府 ( 県 市 町 村 )とそれらによって 設 定 管 理 され ている 社 会 保 障 基 金 から 構 成 される これらには 政 府 及 び 社 会 保 障 基 金 により 支 配 資 金 供 給 され 非 市 場 生 産 に 従 事 している 非 営 利 団 体 も 含 まれる

7 (エ) 家 計 同 じ 住 居 を 持 ち 所 得 や 富 の 一 部 または 全 部 をプールし 住 宅 や 食 料 を 中 心 に 共 同 で 特 定 の 財 貨 やサービスを 消 費 する 人 々の 小 集 団 自 営 の 個 人 企 業 も 含 まれる これは 家 計 の 構 成 員 が 独 自 の 企 業 を 所 有 し それが 法 人 企 業 または 準 法 人 企 業 でない 場 合 所 属 する 家 計 部 門 の 利 益 となるために 活 動 していると 見 なされ その 企 業 はその 家 計 自 身 と 不 可 分 のものと 見 なされることによる (オ) 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 政 府 によって 支 配 資 金 供 給 されているものを 除 き 家 計 に 対 して 非 市 場 の 財 貨 サ ービスを 提 供 するすべての 居 住 者 である 非 営 利 団 体 により 構 成 される ウ 経 済 活 動 別 分 類 と 制 度 部 門 別 分 類 の 相 互 関 係 は 次 のとおりである ( 経 済 活 動 別 分 類 ) ( 制 度 部 門 別 分 類 ) 1 産 業 1 非 金 融 法 人 企 業 2 金 融 機 関 2 政 府 サービス 生 産 者 3 一 般 政 府 4 家 計 ( 個 人 企 業 を 含 む) 3 対 家 計 民 間 非 営 利 サービス 生 産 者 5 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 3 統 計 表 の 概 念 と 内 容 当 県 で 表 章 している 統 計 表 については 次 のとおりである Ⅰ 基 本 勘 定 1 統 合 勘 定 (1) 県 内 総 生 産 勘 定 ( 生 産 側 及 び 支 出 側 ) この 勘 定 は 県 内 における 経 済 活 動 を 総 括 する 県 内 総 生 産 を 生 産 側 と 支 出 側 からとらえる ものであり 制 度 部 門 の 所 得 支 出 勘 定 及 び 資 本 調 達 勘 定 を 統 合 して 記 録 する 勘 定 の 貸 方 は 県 内 生 産 物 に 対 する 支 出 の 総 額 を 市 場 価 格 によって 評 価 した 県 内 総 生 産 ( 支 出 側 )であり 構 成 項 目 は 民 間 最 終 消 費 支 出 政 府 最 終 消 費 支 出 総 固 定 資 本 形 成 在 庫 品 増 加 財 貨 サービスの 移 出 入 ( 純 ) が 示 される 借 方 は 県 内 経 済 活 動 における 付 加 価 値 総 額 を 市 場 価 格 によって 評 価 した 県 内 総 生 産 ( 生 産 側 )であり 構 成 項 目 は 県 内 雇 用 者 報 酬 営 業 余 剰 混 合 所 得 固 定 資 本 減 耗 生 産 輸 入 品 に 課 される 税 及 び ( 控 除 ) 補 助 金 で 示 される なお 県 内 総 生 産 ( 生 産 側 )と 県 内 総 生 産 ( 支 出 側 )は 理 論 上 は 同 額 となるものであるが 実 際 の 推 計 では それ ぞれの 推 計 に 用 いられる 基 礎 資 料 や 推 計 方 法 が 異 なるため 不 一 致 を 免 れない そのため 統 計 上 の 誤 差 や 脱 漏 に 基 づく 差 額 を 統 計 上 の 不 突 合 として 県 内 総 生 産 ( 支 出 側 )に

8 計 上 し 両 面 のバランスを 成 立 させている (2) 県 民 可 処 分 所 得 と 使 用 勘 定 この 勘 定 は 県 内 で 発 生 する1 次 所 得 に 県 外 からの 雇 用 者 報 酬 受 取 ( 純 ) 及 び 財 産 所 得 の 受 取 ( 純 )が 加 えられることによって 県 民 概 念 の1 次 所 得 が 定 義 され さらに 県 外 からの 経 常 移 転 ( 純 )が 加 わって 県 民 可 処 分 所 得 が 決 まる 勘 定 の 貸 方 ( 県 民 可 処 分 所 得 )では 雇 用 者 報 酬 は 県 内 雇 用 者 報 酬 と 県 外 からの 雇 用 者 報 酬 ( 純 ) からなる また 営 業 余 剰 混 合 所 得 は 各 制 度 部 門 ( 非 金 融 法 人 企 業 金 融 機 関 家 計 )の 合 計 になる 移 転 項 目 については 県 外 からの 財 産 所 得 ( 純 ) と 県 外 からのその 他 の 経 常 移 転 ( 純 ) とに 区 別 して 表 章 される さらに 生 産 輸 入 品 に 課 さ れる 税 と ( 控 除 ) 補 助 金 が 一 般 政 府 の 一 次 所 得 として 計 上 されている 借 方 は 県 民 可 処 分 所 得 の 使 用 であり 民 間 最 終 消 費 支 出 及 び 政 府 最 終 消 費 支 出 が 示 され バランス 項 目 が 県 民 貯 蓄 である (3) 資 本 調 達 勘 定 この 勘 定 は 資 本 形 成 とその 資 本 調 達 のバランスを 全 制 度 部 門 について 統 合 したもので 実 物 取 引 と 金 融 取 引 とに 区 分 される 県 民 経 済 計 算 では 実 物 取 引 についてのみ 推 計 してい る この 勘 定 においては 各 制 度 部 門 における 純 貸 出 (+)/ 純 借 入 (-)の 合 計 は 県 外 に 対 する 債 権 変 動 と 統 計 上 の 不 突 合 の 合 計 に 等 しくなっている 資 本 移 転 には 県 外 からの 資 本 移 転 等 ( 純 )のみが 計 上 されている (4) 県 外 勘 定 県 外 勘 定 は 県 全 体 としてとらえた 県 外 取 引 が 計 上 されており 県 外 の 視 点 から 記 録 され ている 経 常 取 引 と 資 本 取 引 に 区 分 されるが 県 民 経 済 計 算 では 経 常 取 引 について 記 録 する 経 常 取 引 は 物 の 売 買 や 運 輸 通 信 保 険 などサービスの 売 買 によりなる 財 貨 サービ スの 移 出 ( 入 ) 労 働 に 対 して 支 払 われる 雇 用 者 報 酬 利 子 や 配 当 金 などからなる 財 産 所 得 対 価 の 受 領 を 伴 わない 財 貨 サービス 現 金 の 受 払 のうち 経 常 的 なものよりなる その 他 の 経 常 移 転 によって 構 成 され バランス 項 目 として 支 払 側 に 経 常 県 外 収 支 が 設 けられている 2 制 度 部 門 別 所 得 支 出 勘 定 この 勘 定 は 1 非 金 融 法 人 企 業 2 金 融 機 関 3 一 般 政 府 4 家 計 ( 個 人 企 業 を 含 む) 及 び 5 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 の5 制 度 部 門 別 に 作 成 される 生 産 活 動 により 生 み 出 された 付 加 価 値 ( 所 得 )が どの 制 度 部 門 に 分 配 され さらに 各 制 度 部 門 及 び 県 外 部 門 間 での 移 転 取 引 により それらの 所 得 が 最 終 的 にどのように 振 り 向 けられたかを 示 している さらに このような 分 配 再 分 配 の 結 果 である 可 処 分 所 得 が 消 費 支 出 と 貯 蓄 にどのように 配 分 されたかを 表 すととも に バランス 項 目 としての 貯 蓄 を 通 じて 制 度 部 門 ごとに 資 本 調 達 勘 定 に 結 びつけられている 勘 定 の 貸 方 ( 受 取 )には 要 素 所 得 として 県 民 雇 用 者 報 酬 営 業 余 剰 混 合 所 得 及 び 移 転 所 得 ( 財 産 所 得 経 常 移 転 ) が 示 され 借 方 ( 支 払 )には 最 終 消 費 支 出 移

9 転 項 目 ( 財 産 所 得 と その 他 の 経 常 移 転 ) 及 び 残 差 である 貯 蓄 が 示 される (1) 要 素 所 得 ア 県 民 雇 用 者 報 酬 雇 用 者 の 仕 事 に 対 する 報 酬 として 企 業 によって 雇 用 者 に 対 して 支 払 われた 現 金 または 現 物 による 報 酬 の 総 額 を 指 し 雇 主 の 現 実 社 会 負 担 及 び 帰 属 社 会 負 担 を 含 む 県 外 との 受 払 を 調 整 した 県 民 概 念 で 計 上 されている イ 営 業 余 剰 混 合 所 得 産 出 額 から 中 間 投 入 固 定 資 本 減 耗 及 び 生 産 輸 入 品 に 課 される 税 ( 純 )を 差 し 引 いた 県 内 純 生 産 ( 県 内 要 素 所 得 )から 県 内 雇 用 者 報 酬 を 差 し 引 いたものであり 非 金 融 法 人 企 業 金 融 機 関 及 び 家 計 ( 個 人 企 業 )の3 制 度 部 門 に 計 上 される (2) 移 転 所 得 制 度 部 門 別 所 得 支 出 勘 定 に 示 される 移 転 は 財 産 所 得 と その 他 の 経 常 移 転 があり その 他 の 経 常 移 転 には 所 得 富 等 に 課 される 経 常 税 現 物 社 会 移 転 以 外 の 社 会 給 付 と 社 会 負 担 その 他 がある ア 財 産 所 得 利 子 法 人 企 業 の 分 配 所 得 保 険 契 約 者 に 帰 属 する 財 産 所 得 賃 貸 料 の4つ からなる なお 平 成 17 年 基 準 改 定 において FISIMの 概 念 を 導 入 したことから 旧 概 念 で の 利 子 をFISIM 調 整 前 として 参 考 表 章 している イ その 他 の 経 常 移 転 (ア) 所 得 富 等 に 課 される 経 常 税 所 得 に 課 される 税 とその 他 の 経 常 税 に 分 類 される なお 相 続 税 贈 与 税 は 資 本 移 転 として 扱 い 資 本 調 達 勘 定 ( 実 物 取 引 )において 計 上 される (イ) 現 物 社 会 移 転 以 外 の 社 会 給 付 及 び 社 会 負 担 a 社 会 給 付 社 会 保 険 制 度 に 基 づく 社 会 保 険 給 付 ( 社 会 保 障 基 金 年 金 基 金 無 基 金 )と そう した 制 度 に 基 づかない 社 会 扶 助 給 付 とに 分 類 される (a) 現 金 による 社 会 保 障 給 付 社 会 保 障 基 金 が 家 計 に 対 して 支 払 う 社 会 給 付 のうち 国 民 年 金 厚 生 年 金 等 から の 年 金 給 付 や 失 業 給 付 などの 現 金 により 支 払 われるものが 含 まれる (b) 年 金 基 金 による 社 会 給 付 厚 生 年 金 基 金 適 格 退 職 年 金 による 給 付 等 が 含 まれる (c) 無 基 金 雇 用 者 社 会 給 付 社 会 保 障 基 金 金 融 機 関 ( 年 金 基 金 )などの 外 部 機 関 を 利 用 せず また 自 己 で 基 金 を 設 けることもせず 雇 主 がその 源 泉 から 雇 用 者 に 支 払 う 福 祉 的 な 給 付 である 雇 主 による 公 務 災 害 補 償 や 労 働 災 害 に 対 する 見 舞 金 の 支 払 等 が 含 まれるほか 退 職 一 時 金 も 含 まれる

10 (d) 社 会 扶 助 給 付 社 会 保 険 制 度 の 枠 組 みの 中 ではなく 政 府 部 門 または 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 が 家 計 に 支 払 う 社 会 給 付 を 示 し 生 活 保 護 費 戦 没 者 遺 族 年 金 恩 給 等 が 含 まれる b 社 会 負 担 社 会 保 険 給 付 が 支 払 われることに 備 えて 社 会 保 険 制 度 に 行 う 現 実 または 帰 属 の 支 払 であり 現 実 社 会 負 担 と 帰 属 社 会 負 担 に 分 類 される (a) 現 実 社 会 負 担 雇 主 が 社 会 保 険 制 度 を 管 理 する 基 金 に 対 して 支 払 う 社 会 負 担 である 雇 主 の 現 実 社 会 負 担 と 雇 用 者 本 人 による 社 会 保 険 制 度 を 管 理 する 基 金 に 対 する 負 担 である 雇 用 者 の 社 会 負 担 に 分 類 されて 計 上 されている 雇 主 の 現 実 社 会 負 担 は 社 会 保 障 基 金 に 対 する 雇 主 の 強 制 的 現 実 社 会 負 担 と 年 金 基 金 に 対 する 雇 主 の 自 発 的 現 実 社 会 負 担 に 分 けられ これらは 雇 主 が 雇 用 者 の 利 益 のために 支 払 う 性 格 のものであるため まず 雇 用 者 報 酬 の 構 成 要 素 として 計 上 し 同 額 を 家 計 が 一 般 政 府 ないし 金 融 機 関 に 支 払 ったかのように 計 上 している 雇 用 者 の 社 会 負 担 は 支 払 先 によって 雇 用 者 の 強 制 的 社 会 負 担 ( 対 社 会 保 障 基 金 )と 雇 用 者 の 自 発 的 社 会 負 担 ( 対 年 金 基 金 )とに 分 けて 記 録 している (b) 帰 属 社 会 負 担 無 基 金 雇 用 者 社 会 給 付 が 県 民 雇 用 者 報 酬 の 構 成 要 素 雇 主 の 帰 属 社 会 負 担 としても 計 上 されることから 家 計 による 二 重 受 取 を 回 避 するために 設 けられた 項 目 であり 雇 主 の 帰 属 社 会 負 担 と 同 額 を 家 計 が 雇 主 に 支 払 ったものとして 計 上 し 家 計 から 企 業 等 への 移 転 として 扱 うという 帰 属 計 算 を 行 っている (ウ) その 他 の 経 常 移 転 非 生 命 保 険 取 引 一 般 政 府 内 の 経 常 移 転 他 に 分 類 されない 経 常 移 転 の3 種 類 に 分 類 される a 非 生 命 保 険 取 引 非 生 命 保 険 は 生 命 保 険 以 外 のすべてのリスク( 事 故 疾 病 火 災 等 )を 網 羅 する 概 念 である 損 害 保 険 会 社 等 の 非 生 命 保 険 が 属 する 金 融 機 関 の 支 払 側 及 び 全 ての 制 度 部 門 の 受 取 側 に 非 生 命 保 険 金 を 記 録 し 金 融 機 関 の 受 取 側 及 び 全 ての 制 度 部 門 の 支 払 側 に 非 生 命 純 保 険 料 を 記 録 している また 保 険 等 に 係 るリスクコスト である 非 生 命 純 保 険 料 については 既 経 過 保 険 料 ベースで 捉 え 非 生 命 保 険 金 と 同 額 を 記 録 する b 一 般 政 府 内 の 経 常 移 転 異 なる 一 般 政 府 の 内 訳 部 門 間 ( 中 央 政 府 地 方 政 府 社 会 保 障 基 金 )の 経 常 移 転 の ことであり 一 般 政 府 のみに 計 上 されている 中 央 政 府 地 方 政 府 へと 移 転 され る 地 方 交 付 税 交 付 金 義 務 教 育 費 国 庫 負 担 金 等 中 央 政 府 社 会 保 障 基 金 へと 移 転 される 厚 生 保 険 特 別 会 計 国 民 年 金 特 別 会 計 への 繰 入 等 地 方 政 府 中 央 政 府 へと 移 転 される 補 助 費 等 からなる 経 常 的 移 転 が 含 まれる

11 c 他 に 分 類 されない 経 常 移 転 上 記 項 目 に 含 まれない 制 度 単 位 間 制 度 部 門 間 並 びに 居 住 者 非 居 住 者 間 の 経 常 移 転 取 引 が 計 上 され 罰 金 寄 付 金 負 担 金 家 計 間 の 仕 送 り 贈 与 金 等 他 の 項 目 に 計 上 されないあらゆる 経 常 移 転 取 引 が 含 まれ 全 制 度 部 門 に 計 上 されている (3) 現 物 社 会 移 転 現 物 社 会 給 付 と 個 別 的 非 市 場 財 サービスの 移 転 の2 項 目 からなる ア 現 物 社 会 給 付 社 会 保 障 基 金 による 医 療 保 険 給 付 分 であり 払 い 戻 しによる 社 会 保 障 給 付 ( 高 額 療 養 費 移 送 費 等 ) と その 他 の 現 物 社 会 保 障 給 付 ( 診 療 費 薬 剤 支 給 入 院 時 食 事 療 養 費 訪 問 看 護 療 養 費 療 養 費 看 護 費 等 )がある イ 個 別 的 非 市 場 財 サービスの 移 転 家 計 に 対 して 無 料 または 経 済 的 に 意 味 のない 価 格 で 一 般 政 府 または 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 といった 非 市 場 生 産 者 によって 提 供 される 財 サービスの 提 供 をいう 一 般 政 府 から 家 計 向 けサービスの 費 用 として 支 出 される 教 科 書 購 入 費 や 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 から 家 計 に 移 転 される 私 立 保 育 園 の 経 営 費 美 術 館 や 動 物 園 の 運 営 費 などが 含 ま れる (4) 最 終 消 費 支 出 及 び 貯 蓄 以 上 に 掲 げた 分 配 再 分 配 による 所 得 の 受 払 に さらに 一 般 政 府 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 及 び 家 計 については 各 制 度 部 門 が 実 際 に 支 出 負 担 した 額 を 示 す 最 終 消 費 支 出 として 記 録 される 支 払 がある その 結 果 各 制 度 部 門 における 受 取 と 支 払 との 差 額 が 貯 蓄 として 計 上 される (5) 年 金 基 金 年 金 準 備 金 の 変 動 金 融 機 関 である 年 金 基 金 から 家 計 が 受 け 取 る 社 会 給 付 と 家 計 が 年 金 基 金 へ 払 い 込 む 自 発 的 社 会 負 担 が 経 常 取 引 として 記 録 されるが 一 方 で 年 金 基 金 が 管 理 する 年 金 準 備 金 は 生 命 保 険 が 管 理 する 準 備 金 と 同 じように 家 計 が 所 有 している 金 融 資 産 すなわち 貯 蓄 とし て 扱 われる このため 家 計 の 年 金 負 担 額 と 年 金 受 取 額 の 差 額 によって 家 計 の 貯 蓄 が 過 大 にならないようにするため 年 金 負 担 額 と 年 金 受 取 額 の 差 額 を 調 整 項 目 として 設 け 年 金 負 担 と 年 金 給 付 が 経 常 移 転 として 記 録 されていなかった 場 合 と 同 じ 貯 蓄 額 に 戻 すよう 記 録 す る 具 体 的 には 以 下 の 式 で 定 義 される 年 金 基 金 年 金 準 備 金 の 変 動 を 導 入 し 家 計 の 受 取 側 金 融 機 関 の 支 払 側 に 記 録 することとしている 年 金 基 金 年 金 準 備 金 の 変 動 = 雇 主 の 自 発 的 現 実 社 会 負 担 + 雇 用 者 の 自 発 的 社 会 負 担 - 年 金 基 金 による 社 会 給 付

12 3 制 度 部 門 別 資 本 調 達 勘 定 この 勘 定 は 1 非 金 融 法 人 企 業 2 金 融 機 関 3 一 般 政 府 4 家 計 ( 個 人 企 業 を 含 む) 5 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 の5つの 制 度 部 門 について 作 成 され 資 本 蓄 積 の 形 態 とそのための 資 本 調 達 の 源 泉 を 示 し 資 産 の 変 動 を 導 出 するものである 貯 蓄 を 通 じて 所 得 支 出 勘 定 と 資 金 循 環 勘 定 を 結 びつけると 同 時 に 資 産 の 変 動 を 通 じてフロ ー 勘 定 とストック 勘 定 である 貸 借 対 照 表 を 結 びつける 役 割 を 果 たすものである ただし 県 民 経 済 計 算 では 資 金 循 環 勘 定 及 び 貸 借 対 照 表 の 記 録 は 行 っていない (1) 実 物 取 引 勘 定 実 物 取 引 勘 定 は 総 固 定 資 本 形 成 (ネットで 取 引 を 把 握 することが 可 能 になるよう 固 定 資 本 減 耗 分 を 控 除 項 目 として 記 録 している) 在 庫 品 増 加 土 地 の 購 入 ( 純 )という 実 物 資 産 の 蓄 積 の 姿 を 示 すと 同 時 に この 蓄 積 のための 原 資 をどう 調 達 したかを 明 らかにする 原 資 としては 1 所 得 支 出 勘 定 における 受 取 のうち 他 の 支 払 にあてられず 残 差 として 得 られた 貯 蓄 2 他 の 部 門 からの 資 産 の 購 入 のために 反 対 給 付 なしに 受 け 取 る 資 本 移 転 ( 受 取 - 支 払 の 純 額 )からなる この 結 果 原 資 が 実 物 資 産 の 蓄 積 を 上 回 れば 純 貸 出 になり 資 金 を 他 部 門 で 運 用 していることを 表 す 逆 に 原 資 が 実 物 資 産 の 蓄 積 を 下 回 れば 純 借 入 になり 県 外 を 含 め 他 の 部 門 から 資 金 を 調 達 していることを 表 す (2) 統 合 勘 定 における 資 本 調 達 勘 定 との 関 係 統 合 勘 定 における 資 本 調 達 勘 定 は 各 制 度 部 門 の 資 本 調 達 勘 定 を 積 み 上 げたものであるが 表 章 上 は 以 下 の 各 点 が 異 なっている ア 制 度 部 門 別 勘 定 では 土 地 の 購 入 ( 純 ) により 部 門 間 の 土 地 売 買 を 計 上 しているが 土 地 の 売 買 は 住 居 者 間 のみで 行 われるため 県 全 体 でみると 土 地 売 却 = 土 地 購 入 となるの で 統 合 勘 定 においては 土 地 の 購 入 ( 純 ) は 表 章 されていない なお 県 外 における 土 地 の 購 入 は 県 外 勘 定 ( 資 本 取 引 )に 計 上 され 概 念 上 は 金 融 資 産 の 取 得 となる イ 制 度 部 門 別 勘 定 における 貯 蓄 投 資 バランスは 純 貸 出 (+)/ 純 借 入 (-) として 計 上 されているが 統 合 勘 定 においては 県 外 に 対 する 債 権 の 変 動 として 計 上 されている しかし 統 計 上 の 不 突 合 があるため 各 制 度 部 門 の 純 貸 出 (+)/ 純 借 入 (-)の 合 計 は 統 合 勘 定 の 県 外 に 対 する 債 権 の 変 動 と 一 致 しない これは 当 県 全 体 の 貯 蓄 投 資 バランス は 県 外 に 対 する 債 権 の 変 動 になること 及 び 統 合 勘 定 における 統 計 上 の 不 突 合 はその 性 格 からして 各 制 度 部 門 に 分 割 することが 不 可 能 であり 制 度 部 門 別 勘 定 には 計 上 されて いないことのためである したがって 県 外 に 対 する 債 権 の 変 動 + 統 計 上 の 不 突 合 = 各 部 門 の 純 貸 出 (+)/ 純 借 入 (-)の 合 計 となる ウ 資 本 移 転 は 統 合 勘 定 では 県 外 からの 資 本 移 転 等 ( 純 ) として 計 上 されている こ れは 県 内 の 各 制 度 部 門 間 の 資 本 移 転 は 相 殺 され 県 外 からの 資 本 移 転 のみ 計 上 されるため である

13 Ⅱ 主 要 系 列 表 1 経 済 活 動 別 県 内 総 生 産 経 済 活 動 別 県 内 総 生 産 とは 一 定 期 間 内 に 県 内 経 済 部 門 の 生 産 活 動 によって 新 たに 付 加 さ れた 価 値 の 評 価 額 を 1 産 業 2 政 府 サービス 生 産 者 3 対 家 計 民 間 非 営 利 サービス 生 産 者 別 経 済 活 動 別 に 示 したものである これは 県 内 の 生 産 活 動 に 対 する 各 経 済 活 動 部 門 の 寄 与 を 表 すものであって 産 出 額 から 中 間 投 入 を 控 除 したものにあたる ここにいう 生 産 とは 農 業 製 造 業 等 の 物 的 生 産 だけでなく 商 業 金 融 保 険 業 公 務 などのサービスの 生 産 も 含 まれる 農 家 の 自 家 消 費 に 充 てられた 生 産 物 所 有 者 自 身 が 使 用 する 住 居 のサービスなどのように 貨 幣 と 交 換 されない 生 産 物 や 便 益 もここでは 評 価 されて 含 まれる 事 業 所 の 産 出 額 には 本 社 その 他 の 事 業 所 の 産 出 額 ( 本 社 その 他 の 事 業 所 の 一 般 管 理 費 物 的 諸 経 費 人 件 費 等 のいわゆる 本 社 経 費 負 担 分 )が 織 り 込 まれているものとみなす これらの 諸 経 費 は 通 常 工 場 等 の 事 業 所 では 支 出 されないものであるが 生 産 物 が 市 場 に 供 給 される 際 には 当 然 必 要 な 経 費 として 考 えられ コストの 一 部 として 付 加 されているもの である 総 生 産 は 県 内 概 念 によってとらえられたものであるので 県 内 で 生 産 された 生 産 物 であ れば 他 県 の 県 民 に 対 し 県 外 への 所 得 として 分 配 されるものでも 含 まれるが 県 外 からの 所 得 で その 源 泉 が 他 県 内 の 生 産 にかかわるものは 含 まれない この 県 内 総 生 産 に 県 間 の 所 得 受 払 の 差 額 県 外 からの 所 得 ( 純 ) を 加 算 すれば 県 民 総 所 得 が 得 られる なお この 経 済 活 動 別 県 内 総 生 産 については 名 目 値 のほか 連 鎖 方 式 による 実 質 値 及 びデ フレーターも 表 示 される 実 質 値 は 価 格 の 騰 落 による 増 減 を 除 去 し 数 量 の 動 き( 品 質 の 変 化 を 含 む )をとらえるために 表 章 されており 参 照 年 (デフレーター=100 となる 年 現 在 は 平 成 17 暦 年 )の 名 目 値 を 基 準 として 金 額 表 示 したものになっている また デフレーターは 名 目 値 を 実 質 値 で 除 したもの(インプリシット デフレーター)を 掲 載 している (1) 産 業 産 業 の 分 類 は 原 則 として 経 済 活 動 が 行 われる 事 業 所 基 準 により 日 本 標 準 産 業 分 類 に 準 拠 するが 一 部 例 外 として 取 扱 うものがある ( 4 経 済 活 動 別 分 類 と 日 本 標 準 産 業 分 類 の 対 応 表 参 照 ) (2) 政 府 サービス 生 産 者 政 府 サービス 生 産 者 は 電 気 ガス 水 道 業 サービス 業 公 務 に 区 分 する なお 各 県 が 他 県 に 置 く 事 務 所 駐 在 所 は 自 県 の 居 住 者 ( 他 県 の 非 居 住 者 )とする 中 央 政 府 とされる 国 の 出 先 機 関 は 原 則 として 特 定 の 地 域 を 対 象 として 政 府 サービスを 提 供 す るものであり 本 省 の 行 政 機 能 を 補 完 する 付 属 機 関 や 研 究 機 関 も 事 業 所 とみなす (3) 対 家 計 民 間 非 営 利 サービス 生 産 者 日 本 標 準 産 業 分 類 の 大 分 類 学 術 研 究 専 門 技 術 サービス 業 宿 泊 業 飲 食 サービ

14 ス 業 教 育 学 習 支 援 業 及 び サービス 業 ( 他 に 分 類 されないもの) のうち 次 に 掲 げる 4 経 済 活 動 別 分 類 (SNA 分 類 )と 日 本 標 準 産 業 分 類 の 対 応 表 中 3の 中 分 類 又 は 小 分 類 に 属 し 総 務 省 事 業 所 企 業 統 計 調 査 報 告 経 済 センサス の 経 営 組 織 区 分 の 民 営 に 区 分 され 会 社 以 外 の 法 人 ( 平 成 18 年 調 査 では その 他 の 法 人 ) 又 は 法 人 でな い 団 体 に 分 類 される 事 業 所 である (4) 輸 入 品 に 課 される 税 関 税 総 資 本 形 成 に 係 る 消 費 税 ア 輸 入 品 に 課 される 税 関 税 輸 入 品 に 課 される 税 関 税 は 関 税 輸 入 品 商 品 税 からなり 輸 入 した 事 業 所 所 在 県 で 計 上 され 国 民 経 済 計 算 に 準 じて 経 済 活 動 別 に 配 分 せずここで 一 括 計 上 する イ 総 資 本 形 成 に 係 る 消 費 税 総 資 本 形 成 に 係 る 消 費 税 は 設 備 投 資 及 び 在 庫 投 資 にかかる 消 費 税 であり 税 法 上 控 除 対 象 仕 入 額 の 一 部 であるため ここで 一 括 控 除 する ( 参 考 ) 平 成 17 年 基 準 改 定 に 伴 い 93SNA 及 び08SNAに 適 合 するように 帰 属 利 子 に 代 わ って FISIM( 間 接 的 に 計 測 される 金 融 仲 介 サービス)が 導 入 され 通 常 の 財 貨 サ ービスの 一 つとして 位 置 づけられた これまで 金 融 業 の 金 融 仲 介 サービスは 帰 属 利 子 というかたちで 全 て 他 産 業 の 中 間 投 入 となり 付 加 価 値 は 生 まないものとして 処 理 されてきたが 今 回 の 改 定 では 生 産 活 動 を 行 い 付 加 価 値 を 生 む 活 動 に 改 められた これは 金 融 仲 介 機 関 の 利 子 率 の 一 部 を 預 金 サービ ス 貸 出 サービスに 対 して 支 払 われたサービス 料 とみなすものである こうした 金 融 仲 介 機 関 による 明 示 的 には 料 金 を 課 さないサービスの 対 価 を 間 接 的 な 測 定 方 法 を 用 いて 推 計 したものが FISIM であり その 支 払 は 中 間 投 入 最 終 消 費 移 出 入 ( 純 )にそれ ぞれ 計 上 される FISIMの 概 要 図 運 用 利 子 率 運 用 残 高 ( 貸 出 残 高 総 額 ) ( 貸 出 平 均 利 回 り) A 参 照 利 子 率 調 達 利 子 率 ( 預 金 平 均 利 回 り) B D 調 達 残 高 ( 預 金 残 高 総 額 ) C E A+B+C : FISIMの 総 額 = 借 り 手 側 FISIM+ 貸 し 手 側 FISIM A : 借 り 手 側 FISIM=( 運 用 利 子 率 - 参 照 利 子 率 ) 貸 出 残 高 総 額 B+C : 貸 し 手 側 FISIM=( 参 照 利 子 率 - 調 達 利 子 率 ) 預 金 残 高 総 額

15 2 県 民 所 得 ( 分 配 ) 県 民 所 得 は 県 内 居 住 者 が 一 年 間 にたずさわった 生 産 活 動 によって 発 生 した 純 付 加 価 値 額 を 生 産 要 素 と 制 度 部 門 別 を 折 衷 した 分 類 項 目 で 表 示 したものであって 制 度 部 門 別 所 得 支 出 勘 定 の 各 制 度 部 門 の 該 当 項 目 から 組 替 え 表 示 することによってとらえられる なお 県 民 所 得 を 人 口 で 割 って 算 出 する 一 人 当 たり 県 民 所 得 は 雇 用 者 報 酬 のほか 財 産 所 得 や 企 業 所 得 など 県 民 や 県 内 企 業 などが 得 た 所 得 の 合 計 を 県 の 総 人 口 で 割 ったものであ る したがって 個 人 の 給 与 や 所 得 の 水 準 を 表 すものではなく 企 業 の 利 潤 などを 含 む 県 民 経 済 全 体 の 水 準 を 表 している (1) 県 民 雇 用 者 報 酬 県 民 雇 用 者 報 酬 は 所 得 支 出 勘 定 の 家 計 部 門 の 貸 方 ( 受 取 )にある 総 額 が 1 賃 金 俸 給 2 雇 主 の 社 会 負 担 の 二 つに 分 類 される 雇 用 者 とは 県 内 に 常 時 居 住 地 を 有 し 産 業 政 府 サービス 生 産 を 含 むあらゆる 生 産 活 動 に 常 雇 日 雇 を 問 わず 従 事 する 就 業 者 のうち 個 人 業 主 と 無 給 の 家 族 従 業 者 を 除 くすべての 者 であり 法 人 企 業 の 役 員 特 別 職 の 公 務 員 議 員 等 も 雇 用 者 に 含 まれる 雇 用 者 について 県 の 居 住 者 を 決 定 する 基 準 としては 家 計 最 終 消 費 支 出 との 対 応 関 係 も あり 常 時 居 住 地 主 義 をとり 常 時 居 住 地 の 属 する 県 の 居 住 者 とみなすこととする 3か 月 以 上 他 県 に 就 労 する 季 節 労 務 者 については 国 勢 調 査 に 準 拠 し 就 労 地 を 常 時 居 住 地 とみな す 県 民 雇 用 者 報 酬 の 内 訳 項 目 は 次 のとおりとする ア 賃 金 俸 給 (ア) 現 金 によるもの 雇 用 者 が 労 働 提 供 の 報 酬 として 受 取 る 賃 金 俸 給 のうち 貨 幣 で 支 払 われるものであり 賃 金 給 与 手 当 賞 与 歳 費 報 酬 などが 含 まれる ただし 剰 余 金 処 分 による 役 員 賞 与 は 配 当 として 扱 う 社 会 保 障 に 対 する 雇 用 者 の 負 担 金 や 源 泉 所 得 税 などについては これを 控 除 前 で 評 価 する 作 業 道 具 作 業 衣 などや 業 務 上 の 旅 費 宿 泊 費 交 際 費 など 生 産 者 の 中 間 投 入 とすべきものを 雇 用 者 が 負 担 している 場 合 これに 対 する 払 戻 し 相 当 額 は 賃 金 俸 給 か ら 控 除 する 諸 手 当 のうち 家 族 手 当 や 比 較 的 長 期 の 休 業 手 当 など 福 祉 給 付 的 性 格 の 強 いものは 賃 金 俸 給 では 雇 用 者 福 祉 のための 負 担 金 に 分 類 することを 原 則 とする また 家 族 手 当 については 扶 養 手 当 としては 金 額 的 に 少 なく また 資 料 上 の 制 約 もあってこれらの 手 当 も 賃 金 俸 給 としている ただし 児 童 手 当 及 び 子 ども 手 当 は 福 祉 負 担 とされる (イ) 現 物 によるもの 賃 金 俸 給 には 無 料 または 著 しく 安 い 価 格 で 雇 用 者 に 支 給 され 主 として 消 費 者 とし ての 雇 用 者 の 利 益 となる 財 貨 サービスの 支 給 が 含 まれる 自 社 製 品 などの 通 貨 以 外 のも のによる 給 与 の 支 払 食 事 通 勤 定 期 券 などの 支 給 や 消 費 物 資 の 廉 価 販 売 などに 要 し た 費 用 などがそれである

16 現 物 給 与 の 評 価 は 原 則 として 支 給 に 要 した 費 用 ( 原 価 )によることとし 雇 用 者 の 負 担 分 は 除 く 雇 用 者 の 利 益 となると 同 時 に 生 産 者 の 利 益 となるようなもの 例 えば 健 康 診 断 やス ポーツ 施 設 レクリエーション 施 設 などの 提 供 は 生 産 者 の 中 間 投 入 であって 雇 用 者 報 酬 にはならない (ウ) 役 員 給 与 手 当 常 勤 非 常 勤 を 問 わず 法 人 企 業 の 役 員 に 対 して 支 払 われる 給 与 手 当 であるが 企 業 会 計 上 損 金 経 理 されるもののみを 記 録 し 利 益 処 分 による 役 員 賞 与 は 配 当 として 扱 う (エ) 議 員 歳 費 等 県 市 町 村 会 議 員 の 報 酬 地 方 公 共 団 体 の 委 員 手 当 のほか 国 会 議 員 のうち 県 内 に 主 たる 生 活 の 根 拠 を 有 し 県 の 居 住 者 とみなされる 議 員 の 歳 費 を 含 む (オ) 給 与 住 宅 差 額 家 賃 社 宅 公 務 員 住 宅 などで 市 中 家 賃 より 低 廉 な 家 賃 により 従 業 者 に 提 供 されている 場 合 の 従 業 者 の 支 払 家 賃 とその 時 価 ( 市 中 平 均 家 賃 )との 差 額 を 入 居 者 が 受 取 った 現 物 給 与 の 一 種 とみなして 計 上 する イ 雇 主 の 社 会 負 担 雇 主 の 社 会 負 担 は 雇 主 の 現 実 社 会 負 担 および 雇 主 の 帰 属 社 会 負 担 からなる (ア) 雇 主 の 現 実 社 会 負 担 一 般 政 府 を 構 成 する 社 会 保 障 基 金 および 金 融 機 関 である 年 金 基 金 への 雇 主 の 負 担 額 であり 前 者 を 雇 主 の 強 制 的 現 実 社 会 負 担 後 者 を 雇 主 の 自 発 的 現 実 社 会 負 担 という 雇 主 の 強 制 的 現 実 社 会 負 担 は 1 特 別 会 計 2 共 済 組 合 3 組 合 管 掌 健 康 保 険 4 児 童 手 当 及 び 子 ども 手 当 5 基 金 6 介 護 保 険 を 推 計 対 象 範 囲 とする なお 児 童 手 当 及 び 子 ども 手 当 の 公 務 員 分 は 各 政 府 機 関 から 直 接 支 給 されるものであって 基 金 を 持 つも のではないが 民 間 雇 用 者 分 と 統 一 的 に 扱 うため ここに 含 める 雇 主 の 自 発 的 現 実 社 会 負 担 は 1 厚 生 年 金 基 金 企 業 年 金 連 合 会 2 適 格 退 職 年 金 3 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 4 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 小 規 模 企 業 共 済 勘 定 5 確 定 給 付 企 業 年 金 6 確 定 拠 出 年 金 ( 企 業 型 )を 推 計 対 象 範 囲 とする (イ) 雇 主 の 帰 属 社 会 負 担 社 会 保 障 基 金 や 年 金 基 金 によらず 雇 主 自 らが 雇 用 者 の 福 祉 のために 負 担 する 分 であ る 退 職 一 時 金 社 会 保 障 基 金 によらない 業 務 災 害 補 償 などへの 雇 主 負 担 からなる a 退 職 一 時 金 退 職 一 時 金 支 給 に 要 した 雇 主 の 費 用 であるが 退 職 給 与 引 当 金 は 含 めず 実 際 の 支 給 時 の 支 給 額 を 記 録 する b 無 基 金 雇 用 者 社 会 負 担 (a) 公 務 災 害 補 償 費 民 間 雇 用 者 に 対 する 労 災 保 険 に 相 当 するものであり 公 務 員 に 対 する 給 付 額 を 社

17 会 保 険 料 の 雇 主 負 担 に 相 当 するものとみて 県 民 雇 用 者 報 酬 に 加 算 する ただし 地 方 公 務 員 に 対 する 公 務 災 害 補 償 基 金 によるものは 雇 主 の 強 制 的 現 実 社 会 負 担 に 含 め ここでは 除 かれる (b) そ の 他 労 災 保 険 適 用 前 の 法 定 補 償 損 害 保 険 会 社 による 労 働 者 災 害 補 償 責 任 保 険 損 害 保 険 によらない 労 災 保 険 への 上 積 給 付 のための 賠 償 責 任 保 険 健 康 保 険 への 上 積 給 付 交 通 傷 害 保 険 団 体 生 命 保 険 等 の 保 険 料 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 制 度 に 対 する 奨 励 金 給 付 金 などの 雇 主 負 担 が 含 まれる (2) 財 産 所 得 ( 非 企 業 部 門 ) 財 産 所 得 は 1 一 般 政 府 2 家 計 3 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 の 各 制 度 部 門 の 該 当 項 目 を 振 替 え 財 産 所 得 の 純 額 受 取 額 及 び 支 払 額 を 表 示 している また 家 計 部 門 については 利 子 配 当 ( 受 取 ) 保 険 契 約 者 に 帰 属 する 財 産 所 得 及 び 賃 貸 料 ( 受 取 ) ごとに 表 示 されている 財 産 所 得 とは ある 経 済 主 体 が 他 の 経 済 主 体 の 所 有 する 金 融 資 産 土 地 及 び 著 作 権 特 許 権 などの 無 形 資 産 を 使 用 する 場 合 その 使 用 を 原 因 として 生 ずる 所 得 の 実 際 の 移 転 と 帰 属 計 算 による 移 転 であり 利 子 法 人 企 業 の 分 配 所 得 ( 配 当 等 ) 保 険 契 約 者 に 帰 属 する 財 産 所 得 及 び 賃 貸 料 の4つからなっている これらは 発 生 主 義 でとらえられ 利 子 賃 貸 料 については 支 払 義 務 発 生 時 点 で 法 人 企 業 の 分 配 所 得 保 険 契 約 者 に 帰 属 す る 財 産 所 得 についても 配 当 金 などの 公 告 あるいは 利 潤 獲 得 時 ではなくその 支 払 の 義 務 発 生 時 点 で 計 上 している なお 利 子 法 人 企 業 の 分 配 所 得 ( 配 当 等 ) 保 険 契 約 者 に 帰 属 する 財 産 所 得 及 び 賃 貸 料 とその 使 用 する 財 産 との 関 係 は 以 下 のようになっている 資 産 項 目 財 産 項 目 金 融 ( 下 記 資 産 を 除 く) 利 子 株 式 出 資 金 法 人 企 業 の 分 配 所 得 ( 配 当 など) 保 険 年 金 準 備 金 保 険 契 約 者 に 帰 属 する 財 産 所 得 有 形 非 生 産 資 産 ( 土 地 森 林 など) 賃 貸 料 ( 地 代 特 許 料 など) 無 形 非 生 産 資 産 ( 著 作 権 特 許 権 など) ア 利 子 預 貯 金 貸 出 金 借 入 金 手 形 売 掛 金 買 掛 金 などの 金 銭 的 請 求 権 について 生 じた 利 息 割 引 料 などの 所 得 の 移 転 である なお FISIMの 導 入 に 伴 い 利 子 の 受 取 支 払 の 概 念 が 変 更 となっている 従 前 の 受 取 支 払 の 利 子 総 額 には 金 融 仲 介 サービスの 対 価 が 反 映 されていることから ここではFISIM 分 の 調 整 を 行 っているが 家 計 部 門 の 受 取 支 払 利 子 については 調 整 を 行 う 前 の 利 子 を 参 考 表 章 している イ 法 人 企 業 の 分 配 所 得 配 当 と 準 法 人 企 業 所 得 からの 引 出 し のほか 国 民 経 済 計 算 では 海 外 直 接 投 資

18 に 関 する 再 投 資 収 益 と 表 章 されているものも 含 む 配 当 とは 法 人 企 業 が 株 主 からの 資 金 を 利 用 した 結 果 として 当 該 法 人 を 所 有 する 株 主 が 受 取 りを 主 張 することができる 財 産 所 得 の 一 形 態 であり 株 式 出 資 金 配 当 等 及 び 役 員 賞 与 からなる 準 法 人 企 業 所 得 からの 引 出 し とは 法 人 企 業 から 引 き 出 される 所 得 に 類 似 する 株 主 に 対 して 支 払 われる 配 当 で 公 的 準 法 人 所 得 引 出 し ( 公 的 非 金 融 法 人 に 分 類 されている 公 務 員 宿 舎 の 賃 貸 料 収 入 公 営 住 宅 使 用 料 など)と 外 国 に 居 住 する 制 度 部 門 に 属 する 非 法 人 企 業 からの 引 出 し ( 海 外 支 店 収 益 )に 分 類 されている ウ 保 険 契 約 者 に 帰 属 する 財 産 所 得 保 険 企 業 ( 生 命 保 険 非 生 命 保 険 年 金 基 金 を 含 む)から 受 け 取 ることができる 保 険 技 術 準 備 金 ( 生 命 保 険 準 備 金 及 び 年 金 基 金 に 関 する 家 計 の 純 持 分 ( 責 任 準 備 金 ) と 保 険 料 の 前 払 いに 対 する 準 備 金 ( 未 経 過 保 険 料 ) 及 び 未 払 い 保 険 金 に 対 する 準 備 金 ( 支 払 準 備 金 ) を 合 わせて 保 険 技 術 準 備 金 という )の 投 資 により 得 られる 所 得 のことである 保 険 技 術 準 備 金 は 保 険 契 約 者 の 資 産 であるため 保 険 契 約 者 の 受 取 りとして 記 録 し 追 加 保 険 料 として 再 び 保 険 企 業 に 全 額 支 払 われるように 取 り 扱 う 従 って 最 終 的 に 家 計 に 帰 属 する エ 賃 貸 料 土 地 等 の 純 賃 貸 料 ( 総 賃 貸 料 マイナス 税 金 等 諸 経 費 )と 特 許 権 著 作 権 などの 使 用 料 か らなる ただし 構 築 物 ( 住 宅 を 含 む) 設 備 機 械 等 の 再 生 産 可 能 な 有 形 固 定 資 産 の 賃 貸 に 関 するものは 商 品 としてのサービスの 購 入 販 売 として 扱 われるのでここには 含 ま ない (ア) 土 地 土 地 の 賃 貸 料 ( 地 代 )は 原 則 として 土 地 の 所 有 により 生 じた 純 賃 貸 料 に 限 られ 土 地 にかかる 税 金 維 持 費 などのうち 賃 貸 料 に 含 めて 賃 貸 者 が 負 担 している 分 は 本 来 土 地 所 有 者 が 支 払 義 務 を 負 っているものであり この 項 目 から 除 かれる (イ) 特 許 権 特 許 権 商 標 権 の 使 用 料 が 技 術 指 導 や 経 営 指 導 に 対 する 料 金 をも 含 んでいる 場 合 は その 料 金 のすべてが 一 種 の 商 品 サービス 購 入 販 売 として 扱 われる (3) 企 業 所 得 ( 法 人 企 業 の 分 配 所 得 受 払 後 ) 企 業 所 得 は 所 得 支 出 勘 定 の 営 業 余 剰 混 合 所 得 ( 注 )に 財 産 所 得 の 受 払 の 差 額 すなわ ち 純 財 産 所 得 を 加 えたものである 1 民 間 法 人 企 業 2 公 的 企 業 3 個 人 企 業 ごとに 表 示 されている ( 注 ) 企 業 会 計 でいう 営 業 利 益 にほぼ 相 当 し したがって 企 業 所 得 は 営 業 利 益 か ら 負 債 利 子 などの 営 業 外 費 用 を 支 払 い 逆 に 他 社 からの 株 式 配 当 などの 営 業 外 収 益 を 加 えたいわゆる 経 常 利 益 に 近 い 概 念 といえる ア 民 間 法 人 企 業 民 間 法 人 企 業 所 得 は 所 得 支 出 勘 定 の 非 金 融 法 人 企 業 部 門 と 金 融 機 関 部 門 の 民 間 分 から

19 導 きだされており 他 部 門 への 法 人 企 業 の 分 配 所 得 の 受 払 後 のものについて 表 示 している イ 公 的 企 業 公 的 企 業 は 原 則 として 政 府 により 所 有 または 支 配 されている 企 業 で 商 法 その 他 の 公 法 特 別 立 法 行 政 規 則 等 により 法 人 格 をもつ 公 的 法 人 企 業 及 び 生 産 する 財 貨 サービスの ほとんどを 市 場 で 販 売 する 大 規 模 な 非 法 人 政 府 事 業 体 からなり その 活 動 の 類 型 すなわ ち 生 産 技 術 や 経 営 形 式 の 特 性 から 産 業 として 分 類 される 事 業 所 を 単 位 とする 公 的 法 人 企 業 の 例 としては 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 各 社 日 本 銀 行 都 市 再 生 機 構 等 があ げられ 非 法 人 政 府 事 業 体 としては 上 水 道 簡 易 水 道 のような 企 業 特 別 会 計 が 該 当 する ウ 個 人 企 業 個 人 企 業 は 個 人 が 企 業 の 主 体 となり 家 族 の 労 働 等 を 使 って 企 業 を 運 営 しているもので ある 個 人 企 業 については 家 計 分 との 経 理 が 明 瞭 に 区 別 しがたい 面 があるため 受 取 財 産 所 得 は 営 業 資 産 に 関 して 生 じたものであっても 最 終 消 費 主 体 としての 家 計 の 財 産 所 得 とみな して 企 業 所 得 には 含 めない また 支 払 財 産 所 得 のうち 賃 貸 料 は 全 額 個 人 企 業 の 支 払 と して 取 扱 い 利 子 については 消 費 用 のもの( 消 費 者 負 債 利 子 )とその 他 の 利 子 に 区 分 し 前 者 を 家 計 の 後 者 を 個 人 企 業 の 支 払 と 考 える なお 自 宅 と 事 業 所 が 異 なる 場 合 は 事 業 所 の 所 在 する 県 の 経 済 活 動 とみなし 営 業 余 剰 から 企 業 活 動 による 利 子 賃 貸 料 の 支 払 および 反 対 給 付 のない 経 常 移 転 の 支 払 を 控 除 し たものを 事 業 活 動 県 の 財 産 所 得 のその 他 の 支 払 とする 自 宅 所 在 県 では 同 額 を 県 外 からの 財 産 所 得 の 受 取 として 計 上 する (4) 県 民 所 得 以 上 の 諸 項 目 の 合 計 額 が 県 民 概 念 の 要 素 費 用 表 示 の 純 生 産 = 県 民 所 得 として 表 示 される (5) 生 産 輸 入 品 に 課 される 税 ( 控 除 ) 補 助 金 ア 生 産 輸 入 品 に 課 される 税 いわゆる 間 接 税 であり 1 財 貨 サービスの 生 産 販 売 購 入 または 使 用 に 関 して 生 産 者 に 課 される 租 税 及 び 税 外 負 担 で 2 税 法 上 損 金 算 入 が 認 められて 所 得 とはならず 3その 負 担 が 最 終 購 入 者 へ 転 嫁 されるものである 例 として 消 費 税 関 税 酒 税 不 動 産 取 得 税 事 業 税 固 定 資 産 税 企 業 の 支 払 う 自 動 車 税 などの 租 税 印 紙 収 入 があげられる また 財 政 収 入 を 目 的 とするもので 政 府 の 事 業 所 得 に 分 類 されない 税 外 収 入 ( 日 本 中 央 競 馬 会 納 付 金 など)も 生 産 輸 入 品 に 課 される 税 に 含 まれる 持 ち 家 家 計 は 住 宅 賃 貸 業 を 営 むものと 擬 制 されているので 家 計 からの 固 定 資 産 税 は 生 産 輸 入 品 に 課 される 税 として 扱 われる イ 補 助 金 1 企 業 に 対 して 支 払 われるものであること 2 企 業 の 経 常 費 用 を 賄 うために 交 付 される ものであること 3 財 サービスの 市 場 価 格 を 低 下 させると 考 えられるものであること の3つの 条 件 を 満 たす 経 常 的 交 付 金 である 公 的 企 業 の 営 業 損 失 を 補 うためになされる 政 府 からの 繰 り 入 れも 補 助 金 に 含 まれる 補 助 金 によって その 額 だけ 市 場 価 格 が 低 められ

20 るため 負 の 生 産 輸 入 品 に 課 される 税 とみなすことができる なお 投 資 資 本 資 産 運 転 資 産 の 損 失 の 補 償 のために 産 業 に 対 して 行 われる 移 転 は 補 助 金 ではなく 資 本 移 転 に 分 類 されるほか 補 助 金 という 名 称 であっても 地 方 自 治 体 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 家 計 などの 産 業 以 外 の 主 体 への 経 常 的 交 付 金 は 政 府 による 他 の 種 類 の 経 常 移 転 ( 他 に 分 類 されない 経 常 移 転 )として 扱 われる (6) 県 民 所 得 ( 市 場 価 格 表 示 ) 県 民 所 得 ( 要 素 費 用 表 示 の 県 民 純 生 産 )に 所 得 支 出 勘 定 の 一 般 政 府 部 門 の 受 払 に 計 上 さ れているものから 算 出 する 生 産 輸 入 品 に 課 される 税 マイナス 補 助 金 を 加 え 市 場 価 格 ベースに 転 換 して 市 場 価 格 表 示 の 県 民 所 得 が 表 示 される (7) その 他 の 経 常 移 転 ( 純 ) 1 非 金 融 法 人 企 業 及 び 金 融 機 関 2 一 般 政 府 3 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 4 家 計 ( 個 人 企 業 を 含 む)に 分 けて 表 示 されている 制 度 部 門 別 所 得 支 出 勘 定 の 受 払 の 差 額 が 計 上 される (8) 県 民 可 処 分 所 得 県 民 可 処 分 所 得 は 以 下 のとおり 導 き 出 される 可 処 分 所 得 = 各 制 度 部 門 が 生 産 過 程 へ 参 加 した 結 果 として 受 け 取 る 所 得 ( 雇 用 者 報 酬 混 合 所 得 営 業 余 剰 等 )と 財 産 所 得 の 受 払 における 受 取 と 支 払 の 残 差 + 所 得 富 等 に 課 される 経 常 税 の 受 払 + 社 会 給 付 社 会 負 担 の 受 払 + その 他 の 経 常 移 転 の 受 払 県 民 可 処 分 所 得 は 制 度 部 門 別 には 受 け 取 った 所 得 から 経 常 移 転 支 払 を 控 除 したもので 消 費 と 貯 蓄 の 合 計 に 等 しくなる 県 全 体 では 市 場 価 格 表 示 の 県 民 所 得 に 制 度 部 門 別 所 得 支 出 勘 定 から 求 められる 財 産 所 得 以 外 のその 他 の 経 常 移 転 の 純 受 取 額 の 各 制 度 部 門 総 額 を 加 算 したものが 県 民 可 処 分 所 得 となる 3 県 内 総 生 産 ( 支 出 側 ) 県 内 所 得 は 最 終 生 産 物 に 対 する 支 出 の 面 でも 把 握 することができる これを 県 内 総 生 産 ( 支 出 側 )という 県 内 総 生 産 ( 支 出 側 )は 市 場 価 格 で 表 示 される 県 内 総 生 産 ( 生 産 側 )に 対 応 する 県 内 概 念 に 基 づき 財 貨 サービスの 処 分 状 況 を 最 終 消 費 支 出 総 資 本 形 成 ( 投 資 ) 財 貨 サービスの 移 出 ( 入 )の 需 要 項 目 ごとに 把 握 し これに 統 計 上 の 不 突 合 を 加 えることによって 県 内 総 生 産 ( 支 出 側 )を 表 示 し 最 後 に 県 外 からの 所 得 の 純 額 を 加 算 することによって 県 民 総 所 得 が 示 される なお この 県 内 総 生 産 ( 支 出 側 )については 名 目 値 のほか 固 定 基 準 年 方 式 による 実 質 値 及 びデフレーターも 表 示 される 実 質 値 は 価 格 の 騰 落 による 増 減 を 除 去 し 数 量 の 動 き( 品 質 の 変 化 を 含 む )をとらえるために 表 章 されており 参 照 年 (デフレーター=100となる 年

21 現 在 は 平 成 17 暦 年 )の 名 目 値 を 基 準 として 金 額 表 示 したものになっている また デフレーターは 名 目 値 を 実 質 値 で 除 したもの(インプリシット デフレーター)を 掲 載 している (1) 民 間 最 終 消 費 支 出 民 間 最 終 消 費 支 出 は 家 計 最 終 消 費 支 出 と 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 最 終 消 費 支 出 の 合 計 であ る ア 家 計 最 終 消 費 支 出 家 計 最 終 消 費 支 出 は 居 住 者 である 家 計 ( 個 人 企 業 を 除 く)が 一 定 期 間 に 行 う 新 たな 財 貨 サービスの 取 得 に 対 して 費 用 を 直 接 に 支 払 う 支 出 であって 同 種 の 中 古 品 スクラ ップの 純 販 売 額 ( 販 売 額 - 購 入 額 )を 控 除 したものである 中 古 品 取 引 については それが 家 計 部 門 内 相 互 間 の 取 引 である 場 合 と 他 部 門 との 間 の 取 引 である 場 合 とにわけられる 前 者 の 場 合 には 中 古 品 の 販 売 額 は 相 殺 され その 取 引 に 伴 う 流 通 マージンのみが 家 計 最 終 消 費 支 出 に 計 上 されるが 後 者 の 場 合 には 家 計 からの 販 売 額 はマイナスの 家 計 消 費 支 出 となり 逆 に 家 計 が 他 部 門 から 購 入 した 中 古 品 は 購 入 額 が 家 計 最 終 消 費 支 出 となり 販 売 した 部 門 では 販 売 額 をマイナスの 支 出 として 計 上 する こととしている 財 貨 サービスの 取 得 は 現 金 支 出 を 伴 うもののほか 農 家 における 農 作 物 の 自 家 消 費 自 己 所 有 住 宅 の 帰 属 家 賃 賃 金 俸 給 における 現 物 給 与 等 ( 給 与 住 宅 差 額 家 賃 を 含 む)も 含 まれる 家 計 の 財 貨 購 入 のうち 家 具 その 他 の 耐 久 財 購 入 はすべて 消 費 支 出 としてここに 含 まれ るが 土 地 造 成 及 び 住 宅 建 設 は 投 資 活 動 とみなして 民 間 総 固 定 資 本 形 成 に 含 められ 個 人 税 及 び 税 外 負 担 は 移 転 的 なもので 最 終 消 費 支 出 から 除 かれる 仕 送 り 金 贈 与 金 労 働 組 合 費 などの 家 計 間 及 び 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 への 移 転 も 家 計 最 終 支 出 とはみなされない イ 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 最 終 消 費 支 出 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 最 終 消 費 支 出 は 対 家 計 民 間 非 営 利 サービス 生 産 者 ( 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 )の 産 出 額 から 商 品 非 商 品 ( 注 )の 販 売 額 を 控 除 したものである すなわち 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 が 商 品 非 商 品 の 販 売 により 得 ることができる 収 入 は 生 産 コスト ( 中 間 投 入 + 雇 用 者 報 酬 + 固 定 資 本 減 耗 + 生 産 輸 入 品 に 課 される 税 )をカバーしえず その 差 額 が 自 己 消 費 とみなされ 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 最 終 消 費 支 出 として 計 上 される ( 注 ) 県 民 経 済 計 算 では 財 貨 サービスを 商 品 と 非 商 品 とに 区 分 している 商 品 は 産 業 によって 生 産 される 財 貨 サービスで 利 潤 獲 得 のため 生 産 される ものである 通 常 生 産 コストを 上 回 る 価 格 で 市 場 で 取 引 される 非 商 品 は 政 府 サービス 生 産 者 及 び 対 家 計 民 間 非 営 利 サービス 生 産 者 により 生 産 される 財 貨 サービスである 通 常 価 格 が 生 産 コストをカバーせず 市 場 におけ る 取 引 によらないで 供 給 される

22 (2) 政 府 最 終 消 費 支 出 県 民 経 済 計 算 では 一 般 政 府 を 単 なる 消 費 主 体 としてだけでなく 生 産 主 体 としても 捉 え ており 生 産 された 政 府 サービスは 一 部 を 除 き 政 府 自 ら 消 費 するものとして 政 府 最 終 消 費 に 計 上 する すなわち 一 般 政 府 の 財 政 サービスに 対 する 経 常 的 支 出 である 政 府 サービス 生 産 者 の 産 出 額 ( 中 間 投 入 + 雇 用 者 報 酬 + 固 定 資 本 減 耗 + 生 産 輸 入 品 に 課 される 税 )から 他 部 門 に 販 売 した 額 ( 商 品 非 商 品 販 売 )(たとえば 国 公 立 学 校 の 生 産 する 教 育 サービスのような ものの 授 業 料 など)を 差 し 引 いたもの( 自 己 消 費 )に 現 物 社 会 給 付 等 を 加 えたものを 政 府 最 終 消 費 支 出 として 計 上 する (3) ( 再 掲 ) 家 計 現 実 最 終 消 費 政 府 現 実 最 終 消 費 一 般 政 府 や 家 計 等 の 消 費 には その 源 泉 が 可 処 分 所 得 か 調 整 可 処 分 所 得 かによっ て 2つの 概 念 すなわち 最 終 消 費 支 出 と 現 実 最 終 消 費 ( 注 )が 存 在 する 最 終 消 費 支 出 は 各 制 度 部 門 が 実 際 に 支 出 負 担 した 額 を 示 す 項 目 であり 一 方 現 実 最 終 消 費 は 各 制 度 部 門 が 実 際 に 享 受 した 便 益 の 額 を 表 すものである 具 体 的 には 現 実 最 終 消 費 は 最 終 消 費 支 出 に 現 物 社 会 移 転 の 受 払 を 加 味 したものである 各 制 度 部 門 の 最 終 消 費 支 出 と 現 実 最 終 消 費 の 関 係 を68SNAにおける 消 費 の 概 念 も 併 せて 示 せば 次 のとおりである 消 費 概 念 の2 元 化 ( 概 念 図 ) 68SNA 93SNA 93SNA ( 可 処 分 所 得 の 使 用 勘 定 ) ( 調 整 可 処 分 所 得 の 使 用 勘 定 ) 家 計 最 終 消 費 支 出 移 転 的 支 出 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 最 終 消 費 支 出 一 般 政 府 最 終 消 費 支 出 家 計 最 終 消 費 支 出 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 最 終 消 費 支 出 一 般 政 府 最 終 消 費 支 出 個 別 A 消 費 支 B 出 集 合 消 費 支 出 家 計 現 実 最 終 消 費 一 般 政 府 現 実 最 終 消 費 A: 一 般 政 府 からの 移 転 的 支 出 ( 医 療 費 のうち 社 会 保 障 基 金 からの 給 付 分 及 び 教 科 書 購 入 費 等 )に 一 致 B: 教 育 や 保 健 衛 生 等 の 政 府 の 個 別 的 サービス 活 動 に 関 する 消 費 支 出 分

23 家 計 現 実 最 終 消 費 = 家 計 最 終 消 費 支 出 + 現 物 社 会 移 転 の 受 取 = 家 計 最 終 消 費 支 出 + 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 最 終 消 費 支 出 + 一 般 政 府 最 終 消 費 支 出 ( 個 別 消 費 支 出 分 ) 一 般 政 府 現 実 最 終 消 費 = 一 般 政 府 最 終 消 費 支 出 - 現 物 社 会 移 転 の 支 払 = 一 般 政 府 最 終 消 費 支 出 - 一 般 政 府 最 終 消 費 支 出 ( 個 別 消 費 支 出 分 ) = 一 般 政 府 最 終 消 費 支 出 ( 集 合 消 費 支 出 分 ) 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 現 実 最 終 消 費 = 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 最 終 消 費 支 出 - 現 物 社 会 移 転 の 支 払 = 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 最 終 消 費 支 出 - 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 最 終 消 費 支 出 ( 個 別 消 費 支 出 分 ) =0 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 最 終 消 費 支 出 には 集 合 的 サービスが 存 在 しないため そ の 最 終 消 費 支 出 すべてがそのまま 同 制 度 部 門 の 個 別 消 費 支 出 となる ( 注 ) 政 府 最 終 消 費 支 出 のうち 個 別 消 費 支 出 は 現 物 社 会 移 転 として 家 計 に 対 して 支 給 する 個 別 的 サービスについて 行 われる 支 出 である しかし 一 般 政 府 または 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 は 現 物 社 会 移 転 分 を 自 ら 消 費 するわけではなく 実 際 に 消 費 し 便 益 を 受 けるのは 家 計 である そこで 家 計 最 終 消 費 支 出 に 一 般 政 府 および 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 から の 現 物 社 会 移 転 を 加 え 便 益 を 受 けた 側 ( 家 計 部 門 )での 消 費 として 捉 えたものが 家 計 現 実 最 終 消 費 であり 一 般 政 府 現 実 最 終 消 費 は 一 般 政 府 最 終 消 費 支 出 から 現 物 社 会 移 転 としての 個 別 消 費 支 出 を 控 除 した 集 合 消 費 支 出 となる なお 最 終 消 費 支 出 は 実 際 にお 金 を 支 出 した 側 ( 部 門 )で 捉 えたものである (4) 総 資 本 形 成 民 間 及 び 公 的 企 業 一 般 政 府 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 家 計 ( 個 人 企 業 )の 支 出 ( 購 入 及 び 自 己 生 産 物 の 使 用 )のうち 中 間 消 費 とならないものであり 総 固 定 資 本 形 成 と 在 庫 品 増 加 からなる ア 総 固 定 資 本 形 成 民 間 法 人 公 的 企 業 一 般 政 府 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 及 び 家 計 ( 個 人 企 業 )が 新 規 に 購 入 した 有 形 又 は 無 形 の 資 産 ( 中 古 品 やスクラップ 土 地 等 の 純 販 売 額 は 控 除 し マージ ンや 移 転 経 費 は 含 む)であり 以 下 のものが 該 当 する (ア) 有 形 固 定 資 産 住 宅 住 宅 以 外 の 建 物 及 び 構 築 物 輸 送 機 器 機 械 設 備 育 成 資 産 ( 種 畜 乳 牛 果 樹 等 ) 民 間 転 用 が 可 能 な 防 衛 関 係 設 備 等 も 含 む (イ) 無 形 固 定 資 産 鉱 物 探 査 コンピュータ ソフトウエア( 受 注 型 及 びパッケージ 型 自 社 開 発 ソフト ウェア 等 ) プラントエンジニアリング

24 (ウ) 有 形 非 生 産 資 産 の 改 良 土 地 の 造 成 改 良 鉱 山 農 地 等 の 開 発 拡 張 等 なお 建 物 道 路 ダム 港 湾 等 建 設 物 の 仕 掛 工 事 は 建 設 発 注 者 の 総 固 定 資 本 形 成 に 含 まれるが 重 機 械 器 具 の 仕 掛 工 事 は その 財 貨 生 産 者 の 在 庫 品 増 加 に 分 類 される a 民 間 総 固 定 資 本 形 成 は 次 の 基 準 のいずれかに 該 当 する 支 出 を 属 地 主 義 によって 推 計 す る (a) 耐 用 年 数 1 年 以 上 1 品 目 1 件 当 たりの 金 額 がおおむね10 万 円 以 上 の 有 形 及 び 無 形 の 固 定 資 産 の 取 得 に 対 する 支 出 (b) 固 定 資 産 の 取 得 に 要 する 直 接 的 経 費 (c) 修 繕 補 修 のうち 改 造 や 新 しい 機 能 の 追 加 など その 耐 用 年 数 や 生 産 性 を 大 幅 に 増 大 させる 支 出 ( 単 なる 破 損 の 修 理 や 正 常 な 稼 働 を 保 つための 支 出 ( 経 常 的 修 理 維 持 )は 除 く 中 間 消 費 ) (d) 鉄 道 用 レールおよび 電 線 など 取 替 資 産 の 取 替 分 (e) 建 設 工 事 ( 建 物 道 路 その 他 の 建 物 等 )で 建 設 仮 勘 定 に 計 上 されている 県 内 向 け 仕 掛 工 事 ( 支 出 把 握 の 時 点 は 進 捗 ベースによる) (f) 土 地 改 良 および 住 宅 建 築 向 け 個 人 ( 家 計 にサービスを 提 供 する 民 間 非 営 利 団 体 を 含 む)の 支 出 (g) 大 動 植 物 の 取 得 のための 費 用 固 定 資 産 として 取 り 扱 われる 大 動 植 物 の 取 得 は 企 業 設 備 に 含 める (h) 中 古 資 産 は 他 県 との 間 で 移 転 するものだけを 対 象 とし 取 得 価 額 を 企 業 設 備 に 加 算 すると 同 時 に 移 入 に 計 上 し 売 却 した 県 は 企 業 設 備 から 控 除 すると 同 時 に 移 出 に 計 上 する (i) 船 舶 車 両 及 び 航 空 機 などの 移 動 性 償 却 資 産 で2 以 上 の 県 にわたって 使 用 され るものについては 総 務 省 から 市 町 村 に 配 分 する 当 該 固 定 資 産 の 評 価 額 を 調 査 し て 計 上 する (j) 住 宅 は 所 有 のいかんを 問 わず 民 間 所 有 の 専 用 住 宅 産 業 併 用 住 宅 の 居 住 用 部 分 分 譲 住 宅 ( 都 市 再 生 機 構 住 宅 供 給 公 社 などの 分 譲 分 を 含 む) 法 人 所 有 の 社 宅 からなっている b 公 的 公 的 固 定 資 本 形 成 の 推 計 対 象 は 普 通 会 計 非 企 業 会 計 及 び 公 的 企 業 である 公 的 固 定 資 本 形 成 を 把 握 する 際 には 公 共 事 業 関 係 の 調 査 費 計 画 費 は 建 設 事 業 が 具 体 的 に 決 定 された 後 の 当 該 工 事 の 施 工 に 必 要 なものだけを また 工 事 事 務 費 は 現 場 事 務 所 の 経 費 だけを 資 本 支 出 とする 公 的 固 定 資 本 形 成 は 進 捗 ベースで 把 握 することを 原 則 とし 国 直 轄 の 公 共 事 業 で2 県 以 上 にわたる 場 合 はその 県 に 該 当 する 投 資 額 を 計 上 する なお 資 本 補 助 金 ( 主 と して 施 設 設 備 補 助 金 からなっている)は 資 本 形 成 を 行 う 主 体 に 計 上 する

25 車 両 等 移 動 性 固 定 資 産 は 所 属 する 事 業 所 の 所 在 する 県 の 資 本 形 成 に 計 上 するが 受 託 工 事 については その 工 事 の 委 託 者 の 固 定 資 本 形 成 とするのを 原 則 とするから 政 府 では 計 上 しないこととする なお 一 般 政 府 に 含 められた 独 立 行 政 法 人 の 固 定 資 本 形 成 は 機 械 設 備 の 購 入 等 も 計 上 する イ 在 庫 品 増 加 在 庫 品 増 加 は 企 業 及 び 一 般 政 府 が 所 有 する 製 品 仕 掛 品 原 材 料 等 の 棚 卸 資 産 のある 一 定 期 間 における 物 量 的 増 減 を 市 場 価 格 で 評 価 したものである 仕 掛 工 事 中 の 重 機 械 器 具 と 畜 や 商 品 用 に 飼 育 されている 家 畜 も 含 まれる これは 民 間 企 業 の 在 庫 品 増 加 公 的 企 業 の 在 庫 品 増 加 一 般 政 府 の 在 庫 品 増 加 に 分 けられる 在 庫 品 増 加 は 事 業 所 主 義 で 計 上 するが 船 舶 車 両 および 航 空 機 などの 移 動 性 償 却 資 産 の 仕 掛 工 事 分 は 発 注 者 に 引 渡 すまでは 受 注 者 の 在 庫 に 計 上 し 引 渡 し 時 において 在 庫 減 とすると 同 時 に 発 注 者 の 固 定 資 本 形 成 に 計 上 する 公 的 企 業 の 在 庫 品 増 加 は 食 糧 管 理 特 別 会 計 の 麦 等 の 原 材 料 資 材 貯 蔵 品 等 の 増 減 で ある また 一 般 政 府 のそれは 国 の 原 油 備 蓄 等 の 増 減 を 含 む なお 在 庫 品 増 加 は 在 庫 品 評 価 調 整 ( 注 ) 後 で 評 価 する ( 注 ) 県 民 経 済 計 算 においては 発 生 主 義 の 原 則 がとられており 在 庫 品 増 加 は 当 該 棚 卸 資 産 の 在 庫 増 減 時 点 の 価 格 で 評 価 すべきものとされている しかし 入 手 可 能 な 在 庫 関 係 データは 企 業 会 計 に 基 づくものであり 後 入 先 出 法 や 先 入 先 出 法 等 企 業 会 計 上 認 められる 様 々な 在 庫 評 価 方 法 で 評 価 されている 従 って 期 末 在 庫 残 高 から 期 首 在 庫 残 高 を 差 し 引 いて 得 られる 増 減 額 には 期 首 と 期 末 の 評 価 価 格 の 差 による 分 ( 一 種 の キャピタル ゲインあるいはロス)も 含 まれている この 評 価 価 格 の 差 による 分 を 除 くための 調 整 が 在 庫 品 評 価 調 整 である 在 庫 品 評 価 調 整 は 生 産 では 産 業 別 に 営 業 余 剰 で 分 配 では 企 業 所 得 で 支 出 では 在 庫 品 増 加 で 行 われる (5) 財 貨 サービスの 移 出 入 ( 純 ) 財 貨 サービスの 移 出 ( 入 )と 直 接 購 入 から 構 成 される 移 出 ( 入 )とは 居 住 者 と 非 居 住 者 間 の 財 貨 サービスの 取 引 であり 直 接 購 入 とは 居 住 者 ( 非 居 住 者 )による 県 外 ( 内 ) 市 場 の 財 貨 サービスの 直 接 取 引 である 財 貨 サービスの 移 出 入 ( 純 )とは 県 外 に 移 出 した 商 品 等 と 県 外 居 住 者 の 県 内 における 消 費 支 出 と 県 外 から 移 入 した 商 品 等 と 県 内 居 住 者 の 県 外 における 消 費 支 出 の 差 である ただし ここでは 要 素 所 得 ( 労 働 及 び 資 本 )にかかるものは 除 かれる (6) 統 計 上 の 不 突 合 県 内 総 生 産 ( 支 出 側 )と 県 内 総 生 産 ( 生 産 側 )は 概 念 上 一 致 すべきものであるが 推 計 上 の 接 近 方 法 が 異 なっているため 推 計 値 にくいちがいが 生 じることがある このくいちが いを 統 計 上 の 不 突 合 といい 勘 定 体 系 のバランスを 図 るために 表 章 される (7) 県 外 からの 所 得 ( 純 ) 県 民 所 得 から 県 内 純 生 産 を 差 し 引 いて 求 められる 県 外 との 所 得 の 受 払 には 雇 用 者 報 酬 財 産 所 得 が 含 まれる

26 Ⅲ 付 表 1 一 般 政 府 の 部 門 別 所 得 支 出 取 引 一 般 政 府 の 内 訳 部 門 別 ( 国 出 先 機 関 県 市 町 村 社 会 保 障 基 金 )の 所 得 支 出 勘 定 である 一 般 政 府 全 体 としての 当 勘 定 は 一 般 政 府 をその 性 格 及 び 果 たす 役 割 などにしたがって 一 般 政 府 に 分 類 されるすべての 省 庁 事 務 所 などの 組 織 で 中 央 政 府 の 手 足 となる 部 門 で 構 成 されて いる 国 出 先 機 関 地 方 自 治 体 である 県 市 町 村 社 会 全 体 ないし 社 会 の 多 くの 部 分 を 対 象 にし ており 加 入 が 法 律 によって 強 制 され 積 立 方 式 以 外 の 方 法 で 運 営 されている 社 会 保 障 基 金 ( 国 の 社 会 保 険 特 別 会 計 共 済 組 合 国 民 年 金 など)の4 部 門 に 分 割 し それぞれの 部 門 の 所 得 支 出 取 引 をみることにより 政 府 部 門 の 県 民 経 済 に 果 たしている 役 割 を 詳 細 に 把 握 するための 取 引 表 である 2 社 会 保 障 負 担 の 明 細 表 ( 一 般 政 府 の 受 取 ) 社 会 保 障 負 担 とは 雇 用 者 によって 負 担 されるか 雇 主 によって 負 担 されるかにかかわらず 一 般 政 府 の 一 部 門 である 社 会 保 障 基 金 に 対 して 雇 用 者 の 利 益 のために 支 出 される 負 担 金 であ る 本 表 においては 社 会 保 障 基 金 に 属 する 社 会 保 険 特 別 会 計 共 済 組 合 などの 構 成 部 門 ごとに 雇 主 及 び 雇 用 者 の 負 担 額 を 表 章 している 一 般 政 府 から 家 計 への 移 転 の 明 細 表 ( 社 会 保 障 関 係 ) とともに 社 会 保 障 基 金 を 構 成 している 各 部 門 が 住 民 の 福 祉 のためにいかなる 活 動 を 示 しているかを 把 握 するための 明 細 表 である 3 一 般 政 府 から 家 計 への 移 転 の 明 細 表 ( 社 会 保 障 関 係 ) 国 連 93SNAにおいて 社 会 保 障 給 付 の 二 元 的 記 録 ( 現 金 によるものと 現 物 社 会 給 付 )が 勧 告 されていることを 受 け 社 会 保 障 に 係 る 一 般 政 府 から 家 計 への 経 常 移 転 の 詳 細 を 記 録 する 一 般 政 府 から 家 計 への 移 転 の 明 細 表 において 現 物 社 会 移 転 以 外 の 社 会 給 付 及 び 現 物 社 会 移 転 の2つの 項 目 に 分 けて 記 録 している これにより 社 会 保 障 基 金 から 家 計 に 支 払 われる 社 会 保 障 給 付 金 ( 雇 用 保 険 給 付 金 事 故 傷 害 及 び 疾 病 に 対 する 給 付 金 など) 特 定 の 基 金 準 備 金 を 設 けず また 民 間 基 金 や 保 険 組 織 に 加 入 しないで 雇 主 によって 雇 用 者 に 直 接 支 払 われる 無 基 金 雇 用 者 社 会 給 付 ( 退 職 一 時 金 公 務 災 害 補 償 費 など) 及 び 社 会 扶 助 給 付 ( 恩 給 特 別 弔 慰 金 など)の 社 会 保 障 関 係 支 出 の 状 況 を 社 会 保 障 制 度 を 構 成 する 厚 生 年 金 等 の 特 別 会 計 国 民 健 康 保 険 共 済 組 合 等 といった 機 関 ごとに 国 民 に 対 する 福 祉 ( 社 会 保 障 関 係 )の 実 態 を その 社 会 保 障 給 付 が 現 金 によるものなのか 現 物 によるものなのかを 詳 細 に 把 握 するこ とが 可 能 となる 4 経 済 活 動 別 県 内 総 生 産 及 び 要 素 所 得 経 済 活 動 別 に 産 出 額 から 県 内 要 素 所 得 まで 示 され さらに 県 内 要 素 所 得 は 県 内 雇 用 者 報 酬 と 営 業 余 剰 混 合 所 得 に 分 けて 示 される 経 済 活 動 別 に 生 産 者 価 格 表 示 の 産 出 額 を 推 計 し これから 中 間 投 入 額 ( 原 材 料 燃 料 等 の 物 的 経 費 及 びサービス 経 費 等 )を 控 除 して 県 内 総 生 産 を 推 計 する こうして 求 めた 生 産 者 価 格 表 示 の 経 済 活 動 別 県 内 総 生 産 から 固 定 資 本 減 耗 を 控 除 して 生 産 者 価 格 表 示 の 県 内 純 生 産 を 求

27 める 次 いで これから 生 産 輸 入 品 に 課 される 税 ( 控 除 ) 補 助 金 を 控 除 して 県 内 要 素 所 得 を 求 め さらにこれから 県 内 雇 用 者 報 酬 を 控 除 して 営 業 余 剰 混 合 所 得 を 求 める 5 経 済 活 動 別 就 業 者 数 及 び 雇 用 者 数 経 済 活 動 別 の 労 働 力 の 投 入 量 を 年 間 平 均 就 業 者 数 雇 用 者 数 のかたちで 示 したものである 計 数 の 利 用 にあたっては 次 の 点 に 留 意 する 分 類 は93SNA 分 類 による いくつかの 仕 事 を 兼 ねている 者 例 えば 営 業 主 を 本 業 としながら 副 業 として 雇 用 者 でもあ る 者 あるいは2か 所 の 事 業 所 に 雇 用 されているような 者 については 2 人 と 数 えているた め 国 勢 調 査 など1 人 の 仕 事 を1つの 就 業 に 限 って 数 えているような 調 査 から 得 られる 計 数 より 雇 用 者 総 数 は 大 きくなっている 就 業 時 間 の 短 いパート タイム 労 働 者 についても 人 数 を 就 業 時 間 の 多 少 によって 調 整 する ことはせず フル タイムの 労 働 者 と 同 様 に 一 人 としている 個 人 企 業 における 有 給 の 家 族 従 業 者 は 雇 用 者 としている なお 労 働 生 産 性 の 分 析 などのためには 雇 用 者 のほかに 個 人 業 主 や 家 族 従 業 者 ( 無 給 )を 含 めた 産 業 別 就 業 者 数 が 有 用 である

28 4 経 済 活 動 別 分 類 (SNA 分 類 )と 日 本 標 準 産 業 分 類 の 対 応 表 S N A 産 業 分 類 1 産 業 (1) 農 林 水 産 業 1 農 業 2 林 業 日 本 標 準 産 業 分 類 01 農 業 (0113 のうち きのこ 類 の 栽 培 林 業 ) (014 園 芸 サービス 業 サービス 業 ) 741 獣 医 業 02 林 業 0113 野 菜 作 農 業 (きのこ 類 の 栽 培 を 含 む) (うち きのこ 類 の 栽 培 ) 3 水 産 業 03 漁 業 ( 水 産 養 殖 業 を 除 く) 04 水 産 養 殖 業 (2) 鉱 業 (3) 製 造 業 1 食 料 品 2 繊 維 3 パルプ 紙 4 化 学 5 石 油 石 炭 製 品 05 鉱 業 採 石 業 砂 利 採 取 業 2181 砕 石 製 造 業 09 食 料 品 製 造 業 10 飲 料 たばこ 飼 料 製 造 業 1641 脂 肪 酸 硬 化 油 グリセリン 製 造 業 (うち 硬 化 油 ( 食 用 ) ) 952 と 畜 場 11 繊 維 工 業 (1112 化 学 繊 維 製 造 業 化 学 ) (1113 炭 素 繊 維 製 造 業 窯 業 土 石 製 品 製 造 業 ) (116 外 衣 シャツ 製 造 業 ( 和 式 を 除 く) 117 下 着 類 製 造 業 118 和 装 製 品 その 他 の 衣 服 繊 維 製 身 の 回 り 品 製 造 業 その 他 の 製 造 業 ) (1191 寝 具 製 造 業 1192 毛 布 製 造 業 1194 帆 布 製 品 製 造 業 1195 繊 維 製 袋 製 造 業 1196 刺 しゅう 業 1197 タオル 製 造 業 1199 他 に 分 類 されない 繊 維 製 品 製 造 業 その 他 の 製 造 業 ) 14 パルプ 紙 紙 加 工 品 製 造 業 1226 繊 維 板 製 造 業 16 化 学 工 業 (1641 脂 肪 酸 硬 化 油 グリセリン 製 造 業 のうち 硬 化 油 ( 食 用 ) 食 料 品 ) 1112 化 学 繊 維 製 造 業 17 石 油 製 品 石 炭 製 品 製 造 業 6 窯 業 土 石 製 品 21 窯 業 土 石 製 品 製 造 業 (2181 砕 石 製 造 業 鉱 業 ) 1113 炭 素 繊 維 製 造 業 7 鉄 鋼 8 非 鉄 金 属 9 金 属 製 品 10 一 般 機 械 11 電 気 機 械 22 鉄 鋼 業 23 非 鉄 金 属 製 造 業 24 金 属 製 品 製 造 業 25 はん 用 機 械 器 具 製 造 業 26 生 産 用 機 械 器 具 製 造 業 27 業 務 用 機 械 器 具 製 造 業 (273 計 量 器 測 定 器 分 析 機 器 試 験 機 測 量 機 械 器 具 理 化 学 機 械 器 具 製 造 業 274 医 療 用 機 械 器 具 医 療 用 品 製 造 業 275 光 学 機 械 器 具 レンズ 製 造 業 精 密 機 械 製 造 業 ) (2761 武 器 製 造 業 その 他 の 製 造 業 ) 28 電 子 部 品 デバイス 電 子 回 路 製 造 業 29 電 気 機 械 器 具 製 造 業 30 情 報 通 信 機 械 器 具 製 造 業

29 S N A 産 業 分 類 12 輸 送 用 機 械 日 本 標 準 産 業 分 類 31 輸 送 用 機 械 器 具 製 造 業 13 精 密 機 械 14 その 他 の 製 造 業 (4) 建 設 業 (5) 電 気 ガス 水 道 業 1 電 気 業 2 ガス 業 熱 供 給 業 273 計 量 器 測 定 器 分 析 機 器 試 験 機 測 量 機 械 器 具 理 化 学 機 械 器 具 製 造 業 274 医 療 用 機 械 器 具 医 療 用 品 製 造 業 275 光 学 機 械 器 具 レンズ 製 造 業 323 時 計 同 部 分 品 製 造 業 3297 眼 鏡 製 造 業 ( 枠 を 含 む) 11 繊 維 工 業 (うち116 外 衣 シャツ 製 造 業 ( 和 式 を 除 く) 117 下 着 類 製 造 業 118 和 装 製 品 その 他 の 衣 類 繊 維 製 身 の 回 り 品 製 造 業 1191 寝 具 製 造 業 1192 毛 布 製 造 業 1194 帆 布 製 品 製 造 業 1195 繊 維 製 袋 製 造 業 1196 刺 しゅう 業 1197 タオル 製 造 業 1199 他 に 分 類 されない 繊 維 製 品 製 造 業 ) 12 木 材 木 製 品 製 造 業 ( 家 具 を 除 く) (1226 繊 維 板 製 造 業 パルプ 紙 紙 加 工 品 製 造 業 ) 13 家 具 装 備 品 製 造 業 15 印 刷 同 関 連 業 18 プラスチック 製 品 製 造 業 ( 別 掲 を 除 く) 19 ゴム 製 品 製 造 業 20 なめし 革 同 製 品 毛 皮 製 造 業 2761 武 器 製 造 業 32 その 他 の 製 造 業 (323 時 計 同 部 分 品 製 造 業 3297 眼 鏡 製 造 業 ( 枠 を 含 む) 精 密 機 械 器 具 製 造 業 ) 4121 レコード 制 作 業 06 総 合 工 事 業 ~ 08 設 備 工 事 業 33 電 気 業 34 ガス 業 35 熱 供 給 業 3 水 道 業 361 上 水 道 業 (うち 船 舶 給 水 業 を 除 く) 362 工 業 用 水 道 業 4 廃 棄 物 処 理 業 88 廃 棄 物 処 理 業 (うち 民 営 事 業 所 による 活 動 ) (6) 卸 売 小 売 業 1 卸 売 業 2 小 売 業 (7) 金 融 保 険 業 1 金 融 業 50 各 種 商 品 卸 売 業 ~ 55 その 他 の 卸 売 業 959 他 に 分 類 されないサービス 業 (うち 卸 売 市 場 ) 56 各 種 商 品 小 売 業 (6033 調 剤 薬 局 のうち 医 師 の 処 方 箋 に 基 づく 調 剤 サービス 業 ) 61 無 店 舗 小 売 業 77 持 ち 帰 り 配 達 飲 食 サービス 業 (772 配 達 飲 食 サービス 業 のうち 給 食 政 府 サービス 生 産 者 サービス 業 対 家 計 民 間 非 営 利 サービス 生 産 者 教 育 ) ~ 62 銀 行 業 ~ 66 補 助 的 金 融 業 等 2 保 険 業 67 保 険 業 ( 保 険 媒 介 代 理 業 保 険 サービス 業 を 含 む)

30 S N A 産 業 分 類 (8) 不 動 産 業 1 不 動 産 取 引 業 68 不 動 産 取 引 業 日 本 標 準 産 業 分 類 2 住 宅 賃 貸 業 3 不 動 産 賃 貸 業 (9) 運 輸 業 (10) 情 報 通 信 業 1 通 信 業 2 放 送 業 3 情 報 サービス 映 像 文 字 情 報 制 作 業 (11) サ ー ビ ス 業 1 公 共 サービス 業 教 育 692 貸 家 業 貸 間 業 帰 属 計 算 する 住 宅 賃 貸 料 69 不 動 産 賃 貸 業 管 理 業 (6912 土 地 賃 貸 業 を 除 く) (693 駐 車 場 業 運 輸 業 ) 42 鉄 道 業 ~ 48 運 輸 に 附 帯 するサービス 業 (4855 桟 橋 泊 きょ 業 政 府 サービス 生 産 者 ( 公 務 )) 693 駐 車 場 業 791 旅 行 業 37 通 信 業 40 インターネット 付 随 サービス 業 49 郵 便 業 ( 信 書 便 事 業 を 含 む) 86 郵 便 局 38 放 送 業 39 情 報 サービス 業 411 映 像 情 報 制 作 配 給 業 413 新 聞 業 414 出 版 業 4161 ニュース 供 給 業 4169 その 他 の 映 像 音 声 文 字 情 報 制 作 に 附 帯 する サービス 業 ( 音 声 を 除 く) 7291 興 信 所 8221 職 員 教 育 施 設 支 援 業 8299 他 に 分 類 されない 教 育 学 習 支 援 業 研 究 71 学 術 開 発 研 究 機 関 ( 政 府 非 営 利 に 含 まれるものを 除 く) 医 療 保 健 6033 調 剤 薬 局 (うち 医 師 の 処 方 箋 に 基 づく 調 剤 ) 83 医 療 業 (うち 介 護 保 険 におけるサービス 除 く) 842 健 康 相 談 施 設 8491 検 疫 所 ( 動 物 検 疫 所 植 物 防 疫 所 を 除 く) 8492 検 査 業 ( 国 及 び 地 方 公 共 団 体 による 活 動 を 除 く) 8493 消 毒 業 ( 国 及 び 地 方 公 共 団 体 による 活 動 を 除 く) 8499 他 に 分 類 されない 保 健 衛 生 ( 国 及 び 地 方 公 共 団 体 による 活 動 を 除 く) 85 社 会 保 険 社 会 福 祉 介 護 事 業 (うち 会 社 個 人 等 による 活 動 ( 介 護 保 険 におけるサービス 除 く)) 介 護 83 医 療 業 (うち 介 護 保 険 におけるサービス 活 動 ) 854 老 人 福 祉 介 護 事 業 (うち 介 護 保 険 によって 提 供 されるサービス) 8599 他 に 分 類 されない 社 会 保 険 社 会 福 祉 介 護 事 業 (うち 介 護 保 険 によって 提 供 されるサービス) その 他 の 公 共 サービス 87 協 同 組 合 ( 他 に 分 類 されないもの) 931 経 済 団 体

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類 1 市 町 村 民 所 得 の 概 念 (1) 市 町 村 民 所 得 の 概 念 市 町 村 民 所 得 推 計 は 県 民 経 済 計 算 の 概 念 を 市 町 村 という 行 政 区 域 に 適 用 して 市 町 村 単 位 での 1 年 間 に 生 み 出 された 価 値 ( 付 加 価 値 )を 生 産 分 配 の 二 面 からとらえることにより 市 町 村 経 済 の 規 模 や 産

More information

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73>

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73> 平 成 16 事 業 年 度 ( 第 1 期 事 業 年 度 ) 財 務 諸 表 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 ~ 平 成 17 年 3 月 31 日 ) 国 立 大 学 法 人 福 岡 教 育 大 学 資 産 の 部 Ⅰ 固 定 資 産 1 有 形 固 定 資 産 土 地 24,078,450 建 物 1,416,003 減 価 償 却 累 計 額 53,476 1,362,527 構

More information

は し が き

は し が き 1 総 資 本 形 成 の 概 念 総 資 本 形 成 とは 一 般 政 府 公 的 企 業 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 民 間 法 人 及 び 家 計 ( 個 人 企 業 )の 支 出 ( 購 入 及 び 自 己 生 産 物 の 使 用 )のうち 中 間 消 費 とならないものであり 総 固 定 資 本 形 成 と 在 庫 品 増 加 に 区 別 される (1) 総 固 定 資 本 形

More information

Microsoft Word - H25年度の概要

Microsoft Word - H25年度の概要 1 県 民 経 済 計 算 の 概 要 1. 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 概 要 平 成 25 年 度 の 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 について 主 な 経 済 指 標 は 次 のとおりです 3 千 葉 県 [ 参 考 ] 全 国 実 数 増 加 率 実 数 増 加 率 1 県 ( 国 ) 内 総 生 産 県 ( 国 ) 民 所 得 名 目 19 兆 8,112

More information

<875681418757816995BD90AC82508253944E937881408E7392AC91BA96AF81453F3F3F3F14>

<875681418757816995BD90AC82508253944E937881408E7392AC91BA96AF81453F3F3F3F14> Ⅲ 市 町 村 民 所 得 の 概 念 - 85 - Ⅲ 市 町 村 民 所 得 の 概 念 1 基 本 的 な 考 え 方 市 町 村 民 所 得 とは 一 定 期 間 ( 通 常 1カ 年 )において 市 町 村 居 住 者 の 生 産 活 動 により 新 たに 付 加 された 価 値 の 貨 幣 評 価 額 である それはまた この 生 産 に 参 加 した 諸 要 素 の 所 得 となり 次

More information

4-1_H25riyousyanotameni

4-1_H25riyousyanotameni 1 市 町 村 民 所 得 の 目 的 と 利 用 について 市 町 村 民 所 得 は 市 町 村 の 経 済 実 態 を 包 括 的 に 明 らかにし 併 せて 県 民 経 済 における 市 町 村 経 済 の 位 置 を 明 らかにします また 市 町 村 経 済 相 互 間 の 比 較 をすることにより 県 民 経 済 の 地 域 的 分 析 と 地 域 開 発 施 策 の 基 礎 資 料

More information

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査 別 紙 1 簡 易 水 道 事 業 勘 定 科 目 は 規 則 別 表 第 一 号 に 定 める 水 道 事 業 の 勘 定 科 目 を 考 慮 して 区 分 すること 港 湾 整 備 事 業 ( 埋 立 ) 収 益 埋 立 事 業 収 益 営 業 収 益 土 地 売 却 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 営 業 収 益 営 業 外 収 益 受 取 利 息 及 び 配 当 金 預 金 利 息

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 ( 住 民 税 )の 算 出 方 法 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 渋 谷 区 内 に 住 所 がある 人 に 対 して 平 成 27 年 の 1 月 から 12 月 までの 1 年 間 の 所 得 を 基 礎 に 税 額 を 算 出 します 住 民 税 の 算 出 方 法 は 次 のとおりです なお 区 内 に 住 所 がなく 区 内 に 事

More information

貸 借 対 照 表 内 訳 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 公 益 目 的 事 業 会 計 収 益 事 業 等 会 計 法 人 会 計 内 部 取 引 消 去 合 計 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金

貸 借 対 照 表 内 訳 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 公 益 目 的 事 業 会 計 収 益 事 業 等 会 計 法 人 会 計 内 部 取 引 消 去 合 計 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金 貸 借 対 照 表 212 年 3 月 31 日 現 在 公 益 財 団 法 人 神 奈 川 県 公 園 協 会 科 目 当 年 度 前 年 度 ( 注 ) 増 減 Ⅰ 資 産 の 部 1. 流 動 資 産 現 金 預 金 286,929,827 217,799,894 69,129,933 未 収 金 24,691,586 24,68,834 82,752 前 払 金 2,857,973 2,75,243

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FC8F6F8BE082CC8BE695AA82C68AA892E889C896DA82CC91CE899E955C32303132303732302E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FC8F6F8BE082CC8BE695AA82C68AA892E889C896DA82CC91CE899E955C32303132303732302E646F63> 付 属 入 出 金 取 引 の 一 覧 表 (Version Version4.1 以 降 ) 第 1 章 出 金 取 引 の 一 覧 表 税 に 記 載 されているものは 消 費 税 の 課 税 情 報 です 課 課 税 仕 入 不 不 課 税 仕 入 非 非 課 税 仕 入 [ 資 金 移 動 ]--- 取 引 内 容 区 分 借 方 勘 定 科 目 税 青 色 決 算 科 目 預 金 の 場

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

目 次 高 山 市 連 結 財 務 諸 表 について 1 連 結 貸 借 対 照 表 2 連 結 行 政 コスト 計 算 書 4 連 結 純 資 産 変 動 計 算 書 6 連 結 資 金 収 支 計 算 書 7

目 次 高 山 市 連 結 財 務 諸 表 について 1 連 結 貸 借 対 照 表 2 連 結 行 政 コスト 計 算 書 4 連 結 純 資 産 変 動 計 算 書 6 連 結 資 金 収 支 計 算 書 7 平 成 22 年 度 高 山 市 貸 借 対 照 表 ( 連 結 ) 行 政 コスト 計 算 書 ( 連 結 ) 純 資 産 変 動 計 算 書 ( 連 結 ) 資 金 収 支 計 算 書 ( 連 結 ) 平 成 24 年 3 月 岐 阜 県 高 山 市 目 次 高 山 市 連 結 財 務 諸 表 について 1 連 結 貸 借 対 照 表 2 連 結 行 政 コスト 計 算 書 4 連 結 純 資

More information

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 は 我 が 国 の 全 産 業 分 野 における 事 業 所 及 び 企 業 の 経 済 活 動 の 実 態 を 全 国 及 び 地 域 別 に 明 らかにするとともに 事 業 所 及 び 企 業 を 調 査 対 象 とする 各 種 統 計 調 査 の 精

More information

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年 公 益 法 人 会 計 基 準 の 運 用 指 針 ( 平 成 20 年 4 月 平 成 21 年 10 月 改 正 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 ) 抜 粋 12. 財 務 諸 表 の 科 目 ここに 示 した 財 務 諸 表 を 作 成 する 際 の 科 目 は 一 般 的 標 準 的 なものであり 事 業 の 種 類 規 模 等 に 応 じて 科 目 を 追 加 することができる

More information

<95BD90AC825133944E93788C888E5A82CC8A54977620208FEE95F18CF68A4A97702E786C73>

<95BD90AC825133944E93788C888E5A82CC8A54977620208FEE95F18CF68A4A97702E786C73> 平 成 23 年 度 決 算 の 概 要 学 校 法 人 京 都 成 安 学 園 はじめに 1 金 額 は 千 円 未 満 の 端 数 については 四 捨 五 入 し 全 て 千 円 単 位 で 表 記 しているため この 資 料 内 の 表 の 合 計 欄 の 金 額 や この 資 料 と 計 算 書 類 の 金 額 が 一 致 しない 場 合 があります 2 この 資 料 でいう 予 算 額 とは

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( )

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( ) 1 総 括 増 毛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 5,9 4,748,27 24,475 1,134,346 23.9 24.1 (2) 職

More information

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 1 流 動 資 産 8,394,416 流 動 負 債 12,053,662 現 金 及 び 預 金 234,676 買 掛 金 1,838,002 受 取 手 形 15,672 関 係 会 社 短 期 借 入 金 3,352,137 売 掛 金 4,409,667 1 年 内 償 還 予 定 の

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正)

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正) 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 支 給 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 売 上 高 や 生 産 量 の 減 少 等 に 伴 う 人 員 削 減 により 離 職 した 者 を 正 規 雇 用 した 事 業 主 に 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 ( 以 下 奨 励 金 という )を 支 給 するために 必 要 な 事 項 を 定 める ( 定 義

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 93,8 33,985,381 9,329 5,769,881 17. 17.8 (2) 職 員 給 与 費 の

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8,

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8, 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 件 費 率 年 度,,1,9 1, 9,9 1.1 1. 件 費 には 村 長 副 村 長 教 育 長 の 給 与 議 会 議 員 各 種 委 員

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 白 鷹 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 23 年 度 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A H22 年 度 15,653 7,495,399 471,366 1,214,22 16.1 B B/A H21 年 度 の 件

More information

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73>

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73> 富 田 林 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 4 年 度 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 )1 職 員 手 当 には

More information

平成16年度

平成16年度 平 成 28 年 度 町 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 ( 説 明 ) ご 自 分 で 申 告 書 を 記 入 される 方 はこの 書 き 方 を 参 考 に 申 告 書 に 記 入 のうえ 申 告 会 場 にお 持 ちくだ さい 申 告 期 限 は3 月 5 日 です 説 明 をよくお 読 みになり それぞれ 記 入 のうえ 申 告 相 談 日 においで ください この 申 告 をされないと

More information

<4831398CF6955C976C8EAE8140816982DE82C28E73816A2E786C73>

<4831398CF6955C976C8EAE8140816982DE82C28E73816A2E786C73> 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (18 年 度 末 ) むつ 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について A B B/A 17 年 度 の 件 費 率 18 年 度 65,960 32,435,254 2,134,451 5,440,498 16.77 18.00 (2)

More information

1 総括

1 総括 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 伊 東 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 )25 年 度 の 人 件 費 率 26 年 度 71,782 人 26,079,012 564,552 5,245,658

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 申 告 について 埼 玉 県 県 税 事 務 所 平 成 28 年 4 月 凡 例 法 地 方 税 法 政 令 地 方 税 法 施 行 令 規 則 地 方 税 法 施 行 規 則 通 ( 県 ) 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 道 府 県 関 係 ) 1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の

More information

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D>

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D> 能 代 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 ( 参 考 ) 区 分 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 前 年 度 の ( 年 度 末 ) A B B/A 人 件 費 率 20 年 度 人 千 円 千 円 千 円 % % 61,416 23,586,992 339,618

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

1_2013BS(0414)

1_2013BS(0414) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 三 井 住 友 金 属 鉱 山 伸 銅 株 式 会 社 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 25,869,002 流 動 負 債 9,707,274 現 金 及 び 預 金 987,167 買 掛 金 3,612,919 受 取 手 形 1,225,710 短 期 借

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 金 額 ( 単 位 : 百 万 円 ) 売 上 高 99,163 売 上 原 価 90,815 売 上 総 利 益 8,347 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 4,661 営 業 利 益

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 金 額 ( 単 位 : 百 万 円 ) 売 上 高 99,163 売 上 原 価 90,815 売 上 総 利 益 8,347 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 4,661 営 業 利 益 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 金 額 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 59,772 流 動 負 債 30,678 現 金 及 び 預 金 7,239 支 払 手 形 121 受 取 手 形 1,047 買 掛 金 22,341 売 掛 金 43,230 短 期 借 入 金 5,506 商

More information

所 得 の 種 類 と 所 得 金 額 の 計 算 方 法 所 得 の 種 類 要 件 計 算 方 法 事 業 雑 営 業 等 農 業 小 売 業 製 造 業 飲 食 業 理 容 業 保 険 外 交 員 大 工 集 金 人 ピアノ 講 師 など 農 産 物 の 生 産 果 樹 の 栽 培 家 畜 の

所 得 の 種 類 と 所 得 金 額 の 計 算 方 法 所 得 の 種 類 要 件 計 算 方 法 事 業 雑 営 業 等 農 業 小 売 業 製 造 業 飲 食 業 理 容 業 保 険 外 交 員 大 工 集 金 人 ピアノ 講 師 など 農 産 物 の 生 産 果 樹 の 栽 培 家 畜 の 平 成 27 年 度 市 民 税 道 民 税 ( 国 民 健 康 保 険 税 ) 申 告 の 手 引 き この 手 引 きは 平 成 27 年 度 市 民 税 道 民 税 ( 国 民 健 康 保 険 税 ) 申 告 書 の 記 載 にあたって 一 般 的 な 事 項 について 説 明 しています 申 告 や 各 種 計 算 方 法 などについてお 分 かりにならない 点 がありましたら 北 広 島

More information

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 東 庄 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) 分 ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 件 費 率 千 千 千 年 度 15,408 5,093,505 1,033,984 517,441 0.3 0.8 ()

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

Microsoft Word - 公表資料(H22).doc

Microsoft Word - 公表資料(H22).doc 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 野 迫 川 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 (2 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 2 年 度 の 件 費 率 2 年 度 556,96,86 8,9 27,59 2..9 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 最 高 号 給 の 給 料 月 額 243,7 37,8 35

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 最 高 号 給 の 給 料 月 額 243,7 37,8 35 別 紙 1 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 千 千 千 13,86 7,431,661 284,84 1,349,392 18.2 19.8 (2)

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 平 成 22 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 サンエツ 金 属 株 式 会 社 上 場 取 引 所 名 コード 番 号 5757 URL http://www.sanetu.co.jp 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 釣 谷 宏 行 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

第316回取締役会議案

第316回取締役会議案 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 30,235,443 流 動 負 債 25,122,730 現 金 及 び 預 金 501,956 支 払 手 形 2,652,233 受 取 手 形 839,303 買 掛 金 20,067,598 売 掛 金 20,810,262

More information

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc)

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc) 津 島 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 市 職 員 の 給 与 は 地 方 自 治 法 地 方 公 務 員 法 等 の 定 めに 基 づき 市 の 条 例 規 則 により 定 められてい ます 今 回 はその 状 況 を 公 表 します 平 成 26 年 4 月 1 日 の 数 値 は 平 成 26 年 の 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 地 方 公 共 団 体 定 員 管

More information

<8356815B839395CA8E6496F3817989FC817A8267323589FC90B37665722E786C73>

<8356815B839395CA8E6496F3817989FC817A8267323589FC90B37665722E786C73> 顧 問 料 不 要 の(@システム)の 三 輪 会 計 事 務 所 541-0051 大 阪 市 中 央 区 備 後 町 2-4-6 森 田 ビル1F TEL06-6209-7191 FAX06-6209-8145 < 目 次 > 収 入 項 目 1 2 3 預 金 に 利 息 がついたとき お 金 を 借 りたとき 売 掛 金 を 回 収 したとき 1 ページ 2 ページ 3 ページ 支 出 項

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 における 労 務 費 の 計 算 に 係 る 実 施 細 則 ( 健 保 等 級 ルール) 平 成 26 年 9 月 公 益 財 団 法 人 鳥 取 県 産 業 振 興 機 構 平 成 26 年 9 月 以 降 に 実 施 される 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう )に 係 る 労 務 費 の 算 出

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに 第 7 章 会 計 規 程 1. 会 計 規 程 の 概 要 (1) 規 程 及 び 目 的 平 成 18 年 度 に 病 院 事 業 管 理 者 を 設 置 して 札 幌 市 病 院 局 会 計 規 程 ( 平 成 18 年 札 幌 市 病 院 局 規 程 第 37 号 以 下 この 章 で 規 程 という )を 定 め これに 則 って 会 計 処 理 が 行 わ れていなお 規 程 の 具 体

More information

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財 1. 平 成 24 年 度 正 味 財 産 増 減 計 算 書 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 科 目 当 年 度 前 年 度 増 減 Ⅰ. 一 般 正 味 財 産 増 減 の 部 1. 経 常 増 減 の 部 (1) 経 常 収 益 弁 済 業 務 保 証 金 運 用 益 869,730,392 846,525,434 23,204,958 弁 済

More information

<95BD90AC3139944E93788C888E5A82CC8A54977681698C6F979D89DB8C888DD99770816A2E786C7378>

<95BD90AC3139944E93788C888E5A82CC8A54977681698C6F979D89DB8C888DD99770816A2E786C7378> 平 成 19 年 度 決 算 の 概 要 長 期 経 理 長 期 経 理 は 地 方 公 共 団 体 及 び 組 合 員 から 徴 した 負 担 金 及 び 掛 金 等 を 財 源 に 退 職 共 済 年 金 等 の 長 期 給 付 並 びに 資 産 の 運 用 を 行 う 経 理 である 前 年 度 繰 越 長 期 給 付 積 立 金 9,954,376,826 流 動 資 産 481,436,803

More information

5

5 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 55 回 ) 資 料 5 平 成 28 年 2 月 17 日 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 現 状 課 題 介 護 保 険 制 度 では 所 得 の 状 況 に 応 じて 保 険 料 や 利 用 者 負 担 額 等 を 負

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 一 般 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 )24 年 度 の (26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 件 費 率 25 年 度 千 円 千 円 千 円 % % 61,419 20,666,887 1,276,279 4,024,627

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B (21 年 度 末 ) 21 年 度 58,068 22,793,598 272,455 4,911,157 件 費 率 B/A % 21.5 ( 参 考 ) 20 年 度 の 件 費 率 % 24.8 (2) 職

More information

<483233899396EC8E73904588F58B8B975E8CF6955C8CB48D652E786C73>

<483233899396EC8E73904588F58B8B975E8CF6955C8CB48D652E786C73> の 給 与 定 員 管 理 等 について ( 平 成 23 年 4 月 1 日 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (21 年 度 末 ) A 21 年 度 3,455 19,33,478 実 質 収 支 472,685 件 費 B 3,364,471 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 2 年 度 の 件 費 率 17.7

More information

1. 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています 同 基 準 では 特 定 非

1. 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています 同 基 準 では 特 定 非 記 載 例 1 ( 現 預 金 以 外 に 資 産 負 債 がない 場 合 ) ( 名 称 ) 活 動 計 算 書 ( 注 ) 年 月 日 から 年 月 日 まで Ⅰ 経 常 収 益 1. 受 取 会 費 700,000 2. 受 取 寄 付 金 290,000 3. その 他 収 益 10,000 経 常 収 益 計 1,000,000 Ⅱ 経 常 費 用 1. 事 業 費 臨 時 雇 賃 金 200,000

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261,

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 級 の 給 料 月 額 最 高 号 級 の 給 料 月 額 1 級 ( 単 位 : ) 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 8 級 9 級 1 級 135,6 185,8 222,9 261, 別 紙 3 宇 治 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 (23 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 19,158 6,283,229 364,56 11,757,664 19.5 ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 2.9

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す 9 退 職 金 事 務 に 関 する 注 意 事 項 1 労 務 管 理 の 観 点 から( 労 働 契 約 法 労 働 基 準 法 関 係 ) そもそも 退 職 金 の 支 給 は 法 人 の 任 意 で 必 ず 支 払 わなくてはならないものではありませんが 賃 金 の 後 払 いとして あるいは 長 年 の 功 労 への 報 償 や 退 職 後 の 生 活 保 障 として 制 度 を 設 ける

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

Ⅱ 1. 人 口 構 造 及 び 世 帯 と 年 金 (1) 人 口 構 造 わが 国 は 諸 外 国 にも 例 をみないスピードで 高 齢 化 が 進 行 している そこで 年 金 保 険 の 事 業 状 況 に ついて 説 明 するに 先 立 ち 人 口 構 造 の 現 状 及 び 今 後 の 見 通 しについて 触 れる 日 本 人 の 平 成 24 年 の 平 均 寿 命 ( 厚 生 労 働 省

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5 資 料 3 番 号 制 度 で 何 ができるようになるか 2011 年 1 月 31 日 内 閣 官 房 社 会 保 障 改 革 担 当 室 ( 注 )ここで 示 される 利 用 場 面 については 関 係 者 にシステム 対 応 等 の 負 担 を 求 める 可 能 性 があることや 個 人 情 報 等 の 取 扱 い 等 に 特 に 留 意 が 必 要 な 場 合 もあることから 引 き 続 き

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 類 団 府 分 似 体 平 均 年 齢

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 類 団 府 分 似 体 平 均 年 齢 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 4 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 5 年 3 月 31 日 ) 1, 歳 出 額 5,95,3 A の 給 与 定 員 管 理 等 について 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) B B/A 3 年 度 の 件 費 率 1,4 1,3,9.9 7. () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 1 級 135,6 2 級 185,8 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである 3 級

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 1 級 135,6 2 級 185,8 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである 3 級 伊 江 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 4,822 8,663,924 25,2 91,719 1.4 17.1 (2) 職 員 給 与 費

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 1 級 135,6 243,7 2 級 185,8 37,8 3 級 4 級 222,9 354,7 ( 注 )

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 1 級 135,6 243,7 2 級 185,8 37,8 3 級 4 級 222,9 354,7 ( 注 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 平 成 23 年 度 (23 年 度 末 ) 31,244 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 件 費 率 B/A 千 千 千 21,46,642 97,678 2,698,812 B 12.6 ( 参 考 ) 前 年 度 の 件 費 率 13.1 (2)

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考 石 井 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (4 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 4 年 度 6,69 8,136,675 373,713 1,54,11 18.95 19.18 () 職 員 給 与

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4 鉾 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 )23 年 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) A B B/A 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % 24 年 度 51,778 20,041,814 1,173,725

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874> 平 成 22 年 度 税 制 改 正 [ 詳 細 ] 法 人 税 関 連 の 改 正 グループ 内 取 引 等 に 係 る 税 制 対 象 となる 100%グループ 内 法 人 とは 完 全 支 配 関 係 ( 原 則 として 発 行 済 株 式 の 全 部 を 直 接 又 は 間 接 に 保 有 する 関 係 )のある 法 人 をいいます (1)100%グループ 内 の 法 人 間 の 資 産 の

More information

 

  第 4 経 理 の 状 況 1. 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 方 法 について 当 社 の 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 は 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 用 語 様 式 及 び 作 成 方 法 に 関 する 規 則 ( 平 成 19 年 内 閣 府 令 第 64 号 )に 基 づいて 作 成 しております 2. 監 査 証 明 について 当 社 は 金 融 商

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 現 況 ( 平 成 22 1 号 給 の 給 料 月 額 137,9 188,9 226,7 266,4 294,3 最 高 号 給 の 給 料 月 額 247,9 314,9 362,8 399,9 415,1 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 現 況 ( 平 成 22 1 号 給 の 給 料 月 額 137,9 188,9 226,7 266,4 294,3 最 高 号 給 の 給 料 月 額 247,9 314,9 362,8 399,9 415,1 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (21 年 度 末 ) A B B/A 2 年 度 の 件 費 率 21 年 度 61,319 27,554,966 1,5,665 4,594,2 % 16.7 % 19.6 (2) 職 員 給

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 給 与 月 額 平 均 年 齢 平 均 給 料 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 の 給 与 定 員 管 理 等 について 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 81,619 27,450,520 1,365,377 4,783,695 17.4%

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718CF68D9097708C768E5A8F9197DE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093648E718CF68D9097708C768E5A8F9197DE> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 1,424,389 流 動 負 債 1,460,450 現 金 及 び 預 金 988,384 買 掛 金 753 売 掛 金 334,616 短 期 借 入 金 182,000 リ ー ス 債 権 15,287 一 年 内 返 済 予 定 の 長

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給 外 形 標 準 課 税 に 関 するQ&A 平 成 26 年 3 月 福 島 県 1 付 加 価 値 割 総 論 Q1 期 首 では 資 本 金 1 億 5 千 万 円 だったが 減 資 をしたため 期 末 では 資 本 金 9 千 万 円 にな りました 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となります A1 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となるか 否 かは 各 事 業 年 度 終 了 の 日

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 21 年 3 月 期 平 成 20 年 7 月 31 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経 理 部 長 (

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務 平 成 28 年 度 版 CPE カリキュラム 一 覧 表 4. 税 務 40 総 論 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 租 税 法 入 門 税 法 総 論 1. 租 税 の 意 義 種 類 とその 役 割 2. 租 税 法 の 法 体 系 及 び 仕 組 み 3. 憲 法 との 関 係 国 家 と 税 制 1. 財 政 法 2. 会 計 法 3. 国 家 と 税 の 仕 組 み 4. 国

More information

Microsoft Word )40期決算公開用.doc

Microsoft Word )40期決算公開用.doc 貸 借 対 照 表 [ 株 式 会 社 ニラク] ( 平 成 21 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 有 価 証 券 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 貸 倒 引 当 金 固 定

More information

( 注 )1 ラスパイレス 指 数 とは 全 地 方 公 共 団 体 の 一 般 行 政 職 の 給 料 月 額 を 一 の 基 準 で 比 較 するため の 職 員 数 ( 構 成 )を 用 いて 学 歴 や 経 験 年 数 の 差 による 影 響 を 補 正 し の 行 政 職 俸 給 表 (

( 注 )1 ラスパイレス 指 数 とは 全 地 方 公 共 団 体 の 一 般 行 政 職 の 給 料 月 額 を 一 の 基 準 で 比 較 するため の 職 員 数 ( 構 成 )を 用 いて 学 歴 や 経 験 年 数 の 差 による 影 響 を 補 正 し の 行 政 職 俸 給 表 ( 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 平 成 5 年 度 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (4 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 4 年 度 千 千 千 31,131 15,5,15 311,66,57,939 16.9 17.9 () 職 員

More information

郵 便 局 において 提 供 される 金 融 2 社 の 金 融 サービス 参 考 1 銀 行 サービス 2 保 険 サービス (*)は 銀 行 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) (*)は 保 険 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) ( 太 枠 内 を 総

郵 便 局 において 提 供 される 金 融 2 社 の 金 融 サービス 参 考 1 銀 行 サービス 2 保 険 サービス (*)は 銀 行 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) (*)は 保 険 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) ( 太 枠 内 を 総 郵 便 局 において 提 供 されるユニバーサルサービスについて 日 本 郵 政 株 式 会 社 及 び 日 本 郵 便 株 式 会 社 は その 業 務 の 運 営 に 当 たっては 郵 便 の 役 務 簡 易 な 貯 蓄 送 金 及 び 債 権 債 務 の 決 済 の 役 務 並 びに 簡 易 に 利 用 できる 生 命 保 険 の 役 務 を 利 用 者 本 位 の 簡 便 な 方 法 により

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 最 飛 騨 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 実 質 収 支 (H23 年 度 末 ) A B B/A H22 年 度 の 人 件 費 率 人 千 円 千 円 千 円 % % 23 年 度 26,858 17,655,457 1,317,559

More information

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他 地 方 税 法 ( 固 定 資 産 税 の 非 課 税 の 範 囲 ) 第 三 百 四 十 八 条 市 町 村 は 国 並 びに 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 これらの 組 合 財 産 区 及 び 合 併 特 例 区 に 対 しては 固 定 資 産 税 を 課 することができない 2 固 定 資 産 税 は 次 に 掲 げる 固 定 資 産 に 対 しては 課 することができない ただし

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 の 設 置 なし 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B A-B ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 24 年 度 円 円 円 円 ( ) 改

(5) 給 与 改 定 の 状 況 事 委 員 会 の 設 置 なし 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B A-B ( 改 定 率 ) 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 24 年 度 円 円 円 円 ( ) 改 柳 井 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 (23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 34,890 16,214,109 468,464 2,650,321 16.3 16.5 (2)

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 燕 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 22 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B / A ( 参 考 ) H21 年 度 の 件 費 率 H22 年 度 83,216 33,869,103 1,012,644 4,927,440 14.5%

More information

<30333662816991E633368D86816A95CA955C816D91DD8ED891CE8FC6955C89C896DA816E816D91B989768C768E5A8F9189C896DA816E3232303333312E786C73>

<30333662816991E633368D86816A95CA955C816D91DD8ED891CE8FC6955C89C896DA816E816D91B989768C768E5A8F9189C896DA816E3232303333312E786C73> [ 経 常 費 用 ] 業 務 費 教 育 研 究 経 費 消 耗 品 費 備 品 費 印 刷 製 本 費 水 道 光 熱 費 機 構 の 業 務 として 学 生 等 に 対 し 行 われる 教 育 に 要 する 経 費 及 び 教 員 等 の 研 究 に 要 する 経 費 を 対 象 とする ただし, 教 育 研 究 支 援 経 費, 受 託 研 究 費, 受 託 事 業 費, 教 員, 職 員,

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている.

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている. 別 紙 高 山 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 月 日 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 千 千 千 2,9 2,64,628 6,8 467,928 8. 2.4 (2) 職 員 給 与 費

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information