Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 ~.: 弔 2 ん.. ~...:~ :/.,:,

2

3 館 しました 大 室 の 地 に 新 たな 文 化 財 の 拠 点 ができ 長 年 の 懸 案 でもある 大 室 資 ~q 備 の 実 現 に 向

4

5 F11 l, t; ~ T -ー~ゐ 武 士 見 ~

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17 江 戸 時 代 の 大 名 庭 園 と 楽 ~ 園 j 前 橋 会 場 平 成 27 年 1 月 8 日 ~13 日 高 崎 会 場 平 成 27 年 1 月 17 日 ~26 日

18

19 8 時 45 分 ~1 8 時 45 分 ~1

20

21 9:30~11:30

22 ~8 日 ( 月 ) 演 題 :~ 金 井 東 裏 遺 跡 と 大 室 古 墳 群 ~ ~1

23

24 (5 月 ~11 月 の 主 に 第 1 土 曜 日 )

25

26

27

28 (101) では 6~9 世 紀 代 の 掘 立 柱 建 物 跡 と 考 えら

29 2015~ を 刊 行 し 市 内 小 学 校 に 配 布 した 他 一 般 配

30 26/5/23~26/12/24 26/9/26~26/12/18 26/11/10~26/12/8 26/10/20~26/11/11 2 7/1/ 8~27 26/12/14~27/03/27 27/1/24~27/3/31 27/2/3~27/3/13 26/11/17~27 26/9/3~26/10/4 26/9/3~26/10/4 26/10/4~26/1 1/ 8 26/6/2~26/8/5 t~ 君 社 町 総 社 /5/20~26/5/22 26/5/27~26/6/4 26/5/23~-26/5/29 26/5/23~26/6/20 /1/8~27 /2/27~27 /2/14~27 /8~26/9/5 /15~26 /7 26/7/23~26/11/13 26/9/3~26/9/26 26/9/22~26/12/24 26/12/18~27/02/09 26/12/24~27/3/16 /1/ 14~27 /3/2~27 26/12/1~26/12/17 26/3/10~26/5/24 4/2~26/5/23 /7 ~26/8/29 ~27 4~ /1/ 28~27 27/3/9~27/3/27 ~ (90) (96)~(98) 元 総 社 蒼 海 遺 跡 群 H27.~.27

31 5~6. 8~9.

32 14~4. 21~4 目 22 23~4. 19~5. 2~6. 23~6 目 24 ~7. 30~10.

33 8~ 1O~ 15~ ~ 1. H27.2 目 3~2.

34 その 他 国 庁 推 定 地 C 案 付 近 では 区 繭 f 献 のlìúIi~f. 調 査 を 行 った

35 ~ ~ (26A ~ ~193) 隣 接 する 蒼 海 (85) 同 様 10 世 紀 ~11 世 出 された 住 居 跡 は 10 世 紀 ~11 世 紀 代

36 ~ ~ ~ (26A1168~ (26A173~..~.1 ~ ~ 晶 ~ (26A178~181).: ~.' 主 ゲ 6.~,:. ft. ~..~

37 20 歳 代 後 半 ~30 歳 代 前 半 と 推 測 される

38

39 月 2 日 ~5 日 に 試 掘 調 査 を 実 施 し 縄 文

40 て 協 議 を 受 け 同 年 4 月 23 日 ~25 日 に

41 ~17 日 に 新 設 道 路 部 分 について 試 掘 調

42

43

44 I 軍 最 合 計 ~ I

45

46

47

48

例 言 本 文 目 次 挿 図 目 次 図 版 目 次 写 真 図 版 1 写 真 図 版 2

例 言 本 文 目 次 挿 図 目 次 図 版 目 次 写 真 図 版 1 写 真 図 版 2 鈴 鹿 市 埋 蔵 文 化 財 調 査 報 告 14 西 ノ 野 遺 跡 発 掘 調 査 報 告 書 例 言 本 文 目 次 挿 図 目 次 図 版 目 次 写 真 図 版 1 写 真 図 版 2 1. 遺 跡 の 立 地 と 歴 史 的 環 境 第 1 図 周 囲 の 地 形 と 遺 跡 ( 縮 尺 1/25,000) 2. 調 査 にいたる 経 緯 と 経 過 第 2 図 調 査 区 位 置 図

More information

( 問 d 都 ~ I 遺 跡 が 発 見 されたのは, 昭 和 2 年 3 月 の 北 丹 後 地 震 で 天 満 神 社 社 殿 が 倒 壊 し, 同 4~5 感 じ る 場 所 ではない 前 記 し た 昭 和 4~5 年 の 土 器 出 土 地 より 南 西 100m あたりに 位 置 する 造 成 時 lζ3~4m の 削 平 を 受 けたため, 遺 構 遺 物 を 検 出

More information

瓦 谷 1 号 墳 は 1990 年 の 調 査 では 墳 E の 限 られた 部 分 の 調 査 であ っ たため 直 径 25 ~ II ~ 2 ~ 3 個 体 の 埴 輪 を 組 み 合 わせて 棺 としており 一 部 形 象 埴 輪 ( 蓋 盾 など ) をつなぎ 目 や ~959 尺 と 幅 8T~ 86~R ~t ~ t ~I:: ~I:: ~t 平 成 5 年

More information

\\~\ ~4 図 出 土 遺 物 メー ~ 型 式 から 一 部 T K43 型 式 に 該 当 し 2~3 回 1~15. 正 垣 遺 跡 出 土 16~18. 谷 内 遺 跡 出 土 谷 内 遺 跡 出 土 資 料 ( 第 2 図 16~18) 1~4 の 押 型 文 土 器 は すでに 報 告 されている 裏 陰 遺 跡 や 谷 内 遺 跡 4 次 調 査

More information

沖 縄 県 教 育 庁 文 化 財 課 史 料 編 集 班 Historiographical Institute, Okinaw Title 琉 球 列 島 における 米 国 陸 軍 軍 政 活 動 概 要 第 1 号 ~12 号 に 見 る 女 性 史 関 連 内 容 Author(s) 普 天 間, 千 江 美 ; 外 間, 正 四 郎 Citation 史 料 編 集 室 紀 要 (30):

More information

使 用 さ れ る 過 酸 化 水 素 の 製 造 施 設 も 設 け ら れ た 2 敗 戦 直 後 の 燃 料 廠 第 一 海 軍 燃 料 廠 で は 敗 戦 と 同 時 に 重 要 書 類 の 焼 却 と 液 体 燃 料 薬 品 類 の 廃 棄 処 分 が 行 わ れ 所 員 た ち の 多

使 用 さ れ る 過 酸 化 水 素 の 製 造 施 設 も 設 け ら れ た 2 敗 戦 直 後 の 燃 料 廠 第 一 海 軍 燃 料 廠 で は 敗 戦 と 同 時 に 重 要 書 類 の 焼 却 と 液 体 燃 料 薬 品 類 の 廃 棄 処 分 が 行 わ れ 所 員 た ち の 多 本 郷 台 の 歴 史 軍 用 地 の 返 還 と 再 開 発 神 奈 川 県 立 柏 陽 高 等 学 校 矢 野 慎 一 は じ め に 2011 年 秋 に 栄 区 役 所 地 域 振 興 課 か ら 栄 の 歴 史 ( 2013 年 3 月 刊 )の 原 稿 執 筆 を 依 頼 さ れ た 与 え ら れ た テ ー マ は 旧 第 一 海 軍 燃 料 廠 の 返 還 で あ っ た 以 前

More information

平 政 種 郵 便 物 認 可 信 無 埋 般 触 機 可 能 面 幅 繋 待 道 口 ギ 握 定 友 共 感 現 揺 ぶ 趣 志 向 析 展 揺 ぶ 始 博 爆 博 ネ 無 料 ゾ 閉 鎖 室 建 物 空 移 = ゴ 続 難 夢 室 校 病 院 東 六 木 降 湾 ガ 熱 狂 渦 巻 6 員 録

平 政 種 郵 便 物 認 可 信 無 埋 般 触 機 可 能 面 幅 繋 待 道 口 ギ 握 定 友 共 感 現 揺 ぶ 趣 志 向 析 展 揺 ぶ 始 博 爆 博 ネ 無 料 ゾ 閉 鎖 室 建 物 空 移 = ゴ 続 難 夢 室 校 病 院 東 六 木 降 湾 ガ 熱 狂 渦 巻 6 員 録 平 政 種 郵 便 物 認 可 連 載 誘 致 紹 介 電 沖 縄 落 戻 背 景 説 西 南 沖 縄 美 素 晴 ゴ 礁 起 伏 富 形 然 恵 6 平 太 求 先 寒 ピ 下 依 存 球 バ ァ 続 春 軍 崎 移 苦 境 直 面 千 ァ 幅 太 統 頼 呼 模 風 媚 豊 遺 産 紀 6 紀 拠 豪 族 墓 掘 井 戸 深 遺 跡 実 際 十 切 モ 隠 計 認 獲 ギ 応 述 対 青 先 候

More information

内 の 遺 体 は 朽 ちていたが 10 余 枚 の 歯 が 残 っていたので 死 者 の 年 齢 を 30~60 歳 と 鑑 定 で

内 の 遺 体 は 朽 ちていたが 10 余 枚 の 歯 が 残 っていたので 死 者 の 年 齢 を 30~60 歳 と 鑑 定 で 内 の 遺 体 は 朽 ちていたが 10 余 枚 の 歯 が 残 っていたので 死 者 の 年 齢 を 30~60 歳 と 鑑 定 で 叡 は 高 堂 隆 の 議 に 従 って 三 統 に 通 ず J の 挙 に 出 たので~~ このことと 後 に 述 べる 鏡 は 形 状 や 図 文 の 上 から 独 特 の 風 格 を 持 ち 中 国 の 各 種 の 銅 鏡 とは 顕 著 な 差 異 が

More information

中 期 の 直 径 160m 以 上 の 環 濠 集 落 が 検 出 されている 第 2~4 次 調 査 は 平 成 7 8 年 度 に 亀 岡 市 ュ~ 減 さ 努 'r)(1

中 期 の 直 径 160m 以 上 の 環 濠 集 落 が 検 出 されている 第 2~4 次 調 査 は 平 成 7 8 年 度 に 亀 岡 市 ュ~ 減 さ 努 'r)(1 中 期 の 直 径 160m 以 上 の 環 濠 集 落 が 検 出 されている 第 2~4 次 調 査 は 平 成 7 8 年 度 に 亀 岡 市 ュ~ 減 さ 努 'r)(1 ~2. 16 ~ 0. 08~10 13 14 S 17 ~ 24 と 続 く 飛 鳥 時 代 後 半 には 2 号 墳 東 側 で 検 出 された 道 状 遺 構 ( S D44 ~ 47 ) 奈 良 時 代 中 頃

More information

沖 縄 県 教 育 庁 文 化 財 課 史 料 編 集 班 Historiographical Institute, Okinaw Title 公 文 備 考 にみる 沖 縄 の 海 軍 施 設 - 中 城 湾 需 品 支 庫 と 喜 屋 武 海 軍 望 楼 について- Author(s) 吉 浜, 忍 Citation 史 料 編 集 室 紀 要 (28): 59-68 Issue Date 2003-03-20

More information

3. 旧 奥 州 街 道 貝 田 宿 にみる 歴 史 的 風 致 1. 阿 津 賀 志 山 の 合 戦 と 顕 彰 教 育 活 動 にみる 歴 史 的 風 致 7. 鳥 取 福 源 寺 観 音 講 にみる 歴 史 的 風 致 5. 光 明 寺 集 落 の 水 利 用 にかかわる 歴 史 的 風 致

3. 旧 奥 州 街 道 貝 田 宿 にみる 歴 史 的 風 致 1. 阿 津 賀 志 山 の 合 戦 と 顕 彰 教 育 活 動 にみる 歴 史 的 風 致 7. 鳥 取 福 源 寺 観 音 講 にみる 歴 史 的 風 致 5. 光 明 寺 集 落 の 水 利 用 にかかわる 歴 史 的 風 致 第 4 章 重 点 区 域 の 位 置 及 び 範 囲 1. 重 点 区 域 設 定 の 考 え 方 本 計 画 における 重 点 区 域 は 歴 史 上 価 値 の 高 い 建 造 物 が 集 まり 国 見 町 固 有 の 歴 史 及 び 伝 統 を 反 映 した 活 動 が 現 在 も 行 われ かつ 良 好 な 市 街 地 環 境 を 形 成 している 地 区 に 設 定 する また 本 計

More information

j:,f,~ III 梨 県 大 月 ï!i 梁 川 IIITtíJ~ 阪 地 区 に 予 定 された 桂 川 流 域 下 水 道 調 査 の 結 果 敷 石 住 居 跡 9 1!lf, 門 c "1 i 遺 構 20 基 Ti 相 率 3 ~ム"1-i 器 製 作 跡 l 軒 土 坑 1 00 基

j:,f,~ III 梨 県 大 月 ï!i 梁 川 IIITtíJ~ 阪 地 区 に 予 定 された 桂 川 流 域 下 水 道 調 査 の 結 果 敷 石 住 居 跡 9 1!lf, 門 c 1 i 遺 構 20 基 Ti 相 率 3 ~ム1-i 器 製 作 跡 l 軒 土 坑 1 00 基 j:,f,~ III 梨 県 大 月 ï!i 梁 川 IIITtíJ~ 阪 地 区 に 予 定 された 桂 川 流 域 下 水 道 調 査 の 結 果 敷 石 住 居 跡 9 1!lf, 門 c "1 i 遺 構 20 基 Ti 相 率 3 ~ム"1-i 器 製 作 跡 l 軒 土 坑 1 00 基 以 上 な 基 あまり 検 出 された 埋 斐 や 1 00 点 以 l 二 l~1 二 lこした

More information

宇佐海軍

宇佐海軍 第 3 章 保 存 整 備 の 方 針 と 計 画 1. 保 存 整 備 の 方 針 (1) 基 本 方 針 本 計 画 における 戦 争 遺 構 は 我 がまちも 戦 場 であった 歴 史 を 語 る 実 物 資 料 として 後 世 に 受 け 渡 し それらを 見 学 し 平 和 の 大 切 さについて 考 える 機 会 を 提 供 するために 保 存 整 備 を 行 っていく 遺 構 保 存

More information

史窓72T09(Y02)_小谷仲男_cs3.indd

史窓72T09(Y02)_小谷仲男_cs3.indd 懸 泉 遺 跡 の 発 掘 闐 扜 大 月 氏 第 2 簡 (Ⅴ 92 DXT 14112 : 35) 上 欄 俱 軺 下 欄 翻 訳 軺 注 釈 軺 軺 軺 軺 軺 大 月 氏 第 3 簡 (Ⅴ 92 DXT 1210 3:132) 表 面 上 欄 表 面 下 欄 翻 訳 注 釈 裏 面 上 欄 軺 裏 面 下 欄 翻 訳 軺 注 釈 俱 大 月 氏 第 4 簡 (Ⅱ 90 DXT 0216 2:702)

More information

ああ

ああ 平 成 27 年 度 公 益 財 団 法 人 沖 縄 県 平 和 祈 念 財 団 事 業 計 画 書 自 平 成 27 年 4 月 1 日 至 平 成 28 年 3 月 31 日 平 成 2 7 年 3 月 1 9 日 公 益 財 団 法 人 沖 縄 県 平 和 祈 念 財 団 沖 縄 県 では 70 年 前 の 住 民 を 巻 き 込 んだ 悲 惨 な 沖 縄 戦 の 教 訓 から 平 和 を 希

More information

美 目 ト 頑 ゃ 娘 答 返 父 周 囲 淡 努 皆 紋 投 野 打 込 父 春 期 巻 族 鮮 野 飛 び 始 帰 回 数 競 ポ ツ 公 聞 達 励 若 合 始 老 立 朝 光 老 温 風 ぎ 腹 ぽ ぽ 点 在 電 向 住 隣 絡 四 徳 島 祖 谷 昔 絡 段 呼 び ご ナ ウ サ 原

美 目 ト 頑 ゃ 娘 答 返 父 周 囲 淡 努 皆 紋 投 野 打 込 父 春 期 巻 族 鮮 野 飛 び 始 帰 回 数 競 ポ ツ 公 聞 達 励 若 合 始 老 立 朝 光 老 温 風 ぎ 腹 ぽ ぽ 点 在 電 向 住 隣 絡 四 徳 島 祖 谷 昔 絡 段 呼 び ご ナ ウ サ 原 動 違 与 果 未 来 提 示 海 信 満 希 教 科 明 願 美 目 ト 頑 ゃ 娘 答 返 父 周 囲 淡 努 皆 紋 投 野 打 込 父 春 期 巻 族 鮮 野 飛 び 始 帰 回 数 競 ポ ツ 公 聞 達 励 若 合 始 老 立 朝 光 老 温 風 ぎ 腹 ぽ ぽ 点 在 電 向 住 隣 絡 四 徳 島 祖 谷 昔 絡 段 呼 び ご ナ ウ サ 原 点 熱 熱 絶 歓 喜 似 絵 圧 倒

More information

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464>

<5461726F2D82508251817C88EF96D88E7381402E6A7464> 1. 本 市 の 区 域 内 において 行 われる 開 発 行 為 等 ただし 都 市 計 画 法 第 29 条 第 4 号 から 第 9 号 までに 規 定 される 開 発 行 為 は 除 く 2. 建 築 基 準 法 第 6 条 第 1 項 又 は 第 18 条 第 1 項 に 規 定 する 建 築 物 を 建 築 し 若 しくは 工 作 物 を 設 置 する 行 為 3. 建 築 基 準 法

More information

Taro-›ïŁñ98.jtd

Taro-›ïŁñ98.jtd 江 戸 遺 跡 研 究 会 会 報 No.98 2004 年 11 月 5 日 発 行 江 戸 遺 跡 研 究 会 http://www.ao.jpn.org/edo/ 江 戸 遺 跡 研 究 会 第 97 回 例 会 は 2004 年 9 月 22 日 ( 水 ) 午 後 6 時 30 分 より 江 戸 東 京 博 物 館 学 習 室 に て 行 われ 松 原 典 明 氏 より 以 下 の 内 容

More information

( 関 西 大 学 経 済 論 集 j 第 28 巻 1~4 合 併 号 所 収 ) 同 近 世

( 関 西 大 学 経 済 論 集 j 第 28 巻 1~4 合 併 号 所 収 ) 同 近 世 ( 関 西 大 学 経 済 論 集 j 第 28 巻 1~4 合 併 号 所 収 ) 同 近 世 昭 和 45 年 266~80 貰 広 島 県 史 近 世 63~ 101 頁 特 に 70~80 頁 ~2 頁 ) 71~2 頁 589~90 頁 新 修 広 島 市 史 第 2 巻 J 254~5 頁 72~3 頁 乱 後 の 唐 にあってその 財 政 再 建 に 尽 力 した 宰

More information

のを 中 心 IC. 単 行 本 や 維 詑 ~IC 縄 戦 された 発 鰯 調 査 報 告 について も 努 めて 収 録 す るようにした.

のを 中 心 IC. 単 行 本 や 維 詑 ~IC 縄 戦 された 発 鰯 調 査 報 告 について も 努 めて 収 録 す るようにした. のを 中 心 IC. 単 行 本 や 維 詑 ~IC 縄 戦 された 発 鰯 調 査 報 告 について も 努 めて 収 録 す るようにした. it 幌 市 文 傾 ~ オノ 本 ~ト 遺 跡 ia ~;ft 跡 縄 前 中 後 一 銭 ) 同 時 館 空 港 第 4 地 点 遺 跡 ( 側 前 - ~fð) 札 観 lþ..ft~ 寄 机 艇 Itj~ 投 書 ~ 久 遺 跡 ( 縄 ~ 平

More information

平 成 27 年 度 研 修 会 基 調 講 演 草 戸 千 軒 町 遺 跡 の 発 掘 から 博 物 館 まで 比 治 山 大 学 名 誉 教 授 松 下 正 司 草 戸 千 軒 町 遺 跡 は 広 島 県 東 部 の 都 市 福 山 の 市 街 地 を 貫 流 する 芦 田 川 の 川 底 に

平 成 27 年 度 研 修 会 基 調 講 演 草 戸 千 軒 町 遺 跡 の 発 掘 から 博 物 館 まで 比 治 山 大 学 名 誉 教 授 松 下 正 司 草 戸 千 軒 町 遺 跡 は 広 島 県 東 部 の 都 市 福 山 の 市 街 地 を 貫 流 する 芦 田 川 の 川 底 に 平 成 28 年 3 月 31 日 90 編 集 全 国 埋 蔵 文 化 財 法 人 連 絡 協 議 会 公 益 財 団 法 人 山 形 県 埋 蔵 文 化 財 センター 999-3246 上 山 市 中 山 字 壁 屋 敷 5608 番 地 電 話 023-672-5301 FAX 023-672-5586 平 成 27 年 度 研 修 会 会 長 挨 拶 平 成 27 年 度 全 国 埋 蔵 文

More information

W 縄 文 時 代 の 考 古 学 5~ 同 成 社 西 日 本 系 の 土 器 ( 北 白 川 下 層 IIb 式 ( 新 )~li c 式 類 似 )が 主 体 特 定 器 種 (;9 IJ 中 央 部 に 径 30m の 士 坑 と 集 石 遺 構 からなる 分 布 域 が 存 在 分 布 域

W 縄 文 時 代 の 考 古 学 5~ 同 成 社 西 日 本 系 の 土 器 ( 北 白 川 下 層 IIb 式 ( 新 )~li c 式 類 似 )が 主 体 特 定 器 種 (;9 IJ 中 央 部 に 径 30m の 士 坑 と 集 石 遺 構 からなる 分 布 域 が 存 在 分 布 域 ~ 皿 から 明 確 な 壁 をもたない 変 わった 家 と 見 られる 円 錐 形 の 屋 根 かっ 2~ 1. 8 万 年 前 に 古 根 尾 J II J により 形 成 された 扇 状 地 表 面 は 黒 色 土 壌 ( 黒 ボク) 2 次 調 査 (B 区 ) 平 成 4 年 1 0 月 19 日 ~ 11 月 1 6 日 C 区 ) 平 成 5 年 5 月 6 日 ~6 月 2 9 日

More information

貝殻集め.indd

貝殻集め.indd 貝 殻 集 め 終 花 補 遺 試 作 版 皆 月 蒼 葉 びびび 文 庫 2 終 花 正 誤 表 平 成 二 十 六 年 八 月 十 五 日 発 行 終 花 本 文 お 多 数 誤 が 見 通 読 お 大 な 不 便 を お 掛 け を お 詫 び る も 九 月 十 三 日 時 点 で 確 認 で る 誤 正 誤 表 形 で 列 記 万 一 記 以 外 誤 が あ ら 随 時 W e b サ イ

More information

7000 人 7000 6000 人 6000 5000 5000 4000 岡 上 地 区 の 人 口 の 増 加 のようす 岡 上 地 区 の 人 口 の 増 加 のようす 人 口 世 帯 数 人 口 世 帯 数 3719 4537 4537 5486 5486 5827 5827 6366 6366 6658 6658 4000 3719 3000 1967 2318 2863 3000 1846

More information

田代太田古墳.indd

田代太田古墳.indd 田 代 太 田 古 墳 石 室 入 口 ( 南 から) 玄 室 奥 壁 彩 色 壁 画 の 現 況 序 鳥 栖 市 田 代 本 町 に 所 在 する 国 史 跡 田 代 太 田 古 墳 は 彩 色 壁 画 系 の 装 飾 古 墳 として 古 くから 知 られる 本 市 を 代 表 する 遺 跡 の 一 つです 本 書 は この 田 代 太 田 古 墳 の 周 辺 地 で 平 成 20 年 度 に

More information

曽 ~ ~/ ~" ~ 遺 構 の 名 称 とした ただし I~ 盟 トレンチ 調 査 では 他 の 遺 構 と 共 通 の 通 し 番 号 を 付 した 主 ~め. 遺 構 2 遺 物 ~~~e~~~~~ 奪 舎,ー 舎 坐 降 勾 匹.. ~ー... ~ 雷.. ~ ~" ~ 畠 @ 晶 @ 号 昌 也...544 ~ 第 25~ 第 43~ ~ ...ー~ ~ ~. ""~ ~~ ~""~~~

More information

検 討 の 対 象 とする 水 中 遺 跡 としては 海 ( 地 方 公 共 団 体 の 区 域 内 )と 湖 沼 にある 遺 跡 (ただし ダムや 溜 め 池 等 人 為 的 要 因 により 水 没 した 遺 跡 は 対 象 としない) 水 中 における 周 知 の 埋 蔵 文 化 財 包 蔵 地

検 討 の 対 象 とする 水 中 遺 跡 としては 海 ( 地 方 公 共 団 体 の 区 域 内 )と 湖 沼 にある 遺 跡 (ただし ダムや 溜 め 池 等 人 為 的 要 因 により 水 没 した 遺 跡 は 対 象 としない) 水 中 における 周 知 の 埋 蔵 文 化 財 包 蔵 地 第 2 回 水 中 遺 跡 調 査 検 討 委 員 会 概 要 日 程 : 平 成 25 年 7 月 17 日 ( 水 ) 会 場 : 長 崎 県 松 浦 市 高 島 支 所 9:30~12:00 西 谷 委 員 長 開 会 に 先 立 ち 長 崎 県 オブザーバー 高 野 氏 急 逝 のお 知 らせ 文 化 庁 記 念 物 課 榎 本 課 長 挨 拶 松 浦 市 長 崎 県 のこれまでの 鷹 島

More information

2010年1月8日

2010年1月8日 2010 年 1 月 8 日 医 療 刑 務 所 跡 の 保 存 と 利 活 用 についてのご 相 談 法 務 副 大 臣 加 藤 公 一 殿 弁 護 士 国 宗 直 子 菜 の 花 法 律 事 務 所 860-0834 熊 本 市 江 越 1-17-12 TEL096-322-731/FAX096-322-7732 日 頃 ハンセン 病 問 題 については 多 大 なご 配 慮 をいただきありがとうございます

More information

江 間 鏡 flll 社 の~r, lli 子 ~W 調 Tff 江 111 鏡 神 社 の~r,lli-( 舞 前 橋 の 養 蚕 製 糸 用 具 及 び I~;J 連 資 料 十 ~ifri IlTl 023-1 三 夜 沢 真 I~l~ 川 家 地 鎮 尊 IVi ケ j 詰 ~litn I~l 11 月 7 日 の 3 日 間 にわたり すでに 指 定 されている 樹 木 についての ~1)

More information

ヒアリング資料4 古谷委員提出資料

ヒアリング資料4 古谷委員提出資料 隙 間 ない 救 済 の 検 証 と 石 綿 健 康 被 害 対 策 見 直 しの 課 題 石 綿 健 康 被 害 救 済 小 委 員 会 2010.5.21 古 谷 杉 郎 石 綿 対 策 全 国 連 絡 会 議 事 務 局 長 136-0071 東 京 都 江 東 区 亀 戸 7-10-11 ZビルZ ビル5F TEL 03-3636 3636-38823882 FAX 03-3636 3636-38813881

More information

【事前協議終了】古墳

【事前協議終了】古墳 別 記 様 式 第 1 号 -1 栃 木 県 わがまち 未 来 創 造 事 業 計 画 書 ( 市 町 総 括 表 ) 単 独 連 携 事 業 ( 単 位 : 円 ) 単 位 事 業 名 平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 平 成 3 年 度 平 成 31 年 度 平 成 32 年 度 合 計 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 しもつけ 古 墳 群 整 備 活 用 事 業 市 町 計

More information

c 各 支 部 は 年 1~2 回 の 講 演 会 を 計 画 実 施 (イ) 水 交 誌 等 の 発 刊 a 水 交 誌 は 年 間 4 回 発 刊 会 員 に 頒 布 するとともに 希 望 する 一 般 の 人 にも 頒 布 また 関 係 諸 団 体 関 係 官 庁 報 道 出 版 関 係 国

c 各 支 部 は 年 1~2 回 の 講 演 会 を 計 画 実 施 (イ) 水 交 誌 等 の 発 刊 a 水 交 誌 は 年 間 4 回 発 刊 会 員 に 頒 布 するとともに 希 望 する 一 般 の 人 にも 頒 布 また 関 係 諸 団 体 関 係 官 庁 報 道 出 版 関 係 国 公 益 財 団 法 人 水 交 会 平 成 26 年 度 事 業 報 告 書 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 ~ 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 1 全 般 平 成 26 年 度 の 事 業 は 年 度 事 業 計 画 及 び 収 支 予 算 に 基 づき 実 施 し 概 ね 計 画 通 り 順 調 に 経 過 2 事 業 等 (1) 海 洋 安 全 保 障 思 想 の 研 究 普 及

More information

本 を 立 て 一 間 の 息 災 を 祈 る 願 文 が 書 かれていま 月 日 : 願 文 の 最 後 に 月 日 の 記 載 があり 吊 るされたのが 元 徳 三 (1331) 正 月 八 日 あることがわかりま 鎌 倉 時 代 終 末 南 北 朝 時 代 となりま 用 途 : 本 巻 数 板

本 を 立 て 一 間 の 息 災 を 祈 る 願 文 が 書 かれていま 月 日 : 願 文 の 最 後 に 月 日 の 記 載 があり 吊 るされたのが 元 徳 三 (1331) 正 月 八 日 あることがわかりま 鎌 倉 時 代 終 末 南 北 朝 時 代 となりま 用 途 : 本 巻 数 板 かんじょういた 平 成 26 度 松 原 内 湖 遺 跡 から 出 土 した 鎌 倉 時 代 末 期 の 巻 数 板 ( 勧 請 板 )について 公 益 財 団 法 人 滋 賀 県 文 化 財 保 護 協 会 は 国 土 交 通 省 滋 賀 国 道 事 務 所 および 滋 賀 県 教 育 委 員 会 からの 依 頼 により 国 道 8 号 米 原 バイパス 事 業 に 伴 う 松 原 内 湖 遺 跡

More information

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ 熊 本 市 道 路 位 置 指 定 取 扱 い 基 準 制 定 平 成 5 年 5 月 5 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 8 日 改 正 平 成 21 年 7 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 24 年 11 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 25 年 8 月 30 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条

More information

3 土 地 の 所 有 関 係 岡 山 城 主 要 部 内 の 土 地 所 有 者 を 見 ると 市 有 地 は 烏 城 公 園 として 整 備 されている 本 丸 の 大 部 分 烏 城 公 園 駐 車 場 西 の 丸 ( 旧 内 山 下 小 学 校 跡 地 ) 市 民 会 館 旧 NHK 岡 山

3 土 地 の 所 有 関 係 岡 山 城 主 要 部 内 の 土 地 所 有 者 を 見 ると 市 有 地 は 烏 城 公 園 として 整 備 されている 本 丸 の 大 部 分 烏 城 公 園 駐 車 場 西 の 丸 ( 旧 内 山 下 小 学 校 跡 地 ) 市 民 会 館 旧 NHK 岡 山 2 建 物 用 途 岡 山 城 主 要 部 の 建 物 用 途 を 見 ると 本 丸 部 分 ( 烏 城 公 園 ) 周 囲 の 住 宅 地 内 の 建 物 は 都 市 公 園 区 域 風 致 地 区 となっているため ほとんど 全 て 2 階 建 て 以 下 の 低 層 住 宅 である 山 西 の 丸 内 は 市 民 会 館 病 院 放 送 局 旧 放 送 局 旧 小 学 校 の 比 較 的 規

More information

kisso-VOL60

kisso-VOL60 Vol.60 2006 AUTUMN TALK&TALK 高 九 二 四 m そ び え そ 南 多 く 渓 流 集 め 麓 生 中 央 流 る 杭 瀬 名 高 米 じ め イ チ ゴ タ 茶 美 濃 び 茶 生 産 平 坦 地 麓 県 下 も 有 数 良 質 流 支 流 粕 平 野 部 中 心 展 開 時 代 高 畑 遺 跡 深 谷 遺 跡 ど 適 麓 分 布 弥 生 遺 跡 ど 多 数 あ り

More information

~ ~

~ ~ ~ ~ 古 墳 群 は, 弥 栄 町 西 端, 網 野 町 との 町 境 の 標 高 4 1~81m の 丘 陵 上 lζ 分 布 する こ 乙 は, 2~30 33~39 号 墳 ま 調 査 の 結 果 6 7 10 1 4 17 28 29 30 33~39 号 墳 については, 古 墳 として 認 8~ (3) の 段 階 ではそれぞれ 土 師 器 高 杯 が 2~3 3~5 8 9 1

More information

きずな&おもいを 紡 ぐ 旅 よこはま 事 業 報 告 書 1 2 3 4 5 6 7 8 9 11 12 13 14 15 東 日 本 震 災 前 に 白 内 障 の 手 術 し て 奇 し く も 命 と ど ま り ゐ た り 捨 て が た き 母 の 着 物 を 夜 着 に 替 え 身 に ま と ひ つ つ 命 救 は る ふ り た れ ど 終 の 住 処 と 決 め し 家 無

More information

~ ~ Íj~,t!!. 以 kf[~ 乙 令 代 会 ~ -i ~P Wタ~-t ~y ~ J. 事 ~ f..~ 'f~ 苛 ~ ド ~y, .: I~ 勺 ~.. ~,. ト E " "... " '~ ;r ~1 ;C ;: ~il, _ft 雪 e~., ;T; 持 Û';.~ ~ ~ E 司 E 亙 ~~ 軍 ゆEE

More information

3 9 小 西 利 一 1 観 光 行 政 について 2 教 育 行 政 について (1) 商 工 観 光 課 の 業 務 内 容 は 何 か (2) 観 光 行 政 に 対 して 意 識 が 低 いと 思 われるがどうか (3) 外 国 人 観 光 客 への 標 識 表 示 やパンフレットの 作

3 9 小 西 利 一 1 観 光 行 政 について 2 教 育 行 政 について (1) 商 工 観 光 課 の 業 務 内 容 は 何 か (2) 観 光 行 政 に 対 して 意 識 が 低 いと 思 われるがどうか (3) 外 国 人 観 光 客 への 標 識 表 示 やパンフレットの 作 平 成 27 年 8 月 定 例 総 社 市 議 会 一 般 質 問 通 告 者 一 覧 表 発 言 議 席 順 位 番 号 氏 名 大 項 目 中 項 目 質 問 要 旨 答 弁 者 1 23 大 熊 公 平 1 の 政 治 姿 勢 について (1) 選 のマニフェストに 吉 備 線 のLRT 化 の 実 現 を 挙 げている 現 在, 総 社 市 吉 備 線 整 備 方 針 等 検 討 委 員

More information

レジュメ.indd

レジュメ.indd 6 3 7 垝 8 杅 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 倉 古 墳 群 須 恵 器 鍛 冶 馬 塩 玉 猪 名 川 庄 内 現 淀 川 讃 良 川 蔀 屋 北 四 条 畷 森 法 円 坂 寝 屋 川 佐 紀 現 大 阪 湾 海 岸 線 楠 根 川 長 瀬 川 玉 串 川 恩

More information

がない やむなく 外 部 に 検 査 を 委 託 しているため 時 間 がかかっている 自 前 のLC/M S/MS= 液 体 クロマトグラフィー 質 量 分 析 器 があれば 効 果 的 な 時 間 短 縮 が 測 れるそうで ある 島 津 製 作 所 などの 国 産 メーカーがあるが 導 入 が

がない やむなく 外 部 に 検 査 を 委 託 しているため 時 間 がかかっている 自 前 のLC/M S/MS= 液 体 クロマトグラフィー 質 量 分 析 器 があれば 効 果 的 な 時 間 短 縮 が 測 れるそうで ある 島 津 製 作 所 などの 国 産 メーカーがあるが 導 入 が 平 成 25 年 第 四 回 都 議 会 定 例 会 文 書 質 問 趣 意 書 提 出 者 斉 藤 あつし 一 特 定 秘 密 保 護 法 の 東 京 都 への 影 響 について 二 東 京 都 監 察 医 務 院 の 実 績 をより 社 会 に 貢 献 できる 体 制 整 備 をすることについて 三 精 神 疾 患 に 罹 患 した 東 京 都 職 員 の 復 職 プログラムについて 四 物 流

More information

の5) 東 芝 エレベータ 兵 庫 支 店 15,406,848 の6) 日 本 エレベーター 製 造 大 阪 営 業 所 10,764,576 の7) 日 本 オーチス エレ ベータ 神 戸 支 店 7,413,120 の8) 日 立 ビルシステム 関 西 支 社 5,868,288 の9) フジ

の5) 東 芝 エレベータ 兵 庫 支 店 15,406,848 の6) 日 本 エレベーター 製 造 大 阪 営 業 所 10,764,576 の7) 日 本 オーチス エレ ベータ 神 戸 支 店 7,413,120 の8) 日 立 ビルシステム 関 西 支 社 5,868,288 の9) フジ 案 件 名 称 契 約 日 契 約 の 相 手 方 契 約 金 額 ( 円 ) 随 意 契 約 理 由 ( 根 拠 法 令 ) 担 当 部 署 ( 問 合 せ 先 ) 就 学 援 助 システムに 関 す るソフトウェア 保 守 等 業 務 日 本 電 気 株 式 会 社 6,129,552 当 該 システムは 当 該 事 業 者 がライセンスを 保 有 するパッケージソフ トウェアをベースにして 構

More information

都市農地の継承に向けた相続2014_本文_13.indd

都市農地の継承に向けた相続2014_本文_13.indd 事 例 1 相 続 対 策 を 考 える 上 でひとつの 農 家 を 想 定 してみました 立 地 : 都 市 中 心 部 からは 遠 く 最 寄 り 駅 から1.2km 徒 歩 15 分 の 位 置 経 営 類 型 : 露 地 野 菜 を 中 心 とする 畑 作 土 地 評 価 : 路 線 価 =9 万 5000 円 /m2 農 業 投 資 価 格 84 万 円 / 10a 年 間 所 得 : 1910

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

宅 都 市 として 狛 江 が 発 展 してきた 過 程 を 視 野 に 入 れた 歴 史 变 述 を 目 指 します さら に 政 治 史 行 政 史 からの 視 点 だけではなく 地 域 における 生 活 史 社 会 史 的 な 視 点 や 地 域 の 人 々の 営 みと 自 然 環 境 災 害

宅 都 市 として 狛 江 が 発 展 してきた 過 程 を 視 野 に 入 れた 歴 史 变 述 を 目 指 します さら に 政 治 史 行 政 史 からの 視 点 だけではなく 地 域 における 生 活 史 社 会 史 的 な 視 点 や 地 域 の 人 々の 営 みと 自 然 環 境 災 害 狛 江 市 市 史 編 さん 事 業 方 針 1.はじめに 狛 江 市 では 平 成 32 年 度 に 市 制 50 周 年 を 迎 えることを 契 機 に 新 たな 市 史 を 編 さん することになりました 昭 和 60 年 に 狛 江 市 史 を 刊 行 して 以 降 四 半 世 紀 が 経 過 し 市 内 の 自 然 環 境 景 観 人 々の 生 活 様 式 も 大 きく 変 化 してきました

More information

2.ボランティア 活 動 名 称 : 明 確 な 名 称 組 織 はなし 活 動 目 的 経 緯 友 の 会 活 動 のひとつとして 実 施 している 活 動 人 数 ( 総 数 男 女 比 年 齢 構 成 ) 名 ( 年 月 現 在 ) 男 性 : 名 女 性 : 名 平 均 年 齢 歳 : 男

2.ボランティア 活 動 名 称 : 明 確 な 名 称 組 織 はなし 活 動 目 的 経 緯 友 の 会 活 動 のひとつとして 実 施 している 活 動 人 数 ( 総 数 男 女 比 年 齢 構 成 ) 名 ( 年 月 現 在 ) 男 性 : 名 女 性 : 名 平 均 年 齢 歳 : 男 館 園 名 : 市 立 大 町 山 岳 博 物 館 1. 施 設 の 概 要 開 館 年 月 日 ( 西 暦 ) 1951 年 11 月 01 日 所 在 地 398-0002 長 野 県 大 町 市 大 字 大 町 8056-1 公 式 サイト http://www.city.omachi.nagano.jp/sanpaku/ 設 立 主 体 大 町 市 運 営 主 体 大 町 市 設 立 目 的

More information

資 料 1 選 挙 前 の 世 論 調 査 の 例 読 売 新 聞 調 査 日 :2016 年 6 月 3-5 日 電 話 調 査 安 倍 内 閣 支 持 支 持 53 不 支 持 35 その 他 無 回 答 11 政 党 支 持 自 民 党 40 民 進 党 6 公 明 党 3 共 産 党 2 お

資 料 1 選 挙 前 の 世 論 調 査 の 例 読 売 新 聞 調 査 日 :2016 年 6 月 3-5 日 電 話 調 査 安 倍 内 閣 支 持 支 持 53 不 支 持 35 その 他 無 回 答 11 政 党 支 持 自 民 党 40 民 進 党 6 公 明 党 3 共 産 党 2 お 日 野 市 民 自 治 研 究 所 定 例 研 究 会 2016.7.23 第 24 回 参 議 院 議 員 選 挙 の 結 果 を 分 析 する 池 上 洋 通 はじめに 統 計 資 料 を 読 みながら 考 えるということ 表 1 国 会 の 政 党 別 議 席 数 政 党 別 参 議 院 議 席 数 今 回 当 選 非 改 選 公 示 前 衆 議 院 自 民 121 56 65 115 291

More information

は し が き 東 村 山 市 の 統 計 は 昭 和 41 年 から 毎 年 発 行 しており 今 回 で 49 回 目 の 発 刊 となります 本 書 は 東 村 山 市 の 人 口 産 業 福 祉 環 境 教 育 等 の 各 分 野 の 基 本 的 な 統 計 資 料 を 集 録 し 市 勢

は し が き 東 村 山 市 の 統 計 は 昭 和 41 年 から 毎 年 発 行 しており 今 回 で 49 回 目 の 発 刊 となります 本 書 は 東 村 山 市 の 人 口 産 業 福 祉 環 境 教 育 等 の 各 分 野 の 基 本 的 な 統 計 資 料 を 集 録 し 市 勢 東 村 山 市 の 統 計 平 成 26 年 度 版 第 49 号 東 村 山 市 は し が き 東 村 山 市 の 統 計 は 昭 和 41 年 から 毎 年 発 行 しており 今 回 で 49 回 目 の 発 刊 となります 本 書 は 東 村 山 市 の 人 口 産 業 福 祉 環 境 教 育 等 の 各 分 野 の 基 本 的 な 統 計 資 料 を 集 録 し 市 勢 の 現 状 と 発

More information

呉 は 明 治 22 年 に 呉 鎮 守 府 が 開 庁 明 治 36 年 には 呉 海 軍 工 廠 が 設 立 され 海 軍 の 主 要 な 基 地 として 発 展 してきました 終 戦 を 経 て 昭 和 29 年 7 月 1 日 防 衛 庁 設 置 及 び 海 上 自 衛 隊 創 設 と 同

呉 は 明 治 22 年 に 呉 鎮 守 府 が 開 庁 明 治 36 年 には 呉 海 軍 工 廠 が 設 立 され 海 軍 の 主 要 な 基 地 として 発 展 してきました 終 戦 を 経 て 昭 和 29 年 7 月 1 日 防 衛 庁 設 置 及 び 海 上 自 衛 隊 創 設 と 同 呉 は 明 治 22 年 に 呉 鎮 守 府 が 開 庁 明 治 36 年 には 呉 海 軍 工 廠 が 設 立 され 海 軍 の 主 要 な 基 地 として 発 展 してきました 終 戦 を 経 て 昭 和 29 年 7 月 1 日 防 衛 庁 設 置 及 び 海 上 自 衛 隊 創 設 と 同 時 に 海 上 自 衛 隊 呉 地 方 隊 が 新 編 され その 司 令 部 として 呉 地 方 総

More information

乙 乙 に 収 品 した 埋 蔵 文 化 財 聞 係 の 調 盗 報 告 書 ー 憶 は, 昭 如 52 年 度 昭 和 52 句 ~ 護 æ }- ~ 悶 ~f 跡 国 国 分 自 寺 己 ~ }

乙 乙 に 収 品 した 埋 蔵 文 化 財 聞 係 の 調 盗 報 告 書 ー 憶 は, 昭 如 52 年 度 昭 和 52 句 ~ 護 æ }- ~ 悶 ~f 跡 国 国 分 自 寺 己 ~ } ~ 乙 乙 に 収 品 した 埋 蔵 文 化 財 聞 係 の 調 盗 報 告 書 ー 憶 は, 昭 如 52 年 度 昭 和 52 句 ~ 護 æ }- ~ 悶 ~f 跡 国 国 分 自 寺 己 ~ } .~ 行 欄 刈 発 行 年 月 視 隊 三 "1 山 D iiii 協 における 勾 古 学 ~I 調 査 ~ 島 町 教 岳 入 麻 おおあさ 第 四 泊 跡 ( 続 開 制 IJ - ~) (

More information

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3

対 ( 136,340 ) (1) 指 定 職 (3 泊 4 日 ) 2 人 8 136,360 182 2, ( 181 2, ) ( 120,040 ) (2) 指 定 職 (2 泊 3 日 ) 2 人 4 120,060 960 ( 960 ) (3)10 級 ~7 級 (3 平 成 歳 出 明 細 表 要 求 19 内 閣 府 所 管 ( 沖 縄 振 興 局 ) 対 ( 単 位 : 千 円 ) 010 内 閣 本 府 189, 647 239, 682, 941 214, 506, 706 24, 010 内 閣 本 府 共 通 費 832 76, 342 77, 510 1 01-95 内 閣 本 府 一 般 行 政 に 必 要 な 経 費 176 沖 縄 振 興 局

More information

Taro-★平成28年度実施 学校栄養

Taro-★平成28年度実施 学校栄養 平 成 28 年 度 実 施 沖 縄 県 公 立 学 校 学 校 栄 養 職 員 候 補 者 選 考 試 験 実 施 要 項 沖 縄 県 教 育 委 員 会 主 なスケジュール( 予 定 ) 各 種 様 式 配 布 平 成 28 年 4 月 28 日 ( 木 )~(ホームページからのダウンロード 郵 送 ) 電 子 申 請 による 書 類 作 成 は 平 成 28 年 4 月 22 日 ( 金 )0:00~5

More information

広報やず.indd

広報やず.indd 18 4 1 所 得 等 の 状 況 郡 家 地 域 船 岡 地 域 八 東 地 域 第 1 段 階 生 活 保 護 世 帯 非 課 税 世 帯 で 老 齢 年 金 受 給 者 26,268 23,508 21,708 第 2 段 階 世 帯 非 課 税 本 人 非 課 税 ( 本 人 所 得 80 万 以 下 ) 26,268 23,508 21,708 第 3 段 階 世 帯 非 課 税 本

More information

市内遺跡9

市内遺跡9 市 内 遺 跡 9 - 平 成 26 年 度 埋 蔵 文 化 財 発 掘 調 査 報 告 書 - 2015.9 茅 野 市 教 育 委 員 会 序 文 茅 野 市 は 長 野 県 南 東 部 に 位 置 する 風 光 明 媚 な 高 原 都 市 です 東 に 八 ヶ 岳 連 峰 西 に 赤 石 山 脈 から 続 く 山 脚 北 に 霧 ヶ 峰 山 塊 を 擁 し 霧 ヶ 峰 の 南 麓 からは 遠

More information

~B.,,~,~ 仲 O;~ ~ 品 作 開 ~m 配 置 されている 1981~1984 7 マ~ー=ー! 奴 \ ~ 38 39 ~ 40 : 沖 刷 溝, 47 ~ 55 片 石 陶 器 ( 鼎 豆 査 ) 玉 器 ( 瑛 壁 圭 など)が 出 土 した そのうち, 祭 jji~ 坑 は, 牛 の 坑 が 86 C.1100 年 ~B. C. - 南 北 3km の 広 い 範 囲 に, 幅

More information

の 文 化 財 10 地 別 当 遺 跡 群 の 発 掘 調 査 の 文 化 財 11 野 口 遺 跡 群 の 発 掘 調 査 の 文 化 財 12 丸 ノ 口 古 墳 群 の 発 掘 調 査 の 文 化 財 13 安 徳 台 遺 跡 群 の 文 化 財 14 後 野 山 ノ 神 前 遺 跡 群 の

の 文 化 財 10 地 別 当 遺 跡 群 の 発 掘 調 査 の 文 化 財 11 野 口 遺 跡 群 の 発 掘 調 査 の 文 化 財 12 丸 ノ 口 古 墳 群 の 発 掘 調 査 の 文 化 財 13 安 徳 台 遺 跡 群 の 文 化 財 14 後 野 山 ノ 神 前 遺 跡 群 の に 関 する 資 料 歴 史 地 理 地 誌 (2016.3.31 現 在 ) 資 料 タイトル 著 者 ( 編 者 ) いにしえより 栄 えた 太 宰 府 への 道 さいふみち 郷 土 史 研 究 会 いわど 第 1 号 郷 土 史 研 究 会 / 編 いわど 第 2 号 郷 土 史 研 究 会 / 編 なかがわまちエコミュージアム 教 育 委 員 会 / 編 集 ふるさと 文 化 誌 ~ 那 珂

More information

眠 ヤ :':-.:!;~Y 月 刊 子 一 ~ の 水 田 跡 が 埋 没 していることがほぽ 確 実 である 古 墳 は 水 田 面 からの 比 高 35~45m ほどで 条 里 遺 構 の 範 戸 川,~.~~ 発 掘 調 査 期 間 平 成 2 年 4 月 5 日 ~10 月 5 日 ~26 日 コクサイ 航 業 ) 存 在 しなかった 保 科 小 学 校 3~6 年 児 童 ~'31

More information

公共建築工事共通費積算基準 平成26年版

公共建築工事共通費積算基準 平成26年版 公 共 建 築 工 事 共 通 費 積 算 基 準 平 成 26 年 版 平 成 15 年 3 月 31 日 国 営 計 第 196 号 最 終 改 定 平 成 26 年 3 月 20 日 国 営 計 第 138-1 号 この 基 準 は 国 土 交 通 省 官 庁 営 繕 部 及 び 地 方 整 備 局 等 営 繕 部 が 官 庁 施 設 の 営 繕 を 実 施 するための 基 準 として 制 定

More information

永田3.indd

永田3.indd 課 19 課 永 田 尚 西 学 社 会 安 学 准 教 授 じ 金 福 島 子 電 所 併 岩 手 宮 城 福 島 青 森 茨 城 栃 木 千 葉 京 区 適 受 言 特 津 波 受 岩 手 宮 城 例 外 元 々 他 他 野 ん 歴 史 代 前 登 録 模 然 下 各 編 駆 20 態 手 足 意 味 良 他 野 類 近 小 模 治 済 側 面 治 垂 直 同 じ レ ベ ル 性 則 考 注 目

More information

我が国EEZの総合的監視に向けて

我が国EEZの総合的監視に向けて 我 が 国 EEZの 総 合 的 監 視 に 向 けて 2015 年 9 月 12 日 一 般 財 団 法 人 総 合 研 究 奨 励 会 理 事 堀 雅 文 1 目 次 1 総 合 研 究 奨 励 会 のご 紹 介 2 日 本 のEEZの 現 状 3 グローバル オブザベーション 研 究 会 (GOS 研 究 会 )のご 紹 介 2 総 合 研 究 奨 励 会 のご 紹 介 3 設 立 昭 和 16

More information

~ 文 化 財 調 査 報 告 書 刊 行 一 覧 ~ 書 名 発 行 年 内 容 頁 数 価 格 第 1 集 小 田 原 市 文 化 財 調 査 報 告 書 寺 社 旧 家 に 残 る 仏 教 美 術 に 関 する 調 査 報 1967 告 34 第 2 集 小 田 原 市 文 化 財 調 査 報

~ 文 化 財 調 査 報 告 書 刊 行 一 覧 ~ 書 名 発 行 年 内 容 頁 数 価 格 第 1 集 小 田 原 市 文 化 財 調 査 報 告 書 寺 社 旧 家 に 残 る 仏 教 美 術 に 関 する 調 査 報 1967 告 34 第 2 集 小 田 原 市 文 化 財 調 査 報 平 成 26 年 9 月 2 日 現 在 小 田 原 市 教 育 委 員 会 刊 行 物 のご 案 内 小 田 原 市 教 育 委 員 会 では 市 内 各 所 に 点 在 する 文 化 財 に 関 する 文 化 財 ガイドブックや 市 内 各 所 で 行 った 発 掘 調 査 の 成 果 をまとめた 文 化 財 調 査 報 告 書 を 刊 行 しています これらの 刊 行 物 は 小 田 原 市

More information

弓 ~b. '1.t~

弓 ~b. '1.t~ Title 日 本 帝 国 主 義 下 の 中 国 に 於 ける 軍 管 理 工 場 と 資 源 独 占 - 戦 時 日 本 の 対 中 国 投 資 と 政 府 出 資 法 人 (1) - Author(s) 鈴 木, 茂 Citation 經 濟 論 叢 (1975), 116(1-2): 55-78 Issue Date 1975-07 URL http://dx.doi.org/10.14989/133614

More information

A3フォーマット

A3フォーマット 9 7 2 6 5 2 3 4 67 9 5 7234 5 6 6 7 9 5 9 2 23 4 5 67 9 67 9 5 2 2 72 34 56 MADE IN JAPAN 6 7 9 5 2 3 4 67 9 5 23 4 5 67 9 67 9 5 23 45 67 9 9 72 3456 2 2 6 7 95 2 34 2 3 4 9 2 2 34 2 3 4 23 4 2 3 4 9

More information

B8 A6 A7 B6 B7 24 次 C6 D6 E6 F8 F7 8次 F6 F5 F3 F4 E1 E2 F1 F2 G6 H6 I6 J8 J7 J6 K6 L6 SD1 SD4 11 次 SX3 27 次 4 次 1 中世13 古代1 c c SD6 礎石 P1 P9 28 次 SD4 S

B8 A6 A7 B6 B7 24 次 C6 D6 E6 F8 F7 8次 F6 F5 F3 F4 E1 E2 F1 F2 G6 H6 I6 J8 J7 J6 K6 L6 SD1 SD4 11 次 SX3 27 次 4 次 1 中世13 古代1 c c SD6 礎石 P1 P9 28 次 SD4 S Ⅲ 讃 岐 国 府 跡 探 索 事 業 に 伴 う 調 査 報 告 1. 讃 岐 国 府 跡 発 掘 調 査 ( 第 31 次 ) 調 査 期 間 平 成 25 年 1 月 21 日 ~ 平 成 26 年 3 月 14 日 調 査 面 積 22m2 調 査 概 要 主 たる 検 出 遺 構 と 年 代 建 物 跡 8 棟 以 上 ( 礎 石 建 物 1 棟 を 含 む ) 奈 良 時 代 ~ 鎌 倉

More information

koganei.xls

koganei.xls 小 金 井 市 調 布 市 狛 江 市 ム アートハウジング アートハウジング アートハウジング アートハウジング 2006 2006 2006 2006 90032624 ハ はけうえ はけうえ はけうえ はけうえ はけうえ はけうえ はけうえ はけうえ 遺 跡 団 遺 跡 団 遺 跡 団 遺 跡 団 / 編 はけうえ はけうえ はけうえ はけうえ 遺 跡 会 遺 跡 会 遺 跡 会 遺 跡 会

More information

一 方, 碁 の 方 では 続 日 本 紀 ~ ( 康 平 年 間 1058~ 1064 にできたもの )の 中 で, ょに 出 土 した その 中 でも 1094 年 ~1095 年 頃 の 年 代 を 示 す 木 簡 と 出 土 した 意 義 は 大 きい 室 町 時 代 ~ 戦 国 時 代 (1 5 世 紀 後 半 ~16 世 紀 前 半 ) l 室 町 時 代 ~ 江 戸 時 代 ( 叫

More information

~r2:1 ~r2:1j: 去 j- 以 下 の 2 項 目 の 合 成 により 固 定 費 を 配 分 する 方 法 ( 配 電 用 変 電 サービス 費 高 圧 配 電 費 のうち 固 定 費 に 毘 分 された 費 用 ) 圃 E 型 li!>lllil 被 民 縄 芸 軍 事 函 [ijj~ 司 :l1. 1~ 輔 揖 先 晶 司 ~ー 目 ~. ~60~ 福 臥 ~. P3~9. H

More information

山 内 正 之 広 島 から

山 内 正 之 広 島 から 明 治 学 院 大 学 機 関 リポジトリ http://repository.meijigakuin Title 被 害 の 地 広 島 の 加 害 について Author(s) 山 内, 正 之 ; 山 内, 静 代 Citation PRIME = プライム(34): 21-34 Issue Date 2011-10 URL http://hdl.handle.net/10723/1035 Rights

More information

議 会 1 議 員 定 数 条 例 定 数 28 人 2 会 派 等 及 び 党 派 別 議 員 数 平 成 27.6.8 現 在 ( 単 位 : 人 ) 会 派 等 党 派 公 明 党 自 由 民 主 党 日 本 共 産 党 社 会 民 主 党 民 主 党 無 所 属 計 自 由 民 主 党 水

議 会 1 議 員 定 数 条 例 定 数 28 人 2 会 派 等 及 び 党 派 別 議 員 数 平 成 27.6.8 現 在 ( 単 位 : 人 ) 会 派 等 党 派 公 明 党 自 由 民 主 党 日 本 共 産 党 社 会 民 主 党 民 主 党 無 所 属 計 自 由 民 主 党 水 議 会 議 会 1 議 員 定 数 条 例 定 数 28 人 2 会 派 等 及 び 党 派 別 議 員 数 平 成 27.6.8 現 在 ( 単 位 : 人 ) 会 派 等 党 派 公 明 党 自 由 民 主 党 日 本 共 産 党 社 会 民 主 党 民 主 党 無 所 属 計 自 由 民 主 党 水 戸 市 議 団 改 革 水 戸 2 4 6 公 明 党 水 戸 市 議 会 5 5 民 主 社

More information

. える 浅 間 山 の 噴 火 により 上 野 国 一 円 の 農 耕 地 は 甚 大 な 被 害 をうけた 新 聞 ~:i:を 開 発 ~ m 深 さ 3~4 m の 大 室 ~f

. える 浅 間 山 の 噴 火 により 上 野 国 一 円 の 農 耕 地 は 甚 大 な 被 害 をうけた 新 聞 ~:i:を 開 発 ~ m 深 さ 3~4 m の 大 室 ~f I~ . える 浅 間 山 の 噴 火 により 上 野 国 一 円 の 農 耕 地 は 甚 大 な 被 害 をうけた 新 聞 ~:i:を 開 発 ~ m 深 さ 3~4 m の 大 室 ~f 女 tm: の 掘 削 抄 土 の 下 から 女 楓 I~ 目 削 当 時 る また 周 辺 の 沖 積 地 では 浅 I~NJ ~ は 満 に 聞 まれた 方 Jf~ 区 画 迫 椛 と 1= 1 : 1 世

More information

Microsoft Word - 1 表紙A

Microsoft Word - 1 表紙A 第 2 章 現 状 の 把 握 2.1 町 内 の 社 会 的 条 件 2.1.1 人 口 と 世 帯 数 瑞 穂 町 の 人 口 の 推 移 を 図 2.1.1(1) 人 口 の 近 隣 地 域 との 比 較 を 図 2.1.1(2) 世 帯 数 の 推 移 を 図 2.1.1(3) 世 帯 数 の 近 隣 地 域 との 比 較 を 図 2.1.1(4)に 示 します 住 民 基 本 台 帳 のデータをみると

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8FAC8BE088E48E7395979276926E8BE682CC8EE888F882AB5F4832372E31322E3894AD8D735F2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8FAC8BE088E48E7395979276926E8BE682CC8EE888F882AB5F4832372E31322E3894AD8D735F2E646F6378> 小 金 井 市 風 致 地 区 の 手 引 き 風 致 地 区 は 自 然 的 景 観 を 維 持 するため 都 市 における 風 致 の 特 に 優 れた 区 域 を 指 定 する 都 市 計 画 法 第 8 条 第 1 項 第 7 号 に 定 める 地 域 地 区 です 東 京 都 風 致 地 区 条 例 第 3 条 の 規 定 における 許 可 等 について 小 金 井 市 内 では 武 蔵

More information

どによる 解 説 がある ロング 著 原 典 ホ オポノポノ 癒 しの 秘 法 ~1lによれば,ハワイの 伝 統 的 I 神 聖 さ や 神 秘 を 否 定 しない むしろ, 人 ~ft' ~ 手, 京 都 大 学 農 学 部 農 林 綾 済 学 科 本 業 円 本 マネジメント 社 は 東 証, 大 証 の 一 帯 [~ 上 場 会 社 ) 同 社 の 社 長, 会 長 を

More information

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近 爪 痕 残 列 言 海 首 都 懸 念 振 返 太 平 洋 ピ 海 米 ユ 想 海 溝 周 辺 海 溝 型 首 都 海 振 返 2 6 三 陸 沖 源 マ グ チ 9 0 栗 7 茨 6 範 囲 揺 観 太 平 洋 沿 岸 沿 岸 晃 望 台 口 粟 野 弱 観 置 置 軽 傷 永 野 翌 前 及 ぼ 宅 困 鉄 ッ 7 校 武 鉄 乗 客 67 夜 過 ガ ソ 蛇 列 製 油 操 止 車 両 優

More information

2016年熊本地震調査 第1報 2016年4月18日

2016年熊本地震調査 第1報 2016年4月18日 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 調 査 報 告 熊 本 城 及 びその 周 辺 の 被 害 状 況 調 査 日 2016 年 5 月 7 日 福 岡 教 育 大 学 黒 木 貴 一 同 大 学 院 生 出 口 将 夫 調 査 範 囲 背 景 の 衛 星 画 像 は 簡 易 幾 何 補 正 の 為, 若 干 の 位 置 ずれがある 活 断 層 位 置 は 中 田 今 泉 編 の

More information

旧 市 町 村 コード 名 称 種 別 時 代 所 在 地 概 要 備 考 旧 30 実 竹 城 跡 城 跡 中 世 青 近 郭, 堀 切, 土 塁 広 島 県 中 世 城 館 遺 跡 総 17-47 001,( 実 竹 山 城 跡 ) 31 ほてくら 北 第 1 号 古 古 古 青 近 横 穴 式

旧 市 町 村 コード 名 称 種 別 時 代 所 在 地 概 要 備 考 旧 30 実 竹 城 跡 城 跡 中 世 青 近 郭, 堀 切, 土 塁 広 島 県 中 世 城 館 遺 跡 総 17-47 001,( 実 竹 山 城 跡 ) 31 ほてくら 北 第 1 号 古 古 古 青 近 横 穴 式 世 羅 郡 世 羅 町 ( 旧 世 羅 郡 甲 山 町, 世 羅 西 町 を 含 む) 県 指 定 史 跡 旧 市 町 村 コード 県 7 康 徳 寺 古 世 羅 郡 世 羅 町 寺 町 径 17mの 円 長 さ8.3mの 横 穴 式 石 室 を 設 ける 平 成 7 年 発 掘 調 査 が 行 わ れ, 須 恵 器 などのほか 泥 塔 など 祭 祀 遺 物 が 多 数 出 土 した 県 9 万 福

More information

密 4 ぜ ひ 呼 隣 流 隠 雪 泰 木 ホ 密 秘 ヤ 石 掘 軽 狙 誕 待 流 哲 雄 4 4 館 初 黒 字 4 区 口 抱 規 至 極 簡 単 確 保 9 潤 C V 士 交 際 旅 規 ギ 側 曲 師 舞 台 監 督 掘 送 践 豊 社 項 加 価 値 4 副 職 率 践 堀 園 俳

密 4 ぜ ひ 呼 隣 流 隠 雪 泰 木 ホ 密 秘 ヤ 石 掘 軽 狙 誕 待 流 哲 雄 4 4 館 初 黒 字 4 区 口 抱 規 至 極 簡 単 確 保 9 潤 C V 士 交 際 旅 規 ギ 側 曲 師 舞 台 監 督 掘 送 践 豊 社 項 加 価 値 4 副 職 率 践 堀 園 俳 4 結 策 4 爆 乗 ホ 4 屋 栄 陸 彩 団 劇 毎 結 初 伸 び 悩 握 道 6 投 票 露 9 声 ヤ V ヒ 枚 e g i n n e r ミ 達 数 唱 鍛 努 側 幅 広 支 由 姉 妹 ユ 屋 栄 4 誕 珠 玲 ヒ 動 4 H 天 神 札 幌 H 函 館 三 宮 ざ 憶 測 飛 類 似 ネ❶ 北 区 赤 羽 赤 羽 資 ゼ 所 属 ゼ 専 劇 北 区 赤 羽 館 垢 抜 赤

More information

『チェリー・イングラム』

『チェリー・イングラム』 29 歳 画 像 提 供 プ 1 5 虚 弱 児 立 道 真 珠 婚 旅 転 機 ャ ポ ャ パ 造 涯 仕 脚 危 41 目 幻 滅 古 都 吉 山 京 タ フ ツ 刻 む 種 警 告 誕 75 穂 木 届 種 創 作 ベ 広 清 楚 淫 靡 太 白 偉 太 白 結 ぶ 縁 近 づ 軍 靴 音 117 歴 史 古 江 戸 染 井 吉 登 場 明 治 維 変 救 済 里 染 井 吉 批 判 太 平

More information

一 紅 会 歴 史 研 究 会 平 成 25 年 11 月 17 日 演 題 黄 金 の 国 甲 斐 の 通 貨 甲 州 金 ~その 誕 生 から 終 焉 まで~ 日 本 文 藝 家 協 会 会 員 渡 辺 房 男 かつて 甲 斐 の 国 は 黄 金 の 国 ジパングを 象 徴 する 豊 富 な 金

一 紅 会 歴 史 研 究 会 平 成 25 年 11 月 17 日 演 題 黄 金 の 国 甲 斐 の 通 貨 甲 州 金 ~その 誕 生 から 終 焉 まで~ 日 本 文 藝 家 協 会 会 員 渡 辺 房 男 かつて 甲 斐 の 国 は 黄 金 の 国 ジパングを 象 徴 する 豊 富 な 金 一 紅 会 第 15 回 渡 辺 房 男 先 生 を 囲 ん で 歴 史 研 究 同 好 会 参 加 者 名 簿 ( 敬 称 略 ) 黄 金 の 国 の 通 貨 甲 州 金 ~その 誕 生 から 終 焉 まで~ 平 成 25 年 (2013)11 月 17 日 ( 日 ) 午 後 1:30~3:30( 受 付 開 始 1:00~) 於 中 野 ゼロホール 酉 館 2F 学 習 室 1 中 野 区 中

More information