Microsoft Word - 要旨林有珍.docx

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 要旨林有珍.docx"

Transcription

1 要 旨 本 論 文 の 目 的 は, 日 本 企 業 の 人 材 マネジメントとしての 育 児 期 従 業 員 に 対 する 両 立 支 援 施 策 とその 運 用 が, 育 児 期 の 女 性 正 社 員 の 定 着 と 動 機 づけにもつ 影 響 とそのメカニズムに ついて 理 論 的 に 考 察 し, 実 証 を 行 うことにある. 本 論 での 両 立 支 援 施 策 は, 主 に, 従 業 員 が 仕 事 と 育 児 を 両 立 するにあたって, 企 業 が 提 供 する 諸 人 事 施 策 を 指 す. 具 体 的 には, 育 児 休 業 施 策 と 短 時 間 勤 務 施 策 に 焦 点 を 当 てる. また, 本 論 における 両 立 支 援 施 策 の 運 用 とは, 企 業 の 持 つ 各 自 の 目 的 と 慣 行 に 従 って 導 入 拡 充 された 両 立 支 援 施 策 が 実 際 に 利 用 されるにあたって, 従 業 員 の 組 織 行 動 に 影 響 す るとされる 諸 組 織 経 験 を 指 す.とりわけ, 研 究 対 象 としての 両 立 支 援 施 策 の 運 用 は, 採 用 育 成 評 価 処 遇 といった 人 材 マネジメントの 諸 機 能 を 用 いる 組 織 内 活 動 の 中, 両 立 支 援 施 策 の 主 な 利 用 者 群 としての 女 性 正 社 員 の 認 識 および 態 度 に 影 響 を 与 えるものである. 育 児 期 における 女 性 従 業 員 の 勤 続 と 人 材 マネジメントとの 関 係 を 中 心 にした 多 くの 研 究 は, 女 性 の 就 業 継 続 は 変 化 がなく( 武 石,2006; 武 石 編,2009), 両 立 支 援 施 策 の 利 用 が 女 性 の 雇 用 継 続 に 対 して 必 ずしも 統 計 的 に 有 意 ではないことも 多 く 報 告 されている. 職 業 と 家 庭 生 活 に 関 する 全 国 調 査 を 用 いて 結 婚 出 産 前 後 での 雇 用 非 雇 用 についてロジット 分 析 を 行 った 今 田 (1996)は, 結 婚 前 後 においては 雇 用 継 続 の 割 合 は 高 まっているものの, 出 産 育 児 期 での 雇 用 継 続 は 必 ずしも 高 まっているとは 言 えないと 結 論 づけている.こう いった 見 解 に 関 し 松 繁 (2005)は, 育 児 休 業 取 得 率 の 向 上 がそのまま 低 離 職 率 に 結 びつくわ けではなく, 法 で 定 められた 施 策 の 導 入 やその 利 用 だけでは 女 性 の 就 労 継 続 への 効 果 が 不 十 分 で,より 手 厚 い 施 策 が 講 じなければ 女 性 の 離 職 行 動 に 変 化 を 及 ぼすことはできないと 主 張 している. こういった 流 れのなか, 企 業 における 両 立 支 援 施 策 の 有 効 性 が 実 現 しにくい 問 題 に 向 け て, 法 律 上 の 規 制 に 応 じる 形 の 受 動 的 な 対 応 ではなく, 企 業 内 の 積 極 的 な 取 り 組 みと 意 識 の 変 革 が 伴 わないとうまくいかない,といった 見 方 が 強 まりつつある. 両 立 支 援 施 策 に 関 する 多 くの 研 究 報 告 は, 男 性 中 心 の 人 材 マネジメントに 対 する 懸 念 を 示 すようになってきており, 男 性 を 含 む 働 きすぎの 企 業 文 化 を 是 正 しなければならないと の 見 解 が 多 い( 熊 沢, 2000; 佐 藤 武 石,2004,2010,2011; 櫻 木, 2005; 山 口 樋 口 編, 2009; 山 口, 2009; 武 石 編,2010; 濱 口,2011). 加 えて, 両 立 支 援 施 策 そのものから 他 の 人 事 施 策 との 関 係 を 強 調 し 両 立 支 援 施 策 の 運 用 に 注 目 する 見 解 (ニッセイ 基 礎 研 究 所, 2005, 2006; 脇 坂, 2009)や 両 立 支 援 施 策 を 利 用 するにあたって 当 事 者 が 抱 える 葛 藤 (ワーク ラ

2 イフ コンフリクト)を 描 写 することで 女 性 従 業 員 の 認 知 心 理 の 側 面 を 扱 っているもの( 櫻 木,2004; 萩 原,2006)など, 組 織 と 従 業 員 との 関 係 を 切 り 口 にした 見 解 は 少 なってきてい る. 両 立 支 援 施 策 の 有 効 性 に 向 けての 理 論 を 構 築 するうえで, 両 立 支 援 施 策 を 単 1 の 施 策 ではなく, 企 業 の 人 材 マネジメント 特 性 と 連 動 し 影 響 しあうシステム 的 な 思 考 で 発 展 した といえよう. 以 上 をまとめると 次 の 4 点 に 表 すことができる.1 女 性 の 就 労 継 続 を 左 右 する 要 因 とし て, 仕 事 と 育 児 との 両 立 の 難 しさが 挙 げられる.2 女 性 の 就 労 継 続 を 促 す 意 味 での 両 立 支 援 施 策 の 有 効 性 がなかなか 得 られない.3 両 立 支 援 施 策 の 有 効 性 を 高 めるにあたって, 両 立 支 援 施 策 の 運 用 に 関 する 要 因 が 指 摘 されることが 多 く, 既 存 の 日 本 的 人 材 マネジメン トに 根 付 く 意 識 の 改 革 および 改 善 が 求 められており,4 企 業 内 部 の 実 態 と 従 業 員 個 人 の 心 理 的 側 面 の 観 点 が 十 分 に 蓄 積 されていないのが 現 状 である. 多 くの 先 行 研 究 が 両 立 支 援 施 策 と 女 性 の 就 労 継 続 との 関 係 を 明 らかにするため 様 々 なアプローチを 行 っており, 本 論 と 類 似 する 問 いである, 両 立 支 援 施 策 の 拡 大 が 女 性 の 就 労 継 続 を 支 援 するはずなのに,なぜ, 育 児 を 理 由 とする 退 職 傾 向 は 改 善 しないのか とい う 問 いに 答 えるために 知 識 の 蓄 積 を 行 ってきたことは 先 述 したとおりである.すなわち, 少 子 化 対 策 として 出 生 率 の 増 加 が 期 待 されてきた 一 方 で, 企 業 では, 業 務 の 効 率 化 および 働 き 方 の 改 革 をもたらす 一 歩 として 期 待 されるようになった.ただし, 第 1 利 用 者 として の 育 児 期 の 女 性 正 社 員 がいかにして 働 き 続 ける 選 択 ができ, 両 立 支 援 施 策 の 運 用 がそのプ ロセスにどのようにかかわるかについての 十 分 な 情 報 の 蓄 積 がされないまま,ワーク ラ イフ バランスという 言 葉 が 一 人 歩 きしているのではないかという 疑 問 を 抱 かざるを 得 な い. そこで, 本 論 は, 両 立 支 援 施 策 への 社 会 的 かつ 理 論 的 な 関 心 が 高 まるなか, 経 営 問 題 と しての 人 材 の 定 着 と 活 用 の 手 段 としての 両 立 支 援 施 策 がどのような 条 件 で 有 効 に 機 能 する かに 関 する 統 一 した 理 論 的 枠 組 みが 欠 如 しているという 問 題 意 識 の 下,それぞれの 問 いと 答 えで 構 成 される 次 の 4 つの 章 をもって, 育 児 期 における 女 性 正 社 員 の 人 材 マネジメント を 考 察 することになった. 第 二 章 では, 両 立 支 援 施 策 の 利 用 と 組 織 行 動 が, 企 業 が 投 資 育 成 してきた 女 性 正 社 員 にとって,どのような 意 味 を 持 つのかについて 問 う.これは, 企 業 側 からすると, 仕 事 と 育 児 を 支 援 する 両 立 支 援 施 策 を 利 用 した 女 性 正 社 員 のうち, 退 職 に 至 る 人 と 勤 続 する 人 を 分 ける 要 因 の 中 で, 企 業 が 統 制 できる 要 因 があるならば, 何 か という 問 いでもある.そ こで, 本 研 究 の 持 つ1つの 特 徴 としての 心 理 的 契 約 理 論 の 採 用 が 行 われることになった.

3 それぞれに 異 なる 企 業 で 働 く 女 性 正 社 員 8 名 から 得 られた 定 性 的 資 料 を 分 析 した 結 果, 両 立 支 援 施 策 の 利 用 経 験 が 従 業 員 の 心 理 的 契 約 に 影 響 する 可 能 性 が 発 見 されたのである.さ らに, 両 立 支 援 施 策 を 利 用 した 後 に 働 き 続 けている 群 と 退 職 に 至 っている 群 を 比 較 した 場 合 には, 人 材 マネジメント 上 の 運 用 の 役 割 がその 境 目 を 規 定 している 可 能 性 が 窺 えた.す なわち, 調 査 の 対 象 となった 退 職 群 と 勤 続 群 の 間 では, 両 立 支 援 施 策 の 利 用 に 伴 う 人 材 マ ネジメント 上 の 運 用 経 験 が 心 理 的 契 約 を 違 反 するように 働 くか,あるいは 既 存 の 心 理 的 契 約 を 再 定 立 するように 働 くか,という 点 で 異 なっていた. 具 体 的 に, 両 立 支 援 施 策 を 利 用 した 後 に 退 職 した 女 性 正 社 員 は, 両 立 支 援 施 策 を 利 用 することで 経 験 した 人 材 マネジメン トの 運 用 で 企 業 との 長 期 的 な 交 換 関 係 に 期 待 できず, 関 係 的 契 約 の 違 反 から 破 棄 に 至 った. これと 比 較 して, 両 立 支 援 施 策 を 利 用 した 後 に 勤 続 している 女 性 正 社 員 は, 両 立 支 援 施 策 を 利 用 することで 経 験 した 人 材 マネジメントの 運 用 (とりわけ 育 成 機 能 と 評 価 機 能 )で 本 人 たちが 抱 いていた 関 係 的 契 約 の 違 反 への 不 安 を 乗 り 越 え, 企 業 との 長 期 的 な 交 換 関 係 を 期 待 できるようになっていた. 第 三 章 では, 両 立 支 援 施 策 の 運 用 が 持 つ 重 要 性 に 着 眼 し, 企 業 は 実 際 にどのような 考 え 方 に 基 づき, 両 立 支 援 施 策 の 運 用 を 行 っているのかについて 問 う.そのため, 両 立 支 援 施 策 の 運 用 に 関 する 要 因 が 女 性 正 社 員 の 勤 続 有 無 を 左 右 する 役 割 を 持 つにもかかわらず, 企 業 間 に 存 在 する 捉 えきれない 運 用 実 態 はどのように 分 類 比 較 できるのだろうか という 問 いを 立 てた. 企 業 は, 両 立 支 援 施 策 を 利 用 する 従 業 員 の 仕 事 と 育 児 の 両 立 を 支 援 すると いう 福 祉 的 な 側 面 を 考 慮 する 一 方 で, 彼 女 たちを 除 く 正 社 員 のモチベーションと 受 容 をと もに 確 保 しなければいけないのであるが, 先 行 研 究 の 多 くがどちらかの 一 方 の 立 場 だけに 注 目 している.そのため, 既 存 研 究 の 視 点 を 十 分 に 考 慮 しながら, 統 一 的 な 枠 組 みの 必 要 性 を 主 張 した. 具 体 的 には, 既 存 研 究 で 重 視 されてきた 複 数 の 要 因 ( 公 平 性 管 理 者 意 識 両 立 が 可 能 である 組 織 文 化 )は 実 際 の 運 用 に 先 行 し, 企 業 側 が 想 定 するとされる 考 え 方 の 束 が 反 映 された 結 果 でもあり 十 人 十 色 的 な 両 立 支 援 施 策 の 運 用 実 態 を 理 解 するにあた って, 両 立 支 援 施 策 とその 利 用 で 予 想 される 人 材 マネジメント 上 の 運 用 に 対 する 企 業 の 立 場 は 何 かを 求 めなければならない,と 考 えられた.こういった 探 索 的 仮 説 のもと, 日 本 の 大 企 業 で, 両 立 支 援 施 策 を 有 効 に 活 用 している 2 つの 企 業 側 の 意 思 決 定 者 としての 人 事 担 当 者 と 管 理 者 を 対 象 にインタビュー 調 査 を 実 施 した. その 結 果, 少 なくとも 5 つの 意 思 決 定 で 構 成 される,いわば, 両 立 支 援 施 策 の 運 用 原 理 と 称 せるものが 発 見 された. 企 業 は 両 立 支 援 施 策 を 導 入 拡 充 し, 職 場 に 浸 透 させるにあ たって, 組 織 公 正 性 と 経 済 合 理 性 とバランスするために 5 つの 意 思 決 定 を 行 っていた. 具

4 体 的 には,2 つの 会 社,X 社 と Y 社 は, 各 組 織 における 従 業 員 構 成 と 人 材 マネジメント 上 の 特 徴 を 考 慮 したうえで 両 立 支 援 施 策 の 有 効 な 運 用 に 向 けた 意 思 決 定 を 行 っており,その 結 果, 一 見, 捉 えきれないほど 多 様 な 形 で 現 れる 運 用 のあり 方 が 運 用 原 理 によって 規 定 され ていることが 分 かった.たとえば,5 つの 意 思 決 定 のうち, 両 立 支 援 施 策 の 利 用 者 と 非 利 用 者 で 構 成 される 組 織 において 公 正 性 を 保 つ 手 段 とは 何 か に 対 して,X 社 は 育 成 機 能,Y 社 は 評 価 機 能 を 用 いるように 立 場 が 決 められていた.それゆえに,X 社 では, 運 用 のあり 方 では, 短 時 間 勤 務 者 は 地 域 限 定 社 員 化, 丁 寧 なフィードバック が 重 視 されており, 上 司 の 理 解 および 組 織 文 化 は, 特 別 扱 いはしないように しつつ, 仕 事 を 全 うする 業 務 態 度 を 評 価 するようになっていた.Y 社 では 評 価 機 能 を 用 いた 工 夫 がなされ, 運 用 のあり 方 では, 短 時 間 勤 務 者 は 通 常 勤 務 者 に 比 べ 査 定 が 低 く 設 定 される, 両 立 支 援 施 策 の 利 用 と かかわらず 衡 平 の 評 価 が 重 視 されており, 上 司 の 理 解 および 組 織 文 化 は, 両 立 支 援 施 策 を 利 用 する 選 択 を 支 持 しながら, 貢 献 に 応 じた 誘 因 を 提 供 する という 信 頼 を 築 いてい た. 第 四 章 では, 組 織 と 個 人 間 の 雇 用 関 係 の 手 がかりとしての 心 理 的 契 約 が 両 立 支 援 施 策 の 運 用 で 変 容 するのであれば, 異 なる 運 用 原 理 に 基 づいて 行 われた 運 用 のあり 方 はそこで 働 く 従 業 員 の 心 理 的 契 約 の 変 容 プロセスに 違 いを 生 じさせるのではないか.また,その 変 容 プロセスの 違 いは, 企 業 の 人 材 マネジメント 上,いかなる 役 割 を 果 たすのであろうか と いう 問 いを 立 てた. 企 業 調 査 では,2 つの 企 業 に 勤 める 育 児 期 の 女 性 正 社 員 にも 聞 き 取 り 調 査 を 実 施 分 析 した. 具 体 的 に, 異 なる 運 用 原 理 を 持 つ 2 つの 企 業,X 社 と Y 社 で 働 く 育 児 期 の 女 性 正 社 員 計 13 名 のインタビューから, 育 児 期 の 女 性 正 社 員 が 抱 える 心 理 的 契 約 上 の 葛 藤 が 共 通 していながら,2 社 の 異 なる 両 立 支 援 施 策 の 運 用 原 理 ゆえに, 各 社 で 働 く 女 性 正 社 員 の 葛 藤 プロセスも 異 なっている 可 能 性 を 求 めた. その 結 果,X 社 と Y 社 では 運 用 原 理 において, 両 立 支 援 施 策 を 巡 って 育 成 評 価 といった 人 材 マネジメント 上 の 運 用 を 用 いる 方 法 が 異 なるゆえに, 各 社 に 勤 める 育 児 期 の 女 性 正 社 員 は, 所 属 する 企 業 の 運 用 原 理 による 運 用 のあり 方 を 異 なった 認 識 的 プロセスを 経 ること で, 心 理 的 契 約 の 変 容 を 行 っていた.さらに, 本 研 究 で 期 待 していた 両 立 支 援 施 策 の 効 用 としての 定 着 プロセスには, 従 業 員 が 組 織 に 対 して 表 明 する 重 要 な 認 識 および 態 度 が 含 ま れていた. 具 体 的 には,ロイヤルティの 向 上, 恩 義,チーム メンバーとの 協 同 意 欲 の 強 化, 業 務 に 対 するプロフェショナリズムの 確 立 などが 挙 げられた. 第 四 章 は, 第 三 章 の 対 象 となった 2 つの 企 業 について, 第 一 章 でその 可 能 性 が 示 された 心 理 的 契 約 の 再 定 立 のプロセスを, 運 用 原 理 の 受 容 という 観 点 から 分 析 している 点 に 特 徴

5 がある. 運 用 実 態 とその 前 後 における 文 脈 を 詳 細 に 記 述 しながら, 両 立 支 援 施 策 の 利 用 経 験 によって 形 成, 修 正,あるいは 安 定 する 従 業 員 側 の 認 識 プロセスに 焦 点 を 当 てた.とり わけ, 人 材 マネジメントの 育 成 機 能 と 評 価 機 能 に 関 わる 運 用 実 態 とその 根 底 にある 企 業 側 の 考 え 方 が, 組 織 と 個 人 間 におけるマッチングに 向 け 雇 用 関 係 の 中 身 を 再 定 義 していく 可 能 性 が 提 示 された. 第 五 章 では, 定 性 的 分 析 を 重 ねることで, 企 業 側 の 両 立 支 援 施 策 の 運 用 原 理 と 従 業 員 側 の 心 理 的 契 約 との 関 係 こそ, 女 性 正 社 員 の 定 着 をもたらす 両 立 支 援 施 策 の 有 効 性 を 確 保 す る 鍵 であることが 分 かった.しかし,この 理 論 は,どの 程 度 一 般 的 な 説 明 力 を 持 つのだろ うか という 問 いを 立 てた. 定 性 的 研 究 から 発 見 された 両 立 支 援 施 策 の 運 用 原 理 と 従 業 員 の 心 理 的 契 約 の 変 容,およびその 結 果 心 理 的 契 約 の 変 化 が 勤 続 意 思 に 与 える 影 響 を 主 に 扱 う.インタビューから 得 られた, 女 性 正 社 員 たちに 共 通 に 見 られた 語 りを 中 心 に 設 問 を 設 計 し, 統 計 分 析 を 行 った. モデルの 検 証 のために, 育 児 期 の 女 性 正 社 員 618 名 を 対 象 とした 定 量 データを 収 集 し 分 析 した.その 結 果, 両 立 支 援 施 策 の 運 用 原 理 の 中,3 つすなわち, 目 的 意 義, 運 用 柔 軟 性, 運 用 一 貫 性 因 子 が 従 業 員 の 心 理 的 契 約 の 変 容 に 対 して, 統 計 的 に 有 意 な 説 明 力 を 持 つことが 分 かった.さらに, 心 理 的 契 約 の 変 容 のなかでも, 両 立 支 援 施 策 の 利 用 前 後 において, 心 理 的 契 約 を 構 成 する 中 身 に 関 係 的 記 述 が 高 い 水 準 で 維 持 された 場 合 に 限 り, 心 理 的 契 約 と 勤 続 意 思 との 間 に 正 の 因 果 関 係 が 生 まれた. 本 論 の 特 徴 と 本 研 究 の 意 義 について, 次 の 3 点 を 述 べることができる. 第 1 に, 既 存 知 識 に 新 たな 概 念 を 付 加 した 点 である. 両 立 支 援 施 策 の 有 効 性 について 研 究 と 議 論 が 増 えている 中, 両 立 支 援 施 策 の 運 用 と 効 果 について, 心 理 的 契 約 理 論 を 採 用 し て 検 討 した 研 究 はほとんどなかった.さらに, 両 立 支 援 施 策 の 運 用 という 実 用 的 な 側 面 に 運 用 原 理 という 概 念 を 導 入 することでより 理 論 的 に 企 業 間 の 比 較 を 行 うことが 可 能 になっ た. 第 2 に, 企 業 側 の 視 点 と 従 業 員 側 の 視 点 をともに 考 慮 しその 間 に 存 在 するやり 取 りのプ ロセスを 観 察 している 点 である. 本 研 究 は, 長 時 間 をかけた 調 査 計 画 の 下, 一 人 ひとりの 協 力 者 に 対 し 丁 寧 な 手 続 きを 経 て 定 性 的 な 資 料 を 収 集 した. 企 業 側 では 運 用 原 理, 従 業 員 側 では 心 理 的 契 約 という 概 念 を 用 い, 調 査 と 分 析 を 重 ねていくことで, 一 方 の 立 場 に 傾 か ないバランスのとれた 議 論 を 試 みた. 第 3 に, 研 究 手 法 として 定 性 定 量 をともに 行 っている 点 である. 定 性 的 調 査 を 持 って 吸 い 上 げられた 多 くの 文 脈 情 報 から 仮 説 とモデルを 作 っていき,もう 一 度, 語 りから 一 般

6 的 な 記 述 に 変 換 し 定 量 データを 収 集 した.その 結 果, 一 方 では, 定 性 的 分 析 の 利 点 である, 事 象 の 詳 細 な 記 述 と 社 会 現 象 に 付 随 する 多 様 な 要 因 と 例 外 事 例 などの 理 解 も 示 すことがで きた. 他 方 では, 定 量 的 分 析 の 利 点 である, 要 因 間 の 因 果 の 検 証 と 一 般 的 に 共 通 した 主 要 因 を 確 認 することで 実 用 面 に 応 用 できる 可 能 性 が 広 がった. 本 研 究 が 学 問 的 かつ 実 用 的 に 貢 献 した 点 は 次 の 3 つであると 思 われる. 第 1 に, 先 行 研 究 の 多 くが 両 立 支 援 施 策 と 女 性 人 材 の 定 着 または 退 職 との 因 果 関 係 を 前 提 としてきたにもかかわらず,そのメカニズムに 関 する 理 論 的 議 論 が 少 なかった.とりわ け, 人 材 マネジメント 戦 略 と 人 事 施 策 の 運 用 を 捉 えるにあたって 運 用 原 理 と 心 理 的 契 約 概 念 の 導 入 は, 一 方 では, 企 業 が 施 策 を 導 入 し 従 業 員 は 施 策 を 利 用 し 満 足 する という 短 編 的 記 述 から 脱 皮 し, 他 方 では, 両 立 支 援 施 策 を 捉 える 企 業 の 戦 略 的 な 視 点 と 従 業 員 の 合 理 的 な 判 断 とが 整 合 した 際 に, 両 立 支 援 施 策 とその 運 用 は 従 業 員 の 定 着 をもたらす という メカニズムが 明 らかになった.このような 試 みは, 両 立 支 援 施 策 と 女 性 人 材 の 定 着 を 説 明 する 際 に 必 要 とされてきた 統 一 した 枠 組 みの 可 能 性 を 示 唆 した 点 で 学 問 的 な 貢 献 につなが ると 思 われる. 第 2 に, 人 事 施 策 の 運 用 について, 両 立 支 援 施 策 の 運 用 実 態 とそれに 対 する 従 業 員 の 多 様 な 反 応 について 明 らかになっていなかった 側 面 が 多 かった. 本 研 究 では, 定 性 と 定 量 の 双 方 の 研 究 手 法 を 用 いることで, 一 般 的 に 通 用 される 説 明 のみならず, 人 事 施 策 と 従 業 員 の 認 識 との 間 に 存 在 する 様 々な 文 脈 的 情 報 を 提 供 することができた.その 結 果, 個 別 的 な 雇 用 関 係 を 健 全 に 維 持 するにあたって 重 視 されてきた 従 業 員 側 の 視 点 が 明 らかになり, 人 材 の 確 保 と 活 用 における 従 業 員 のライフ ステージに 応 じた 人 材 マネジメントに 関 して 示 唆 を 与 えている. 本 論 では, 企 業 の 人 材 マネジメントが 女 性 正 社 員 の 出 産 というライフ ステージによる 変 化 をどのように 企 業 の 問 題 としてとらえ 対 応 できるか,または, 企 業 は 育 児 の 場 として 家 庭 という 従 業 員 の 私 的 空 間 をどこまでマネジメントできるのか,につい ていくつかの 示 唆 点 がある. 具 体 的 には, 従 業 員 の 家 庭 内 助 力 や 従 業 員 固 有 の 価 値 観 に 働 きかけるのではなく( 私 的 領 域 ),または, 従 業 員 を 満 足 させて 組 織 に 留 めさせるのではな く, 企 業 と 従 業 員 間 の 雇 用 関 係 をすり 合 わせるプロセスを 通 じて 従 業 員 の 納 得 を 確 保 する ように 努 めることこそ, 企 業 の 戦 略 達 成 に 順 応 する 人 材 を 長 期 的 に 確 保 活 用 できる 人 材 マネジメントシステムが 構 築 できる.こういった 視 点 は, 他 のライフ ステージに 面 した 従 業 員 への 対 応 にも 応 用 できる 可 能 性 があり,ひいては, 多 様 化 しつつある 労 働 市 場 へ 対 応 するように 発 展 する 可 能 性 もあると 期 待 したい. 第 3 に, 人 材 マネジメントの 道 具 として 両 立 支 援 施 策 がいかにして 従 業 員 一 人 ひとりの

7 認 識 と 態 度 に 働 きかけるかについて 問 いかけた 本 研 究 は, 両 立 支 援 施 策 を 用 いた 従 業 員 の マネジメントが, 単 なる 道 具 にとどまらず, 諸 運 用 における 企 業 の 立 場 を 明 確 にするステ ップを 含 むことを 示 唆 している 点 で 実 用 的 な 貢 献 がある.その 中 には, 各 社 の 両 立 支 援 施 策 がなぜ 必 要 でどのような 有 効 性 を 求 めるかについて 経 営 上 の 判 断 がなされる 必 要 性 と, 自 社 の 人 材 マネジメントにおける 両 立 (ワーク ライフ バランス) について 独 自 の 定 義 を 行 う 作 業 の 重 要 性 が 含 まれる. しかしながら, 本 研 究 には 大 きくの 2 つの 限 界 および 課 題 を 含 んでいる. ひとつは, 両 立 支 援 施 策 の 運 用 原 理 という 概 念 は,それを 持 って 企 業 を 分 類 比 較 し, 意 思 決 定 の 組 み 合 わせおよび 強 弱 が 当 該 組 織 の 女 性 正 社 員 の 組 織 行 動 を 予 測 できることを 示 してはじめて, 外 的 妥 当 性 と 信 頼 性 が 確 保 されることになる. 本 研 究 で, 企 業 側 と 従 業 員 側 のマッチングの 現 れとして 従 業 員 の 運 用 原 理 の 受 容 という 視 点 を 用 いてはいるものの, この 概 念 を 詳 細 まで 定 量 的 に 検 証 できる 水 準 まで 至 らなかった. もう 1 つは, 心 理 的 契 約 の 変 容 とその 結 果 としての 従 業 員 の 態 度 変 数 を 求 めるにあたり, 勤 続 意 思 ( 定 年 まで 働 きたい)に 限 って 議 論 を 終 始 している 点 である. 心 理 的 契 約 の 変 容 は 従 業 員 の 定 着 という 結 果 を 持 ってはじめて 心 理 的 契 約 の 再 定 立 という 現 象 を 浮 き 彫 り にする.しかしながら 本 論 文 では, 現 在, 勤 続 中 である 女 性 正 社 員 から 得 た 結 果 を 持 っ て, 心 理 的 契 約 の 変 容 と 心 理 的 契 約 の 再 定 立 という 説 明 が 混 在 している.この 限 界 は, 勤 続 意 思 以 外 の 組 織 行 動 変 数 を 扱 いきれなかったという 限 界 とあいまって, 本 論 における 重 要 な 主 張 につながる 心 理 的 契 約 の 再 定 立 という 概 念 の 意 義 が 薄 まる 問 題 を 生 んでいる. 今 後 の 展 望 として, 上 記 した 2 つの 課 題 に 取 り 組 むことを 含 め,もう 2 つが 加 えられる. 人 材 マネジメントにおける 内 的 外 的 整 合 性 を 発 端 としたシステム 的 なアプローチは 戦 略 的 人 材 マネジメントの 核 心 を 成 している. 本 研 究 は, 他 の 人 事 施 策 と 同 様 に, 両 立 支 援 施 策 を 対 象 とした 人 材 マネジメントにおける 整 合 性 が 組 織 的 効 果 に 与 える 影 響 の 検 証 の 可 能 性 を 示 した. 今 後 は 企 業 と 従 業 員 間 の 雇 用 関 係 に 関 する 多 くの 研 究 蓄 積 を 生 かしつつ, 両 立 支 援 施 策 の 運 用 から 明 らかになった 人 材 マネジメントの 各 機 能 間 の 相 互 作 用 の 効 用 性 を 求 めていくことが 重 要 であろう. また, 両 立 支 援 施 策 の 運 用 原 理 を 用 いた 企 業 側 の 視 点 からは, 組 織 の 哲 学 および 価 値 観 との 関 係 性 が 窺 えた.このことは 組 織 変 革 に 関 わる 研 究 に 拡 張 できる 可 能 性 がある. 従 業 員 の 心 理 的 契 約 の 変 容 がもたらす 多 様 性 は, 人 種 や 文 化 の 多 様 性 に 欠 ける 日 本 企 業 におい て, 特 有 のダイバーシティ マネジメントの 対 象 となりうる.

「地方公務員の新たな労使関係制度に係る主な論点」に対する意見(案)

「地方公務員の新たな労使関係制度に係る主な論点」に対する意見(案) 地 方 公 務 員 の 新 たな 労 使 関 係 制 度 に 係 る 主 な 論 点 に 対 する 意 見 平 成 24 年 1 月 27 日 全 国 市 長 会 地 方 公 務 員 制 度 改 革 検 討 委 員 会 委 員 長 新 見 市 長 石 垣 正 夫 地 方 公 務 員 の 労 働 基 本 権 の 検 討 のあり 方 については 本 会 として 現 在 の 労 使 関 係 は これまでの

More information

Microsoft Word - csrtopics2013_10.doc

Microsoft Word - csrtopics2013_10.doc No.10-001 No.13-063 2014.1 CSR トピックス CSR トピックスは CSR( 企 業 の 社 会 的 責 任 )およびこれに 関 連 する 内 部 統 制 コンプライアンス ( 法 令 等 遵 守 ) リスクマネジメント 環 境 品 質 CS( 顧 客 満 足 ) 労 働 安 全 衛 生 従 業 員 満 足 人 権 社 会 貢 献 CSR 調 達

More information

<4D F736F F D208F4390B38CB48D655F95F18D908F918A C581698DC58F4994C5816A2E646F63>

<4D F736F F D208F4390B38CB48D655F95F18D908F918A C581698DC58F4994C5816A2E646F63> 中 小 企 業 の 人 材 育 成 1. 調 査 の 背 景 目 的 中 小 企 業 にとって 人 材 確 保 のチャンスが 到 来 している リクルートワークス 研 究 所 の 大 卒 求 人 倍 率 調 査 によれば 2009 年 3 月 卒 の 中 小 企 業 の 就 職 希 望 者 数 は 173 千 人 であった が 2012 年 卒 では 219 千 人 にまで 増 加 し 求 人 倍

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

別添2(表紙・目次)

別添2(表紙・目次) 別 添 2 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 等 目 次 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 35 全 体 概 要 36 企 業 事 例 一 覧 38 賃 金 制 度 の 見 直 しに 当 たって 従 業 員 の 納 得 性 を 高 めるための 取 組 事 例 57 中

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

第2分野 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革

第2分野 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革 第 2 分 野 男 女 共 同 参 画 の 視 点 に 立 った 社 会 制 度 慣 行 の 見 直 し 意 識 の 改 革 < 基 本 的 考 え 方 > 男 女 共 同 参 画 社 会 の 形 成 のためには 社 会 制 度 慣 行 が 実 質 的 に 男 女 にどのような 影 響 を 及 ぼすのか 常 に 検 討 されなければならない 社 会 制 度 や 慣 行 については それぞれの 目 的

More information

発 表 者 の 修 士 論 文 タイトル 一 覧 文 字 弁 別 課 題 と 運 動 方 向 判 断 課 題 における 段 階 的 な 時 間 的 注 意 の 生 起 佐 藤 史 織 (B11401M) 大 学 生 を 対 象 とした 心 拍 変 動 バイオフィードバックによる 入 眠 改 善 の

発 表 者 の 修 士 論 文 タイトル 一 覧 文 字 弁 別 課 題 と 運 動 方 向 判 断 課 題 における 段 階 的 な 時 間 的 注 意 の 生 起 佐 藤 史 織 (B11401M) 大 学 生 を 対 象 とした 心 拍 変 動 バイオフィードバックによる 入 眠 改 善 の 中 京 大 学 大 学 院 心 理 学 研 究 科 平 成 27 年 度 修 士 論 文 中 間 報 告 会 抄 録 集 平 成 27 年 7 月 14 日 7 月 16 日 場 所 中 京 大 学 八 事 キャンパス 3 号 館 2 階 廊 下 発 表 者 の 修 士 論 文 タイトル 一 覧 文 字 弁 別 課 題 と 運 動 方 向 判 断 課 題 における 段 階 的 な 時 間 的 注 意

More information

平成 年 月 日

平成 年 月 日 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 平 成 23 年 2 月 磐 田 市 目 次 第 1 章 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 の 策 定 1 計 画 策 定 の 必 要 性 2 2 計 画 の 位 置 づけ 2 3 幼 児 教 育 の 目 標 重 点 4 4 計 画 の 期 間 4 5 基 本 施 策 5 6 計 画 の 構 成 6 第 2 章 計 画 の 内 容 1 保 育 教

More information

議 題 (1) 宝 塚 市 労 働 施 策 推 進 計 画 ( 働 く 意 欲 を 持 つすべての 人 への 就 労 支 援 )の 目 次 について 事 務 局 より 宝 塚 市 労 働 施 策 推 進 計 画 ( 働 く 意 欲 を 持 つすべての 人 への 就 労 支 援 )の 目 次 について

議 題 (1) 宝 塚 市 労 働 施 策 推 進 計 画 ( 働 く 意 欲 を 持 つすべての 人 への 就 労 支 援 )の 目 次 について 事 務 局 より 宝 塚 市 労 働 施 策 推 進 計 画 ( 働 く 意 欲 を 持 つすべての 人 への 就 労 支 援 )の 目 次 について 平 成 28 年 度 第 1 回 宝 塚 市 労 働 問 題 審 議 会 議 事 録 日 時 : 平 成 28 年 5 月 16 日 ( 月 )19 時 00 分 ~20 時 45 分 会 場 : 宝 塚 市 役 所 3F 特 別 会 議 室 出 席 委 員 : 上 林 会 長 小 池 副 会 長 新 谷 委 員 橘 田 委 員 山 内 委 員 志 方 委 員 和 田 委 員 幸 長 委 員 仲 埜

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

博 士 論 文 要 旨 韓 国 における 周 辺 部 労 働 者 の 利 害 代 表 をめぐる 政 治 女 性 の 独 自 組 織 の 組 織 化 と 社 会 的 連 携 を 中 心 に 1. 論 文 の 構 成 序 章 第 1 節 問 題 意 識 と 研 究 の 目 的 第 2 節 先 行 研 究

博 士 論 文 要 旨 韓 国 における 周 辺 部 労 働 者 の 利 害 代 表 をめぐる 政 治 女 性 の 独 自 組 織 の 組 織 化 と 社 会 的 連 携 を 中 心 に 1. 論 文 の 構 成 序 章 第 1 節 問 題 意 識 と 研 究 の 目 的 第 2 節 先 行 研 究 韓 国 における 周 辺 部 労 働 者 の 利 害 代 表 をめぐる 政 治 Title : 女 性 の 独 自 組 織 の 組 織 化 と 社 会 的 連 携 を 中 心 に Author(s) 金, 美 珍 Citation Issue 2016-03-18 Date Type Thesis or Dissertation Text Version none URL http://hdl.handle.net/10086/27762

More information

施 策 を 実 施 する 方 針 を 明 らかにしている 税 制 については 2014 年 11 月 7 日 に 政 府 税 制 調 査 会 により 働 き 方 の 選 択 に 対 して 中 立 的 な 税 制 の 構 築 をはじめとする 個 人 所 得 課 税 改 革 に 関 する 論 点 整 理

施 策 を 実 施 する 方 針 を 明 らかにしている 税 制 については 2014 年 11 月 7 日 に 政 府 税 制 調 査 会 により 働 き 方 の 選 択 に 対 して 中 立 的 な 税 制 の 構 築 をはじめとする 個 人 所 得 課 税 改 革 に 関 する 論 点 整 理 みずほインサイト 政 策 2014 年 11 月 27 日 働 き 方 に 中 立 的 な 税 社 会 保 障 へ 女 性 の 活 躍 促 進 に 向 けた 改 革 の 実 施 と 今 後 の 課 題 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 政 策 調 査 部 03-3591-1338 女 性 の 働 き 方 の 選 択 に 対 して 中 立 的 な 税 制 社 会 保 障 制 度 とするため

More information

26 福選改 第 6 号

26 福選改 第 6 号 写 26 福 選 改 第 6 号 平 成 27 年 3 月 27 日 福 島 市 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 黒 澤 勝 利 様 福 島 市 選 挙 事 務 改 善 委 員 会 委 員 長 委 員 長 職 務 代 理 者 伊 藤 宏 之 小 島 勇 人 委 員 坂 井 道 夫 委 員 宍 戸 俊 夫 福 島 市 における 選 挙 事 務 の 改 善 について( 答 申 ) 平 成 27

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

職種限定契約

職種限定契約 職 種 限 定 契 約 における 配 転 命 令 の 可 否 東 京 海 上 日 動 火 災 保 険 事 件 東 京 地 判 平 19.3.26 判 時 1965 号 3 頁 佐 藤 敬 二 ( 立 命 館 大 学 ) Ⅰ 事 実 の 概 要 X( 原 告 )は 損 害 保 険 業 等 を 目 的 とするY 社 ( 被 告 )において 損 害 保 険 の 契 約 募 集 等 に 従 事 する 外 勤

More information

<3234313132328179939D8D8794C5817A82708195826091E682509265816091E6825492652E786C7378>

<3234313132328179939D8D8794C5817A82708195826091E682509265816091E6825492652E786C7378> 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 区 域 法 のQ&A 目 次 計 画 作 成 手 続 き () 協 議 会 ア 国 と 地 方 の 協 議 会 P イ 地 域 協 議 会 P () 国 の 柔 軟 な 対 応 地 方 の 負 担 軽 減 (3)その 他 P P 計 画 作 成 に 対 する 国 の 支 援 P 3 計 画 記 載 事 項 () 復 興 産 業 集 積 区 域 () 税 制 上

More information

要 旨 政 府 与 党 社 会 保 障 改 革 検 討 本 部 において 6 月 30 日 に 社 会 保 障 税 一 体 改 革 成 案 ( 以 下 改 革 案 )が 決 定 され 7 月 1 日 に 閣 議 報 告 された 本 稿 では こ のうち 医 療 介 護 分 野 について 取 り 上

要 旨 政 府 与 党 社 会 保 障 改 革 検 討 本 部 において 6 月 30 日 に 社 会 保 障 税 一 体 改 革 成 案 ( 以 下 改 革 案 )が 決 定 され 7 月 1 日 に 閣 議 報 告 された 本 稿 では こ のうち 医 療 介 護 分 野 について 取 り 上 2011 年 8 月 18 日 発 行 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 シリーズ 4 医 療 介 護 改 革 案 の 評 価 と 課 題 ~ 必 要 な 財 源 確 保 の 見 通 しの 提 示 を~ 要 旨 政 府 与 党 社 会 保 障 改 革 検 討 本 部 において 6 月 30 日 に 社 会 保 障 税 一 体 改 革 成 案 ( 以 下 改 革 案 )が 決 定 され 7

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 労 働 契 約 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 改 正 労 働 契 約 法 が 2012 年 8 月 3 日 に 成 立 し 同 年 8 月 10 日 に 公 布 された 今 回 の 改 正 内 容 のうち いわゆる 雇

More information

< 1 > 氏 名 沈 しん 国 威 博 士 の 専 攻 分 野 の 名 称 博 土 ( 文 学 ) 学 位 記 番 号 第 τr:::t ミf 学 位 授 与 年 月 日 平 成 5 年 2 月 1 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 第 4 条 第 l 項 該 当 文 学 研 究 科

< 1 > 氏 名 沈 しん 国 威 博 士 の 専 攻 分 野 の 名 称 博 土 ( 文 学 ) 学 位 記 番 号 第 τr:::t ミf 学 位 授 与 年 月 日 平 成 5 年 2 月 1 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 第 4 条 第 l 項 該 当 文 学 研 究 科 Title 近 代 における 中 日 語 彙 交 渉 についての 研 究 Author(s) 沈, 国 威 Citation Issue Date Text Version none URL http://hdl.handle.net/11094/29170 DOI Rights Osaka University < 1 > 氏 名 沈 しん 国 威 博 士 の 専 攻 分 野 の 名 称 博 土

More information

(Microsoft Word - \216\221\227\277\202S \213\217\216x\216\221\227\277.doc)

(Microsoft Word - \216\221\227\277\202S \213\217\216x\216\221\227\277.doc) 資 料 4 平 成 24 年 度 介 護 サービス 事 業 所 集 団 指 導 ~ 居 宅 介 護 支 援 ~ 香 川 県 健 康 福 祉 部 長 寿 社 会 対 策 課 在 宅 サービスグループ 高 松 市 健 康 福 祉 局 介 護 保 険 課 平 成 25 年 3 月 18 日 - 0 - 1 平 成 24 年 度 介 護 サービス 事 業 所 実 地 指 導 等 における 主 な 指 導 内

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5> 年 金 額 分 布 にみられる 公 的 年 金 制 度 の 発 展 の 足 跡 稲 垣 誠 一 ( 一 橋 大 学 経 済 研 究 所 ) ( 要 旨 ) わが 国 の 公 的 年 金 制 度 は 1961 年 の 国 民 年 金 制 度 の 創 設 によって 皆 年 金 制 度 が 実 現 され その 後 の 幾 度 にもわたる 制 度 改 正 とりわけ 1985 年 改 正 による 再 編 を

More information

第10回税制調査会 総10-1

第10回税制調査会 総10-1 平 26.6.27 総 1 0-1 平 成 26 年 6 月 法 人 税 の 改 革 に つ い て( 案 ) 税 制 調 査 会 法 人 税 の 改 革 について 1. 法 人 税 改 革 の 趣 旨 グローバル 経 済 の 中 で 日 本 が 強 い 競 争 力 を 持 って 成 長 していくためには 法 人 税 もまた 成 長 志 向 型 の 構 造 に 変 革 していく 必 要 がある わが

More information

平 成 27 年 度 学 部 学 生 による 自 主 研 究 奨 励 事 業 研 究 成 果 報 告 書 ふりがな よしだ ゆみこ 学 部 法 学 部 国 際 学 年 3 年 氏 名 吉 田 有 美 子 学 科 公 共 政 策 学 科 ふりがな かいぬま しゅうへい 学 部 法 学 部 国 際 学

平 成 27 年 度 学 部 学 生 による 自 主 研 究 奨 励 事 業 研 究 成 果 報 告 書 ふりがな よしだ ゆみこ 学 部 法 学 部 国 際 学 年 3 年 氏 名 吉 田 有 美 子 学 科 公 共 政 策 学 科 ふりがな かいぬま しゅうへい 学 部 法 学 部 国 際 学 Title 組 織 マネジメントの 理 論 と 実 践 Author(s) 吉 田, 由 美 子 Citation 平 成 27 年 度 学 部 学 生 による 自 主 研 究 奨 励 事 業 研 究 成 果 報 告 書 Issue 2016-03 Date Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/11094/54689 DOI Rights

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超 えて おり 無 年 金 者 を 含 む 低 年

要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超 えて おり 無 年 金 者 を 含 む 低 年 2009 年 5 月 18 日 発 行 増 加 が 見 込 まれる 低 年 金 者 ~ 早 急 な 実 施 が 求 められる 低 年 金 対 策 ~ 要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6 豊 橋 市 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 指 針 平 成 27 年 3 月 豊 橋 市 目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2

More information

企業年金に関する制度改善要望

企業年金に関する制度改善要望 1. 企 業 の 円 滑 な 組 織 再 編 要 望 項 目 名 (1) 組 織 再 編 に 伴 う 確 定 給 付 企 業 年 金 の 分 割 時 における 年 金 資 産 の 移 換 額 算 出 方 法 の 追 加 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 の 分 割 又 は 権 利 義 務 承 継 に 伴 う 年 金 資 産 の 移 換 額 の 算 出 方 法 に 確 定 給 付 企 業 年 金

More information

橿原市特定事業主行動計画

橿原市特定事業主行動計画 橿 原 市 女 性 職 員 活 躍 推 進 アクションプラン 橿 原 市 (はじめに) 現 在 少 子 超 高 齢 化 や 地 方 分 権 の 進 展 に 伴 い 市 民 に 身 近 なサービスを 提 供 する 地 方 公 共 団 体 の 役 割 は ますます 重 要 となっています 橿 原 市 においても 限 られた 経 営 資 源 のもとで 組 織 力 のさらなる 向 上 を 図 り 持 続 可

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考 共 済 年 金 職 域 部 分 と 退 職 給 付 に 関 する 有 識 者 会 議 報 告 書 概 要 1. 民 間 の 企 業 年 金 及 び 退 職 金 に 関 する 人 事 院 調 査 結 果 結 果 民 間 :2547.7 万 円 公 務 2950.3 万 円 ( 差 額 402.6 万 円 ) 人 事 院 の 見 解 官 民 均 衡 の 観 点 から 民 間 との 較 差 を 埋 める

More information

労働市場から消えた25~44歳男性

労働市場から消えた25~44歳男性 経 済 社 会 構 造 分 析 レポート 経 済 構 造 分 析 レポート No.43 労 働 市 場 から 消 えた 25~44 歳 男 性 地 域 間 で 広 がる 格 差 抱 える 問 題 はそれぞれ 異 なる 2016 年 4 月 8 日 全 16 頁 経 済 調 査 部 研 究 員 山 口 茜 [ 要 約 ] 25~44 歳 女 性 就 業 率 は この 30 年 間 で 上 昇 傾 向

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 には 解 雇 などの 在 職 者 に 対 する 雇 用 調 整 ではなく 所 定 外 労 働 時 間 の 削 減 とともに 新 規 採 用 をは じめとする 入 職 抑 制 を 選 択 する 傾 向 にあり この 傾 向 は 基 本 的 には 変 わっていないと 考 えられる こ のため バブル 崩

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

はじめに 貴 方 はこれまで 面 接 に 向 けて 一 生 懸 命 準 備 をしてきたことで しょう 面 接 とは 貴 方 が 本 当 に 輝 く 機 会 を 得 る 場 所 です 自 身 の 経 験 や 専 門 知 識 を 示 し いかに 貴 方 こそがその 仕 事 に 最 適 な 候 補 者 で

はじめに 貴 方 はこれまで 面 接 に 向 けて 一 生 懸 命 準 備 をしてきたことで しょう 面 接 とは 貴 方 が 本 当 に 輝 く 機 会 を 得 る 場 所 です 自 身 の 経 験 や 専 門 知 識 を 示 し いかに 貴 方 こそがその 仕 事 に 最 適 な 候 補 者 で リーダーシップシリーズ 成 功 する 面 接 ガイド スプリングプロフェッショナル springjapan.com はじめに 貴 方 はこれまで 面 接 に 向 けて 一 生 懸 命 準 備 をしてきたことで しょう 面 接 とは 貴 方 が 本 当 に 輝 く 機 会 を 得 る 場 所 です 自 身 の 経 験 や 専 門 知 識 を 示 し いかに 貴 方 こそがその 仕 事 に 最 適 な

More information

前回の改正労働基準法案の制定経緯

前回の改正労働基準法案の制定経緯 参 考 資 料 3 規 制 改 革 会 議 雇 用 ワーキング グ ループ 提 出 資 料 ( 平 成 26 年 4 月 25 日 ) 多 様 な 正 社 員 (ジョブ 型 正 社 員 )について 3. 多 様 な 正 社 員 の 普 及 拡 大 平 成 26 年 4 月 22 日 ( 火 ) 第 4 回 経 済 財 政 諮 問 会 議 産 業 競 争 力 会 議 合 同 会 議 田 村 厚 生 労

More information

文 化 庁 におけるこれまでの 著 作 権 制 度 の 見 直 し 文 化 庁 においては これまでも 新 しい 時 代 に 対 応 した 制 度 等 の 在 り 方 について 社 会 の 様 々なニーズを 踏 まえて 検 討 し 著 作 権 制 度 等 の 見 直 しに 取 り 組 んできた 〇

文 化 庁 におけるこれまでの 著 作 権 制 度 の 見 直 し 文 化 庁 においては これまでも 新 しい 時 代 に 対 応 した 制 度 等 の 在 り 方 について 社 会 の 様 々なニーズを 踏 まえて 検 討 し 著 作 権 制 度 等 の 見 直 しに 取 り 組 んできた 〇 資 料 2 新 しい 産 業 の 創 出 環 境 の 形 成 に 向 けた 制 度 等 に 関 する 検 討 状 況 について 平 成 27 年 12 月 22 日 ( 火 ) 文 化 庁 長 官 官 房 著 作 権 課 文 化 庁 におけるこれまでの 著 作 権 制 度 の 見 直 し 文 化 庁 においては これまでも 新 しい 時 代 に 対 応 した 制 度 等 の 在 り 方 について 社

More information

諮 問 庁 の 説 明 は, 理 由 説 明 書 によると,おおむね 以 下 のとおりである 1 行 政 文 書 開 示 請 求 の 対 象 となった 文 書 開 示 請 求 の 内 容 は, 国 家 公 務 員 総 合 職 採 用 試 験 合 格 者 による 官 庁 訪 問 において, 公 正 取

諮 問 庁 の 説 明 は, 理 由 説 明 書 によると,おおむね 以 下 のとおりである 1 行 政 文 書 開 示 請 求 の 対 象 となった 文 書 開 示 請 求 の 内 容 は, 国 家 公 務 員 総 合 職 採 用 試 験 合 格 者 による 官 庁 訪 問 において, 公 正 取 諮 問 庁 : 公 正 取 引 委 員 会 委 員 長 諮 問 日 : 平 成 28 年 2 月 12 日 ( 平 成 28 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 136 号 ) 答 申 日 : 平 成 28 年 7 月 7 日 ( 平 成 28 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 183 号 ) 事 件 名 : 平 成 27 年 度 総 合 職 官 庁 訪 問 での 対 応 依 頼 等 の 一 部 開

More information

財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準並びに財務報告に係る内部統制の評価及び監査に関する実施基準の設定について(意見書)

財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準並びに財務報告に係る内部統制の評価及び監査に関する実施基準の設定について(意見書) 財 務 報 告 に 係 る 内 部 統 制 の 評 価 及 び 監 査 の 基 準 並 び に 財 務 報 告 に 係 る 内 部 統 制 の 評 価 及 び 監 査 に 関 する 実 施 基 準 の 設 定 について( 意 見 書 ) 平 成 19 年 2 月 15 日 企 業 会 計 審 議 会 企 業 会 計 審 議 会 名 簿 会 長 安 藤 英 義 一 橋 大 学 教 授 委 員 荒 谷

More information

1 報 道 関 係 各 2014 年 7 月 17 日 日 本 能 率 協 会 グループ 広 報 委 員 会 第 3 回 ビジネスパーソン 1000 人 調 査 働 き 方 に 関 する 意 識 女 性 が 描 く 活 躍 イメージは 子 育 てしながら 管 理 職 専 門 職 で 働 く 役 員 像 はまだ 遠 く しかも 男 性 は 4 人 に 1 人 が 女 性 の 活 躍 イメージ 持 てず 意

More information

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF 平 成 27 年 度 企 業 年 金 税 制 改 正 に 関 する 要 望 平 成 26 年 8 月 8 日 企 業 年 金 連 合 会 少 子 高 齢 化 の 進 展 を 背 景 に 公 的 年 金 がスリム 化 していく 中 で 高 齢 期 における 所 得 保 障 としての 企 業 年 金 には 公 的 年 金 を 補 完 する 重 要 な 役 割 が 求 められている 企 業 年 金 連 合

More information

した このような 分 析 を 有 する 本 論 文 の 意 義 は 2 つある 第 一 に 現 代 中 国 政 治 研 究 において 従 来 あまり 論 じられてこなかった 党 と 司 法 機 関 の 指 導 関 係 を 取 り 上 げていることである 従 来 の 研 究 において 人 民 法 院

した このような 分 析 を 有 する 本 論 文 の 意 義 は 2 つある 第 一 に 現 代 中 国 政 治 研 究 において 従 来 あまり 論 じられてこなかった 党 と 司 法 機 関 の 指 導 関 係 を 取 り 上 げていることである 従 来 の 研 究 において 人 民 法 院 2011 年 度 森 泰 吉 郎 記 念 研 究 振 興 基 金 研 究 成 果 報 告 書 学 籍 番 号 :80926027 政 策 メディア 研 究 科 修 士 課 程 2 年 内 藤 寛 子 0. 森 泰 吉 郎 記 念 研 究 振 興 基 金 申 請 時 の 研 究 題 目 中 国 共 産 党 と 司 法 機 関 の 領 導 関 係 -1980 年 代 後 半 の 政 法 委 員 会 の

More information

Microsoft PowerPoint - 〔資料2〕①総括資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 〔資料2〕①総括資料.pptx 地 方 法 人 課 税 関 係 資 料 資 料 1 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 改 革 の 趣 旨 欧 米 各 国 も 行 ってきたように 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる ことにより 法 人 課 税 を 成 長 志 向 型 の 構 造 に 変 える より 広 く 負 担 を 分 かち 合 い 稼 ぐ 力 のある 企 業 等 の 税 負

More information

平成28年度以降の行政評価局調査テーマ候補についての意見募集結果

平成28年度以降の行政評価局調査テーマ候補についての意見募集結果 平 成 28 年 度 以 降 の 行 政 評 価 局 調 査 テーマ 候 補 についての 意 見 募 集 の 結 果 平 成 28 年 3 月 29 日 総 務 省 行 政 評 価 局 平 成 28 年 度 以 降 の 行 政 評 価 局 調 査 テーマ 候 補 について 平 成 28 年 2 月 2 日 ( 火 )から 同 年 3 月 2 日 ( 水 )までの 間 国 民 の 皆 様 から 広 く

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

(Microsoft Word - \203A\203\201\201[\203o\214o\211c\227\235\211\360.doc)

(Microsoft Word - \203A\203\201\201[\203o\214o\211c\227\235\211\360.doc) 1. 経 営 管 理 フレームとしての 基 本 的 な 特 徴 アメーバ 経 営 は 経 営 管 理 の 仕 組 みの 側 面 から 見 ると 時 間 当 り という 利 益 効 率 指 標 を 中 核 に 置 いた 部 門 別 採 算 管 理 手 法 であると 言 える 以 下 にその 重 要 な 特 徴 について 述 べる 1 時 間 当 り という 指 標 時 間 当 り の 求 め 方 は

More information

Microsoft Word - 響く1

Microsoft Word - 響く1 < 小 中 学 校 AL 丸 わかり 解 説 ブログ> アクティブ ラーニング 考 え 合 う< 響 室 >づくり 授 業 の 構 想 起 案 から 実 践 評 価 まで- 梶 浦 真 著 教 育 報 道 出 版 社 - 1 - - 2 - はしがき このブログを 書 き 始 めた 目 的 は 小 中 学 校 の 校 内 研 修 を 通 して 考 え たことや 中 央 教 育 審 議 会 の 示 す

More information

女 性 が 活 躍 する 未 来 に 向 けてスピードアップ! ~ 地 域 をけん 引 する 指 定 都 市 の 提 言 ~ 平 成 26 年 11 月 指 定 都 市 市 長 会 提 言 の 趣 旨 人 口 急 減 超 高 齢 化 への 対 応 が 国 を 挙 げての 喫 緊 の 課 題 となる 中 社 会 の 活 力 を 維 持 していくためには あらゆる 人 が 意 欲 を 持 ち 活 動

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

2. 検 討 の 視 点 と 対 象 とする 住 宅 団 地 について 住 宅 団 地 の 再 生 とは 住 民 活 動 や 管 理 といったソフトによる 対 応 策 から 建 替 えによ る 更 新 まで 幅 広 い 概 念 を 含 みうるものであるが 本 検 討 会 では 地 域 の 拠 点 と

2. 検 討 の 視 点 と 対 象 とする 住 宅 団 地 について 住 宅 団 地 の 再 生 とは 住 民 活 動 や 管 理 といったソフトによる 対 応 策 から 建 替 えによ る 更 新 まで 幅 広 い 概 念 を 含 みうるものであるが 本 検 討 会 では 地 域 の 拠 点 と 住 宅 団 地 の 再 生 のあり 方 について 取 りまとめ 1. 趣 旨 我 が 国 では 高 度 経 済 成 長 期 以 降 に 都 市 近 郊 を 中 心 に 大 規 模 な 住 宅 団 地 が 供 給 された これらの 中 には 既 に 建 物 や 設 備 の 老 朽 化 が 進 み 建 替 え 改 修 を 含 めた 再 生 を 図 る 必 要 に 迫 られているものも 多 くなっている

More information

かについて 具 体 的 な 検 討 をせずに 正 当 な 理 由 を 拡 大 解 釈 するなどして 法 の 趣 旨 を 損 なうことなく 個 別 の 事 案 ごとに 障 害 者 第 三 者 の 権 利 利 益 ( 例 : 安 全 の 確 保 財 産 の 保 全 損 害 発 生 の 防 止 等 ) 及

かについて 具 体 的 な 検 討 をせずに 正 当 な 理 由 を 拡 大 解 釈 するなどして 法 の 趣 旨 を 損 なうことなく 個 別 の 事 案 ごとに 障 害 者 第 三 者 の 権 利 利 益 ( 例 : 安 全 の 確 保 財 産 の 保 全 損 害 発 生 の 防 止 等 ) 及 千 葉 市 市 長 部 局 消 防 局 病 院 局 行 政 委 員 会 及 び 議 会 事 務 局 における 障 害 を 理 由 とす る 差 別 の 解 消 の 推 進 に 係 る 対 応 要 領 第 1 目 的 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以

More information

経済・物価情勢の展望(2015年10月)

経済・物価情勢の展望(2015年10月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 10 月 ) 2015 年 10 月 30 日 日 本 銀 行 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にかけて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけては 消 費 税 率 引 き 上

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63> 地 域 空 間 における 景 観 利 益 - 国 立 市 マンション 事 件 東 京 地 裁 判 決 をめぐって 本 ファイルは 地 域 政 策 あすの 三 重 No.9(2003.7)28-33 頁 に 掲 載 して いただいた 拙 稿 の 草 稿 段 階 のものです 公 表 に 当 たり 若 干 の 修 正 を 加 えていま すので 本 草 稿 の 無 断 引 用 はご 遠 慮 下 さい 引 用

More information

「再犯社会」が問う高齢社会像-「安全社会」から「安心社会」へ

「再犯社会」が問う高齢社会像-「安全社会」から「安心社会」へ ニッセイ 基 礎 研 究 所 No. 13-3 19 March 214 再 犯 社 会 が 問 う 高 齢 社 会 像 安 全 社 会 から 安 心 社 会 へ 社 会 研 究 部 主 任 研 究 員 土 堤 内 昭 雄 (3)3512-1794 doteuchi@nli-research.co.jp はじめに 213 年 3 月 末 旧 ライブドアの 元 社 長 ホリエモン こと 堀 江 貴 文

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

1. 政 策 を 考 える 前 提 知 識 (2) 人 口 ボーナスの 移 動 1. 政 策 を 考 える 前 提 知 識 (3) 活 力 構 造 の 変 化 成 長 核 は 日 本 より 所 得 の 高 いアメリカから 所 得 の 低 い 中 国 インドへ 構 造 は 変 化 しており 今 後 を

1. 政 策 を 考 える 前 提 知 識 (2) 人 口 ボーナスの 移 動 1. 政 策 を 考 える 前 提 知 識 (3) 活 力 構 造 の 変 化 成 長 核 は 日 本 より 所 得 の 高 いアメリカから 所 得 の 低 い 中 国 インドへ 構 造 は 変 化 しており 今 後 を 第 1 回 関 市 まちづくり 市 民 会 議 資 料 関 市 のまちづくりを 考 えるための 公 共 政 策 学 の 視 点 2012 年 9 月 11 日 ( 火 ) 専 任 講 師 若 生 幸 也 tatsuya.wakao@hops.hokudai.ac.jp 目 次 1. 政 策 を 考 える 前 提 知 識 人 口 減 少 人 口 ボーナスの 移 動 活 力 構 造 の 変 化 高 齢

More information

人材育成基本方針

人材育成基本方針 吹 田 市 人 材 育 成 基 本 方 針 社 会 の 変 革 に 対 応 できる 人 材 づくり 平 成 24 年 (2012 年 ) 公 務 制 度 改 革 -1- -2- 新 たな 人 材 育 成 基 本 方 針 の 策 定 にあたって 今 日 本 社 会 は 大 きな 転 換 期 にあります 市 場 や 情 報 がグローバル 化 し 少 子 化 や 人 口 減 少 は 歯 止 めがかからず

More information

判例からみる中国における補正の制限について

判例からみる中国における補正の制限について 海 外 知 財 の 現 場 23 平 成 25 年 2 月 20 日 掲 載 判 例 からみる 中 国 における 新 規 事 項 追 加 の 判 断 基 準 について 中 国 弁 理 士 呉 学 鋒 中 国 特 許 法 及 び 実 施 細 則 には 出 願 後 の 特 許 出 願 書 類 の 補 正 についての 規 定 が 設 けられ 補 正 ができる 範 囲 を 定 めている 特 許 法 第 33

More information

研究紀要.indd

研究紀要.indd 教 育 実 践 研 究 17,2012 25 理 科 教 育 の 読 解 力 育 成 における 研 究 - 概 念 の 形 成 過 程 を 中 心 として- A study on the Improvement of Reading Literacy in Science Education: Focusing on the Concept Formation Process 中 島 雅 子 NAKAJIMA

More information

資  料3 総理の新提案(美しい星へのいざない「Invitation to 『Cool Earth 50』」~3つの提案、3つの原則~)

資  料3 総理の新提案(美しい星へのいざない「Invitation to 『Cool Earth 50』」~3つの提案、3つの原則~) 美 しい 星 へのいざない Invitation to Cool Earth 50 ~ 3つの 提 案 3つの 原 則 ~ 資 料 3 冒 頭 杉 田 日 本 経 済 新 聞 社 社 長 アジア 各 国 指 導 者 の 皆 様 御 来 賓 の 皆 様 本 日 各 方 面 でアジアを 代 表 する 皆 様 方 の 前 で スピーチをする 機 会 をいただい たことを 誠 にうれしく 思 います 本 日

More information

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc)

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc) 一 時 特 定 保 育 の 役 割 とその 課 題 児 童 学 研 究 科 児 童 学 専 攻 06-0632 0632 石 川 三 千 代 1. 研 究 の 動 機 と 目 的 少 子 化 は 1990( 平 成 2) 年 の 1.57 ショックから 大 きな 社 会 問 題 として 取 り 上 げられる ようになった 国 はエンゼルプラン 1994( 平 成 6) 年 新 エンゼルプラン 1999(

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

再 犯 防 止 に 向 けた 総 合 対 策 平 成 24 年 7 月 犯 罪 対 策 閣 僚 会 議 はじめに 1 第 1 再 犯 の 現 状 と 課 題 3 1 全 般 的 状 況 3 (1) 再 犯 者 率 の 上 昇 3 (2) 再 入 者 率 の 上 昇 3 (3) 仮 釈 放 率 の 低 下 3 2 対 象 者 の 特 性 別 に 見 た 現 状 3 (1) 早 期 対 策 が 必 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83748346835883675F92F18CBE967B95B6814589FC92F994C55B315D205F8F43959C8DCF82DD5F2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83748346835883675F92F18CBE967B95B6814589FC92F994C55B315D205F8F43959C8DCF82DD5F2E646F6378> マニフェストをどう 読 むべきか - 国 民 の 問 いかける 力 こそが 政 策 をつくる- はじめに 東 京 財 団 研 究 員 政 策 プロデューサー 亀 井 善 太 郎 / 佐 藤 孝 弘 / 冨 田 清 行 本 提 言 は 眼 前 に 迫 る 国 政 選 挙 を 迎 えるにあたって 日 本 国 民 一 人 一 人 がマニフェストを 読 む 際 念 頭 におくべき 考 え 方 をまとめたものである

More information

下 IOM という )による 健 康 診 断 結 果 を 踏 まえ 受 入 れ 予 定 者 を 決 定 した 政 府 の 委 託 を 受 けた IOM が タイにおいて 受 入 れ 予 定 者 に 対 する 出 国 前 研 修 ( 我 が 国 における 基 本 的 な 生 活 習 慣 に 関 するガ

下 IOM という )による 健 康 診 断 結 果 を 踏 まえ 受 入 れ 予 定 者 を 決 定 した 政 府 の 委 託 を 受 けた IOM が タイにおいて 受 入 れ 予 定 者 に 対 する 出 国 前 研 修 ( 我 が 国 における 基 本 的 な 生 活 習 慣 に 関 するガ 第 三 国 定 住 による 難 民 の 受 入 れ 事 業 の 今 後 の 方 針 について 平 成 2 6 年 1 月 2 2 日 難 民 対 策 連 絡 調 整 会 議 第 1 経 緯 我 が 国 は 平 成 20 年 12 月 の 閣 議 了 解 及 び 難 民 対 策 連 絡 調 整 会 議 決 定 に より アジア 地 域 で 発 生 している 難 民 に 関 する 諸 問 題 に 対 処

More information

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc 幼 児 教 育 のあり 方 と 適 正 配 置 についての 基 本 方 針 平 成 21 年 9 月 橿 原 市 橿 原 市 教 育 委 員 会 はじめに 2 1. 公 立 幼 稚 園 保 育 所 の 現 状 課 題 3 2. 幼 児 教 育 のあり 方 についての 基 本 的 な 考 え 方 3 (1) 幼 稚 園 保 育 所 の 役 割 1 幼 稚 園 の 役 割 2 保 育 所 の 役 割 (2)

More information

経済・物価情勢の展望(2015年4月)

経済・物価情勢の展望(2015年4月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2015 年 4 月 30 日 日 本 銀 行 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にか けて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけ ては 消 費 税 率 引 き 上

More information

Microsoft Word - 16_2

Microsoft Word - 16_2 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 213 年 8 月 号 ユーロ 圏 中 核 国 に 広 がる 経 済 悪 化 の 影 響 < 要 旨 > 昨 年 9 月 以 降 ユーロ 圏 の 金 融 市 場 は 落 ち 着 いているが 周 縁 国 のみならず 中 核 国 においても 実 体 経 済 の 悪 化 が 長 引 くと 銀 行 の 経 営 状 況 ひいては 金 融 システムの 安 定 性

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯 みずほインサイト 政 策 2015 年 11 月 27 日 地 方 圏 での 戦 略 型 企 業 誘 致 地 場 産 業 と 連 携 した 誘 致 による 自 立 的 発 展 が 有 効 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 上 村 未 緒 03-3591-1336 mio.uemura@mizuho-ri.co.jp 地 方 創 生 の 一 環 として 推 進 される 雇 用 創 出 の 代 表

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

ソフトウェア取引の収益の会計処理に関する実務上の取扱い

ソフトウェア取引の収益の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 17 号 ソフトウェア 取 引 の 収 益 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 18 年 3 月 30 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 ソフトウェア 取 引 を 事 業 の 中 心 とした 情 報 サービス 産 業 においては 無 形 の 資 産 である ソフトウェアの 内 容 及 び 状 況 の 確 認 の 困 難 さや その

More information

北 米 地 域 統 合 と 途 上 国 経 済 解 明 に 向 かっている 筆 者 は これを 取 り 上 げる 理 由 として 産 業 集 積 自 体 そ してそれとの 多 国 籍 企 業 との 関 わりについては これまでも 研 究 が 蓄 積 されてき たが この 議 論 を 一 国 民 経

北 米 地 域 統 合 と 途 上 国 経 済 解 明 に 向 かっている 筆 者 は これを 取 り 上 げる 理 由 として 産 業 集 積 自 体 そ してそれとの 多 国 籍 企 業 との 関 わりについては これまでも 研 究 が 蓄 積 されてき たが この 議 論 を 一 国 民 経 書 評 所 康 弘 著 北 米 地 域 統 合 と 途 上 国 経 済 NAFTA 多 国 籍 企 業 地 域 経 済 西 田 書 店 2009 年 東 京 外 国 語 大 学 田 島 陽 一 1. 本 書 の 分 析 視 点 本 書 は メキシコを 輸 入 代 替 工 業 化 戦 略 から 新 自 由 主 義 的 開 発 戦 略 に 転 換 を 遂 げた 途 上 国 開 発 モデルの 先 駆 的

More information

60 経 済 理 論 358 号 2010 年 11 月 第 5 章 第 6 章 マイクロソフト 社 の 成 長 とそのインパクト ソフトウェア 企 業 集 積 の 構 図 終 章 2000 年 代 の 新 展 開 以 下 では, 本 書 の 内 容 を 各 章 ごとに 要 約 していく 序 章 で

60 経 済 理 論 358 号 2010 年 11 月 第 5 章 第 6 章 マイクロソフト 社 の 成 長 とそのインパクト ソフトウェア 企 業 集 積 の 構 図 終 章 2000 年 代 の 新 展 開 以 下 では, 本 書 の 内 容 を 各 章 ごとに 要 約 していく 序 章 で 59 書 評 山 縣 宏 之 著 ハイテク 産 業 都 市 シアトルの 軌 跡 航 空 宇 宙 産 業 からソフトウェア 産 業 へ (ミネルヴァ 書 房,2010 年 ) 藤 木 剛 康 Fujiki, Takeyasu 今 年 (2010 年 )2 月, 経 済 産 業 省 の 産 業 構 造 審 議 会 の 資 料 として 提 出 された 日 本 の 産 業 を 巡 る 現 状 と 課 題 に

More information

NIRA 財 政 再 建 研 究 会 報 告 書 財 政 再 建 の 道 筋 震 災 を 超 えて 次 世 代 に 健 全 な 財 政 を 引 継 ぐために エグゼクティブサマリー NIRA 理 事 長 / 東 京 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 教 授 伊 藤 元 重 経 済 低 迷

NIRA 財 政 再 建 研 究 会 報 告 書 財 政 再 建 の 道 筋 震 災 を 超 えて 次 世 代 に 健 全 な 財 政 を 引 継 ぐために エグゼクティブサマリー NIRA 理 事 長 / 東 京 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 教 授 伊 藤 元 重 経 済 低 迷 2011.4 NIRA 財 政 再 建 研 究 会 報 告 書 財 政 再 建 の 道 筋 震 災 を 超 えて 次 世 代 に 健 全 な 財 政 を 引 継 ぐために エグゼクティブサマリー NIRA 理 事 長 / 東 京 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 教 授 伊 藤 元 重 経 済 低 迷 の 長 期 化 や 急 速 な 高 齢 化 等 を 背 景 として 日 本 の 財 政

More information

てる 力 であり 他 の 教 科 などの 教 育 課 程 全 体 とのかかわりからとらえる 認 識 は 少 なかった そこで 次 の2 点 から 国 語 力 に 対 する 認 識 の 深 化 を 図 り 実 践 研 究 の 方 向 性 を 確 認 し 合 った ア 文 化 審 議 会 答 申 これか

てる 力 であり 他 の 教 科 などの 教 育 課 程 全 体 とのかかわりからとらえる 認 識 は 少 なかった そこで 次 の2 点 から 国 語 力 に 対 する 認 識 の 深 化 を 図 り 実 践 研 究 の 方 向 性 を 確 認 し 合 った ア 文 化 審 議 会 答 申 これか 中 学 校 Ⅰ はじめに 中 学 校 における 校 内 研 修 は 学 校 や 生 徒 の 実 態 に 即 した 主 題 を 設 定 して 具 体 的 実 践 的 に 行 わ れている しかし 教 科 担 任 制 のため 指 導 分 野 が 限 定 されがちであり 小 学 校 と 比 べて 全 教 師 が 共 通 に 取 り 組 む 課 題 の 範 囲 が 狭 いという 問 題 点 がある そのため

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

具 体 的 な 交 渉 内 容 1 6 月 期 期 末 手 当 及 び 勤 勉 手 当 について 協 議 の 要 旨 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 について 算 定 基 礎 月 収 額 の 2.30か 月 分 プラス2 万 円 の 組 合 から の 要 求 に 対 して 当 局 は 給 与 条

具 体 的 な 交 渉 内 容 1 6 月 期 期 末 手 当 及 び 勤 勉 手 当 について 協 議 の 要 旨 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 について 算 定 基 礎 月 収 額 の 2.30か 月 分 プラス2 万 円 の 組 合 から の 要 求 に 対 して 当 局 は 給 与 条 = 尼 崎 市 職 員 労 働 組 合 との 交 渉 状 況 = 平 成 27 年 度 第 1 号 通 算 第 540 号 平 成 27 年 6 月 17 日 尼 崎 市 役 所 総 務 局 人 事 管 理 部 給 与 課 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 及 び 平 成 27 年 度 の 欠 員 等 について 6 月 8 日 午 後 3 時 から 午 後 5 時 まで 中 央 公 民 館 小 ホールにおいて

More information

項 を 実 施 しなければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し その 監 督 す る 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせるこ

項 を 実 施 しなければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し その 監 督 す る 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせるこ 平 成 28 年 規 程 第 2 号 平 成 28 年 3 月 31 日 制 定 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 ( 以 下 対 応 規 程 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という

More information

フセハツ工業株式会社 品質マニュアル

フセハツ工業株式会社    品質マニュアル 表 紙 承 認 品 質 マニュアル (ISO9001:2008) 第 2-4 版 改 訂 日 :2014 年 02 月 13 日 承 認 社 長 確 認 管 理 責 任 者 作 成 担 当 フセハツ 工 業 株 式 会 社 品 質 マニュアル 制 定 日 :2012.04.21 頁 :2/28 改 訂 履 歴 改 訂 履 歴 改 訂 日 :2014.02.13 改 訂 No.2-4 版 数 改 定

More information

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590

本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 2004 年 10 月 22 日 発 行 来 港 中 国 人 旅 行 者 の 増 加 と 香 港 経 済 本 誌 に 関 する 問 合 せ 先 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 アジア 調 査 部 香 港 駐 在 稲 垣 博 史 852-2103-3590 E-mail hiroshi.inagaki@mizuho-cb.com 活 気 を 取 り 戻 す 香 港 観 光 セクター 香 港

More information

untitled

untitled 国 家 公 務 員 の 人 件 費 削 減 問 題 の 動 向 と 今 後 の 課 題 1.はじめに さえき みちこ 総 務 委 員 会 調 査 室 佐 伯 道 子 民 主 党 が 平 成 21 年 8 月 の 衆 議 院 議 員 総 選 挙 及 び 平 成 22 年 7 月 の 参 議 院 議 員 通 常 選 挙 の マニフェストに 国 家 公 務 員 の 総 人 件 費 を2 割 削 減 することを

More information

Microsoft Word - F6_Research_Notes_1.doc

Microsoft Word - F6_Research_Notes_1.doc The study and analysis of the HK Local Female Talents: The reasons why they quit the Japanese Companies メイ ウォン Sino Education 要 旨 香 港 には 世 界 中 から 優 秀 な 人 材 が 集 まっている そして その 中 には これまで 学 んできた 日 本 語 を 生 かして

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識 第 4 章 これからの 幼 児 教 育 のあり 方 1. 幼 稚 園 における 教 育 の 方 向 性 (1) 幼 稚 園 における 教 育 のあり 方 1 幼 稚 園 の 役 割 幼 稚 園 は 子 どもが 家 庭 では 体 験 できない 友 達 との 集 団 生 活 を 通 して 教 員 に 支 えられながら 幼 児 期 なりの 豊 かさに 出 会 う 場 です 少 子 化 の 進 行 に 伴

More information

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1 墨 田 区 女 性 の 活 躍 推 進 のための 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 ) 平 成 28 年 4 月 墨 田 区 目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達

More information

1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規 定 に 基 づく 検 査 要 請 を 受 けて その 検 査 結 果 を18 年

1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規 定 に 基 づく 検 査 要 請 を 受 けて その 検 査 結 果 を18 年 地 方 財 政 計 画 及 び 地 方 公 務 員 の 特 殊 勤 務 手 当 等 の 状 況 につい ての 報 告 書 ( 要 旨 ) 平 成 2 6 年 4 月 会 計 検 査 院 1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

聞 き 手 の 側 においては 話 し 手 の 発 話 を 理 解 することが 話 し 手 の 意 図 を 認 知 することと 緊 密 に 結 びつい ている 字 義 通 りの 発 話 において 話 し 手 の 側 と 聞 き 手 の 側 を 結 ぶ 橋 渡 しは 彼 らが 使 用 している 共 通

聞 き 手 の 側 においては 話 し 手 の 発 話 を 理 解 することが 話 し 手 の 意 図 を 認 知 することと 緊 密 に 結 びつい ている 字 義 通 りの 発 話 において 話 し 手 の 側 と 聞 き 手 の 側 を 結 ぶ 橋 渡 しは 彼 らが 使 用 している 共 通 2014WS 金 曜 3 時 間 2 学 期 題 目 哲 学 的 意 味 論 の 観 点 から 問 いと 推 論 の 関 係 を 分 析 する 第 四 回 講 義 (20141024) 第 1 章 問 答 の 観 点 からの 言 語 行 為 論 1 発 語 内 行 為 の 分 類 2 質 問 の 発 語 内 行 為 の 特 殊 性 3 言 語 行 為 はなぜ 成 立 するのか? 1 グライスの 意

More information

Microsoft Word - 2016kokko_syuntou_hosin

Microsoft Word - 2016kokko_syuntou_hosin 公 務 労 協 国 家 公 務 員 関 係 部 会 2016 春 季 生 活 闘 争 の 取 り 組 み はじめに 国 公 関 係 部 会 は 国 家 公 務 員 非 現 業 の 給 与 勤 務 条 件 が 独 立 行 政 法 人 等 の 職 員 により 強 い 影 響 を 与 えており 賃 金 労 働 条 件 の 決 定 に 係 る 対 応 の 連 携 を 一 層 強 化 することが 喫 緊 の

More information

新たな在留管理制度・外国人住民基本台帳制度に関する各市区町村に対するアンケート結果をふまえての意見書

新たな在留管理制度・外国人住民基本台帳制度に関する各市区町村に対するアンケート結果をふまえての意見書 2012 年 6 月 7 日 新 たな 在 留 管 理 制 度 外 国 人 住 民 基 本 台 帳 制 度 に 関 する 各 市 区 町 村 に 対 する アンケート 結 果 をふまえての 意 見 書 東 京 弁 護 士 会 会 長 斎 藤 義 房 当 会 は 本 年 7 月 9 日 に 予 定 されている 新 たな 在 留 管 理 制 度 ( 以 下 新 在 管 制 度 という) 及 び 外 国

More information

15. 営 業 活 動 を 組 織 的 かつ 効 率 的 に 遂 行 するためには 必 要 な 職 務 分 掌 および 職 務 権 限 を 明 確 にする 16. 営 業 部 門 の 基 本 的 職 務 は 商 品 開 発 仕 入 れ 販 売 組 織 人 事 経 理 財 務 ならびに 情 報 処 理

15. 営 業 活 動 を 組 織 的 かつ 効 率 的 に 遂 行 するためには 必 要 な 職 務 分 掌 および 職 務 権 限 を 明 確 にする 16. 営 業 部 門 の 基 本 的 職 務 は 商 品 開 発 仕 入 れ 販 売 組 織 人 事 経 理 財 務 ならびに 情 報 処 理 販 売 管 理 に 関 する 内 部 監 査 の 留 意 事 項 1. 販 売 戦 略 は 顧 客 を 消 費 者 としてではなく 生 活 者 としてとらえ 顧 客 のライフスタイルにおけ る 質 の 向 上 および 地 域 社 会 への 貢 献 など 豊 かな 人 間 生 活 に 寄 与 する 販 売 理 念 を 基 本 とする 2. 販 売 政 策 は 販 売 理 念 に 基 づく 販 売 活

More information

消費税増税先送りに伴う他政策への影響

消費税増税先送りに伴う他政策への影響 税 制 A to Z 2014 年 11 月 21 日 全 13 頁 消 費 税 増 税 先 送 りに 伴 う 他 政 策 への 影 響 住 宅 ローン 減 税 自 動 車 税 制 年 金 制 度 給 付 措 置 などに 影 響 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 安 倍 首 相 は 2014 年 11 月 18 日 に 記 者 会 見 を 行 い 消 費 税 率 の 10%への

More information