目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整"

Transcription

1 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市

2 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保 全 のあり 方 (2) 社 会 的 要 請 等 への 対 応 (3)まちづくりとの 連 携 等 4.アセットマネジメントの 取 り 組 み 6 (1) 市 設 建 築 物 の 長 寿 命 化 (2) 市 設 建 築 物 の 集 約 化 等 による 再 編 整 備 (3) 保 有 資 産 の 適 正 な 活 用 (4) 維 持 管 理 の 効 率 化 (5)その 他 5.アセットマネジメントの 進 め 方 7 (1) 各 施 設 のあり 方 検 討 との 連 携 (2) 進 行 管 理 (3)アセットマネジメント 推 進 のための 体 制 6.アセットマネジメント 導 入 効 果 8 (1) 施 設 整 備 費 の 削 減 効 果 の 試 算 (2)CO2 削 減 効 果 の 試 算 Ⅲ 公 共 土 木 施 設 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 10 (1) 公 共 土 木 施 設 の 現 状 (2) 公 共 土 木 施 設 をとりまく 環 境 2.アセットマネジメントの 導 入 12 (1)アセットマネジメントの 導 入 (2) 対 象 施 設 3.アセットマネジメントの 取 り 組 み 13 (1) 計 画 的 効 率 的 な 維 持 管 理 (2) 公 共 土 木 施 設 の 長 寿 命 化 (3) 保 有 資 産 の 適 正 な 活 用 (4) 市 民 との 協 働

3 4.アセットマネジメントの 進 め 方 15 (1) 個 別 施 設 維 持 管 理 計 画 の 策 定 (2) 公 共 土 木 施 設 全 体 での 最 適 維 持 管 理 計 画 の 策 定 (3) 進 行 管 理 (4) 推 進 体 制 (5)スケジュール ( 参 考 ) 導 入 効 果 の 試 算 16 用 語 の 定 義 17

4

5 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 本 市 の 所 有 する 建 築 物 道 路 橋 梁 などの 公 共 施 設 は その 多 くが 昭 和 40 年 代 から 50 年 代 にかけて 集 中 的 に 建 設 されたために 老 朽 化 が 進 み 今 後 一 斉 に 更 新 時 期 を 迎 えることか ら 大 きな 財 政 負 担 が 予 想 される このため 施 設 の 有 効 活 用 効 率 的 な 維 持 管 理 更 新 需 要 の 平 準 化 などに 取 り 組 んで 財 政 負 担 の 軽 減 を 図 ることが 必 要 となっている 環 境 問 題 に 対 する 意 識 の 高 まりから 本 市 では 環 境 首 都 なごや の 実 現 に 向 けて 温 室 効 果 ガスの 大 幅 な 削 減 目 標 を 設 定 するなど 先 駆 的 な 取 組 みを 行 っている また 東 海 豪 雨 な どの 自 然 災 害 アスベスト 問 題 エレベーター 事 故 への 対 応 など 市 民 の 安 心 安 全 に 対 す る 要 望 が 強 くなっている さらに 少 子 高 齢 化 の 進 行 や 市 民 ニーズが 変 化 していることから 実 態 に 応 じた 対 応 が 必 要 となっている これらの 状 況 に 対 応 するためには 現 下 の 厳 しい 財 政 状 況 を 踏 まえ 本 市 の 所 有 する 各 公 共 施 設 を 全 市 的 立 場 から 計 画 的 に 維 持 管 理 を 行 って 最 適 な 維 持 更 新 を 図 るとともに その 更 新 需 要 に 的 確 に 対 応 するため 施 設 の 維 持 更 新 経 費 の 平 準 化 と 抑 制 を 図 る 必 要 がある 公 共 施 設 の 効 率 的 かつ 計 画 的 な 維 持 管 理 については これまでも 第 3 次 行 財 政 改 革 計 画 や 新 財 政 健 全 化 計 画 の 中 で アセットマネジメントシステムの 導 入 の 必 要 性 が 唱 えられてきたところ である アセットマネジメントシステムの 導 入 にあたっては 施 設 の 有 効 活 用 効 率 的 な 維 持 管 理 など 総 合 的 に 検 討 する 必 要 があることから 全 市 的 に 総 合 調 整 を 行 うため 名 古 屋 市 アセッ トマネジメント 推 進 検 討 委 員 会 を 設 置 して 審 議 を 行 い 次 の 基 本 理 念 に 基 づいてアセット マネジメントを 進 めることとした また アセットマネジメントを 全 市 的 に 推 進 するための 基 本 的 な 事 項 を 基 本 方 針 として 取 りまとめることとした 2. 基 本 理 念 保 有 資 産 を 有 効 活 用 し 公 共 施 設 の 維 持 管 理 を 効 率 的 に 行 うとともに コストの 平 準 化 抑 制 を 図 る 公 共 施 設 の 計 画 的 な 維 持 管 理 によって 市 民 へ 安 心 安 全 はじめ 適 切 なサービスを 提 供 する 保 有 資 産 の 有 効 活 用 にあたっては 環 境 首 都 なごや 及 び 災 害 に 強 いまち を 目 指 すとともに 少 子 高 齢 化 社 会 などへの 対 応 の 観 点 から 今 後 のまちづくりと 一 体 的 に 取 り 組 む ( 維 持 管 理 には 更 新 を 含 む) - 1 -

6 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 本 編 は 先 の 基 本 理 念 に 基 づいて 市 営 住 宅 学 校 市 民 利 用 施 設 などの 建 築 物 及 びその 敷 地 並 びに 保 有 する 土 地 を 対 象 ( 公 営 企 業 を 除 く)にアセットマネジメントを 全 市 的 に 推 進 するための 基 本 的 な 事 項 をとりまとめる 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 ⑴ 総 資 産 保 有 量 とその 内 訳 市 設 建 築 物 の 総 資 産 保 有 量 は 延 べ 床 面 積 で 平 成 19 年 度 末 現 在 約 974 万 m2で 市 営 住 宅 が 47.8% 学 校 が 25.4% その 他 の 一 般 施 設 が 26.8%となっている ( 表 1 参 照 ) ⑵ 老 朽 化 が 進 む 市 設 建 築 物 建 設 年 度 をみると 1965 年 ( 昭 和 40 年 )から 2000 年 ( 平 成 12 年 ) 頃 にかけて 大 量 の 施 設 が 建 設 されている 建 築 経 過 年 数 では 40 年 を 超 えたものが 10.2% 31~40 年 経 過 したものが 25.6% 21~30 年 経 過 したものが 31.3%となっており 老 朽 化 が 進 展 している (グラフ1 参 照 ) 従 来 は 概 ね 築 後 40 年 までに 改 築 により 施 設 を 更 新 してきた 今 後 も 従 来 どおりのサイ クルで 改 築 していくとすれば 膨 大 な 工 事 費 が 見 込 まれ 現 下 の 厳 しい 財 政 状 況 を 考 慮 すると このような 財 政 負 担 は 困 難 である ⑶ 社 会 的 要 請 等 名 古 屋 市 は 持 続 可 能 な 社 会 の 形 成 に 向 け 環 境 首 都 なごや の 実 現 を 目 指 し 本 市 業 務 に よる 環 境 負 荷 の 低 減 を 図 るため 環 境 に 配 慮 した 公 共 工 事 の 推 進 省 エネ 省 資 源 に 取 り 組 んでいる 一 方 わが 国 の 建 築 関 係 における CO2 排 出 量 の 占 める 割 合 は 全 排 出 量 の3 割 強 と 言 われて おり 今 後 大 量 に 建 設 された 施 設 の 更 新 に 伴 う 除 却 建 設 行 為 への CO2 や 廃 棄 物 の 排 出 量 対 策 は 重 要 である また 施 設 の 維 持 管 理 に 係 るエネルギー 消 費 量 の 削 減 についても CO2 抑 制 の 観 点 から 一 層 の 取 り 組 みが 求 められている さらに 少 子 高 齢 化 社 会 への 対 応 となるユニバーサルデザインなど 誰 もが 使 いやすい 施 設 の 整 備 や 地 震 や 豪 雨 などの 災 害 に 備 えた 整 備 が 求 められている - 2 -

7 表 1 資 産 の 保 有 状 況 分 類 延 床 面 積 (m2) 施 設 数 一 般 施 設 2,608, % % 学 校 2,477, % % 市 営 住 宅 4,650, % % 計 9,736,078 1,630 延 床 面 積 の 割 合 市 営 住 宅 47.8% 一 般 施 設 26.8% 学 校 25.4% グラフ1 建 設 年 度 別 の 床 面 積 床 面 積 万 m 建 設 年 度 別 既 存 ストック( 床 面 積 ) 建 設 年 度 別 の 割 合 F 1.1% D 25.6% E 9.1% A 11.3% B 21.7% 10 5 C 31.3% 築 30 年 以 上 F 50 年 以 上 E 40 年 以 上 50 年 未 満 D 30 年 以 上 40 年 未 満 C 20 年 以 上 30 年 未 満 B 10 年 以 上 20 年 未 満 A 10 年 未 満 以 前 建 設 年 度 ( 備 考 ) 表 1 グラフ 1 共 通 平 成 19 年 度 末 データによる 企 業 局 は 除 く 倉 庫 車 庫 等 の 小 規 模 な 建 築 物 は 除 く 2. 対 象 施 設 本 市 の 所 有 する 市 営 住 宅 学 校 市 民 利 用 施 設 庁 舎 等 の 建 築 物 及 び 建 物 用 地 並 びに 保 有 する 土 地 を 対 象 とする ただし 企 業 局 は 基 本 方 針 の 対 象 外 とするが 企 業 局 の 施 設 のうち 相 互 に 関 連 する 資 産 については 連 携 をとりその 有 効 活 用 を 進 める - 3 -

8 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 アセットマネジメントの 推 進 にあたっては 時 代 の 大 きな 変 化 に 対 応 していくこと が 必 要 であり 次 の 3 つの 視 点 について 重 点 的 に 取 り 組 んでいくものとする (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保 全 のあり 方 1 既 存 ストックの 有 効 活 用 社 会 が 高 度 成 長 期 から 成 熟 期 へ 移 行 しつつあるなかで 限 られた 財 源 で 施 設 を 整 備 する ためには 施 設 の 集 約 化 再 配 置 長 寿 命 化 など 既 存 ストックの 有 効 活 用 を 図 ることによ り 最 少 の 費 用 で 最 大 の 効 果 を 発 揮 させることが 必 要 である 2 民 間 活 力 の 活 用 行 政 効 率 の 向 上 や 柔 軟 な 財 政 運 営 を 可 能 にするため 民 間 資 金 技 術 等 の 活 用 も 視 野 に 入 れた 整 備 手 法 の 検 討 が 必 要 である (2) 社 会 的 要 請 等 への 対 応 1 環 境 首 都 なごやへの 対 応 名 古 屋 市 は 持 続 可 能 な 社 会 の 形 成 に 向 け 環 境 首 都 なごや の 実 現 を 目 指 している CO2 をはじめとする 温 室 効 果 ガスについては 市 内 の 排 出 総 量 を 平 成 22 年 までに10% 削 減 ( 平 成 2 年 比 較 )することを 目 標 としつつ さらには 2050 年 に 向 け 低 炭 素 でも 快 適 な 都 市 ( 化 石 燃 料 1/5)への 挑 戦 を 掲 げ 先 駆 的 な 取 組 みにチャレンジしている 施 設 の 整 備 においても 建 築 物 の 長 寿 命 化 による 建 設 廃 棄 物 の 削 減 省 エネ 化 や 緑 地 化 の 推 進 によるCO2 排 出 削 減 など 環 境 首 都 なごやの 実 現 に 向 けた 取 り 組 みが 必 要 となって いる またマイカー 利 用 の 抑 制 の 観 点 から 公 共 交 通 機 関 の 利 便 性 を 考 慮 した 施 設 の 再 配 置 に ついて 検 討 する 必 要 がある 2 少 子 高 齢 化 社 会 への 対 応 名 古 屋 市 は 市 民 の 誰 もが 自 由 に 使 いやすい 公 共 建 築 物 を 実 現 するため 建 築 物 の 新 改 築 時 には 福 祉 都 市 環 境 整 備 指 針 や ユニバーサルデザイン 整 備 基 準 に 基 づきバ リアフリーや 多 機 能 トイレの 設 置 などを 実 施 しているが 今 後 は 改 修 時 においてもこれ らの 整 備 基 準 を 適 用 することが 求 められている また 市 民 ニーズの 変 化 や 制 度 変 更 に 対 応 するために 既 存 施 設 の 転 用 など 資 産 の 活 用 を 積 極 的 に 進 めることが 必 要 である 3 災 害 に 強 いまちへの 対 応 名 古 屋 市 は 地 震 や 豪 雨 などの 災 害 に 備 えた 安 全 な 都 市 基 盤 の 整 備 を 推 進 している 今 後 も 災 害 に 強 いまちの 構 築 のため 耐 震 化 や 雨 水 流 出 抑 制 などを 着 実 に 実 施 していく 必 要 がある - 4 -

9 (3) まちづくりとの 連 携 等 1 駅 を 中 心 にしたまちづくり 等 との 連 携 駅 を 中 心 にしたまちづくり 等 と 連 携 し 行 政 サービス 窓 口 等 の 再 配 置 集 約 化 などを 進 める 必 要 がある 2 歴 史 的 建 築 物 の 保 存 重 要 文 化 財 である 歴 史 的 建 築 物 市 本 庁 舎 や 公 会 堂 等 をはじめ 本 市 を 代 表 する 建 築 物 に ついては 積 極 的 に 保 存 を 図 ってゆかなければならない 3 広 域 連 携 による 施 設 の 有 効 活 用 市 設 建 築 物 に 留 まらず 県 有 施 設 国 有 施 設 を 含 めた 公 共 ストックの 有 効 活 用 について 検 討 する 必 要 がある また 近 隣 自 治 体 との 施 設 運 営 整 備 の 連 携 についても 考 慮 する 必 要 がある - 5 -

10 4.アセットマネジメントの 取 り 組 み 先 の 基 本 的 な 視 点 で 掲 げた 3 つの 重 要 な 視 点 を 踏 まえつつ アセットマネジメントで 取 り 組 む 具 体 的 な 手 法 を 次 のようにとりまとめた (1) 市 設 建 築 物 の 長 寿 命 化 1 新 築 または 改 築 にあたっては 原 則 として 建 物 寿 命 を 80 年 以 上 とする 2 既 設 建 築 物 についても 長 寿 命 化 を 実 施 する ア 長 寿 命 化 は 建 物 の 目 標 寿 命 を 80 年 としたリニューアル 改 修 を 基 本 とする イ 施 設 の 劣 化 機 能 不 足 等 陳 腐 化 が 激 しい 場 合 または 施 設 の 存 続 期 間 によっては 長 寿 命 化 に 拠 らないことができる この 場 合 残 存 期 間 に 応 じた 改 修 を 実 施 する 3 歴 史 的 建 造 物 本 市 を 代 表 する 施 設 等 は 保 存 を 行 うために 100 年 以 上 の 超 長 寿 命 化 を 実 施 する 4 新 築 改 築 及 びリニューアル 改 修 時 には 施 設 ごとの 長 期 保 全 計 画 を 作 成 し 計 画 的 な 保 全 を 実 施 する (2) 市 設 建 築 物 の 集 約 化 等 による 再 編 整 備 1 施 設 の 集 約 化 ア 新 築 または 改 築 する 施 設 は 原 則 として 全 庁 横 断 的 に 他 の 施 設 との 集 約 化 を 検 討 実 施 する イ 集 約 化 にあたっては 施 設 の 機 能 統 合 や 共 有 部 分 の 効 率 的 な 配 置 を 図 る また 施 設 のあり 方 検 討 を 踏 まえた 類 似 施 設 の 統 合 等 を 検 討 する ウ 集 約 化 する 場 所 の 選 定 にあたっては まちづくり 施 策 と 連 携 して 規 模 や 形 状 を 考 慮 し つつ 交 通 利 便 性 や 高 度 利 用 のできる 場 所 等 を 検 討 する 2 空 スペースの 有 効 活 用 市 民 ニーズの 変 化 や 制 度 変 更 に 対 応 して 必 要 性 の 低 くなった 施 設 や 不 要 となった 施 設 を 積 極 的 に 転 用 し 有 効 活 用 を 図 る (3) 保 有 資 産 の 適 正 な 活 用 1 土 地 建 物 情 報 をデータベース 化 し 総 合 的 な 観 点 から 資 産 の 把 握 分 析 を 行 い 資 産 保 有 量 の 適 正 化 を 検 討 する 2 保 有 資 産 の 一 層 の 有 効 活 用 のため 土 地 建 物 の 用 途 変 更 貸 付 処 分 を 積 極 的 に 実 施 する 3 施 設 の 改 修 改 築 にあたっては 最 適 な 保 有 水 準 とするため 規 模 の 適 正 化 を 図 る 4 施 設 の 統 廃 合 集 約 化 再 編 整 備 等 により 余 剰 となった 土 地 や 移 転 改 築 の 際 の 跡 地 は 原 則 として 売 却 する (4) 維 持 管 理 の 効 率 化 1 光 熱 水 費 等 の 削 減 施 設 の 維 持 管 理 経 費 のうち 光 熱 水 費 などの 実 態 を 把 握 し 比 較 検 討 し 効 果 的 な 運 用 等 に - 6 -

11 より 経 費 の 削 減 を 図 る 2 省 エネルギーの 推 進 施 設 の 特 性 に 応 じた 省 エネルギー 改 善 を 実 施 する エネルギー 消 費 量 の 高 い 施 設 につい ては ESCO 事 業 等 の 推 進 を 図 る (5) その 他 施 設 の 安 全 性 の 確 保 または 運 営 に 重 大 な 支 障 をきたす 恐 れのあるものの 保 全 を 当 面 の 応 急 措 置 として 実 施 する 5.アセットマネジメントの 進 め 方 アセットマネジメントを 円 滑 に 進 めるために 他 の 施 策 との 連 携 調 整 進 行 管 理 及 び 推 進 体 制 について 次 のようにとりまとめた (1) 各 施 設 のあり 方 検 討 との 連 携 現 在 公 の 施 設 のあり 方 検 討 学 校 における 小 規 模 校 対 策 区 役 所 改 革 の 一 環 としての 区 単 位 事 務 所 のあり 方 検 討 等 各 施 設 のあり 方 検 討 が 行 われている これらの 検 討 結 果 や 施 設 の 見 直 し 方 針 を 基 に 最 適 活 用 方 法 を 検 討 する また 将 来 的 な 維 持 更 新 経 費 に 関 する 課 題 を 提 起 することにより 各 施 設 のあり 方 の 検 討 を 促 していく (2) 進 行 管 理 1 長 期 将 来 経 費 予 測 とアセットマネジメント 実 施 計 画 ア 工 事 費 及 び 維 持 管 理 費 等 の 施 設 に 係 る 経 費 の 長 期 将 来 予 測 等 に 基 づき 施 設 整 備 に 係 るアセットマネジメント 実 施 計 画 を 作 成 する イ アセットマネジメント 実 施 計 画 は 次 期 基 本 計 画 と 整 合 を 図 りつつ 3 年 程 度 を 期 間 として 作 成 し 毎 年 進 行 管 理 を 行 う 2 施 設 整 備 チェックシステムの 導 入 ア 施 設 整 備 要 望 を 把 握 し 評 価 する 施 設 整 備 計 画 書 等 によるチェックシステムを 導 入 する イ 他 施 設 との 集 約 化 や 既 存 施 設 の 活 用 の 可 能 性 等 全 庁 的 な 見 地 から 施 設 整 備 の 効 率 性 や 妥 当 性 等 を 評 価 することによって 効 率 的 な 施 設 整 備 の 推 進 を 図 る 3 施 設 管 理 情 報 (データベースシステム)の 整 備 市 設 建 築 物 の 情 報 を 一 元 化 し 全 体 像 の 把 握 施 設 間 の 比 較 分 析 を 行 うため 施 設 の 基 本 的 な 情 報 と 維 持 管 理 情 報 についてデータベースを 構 築 する (3) アセットマネジメント 推 進 のための 体 制 各 施 設 のあり 方 検 討 との 連 携 アセットマネジメント 実 施 計 画 の 策 定 進 行 管 理 施 設 整 備 チェックシステムの 運 用 などは アセットマネジメント 推 進 組 織 及 び 関 係 局 によって 全 庁 的 に 取 り 組 む - 7 -

12 6.アセットマネジメントの 導 入 効 果 (1) 施 設 整 備 費 の 削 減 効 果 の 試 算 築 後 40 年 で 改 築 とした 場 合 の 将 来 の 施 設 整 備 費 億 円 1,600 1,400 建 物 寿 命 を40 年 とした 場 合 の 施 設 整 備 費 総 費 用 44,900 億 円 その 他 改 修 新 改 築 投 資 的 経 費 + 維 持 補 修 費 2008 年 度 予 算 1,200 1, 長 寿 命 化 した 場 合 の 将 来 の 施 設 整 備 費 億 円 1,600 1,400 長 寿 命 化 した 場 合 の 施 設 整 備 費 (80 年 ) 総 費 用 34,700 億 円 その 他 改 修 R 改 修 新 改 築 投 資 的 経 費 + 維 持 補 修 費 1,200 1, 当 面 は 応 急 保 全 を 重 点 的 に 行 いながら 施 設 の 集 約 化 などの 資 産 の 有 効 活 用 を 図 っていく 今 後 は 老 朽 化 した 施 設 がさらに 多 くなることから 施 設 整 備 費 が 増 加 することが 予 測 される ( 積 算 条 件 等 ) 共 通 事 項 試 算 の 対 象 : 既 存 施 設 を 対 象 として 試 算 し 改 築 等 に 伴 う 施 設 規 模 の 増 減 はないものとした 単 価 : 施 設 種 別 ごとに 過 去 の 実 績 より 設 定 した 経 常 修 繕 費 : 毎 年 の 経 常 修 繕 費 を 含 む 築 後 40 年 で 改 築 した 場 合 試 算 開 始 時 点 で 築 40 年 を 超 える 建 物 試 算 開 始 から 10 年 間 に 分 散 して 改 築 費 を 加 算 した - 長 寿 命 化 した 場 合 建 物 寿 命 とリニューアル 改 修 の 設 定 建 物 寿 命 を 80 年 とし 中 間 時 点 でリニューアル 改 修 を 実 施 する リニューアル 改 修 費 概 ね 改 築 費 の 60% 試 算 開 始 時 点 で 築 40 年 を 超 える 一 般 施 設 の 建 物 試 算 開 始 から 10 年 間 に 分 散 して 一 定 の 改 修 費 を 加 算 した - 8 -

13 施 設 の 長 寿 命 化 を 計 画 的 に 進 めることで ある 程 度 の 工 事 費 の 縮 減 や 平 準 化 は 可 能 である 今 後 長 寿 命 化 した 場 合 築 40 年 で 改 築 した 場 合 と 比 較 すると 約 50 年 間 で 約 1 兆 円 の 削 減 を 試 算 している しかしながら 現 状 の 施 設 整 備 費 とはなお 乖 離 があることから 当 面 は 応 急 保 全 を 重 点 的 に 行 いながら 施 設 の 長 寿 命 化 集 約 化 等 これまで 以 上 に 本 市 の 資 産 の 有 効 活 用 を 図 って いく 将 来 的 には 改 築 や 改 修 に 要 する 経 費 が 増 加 することが 予 想 されるが 長 寿 命 化 などの 取 り 組 みで 対 応 するには 限 界 があることから アセットマネジメントとともに 公 の 施 設 のあり 方 検 討 等 と 連 携 しつつ 全 庁 的 な 取 り 組 みによって 総 保 有 資 産 量 の 適 正 化 を 図 っていくこと が 必 要 となる (2) CO2 削 減 効 果 の 試 算 (リニューアル 改 修 による 効 果 の 試 算 ) 区 役 所 ( 大 規 模 施 設 )と 区 役 所 支 所 ( 小 規 模 施 設 )で 改 築 した 場 合 とリニューアル 改 修 した 場 合 の 工 事 時 における CO2 発 生 量 を 試 算 した 両 施 設 とも 改 築 よりもリニューアル 改 修 の 方 が 大 幅 に CO2 発 生 量 を 抑 制 することが 期 待 でき 大 規 模 な 施 設 ほど 効 果 が 高 いことが 計 算 された リニューアル 改 修 は 設 備 機 器 の 更 新 を 基 本 とするので 施 設 の 生 涯 における CO2 発 生 量 の 改 築 との 差 は 工 事 時 のものとなる 改 築 時 とリニューアル 改 修 工 事 時 のCO2 発 生 量 比 較 CO2 発 生 量 発 生 量 比 較 区 分 改 築 の 場 合 ( 新 築 + 除 却 ) リニューアル 改 修 の 場 合 R 改 修 / 改 築 改 築 -R 改 修 (t-co2) 区 役 所 1,080kg-CO2/m2 360kg-CO2/m2 (10,000 m2) 10,800t-CO2 3,600t-CO2 区 支 所 775kg-CO2/m2 415kg-CO2/m2 (1,500 m2) 1,150t-CO2 610t-CO2 約 1/3 7,200t-CO2 約 1/2 540t-CO2 参 考 市 域 からのCO2 排 出 量 平 成 17 年 度 約 1,650 万 t-co2 / 年 - 9 -

14 Ⅲ 公 共 土 木 施 設 編 本 編 は 先 の 基 本 理 念 に 基 づく 具 体 策 を 公 共 土 木 施 設 を 対 象 にとりまとめる 公 共 土 木 施 設 とは 本 市 の 管 理 する 道 路 河 川 水 路 公 園 の 本 体 構 造 物 及 びそれらを 構 成 す る 建 築 物 を 除 く 全 ての 施 設 をいう 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 (1) 公 共 土 木 施 設 の 現 状 1 総 資 産 保 有 量 とその 内 訳 公 共 土 木 施 設 は 生 活 および 産 業 の 基 盤 となる 施 設 であり 市 民 生 活 や 地 域 の 経 済 活 動 を 支 えてきた 今 後 も 市 民 ニーズの 多 様 化 への 対 応 やサービス 向 上 のため 施 設 建 設 の 需 要 が 見 込 まれており 将 来 にわたって 保 有 する 資 産 が 増 加 していくことが 推 測 できる 本 市 の 公 共 土 木 施 設 の 主 な 資 産 保 有 量 は 橋 りょう 約 900 橋 道 路 面 積 約 52 km 2 水 路 約 1,500 km 公 園 約 1,400 箇 所 となっている( 平 成 20 年 4 月 現 在 )( 表 -1 参 照 ) 2 老 朽 化 が 進 む 公 共 土 木 施 設 本 市 の 公 共 土 木 施 設 の 多 くは 昭 和 40 年 代 以 降 の 高 度 経 済 成 長 期 に 集 中 して 整 備 され たものが 多 く 老 朽 化 が 進 んでいる 橋 りょうの 例 でみると 建 設 年 度 は 昭 和 40 年 代 以 降 急 激 に 整 備 されており 耐 用 年 数 を 60 年 程 度 と 想 定 した 場 合 20 年 後 には 約 3 割 40 年 後 には 約 7 割 が 更 新 時 期 を 迎 えることとなる( 図 -1 図 -2 参 照 ) 表 -1 主 な 公 共 土 木 施 設 資 産 の 保 有 状 況 ( 平 成 20 年 4 月 1 日 現 在 ) 道 路 施 設 橋 りょう 重 要 橋 りょう 数 総 数 437 橋 889 橋 道 路 道 路 実 延 長 道 路 面 積 6,228km 51.7 km 2 道 路 付 属 物 河 川 施 設 街 路 灯 街 路 樹 ( 高 木 ) 95,045 基 105,230 本 水 路 1,467km 河 川 一 二 級 河 川 準 用 河 川 71km ポンプ 施 設 48 施 設 公 園 施 設 公 園 公 園 箇 所 数 公 園 面 積 1,372 箇 所 1,220ha 遊 具 10,604 基 農 業 公 園 公 園 箇 所 数 公 園 面 積 3 箇 所 24ha

15 これまで 更 新 需 要 が 少 なかった 公 共 土 木 施 設 においては 今 後 は 大 きな 更 新 のピークが 集 中 して 到 来 することが 推 測 されている このため 厳 しい 財 政 状 況 下 において 従 来 の 耐 用 年 数 で 施 設 を 更 新 していく 維 持 管 理 手 法 では 必 要 となる 膨 大 な 工 事 費 を 確 保 するこ とは 困 難 であるとともに 将 来 世 代 に 過 大 な 負 担 を 残 すことになる 3 厳 しい 財 政 状 況 における 維 持 管 理 近 年 の 経 済 停 滞 に 伴 い 本 市 も 厳 しい 財 政 状 況 下 におかれている とくに 公 共 事 業 への 予 算 は 年 々 減 少 している また 少 子 高 齢 化 の 進 行 に 伴 い 労 働 人 口 の 減 少 も 予 想 されているなど 今 後 も 厳 しい 財 政 状 況 が 続 くことが 推 測 されている 建 設 数 ( 橋 ) 系 建 設 列 数 2 ストック 系 列 1 数 ス トッ ク 数 橋 ) ( 建 設 年 度 (5か 年 毎 ) 図 -1 重 要 橋 りょうの 建 設 数 とストック 数 の 推 移 51 年 ~ 10% 0~10 年 10% 41~50 年 18% 11~20 年 16% 31~40 年 25% 21~30 年 21% ( 注 ) 重 要 橋 りょう 橋 長 15m 以 上 の 橋 りょう( 人 道 橋 含 む) 跨 線 橋 跨 道 橋 橋 長 15m 未 満 の 緊 急 輸 送 道 路 上 にある 橋 りょう 図 -2 重 要 橋 りょうの 建 設 後 経 過 年 数 別 の 割 合

16 (2) 公 共 土 木 施 設 をとりまく 環 境 1 災 害 に 強 いまちへの 対 応 昨 今 の 異 常 気 象 により 短 時 間 に 極 端 な 雨 が 降 る ゲリラ 豪 雨 や 近 い 将 来 発 生 が 予 測 されている 東 海 東 南 海 地 震 への 対 応 など 災 害 に 強 いまちへの 対 応 が 市 民 から 求 め られている 公 共 土 木 施 設 においては 雨 水 流 出 抑 制 や 耐 震 工 事 などの 対 策 を 行 ってきた が 安 全 な 都 市 基 盤 を 目 指 して 今 後 も 整 備 を 進 めていく 必 要 がある 2 環 境 首 都 なごやへの 対 応 本 市 は 持 続 可 能 な 社 会 の 形 成 に 向 け 環 境 首 都 なごや の 実 現 を 目 指 し 環 境 に 配 慮 し た 公 共 工 事 の 推 進 省 エネ 省 資 源 に 取 り 組 んでおり 今 後 も 継 続 して 取 り 組 んでい かなければならない さらに CO2 をはじめとする 温 室 効 果 ガスの 削 減 に 向 けた 取 組 みが 必 要 となっている 3 少 子 高 齢 化 社 会 への 対 応 少 子 高 齢 化 社 会 を 迎 える 中 で 市 民 の 誰 もが 安 心 安 全 に 施 設 を 利 用 できるよう 公 共 土 木 施 設 についてもバリアフリー 化 など 高 齢 化 社 会 にも 対 応 できる 整 備 を 行 っていく 必 要 がある 4 市 民 への 説 明 責 任 本 市 では これまでの 公 共 施 設 整 備 により 一 定 水 準 のサービスを 市 民 へ 提 供 している 今 後 は 市 民 生 活 の 多 様 化 による 公 共 施 設 への 新 たなニーズへの 対 応 や 提 供 したサービ スに 要 した 投 資 額 などについて わかりやすい 説 明 を 市 民 へ 行 っていく 必 要 がある 2.アセットマネジメントの 導 入 (1) アセットマネジメントの 導 入 公 共 土 木 施 設 においては 前 章 に 挙 げた 背 景 を 踏 まえ 今 後 の 維 持 管 理 のあり 方 として アセットマネジメントを 導 入 することで 維 持 管 理 費 の 平 準 化 および 抑 制 を 図 りながら 社 会 ニーズに 対 応 した 都 市 環 境 を 創 出 する (2) 対 象 施 設 本 市 の 管 理 する 道 路 河 川 水 路 公 園 の 本 体 構 造 物 及 びそれらを 構 成 する 全 ての 施 設 とする ただし 建 築 物 及 びその 付 属 施 設 については 市 設 建 築 物 に 含 まれるものとする

17 3.アセットマネジメントの 取 り 組 み (1) 計 画 的 効 率 的 な 維 持 管 理 1 中 長 期 を 見 据 えた 計 画 的 効 率 的 な 維 持 管 理 へ 転 換 する 2 施 設 の 特 性 に 応 じた 維 持 管 理 区 分 ( 表 -2)を 設 定 し 効 率 的 な 維 持 管 理 を 実 践 する 3 施 設 点 検 やデータ 整 備 による 施 設 情 報 を 一 元 化 管 理 活 用 するシステムを 構 築 する 4 施 設 の 維 持 管 理 経 費 の 見 直 しを 行 い 経 費 の 削 減 に 努 める (2) 公 共 土 木 施 設 の 長 寿 命 化 1 公 共 土 木 施 設 のうち 橋 りょうなどの 大 型 構 造 物 や 劣 化 の 度 合 が 把 握 しやすい 施 設 は 予 防 保 全 を 行 うことで 長 寿 命 化 を 図 る 2 長 寿 命 化 のための 新 技 術 を 導 入 する 環 境 の 整 備 を 進 める (3) 保 有 資 産 の 適 正 な 活 用 1 施 設 運 営 に 必 要 なコストを 把 握 するとともに 保 有 資 産 の 評 価 を 行 い 将 来 必 要 となる 投 資 額 を 明 確 化 することで 資 産 保 有 量 の 適 正 化 を 図 る 2 保 有 資 産 の 一 層 の 有 効 活 用 のため 未 利 用 土 地 等 の 貸 付 売 却 を 効 率 的 に 推 進 する 3 ネーミングライツの 導 入 や 広 告 収 入 の 確 保 により 維 持 管 理 費 の 新 たな 財 源 確 保 に 努 め る (4) 市 民 との 協 働 1 市 民 との 協 働 による 施 設 整 備 運 営 管 理 の 幅 をより 一 層 広 げていくとともに 市 民 と 行 政 の 相 互 理 解 や 共 通 認 識 の 形 成 など 協 働 の 推 進 に 向 けた 環 境 整 備 を 行 う 2 公 共 事 業 の 有 効 性 を 始 め 施 設 の 維 持 管 理 の 成 果 や 利 活 用 状 況 に 関 する 情 報 を 市 民 へ 提 供 する

18 表 -2 維 持 管 理 区 分 区 分 維 持 管 理 手 法 区 分 される 施 設 の 条 件 A. 予 防 維 持 管 理 ( 予 防 保 全 を 基 にし た 維 持 管 理 ) モニタリングや 点 検 を 定 期 的 に 行 う 計 画 的 に 劣 化 が 顕 在 化 する 前 に 補 修 補 強 を 行 う 1 劣 化 が 顕 在 化 した 後 では 対 策 が 困 難 なもの 2 劣 化 が 外 へ 表 れては 困 るも の 3 設 計 耐 用 期 間 が 長 いもの B. 点 検 維 持 管 理 ( 計 画 的 な 点 検 を 基 にした 維 持 管 理 ) C. 観 察 維 持 管 理 ( 目 視 観 察 を 主 体 と した 維 持 管 理 ) 点 検 を 定 期 的 に 行 う 劣 化 損 傷 の 顕 在 化 後 に 補 修 補 強 を 行 う 巡 回 パトロール( 日 常 点 検 ) 等 により 目 視 観 察 を 行 う 劣 化 損 傷 の 顕 在 化 後 の 補 修 補 強 は 行 わ 1 劣 化 が 外 に 表 れてからでも 速 やかに 対 策 がとれるもの 2 劣 化 が 外 へ 表 れても 影 響 が 少 ないもの 1 使 用 できるだけ 使 用 すれば よいもの ず 必 要 時 には 取 替 え 更 新 で 対 応 する 2 劣 化 が 外 に 表 れても 影 響 が 無 いもの 区 分 対 策 実 施 時 期 と 管 理 水 準 のイメージ A. 予 防 維 持 管 理 ( 予 防 保 全 を 基 にした 維 持 管 理 ) ライフサイクルコスト 最 小 化 を めざし 長 寿 命 化 を 図 る 施 設 機 能 の 低 下 を 極 力 防 ぐ 施 設 状 態 更 新 経 年 B. 点 検 維 持 管 理 ( 計 画 的 な 点 検 を 基 にした 維 持 管 理 ) 機 能 低 下 は 許 容 される 水 準 の 範 囲 内 A の 手 法 が 事 実 上 困 難 な 場 合 ( 現 体 制 上 等 ) あるいは A に 比 べコスト 的 に 問 題 がないと 想 定 される 場 合 施 設 状 態 更 新 更 新 C. 観 察 維 持 管 理 ( 目 視 観 察 を 主 体 とした 維 持 管 理 ) 長 寿 命 化 は 考 慮 しない 施 設 機 能 を 失 うまで あるいは 機 能 の 管 理 限 界 まで 施 設 を 使 い 続 ける 現 実 的 に 当 対 策 しかとれない 場 合 あるいは 当 対 策 が 他 に 比 べ コスト 的 に 問 題 がないと 想 定 さ れる 場 合 施 設 状 態 更 新 更 新 更 新 経 年 更 新 経 年

19 4.アセットマネジメントの 進 め 方 (1) 個 別 施 設 維 持 管 理 計 画 の 策 定 個 別 施 設 毎 に その 施 設 の 特 性 に 応 じた 維 持 管 理 計 画 を 策 定 する 維 持 管 理 計 画 では 各 施 設 の 基 本 情 報 や 劣 化 状 態 を 把 握 してデータ 整 備 を 行 うとともに 中 長 期 視 点 に 立 ち 安 全 性 経 済 性 などの 視 点 から 施 設 の 維 持 管 理 目 標 を 設 定 する また 効 率 的 な 予 算 執 行 と 適 正 な 維 持 管 理 を 行 うため 施 設 の 優 先 度 に 応 じた 管 理 水 準 の 設 定 お よび 維 持 補 修 における 優 先 度 の 評 価 方 法 を 設 定 する (2) 公 共 土 木 施 設 全 体 での 最 適 維 持 管 理 計 画 の 策 定 公 共 土 木 施 設 全 体 の 計 画 として 個 別 施 設 維 持 管 理 計 画 を 集 約 し 最 適 維 持 管 理 計 画 を 策 定 する 施 設 全 体 を 把 握 し 厳 しい 財 政 状 況 の 中 で 維 持 管 理 費 の 平 準 化 を 図 るため 個 別 施 設 間 の 維 持 補 修 の 優 先 度 の 評 価 方 法 を 設 定 する 施 設 全 体 から 個 別 施 設 間 の 調 整 を 行 って 必 要 に 応 じ 管 理 水 準 の 見 直 しを 行 う (3) 進 行 管 理 1 個 別 施 設 維 持 管 理 計 画 の 策 定 については 導 入 効 果 の 高 い 施 設 や 市 民 生 活 への 影 響 の 高 い 施 設 から 順 次 着 手 する 当 初 の 取 り 組 みは 橋 りょう 車 道 舗 装 街 路 灯 ポンプ 施 設 流 域 排 水 施 設 河 川 護 岸 遊 具 街 路 樹 とする 2 最 適 維 持 管 理 計 画 および 個 別 施 設 維 持 管 理 計 画 を 基 に 次 期 基 本 計 画 やその 実 施 計 画 と 整 合 を 図 りつつ 計 画 的 に 進 行 管 理 を 行 う 3 財 政 状 況 及 び 社 会 情 勢 等 の 変 化 等 を 的 確 に 把 握 し 中 長 期 予 測 によって 維 持 補 修 の 優 先 度 の 判 定 を 行 う 4 維 持 管 理 更 新 の 実 施 状 況 について 事 後 評 価 を 行 う 5 優 先 度 判 定 や 事 後 評 価 の 結 果 に 基 づき 必 要 に 応 じて 維 持 管 理 計 画 の 修 正 を 行 う (4) 推 進 体 制 最 適 維 持 管 理 計 画 や 個 別 施 設 維 持 管 理 計 画 の 策 定 および 策 定 後 の 進 行 管 理 は 検 討 体 制 を 整 えて 実 施 する (5)スケジュール 平 成 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 22 年 度 以 降 市 局 検 討 開 始 アセットマネジメント 推 進 検 討 委 員 会 データ 整 備 基 本 方 針 個 別 施 設 維 持 管 理 計 画 ( 案 ) 最 適 維 持 管 理 計 画 の 策 定 及 び 実 施

20 ( 参 考 ) 導 入 効 果 の 試 算 アセットマネジメントの 導 入 によって 公 共 土 木 施 設 の 長 寿 命 化 を 計 画 的 に 行 うことにより 維 持 管 理 費 の 平 準 化 や 抑 制 が 可 能 となる 今 後 の 50 年 間 について 従 来 の 耐 用 年 数 で 施 設 を 更 新 する 維 持 管 理 手 法 を 続 けた 場 合 に 必 要 な 費 用 と 施 設 を 最 適 時 期 に 補 修 し 長 寿 命 化 することでライフサイクルコスト 最 小 化 を 図 った 場 合 の 費 用 とを 比 較 し コスト 抑 制 効 果 を 試 算 したところ 最 大 で 約 3,100 億 円 との 結 果 が 得 ら れた 公 共 土 木 施 設 のコスト 抑 制 効 果 試 算 結 果 維 持 管 理 手 法 50 年 間 での 必 要 額 耐 用 年 数 で 施 設 を 更 新 する 維 持 管 理 の 場 合 (A) 約 1 兆 9,600 億 円 施 設 の 長 寿 命 化 を 行 う 場 合 (B) 約 1 兆 6,500 億 円 コスト 抑 制 効 果 (A)-(B) 約 3,100 億 円 コスト 抑 制 効 果 の 施 設 別 内 訳 ( 億 円 ) 施 設 名 抑 制 額 橋 りょう 約 1,500 車 道 舗 装 約 900 街 路 灯 約 230 ポンプ 施 設 約 140 流 域 排 水 施 設 約

21 用 語 の 定 義 アセットマネジメント 建 築 物 道 路 橋 梁 などの 公 共 施 設 を 資 産 (アセット)としてとらえ 財 政 的 制 約 のもとで 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 を 確 保 し 資 産 全 体 の 効 用 を 最 大 化 するための 総 合 的 かつ 戦 略 的 なマネジメント 手 法 のこと ストック 保 有 している 資 産 のこと バリアフリー 体 の 不 自 由 な 人 でも 支 障 なく 活 動 できるような 生 活 環 境 ユニバーサルデザイン データベース リニューアル 改 修 ESCO 事 業 障 害 者 や 高 齢 者 等 も 含 め 誰 もが 使 いやすいように デザインすること コンピューターを 使 って 情 報 や 資 料 を 収 集 分 類 整 理 されたデータの 集 合 建 物 の 構 造 体 は 残 し 機 能 アップを 図 りながら 内 外 装 や 設 備 機 器 の 更 新 改 修 を 行 うもので 改 築 の 代 替 となるもの 施 設 の 省 エネルギーに 関 する 包 括 的 なサービスを 提 供 し それまでの 環 境 を 損 なうことなく 省 エネルギーを 実 施 し 検 証 するもの ESCO 事 業 の ための 経 費 は 省 エネルギーメリットの 一 部 で 賄 う 事 業 改 築 従 前 の 建 築 物 を 取 壊 し 同 じ 用 途 の 建 築 物 を 建 築 すること ( 市 設 建 築 物 ) 新 築 新 規 事 業 に 伴 い 新 たに 建 築 物 を 建 築 すること ( 市 設 建 築 物 ) 集 約 化 福 祉 都 市 環 境 整 備 指 針 ユニバーサルデザイン 整 備 基 準 更 新 ライフサイクルコスト (LCC) 複 数 の 施 設 を 特 定 の 敷 地 または 建 物 に 集 めること 人 にやさしいまち 名 古 屋 を 実 現 するため 福 祉 的 観 点 からのまちづく りの 基 本 理 念 や 福 祉 のまちづくりを 推 進 していくための 具 体 的 な 方 策 及 び 公 共 的 建 築 物 道 路 公 園 公 共 交 通 機 関 等 の 都 市 施 設 を 整 備 する 上 での 標 準 的 な 技 術 的 基 準 について 明 らかにしたもの 市 設 建 築 物 に 対 する 福 祉 都 市 環 境 整 備 指 針 に 基 づいたユニバーサルデザイ ンに 関 する 技 術 的 基 準 既 存 施 設 の 老 朽 化 に 伴 い 従 前 の 施 設 を 取 り 壊 し 新 しい 施 設 を 建 設 整 備 すること ( 公 共 土 木 施 設 ) 構 造 物 にかかる 初 期 投 資 から 運 用 維 持 管 理 に 至 る 総 費 用 LCC= 設 計 コスト+ 建 設 コスト+ 維 持 管 理 コスト

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス 広 島 市 市 営 住 宅 マネジメント 計 画 基 本 方 針 編 ( 素 案 )< 概 要 版 > 平 成 26 年 8 月 広 島 市 住 宅 政 策 課 第 1 章 計 画 の 目 的 等 1 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 一 層 の 高 齢 化 の 進 展 が 見 込 まれること また 高 度 経 済 成 長 期 に 建 設 された 市 営

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 概 況 1 県 が 保 有 又 は 管 理 借 用 する 財 産 の 現 状 と 課 題 3 (1) 財 産 の 現 状 (2) 課 題 2 これまでの 取 組 み 12 (1) 県 有 施 設 の 長 寿 命 化 (2) 県 有 財 産 の 有 効 活 用 (3) 県 有

目 次 はじめに 1 Ⅰ 概 況 1 県 が 保 有 又 は 管 理 借 用 する 財 産 の 現 状 と 課 題 3 (1) 財 産 の 現 状 (2) 課 題 2 これまでの 取 組 み 12 (1) 県 有 施 設 の 長 寿 命 化 (2) 県 有 財 産 の 有 効 活 用 (3) 県 有 山 形 県 県 有 財 産 総 合 管 理 (ファシリティマネジメント) 基 本 方 針 平 成 26 年 12 月 山 形 県 目 次 はじめに 1 Ⅰ 概 況 1 県 が 保 有 又 は 管 理 借 用 する 財 産 の 現 状 と 課 題 3 (1) 財 産 の 現 状 (2) 課 題 2 これまでの 取 組 み 12 (1) 県 有 施 設 の 長 寿 命 化 (2) 県 有 財 産 の 有

More information

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 島 根 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 指 針 平 成 27 年 3 月 島 根 県 < 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 3 長 寿

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A> 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 平 成 26 年 1 月 はじめに 東 京 都 住 宅 供 給 公 社 では 公 社 賃 貸 住 宅 ストック 活 用 に 重 点 を 置 いた 事 業 展 開 に 向 けて 建 替 え 等 によるストック 更 新 を 計 画 的 に 推 進 するため 平 成 15 年 5 月 に 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 を

More information

琵琶湖流域下水道

琵琶湖流域下水道 琵 琶 湖 流 域 下 水 道 ストックマネジメントガイドライン 概 要 版 平 成 21 年 7 月 滋 賀 県 琵 琶 湖 環 境 部 下 水 道 課 はじめに 我 が 国 のインフラの 多 くは 戦 後 の 高 度 経 済 成 長 期 に 整 備 され 現 在 では 膨 大 なストックを 有 するに 至 っている それらのストックは 年 々 劣 化 し 修 繕 や 改 築 のコストの 増 大

More information

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制

2. 上 尾 市 における 公 共 施 設 マネジメントの 原 則 公 共 建 築 物 (ハコモノ)における 原 則 施 設 の 複 合 化 や 多 機 能 化 及 び 更 新 の 際 に 必 要 とされる 機 能 の 峻 別 と 補 完 により 総 量 を 縮 減 し 新 規 整 備 は 抑 制 第 3 章 公 共 施 設 マネジメントの 方 針 1. 現 状 や 課 題 に 関 する 基 本 認 識 上 尾 市 が 置 かれている 人 口 や 財 政 などの 現 状 を 踏 まえると 公 共 施 設 等 をこれまでと 同 じ 規 模 や 手 法 で 整 備 維 持 管 理 していくことは 現 実 的 ではありません 公 共 建 築 物 の 更 新 費 用 予 測 から 建 替 えや 大 規

More information

新 宿 区 施 設 白 書 新宿区施設白書 平成 28 年 3 月 新 宿 区 宿 区 平 成 二 十 八 年 三 月 新 目 次 序 章 施 設 白 書 について 第 1 節 施 設 白 書 作 成 の 背 景 3 第 2 節 新 宿 区 基 本 構 想 総 合 計 画 実 行 計 画 4 第 3 節 施 設 白 書 の 内 容 と 構 成 6 第 1 章 新 宿 区 の 概 要 第 1 節 区

More information

Microsoft Word - chojumyou.doc

Microsoft Word - chojumyou.doc 香 川 県 県 有 建 物 長 寿 命 化 指 針 月 香 川 県 目 次 はじめに 長 寿 命 化 指 針 策 定 の 背 景 () 県 有 建 物 の 建 築 経 過 数 等 の 現 状 () 県 有 建 物 の 改 修 修 繕 の 現 状 長 寿 命 化 の 必 要 性 () 基 本 的 な 考 え 方 () 長 寿 命 化 に 伴 う 効 果 予 測 長 寿 命 化 指 針 の 策 定 目

More information

【行革委】資料5 アセットマネジメント

【行革委】資料5 アセットマネジメント アセットマネジメントの 推 進 について 資 料 公 共 土 木 施 設 本 県 における 主 な 社 会 インフラ 高 度 経 済 成 長 期 に 集 中 的 に 整 備 された 橋 梁 やトンネル 河 川 砂 防 港 湾 施 設 など 社 会 インフラの 老 朽 化 が 進 行 橋 梁 トンネルの 老 朽 化 の 現 状 県 管 理 の 橋 梁,39 橋 のうち 建 設 後 年 を 経 過 したものが

More information

坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 目 次 はじめに~ 計 画 の 位 置 付 け 1 第 Ⅰ 章 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 基 本 方 針 1 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 導 入 の 背 景 ( 本 市 の 現 状 と 課 題 ) 2 (

坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 目 次 はじめに~ 計 画 の 位 置 付 け 1 第 Ⅰ 章 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 基 本 方 針 1 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 導 入 の 背 景 ( 本 市 の 現 状 と 課 題 ) 2 ( 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネシ メント 計 画 2015( 平 成 27) 年 4 月 坂 戸 市 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 目 次 はじめに~ 計 画 の 位 置 付 け 1 第 Ⅰ 章 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 基 本 方 針 1 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 導 入 の 背 景 ( 本 市 の 現 状 と 課 題 )

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

はじめに 21 世 紀 の 文 京 区 の 新 しいま ち づ く り の 核 と な り 区 民 が 誇 り と 愛 着 を 持 つことができる 文 京 区 のシンボルとして 建 設 さ れ た シ ビ ッ ク セ ン タ ー は 区 民 サービス 活 動 の 一 大 拠 点 と し て ま た

はじめに 21 世 紀 の 文 京 区 の 新 しいま ち づ く り の 核 と な り 区 民 が 誇 り と 愛 着 を 持 つことができる 文 京 区 のシンボルとして 建 設 さ れ た シ ビ ッ ク セ ン タ ー は 区 民 サービス 活 動 の 一 大 拠 点 と し て ま た 文 京 シビックセンター 改 修 方 針 平 成 26 年 3 月 はじめに 21 世 紀 の 文 京 区 の 新 しいま ち づ く り の 核 と な り 区 民 が 誇 り と 愛 着 を 持 つことができる 文 京 区 のシンボルとして 建 設 さ れ た シ ビ ッ ク セ ン タ ー は 区 民 サービス 活 動 の 一 大 拠 点 と し て ま た 災 害 時 に お け る 防 災

More information

Microsoft Word - 0300第3章中表紙.doc

Microsoft Word - 0300第3章中表紙.doc 第 3 章 公 共 建 築 物 維 持 保 全 計 画 第 3 章 公 共 建 築 物 維 持 保 全 計 画 1 計 画 の 目 的 と 位 置 付 け 本 計 画 は, 公 共 建 築 物 の 現 状 と 維 持 保 全 の 課 題 を 踏 まえ, 公 共 建 築 物 の 長 寿 命 化 や ライフサイクルコストの 縮 減 を 基 本 に, 安 全 かつ 良 好 な 状 態 で 維 持 保 全

More information

第 2 章 人 口 面 積 財 政 の 状 況 1 人 口 及 び 年 齢 構 成 の 変 化 本 市 の 人 口 は 新 市 誕 生 時 の 将 来 推 計 を 超 える 勢 いで 増 加 していますが 第 2 次 総 合 計 画 策 定 時 の 人 口 推 計 ( 中 位 推 計 )では 平 成

第 2 章 人 口 面 積 財 政 の 状 況 1 人 口 及 び 年 齢 構 成 の 変 化 本 市 の 人 口 は 新 市 誕 生 時 の 将 来 推 計 を 超 える 勢 いで 増 加 していますが 第 2 次 総 合 計 画 策 定 時 の 人 口 推 計 ( 中 位 推 計 )では 平 成 第 1 章 作 成 の 経 緯 と 視 点 1. 作 成 の 経 緯 本 市 では 新 市 建 設 計 画 に 基 づき 公 共 施 設 等 の 整 備 を 進 めてきた 一 方 で 公 共 施 設 の 適 正 配 置 等 に 関 する 基 本 計 画 を 策 定 し 公 共 施 設 の 適 正 配 置 有 効 活 用 に 取 り 組 んできました また 国 から 各 地 方 公 共 団 体 に 対

More information

annaka

annaka 序 章 計 画 のあらまし 1 計 画 の 目 的 と 位 置 づけ 1) 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 (1) 背 景 近 年 の 急 速 な 少 子 高 齢 化 の 進 展 人 口 減 少 社 会 の 到 来 を 踏 まえ 平 成 18 年 6 月 現 在 及 び 将 来 における 国 民 の 豊 かな 住 生 活 を 実 現 するため 住 生 活 基 本 法 が 制 定 され 同 年

More information

コンクリートの 中 性 化 試 験 コンクリートのアルカリ 性 は 内 部 の 鉄 筋 が 錆 びるのを 防 いでいます 時 間 の 経 過 と ともにコンクリートの 表 面 から 徐 々にアルカリ 性 が 失 われ 鉄 筋 の 位 置 まで 中 性 化 が 進 行 すると 一 般 的 には 鉄 筋

コンクリートの 中 性 化 試 験 コンクリートのアルカリ 性 は 内 部 の 鉄 筋 が 錆 びるのを 防 いでいます 時 間 の 経 過 と ともにコンクリートの 表 面 から 徐 々にアルカリ 性 が 失 われ 鉄 筋 の 位 置 まで 中 性 化 が 進 行 すると 一 般 的 には 鉄 筋 平 成 22 年 度 構 造 体 耐 久 性 調 査 について 1. 経 緯 と 目 的 本 市 においては 施 設 の 有 効 活 用 効 率 的 な 維 持 管 理 施 設 更 新 需 要 の 平 準 化 などに 取 り 組 むため 平 成 20 年 度 に 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 を 策 定 しました 従 来 市 設 建 築 物 では 概 ね 築 30 年 から40

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

目 次 1.はじめに 学 校 施 設 の 現 状 (1) 学 校 施 設 の 現 状 (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業 創 意 ある 教

目 次 1.はじめに 学 校 施 設 の 現 状 (1) 学 校 施 設 の 現 状 (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業 創 意 ある 教 中 野 区 立 小 中 学 校 施 設 整 備 計 画 平 成 26 年 10 月 中 野 区 教 育 委 員 会 目 次 1.はじめに... - 1-2. 学 校 施 設 の 現 状... - 1 - (1) 学 校 施 設 の 現 状... - 1 - (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過... - 2-1 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業... - 2-2 創

More information

220831

220831 大 阪 府 道 路 公 社 中 期 経 営 計 画 平 成 28 年 度 ~30 年 度 平 成 28 年 3 月 大 阪 府 道 路 公 社 目 次 はじめに Ⅰ. 公 社 の 経 営 の 現 状 と 課 題 2 1. 路 線 の 概 要 2 2. 公 社 の 経 営 の 現 状 6 3. 公 社 の 経 営 の 課 題 9 Ⅱ. 公 社 の 経 営 改 善 に 向 けた 今 後 の 取 り 組

More information

写 真 は 機 械 室 ( 受 水 槽 とポンプ 設 備 ( 上 )) 電 気 室 ( 受 変 電 設 備 ( 下 )) 72

写 真 は 機 械 室 ( 受 水 槽 とポンプ 設 備 ( 上 )) 電 気 室 ( 受 変 電 設 備 ( 下 )) 72 3 第 章 この 章 の 要 点 施 設 の 改 築 改 修 経 費 1 平 成 22 年 ごろから 建 築 後 5 年 の 耐 用 年 数 を 迎 える 施 設 が 増 えてきます 2 小 中 学 校 の 耐 震 改 修 工 事 は 改 築 対 象 になったもの 以 外 は 平 成 24 年 度 に 完 了 する 予 定 です 3 小 中 学 校 の 改 築 経 費 を 想 定 すると 平 成 21

More information

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光 長 期 計 画 起 草 委 員 会 配 付 資 料 一 覧 平 成 21 年 10 月 11 日 資 料 名 備 考 第 1 回 1 小 金 井 市 長 期 計 画 起 草 委 員 会 設 置 要 綱 (9 月 12 日 ) 2 素 案 の 骨 格 を 考 える 上 での 各 項 目 の 要 約 (キーワード) 三 橋 委 員 第 4 次 小 金 井 市 基 本 構 想 ( 素 案 ) 前 半 についての

More information

目 次 整 備 方 針 の 策 定 目 的 P1 公 民 館 の 現 状 P2~P4 1 公 民 館 の 施 設 概 要 P2~P3 2 施 設 の 老 朽 化 について P3 3 公 民 館 の 耐 震 化 について P3 4 施 設 の 利 便 性 について P3~P4 公 民 館 整 備 の

目 次 整 備 方 針 の 策 定 目 的 P1 公 民 館 の 現 状 P2~P4 1 公 民 館 の 施 設 概 要 P2~P3 2 施 設 の 老 朽 化 について P3 3 公 民 館 の 耐 震 化 について P3 4 施 設 の 利 便 性 について P3~P4 公 民 館 整 備 の 津 山 市 公 民 館 整 備 方 針 平 成 25 年 4 月 津 山 市 津 山 市 教 育 委 員 会 目 次 整 備 方 針 の 策 定 目 的 P1 公 民 館 の 現 状 P2~P4 1 公 民 館 の 施 設 概 要 P2~P3 2 施 設 の 老 朽 化 について P3 3 公 民 館 の 耐 震 化 について P3 4 施 設 の 利 便 性 について P3~P4 公 民 館 整

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63> 前 橋 住 生 活 基 本 計 画 概 要 版 平 成 24 年 3 月 前 橋 序 -1 計 画 策 定 の 背 景 目 的 少 子 高 齢 化 が 進 み 価 値 観 やライフスタイルが 多 様 化 する 中 で 人 々が 安 全 に 安 心 して 暮 らし 真 の 豊 かさを 享 受 できる 社 会 を 築 いていくことが 求 められています そうした 中 で 住 宅 施 策 は 住 生 活

More information

目 次 はじめに... 1 1. 背 景 と 目 的... 1 2. 計 画 の 位 置 づけ... 1 3. 計 画 期 間... 1 4. 計 画 の 対 象... 2 Ⅰ 公 共 施 設 等 の 現 状 と 課 題... 3 1. 本 市 の 現 状... 3 2. 公 共 施 設 の 現 状

目 次 はじめに... 1 1. 背 景 と 目 的... 1 2. 計 画 の 位 置 づけ... 1 3. 計 画 期 間... 1 4. 計 画 の 対 象... 2 Ⅰ 公 共 施 設 等 の 現 状 と 課 題... 3 1. 本 市 の 現 状... 3 2. 公 共 施 設 の 現 状 志 木 市 公 共 施 設 等 マネジメント 戦 略 ( 志 木 市 公 共 施 設 等 総 合 管 理 計 画 ) 平 成 27 年 8 月 志 木 市 目 次 はじめに... 1 1. 背 景 と 目 的... 1 2. 計 画 の 位 置 づけ... 1 3. 計 画 期 間... 1 4. 計 画 の 対 象... 2 Ⅰ 公 共 施 設 等 の 現 状 と 課 題... 3 1. 本 市

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

目 次 1 はじめに 1 (1) 施 設 が 抱 える 諸 問 題 (2) 交 付 税 合 併 算 定 替 えの 終 了 (3) ファシリティマネジメントへの 取 組 2 方 針 における3つの 改 革 2 3 実 施 方 法 3 (1) 公 共 施 設 FM 基 本 計 画 の 策 定 (2) 公

目 次 1 はじめに 1 (1) 施 設 が 抱 える 諸 問 題 (2) 交 付 税 合 併 算 定 替 えの 終 了 (3) ファシリティマネジメントへの 取 組 2 方 針 における3つの 改 革 2 3 実 施 方 法 3 (1) 公 共 施 設 FM 基 本 計 画 の 策 定 (2) 公 秩 父 市 公 共 施 設 ファシリティマネジメント 方 針 及 び 基 本 計 画 平 成 24 年 1 月 秩 父 市 目 次 1 はじめに 1 (1) 施 設 が 抱 える 諸 問 題 (2) 交 付 税 合 併 算 定 替 えの 終 了 (3) ファシリティマネジメントへの 取 組 2 方 針 における3つの 改 革 2 3 実 施 方 法 3 (1) 公 共 施 設 FM 基 本 計 画

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

目 次 はじめに... 1 1 方 針 の 策 定 について... 2 2 公 共 施 設 の 現 況 と 課 題... 人 口 の 推 移... 8 ⑴ 将 来 推 計 人 口... 8 ア 日 本 の 総 人 口 の 推 移... 8 イ 島 本 町 の 人 口 推 移 と 将 来 推 計...

目 次 はじめに... 1 1 方 針 の 策 定 について... 2 2 公 共 施 設 の 現 況 と 課 題... 人 口 の 推 移... 8 ⑴ 将 来 推 計 人 口... 8 ア 日 本 の 総 人 口 の 推 移... 8 イ 島 本 町 の 人 口 推 移 と 将 来 推 計... 島 本 町 公 共 施 設 適 正 化 基 本 方 針 ( 案 ) 平 成 2 月 島 本 町 目 次 はじめに... 1 1 方 針 の 策 定 について... 2 2 公 共 施 設 の 現 況 と 課 題... 人 口 の 推 移... 8 ⑴ 将 来 推 計 人 口... 8 ア 日 本 の 総 人 口 の 推 移... 8 イ 島 本 町 の 人 口 推 移 と 将 来 推 計... 9

More information

(3) 建 築 物 の 耐 用 年 数 の 考 え 方 と 学 校 官 舎 の 参 考 耐 用 年 数 1 建 築 物 の 耐 用 年 数 の 考 え 方 建 築 物 の 耐 用 年 数 には 機 能 的 耐 用 年 数 法 定 耐 用 年 数 経 済 的 耐 用 年 数 物 理 的 耐 用 年 数

(3) 建 築 物 の 耐 用 年 数 の 考 え 方 と 学 校 官 舎 の 参 考 耐 用 年 数 1 建 築 物 の 耐 用 年 数 の 考 え 方 建 築 物 の 耐 用 年 数 には 機 能 的 耐 用 年 数 法 定 耐 用 年 数 経 済 的 耐 用 年 数 物 理 的 耐 用 年 数 8 総 合 的 かつ 管 理 に 関 する 方 針 マスタープランに 掲 げる 今 後 の 施 設 整 備 に 向 けた 基 本 方 針 及 びそれに 基 づく3つの 未 来 志 向 の 公 共 施 設 マネジメント 方 針 をもとに 公 共 施 設 の 総 合 的 かつ 管 理 を 推 進 実 践 していくため の 実 施 方 針 を 定 めます 8-1 構 造 別 の 目 標 耐 用 年 数 について

More information

( 目 次 ) 1. 指 針 の 目 的 と 効 果 1 (1) 指 針 の 目 的 (2) 施 設 の 長 寿 命 化 (3) 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 2. 長 寿 命 化 の 目 標 と 施 設 の 機 能 3 (1) 耐 用 年 数 ( 寿 命 )の 考 え 方 (2) 目 標 使

( 目 次 ) 1. 指 針 の 目 的 と 効 果 1 (1) 指 針 の 目 的 (2) 施 設 の 長 寿 命 化 (3) 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 2. 長 寿 命 化 の 目 標 と 施 設 の 機 能 3 (1) 耐 用 年 数 ( 寿 命 )の 考 え 方 (2) 目 標 使 青 森 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 指 針 平 成 20 年 3 月 県 土 整 備 部 建 築 住 宅 課 総 務 部 財 産 管 理 課 ( 目 次 ) 1. 指 針 の 目 的 と 効 果 1 (1) 指 針 の 目 的 (2) 施 設 の 長 寿 命 化 (3) 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 2. 長 寿 命 化 の 目 標 と 施 設 の 機 能 3 (1) 耐 用 年 数

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他 インフラ 長 寿 命 化 基 本 計 画 平 成 25 年 11 月 インフラ 老 朽 化 対 策 の 推 進 に 関 する 関 係 省 庁 連 絡 会 議 目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割

More information

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330>

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330> 門 真 営 住 宅 長 寿 命 化 計 画 平 成 22 年 3 月 門 真 はじめに 門 真 では 平 成 22 年 3 月 現 在 487 戸 の 営 住 宅 を 管 理 しており これらの 住 宅 ストックを 良 好 な 社 会 的 資 産 として 有 効 に 活 用 していくことは 極 めて 重 要 な 課 題 である 本 では 昭 和 20~30 年 代 に 建 設 された 木 造 営

More information

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について ( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 9 月 あ き る 野 市 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について( 中 間 報 告 ) 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 中 間 報 告 1 定 住 促 進 について 1 (1) 今 後 の 人 口 推 移 について 1 図 1: 後 期 基 本 計 画 による 人

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

<4D F736F F D DC58F4994C5816A8AC B E646F63>

<4D F736F F D DC58F4994C5816A8AC B E646F63> 静 岡 県 土 木 施 設 長 寿 命 化 計 画 下 水 道 管 路 ガイドライン 平 成 21 年 3 月 建 設 部 都 市 局 生 活 排 水 室 はじめに 本 ガイドラインは 静 岡 県 土 木 部 ( 当 時 )が 平 成 15 年 度 にとりまとめた 土 木 施 設 長 寿 命 化 行 動 方 針 ( 案 ) を 受 け 県 が 管 理 している 流 域 下 水 道 幹 線 をはじめとする

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 では 学 校 施 設 が 子 どもの 命 を 守 っただ けでなく 多 くの 施 設 が 避 難 所 としても 機 能 しました 学 校 は 地 域 のコミュニティの 中 心 であり 防 災 拠 点 の 役 割

はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 では 学 校 施 設 が 子 どもの 命 を 守 っただ けでなく 多 くの 施 設 が 避 難 所 としても 機 能 しました 学 校 は 地 域 のコミュニティの 中 心 であり 防 災 拠 点 の 役 割 学 校 施 設 整 備 計 画 ( 第 3 次 ) 丹 波 市 立 新 井 小 学 校 完 成 予 想 図 丹 波 市 教 育 委 員 会 丹 波 市 建 設 部 はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 では 学 校 施 設 が 子 どもの 命 を 守 っただ けでなく 多 くの 施 設 が 避 難 所 としても 機 能 しました 学 校 は 地 域

More information

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告 資 料 1 建 替 え 関 連 書 式 1. 参 考 様 式 (1) 建 替 え 決 議 の 手 続 きに 関 わる 書 式 書 式 1-1 建 替 え 決 議 集 会 招 集 通 知 書 ( 説 明 会 開 催 通 知 書 と 併 せた 場 合 ) A... 資 1~3 書 式 1-2 議 決 権 行 使 書 ( 建 替 え 決 議 ) A... 資 4 書 式 1-3 議 決 権 行 使 者 選

More information

目 次 1 計 画 導 入 に 至 る 背 景 1 (1) 県 人 口 の 動 向 1 (2) 財 政 状 況 3 (3) 職 員 数 の 推 移 3 (4) 普 通 建 事 業 費 維 持 修 繕 費 の 推 移 4 2 県 有 施 の 現 状 と 課 題 5 (1) 県 有 施 の 現 状 5

目 次 1 計 画 導 入 に 至 る 背 景 1 (1) 県 人 口 の 動 向 1 (2) 財 政 状 況 3 (3) 職 員 数 の 推 移 3 (4) 普 通 建 事 業 費 維 持 修 繕 費 の 推 移 4 2 県 有 施 の 現 状 と 課 題 5 (1) 県 有 施 の 現 状 5 県 有 施 の 中 長 期 修 繕 計 画 ~ 中 長 期 修 繕 経 費 の 推 計 ~ 県 有 資 産 マネジメント 検 討 委 員 会 1 目 次 1 計 画 導 入 に 至 る 背 景 1 (1) 県 人 口 の 動 向 1 (2) 財 政 状 況 3 (3) 職 員 数 の 推 移 3 (4) 普 通 建 事 業 費 維 持 修 繕 費 の 推 移 4 2 県 有 施 の 現 状 と 課

More information

Microsoft PowerPoint - 090908 ③検討会資料.ppt

Microsoft PowerPoint - 090908 ③検討会資料.ppt 県 営 住 宅 耐 震 性 確 保 策 等 検 討 委 員 会 ( 第 3 回 ) 1 前 回 宿 題 事 項 ( 土 地 の 利 用 状 況 の 追 加 説 明 等 ) 及 び 事 業 シミュレーションについて 2 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 策 定 について 3 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 の 策 定 について 平 成 21 年 9 月 徳 島 県 県 土 整

More information

平成23年度税制改正について

平成23年度税制改正について 日 医 発 第 896 号 ( 年 税 48) 平 成 2 2 年 1 2 月 2 2 日 都 道 府 県 医 師 会 長 殿 日 本 医 師 会 長 原 中 勝 征 平 成 23 年 度 税 制 改 正 について 去 る12 月 16 日 平 成 23 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されまし た の で 平 成 23 年 度 税 制 改 正 についてご 報 告 申 し 上 げます

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031957B92868E7382CC8DE096B18F94955C8169955C8E86816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031957B92868E7382CC8DE096B18F94955C8169955C8E86816A2E646F6378> 府 中 市 の 財 務 諸 表 ( 平 成 2 年 度 決 算 ) 広 島 県 府 中 市 平 成 22 年 3 月 は じ め に 今 日 わが 国 全 体 の 財 政 状 況 は 危 機 的 状 況 にあるといわれる 中 で 公 会 計 について 現 在 の 現 金 主 義 による 財 務 情 報 に 加 え 資 産 債 務 の 現 状 とその 推 移 などの 情 報 を 国 が 示 した 統

More information

(案)

(案) 高 知 市 新 庁 舎 建 設 基 本 方 針 平 成 24 年 3 月 高 知 市 はじめに 1 1. 庁 舎 の 現 状 と 課 題 ⑴ 現 状 と 課 題 2 ⑵ 高 知 市 南 海 地 震 対 策 中 長 期 計 画 における 位 置 づけ 3 2. 本 庁 舎 建 て 替 えの 必 要 性 4 3. 建 設 位 置 5 4. 現 在 地 での 新 庁 舎 整 備 について ⑴ 新 庁 舎

More information

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準 建 築 設 計 業 務 等 積 算 基 準 平 成 28 年 4 月 1 日 沖 縄 県 土 木 建 築 部 目 次 第 1 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 基 準 1 第 2 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 要 領 3 第 1 節 総 則 3 第 2 節 業 務 人 時 間 数 の 算 定 方 法 5 第 3 節 対 象 外 業 務 率 の

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

(1) 再 々 開 発 を 行 う 際 の 施 行 区 域 要 件 ( 都 市 再 開 発 法 第 3 条 第 3 号 要 件 )について 再 開 発 ビルは 1 権 利 者 ( 区 分 所 有 者 )が 多 数 存 在 することや 2 複 合 用 途 で 構 成 されていること また 3 地 上

(1) 再 々 開 発 を 行 う 際 の 施 行 区 域 要 件 ( 都 市 再 開 発 法 第 3 条 第 3 号 要 件 )について 再 開 発 ビルは 1 権 利 者 ( 区 分 所 有 者 )が 多 数 存 在 することや 2 複 合 用 途 で 構 成 されていること また 3 地 上 市 街 地 再 開 発 事 業 の 今 後 の 展 開 に 関 する 検 討 会 ワーキンググループにおける 検 討 概 要 目 的 再 開 発 ビルの 再 生 ( 建 替 え リニューアル 等 )について 具 体 地 区 における 課 題 を 洗 い 出 し 必 要 な 方 策 等 について 検 討 を 行 うとともに 必 要 に 応 じて 国 に 制 度 提 案 等 を 行 う 検 討 地 区

More information

福 知 山 市 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 平 成 3 年 3 月 平 成 4 年 3 月 ( 第 1 回 変 更 ) 福 知 山 市 は じ め に 本 市 の 公 営 住 宅 の 管 理 と 活 用 については 平 成 18 年 1 月 の 1 市 3 町 の 合 併 また 同 年 6 月 の 住 生 活 基 本 法 の 制 定 を 受 けて 策 定 した 概 ね 1 年 を

More information

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長 高 速 道 路 の 計 画 的 更 新 と 料 金 徴 収 期 間 の 延 長 道 路 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 村 田 和 彦 1.はじめに 我 が 国 においては 昭 和 30 年 代 に 入 ると 経 済 規 模 の 拡 大 に 伴 い 自 動 車 交 通 が 激 増 し 高 速 交 通 のための 高 規 格 の 道 路 に 対

More information

資料3-2基本計画実施状況(案) 5.生活環境 1/3

資料3-2基本計画実施状況(案) 5.生活環境 1/3 5. 生 活 環 境 (1) 住 宅 の 確 保 5-(1)-1 公 営 住 宅 を 新 たに 整 備 する 際 にはバリアフリー 対 応 を 原 則 とするとともに, 既 存 の 公 営 住 宅 のバリアフリー 化 改 修 を 促 進 し, 障 害 者 向 けの 公 共 賃 貸 住 宅 の 供 給 を 推 進 する ま た, 障 害 者 に 対 する 優 先 入 居 の 実 施 や 単 身 入 居

More information

震災予防計画

震災予防計画 第 5 編 第 1 節 概 要 第 5 編 広 域 応 援 編 第 1 節 概 要 1 都 6 県 と 県 境 を 接 する 本 県 は 関 東 の 中 央 に 位 置 し さいたま 新 都 心 には 国 の 行 政 機 関 等 が 集 積 してい5つの 高 速 道 路 と 主 要 国 道 が 縦 横 に 設 けられ 東 北 や 上 信 越 から 首 都 への 玄 関 口 でもあ 首 都 圏 同 時

More information

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計 山 口 県 港 湾 施 設 維 持 管 理 点 検 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 8 月 山 口 県 土 木 建 築 部 港 湾 課 目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の 平 成 22 年 度 決 算 行 田 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 平 成 24 年 3 月 行 田 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体

More information

C) 長 寿 命 化 と 保 全 費 用 (ア) 他 市 の 事 例 寿 命 年 数 ( 年 ) 自 治 体 そ 学 住 の 校 宅 他 川 崎 市 通 常 長 寿 命 化 保 全 費 ( 億 円 ) 寿 命 年 数 ( 年 ) 保 全 費 ( 億 円 ) 年 平 均 そ 学

C) 長 寿 命 化 と 保 全 費 用 (ア) 他 市 の 事 例 寿 命 年 数 ( 年 ) 自 治 体 そ 学 住 の 校 宅 他 川 崎 市 通 常 長 寿 命 化 保 全 費 ( 億 円 ) 寿 命 年 数 ( 年 ) 保 全 費 ( 億 円 ) 年 平 均 そ 学 資 料 2-1 長 寿 命 化 について A) 施 設 の 耐 用 年 数 について (ア) 減 価 償 却 資 産 の 耐 用 年 数 については 国 税 庁 から 下 表 のように 公 表 されており 耐 用 年 数 としての 基 準 と 考 えることが 出 来 る 減 価 償 却 資 産 の 耐 用 年 数 表 ( 国 税 庁 )より 抜 粋 鉄 骨 鉄 筋 コンクリート 造 鉄 筋 事 務

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A97708140967B95B681408C9A927A90DD8C76939988CF91F597BF8E5A92E88AEE8F805F31353034303189FC92F95F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A97708140967B95B681408C9A927A90DD8C76939988CF91F597BF8E5A92E88AEE8F805F31353034303189FC92F95F2E646F63> 建 築 設 計 等 委 託 料 算 定 基 準 平 成 27 年 4 月 静 岡 県 経 営 管 理 部 建 築 設 計 等 委 託 料 算 定 基 準 1 総 則 この 基 準 は 県 が 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業 務 ( 以 下 設 計 等 の 業 務 という )を 委 託 に 付

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 表紙1.ppt

Microsoft PowerPoint - 資料2 表紙1.ppt 資 料 2 東 京 大 学 の 施 設 を 取 り 巻 く 現 状 と 課 題 平 成 21 年 3 月 2 日 国 立 大 学 法 人 東 京 大 学 総 長 特 任 補 佐 磯 部 雅 彦 目 次 Ⅰ. 東 京 大 学 における 第 2 次 緊 急 整 備 計 画 5か 年 計 画 の 達 成 状 況 1. 整 備 実 績 及 び 成 果 1 2.システム 改 革 の 実 績 及 び 成 果 施

More information

Microsoft Word - 修正_本文全体(最新20100209黒字).doc

Microsoft Word - 修正_本文全体(最新20100209黒字).doc 三 島 市 住 宅 マスタープラン 2 章 主 要 課 題 と 施 策 の 方 向 性 住 宅 に 関 する 現 況 データ 将 来 の 需 要 関 連 計 画 を 踏 まえて 住 生 活 に 関 する 主 要 課 題 を 以 下 の ように 整 理 した 2-1 人 口 世 帯 の 現 状 と 課 題 現 状 人 口 は 横 ばいから 減 少 傾 向 へ 移 る 一 方 核 家 族 化 により 平

More information

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 築 関 連 附 帯 業 務 標 準 人 日 数 39 耐 震 診 断 等 関 連 業 務 料 の 具

More information

<926E88E68F5A91EE8C7689E6816990E591E48E7381408356815B8367825081608253816A816993C192E88C7689E6816A2E786C73>

<926E88E68F5A91EE8C7689E6816990E591E48E7381408356815B8367825081608253816A816993C192E88C7689E6816A2E786C73> 社 会 資 本 総 合 整 備 計 画 ( 特 定 計 画 ) 地 域 住 宅 計 画 ( 第 11 回 変 更 ) せ ん だ い ち い き 仙 台 地 域 せんだい 平 成 24 年 1 月 地 域 住 宅 計 画 計 画 の 名 称 仙 台 地 域 都 道 府 県 名 宮 城 県 作 成 主 体 名 計 画 期 間 平 成 17 年 度 ~ 24 年 度 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

2. 検 討 の 視 点 と 対 象 とする 住 宅 団 地 について 住 宅 団 地 の 再 生 とは 住 民 活 動 や 管 理 といったソフトによる 対 応 策 から 建 替 えによ る 更 新 まで 幅 広 い 概 念 を 含 みうるものであるが 本 検 討 会 では 地 域 の 拠 点 と

2. 検 討 の 視 点 と 対 象 とする 住 宅 団 地 について 住 宅 団 地 の 再 生 とは 住 民 活 動 や 管 理 といったソフトによる 対 応 策 から 建 替 えによ る 更 新 まで 幅 広 い 概 念 を 含 みうるものであるが 本 検 討 会 では 地 域 の 拠 点 と 住 宅 団 地 の 再 生 のあり 方 について 取 りまとめ 1. 趣 旨 我 が 国 では 高 度 経 済 成 長 期 以 降 に 都 市 近 郊 を 中 心 に 大 規 模 な 住 宅 団 地 が 供 給 された これらの 中 には 既 に 建 物 や 設 備 の 老 朽 化 が 進 み 建 替 え 改 修 を 含 めた 再 生 を 図 る 必 要 に 迫 られているものも 多 くなっている

More information

Ⅲ. 低 炭 素 循 環 型 社 会 関 連 税 制 1. 省 エネ グリーン 化 の 推 進 1 認 定 省 エネ 住 宅 ( 仮 称 )の 普 及 促 進 のため 以 下 の 措 置 を 創 設 住 宅 ローン 減 税 制 度 の 控 除 対 象 借 入 限 度 額 の 引 き 上 げ(H24

Ⅲ. 低 炭 素 循 環 型 社 会 関 連 税 制 1. 省 エネ グリーン 化 の 推 進 1 認 定 省 エネ 住 宅 ( 仮 称 )の 普 及 促 進 のため 以 下 の 措 置 を 創 設 住 宅 ローン 減 税 制 度 の 控 除 対 象 借 入 限 度 額 の 引 き 上 げ(H24 平 成 24 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 の 概 要 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) Ⅰ. 暮 らしの 安 全 安 心 確 保 関 連 税 制 1. 住 まいの 質 の 向 上 無 理 のない 負 担 での 住 宅 の 確 保 等 1 新 築 住 宅 に 係 る 固 定 資 産 税 の 減 額 措 置 ( 戸 建 て3 年 間 マンション5 年 間 1/2)を2 年 間 延 長 2

More information

<4D F736F F D208AE28CA991F28E7389BA908593B992868AFA E646F63>

<4D F736F F D208AE28CA991F28E7389BA908593B992868AFA E646F63> 岩 見 沢 市 下 水 道 中 期 ビジョン 概 要 書 岩 見 沢 市 水 道 部 下 水 道 課 目 次 1 策 定 にあたって... 1 1.1 下 水 道 中 期 ビジョンとは... 1 1.2 上 位 計 画 との 関 連... 3 1.3 計 画 期 間... 6 2 下 水 道 事 業 の 概 要... 6 2.1 下 水 道 事 業 の 概 要... 6 2.2 下 水 道 事 業

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

1

1 第 3 章 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 3. 大 規 模 修 繕 及 び 建 替 えにかかる 将 来 用 1 将 来 用 試 算 のための 条 件 現 在 市 が 保 有 している 建 物 借 用 物 件 は 除 くについて 将 来 もそのまま 保 有 し 続 け るために 必 要 となる 用 を 試 算 します ア 建 替 えコストの 考 え 方 1 建 替 え

More information

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱 東 京 都 北 区 有 料 老 人 ホーム 設 置 指 導 要 綱 1 8 北 福 健 第 2 1 4 号 平 成 18 年 7 月 20 日 区 長 決 裁 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 北 区 内 において 有 料 老 人 ホームの 事 業 を 計 画 する 者 等 に 対 し 遵 守 すべき 事 項 を 定 め 必 要 な 指 導 及 び 協 力 要 請 を 行 うことにより

More information

ーテーション250 組 簡 易 トイレ テント10 組 を 購 入 しました 佐 世 保 市 地 域 防 災 計 画 に 避 難 行 動 要 支 援 者 名 簿 に 掲 載 する 者 の 要 件 等 の 規 定 を 行 いまし た 更 なる 防 災 意 識 の 高 揚 と 防 災 知 識 を 普 及

ーテーション250 組 簡 易 トイレ テント10 組 を 購 入 しました 佐 世 保 市 地 域 防 災 計 画 に 避 難 行 動 要 支 援 者 名 簿 に 掲 載 する 者 の 要 件 等 の 規 定 を 行 いまし た 更 なる 防 災 意 識 の 高 揚 と 防 災 知 識 を 普 及 (2) 安 全 安 心 なまちト 目 的 (めざす 姿 ) あらゆる 災 害 事 故 等 から 市 民 の 貴 重 な 人 命 と 財 産 を 守 ります 戦 略 的 視 点 と 目 標 東 日 本 大 震 災 の 教 訓 を 踏 まえ 災 害 や 緊 急 事 態 を 想 定 したハード ソフト 両 面 の 防 災 緊 急 対 策 を 講 じるとともに 日 々の 暮 らしにおける 安 全 と 市 民

More information

平 成 28 年 度 各 省 各 庁 営 繕 計 画 書 に 関 する 意 見 書 国 土 交 通 省 総 括 意 見 第 1 章 官 庁 施 設 整 備 等 の 基 本 的 考 え 方 1 計 画 的 な 官 庁 施 設 の 整 備 3 (1) 営 繕 計 画 書 に 関 する 意 見 書 制 度 の 的 確 な 運 用 (2) 合 同 庁 舎 の 整 備 の 推 進 2 官 庁 施 設 の 水

More information

大船渡市における

大船渡市における 陸 前 高 田 市 災 害 公 営 住 宅 供 給 基 本 方 針 平 成 24 年 6 月 岩 手 県 陸 前 高 田 市 目 次 第 1 章 市 内 の 状 況 の 整 理... 1 1-1 被 災 前 の 状 況... 1 (1) 市 の 概 要... 1 1-2 被 災 状 況... 3 (1) 住 宅 被 災 状 況... 3 (2) 復 興 計 画 における 住 宅 整 備 の 位 置

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道 新 規 / 継 続 継 続 管 渠 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 管 理 課 (0)934-963 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 不 管 渠 下 水 道 法 要 綱 等 5-6 下 水 道 整 備 個 別 計 画 下 水 道 中 期 ビジョン あかし 下 水 道 計 画 ガイド 委 託 指 定 管 理

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

<8169826732362D3133816A8D9D8D5D8E738CF68BA48E7B90DD90DD94F58F4391558C7689E62E786477>

<8169826732362D3133816A8D9D8D5D8E738CF68BA48E7B90DD90DD94F58F4391558C7689E62E786477> 狛 江 市 公 共 施 設 設 備 修 繕 計 画 平 成 26 年 6 月 目 次 Ⅰ 狛 江 市 公 共 施 設 設 備 修 繕 計 画 策 定 にあたって 1) 背 景 と 目 的 1 2) 計 画 期 間 及 び 見 直 し 時 期 2 3) 計 画 の 対 象 範 囲 2 Ⅱ 公 共 施 設 の 現 状 1) 公 共 建 築 物 の 概 要 3 2) 公 共 建 築 物 の 推 移 4

More information

船橋市地域住宅計画(第1回変更)様式変更

船橋市地域住宅計画(第1回変更)様式変更 地 域 ( 第 三 期 ) 地 域 住 宅 計 画 ふ な ば し し 平 成 28 年 3 月 ( 第 1 回 変 更 ) 地 域 住 宅 計 画 計 画 の 名 称 地 域 ( 第 三 期 ) 地 域 住 宅 計 画 都 道 府 県 名 千 葉 県 作 成 主 体 名 計 画 期 間 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の 経 緯 及 び 現 況 平 成 27 年 度 ~ 31 年 度 は 東 京

More information

2. 公 共 施 設 マネジメントの 基 本 方 針 本 市 における 公 共 施 設 の 最 適 管 理 にあたっては 以 下 に 示 す 方 針 に 基 づき 取 り 組 んで きます (1) 施 設 の 最 適 化 本 市 が 保 有 してる 施 設 につて 行 政 として 引 き 続 き 施

2. 公 共 施 設 マネジメントの 基 本 方 針 本 市 における 公 共 施 設 の 最 適 管 理 にあたっては 以 下 に 示 す 方 針 に 基 づき 取 り 組 んで きます (1) 施 設 の 最 適 化 本 市 が 保 有 してる 施 設 につて 行 政 として 引 き 続 き 施 第 1 章 公 共 施 設 マネジメントにつて 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性 現 在 国 から 本 市 に 交 付 されてる 普 通 交 付 税 は 合 併 後 10 年 目 となる 平 成 27 年 度 か ら 激 変 緩 和 措 置 により5ヶ 年 をかけて 段 階 的 に 減 額 され 平 成 32 年 度 には 一 本 算 定 となり 現 在 の 普 通 交 付 税 の

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

2013/4/23版

2013/4/23版 桜 の 宮 住 宅 建 替 事 業 (1 期 )の 概 要 資 料 1 1. 事 業 目 的 神 戸 市 では 平 成 22 年 度 に 第 2 次 市 営 住 宅 マネジメント 計 画 を 策 定 し 計 画 的 な 建 替 や 耐 震 改 修 に 取 り 組 んでいる 建 替 対 象 である 桜 の 宮 住 宅 は 管 理 戸 数 2,299 戸 と 大 規 模 団 地 で あることから まちづくりの

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

学校跡地・跡施設利用基本計画(素案)

学校跡地・跡施設利用基本計画(素案) 学 校 跡 地 跡 施 設 利 用 基 本 計 画 平 成 21 年 3 月 高 松 市 目 次 はじめに 1 1 跡 地 跡 施 設 となる 各 学 校 の 施 設 状 況 について 2 2 高 松 市 としての 利 用 構 想 と 各 地 域 からの 要 望 等 3 (1) 高 松 市 としての 利 用 構 想 3 (2) 各 地 域 の 要 望 4 (3) その 他 4 3 学 校 跡 地 跡

More information

資料2-1

資料2-1 下 水 道 と 合 併 処 理 浄 化 槽 の 連 携 事 例 資 料 2-1 平 成 18 年 (2006 年 )1 月 31 日 広 島 市 Ⅰ 市 街 化 区 域 外 の 生 活 排 水 処 理 に 係 る 整 備 方 針 について 1 衛 生 的 で 快 適 な 生 活 環 境 の 実 現 と 良 好 な 水 環 境 の 保 全 を 図 るため 遅 れてい る 市 街 化 区 域 外 の

More information

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若 別 紙 2 工 事 一 時 中 止 ガイドライン Ⅰ 策 定 の 目 的 森 林 整 備 保 全 事 業 の 工 事 の 実 施 において 自 然 的 人 為 的 な 事 象 や 地 元 調 整 各 種 協 議 の 状 況 等 により 準 備 工 本 体 工 事 に 着 手 できない 事 態 や 工 事 の 施 工 途 中 で 中 断 を 余 儀 なくされる 事 態 が 生 じることがある このような

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4%

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4% 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 平 成 27 年 9 月 17 日 一 般 社 団 法 人 不 動 産 協 会 我 が 国 の 経 済 は 緩 やかな 回 復 を 続 けているが 少 子 化 高 齢 化 を 伴 う 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 産 業 構 造 の 転 換 グローバル 化 の 急 激 な 進 展 等 著 しい 構 造 変 化 に 直 面 している そのような

More information

佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建

佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建 計 委 託 特 記 仕 様 書 平 成 27 年 8 月 佐 賀 市 建 築 住 宅 課 佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建 築 計 工

More information

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2 平 成 28 年 4 月 熊 本 地 震 に 係 る 熊 本 市 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 平 成 28 年 6 月 14 日 ( 第 1 版 ) 熊 本 市 1 目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 安 中 市 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 画 の 期 間 本 計

More information

1 実 施 計 画 の 趣 旨 1 ⑴ 計 画 の 定 義 1 ⑵ 計 画 のあり 方 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 ⑴ 計 画 の 位 置 づけ 1 ⑵ 計 画 策 定 の 目 的 1 ⑶ 計 画 の 策 定 に 向 けて 1 3 計 画 期 間 1 4 対 象 2 5 別 計 画 表

1 実 施 計 画 の 趣 旨 1 ⑴ 計 画 の 定 義 1 ⑵ 計 画 のあり 方 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 ⑴ 計 画 の 位 置 づけ 1 ⑵ 計 画 策 定 の 目 的 1 ⑶ 計 画 の 策 定 に 向 けて 1 3 計 画 期 間 1 4 対 象 2 5 別 計 画 表 1 実 施 計 画 の 趣 旨 1 ⑴ 計 画 の 定 義 1 ⑵ 計 画 のあり 方 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 ⑴ 計 画 の 位 置 づけ 1 ⑵ 計 画 策 定 の 目 的 1 ⑶ 計 画 の 策 定 に 向 けて 1 3 計 画 期 間 1 4 対 象 2 5 別 計 画 表 4 1 実 施 計 画 の 趣 旨 ⑴ 計 画 の 定 義 実 施 計 画 とは 基 本 構 想 および

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63> 調 布 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 26 年 9 月 調 布 市 は じ め に 本 市 は, 平 成 10 年 に 策 定 した 調 布 市 都 市 計 画 マスタープラン で 示 されたまちづく りの 目 標 を 実 現 するため, 各 種 の 取 組 を 進 めてきた この 中 で, 用 途 地 域 の 指 定 見 直 しは, 土 地

More information

目 次 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 1 2 計 画 施 設 概 要 1 3 特 記 仕 様 書 の 適 用 1 4 業 務 区 分 1 5 履 行 期 間 1 6 設 計 与 条 件 1 7 設 計 概 要 2 第 2 章 業 務 仕 様 1 設 計 業 務 の 内 容 及 び

目 次 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 1 2 計 画 施 設 概 要 1 3 特 記 仕 様 書 の 適 用 1 4 業 務 区 分 1 5 履 行 期 間 1 6 設 計 与 条 件 1 7 設 計 概 要 2 第 2 章 業 務 仕 様 1 設 計 業 務 の 内 容 及 び 建 築 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 平 成 28 年 5 月 那 智 勝 浦 町 目 次 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 1 2 計 画 施 設 概 要 1 3 特 記 仕 様 書 の 適 用 1 4 業 務 区 分 1 5 履 行 期 間 1 6 設 計 与 条 件 1 7 設 計 概 要 2 第 2 章 業 務 仕 様 1 設 計 業 務 の 内 容 及 び 範

More information

Microsoft Word - (資料2)滋賀県県有施設長寿命化ガイドライン

Microsoft Word - (資料2)滋賀県県有施設長寿命化ガイドライン 滋 賀 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 ガイドライン 平 成 27 年 1 月 滋 賀 県 目 次 1. 本 ガイドラインについて 1 (1) 本 ガイドラインの 位 置 づけ 基 本 的 な 考 え 方 (2) 本 ガイドラインの 目 的 (3) 本 ガイドラインの 対 象 施 設 (4) 本 ガイドラインの 適 用 2. 具 体 的 な 取 組 2 (1) 長 寿 命 化 対 象 施 設 (2)

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information