<4D F736F F D FAC90BB91A28BC682CC8EA997A789BB82C6836C F815B834E2E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D2030338140875592868FAC90BB91A28BC682CC8EA997A789BB82C6836C83628367838F815B834E2E646F63>"

Transcription

1 Ⅱ. 中 小 製 造 業 の 自 立 化 とネットワーク 1. 中 小 製 造 業 の 自 立 化 とは 我 々は 今 回 の 北 九 州 市 中 小 製 造 業 の 自 立 化 に 向 けた 調 査 研 究 会 において 中 小 製 造 業 が 自 立 化 するためのひとつの 手 段 として ネットワーク 化 が 有 効 であると 考 えている そこでまず ネットワーク 化 について 議 論 する 前 に 中 小 製 造 業 の 自 立 化 についてみておこう これまで 中 小 製 造 業 は 大 企 業 など 親 企 業 の 下 請 として 位 置 づけられることが 多 く 親 企 業 か らの 発 注 によって 仕 事 量 や 受 注 価 格 などが 決 められていた また 多 くの 下 請 企 業 は 特 定 親 企 業 を 中 心 とした 取 引 をしてきたが これを 親 企 業 側 からみると 下 請 企 業 を 自 社 のグループ 内 に 囲 い 込 む 系 列 化 を 図 ってきたのである 業 界 内 では 親 企 業 どうしの 熾 烈 な 競 争 が 行 なわれているが 製 品 差 別 化 を 図 るためには 部 品 レ ベルから 差 別 化 を 図 る 必 要 がある 系 列 化 により 親 企 業 側 は 下 請 企 業 に 差 別 化 した 部 品 作 りを 要 請 したのである また 下 請 企 業 側 も 差 別 化 した 部 品 作 りをするかわりに 親 企 業 との 長 期 取 引 が 半 ば 暗 黙 裡 に 保 証 されていた その 結 果 そうした 保 証 がなければリスクの 大 きい 専 用 機 の 導 入 も 進 んで 行 ったのである 長 期 取 引 を 前 提 とした 系 列 化 は コスト 面 でも 有 効 に 機 能 した 成 熟 化 社 会 において 供 給 が 需 要 を 上 回 るようになると 製 品 の 価 格 競 争 が 活 発 化 するが 製 品 価 格 を 下 げるため 勢 いその 矛 先 は 下 請 企 業 に 向 けられた 下 請 企 業 側 はこうした 親 企 業 側 からの 圧 力 に 対 し 血 の 滲 み 出 る 思 いで 合 理 化 省 力 化 などコストダウンに 励 み 親 企 業 の 要 求 に 応 えたのである このことが 結 果 として 下 請 企 業 側 の 技 術 力 を 高 めたことは 否 めない それはさておき こうした 血 の 滲 むよう な 努 力 をしてもなお 下 請 企 業 が 親 企 業 の 下 請 として 行 動 してきたのは 暗 黙 裡 に 長 期 取 引 が 保 証 されていたからにほかならない 本 当 に 困 ったときは 親 企 業 が 面 倒 を 見 てくれるという 期 待 があったのである しかし 円 高 やグローバル 化 により 事 態 は 一 変 する すなわち 海 外 から 安 価 な 部 品 や 製 品 が 入 ってくると 製 品 を 作 る 親 企 業 の 中 にも 海 外 の 部 品 を 採 用 するところが 現 れる さらに 競 争 がグローバル 化 するようになると もはや 国 内 だけで 生 産 していたのでは 海 外 メーカーとの 競 争 に 太 刀 打 ちできないことから 親 企 業 自 らも 海 外 で 生 産 するようになる 海 外 で 生 産 するように なると 部 品 の 現 地 調 達 率 も 高 まることから これまでの 下 請 企 業 との 系 列 取 引 は 見 直 されること になり ここに 日 本 の 特 徴 的 な 取 引 行 動 であった 長 期 取 引 が 崩 壊 した 長 期 取 引 が 崩 壊 したことで 下 請 企 業 側 にも 変 化 が 生 じる これまでは 親 企 業 の 発 注 で 成 り 立 っていたが 下 請 企 業 にも 自 立 が 求 められるようになったのである ここで 自 立 化 の 方 向 につい て 見 てみよう 下 請 企 業 の 自 立 化 ( 脱 下 請 )には 大 きく2つの 方 向 があると 考 える ひとつは 自 社 製 品 を 持 つことで 完 全 な 脱 下 請 である 今 ひとつは 独 自 技 術 をベースに 提 案 型 の 受 注 企 業 - 2 -

2 になることである 後 者 の 場 合 は 発 注 元 があるという 点 では 下 請 と 同 じであるが 一 方 的 に 親 企 業 から 仕 事 を 与 えられるのではなく 社 会 的 に 対 等 な 立 場 で 受 注 単 価 や 納 期 を 巡 って 交 渉 でき る 点 で 異 なる この 自 立 化 にネットワークが 有 効 に 機 能 する 自 社 製 品 を 持 つ 場 合 のことを 考 えてみよう 大 企 業 のようにヒト モノ 金 情 報 といった 経 営 資 源 が 豊 富 にあれば 1 社 単 独 で 自 社 製 品 を 持 つことも 可 能 である また 規 模 が 小 さくてもニッチ 市 場 をうまく 見 つけ 出 し 自 社 製 品 を 供 給 している 中 小 製 造 業 もある しかし 多 くの 場 合 中 小 製 造 業 がネットワークを 組 むことで お 互 いの 不 足 部 分 を 補 完 することができる 連 結 の 経 済 が 発 揮 されるのである また 大 企 業 より も 小 回 りが 効 く 分 スピードの 経 済 が 期 待 でき 優 位 に 立 つ 可 能 性 もある 次 に 提 案 型 の 受 注 企 業 の 場 合 を 考 えてみよう この 場 合 も1 社 単 独 でそうした 企 業 になるこ とはもちろんであるが 共 同 受 注 方 式 を 採 用 して 提 案 型 になることが 考 えられる 近 年 部 品 の ユニット 化 が 進 んでいるが ユニット 化 はいくつもの 部 品 の 組 み 合 わせであるため 共 同 受 注 グ ループでユニット 部 品 を 受 注 し これをメンバー 企 業 の 協 力 によってひとつの 部 品 に 仕 上 げるの である 2.ネットワークの 定 義 広 辞 苑 によると ネットワークとは 網 状 組 織 のことを 言 うが 本 報 告 書 では 複 数 の 中 小 企 業 が 自 らの 主 体 としての 行 動 ( 基 本 的 には 企 業 であるから 営 利 活 動 のための 行 為 )とは 別 に あるいは 主 体 の 行 動 を 促 進 するため 協 同 して 何 かを 行 うための 組 織 をネットワークと 言 う こととする ところで 中 小 企 業 は 大 企 業 と 比 べ 規 模 が 小 さいことから ヒト モノ 金 情 報 の 経 営 資 源 において 限 りがあり これを 補 うため 古 くから 協 同 化 等 の 組 織 化 政 策 が 講 じられてきた 組 織 化 は 複 数 の 企 業 がある 目 的 を 遂 行 するための 取 り 組 みであるから 一 種 のネットワークであり 組 織 化 政 策 はそれを 促 進 するための 政 策 と 位 置 づけできる 協 同 化 の 具 体 的 な 形 態 が 協 同 組 合 であるが そこでは 一 人 は 万 人 のために 万 人 は 一 人 のために という 相 互 扶 助 の 理 念 により 中 小 企 業 の 組 織 化 を 図 り 規 模 の 小 さなことに 起 因 する 不 利 の 是 正 を 行 おうとした この 協 同 組 合 の 相 互 扶 助 に 関 しては 相 反 した 議 論 がある 1 すなわち 相 互 扶 助 を 運 営 理 念 とす ると 自 由 競 争 を 原 理 とする 資 本 主 義 社 会 の 中 ではいかにも 牧 歌 的 で 組 合 員 の 自 助 努 力 を 妨 げ るのではないか というのが 一 方 の 主 張 である これに 対 し 協 同 組 合 は 自 助 を 否 定 するのでは なく むしろ 自 助 を 促 進 するための 組 織 であるとするのがもう 一 方 の 主 張 である いずれにせよ 協 同 組 合 では 組 合 員 のための 組 合 員 の 必 要 とする 事 業 を 行 う この 点 が 資 本 組 1 百 瀬 恵 夫 篠 原 勲 編 著 事 業 創 造 論 東 洋 経 済 新 報 社 2003 年 241 頁 - 3 -

3 織 として 不 特 定 多 数 を 対 象 に 事 業 を 行 う 会 社 とは 異 なる 協 同 組 合 の 事 業 は それ 自 体 の 利 益 を 目 的 に 行 われるのではなく 組 合 員 の 経 済 を 直 接 助 成 することを 目 的 に 行 われる 2 こうした 協 同 組 合 の 考 え 方 からすると 親 企 業 と 下 請 企 業 で 形 成 される 垂 直 的 企 業 間 関 係 をベ ースにした 企 業 グループは 今 回 定 義 したネットワークの 範 疇 には 入 らないことになる 3.これまでの 異 業 種 交 流 グループと 現 在 の 中 小 企 業 ネットワーク (1) 官 主 導 の 依 存 型 から 民 主 導 による 自 立 型 へ 中 小 企 業 によるネットワークの 歴 史 は 古 い 特 に 同 業 種 のネットワークであれば 工 場 が 多 数 立 地 するような 場 所 では 古 くから 自 然 発 生 的 に 発 生 していたものと 考 えられる 一 方 異 業 種 によるネットワークでは 記 録 されているものでは 1970 年 に 大 阪 府 で 誕 生 した 新 製 品 開 発 研 究 会 および 省 力 化 技 術 研 究 会 が 最 も 古 いとされる 3 これは 大 阪 科 学 技 術 センターにおい て 中 堅 中 小 企 業 がこれからの 厳 しい 環 境 変 化 に 対 応 して 成 長 発 展 していくためには 異 種 技 術 の 導 入 組 み 合 わせが 不 可 欠 であり そのためには 異 業 種 企 業 が 一 堂 に 会 し 相 互 に 環 境 の 変 化 を 予 測 し 経 営 ノウハウや 技 術 交 流 を 行 う 場 をつくり いわば 経 営 資 源 の 補 完 が 行 える 仕 組 みをセンターにつくる 必 要 がある との 問 題 意 識 から 両 研 究 会 を 立 ち 上 げたのである このあと 全 国 で 異 業 種 交 流 が 増 えていくが グループ 自 体 は 自 然 発 生 的 なものではなく 都 道 府 県 公 設 試 験 研 究 機 関 などの 行 政 機 関 や 商 工 会 議 所 中 小 企 業 団 体 中 央 会 などの 商 工 団 体 が 音 頭 を 取 ってメンバーを 集 め 結 成 した 場 合 がほとんどであった 4 国 の 中 小 企 業 施 策 において も 71 年 頃 から 異 業 種 交 流 の 必 要 性 が 強 調 され 始 め その 後 中 小 企 業 の 抱 える 各 種 問 題 を 情 報 交 換 できる 機 会 を 提 供 しようと 技 術 市 場 交 流 プラザ の 設 立 を 促 した 81 年 をもって 異 業 種 交 流 元 年 としている このあと 都 道 府 県 単 位 でプラザが 設 置 され 技 術 交 流 や 技 術 移 転 のた めに 異 業 種 交 流 が 行 われたが 88 年 4 月 の 融 合 化 法 5の 制 定 により 中 小 企 業 の 新 分 野 開 拓 とい う 一 歩 進 んだ 目 的 のための 手 段 として 異 業 種 交 流 が 位 置 づけられた 融 合 化 法 は 96 年 4 月 まで の 時 限 立 法 であったが これにより 昭 和 の 終 わりから 平 成 の 初 期 にかけて 全 国 で 異 業 種 交 流 グループが 結 成 された 実 際 融 合 化 法 に 基 づいて 設 立 されたグループ 数 は 中 小 企 業 事 業 団 に 登 録 されているもので 88 年 に 1,527 であったものが 95 年 3 月 には 2,928 とほぼ 倍 増 している 6 2 同 上 書 241 頁 3 小 畑 巖 異 業 種 交 流 と 中 小 企 業 商 工 金 融 1987 年 11 月 4 中 小 企 業 総 合 研 究 機 構 企 業 革 新 のための 企 業 間 ネットワークに 関 する 研 究 1995 年 度 95 頁 5 正 式 名 称 は 異 分 野 中 小 企 業 者 の 知 識 の 融 合 による 新 分 野 の 開 拓 の 促 進 に 関 する 臨 時 措 置 法 6 異 業 種 交 流 グループ 自 体 は 組 合 や 共 同 出 資 会 社 の 形 態 をとっているものも 一 部 にあるが 大 半 は 法 律 によら ない 任 意 団 体 のため 中 小 企 業 事 業 団 に 登 録 されていないものも 多 く 実 際 にはかなり 多 くの 異 業 種 交 流 グル ープが 結 成 され 活 動 している( 中 小 企 業 庁 中 小 企 業 白 書 1998 年 版 351 頁 ) - 4 -

4 異 業 種 交 流 グループ 数 参 加 企 業 数 の 推 移 資 料 : 中 小 企 業 庁 中 小 企 業 白 書 1998 年 版 267 頁 融 合 化 法 が 制 定 された 背 景 として 円 高 の 定 着 技 術 革 新 の 急 速 な 進 展 国 民 ニーズの 多 様 化 高 度 化 等 の 新 たな 経 済 的 環 境 に 即 応 して 一 般 的 に 事 業 分 野 が 狭 く 経 営 資 源 の 蓄 積 の 乏 しい 中 小 企 業 が 構 造 転 換 を 円 滑 に 進 めていけるよう 事 業 分 野 を 異 にする 中 小 企 業 が 協 同 してそれぞ れの 技 術 や 経 営 に 関 する 知 識 を 融 合 させることにより 新 たな 製 品 やサービスを 開 発 する 融 合 化 を 促 進 していくことがある 7 具 体 には 融 合 化 法 を 核 として 異 分 野 中 小 企 業 者 の 交 流 ( 異 分 野 中 小 企 業 者 の 出 会 い 情 報 交 換 等 ) 開 発 ( 組 合 による 技 術 サービスの 開 発 ) 事 業 化 ( 開 発 の 成 果 の 利 用 需 要 開 拓 )の 各 段 階 に 対 応 した 支 援 策 が 講 じられたのである 異 業 種 交 流 グループそのものは 任 意 団 体 なども 含 まれるが 融 合 化 法 にもとづくもので 融 合 化 組 合 が 行 う 開 発 案 件 に 対 しては 国 と 県 からの 全 額 補 助 が 受 けられた このため 都 道 府 県 や 中 小 企 業 団 体 中 央 会 がこぞって 異 業 種 交 流 グループの 組 織 化 を 図 ったのである すなわち 県 や 中 央 会 の 呼 びかけで 異 業 種 交 流 プラザ のような 任 意 団 体 が 組 織 され 定 期 的 に 講 演 会 や 施 設 見 学 会 が 実 施 された そうして 集 まった 企 業 の 中 から 技 術 士 などが 中 心 となり 何 らかの 開 発 に 向 けた 異 業 種 交 流 グループが 組 織 されたのである 福 岡 県 では 88 年 の( 協 )F.Ⅰ.T を 皮 切 りに 96 年 にかけて 合 計 18 のグループが 結 成 された しかし この 18 のグループのうち 現 在 も 活 発 に 活 動 をしているものは 皆 無 である この 失 敗 を 振 り 返 ると 当 時 の 多 くの 異 業 種 交 流 が 官 のお 膳 立 てで 始 められたということと 全 額 補 助 金 による 丸 抱 えだったという 意 味 で 依 7 中 小 企 業 庁 中 小 企 業 白 書 1988 年 版 - 5 -

5 存 型 だったことがある 8 なお 当 時 の 異 業 種 交 流 グループからの 成 果 として 人 脈 の 拡 大 (61%) 情 報 の 収 集 (41%) が 上 位 2 項 目 としてあがっている この 2 つの 項 目 については 加 入 目 的 での 順 番 は 逆 転 してい るものの 同 じく 上 位 2 項 目 に 上 がっており この2 点 に 関 する 満 足 度 は 高 い しかし 加 入 目 的 の3 番 目 にあがっていた 新 規 事 業 分 野 に 進 出 (30%)に 対 する 実 際 の 成 果 が7%だったこと や 自 社 既 存 技 術 の 向 上 新 製 品 の 開 発 でも 加 入 目 的 を 大 きく 下 回 っており 上 位 2 項 目 以 外 の 達 成 度 は 低 い 9 これまでの 異 業 種 交 流 グループが 官 主 導 による 依 存 型 であったことと 比 べると 今 回 我 々 が 注 目 している 中 小 企 業 ネットワークは 地 域 に 対 する 危 機 意 識 や 問 題 意 識 を 持 った 企 業 が 中 心 となり 自 立 的 に 立 ち 上 げたところが 多 い メンバー 企 業 が 問 題 意 識 を 共 有 して 会 を 運 営 するのと 官 が 加 入 企 業 を 募 集 して 会 の 運 営 に 当 たらせるのとでは 結 果 に 違 いが 出 るのは 当 然 である 今 回 の 中 小 企 業 ネットワークは 民 主 導 の 自 立 型 といえ 地 域 に 対 する 危 機 意 識 を 強 く 持 ったリー ダーが 中 心 となってグループをまとめ ネットワークを 運 営 しているところに 特 徴 がある ただ し ネットワークの 立 ち 上 がりを 見 ると いきなりグループが 立 ち 上 がったのではなく 多 くは ネットワークを 生 み 出 す 基 盤 のなかから 生 まれている 基 盤 としては たとえばアドック 神 戸 の 中 小 企 業 家 同 友 会 や 京 都 試 作 ネットの 京 都 機 械 金 属 中 小 企 業 青 年 連 絡 会 ( 機 青 連 ) 東 大 阪 金 属 加 工 グループ HIT の 民 主 商 工 会 ガマダスの 熊 本 県 工 業 連 合 会 等 々がある これら 基 盤 の 上 に 問 題 意 識 を 共 有 した 中 小 企 業 がネットワークを 組 み 活 動 しているのである (2)インターネットの 普 及 とその 活 用 また これまでの 異 業 種 交 流 グループとの 違 いでいえば インターネットをフルに 活 用 してい ることがある わが 国 におけるインターネットの 急 速 な 普 及 は 最 近 になってからである 料 金 の 低 額 化 とともに 急 速 に 普 及 し 現 在 では 300 人 以 上 の 企 業 の 98.4%が 利 用 している インター ネットでの 受 発 注 や 図 面 のやりとりが 瞬 時 にできるようになったほか ホームページを 作 成 す ることで 不 特 定 のユーザーとも 取 引 する 途 が 開 けたのである 後 でも 触 れるように 京 都 試 作 ネット ではインターネットと 携 帯 電 話 をフル 活 用 することで ネット 経 由 の 仕 事 が 全 体 の 4 割 を 占 めるまでになっている 8 ただし 官 主 導 で 始 めた 場 合 でも メンバー 企 業 に 強 力 なリーダーが 出 現 すれば 展 開 が 変 わる 東 大 阪 市 では 今 も 異 業 種 交 流 グループのメンバー 集 めを 市 が 行 っており 2 年 間 に 限 って 補 助 金 も 出 している しかし た とえばロダン 21 では 立 ち 上 げ 期 こそ 官 が 主 導 したが メンバーのなかに 地 域 に 対 する 強 烈 な 危 機 意 識 を 持 った 人 がリーダーとなったことで その 後 の 運 営 は 民 主 導 となっている 9 前 掲 中 小 企 業 白 書 98 年 版 355~356 ページ なお 異 業 種 交 流 グループの 問 題 点 として 活 動 がマンネリ 化 (41%)がトップに 上 がっており 次 いで 各 社 の 業 況 に 格 差 がある (32%) 活 動 の 成 果 が 出 るまでに 時 間 がかかる (30%) 各 社 の 考 え 方 がバラバラ (18%) 活 動 方 針 が 不 明 確 (16%)などとなっている - 6 -

6 わが 国 世 帯 企 業 事 業 所 でのインターネット 普 及 率 の 推 移 出 典 : 総 務 省 情 報 通 信 白 書 2003 年 版 (3) 規 模 の 経 済 から 連 結 の 経 済 スピードの 経 済 へ これまで 中 小 企 業 は 規 模 の 小 さいことから 生 じる 不 利 不 足 の 是 正 のため 共 同 事 業 を 実 施 してきた たとえば 資 材 を 大 量 に 共 同 購 入 することで 規 模 の 経 済 を 発 揮 しようとし そのため のグループ 化 を 図 ってきた 異 業 種 交 流 グループの 時 には 先 に 触 れたように 加 入 目 的 のなかに 新 規 事 業 分 野 に 進 出 や 新 製 品 の 開 発 があがっていた 自 社 の 持 つ 技 術 と 他 社 の 技 術 を 組 み 合 わせるといった 融 合 化 は まさに 連 結 の 経 済 を 追 及 する 目 的 があったといえる しかし 当 時 の 異 業 種 交 流 グループ で 実 際 に 成 果 があがったものは 人 脈 の 拡 大 と 情 報 の 収 集 が 中 心 で 連 結 の 経 済 の 経 済 性 の 享 受 といった 点 では 不 十 分 だった 今 回 の 中 小 企 業 ネットワークは この 連 結 の 経 済 の 点 でも 大 きく 改 善 している その 大 きな 要 因 として 民 主 導 の 自 立 的 なネットワークであることがある 官 のお 膳 立 てによって 結 成 された ものでなく それぞれ 参 加 メンバーの 問 題 意 識 としてスタートしたことが お 互 いの 役 割 分 担 を 明 確 化 し また 単 なる 親 睦 会 的 組 織 でなく 意 思 と 目 的 を 持 った 組 織 として 機 能 していること がある さらに インターネットや 携 帯 電 話 などの IT をフルに 活 用 することで スピードの 経 済 を 発 揮 していることも 特 徴 となっている (4) 地 域 に 根 ざしたネットワーク インターネットでの 情 報 のやりとりや 取 引 は 地 域 を 越 え 国 境 も 越 える 今 回 の 我 々の 調 査 対 象 には 含 まれなかったが 現 在 活 動 中 の 中 小 企 業 ネットワークのなかにはインターネットの 特 徴 - 7 -

7 を 活 かし 全 国 から 会 員 を 集 めている NC ネットワーク 10 のようなグループもある しかし 今 回 我 々が 取 り 上 げたグループのほとんどは メンバーは 当 該 地 域 に 立 地 している そこでは 地 域 固 有 の 技 術 を 活 用 し 地 域 で 仕 事 を 確 保 したいという 想 いが 中 小 企 業 ネットワークを 立 ち 上 げた 大 きな 理 由 になっている もちろん 地 域 内 のグループ 企 業 で 仕 事 をするが 受 注 に 関 して はインターネットなどを 活 用 し 広 く 地 域 外 からも 受 注 している 4.ネットワークの 類 型 今 回 調 査 した 先 進 地 のネットワークは 大 きくは2つに 分 かれる 1つは 共 同 受 注 や 共 同 開 発 をするための 中 小 企 業 ネットワークで もうひとつは そうした 中 小 企 業 ネットワークを 生 み 出 す 基 盤 としてのネットワークである 中 小 企 業 ネットワークのなかには なんらかの 基 盤 の 中 から 生 まれたものと 基 盤 なしに 生 ま れたものがある 基 盤 がある 場 合 は そのなかで 行 なわれている 研 究 会 や 講 習 会 のようなものを 通 じて 共 通 の 問 題 意 識 や 価 値 観 が 醸 成 され 中 小 企 業 ネットワークが 形 成 される 中 小 企 業 ネットワークを 生 み 出 す 基 盤 には 自 治 体 大 学 地 域 活 性 化 のために 作 られた 株 式 会 社 や 第 3セクター 産 学 官 連 携 組 織 などの 様 々な 機 関 の 複 合 組 織 11 工 業 会 や 中 小 企 業 家 同 友 会 のような 各 種 団 体 組 織 がある ネットワークの 類 型 と 事 例 のポジショニング 中 小 企 業 ネットワーク 基 盤 あり a 基 盤 なし b ネットワーク 自 治 体 c 中 小 企 業 ネットワー クを 生 み 出 す 基 盤 大 学 d 第 3セクター 産 学 官 連 携 組 織 など 複 合 組 織 e 工 業 会 など 各 種 団 体 組 織 f 今 回 の 類 型 による 各 事 例 のポジショニング a アドック 神 戸 12 東 大 阪 金 属 加 工 グループ HIT 京 都 試 作 ネット ギアテック ロダン 21 異 業 種 交 流 会 テンメイツ ガマダス HoPE b なにわ 夢 工 房 10 NCnetwork(http://www.nc-net.or.jp)の 登 録 事 業 所 数 は 2004 年 1 月 4 日 現 在 で 12,305 事 業 所 11 近 年 の 複 合 組 織 は クラスターの 形 成 を 企 図 していることが 多 い また 中 小 企 業 ネットワークを 生 み 出 す 基 盤 のなかで 有 機 的 連 携 が 深 まり イノベーションなどが 活 発 化 すると クラスターとなる 12 アドック 神 戸 や HoPE については その 中 からさらに 共 同 開 発 グループや 共 同 開 発 に 向 けた 研 究 会 が 立 ち 上 がっており 中 小 企 業 ネットワークを 生 み 出 す 基 盤 の 範 疇 に 入 れることも 可 能 である しかしここでは それ ぞれの 中 小 企 業 家 同 友 会 を 基 盤 として 捉 え アドック 神 戸 や HoPE は 中 小 企 業 ネットワークとした - 8 -

8 c 東 大 阪 市 ( 佐 伯 市 13 ) d 岩 手 大 学 と INS 14 シリコンバレー e ノーステック 財 団 サイバーシルクロード 八 王 子 ( 社 ) 首 都 圏 産 業 活 性 化 協 会 (TAMA) 佐 伯 メカトロセンター f 15 熊 本 県 工 業 連 合 会 兵 庫 県 中 小 企 業 家 同 友 会 北 海 道 中 小 企 業 家 同 友 会 民 主 商 工 会 京 都 機 械 金 属 中 小 企 業 青 年 連 絡 会 なお 中 小 企 業 ネットワークは 基 盤 の 有 無 以 外 にもいくつかの 基 準 によって 類 型 化 できる ひとつは 目 的 によるもので 1 共 同 受 注 グループにように 外 部 からの 製 作 依 頼 に 応 えるため あ るいは 外 部 が 抱 える 問 題 解 決 のために 組 織 化 したものと 2 共 同 開 発 グループのように お 互 い が 得 意 とする 技 術 などの 経 営 資 源 を 持 ち 寄 り 市 場 に 製 品 を 販 売 することを 目 的 として 組 織 化 し たものがある 実 際 には 当 初 1でスタートしたものが2にも 乗 り 出 すなど 両 方 を 行 っている グループがある 二 つ 目 は 構 成 員 が 同 業 種 か 異 業 種 かといった 業 種 による 類 型 化 である 異 業 種 の 場 合 はさら に 1 業 種 1 社 の 完 全 な 異 業 種 である 場 合 と 全 体 では 異 業 種 であるが 複 数 の 同 一 業 種 が 構 成 員 になっている 場 合 がある 三 つ 目 は 組 織 化 されたグループが 株 式 会 社 などの 法 人 格 を 有 するか 任 意 団 体 であるかとい った 基 準 でも 類 型 化 することができる 次 章 では 上 の 類 型 に 基 づき 全 国 のネットワークグループの 現 状 と 課 題 について 見 る 13 佐 伯 市 については 佐 伯 メカトロセンターのところで 紹 介 している 14 INS の 場 合 は 事 例 で 見 るように 岩 手 大 学 の 教 員 以 外 に 岩 手 県 庁 の 職 員 が 設 立 に 大 きな 役 割 を 果 たしており c とdが 合 わさったものとも 見 ることができる 15 fについては 各 事 例 中 に 紹 介 している - 9 -

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」 山 崎 志 郎 8 経 済 総 動 員 体 制 の 経 済 構 造 歴 史 学 研 究 会 日 本 史 研 究 会 編,2005 日 本 史 講 座 第 9 巻 近 代 の 転 換 報 告 者 : 松 岡 美 根 子 2006.04.29(SAT) 筆 者 : 山 崎 志 郎 ( 教 授 )1957 年 生 首 都 大 学 東 京 都 市 教 養 学 部 経 営 学 系 経 営 学 コース 社 会

More information

Microsoft Word - 連結納税のメリット_2011_09.docx

Microsoft Word - 連結納税のメリット_2011_09.docx www.pwc.com/jp/tax 連 結 納 税 のメリット- 連 結 所 得 計 算 連 結 納 税 から 最 大 限 の ベネフィットを 享 受 するた めには 連 結 納 税 の 通 算 効 果 を 十 分 に 活 用 する 必 要 があります 連 結 納 税 の 導 入 を 検 討 す るにあたり そのエッセン スである 連 結 所 得 計 算 のメカニズムをよく 理 解 し ましょう

More information

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯 みずほインサイト 政 策 2015 年 11 月 27 日 地 方 圏 での 戦 略 型 企 業 誘 致 地 場 産 業 と 連 携 した 誘 致 による 自 立 的 発 展 が 有 効 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 上 村 未 緒 03-3591-1336 mio.uemura@mizuho-ri.co.jp 地 方 創 生 の 一 環 として 推 進 される 雇 用 創 出 の 代 表

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends 経 済 関 連 レポート 孫 への 贈 与 非 課 税 の 潜 在 効 果 と 課 題 発 表 日 :2013 年 2 月 13 日 ( 水 ) ~ 利 用 されるために 必 要 な 制 度 見 直 し~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 熊 野 英 生 ( :03-5221-5223) 今 回 の 緊 急 経 済 対 策 では 祖 父

More information

日興アセットマネジメントがお伝えしたいこと

日興アセットマネジメントがお伝えしたいこと 2008.2 日 興 AMファンドアカデミー ベーシック 改 めて 今 分 配 金 について 日 興 アセットマネジメントが お 伝 えしたいこと? お 客 様 から 分 配 金 は 下 がるのか? あと 何 カ 月 くらい 今 の 分 配 金 が 続 けられるのか? というお 問 い 合 わせを 受 けることが 多 くなってきました それに 対 して 明 確 なお 返 事 やお 約 束 をすることはできません

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

経済・物価情勢の展望(2015年4月)

経済・物価情勢の展望(2015年4月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2015 年 4 月 30 日 日 本 銀 行 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にか けて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけ ては 消 費 税 率 引 き 上

More information

教 育 資 金 一 括 贈 与 の 贈 与 税 非 課 税 措 置 の 創 設 について 主 税 局 税 制 第 一 課 主 税 企 画 官 中 村 英 正 1. 制 度 導 入 の 背 景 経 緯 家 計 資 産 の6 割 を 60 歳 以 上 の 世 代 が 保 有 現 在 家 計 資 産 の

教 育 資 金 一 括 贈 与 の 贈 与 税 非 課 税 措 置 の 創 設 について 主 税 局 税 制 第 一 課 主 税 企 画 官 中 村 英 正 1. 制 度 導 入 の 背 景 経 緯 家 計 資 産 の6 割 を 60 歳 以 上 の 世 代 が 保 有 現 在 家 計 資 産 の 税 制 改 正 法 案 が 成 立 スタートした 教 育 資 金 贈 与 税 非 課 税 制 度 その 目 的 と 運 用 方 法 平 成 25 年 度 税 制 改 正 の 目 玉 政 策 の 一 つである 教 育 資 金 贈 与 の 非 課 税 制 度 が4 月 にスタートした 信 託 銀 行 などが 本 制 度 対 応 の 商 品 を 発 売 し 始 め 孫 の 教 育 費 を 援 助 したい

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

60 経 済 理 論 358 号 2010 年 11 月 第 5 章 第 6 章 マイクロソフト 社 の 成 長 とそのインパクト ソフトウェア 企 業 集 積 の 構 図 終 章 2000 年 代 の 新 展 開 以 下 では, 本 書 の 内 容 を 各 章 ごとに 要 約 していく 序 章 で

60 経 済 理 論 358 号 2010 年 11 月 第 5 章 第 6 章 マイクロソフト 社 の 成 長 とそのインパクト ソフトウェア 企 業 集 積 の 構 図 終 章 2000 年 代 の 新 展 開 以 下 では, 本 書 の 内 容 を 各 章 ごとに 要 約 していく 序 章 で 59 書 評 山 縣 宏 之 著 ハイテク 産 業 都 市 シアトルの 軌 跡 航 空 宇 宙 産 業 からソフトウェア 産 業 へ (ミネルヴァ 書 房,2010 年 ) 藤 木 剛 康 Fujiki, Takeyasu 今 年 (2010 年 )2 月, 経 済 産 業 省 の 産 業 構 造 審 議 会 の 資 料 として 提 出 された 日 本 の 産 業 を 巡 る 現 状 と 課 題 に

More information

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する 地 価 公 示 と 都 道 府 県 地 価 調 査 との 関 係 1. 国 土 利 用 計 画 法 制 定 時 の 公 示 価 格 の 活 用 方 法 とその 後 の 変 遷 (1) 国 土 利 用 計 画 法 の 制 定 時 の 議 論 国 土 利 用 計 画 法 は 人 口 産 業 の 大 都 市 への 集 中 に 伴 う 地 価 高 騰 等 といった 土 地 問 題 の 解 決 を 図 るために

More information

Microsoft Word - 2013政経済史学会 共通論題報告 学会HP用(大場).doc

Microsoft Word - 2013政経済史学会 共通論題報告 学会HP用(大場).doc 2013 年 度 政 治 経 済 学 経 済 史 学 会 秋 季 学 術 大 会 共 通 論 題 報 告 2 札 幌 学 院 大 学 経 済 学 部 大 場 隆 広 養 成 工 と 高 校 卒 ブルーカラーの 代 替 と 補 完 戦 後 日 本 の 高 度 成 長 期 を 中 心 に 発 表 内 容 : 1. 問 題 関 心 2. 高 度 成 長 期 の 新 規 学 卒 の 労 働 市 場 (1)

More information

えて さらに 賃 金 の 半 分 の 年 金 減 額 を 行 うことになる 4 したがって 年 金 減 額 を 賃 金 月 額 wと 年 金 月 額 ɑによって 表 すと max(0.5{w+min(ɑ,28)-28},0)+ max(0.5(w-48),0) [1] となる また 高 年 齢 雇

えて さらに 賃 金 の 半 分 の 年 金 減 額 を 行 うことになる 4 したがって 年 金 減 額 を 賃 金 月 額 wと 年 金 月 額 ɑによって 表 すと max(0.5{w+min(ɑ,28)-28},0)+ max(0.5(w-48),0) [1] となる また 高 年 齢 雇 第 4 章 在 職 老 齢 年 金 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 が 企 業 の 継 続 雇 用 者 賃 金 決 定 に 及 ぼす 影 響 第 1 節 はじめに 在 職 老 齢 年 金 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 については 高 齢 者 だけでなく 雇 用 する 企 業 にも 影 響 を 及 ぼし 企 業 による 賃 金 引 下 げ 等 の 反 応 が 起 こるとの 議 論 がある 1

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

法 人 税 ~ 法 人 実 効 税 率 の 引 下 げ2 法 人 税 等 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 率 中 小 法 人 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 のうち 年 間 所 得 800 万 円 超 の 金 額

法 人 税 ~ 法 人 実 効 税 率 の 引 下 げ2 法 人 税 等 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 率 中 小 法 人 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 のうち 年 間 所 得 800 万 円 超 の 金 額 法 人 税 ~ 法 人 実 効 税 率 の 引 下 げ1 1. 改 正 の 概 要 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 について 法 人 税 の 税 率 が 段 階 的 に 引 下 げられます 平 成 28 及 び29 :23.9%( 改 正 前 ) 23.4 23.4%( ) 平 成 30 :23.9%( 改 正 前 ) 23.2 23.2%( ) 法 人 税 の

More information

経済・物価情勢の展望(2015年10月)

経済・物価情勢の展望(2015年10月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 10 月 ) 2015 年 10 月 30 日 日 本 銀 行 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にかけて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけては 消 費 税 率 引 き 上

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は 1 広 域 的 な 送 電 線 運 用 の 拡 大 2 小 売 の 全 面 自 由 化 3 法 的 分 離 による 送 配 電 部 門 の 中 立 性 の 一 層 の 確 保 の3つを 大 きな 柱 としています 3つの

1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は 1 広 域 的 な 送 電 線 運 用 の 拡 大 2 小 売 の 全 面 自 由 化 3 法 的 分 離 による 送 配 電 部 門 の 中 立 性 の 一 層 の 確 保 の3つを 大 きな 柱 としています 3つの 電 力 システム 革 について - 電 力 の 小 売 全 面 自 由 化 は 電 力 システム 革 の 一 部 と して 位 置 づけられています ここでは 自 由 化 の 背 景 としての 電 力 システム 革 について 概 要 をご 説 明 します 2015 年 11 月 経 済 産 業 省 資 源 エネルギー 庁 1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

YACレポート2013.indd

YACレポート2013.indd 税 務 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について YAC 税 理 士 法 人 シニアマネージャー 山 田 晴 康 ( 公 認 会 計 士 ) 自 民 公 明 両 党 は 1 月 24 日 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 を 決 定 しました 今 回 の 税 制 改 正 では 安 倍 政 権 が 掲 げるデフレ 脱 却 と 景 気 浮 揚 を 税 制 面 から 後 押 しするため

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 -------------------------------------------

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------- 参 考 1 国 民 健 康 ( 統 一 方 式 )について 平 成 23 年 8 月 26 日 練 馬 区 区 民 部 国 保 年 金 課 目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------------------

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

給付減額を行った厚生年金基金数

給付減額を行った厚生年金基金数 論 点 3 厚 生 年 金 基 金 制 度 等 の 在 り 方 関 係 資 料 資 料 2-2 代 行 制 度 の 意 義 役 割 と 変 遷 1 1. 代 行 制 度 の 性 格 代 行 制 度 は 公 的 年 金 の 一 部 を 基 金 という 国 以 外 の 者 が 管 理 運 用 する 仕 組 み イギリスの 適 用 除 外 制 度 とは 異 なり 公 的 年 金 としての 性 格 を 持

More information

平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 室 蘭 市 土 地 開 発 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 室 蘭 市 監 査 委 員 室 監 査 第 133 号 平 成 26 年 9 月 30 日 室 蘭 市 長 青 山 剛 様 室 蘭 市 監 査 委 員 土 倉 崇 室 蘭 市 監 査 委 員 羽 立 秀 光 平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会

More information

年収1,000万円前後の層に負担増が集中する

年収1,000万円前後の層に負担増が集中する 税 制 A to Z 2014 年 1 月 28 日 全 12 頁 年 収 1,000 万 円 前 後 の 層 に 負 担 増 が 集 中 する 平 成 26 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 所 得 税 )と 家 計 関 連 の 予 算 の 解 説 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 本 稿 は 平 成 26 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 以 下 大 綱 )のうち

More information

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か 金 融 資 本 市 場 215 年 9 月 3 日 全 1 頁 企 業 年 金 の 先 行 きは 縮 小 か 普 及 拡 大 か 厚 生 年 金 基 金 と 同 時 に DB DC においても 全 体 的 な 見 直 しが 進 む 金 融 調 査 部 研 究 員 佐 川 あぐり [ 要 約 ] 214 年 4 月 に 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 せき きらめき 女 子 のアクティブプラン み ん な ~ 男 女 がいきいきと 働 く 職 場 をめざして~ 平 成 28 年 3 月 関 市 はじめに 我 が 国 において 女 性 の 就 業 率 は 着 実 に 上 昇 してきているものの 育 児 介 護 等 を 理 由 に 働 けない 女 性 や 出 産 を 機 に 離 職 する 女

More information

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 4 固 定 資 産 税 Ⅰ 概 要 1 固 定 資 産 税 の 概 要 固 定 資 産 税 は 毎 年 1 月 1 日 ( 賦 課 期 日 ) 現 在 において 土 地 家 屋 償 却 資 産 を 所 有 している 者 がその 固 定 資 産 の 価 格 を 基 に 算 定 された 税 額 をその 固 定 資 産 の 所 在 す る 市 町 村 に 納 める 税 金 である 1 申 告 固 定

More information

経 済 利 益 追 求 至 上 主 義 が 今 日 国 際 社 会 で 批 判 を 受 けています これと 表 裏 一 体 の 関 係 を なしているのが 国 内 における 生 産 企 業 重 視 の 政 治 行 政 経 済 体 制 です 本 来 政 治 経 済 も 機 構 制 度 も 生 活 者

経 済 利 益 追 求 至 上 主 義 が 今 日 国 際 社 会 で 批 判 を 受 けています これと 表 裏 一 体 の 関 係 を なしているのが 国 内 における 生 産 企 業 重 視 の 政 治 行 政 経 済 体 制 です 本 来 政 治 経 済 も 機 構 制 度 も 生 活 者 公 明 党 綱 領 一 生 命 生 活 生 存 の 人 間 主 義 公 明 党 は 生 命 生 活 生 存 を 最 大 に 尊 重 する 人 間 主 義 を 貫 き 人 間 人 類 の 幸 福 追 求 を 目 的 とする 開 かれた 国 民 政 党 です 人 類 史 的 転 換 期 と 呼 ばれる 二 十 世 紀 から 二 十 一 世 紀 への 時 代 の 大 転 機 に 立 って 今 日 の 状

More information

ていることを 踏 まえると 市 場 のボラティリティーは 比 較 的 小 さいとみている 個 品 割 賦 の 市 場 規 模 はやや 小 さい 買 回 り 品 の 価 格 下 落 やクレジットカードへのシフトに 加 え 改 正 割 賦 販 売 法 の 施 行 による 影 響 が 大 きい 高 齢 化

ていることを 踏 まえると 市 場 のボラティリティーは 比 較 的 小 さいとみている 個 品 割 賦 の 市 場 規 模 はやや 小 さい 買 回 り 品 の 価 格 下 落 やクレジットカードへのシフトに 加 え 改 正 割 賦 販 売 法 の 施 行 による 影 響 が 大 きい 高 齢 化 業 種 別 格 付 方 法 クレジットカード 信 販 公 表 日 :2016 年 4 月 26 日 この 格 付 方 法 は 消 費 者 信 用 のうち 販 売 信 用 を 主 として 行 っている 事 業 者 を 対 象 としている 包 括 信 用 購 入 あっせんなどクレジットカード 関 連 事 業 に 経 営 資 源 の 多 くを 振 り 向 けている 企 業 をクレジット カード 会 社 個

More information

第 1 章 経 験 者 採 用 試 験 の 概 要 1 経 験 者 採 用 とは 広 い 視 野 や 優 れたコスト 意 識 など, 民 間 企 業 等 で 培 ったその 知 識 と 経 験 を 行 政 に 活 かしていくことを 目 的 とする 採 用 試 験 である 採 用 後 すぐ, 中 堅 職

第 1 章 経 験 者 採 用 試 験 の 概 要 1 経 験 者 採 用 とは 広 い 視 野 や 優 れたコスト 意 識 など, 民 間 企 業 等 で 培 ったその 知 識 と 経 験 を 行 政 に 活 かしていくことを 目 的 とする 採 用 試 験 である 採 用 後 すぐ, 中 堅 職 講 座 名 転 職 するなら 公 務 員! 試 験 種 地 上 国 家 一 般 職 編 回 数 1 回 講 師 名 丸 尾 旭 科 目 テープ C-241-005 講 師 配 布 / 回 収 物 品 目 コード 名 称 配 布 クラス 数 1 40C241005 板 書 ( 本 紙 ) 全 クラス 共 通 1 回 収 進 行 予 定 種 別 実 施 時 間 収 録 講 義 1:26 最 新 情 報

More information

公営地下鉄の建設資金と収益状況

公営地下鉄の建設資金と収益状況 Economic Report 公 営 地 下 鉄 の 建 設 資 金 と 収 益 状 況 ネットワーク 拡 大 から 収 益 向 上 へ 2012 年 5 月 17 日 全 14 頁 金 融 調 査 部 中 里 幸 聖 [ 要 約 ] わが 国 の 地 下 鉄 は 地 方 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであり 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

<4D F736F F D F8CF08FC295FB8EAE834B CA982A68FC182B594C5816A>

<4D F736F F D F8CF08FC295FB8EAE834B CA982A68FC182B594C5816A> 国 土 交 通 省 直 轄 工 事 における 技 術 提 案 交 渉 方 式 の 運 用 ガイドライン 平 成 27 年 6 月 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 地 方 課 大 臣 官 房 技 術 調 査 課 大 臣 官 房 官 庁 営 繕 部 計 画 課 目 次 1. 本 運 用 ガイドラインの 位 置 付 け... 1 1.1 背 景 及 び 目 的... 1 1.2 本 運 用 ガイドラインの

More information

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 3 市 民 税 Ⅰ 概 要 1 個 人 市 民 税 (1) 個 人 市 民 税 の 概 要 1 月 1 日 現 在 区 内 に 住 所 を 有 する 住 民 が その 地 方 公 共 団 体 に 納 税 する 税 金 であ る 市 民 税 は 県 民 税 とあわせて 住 民 税 と 呼 ばれている 住 民 税 は 市 や 県 の 仕 事 を 行 うために 必 要 な 費 用 を 住 民 が その

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

2012年5月31日 森本紀行 資産運用コラム

2012年5月31日 森本紀行 資産運用コラム 2014 年 8 月 7 日 森 本 紀 行 はこう 見 る JR 九 州 の 経 営 計 画 と 経 営 安 定 基 金 JR 九 州 は つくる 2016 JR 九 州 グループ 中 期 経 営 計 画 というものを 策 定 しています そ の 頂 点 にあるのは 株 式 上 場 です 要 は 2016 年 までに 上 場 企 業 としての 諸 条 件 を 完 備 さ せるための 経 営 計 画

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義 コンサルティングレポート 2013 年 10 月 11 日 全 13 頁 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 の 現 状 と 政 策 的 意 義 コンサルティング ソリューション 第 一 部 主 任 コンサルタント 米 川 誠 [ 要 約 ] 本 年 3 月 20 日 阪 神 三 宮 駅 の 全 面 改 良 工 事 が 完 成 した これにより アクセス 性 向 上 乗 り 換 え 時 間 短

More information

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し

Ⅰ 1 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 整 理 解 雇 の 効 果 過 剰 雇 用 が 発 生 し しかも 経 営 の 先 行 きが 不 透 明 であるときは 会 社 としては 過 剰 雇 用 を 速 やかに 解 消 することが 求 められます 過 剰 雇 用 の 状 態 を 放 置 し 整 理 解 雇 の 実 務 労 務 管 理 Ⅰ 整 理 解 雇 の 判 断 と 問 題 点 1. 整 理 解 雇 の 効 果 2. 整 理 解 雇 の 問 題 点 Ⅱ 整 理 解 雇 の 実 施 手 順 1. 解 雇 基 準 の 決 定 2. 解 雇 実 施 の 発 表 3. 解 雇 者 の 人 選 4. 解 雇 の 予 告 5. 解 雇 辞 令 の 交 付 Ⅲ 労 働 組 合 との 関 係 1.

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

平成14年度

平成14年度 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 一 般 社 団 法 人 愛 媛 県 法 人 会 連 合 会 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 目 的 は 大 きく2つある 1つは 社 会 保 障 の 機 能 強 化 で あり もう1つは 財 政 の 健 全 化 である 一 見 すると 相 反 する 目 的 のようにも 見

More information

株 式 や 債 券 の 発 行 会 社 が 倒 産 したら どうなるのですか? 証 券 会 社 の 分 別 管 理 とは どういうものですか? 株 式 や 債 券 は 大 幅 な 価 格 下 落 が 生 じます 元 本 はもちろん 配 当 や 利 息 なども 受 け 取 れなくなる 場 合 がありま

株 式 や 債 券 の 発 行 会 社 が 倒 産 したら どうなるのですか? 証 券 会 社 の 分 別 管 理 とは どういうものですか? 株 式 や 債 券 は 大 幅 な 価 格 下 落 が 生 じます 元 本 はもちろん 配 当 や 利 息 なども 受 け 取 れなくなる 場 合 がありま 証 券 会 社 が 破 たんした 場 合 のセーフティネット 投 資 者 の 保 護 について 証 券 会 社 が 破 たんしたら 株 式 や 債 券 はどうなるのですか? 破 たんした 証 券 会 社 の 発 行 した 株 式 や 社 債 に 投 資 した 場 合 で なければ 資 産 は 返 還 されます 2009 年 1 月 5 日 から 上 場 会 社 の 株 券 電 子 化 が スタートしました

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 平 成 27 年 度 ~ 平 成 31 年 度 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づく 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ~ 職 員 の 仕 事 と 子 育 て 両 立 支 援 プログラム~ 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 目 次 Ⅰ 総 論 1 基 本 的 な 考 え 方 1 2 計 画 の 期 間 1 3 計 画 の 対 象

More information

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減 平 成 27 年 9 月 24 日 判 決 言 渡 し 平 成 27 年 ( 行 コ) 第 64 号 固 定 資 産 価 格 審 査 申 出 棄 却 決 定 取 消 請 求 控 訴 事 件 ( 原 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 473 号 ) 主 文 1 原 審 原 告 の 控 訴 に 基 づき, 原 判 決 を 次 のとおり 変 更 する (1) 東 京 都

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087453237944E937892868FAC8AE98BC681458FAC8B4B96CD8E968BC68ED28AD68C57975C8E5A88C481458DE0938A975A8E918C7689E682CC8A5497762E646F63> 平 成 27 年 度 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 財 政 投 融 資 計 画 の 概 要 平 成 27 年 4 月 中 小 企 業 庁 中 小 企 業 対 策 費 の 予 算 及 び 財 政 投 融 資 計 画 1. 中 小 企 業 対 策 費 27 年 度 予 算 額 ( 注 1) 26 年 度 予 算 額 ( 注 2) 対 前 年 比 政 府 全 体 1,856 億

More information

職種限定契約

職種限定契約 職 種 限 定 契 約 における 配 転 命 令 の 可 否 東 京 海 上 日 動 火 災 保 険 事 件 東 京 地 判 平 19.3.26 判 時 1965 号 3 頁 佐 藤 敬 二 ( 立 命 館 大 学 ) Ⅰ 事 実 の 概 要 X( 原 告 )は 損 害 保 険 業 等 を 目 的 とするY 社 ( 被 告 )において 損 害 保 険 の 契 約 募 集 等 に 従 事 する 外 勤

More information

消費税増税先送りに伴う他政策への影響

消費税増税先送りに伴う他政策への影響 税 制 A to Z 2014 年 11 月 21 日 全 13 頁 消 費 税 増 税 先 送 りに 伴 う 他 政 策 への 影 響 住 宅 ローン 減 税 自 動 車 税 制 年 金 制 度 給 付 措 置 などに 影 響 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 安 倍 首 相 は 2014 年 11 月 18 日 に 記 者 会 見 を 行 い 消 費 税 率 の 10%への

More information

1994年 海外労働情勢

1994年 海外労働情勢 タイは 1986 年 から91 年 までの5ヵ 年 間 ( 第 6 次 経 済 社 会 開 発 計 画 期 間 )に 実 質 経 済 成 長 率 年 平 均 10% 以 上 を 記 録 する 高 度 経 済 成 長 を 達 成 し 92 年 の 実 質 成 長 率 も7.4%( 暫 定 値 )が 見 込 まれており 現 在 も 好 調 な 成 長 を 続 けている しかし 急 速 な 経 済 成 長

More information

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の

More information

士業2012_社労士_h1h4

士業2012_社労士_h1h4 ❶ 社 会 保 険 労 務 士 とは 社 会 保 険 労 務 士 ( 以 下 社 労 士 )とは 厚 生 労 働 省 が 所 管 する 国 家 資 格 であり 企 業 の 人 事 労 務 管 理 の 支 援 等 に 携 わる 専 門 職 です 根 拠 法 令 は 1968 年 ( 昭 和 43 年 )に 制 定 された 社 会 保 険 労 務 士 法 ( 以 下 社 労 士 法 )で その 冒 頭

More information

「知る前契約」に関するインサイダー見直し

「知る前契約」に関するインサイダー見直し 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 2015 年 9 月 18 日 全 14 頁 知 る 前 契 約 に 関 するインサイダー 見 直 し 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2015 年 9 月 2 日 インサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 規 定 に 関 する 内 閣 府 令 及 びガイド ラインの 改 正 が 行 われた 具 体 的 には いわゆる

More information

表 1. 技 術 と 技 能 特 性 技 術 技 能 依 存 性 習 熟 性 スキル 性 格 知 識 依 存 性 強 弱 五 感 依 存 性 弱 強 習 熟 体 制 組 織 中 心 個 人 中 心 習 熟 方 法 経 験 中 心 頭 で 覚 える 体 験 中 心 体 で 覚 える 所 要 期 間 中

表 1. 技 術 と 技 能 特 性 技 術 技 能 依 存 性 習 熟 性 スキル 性 格 知 識 依 存 性 強 弱 五 感 依 存 性 弱 強 習 熟 体 制 組 織 中 心 個 人 中 心 習 熟 方 法 経 験 中 心 頭 で 覚 える 体 験 中 心 体 で 覚 える 所 要 期 間 中 化 学 装 置 2008 年 1 月 号 掲 載 プラントエンジニアリング 産 業 の 技 術 伝 承 (その 1) (はじめに) 環 境 企 画 松 村 眞 昭 和 22 年 から 昭 和 24 年 生 まれの 団 塊 世 代 が 60 歳 で 定 年 退 職 を 迎 える 時 期 になっ た 2007 年 から 3 年 間 は 退 職 者 の 大 量 発 生 により 三 つの 社 会 現 象 が

More information

の 属 性 等 を 用 いることができるからだ (インターネットによるアンケート 調 査 の 利 点 は 同 じ 回 答 者 に 対 して 繰 り 返 し 調 査 を 行 えるところにある ) 1-2 アンケート 調 査 のデザイン 以 下 では 平 成 21 年 度 地 震 保 険 消 費 者 ア

の 属 性 等 を 用 いることができるからだ (インターネットによるアンケート 調 査 の 利 点 は 同 じ 回 答 者 に 対 して 繰 り 返 し 調 査 を 行 えるところにある ) 1-2 アンケート 調 査 のデザイン 以 下 では 平 成 21 年 度 地 震 保 険 消 費 者 ア 1. 平 成 21 年 度 地 震 保 険 消 費 者 アンケート 調 査 に 基 づいた 研 究 1-1 調 査 の 実 施 概 要 について 近 未 来 課 題 解 決 事 業 では 平 成 20 年 度 に 地 震 保 険 に 関 する 消 費 者 意 識 調 査 を 実 施 した その 手 法 としては NRI のインターネットリサーチサービスを 利 用 日 本 全 国 に 在 住 する 一

More information

る 解 約 返 戻 金 に 関 して 問 題 意 識 が 持 たれて いる 様 子 が 窺 える そこで 本 稿 では まず 一 般 の 保 険 の 解 約 返 戻 金 の 考 え 方 計 算 方 法 を 説 明 した 後 無 低 解 約 返 戻 金 型 商 品 の 仕 組 みの 特 徴 考 え 方

る 解 約 返 戻 金 に 関 して 問 題 意 識 が 持 たれて いる 様 子 が 窺 える そこで 本 稿 では まず 一 般 の 保 険 の 解 約 返 戻 金 の 考 え 方 計 算 方 法 を 説 明 した 後 無 低 解 約 返 戻 金 型 商 品 の 仕 組 みの 特 徴 考 え 方 無 低 解 約 返 戻 金 型 商 品 について 調 査 研 究 部 猪 ノ 口 勝 徳 目 次 1.はじめに 2. 一 般 の 保 険 の 解 約 返 戻 金 3. 無 低 解 約 返 戻 金 型 商 品 の 概 要 4.おわりに 1.はじめに 生 命 保 険 契 約 は 長 期 にわたる 契 約 である このため 加 入 時 に 商 品 内 容 を 十 分 に 検 討 し 自 身 の 保 障 ニーズに

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

術 さらには 歌 の 上 手 さそのものの 比 較 や 競 争 が 可 能 となった 一 方 で インターネットが 広 く 家 庭 に 普 及 して 音 楽 の 情 報 化 が 進 むと 2000 年 代 中 ごろに 登 場 した YouTube などの 共 有 動 画 サービスに 歌 手 本 人

術 さらには 歌 の 上 手 さそのものの 比 較 や 競 争 が 可 能 となった 一 方 で インターネットが 広 く 家 庭 に 普 及 して 音 楽 の 情 報 化 が 進 むと 2000 年 代 中 ごろに 登 場 した YouTube などの 共 有 動 画 サービスに 歌 手 本 人 歌 う 行 為 の 再 帰 的 近 代 化 カラオケから 歌 ってみた への 身 体 的 変 容 0. 概 要 本 稿 では 歌 う という 行 為 について その 身 体 性 と 社 会 性 の 両 面 から 考 察 する 具 体 的 には 歌 唱 の 可 能 性 を 生 身 の 人 間 から 引 き 離 したに 見 える VOCALOID の 登 場 が いわゆる 歌 ってみた という 現 象

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

Microsoft Word - WEB掲載 最終 2012-10-31_JMC アリックス 森氏原稿 後半.docx

Microsoft Word - WEB掲載 最終 2012-10-31_JMC アリックス 森氏原稿 後半.docx 移 転 価 格 における 最 近 の 無 形 資 産 をめぐる 議 論 後 編 アリックスパートナーズ アジア エルエルシー マネージング ディレクター 森 信 夫 日 本 機 械 輸 出 組 合 では 去 る 2012 年 10 月 23 日 に 平 成 24 年 度 第 5 回 国 際 税 務 研 究 会 を 開 催 し アリックスパートナーズ アジア エルエルシー マネージング ディレクター

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

北 米 地 域 統 合 と 途 上 国 経 済 解 明 に 向 かっている 筆 者 は これを 取 り 上 げる 理 由 として 産 業 集 積 自 体 そ してそれとの 多 国 籍 企 業 との 関 わりについては これまでも 研 究 が 蓄 積 されてき たが この 議 論 を 一 国 民 経

北 米 地 域 統 合 と 途 上 国 経 済 解 明 に 向 かっている 筆 者 は これを 取 り 上 げる 理 由 として 産 業 集 積 自 体 そ してそれとの 多 国 籍 企 業 との 関 わりについては これまでも 研 究 が 蓄 積 されてき たが この 議 論 を 一 国 民 経 書 評 所 康 弘 著 北 米 地 域 統 合 と 途 上 国 経 済 NAFTA 多 国 籍 企 業 地 域 経 済 西 田 書 店 2009 年 東 京 外 国 語 大 学 田 島 陽 一 1. 本 書 の 分 析 視 点 本 書 は メキシコを 輸 入 代 替 工 業 化 戦 略 から 新 自 由 主 義 的 開 発 戦 略 に 転 換 を 遂 げた 途 上 国 開 発 モデルの 先 駆 的

More information

Microsoft Word - 01 議事次第.docx

Microsoft Word - 01 議事次第.docx 地 方 分 権 の 進 展 に 対 応 した 行 政 の 実 効 性 確 保 のあり 方 に 関 する 検 討 会 ( 第 1 回 ) 議 事 次 第 平 成 24 年 6 月 18 日 ( 月 ) 12:30~14:30 総 務 省 6 階 601 会 議 室 ( 議 事 次 第 ) 1. 開 会 2. 久 元 自 治 行 政 局 長 挨 拶 3. 検 討 会 開 催 要 綱 等 について 4.

More information

<95B68F912035>

<95B68F912035> ポイント 子 会 社 等 の 債 務 を 肩 代 わりした 場 合 の 税 務 上 のポイントは 以 下 のように 整 理 される 1 一 般 的 には 寄 付 金 として 認 定 される 2 子 会 社 支 援 損 として 損 金 に 算 入 するためには 下 記 の 項 目 を 総 合 的 に 検 討 することになる 以 上 ポイント ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

More information

の 割 増 (3) 共 済 年 金 職 域 部 分 (243 万 円 )の 廃 止 と それに 替 わる 年 金 払 い 退 職 給 付 の 新 設 共 済 年 金 の 職 域 部 分 はすでに 2015 年 10 月 に 廃 止 することが 決 定 済 みであるの で 年 金 払 い 退 職 給

の 割 増 (3) 共 済 年 金 職 域 部 分 (243 万 円 )の 廃 止 と それに 替 わる 年 金 払 い 退 職 給 付 の 新 設 共 済 年 金 の 職 域 部 分 はすでに 2015 年 10 月 に 廃 止 することが 決 定 済 みであるの で 年 金 払 い 退 職 給 全 大 教 資 料 No.12-02 2012 年 11 月 退 職 金 の 大 幅 切 り 下 げをさせないための 第 1 次 討 議 資 料 2012 年 11 月 22 日 全 国 大 学 高 専 教 職 員 組 合 中 央 執 行 委 員 会 政 府 は 8 月 7 日 国 家 公 務 員 の 退 職 手 当 を 平 均 402.6 万 円 引 き 下 げること および 独 立 行 政 法

More information

檜皮の確保と檜皮採取者の育成

檜皮の確保と檜皮採取者の育成 檜 皮 の 確 保 と 檜 皮 採 取 者 の 育 成 岡 山 理 科 大 学 江 面 嗣 人 1.はじめに 文 化 財 建 造 物 の 檜 皮 葺 の 建 物 は 現 在 788 棟 ( 平 成 19 年 末 現 在 )が 国 の 重 要 文 化 財 に 指 定 されている これは 指 定 された 重 要 文 化 財 建 造 物 の 約 18.8パーセントにあたり 重 要 文 化 財 建 造 物

More information

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1 平 成 27 年 労 働 者 派 遣 法 改 正 法 の 概 要 ~ 平 成 27 年 9 月 30 日 施 行 ~ 厚 生 労 働 省 都 道 府 県 労 働 局 PL271029 派 需 01 目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推

More information

Microsoft Word - 20151001_プレス別紙1.doc

Microsoft Word - 20151001_プレス別紙1.doc SMFGコーポレートガバナンス ガイドライン 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 SMFGコーポレートガバナンス ガイドライン( 以 下 本 ガイドライン という )は 株 式 会 社 三 井 住 友 フィナンシャルグループ( 以 下 当 社 と いう )が 実 効 的 なコーポレートガバナンスの 実 現 を 通 じて 不 祥 事 や 企 業 としての 不 健 全 な 事 態 の 発 生

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CB48D65814093FA8AA78C9A90DD8BC6905695B7208F4390B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CB48D65814093FA8AA78C9A90DD8BC6905695B7208F4390B32E646F63> 日 刊 建 設 産 業 新 聞 : 平 成 8 年 5 月 5 日 掲 載 次 世 代 の 耐 震 設 計 法 : 地 震 リスクを 考 える 武 蔵 工 業 大 学 教 授 吉 川 弘 道 篠 塚 研 究 所 主 席 研 究 員 中 村 孝 明 リスク とは 将 来 における 不 確 かな 損 失 あるいは 不 利 益 と 定 義 できる これを 定 量 的 に 記 述 すると 被 害 の 発 生

More information

FinTech、仮想通貨などを巡る銀行法等改正法案の概要

FinTech、仮想通貨などを巡る銀行法等改正法案の概要 金 融 システムの 諸 問 題 FinTech 仮 想 通 貨 などを 巡 る 銀 行 法 等 改 正 法 案 の 概 要 2016 年 3 月 25 日 全 6 頁 5%ルール グループ 経 営 管 理 仮 想 通 貨 交 換 業 者 など 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2016 年 3 月 4 日 情 報 通 信 技 術 の 進 展 等 の 環 境 変 化

More information

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた 拉 致 被 害 者 等 への 今 後 の 支 援 策 の 在 り 方 について( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 8 月 拉 致 問 題 対 策 本 部 関 係 省 庁 拉 致 問 題 連 絡 会 ( 支 援 幹 事 会 ) 目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2)

More information

26 福選改 第 6 号

26 福選改 第 6 号 写 26 福 選 改 第 6 号 平 成 27 年 3 月 27 日 福 島 市 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 黒 澤 勝 利 様 福 島 市 選 挙 事 務 改 善 委 員 会 委 員 長 委 員 長 職 務 代 理 者 伊 藤 宏 之 小 島 勇 人 委 員 坂 井 道 夫 委 員 宍 戸 俊 夫 福 島 市 における 選 挙 事 務 の 改 善 について( 答 申 ) 平 成 27

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

3-表紙(大内)-se8mm.ai

3-表紙(大内)-se8mm.ai Ⅱ. 我 が 国 における 学 校 マネジメントに 関 する 取 組 の 概 要 1.はじめに 本 稿 では 学 校 マネジメントの 研 究 を 進 めるにあたり 我 が 国 における 学 校 マネジメン トに 関 する 取 組 について 現 在 までの 経 緯 をたどりその 概 要 を 整 理 する なお 本 研 究 では 学 校 マネジメントを 学 校 における 資 源 ヒト モノ 時 間 などを

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

野村資本市場研究所|わが国における相続・贈与税一体化の影響 (PDF)

野村資本市場研究所|わが国における相続・贈与税一体化の影響 (PDF) 個 人 マーケット わが 国 における 相 続 贈 与 税 一 体 化 の 影 響 平 成 15 年 度 税 制 改 正 において 贈 与 税 の 相 続 時 精 算 課 税 制 度 が 創 設 された これにより 相 続 税 と 贈 与 税 の 一 体 化 が 可 能 となり 高 齢 者 世 帯 に 偏 っている 個 人 金 融 資 産 の 次 世 代 へ の 移 転 が 図 られていくことが 期

More information

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し 213. 2. 22 ( 第 45 号 -1) 新 設 住 宅 着 工 見 通 し 213. 2. 15 ( 第 44 号 -3) 中 古 住 宅 平 成 25 年 1 月 の 動 向 213.2.22 ( 第 45 号 ) 新 設 住 宅 着 工 戸 数 の 見 通 し 1~12 月 期 GDP1 次 速 報 後 ( 注 ) 前 回 の 予 測 はPromotional i 33 号 (11/22)

More information

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 平 成 28 年 6 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 8 月 12 日 上 場 会 社 名 穴 吹 興 産 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 8928 URL http://www.anabuki.ne.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 穴 吹 忠 嗣 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

業 績 新 設 住 宅 着 工 戸 数 は 戸 建 を 中 心 に 堅 調 に 推 移 経 営 環 境 解 説 16 年 度 1Q(4 月 ~6 月 )の 新 設 住 宅 着 工 戸 数 ( 総 計 )は 前 年 同 期 比 5% 増 となり 堅 調 に 推 移 している 消 費 税 増 税 (14

業 績 新 設 住 宅 着 工 戸 数 は 戸 建 を 中 心 に 堅 調 に 推 移 経 営 環 境 解 説 16 年 度 1Q(4 月 ~6 月 )の 新 設 住 宅 着 工 戸 数 ( 総 計 )は 前 年 同 期 比 5% 増 となり 堅 調 に 推 移 している 消 費 税 増 税 (14 三 栄 建 築 設 計 (3228 東 証 1 部 ) 2016 年 9 月 30 日 17/8 期 は 7% 営 業 増 益 を 予 想 需 要 は 底 堅 いとみる アップデートレポート ( 株 )QUICK 主 要 指 標 2016/09/28 現 在 株 価 1,151 円 年 初 来 高 値 年 初 来 安 値 発 行 済 株 式 数 1,392 円 (01/04) 996 円 (02/12)

More information

Microsoft Word 運用ガイドライン.doc

Microsoft Word 運用ガイドライン.doc 各 位 平 成 24 年 7 月 13 日 不 動 産 投 資 信 託 証 券 発 行 者 名 東 京 都 中 央 区 銀 座 六 丁 目 2 番 1 号 大 和 証 券 オフィス 投 資 法 人 代 表 者 名 執 行 役 員 大 高 和 夫 (コード 番 号 :8976) 資 産 運 用 会 社 名 大 和 リアル エステート アセット マネジメント 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日 広 角 視 点 : 名 目 マイナス 金 利 のプラス 効 果 ホセ ビニャルス サイモン グレイ ケリー エコールド 2016 年 4 月 10 日 成 長 見 通 しとインフレ 率 への 重 大 なリスクが 認 識 される 中 で IMF は 一 部 の 中 央 銀 行 が 実 施 した マイナス 政 策 金 利 を 支 持 しています このような 大 胆 な 政 策 は 過 去 に 例 がなく

More information

Microsoft PowerPoint - 070608訴訟状況.ppt

Microsoft PowerPoint - 070608訴訟状況.ppt 住 基 ネット 関 連 訴 訟 に 関 する 判 決 資 料 8 < 平 成 17 年 > 5 月 30 日 ( 月 ) 金 沢 地 裁 判 決 ( 一 部 敗 訴 ) 1 5 月 31 日 ( 火 ) 名 古 屋 地 裁 10 部 判 決 ( 全 面 勝 訴 ) 2 10 月 14 日 ( 金 ) 福 岡 地 裁 判 決 ( 全 面 勝 訴 ) < 平 成 18 年 > 2 月 9 日 ( 木 )

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

買ってはいけない!? 外国人が大量に買った株

買ってはいけない!? 外国人が大量に買った株 Report Ⅰ 買 ってはいけない!? 外 国 人 が 大 量 に 買 った 株 金 融 研 究 部 主 任 研 究 員 井 出 真 吾 side@nli-research.co.jp 1 はじめに 日 本 の 株 式 市 場 で 外 国 人 の 存 在 感 が 増 している そのせいもあるのか 2013 年 3 月 期 の 決 算 発 表 が 本 格 化 した 頃 から 外 国 人 が 大 量

More information

税務調査      業種別・狙われるポイント

税務調査      業種別・狙われるポイント 経 営 者 が 最 低 限 知 っておきたい! 役 員 給 与 の 税 務 Ⅲ はじめに 今 回 は 役 員 給 与 のうち 臨 時 的 で 巨 額 な 支 出 がなされる 役 員 退 職 給 与 を 主 に 取 り 上 げてい ます 役 員 退 職 給 与 は 大 きなお 金 を 会 社 からもらえる というメリットだけでなく 中 小 企 業 の 節 税 の 王 道 と 言 われるもので 会 社

More information

Microsoft Word - 160118資産申告問題要望書(案)

Microsoft Word - 160118資産申告問題要望書(案) 厚 生 労 働 大 臣 塩 崎 恭 久 殿 2016( 平 成 27) 年 2 月 1 日 資 産 申 告 書 に 関 する 保 護 課 長 通 知 の 撤 回 等 を 求 める 要 望 書 生 活 保 護 問 題 対 策 全 国 会 議 代 表 幹 事 尾 藤 廣 喜 第 1 要 望 の 趣 旨 1 生 活 保 護 利 用 者 に 対 して 最 低 年 1 回 の 資 産 申 告 を 行 わせるよう

More information

Microsoft Word - J_20120613エンゲル.docx

Microsoft Word - J_20120613エンゲル.docx Economic Trends マ クロ 経 済 分 析 レポート テーマ:エンゲル 係 数 上 昇 で 広 がる 生 活 格 差 212 年 6 月 13 日 ( 水 ) ~ 食 料 エネルギー 価 格 上 昇 と 所 得 減 で 必 要 となるインフレ 目 標 の 見 直 し~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利 廣 (3-5221-4531)

More information

1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1

1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1 国 の 海 外 展 開 販 路 拡 大 支 援 施 策 について 東 北 経 済 産 業 局 産 業 部 国 際 課 1.24 年 度 補 正 及 び25 年 度 本 予 算 における 主 な 国 の 海 外 展 開 支 援 施 策 1 中 小 企 業 海 外 展 開 一 環 支 援 事 業 (F/S( ) 支 援 事 業 ) F/S(フィージビリティ スタディ) : 新 規 事 業 への 参 入

More information