4. 事 務 マネジメントシステム 4.1 事 務 マネジメントシステムの 構 築 運 用 及 び 維 持 1. 事 務 マネジメントシステム とは 京 都 工 芸 繊 維 大 学 が 事 務 改 善 を 積 極 的 に 推 進 するため (1) 事 務 マネジメント 方 針 を 立 て 事 務 改

Size: px
Start display at page:

Download "4. 事 務 マネジメントシステム 4.1 事 務 マネジメントシステムの 構 築 運 用 及 び 維 持 1. 事 務 マネジメントシステム とは 京 都 工 芸 繊 維 大 学 が 事 務 改 善 を 積 極 的 に 推 進 するため (1) 事 務 マネジメント 方 針 を 立 て 事 務 改"

Transcription

1 1. 目 的 目 標 本 事 務 マネジメントマニュアル( 以 下 マニュアル という )は 京 都 工 芸 繊 維 大 学 におけ る 事 務 業 務 に 必 要 な 事 務 マネジメントシステムの 運 用 について 定 めたものである なお 本 学 の 事 務 部 門 における 業 務 の 高 度 化 複 雑 化 及 び 効 率 化 への 対 応 を 図 るとともに 定 期 的 な 外 部 評 価 を 実 施 するため 将 来 的 にISO9001の 認 証 取 得 を 目 指 すことを 目 標 と する 2. 適 用 2.1 適 用 範 囲 本 マニュアルは 京 都 工 芸 繊 維 大 学 の 事 務 部 門 における 業 務 に 適 用 する 2.2 適 用 規 格 本 マニュアルは ISO9001 及 びJISQ14001(ISO14001)を 参 考 に する 2.3 制 定 及 び 改 訂 本 マニュアルの 制 定 及 び 改 訂 は 最 高 責 任 者 の 発 議 に 基 づき 本 マニュアル 文 書 管 理 の 定 めに 従 って 行 う 3. 用 語 の 定 義 本 マニュアルで 使 用 する 用 語 は 基 本 的 にISO9001 及 びJISQ14001(IS O14001)に 定 められた 用 語 の 定 義 に 準 ずるが 固 有 の 用 語 については 以 下 に 定 義 す る 用 語 定 義 最 高 責 任 者 学 長 総 括 事 務 管 理 責 任 者 事 務 局 長 副 総 括 事 務 管 理 責 任 者 総 括 事 務 管 理 責 任 者 の 提 案 に 基 づき 最 高 責 任 者 が 任 命 す る 者 事 務 管 理 責 任 者 総 務 課 長 事 務 マネジメント 委 員 会 事 務 マネジメントシステムに 係 る 重 要 な 事 項 について 審 議 決 定 を 行 う 委 員 会 事 務 業 務 監 査 委 員 会 内 部 監 査 に 係 る 重 要 な 事 項 について 決 定 する 委 員 会 事 務 マネジメント 事 務 局 事 務 マネジメントシステムの 実 施 及 び 管 理 のための 事 務 局 ( 担 当 : 総 務 課 ) 1

2 4. 事 務 マネジメントシステム 4.1 事 務 マネジメントシステムの 構 築 運 用 及 び 維 持 1. 事 務 マネジメントシステム とは 京 都 工 芸 繊 維 大 学 が 事 務 改 善 を 積 極 的 に 推 進 するため (1) 事 務 マネジメント 方 針 を 立 て 事 務 改 善 課 題 の 収 集 登 録 及 び 抽 出 を 行 い 具 体 的 な 事 務 改 善 プログラムを 策 定 する(Plan) (2) 事 務 改 善 プログラムを 実 施 する(Do) (3) レビューや 内 部 監 査 等 により 事 務 改 善 プログラムが 適 切 に 実 施 されているか 実 施 状 況 や 実 施 効 果 を 点 検 評 価 する(Check) (4) 点 検 評 価 により 見 直 しが 必 要 な 部 分 について 事 務 改 善 プログラムの 修 正 を 行 う (Act) という 一 連 のPDCAサイクルを 構 築 し 事 務 業 務 の 効 率 的 な 運 用 と 継 続 的 な 改 善 を 図 ろう とするシステムである 2. 最 高 責 任 者 は 事 務 業 務 の 効 率 的 運 用 と 継 続 的 改 善 を 実 行 するため 事 務 マネジメントシス テムを 構 築 し その 運 用 及 び 維 持 を 行 う 2

3 事 務 マネジメントシステムのサイクル 事 務 マネジメント 方 針 の 制 定 平 成 20 年 10 月 4 月 (H20.10) 事 務 改 善 課 題 の 収 集 登 録 抽 出 ( 事 務 改 善 課 題 登 録 表 の 作 成 ) 5 月 (H20.10) 計 画 (Plan) 事 務 改 善 プログラムの 策 定 6 月 (H20.10) 事 務 改 善 プログラムの 実 施 実 施 (Do) 11 月 (H21.1) 事 務 改 善 プログラムの 進 捗 管 理 ( 内 部 監 査 ) 2~3 月 (H21.2) 点 検 評 価 (Check) 事 務 改 善 プログラムの 実 施 状 況 実 施 効 果 の 点 検 評 価 (レビュー) 3 月 (H21.3) 事 務 改 善 プログラムの 見 直 し 修 正 見 直 し 修 正 (Act) 3

4 4.2 事 務 マネジメント 方 針 事 務 マネジメント 方 針 A. 基 本 理 念 近 年 京 都 工 芸 繊 維 大 学 においては 教 育 研 究 の 高 度 化 複 雑 化 情 報 化 や 国 際 化 の 進 展 外 部 資 金 や 競 争 的 研 究 費 の 増 加 物 品 納 入 に 関 する 検 収 の 徹 底 大 学 間 連 携 産 学 官 連 携 社 会 連 携 の 進 展 さらには 大 学 評 価 や 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 などの 業 務 が 課 されたことなどに より 事 務 量 が 増 大 しているのみならず 質 的 にも 高 度 化 効 率 化 が 求 められるようになっ てきた また 平 成 16 年 4 月 からは 国 立 大 学 法 人 化 に 伴 い 中 期 目 標 中 期 計 画 年 度 計 画 の 策 定 実 施 成 果 報 告 が 求 められるようになり 新 たな 事 務 が 付 加 された さらに 平 成 18 年 度 に 教 育 研 究 組 織 の 抜 本 的 改 編 ( 工 芸 学 部 及 び 繊 維 学 部 の 統 合 等 )を 行 ったことにより 膨 大 な 移 行 業 務 が 付 加 された 一 方 で 国 立 大 学 法 人 に 対 して 効 率 化 係 数 による 運 営 費 交 付 金 の1% 削 減 や 政 府 が 主 導 している 人 件 費 削 減 計 画 ( 平 成 18 年 度 から 5 年 間 に 亘 る1% 削 減 )が 進 められている このような 状 況 の 中 で 教 育 研 究 に 対 する 支 援 業 務 の 強 化 と 教 員 や 学 生 に 対 するサービス の 向 上 を 図 りつつ 法 人 化 が 目 指 す 自 主 的 効 率 的 大 学 運 営 を 実 現 するために 事 務 改 善 を 積 極 的 に 推 進 する B. 方 針 1. 効 率 化 係 数 により 人 件 費 物 件 費 が 削 減 される 中 で 事 務 職 員 のさらなる 削 減 が 不 可 避 で あるとすれば 量 的 拡 大 と 高 度 化 複 雑 化 の 一 途 をたどる 大 学 の 事 務 業 務 に 対 応 していくた め 現 在 の 事 務 業 務 のあり 方 を 抜 本 的 に 見 直 し 可 能 なものから 廃 止 簡 素 化 する 2. 一 元 集 中 処 理 重 複 事 務 の 廃 止 アウトソーシングなど 事 務 処 理 の 効 率 化 合 理 化 を 果 敢 に 実 施 する 3. 全 事 務 職 員 が 一 丸 となって 事 務 マネジメント 方 針 の 達 成 を 図 る 4. 事 務 業 務 の 効 率 的 運 用 と 継 続 的 改 善 を 実 行 するため 事 務 マネジメントシステムを 構 築 するとともに 内 部 監 査 を 実 施 し これを 定 期 的 に 見 直 す この 方 針 は 文 書 化 し 事 務 に 関 わるすべての 構 成 員 に 周 知 すると 共 に 大 学 内 外 に 開 示 する 2008 年 10 月 1 日 国 立 大 学 法 人 京 都 工 芸 繊 維 大 学 長 江 島 義 道 4

5 4.2.1 事 務 マネジメント 方 針 の 制 定 等 事 務 マネジメント 方 針 の 制 定 改 訂 最 高 責 任 者 が 事 務 マネジメント 方 針 の 制 定 を 必 要 と 判 断 したときや レビュー 等 に より 事 務 マネジメント 方 針 の 変 更 を 必 要 としたときは 事 務 管 理 責 任 者 は 最 高 責 任 者 の 指 示 により 事 務 マネジメント 方 針 の 制 定 改 訂 案 を 作 成 し 事 務 マネジメント 委 員 会 に 提 出 する 事 務 マネジメント 委 員 会 は 提 出 された 事 務 マネジメント 方 針 の 制 定 改 訂 案 を 審 議 して 審 議 結 果 を 最 高 責 任 者 に 報 告 する 最 高 責 任 者 は 承 認 の 上 署 名 する 事 務 管 理 責 任 者 は 事 務 マネジメント 方 針 の 周 知 の 手 順 により 全 事 務 職 員 への 周 知 を 実 施 する 事 務 マネジメント 方 針 の 周 知 1. 全 事 務 職 員 への 周 知 総 括 事 務 管 理 責 任 者 及 び 事 務 管 理 責 任 者 は 事 務 マネジメント 方 針 の 制 定 改 訂 が 行 われたとき 並 びに 毎 年 度 の 当 初 に 事 務 マネジメント 方 針 説 明 会 を 開 催 し 全 事 務 職 員 に 周 知 し 学 内 の 公 の 場 に 掲 示 する 2. 学 外 への 周 知 事 務 マネジメント 事 務 局 は 事 務 マネジメント 方 針 をホームページや 広 報 誌 等 に 記 載 し 一 般 に 公 開 する 事 務 マネジメント 方 針 のレビュー 事 務 マネジメント 方 針 のレビューは 最 高 責 任 者 が 必 要 と 判 断 したときに 行 う 4.3 計 画 事 務 改 善 課 題 及 び 事 務 改 善 プログラム 事 務 改 善 課 題 の 収 集 登 録 及 び 抽 出 1. 各 課 長 室 長 は 各 課 室 の 事 務 業 務 に 係 る 課 題 を 収 集 して 事 務 改 善 課 題 登 録 表 ( 様 式 1) を 作 成 し 事 務 管 理 責 任 者 に 提 出 する 2. 事 務 管 理 責 任 者 は 各 課 長 室 長 から 提 出 された 事 務 改 善 課 題 登 録 表 をとりまとめ 事 務 マネジメント 委 員 会 に 諮 り 大 学 の 事 務 改 善 課 題 登 録 表 を 策 定 する 5

6 3. 事 務 マネジメント 委 員 会 では 大 学 の 事 務 改 善 課 題 登 録 表 の 中 から 実 施 が 必 要 な 事 務 改 善 課 題 を 抽 出 するとともに 実 行 にあたっての 主 たる 実 施 部 署 及 び 関 係 部 署 に 振 り 分 ける 事 務 改 善 プログラムの 策 定 1. 事 務 管 理 責 任 者 は 主 たる 実 施 部 署 及 び 関 係 部 署 へ 実 行 すべき 事 務 改 善 課 題 を 通 知 し 主 た る 実 施 部 署 へ 事 務 改 善 課 題 に 係 る 事 務 改 善 プログラム( 様 式 2) の 作 成 を 依 頼 する 2. 主 たる 実 施 部 署 の 課 長 室 長 は 事 務 改 善 プログラム を 作 成 し 事 務 管 理 責 任 者 へ 提 出 す る 3. 事 務 管 理 責 任 者 は 主 たる 実 施 部 署 の 課 長 室 長 から 提 出 された 事 務 改 善 プログラム を 取 りまとめ 事 務 マネジメント 委 員 会 に 諮 り 大 学 の 事 務 改 善 プログラム を 策 定 する 4. 事 務 管 理 責 任 者 は 策 定 した 大 学 の 事 務 改 善 プログラム を 最 高 責 任 者 に 報 告 するととも に 全 事 務 職 員 及 び 教 員 に 周 知 する 4.4 実 施 及 び 運 用 役 割 責 任 及 び 権 限 事 務 マネジメントシステムを 効 果 的 に 実 施 運 用 するために 組 織 体 制 及 び 主 な 役 割 と 責 任 と 権 限 を 明 確 にする 組 織 体 制 1. 組 織 体 制 は 最 高 責 任 者 の 下 で 総 括 事 務 管 理 責 任 者 事 務 管 理 責 任 者 事 務 マネジメント 委 員 会 事 務 業 務 監 査 委 員 会 及 び 全 課 室 により 構 成 し 事 務 マネジメント 担 当 の 事 務 局 を 総 務 課 に 置 く 2. 事 務 マネジメントシステムを 実 施 運 用 するための 組 織 体 制 は 図 のとおりとし それぞれの 役 割 責 任 及 び 権 限 を 定 め 全 事 務 職 員 に 伝 達 する 6

7 図 最 高 責 任 者 ( 学 長 ) 事 務 マネジメント 事 務 局 ( 総 務 課 ) 事 務 業 務 監 査 委 員 会 事 務 マネジメント 委 員 会 総 括 事 務 管 理 責 任 者 ( 事 務 局 長 ) 事 務 管 理 責 任 者 ( 総 務 課 長 ) 総 務 課 総 務 課 研 究 科 事 務 室 企 画 広 報 課 国 際 企 画 課 総 務 課 人 事 労 務 室 財 務 課 研 究 協 力 課 情 報 課 財 務 課 調 達 検 収 室 入 試 課 学 生 サ ー ビ ス 課 学 務 課 施 設 マ ネ ジ メ ン ト 課 7

8 最 高 責 任 者 の 役 割 責 任 及 び 権 限 1. 最 高 責 任 者 は 事 務 改 善 プログラムの 実 施 及 び 管 理 に 不 可 欠 な 資 源 を 確 実 に 利 用 できるよう にする 資 源 には 人 的 資 源 及 び 専 門 的 な 技 能 組 織 のインフラストラクチャー 技 術 及 び 資 金 を 含 む 2. 詳 細 な 最 高 責 任 者 の 責 任 及 び 権 限 は 責 任 及 び 権 限 に 定 める 総 括 事 務 管 理 責 任 者 及 び 事 務 管 理 責 任 者 1. 最 高 責 任 者 は 総 括 事 務 管 理 責 任 者 及 び 事 務 管 理 責 任 者 を 任 命 する 2. 最 高 責 任 者 は 総 括 事 務 管 理 責 任 者 及 び 事 務 管 理 責 任 者 に 次 に 示 す 役 割 責 任 及 び 権 限 を 他 の 責 任 にかかわりなく 与 えるものとする (1) 事 務 マネジメントシステムが 確 立 され 実 施 され かつ 維 持 されることを 確 実 にするこ と 事 務 マネジメントシステムの 運 用 は 主 に 事 務 管 理 責 任 者 が 行 い 定 期 的 に 総 括 事 務 管 理 責 任 者 に 報 告 する 総 括 事 務 管 理 責 任 者 は 報 告 に 基 づき 事 務 マネジメントシステムを 維 持 するための 資 源 と 人 員 について 最 高 責 任 者 と 協 議 し 対 応 する (2) レビュー 及 び 事 務 マネジメントシステムの 改 善 の 基 礎 として 最 高 責 任 者 に 事 務 マネジ メントシステムの 実 績 を 報 告 すること 3. 詳 細 な 総 括 事 務 管 理 責 任 者 及 び 事 務 管 理 責 任 者 の 役 割 は 責 任 及 び 権 限 に 定 める 副 総 括 事 務 管 理 責 任 者 1. 最 高 責 任 者 は 総 括 事 務 管 理 責 任 者 の 提 案 に 基 づき 副 総 括 事 務 管 理 責 任 者 を 任 命 すること ができる 2. 副 総 括 事 務 管 理 責 任 者 は 総 括 事 務 管 理 責 任 者 の 業 務 を 補 佐 する 事 務 マネジメント 委 員 会 1. 事 務 マネジメント 委 員 会 の 構 成 員 事 務 マネジメント 委 員 会 は 次 の 委 員 で 構 成 する (1) 総 括 事 務 管 理 責 任 者 (2) 副 総 括 事 務 管 理 責 任 者 (3) 事 務 管 理 責 任 者 (4) 各 課 長 室 長 2. 委 員 長 (1) 事 務 マネジメント 委 員 会 に 委 員 長 を 置 き 総 括 事 務 管 理 責 任 者 をもって 充 てる (2) 委 員 長 は 委 員 会 を 招 集 し その 議 長 となる 3. 会 議 (1) 委 員 会 は 委 員 の 過 半 数 が 出 席 しなければ 議 事 を 開 くことができない 8

9 (2) 議 事 は 出 席 委 員 の 過 半 数 で 決 し 可 否 同 数 のときは 議 長 の 決 するところによる (3) 委 員 長 が 必 要 と 認 めたときは 委 員 以 外 の 者 を 会 議 に 出 席 させることができる 4. 審 議 事 項 事 務 マネジメント 委 員 会 の 審 議 事 項 は 次 のとおりとする 審 議 事 項 関 連 手 順 備 考 1. 事 務 マネジメント 方 針 の 制 定 改 訂 案 の 作 成 事 務 マネジメント 方 針 の 制 定 等 2. 事 務 改 善 プログラムの 策 定 事 務 改 善 課 題 及 び 事 務 改 善 プログラム 3. コミュニケーションに 定 める 内 部 及 び 外 部 事 務 改 善 関 連 情 報 コミュニケーション 事 務 管 理 責 任 者 が 審 議 の 必 要 性 を 認 めた 場 合 への 対 応 4. 事 務 マネジメントシステム 文 書 の 新 規 作 成 レビュー 廃 止 文 書 管 理 事 務 管 理 責 任 者 が 関 係 課 室 との 協 議 の 結 果 審 議 の 必 要 性 を 認 めた 場 合 5. 事 務 改 善 効 果 事 務 改 善 プログラムの 進 捗 管 理 及 び 実 施 状 況 の 評 価 6. 最 高 責 任 者 によるレビュー レビューの 実 行 7. その 他 事 務 管 理 責 任 者 が 必 要 と 認 めた 事 項 5. 議 事 録 委 員 会 における 審 議 の 経 過 及 び 結 果 は 議 事 録 に 記 載 し 事 務 管 理 責 任 者 の 承 認 を 得 て 事 務 マ ネジメント 事 務 局 で 保 管 する 事 務 業 務 監 査 委 員 会 1. 内 部 監 査 を 実 施 するために 事 務 業 務 監 査 委 員 会 を 置 く 2. 事 務 業 務 監 査 委 員 会 の 詳 細 な 役 割 等 は 内 部 監 査 に 定 める 事 務 マネジメント 事 務 局 事 務 マネジメントシステムを 円 滑 に 実 施 及 び 管 理 するために 事 務 マネジメント 事 務 局 を 総 務 課 に 置 く 9

10 責 任 及 び 権 限 事 務 マネジメントシステムを 実 施 するための 主 要 な 業 務 は 以 下 のとおりとする 組 織 体 制 主 要 な 業 務 最 高 責 任 者 総 括 事 務 管 理 責 任 者 事 務 管 理 責 任 者 事 務 マネジメント 委 員 会 1 事 務 マネジメントシステムの 実 施 及 び 管 理 に 不 可 欠 な 資 源 の 提 供 資 源 には 人 的 資 源 及 び 専 門 的 な 技 能 技 術 並 びに 資 金 を 含 む 2 事 務 マネジメント 方 針 の 策 定 3 総 括 事 務 管 理 責 任 者 副 総 括 事 務 管 理 責 任 者 及 び 事 務 管 理 責 任 者 の 任 命 4 事 務 マネジメントマニュアルの 承 認 5 事 務 マネジメントシステムのレビュー ( 事 務 マネジメントシステムに 関 する 総 括 責 任 者 ) 1 事 務 管 理 責 任 者 の 報 告 に 基 づき 事 務 マネジメントシステムを 維 持 する ための 資 源 と 人 員 について 対 応 2 事 務 マネジメント 方 針 の 周 知 3 事 務 マネジメント 委 員 会 委 員 長 ( 事 務 マネジメントシステムに 関 する 責 任 者 ) 1 事 務 マネジメントシステムを 確 立 し 実 施 し 維 持 する 2 事 務 マネジメントシステム 運 用 状 況 の 最 高 責 任 者 及 び 総 括 事 務 管 理 責 任 者 への 報 告 3 事 務 マネジメント 方 針 策 定 の 補 佐 及 び 事 務 マネジメント 方 針 の 周 知 4 事 務 改 善 プログラムの 策 定 5 事 務 マネジメント 委 員 会 委 員 6 研 修 計 画 の 作 成 及 び 実 施 状 況 の 管 理 7 内 外 のコミュニケーションの 対 応 8 事 務 マネジメントシステム 文 書 の 確 立 維 持 及 び 文 書 管 理 の 主 管 9 問 題 事 項 の 調 査 と 是 正 及 び 予 防 処 置 の 実 行 管 理 10 内 部 監 査 結 果 のフォローアップ 11 最 高 責 任 者 の 事 務 マネジメントシステムレビューの 補 佐 ( 事 務 改 善 に 関 する 重 要 な 事 項 についての 審 議 の 実 施 ) 1 事 務 マネジメントシステムに 関 する の 4 に 示 す 事 項 の 審 議 10

11 組 織 体 制 主 要 な 業 務 事 務 業 務 監 査 委 員 会 事 務 業 務 監 査 委 員 会 委 員 長 事 務 マネジメント 事 務 局 ( 総 務 課 ) 課 長 室 長 ( 内 部 監 査 に 関 する 重 要 な 事 項 についての 決 定 ) 1 内 部 監 査 計 画 の 作 成 2 内 部 監 査 の 実 施 3 内 部 監 査 結 果 の 報 告 ( 内 部 監 査 に 関 しあらゆる 権 限 を 有 する 責 任 者 ) 1 監 査 員 の 任 命 2 内 部 監 査 計 画 の 作 成 及 び 実 施 状 況 の 管 理 3 内 部 監 査 結 果 の 事 務 管 理 責 任 者 への 報 告 ( 事 務 マネジメントシステムに 関 する 事 務 担 当 ) 1 研 修 の 実 施 及 び 年 間 研 修 実 施 記 録 簿 の 作 成 2 事 務 マネジメントシステム 文 書 の 保 管 管 理 3 記 録 の 保 管 管 理 4 事 務 改 善 情 報 の 第 三 者 への 公 表 の 実 施 及 び 報 告 5 事 務 マネジメント 委 員 会 及 び 事 務 業 務 監 査 委 員 会 の 業 務 委 員 会 の 開 催 に 関 する 調 整 連 絡 準 備 審 議 資 料 の 作 成 議 事 録 の 作 成 及 び 保 管 など 6 事 務 マネジメント 関 連 情 報 の 収 集 7 外 部 からの 事 務 マネジメント 関 連 情 報 への 対 応 ( 課 室 に 所 属 する 職 員 に 対 する 事 務 改 善 業 務 及 び 教 育 の 責 任 と 権 限 を 有 す る 者 ) 1 自 課 室 の 事 務 マネジメントシステムの 確 立 実 施 維 持 及 び 管 理 2 自 課 室 の 事 務 マネジメントシステムを 実 施 管 理 するに 必 要 な 資 源 ( 人 技 術 技 能 設 備 資 金 )の 提 供 3 自 課 室 の 事 務 改 善 プログラムの 実 施 4 自 課 室 で 発 生 した 問 題 事 項 及 び 内 部 監 査 指 摘 事 項 につき 是 正 処 置 を 実 行 また 必 要 に 応 じ 予 防 処 置 をとる 5 事 務 マネジメント 委 員 会 委 員 11

12 4.4.2 事 務 改 善 プログラムの 実 施 各 課 長 室 長 は 事 務 業 務 に 係 る 課 題 を 解 決 するために 事 務 改 善 プログラム を 実 施 する 研 修 全 事 務 職 員 に 必 要 な 事 務 マネジメントシステムに 関 する 自 覚 と 知 識 の 研 修 を また 事 務 改 善 に 著 しい 効 果 を 与 える 業 務 に 従 事 する 職 員 には 必 要 な 研 修 を 実 施 する 研 修 の 計 画 と 実 施 1. 研 修 は 事 務 管 理 責 任 者 が 作 成 した 年 間 研 修 実 施 計 画 ( 様 式 3) に 基 づき 実 施 責 任 者 が 実 施 する 研 修 の 実 施 は 研 修 実 施 要 領 に 定 める 2. 研 修 は 全 事 務 職 員 を 対 象 に 行 う 基 本 研 修 と 幹 部 研 修 に 分 けて 行 う 研 修 の 内 容 1. 基 本 研 修 は 全 事 務 職 員 に 対 して 事 務 マネジメントシステムに 関 する 知 識 と 意 義 への 理 解 を 深 めさせるとともに 自 らが 担 う 役 割 を 自 覚 させるために 以 下 の 事 項 について 行 う (1) 事 務 マネジメントシステムの 仕 組 みと 事 務 マネジメント 方 針 を 達 成 することの 重 要 性 (2) 自 らが 職 務 を 遂 行 する 上 で 事 務 負 荷 を 抑 制 させる 自 覚 とその 役 割 (3) 定 められた 手 順 を 守 らなかったために 事 務 運 営 に 与 える 影 響 2. 幹 部 研 修 は 幹 部 業 務 に 必 要 な 知 識 と 技 能 を 修 得 するために 事 務 管 理 責 任 者 が 指 名 した 職 員 に 対 して 行 う 3. 著 しい 事 務 改 善 効 果 の 要 因 となりうる 業 務 に 従 事 する 職 員 への 研 修 は 必 要 な 有 資 格 者 を 配 置 するために 行 う 資 格 取 得 研 修 や 講 習 に 参 加 させることにより 行 うものとする 12

13 研 修 実 施 手 順 項 目 研 修 計 画 担 当 内 容 事 務 管 理 責 任 者 は 教 育 研 修 のニーズを 明 確 にし 毎 年 4 月 に 年 間 研 修 実 施 計 画 を 作 成 する なお 年 間 研 修 実 施 計 画 の 変 更 が 必 要 な 場 合 には 修 正 を 行 う 研 修 実 施 事 務 マネジメント 事 務 局 は 年 間 研 修 実 施 計 画 に 基 づき 研 修 実 施 要 領 に 従 い 研 修 の 実 施 を 行 う 実 施 の 際 には 出 欠 者 リストを 作 成 する 効 果 の 確 認 と 記 録 事 務 マネジメント 事 務 局 は 研 修 の 実 施 後 年 間 研 修 実 施 記 録 簿 を 作 成 する また 参 加 者 の 感 想 を 聞 くことによ り 効 果 を 確 認 し 年 間 研 修 実 施 記 録 簿 の 効 果 の 確 認 欄 に 記 録 する フォローアップ ( 欠 席 者 追 加 要 望 者 対 象 ) 事 務 マネジメント 事 務 局 は 出 欠 席 者 をチェックし 欠 席 者 があれば 再 教 育 を 実 施 する 報 告 事 務 マネジメント 事 務 局 は 研 修 実 施 後 1 週 間 以 内 に 年 間 研 修 実 施 記 録 簿 を 事 務 管 理 責 任 者 に 提 出 する 事 務 管 理 責 任 者 は 最 高 責 任 者 に 報 告 する 研 修 の 記 録 事 務 マネジメント 事 務 局 は 年 間 研 修 実 施 記 録 簿 ( 様 式 4) により 研 修 内 容 を 記 録 し 事 務 管 理 責 任 者 に 報 告 する 13

14 表 1 研 修 実 施 一 覧 研 修 の 名 称 実 施 責 任 者 対 象 者 目 的 内 容 頻 度 備 考 事 務 マネジメントシス テム 全 般 事 務 マネジ メント 方 針 事 務 改 善 プログラム 等 の 理 解 を 深 め 事 務 改 善 負 荷 の 抑 制 改 善 行 動 への 自 覚 を 高 める 基 本 研 修 事 務 マネジメン ト 委 員 会 委 員 全 事 務 職 員 年 1 回 幹 部 研 修 役 員 事 務 管 理 責 任 者 等 事 務 管 理 責 任 者 が 指 名 した 職 員 幹 部 業 務 に 必 要 な 知 識 と 技 能 研 修 を 行 う 必 要 に 応 じて 行 う コミュニケーション 本 学 の 事 務 マネジメントシステムを 運 用 する 上 で 内 部 での 事 務 マネジメント 関 連 情 報 の 処 理 及 び 外 部 との 事 務 マネジメント 関 連 情 報 のやりとりを 確 立 する 内 部 でのコミュニケーション 1. 事 務 マネジメントに 必 要 な 情 報 の 伝 達 及 び 報 告 事 項 は 事 務 管 理 責 任 者 から 関 係 課 室 へ 文 書 により 伝 達 する 2. 特 に 事 務 業 務 の 運 用 及 び 事 務 改 善 の 実 施 により 生 じた 問 題 事 項 是 正 予 防 処 置 につい ては 速 やかに 伝 達 する 3. 年 数 回 事 務 マネジメント 委 員 会 を 開 催 し 各 課 室 間 におけるコミュニケーションを 図 る 4. 事 務 マネジメントシステムの 運 用 状 況 について 最 高 責 任 者 には 随 時 事 務 管 理 責 任 者 が 報 告 する 5. 教 職 員 及 び 学 生 等 からの 事 務 改 善 に 関 する 提 案 やその 他 の 事 務 マネジメント 関 連 情 報 の 提 供 は 課 長 及 び 室 長 を 通 じて 事 務 管 理 責 任 者 に 文 書 により 報 告 する 6. 毎 年 事 務 改 善 結 果 報 告 書 を 作 成 し ホームページ 等 に 掲 載 して 事 務 マネジメントの 活 動 状 況 を 学 内 に 周 知 する 外 部 とのコミュニケーション 14

15 1. 外 部 から 寄 せられる 事 務 マネジメントに 関 する 情 報 ( 苦 情 等 )については 事 務 マネジメン ト 事 務 局 及 び 各 課 室 において 受 け 付 ける 2. 外 部 からの 情 報 に 対 して 事 務 管 理 責 任 者 が 必 要 があると 判 断 した 場 合 には 事 務 マネジメ ント 委 員 会 に 諮 り 回 答 を 行 う 3. 外 部 から 事 務 マネジメントシステムに 係 る 文 書 の 開 示 要 求 があった 場 合 には 当 面 学 内 の 開 示 に 限 っていることを 回 答 する 4. 外 部 とのコミュニケーションに 関 する 記 録 及 び 回 答 書 は 別 に 定 める 外 部 情 報 記 録 書 ( 様 式 5) による 事 務 マネジメントシステム 関 連 文 書 事 務 マネジメントシステムを 機 能 させるために 事 務 マネジメントマニュアル 記 録 等 を 作 成 し 維 持 管 理 する 事 務 マネジメントシステム 関 連 文 書 の 構 成 事 務 マネジメントシステムの 文 書 体 系 は 以 下 のとおりとする 1. 事 務 マネジメントマニュアル は 本 学 の 事 務 マネジメントシステムを 運 用 するために 包 括 的 に 記 述 した 文 書 である これを 一 次 文 書 という 2. 事 務 改 善 を 実 行 していくために 必 要 な 具 体 的 な 手 段 責 任 とスケジュールを 記 述 した 事 務 改 善 プログラム 及 び 要 領 を 二 次 文 書 という 3. 事 務 マネジメントシステムの 維 持 管 理 に 関 連 して 作 業 した 結 果 を 記 録 とする 一 次 文 書 : 事 務 マネジメントマニュアル 二 次 文 書 : 事 務 改 善 プログラム 要 領 記 録 4. 事 務 マネジメントシステムに 関 連 する 文 書 を 事 務 マネジメントシステム 関 連 文 書 の 一 覧 に 記 す 文 書 管 理 事 務 マネジメントシステムを 確 実 に 実 施 維 持 するために 事 務 マネジメントマニュアル 15

16 及 び 事 務 改 善 プログラム を 確 立 し 維 持 管 理 する 文 書 管 理 の 責 任 事 務 管 理 責 任 者 が 主 管 し 配 付 保 管 等 は 事 務 マネジメント 事 務 局 が 担 当 する 文 書 のレビュー 時 期 レビュー 時 期 は 次 のとおりとする 定 期 毎 年 3 月 最 高 責 任 者 のレビュー 時 不 定 期 最 高 責 任 者 または 総 括 事 務 管 理 責 任 者 事 務 管 理 責 任 者 がレビューを 必 要 と 判 断 した 時 文 書 の 管 理 手 順 1. 文 書 の 新 規 作 成 改 訂 及 び 廃 止 の 起 案 から 承 認 まで 項 目 担 当 内 容 1 事 務 管 理 責 任 者 は 文 書 の 新 規 作 成 改 訂 廃 止 が 必 要 と 判 断 した 場 合 これを 起 案 する 2 新 規 作 成 改 訂 廃 止 を 希 望 する 課 室 は 起 案 / 協 議 事 務 管 理 責 任 者 と 協 議 し 起 案 する 3 1 及 び2で 審 議 を 要 すると 判 断 した 事 項 に ついて 事 務 管 理 責 任 者 は 事 務 マネジメント 委 員 会 の 審 議 事 項 とする 審 議 事 務 マネジメント 委 員 会 は 審 議 を 行 う 承 認 事 務 マネジメントマニュアルは 最 高 責 任 者 が 承 認 し その 他 の 文 書 は 事 務 管 理 責 任 者 が 承 認 す る 文 書 には 制 定 及 び 改 訂 の 日 付 を 記 入 する また 改 訂 の 場 合 は 承 認 者 欄 への 日 付 と 氏 名 の 記 入 をもって 承 認 されたものとする 保 管 / 廃 止 事 務 管 理 責 任 者 は 承 認 された 内 容 を 事 務 マネ ジメントシステム 電 子 化 文 書 ファイルに 登 録 または 廃 止 する 文 書 の 配 付 と 保 管 1. 事 務 マネジメントマニュアルなどの 文 書 は 事 務 マネジメント 事 務 局 から 各 課 室 に 印 刷 して 配 付 する 各 課 室 では 配 付 された 文 書 を 決 めた 場 所 に 保 管 する 2. 文 書 が 改 訂 された 場 合 は 改 訂 部 分 を 事 務 マネジメント 事 務 局 から 各 課 室 に 配 付 する 16

17 各 課 室 は 配 付 された 改 訂 部 分 を 改 訂 文 書 として 課 室 で 保 存 する 3. 事 務 マネジメント 事 務 局 は 要 求 があれば 各 課 室 で 常 に 最 新 のものの 閲 覧 が 出 来 るように 電 子 化 された 文 書 を 保 管 維 持 する 文 書 の 開 示 基 準 開 示 基 準 決 定 検 討 事 項 設 定 課 室 内 の 開 示 に 限 る ただし 学 内 の 当 該 課 室 以 外 課 室 外 秘 から 開 示 を 要 求 された 場 合 事 務 管 理 責 任 者 が 承 認 すれば 要 求 者 に 開 示 することができる 学 内 限 定 当 面 学 内 の 開 示 に 限 る 事 務 マネジメント 方 針 及 び 事 務 改 善 プログラム 以 外 の すべて 事 務 マネジメント 方 針 事 務 改 善 プログラム 記 録 の 管 理 事 務 マネジメントシステムの 実 施 運 用 に 必 要 な 記 録 を 明 確 にし 管 理 する 手 順 を 定 め 維 持 する 事 務 マネジメント 記 録 事 務 マネジメントシステムの 実 施 運 用 に 必 要 な 事 務 マネジメント 記 録 とその 管 理 を 下 記 の 通 り 定 める 記 録 は 事 務 管 理 責 任 者 が 主 管 し 事 務 マネジメント 事 務 局 で 所 定 期 間 保 管 する 要 求 事 項 事 務 マネジメント 記 録 保 管 責 任 者 全 体 4.3. 計 画 4.4. 実 施 及 び 運 用 4.5 点 検 及 び 評 価 事 務 マネジメント 委 員 会 議 事 録 事 務 改 善 課 題 登 録 表 事 務 改 善 プログラム 年 間 研 修 実 施 計 画 年 間 研 修 実 施 記 録 簿 外 部 情 報 記 録 書 事 務 改 善 プログラム 進 捗 状 況 点 検 報 告 書 事 務 改 善 プログラム 実 施 状 況 報 告 書 事 務 改 善 実 施 効 果 等 一 覧 事 務 改 善 問 題 事 項 報 告 書 是 正 及 び 予 防 処 置 報 告 書 事 務 管 理 責 任 者 17

18 内 部 監 査 計 画 書 事 務 業 務 内 部 監 査 結 果 報 告 書 4.6 レビュー 最 高 責 任 者 によるレビューの 記 録 事 務 マネジメント 記 録 の 要 件 1. 事 務 マネジメント 記 録 は 読 みやすく どのような 事 務 に 関 わるかの 識 別 や 検 索 が 容 易 にでき るようにする 2. 事 務 マネジメント 記 録 は 損 傷 劣 化 紛 失 しない 状 態 で 保 管 する 3. 事 務 マネジメント 記 録 の 保 管 期 間 は 原 則 として 30 年 とする 4.5 点 検 及 び 評 価 事 務 改 善 プログラムの 進 捗 管 理 及 び 実 施 状 況 の 評 価 事 務 改 善 プログラムの 進 捗 管 理 1. 各 課 長 室 長 は 事 務 改 善 プログラム により プログラムの 進 捗 管 理 を 行 う 2. 各 課 長 室 長 は 自 課 室 の 進 捗 状 況 を 把 握 し 事 務 改 善 プログラム 進 捗 状 況 点 検 報 告 書 ( 様 式 6) により 事 務 改 善 責 任 者 に 報 告 する 事 務 改 善 プログラムの 実 施 状 況 の 評 価 1. 各 課 長 室 長 は 事 務 改 善 プログラム の 実 施 状 況 を 評 価 及 び 分 析 し その 結 果 を 事 務 改 善 プログラム 実 施 状 況 報 告 書 ( 様 式 7) に 整 理 して 事 務 管 理 責 任 者 に 報 告 する 2. 各 課 長 室 長 は 評 価 及 び 分 析 の 結 果 必 要 があれば 事 務 改 善 プログラム の 見 直 し 修 正 を 行 う 3. 事 務 管 理 責 任 者 は 各 課 長 室 長 から 報 告 された 事 務 改 善 プログラム 実 施 状 況 報 告 書 を 事 務 マネジメント 委 員 会 に 報 告 の 上 最 高 責 任 者 に 報 告 する 4. 実 施 が 完 了 した 事 務 改 善 プログラム については 事 務 管 理 責 任 者 が 年 度 毎 に 事 務 改 善 の 実 施 効 果 等 を 事 務 改 善 実 施 効 果 等 一 覧 ( 様 式 8) に 取 りまとめ 事 務 マネジメント 委 員 会 に 諮 った 上 で 最 高 責 任 者 に 報 告 する 事 務 改 善 に 係 る 問 題 事 項 の 発 生 並 びに 是 正 及 び 予 防 処 置 事 務 改 善 を 実 施 する 中 で 何 らかの 問 題 事 項 が 発 生 した 場 合 または 発 生 する 可 能 性 が 予 測 される 場 合 には 応 急 処 置 原 因 の 究 明 再 発 防 止 のための 是 正 処 置 及 び 未 然 防 止 のための 予 防 処 置 を 実 行 する そのために 責 任 と 権 限 を 含 めた 手 順 を 定 め 維 持 する 18

19 問 題 事 項 の 定 義 1. 学 内 規 則 等 から 継 続 して 逸 脱 している 事 項 2. 外 部 及 び 内 部 からの 苦 情 事 項 3. 行 政 機 関 からの 指 摘 指 導 事 項 なお 内 部 監 査 の 結 果 発 見 した 問 題 事 項 の 取 扱 いは 内 部 監 査 による 問 題 事 項 の 判 定 並 びに 是 正 及 び 予 防 処 置 の 実 施 問 題 事 項 の 判 定 は 事 務 管 理 責 任 者 が 行 う また 一 連 の 処 置 については 事 務 改 善 問 題 事 項 報 告 書 ( 様 式 9) と 是 正 及 び 予 防 処 置 報 告 書 ( 様 式 10) により 行 う 問 題 事 項 による 見 直 し 事 務 管 理 責 任 者 は 原 因 調 査 から 是 正 処 置 にいたる 手 順 で 事 務 マネジメントシステムをレ ビューする 必 要 があると 判 断 した 場 合 は 事 務 マネジメント 委 員 会 の 審 議 を 経 て 決 定 する 問 題 事 項 の 管 理 手 順 項 目 潜 在 する 問 問 題 事 項 題 事 項 の 発 の 発 見 見 応 急 処 置 担 当 内 容 事 務 管 理 責 任 者 は 1 学 内 規 則 等 から 継 続 して 逸 脱 している 事 項 2 外 部 及 び 内 部 からの 苦 情 3 行 政 機 関 からの 指 摘 指 導 事 項 に 対 し て 判 定 を 行 い 問 題 事 項 については 各 課 長 室 長 へ 応 急 処 置 の 指 示 を 行 う 各 課 長 室 長 は 速 やかに 問 題 事 項 への 応 急 処 置 を 行 う 原 因 の 究 明 各 課 長 室 長 は 原 因 の 究 明 を 行 う 是 正 予 防 処 置 案 各 課 長 室 長 は 事 務 改 善 問 題 事 項 報 告 書 及 び 是 正 及 び 予 防 処 置 報 告 書 に 問 題 事 項 とその 是 正 処 置 根 本 対 策 及 び 再 発 防 止 の 立 案 を 行 う 内 容 確 認 事 務 管 理 責 任 者 は 是 正 及 び 予 防 処 置 報 告 書 を 閲 覧 し て 必 要 と 認 めた 場 合 には 各 課 長 室 長 に 内 容 を 確 認 し 追 加 対 応 策 の 必 要 性 の 判 定 を 行 う 19

20 実 行 各 課 長 室 長 は 是 正 予 防 対 応 処 置 を 実 施 し その 結 果 を 事 務 管 理 責 任 者 に 報 告 する 確 認 事 務 管 理 責 任 者 は 実 行 した 内 容 について 結 果 確 認 を 行 い 関 連 する 手 順 の 見 直 しを 検 討 する 文 書 類 の 変 更 事 務 管 理 責 任 者 は 手 順 の 変 更 が 必 要 と 判 断 した 場 合 に は 文 書 の 管 理 手 順 に 従 って 実 施 する 内 部 監 査 事 務 マネジメントシステムが 予 め 取 り 決 めた 事 項 に 基 づき 適 正 に 実 施 され 効 果 的 に 運 用 されているかどうかを 判 定 するために 内 部 監 査 を 管 理 する 手 順 を 定 め 維 持 する なお 監 査 員 の 選 定 及 び 監 査 の 実 施 においては 監 査 プロセスの 客 観 性 及 び 公 平 性 を 確 保 する 内 部 監 査 の 確 認 事 項 1. 事 務 マネジメントシステムが 取 り 決 めた 事 務 マネジメントマニュアル 要 領 等 の 事 務 改 善 文 書 に 適 合 しているか 2. 事 務 マネジメント 方 針 を 達 成 するために 事 務 改 善 プログラム に 基 づき 有 効 に 実 施 され ているか 3. 問 題 事 項 の 是 正 処 置 の 効 果 確 認 及 び 適 切 な 予 防 処 置 がとられているか 事 務 業 務 監 査 委 員 会 1. 事 務 業 務 監 査 委 員 会 の 構 成 (1) 事 務 業 務 監 査 委 員 会 は 内 部 監 査 を 実 施 するにあたり 最 高 責 任 者 が 必 要 と 認 める 者 によ って 構 成 する (2) 事 務 業 務 監 査 委 員 会 委 員 長 は 委 員 の 中 から 最 高 責 任 者 が 指 名 する 2. 事 務 業 務 監 査 委 員 会 の 業 務 (1) 内 部 監 査 計 画 の 作 成 (2) 内 部 監 査 の 実 施 (3) 内 部 監 査 結 果 の 報 告 (4)その 他 内 部 監 査 に 必 要 な 事 項 内 部 監 査 の 体 制 1. 内 部 監 査 を 実 施 する 監 査 員 は 事 務 業 務 監 査 委 員 会 委 員 の 中 から 事 務 業 務 監 査 委 員 会 委 員 長 が 任 命 する 20

21 2. 内 部 監 査 は 対 象 となる 課 及 び 室 毎 に 複 数 の 監 査 員 で 実 施 する 内 部 監 査 計 画 の 作 成 1. 事 務 業 務 監 査 委 員 会 は 内 部 監 査 を 実 施 しようとするときは 内 部 監 査 計 画 書 ( 様 式 11) により 内 部 監 査 計 画 を 策 定 し 事 務 管 理 責 任 者 に 通 知 する 2. 事 務 業 務 監 査 委 員 会 は 監 査 日 程 等 を 監 査 対 象 となる 各 課 長 室 長 に 通 知 する 内 部 監 査 の 実 施 1. 監 査 員 は 内 部 監 査 計 画 書 に 基 づき 内 部 監 査 を 実 施 する 2. 監 査 員 は 内 部 監 査 実 施 後 その 結 果 を 事 務 業 務 監 査 委 員 会 に 報 告 する 3. 事 務 業 務 監 査 委 員 会 は 監 査 員 からの 報 告 に 基 づき 内 部 監 査 の 実 施 結 果 を 事 務 業 務 内 部 監 査 結 果 報 告 書 ( 様 式 12) に 取 りまとめる 内 部 監 査 結 果 の 報 告 事 務 業 務 監 査 委 員 会 委 員 長 は 内 部 監 査 結 果 について 事 務 管 理 責 任 者 に 報 告 する 内 部 監 査 結 果 のフォローアップ 1. 事 務 管 理 責 任 者 は 内 部 監 査 結 果 を 総 括 事 務 管 理 責 任 者 及 び 最 高 責 任 者 に 報 告 の 上 各 課 室 に 通 知 する 2. 事 務 管 理 責 任 者 は 内 部 監 査 結 果 に 対 するフォローアップが 必 要 な 場 合 には その 対 応 にあた る 4.6 レビュー 最 高 責 任 者 は 事 務 改 善 を 継 続 的 に 実 施 し 構 築 された 事 務 マネジメントシステムの 有 効 性 と 適 合 性 を 確 実 なものにするために 事 務 マネジメントシステムをレビューする レビューを 要 する 事 項 1. 事 務 マネジメント 方 針 2. 事 務 マネジメントシステムのその 他 の 要 素 レビューに 必 要 な 情 報 総 括 事 務 管 理 責 任 者 及 び 事 務 管 理 責 任 者 は 最 高 責 任 者 が 事 務 マネジメントシステムを 適 切 にレビューが 出 来 るように 以 下 の 情 報 を 最 高 責 任 者 に 提 供 する 1. 事 務 改 善 プログラムの 達 成 度 21

22 2. 事 務 マネジメント 方 針 への 適 合 3. 新 規 に 追 加 や 変 更 が 生 じた 事 務 で 著 しい 事 務 改 善 効 果 を 及 ぼすもの 4. 前 回 までのレビューの 結 果 に 対 するフォローアップ 5. 改 善 のための 提 案 レビューの 実 行 1. 最 高 責 任 者 は レビューの 結 果 必 要 に 応 じ 事 務 マネジメント 方 針 及 びその 他 の 事 務 マネジ メントシステムの 変 更 や 改 善 を 総 括 事 務 管 理 責 任 者 及 び 事 務 管 理 責 任 者 に 指 示 する 2. 指 示 を 受 けた 事 務 管 理 責 任 者 は 総 括 事 務 管 理 責 任 者 と 相 談 の 上 事 務 マネジメント 委 員 会 を 召 集 し 改 善 を 実 行 する 3. 改 善 後 事 務 管 理 責 任 者 は 最 高 責 任 者 に 報 告 する レビューの 頻 度 事 務 マネジメントシステムのレビューは 毎 年 3 月 に 行 う ただし 緊 急 事 態 や 利 害 関 係 者 からの 重 要 な 情 報 等 により 事 務 管 理 責 任 者 がレビューの 必 要 性 を 認 めた 場 合 は 臨 時 に 行 うことがある レビューの 記 録 事 務 管 理 任 者 は レビューの 結 果 を 議 事 録 として 記 録 し 保 管 する 22

23 様 式 1 事 務 改 善 課 題 登 録 表 ( 課 ) 番 号 事 務 改 善 課 題 項 目 及 び 現 状 問 題 点 改 善 策 等 改 善 の 実 施 に 当 た っ て の 問 題 点 等 ( 注 ) 1. 番 号 欄 の 緑 色 は 事 務 改 善 プログラムを 策 定 し 実 施 あるいは 検 討 を 行 っている 事 務 改 善 課 題 を 示 す 2. 番 号 欄 の 白 色 は 事 務 改 善 プログラムの 策 定 にまで 至 っていない 事 務 改 善 課 題 を 示 す 3. 番 号 欄 の 青 色 は 事 務 改 善 プログラムを 策 定 し 実 施 が 完 了 した 事 務 改 善 課 題 を 示 す

24 様 式 2 事 務 改 善 プログラム 番 号 事 務 改 善 項 目 及 び 課 題 の 解 決 に 向 けた 具 体 的 実 施 ( 検 討 ) 内 容 主 たる 実 施 部 署 関 係 部 署 ( 課 ) 実 施 ( 検 討 完 了 ) 予 定 時 期 備 考

25 様 式 3 年 間 研 修 実 施 計 画 ( 平 成 年 度 ) 研 修 名 称 対 象 者 ( 人 数 ) 講 師 実 施 期 間 会 場 ( 人 ) ( 人 ) ( 人 ) ( 人 ) ( 人 ) ( 人 ) ( 人 ) 25

26 様 式 4 年 間 研 修 実 施 記 録 簿 ( 平 成 年 度 ) 研 修 名 称 実 施 年 月 日 実 施 責 任 者 平 成 年 月 日 ( : ~ : ) 会 場 講 師 使 用 テキスト 研 修 概 要 受 講 状 況 対 象 者 計 人 受 講 者 氏 名 計 人 非 受 講 者 氏 名 計 人 研 修 効 果 26

27 様 式 5 外 部 情 報 記 録 書 受 付 課 室 受 付 日 年 月 日 受 付 対 応 者 氏 住 名 所 情 報 提 供 者 電 話 番 号 FAX 番 号 メールアト レス 情 報 提 供 方 法 来 訪 文 書 電 話 FAX その 他 提 供 情 報 内 容 回 答 内 容 今 後 の 対 応 そ の 他 27

28 様 式 6 報 告 年 月 日 : 平 成 年 月 日 報 告 者 : 事 務 改 善 プログラム 進 捗 状 況 点 検 報 告 書 課 室 名 : 1. 事 務 改 善 プログラムの 進 捗 状 況 の 概 要 2. 進 捗 状 況 の 自 己 評 価 順 調 に 進 行 している 概 ね 順 調 に 進 行 している やや 遅 れている 遅 れている 一 部 については 計 画 の 達 成 が 困 難 である 3. 遅 れている 又 は 一 部 については 計 画 の 達 成 が 困 難 である とした 場 合 の 今 後 の 対 応 4.その 他 特 記 事 項 等 28

29 様 式 7 事 務 改 善 プログラム 実 施 状 況 報 告 書 ( 課 ) 番 号 事 務 改 善 項 目 及 び 課 題 の 解 決 に 向 けた 具 体 的 実 施 ( 検 討 ) 内 容 事 務 改 善 実 施 ( 検 討 ) 状 況 備 考

30 様 式 8 事 務 改 善 実 施 効 果 等 一 覧 ( 平 成 年 度 ) 番 号 事 務 改 善 項 目 及 び 課 題 の 解 決 に 向 けた 具 体 的 実 施 内 容 事 務 改 善 実 施 効 果 等 1 実 施 完 了 時 期 主 た る 実 施 部 署

31 様 式 9 事 務 改 善 問 題 事 項 報 告 書 課 室 問 題 事 項 発 生 日 年 月 日 記 入 者 問 題 事 項 の 発 生 状 況 問 題 事 項 の 原 因 初 期 対 応 及 び 是 正 措 置 の 要 否 31

32 様 式 10 是 正 及 び 予 防 措 置 報 告 書 課 室 実 施 日 年 月 日 実 施 内 容 効 果 計 画 関 連 手 順 等 の 改 訂 の 必 要 性 32

33 様 式 11 内 部 監 査 計 画 書 ( 平 成 年 度 ) 監 査 対 象 課 実 施 予 定 日 監 査 員 特 記 事 項 33

34 様 式 12 事 務 業 務 内 部 監 査 結 果 報 告 書 ( 課 ) 監 査 実 施 日 平 成 年 月 日 ( ) : ~ : 監 査 委 員 長 監 査 員 監 査 内 容 監 査 報 告 34

35 事 務 改 善 プログラム( 平 成 20 年 10 月 ) ( 抜 粋 ) 番 号 事 務 改 善 項 目 及 び 課 題 の 解 決 に 向 けた 具 体 的 実 施 ( 検 討 ) 内 容 主 たる 実 施 部 署 関 係 部 署 4 旅 費 計 算 の 簡 素 化 旅 費 の 支 給 基 準 について 現 在 国 家 公 務 員 旅 費 法 を 準 用 しているが 業 務 の 簡 素 化 効 率 化 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 旅 費 法 上 に 定 めのない 事 例 ( 例 えば 特 定 エリア の 鉄 道 賃 の 定 額 支 給 等 )のルール 化 について 検 討 する 実 施 ( 検 討 完 了 ) 予 定 時 期 備 考 財 務 課 調 達 検 収 室 平 成 21 年 3 月 まで 課 題 番 号 名 誉 教 授 等 へのサービスの 向 上 本 学 に 在 籍 し 退 職 した 教 員 ( 名 誉 教 授 を 含 む )に 対 するメールアドレスについて 現 在 の 規 定 では 退 職 後 6か 月 の 猶 予 期 間 を 設 定 しているが 研 究 上 の 都 合 により 継 続 して 取 得 したいとの 要 望 があるため 本 学 OBへのサービスの 向 上 へ 向 けて 退 職 後 も 継 続 し て 在 職 時 のメールアドレスを 付 与 することについて 検 討 する 総 務 課 情 報 科 学 センター 情 報 課 財 務 課 平 成 20 年 12 月 まで 課 題 番 号 7 25 学 内 掲 示 板 の 整 備 充 実 学 生 用 掲 示 板 について 学 生 の 利 便 性 及 び 掲 示 の 周 知 効 果 を 高 めるため 掲 示 板 整 備 プロジェクトチームにおいて 設 置 場 所 及 び 規 格 等 を 検 討 し 掲 示 板 整 備 計 画 を 策 定 す る 留 学 生 の 修 学 支 援 の 高 度 化 留 学 生 の 単 位 取 得 状 況 や 履 修 状 況 に 関 するデータを 迅 速 に 把 握 することができるよ う 教 務 システムのアクセス 権 に 関 する 設 定 並 びに 国 際 企 画 課 用 端 末 を 設 置 し 留 学 生 の 修 学 支 援 の 質 的 向 上 を 図 る 企 画 広 報 課 掲 示 板 再 整 備 プ ロジェクトチーム 平 成 21 年 3 月 まで 課 題 番 号 国 際 企 画 課 学 務 課 情 報 課 財 務 課 平 成 21 年 3 月 まで 課 題 番 号 事 務 用 パーソナルコンピュータの 導 入 更 新 の 一 元 化 事 務 用 パーソナルコンピュータの 導 入 更 新 を 一 元 管 理 するため 京 都 工 芸 繊 維 大 学 事 務 用 パーソナルコンピュータ 管 理 要 項 ( 平 成 20 年 8 月 学 長 裁 定 ) に 基 づき 更 新 計 画 を 策 定 し 事 務 用 PCの 整 備 を 図 る 情 報 課 財 務 課 平 成 21 年 10 月 か ら 課 題 番 号 構 内 交 通 安 全 対 策 の 見 直 し 改 善 安 全 管 理 センターの 下 に 設 置 されている 安 全 対 策 専 門 部 会 において 年 2 回 の 放 置 自 転 車 撤 去 を 実 施 しているが 駐 車 場 バイク 置 き 場 駐 輪 場 が 不 足 していること また 車 椅 子 利 用 の 学 生 への 対 応 を 図 る 必 要 があることから 大 学 全 体 の 交 通 ルールを 見 直 し 駐 車 場 等 の 整 備 方 策 について 検 討 する 施 設 マネジメント 課 環 境 施 設 委 員 会 安 全 管 理 センター 総 務 課 財 務 課 学 生 サービス 課 平 成 21 年 3 月 まで 課 題 番 号 75 計 平 成 20 年 度 プログラム 登 録 件 数 上 記 以 下 60 件

フセハツ工業株式会社 品質マニュアル

フセハツ工業株式会社    品質マニュアル 表 紙 承 認 品 質 マニュアル (ISO9001:2008) 第 2-4 版 改 訂 日 :2014 年 02 月 13 日 承 認 社 長 確 認 管 理 責 任 者 作 成 担 当 フセハツ 工 業 株 式 会 社 品 質 マニュアル 制 定 日 :2012.04.21 頁 :2/28 改 訂 履 歴 改 訂 履 歴 改 訂 日 :2014.02.13 改 訂 No.2-4 版 数 改 定

More information

Microsoft Word - QA01-12 品質マニュアル12版.doc

Microsoft Word - QA01-12 品質マニュアル12版.doc 文 書 番 号 QA01-12 1 品 質 マニュアル [ISO 9001:2008(JIS Q 9001:2008)] 第 12 版 制 定 日 H14 年 10 月 30 日 改 訂 日 H26 年 11 月 1 日 承 認 作 成 社 長 管 理 責 任 者 H26.11.1 H26.11.1 長 野 県 佐 久 市 望 月 30-1 TEL:0267-53-2345 品 質 マニュアル 番

More information

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 い 関 する 行 動 規 範 平 成 27 月 6 月 1 日 制 定 国 立 病 院 機 構 における 研 究 活 動 とり 分 け 公 的 研 究 費 等 ( 注 )は 国 民 の 信 頼 と 負 託 によって 支 えられているものであり その 不 正 使 用 はこれを 大 きく 損

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

(3) 本 市 が 貸 与 を 予 定 している 物 品 等 委 託 期 間 中 に 貸 与 す る 業 務 に 必 要 な 物 品 等 は 次 の と お り と する 事 務 用 机 事 務 用 椅 子 電 話 機 専 用 電 話 回 線 事 務 用 物 品 名 カウンター カウンター 用 椅

(3) 本 市 が 貸 与 を 予 定 している 物 品 等 委 託 期 間 中 に 貸 与 す る 業 務 に 必 要 な 物 品 等 は 次 の と お り と する 事 務 用 机 事 務 用 椅 子 電 話 機 専 用 電 話 回 線 事 務 用 物 品 名 カウンター カウンター 用 椅 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 委 託 仕 様 書 1 趣 旨 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 を よ り 効 率 的 効 果 的 に 遂 行 す る た め 業 務 の 一 部 を 委 託 する 2 業 務 委 託 の 内 容 (1) 業 務 名 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 委 託 (2) 委 託 期 間 平 成 29 年 2 月 1

More information

マネジメントシステム 認 証 規 則 目 次 1 章 総 則 1.1 一 般 2 章 マネジメントシステムの 登 録 2.1 一 般 2.2 登 録 原 簿 2.3 登 録 証 書 2.4 登 録 マークの 使 用 及 び 認 証 の 引 用 2.5 登 録 維 持 2.6 登 録 継 続 2.7

マネジメントシステム 認 証 規 則 目 次 1 章 総 則 1.1 一 般 2 章 マネジメントシステムの 登 録 2.1 一 般 2.2 登 録 原 簿 2.3 登 録 証 書 2.4 登 録 マークの 使 用 及 び 認 証 の 引 用 2.5 登 録 維 持 2.6 登 録 継 続 2.7 改 訂 番 号 7 承 認 日 2015.09.10 マネジメントシステム 認 証 規 則 制 定 日 2007 年 10 月 12 日 日 本 海 事 協 会 マネジメントシステム 認 証 規 則 目 次 1 章 総 則 1.1 一 般 2 章 マネジメントシステムの 登 録 2.1 一 般 2.2 登 録 原 簿 2.3 登 録 証 書 2.4 登 録 マークの 使 用 及 び 認 証 の 引

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

目 次 Ⅰ 概 要 1 1 背 景 2 目 的 3 対 象 システム 4 履 行 期 間 Ⅱ 業 務 内 容 運 用 要 件 2 1 業 務 内 容 2 (1) 検 証 業 務 (2) 操 作 マニュアルの 整 備 処 理 手 順 等 の 精 査 (3) 誤 課 税 防 止 のための 手 法 確 立

目 次 Ⅰ 概 要 1 1 背 景 2 目 的 3 対 象 システム 4 履 行 期 間 Ⅱ 業 務 内 容 運 用 要 件 2 1 業 務 内 容 2 (1) 検 証 業 務 (2) 操 作 マニュアルの 整 備 処 理 手 順 等 の 精 査 (3) 誤 課 税 防 止 のための 手 法 確 立 宗 像 市 税 関 係 システム 検 証 等 業 務 委 託 仕 様 書 宗 像 市 平 成 28 年 7 月 目 次 Ⅰ 概 要 1 1 背 景 2 目 的 3 対 象 システム 4 履 行 期 間 Ⅱ 業 務 内 容 運 用 要 件 2 1 業 務 内 容 2 (1) 検 証 業 務 (2) 操 作 マニュアルの 整 備 処 理 手 順 等 の 精 査 (3) 誤 課 税 防 止 のための 手

More information

平成20年5月30日

平成20年5月30日 平 成 20 年 7 月 29 日 経 済 産 業 省 マネジメントシステム 規 格 認 証 制 度 の 信 頼 性 確 保 のための ガイドライン の 公 表 について 経 済 産 業 省 では マネジメントシステム 規 格 認 証 制 度 の 信 頼 性 を 確 保 するた め 認 定 機 関 認 証 機 関 をはじめとする 関 係 者 が 取 組 むべき 事 項 について 昨 年 9 月 から

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

ずれかに 属 しなければならないものとする 但 し パートは 同 一 種 類 の 楽 器 に 1 パート 以 上 形 成 できないものとし 運 営 委 員 会 の 承 認 を 経 たものであ ることを 要 する ( 団 員 の 義 務 ) 第 8 条 団 員 は 次 の 義 務 を 負 う (1)こ

ずれかに 属 しなければならないものとする 但 し パートは 同 一 種 類 の 楽 器 に 1 パート 以 上 形 成 できないものとし 運 営 委 員 会 の 承 認 を 経 たものであ ることを 要 する ( 団 員 の 義 務 ) 第 8 条 団 員 は 次 の 義 務 を 負 う (1)こ 東 村 山 交 響 楽 団 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 団 は 東 村 山 交 響 楽 団 と 称 する ( 所 在 地 ) 第 2 条 本 団 の 所 在 地 を 次 のとおりとする 東 京 都 東 村 山 市 秋 津 町 4 丁 目 41 番 地 4 ( 目 的 ) 第 3 条 本 団 は 音 楽 愛 好 家 による 演 奏 活 動 を 行 うこと 並 びにその

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

神栖市児童館指定管理業務仕様書

神栖市児童館指定管理業務仕様書 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 28 年 8 月 茨 城 県 神 栖 市 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 児 童 館 等 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 は, 募 集 要 項 のほかこの 仕 様 書 による 第 1 管 理 運 営 の 基 本 方 針 児 童 館 は, 地 域 児 童 の 健

More information

常磐新線沿線開発地区周辺井戸水位及び地下水調査業務

常磐新線沿線開発地区周辺井戸水位及び地下水調査業務 H25.10.15 版 田 町 駅 東 口 北 地 区 公 園 引 継 図 書 作 成 その 他 設 計 業 務 特 記 仕 様 書 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 東 日 本 都 市 再 生 本 部 基 盤 整 備 部 緑 環 境 チーム チームリータ ー 担 当 1 田 町 駅 東 口 北 地 区 公 園 引 継 図 書 作 成 その 他 設 計 業 務 特 記 仕 様 書 第

More information

行 政 文 書 の 管 理 に 関 するガイドライン 平 成 23 年 4 月 1 日 内 閣 総 理 大 臣 決 定 平 成 24 年 6 月 29 日 一 部 改 正 平 成 26 年 5 月 30 日 一 部 改 正 平 成 26 年 7 月 1 日 一 部 改 正 平 成 27 年 1 月 23 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 行 政 文 書 の 管

More information

J J.フロント リテイリング 株 式 会 社 内 部 統 制 システム 構 築 の 基 本 方 針 制 定 平 成 19 年 09 月 03 日 改 定 平 成 19 年 11 月 26 日 改 定 平 成 21 年 05 月 26 日 改 定 平 成 22 年 03 月 01 日 改 定 平 成 25 年 04 月 01 日 改 定 平 成 26 年 03 月 01 日 改 定 平 成 27 年 05

More information

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc) 永 平 寺 町 商 工 会 運 営 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 永 平 寺 町 商 工 会 定 款 第 7 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 永 平 寺 町 商 工 会 ( 以 下 本 商 工 会 という )の 円 滑 な 運 営 及 び 業 務 の 執 行 に 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とす る 第 2 章 会 員 ( 加

More information

(2) 業 務 処 理 過 程 における 意 思 決 定 の 迅 速 化 を 図 るためには 電 子 決 裁 機 能 を 活 用 することが 有 効 と 考 えられるが 未 だ 総 合 的 な 文 書 管 理 システムに おいて 電 子 決 裁 機 能 を 整 備 していない 府 省 がみられる ま

(2) 業 務 処 理 過 程 における 意 思 決 定 の 迅 速 化 を 図 るためには 電 子 決 裁 機 能 を 活 用 することが 有 効 と 考 えられるが 未 だ 総 合 的 な 文 書 管 理 システムに おいて 電 子 決 裁 機 能 を 整 備 していない 府 省 がみられる ま 文 書 管 理 業 務 の 業 務 システム 最 適 化 計 画 2007 年 ( 平 成 19 年 ) 4 月 13 日 2008 年 ( 平 成 20 年 )2 月 13 日 改 定 2009 年 ( 平 成 21 年 ) 8 月 28 日 改 定 2011 年 ( 平 成 23 年 )9 月 1 4 日 改 定 各 府 省 情 報 化 統 括 責 任 者 ( CIO) 連 絡 会 議 決 定

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

税務事務業務委託仕様書

税務事務業務委託仕様書 別 紙 1 税 務 事 務 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 委 託 期 間 平 成 28 年 8 月 1 日 から 平 成 33 年 7 月 31 日 まで 単 年 度 契 約 であるが 初 年 度 を 含 み5 年 間 ( 予 定 )の 継 続 委 託 を 原 則 とする ただし 事 業 評 価 を 行 ったうえで 継 続 の 可 否 を 決 める また 番 号 制 度 における 情 報

More information

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 秋 田 市 ( 以 下 甲 という )が 受 託 者 ( 以 下 乙 という ) に 対 し 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 を 委 託 するために 定 めたものである ( 目 的 ) 第 2 条 甲 が 委 託 する 秋 田 市 固 定 資 産 土

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその 別 紙 2 三 菱 電 機 株 式 会 社 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 24 年 12 月 21 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 1 目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的

More information

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは 神 奈 川 県 タクシー 厚 生 共 済 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする (

More information

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若 別 紙 2 工 事 一 時 中 止 ガイドライン Ⅰ 策 定 の 目 的 森 林 整 備 保 全 事 業 の 工 事 の 実 施 において 自 然 的 人 為 的 な 事 象 や 地 元 調 整 各 種 協 議 の 状 況 等 により 準 備 工 本 体 工 事 に 着 手 できない 事 態 や 工 事 の 施 工 途 中 で 中 断 を 余 儀 なくされる 事 態 が 生 じることがある このような

More information

援 を 行 う (4) 家 計 収 支 の 改 善 や 家 計 管 理 能 力 の 向 上 等 を 図 るため 家 計 支 援 計 画 を 策 定 し 必 要 に 応 じて 債 務 整 理 や 成 年 後 見 制 度 等 を 実 施 する 支 援 機 関 社 会 保 障 制 度 や 公 租 公 課

援 を 行 う (4) 家 計 収 支 の 改 善 や 家 計 管 理 能 力 の 向 上 等 を 図 るため 家 計 支 援 計 画 を 策 定 し 必 要 に 応 じて 債 務 整 理 や 成 年 後 見 制 度 等 を 実 施 する 支 援 機 関 社 会 保 障 制 度 や 公 租 公 課 千 葉 市 生 活 困 窮 者 自 立 促 進 支 援 事 業 業 務 委 託 ( 家 計 相 談 支 援 事 業 ) 仕 様 書 1 業 務 の 目 的 本 事 業 は 現 に 経 済 的 に 困 窮 し 最 低 限 度 の 生 活 を 維 持 することができなくなるおそ れのある 者 ( 以 下 生 活 困 窮 者 という )が 困 窮 状 態 から 早 期 に 脱 却 することを 支 援 するため

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要 一 般 社 団 法 人 東 京 都 スポーツ 推 進 委 員 協 議 会 定 款 規 程 集 平 成 28 年 4 月 目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 10 4. 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 12 5. 表 彰 規 程 13 6. 表 彰 要 項 14 7. 事 業 実 施 に 関 する 細 則 15

More information

資料2 倉阪氏資料 「千葉大学における環境報告書」

資料2	倉阪氏資料 「千葉大学における環境報告書」 資 料 42 千 葉 大 学 における 環 境 報 告 書 の 作 成 状 況 千 葉 大 学 環 境 管 理 責 任 者 ( 法 経 学 部 教 授 ) 倉 阪 秀 史 背 景 地 球 温 暖 化 ごみ 量 増 大 富 栄 養 化 日 常 的 な 社 会 経 済 活 動 にともなう 環 境 問 題 に 取 り 組 むことが 必 要 環 境 マネジメントシステムのさまざまな 組 織 での 導 入 が

More information

( 別 添 ) 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 一 覧 について 治 験 関 係 者 は 治 験 を 実 施 する 際 には 医 薬 品 の 臨 床 試 験 の 実 施 の 基 準 に 関 する 省 令 (GCP 省 令 )をはじめとする 関 係 法 規 等 を 遵 守 し 被 験 者

( 別 添 ) 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 一 覧 について 治 験 関 係 者 は 治 験 を 実 施 する 際 には 医 薬 品 の 臨 床 試 験 の 実 施 の 基 準 に 関 する 省 令 (GCP 省 令 )をはじめとする 関 係 法 規 等 を 遵 守 し 被 験 者 事 務 連 絡 平 成 25 年 2 月 14 日 各 都 道 府 県 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 審 査 管 理 課 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 について 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 ( 以 下 治 験 に 係 る 文 書 等 という )については 治 験 に 係 る 文 書 又 は 記 録 について ( 平 成

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E D738FEE816A939A905C91E D862E646F63>

<4D F736F F D2095BD90AC E D738FEE816A939A905C91E D862E646F63> 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 2 1 年 6 月 1 8 日 ( 平 成 2 1 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 2 9 5 号 ) 答 申 日 : 平 成 2 2 年 2 月 8 日 ( 平 成 2 1 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 5 1 4 号 ) 事 件 名 : 法 人 課 税 部 門 における 消 費 税 還 付 申 告 に 係 る 事 務 処 理 手

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63>

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63> 仙 台 市 立 病 院 総 合 ビルメンテナンス 業 務 仕 様 書 1 目 的 この 仕 様 書 は, 仙 台 市 立 病 院 ( 以 下 当 院 という )の 利 用 者 の 利 便 性 快 適 性 安 全 性 を 良 好 な 状 態 に 保 つため, 施 設 を 常 時 適 正 な 状 態 に 維 持 するとともに,その 運 営 が 円 滑 かつ 経 済 的 となるよう, 必 要 な 事 項

More information

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 平 成 24 年 10 月 沼 津 市 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 ( 以 下 温 泉 施 設 という )の 指 定 管 理 業 務 は 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例 ( 以 下 条 例 という ) 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

マンション管理組合の業務と理事会の運営

マンション管理組合の業務と理事会の運営 マ ン シ ョ ン 管 理 組 合 の 業 務 と 理 事 会 の 運 営 1 マンション 管 理 組 合 の 組 織 と 業 務 はどうなっているの? 組 織 マンション 管 理 士 荻 原 健 業 務 (マンション 標 準 管 理 規 約 第 32 条 ) 1 管 理 組 合 が 管 理 する 敷 地 及 び 共 用 部 分 等 ( 組 合 管 理 部 分 ) の 保 安 保 全 保 守 清 掃

More information

Microsoft Word - 03.大和高田市仕様書 介護認定業務委託 H27

Microsoft Word - 03.大和高田市仕様書 介護認定業務委託 H27 大 和 高 田 市 要 介 護 認 定 業 務 一 部 委 託 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 4 月 大 和 高 田 市 保 健 部 介 護 保 険 課 1 目 次 1. 委 託 業 務 の 概 要 1 (1) 背 景 及 び 目 的 1 (2) アウトソーシングの 基 本 的 な 考 え 方 1 (3) 受 託 者 に 求 めること 1 (4) 期 待 する 効 果 2 2. 委 託 内

More information

Taro-△H28仕様書(案)

Taro-△H28仕様書(案) 仕 様 書 ( 案 ) 1 業 務 の 名 称 岡 山 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 ( 自 立 相 談 支 援 等 業 務 ) 委 託 2 業 務 の 目 的 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )に 基 づき 生 活 困 窮 者 を 早 期 に 把 握 し 多 様 で 複 合 的 な 課 題 を 解 きほぐしながら

More information

第 4 条 ( 受 託 者 条 件 等 ) 本 業 務 を 円 滑 かつ 確 実 に 履 行 するため 受 託 者 は 以 下 の 条 件 を 満 たさなければならない (1) 受 託 者 について 1 本 業 務 の 特 殊 性 より 平 成 24 年 基 準 年 度 において 大 阪 府 内 の

第 4 条 ( 受 託 者 条 件 等 ) 本 業 務 を 円 滑 かつ 確 実 に 履 行 するため 受 託 者 は 以 下 の 条 件 を 満 たさなければならない (1) 受 託 者 について 1 本 業 務 の 特 殊 性 より 平 成 24 年 基 準 年 度 において 大 阪 府 内 の 平 成 27 基 準 年 度 分 交 野 市 路 線 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 適 用 範 囲 ) 本 仕 様 書 は 平 成 27 基 準 年 度 分 交 野 市 路 線 価 業 務 ( 以 下 本 業 務 という )に 適 用 す るものとする 第 2 条 ( 目 的 及 び 実 施 方 針 ) 本 業 務 は 平 成 27 基 準 年 度 における 固 定 資

More information

第 2 章 ステークホルダーとの 関 係 1. 株 主 の 権 利 平 等 性 の 確 保 すべての 株 主 に 対 し 対 話 と 情 報 開 示 を 通 じて 平 等 性 が 実 質 的 に 確 保 されるよう 努 める とともに 株 主 利 益 に 影 響 を 与 える 可 能 性 のある 事

第 2 章 ステークホルダーとの 関 係 1. 株 主 の 権 利 平 等 性 の 確 保 すべての 株 主 に 対 し 対 話 と 情 報 開 示 を 通 じて 平 等 性 が 実 質 的 に 確 保 されるよう 努 める とともに 株 主 利 益 に 影 響 を 与 える 可 能 性 のある 事 ヤマトホールディングス コーポレートガバナンス ガイドライン 第 1 章 総 則 1. 目 的 ヤマトホールディングス( 以 下 当 社 という)およびヤマトグループにおけるコーポレ ートガバナンス ガイドライン( 以 下 当 ガイドラインという)を 制 定 し 経 営 の 健 全 性 の 確 保 および 迅 速 かつ 適 正 な 意 思 決 定 と 事 業 遂 行 の 実 現 に 向 け 実 効

More information

独立行政法人国立病院機構

独立行政法人国立病院機構 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 仙 台 医 療 センターにおける 医 薬 品 等 の 使 用 成 績 調 査 特 定 使 用 成 績 調 査 及 び 副 作 用 感 染 症 報 告 その 他 の 受 託 研 究 の 実 施 に 関 する 標 準 業 務 手 順 書 平 成 27 年 8 月 3 日 第 8 版 第 1 章 総 則 1. 目 的 と 適 用 範 囲 この 標 準 業 務

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

<8AC28BAB8A8893AE838C837C815B83675F96CA95742E696E6464>

<8AC28BAB8A8893AE838C837C815B83675F96CA95742E696E6464> http://www.ishizaka.gr.jp/ 環 境 活 動 レポート 2012 環 境 目 標 と 環 境 活 動 計 画 環 境 目 標 中 長 期 の 環 境 目 標 は 2011 年 度 実 績 を 基 準 として 下 表 のとおり 設 定 しました 項 目 単 位 基 準 年 環 境 目 標 2011 年 度 2012 年 度 2013 年 度 2014 年 度 工 場 の 二

More information

学校法人日本医科大学利益相反マネジメント規程

学校法人日本医科大学利益相反マネジメント規程 学 校 法 人 日 本 医 科 大 学 利 益 相 反 マネジメント 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人 日 本 医 科 大 学 ( 以 下 本 法 人 という )が 本 法 人 利 益 相 反 マネジメントポリシー( 平 成 18 年 12 月 1 日 制 定 )の 精 神 に 則 り 教 職 員 等 の 産 学 官 連 携 活 動 に 伴 い

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 における 職 員 のコンプライアン ス 違 反 等 に 関 し 4 月 13 日 の 国 土 交 通 大 臣 のご 指 示 を 踏 まえ 外 部 の 弁 護 士 4 名 からな る 調 査 委 員

Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 における 職 員 のコンプライアン ス 違 反 等 に 関 し 4 月 13 日 の 国 土 交 通 大 臣 のご 指 示 を 踏 まえ 外 部 の 弁 護 士 4 名 からな る 調 査 委 員 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 に おける 職 員 のコンプライアンス 違 反 等 に 関 する 報 告 平 成 28 年 7 月 11 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 理 事 長 上 西 郁 夫 Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63> リスクマネジメントおよび コンプライアンス 規 程 株 式 会 社 不 二 ビルサービス リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 1 リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 規 程 は 当 社 におけるリスクマネジメントに 関 して 必 要 な 事 項 を 定 め もってリスクの 防 止 および 会 社 損 失 の 最 小 化

More information

大学病院治験受託手順書

大学病院治験受託手順書 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 治 験 審 査 委 員 会 運 営 手 順 書 第 1 条 目 的 本 手 順 書 は 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 各 種 委 員 会 規 程 の 定 めるところにより 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 治 験 審 査 委 員 会 ( 以 下 委 員 会 という )の 運 営 方 法 を 定 め 医 薬 品 等 の 治 験 製 造

More information

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増 資 料 5 債 権 回 収 室 引 継 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 平 成 26 年 度 に 債 権 回 収 室 が 取 りまとめた 引 継 ぎ 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する 平 成 27 年 11 月 末 現 在 の は 次 のとおりです なお 課 題 については 今 後 も 引 き 続 き 債 権 所 管

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A4832362E392E3239986190F28E73904588F582C982E682E98CF68BE089A197CC8E9688C482C98C5782E98DC494AD96688E7E8DF45B315D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A4832362E392E3239986190F28E73904588F582C982E682E98CF68BE089A197CC8E9688C482C98C5782E98DC494AD96688E7E8DF45B315D2E646F63> 和 泉 市 職 員 による 公 金 横 領 事 案 に 係 る 再 発 防 止 策 に 関 する 報 告 書 平 成 26 年 9 月 和 泉 市 目 次 はじめに P. 1 1. 現 金 取 扱 事 務 に 係 る 全 庁 調 査 の 概 要 P. 2 2.ヒアリング 調 査 指 導 の 概 要 P. 2 3. 現 金 取 扱 事 務 の 適 正 化 に 向 けた 取 組 P. 4 (1) 基 本

More information

損害保険の保険金支払に関するガイドライン

損害保険の保険金支払に関するガイドライン 損 害 保 険 の 保 険 金 支 払 に 関 するガイドライン 一 般 社 団 法 人 日 本 損 害 保 険 協 会 2012 年 4 月 Ⅰ.はじめに ~ 本 ガイドラインの 目 的 ~... 2 Ⅱ. 保 険 金 支 払 にあたっての 基 本 姿 勢... 2 1.お 客 さまの 視 点 に 立 った 対 応... 2 2. 損 害 保 険 会 社 の 社 会 的 な 役 割 をふまえた 保

More information

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2 業 務 委 託 契 約 書 ( 案 ) 収 入 印 紙 1 委 託 業 務 名 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 2 業 務 履 行 場 所 いわき 市 平 下 神 谷 他 35 箇 所 地 内 3 契 約 期 間 平 成 28 年 月 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 4 業 務 履 行 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平

More information

第3次行政改革改定版19年度取り組み状況と今後の課題(総括)

第3次行政改革改定版19年度取り組み状況と今後の課題(総括) 第 4 次 行 政 改 革 大 綱 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 と 第 4 次 行 政 改 革 の5 年 間 の 総 括 平 成 27 年 5 月 企 画 総 務 部 目 次 1 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 P.1~2 2 第 4 次 行 政 改 革 の5 年 間 の 総 括 P.2~7 ( 資 料 ) 実 施 状 況 一 覧 表 P.8~20 1 平 成 26 年 度

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

Taro 宮崎県営住宅指定管理

Taro 宮崎県営住宅指定管理 愛 媛 県 県 営 住 宅 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 愛 媛 県 目 次 第 1 県 営 住 宅 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 事 項 1 1 管 理 に 係 る 基 本 理 念 1 2 関 係 規 定 の 遵 守 1 3 管 理 運 営 を 行 うにあたっての 留 意 事 項 2 第 2 指 定 管 理 者 が 管 理 を 行 う 県 営 住 宅 3 第 3 業 務

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

応 募 書 類 5-1(2/6) (3) 送 迎 サービス 及 び 入 浴 サービス(5 点 ) 市 より 貸 与 される 車 両 と 法 人 車 両 の 計 4 台 体 制 で 送 迎 を 実 施 し 乗 車 時 間 を 短 縮 しご 利 用 者 ご 家 族 への 負 担 を 軽 減 し 安 全

応 募 書 類 5-1(2/6) (3) 送 迎 サービス 及 び 入 浴 サービス(5 点 ) 市 より 貸 与 される 車 両 と 法 人 車 両 の 計 4 台 体 制 で 送 迎 を 実 施 し 乗 車 時 間 を 短 縮 しご 利 用 者 ご 家 族 への 負 担 を 軽 減 し 安 全 社 会 福 祉 法 人 千 葉 県 福 祉 援 護 会 応 募 書 類 5-1(1/6) 船 橋 市 西 老 人 デイサービスセンター 事 業 計 画 書 ( 朋 松 苑 デイサービスセンター 除 く) 以 下 の 項 目 について 指 定 期 間 全 体 の 計 画 を 記 載 して 下 さい 記 載 漏 れの 無 いよう 枠 内 の 着 眼 点 を 参 考 に 全 ての 項 目 について 記 載

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

東 京 電 力 ホールディングス 株 式 会 社 労 働 環 境 改 善 2016/9/29 在 分 野 名 括 り 5 内 容 これまで1ヶ 月 の 動 きと 今 後 1ヶ 月 の 予 定 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 備 考 員 の 確 保 状 況 と 地 元 雇 用 率 の 実

東 京 電 力 ホールディングス 株 式 会 社 労 働 環 境 改 善 2016/9/29 在 分 野 名 括 り 5 内 容 これまで1ヶ 月 の 動 きと 今 後 1ヶ 月 の 予 定 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 備 考 員 の 確 保 状 況 と 地 元 雇 用 率 の 実 東 京 電 力 ホールディングス 株 式 会 社 労 働 環 境 改 善 2016/9/29 在 分 野 名 括 り 管 理 対 象 区 域 の 運 用 区 分 及 び 放 射 線 防 護 装 備 の 適 正 化 管 理 対 象 区 域 の 運 用 区 分 に 応 じた 放 射 線 防 護 装 備 の 適 正 化 の 運 用 開 始 (2016 年 3 月 8 日 ~) 労 働 環 境 改 善 スケジュール

More information

Ⅱ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 及 び 概 要 1. 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 に 際 し 復 興 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 土 地 について その 土 地 の 測 量

Ⅱ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 及 び 概 要 1. 土 地 所 有 者 情 報 調 査 の 手 順 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 に 際 し 復 興 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 土 地 について その 土 地 の 測 量 Ⅰ 土 地 所 有 者 情 報 調 査 マニュアルの 目 的 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 の 各 自 治 体 においてこれからの 本 格 的 な 復 興 を 円 滑 に 実 現 するために は 復 興 計 画 の 作 成 や 復 興 事 業 の 実 施 にあたり その 計 画 予 定 区 域 や 事 業 実 施 予 定 区 域 の 調 査 測 量 や 用 地 取 得 等 のため その

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

PMK510プライバシーマーク制度における欠格事項及び判断基準

PMK510プライバシーマーク制度における欠格事項及び判断基準 プライバシーマーク 制 度 における 欠 格 事 項 及 び 判 断 基 準 一 般 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 プライバシーマーク 推 進 センター 改 廃 履 歴 版 制 定 改 定 日 改 定 箇 所 理 由 施 行 日 1.0 平 成 22 年 10 月 15 日 プライバシーマーク 制 度 設 置 及 び 運 営 要 平 成 23 年 3 月 1 日 領

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採

More information

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地 ( 資 料 3) 林 地 台 帳 及 び 地 図 整 備 マニュアル( 案 ) 概 要 本 資 料 は 現 時 点 での 検 討 状 況 を 基 に 作 成 したものであり 今 後 事 務 レベルの 検 討 会 等 を 経 て 成 案 を 得 ることとしてい ます 平 成 28 年 7 月 林 野 庁 計 画 課 1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル(

More information

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交 常 陸 大 宮 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は, 常 陸 大 宮 市 ( 以 下 甲 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 委 託 業 務 という )について 必 要 な 事 項 を 定 め, 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は,この 仕 様 書 に 基 づき,

More information

平成12年度重点事項実施要領

平成12年度重点事項実施要領 平 成 25 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 実 施 結 果 平 成 25 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 について 実 施 した 結 果 は 次 のとおりであった 第 1 監 査 の 概 要 1 平 成 25 年 度 重 点 事 項 税 外 収 入 未 済 に 対 する 債 権 管 理 は 適 切 か 2 選 定 理 由 平 成 24 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 として

More information

目 次 1 はじめに 2 1. 面 接 3 1.1 面 接 とは 3 1.2 審 判 事 件 等 における 面 接 4 2. 面 接 等 の 出 席 者 5 2.1 出 席 者 の 要 件 5 2.2 委 任 状 6 3. 面 接 の 手 続 7 3.1 面 接 の 事 前 準 備 7 3.2 面

目 次 1 はじめに 2 1. 面 接 3 1.1 面 接 とは 3 1.2 審 判 事 件 等 における 面 接 4 2. 面 接 等 の 出 席 者 5 2.1 出 席 者 の 要 件 5 2.2 委 任 状 6 3. 面 接 の 手 続 7 3.1 面 接 の 事 前 準 備 7 3.2 面 面 接 ガイドライン 審 判 編 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 改 訂 版 ) 平 成 27 年 2 月 特 許 庁 目 次 1 はじめに 2 1. 面 接 3 1.1 面 接 とは 3 1.2 審 判 事 件 等 における 面 接 4 2. 面 接 等 の 出 席 者 5 2.1 出 席 者 の 要 件 5 2.2 委 任 状 6 3. 面 接 の 手 続 7 3.1 面 接 の 事 前

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135303232355F95BD90AC3237944E93788E968BC68C7689E65F93E08A74957B92F18F6F977081698C8892E8816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135303232355F95BD90AC3237944E93788E968BC68C7689E65F93E08A74957B92F18F6F977081698C8892E8816A> 平 成 27 年 度 公 益 社 団 法 人 日 本 眼 科 医 会 事 業 計 画 公 1 国 民 の 目 の 健 康 を 守 る 事 業 1 正 しい 眼 科 医 療 の 啓 発 および 教 育 活 動 に 関 する 事 業 [1] 眼 科 公 衆 衛 生 知 識 の 啓 発 事 業 眼 科 医 療 情 報 の 発 信 目 の 疾 患 に 関 する 情 報 ロービジョン 施 設 に 関 する 情

More information

Microsoft Word - 一般仕様書(H27)

Microsoft Word - 一般仕様書(H27) 一 般 仕 様 書 ( 目 的 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 旧 吉 野 川 浄 化 センターの 運 転 管 理 業 務 を 円 滑 に 実 施 するため 業 務 の 内 容 等 を 定 めることを 目 的 とする ( 業 務 の 履 行 ) 第 2 条 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は 下 水 道 法 水 質 汚 濁 防 止 法 電 気 事 業 法 及 びその 他 の 関 係 法 令

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に 資 料 3 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する ガイドラインの 概 要 平 成 27 年 2 月 16 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

Microsoft Word - 20151001_プレス別紙1.doc

Microsoft Word - 20151001_プレス別紙1.doc SMFGコーポレートガバナンス ガイドライン 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 SMFGコーポレートガバナンス ガイドライン( 以 下 本 ガイドライン という )は 株 式 会 社 三 井 住 友 フィナンシャルグループ( 以 下 当 社 と いう )が 実 効 的 なコーポレートガバナンスの 実 現 を 通 じて 不 祥 事 や 企 業 としての 不 健 全 な 事 態 の 発 生

More information

年金通信25-30厚年基金見直し(法改正概要)

年金通信25-30厚年基金見直し(法改正概要) 25-30 第 17 号 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しについて( 法 改 正 の 概 要 ) 平 成 25 年 6 月 19 日 団 体 年 金 事 業 部 平 成 25 年 6 月 19 日 の 参 議 院 本 会 議 にて 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 し 法 案 ( 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金

More information

奈良商工会議所定款

奈良商工会議所定款 奈 良 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もって 我 が 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名

More information

外23

外23 包 括 外 部 監 査 平 成 23 年 度 ( 平 成 24 年 3 月 30 日 報 告 ) 歳 入 ( 一 般 会 計 の 市 税 負 担 金 使 用 料 手 数 料 並 びに 特 別 会 計 の 国 民 健 康 保 険 税 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 について)の 賦 課 徴 収 収 納 並 びにこれら 債 権 の 管 理 について 監 査 の 結 果 個 人 市 民 税 未 申

More information

はじめに < 概 要 > 事 業 継 続 計 画 (BCP) 策 定 事 例 ( 以 下 本 資 料 )は 実 際 に 事 業 継 続 計 画 ( 以 下 BCP)を 策 定 された 企 業 の 事 例 を 提 示 するものです 本 資 料 は 企 業 の 皆 様 にとりまして まず 事 業 継 続

はじめに < 概 要 > 事 業 継 続 計 画 (BCP) 策 定 事 例 ( 以 下 本 資 料 )は 実 際 に 事 業 継 続 計 画 ( 以 下 BCP)を 策 定 された 企 業 の 事 例 を 提 示 するものです 本 資 料 は 企 業 の 皆 様 にとりまして まず 事 業 継 続 企 業 の 事 業 継 続 計 画 (BCP) 策 定 事 例 業 種 : 高 速 道 路 の 整 備 運 用 に 関 する 事 業 内 閣 府 防 災 担 当 はじめに < 概 要 > 事 業 継 続 計 画 (BCP) 策 定 事 例 ( 以 下 本 資 料 )は 実 際 に 事 業 継 続 計 画 ( 以 下 BCP)を 策 定 された 企 業 の 事 例 を 提 示 するものです 本 資 料

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

ア 調 整 テーマ 別 分 科 会 (3テーマ 程 度 各 4か 月 に1 回 程 度 ) 予 定 テーマ (ア) 鎮 守 大 橋 周 辺 地 区 (イ) 内 海 橋 周 辺 地 区 (ウ) 工 事 車 両 交 通 対 策 2 トータルマネジメント 支 援 業 務 復 興 事 業 等 の 円 滑 な

ア 調 整 テーマ 別 分 科 会 (3テーマ 程 度 各 4か 月 に1 回 程 度 ) 予 定 テーマ (ア) 鎮 守 大 橋 周 辺 地 区 (イ) 内 海 橋 周 辺 地 区 (ウ) 工 事 車 両 交 通 対 策 2 トータルマネジメント 支 援 業 務 復 興 事 業 等 の 円 滑 な 平 成 27 年 度 石 巻 市 復 興 まちづくりマネジメント 支 援 業 務 仕 様 書 第 1 条 適 用 範 囲 この 仕 様 書 は 平 成 27 年 度 石 巻 市 復 興 まちづくりマネジメント 支 援 業 務 ( 以 下 本 業 務 という )の 履 行 に 適 用 する 本 仕 様 書 に 定 めのない 事 項 については 宮 城 県 土 木 部 作 成 の 共 通 仕 様 書 (

More information

中小規模事業者向けはじめてのマイナンバーガイドライン

中小規模事業者向けはじめてのマイナンバーガイドライン 中 小 規 模 事 業 者 向 け はじめてのマイナンバーガイドライン ~マイナンバーガイドラインを 読 む 前 に~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために 中 小 規 模 事 業 者 ( 注 ) 向 けにまとめたものです

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです SAYLOR ADVERTISING INC. 最 終 更 新 日 :2015 年 6 月 30 日 セーラー 広 告 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 村 上 義 憲 問 合 せ 先 : 執 行 役 員 総 務 本 部 長 青 木 均 証 券 コード:2156

More information

5 業 務 委 託 の 基 本 的 要 件 (1) 契 約 期 間 契 約 締 結 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 までとする (2) 委 託 金 額 の 上 限 3,712 千 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 相 当 額 を 含 む ) * 上 記 金 額 は, 本

5 業 務 委 託 の 基 本 的 要 件 (1) 契 約 期 間 契 約 締 結 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 までとする (2) 委 託 金 額 の 上 限 3,712 千 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 相 当 額 を 含 む ) * 上 記 金 額 は, 本 平 成 28 年 度 京 都 市 障 害 者 生 活 状 況 調 査 業 務 委 託 仕 様 書 京 都 市 保 健 福 祉 局 障 害 保 健 福 祉 推 進 室 1 事 業 の 趣 旨 支 えあうまち 京 都 ほほえみプラン ( 京 都 市 障 害 者 施 策 推 進 計 画 計 画 期 間 : 平 成 25 年 度 ~29 年 度 )の 次 期 計 画 を 策 定 するために, 障 害 のある

More information

平 成 26 年 度 大 学 機 関 別 認 証 評 価 評 価 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 財 団 法 人 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 SBI 大 学 院 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 判 定 評 価 の 結 果 SBI 大 学 院 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 に 適 合 し ていると 認 定 する

More information

平 成 23 年 度 国 際 交 流 基 金 項 目 別 評 価 シート 目 次 小 項 目 No. 及 び 内 容 ページ No. 1: 一 般 管 理 費 の 平 成 18 年 度 比 15% 削 減 1 No. 2: 業 務 経 費 の 毎 事 業 年 度 1.2% 以 上 削 減 8 No.

平 成 23 年 度 国 際 交 流 基 金 項 目 別 評 価 シート 目 次 小 項 目 No. 及 び 内 容 ページ No. 1: 一 般 管 理 費 の 平 成 18 年 度 比 15% 削 減 1 No. 2: 業 務 経 費 の 毎 事 業 年 度 1.2% 以 上 削 減 8 No. 平 成 23 年 度 国 際 交 流 基 金 項 目 別 評 価 シート 平 成 23 年 度 国 際 交 流 基 金 項 目 別 評 価 シート 目 次 小 項 目 No. 及 び 内 容 ページ No. 1: 一 般 管 理 費 の 平 成 18 年 度 比 15% 削 減 1 No. 2: 業 務 経 費 の 毎 事 業 年 度 1.2% 以 上 削 減 8 No. 3: 機 動 的 かつ 効

More information

(5) 組 織 体 制 の 整 備 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 4-2 別 添 2 -C 組 織 的 安 全 管 理 措 置 a 組 織 体 制 の 整 備 (51 頁 ) 参 照 組 織 体 制 として 整 備 する 項 目 は 次 に 掲 げるものが 挙 げられる 1 事 務 にお

(5) 組 織 体 制 の 整 備 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 4-2 別 添 2 -C 組 織 的 安 全 管 理 措 置 a 組 織 体 制 の 整 備 (51 頁 ) 参 照 組 織 体 制 として 整 備 する 項 目 は 次 に 掲 げるものが 挙 げられる 1 事 務 にお マイナンバー 法 等 に 関 するガイドラインとその 取 扱 に 関 するQ&Aについて ( 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 作 成 分 の 抜 粋 ) (1) 定 義 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 2 用 語 の 定 義 等 (3 頁 ) 参 照 (2) 個 人 番 号 関 係 事 務 マイナンバー 法 第 9 条 第 3 項 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 4-1-⑴

More information

<89EF88F5954B8C C8E86>

<89EF88F5954B8C C8E86> 会 員 必 携 ( 平 成 25 年 10 月 1 日 現 在 ) 関 東 信 越 税 理 士 会 朝 霞 支 部 351-0015 朝 霞 市 幸 町 1 丁 目 3 番 6 号 石 川 ビル2F TEL 048-465-0025 FAX 048-468-1043 http://www.asaka-zeirishikai.gr.jp/ 目 次 ( 関 連 規 則 等 対 応 表 示 ) 関 東 信

More information

PMK220プライバシーマーク付与適格性審査の実施基準

PMK220プライバシーマーク付与適格性審査の実施基準 プライバシーマーク 付 与 適 格 性 審 査 の 実 施 基 準 一 般 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 プライバシーマーク 推 進 センター 改 廃 履 歴 版 制 定 改 定 日 改 定 箇 所 理 由 施 行 日 1.0 平 成 22 年 10 月 15 日 プライバシーマーク 制 度 設 置 及 び 運 営 要 平 成 23 年 3 月 1 日 領 の 全

More information