資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "資料6 地方教育行政の現状等に関する資料"

Transcription

1 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局

2 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教 育 委 員 会 は 教 育 委 員 長 が 主 宰 する 会 議 で 教 育 行 政 における 重 要 事 項 や 基 本 方 針 を 決 定 し それに 基 づいて 教 育 長 が 具 体 の 事 務 を 執 行 教 育 委 員 は 非 常 勤 で 原 則 5 人 任 期 は4 年 で 再 任 可 教 育 委 員 長 は 教 育 委 員 会 を 代 表 し 教 育 委 員 のうちから 教 育 委 員 会 が 選 挙 任 期 は1 年 で 再 任 可 教 育 長 は 常 勤 で 教 育 委 員 のうちから 教 育 委 員 会 が 任 命 ( 教 育 委 員 長 との 兼 任 不 可 ) 2 教 育 委 員 会 制 度 の 趣 旨 A 政 治 的 中 立 性 の 確 保 教 育 は その 内 容 が 中 立 公 正 であることが 極 め て 重 要 個 人 的 な 価 値 判 断 や 特 定 の 党 派 的 影 響 力 から 中 立 性 を 確 保 することが 必 要 B 継 続 性 安 定 性 の 確 保 特 に 義 務 教 育 について 学 習 期 間 を 通 じて 一 貫 した 方 針 の 下 安 定 的 に 行 われることが 必 要 C 地 域 住 民 の 意 向 の 反 映 教 育 は 地 域 住 民 にとって 関 心 の 高 い 行 政 分 野 であり 専 門 家 のみが 担 うのではなく 広 く 地 域 住 民 の 参 加 を 踏 まえて 行 われることが 必 要 首 長 首 長 が 議 会 の 同 意 を 得 て 委 員 を 任 命 議 会 教 育 委 員 会 委 員 委 員 委 員 長 委 員 委 員 任 命 指 揮 監 督 兼 任 教 育 長 指 揮 監 督 事 務 局 総 務 課 学 校 教 育 課 生 涯 学 習 課 文 化 課 ス ポ ー ツ 課 など 1

3 2. 地 方 教 育 行 政 について 指 摘 されている 課 題 (1) 権 限 と 責 任 の 所 在 が 不 明 確 非 常 勤 の 教 育 委 員 からなる 合 議 体 がトップであることや 教 育 委 員 長 ( 教 育 委 員 会 の 代 表 ) と 教 育 長 ( 事 務 をつかさどる)との 関 係 が 分 かりにくい 市 町 村 立 学 校 の 管 理 権 限 は 市 町 村 教 育 委 員 会 にあるが 教 職 員 ( 県 費 負 担 教 職 員 )の 任 命 権 は 都 道 府 県 教 育 委 員 会 予 算 の 執 行 等 の 財 政 的 権 限 は 市 町 村 長 と 権 限 と 責 任 の 主 体 が 分 散 している 特 に 地 方 において 法 令 違 反 や 児 童 生 徒 の 生 命 身 体 教 育 を 受 ける 権 利 を 侵 害 する 重 大 な 事 態 が 発 生 した 際 に 国 の 責 任 の 果 たし 方 は 十 分 か (2) 地 域 住 民 の 意 向 を 十 分 に 反 映 していない 直 接 選 挙 で 選 ばれる 首 長 との 意 思 疎 通 連 携 に 課 題 がある 教 育 委 員 の 一 部 や 事 務 局 職 員 の 多 くは 教 育 関 係 者 やそのOBが 占 め 閉 鎖 的 かつ 教 育 関 係 者 の 意 向 に 沿 った 教 育 行 政 を 行 う 傾 向 がある (3) 教 育 委 員 会 の 審 議 等 が 形 骸 化 している 教 育 委 員 は 十 分 な 情 報 を 持 たず 教 育 委 員 会 自 体 は 事 務 局 の 提 出 する 案 を 追 認 するだけで 実 質 的 な 意 思 決 定 を 行 っていない 小 規 模 市 町 村 教 育 委 員 会 の 事 務 処 理 体 制 が 不 十 分 (4) 迅 速 さ 機 動 性 に 欠 ける 非 常 勤 の 教 育 委 員 からなる 合 議 体 であり 会 議 も 月 に1~2 回 開 催 される 程 度 であるため 迅 速 な 意 思 決 定 ができない 2

4 3. 地 方 教 育 行 政 制 度 の 変 遷 ( 主 な 制 度 改 正 ) 教 育 委 員 会 制 度 創 設 ( 昭 和 23 年 ) 教 育 の 地 方 分 権 教 育 行 政 への 民 意 の 反 映 ( 教 育 委 員 公 選 制 ) 全 ての 市 町 村 に 教 育 委 員 会 を 設 置 ( 昭 和 27 年 ) 教 育 委 員 公 選 制 等 見 直 し( 昭 和 31 年 ) 教 育 委 員 の 公 選 制 廃 止 ( 任 命 制 の 導 入 ) 教 育 委 員 会 に 党 派 的 対 立 が 持 ち 込 まれる 弊 害 を 解 消 教 育 長 の 任 命 承 認 制 度 の 導 入 教 育 長 の 任 命 にあたって 国 や 都 道 府 県 教 委 が 承 認 教 育 委 員 会 による 予 算 案 条 例 案 の 議 会 提 案 権 の 廃 止 一 般 行 政 との 調 和 教 育 における 団 体 自 治 を 強 化 ( 平 成 11 年 法 改 正 ) 教 育 長 の 任 命 承 認 制 度 の 廃 止 地 方 の 責 任 による 教 育 長 の 任 命 市 町 村 立 学 校 に 関 する 都 道 府 県 の 基 準 設 定 権 の 廃 止 地 方 の 主 体 性 の 尊 重 教 育 における 住 民 自 治 を 強 化 ( 平 成 13 年 法 改 正 ) 教 育 委 員 の 構 成 の 多 様 化 地 域 の 多 様 な 意 向 の 反 映 ( 委 員 の 年 齢 性 別 職 業 等 に 著 しい 偏 りが 生 じないよう 配 慮 すること 保 護 者 が 含 まれるよう 努 めることを 規 定 ) 教 育 委 員 会 会 議 の 原 則 公 開 教 育 行 政 の 説 明 責 任 を 果 たす 学 校 運 営 協 議 会 ( 平 成 16 年 法 改 正 ) 学 校 運 営 協 議 会 を 設 置 可 能 に 地 域 住 民 保 護 者 等 が 学 校 運 営 に 参 画 可 能 に 学 校 運 営 協 議 会 の 権 限 : 1 学 校 運 営 の 基 本 方 針 の 承 認 2 学 校 運 営 について 教 育 委 員 会 または 校 長 に 意 見 3 教 職 員 の 任 用 について 教 育 委 員 会 に 意 見 地 方 責 公 任 共 の 団 拡 体 大 の ( 地 方 分 権 ) 地 域 主 の 体 意 的 向 な を 教 反 育 映 行 し 政 た の 推 進 国 教 育 委 員 会 の 責 任 を 明 確 化 ( 平 成 19 年 法 改 正 ) 教 育 委 員 会 の 責 任 体 制 の 明 確 化 教 育 委 員 会 の 体 制 の 充 実 教 育 における 地 方 分 権 の 推 進 教 育 における 国 の 責 任 の 果 たし 方 私 立 学 校 に 関 する 教 育 行 政 3

5 4. 教 育 再 生 会 議 の 議 論 を 踏 まえた 改 正 ( 平 成 19 年 ) 1 教 育 委 員 会 の 責 任 体 制 の 明 確 化 地 方 教 育 行 政 の 基 本 理 念 を 明 記 する 合 議 制 の 教 育 委 員 会 は 1 基 本 的 な 方 針 の 策 定 2 教 育 委 員 会 規 則 の 制 定 改 廃 3 教 育 機 関 の 設 置 廃 止 4 職 員 の 人 事 5 活 動 の 点 検 評 価 6 予 算 等 に 関 する 意 見 の 申 し 出 については 自 ら 管 理 執 行 することを 規 定 する 教 育 委 員 会 は 学 識 経 験 者 の 知 見 を 活 用 し 活 動 状 況 の 点 検 評 価 を 行 うこととする 2 教 育 委 員 会 の 体 制 の 充 実 市 町 村 は 近 隣 の 市 町 村 と 協 力 して 教 育 委 員 会 の 共 同 設 置 等 の 連 携 を 進 め 教 育 行 政 の 体 制 の 整 備 充 実 に 努 めることとする 市 町 村 教 育 委 員 会 は 指 導 主 事 を 置 くように 努 める こととする 教 育 委 員 の 責 務 を 明 確 化 し 国 都 道 府 県 が 教 育 委 員 の 研 修 等 を 進 めることとする 3 教 育 における 地 方 分 権 の 推 進 教 育 委 員 の 数 を 弾 力 化 し 教 育 委 員 への 保 護 者 の 選 任 を 義 務 化 する 文 化 スポーツの 事 務 を 首 長 が 担 当 できるように する 県 費 負 担 教 職 員 の 同 一 市 町 村 内 の 転 任 について は 市 町 村 教 育 委 員 会 の 内 申 に 基 づき 都 道 府 県 教 育 委 員 会 が 行 うこととする 5 私 立 学 校 に 関 する 教 育 行 政 知 事 は 私 立 学 校 に 関 する 事 務 について 必 要 と 認 めるときは 教 育 委 員 会 に 対 し 学 校 教 育 に 関 す る 専 門 的 事 項 について 助 言 援 助 を 求 めることがで きる 旨 の 規 定 を 設 ける 4 教 育 における 国 の 責 任 の 果 たし 方 教 育 委 員 会 の 法 令 違 反 や 怠 りによって 緊 急 に 生 徒 等 の 生 命 身 体 を 保 護 する 必 要 が 生 じ 他 の 措 置 によってはその 是 正 を 図 ることが 困 難 な 場 合 文 部 科 学 大 臣 は 是 正 改 善 の 指 示 ができる 旨 の 規 定 を 設 ける 教 育 委 員 会 の 法 令 違 反 や 怠 りによって 生 徒 等 の 教 育 を 受 ける 権 利 が 侵 害 されていることが 明 らかで ある 場 合 文 部 科 学 大 臣 は 講 ずべき 措 置 の 内 容 を 示 して 地 方 自 治 法 の 是 正 の 要 求 を 行 う 旨 の 規 定 を 設 ける 上 記 の 指 示 や 是 正 の 要 求 を 行 った 場 合 文 部 科 学 大 臣 は 当 該 地 方 公 共 団 体 の 長 及 び 議 会 に 対 してその 旨 を 通 知 する 4

6 5. 教 育 委 員 会 制 度 改 革 をめぐる 様 々な 議 論 1 政 党 地 方 教 育 行 政 に 関 する 主 な 主 張 ( 第 46 回 衆 議 院 総 選 挙 における 公 約 より) 自 由 民 主 党 公 明 党 民 主 党 首 長 が 議 会 の 同 意 を 得 て 任 命 する 常 勤 の 教 育 長 を 教 育 委 員 会 の 責 任 者 とするなど 教 育 委 員 会 制 度 を 抜 本 的 に 改 革 いじめの 隠 ぺいなど 法 令 違 反 や 児 童 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 の 侵 害 に 対 しては 公 教 育 の 最 終 責 任 者 たる 国 が 責 任 を 果 たせるよう 改 革 いじめや 不 登 校 問 題 など 学 校 現 場 の 様 々な 問 題 に 対 応 するため 委 員 選 定 や 委 員 会 の 権 限 をはじめとする 教 育 委 員 会 の 在 り 方 を 抜 本 的 に 見 直 し その 機 能 強 化 を 図 る 学 校 ごとの 裁 量 を 広 げ 教 員 の 創 意 工 夫 を 奨 励 する 制 度 を 推 進 コミュニティスクール( 土 曜 授 業 も 含 む)を 更 に 増 やす 地 方 教 育 行 政 法 を 見 直 し 現 在 の 教 育 委 員 会 制 度 を 見 直 す 日 本 維 新 の 会 教 育 制 度 改 革 ( 教 育 委 員 会 制 度 の 廃 止 を 含 む) みんなの 党 社 会 民 主 党 地 方 自 治 体 の 判 断 により 教 育 委 員 会 を 設 置 するか 否 かを 決 定 できるようにする 等 地 域 の 実 情 に 応 じた 教 育 行 政 が 展 開 できる 環 境 整 備 教 育 は 市 町 村 現 場 の 学 校 に 任 せることを 基 本 とし 国 の 役 割 は 最 低 限 の 教 育 水 準 の 維 持 にとどめ 地 域 の 実 情 に 合 わせたユニークな 教 育 の 実 施 学 校 を 地 域 社 会 に 開 放 し 地 域 社 会 の 核 に 学 校 経 営 も 保 護 者 住 民 教 育 専 門 家 等 による 運 営 委 員 会 で 実 施 教 育 委 員 会 の 在 り 方 を 抜 本 的 に 見 直 し 機 能 を 強 化 学 校 ごとの 裁 量 を 広 げ 教 職 員 の 自 発 的 取 組 が 生 かされるよう 制 度 を 整 備 地 方 教 育 委 員 会 に 予 算 権 を 付 与 し 地 域 の 実 態 を 反 映 した 教 育 計 画 の 立 案 推 進 を 可 能 にする 等 教 育 の 民 主 化 の 推 進 共 産 党 教 育 への 政 治 支 配 をやめさせる 民 主 的 な 学 校 運 営 住 民 参 加 の 学 校 づくり( 教 育 委 員 の 公 選 学 校 への 住 民 参 加 ) 日 本 未 来 の 党 新 党 大 地 国 民 新 党 新 党 日 本 新 党 改 革 の 公 約 には 地 方 教 育 行 政 に 関 する 記 述 なし 5

7 5. 教 育 委 員 会 制 度 改 革 をめぐる 様 々な 議 論 2 団 体 名 全 国 知 事 会 全 国 市 長 会 全 国 町 村 会 全 国 都 道 府 県 教 育 委 員 長 協 議 会 全 国 都 道 府 県 教 育 長 協 議 会 中 核 市 教 育 長 会 全 国 市 町 村 教 育 委 員 会 連 合 会 全 国 町 村 教 育 長 会 提 言 の 主 な 内 容 教 育 委 員 会 と 首 長 部 局 の 権 限 配 分 は 自 治 体 の 自 主 性 に 委 ねる 教 育 委 員 会 を 選 択 制 とする ( 出 典 : 今 後 の 義 務 付 け 枠 付 けの 見 直 し( 第 4 次 見 直 し)に 向 けた 提 案 事 項 ( 平 成 24 年 7 月 )) 教 育 委 員 会 の 設 置 について 選 択 制 を 導 入 すること ( 出 典 : 決 議 重 点 提 言 提 言 ( 平 成 24 年 6 月 )) 教 育 委 員 会 については それぞれの 地 域 の 実 情 に 応 じて 任 意 に 設 置 することができるよう 必 置 規 制 を 緩 和 すること また 教 育 監 査 委 員 会 学 校 理 事 会 等 新 たな 制 度 設 計 を 行 う 場 合 には 町 村 の 意 見 を 十 分 に 尊 重 すること ( 出 典 : 平 成 25 年 度 政 府 予 算 編 成 及 び 施 策 に 関 する 意 見 ( 平 成 24 年 7 月 )) 教 育 委 員 会 制 度 の 在 り 方 の 見 直 しを 検 討 するに 当 たっては 現 行 制 度 の 検 証 を 十 分 に 行 うこと また 各 都 道 府 県 市 区 町 村 教 委 の 意 見 を 十 分 に 聴 取 した 上 で 検 討 することとし その 意 見 を 尊 重 したものと すること ( 出 典 : 平 成 25 年 度 国 の 施 策 並 びに 予 算 に 関 する 要 望 ( 平 成 24 年 7 月 )) 現 行 の 教 育 委 員 会 制 度 を 堅 持 し 首 長 からの 政 治 的 中 立 性 を 保 つとともに 合 議 制 を 維 持 これまでの 教 育 委 員 長 と 教 育 長 を 一 体 化 させた 教 育 委 員 会 を 代 表 して 責 任 を 負 う 常 勤 の 特 別 職 である ( 仮 称 ) 代 表 責 任 者 ( 首 長 が 議 会 の 同 意 を 得 た 上 で 直 接 任 命 )を 置 く 教 育 委 員 会 の 役 割 を 基 本 的 な 方 針 や 政 治 的 中 立 性 に 配 慮 すべき 事 項 の 決 定 と 教 育 行 政 運 営 への チェック 機 能 とする 教 育 行 政 の 基 本 的 な 方 針 等 の 決 定 時 における 首 長 と 教 育 委 員 会 との 事 前 協 議 の 義 務 化 など 首 長 と 教 育 委 員 会 による 連 携 協 働 体 制 を 制 度 化 ( 出 典 :これからの 地 域 主 権 型 地 方 教 育 行 政 における 教 育 委 員 会 制 度 の 在 り 方 について( 平 成 25 年 1 月 )) 教 育 行 政 の 中 立 性 安 定 性 継 続 性 を 確 保 するための 教 育 委 員 会 制 度 の 維 持 充 実 ( 出 典 : 平 成 25 年 度 文 教 施 策 と 予 算 に 関 する 要 望 書 ( 平 成 24 年 7 月 )) 教 育 行 政 の 中 立 性 安 定 性 継 続 性 を 確 保 するための 教 育 委 員 会 制 度 の 堅 持 と 充 実 に 向 けての 支 援 ( 出 典 : 平 成 25 年 文 教 予 算 編 成 並 びに 立 法 措 置 に 関 する 要 望 書 ( 平 成 24 年 7 月 )) 6

8 参 考 資 料 7

9 1. 制 度 の 概 要 (1) 教 育 委 員 会 制 度 が 導 入 された 経 緯 戦 前 は 教 育 に 関 する 事 務 は 専 ら 国 の 事 務 とされ 地 方 では 府 県 知 事 及 び 市 町 村 長 が 国 の 教 育 事 務 を 執 行 していた 戦 後 米 国 教 育 使 節 団 の 報 告 や 教 育 刷 新 委 員 会 の 提 言 に 基 づき 教 育 制 度 の 抜 本 的 な 改 革 が 進 められた その 一 環 として 地 方 教 育 行 政 制 度 について 昭 和 23 年 に 教 育 委 員 会 法 が 定 められ 教 育 委 員 会 制 度 が 導 入 された 教 育 委 員 の 選 任 については 公 選 制 を 採 用 米 国 教 育 使 節 団 報 告 書 ( 昭 和 21 年 3 月 31 日 ) 第 三 章 初 等 及 び 中 等 学 校 の 教 育 行 政 都 道 府 県 庁 の 権 限 公 立 の 初 等 及 び 中 等 教 育 の 管 理 に 対 する 責 任 は 都 道 府 県 およ び 地 方 的 下 部 行 政 区 画 (すなわち 市 町 村 等 )に 委 せらるべきである 各 都 道 府 県 に 教 育 委 員 会 または 機 関 が 設 立 され そしてそれは 政 治 的 に 独 立 し 一 般 民 衆 の 投 票 の 結 果 選 出 された 代 議 的 公 民 によって 構 成 されるよう 勧 告 する 地 方 的 下 部 行 政 区 画 ( 市 町 村 )の 権 限 各 都 市 またはその 他 の 地 方 的 下 部 行 政 区 画 においては 国 民 の 選 んだ 一 般 人 によって 教 育 機 関 が 構 成 さ れてこの 機 関 が 法 令 に 従 って その 地 方 にあるすべての 公 立 の 初 等 及 び 中 等 学 校 の 管 理 をつかさどるよう われわれはすすめる 教 育 刷 新 委 員 会 第 1 回 建 議 ( 昭 和 21 年 12 月 27 日 ) 一. 教 育 行 政 は 左 の 点 に 留 意 して 根 本 的 に 刷 新 すること 1. 従 来 の 官 僚 的 な 画 一 主 義 と 形 式 主 義 の 是 正 2. 教 育 に 於 ける 公 正 な 民 意 の 尊 重 3. 教 育 の 自 主 性 の 確 保 と 教 育 行 政 の 地 方 分 権 ( 略 ) 二. 右 の 方 針 にもとづき 教 育 行 政 はなるべく 一 般 地 方 行 政 より 独 立 し 且 つ 国 民 の 自 治 による 組 織 をもつて 行 うこととし そのために 市 町 村 及 び 府 縣 に 公 民 の 選 挙 による 教 育 委 員 会 を 設 けて 教 育 に 関 する 議 決 機 関 と なし 教 育 委 員 会 が 教 育 総 長 ( 仮 称 )を 選 任 してこれを 執 行 の 責 任 者 とする 制 度 を 定 めること ( 略 ) 米 国 教 育 使 節 団 教 育 委 員 の 公 選 を 通 じ 教 育 委 員 会 に 政 治 的 対 立 が 持 ち 込 まれるなど 当 時 の 教 育 委 員 会 制 度 の 弊 害 が 指 摘 されたため 教 育 委 員 会 法 に 替 えて 昭 和 31 年 に 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 が 制 定 教 育 委 員 の 選 任 については 公 選 が 廃 止 され 首 長 が 議 会 の 同 意 を 得 て 任 命 することとされた 8

10 (2) 教 育 事 務 の 役 割 分 担 ( 教 育 委 員 会 首 長 学 校 ) 1 教 育 委 員 会 と 首 長 の 職 務 分 担 教 育 委 員 会 原 則 教 育 委 員 会 が 管 理 執 行 す るが 条 例 を 制 定 すれば 首 長 に 移 管 できる 事 務 知 事 市 町 村 長 学 校 教 育 に 関 すること 公 立 学 校 の 設 置 管 理 教 職 員 の 人 事 研 修 児 童 生 徒 の 入 学 退 学 学 校 の 組 織 編 成 教 育 課 程 生 徒 指 導 教 科 書 採 択 校 舎 等 の 施 設 の 整 備 文 化 に 関 すること 文 化 事 業 の 実 施 文 化 施 設 の 設 置 管 理 大 学 に 関 すること 私 立 学 校 に 関 すること 教 育 財 産 の 取 得 処 分 契 約 の 締 結 予 算 の 執 行 社 会 教 育 に 関 すること 講 座 集 会 の 開 設 等 社 会 教 育 事 業 の 実 施 公 民 館 図 書 館 博 物 館 等 の 設 置 管 理 文 化 財 の 保 護 に 関 すること 学 校 における 体 育 に 関 すること スポーツに 関 すること スポーツ 事 業 の 実 施 スポーツ 施 設 の 設 置 管 理 2 合 議 制 の 教 育 委 員 会 が 自 ら 管 理 執 行 する 必 要 がある 事 務 ( 教 育 長 に 委 任 できない 事 務 ) 教 育 に 関 する 事 務 の 管 理 執 行 の 基 本 的 方 針 に 関 すること 教 育 委 員 会 規 則 規 程 の 制 定 改 廃 に 関 すること 教 育 委 員 会 所 管 の 学 校 教 育 機 関 の 設 置 廃 止 に 関 すること 教 育 委 員 会 やその 所 管 の 学 校 等 の 職 員 の 任 免 その 他 人 事 に 関 すること 教 育 に 関 する 事 務 の 管 理 執 行 の 状 況 の 点 検 評 価 に 関 すること 教 育 事 務 の 予 算 その 他 議 会 の 議 決 を 経 るべき 事 項 の 議 案 について 長 に 具 申 する 意 見 に 関 すること 9

11 3 教 育 委 員 会 と 学 校 の 関 係 ( 小 中 学 校 の 場 合 の 例 ) 教 育 委 員 会 の 職 務 校 長 の 職 務 基 本 事 項 学 校 の 設 置 管 理 及 び 廃 止 に 関 する 事 務 の 管 理 及 び 執 行 学 校 管 理 規 則 の 制 定 校 務 をつかさどる 教 育 課 程 (カリキュラム) 教 育 課 程 の 管 理 教 科 書 その 他 の 教 材 の 取 扱 いに 関 する 事 務 の 管 理 執 行 教 材 の 取 扱 いについての 規 則 の 制 定 学 期 及 び 長 期 休 業 日 等 の 指 定 教 育 課 程 の 編 成 実 施 年 間 指 導 計 画 等 の 策 定 教 育 委 員 会 への 届 出 等 指 導 要 録 の 作 成 等 課 程 の 修 了 卒 業 の 認 定 教 材 の 決 定 児 童 生 徒 の 取 扱 い 就 学 事 務 ( 就 学 すべき 小 中 学 校 の 指 定 等 ) 出 席 停 止 出 席 状 況 の 把 握 障 害 の 状 態 の 変 化 への 対 応 児 童 生 徒 の 懲 戒 保 健 安 全 学 校 給 食 の 実 施 就 学 時 の 健 康 診 断 の 実 施 感 染 症 予 防 のための 臨 時 休 業 児 童 生 徒 の 健 康 診 断 の 実 施 感 染 症 予 防 のための 出 席 停 止 非 常 変 災 時 の 臨 時 休 業 教 職 員 人 事 市 費 負 担 教 職 員 の 採 用 異 動 懲 戒 県 費 負 担 教 職 員 の 異 動 懲 戒 について 都 道 府 県 教 育 委 員 会 への 内 申 服 務 監 督 勤 務 評 定 の 計 画 校 長 の 行 った 評 定 の 調 整 教 職 員 の 採 用 異 動 懲 戒 に 関 する 教 育 委 員 会 への 意 見 の 申 出 校 内 人 事 校 務 分 掌 の 決 定 教 職 員 の 服 務 監 督 勤 務 時 間 の 割 振 り 年 休 の 承 認 等 勤 務 評 定 の 実 施 予 算 各 学 校 への 予 算 配 当 物 品 購 入 の 決 定 ( 限 度 額 品 目 指 定 あり) 施 設 設 備 学 校 施 設 設 備 の 整 備 学 校 の 施 設 設 備 の 管 理 学 校 施 設 の 目 的 外 使 用 の 許 可 10

12 ( 参 考 ) 地 方 公 共 団 体 における 行 政 委 員 会 1 概 要 理 念 地 方 公 共 団 体 の 執 行 機 関 としては 公 選 制 による 首 長 のほか 次 のような 趣 旨 から 長 から 独 立 した 地 位 権 限 を 有 する 委 員 会 等 が 設 置 されている ( 執 行 機 関 多 元 主 義 ) 1 1 機 関 への 権 力 の 集 中 を 排 除 し 行 政 運 営 の 公 正 妥 当 を 期 する 2 それぞれの 機 関 の 目 的 に 応 じ 行 政 の 中 立 的 な 運 営 を 確 保 する( ) 3 住 民 の 直 接 参 加 による 機 関 により 行 政 の 民 主 化 を 確 保 する ( ) 中 立 的 運 営 の 確 保 の 事 例 (1) 政 治 的 中 立 性 を 確 保 : 教 育 委 員 会 公 安 委 員 会 選 挙 管 理 委 員 会 (2) 公 平 公 正 な 行 政 を 確 保 : 人 事 委 員 会 公 平 委 員 会 監 査 委 員 (3) 利 害 関 係 の 調 整 : 地 方 労 働 委 員 会 農 業 委 員 会 (4) 審 判 手 続 等 の 慎 重 さを 確 保 : 収 用 委 員 会 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 2 行 政 委 員 会 の 種 類 都 道 府 県 に 置 かれるもの 公 安 委 員 会 地 方 労 働 委 員 会 収 用 委 員 会 海 区 漁 業 調 整 委 員 会 内 水 面 漁 場 管 理 委 員 会 教 育 委 員 会 選 挙 管 理 委 員 会 人 事 委 員 会 公 平 委 員 会 監 査 委 員 農 業 委 員 会 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 市 町 村 に 置 かれるもの 11

13 3 行 政 委 員 会 の 主 な 特 徴 1 数 人 の 構 成 員 からなる 合 議 制 の 機 関 2 委 員 の 構 成 について 一 定 の 配 慮 が 行 われるとともに 委 員 の 身 分 を 保 障 3 権 限 行 使 について 首 長 から 独 立 性 を 有 し 自 らの 判 断 と 責 任 において 事 務 を 執 行 4 規 則 制 定 権 を 有 するほか 審 判 裁 定 等 を 行 う 権 限 を 有 するものもある 4 地 方 公 共 団 体 の 一 体 的 な 行 政 を 確 保 する 仕 組 み 地 方 公 共 団 体 の 執 行 機 関 は 長 の 所 轄 の 下 に 明 確 な 範 囲 の 所 掌 事 務 と 権 限 を 有 する 機 関 によって 系 統 的 に 構 成 し 相 互 の 連 絡 を 図 り 一 体 として 行 政 機 能 を 発 揮 す るようにしなければならないものとされている ( 地 方 自 治 法 第 138 条 の3) 制 度 的 には 以 下 のような 仕 組 みにより 保 障 している 1 予 算 の 調 製 執 行 等 議 会 の 議 決 案 件 の 議 案 の 提 出 については 委 員 会 は 原 則 として 権 限 を 有 しない ( 地 方 自 治 法 第 180 条 の6) 2 委 員 会 事 務 局 の 組 織 職 員 定 数 職 員 の 身 分 取 扱 いについて 首 長 が 勧 告 権 を 有 するとともに 委 員 会 が 事 務 局 の 局 部 課 の 新 設 等 についての 規 則 を 制 定 変 更 する 場 合 には あらかじめ 首 長 に 協 議 しなければならない ( 地 方 自 治 法 第 180 条 の4) 3 委 員 会 の 予 算 執 行 公 有 財 産 の 取 扱 いに 関 し 首 長 が 調 査 権 等 を 有 する ( 地 方 自 治 法 第 221 条 第 238 条 の2) 4 首 長 と 委 員 会 は それぞれの 事 務 について 他 の 執 行 機 関 への 委 任 又 は 補 助 執 行 職 員 の 兼 職 等 が 可 能 ( 地 方 自 治 法 第 180 条 の2 第 180 条 の3 第 180 条 の7) 12

14 (3) 教 育 行 政 における 国 都 道 府 県 市 町 村 の 役 割 分 担 ( 義 務 教 育 の 例 ) 主 な 役 割 国 都 道 府 県 市 町 村 学 校 学 校 制 度 等 に 関 する 基 本 的 な 制 度 の 枠 組 みの 制 定 ( 例 ) 学 校 教 育 法 等 による 学 校 教 育 制 度 の 制 定 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 による 地 方 教 育 行 政 制 度 の 制 定 教 科 書 検 定 制 度 教 職 員 免 許 制 度 ( 免 許 状 の 種 類, 授 与 権 者, 効 力 等 )の 設 定 全 国 的 な 基 準 の 設 定 ( 例 ) 小 中 学 校 等 の 学 校 の 設 置 基 準 ( 編 制, 施 設 設 備 等 )の 設 定 学 習 指 導 要 領 等 の 教 育 課 程 の 基 準 の 設 定 学 級 編 制 と 教 職 員 定 数 の 標 準 の 設 定 地 方 公 共 団 体 における 教 育 条 件 整 備 に 対 する 財 政 的 支 援 ( 例 ) 市 町 村 立 小 中 学 校 等 の 教 職 員 の 給 与 費 と 校 舎 の 建 設 等 に 要 する 経 費 の 国 庫 負 担 教 科 書 の 無 償 給 与 指 導 助 言 援 助 ( 例 ) 教 育 内 容 や 学 校 運 営 に 関 する 指 導, 助 言, 援 助 広 域 的 な 処 理 を 必 要 とする 教 育 事 業 の 実 施 ( 例 ) 市 町 村 立 小 中 学 校 等 の 教 職 員 の 任 命 市 町 村 における 教 育 条 件 整 備 に 対 する 財 政 的 支 援 ( 例 ) 市 町 村 立 小 中 学 校 等 の 教 職 員 の 給 与 費 の 負 担 指 導 助 言 援 助 ( 例 ) 教 育 内 容 や 学 校 運 営 に 関 する 指 導, 助 言, 援 助 学 校 等 の 設 置 管 理 ( 例 ) 市 町 村 立 の 小 中 学 校 の 設 置 管 理 教 育 の 実 施 ( 例 ) 教 育 の 実 施 教 育 基 本 法 第 16 条 教 育 は 不 当 な 支 配 に 服 することなく この 法 律 及 び 他 の 法 律 の 定 めるところにより 行 われるべきものであり 教 育 行 政 は 国 と 地 方 公 共 団 体 との 適 切 な 役 割 分 担 及 び 相 互 の 協 力 の 下 公 正 かつ 適 正 に 行 われなければならない 2 国 は 全 国 的 な 教 育 の 機 会 均 等 と 教 育 水 準 の 維 持 向 上 を 図 るため 教 育 に 関 する 施 策 を 総 合 的 に 策 定 し 実 施 しなければならない 3 地 方 公 共 団 体 は その 地 域 における 教 育 の 振 興 を 図 るため その 実 情 に 応 じた 教 育 に 関 する 施 策 を 策 定 し 実 施 しなければならない 4 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 教 育 が 円 滑 かつ 継 続 的 に 実 施 されるよう 必 要 な 財 政 上 の 措 置 を 講 じなければならない 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 第 1 条 の2 地 方 公 共 団 体 における 教 育 行 政 は 教 育 基 本 法 ( 平 成 18 年 法 律 第 120 号 )の 趣 旨 にのつとり 教 育 の 機 会 均 等 教 育 水 準 の 維 持 向 上 及 び 地 域 の 実 情 に 応 じた 教 育 の 振 興 が 図 られるよう 国 との 適 切 な 役 割 分 担 及 び 相 互 の 協 力 の 下 公 正 かつ 適 正 に 行 われなければならない 13

15 (4) 県 費 負 担 教 職 員 制 度 について 市 町 村 立 小 中 学 校 等 の 教 職 員 は 市 町 村 の 職 員 であるが その 給 与 については 都 道 府 県 の 負 担 とし 給 与 水 準 の 確 保 と 一 定 水 準 の 教 職 員 の 確 保 を 図 り 教 育 水 準 の 維 持 向 上 を 図 る 身 分 は 市 町 村 の 職 員 としつつ 都 道 府 県 が 人 事 を 行 うこととし 広 く 市 町 村 をこえて 人 事 を 行 うことにより 教 職 員 の 適 正 配 置 と 人 事 交 流 を 図 る 文 部 科 学 大 臣 教 職 員 給 与 の1/3を 負 担 ( 義 務 教 育 費 国 庫 負 担 法 第 2 条 ) 都 道 府 県 ( 市 町 村 立 学 校 職 第 1 条 ) 員 給 与 負 担 法 教 職 員 の 給 与 の 負 担 ( 地 教 行 法 第 教 職 員 の 任 命 教 職 員 の 服 務 監 督 ) ( 地 教 行 法 第 43 条 ) 校 長 による 意 見 の 申 出 37 条 教 育 委 員 会 教 職 員 ( 県 費 負 担 教 職 員 ) 市 町 村 立 学 校 人 事 の 内 申 ( 地 教 行 法 第 38 条 ) 市 町 村 教 育 委 員 会 設 置 管 理 ( 地 教 行 法 第 23 条 第 1 号 ) ( 地 教 行 法 第 39 条 ) ( 注 ) 地 教 行 法 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 例 外 として 政 令 指 定 都 市 は 自 ら 教 職 員 の 任 命 を 行 って いる( 給 与 は 都 道 府 県 が 負 担 )( 地 教 行 法 第 58 条 ) 14

16 (5) 政 治 的 中 立 性 安 定 性 継 続 性 確 保 のための 仕 組 み 1 首 長 からの 独 立 制 学 校 等 教 育 機 関 の 設 置 管 理 など 教 育 事 務 については 教 育 委 員 会 に 単 独 で 事 務 を 執 行 する 権 限 を 付 与 首 長 から 独 立 した 権 限 を 持 つことにより 教 育 行 政 の 中 立 性 等 を 確 保 2 合 議 制 多 数 決 により 教 育 行 政 の 基 本 方 針 を 決 定 独 任 制 ではなく 合 議 制 にすることにより 教 育 行 政 の 方 針 が 一 個 人 の 価 値 判 断 に 左 右 されることを 防 ぐ 3 委 員 の 交 代 の 時 期 は 重 ならない 最 初 に 任 命 される 委 員 の 任 期 定 数 6 人 の 場 合 4 年 :2 人 3 年 :1 人 2 年 :2 人 1 年 :1 人 定 数 5 人 の 場 合 4 年 :2 人 3 年 :1 人 2 年 :1 人 1 年 :1 人 定 数 3 人 の 場 合 4 年 :1 人 3 年 :1 人 2 年 :1 人 4 委 員 の 身 分 保 障 任 期 中 は 一 定 の 事 由 がある 場 合 を 除 いては 失 職 罷 免 されない 委 員 の 身 分 を 保 証 して 教 育 行 政 の 安 定 を 確 保 5 同 一 政 党 所 属 の 委 員 の 制 限 同 一 政 党 所 属 者 を 委 員 数 の 半 数 未 満 に 制 限 委 員 会 の 中 立 性 を 確 保 6 委 員 の 政 治 活 動 を 制 限 教 育 委 員 は 政 治 的 団 体 の 役 員 となったり 積 極 的 な 政 治 活 動 を することが 禁 止 されている 委 員 の 中 立 性 を 確 保 以 降 原 則 毎 年 1 人 ずつが 交 代 ( 途 中 辞 職 の 場 合 前 任 者 の 残 任 期 間 が 任 期 となる) 1 委 員 の 交 代 により 急 激 に 教 育 行 政 の 方 針 が 変 わることを 避 ける 2 首 長 議 員 の 任 期 が4 年 であるため 委 員 の 任 命 を 通 じて 教 育 行 政 の 安 定 性 中 立 性 がおびやかされることを 防 ぐ 15

17 (6) 教 育 長 に 関 する 制 度 の 変 遷 の 概 要 都 道 府 県 市 町 村 勤 務 形 態 改 正 等 勤 務 形 態 任 命 方 式 適 材 確 保 身 分 待 遇 任 命 方 式 適 材 確 保 兼 職 任 期 兼 職 任 期 身 分 待 遇 教 育 委 員 会 が 任 命 ( 免 許 法 施 行 まで 委 員 とは 兼 経 過 的 に 任 用 資 格 制 ) 職 しない 任 期 制 一 般 職 昭 和 23 年 教 育 委 員 会 法 教 育 委 員 会 が 任 命 ( 免 許 法 施 行 まで 委 員 とは 兼 経 過 的 に 任 用 資 格 制 ) 職 しない 任 期 制 一 般 職 免 許 制 昭 和 24 年 免 許 制 ( 昭 和 27 年 市 町 村 への 教 育 委 員 会 の 全 面 設 置 ) 昭 和 28 年 ( 助 役 と 兼 職 が 可 能 ) ( 助 役 と 兼 職 が 可 能 ) ( 兼 職 なら 特 別 職 ) 任 用 資 格 制 昭 和 29 年 任 用 資 格 制 ( 行 政 の 総 合 化 財 政 の 効 率 化 等 をめぐる 論 議 ) 任 命 承 認 制 任 期 なし 昭 和 31 年 地 方 教 育 行 政 法 委 員 のうちか ら 教 育 委 員 会 が 任 命 任 命 承 認 制 必 ず 委 員 と 兼 ねる 委 員 として 任 期 制 委 員 として 特 別 職 ( 国 の 都 道 府 県 の 役 割 分 担 等 をめぐる 論 議 ) 平 成 10 年 中 教 審 答 申 等 ( 都 道 府 県 と 市 町 村 の 役 割 分 担 等 をめぐる 論 議 ) 委 員 のうちか ら 教 育 委 員 会 が 任 命 議 会 同 意 制 必 ず 委 員 と 兼 ねる 委 員 として ( 委 員 長 との 兼 任 期 制 職 は 禁 止 ) 委 員 として 特 別 職 平 成 11 年 地 方 分 権 一 括 法 による 改 正 議 会 同 意 制 必 ず 委 員 と 兼 ねる ( 委 員 長 との 兼 職 を 禁 止 ) 注 ) 昭 和 24 年 は 教 育 職 員 免 許 法 昭 和 28 年 は 地 方 自 治 法 の 改 正 昭 和 29 年 は 教 育 職 員 免 許 法 等 の 改 正 16

18 2. 教 育 委 員 会 の 状 況 に 関 するデータ (1) 教 育 委 員 会 の 設 置 状 況 教 育 委 員 会 数 ( 構 成 比 ) 都 道 府 県 市 町 村 等 市 特 別 区 町 村 47 (-) 1,831 (100.0%) 786 (42.9%) 23 (1.3%) 750 (41.0%) 183 (10.0%) (2) 教 育 委 員 の 状 況 ( 都 道 府 県 ) 全 部 事 務 組 合 共 同 設 置 一 部 事 務 組 合 広 域 連 合 0 (0.0%) 1 (0.1%) 86 (4.7%) 2 (0.1%) 総 数 平 均 在 職 年 数 平 均 年 齢 女 性 の 割 合 教 職 経 験 者 の 割 合 保 護 者 の 割 合 232 人 3.9 年 59.5 歳 34.5% 22.4% 26.7% 職 業 医 師 大 学 教 員 等 会 社 役 員 等 農 林 漁 業 等 商 店 経 営 等 その 他 無 職 40.9% 44.8% 0.4% 0.9% 0.9% 12.1% 平 均 報 酬 ( 月 額 ) 委 員 長 委 員 238,734 円 206,203 円 教 育 長 たる 教 育 委 員 は 除 く ( 出 典 ) 教 育 行 政 調 査 ( 平 成 23 年 度 ) 地 方 公 務 員 給 与 の 実 態 ( 平 成 23 年 ) 17

19 (2) 教 育 委 員 の 状 況 ( 続 き) ( 市 町 村 ) 総 数 平 均 在 職 年 数 平 均 年 齢 女 性 の 割 合 教 職 経 験 者 の 割 合 保 護 者 の 割 合 7,275 人 4.6 年 59.3 歳 34.9% 28.3% 29.9% 医 師 大 学 教 員 等 会 社 役 員 等 農 林 漁 業 等 商 店 経 営 等 その 他 無 職 職 業 23.6% 18.9% 9.6% 6.9% 5.6% 35.3% 委 員 長 の 平 均 報 酬 ( 月 額 ) 指 定 都 市 特 別 区 市 町 村 271,513 円 297,809 円 76,063 円 35,893 円 委 員 の 平 均 報 酬 ( 月 額 ) 指 定 都 市 特 別 区 市 町 村 233,920 円 244,357 円 62,933 円 28,266 円 教 育 長 たる 教 育 委 員 は 除 く ( 出 典 ) 教 育 行 政 調 査 ( 平 成 23 年 度 ) 地 方 公 務 員 給 与 の 実 態 ( 平 成 23 年 ) 18

20 (3) 教 育 長 の 状 況 ( 都 道 府 県 ) 総 数 平 均 在 職 年 数 平 均 年 齢 女 性 の 割 合 47 人 2.1 年 60.5 歳 4.3% 一 般 行 政 経 験 者 の 割 合 教 育 行 政 経 験 者 の 割 合 教 職 経 験 者 の 割 合 平 均 報 酬 ( 月 額 ) 61.7% 76.6% 34.0% 759,872 円 ( 市 町 村 ) 総 数 平 均 在 職 年 数 平 均 年 齢 女 性 の 割 合 1,720 人 3.6 年 63.4 歳 3.5% 一 般 行 政 経 験 者 の 割 合 教 育 行 政 経 験 者 の 割 合 教 職 経 験 者 の 割 合 32.2% 78.7% 69.8% 平 均 報 酬 ( 月 額 ) 指 定 都 市 特 別 区 市 町 村 692,689 円 780,539 円 628,098 円 527,705 円 ( 出 典 ) 教 育 行 政 調 査 ( 平 成 23 年 度 ) 地 方 公 務 員 給 与 の 実 態 ( 平 成 23 年 ) 19

21 (4) 教 育 委 員 会 の 運 営 の 状 況 教 育 委 員 会 と 首 長 との 意 見 交 換 会 の 開 催 状 況 総 数 開 催 している 1 回 2 回 3 回 以 上 都 道 府 県 指 定 都 市 43.9% 30.3% 12.1% 1.5% 市 町 村 33.4% 25.2% 5.2% 3.0% ( 出 典 ) 教 育 委 員 会 の 現 状 に 関 する 調 査 ( 平 成 23 年 度 間 ) 教 育 委 員 会 会 議 で 学 校 や 事 務 局 に 寄 せられた 意 見 等 を 紹 介 した 教 育 委 員 会 の 割 合 保 護 者 や 地 域 住 民 の 意 見 等 を 聴 取 し 意 見 交 換 を 実 施 した 教 育 委 員 会 の 割 合 都 道 府 県 指 定 都 市 81.8% 3.0% 3.0% 12.1% 都 道 府 県 指 定 都 市 42.4% 6.1% 10.6% 40.9% 市 町 村 61.7% 5.4% 5.4% 27.4% 市 町 村 67.7% 8.8% 4.5% 19.0% 0% 20% 40% 60% 80% 100% 実 施 せず 1 回 2 回 3 回 以 上 教 育 委 員 教 育 長 の 公 募 状 況 平 成 24 年 3 月 1 日 時 点 で 公 募 により 選 任 された 教 育 委 員 が 在 任 している 教 育 委 員 会 計 28 団 体 平 成 24 年 3 月 1 日 時 点 で 公 募 により 選 任 された 教 育 長 が 在 任 している 教 育 委 員 会 計 7 団 体 90% 80% 70% 60% 50% 40% 30% 20% 10% 0% 0% 20% 40% 60% 80% 100% 教 育 委 員 会 会 議 の 議 事 録 の 公 開 状 況 81.8% 実 施 せず 1 回 2 回 3 回 以 上 25.5% 22.3% 16.7% 1.5% 52.2% 詳 細 な 議 事 録 を 公 開 簡 単 な 議 事 概 要 のみ 公 開 公 開 していない 都 道 府 県 指 定 都 市 市 町 村 ( 出 典 ) 教 育 委 員 会 の 現 状 に 関 する 調 査 ( 平 成 23 年 度 間 ) 20

22 教 育 委 員 会 会 議 の 開 催 回 数 ( 年 間 ) 30 回 以 上 34.8% 12~17 回 15.2% 都 道 府 県 指 定 都 市 平 均 29.2 回 18~29 回 16.7% 30 回 以 上 3.1% 1~11 回 14.1% 市 町 村 平 均 15.3 回 教 育 委 員 会 会 議 1 回 当 たりの 平 均 開 催 時 間 ( 時 間 ) 都 道 府 県 指 定 都 市 市 町 村 ~29 回 50.0% 12~17 回 66.2% 教 育 委 員 会 会 議 の 運 営 の 工 夫 の 状 況 1 教 育 委 員 会 会 議 の 議 題 についての 教 育 委 員 を 対 象 とした 事 前 勉 強 会 の 開 催 2 教 育 委 員 会 会 議 では 議 案 の 承 認 にとどまらず 委 員 からの 提 案 に 基 づき 議 題 を 設 定 3 教 育 委 員 会 会 議 開 催 前 の 事 前 資 料 の 配 布 4 土 日 祝 日 の 開 催 5 夕 方 以 降 の 時 間 帯 (17:00~)の 開 催 6 傍 聴 者 が 多 数 入 場 できる 大 規 模 な 会 場 での 開 催 7 移 動 ( 出 張 ) 教 育 委 員 会 の 開 催 及 びそれに 準 ずるもの 8 教 育 委 員 会 会 議 の 開 催 日 時 や 議 案 等 の 情 報 をホームページに 掲 載 するなどして 積 極 的 に 告 知 ( ) 内 は 平 成 22 年 度 間 の 数 値 都 道 府 県 指 定 都 市 市 町 村 66.7% 14.5% (63.6%) (15.3%) 7.6% 9.5% (10.6%) (9.7%) 89.4% 63.4% (89.4%) (61.8%) 7.6% 6.3% (7.6%) (4.0%) 7.6% 15.3% (9.1%) (14.1%) 19.7% 11.0% (15.2%) (9.7%) 22.7% 19.5% (24.2%) (18.3%) 95.5% 33.0% (93.9%) (30.4%) ( 出 典 ) 教 育 委 員 会 の 現 状 に 関 する 調 査 ( 平 成 23 年 度 間 ) 21

23 都 道 府 県 教 育 委 員 会 が 市 町 村 教 育 委 員 会 の 教 育 委 員 を 対 象 として 行 った 研 修 ( 年 間 開 催 回 数 ) 県 内 全 市 町 村 対 象 県 内 一 部 市 町 村 自 教 育 委 員 会 で 行 った 教 育 委 員 に 対 する 研 修 ( 年 間 開 催 回 数 ) 都 道 府 県 指 定 都 市 市 町 村 教 育 委 員 の 学 校 ( 域 内 の 学 校 を 含 む)への 訪 問 状 況 都 道 府 県 1.5% 指 定 都 市 36.4% 33.3% 28.8% 市 町 村 1.7% 36.7% 24.8% 36.7% 0% 20% 40% 60% 80% 100% 0 回 1~9 回 10~19 回 20 回 以 上 ( 出 典 ) 教 育 委 員 会 の 現 状 に 関 する 調 査 ( 平 成 23 年 度 間 ) 人 口 規 模 別 に 見 た 教 育 委 員 会 数 と 指 導 主 事 配 置 率 区 分 指 導 主 事 充 て 指 導 主 事 を 置 く 教 育 委 員 会 平 均 人 数 教 育 委 員 会 数 指 導 主 事 配 置 率 万 人 ~ 30 万 ~50 万 人 10 万 ~30 万 人 5 万 ~10 万 人 3 万 人 ~5 万 人 1.5 万 人 ~3 万 人 60 指 導 主 事 配 置 率 全 国 平 均 61.6% ( 一 部 事 務 組 合 等 の 状 況 も 含 む) 千 人 ~1.5 万 5 千 人 ~8 千 人 ~5 千 人 人 総 数 万 人 以 上 万 人 以 上 50 万 人 未 満 万 人 以 上 30 万 人 未 満 万 人 以 上 10 万 人 未 満 万 人 以 上 5 万 人 未 満 万 人 以 上 3 万 人 未 満 千 人 以 上 1.5 万 人 未 満 千 人 以 上 8 千 人 未 満 千 人 未 満 1.0 ( 出 典 ) 教 育 行 政 調 査 ( 平 成 23 年 度 ) 22

24 諸 外 国 の 教 育 行 政 制 度 教 育 行 政 機 関 ( 実 施 主 体 ) 首 長 の 選 出 方 法 国 と 地 方 の 役 割 関 係 学 校 の 管 理 運 営 教 育 課 程 教 員 の 身 分 日 本 アメリカ 韓 国 イギリス フランス ド イ ツ 文 部 科 学 省 国 連 邦 教 育 省 教 育 部 教 育 省 ヒ シ ネス 革 新 技 能 省 地 方 地 方 自 治 体 都 道 府 県 : 教 育 委 員 会 市 町 村 : 教 育 委 員 会 首 長 は 直 接 選 挙 で 選 出 ( 国 の 役 割 ) 基 準 等 を 定 め 地 方 に 対 し 指 導 助 言 援 助 ( 都 道 府 県 の 役 割 ) 置 管 理 し 市 町 村 に 対 し 指 導 助 言 援 助 を 行 う ( 市 町 村 の 役 割 ) 市 町 村 は 小 中 学 校 を 設 置 管 理 地 方 自 治 体 州 : 教 育 委 員 会 地 方 ( 学 区 ): 教 育 委 員 会 初 等 中 等 教 育 を 与 る 学 区 は 市 町 村 とは 別 の 行 政 体 州 : 首 長 ( 州 知 事 )は 直 接 選 挙 で 選 出 地 方 ( 市 町 村 等 ): 首 長 ( 市 長 等 )は 通 常, 直 接 選 挙 で 選 出 一 部 で 議 会 任 命 制 あ るいは 議 員 と 行 政 各 部 の 長 を 兼 ねた 理 事 制 を 採 るとこ ろがある ( 連 邦 の 役 割 ) 情 報 の 収 集 分 析 提 供 等 を 行 う ( 州 の 役 割 ) の 基 本 的 な 枠 組 みや 基 準 の 設 定 義 務 教 育 年 限 年 間 授 業 日 数 等 学 校 教 育 活 動 に 関 する 大 綱 的 な 枠 組 み 教 員 等 の 免 許 資 格 認 定 教 育 課 程 の 基 準 の 設 定 ハイスクールの 卒 業 要 件 ( 学 区 の 役 割 ) 学 区 は 初 等 中 等 学 校 の 設 置 日 々の 管 理 運 営 を 行 う 学 校 の 設 置 及 び 校 舎 の 建 設 教 員 雇 用 及 び 教 職 員 の 学 校 への 配 置 児 童 生 徒 の 就 学 すべき 学 校 への 振 り 分 け 地 方 自 治 体 広 域 市 道 教 育 監 : 執 行 機 関 教 育 委 員 会 : 諮 問 機 関 市 町 村 には 教 育 に 関 する 権 限 なし 首 長 は 直 接 選 挙 で 選 出 ( 国 の 役 割 ) 員 の 任 用 等 広 範 な 領 域 に わたり 権 限 を 有 する ( 広 域 市 道 の 役 割 ) 地 方 自 治 体 地 方 議 会 ( 地 方 教 育 当 局 ) 3つのパターンがある 地 方 議 会 でカウンシルリー ダーを 選 出 (リーダーーが 地 方 内 閣 を 組 織 ) 首 長 を 公 選 ( 首 長 が 地 方 内 閣 を 組 織 ) 首 長 を 置 かず 議 員 によ る 専 門 委 員 会 制 を 取 る 国 民 教 育 省 高 等 教 育 研 究 省 国 の 出 先 機 関 地 域 圏 レベル( 大 学 区 ): 大 学 区 長 教 育 全 般 を 与 る 大 学 区 は 地 域 圏 とは 別 の 国 の 教 育 行 政 区 画 県 レベル: 大 学 区 国 民 教 育 事 務 局 長 市 町 村 レベル: 国 民 教 育 視 学 官 連 邦 教 育 研 究 省 ( 学 校 外 の 職 業 教 育 及 び 大 学 外 の 研 究 開 発 を 所 管 ) 州 及 び 州 の 出 先 機 関 州 : 州 文 部 省 地 方 自 治 体 : 州 学 務 局 ( 州 の 出 先 機 関 ) 地 域 圏 県 では 議 員 の 互 州 政 府 は 議 院 内 閣 制 を 採 選 で 選 出 する 議 長 が 執 行 権 を 有 する 首 長 市 町 村 の 首 長 は 議 員 の 互 地 方 自 治 体 の 首 長 は 直 接 公 選 で 選 出 都 道 府 県 は 高 等 学 校 を 設 州 内 の 教 育 を 統 括 し 教 育 広 域 市 道 の 教 育 監 は 教 就 学 前 を 含 む 初 中 等 学 校 を ( 地 方 自 治 体 の 役 割 ) 員 採 用 を 行 い 初 等 中 等 学 校 を 設 置 運 営 ( 国 の 役 割 ) 育 制 度 全 体 の 方 向 を 定 め 指 揮 管 理 ( 地 方 自 治 体 の 役 割 ) 設 置 維 持 学 校 に 対 する 助 言 特 別 の 教 育 ニーズに 応 え る 就 学 事 務 青 少 年 の 福 祉 の 充 実 財 務 や 人 事 研 修 に 関 する サービスの 提 供 親 等 の 不 服 への 対 応 ( 国 の 役 割 ) 位 や 資 格 の 設 定 教 員 の 任 用 等 広 範 な 領 域 にわたり 権 限 を 有 する 高 等 学 校 ( 地 域 圏 ) 中 学 り 州 の 首 相 は 州 議 会 ( 一 院 制 )が 選 任 選 制 により 選 任 ( 連 邦 の 役 割 ) 国 は 全 国 的 な 政 策 制 度 全 米 的 な 教 育 研 究 開 発 教 育 課 程 の 基 準 の 設 定 教 国 の 教 育 政 策 を 策 定 し 教 教 育 課 程 の 基 準 の 設 定 学 連 邦 は 学 校 外 の 職 業 教 育 小 中 学 校 を 管 理 都 道 府 県 教 育 委 員 会 は 公 立 高 等 学 校 を 管 理 学 校 の 施 設 組 織 編 制 教 育 課 程 等 の 管 理 運 営 の 基 本 事 項 について 教 育 委 員 会 規 則 を 定 めることを 法 律 上 規 定 学 校 を 管 理 理 性 効 率 性 を 確 保 して 学 校 教 育 目 標 達 成 に 寄 与 する ため 保 護 者 教 員 地 域 住 民 が 参 画 する 学 校 運 営 委 員 会 が 設 置 されており 学 校 運 営 に 関 連 する 重 要 な 意 学 校 理 事 会 は 意 思 決 定 機 思 決 定 を 行 う 限 の 多 くは 保 護 者 校 長 校 ( 県 ) 小 学 校 ( 市 町 村 )( 州 の 役 割 ) を 含 む 教 職 員 地 方 自 治 体 市 町 村 は 小 学 校 を 設 置 し の 代 表 などからなる 学 校 理 事 会 が 有 する( 予 算 の 運 用 教 員 の 実 質 的 な 任 用 等 ) 関 として 人 事 教 育 方 針 教 育 課 程 に 関 する 枠 組 みを 作 る 校 長 は 執 行 機 関 とし て 日 々の 管 理 運 営 に 責 任 を 負 う 及 び 大 学 外 の 研 究 開 発 のほ かは 高 等 教 育 の 一 部 につい て 権 限 を 有 するだけで 各 州 間 の 調 整 は 各 州 文 部 大 臣 会 議 によって 行 われる の 設 置 施 設 整 備 等 を 行 う 初 等 中 等 教 育 に 関 する 学 校 し 教 育 内 容 等 を 監 督 する 県 は 中 学 校 を 設 置 し 地 域 圏 は 高 等 学 校 を 設 置 する 学 校 運 営 に 保 護 者 や 生 徒 の 意 向 を 反 映 させる 制 度 が 設 けられている( 小 学 校 では 学 校 評 議 会 中 高 校 では 管 理 評 議 会 ) 制 度 教 育 課 程 の 基 準 の 設 定 公 立 学 校 の 教 員 の 採 用 地 方 自 治 体 各 学 校 の 監 督 地 方 に 視 学 を 配 置 し 小 学 校 やギムナジウムなどの 中 等 教 育 学 校 等 を 監 督 ( 地 方 自 治 体 の 役 割 ) 小 学 校 や 中 等 教 育 学 校 等 を 設 置 維 持 市 町 村 教 育 委 員 会 は 公 立 学 区 教 育 委 員 会 が 初 等 中 等 学 校 政 策 決 定 の 民 主 性 合 学 校 の 管 理 運 営 に 関 わる 権 国 は 各 地 方 に 視 学 官 を 配 置 小 学 校 やギムナジウムなど に 従 い 都 道 府 県 市 町 村 教 育 委 員 会 の 指 導 助 言 の 下 で 各 学 校 において 教 育 課 程 を 編 成 する に 従 い 各 学 区 教 育 委 員 会 が 教 育 課 程 の 基 準 を 作 成 し それをふまえて 各 学 校 が 教 育 課 程 を 編 成 する い 各 学 校 が 教 育 課 程 を 編 成 する ュラムに 従 い 各 学 校 が 教 育 課 程 を 編 成 する に 従 い 大 学 区 長 等 の 指 揮 監 督 の 下 に 各 学 校 が 教 育 課 程 を 編 成 する の 中 等 教 育 学 校 等 は 地 方 自 治 体 が 設 置 教 育 内 容 等 の 監 督 は 州 が 地 方 自 治 体 に 配 置 した 視 学 が 実 施 保 護 者 や 生 徒 の 意 向 を 反 映 させる 学 校 会 議 等 が 設 置 されている 州 によりそ の 権 限 の 内 容 や 規 模 は 異 な 国 が 定 める 教 育 課 程 の 基 準 州 が 定 める 教 育 課 程 の 基 準 国 が 定 める 教 育 課 程 に 従 国 が 定 める 全 国 共 通 カリキ 国 が 定 める 教 育 課 程 の 基 準 州 が 定 める 教 育 課 程 の 基 準 教 員 は 都 道 府 県 が 雇 用 小 中 学 校 教 員 については 学 区 教 育 委 員 会 が 任 命 権 及 都 道 府 県 が 任 命 権 を 市 町 与 は 国 が1/3を 都 道 府 県 が2/3を 負 担 高 等 学 校 教 員 については 設 置 者 が 任 命 監 督 し 給 与 も 負 担 する 教 員 は 学 区 が 雇 用 び 服 務 監 督 権 を 有 する 担 は 教 育 人 的 資 源 部 長 官 の 委 学 校 理 事 会 は 必 要 な 教 員 数 給 与 は 国 が 負 担 任 を 受 けた 教 育 監 が 行 う 村 が 服 務 監 督 権 を 持 つ 給 給 与 は 主 に 州 及 び 学 区 が 負 給 与 は 国 が 負 担 教 員 は 国 が 雇 用 その 任 用 教 員 は 地 方 自 治 体 が 雇 用 教 員 は 国 が 雇 用 を 定 めるほか その 募 集 選 考 配 置 など 実 質 的 に 教 員 を 任 免 給 与 は 国 が 負 担 る に 従 い 州 の 出 先 機 関 であ る 州 学 務 局 の 監 督 の 下 各 学 校 が 教 育 課 程 を 編 成 す る 教 員 は 州 の 公 務 員 であり 州 が 雇 用 州 が 任 命 権 服 務 監 督 権 を 有 する 給 与 は 州 が 負 担

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO 今 後 の 幼 児 教 育 の 動 向 と 課 題 子 ども 子 育 て 新 システムと 保 育 の 質 国 立 特 別 支 援 教 育 総 合 研 究 所 小 田 豊 プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

Microsoft Word - law

Microsoft Word - law 民 生 委 員 法 民 生 委 員 法 をここに 公 布 する 民 生 委 員 法 ( 昭 和 二 十 三 年 七 月 二 十 九 日 ) ( 法 律 第 百 九 十 八 号 ) 第 二 回 通 常 国 会 芦 田 内 閣 第 一 条 民 生 委 員 は 社 会 奉 仕 の 精 神 をもつて 常 に 住 民 の 立 場 に 立 つて 相 談 に 応 じ 及 び 必 要 な 援 助 を 行 い もつて

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

義務教育費国庫負担制度について

義務教育費国庫負担制度について 義 務 教 育 費 国 庫 負 担 制 度 について 1. 義 務 教 育 費 国 庫 負 担 制 度 の 概 要 意 義 憲 法 の 要 請 に 基 づく 義 務 教 育 の 根 幹 ( 機 会 均 等 水 準 確 保 無 償 制 )を 支 えるため 国 は 必 要 な 制 度 を 整 備 するこ とが 必 要 教 育 は 人 なり と 言 われるように 義 務 教 育 の 成 否 は 教 職 員

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 1 部 改 案 旧 照 文 昭 和 百 傍 線 部 改 部 改 案 現 服 服 管 研 修 研 修 罰 罰 附 附 総 総 休 懲 戒 服 管 研 休 懲 戒 服 研 修 修 福 祉 益 保 護 福 祉 益 保 護 根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監

More information

図 表 1 雇 用 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 概 要 現 下 の 雇 用 情 勢 等 を 踏 まえ 失 業 等 給 付 に 係 る 保 険 料 率 を 引 き 下 げるとともに 労 働 者 の 離 職 の 防 止 や 再 就 職 の 促 進 を 図 るため 育 児 休

図 表 1 雇 用 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 概 要 現 下 の 雇 用 情 勢 等 を 踏 まえ 失 業 等 給 付 に 係 る 保 険 料 率 を 引 き 下 げるとともに 労 働 者 の 離 職 の 防 止 や 再 就 職 の 促 進 を 図 るため 育 児 休 みずほインサイト 政 策 2016 年 2 月 4 日 雇 用 保 険 法 等 の 改 正 法 案 国 会 提 出 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けた 改 革 実 施 へ 政 策 調 査 部 上 席 主 任 研 究 員 堀 江 奈 保 子 03-3591-1308 naoko.horie@mizuho-ri.co.jp 2016 年 1 月 29 日 に 雇 用 保 険 法 等 の

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

私 立 学 校 関 係 事 務 の 手 引 ( 平 成 23 年 3 月 改 訂 ) 青 森 県 総 務 部 総 務 学 事 課 は じ め に 私 立 学 校 は 私 人 の 寄 附 財 産 によって 設 立 運 営 され 設 立 者 の 建 学 の 精 神 や 独 自 の 校 風 のもと 自 律 性 自 主 性 が 重 んじられていますが 公 教 育 の 一 翼 を 担 っている 点 において

More information

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 改 案 旧 照 文 昭 和 1 0 自 治 昭 和 54 安 昭 和 55 昭 和 56 労 働 昭 和 6 昭 和 6 警 察 昭 和 66 運 昭 和 68 大 期 7 併 7 1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 根

More information

1 評 価 制 度 程 国 評 価 制 度 ど 参 考 評 価 基 準 明 示 自 己 申 告 面 談 評 価 結 果 開 示 苦 情 対 応 評 価 訓 練 どつ 必 要 設 けく 適 2 程 整 備 っ へ 分 周 知 理 解 踏 まえ 進 く 重 要 ま 程 制 変 更 へ 周 知 努 3 評

1 評 価 制 度 程 国 評 価 制 度 ど 参 考 評 価 基 準 明 示 自 己 申 告 面 談 評 価 結 果 開 示 苦 情 対 応 評 価 訓 練 どつ 必 要 設 けく 適 2 程 整 備 っ へ 分 周 知 理 解 踏 まえ 進 く 重 要 ま 程 制 変 更 へ 周 知 努 3 評 総 6 7 総 経 4 1 平 成 26 8 月 15 日 各 都 道 府 県 知 各 政 令 指 都 市 市 各 殿 総 省 自 治 政 局 及 び 独 立 政 改 正 律 運 用 つ 通 知 及 び 独 立 政 改 正 律 平 成 26 律 34 改 正 布 つ 平 成 26 5 月 14 日 付 け 総 42 総 大 臣 通 知 り 知 せろ 改 正 運 用 り 通 知 り 通 知 ほ 記 留

More information

第 1 回 熱 海 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 資 料 平 成 23 年 8 月 1 ( 月 ) 午 後 1 時 から 市 役 所 5 階 第 1 会 議 室 目 次 1 諮 問 書 P.1 2 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 委 員 名 簿 P.2 3 熱 海 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 条 例 P.3 4 諮 問 事 項 と 意 見 を 求 める 事 項 P.4 (

More information

賛 助 会 員 名 称

賛 助 会 員 名 称 東 京 都 社 会 保 険 労 務 士 会 会 昭 和 53 年 11 月 2 日 昭 和 53 年 11 月 30 日 認 可 昭 和 54 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 54 年 6 月 26 日 認 可 昭 和 55 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 55 年 6 月 10 日 認 可 昭 和 57 年 3 月 5 日 改 正 昭 和 57 年 3 月 31 日 認 可 昭 和 57

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③ 平 成 27 年 9 月 9 日 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 の 3 つのポイント 第 一 東 京 弁 護 士 会 所 属 第 一 芙 蓉 法 律 事 務 所 弁 護 士 東 志 穂 第 1 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 のポイント 1 1 スモールビジネスを 取 り 巻 く 人 材 に 関 する 状 況 小 規 模 事 業 者 においては, 質 量 の 面 で 十 分 な

More information

別紙3

別紙3 亀 山 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について これは 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の2 及 び 亀 山 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 条 例 第 1 号 )の 規 定 に 基 づき 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 公 表 するものです

More information

224kugikai1-8.indd

224kugikai1-8.indd 8 6 5 丁 番 号 電 話 54- 代 ホムペジ http://www.kugikai.city.chuo.lg.jp/ ゅ 情 8 程 企 画 常 8 休 企 画 7 福 祉 広 連 合 約 変 約 8 程 休 終 8 常 7 個 情 6 印 鑑 次 酬 弁 償 陳 料 答 弁 旨 ~ 常 旨 石 川 島 4 4 撮 影 8 6 4 間 矢 信 派 ほ 8 7 命 同 4 同 件 6 矢 信

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

Microsoft Word - 01 議事次第.docx

Microsoft Word - 01 議事次第.docx 地 方 分 権 の 進 展 に 対 応 した 行 政 の 実 効 性 確 保 のあり 方 に 関 する 検 討 会 ( 第 1 回 ) 議 事 次 第 平 成 24 年 6 月 18 日 ( 月 ) 12:30~14:30 総 務 省 6 階 601 会 議 室 ( 議 事 次 第 ) 1. 開 会 2. 久 元 自 治 行 政 局 長 挨 拶 3. 検 討 会 開 催 要 綱 等 について 4.

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ

1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ 連 絡 事 項 企 画 課 145 1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ 児 施 設 4 肢 体 不 自 由 児 施 設 及 び5 重 症

More information

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め 政 府 全 体 における 外 国 人 材 の 受 入 れ 活 用 に 関 する 動 き 等 日 本 語 小 委 (H27.04.17) 参 考 資 料 4 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014 ~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~ ( 抄 ) 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 第 2 章 2.イノベーションの 促 進 等 による 民 需 主 導 の 成

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

Microsoft PowerPoint - 〔資料2〕①総括資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 〔資料2〕①総括資料.pptx 地 方 法 人 課 税 関 係 資 料 資 料 1 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 改 革 の 趣 旨 欧 米 各 国 も 行 ってきたように 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる ことにより 法 人 課 税 を 成 長 志 向 型 の 構 造 に 変 える より 広 く 負 担 を 分 かち 合 い 稼 ぐ 力 のある 企 業 等 の 税 負

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

26年度給与公表様式(菰野町).xls

26年度給与公表様式(菰野町).xls の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 (25 年 度 末 ) A 25 年 度 人 千 41,329 1,767,541 実 質 収 支 千 54,695 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) B B/A 24 年 度 の 人 件 費 率 千 2,467,197 22.9 22.8

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監 日 本 中 央 競 馬 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 注 ) 年 度 は1 月 1 日 ~12 月 31 日 のJRA 事 業 年 度 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 報 酬 については 勝 馬 投 票 券

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

01表紙

01表紙 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 平 成 28 年 4 月 経 営 管 理 部 行 政 改 革 推 進 室 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 目 次 1 指 定 管 理 者 制 度 の 概 要 1 (1) 指 定 管 理 者 制 度 1 (2) 指 定 管 理 者 の 権 限 の 範 囲 1 (3) 公 の 施 設 に

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです SAYLOR ADVERTISING INC. 最 終 更 新 日 :2015 年 6 月 30 日 セーラー 広 告 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 村 上 義 憲 問 合 せ 先 : 執 行 役 員 総 務 本 部 長 青 木 均 証 券 コード:2156

More information

厚生労働省

厚生労働省 わが 国 の 自 治 体 立 病 院 の 主 流 は 地 方 公 営 企 業 法 の 財 務 規 定 のみが 適 用 される 一 部 適 用 と なるが 近 年 はこれを 全 部 適 用 とし 企 業 管 理 者 を 設 置 することにより 人 事 労 務 等 をも 委 ねる 手 法 を 採 用 する 事 例 が 段 階 的 に 増 えつつある 下 記 図 1.15 は 経 営 のあり 方 の 差

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです ASAHI INTECC CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 3 月 30 日 朝 日 インテック 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 宮 田 昌 彦 問 合 せ 先 : 経 営 戦 略 室 証 券 コード:7747 http://www.asahi-intecc.co.jp

More information

(4) 手 数 料 等 の 徴 収 制 度 的 には 独 占 となっていない 事 務 事 業 で も 実 態 上 独 占 となっている 場 合 独 占 の 弊 害 を 生 まないための 是 正 措 置 の 内 容 ( 行 っていない 場 合 はその 理 由 ) 手 数 料 等 の 対 価 の 徴 収

(4) 手 数 料 等 の 徴 収 制 度 的 には 独 占 となっていない 事 務 事 業 で も 実 態 上 独 占 となっている 場 合 独 占 の 弊 害 を 生 まないための 是 正 措 置 の 内 容 ( 行 っていない 場 合 はその 理 由 ) 手 数 料 等 の 対 価 の 徴 収 ( 別 添 1) 特 別 の 法 律 により 設 立 される 民 間 法 人 の 運 営 に 関 する 指 導 監 督 基 準 に 基 づく 指 導 監 督 状 況 ( 平 成 2 5 年 度 ) 法 人 名 社 会 保 険 診 療 報 酬 支 払 基 金 根 拠 法 令 名 1. 法 人 の 概 要 社 会 保 険 診 療 報 酬 支 払 基 金 法 業 務 の 概 要 ( 平 成 15 年 10

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

1. 任 免 1-1 採 用 ( 試 験 採 用 ) 1 任 免 試 験 採 用 採 用 者 予 定 者 数 報 告 試 験 公 告 任 命 結 果 通 知 書 1-1-1 採 用 予 定 者 数 の 報 告 1-1-2 採 用 説 明 会 の 計 画 実 施 1-3-6 人 事 異 動 対 象 者

1. 任 免 1-1 採 用 ( 試 験 採 用 ) 1 任 免 試 験 採 用 採 用 者 予 定 者 数 報 告 試 験 公 告 任 命 結 果 通 知 書 1-1-1 採 用 予 定 者 数 の 報 告 1-1-2 採 用 説 明 会 の 計 画 実 施 1-3-6 人 事 異 動 対 象 者 財 務 省, 内 定 者 総 務 省 会 計 部 門 定 員 要 求 書 内 示 書 人 事 記 録 ( 甲 ) 記 載 事 項 の 変 更 申 請 退 職 申 請 ( 辞 職 願 ) 定 年 日 通 知 書 人 事 異 動 通 知 書 内 定 通 知 書 採 用 決 定 通 知 書 任 命 結 果 俸 給 関 係 審 議 協 議 採 用 状 況 報 告 提 示 請 求 選 択 結 果 通 知 派

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し 高 年 齢 者 等 職 業 安 定 対 策 基 本 方 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 559 号 はじめに 1 方 針 のねらい 少 子 高 齢 化 の 急 速 な 進 行 により 今 後 労 働 力 人 口 の 減 少 が 見 込 まれる 中 で 我 が 国 経 済 の 活 力 を 維 持 していくためには 若 者 女 性 高 年 齢 者 障 害 者 など

More information

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc) 永 平 寺 町 商 工 会 運 営 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 永 平 寺 町 商 工 会 定 款 第 7 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 永 平 寺 町 商 工 会 ( 以 下 本 商 工 会 という )の 円 滑 な 運 営 及 び 業 務 の 執 行 に 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とす る 第 2 章 会 員 ( 加

More information

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関 北 関 東 防 衛 局 330-9721 埼 玉 県 さいたま 市 中 央 区 新 都 心 2-1 さいたま 新 都 心 合 同 庁 舎 2 号 館 TEL(048)600-1800 FAX(048)600-1831 http://www.mod.go.jp/rdb/n-kanto/ 防 衛 局 防 衛 省 設 置 法 第 33 条 防 衛 省 組 織 令 第 211 条 防 衛 事 務 所 防 衛

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82508140904588F582CC94858F9E90D3944382C98C5782E98B4B91A582CC90A792E8646F632E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82508140904588F582CC94858F9E90D3944382C98C5782E98B4B91A582CC90A792E8646F632E646F63> 第 5 回 神 戸 市 経 理 適 正 化 推 進 本 部 会 議 資 料 1 違 法 な 予 算 執 行 行 為 等 に 係 る 職 員 の 賠 償 責 任 に 関 する 規 則 ( 地 方 自 治 法 第 243 条 の 2 第 1 項 後 段 の 規 則 ) 目 次 1 規 則 制 定 の 経 緯 1 2 規 則 の 意 義 4 3 具 体 的 に 指 定 する 職 員 5 4 留 意 すべき

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1,

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1, 原 子 力 損 害 賠 償 廃 炉 等 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 機 構 は 未 曽 有 の 大 事 故 となった 平 成 23 年 3 月 の 東 京 電 力 福 島

More information

(3) 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 標 準 的 な 職 務 内 容 職 員 数 構 成 比 8 級 部 長 9 人 2.5% 7 級 次 長 監 6 人 1.6% 6 級 課 長 主 幹 42 人 11.4%

(3) 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 標 準 的 な 職 務 内 容 職 員 数 構 成 比 8 級 部 長 9 人 2.5% 7 級 次 長 監 6 人 1.6% 6 級 課 長 主 幹 42 人 11.4% 半 田 市 告 示 第 122 号 半 田 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 半 田 市 条 例 第 2 号 )6 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 における 半 田 市 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 次 のとおり 公 表 する 平 成 26 年 12 月 9 日 半 田 市 長 榊

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

建築士事務所登録と変更等のご案内

建築士事務所登録と変更等のご案内 建 築 士 事 務 所 登 録 と 変 更 等 の 手 引 き 1 建 築 士 事 務 所 の 登 録 とは( 建 築 士 法 第 23 条 ) 平 成 23 年 4 月 2 登 録 ( 新 規 及 び 更 新 )の 申 請 手 続 き (1) 法 人 の 場 合 (2) 個 人 の 場 合 3 変 更 の 届 出 ( 建 築 士 法 第 23 条 の5) 4 廃 業 等 の 届 出 ( 建 築 士

More information

Taro-我が国の学校教育制度の歴史

Taro-我が国の学校教育制度の歴史 我 が 国 の 学 校 教 育 制 度 の 歴 史 について ( 学 制 百 年 史 *1 等 より) 目 次 Ⅰ 学 制 発 布 以 前 ( 江 戸 時 代 における 教 育 ) 1 Ⅱ 近 代 教 育 制 度 の 創 始 とその 確 立 整 備 ( 明 治 5 年 頃 ~ 大 正 5 年 頃 ) 2 1 近 代 教 育 制 度 の 創 始 ( 明 治 5 年 頃 ~ 明 治 20 年 頃 ) 2

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FEE95F1814583568358836583808CA48B868B408D5C9640906C95B68F918AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FEE95F1814583568358836583808CA48B868B408D5C9640906C95B68F918AC7979D8B4B92F6> 情 報 システム 研 究 機 構 法 人 文 書 管 理 規 程 平 成 2 4 月 1 日 制 定 目 次 第 1 章 総 則 第 2 章 管 理 体 制 第 3 章 作 成 第 4 章 整 理 第 5 章 保 存 第 6 章 法 人 文 書 ファイル 管 理 簿 第 7 章 移 管, または 保 存 期 間 の 延 長 第 8 章 点 検 監 査 及 び 管 理 状 況 の 報 告 等 第 9

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 平 成 26 年 3 月 25 日 ) 改 正 平 26 規 程 第 16 号 平 成 26 年 11 月 28 日 平 26 規 程 第 41 号 平 成 27 年 1 月 28 日 平 26 規 程 第 67 号 平 成 27 年 3 月 31 日 平 27 規 程 第 28 号 平 成 28 年 3 月

More information

第 3 章 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ( 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ) 第 4 条 当 園 は 保 育 所 保 育 方 針 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 141 号 )に 基 づき 以 下 に 掲 げる 保 育 そ の 他 の 便 宜 の 提 供 を

第 3 章 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ( 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ) 第 4 条 当 園 は 保 育 所 保 育 方 針 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 141 号 )に 基 づき 以 下 に 掲 げる 保 育 そ の 他 の 便 宜 の 提 供 を 社 会 福 祉 法 人 若 杉 保 育 園 管 理 規 程 第 1 章 総 則 ( 事 業 所 等 の 名 称 など) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 若 杉 福 祉 会 が 設 置 するこの 保 育 園 の 名 称 及 び 所 在 地 は 次 のとおりにする (1) 名 称 社 会 福 祉 法 人 若 杉 保 育 園 (2) 所 在 地 那 覇 市 首 里 大 名 町 1 64 5 ( 施 設

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 社 会 福 祉 法 人 の 適 正 な 運 営 について 社 会 福 祉 法 人 制 度 改 正 を 踏 まえて 平 成 28 年 1 月 14 日 東 京 都 福 祉 保 健 局 指 導 監 査 部 指 導 調 整 課 社 会 福 祉 法 人 係 1 東 京 都 における 社 会 福 祉 法 人 の 状 況 1 所 轄 庁 別 所 轄 庁 平 成 26 年 3 月 31 日 平 成 27 年 3

More information

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 のあり 方 について ( 答 申 ) 平 成 24 年 7 月 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) 平 成 6 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 ()

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

特別区人事委員会の業務状況の報告

特別区人事委員会の業務状況の報告 平 成 19 年 度 文 京 区 人 事 行 政 の 運 営 状 況 等 の 公 表 平 成 19 年 12 月 文 京 区 総 務 部 職 員 課 目 次 文 京 区 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 1 1 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 2 2 職 員 の 給 与 の 状 況 4 3 職 員 の 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条 件 の

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 建 設 業 法 令 遵 守 について 平 成 24 年 11 月 28 日 近 畿 地 方 整 備 局 建 政 部 建 設 産 業 課 1 建 設 業 法 の 目 的 と 建 設 業 許 可 について 2 1 の 効 請 仕 力 負 事 を は 生 の ずる 結 当 果 事 に 者 対 の してその 一 方 がある 報 酬 仕 を 事 支 を 払 完 うことを 成 することを 約 することによって

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031362E30342E30315F91E5924A91E58A77925A8AFA91E58A7795948A7791A5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031362E30342E30315F91E5924A91E58A77925A8AFA91E58A7795948A7791A5> 大 谷 大 学 短 期 大 学 部 学 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 大 谷 大 学 短 期 大 学 部 ( 以 下 本 学 という )は 教 育 基 本 法 及 び 学 校 教 育 法 による 短 期 大 学 として 仏 教 の 精 神 に 基 づき 職 業 に 必 要 な 専 門 教 育 を 施 し 教 養 ある 有 能 な 社 会 人 を 育 成 することを 目 的 とする

More information

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc 非 営 利 法 人 委 員 会 研 究 資 料 第 3 号 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 と 展 望 平 成 20 年 9 月 2 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1. 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 認 識 と 問 題 点... 1 (1) 設 立 根 拠 法 令 ごとの 会 計 基 準... 1 (2) 所 轄 庁 の 指 導 監 督 目 的 と 会 計 基 準...

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478> 地 方 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 について 資 料 1 背 景 公 的 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられる(ただし 特 定 警 察 職 員 等 ( 警 部 消 防 司 令 以 下 の 職 員 )については 一 般 職 員 より6 年 遅 れで 実 施 ) これにより 現 行 の60

More information

(1) 事 実 の 認 定 について 1 地 方 自 治 法 第 92 条 の2 及 び 公 職 選 挙 法 第 104 条 の 解 釈 について 慎 重 に 審 査 を 行 うため まず 地 方 自 治 法 第 92 条 の2や 公 職 選 挙 法 第 104 条 に 定 める 兼 業 禁 止 規

(1) 事 実 の 認 定 について 1 地 方 自 治 法 第 92 条 の2 及 び 公 職 選 挙 法 第 104 条 の 解 釈 について 慎 重 に 審 査 を 行 うため まず 地 方 自 治 法 第 92 条 の2や 公 職 選 挙 法 第 104 条 に 定 める 兼 業 禁 止 規 平 成 23 年 7 月 22 日 関 係 各 位 大 府 市 議 会 議 員 政 治 倫 理 委 員 会 委 員 長 大 西 勝 彦 政 治 倫 理 委 員 会 ( 平 成 23 年 第 9 回 )の 概 要 について 下 記 のとおり 大 府 市 議 会 議 員 政 治 倫 理 委 員 会 ( 平 成 23 年 第 9 回 )を 開 催 しましたので その 議 事 の 概 要 について 御 報

More information

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 )

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 ) 任 期 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 16 規 程 第 10 号 平 成 16 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 17 規 程 第 4 号 平 成 17 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 57 号 平 成 19 年 3 月 13 日 平 18 規 程 第 101 号 平 成 19 年 3 月 30 日 平 19 規 程 第 20 号 平 成 19 年 8 月 23 日 平 19 規

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information