補装具ガイドブック.indb

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "補装具ガイドブック.indb"

Transcription

1 2 装 具 (4)その 他 の 加 算 要 素 1 膝 サポーター( 支 柱 なし) キャリパー 足 部 に 使 用 している 装 具 ( 例 えば 靴 等 )と 支 柱 部 の 接 続 を 行 い 足 の 装 具 の 交 換 を 容 易 にするもの( 例 えば 屋 内 用 と 屋 外 用 ) 2 膝 当 て 3 ツイスター 骨 盤 帯 と 足 部 とを 剛 線 等 で 連 絡 し 下 肢 の 回 旋 変 形 を 矯 正 するもの 膝 当 て 膝 の 変 形 や 屈 曲 拘 縮 等 を 改 善 するもの 4 資 料 編 ストラップ 足 関 節 の 内 反 外 反 変 形 を 矯 正 する 目 的 で 支 柱 に 向 かって 引 きよせる 帯 状 のもの Tストラップ ( 右 内 反 足 用 ) Yストラップ ( 右 外 反 足 用 ) 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック 139

2 4 補 装 具 に 関 する 基 礎 知 識 ターンバックル( 膝 関 節 伸 展 装 置 ) 関 節 可 動 範 囲 を 調 節 するもので 関 節 拘 縮 の 改 善 等 に 用 いる ダイヤルロック( 膝 関 節 伸 展 装 置 ) 円 盤 状 をなし 固 定 ねじなどにより 可 動 範 囲 を 制 限 するもの 補 高 用 足 部 著 しい 下 肢 の 短 縮 による 脚 長 差 を 補 正 するために 用 いる 140 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック

3 2 装 具 (5) 適 用 例 と 製 作 項 目 1 股 装 具 基 本 要 件 股 関 節 に 異 常 運 動 や 筋 力 低 下 変 形 痛 みなどがある 者 適 応 例 股 関 節 の 安 定 性 が 不 良 で 運 動 制 限 しなければならない 者 が 適 応 となり 骨 盤 から 大 腿 部 に 及 ぶ 構 造 をもち 股 関 節 の 運 動 を 制 御 する 装 具 をいいます 1 基 本 構 造 2 基 本 構 造 耐 用 年 数 A 金 属 枠 骨 盤 部 が 金 属 枠 で 作 られているもの (S 型 支 柱 も 含 まれる) B 硬 性 C 軟 性 骨 盤 及 び 大 腿 部 が 陽 性 モデルによってモールドされたもの 補 強 用 の 支 柱 付 きのものを 基 本 とする 1 不 燃 性 セルロイド 2 皮 革 3 プラスチック 製 布 を 主 材 料 としたもの 弾 力 性 の 布 を 股 関 節 に 中 心 に 骨 盤 部 から 大 腿 部 まで 巻 いたもの 3 年 2 年 3 製 作 項 目 区 分 使 用 材 料 種 類 部 品 等 適 用 例 基 本 構 造 A 金 属 枠 B 硬 性 C 軟 性 A 金 属 枠 B 硬 性 C 軟 性 A-1 A-1 A-1 A-1 採 型 区 分 採 型 採 寸 採 型 採 寸 採 型 採 型 採 寸 股 継 手 1 固 定 2 遊 動 2 2 製 作 要 素 支 持 部 付 属 品 大 腿 支 持 部 仙 腸 支 持 部 A 半 月 B 皮 革 1 カフバンド 2 大 腿 コルセット Cモールド 1 熱 硬 化 性 樹 脂 2 熱 可 塑 性 樹 脂 D 坐 骨 支 持 式 加 算 Aモールド( 熱 可 塑 性 樹 脂 ) 1 支 柱 付 き 2 支 柱 なし Bフレーム C 軟 性 A 2 A B1 B1 2 C2 B A1 C 完 成 用 部 品 股 継 手 ロック 式 <ストッパー 付 輪 止 め 式 > 4 資 料 編 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック 141

4 4 補 装 具 に 関 する 基 礎 知 識 2 長 下 肢 装 具 基 本 要 件 膝 関 節 足 関 節 に 異 常 運 動 や 筋 力 低 下 変 形 痛 みなどがある 者 で 膝 関 節 足 関 節 に 加 え 股 関 節 にも 異 常 運 動 や 筋 力 低 下 変 形 痛 みなどがある 者 また 股 関 節 大 腿 骨 膝 関 節 の 何 れかに 異 常 があるため 下 肢 への 体 重 負 荷 が 難 しい 者 適 応 例 ポリオ 脊 髄 損 傷 等 で 下 肢 による 支 持 性 をほとんどなくした 者 が 適 応 となります 基 本 構 造 1 大 腿 上 部 より 足 底 に 及 ぶ 構 造 をもち 膝 関 節 と 足 関 節 との 運 動 を 制 御 する 装 具 2 long leg brace の 頭 文 字 をとってLLBと 省 略 することもある 3 大 腿 支 持 部 が 金 属 支 柱 かプラスチック 支 柱 かによって 2 種 類 に 大 別 される 基 本 構 造 耐 用 年 数 下 肢 の 長 軸 に 沿 って 内 外 の 両 側 に 金 属 の 支 柱 をもち 大 腿 部 と 下 腿 部 においてそ れぞれ 両 支 柱 を 結 ぶ 一 つ 以 上 の 金 属 の 半 月 をもつもの A 両 側 支 柱 1 高 力 アルミニウム 合 金 2 鋼 金 属 製 短 下 肢 装 具 に 膝 継 手 と 大 腿 部 が 加 わったもの 下 肢 の 長 軸 に 沿 って 内 外 のどちらか 一 方 に 金 属 の 支 柱 をもつもの 3 年 B 片 側 支 柱 1 高 力 アルミニウム 合 金 2 鋼 小 児 や 体 重 の 軽 い 大 人 の 場 合 に 処 方 される 陽 性 モデルを 用 いてモールドされたもので 内 外 の 両 側 に 金 属 の 支 柱 と 両 支 柱 を C 硬 性 結 ぶ 金 属 の 半 月 で 補 強 されているものを 基 本 とする 1 不 燃 性 セルロイド 製 2 皮 革 3 プラスチック 解 説 膝 の 屈 曲 拘 縮 や 伸 展 拘 縮 ではダイアルロックやファンロックが 取 り 付 けられ 膝 関 節 の 側 方 不 安 定 や 外 反 膝 内 反 膝 の 場 合 は 側 方 金 属 支 柱 に 対 し 膝 ストラップや 膝 パッドを 取 り 付 けて 矯 正 を 行 います 坐 骨 支 持 長 下 肢 装 具 としては 以 下 のものがあります 1 長 下 肢 装 具 のうち 坐 骨 結 節 で 体 重 を 支 持 するもの 現 在 はほとんど 四 辺 形 ソケット 式 に 製 作 されている 2 本 装 具 はソケット 部 をプラスチックとし 両 側 金 属 支 柱 歩 行 あぶ み 付 きのものが 多 く 製 作 されている 3 膝 継 手 は 遊 動 にすると 歩 行 しにくく 免 荷 度 も 低 下 する 恐 れがある ので 輪 止 めとすることが 多 い 142 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック

5 2 装 具 製 作 項 目 基 本 構 造 区 分 使 用 材 料 種 類 部 品 等 適 用 例 A 両 側 支 柱 B 片 側 支 柱 C 硬 性 A-3 A-2( 骨 盤 付 ) A-10( 両 側 骨 盤 付 ) A 両 側 支 柱 C 硬 性 C 硬 性 骨 盤 付 採 型 区 分 A-3 A-3 A-2 採 型 採 寸 採 型 採 型 採 型 股 継 手 1 固 定 2 遊 動 膝 継 手 ( 片 側 ) 1 固 定 2 遊 動 3プラスチック 継 手 足 継 手 ( 片 側 ) 1 固 定 2 遊 動 3プラスチック 継 手 製 作 要 素 完 成 用 部 品 支 持 部 その 他 の 加 算 仙 腸 支 持 部 大 腿 支 持 部 下 腿 支 持 部 足 部 Aモールド( 熱 可 塑 性 樹 脂 ) 1 支 柱 付 き 2 支 柱 なし - - A-1 A 半 月 B 皮 革 A 2 A 1 カフバンド 2 大 腿 コルセット Cモールド 1 熱 硬 化 性 樹 脂 2 熱 可 塑 性 樹 脂 C-2 C-2 C-2 D 坐 骨 支 持 式 加 算 D A 半 月 B 皮 革 A A 1 カフバンド 2 下 腿 コルセット Cモールド 1 熱 硬 化 性 樹 脂 2 熱 可 塑 性 樹 脂 C-2 C-2 C-2 Aあぶみ B 足 部 1 皮 革 大 小 2 モールド( 熱 硬 化 性 樹 脂 ) A A A 3 ( 熱 可 塑 性 樹 脂 ) C 標 準 靴 B-3 B-3 1 膝 当 て 2Tストラップ 3Yストラップ 4 補 高 5 足 底 裏 革 (すべり 止 め 用 ) 高 さ 調 整 7 内 張 り 1 大 腿 部 2 下 腿 部 3 足 部 付 属 品 等 の 加 算 1 健 足 補 高 1 1ロック 式 膝 継 手 1 ストッパー 付 輪 止 め 式 2 ダイヤルロック 遊 動 式 普 通 型 足 継 手 あぶみ 1 制 御 式 ( 制 限 付 ) 2 制 御 式 ( 補 助 付 ) 1 一 方 向 2 二 方 向 3 遊 動 式 1 制 御 式 ( 制 限 付 ) 1 足 板 なし 2 足 板 付 2 制 御 式 ( 補 助 付 ) 1 一 方 向 2 足 板 付 一 方 向 3 二 方 向 4 足 板 付 二 方 向 3 歩 行 あぶみ その 他 1 標 準 靴 2あぶみゴム 資 料 編 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック 143

6 4 補装具に関する基礎知識 坐骨支持式 大腿支持部 カフバンド 大腿支持部 モールド 熱可塑性樹脂 大腿支持部 半月 後方 膝当て 完成用部品 膝継手 下腿支持部 半月 後方 下腿支持部 モールド 熱可塑性樹脂 完成用部品 足継手 あぶみ T ストラップ 足部 モールド 熱可塑性樹脂 足部 皮革 両側支柱 硬性 3 膝装具 基本要件 膝関節に異常運動や筋力低下 変形 痛みなどがある者 適応例 膝関節の動揺 膝反張のある者が適応となります 大腿部から下腿部に及ぶ構造をもち 膝関節の運動を制御する装具です 基本構造 基本構造 A両側支柱 内外側に金属支柱をもち 両支柱を結ぶ金属の半月を大腿部及び下腿部で それぞれ一つ以上もつもの B硬性 陽性モデルを用いてモールドされたもの 金属支柱付きのもの及び平ばね の入ったものも含まれる 1 不燃性セルロイド 2 皮革 3 プラスチック Cスウェーデン式 反張膝を矯正するための膝装具でスウェーデンで開発された 膝 継手がなく 大腿部と下腿部に前方半月 膝窩部に後方半月があり 膝関節が過伸展しないようにやや屈曲位でストップするように作られる D軟性 弾性のある織布を主材料に用いた膝装具である 耐用年数 3年 2年 解説 ①膝伸展筋力低下では継手に輪止めを付けて ロック状態で歩行させる ②内反膝や外反膝変形に対しては 矯正用ストラップやパッドを付加する ③ 膝関節の屈曲拘縮や伸展拘縮に対しては 膝継手にダイアルロックやファンロックを取 り付けたり 膝当てや膝窩部押さえを付加する ④膝伸展補助装置を膝継手に組み込んで歩行時の膝折れを防ぐこともある 144 補装具費支給事務ガイドブック

7 2 装具 大腿支持部 半月 後方 大腿支持部 カフバンド 1 完成用部品 膝継手 膝当て 下腿支持部 カフバンド 下腿支持部 半月 後方 2 両側支柱 硬性 製作項目 使用材料 種類 部品等 A両側支柱 B硬性 Cスウェーデン式 D軟性 基本構造 A 4 採型区分 採型 採寸 膝継手 片側 製作要素 支持部 下腿支持部 B3 硬性 D 軟性 A 4 A 4 A 4 完成用部品 採寸 採型 採寸 ② 2 ② 2 A B 2 C 2 A B 2 Cモールド 1 熱硬化性樹脂 2 熱可塑性樹脂 C 2 ①膝サポーター 1 軟性支柱つき 2 軟性支柱なし ②④ ① 1 ② ① 1 ① 1 ① ①固定 ②遊動 ③プラスチック継手 A半月 B皮革 1 カフバンド 2 大腿コルセット Cモールド 1 熱硬化性樹脂 2 熱可塑性樹脂 A半月 B皮革 1 カフバンド 2 下腿コルセット 資料編 その他の加算 A両側支柱 4 大腿支持部 適用例 3 区分 ②膝当て ③ターンバックル ④ダイヤルロック ⑤内張り 1 大腿部 2 下腿部 膝継手 ①ロック式 1 ストッパー付輪止め式 2 ダイヤルロック その他 ①ターンバックル 補装具費支給事務ガイドブック 145

8 4 補 装 具 に 関 する 基 礎 知 識 4 短 下 肢 装 具 基 本 要 件 足 関 節 足 部 に 異 常 運 動 や 筋 力 低 下 変 形 痛 みなどがある 者 下 腿 骨 に 異 常 があり 下 腿 への 体 重 負 荷 が 難 しい 者 適 応 例 脳 血 管 障 害 ポリオ 脊 髄 損 傷 等 で 足 関 節 の 支 持 性 が 低 下 している 者 等 が 適 応 となります 1 下 腿 部 から 足 底 に 及 ぶ 構 造 をもち 足 関 節 の 運 動 を 制 御 する 装 具 である 2 short leg brace の 頭 文 字 をとってSLBと 省 略 することもある 3 下 腿 支 持 部 が 金 属 支 柱 かプラスチック 支 柱 によって2 種 類 に 大 別 される 基 本 構 造 基 本 構 造 耐 用 年 数 下 腿 の 長 軸 に 沿 って 内 外 の 両 側 に 金 属 の 支 柱 をもち 両 支 柱 を 結 ぶ 一 つ 以 上 の 金 A 両 側 支 柱 属 の 半 月 をもつもの 1 高 力 アルミニウム 合 金 2 鋼 B 片 側 支 柱 下 腿 の 長 軸 に 沿 って 内 外 のどちらか 一 方 に 金 属 の 支 柱 をもつもの 1 高 力 アルミニウム 合 金 2 鋼 下 腿 の 周 囲 をらせん 状 に 走 る 金 属 の 支 柱 をもつもの C S 型 支 柱 1 高 力 アルミニウム 合 金 2 鋼 3 年 下 腿 の 長 軸 に 沿 って 走 る 鋼 線 の 支 柱 と 両 支 柱 を 結 ぶ 金 属 の 半 月 をもつもの 鋼 線 D 鋼 線 支 柱 の 支 柱 は 足 関 節 の 高 さ 付 近 で 円 形 に 曲 げられて コイルばねの 機 能 をもたせて あること E 板 ばね 下 腿 の 後 方 に 長 軸 に 沿 って 走 る 金 属 又 はプラスチックのばねをもつもの ばねの 上 端 は 金 属 又 はプラスチックの 半 月 につながるものとすること 陽 性 モデルを 用 いてモールドされたもの( 材 料 は 不 燃 性 セルロイド プラスチッ ク 皮 革 等 ) F 硬 性 1 支 柱 付 き 金 属 の 支 柱 と 半 月 によって 補 強 されたもの 2 支 柱 なし 金 属 支 柱 のないもの 1.5 年 G 軟 性 ゴムひもを 用 いて 足 関 節 を 背 屈 位 に 保 つもの 2 年 解 説 金 属 支 柱 付 短 下 肢 装 具 とは 1 金 属 支 柱 を 使 うために 変 形 矯 正 に 有 利 で 痙 性 が 強 くても 足 部 の 保 持 が 可 能 である 2 靴 型 装 具 を 取 り 付 けられるので 足 部 の 著 明 な 変 形 や 拘 縮 の 矯 正 を 行 ったり 足 部 を 安 定 化 することができる プラスチック 短 下 肢 装 具 とは 1 軽 量 で 外 見 がよいことから 金 属 支 柱 付 きに 代 わって 処 方 されることが 多 くなっている 2 足 関 節 固 定 の 程 度 によって 硬 性 (rigid) タイプと 可 撓 性 (flexible) タイプの2 種 類 に 大 別 される 3 支 持 部 の 位 置 によって 後 方 支 柱 前 方 支 柱 側 方 支 柱 らせん 柱 などさまざまなもの が 実 用 化 されている 146 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック

9 2 装具 下腿支持部 カフバンド 下腿支持部 半月 後方 下腿支持部 モールド 熱可塑性樹脂 1 足継手 プラスチック継手 完成用部品 足継手 完成用部品 あぶみ 足部 モールド 熱可塑性樹脂 支持部 足部 皮革大 硬性 支柱なし 2 両側支柱 製作項目 区分 使用材料 種類 部品等 A両側支柱 B片側支柱 CS型支柱 D鋼線支柱 E板バネ F硬性 G軟性 基本構造 採型 採寸 足継手 片側 F 硬性 支柱なし A 6 A 6 A 6 採型 採型 採型 ② 2 ③ 下腿支持部 A B 1 A C 2 C 2 足部 Aあぶみ B足部 1 皮革 大 小 2 モー ルド 熱熱硬化性樹脂 3 熱可塑性樹脂 C標準靴 A B 3 A B 3 B 3 ② ⑦ 1 ② ⑤ ⑤ ⑦ 1 製作要素 その他の加算 ①膝当て ②Tストラップ ③Yストラップ ④補高 ⑥高さ調整 ⑤足底裏革 すべり止め用 4 ② 2 A半月 B皮革 1 カフバンド 2 下腿コルセット Cモールド 1 熱硬化性樹脂 2 熱可塑性樹脂 PTB支持式 支持部 ①固定 ②遊動 ③プラスチック継手 F 硬性 支柱つき 3 A 6 採型区分 適用例 A 両側 支柱 ⑦内張り 1 足部 ①補高 1 敷き革式 2 靴の補高 ②ヒールの補正 ③足底の補正 足継手 ①制御式 制限付 ②制御式 補助付 1 一方向 2 二方向 ③遊動式 ② 1 ② 2 あぶみ ①制御式 制限付 1 足板なし 2 足板付 ②制御式 補助付 1 一方向 2 足板付一方向 3 二方向 4 足板付二方向 ③歩行あぶみ ② 1 ② 3 その他 ①標準靴 ②あぶみゴム ③足板 ④歩行あぶみ 資料編 完成用部品 付属品等の加算 補装具費支給事務ガイドブック 147

10 4 補装具に関する基礎知識 5 ツイスター 基本要件 下肢に内旋又は外旋変形がある者 又は歩行時に 内旋又は外旋が出現する者 適応例 下肢に内旋又は外旋変形がある者 又は歩行時に 内旋又は外旋が出現する者等が適応となります 軟性 鋼性ケーブル式 基本構造 基本構造 耐用年数 骨盤帯と足部を布ひも ゴムひも又は鋼製ケーブルによって結び 下肢の内外旋を制御するもの A軟性 布ひも又はゴムひもを用いたもの 2年 B鋼製ケーブル 鋼製ケーブルを用いたもの 3年 製作項目 区分 基本構造 採型区分 製作要素 完成用部品 148 使用材料 種類 部品等 適用例 A軟性 B鋼製ケーブル A 軟性① A 軟性② B 鋼製ケーブル A 7 A 7 A 7 A 7 採寸 採型 採寸 股継手 ①固定 ②遊動 ② 膝継手 片側 ①固定 ②遊動 ③プラスチック継手 ② 足継手 片側 支持部 採型 採寸 ①固定 ②遊動 ③プラスチック継手 ② 大腿支持部 B皮革 1 カフバンド B 足部 Aあぶみ B足部 1 皮革 大 小 C標準靴 C B A C ① 1 ② ① 1 ② ① 2 ② その他の加算要素 ①ツイスター 1 軟性 2 鋼性ケーブル ②仙腸支持部 D骨盤帯 芯のあるもの あぶみ ①制御式 制限付 1 足板なし 2 足板付 その他 ①標準靴 補装具費支給事務ガイドブック ① 1 ① ①

11 2 装 具 6 足 底 装 具 基 本 要 件 足 部 に 変 形 痛 みなどがある 者 で 足 部 に 異 常 はないが O 脚 X 脚 などがあり 下 肢 がア ライメント 不 良 の 者 または 下 肢 に 短 縮 がある 者 適 応 例 脳 性 麻 痺 などで 足 部 の 変 形 がある 者 脚 長 差 のある 者 O 脚 X 脚 等 があり 下 肢 のアライメ ントが 不 良 の 者 等 が 適 応 となります 基 本 構 造 1 基 本 構 造 足 部 に 対 する 装 具 であって 靴 型 装 具 以 外 のもの A アーチサポート (ふまず 支 え) B メタタルザルサポート ( 中 足 支 え) C 補 高 D 内 側 及 び 外 側 楔 注 意 事 項 足 の 縦 アーチを 支 えるもので 中 足 支 えを 含 むものを 基 本 とする 1 陽 性 モデルを 用 いてモールドされたもの 2 採 寸 によって 製 作 されたもの 足 の 中 足 アーチを 支 えるもの 1 2cm 未 満 2 2cm 以 上 1 靴 型 装 具 の 中 に 入 れて 用 いられる 場 合 は 足 底 装 具 として 加 えることができない 2 踵 骨 棘 用 装 具 は 補 高 に 含 まれること 3スピッツイ 及 びトムゼンライン(ふまず 支 え)は A-2 に 含 まれる 4ランゲ(ふまず 支 え)は A-2に 含 まれる 耐 用 年 数 1.5 年 製 作 項 目 基 本 構 造 採 型 区 分 製 作 要 素 区 分 使 用 材 料 種 類 部 品 等 適 用 例 足 部 Aアーチサポート Bメタタルザルサポート C 補 高 D 内 側 及 び 外 側 楔 A アーチ サポート B メタタルザル サポート D 外 側 楔 A-7 A-7 A-7 A-7 採 型 採 寸 採 型 採 寸 採 型 採 型 採 寸 B 足 部 1 皮 革 小 2 モールド( 熱 可 塑 性 樹 脂 ) B-1 B-2 B-1 資 料 編 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック 149

12 4 補装具に関する基礎知識 2 2 靴型装具 1 主な解説と適応例 1 靴型装具とは 足部を覆う装具で 内反 外反扁平足などの変形の矯正や 高度の病的変形に対応し 疼 痛や圧力集中の軽減を図ったり 障害が目立たぬように補正します 靴及び靴に類似したも のをいいます 対象となる障害 対象となる障害は下肢機能障害で 下肢に筋力低下や変形拘縮 疼痛等があり 歩行能力 の低下した状態です 2 靴型装具の用語等 整形靴 標準木型に 皮革等で修正して作られたもので 整形外科疾患用として作られる 特殊靴 陽性モデルから製作した特殊木型を用いて作られたもの アッパー 月型 靴の補高 靴の底部より上の甲部を覆う部分の総称 アッパーの型くずれを防ぎ ヒールを固定するために靴後部かかと部位の立ち上がりの表革 と裏革の間へ挿入する補強材 脚長差を補うためにヒール かかと 又は靴底の厚さを増すこと ヒールとは靴のヒール シート部の下に取り付けた支えで 所定の高さをもつ ヒールの補 正の主なものは以下のとおり cm ①サッチ ヒール cm ④トーマス ヒール ⑦ウェッジ ヒール ⑤逆トーマス ヒール ヒールの補正 ②カットオフ ヒール 外側 内側 ⑧ヒールの延長 階段状ヒール cm ⑥フレア ヒール 外側 cm ③キールヒール 150 補装具費支給事務ガイドブック

13 2 装具 ⑥トーマス バー ②外側ソール ウェッジ ⑦ハウザー バー ③メタタルザル バー ⑧ロッカー バー ④デンバー バー ⑨蝶型ふみ返し 1 ①内側ソール ウェッジ 足底の補正 2 ⑤メイヨー半月 バー スチールバネ入り アッパーの内部に焼入りリボンを足底より近 位に延長する 尖足の矯正に有効 トウボックス補強 足背及び内外を押さえるバンド 資料編 足背バンド 4 月型を足底より近位 靴のトップライン に 延長する 尖足の矯正に有効 3 月型の延長 靴の先部の表革と裏革の間に挿入してアッ パーの先端部を保護するもので 皮革及び樹 脂等で補強したもの 補装具費支給事務ガイドブック 151

14 4 補装具に関する基礎知識 3 支給要件等 基本要件 足関節 足部に異常運動 筋力低下 変形 痛み等があり靴型装具によって改善される者で 足関節 足部に異常はないが O脚 X脚などがあり下肢がアライメント不良の者 下肢に 短縮がある者 適応例 脳性麻痺による足部の変形がある者 脚長差のある者 O脚X脚等があり 下肢のアライ メントが不良の者 リウマチによる疼痛がある者等が適応となります 基本構造 基本構造 耐用年数 医師の処方のもとに治療に用いられる靴であって ふまず鋼の入っているものを基本とする A 長靴 下腿の上部に及ぶもの B 半長靴 編上靴 側革が果部より高いもの C チャッカ靴 側革が果部に及ぶもの D 短靴 側革が果部より低いもの 1 5年 ①靴型装具の要素 整形靴は陽性モデルから作成した特別製の木型を用いるもの 矯正靴は内 外反足の矯正用 ②靴型装具の中に入れて用いられる足底装具は 靴型装具に加えることは出来ない 備考 ①装具の上から装用する靴型装具は患足の靴型装具として処方される ② 患 足の尖足補正等の結果 健足に大幅な仮性短縮が生じて2 を超える補高が必要に なった場合は 健足側も患足の靴型装具として処方される ③ 長靴の靴型装具は 障害の状況や職業上必要とされる場合などに処方され 単に装飾の目的な どの場合は除かれる 長靴 152 補装具費支給事務ガイドブック 半長靴 チャッカ靴 短靴

15 2 装 具 (2) 製 作 項 目 の 適 用 例 区 分 使 用 材 料 種 類 部 品 等 適 用 例 基 本 構 造 A 長 靴 B 半 長 靴 Cチャッカ 靴 D 短 靴 B 半 長 靴 Cチャッカ 靴 D 短 靴 採 型 区 分 製 作 要 素 患 足 健 足 付 属 品 等 の 加 算 B-1 B-2 B-2 B-2 B-2 長 靴 短 靴 チャッカ 靴 半 長 靴 半 長 靴 チャッカ 靴 短 靴 採 型 採 寸 採 型 採 型 採 型 1 短 靴 1 整 形 靴 2 特 殊 靴 2 チャッカ 靴 1 整 形 靴 2 特 殊 靴 3 半 長 靴 1 整 形 靴 2 特 殊 靴 4 長 靴 1 整 形 靴 2 特 殊 靴 採 型 採 寸 - - 採 寸 1 短 靴 2チャッカ 靴 3 半 長 靴 4 長 靴 月 型 の 延 長 2スチールバネ 入 り 3トウボックス 補 強 4 鉛 板 の 挿 入 5 足 背 バンド 6マジックバンド( 裏 付 き) 7 補 高 1 敷 き 革 式 2 靴 の 補 高 8ヒールの 補 正 9 足 底 の 補 正 体 幹 装 具 3 (1) 主 な 解 説 と 適 応 例 1 体 幹 装 具 とは 障 害 部 位 の 固 定 または 保 持 体 幹 の 変 形 の 防 止 矯 正 不 随 意 運 動 の 抑 制 を 目 的 として 体 幹 に 用 いる 装 具 をいいます 2 対 象 となる 障 害 体 幹 機 能 障 害 の 者 で 体 幹 に 筋 力 低 下 や 変 形 拘 縮 があり 座 位 または 歩 行 が 困 難 な 状 況 の 者 です 4 (2) 適 応 例 と 製 作 項 目 1 頸 椎 装 具 基 本 要 件 頸 椎 に 異 常 運 動 筋 力 低 下 変 形 痛 みなどがある 者 適 応 例 カリエス 脊 髄 損 傷 ポリオ 等 による 体 幹 筋 力 低 下 変 形 があり 脊 柱 の 固 定 支 持 を 必 要 とする 者 が 適 応 となります 資 料 編 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック 153

16 4 補装具に関する基礎知識 基本構造 肩甲骨から頭蓋に及ぶものを基本とする 頸椎の動きを制限する装具です 基本構造 A金属枠 3年 B硬性 スポンジラバーを含む 陽性モデルを用いてモールドされたもの 1 不燃性セルロイド 2 皮革 3 プラスチック Cカラー 耐用年数 2年 1 あご受けのあるもの 2 あご受けのないもの 高さ調整は カラーの場合には適用しないこと 解説 ①金属支柱付き 数本の金属支柱を頭の前後に立てた装具 支柱の高さ調節により頸椎の屈曲伸展の角 度を調節する 頸椎の屈曲伸展の角度ともに 頸椎の回旋運動 側屈の制限 頭の重量の頸椎への負 担の軽減及び頸椎の牽引が可能である 支柱の長さを調節することができるので望ましいアライメントや牽引の程度を選択で きる特徴を持つ ②頸椎カラー 頸椎部を取り囲み頸椎部の運動を制限 前屈を制限 するとともに 頭の重量の頸椎 への負担を軽減する ③頸椎装具モールド式 頸部の完全な固定や免荷を必要とするときに 陽性モールド上でモールドして製作さ れる 金属枠 カラー あご受けがないもの 硬性 腰椎装具付き 154 補装具費支給事務ガイドブック

17 2 装 具 製 作 項 目 区 分 使 用 材 料 種 類 部 品 等 適 用 例 基 本 構 造 A 金 属 枠 B 硬 性 Cカラー A 金 属 枠 採 型 区 分 製 作 要 素 頸 椎 支 持 部 支 持 部 腰 椎 支 持 部 B 硬 性 腰 椎 装 具 付 Cカラー あご 受 けあり C-1( 胸 椎 装 具 付 ) C-2 C-2 C-1 C-2 採 型 採 寸 採 型 採 型 採 寸 Aモールド( 熱 可 塑 性 樹 脂 ) 1 支 柱 付 き 2 支 柱 なし Bフレーム Cカラー 1 あご 受 けあり 2 あご 受 けなし B C-1 A-1 C-1 Aモールド( 熱 可 塑 性 樹 脂 ) 1 支 柱 付 き 2 支 柱 なし - A-1 - Bフレーム C 軟 性 その 他 の 加 算 1 高 さ 調 節 胸 椎 装 具 基 本 要 件 上 部 腰 椎 又 は 胸 椎 に 異 常 運 動 筋 力 低 下 変 形 痛 みなどがある 者 適 応 例 カリエス 脊 髄 損 傷 ポリオ 等 による 体 幹 筋 力 低 下 変 形 があり 脊 柱 の 固 定 支 持 を 必 要 とする 者 が 適 応 となります 3 基 本 構 造 骨 盤 から 胸 背 部 に 及 び 胸 椎 腰 椎 仙 腸 関 節 の 動 きを 制 限 する 装 具 です 4 基 本 構 造 耐 用 年 数 A 金 属 枠 3 年 B 硬 性 陽 性 モデルを 用 いてモールドされたもの 1 不 燃 性 セルロイド 2 皮 革 3 プラスチック 2 年 C 軟 性 主 に 布 製 の 材 料 で 体 幹 の 輪 郭 に 合 わせて 作 製 され 腹 腔 及 び 胸 腔 内 圧 を 上 昇 さ せることによって 椎 体 と 椎 間 板 の 付 加 を 減 少 させる 役 割 をもっている 1.5 年 資 料 編 解 説 1テーラー 型 上 部 腰 椎 から 胸 椎 部 を 支 持 する 脊 椎 装 具 の 代 表 的 なもの 後 方 に 金 属 支 柱 があり 肩 を 固 定 する 紐 を 付 け 前 面 を 軟 性 とした 装 具 で 前 屈 と 後 屈 を 制 限 する 2ジュエット 型 胸 骨 部 と 恥 骨 上 部 に 対 して 前 方 から 胸 腰 椎 部 に 対 して 後 方 から 力 を 加 えて 前 屈 を 制 限 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック 155

18 4 補装具に関する基礎知識 し 後屈を可能にしたもの 後方パッドにより後彎矯正を図る装具であり 後方パッドと胸骨パッド 恥骨パッドの 3点固定からなる装具である ③ナイト テーラー型 ナイト型装具の後方支柱を上方に伸ばし 肩を固定する紐をつけ 前面を軟性とした装 具である 前屈 後屈及び側屈を制限する ④スタインドラー型 体幹の輪郭に合わせて金属枠で作った硬性の装具で 胸椎装具の中で最も固定力がある 前屈 後屈 側屈及び回旋を制限する 金属枠 硬性 軟性 製作項目 基本構造 区分 採型区分 製作要素 156 胸椎支持部 使用材料 種類 部品等 A金属枠 B硬性 C軟性 C 3 採型 採寸 Aモールド 熱可塑性樹脂 1 支柱付き 2 支柱なし Bフレーム C軟性 補装具費支給事務ガイドブック A金属枠 C 3 採型 適用例 B硬性 C 3 採型 C軟性 C 3 採寸 B A 1 C

19 2 装 具 3 腰 椎 装 具 基 本 要 件 下 部 腰 椎 腰 仙 関 節 に 異 常 運 動 筋 力 低 下 変 形 痛 みなどがある 者 適 応 例 カリエス 脊 髄 損 傷 ポリオ 等 による 体 幹 筋 力 低 下 変 形 があり 脊 柱 の 固 定 支 持 を 必 要 とする 者 が 適 応 となります 1 基 本 構 造 骨 盤 から 腰 部 におよび 腰 椎 と 仙 腸 関 節 の 動 きを 制 限 する 装 具 です A 金 属 枠 基 本 構 造 ナイトブレイスは 金 属 枠 腰 椎 装 具 に 含 まれること ウイリアムブレイス 前 屈 ブレイスは 金 属 枠 腰 椎 装 具 腰 部 継 手 付 に 含 まれること 陽 性 モデルを 用 いてモールドされたもの 1 不 燃 性 セルロイド 2 皮 革 3 プラスチック 主 に 布 製 の 材 料 を 体 幹 の 輪 郭 に 合 わせて 作 ったもの 一 般 にコルセットと 呼 ばれる 腹 腔 内 圧 を 上 昇 させることにより 椎 体 と 脊 椎 間 板 の 付 加 を 減 少 させるものである 耐 用 年 数 3 年 2 B 硬 性 2 年 C 軟 性 1.5 年 解 説 1ナイト 型 (ナイトブレイス) 2 本 の 強 固 な 後 方 支 柱 と 側 方 支 柱 骨 盤 帯 胸 椎 バンドからなる 腰 部 疾 患 に 対 する 脊 椎 装 具 の 代 表 的 なもの 典 型 的 な 逆 T 字 型 の 構 造 をもっている 背 部 が 金 属 枠 製 で 前 部 が 軟 性 なので 半 硬 性 装 具 ともいわれる 腰 椎 の 伸 展 屈 曲 側 屈 及 び 回 旋 の 制 限 腹 圧 による 体 重 の 支 持 腰 椎 前 彎 の 軽 減 を はかる 腰 部 椎 間 板 ヘルニア 変 形 脊 椎 症 等 の 腰 仙 椎 疾 患 に 用 いられる 2ウイリアムス 型 金 属 枠 腰 椎 装 具 腰 部 継 手 付 に 含 まれること 骨 盤 帯 胸 椎 バンドと 側 方 支 柱 後 側 方 支 柱 からなる 後 屈 と 側 屈 を 制 限 し 前 屈 を 可 能 にするもの 腰 椎 前 彎 をきたす 疾 病 脊 椎 分 離 症 などに 用 いられる 3 4 資 料 編 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック 157

20 4 補 装 具 に 関 する 基 礎 知 識 金 属 枠 硬 性 軟 性 ウイリアムス 型 製 作 項 目 区 分 使 用 材 料 種 類 部 品 等 適 用 例 基 本 構 造 A 金 属 枠 B 硬 性 C 軟 性 A 金 属 枠 B 硬 性 C 軟 性 採 型 区 分 C-5 C-5 C-5 C-5 採 型 採 寸 採 型 採 型 採 寸 Aモールド( 熱 可 塑 性 樹 脂 ) 腰 椎 支 持 部 1 支 柱 付 き 2 支 柱 なし B A-2 C 製 作 要 素 Bフレーム C 軟 性 その 他 の 加 算 1 高 さ 調 節 2 腰 部 継 手 3 腹 圧 強 化 バンド 完 成 用 部 品 足 継 手 1 制 御 式 ( 補 助 付 ) 一 方 向 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック

21 2 装具 4 仙腸装具 基本要件 仙腸関節に異常運動 筋力低下 変形 痛みなどがある者 適応例 1 カリエス 脊髄損傷 ポリオ等による体幹筋力低下 変形があり 脊柱の固定 支持を必 要とする者が適応となります 基本構造 骨盤を包み 仙腸関節の動きを制限する装具です 基本構造 耐用年数 3年 B硬性 陽性モデルを用いてモールドされたもの 1 不燃性セルロイド 2 皮革 3 プラスチック 2年 C軟性 布を主材料にし 板ばねで補強したもの D骨盤帯 骨盤を帯状に一周するもの 1 芯のあるもの 2 芯のないもの 2 A金属枠 1 5年 2年 オスグッドブレイス コールドウェイトブレスは 金属枠仙腸装具に含まれること 3 4 金属枠 硬性 軟性 製作項目 使用材料 種類 部品等 A金属枠 B硬性 C軟性 D骨盤帯 C 5 採型区分 採型 採寸 資料編 区分 基本構造 適用例 A金属枠 B硬性 D骨盤帯 C 5 C 5 C 5 採型 採型 採寸 B A 2 D 1 ① ② Aモールド 熱可塑性樹脂 1 支柱付き 2 支柱なし 製作要素 仙腸支持部 Bフレーム C軟性 D骨盤帯 1 芯のあるもの 2 芯のないもの その他の加算 ①会陰ひも ②バタフライ 補装具費支給事務ガイドブック 159

22 4 補装具に関する基礎知識 5 側彎矯正装具 基本要件 脊柱に側彎変形がある者 適応例 脊柱に側彎変形がある者が適応となります 基本構造 側彎症の矯正に用いるもの 原則として24時間の連続装着しうるものであることです 基本構造 Aミルウォーキーブレイス Bアンダーアームブレイス 頭部に及ばないもの 耐用年数 骨盤から頭部に及ぶもの 2年 1 金属枠 2年 2 硬性 仙腸装具に準ずる 陽性モデルを用いてモールドされたもの 1 不燃性セルロイド 2 皮革 3 プラスチック 1年 3 軟性 帯状のものを含む 1年 解説 ①ミルウォーキー型 側彎を 垂直方向の牽引力と側方からの圧迫力により矯正しようとする装具である ミルウォーキーブレイス 160 補装具費支給事務ガイドブック 頭部に及ばないもの アンダーアームブレス

23 2 装 具 製 作 項 目 基 本 構 造 採 型 区 分 区 分 使 用 材 料 種 類 部 品 等 適 用 例 骨 盤 支 持 部 製 作 要 素 その 他 の 加 算 完 成 用 部 品 Aミルウォーキーブレイス Bアンダーアームブレイス A ミルウォーキー ブレイス1 A ミルウォーキー ブレイス2 B アンダーアーム ブレイス C-5 C-5 C-5 C-4 採 型 採 寸 採 型 採 型 採 型 A 皮 革 ( 補 強 材 を 含 む ) Bモールド( 熱 可 塑 性 樹 脂 ) B A B ペルビックガードル 1 胸 椎 パッド 2 腰 椎 パッド 3ショルダーリング 4 腋 窩 パッド 5アウトリガー 6 前 方 支 柱 7 後 方 支 柱 8 側 方 支 柱 9ネックリング 10 胸 郭 バンド(プラスチック 製 ) 1ミルウォーキーネックリング 2 前 方 支 柱 3 後 方 支 柱 アウトリガー 4 蝶 番 二 重 式 5 前 方 支 柱 固 定 金 具 上 肢 装 具 (1) 主 な 解 説 と 適 応 例 1 上 肢 装 具 とは 機 能 を 失 った 筋 又 は 起 動 力 の 代 用 弱 い 筋 又 は 関 節 の 補 助 固 定 保 持 及 び 矯 正 牽 引 を 目 的 として 上 肢 に 用 いる 装 具 をいいます 2 対 象 となる 障 害 上 肢 機 能 障 害 上 肢 に 筋 力 低 下 や 変 形 拘 縮 がある 状 態 です 4 (2) 適 応 例 と 製 作 項 目 1 肩 装 具 基 本 要 件 肩 関 節 に 筋 力 低 下 変 形 などがある 者 が 対 象 です 適 応 例 ポリオ 靱 帯 損 傷 等 で 肩 関 節 に 筋 力 低 下 変 形 などが 生 じ 関 節 の 安 定 性 や 運 動 性 に 欠 け る 者 等 が 適 応 となります 資 料 編 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック 161

24 基 本 構 造 基 本 構 造 肩 関 節 を 外 転 位 に 保 持 するもので 骨 盤 から 前 腕 に 及 ぶものを 基 本 とすること A 金 属 枠 体 幹 の 部 分 が 金 属 枠 のもの 陽 性 モデルによってモールドされたもの B 硬 性 金 属 支 柱 により 補 強 されたものも 含 まれる 1 不 燃 性 セルロイド 2 皮 革 3プラスチック 通 常 肩 関 節 外 転 70 ~ 90 肘 関 節 約 90 屈 曲 位 で 上 肢 を 保 持 し 下 部 は 骨 盤 で 支 持 する 耐 用 年 数 3 年 金 属 枠 製 作 項 目 基 本 構 造 区 分 使 用 材 料 種 類 部 品 等 適 用 例 A 金 属 枠 B 硬 性 A 金 属 枠 1 A 金 属 枠 2 採 型 区 分 D-1 D-1 D-1 D-1 採 型 採 寸 採 型 採 型 採 型 肩 継 手 A 固 定 ( 片 側 ) B 遊 動 ( 片 側 ) C 肩 回 旋 装 置 B C A A 肘 継 手 ( 片 側 ) A 固 定 B 遊 動 Cプラスチック 継 手 B A A 手 継 手 ( 片 側 ) A 固 定 B 遊 動 Cプラスチック 継 手 D 鋼 線 支 柱 A A - 胸 郭 支 持 部 ( 半 身 ) Aモールド( 熱 可 塑 性 樹 脂 ) Bフレーム B B A 製 作 骨 盤 支 持 部 ( 半 身 ) Aモールド( 熱 可 塑 性 樹 脂 ) Bフレーム B B A 要 素 B 硬 性 A 半 月 B 皮 革 1カフバンド 2 上 腕 コルセット C C C 支 上 腕 支 持 部 持 部 Cモールド( 熱 可 塑 性 樹 脂 ) A 半 月 前 腕 支 持 部 B 皮 革 1カフバンド 2 前 腕 コルセット C C C Cモールド( 熱 可 塑 性 樹 脂 ) 手 裳 パッド Aモールド Bフレーム A B - 完 成 用 部 品 1 殻 構 造 義 肢 肘 継 手 単 軸 ヒンジ 式 遊 動 式 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック

25 2 装具 2 肘装具 基本要件 肘関節に筋力低下 変形などがある者 適応例 1 ポリオ 靱帯損傷等で肘関節に筋力低下 変形などが生じ 関節の安定性や運動性に欠け る者等が適応となります 基本構造 基本構造 耐用年数 上腕から前腕に及ぶもの 両側に金属支柱をもち 金属の半月をもつもの B硬性 陽性モデルを用いてモールドされたもの 金属支柱により補強されたものも含まれる 1 不燃性セルロイド 2 皮革 3 プラスチック C軟性 3年 2 A両側支柱 2年 解説 ① 関節拘縮 筋力低下 関節不安定及び機能的肢位の保持などの目的 3 で用いる 通常両側支柱をとる ②肘継手は 単軸継手がもっともよく用いられる ③ 変形矯正 屈曲拘縮 伸展拘縮 には 拘縮改善方向にのみ可動性 があり 悪化の方向への動きを制限させる作用をもったダイヤル ロック式継手を用いる 4 両側支柱 製作項目 区分 基本構造 A両側支柱 B硬性 C軟性 D 3 採型 採寸 肘継手 片側 A固定 B遊動 Cプラスチック継手 適用例 A両側支柱 B硬性 C軟性 D 3 D 3 D 3 採寸 採型 採型 B 2 A 2 製作要素 上腕支持部 A半月 B皮革 1 カフバンド 2 上腕コルセット Cモールド 熱可塑性樹脂 A 2 B 1 2 B 2 B 2 前腕支持部 A半月 B皮革 1 カフバンド 2 前腕コルセット C モールド 熱可塑性樹脂 A 2 B 1 2 B 2 B 2 ①ターンバックル ②ダイヤルロック ③ターンバックル ④ダイヤルロック ⑤殻構造義肢肘継手単軸ヒンジ式遊動式 ③ 支持部 その他の加算 補装具費支給事務ガイドブック 資料編 採型区分 完成用部品 使用材料 種類 部品等 163

26 4 補装具に関する基礎知識 3 手背屈装具 基本要件 手関節手指に筋力低下 変形などがある者 適応例 脳血管障害 神経損傷等で手関節に掌屈拘縮がある者等が適応となります 基本構造 前腕から手部に及ぶもので 手関節を背屈位に保持するもの 手関節伸筋群に麻痺又は筋力低下などのある場合に 手関節を軽度背屈して良肢位に保持 するための装具である 基本構造 Aバネル型 前腕部と手部を板ばねによって結ぶもの Bトーマス型 ゴムによって手関節を背屈位に 母指を外転位に保つもの Cオッペンハイマー型 鋼線を主材料として 手関節背屈 MP伸展 母指外展位をとらせるもの D硬性 1 不燃性セルロイド 2 皮革 3 プラスチック 耐用年数 3年 解説 ①バネル型 前腕を受ける前腕指示板と楕円形の手掌部パッド 手関節を背屈位に保持する金属製 ばね板 前腕に装具を固定するベルトなどから構成される ②トーマス型懸垂装具 手関節 MP関節 母指の伸展補助機能を持つ装具である 前腕背側板から手の背側 に出るピアノ線及びゴム紐を用いる ③オッペンハイマー型 手関節 MP関節の伸展補助機能を持つ装具である 前腕背側 手関節背側 母指及 び指を支持点とし ピアノ線及びゴム紐を用いる バネル型 164 補装具費支給事務ガイドブック

27 2 装具 製作項目 区分 使用材料 種類 部品等 適用例 B トーマス型 C オッペン ハイマー型 D 4 D 4 D 4 採寸 採寸 採寸 A固定 B遊動 Cプラスチック継手 D鋼線支柱 B D D 2 前腕支持部 A半月 B皮革 1 カフバンド 2 前腕コルセット Cモールド 熱可塑性樹脂 C C A 2 手掌パッド Aモールド Bフレーム B A B ①伸展 屈曲補助バネ ① 2 ① D 4 採型区分 採型 採寸 支持部 製作要素 手継手 片側 その他の加算 1 A バネル型 Aバネル型 Bトーマス型 Cオッペンハイマー型 D硬性 基本構造 2 4 長対立装具 基本要件 手関節母指に筋力低下 変形などがある者 適応例 3 脳血管障害 慢性関節リウマチ等で母指での対立動作が困難な者が適応となり 手関節の 安定性が低い場合に使用されます 基本構造 母指を他の4指 とりわけ示指 中指と対立位を保持するために用いる装具です 基本構造等 耐用年数 4 前腕から手部に及ぶもので 手関節を背屈位に保持し 母指を対立位に保つもの 高力アルミニウム合金等にフェルトの内張りした構造を基本とすること 手関節を一定の肢位に固定するものである 3年 解説 ①ランチョ型 前腕及び手の背側面を走り手の尺側をまわり 資料編 2中手骨頭まで伸びるバーと対立バーで構成 ②エンゲン型 プラスチック製手掌部と前腕腹側面に沿って 手関節を背屈位に保持する金属製の前腕部から 構成 ランチョ型 ③ベネット型 前腕部が中手骨まで伸びる背側バーと 手背を横切り尺側で5中手骨頭を支持する バー 対立バーなどで構成 ランチョ型と異なり掌側の支持バーがない 補装具費支給事務ガイドブック 165

28 4 補装具に関する基礎知識 製作項目 区分 基本構造 使用材料 種類 部品等 長対立装具 D 4 採型区分 採型 採寸 手継手 片側 製作要素 支持部 前腕支持部 A固定 B遊動 Cプラスチック継手 D鋼線支柱 A半月 B皮革 1 カフバンド 2 前腕コルセット Cモールド 熱可塑性樹脂 適用例 長対立装具 ランチョ型 長対立装具 D 4 D 4 採寸 採寸 A A A 2 A 2 手部背側パッド Aモールド Bフレーム B B 手掌パッド Aモールド Bフレーム B B ③ ④ ① 2 ③ ④ ⑤ ⑥ 4 その他の加算 ①基節骨パッド 1 モールド 2 フレーム ②中 末節骨パッド 1 モールド 2 フレーム ③対立バー ④Cバー ⑤アウトリガー ⑥伸展 屈曲補助バネ 5 短対立装具 基本要件 母指に筋力低下 変形などがある者 適応例 脳血管障がい 慢性関節リウマチ等で母指での対立動作が困難な者が適応となり 母指に 筋力低下 変形などがある者で 手関節の安定性が高い場合に使用されます 基本構造 母指を他の4指 とりわけ示指 中指と対立位を保持するために用いる装具です 基本構造等 耐用年数 母指を対立位に保つもの 高力アルミニウム合金等にフェルトの内張りした構造を基本とすること 手関節の運動を制限しないものである C型バー ランチョ型 エンゲン型などさまざまなデザインのものがある 3年 解説 ①ランチョ型 手背から小指側を経て手掌を下から支えるアーチと 対立バーで構成 ②エンゲン型 プラスチック製手掌部が小指球外側まで延長したもの 母 指対立位の保持 手掌の安定がより確実 ③ベネット型 ウォームスプリング型 手掌部はCバー及び手背部より小指球へ突出したバーのみ で支えられたもの ランチョ型と異なり掌側支持バーがない 166 補装具費支給事務ガイドブック ランチョ型

29 2 装具 製作項目 区分 基本構造 適用例 短対立装具 D 5 採型区分 D 5 採型 採寸 手部背側パッド 手掌パッド その他の加算 採寸 Aモールド Bフレーム B Aモールド Bフレーム B ①基節骨パッド 1 モールド 2 フレーム ②中 末節骨パッド 1 モールド 2 フレーム ③対立バー ④Cバー 1 製作要素 支持部 使用材料 種類 部品等 短対立装具 ③ ④ 2 6 把持装具 基本要件 全手指に高度な筋力低下がある者で 把持装具を使うことができる者 適応例 頸随損傷等で手指の筋力に高度の低下がある者で 把持装具の使用によって 把持 つまみ 動作が可能となる者が適応となります 3 基本構造 母指及び他の手指に筋力低下がある場合に 母指を対立位に保持し 2 3指を金属枠 で固定して この3指で3点つまみを行う装具です ①手関節駆動式 屈筋腱固定術の原理を利用して 手関節背屈によって示指 中指のMP関節を他動的 4 に屈曲させ 対立位にある母指との間で把持を行わせるもの ②ハーネス駆動式 肩甲骨の運動を用いてハーネスとコントロールケーブルによって駆動させるもの 耐用年数 前腕から手部に及ぶもので 母指と示中指間におけるつまみを可能にするもの 通常は高力アルミニウム合金等にフェルトの内張りしたものを基本とするが プラスチックを主 材料としたものも含まれる 3年 A 手関節駆動式 手関節の運動によってつまみを可能にするもの B ハーネス駆動式 ハーネスを力源とするもの 資料編 基本構造 手関節駆動式 補装具費支給事務ガイドブック 167

30 4 補 装 具 に 関 する 基 礎 知 識 製 作 項 目 区 分 使 用 材 料 種 類 部 品 等 適 用 例 基 本 構 造 A 手 関 節 駆 動 式 Bハーネス 駆 動 式 A 手 関 節 駆 動 Bハーネス 駆 動 採 型 区 分 D-4 D-4 D-4 採 型 採 寸 採 寸 採 寸 手 継 手 ( 片 側 ) A 固 定 B 遊 動 Cプラスチック 継 手 D 鋼 線 支 柱 B MP 継 手 A 固 定 B 遊 動 B 製 作 要 素 A 固 定 1 金 属 (アルミニウム) 2 モールド( 熱 可 塑 性 樹 脂 ) A-1 B 遊 動 C 鋼 線 支 柱 前 腕 支 持 部 A 半 月 B 皮 革 1 カフバンド 2 前 腕 コルセット Cモールド( 熱 可 塑 性 樹 脂 ) A C 手 部 背 側 パッド Aモールド Bフレーム A 手 掌 パッド Aモールド Bフレーム A A IP 継 手 その 他 の 加 算 完 成 用 部 品 1 基 節 骨 パッド 1 モールド 2 フレーム 2 中 末 節 骨 パッド 1 モールド 2 フレーム 3 対 立 バー 4Cバー 5アウトリガー 6 伸 展 屈 曲 補 助 バネ 7 前 腕 用 8 字 ハーネス 1 把 持 装 具 用 部 品 2 殻 構 造 義 肢 その 他 ケーブルセット MP 屈 曲 装 具 (ナックルベンダー) 及 びMP 伸 展 装 具 ( 逆 ナックルベンダー) 基 本 要 件 示 ~ 小 指 のMP 関 節 に 過 伸 展 伸 展 拘 縮 など(MP 屈 曲 装 置 )あるいは 屈 曲 拘 縮 (MP 伸 展 装 置 )がある 者 適 応 例 示 ~ 小 指 のMP 関 節 に 過 伸 展 伸 展 拘 縮 など(MP 屈 曲 装 置 )あるいは 屈 曲 拘 縮 (MP 伸 展 装 置 )がある 者 に 適 応 されます 1MP 屈 曲 装 置 示 ~ 小 指 のMP 関 節 に 過 伸 展 伸 展 拘 縮 などがある 者 2MP 伸 展 装 置 示 ~ 小 指 のMP 関 節 に 屈 曲 拘 縮 がある 者 168 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック

31 2 装具 基本構造 基本構造 耐用年数 Aバネル型 ゴムを用いるもの Bプラスチック C軟性 1 手部から示指より小指の基節に及ぶもので MP関節を屈曲又は伸展させるもの MP屈曲装具 ナックルベンダー 中手骨と基節骨 中節骨との背側面に当てる金属プレートと2 5中手骨頭掌側面を横切る手 掌バーを鋼線でつなぎ このプレート間をゴムバンドなどで牽引してMP関節を屈曲させる MP伸展装具 逆ナックルベンダー 中手骨と基節骨 中節骨を掌側面より 2 5中手骨頭を背側面より圧迫し 背側面にゴムバ ンドなどで牽引してMP関節を伸展させる 3年 2 3 MP屈曲装具 ナックルベンダー 指伸展補助付 製作項目 区分 適用例 C 軟性 D 5 D 5 D 5 採寸 採型 採寸 A固定 B遊動 B 手部背側パッド Aモールド Bフレーム B A 手掌パッド Aモールド Bフレーム B A ①基節骨パッド 1 モールド 2 フレーム ① 2 ① 1 D 5 採型区分 採型 採寸 製作要素 MP継手 その他の加算 補装具費支給事務ガイドブック 資料編 B プラスチック 4 A バネル型 基本構造 支持部 使用材料 種類 部品等 Aパネル型 Bプラスチック C軟性 169

32 4 補装具に関する基礎知識 8 指装具 指用ナックルベンダー及び指用逆ナックルベンダー 基本要件 指のDIP PIP関節に過伸展 伸展拘縮あるいは屈曲拘縮がある者 適応例 靱帯損傷 慢性関節リウマチ等により 指節間関節の筋力低下や変形が生じ 関節の安定 性や運動性に欠ける者等が適応となります 基本構造 基本構造 耐用年数 PIP及びDIP関節を伸展位又は屈曲位 あるいは内外反位に保持するもの 指用ナックルベンダー IP屈曲補助装具 指 のIP関節に伸展拘縮のある場合などに用い ゴムバンドにより IP関節を屈曲させる装具 指用逆ナックルベンダー IP伸展補助装具 指 のIP関節に屈曲拘縮のある場合などに用い ゴムバンドにより IP関節を伸展させる装具 指用ナックルベンダー 3年 指用逆ナックルベンダー 製作項目 区分 基本構造 適用例 指装具 指装具 D 6 D 6 採型 採寸 採寸 IP継手 A固定 1 金属 アルミニウム 2 モールド 熱可塑性樹脂 B遊動 C鋼線支柱 B その他の加算 ①基節骨パッド 1 モールド 2 フレーム ②中 末節骨パッド 1 モールド 2 フレーム ① 2 ② 2 採型区分 製作要素 170 使用材料 種類 部品等 補装具費支給事務ガイドブック

33 2 装具 9 B F O 食事動作補助器 基本要件 上肢に高度な筋力低下がある者で B.F.O. を使うことができる者 適応例 1 頸随損傷 筋萎縮性側索硬化症等により上肢筋力に高度の低下がみられ B.F.O. の使用によっ て食事等の目的動作が可能になる者が適応となります 基本構造 2つの玉軸受と軸を利用して 食事その他の日常生活動作の独立を目的とするもので 車 椅子に取り付けて使用します 耐用年数 前腕を平衡をとった状態で支え ボールベアリングを利用してわずかな力で運動を可能にしたもの 付属品として車椅子を加えることができること 3年 2 基本構造 B.F.O. 3 4 資料編 製作項目 区分 基本構造 D 2 採型区分 製作要素 完成用部品 使用材料 種類 部品等 B F O 採型 採寸 付属品 適用例 B F O D 2 採寸 A車椅子 普通型 A ①把持装具用部品 B F O ① 補装具費支給事務ガイドブック 171

34 4 補 装 具 に 関 する 基 礎 知 識 2-5 見 積 例 1 下 肢 装 具 股 装 具 B 硬 性 名 称 形 式 部 位 使 用 材 料 部 品 整 理 番 号 基 本 価 格 A -1 下 肢 装 具 採 型 ( 採 寸 ) 継 手 股 継 手 遊 動 製 作 要 素 価 格 大 腿 支 持 部 その 他 の 加 算 要 素 A 半 月 C2 モールド 熱 可 塑 性 樹 脂 仙 腸 支 持 部 モールド 支 柱 付 内 張 り 仙 腸 支 持 部 内 張 り 大 腿 支 持 部 股 継 手 ロック 式 ダイヤルロック 式 サカモトA 2-2 完 成 用 部 品 この 適 用 例 は あくまで 参 考 資 料 です 補 装 具 等 の 適 用 は 個 々の 申 請 者 の 障 害 状 況 や 生 活 実 態 を 的 確 に 把 握 して 検 討 されるものです 使 用 材 料 部 品 等 は 機 能 によってその 価 格 が 異 なることを 留 意 してください 股 装 具 C 軟 性 名 称 形 式 部 位 使 用 材 料 部 品 整 理 番 号 基 本 価 格 A -1 下 肢 装 具 採 型 ( 採 寸 ) 継 手 股 継 手 遊 動 製 作 要 素 価 格 大 腿 支 持 部 その 他 の 加 算 要 素 B 2 大 腿 コルセット 仙 腸 支 持 部 C 軟 性 股 継 手 ロック 式 ダイヤルロック 式 TO -755 完 成 用 部 品 この 適 用 例 は あくまで 参 考 資 料 です 補 装 具 等 の 適 用 は 個 々の 申 請 者 の 障 害 状 況 や 生 活 実 態 を 的 確 に 把 握 して 検 討 されるものです 使 用 材 料 部 品 等 は 機 能 によってその 価 格 が 異 なることを 留 意 してください 172 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック

35 2 装具 長下肢装具 A 両側支柱① 名称 形式 部位 基本価格 使用 材料部品 A -3 下肢装具 採型 継手 膝継手 遊動 2 整理番号 足継手 遊動 2 A半月 2 1 大腿支持部 B 1 カフバンド 2 製作 要素 価格 下腿支持部 A半月 B 1 カフバンド 足部 Aあぶみ B1 皮革等 大 その他の加算要素 膝当て 足底裏革 すべり止め 内張り 足部 K-111 足継手 制御式 制限付 K-215 あぶみ 制御式 制限付 足板付 二方向 K-217 2 完成用部品 膝継手 ストッパー付輪止め式 この適用例は あくまで参考資料です 補装具等の適用は 個々の申請者の障害状況や生活実態を的確に把握して検討されるものです 使用 材料部品等は 機能によってその価格が異なることを留意してください 3 長下肢装具 A両側支柱② 名称 形式 部位 基本価格 使用 材料部品 A -3 下肢装具 採型 B-2 靴型装具 採型 採寸 継手 膝継手 遊動 2 整理番号 4 足継手 遊動 2 大腿支持部 A半月 2 B1 皮革等カフバンド 2 製作 下腿支持部 要素 価格 A半月 B1 皮革等カフバンド 足部 Aあぶみ その他の加算要素 膝当て 製作要素価格 患足 半長靴 整形靴 グッドイヤー式 製作要素価格 健足 半長靴 グッドイヤー式 K-111 足継手 制御式 補助付 ゲイトソリューショ 川村義肢 09-SIZE ン足継手 K-215 資料編 完成用部品 膝継手 ストッパー付輪止め式 足継手 制御式 補助付 この適用例は あくまで参考資料です 補装具等の適用は 個々の申請者の障害状況や生活実態を的確に把握して検討されるものです 使用 材料部品等は 機能によってその価格が異なることを留意してください 補装具費支給事務ガイドブック 173

36 4 補 装 具 に 関 する 基 礎 知 識 骨 盤 帯 付 両 長 下 肢 装 具 A 両 側 支 柱 3 名 称 形 式 部 位 使 用 材 料 部 品 整 理 番 号 基 本 価 格 A -10 下 肢 装 具 採 型 継 手 股 継 手 遊 動 2 膝 継 手 遊 動 4 足 継 手 遊 動 4 製 作 要 素 価 格 腰 椎 支 持 部 B フレーム 大 腿 支 持 部 A 半 月 4 B1 皮 革 等 カフバンド 4 下 腿 支 持 部 A 半 月 2 B 1 皮 革 等 カフバンド 2 足 部 Aあぶみ 2 B1 皮 革 等 大 2 その 他 の 加 算 要 素 膝 当 て 2 足 底 裏 革 (すべり 止 め) 2 股 継 手 ストッパー 付 輪 止 め 式 2 K1-105 股 継 手 ストッパー 付 輪 止 め 式 2 K-111 完 成 用 部 品 足 継 手 制 御 式 制 限 付 2 K-201 あぶみ 制 御 式 制 限 付 足 板 付 2 K-205 この 適 用 例 は あくまで 参 考 資 料 です 補 装 具 等 の 適 用 は 個 々の 申 請 者 の 障 害 状 況 や 生 活 実 態 を 的 確 に 把 握 して 検 討 されるものです 使 用 材 料 部 品 等 は 機 能 によってその 価 格 が 異 なることを 留 意 してください 長 下 肢 装 具 B 片 側 支 柱 名 称 形 式 部 位 使 用 材 料 部 品 整 理 番 号 基 本 価 格 A -3 下 肢 装 具 採 型 継 手 膝 継 手 遊 動 足 継 手 遊 動 大 腿 支 持 部 A 半 月 2 B 1 皮 革 等 カフバンド 2 製 作 下 腿 支 持 部 A 半 月 要 素 B 1 皮 革 等 カフバンド 価 格 足 部 Aあぶみ B1 皮 革 等 大 その 他 の 加 算 要 素 膝 当 て 足 底 裏 革 (すべり 止 め) 完 成 用 部 品 膝 継 手 ストッパー 付 輪 止 め 式 足 継 手 制 御 式 制 限 付 あぶみ 制 御 式 制 限 付 足 板 付 K -111 K -201 K -205 この 適 用 例 は あくまで 参 考 資 料 です 補 装 具 等 の 適 用 は 個 々の 申 請 者 の 障 害 状 況 や 生 活 実 態 を 的 確 に 把 握 して 検 討 されるものです 使 用 材 料 部 品 等 は 機 能 によってその 価 格 が 異 なることを 留 意 してください 174 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック

37 2 装具 骨盤帯付長下肢装具 C硬性 免荷付 ① 名称 形式 部位 基本価格 使用 材料部品 A -2 下肢装具 採型 継手 股継手 遊動 整理番号 膝継手 遊動 2 A 1 モールド 熱可塑性樹脂 支柱付 大腿支持部 C 2 モールド 熱可塑性樹脂 坐骨支持式 製作 要素 1 足継手 遊動 2 腰椎支持部 下腿支持部 価格 A 半月 B1 皮革等カフバンド 足部 Aあぶみ その他の加算要素 健足補高 5 高さ調節 内張り 仙腸支持部 2 内張り 大腿支持部 完成用部品 股継手 ストッパー付輪止め式 KI -105 膝継手 ストッパー付輪止め式 K -111 歩行あぶみ KI - D あぶみゴム KI - D 3 この適用例は あくまで参考資料です 補装具等の適用は 個々の申請者の障害状況や生活実態を的確に把握して検討されるものです 使用 材料部品等は 機能によってその価格が異なることを留意してください 長下肢装具 C硬性 免荷付 ② 名称 形式 部位 基本価格 使用 材料部品 A -3 下肢装具 採型 継手 膝継手 遊動 2 整理番号 製作 要素 価格 4 足継手 遊動 2 大腿支持部 C 2 モールド 熱可塑性樹脂 坐骨支持式 下腿支持部 A 半月 B1 皮革等カフバンド 足部 Aあぶみ B1 皮革等 大 その他の加算要素 足底裏革 すべり止め 内張り 大腿部 膝継手 ストッパー付輪止め式 K -111 足継手 制御式 制限付 K -201 あぶみ 制御式 制限付 足板付 K -205 資料編 完成用部品 この適用例は あくまで参考資料です 補装具等の適用は 個々の申請者の障害状況や生活実態を的確に把握して検討されるものです 使用 材料部品等は 機能によってその価格が異なることを留意してください 補装具費支給事務ガイドブック 175

38 4 補 装 具 に 関 する 基 礎 知 識 長 下 肢 装 具 C 硬 性 名 称 形 式 部 位 使 用 材 料 部 品 整 理 番 号 基 本 価 格 A -3 下 肢 装 具 採 型 継 手 膝 継 手 固 定 2 足 継 手 固 定 2 製 作 要 素 価 格 大 腿 支 持 部 C 2 モールド 熱 可 塑 性 樹 脂 下 腿 支 持 部 C 2 モールド 熱 可 塑 性 樹 脂 足 部 B3 足 部 モールド ( 熱 可 塑 性 樹 脂 ) その 他 の 加 算 要 素 膝 当 て 足 底 裏 革 (すべり 止 め 用 ) 内 張 り 大 腿 部 内 張 り 下 腿 部 内 張 り 足 部 完 成 用 部 品 この 適 用 例 は あくまで 参 考 資 料 です 補 装 具 等 の 適 用 は 個 々の 申 請 者 の 障 害 状 況 や 生 活 実 態 を 的 確 に 把 握 して 検 討 されるものです 使 用 材 料 部 品 等 は 機 能 によってその 価 格 が 異 なることを 留 意 してください 膝 装 具 A 両 側 支 柱 1 名 称 形 式 部 位 使 用 材 料 部 品 整 理 番 号 基 本 価 格 A -4 下 肢 装 具 採 型 継 手 膝 継 手 遊 動 2 大 腿 支 持 部 A 半 月 2 B 1 皮 革 等 カフバンド 2 製 作 要 素 価 格 下 腿 支 持 部 A 半 月 2 B 1 皮 革 等 カフバンド 2 その 他 の 加 算 要 素 膝 当 て 完 成 用 部 品 膝 継 手 ストッパー 付 輪 止 め 式 K -111 この 適 用 例 は あくまで 参 考 資 料 です 補 装 具 等 の 適 用 は 個 々の 申 請 者 の 障 害 状 況 や 生 活 実 態 を 的 確 に 把 握 して 検 討 されるものです 使 用 材 料 部 品 等 は 機 能 によってその 価 格 が 異 なることを 留 意 してください 176 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック

39 2 装具 膝装具 A 両側支柱② 名称 形式 部位 基本価格 要素 価格 下肢装具 採型 継手 膝継手 遊動 2 大腿支持部 A半月 整理番号 C 2 モールド 熱可塑性樹脂 下腿支持部 1 製作 使用 材料部品 A -4 A半月 C 2 モールド 熱可塑性樹脂 その他の加算要素 内張り 大腿部 内張り 下腿部 完成用部品 膝継手 ダイヤルロック 小原 12B-001 2 この適用例は あくまで参考資料です 補装具等の適用は 個々の申請者の障害状況や生活実態を的確に把握して検討されるものです 使用 材料部品等は 機能によってその価格が異なることを留意してください 短下肢装具 A 両側支柱① 名称 形式 部位 基本価格 要素 価格 下肢装具 採型 B-2 靴型装具 採型 採寸 継手 足継手 遊動 2 下腿支持部 A半月 整理番号 3 製作 使用 材料部品 A -6 B1 皮革等カフバンド 足部 あぶみ その他の加算要素 T Y ストラップ 製作要素価格 患足 短靴 整形靴 グッドイヤー式 製作要素価格 健足 短靴 グッドイヤー式 K -209 あぶみ 制御式 足板付一方向 k -211 4 完成用部品 足継手 制御式 制限付 この適用例は あくまで参考資料です 補装具等の適用は 個々の申請者の障害状況や生活実態を的確に把握して検討されるものです 使用 材料部品等は 機能によってその価格が異なることを留意してください 資料編 補装具費支給事務ガイドブック 177

40 4 補 装 具 に 関 する 基 礎 知 識 短 下 肢 装 具 A 両 側 支 柱 2 名 称 形 式 部 位 使 用 材 料 部 品 整 理 番 号 基 本 価 格 A -6 下 肢 装 具 採 型 継 手 足 継 手 遊 動 2 製 作 要 素 価 格 下 腿 支 持 部 A 半 月 B1 皮 革 等 カフバンド 足 部 Aあぶみ B1 皮 革 等 大 その 他 の 加 算 要 素 足 底 裏 革 (すべり 止 め) 完 成 用 部 品 足 継 手 制 御 式 制 限 付 あぶみ 制 御 式 制 限 付 足 板 付 K -201 K -205 この 適 用 例 は あくまで 参 考 資 料 です 補 装 具 等 の 適 用 は 個 々の 申 請 者 の 障 害 状 況 や 生 活 実 態 を 的 確 に 把 握 して 検 討 されるものです 使 用 材 料 部 品 等 は 機 能 によってその 価 格 が 異 なることを 留 意 してください 短 下 肢 装 具 F 硬 性 ( 支 柱 つき PTB 免 荷 付 )1 名 称 形 式 部 位 使 用 材 料 部 品 整 理 番 号 基 本 価 格 A -5 下 肢 装 具 採 型 継 手 足 継 手 固 定 2 製 作 要 素 価 格 下 腿 支 持 部 足 部 その 他 の 加 算 要 素 完 成 用 部 品 C2 モールド 熱 可 塑 性 樹 脂 PTB 支 持 式 Aあぶみ B 3 モールド( 熱 可 塑 性 樹 脂 ) 健 足 補 高 5cm 高 さ 調 整 内 張 り 下 腿 部 内 張 り 足 部 歩 行 あぶみ あぶみゴム KI - D KI - D この 適 用 例 は あくまで 参 考 資 料 です 補 装 具 等 の 適 用 は 個 々の 申 請 者 の 障 害 状 況 や 生 活 実 態 を 的 確 に 把 握 して 検 討 されるものです 使 用 材 料 部 品 等 は 機 能 によってその 価 格 が 異 なることを 留 意 してください 178 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック

41 2 装具 短下肢装具 F 硬性 支柱付 PTB免荷付 ② 名称 形式 部位 基本価格 使用 材料部品 A -5 下肢装具 採型 継手 足継手 遊動 2 下腿支持部 C 2 モールド 熱可塑性樹脂 整理番号 足部 要素 価格 1 PTB支持式 製作 Aあぶみ B3 モールド ( 熱可塑性樹脂 ) その他の加算要素 足底裏革 ( すべり止め用 ) 高さ調整 内張り 下腿部 内張り 足部 完成用部品 足継手 制御式 制限付 K -201 あぶみ 制御式 制限付 足板付 K -205 2 この適用例は あくまで参考資料です 補装具等の適用は 個々の申請者の障害状況や生活実態を的確に把握して検討されるものです 使用 材料部品等は 機能によってその価格が異なることを留意してください 短下肢装具 F 硬性 支柱なし 製作 使用 材料部品 A -6 下肢装具 採型 継手 足継手 プラスチック継手 下腿支持部 C2 モールド熱可塑性樹脂 足部 B3 足部モールド ( 熱可塑性樹脂 ) その他の加算要素 内張り 下腿部 要素 内張り 足部 価格 足底裏革 整理番号 3 名称 形式 部位 基本価格 4 完成用部品 この適用例は あくまで参考資料です 補装具等の適用は 個々の申請者の障害状況や生活実態を的確に把握して検討されるものです 使用 材料部品等は 機能によってその価格が異なることを留意してください 資料編 補装具費支給事務ガイドブック 179

42 短 下 肢 装 具 F 硬 性 名 称 形 式 部 位 使 用 材 料 部 品 整 理 番 号 基 本 価 格 A -6 下 肢 装 具 採 型 ( 採 寸 ) 製 作 要 素 価 格 下 腿 支 持 部 足 部 その 他 の 加 算 要 素 B2 皮 革 等 下 腿 コルセット B1 皮 革 等 小 伸 展 屈 曲 補 助 装 置 完 成 用 部 品 この 適 用 例 は あくまで 参 考 資 料 です 補 装 具 等 の 適 用 は 個 々の 申 請 者 の 障 害 状 況 や 生 活 実 態 を 的 確 に 把 握 して 検 討 されるものです 使 用 材 料 部 品 等 は 機 能 によってその 価 格 が 異 なることを 留 意 してください 短 下 肢 装 具 G 軟 性 名 称 形 式 部 位 使 用 材 料 部 品 整 理 番 号 基 本 価 格 A -6 下 肢 装 具 採 型 ( 採 寸 ) 製 作 要 素 価 格 下 腿 支 持 部 足 部 その 他 の 加 算 要 素 B1 皮 革 等 カフバンド B1 皮 革 等 小 伸 展 屈 曲 補 助 装 置 完 成 用 部 品 この 適 用 例 は あくまで 参 考 資 料 です 補 装 具 等 の 適 用 は 個 々の 申 請 者 の 障 害 状 況 や 生 活 実 態 を 的 確 に 把 握 して 検 討 されるものです 使 用 材 料 部 品 等 は 機 能 によってその 価 格 が 異 なることを 留 意 してください 180 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック

43 2 装具 足底装具 Aアーチサポート① 名称 形式 部位 基本価格 使用 材料部品 A -7 採型 採寸 足部 B1 皮革等 小 整理番号 製作 1 要素 価格 完成用部品 この適用例は あくまで参考資料です 補装具等の適用は 個々の申請者の障害状況や生活実態を的確に把握して検討されるものです 使用 材料部品等は 機能によってその価格が異なることを留意してください 2 足底装具 Bメタタルザルサポート 名称 形式 部位 基本価格 製作 使用 材料部品 A -7 採型 足部 B3 足部モールド ( 熱可塑性樹脂 ) その他の加算要素 足底裏革 ( すべり止め用 ) 整理番号 内張り 足部 3 要素 価格 完成用部品 この適用例は あくまで参考資料です 補装具等の適用は 個々の申請者の障害状況や生活実態を的確に把握して検討されるものです 使用 材料部品等は 機能によってその価格が異なることを留意してください 4 足底装具 D外側楔 名称 形式 部位 基本価格 使用 材料部品 A -7 採型 採寸 足部 B1 皮革等 小 整理番号 製作 要素 資料編 価格 完成用部品 この適用例は あくまで参考資料です 補装具等の適用は 個々の申請者の障害状況や生活実態を的確に把握して検討されるものです 使用 材料部品等は 機能によってその価格が異なることを留意してください 補装具費支給事務ガイドブック 181

44 4 補 装 具 に 関 する 基 礎 知 識 2 靴 型 装 具 靴 型 装 具 A 長 靴 ( 注 : 両 患 足 例 ) 名 称 形 式 部 位 使 用 材 料 部 品 整 理 番 号 基 本 価 格 B -1 採 寸 ( 採 型 ) 2 製 作 要 素 価 格 長 靴 整 形 靴 又 は 特 殊 靴 2 完 成 用 部 品 この 適 用 例 は あくまで 参 考 資 料 です 補 装 具 等 の 適 用 は 個 々の 申 請 者 の 障 害 状 況 や 生 活 実 態 を 的 確 に 把 握 して 検 討 されるものです 使 用 材 料 部 品 等 は 機 能 によってその 価 格 が 異 なることを 留 意 してください 靴 型 装 具 A 半 長 靴 ( 注 : 両 患 足 例 ) 名 称 形 式 部 位 使 用 材 料 部 品 整 理 番 号 基 本 価 格 B -2 採 寸 ( 採 型 ) 2 製 作 要 素 価 格 半 長 靴 整 形 靴 又 は 特 殊 靴 2 完 成 用 部 品 この 適 用 例 は あくまで 参 考 資 料 です 補 装 具 等 の 適 用 は 個 々の 申 請 者 の 障 害 状 況 や 生 活 実 態 を 的 確 に 把 握 して 検 討 されるものです 使 用 材 料 部 品 等 は 機 能 によってその 価 格 が 異 なることを 留 意 してください 靴 型 装 具 Cチャッカ 靴 ( 注 : 両 患 足 例 ) 名 称 形 式 部 位 使 用 材 料 部 品 整 理 番 号 基 本 価 格 B -2 採 寸 ( 採 型 ) 2 製 作 要 素 価 格 チャッカ 靴 整 形 靴 又 は 特 殊 靴 2 完 成 用 部 品 この 適 用 例 は あくまで 参 考 資 料 です 補 装 具 等 の 適 用 は 個 々の 申 請 者 の 障 害 状 況 や 生 活 実 態 を 的 確 に 把 握 して 検 討 されるものです 使 用 材 料 部 品 等 は 機 能 によってその 価 格 が 異 なることを 留 意 してください 靴 型 装 具 D 短 靴 ( 注 : 両 患 足 例 ) 名 称 形 式 部 位 使 用 材 料 部 品 整 理 番 号 基 本 価 格 B -2 採 寸 ( 採 型 ) 2 製 作 要 素 価 格 短 靴 整 形 靴 又 は 特 殊 靴 2 完 成 用 部 品 この 適 用 例 は あくまで 参 考 資 料 です 補 装 具 等 の 適 用 は 個 々の 申 請 者 の 障 害 状 況 や 生 活 実 態 を 的 確 に 把 握 して 検 討 されるものです 使 用 材 料 部 品 等 は 機 能 によってその 価 格 が 異 なることを 留 意 してください 182 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック

45 2 装具 3 その他 先天性股脱装具 A パブリック帯 リーメンビューゲル型 名称 形式 部位 基本価格 使用 材料部品 A-8 採寸 その他の加算要素 リーメンビューゲル 整理番号 6 14歳 1 製作 要素 価格 完成用部品 この適用例は あくまで参考資料です 補装具等の適用は 個々の申請者の障害状況や生活実態を的確に把握して検討されるものです 使用 材料部品等は 機能によってその価格が異なることを留意してください 2 内反足装具 B 靴型装具型 半長靴 名称 形式 部位 基本価格 使用 材料部品 A- 6 採型 2 半長靴 特殊靴 2 整理番号 6 14歳 製作 3 要素 価格 完成用部品 この適用例は あくまで参考資料です 補装具等の適用は 個々の申請者の障害状況や生活実態を的確に把握して検討されるものです 使用 材料部品等は 機能によってその価格が異なることを留意してください 4 内反足装具 C デニスブラウン副子 靴型装具型 名称 形式 部位 基本価格 製作 使用 材料部品 A- 7 採型 2 短靴 特殊靴 その他の加算要素 デニスブラウン 整理番号 資料編 要素 価格 完成用部品 デニスブラウン KI-M-B KI-M-F この適用例は あくまで参考資料です 補装具等の適用は 個々の申請者の障害状況や生活実態を的確に把握して検討されるものです 使用 材料部品等は 機能によってその価格が異なることを留意してください 補装具費支給事務ガイドブック 183

46 4 補 装 具 に 関 する 基 礎 知 識 4 体 幹 装 具 頸 椎 装 具 B 硬 性 名 称 形 式 部 位 使 用 材 料 部 品 整 理 番 号 基 本 価 格 C -2 採 型 製 作 要 素 価 格 頸 椎 支 持 部 その 他 の 加 算 要 素 A2 モールド( 熱 可 塑 性 樹 脂 ) 支 柱 なし 内 張 り 頸 椎 支 持 部 完 成 用 部 品 この 適 用 例 は あくまで 参 考 資 料 です 補 装 具 等 の 適 用 は 個 々の 申 請 者 の 障 害 状 況 や 生 活 実 態 を 的 確 に 把 握 して 検 討 されるものです 使 用 材 料 部 品 等 は 機 能 によってその 価 格 が 異 なることを 留 意 してください 頸 椎 装 具 Cカラー(あご 受 けのあるもの) 名 称 形 式 部 位 使 用 材 料 部 品 整 理 番 号 基 本 価 格 C -2 採 型 ( 採 寸 ) 製 作 要 素 価 格 頸 椎 支 持 部 C1 カラーあご 受 けあり 完 成 用 部 品 この 適 用 例 は あくまで 参 考 資 料 です 補 装 具 等 の 適 用 は 個 々の 申 請 者 の 障 害 状 況 や 生 活 実 態 を 的 確 に 把 握 して 検 討 されるものです 使 用 材 料 部 品 等 は 機 能 によってその 価 格 が 異 なることを 留 意 してください 頸 椎 装 具 Cカラー(あご 受 けのないもの) 名 称 形 式 部 位 使 用 材 料 部 品 整 理 番 号 基 本 価 格 C -2 採 型 ( 採 寸 ) 製 作 要 素 価 格 頸 椎 支 持 部 C1 カラーあご 受 けなし 完 成 用 部 品 この 適 用 例 は あくまで 参 考 資 料 です 補 装 具 等 の 適 用 は 個 々の 申 請 者 の 障 害 状 況 や 生 活 実 態 を 的 確 に 把 握 して 検 討 されるものです 使 用 材 料 部 品 等 は 機 能 によってその 価 格 が 異 なることを 留 意 してください 184 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック

47 2 装具 胸椎装具 A金属枠 名称 形式 部位 基本価格 使用 材料部品 C -3 採型 腰椎支持部 B フレーム 整理番号 製作 1 要素 価格 完成用部品 この適用例は あくまで参考資料です 補装具等の適用は 個々の申請者の障害状況や生活実態を的確に把握して検討されるものです 使用 材料部品等は 機能によってその価格が異なることを留意してください 2 胸椎装具 B硬性 名称 形式 部位 基本価格 製作 要素 使用 材料部品 C -3 採型 胸椎支持部 A1 モールド ( 熱可塑性樹脂 ) その他の加算要素 内張り 胸椎支持部 胸椎支持部 サンドイッチ構造 整理番号 3 価格 完成用部品 この適用例は あくまで参考資料です 補装具等の適用は 個々の申請者の障害状況や生活実態を的確に把握して検討されるものです 使用 材料部品等は 機能によってその価格が異なることを留意してください 胸椎装具 C軟性 製作 使用 材料部品 C -3 採型 採寸 胸椎支持部 C 軟性 体幹装具付属品 肩バンド 2 4 名称 形式 部位 基本価格 整理番号 要素 価格 資料編 完成用部品 この適用例は あくまで参考資料です 補装具等の適用は 個々の申請者の障害状況や生活実態を的確に把握して検討されるものです 使用 材料部品等は 機能によってその価格が異なることを留意してください 補装具費支給事務ガイドブック 185

48 仙 腸 装 具 B 硬 性 名 称 形 式 部 位 使 用 材 料 部 品 整 理 番 号 基 本 価 格 C -5 採 型 製 作 要 素 価 格 仙 腸 支 持 部 その 他 の 加 算 要 素 A2モールド ( 熱 可 塑 性 樹 脂 ) 支 柱 なし 体 幹 装 具 付 属 品 会 陰 ひも 内 張 り 仙 腸 支 持 部 完 成 用 部 品 この 適 用 例 は あくまで 参 考 資 料 です 補 装 具 等 の 適 用 は 個 々の 申 請 者 の 障 害 状 況 や 生 活 実 態 を 的 確 に 把 握 して 検 討 されるものです 使 用 材 料 部 品 等 は 機 能 によってその 価 格 が 異 なることを 留 意 してください 仙 腸 装 具 C 軟 性 名 称 形 式 部 位 使 用 材 料 部 品 整 理 番 号 基 本 価 格 C -5 採 型 ( 採 寸 ) 製 作 要 素 価 格 仙 腸 支 持 部 C 軟 性 完 成 用 部 品 この 適 用 例 は あくまで 参 考 資 料 です 補 装 具 等 の 適 用 は 個 々の 申 請 者 の 障 害 状 況 や 生 活 実 態 を 的 確 に 把 握 して 検 討 されるものです 使 用 材 料 部 品 等 は 機 能 によってその 価 格 が 異 なることを 留 意 してください 側 彎 矯 正 装 具 Bアンダーアームブレース 名 称 形 式 部 位 使 用 材 料 部 品 整 理 番 号 基 本 価 格 C -4 採 型 骨 盤 支 持 部 Bモールド ( 熱 可 塑 性 樹 脂 ) 製 作 要 素 価 格 その 他 の 加 算 要 素 付 属 品 胸 椎 パッド 付 属 品 腰 椎 パッド アウトリガー 前 方 支 柱 後 方 支 柱 2 胸 郭 バンド ( プラスチックス 製 ) 完 成 用 部 品 アウトリガー 前 方 支 柱 後 方 支 柱 K 1- N -005 A -3 K 1- N -005 A -1 K 1- N -005 A -2 この 適 用 例 は あくまで 参 考 資 料 です 補 装 具 等 の 適 用 は 個 々の 申 請 者 の 障 害 状 況 や 生 活 実 態 を 的 確 に 把 握 して 検 討 されるものです 使 用 材 料 部 品 等 は 機 能 によってその 価 格 が 異 なることを 留 意 してください 186 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック

49 2 装具 腰椎装具 A金属枠① 名称 形式 部位 基本価格 製作 C -5 使用 材料部品 整理番号 採型 腰椎支持部 B フレーム その他の加算要素 付属品 腰部継手 2 1 付属品 腹圧強化バンド 要素 価格 完成用部品 この適用例は あくまで参考資料です 補装具等の適用は 個々の申請者の障害状況や生活実態を的確に把握して検討されるものです 使用 材料部品等は 機能によってその価格が異なることを留意してください 2 腰椎装具 A金属枠② 名称 形式 部位 基本価格 使用 材料部品 C -5 採型 腰椎支持部 B フレーム 整理番号 製作 要素 3 価格 完成用部品 この適用例は あくまで参考資料です 補装具等の適用は 個々の申請者の障害状況や生活実態を的確に把握して検討されるものです 使用 材料部品等は 機能によってその価格が異なることを留意してください 名称 形式 部位 基本価格 製作 使用 材料部品 C -5 採型 腰椎支持部 A2 モールド ( 熱可塑性樹脂 ) 支柱なし その他の加算要素 付属品 腰部継手 2 4 腰椎装具 B硬性① 整理番号 内張り 腰椎支持部 要素 価格 足継手 制限付 補助付 1 方向 K あぶみ 制限付 補助付 1 方向 K -212 資料編 完成用部品 この適用例は あくまで参考資料です 補装具等の適用は 個々の申請者の障害状況や生活実態を的確に把握して検討されるものです 使用 材料部品等は 機能によってその価格が異なることを留意してください 補装具費支給事務ガイドブック 187

50 4 補 装 具 に 関 する 基 礎 知 識 腰 椎 装 具 B 硬 性 2 名 称 形 式 部 位 使 用 材 料 部 品 整 理 番 号 基 本 価 格 C -5 採 型 製 作 要 素 価 格 腰 椎 支 持 部 その 他 の 加 算 要 素 A2 モールド ( 熱 可 塑 性 樹 脂 ) 支 柱 なし 内 張 り 腰 椎 支 持 部 完 成 用 部 品 この 適 用 例 は あくまで 参 考 資 料 です 補 装 具 等 の 適 用 は 個 々の 申 請 者 の 障 害 状 況 や 生 活 実 態 を 的 確 に 把 握 して 検 討 されるものです 使 用 材 料 部 品 等 は 機 能 によってその 価 格 が 異 なることを 留 意 してください 腰 椎 装 具 C 軟 性 名 称 形 式 部 位 使 用 材 料 部 品 整 理 番 号 基 本 価 格 C -5 採 型 ( 採 寸 ) 製 作 要 素 価 格 腰 椎 支 持 部 C 軟 性 完 成 用 部 品 この 適 用 例 は あくまで 参 考 資 料 です 補 装 具 等 の 適 用 は 個 々の 申 請 者 の 障 害 状 況 や 生 活 実 態 を 的 確 に 把 握 して 検 討 されるものです 使 用 材 料 部 品 等 は 機 能 によってその 価 格 が 異 なることを 留 意 してください 188 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック

51 2 装具 5 上肢装具 肩装具 A金属枠 名称 形式 部位 基本価格 D -1 使用 材料部品 整理番号 採寸 1 肩継手 C 肩回旋装置 B 遊動 片側 手継手 A 固定 片側 胸郭支持部 B フレーム 製作 骨盤支持部 B フレーム 要素 上腕支持部 C モールド ( 熱可塑性樹脂 ) 価格 前腕支持部 C モールド ( 熱可塑性樹脂 ) 手掌パッド A モールド その他の加算要素 内張り 上腕部 2 肘継手 内張り 前腕部 内張り 手部 体幹装具付属品 肩バンド 完成用部品 肩継手 A 肘継手 A 3 この適用例は あくまで参考資料です 補装具等の適用は 個々の申請者の障害状況や生活実態を的確に把握して検討されるものです 使用 材料部品等は 機能によってその価格が異なることを留意してください 肩装具 B硬性 名称 形式 部位 基本価格 D -1 使用 材料部品 整理番号 採寸 4 肩継手 肘継手 製作 要素 価格 上腕支持部 B2 皮革等上腕コルセット 前腕支持部 B2 皮革等前腕コルセット その他の加算要素 体幹装具付属品 肩バンド 資料編 完成用部品 この適用例は あくまで参考資料です 補装具等の適用は 個々の申請者の障害状況や生活実態を的確に把握して検討されるものです 使用 材料部品等は 機能によってその価格が異なることを留意してください 補装具費支給事務ガイドブック 189

52 4 補 装 具 に 関 する 基 礎 知 識 肘 装 具 A 両 側 支 柱 名 称 形 式 部 位 使 用 材 料 部 品 整 理 番 号 基 本 価 格 D -3 採 型 肘 継 手 遊 動 2 上 腕 支 持 部 A 半 月 2 製 作 要 素 価 格 B1 皮 革 等 カフバンド 2 前 腕 支 持 部 A 半 月 2 B1 皮 革 等 カフバンド 2 完 成 用 部 品 殻 構 造 義 肢 肘 継 手 単 軸 ヒンジ 式 遊 動 式 KI - H この 適 用 例 は あくまで 参 考 資 料 です 補 装 具 等 の 適 用 は 個 々の 申 請 者 の 障 害 状 況 や 生 活 実 態 を 的 確 に 把 握 して 検 討 されるものです 使 用 材 料 部 品 等 は 機 能 によってその 価 格 が 異 なることを 留 意 してください 肘 装 具 B 硬 性 名 称 形 式 部 位 使 用 材 料 部 品 整 理 番 号 基 本 価 格 D-3 採 型 上 腕 支 持 部 C モールド ( 熱 可 塑 性 樹 脂 ) 前 腕 支 持 部 C モールド ( 熱 可 塑 性 樹 脂 ) 製 作 要 素 価 格 その 他 の 加 算 要 素 内 張 り 上 腕 部 内 張 り 前 腕 部 完 成 用 部 品 この 適 用 例 は あくまで 参 考 資 料 です 補 装 具 等 の 適 用 は 個 々の 申 請 者 の 障 害 状 況 や 生 活 実 態 を 的 確 に 把 握 して 検 討 されるものです 使 用 材 料 部 品 等 は 機 能 によってその 価 格 が 異 なることを 留 意 してください 190 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック

53 2 装具 手背屈装具 硬性 名称 形式 部位 基本価格 製作 価格 使用 材料部品 整理番号 採型 手継手 A 固定 前腕支持部 C モールド ( 熱可塑性樹脂 ) 手掌パッド A モールド その他の加算要素 内張り 前腕部 1 要素 D-4 内張り 手部 完成用部品 この適用例は あくまで参考資料です 補装具等の適用は 個々の申請者の障害状況や生活実態を的確に把握して検討されるものです 使用 材料部品等は 機能によってその価格が異なることを留意してください 2 長対立装具 ランチョ型 名称 形式 部位 基本価格 要素 価格 使用 材料部品 整理番号 採寸 手継手 A 固定 前腕支持部 A 半月 2 手部背側パッド B フレーム 手掌パッド B フレーム その他の加算要素 対立バー その他の加算要素 C バー 3 製作 D-4 完成用部品 4 この適用例は あくまで参考資料です 補装具等の適用は 個々の申請者の障害状況や生活実態を的確に把握して検討されるものです 使用 材料部品等は 機能によってその価格が異なることを留意してください 資料編 補装具費支給事務ガイドブック 191

54 4 補 装 具 に 関 する 基 礎 知 識 長 対 立 装 具 名 称 形 式 部 位 使 用 材 料 部 品 整 理 番 号 基 本 価 格 D-4 採 寸 製 作 要 素 価 格 手 継 手 A 固 定 前 腕 支 持 部 A 半 月 2 手 部 背 側 パッド B フレーム 手 掌 パッド B フレーム その 他 の 加 算 要 素 対 立 バー C バー 基 節 骨 パッド フレーム アウトリガー 伸 展 屈 曲 補 助 バネ 5 完 成 用 部 品 この 適 用 例 は あくまで 参 考 資 料 です 補 装 具 等 の 適 用 は 個 々の 申 請 者 の 障 害 状 況 や 生 活 実 態 を 的 確 に 把 握 して 検 討 されるものです 使 用 材 料 部 品 等 は 機 能 によってその 価 格 が 異 なることを 留 意 してください 短 対 立 装 具 名 称 形 式 部 位 使 用 材 料 部 品 整 理 番 号 基 本 価 格 D-5 採 寸 製 作 要 素 価 格 手 部 背 側 パッド B フレーム 手 掌 パッド B フレーム その 他 の 加 算 要 素 対 立 バー C バー 完 成 用 部 品 この 適 用 例 は あくまで 参 考 資 料 です 補 装 具 等 の 適 用 は 個 々の 申 請 者 の 障 害 状 況 や 生 活 実 態 を 的 確 に 把 握 して 検 討 されるものです 使 用 材 料 部 品 等 は 機 能 によってその 価 格 が 異 なることを 留 意 してください 192 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック

55 2 装具 把持装具 A 手関節駆動式 名称 形式 部位 基本価格 要素 価格 採寸 手継手 遊動 MP継手 遊動 IP継手 固定 金属 前腕支持部 A 半月 手掌パッド A モールド その他の加算要素 基節骨パッド フレーム 整理番号 1 製作 使用 材料部品 D-4 中 末節骨パッド フレーム C バー 対立バー 完成用部品 把持装具用部品 フレクサーヒンジ 2 この適用例は あくまで参考資料です 補装具等の適用は 個々の申請者の障害状況や生活実態を的確に把握して検討されるものです 使用 材料部品等は 機能によってその価格が異なることを留意してください 指装具 名称 形式 部位 製作 要素 D-6 使用 材料部品 整理番号 採寸 IP継手 B 遊動 その他の加算要素 基節骨パッド フレーム 3 基本価格 中 末節骨パッド フレーム 価格 完成用部品 4 この適用例は あくまで参考資料です 補装具等の適用は 個々の申請者の障害状況や生活実態を的確に把握して検討 されるものです 使用 材料部品等は 機能によってその価格が異なることを留意してください 資料編 補装具費支給事務ガイドブック 193

56 4 補 装 具 に 関 する 基 礎 知 識 3 座 位 保 持 装 置 3-1 主 な 解 説 と 適 応 例 対 象 となる 障 害 体 幹 機 能 障 害 者 下 肢 機 能 障 害 者 障 害 の 状 態 自 力 での 座 位 又 は 長 時 間 の 座 位 が 困 難 な 状 態 をいいます 適 応 例 体 幹 や 下 肢 に 障 害 があるため 自 力 で 座 位 姿 勢 を 保 持 できない 者 または 長 時 間 の 座 位 によ る 姿 勢 保 持 が 困 難 で 姿 勢 の 補 正 が 自 力 で 不 可 能 な 者 で 座 位 保 持 装 置 を 使 用 することにより 自 力 での 座 位 保 持 が 可 能 になり 座 位 の 耐 久 性 安 定 性 の 向 上 が 図 られることが 条 件 です 脳 性 麻 痺 筋 ジストロフィー 等 により 体 幹 筋 力 の 低 下 や 体 幹 変 形 が 著 しい 者 が 適 応 となります 基 本 構 造 1 長 時 間 座 位 をとることができない 者 又 は 自 力 で 座 位 を 保 持 できない 者 に 対 し 安 定 した 座 位 の 保 持 を 可 能 とするために 用 いられる 用 具 2 座 位 に 類 似 した 姿 勢 ( 立 位 臥 位 等 )を 保 持 する 機 能 を 有 する 装 置 も 含 む 3 耐 用 年 数 以 内 の 破 損 及 び 故 障 に 際 しては 原 則 として 修 理 又 は 調 整 を 行 うこと 基 本 構 造 耐 用 年 数 身 体 支 持 部 構 造 フレーム 付 属 品 及 び 完 成 用 部 品 を 組 み 合 わせて 製 作 する 採 寸 により 製 作 されるもので 平 面 を 主 体 として 構 成 された 支 平 面 形 状 型 持 面 を 持 つ 採 型 により 製 作 されるもので 身 体 の 形 状 に 合 わせた 三 次 曲 面 モールド 型 で 構 成 された 支 持 面 を 持 つ 支 持 部 の 主 な 形 状 支 持 面 のシート 又 は 複 数 のベルトによるたわみによって 身 体 3 年 形 状 や 変 形 に 対 応 するもの シート 張 り 調 節 型 支 持 部 と 組 み 合 わせる 構 造 フレームとして ティルト 機 構 及 び 車 椅 子 としての 機 能 を 付 加 することができる 成 長 発 達 及 び 姿 勢 保 持 能 力 の 状 況 に 適 合 させること 過 度 の 圧 迫 等 による 不 快 感 を 生 じさせないこと 194 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック

57 1 平 面 形 状 型 モールド 型 2 3 平 面 形 状 型 ( 木 製 構 造 フレーム(ティルト 機 構 ) モールド 型 ( 車 椅 子 の 構 造 フレーム) 4 資 料 編 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック 195

58 4 補 装 具 に 関 する 基 礎 知 識 4 車 椅 子 電 動 車 椅 子 (1) 車 椅 子 対 象 となる 障 害 下 肢 機 能 障 害 者 体 幹 機 能 障 害 者 平 衡 機 能 障 害 者 心 臓 機 能 障 害 者 呼 吸 器 機 能 障 害 者 障 害 の 状 態 歩 行 不 能 な 状 態 歩 行 可 能 だが 耐 久 性 に 欠 ける 状 態 をいいます 基 本 要 件 義 肢 装 具 杖 等 他 の 補 装 具 を 使 用 しても 歩 行 が 困 難 な 者 ( 原 則 として 下 肢 機 能 障 害 2 級 以 上 又 は 体 幹 機 能 障 害 3 級 以 上 で 歩 行 障 害 がある 者 )です 車 椅 子 の 名 称 車 椅 子 は 基 本 的 な 構 造 の 違 い 等 により 下 記 の 名 称 に 分 けられます 1リクライニング 式 は 体 幹 の 支 持 性 の 低 下 等 によりバックサポートの 角 度 を 変 えなければ 座 位 保 持 が 困 難 な 者 ティルト 式 は 座 位 保 持 が 困 難 な 者 であって 自 立 姿 勢 変 換 が 困 難 な 者 が 適 応 となる 2 基 本 的 な 製 作 工 程 の 違 いにより レディメイドとオーダーメイドに 分 けられる 3レディメイドとは メーカーにより 標 準 化 された 既 成 のサイズの 部 品 を 組 み 立 てて 製 作 するものであり オーダーメイドとは 障 害 の 状 態 や 体 型 生 活 環 境 等 により 既 成 のサ イズの 部 品 では 適 合 しない 場 合 に 特 定 の 個 人 に 適 合 するように 部 品 のサイズを 変 えて 個 別 に 製 作 するものである 196 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック

59 対 象 者 要 件 別 基 本 構 造 等 名 称 対 象 者 要 件 等 基 本 構 造 等 付 属 品 耐 用 年 数 普 通 型 リクライニング 式 普 通 型 ティルト 式 普 通 型 リクライニング ティルト 式 普 通 型 手 動 リフト 式 普 通 型 前 方 大 車 輪 型 リクライニング 式 前 方 大 車 輪 型 片 手 駆 動 型 リクライニング 式 片 手 駆 動 型 レバー 駆 動 型 両 上 肢 又 は 片 上 下 肢 で 駆 動 で 折 りたたみ 式 で 大 車 輪 が 後 方 にあるも きる 者 の 座 位 保 持 の 状 態 によりリクライ JIS T ニング 式 やティルト 式 が 必 要 とな 又 は JIS T による ることがある バックサポートの 角 度 を 変 えることがで きるもの その 他 は 普 通 型 に 同 じ 座 席 とバックサポートが 一 定 の 角 度 を 維 持 した 状 態 で 角 度 を 変 えることができ るもの バックサポートの 角 度 を 変 えることがで き 座 席 とバックサポートが 一 定 の 角 度 を 維 持 した 状 態 で 角 度 を 変 えることが できるもの 非 リフト 式 車 椅 子 への 乗 降 が 困 座 席 の 高 さを 変 えることができる 難 な 者 でリフト 式 普 通 型 の 使 用 に もの より 乗 降 が 自 力 で 可 能 となる 者 乗 降 時 にレバーを 操 作 することに 自 力 乗 降 が 可 能 にならない 場 よって 座 面 を 上 下 ( 床 面 から 70cm 合 であっても 日 常 生 活 の 状 況 や の 安 全 な 範 囲 で 調 整 )できる リフト 介 護 者 の 状 況 等 を 勘 案 し 真 に 機 能 を 持 つ 必 要 とすると 認 められる 場 合 は その 他 は 普 通 型 と 同 じ 支 給 対 象 とする 肩 関 節 等 に 運 動 制 限 筋 力 低 下 等 があり 普 通 型 では 十 分 な 駆 動 力 が 得 られない 者 座 位 保 持 の 状 態 によりリクラ イニング 式 が 必 要 となることがあ る 普 通 型 車 椅 子 より 小 回 り が 利 くため 上 肢 に 障 害 のある 者 に 適 するが 操 作 性 において 難 しい 面 があることから 利 用 でき る 者 は 限 定 される 折 りたたみ 式 で 前 方 に 大 車 輪 のある もの 前 方 に 大 車 輪 ( 駆 動 輪 )があり 後 方 に 自 在 輪 (キャスター)がある バックサポートの 角 度 を 変 えることが できるもの その 他 は 前 方 大 車 輪 型 と 同 じ 障 がい 状 況 が 片 麻 痺 等 で 健 肢 に 相 当 程 度 の 握 力 があり 効 原 則 として 折 りたたみ 式 で 片 側 にハンド 果 的 に 操 作 が 可 能 な 者 リムを 二 重 に 装 着 して 片 麻 痺 患 者 の 座 位 保 持 の 状 態 によりリクラ 使 用 できるもの イニング 式 が 必 要 となることが ある バックサポートの 角 度 を 変 えることがで きるもの その 他 は 片 手 駆 動 型 と 同 じ 片 麻 痺 等 で 上 肢 機 能 障 がいがあ レバー1 本 で 駆 動 操 舵 ができ 片 麻 痺 るため 両 上 肢 による 駆 動 が 困 患 者 の 使 用 できるもの 難 な 者 身 体 の 障 がい の 状 況 により クッション その 他 の 付 属 品 を 必 要 とす る 場 合 は 修 理 基 準 の 表 に 掲 げるものを 付 属 品 とする 6 年 資 料 編 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック 197

60 4 補 装 具 に 関 する 基 礎 知 識 名 称 対 象 者 要 件 等 基 本 構 造 等 付 属 品 耐 用 年 数 手 押 し 型 リクライニング 式 手 押 し 型 ティルト 式 手 押 し 型 リクライニング ティルト 式 手 押 し 型 上 肢 での 駆 動 が 不 能 な 者 又 は 下 肢 でしか 駆 動 できない 者 な ど 障 がいの 状 況 から 車 椅 子 の 操 作 が 難 しく 移 動 は 主 に 介 助 者 に 原 則 として 介 助 者 が 押 して 駆 動 するも よる 者 の ( 折 りたたみ 式 非 折 りたたみ 式 ) 認 知 力 その 他 の 障 がいにより A 大 車 輪 のあるもの 安 全 な 車 椅 子 操 作 が 難 しい 者 B 小 車 輪 だけのもの 座 位 保 持 の 状 態 によりリクライ ニング 式 やティルト 式 が 必 要 とな ることがある バックサポートの 角 度 を 変 えることがで きるもの その 他 は 手 押 し 型 Aと 同 じ 座 席 とバックサポートが 一 定 の 角 度 を 維 持 した 状 態 で 角 度 を 変 えることができ るもの その 他 は 手 押 し 型 Aと 同 じ バックサポートの 角 度 を 変 えることがで き 座 席 とバックサポートが 一 定 の 角 度 を 維 持 した 状 態 で 角 度 を 変 えることが できるもの その 他 は 手 押 し 型 Aと 同 じ 6 年 様 式 と 要 件 1リクライニング 式 頸 髄 損 傷 者 で 低 血 圧 発 作 を 起 こしやすいため 随 時 に 仰 臥 姿 勢 をとる 必 要 のある 者 四 肢 体 幹 機 能 障 害 により 運 動 制 限 が 著 明 で 座 位 を 長 時 間 保 持 できない 者 股 関 節 拘 縮 や 強 直 がある 者 2ティルト 式 脳 性 麻 痺 頸 髄 損 傷 進 行 性 疾 患 等 による 四 肢 麻 痺 や 関 節 拘 縮 等 により 座 位 保 持 が 困 難 な 者 であって 自 立 姿 勢 変 換 が 困 難 な 者 等 3オーダーメイド 体 格 体 型 がJIS 規 格 の 既 製 品 では 適 合 しない 者 障 害 者 の 身 体 状 況 に 個 別 に 対 応 することが 必 要 な 者 備 考 1 価 格 は オーダーメイドによる 製 品 及 びモジュラー 方 式 による 製 品 (モジュールを 組 み 立 てることにより 製 作 でき 完 成 後 の 微 調 整 機 能 を 有 するもの )に 適 用 する 2レディメイドによる 製 品 オーダーメイドの 額 の 75%の 範 囲 内 の 額 3 体 幹 筋 力 の 低 下 等 により 座 位 保 持 装 置 の 完 成 用 部 品 ( 支 持 部 ( 骨 盤 大 腿 部 ))をクッショ ンとして 用 いる 必 要 がある 場 合 には 別 に 定 めるところによるものを 加 算 すること 4 身 体 の 障 がいの 状 況 により その 他 の 付 属 品 を 必 要 とする 場 合 は 修 理 基 準 の 表 に 掲 げ る 交 換 の 額 の 範 囲 内 で 必 要 な 額 を 加 算 すること 5クッションを 必 要 とする 者 とは 褥 瘡 のある 者 褥 瘡 の 発 生 の 危 険 性 のある 者 等 198 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック

61 4 車 椅 子 電 動 車 椅 子 1 普 通 型 リクライニング 式 普 通 型 2 3 手 動 リフト 式 普 通 型 4 資 料 編 片 手 駆 動 型 リクライニング ティルト 式 手 押 し 型 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック 199

62 4 補 装 具 に 関 する 基 礎 知 識 手 押 し 型 A( 大 車 輪 のあるもの) レバー 駆 動 型 リクライニング 式 手 押 し 型 200 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック

63 4 車 椅 子 電 動 車 椅 子 付 属 品 身 体 の 障 害 の 状 況 により クッション その 他 の 付 属 品 を 必 要 とする 場 合 は 修 理 基 準 の 表 に 掲 げるものを 付 属 品 とします ( 対 象 者 及 び 要 件 等 については P 285 義 肢 装 具 及 び 座 位 保 持 装 置 等 に 係 る 補 装 具 費 支 給 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について ( 国 通 知 )の 4 車 椅 子 及 び 電 動 車 椅 子 に 関 する 取 扱 い を 参 照 ) 1クッション(バルブを 開 閉 するだけで 空 気 量 を 調 節 するもの 及 び 特 殊 な 空 気 室 構 造 のも のに 限 る ) 及 びフローテーションパッドを 車 椅 子 ( 電 動 を 含 む)の 補 装 具 費 支 給 後 に 生 じた 理 由 により 追 加 する 必 要 がある 場 合 は 厚 生 相 談 所 の 判 定 が 必 要 である 2 車 椅 子 の 補 装 具 費 支 給 の 際 に 付 属 品 を 同 時 に 支 給 する 場 合 は 厚 生 相 談 所 の 判 定 が 必 要 である バックサポート: 背 折 れ 機 構 アームサポート: 脱 着 式 4 資 料 編 レッグサポート: 挙 上 式 レッグサポート: 脱 着 式 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック 201

64 4 補 装 具 に 関 する 基 礎 知 識 クッション( 特 殊 な 空 気 室 構 造 のもの) 栄 養 バック 取 り 付 け 用 ガートル 架 シートベルト スポークカバー 202 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック

65 4 車 椅 子 電 動 車 椅 子 1 ステッキホルダー 泥 よけ 転 倒 防 止 装 置 2 3 フットブレーキ 酸 素 ボンベ 固 定 装 置 4 資 料 編 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック 203

66 4 補 装 具 に 関 する 基 礎 知 識 修 理 基 準 修 理 部 位 単 位 価 格 ( 円 ) 備 考 クッション 交 換 3,400 クッション(ポリエステル 繊 維 ウレタンフォーム 等 の 多 層 構 造 の もの 及 び 立 体 編 物 構 造 のもの) 交 換 10,000 クッション ( ゲルとウレタンフォームの 組 合 せのもの) 交 換 17,000 クッション(バルブを 開 閉 するだけで 空 気 量 を 調 整 するもの) 交 換 30,000 クッション( 特 殊 な 空 気 室 構 造 のもの) 交 換 45,000 フローテーションパッド 交 換 30,000 背 クッション 交 換 1 個 10,000 特 殊 形 状 クッション( 骨 盤 大 腿 部 サポート) 交 換 1 個 20,790 クッションカバー( 防 水 加 工 を 施 したもの) 交 換 1 個 7,460 クッション 滑 り 止 め 部 品 交 換 1 台 1,580 バックサポート 交 換 7,500 三 重 構 造 とする 場 合 は 1,300 円 増 しとすること 延 長 バックサポート 交 換 1 台 8,750 枕 は 含 めないこと 枕 (オーダー) 交 換 1 台 10,330 レディメイドは50%と すること バックサポートパイプ 交 換 2,550 バックサポートパイプ 取 付 部 品 交 換 3,700 張 り 調 整 式 バックサポート 交 換 1 台 15,080 高 さ 調 整 式 バックサポート 交 換 1 台 12,080 背 折 れ 機 構 部 品 交 換 1 台 5,840 背 座 間 角 度 調 整 部 品 交 換 1 台 8,100 アームサポート( 肘 当 て 部 分 ) 交 換 3,900 アームサポート(フレーム) 交 換 4,600 高 さ 角 度 調 整 式 アームサポート 交 換 1 個 9,010 高 さ 調 整 式 アームサポート( 段 階 調 整 式 ) 交 換 1 個 3,310 角 度 調 整 式 アームサポート 交 換 1 個 7,050 跳 ね 上 げ 式 アームサポート 交 換 1 個 4,680 脱 着 式 アームサポート 交 換 1 個 4,680 アームサポート 拡 幅 部 品 交 換 1 個 3,610 アームサポート 延 長 部 品 交 換 1 個 3,610 レッグサポート 交 換 1,800 脱 着 式 レッグサポート 交 換 1 個 5,780 挙 上 式 レッグサポート(パッド 形 状 ) 交 換 1 個 6,390 開 閉 挙 上 式 レッグサポート(パッド 形 状 ) 交 換 1 個 9,290 開 閉 脱 着 式 レッグサポート 交 換 1 個 6,790 フットサポート 交 換 1 個 前 後 調 整 角 度 調 整 左 右 調 整 の 各 構 造 を 有 する 3,000 場 合 は 各 1,500 円 増 し とすること ヘッドサポートベース(マルチタイプ) 交 換 1 台 16,950 枕 は 含 めること 座 布 交 換 7,300 座 張 り 調 整 部 品 交 換 1 台 10, 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック

67 4 車 椅 子 電 動 車 椅 子 修 理 部 位 単 位 価 格 ( 円 ) 備 考 座 奥 行 き 調 整 (スライド 式 ) 部 品 交 換 1 台 16,970 座 板 交 換 1 台 6,800 座 席 昇 降 ハンドルユニット 交 換 15,800 座 席 昇 降 チェーン 交 換 8,400 座 席 昇 降 メカユニット 交 換 22,100 フレーム(サイドベース) 交 換 10,700 フレーム(サイド 拡 張 ) 交 換 8,500 フレーム(サイド 拡 張 ) 取 付 部 品 交 換 3,200 フレーム( 折 りたたみ) 交 換 15,600 ブレーキ 交 換 9,100 キャリパーブレーキ 交 換 8,000 フットブレーキ( 介 助 者 用 ) 交 換 6,000 延 長 用 ブレーキアーム 交 換 1 個 1,450 リフレクタ( 反 射 器 - 夜 光 材 ) 交 換 回 当 たりとすること リフレクタ( 反 射 器 - 夜 光 反 射 板 ) 交 換 670 ハンドリム 交 換 4,350 滑 り 止 めハンドリム 交 換 7,000 ノブ 付 きハンドリム 交 換 1 個 購 入 後 に 後 付 けする 場 合 4,470 は 4,350 円 増 しとする こと キャスター( 大 ) 交 換 8,000 キャスター( 小 ) 交 換 5,800 屋 外 用 キャスター(エアー 式 等 ) 交 換 7,500 リーム 交 換 5,500 車 軸 位 置 調 整 部 品 交 換 1 台 16,120 大 車 輪 脱 着 ハブ 交 換 1 個 5,000 サイドガード 交 換 6,820 タイヤ 交 換 4,270 ノーパンクタイヤ 交 換 1 個 購 入 後 に 後 付 けする 場 合 3,690 は 1,740 円 増 しとする こと チューブ 交 換 2,450 シートベルト 交 換 3,500 テーブル 交 換 10,900 スポークカバー 交 換 4,100 塗 装 1 回 当 たりとすること 17,900 総 塗 り 替 えの 場 合 に 限 る こと ハブ 取 付 部 品 交 換 6,100 キャスター 取 付 部 品 交 換 7,000 ハブ 用 スプリング 交 換 16,000 ステッキホルダー( 杖 たて) 交 換 3,000 泥 よけ 交 換 5,000 転 倒 防 止 装 置 交 換 3,750 転 倒 防 止 装 置 交 換 (キャスター 付 き 折 りたたみ 式 ) 交 換 1 個 7, 資 料 編 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック 205

68 4 補 装 具 に 関 する 基 礎 知 識 修 理 部 位 単 位 価 格 ( 円 ) 備 考 携 帯 用 会 話 補 助 装 置 搭 載 台 交 換 30,000 酸 素 ボンベ 固 定 装 置 交 換 13,000 人 工 呼 吸 器 搭 載 台 交 換 25,000 栄 養 パック 取 り 付 け 用 ガートル 架 交 換 9,000 点 滴 ポール 交 換 9,000 シリンダー 用 レバー 交 換 2,500 メカロック 交 換 10,000 ティルト 用 ガスダンパー 交 換 15,000 ワイヤー 交 換 1,200 ガスダンパー 交 換 1 個 15,000 幅 止 め 交 換 1 個 3,750 高 さ 調 整 式 手 押 しハンドル 交 換 1 台 7,840 車 載 時 固 定 用 フック 交 換 1 個 3,000 日 よけ( 雨 よけ) 部 品 交 換 1 個 8,000 6 輪 構 造 部 品 交 換 1 台 34,720 購 入 後 に 後 付 けする 場 合 は 円 増 し と す る こ と 成 長 対 応 型 部 品 交 換 1 台 バックサポート 高 さ 及 び 張 り 調 整 座 奥 行 き 及 び 張 り 調 整 フットプレー 56,020 ト 前 後 調 整 車 軸 位 置 調 整 及 び 脱 着 ハブ その 他 成 長 対 応 に 必 要 な 構 造 を 有 すること 痰 吸 引 器 搭 載 台 交 換 1 個 25, 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック

69 4 車 椅 子 電 動 車 椅 子 (2) 電 動 車 椅 子 対 象 となる 障 害 上 肢 機 能 障 害 者 下 肢 機 能 障 害 者 体 幹 機 能 障 害 者 心 臓 機 能 障 害 者 呼 吸 器 機 能 障 害 者 障 害 の 状 態 歩 行 が 不 能 又 は 困 難 で かつ 手 動 式 車 椅 子 の 駆 動 が 不 能 又 は 著 しく 困 難 な 状 態 ( 地 理 的 環 境 を 含 む)をいいます 基 本 要 件 下 記 要 件 のすべて(1については 1のア イ 又 は2の 何 れかに 該 当 すればよい)を 満 た す 重 度 の 歩 行 困 難 者 で 電 動 車 椅 子 の 使 用 により 自 立 と 社 会 参 加 の 促 進 が 図 れる 者 1 重 度 の 下 肢 機 能 障 害 者 ( 原 則 として 下 肢 機 能 障 害 2 級 以 上 又 は 体 幹 機 能 障 害 3 級 以 上 ) で ア 上 肢 機 能 障 がいがあるため 手 動 車 椅 子 の 使 用 が 不 可 能 な 者 又 は 操 作 が 著 しく 困 難 な 者 イ 上 肢 機 能 障 害 はないが 使 用 目 的 及 び 日 常 生 活 圏 の 環 境 等 の 状 況 から 電 動 車 椅 子 を 使 用 しなければ 日 常 生 活 の 自 立 と 社 会 参 加 の 促 進 が 図 れない 者 2 呼 吸 器 機 能 障 害 及 び 心 臓 機 能 障 害 によって 歩 行 に 著 しい 制 限 を 受 ける 者 であって 医 学 的 所 見 から 適 応 が 可 能 な 者 3 視 野 視 力 聴 力 等 に 障 害 を 有 しない 者 又 は 障 害 を 有 するが 電 動 車 椅 子 の 安 全 走 行 に 支 障 がないと 判 断 される 者 4 歩 行 者 として 必 要 最 小 限 の 交 通 規 則 を 理 解 している 者 5 電 動 車 椅 子 の 操 作 を 円 滑 にできる 者 対 象 別 基 本 構 造 等 普 通 型 (4.5Km/H) 普 通 型 (6Km/H) 名 称 対 象 者 等 基 本 構 造 等 付 属 品 価 格 ( 円 ) 手 動 式 車 椅 子 の 駆 動 が 困 難 であ るが 電 動 車 椅 子 の 操 作 は 自 力 で 可 能 な 者 6Km/H の 対 象 者 は 周 囲 の 環 境 に 合 わせ 速 度 調 整 ができる 者 JIS T 又 は JIS T による 外 部 充 電 器 バッテリー 身 体 の 状 況 により クッ ション そ の 他 の 付 属 品 を 必 要 と する 場 合 は 修 理 基 準 の 表 に 掲 げる ものを 付 属 品 とする 314, ,000 耐 用 年 数 6 年 資 料 編 補 装 具 費 支 給 事 務 ガイドブック 207

< F2D BEF8AEE967B8D5C91A2>

< F2D BEF8AEE967B8D5C91A2> (3) 装具 使用材料 部区分名称基本構造価格備考品及び工作法 下肢装具 股 装 具 骨盤から大腿下部に及ぶもの アの基本工作 イの採型区分 A 金属枠 法により エ によるウの基 骨盤部が金属枠で作られているも 及びオにより 本価格にエ及 の S 型支柱のものも含まれるこ それぞれ必要 びオのそれぞ と な材料 部品 れ使用する材 B 硬 性 を選択し 組 料 部品の価 骨盤及び大腿部が陽性モデルによ

More information

Microsoft Word - _30_装具_h24sougu_

Microsoft Word - _30_装具_h24sougu_ 装具 1 装具の定義 装具とは外傷 疾病等による変形や機能障害に対して 変形の予防 矯正 患部の保護 失われた機能 の代償や補助等を目的として 四肢 体幹の機能障害を軽減するために使用する補助装置である 2 装具の機能的分類 装具は機能的に次のように分類される (1) 固定用装具 一定の角度に身体の一部を固定するために使用する装具 (2) 支持装具 一定の姿勢を維持するために使用する装具 (3) 矯正用装具

More information

11 切 断 又 は 離 断 変 形 麻 痺 11 切 離 断 部 位 手 関 節 前 腕 肘 関 節 上 腕 肩 関 節 左 リスフラン 関 節 部 位 左 ショパール 関 節 足 関 節 下 腿 膝 関 節 大 腿 股 関 節 左 左 手 ( 足 ) 関 節 手 ( 足 ) 指 の 切 離 断

11 切 断 又 は 離 断 変 形 麻 痺 11 切 離 断 部 位 手 関 節 前 腕 肘 関 節 上 腕 肩 関 節 左 リスフラン 関 節 部 位 左 ショパール 関 節 足 関 節 下 腿 膝 関 節 大 腿 股 関 節 左 左 手 ( 足 ) 関 節 手 ( 足 ) 指 の 切 離 断 診 断 書 ( 肢 体 の 障 害 用 )[ 様 式 第 120 号 の3] 新 旧 対 照 表 ( 傍 線 部 分 は 改 訂 部 分 ) ( 表 面 ) (フリガナ) 氏 名 改 訂 案 現 行 ( 表 面 ) (フリガナ) 氏 名 昭 和 生 年 月 日 平 成 年 月 日 生 ( 歳 ) 性 別 男 女 昭 和 平 成 年 月 日 生 ( 歳 ) 男 女 住 所 住 所 地 の 郵 便 番

More information

δ

δ Ⅸ 上 肢 ( 上 肢 及 び 手 指 )の 障 害 ( 第 9 次 改 正 全 部 ) 1 障 害 の 等 級 及 び 程 度 (1) 上 肢 ( 上 肢 及 び 手 指 )の 障 害 について 省 令 別 表 第 二 に 定 める 障 害 は 次 のと おりである ( 第 10 次 改 正 一 部 ) ア 上 肢 の 障 害 (ァ) 欠 損 障 害 ( 系 列 区 分 18 21) 第 1 級

More information

積 載 せず かつ 燃 料 冷 却 水 及 び 潤 滑 油 の 全 量 を 搭 載 し 自 動 車 製 作 者 が 定 める 工 具 及 び 付 属 品 (スペアタイヤを 含 む )を 全 て 装 備 した 状 態 をいう この 場 合 に おいて 燃 料 の 全 量 を 搭 載 するとは 燃 料

積 載 せず かつ 燃 料 冷 却 水 及 び 潤 滑 油 の 全 量 を 搭 載 し 自 動 車 製 作 者 が 定 める 工 具 及 び 付 属 品 (スペアタイヤを 含 む )を 全 て 装 備 した 状 態 をいう この 場 合 に おいて 燃 料 の 全 量 を 搭 載 するとは 燃 料 別 添 72 後 退 灯 の 技 術 基 準 1. 適 用 範 囲 等 この 技 術 基 準 は 自 動 車 に 備 える 後 退 灯 に 適 用 する( 保 安 基 準 第 40 条 関 係 ) ただし 法 第 75 条 の2 第 1 項 の 規 定 によりその 型 式 について 指 定 を 受 けた 白 色 の 前 部 霧 灯 が 後 退 灯 として 取 付 けられている 自 動 車 にあっては

More information

( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 4 5 4 条 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 6 9 条 の 2 の 規 定 を 根 拠 と す る 身 体 障 害 者 等 に 対 す る 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 具 体 的 な 対

( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 4 5 4 条 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 6 9 条 の 2 の 規 定 を 根 拠 と す る 身 体 障 害 者 等 に 対 す る 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 具 体 的 な 対 軽 自 動 車 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 ( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 4 5 4 条 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 6 9 条 の 2 の 規 定 を 根 拠 と す る 身 体 障 害 者 等 に 対 す る 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 具 体 的 な 対 象 お よ び 処 理 方 法

More information

JIS T 9201-2006 JIS T 9203-2006 JIS A B

JIS T 9201-2006 JIS T 9203-2006 JIS A B JIS T 9201-2006 JIS T 9203-2006 JIS A B FM FM FM FM FM FM FM FM FM FM AC FM AC AC AC JIS ( 別 紙 2) 電 動 車 いすの 修 理 基 準 新 規 追 加 分 備 考 欄 購 入 後 に 後 付 けする 場 合 は 円 増 しとする 項 目 1 台 分 or 1 個 分 新 規 加 算 基 準 額

More information

柔 道 整 復 師 の 施 術 料 金 の 算 定 方 法 ( 平 成 22 年 6 月 1 日 改 正 ) 柔 道 整 復 師 の 施 術 に 係 る 費 用 の 額 は 次 に 定 める 額 により 算 定 するものとする 1 初 検 往 療 及 び 再 検 初 検 料 初 検 時 相 談 支

柔 道 整 復 師 の 施 術 料 金 の 算 定 方 法 ( 平 成 22 年 6 月 1 日 改 正 ) 柔 道 整 復 師 の 施 術 に 係 る 費 用 の 額 は 次 に 定 める 額 により 算 定 するものとする 1 初 検 往 療 及 び 再 検 初 検 料 初 検 時 相 談 支 あん 摩 マッサージの 施 術 料 金 の 算 定 方 法 ( 平 成 22 年 6 月 1 日 改 正 ) あん 摩 マッサージ 師 の 施 術 に 係 る 費 用 の 額 は 次 の 定 める 額 により 算 定 するものとする 1 施 術 (1) マッサージを 行 った 場 合 1 局 所 につき 260 円 (2) 温 罨 法 を 併 施 した 場 合 1 回 につき 70 円 加 算 (3)

More information

toukyuhyo

toukyuhyo 身 体 障 害 者 障 害 程 度 等 級 表 身 体 障 害 認 定 の 対 象 となる 障 害 は 次 の 表 に 該 当 となる 永 続 する 障 害 です 視 覚 障 害 1 級 両 眼 の 視 力 ( 万 国 式 試 視 力 表 によって 測 ったをいい 屈 折 異 常 のある 者 について は 矯 正 視 力 について 測 ったをいう 以 下 同 じ )の 和 が0.01 以 下 の 2

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

深く靭帯の伸長と短縮を考えたい

深く靭帯の伸長と短縮を考えたい 靭 帯 の 伸 長 と 短 縮 を 考 えたい 聞 きたかった 疑 問 を 患 者 さんのためにはっきり させたい のような 同 じ 疑 問 を 持 つ 仲 間 のため に なぜ と 聞 き 深 く 理 解 をして 施 術 効 果 通 電 効 果 を 最 大 限 に 引 き 出 したい 身 体 に 無 駄 な 機 能 は 有 りません 靭 帯 の 機 能 は 運 動 器 系 を 守 っています 総

More information

Microsoft Word - h28rifo

Microsoft Word - h28rifo 作 成 日 : 平 成 28 年 6 月 14 日 大 村 市 の 住 宅 リフォーム 支 援 事 業 住 宅 リフォームをお 考 えの 方 へ 大 村 市 では いろいろな 住 宅 のリフォーム 支 援 事 業 を 実 施 しています あなたの 目 的 に 応 じた 支 援 事 業 をご 利 用 ください 図 はあくまでイメージです 注 1) となる 部 分 は 各 支 援 事 業 によって 異

More information

3 保 険 料 ( 掛 金 )を 納 めていること 原 則 として 初 診 日 月 前 々 月 まで 国 民 年 金 加 入 期 間 全 体 うち 3 分 2 以 上 きち んと 納 めている( 保 険 料 免 除 期 間 も 含 む)ことが 必 要 です 現 在 は 特 例 として 初 診 日 が

3 保 険 料 ( 掛 金 )を 納 めていること 原 則 として 初 診 日 月 前 々 月 まで 国 民 年 金 加 入 期 間 全 体 うち 3 分 2 以 上 きち んと 納 めている( 保 険 料 免 除 期 間 も 含 む)ことが 必 要 です 現 在 は 特 例 として 初 診 日 が 厚 生 年 金 手 当 金 支 援 制 度 概 要 厚 生 年 金 手 当 金 は 疾 病 (がんも 対 象 )やケガで が 残 った 場 合 生 活 保 をする 給 付 であり 支 給 要 件 を 満 たし 厚 生 年 金 1 2 級 に 該 当 すれば 基 礎 年 金 に 厚 生 年 金 が 上 乗 せされ 支 給 され 厚 生 年 金 3 級 に 該 当 すれば 厚 生 年 金 厚 生 年 金

More information

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 第 3 市 町 村 税 関 係 市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 基 づいてとりまとめた 一 平 成 25 年 度 決 算 状 況 1

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

平成20年3月○日

平成20年3月○日 2 補 装 具 費 支 給 に 関 するQ&A 133 補 装 具 費 支 給 に 関 するQ&A Ⅰ 共 通 事 項 Q1 補 装 具 に 係 る 告 示 については これまで 各 年 度 末 に 改 正 され 新 年 度 から 適 用 することとさ れているが 完 成 用 部 品 の 通 知 が 年 度 途 中 で 発 出 された 場 合 当 該 通 知 の 適 用 日 については ど のように

More information

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易 障 害 に 係 る 認 定 基 準 ( 別 添 ) 障 害 の 区 分 留 意 事 項 視 覚 (1) 両 眼 の 視 力 の 和 とは 各 眼 毎 の 視 力 を 別 々に 測 定 した 数 値 を 合 算 したものをいう (2) 矯 正 視 力 とは 眼 科 的 に 最 も 適 正 な 常 用 し 得 る 矯 正 眼 鏡 コン タクトレンズ 又 は 眼 内 レンズによって 得 られた 視 力 をいう

More information

診療行為コード

診療行為コード 別 添 5 オンライン 又 は 光 ディスク 等 による 請 求 に 係 る 診 療 行 為 コード ( 医 科 用 DPC 用 ) 平 成 20 年 4 月 版 凡 例 1 診 療 行 為 コードは 次 により 設 定 している (1) コードの 設 定 対 象 範 囲 コードの 設 定 対 象 範 囲 は 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 3 月 5 日 厚 生 労 働

More information

JTCCM製品認証審査要綱

JTCCM製品認証審査要綱 2005/4/1 制 定 2014/10/8 改 正 JTCCM 製 品 認 証 審 査 要 綱 ( 個 別 ) JIS A 5721(プラスチックデッキ 材 ) 本 文 書 は 審 査 要 綱 ( 個 別 )として 製 品 認 証 省 令 第 2 条 JIS Q 1001( 一 般 認 証 指 針 ) 及 び 製 品 認 証 審 査 要 綱 ( 共 通 )に 基 づき 次 の 認 証 区 分 に

More information

全設健発第     号

全設健発第     号 全 設 健 発 第 114 号 平 成 28 年 2 月 23 日 事 業 主 殿 全 国 設 計 事 務 所 健 康 保 険 組 合 理 事 長 石 井 純 公 印 省 略 健 康 保 険 法 の 改 正 の ご 案 内 等 に つ い て 時 下 益 々ご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 当 健 康 保 険 組 合 の 運 営 につきましては 日 頃 よりご 協 力 いただき 厚

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

するものとする この 場 合 において 車 椅 子 ( 既 成 のものを 除 く )の 書 類 判 定 を 依 頼 する ときは 作 成 しようとする 車 椅 子 の 仕 様 寸 法 等 が 明 らかとなる 資 料 を 身 体 障 害 者 手 帳 を 交 付 されていない 難 病 患 者 ( 障 害

するものとする この 場 合 において 車 椅 子 ( 既 成 のものを 除 く )の 書 類 判 定 を 依 頼 する ときは 作 成 しようとする 車 椅 子 の 仕 様 寸 法 等 が 明 らかとなる 資 料 を 身 体 障 害 者 手 帳 を 交 付 されていない 難 病 患 者 ( 障 害 静 岡 市 補 装 具 判 定 事 務 取 扱 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための 法 律 ( 平 成 17 年 法 律 第 123 号 以 下 法 という ) 第 76 条 第 3 項 静 岡 市 障 害 者 の 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 総 合 的 に 支 援 するための

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

17 外 国 人 看 護 師 候 補 者 就 労 研 修 支 援 18 看 護 職 員 の 就 労 環 境 改 善 19 8020 運 動 推 進 特 別 20 歯 科 医 療 安 全 管 理 体 制 推 進 特 別 21 在 宅 歯 科 医 療 連 携 室 整 備 22 地 域 災 害 拠 点 病

17 外 国 人 看 護 師 候 補 者 就 労 研 修 支 援 18 看 護 職 員 の 就 労 環 境 改 善 19 8020 運 動 推 進 特 別 20 歯 科 医 療 安 全 管 理 体 制 推 進 特 別 21 在 宅 歯 科 医 療 連 携 室 整 備 22 地 域 災 害 拠 点 病 資 料 22 ( 別 紙 第 1 2 号 様 式 ) 平 成 24 年 度 医 療 提 供 体 制 推 進 費 補 助 金 における 計 画 評 価 シート 1 の 概 要 神 奈 川 県 ( 金 額 の 単 位 は 千 円 ) 補 助 金 等 名 称 医 療 提 供 体 制 推 進 費 補 助 金 補 助 年 度 平 成 24 年 度 担 当 課 神 奈 川 県 保 健 福 祉 局 保 健 医 療

More information

草 加 都 市 計 画 事 業 新 田 西 部 土 地 区 画 整 理 事 業 土 地 評 価 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 土 地 区 画 整 理 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 119 号 ) 第 3 条 第 4 項 の 規 定 により 草 加 市 が 施 行 する 草

草 加 都 市 計 画 事 業 新 田 西 部 土 地 区 画 整 理 事 業 土 地 評 価 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 土 地 区 画 整 理 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 119 号 ) 第 3 条 第 4 項 の 規 定 により 草 加 市 が 施 行 する 草 草 加 都 市 計 画 事 業 新 田 西 部 土 地 区 画 整 理 事 業 土 地 評 価 基 準 草 加 市 草 加 都 市 計 画 事 業 新 田 西 部 土 地 区 画 整 理 事 業 土 地 評 価 基 準 ( 目 的 ) 第 1 この 基 準 は 土 地 区 画 整 理 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 119 号 ) 第 3 条 第 4 項 の 規 定 により 草 加 市 が 施

More information

前橋市軽自動車税減免要綱(案)1

前橋市軽自動車税減免要綱(案)1 前 橋 市 軽 自 動 車 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 前 橋 市 市 税 条 例 ( 昭 和 26 年 前 橋 市 条 例 第 302 号 以 下 条 例 という ) 第 89 条 及 び 第 90 条 に 規 定 する 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 取 扱 いに 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 減 免 要 件 の

More information

<5461726F2D87408140814081408E9696B19841978D81698B5E8B6089F08EDF>

<5461726F2D87408140814081408E9696B19841978D81698B5E8B6089F08EDF> 事 務 連 絡 平 成 23 年 3 月 3 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 御 中 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 柔 道 整 復 施 術 療 養 費 に

More information

目  次

目  次 年 金 手 当 について 障 害 基 礎 年 金 公 的 年 金 制 度 に 加 入 している 期 間 中 に 被 った 傷 病 により 障 害 者 になった 場 合 に 年 金 や 一 時 金 が 支 給 されます( 申 請 は 原 則 65 歳 までとなりま) 制 度 の 種 類 支 給 要 件 年 金 額 中 央 窓 口 センター 国 民 年 金 係 823-9439 国 民 年 金 障 害

More information

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加

( 別 紙 ) 以 下 法 とあるのは 改 正 法 第 5 条 の 規 定 による 改 正 後 の 健 康 保 険 法 を 指 す ( 施 行 期 日 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 1. 標 準 報 酬 月 額 の 等 級 区 分 の 追 加 について 問 1 法 改 正 により 追 加 別 添 事 務 連 絡 平 成 27 年 12 月 18 日 日 本 年 金 機 構 厚 生 年 金 保 険 部 長 殿 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 長 持 続 可 能 な 医 療 保 険 制 度 を 構 築 するための 国 民 健 康 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 による 健 康 保 険 法 及 び 船 員 保 険 法 改 正 内 容 の 一 部 に

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章 第 4 章 金 要 件 と 金 額 1 ( 高 齢 になった 場 合 に 受 け 取 れる 金 ) 要 件 1 受 資 格 期 間 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 を 合 わせて25 以 上 あること (ただし 金 額 には 反 映 されないが 受 資 格 期 間 には 算 入 される 合 算 対 象 期 間 があります) 消 費 税 が 引 き 上 げられる 27

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5 資 料 3 番 号 制 度 で 何 ができるようになるか 2011 年 1 月 31 日 内 閣 官 房 社 会 保 障 改 革 担 当 室 ( 注 )ここで 示 される 利 用 場 面 については 関 係 者 にシステム 対 応 等 の 負 担 を 求 める 可 能 性 があることや 個 人 情 報 等 の 取 扱 い 等 に 特 に 留 意 が 必 要 な 場 合 もあることから 引 き 続 き

More information

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3 1. 障 害 年 金 制 度 等 (1) 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 に 診 察 してもらった

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

H28記入説明書(納付金・調整金)8

H28記入説明書(納付金・調整金)8 1 常 用 雇 用 労 働 者 の 総 数 の 把 握 ( STEP1 ) (1) 常 用 雇 用 労 働 者 とは 障 害 者 雇 用 納 付 金 制 度 における 常 用 雇 用 労 働 者 とは あなたの 企 業 で の 形 式 の 如 何 を 問 わず 1 雇 用 ( 契 約 ) の 定 めがなく 雇 用 されている 労 働 者 及 び 一 定 の 雇 用 ( 契 約 ) を 定 めて 雇

More information

001-00 セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

001-00 セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 1 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) セルフメディケーション

More information

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根 第 2 建 築 物 構 造 1 構 造 (1) 主 要 構 造 部 ア 耐 火 構 造 ( 建 基 法 第 2 条 第 7 号 ) 壁 柱 床 その 他 の 建 築 物 の 部 分 の 構 造 のうち 耐 火 性 能 ( が 終 了 するまでの 間 当 該 火 災 による 建 築 物 の 倒 壊 及 び 延 焼 を 防 止 するために 当 該 建 築 物 の 部 分 に 必 要 とされる 性 能 をいう

More information

Microsoft Word - nagekomi栃木県特定医療費(指定難病)支給認定申請手続きのご案内 - コピー

Microsoft Word - nagekomi栃木県特定医療費(指定難病)支給認定申請手続きのご案内 - コピー 栃 木 県 特 定 医 療 費 ( 指 定 難 病 ) 支 給 認 定 申 請 手 続 きのご 案 内 はじめに 発 病 の 機 構 が 明 らかでなく かつ 治 療 方 法 が 確 立 していない 希 少 な 疾 病 であって 当 該 疾 病 にかか ることにより 長 期 にわたり 療 養 を 必 要 とすることとなるもののうち 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 疾 病 を 指 定 難 病 といいます

More information

Microsoft Word - 02目次.doc

Microsoft Word - 02目次.doc 5 税 金 1 国 税 に 関 する 控 除 非 課 税 適 用 を 受 けるには 所 得 税 に 関 する 障 がい 者 の 所 得 控 除 税 額 の 計 算 の 基 礎 となる 所 得 から 所 得 控 除 として 次 の 区 分 により 一 定 額 が 控 除 されます 等 級 身 体 障 害 知 的 障 害 精 神 障 害 123456 左 記 左 記 重 度 1 級 区 分 級 級 級

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095CA8E863136816A90DA91B18C9F93A289F1939A8F9181698D8288B3816A5F4150382E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095CA8E863136816A90DA91B18C9F93A289F1939A8F9181698D8288B3816A5F4150382E646F63> 接 続 検 討 回 答 書 ( 高 圧 版 ) 別 添 様 式 AP8-20160401 回 答 日 年 月 日 1. 申 込 者 等 の 概 要 申 込 者 検 討 者 2. 接 続 検 討 の 申 込 内 容 発 電 者 の 名 称 発 電 場 所 ( 住 所 ) 最 大 受 電 電 力 アクセス の 運 用 開 始 希 望 日 3. 接 続 検 討 結 果 (1) 希 望 受 電 電 力 に

More information

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震 Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 東 海 地 震 注 意 情 報 発 表 時 (1) 医 務 課 衛 生 薬 務 課 Ⅶ-1 Ⅶ-1 Ⅶ-2 2 病 院 診 療 所 の 対 応 (1) 院 内 の 安 全 確 保 等 (2) 医 療 救 護 活 動 の 準 備 Ⅶ-3 Ⅶ-4 Ⅶ-4 3 基 幹 災 害 拠 点 病 院 基

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031938C93FA967B91E5906B8DD082D682CC91CE899E2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031938C93FA967B91E5906B8DD082D682CC91CE899E2E646F6378> 6 同 行 援 護 について 同 行 援 護 とは 視 覚 障 害 により 移 動 に 著 しい 困 難 を 有 する 障 害 者 等 につき 外 出 時 において 当 該 障 害 者 等 に 同 行 し 移 動 に 必 要 な 情 報 を 提 供 する とともに 移 動 の 援 護 その 他 の 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 便 宜 を 供 与 することをいう ( 障 害 者 自 立 支

More information

毎 月 の 給 与 等 ( )を 一 定 の 等 級 区 分 にあてはめた 標 準 月 額 の 上 限 が 現 行 の47 等 級 から50 等 級 に 改 正 されます ( 別 紙 健 康 保 険 料 額 表 参 照 ) なお 法 改 正 に 伴 い 標 準 月 額 が 改 定 される 方 につい

毎 月 の 給 与 等 ( )を 一 定 の 等 級 区 分 にあてはめた 標 準 月 額 の 上 限 が 現 行 の47 等 級 から50 等 級 に 改 正 されます ( 別 紙 健 康 保 険 料 額 表 参 照 ) なお 法 改 正 に 伴 い 標 準 月 額 が 改 定 される 方 につい 事 業 主 殿 健 保 事 務 担 当 者 殿 平 成 28 3 月 15 日 観 光 産 業 健 康 保 険 組 合 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 法 等 の 一 部 改 正 について 時 下 ますますご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 当 健 康 保 険 組 合 の 事 業 運 営 に 格 別 のご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて

More information

本 試 験 模 範 解 答 固 定 資 産 税 第 一 問 問 1 1 住 宅 用 地 に 対 する 課 税 標 準 の 特 例 (1) 宅 地 のうち 住 宅 用 地 については 住 宅 政 策 上 の 見 地 から 次 のような 課 税 標 準 の 特 例 が 認 められている 小 規 模 住

本 試 験 模 範 解 答 固 定 資 産 税 第 一 問 問 1 1 住 宅 用 地 に 対 する 課 税 標 準 の 特 例 (1) 宅 地 のうち 住 宅 用 地 については 住 宅 政 策 上 の 見 地 から 次 のような 課 税 標 準 の 特 例 が 認 められている 小 規 模 住 第 66 回 税 理 士 試 験 解 答 速 報 固 定 資 産 税 本 解 答 は 平 成 28 年 8 月 12 日 16 時 に 学 校 法 人 大 原 学 園 が 独 自 に 作 成 したもので 予 告 なしに 内 容 を 変 更 する 場 合 が あります また 本 解 答 は 学 校 法 人 大 原 学 園 が 独 自 の 見 解 で 作 成 / 提 供 しており 試 験 機 関 による

More information

目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置

目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 難 小 児 慢 性 東 京 都 医 費 助 成 事 業 等 に 関 する 請 求 事 例 集 平 成 7 年 月 東 京 都 国 民 健 康 団 体 連 合 会 目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70

More information

障 害 程 度 等 級 表 級 別 体 幹 機 能 障 害 指 数 1 級 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 っていることができないもの 18 2 級 1 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 位 又 は 起 立 位 を 保 つことが 困 難 なもの 2 体 幹 の 機 能 障 害 により

障 害 程 度 等 級 表 級 別 体 幹 機 能 障 害 指 数 1 級 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 っていることができないもの 18 2 級 1 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 位 又 は 起 立 位 を 保 つことが 困 難 なもの 2 体 幹 の 機 能 障 害 により 第 4の3 体 幹 機 能 障 害 障 害 程 度 等 級 表 級 別 体 幹 機 能 障 害 指 数 1 級 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 っていることができないもの 18 2 級 1 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 位 又 は 起 立 位 を 保 つことが 困 難 なもの 2 体 幹 の 機 能 障 害 により 立 ち 上 ることが 困 難 なもの 3 級 体 幹 の 機 能

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

<5461726F2D3038303232315F97CC8EFB8F91814596BE8DD78F9192CA926D>

<5461726F2D3038303232315F97CC8EFB8F91814596BE8DD78F9192CA926D> 保 発 第 0305002 号 平 成 20 年 3 月 5 日 地 方 社 会 事 務 局 長 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 局 長 医 療 費 の 内 容 の 分 かる 領 収 証 の 交 付 について の 一 部 改 正 について 標 記 については 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 59 号 )が 制 定 され 同 告

More information

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施 北 部 大 阪 都 市 画 事 業 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 事 業 事 業 画 書 高 槻 市 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 組 合 目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

Microsoft Word - 第12回九州チャレ大会要綱.doc

Microsoft Word - 第12回九州チャレ大会要綱.doc 第 12 回 九 州 チャレンジ 陸 上 競 技 選 手 権 大 会 要 綱 1 主 催 熊 本 県 障 害 者 スポーツ 文 化 協 会 日 本 身 体 障 害 者 陸 上 競 技 連 盟 2 主 管 熊 本 陸 上 競 技 協 会 第 12 回 九 州 チャレンジ 陸 上 競 技 選 手 権 大 会 実 行 委 員 会 3 後 援 ( 予 定 ) 熊 本 県 熊 本 市 ( 財 ) 日 本 障

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑 等 の 当 初 見 直 し 案 の 検 討 状 況 について 資 料 1-1 項 目 名 検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 都 道 府 県 担 当 者 との 意 見 交 換 では 結 果 精 度 の 低 下 に 伴 い 結 果 が 活 用 されなくなった 場 合 の 員 のモチベーション 低 下 の 可 能 性 や 員 の 配 置 換 え 等 についての 考 慮 が 必 要 との 意

More information

令 第 129 条 の4(エレベーターの 構 造 上 主 要 な 部 分 ) 1) 強 度 計 算 の 規 定 例 示 仕 様 による 強 度 の 確 認 (ガイドレール 等 はグラフによって 判 断 ) エレベーター 強 度 検 証 法 による 強 度 の 確 認 安 全 率 等 については 告

令 第 129 条 の4(エレベーターの 構 造 上 主 要 な 部 分 ) 1) 強 度 計 算 の 規 定 例 示 仕 様 による 強 度 の 確 認 (ガイドレール 等 はグラフによって 判 断 ) エレベーター 強 度 検 証 法 による 強 度 の 確 認 安 全 率 等 については 告 昇 降 機 法 令 の 規 定 は 主 に 例 示 仕 様 性 能 規 定 に 分 類 されます それぞれの 定 義 については 下 記 の 通 りです 例 示 仕 様 条 文 に 書 かれている 寸 法 重 量 等 を 遵 守 することで 成 立 する 法 令 性 能 規 定 条 文 に 書 かれている 性 能 上 の 規 定 を 遵 守 すれば その 範 囲 内 で 自 由 な 設 計 が 可

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

埼玉県/自動車税事務所 障害者の方のための減免制度

埼玉県/自動車税事務所 障害者の方のための減免制度 軽 自 動 車 税 の 減 免 について 伊 勢 崎 市 財 政 部 市 民 税 課 次 のような 特 別 な 事 情 がある 場 合 軽 自 動 車 税 は 申 請 により 減 免 される 制 度 があります 1 身 体 障 害 者 戦 傷 病 者 知 的 障 害 者 精 神 障 害 者 ( 以 下 身 体 障 害 者 等 という )が 所 有 する 場 合 または 身 体 障 害 者 等 と にする

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

 35

 35 金属の支柱と半月によって補強 されたもの 2 支柱なし 金属支柱のないもの G 軟 性 ゴムひもを用いて足関節を背屈位 に保つもの ツイスター 骨盤帯と足部を布ひも ゴムひも又は 鋼製ケーブルによって結び 下肢の 内外旋を制御するもの A 軟 性 布ひも又はゴムひもを用いたもの B 鋼製ケーブル 鋼製ケーブルを用いたもの 足底装具 足部に対する装具であって 靴型装具 踵骨棘用装具は 補 以外のもの

More information

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定 資 料 10 減 損 損 失 及 び 資 本 金 の 変 動 に 関 する 調 査 記 載 上 の 注 意 事 項 当 調 査 は 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 資 本 金 の の 変 動 等 を 把 握 するために 調 査 する ものである 調 査 対 象 は 地 方 公 営 企 業 状 況 調 査 の 対 象 となっている 法 適 用 企 業 とする Ⅰ 提 出 物 について

More information

<4D F736F F D2091E F18CB48D C481698E7B90DD8F9590AC89DB816A2E646F63>

<4D F736F F D2091E F18CB48D C481698E7B90DD8F9590AC89DB816A2E646F63> 平 成 18 年 7 月 独 立 行 政 法 人 国 立 大 学 財 務 経 営 センター 国 立 大 学 法 人 等 による 国 立 大 学 財 務 経 営 センターへの 土 地 譲 渡 収 入 の 一 部 納 付 の 仕 組 みについて 国 立 大 学 法 人 等 が 国 から 出 資 された 土 地 を 譲 渡 した 場 合 文 部 科 学 大 臣 が 定 める 基 準 に より 算 定 した

More information

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定 射 水 市 建 設 工 事 施 行 に 関 する 工 事 成 績 評 定 要 領 平 成 8 年 3 月 7 告 示 第 44 号 ( 目 的 ) 第 条 この 要 領 は 射 水 市 が 所 掌 する 工 事 の 成 績 評 定 ( 以 下 評 定 という )に 必 要 な 事 項 を 定 め 公 正 かつ 的 確 な 評 定 を 行 うことにより もって 請 負 業 者 の 選 定 及 び 指

More information

経 常 収 支 差 引 額 等 の 状 況 平 成 26 年 度 予 算 早 期 集 計 平 成 25 年 度 予 算 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 3,689 億 円 4,597 億 円 908 億 円 減 少 赤 字 組 合 数 1,114 組 合 1,180 組 合 66

経 常 収 支 差 引 額 等 の 状 況 平 成 26 年 度 予 算 早 期 集 計 平 成 25 年 度 予 算 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 3,689 億 円 4,597 億 円 908 億 円 減 少 赤 字 組 合 数 1,114 組 合 1,180 組 合 66 平 成 26 年 度 健 保 組 合 予 算 早 期 集 計 結 果 の 概 要 平 成 26 年 4 月 18 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 26 年 度 における 健 保 組 合 の 財 政 状 況 等 を 早 期 に 把 握 するため 26 年 度 予 算

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

<9056976C8EAE81698B4C93FC8FE382CC97AF88D38E968D80814595CA8E86816A2E786C73>

<9056976C8EAE81698B4C93FC8FE382CC97AF88D38E968D80814595CA8E86816A2E786C73> 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 需 給 調 整 事 業 課 労 働 者 派 遣 事 業 書 記 入 のポイント 実 際 の 記 入 にあたっては 様 式 第 11 号 ( 第 3 面 )の 記 載 要 領 をご 覧 の 上 正 確 に 記 入 して 下 さい 一 般 派 遣 元 事 業 主 及 び 特 定 派 遣 元 事 業 主 は 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 ごとに

More information

Microsoft Word - h doc

Microsoft Word - h doc 消 防 予 第 192 号 平 成 9 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 消 防 主 管 部 長 殿 消 防 庁 予 防 課 長 消 防 用 設 備 等 に 係 る 届 出 等 に 関 する 運 用 について( 通 知 ) 消 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 17 条 14 規 定 に 基 づく 消 防 用 設 備 等 着 工 届 法 第 17 条 32 規 定 に 基 づく 消 防

More information

32 農事組合法人法人用パンフ_24.2一部改正)

32  農事組合法人法人用パンフ_24.2一部改正) 一 定 農 事 組 合 法 人 に 係 る 法 人 事 業 税 課 税 標 準 算 定 方 法 等 について(お 知 らせ) 平 成 23 年 4 月 大 分 県 地 方 税 法 第 72 条 4 第 3 項 規 定 により 一 定 農 事 組 合 法 人 が 行 う 農 業 に 対 しては 事 業 税 が 非 課 税 とされていますが 大 分 県 では そ 具 体 的 な 取 扱 いについて 以

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

伊勢崎市職員職場復帰支援制度

伊勢崎市職員職場復帰支援制度 職 場 復 帰 支 援 制 度 実 施 マニュアル 平 成 22 年 4 月 伊 勢 崎 市 総 務 部 職 員 課 目 次 1 趣 旨 1 2 対 象 者 1 3 用 語 の 定 義 1 4 病 気 休 業 に 係 る 休 暇 制 度 等 について 1 (1) 病 気 休 暇 について (2) 休 職 について 5 職 場 復 帰 支 援 制 度 について 2 < 第 1ステップ> 病 気 休 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63> 東 京 都 市 計 画 地 区 計 画 の 決 定 ( 豊 島 区 決 定 ) 都 市 計 画 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 を 次 のように 決 定 する 名 称 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 位 置 豊 島 区 上 池 袋 二 丁 目 上 池 袋 三 丁 目 上 池 袋 四 丁 目 及 び 池 袋 本 町 一 丁 目 各 地 内 面 積 約 46.5ha

More information

不 利 益 処 分 に 係 る 法 令 名 漁 港 漁 場 整 備 法 第 39 条 の2 第 1 項 工 作 物 建 造 許 可 等 の 取 消 無 許 可 行 為 の 中 止 復 旧 命 令 等 法 令 の 定 め 第 39 条 の2 第 1 項 漁 港 管 理 者 は 次 の 各 号 のいずれ

不 利 益 処 分 に 係 る 法 令 名 漁 港 漁 場 整 備 法 第 39 条 の2 第 1 項 工 作 物 建 造 許 可 等 の 取 消 無 許 可 行 為 の 中 止 復 旧 命 令 等 法 令 の 定 め 第 39 条 の2 第 1 項 漁 港 管 理 者 は 次 の 各 号 のいずれ 不 利 益 処 分 に 係 る 法 令 名 漁 港 漁 場 整 備 法 第 37 条 第 2 項 漁 港 施 設 の 原 状 回 復 命 令 法 令 の 定 め 第 37 条 第 2 項 漁 港 管 理 者 は 漁 港 の 保 全 上 必 要 があると 認 める 場 合 には 前 項 の 規 定 に 違 反 した 者 に 対 し 原 状 回 復 を 命 ずることができる 違 法 性 の 程 度 当

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

スライド 1

スライド 1 本 資 料 は 学 会 代 議 員 との 意 見 交 換 を 踏 まえて 多 数 意 見 をまとめたものです しかし 学 術 団 体 として 多 様 な 意 見 があります これを 契 機 に 議 論 が 活 性 化 することを 期 待 します マンション 建 替 えに 関 する 意 見 ( 第 2 版 ) 当 日 の 口 頭 説 明 を 一 部 加 筆 千 葉 大 学 小 林 秀 樹 < 一 般

More information

(2) 支 状 況 保 育 所 ( 定 員 60 人 以 上 ) 支 状 況 は 次 とおりです 1 総 入 構 成 比 は 割 合 が88.1% 活 動 外 入 が2.1% 特 別 入 が9.8%でした 2 構 成 比 は 運 営 費 入 が80.1% 経 常 経 費 補 助 金 入 が17.8%

(2) 支 状 況 保 育 所 ( 定 員 60 人 以 上 ) 支 状 況 は 次 とおりです 1 総 入 構 成 比 は 割 合 が88.1% 活 動 外 入 が2.1% 特 別 入 が9.8%でした 2 構 成 比 は 運 営 費 入 が80.1% 経 常 経 費 補 助 金 入 が17.8% 認 可 保 育 所 経 営 析 参 考 指 標 ( 平 成 22 年 度 決 算 ) 1. 保 育 所 ( 定 員 60 人 以 上 ) (1) 機 能 性 状 況 保 育 所 ( 定 員 60 人 以 上 ) 有 効 集 対 象 3,086 施 設 機 能 性 状 況 は 次 とおりです 1 平 均 認 可 定 員 数 は108.5 人 で 利 用 率 は110.0%でした 2 在 所 児 1 人

More information

Speed突破!Premium問題集 基本書サンプル

Speed突破!Premium問題集 基本書サンプル は じ め に 合 格 (うかる) 勉 強 とは 1 試 験 に 合 格 するのに 絶 対 的 に 必 要 なことは 問 いに 正 しく 答 えることである このあたりまえのことを 考 えたこと 有 りますか 2 試 験 問 題 の 出 題 (= 作 問 )の 仕 方 から 勉 強 方 法 を 考 える 択 一 試 験 では 必 ず 正 誤 が 問 われるのでついつい 思 考 が 二 者 択 一 的

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

1 狭 あい 道 路 等 整 備 事 業 について 1-1 はじめに 私 たちが 安 心 して 安 全 に 暮 らしていくうえで, 道 は 重 要 な 役 割 を 担 っています しかし, 道 が 狭 いと, 日 照 通 風 等 の 確 保 が 難 しいといった 住 環 境 の 面 だけでなく, 災

1 狭 あい 道 路 等 整 備 事 業 について 1-1 はじめに 私 たちが 安 心 して 安 全 に 暮 らしていくうえで, 道 は 重 要 な 役 割 を 担 っています しかし, 道 が 狭 いと, 日 照 通 風 等 の 確 保 が 難 しいといった 住 環 境 の 面 だけでなく, 災 京 都 市 狭 あい 道 路 等 整 備 事 業 に 関 する 手 引 目 次 1 狭 あい 道 路 等 整 備 事 業 について 1-1 はじめに 1 1-2 事 業 の 概 要 1 1-3 狭 あい 道 路 とは 3 2 狭 あい 道 路 整 備 申 出 について 2-1 狭 あい 道 路 整 備 申 出 の 手 続 の 流 れ 4 2-2 狭 あい 道 路 整 備 申 出 書 の 記 入 方

More information

介護保険制度改正にかかる事業所説明会

介護保険制度改正にかかる事業所説明会 資 料 3 予 防 生 活 支 援 サー 事 業 へ 移 行 時 のポイント 杉 並 区 役 所 保 健 福 祉 部 高 齢 者 施 策 課 総 合 事 業 整 備 係 1 利 用 者 の 総 合 事 業 への 移 行 時 期 予 防 給 付 予 防 生 活 支 援 サー 事 業 給 付 平 成 27 年 度 平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 保 険 法 改 正 予 防 生 活 支 援 サー

More information

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 鳥 取 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 32 年 鳥 取 県 規 則 第 22 号 以 下 規 則 とい う ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 ( 以 下 本 補 助 金

More information

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議 第 6 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 個 別 理 論 題 の 出 題 であった 1については 固 定 資 産 評 価 員 及 び 固 定 資 産 評 価 補 助 員 に 関 する 出 題 であったが 個 別 理 論 での 出 題 であり 判 断 に 迷 う 点 もなく 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった については 区 分 所

More information

送 信 局 を 電 気 通 信 事 業 者 に 貸 し 付 けるとともに 電 気 通 信 事 業 者 とあらかじめ 契 約 等 を 締 結 する 必 要 があること なお 既 に 電 気 通 信 事 業 者 において 送 信 局 を 整 備 している 地 域 においては 当 該 設 備 の 整 備

送 信 局 を 電 気 通 信 事 業 者 に 貸 し 付 けるとともに 電 気 通 信 事 業 者 とあらかじめ 契 約 等 を 締 結 する 必 要 があること なお 既 に 電 気 通 信 事 業 者 において 送 信 局 を 整 備 している 地 域 においては 当 該 設 備 の 整 備 消 防 情 第 96 号 平 成 28 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 消 防 防 災 主 管 部 長 殿 消 防 庁 国 民 保 護 防 災 部 防 災 情 報 室 長 ( 公 印 省 略 ) 災 害 時 の 住 民 への 情 報 伝 達 体 制 の 更 なる 強 化 について 昨 今 の 水 害 や 土 砂 災 害 においては 避 難 勧 告 等 や 防 災 気 象 情 報 が 住 民

More information

(Microsoft Word - \221\346\202P\202U\201@\214i\212\317.doc)

(Microsoft Word - \221\346\202P\202U\201@\214i\212\317.doc) (1) 1 ア 調 査 すべき の 手 法 情 報 できる 主 要 な 眺 望 地 点 及 び 主 要 で 身 近 な 視 点 の 状 況 な 実 視 施 点 地 ( 区 点 不 域 のうち 特 周 定 辺 の 多 主 数 の 要 な なものをいう 人 々 眺 望 又 地 は 点 周 ( 辺 の 不 以 住 特 下 民 定 が 同 多 じ ) 数 の する 人 及 々が 場 び 所 対 利 で 象

More information

住宅改修の手引き(初版)

住宅改修の手引き(初版) 目 次 1. 介 護 保 険 制 度 における 住 宅 改 修 費 支 給 制 度 について 1 2. 対 象 要 件 2 3. 支 給 限 度 基 準 額 3 4. 支 払 方 法 5. 手 続 きの 流 れ 6 7 6. 住 宅 改 修 の 種 類 13 7. 住 宅 改 修 費 が 支 給 できない 場 合 16 8. 現 地 確 認 について 16 参 考 資 料 住 宅 改 修 費 の 支

More information

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上 蕨 市 三 世 代 ふれあい 家 族 住 宅 取 得 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 子 育 て 中 の 子 世 帯 及 びその 親 世 帯 の 同 居 又 は 近 居 ( 以 下 同 居 等 と い う ) を 促 進 す る た め 住 宅 の 取 得 に 係 る 費 用 の 一 部 を 補 助 す る こ と に よ り 三 世 代 の 市 内 定 住

More information

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 関 する 許 可 基 準 改 定 平 成 23 年 10 月 1 日 Ⅰ 趣 旨 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 許 可 制 度 は 機 械 室 等 部 分 の 床 面 積 の 合 計 の 建 築 物 の 延 べ 面 積 に 対 する

More information

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身 第 11 部 麻 酔 通 則 1 麻 酔 の 費 用 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各 の 所 定 点 数 により 算 定 する ただし 麻 酔 に 当 た って 薬 剤 又 は 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 保 険 医 療 材 料 ( 以 下 この 部 において 特 定 保 険 医 療 材 料 という )を 使 用 した 場 合 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各

More information