00 平成23年度業務実績報告書

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "00 平成23年度業務実績報告書"

Transcription

1 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早 期 復 旧 に 向 けて 軌 道 工 事 及 び 軌 道 整 備 に 必 要 な 工 事 機 械 等 を 貸 し 出 し 2) 仙 台 空 港 線 の 復 旧 支 援 (P16 参 照 ) 仙 台 空 港 鉄 道 株 式 会 社 に 2 名 ( 土 木 電 気 )の 職 員 を 派 遣 するなどの 支 援 を 通 じて 早 期 の 全 線 運 行 再 開 に 貢 献 3) 中 小 民 鉄 線 等 鉄 道 施 設 の 津 波 被 災 状 況 調 査 及 び 復 旧 方 策 検 討 業 務 (P79 参 照 ) 国 土 交 通 省 から 委 託 を 受 けて 中 小 民 鉄 等 鉄 道 施 設 の 津 波 被 災 状 況 調 査 及 び 復 旧 方 策 検 討 業 務 を 早 期 の 復 旧 に 向 けて 短 期 間 で 実 施 4) 三 陸 鉄 道 ( 北 リアス 線 南 リアス 線 )の 復 旧 工 事 (P12~13 参 照 ) 壊 滅 的 な 被 害 を 受 けた 三 陸 鉄 道 ( 北 リアス 線 南 リアス 線 )について 三 陸 鉄 道 株 式 会 社 から 全 線 復 旧 へ 向 けた 全 面 的 な 支 援 要 請 を 受 け 復 旧 工 事 を 受 託 2 船 舶 共 有 建 造 業 務 関 連 1) 被 災 した 旅 客 船 の 代 替 建 造 支 援 等 (P61 68 参 照 ) 生 活 航 路 の 早 期 復 旧 に 向 けて 被 災 した 旅 客 船 の 代 替 建 造 を 早 期 に 実 施 原 子 力 発 電 所 停 止 に 伴 い 増 加 する 石 油 需 要 に 対 応 するため タンカー の 新 規 建 造 に 迅 速 に 対 応 3 国 鉄 清 算 事 業 関 連 1) 利 益 剰 余 金 (1.2 兆 円 )の 国 庫 納 付 (P117~118 参 照 ) 関 係 三 大 臣 合 意 を 踏 まえ 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するために 必 要 な 財 源 の 確 保 を 図 るための 特 別 措 置 に 関 する 法 律 に 基 づき 震 災 復 興 に 活 用 する ための 資 金 として 利 益 剰 余 金 (1.2 兆 円 )を 国 庫 納 付 2) 保 有 する 土 地 の 貸 し 出 し 宮 城 県 からの 要 請 により 仙 台 市 太 白 区 あすと 長 町 の 保 有 土 地 (38 街 区 1.6ha)を 応 急 仮 設 住 宅 設 置 のための 用 地 として 提 供 192

2 (2) 独 立 行 政 法 人 の 事 務 事 業 の 見 直 しの 基 本 方 針 ( 平 成 22 年 12 月 7 日 閣 議 決 定 ) において 講 ずべき 措 置 とされている 事 項 に 対 する 平 成 23 年 度 の 取 組 状 況 表 71 独 立 行 政 法 人 の 事 務 事 業 の 見 直 しの 基 本 方 針 ( 平 成 22 年 12 月 7 日 閣 議 決 定 ) 鉄 道 運 輸 機 構 関 係 部 分 抜 粋 事 務 事 業 の 見 直 し 事 務 事 業 講 ずべき 措 置 実 施 時 期 具 体 的 内 容 01 鉄 道 建 設 等 業 務 02 鉄 道 助 成 業 務 ( 補 助 金 等 交 付 業 務 等 ) コスト 縮 減 の 取 組 等 の 推 進 補 助 金 交 付 業 務 の 一 部 の 国 への 移 管 22 年 度 から 実 施 23 年 度 から 実 施 現 在 実 施 しているコスト 縮 減 策 の 効 果 を 検 証 した 上 で 一 層 のコスト 縮 減 に 努 めるとともに コスト 縮 減 の 取 組 効 果 については 引 き 続 きホームページ 等 国 民 に 分 かりやすい 形 で 公 開 する 補 助 金 等 交 付 業 務 については 交 付 先 内 容 が 特 定 的 なも のである 財 団 法 人 鉄 道 総 合 技 術 研 究 所 に 対 する 超 電 導 磁 気 浮 上 式 鉄 道 (リニア)の 鉄 道 技 術 開 発 費 補 助 金 及 び 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 に 対 する 新 線 調 査 費 等 補 助 金 は 国 に 移 管 する 03 特 例 業 務 ( 国 鉄 清 算 業 務 ) 利 益 剰 余 金 の 国 庫 納 付 23 年 度 から 実 施 特 例 業 務 勘 定 の 利 益 剰 余 金 は 国 庫 納 付 する 04 船 舶 の 共 有 建 造 等 業 務 財 務 内 容 の 健 全 化 の 向 上 等 22 年 度 から 実 施 今 後 の 業 務 の 在 り 方 については 重 点 集 中 改 革 期 間 におけ る 取 組 の 成 果 を 踏 まえつつ 内 航 海 運 活 性 化 に 向 けた 政 策 全 体 の 中 での 位 置 付 け 政 策 目 標 政 策 手 段 の 有 効 性 等 を 検 討 し その 結 果 を 次 期 中 期 目 標 等 に 反 映 する 05 高 度 船 舶 技 術 開 発 等 業 務 利 子 補 給 及 び 債 務 保 証 業 務 の 終 了 22 年 度 中 に 実 施 利 子 補 給 及 び 債 務 保 証 業 務 は 業 務 方 法 書 を 変 更 し 平 成 22 年 度 をもって 終 了 する 06 造 船 業 構 造 転 換 業 務 経 過 業 務 07 基 礎 的 研 究 業 務 法 人 の 業 務 としては 廃 止 24 年 度 以 降 実 施 法 人 の 業 務 としては 廃 止 し 真 に 必 要 なものについては 国 で 実 施 する 08 内 航 海 運 活 性 化 融 資 業 務 資 産 運 営 等 の 見 直 し 講 ずべき 措 置 実 施 時 期 具 体 的 内 容 09 特 例 業 務 勘 定 の 利 益 剰 余 金 23 年 度 から 実 施 特 例 業 務 勘 定 の 利 益 剰 余 金 は 国 庫 納 付 する 10 不 要 資 産 の 国 庫 返 納 11 鉄 道 施 設 貸 付 譲 渡 事 業 の 出 資 金 高 度 船 舶 技 術 開 発 等 業 務 における 信 用 基 金 22 年 度 中 に 実 施 23 年 度 中 に 実 施 鉄 道 施 設 貸 付 譲 渡 事 業 の 一 部 終 了 に 伴 う 政 府 出 資 金 12 億 5000 万 円 を 国 庫 納 付 する 利 子 補 給 及 び 債 務 保 証 業 務 に 係 る 信 用 基 金 ( 政 府 出 資 金 ) 10 億 円 を 国 庫 納 付 する 12 事 務 所 等 の 見 直 し 地 方 機 関 の 見 直 し 23 年 度 以 降 実 施 国 鉄 清 算 事 業 東 日 本 支 社 ( 大 宮 ) 国 鉄 清 算 事 業 西 日 本 支 社 ( 淀 川 区 ) 品 川 作 業 所 等 について 土 地 処 分 の 進 ちょく 等 に 応 じて 組 織 の 縮 小 廃 止 等 の 見 直 しを 行 う また 鉄 道 建 設 本 部 東 京 支 社 ( 芝 公 園 )について 事 務 所 借 上 経 費 を 削 減 する 観 点 から 移 転 等 を 検 討 する 13 職 員 宿 舎 の 見 直 し 職 員 宿 舎 の 集 約 化 等 22 年 度 から 実 施 職 員 宿 舎 については 業 務 の 進 ちょく 状 況 入 居 状 況 等 を 勘 案 しながら 集 約 化 や 売 却 を 進 める 14 人 件 費 の 見 直 し ラスパイレス 指 数 の 低 減 22 年 度 から 実 施 本 給 や 諸 手 当 の 見 直 し 等 によりラスパイレス 指 数 を 引 き 下 げる 取 組 を 着 実 に 実 施 するとともに 人 件 費 全 体 の 抑 制 を 更 に 図 る 193

3 1 鉄 道 建 設 等 業 務 におけるコスト 縮 減 の 取 組 等 の 推 進 国 土 交 通 省 の 公 共 事 業 コスト 構 造 改 善 プログラム を 踏 まえ 機 構 が 策 定 した コス ト 構 造 改 善 プログラム に 基 づき 引 き 続 きコスト 縮 減 の 取 組 みを 推 進 した コスト 縮 減 の 推 進 に 当 たっては 機 構 内 に 設 置 しているコスト 構 造 改 善 プロジェクトチーム 会 議 において 現 在 実 施 しているコスト 縮 減 策 の 効 果 を 検 証 した 上 で 一 層 のコスト 縮 減 に 努 めた コスト 縮 減 の 取 組 効 果 については 引 き 続 きホームページにて 具 体 的 事 例 を 図 を 用 いて 示 すなど 国 民 に 分 かりやすい 形 で 公 開 した( 平 成 22 年 度 実 施 分 は 平 成 24 年 1 月 に 公 開 ) 2 鉄 道 助 成 業 務 における 補 助 金 交 付 業 務 の 一 部 の 国 への 移 管 公 益 財 団 法 人 鉄 道 総 合 技 術 研 究 所 ( 旧 財 団 法 人 鉄 道 総 合 技 術 研 究 所 )に 対 する 超 電 導 磁 気 浮 上 式 鉄 道 (リニア)の 鉄 道 技 術 開 発 費 補 助 金 及 び 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 に 対 する 新 線 調 査 費 等 補 助 金 は 平 成 23 年 4 月 1 日 より 国 か らの 直 接 交 付 とした 3 特 例 業 務 ( 国 鉄 清 算 業 務 )における 利 益 剰 余 金 の 国 庫 納 付 利 益 剰 余 金 について 機 構 の 特 例 業 務 勘 定 における 利 益 剰 余 金 等 の 取 扱 いに 関 する 関 係 三 大 臣 合 意 ( 平 成 22 年 12 月 21 日 ) 及 び 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するために 必 要 な 財 源 の 確 保 を 図 るための 特 別 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 42 号 )に 基 づき 震 災 復 興 に 活 用 するため 平 成 23 年 度 内 に 1 兆 2 千 億 円 を 国 庫 納 付 した 4 船 舶 の 共 有 建 造 等 業 務 における 財 務 内 容 の 健 全 化 の 向 上 等 重 点 集 中 改 革 期 間 終 了 後 の 取 組 みについては 同 期 間 における 取 組 みの 成 果 等 を 踏 まえ 内 航 海 運 効 率 化 のための 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 船 舶 勘 定 見 直 し 方 針 ( 平 成 16 年 12 月 20 日 公 表 )に 基 づく 取 組 みを 継 続 しつつ 更 なる 財 務 改 善 を 進 めるため 平 成 22 年 度 以 降 船 舶 使 用 料 の 引 き 上 げを 行 う 等 財 務 改 善 に 努 めている ま た 船 舶 の 共 有 建 造 業 務 における 政 策 誘 導 機 能 を 強 化 する 観 点 から 平 成 22 年 度 より スーパーエコシップや 16%CO 2 排 出 削 減 船 といった 高 度 な 環 境 性 能 を 有 する 船 舶 の 建 造 等 に 対 して 重 点 的 な 支 援 を 行 っており 今 後 もこうした 取 組 みを 継 続 し 適 宜 適 切 に 事 業 の 見 直 しを 行 って 参 る 所 存 であるが これらの 結 果 については 次 期 中 期 計 画 等 に 反 映 させるべきものと 考 えている 5 高 度 船 舶 技 術 開 発 等 業 務 における 利 子 補 給 及 び 債 務 保 証 業 務 の 終 了 及 びそれに 伴 う 不 要 財 産 の 国 庫 納 付 等 高 度 船 舶 技 術 開 発 等 業 務 における 利 子 補 給 及 び 債 務 保 証 業 務 は 平 成 23 年 3 月 に 業 194

4 務 方 法 書 を 変 更 し 平 成 22 年 度 末 をもって 終 了 した このため 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 46 条 の 2 第 2 項 に 基 づく 政 府 出 資 金 の 国 庫 納 付 同 法 第 46 条 の 3 第 1 項 に 基 づく 民 間 出 資 金 の 払 戻 し 及 び 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 法 附 則 第 8 条 に 基 づく 民 間 拠 出 金 の 返 還 手 続 を 行 い 平 成 23 年 12 月 までにすべて 終 了 した 6 事 務 所 等 ( 地 方 機 関 )の 見 直 し 鉄 道 建 設 本 部 東 北 新 幹 線 建 設 局 については 業 務 の 進 捗 にあわせて 平 成 23 年 6 月 に 青 森 市 へ 移 転 するとともに 鉄 道 建 設 本 部 青 森 新 幹 線 建 設 局 への 名 称 変 更 を 行 った 鉄 道 建 設 本 部 東 京 支 社 については 事 務 所 借 上 経 費 を 削 減 する 観 点 から 平 成 23 年 9 月 に 移 転 を 行 った 国 鉄 清 算 事 業 西 日 本 支 社 品 川 作 業 所 については 業 務 の 進 捗 にあわせて 平 成 23 年 度 末 をもって 廃 止 した 国 鉄 清 算 事 業 東 日 本 支 社 及 び 鉄 道 建 設 本 部 九 州 新 幹 線 建 設 局 については 事 業 の 進 捗 にあわせて 事 務 所 借 上 面 積 を 縮 小 した 7 職 員 宿 舎 の 見 直 し( 集 約 化 等 ) 平 成 23 年 度 については 以 下 の 取 組 みを 行 った 1)こずかた 寮 平 成 22 年 度 に 一 般 競 争 入 札 及 び 公 募 抽 選 を 行 ったが 参 加 者 がいなかった さ らに 平 成 23 年 8 月 に 媒 介 業 者 を 募 る 一 般 競 争 入 札 を 行 ったが 参 加 者 がいなかっ た このため 他 の 売 却 手 法 の 検 討 を 行 った 2) 松 戸 宿 舎 習 志 野 台 宿 舎 B 棟 及 び 山 科 宿 舎 市 況 及 び 専 門 家 の 意 見 を 踏 まえ 隣 接 者 との 境 界 確 認 及 び 土 地 鑑 定 評 価 等 を 終 了 し 売 却 に 向 け 事 務 手 続 きを 進 めた 3) 船 橋 宿 舎 等 船 橋 宿 舎 について 入 居 者 を 行 田 宿 舎 へ 移 転 させ 用 途 廃 止 を 行 い ガス 水 道 等 インフラ 部 分 の 設 備 の 共 同 利 用 者 である 部 外 関 係 者 と 協 議 を 進 めたことをはじめ 保 土 ヶ 谷 寮 の 一 部 の 用 途 廃 止 を 行 うなど 現 存 の 宿 舎 及 び 寮 全 体 を 通 じての 集 約 化 に 向 けて 着 実 に 取 り 組 んだ 8 ラスパイレス 指 数 の 低 減 ( 人 件 費 の 見 直 し) 給 与 水 準 については 引 き 続 きその 適 正 化 に 努 めており 平 成 22 年 度 末 をもって 本 社 課 長 補 佐 手 当 の 経 過 措 置 が 終 了 したこと 職 務 手 当 を 見 直 したこと 等 の 取 組 みによ り 平 成 23 年 度 のラスパイレス 指 数 は 平 成 22 年 度 の から となり 0.2 ポイント 減 少 した 195

5 9 基 礎 的 研 究 業 務 の 廃 止 平 成 23 年 度 については 以 下 の 取 組 みを 行 った 1) 基 礎 的 研 究 業 務 は 平 成 24 年 度 をもって 終 了 することとし 実 施 中 の 研 究 課 題 の 研 究 期 間 を 平 成 24 年 度 末 までとした 2) 平 成 24 年 度 の 新 規 課 題 の 募 集 は 行 わないこととした (3) 関 連 法 人 への 補 助 取 引 等 及 び 再 就 職 の 状 況 機 構 から 関 連 法 人 への 補 助 取 引 等 及 び 再 就 職 の 状 況 については 表 72 のとおりで あり 毎 年 ホームページで 公 表 している 表 72 関 連 法 人 への 補 助 取 引 等 及 び 再 就 職 の 状 況 法 人 種 別 名 称 ( 特 定 関 連 会 社 ) ( 関 連 会 社 ) 事 項 ( 関 連 公 益 法 人 等 ) フリーゲージトレイン 技 術 研 究 組 合 組 合 員 のために 軌 間 可 変 電 車 に 関 する 試 験 研 究 を 行 うこ と 組 合 員 のために 前 号 の 事 業 の 成 果 を 管 理 すること 関 連 法 人 の 業 務 概 要 組 合 員 に 対 する 技 術 指 導 を 行 うこと 試 験 研 究 のための 施 設 を 組 合 員 に 使 用 させること 前 各 号 の 事 業 に 付 帯 する 事 業 合 計 関 連 公 益 法 人 等 の 受 取 補 助 金 等 ( 国 等 )とその 他 の 収 益 の 金 額 受 取 補 助 金 1,059,422,000 円 受 取 補 助 金 1,059,422,000 円 その 他 収 益 68,484,000 円 その 他 収 益 68,484,000 円 所 有 株 式 数 取 得 価 額 BS 計 上 額 関 連 公 益 法 人 等 の 基 本 財 産 に 対 する 出 えん 拠 出 寄 附 等 運 営 費 事 業 費 等 に 充 てるため 負 担 した 会 費 負 担 金 等 債 権 債 務 の 明 細 債 務 保 証 の 明 細 事 業 収 入 事 業 収 入 総 売 上 高 事 業 収 入 と 独 立 行 政 法 人 の 発 注 等 に 係 る 金 額 割 合 ( 競 争 契 約 企 画 競 争 公 募 及 び 競 争 性 のな い 随 意 契 約 の 金 額 割 合 ) 独 法 発 注 額 1,127,906,000 円 1,127,906,000 円 独 法 発 注 額 1,059,422,000 円 1,059,422,000 円 93.9% 役 員 のうち 独 立 行 政 法 人 の 役 職 員 経 験 者 員 の 人 数 と 氏 名 ( 独 立 行 政 法 人 での 最 終 職 名 ) 0 人 0 人 役 員 に 就 いている 退 職 公 務 員 の 状 況 1 人 1 人 196

6 1 機 構 における 特 定 関 連 会 社 関 連 会 社 の 有 無 平 成 23 年 度 において 機 構 における 特 定 関 連 会 社 関 連 会 社 は 存 在 しない 2 関 連 法 人 に 係 る 契 約 の 妥 当 性 フリーゲージトレイン 技 術 研 究 組 合 は 軌 間 可 変 電 車 に 関 する 技 術 水 準 の 向 上 を 図 るための 事 業 を 行 うことを 目 的 に 発 足 した 機 関 であり 平 成 23 年 度 においては 軌 間 可 変 電 車 の 走 行 試 験 及 び 設 備 等 の 維 持 管 理 業 務 を 同 組 合 と 契 約 した これらの 業 務 の 実 施 にあたっては これまでの 走 行 試 験 の 実 績 に 基 づく 高 度 な 経 験 ノウハウが 必 要 であるとともに 車 輌 開 発 に 精 通 していることが 必 要 であることから 本 業 務 に 関 連 する 研 究 開 発 を 実 施 する 唯 一 の 機 関 である 同 組 合 と 契 約 し 本 業 務 を 進 めているところである (4) 事 務 に 係 る 経 費 の 見 直 し 状 況 1 法 定 外 福 利 厚 生 費 1) 互 助 組 織 への 助 成 廃 止 に 向 けた 見 直 しに 関 する 国 からの 要 請 等 を 踏 まえ 平 成 22 年 度 から 互 助 組 織 への 助 成 金 の 支 出 を 廃 止 した 2) 昼 食 施 設 利 用 料 補 助 については 平 成 21 年 度 末 をもって 廃 止 した 3)レクリエーション 経 費 の 支 出 に 対 する 見 直 しに 関 する 国 からの 要 請 等 を 踏 まえ 平 成 20 年 度 以 降 のレクリエーションについては 廃 止 し 平 成 21 年 度 以 降 レク リエーション 経 費 の 予 算 要 求 は 行 っていない また 永 年 勤 続 表 彰 については 国 と 同 等 の 制 度 となるよう 平 成 23 年 度 から 10 年 勤 続 表 彰 を 廃 止 することとし た 2 事 務 所 の 借 上 経 費 事 務 所 借 上 経 費 を 削 減 する 観 点 から 鉄 道 建 設 本 部 東 京 支 社 の 移 転 を 平 成 23 年 9 月 に 実 施 した (5) 自 然 災 害 等 に 関 係 するリスクへの 対 応 についての 取 組 み 東 日 本 大 震 災 における 経 験 等 を 踏 まえ 本 社 においては 交 通 機 関 が 運 休 した 際 に 役 職 員 等 を 機 構 事 務 所 内 に 留 め 置 くことができるよう 従 来 の 備 蓄 物 品 の 内 容 を 強 化 し 3 日 分 の 水 食 料 簡 易 トイレや 毛 布 使 い 捨 てカイロ ラジオ 付 き 懐 中 電 灯 非 常 用 発 電 機 等 の 物 品 を 備 蓄 したほか 事 務 所 内 の 防 災 体 制 を 再 点 検 し 必 要 に 応 じ 書 庫 等 の 転 倒 移 動 防 止 措 置 を 講 じた また 消 防 法 に 基 づく 消 防 計 画 の 内 容 の 見 直 し 大 規 模 災 害 時 に 役 職 員 の 安 否 や 建 設 工 事 現 場 等 の 被 災 状 況 に 関 する 情 報 を 迅 速 に 集 約 するための 緊 急 連 絡 体 制 の 整 備 機 構 に 設 置 する 災 害 対 策 本 部 の 体 制 の 見 直 し 等 役 職 員 等 の 安 全 の 確 保 や 通 197

7 常 業 務 態 勢 への 早 期 復 帰 等 の 推 進 を 図 るための 体 制 を 強 化 した さらに これらの 体 制 の 実 効 性 を 高 めるため 各 種 訓 練 を 実 施 した (6) 運 営 費 交 付 金 債 務 ( 運 営 費 交 付 金 の 未 執 行 ) 及 び 運 営 費 交 付 金 収 益 の 明 細 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 に 基 づき 独 立 行 政 法 人 が 運 営 費 交 付 金 を 受 領 したときは 相 当 額 を 運 営 費 交 付 金 債 務 として 整 理 し 中 期 目 標 の 期 間 中 業 務 の 進 行 に 応 じて 収 益 化 を 行 うものとされている 平 成 23 年 度 の 交 付 額 は 海 事 勘 定 が 9,254,000 円 基 礎 的 研 究 等 勘 定 が 270,288,000 円 及 び 助 成 勘 定 が 242,332,000 円 である また 未 執 行 額 については 基 礎 的 研 究 等 勘 定 の 7,962,212 円 は 研 究 業 務 費 に 係 る 契 約 差 額 の 発 生 等 によるもの 助 成 勘 定 の 26,230,889 円 は 一 般 管 理 費 のうち 事 務 諸 費 等 の 不 用 によるものであり いずれも 業 務 運 営 に 支 障 はなかった なお 運 営 費 交 付 金 債 務 の 残 高 については 中 期 目 標 期 間 の 最 終 年 度 の 決 算 処 理 に 基 づき 処 理 することとなる 表 73 運 営 費 交 付 金 債 務 の 増 減 の 明 細 ( 単 位 : 円 ) 交 付 年 度 平 成 23 年 度 区 分 運 営 費 交 付 金 収 益 当 期 振 替 額 資 産 見 返 運 営 費 交 付 金 小 計 海 事 勘 定 9,254,000 9,254, ,254, % 基 礎 的 研 究 等 勘 定 期 首 残 高 交 付 金 当 期 交 付 額 期 末 残 高 執 行 率 270,288, ,271,320 54, ,325,788 7,962, % 助 成 勘 定 242,332, ,101, ,101,111 26,230, % 合 計 521,874, ,626,431 54, ,680,899 34,193, % (7) 不 要 財 産 の 国 庫 納 付 平 成 22 年 に 改 正 された 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 46 条 の 2 において 独 立 行 政 法 人 は 不 要 財 産 であって 政 府 からの 出 資 又 は 支 出 に 係 るものについては 遅 滞 なく 主 務 大 臣 の 許 可 を 受 けて これを 国 庫 に 納 付 すると 定 められた この 規 定 に 基 づき 以 下 のと り 国 庫 納 付 を 行 った 1 海 事 勘 定 1) 高 度 船 舶 技 術 開 発 等 業 務 のうち 利 子 補 給 及 び 債 務 保 証 業 務 は 平 成 22 年 度 末 を もって 終 了 し 当 該 業 務 に 係 る 信 用 基 金 が 不 要 財 産 となった このため 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 46 条 の 2 第 2 項 に 基 づく 政 府 出 資 金 の 国 庫 納 付 同 法 第 46 条 の 3 第 1 項 に 基 づく 民 間 出 資 金 の 払 戻 し 及 び 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 198

8 機 構 法 附 則 第 8 条 に 基 づく 民 間 拠 出 金 の 返 還 手 続 を 行 い 平 成 23 年 12 月 までにす べて 終 了 した 2) 第 1 期 中 期 目 標 期 間 の 最 終 年 度 である 平 成 19 年 度 末 に 精 算 収 益 化 を 行 った 海 事 勘 定 の 運 営 費 交 付 金 ( 約 13 百 万 円 )について その 使 途 の 見 込 みがないため 平 成 24 年 3 月 に 国 庫 納 付 した (8) 知 的 財 産 権 1 鉄 道 建 設 業 務 現 在 機 構 が 関 わった 鉄 道 建 設 関 連 の 技 術 開 発 に 伴 う 職 務 発 明 については 職 務 発 明 等 取 扱 規 程 に 基 づき 職 務 発 明 認 定 及 び 出 願 の 手 続 きを 適 切 に 行 っている ま た 職 員 からの 発 明 届 の 提 出 前 に 職 務 発 明 等 調 整 会 議 において 当 該 発 明 の 活 用 見 込 みや 出 願 に 係 る 経 費 等 を 総 合 的 に 判 断 し 出 願 の 是 非 を 事 前 に 検 討 するとともに 取 得 した 特 許 についての 継 続 更 新 の 確 認 も 行 っている 平 成 23 年 度 における 鉄 道 建 設 に 係 る 特 許 等 の 出 願 件 数 は 4 件 であり 査 定 件 数 は 12 件 放 棄 件 数 は 3 件 であった 鉄 道 建 設 業 務 関 連 で 保 有 する 特 許 は 87 件 であり そのうち 平 成 23 年 度 に 実 施 許 諾 は 無 かった(これらの 多 くは 他 者 による 当 該 技 術 等 に 関 する 特 許 の 先 願 取 得 及 びそれにより 発 生 する 特 許 料 の 支 払 いを 防 止 することを 目 的 としたいわゆる 防 衛 特 許 の 考 え 方 により 保 持 しているものであり 必 ずしも 第 三 者 の 実 施 許 諾 による 収 入 を 目 的 としたものではない) 2 基 礎 的 研 究 業 務 基 礎 的 研 究 業 務 は 競 争 的 資 金 制 度 ( 研 究 課 題 を 公 募 採 択 し 研 究 資 金 を 研 究 機 関 に 配 分 する 制 度 )を 実 施 する 業 務 で 保 持 する 知 的 財 産 権 は すべて 委 託 研 究 又 は 共 同 研 究 の 中 で 創 出 されたものであり 共 有 する 研 究 機 関 側 からの 報 告 を 受 け てその 維 持 更 新 の 判 断 を 行 っている 平 成 23 年 度 中 に 2 件 の 特 許 について 継 続 の 必 要 性 について 共 同 所 有 者 と 検 討 し 放 棄 を 行 った 現 在 基 礎 的 研 究 業 務 関 連 で 保 有 する 特 許 は 10 件 著 作 権 は 2 件 であり このう ち 実 施 許 諾 に 至 ったものはない なお 現 在 は 日 本 版 バイドール 制 度 ( 産 業 技 術 力 強 化 法 第 19 条 )のもと 委 託 研 究 の 中 で 出 願 された 特 許 等 については 100% 研 究 機 関 側 が 保 持 することを 原 則 として いるため 機 構 が 新 たに 特 許 を 出 願 等 することはない 保 持 している 特 許 等 の 活 用 については 研 究 機 関 側 が 主 体 的 に 実 施 するものであり 研 究 機 関 側 にその 活 用 を 求 めている 199

9 (9) 保 有 する 金 融 資 産 等 1 資 金 の 運 用 資 金 管 理 運 用 に 関 しては 内 部 規 程 として 余 裕 金 運 用 基 準 等 を 制 定 しており その 中 で 運 用 金 融 商 品 は 譲 渡 性 預 金 定 期 預 金 又 は 国 債 に 限 定 している なお 管 理 運 用 はあくまで 機 構 が 実 施 しており これらを 他 社 に 委 託 することはない 2 債 権 の 管 理 等 機 構 が 保 有 する 金 融 資 産 である 債 権 としては 1 助 成 勘 定 2 特 例 業 務 勘 定 及 び3 基 礎 的 研 究 等 勘 定 にそれぞれ 貸 付 金 がある 基 礎 的 研 究 等 勘 定 の 貸 付 金 は 機 構 法 に 基 づき 日 本 内 航 海 運 組 合 総 連 合 会 に 貸 付 を 行 ったものであり 約 定 に 基 づき 回 収 しているところである 助 成 勘 定 の 貸 付 金 は 1 機 構 の 前 身 である 旧 鉄 道 整 備 基 金 が 旧 鉄 道 整 備 基 金 法 に 基 づき 鉄 道 施 設 の 建 設 資 金 として 旧 帝 都 高 速 度 交 通 営 団 及 び 旧 日 本 開 発 銀 行 に 無 利 子 で 貸 付 を 行 ったもの 2 機 構 法 に 基 づき 助 成 勘 定 から 建 設 勘 定 に 対 する 勘 定 間 の 資 金 繰 入 を 貸 付 金 として 整 理 したもの の2つであり 約 定 に 基 づき 回 収 しているとこ ろである なお これらの 貸 付 金 については 現 在 は 新 規 の 貸 付 は 行 っていない 特 例 業 務 勘 定 の 貸 付 金 は 1 債 務 等 処 理 法 に 基 づき 北 海 道 旅 客 鉄 道 株 式 会 社 及 び 四 国 旅 客 鉄 道 株 式 会 社 に 対 して 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 特 別 債 券 の 引 受 に 要 する 資 金 に 充 てるために 無 利 子 貸 付 を 行 ったもの 2 機 構 法 に 基 づき 助 成 勘 定 に 対 する 債 権 を 貸 付 金 として 整 理 したもの の2つである なお これらの 回 収 につい ては 1については 債 券 発 行 日 から 20 年 後 に 特 別 債 券 の 元 金 の 償 還 と 相 殺 2につい ては 約 定 に 基 づき 回 収 することとしている 上 記 の 貸 付 金 について 平 成 23 年 度 において 回 収 しなければならない 金 額 について は 約 定 どおり 回 収 した 200

10 (10) 監 査 の 状 況 監 事 監 査 要 綱 に 基 づく 監 事 監 査 の 実 施 監 査 の 状 況 は 次 のとおりである 1 業 務 監 査 1) 監 査 項 目 [ 個 別 テーマ] (ア) 鉄 道 建 設 業 務 における 工 事 事 故 防 止 活 動 の 実 施 状 況 (イ) 共 有 船 舶 建 造 業 務 (ウ) 国 鉄 清 算 業 務 におけるPCB 廃 棄 物 の 処 理 状 況 [ 共 通 テーマ] (ア) 内 部 統 制 の 実 施 状 況 (イ) 契 約 の 適 切 性 (ウ) 保 有 資 産 の 処 分 状 況 及 び 事 務 所 等 の 施 設 保 有 (エ) 給 与 水 準 等 の 状 況 2) 監 事 監 査 報 告 書 の 概 要 ( 平 成 24 年 6 月 理 事 長 提 出 ) [ 個 別 テーマ] (ア) 鉄 道 建 設 業 務 における 工 事 事 故 防 止 活 動 のうち 特 に 本 社 事 故 防 止 監 査 の 実 施 状 況 及 び 工 事 事 故 発 生 後 の 対 応 状 況 等 について 監 査 を 実 施 した その 結 果 支 社 等 に 対 する 本 社 事 故 防 止 監 査 は 延 べ 98 工 区 を 対 象 に 上 期 及 び 下 期 の 年 2 回 実 施 し 監 査 終 了 後 鉄 道 建 設 所 毎 に 講 評 を 行 い 工 区 別 に 工 夫 がみられるものについては 推 奨 事 項 として 取 り 上 げ 事 故 につな がる 恐 れがあるものについては 指 摘 事 項 としてその 是 正 を 速 やかに 行 う ことを 求 めていることを 確 認 した また 工 事 事 故 発 生 後 の 対 応 状 況 等 については 支 社 等 が 作 成 した 事 故 発 生 から 工 事 再 開 までのフロー 図 に 基 づき 処 理 していることを 確 認 した 本 社 においては 事 故 防 止 連 絡 会 議 で 再 発 防 止 策 を 水 平 展 開 し 特 に 重 大 な 事 故 の 場 合 は 事 務 連 絡 等 で 注 意 喚 起 を 図 っていることを 確 認 した なお 事 故 発 生 から 工 事 再 開 までのフロー 図 は その 内 容 や 運 用 等 が 支 社 等 毎 に 区 々となっていたことから 鉄 道 建 設 本 部 として 統 一 したもの を 作 成 運 用 するよう 要 望 した 更 に 支 社 等 の 事 故 防 止 に 関 する 平 成 23 年 度 基 本 姿 勢 と 重 点 実 施 項 目 の 受 注 者 への 通 知 が 4 月 以 降 となっていた 事 例 があったことなどから 早 い 段 階 での 通 知 を 要 望 した (イ) 共 有 船 舶 に 係 る 建 造 契 約 の 実 施 状 況 並 びに 工 事 監 督 及 び 検 査 の 実 施 状 況 に 201

11 ついて 監 査 を 実 施 した その 結 果 共 有 船 建 造 関 係 役 員 会 における 建 造 の 可 否 の 審 査 理 事 会 へ の 報 告 契 約 予 定 造 船 所 等 との 技 術 打 合 せ 予 定 価 格 の 算 出 共 同 建 造 事 業 者 との 建 造 協 定 契 約 造 船 所 との 船 舶 建 造 工 事 請 負 契 約 等 の 共 有 船 建 造 に 係 る 事 務 手 続 きが 概 ね 適 正 に 実 施 されていることを 確 認 した なお 建 造 船 価 について 船 舶 建 造 の 内 定 前 には 審 査 されていなかった ことなどから より 一 層 厳 格 な 審 査 を 実 施 するよう 要 望 した また 事 務 処 理 要 領 に 基 づき 工 事 監 督 職 員 及 び 検 査 職 員 の 指 名 工 事 監 督 の 報 告 書 等 の 作 成 を 実 施 していること 建 造 中 における 工 事 監 督 につい ては 工 事 監 督 検 査 要 領 に 基 づき 監 督 を 実 施 していること 船 舶 完 成 検 査 実 施 要 領 に 基 づき 完 成 検 査 を 行 い 検 査 報 告 書 を 作 成 していることを 確 認 し た なお 監 督 職 員 と 検 査 職 員 が 同 一 となっていた 事 例 があったことから 事 務 処 理 要 領 に 基 づき 別 の 者 とするよう 要 望 した (ウ) 国 鉄 清 算 業 務 で 保 有 しているPCB 廃 棄 物 について 法 令 等 により 確 実 に かつ 適 正 に 処 理 することが 義 務 付 けられていることから 処 理 事 業 者 の 受 入 れ 状 況 各 支 社 の 保 管 場 所 での 取 組 み 及 び 今 後 の 処 理 計 画 等 について 監 査 を 実 施 した その 結 果 PCB 廃 棄 物 の 保 有 状 況 処 分 実 績 処 分 計 画 及 び 濃 度 分 析 の 実 施 状 況 並 びに 管 理 状 況 を 確 認 し 法 令 等 に 則 り 適 正 に 管 理 しているこ とを 確 認 した なお PCB 廃 棄 物 の 処 理 の 受 入 処 理 施 設 については 対 応 施 設 が 限 ら れていたり 処 理 経 費 等 の 課 題 などがあり 処 理 が 進 展 していないことな どから 国 や 自 治 体 等 さらに 処 理 事 業 者 と 積 極 的 に 協 議 を 進 めて 情 報 収 集 に 努 め 確 実 に 処 理 を 進 めることを 要 望 した [ 共 通 テーマ] (ア) 内 部 統 制 の 実 施 状 況 について 監 査 した その 結 果 1 基 本 理 念 等 内 部 統 制 に 係 る 取 組 みの 周 知 2 部 門 別 に 理 事 長 と 各 理 事 等 との 打 合 せの 実 施 3 内 部 統 制 に 関 わる 事 項 を 取 扱 う 各 種 委 員 会 等 との 連 携 や 既 存 の 監 査 結 果 の 情 報 共 有 4 本 社 及 び 地 方 機 関 におけ る 研 修 説 明 会 の 実 施 の 各 項 目 について 種 々の 取 組 みが 実 施 されてい ることを 確 認 した なお 新 たに 本 社 の 管 理 職 に 任 じられた 者 に 対 する 研 修 については 登 用 後 速 やかに 実 施 すること また 研 修 内 容 についても 社 会 情 勢 の 動 向 情 報 を 収 集 し 受 講 者 アンケートを 参 考 にしながら 重 点 項 目 を 定 めるなどし て 充 実 を 図 ることを 要 望 した 202

12 (イ) 契 約 の 適 切 性 の 観 点 から 随 意 契 約 等 の 見 直 しの 状 況 について 監 査 した その 結 果 随 意 契 約 の 見 直 しに 伴 う 平 成 23 年 度 競 争 契 約 へ 移 行 する 予 定 件 名 は 再 リース 契 約 を 除 き 競 争 性 のある 契 約 に 移 行 していること また 一 者 応 札 一 者 応 募 の 見 直 し 状 況 については 契 約 方 式 の 見 直 し 参 加 条 件 の 変 更 入 札 公 告 等 をホームページへ 公 表 するなど 入 札 に 参 入 し 易 い 方 法 で 見 直 しを 行 っていることを 確 認 した また 随 意 契 約 及 び 一 者 応 札 一 者 応 募 の 見 直 しの 取 組 み 状 況 については 随 意 契 約 の 見 直 しでは システム 改 修 等 の 公 募 の 際 にプログラムソースを 貸 与 する 旨 を 示 方 書 に 明 示 し 第 三 者 が 参 入 し 易 い 環 境 の 整 備 を 図 っているこ と 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 きにおいても 資 格 等 の 参 加 条 件 の 緩 和 を 図 っていることを 確 認 した さらに 一 者 応 札 一 者 応 募 の 見 直 しでは 入 札 参 加 要 件 の 緩 和 周 知 期 間 の 拡 大 を 図 るなど 一 者 応 札 一 者 応 募 が 減 少 するよう 取 り 組 んでいることを 確 認 した なお 今 後 も 随 意 契 約 及 び 一 者 応 札 一 者 応 募 の 見 直 しに 引 き 続 き 取 り 組 むよう 要 望 した また 随 意 契 約 の 見 直 しの 実 施 状 況 については 競 争 性 の ない 随 意 契 約 の 見 直 し 状 況 は 随 意 契 約 によることが 真 にやむを 得 ないもの を 除 き 一 般 競 争 入 札 等 に 移 行 するものとされており 平 成 20 年 度 から 措 置 がとられていることを 確 認 した 国 鉄 清 算 業 務 に 係 る 一 者 応 札 一 者 応 募 の 見 直 しとしては 公 告 期 間 及 び 公 募 期 間 の 延 伸 や 特 定 の 者 の 名 称 を 非 公 表 にして 公 示 していた さらに 機 構 ホームページに 掲 載 して 広 く 参 加 者 を 募 っていることを 確 認 した (ウ) 保 有 資 産 の 処 分 状 況 及 び 事 務 所 等 の 施 設 保 有 について 監 査 した その 結 果 松 戸 宿 舎 習 志 野 台 宿 舎 B 棟 こずかた 寮 及 び 山 科 宿 舎 の 売 却 手 続 きを 進 めていることを 確 認 した なお 宿 舎 等 の 不 要 となった 資 産 については 引 き 続 き 本 社 地 方 機 関 の 関 係 箇 所 と 密 接 に 連 携 を 図 り 資 産 処 分 を 実 施 するよう 要 望 した 地 方 機 関 等 の 事 務 所 等 の 施 設 保 有 について 監 査 したところ 鉄 道 建 設 本 部 東 北 新 幹 線 建 設 局 については 業 務 の 進 捗 にあわせて 平 成 23 年 6 月 に 青 森 市 へ 移 転 するとともに 鉄 道 建 設 本 部 青 森 新 幹 線 建 設 局 への 名 称 変 更 を 行 っ ていた また 鉄 道 建 設 本 部 東 京 支 社 については 事 務 所 借 上 経 費 の 削 減 の 観 点 から 平 成 23 年 9 月 に 移 転 を 行 っていた さらに 鉄 道 建 設 本 部 九 州 新 幹 線 建 設 局 については 業 務 の 進 捗 にあわせて 平 成 23 年 10 月 に 事 務 所 借 上 面 積 を 縮 小 していた また 国 鉄 清 算 事 業 東 日 本 支 社 については 業 務 の 進 捗 にあわせて 平 成 24 年 6 月 末 までに 事 務 所 借 上 面 積 を 縮 小 することとしており 国 鉄 清 算 事 業 西 日 本 支 社 品 川 作 業 所 は 平 成 23 年 度 末 に 廃 止 していた 203

13 (エ) 給 与 水 準 等 の 状 況 について 監 査 した その 結 果 平 成 23 年 度 においては 職 務 手 当 の 見 直 しを 行 っており ま た 人 員 の 効 率 的 運 用 外 部 能 力 等 の 活 用 により 人 件 費 の 削 減 が 行 われて いることを 確 認 した これらの 取 組 みにより ラスパイレス 指 数 は 平 成 23 年 度 は で 昨 年 度 の 指 数 と 比 較 して 0.2 ポイント 減 少 した ことを 確 認 した なお 給 与 水 準 を 上 回 っている 要 因 の 検 証 を 進 めつつ 国 民 の 理 解 が 得 られるよう 適 切 な 給 与 水 準 の 確 保 を 要 望 した 2 会 計 監 査 平 成 22 事 業 年 度 会 計 監 査 1) 監 査 項 目 (ア) 経 理 処 理 の 適 正 性 : 資 金 前 渡 払 について (イ) 契 約 の 適 切 性 : 随 意 契 約 の 適 正 化 について (ウ) 給 与 水 準 等 の 状 況 について (エ) 保 有 資 産 の 処 分 状 況 等 について ( 国 鉄 清 算 業 務 ) (ア) 経 理 処 理 の 適 正 性 : 長 期 未 収 金 及 び 未 払 金 について (イ) 支 出 の 妥 当 性 : 謝 礼 見 舞 金 雑 費 等 について (ウ) 契 約 の 適 切 性 2) 監 査 結 果 概 要 ( 平 成 23 年 6 月 理 事 長 提 出 ) (ア) 資 金 前 渡 払 いについて 関 係 規 程 等 に 基 づく 支 出 使 途 現 金 の 保 管 等 に ついて 監 査 した その 結 果 支 出 の 妥 当 性 現 金 出 納 整 理 帳 への 記 載 精 算 処 理 現 金 残 高 確 認 等 が 適 正 に 処 理 されていることを 確 認 した また 現 金 は 堅 固 な 金 庫 へ 保 管 が 適 切 に 行 われていることを 確 認 した (イ) 平 成 22 年 度 の 随 意 契 約 の 見 直 し 状 況 を 監 査 した その 結 果 1 随 意 契 約 の 見 直 しに 伴 う 22 年 度 競 争 契 約 へ 移 行 する 予 定 件 名 は 再 リース 契 約 を 除 き 競 争 性 のある 契 約 に 移 行 していること 2 一 者 応 札 一 者 応 募 の 見 直 し 状 況 については 契 約 方 式 の 見 直 し 参 加 条 件 の 変 更 入 札 公 告 等 をホームページへ 公 表 するなど 入 札 に 参 入 し 易 い 方 法 で 見 直 しを 行 っていること 3 随 意 契 約 及 び 一 者 応 札 一 者 応 募 の 見 直 しの 取 組 み 状 況 については 随 意 契 約 の 見 直 しでは システム 改 修 等 の 公 募 の 際 にプログラムソースを 貸 与 する 旨 を 示 方 書 に 明 示 し 第 三 者 が 参 入 し 易 い 環 境 の 整 備 を 図 っていることを 確 認 した さらに 一 者 応 札 一 者 応 募 の 見 直 しでは 入 札 参 加 要 件 の 緩 和 周 知 期 間 の 拡 大 を 図 るなど 一 者 応 札 204

14 一 者 応 募 が 減 少 するよう 取 り 組 んでいることを 確 認 した なお 今 後 も 随 意 契 約 及 び 一 者 応 札 一 者 応 募 の 見 直 しに 引 き 続 き 取 組 むよう 要 望 した (ウ) 給 与 水 準 等 の 状 況 及 び 人 件 費 の 削 減 状 況 について 監 査 した その 結 果 役 員 の 報 酬 及 び 特 別 手 当 の 引 下 げ 職 員 については 55 歳 を 超 える 3 等 級 以 上 の 職 員 に 対 する 俸 給 職 務 手 当 及 び 期 末 勤 勉 手 当 の 引 下 げを 実 施 していることを 確 認 した また 本 社 課 長 補 佐 手 当 の 廃 止 に 伴 う 経 過 措 置 による 支 給 割 合 制 限 の 縮 減 実 施 を 確 認 した さらに 人 員 の 効 率 的 運 用 外 部 能 力 等 の 活 用 により 人 件 費 の 削 減 が 行 われていることを 確 認 した これらにより ラスパイレス 指 数 は 平 成 22 年 度 は で 昨 年 度 の 指 数 と 比 較 して 1.2 ポイント 減 少 したことを 確 認 した なお 給 与 水 準 を 上 回 っている 要 因 の 検 証 を 進 めつつ 国 民 の 理 解 が 得 られるよう 適 切 な 給 与 水 準 の 確 保 を 要 望 した (エ) 保 有 資 産 の 処 分 状 況 等 については 平 成 22 年 度 の 処 分 状 況 及 び 宿 舎 の 集 約 化 が 進 んでいるかについて 監 査 した その 結 果 麻 布 分 室 上 田 宿 舎 の 売 却 処 分 を 実 施 していることを 確 認 し た こずかた 寮 については 応 札 者 なし 山 科 宿 舎 については 隣 地 境 界 の 確 認 松 戸 宿 舎 については 売 却 指 示 保 留 の 事 由 から 平 成 23 年 度 に 売 却 を 予 定 していることを 確 認 した また 宿 舎 の 入 居 率 が 低 い 宿 舎 の 集 約 化 を 図 り 習 志 野 台 宿 舎 B 棟 は 平 成 23 年 度 に 売 却 予 定 とし 船 橋 宿 舎 は 関 係 者 との 調 整 後 売 却 予 定 とし ていることから これら 保 有 資 産 の 見 直 しを 行 っていることを 確 認 した なお 宿 舎 等 の 不 要 となった 資 産 については 引 き 続 き 本 社 地 方 機 関 の 関 係 箇 所 と 密 接 に 連 携 を 図 り 資 産 処 分 を 実 施 するよう 要 望 した ( 国 鉄 清 算 業 務 ) (ア) 長 期 未 収 金 及 び 未 払 金 について 監 査 した 長 期 未 収 金 は 賠 償 金 及 び 弁 償 金 であり 収 納 状 況 を 決 議 書 関 係 証 憑 及 びヒアリングにより 調 査 したところ その 処 理 は 関 係 規 程 等 に 則 り 適 正 に 行 われていた 未 払 金 は 基 盤 整 備 工 事 費 業 務 災 害 補 償 費 等 であり 未 払 いとなった 事 由 及 び 支 払 日 を 決 議 書 関 係 証 憑 により 調 査 したところ 適 正 に 処 理 さ れていた (イ) 謝 礼 見 舞 金 雑 費 部 所 長 雑 費 の 支 払 について 監 査 した 関 係 証 憑 及 びヒアリング 等 により 確 認 したところ 特 に 指 摘 する 事 項 は 認 められなかった (ウ) 平 成 22 年 度 の 契 約 は 少 額 契 約 を 除 くと 競 争 入 札 によるものが 68 件 随 意 契 約 によるものが 93 件 であった 205

15 随 意 契 約 の 内 容 は 自 治 体 への 工 事 委 託 鉄 道 事 業 者 への 工 事 及 び 資 材 調 達 委 託 関 連 事 務 所 及 び 宿 舎 の 賃 借 契 約 関 連 PCB 処 理 文 化 財 調 査 等 であり 競 争 性 の 余 地 のない 契 約 が 大 部 分 であった また 青 写 真 焼 付 システム 管 理 更 新 作 業 等 の 競 争 性 が 期 待 される 契 約 については 公 募 を 実 施 していた なお 一 者 応 札 が 12 件 応 募 なしが 6 件 発 生 していることから 公 募 期 間 を 延 伸 する 等 契 約 の 適 切 性 の 確 保 に 努 めるよう 要 望 した 平 成 23 事 業 年 度 会 計 監 査 1) 監 査 項 目 (ア) 財 務 諸 表 及 び 決 算 報 告 書 に 関 する 監 査 (イ) 経 理 処 理 の 適 正 性 2) 監 査 結 果 概 要 ( 平 成 24 年 6 月 理 事 長 提 出 ) (ア) 平 成 23 事 業 年 度 の 財 務 諸 表 及 び 決 算 報 告 書 は 適 正 であると 認 める (イ) 経 理 処 理 の 適 正 性 経 理 処 理 の 適 正 性 の 観 点 から 主 として 未 収 金 仮 払 金 について 監 査 した その 結 果 未 収 金 については 発 生 理 由 及 び 内 容 を 決 議 書 及 び 関 係 証 憑 により また 仮 払 金 についてはサンプル 抽 出 した 件 名 を 協 定 書 精 算 書 及 び 関 係 証 憑 により 監 査 したところ 関 係 規 程 に 則 り 適 正 に 処 理 されて いることを 確 認 した 国 鉄 清 算 業 務 における 未 収 金 については 発 生 理 由 及 び 内 容 を 決 議 書 及 び 関 係 証 憑 により また 仮 払 金 については 仮 払 いの 理 由 委 託 業 務 に 係 る 精 算 手 続 き 及 び 関 係 証 憑 により 監 査 したところ 関 係 規 程 に 則 り 適 正 に 処 理 されていることを 確 認 した 3 内 部 監 査 規 程 に 基 づく 内 部 監 査 の 実 施 監 査 の 状 況 は 次 のとおりである 1) 監 査 項 目 (ア) 工 事 用 機 械 装 置 及 び 作 業 用 備 品 の 管 理 運 用 状 況 について (イ) 用 地 の 保 守 管 理 状 況 について ( 国 鉄 清 算 業 務 ) (ア) 国 鉄 清 算 業 務 の 宿 舎 等 の 管 理 状 況 について (イ) 国 鉄 清 算 業 務 の 土 地 処 分 等 の 事 務 処 理 状 況 について 2) 監 査 結 果 報 告 書 の 概 要 ( 平 成 24 年 3 月 理 事 長 報 告 ) (ア) 工 事 用 機 械 装 置 及 び 作 業 用 備 品 が 管 理 運 用 規 程 及 び 物 品 管 理 規 程 等 に 基 づき 管 理 運 用 保 管 等 が 実 施 されているかについて 監 査 した 206

16 その 結 果 工 事 用 機 械 装 置 の 管 理 運 用 状 況 については 本 社 設 備 部 が 機 械 システムにより 各 地 方 機 関 と 連 携 を 図 り 一 元 的 な 管 理 を 行 う 方 法 で 取 り 組 むなど 適 切 に 行 われていた また 作 業 用 備 品 の 管 理 については 物 品 管 理 役 が 物 品 管 理 簿 を 備 え 記 帳 整 理 するなど 概 ね 適 切 に 記 載 されていたが 一 部 地 方 機 関 において 物 品 管 理 簿 の 整 理 が 不 十 分 であったので 規 程 に 基 づく 事 務 処 理 を 図 るよう 指 導 した (イ) 機 構 が 所 有 する 用 地 を 鉄 道 事 業 者 に 引 継 ぐまでの 間 の 保 守 管 理 状 況 につ いて 監 査 した その 結 果 用 地 の 保 守 管 理 は 保 守 規 程 及 び 各 地 方 機 関 が 定 める 取 扱 要 領 の 定 めに 基 づき 概 ね 適 正 に 行 われていたが 用 地 整 理 担 当 者 の 指 定 につ いては 保 守 規 程 と 取 扱 要 領 に 齟 齬 がみられ 保 守 規 程 に 基 づき 指 定 されて いなかったので 改 善 を 図 るよう 指 導 した ( 国 鉄 清 算 業 務 ) (ア) 国 鉄 清 算 業 務 の 宿 舎 等 の 管 理 状 況 について 監 査 した その 結 果 平 成 21 年 4 月 に 国 鉄 清 算 業 務 所 管 宿 舎 規 程 から 機 構 宿 舎 規 程 の 適 用 に 移 行 したことによる 宿 舎 等 の 使 用 料 の 徴 収 時 期 の 変 更 や 管 理 台 帳 等 の 整 備 など 事 務 処 理 の 不 備 が 見 受 けられたため 円 滑 な 事 務 処 理 が 行 わ れるような 体 制 整 備 を 指 導 した (イ) 国 鉄 清 算 業 務 の 土 地 処 分 等 の 事 務 処 理 状 況 について 監 査 した その 結 果 国 鉄 改 革 時 に 承 継 法 人 に 承 継 されていない 新 たに 発 見 された 実 査 発 見 地 の 処 分 について 処 理 方 法 を 決 定 するために 必 要 な 証 拠 書 類 が 不 十 分 であったため 可 能 な 限 りの 証 拠 書 類 の 調 査 収 集 に 努 め 適 切 に 処 理 するよう 指 導 した 207

17 208

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標 資 料 1-2 参 考 資 料 ( 財 政 規 律 情 報 公 開 報 酬 給 与 ) 平 成 25 年 4 月 2 日 参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例

More information

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 報 告 書 を 踏 まえた 経 営 合 理 化 策 等 の 対 処 方 針 平 成 23 年 10 月 28 日 原 子 力 損 害 賠 償 支 援 機 構 東 京 電 力 株 式 会 社 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 ( 委 員 会 )は 本 年 10 月 3 日 東 京 電 力 が 経 営 合

More information

福 祉 貸 付 に 係 る 融 資 相 談 から 事 業 完 了 までのポイント(ガイドライン) 事 務 手 続 きの 流 れ 当 機 構 が 実 施 する 主 な 具 体 的 確 認 事 項 確 認 のポイント Ⅰ 福 祉 審 査 課 所 掌 事 務 計 画 ~ 借 入 申 込 1. 融 資 相 談 (1) 電 話 相 談 右 欄 に 記 載 する 事 項 のうち 電 話 に より 把 握 可 能

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

3. 取 引 関 係 の 見 直 し 1 随 意 契 約 の 見 直 し 等 各 独 立 行 政 法 人 は 独 立 行 政 法 人 の 契 約 状 況 の 点 検 見 直 しについて ( 平 成 21 年 11 月 17 日 閣 議 決 定 )に 基 づき 策 定 した 随 意 契 約 等 見 直

3. 取 引 関 係 の 見 直 し 1 随 意 契 約 の 見 直 し 等 各 独 立 行 政 法 人 は 独 立 行 政 法 人 の 契 約 状 況 の 点 検 見 直 しについて ( 平 成 21 年 11 月 17 日 閣 議 決 定 )に 基 づき 策 定 した 随 意 契 約 等 見 直 Ⅲ 資 産 運 営 の 見 直 しについて に 係 るフォローアップ 調 査 様 式 ( 様 式 1) 所 管 府 省 名 厚 生 労 働 省 法 人 名 独 立 行 政 法 人 国 立 健 康 栄 養 研 究 所 ( 平 成 26 年 7 月 1 日 現 在 ) 基 本 方 針 の 記 載 Ⅲ 資 産 運 営 の 見 直 しについて 1. 不 要 資 産 の 国 庫 返 納 国 の 資 産 を 有

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 22 年 3 月 期 決 算 短 信 平 成 22 年 5 月 14 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金 別 表 第 二 ( 第 17 条 関 係 ) 水 道 用 水 供 給 事 業 勘 定 科 目 表 収 益 の 部 款 項 目 節 説 明 細 節 事 業 収 益 すべての 収 益 的 収 入 を 記 載 し 営 業 収 益 営 業 外 収 益 及 び 特 別 利 益 に 区 分 する 営 業 収 益 営 業 外 収 益 給 水 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 の 営 業 収 益 受 取 利

More information

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を 学 校 法 人 会 計 の 特 徴 や 企 業 会 計 との 違 い 学 校 法 人 は 学 校 を 運 営 し 教 育 研 究 を 遂 行 することを 目 的 としており 企 業 のよう に 利 益 を 追 求 する 経 済 活 動 そのものを 事 業 目 的 とすることはできません 学 校 法 人 会 計 では 文 部 科 学 省 令 により 定 められた 学 校 法 人 会 計 基 準 に 基

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

1. 決 算 の 概 要 法 人 全 体 として 2,459 億 円 の 当 期 総 利 益 を 計 上 し 末 をもって 繰 越 欠 損 金 を 解 消 しています ( : 当 期 総 利 益 2,092 億 円 ) 中 期 計 画 における 収 支 改 善 項 目 に 関 して ( : 繰 越

1. 決 算 の 概 要 法 人 全 体 として 2,459 億 円 の 当 期 総 利 益 を 計 上 し 末 をもって 繰 越 欠 損 金 を 解 消 しています ( : 当 期 総 利 益 2,092 億 円 ) 中 期 計 画 における 収 支 改 善 項 目 に 関 して ( : 繰 越 平 成 25 事 業 年 度 財 務 諸 表 の 概 要 1. 決 算 の 概 要 法 人 全 体 として 2,459 億 円 の 当 期 総 利 益 を 計 上 し 末 をもって 繰 越 欠 損 金 を 解 消 しています ( : 当 期 総 利 益 2,092 億 円 ) 中 期 計 画 における 収 支 改 善 項 目 に 関 して ( : 繰 越 欠 損 金 792 億 円 : 利 益 剰

More information

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 参 考 資 料 1 ( 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 ) 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 した 成 長 志 向 の 法 人

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに 1 現 行 の 電 気 料 金 制 度 と 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 平 成 24 年 2 月 3 日 2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活 資 料 21 公 務 員 部 関 係 資 料 平 成 28 年 1 月 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 < 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

Microsoft Word - ③改正後全文(交付要綱).docx

Microsoft Word - ③改正後全文(交付要綱).docx 参 考 ( 改 正 後 全 文 ) 厚 生 労 働 省 発 老 0717 第 2 号 平 成 2 4 年 7 月 1 7 日 最 終 改 正 厚 生 労 働 省 発 老 0309 第 2 号 平 成 2 8 年 3 月 9 日 指 定 都 市 市 長 各 中 核 市 市 長 殿 市 区 町 村 長 厚 生 労 働 事 務 次 官 ( 公 印 省 略 ) 地 域 介 護 福 祉 空 間 整 備 等 施

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

別添資料

別添資料 貸 借 対 照 表 ( 平 成 18 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 520,174 流 動 負 債 543,802 現 金 及 び 預 金 割 賦 債 権 営 業 貸 付 金 その 他 の 営 業 貸 付 債 権 賃 貸 料 等 未 収 入 金 カ ー ド 未 収 入 金 営 業 投 資 有

More information

国有財産レポート

国有財産レポート 国 有 財 産 レ ポ ー ト 平 成 28 年 7 月 財 務 省 理 財 局 目 次 はじめに ~ 国 有 財 産 及 び 国 有 財 産 行 政 とは~ 第 一 部 総 論 第 1 章 国 有 財 産 の 概 要 P 4 1 国 有 財 産 の 範 囲 分 類 2 国 有 財 産 価 格 面 積 3 国 有 財 産 台 帳 第 2 章 国 有 財 産 行 政 の 概 要 1 国 有 財 産 行

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長 高 速 道 路 の 計 画 的 更 新 と 料 金 徴 収 期 間 の 延 長 道 路 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 村 田 和 彦 1.はじめに 我 が 国 においては 昭 和 30 年 代 に 入 ると 経 済 規 模 の 拡 大 に 伴 い 自 動 車 交 通 が 激 増 し 高 速 交 通 のための 高 規 格 の 道 路 に 対

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73>

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73> 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 22 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛

More information

osr.xls

osr.xls 1. 法 人 の 概 要 平 成 26 年 7 月 1 日 現 在 役 員 名 簿 所 在 地 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 北 園 茂 喜 設 立 年 月 日 電 話 番 号 06(4707)0201 法 人 所 管 課 都 市 整 備 部 交 通 道 路 室 都 市 交 通 課 設 立 目 的 主 な 出 資 団 体 ( 出 資 割 合 ) 大 阪 市 中 央 区 高 麗 橋 2-1-10

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 ( 連 結 財 務

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 ( 連 結 財 務 平 成 19 年 3 月 期 決 算 短 信 平 成 19 年 5 月 23 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 証 一 部 コ ー ド 番 号 1 8 1 0 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

連 結 注 記 表 ( 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 連 結 子 会 社 の 状 況 (1) 連 結 子 会 社 の 数 22 社 当 連 結 会 計 年 度 より 次 のとおり 連 結 の 範 囲

連 結 注 記 表 ( 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 連 結 子 会 社 の 状 況 (1) 連 結 子 会 社 の 数 22 社 当 連 結 会 計 年 度 より 次 のとおり 連 結 の 範 囲 法 令 及 び 定 款 に 基 づくインターネット 開 示 事 項 第 5 回 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ~ 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 1 2 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 法 令 及 び 定 款 第 16 条 の 規 定 に 基 づき 当 社 ホームページ (http://tokaiholdings.co.jp/ir/library/meeting.html)に

More information

1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 務 に 関 す 組 合 分 賦 額 納 入 方 の 件 1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 務 に 関 す 衛 生 費 補 助 金 請 求 書 1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財

1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 務 に 関 す 組 合 分 賦 額 納 入 方 の 件 1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 務 に 関 す 衛 生 費 補 助 金 請 求 書 1921 財 政 課 G0-1 永 年 財 務 に 関 す 財 予 算 表 藤 沢 大 阪 町 役 場 予 算 表 藤 沢 大 阪 町 役 場 1897 財 政 課 G1-1 永 年 ( 明 治 30~41 年 ) ( 明 治 30~41 年 ) 予 算 表 交 付 の 件 歳 入 歳 出 精 算 表 綴 藤 1907 財 政 課 H1-1 永 年 沢 町 役 場 歳 入 歳 出 精 算 表 綴 歳 入 歳 出 清 算 表 綴 藤 沢 町 役 場 1908 財

More information

分 析 共 有 の 迅 速 化 地 方 の 消 費 者 行 政 の 体 制 整 備 にあたっての 消 費 者 行 政 関 係 の 独 立 行 政 法 人 の 人 材 の 有 効 活 用 民 間 ADR 等 の 活 動 を 妨 げることがないように 取 扱 う 紛 争 の 明 確 化 等 を 指 摘

分 析 共 有 の 迅 速 化 地 方 の 消 費 者 行 政 の 体 制 整 備 にあたっての 消 費 者 行 政 関 係 の 独 立 行 政 法 人 の 人 材 の 有 効 活 用 民 間 ADR 等 の 活 動 を 妨 げることがないように 取 扱 う 紛 争 の 明 確 化 等 を 指 摘 独 立 行 政 法 人 整 理 合 理 化 計 画 のフォローアップ( 平 成 20 年 ) 平 成 20 年 12 月 3 日 行 政 減 量 効 率 化 有 識 者 会 議 Ⅰ.はじめに 独 立 行 政 法 人 の 見 直 しについては 昨 年 行 政 減 量 効 率 化 有 識 者 会 議 ( 以 下 有 識 者 会 議 という )において 8 月 末 までに 主 務 大 臣 から 提 出 のあった

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 水 準 の 公 表 について Ⅰ. 公 表 の 経 緯 について 国 立 大 学 法 人 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 いについて (H22.11.1 閣 議 決 定 ) 3(4) 独 立 行 政 法 人 ( 総 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 91 号 ) 第 4 条 第 13 号 に 規 定 する

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

<95BD90AC3139944E93788C888E5A82CC8A54977681698C6F979D89DB8C888DD99770816A2E786C7378>

<95BD90AC3139944E93788C888E5A82CC8A54977681698C6F979D89DB8C888DD99770816A2E786C7378> 平 成 19 年 度 決 算 の 概 要 長 期 経 理 長 期 経 理 は 地 方 公 共 団 体 及 び 組 合 員 から 徴 した 負 担 金 及 び 掛 金 等 を 財 源 に 退 職 共 済 年 金 等 の 長 期 給 付 並 びに 資 産 の 運 用 を 行 う 経 理 である 前 年 度 繰 越 長 期 給 付 積 立 金 9,954,376,826 流 動 資 産 481,436,803

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

<30333662816991E633368D86816A95CA955C816D91DD8ED891CE8FC6955C89C896DA816E816D91B989768C768E5A8F9189C896DA816E3232303333312E786C73>

<30333662816991E633368D86816A95CA955C816D91DD8ED891CE8FC6955C89C896DA816E816D91B989768C768E5A8F9189C896DA816E3232303333312E786C73> [ 経 常 費 用 ] 業 務 費 教 育 研 究 経 費 消 耗 品 費 備 品 費 印 刷 製 本 費 水 道 光 熱 費 機 構 の 業 務 として 学 生 等 に 対 し 行 われる 教 育 に 要 する 経 費 及 び 教 員 等 の 研 究 に 要 する 経 費 を 対 象 とする ただし, 教 育 研 究 支 援 経 費, 受 託 研 究 費, 受 託 事 業 費, 教 員, 職 員,

More information

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主 設 立 認 可 申 請 書 必 要 書 類 とチェック 事 項 必 要 書 類 チェック 事 項 基 本 書 類 設 立 認 可 申 請 書 定 款 添 付 書 類 目 録 財 産 目 録 土 関 係 土 不 動 産 登 記 事 項 証 明 書 図 面 ( 周 辺 図 配 置 図 平 面 図 ) 土 公 図 土 土 契 約 書 ( 写 ) 身 分 証 明 書 印 鑑 登 録 証 明 書 成 年 被

More information

) 1. 2. [ ] [ ] 個 別 決 算 4 貸 借 対 照 表 平 成 25 年 3 月 31 日 資 産 の 部 本 州 四 国 連 絡 高 速 道 路 株 式 会 社 ( 単 位 : 百 万 円 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 10,721 高 速 道 路 事 業 営 業 未 収 入 金 5,882 未 収 入 金 144 未 収 還

More information

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法 目 次 第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 2ページ 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 2ページ 2. 社 会 福 祉 法 人 が 行 うことができる 事 業 は 2ページ (1) 社 会 福 祉 事 業 とは 2ページ (2) 公 益 事 業 とは 6ページ (3) 収 益 事 業 とは 7ページ 3. 社 会 福 祉 法 人 となる 要 件 は 7ページ (1) 資 産 について

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案)

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案) 平 成 28 年 5 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガ イドライン に 対 応 する 不 動 産 の 価 格 等 調 査 の ための 運 用 指 針 ( 研 究 報 告 ) 個 人 債 務 者 の 債 務 整 理 における 不 動 産 の 評 価 公 益 社 団 法 人 日 本 不 動 産 鑑 定 士 協 会 連 合 会 実 務 指 針 不 動 産 鑑 定

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

Microsoft Word - 20130603050.docx

Microsoft Word - 20130603050.docx 東 日 本 大 震 災 からの 住 宅 の 再 建 に 向 けた 取 組 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 廣 原 孝 一 1. はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 においては 津 波 により 東 北 地 方 沿 岸 部 を 中 心 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 しており 建 築 物 の 被 害 は 全 国 で 全 壊 約 13 万 戸

More information

別 冊 第 1 防 衛 省 職 員 の 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 等 に 関 する 事 務 取 扱 細 部 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1) 第 2 章 財 形 貯 蓄 契 約 等 ( 第 2- 第 7) 第 3 章 預 貯 金 等 の 預 入 等 ( 第 8- 第 12)

別 冊 第 1 防 衛 省 職 員 の 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 等 に 関 する 事 務 取 扱 細 部 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1) 第 2 章 財 形 貯 蓄 契 約 等 ( 第 2- 第 7) 第 3 章 預 貯 金 等 の 預 入 等 ( 第 8- 第 12) 人 厚 第 1198 号 15. 2.21 改 正 人 厚 第 6 0 6 号 1 7. 2. 1 改 正 人 厚 第 16 号 1 9. 1. 4 改 正 人 計 第 8444 号 19. 8.31 改 正 人 計 第 3785 号 20. 3.26 改 正 人 厚 第 5387 号 20. 4.28 改 正 人 厚 第 3962 号 施 設 等 機 関 の 長 21. 3.27 各 幕 僚 長

More information

参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 24 年 9 月 3 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 について 会 計 検 査 を

参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 24 年 9 月 3 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 について 会 計 検 査 を 会 計 検 査 院 法 第 30 条 の3の 規 定 に 基 づく 報 告 書 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 会 計 検 査 の 結 果 について 平 成 24 年 10 月 会 計 検 査 院 参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 24 年 9 月 3 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する

More information

新農中政第号

新農中政第号 平 成 25 年 分 の 農 業 所 得 計 算 上 の 留 意 事 項 平 成 2 6 年 1 月 JA 新 潟 中 央 会 この 資 料 の 仕 訳 例 の 科 目 のあとの( )は 消 費 税 の 取 扱 いを 示 す 課 : 課 税 不 : 不 課 税 非 : 非 課 税?: 個 別 内 容 により 判 断 1. 米 の 仮 渡 金 の 入 金 共 計 における 精 算 払 いの 処 理 (1)

More information

平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結) 平 成 28 年 3 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 4 月 28 日 上 場 会 社 名 京 成 電 鉄 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 9009 URL http://www.keisei.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 三 枝 紀 生 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本 個 人 情 報 保 護 方 針 アドバンス レジデンス 投 資 法 人 ( 以 下 本 投 資 法 人 といいます )は 個 人 情 報 の 重 要 性 を 認 識 し 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 その 他 の 関 係 諸 法 令 及 びガイドライン 等 ( 以 下 個 人 情 報 保 護 法 等 といいます )を 遵 守 するとともに 個 人 情 報 保 護 に 関 する 基

More information

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73>

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73> 平 成 16 事 業 年 度 ( 第 1 期 事 業 年 度 ) 財 務 諸 表 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 ~ 平 成 17 年 3 月 31 日 ) 国 立 大 学 法 人 福 岡 教 育 大 学 資 産 の 部 Ⅰ 固 定 資 産 1 有 形 固 定 資 産 土 地 24,078,450 建 物 1,416,003 減 価 償 却 累 計 額 53,476 1,362,527 構

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

スライド 1

スライド 1 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 地 方 公 営 企 業 とは 那 覇 市 上 下 水 道 局 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 な 考 え 方 地 方 公 営 企 業 の 会 計 制 度 は 地 方 公 営 企 業 法 及 び 関 係 政 省 令 の 改 正 に 伴 い 昭 和 41 年 以 来 約 半 世 紀 ぶりに

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

経 営 財 務 12/24 号 3095 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 適 用 に 伴 う 税 効 果 会 計 に 関 するQ&A 改 正 の 公 開 草 案 例 : 個 別 F/S における 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 が 400 あったとする 連 結 修 正 仕

経 営 財 務 12/24 号 3095 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 適 用 に 伴 う 税 効 果 会 計 に 関 するQ&A 改 正 の 公 開 草 案 例 : 個 別 F/S における 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 が 400 あったとする 連 結 修 正 仕 経 営 財 務 12/17 号 3094 中 国 進 出 の 会 計 関 連 情 報 日 本 の 消 費 税 に 相 当 するものとして 増 値 税 がある 有 形 品 に 対 して 増 値 税 が 無 形 サービスに 対 しては 営 業 税 が 課 される ( 営 業 税 は 仕 入 税 額 控 除 ができない 但 し 現 在 は 増 値 税 に 統 合 される 過 程 にある 上 海 で 実 験

More information

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 秋 田 市 ( 以 下 甲 という )が 受 託 者 ( 以 下 乙 という ) に 対 し 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 を 委 託 するために 定 めたものである ( 目 的 ) 第 2 条 甲 が 委 託 する 秋 田 市 固 定 資 産 土

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財 1. 平 成 24 年 度 正 味 財 産 増 減 計 算 書 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 科 目 当 年 度 前 年 度 増 減 Ⅰ. 一 般 正 味 財 産 増 減 の 部 1. 経 常 増 減 の 部 (1) 経 常 収 益 弁 済 業 務 保 証 金 運 用 益 869,730,392 846,525,434 23,204,958 弁 済

More information

Microsoft Word - 事業報告_監査法人用_FINAL.doc

Microsoft Word - 事業報告_監査法人用_FINAL.doc 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 2 月 28 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 そ の 他 貸 倒 引 当 金 固 定 資 産 有 形 固 定 資 産 建 物 構 築

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

平成12年度重点事項実施要領

平成12年度重点事項実施要領 平 成 25 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 実 施 結 果 平 成 25 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 について 実 施 した 結 果 は 次 のとおりであった 第 1 監 査 の 概 要 1 平 成 25 年 度 重 点 事 項 税 外 収 入 未 済 に 対 する 債 権 管 理 は 適 切 か 2 選 定 理 由 平 成 24 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 として

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63> 目 平 成 17 年 10 月 1 日 次 21 総 資 則 格 ( の 第 審 1 査 条 ( 第 第 32 条 条 ) 34 工 事 等 の 施 契 行 約 手 の 続 手 ( 続 第 ( 9 14 8 条 ) 第 13 第 条 21 条 )) 65 建 設 工 締 事 結 及 ( び 第 監 24 理 条 の 委 第 託 33 契 条 約 ) の 手 続 ( 第 22 条 第 23 条 ) 第

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor2/html_gene.asp

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor2/html_gene.asp 平 成 21 年 3 月 期 決 算 短 信 平 成 21 年 5 月 15 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経

More information

<817992B78DE88253825882568D868BB497C095E28F438D488E96817A48323820874093FC8E448CF68D9081698E7B8D48945C97CD955D89BF8C5E816A3136303830312E786C7378>

<817992B78DE88253825882568D868BB497C095E28F438D488E96817A48323820874093FC8E448CF68D9081698E7B8D48945C97CD955D89BF8C5E816A3136303830312E786C7378> 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 平 成 8 年 9 月 6 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 九 州 地 方 整 備 局 長 崎 河 川 国 道 事 務 所 長 垣 原 清 次 工 事 概 要 () () 工 事 名 工 事 場 所 長 崎 497 号 橋 梁 補 修 工 事 長 崎 県 佐 世 保 市 塩 浜 町 地 先

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1,

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1, 原 子 力 損 害 賠 償 廃 炉 等 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 機 構 は 未 曽 有 の 大 事 故 となった 平 成 23 年 3 月 の 東 京 電 力 福 島

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FEE95F1814583568358836583808CA48B868B408D5C9640906C95B68F918AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FEE95F1814583568358836583808CA48B868B408D5C9640906C95B68F918AC7979D8B4B92F6> 情 報 システム 研 究 機 構 法 人 文 書 管 理 規 程 平 成 2 4 月 1 日 制 定 目 次 第 1 章 総 則 第 2 章 管 理 体 制 第 3 章 作 成 第 4 章 整 理 第 5 章 保 存 第 6 章 法 人 文 書 ファイル 管 理 簿 第 7 章 移 管, または 保 存 期 間 の 延 長 第 8 章 点 検 監 査 及 び 管 理 状 況 の 報 告 等 第 9

More information

2 連 結 注 記 表 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 連 結 子 会 社 の 数 8 社 連 結 子 会 社 の 名 称 日 精 興 産 日 精 バイリス アルボース オレオトレ

2 連 結 注 記 表 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 に 関 する 注 記 等 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 連 結 子 会 社 の 数 8 社 連 結 子 会 社 の 名 称 日 精 興 産 日 精 バイリス アルボース オレオトレ 1 法 令 および 定 款 に 基 づく インターネット 開 示 事 項 連 結 注 記 表 個 別 注 記 表 第 146 期 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 から 平 成 26 年 3 月 31 日 まで) 上 記 の 事 項 につきましては 法 令 および 当 社 定 款 第 15 条 の 規 定 に 基 づき インターネット 上 の 当 社 ホームページ (http://www.nipponseika.co.jp/)に

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2%の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2%の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 平 成 26 年 度 鶴 岡 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 平 成 24 年 度 の 人 件 費 率 平 成 人 % % 25 年 度 134,630

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information