仁杉・一杉氏の出自

Size: px
Start display at page:

Download "仁杉・一杉氏の出自"

Transcription

1 第 2 章 伊 豆 の 土 豪 伊 東 氏 藤 原 南 家 工 藤 氏 伊 東 氏 祐 清 流 伊 東 氏 北 条 家 に 仕 えた 仁 杉 氏 1) 藤 原 氏 から 工 藤 氏 へ 平 安 の 中 期 藤 原 南 家 武 智 麻 呂 から 数 えて 九 代 目 為 憲 ( 平 将 門 の 追 討 に 功 のあった 常 陸 介 藤 原 惟 幾 の 子 藤 原 鎌 足 から11 代 目 )は 仁 寿 8 年 (852) 木 工 介 ( 助 )を 任 じ られた 木 工 介 は 木 工 寮 の 次 官 木 工 寮 (もくのりょう)は 和 名 でコダクミノツカサ( 古 多 久 美 乃 豆 加 佐 )と 呼 ばれた 造 営 材 木 の 採 集 神 社 用 具 の 製 作 職 工 の 支 配 などを 担 当 する 部 門 宮 内 省 に 属 し 律 令 時 代 は 二 条 の 南 神 泉 苑 の 東 にあったという 木 工 寮 の 長 官 は 木 工 頭 (ムクノカミ)で 定 員 は 一 人 相 当 官 位 は 従 五 位 上 次 官 の 木 工 介 ( 助 ) 助 も 定 員 一 人 で 相 当 官 位 は 正 六 位 下 為 憲 は 木 工 介 を 任 じられたため 木 工 の 藤 原 氏 という 意 味 で 工 藤 氏 を 称 した 同 じようないわれの 藤 原 家 の 姓 は 多 い 例 えば 兵 藤 氏 権 藤 氏 佐 藤 ( 左 衛 門 佐 の 佐 ) 氏 などである 地 方 の 役 人 として 赴 任 し その 国 名 の 一 字 をつけた 加 賀 の 加 藤 氏 尾 張 の 尾 藤 氏 遠 江 の 遠 藤 氏 近 江 の 近 藤 氏 武 蔵 の 武 藤 氏 伊 勢 の 伊 藤 氏 なども 藤 原 南 家 の 出 である 藤 原 氏 から 工 藤 氏 藤 原 鎌 足 不 比 等 武 智 麻 呂 乙 麿 是 公 雄 友 弟 河 高 扶 清 河 維 織 為 憲 ( 木 工 介 工 藤 氏 の 祖 ) 2) 工 藤 氏 から 各 地 の 伊 東 氏 へ 為 憲 の 孫 工 藤 維 景 は 押 領 使 に 任 じられ 伊 豆 に 下 向 その 後 駿 河 守 として 伊 豆 国 狩 野 に 居 住 した その 子 維 職 は 伊 豆 国 の 東 海 岸 田 方 郡 伊 東 に 居 を 構 えて 伊 東 氏 を 名 乗 り その 一 族 は 河 津 を 本 拠 とする 河 津 氏 宇 佐 美 を 本 拠 とする 宇 佐 美 氏 狩 野 を 本 拠 とする 狩 野 氏 など それぞれ 本 拠 の 地 名 を 名 乗 る 土 豪 となり 伊 豆 各 地 に 勢 力 を 拡 大 していった この 工 藤 伊 東 一 族 は 源 平 が 争 った 時 期 には 平 家 側 と 源 氏 側 に 分 かれてお 互 いに 争 い 頼 朝 が 鎌 倉 幕 府 を 開 いてからも 本 家 相 続 領 地 争 いなど 伊 豆 を 舞 台 に 骨 肉 相 食 む 争 いをして 来 た 頼 朝 の 時 代 に 起 きた 有 名 な 曽 我 兄 弟 のあだ 討 ち 事 件 は この 相 続 争 いのひとつであ り 主 役 の 曽 我 兄 弟 は 河 津 を 本 拠 としていた 河 津 三 郎 の 遺 児 敵 役 の 工 藤 祐 経 は 伊 豆 に 下 向 した 維 職 の 曾 孫 にあたる 伊 東 氏 の 当 主 であったが 頼 朝 の 命 令 により この 当 時 は 工 藤 家 の 本 流 として 工 藤 氏 を 称 していた 工 藤 祐 経 は 建 久 4 年 (1193) 曽 我 兄 弟 に 討 たれたが その 子 孫 は 伊 豆 のみならず 1021

2 全 国 に 展 開 している 祐 経 の 次 男 祐 長 は 奥 州 安 積 の 地 に 移 り 今 の 郡 山 の 基 になる 集 落 を 開 いた 津 軽 の 工 藤 氏 は 建 武 元 年 (1334) 工 藤 貞 行 が 大 光 寺 合 戦 で 南 朝 方 に 属 して 活 躍 し 山 辺 郡 二 想 志 郷 ( 青 森 県 黒 石 市 )を 与 えられた 一 族 の 末 裔 と 考 えられる この 外 厨 川 工 藤 氏 は 工 藤 景 光 の 子 行 光 が 祖 行 光 は 平 泉 の 討 伐 に 功 を 挙 げて 岩 手 郡 の 地 頭 となって 一 族 は 糠 部 郡 各 地 に 広 がったが 南 北 朝 時 代 に 南 部 氏 に 討 たれて 没 落 した 南 北 朝 時 代 には 一 族 が 分 裂 して 争 い 三 戸 工 藤 氏 と 八 戸 工 藤 氏 が 残 った 青 森 県 岩 手 県 には 今 も 工 藤 姓 が 多 く 青 森 市 弘 前 市 五 所 川 原 市 をはじめ 津 軽 の 市 町 村 では 最 多 姓 となっているところが 多 く 県 全 体 でも 圧 倒 的 な 最 多 姓 であるとい う 静 岡 愛 知 に 多 い 久 野 氏 は 工 藤 祐 経 の 孫 伊 東 祐 光 の 後 裔 であり 駿 河 久 能 を 領 した ので 久 能 後 に 久 野 氏 と 称 した また 祐 継 系 の 伊 東 氏 が 祐 時 のとき 日 向 国 の 地 頭 職 を 与 えられ その 子 祐 朝 祐 光 らが 日 向 に 土 着 し 日 向 伊 東 氏 の 祖 となった 日 向 伊 東 氏 は 日 南 地 方 の 豪 族 となり 江 戸 時 代 は 飫 肥 藩 主 として 幕 末 まで 続 いた このように 工 藤 氏 の 子 孫 は 各 地 に 広 がって 脈 々とその 血 を 現 代 につないでいる 本 朝 武 家 諸 姓 分 脉 系 圖 ( 以 下 本 朝 ) 諸 氏 本 系 帳 ( 以 下 諸 氏 ) および 仁 杉 氏 系 図 ( 以 下 系 図 )では 為 憲 から4 代 目 の 維 永 までを 為 憲 時 理 時 信 維 永 とし 共 通 しているが それ 以 降 は 祐 親 までは 微 妙 な 差 異 がある 本 朝 維 永 維 職 家 継 祐 隆 祐 親 諸 氏 維 永 維 景 維 職 家 継 祐 隆 祐 家 祐 親 系 図 維 永 維 景 維 職 家 継 祐 家 祐 親 諸 氏 系 図 では 維 永 の 次 に 維 景 が 見 られるが 本 朝 では 維 景 を 飛 ばして 維 職 となる 逆 に 本 朝 諸 氏 では 家 継 ( 史 料 によっては 家 次 )の 次 が 祐 隆 となっ ているが 系 図 では 祐 隆 の 記 述 がない また 諸 氏 系 図 では 祐 親 の 前 は 祐 家 であるが 本 朝 では 祐 隆 から 直 接 祐 親 となっている 本 朝 の 系 図 を 詳 細 に 読 むと 祐 隆 に 祐 家 ( 伊 東 太 郎 大 夫 )という 子 がいるが 仁 杉 家 につながる 伊 東 家 の 家 督 を 継 いだのは 祐 親 となっている これらの 系 図 は 江 戸 時 代 後 期 になってから 作 成 され 幕 府 に 提 出 されたものであり その 時 点 あるいはその 以 前 から 家 にとって 都 合 の 良 いように 改 竄 されていることが 少 なくない 従 って 以 下 に 述 べる 伊 東 氏 の 出 自 歴 史 は 必 ずしも 史 実 とはいえない 部 分 もある 事 を 留 意 しておかなければならない 1022

3 3) 伊 東 祐 親 駿 河 や 伊 豆 に 土 着 して 武 士 とな った 工 藤 氏 の 一 族 の 家 継 が 伊 東 に 本 拠 をかまえるようになり 伊 東 氏 を 名 乗 った その 子 が 祐 親 である 祐 親 は 伊 豆 の 多 くの 土 豪 が 頼 朝 の 傘 下 に 入 る 中 で 平 家 方 として 生 きた 男 曽 我 兄 弟 の 祖 父 頼 朝 と 子 までなした 八 重 姫 の 父 として 史 書 にも 頻 繁 に 登 場 する 伊 東 市 の 郷 土 の 英 雄 毎 年 祐 親 祭 が 開 催 される 祐 親 伊 東 久 次 郎 寂 心 入 道 保 元 平 治 乱 属 源 義 朝 尽 軍 功 治 承 四 年 (1180) 庚 子 十 月 十 九 日 於 豆 州 鯉 名 泊 為 於 大 野 藤 内 遠 景 涼 有 下 知 預 祐 親 婿 三 浦 介 義 澄 寿 永 元 年 (1182) 壬 寅 二 十 四 頼 朝 卿 看 祐 親 之 罪 科 蚩 然 寂 心 耻 前 非 於 三 浦 之 宿 所 而 令 自 害 葬 伊 豆 久 須 美 庄 伊 東 郷 岡 山 号 東 林 寺 寂 心 ( 本 朝 の 記 述 以 下 同 じ) 3-1) 家 督 相 続 祐 隆 ( 始 めは 祐 継 )は 狩 野 四 郎 大 夫 を 名 乗 り 従 五 位 下 伊 豆 国 の 狩 野 久 須 美 河 津 の3 庄 を 領 した 狩 野 庄 に 住 んでいたが 後 に 久 須 美 庄 の 伊 東 邑 ( 現 在 の 伊 東 市 ) に 住 んだという 後 に 出 家 し 久 須 美 入 道 と 名 乗 ったという 記 録 がある 祐 隆 には 祐 家 光 家 茂 光 祐 継 ( 次 ) 祐 親 の4 人 の 男 子 があり 祐 家 が 伊 東 太 郎 大 夫 を 名 乗 って 家 督 を 継 いだが 相 続 する 子 がないうちに 死 んだため 祐 親 が 相 続 した 3-2) 頼 朝 の 想 い 人 八 重 姫 祐 親 は 保 元 平 治 の 乱 で 源 義 朝 に 従 い 軍 功 があったが その 後 平 氏 方 についた 同 じ く 伊 豆 の 有 力 豪 族 であった 北 条 時 政 とともに 伊 豆 蛭 ケ 小 島 に 流 刑 となった 頼 朝 の 監 視 人 に 任 命 された 祐 親 には3 人 の 娘 がおり 長 女 は 三 浦 半 島 の 雄 三 浦 義 澄 に 嫁 ぎ もう 次 女 は 工 藤 祐 経 の 妻 となり 後 に 土 肥 野 太 郎 に 再 嫁 している そして3 女 ( 八 重 姫 とも)が 頼 朝 の 想 い 人 になった 後 に 江 戸 幕 府 が 大 学 頭 の 林 家 に 命 じて 編 纂 させた 歴 史 本 朝 通 鑑 に 伊 東 祐 親 の 女 に 通 ず 男 を 生 む 名 は 千 鶴 とある 祐 親 はこの 頃 大 番 役 として 京 に 上 って 留 守 だった 期 間 は 三 年 間 任 を 終 えて 伊 豆 に 戻 ると 屋 敷 の 花 畑 に 見 慣 れぬ 幼 児 が 乳 母 とともにいた 1023

4 その 乳 母 に 問 うと 窮 して 逃 げ 去 った その 妻 を 詰 る 妻 曰 く 是 れ 三 娘 人 に 通 じて 産 む 所 なりと 祐 親 はこの 頃 大 番 役 として 京 に 上 っ て 留 守 だった 期 間 は 三 年 間 任 を 終 えて 伊 豆 に 戻 ると 屋 敷 の 花 畑 に 見 慣 れぬ 幼 児 が 乳 母 とともにい た その 乳 母 に 問 うと 窮 して 逃 げ 去 った その 妻 を 詰 る 妻 曰 く 是 れ 三 娘 八 重 姫 供 養 塔 ( 伊 豆 の 国 市 韮 山 町 人 に 通 じて 産 む 所 なりと 中 条 ) 更 に 問 い 詰 めると 相 手 は 頼 朝 だという 祐 親 は 激 怒 した 平 氏 に 知 れればどう なるかを 恐 れたのだ 結 局 遂 に 家 僕 に 命 じ 千 鶴 ( 丸 )を 捕 らえ 之 を 白 滝 に 沈 め 而 して 其 女 を 他 人 に 嫁 せり と わずか 三 歳 だった 千 鶴 丸 を 柴 漬 にして 殺 害 してしまった 泣 き 叫 ぶ 千 鶴 丸 に 橘 の 一 枝 を 持 たせてなだめたという 言 い 伝 えがあるという さらに 頼 朝 と 別 れさせた 八 重 姫 は 他 所 に 嫁 がせて 事 態 の 収 拾 を 図 った 再 嫁 させた 先 は 本 朝 によると 平 氏 の 末 流 で 伊 豆 国 目 代 を 勤 めていた 平 兼 隆 であった 目 代 は 現 地 に 赴 任 しない 国 司 ( 貴 族 )の 代 わりに 任 命 された 監 視 役 である 兼 隆 は 伊 豆 田 方 郡 山 木 に 住 んでいたので 山 木 判 官 と 呼 ばれている ちなみに 司 馬 遼 太 郎 の 街 道 を 行 く によれば 大 番 で 京 にいた 北 条 時 政 は 娘 の 政 子 が 頼 朝 と 情 を 通 じた 事 を 国 元 からの 手 紙 で 知 り 一 緒 に 京 へ 上 っていた 山 木 判 官 と 伊 豆 へ 馬 をならべて 戻 る 途 上 政 子 をどうか と 持 ちかけたところ 判 官 は 前 後 もなく 承 知 したという 政 子 が 先 だったのか 八 重 姫 が 先 だったのかわからないが 同 じように 娘 が 頼 朝 と 通 じてしまった 祐 親 と 北 条 時 政 の 対 処 の 仕 方 は 対 照 的 であり その 後 の 運 命 を 大 きく 変 えてしまった 祐 親 は 娘 を 無 理 やり 別 れさせ 生 まれた 子 供 を 抹 殺 し 後 に 頼 朝 に 許 されず 自 害 した が 時 政 は 娘 を 頼 朝 の 正 夫 人 とし それを 最 大 の 武 器 として 頼 朝 の 重 臣 となり やがて 鎌 倉 幕 府 そのものを 乗 っ 取 って 130 年 間 にわたる 一 族 の 栄 華 の 礎 を 築 いた なお 伊 東 市 史 では 八 重 姫 の 再 嫁 先 は 江 間 小 四 郎 としている 江 間 は 後 に 源 氏 の 御 家 人 になっている 3-3) 頼 朝 に 敵 対 頼 朝 がまだ 静 かに 蛭 ケ 小 島 で 流 人 として 念 仏 三 昧 の 頃 祐 親 は 時 の 権 力 者 である 平 家 の 傘 下 にあった 祐 親 の 長 女 が 嫁 いだ 三 浦 氏 も 坂 東 平 氏 の 一 族 である 頼 朝 が 石 橋 山 で 挙 兵 した 時 も 祐 親 は 平 氏 方 について 頼 朝 に 敵 対 行 動 をとった 石 垣 山 の 背 後 の 山 に 陣 を 占 め 3 百 余 騎 をひきいて 頼 朝 の 隙 をうかがっていた 1024

5 結 局 頼 朝 の 蜂 起 は 不 成 功 に 終 わり 戦 いに 敗 れた 頼 朝 は 海 路 房 総 半 島 に 逃 れた 娘 が 頼 朝 と 通 じてしまったという 事 態 は 平 氏 の 思 惑 を 恐 れる 祐 親 に 孫 の 殺 害 という 残 酷 な 処 置 をさせたが さらに 祐 親 はこの 噂 が 広 まることを 恐 れ ついには 頼 朝 をも 殺 して 禍 の 根 を 絶 とうと 計 画 した 安 元 元 年 (1175)9 月 のことである 伊 東 祐 親 木 像 ( 東 林 寺 蔵 ) しかし 祐 親 の 子 祐 清 がこれを 察 知 し 密 かに 頼 朝 にこれを 通 報 した 頼 朝 はあやうく 走 湯 山 に 難 を まぬがれた ほどなくして 治 承 4 年 (1180) 再 起 したが この 時 も 祐 親 は 平 氏 についたが 世 の 風 向 きが 変 わり 関 東 の 有 力 豪 族 がこぞって 頼 朝 になびいたため 平 氏 は 敗 戦 を 重 ねた 平 氏 の 海 上 作 戦 に 参 加 するため 伊 豆 鯉 名 浦 ( 賀 茂 郡 竹 麻 村 )で 船 を 整 えていた 祐 親 の 行 動 を 察 知 した 天 野 藤 内 遠 景 は 祐 親 を 捕 らえ 黄 瀬 川 東 岸 に 陣 する 頼 朝 の 前 に 引 き 連 れた 祐 親 の 娘 婿 三 浦 義 澄 は 頼 朝 挙 兵 以 来 の 最 大 功 績 伊 東 市 史 より 者 のひとりであったが 舅 のために 必 死 に 頼 朝 に 助 命 嘆 願 した 信 頼 厚 い 三 浦 義 澄 のとりなしではあったが 我 が 子 を 殺 し 更 に 自 分 を 襲 撃 しようと しただけでなく 苦 しかった 挙 兵 のころに 敵 方 平 氏 についた 祐 親 を 頼 朝 はすぐには 許 さなかった しかしようやく 一 命 を 助 けられ 三 浦 屋 敷 に 預 かりの 身 となった 祐 親 はこれを 恥 じ 三 浦 氏 の 邸 内 で 自 害 して 果 てた 寿 永 元 年 (1182)2 月 15 日 のことだった 伊 東 東 林 寺 山 門 祐 親 の 墓 3-4) 墓 所 祐 親 の 墓 所 は 伊 東 市 伊 東 郷 の 岡 に 自 分 が 創 建 した 東 林 寺 に 葬 られたが これとは 別 に 葉 山 に 供 養 塚 が 築 かれている 1025

6 葉 山 マリーナの 近 くに 旗 立 山 と 呼 ばれ 古 くは 三 浦 一 族 の 物 見 砦 ( 鐙 摺 砦 )があった 小 山 がある 今 は 海 岸 との 間 に 道 路 があるが 往 時 は 海 に 屹 立 して 物 見 には 最 適 な 山 であっただろう この 頂 上 広 場 の 北 端 に 小 さな 石 塔 の 塚 があり 近 くに 説 明 板 がある また 三 浦 一 族 研 究 という 研 究 の 第 七 号 に 三 浦 澄 子 氏 の 三 浦 半 島 の 伊 東 祐 親 伝 承 という 論 文 があり この 供 養 塚 について 詳 しく 述 べられている ( 史 料 編 参 照 ) 葉 山 マリーナ 近 くの 鐙 摺 砦 跡 祐 親 供 養 塔 の 説 明 板 3-5) 曽 我 の 仇 討 一 族 の 間 で 繰 り 広 げられた 所 領 争 いは 曽 我 物 語 として 名 高 い この 曽 我 物 語 では 祐 親 は 欲 深 い 人 間 として 描 かれている 祐 親 の 父 が 早 逝 した 当 然 遺 領 は 祐 親 が 引 き 継 ぐと 思 っていたが 一 族 を 束 ねてい た 祖 父 の 家 継 は 庶 子 の 祐 継 ( 祐 親 には 叔 父 にあたる)に 相 続 させ 一 族 の 惣 領 となった 祐 親 は 伊 豆 河 津 に 所 領 をもらって 分 家 した やがて 祐 継 が 病 死 した 祐 継 は 死 ぬ 前 に 祐 親 を 枕 元 に 呼 び 祐 経 ( 祐 継 の 遺 児 )のことを 頼 む と 懇 願 した 盗 賊 に 財 産 を 預 けるようなものである 祐 親 は 日 ならずして 祐 経 の 所 領 をすべて 奪 って 一 族 の 長 におさまった このため 幼 い 祐 経 には 遺 恨 が 残 った 成 長 した 祐 経 は 頼 朝 の 有 力 な 家 人 となり 伊 東 氏 の 本 流 である 工 藤 氏 を 名 乗 っていた が 成 長 して 後 もかつて 祐 親 に 所 領 を 奪 われた 事 を 忘 れず 報 復 に 祐 親 とその 子 河 津 三 郎 を 殺 そうと 刺 客 を 放 った 刺 客 の 矢 は 河 津 三 郎 に 命 中 し 彼 は 落 命 した 三 郎 の 未 亡 人 は5 歳 3 歳 だった2 人 の 男 子 を 連 れて 相 模 の 曽 我 祐 信 に 嫁 いだ こ の2 人 の 子 が 後 の 曽 我 十 郎 祐 成 と 曽 我 五 郎 時 致 である さまざまな 苦 難 を 経 た 末 に 兄 弟 は 建 久 4 年 (1193) 父 の 仇 祐 経 を 討 つ 機 会 に 恵 まれた 源 頼 朝 が 富 士 の 裾 野 で 巻 狩 りを 行 った 巻 狩 りとは 勢 子 が 山 の 上 の 方 から 鹿 や 猪 を 追 い 出 し 下 の 方 で 待 ちかまえた 武 士 たちが 獲 物 を 射 る 催 しで 単 なる 娯 楽 ではなく 模 擬 軍 事 演 習 を 兼 ねていた 有 力 な 家 臣 や 御 家 人 たちが 大 勢 参 加 する 政 治 的 示 威 でもあったので 祐 経 もこの 巻 狩 1026

7 に 参 加 していた 兄 弟 は 祐 経 の 宿 所 を 探 りあて 警 備 が 手 薄 な 時 間 を 狙 っていた 5 月 28 日 の 夜 兄 弟 は 祐 経 の 宿 所 に 忍 び 入 り 祐 経 を 討 ち 取 った 苦 節 18 年 目 にし ての 本 懐 だった 2 人 は 周 囲 の 武 士 たちに 捕 えられ 翌 日 尋 問 が 行 われた 頼 朝 は 兄 弟 を 勇 気 ある 武 士 の 誉 れ として 許 そうとしたが 祐 経 の 子 が 強 く 嘆 願 し 2 人 は 処 刑 された これが 曽 我 物 語 曽 我 の あだ 討 ち の 概 要 である 工 藤 伊 東 一 族 の 間 で 親 子 2 代 にわたって 繰 り 広 げた 骨 肉 の 争 いであった 左 の 写 真 は 箱 根 にある 曽 我 兄 弟 の 墓 ( 左 の 2 基 ) 祐 親 には 祐 通 祐 泰 祐 清 の3 人 の 男 子 があった 長 男 祐 通 は 早 世 し 次 男 祐 泰 は 河 津 三 郎 を 名 乗 った あの 曽 我 兄 弟 の 父 である 祐 泰 は 同 族 の 工 藤 祐 経 により 殺 され 遺 児 2 人 も 仇 討 ちの 後 に 花 と 散 ったのでこの 系 統 は 絶 えてしまった 3 男 祐 清 は 後 に 仁 杉 氏 につながる 祐 清 流 伊 東 氏 の 祖 となる 下 は 良 く 知 られる 工 藤 氏 の 系 図 である 各 地 に 一 族 が 展 開 して 行 くなかで 祐 家 祐 親 祐 清 の 系 統 が 後 の 仁 杉 家 につながる 伊 東 氏 の 家 系 となる この 家 系 を 他 の 工 藤 氏 伊 東 氏 の 家 系 と 区 別 するため 祐 清 流 伊 東 氏 と 呼 ぶ 祐 清 流 伊 東 氏 の 傍 流 の ひとつが 後 の 仁 杉 家 と なる 1027

2 真 田 丸 の 時 代 の 領 主 国 衆 から 徳 川 大 名 へ 箕 輪 城 内 藤 昌 月 直 矩 武 田 氏 織 田 氏 北 条 氏 (1575~90) 内 藤 氏 は 甲 斐 国 の 国 衆 武 田 信 虎 ( 信 玄 の 父 )に 滅 ぼされるが 昌 秀 の 時 に 晴 信 の 重

2 真 田 丸 の 時 代 の 領 主 国 衆 から 徳 川 大 名 へ 箕 輪 城 内 藤 昌 月 直 矩 武 田 氏 織 田 氏 北 条 氏 (1575~90) 内 藤 氏 は 甲 斐 国 の 国 衆 武 田 信 虎 ( 信 玄 の 父 )に 滅 ぼされるが 昌 秀 の 時 に 晴 信 の 重 高 崎 学 検 定 講 座 / 高 崎 市 市 民 活 動 センター ソシアス/ 平 成 28 年 5 月 21 日 ( 土 ) 真 田 丸 時 代 の 高 崎 群 馬 県 立 歴 史 博 物 館 簗 瀬 大 輔 1 真 田 丸 の 時 代 - 戦 国 時 代 の 最 終 段 階 - 戦 国 時 代 前 期 (15 世 紀 後 半 ) 中 期 (16 世 紀 前 半 ) 後 期 (16 世 紀 後

More information

<967B8E5292AC95B689BB8DE08E6A90D58A E786C73>

<967B8E5292AC95B689BB8DE08E6A90D58A E786C73> 1 長 徳 寺 跡 長 徳 寺 は 久 安 5 年 (1149) 吾 橋 庄 に 創 建 と 伝 えられる 吾 橋 庄 は を 中 心 に 汗 見 川 の 流 域 に 広 がる 領 主 頼 則 盛 政 らが 開 発 した 荘 園 で 長 徳 寺 はその 菩 提 寺 長 徳 寺 跡 は 河 岸 段 丘 状 の 緩 傾 斜 地 であり 北 に 山 を 背 負 い 日 当 たりも 良 く 南 西 方 は

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817591E58DE282CC9077343030944E8376838D83578346834E8367817682C982C282A282C42E707074785B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817591E58DE282CC9077343030944E8376838D83578346834E8367817682C982C282A282C42E707074785B93C782DD8EE682E890EA97705D> 大 坂 の 陣 400 年 天 下 一 祭 大 坂 の 陣 400 年 天 下 一 祭 ホームページ http://www.osakanojin400.com 大 坂 の 陣 400 年 プロジェクト について 大 坂 の 陣 をテーマとして 大 阪 城 に 関 連 するイベントを 集 中 開 催! コアイベント 期 間 大 坂 冬 の 陣 400 年 2014 年 10 月 ~12 月 大 坂 夏

More information

しいた 堀 田 正 睦 (まさよし)の 子 育 奨 励 の 触 書 や 天 保 改 革 時 の 家 作 取 締 りなど 興 味 深 い 資 料 があります 3. 嘉 永 二 年 小 金 原 御 鹿 狩 ~ 四 街 道 に5300 人 の 勢 子 が 集 まる~ 井 岡 家 の 先 祖 治 郎 左 衛

しいた 堀 田 正 睦 (まさよし)の 子 育 奨 励 の 触 書 や 天 保 改 革 時 の 家 作 取 締 りなど 興 味 深 い 資 料 があります 3. 嘉 永 二 年 小 金 原 御 鹿 狩 ~ 四 街 道 に5300 人 の 勢 子 が 集 まる~ 井 岡 家 の 先 祖 治 郎 左 衛 古 文 書 が 伝 える 四 街 道 の 歴 史 展 の 解 説 はじめに 今 回 の 展 示 会 にご 協 力 をいただきました 四 街 道 市 長 岡 地 区 の 井 岡 家 は 江 戸 時 を 通 じて 市 域 16か のひとつである 長 岡 の 名 主 や 組 頭 を 勤 め 当 主 は 治 郎 左 衛 門 を 名 乗 られた 家 です 明 治 以 後 も 長 岡 の 用 掛 や 連 合 戸

More information

Taro12-a 紹介 富山(更新).jtd

Taro12-a 紹介 富山(更新).jtd 富 山 始 審 裁 判 所 ができるまで 1 県 庁 における 裁 判 時 代 ( 1) 明 治 4 年 7 月 14 日, 廃 藩 置 県 によって 富 山 藩 は 廃 せられ, 旧 藩 領 に 富 山 県 が 設 置 された だ 裁 判 事 務 は, 富 山 藩 時 代 には 藩 において 行 われており, 富 山 県 もこれを 引 き 継 い 同 年 11 月 20 日 には, 富 山 県 が

More information

<966B94A98CB089C6944E955C202D2083528373815B2E786C73>

<966B94A98CB089C6944E955C202D2083528373815B2E786C73> 北 畠 顕 家 年 譜 和 暦 西 暦 月 日 出 来 事 史 料 文 保 2 年 1318 北 畠 親 房 の 子 として 誕 生 元 応 3 年 1321 1 月 1 日 顕 家 従 五 位 下 となる 正 中 2 年 1325 12 月 30 日 顕 家 侍 従 となる 嘉 暦 3 年 1328 3 月 16 日 顕 家 少 納 言 となる 嘉 暦 3 年 1328 4 月 19 日 顕 家

More information

人生の暗号と運命

人生の暗号と運命 寅 暗 号 運 命 導 聖 愛 ょ 父 子 聖 霊 行 お 永 遠 導 続 ( エ ド ガ ケ イ リ デ グ ) 4 目 次 プ グ 雑 還 暦 過 ぎ 頃 四 家 系 探 五 太 陽 系 今 六 術 残 死 七 犬 八 娘 九 娘 旅 行 〇 墓 姓 父 太 郎 共 通 点 義 兄 金 造 道 悦 5 妻 周 四 悦 子 五 寅 六 新 社 倒 産 七 父 死 十 字 架 八 北 へ 帰 別

More information

<2334358BBD92A02E707562>

<2334358BBD92A02E707562> 古 文 書 #45 ごうちょう むらめいさいちょう 郷 帳 村 明 細 帳 作 者 : 郷 帳 = 大 名 代 官 幕 府 村 明 細 帳 = 村 方 村 役 人 成 立 : 郷 帳 = 江 戸 期 村 明 細 帳 = 江 戸 初 期 から 明 治 初 年 解 題 Keyword 国 絵 図 村 高 慶 長 郷 帳 正 保 郷 帳 元 禄 郷 帳 天 保 郷 帳 村 差 出 明 細 帳 村 鑑 帳

More information

資 料 番 号 表 題 作 成 年 月 日 作 成 差 出 など 宛 名 1 松 代 城 廓 絵 図 明 治 五 壬 申 年 浦 野 季 邦 控 2 信 濃 国 河 中 嶋 松 代 城 ( 享 保 二 丁 酉 年 四 月 ) ( 真 田 伊 豆 守 ) 形 態 備 考 紙 袋 御 城 内 御 絵 図 壱 同 明 治 五 壬 申 年 長 野 県 江 引 渡 建 物 絵 図 面 壱 枚 浦 野 姓 本

More information

( 以 下 略 ) 番 号 67 年 代 元 禄 14 年 8 月 表 題 能 登 国 高 都 合 并 郡 色 分 目 録 法 量 不 明 能 登 国 高 都 合 并 郡 色 分 目 録 内 羽 咋 郡 高 八 万 千 七 百 八 拾 八 石 八 斗 九 升 八 合 百 九 拾 三 ケ 村 鹿 嶋

( 以 下 略 ) 番 号 67 年 代 元 禄 14 年 8 月 表 題 能 登 国 高 都 合 并 郡 色 分 目 録 法 量 不 明 能 登 国 高 都 合 并 郡 色 分 目 録 内 羽 咋 郡 高 八 万 千 七 百 八 拾 八 石 八 斗 九 升 八 合 百 九 拾 三 ケ 村 鹿 嶋 番 号 63 年 代 正 保 年 間 表 題 加 賀 国 四 郡 絵 図 ( 下 書 ) 法 量 320 496 加 賀 国 四 郡 絵 図 内 一 河 北 郡 七 万 五 千 七 十 石 二 斗 一 升 一 石 河 郡 拾 六 万 六 千 九 百 四 十 五 石 九 斗 八 升 一 能 美 郡 拾 壱 万 五 千 二 百 四 十 四 石 五 斗 六 升 容 一 江 沼 郡 六 万 五 千 六 百

More information

’V3000Form−®’¬.xls

’V3000Form−®’¬.xls 1821 姓 3034 本 SET 1-5 コート 姓 数 量 184 天 野 383 池 野 556 入 江 728 梅 林 910 大 上 あ 190 雨 宮 391 池 本 559 入 沢 729 梅 原 912 大 内 3 阿 久 津 197 綾 部 395 石 井 567 岩 井 731 梅 村 913 大 浦 12 阿 部 201 荒 井 397 石 上 570 岩 上 732 梅 本

More information

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

変 丘 陵 戦 時 前 変 起 点 戦 時 府 滅 亡 鎌 倉 享 徳 乱 交 通 路 変 北 条 領 下 交 通 路 お 集 落 徳 康 東 首 都 建 設 6 徳 康 東 青 梅 街 石 灰 輸 送 五 日 街 薪 炭 輸 送 削 丘 陵 山 岸 岸 岸 豪 乗 豪 章 き 七 紀 ひ 七 紀

変 丘 陵 戦 時 前 変 起 点 戦 時 府 滅 亡 鎌 倉 享 徳 乱 交 通 路 変 北 条 領 下 交 通 路 お 集 落 徳 康 東 首 都 建 設 6 徳 康 東 青 梅 街 石 灰 輸 送 五 日 街 薪 炭 輸 送 削 丘 陵 山 岸 岸 岸 豪 乗 豪 章 き 七 紀 ひ 七 紀 目 次 口 絵 序 凡 例 目 次 じ 序 章 き ひ 南 北 伸 古 都 府 結 ぶ イ メ ー ジ 最 も 古 痕 跡 東 山 路 遺 跡 鎌 倉 各 結 ぶ 7 士 団 鎌 倉 府 鎌 倉 街 鎌 倉 街 承 変 丘 陵 戦 時 前 変 起 点 戦 時 府 滅 亡 鎌 倉 享 徳 乱 交 通 路 変 北 条 領 下 交 通 路 お 集 落 徳 康 東 首 都 建 設 6 徳 康 東 青 梅 街

More information

1 小 田 原 北 条 氏 虎 朱 印 状 3と 同 一 巻 子 仕 立 1561 酉 ( 永 禄 4) 年 3 月 20 日 南 条 小 やわた 小 代 官 百 姓 中 2 禁 制 ( 秀 吉 禁 制 ) 1590 天 正 18 年 4 月 相 模 区 大 ひらたい 3 定 ( 片 桐 直 倫 掟

1 小 田 原 北 条 氏 虎 朱 印 状 3と 同 一 巻 子 仕 立 1561 酉 ( 永 禄 4) 年 3 月 20 日 南 条 小 やわた 小 代 官 百 姓 中 2 禁 制 ( 秀 吉 禁 制 ) 1590 天 正 18 年 4 月 相 模 区 大 ひらたい 3 定 ( 片 桐 直 倫 掟 収 蔵 資 料 ( 古 文 書 ) 目 録 大 平 台 藤 曲 家 文 書 ( 平 成 28 年 7 月 22 日 現 在 ) 箱 根 町 立 郷 土 資 料 館 1 小 田 原 北 条 氏 虎 朱 印 状 3と 同 一 巻 子 仕 立 1561 酉 ( 永 禄 4) 年 3 月 20 日 南 条 小 やわた 小 代 官 百 姓 中 2 禁 制 ( 秀 吉 禁 制 ) 1590 天 正 18 年 4

More information

<8E9197BF8251814095578F80926E95CA8CF68EA689BF8A6988EA97972E786C73>

<8E9197BF8251814095578F80926E95CA8CF68EA689BF8A6988EA97972E786C73> 前 年 葵 - 1 葵 - 1 静 岡 市 葵 区 音 羽 町 214 番 3 208,000 206,000 1.0 音 羽 町 5-6 * 葵 - 2 葵 - 2 静 岡 市 葵 区 西 草 深 町 19 番 7 247,000 244,000 1.2 西 草 深 町 19-16 葵 - 3 葵 - 3 静 岡 市 葵 区 安 東 2 丁 目 150 番 201,000 199,000 1.0

More information

第8回ジュニア文学賞.indd

第8回ジュニア文学賞.indd -22- 涙 嫌 柴 折 連 老 躯 僧 頼 僧 渡 老 夫 婦 降 募 跡 原 泣 供 掌 抱 連 育 想 淋 近 在 等 遊 似 多 由 貴 族 嫡 男 第 疎 着 事 欠 洛 西 形 抜 勇 力 軼 少 壮 頃 相 撲 名 些 細 髻 押 公 卿 離 師 端 編 或 冬 夜 霏 降 影 指 急 編 笠 む 翁 媼 沓 踏 抜 歩 影 遅 勝 冷 跡 摺 筋 続 灯 寂 所 住 暖 囲 炉 端

More information

滋 賀 県 山 村 甲 賀 市 2 2 水 口 町 ( 伴 谷 村 ) 水 口 町 ( 柏 木 村 ) 水 口 町 ( 水 口 町 ) 水 口 町 ( 大 野 村 2-2) 水 口 町 ( 佐 山 村 2-1) 水 口 町 ( 貴 生 川 町 ) 土 山 町 ( 大 野 村 2-1) 土 山 町 (

滋 賀 県 山 村 甲 賀 市 2 2 水 口 町 ( 伴 谷 村 ) 水 口 町 ( 柏 木 村 ) 水 口 町 ( 水 口 町 ) 水 口 町 ( 大 野 村 2-2) 水 口 町 ( 佐 山 村 2-1) 水 口 町 ( 貴 生 川 町 ) 土 山 町 ( 大 野 村 2-1) 土 山 町 ( 滋 賀 県 地 域 振 興 立 法 (5 法 ) 指 定 一 覧 山 村 大 津 市 2 大 津 市 ( 葛 川 村 ) 大 津 市 ( 伊 香 立 村 ) 大 津 市 ( 真 野 村 ) 大 津 市 ( 堅 田 町 ) 大 津 市 ( 仰 木 村 ) 大 津 市 ( 雄 琴 村 ) 大 津 市 ( 坂 本 村 ) 大 津 市 ( 下 阪 本 村 ) 大 津 市 ( 大 津 市 ) 大 津 市 (

More information

fence2.indd

fence2.indd 2 3 久 仁 彦 / 5 8 阪 市 パ ソ セ チ 基 践 遊 士 情 緒 最 限 組 織 枯 渇 発 創 造 続 2 龍 谷 談 室 ウ セ 8 龍 谷 ウ セ グ 課 程 講 兼 職 国 際 ァ 席 己 性 3 2 月 龍 谷 退 職 在 デ 研 究 普 及 注 日 講 客 参 加 験 ぐ 即 興 演 独 創 即 興 演 芸 術 面 演 客 > 久 仁 彦 久 仁 彦 2 8 月 末 阪 應

More information

新 人 事 異 動 産 業 港 湾 部 次 経 済 部 観 光 振 興 室 主 幹 小 鷹 孝 一 生 活 環 境 部 次 環 境 部 副 参 事 品 田 憲 人 生 活 環 境 部 副 参 事 環 境 部 廃 棄 物 対 策 課 間 渕 博 昭 医 療 保 険 部 次 福 祉 部 次 志 久 旭

新 人 事 異 動 産 業 港 湾 部 次 経 済 部 観 光 振 興 室 主 幹 小 鷹 孝 一 生 活 環 境 部 次 環 境 部 副 参 事 品 田 憲 人 生 活 環 境 部 副 参 事 環 境 部 廃 棄 物 対 策 課 間 渕 博 昭 医 療 保 険 部 次 福 祉 部 次 志 久 旭 人 事 異 動 新 小 樽 市 辞 令 部 ( 職 ) 公 営 企 業 管 理 者 ( 水 道 局 ) 小 樽 病 院 事 務 局 小 軽 米 文 仁 産 業 港 湾 部 港 湾 部 磯 谷 揚 一 生 活 環 境 部 経 済 部 次 小 原 正 徳 生 活 環 境 部 参 事 ( 北 しりべし 広 域 連 合 派 遣 ) 環 境 部 次 五 十 嵐 映 児 医 療 保 険 部 市 民 部 佃 信

More information

( 金 象 嵌 銘 ) 羽 柴 五 郎 左 衛 ニッカリ 青 江 門 尉 長 重 要 美 術 品 丸 亀 市 資 料 館 無 銘 特 別 重 要 剣 個 人 蔵 ( 剣 博 物 館 ) 無 銘 特 別 保 存 剣 さむらい 剣 博 物 館 無 銘 剣 博 物 館 無 銘 個 人 蔵 ( 名 古 屋

( 金 象 嵌 銘 ) 羽 柴 五 郎 左 衛 ニッカリ 青 江 門 尉 長 重 要 美 術 品 丸 亀 市 資 料 館 無 銘 特 別 重 要 剣 個 人 蔵 ( 剣 博 物 館 ) 無 銘 特 別 保 存 剣 さむらい 剣 博 物 館 無 銘 剣 博 物 館 無 銘 個 人 蔵 ( 名 古 屋 工 銘 名 物 号 文 化 財 登 録 所 蔵 ( 見 た 場 所 ) 肥 前 忠 国 播 磨 大 掾 藤 原 忠 国 根 津 美 術 館 太 肥 前 住 播 磨 大 掾 藤 原 忠 国 栃 木 県 有 形 文 化 日 財 光 東 照 宮 宝 物 館 忠 廣 近 江 守 藤 原 忠 廣 さむらい 剣 博 物 館 肥 前 国 住 近 江 大 掾 藤 原 忠 広 重 要 剣 岩 国 美 術 館 短 近

More information

9 建 久 三 年 (1192) 頼 朝 鎌 倉 に 幕 府 を 開 く その4 1 建 久 五 年 宇 都 宮 信 房 豊 前 に 下 る 2 建 久 七 年 仲 原 親 能 豊 後 の 守 護 となる 3 建 永 元 年 (1206) 大 友 能 直 ( 大 友 氏 初 代 ) 豊 後 守 護

9 建 久 三 年 (1192) 頼 朝 鎌 倉 に 幕 府 を 開 く その4 1 建 久 五 年 宇 都 宮 信 房 豊 前 に 下 る 2 建 久 七 年 仲 原 親 能 豊 後 の 守 護 となる 3 建 永 元 年 (1206) 大 友 能 直 ( 大 友 氏 初 代 ) 豊 後 守 護 賀 来 氏 の 起 源 と 江 戸 初 期 までのまとめ 1 豊 後 の 守 に 任 ぜられた 藤 原 頼 輔 ( 従 三 位 刑 部 卿 )は 永 歴 元 年 (1160) 子 の 頼 経 を 目 代 として 豊 後 に 派 遣 した 2 現 在 賀 来 の 地 名 のある 場 所 の 付 近 は 長 寛 (1163-) 以 前 は 阿 南 郷 黒 田 里 であった 3 赴 任 後 まもなく 頼

More information

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷 1 青 森 市 秋 元 良 幸 二 本 柳 主 高 橋 勇 佐 々 木 芳 春 石 橋 修 豊 川 良 一 成 田 守 俊 吉 川 主 山 田 文 夫 葛 西 金 徳 2 弘 前 市 桜 庭 義 則 岡 本 洋 外 崎 美 智 幸 岩 崎 和 弘 野 口 幸 喜 渋 谷 鉄 五 郎 中 村 慎 二 相 馬 親 志 奈 良 道 明 長 内 力 3 八 戸 市 福 田 馨 田 中 勝 芳 風 張 清 志

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C8A8B8FFC82CC90ED8D918E6A312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C8A8B8FFC82CC90ED8D918E6A312E646F63> 1 中 世 前 期 から 南 北 朝 期 の 下 総 国 ~ もともとは 下 総 国 の 政 治 の 中 心 であった 東 葛 (1) 下 総 国 府 の 置 かれた 市 川 の 国 府 台 下 総 の 国 の 政 治 上 の 中 心 は 古 代 は 国 府 のあった 現 在 の 市 川 中 心 部 から 北 に 位 置 する 国 府 台 辺 りであった 国 府 の 近 くには 国 分 僧 寺 国

More information

<819D48323696F088F596BC95EB283236303830318CBB8DDD93E09765292E786C7378>

<819D48323696F088F596BC95EB283236303830318CBB8DDD93E09765292E786C7378> H26.8.1 現 在 1. 役 員 会 長 新 潟 県 長 岡 市 長 森 民 夫 副 会 長 北 海 道 旭 川 市 長 西 川 将 人 副 会 長 青 森 県 八 戸 市 長 小 林 眞 副 会 長 富 山 県 高 岡 市 長 髙 橋 正 樹 副 会 長 栃 木 県 宇 都 宮 市 長 佐 藤 栄 一 副 会 長 三 重 県 四 日 市 市 長 田 中 俊 行 副 会 長 和 歌 山 県 海

More information

号 本 庁 ろ 室 城 階 室 - 車 越 際 役 駐 車 律 予 約 制 居 住 同 原 則 回 遺 言 契 約 記 産 正 交 故 権 多 良 見 室 森 山 室 来 小 議 室 多 良 見 室 森 山 室 飯 盛 室 来 室 小 井 室 般 毎 週 曜 祝 末 始 除 ろ - 他 草 花 樹

号 本 庁 ろ 室 城 階 室 - 車 越 際 役 駐 車 律 予 約 制 居 住 同 原 則 回 遺 言 契 約 記 産 正 交 故 権 多 良 見 室 森 山 室 来 小 議 室 多 良 見 室 森 山 室 飯 盛 室 来 室 小 井 室 般 毎 週 曜 祝 末 始 除 ろ - 他 草 花 樹 号 有 効 更 新 案 個 別 始 細 覧 式 郵 送 印 鑑 朱 肉 使 康 全 児 童 扶 養 遺 族 得 児 童 扶 養 交 降 転 同 居 扶 養 義 含 む 次 該 在 写 本 歳 未 満 更 新 降 診 資 実 該 現 在 資 資 件 康 病 充 貴 重 財 源 ょ 便 確 実 口 替 銀 省 忘 心 配 融 銀 郵 便 帳 帳 印 番 号 口 替 替 始 カ 替 始 割 方 ラ 将 来

More information

由 回 ロ τ7 略 縁 起 号 都 柴 崎 普 済 臨 済 長 派 属 末 基 覚 等 術 奇 特 倉 俳 乱 園 禅 滅 興 元 徳 創 静 閉 若 相 鎌 倉 修 業 成 関 遊 歴

由 回 ロ τ7 略 縁 起 号 都 柴 崎 普 済 臨 済 長 派 属 末 基 覚 等 術 奇 特 倉 俳 乱 園 禅 滅 興 元 徳 創 静 閉 若 相 鎌 倉 修 業 成 関 遊 歴 寓 禅 略 縁 起 由 回 ロ τ7 略 縁 起 号 都 柴 崎 普 済 臨 済 長 派 属 末 基 覚 等 術 奇 特 倉 俳 乱 園 禅 滅 興 元 徳 創 静 閉 若 相 鎌 倉 修 業 成 関 遊 歴 群 銘 木 由 縁 略 記 禅 利 閉 愛 知 県 ノ 宮 萩 原 主 歳 入 子 息 父 殺 嵯 峨 第 子 河 原 院 源 融 胤 閉 創 愛 知 県 ノ 宮 妙 興 永 徳 示 寂 寿

More information

JAS認定事業者一覧

JAS認定事業者一覧 1 4 6 15 18 21 22 23 26 30 38 44 45 48 52 54 56 60 62 64 大 黒 醤 油 株 式 会 社 岩 手 県 九 戸 郡 軽 米 町 大 字 円 子 2-4-108 鏡 政 治 商 店 鏡 新 一 山 形 県 上 山 市 新 丁 6-18 山 口 阿 武 農 協 加 工 場 明 木 工 場 山 口 県 萩 市 大 字 明 木 3137-2 倉 繁 醸

More information

<819A E589EF8C8B89CA E815B A90AB816A817A2E786C73>

<819A E589EF8C8B89CA E815B A90AB816A817A2E786C73> 1 17176 竹 内 宏 三 重 県 01:21'44" 01:21'38" 51 17312 野 島 義 之 三 重 県 01:34'06" 01:33'42" 2 17053 立 岡 哲 也 愛 知 県 01:22'42" 01:22'35" 52 17606 角 谷 浩 紀 三 重 県 01:34'11" 01:33'49" 3 17178 田 中 悟 三 重 県 01:23'10" 01:23'02"

More information

<32303036918D91CC8FDA8DD72E786C73>

<32303036918D91CC8FDA8DD72E786C73> 1R1 2 2-0 3 1R2 7 2-0 8 中 野 誠 2 石 井 諒 3 西 野 純 平 3 石 黒 慶 3 須 藤 雄 太 2 中 村 翔 3 玉 木 祐 介 3 河 野 太 郎 3 S1 今 田 利 希 3 石 渡 達 也 3 S1 見 目 悠 平 2 判 治 康 久 3 S2 藤 崎 勇 樹 3 磯 野 一 宏 3 S2 伊 藤 克 麻 2 尾 張 拓 也 3 1R3 10 2-0 9

More information

旧 市 町 村 コード 名 称 種 別 時 代 所 在 地 概 要 備 考 旧 30 実 竹 城 跡 城 跡 中 世 青 近 郭, 堀 切, 土 塁 広 島 県 中 世 城 館 遺 跡 総 17-47 001,( 実 竹 山 城 跡 ) 31 ほてくら 北 第 1 号 古 古 古 青 近 横 穴 式

旧 市 町 村 コード 名 称 種 別 時 代 所 在 地 概 要 備 考 旧 30 実 竹 城 跡 城 跡 中 世 青 近 郭, 堀 切, 土 塁 広 島 県 中 世 城 館 遺 跡 総 17-47 001,( 実 竹 山 城 跡 ) 31 ほてくら 北 第 1 号 古 古 古 青 近 横 穴 式 世 羅 郡 世 羅 町 ( 旧 世 羅 郡 甲 山 町, 世 羅 西 町 を 含 む) 県 指 定 史 跡 旧 市 町 村 コード 県 7 康 徳 寺 古 世 羅 郡 世 羅 町 寺 町 径 17mの 円 長 さ8.3mの 横 穴 式 石 室 を 設 ける 平 成 7 年 発 掘 調 査 が 行 わ れ, 須 恵 器 などのほか 泥 塔 など 祭 祀 遺 物 が 多 数 出 土 した 県 9 万 福

More information

<8199915388F589FC28485094AD928D9770816A2E786C7378>

<8199915388F589FC28485094AD928D9770816A2E786C7378> ニッタン 株 式 会 社 第 1 種 火 災 報 知 システム 専 門 技 術 者 名 簿 1 期 板 谷 敏 行 NK-96-1-0002 吉 井 俊 明 NK-96-1-0037 山 本 博 司 NK-96-1-0077 作 左 部 義 文 NK-96-1-0004 田 中 英 則 NK-96-1-0038 会 沢 潔 NK-96-1-0079 丹 羽 忍 NK-96-1-0006 下 川 雄

More information

木 村 悟 湊 6m11 船 越 正 明 佐 井 6m03 走 幅 跳 長 内 功 板 柳 5m92 長 尾 学 平 賀 西 5m79 4 位 菊 池 幸 司 中 郷 5m89 5 位 吉 田 幸 司 野 辺 地 5m82 6 位 原 子 英 樹 大 畑 14m38 坪 谷 光 明 沖 館 13m9

木 村 悟 湊 6m11 船 越 正 明 佐 井 6m03 走 幅 跳 長 内 功 板 柳 5m92 長 尾 学 平 賀 西 5m79 4 位 菊 池 幸 司 中 郷 5m89 5 位 吉 田 幸 司 野 辺 地 5m82 6 位 原 子 英 樹 大 畑 14m38 坪 谷 光 明 沖 館 13m9 山 上 克 範 弘 前 二 12 1 田 中 英 二 造 道 12 3 1 陸 上 競 技 ( ) 1 年 100m 2 年 100m 3 年 2 年 1500m 100m 400m 800m 1 年 1500m 第 36 回 青 森 県 中 学 校 体 育 大 会 ( 夏 季 大 会 ) 3000m 110mH 棒 高 跳 走 高 跳 山 田 拓 深 浦 12 6 千 曳 健 二 七 戸 12 7

More information

世界の光 83号

世界の光 83号 83 号 18 1 6-1 - 製 鈴 清 流 末 洗 秋 ぼ 如 ほ 空 春 迎 謹 室 弥 栄 祈 念 奉 幸 希 求 巻 頭 辞 太 后 百 亘 徳 幕 鎖 維 富 強 兵 策 英 列 強 加 百 正 振 餘 厳 占 領 経 迎 広 崎 惨 状 凄 覚 求 滅 祖 訳 反 対 押 存 守 マ サ 帥 託 責 任 助 マ サ 帥 感 ア メ リ マ サ 帥 尊 敬 士 官 校 マ サ 帥 銅 像

More information

2014年兵庫県大学バドミントン選手権大会春季リーグ戦PG結果報告書

2014年兵庫県大学バドミントン選手権大会春季リーグ戦PG結果報告書 2014 年 兵 庫 県 大 学 バドミントン 選 手 権 大 会 春 季 リーグ 戦 < 結 果 報 告 書 > 期 日 平 成 26 年 7 月 5 日 ( 土 ) 6 日 ( 日 ) 会 場 甲 南 大 学 武 庫 川 女 子 大 学 神 戸 市 外 国 語 大 学 主 催 主 管 後 援 協 賛 兵 庫 県 バドミントン 協 会 兵 庫 県 学 生 バドミントン 連 盟 神 戸 新 聞 社

More information

           3か4か 

           3か4か  - 日 本 の 漁 船 - 和 船 の 登 場 と 発 達 三 浦 福 助 日 本 の 船 の 歴 史 を 見 ると 縄 文 時 代 の 丸 木 舟 から 始 まり やがて 木 材 を 組 合 わせた 構 造 船 ( 和 船 と 呼 ぶことにします)が 出 現 します これがいつの 時 代 かはわかりませんが 古 墳 時 代 になるとそのような 船 が 海 に 浮 かんだものと 思 います 1 遣

More information

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州 入 札 公 告 情 報 ナビ 発 注 機 関 一 覧 2010/8/25 現 在 種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 国 立 法 府 衆 議 院 関 東 東 京 都 参 議 院 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 西 館 近 畿 京 都 府 国 裁 判 所 最 高 裁 判 所

More information

協 議 会 事 務 局 長 民 生 委 員 協 議 会 会 長 身 体 障 害 者 協 議 会 会 長 老 人 クラブ 連 合 会 会 長 ( 平 成 25 年 6 月 1 日 現 在 ) 母 子 寡 婦 福 祉 会 会 長 手 をつなぐ 育 成 会 会 長 中 馬 惠 雄 元 野 濱 子 里 島

協 議 会 事 務 局 長 民 生 委 員 協 議 会 会 長 身 体 障 害 者 協 議 会 会 長 老 人 クラブ 連 合 会 会 長 ( 平 成 25 年 6 月 1 日 現 在 ) 母 子 寡 婦 福 祉 会 会 長 手 をつなぐ 育 成 会 会 長 中 馬 惠 雄 元 野 濱 子 里 島 市 町 村 社 会 福 祉 市 町 村 長 福 祉 主 管 課 課 ( 所 ) 長 名 称 所 在 地 郵 便 番 号 電 話 番 号 会 長 福 祉 事 務 所 重 田 久 夫 福 祉 政 策 課 重 山 納 奄 美 市 幸 町 894-8555 52-1111 朝 山 毅 前 田 篤 夫 保 護 課 中 元 幸 立 高 齢 者 福 祉 課 泉 賢 一 郎 大 和 村 大 和 浜 894-3105

More information

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ

座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴 再 ビ 竣 ゅ 工 表 玄 関 整 備 平 計 画 約 含 む 区 番 街 区 整 備 無 量 就 任 貫 着 推 平 優 通 ~ヘ シ 座 談 魅 賴 髙 英 雄 松 俳 優 む ぶ WARABI 0/ 平 平 / http://www.city.warabi.saitama.jp/ 面 積.0km :,0 比 +9 男 6,99 女,08 帯 :6,068 密 度 :,6 /km 餅 ブ 恒 8 南 ブ 恒 餅 使 米 ブ 稲 田 ぼ 収 穫 物 伝 米 0ロ ぱ 座 談 ビ 躍 姿 拝 ナ ケ 女 技? ビ 舞 台 N H K 番 組 寺 泊 歴 史 直 接 触 印 象 貴

More information

市 郡 沿 革 表 徳 島 市 明 治 3 年 明 治 22 年 0 月 日 大 正 5 年 4 月 日 昭 和 3 年 0 月 日 昭 和 2 年 4 月 日 昭 和 2 年 0 月 日 昭 和 26 年 4 月 日 昭 和 30 年 月 日 昭 和 30 年 2 月 日 昭 和 4 年 0 月

市 郡 沿 革 表 徳 島 市 明 治 3 年 明 治 22 年 0 月 日 大 正 5 年 4 月 日 昭 和 3 年 0 月 日 昭 和 2 年 4 月 日 昭 和 2 年 0 月 日 昭 和 26 年 4 月 日 昭 和 30 年 月 日 昭 和 30 年 2 月 日 昭 和 4 年 0 月 付 付 録 録 市 郡 沿 革 表 徳 島 市 明 治 3 年 明 治 22 年 0 月 日 大 正 5 年 4 月 日 昭 和 3 年 0 月 日 昭 和 2 年 4 月 日 昭 和 2 年 0 月 日 昭 和 26 年 4 月 日 昭 和 30 年 月 日 昭 和 30 年 2 月 日 昭 和 4 年 0 月 日 昭 和 42 年 月 日 鳴 門 市 明 治 22 年 0 月 日 昭 和 22

More information

3, 松 江 藩 の 周 旋 活 動 と 雨 森 謙 三 郎 (1) 幕 末 松 江 藩 の 周 旋 活 動 玉 藤 会 と 越 前 会 諸 藩 の 周 旋 活 動 組 織 会 津 藩 の や 薩 摩 藩 鳥 取 藩 岡 山 藩 津 山 藩 桑 名 藩 久 留 米 藩 など 3 松 江 藩 の 周

3, 松 江 藩 の 周 旋 活 動 と 雨 森 謙 三 郎 (1) 幕 末 松 江 藩 の 周 旋 活 動 玉 藤 会 と 越 前 会 諸 藩 の 周 旋 活 動 組 織 会 津 藩 の や 薩 摩 藩 鳥 取 藩 岡 山 藩 津 山 藩 桑 名 藩 久 留 米 藩 など 3 松 江 藩 の 周 2015 年 度 松 江 市 史 講 座 第 83 講 幕 末 松 江 藩 と 雨 森 謙 三 郎 ( 精 翁 ) 2015 年 4 月 18 日 岸 本 覚 1,はじめに 課 題 設 定 幕 末 の 松 江 藩 勤 王 佐 幕 開 国 攘 夷 というような 枠 組 みだけではない 視 点 が 必 要 変 革 を 余 儀 なくされていく 幕 府 の 諸 政 策 に 対 して 松 江 藩 がどのような

More information

町 には 私 たちの 祖 先 が 生 活 の 中 で 作 りだしたもの 残 してくれたものなど 貴 重 な が たくさんあります その 中 で 国 県 町 指 定 重 要 遺 跡 ( 埋 蔵 包 蔵 地 )があり その 保 存 や 保 護 に 努 め ております ( 下 記 一 覧 は 平 成 24

町 には 私 たちの 祖 先 が 生 活 の 中 で 作 りだしたもの 残 してくれたものなど 貴 重 な が たくさんあります その 中 で 国 県 町 指 定 重 要 遺 跡 ( 埋 蔵 包 蔵 地 )があり その 保 存 や 保 護 に 努 め ております ( 下 記 一 覧 は 平 成 24 奥 会 津 博 物 館 TEL 0241-66 66-3077 3077 奥 会 津 博 物 館 は 私 たちの 祖 先 が 何 百 年 もの 間 使 用 してきた 民 具 や 道 具 約 15,000 点 を 収 蔵 し ています これらの 中 には 昭 和 57 年 と 平 成 2 年 に 国 の 重 要 民 俗 奥 会 津 の 山 村 生 産 用 具 に 指 定 された 5,058 点 の 資

More information

議 案 第 1 号 小 田 原 市 集 会 所 条 例 施 行 規 則 及 び 小 田 原 市 営 プール 条 例 施 行 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 小 田 原 市 集 会 所 条 例 施 行 規 則 及 び 小 田 原 市 営 プール 条 例 施 行 規 則 の 一 部 を 改

議 案 第 1 号 小 田 原 市 集 会 所 条 例 施 行 規 則 及 び 小 田 原 市 営 プール 条 例 施 行 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 小 田 原 市 集 会 所 条 例 施 行 規 則 及 び 小 田 原 市 営 プール 条 例 施 行 規 則 の 一 部 を 改 教 育 委 員 会 定 例 会 議 事 日 程 平 成 18 年 3 月 24 日 日 程 第 1 議 案 第 1 号 小 田 原 市 集 会 所 条 例 施 行 規 則 及 び 小 田 原 市 営 プ ー ル 条 例 施 行 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 ( 生 涯 学 習 政 策 課 スポーツ 課 ) 日 程 第 2 議 案 第 2 号 小 田 原 市 教 育 委 員 会 事 務

More information

A_表1-表4.indd

A_表1-表4.indd 4 萃 都 育 誉 授 育 委 員 左 坊 果 ざ 状 形 結 果 築 判 口 膾 炙 ゃ 辞 歌 づ 鳴 鴨 雲 隠 む 万 容 響 実 施 約 千 参 加 聞 悲 劇 情 寄 せ 改 知 次 何 度 訪 担 岩 欣 太 冬 回 点 濵 口 弘 折 厚 版 築 層 回 林 殯 基 礎 察 少 泉 森 皎 群 報 告 脚 依 頼 受 昭 間 恩 師 俊 男 先 都 助 授 導 土 木 簡 整 理 釈

More information

成 績 第 47 回 東 日 大 学 空 手 道 選 手 権 大 会 5 月 5 日 於 日 武 道 館 男 子 団 体 組 手 学 5 0 愛 知 学 院 大 学 先 鋒 前 田 4 判 定 勝 ち 1 大 川 次 鋒 永 田 6 三 勝 ち 1 中 村 中 堅 相 馬 6 三 勝 ち 0 杉 山

成 績 第 47 回 東 日 大 学 空 手 道 選 手 権 大 会 5 月 5 日 於 日 武 道 館 男 子 団 体 組 手 学 5 0 愛 知 学 院 大 学 先 鋒 前 田 4 判 定 勝 ち 1 大 川 次 鋒 永 田 6 三 勝 ち 1 中 村 中 堅 相 馬 6 三 勝 ち 0 杉 山 13 空 手 木 下 朋 紀 ( 法 4) 添 田 一 寿 ( 法 4) 因 泥 祐 馬 ( 文 4) 鈴 木 重 輝 ( 文 4) 浦 上 靖 令 ( 経 4) 前 田 稔 ( 商 4) 杉 山 美 里 ( 商 4) 鈴 木 成 美 ( 商 4) 染 谷 隆 嘉 ( 生 4) 美 濃 部 春 佳 ( 生 4) 橋 翼 ( 法 3) 藤 沼 拓 己 ( 法 3) 石 川 桃 子 ( 文 3) 佐 藤

More information

問題1(75点)

問題1(75点) 平 成 22 年 度 法 科 大 学 院 ( 法 務 研 究 科 ) 入 学 試 験 小 論 文 問 題 紙 B 日 程 平 成 22 年 2 月 27 日 10:00~12:00(120 分 ) (200 点 ) 注 意 事 項 1. 試 験 開 始 の 合 図 があるまで 問 題 を 開 いてはいけない 2. 小 論 文 の 問 題 紙 は 1 ページから 4 ページである 3. 解 答 用 紙

More information

川 越 市 川 口 市 行 田 市 所 沢 市 飯 能 市 加 須 市 8 % 1,457 人 6 % 越 谷 市 戸 田 市 入 間 市 三 郷 市 蓮 田 市 桶 川 市 坂 戸 市 8 % 12 人 5 % 春 日 部 市 鴻 巣 市 深 谷 市 上 尾 市 草 加 市 8 % 1,231 人

川 越 市 川 口 市 行 田 市 所 沢 市 飯 能 市 加 須 市 8 % 1,457 人 6 % 越 谷 市 戸 田 市 入 間 市 三 郷 市 蓮 田 市 桶 川 市 坂 戸 市 8 % 12 人 5 % 春 日 部 市 鴻 巣 市 深 谷 市 上 尾 市 草 加 市 8 % 1,231 人 4 の 手 当 の 状 況 (1) 期 末 手 当 勤 勉 手 当 埼 玉 県 1 人 当 た り 平 均 支 給 額 ( 平 成 26 年 度 決 算 ) ( 平 成 26 年 度 支 給 割 合 ) 期 末 手 当 ( 加 算 措 置 の 状 況 ) 勤 勉 手 当 2.6 月 分 1.5 月 分 ( 1.45 月 分 ) (.7) 月 分 職 制 上 の 段 階 職 務 の 級 等 に よ る

More information

オオイタデジタルブック「豊後の武将と合戦」

オオイタデジタルブック「豊後の武将と合戦」 第 章 1 渡 辺 克 己 著 初 版 発 行 :2008 8 29 第 章 1 2 原 著 案 本 デジタルブック 以 籍 武 将 合 デジタル 化 武 将 合 著 : 渡 辺 克 己 A5 版 314 ページ 発 行 : 合 同 新 聞 社 発 行 :2000 2 15 定 価 :2300 円 税 込 購 問 合 : 他 合 同 新 聞 社 本 合 同 新 聞 文 化 センター 電 097-538-9662

More information

05愛媛県大会

05愛媛県大会 テ ニ ス 平 成 17 年 度 1 日 時 6 月 4 日 8:30~ 2 会 場 6 月 4 日 男 子 愛 媛 県 総 合 運 動 公 園 庭 球 場 女 子 松 山 市 中 央 公 園 テニスコート 6 月 5 日 男 子 愛 媛 県 総 合 運 動 公 園 庭 球 場 女 子 男 子 団 体 新 居 高 専 愛 光 愛 光 2-0 2-0 空 港 東 第 4 公 園 テニスコート 愛 媛

More information

2006春季総体試合結果.xls

2006春季総体試合結果.xls 男 子 学 校 対 抗 彦 根 工 業 膳 所 0 高 島 彦 根 東 3 日 野 A E 甲 南 4 光 泉 能 登 川 3 5 長 浜 石 山 4 6 瀬 田 工 業 湖 南 農 業 5 7 長 浜 農 業 彦 根 翔 陽 6 B F 8 八 幡 大 津 商 業 7 9 河 瀬 草 津 東 8 0 八 日 市 甲 西 9 安 曇 川 長 浜 北 30 G 東 大 津 C 近 江 兄 弟 社 3

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

<939691498ED291E63389F12E786C73>

<939691498ED291E63389F12E786C73> (アイウエオ 順 ) 頁 1 1 青 木 孝 龍 高 梁 市 落 合 町 41 石 山 高 年 倉 敷 市 大 畠 81 大 月 美 紀 北 区 辰 巳 2 青 木 宏 行 倉 敷 市 中 島 42 和 泉 昭 瀬 戸 内 市 長 船 町 82 大 西 昭 平 玉 野 市 東 田 井 地 3 青 木 真 也 子 倉 敷 市 福 田 町 43 磯 崎 ひとみ 南 区 藤 田 83 大 西 久 美 子

More information

3 年 100m 1 11.30-0.3 堀 之 内 友 哉 武 中 3 通 信 陸 上 鴨 池 6 月 29 日 2 11.40 +0.9 村 添 涼 種 子 島 中 3 県 中 学 陸 上 伊 集 院 10 月 19 日 3 11.42 +0.5 橋 元 優 成 ナンハ ーワンクラフ 3 県 中

3 年 100m 1 11.30-0.3 堀 之 内 友 哉 武 中 3 通 信 陸 上 鴨 池 6 月 29 日 2 11.40 +0.9 村 添 涼 種 子 島 中 3 県 中 学 陸 上 伊 集 院 10 月 19 日 3 11.42 +0.5 橋 元 優 成 ナンハ ーワンクラフ 3 県 中 1 年 100m 1 11.97 +0.3 矢 野 智 之 花 岡 中 1 県 中 学 陸 上 伊 集 院 10 月 19 日 2 12.00 +0.3 勝 優 晴 名 瀬 中 1 普 及 強 化 記 録 会 伊 集 院 8 月 30 日 3 12.07 +2.0 川 越 晴 空 人 隼 人 中 1 県 中 学 陸 上 伊 集 院 10 月 19 日 4 12.18 +0.4 立 岡 翼 東 谷 山

More information

<5461726F2D313230353136817990568B8C817A8ED28145926E88E68BE695AA>

<5461726F2D313230353136817990568B8C817A8ED28145926E88E68BE695AA> 1 臣 が め 位 価 ( 平 省 告 示 ( 傍 線 部 改 正 部 改 正 案 現 づ づ 要 費 用 額 算 関 ( 平 要 費 用 額 算 関 ( 平 省 告 示 省 告 示 づ 要 費 用 額 算 関 ( 平 づ 要 費 用 額 算 関 ( 平 省 告 示 省 告 示 づ 要 費 用 額 算 関 づ 要 費 用 額 算 関 ( ( 平 省 告 示 平 省 告 示 臣 が め 位 価 ( 以

More information

四 わ か っ た こ と ( 一 ) 志 筑 城 の 歴 史 志 筑 か ら 恋 瀬 川 と 筑 波 山 が 見 え る 景 色 は と て も 美 し く 昔 か ら た く さ ん の 歌 人 が そ の 景 色 や 様 子 を 歌 に し ま し た こ の 歌 を 鑑 賞 し た 多 く

四 わ か っ た こ と ( 一 ) 志 筑 城 の 歴 史 志 筑 か ら 恋 瀬 川 と 筑 波 山 が 見 え る 景 色 は と て も 美 し く 昔 か ら た く さ ん の 歌 人 が そ の 景 色 や 様 子 を 歌 に し ま し た こ の 歌 を 鑑 賞 し た 多 く 調 べて GO! 志 筑 た ん け ん 隊 志 筑 小 4 年 秋 山 遥 浅 野 琴 美 安 達 未 来 石 井 敬 太 市 ノ 澤 翔 一 梅 沢 幸 斗 大 山 陽 人 釜 津 田 優 花 久 保 田 健 太 小 松 崎 永 遠 杉 本 梨 奈 鈴 木 花 佳 冨 田 明 日 香 友 常 瑞 稀 長 澤 龍 人 中 島 綾 香 中 島 唯 沼 田 博 樹 長 谷 川 晴 香 長 谷 川 莉

More information

KEIRIN 第 39 回 全 国 高 等 学 校 定 時 制 通 信 制 陸 上 競 技 大 会 平 成 16 年 8 月 13 日 ( 金 )~15 日 ( 日 ) 入 賞 者 一 覧 表 国 立 霞 ヶ 丘 競 技 場 日 付 種 目 1 位 2 位 3 位 4 位 5 位 6 位 7 位 8 位 14 日 100m 木 内 良 樹 (4) 11.07 二 川 公 介 (3) 11.49 中

More information

14 1965( 昭 和 40) 6/19 20 15 1966( 昭 和 41) 6/18 19 16 1967( 昭 和 42) 6/24 25 17 1968( 昭 和 42) 6/15 16 18 1969( 昭 和 43) 6/14 15 19 1970( 昭 和 44) 6/13 14

14 1965( 昭 和 40) 6/19 20 15 1966( 昭 和 41) 6/18 19 16 1967( 昭 和 42) 6/24 25 17 1968( 昭 和 42) 6/15 16 18 1969( 昭 和 43) 6/14 15 19 1970( 昭 和 44) 6/13 14 全 日 本 学 生 柔 道 優 勝 大 会 ( 男 子 ) 赤 字 は オリンピック 世 界 選 手 権 全 日 本 選 手 権 のいずれかで3 位 以 内 に 入 ったことがある 選 手 四 年 連 続 で 優 秀 選 手 に 選 ばれたのは 山 下 泰 裕 正 木 嘉 美 斎 藤 制 剛 棟 田 康 幸 高 井 洋 平 回 日 時 優 勝 準 優 勝 第 3 位 優 秀 選 手 1 1952(

More information

< EA C92868A77926A8E712E786C73>

< EA C92868A77926A8E712E786C73> トラック フィールド 種 目 決 勝 記 録 表 (8 まで) 04/19 中 学 男 子 決 勝 1 五 十 嵐 伶 音 笠 原 中 11 秒 22 2 関 博 華 並 木 中 12 秒 16 3 江 沼 大 輔 笠 原 中 12 秒 48 4 北 島 力 瑠 境 一 中 12 秒 75 100m +1.6m +1.6m +1.6m +1.6m 5 高 橋 優 生 笠 原 中 12 秒 75 6

More information

名簿2007.xls

名簿2007.xls 女 子 選 手 名 簿 (1) 学 校 名 浦 和 学 院 高 等 学 校 校 長 名 内 藤 英 夫 学 校 名 淑 徳 与 野 高 等 学 校 校 長 名 里 見 裕 輔 所 在 地 336-0975 さいたま 市 緑 区 代 山 172 番 地 所 在 地 338-0007 さいたま 市 中 央 区 円 阿 弥 2-11-26 電 話 048-878-2101 FAX 048-878-3335

More information

公 示 価 格 一 覧 の 見 方 1 < 番 号 > 一 連 番 号 2 < 標 準 地 番 号 > 冠 記 番 号 例 示 標 準 地 の 用 途 なし -1-2 住 宅 地 5 5-1 5-2 商 業 地 9 9-1 9-2 工 業 地 3 < 市 町 名 > 標 準 地 が 属 する 市 町

公 示 価 格 一 覧 の 見 方 1 < 番 号 > 一 連 番 号 2 < 標 準 地 番 号 > 冠 記 番 号 例 示 標 準 地 の 用 途 なし -1-2 住 宅 地 5 5-1 5-2 商 業 地 9 9-1 9-2 工 業 地 3 < 市 町 名 > 標 準 地 が 属 する 市 町 平 成 28 年 地 価 公 示 ( 山 口 県 分 ) 公 示 価 格 一 覧 < 基 準 日 : 平 成 28 年 1 月 1 日 > 山 口 県 総 合 企 画 部 政 策 企 画 課 ( 資 料 : 国 土 交 通 省 ) 公 示 価 格 一 覧 の 見 方 1 < 番 号 > 一 連 番 号 2 < 標 準 地 番 号 > 冠 記 番 号 例 示 標 準 地 の 用 途 なし -1-2 住

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

新しいページ 14

新しいページ 14 ,100m,,,, 1, 11 37, 佐 々 木 明 史 ( 白 木 3), 7.1, 第 45 回 2, 11 39, 佐 藤 祐 志 ( 向 丘 3), 7.1, 第 45 3, 11 42, 岡 修 平 ( 西 条 2), 8.2, 第 5 4, 11 48, 口 村 周 平 ( 高 屋 3),10., 第 48 5, 11 54, 大 下 孝 正 ( 阿 賀 3), 7.2, 第 26 6,

More information

平 成 19 年 度 島 根 県 高 等 学 校 団 体 テニス 選 手 権 兼 第 30 回 全 国 選 抜 高 校 テニス 大 会 島 根 県 予 選 於 : 出 雲 市 真 幸 ケ 丘 公 園 10 月 26 日 ~27 日 1 2 3 4 6 8 9 益 田 翔 陽 高 校 平 田 高 校

平 成 19 年 度 島 根 県 高 等 学 校 団 体 テニス 選 手 権 兼 第 30 回 全 国 選 抜 高 校 テニス 大 会 島 根 県 予 選 於 : 出 雲 市 真 幸 ケ 丘 公 園 10 月 26 日 ~27 日 1 2 3 4 6 8 9 益 田 翔 陽 高 校 平 田 高 校 平 成 19 年 度 島 根 県 高 校 団 体 テニス 選 手 権 兼 第 30 回 全 国 選 抜 高 校 テニス 大 会 島 根 県 予 選 団 体 戦 男 子 登 録 順 位 表 学 校 名 監 督 名 No,1 No,2 No,3 No,4 No,5 No,6 No,7 No,8 No,9 1 安 来 高 校 陶 山 裕 史 梅 林 健 大 2 杉 原 惇 嗣 2 青 砥 雄 太 郎 2

More information

(28\202f\202v.xls)

(28\202f\202v.xls) 優 勝 星 加 忠 夫 40 39 79 12.0 67.0 28 年 05 月 08 日 26 西 原 雄 一 39 46 85 14.4 70.6 28 年 05 月 01 日 準 優 勝 神 野 浩 二 40 40 80 10.8 69.2 28 年 05 月 02 日 27 山 本 次 男 48 48 96 25.2 70.8 28 年 05 月 03 日 3 白 方 道 眞 45 47 92

More information

1. 女 子 個 人 形 1 高 橋 愛 季 ( 宮 城 石 巻 市 立 女 子 ) 2 萩 原 千 絵 ( 福 島 学 法 福 島 ) 3 村 木 果 耶 ( 秋 田 秋 田 工 業 ) 4 村 山 ち な み ( 青 森 光 星 学 院 野 辺 地 西 ) 5 佐 々 木 杏 菜 ( 宮 城 石

1. 女 子 個 人 形 1 高 橋 愛 季 ( 宮 城 石 巻 市 立 女 子 ) 2 萩 原 千 絵 ( 福 島 学 法 福 島 ) 3 村 木 果 耶 ( 秋 田 秋 田 工 業 ) 4 村 山 ち な み ( 青 森 光 星 学 院 野 辺 地 西 ) 5 佐 々 木 杏 菜 ( 宮 城 石 大 会 日 程 開 会 式 6 月 26 日 ( 金 ) 15:30 仙 台 市 泉 体 育 館 6 月 選 手 受 付 10:00~ 15:00 26 1. 女 子 個 人 形 (ABコー ト) 1 回 戦 30 分 16:30~ 17:10 日 2. 男 子 個 人 形 (ABコー ト) 1 回 戦 30 分 17:10~ 17:50 ( 金 ) 1. 女 子 個 人 形 (ABコー ト) 2

More information

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也

講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 2 天 板 井 依 香 3 松 枝 3 麦 畑 都 市 ム 池 﨑 4 機 械 丸 5 ズ 機 械 德 丸 拓 矢 5 ブ 吉 和 志 6 式 河 野 史 織 7 石 田 8 河 野 慎 8 失 格 牧 広 平 9 編 集 委 ( 四 ) 鈴 木 克 也 講 評 般 相 正 吾 度 担 各 優 秀 及 投 稿 象 部 委 及 委 審 査 厳 正 審 査 経 ( ) 七 ( 四

More information

Taro-r81.jtd

Taro-r81.jtd -- 初 対 応 岡 康 臣 延 栄 宝 暦 条 述 貞 卿 京 昨 談 味 貞 略 送 凡 勢 ヲ 構 雨 天 建 着 到 殿 車 舎 外 軒 臥 此 度 訴 早 速 払 程 退 茂 又 帰 詮 第 与 勿 論 往 道 筋 少 茂 憚 甚 浄 ミ 夫 故 木 消 木 ひ 殊 更 火 気 遣 永 堅 ク 仰 京 神 官 持 勢 構 困 対 策 訴 効 果 的 火 火 気 遣 動 抑 ほ 主 峰 花

More information

2010 年 1 月 JRA 調 教 師 ( 元 ) 中 尾 銑 治 死 亡 2010 年 1 月 JRA 騎 手 高 山 太 郎 引 退 調 教 助 手 ( 松 山 康 久 厩 舎 ) 2010 年 2 月 JRA 騎 手 佐 藤 聖 也 免 許 取 消 2010 年 2 月 JRA 騎 手 角

2010 年 1 月 JRA 調 教 師 ( 元 ) 中 尾 銑 治 死 亡 2010 年 1 月 JRA 騎 手 高 山 太 郎 引 退 調 教 助 手 ( 松 山 康 久 厩 舎 ) 2010 年 2 月 JRA 騎 手 佐 藤 聖 也 免 許 取 消 2010 年 2 月 JRA 騎 手 角 2008 年 1 月 兵 庫 調 教 師 謝 良 文 死 亡 2008 年 1 月 笠 松 騎 手 吉 井 友 彦 再 デビュー( 騎 手 ) 2008 年 1 月 佐 賀 騎 手 後 藤 孝 廃 業 2008 年 2 月 兵 庫 調 教 師 内 本 英 夫 廃 業 自 己 都 合 2008 年 3 月 愛 知 調 教 師 岩 田 克 己 廃 業 一 身 上 の 都 合 2008 年 2 月 荒 尾

More information

平 成 度 島 根 県 高 等 学 校 新 人 テニス 大 会 地 区 予 選 男 子 シングルス( 名 ) 敗 者 復 活 戦 林 祐 輔 曽 田 紘 希 西 年 藤 原 惇 志 大 國 颯 生 北 陵 年 橘 知 成 手 銭 賢 志 年 渡 辺 優 介 杉 原 大 輝 西 年 年 野 々 村 涼

平 成 度 島 根 県 高 等 学 校 新 人 テニス 大 会 地 区 予 選 男 子 シングルス( 名 ) 敗 者 復 活 戦 林 祐 輔 曽 田 紘 希 西 年 藤 原 惇 志 大 國 颯 生 北 陵 年 橘 知 成 手 銭 賢 志 年 渡 辺 優 介 杉 原 大 輝 西 年 年 野 々 村 涼 平 成 度 島 根 県 高 等 学 校 新 人 テニス 大 会 地 区 予 選 男 子 シングルス( 名 ) 持 田 穣 太 年 玉 串 駿 登 西 年 岩 谷 直 人 園 山 晋 平 持 田 穣 太 年 園 山 晋 平 杉 原 大 輝 西 年 勝 部 竜 矢 北 陵 年 年 金 築 勇 斗 昌 子 大 真 末 次 佑 輔 末 次 佑 輔 年 手 島 泰 雅 藤 原 惇 志 藤 間 泰 裕 小 銀

More information

小 学 校 ( 熊 本 市 ) 熊 本 市 城 山 860-0067 熊 本 市 西 区 城 山 大 塘 1 丁 目 23 番 1 096-329-4866 096-311-4062 古 閑 憲 一 38 793 (17) 27 (3) 号 熊 本 市 高 橋 860-0062 熊 本 市 西 区

小 学 校 ( 熊 本 市 ) 熊 本 市 城 山 860-0067 熊 本 市 西 区 城 山 大 塘 1 丁 目 23 番 1 096-329-4866 096-311-4062 古 閑 憲 一 38 793 (17) 27 (3) 号 熊 本 市 高 橋 860-0062 熊 本 市 西 区 6 小 学 校 平 成 26 年 5 月 1 日 現 在 熊 本 市 教 育 委 員 会 管 内 小 学 校 ( 熊 本 市 ) 熊 本 市 壺 川 860-0076 熊 本 市 中 央 区 壺 川 1 丁 目 4 番 5 号 096-325-8267 096-312-1587 山 下 英 一 22 370 (8) 16 (3) 熊 本 市 碩 台 860-0841 熊 本 市 中 央 区 井 川

More information

untitled

untitled 第 64 号 平 24 10 31 翌 桧 2 (ウェブ 宮 殿 ) 1 御 嶽 登 ( 頂 ) 2 能 機 械 2 夏 例 暑 続 彼 岸 晩 肌 寒 秋 翌 桧 昨 妻 副 訳 振 供 保 育 園 園 保 護 者 妻 保 護 者 色 制 舎 監 母 守 趣 ポ ツ ク ブ ソ ボ サ ク ブ 六 彼 ピ 襲 ナ 団 色 違 付 授 等 視 拡 ヒ 第 福 島 駅 伝 A ム 算 五 度 優 勝

More information

兵庫県公報(平成27年10月20日 第2741号)

兵庫県公報(平成27年10月20日 第2741号) 兵 庫 県 公 報 火 曜 日 第 2741 号 目 発 行 人 兵 庫 県 神 戸 市 中 央 区 下 山 手 通 5 丁 目 10 番 1 号 毎 週 火 曜 日 及 び 金 曜 日 発 行 その 日 が 休 日 のときはその 翌 日 ( 兵 庫 県 民 の 旗 = 県 旗 ) 次 告 示 ヘ ーシ 地 方 卸 売 市 場 における 卸 売 業 務 の 許 可 ( 消 費 流 通 課 ) 1 土

More information

延 興 興 応 応 寛 応 隆 条 泰 季 応 ず 隆 作 庄 向 作 曽 於 条 泰 季 共 橘 攻 撃 征 西 将 宮 懐 良 親 王 来 貞 々 宮 波 落 諏 訪 官 勝 利 懐 良 親 王 海 路 肥 後 へ 条 泰 季 む 利 宣 冬 能 招 致 官 師 継 職 乞 無 外 円 照 尚

延 興 興 応 応 寛 応 隆 条 泰 季 応 ず 隆 作 庄 向 作 曽 於 条 泰 季 共 橘 攻 撃 征 西 将 宮 懐 良 親 王 来 貞 々 宮 波 落 諏 訪 官 勝 利 懐 良 親 王 海 路 肥 後 へ 条 泰 季 む 利 宣 冬 能 招 致 官 師 継 職 乞 無 外 円 照 尚 敏 達 帝 延 喜 万 寿 号 西 草 貝 塚 海 落 塔 ケ 重 ケ 須 々 須 々 坂 住 居 薬 師 堂 位 ろ 泉 羅 延 喜 式 谿 溪 管 抄 多 仁 也 末 訓 刀 波 住 む 紀 竹 兄 弟 次 与 ふ げ 職 百 領 寄 益 仁 承 仁 弘 武 武 司 関 東 受 光 波 羅 状 案 権 石 弁 状 請 光 職 請 時 時 継 ち 祖 泉 摩 崖 仏 彫 覚 将 家 新 造 御 用

More information

学校法人盛岡大学就業規則

学校法人盛岡大学就業規則 学 校 法 人 盛 岡 大 学 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 学 校 法 人 盛 岡 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 の 就 業 に 関 し 基 本 的 な 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 及 びこの 規 則 において 別 に 定 めることとされている 制 度 は すべて 一 体 として 常 に 法

More information

太 田 浩 紀 五 所 一 6m44 工 藤 周 治 板 柳 6m28 走 幅 跳 吉 谷 亮 津 軽 6m21 長 尾 卓 正 平 賀 西 6m18 4 位 葛 西 崇 平 賀 東 5m91 5 位 宮 越 教 宣 中 里 5m90 6 位 三 浦 咲 太 明 徳 15m39 田 中 智 也 今

太 田 浩 紀 五 所 一 6m44 工 藤 周 治 板 柳 6m28 走 幅 跳 吉 谷 亮 津 軽 6m21 長 尾 卓 正 平 賀 西 6m18 4 位 葛 西 崇 平 賀 東 5m91 5 位 宮 越 教 宣 中 里 5m90 6 位 三 浦 咲 太 明 徳 15m39 田 中 智 也 今 対 馬 康 弘 青 森 南 12 1 中 村 倫 人 弘 前 三 12 1 1 陸 上 競 技 ( ) 1 年 100m 2 年 100m 3 年 100m 400m 800m 1 年 1500m 2 年 1500m 第 40 回 青 森 県 中 学 校 体 育 大 会 ( 夏 季 大 会 ) 3000m 110mH 棒 高 跳 走 高 跳 成 田 昭 大 むつ 12 4 今 井 保 貴 平 賀 西

More information

青 森 県 青 森 県 青 森 市 幸 畑 2 丁 目 周 辺 青 森 県 青 森 市 幸 畑 5 丁 目 周 辺 青 森 県 青 森 市 浜 館 4 丁 目 周 辺 青 森 県 青 森 市 合 浦 2 丁 目 周 辺 青 森 県 青 森 市 大 字 野 内 周 辺 青 森 県 青 森 市 大 字

青 森 県 青 森 県 青 森 市 幸 畑 2 丁 目 周 辺 青 森 県 青 森 市 幸 畑 5 丁 目 周 辺 青 森 県 青 森 市 浜 館 4 丁 目 周 辺 青 森 県 青 森 市 合 浦 2 丁 目 周 辺 青 森 県 青 森 市 大 字 野 内 周 辺 青 森 県 青 森 市 大 字 北 海 道 北 海 道 札 幌 市 南 区 澄 川 5 条 11 丁 目 周 辺 北 海 道 札 幌 市 厚 別 区 上 野 幌 3 条 3 丁 目 周 辺 北 海 道 小 樽 市 最 上 2 丁 目 周 辺 北 海 道 旭 川 市 神 楽 4 条 10 丁 目 周 辺 北 海 道 旭 川 市 忠 和 5 条 4 丁 目 周 辺 北 海 道 旭 川 市 西 神 楽 2 線 周 辺 北 海 道 旭 川

More information

平 成 4 年 度 広 島 県 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 男 子 学 校 対 抗 戦 結 果 (H4.6. 記 録 花 岡 理 ) 安 古 市 3 福 山 工 業 3 大 竹 3 吉 田 3 廿 日 市 西 0 0 33 盈 進 3 4 呉 工 業 0 3 34 広 陵 0 0 5 修

平 成 4 年 度 広 島 県 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 男 子 学 校 対 抗 戦 結 果 (H4.6. 記 録 花 岡 理 ) 安 古 市 3 福 山 工 業 3 大 竹 3 吉 田 3 廿 日 市 西 0 0 33 盈 進 3 4 呉 工 業 0 3 34 広 陵 0 0 5 修 第 44 回 広 島 県 高 等 学 校 バドミントン 個 人 選 手 権 大 会 兼 第 55 回 中 国 高 等 学 校 バドミントン 選 手 権 大 会 第 65 回 全 国 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 バドミントン 競 技 会 広 島 県 予 選 会 総 合 成 績 男 子 学 校 対 抗 戦 の 部 安 芸 府 中 高 陽 3 国 際 学 院 3 祇 園 北 5 桜 が 丘 5

More information

   

    C. 古 地 図 絵 図 ( 明 治 期 以 前 刊 行 図 の 複 製 ) [1] 一 般 地 図 地 図 帳 江 戸 城 下 変 遷 絵 図 集 - 御 府 内 沿 革 図 書 - 1~20, 別 巻 1~2( 原 書 房 1985-1988 1~20 T0 290/66/1~20, 別 巻 1~2 RT0 280/3001/1~2) 安 政 5 年 (1858 年 ) 幕 府 普 請 奉 行

More information

Taro-b07.jtd

Taro-b07.jtd 1 臣 が め 位 価 変 更 点 線 部 改 正 案 現 行 月 月 月 及 び 月 及 び 等 等 月 づ き 臣 が め 月 づ き 臣 が め 位 価 次 よ う め 月 か ら 適 位 価 次 よ う め 月 か ら 適 等 等 七 七 及 び 及 び 臣 が め 位 価 以 位 価 と う 臣 が め 位 価 円 次 円 次 険 律 険 律 事 業 事 業 2 事 業 行 う 事 事 業

More information

27_人間6_安藤淑江.indd

27_人間6_安藤淑江.indd 州 東 団 棟 梁 代 州 専 横 ぼ 緯 扱 良 改 祖 代 郡 振 務 税 納 徭 勤 永 登 失 果 掛 ぼ 労 終 構 謀 反 印 象 隠 執 着 例 切 居 座 司 着 妨 法 1 少 際 野 望 枠 押 格 貫 考 2 や 謀 反 差 私 考 史 団 課 題 治 や ぼ 鎌 倉 幕 特 定 兆 明 顕 著 瑞 淑 江 達 教 養 古 屋 術 研 究 紀 第 33 巻 10 18 頁 2012

More information

第28回近畿高等学校新人卓球大会

第28回近畿高等学校新人卓球大会 第 28 回 近 畿 等 学 新 人 卓 球 大 会 兼 第 41 回 全 国 等 学 選 抜 卓 球 大 会 近 畿 地 区 予 選 会 日 時 場 所 201( 平 成 25) 年 12 月 25 日 ( 水 ) ~ 26 日 ( 木 ) 兵 庫 県 グリーンアリーナ 神 戸 主 催 主 管 近 畿 等 学 体 育 連 盟 兵 庫 県 等 学 体 育 連 盟 卓 球 専 門 部 男 子 学 対

More information

- 心 - 深 4 自 承 元 病 香 療 弁 助 弼 始 謁 命 降 詣 供 奏 死 ぬ 臣 覚 昇 進 遂 げ 相 模 賜 治 幡 豆 西 尾 5 助 継 ぎ 彌 称 烏 姉 礼 管 掌 勅 使 接 待 京 都 使 柄 品 輔 如 妻 6 兄 功 績 優 遇 取 跡 継 常 陸 館 元 禄 移

- 心 - 深 4 自 承 元 病 香 療 弁 助 弼 始 謁 命 降 詣 供 奏 死 ぬ 臣 覚 昇 進 遂 げ 相 模 賜 治 幡 豆 西 尾 5 助 継 ぎ 彌 称 烏 姉 礼 管 掌 勅 使 接 待 京 都 使 柄 品 輔 如 妻 6 兄 功 績 優 遇 取 跡 継 常 陸 館 元 禄 移 酒 陽 工 業 専 学 校 研 究 要 第 心 酒 陽 Youko SAKAIRI 康 始 康 開 治 新 足 権 東 照 宮 営 悪 憐 令 犬 挟 歴 影 薄 楽 呼 死 東 叡 手 厚 葬 贈 贈 華 栄 姉 栃 浪 娘 乳 春 産 ゆ 義 妊 際 世 継 ぎ 産 都 留 南 都 留 知 義 稿 心 問 題 ア プ ロ ー チ 厳 巻 側 経 緯 贈 楽 都 賀 処 太 ゝ む 織 某 聞 娶

More information

日 本 スポーツマスターズ 2016 秋 田 大 会 ゴルフ 競 技 男 子 第 1ラウンド 2016 年 9 月 8 日 ( 木 ) 秋 田 椿 台 カントリークラブ(6616Yards/Par72) 太 田 満 夫 岐 阜 井 端 和 生 静 岡 舟 岡 誠 栃 木 栗 田 昌 俊 三 重 1

日 本 スポーツマスターズ 2016 秋 田 大 会 ゴルフ 競 技 男 子 第 1ラウンド 2016 年 9 月 8 日 ( 木 ) 秋 田 椿 台 カントリークラブ(6616Yards/Par72) 太 田 満 夫 岐 阜 井 端 和 生 静 岡 舟 岡 誠 栃 木 栗 田 昌 俊 三 重 1 日 本 スポーツマスターズ 2016 秋 田 大 会 ゴルフ 競 技 男 子 公 式 練 習 日 2016 年 9 月 7 日 ( 水 ) 秋 田 椿 台 カントリークラブ(6616Yards/Par72) 重 藤 武 士 岡 山 梶 本 真 也 奈 良 市 木 隆 延 高 知 佐 藤 憲 一 大 分 1 7:00 紀 村 勝 也 岡 山 13 8:36 中 西 智 彦 奈 良 25 7:00 松

More information

31 雪 に 暮 るゝ 寺 島 村 東 京 十 二 題 大 正 9 年 (1920) 冬 木 版 紙 36.4 24.1 渡 邊 木 版 美 術 画 舗 32 戸 山 の 原 東 京 十 二 題 大 正 9 年 (1920) 冬 木 版 紙 36.5 24.4 渡 邊 木 版 美 術 画 舗 33

31 雪 に 暮 るゝ 寺 島 村 東 京 十 二 題 大 正 9 年 (1920) 冬 木 版 紙 36.4 24.1 渡 邊 木 版 美 術 画 舗 32 戸 山 の 原 東 京 十 二 題 大 正 9 年 (1920) 冬 木 版 紙 36.5 24.4 渡 邊 木 版 美 術 画 舗 33 * 展 示 期 間 の 記 載 のないものは 全 会 期 中 で 展 示 します * 都 合 により 出 品 作 品 は 一 部 変 更 することがあります * 出 品 番 号 と 展 示 順 が 前 後 する 箇 所 があります No. 作 品 名 シリーズ 名 制 作 年 技 法 等 サイズ( 縦 横 ) 所 蔵 先 第 1 章 大 正 7 年 ~12 年 (1918~23) 木 版 画 家 としての

More information

Taro-r61.jtd

Taro-r61.jtd -1- 吉 栄 郎 那 賀 草 牟 婁 せ 環 受 賤 視 1 対 追 々 討 取 げ 述 比 較 豊 富 蓄 積 2 批 証 整 序 行 み 巻 南 町 許 勢 界 慶 加 勢 対 勢 沿 接 勢 呼 至 勢 向 主 宇 智 縁 沿 最 端 最 端 位 置 県 問 題 セン -2- 最 示 被 賤 視 先 駆 広 代 献 即 佐 藤 及 び 陳 状 慶 目 録 改 称 述 べ 3 身 別 a 京

More information

<8BA3896A>

<8BA3896A> 11. 組 1 女 子 県 50m 記 録 自 由 27.14 形 大 着 会 順 記 予 録 選 2. 宗 村 玲 奈 南 1 31.44 時 間 28.00 3. 4. 5. 6. 7. 後 尾 安 遠 﨑 達 藤 咲 留 樹 歩 美 萌 八 頭 高 専 23572 33.16 33.51 35.00 8. 9. 山 堀 内 口 美 優 藍 米 子 1364 34.23 32.86 33.44

More information

平 成 24 年 度 横 浜 市 技 能 功 労 者 優 秀 技 能 者 表 彰 技 能 者 奨 励 賞 受 賞 者 横 浜 市 技 能 功 労 者 表 彰 とは 永 く 同 一 の 業 に 従 事 し 功 労 顕 著 な 技 能 の 方 々を 対 象 に 個 人 の 持 つ 極 めて 優 れた 技

平 成 24 年 度 横 浜 市 技 能 功 労 者 優 秀 技 能 者 表 彰 技 能 者 奨 励 賞 受 賞 者 横 浜 市 技 能 功 労 者 表 彰 とは 永 く 同 一 の 業 に 従 事 し 功 労 顕 著 な 技 能 の 方 々を 対 象 に 個 人 の 持 つ 極 めて 優 れた 技 平 成 24 年 度 横 浜 市 技 能 功 労 者 優 秀 技 能 者 表 彰 技 能 者 奨 励 賞 受 賞 者 横 浜 市 技 能 功 労 者 表 彰 とは 永 く 同 一 の 業 に 従 事 し 功 労 顕 著 な 技 能 の 方 々を 対 象 に 個 人 の 持 つ 極 めて 優 れた 技 能 と 他 の 技 能 者 への 模 範 となり 指 導 的 な 立 場 にある 方 を 称 えるために

More information

<91E589EF895E8963>

<91E589EF895E8963> 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 51 35 52 36 53 37 54 38 55 39 56 40 57 41 58 42 59 43 60 44 61 45 62 46 63 47 64 48 65 49 66 50 67 試 合 番 号 BT-1

More information

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震 No.168 / / 石 英 雄 栃 荒 2055 番 0285833477 編 集 / 江 光 夫 住 資 源 集 存 新 価 値 造 拠 点 置 徴 ブ 図 ミ ュ 博 物 ブ ズ 3 複 可 相 互 流 愛 称 募 結 果 配 慮 循 型 信 識 恵 循 込 恵 づ 恵 168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港

More information

21 足 尾 銅 山 鉱 毒 事 件 仲 裁 意 見 書 横 尾 輝 吉 他 横 尾 輝 吉 1896 m612-4 00044442 22 足 尾 銅 山 鉱 業 停 止 請 願 ニ 対 スル 告 白 書 高 岩 安 太 郎 高 岩 安 太 郎 1897 m612-5 00044443 23 足

21 足 尾 銅 山 鉱 毒 事 件 仲 裁 意 見 書 横 尾 輝 吉 他 横 尾 輝 吉 1896 m612-4 00044442 22 足 尾 銅 山 鉱 業 停 止 請 願 ニ 対 スル 告 白 書 高 岩 安 太 郎 高 岩 安 太 郎 1897 m612-5 00044443 23 足 田 中 正 造 関 係 所 蔵 リスト ( 平 成 25 年 12 月 現 在 ) 防 災 専 門 図 書 館 1 田 中 正 造 全 集 全 19 巻, 別 巻 1 2 田 中 正 造 全 集 編 纂 会 義 人 全 集 第 一 編 ~ 第 五 編 田 中 翁 遺 跡 保 存 ( 演 説 集, 鉱 毒 事 件, 自 叙 伝 書 簡 遺 稿 集 ) 会 編 纂 部 3 田 中 正 造 と 足 尾 鉱

More information

第 回 全 日 本 一 般 男 子 兼 第 9 回 ミズノオープン 兼 第 回 関 東 クラブ 男 子 普 及 大 会 埼 玉 県 予 選 会 会 場 吉 見 町 総 合 運 動 公 園 ふれあい 広 場 毛 呂 山 町 西 戸 グラウンド 大 会 日 平 成 年 月 日 ( 日 ) 日 ( 日 )

第 回 全 日 本 一 般 男 子 兼 第 9 回 ミズノオープン 兼 第 回 関 東 クラブ 男 子 普 及 大 会 埼 玉 県 予 選 会 会 場 吉 見 町 総 合 運 動 公 園 ふれあい 広 場 毛 呂 山 町 西 戸 グラウンド 大 会 日 平 成 年 月 日 ( 日 ) 日 ( 日 ) 大 会 報 告 書 大 会 名 第 回 全 日 本 一 般 男 子 兼 第 9 回 ミズノオープン 大 会 兼 第 回 関 東 クラブ 男 子 普 及 大 会 埼 玉 県 予 選 会 記 録 長 長 谷 川 征 雄 副 記 録 長 釼 持 幸 夫 日 時 平 成 年 月 日 ( 日 ) 日 ( 日 ) 月 7 日 ( 日 ) 日 ( 日 ) 会 場 吉 見 町 総 合 運 動 公 園 ふれあい 広

More information

事 業 概 要 1 趣 旨 子 育 てしやすく 女 性 が 安 心 して 働 くことのできる 環 境 を 整 備 することが 少 子 化 対 策 の 第 一 歩 です また 男 女 共 同 参 画 社 会 の 実 現 を 目 指 す 上 で 最 も 大 切 なことは 女 性 の 立 場 に 立 って

事 業 概 要 1 趣 旨 子 育 てしやすく 女 性 が 安 心 して 働 くことのできる 環 境 を 整 備 することが 少 子 化 対 策 の 第 一 歩 です また 男 女 共 同 参 画 社 会 の 実 現 を 目 指 す 上 で 最 も 大 切 なことは 女 性 の 立 場 に 立 って 町 長 ふれあい 懇 談 会 すこやか 子 育 てミーティング 平 成 26 年 10 月 24 日 ( 土 ) 開 催 実 施 報 告 作 成 境 町 男 女 共 同 参 画 推 進 委 員 会 事 業 概 要 1 趣 旨 子 育 てしやすく 女 性 が 安 心 して 働 くことのできる 環 境 を 整 備 することが 少 子 化 対 策 の 第 一 歩 です また 男 女 共 同 参 画 社 会

More information

平 成 6 年 度 第 4 回 全 国 中 学 生 テニス 選 手 権 大 会 中 国 予 選 男 子 団 体 戦 対 戦 結 果 表 (04 年 7 月 5 日 ) R 広 島 城 北 VS4 岡 山 R 修 道 4V 米 子 北 斗 竹 元 平 田 -6 水 川 中 山 大 川 横 山 6- 小

平 成 6 年 度 第 4 回 全 国 中 学 生 テニス 選 手 権 大 会 中 国 予 選 男 子 団 体 戦 対 戦 結 果 表 (04 年 7 月 5 日 ) R 広 島 城 北 VS4 岡 山 R 修 道 4V 米 子 北 斗 竹 元 平 田 -6 水 川 中 山 大 川 横 山 6- 小 第 4 回 全 国 中 学 生 テニス 選 手 権 大 会 中 国 予 選 男 子 団 体 戦 R R SF F シード 広 島 城 北 中 ( 0 広 島 なぎさ 中 岡 山 中 岡 山 市 立 吉 備 中 宇 部 市 立 西 岐 波 中 米 子 北 斗 中 ( 広 島 ) 広 島 4 ) ( 岡 山 ) 4 開 星 中 ( 島 根 ) 5 BYE ( 6 7 ( 8 BYE ( 9 宇 部 市

More information

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 集 顔 英 編 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 監 修 目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 富 樫 康 野 亜 紀 建 設 道 務

More information

女 子 シングルス リーグ 戦 対 戦 表 島 里 羅 髙 畑 祐 紀 子 西 口 涼 子 尾 﨑 沙 織 大 宮 東 島 里 羅 髙 畑 祐 紀 子 西 口 涼 子 尾 﨑 沙 織 A 試 合 番 号 1 試 合 番 号 3 試 合 番 号 5 21-1- 9 21-1- 7 21-1- 11 勝

女 子 シングルス リーグ 戦 対 戦 表 島 里 羅 髙 畑 祐 紀 子 西 口 涼 子 尾 﨑 沙 織 大 宮 東 島 里 羅 髙 畑 祐 紀 子 西 口 涼 子 尾 﨑 沙 織 A 試 合 番 号 1 試 合 番 号 3 試 合 番 号 5 21-1- 9 21-1- 7 21-1- 11 勝 1 65 縄 手 佳 代 越 谷 南 64 岩 橋 由 佳 越 南 33 32 17 女 子 シングルス86 23 39 1 12 55 63 2 浅 沼 佳 保 里 小 澤 美 奈 子 24 4 1 71 75 25 41 3 1 56 64 2 3 14 81 近 藤 成 美 石 優 里 48 内 沼 公 美 星 野 上 杉 夏 美 53 6 4 1 79 81 27 43 4 15 57 65

More information

障害者虐待防止・対応に関わる法の理解

障害者虐待防止・対応に関わる法の理解 障 害 者 虐 待 防 止 対 応 に 関 わ る 法 の 理 解 H23.12.19 弁 護 士 川 島 志 保 ねらい 1 虐 待 とは 2 障 害 者 虐 待 防 止 法 3 条 何 人 も 障 害 者 に 対 して 虐 待 をしてはならない 3 虐 待 の 関 する 法 律 4 障 害 者 虐 待 防 止 対 応 の 留 意 点 対 応 しない 理 由 を 見 つけるのではなく 1 虐 待

More information

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 月 党 現 照 草 草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 我 々 ん じ 美 土 然 環 境 守 や 科 学 技 術 振 興 活 済 活 通

More information

( 金 ) 群 馬 県 報 第 8986 号 告 示 群 馬 県 告 示 第 163 号 家 畜 伝 染 病 予 防 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 166 号 ) 第 13 条 第 1 項 の 規 定 により 次 のとおり 家 畜 伝 染 病 の 発 生 に ついて 届 出 があった 病 名

( 金 ) 群 馬 県 報 第 8986 号 告 示 群 馬 県 告 示 第 163 号 家 畜 伝 染 病 予 防 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 166 号 ) 第 13 条 第 1 項 の 規 定 により 次 のとおり 家 畜 伝 染 病 の 発 生 に ついて 届 出 があった 病 名 ( 金 ) 群 馬 県 報 第 8986 号 県 章 平 成 24 年 4 月 20 日 ( 金 ) 第 8986 号 目 次 ページ 告 示 家 畜 伝 染 病 発 生 報 告 ( 畜 産 課 ) 2 区 域 変 更 ( 道 路 管 理 課 ) 2 同 2 供 用 開 始 ( 同 ) 3 区 域 変 更 ( 同 ) 3 供 用 開 始 ( 同 ) 3 区 域 変 更 ( 同 ) 4 供 用 開 始

More information

(セクシュアルハラスメントの 禁 止 ) 第 条 性 的 言 動 により 他 の 労 働 者 に 不 利 益 や 不 快 感 を 与 えることや 就 業 環 境 を 害 するようなことをしてはならない 1 職 場 におけるセクシュアルハラスメントを 防 止 するため 事 業 主 は 雇 用 管 理

(セクシュアルハラスメントの 禁 止 ) 第 条 性 的 言 動 により 他 の 労 働 者 に 不 利 益 や 不 快 感 を 与 えることや 就 業 環 境 を 害 するようなことをしてはならない 1 職 場 におけるセクシュアルハラスメントを 防 止 するため 事 業 主 は 雇 用 管 理 5 就 業 規 則 ( 服 務 休 暇 福 利 厚 生 等 ) 関 係 介 護 サービス 事 業 所 施 設 の 事 業 規 模 にかかわらず 職 員 が 安 心 して 働 け る 明 るい 職 場 を 作 ることは すべての 事 業 所 施 設 にとって 重 要 なことです そのためには あらかじめ 就 業 規 則 等 で 労 働 時 間 や 賃 金 をはじめ 人 事 服 務 規 律 など 職 員

More information

テニス 男 子 団 体 対 戦 表 1R1 2 弘 学 館 2-1 鳥 栖 高 3 1R2 5 2-1 伊 万 里 4 篠 原 佑 太 3 松 岡 修 平 3 角 田 真 哉 3 市 丸 雅 英 3 重 常 公 彦 3 川 内 野 佑 太 3 大 坪 隼 人 3 弘 川 亮 磨 3 S1 田 中 航

テニス 男 子 団 体 対 戦 表 1R1 2 弘 学 館 2-1 鳥 栖 高 3 1R2 5 2-1 伊 万 里 4 篠 原 佑 太 3 松 岡 修 平 3 角 田 真 哉 3 市 丸 雅 英 3 重 常 公 彦 3 川 内 野 佑 太 3 大 坪 隼 人 3 弘 川 亮 磨 3 S1 田 中 航 平 成 23 年 度 佐 賀 県 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 テニス 競 技 6 月 3 日 ~6 月 6 日 ( 於 佐 賀 県 総 合 運 動 場 庭 球 場 ) 男 子 団 体 1 2 弘 学 館 2-0 弘 学 館 佐 賀 北 佐 賀 北 14 15 3 鳥 栖 高 2-1 3-0 清 明 高 4 伊 万 里 2-0 2-0 唐 津 南 唐 津 南 17 5 2-1 2-1 武

More information

Microsoft Word - 1 ★★p1-12マダブ プラサド セダイン.doc

Microsoft Word - 1 ★★p1-12マダブ プラサド セダイン.doc 得 被 の 的 性 格 吾 妻 鏡 記 へ Historical Character of "Tokusou Hikan" From Azumakagami to "Taiheiki" 文 学 研 究 科 人 文 学 専 攻 博 士 後 期 課 程 在 学 梶 貴 子 Takako Kajikawa に 正 中 元 年 枡 拙 拘 に 起 た 正 中 の 変 後 醍 醐 の 討 幕 計 露 見 側

More information