5 災 害 復 旧 震 災 風 水 害 火 災 その 他 の 災 害 の 復 旧 に 当 たっていること 6 求 職 活 動 求 職 活 動 ( 起 業 の 準 備 を 含 む )を 継 続 的 に 行 っていること 7 就 学 学 校 等 に 在 学 している 又 は 職 業 訓 練 を 受 けて

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "5 災 害 復 旧 震 災 風 水 害 火 災 その 他 の 災 害 の 復 旧 に 当 たっていること 6 求 職 活 動 求 職 活 動 ( 起 業 の 準 備 を 含 む )を 継 続 的 に 行 っていること 7 就 学 学 校 等 に 在 学 している 又 は 職 業 訓 練 を 受 けて"

Transcription

1 佐 世 保 市 特 定 教 育 保 育 施 設 の 利 用 基 準 平 成 27 年 12 月 1 日 1 目 的 この 基 準 は 佐 世 保 市 の 特 定 教 育 保 育 施 設 の 利 用 にあたり 円 滑 な 運 用 及 び 公 平 な 利 用 を 行 うため に 必 要 な 事 項 を 定 める 2 用 語 の 定 義 ⑴ 特 定 教 育 保 育 施 設 子 ども 子 育 て 支 援 法 第 27 条 第 1 項 の 確 認 を 受 けた 幼 稚 園 保 育 所 認 定 こども 園 地 域 型 保 育 事 業 ⑵ 幼 稚 園 等 子 ども 子 育 て 支 援 法 第 27 条 第 1 項 の 確 認 を 受 けた 幼 稚 園 認 定 こども 園 ( 教 育 部 分 ) ⑶ 保 育 所 等 子 ども 子 育 て 支 援 法 第 27 条 第 1 項 の 確 認 を 受 けた 保 育 所 認 定 こども 園 ( 保 育 部 分 ) 地 域 型 保 育 事 業 ⑷ 効 力 発 生 日 支 給 認 定 が 効 力 を 生 じた 日 ⑸ 親 族 子 どもからみて3 親 等 内 の 血 族 及 び 姻 族 ⑹ 申 請 書 施 設 型 給 付 費 地 域 型 保 育 給 付 費 等 支 給 認 定 申 請 書 ( 兼 保 育 所 等 利 用 申 込 書 ) 3 利 用 条 件 保 護 者 が 特 定 教 育 保 育 施 設 を 利 用 するためには 支 給 認 定 を 受 けなければならない なお 施 設 利 用 及 び 支 給 認 定 は 同 時 に 申 請 することができる ⑴ 支 給 認 定 区 分 と 要 件 支 給 認 定 を 受 けるには 保 護 者 のいずれかが 佐 世 保 市 に 居 住 地 を 有 する 者 でなければならない ただし 佐 世 保 市 外 に 居 住 地 を 有 する 保 護 者 ( 父 母 )が 子 どもを 養 育 することができず 佐 世 保 市 に 居 住 地 を 有 する 祖 父 母 等 が 子 どもを 監 護 する 場 合 は 祖 父 母 等 が 支 給 認 定 を 受 けることがで きる なお 各 支 給 認 定 区 分 の 要 件 は 以 下 のとおりである 1 1 号 認 定 満 3 歳 以 上 の 子 どもで 教 育 を 希 望 すること 2 2 号 認 定 満 3 歳 以 上 の 子 どもで 保 護 者 が 保 育 を 必 要 とする 事 由 に 該 当 すること 3 3 号 認 定 満 3 歳 未 満 の 子 どもで 保 護 者 が 保 育 を 必 要 とする 事 由 に 該 当 すること ⑵ 保 育 を 必 要 とする 事 由 1 就 労 1か 月 において60 時 間 以 上 労 働 することを 常 態 とすること 2 妊 娠 出 産 妊 娠 中 であるか 又 は 出 産 後 間 がないこと 3 疾 病 障 がい 疾 病 にかかり 若 しくは 負 傷 し 又 は 精 神 若 しくは 身 体 に 障 がいを 有 している こと 4 介 護 看 護 同 居 の 親 族 ( 長 期 間 入 院 等 をしている 親 族 を 含 む )を 常 時 介 護 又 は 看 護 してい ること 1 / 10

2 5 災 害 復 旧 震 災 風 水 害 火 災 その 他 の 災 害 の 復 旧 に 当 たっていること 6 求 職 活 動 求 職 活 動 ( 起 業 の 準 備 を 含 む )を 継 続 的 に 行 っていること 7 就 学 学 校 等 に 在 学 している 又 は 職 業 訓 練 を 受 けていること 8 虐 待 DV 児 童 虐 待 の 恐 れがある 又 はDVにより 保 育 を 行 うことが 困 難 であると 認 めら れること 9 育 児 休 業 育 児 休 業 をする 場 合 に 既 に 利 用 中 の 児 童 が 保 育 所 等 を 継 続 して 利 用 することが 必 要 であると 認 められること 10 その 他 前 各 号 に 類 するものとして 市 長 が 認 める 事 由 に 該 当 すること 4 利 用 申 請 保 護 者 が 利 用 申 請 する 際 には 申 請 書 とあわせて 以 下 の 書 類 を 提 出 する ⑴ 保 育 を 必 要 とする 事 由 に 関 する 書 類 (2 号 3 号 認 定 のみ) 1 就 労 以 下 の(ア)~(ウ)の 場 合 は 就 労 証 明 書 ( 勤 務 内 職 等 ) を (エ)の 場 合 は 就 労 証 明 書 ( 自 営 業 等 ) を 提 出 する ただし 経 営 者 が 親 族 ( 本 人 含 む)かつ 法 人 組 織 の 場 合 で 就 労 証 明 書 に 当 該 法 人 からの 収 入 が 確 認 できる 直 近 の 源 泉 徴 収 票 又 は 確 定 申 告 書 ( 第 1 表 及 び 第 2 表 )の 写 しを 添 付 できる 場 合 は 以 下 の(ア)に 分 類 し 添 付 できない 場 合 は(エ)に 分 類 する (ア) 会 社 員 公 務 員 就 労 時 間 は 休 憩 時 間 を 含 み 通 勤 時 間 は 除 く 就 労 日 数 は 実 際 に 就 労 した 日 数 ( 就 労 予 定 者 は 就 労 予 定 日 数 )で 判 定 する (イ) 軍 人 軍 属 就 労 証 明 書 ( 勤 務 内 職 等 ) を 提 出 する ただし 軍 の 機 密 事 項 にあたるため 証 明 書 の 提 出 ができない 場 合 は 保 育 所 等 利 用 申 立 書 に 支 給 認 定 に 係 る 就 労 開 始 日 及 び1か 月 の 就 労 時 間 を 記 載 し IDカードの 写 しとあわせて 提 出 する (ウ) 内 職 居 宅 内 で 生 計 を 維 持 するために 就 労 しているものをいい その 収 入 が 保 育 料 以 上 であること を 目 安 とする ただし 就 労 開 始 当 初 については 技 術 習 得 等 の 期 間 について 配 慮 する (エ) 自 営 業 生 計 を 維 持 するために 就 労 している 農 林 業 漁 業 商 店 等 の 個 人 事 業 とする その 収 入 が 保 育 料 以 上 であることを 目 安 とする 2 妊 娠 出 産 保 育 所 等 利 用 申 立 書 に 母 子 手 帳 の 出 産 予 定 日 又 は 出 産 日 の 欄 の 写 しを 添 付 する 3 疾 病 障 がい 疾 病 障 がい 申 立 書 を 提 出 する 4 介 護 看 護 介 護 看 護 申 立 書 を 提 出 する 5 災 害 復 旧 保 育 所 等 利 用 申 立 書 に 罹 災 証 明 書 又 は 災 害 復 旧 の 状 況 が 分 かる 書 類 を 添 付 する 2 / 10

3 6 求 職 活 動 保 育 所 等 利 用 申 立 書 に 求 職 活 動 を 行 っていることがわかる 書 類 (ハローワークカードの 写 し 等 )を 添 付 する 起 業 準 備 の 場 合 は その 状 況 が 分 かる 書 類 を 添 付 する 支 給 認 定 期 間 は 保 護 者 一 人 につき 年 度 内 に90 日 間 とする また 年 度 内 に90 日 間 消 化 した 後 に1 月 以 上 勤 務 し 退 職 した 場 合 は その 後 30 日 間 求 職 活 動 を 事 由 として 利 用 を 継 続 できる こととする 7 就 学 保 育 所 等 利 用 申 立 書 に 在 学 証 明 書 及 びカリキュラムの 写 しを 添 付 する なお 就 学 前 に 申 請 する 場 合 は 合 格 通 知 書 の 写 しを 添 付 し 就 学 開 始 後 すみやかに 在 学 証 明 書 を 提 出 する 8 虐 待 DV 保 育 所 等 利 用 申 立 書 に 状 況 が 分 かる 証 明 書 類 を 添 付 する 9 育 児 休 業 育 児 休 業 期 間 が 記 載 された 就 労 証 明 書 を 提 出 する 10 その 他 保 育 所 等 利 用 申 立 書 に 子 どもが 家 庭 において 必 要 な 保 育 を 受 けることが 困 難 であることが 確 認 できる 書 類 を 添 付 する ⑵ その 他 の 書 類 1 ひとり 親 世 帯 児 童 扶 養 手 当 証 書 又 は 母 子 父 子 福 祉 医 療 受 給 者 証 の 写 しを 提 出 する いずれにも 該 当 しない 場 合 は 戸 籍 謄 本 の 写 しを 提 出 する 2 障 がい 者 ( 児 ) 世 帯 身 体 障 害 者 手 帳 療 育 手 帳 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 特 別 児 童 扶 養 手 当 証 書 又 は 国 民 年 金 の 障 害 基 礎 年 金 の 受 給 者 証 の 写 しを 提 出 する 5 申 請 方 法 保 護 者 は 申 請 に 必 要 な 書 類 を 1 号 認 定 は 希 望 する 施 設 に 2 3 号 認 定 は 子 ども 支 援 課 に 提 出 す る 申 請 を 受 けた 施 設 は すみやかに 子 ども 支 援 課 に 提 出 する 受 付 期 間 については 以 下 のとおりとす る なお 申 請 書 類 に 不 備 がある 場 合 は 受 付 けない ⑴ 利 用 開 始 希 望 月 が 4 月 の 場 合 前 年 の11 月 1 日 から11 月 30 日 まで ⑵ 利 用 開 始 希 望 月 が 5 月 から11 月 まで の 場 合 利 用 開 始 希 望 日 の 前 々 月 の 初 日 から 末 日 まで ⑶ 利 用 開 始 希 望 月 が 12 月 から 翌 年 3 月 まで 10 月 1 日 から10 月 31 日 まで 全 て 開 庁 日 とする 世 帯 の 状 況 により 上 記 期 間 以 降 も 随 時 受 付 けを 行 う ただし 保 護 者 のいず れかが 求 職 活 動 の 事 由 に 該 当 する 場 合 は 利 用 希 望 日 の 前 々 月 の 末 日 までを 受 付 期 間 とする 6 支 給 認 定 の 有 効 期 間 ⑴ 1 号 認 定 者 は 申 請 書 受 理 日 の 翌 日 以 降 で 効 力 発 生 日 から 小 学 校 就 学 前 までとする ⑵ 2 3 号 認 定 者 は 申 請 書 受 理 日 の 翌 日 以 降 で 保 育 を 必 要 とする 事 由 に 応 じて 以 下 のとおりと する なお 保 護 者 間 で 有 効 期 間 が 異 なる 場 合 は 短 い 方 とする 3 / 10

4 1 就 労 効 力 発 生 日 から 小 学 校 就 学 前 まで 2 妊 娠 出 産 出 産 予 定 日 の 前 月 の 初 日 ( 多 胎 の 場 合 は 前 々 月 の 初 日 )から 出 産 日 から 起 算 し て8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 が 属 する 月 の 月 末 まで 3 疾 病 障 がい 効 力 発 生 日 から 小 学 校 就 学 前 まで 4 介 護 看 護 効 力 発 生 日 から 小 学 校 就 学 前 まで 5 災 害 復 旧 効 力 発 生 日 から 小 学 校 就 学 前 まで 6 求 職 活 動 効 力 発 生 日 から90 日 (90 日 が 月 途 中 になる 場 合 はその 月 の 月 末 まで) この 場 合 の 効 力 発 生 日 は 保 育 所 等 の 利 用 開 始 日 とする 7 就 学 効 力 発 生 日 から 卒 業 又 は 修 了 予 定 日 が 属 する 月 の 月 末 まで 8 虐 待 DV 効 力 発 生 日 から 小 学 校 就 学 前 まで 9 育 児 休 業 効 力 発 生 日 から 出 産 した 子 が 満 1 歳 になる 月 の 月 末 まで 10 その 他 市 長 が 認 めた 期 間 ただし 3 号 認 定 者 は 上 記 期 間 と 満 3 歳 に 達 する 日 の 前 日 ( 誕 生 日 の 前 々 日 )までの 期 間 のい ずれか 短 い 期 間 となる 7 保 育 必 要 量 保 護 者 の 保 育 の 必 要 量 に 応 じて 利 用 できる 保 育 時 間 を 保 育 標 準 時 間 又 は 保 育 短 時 間 に 認 定 する 保 護 者 のいずれかが 保 育 短 時 間 に 該 当 する 場 合 は 保 育 短 時 間 に 認 定 する ただし 新 制 度 開 始 時 における 継 続 利 用 児 童 は 全 て 保 育 標 準 時 間 に 認 定 する なお 佐 世 保 市 では 保 育 短 時 間 認 定 者 も 保 育 標 準 時 間 の 利 用 ができることとする ⑴ 保 育 標 準 時 間 1 妊 娠 出 産 疾 病 障 害 災 害 復 旧 及 び 虐 待 DV 2 月 120 時 間 以 上 の 就 労 介 護 看 護 就 学 及 び 月 120 時 間 以 上 の 就 労 からの 育 児 休 業 ⑵ 保 育 短 時 間 1 求 職 活 動 2 月 120 時 間 未 満 の 就 労 介 護 看 護 就 学 及 び 月 120 時 間 未 満 の 就 労 からの 育 児 休 業 ⑶ 求 職 活 動 のうち 起 業 準 備 に 係 るもの 及 びその 他 の 事 由 による 保 育 必 要 量 は 月 120 時 間 を 基 準 に 随 時 判 断 する 8 利 用 開 始 の 取 扱 い 原 則 として 申 請 書 受 理 日 の 翌 日 以 降 で 月 の 初 日 から( 入 園 式 が 月 途 中 の 場 合 も 含 む)とす る ただし 次 の⑴~⑶のうち いずれかに 該 当 する 場 合 は 月 途 中 の 利 用 開 始 を 認 める ⑴ 利 用 基 準 を 満 たし 利 用 可 能 な 日 が 月 途 中 となる 場 合 ( 就 労 開 始 産 前 産 後 休 暇 育 児 休 業 か らの 復 帰 日 など 保 育 を 必 要 とする 日 の2 週 間 前 ( 保 育 所 等 における 開 所 日 で12 日 前 )が 月 途 中 となる 場 合 ) ⑵ 住 民 票 の 異 動 により 市 外 から 月 途 中 に 転 入 する 場 合 ⑶ 児 童 の 保 育 環 境 を 考 慮 し 必 要 と 認 めた 場 合 4 / 10

5 9 利 用 調 整 幼 稚 園 等 の 選 考 は 各 施 設 が 行 い 保 育 所 等 の 利 用 調 整 は 市 が 行 う 利 用 の 優 先 順 位 は 以 下 の 順 とし ⑴の5 及 び⑵の4の 点 数 については 点 数 表 に 基 づき 算 出 する ⑴ 年 度 当 初 の 順 位 の 決 定 1 保 護 者 のいずれかの 保 育 を 必 要 とする 事 由 が 虐 待 DV のもの 2 利 用 希 望 の 児 童 の 保 護 者 の 勤 務 地 が 市 内 の 保 育 所 等 ( 利 用 希 望 施 設 と 同 一 の 場 合 )で 保 護 者 が 就 労 することにより 他 の 児 童 の 受 入 れが 可 能 になる 等 待 機 児 童 の 解 消 に 寄 与 すると 考 えら れるもの 3 前 年 度 から 既 に 利 用 しており 新 年 度 も 継 続 予 定 である 児 童 のきょうだい 児 が 同 一 施 設 の 利 用 を 希 望 するもの 4 前 年 度 からの 継 続 利 用 児 童 で 施 設 変 更 ( 転 所 )の 希 望 があるもの 5 点 数 順 とする ⑵ 年 度 途 中 の 順 位 の 決 定 1 保 護 者 のいずれかの 保 育 を 必 要 とする 事 由 が 虐 待 DV のもの 2 利 用 希 望 の 児 童 の 保 護 者 の 勤 務 地 が 市 内 の 保 育 所 等 ( 利 用 希 望 施 設 と 同 一 の 場 合 )で 保 護 者 が 就 労 することにより 他 の 児 童 の 受 入 れが 可 能 になる 等 待 機 児 童 の 解 消 に 寄 与 すると 考 えら れるもの 3 既 に 利 用 している 子 どものきょうだい 児 が 同 一 施 設 の 利 用 を 希 望 するもの 4 点 数 順 とする 上 記 ⑴の1~4 及 び⑵の1~3において 複 数 の 児 童 が 該 当 した 場 合 は 点 数 順 とする 10 支 給 認 定 区 分 の 変 更 支 給 認 定 区 分 は 月 を 単 位 に 認 定 する 保 護 者 が 支 給 認 定 区 分 の 変 更 を 希 望 する 場 合 は 変 更 希 望 月 の 前 月 末 日 までに 支 給 認 定 変 更 申 請 書 を 提 出 することとする ただし 世 帯 状 況 及 び 認 定 事 由 等 に 変 更 がないにもかかわらず 変 更 申 請 をする 場 合 は 変 更 希 望 月 の 前 々 月 の 末 日 までに 提 出 すること とする 3 号 認 定 の 子 どもが 満 3 歳 に 達 し 引 き 続 き2 号 認 定 希 望 で 要 件 に 該 当 する 場 合 は 市 が 職 権 におい て 支 給 認 定 区 分 の 変 更 を 行 うため 手 続 きは 不 要 とする 11 退 所 の 取 扱 い 原 則 として 退 所 届 提 出 日 以 降 で 月 の 末 日 までの 在 籍 で 退 所 とする ただし 次 の⑴~⑷のうち いずれかに 該 当 する 場 合 は 月 途 中 の 退 所 を 認 める ⑴ 住 民 票 の 異 動 により 市 外 へ 月 途 中 に 転 出 する 場 合 ⑵ 児 童 の 登 園 が 困 難 な 場 合 ( 児 童 の 病 気 けが 又 は 父 母 の 就 労 先 や 居 住 地 の 変 更 のため 登 園 が 長 距 離 となり 登 園 に 相 当 の 負 担 がかかる 場 合 など) ⑶ 児 童 が 保 育 所 等 を 長 期 欠 席 ( 開 所 日 で 連 続 13 日 以 上 )し 市 が 保 育 所 等 での 保 育 を 必 要 としな いと 判 断 した 場 合 ⑷ 児 童 の 保 育 環 境 を 考 慮 し 必 要 と 認 めた 場 合 5 / 10

6 12 保 育 所 等 を 退 所 した 後 の 再 利 用 以 下 の 場 合 は 保 育 所 等 と 協 議 のうえ 優 先 して 利 用 を 認 めることができる この 場 合 申 請 書 と あわせて 保 育 所 等 利 用 申 立 書 に 保 育 所 等 を 退 所 しなければならなかった 事 由 を 記 載 して 提 出 する こととする なお 求 職 活 動 の 事 由 による 認 定 期 間 は 退 所 している 間 は 中 断 するものとする ⑴ 児 童 の 病 気 又 はけがなどにより 保 育 所 等 を 退 所 し 退 所 日 ( 最 終 在 籍 日 の 翌 日 )から 起 算 し て1か 月 を 経 過 した 日 以 内 に 再 度 利 用 するとき ⑵ 里 帰 り 出 産 の 理 由 で 保 育 所 等 を 退 所 し 妊 娠 出 産 に 係 る 支 給 認 定 期 間 の 終 期 の 翌 月 初 日 ま でに 再 度 利 用 するとき 13 育 児 休 業 期 間 中 の 継 続 利 用 の 取 扱 い 育 児 休 業 の 事 由 により 保 育 所 等 を 利 用 できるのは 既 に 就 労 事 由 で 利 用 しており 下 の 子 の 出 産 に 伴 い 産 前 産 後 休 暇 及 び 育 児 休 業 を 取 得 する 場 合 のみとする ただし 出 産 のために 保 育 所 等 を 退 所 し 妊 娠 出 産 に 係 る 支 給 認 定 期 間 の 終 期 の 翌 月 初 日 までに 再 利 用 する 場 合 は 育 児 休 業 中 の 継 続 利 用 を 認 める 育 児 休 業 から 復 帰 する 際 に 育 児 休 業 の 対 象 となる 児 童 が 希 望 する 保 育 所 等 を 利 用 不 承 諾 となった 場 合 は 次 年 度 の4 月 1 日 までは 利 用 困 難 であると 考 えられるため 当 該 児 童 が 満 1 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までは 現 に 在 籍 している 児 童 の 継 続 利 用 を 認 める 次 年 度 に 小 学 校 への 就 学 を 控 えており 育 児 休 業 での 支 給 認 定 有 効 期 間 が12 月 末 日 以 降 の 者 につ いては 3 月 31 日 までの 継 続 利 用 を 認 める 14 利 用 定 員 原 則 として 利 用 定 員 内 での 利 用 とする ただし 保 育 所 等 で 保 育 の 需 要 の 増 大 への 対 応 等 やむを 得 な い 事 情 がある 場 合 は これを 超 えた 利 用 を 認 める 利 用 ができる 範 囲 については 年 度 当 初 (4 月 )は 定 員 の115%の 範 囲 内 とし 年 度 途 中 (5 月 以 降 )は 定 員 の125%の 範 囲 内 とする なお 年 度 後 半 (10 月 以 降 )は 制 限 を 撤 廃 する また 年 度 途 中 における 利 用 ができる 範 囲 を 超 えての 利 用 は 以 下 の 場 合 のみに 限 って 認 める 保 護 者 が 産 前 産 後 休 暇 及 び 育 児 休 業 から 復 帰 する 際 に ⑴ 休 業 開 始 前 既 に 保 育 所 等 を 利 用 していた 児 童 に 同 一 施 設 を 利 用 させる 場 合 ⑵ 育 児 休 業 の 対 象 となる 児 童 に 現 に 保 育 所 等 に 在 籍 している 児 童 と 同 一 施 設 を 利 用 させる 場 合 ここにおける 産 前 産 後 休 暇 及 び 育 児 休 業 から 復 帰 する とは 出 産 後 就 労 を 開 始 する 状 況 であれ ば 足 り 得 る 15 夜 間 保 育 夜 間 保 育 所 を 希 望 する 場 合 少 なくとも 週 2 日 以 上 夜 間 に 当 該 児 童 を 保 育 できないと 認 められる 場 合 のみ 利 用 を 承 諾 する このときの 夜 間 とは 19 時 以 降 のことをいう 16 保 育 所 等 の 広 域 利 用 広 域 利 用 にかかる 市 外 保 育 所 等 への 委 託 及 び 市 内 保 育 所 等 への 市 外 からの 受 託 については 以 下 の 6 / 10

7 とおり 保 育 を 必 要 とする 保 護 者 が それぞれ 要 件 を 満 たす 場 合 に 実 施 する なお 長 崎 県 内 で 広 域 利 用 における 実 施 要 領 が 施 行 された 場 合 は この 要 領 に 従 うこととする ⑴ 委 託 次 のとおり 保 護 者 のやむを 得 ない 事 情 により 市 内 保 育 所 等 での 対 応 が 困 難 である 場 合 に 限 り 市 外 保 育 所 等 への 委 託 を 当 該 市 区 町 村 へ 依 頼 する なお 求 職 活 動 を 理 由 として 市 外 委 託 はしない 1 保 護 者 の 勤 務 先 が 希 望 する 施 設 のある 市 区 町 村 にある 場 合 2 保 護 者 の 勤 務 先 が 希 望 する 施 設 のある 市 区 町 村 にないが 当 該 市 区 町 村 が 通 勤 経 路 にある 場 合 3 保 護 者 が 里 帰 り 出 産 等 で 児 童 の 祖 父 母 等 が 居 住 する 市 区 町 村 に 居 住 し 当 該 市 区 町 村 に 希 望 する 施 設 がある 場 合 4 上 記 に 掲 げるもののほか 市 長 が 必 要 と 認 めた 場 合 5 その 他 特 殊 事 情 があるとき ⑵ 受 託 他 市 区 町 村 から 市 内 保 育 所 等 への 利 用 希 望 があった 場 合 市 内 児 童 の 利 用 を 排 除 しない 程 度 に 受 入 れを 行 う この 場 合 委 託 事 由 と 同 様 にやむを 得 ない 事 情 がある 場 合 に 限 り 市 外 からの 児 童 を 受 入 れる なお 求 職 活 動 を 理 由 としての 受 託 は 承 諾 しない また 定 員 の120%に 達 している 保 育 所 等 への 受 託 は 原 則 承 諾 しない 点 数 表 保 育 を 必 要 とする 事 由 に 応 じて 保 護 者 それぞれの 点 数 を 算 出 し 世 帯 で 合 算 する また その 点 数 に 世 帯 加 算 児 童 加 算 を 加 味 して 児 童 の 合 計 点 数 を 算 出 する 複 数 の 児 童 が 同 一 点 数 で 並 んだ 場 合 は 優 先 利 用 項 目 を 基 に 利 用 調 整 を 行 う 1 基 準 点 ⑴ 就 労 1 就 労 A(4 利 用 申 請 ⑴ 就 労 (ア) 会 社 員 公 務 員 ~(イ) 軍 人 軍 属 ) 内 容 点 数 内 容 点 数 月 160 時 間 以 上 就 労 している 20 月 100 時 間 以 上 就 労 している 14 月 150 時 間 以 上 就 労 している 19 月 90 時 間 以 上 就 労 している 13 月 140 時 間 以 上 就 労 している 18 月 80 時 間 以 上 就 労 している 12 月 130 時 間 以 上 就 労 している 17 月 70 時 間 以 上 就 労 している 11 月 120 時 間 以 上 就 労 している 16 月 60 時 間 以 上 就 労 している 10 月 110 時 間 以 上 就 労 している 15 2 就 労 B(4 利 用 申 請 ⑴ 就 労 (ウ) 内 職 ~(エ) 自 営 業 ) 内 容 点 数 内 容 点 数 月 160 時 間 以 上 就 労 している 19 月 100 時 間 以 上 就 労 している 13 7 / 10

8 内 容 点 数 内 容 点 数 月 150 時 間 以 上 就 労 している 18 月 90 時 間 以 上 就 労 している 12 月 140 時 間 以 上 就 労 している 17 月 80 時 間 以 上 就 労 している 11 月 130 時 間 以 上 就 労 している 16 月 70 時 間 以 上 就 労 している 10 月 120 時 間 以 上 就 労 している 15 月 60 時 間 以 上 就 労 している 9 月 110 時 間 以 上 就 労 している 14 ⑵ 妊 娠 出 産 16 点 とする ただし 多 胎 出 産 の 場 合 は +3 点 とする ⑶ 疾 病 障 がい 内 容 点 数 入 院 中 常 時 臥 床 の 状 態 である 20 週 3 日 以 上 の 通 院 が 必 要 である 18 上 記 以 外 13 ⑷ 介 護 看 護 内 容 点 数 月 160 時 間 以 上 の 介 護 ( 看 護 )が 必 要 である 20 月 150 時 間 以 上 の 介 護 ( 看 護 )が 必 要 である 19 月 140 時 間 以 上 の 介 護 ( 看 護 )が 必 要 である 18 月 130 時 間 以 上 の 介 護 ( 看 護 )が 必 要 である 17 月 120 時 間 以 上 の 介 護 ( 看 護 )が 必 要 である 16 月 110 時 間 以 上 の 介 護 ( 看 護 )が 必 要 である 15 月 100 時 間 以 上 の 介 護 ( 看 護 )が 必 要 である 14 月 90 時 間 以 上 の 介 護 ( 看 護 )が 必 要 である 13 月 80 時 間 以 上 の 介 護 ( 看 護 )が 必 要 である 12 月 70 時 間 以 上 の 介 護 ( 看 護 )が 必 要 である 11 月 60 時 間 以 上 の 介 護 ( 看 護 )が 必 要 である 10 ⑸ 災 害 復 旧 25 点 とする ⑹ 求 職 活 動 5 点 とする なお 求 職 活 動 を 行 っていることがわかる 書 類 (ハローワークカードの 写 し 等 )が 提 出 できない 場 合 は -1 点 とする ⑺ 就 学 内 容 点 数 内 容 点 数 月 160 時 間 以 上 就 学 している 18 月 100 時 間 以 上 就 学 している 12 月 150 時 間 以 上 就 学 している 17 月 90 時 間 以 上 就 学 している 11 月 140 時 間 以 上 就 学 している 16 月 80 時 間 以 上 就 学 している 10 月 130 時 間 以 上 就 学 している 15 月 70 時 間 以 上 就 学 している 9 8 / 10

9 内 容 点 数 内 容 点 数 月 120 時 間 以 上 就 学 している 14 月 60 時 間 以 上 就 学 している 8 月 110 時 間 以 上 就 学 している 13 ⑻ 虐 待 DV 特 別 な 配 慮 が 必 要 なため 点 数 は 設 定 しない ⑼ その 他 上 記 ⑴~⑻ 以 外 の 事 由 の 該 当 者 が 出 た 場 合 には 随 時 定 めることとする 2 世 帯 加 算 以 下 の 内 容 に 複 数 該 当 する 場 合 は それぞれ 加 点 する 内 容 点 数 ⑴ ひとり 親 世 帯 である 26 ⑵ 主 として 生 計 を 維 持 する 者 の 失 業 ( 求 職 活 動 中 )により 就 労 の 必 要 性 が 高 い 場 合 6 ⑶ 保 護 者 が 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 又 は2 級 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 1 級 療 育 手 帳 A 判 5 定 を 所 持 している 世 帯 ⑷ 保 護 者 が 上 記 以 外 の 身 体 障 害 者 手 帳 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 療 育 手 帳 を 所 持 又 4 は 国 民 年 金 の 障 害 者 基 礎 年 金 等 を 受 給 している 世 帯 ⑸ 保 護 者 が 単 身 赴 任 中 である 3 ⑹ 多 胎 児 が 同 時 に 同 一 施 設 を 希 望 する 場 合 2 ⑺ 生 活 保 護 世 帯 で 新 規 の 就 労 就 学 又 は 求 職 活 動 により 自 立 支 援 に 寄 与 する 場 合 1 ⑻ 育 児 休 業 を 終 了 した 場 合 1 3 児 童 加 算 以 下 の 内 容 に 複 数 該 当 する 場 合 は それぞれ 加 点 する ただし 以 下 の⑴については 1つのみ 選 択 する 内 容 点 数 ⑴ 利 用 希 望 の 子 どもが 障 害 を 有 する 場 合 特 別 児 童 扶 養 手 当 対 象 児 童 3 身 体 障 害 者 手 帳 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 又 は 療 育 手 帳 を 所 持 2 医 師 からの 意 見 書 あり 1 ⑵ 特 定 地 域 型 保 育 事 業 の 卒 園 児 童 2 4 優 先 利 用 項 目 保 護 者 それぞれの 基 準 点 世 帯 加 算 児 童 加 算 の 合 計 点 数 が 並 んだ 場 合 は 次 の 順 に 決 定 する ⑴ 以 下 のとおり 保 育 を 必 要 とする 事 由 ごとに 優 先 順 位 を 定 め 保 護 者 のうち 優 先 順 位 が 高 い 方 で 比 較 する 虐 待 DV > 災 害 復 旧 > 疾 病 障 がい > 就 労 > 介 護 看 護 > 妊 娠 出 9 / 10

10 産 > 就 学 > 求 職 活 動 ⑵ 経 済 的 状 況 (1 月 から8 月 までの 利 用 希 望 は 前 々 年 の 収 入 9 月 から12 月 までの 利 用 希 望 は 前 年 の 収 入 )が 低 い 世 帯 を 優 先 する ⑶ 養 育 している 小 学 生 以 下 の 子 どもの 人 数 が 多 い 世 帯 を 優 先 する 10 / 10

子 ども 子 育 て 新 制 度 について 子 ども 子 育 て 新 制 度 が 平 成 27 年 4 月 から 始 まります 新 制 度 のスタートに 伴 い 教 育 保 育 施 設 を 利 用 する 際 には 支 給 認 定 を 受 ける 必 要 があ ります 保 育 所 への 入 所 を 希

子 ども 子 育 て 新 制 度 について 子 ども 子 育 て 新 制 度 が 平 成 27 年 4 月 から 始 まります 新 制 度 のスタートに 伴 い 教 育 保 育 施 設 を 利 用 する 際 には 支 給 認 定 を 受 ける 必 要 があ ります 保 育 所 への 入 所 を 希 平 成 27 年 度 入 所 用 生 駒 市 保 育 所 入 所 案 内 保 育 所 ( 保 育 園 )とは 保 育 所 ( 保 育 園 )は 保 護 者 が 働 いたり 病 気 の 状 態 にあったりして 家 庭 において 十 分 保 育 することができない 児 童 を 保 護 者 にかわって 保 育 することを 目 的 とした 児 童 福 祉 施 設 です 保 護 者 が 希 望 する 保 育

More information

保 育 所 入 所 ( 園 ) 申 込 について 平 成 27 年 度 から 子 ども 子 育 て 新 制 度 がスタートする 事 により 保 育 所 ( 園 ) 等 の 利 用 手 続 き 方 法 が 変 わります 保 育 所 ( 園 )を 利 用 する 場 合 は 支 給 認 定 申 請 と 利

保 育 所 入 所 ( 園 ) 申 込 について 平 成 27 年 度 から 子 ども 子 育 て 新 制 度 がスタートする 事 により 保 育 所 ( 園 ) 等 の 利 用 手 続 き 方 法 が 変 わります 保 育 所 ( 園 )を 利 用 する 場 合 は 支 給 認 定 申 請 と 利 受 付 期 間 : 平 成 26 年 12 月 8 日 ( 月 )~ 平 成 27 年 1 月 6 日 ( 火 ) 受 付 時 間 : 8 時 ~17 時 まで ( 原 則 として 12 時 ~13 時 は 除 く ) 受 付 場 所 : 中 城 村 役 場 福 祉 課 Tel 098-895-2131( 内 線 264) 土 日 祝 祭 日 年 末 年 始 (12 月 29 日 ~1 月 2 日

More information

1) 保 育 所 認 定 こども 園 地 域 型 保 育 とは 保 育 所 共 働 きなど 家 庭 で 保 育 ができない 保 護 者 に 代 わって 保 育 を 行 なう 児 童 福 祉 施 設 * 利 用 時 間 : 朝 ~ 夕 (0 歳 ~ 満 3 歳 未 満 ) 3 号 認 定 が 必 要

1) 保 育 所 認 定 こども 園 地 域 型 保 育 とは 保 育 所 共 働 きなど 家 庭 で 保 育 ができない 保 護 者 に 代 わって 保 育 を 行 なう 児 童 福 祉 施 設 * 利 用 時 間 : 朝 ~ 夕 (0 歳 ~ 満 3 歳 未 満 ) 3 号 認 定 が 必 要 ~ 保 育 所 認 定 こども 園 (2 3 号 認 定 子 ども) 地 域 型 保 育 の 入 園 向 け~ 平 成 28 年 度 保 育 利 用 のご 案 内 利 根 町 役 場 子 育 て 支 援 課 子 ども 福 祉 係 新 制 度 では 幼 稚 園 や 認 定 こども 園 保 育 所 等 を 利 用 するために 子 どものための 教 育 保 育 給 付 にかかる 認 定 を 受 けていただく

More information

平 成 27 年 4 月 より 施 行 予 定 の 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 により 保 育 所 等 の 保 育 施 設 の 入 所 の 手 続 きが 変 わります 入 所 を 希 望 する 場 合 は 保 護 者 の 労 働 等 を 理 由 とした お 子 さんへの 保 育 の 必

平 成 27 年 4 月 より 施 行 予 定 の 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 により 保 育 所 等 の 保 育 施 設 の 入 所 の 手 続 きが 変 わります 入 所 を 希 望 する 場 合 は 保 護 者 の 労 働 等 を 理 由 とした お 子 さんへの 保 育 の 必 平 成 27 年 度 保 育 所 入 所 案 内 保 育 所 とは 保 護 者 が 働 いていたり 病 気 の 状 態 にあるなどの 理 由 により 保 育 が 必 要 な 乳 幼 児 を 家 庭 の 保 護 者 に 代 わって 保 育 することを 目 的 とする 児 童 福 祉 施 設 です 保 育 所 の 利 用 を 希 望 する 場 合 には 保 護 者 が 法 律 に 定 める 要 件 に

More information

1 保育所(園)への入所について

1 保育所(園)への入所について 平 成 28 年 度 阿 久 根 市 保 育 所 等 入 所 案 内 (2 3 号 認 定 ) 平 成 28 年 4 月 からの 利 用 申 し 込 みの 受 け 付 けは 平 成 27 年 12 月 7 日 ( 月 )~ 平 成 27 年 12 月 25 日 ( 金 )です 場 所 阿 久 根 市 役 所 生 きがい 対 策 課 児 童 対 策 係 (1 階 5 番 窓 口 ) 時 間 午 前 8

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CB488C481798C8892E8817A95BD90AC3236944E937895DB88E78F8A93FC8F8A88C493E05F348C8E88C88D7E5F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CB488C481798C8892E8817A95BD90AC3236944E937895DB88E78F8A93FC8F8A88C493E05F348C8E88C88D7E5F2E646F63> 場 転 所 ( 入 所 後 別 の 保 育 園 への 入 所 希 望 )については 入 所 と 同 じ 取 扱 いとなります に 合 入 市 に 所 立 できるものではなく 保 保 育 護 所 者 に 認 代 可 わってその 保 育 園 は 日 保 児 頃 護 童 者 の 保 が 保 育 仕 育 する 事 を または 行 集 人 うための 団 のいない 生 活 病 に 気 慣 等 児 れさせるためといった

More information

tokutei2-7.xls

tokutei2-7.xls 出 産 育 児 に 関 する 制 度 一 覧 親 になる ことが 判 明 子 どもが 生 まれる 前 出 産 子 育 て 期 間 中 1 妊 娠 障 害 休 暇 ( 女 性 のみ) 2 妊 娠 中 の 通 勤 緩 和 職 免 ( 女 性 のみ) 3 妊 産 婦 の 就 業 制 限 ( 女 性 のみ) 4 保 健 指 導 職 免 除 ( 女 性 のみ) 5 産 前 産 後 休 暇 ( 女 性 のみ)

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

Microsoft Word - 16 育児休業手当金(16ikukyuu.pdf)最終版

Microsoft Word - 16 育児休業手当金(16ikukyuu.pdf)最終版 育 児 休 業 手 当 金 1 支 給 要 件 組 合 員 が 育 児 休 業 を 取 得 したときに 支 給 する 2 支 給 期 間 (1) (2) 以 外 の 場 合 は 育 児 休 業 を 開 始 した 日 から 育 児 休 業 に 係 る 子 が1 歳 に 達 する 日 ( 1)( 育 児 休 業 に 係 る 子 が1 歳 に 達 する 日 前 に 育 児 休 業 が 終 了 した 場 合

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

平成21年度 保育所入所案内

平成21年度 保育所入所案内 保 育 等 とは この 入 案 内 での 保 育 等 とは 浦 添 市 内 の 認 可 保 育 小 規 模 保 育 事 業 内 保 育 のことです 保 育 等 では 保 護 者 が 働 いている または 疾 病 などのために 家 庭 において 十 分 保 育 することができない 児 童 を 家 庭 の 保 護 者 にかわって 保 育 することを 目 的 とした 児 童 福 祉 施 設 です したがって

More information

平成28年度保育所入所案内

平成28年度保育所入所案内 H27.11 月 発 行 平 成 28 年 度 南 房 総 市 保 育 所 入 所 のご 案 内 1 支 給 認 定 申 請 と 保 育 所 の 利 用 について 2 (1) 支 給 認 定 申 請 とは (2) 保 育 所 を 利 用 できる 人 ( 保 育 の 必 要 性 の 事 由 ) (3) 保 育 時 間 開 所 休 所 日 などについて 2 申 込 み 方 法 について 3 (1) 平

More information

目 次 1. 保 育 申 込 みにあたって 2 2. 申 込 み 手 続 きについて 3~4 3. 申 込 み 後 に 必 要 な 類 5~6 4. 保 育 料 について 7~8 ( 平 成 25 年 度 保 育 費 用 一 覧 表 参 考 ) 5. 亀 山 市 保 育 について 9~10 資 料

目 次 1. 保 育 申 込 みにあたって 2 2. 申 込 み 手 続 きについて 3~4 3. 申 込 み 後 に 必 要 な 類 5~6 4. 保 育 料 について 7~8 ( 平 成 25 年 度 保 育 費 用 一 覧 表 参 考 ) 5. 亀 山 市 保 育 について 9~10 資 料 平 成 26 年 度 亀 山 市 保 育 ご 案 内 亀 山 市 健 康 福 祉 部 子 ども 総 合 センター 子 ども 家 庭 室 ( 亀 山 市 総 合 保 健 福 祉 センター あいあい 内 ) TEL 0595-84-3315 FAX 0595-82-8180 保 育 手 続 きやそ 他 詳 しいことについては こちらへお 問 い 合 わせください H26.2.20 版 目 次 1. 保

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874095BD90AC3235944E937895DB88E78F8A93FC8F8A88C493E08169318C8E88C88D7E816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874095BD90AC3235944E937895DB88E78F8A93FC8F8A88C493E08169318C8E88C88D7E816A2E646F63> に きるものではなく 市 保 保 立 育 平 護 保 所 者 育 ( に 所 園 成 代 )への わってその 認 可 保 25 日 入 育 頃 所 園 年 児 は 保 童 育 保 度 の する 護 保 者 育 人 が を のいない 仕 行 事 または 病 気 等 のため 家 庭 で 児 童 を 十 分 に 保 育 することができない 場 合 保 うための 育 児 童 所 児 が 童 福 入 祉 所

More information

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱 幕 別 町 マイホーム 応 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 幕 別 町 への 移 住 促 進 と 町 内 居 住 者 の 定 住 に 資 するため 住 宅 を 新 築 又 は 購 入 する 者 に 対 し 当 該 住 宅 の 取 得 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 す ることにより 人 口 減 少 の 著 しい 子 育 て 世 代

More information

4 申 請 に 必 要 な 書 類 主 な 様 式 は 市 のホームページでもダウンロードいただけます 保 育 を 必 要 とする 事 由 や 個 々の 状 況 によって

4 申 請 に 必 要 な 書 類 主 な 様 式 は 市 のホームページでもダウンロードいただけます  保 育 を 必 要 とする 事 由 や 個 々の 状 況 によって 平 成 27 年 9 月 ~28 年 3 月 入 園 向 け 平 成 27 年 度 保 育 利 用 のご 案 内 ( 保 育 所 認 定 こども 園 (2 号 3 号 認 定 子 ども) 地 域 型 保 育 の 入 園 向 け) 1 保 育 所 認 定 こども 園 (2 号 3 号 認 定 子 ども) 地 域 型 保 育 の 入 園 までの 流 れ 市 こ ど も 家 庭 局 区 役 所 保 健 福

More information

1 支 給 認 定 新 制 度 では 幼 稚 園 ( 新 制 度 に 移 行 する 幼 稚 園 のことで 以 下 同 じ) を 利 用 する 場 合 には お 住 まいの 市 町 村 から 支 給 認 定 証 の 交 付 を 受 ける 必 要 があります 認 定 の 区 分 は 年 齢 や 保 育

1 支 給 認 定 新 制 度 では 幼 稚 園 ( 新 制 度 に 移 行 する 幼 稚 園 のことで 以 下 同 じ) を 利 用 する 場 合 には お 住 まいの 市 町 村 から 支 給 認 定 証 の 交 付 を 受 ける 必 要 があります 認 定 の 区 分 は 年 齢 や 保 育 ここに 掲 載 されている 内 容 は 平 成 26 年 9 月 時 点 での 予 定 です 今 後 変 更 となる 可 能 性 があります 平 成 27 年 度 から 幼 稚 園 等 の 利 用 手 続 きが 変 わります! 幼 児 期 の 学 校 教 育 や 保 育 地 域 の 子 育 て 支 援 の 量 の 拡 充 や 質 の 向 上 を 進 めていく 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度

More information

子 育 て 応 援 コーナーについて 県 では 職 員 が 仕 事 と 子 育 ての 両 立 を 図 りやすい 職 場 環 境 を 整 え 次 代 を 担 う 子 ど もたちの 育 成 を 支 援 するため 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づき 平 成 17 年 に 策 定

子 育 て 応 援 コーナーについて 県 では 職 員 が 仕 事 と 子 育 ての 両 立 を 図 りやすい 職 場 環 境 を 整 え 次 代 を 担 う 子 ど もたちの 育 成 を 支 援 するため 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づき 平 成 17 年 に 策 定 子 育 て 応 援 コーナーについて 県 では 職 員 が 仕 事 と 子 育 ての 両 立 を 図 りやすい 職 場 環 境 を 整 え 次 代 を 担 う 子 ど もたちの 育 成 を 支 援 するため 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づき 平 成 17 年 に 策 定 した 長 野 県 職 員 子 育 て 支 援 プラン( 前 期 プラン) を 改 定 し 後 期 長

More information

Taro-【27教育庁版】両立支援ハンドブック

Taro-【27教育庁版】両立支援ハンドブック 両 立 支 援 ハンドブック ~ 働 くパパママ 子 育 て 応 援 プラン~ 平 成 27 年 9 月 沖 縄 県 教 育 委 員 会 教 育 庁 総 務 課 目 次 1 妊 娠 したら (1) 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 p1 (2) 妊 娠 障 害 休 暇 p1 (3) 妊 婦 通 勤 緩 和 休 暇 p2 (4) 妊 娠 中 の 休 息 又 は 補 食 のための 職

More information

平成22年度

平成22年度 平 成 28 年 度 保 育 園 入 園 案 内 < 目 次 > 1 保 育 園 とは... 1 2 平 成 28 年 4 月 の 入 園 申 込 みについて... 2 3 年 度 途 中 の 入 園 申 込 みについて... 3 4 申 込 書 類 記 入 上 の 注 意... 3 5 入 園 決 定 について... 3 6 延 長 保 育 について... 4 7 休 日 保 育 について...

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

所沢市告示第   号

所沢市告示第   号 所 沢 市 告 示 第 282 号 一 般 競 争 入 札 を 執 行 するので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の6の 規 定 に 基 づき 次 のとおり 公 告 する 平 成 28 年 5 月 13 日 所 沢 市 長 藤 本 正 人 1 入 札 対 象 工 事 ⑴ 工 事 名 所 沢 市 立 美 原 中 学 校 トイレ 改 修 工

More information

子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 が 平 成 27 年 4 月 から 始 まりました これにより 保 育 所 を 利 用 する 際 の 手 続 きがこれまでと 変 わります 入 所 申 込 みにあたって 保 育 所 を 利 用 するには 保 育 所 は 保 育 を 必 要 とする 乳 児 幼

子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 が 平 成 27 年 4 月 から 始 まりました これにより 保 育 所 を 利 用 する 際 の 手 続 きがこれまでと 変 わります 入 所 申 込 みにあたって 保 育 所 を 利 用 するには 保 育 所 は 保 育 を 必 要 とする 乳 児 幼 磐 梯 町 保 育 所 入 所 ガイド 平 成 28 年 度 版 目 次 入 所 申 込 みにあたって 保 育 所 を 利 用 するには P1 保 育 の 必 要 時 間 について P1 入 所 できる 年 齢 P2 保 育 実 施 日 P2 〇 開 所 時 間 P2 入 所 までの 流 れ P2 〇 保 育 認 定 ( 入 所 申 込 み)に 必 要 な 書 類 P3 〇 保 育 料 算 定 に

More information

3 参 加 資 格 つぎの 条 件 をすべて 満 たすこと ⑴ 提 案 書 提 出 時 において 練 馬 区 での 入 札 参 加 資 格 を 有 していること ⑵ 他 自 治 体 で 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 窓 口 受 付 事 務 電 話 受 付 事 務 収 納 事 務 入 力 お

3 参 加 資 格 つぎの 条 件 をすべて 満 たすこと ⑴ 提 案 書 提 出 時 において 練 馬 区 での 入 札 参 加 資 格 を 有 していること ⑵ 他 自 治 体 で 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 窓 口 受 付 事 務 電 話 受 付 事 務 収 納 事 務 入 力 お 平 成 2 8 年 9 月 2 0 日 練 馬 区 区 民 部 国 保 年 金 課 練 馬 区 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 窓 口 受 付 事 務 等 業 務 委 託 に 係 るプロポーザル 募 集 要 領 1 趣 旨 本 要 領 は 練 馬 区 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 窓 口 受 付 事 務 電 話 受 付 事 務 内 部 事 務 等 を 総 合 的 に 委 託 する 練

More information

目 次 1. 保 育 施 設 事 業 の 種 類 1 2. 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 について 3 3. 保 育 所 等 の 利 用 手 続 きについて 8 1 利 用 するための 要 件 8 2 クラス 年 齢 別 編 成 表 9 3 申 込 書 の 配 布 申 込 の 受 付 に

目 次 1. 保 育 施 設 事 業 の 種 類 1 2. 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 について 3 3. 保 育 所 等 の 利 用 手 続 きについて 8 1 利 用 するための 要 件 8 2 クラス 年 齢 別 編 成 表 9 3 申 込 書 の 配 布 申 込 の 受 付 に 平 成 28 年 9 月 発 行 武 蔵 野 市 子 ども 家 庭 部 子 ども 育 成 課 TEL:0422-60-1854 FAX:0422-51-9223 E-mail:SEC-KODOMOIKUSEI@city.musashino.lg.jp ホームページ:http://www.city.musashino.lg.jp/ 180-8777 武 蔵 野 市 緑 町 2-2-28 目 次 1.

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

墨 田 区 利 用 調 整 基 準 ( 選 考 基 準 ) () 基 準 指 数 提 出 書 類 を 基 に 保 護 者 の 状 況 の 類 型 を 決 め その 内 容 を 以 下 の 表 にあてはめて 父 母 それぞれの 指 数 を 合 算 し 世 帯 の 基 準 指 数 とします 保 護 者

墨 田 区 利 用 調 整 基 準 ( 選 考 基 準 ) () 基 準 指 数 提 出 書 類 を 基 に 保 護 者 の 状 況 の 類 型 を 決 め その 内 容 を 以 下 の 表 にあてはめて 父 母 それぞれの 指 数 を 合 算 し 世 帯 の 基 準 指 数 とします 保 護 者 H5.9.8 子 ども 子 育 て 会 議 企 画 会 認 可 保 育 施 設 における 利 用 調 整 基 準 ( 選 考 基 準 )の 一 部 見 直 しについて 見 直 しの 理 由 平 成 8 年 用 保 育 施 設 利 用 申 込 みにあたり 平 成 年 の 申 込 状 況 を 踏 まえ 認 可 保 育 施 設 の 利 用 調 整 等 を 検 討 する 中 で 基 準 を 一 部 見 直

More information

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 沖 縄 県 職 員 のための 子 育 てハンドブック 22 年 3 月 総 務 部 人 事 課 1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 中

More information

<3234944E93788CF6955C976C8EAE8169974E908592AC816A2E786C73>

<3234944E93788CF6955C976C8EAE8169974E908592AC816A2E786C73> ( 地 方 公 共 団 体 における 職 員 給 与 等 の 公 表 について の 一 部 改 正 について( 平 成 2 年 3 月 29 日 付 け 総 行 給 第 2 号 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 )に 基 づき, 今 回 の 公 表 から 様 式 を 一 部 変 更 している ) 別 紙 3 総 括 ⑴ 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民

More information

費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 共 済 組 合 の 行 う 事 業 は 大 別 すると 民 間 の 健 康 保 険 制 度 に 代 わる 短 期 給 付 事 業 公 的 年 金 制 度 の 性 格 を 有 する 長 期 給 付 事 業 組 合 員 の 福 祉 の 増 進 に 資 する

費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 共 済 組 合 の 行 う 事 業 は 大 別 すると 民 間 の 健 康 保 険 制 度 に 代 わる 短 期 給 付 事 業 公 的 年 金 制 度 の 性 格 を 有 する 長 期 給 付 事 業 組 合 員 の 福 祉 の 増 進 に 資 する 掛 金 負 担 金 について 目 次 頁 費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 1 標 準 報 酬 1 掛 金 等 額 の 算 定 方 法 2 掛 金 等 の 納 付 2 産 前 産 後 休 業 期 間 中 の 掛 金 等 免 除 5 等 終 了 後 に 報 酬 が 低 下 した 場 合 の 標 準 報 酬 月 額 の 改 定 8 海 外 居 住 等 に 係 る 介 護 保 険 の 適 用

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208199906C8E968D7390AD82CC8FF38BB58CF6955C816995BD90AC3233944E9378816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208199906C8E968D7390AD82CC8FF38BB58CF6955C816995BD90AC3233944E9378816A2E646F63> 南 丹 市 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 南 丹 市 条 例 第 59 号 )の 規 定 に 基 づき 平 成 23 年 度 における 南 丹 市 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 公 表 する 南 丹 市 長 佐 々 木 稔 納 1 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 ⑴ 職 員

More information

在職年数

在職年数 東 京 都 市 町 村 職 員 退 職 手 当 組 合 退 職 手 当 支 給 条 例 施 行 規 則 ( 昭 和 51 年 3 月 31 日 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 51 年 4 月 9 日 規 則 第 2 号 昭 和 54 年 3 月 24 日 規 則 第 2 号 昭 和 60 年 5 月 1 日 規 則 第 1 号 昭 和 61 年 4 月 1 日 規 則 第 1 号 平 成 2

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は, 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである ( 単 位 : ) 3 職 員 の, 初 任

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は, 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものである ( 単 位 : ) 3 職 員 の, 初 任 別 紙 3 平 成 25 年 度 赤 平 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) 23 年 度 A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 12,234 8,75,43 376,599 1,329,315 15.2

More information

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版 育 児 休 業 Q&A 平 成 26 年 改 定 県 立 学 校 版 教 育 人 事 課 目 次 育 児 休 業 の 意 義 目 的 1 Q1 育 児 休 業 の 目 的 は? Q2 育 児 休 業 を 取 得 することによってどういう 効 果 があるの? 育 児 休 業 をすることができる 職 員 2 Q3 誰 でも 育 児 休 業 をすることができるの? Q4 育 児 休 業 中 の 身 分 はどうなるの?

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203237303430315F8B9E93738E73966894C6834A8381838990DD927591A390698E968BC695E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203237303430315F8B9E93738E73966894C6834A8381838990DD927591A390698E968BC695E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63> 京 都 市 防 犯 カメラ 設 置 促 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 地 域 団 体 又 は 事 業 者 等 が 犯 罪 の 抑 止 を 目 的 として 防 犯 カメ ラを 設 置 する 事 業 に 対 する 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 に 関 し, 京 都 市 補 助 金 等 の 交 付 等 に 関 する 条

More information

まんのう 町 こども 園 保 育 園 に 関 する Q&A ~もくじ~ こども 園 の 利 用 について Q1. 1 号 認 定 2 号 認 定 3 号 認 定 って 何?... P.4 Q2. 短 時 間 利 用 と 長 時 間 利 用 の 違 いって 何?... P.4 Q3. 保 育 料 給

まんのう 町 こども 園 保 育 園 に 関 する Q&A ~もくじ~ こども 園 の 利 用 について Q1. 1 号 認 定 2 号 認 定 3 号 認 定 って 何?... P.4 Q2. 短 時 間 利 用 と 長 時 間 利 用 の 違 いって 何?... P.4 Q3. 保 育 料 給 まんのう 町 内 には 6 つのこども 園 と 1 つの 保 育 園 があります 希 望 により 施 設 を 選 べますが 定 員 を 超 えると 希 望 施 設 に 入 園 できない 場 合 がありますので あらかじめご 了 承 ください 施 設 名 電 話 まんのう 町 のこども 園 保 育 園 入 園 案 内 町 内 こども 園 保 育 園 一 覧 定 員 0 歳 児 1 2 歳 児 2 号

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0 長 岡 技 術 科 学 大 学 出 産 子 育 てのための 手 続 パンフレット 総 務 課 平 成 26 年 4 月 現 在 1. 職 務 専 念 義 務 免 除 について 妊 娠 12 週 以 降 又 は 出 産 後 1 年 を 経 過 しない 職 員 ( )が, 医 師 又 は 助 産 師 から 指 示 を 受 け, 保 健 指 導 又 は 健 康 診 査 を 受 けるため 通 院 する 等

More information

⑴ ⑵ ⑶

⑴ ⑵ ⑶ - 108 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ - 110 - ⑴ ⑵ ⑶ - 111 - ⑷ ⑴ ⑸ ⑹ ⑵ ⑶ - 112 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ - 115 - - 116 - - 117 - - 118 - - 119 - - 120 - ⑴ - ⑴ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑵ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ - 122 - - 123 - ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑶ - 124 - ⑷ - 125 -

More information

⑴ ⑵ ⑶

⑴ ⑵ ⑶ - 108 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑴ ⑶ ⑵ ⑷ ⑴ ⑵ - 110 - ⑶ - 111 - ⑷ ⑴ ⑸ ⑹ ⑵ ⑶ - 112 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ - 115 - - 116 - - 117 - - 118 - ⑴ - 119 - - 120 - ⑴ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑵ - 121 - ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ - 122 - - 123 - ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ - 124 - ⑶ - 125

More information

123 ( 17 120 18 ) ( - 1 - - 2 - ⑴ ⑵ - 3 - - 4 - ⑴ - 5 - ⑵ - 6 - ⑶ - 7 - ⑴ ⑵ ⑶ - 8 - - 9 - - 10 - - 11 - ⑴ ⑵ ⑶ - 12 - ⑴ - 13 - ⑵ 12-14 - - 15 - - 16 - - 17 - - 18 - ⑴ ⑵ - 19 - ⑴ ⑵ ⑶ - 20 - ⑷ ⑸ ⑹ - 21 -

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

H26 公表原案.xls

H26 公表原案.xls 水 戸 市 公 告 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 7 年 水 戸 市 条 例 第 3 号 ) 第 6 条 の 規 定 に 基 づき, 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について, 次 のとおり 公 表 する 平 成 6 年 9 月 8 日 水 戸 市 長 高 橋 靖 平 成 6 年 度 水 戸 市 事 行 政 の

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 単 位 : 円 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261 津 幡 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 人 件 費 率 23 年 度 人 37,549 12,760,557 199,134 2,173,562

More information

ア. 市 長 事 務 部 及 び 行 政 委 員 会 等 の 状 況 職 員 数 給 与 費 (A) 給 料 期 末 勤 勉 その 他 の 手 当 手 当 計 (B) 17,942 (9) 73,455,664 29,765,941 25,618,225 128,839,830 ( 注 )1. 職

ア. 市 長 事 務 部 及 び 行 政 委 員 会 等 の 状 況 職 員 数 給 与 費 (A) 給 料 期 末 勤 勉 その 他 の 手 当 手 当 計 (B) 17,942 (9) 73,455,664 29,765,941 25,618,225 128,839,830 ( 注 )1. 職 第 2 章 職 員 の 給 与 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条 件 の 状 況 地 方 公 務 員 の 給 与 は 国 や 他 の 地 方 公 共 団 体 の 職 員 民 間 企 業 の 従 業 員 の 給 与 等 を 考 慮 して 定 めることになっています 市 には 公 平 中 立 な 機 関 である 事 委 員 会 が 設 置 されており 事 委 員 会 は 毎 年 市 内 民 間

More information

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73>

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73> の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 21 年 度 の 人 件 費 率 264,775 人 89,572,418 千 989,606 千 17,550,569

More information

Microsoft Word - 市政概要 扉.doc

Microsoft Word - 市政概要 扉.doc 7 児 童 部 保 育 所 1 公 立 保 育 所 の 施 設 概 要 平 成 19 年 (2007 年 )4 月 1 日 現 在 保 育 所 名 所 在 地 敷 地 面 積 (m2) 延 べ 床 面 積 (m2) 職 員 数 ( 人 ) 吹 田 保 育 園 昭 和 町 24-1 1,349.4 1,045.5 20 山 田 山 田 市 場 19-9 1,980.0 693.9 18 い ず み 泉

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物 京 都 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 4 月 15 日 制 定 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 平 成 27 年 4 月 10 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 本 市 に 存 する 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 を 促 進 するため, 当 該 木 造 住 宅 の

More information

Microsoft Word - 5-26職員給与規程

Microsoft Word - 5-26職員給与規程 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 5 月 10 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 28

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

次世代育成支援に係る諸制度について

次世代育成支援に係る諸制度について 平 成 2 8 年 4 月 広 島 県 教 育 委 員 会 事 務 局 管 理 部 総 務 課 教 職 員 課 仕 事 と 子 育 ての 両 立 のためのサポートハンドブック 目 次 目 次 頁 ( 資 料 ) 出 産 育 児 に 関 する 休 暇 休 業 制 度 等 一 覧 1 はじめに 1 2 妊 娠 から 出 産 までに 利 用 できる 制 度 2 特 別 休 暇 (1) 妊 娠 障 害 休

More information

お 申 し 込 みに 必 要 な 書 類 ( 書 類 に 不 足 不 備 がある 場 合, 入 所 申 込 をお 受 けできない 場 合 があります ) お 申 し 込 みの 際 は, 必 ずお 子 様 同 伴 でお 越 しください 1 保 育 所 入 所 申 込 書 児 童 1 人 に1 部 必

お 申 し 込 みに 必 要 な 書 類 ( 書 類 に 不 足 不 備 がある 場 合, 入 所 申 込 をお 受 けできない 場 合 があります ) お 申 し 込 みの 際 は, 必 ずお 子 様 同 伴 でお 越 しください 1 保 育 所 入 所 申 込 書 児 童 1 人 に1 部 必 保 育 所 とは 児 童 の 保 護 者 が, 就 労, 病 気, 出 産 などで 児 童 を 家 庭 で 保 育 できないとき, 保 護 者 にかわって 児 童 の 保 育 をする 施 設 です ( 小 学 校 入 学 の 準 備 のため, 集 団 保 育 を 体 験 させるため,あるいは 下 のお 子 様 の 保 育 に 手 がかかるためなどの 理 由 は, 入 所 の 対 象 となりません )

More information

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休 - 140 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 12 月 24 日 法 律 第 110 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 新 潟 県 条 例 第 4 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 4 年 3 月 30 日 人 委 規 則 第 14-1 号 ) 育 児 休

More information

組合員・会員資格の得喪等について

組合員・会員資格の得喪等について 欠 勤 休 業 等 で 給 与 が 減 額 又 は 無 給 になったとき 共 済 1 傷 病 手 当 金 傷 病 手 当 金 附 加 金 組 合 員 が 公 務 によらない 病 気 やけがによる 療 養 のため 引 き 続 き 勤 務 ができない 場 合 で その 期 間 内 に 給 与 の 全 部 又 は 一 部 が 支 給 されないとき その 間 の 経 済 的 損 失 を 補 てんし 生 活

More information

1 平 成 28 年 度 保 育 所 等 入 所 案 内 このしおりには, 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度, 石 岡 市 保 育 所 等 の 入 所 申 込 みに 関 する 手 続 きや 必 要 書 類 などについて, 重 要 なことを 記 載 しています 内 容 をご 確 認 のうえ,お 申 し 込 みください 平 成 28 年 4 月 1 日 ( 当 初 ) 入 所 の 申 し 込 み 受

More information

< 最 初 にお 読 みください> < 施 設 事 業 の 利 用 にあたって> 各 施 設 事 業 によって その 教 育 保 育 の 方 針 や 費 用 ( 基 本 保 育 料 を 除 く) 取 り 組 みはさまざ まです 利 用 申 込 にあたっては 希 望 される 施 設 事 業 を 必 ず

< 最 初 にお 読 みください> < 施 設 事 業 の 利 用 にあたって> 各 施 設 事 業 によって その 教 育 保 育 の 方 針 や 費 用 ( 基 本 保 育 料 を 除 く) 取 り 組 みはさまざ まです 利 用 申 込 にあたっては 希 望 される 施 設 事 業 を 必 ず H27.10ver 平 成 28 年 度 (2016 年 度 ) 豊 中 市 教 育 保 育 施 設 等 利 用 のご 案 内 この 案 内 は 保 育 所 ( 園 ) 認 定 こども 園 幼 稚 園 家 庭 保 育 所 地 域 型 保 育 事 業 その 他 子 育 てサ ービス 支 援 事 業 等 豊 中 市 でご 利 用 いただける 施 設 事 業 のご 案 内 です 子 ども 子 育 て 支

More information

学校事務の手引原稿

学校事務の手引原稿 異 動 事 手 続 ( 市 町 村 立 学 校 以 外 ) 島 大 学 小 学 校 への 転 出 事 処 理 手 続 事 項 時 期 先 手 続 内 容 採 3 ⑴ 履 歴 書 1 部 月 で き る 小 又 は 1 学 校 保 管 の 写 しで 長 の 奥 書 証 明 必 要 ⑵ 卒 業 証 明 書 1 高 校 大 学 卒 業 者 高 校 及 び 大 学 の 卒 業 証 明 書 2 大 学 院 修

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

Microsoft Word - 01 表紙

Microsoft Word - 01 表紙 高 校 生 等 に 対 する 修 学 支 援 制 度 ガイドブック 平 成 27 年 12 月 兵 庫 県 教 育 委 員 会 事 務 局 高 校 教 育 課 目 次 ページ はじめに 1 兵 庫 県 の 各 部 局 が 所 管 する 事 業 一 覧 表 2 兵 庫 県 の 各 部 局 が 所 管 する 事 業 6 兵 庫 県 内 の 各 市 町 が 所 管 する 事 業 一 覧 表 25 兵 庫

More information

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう ) 第 21 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 同 規 則 第 3 条 第 1 項 の 規 定 により 任 命 された 者 (

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 施 行 規 程 ( 平 成 10 年 3 月 3 1 日 ) 平 成 10 年 規 程 第 3 号 ( 趣 旨 ) 改 正 平 成 11 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平 成 14 年 2 月 26 日 規 程 第 2 号 平 成 14 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

ろによる ⑴ 子 世 帯 満 12 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 末 日 までの 間 にある 者 及 びそ の 親 を 世 帯 構 成 員 ( 当 該 世 帯 を 構 成 する 世 帯 員 ( 世 帯 主 を 含 む )をいう 以 下 同 じ )に 含 む 世 帯 又 は 出

ろによる ⑴ 子 世 帯 満 12 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 末 日 までの 間 にある 者 及 びそ の 親 を 世 帯 構 成 員 ( 当 該 世 帯 を 構 成 する 世 帯 員 ( 世 帯 主 を 含 む )をいう 以 下 同 じ )に 含 む 世 帯 又 は 出 大 分 市 三 世 代 近 居 同 居 ハッピーライフ 推 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 を 次 のように 定 め る 平 成 28 年 5 月 11 日 大 分 市 長 佐 藤 樹 一 郎 大 分 市 三 世 代 近 居 同 居 ハッピーライフ 推 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 新 築 等 住 宅 事

More information

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1 平 成 26 年 度 札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 1 2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 4 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 6 4 職 員 の 手 当 の 状 況 8 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 12 6 職 員 数 の 状 況 13 7 公 営 企 業 職 員 の 状 況 (1)

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information

<5461726F2D824F8253817C824F82528D9197A791E58A779640906C938C8B9E>

<5461726F2D824F8253817C824F82528D9197A791E58A779640906C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 54 号 改 正 平 成 16 年 10 月 1 日 規 則 第 199 号 平 成 17 年 7 月 1 日 規 則 第 48 号 平 成 17 年 11 月 22 日 規 則 第 85 号 平 成 18 年 3 月 28 日 規 則 第 18 号 平 成 19 年 3 月 20

More information

目 次 1 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 の 概 要 P1 2 2 号 3 号 認 定 を 受 けて 保 育 の 利 用 申 込 みができる 方 P 2 3 申 込 み 方 法 P4 4 申 込 みに 必 要 な 書 類 P4 5 利 用 調 整 ( 選 考 )について P6 6 結 果

目 次 1 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 の 概 要 P1 2 2 号 3 号 認 定 を 受 けて 保 育 の 利 用 申 込 みができる 方 P 2 3 申 込 み 方 法 P4 4 申 込 みに 必 要 な 書 類 P4 5 利 用 調 整 ( 選 考 )について P6 6 結 果 平 成 2 7 年 度 龍 ケ 崎 市 役 所 健 康 福 祉 部 こども 課 TEL:0297-64-1111 ( 内 270 271) ( 注 意 ) 国 等 の 動 向 により,この 案 内 に 記 載 された 内 容 が 今 後 変 更 になる 場 合 が ありますので,ご 了 承 ください 目 次 1 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 の 概 要 P1 2 2 号 3 号 認 定

More information

Taro-◆220630育児休業規程.jtd

Taro-◆220630育児休業規程.jtd 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 36 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 41 条 および 公 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

学校事務の手引原稿

学校事務の手引原稿 概 要 子 を 養 する 職 員 継 続 的 な 勤 を 促 進 し 職 員 祉 増 進 を 図 るため 男 女 労 働 者 権 として 保 障 す るととも 行 政 円 滑 な 運 営 を 図 るため 一 定 期 間 職 従 せず 専 念 できる 制 度 である 関 係 法 方 公 員 共 済 組 合 法 第 42 53 54 70 70 条 2 114 条 2 ⑵ 公 立 共 済 組 合 定 款

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information

~ 平 成 27 年 4 月 から 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 が 始 まりました~ 子 ど も 子 育 て 支 援 新 制 度 に ついて 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 とは 平 成 24 年 8 月 に 成 立 した 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 幼

~ 平 成 27 年 4 月 から 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 が 始 まりました~ 子 ど も 子 育 て 支 援 新 制 度 に ついて 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 とは 平 成 24 年 8 月 に 成 立 した 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 幼 平 成 2 8 年 度 青 森 市 教 育 保 育 施 設 等 利 用 案 内 (H27.11 月 作 成 ) 申 込 み の 前 に 必 ず お 読 みください 担 当 課 青 森 市 健 康 福 祉 部 子 育 て 支 援 課 教 育 保 育 チーム 030-8555 青 森 市 中 央 一 丁 目 22-5 電 話 017-734-5330( 直 通 ) 青 森 市 浪 岡 事 務 所 健 康

More information

屋外広告物のしおり

屋外広告物のしおり 2 1 ⑴ 2 ⑵ 3 ⑴ ⑵ 4 5 ⑴ ⑵ 6 ⑶ 7 ⑴ ⑵ ⑶ 8 ⑷ ⑸ ⑴ ⑵ 9 10 11 ⑴ ⑵ 12 13 14 15 16 17 ⑶ 18 ⑴ ⑵ ⑶ 19 20 21 22 23 24 25 26 27 ⑴ 10 ⑵ ⑴ 28 ⑶ ⑴ ⑴ ⑴ ⑵ 29 ⑶ ⑷ ⑸ 30 ⑹ ⑺ ⑻ ⑼ ⑽ ⑾ 31 ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ 32 ⑴ ⑵ 33 34 35 36 37 38 39 40

More information

北 海 道 十 勝 清 水 町 補 助 金 等 ハンドブック 北 海 道 清 水 町 平 成 26 年 11 月 目 次 保 健 医 療 福 祉 分 野 (1) 乳 幼 児 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (2)ひとり 親 家 庭 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (3) 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 制 度 P2 (4) 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時

More information

平 成 27 年 4 月 から 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 のスタートに 伴 い 認 可 保 育 所 の 利 用 手 続 きが 変 わります 保 育 認 定 平 成 27 年 4 月 から 始 まる 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 ( 以 下 新 制 度 )では 認 可 保

平 成 27 年 4 月 から 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 のスタートに 伴 い 認 可 保 育 所 の 利 用 手 続 きが 変 わります 保 育 認 定 平 成 27 年 4 月 から 始 まる 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 ( 以 下 新 制 度 )では 認 可 保 1. 平 成 27 年 4 月 1 日 からの 利 用 申 込 み 4 月 1 日 から 新 規 申 込 み 平 成 27 年 度 保 育 所 入 所 案 内 認 可 保 育 所 利 用 申 込 受 付 申 込 書 配 付 : 平 成 27 年 1 月 5 日 から 市 子 ども 家 庭 課 燦 さん 館 本 吉 総 合 支 所 保 健 福 祉 課 各 認 可 保 育 所 で 配 付 します 一 斉

More information

は じ め に 我 が 国 の 経 済 社 会 が 持 続 的 に 発 展 していくために 女 性 の 力 は 我 が 国 最 大 の 潜 在 力 であるとし 平 成 26 年 6 月 に 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014- 未 来 への 挑 戦 - で 女 性 の 活 躍

は じ め に 我 が 国 の 経 済 社 会 が 持 続 的 に 発 展 していくために 女 性 の 力 は 我 が 国 最 大 の 潜 在 力 であるとし 平 成 26 年 6 月 に 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014- 未 来 への 挑 戦 - で 女 性 の 活 躍 国 も 家 庭 も 守 りたい 防 衛 省 職 員 のための は じ め に 我 が 国 の 経 済 社 会 が 持 続 的 に 発 展 していくために 女 性 の 力 は 我 が 国 最 大 の 潜 在 力 であるとし 平 成 26 年 6 月 に 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014- 未 来 への 挑 戦 - で 女 性 の 活 躍 推 進 が 大 きな 柱 に 掲 げられました

More information

<5461726F2D81698DDD8A7790B6816A96C68F9C905C90BF2E6A7464>

<5461726F2D81698DDD8A7790B6816A96C68F9C905C90BF2E6A7464> 授 業 料 免 除 の 申 請 を 希 望 する 場 合 は, 下 記 書 類 を, 教 育 学 生 支 援 室 学 生 生 活 支 援 グループまで, 期 限 厳 守 の 上, 提 出 してください 提 出 書 類 1 確 認 票 A( 大 学 控 ), 確 認 票 B( 本 人 控 ) 2 申 請 書 3 家 庭 調 書 4 市 区 町 村 発 行 の 平 成

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

<3238944E937882B582A882E8816983548365875682C882B5816A2E786C7378>

<3238944E937882B582A882E8816983548365875682C882B5816A2E786C7378> 15ページの 1ページにある 保 護 数 )とします 保 支 育 の 給 利 認 定 基 を 準 表 受 に けていないと 基 づき 保 護 保 者 育 それぞれの 園 等 に 入 基 準 することができません 指 数 を 合 計 して その 世 帯 指 数 ( 世 帯 基 準 指 指 加 保 者 の 状 況 により 以 下 のように 指 数 付 けを い 保 育 園 等 の 利 調 整 を います

More information