Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 平 成 27 年 度 国 立 市 人 口 ビジョン 作 成 に 係 る 基 礎 調 査 結 果 報 告 書 国 立 市

2

3 目 次 Ⅰ 調 査 概 要 目 的 アンケートの 概 要... 1 (1) 調 査 対 象 者 と 調 査 方 法... 1 (2) 実 施 期 間... 1 (3) 回 収 率... 1 (4) 報 告 書 の 見 方... 1 (5) 標 本 誤 差... 2 Ⅱ 調 査 結 果 歳 以 上 50 歳 未 満 市 民 ( 独 身 有 配 偶 共 通 設 問 ) 歳 以 上 50 歳 未 満 独 身 者 歳 以 上 35 歳 未 満 未 婚 者 ( 全 国 値 との 比 較 ) 歳 以 上 50 歳 未 満 有 配 偶 者 小 学 校 年 生 の 保 護 者 小 学 校 5 年 生 中 学 校 2 年 生 高 校 2 年 生 該 当 年 齢 Ⅲ 使 用 した 調 査 票 歳 以 上 50 歳 未 満 市 民 向 け 調 査 票 小 学 校 年 生 の 保 護 者 向 け 調 査 票 小 学 校 5 年 生 向 け 調 査 票 中 学 校 2 年 生 向 け 調 査 票 高 校 2 年 生 該 当 年 齢 向 け 調 査 票

4

5 Ⅰ 調 査 概 要 1 目 的 国 立 市 の 地 域 人 口 ビジョンを 策 定 するにあたり 結 婚 出 産 子 育 てに 係 る 現 状 や 市 民 の 希 望 を 把 握 するために 行 うものであり 調 査 結 果 は 国 立 市 第 三 次 子 ども 総 合 計 画 策 定 においても 利 活 用 を 図 ります 2 アンケートの 概 要 (1) 調 査 対 象 者 と 調 査 方 法 調 査 対 象 対 象 者 数 配 付 数 抽 出 方 法 118 歳 以 上 50 歳 未 満 市 民 32,833 人 2,100 平 成 27 年 6 月 1 日 現 在 住 民 基 本 台 帳 におけ る 18 歳 以 上 50 歳 未 満 の 男 女 から 無 作 為 抽 出 2 小 学 校 年 生 の 保 護 者 1,743 人 900 市 内 在 住 の 小 学 校 1 年 生 から3 年 生 までの 保 護 者 から 無 作 為 抽 出 3 小 学 校 5 年 生 578 人 450 市 内 在 住 の 小 学 校 5 年 生 から 無 作 為 抽 出 4 中 学 校 2 年 生 651 人 450 市 内 在 住 の 中 学 校 2 年 生 から 無 作 為 抽 出 5 高 校 2 年 生 該 当 年 齢 の 方 691 人 685 合 計 36,496 人 4,585 無 作 為 抽 出 後 世 帯 重 複 がないように 調 整 平 成 27 年 6 月 1 日 現 在 住 民 基 本 台 帳 におけ る 高 校 2 年 生 該 当 年 齢 の 男 女 から 無 作 為 抽 出 郵 送 による 配 付 回 収 (2) 実 施 期 間 平 成 27 年 6 月 23 日 ~7 月 6 日 (3) 回 収 率 調 査 対 象 配 付 数 回 収 数 回 収 率 有 効 回 収 数 有 効 回 収 率 118 歳 以 上 50 歳 未 満 市 民 2, % % 2 小 学 校 年 生 の 保 護 者 % % 3 小 学 校 5 年 生 % % 4 中 学 校 2 年 生 % % 5 高 校 2 年 生 該 当 年 齢 の 方 % % 合 計 4,585 1, % 1, % 白 票 集 計 締 切 後 回 収 票 は 有 効 回 収 数 に 含 んでいません (4) 報 告 書 の 見 方 結 果 は それぞれの 設 問 に 該 当 する 回 答 者 を 基 数 とした 回 答 率 (%)であらわしています 回 答 率 は 小 数 点 第 2 位 を 四 捨 五 入 して 掲 載 しているため 合 計 が 100%にならないことがあ ります 1

6 Ⅰ 調 査 概 要 回 答 者 が2つ 以 上 回 答 することができる 設 問 ( 複 数 回 答 )の 場 合 その 回 答 率 の 合 計 は 100% を 超 えることがあります クロス 集 計 結 果 の 図 表 については それぞれに があるため 全 体 の 示 す 数 値 とは 一 致 していない 場 合 があります 選 択 肢 の 一 部 を 省 略 編 集 している 場 合 があります 設 問 の 最 後 にある 英 字 は 回 答 の 種 類 を 示 しています 表 記 回 答 の 種 類 SA(Single Answer) は1つ MA(Multiple Answer) はいくつでも/ は5つまで など (5) 標 本 誤 差 この 調 査 は 全 数 調 査 ではなく 全 体 から 一 部 を 抽 出 した 標 本 調 査 であるため 調 査 結 果 に 誤 差 が 生 じることがあります この 誤 差 のことを 標 本 誤 差 といい 抽 出 方 法 や 標 本 数 によって 異 なります 今 回 の 調 査 結 果 の 標 本 誤 差 は 次 のようになります N - n p1-p 標 本 誤 差 2 N -1 n N = 母 集 団 数 ( 対 象 者 数 ) n = 比 率 算 出 の 基 数 ( 回 答 者 数 ) p = 回 答 の 比 率 (%) 118 歳 以 上 50 歳 未 満 市 民 調 査 の 場 合 n( 回 答 者 数 ) 回 答 比 率 (p) 90%または 10% 程 度 80%または 20% 程 度 70%または 30% 程 度 60%または 40% 程 度 50% 程 度 452 ± 2.82% ± 3.76% ± 4.31% ± 4.61% ± 4.70% 207 ± 4.17% ± 5.56% ± 6.37% ± 6.81% ± 6.95% 245 ± 3.83% ± 5.11% ± 5.86% ± 6.26% ± 6.39% この 表 の 計 算 式 の 信 頼 度 は 95%です 抽 出 率 が 低 いため として 算 出 しています 例 えば 問 17-1 結 婚 することには 何 か 利 点 があると 思 いますか の 回 答 者 が 207 人 で 利 点 がある と 思 う を 回 答 した 人 の 割 合 が 70%であった 場 合 その 回 答 比 率 は 95%の 確 率 で 76.37%~63.63% の 範 囲 にあるといえます 2345 調 査 の 場 合 n( 回 答 者 数 ) 2 小 学 校 年 生 の 保 護 者 回 答 比 率 (p) 90%または 10% 程 度 80%または 20% 程 度 N n 1 N 1 70%または 30% 程 度 60%または 40% 程 度 50% 程 度 448 ± 3% ± 6% ± 8% ± 9% ± 0.10% 3 小 学 校 5 年 生 205 ± 7% ± 0.13% ± 0.16% ± 0.19% ± 0.20% 4 中 学 校 2 年 生 146 ± 0.11% ± 0.19% ± 0.25% ± 0.29% ± 0.30% 5 高 校 2 年 生 162 ± 0.10% ± 0.17% ± 0.23% ± 0.26% ± 0.27% 該 当 年 齢 この 表 の 計 算 式 の 信 頼 度 は 95%です 2

7 歳 以 上 50 歳 未 満 市 民 ( 独 身 有 配 偶 共 通 設 問 ) Ⅱ 調 査 結 果 この 調 査 報 告 書 では 国 立 市 の 調 査 結 果 について 問 15 で 1. 結 婚 している( 事 実 婚 を 含 む) と 回 答 し た 方 を 有 配 偶 2. 結 婚 したことはない と 回 答 した 方 を 未 婚 2. 結 婚 したことはない と 3. 現 在 は 結 婚 していないが 結 婚 したことがある と 回 答 した 方 を 独 身 と 分 類 しています 歳 以 上 50 歳 未 満 市 民 ( 独 身 有 配 偶 共 通 設 問 ) 問 1 年 齢 はおいくつですか ( 平 成 27 年 6 月 1 日 現 在 )SA 回 答 者 の 年 齢 は 全 体 では 45~49 歳 が 21.7%で 最 も 多 く 次 いで 30~34 歳 が 17.7% 40~44 歳 が 16.2%となっています 有 配 偶 では 45~49 歳 が 27.8%で 最 も 多 く 次 いで 40~44 歳 が 22.0% 35~39 歳 が 2%となっています 独 身 では 18~24 歳 が 3%で 最 も 多 く 次 いで 25~29 歳 が 20.3% 30~34 歳 が 16.4%となっています 図 表 年 齢 全 体 452 人 有 配 偶 245 人 独 身 207 人 45~49 歳 21.7% 0.4% 18~24 歳 14.2% 25~29 歳 14.8% 45~49 歳 27.8% 0.4% 18~24 歳 0.8% 25~29 歳 10.2% 30~34 歳 18.8% 40~44 歳 9.2% 45~49 歳 14.5% 0.5% 18~24 歳 3% 40~44 歳 16.2% 35~39 歳 15.0% 30~34 歳 17.7% 40~44 歳 22.0% 35~39 歳 2% 35~39 歳 9.2% 30~34 歳 16.4% 25~29 歳 20.3% 問 2 性 別 をご 回 答 ください SA 回 答 者 の 性 別 は 全 体 では 男 性 39.2% 女 性 6%となっています 有 配 偶 では 男 性 33.5% 女 性 66.1% 独 身 では 男 性 45.9% 女 性 52.7%となっ ています 図 表 性 別 全 体 452 人 有 配 偶 245 人 独 身 207 人 0.9% 0.4% 1.4% 女 性 6% 男 性 39.2% 女 性 66.1% 男 性 33.5% 女 性 52.7% 男 性 45.9% 3

8 Ⅱ 調 査 結 果 問 3 現 在 あなたが 一 緒 に 住 んでいる 方 はどなたですか MA 世 帯 構 成 は 全 体 では パートナー が 46.9%で 最 も 多 く 次 いで あなたの 息 子 娘 が 35.8% 母 親 が 27.7%となっています 有 配 偶 では パートナー が 84.1%で 最 も 多 く 次 いで あなたの 息 子 娘 が 62.0%となっ ています 独 身 では 母 親 が 52.7%で 最 も 多 く 次 いで 父 親 が 45.4% ひとり 暮 らし が 35.3% となっています 図 表 世 帯 構 成 全 体 452 人 有 配 偶 245 人 独 身 207 人 父 親 母 親 あなたの 息 子 娘 あなたの 兄 弟 姉 妹 祖 父 祖 母 パートナー( 事 実 婚 など) 46.9 ひとり 暮 らし 問 4 あなたの 出 生 地 をご 回 答 ください SA 出 生 地 は 全 体 では 他 の 道 府 県 が 52.4%で 最 も 多 く 次 いで 東 京 都 内 が 27.7% 国 立 市 内 が 18.8%となっています 有 配 偶 では 他 の 道 府 県 が 61.2%で 最 も 多 く 次 いで 東 京 都 内 が 29.4% 国 立 市 内 が 8.6%となっています 独 身 では 他 の 道 府 県 が 42.0%で 最 も 多 く 次 いで 国 立 市 内 が 30.9% 東 京 都 内 が 25.6%となっています 図 表 出 生 地 全 体 452 人 有 配 偶 245 人 独 身 207 人 0.9% 0.2% 0.4% 国 立 市 内 国 立 市 内 0.4% 8.6% 18.8% 1.4% % 他 の 道 府 県 52.4% 東 京 都 内 ( 国 立 市 以 外 ) 27.7% 他 の 道 府 県 61.2% 東 京 都 内 ( 国 立 市 以 外 ) 29.4% 他 の 道 府 県 42.0% 国 立 市 内 30.9% 東 京 都 内 ( 国 立 市 以 外 ) 25.6% 4

9 歳 以 上 50 歳 未 満 市 民 ( 独 身 有 配 偶 共 通 設 問 ) 問 5 あなたは 通 算 で 何 年 くらい 国 立 市 に 住 んでいますか SA 国 立 市 での 居 住 年 数 は 全 体 では 1 年 以 上 5 年 未 満 が 25.7%で 最 も 多 く 次 いで 10 年 以 上 20 年 未 満 が 24.6% 5 年 以 上 10 年 未 満 が 15.3%となっています 有 配 偶 では 1 年 以 上 5 年 未 満 が 33.1%で 最 も 多 く 次 いで 10 年 以 上 20 年 未 満 が 21.6% 5 年 以 上 10 年 未 満 が 18.0%となっています 独 身 では 10 年 以 上 20 年 未 満 が 28.0%で 最 も 多 く 次 いで 20 年 以 上 30 年 未 満 30 年 以 上 がともに 17.9%となっています 図 表 居 住 年 数 全 体 452 人 有 配 偶 245 人 独 身 207 人 20 年 以 上 30 年 未 満 12.6% 30 年 以 上 12.4% 10 年 以 上 20 年 未 満 24.6% 0.7% 1 年 未 満 8.8% 1 年 以 上 5 年 未 満 25.7% 5 年 以 上 10 年 未 満 15.3% 30 年 以 上 7.8% 20 年 以 上 30 年 未 満 8.2% 10 年 以 上 20 年 未 満 21.6% 5 年 以 上 10 年 未 満 18.0% 0.8% 1 年 未 満 10.6% 1 年 以 上 5 年 未 満 33.1% 30 年 以 上 17.9% 20 年 以 上 30 年 未 満 17.9% 10 年 以 上 20 年 未 満 28.0% 0.5% 1 年 未 満 6.8% 1 年 以 上 5 年 未 満 16.9% 5 年 以 上 10 年 未 満 12.1% 問 6 あなたは 国 立 市 に 愛 着 を 感 じていますか SA 国 立 市 への 愛 着 は 全 体 では 愛 着 を 感 じている が 46.5% まあまあ 愛 着 を 感 じている が 40.9%で 合 わせると 87.4%となっています 有 配 偶 では 愛 着 を 感 じている が 45.3% まあまあ 愛 着 を 感 じている が 40.4%で 合 わせ ると 85.7%となっています 独 身 では 愛 着 を 感 じている が 47.8% まあまあ 愛 着 を 感 じている が 41.5%で 合 わせる と 89.3%となっています 図 表 国 立 市 への 愛 着 全 体 452 人 有 配 偶 245 人 独 身 207 人 それほど 愛 着 を 感 じ ていない 4.6% どちらとも 言 えない 6.9% まったく 愛 着 を 感 じ ていない 0.9% 0.2% まあまあ 愛 着 を 感 じ ている 40.9% 愛 着 を 感 じている 46.5% それほど 愛 着 を 感 じ ていない 4.5% どちらとも 言 えない 8.6% まったく 愛 着 を 感 じ ていない 0.8% 0.4% まあまあ 愛 着 を 感 じ ている 40.4% 愛 着 を 感 じている 45.3% それほど 愛 着 を 感 じ ていない 4.8% どちらとも 言 えない 4.8% まあまあ 愛 着 を 感 じ ている 41.5% まったく 愛 着 を 感 じ ていない 1.0% % 愛 着 を 感 じている 47.8% 5

10 Ⅱ 調 査 結 果 問 7 あなたは これからも 国 立 市 に 住 み 続 けたいと 思 いますか SA 国 立 市 への 定 住 意 向 は 全 体 では 住 み 続 けたい が 61.9%を 占 め わからない 考 えたことが ない が 16.6%となっています 有 配 偶 では 住 み 続 けたい が 68.2%を 占 め わからない 考 えたことがない が 13.9%とな っています 独 身 では 住 み 続 けたい が 54.6%で 最 も 多 く 次 いで わからない 考 えたことがない が 19.8% 東 京 都 内 の 他 のまち(に 住 みたいと 思 う) が 13.5%となっています 図 表 定 住 意 向 全 体 452 人 有 配 偶 245 人 独 身 207 人 東 京 都 以 外 のまち 5.1% 東 京 都 内 の 他 のまち 10.6% 国 立 市 内 の 他 の 地 域 4.6% わからない 考 えたこと がない 16.6% 1.1% 住 み 続 けたい 61.9% 東 京 都 以 外 のまち 4.9% 東 京 都 内 の 他 のまち 8.2% 国 立 市 内 の 他 の 地 域 3.7% わからない 考 えたこと がない 13.9% 1.2% 住 み 続 けたい 68.2% 東 京 都 以 外 のまち 5.3% 東 京 都 内 の 他 のまち 13.5% 国 立 市 内 の 他 の 地 域 5.8% わからない 考 えたこと がない 19.8% 1.0% 住 み 続 けたい 54.6% 問 8-1 あなたは 国 立 市 以 外 から 引 っ 越 してきたことがありますか SA 国 立 市 へ 引 っ 越 してきた 経 験 は 全 体 では ある が 84.1%となっています 有 配 偶 では 95.1% 独 身 では 71.0%となっています 図 表 国 立 市 以 外 からの 引 っ 越 し 経 験 全 体 452 人 有 配 偶 245 人 独 身 207 人 0.4% ない 4.1% 0.8% % ない 15.5% ない 29.0% ある 84.1% ある 95.1% ある 71.0% 6

11 問 8-1で ある を 選 んだ 方 にうかがいます 歳 以 上 50 歳 未 満 市 民 ( 独 身 有 配 偶 共 通 設 問 ) 問 8-2 直 近 であなたが 国 立 市 に 引 っ 越 してきた 理 由 は 何 ですか 優 先 順 位 が 高 い 順 に3つまでご 回 答 ください SA 国 立 市 に 引 っ 越 してきた 理 由 は いずれも 住 宅 事 情 が1 位 にあげられており 生 活 環 境 上 の 理 由 が2 位 となっています 図 表 引 っ 越 してきた 理 由 全 体 380 人 有 配 偶 233 人 独 身 147 人 あなたの 就 職 のため 家 族 の 就 職 のため あなたの 転 職 のため 家 族 の 転 職 のため あなたの 求 職 のため 家 族 の 求 職 のため あなたの 開 業 のため 家 族 の 開 業 のため あなたの 転 勤 のため 家 族 の 転 勤 のため 住 宅 事 情 生 活 環 境 上 の 理 由 あなたの 通 勤 通 学 が 不 便 だったため 家 族 の 通 勤 通 学 が 不 便 だったため あなたの 入 学 進 学 転 校 などのため 家 族 の 入 学 進 学 転 校 などのため 家 族 親 族 と 同 居 または 近 くに 住 むため 家 族 親 族 から 独 立 ( 別 居 )するため 入 院 入 所 のため 位 2 位 3 位 % 10% 20% 30% 位 2 位 3 位 % 10% 20% 30% 位 2 位 3 位 % 10% 20% 30% 主 な 内 容 ( 自 分 の) 結 婚 15 件 国 立 が 好 き 4 件 会 社 事 情 4 件 出 産 3 件 など 7

12 Ⅱ 調 査 結 果 1 位 を3 点 2 位 を2 点 3 位 を1 点 として 重 み 付 けをしてみると 全 体 では 家 族 親 族 と 同 居 または 近 くに 住 むため が3 位 あなたの 通 勤 通 学 が 不 便 だったため が4 位 となっています 有 配 偶 では 家 族 親 族 と 同 居 または 近 くに 住 むため が3 位 家 族 の 転 勤 のため が4 位 とな っています 独 身 では あなたの 通 勤 通 学 が 不 便 だったため が3 位 あなたの 就 職 のため が4 位 となっ ています 図 表 引 っ 越 してきた 理 由 の 順 位 (1 位 3 点 2 位 2 点 3 位 1 点 として 重 み 付 け 後 の 順 位 ) 全 体 有 配 偶 独 身 No. 項 目 名 点 数 順 位 点 数 順 位 点 数 順 位 11 住 宅 事 情 生 活 環 境 上 の 理 由 家 族 親 族 と 同 居 または 近 くに 住 むため あなたの 通 勤 通 学 が 不 便 だったため 家 族 の 転 勤 のため あなたの 就 職 のため 家 族 親 族 から 独 立 ( 別 居 )するため 家 族 の 通 勤 通 学 が 不 便 だったため あなたの 転 勤 のため あなたの 入 学 進 学 転 校 などのため あなたの 転 職 のため 家 族 の 入 学 進 学 転 校 などのため 家 族 の 就 職 のため 家 族 の 転 職 のため あなたの 求 職 のため 家 族 の 開 業 のため 家 族 の 求 職 のため あなたの 開 業 のため 入 院 入 所 のため

13 歳 以 上 50 歳 未 満 市 民 ( 独 身 有 配 偶 共 通 設 問 ) 問 9 国 立 市 における 次 の 項 目 の 満 足 度 をご 回 答 ください 国 立 市 における 満 足 度 は 全 体 では まちなみ 景 観 が 最 も 高 く 次 いで 自 然 環 境 となって おり やや 満 足 満 足 を 合 わせた 満 足 度 の 割 合 はともに 80%を 超 えています 買 い 物 の 利 便 性 飲 食 店 の 充 実 交 通 の 利 便 性 は 満 足 度 が 約 50% 程 度 となっている 一 方 で 買 い 物 の 利 便 性 交 通 の 利 便 性 は 不 満 やや 不 満 を 合 わせた 不 満 足 度 の 割 合 が 約 28%となっています 不 満 やや 不 満 を 合 わせた 割 合 が 最 も 高 いのは 娯 楽 環 境 で 32.5% 次 いで 公 園 スポ ーツ 施 設 等 の 充 実 が 28.7%となっています 有 配 偶 で 不 満 足 の 割 合 が 高 いのは 買 い 物 の 利 便 性 公 園 スポーツ 施 設 等 の 充 実 交 通 の 利 便 性 医 療 施 設 の 順 となっており 30%を 超 えています 独 身 で 不 満 足 の 割 合 が 最 も 高 いのは 娯 楽 環 境 で 38.6% 次 いで 公 園 スポーツ 施 設 等 の 充 実 交 通 の 利 便 性 買 い 物 の 利 便 性 となっています 満 足 度 が 80% 以 上 の 項 目 の 対 象 者 には 印 を 不 満 足 度 が 30% 以 上 の 項 目 の 対 象 者 には を 付 しています 図 表 買 い 物 の 利 便 性 不 満 やや 不 満 どちらとも 言 えない やや 満 足 満 足 全 体 452 人 有 配 偶 245 人 独 身 207 人 図 表 飲 食 店 の 充 実 不 満 やや 不 満 どちらとも 言 えない やや 満 足 満 足 全 体 452 人 有 配 偶 245 人 独 身 207 人 図 表 娯 楽 環 境 不 満 やや 不 満 どちらとも 言 えない やや 満 足 満 足 全 体 452 人 有 配 偶 245 人 独 身 207 人 図 表 交 通 の 利 便 性 不 満 やや 不 満 どちらとも 言 えない やや 満 足 満 足 全 体 452 人 有 配 偶 245 人 独 身 207 人

14 Ⅱ 調 査 結 果 図 表 子 育 て 支 援 サービス 不 満 やや 不 満 どちらとも 言 えない やや 満 足 満 足 4.2 全 体 452 人 有 配 偶 245 人 独 身 207 人 図 表 教 育 環 境 不 満 やや 不 満 どちらとも 言 えない やや 満 足 満 足 2.9 全 体 452 人 有 配 偶 245 人 独 身 207 人 図 表 医 療 施 設 の 充 実 不 満 やや 不 満 どちらとも 言 えない やや 満 足 満 足 全 体 452 人 有 配 偶 245 人 独 身 207 人 図 表 社 会 保 障 制 度 の 充 実 不 満 やや 不 満 どちらとも 言 えない やや 満 足 満 足 2.4 全 体 452 人 有 配 偶 245 人 独 身 207 人 図 表 行 政 サービス 不 満 やや 不 満 どちらとも 言 えない やや 満 足 満 足 3.8 全 体 452 人 有 配 偶 245 人 独 身 207 人 図 表 公 園 スポーツ 施 設 等 の 充 実 不 満 やや 不 満 どちらとも 言 えない やや 満 足 満 足 全 体 452 人 有 配 偶 245 人 独 身 207 人

15 歳 以 上 50 歳 未 満 市 民 ( 独 身 有 配 偶 共 通 設 問 ) 図 表 文 化 施 設 公 民 館 等 の 充 実 不 満 やや 不 満 どちらとも 言 えない やや 満 足 満 足 全 体 452 人 有 配 偶 245 人 独 身 207 人 図 表 防 災 体 制 不 満 やや 不 満 どちらとも 言 えない やや 満 足 満 足 4.4 全 体 452 人 有 配 偶 245 人 独 身 207 人 図 表 防 犯 体 制 治 安 不 満 やや 不 満 どちらとも 言 えない やや 満 足 満 足 2.7 全 体 452 人 有 配 偶 245 人 独 身 207 人 図 表 自 然 環 境 不 満 やや 不 満 どちらとも 言 えない やや 満 足 満 足 全 体 452 人 有 配 偶 245 人 独 身 207 人 図 表 まちなみ 景 観 1.1 全 体 452 人 1.2 有 配 偶 245 人 1.0 独 身 207 人 不 満 やや 不 満 どちらとも 言 えない やや 満 足 満 足 図 表 地 域 のつながり 不 満 やや 不 満 どちらとも 言 えない やや 満 足 満 足 3.3 全 体 452 人 有 配 偶 245 人 独 身 207 人

16 Ⅱ 調 査 結 果 問 10-1 あなたが 最 後 に 卒 業 した(あるいは 在 学 中 の) 学 校 をご 回 答 ください SA 最 後 に 卒 業 あるいは 在 学 中 の 学 校 は 全 体 では 共 学 の 大 学 が 43.8%で 最 も 多 く 次 いで 短 大 高 専 が 13.1% 専 修 学 校 ( 高 卒 後 ) が 10.4% 男 女 共 学 の 高 校 が 9.1%となっていま す 有 配 偶 では 共 学 の 大 学 が 42.9%で 最 も 多 く 次 いで 短 大 高 専 が 14.7% 専 修 学 校 ( 高 卒 後 ) が 10.6% 女 子 大 学 が 8.6%となっています 独 身 では 共 学 の 大 学 が 44.9%で 最 も 多 く 次 いで 短 大 高 専 が 11.1% 専 修 学 校 ( 高 卒 後 ) 男 女 共 学 の 高 校 がともに 10.1%となっています 図 表 最 終 学 歴 全 体 452 人 有 配 偶 245 人 独 身 207 人 1.5% 1.5% 大 学 院 8.0% 共 学 の 大 学 43.8% 中 学 校 0.9% 男 女 共 学 の 高 校 9.1% 男 女 別 学 の 高 校 2.9% 専 修 学 校 ( 高 卒 後 ) 10.4% 短 大 高 専 13.1% 1.2% 0.8% 大 学 院 9.4% 共 学 の 大 学 42.9% 中 学 校 1.2% 男 女 共 学 の 高 校 8.2% 男 女 別 学 の 高 校 2.4% 専 修 学 校 ( 高 卒 後 ) 10.6% 短 大 高 専 14.7% 1.9% 大 学 院 6.3% 2.4% 共 学 の 大 学 44.9% 中 学 校 0.5% 男 女 共 学 の 高 校 10.1% 男 女 別 学 の 高 校 3.4% 専 修 学 校 ( 高 卒 後 ) 10.1% 短 大 高 専 11.1% 女 子 大 学 8.8% 女 子 大 学 8.6% 女 子 大 学 9.2% 問 10-2 あなたは 問 10-1の 学 校 をすでに 卒 業 しましたか あるいは 在 学 中 ですか SA 全 体 では 前 問 の 学 校 を すでに 卒 業 が 88.1% 現 在 在 学 中 ( 休 学 中 を 含 む) が 11.5%と なっています 有 配 偶 では すでに 卒 業 が 98.0% 現 在 在 学 中 ( 休 学 中 を 含 む) が 1.2% 独 身 では すで に 卒 業 が 76.3% 現 在 在 学 中 ( 休 学 中 を 含 む) が 23.7%となっています 図 表 卒 業 の 状 況 全 体 452 人 有 配 偶 245 人 独 身 207 人 現 在 在 学 中 ( 休 学 中 を 含 む) 11.5% 0.4% 現 在 在 学 中 ( 休 学 中 を 含 む) 1.2% 0.8% 現 在 在 学 中 ( 休 学 中 を 含 む) 23.7% % すでに 卒 業 88.1% すでに 卒 業 98.0% すでに 卒 業 76.3% 12

17 歳 以 上 50 歳 未 満 市 民 ( 独 身 有 配 偶 共 通 設 問 ) 問 11 あなたの 昨 年 ( 平 成 26 年 )の 年 収 ( 税 込 )をご 回 答 ください SA 昨 年 の 収 入 は 全 体 では 収 入 はなかった が 18.6%で 最 も 多 く 次 いで 200 万 円 台 が 14.6% 300 万 円 台 が 13.1%となっています 有 配 偶 では 収 入 はなかった が 19.2%で 最 も 多 く 次 いで 300 万 円 台 が 12.2% 400 万 円 台 が 11.4%となっています 独 身 では 200 万 円 台 が 19.8%で 最 も 多 く 次 いで 収 入 はなかった が 17.9% 100 万 円 未 満 が 16.4%となっています 30% 図 表 昨 年 の 年 収 20% 10% 0% 収 入 は なかった 万 円 未 満 万 円 台 万 円 台 万 円 台 400 万 円 台 万 円 台 万 円 台 全 体 452 人 700 万 円 台 有 配 偶 245 人 800 万 円 台 独 身 207 人 900 万 円 台 ,000 万 円 以 上 無 回 答 問 12-1 あなたの 現 在 のおつとめの 状 況 をご 回 答 ください SA 就 業 の 状 況 は 全 体 では 正 規 の 職 員 が 47.1%で 最 も 多 く 次 いで 無 職 家 事 が 14.8% パート アルバイト が 12.2% 学 生 が 1%となっています 有 配 偶 では 正 規 の 職 員 が 49.4%で 最 も 多 く 次 いで 無 職 家 事 が 22.4% パート ア ルバイト が 11.0% 自 営 業 主 家 族 従 業 者 が 8.2%となっています 独 身 では 正 規 の 職 員 が 44.4%で 最 も 多 く 次 いで 学 生 が 20.8% パート アルバイト が 13.5% 派 遣 嘱 託 契 約 社 員 が 10.1%となっています 図 表 就 業 の 状 況 全 体 452 人 有 配 偶 245 人 独 身 207 人 無 職 家 事 14.8% 自 営 業 主 家 族 従 業 者 6.6% 学 生 1% 0.9% 正 規 の 職 員 47.1% 無 職 家 事 22.4% 自 営 業 主 家 族 従 業 者 8.2% 学 生 0.8% 1.2% 正 規 の 職 員 49.4% 無 職 家 事 5.8% 自 営 業 主 家 族 従 業 者 4.8% 学 生 20.8% 0.5% 正 規 の 職 員 44.4% 派 遣 嘱 託 契 約 社 員 8.4% パート アル バイト 12.2% 派 遣 嘱 託 契 約 社 員 6.9% パート アル バイト 11.0% 派 遣 嘱 託 契 約 社 員 10.1% パート アル バイト 13.5% 13

18 Ⅱ 調 査 結 果 問 12-1で 正 規 の 職 員 パート アルバイト 派 遣 嘱 託 契 約 社 員 自 営 業 主 家 族 従 業 者 を 選 んだ 方 にうかがいます 問 12-2 あなたの 現 在 の 職 種 をご 回 答 ください SA 現 在 の 職 種 は 全 体 では 専 門 職 が 34.8%で 最 も 多 く 次 いで 事 務 職 が 27.7% 販 売 サービス 職 が 17.3%となっています 有 配 偶 では 専 門 職 が 36.8%で 最 も 多 く 次 いで 事 務 職 が 27.0% 販 売 サービス 職 が 13.5%となっています 独 身 では 専 門 職 が 32.5%で 最 も 多 く 次 いで 事 務 職 が 28.5% 販 売 サービス 職 が 21.9%となっています 図 表 職 種 全 体 336 人 有 配 偶 185 人 独 身 151 人 工 場 などの 現 場 労 働 4.2% 販 売 サービス 職 17.3% 8.0% 0.9% 事 務 職 27.7% 主 として 農 林 漁 業 農 林 漁 業 % 以 外 の 自 営 業 専 門 職 34.8% 管 理 職 6.0% 1.2% 9.2% 工 場 などの 現 場 労 働 2.7% 販 売 サービス 職 13.5% 0.5% 事 務 職 27.0% 主 として 農 林 漁 業 農 林 漁 業 % 以 外 の 自 営 業 専 門 職 36.8% 管 理 職 9.2% 1.1% 6.6% 工 場 などの 現 場 労 働 6.0% 販 売 サービス 職 21.9% 1.3% 主 として 農 林 漁 業 農 林 漁 業 % 以 外 の 自 営 業 1.3% 事 務 職 28.5% 専 門 職 32.5% 管 理 職 2.0% 14

19 歳 以 上 50 歳 未 満 市 民 ( 独 身 有 配 偶 共 通 設 問 ) 問 13-1 あなたのお 父 様 の 出 生 年 をご 回 答 ください 平 成 27 年 1 月 現 在 の 年 齢 集 計 父 親 の 現 在 の 年 齢 ( 亡 くなった 方 も 含 む)は 全 体 では 70 歳 代 が 27.7%で 最 も 多 く 次 い で 60 歳 代 が 26.1% 50 歳 代 が 17.9%となっています 有 配 偶 では 70 歳 代 が 34.3%で 最 も 多 く 次 いで 60 歳 代 が 29.0% 80 歳 以 上 が 11.8%となっています 独 身 では 50 歳 代 が 27.5%で 最 も 多 く 次 いで 60 歳 代 が 22.7% 70 歳 代 が 19.8% となっています 図 表 父 親 の 年 齢 全 体 452 人 有 配 偶 245 人 独 身 207 人 80 歳 以 上 8.8% 40 歳 未 満 % 17.0% 70 歳 代 27.7% 40 歳 代 2.4% 50 歳 代 17.9% 60 歳 代 26.1% 80 歳 以 上 11.8% 40 歳 未 満 % 14.7% 70 歳 代 34.3% 40 歳 代 0.4% 60 歳 代 29.0% 50 歳 代 9.8% 80 歳 以 上 5.3% 40 歳 未 満 % 19.8% 70 歳 代 19.8% 60 歳 代 22.7% 40 歳 代 4.8% 50 歳 代 27.5% 問 13-2 あなたのお 母 様 の 出 生 年 をご 回 答 ください 平 成 27 年 1 月 現 在 の 年 齢 集 計 母 の 現 在 の 年 齢 ( 亡 くなった 方 も 含 む)は 全 体 では 60 歳 代 が 34.1%で 最 も 多 く 次 いで 70 歳 代 が 22.6% 50 歳 代 が 21.9%となっています 有 配 偶 では 60 歳 代 が 42.0%で 最 も 多 く 次 いで 70 歳 代 が 27.8% 50 歳 代 が 16.3% となっています 独 身 では 50 歳 代 が 28.5%で 最 も 多 く 次 いで 60 歳 代 が 24.6% 70 歳 代 が 16.4% となっています 図 表 母 親 の 年 齢 全 体 452 人 有 配 偶 245 人 独 身 207 人 40 歳 未 満 0.2% 40 歳 代 5.1% 9.8% 40 歳 未 満 0.4% 40 歳 代 0.4% 40 歳 未 満 % 40 歳 代 10.6% 80 歳 以 上 2.0% 70 歳 代 22.6% 14.2% 60 歳 代 34.1% 50 歳 代 21.9% 80 歳 以 上 3.3% 70 歳 代 27.8% 50 歳 代 16.3% 60 歳 代 42.0% 80 歳 以 上 0.5% 70 歳 代 16.4% 19.3% 60 歳 代 24.6% 50 歳 代 28.5% 15

20 Ⅱ 調 査 結 果 問 14-1 あなたのお 父 様 の 現 在 の 居 住 地 をご 回 答 ください SA 父 親 の 現 在 の 居 住 地 は 全 体 では 他 の 道 府 県 で 別 居 が 40.7%で 最 も 多 く 次 いで 同 居 が 21.9% 都 内 の 他 の 市 区 町 村 で 別 居 が 15.7% 亡 くなった が 13.7%となっています 有 配 偶 では 他 の 道 府 県 で 別 居 が 52.7%で 最 も 多 く 次 いで 都 内 の 他 の 市 区 町 村 で 別 居 が 22.0% 亡 くなった が 15.9%となっています 独 身 では 同 居 が 46.9%で 最 も 多 く 次 いで 他 の 道 府 県 で 別 居 が 26.6% 亡 くなった が 11.1%となっています 図 表 父 親 の 居 住 地 全 体 452 人 有 配 偶 245 人 独 身 207 人 1.5% 亡 くなった 13.7% 外 国 で 別 居 0.7% 他 の 道 府 県 で 別 居 40.7% 0.7% 同 居 21.9% 同 じ 建 物 敷 地 内 で 別 居 1.5% 市 内 で 別 居 3.5% 都 内 の 他 の 市 区 町 村 で 別 居 15.7% 1.2% 亡 くなった 15.9% 外 国 で 別 居 1.2% 0.4% 問 14-2 あなたのお 母 様 の 現 在 の 居 住 地 をご 回 答 ください SA 母 親 の 現 在 の 居 住 地 は 全 体 では 他 の 道 府 県 で 別 居 が 42.3%で 最 も 多 く 次 いで 同 居 が 27.0% 都 内 の 他 の 市 区 町 村 で 別 居 が 16.6% 亡 くなった が 7.3%となっています 有 配 偶 では 他 の 道 府 県 で 別 居 が 56.3%で 最 も 多 く 次 いで 都 内 の 他 の 市 区 町 村 で 別 居 が 25.3% 亡 くなった が 8.2%となっています 独 身 では 同 居 が 55.1%で 最 も 多 く 次 いで 他 の 道 府 県 で 別 居 が 25.6% 都 内 の 他 の 市 区 町 村 で 別 居 亡 くなった がともに 6.3%となっています 同 居 0.8% 他 の 道 府 県 で 別 居 52.7% 同 じ 建 物 敷 地 内 で 別 居 1.6% 市 内 で 別 居 4.1% 都 内 の 他 の 市 区 町 村 で 別 居 22.0% 亡 くなった 11.1% 外 国 で 別 居 % 他 の 道 府 県 で 別 居 26.6% 都 内 の 他 の 市 区 町 村 で 別 居 8.2% 1.9% 市 内 で 別 居 2.9% 同 居 46.9% 1.0% 同 じ 建 物 敷 地 内 で 別 居 1.4% 図 表 母 親 の 居 住 地 全 体 452 人 有 配 偶 245 人 独 身 207 人 外 国 で 別 居 0.2% 亡 くなった % 7.3% % 他 の 道 府 県 で 別 居 42.3% 同 居 27.0% 同 じ 建 物 敷 地 内 で 別 居 2.2% 市 内 で 別 居 4.4% 都 内 の 他 の 市 区 町 村 で 別 居 16.6% 亡 くなった 8.2% 外 国 で 別 居 0.4% % 他 の 道 府 県 で 別 居 56.3% % 同 居 3.3% 同 じ 建 物 敷 地 内 で 別 居 1.6% 市 内 で 別 居 4.9% 都 内 の 他 の 市 区 町 村 で 別 居 25.3% 外 国 で 別 居 % 亡 くなった 6.3% 他 の 道 府 県 で 別 居 25.6% 都 内 の 他 の 市 区 町 村 で 別 居 6.3% 市 内 で 別 居 3.9% 同 じ 建 物 敷 地 内 で 別 居 2.9% % 同 居 55.1% % 16

21 歳 以 上 50 歳 未 満 独 身 者 問 15 あなたは 結 婚 していらっしゃいますか SA 婚 姻 の 状 況 は 全 体 では 結 婚 している( 事 実 婚 を 含 む) が 54.2% 結 婚 したことはない が 41.8% 結 婚 したことがある( 離 別 死 別 ) が 4.0%となっています 図 表 婚 姻 の 状 況 全 体 452 人 有 配 偶 245 人 独 身 207 人 結 婚 した ことがある 4.0% % 結 婚 した ことがある 8.7% 結 婚 した ことはない 41.8% 結 婚 して いる 54.2% 結 婚 して いる 10% 結 婚 した ことはない 91.3% 歳 以 上 50 歳 未 満 独 身 者 問 16~ 問 33 は 問 15 で 結 婚 したことはない 結 婚 したことがある( 離 別 死 別 ) を 選 んだ 方 への 設 問 です 問 16 あなたがこれまでに 生 んだお 子 さんについて ご 回 答 ください SA これまでに 生 んだ 子 どもは 独 身 全 体 では 子 どもはいない が 94.2%となっています 図 表 子 どもの 数 独 身 全 体 207 人 男 性 95 人 女 性 109 人 2 人 1.9% 1 人 1.9% 3 人 1.0% 4 人 % 5 人 以 上 % 1.0% 3 人 2 人 % 2.1% 1 人 % 4 人 5 人 以 上 % % 2.1% 1 人 3.7% 2 人 1.8% 3 人 1.8% 4 人 % 5 人 以 上 % % 子 どもは いない 94.2% 子 どもは いない 95.8% 子 どもは いない 92.7% 17

22 Ⅱ 調 査 結 果 問 17-1 今 のあなたにとって 結 婚 することには 何 か 利 点 があると 思 いますか SA 結 婚 することの 利 点 は 独 身 全 体 では 利 点 があると 思 う が 75.4% 利 点 はないと 思 う が 23.7%となっています 図 表 結 婚 することに 利 点 があると 思 うか 独 身 全 体 207 人 男 性 95 人 女 性 109 人 利 点 はない と 思 う 23.7% 1.0% 利 点 はない と 思 う 26.3% 2.1% 利 点 はない と 思 う 22.0% % 利 点 がある と 思 う 75.4% 利 点 がある と 思 う 71.6% 利 点 がある と 思 う 78.0% 問 17-1で 利 点 があると 思 う を 選 んだ 方 にうかがいます 問 17-2 具 体 的 な 利 点 を2つまで 選 んでください SA 具 体 的 な 利 点 は 独 身 全 体 では 精 神 的 な 安 らぎの 場 が 得 られる が 最 も 多 く 次 いで 自 分 の 子 どもや 家 族 をもてる 現 在 愛 情 を 感 じている 人 と 暮 らせる となっています 性 別 にみると 男 性 では 精 神 的 な 安 らぎの 場 が 得 られる を 最 大 の 利 点 にあげる 人 が 最 も 多 いの に 対 して 女 性 では 自 分 の 子 どもや 家 族 をもてる が 最 も 多 くなっています 図 表 結 婚 の 利 点 独 身 全 体 156 人 男 性 68 人 女 性 85 人 経 済 的 に 余 裕 がもてる 社 会 的 信 用 を 得 たり 周 囲 と 対 等 になれる 精 神 的 な 安 らぎの 場 が 得 られる 現 在 愛 情 を 感 じている 人 と 暮 らせる 自 分 の 子 どもや 家 族 をもてる 性 的 な 充 足 が 得 られる 生 活 上 便 利 になる 親 から 独 立 できる 最 大 の 利 点 第 二 の 利 点 最 大 の 利 点 第 二 の 利 点 最 大 の 利 点 第 二 の 利 点 親 を 安 心 させたり 周 囲 の 期 待 にこたえられる % 10% 20% 30% 40% 0% 10% 20% 30% 40% 0% 10% 20% 30% 40% 18

23 歳 以 上 50 歳 未 満 独 身 者 最 大 の 利 点 を2 点 第 二 の 利 点 を1 点 として 重 み 付 けをしてみると 独 身 全 体 では1 位 が 精 神 的 な 安 らぎの 場 が 得 られる 2 位 が 自 分 の 子 どもや 家 族 をもてる 3 位 が 現 在 愛 情 を 感 じている 人 と 暮 らせる となっています 性 別 にみると 男 性 では 経 済 的 に 余 裕 がもてる が6 位 となっているのに 対 して 女 性 では3 位 となっています 図 表 結 婚 の 利 点 の 順 位 ( 最 大 の 利 点 2 点 第 二 の 利 点 1 点 として 重 み 付 け 後 の 順 位 ) 独 身 全 体 男 性 女 性 No. 項 目 名 点 数 順 位 点 数 順 位 点 数 順 位 3 精 神 的 な 安 らぎの 場 が 得 られる 自 分 の 子 どもや 家 族 をもてる 現 在 愛 情 を 感 じている 人 と 暮 らせる 経 済 的 に 余 裕 がもてる 親 を 安 心 させたり 周 囲 の 期 待 にこたえられる 社 会 的 信 用 を 得 たり 周 囲 と 対 等 になれる 生 活 上 便 利 になる 性 的 な 充 足 が 得 られる 親 から 独 立 できる 問 18-1 逆 に 今 のあなたにとって 独 身 生 活 には 結 婚 生 活 にはない 利 点 があると 思 いますか SA 独 身 生 活 の 利 点 は 独 身 全 体 では 利 点 があると 思 う が 88.9% 利 点 はないと 思 う が 5.8% となっています 図 表 独 身 生 活 に 利 点 があると 思 うか 独 身 全 体 207 人 男 性 95 人 女 性 109 人 利 点 はない と 思 う 5.8% 5.3% 利 点 はない と 思 う 7.4% 7.4% 利 点 はない と 思 う 4.6% 3.7% 利 点 がある と 思 う 88.9% 利 点 がある と 思 う 85.3% 利 点 がある と 思 う 91.7% 19

24 Ⅱ 調 査 結 果 問 18-1で 利 点 があると 思 う を 選 んだ 方 にうかがいます 問 18-2 具 体 的 な 利 点 を2つまで 選 んでください SA 具 体 的 な 利 点 は 独 身 全 体 では 最 大 の 利 点 に 行 動 や 生 き 方 が 自 由 をあげる 人 が 最 も 多 く 75.5% となっています 性 別 にみても 最 大 の 利 点 に 行 動 や 生 き 方 が 自 由 をあげる 人 が 男 女 ともに 最 も 多 くなっていま す 図 表 独 身 生 活 の 利 点 独 身 全 体 184 人 男 性 81 人 女 性 100 人 行 動 や 生 き 方 が 自 由 異 性 との 交 際 が 自 由 最 大 の 利 点 第 二 の 利 点 最 大 の 利 点 第 二 の 利 点 最 大 の 利 点 第 二 の 利 点 金 銭 的 に 裕 福 住 宅 や 環 境 の 選 択 の 幅 が 広 い 家 族 を 養 う 責 任 がなく 気 楽 友 人 などとの 広 い 人 間 関 係 が 保 ちやすい 職 業 をもち 社 会 との つながりが 保 てる 現 在 の 家 族 との つながりが 保 てる 最 大 の 利 点 を2 点 第 二 の 利 点 を1 点 として 重 み 付 けをしてみると 独 身 全 体 では1 位 が 行 動 や 生 き 方 が 自 由 2 位 が 家 族 を 養 う 責 任 がなく 気 楽 3 位 が 金 銭 的 に 裕 福 となっています 性 別 にみると 上 位 では 順 位 に 大 きな 違 いはありません 図 表 独 身 生 活 の 利 点 の 順 位 ( 最 大 の 利 点 2 点 第 二 の 利 点 1 点 として 重 み 付 け 後 の 順 位 ) 独 身 全 体 男 性 女 性 No. 項 目 名 点 数 順 位 点 数 順 位 点 数 順 位 1 行 動 や 生 き 方 が 自 由 家 族 を 養 う 責 任 がなく 気 楽 金 銭 的 に 裕 福 友 人 などとの 広 い 人 間 関 係 が 保 ちやすい 住 宅 や 環 境 の 選 択 の 幅 が 広 い 職 業 をもち 社 会 とのつながりが 保 てる 現 在 の 家 族 とのつながりが 保 てる 異 性 との 交 際 が 自 由

25 歳 以 上 50 歳 未 満 独 身 者 問 19 あなたが 結 婚 することを 考 えたとき 次 の 中 ではどのようなことが 気 になりますか MA 結 婚 することを 考 えたときに 気 になることは 独 身 全 体 では 自 分 の 生 活 リズムや 生 活 スタイルを 保 てるか が 60.9%で 最 も 多 く 次 いで 余 暇 や 遊 びの 時 間 を 自 由 に 取 れるか が 43.0% お 金 を 自 由 に 使 えるか が 34.3%となっています 性 別 にみると 仕 事 (または 学 業 )の 時 間 を 自 由 に 取 れるか は 男 性 では 2%であるのに 対 し て 女 性 では 35.8%で3 番 目 に 多 くなっています 図 表 結 婚 する 場 合 に 気 になること 独 身 全 体 207 人 男 性 95 人 女 性 109 人 自 分 の 生 活 リズムや 生 活 スタイルを 保 てるか 余 暇 や 遊 びの 時 間 を 自 由 に 取 れるか お 金 を 自 由 に 使 えるか 仕 事 (または 学 業 )の 時 間 を 自 由 に 取 れるか 自 由 な 人 生 設 計 ができるか 住 む 場 所 が 制 約 されないか 職 業 を 自 由 に 選 べるか ファッションや 食 べ 物 など の 好 みが 制 約 されないか

26 Ⅱ 調 査 結 果 問 20-1 次 の 女 性 の 生 き 方 のタイプのうち あなたが 女 性 の 場 合 はご 自 身 の あなたが 男 性 の 場 合 は パートナー(あるいは 妻 )となる 女 性 の 人 生 について 理 想 とする 人 生 に 最 も 近 いと 思 われるタイ プの 番 号 を 選 んでください SA 女 性 にうかがいます 問 20-2 次 の 女 性 の 生 き 方 のタイプのうち 実 際 になりそうな 人 生 に 最 も 近 いと 思 われるタイプの 番 号 を 選 んでください SA 理 想 とする 女 性 の 人 生 は 独 身 全 体 では 結 婚 し 子 どもをもつが 仕 事 も 続 ける が 38.2%で 最 も 多 く 次 いで 結 婚 し 子 どもをもつが 結 婚 あるいは 出 産 の 機 会 にいったん 退 職 し 子 育 て 後 に 再 び 仕 事 をもつ が 28.5%となっています 性 別 にみると 男 性 では 結 婚 し 子 どもをもつが 仕 事 も 続 ける が 31.6%で 最 も 多 く 次 い で 結 婚 し 子 どもをもつが 結 婚 あるいは 出 産 の 機 会 にいったん 退 職 し 子 育 て 後 に 再 び 仕 事 をもつ が 28.4%となっています 女 性 では 結 婚 し 子 どもをもつが 仕 事 も 続 ける が 45.0%で 最 も 多 く 次 いで 結 婚 し 子 どもをもつが 結 婚 あるいは 出 産 の 機 会 にいったん 退 職 し 子 育 て 後 に 再 び 仕 事 をもつ が 28.4%となっています また 女 性 が 実 際 になりそうな 人 生 は 結 婚 せず 仕 事 を 続 ける 結 婚 し 子 どもをもつが 仕 事 も 続 ける がともに 30.3%で 最 も 多 くなっています 女 性 が 考 える 理 想 の 人 生 と 比 較 すると 結 婚 せず 仕 事 を 続 ける が 24.8 ポイント 高 く 結 婚 し 子 どもをもつが 仕 事 も 続 ける が 14.7 ポイント 低 くなっています 図 表 理 想 とする 女 性 の 人 生 / 実 際 になりそうな 人 生 ( 女 性 のみ) 50% 40% 30% 20% 10% 0% 結 婚 せず 仕 事 を 続 ける 結 婚 するが 子 どもはもたず 仕 事 を 続 ける 結 婚 し 子 どもをもつが 仕 事 も 続 ける 結 婚 し 子 どもをもつが 結 婚 あるいは 出 産 の 機 会 に いったん 退 職 し 子 育 て 後 に 再 び 仕 事 をもつ 独 身 全 体 207 人 結 婚 し 子 どもをもち 結 婚 あるいは 出 産 の 機 会 に 退 職 し その 後 は 仕 事 をもたない 男 性 95 人 女 性 ( 理 想 ) 109 人 女 性 ( 実 際 ) 109 人 22

27 歳 以 上 50 歳 未 満 独 身 者 問 21-1 将 来 子 どもは 何 人 くらい 欲 しいですか すでにお 子 さんがいる 場 合 は そのお 子 さんを 含 めた 人 数 でご 回 答 ください SA 将 来 もちたい 子 どもの 数 は 独 身 全 体 では 2 人 が 44.0%で 最 も 多 く 次 いで 子 どもはいら ない が 24.6% 3 人 が 16.4%となっています 図 表 将 来 もちたい 子 どもの 数 独 身 全 体 207 人 男 性 95 人 女 性 109 人 5 人 以 上 4 人 0.5% 1.0% 3 人 16.4% 3.4% 子 どもは いらない 24.6% 5 人 以 上 4 人 1.1% % 3 人 14.7% 6.3% 子 どもは いらない 23.2% 3 人 17.4% 4 人 1.8% 5 人 以 上 % 0.9% 子 どもは いらない 26.6% 2 人 44.0% 1 人 10.1% 2 人 42.1% 1 人 12.6% 2 人 45.0% 1 人 8.3% 問 21-1で 子 どもはいらない を 選 んだ 方 にうかがいます 問 21-2 子 どもをもつことを 望 んでいない 理 由 を 教 えてください MA 子 どもをもつことを 望 んでいない 理 由 は 独 身 全 体 では 自 分 の 年 齢 や 健 康 上 の 理 由 から が 45.1%で 最 も 多 く 次 いで 親 になることが 不 安 子 育 てに 自 信 が 持 てそうにない が 41.2% 経 済 的 な 制 約 が 増 えると 思 う が 35.3%となっています 性 別 にみると 男 性 では 親 になることが 不 安 子 育 てに 自 信 が 持 てそうにない 経 済 的 な 制 約 が 増 えると 思 う が 50%を 超 えており 女 性 では 自 分 の 年 齢 や 健 康 上 の 理 由 から が 50%を 超 えています (サンプル 数 が 少 ないため 参 考 値 ) 図 表 子 どもをもつことを 望 んでいない 理 由 独 身 全 体 51 人 男 性 22 人 女 性 29 人 経 済 的 な 制 約 が 増 えると 思 う 交 際 相 手 (ハ ートナー)が 欲 しがらない 自 分 の 時 間 や 配 偶 者 (ハ ートナー)と 二 人 の 時 間 を 失 いたくない 仕 事 ( 学 業 )との 両 立 が 難 しいと 思 う マタハラや 退 職 勧 告 など 雇 用 の 継 続 への 不 安 がある 親 になることが 不 安 子 育 てに 自 信 が 持 てそうにない 出 産 子 育 てに 対 する 周 囲 のサホ ート 体 制 が 整 っていない 陣 痛 出 産 時 の 痛 みが 不 安 出 産 のリスクが 心 配 子 どもが 好 きではない 自 分 の 年 齢 や 健 康 上 の 理 由 から % 20% 40% 60% 0% 20% 40% 60% 0% 20% 40% 60% 23

28 Ⅱ 調 査 結 果 問 21-1で 1 人 ~ 5 人 以 上 を 選 んだ 方 にうかがいます 問 21-3 最 初 の( 次 の)お 子 さんをもちたいと 思 う 年 齢 をご 記 入 ください 記 入 年 齢 を 集 計 最 初 の( 次 の) 子 どもをもちたい 年 齢 は 独 身 全 体 では 25~29 歳 が 37.6%で 最 も 多 く 次 いで 30~34 歳 が 27.5%となっています 性 別 にみると 男 性 では 30~34 歳 が 34.3%で 最 も 多 いのに 対 して 女 性 では 25~29 歳 が 半 数 近 くを 占 めています 図 表 最 初 の 子 どもをもちたい 年 齢 独 身 全 体 149 人 男 性 67 人 女 性 79 人 35~39 歳 12.1% 45~49 歳 2.0% 40~44 歳 10.1% 8.7% 30~34 歳 27.5% 18~24 歳 2.0% 25~29 歳 37.6% 35~39 歳 14.9% 45~49 歳 1.5% 40~44 歳 11.9% 9.0% 30~34 歳 34.3% 18~24 歳 3.0% 25~29 歳 25.4% 35~39 歳 10.1% 45~49 歳 1.3% 40~44 歳 8.9% 8.9% 30~34 歳 22.8% 18~24 歳 1.3% 25~29 歳 46.8% 問 22 結 婚 男 女 関 係 家 庭 子 どもをもつことについてはいろいろな 考 えがありますが 次 の 項 目 に ついてあなたご 自 身 はどのようにお 考 えでしょうか SA 1 生 涯 を 独 身 で 過 ごすというのは 望 ましい 生 き 方 ではない について 独 身 全 体 では 賛 成 ( ま ったく 賛 成 + どちらかといえば 賛 成 ) の 割 合 は 62.8%となっており 性 別 で 大 きな 差 はあり ません 2 男 女 が 一 緒 に 暮 らすなら 結 婚 すべきである について 独 身 全 体 では 賛 成 の 割 合 は 65.7% となっており 性 別 で 大 きな 差 はありません 図 表 生 涯 を 独 身 で 過 ごすというのは 望 ましい 生 き 方 ではない まったく 賛 成 どちらかといえば 賛 成 どちらかといえば 反 対 まったく 反 対 独 身 全 体 207 人 男 性 95 人 女 性 109 人 図 表 男 女 が 一 緒 に 暮 らすなら 結 婚 すべきである まったく 賛 成 どちらかといえば 賛 成 どちらかといえば 反 対 まったく 反 対 独 身 全 体 207 人 男 性 95 人 女 性 109 人

29 歳 以 上 50 歳 未 満 独 身 者 3 どんな 社 会 においても 女 らしさや 男 らしさはある 程 度 必 要 だ について 独 身 全 体 では 賛 成 の 割 合 は 71.5%となっており 性 別 で 大 きな 差 はありません 4 結 婚 しても 人 生 には 結 婚 相 手 や 家 族 とは 別 の 自 分 だけの 目 標 をもつべきである について 独 身 全 体 では 賛 成 の 割 合 は 84.6%となっており 性 別 で 大 きな 差 はありません 5 結 婚 したら 家 庭 のためには 自 分 の 個 性 や 生 き 方 を 半 分 犠 牲 にするのは 当 然 だ について 独 身 全 体 では 賛 成 の 割 合 は 48.3%となっており 賛 成 の 割 合 は 男 性 が 約 30 ポイント 高 くなって います 6 結 婚 後 は 夫 は 外 で 働 き 妻 は 家 庭 を 守 るべきだ について 独 身 全 体 では 賛 成 の 割 合 は 24.1%となっており 性 別 で 大 きな 差 はありません 図 表 どんな 社 会 においても 女 らしさや 男 らしさはある 程 度 必 要 だ まったく 賛 成 どちらかといえば 賛 成 どちらかといえば 反 対 まったく 反 対 独 身 全 体 207 人 男 性 95 人 女 性 109 人 図 表 結 婚 しても 人 生 には 結 婚 相 手 や 家 族 とは 別 の 自 分 だけの 目 標 をもつべきである 独 身 全 体 男 性 女 性 207 人 95 人 109 人 まったく 賛 成 どちらかといえば 賛 成 どちらかといえば 反 対 まったく 反 対 図 表 結 婚 したら 家 庭 のためには 自 分 の 個 性 や 生 き 方 を 半 分 犠 牲 にするのは 当 然 だ まったく 賛 成 どちらかといえば 賛 成 どちらかといえば 反 対 まったく 反 対 独 身 全 体 207 人 男 性 女 性 95 人 109 人 図 表 結 婚 後 は 夫 は 外 で 働 き 妻 は 家 庭 を 守 るべきだ まったく 賛 成 どちらかといえば 賛 成 どちらかといえば 反 対 まったく 反 対 独 身 全 体 207 人 男 性 95 人 女 性 109 人

30 Ⅱ 調 査 結 果 7 結 婚 したら 子 どもはもつべきだ について 独 身 全 体 では 賛 成 の 割 合 は 53.1%となっ ており 性 別 で 大 きな 差 はありませんが まったく 賛 成 の 割 合 は 男 性 が 約 10 ポイント 高 くなっ ています 8 少 なくとも 子 どもが 小 さいうちは 母 親 は 仕 事 をもたず 家 にいるのが 望 ましい について 独 身 全 体 では 賛 成 の 割 合 は 61.4%となっており 性 別 で 大 きな 差 はありません 9 いったん 結 婚 したら 性 格 の 不 一 致 くらいで 別 れるべきではない について 独 身 全 体 では 賛 成 の 割 合 は 58.4%となっており 男 性 が 15 ポイント 高 くなっています 10 結 婚 していなくても 子 どもをもってかまわない について 独 身 全 体 では 賛 成 の 割 合 は 57.5%となっており 性 別 で 大 きな 差 はありません 図 表 結 婚 したら 子 どもはもつべきだ まったく 賛 成 どちらかといえば 賛 成 どちらかといえば 反 対 まったく 反 対 独 身 全 体 207 人 男 性 95 人 女 性 109 人 図 表 少 なくとも 子 どもが 小 さいうちは 母 親 は 仕 事 をもたず 家 にいるのが 望 ましい まったく 賛 成 どちらかといえば 賛 成 どちらかといえば 反 対 まったく 反 対 独 身 全 体 207 人 男 性 95 人 女 性 109 人 図 表 いったん 結 婚 したら 性 格 の 不 一 致 くらいで 別 れるべきではない まったく 賛 成 どちらかといえば 賛 成 どちらかといえば 反 対 まったく 反 対 独 身 全 体 207 人 男 性 95 人 女 性 109 人 図 表 結 婚 していなくても 子 どもをもってかまわない まったく 賛 成 どちらかといえば 賛 成 どちらかといえば 反 対 まったく 反 対 独 身 全 体 207 人 男 性 95 人 女 性 109 人

31 歳 以 上 50 歳 未 満 独 身 者 11 子 どもがいなくても(できなくても) 夫 婦 で 仲 良 くやっていける について 独 身 全 体 では 賛 成 の 割 合 は 94.2%を 占 め 性 別 で 大 きな 差 はありません 12 子 どもが 授 からない 夫 婦 の 気 持 ちの 理 解 や 支 援 をするべきだ について 独 身 全 体 では 賛 成 の 割 合 は 92.8%を 占 め 性 別 で 大 きな 差 はありません 13 同 性 婚 についてもっと 理 解 すべきだ について 独 身 全 体 では 賛 成 の 割 合 は 75.4%とな っており 女 性 が 約 20 ポイント 高 くなっています 図 表 子 どもがいなくても(できなくても) 夫 婦 で 仲 良 くやっていける 独 身 全 体 男 性 女 性 207 人 95 人 109 人 まったく 賛 成 どちらかといえば 賛 成 どちらかといえば 反 対 まったく 反 対 図 表 子 どもが 授 からない 夫 婦 の 気 持 ちの 理 解 や 支 援 をするべきだ 独 身 全 体 男 性 女 性 207 人 95 人 109 人 まったく 賛 成 どちらかといえば 賛 成 どちらかといえば 反 対 まったく 反 対 図 表 同 性 婚 についてもっと 理 解 すべきだ まったく 賛 成 どちらかといえば 賛 成 どちらかといえば 反 対 まったく 反 対 独 身 全 体 207 人 男 性 女 性 95 人 109 人

32 Ⅱ 調 査 結 果 問 23-1 あなたには 現 在 交 際 している 異 性 がいますか SA 現 在 交 際 している 異 性 の 有 無 は 独 身 全 体 では 交 際 している 異 性 はいない が 55.1% 恋 人 と して 交 際 している 異 性 がいる が 26.1%となっており 性 別 で 大 きな 差 はありません 図 表 交 際 している 異 性 の 有 無 独 身 全 体 207 人 男 性 95 人 女 性 109 人 恋 人 とし て 交 際 し ている 異 性 がいる 26.1% 友 人 とし て 交 際 し ている 異 性 がいる 13.0% 婚 約 者 が いる 3.9% 1.9% 交 際 して いる 異 性 はいない 55.1% 婚 約 者 が いる 6.3% 恋 人 とし て 交 際 し ている 異 性 がいる 22.1% 友 人 とし て 交 際 し ている 異 性 がいる 12.6% % 交 際 して いる 異 性 はいない 58.9% 恋 人 とし て 交 際 し ている 異 性 がいる 29.4% 婚 約 者 が いる 1.8% 友 人 とし て 交 際 し ている 異 性 がいる 13.8% 2.8% 交 際 して いる 異 性 はいない 52.3% 問 23-1で 友 人 として 交 際 している 異 性 がいる 恋 人 として 交 際 している 異 性 がいる 婚 約 者 がいる を 選 んだ 方 にうかがいます 問 23-2 ( 複 数 いる 場 合 は 最 も 親 しい) 交 際 相 手 とは どのようなきっかけで 知 り 合 いましたか SA 交 際 相 手 と 知 り 合 ったきっかけは 独 身 全 体 では 職 場 や 仕 事 の 関 係 で が 25.8%で 最 も 多 く 次 いで 学 校 で が 20.2% 学 校 以 外 のサークル 活 動 やクラブ 活 動 習 いごとで が 14.6%とな っています 性 別 にみると 男 女 とも 上 位 2 項 目 は 職 場 や 仕 事 の 関 係 で 学 校 で となっていますが 男 性 では 学 校 以 外 のサークル 活 動 やクラブ 活 動 習 いごとで 女 性 では 友 人 や 兄 弟 姉 妹 を 通 じて が3 番 目 に 多 くなっています 図 表 交 際 相 手 と 知 り 合 ったきっかけ 50% 40% 30% 20% 10% 0% 学 校 で 職 場 や 仕 事 の 関 係 で 幼 なじみ 学 校 以 外 の 隣 人 関 係 サークル 活 動 や クラフ 活 動 習 いごとで 友 人 や 兄 弟 姉 妹 を 通 じて 見 合 いで 結 婚 相 談 所 で 街 なかや 旅 先 で 独 身 全 体 89 人 男 性 39 人 女 性 49 人 アルハ イトで 28

33 歳 以 上 50 歳 未 満 独 身 者 問 24-1 あなたは 将 来 結 婚 したいと 思 いますか SA 将 来 の 結 婚 願 望 は 独 身 全 体 では いずれは 結 婚 したい が 47.8%で 最 も 多 く 次 いで 2~3 年 以 内 に 結 婚 したい が 20.3% 結 婚 するつもりはない が 19.3%となっています 性 別 にみると すぐにでも 結 婚 したい 割 合 は 女 性 が 9.3 ポイント 高 く いずれは 結 婚 したい 割 合 は 男 性 が 15.4 ポイント 高 くなっています 図 表 結 婚 願 望 の 有 無 独 身 全 体 207 人 男 性 95 人 女 性 109 人 結 婚 するつ もりはない 19.3% 1.4% いずれは 結 婚 したい 47.8% すぐにでも 結 婚 したい 11.1% 2~3 年 以 内 に 結 婚 し たい 20.3% 2.1% 結 婚 するつ もりはない 18.9% いずれは 結 婚 したい 55.8% すぐにでも 結 婚 したい 6.3% 2~3 年 以 内 に 結 婚 し たい 16.8% 結 婚 するつ もりはない 19.3% 0.9% いずれは 結 婚 したい 40.4% すぐにでも 結 婚 したい 15.6% 2~3 年 以 内 に 結 婚 し たい 23.9% 問 24-1で 結 婚 するつもりはない を 選 んだ 方 にうかがいます 問 24-2 結 婚 するつもりがない 理 由 は 何 ですか MA 結 婚 するつもりがない 理 由 は 独 身 全 体 では 自 分 の 時 間 を 失 いたくない が 5%で 最 も 多 く 次 いで 適 当 な 相 手 がいない 異 性 とうまく 付 き 合 えない 恋 愛 がめんどう がともに 37.5%とな っています (サンプル 数 が 少 ないため 参 考 値 ) 図 表 結 婚 するつもりがない 理 由 独 身 全 体 40 人 男 性 18 人 女 性 21 人 経 済 的 な 制 約 が 増 える 女 性 の 年 収 が 男 性 より 高 い 交 際 相 手 の 雇 用 が 不 安 定 適 当 な 相 手 がいない 異 性 とうまく 付 き 合 えない 恋 愛 がめんどう 自 分 の 時 間 を 失 いたくない 仕 事 ( 学 業 )との 両 立 が 難 しい まだ 若 すぎる 親 せきづきあいや 結 婚 後 の 夫 婦 関 係 など 結 婚 後 の 生 活 に 不 安 がある 姓 を 変 えるのに 抵 抗 がある 離 婚 が 不 安 子 どもが 欲 しくない 子 育 てが 大 変 そう % 20% 40% 60% 0% 20% 40% 60% 0% 20% 40% 60% 29

34 Ⅱ 調 査 結 果 問 25~ 問 31 は 問 24-1で すぐにでも 結 婚 したい 2~3 年 以 内 に 結 婚 したい いずれは 結 婚 したい を 選 んだ 方 にうかがいます 問 25 何 歳 ぐらいで 結 婚 したいと 思 いますか SA 結 婚 したい 年 齢 は 独 身 全 体 では 25~29 歳 が 37.2%で 最 も 多 く 次 いで 30~34 歳 が 25.0%となっています 性 別 で 大 きな 差 はありません 図 表 結 婚 したい 年 齢 独 身 全 体 164 人 男 性 75 人 女 性 87 人 50 歳 以 上 2.4% 0.6% 18~24 歳 3.0% 50 歳 以 上 2.7% 1.3% 18~24 歳 2.7% 50 歳 以 上 2.3% % 18~24 歳 3.4% 45~49 歳 9.1% 40~44 歳 9.8% 35~39 歳 12.8% 30~34 歳 25.0% 25~29 歳 37.2% 45~49 歳 9.3% 40~44 歳 10.7% 35~39 歳 12.0% 30~34 歳 29.3% 25~29 歳 32.0% 45~49 歳 9.2% 40~44 歳 9.2% 35~39 歳 13.8% 30~34 歳 21.8% 25~29 歳 40.2% 30

35 歳 以 上 50 歳 未 満 独 身 者 問 26 あなたは どのような 状 況 になれば 結 婚 すると 思 いますか ご 自 分 に 当 てはまると 思 うことを 選 んでください MA どのような 状 況 になれば 結 婚 すると 思 うかについて 独 身 全 体 では 希 望 の 条 件 を 満 たす 相 手 にめ ぐり 会 うこと が 42.1%で 最 も 多 く 次 いで 経 済 的 に 余 裕 ができること が 37.2% 結 婚 の 必 要 性 を 感 じること が 36.0%となっています 性 別 にみると 経 済 的 に 余 裕 ができること 仕 事 (または 学 業 )が 落 ち 着 くこと 異 性 とうま くつき 合 えるようになること などは 男 性 が 高 く 親 や 周 囲 が 結 婚 に 同 意 すること 適 当 な 年 齢 に なること 希 望 の 条 件 を 満 たす 相 手 にめぐり 会 うこと などは 女 性 が 高 くなっています 図 表 結 婚 すると 思 う 状 況 独 身 全 体 164 人 男 性 75 人 女 性 87 人 適 当 な 年 齢 になること 結 婚 の 必 要 性 を 感 じること 仕 事 (または 学 業 )が 落 ち 着 くこと まわりの 友 人 が 結 婚 しはじめること 自 分 の 自 由 になる 時 間 があること 異 性 と 知 り 合 う( 出 会 う) 機 会 が あること 希 望 の 条 件 を 満 たす 相 手 にめぐり 会 うこと 異 性 とうまくつき 合 えるように なること 経 済 的 に 余 裕 ができること 精 神 的 に 余 裕 ができること 結 婚 生 活 のための 住 居 のめどが たつこと 親 や 周 囲 が 結 婚 に 同 意 すること 特 にない わからない % 20% 40% 60% 0% 20% 40% 60% 0% 20% 40% 60% 31

36 Ⅱ 調 査 結 果 問 27 あなたは 結 婚 ( 出 会 い)に 向 けて 行 っていることがありますか MA 結 婚 ( 出 会 い)に 向 けて 行 っていることは サークル 活 動 やクラブ 活 動 習 い 事 への 参 加 合 コ ン 街 コン(くにコン)などへの 参 加 が1 割 程 度 となっており 特 にしていない が 多 くなっています 図 表 結 婚 に 向 けて 行 っていること 独 身 全 体 164 人 男 性 75 人 女 性 87 人 見 合 い ネット 婚 活 サイトへの 登 録 (SNSを 含 む) 結 婚 相 談 所 への 登 録 合 コン 街 コン(くにコン) などへの 参 加 サークル 活 動 やクラブ 活 動 習 い 事 への 参 加 % 20% 40% 60% 主 な 内 容 特 にしていない 36 件 0% 20% 40% 60% 0% 20% 40% 60% 問 28 あなたは 結 婚 相 手 を 決 めるとき 次 の 項 目 について どの 程 度 重 視 しますか SA 1 相 手 の 学 歴 について 重 視 する 割 合 は 独 身 全 体 では 7.9%となっており 女 性 が 約 10 ポイント 高 くなっています 2 相 手 の 職 業 について 重 視 する 割 合 は 独 身 全 体 では 20.7%となっており 女 性 が 20 ポイント 以 上 高 くなっています 図 表 相 手 の 学 歴 重 視 する 考 慮 する あまり 関 係 ない 独 身 全 体 164 人 男 性 75 人 女 性 87 人 図 表 相 手 の 職 業 重 視 する 考 慮 する あまり 関 係 ない 独 身 全 体 164 人 男 性 75 人 女 性 87 人

37 歳 以 上 50 歳 未 満 独 身 者 3 相 手 の 収 入 などの 経 済 力 について 重 視 する 割 合 は 独 身 全 体 では 22.6%となっており 女 性 が 約 28 ポイント 高 くなっています 4 相 手 の 人 がら について 重 視 する 割 合 は 独 身 全 体 では 92.7%となっており 女 性 が 約 10 ポイント 高 くなっています 5 相 手 の 容 姿 について 重 視 する 割 合 は 独 身 全 体 では 18.3%となっており 男 性 が 約 16 ポイント 高 くなっています 6 共 通 の 趣 味 の 有 無 について 重 視 する 割 合 は 独 身 全 体 では 25.0%となっており 性 別 で 大 きな 差 はありません 7 自 分 の 仕 事 に 対 する 理 解 と 協 力 について 重 視 する 割 合 は 独 身 全 体 では 59.8%となっ ており 性 別 で 大 きな 差 はありません 図 表 相 手 の 収 入 などの 経 済 力 重 視 する 考 慮 する あまり 関 係 ない 独 身 全 体 164 人 男 性 75 人 女 性 87 人 図 表 相 手 の 人 がら 重 視 する 考 慮 する あまり 関 係 ない 1.2 独 身 全 体 164 人 男 性 75 人 女 性 87 人 97.7 図 表 相 手 の 容 姿 重 視 する 考 慮 する あまり 関 係 ない 独 身 全 体 164 人 男 性 75 人 女 性 87 人 図 表 共 通 の 趣 味 の 有 無 重 視 する 考 慮 する あまり 関 係 ない 独 身 全 体 164 人 男 性 75 人 女 性 87 人 図 表 自 分 の 仕 事 に 対 する 理 解 と 協 力 重 視 する 考 慮 する あまり 関 係 ない 独 身 全 体 164 人 男 性 75 人 女 性 87 人

38 Ⅱ 調 査 結 果 8 家 事 育 児 に 対 する 能 力 や 姿 勢 について 重 視 する 割 合 は 独 身 全 体 では 59.8%となっ ており 性 別 で 大 きな 差 はありません 図 表 家 事 育 児 に 対 する 能 力 や 姿 勢 重 視 する 考 慮 する あまり 関 係 ない 独 身 全 体 164 人 男 性 75 人 女 性 87 人 問 29-1 現 在 交 際 している 人 と(あるいは 理 想 的 な 相 手 が 見 つかった 場 合 )1 年 以 内 に 結 婚 するとし たら 何 か 障 害 になることがあると 思 いますか SA 現 在 交 際 している 人 と1 年 以 内 に 結 婚 する 場 合 の 障 害 の 有 無 は 独 身 全 体 では 障 害 になることが あると 思 う が 56.7% 障 害 になることはないと 思 う が 43.3%となっています 性 別 で 大 きな 差 はありません 図 表 年 以 内 の 結 婚 について 障 害 の 有 無 独 身 全 体 164 人 男 性 75 人 女 性 87 人 % % % 障 害 になる ことはない と 思 う 43.3% 障 害 になる ことがある と 思 う 56.7% 障 害 になる ことはない と 思 う 4% 障 害 になる ことがある と 思 う 6% 障 害 になる ことはない と 思 う 47.1% 障 害 になる ことがある と 思 う 52.9% 34

39 歳 以 上 50 歳 未 満 独 身 者 問 29-1で 障 害 になることがあると 思 う を 選 んだ 方 にうかがいます 問 29-2 具 体 的 な 障 害 を 大 きな 順 番 に2つ 選 択 してください SA 最 大 の 障 害 を2 点 第 二 の 障 害 を1 点 として 重 み 付 けをしてみると 独 身 全 体 では1 位 が 結 婚 資 金 2 位 が 職 業 や 仕 事 上 の 問 題 3 位 が 学 校 や 学 業 上 の 問 題 となっています 性 別 にみると 男 性 では 結 婚 生 活 のための 住 居 が3 位 となっているのに 対 して 女 性 では7 位 となっています 図 表 結 婚 の 障 害 となること 独 身 全 体 93 人 男 性 45 人 女 性 46 人 結 婚 生 活 のための 住 居 結 婚 資 金 親 の 承 諾 親 との 同 居 や 扶 養 学 校 や 学 業 上 の 問 題 職 業 や 仕 事 上 の 問 題 年 齢 上 のこと 健 康 上 のこと 最 大 の 障 害 第 二 の 障 害 最 大 の 障 害 第 二 の 障 害 最 大 の 障 害 第 二 の 障 害 % 10% 20% 30% 40% 50% 0% 10% 20% 30% 40% 50% 0% 10% 20% 30% 40% 50% 図 表 結 婚 の 障 害 の 順 位 ( 最 大 の 障 害 2 点 第 二 の 障 害 1 点 として 重 み 付 け 後 の 順 位 ) 独 身 全 体 男 性 女 性 No. 項 目 名 点 数 順 位 点 数 順 位 点 数 順 位 2 結 婚 資 金 職 業 や 仕 事 上 の 問 題 学 校 や 学 業 上 の 問 題 結 婚 生 活 のための 住 居 親 の 承 諾 親 との 同 居 や 扶 養 年 齢 上 のこと 健 康 上 のこと

40 Ⅱ 調 査 結 果 問 30 結 婚 を 希 望 する 未 婚 者 に 向 けた 結 婚 するための 支 援 として 何 が 重 要 だと 思 いますか MA 結 婚 するための 支 援 として 重 要 だと 思 うことは 独 身 全 体 では 夫 婦 がともに 働 き 続 けられるよう な 職 場 環 境 の 充 実 が 62.8%で 最 も 多 く 次 いで 給 料 を 上 げて 安 定 した 家 計 を 営 めるよう 支 援 する が 54.9% 結 婚 生 活 や 住 宅 の 費 用 を 支 援 する 資 金 貸 与 や 補 助 金 を 行 う が 46.3% 雇 用 対 策 をして 安 定 した 雇 用 機 会 を 提 供 する が 45.7%となっています 性 別 にみると 男 性 では 給 料 を 上 げて 安 定 した 家 計 を 営 めるよう 支 援 する が 61.3%で 最 も 多 く 結 婚 生 活 や 住 宅 の 費 用 を 支 援 する 資 金 貸 与 や 補 助 金 を 行 う 夫 婦 がともに 働 き 続 けられるよ うな 職 場 環 境 の 充 実 結 婚 した 人 の 負 担 を 軽 減 するような 税 制 にする 雇 用 対 策 をして 安 定 した 雇 用 機 会 を 提 供 する がいずれも 50%を 超 えており 女 性 より 高 くなっています 女 性 では 夫 婦 がともに 働 き 続 けられるような 職 場 環 境 の 充 実 が 67.8%で 最 も 多 く 次 いで 給 料 を 上 げて 安 定 した 家 計 を 営 めるよう 支 援 する が 50.6%となっています 図 表 結 婚 するための 支 援 として 重 要 だと 思 うこと 独 身 全 体 164 人 男 性 75 人 女 性 87 人 夫 婦 がともに 働 き 続 けられる ような 職 場 環 境 の 充 実 給 料 を 上 げて 安 定 した 家 計 を 営 めるよう 支 援 する 結 婚 生 活 や 住 宅 の 費 用 を 支 援 する 資 金 貸 与 や 補 助 金 を 行 う 雇 用 対 策 をして 安 定 した 雇 用 機 会 を 提 供 する 結 婚 した 人 の 負 担 を 軽 減 する ような 税 制 にする 未 婚 者 の 結 婚 支 援 サービスを 提 供 する 結 婚 についての 意 識 啓 発 をする 特 に 対 策 は 必 要 ない % 25% 50% 75% 0% 25% 50% 75% 0% 25% 50% 75% 36

41 歳 以 上 50 歳 未 満 独 身 者 問 31 結 婚 する 際 利 用 してみたい あるいはあればいいと 思 う 行 政 公 的 機 関 等 のサービスは 何 で すか MA 結 婚 する 際 に 利 用 してみたい 行 政 等 のサービスは 独 身 全 体 では 結 婚 祝 い 金 ( 一 時 金 )の 支 給 が 61.6%で 最 も 多 く 次 いで 結 婚 したカップルへの 一 定 期 間 の 住 宅 支 援 が 56.1% 結 婚 した カップルへの 一 定 期 間 の 結 婚 生 活 を 支 援 する 貸 付 や 融 資 など 経 済 的 支 援 が 37.8%となっていま す 性 別 で 大 きな 差 はありません 図 表 結 婚 する 際 に 利 用 してみたい 行 政 サービス 等 独 身 全 体 164 人 男 性 75 人 女 性 87 人 結 婚 祝 い 金 ( 一 時 金 )の 支 給 結 婚 したカップルへの 一 定 期 間 の 住 宅 支 援 結 婚 したカップルへの 一 定 期 間 の 結 婚 生 活 を 支 援 する 貸 付 や 融 資 など 経 済 的 支 援 結 婚 したカップルへの 公 営 住 宅 への 優 先 入 居 などの 支 援 特 にない % 25% 50% 75% 0% 25% 50% 75% 0% 25% 50% 75% 37

42 Ⅱ 調 査 結 果 歳 以 上 35 歳 未 満 未 婚 者 ( 全 国 値 との 比 較 ) 調 査 の 際 に 主 に 参 考 とした 第 14 回 出 生 動 向 基 本 調 査 の 調 査 結 果 と 比 較 するため 18 歳 以 上 35 歳 未 満 の 未 婚 者 ( 結 婚 したことがある 人 を 除 く)について 集 計 しました 性 別 及 び 出 生 動 向 基 本 調 査 と 比 較 可 能 な 設 問 については カイ 二 乗 検 定 により 独 立 性 ( 関 連 性 )の 検 定 を 行 いました カイ 二 乗 検 定 ( 独 立 性 の 検 定 ) とは それぞれが 独 立 している( 関 連 性 がない)と 仮 定 し 公 式 によりカイ 二 乗 値 及 び 有 意 確 率 を 求 めます 有 意 確 率 が 有 意 水 準 ( 一 般 的 に 5 とする)より 小 さい 場 合 に 有 意 な 差 を 認 めた(すなわち 関 連 性 がある)と 判 断 します この 項 の 図 表 では 比 較 対 象 より 有 意 に 高 い 項 目 に 有 意 に 低 い 項 目 に を 付 しています ただし 回 答 数 が 50 未 満 となる 設 問 については 比 較 は 参 考 にとどめ コメントはしていません 全 国 値 A: 平 成 22 年 第 14 回 出 生 動 向 基 本 調 査 第 Ⅱ 報 告 書 ( 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 ) (そのうち 35 歳 未 満 未 婚 男 女 の 集 計 結 果 ) 全 国 値 B: 平 成 25 年 度 少 子 化 社 会 対 策 大 綱 の 見 直 しに 向 けた 意 識 調 査 ( 内 閣 府 ) 全 国 値 C: 平 成 25 年 度 家 族 と 地 域 における 子 育 てに 関 する 意 識 調 査 ( 内 閣 府 ) 問 1 年 齢 はおいくつですか ( 平 成 27 年 6 月 1 日 現 在 )SA 回 答 者 の 年 齢 は 男 性 では 有 意 な 差 はありませんが 女 性 では 全 国 値 より 18~24 歳 の 割 合 が 低 く 25~29 歳 の 割 合 が 高 くなっています 図 表 年 齢 18~24 歳 25~29 歳 30~34 歳 国 立 市 男 性 67 人 全 国 値 A 男 性 3,667 人 国 立 市 女 性 66 人 全 国 値 A 女 性 3,406 人 問 2 性 別 をご 回 答 ください SA 回 答 者 の 性 別 は 男 性 49.6% 女 性 48.9%となっています 図 表 性 別 男 性 女 性 国 立 市 135 人 全 国 値 A 7,073 人

43 歳 以 上 35 歳 未 満 未 婚 者 ( 全 国 値 との 比 較 ) 問 3 現 在 あなたが 一 緒 に 住 んでいる 方 はどなたですか MA 世 帯 構 成 は 男 性 では 母 親 父 親 が 60% 台 となっており 女 性 では 50% 台 となっています また ひとり 暮 らし が 男 性 では 25.4% 女 性 では 27.3%となっています 図 表 世 帯 構 成 国 立 市 男 性 67 人 父 親 62.7 母 親 68.7 あなたの 息 子 娘 3.0 あなたの 兄 弟 姉 妹 38.8 祖 父 3.0 祖 母 1.5 パートナー( 事 実 婚 など) ひとり 暮 らし 25.4 国 立 市 女 性 66 人 問 4 あなたの 出 生 地 をご 回 答 ください SA 出 生 地 は 男 性 では 国 立 市 内 他 の 道 府 県 がともに 40.3%となっており 女 性 では 他 の 道 府 県 が 51.5%で 最 も 多 く 東 京 都 内 ( 国 立 市 以 外 ) が 28.8%となっています 国 立 市 内 の 割 合 は 男 性 のほうが 有 意 に 高 くなっています 図 表 出 生 地 国 立 市 内 東 京 都 内 ( 国 立 市 以 外 ) 他 の 道 府 県 3.0 国 立 市 男 性 67 人 国 立 市 女 性 66 人 問 5 あなたは 通 算 で 何 年 くらい 国 立 市 に 住 んでいますか SA 国 立 市 での 居 住 年 数 は 男 性 では 20 年 以 上 30 年 未 満 が 28.4%で 最 も 多 く 次 いで 10 年 以 上 20 年 未 満 が 26.9% 1 年 以 上 5 年 未 満 が 20.9%となっています 女 性 では 10 年 以 上 20 年 未 満 が 34.8%で 最 も 多 く 次 いで 20 年 以 上 30 年 未 満 が 21.2% 1 年 以 上 5 年 未 満 が 18.2%となっています 図 表 居 住 年 数 1 年 未 満 1 年 以 上 5 年 未 満 5 年 以 上 10 年 未 満 10 年 以 上 20 年 未 満 20 年 以 上 30 年 未 満 30 年 以 上 国 立 市 男 性 67 人 国 立 市 女 性 66 人

44 Ⅱ 調 査 結 果 問 6 あなたは 国 立 市 に 愛 着 を 感 じていますか SA 国 立 市 への 愛 着 は 男 性 では 愛 着 を 感 じている まあまあ 愛 着 を 感 じている がともに 44.8% で 合 わせると 89.6%となっています 女 性 では 愛 着 を 感 じている が 51.5% まあまあ 愛 着 を 感 じている が 37.9%で 合 わせる と 89.4%となっています 図 表 国 立 市 への 愛 着 愛 着 を 感 じている まあまあ 愛 着 を 感 じている どちらとも 言 えない それほど 愛 着 を 感 じていない まったく 愛 着 を 感 じていない 国 立 市 男 性 67 人 国 立 市 女 性 66 人 問 7 あなたは これからも 国 立 市 に 住 み 続 けたいと 思 いますか SA 国 立 市 への 定 住 意 向 は 男 性 では 住 み 続 けたい が 53.7%で 最 も 多 く わからない 考 えたこ とがない が 20.9%となっています 女 性 では 住 み 続 けたい が 51.5%で 最 も 多 く 次 いで 東 京 都 内 の 他 のまちに 住 みたいと 思 う が 21.2% わからない 考 えたことがない が 18.2%となっています 図 表 定 住 意 向 住 み 続 けたい 国 立 市 内 の 他 の 地 域 に 住 みたいと 思 う 東 京 都 内 の 他 のまちに 住 みたいと 思 う 東 京 都 以 外 のまちに 住 みたいと 思 う わからない 考 えたことがない 国 立 市 男 性 67 人 国 立 市 女 性 66 人 問 8-1 あなたは 国 立 市 以 外 から 引 っ 越 してきたことがありますか SA 国 立 市 へ 引 っ 越 してきた 経 験 が ある 割 合 は 男 性 が 61.2% 女 性 が 80.3%となっており 女 性 のほうが 有 意 に 高 くなっています 図 表 国 立 市 以 外 からの 引 っ 越 し 経 験 ある ない 国 立 市 男 性 67 人 国 立 市 女 性 66 人

45 問 8-1で ある を 選 んだ 方 にうかがいます 歳 以 上 35 歳 未 満 未 婚 者 ( 全 国 値 との 比 較 ) 問 8-2 直 近 であなたが 国 立 市 に 引 っ 越 してきた 理 由 は 何 ですか 優 先 順 位 が 高 い 順 に3つまでご 回 答 ください SA 国 立 市 に 引 っ 越 してきた 理 由 の1 位 は 男 女 とも 住 宅 事 情 となっています 次 いで 男 性 では 生 活 環 境 上 の 理 由 女 性 では あなたの 就 職 のため 家 族 の 転 勤 のため となっています 図 表 引 っ 越 してきた 理 由 国 立 市 男 性 41 人 あなたの 就 職 のため 家 族 の 就 職 のため あなたの 転 職 のため 家 族 の 転 職 のため あなたの 求 職 のため 家 族 の 求 職 のため あなたの 開 業 のため 家 族 の 開 業 のため あなたの 転 勤 のため 家 族 の 転 勤 のため 住 宅 事 情 生 活 環 境 上 の 理 由 あなたの 通 勤 通 学 が 不 便 だったため 家 族 の 通 勤 通 学 が 不 便 だったため あなたの 入 学 進 学 転 校 などのため 家 族 の 入 学 進 学 転 校 などのため 家 族 親 族 と 同 居 または 近 くに 住 むため 家 族 親 族 から 独 立 ( 別 居 )するため 入 院 入 所 のため 位 2 位 3 位 % 10% 20% 30% 国 立 市 女 性 53 人 位 2 位 位 % 10% 20% 30% 41

46 Ⅱ 調 査 結 果 問 9 国 立 市 における 次 の 項 目 の 満 足 度 をご 回 答 ください 国 立 市 における 満 足 の 割 合 は 男 性 では 自 然 環 境 まちなみ 景 観 が 40%を 超 えており やや 満 足 を 合 わせた 満 足 度 の 割 合 は 80%を 超 えています 女 性 では まちなみ 景 観 が 50% を 超 えて 最 も 高 く 自 然 環 境 が 40%を 超 えており やや 満 足 を 合 わせた 満 足 度 の 割 合 はどち らも 80%を 超 えています 男 女 で 差 がみられるのは 交 通 の 利 便 性 で 男 性 に 比 べて 女 性 の 満 足 の 割 合 が 低 くなってい ます 満 足 度 が 80% 以 上 の 項 目 の 対 象 者 には 印 を 不 満 と やや 不 満 を 合 わせた 不 満 足 度 が 30% 以 上 の 項 目 の 対 象 者 には を 付 しています 図 表 買 い 物 の 利 便 性 不 満 やや 不 満 どちらとも 言 えない やや 満 足 満 足 国 立 市 男 性 67 人 国 立 市 女 性 66 人 図 表 飲 食 店 の 充 実 不 満 やや 不 満 どちらとも 言 えない やや 満 足 満 足 国 立 市 男 性 67 人 国 立 市 女 性 66 人 図 表 娯 楽 環 境 不 満 やや 不 満 どちらとも 言 えない やや 満 足 満 足 国 立 市 男 性 67 人 国 立 市 女 性 66 人 図 表 交 通 の 利 便 性 不 満 やや 不 満 どちらとも 言 えない やや 満 足 満 足 国 立 市 男 性 67 人 国 立 市 女 性 66 人 図 表 子 育 て 支 援 サービス 国 立 市 男 性 67 人 1.5 国 立 市 女 性 66 人 不 満 やや 不 満 どちらとも 言 えない やや 満 足 満 足 図 表 教 育 環 境 国 立 市 男 性 67 人 不 満 やや 不 満 どちらとも 言 えない やや 満 足 満 足 国 立 市 女 性 66 人

47 歳 以 上 35 歳 未 満 未 婚 者 ( 全 国 値 との 比 較 ) 図 表 医 療 施 設 の 充 実 不 満 やや 不 満 どちらとも 言 えない やや 満 足 満 足 国 立 市 男 性 67 人 国 立 市 女 性 66 人 図 表 社 会 保 障 制 度 の 充 実 不 満 1.5 やや 不 満 どちらとも 言 えない やや 満 足 満 足 国 立 市 男 性 67 人 国 立 市 女 性 66 人 図 表 行 政 サービス 不 満 やや 不 満 どちらとも 言 えない やや 満 足 満 足 国 立 市 男 性 67 人 国 立 市 女 性 66 人 図 表 公 園 スポーツ 施 設 等 の 充 実 不 満 やや 不 満 どちらとも 言 えない やや 満 足 満 足 国 立 市 男 性 67 人 国 立 市 女 性 66 人 図 表 文 化 施 設 公 民 館 等 の 充 実 不 満 やや 不 満 どちらとも 言 えない やや 満 足 満 足 国 立 市 男 性 67 人 国 立 市 女 性 66 人 図 表 防 災 体 制 不 満 やや 不 満 どちらとも 言 えない やや 満 足 満 足 3.0 国 立 市 男 性 67 人 国 立 市 女 性 66 人 図 表 防 犯 体 制 治 安 不 満 やや 不 満 どちらとも 言 えない やや 満 足 満 足 国 立 市 男 性 67 人 国 立 市 女 性 66 人

問 5-1 現 在 のおつとめの 状 況 をご 回 答 ください 1 正 規 の 職 員 2 パート アルバイト 3 派 遣 嘱 託 契 約 社 員 4 自 営 業 主 家 族 従 事 者 5 無 職 家 事 6 学 生 問 5-2 ( 問 5-1で1~4を 選 択 した 方 にうかがいます) 現

問 5-1 現 在 のおつとめの 状 況 をご 回 答 ください 1 正 規 の 職 員 2 パート アルバイト 3 派 遣 嘱 託 契 約 社 員 4 自 営 業 主 家 族 従 事 者 5 無 職 家 事 6 学 生 問 5-2 ( 問 5-1で1~4を 選 択 した 方 にうかがいます) 現 結 婚 出 産 に 関 する 実 態 と 意 識 調 査 ( 独 身 男 女 ) 問 1 あなたの 出 生 地 をご 回 答 ください 47 都 道 府 県 + 外 国 (プルダウン 48) 問 2 これまでに 結 婚 したことがありますか 1 ない 2 ある( 離 別 した) 3 ある( 死 別 した) 問 3-1 最 後 に 卒 業 した(あるいは 在 学 中 の) 学 校 をご 回 答 ください

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

資 料 1-2 1 町 内 アンケート 調 査 結 果 概 要 1. 調 査 方 法 調 査 対 象 者 : 町 内 に 居 住 する 15 歳 以 上 の 男 女 抽 出 方 法 : 無 作 為 に 抽 出 配 布 回 収 方 法 : 郵 送 配 布 郵 送 回 収 実 施 期 間 : 平 成 2

資 料 1-2 1 町 内 アンケート 調 査 結 果 概 要 1. 調 査 方 法 調 査 対 象 者 : 町 内 に 居 住 する 15 歳 以 上 の 男 女 抽 出 方 法 : 無 作 為 に 抽 出 配 布 回 収 方 法 : 郵 送 配 布 郵 送 回 収 実 施 期 間 : 平 成 2 府 中 町 内 外 の 居 住 者 に 対 する 居 住 意 向 アンケート 調 査 結 果 のポイント 町 内 居 住 者 アンケート 町 外 居 住 者 アンケート 資 料 1-1 平 成 27 年 6 月 実 施 15 歳 以 上 1500 人 を 無 作 為 抽 出 し 郵 送 で 配 布 回 収 平 成 27 年 6 月 実 施 マツダ( 株 ) イオンモール 広 島 府 中 府 中 町

More information

納品労働者アンケート結果_0331納品版

納品労働者アンケート結果_0331納品版 2. 出 産 育 児 等 を 機 に 離 職 した 仕 事 について 出 産 育 児 等 を 機 に 離 職 した 仕 事 が 最 初 の 仕 事 ( 初 職 )である 割 合 は 正 社 員 は5 割 弱 フルタイム 及 び 短 時 間 の 非 正 社 員 は4 割 弱 である ( 就 業 形 態 は 再 就 職 後 である 以 下 同 様 ) 離 職 した 仕 事 の 就 業 形 態 は 正 社

More information

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 余 市 町 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 1 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 の 減 免 をする 場 合 に 余 市 町 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 の 交 付 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 この 要 綱 でいう ひとり 親 世 帯 等 とは 保 護 者 又

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63> 健 康 保 険 被 扶 養 者 資 格 について 平 成 21 年 4 月 測 量 地 質 健 康 保 険 組 合 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 資 格 について 健 康 保 険 では 被 保 険 者 だけでなく 被 扶 養 者 についても 病 気 やけが 出 産 または 死 亡 に 対 して 保 険 給 付 が 行 われ ます 被 扶 養 者 となるためには 一 定 の 条 件 ( 下 記

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

3 子 どもの 有 無 人 数 末 子 年 齢 子 どもの 有 無 については 子 どもありの 比 率 が 9 割 を 超 えている 子 どもの 人 数 については 2 人 が 最 も 多 く 次 いで 1 人 3 人 の 順 に 続 いている 末 子 年 齢 については 3 歳 ~6 歳 未 満

3 子 どもの 有 無 人 数 末 子 年 齢 子 どもの 有 無 については 子 どもありの 比 率 が 9 割 を 超 えている 子 どもの 人 数 については 2 人 が 最 も 多 く 次 いで 1 人 3 人 の 順 に 続 いている 末 子 年 齢 については 3 歳 ~6 歳 未 満 第 2 章 再 チャレンジ 事 例 調 査 結 果 2.1 基 本 集 計 結 果 2.1.1 回 答 者 の 属 性 1 年 齢 再 チャレンジ 支 援 を 受 けた 女 性 の 年 齢 構 成 は 35~39 歳 が 最 も 多 く 次 いで 30~34 歳 40~44 歳 の 順 に 続 いている 図 表 2-1-1 年 齢 (SA) n=505 0% 10% 20% 30% 24 歳 以 下

More information

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64 平 成 21 年 度 労 働 関 係 総 合 実 態 調 査 調 査 結 果 の 概 要 1 諸 制 度 の 状 況 (1) 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 従 業 員 の 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 の 方 法 は 労 働 ( 雇 用 ) 契 約 書 を 取 り 交 わ している が 34.3%でもっとも 多 く 次 いで 口 頭 による 説 明 が 30.2%

More information

大 田 区 保 育 従 事 職 員 宿 舎 借 り 上 げ 支 援 事 業 Q&A 目 次 Ⅰ 補 助 事 業 全 般 について P3~P4 Ⅱ 補 助 対 象 施 設 について P5 Ⅲ 補 助 対 象 職 員 について P6~P10 Ⅳ 補 助 対 象 経 費 について P11~P13 2

大 田 区 保 育 従 事 職 員 宿 舎 借 り 上 げ 支 援 事 業 Q&A 目 次 Ⅰ 補 助 事 業 全 般 について P3~P4 Ⅱ 補 助 対 象 施 設 について P5 Ⅲ 補 助 対 象 職 員 について P6~P10 Ⅳ 補 助 対 象 経 費 について P11~P13 2 待 機 児 解 消 に 向 けた 保 育 施 設 の 新 規 開 設 ラッシュにより 都 内 及 び 隣 接 県 の 自 治 体 での 保 育 士 の 需 要 が 急 増 しております これを 受 け 大 田 区 では 保 育 人 材 の 確 保 定 着 及 び 離 職 防 止 を 図 り 安 定 的 な 保 育 所 の 運 営 を 可 能 にするため 平 成 27 年 4 月 より 大 田 区 保

More information

平成16年度

平成16年度 平 成 28 年 度 町 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 ( 説 明 ) ご 自 分 で 申 告 書 を 記 入 される 方 はこの 書 き 方 を 参 考 に 申 告 書 に 記 入 のうえ 申 告 会 場 にお 持 ちくだ さい 申 告 期 限 は3 月 5 日 です 説 明 をよくお 読 みになり それぞれ 記 入 のうえ 申 告 相 談 日 においで ください この 申 告 をされないと

More information

平成21年10月30日

平成21年10月30日 職 員 各 位 平 成 24 年 10 月 25 日 法 人 事 務 局 総 務 部 人 事 課 年 末 調 整 に 係 る 申 告 書 等 の 提 出 について 標 記 の 件 年 末 調 整 を 行 いますので 下 記 の 通 り 必 要 書 類 の 提 出 をお 願 いいたします 記 1. 手 続 きについて (1) 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 返 却 および 記 載 内 容 の 確

More information

国民年金

国民年金 国 民 年 金 の 被 保 険 者 日 本 国 内 に 住 所 のある20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 方 は 原 則 として 国 民 年 金 に 加 入 し なければなりません 国 民 年 金 は, 職 業 などにより 次 の3 種 類 に 分 類 されます 第 1 号 被 保 険 者 自 営 業 者 や 農 林 漁 業 者 学 生 無 職 など( 第 2 号 第 3 号 被 保 険 者 を

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

Ⅰ 調査の概要

Ⅰ 調査の概要 資 料 6 伊 達 市 地 域 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 向 けた 職 員 意 識 調 査 報 告 書 ( 結 婚 出 産 子 育 て) ( 第 2 版 ) 平 成 2 7 年 5 月 総 合 政 策 課 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 の 目 的... 2 2. 調 査 の 実 施 方 法 等... 2 (1) 調 査 対 象 実 施 方 法... 2 (2) 回

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

らの 内 容 について 規 定 することとしております 今 回 お 示 しする 整 理 は 現 時 点 の 案 ですので あらかじめご 承 知 おき 下 さい 同 令 等 の 改 正 規 定 が 確 定 し 次 第 改 めてご 連 絡 をさせていただきます 記 1 軽 減 措 置 の 具 体 的 な

らの 内 容 について 規 定 することとしております 今 回 お 示 しする 整 理 は 現 時 点 の 案 ですので あらかじめご 承 知 おき 下 さい 同 令 等 の 改 正 規 定 が 確 定 し 次 第 改 めてご 連 絡 をさせていただきます 記 1 軽 減 措 置 の 具 体 的 な 事 務 連 絡 平 成 28 年 2 月 19 日 各 都 道 府 県 指 定 都 市 中 核 市 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 担 当 部 局 御 中 内 閣 府 子 ども 子 育 て 本 部 参 事 官 ( 子 ども 子 育 て 支 援 担 当 ) 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 幼 児 教 育 課 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 保 育 課

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

種 類 控 除 額 小 規 模 企 業 共 済 等 掛 金 控 除 生 命 保 険 料 控 除 地 震 保 険 料 控 除 支 払 った 小 規 模 共 済 心 身 障 害 者 扶 養 共 済 の 掛 金 の 金 額 生 命 保 険 料 控 除 額 = 一 般 生 命 保 険 料 控 除 額 + 個

種 類 控 除 額 小 規 模 企 業 共 済 等 掛 金 控 除 生 命 保 険 料 控 除 地 震 保 険 料 控 除 支 払 った 小 規 模 共 済 心 身 障 害 者 扶 養 共 済 の 掛 金 の 金 額 生 命 保 険 料 控 除 額 = 一 般 生 命 保 険 料 控 除 額 + 個 所 得 税 ( 国 税 )のあらまし 税 額 の 計 算 方 法 市 県 民 税 所 得 割 の 計 算 方 法 とほぼ 同 じです 総 合 課 税 ( 所 得 金 額 - 所 得 控 除 額 ) 税 率 - 税 額 控 除 額 ( 課 税 される 所 得 金 額 ) 分 離 課 税 退 職 所 得 山 林 所 得 土 地 建 物 株 式 等 の 譲 渡 所 得 などは 他 の 所 得 と 分 離

More information

<5461726F2D87442DFA4220957D977B82CC905C97A78F9181698B4C93FC97E1>

<5461726F2D87442DFA4220957D977B82CC905C97A78F9181698B4C93FC97E1> 記 入 例 A( 表 ) 扶 養 の 申 立 書 1. 認 定 を 受 けようとする 者 ( 被 扶 養 者 ) 氏 名 高 専 花 子 性 別 ( 男 女 ) 大 生 年 月 日 昭 25 年 3 月 5 日 (60 歳 ) 組 合 員 と 平 の 続 柄 妻 2. 認 定 を 必 要 とする 事 情 (1) 扶 養 の 実 態 ( 扶 養 事 実 発 生 日 扶 養 の 状 況 等 いつから どのように)

More information

昨 年 今 年 退 職 した< 雇 用 保 険 に 関 すること> 1. 雇 用 保 険 ( 失 業 給 付 )を 受 給 予 定 (または 受 給 している) 雇 用 保 険 受 給 資 格 証 のコピー ( 退 職 日 基 本 日 額 処 理 状 況 のわかる 面 ) 日 額 3,611 円 未

昨 年 今 年 退 職 した< 雇 用 保 険 に 関 すること> 1. 雇 用 保 険 ( 失 業 給 付 )を 受 給 予 定 (または 受 給 している) 雇 用 保 険 受 給 資 格 証 のコピー ( 退 職 日 基 本 日 額 処 理 状 況 のわかる 面 ) 日 額 3,611 円 未 被 扶 養 認 定 に 必 要 な 提 出 書 類 申 請 書 全 員 対 象 該 当 する 場 合 必 要 健 康 保 険 被 扶 養 ( 新 規 異 動 ) 届 被 扶 養 ( 子 ) 現 況 届 被 扶 養 ( 子 供 ) 現 況 届 被 扶 養 ( 子 外 ) 現 況 届 全 員 及 び15 歳 上 ( 中 学 除 く)の 子 供 ( が 扶 養 家 族 で 無 い 全 年 齢 の) 子 供

More information

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ 1. 月 収 額 を 計 算 する 前 に 月 収 額 を 計 算 する 前 に 次 のことを 確 かめてください あなたの 同 居 親 族 又 は 同 居 しようとする 親 族 と 扶 養 親 族 の 数 は 何 人 ですか? 同 居 親 族 とは 入 居 しようとする 親 族 ( 本 人 を 除 く)のことをいいます 扶 養 親 族 とは 入 居 しようとする 扶 養 親 族 及 び 入 居 しない

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

次 世 代 育 成 支 援

次 世 代 育 成 支 援 次 世 代 育 成 支 援 [ 保 育 編 ] 町 では 平 成 17 年 度 ~26 年 度 までの10 年 間 次 世 代 育 成 支 援 対 策 ( 子 育 て 支 援 )を 行 っています 保 護 者 の 皆 さんから 保 育 に 関 して 寄 せられた 疑 問 質 問 をま とめましたので 参 考 にしてください 1. 入 園 について Q1 保 育 園 に 入 れる 場 合 は? 保 育

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091DE90458F8A93BE82C991CE82B782E98F5A96AF90C582CC93C195CA92A58EFB82CC8EE888F882AB81694832355B315D2E312E318160816A2E646F63> 退 職 所 得 に 対 する 住 民 税 の 特 別 徴 収 の 手 引 ( 平 成 25 年 1 月 1 日 以 降 適 用 ) 愛 知 県 清 須 市 - 1 - は じ め に 個 人 の 住 民 税 は 納 税 義 務 者 の 前 年 中 の 所 得 を 課 税 標 準 としてその 翌 年 に 課 税 するいわゆる 前 年 所 得 課 税 をたてまえとしておりますが 退 職 所 得 に 対

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

税 市 民 税 県 民 税 家 屋 敷 課 税 の 申 告 書 の 提 出 豊 川 市 外 にお 住 まいで 1 月 1 日 現 在 で 市 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する で 申 告 書 を 提 出 される 平 成 29 年 度 以 後 の 年 度 分 の 申 告

税 市 民 税 県 民 税 家 屋 敷 課 税 の 申 告 書 の 提 出 豊 川 市 外 にお 住 まいで 1 月 1 日 現 在 で 市 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する で 申 告 書 を 提 出 される 平 成 29 年 度 以 後 の 年 度 分 の 申 告 市 役 所 窓 口 等 においてマイナンバーの 記 入 が 必 要 となる 手 続 き 等 手 続 きの 通 知 カード 通 知 カード 通 知 カードの 記 載 内 容 ( 住 所 氏 名 等 )の 変 更 等 引 越 し 婚 姻 などで 通 知 カードの 記 載 内 容 ( 住 所 氏 名 等 )に 変 更 が 生 じた 市 民 課 住 民 登 録 係 0533-89-2272 手 続 時 には

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179967B95D2817A959F92C38E7395F18D908F9181698DC58F4994C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179967B95D2817A959F92C38E7395F18D908F9181698DC58F4994C5816A> 第 4 章 就 労 働 き 方 について 1. 女 性 が 職 業 をもつこと について (1) 女 性 が 職 業 をもつこと についての 考 え 方 問 9 一 般 的 に 女 性 が 職 業 をもつこと について あなたは どのような 考 え 方 をおもち ですか あなたの 考 えに 最 も 近 いものを 選 んでください (1つに ) 全 体 性 別 今 回 調 査 0.8 4.2 全 体

More information

第 8 条 本 協 議 会 における 研 修 は 以 下 のとおりとする (1) 座 学 研 修 農 業 講 座 や 先 進 農 家 視 察 など 農 業 経 営 基 礎 講 座 やその 他 担 い 手 のための 研 修 会 等 への 参 加 など 年 24 回 程 度 とする (2) 実 務 研

第 8 条 本 協 議 会 における 研 修 は 以 下 のとおりとする (1) 座 学 研 修 農 業 講 座 や 先 進 農 家 視 察 など 農 業 経 営 基 礎 講 座 やその 他 担 い 手 のための 研 修 会 等 への 参 加 など 年 24 回 程 度 とする (2) 実 務 研 南 阿 蘇 村 農 業 研 修 生 受 入 協 議 会 青 年 就 農 給 付 金 ( 準 備 型 ) 農 業 研 修 生 受 入 要 項 平 成 24 年 4 月 27 日 制 定 平 成 24 年 6 月 13 日 一 部 改 正 平 成 24 年 10 月 31 日 一 部 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 本 要 項 は 新 規 就 農 総 合 支 援 事 業 実 施 要 綱 ( 農 林

More information

【概要版】吉野川市_アンケート調査結果(報告書)15.07.28

【概要版】吉野川市_アンケート調査結果(報告書)15.07.28 吉 野 川 市 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 策 定 のための アンケート 調 査 結 果 概 要 版 平 成 27 年 7 月 吉 野 川 市 1. 調 査 の 概 要 (1) 調 査 の 目 的 本 調 査 は 今 年 度 策 定 する 地 方 版 総 合 戦 略 において まち ひと しごと 創 生 の 実 現 に 向 けた 効 果 的 な 施 策 を 推 進 するため また 地 方 版

More information

Microsoft Word - 16 育児休業手当金(16ikukyuu.pdf)最終版

Microsoft Word - 16 育児休業手当金(16ikukyuu.pdf)最終版 育 児 休 業 手 当 金 1 支 給 要 件 組 合 員 が 育 児 休 業 を 取 得 したときに 支 給 する 2 支 給 期 間 (1) (2) 以 外 の 場 合 は 育 児 休 業 を 開 始 した 日 から 育 児 休 業 に 係 る 子 が1 歳 に 達 する 日 ( 1)( 育 児 休 業 に 係 る 子 が1 歳 に 達 する 日 前 に 育 児 休 業 が 終 了 した 場 合

More information

1 移 住 UIターンに 関 する 実 態 調 査 の 概 要 (1) 調 査 の 目 的 本 県 へUIターンされた 方 や 県 外 在 住 で 移 住 UIターンを 検 討 している 方 の 移 住 UIターンの 背 景 や 不 安 点 情 報 収 集 方 法 等 の 実 態 を 把 握 し 今

1 移 住 UIターンに 関 する 実 態 調 査 の 概 要 (1) 調 査 の 目 的 本 県 へUIターンされた 方 や 県 外 在 住 で 移 住 UIターンを 検 討 している 方 の 移 住 UIターンの 背 景 や 不 安 点 情 報 収 集 方 法 等 の 実 態 を 把 握 し 今 移 住 UIターンに 関 する 実 態 調 査 結 果 平 成 27 年 5 月 宮 崎 労 働 局 宮 崎 県 1 移 住 UIターンに 関 する 実 態 調 査 の 概 要 (1) 調 査 の 目 的 本 県 へUIターンされた 方 や 県 外 在 住 で 移 住 UIターンを 検 討 している 方 の 移 住 UIターンの 背 景 や 不 安 点 情 報 収 集 方 法 等 の 実 態 を 把

More information

Microsoft Word -

Microsoft Word - 結 婚 妊 娠 出 産 育 児 に 関 する 意 識 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 文 京 区 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 1. 調 査 目 的 3 2. 調 査 項 目 3 3. 調 査 設 計 3 4. 回 収 結 果 3 5. 報 告 書 の 見 方 3 Ⅱ 調 査 回 答 者 の 属 5 (1) 7 (2) 年 齢 7 (3) 同 居 者 8 (4) 現 在 の 暮

More information

1 学 部 ( 短 大 含 む) 高 専 専 修 学 校 専 門 課 程 1 世 帯 人 員 世 帯 人 員 は 本 人 を 含 む 同 一 生 計 を 営 む 世 帯 の 人 数 のことです 世 帯 の 人 数 を 入 力 してください 住 民 票 上 の 別 世 帯 であっても 同 一 生 計

1 学 部 ( 短 大 含 む) 高 専 専 修 学 校 専 門 課 程 1 世 帯 人 員 世 帯 人 員 は 本 人 を 含 む 同 一 生 計 を 営 む 世 帯 の 人 数 のことです 世 帯 の 人 数 を 入 力 してください 住 民 票 上 の 別 世 帯 であっても 同 一 生 計 第 二 種 奨 学 金 家 計 基 準 適 格 性 判 定 表 の 利 用 について 第 二 種 奨 学 金 家 計 基 準 適 格 性 判 定 表 ( 以 下 家 計 判 定 表 ) は 第 二 種 奨 学 金 希 望 者 が 日 本 学 生 支 援 機 構 の 定 める 家 計 基 準 に 合 致 するか 否 かを 判 定 するツールです 奨 学 金 希 望 者 からの 申 込 受 付 の 際

More information

墨 田 区 利 用 調 整 基 準 ( 選 考 基 準 ) () 基 準 指 数 提 出 書 類 を 基 に 保 護 者 の 状 況 の 類 型 を 決 め その 内 容 を 以 下 の 表 にあてはめて 父 母 それぞれの 指 数 を 合 算 し 世 帯 の 基 準 指 数 とします 保 護 者

墨 田 区 利 用 調 整 基 準 ( 選 考 基 準 ) () 基 準 指 数 提 出 書 類 を 基 に 保 護 者 の 状 況 の 類 型 を 決 め その 内 容 を 以 下 の 表 にあてはめて 父 母 それぞれの 指 数 を 合 算 し 世 帯 の 基 準 指 数 とします 保 護 者 H5.9.8 子 ども 子 育 て 会 議 企 画 会 認 可 保 育 施 設 における 利 用 調 整 基 準 ( 選 考 基 準 )の 一 部 見 直 しについて 見 直 しの 理 由 平 成 8 年 用 保 育 施 設 利 用 申 込 みにあたり 平 成 年 の 申 込 状 況 を 踏 まえ 認 可 保 育 施 設 の 利 用 調 整 等 を 検 討 する 中 で 基 準 を 一 部 見 直

More information

所 得 の 種 類 と 所 得 金 額 の 計 算 方 法 所 得 の 種 類 要 件 計 算 方 法 事 業 雑 営 業 等 農 業 小 売 業 製 造 業 飲 食 業 理 容 業 保 険 外 交 員 大 工 集 金 人 ピアノ 講 師 など 農 産 物 の 生 産 果 樹 の 栽 培 家 畜 の

所 得 の 種 類 と 所 得 金 額 の 計 算 方 法 所 得 の 種 類 要 件 計 算 方 法 事 業 雑 営 業 等 農 業 小 売 業 製 造 業 飲 食 業 理 容 業 保 険 外 交 員 大 工 集 金 人 ピアノ 講 師 など 農 産 物 の 生 産 果 樹 の 栽 培 家 畜 の 平 成 27 年 度 市 民 税 道 民 税 ( 国 民 健 康 保 険 税 ) 申 告 の 手 引 き この 手 引 きは 平 成 27 年 度 市 民 税 道 民 税 ( 国 民 健 康 保 険 税 ) 申 告 書 の 記 載 にあたって 一 般 的 な 事 項 について 説 明 しています 申 告 や 各 種 計 算 方 法 などについてお 分 かりにならない 点 がありましたら 北 広 島

More information

1 保育所(園)への入所について

1 保育所(園)への入所について 平 成 28 年 度 阿 久 根 市 保 育 所 等 入 所 案 内 (2 3 号 認 定 ) 平 成 28 年 4 月 からの 利 用 申 し 込 みの 受 け 付 けは 平 成 27 年 12 月 7 日 ( 月 )~ 平 成 27 年 12 月 25 日 ( 金 )です 場 所 阿 久 根 市 役 所 生 きがい 対 策 課 児 童 対 策 係 (1 階 5 番 窓 口 ) 時 間 午 前 8

More information

平 成 27 年 度 市 民 の 社 会 貢 献 に 関 する 実 態 調 査 調 査 票 お 答 えいただく 項 目 ( 内 容 )は 以 下 のとおりです お 答 えいただく 問 数 は 選 択 される 回 答 により 異 なりますが 属 性 を 除 き 最 大 で 17 問 になります 市 民 の 社 会 貢 献 に 関 する 実 態 調 査 設 問 項 目 一 覧 項 目 対 象 Ⅰ 属

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 26 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

<95F18D908F912E786477>

<95F18D908F912E786477> 参 考 鹿 児 島 県 民 の 生 活 意 識 実 態 調 査 等 の 結 果 平 成 23 年 3 月 28 日 目 次 I. 世 代 別 にみた 特 徴 と 課 題... 2 1. 20 歳 代... 2 2. 30 歳 代... 3 3. 40 歳 代... 5 4. 50 歳 代... 7 5. 60 歳 代... 8 6. 70 歳 以 上... 10 II. 就 業 形 態 別 にみた

More information

家 簿 記 入 者 就 業 者 別 集 結 果 ( 別 紙 1 小 参 照 ) A 夫 婦 のみの 世 帯 ( 片 働 き) では 妻 が 家 簿 記 入 者 で 夫 が 就 業 している 世 帯 が 最 も 多 く 197 世 帯 (98.5%)であった B 夫 婦 のみの 世 帯 ( 共 働 き

家 簿 記 入 者 就 業 者 別 集 結 果 ( 別 紙 1 小 参 照 ) A 夫 婦 のみの 世 帯 ( 片 働 き) では 妻 が 家 簿 記 入 者 で 夫 が 就 業 している 世 帯 が 最 も 多 く 197 世 帯 (98.5%)であった B 夫 婦 のみの 世 帯 ( 共 働 き 資 料 家 の 個 別 化 の 実 態 に 関 するアンケートの 結 果 について 1 本 アンケートの 概 要 (1) 調 査 目 的 公 的 統 の 整 備 に 関 する 基 本 的 な 画 に 掲 げられた 個 化 の 状 況 のより 的 確 な 把 握 について 検 討 するための 基 礎 資 料 として 二 人 以 上 の 世 帯 における 家 管 理 の 形 態 と 収 支 の 把 握

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 28 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

F8 昨 年 の 世 帯 年 収 をお 知 らせください 1 100 万 円 未 満 4 300 万 円 ~400 万 円 7 600 万 円 ~700 万 円 2 100 万 円 ~200 万 円 5 400 万 ~500 万 円 8 700 万 円 以 上 3 200 万 円 ~300 万 円

F8 昨 年 の 世 帯 年 収 をお 知 らせください 1 100 万 円 未 満 4 300 万 円 ~400 万 円 7 600 万 円 ~700 万 円 2 100 万 円 ~200 万 円 5 400 万 ~500 万 円 8 700 万 円 以 上 3 200 万 円 ~300 万 円 はじめに あなたご 自 身 のことについてお 伺 いいします F1 あなたのお 住 まいは 次 のどの 地 域 ですか 1 県 北 地 域 3 県 南 地 域 5 南 会 津 地 域 7 いわき 地 域 2 県 中 地 域 4 会 津 地 域 6 相 双 地 域 お 住 まいの 地 域 がわからない 場 合 は 以 下 に 市 町 村 名 をご 記 入 ください ( ) F2 あなたの 出 身 地

More information

日 雇 い 等 の 収 入 の 場 合 前 々 年 1 月 1 日 以 前 から 引 きつづき 前 々 年 分 所 得 額 証 勤 務 先 が 不 特 定 の 日 雇 いをしている 方 前 年 分 確 定 申 告 書 ( 控 ) 前 々 年 1 月 1 日 以 前 から 引 きつづき 前 々 年 分

日 雇 い 等 の 収 入 の 場 合 前 々 年 1 月 1 日 以 前 から 引 きつづき 前 々 年 分 所 得 額 証 勤 務 先 が 不 特 定 の 日 雇 いをしている 方 前 年 分 確 定 申 告 書 ( 控 ) 前 々 年 1 月 1 日 以 前 から 引 きつづき 前 々 年 分 書 類 審 査 に 必 要 なもの 書 類 審 査 には 次 の1~5の 該 当 する 全 ての 書 類 が 必 要 です 必 要 な 書 類 が 提 出 されない 場 合 は 失 格 になります なお 必 要 事 項 の 記 入 漏 れや 証 明 者 等 の 印 鑑 のないもの およびコピーは 無 効 な 書 類 となります また 提 出 された 書 類 はお 返 しできません 1. 世 帯 員

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

別 添 1 女 性 国 家 公 務 員 の 登 用 状 況 資 料 1 指 定 職 に 占 める 女 性 の 割 合 は3.0%( 平 成 27 年 11 月 1 日 現 在 ) ( 前 年 9 月 1 日 現 在 から0.2ポイント 増 ) 本 省 課 室 長 相 当 職 以 上 に 占 める 女

別 添 1 女 性 国 家 公 務 員 の 登 用 状 況 資 料 1 指 定 職 に 占 める 女 性 の 割 合 は3.0%( 平 成 27 年 11 月 1 日 現 在 ) ( 前 年 9 月 1 日 現 在 から0.2ポイント 増 ) 本 省 課 室 長 相 当 職 以 上 に 占 める 女 報 道 資 料 平 成 27 年 12 月 1 日 内 閣 官 房 内 閣 人 事 局 女 性 国 家 公 務 員 の 登 用 状 況 及 び 国 家 公 務 員 の 育 児 休 業 等 の 取 得 状 況 の フォローアップ 1 公 表 の 趣 旨 各 府 省 等 は 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 )に 定 める 目

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を 産 休 等 代 替 職 員 制 度 実 施 要 綱 第 1 性 格 及 び 目 的 産 休 等 代 替 職 員 制 度 は 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 又 は 傷 病 のため 長 期 間 にわたって 継 続 する 休 暇 を 必 要 とする 場 合 その 職 員 の 職 務 を 行 わせるための 産 休 等 代 替 職 員 を 当 該 児 童 福 祉 施 設 等 の 長 が

More information

Microsoft Word - y0813040.doc

Microsoft Word - y0813040.doc 桜 井 市 規 程 要 綱 集 y0813040 桜 井 市 重 度 心 身 障 害 老 等 医 療 費 助 成 要 綱 桜 井 市 重 度 心 身 障 害 老 等 医 療 費 助 成 要 綱 昭 和 58 年 1 月 25 日 告 示 第 9 号 改 正 平 成 12 年 07 月 01 日 告 示 第 82 号 改 正 平 成 14 年 09 月 27 日 告 示 第 146 号 改 正 平 成

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (16 年 度 末 ) A 千 16 年 度 実 質 収 支 千 件 費 B 千 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 15 年 度 の 件 費 率 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 予 算 ) 職 員 数 給 与 費 A

More information

5 満 60 歳 以 上 の 祖 父 母 二 親 等 の 直 系 血 族 である 実 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 又 は 養 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 をいう 6 満 22 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 弟

5 満 60 歳 以 上 の 祖 父 母 二 親 等 の 直 系 血 族 である 実 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 又 は 養 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 をいう 6 満 22 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 弟 扶 養 親 族 認 定 事 務 の 取 扱 いについて 昭 和 61 年 6 月 30 日 埼 例 規 第 27 号 務 警 察 本 部 長 扶 養 親 族 認 定 事 務 の 取 扱 いについて( 例 規 通 達 ) 扶 養 手 当 の 認 定 等 については 職 員 の 給 与 に 関 する 条 例 ( 昭 和 27 年 埼 玉 県 条 例 第 19 号 以 下 条 例 という ) 扶 養 手

More information

群馬県多文化共生推進指針

群馬県多文化共生推進指針 < 資 料 2> 定 住 外 国 人 実 態 調 査 結 果 概 要 1 調 査 目 的 経 済 状 況 の 悪 化 後 における 県 内 の 外 国 人 集 住 地 域 に 住 む 外 国 人 の 就 労 状 況 や 生 活 実 態 子 供 の 就 学 状 況 等 と 受 け 入 れ 側 日 本 人 の 意 識 を 調 査 し その 結 果 を 分 析 研 究 することに より 県 の 支 援 施

More information

Microsoft Word - H27市・府民税のしくみ原稿(白黒)

Microsoft Word - H27市・府民税のしくみ原稿(白黒) 市 府 民 税 ( 住 民 税 )の 課 税 のしくみ( 平 成 27 年 度 ) 平 成 27 年 度 の 市 府 民 税 の 課 税 は 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 住 所 地 の 市 町 村 で 課 税 されます 平 成 27 年 1 月 2 日 以 降 亀 岡 市 に 在 住 しなくなった 場 合 ( 転 出 した 場 合 または 死 亡 した 場 合 )に ついても 平

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

障害福祉制度あらまし目次

障害福祉制度あらまし目次 4 年 金 手 当 障 害 基 礎 年 金 次 の 要 件 をすべて 満 たす 方 に 障 害 基 礎 年 金 が 支 給 されます 要 年 金 額 支 給 制 限 件 1 初 診 日 が 20 歳 前 であるか 初 診 日 において 国 民 年 金 に 加 入 中 の 方 もしくは 国 民 年 金 に 加 入 したことのある 60 歳 以 上 65 歳 未 満 で 日 本 国 内 に 住 所 がある

More information

奨学事業戦略部個人情報ファイル簿

奨学事業戦略部個人情報ファイル簿 日 本 学 生 支 援 機 構 ファイ 簿 等 名 1 2 ファ イの 名 称 ファイ 奨 学 金 振 込 明 奨 学 事 業 細 データファ 戦 略 イ 貸 与 債 権 管 奨 学 スター 奨 学 事 業 データファイ 戦 略 貸 与 債 権 管 1 奨 学 金 の 定 期 送 金 又 は 手 作 業 送 金 時 金 融 機 関 に 振 込 みを 依 頼 するた 2 金 融 機 関 店 舗 等 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E398C8E323793FA95D78BAD89EFDABCDEADD22E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E398C8E323793FA95D78BAD89EFDABCDEADD22E646F6378> 平 成 21 年 9 月 27 日 社 会 保 険 労 務 士 栗 原 勝 遺 族 の 年 金 について 遺 族 給 付 の 種 類 給 付 の 種 類 死 亡 した 人 の 要 件 遺 族 の 範 囲 遺 族 基 礎 年 金 11 被 保 険 者 の 死 亡 12 被 保 険 者 であった 方 で 日 本 国 内 に 住 所 を 有 する60 歳 以 上 65 歳 未 満 の 人 の 死 亡 3

More information

ニュースリリース

ニュースリリース ニュースリリース 平 成 2 4 年 11 月 28 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 教 育 費 負 担 の 実 態 調 査 結 果 ( 国 の 教 育 ローン 利 用 勤 務 者 世 帯 ) ( 平 成 24 年 度 ) 世 帯 年 収 減 少 により 一 段 と 重 くなる 教 育 費 負 担 ~ 年 収 に 占 める 教 育 費 の 負 担 割 合 が 39と 過 去 1

More information

調査結果の概要

調査結果の概要 調 査 結 果 の 概 要 調 査 の 概 要 1 調 査 対 象 (1) 事 業 所 調 査 都 内 の 常 用 従 業 者 規 模 30 人 以 上 の 3,000 事 業 所 1 調 査 対 象 (2) 契 約 社 員 調 査 事 業 所 調 査 の 結 果 から 協 力 を 得 られた 事 業 所 の 従 業 員 2,000 人 2 調 査 時 点 方 法 (1) 事 業 所 調 査 平 成

More information

* 目 次 * はじめに 幼 稚 園 等 とは 従 来 幼 稚 園 と 新 制 度 幼 稚 園 等 の 違 い 1ページ 保 育 の 必 要 性 の 認 定 ( 支 給 認 定 ) 2ページ 支 給 認 定 とは 支 給 認 定 の 種 類 入 所 の 手 続 き 3ページ 申 込 から 入 園 決

* 目 次 * はじめに 幼 稚 園 等 とは 従 来 幼 稚 園 と 新 制 度 幼 稚 園 等 の 違 い 1ページ 保 育 の 必 要 性 の 認 定 ( 支 給 認 定 ) 2ページ 支 給 認 定 とは 支 給 認 定 の 種 類 入 所 の 手 続 き 3ページ 申 込 から 入 園 決 つがる 市 福 祉 部 福 祉 課 児 童 福 祉 係 ( 平 成 27 年 11 月 16 日 現 在 ) * 目 次 * はじめに 幼 稚 園 等 とは 従 来 幼 稚 園 と 新 制 度 幼 稚 園 等 の 違 い 1ページ 保 育 の 必 要 性 の 認 定 ( 支 給 認 定 ) 2ページ 支 給 認 定 とは 支 給 認 定 の 種 類 入 所 の 手 続 き 3ページ 申 込 から 入

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が 子 育 て 支 援 制 度 Q&A ( 平 成 22 年 6 月 30 日 現 在 ) この 度 東 北 大 学 の 子 育 て 支 援 のための 職 員 等 の 休 暇 制 度 育 児 休 業 制 度 を Q&A 方 式 でわかりやすく 説 明 をしましたので ご 活 用 ください なお 不 明 な 点 等 がありましたら 遠 慮 なく 各 部 局 の 人 事 担 当 係 又 は 総 務 部 人

More information

1 支 給 認 定 新 制 度 では 幼 稚 園 ( 新 制 度 に 移 行 する 幼 稚 園 のことで 以 下 同 じ) を 利 用 する 場 合 には お 住 まいの 市 町 村 から 支 給 認 定 証 の 交 付 を 受 ける 必 要 があります 認 定 の 区 分 は 年 齢 や 保 育

1 支 給 認 定 新 制 度 では 幼 稚 園 ( 新 制 度 に 移 行 する 幼 稚 園 のことで 以 下 同 じ) を 利 用 する 場 合 には お 住 まいの 市 町 村 から 支 給 認 定 証 の 交 付 を 受 ける 必 要 があります 認 定 の 区 分 は 年 齢 や 保 育 ここに 掲 載 されている 内 容 は 平 成 26 年 9 月 時 点 での 予 定 です 今 後 変 更 となる 可 能 性 があります 平 成 27 年 度 から 幼 稚 園 等 の 利 用 手 続 きが 変 わります! 幼 児 期 の 学 校 教 育 や 保 育 地 域 の 子 育 て 支 援 の 量 の 拡 充 や 質 の 向 上 を 進 めていく 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度

More information

被扶養者あり+前納なし

被扶養者あり+前納なし 任 意 継 続 手 続 き 郵 送 する 前 最 後 もう 一 度 ご 確 認 くさだい チェック! 健 康 保 険 任 意 継 続 資 格 取 得 書 確 認 書 - 必 ずご 確 認 ください- 取 得 書 裏 面 (ダウンロード 場 合 は2 枚 目 ) 署 名 欄 署 名 捺 はさましたか? 住 民 票 1 通 (3か 以 内 発 行 さたも コピー 可 ) 退 職 わかるも(お 持 ち 方

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20328FCD5F8F5A82DC82A282DC82BF82C382AD82E882CC89DB91E8>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20328FCD5F8F5A82DC82A282DC82BF82C382AD82E882CC89DB91E8> 第 2 章 住 まい まちづくりの 課 題 これまで 整 理 した 能 代 市 の 住 宅 住 環 境 の 現 況 及 び 住 民 意 向 調 査 結 果 上 位 関 連 計 画 等 を 考 慮 すると 1. 高 齢 化 の 進 展 2. 社 会 ニーズの 多 様 化 3. 住 宅 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 4. 能 代 市 独 自 の 地 域 性 5. 市 営 住 宅 ストックの 質

More information

<92508F838F578C76816948509770816A2E786C73>

<92508F838F578C76816948509770816A2E786C73> 平 成 24 年 2 月 1 日 現 在 ( 単 純 集 ) ( 大 槌 町 復 興 局 復 興 推 進 室 ) 1/26 住 宅 再 建 に 関 する 意 向 調 査 について 1. 調 査 目 的 被 災 者 住 宅 再 建 について 見 通 しや 考 え 方 を 明 らかにすることにより 大 槌 町 東 日 本 大 震 災 津 波 復 興 画 ( 実 施 画 ) 策 定 に 係 る 基 礎 資

More information

平 成 22 年 度 女 性 雇 用 環 境 調 査 結 果 報 告 書 長 野 県 商 工 労 働 部 目 次 第 1 調 査 の 概 要... 2 第 2 調 査 結 果 の 概 要... 6 1 事 業 所 調 査... 6 (1) 回 答 事 業 所 の 属 性... 6 (2) 雇 用 管 理 について... 7 ア 新 規 学 卒 者 及 び 中 途 採 用 者 の 採 用 状 況...

More information

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5 資 料 3 番 号 制 度 で 何 ができるようになるか 2011 年 1 月 31 日 内 閣 官 房 社 会 保 障 改 革 担 当 室 ( 注 )ここで 示 される 利 用 場 面 については 関 係 者 にシステム 対 応 等 の 負 担 を 求 める 可 能 性 があることや 個 人 情 報 等 の 取 扱 い 等 に 特 に 留 意 が 必 要 な 場 合 もあることから 引 き 続 き

More information

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料 総 括 平 成 5 年 度 標 津 町 の 事 行 政 の 運 営 状 況 について () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 総 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 年 度 5,587 6,5,9 % % 8,5 87,75 3..6 () 職 員 給 与 費 の 状

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的 矢 掛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 25 年 度 5,055 千 7,78,45 千 48,9 千 877,259.3 2.8 (2) 職 員 給

More information

tokutei2-7.xls

tokutei2-7.xls 出 産 育 児 に 関 する 制 度 一 覧 親 になる ことが 判 明 子 どもが 生 まれる 前 出 産 子 育 て 期 間 中 1 妊 娠 障 害 休 暇 ( 女 性 のみ) 2 妊 娠 中 の 通 勤 緩 和 職 免 ( 女 性 のみ) 3 妊 産 婦 の 就 業 制 限 ( 女 性 のみ) 4 保 健 指 導 職 免 除 ( 女 性 のみ) 5 産 前 産 後 休 暇 ( 女 性 のみ)

More information

平成19年度

平成19年度 保 育 園 入 園 のご 案 内 諏 訪 市 健 康 福 祉 部 こども 課 保 育 係 392-8511 諏 訪 市 高 島 1 丁 目 22 番 30 号 0266-52-4141 内 線 446 447 保 育 園 は 保 護 者 ( 父 母 等 )の 就 労 や 病 気 などの 事 情 により 家 庭 で 十 分 な 保 育 ができない 児 童 を 保 護 者 に 代 わって 保 育 する

More information

(3) 仕 事 ( 結 果 の 概 要 12~ ページ 参 照 ) 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 女 共 に 平 成 13 年 まで 減 少 が 続 き,18 年 で 増 加 したが,23 年 で 再 び 減 少 平 成 23 年 の 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 性 が6 間 56,

(3) 仕 事 ( 結 果 の 概 要 12~ ページ 参 照 ) 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 女 共 に 平 成 13 年 まで 減 少 が 続 き,18 年 で 増 加 したが,23 年 で 再 び 減 少 平 成 23 年 の 有 業 者 の 仕 事 間 は 男 性 が6 間 56, 平 成 23 年 社 会 生 活 基 本 調 査 生 活 間 に 関 する 結 果 要 約 平 成 24 年 9 月 26 日 社 会 生 活 基 本 調 査 とは 社 会 生 活 基 本 調 査 は, 国 民 の 生 活 間 の 配 及 び 自 由 間 における 主 な 活 動 について 調 査 し, 各 種 行 政 施 策 の 基 礎 資 料 を 得 ることを 目 的 とし, 昭 和 51 年

More information

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4)

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 19 年 3 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 5 月 31 日 改 正 ) ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の 入 社 時 の 社 会 保 険 料 計 算 ( 給 与 計 算 )と 保 険 料 納 付 多 くの 企 業 では 社 員 が 入 社 し 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 介 護 保 険 )の 資 格 を 取 得 した 翌 月 の 給 与 支 払 い 時 に 社 会 保 険 料 を 徴 収 します たとえば 4 月 分 の 社 会 保 険 料 は 5 月 に 支 払 われる

More information

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章 第 4 章 金 要 件 と 金 額 1 ( 高 齢 になった 場 合 に 受 け 取 れる 金 ) 要 件 1 受 資 格 期 間 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 を 合 わせて25 以 上 あること (ただし 金 額 には 反 映 されないが 受 資 格 期 間 には 算 入 される 合 算 対 象 期 間 があります) 消 費 税 が 引 き 上 げられる 27

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63> 国 民 健 康 保 険 国 民 年 金 国 民 健 康 保 険 手 続 き 問 合 せ 先 / 本 庁 国 保 医 療 課 各 支 所 健 康 福 祉 課 国 民 健 康 保 険 に 加 入 するとき もしくはやめるときは 必 ず14 日 以 内 に 届 出 をして こんなとき 必 要 なもの 職 場 の 健 康 保 険 をやめたとき 職 場 の 健 康 保 険 をやめた 証 明 書 国 民 健 康

More information

153053-FP知年金_-D-_[本文].indb

153053-FP知年金_-D-_[本文].indb も く じ 公 的 制 度 改 正 動 向 3 12 公 的 払 込 期 間 中 Q& 22 1 主 な 改 正 変 更 事 項 3 (1) 物 価 スライド 特 例 水 準 解 消 と 本 来 水 準 額 3 (2)マクロ 経 済 スライド 本 格 発 動 3 (3) 第 3 号 不 整 合 記 録 問 題 へ 対 応 4 (4) 厚 生 と 共 済 一 元 化 4 (5) 新 たな 保 険 料

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

給 与 所 得 控 除 所 得 税 の 簡 易 給 与 所 得 表 により 給 与 所 得 の 金 額 を 求 めますが 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え

給 与 所 得 控 除 所 得 税 の 簡 易 給 与 所 得 表 により 給 与 所 得 の 金 額 を 求 めますが 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え 個 人 県 民 税 ( 県 税 ) 個 人 市 町 村 民 税 ( 市 町 村 税 ) 県 内 に 住 所 がある 個 人 にかかります 個 人 県 民 税 と 個 人 市 町 村 民 税 をあわせて 個 人 の 住 民 税 と 呼 んでいます 住 民 税 は 市 町 村 で 賦 課 徴 収 されたあと 県 民 税 分 は 各 市 町 村 から 県 に 払 い 込 まれます 納 め る 人 毎 年

More information

目  次

目  次 年 金 手 当 について 障 害 基 礎 年 金 公 的 年 金 制 度 に 加 入 している 期 間 中 に 被 った 傷 病 により 障 害 者 になった 場 合 に 年 金 や 一 時 金 が 支 給 されます( 申 請 は 原 則 65 歳 までとなりま) 制 度 の 種 類 支 給 要 件 年 金 額 中 央 窓 口 センター 国 民 年 金 係 823-9439 国 民 年 金 障 害

More information

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73>

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73> 富 田 林 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 4 年 度 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 )1 職 員 手 当 には

More information

調 査 概 要 調 査 目 的 若 年 層 子 育 て 世 代 に 対 し 自 助 努 力 を 促 す 商 品 制 度 ニーズあことを 証 明 す ライフイベント 発 生 ( 結 婚 出 産 子 育 て)に 対 し どよう 不 安 あ 金 銭 的 不 安 ど 程 度 あを 明 にす また 十 分 備

調 査 概 要 調 査 目 的 若 年 層 子 育 て 世 代 に 対 し 自 助 努 力 を 促 す 商 品 制 度 ニーズあことを 証 明 す ライフイベント 発 生 ( 結 婚 出 産 子 育 て)に 対 し どよう 不 安 あ 金 銭 的 不 安 ど 程 度 あを 明 にす また 十 分 備 新 信 託 商 品 受 容 性 把 握 ため 基 礎 調 査 216 調 査 結 果 報 告 書 216 年 9 月 調 査 概 要 調 査 目 的 若 年 層 子 育 て 世 代 に 対 し 自 助 努 力 を 促 す 商 品 制 度 ニーズあことを 証 明 す ライフイベント 発 生 ( 結 婚 出 産 子 育 て)に 対 し どよう 不 安 あ 金 銭 的 不 安 ど 程 度 あを 明 にす

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 か 1 年 間 の 年 金 額 を 確 かめて 前 年 中 の 年 間 総 所 得 金 額 めてください ください を 確 かめてください 計 算 のしか

給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 か 1 年 間 の 年 金 額 を 確 かめて 前 年 中 の 年 間 総 所 得 金 額 めてください ください を 確 かめてください 計 算 のしか (5) 月 収 額 の 計 算 のしかた 月 収 額 を 計 算 する 前 に 次 のことを 確 かめてください (1)あなたの 同 居 親 族 または 同 居 しようとする 親 族 と 扶 養 親 族 の 数 は (2)あなたの 世 帯 の 総 収 入 金 額 または 総 所 得 金 額 は (3)あなたの 世 帯 は 収 入 基 準 に 合 ってますか (1) 同 居 親 族 扶 養 家 族 の

More information

ア. 市 長 事 務 部 及 び 行 政 委 員 会 等 の 状 況 職 員 数 給 与 費 (A) 給 料 期 末 勤 勉 その 他 の 手 当 手 当 計 (B) 17,942 (9) 73,455,664 29,765,941 25,618,225 128,839,830 ( 注 )1. 職

ア. 市 長 事 務 部 及 び 行 政 委 員 会 等 の 状 況 職 員 数 給 与 費 (A) 給 料 期 末 勤 勉 その 他 の 手 当 手 当 計 (B) 17,942 (9) 73,455,664 29,765,941 25,618,225 128,839,830 ( 注 )1. 職 第 2 章 職 員 の 給 与 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条 件 の 状 況 地 方 公 務 員 の 給 与 は 国 や 他 の 地 方 公 共 団 体 の 職 員 民 間 企 業 の 従 業 員 の 給 与 等 を 考 慮 して 定 めることになっています 市 には 公 平 中 立 な 機 関 である 事 委 員 会 が 設 置 されており 事 委 員 会 は 毎 年 市 内 民 間

More information

[Q20] 扶 養 控 除 等 申 告 書 が 提 出 された 際 に その 申 告 書 に 記 載 された 国 外 居 住 親 族 に 係 る 親 族 関 係 書 類 が 提 示 されず 事 後 に 提 示 された 場 合 いつから 扶 養 控 除 等 を 適 用 して 源 泉 徴 収 税 額 を

[Q20] 扶 養 控 除 等 申 告 書 が 提 出 された 際 に その 申 告 書 に 記 載 された 国 外 居 住 親 族 に 係 る 親 族 関 係 書 類 が 提 示 されず 事 後 に 提 示 された 場 合 いつから 扶 養 控 除 等 を 適 用 して 源 泉 徴 収 税 額 を 国 外 居 住 親 族 に 係 る 扶 養 控 除 等 Q&A( 源 泉 所 得 税 関 係 ) 平 成 27 年 9 月 国 税 庁 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 9 号 )により 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 支 払 うべき 給 与 等 及 び 公 的 年 金 等 から 国 外 居 住 親 族 に 係 る 扶 養 控

More information

1_扉-配布用.indd

1_扉-配布用.indd 私 立 高 校 の 学 費 負 担 を 軽 減 する 制 度 のご 案 内 平 成 26 年 度 の 内 容 です 私 立 高 等 学 校 等 に 通 学 する 生 徒 の 学 費 負 担 を 軽 くする 制 度 をご 紹 介 します 下 記 の3つの 制 度 はあわ せて 受 けることができます また いずれも 保 護 者 の 所 得 による 制 限 があります ⑴ 就 学 支 援 金 : 私 立

More information

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63> 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 平 成 27 年 6 月 18 日 一 般 社 団 法 人 日 本 電 設 工 業 協 会 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 について 1. 調 査 の 目 的 社 会 保 険 加 入 促 進 計 画 の 計 画 期 間 (H24 年 度 ~H28 年 度 までの5 年 間 )の 中 間 時 点 として 1

More information

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73>

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73> 日 本 司 法 支 援 センター( 法 人 番 号 2011205001573)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 センターの 主 要 事 業 は 総 合 法 律 支 援 に 関 する 事 業 である 役

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

原発避難者に対する支援の方法等の検討

原発避難者に対する支援の方法等の検討 大 学 用 平 成 27 年 度 東 北 文 化 学 園 大 学 授 業 料 減 免 制 度 について 学 校 法 人 東 北 文 化 学 園 大 学 が 設 置 する 東 北 文 化 学 園 大 学 では 学 業 優 秀 で 特 別 な 事 情 ( 天 災 失 業 など)により 経 済 的 に 困 窮 し 授 業 料 等 の 納 付 が 極 めて 困 難 な 学 生 に 対 して 学 生 本 人

More information