育児休業給付【25.12】

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "59501-59800 育児休業給付【25.12】"

Transcription

1 業 務 取 扱 要 領 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課

2 目 次 第 1 制 度 の 概 要 等 制 度 の 概 要 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 (2) 給 付 の 種 類 及 び 支 給 額 等 (3) 育 児 休 業 給 付 の 支 給 対 象 となる 育 児 休 業 (4) 申 請 手 続 の 主 体 等 (5) 支 給 の 頻 度 及 び 支 給 申 請 の 期 限 (6) 船 員 に 対 する 育 児 休 業 給 付 第 2 初 回 の 支 給 申 請 手 続 概 要 (1) 概 要 受 給 資 格 の 確 認 及 び 休 業 開 始 時 賃 金 日 額 の 算 定 (1) 雇 用 保 険 被 保 険 者 休 業 開 始 時 賃 金 月 額 証 明 書 の 提 出 (2) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 の 確 認 の 申 請 (3) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 の 確 認 (4) 削 除 (5) 休 業 開 始 時 賃 金 日 額 の 算 定 (6) 支 給 申 請 を 事 業 主 が 代 行 することについての 労 働 組 合 等 との 合 意 の 確 認 (7) 払 渡 希 望 金 融 機 関 口 座 の 確 認 (8) 受 給 資 格 確 認 申 請 の 期 限 に 係 る 取 扱 い (9) 被 保 険 者 が 支 給 申 請 手 続 を 行 う 場 合 の 取 扱 い 休 業 中 給 付 の 初 回 支 給 申 請 に 係 る 取 扱 い (1) 支 給 申 請 期 間 (2) 添 付 書 類 (3) 支 給 要 件 の 確 認 (4) 支 給 額 の 算 定 支 給 決 定 等 の 通 知 等 (1) 受 給 資 格 の 確 認 のみが 行 われた 場 合 の 通 知 等 (2) 初 回 支 給 申 請 が 同 時 になされた 場 合 の 通 知 30 目 -1

3 次 回 支 給 申 請 期 間 及 び 来 所 日 等 の 指 定 等 (1) 申 請 月 にあわせた 支 給 申 請 に 係 る 周 知 (2) 初 回 支 給 申 請 の 申 請 日 の 通 知 等 (3) 2 回 目 以 降 の 支 給 申 請 の 支 給 申 請 期 間 の 指 定 等 第 3 第 2 回 目 以 後 の 支 給 申 請 における 取 扱 い 支 給 対 象 期 間 の 延 長 に 係 る 取 扱 い (1) 延 長 事 由 の 申 出 に 係 る 支 給 申 請 (2) 延 長 事 由 の 申 出 等 (3) 延 長 事 由 及 び 期 間 の 確 認 (4) 延 長 期 間 の 取 扱 い (5) 延 長 に 係 る 支 給 単 位 期 間 の 支 給 申 請 期 間 第 2 回 目 以 後 の 支 給 申 請 手 続 (1) 支 給 申 請 期 間 (2) 添 付 書 類 (3) 支 給 要 件 の 確 認 (4) 支 給 額 の 算 定 (5) 支 給 決 定 等 の 通 知 等 (6) 次 回 支 給 申 請 期 間 及 び 来 所 日 等 の 指 定 等 (7) 職 場 復 帰 後 再 度 の 育 児 休 業 給 付 の 取 扱 い 第 4 1 歳 に 達 する 日 から1 歳 2か 月 に 達 する 日 の 前 日 までの 育 児 休 業 給 付 概 要 (1) 概 要 支 給 申 請 における 取 扱 い (1) 1 歳 から1 歳 2か 月 に 達 する 日 の 前 日 までの 期 間 の 支 給 申 請 (2) 1 歳 から1 歳 2か 月 に 達 する 日 の 前 日 までの 期 間 に 係 る 記 載 (3) 1 歳 から1 歳 2か 月 に 達 する 日 の 前 日 までの 育 児 休 業 給 付 要 件 の 確 認 (4) 1 歳 から1 歳 2か 月 に 達 する 日 の 前 日 までの 支 給 単 位 期 間 の 支 給 申 請 期 間 56 目 -2

4 第 5 2 度 目 以 降 の 育 児 休 業 給 付 の 支 給 等 他 の 子 に 係 る 育 児 休 業 給 付 の 支 給 (1) 他 の 子 に 係 る 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 確 認 (2) 前 の 子 に 係 る 対 象 育 児 休 業 期 間 の 確 認 同 一 の 子 について 再 度 の 育 児 休 業 給 付 の 支 給 (1) 対 象 育 児 休 業 であることの 確 認 (2) 支 給 申 請 手 続 被 保 険 者 資 格 を 喪 失 後 に 取 得 する 育 児 休 業 についての 育 児 休 業 給 付 の 支 給 (1) 1 日 の 空 白 もなく 被 保 険 者 資 格 を 取 得 した 場 合 の 申 請 手 続 (2) 1 日 以 上 の 空 白 があって 被 保 険 者 資 格 を 取 得 した 場 合 の 申 請 手 続 出 向 後 に 取 得 する 育 児 休 業 についての 育 児 休 業 給 付 の 支 給 (1) 出 向 後 1 日 の 空 白 もなく 被 保 険 者 資 格 を 取 得 した 場 合 (2) 出 向 後 1 日 以 上 の 空 白 があって 被 保 険 者 資 格 を 取 得 する 場 合 の 申 請 手 続 第 6 未 支 給 育 児 休 業 給 付 の 支 給 未 支 給 の 育 児 休 業 給 付 の 支 給 (1) 未 支 給 育 児 休 業 給 付 の 支 給 対 象 者 (2) 未 支 給 育 児 休 業 給 付 の 支 給 対 象 となる 期 間 (3) 未 支 給 育 児 休 業 給 付 の 請 求 (4) 未 支 給 育 児 休 業 給 付 の 支 給 手 続 (5) 未 支 給 育 児 休 業 給 付 請 求 書 の 事 務 処 理 70 目 -3

5 第 1 制 度 の 概 要 等 制 度 の 概 要 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 一 般 被 保 険 者 が その1 歳 ( 一 定 の 要 件 (59631 参 照 )を 満 たす 場 合 は1 歳 2か 月 )に 満 た ない 子 を 保 育 所 における 保 育 の 実 施 が 行 われない 等 の 場 合 ( 詳 細 は ハ 及 び 参 照 ) は1 歳 6か 月 に 満 たない 子 を 養 育 するために 休 業 した 場 合 において 原 則 として その 休 業 を 開 始 した 日 前 の2 年 間 に 賃 金 支 払 基 礎 日 数 が 11 日 以 上 ある 月 ( 以 下 みなし 被 保 険 者 期 間 という 詳 細 は 参 照 )が 通 算 して 12 か 月 以 上 あるときに 育 児 休 業 給 付 金 の 受 給 資 格 者 となる (2) 給 付 の 種 類 及 び 支 給 額 等 育 児 休 業 給 付 は 育 児 休 業 給 付 金 から 成 る 育 児 休 業 給 付 金 は 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 者 が 満 1 歳 ( 一 定 の 要 件 (59631 参 照 )を 満 た す 場 合 は1 歳 2か 月 )( 保 育 所 における 保 育 の 実 施 が 行 われない 等 の 場 合 は1 歳 6か 月 )に 満 た ない 子 を 養 育 するために 休 業 した 場 合 に その 休 業 期 間 中 について 原 則 として 当 該 休 業 を 開 始 した 時 点 から 遡 って 直 近 の 完 全 賃 金 月 ( 賃 金 締 切 日 毎 に 区 分 された1か 月 の 間 に 賃 金 支 払 基 礎 日 数 が 11 日 以 上 ある 場 合 )6か 月 の 間 に 支 払 われた 賃 金 の 総 額 を 180 で 除 して 得 た 休 業 開 始 時 賃 金 日 額 に 支 給 日 数 を 乗 じて 得 た 額 ( 以 下 賃 金 月 額 という )の 40%( 当 分 の 間 は 50%)に 相 当 する 額 を ニに 規 定 する 支 給 単 位 期 間 について 支 給 する 支 給 日 数 とは 休 業 終 了 日 が 含 まれる 支 給 単 位 期 間 については 当 該 支 給 単 位 期 間 の 初 日 から 休 業 終 了 日 までの 日 数 であり そ の 他 の 支 給 単 位 期 間 については 30 日 となる ただし この 支 給 額 には 以 下 のとおり 一 定 の 限 度 が 設 けられている イ 賃 金 日 額 が 当 該 休 業 を 開 始 した 日 の 前 日 に 離 職 して 基 本 手 当 の 受 給 資 格 者 となったものと みなしたときに 算 定 されることとなる 30 歳 以 上 45 歳 未 満 の 者 に 係 る 賃 金 日 額 の 上 限 額 を 超 え るときは 当 該 上 限 額 を 賃 金 日 額 の 上 限 として 賃 金 日 額 の 下 限 額 を 下 回 るときは 当 該 下 限 額 を 賃 金 日 額 の 下 限 として 支 給 額 を 定 めること ロ 受 給 資 格 者 が 休 業 中 に 事 業 主 から 賃 金 を 支 払 われた 場 合 において 当 該 賃 金 の 額 と 育 児 休 業 給 付 金 の 額 の 合 計 額 が 賃 金 月 額 の 80%に 相 当 する 額 を 超 えるときは 当 該 超 えた 額 を 減 額 して 支 給 し 当 該 賃 金 額 のみで 賃 金 月 額 の 80%に 相 当 する 額 以 上 となるときは 不 支 給 とすること なお 休 業 終 了 日 を 含 む 支 給 単 位 期 間 についても 休 業 開 始 時 賃 金 日 額 に 当 該 支 給 単 位 期 間 の 支 給 日 数 を 乗 じて 得 た 賃 金 月 額 の 80%と 当 該 支 給 単 位 期 間 に 支 払 われた 賃 金 額 を 比 較 する ことにより 上 記 の 判 断 を 行 う 1

6 59503 (3) 育 児 休 業 給 付 金 の 支 給 対 象 となる 育 児 休 業 イ 育 児 休 業 給 付 金 の 支 給 対 象 となる 育 児 休 業 とは 被 保 険 者 からの 申 出 に 基 づき 事 業 主 が 取 得 を 認 めた 育 児 休 業 であって 休 業 開 始 日 から 当 該 休 業 に 係 る 子 が 満 1 歳 ( 一 定 の 要 件 (59631 参 照 )を 満 たす 場 合 は1 歳 2か 月 )に 達 する 日 ( 満 1 歳 (1 歳 2か 月 )の 誕 生 日 の 前 日 ) 又 は1 歳 6か 月 に 達 する 日 の 前 日 までにあるものをいう( 以 下 対 象 育 児 休 業 という ) なお 育 児 休 業 給 付 金 の 支 給 対 象 となる 育 児 休 業 に 係 る 子 とは 法 律 上 の 親 子 関 係 に 基 づく 子 をいい 実 子 のほか 養 子 も 含 むものをいう また 特 別 養 子 縁 組 を 成 立 させるための 監 護 を 受 けている 者 についても 法 律 上 の 親 子 関 係 に 基 づく 子 に 準 じて 取 り 扱 うこと ただし 次 の 場 合 は 対 象 育 児 休 業 には 含 まれない (イ) 産 後 休 業 ( 出 産 日 の 翌 日 から8 週 間 労 働 基 準 法 第 65 条 第 2 項 船 員 ( 業 務 取 扱 要 領 イ 参 照 以 下 同 じ)の 場 合 は 船 員 法 第 87 条 第 2 項 ) なお 産 後 6 週 間 を 経 過 した 場 合 であって 当 該 被 保 険 者 の 請 求 により 8 週 間 を 経 過 す る 前 に 産 後 休 業 を 終 了 した 場 合 であっても その 後 引 き 続 き 育 児 休 業 を 取 得 した 場 合 は 産 後 8 週 間 を 経 過 するまでは 産 後 休 業 とみなされるので 留 意 すること (ロ) 対 象 育 児 休 業 を 行 ったことのある 労 働 者 が 当 該 対 象 育 児 休 業 終 了 後 再 度 同 一 の 子 につい て 取 得 する 育 児 休 業 ただし 満 1 歳 ( 一 定 の 要 件 (59631 参 照 )を 満 たす 場 合 は1 歳 2か 月 )に 達 する 日 の 前 日 までに 以 下 に 掲 げる 理 由 により 同 一 の 子 について 再 度 取 得 する 育 児 休 業 は 対 象 育 児 休 業 となり 得 る 1 対 象 育 児 休 業 が 終 了 した 理 由 が 他 の 子 に 係 る 産 前 産 後 休 業 ( 船 員 の 場 合 は 船 員 法 第 87 条 第 1 項 により 妊 娠 中 であれば 産 前 休 業 が 認 められる 点 に 留 意 以 下 同 じ ) 及 び 育 児 休 業 を 取 得 したためであって 当 該 他 の 子 が 死 亡 した 場 合 養 子 となったこと 等 の 事 情 に より 同 居 しなくなった 場 合 2 対 象 育 児 休 業 が 終 了 した 理 由 が 介 護 休 業 を 取 得 したためであって 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 の 死 亡 離 婚 婚 姻 の 取 消 離 縁 等 により 当 該 対 象 家 族 の 介 護 を 行 わなくなった 場 合 3 配 偶 者 ( 婚 姻 の 届 出 をしていないが 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にある 者 を 含 む 以 下 4 及 び5において 同 じ )が 死 亡 した 場 合 4 配 偶 者 が 負 傷 疾 病 又 は 身 体 上 若 しくは 精 神 上 の 障 害 により 子 を 養 育 することが 困 難 な 状 態 になった 場 合 5 婚 姻 の 解 消 その 他 の 事 情 により 配 偶 者 が 育 児 休 業 の 申 出 に 係 る 子 と 同 居 しなくなった 場 合 6 育 児 休 業 の 申 し 出 に 係 る 子 が 負 傷 疾 病 又 は 身 体 上 若 しくは 精 神 上 の 障 害 により 2 週 間 以 上 の 期 間 にわたり 世 話 を 必 要 とする 状 態 となった 場 合 7 育 児 休 業 の 申 し 出 に 係 る 子 について 保 育 所 における 保 育 の 実 施 を 希 望 し 申 込 みを 行 っているが 当 面 その 実 施 が 行 われない 場 合 なお 育 児 休 業 期 間 中 に 受 給 資 格 者 が 一 時 的 に 当 該 事 業 主 の 下 で 就 労 する 場 合 は 当 該 育 児 休 業 の 終 了 予 定 日 が 到 来 しておらず 事 業 主 がその 休 業 の 取 得 を 引 き 続 き 認 めていれば その 後 の 育 児 休 業 についても 対 象 育 児 休 業 となる また 育 児 休 業 に 係 る 子 の 出 生 の 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 まで( 出 産 予 2

7 定 日 前 に 当 該 子 が 出 生 した 場 合 は 当 該 出 生 の 日 から 当 該 出 産 予 定 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 まで 出 産 予 定 日 後 に 当 該 子 が 出 生 した 場 合 は 当 該 出 産 予 定 日 から 当 該 出 生 の 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 まで )の 期 間 ( 以 下 産 休 特 例 期 間 という ) 内 に 労 働 者 ( 当 該 期 間 内 に 産 後 休 業 をした 者 を 除 く )が 当 該 子 に 係 る 育 児 休 業 をした 場 合 は 同 一 の 子 について 当 該 労 働 者 ( 被 保 険 者 である 場 合 に 限 る)が 再 度 取 得 す る 育 児 休 業 は 対 象 育 児 休 業 となり 得 る ( 育 介 法 第 5 条 第 2 項 を 踏 まえた 措 置 )( 例 示 4) さらに 延 長 事 由 (59503 ハ 参 照 )に 該 当 するものであって 一 定 の 場 合 (59601 ニ 参 照 ) に 限 り 対 象 育 児 休 業 終 了 後 に 再 度 取 得 した 育 児 休 業 に 該 当 する 場 合 であっても 対 象 育 児 休 業 と 取 り 扱 うことができる ( 例 示 1) 受 給 資 格 発 生 休 業 期 間 2 年 間 2 年 給 付 期 間 完 全 賃 金 月 12 月 以 上 支 給 支 給 せず 子 が 満 1 歳 となる 日 の 前 日 ( 例 示 2) 受 給 資 格 発 生 1 年 間 2 年 6 月 2 月 4 月 休 業 期 間 復 帰 休 業 期 間 支 給 支 給 せず 支 給 せず 支 給 せず 他 の 子 の 死 亡 等 により 再 度 取 得 する 場 合 は 支 給 3

8 ( 例 示 3) 受 給 資 格 発 生 1 年 間 2 年 6 月 2 月 4 月 休 業 期 間 一 時 的 な 就 労 休 業 期 間 支 給 支 給 せず 支 給 支 給 せず ( 例 示 4) 出 産 予 定 日 受 給 資 格 発 生 出 生 日 1 年 2 年 1 月 2 月 9 月 復 帰 休 業 期 間 休 業 期 間 8 週 間 以 内 産 休 特 例 期 間 支 給 支 給 せず 支 給 支 給 せず 例 えば 4 月 1 日 が 出 産 予 定 日 である 場 合 に 3 月 25 日 に 子 が 出 生 した 場 合 は 出 産 予 定 日 から8 週 間 を 経 過 する 日 (5 月 26 日 )の 翌 日 は5 月 27 日 となり 産 休 特 例 期 間 は 3 月 25 日 から5 月 27 日 までとなる 出 産 予 定 日 後 に 子 が 出 生 した 場 合 は 上 記 の 図 の 出 生 日 が 出 産 予 定 日 に 出 産 予 定 日 が 出 生 日 となる ロ 一 般 被 保 険 者 が 期 間 雇 用 者 ( 期 間 を 定 めて 雇 用 される 者 )である 場 合 は 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 が 確 認 され 休 業 開 始 時 において 同 一 事 業 主 の 下 で1 年 以 上 雇 用 が 継 続 しており かつ 1 歳 に 達 する 日 を 超 えて 引 き 続 き 雇 用 される 見 込 みがあれば(2 歳 までの 間 に その 労 働 契 約 の 期 間 が 満 了 し かつ 当 該 労 働 契 約 の 更 新 がないことが 明 らかである 者 を 除 く ) 育 児 休 業 給 付 の 対 象 となる なお 事 業 主 の 命 により 一 定 期 間 出 向 していた(いる) 期 間 がある 場 合 であっても 被 保 険 4

9 者 資 格 が 継 続 しているかぎり 同 一 の 事 業 主 の 下 における 雇 用 実 績 として 取 り 扱 って 差 し 支 え ない また 派 遣 労 働 者 に 係 る 労 働 者 派 遣 の 役 務 を 受 ける 者 ( 以 下 派 遣 先 という )が 当 該 派 遣 労 働 者 を 雇 い 入 れた 場 合 については 当 該 派 遣 労 働 者 であった 者 について 派 遣 先 に 派 遣 さ れていた 期 間 も 同 一 の 事 業 主 の 下 における 雇 用 実 績 としてみなして 取 り 扱 って 差 し 支 えない ハ 子 が1 歳 に 達 する 日 ( 一 定 の 要 件 (59631 参 照 )を 満 たすことにより 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が 当 該 子 の1 歳 に 達 する 日 後 である 場 合 は 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 の 翌 日 ただし 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が1 歳 2か 月 に 達 する 日 である 場 合 は 1 歳 2か 月 に 達 する 日 ) 以 後 の 期 間 において 保 育 所 における 保 育 の 実 施 が 行 われない 等 の 理 由 により 育 児 休 業 を 取 得 する 場 合 は 当 該 育 児 休 業 について 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 が1 歳 6か 月 に 達 する 日 の 前 日 までの 期 間 を 限 度 に 対 象 育 児 休 業 と 取 り 扱 う( 詳 細 は 59601~59610 参 照 ) 保 育 所 における 保 育 の 実 施 が 行 われない 等 の 理 由 は 以 下 に 該 当 する 場 合 である (イ) 育 児 休 業 の 申 出 に 係 る 子 について 保 育 所 における 保 育 の 実 施 を 希 望 し 申 込 みを 行 って いるが その 子 が1 歳 に 達 する 日 ( 一 定 の 要 件 (59631 参 照 )を 満 たすことにより 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が 当 該 子 の1 歳 に 達 する 日 後 である 場 合 は 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が1 歳 2か 月 に 達 する 日 である 場 合 は 1 歳 2か 月 に 達 する 日 ) 後 の 期 間 について 当 面 その 実 施 が 行 われない 場 合 (ロ) 常 態 として 育 児 休 業 の 申 出 に 係 る 子 の 養 育 を 行 っている 配 偶 者 ( 婚 姻 の 届 出 をしていない が 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にある 者 を 含 む 以 下 (ロ)において 同 じ )であって そ の 子 が1 歳 に 達 する 日 ( 一 定 の 要 件 (59631 参 照 )を 満 たすことにより 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が 当 該 子 の1 歳 に 達 する 日 後 である 場 合 は 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が1 歳 2か 月 に 達 する 日 である 場 合 は 1 歳 2か 月 に 達 する 日 ) 後 の 期 間 について 常 態 としてその 子 の 養 育 を 行 う 予 定 であった 者 が 以 下 のいずれかに 該 当 した 場 合 1 死 亡 したとき 2 負 傷 疾 病 又 は 身 体 上 若 しくは 精 神 上 の 障 害 により 育 児 休 業 の 申 出 に 係 る 子 を 養 育 する ことが 困 難 な 状 態 になったとき 3 婚 姻 の 解 消 その 他 の 事 情 により 配 偶 者 が 育 児 休 業 の 申 出 に 係 る 子 と 同 居 しないことと なったとき 4 6 週 間 ( 多 胎 妊 娠 の 場 合 にあっては 14 週 間 ) 以 内 に 出 産 する 予 定 であるか 又 は 産 後 8 週 間 を 経 過 しないとき( 産 前 休 業 を 請 求 できる 期 間 又 は 産 前 休 業 期 間 及 び 産 後 休 業 期 間 ) また 子 が1 歳 に 達 する 日 ( 一 定 の 要 件 (59631 参 照 )を 満 たすことにより 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が 当 該 子 の1 歳 に 達 する 日 後 である 場 合 は 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 の 翌 日 ただし 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が1 歳 2か 月 に 達 する 日 である 場 合 は 1 歳 2か 月 に 達 する 日 )から 1 歳 6か 月 に 達 する 日 の 前 日 までの 期 間 に 初 めて 取 得 する 育 児 休 業 であっても 上 記 (イ) 及 び (ロ)の 延 長 事 由 のいずれかに 該 当 するものは 対 象 育 児 休 業 となりうる 上 記 (イ) 及 び(ロ)の 延 長 事 由 に 該 当 するものであっても 子 が1 歳 に 達 する 日 ( 一 定 の 要 件 (59631 参 照 )を 満 たすことにより 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が 当 該 子 の1 歳 に 達 する 日 後 である 場 合 は 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 の 翌 日 ただし 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が1 歳 2か 月 に 達 する 日 である 場 合 は 1 歳 2か 月 に 達 する 日 )から1 歳 6か 月 に 達 する 日 の 前 日 までの 期 間 に 取 得 した 育 児 休 業 が 対 象 育 児 休 業 終 了 後 に 再 度 取 得 した 育 児 休 業 に 該 当 する 場 合 は 対 象 育 児 5

10 休 業 とはならない(59503 イ(ロ) 参 照 ) ただし 上 記 (イ) 及 び(ロ)の 延 長 事 由 に 該 当 するものであって 1 配 偶 者 が 子 の1 歳 に 達 する 日 において 育 児 休 業 をしており 被 保 険 者 の 育 児 休 業 開 始 予 定 日 が1 歳 に 達 する 日 の 翌 日 である 場 合 2 一 定 の 要 件 (59631 参 照 )を 満 たすことにより 配 偶 者 の 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が1 歳 に 達 する 日 後 である 場 合 は 被 保 険 者 の 育 児 休 業 開 始 予 定 日 が 配 偶 者 の 育 児 休 業 終 了 予 定 日 の 翌 日 である 場 合 に 限 り 対 象 育 児 休 業 終 了 後 に 再 度 取 得 した 育 児 休 業 に 該 当 する 場 合 であっても 対 象 育 児 休 業 となるものとする( 育 介 法 第 5 条 第 3 項 及 び 第 4 項 を 踏 まえた 措 置 )(59601 及 び 当 該 例 示 4-1から4-3 参 照 ) ここで 言 う 配 偶 者 には 婚 姻 の 届 出 をしていないが 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にある 者 を 含 む ニ 育 児 休 業 給 付 の 対 象 となるか 否 かについては 休 業 開 始 日 から1か 月 ごとの 期 間 を 単 位 とし て 判 断 する 具 体 的 には 各 月 における 休 業 開 始 日 又 は 休 業 開 始 日 に 応 当 する 日 (その 日 に 応 当 する 日 がない 月 においては その 月 の 末 日 以 下 応 当 日 という )から それぞれその 翌 月 の 応 当 日 の 前 日 までの1か 月 間 を 単 位 とする( 以 下 支 給 単 位 期 間 という ) この 支 給 単 位 期 間 において 次 の 要 件 を 満 たした 場 合 に 育 児 休 業 給 付 金 を 支 給 する (イ) 支 給 単 位 期 間 の 初 日 から 末 日 まで 継 続 して 被 保 険 者 資 格 を 有 していること (ロ) 支 給 単 位 期 間 において 就 業 していると 認 められる 日 数 が 10 日 以 下 であること 就 業 して いると 認 められる 日 とは 全 日 に 渡 って 休 業 している 日 ( 対 象 育 児 休 業 を 行 った 当 該 事 業 所 の 所 定 労 働 日 のほか 土 曜 日 日 曜 日 及 び 祝 祭 日 のような 当 該 所 定 労 働 日 以 外 の 日 により 全 日 に 渡 って 休 業 している 日 も 含 む 以 下 全 日 休 業 日 という ) 以 外 の 日 をいう このた め 支 給 単 位 期 間 の 日 数 が 31 日 30 日 29 日 又 は 28 日 の 場 合 には それぞれ 全 日 休 業 日 が 21 日 20 日 19 日 又 は 18 日 以 上 必 要 となるので 留 意 すること なお 休 業 終 了 日 が 含 まれる 支 給 単 位 期 間 は 就 業 していると 認 められる 日 数 が 10 日 以 下 であるとともに 全 日 休 業 日 が1 日 以 上 あること (ハ) 支 給 単 位 期 間 に 支 給 された 賃 金 の 額 が 当 該 支 給 単 位 期 間 に 係 る 賃 金 月 額 の 80% 未 満 であ ること (4) 申 請 手 続 の 主 体 等 イ 育 児 休 業 給 付 関 係 手 続 については 当 該 育 児 休 業 給 付 に 係 る 被 保 険 者 を 雇 用 する 事 業 主 の 事 業 所 の 所 在 地 を 管 轄 する 公 共 職 業 安 定 所 ( 以 下 事 業 所 管 轄 安 定 所 という )において 行 う ロ 育 児 休 業 給 付 に 係 る 賃 金 の 届 出 は 事 業 主 の 義 務 となっており 事 業 主 が 事 業 所 管 轄 安 定 所 に 対 して 行 う ハ 育 児 休 業 給 付 金 の 支 給 に 係 る 各 種 申 請 書 等 の 作 成 については 法 律 上 原 則 として 当 該 給 付 金 を 受 けようとする 被 保 険 者 が 行 うこととされているが これらの 支 給 に 係 る 各 種 の 申 請 手 続 については 実 務 上 は 原 則 として 労 使 の 合 意 の 下 当 該 被 保 険 者 を 雇 用 する 事 業 主 を 通 じて 事 業 所 管 轄 安 定 所 に 対 して 行 わせることとする( 詳 細 は 参 照 ) ただし この 取 扱 いは 被 保 険 者 本 人 がこれらの 各 種 申 請 を 行 うことを 拒 絶 するものではな く 当 該 被 保 険 者 が 自 ら 申 請 手 続 を 行 うことを 希 望 する 場 合 は 当 該 被 保 険 者 がこれを 行 うこ とを 認 めるものとする 6

11 なお 育 児 休 業 給 付 金 の 支 給 申 請 等 の 手 続 については 本 人 が 郵 送 等 により 行 うことも 差 し 支 えない( 郵 送 の 場 合 は 発 信 日 を 申 請 日 とし 消 印 により 確 認 する ) ニ 電 子 申 請 の 利 用 の 促 進 に 係 る 照 合 省 略 となる 事 業 主 等 から 電 子 申 請 による 申 請 届 出 がなさ れたものであり かつ ハに 掲 げる 育 児 休 業 給 付 関 係 手 続 である 場 合 には 管 轄 安 定 所 は 関 係 書 類 との 照 合 を 省 略 できる( 業 務 取 扱 要 領 参 照 ) (5) 支 給 の 頻 度 及 び 支 給 申 請 の 期 限 育 児 休 業 給 付 金 の 支 給 は 応 当 日 により 区 切 られた1か 月 ( 支 給 単 位 期 間 )を 単 位 として 支 給 要 件 を 判 断 する イ 最 初 の 支 給 申 請 受 給 資 格 者 は 最 初 に 育 児 休 業 給 付 金 の 支 給 を 受 けようとするときは ニの(イ) (ロ) (ハ) の 要 件 を 満 たし 支 給 の 対 象 となった 支 給 単 位 期 間 ( 以 下 支 給 対 象 期 間 という )の 初 日 か ら 起 算 して4か 月 を 経 過 する 日 の 属 する 月 の 末 日 までに 支 給 申 請 を 行 わなければならない(な お 当 該 支 給 申 請 期 間 の 末 日 が 行 政 機 関 の 休 日 ( 土 曜 日 日 曜 日 国 民 の 祝 日 に 関 する 法 律 に 規 定 する 休 日 及 び 12 月 29 日 から 翌 年 1 月 3 日 までの 日 )に 当 たる 場 合 には その 行 政 機 関 の 休 日 の 翌 日 がその 期 限 の 日 とみなされる 以 下 同 様 ) また 天 災 その 他 やむを 得 ない 事 情 により 申 請 期 間 内 に 申 請 を 行 えない 場 合 には 当 該 事 情 がやんだ 日 の 翌 日 から 起 算 して7 日 以 内 に 申 請 しなければならない したがって 受 給 資 格 者 が 受 給 資 格 発 生 後 相 当 期 間 を 経 過 して から 最 初 の 支 給 申 請 を 行 った 場 合 については 当 該 申 請 のあった 日 の 属 する 月 の 末 日 の4か 月 前 の 日 の 属 する 支 給 対 象 となる 支 給 単 位 期 間 まで 遡 って 支 給 が 可 能 である この 最 初 の 支 給 申 請 に 先 立 って 後 記 第 2の 受 給 資 格 確 認 が 行 われる 場 合 は のイに よって 最 初 の 支 給 申 請 のための 来 所 日 等 を 定 めることができる ロ 第 2 回 目 以 後 の 支 給 申 請 (イ) 第 2 回 目 以 後 の 支 給 申 請 については 原 則 として2の 支 給 単 位 期 間 ごと(59562 のロに 係 る 場 合 又 は 最 後 の 支 給 単 位 期 間 については 1の 支 給 単 位 期 間 でも 差 し 支 えない )に 同 一 の 支 給 申 請 期 間 を 定 め 当 該 支 給 対 象 期 間 について 一 括 して 支 給 申 請 が 行 われるようにす る 具 体 的 には 事 業 所 管 轄 安 定 所 長 が 支 給 申 請 に 係 る 支 給 単 位 期 間 の 末 日 の 翌 日 から 各 支 給 対 象 期 間 の 初 日 から 起 算 して4か 月 を 経 過 する 日 の 属 する 月 の 末 日 までの 期 間 を 当 該 支 給 対 象 期 間 に 係 る 支 給 申 請 期 間 として 指 定 し その 指 定 された 期 間 にこれを 行 わなけれ ばならない この 支 給 申 請 期 間 の 指 定 は 原 則 として 支 給 申 請 がなされるごとにそれぞれ 次 回 の 指 定 をその 都 度 行 い さらに のハによって それらの 支 給 申 請 のための 来 所 日 等 を 定 めることができる (ロ) これにより 第 2 回 目 以 降 の 支 給 申 請 については 事 業 所 管 轄 安 定 所 長 が 指 定 した 支 給 申 請 期 間 に 行 わなければならないが 天 災 その 他 やむを 得 ない 事 情 により 当 該 期 間 内 に 申 請 を 行 えない 場 合 には 当 該 事 情 がやんだ 日 の 翌 日 から 起 算 して7 日 以 内 に 申 請 しなければなら ない (ハ) 支 給 申 請 期 間 の 指 定 を 受 けていたにもかかわらず これらを 徒 過 して 申 請 があった 場 合 の 取 扱 は 以 下 のとおり a 予 め 指 定 されていた 来 所 日 等 を 徒 過 して 支 給 申 請 があった 場 合 であっても その 実 際 に 支 7

12 給 申 請 のあった 日 が 支 給 申 請 期 間 中 であれば 当 該 支 給 申 請 に 係 る 支 給 対 象 期 間 につい て 通 常 どおり 支 給 決 定 を 行 う b 予 め 指 定 されていた 来 所 日 等 を 徒 過 して 支 給 申 請 があった 場 合 であって その 実 際 に 支 給 申 請 が 支 給 申 請 期 間 を 徒 過 して 行 われた 場 合 は 当 該 支 給 申 請 期 間 に 係 る 支 給 対 象 期 間 についての 支 給 は 行 えない ただし このように 徒 過 して 申 請 があった 場 合 であっても その 次 の 支 給 申 請 期 間 及 び 来 所 日 等 を 指 定 する 必 要 があるので これらの 指 定 を 行 う (ニ) なお (ハ)にかかわらず 受 給 資 格 者 が 支 給 申 請 書 を 当 該 受 給 資 格 者 を 雇 用 する 事 業 主 に 提 出 していたにもかかわらず 当 該 事 業 主 の 過 失 により 当 該 支 給 申 請 期 間 の 来 所 日 等 を 徒 過 して 申 請 があった 場 合 は 以 下 のとおり 取 り 扱 う a 支 給 申 請 期 間 を 徒 過 して 申 請 した 場 合 であっても その 徒 過 の 原 因 が 当 該 事 業 所 側 に 起 因 することが 明 確 な 場 合 ( 受 給 資 格 者 から 支 給 申 請 書 が 事 業 主 に 郵 送 された 日 時 が 証 明 でき る 場 合 等 )には 上 記 (ハ)aのとおり 取 り 扱 って 差 し 支 えない b また aの 確 認 を 容 易 にするため 当 該 事 業 所 毎 に 定 められた 来 所 日 等 に 来 所 しなかった 場 合 は 電 話 等 により 支 給 申 請 期 間 に 来 所 するよう 指 導 することが 望 ましい (6) 船 員 に 対 する 育 児 休 業 給 付 船 員 に 対 する 育 児 休 業 給 付 については 平 成 22 年 1 月 1 日 以 後 に 育 児 休 業 を 開 始 した 者 につ いては 雇 用 保 険 の 育 児 休 業 給 付 として 取 り 扱 うこととなる このため 特 記 がない 限 りは 支 給 申 請 手 続 等 については 通 常 の 場 合 と 同 様 に 扱 うこととする この 際 船 員 の 雇 用 主 である 船 舶 所 有 者 を 事 業 主 と 適 用 事 業 に 雇 用 される 船 員 を 被 保 険 者 と 取 り 扱 う なお 平 成 22 年 1 月 1 日 前 に 育 児 休 業 を 開 始 した 者 については なお 従 前 の 例 により 引 き 続 き 船 員 保 険 の 育 児 休 業 給 付 が 支 給 されることとなる 8

13 第 2 初 回 の 支 給 申 請 手 続 概 要 (1) 概 要 育 児 休 業 給 付 は 対 象 育 児 休 業 開 始 時 に 係 る 賃 金 月 額 を 基 礎 として 支 給 を 行 うものであること から 事 業 主 はその 雇 用 する 被 保 険 者 が 対 象 育 児 休 業 を 開 始 した 場 合 には 当 該 被 保 険 者 の 育 児 休 業 開 始 時 に 係 る 賃 金 月 額 の 届 出 を 行 わなければならない( 則 第 14 条 の 4) この 届 出 に 基 づき 支 給 申 請 手 続 として 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 の 確 認 の 申 請 及 び 育 児 休 業 給 付 金 の 初 回 支 給 申 請 が 行 われることとなるが 事 業 主 が 代 行 して 支 給 申 請 手 続 を 行 う 場 合 には 賃 金 の 届 出 を 初 回 の 支 給 申 請 手 続 までに 行 えばよいこととなるので この 対 象 育 児 休 業 開 始 時 の 賃 金 の 届 出 と 同 時 に 事 業 主 を 通 じ 受 給 資 格 の 確 認 の 申 請 及 び 初 回 支 給 申 請 を 行 わせることと する 受 給 資 格 の 確 認 及 び 休 業 開 始 時 賃 金 日 額 の 算 定 (1) 雇 用 保 険 被 保 険 者 休 業 開 始 時 賃 金 月 額 証 明 書 の 提 出 イ 休 業 開 始 時 賃 金 月 額 証 明 書 の 提 出 事 業 主 は その 雇 用 する 被 保 険 者 が 対 象 育 児 休 業 を 開 始 したときは 当 該 対 象 育 児 休 業 開 始 日 の 翌 日 から 起 算 して 10 日 以 内 に 雇 用 保 険 被 保 険 者 休 業 開 始 時 賃 金 月 額 証 明 書 ( 様 式 第 10 号 の2 以 下 休 業 開 始 時 賃 金 月 額 証 明 書 という )に 必 要 事 項 を 記 載 の 上 事 業 所 管 轄 安 定 所 に 提 出 しなければならない ただし 支 給 申 請 手 続 を 事 業 主 が 代 行 して 行 う 通 常 の 場 合 は 初 回 の 支 給 申 請 書 と 同 時 に 提 出 することができる その 場 合 は 育 児 休 業 開 始 日 から4か 月 を 経 過 する 日 の 属 する 月 の 末 日 までに 休 業 開 始 時 賃 金 月 額 証 明 書 及 び 育 児 休 業 給 付 受 給 資 格 確 認 票 ( 初 回 ) 育 児 休 業 給 付 金 支 給 申 請 書 ( 様 式 第 33 号 の5 以 下 受 給 資 格 確 認 票 ( 初 回 ) 支 給 申 請 書 という ) をあわせて 提 出 するよう 事 業 主 を 指 導 する 休 業 開 始 時 賃 金 月 額 証 明 書 は 育 児 休 業 前 2 年 前 までの 賃 金 支 払 状 況 賃 金 支 払 基 礎 日 数 休 業 を 開 始 した 日 の 翌 日 等 を 記 載 するものであり その 記 載 内 容 については 当 該 被 保 険 者 の 確 認 印 又 は 自 筆 による 署 名 を 要 する 休 業 開 始 時 賃 金 月 額 証 明 書 の 保 存 期 間 は 当 該 書 類 の 受 理 後 4 年 間 とする ロ 添 付 書 類 等 この 場 合 の 添 付 書 類 については 次 のとおりである (イ) 賃 金 台 帳 労 働 者 名 簿 出 勤 簿 又 はタイムカード 等 育 児 休 業 を 開 始 した 日 及 びその 日 前 の 賃 金 の 額 を 証 明 することができる 書 類 (ロ) 母 子 健 康 手 帳 等 育 児 の 事 実 が 確 認 できる 書 類 ( 受 給 資 格 確 認 票 ( 初 回 ) 支 給 申 請 書 を 同 時 に 提 出 する 場 合 ) 特 別 養 子 縁 組 を 成 立 させるために 監 護 を 受 けている 場 合 の 育 児 の 事 実 の 確 認 は 家 庭 裁 判 所 が 交 付 する 特 別 養 子 縁 組 を 成 立 させるための 請 求 に 係 る 事 件 係 属 証 明 書 によって 行 う 養 子 となる 者 の 生 年 月 日 の 確 認 は 住 民 票 記 載 事 項 証 明 書 等 によって 行 う また 通 常 この 場 合 の 監 護 期 間 の 初 日 は 特 別 養 子 縁 組 を 成 立 させるための 家 庭 裁 判 所 への 請 求 日 ( 事 件 係 属 証 明 書 によって 確 認 する )となるが 住 民 票 記 載 事 項 証 明 書 によって 同 居 を 開 始 した 日 が 確 認 されること 等 により 請 求 日 前 における 監 護 の 状 況 が 明 らかである 場 合 は その 明 ら 9

14 かとなる 初 日 を 監 護 期 間 の 初 日 として 取 り 扱 うこと なお この 休 業 開 始 時 賃 金 月 額 証 明 書 の 提 出 に 当 たっては 過 去 の 当 該 事 業 所 に 係 る 資 格 取 得 届 及 び 離 職 証 明 書 の 提 出 において その 記 載 内 容 の 信 頼 性 が 高 いと 認 められる 事 業 主 等 につ いては 関 係 書 類 との 照 合 を 適 宜 省 略 して 差 し 支 えない この 照 合 省 略 に 係 る 取 扱 いは 業 務 取 扱 要 領 及 び に 準 じて 取 り 扱 うこ ととする (2) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 の 確 認 の 申 請 イ 事 業 主 は 原 則 として 前 記 の 休 業 開 始 時 賃 金 月 額 証 明 書 の 提 出 と 同 時 に 被 保 険 者 が 必 要 事 項 を 記 載 した 受 給 資 格 確 認 票 ( 初 回 ) 支 給 申 請 書 を 事 業 所 管 轄 安 定 所 に 提 出 する 必 要 がある ので その 旨 当 該 被 保 険 者 及 び 事 業 主 を 指 導 する ロ 事 業 主 は 受 給 資 格 確 認 票 ( 初 回 ) 支 給 申 請 書 を 提 出 する 際 には 当 該 被 保 険 者 の 母 子 健 康 手 帳 等 その 育 児 の 事 実 を 確 認 できる 書 類 の 写 しを 持 参 することとする (3) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 の 確 認 イ 原 則 育 児 休 業 開 始 日 から 遡 って2 年 間 にみなし 被 保 険 者 期 間 が 12 か 月 以 上 あることを 確 認 する この 場 合 みなし 被 保 険 者 期 間 は 被 保 険 者 であった 期 間 のうち 育 児 休 業 開 始 日 又 は 各 月 においてその 日 に 応 当 し かつ 被 保 険 者 であった 期 間 内 にある 日 (その 日 に 応 当 する 日 がな い 月 においては その 月 の 末 日 )の 前 日 からそれぞれ その 前 月 の 応 当 日 まで 遡 った 各 期 間 ( 賃 金 の 支 払 の 基 礎 となった 日 数 が 11 日 以 上 あるものに 限 る )を1か 月 として 計 算 する また このように 区 切 ることにより1か 月 未 満 の 期 間 が 生 ずることがあるが この 場 合 は 被 保 険 者 期 間 の 算 定 に 係 る 取 扱 いに 準 ずることとし その1か 月 未 満 の 期 間 の 日 数 が 15 日 以 上 で あり かつ その 期 間 内 に 賃 金 支 払 基 礎 日 数 が 11 日 以 上 あるときに その 期 間 を 被 保 険 者 期 間 の2 分 の1か 月 として 計 算 する( 業 務 取 扱 要 領 参 照 ) 船 員 に 係 る 被 保 険 者 期 間 の 通 算 については 50108を 参 照 する なお この 場 合 において 次 に 掲 げる 期 間 は みなし 被 保 険 者 期 間 の 算 定 の 基 礎 となる 被 保 険 者 であった 期 間 に 含 めないので 留 意 する (イ) 最 後 に 被 保 険 者 となった 日 前 に 当 該 被 保 険 者 が 基 本 手 当 の 受 給 資 格 又 は 特 例 受 給 資 格 を 決 定 したことがある 場 合 には 当 該 受 給 資 格 又 は 特 例 受 給 資 格 に 係 る 離 職 の 日 以 前 における 被 保 険 者 であった 期 間 (ロ) 法 第 9 条 の 規 定 による 被 保 険 者 となったことの 確 認 があった 日 の2 年 前 の 日 前 における 被 保 険 者 であった 期 間 ロ 受 給 要 件 の 緩 和 イの 受 給 資 格 の 確 認 に 当 たって 当 該 2 年 の 間 に 疾 病 負 傷 等 やむを 得 ない 理 由 により 引 き 続 き 30 日 以 上 賃 金 の 支 払 を 受 けることができなかった 期 間 ( 業 務 取 扱 要 領 ロただし 書 きを 含 む )がある 場 合 には 当 該 理 由 により 賃 金 の 支 払 いを 受 けることができなかった 期 間 を2 年 に 加 算 することができる また この 加 算 できる 期 間 は 最 長 2 年 間 であり 合 計 で 最 長 4 年 間 まで 受 給 要 件 を 緩 和 することができる この 場 合 のやむを 得 ない 理 由 として 認 められるのは 一 般 被 保 険 者 に 対 する 求 職 者 給 付 の 受 10

15 給 要 件 の 緩 和 の 事 由 と 同 様 であり 具 体 的 には 以 下 のとおりである( 詳 細 は 業 務 取 扱 要 領 参 照 ) (イ) 疾 病 又 は 負 傷 (ロ) 事 業 所 の 休 業 (ハ) 出 産 (ニ) 事 業 主 の 命 による 外 国 における 勤 務 (ホ) 雇 用 継 続 交 流 採 用 (ヘ) (イ)から(ホ)までに 掲 げる 理 由 に 準 ずる 理 由 で 事 業 所 管 轄 安 定 所 長 がやむを 得 ないと 認 める もの なお この 要 件 緩 和 の 対 象 となる 賃 金 の 支 払 を 受 けることができなかった 期 間 には 育 児 休 業 給 付 を 受 給 していた 間 が 含 まれ さらに 被 保 険 者 が 女 性 である 場 合 には 労 働 基 準 法 第 65 条 ( 船 員 の 場 合 は 船 員 法 第 87 条 )の 規 定 に 基 づく 産 前 産 後 休 業 を 行 っていた 期 間 も 含 まれるので 留 意 すること なお 次 の 場 合 は(ヘ)に 該 当 するものとして 取 り 扱 う a 同 盟 罷 業 怠 業 事 業 所 閉 鎖 等 の 争 議 行 為 b 事 業 主 の 命 による 他 の 事 業 主 のもとにおける 勤 務 c 労 働 組 合 の 専 従 職 員 としての 勤 務 d 親 族 の 疾 病 負 傷 等 により 必 要 とされる 本 人 の 看 護 介 護 休 業 期 間 中 に 介 護 休 業 給 付 金 の 支 給 を 受 けていても 賃 金 の 支 払 いを 受 けていな ければこれに 該 当 する e 育 児 育 児 休 業 期 間 中 に 育 児 休 業 給 付 金 の 支 給 を 受 けていても 賃 金 の 支 払 いを 受 けていな ければこれに 該 当 する f 配 偶 者 の 海 外 勤 務 に 同 行 するための 休 職 この 場 合 内 縁 の 配 偶 者 を 含 む なお これ 以 外 の 理 由 でこれに 該 当 すると 思 われる 事 例 が 発 生 した 場 合 は 本 省 に 照 会 す る ( 例 示 1) 受 給 要 件 を 緩 和 して 資 格 の 確 認 を 行 う 場 合 ( 要 件 緩 和 ) 1 年 6 月 2 年 受 給 資 格 発 生 (3 年 6 月 間 に12 月 ) 疾 病 負 傷 ( 賃 金 支 払 無 し) 1 年 6 月 1 年 1 年 完 全 賃 金 月 完 全 賃 金 月 8 月 4 月 以 上 11

16 ( 例 示 2) 受 給 要 件 を 緩 和 して 資 格 の 確 認 を 行 う 場 合 受 給 資 格 発 生 (4 年 間 に12 月 ) ( 要 件 緩 和 ) 2 年 2 年 外 国 勤 務 2 年 間 ( 賃 金 支 払 無 し) 2 月 1 年 10 月 完 全 賃 金 月 完 全 賃 金 月 1 月 11 月 ( 例 示 3) 受 給 要 件 を 緩 和 して 資 格 の 確 認 を 行 う 場 合 ( 要 件 緩 和 ) 2 年 2 年 受 給 資 格 発 生 (4 年 間 に12 月 ) 完 全 賃 金 月 12 月 育 児 休 業 2 年 間 ( 賃 金 支 払 無 し) ( 例 示 4) 受 給 要 件 を 緩 和 して 資 格 の 確 認 を 行 う 場 合 受 給 資 格 発 生 (3 年 間 に 12 月 ) ( 要 件 緩 和 ) 1 年 2 年 育 児 休 業 給 付 金 受 給 ( 賃 金 支 払 無 し) 1 月 1 年 11 月 完 全 賃 金 月 4 月 完 全 賃 金 月 8 月 ハ 育 児 休 業 給 付 金 の 受 給 資 格 者 については 被 保 険 者 資 格 が 継 続 しているので 複 数 の 子 に 係 る 育 児 について 連 続 して 育 児 休 業 給 付 金 の 支 給 を 受 けることは 可 能 である 一 方 同 時 に 複 数 の 子 の 育 児 について 重 複 して 育 児 休 業 給 付 金 の 支 給 を 受 けることはできない その 具 体 的 な 取 扱 いについては 第 5に 記 した2 度 目 以 降 の 育 児 休 業 給 付 金 の 支 給 等 を 参 照 すること (4) 削 除 12

17 59535 (5) 休 業 開 始 時 賃 金 日 額 の 算 定 イ 休 業 開 始 時 賃 金 日 額 の 算 定 に 当 たっては 基 本 手 当 の 場 合 と 同 様 に 賃 金 締 切 日 の 翌 日 から 次 の 賃 金 締 切 日 までの 間 を1か 月 として 算 定 し 当 該 1か 月 間 に 賃 金 支 払 基 礎 日 数 が 11 日 以 上 ある 月 を 完 全 賃 金 月 として 休 業 開 始 時 点 から 遡 って 直 近 の 完 全 賃 金 月 6か 月 の 間 に 支 払 われ た 賃 金 の 総 額 を 180で 除 して 得 た 額 を 算 定 することとする この 休 業 開 始 時 賃 金 日 額 の 算 定 におけるその 他 の 算 定 方 法 賃 金 の 範 囲 については 基 本 手 当 の 賃 金 日 額 の 算 定 に 係 る 取 扱 いと 同 様 の 取 扱 いとする ロ また 日 給 者 ( 短 時 間 労 働 者 を 除 く )については イにかかわらず 日 給 者 についての 基 本 手 当 に 係 る 賃 金 日 額 の 算 定 方 法 と 同 じ 方 法 により 計 算 された 額 を 休 業 開 始 時 賃 金 日 額 とする ( 業 務 取 扱 要 領 参 照 ) ハ 船 員 について 乗 船 時 下 船 時 等 で 大 きく 変 動 する 賃 金 が 定 められている 船 員 については 業 務 取 扱 要 領 50614を 参 照 すること ニ 上 記 により 算 定 した 休 業 開 始 時 賃 金 日 額 は 30 歳 以 上 45 歳 未 満 の 者 に 係 る 賃 金 日 額 の 上 限 額 を 上 限 とし 賃 金 日 額 の 下 限 額 を 下 限 とする ホ また 育 児 休 業 取 得 時 点 で 短 期 雇 用 特 例 被 保 険 者 であった 者 については 当 該 短 期 雇 用 特 例 被 保 険 者 資 格 を 取 得 後 1 年 を 経 過 し 一 般 被 保 険 者 となった 時 点 ではじめて 受 給 要 件 の 判 断 賃 金 日 額 の 算 定 を 行 うこととなるが この 場 合 賃 金 日 額 の 算 定 に 際 しては 短 期 雇 用 特 例 被 保 険 者 であった 期 間 も 含 まれることとなる (6) 支 給 申 請 を 事 業 主 が 代 行 することについての 労 働 組 合 等 との 合 意 の 確 認 受 給 資 格 の 確 認 に 際 して 当 該 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 者 の 申 請 が 当 該 事 業 所 が 雇 用 する 被 保 険 者 に 係 る 初 めての 申 請 である 場 合 には 当 該 支 給 申 請 を 事 業 主 を 通 じて 行 うことに 関 して 労 使 が 合 意 していることの 確 認 を 行 う なお 労 使 が 合 意 しているとは 次 の 場 合 をいう イ 事 業 主 を 通 じて 支 給 申 請 を 行 うことについて 労 働 者 の 過 半 数 を 代 表 する 労 働 組 合 との 書 面 による 協 定 が 結 ばれている 場 合 ロ 労 働 者 の 過 半 数 を 代 表 する 労 働 組 合 がない 場 合 であっても 労 働 者 の 過 半 数 を 代 表 する 者 と の 間 で 事 業 主 を 通 じて 支 給 申 請 を 行 うことについて 書 面 による 協 定 が 結 ばれている 場 合 なお 最 初 の 支 給 申 請 時 に 労 使 協 定 が 結 ばれていない 等 の 理 由 により 確 認 が 行 えない 場 合 で あっても 事 業 主 を 通 じて 支 給 申 請 があった 場 合 は これを 受 理 し 支 給 ( 不 支 給 ) 決 定 する こととするが 早 急 に 労 使 協 定 等 により 労 使 合 意 を 行 うよう 指 導 する (7) 払 渡 希 望 金 融 機 関 口 座 の 確 認 イ 育 児 休 業 給 付 金 を 口 座 払 いで 受 給 することを 希 望 する 場 合 は 受 給 資 格 確 認 票 ( 初 回 ) 支 給 申 請 書 の 中 の 払 渡 希 望 金 融 機 関 指 定 届 に 本 人 名 義 の 普 通 預 ( 貯 ) 金 口 座 又 はその 者 が 新 たに 設 ける 本 人 名 義 の 普 通 預 ( 貯 ) 金 口 座 に 係 る 金 融 機 関 ( 出 納 官 吏 事 務 規 程 ( 昭 和 22 年 大 蔵 省 令 第 95 号 ) 第 52 条 第 2 項 に 規 定 する 日 本 銀 行 が 指 定 した 銀 行 その 他 の 金 融 機 関 に 限 る 以 下 金 融 機 関 という )であって その 者 が 育 児 休 業 給 付 金 の 払 渡 しを 希 望 するものの 記 載 を 行 い 当 該 金 融 機 関 の 確 認 印 ( 当 該 金 融 機 関 の 店 舗 名 の 明 示 されたもの)の 押 印 を 受 けた 上 又 は 当 該 普 通 預 ( 貯 ) 金 口 座 の 通 帳 若 しくはキャッシュカード 又 はその 写 しを 添 えて 提 出 するよう 指 導 13

18 する その 取 扱 いについては 求 職 者 給 付 及 び 就 職 促 進 給 付 の 場 合 と 同 様 である ロ 受 給 資 格 者 の 申 出 により 口 座 振 込 みの 方 法 で 育 児 休 業 給 付 金 を 支 給 することとなる 場 合 は その 者 に 支 給 すべき 育 児 休 業 給 付 金 のすべてについてこの 方 法 により 支 給 するものであり そ の 一 部 について 現 金 で 支 給 する 取 扱 いは 認 めない ハ 口 座 振 込 みによる 育 児 休 業 給 付 金 の 支 給 に 係 るその 他 の 具 体 的 な 事 務 手 続 については 求 職 者 給 付 及 び 就 職 促 進 給 付 の 場 合 と 同 様 である( 業 務 取 扱 要 領 52001~52050 参 照 ) (8) 受 給 資 格 確 認 申 請 の 期 限 に 係 る 取 扱 い 受 給 資 格 確 認 手 続 は 支 給 申 請 手 続 を 事 業 主 が 代 行 して 行 うこととした 上 で 休 業 開 始 時 賃 金 月 額 証 明 書 の 提 出 と 同 時 に 行 うよう 当 該 事 業 主 及 び 被 保 険 者 を 指 導 することとするが 受 給 資 格 確 認 票 の 提 出 が 対 象 育 児 休 業 開 始 時 点 から 大 幅 に 遅 れて 行 われた 場 合 でも これを 受 理 し 受 給 資 格 の 確 認 をなし 得 る ただし 支 給 申 請 については その 支 給 申 請 期 間 を 徒 過 した 申 請 については 支 給 決 定 ができな いので 留 意 すること したがって 育 児 休 業 を 開 始 した 時 点 から 期 間 を 大 幅 に 徒 過 して 受 給 資 格 確 認 申 請 と 支 給 申 請 が 行 われた 場 合 には 対 象 育 児 休 業 終 了 日 の 属 する 支 給 対 象 期 間 の 初 日 から 起 算 して4か 月 を 経 過 する 日 の 属 する 月 の 末 日 までであれば 受 給 資 格 確 認 は 可 能 であるが 実 際 の 支 給 については 当 該 申 請 のあった 日 の 属 する 月 の 末 日 から4か 月 前 の 日 の 属 する 支 給 対 象 期 間 までに 限 られる こととなる (9) 被 保 険 者 が 支 給 申 請 手 続 を 行 う 場 合 の 取 扱 い 当 該 被 保 険 者 本 人 が 事 業 主 を 経 由 せずに 受 給 資 格 確 認 及 び 初 回 の 支 給 申 請 に 係 る 手 続 を 行 う 場 合 の 取 扱 いは 以 下 のとおり イ 育 児 休 業 給 付 金 の 受 給 を 希 望 する 被 保 険 者 を 雇 用 する 事 業 主 より 当 該 被 保 険 者 に 係 る 休 業 開 始 時 賃 金 月 額 証 明 書 のみの 提 出 があった 場 合 あるいは 休 業 開 始 時 賃 金 月 額 証 明 書 の 提 出 時 点 で 既 にその 対 象 となる 被 保 険 者 が 離 職 している 場 合 は 当 該 事 業 主 に 対 して 被 保 険 者 本 人 が 受 給 資 格 確 認 票 ( 初 回 ) 支 給 申 請 書 を 提 出 するか 否 かを 確 認 する そこで 被 保 険 者 本 人 が 提 出 することを 確 認 した 場 合 は 休 業 開 始 時 賃 金 月 額 証 明 書 の 複 写 により 作 成 される 雇 用 保 険 被 保 険 者 休 業 開 始 時 賃 金 月 額 証 明 票 ( 以 下 休 業 開 始 時 賃 金 月 額 証 明 票 という )を 事 業 主 を 通 じて 当 該 被 保 険 者 に 交 付 する また この 休 業 開 始 時 賃 金 月 額 証 明 票 の 交 付 にあたっては 交 付 番 号 を 付 与 することとする なお 休 業 開 始 時 賃 金 月 額 証 明 書 の 提 出 時 点 で 既 に その 対 象 となる 被 保 険 者 が 離 職 してい る 場 合 は 事 業 主 からの 受 給 資 格 確 認 票 ( 初 回 ) 支 給 申 請 書 の 提 出 は 要 さないので 留 意 する ロ この 交 付 された 休 業 開 始 時 賃 金 月 額 証 明 票 及 び 受 給 資 格 確 認 票 ( 初 回 ) 支 給 申 請 書 の 提 出 は 被 保 険 者 本 人 が 行 う 場 合 であっても 事 業 所 管 轄 安 定 所 に 提 出 する なお 休 業 開 始 時 賃 金 月 額 証 明 票 の 交 付 を 受 けた 段 階 で 離 職 している 場 合 は その 後 再 就 職 し 被 保 険 者 資 格 を 取 得 した 段 階 で 当 該 休 業 開 始 時 賃 金 月 額 証 明 票 及 び 受 給 資 格 確 認 票 ( 初 回 ) 支 給 申 請 書 をその 新 たに 雇 用 されることとなった 事 業 主 に 提 出 することとする なお 事 業 所 非 該 当 承 認 を 受 けている 施 設 において 雇 用 されている 被 保 険 者 本 人 より 本 社 等 適 用 事 業 所 を 管 轄 している 安 定 所 に 対 して 支 給 申 請 手 続 を 行 う 場 合 であっても 原 則 とし 14

19 て 被 保 険 者 本 人 が 当 該 事 業 所 管 轄 安 定 所 に 来 所 した 上 手 続 を 行 うこととする しかしながら 当 該 被 保 険 者 の 住 所 又 は 居 所 より 事 業 所 管 轄 安 定 所 に 出 頭 するために 要 する 時 間 が 通 常 の 交 通 機 関 を 利 用 して 概 ね 往 復 6 時 間 以 上 である 場 合 は 郵 送 により 申 請 するこ ととして 差 し 支 えない ハ また これら 各 種 申 請 に 基 づく 通 知 その 他 の 手 続 きについては 事 業 主 が 手 続 を 行 う 場 合 と 同 様 である 15

20 16

21 17

22 18

23 19

24 20

25 21

26 22

27 23

28 24

29 25

30 育 児 休 業 給 付 金 の 初 回 支 給 申 請 に 係 る 取 扱 い (1) 支 給 申 請 期 間 イ 最 初 の 育 児 休 業 給 付 金 の 支 給 申 請 については 本 来 的 には 事 業 所 管 轄 安 定 所 長 による 支 給 申 請 期 間 の 指 定 はなく 当 該 最 初 に 育 児 休 業 給 付 金 の 支 給 を 受 けようとする 支 給 対 象 期 間 の 初 日 ( 通 常 は 対 象 育 児 休 業 開 始 日 )から 起 算 して4か 月 を 経 過 する 日 の 属 する 月 の 末 日 までに 受 給 資 格 確 認 票 ( 初 回 ) 支 給 申 請 書 に 必 要 事 項 を 記 載 の 上 事 業 所 管 轄 安 定 所 に 提 出 しなけ ればならない ただし 天 災 等 やむを 得 ない 事 情 がある 場 合 はこの 限 りではなく その 事 情 が やんだ 日 の 翌 日 から 起 算 して7 日 以 内 に 支 給 申 請 を 行 えば 支 給 決 定 が 可 能 である ロ 初 回 支 給 申 請 については 支 給 対 象 期 間 の 初 日 から 起 算 する 申 請 期 限 内 に 含 まれる3 又 は4 の 支 給 対 象 期 間 に 係 る 支 給 申 請 を 行 うことも 可 能 となるが 通 常 は 2の 支 給 対 象 期 間 につい ての 支 給 申 請 を 行 うよう 事 業 主 又 は 被 保 険 者 を 指 導 する 3 又 は4の 支 給 対 象 期 間 に 係 る 支 給 申 請 がなされる 場 合 の 受 給 資 格 確 認 票 ( 初 回 ) 支 給 申 請 書 の 記 入 は 当 該 3か 月 目 4か 月 目 となる 支 給 単 位 期 間 全 日 休 業 日 数 及 び 支 給 された 賃 金 額 を 備 考 欄 に 記 入 することにより 行 うこととする この 備 考 欄 に3 又 は4の 支 給 単 位 期 間 に 係 る 記 載 がある 受 給 資 格 確 認 票 ( 初 回 ) 支 給 申 請 書 の 提 出 を 受 理 した 安 定 所 では 以 下 のとおり 取 り 扱 う (イ) まず 受 給 資 格 確 認 票 ( 初 回 ) 支 給 申 請 書 をハローワークシステム( 以 下 システム という )に 入 力 し 受 給 資 格 の 確 認 を 行 った 上 で 支 給 申 請 書 の 支 給 単 位 期 間 欄 に 記 入 されている 期 間 に 係 る( 不 ) 支 給 決 定 を 行 う (ロ) この 入 力 により 上 記 (イ)に 係 る2の 支 給 単 位 期 間 に 係 る( 不 ) 支 給 決 定 通 知 書 及 び 当 該 2 の 支 給 単 位 期 間 の 次 の2の 支 給 単 位 期 間 に 係 る 次 回 の 支 給 申 請 書 が 出 力 される (ハ) 上 記 (ロ)の 次 回 の 支 給 申 請 書 に 上 記 (イ)で 入 力 した 支 給 申 請 書 の 備 考 欄 に 記 載 されていた 支 給 単 位 期 間 に 係 る 記 載 を 行 って 再 度 入 力 する (ニ) 上 記 (ハ)により 出 力 された( 不 ) 支 給 決 定 通 知 書 及 び 次 回 の 支 給 申 請 書 に 対 し 上 記 (ロ)で 出 力 された( 不 ) 支 給 決 定 通 知 と 併 せて 受 給 資 格 者 に 通 知 する なお 育 児 休 業 給 付 金 の 支 給 申 請 時 点 において すでに 対 象 育 児 休 業 が 終 了 している 場 合 は 最 後 の 支 給 単 位 期 間 を 含 む3ヶ 月 分 の 支 給 単 位 期 間 について 受 給 資 格 確 認 票 ( 初 回 ) 支 給 申 請 書 の 欄 に 記 入 して まとめて1 枚 の 申 請 書 により 申 請 することがで きる ハ 事 業 所 管 轄 安 定 所 における 休 業 開 始 時 賃 金 月 額 証 明 書 及 び 受 給 資 格 確 認 票 ( 初 回 ) 支 給 申 請 書 の 保 存 期 間 は4 年 間 とする (2) 添 付 書 類 イ 育 児 休 業 給 付 金 の 最 初 の 支 給 申 請 の 際 の 添 付 書 類 は 次 のとおりである (イ) 休 業 開 始 時 賃 金 月 額 証 明 書 ( 育 児 休 業 給 付 金 の 最 初 の 支 給 申 請 と 同 時 に 行 う 場 合 に 限 る この 際 の 休 業 開 始 時 賃 金 月 額 証 明 書 の 添 付 書 類 は ロに 掲 げるとおりである なお 最 初 の 支 給 申 請 前 に 受 給 資 格 の 確 認 及 び 休 業 開 始 時 賃 金 月 額 の 登 録 を 行 っている 場 合 は 休 業 開 始 時 賃 金 月 額 証 明 書 に 代 えて 育 児 休 業 給 付 受 給 資 格 確 認 通 知 書 を 添 付 させる ) なお 被 保 険 者 が 自 ら 支 給 申 請 手 続 を 行 うことを 希 望 する 場 合 には 受 給 資 格 確 認 票 ( 初 回 ) 支 給 申 請 書 に 休 業 開 始 時 賃 金 月 額 証 明 票 の 添 付 が 必 要 である 26

31 (ロ) 賃 金 台 帳 出 勤 簿 又 はタイムカード 等 受 給 資 格 確 認 票 ( 初 回 ) 支 給 申 請 書 に 記 載 した 賃 金 の 額 及 び 賃 金 の 支 払 状 況 を 証 明 することができる 書 類 なお 被 保 険 者 が 自 ら 支 給 申 請 手 続 を 行 うことを 希 望 する 場 合 には 受 給 資 格 確 認 票 ( 初 回 ) 支 給 申 請 書 に 給 与 明 細 書 又 は 賃 金 台 帳 の 写 し( 事 業 主 の 原 本 証 明 付 ) 出 勤 簿 等 の 書 類 の 写 し( 事 業 主 の 原 本 証 明 付 )の 添 付 が 必 要 である また この 育 児 休 業 給 付 金 の 最 初 の 支 給 申 請 に 当 たっては 過 去 の 被 保 険 者 を 雇 用 する 事 業 所 に 係 る 資 格 取 得 届 及 び 離 職 証 明 書 等 の 提 出 において その 記 載 内 容 の 信 頼 性 が 高 いと 認 められる 事 業 主 等 については 関 係 書 類 との 照 合 を 省 略 して 差 し 支 えない この 照 合 省 略 に 係 る 取 扱 いは 業 務 取 扱 要 領 及 び に 準 じて 取 り 扱 うこととする (ハ) 特 別 養 子 縁 組 の 成 立 のため 監 護 を 行 っている 期 間 について 育 児 休 業 給 付 金 の 支 給 申 請 を 行 う 場 合 は 家 庭 裁 判 所 の 審 判 書 の 写 し( 当 該 支 給 申 請 に 係 る 対 象 期 間 中 に 審 判 が 行 われている 場 合 に 限 る ) (ニ) 住 民 票 記 載 事 項 証 明 書 等 (59543(3)ハのなお 書 きの 規 定 により 特 別 養 子 縁 組 の 成 立 のための 請 求 を 再 度 行 っている 場 合 に 限 る ) ロ 天 災 その 他 やむを 得 ない 理 由 により 所 定 の 支 給 申 請 期 間 内 に 申 請 できなかった 場 合 には そ の 事 実 を 証 明 することができる 官 公 署 鉄 道 の 駅 長 等 による 証 明 書 又 は 安 定 所 長 が 認 める 者 に よる 証 明 書 ハ 受 給 資 格 確 認 票 ( 初 回 ) 支 給 申 請 書 は その 内 容 について 事 業 主 証 明 欄 に 証 明 を 受 けな ければならない (3) 支 給 要 件 の 確 認 事 業 主 より 受 給 資 格 確 認 票 ( 初 回 ) 支 給 申 請 書 の 提 出 を 受 けた 事 業 所 管 轄 安 定 所 においては 事 業 主 に 対 して 被 保 険 者 が 休 業 終 了 後 に 職 場 復 帰 をする 予 定 であることを 確 認 した 上 で 当 該 申 請 に 係 る 支 給 単 位 期 間 ごとに 支 給 要 件 の 確 認 を 行 う その 具 体 的 な 取 扱 いは 次 のとおりである イ 応 当 日 から 翌 月 の 応 当 日 の 前 日 までの 支 給 単 位 期 間 1か 月 に 賃 金 の 支 払 日 があり この 支 払 日 に 支 払 われた 賃 金 があるか 否 かを 賃 金 台 帳 等 により 確 認 し 当 該 賃 金 額 が 賃 金 月 額 の 80% 未 満 であることを 確 認 する ロ 当 該 支 給 単 位 期 間 1か 月 に 就 業 していると 認 められる 日 数 が 10 日 以 下 (59503ニ(ロ) 参 照 ) であること 及 び 当 該 育 児 休 業 が 同 一 の 子 に 係 る 再 度 の 取 得 でないことの 確 認 を 行 う この 確 認 は 原 則 として 受 給 資 格 確 認 票 ( 初 回 ) 支 給 申 請 書 中 の 備 考 欄 における 事 業 主 の 証 明 により 行 うこととするが さらに 必 要 があるときは 当 該 事 業 主 に 対 し 出 勤 簿 等 の 提 出 を 求 め これを 行 うこととする ハ 特 別 養 子 縁 組 の 成 立 のための 監 護 期 間 に 係 る 育 児 休 業 給 付 金 の 支 給 について は 家 庭 裁 判 所 において 特 別 養 子 縁 組 の 成 立 を 認 めない 審 判 が 行 われた 場 合 そ の 決 定 日 の 前 日 までが 対 象 となる このため 特 別 養 子 縁 組 の 成 立 のための 監 護 期 間 を 59542(2)イ(ハ)に 基 づき 提 出 された 審 判 書 の 写 しによって 確 認 する なお この 場 合 であっても 家 庭 裁 判 所 に 対 して 特 別 養 子 縁 組 を 成 立 させるため の 請 求 が 再 度 行 われたときは 育 児 休 業 給 付 金 の 支 給 対 象 となる 監 護 期 間 となり 得 るものであり また 住 民 票 記 載 事 項 証 明 書 等 を 確 認 することにより 当 該 請 27

32 求 日 前 の 監 護 の 状 況 が 明 らかである 場 合 は その 明 らかとなる 初 日 を 監 護 期 間 の 初 日 とみなして 取 り 扱 うこと ニ 当 該 支 給 単 位 期 間 が 最 後 の 支 給 単 位 期 間 すなわち 当 該 育 児 休 業 に 係 る 最 後 の 応 当 日 から 対 象 育 児 休 業 を 終 了 した 日 までの 期 間 となる 場 合 については その 期 間 の 日 数 にかかわらず 当 該 期 間 内 に 就 業 していると 認 められる 日 数 が 10 日 以 下 であるとともに かつ 全 日 休 業 日 が1 日 でもあればこれを 支 給 対 象 期 間 として 取 り 扱 う この 場 合 全 日 休 業 日 には 土 曜 日 日 曜 日 及 び 祝 祭 日 のような 当 該 事 業 所 の 所 定 労 働 日 以 外 の 日 であって 全 日 に 渡 って 休 業 している 日 も 含 まれるので 留 意 する(59503 ニ(ロ) 参 照 ) ( 例 示 ) 1 月 (1 日 でも 全 日 休 休 休 前 休 休 業 している 業 業 業 回 業 日 があれば 支 開 前 回 の 支 給 申 開 開 支 開 給 申 請 可 能 ) 始 育 児 休 業 給 付 金 の 請 時 に 設 定 さ 始 始 給 始 応 残 余 分 (2か 月 分 )の れた 申 請 期 間 応 応 申 応 当 支 給 申 請 内 の 特 定 日 又 当 当 請 当 日 は 特 定 の 週 日 日 日 日 8 月 9 月 10 月 11 月 1 日 1 日 1 日 1 日 12 月 1 日 1 月 1 日 育 休 休 児 業 業 休 開 開 業 始 始 終 応 応 了 当 当 日 日 日 (4) 支 給 額 の 算 定 イ 支 給 要 件 を 確 認 し これを 満 たしている 場 合 には 支 給 額 を 算 定 する この 支 給 額 は 支 給 対 象 期 間 に 係 る 賃 金 月 額 の 40%( 当 分 の 間 は 50%)に 相 当 する 額 とする この 場 合 休 業 を 終 了 する 日 を 末 日 とする 支 給 対 象 期 間 の 賃 金 月 額 は 休 業 開 始 時 賃 金 日 額 に 当 該 支 給 対 象 期 間 の 日 数 を 乗 じた 額 であり それ 以 外 の 支 給 対 象 期 間 の 賃 金 月 額 は 賃 金 日 額 に 30 を 乗 じた 額 であ るので 留 意 する(59502 イ 参 照 ) ただし 受 給 資 格 者 が 当 該 育 児 休 業 期 間 中 に 事 業 主 から 当 該 育 児 休 業 期 間 を 対 象 とする 賃 金 を 支 払 われた 場 合 において 当 該 賃 金 の 額 と 育 児 休 業 給 付 金 の 額 の 合 計 額 が 賃 金 月 額 の 80% に 相 当 する 額 以 上 であるときは その 超 過 分 を 減 じた 額 を 支 給 額 とする 休 業 終 了 日 を 含 む 支 給 単 位 期 間 については 休 業 開 始 時 賃 金 日 額 に 当 該 支 給 単 位 期 間 の 支 給 日 数 を 乗 じて 得 た 賃 金 月 額 の 80%と 当 該 支 給 単 位 期 間 に 支 払 われた 賃 金 額 を 比 較 して 上 記 判 断 を 行 うこととなるの で 留 意 する ロ 育 児 休 業 期 間 中 に 支 払 われた 賃 金 であっても 育 児 休 業 期 間 外 を 対 象 とした 賃 金 の 額 を 含 め ないこととする 育 児 休 業 給 付 金 支 給 申 請 書 の 支 払 われた 賃 金 額 には それぞれの 支 給 単 28

33 位 期 間 中 に 支 払 われた 給 与 手 当 等 の 賃 金 総 額 を 記 載 することが 原 則 であるが 一 部 分 でも 育 児 休 業 期 間 外 を 対 象 としているような 給 与 手 当 等 や 対 象 期 間 が 不 明 確 な 給 与 手 当 等 の 額 は 計 上 せず 育 児 休 業 期 間 中 を 対 象 としていることが 明 確 な 給 与 手 当 等 の 額 のみを 計 上 するこ と ハ 賃 金 の 支 払 日 が 変 更 となった 場 合 等 の 取 扱 い 支 給 単 位 期 間 において 賃 金 締 切 日 が 変 更 されたこと 等 により 賃 金 の 支 払 日 が 変 更 され この 変 更 により 賃 金 の 支 払 がなかった 月 がある 場 合 は 当 該 変 更 のあった 月 の 翌 月 の 変 更 後 の 支 払 われた 賃 金 を 当 該 賃 金 支 払 のなかった 月 に 支 払 われたものとして 取 り 扱 う この 場 合 に 当 該 変 更 のあった 期 間 の 次 の 支 給 単 位 期 間 に 支 払 われた 賃 金 は 当 該 変 更 後 の 賃 金 額 を 再 度 当 該 支 給 単 位 期 間 に 支 払 われた 賃 金 として 取 り 扱 うこととする ( 例 示 ) 賃 金 支 払 日 が 25 日 から 翌 月 5 日 に 変 更 された 場 合 ( 変 更 前 ) 賃 賃 賃 賃 賃 賃 金 金 金 金 金 金 支 支 支 支 支 支 払 払 払 払 払 払 日 日 日 日 日 日 25 日 A 25 日 B 25 日 C 25 日 D 25 日 E 25 日 F ( 変 更 後 ) 賃 賃 賃 賃 賃 金 金 金 金 金 支 支 支 支 支 払 日 払 日 払 日 払 日 払 日 A 5 日 B 5 日 C 5 日 D 5 日 E 5 日 F Bの5 日 に 支 払 われた 賃 金 額 はAに 支 払 われた 賃 金 とみなすとともにBに 支 払 われたものとす る なお この 就 業 規 則 等 に 賃 金 の 支 払 日 が 変 更 になったわけではなく 賃 金 の 支 払 の 遅 延 があ った 場 合 あるいは 年 始 が 賃 金 の 支 払 日 にあるために 繰 り 上 げて 支 給 された 場 合 のように 当 該 賃 金 支 払 日 のなかった 期 間 に 支 給 されることとなっていた 賃 金 額 が その 前 後 の 期 間 で 明 確 な 場 合 当 該 賃 金 額 を 当 該 賃 金 の 支 払 日 のなかった 期 間 に 支 給 されたものとして 取 り 扱 う ニ 未 払 賃 金 がある 場 合 は 当 該 未 払 額 を 含 めて 算 定 する なお この 未 払 額 とは 支 払 義 務 の 確 定 した 賃 金 が 所 定 の 支 払 日 を 過 ぎても なお 支 払 わ れないものをいう( 業 務 取 扱 要 領 参 照 ) ホ また 週 給 払 い 等 により 支 給 単 位 期 間 に 賃 金 の 支 払 日 が2 日 以 上 ある 場 合 は 当 該 期 間 に 支 払 のあった 賃 金 の 額 の 総 額 を 当 該 支 給 単 位 期 間 に 支 払 われた 賃 金 として 取 り 扱 う ヘ 育 児 休 業 給 付 金 受 給 中 に 自 動 変 更 規 定 により 賃 金 日 額 が 改 定 された 場 合 は 当 該 変 更 日 ( 毎 29

34 年 8 月 1 日 ) 以 後 の 日 が 初 日 となる 支 給 単 位 期 間 における 支 給 分 より 賃 金 日 額 を 改 定 した 上 で 支 給 額 を 決 定 することとする なお この 変 更 のあった 旨 の 通 知 は 当 該 変 更 後 最 初 の 育 児 休 業 給 付 金 支 給 決 定 通 知 書 に 記 載 することにより 行 うこととする 支 給 決 定 等 の 通 知 等 (1) 受 給 資 格 の 確 認 のみが 行 われた 場 合 の 通 知 等 イ 受 給 資 格 の 確 認 を 行 ったときは 受 給 資 格 確 認 票 ( 初 回 ) 支 給 申 請 書 の 入 力 により 育 児 休 業 給 付 受 給 資 格 確 認 ( 否 認 ) 通 知 書 ( 同 一 の 様 式 にまとめられており 以 下 まとめて 受 給 資 格 確 認 ( 否 認 の 場 合 は 受 給 資 格 否 認 ) 通 知 書 という )を 作 成 する また 受 給 資 格 を 否 認 したときは 受 給 資 格 確 認 票 ( 初 回 ) 支 給 申 請 書 の 入 力 により 受 給 資 格 否 認 通 知 書 を 作 成 する ロ 受 給 資 格 確 認 通 知 書 又 は 受 給 資 格 否 認 通 知 書 の 具 体 的 な 記 載 事 項 等 は 以 下 のとおりである (イ) 受 給 資 格 確 認 通 知 書 については 賃 金 月 額 賃 金 月 額 の 40%( 当 分 の 間 は 50%)となる 額 等 が 印 字 された 上 出 力 される この 受 給 資 格 確 認 通 知 書 は 切 り 取 り 線 により 育 児 休 業 給 付 金 支 給 申 請 書 ( 様 式 第 33 号 の5の2 )が 添 付 されているが この 部 分 は 切 り 取 らずに 被 保 険 者 本 人 に 郵 送 する この 場 合 初 回 の 支 給 申 請 手 続 は 受 給 資 格 確 認 票 ( 初 回 ) 支 給 申 請 書 により 行 わず 交 付 された 育 児 休 業 給 付 金 支 給 申 請 書 により 行 うこととなるので その 旨 被 保 険 者 及 び 事 業 主 を 指 導 する (ロ) 受 給 資 格 否 認 通 知 書 については その 旨 が 印 字 されるので この 通 知 書 より 育 児 休 業 給 付 金 支 給 申 請 書 部 分 を 切 り 取 った 上 で 被 保 険 者 本 人 に 郵 送 する また これと 同 時 に 事 業 主 の 提 出 した 休 業 開 始 時 賃 金 月 額 証 明 書 にも 否 認 した 旨 を 明 記 した 上 で 当 該 事 業 主 に 返 付 することとする (2) 初 回 支 給 申 請 が 同 時 になされた 場 合 の 通 知 イ 受 給 資 格 の 確 認 と 初 回 支 給 申 請 が 同 時 に 行 われた 場 合 であって 受 給 資 格 の 確 認 を 行 った 上 で 支 給 決 定 を 行 い 支 給 額 を 算 定 したとき 又 は 不 支 給 決 定 を 行 ったときは 受 給 資 格 の 確 認 とあわせて 当 該 支 給 決 定 したこと 及 び 支 給 額 について 又 は 不 支 給 決 定 したことについて 記 載 した 育 児 休 業 給 付 金 支 給 決 定 通 知 書 を 作 成 する また 受 給 資 格 を 否 認 したために 同 時 に 行 われた 初 回 支 給 申 請 について 不 支 給 決 定 を 行 っ た 場 合 は 不 支 給 決 定 の 理 由 となる 受 給 資 格 否 認 通 知 書 を 作 成 する ロ 受 給 資 格 の 確 認 を 行 い 同 時 に 行 われた 初 回 支 給 申 請 について 支 給 又 は 不 支 給 の 決 定 を 行 っ た 場 合 は 次 回 の 支 給 申 請 期 間 及 び 来 所 日 等 の 指 定 を 行 い 併 せてこの 育 児 休 業 給 付 金 支 給 決 定 通 知 書 に 記 載 する( 次 回 の 支 給 申 請 期 間 及 び 来 所 日 等 の 指 定 についての 詳 細 な 取 扱 いについ ては を 参 照 のこと) この 育 児 休 業 給 付 金 支 給 決 定 通 知 書 には 切 り 取 り 線 により 次 回 の 育 児 休 業 給 付 金 申 請 書 が 添 付 されているが この 部 分 を 含 めて 被 保 険 者 本 人 に 郵 送 する また この 次 回 の 支 給 申 請 期 間 及 び 来 所 日 等 については 育 児 休 業 給 付 金 次 回 支 給 申 請 日 指 定 通 知 書 ( 以 下 次 回 支 給 申 請 日 指 定 通 知 書 という )により 当 該 事 業 主 に 対 しても 通 知 する 30

35 31

36 32

37 次 回 支 給 申 請 期 間 及 び 来 所 日 等 の 指 定 等 (1) 申 請 月 にあわせた 支 給 申 請 に 係 る 周 知 育 児 休 業 給 付 金 に 係 る 支 給 申 請 期 間 は 2の 支 給 対 象 期 間 について 支 給 申 請 する 場 合 最 大 約 3か 月 間 となるが 支 給 申 請 期 限 の 末 日 は 暦 月 の 末 日 となることから 支 給 申 請 期 間 中 の 事 業 所 の 申 請 月 ( 奇 数 月 又 は 偶 数 月 )において 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 等 の 支 給 申 請 に 合 わせて 支 給 申 請 を 行 うことが 可 能 であることを 支 給 申 請 の 代 行 を 行 う 事 業 主 に 周 知 する( 例 示 1 例 示 2) (2) 初 回 支 給 申 請 の 申 請 日 の 通 知 等 イ 受 給 資 格 確 認 と 育 児 休 業 給 付 金 の 初 回 の 支 給 申 請 が 同 時 に 行 われず 受 給 資 格 確 認 のみが 先 に 行 われる 場 合 にあっては 初 回 支 給 申 請 を 支 給 申 請 期 間 内 の 事 業 所 の 申 請 月 に 行 うこと ができる 旨 を 事 業 主 に 教 示 する その 上 で 事 業 主 の 都 合 と 意 向 を 十 分 聴 取 し 事 業 所 管 轄 安 定 所 の 業 務 量 を 勘 案 することに よって 支 給 申 請 期 限 内 の 期 間 の 特 定 日 又 は 特 定 の 週 ( 以 下 来 所 日 等 という )を 次 回 支 給 申 請 日 として 定 めることができた 場 合 は その 来 所 日 等 に 初 回 の 支 給 申 請 を 行 うよう 事 業 主 の 協 力 を 求 めることとする ロ なお その 場 合 事 業 主 が 申 請 月 にかかわらず 支 給 申 請 期 間 中 の 早 い 時 期 に 支 給 申 請 を 行 いたいとする 場 合 はこれを 尊 重 することとする 特 に 支 給 申 請 期 間 は 支 給 対 象 期 間 が2か 月 分 の 場 合 最 長 約 3か 月 間 となるため 事 業 所 の 申 請 月 である 奇 数 月 又 は 偶 数 月 にあわせて 支 給 申 請 を 行 うこととした 場 合 その 申 請 月 が 当 該 最 長 約 3か 月 間 の 支 給 対 象 期 間 中 の 後 半 となる この 場 合 事 業 主 が 早 い 時 期 に 支 給 申 請 を 行 いたいとする 場 合 はこれを 尊 重 するほか さらに 支 給 申 請 期 間 中 の 早 い 時 期 であって かつ 申 請 月 に 支 給 申 請 を 行 いたいとする 場 合 は 1の 支 給 対 象 期 間 のみの 支 給 申 請 を1 回 行 う ことにより その 後 それが 可 能 となる( 例 示 2 3 参 照 ) 旨 を 教 示 する ハ 来 所 日 等 を 定 めたときは その 定 めた 来 所 日 等 を 受 給 資 格 確 認 通 知 書 及 び 次 回 支 給 申 請 日 指 定 通 知 書 に 記 載 する ニ 来 所 日 等 は あくまで 事 業 主 の 協 力 の 下 便 宜 的 に 定 めるものであるので 事 業 主 があらか じめ 定 められた 来 所 日 等 に 来 所 できない 場 合 は 支 給 申 請 期 間 内 の 都 合 のよい 日 に 来 所 し 支 給 申 請 を 行 うよう 指 導 する この 場 合 事 業 所 管 轄 安 定 所 の 実 情 に 応 じ できるかぎり 当 該 来 所 日 等 の 前 に 指 定 した 支 給 申 請 日 に 来 所 できない 旨 を 事 業 所 管 轄 安 定 所 に 連 絡 し 新 たな 来 所 日 等 の 指 定 を 受 けるよう 協 力 を 求 めることとする (3)2 回 目 以 降 の 支 給 申 請 の 支 給 申 請 期 間 の 指 定 等 第 2 回 目 以 後 の 支 給 申 請 については 前 回 の 支 給 申 請 時 ごとに 事 業 所 管 轄 安 定 所 長 から 指 定 さ れた 支 給 申 請 期 間 内 に 行 わなければならず 事 業 所 管 轄 安 定 所 においては 支 給 申 請 がなされた ときは 前 記 の 支 給 決 定 手 続 を 行 うとともに 次 回 の 支 給 申 請 期 間 の 指 定 を 行 わなければならな い(59505 イ(ロ) 参 照 のこと) その 具 体 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりである イ 事 業 所 管 轄 安 定 所 においては 受 給 資 格 者 から 事 業 主 を 通 じて 支 給 申 請 がなされたときは 33

38 原 則 として 次 に 到 来 する2か 月 分 の 支 給 対 象 期 間 すなわち 次 の 支 給 対 象 期 間 及 び 次 の 次 の 支 給 対 象 期 間 について 以 下 のとおり 支 給 申 請 期 間 を 指 定 する (イ) 今 回 支 給 申 請 がなされた 支 給 対 象 期 間 の 次 及 びその 次 の 支 給 対 象 期 間 については いずれ も 今 回 支 給 申 請 がなされた 支 給 対 象 期 間 の 末 日 の 翌 日 から 当 該 日 より2か 月 を 経 過 する 日 の 属 する 月 の 末 日 までの 期 間 を 次 回 支 給 申 請 期 間 に 指 定 する (ロ) これにより 次 回 の 支 給 申 請 期 間 については 2の 支 給 対 象 期 間 について 奇 数 月 及 び 偶 数 月 を 含 む 期 間 に 2か 月 ごとにまとめて 同 時 期 に 定 められることとなる ロ 次 回 の 支 給 申 請 期 間 を 指 定 したときは 受 給 資 格 者 及 び 事 業 主 にその 旨 を 通 知 するととも に その 支 給 申 請 期 間 内 に 当 該 2か 月 分 の 支 給 対 象 期 間 の 支 給 申 請 を 行 わなければならないこ とについて 周 知 する ハ また 次 回 の 支 給 申 請 期 間 を 指 定 したときは あわせて のイ ロ 及 びニと 同 様 に 申 請 月 に 支 給 申 請 が 可 能 であることの 教 示 来 所 日 等 の 指 定 早 期 に 支 給 申 請 したいとされる 場 合 の 対 応 等 を 行 う ニ 次 回 支 給 申 請 期 間 及 び 来 所 日 等 を 指 定 したときは その 指 定 した 支 給 申 請 期 間 及 び 来 所 日 等 と その 支 給 対 象 期 間 を 支 給 決 定 通 知 書 と 次 回 支 給 申 請 日 指 定 通 知 書 に 記 載 する ホ 支 給 申 請 期 間 を 徒 過 して 次 回 支 給 申 請 期 間 及 び 来 所 日 等 の 指 定 を 受 けるために 事 業 所 管 轄 安 定 所 に 来 所 した 場 合 には 天 災 その 他 やむを 得 ない 事 情 がある 場 合 を 除 き 当 該 来 所 した 日 の 属 する 月 の 末 日 から4か 月 前 の 日 の 属 する 支 給 単 位 期 間 及 びその 直 後 の 支 給 単 位 期 間 につい て 支 給 申 請 期 間 を 定 める その 場 合 の 支 給 申 請 期 間 は 当 該 支 給 可 能 な 支 給 単 位 期 間 の 初 日 から4か 月 を 経 過 する 日 の 属 する 月 の 末 日 までの 期 間 であるので 速 やかに 支 給 申 請 を 行 うよ う 指 導 する ヘ 予 め 支 給 対 象 期 間 として 指 定 された 支 給 単 位 期 間 中 に 賃 金 の 支 払 があったこと 等 の 理 由 に より 支 給 要 件 に 該 当 しないこととなったため 支 給 申 請 を 行 わなかった 受 給 資 格 者 であっても 前 回 指 定 された 来 所 日 等 に 支 給 申 請 書 を 次 回 支 給 申 請 期 間 指 定 届 として 提 出 するよう 受 給 資 格 者 及 び 事 業 主 を 指 導 する なお この 場 合 は 支 給 申 請 書 の 表 題 を 次 回 支 給 申 請 期 間 指 定 届 と 変 更 して 提 出 するこ ととする このように 次 回 支 給 申 請 期 間 指 定 届 を 受 理 した 事 業 所 管 轄 安 定 所 においては システムに おいて 次 回 支 給 単 位 期 間 基 準 日 の 変 更 処 理 を 行 った 上 その 次 の 支 給 申 請 期 間 を 指 定 す るとともに それに 合 わせて 出 力 された 支 給 申 請 書 次 回 支 給 申 請 日 指 定 通 知 書 を 交 付 する こととする 34

39 ( 例 示 1) 11/15 に 育 児 休 業 を 取 得 した 受 給 資 格 者 が 育 児 休 業 取 得 後 3か 月 目 に 支 給 申 請 を 行 ってき た 場 合 ( 偶 数 月 事 業 所 の 理 想 型 ) 最 初 の 支 給 申 請 2 回 目 の 支 給 申 請 3 回 目 の 支 給 申 請 111/15~12/14 分 2 1/15~ 2/14 分 3 3/15~ 4/14 分 12/15~ 1/14 分 2/15~ 3/14 分 4/15~ 5/14 分 の2か 月 分 支 給 の2か 月 分 支 給 の2か 月 分 支 給 2 1/15~ 2/14 分 3 3/15~ 4/14 分 4 5/15~ 6/14 分 2/15~ 3/14 分 4/15~ 5/14 分 6/15~ 7/14 分 の 支 給 申 請 期 間 の 支 給 申 請 期 間 の 支 給 申 請 期 間 を 3/15~ 5/31 を 5/15~ 7/31 を 7/15~ 9/30 と 指 定 と 指 定 と 指 定 その 支 給 申 請 期 その 支 給 申 請 期 その 支 給 申 請 期 間 のうち 偶 数 月 間 のうち 偶 数 月 間 のうち 偶 数 月 である4 月 に 申 である6 月 に 申 である8 月 に 申 請 を 行 えること 請 を 行 えること 請 を 行 えること 受 給 資 格 発 生 を 教 示 する を 教 示 する を 教 示 する 11/15 12/15 1/15 2/15 3/15 4/15 5/15 6/15 7/ 休 業 取 得 支 給 対 象 期 間 2か 月 支 給 申 請 期 間 1/15~ 3/31 2 支 給 対 象 期 間 2か 月 2 支 給 申 請 期 間 3/15~ 5/31 偶 数 月 (4 月 ) 3 支 給 対 象 期 間 2か 月 3 支 給 申 請 期 間 5/15~ 7/31 偶 数 月 (6 月 ) 35

40 ( 例 示 2) 11/15 に 育 児 休 業 を 取 得 した 受 給 資 格 者 が 育 児 休 業 取 得 後 1か 月 目 に 支 給 申 請 を 行 ってき た 場 合 ( 奇 数 月 事 業 所 の 理 想 型 ) 最 初 の 支 給 申 請 2 回 目 の 支 給 申 請 3 回 目 の 支 給 申 請 (1 月 ) (3 月 ) (5 月 ) 111/15~12/14 分 212/15~ 1/14 分 3 2/15~ 3/14 分 の1か 月 分 支 給 1/15~ 2/14 分 3/15~ 4/14 分 の2か 月 分 支 給 の2か 月 分 支 給 212/15~ 1/14 分 3 2/15~ 3/14 分 4 4/15~ 5/14 分 1/15~ 2/14 分 3/15~ 4/14 分 5/15~ 6/14 分 の 支 給 申 請 期 間 の 支 給 申 請 期 間 の 支 給 申 請 期 間 を 2/15~ 4/30 を 4/15~ 6/30 を 6/15~ 8/31 と 指 定 と 指 定 と 指 定 その 支 給 申 請 期 その 支 給 申 請 期 その 支 給 申 請 期 間 のうち 奇 数 月 間 のうち 奇 数 月 間 のうち 奇 数 月 である3 月 に 申 である5 月 に 申 である7 月 に 申 請 を 行 えること 請 を 行 えること 請 を 行 えること 受 給 資 格 発 生 を 教 示 する を 教 示 する を 教 示 する 11/15 12/15 1/15 2/15 3/15 4/15 5/15 6/15 7/15 休 業 取 得 1 1 支 給 対 支 給 申 請 期 間 象 期 間 1か 月 12/15~ 3/31 2 支 給 対 象 期 間 2か 月 2 支 給 申 請 期 間 2/15~ 4/30 奇 数 月 (3 月 ) 3 支 給 対 象 期 間 3 支 給 申 請 期 間 4/15~ 6/30 奇 数 月 (5 月 ) 36

41 ( 例 示 3) 11/15 に 育 児 休 業 を 取 得 した 受 給 資 格 者 が 育 児 休 業 取 得 後 3か 月 目 に 支 給 申 請 を 行 ってき た 場 合 ( 奇 数 月 事 業 所 ) 最 初 の 支 給 申 請 2 回 目 の 支 給 申 請 1 11/15 ~ 12/14 分 2 1/15 ~ 2/14 分 12/15 ~ 1/14 分 2/15 ~ 3/14 分 の2か 月 分 支 給 の2か 月 分 支 給 2 1/15 ~ 2/14 分 3 3/15 ~ 4/14 分 2/15 ~ 3/14 分 4/15 ~ 5/14 分 の 支 給 申 請 期 間 を の 支 給 申 請 期 間 を 3/15 ~ 5/31 と 5/15 ~ 7/31 と 指 定 指 定 奇 数 月 に 申 請 を 希 奇 数 月 に 申 請 を 希 望 するのであれば 望 するのであれば 3/15 ~ 3/31 又 5/15 ~ 5/31 又 は5 月 に 申 請 を 行 は7 月 に 申 請 を 行 うことになる 旨 教 うことになる 旨 教 示 する 示 する <あるいは> 2 1/15 ~ 2/14 分 3 2/15 ~ 3/14 分 のみを 2/15 ~ 3/15 ~ 4/14 分 4/30 に 支 給 申 請 の 支 給 申 請 期 間 を すれば その 後 は 4/15~6/30 と 指 定 支 給 対 象 期 間 直 後 その 支 給 申 請 期 間 の 奇 数 月 に 支 給 申 のうち 奇 数 月 であ 請 ができる 旨 を 教 る5 月 に 申 請 を 行 示 する えることを 教 示 す 受 給 資 格 発 生 る 11/15 12/15 1/15 2/15 3/15 4/15 5/15 6/ 休 業 取 得 支 給 対 象 期 間 2か 月 支 給 申 請 期 間 1/15~ 3/31 2 支 給 対 象 期 間 2か 月 2 支 給 申 請 期 間 3/15~ 5/31 2 支 給 対 象 期 間 1か 月 申 請 2/15~4/30 奇 数 月 (5 月 ) 3 支 給 対 象 期 間 2か 月 3 支 給 申 請 期 間 5/15~ 7/31 奇 数 月 (7 月 ) 3 支 給 対 象 期 間 2か 月 3 支 給 申 請 期 間 4/15~ 6/30 奇 数 月 (5 月 ) 37

42 第 3 第 2 回 目 以 後 の 支 給 申 請 における 取 扱 い 支 給 対 象 期 間 の 延 長 に 係 る 取 扱 い (1) 延 長 事 由 の 申 出 に 係 る 支 給 申 請 イ 保 育 所 における 保 育 が 行 われない 等 の 理 由 (59503ハ 参 照 )により 育 児 休 業 に 係 る 子 が1 歳 に 達 する 日 ( 一 定 の 要 件 (59631 参 照 )を 満 たすことにより 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が 当 該 子 の 1 歳 に 達 する 日 後 である 場 合 は 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 の 翌 日 ただし 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が1 歳 2か 月 に 達 する 日 である 場 合 は 1 歳 2か 月 に 達 する 日 ) 以 後 の 期 間 についても 育 児 休 業 を 取 得 する 場 合 には 対 象 育 児 休 業 の 期 間 が 延 長 されることとなる この 場 合 延 長 後 の 対 象 育 児 休 業 の 期 間 についても 休 業 開 始 日 から1か 月 ごとの 支 給 単 位 期 間 によって 支 給 申 請 を 行 う 必 要 があるので 子 が1 歳 に 達 する 日 ( 一 定 の 要 件 (59631 参 照 )を 満 たすことに より 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が 当 該 子 の1 歳 に 達 する 日 後 である 場 合 は 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 の 翌 日 ただし 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が1 歳 2か 月 に 達 する 日 である 場 合 は 1 歳 2か 月 に 達 する 日 )を 含 む 支 給 単 位 期 間 について 対 象 育 児 休 業 として 支 給 申 請 を 行 うまでに 当 該 延 長 事 由 及 びこれに 係 る 期 間 を 支 給 申 請 書 に 記 載 して 提 出 しなければならないのでその 旨 事 業 主 及 び 被 保 険 者 に 対 して 周 知 の 上 指 導 する ロ 子 が1 歳 に 達 する 日 ( 一 定 の 要 件 (59631 参 照 )を 満 たすことにより 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が 当 該 子 の1 歳 に 達 する 日 後 である 場 合 は 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 の 翌 日 ただし 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が1 歳 2か 月 に 達 する 日 である 場 合 は 1 歳 2か 月 に 達 する 日 )の 属 する 支 給 単 位 期 間 は 子 が1 歳 に 達 する 日 ( 一 定 の 要 件 (59631 参 照 )を 満 たすことにより 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が 当 該 子 の1 歳 に 達 する 日 後 である 場 合 は 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 の 翌 日 た だし 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が1 歳 2か 月 に 達 する 日 である 場 合 は 1 歳 2か 月 に 達 する 日 ) 直 前 の 休 業 開 始 日 に 応 当 する 日 から1か 月 を 経 過 する 日 までの 期 間 であり この1か 月 を 経 過 する 日 以 前 に 延 長 後 の 休 業 終 了 日 がある 場 合 はこの 休 業 終 了 日 までの 期 間 となる ハ 支 給 対 象 期 間 の 延 長 の 対 象 となるのは 平 成 17 年 4 月 1 日 以 後 に1 歳 に 達 する 子 について 対 象 育 児 休 業 を 取 得 する 場 合 となるので 当 初 の 対 象 育 児 休 業 開 始 日 が 平 成 17 年 4 月 1 日 前 である 場 合 についても 対 象 となる また 子 が1 歳 に 達 する 日 が 平 成 17 年 4 月 1 日 前 であっ ても 当 該 子 について 育 児 休 業 を 開 始 する 日 が 平 成 17 年 4 月 1 日 以 後 であって 延 長 事 由 及 び 延 長 期 間 が 要 件 に 該 当 する 場 合 には 当 該 休 業 を 対 象 育 児 休 業 と 取 り 扱 うことができる ニ また 延 長 事 由 に 該 当 するものであって 1 配 偶 者 が 子 の1 歳 に 達 する 日 において 育 児 休 業 をしており 被 保 険 者 の 育 児 休 業 開 始 予 定 日 が1 歳 に 達 する 日 の 翌 日 である 場 合 2 一 定 の 要 件 (59631 参 照 )を 満 たすことにより 配 偶 者 の 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が 子 の1 歳 に 達 する 日 後 である 場 合 は 被 保 険 者 の 育 児 休 業 開 始 予 定 日 が 配 偶 者 の 育 児 休 業 終 了 予 定 日 の 翌 日 である 場 合 に 限 り 対 象 育 児 休 業 終 了 後 に 再 度 取 得 した 育 児 休 業 に 該 当 する 場 合 であっても 対 象 育 児 休 業 と 取 り 扱 うことができる( 育 介 法 第 5 条 第 3 項 及 び 第 4 項 を 踏 まえた 措 置 )( 例 示 4-1か ら 例 示 4-3 参 照 ) なお ここで 言 う 配 偶 者 には 婚 姻 の 届 出 をしていないが 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にある 者 を 含 む 38

43 59602 (2) 延 長 事 由 の 申 出 等 イ 子 が1 歳 に 達 する 日 の 前 日 ( 一 定 の 要 件 (59631 参 照 )を 満 たすことにより 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が 当 該 子 の1 歳 に 達 する 日 後 である 場 合 は 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 ただし 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が1 歳 2か 月 に 達 する 日 である 場 合 は 1 歳 2か 月 に 達 する 日 の 前 日 )を 含 む 支 給 単 位 期 間 の 前 の 支 給 単 位 期 間 について 支 給 申 請 を 行 う 時 点 で 当 該 育 児 休 業 給 付 金 の 支 給 を 受 けている 又 は 受 けようとしている 者 が 事 業 主 に 対 して 子 が1 歳 に 達 する 日 ( 一 定 の 要 件 (59631 参 照 )を 満 たすことにより 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が 当 該 子 の1 歳 に 達 する 日 後 である 場 合 は 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が1 歳 2か 月 に 達 する 日 である 場 合 は 1 歳 2か 月 に 達 する 日 ) 後 の 期 間 について 休 業 の 申 出 を 行 っている 場 合 は 当 該 延 長 の 対 象 となる 期 間 直 前 の 支 給 単 位 期 間 に 係 る 支 給 申 請 の 際 に 提 出 する 支 給 申 請 書 に 延 長 事 由 及 び 延 長 に 係 る 育 児 休 業 の 期 間 についての 申 出 を 行 わせることとする 特 に 当 該 延 長 期 間 直 前 の 支 給 単 位 期 間 に 係 る 支 給 申 請 が 休 業 に 係 る 子 が1 歳 に 達 する 日 ( 一 定 の 要 件 (59631 参 照 )を 満 たすことにより 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が 当 該 子 の1 歳 に 達 する 日 後 である 場 合 は 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が1 歳 2か 月 に 達 する 日 である 場 合 は 1 歳 2か 月 に 達 する 日 )の 翌 日 以 後 に 行 われる 場 合 には 被 保 険 者 が 延 長 事 由 に 基 づき 引 き 続 き 育 児 休 業 を 行 っているか 否 かを 確 認 する ロ 延 長 期 間 直 前 の 支 給 単 位 期 間 に 係 る 支 給 申 請 の 時 点 で 延 長 事 由 及 び 延 長 期 間 の 申 出 を 行 っ ていない 場 合 であって 子 が1 歳 に 達 する 日 ( 一 定 の 要 件 (59631 参 照 )を 満 たすことにより 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が 当 該 子 の1 歳 に 達 する 日 後 である 場 合 は 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 の 翌 日 ただし 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が1 歳 2か 月 に 達 する 日 である 場 合 は 1 歳 2か 月 に 達 する 日 ) 以 後 の 期 間 に 延 長 事 由 に 係 る 休 業 を 行 ったものである 場 合 は 子 が1 歳 に 達 する 日 の 前 日 ( 一 定 の 要 件 (59631 参 照 )を 満 たすことにより 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が 当 該 子 の1 歳 に 達 する 日 後 である 場 合 は 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 ただし 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が1 歳 2か 月 に 達 する 日 である 場 合 は 1 歳 2か 月 に 達 する 日 の 前 日 )までの 期 間 についての 支 給 申 請 は 延 長 期 間 も 含 めて 休 業 開 始 日 に 応 当 する 日 を 初 日 とする 支 給 単 位 期 間 により 行 うもの とし 支 給 申 請 書 に 延 長 事 由 及 び 延 長 期 間 を 記 載 して 行 う 必 要 がある (3) 延 長 事 由 及 び 期 間 の 確 認 延 長 事 由 及 び 延 長 期 間 が 記 載 された 支 給 申 請 書 が 提 出 された 場 合 には 延 長 事 由 ごとに 以 下 の 確 認 書 類 を 提 出 させて 1 子 が1 歳 に 達 する 日 ( 一 定 の 要 件 (59631 参 照 )を 満 たすことにより 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が 当 該 子 の1 歳 に 達 する 日 後 である 場 合 は 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が1 歳 2か 月 に 達 する 日 である 場 合 は 1 歳 2か 月 に 達 する 日 )の 翌 日 にお いて 延 長 事 由 に 該 当 していること 2 当 該 事 由 により 取 得 する 育 児 休 業 の 期 間 の 確 認 を 行 う 事 業 主 が 被 保 険 者 に 代 わって 支 給 申 請 手 続 を 行 う 場 合 は 休 業 の 申 出 に 当 たって 事 前 に 被 保 険 者 よ り 提 出 された 書 類 を 確 認 書 類 として 被 保 険 者 の 了 解 を 得 た 上 で 支 給 申 請 書 に 添 付 することとな るので その 旨 あらかじめ 事 業 主 を 指 導 する なお 下 記 ロからホまでの 配 偶 者 には 婚 姻 の 届 出 をしていないが 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にある 者 を 含 む 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にある 者 であるかどうかについては 住 民 票 の 謄 ( 抄 ) 本 又 は 民 生 委 員 の 証 明 書 等 により 確 認 する 39

44 また 子 が1 歳 に 達 する 日 後 の 期 間 についての 育 児 休 業 が 子 が1 歳 に 達 する 前 の 期 間 に 係 る 育 児 休 業 と 併 せて 当 初 から 事 業 主 に 申 し 出 ている 場 合 においても 次 のイからホまでのいずれか の 延 長 事 由 に 該 当 しているのであれば 当 該 1 歳 に 達 する 日 後 の 期 間 について 育 児 休 業 給 付 金 の 対 象 となるものであること イ 保 育 所 による 保 育 が 実 施 されないこと 保 育 所 とは 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 39 条 に 規 定 する 保 育 所 をいうものであ り いわゆる 無 認 可 保 育 施 設 は 含 まれないものである したがって この 要 件 に 該 当 するため には 市 町 村 に 対 して 保 育 の 申 込 みを 行 っており 市 町 村 から 子 が1 歳 に 達 する 日 ( 一 定 の 要 件 (59631 参 照 )を 満 たすことにより 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が 当 該 子 の1 歳 に 達 する 日 後 であ る 場 合 は 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が1 歳 2か 月 に 達 する 日 である 場 合 は 1 歳 2か 月 に 達 する 日 )の 翌 日 において 保 育 が 行 われない 旨 の 通 知 がなされているこ とが 必 要 となる このため 延 長 事 由 及 び 延 長 期 間 の 申 出 等 に 当 たっては 市 町 村 より 発 行 さ れた 証 明 書 等 を 提 出 させることにより 1 市 町 村 に 対 する 保 育 の 申 込 みに 係 る 子 が 対 象 育 児 休 業 に 係 る 子 と 同 一 であること 2 当 該 子 が1 歳 に 達 する 日 ( 一 定 の 要 件 (59631 参 照 )を 満 た すことにより 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が 当 該 子 の1 歳 に 達 する 日 後 である 場 合 は 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が1 歳 2か 月 に 達 する 日 である 場 合 は 1 歳 2か 月 に 達 する 日 )の 翌 日 が 保 育 が 実 施 されないこととされた 期 間 に 含 まれていることを 確 認 する 確 認 に 当 たって 提 出 された 証 明 書 等 の 記 載 のみでは 当 該 子 が1 歳 に 達 する 日 ( 一 定 の 要 件 (59631 参 照 )を 満 たすことにより 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が 当 該 子 の1 歳 に 達 する 日 後 である 場 合 は 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が1 歳 2か 月 に 達 する 日 である 場 合 は 1 歳 2か 月 に 達 する 日 )の 翌 日 において 保 育 が 可 能 となっていないことが 明 らかとならない 場 合 には 別 途 市 町 村 に 延 長 期 間 に 係 る 証 明 を 求 めるよう 事 業 主 を 通 じて 被 保 険 者 を 指 導 する ロ 養 育 を 予 定 していた 配 偶 者 の 死 亡 世 帯 全 員 について 記 載 された 住 民 票 の 写 しと 母 子 健 康 手 帳 の 記 載 内 容 により 子 が1 歳 に 達 する 日 ( 一 定 の 要 件 (59631 参 照 )を 満 たすことにより 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が 当 該 子 の1 歳 に 達 する 日 後 である 場 合 は 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が1 歳 2か 月 に 達 する 日 である 場 合 は 1 歳 2か 月 に 達 する 日 )の 翌 日 において 配 偶 者 が 子 と 同 居 してい ないことによって 確 認 する ハ 養 育 を 予 定 していた 配 偶 者 の 負 傷 疾 病 等 医 師 の 診 断 書 等 により 配 偶 者 が 負 傷 疾 病 等 である 事 実 及 びその 期 間 に 子 が1 歳 に 達 する 日 ( 一 定 の 要 件 (59631 参 照 )を 満 たすことにより 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が 当 該 子 の1 歳 に 達 する 日 後 である 場 合 は 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が1 歳 2か 月 に 達 する 日 である 場 合 は 1 歳 2か 月 に 達 する 日 )の 翌 日 が 含 まれることを 確 認 する ニ 養 育 を 予 定 していた 配 偶 者 との 婚 姻 の 解 消 等 による 別 居 世 帯 全 員 について 記 載 された 住 民 票 の 写 しと 母 子 健 康 手 帳 の 記 載 内 容 を 確 認 することによ り 子 が1 歳 に 達 する 日 ( 一 定 の 要 件 (59631 参 照 )を 満 たすことにより 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が 当 該 子 の1 歳 に 達 する 日 後 である 場 合 は 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 当 該 育 児 休 業 終 了 予 定 日 が1 歳 2か 月 に 達 する 日 である 場 合 は 1 歳 2か 月 に 達 する 日 )の 翌 日 において 子 が 配 偶 者 と 同 居 していないことを 確 認 する ホ 養 育 を 予 定 していた 配 偶 者 の 産 前 産 後 休 業 等 40

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章 駐 労 規 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 3 号 改 正 改 正 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 11 号 平 成 18 年 6 月 29 日 駐 労 規 第 13 号 平 成 19 年 7 月 27 日 駐 労 規 第 12 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 駐 労 規 第 8 号 改 正 平 成 22 年 3

More information

国立大学法人島根大学職員の育児休業等に関する規程

国立大学法人島根大学職員の育児休業等に関する規程 国 立 大 学 法 人 島 根 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 16 年 島 大 規 則 第 17 号 ) ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 平 成 16 年 10 月 27 日 一 部 改 正 平 成 17 年 3 月 8 日 一 部 改 正 平 成 17 年 6 月 22 日 一 部 改 正 平 成 18 年 3 月 22 日 一 部 改

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63> 東 京 芸 術 大 学 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 21 年 5 月 11 日 平 成 21 年 7 月 17 日 平 成 22 年 3 月 30 日 平 成 22 年 6 月 22 日 第 1 章 総

More information

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す 山 口 県 警 察 に 勤 務 する 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 訓 令 平 成 7 年 3 月 31 日 本 部 訓 令 第 1 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 訓 令 は 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 山 口 県 条 例 第 11 号 以 下 勤 務 時 間 条 例 という ) 及

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 施 行 規 程 ( 平 成 10 年 3 月 3 1 日 ) 平 成 10 年 規 程 第 3 号 ( 趣 旨 ) 改 正 平 成 11 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平 成 14 年 2 月 26 日 規 程 第 2 号 平 成 14 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

21401-21700 離職票の交付

21401-21700 離職票の交付 21401-21700 第 10 離 職 票 の 交 付 21401-21450 1 概 要 21401(1) 離 職 票 交 付 の 安 定 所 離 職 票 の 交 付 は 離 職 者 が 離 職 の 際 雇 用 されていた 事 業 所 の 所 在 地 を 管 轄 する 安 定 所 の 長 が 行 う 求 職 者 給 付 を 受 けようとする 者 は この 離 職 票 をその 者 の 住 所 又

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131303132368179926D8E96817A8EC08E7B97768D6A8740816982A882E082C4816A5F94BD89662E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131303132368179926D8E96817A8EC08E7B97768D6A8740816982A882E082C4816A5F94BD89662E646F6378> 保 発 0131 第 4 号 平 成 23 年 1 月 31 日 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 長 出 産 育 児 一 時 金 等 の 支 給 申 請 及 び 支 払 方 法 について 出 産 育 児 一 時 金 等 については 緊 急 の 少 子 化 対 策 の 一 環 として 安 心 して 出 産 できる 環 境 を 整 備 する 観 点 から 平 成 21 年 10

More information

Taro-◆220630育児休業規程.jtd

Taro-◆220630育児休業規程.jtd 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 36 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 41 条 および 公 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63> 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 (2) 子 が1 歳 に 達 する 日 を 超 えて 雇 用 関 係 が 継 続 することが 見 込 まれること (3) 子 が1 歳 に 達 する 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 労 働 契 約 期 間 が 満 了 し 更 新 されないことが 明 らかでないこと 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働 第 4 ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 1 経 過 措 置 に 関 する 概 要 (1) ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 イ 平 成 27 年 9 月 30 日 から( 旧 ) 一 般 労 働 者 派 遣 事 業 及 び( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 は 廃 止 と なり 労 働 者 派 遣 事

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12 東 京 建 設 職 能 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 45 年 7 月 23 日 制 定 昭 和 55 年 5 月 26 日 一 部 改 正 平 成 4 年 3 月 4 日 一 部 改 正 平 成 15 年 3 月 5 日 一 部 改 正 昭 和 46 年 2 月 27 日 一 部 改 正 昭 和 56 年 2 月 26 日 一 部 改 正 平 成 5 年 3 月 4 日 一 部

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

19

19 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 則 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 33 条 の 規 定 に 基 づき 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 (

More information

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 沖 縄 県 職 員 のための 子 育 てハンドブック 22 年 3 月 総 務 部 人 事 課 1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 中

More information

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1 育 児 介 護 休 業 規 定 第 1 章 目 的 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 定 は 従 業 員 の 育 児 介 護 休 業 育 児 介 護 のための 時 間 外 労 働 および 深 夜 業 の 制 限 並 びに 育 児 介 護 短 時 間 勤 務 等 に 関 する 取 り 扱 いについて 定 めるものである ( 適 用 対 象 者 ) 第 2 章 育 児 休 業 制 度 第 2 条 育

More information

別 冊 第 1 防 衛 省 職 員 の 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 等 に 関 する 事 務 取 扱 細 部 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1) 第 2 章 財 形 貯 蓄 契 約 等 ( 第 2- 第 7) 第 3 章 預 貯 金 等 の 預 入 等 ( 第 8- 第 12)

別 冊 第 1 防 衛 省 職 員 の 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 等 に 関 する 事 務 取 扱 細 部 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1) 第 2 章 財 形 貯 蓄 契 約 等 ( 第 2- 第 7) 第 3 章 預 貯 金 等 の 預 入 等 ( 第 8- 第 12) 人 厚 第 1198 号 15. 2.21 改 正 人 厚 第 6 0 6 号 1 7. 2. 1 改 正 人 厚 第 16 号 1 9. 1. 4 改 正 人 計 第 8444 号 19. 8.31 改 正 人 計 第 3785 号 20. 3.26 改 正 人 厚 第 5387 号 20. 4.28 改 正 人 厚 第 3962 号 施 設 等 機 関 の 長 21. 3.27 各 幕 僚 長

More information

Taro-【27教育庁版】両立支援ハンドブック

Taro-【27教育庁版】両立支援ハンドブック 両 立 支 援 ハンドブック ~ 働 くパパママ 子 育 て 応 援 プラン~ 平 成 27 年 9 月 沖 縄 県 教 育 委 員 会 教 育 庁 総 務 課 目 次 1 妊 娠 したら (1) 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 p1 (2) 妊 娠 障 害 休 暇 p1 (3) 妊 婦 通 勤 緩 和 休 暇 p2 (4) 妊 娠 中 の 休 息 又 は 補 食 のための 職

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 昭 和 六 十 一 年 四 月 十 七 日 労 働 省 令 第 二 十 号 ) 目 次 第 一 章 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 に 関 する 措 置 第 一 節 業 務 の 範 囲 ( 第 一 条

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾 審 査 基 準 平 成 26 年 11 月 6 日 作 成 法 令 名 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 等 による 犯 罪 被 害 者 等 の 支 援 に 関 する 法 律 根 拠 条 項 : 第 11 条 第 1 項 処 分 の 概 要 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 についての 裁 定 原 権 者 ( 委 任 先 ): 京 都 府 公 安 委 員 会 法

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

Microsoft Word - 8-2疑義照会回答(厚生年金保険 適用)決裁・更新用  修正板

Microsoft Word - 8-2疑義照会回答(厚生年金保険 適用)決裁・更新用  修正板 疑 義 照 会 ( ) その 他 3 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 資 格 取 得 日 に 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 の 資 格 取 得 日 に 申 請 日 の 受 理 日 より 以 前 の 日 に 遡 及 することの 可 否 をご 教 示 願 います 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 の 資 格 取 得 日 には 厚 生 年 金 保 険 法 第 10 条 第 1 項

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 平 成 26 年 3 月 25 日 ) 改 正 平 26 規 程 第 16 号 平 成 26 年 11 月 28 日 平 26 規 程 第 41 号 平 成 27 年 1 月 28 日 平 26 規 程 第 67 号 平 成 27 年 3 月 31 日 平 27 規 程 第 28 号 平 成 28 年 3 月

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案)

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案) 山 口 県 PTA 連 合 会 の 運 営 に 関 する 細 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 細 則 は 山 口 県 PTA 連 合 会 規 約 ( 以 下 規 約 という ) 第 37 条 により 山 口 県 PTA 連 合 会 ( 以 下 本 会 という )の 運 営 に 関 する 細 則 を 定 めるものとする 第 2 章 役 員 選 考 ( 総 則 ) 第 2 条

More information

新規文書1

新規文書1 社 会 福 祉 法 人 京 都 身 体 障 害 者 福 祉 センター 一 般 事 業 主 行 動 計 画 職 員 がその 能 力 を 発 揮 し 仕 事 と 生 活 の 調 和 を 図 り 働 きやすい 雇 用 環 境 の 整 備 を 行 うため 次 のように 行 動 計 画 を 策 定 する 1 計 画 期 間 : 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 までの

More information

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版 育 児 休 業 Q&A 平 成 26 年 改 定 県 立 学 校 版 教 育 人 事 課 目 次 育 児 休 業 の 意 義 目 的 1 Q1 育 児 休 業 の 目 的 は? Q2 育 児 休 業 を 取 得 することによってどういう 効 果 があるの? 育 児 休 業 をすることができる 職 員 2 Q3 誰 でも 育 児 休 業 をすることができるの? Q4 育 児 休 業 中 の 身 分 はどうなるの?

More information

は 1 時 間 ( 年 次 有 給 休 暇 5 日 を 限 度 )とすることができる 2 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 年 次 有 給 休 暇 を 日 に 換 算 する 場 合 は 8 時 間 をもって1 日 とする ( 病 気 有 給 休 暇 ) 第 4 条 規 則 第 20 条

は 1 時 間 ( 年 次 有 給 休 暇 5 日 を 限 度 )とすることができる 2 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 年 次 有 給 休 暇 を 日 に 換 算 する 場 合 は 8 時 間 をもって1 日 とする ( 病 気 有 給 休 暇 ) 第 4 条 規 則 第 20 条 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 休 暇 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 27 年 10 月 1 日 一 部 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 別 に 定 めるもののほか 職 員 就 業 規

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休 - 140 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 12 月 24 日 法 律 第 110 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 新 潟 県 条 例 第 4 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 4 年 3 月 30 日 人 委 規 則 第 14-1 号 ) 育 児 休

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

就 業 規 則

就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 契 約 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 平 成 18 年 4 月 1 日 国 語 研 規 則 第 7 号 改 正 平 成 20 年 2 月 12 日 改 正 平 成 21 年 3 月 10 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 ( 以 下 研 究 所 という )の 業 務

More information

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 )

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 ) 任 期 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 16 規 程 第 10 号 平 成 16 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 17 規 程 第 4 号 平 成 17 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 57 号 平 成 19 年 3 月 13 日 平 18 規 程 第 101 号 平 成 19 年 3 月 30 日 平 19 規 程 第 20 号 平 成 19 年 8 月 23 日 平 19 規

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案)

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 貸 付 規 程 運 用 方 針 第 1 条 関 係 貸 付 けの 対 象 となる 組 合 員 は 定 款 第 13 条 第 1 号 及 び 第 3 号 に 掲 げる 者 とする 第 6 条 関 係 1 第 一 号 ロ( 物 資 貸 付 ) 第 二 号 ( 特 別 貸 付 ) 第 三 号 ( 住 宅 貸 付 ) 及 び 第 四 号 ( 特 別 住 宅 貸 付 )の

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 の 労 働 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 3 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 施 設 支 援 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き( 改 訂 案 ) 平 成 23 年 10 月 版 Ver.6 留 意 点 10 月 1 日 からの 施 行 を 予 定 している 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 関 係 の 改 正 箇 所 は 赤 字 下 線 今 後 の 政 省 令 等 の 改 正 作 業 等 により 内 容 の 変 更 がありうる

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc 利 用 者 負 担 について 1. 所 得 区 分 認 定 個 別 減 免 補 足 給 付 の 認 定 方 法 について 2 (1) 負 担 上 限 月 額 を 定 める 際 の 所 得 区 分 の 設 定 について 2 (2) 個 別 減 免 の 収 入 資 産 等 の 認 定 について 7 (3) 補 足 給 付 の 認 定 について 14 2. 生 活 保 護 境 界 層 対 象 者 に 対

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412 第 5 編 学 校 教 育 / 第 2 章 /1 収 入 学 校 事 務 提 要 > 第 5 編 学 校 教 育 > 第 2 章 > 1 収 入 (1) 収 入 の 意 義 収 入 とは, 県 の 各 般 の 需 要 を 充 たすための 支 払 の 財 源 となるべき 現 金 ( 現 金 に 代 えて 納 付 される 証 券 を 含 む )の 収 納 をいい, 法 令 又 は 公 権 力 に 基 づくもの,あるいは

More information

る ) 1 保 険 者 に 対 し 被 保 険 者 等 の 名 において 出 産 育 児 一 時 金 等 の 申 請 を 代 わって 行 う 旨 並 びに 申 請 先 となる 保 険 者 の 名 称 2 保 険 者 が 被 保 険 者 等 に 対 して 支 給 する 出 産 育 児 一 時 金 等

る ) 1 保 険 者 に 対 し 被 保 険 者 等 の 名 において 出 産 育 児 一 時 金 等 の 申 請 を 代 わって 行 う 旨 並 びに 申 請 先 となる 保 険 者 の 名 称 2 保 険 者 が 被 保 険 者 等 に 対 して 支 給 する 出 産 育 児 一 時 金 等 出 産 育 児 一 時 金 等 の 医 療 機 関 等 への 直 接 支 払 制 度 実 施 要 綱 平 成 23 年 1 月 31 日 制 定 平 成 24 年 2 月 29 日 改 正 平 成 27 年 1 月 1 日 改 正 第 1 趣 旨 出 産 育 児 一 時 金 等 ( 出 産 育 児 一 時 金 及 び 家 族 出 産 育 児 一 時 金 をいう 以 下 同 じ )の 医 療 機 関

More information

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc 18 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 給 与 規 程 27.4.24 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務

More information

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし

第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 試 用 期 間 ( 採 用 の 方 法 ) 第 3 条 職 員 の 採 用 は 公 募 により 行 うものとし 公 募 に 応 じた 採 用 希 望 者 の 中 から 試 験 又 は 選 考 に 合 格 し 所 定 の 手 続 きを 経 たものを 職 員 とし 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 2 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 15 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 36 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 3 号 平 成 20 年 12 月 25 日 20 規 程

More information

認定マニュアル

認定マニュアル 第 2 章 扶 養 手 当 第 1 性 格 扶 養 手 当 は 扶 養 家 族 のある 職 員 に 対 して 支 給 される 手 当 で 扶 養 親 族 のある 職 員 の 生 計 費 を 補 給 しようとするものであり 生 活 給 的 な 性 格 を 有 する 手 当 である 根 拠 : 給 与 条 例 第 12 条 第 1 項 技 労 条 例 第 4 条 第 2 認 定 事 務 の 手 続 1

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 市 町 村 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 介 護 保 険 関 係 団 体 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 費 用 負 担 の 見 直 しに 係 る 事 務 処 理 の 取 扱 いについて 計 29 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.490

More information

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 58 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 常 時 勤 務 する 職 員 のうち

More information

<5461726F2D31303036303081798BA689EF817A88EA8E9E8BE088EA959489FC>

<5461726F2D31303036303081798BA689EF817A88EA8E9E8BE088EA959489FC> 出 産 育 児 一 時 金 等 の 医 療 機 関 等 への 直 接 支 払 制 度 実 施 要 綱 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 第 1 趣 旨 これまで 出 産 育 児 一 時 金 及 び 家 族 出 産 育 児 一 時 金 ( 以 下 出 産 育 児 一 時 金 等 とい う )については 原 則 として 出 産 後 に 被 保 険 者 等 ( 健 康 保 険 若 しくは 船 員

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

NO2―

NO2― パートタイム 労 働 者 就 業 規 則 株 式 会 社 サンリッチ 三 島 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 株 式 会 社 サンリッチ 三 島 ( 以 下 法 人 という )のパートタイム 労 働 者 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 することを 定 めるものである 2 この 規 則 に 定 めない 事 項 については 労 働

More information

Microsoft Word - 18 疑義照会回答(年金給付)これ(17)に組込予定(エクセル原稿のワード版) - 黒田作業中 -

Microsoft Word - 18  疑義照会回答(年金給付)これ(17)に組込予定(エクセル原稿のワード版) - 黒田作業中 - 疑 義 照 会 ( 年 金 給 付 ) 1. 老 齢 給 付 年 金 P1 1~30 2. 障 害 基 礎 年 金 P14 1~15 3. 障 害 給 付 年 金 ( 障 害 厚 生 ) P21 1~7 4. 遺 族 基 礎 年 金 P24 1~4 5. 遺 族 給 付 年 金 ( 遺 族 厚 生 遺 族 基 礎 ) P26 1~10 6. 老 齢 年 金 ( 旧 )( 厚 生 年 金 ) P31

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

<5461726F2D824F8253817C824F82528D9197A791E58A779640906C938C8B9E>

<5461726F2D824F8253817C824F82528D9197A791E58A779640906C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 54 号 改 正 平 成 16 年 10 月 1 日 規 則 第 199 号 平 成 17 年 7 月 1 日 規 則 第 48 号 平 成 17 年 11 月 22 日 規 則 第 85 号 平 成 18 年 3 月 28 日 規 則 第 18 号 平 成 19 年 3 月 20

More information

被扶養者の認定取扱について

被扶養者の認定取扱について 日 本 マクドナルド 健 康 保 険 組 合 被 扶 養 者 認 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 健 康 保 険 法 第 3 条 第 7 項 の 規 定 による 被 扶 養 者 の 認 定 について 日 本 マクドナル ド 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という)が 適 正 かつ 公 平 に 行 うための 具 体 的 事 項 を 定 めることを 目 的 と する

More information

(5) 最 終 学 校 卒 業 証 明 書 ( 又 は 同 見 込 証 明 書 ) (6) 連 帯 保 証 人 の 同 意 書 ( 市 内 在 住 者 及 び 近 隣 の 者 2 名 ) (7)その 他 協 会 が 指 定 するもの( 資 格 証 等 ) 2 前 項 の 提 出 書 類 の 記 載

(5) 最 終 学 校 卒 業 証 明 書 ( 又 は 同 見 込 証 明 書 ) (6) 連 帯 保 証 人 の 同 意 書 ( 市 内 在 住 者 及 び 近 隣 の 者 2 名 ) (7)その 他 協 会 が 指 定 するもの( 資 格 証 等 ) 2 前 項 の 提 出 書 類 の 記 載 公 益 財 団 法 人 黒 石 市 体 育 協 会 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 益 財 団 法 人 黒 石 市 体 育 協 会 ( 以 下 協 会 という ) 定 款 第 3 3 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 協 会 職 員 ( 以 下 職 員 という ) の 就 業 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目

More information

<976C8EAE817995CA8B4C91E6312C328D86976C8EAE2C976C8EAE2831298160283329817A2E786C73>

<976C8EAE817995CA8B4C91E6312C328D86976C8EAE2C976C8EAE2831298160283329817A2E786C73> 新 潟 県 産 休 等 代 替 職 員 制 度 実 施 要 綱 第 1 性 格 及 び 目 的 産 休 代 替 職 員 制 度 は 市 町 村 又 は 社 会 福 祉 法 人 等 が 設 置 する 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 又 は 傷 病 のため 長 期 間 にわたって 継 続 する 休 暇 を 必 要 とす る 場 合 当 該 児 童 福 祉 施 設 等 の 長 がその

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

契約社員・アルバイト規程

契約社員・アルバイト規程 契 約 職 員 アルバイト 規 程 一 般 財 団 法 人 Rubyアソシエーション 平 成 23 年 7 月 27 日 作 成 施 行 平 成 26 年 6 月 12 日 第 2 条 及 び 第 8 条 改 正 第 1 条 ( 目 的 ) 第 1 章 : 総 則 1.この 規 程 は 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 契 約 職 員 およびアルバイトの 服 務 と 就 業 条 件 に

More information

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則 金 ケ 崎 町 規 則 第 13 号 金 ケ 崎 町 小 学 生 医 療 費 給 付 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 小 学 生 に 対 して 医 療 費 の 一 部 を 給 付 することにより 保 護 者 の 負 担 を 軽 減 し もって 小 学 生 の 健 全 な 育 成 と 福 祉 の 増 進 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 規 則

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 22 年 4 月 1 日 国 住 生 第 9 号 第 1 通 則 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 に 関 しては 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規 会 員 等 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 は 商 品 先 物 取 引 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 239 号 以 下 法 という ) 第 206 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 主 務 大 臣 から 委 任 を 受 けた 外 務 員 の 登 録 事 務 に 関 し 外 務 員 の 登 録 申 請 手 続 き 登 録 の 拒

More information

横断学習①

横断学習① 社 会 保 険 労 務 士 2013 年 横 断 学 習 第 1 章 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 第 7 章 総 則 適 用 事 業 等 被 保 険 者 保 険 給 付 の 通 則 賃 金 報 酬 保 険 給 付 不 服 申 立 雑 則 2013 年 度 版 日 建 学 院 社 労 士 過 去 問 横 断 学 習 用 小 冊 子 株 式 会 社 建 築 資 料 研 究

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information