用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭

Size: px
Start display at page:

Download "用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭"

Transcription

1 国 外 転 出 時 課 税 制 度 (FAQ) 平 成 27 年 4 月 国 税 庁 平 成 27 年 度 税 制 改 正 において 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 及 び 贈 与 等 により 非 居 住 者 に 資 産 が 移 転 した 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 が 創 設 され 平 成 27 年 7 月 1 日 から 施 行 されます このFAQは 国 外 転 出 時 課 税 制 度 の 主 な 概 要 を 中 心 に 取 りまとめたものです 平 成 25 年 から 平 成 49 年 までの 間 に 生 ずる 所 得 についての 所 得 税 の 確 定 申 告 の 際 には 所 得 税 のほかに 復 興 特 別 所 得 税 ( 原 則 として 各 年 分 の 所 得 税 額 の2.1%)が 課 されます

2 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 用 語 意 義 所 得 税 法 ( 所 法 ) 所 得 税 法 ( 昭 和 40 年 法 律 第 33 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 令 ( 所 令 ) 所 得 税 法 施 行 令 ( 昭 和 40 年 政 令 第 96 号 )をいいます 改 正 所 令 所 得 税 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 27 年 政 令 第 141 号 )をいいます 所 得 税 法 施 行 規 則 ( 所 規 ) 所 得 税 法 施 行 規 則 ( 昭 和 40 年 大 蔵 省 令 第 11 号 )をいいます 租 税 特 別 措 置 法 ( 措 法 ) 租 税 特 別 措 置 法 ( 昭 和 32 年 法 律 第 26 号 )をいいます 国 外 転 出 時 課 税 所 得 税 法 第 60 条 の2に 規 定 する 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 をいいます 所 得 税 法 第 60 条 の3に 規 定 する 贈 与 等 により 非 居 住 者 に 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 資 産 が 移 転 した 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 のうち 贈 与 によ るものをいいます 所 得 税 法 第 60 条 の3に 規 定 する 贈 与 等 により 非 居 住 者 に 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 資 産 が 移 転 した 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 のうち 相 続 又 は 遺 贈 によるものをいいます 国 外 転 出 時 課 税 制 度 国 外 転 出 時 課 税 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 及 び 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 総 称 をいいます 国 外 転 出 国 内 に 住 所 及 び 居 所 を 有 しないこととなることをいいま す 帰 国 国 内 に 住 所 を 有 し 又 は 現 在 まで 引 き 続 いて1 年 以 上 居 所 を 有 することとなることをいいます 所 得 税 法 第 2 条 第 1 項 第 17 号 に 規 定 する 有 価 証 券 又 は 所 得 有 価 証 券 等 税 法 第 174 条 第 9 号 に 規 定 する 匿 名 組 合 契 約 の 出 資 の 持 分 をい います 決 済 していない 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 156 未 決 済 信 用 取 引 等 条 の24 第 1 項 に 規 定 する 信 用 取 引 又 は 所 得 税 法 施 行 規 則 第 23 条 の4に 規 定 する 発 行 日 取 引 をいいます 未 決 済 デリバティブ 取 引 決 済 していない 金 融 商 品 取 引 法 第 2 条 第 20 項 に 規 定 するデ リバティブ 取 引 をいいます 対 象 資 産 国 外 転 出 時 課 税 制 度 の 対 象 となる 有 価 証 券 等 未 決 済 信 用 取 引 等 及 び 未 決 済 デリバティブ 取 引 の 総 称 をいいます 居 住 者 国 内 に 住 所 を 有 し 又 は 現 在 まで 引 き 続 いて1 年 以 上 居 所 を 有 する 個 人 をいいます 非 居 住 者 納 税 管 理 人 居 住 者 以 外 の 個 人 をいいます 国 税 通 則 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 66 号 ) 第 117 条 に 規 定 する 納 税 管 理 人 をいいます

3 目 次 国 外 転 出 時 課 税 制 度 の 概 要 (Q1) 国 外 転 出 時 課 税 制 度 の 概 要 について 教 えてください... 1 国 外 転 出 時 課 税 (Q2) 国 外 転 出 時 課 税 とは どのような 制 度 ですか... 5 (Q3) 国 外 転 出 時 課 税 は どのような 方 が 対 象 となりますか... 5 (Q4) 国 外 転 出 時 課 税 の 対 象 資 産 には どのようなものがありますか... 6 (Q5) 対 象 資 産 の 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 となるかどうかについては いつ の 価 額 で 判 定 しますか... 6 (Q6) 対 象 資 産 の 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 となるかどうかの 判 定 に 際 して 含 み 損 がある 有 価 証 券 等 や 譲 渡 による 所 得 が 非 課 税 となる 有 価 証 券 につい ても 対 象 資 産 として 含 める 必 要 はありますか... 7 (Q7) 国 外 転 出 をすることとなりましたが いつまでにどのような 手 続 が 必 要 ですか... 7 (Q8) 国 外 転 出 の 日 から5 年 以 内 に 帰 国 する 予 定 ですが 帰 国 した 際 に 何 か 手 続 は 必 要 ですか... 8 (Q9) 国 外 転 出 時 課 税 の 申 告 をする 場 合 で 納 税 するための 資 金 がないときは どうすればいいですか... 9 (Q10) 国 外 転 出 時 課 税 の 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けるためには どのような 手 続 が 必 要 ですか... 9 (Q11) 国 外 転 出 時 課 税 の 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けるに 当 たって 担 保 を 提 供 する 必 要 があると 聞 きましたが どのような 財 産 を 担 保 として 提 供 でき ますか (Q12) 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けましたが 納 税 猶 予 期 間 中 に 国 外 転 出 時 課 税 の 対 象 となった 有 価 証 券 等 の 一 部 を 譲 渡 しました 納 税 の 必 要 はありま すか (Q13)Q12 での 有 価 証 券 等 の 譲 渡 価 額 が 国 外 転 出 の 時 の 価 額 よりも 下 落 して いる 場 合 には 国 外 転 出 時 課 税 により 課 税 された 所 得 税 は 減 額 できますか... 12

4 (Q14)Q12 で 有 価 証 券 等 ではなく 未 決 済 信 用 取 引 等 又 は 未 決 済 デリバティブ 取 引 の 決 済 をした 場 合 に 利 益 の 額 が 国 外 転 出 の 時 の 利 益 の 額 を 下 回 ると きは 課 税 された 所 得 税 は 減 額 できますか (Q15) 納 税 猶 予 期 間 が 満 了 した 場 合 何 か 手 続 は 必 要 ですか (Q16) 納 税 猶 予 期 間 中 に 国 外 転 出 先 の 国 で 対 象 資 産 の 譲 渡 等 をし 外 国 所 得 税 を 納 付 しましたが 外 国 税 額 控 除 を 適 用 することはできますか (Q17) 国 外 転 出 時 課 税 により 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けていた 方 が 納 税 猶 予 期 間 中 に 亡 くなりましたが 納 税 を 猶 予 されていた 所 得 税 はどのように なりますか 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 (Q18) 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 とは どのような 制 度 ですか (Q19) 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 は どのような 方 が 対 象 となりますか (Q20) 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 の 対 象 資 産 には どのようなものがありますか (Q21) 対 象 資 産 の 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 となるかどうかについては いつ の 価 額 で 判 定 しますか (Q22) 対 象 資 産 の 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 となるかどうかの 判 定 に 際 して 含 み 損 がある 有 価 証 券 等 や 譲 渡 による 所 得 が 非 課 税 となる 有 価 証 券 につい ても 対 象 資 産 として 含 める 必 要 はありますか (Q23) 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 の 申 告 は いつまでにする 必 要 がありますか (Q24) 贈 与 の 日 から5 年 以 内 に 贈 与 を 受 けた 親 族 等 ( 非 居 住 者 )が 帰 国 します が 課 税 関 係 はどうなりますか (Q25) 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 の 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けるためには どの ような 手 続 が 必 要 ですか (Q26) 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 の 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けるに 当 たって 担 保 を 提 供 する 必 要 があると 聞 きましたが どのような 財 産 を 担 保 として 提 供 できますか (Q27) 贈 与 者 が 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けましたが 納 税 猶 予 期 間 中 に 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 の 対 象 となった 有 価 証 券 等 の 一 部 を 受 贈 者 が 譲 渡 しまし た 贈 与 者 は 納 税 の 必 要 はありますか... 19

5 (Q28)Q27 での 有 価 証 券 等 の 譲 渡 価 額 が 贈 与 の 時 の 価 額 よりも 下 落 している 場 合 には 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 により 課 税 された 所 得 税 は 減 額 できます か (Q29)Q27 で 有 価 証 券 等 ではなく 未 決 済 信 用 取 引 等 又 は 未 決 済 デリバティブ 取 引 の 決 済 をした 場 合 に 利 益 の 額 が 贈 与 の 時 の 利 益 の 額 を 下 回 るときは 課 税 された 所 得 税 は 減 額 できますか (Q30) 納 税 猶 予 期 間 が 満 了 した 場 合 何 か 手 続 は 必 要 ですか (Q31) 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 により 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けていた 方 が 納 税 猶 予 期 間 中 に 亡 くなりましたが 納 税 を 猶 予 されていた 所 得 税 はどの ようになりますか 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 (Q32) 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 とは どのような 制 度 ですか (Q33) 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 は どのような 方 が 対 象 となりますか (Q34) 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 対 象 資 産 には どのようなものがありますか (Q35) 対 象 資 産 の 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 となるかどうかについては いつ の 価 額 で 判 定 しますか (Q36) 対 象 資 産 の 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 となるかどうかの 判 定 に 際 して 含 み 損 がある 有 価 証 券 等 や 譲 渡 による 所 得 が 非 課 税 となる 有 価 証 券 につい ても 対 象 資 産 として 含 める 必 要 はありますか (Q37) 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 申 告 は いつまでにする 必 要 がありますか (Q38) 相 続 開 始 の 日 から5 年 以 内 に 相 続 対 象 資 産 を 取 得 した 非 居 住 者 が 帰 国 し ますが 課 税 関 係 はどうなりますか (Q39) 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 申 告 をする 場 合 で 納 税 するための 資 金 がない ときは どうすればいいですか (Q40) 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けるためには どの ような 手 続 が 必 要 ですか (Q41) 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けるに 当 たって 担 保 を 提 供 する 必 要 があると 聞 きましたが どのような 財 産 を 担 保 として 提 供 できますか... 27

6 (Q42) 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けましたが 納 税 猶 予 期 間 中 に 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 対 象 となった 有 価 証 券 等 の 一 部 を 譲 渡 しました 納 税 の 必 要 はありますか (Q43)Q42 での 有 価 証 券 等 の 譲 渡 価 額 が 相 続 開 始 の 時 の 価 額 よりも 下 落 して いる 場 合 には 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 により 課 税 された 所 得 税 は 減 額 でき ますか (Q44)Q42 で 有 価 証 券 等 ではなく 未 決 済 信 用 取 引 等 又 は 未 決 済 デリバティブ 取 引 の 決 済 をした 場 合 に 利 益 の 額 が 相 続 開 始 の 時 の 利 益 の 額 を 下 回 ると きは 課 税 された 所 得 税 は 減 額 できますか (Q45) 納 税 猶 予 期 間 が 満 了 した 場 合 何 か 手 続 は 必 要 ですか (Q46) 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 により 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けていた 方 が 納 税 猶 予 期 間 中 に 亡 くなりましたが 納 税 を 猶 予 されていた 所 得 税 はどの ようになりますか... 31

7 国 外 転 出 時 課 税 制 度 の 概 要 (Q1) 国 外 転 出 時 課 税 制 度 の 概 要 について 教 えてください 1 国 外 転 出 時 課 税 制 度 は 平 成 27 年 度 税 制 改 正 において 創 設 され( 平 成 27 年 7 月 1 日 施 行 ) 次 の⑴から⑶までに 掲 げる 時 において 一 定 の 居 住 者 が1 億 円 以 上 の 有 価 証 券 や 未 決 済 の 信 用 取 引 などの 対 象 資 産 ( Q4)を 所 有 等 ( 所 有 又 は 契 約 の 締 結 をいいます 以 下 同 じです )している 場 合 (この 場 合 の 居 住 者 を 対 象 者 といいます 以 下 同 じです )に 次 の⑴から⑶までに 掲 げる 時 に 対 象 資 産 の 譲 渡 又 は 決 済 ( 以 下 譲 渡 等 といいます )があったものとみなし 対 象 資 産 の 含 み 益 に 対 して 所 得 税 が 課 税 される 制 度 です ⑴ 対 象 者 が 国 外 転 出 をする 時 ( Q2~Q17) ⑵ 対 象 者 が 国 外 に 居 住 する 親 族 等 ( 非 居 住 者 )へ 対 象 資 産 の 一 部 又 は 全 部 を 贈 与 する 時 ( Q18~Q31) ⑶ 対 象 者 が 亡 くなり 相 続 又 は 遺 贈 により 国 外 に 居 住 する 相 続 人 又 は 受 遺 者 が 対 象 資 産 の 一 部 又 は 全 部 を 取 得 する 時 ( Q32~Q46) イメージ ⑴ 国 内 国 外 甲 ( 居 住 者 ) ⑵ 国 内 国 外 乙 ( 居 住 者 ) ⑶ 国 内 国 外 丁 ( 居 住 者 ) 国 外 転 出 贈 相 続 遺 贈 ( 注 ) ⑴では 甲 が ⑵では 乙 が ⑶では 丁 の 相 続 人 ( 包 括 受 遺 者 を 含 みます )が 所 得 税 の 確 定 申 告 (⑶は 丁 の 準 確 定 申 告 )をする 必 要 があります 与 甲 ( 非 居 住 者 ) 丙 ( 非 居 住 者 ) 戊 ( 非 居 住 者 ) 1

8 2 国 外 転 出 時 課 税 制 度 においては 次 のとおり 一 定 の 要 件 の 下 減 額 措 置 等 を 受 けることができます ⑴ 国 外 転 出 時 課 税 国 外 転 出 後 の 状 況 減 額 措 置 等 問 番 号 国 外 転 出 の 日 から5 年 以 内 に 帰 国 時 まで 引 き 続 き 所 有 等 してい Q8 帰 国 などした 場 合 る 対 象 資 産 について 国 外 転 出 時 課 税 により 課 された 税 額 を 取 り 消 す ことができます 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 け る 場 合 納 税 猶 予 期 間 (5 年 又 は 10 年 )の 満 了 まで 納 税 を 猶 予 することができま Q9~ 12 す 納 税 猶 予 期 間 中 に 譲 渡 等 し た 際 の 対 象 資 産 の 譲 渡 価 額 譲 渡 等 した 対 象 資 産 について 国 外 転 出 時 課 税 により 課 された 税 額 を Q が 国 外 転 出 の 時 の 価 額 より も 下 落 している 場 合 減 額 できます 納 税 猶 予 期 間 の 満 了 日 の 対 国 外 転 出 時 から 納 税 猶 予 期 間 の 満 Q15 象 資 産 の 価 額 が 国 外 転 出 の 時 の 価 額 よりも 下 落 してい る 場 合 了 日 まで 引 き 続 き 所 有 等 している 対 象 資 産 について 国 外 転 出 時 課 税 により 課 された 税 額 を 減 額 できま す 納 税 猶 予 期 間 中 に 対 象 資 産 国 外 転 出 先 の 国 で 納 付 した 外 国 所 Q16 を 譲 渡 等 した 際 に 外 国 所 得 税 との 二 重 課 税 が 生 じる 場 合 得 税 について 外 国 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けることができます ( 注 ) 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けるためには 国 外 転 出 の 日 までに 所 轄 税 務 署 へ 納 税 管 理 人 の 届 出 書 の 提 出 をすることが 必 須 となります 2

9 ⑵ 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 贈 与 後 の 状 況 減 額 措 置 等 問 番 号 贈 与 の 日 から5 年 以 内 に 受 贈 帰 国 時 まで 引 き 続 き 受 贈 者 が 所 有 Q24 者 が 帰 国 などした 場 合 等 している 対 象 資 産 について 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 により 課 された 税 額 を 取 り 消 すことができます 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 け る 場 合 納 税 猶 予 期 間 (5 年 又 は 10 年 )の 満 了 まで 納 税 を 猶 予 することができま Q 25~ 27 す 納 税 猶 予 期 間 中 に 譲 渡 等 し た 際 の 対 象 資 産 の 譲 渡 価 額 譲 渡 等 した 対 象 資 産 について 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 により 課 された Q が 贈 与 の 時 の 価 額 よりも 下 落 している 場 合 税 額 を 減 額 できます 納 税 猶 予 期 間 の 満 了 日 の 対 象 資 産 の 価 額 が 贈 与 の 時 の 価 額 よりも 下 落 している 場 合 贈 与 の 日 から 納 税 猶 予 期 間 の 満 了 日 まで 引 き 続 き 受 贈 者 が 所 有 等 し ている 対 象 資 産 について 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 により 課 された 税 額 を 減 額 できます Q30 3

10 ⑶ 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 相 続 又 は 遺 贈 後 の 状 況 減 額 措 置 等 問 番 号 相 続 開 始 の 日 から5 年 以 内 に 帰 国 時 まで 相 続 人 又 は 受 遺 者 が 引 Q38 対 象 資 産 を 取 得 した 相 続 人 又 は 受 遺 者 の 全 員 が 帰 国 などし た 場 合 き 続 き 所 有 等 している 対 象 資 産 に ついて 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 によ り 課 された 税 額 を 取 り 消 すことが できます 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 け る 場 合 納 税 猶 予 期 間 (5 年 又 は 10 年 )の 満 了 まで 納 税 を 猶 予 することができま Q 39~ 42 す 納 税 猶 予 期 間 中 に 譲 渡 等 し た 際 の 対 象 資 産 の 譲 渡 価 額 譲 渡 等 した 対 象 資 産 について 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 により 課 された Q が 相 続 開 始 の 時 の 価 額 より も 下 落 している 場 合 税 額 を 減 額 できます 納 税 猶 予 期 間 の 満 了 日 の 対 相 続 開 始 の 日 から 納 税 猶 予 期 間 の Q45 象 資 産 の 価 額 が 相 続 開 始 の 時 の 価 額 よりも 下 落 してい る 場 合 満 了 日 まで 引 き 続 き 相 続 人 又 は 受 遺 者 が 所 有 等 している 対 象 資 産 に ついて 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 によ り 課 された 税 額 を 減 額 できます ( 注 ) 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けるためには 相 続 又 は 遺 贈 により 対 象 資 産 を 取 得 した 国 外 に 居 住 する 相 続 人 又 は 受 遺 者 の 全 員 が 被 相 続 人 の 準 確 定 申 告 書 の 提 出 期 限 までに 納 税 管 理 人 の 届 出 書 の 提 出 をすることが 必 須 となりま す 4

11 国 外 転 出 時 課 税 (Q2) 国 外 転 出 時 課 税 とは どのような 制 度 ですか 国 外 転 出 時 課 税 は 国 外 転 出 をする 時 点 で1 億 円 以 上 の 有 価 証 券 や 未 決 済 の 信 用 取 引 などの 対 象 資 産 ( Q4)を 所 有 等 している 一 定 の 居 住 者 ( Q3)に 対 して 国 外 転 出 の 時 に 次 の⑴ 又 は⑵の 金 額 ( 以 下 国 外 転 出 の 時 の 価 額 といいます )で 対 象 資 産 の 譲 渡 等 があったものとみなして その 対 象 資 産 の 含 み 益 に 対 して 所 得 税 が 課 税 される 制 度 で 平 成 27 年 7 月 1 日 以 後 に 国 外 転 出 をする 場 合 に 適 用 されます( 所 法 60の21~3) ⑴ 国 外 転 出 の 前 に 確 定 申 告 書 の 提 出 をする 場 合 国 外 転 出 予 定 日 から 起 算 して3か 月 前 の 日 の1 有 価 証 券 等 の 価 額 に 相 当 する 金 額 及 び2 未 決 済 信 用 取 引 等 又 は 未 決 済 デリバティブ 取 引 を 決 済 したものとみ なして 算 出 した 利 益 の 額 又 は 損 失 の 額 に 相 当 する 金 額 の 合 計 額 ( 所 法 60の21 二 2 二 3 二 ) なお 国 外 転 出 予 定 日 から 起 算 して3か 月 前 の 日 から 国 外 転 出 までに 新 たに 有 価 証 券 等 を 取 得 又 は 未 決 済 信 用 取 引 等 若 しくは 未 決 済 デリバティブ 取 引 を 契 約 した 場 合 は 取 得 時 又 は 契 約 締 結 時 の 価 額 で 対 象 資 産 の 価 額 を 算 定 します ⑵ 国 外 転 出 後 に 確 定 申 告 書 の 提 出 をする 場 合 国 外 転 出 の 時 の1 有 価 証 券 等 の 価 額 に 相 当 する 金 額 及 び2 未 決 済 信 用 取 引 等 又 は 未 決 済 デリバティブ 取 引 を 決 済 したものとみなして 算 出 した 利 益 の 額 又 は 損 失 の 額 に 相 当 する 金 額 の 合 計 額 ( 所 法 60の21 一 2 一 3 一 ) 国 外 転 出 時 課 税 の 対 象 となる 方 は 所 有 等 している 対 象 資 産 の 譲 渡 等 があった ものとみなして 事 業 所 得 の 金 額 譲 渡 所 得 の 金 額 又 は 雑 所 得 の 金 額 を 計 算 し 確 定 申 告 書 を 提 出 するほか 所 得 税 を 納 付 する 必 要 があります (Q3) 国 外 転 出 時 課 税 は どのような 方 が 対 象 となりますか 国 外 転 出 をする 居 住 者 で 次 の⑴ 及 び⑵のいずれにも 該 当 する 方 が 国 外 転 出 時 課 税 の 対 象 となります( 所 法 60の25) 5

12 ⑴ 国 外 転 出 の 時 に 所 有 等 している 対 象 資 産 の 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 である こと ⑵ 国 外 転 出 の 日 前 10 年 以 内 において 国 内 在 住 期 間 が5 年 を 超 えていること ( 注 ) 国 内 在 住 期 間 の 判 定 に 当 たっては 出 入 国 管 理 及 び 難 民 認 定 法 別 表 第 一 の 上 欄 の 在 留 資 格 ( 外 交 教 授 芸 術 経 営 管 理 法 律 会 計 業 務 医 療 研 究 教 育 企 業 内 転 勤 短 期 滞 在 留 学 等 )で 在 留 していた 期 間 は 国 内 在 住 期 間 に 含 まな いこととされています( 所 令 1702 一 ) また 平 成 27 年 6 月 30 日 までに 同 法 別 表 第 二 の 上 欄 の 在 留 資 格 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 )で 在 留 している 期 間 がある 場 合 は その 期 間 は 国 内 在 住 期 間 に 含 まないこととされています( 改 正 所 令 附 則 82) (Q4) 国 外 転 出 時 課 税 の 対 象 資 産 には どのようなものがありますか 国 外 転 出 時 課 税 の 対 象 資 産 には 有 価 証 券 ( 株 式 や 投 資 信 託 など) 匿 名 組 合 契 約 の 出 資 の 持 分 未 決 済 の 信 用 取 引 発 行 日 取 引 及 び 未 決 済 のデリバティブ 取 引 ( 先 物 取 引 オプション 取 引 など)が 該 当 します( 所 法 60の21~3) (Q5) 対 象 資 産 の 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 となるかどうかについては いつ の 価 額 で 判 定 しますか 対 象 資 産 の 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 となるかどうかについては 国 外 転 出 の 時 に 国 外 転 出 をする 方 が 所 有 等 しているQ2の⑴ 又 は⑵に 掲 げる 時 ( 日 )の 対 象 資 産 の 金 額 を 基 に 判 定 します( 所 法 60の25) 6

13 (Q6) 対 象 資 産 の 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 となるかどうかの 判 定 に 際 して 含 み 損 がある 有 価 証 券 等 や 譲 渡 による 所 得 が 非 課 税 となる 有 価 証 券 につ いても 対 象 資 産 として 含 める 必 要 はありますか 対 象 資 産 の 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 となるかどうかについては 国 外 転 出 の 時 に 含 み 益 があるかどうかにかかわらず 全 ての 対 象 資 産 の 価 額 の 合 計 額 で 判 定 しま す ( 注 また 譲 渡 による 所 得 が 非 課 税 ) となる 国 債 地 方 債 等 の 有 価 証 券 についても 国 外 転 出 時 課 税 の 対 象 資 産 として 金 額 基 準 の 判 定 に 含 める 必 要 があります なお 国 外 で 所 有 等 している 対 象 資 産 についても 同 様 に 国 外 転 出 時 課 税 の 対 象 資 産 として 金 額 基 準 の 判 定 に 含 める 必 要 があります ( 注 ) 国 債 地 方 債 等 の 公 社 債 等 の 譲 渡 による 所 得 は 平 成 28 年 1 月 1 日 から 課 税 対 象 となります (Q7) 国 外 転 出 をすることとなりましたが いつまでにどのような 手 続 が 必 要 ですか 国 外 転 出 時 課 税 の 対 象 となる 方 が 1 国 外 転 出 の 時 までに 納 税 管 理 人 の 届 出 をした 場 合 は 国 外 転 出 をした 年 分 の 確 定 申 告 期 限 までにその 年 の 各 種 所 得 に 国 外 転 出 時 課 税 の 適 用 による 所 得 を 含 め て 確 定 申 告 及 び 納 税 をする 必 要 があります( 所 法 60の21 一 2 一 3 一 ) 2 納 税 管 理 人 の 届 出 をしないで 国 外 転 出 をする 場 合 は 国 外 転 出 の 時 までに そ の 年 の1 月 1 日 から 国 外 転 出 の 時 までにおける 各 種 所 得 について 国 外 転 出 時 課 税 の 適 用 による 所 得 を 含 めて 準 確 定 申 告 及 び 納 税 をする 必 要 があります( 所 法 60 の21 二 2 二 3 二 ) 7

14 参 考 1 国 外 転 出 の 時 までに 納 税 管 理 人 の 届 出 をする 場 合 12/31 納 税 管 理 人 の 届 出 国 外 転 出 の 日 確 定 申 告 書 の 提 出 3/15 ( 対 象 資 産 算 定 時 期 ) ( 申 告 期 限 ) 2 納 税 管 理 人 の 届 出 をしないで 国 外 転 出 をする 場 合 12/31 国 外 転 出 の 予 定 日 の 3 か 月 前 の 日 ( 対 象 資 産 算 定 時 期 ) 準 確 定 申 告 書 の 提 出 国 外 転 出 の 日 ( 申 告 期 限 ) (Q8) 国 外 転 出 の 日 から5 年 以 内 に 帰 国 する 予 定 ですが 帰 国 した 際 に 何 か 手 続 は 必 要 ですか 国 外 転 出 時 課 税 の 申 告 をした 方 が 国 外 転 出 の 日 から5 年 以 内 に 帰 国 をした 場 合 その 帰 国 の 時 まで 引 き 続 き 所 有 等 している 対 象 資 産 については 国 外 転 出 時 課 税 の 適 用 がなかったものとして 課 税 の 取 消 しをすることができます( 所 法 60の26 一 ) ただし 対 象 資 産 の 所 得 の 計 算 につき その 計 算 の 基 礎 となるべき 事 実 の 全 部 又 は 一 部 について 隠 蔽 又 は 仮 装 があった 場 合 には その 隠 蔽 又 は 仮 装 があった 事 実 に 基 づく 所 得 については 課 税 の 取 消 しをすることはできません( 所 法 60の26ただ し 書 ) 課 税 の 取 消 しをするためには 帰 国 をした 日 から4か 月 以 内 に 更 正 の 請 求 をする 必 要 があります( 所 法 153の21) なお 1 国 外 転 出 の 日 から5 年 以 内 に 国 外 転 出 時 において 有 していた 対 象 資 産 を 居 住 者 に 贈 与 した 場 合 や 2 国 外 転 出 時 課 税 の 申 告 をした 方 が 亡 くなり その 亡 く なった 方 が 国 外 転 出 をした 日 から5 年 以 内 に その 国 外 転 出 時 において 有 していた 対 象 資 産 を 相 続 又 は 遺 贈 により 取 得 した 相 続 人 又 は 受 遺 者 の 全 てが 居 住 者 となっ た 場 合 にも その 贈 与 相 続 又 は 遺 贈 により 移 転 のあった 対 象 資 産 について 国 外 転 出 時 課 税 の 適 用 がなかったものとして 課 税 の 取 消 しをすることができます( 所 法 60の26 二 三 ) 8

15 ( 注 1) 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 け 納 税 猶 予 の 期 限 を 延 長 する 旨 の 届 出 書 を 提 出 している 場 合 には 国 外 転 出 の 日 から10 年 以 内 に 上 記 の 帰 国 などをし たときに 課 税 の 取 消 しをすることができます( 所 法 60の27) ( 注 2) 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けずに 国 外 転 出 の 時 までに 所 得 税 を 納 付 し た 方 が 5 年 以 内 に 帰 国 をした 場 合 に 更 正 の 請 求 を 行 い 所 得 税 が 還 付 され るときには 当 該 更 正 の 請 求 があった 日 の 翌 日 から 起 算 して3か 月 を 経 過 する 日 と 当 該 更 正 の 請 求 に 係 る 更 正 があった 日 の 翌 日 から 起 算 して1か 月 を 経 過 する 日 とのいずれか 早 い 日 の 翌 日 から 当 該 還 付 の 支 払 決 定 日 又 は 充 当 日 までの 期 間 について 還 付 加 算 金 が 発 生 します したがって 納 付 した 日 から 還 付 加 算 金 が 発 生 するわけではありません (Q9) 国 外 転 出 時 課 税 の 申 告 をする 場 合 で 納 税 するための 資 金 がないときは どうすればいいですか 国 外 転 出 時 課 税 の 申 告 をする 方 が 国 外 転 出 の 時 までに 納 税 管 理 人 の 届 出 をする などの 一 定 の 手 続 を 行 った 場 合 には 国 外 転 出 時 課 税 の 適 用 により 納 付 することと なった 所 得 税 について 国 外 転 出 の 日 から5 年 を 経 過 する 日 まで 納 税 を 猶 予 するこ とができます( 所 法 137の21) 手 続 については Q10をご 覧 ください また 長 期 海 外 滞 在 が 必 要 な 場 合 は 国 外 転 出 の 日 から5 年 を 経 過 する 日 までに 納 税 猶 予 の 期 限 を 延 長 する 旨 の 届 出 書 を 所 轄 税 務 署 へ 提 出 することにより 納 税 猶 予 期 限 を5 年 延 長 ( 合 計 10 年 )することができます( 所 法 137の22) (Q10) 国 外 転 出 時 課 税 の 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けるためには どのような 手 続 が 必 要 ですか 国 外 転 出 時 課 税 の 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けるためには まず 国 外 転 出 の 時 までに 所 轄 税 務 署 へ 納 税 管 理 人 の 届 出 をする 必 要 があります 9

16 また 国 外 転 出 時 課 税 の 申 告 をする 年 分 の 確 定 申 告 書 に 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けようとする 旨 を 記 載 するとともに 対 象 資 産 に 関 する 明 細 及 び 納 税 猶 予 分 の 所 得 税 額 の 計 算 に 関 する 明 細 などの 書 類 を 添 付 し その 確 定 申 告 書 の 提 出 期 限 までに 納 税 を 猶 予 される 所 得 税 額 及 び 利 子 税 額 に 相 当 する 担 保 を 提 供 する 必 要 がありま す( 所 法 137の21 3) さらに 確 定 申 告 書 の 提 出 後 についても 納 税 猶 予 期 間 中 は 各 年 の12 月 31 日 に おいて 所 有 等 している 対 象 資 産 について 引 き 続 き 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けた い 旨 を 記 載 した 届 出 書 ( 継 続 適 用 届 出 書 )を 同 日 の 属 する 年 の 翌 年 3 月 15 日 ( 土 日 曜 日 の 場 合 は 翌 月 曜 日 )までに 所 轄 税 務 署 へ 提 出 する 必 要 があります( 所 法 137の26) 参 考 納 税 猶 予 の 手 続 の 流 れ 国 外 転 出 の 年 国 外 転 出 の 翌 年 国 外 転 出 の 翌 々 年 国 外 転 出 の 年 から3 年 目 12/31 3/15 12/31 3/15 12/31 3/15 納 税 管 理 人 の 届 出 国 外 転 出 の 日 確 定 申 告 確 定 申 告 期 限 継 続 適 用 継 続 適 用 届 出 書 担 保 提 供 届 出 書 提 出 提 出 期 限 継 続 適 用 継 続 適 用 届 出 書 届 出 書 提 出 提 出 期 限 (Q11) 国 外 転 出 時 課 税 の 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けるに 当 たって 担 保 を 提 供 する 必 要 があると 聞 きましたが どのような 財 産 を 担 保 として 提 供 でき ますか 国 外 転 出 時 課 税 の 申 告 をする 方 が 国 外 転 出 時 課 税 の 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けるための 担 保 として 提 供 できる 財 産 は 次 のとおりです 不 動 産 国 債 地 方 債 税 務 署 長 が 確 実 と 認 める 有 価 証 券 税 務 署 長 が 確 実 と 認 める 保 証 人 の 保 証 など ( 国 税 通 則 法 第 50 条 に 掲 げる 財 産 ) 10

17 (Q12) 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けましたが 納 税 猶 予 期 間 中 に 国 外 転 出 時 課 税 の 対 象 となった 有 価 証 券 等 の 一 部 を 譲 渡 しました 納 税 の 必 要 はありま すか 納 税 猶 予 期 間 中 に 国 外 転 出 時 課 税 の 対 象 となった 有 価 証 券 等 を 譲 渡 した 場 合 納 税 猶 予 分 の 所 得 税 額 のうちその 譲 渡 をした 部 分 の 金 額 に 応 じた 所 得 税 について 納 税 猶 予 の 期 限 が 確 定 するため 譲 渡 の 日 から4か 月 以 内 に 利 子 税 と 併 せて 納 付 す る 必 要 があります( 所 法 137の25 12) 上 記 の 場 合 に 限 らず 国 外 転 出 時 課 税 の 適 用 を 受 けた 対 象 資 産 について 譲 渡 決 済 又 は 贈 与 があった 場 合 には 納 税 猶 予 の 期 限 が 確 定 し その 譲 渡 決 済 又 は 贈 与 があった 日 から4か 月 以 内 に 利 子 税 と 併 せて 所 得 税 を 納 付 する 必 要 があります また その 譲 渡 決 済 又 は 贈 与 があった 日 から4か 月 以 内 にその 譲 渡 決 済 又 は 贈 与 をした 対 象 資 産 の 種 類 名 称 又 は 銘 柄 及 び 単 位 数 並 びに 納 税 猶 予 の 期 限 が 確 定 することとなる 所 得 税 の 計 算 に 関 する 明 細 などを 記 載 した 書 類 を 所 轄 税 務 署 へ 提 出 しなければなりません( 所 令 266の25) なお 有 価 証 券 等 の 譲 渡 価 額 が 国 外 転 出 の 時 の 価 額 よりも 下 落 している 場 合 の 取 扱 いについては Q13をご 覧 ください ( 注 ) 納 税 猶 予 期 間 中 に 国 外 転 出 時 課 税 の 対 象 資 産 の 一 部 を 譲 渡 決 済 又 は 贈 与 し た 場 合 など 納 税 猶 予 の 期 限 が 確 定 した 場 合 には 法 定 申 告 期 限 の 翌 日 から 納 税 猶 予 期 限 までの 期 間 について 利 子 税 がかかります ( ) なお 利 子 税 の 割 合 は 年 7.3%と 特 例 基 準 割 合 のいずれか 低 い 割 合 を 適 用 します( 措 法 931) 特 例 基 準 割 合 とは 各 年 の 前 々 年 の10 月 から 前 年 の9 月 までの 各 月 にお ける 銀 行 の 短 期 貸 出 約 定 平 均 金 利 の 合 計 を12で 除 して 得 た 割 合 として 各 年 の 前 年 の12 月 15 日 までに 財 務 大 臣 が 告 示 する 割 合 に 年 1%を 加 算 した 割 合 をいいます なお 平 成 27 年 における 利 子 税 の 割 合 は 年 1.8%です 11

18 (Q13)Q12での 有 価 証 券 等 の 譲 渡 価 額 が 国 外 転 出 の 時 の 価 額 よりも 下 落 し ている 場 合 には 国 外 転 出 時 課 税 により 課 税 された 所 得 税 は 減 額 できま すか 納 税 猶 予 期 間 中 に 国 外 転 出 時 課 税 の 対 象 となった 有 価 証 券 等 を 譲 渡 した 場 合 で その 譲 渡 価 額 が 国 外 転 出 の 時 の 有 価 証 券 等 の 価 額 よりも 下 落 しているときは その 下 落 した 価 額 で 国 外 転 出 の 時 に 譲 渡 したものとみなして 国 外 転 出 時 課 税 の 申 告 を した 年 分 の 所 得 税 を 再 計 算 することができます( 所 法 60の28 一 ) この 場 合 には その 譲 渡 の 日 から4か 月 以 内 に 更 正 の 請 求 をすることで 所 得 税 を 減 額 することができます( 所 法 153の22) なお 国 外 転 出 の 時 までに 納 税 管 理 人 の 届 出 をしている 方 が 国 外 転 出 時 課 税 の 申 告 期 限 までに 対 象 資 産 を 譲 渡 した 場 合 には その 譲 渡 した 対 象 資 産 について 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けることはできませんが( 所 法 137の21) その 譲 渡 価 額 が 国 外 転 出 の 時 の 価 額 よりも 下 落 している 場 合 には その 譲 渡 価 額 で 国 外 転 出 の 時 に 譲 渡 したものとみなして 申 告 をすることができます( 所 法 60の29) (Q14)Q12で 有 価 証 券 等 ではなく 未 決 済 信 用 取 引 等 又 は 未 決 済 デリバティ ブ 取 引 の 決 済 をした 場 合 に 利 益 の 額 が 国 外 転 出 の 時 の 利 益 の 額 を 下 回 る ときは 課 税 された 所 得 税 は 減 額 できますか 納 税 猶 予 期 間 中 に 国 外 転 出 時 課 税 の 対 象 となった 未 決 済 信 用 取 引 等 又 は 未 決 済 デリバティブ 取 引 の 決 済 をした 場 合 で その 決 済 時 の 利 益 の 額 が 国 外 転 出 の 時 の 利 益 の 額 を 下 回 るときは その 決 済 時 の 額 で 国 外 転 出 の 時 に 決 済 をしたものとみなし て 国 外 転 出 時 課 税 の 申 告 をした 年 分 の 所 得 税 を 再 計 算 することができます( 所 法 60の28 二 五 ) また 上 記 の 場 合 に 限 らず 次 の 場 合 においても 決 済 時 の 額 で 国 外 転 出 の 時 に 決 済 をしたものとみなして 所 得 税 を 再 計 算 することができます ⑴ 国 外 転 出 の 時 に 国 外 転 出 時 課 税 の 適 用 により 損 失 が 生 じ 実 際 の 決 済 時 の 損 失 の 額 が 国 外 転 出 の 時 の 損 失 の 額 を 上 回 る 場 合 ( 所 法 60の28 三 六 ) 12

19 ⑵ 国 外 転 出 の 時 に 国 外 転 出 時 課 税 の 適 用 により 利 益 が 生 じ 実 際 の 決 済 時 に 損 失 が 生 じた 場 合 ( 所 法 60の28 四 七 ) これらの 場 合 には その 決 済 の 日 から4か 月 以 内 に 更 正 の 請 求 をすることで 所 得 税 を 減 額 することができます( 所 法 153の22) なお 国 外 転 出 の 時 までに 納 税 管 理 人 の 届 出 をしている 方 が 国 外 転 出 時 課 税 の 申 告 期 限 までに 対 象 資 産 の 決 済 をした 場 合 には その 決 済 をした 対 象 資 産 について 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けることはできませんが( 所 法 137の21) その 決 済 時 の 利 益 の 額 が 国 外 転 出 の 時 の 利 益 の 額 を 下 回 る 場 合 には その 決 済 時 の 額 で 国 外 転 出 の 時 に 決 済 したものとみなして 申 告 をすることができます( 上 記 ⑴ 及 び⑵に 掲 げる 場 合 も 同 様 に その 決 済 時 の 額 で 申 告 をすることができます )( 所 法 60の29) (Q15) 納 税 猶 予 期 間 が 満 了 した 場 合 何 か 手 続 は 必 要 ですか 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けた 方 は 納 税 猶 予 期 間 の 満 了 日 ( 国 外 転 出 の 日 から5 年 又 は10 年 を 経 過 する 日 )までに 納 税 を 猶 予 されていた 所 得 税 及 び 利 子 税 を 納 付 する 必 要 があります( 所 法 137の21) なお 納 税 猶 予 期 間 の 満 了 日 において 国 外 転 出 の 時 から 引 き 続 き 所 有 等 して いる 対 象 資 産 の 価 額 が 国 外 転 出 の 時 の 価 額 よりも 下 落 している 場 合 には 国 外 転 出 の 時 に 納 税 猶 予 期 間 の 満 了 日 の 価 額 で 譲 渡 等 したものとみなして 国 外 転 出 時 課 税 の 申 告 をした 年 分 の 所 得 税 を 再 計 算 することができます( 所 法 60の210) この 場 合 には 納 税 猶 予 期 間 の 満 了 日 から4か 月 以 内 に 更 正 の 請 求 をすること で 所 得 税 を 減 額 することができます( 所 法 153の23) (Q16) 納 税 猶 予 期 間 中 に 国 外 転 出 先 の 国 で 対 象 資 産 の 譲 渡 等 をし 外 国 所 得 税 を 納 付 しましたが 外 国 税 額 控 除 を 適 用 することはできますか 国 外 転 出 時 課 税 の 申 告 をした 方 が 納 税 猶 予 期 間 中 に 国 外 転 出 先 の 国 で 対 象 資 産 を 譲 渡 等 した 場 合 において 国 外 転 出 先 の 国 が 国 外 転 出 時 課 税 による 課 税 に 伴 13

20 う 二 重 課 税 を 調 整 しない 国 であるときは 外 国 税 額 控 除 を 適 用 することで 国 外 転 出 時 課 税 により 課 された 所 得 税 と 国 外 転 出 先 の 国 で 課 された 外 国 所 得 税 の 二 重 課 税 を 調 整 することができます( 所 法 95の2) 国 外 転 出 時 課 税 における 外 国 税 額 控 除 を 適 用 するためには 外 国 所 得 税 を 納 付 することとなる 日 から4か 月 以 内 に 更 正 の 請 求 をする 必 要 があります( 所 法 153の 5) なお 更 正 の 請 求 をする 場 合 には 更 正 の 請 求 書 に 外 国 税 額 控 除 に 関 する 明 細 書 外 国 所 得 税 を 課 されたことを 証 する 書 類 その 他 一 定 の 書 類 の 添 付 が 必 要 と なります( 所 法 955) (Q17) 国 外 転 出 時 課 税 により 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けていた 方 が 納 税 猶 予 期 間 中 に 亡 くなりましたが 納 税 を 猶 予 されていた 所 得 税 はどのよう になりますか 納 税 猶 予 期 間 の 満 了 までに 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けていた 方 が 亡 くなられ た 場 合 には 納 税 猶 予 分 の 所 得 税 額 の 納 付 義 務 は 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けて いた 方 の 相 続 人 が 承 継 することとなります( 所 法 137の213) 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けていた 方 の 相 続 人 のうち 非 居 住 者 である 方 は 相 続 開 始 があったことを 知 った 日 の 翌 日 から4か 月 以 内 に 納 税 管 理 人 の 届 出 をする 必 要 があります( 既 に 納 税 管 理 人 の 届 出 をしている 場 合 を 除 きます )( 所 令 266の28) なお 納 税 猶 予 の 期 間 については 亡 くなった 方 の 残 存 期 間 を 引 き 継 ぐこととな ります( 所 令 266の27) 14

21 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 (Q18) 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 とは どのような 制 度 ですか 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 は 贈 与 をする 時 点 で1 億 円 以 上 の 有 価 証 券 や 未 決 済 の 信 用 取 引 などの 対 象 資 産 ( Q4)を 所 有 等 している 一 定 の 居 住 者 ( Q19)が 国 外 に 居 住 する 親 族 等 ( 非 居 住 者 )へ 対 象 資 産 の 全 部 又 は 一 部 ( 以 下 贈 与 対 象 資 産 といいま す )を 贈 与 したときに 贈 与 対 象 資 産 の 譲 渡 等 があったものとみなして その 贈 与 対 象 資 産 の 含 み 益 に 対 して 贈 与 者 に 所 得 税 が 課 税 される 制 度 で 平 成 27 年 7 月 1 日 以 後 に 行 われる 贈 与 について 適 用 されます( 所 法 60の31~3) 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 の 対 象 となる 贈 与 者 は 贈 与 対 象 資 産 の 譲 渡 等 があったも のとみなして 事 業 所 得 の 金 額 譲 渡 所 得 の 金 額 又 は 雑 所 得 の 金 額 を 計 算 し 確 定 申 告 書 を 提 出 するほか 所 得 税 を 納 付 する 必 要 があります (Q19) 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 は どのような 方 が 対 象 となりますか 国 外 に 居 住 する 親 族 等 ( 非 居 住 者 )へ 対 象 資 産 の 全 部 又 は 一 部 の 贈 与 をする 居 住 者 で 次 の⑴ 及 び⑵のいずれにも 該 当 する 方 が 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 の 対 象 となり ます( 所 法 60の35) ⑴ 贈 与 の 時 に 所 有 等 している 対 象 資 産 の 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 であること ⑵ 贈 与 の 日 前 10 年 以 内 において 国 内 在 住 期 間 が5 年 を 超 えていること ( 注 ) 国 内 在 住 期 間 の 判 定 に 当 たっては 出 入 国 管 理 及 び 難 民 認 定 法 別 表 第 一 の 上 欄 の 在 留 資 格 ( 外 交 教 授 芸 術 経 営 管 理 法 律 会 計 業 務 医 療 研 究 教 育 企 業 内 転 勤 短 期 滞 在 留 学 等 )で 在 留 していた 期 間 は 国 内 在 住 期 間 に 含 まないこととされています( 所 令 170の21) また 平 成 27 年 6 月 30 日 までに 同 法 別 表 第 二 の 上 欄 の 在 留 資 格 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 )で 在 留 している 期 間 がある 場 合 は その 期 間 は 国 内 在 住 期 間 に 含 まないこととされています( 改 正 所 令 附 則 82) 15

22 (Q20) 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 の 対 象 資 産 には どのようなものがありますか Q4の 対 象 資 産 と 同 じです (Q21) 対 象 資 産 の 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 となるかどうかについては いつ の 価 額 で 判 定 しますか 対 象 資 産 の 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 となるかどうかについては 贈 与 の 時 に 贈 与 者 が 所 有 等 している 対 象 資 産 の 次 の⑴ 及 び⑵に 掲 げる 時 の 金 額 の 合 計 額 を 基 に 判 定 します( 所 法 60 条 の35) ⑴ 対 象 資 産 が 有 価 証 券 等 である 場 合 贈 与 の 時 の 有 価 証 券 等 の 価 額 に 相 当 する 金 額 ( 所 法 60 条 の31) ⑵ 対 象 資 産 が 未 決 済 信 用 取 引 等 又 は 未 決 済 デリバティブ 取 引 である 場 合 贈 与 の 時 に 未 決 済 信 用 取 引 等 又 は 未 決 済 デリバティブ 取 引 を 決 済 したものとみ なして 算 出 した 利 益 の 額 又 は 損 失 の 額 に 相 当 する 金 額 ( 所 法 60 条 の32 3) (Q22) 対 象 資 産 の 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 となるかどうかの 判 定 に 際 して 含 み 損 がある 有 価 証 券 等 や 譲 渡 による 所 得 が 非 課 税 となる 有 価 証 券 につ いても 対 象 資 産 として 含 める 必 要 はありますか Q6を 参 照 してください (Q23) 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 の 申 告 は いつまでにする 必 要 がありますか 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 の 申 告 をする 場 合 は 贈 与 者 は 贈 与 をした 日 の 属 する 年 分 の 確 定 申 告 期 限 までに その 年 の 各 種 所 得 に 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 の 適 用 による 所 得 を 含 めて 確 定 申 告 及 び 納 税 をする 必 要 があります( 所 法 60の ) 16

23 (Q24) 贈 与 の 日 から5 年 以 内 に 贈 与 を 受 けた 親 族 等 ( 非 居 住 者 )が 帰 国 しますが 課 税 関 係 はどうなりますか 贈 与 対 象 資 産 の 贈 与 を 受 けた 非 居 住 者 ( 以 下 受 贈 者 といいます )が 贈 与 の 日 か ら5 年 以 内 に 帰 国 をした 場 合 その 帰 国 の 時 まで 引 き 続 き 所 有 等 している 贈 与 対 象 資 産 については 贈 与 者 は 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 の 適 用 がなかったものとして 課 税 の 取 消 しをすることができます( 所 法 60の36 一 ) ただし 対 象 資 産 の 所 得 の 計 算 につき その 計 算 の 基 礎 となるべき 事 実 の 全 部 又 は 一 部 について 隠 蔽 又 は 仮 装 があった 場 合 には その 隠 蔽 又 は 仮 装 があった 事 実 に 基 づく 所 得 については 課 税 の 取 消 しをすることはできません( 所 法 60の36) 課 税 の 取 消 しをするためには 贈 与 者 は 受 贈 者 が 帰 国 をした 日 から4か 月 以 内 に 更 正 の 請 求 をする 必 要 があります( 所 法 153の31) なお 1 贈 与 の 日 から5 年 以 内 に 受 贈 者 が 贈 与 対 象 資 産 を 居 住 者 に 贈 与 した 場 合 や 2 受 贈 者 が 亡 くなり その 贈 与 の 日 から5 年 以 内 に その 亡 くなった 受 贈 者 から 相 続 又 は 遺 贈 により 贈 与 対 象 資 産 を 取 得 した 相 続 人 又 は 受 遺 者 の 全 てが 居 住 者 となった 場 合 にも 贈 与 者 は その 贈 与 相 続 又 は 遺 贈 により 移 転 のあった 贈 与 対 象 資 産 について 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 の 適 用 がなかったものとして 課 税 の 取 消 しをすることができます( 所 法 60の36 二 三 ) ( 注 1) 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 け 納 税 猶 予 の 期 限 を 延 長 する 旨 の 届 出 書 を 提 出 している 場 合 には 贈 与 の 日 から10 年 以 内 に 受 贈 者 が 上 記 の 帰 国 などをし たときに 課 税 の 取 消 しをすることができます( 所 法 60の37) ( 注 2) 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けずに 所 得 税 を 納 付 した 方 が 5 年 以 内 に 受 贈 者 が 帰 国 をした 場 合 に 更 正 の 請 求 を 行 い 所 得 税 が 還 付 されるときには 当 該 更 正 の 請 求 があった 日 の 翌 日 から 起 算 して3か 月 を 経 過 する 日 と 当 該 更 正 の 請 求 に 係 る 更 正 があった 日 の 翌 日 から 起 算 して1か 月 を 経 過 する 日 との いずれか 早 い 日 の 翌 日 から 当 該 還 付 の 支 払 決 定 日 又 は 充 当 日 までの 期 間 に ついて 還 付 加 算 金 が 発 生 します したがって 納 付 した 日 から 還 付 加 算 金 が 発 生 するわけではありません 17

24 (Q25) 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 の 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けるためには ど のような 手 続 が 必 要 ですか 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 の 申 告 をする 方 ( 贈 与 者 )が 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 の 申 告 をする 年 分 の 確 定 申 告 書 に 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けようとする 旨 を 記 載 する とともに 対 象 資 産 に 関 する 明 細 及 び 納 税 猶 予 分 の 所 得 税 額 の 計 算 に 関 する 明 細 な どの 書 類 を 添 付 し その 確 定 申 告 書 の 提 出 期 限 までに 納 税 を 猶 予 される 所 得 税 額 及 び 利 子 税 額 に 相 当 する 担 保 を 提 供 した 場 合 は 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 により 課 税 された 所 得 税 について 贈 与 の 日 から5 年 を 経 過 する 日 まで 納 税 を 猶 予 することが できます( 所 法 137の31 4) また 贈 与 者 は 確 定 申 告 書 の 提 出 後 についても 納 税 猶 予 期 間 中 は 各 年 の12 月 31 日 において 受 贈 者 が 所 有 等 している 贈 与 対 象 資 産 について 引 き 続 き 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けたい 旨 を 記 載 した 届 出 書 ( 継 続 適 用 届 出 書 )を 同 日 の 属 する 年 の 翌 年 3 月 15 日 ( 土 日 曜 日 の 場 合 は 翌 月 曜 日 )までに 所 轄 税 務 署 へ 提 出 する 必 要 があり ます( 所 法 137の37) さらに 贈 与 の 日 から5 年 を 経 過 する 日 までに 納 税 猶 予 の 期 限 を 延 長 する 旨 の 届 出 書 を 所 轄 税 務 署 へ 提 出 することにより 納 税 猶 予 期 限 を5 年 延 長 ( 合 計 10 年 )する ことができます( 所 法 137の33) ( 注 ) 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 ける 場 合 は 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 ける 旨 などを 受 贈 者 へ 連 絡 することとなります 参 考 納 税 猶 予 の 手 続 の 流 れ 贈 与 の 年 贈 与 の 翌 年 贈 与 の 翌 々 年 贈 与 の 年 から3 年 目 12/31 3/15 12/31 3/15 12/31 3/15 非 居 住 者 へ 贈 与 確 定 申 告 担 保 提 供 確 定 申 告 期 限 継 続 適 用 継 続 適 用 届 出 書 届 出 書 提 出 提 出 期 限 継 続 適 用 継 続 適 用 届 出 書 届 出 書 提 出 提 出 期 限 18

25 (Q26) 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 の 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けるに 当 たって 担 保 を 提 供 する 必 要 があると 聞 きましたが どのような 財 産 を 担 保 として 提 供 できますか 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 の 申 告 をする 方 ( 贈 与 者 )が 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 の 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けるための 担 保 として 提 供 できる 財 産 は 次 のとおりです 不 動 産 国 債 地 方 債 税 務 署 長 が 確 実 と 認 める 有 価 証 券 税 務 署 長 が 確 実 と 認 める 保 証 人 の 保 証 など ( 国 税 通 則 法 第 50 条 に 掲 げる 財 産 ) (Q27) 贈 与 者 が 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けましたが 納 税 猶 予 期 間 中 に 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 の 対 象 となった 有 価 証 券 等 の 一 部 を 受 贈 者 が 譲 渡 しま した 贈 与 者 は 納 税 の 必 要 はありますか 受 贈 者 が 納 税 猶 予 期 間 中 に 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 の 対 象 となった 有 価 証 券 等 を 譲 渡 した 場 合 納 税 猶 予 分 の 所 得 税 額 のうちその 譲 渡 をした 部 分 の 金 額 に 応 じた 所 得 税 について 納 税 猶 予 の 期 限 が 確 定 するため 贈 与 者 は 譲 渡 の 日 から4か 月 以 内 に 利 子 税 と 併 せて 納 付 する 必 要 があります( 所 法 137の36 14) 上 記 の 場 合 に 限 らず 贈 与 対 象 資 産 について 受 贈 者 が 譲 渡 決 済 又 は 贈 与 をした 場 合 には 納 税 猶 予 の 期 限 が 確 定 し 贈 与 者 は その 譲 渡 決 済 又 は 贈 与 があった 日 から4か 月 以 内 に 利 子 税 と 併 せて 所 得 税 を 納 付 する 必 要 があります また 贈 与 者 はその 譲 渡 決 済 又 は 贈 与 があった 日 から4か 月 以 内 にその 譲 渡 決 済 又 は 贈 与 をした 贈 与 対 象 資 産 の 種 類 名 称 又 は 銘 柄 及 び 単 位 数 並 びに 納 税 猶 予 の 期 限 が 確 定 することとなる 所 得 税 の 計 算 に 関 する 明 細 などを 記 載 した 書 類 を 所 轄 税 務 署 へ 提 出 しなければなりません( 所 令 266の310) 19

26 なお その 贈 与 対 象 資 産 の 譲 渡 決 済 又 は 贈 与 をした 受 贈 者 は 譲 渡 決 済 又 は 贈 与 をした 贈 与 対 象 資 産 の 種 類 銘 柄 及 び 数 等 を 譲 渡 決 済 又 は 贈 与 があった 日 か ら2か 月 以 内 に 贈 与 者 に 対 して 通 知 しなければなりません( 所 法 60の39) 贈 与 対 象 資 産 の 譲 渡 価 額 が 贈 与 の 時 の 価 額 よりも 下 落 している 場 合 の 取 扱 いに ついては Q28をご 覧 ください ( 注 ) 納 税 猶 予 期 間 中 に 贈 与 対 象 資 産 の 一 部 を 受 贈 者 が 譲 渡 決 済 又 は 贈 与 した 場 合 など 納 税 猶 予 の 期 限 が 確 定 した 場 合 には 法 定 申 告 期 限 の 翌 日 から 納 税 猶 予 期 限 までの 期 間 について 利 子 税 がかかります ( ) なお 利 子 税 の 割 合 は 年 7.3%と 特 例 基 準 割 合 のいずれか 低 い 割 合 を 適 用 します( 措 法 931) 特 例 基 準 割 合 とは 各 年 の 前 々 年 の10 月 から 前 年 の9 月 までの 各 月 におけ る 銀 行 の 短 期 貸 出 約 定 平 均 金 利 の 合 計 を12で 除 して 得 た 割 合 として 各 年 の 前 年 の12 月 15 日 までに 財 務 大 臣 が 告 示 する 割 合 に 年 1%を 加 算 した 割 合 を いいます なお 平 成 27 年 における 利 子 税 の 割 合 は 年 1.8%です (Q28)Q27での 有 価 証 券 等 の 譲 渡 価 額 が 贈 与 の 時 の 価 額 よりも 下 落 している 場 合 には 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 により 課 税 された 所 得 税 は 減 額 できます か 受 贈 者 が 納 税 猶 予 期 間 中 に 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 の 対 象 となった 有 価 証 券 等 を 譲 渡 した 場 合 で その 譲 渡 価 額 が 贈 与 の 時 の 有 価 証 券 等 の 価 額 よりも 下 落 している ときは 贈 与 者 はその 下 落 した 価 額 で 贈 与 の 時 に 譲 渡 したものとみなして 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 の 申 告 をした 年 分 の 所 得 税 を 再 計 算 することができます( 所 法 60の3 8 一 ) この 場 合 には 贈 与 者 はその 譲 渡 の 日 から4か 月 以 内 に 更 正 の 請 求 をすることで 所 得 税 を 減 額 することができます( 所 法 153の32) なお 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 の 申 告 期 限 までに 受 贈 者 が 贈 与 対 象 資 産 を 譲 渡 した 場 合 には 贈 与 者 は その 譲 渡 した 贈 与 対 象 資 産 について 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 20

27 受 けることはできませんが( 所 法 137の31) その 譲 渡 価 額 が 贈 与 の 時 の 価 額 よりも 下 落 している 場 合 には 贈 与 者 は 受 贈 者 の 譲 渡 価 額 で 贈 与 の 時 に 譲 渡 したものとみ なして 申 告 をすることができます( 所 法 60の310 一 ) (Q29)Q27で 有 価 証 券 等 ではなく 未 決 済 信 用 取 引 等 又 は 未 決 済 デリバティブ 取 引 の 決 済 をした 場 合 に 利 益 の 額 が 贈 与 の 時 の 利 益 の 額 を 下 回 るとき は 課 税 された 所 得 税 は 減 額 できますか 受 贈 者 が 納 税 猶 予 期 間 中 に 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 の 対 象 となった 未 決 済 信 用 取 引 等 又 は 未 決 済 デリバティブ 取 引 の 決 済 をした 場 合 で その 決 済 時 の 利 益 の 額 が 贈 与 の 時 の 利 益 の 額 を 下 回 るときは その 決 済 時 の 額 で 贈 与 の 時 に 決 済 をしたものと みなして 贈 与 者 は 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 の 申 告 をした 年 分 の 所 得 税 を 再 計 算 する ことができます( 所 法 60の38 二 五 ) また 上 記 の 場 合 に 限 らず 次 の 場 合 においても 決 済 時 の 額 で 贈 与 の 時 に 決 済 をしたものとみなして 贈 与 者 は 所 得 税 を 再 計 算 することができます ⑴ 贈 与 の 時 に 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 の 適 用 により 損 失 が 生 じ 実 際 の 受 贈 者 の 決 済 時 の 損 失 の 額 が 贈 与 の 時 の 損 失 の 額 を 上 回 る 場 合 ( 所 法 60の38 三 六 ) ⑵ 贈 与 の 時 に 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 の 適 用 により 利 益 が 生 じ 実 際 の 受 贈 者 の 決 済 時 に 損 失 が 生 じた 場 合 ( 所 法 60の38 四 七 ) これらの 場 合 には 贈 与 者 はその 決 済 の 日 から4か 月 以 内 に 更 正 の 請 求 をするこ とで 所 得 税 を 減 額 することができます( 所 法 153の32) なお 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 の 申 告 期 限 までに 受 贈 者 が 贈 与 対 象 資 産 の 決 済 をし た 場 合 には 贈 与 者 はその 決 済 をした 贈 与 対 象 資 産 について 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けることはできませんが( 所 法 137の31) その 決 済 時 の 利 益 の 額 が 贈 与 の 時 の 利 益 の 額 を 下 回 る 場 合 には その 決 済 時 の 額 で 贈 与 の 時 に 決 済 したものとみなして 申 告 をすることができます( 上 記 ⑴ 及 び⑵に 掲 げる 場 合 も 同 様 に その 決 済 時 の 額 で 申 告 をす ることができます )( 所 法 60の310 一 ) 21

28 (Q30) 納 税 猶 予 期 間 が 満 了 した 場 合 何 か 手 続 は 必 要 ですか 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けた 方 ( 贈 与 者 )は 納 税 猶 予 期 間 の 満 了 日 ( 贈 与 の 日 から5 年 又 は10 年 を 経 過 する 日 )までに 納 税 を 猶 予 されていた 所 得 税 及 び 利 子 税 を 納 付 する 必 要 があります( 所 法 137の31) なお 納 税 猶 予 期 間 の 満 了 日 において 贈 与 の 日 から 受 贈 者 が 引 き 続 き 所 有 等 し ている 贈 与 対 象 資 産 の 価 額 が 贈 与 の 時 の 価 額 よりも 下 落 している 場 合 には 贈 与 者 は 贈 与 の 時 に 納 税 猶 予 期 間 の 満 了 日 の 価 額 で 贈 与 対 象 資 産 を 譲 渡 等 したものとみ なして 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 の 申 告 をした 年 分 の 所 得 税 を 再 計 算 することができ ます( 所 法 60の311) この 場 合 には 贈 与 者 は 納 税 猶 予 期 間 の 満 了 日 から4か 月 以 内 に 更 正 の 請 求 をす ることで 所 得 税 を 減 額 することができます( 所 法 153の33) (Q31) 国 外 転 出 ( 贈 与 ) 時 課 税 により 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けていた 方 が 納 税 猶 予 期 間 中 に 亡 くなりましたが 納 税 を 猶 予 されていた 所 得 税 はどの ようになりますか 納 税 猶 予 期 間 の 満 了 までに 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けていた 方 ( 贈 与 者 )が 亡 く なられた 場 合 には 納 税 猶 予 分 の 所 得 税 額 の 納 付 義 務 は 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けていた 方 の 相 続 人 が 承 継 することとなります( 所 法 137の315) 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けていた 方 の 相 続 人 のうち 非 居 住 者 である 方 は 相 続 開 始 があったことを 知 った 日 の 翌 日 から4か 月 以 内 に 納 税 管 理 人 の 届 出 をする 必 要 があります( 既 に 納 税 管 理 人 の 届 出 をしている 場 合 を 除 きます )( 所 令 266の315) なお 納 税 猶 予 の 期 間 については 亡 くなった 方 の 残 存 期 間 を 引 き 継 ぐこととな ります( 所 令 266の314) 22

29 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 (Q32) 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 とは どのような 制 度 ですか 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 は 相 続 開 始 の 時 点 で1 億 円 以 上 の 有 価 証 券 や 未 決 済 の 信 用 取 引 などの 対 象 資 産 ( Q4)を 所 有 等 している 一 定 の 居 住 者 ( Q33)が 亡 くな り 国 外 に 居 住 する 相 続 人 又 は 受 遺 者 ( 以 下 非 居 住 者 である 相 続 人 等 といいます )が その 相 続 又 は 遺 贈 により 対 象 資 産 の 全 部 又 は 一 部 ( 以 下 相 続 対 象 資 産 といいます ) を 取 得 した 場 合 は その 相 続 又 は 遺 贈 の 時 に 取 得 した 相 続 対 象 資 産 について 譲 渡 等 があったものとみなして 相 続 対 象 資 産 の 含 み 益 に 対 して 被 相 続 人 に 所 得 税 が 課 税 される 制 度 で 平 成 27 年 7 月 1 日 以 後 の 相 続 又 は 遺 贈 について 適 用 されます( 所 法 60の31~3) 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 対 象 となる 方 ( 以 下 適 用 被 相 続 人 等 といいます )の 相 続 人 は 相 続 対 象 資 産 の 譲 渡 等 があったものとみなして 事 業 所 得 の 金 額 譲 渡 所 得 の 金 額 又 は 雑 所 得 の 金 額 を 計 算 し 適 用 被 相 続 人 等 の 準 確 定 申 告 書 を 提 出 するほか 所 得 税 を 納 付 する 必 要 があります (Q33) 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 は どのような 方 が 対 象 となりますか 次 の⑴ 及 び⑵のいずれにも 該 当 する 居 住 者 が 亡 くなった 場 合 に その 相 続 又 は 遺 贈 により 非 居 住 者 である 相 続 人 等 が 相 続 対 象 資 産 を 取 得 したときは 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 対 象 となります( 所 法 60の35) ⑴ 相 続 開 始 の 時 に 所 有 等 している 対 象 資 産 の 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 である こと ⑵ 相 続 開 始 の 日 前 10 年 以 内 において 国 内 在 住 期 間 が5 年 を 超 えていること ( 注 ) 国 内 在 住 期 間 の 判 定 に 当 たっては 出 入 国 管 理 及 び 難 民 認 定 法 別 表 第 一 の 上 欄 の 在 留 資 格 ( 外 交 教 授 芸 術 経 営 管 理 法 律 会 計 業 務 医 療 研 究 教 育 企 業 内 転 勤 短 期 滞 在 留 学 等 )で 在 留 していた 期 間 は 国 内 在 住 期 間 に 含 まないこととされています( 所 令 170の21) 23

30 また 平 成 27 年 6 月 30 日 までに 同 法 別 表 第 二 の 上 欄 の 在 留 資 格 ( 永 住 者 永 住 者 の 配 偶 者 等 )で 在 留 している 期 間 がある 場 合 は その 期 間 は 国 内 在 住 期 間 に 含 まないこととされています( 改 正 所 令 附 則 82) (Q34) 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 対 象 資 産 には どのようなものがありますか Q4の 対 象 資 産 と 同 じです (Q35) 対 象 資 産 の 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 となるかどうかについては いつ の 価 額 で 判 定 しますか 対 象 資 産 の 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 となるかどうかについては 相 続 開 始 の 時 に 適 用 被 相 続 人 等 が 所 有 等 している 対 象 資 産 の 次 の⑴ 及 び⑵に 掲 げる 金 額 の 合 計 額 を 基 に 判 定 します( 所 法 60 条 の35) ⑴ 対 象 資 産 が 有 価 証 券 等 である 場 合 相 続 開 始 の 時 の 有 価 証 券 等 の 価 額 に 相 当 する 金 額 ( 所 法 60の31) ⑵ 対 象 資 産 が 未 決 済 信 用 取 引 等 又 は 未 決 済 デリバティブ 取 引 である 場 合 相 続 開 始 の 時 に 未 決 済 信 用 取 引 等 又 は 未 決 済 デリバティブ 取 引 を 決 済 したもの とみなして 算 出 した 利 益 の 額 又 は 損 失 の 額 に 相 当 する 金 額 ( 所 法 60の32 3) (Q36) 対 象 資 産 の 価 額 の 合 計 額 が1 億 円 以 上 となるかどうかの 判 定 に 際 して 含 み 損 がある 有 価 証 券 等 や 譲 渡 による 所 得 が 非 課 税 となる 有 価 証 券 につ いても 対 象 資 産 として 含 める 必 要 はありますか Q6を 参 照 してください 24

31 (Q37) 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 申 告 は いつまでにする 必 要 がありますか 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 申 告 をする 場 合 は 適 用 被 相 続 人 等 の 相 続 人 は 相 続 開 始 があったことを 知 った 日 の 翌 日 から4か 月 を 経 過 した 日 の 前 日 までに その 年 の 各 種 所 得 に 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 適 用 による 所 得 を 含 めて 適 用 被 相 続 人 等 の 準 確 定 申 告 及 び 納 税 をする 必 要 があります( 所 法 60の ) (Q38) 相 続 開 始 の 日 から5 年 以 内 に 相 続 対 象 資 産 を 取 得 した 非 居 住 者 が 帰 国 し ますが 課 税 関 係 はどうなりますか 相 続 対 象 資 産 を 取 得 した 非 居 住 者 である 相 続 人 等 が 相 続 開 始 の 日 から5 年 以 内 に 帰 国 をした 場 合 その 帰 国 の 時 まで 引 き 続 き 所 有 等 している 相 続 対 象 資 産 につい ては 適 用 被 相 続 人 等 の 相 続 人 は 適 用 被 相 続 人 等 の 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 適 用 がなかったものとして 課 税 の 取 消 しをすることができます( 所 法 60の36 一 ) 相 続 対 象 資 産 を 取 得 した 非 居 住 者 である 相 続 人 等 が 複 数 いる 場 合 には その 非 居 住 者 である 相 続 人 等 の 全 員 が 帰 国 をしたときに 課 税 の 取 消 しをすることができま す ただし 対 象 資 産 の 所 得 の 計 算 につき その 計 算 の 基 礎 となるべき 事 実 の 全 部 又 は 一 部 について 隠 蔽 又 は 仮 装 があった 場 合 には その 隠 蔽 又 は 仮 装 があった 事 実 に 基 づく 所 得 については 課 税 の 取 消 しをすることはできません( 所 法 60の36) 課 税 の 取 消 しをするためには 適 用 被 相 続 人 等 の 相 続 人 は 相 続 対 象 資 産 を 取 得 した 非 居 住 者 である 相 続 人 等 の 全 員 が 帰 国 をした 日 から4か 月 以 内 に 更 正 の 請 求 をする 必 要 があります( 所 法 153の31) なお 1 相 続 開 始 の 日 から5 年 以 内 に 相 続 対 象 資 産 を 取 得 した 非 居 住 者 である 相 続 人 等 がその 相 続 対 象 資 産 を 居 住 者 に 贈 与 した 場 合 や 2 相 続 対 象 資 産 を 取 得 した 非 居 住 者 である 相 続 人 等 が 亡 くなり 適 用 被 相 続 人 等 の 相 続 開 始 の 日 から5 年 以 内 に その 亡 くなった 非 居 住 者 である 相 続 人 等 から 相 続 対 象 資 産 を 取 得 した 相 続 人 又 は 受 遺 者 の 全 てが 居 住 者 となった 場 合 にも 適 用 被 相 続 人 等 の 相 続 人 は その 贈 与 相 続 又 は 遺 贈 により 取 得 した 相 続 対 象 資 産 について 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 適 用 25

32 がなかったものとして 課 税 の 取 消 しをすることができます( 所 法 60の36 二 三 ) ( 注 1) 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 け 納 税 猶 予 の 期 限 を 延 長 する 旨 の 届 出 書 を 提 出 している 場 合 には 相 続 開 始 の 日 から10 年 以 内 に 非 居 住 者 である 相 続 人 等 が 上 記 の 帰 国 などをしたときに 課 税 の 取 消 しをすることができます( 所 法 60 の37) ( 注 2) 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けずに 所 得 税 を 納 付 した 方 が 5 年 以 内 に 非 居 住 者 である 相 続 人 等 の 全 員 が 帰 国 をした 場 合 に 更 正 の 請 求 を 行 い 所 得 税 が 還 付 されるときには 当 該 更 正 の 請 求 があった 日 の 翌 日 から 起 算 して3か 月 を 経 過 する 日 と 当 該 更 正 の 請 求 に 係 る 更 正 があった 日 の 翌 日 から 起 算 して1か 月 を 経 過 する 日 とのいずれか 早 い 日 の 翌 日 から 当 該 還 付 の 支 払 決 定 日 又 は 充 当 日 までの 期 間 について 還 付 加 算 金 が 発 生 します したがって 納 付 した 日 から 還 付 加 算 金 が 発 生 するわけではありません (Q39) 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 申 告 をする 場 合 で 納 税 するための 資 金 がない ときは どうすればいいですか 相 続 対 象 資 産 を 取 得 した 非 居 住 者 である 相 続 人 等 が 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 申 告 期 限 までに 納 税 管 理 人 の 届 出 をするなど 一 定 の 手 続 を 行 った 場 合 には 適 用 被 相 続 人 等 の 相 続 人 は 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 適 用 により 納 付 することとなった 所 得 税 について 相 続 開 始 の 日 から5 年 を 経 過 する 日 まで 納 税 を 猶 予 することができま す( 所 法 137の32) 手 続 については Q40をご 覧 ください また 相 続 開 始 の 日 から5 年 を 経 過 する 日 までに 納 税 猶 予 の 期 限 を 延 長 する 旨 の 届 出 書 を 所 轄 税 務 署 へ 提 出 することにより 納 税 猶 予 期 限 を5 年 延 長 ( 合 計 10 年 )す ることができます( 所 法 137の33) 26

33 (Q40) 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けるためには ど のような 手 続 が 必 要 ですか 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けるためには まず 相 続 対 象 資 産 を 取 得 した 非 居 住 者 である 相 続 人 等 の 全 員 が 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 申 告 期 限 ( 相 続 開 始 があったことを 知 った 日 の 翌 日 から4か 月 を 経 過 した 日 の 前 日 )までに 納 税 管 理 人 の 届 出 をする 必 要 があ ります また 適 用 被 相 続 人 等 の 相 続 人 は 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 申 告 をする 準 確 定 申 告 書 に 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けようとする 旨 を 記 載 するとともに 対 象 資 産 に 関 する 明 細 及 び 納 税 猶 予 分 の 所 得 税 額 の 計 算 に 関 する 明 細 などの 書 類 を 添 付 し そ の 準 確 定 申 告 書 の 提 出 期 限 までに 納 税 を 猶 予 される 所 得 税 額 及 び 利 子 税 額 に 相 当 する 担 保 を 提 供 する 必 要 があります( 所 法 137の32 4) さらに 適 用 被 相 続 人 等 の 相 続 人 は 適 用 被 相 続 人 等 の 準 確 定 申 告 書 の 提 出 後 に ついても 納 税 猶 予 期 間 中 は 各 年 の12 月 31 日 において 相 続 対 象 資 産 を 取 得 した 非 居 住 者 である 相 続 人 等 が 所 有 等 している 相 続 対 象 資 産 について 引 き 続 き 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けたい 旨 を 記 載 した 届 出 書 ( 継 続 適 用 届 出 書 )を 同 日 の 属 する 年 の 翌 年 3 月 15 日 ( 土 日 曜 日 の 場 合 は 翌 月 曜 日 )までに 所 轄 税 務 署 へ 提 出 する 必 要 があ ります( 所 法 137の37) (Q41) 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けるに 当 たって 担 保 を 提 供 する 必 要 があると 聞 きましたが どのような 財 産 を 担 保 として 提 供 できますか 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 申 告 をする 方 ( 適 用 被 相 続 人 等 の 相 続 人 )が 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けるための 担 保 として 提 供 できる 財 産 は 次 のとおりです 不 動 産 国 債 地 方 債 税 務 署 長 が 確 実 と 認 める 有 価 証 券 27

34 税 務 署 長 が 確 実 と 認 める 保 証 人 の 保 証 など ( 国 税 通 則 法 第 50 条 に 掲 げる 財 産 ) (Q42) 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けましたが 納 税 猶 予 期 間 中 に 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 対 象 となった 有 価 証 券 等 の 一 部 を 譲 渡 しました 納 税 の 必 要 はありますか 相 続 対 象 資 産 を 取 得 した 非 居 住 者 である 相 続 人 等 が 納 税 猶 予 期 間 中 に 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 対 象 となった 有 価 証 券 等 を 譲 渡 した 場 合 納 税 猶 予 分 の 所 得 税 額 の うちその 譲 渡 をした 部 分 の 金 額 に 応 じた 所 得 税 について 納 税 猶 予 の 期 限 が 確 定 す るため 適 用 被 相 続 人 等 の 相 続 人 は 譲 渡 の 日 から4か 月 以 内 に 利 子 税 と 併 せて 納 付 する 必 要 があります( 所 法 137の36 14) 上 記 の 場 合 に 限 らず 非 居 住 者 である 相 続 人 等 が 相 続 対 象 資 産 について 譲 渡 決 済 又 は 贈 与 をした 場 合 には 納 税 猶 予 の 期 限 が 確 定 し 適 用 被 相 続 人 等 の 相 続 人 は その 譲 渡 決 済 又 は 贈 与 があった 日 から4か 月 以 内 に 利 子 税 と 併 せて 所 得 税 を 納 付 する 必 要 があります また 適 用 被 相 続 人 等 の 相 続 人 は その 譲 渡 決 済 又 は 贈 与 があった 日 から4か 月 以 内 にその 譲 渡 決 済 又 は 贈 与 をした 相 続 対 象 資 産 の 種 類 名 称 又 は 銘 柄 及 び 単 位 数 並 びに 納 税 猶 予 の 期 限 が 確 定 することとなる 所 得 税 の 計 算 に 関 する 明 細 など を 記 載 した 書 類 を 所 轄 税 務 署 へ 提 出 しなければなりません( 所 令 266の310) なお 相 続 対 象 資 産 の 譲 渡 価 額 が 相 続 開 始 の 時 の 価 額 よりも 下 落 している 場 合 の 取 扱 いについては Q43をご 覧 ください ( 注 ) 納 税 猶 予 期 間 中 に 相 続 対 象 資 産 の 一 部 を 譲 渡 決 済 又 は 贈 与 した 場 合 など 納 税 猶 予 の 期 限 が 確 定 した 場 合 には 法 定 申 告 期 限 の 翌 日 から 納 税 猶 予 期 限 ま での 期 間 について 利 子 税 がかかります なお 利 子 税 の 割 合 は 年 7.3%と 特 例 基 準 割 合 ( ) のいずれか 低 い 割 合 を 適 用 します( 措 法 931) 特 例 基 準 割 合 とは 各 年 の 前 々 年 の10 月 から 前 年 の9 月 までの 各 月 におけ る 銀 行 の 短 期 貸 出 約 定 平 均 金 利 の 合 計 を12で 除 して 得 た 割 合 として 各 年 の 28

35 前 年 の12 月 15 日 までに 財 務 大 臣 が 告 示 する 割 合 に 年 1%を 加 算 した 割 合 を いいます なお 平 成 27 年 における 利 子 税 の 割 合 は 年 1.8%です (Q43)Q42での 有 価 証 券 等 の 譲 渡 価 額 が 相 続 開 始 の 時 の 価 額 よりも 下 落 して いる 場 合 には 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 により 課 税 された 所 得 税 は 減 額 で きますか 相 続 対 象 資 産 を 取 得 した 非 居 住 者 である 相 続 人 等 が 納 税 猶 予 期 間 中 に 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 対 象 となった 有 価 証 券 等 を 譲 渡 した 場 合 で その 譲 渡 価 額 が 相 続 開 始 の 時 の 有 価 証 券 等 の 価 額 よりも 下 落 しているときは 適 用 被 相 続 人 等 の 相 続 人 は その 下 落 した 価 額 で 相 続 開 始 の 時 に 譲 渡 したものとみなして 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 申 告 をした 年 分 の 所 得 税 を 再 計 算 することができます( 所 法 60の38 一 ) この 場 合 には 適 用 被 相 続 人 等 の 相 続 人 は その 譲 渡 の 日 から4か 月 以 内 に 更 正 の 請 求 をすることで 所 得 税 を 減 額 することができます( 所 法 153の32) なお 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 申 告 期 限 までに 相 続 対 象 資 産 を 取 得 した 非 居 住 者 である 相 続 人 等 が 相 続 対 象 資 産 を 譲 渡 した 場 合 には 適 用 被 相 続 人 等 の 相 続 人 は その 譲 渡 した 相 続 対 象 資 産 について 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けることはできま せんが( 所 法 137の32) その 譲 渡 価 額 が 相 続 開 始 の 時 の 価 額 よりも 下 落 している 場 合 には 適 用 被 相 続 人 等 の 相 続 人 は 非 居 住 者 である 相 続 人 等 の 譲 渡 価 額 で 相 続 開 始 の 時 に 譲 渡 したものとみなして 申 告 をすることができます( 所 法 60の310 二 ) (Q44)Q42で 有 価 証 券 等 ではなく 未 決 済 信 用 取 引 等 又 は 未 決 済 デリバティブ 取 引 の 決 済 をした 場 合 に 利 益 の 額 が 相 続 開 始 の 時 の 利 益 の 額 を 下 回 ると きは 課 税 された 所 得 税 は 減 額 できますか 相 続 対 象 資 産 を 取 得 した 非 居 住 者 である 相 続 人 等 が 納 税 猶 予 期 間 中 に 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 対 象 となった 未 決 済 信 用 取 引 等 又 は 未 決 済 デリバティブ 取 引 の 決 29

36 済 をした 場 合 で その 決 済 時 の 利 益 の 額 が 相 続 開 始 の 時 の 利 益 の 額 を 下 回 るときは その 決 済 時 の 額 で 相 続 開 始 の 時 に 決 済 したものとみなして 適 用 被 相 続 人 等 の 相 続 人 は 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 申 告 をした 年 分 の 所 得 税 を 再 計 算 することができま す( 所 法 60の38 二 五 ) また 上 記 の 場 合 に 限 らず 次 の 場 合 においても 決 済 時 の 額 で 相 続 開 始 の 時 に 決 済 をしたものとみなして 所 得 税 を 再 計 算 することができます ⑴ 相 続 開 始 の 時 に 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 適 用 により 損 失 が 生 じ 実 際 の 決 済 時 の 損 失 の 額 が 相 続 開 始 の 時 の 損 失 の 額 を 上 回 る 場 合 ( 所 法 60の38 三 六 ) ⑵ 相 続 開 始 の 時 に 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 適 用 により 利 益 が 生 じ 実 際 の 決 済 時 に 損 失 が 生 じた 場 合 ( 所 法 60の38 四 七 ) これらの 場 合 には 適 用 被 相 続 人 等 の 相 続 人 は その 決 済 の 日 から4か 月 以 内 に 更 正 の 請 求 をすることで 所 得 税 を 減 額 することができます( 所 法 153の32) なお 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 申 告 期 限 までに 相 続 対 象 資 産 を 取 得 した 非 居 住 者 である 相 続 人 等 が 相 続 対 象 資 産 の 決 済 をした 場 合 には 適 用 被 相 続 人 等 の 相 続 人 は その 決 済 をした 相 続 対 象 資 産 について 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けることはでき ませんが( 所 法 137の31) その 決 済 時 の 利 益 の 額 が 相 続 開 始 の 時 の 利 益 の 額 を 下 回 る 場 合 には 決 済 時 の 額 で 相 続 開 始 の 時 に 決 済 したものとして 申 告 をすることがで きます( 上 記 ⑴ 及 び⑵に 掲 げる 場 合 も 同 様 に 決 済 時 の 額 で 申 告 をすることができます )( 所 法 60 の310 二 ) (Q45) 納 税 猶 予 期 間 が 満 了 した 場 合 何 か 手 続 は 必 要 ですか 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けた 方 ( 適 用 被 相 続 人 等 の 相 続 人 )は 納 税 猶 予 期 間 の 満 了 日 ( 相 続 開 始 の 日 から5 年 又 は10 年 を 経 過 する 日 )までに 納 税 を 猶 予 された 所 得 税 及 び 利 子 税 を 納 付 する 必 要 があります( 所 法 137の32) なお 納 税 猶 予 期 間 の 満 了 日 において 相 続 対 象 資 産 を 取 得 した 非 居 住 者 である 相 続 人 等 が 相 続 開 始 の 日 から 引 き 続 き 所 有 等 している 相 続 対 象 資 産 の 価 額 が 相 続 開 始 の 時 の 価 額 よりも 下 落 している 場 合 には 相 続 開 始 の 時 に 納 税 猶 予 期 間 の 満 了 日 の 価 額 で 譲 渡 等 したものとみなして 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 の 申 告 をした 年 分 の 30

37 所 得 税 を 再 計 算 することができます( 所 法 60の311) この 場 合 には 適 用 被 相 続 人 等 の 相 続 人 は 納 税 猶 予 期 間 の 満 了 日 から4か 月 以 内 に 更 正 の 請 求 をすることで 所 得 税 を 減 額 することができます( 所 法 153の33) (Q46) 国 外 転 出 ( 相 続 ) 時 課 税 により 納 税 猶 予 の 特 例 の 適 用 を 受 けていた 方 が 納 税 猶 予 期 間 中 に 亡 くなりましたが 納 税 を 猶 予 されていた 所 得 税 はどの ようになりますか Q31を 参 照 してください 31

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出 所 得 税 法 等 ( 国 外 転 出 時 の 特 例 の 創 設 )の 改 正 目 次 一 制 度 創 設 の 趣 旨 81 二 制 度 の 内 容 82 一 制 度 創 設 の 趣 旨 株 式 等 のキャピタルゲインについては 株 式 等 の 売 却 等 により 実 現 した 時 点 で 株 式 を 売 却 した 納 税 者 が 居 住 している 国 において 課 税 されること が 原 則 となっています

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人

旧 納 税 地 及 び 旧 法 人 名 等 当 期 中 に 納 税 地 若 しくは 法 人 名 に 異 動 があった 場 合 又 は 合 併 法 人 が 被 合 併 法 人 の 最 後 事 業 年 度 の 申 告 をする 場 合 には 旧 納 税 地 又 は 旧 法 人 名 ( 被 合 併 法 人 2 各 表 の 記 載 の 仕 方 別 表 一 ( 一 ) 普 通 法 人 ( 特 定 の 医 療 法 人 を 除 く ) 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 の 分 の 申 告 書 1 この 表 の 用 途 この 表 は 普 通 法 人 一 般 社 団 法 人 等 ( 法 別 表 第 二 に 掲 げる 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 並 びに 公

More information

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256>

<5461726F31332D30318EE888F8967B95B68169826F825082A982E7826F8256> 法 人 県 民 税 事 業 税 申 告 書 の 記 載 の 手 引 等 埼 玉 県 県 税 事 務 所 目 次 法 人 県 民 税 均 等 割 の 税 率 について p 1 法 人 県 民 税 法 人 税 割 の 税 率 について p 2 法 人 事 業 税 の 税 率 について p 3 添 付 書 類 について p 6 利 子 割 額 の 控 除 還 付 制 度 について p 7 第 6 号 様

More information

月 に 締 結 )し それぞれについて 教 育 資 金 非 課 税 申 告 書 を 提 出 ( 教 育 資 金 管 理 契 約 の 締 結 日 にそれぞれ 提 出 )して 教 育 資 金 の 非 課 税 の 特 例 の 適 用 を 受 けることはできますか 15 [Q2-8] 平 成 25 年 4

月 に 締 結 )し それぞれについて 教 育 資 金 非 課 税 申 告 書 を 提 出 ( 教 育 資 金 管 理 契 約 の 締 結 日 にそれぞれ 提 出 )して 教 育 資 金 の 非 課 税 の 特 例 の 適 用 を 受 けることはできますか 15 [Q2-8] 平 成 25 年 4 別 添 直 系 尊 属 から 教 育 資 金 の 一 括 贈 与 を 受 けた 場 合 の 贈 与 税 の 非 課 税 に 関 するQ&A 資 金 FAQ 平 成 25 年 4 月 国 税 庁 目 次 1 制 度 全 体 に 関 するQ&A [Q1-1] 直 系 尊 属 から 教 育 資 金 の 一 括 贈 与 を 受 けた 場 合 の 贈 与 税 の 非 課 税 ( 以 下 教 育 資 金 の 非

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

確 定 申 告 書 を 提 出 することができるが 居 住 者 が 年 の 中 途 で 出 国 する 場 合 において その 年 分 の 所 得 税 につ いてその 申 告 書 を 提 出 することができる 場 合 に 該 当 するときは 税 務 署 長 に 対 し 確 定 申 告 書 を 提 出

確 定 申 告 書 を 提 出 することができるが 居 住 者 が 年 の 中 途 で 出 国 する 場 合 において その 年 分 の 所 得 税 につ いてその 申 告 書 を 提 出 することができる 場 合 に 該 当 するときは 税 務 署 長 に 対 し 確 定 申 告 書 を 提 出 036-8900-1090-19 税 16 第 6 6 回 税 理 士 試 験 所 得 税 法 はじめに 第 一 問 の 理 論 については いずれも 本 年 度 の 予 想 出 題 論 点 として 注 目 され 対 策 していた 論 点 からの 出 題 であったため ある 程 度 の 解 答 を 作 成 できた 受 験 生 が 多 かったと 思 われる 第 二 問 の 計 算 については

More information

( 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 内 容 ) 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 な 内 容 は 次 とおりです 1 納 義 務 者 法 人 は 基 準 法 人 額 につき 復 興 特 別 法 人 を 納 める 義 務 があります( 復 興 財 源 確 保 法 42) なお 人 格 な

( 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 内 容 ) 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 な 内 容 は 次 とおりです 1 納 義 務 者 法 人 は 基 準 法 人 額 につき 復 興 特 別 法 人 を 納 める 義 務 があります( 復 興 財 源 確 保 法 42) なお 人 格 な 復 興 特 別 法 人 あらまし 東 日 本 大 震 災 から 復 興 ため 施 策 を 実 施 する ために 必 要 な 財 源 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 関 係 平 成 24 3 月 国 庁 平 成 23 12 月 2 日 に 公 布 された 東 日 本 大 震 災 から 復 興 ため 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法

More information

平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 の 概 要 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ デフレ 脱 却 経 済 再 生 をより 確 実 なものにしていくため 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 高 齢 者 層 から 若 年 層 への 資 産 の 早 期

平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 の 概 要 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ デフレ 脱 却 経 済 再 生 をより 確 実 なものにしていくため 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 高 齢 者 層 から 若 年 層 への 資 産 の 早 期 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 27 年 1 月 14 日 閣 議 決 定 ) k 主 な 改 正 内 容 k l 相 続 税 節 税 にも 有 効! 若 年 層 への 資 産 移 転 スムーズに 結 婚 子 育 て 資 金 一 括 贈 与 の 非 課 税 措 置 の 創 設 など l 法 人 税 率 引 下 げ! 各 租 税 特 別 措 置 も 拡 充 所 得 拡 大 促

More information

務 署 処 理 欄 原 則 として 記 載 する 必 要 はありません ただし 売 上 金 欄 については 損 益 書 売 上 ( 収 入 ) 金 合 ( 雑 収 入 営 業 外 収 益 及 び 特 別 損 益 を 除 きます )を 100 万 円 単 位 (100 万 円 未 満 端 数 は 切

務 署 処 理 欄 原 則 として 記 載 する 必 要 はありません ただし 売 上 金 欄 については 損 益 書 売 上 ( 収 入 ) 金 合 ( 雑 収 入 営 業 外 収 益 及 び 特 別 損 益 を 除 きます )を 100 万 円 単 位 (100 万 円 未 満 端 数 は 切 別 表 一 ( 一 ) 及 び 別 表 一 ( 一 ) 次 葉 普 通 ( 特 定 医 療 を 除 く ) 一 般 社 団 等 及 び 格 ない 社 団 等 分 申 告 書 ( 平 成 26 年 10 月 1 日 以 後 開 始 事 業 年 度 等 用 ) 1 こ 表 用 途 こ 表 は 普 通 ( 措 置 第 67 条 2 第 1 項 ( 特 定 医 療 率 特 例 )) 規 定 により 承 認

More information

00_改正税法の概要_白表紙

00_改正税法の概要_白表紙 所 得 税 法 等 ( 扶 養 控 除 関 係 )の 改 正 1 年 少 扶 養 親 族 に 対 する 扶 養 控 除 の 廃 止 ⑴ 年 少 扶 養 親 族 ( 扶 養 親 族 のうち 年 齢 16 歳 未 満 の 者 をいいます )に 対 す る 扶 養 控 除 が 廃 止 されました ( 平 成 23 年 分 以 降 適 用 ) ⑵ 上 記 ⑴の 改 正 にあわせて 扶 養 控 除 の 対 象

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って 第 6 号 様 式 ( 確 定 中 間 修 正 申 告 書 ) 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 し た 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用

More information

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください ~ 平 成 25 年 度 税 制 改 正 ~ 新 しい 事 業 承 継 税 制 の 概 要 平 成 25 年 6 月 1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご

More information

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める

10 期 末 現 在 の 資 本 金 等 の 額 次 に 掲 げる 法 人 の 区 分 ごとに それぞれに 定 める 金 額 を 記 載 します 連 結 申 告 法 人 以 外 の 法 人 ( に 掲 げる 法 人 を 除 きます ) 法 第 292 条 第 1 項 第 4 号 の5イに 定 める 第 20 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します この 申 告 書 は 事 務 所 又 は

More information

Ⅱ 義 援 金 を 募 集 する 募 金 団 体 の 確 認 手 続 [Q7] 当 団 体 は 関 係 する 個 人 法 人 から 義 援 金 を 預 かり これを 取 りまとめた 上 で 一 括 して 地 方 公 共 団 体 に 対 して 支 払 います 預 かった 義 援 金 が 国 等 に 対

Ⅱ 義 援 金 を 募 集 する 募 金 団 体 の 確 認 手 続 [Q7] 当 団 体 は 関 係 する 個 人 法 人 から 義 援 金 を 預 かり これを 取 りまとめた 上 で 一 括 して 地 方 公 共 団 体 に 対 して 支 払 います 預 かった 義 援 金 が 国 等 に 対 義 援 金 に 関 する 税 務 上 の 取 扱 いFAQ 平 成 28 年 4 月 国 税 庁 平 成 28 年 4 月 の 熊 本 地 震 により 被 害 を 受 けられた 方 を 支 援 するために 熊 本 県 下 や 大 分 県 下 の 災 害 対 策 本 部 等 に 義 援 金 や 寄 附 金 ( 以 下 義 援 金 といいます )を 支 払 った 場 合 の 税 務 上 の 取 扱 いや

More information

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併

[Q1] 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 はいつから 行 う 必 要 があるのですか 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 について 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併 復 興 特 別 所 得 税 ( 源 泉 徴 収 関 係 )Q&A 平 成 24 年 4 月 国 税 庁 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 のための 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 の 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 23 年 法 律 第 117 号 )( 以 下 復 興 財 源 確 保 法 といいます )が 公 布 され 平 成 25 年 1 月 1

More information

Q1 不 動 産 取 得 税 とは どのような 税 金 ですか? 不 動 産 取 得 税 とは 不 動 産 ( 土 地 や 家 屋 )を 売 買 贈 与 新 築 増 築 改 築 などによって 取 得 したときに かかる 税 金 です この 場 合 有 償 無 償 の 別 登 記 の 有 無 取 得

Q1 不 動 産 取 得 税 とは どのような 税 金 ですか? 不 動 産 取 得 税 とは 不 動 産 ( 土 地 や 家 屋 )を 売 買 贈 与 新 築 増 築 改 築 などによって 取 得 したときに かかる 税 金 です この 場 合 有 償 無 償 の 別 登 記 の 有 無 取 得 平 成 27 年 7 月 1 日 現 在 不 動 産 取 得 税 Q&A 不 動 産 取 得 税 について Q 1 不 動 産 取 得 税 とは どのような 税 金 ですか? Q 2 税 額 の 計 算 方 法 は どのようになっていますか? Q 3 土 地 や 家 屋 を 取 得 すると 不 動 産 取 得 税 は 必 ず 課 税 されますか? Q 4 不 動 産 取 得 税 が 非 課 税 になる

More information

④(参考)税額控除手引(厚労省)

④(参考)税額控除手引(厚労省) 税 額 控 除 に 係 る 証 明 事 務 ~ 申 請 の 手 引 き~ 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 福 祉 基 盤 課 2015 年 4 月 1 日 Ⅰ 総 論 1. 税 額 控 除 制 度 について (1) 概 要 現 下 の 厳 しい 経 済 状 況 及 び 雇 用 情 勢 に 対 応 して 税 制 の 整 備 を 図 るための 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A 目 次 Q1 震 災 で 家 財 道 具 を 失 ってしまいました この 損 害 を 税 金 で 控 除 する 制 度 があると 聞 きました 雑 損 控 除 について 教 えてください Q2 私 は サラリーマン(または 年 金 受 給 者 )なのですが 震 災 による 被 害 を 受 けた 場 合 支 給 される 給 与 (または 年 金 )について 源 泉 徴 収 の 猶 予 や 源 泉 所

More information

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場 平 成 27 年 分 住 宅 の 取 得 に 係 る 税 額 控 除 のあらまし 居 住 者 が 住 宅 の 新 築 取 得 又 は 増 改 築 をした 場 合 で 一 定 の 要 件 を 満 たすときは 次 のAからEの 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けることによって 居 住 の 用 に 供 した 年 分 以 後 の 各 年 分 の 所 得 税 額 から 一 定 の 金 額 を 控 除 する

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

⑵ また 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 については 連 結 納 税 制 度 は 適 用 されませんので 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 確 定 申 告 書 の 用 紙 は 連 結 親 法 人 又 は 連 結 子 法 人 のいずれであるかにかかわりなく 課 税 事 業 者 に 該

⑵ また 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 については 連 結 納 税 制 度 は 適 用 されませんので 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 確 定 申 告 書 の 用 紙 は 連 結 親 法 人 又 は 連 結 子 法 人 のいずれであるかにかかわりなく 課 税 事 業 者 に 該 Ⅰ 連 結 確 定 申 告 書 の 提 出 について 1 連 結 確 定 申 告 書 の 提 出 先 及 び 提 出 期 限 連 結 親 法 人 は 各 連 結 事 業 年 度 終 了 の 日 の 翌 日 から 2 月 以 内 に 納 税 地 の 所 轄 税 務 署 長 に 対 し 連 結 確 定 申 告 書 を 提 出 しなければならないこととされています( 法 81の22) なお 連 結 親 法

More information

租 税 特 別 措 置 法 等 ( 相 続 税 贈 与 税 関 係 )の 改 正 はじめに 平 成 25 年 度 税 制 改 正 では 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 成 長 と 富 の 創 出 の 好 循 環 を 実 現 する 等 の 観 点 から 生 産 等 設 備 投 資 促 進

租 税 特 別 措 置 法 等 ( 相 続 税 贈 与 税 関 係 )の 改 正 はじめに 平 成 25 年 度 税 制 改 正 では 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 成 長 と 富 の 創 出 の 好 循 環 を 実 現 する 等 の 観 点 から 生 産 等 設 備 投 資 促 進 租 税 特 別 措 置 法 等 ( 相 続 税 贈 与 税 関 係 )の 改 正 目 一 相 続 税 贈 与 税 の 見 直 し 583 Ⅰ 小 規 模 宅 地 等 についての 相 続 税 の 課 税 価 格 の 計 算 の 特 例 の 改 正 583 Ⅱ 直 系 尊 属 から 贈 与 を 受 けた 場 合 の 贈 与 税 の 税 率 の 特 例 及 び 相 続 時 精 算 課 税 の 特 例 の

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

002363-016第6号様式記載の手引.indd

002363-016第6号様式記載の手引.indd 第 6 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1)この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 び これらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します なお 事 業 税 及 び 地 方 法

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

<4D F736F F D D918DDB90C596B18EC096B1837D836A B B95B681698F4090C A98E5290C5816A2E646F63>

<4D F736F F D D918DDB90C596B18EC096B1837D836A B B95B681698F4090C A98E5290C5816A2E646F63> 3 日 本 の 居 住 者 が 国 際 投 資 を 行 う 場 合 の 税 務 に 関 する 基 礎 知 識 (1) 居 住 者 と 非 居 住 者 の 区 分 の 重 要 性 個 人 が 国 際 取 引 を 行 った 場 合 海 外 と 国 内 の 課 税 を 考 える 上 で その 個 人 がわが 国 の 居 住 者 に 該 当 するのか あるいは 非 居 住 者 に 該 当 するのか 又 は

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408140918D8D878C768E5A96E291E88F57814596E291E88250>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408140918D8D878C768E5A96E291E88F57814596E291E88250> 税 理 士 試 験 相 続 税 法 の 計 算 は 相 続 税 全 般 に 関 する 理 解 度 を 測 定 するため 個 別 の 財 産 評 価 課 税 価 格 の 算 定 相 続 税 の 総 額 及 び 各 相 続 人 等 の 納 付 すべき 税 額 までの 算 出 を 求 め る 総 合 問 題 となっています 限 られた 制 限 時 間 の 中 で 合 格 点 をとるためには 総 合 問 題

More information

Microsoft Word - 0114_資産税ニュース(大綱)_履歴削除_FINAL.docx

Microsoft Word - 0114_資産税ニュース(大綱)_履歴削除_FINAL.docx 2015 年 度 税 制 改 正 大 綱 資 産 税 関 連 の 主 な 改 正 点 Issue 15, January 2015 In brief 自 由 民 主 党 公 明 党 両 党 は 2014 年 12 月 30 日 に 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 以 下 2015 年 度 税 制 改 正 大 綱 )を 決 定 しました 企 業 オーナー 及 び 富 裕 層 に 関

More information

Microsoft Word - 20150915_資産税ニュース(財産債務調書)_FINAL(clean).docx

Microsoft Word - 20150915_資産税ニュース(財産債務調書)_FINAL(clean).docx 財 産 債 務 調 書 制 度 の 創 設 Issue 16, September 2015 In brief 2015 年 度 税 制 改 正 により 制 定 された 財 産 債 務 調 書 制 度 について 2015 年 6 月 に 国 税 庁 よりFAQ(Frequently Asked Questions)が 公 表 され 財 産 債 務 調 書 制 度 の 適 用 に 関 する 具 体 的

More information

( 資 料 1 ) 地 方 財 政 計 画 歳 入 歳 出 一 覧 ( 通 常 収 支 分 ) ⑴ 歳 入 歳 出 総 括 表 ( 単 位 : 億 円 %) 区 分 平 成 27 年 度 A 平 成 26 年 度 B 増 減 額 A-B C 増 減 率 C/B ( 歳 入 ) 地 方 税 374,9

( 資 料 1 ) 地 方 財 政 計 画 歳 入 歳 出 一 覧 ( 通 常 収 支 分 ) ⑴ 歳 入 歳 出 総 括 表 ( 単 位 : 億 円 %) 区 分 平 成 27 年 度 A 平 成 26 年 度 B 増 減 額 A-B C 増 減 率 C/B ( 歳 入 ) 地 方 税 374,9 地 方 税 法 等 の 改 正 目 一 平 成 27 年 度 地 方 財 政 計 画 924 二 平 成 27 年 度 の 地 方 税 収 見 込 み 928 三 個 人 住 民 税 932 四 地 方 法 人 課 税 ( 法 人 住 民 税 法 人 事 業 税 ) 945 五 地 方 消 費 税 949 六 自 動 車 取 得 税 952 七 軽 自 動 車 税 961 次 八 軽 油 引 取 税

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F905690A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6292E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F905690A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6292E646F6378> 2016 3 目 次 1 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 特 例 付 加 年 金 等 も 申 請 される 方 2 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 へ 2-1 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 3 2-2 農 業 者 老 齢 年 金 の 金 額 4 2-3 年 金 の 受 取 り 税 金 5 2-4 現 況 届 の 提 出 7 2-5 受 給

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考 平 成 25 年 度 知 的 財 産 権 制 度 説 明 会 ( 実 務 者 向 け)テキスト 産 業 財 産 権 登 録 の 実 務 平 成 25 年 度 この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63> 3 月 決 算 法 人 の 決 算 申 告 のポイント 平 成 23 年 4 月 7 日 九 州 北 部 税 理 士 会 福 岡 支 部 夜 間 研 修 税 理 士 有 田 義 博 目 次 平 成 22 年 度 税 制 改 正 から... 1 いわゆる 自 販 機 節 税 封 じ( 消 費 税 )... 1 1. 平 成 22 年 度 改 正 の 内 容... 1 2. 適 用 時 期 ( 改 正

More information

平成20年

平成20年 第 5 章 税 法 その 他 の 分 野 1. 不 動 産 取 得 税 (H24-24) 不 動 産 取 得 税 に 関 する 次 の 記 述 のうち 正 しいものはどれか (1) 不 動 産 取 得 税 の 課 税 標 準 となるべき 額 が 土 地 の 取 得 にあっては 10 万 円 家 屋 の 取 得 のうち 建 築 に 係 るものにあっては1 戸 につき 23 万 円 その 他 のものにあっては

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休 - 140 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 12 月 24 日 法 律 第 110 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 新 潟 県 条 例 第 4 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 4 年 3 月 30 日 人 委 規 則 第 14-1 号 ) 育 児 休

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

<8F8A93BE96CD94CD89F0939A>

<8F8A93BE96CD94CD89F0939A> 第 66 回 税 理 士 試 験 解 答 速 報 所 得 税 法 合 ついて 本 があります また 解 答 保 の は 証 著 平 するものではありません 作 成 権 28 は 年 学 本 8 校 解 月 法 答 12 人 は 日 大 学 原 校 15 学 法 時 園 人 30 に 大 分 帰 原 に 属 学 学 します 園 校 が 法 独 人 自 無 大 の 断 原 見 転 学 解 用 園 で 転

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 (

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 ( 認 定 ( 仮 認 定 )NPO 法 人 制 度 申 請 の 手 引 き ( 改 訂 版 ) 平 成 28 年 5 月 神 奈 川 県 NPO 協 働 推 進 課 目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット...

More information

1 法律の目的と法人格取得の効果

1 法律の目的と法人格取得の効果 第 1 章 認 定 NPO 法 人 制 度 について ( 問 1) 認 定 NPO 法 人 制 度 とは どのような 制 度 でしょうか ( 答 ) NPO 法 人 のうち 一 定 の 基 準 等 に 適 合 するものとして 所 轄 庁 の 認 定 又 は 仮 認 定 を 受 けた 法 人 ( 以 下 認 定 NPO 法 人 等 といいます )に 対 して 支 出 した 寄 附 について 次 のような

More information

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 ( 災 害 損 失 など) に 関 す る 法 人 税 の 取 扱 い に 係 る 質 疑 応 答 事 例 平 成 28 年 6 月 国 税 庁 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 については 平 成 28 年 6 月 16 日 付 課 法 2-5ほか2 課 共 同 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 諸 費 用 の

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

義援金に関する税務上の取扱いFAQ

義援金に関する税務上の取扱いFAQ 義 援 金 に 関 する 税 務 上 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 3 月 国 税 庁 この 度 の 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 の 発 生 により 被 災 された 方 を 支 援 するために 県 の 災 害 対 策 本 部 等 に 義 援 金 や 寄 附 金 ( 以 下 義 援 金 といいます )を 支 払 った 場 合 の 税 務 上 の 取 扱 い や 募 金 団 体 に

More information

1. 制 度 全 般 Q1 A1 エンジェル 税 制 は 個 人 法 人 ともに 対 象 となりますか 個 人 投 資 家 のみ 対 象 です Q2 A2 エンジェル 税 制 は 上 場 企 業 へ 投 資 した 場 合 も 対 象 となりますか 未 上 場 ベンチャー 企 業 へ 投 資 した 場

1. 制 度 全 般 Q1 A1 エンジェル 税 制 は 個 人 法 人 ともに 対 象 となりますか 個 人 投 資 家 のみ 対 象 です Q2 A2 エンジェル 税 制 は 上 場 企 業 へ 投 資 した 場 合 も 対 象 となりますか 未 上 場 ベンチャー 企 業 へ 投 資 した 場 2010 年 4 月 改 訂 エンジェル 税 制 ~ Q&A 集 ~ 本 Q&A 集 は エンジェル 税 制 についての 質 問 を 中 心 に 判 断 に 迷 う 内 容 をまとめたもの です エンジェル 税 制 に 関 わる 方 々が 当 該 税 制 を 理 解 する 一 助 となれば 幸 いです 今 後 も 内 容 の 充 実 を 図 って 参 ります 目 次 1. 制 度 全 般 2ページ

More information

<88F38DFC8169979D985F837D8358835E815B8CA9967B81694135816A2020816A>

<88F38DFC8169979D985F837D8358835E815B8CA9967B81694135816A2020816A> 1-1 相 続 税 又 は 贈 与 税 の 納 税 義 務 者 及 び 課 税 財 産 の 範 囲 1 3の 下 線 部 分 を 修 正 する 1. 相 続 税 の 納 税 義 務 者 次 の 者 は 相 続 税 を 納 める 義 務 がある 居 住 無 制 限 納 税 義 務 者 ( 法 1の3 一 ) 相 続 又 は 遺 贈 により 財 産 を 取 得 した 個 人 でその 財 産 を 取 得

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度 取 引 先 の 突 然 の 倒 産 もしものときの 資 金 調 達 しっかりサポートします 経 営 セーフティ 共 済 ( 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 ) 制 度 のしおり 平 成 23 年 10 月 経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため

More information

1 老 齢 給 付 金 を 請 求 するとき 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 満 60 歳 に 到 達 し 老 齢 給 付 金 を 請 求 される 方 は 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 を 電 機 年 金 基 金 に 提 出 して ください ただし 全 額 一 時 金 での 受 給 を 選

1 老 齢 給 付 金 を 請 求 するとき 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 満 60 歳 に 到 達 し 老 齢 給 付 金 を 請 求 される 方 は 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 を 電 機 年 金 基 金 に 提 出 して ください ただし 全 額 一 時 金 での 受 給 を 選 年 金 一 時 金 請 求 に 関 する 手 続 き 電 機 年 金 基 金 では 受 給 権 者 からの 請 求 に 基 づいて 裁 定 を 行 い 年 金 一 時 金 をお 支 払 いします 電 機 年 金 基 金 が 支 払 う 年 金 または 一 時 金 は 受 給 権 者 からの 請 求 に 基 づいて 電 機 年 金 基 金 が 裁 定 し 受 給 権 者 が 指 定 した 金 融 機

More information

NY-11-0129 Word Proposal Template New

NY-11-0129 Word Proposal Template New 2015 年 度 税 制 改 正 Issue 110, April 2015 In brief 2015 年 3 月 31 日 2015 年 度 税 制 改 正 法 ( 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 及 び 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ) 及 び 関 連 する 政 省 令 が 公 布 され 法 人 税 については 一 部 の 規 定 を 除

More information

[Q20] 扶 養 控 除 等 申 告 書 が 提 出 された 際 に その 申 告 書 に 記 載 された 国 外 居 住 親 族 に 係 る 親 族 関 係 書 類 が 提 示 されず 事 後 に 提 示 された 場 合 いつから 扶 養 控 除 等 を 適 用 して 源 泉 徴 収 税 額 を

[Q20] 扶 養 控 除 等 申 告 書 が 提 出 された 際 に その 申 告 書 に 記 載 された 国 外 居 住 親 族 に 係 る 親 族 関 係 書 類 が 提 示 されず 事 後 に 提 示 された 場 合 いつから 扶 養 控 除 等 を 適 用 して 源 泉 徴 収 税 額 を 国 外 居 住 親 族 に 係 る 扶 養 控 除 等 Q&A( 源 泉 所 得 税 関 係 ) 平 成 27 年 9 月 国 税 庁 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 9 号 )により 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 支 払 うべき 給 与 等 及 び 公 的 年 金 等 から 国 外 居 住 親 族 に 係 る 扶 養 控

More information

教育資金管理約款

教育資金管理約款 教 育 資 金 管 理 約 款 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は お 客 様 ( 以 下 申 込 者 といいます )が 租 税 特 別 措 置 法 第 70 条 の2 の2 第 1 項 の 適 用 を 受 けるため 同 条 第 2 項 第 2 号 に 規 定 する 教 育 資 金 管 理 契 約 を 締 結 し 同 項 に 規 定 される 要 件 及 び 当 社 との 権 利

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 - 1-27.4.1 最 終 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 教 職 員 ( 以 下 教

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

目 次 詳 細 1 制 度 全 般 P8-P9 Q 1 どんな 税 制 メリットなのですか? Q 2 Q 3 Q 4 Q 5 Q 6 Q 7 エンジェル 税 制 の 根 拠 法 は 何 ですか? 法 律 の 略 称 を 教 えてください エンジェル 税 制 の 優 遇 措 置 は いつの 時 点 で

目 次 詳 細 1 制 度 全 般 P8-P9 Q 1 どんな 税 制 メリットなのですか? Q 2 Q 3 Q 4 Q 5 Q 6 Q 7 エンジェル 税 制 の 根 拠 法 は 何 ですか? 法 律 の 略 称 を 教 えてください エンジェル 税 制 の 優 遇 措 置 は いつの 時 点 で 2016 年 4 月 改 訂 エンジェル 税 制 ~Q&A 集 ~ 経 済 産 業 省 経 済 産 業 政 策 局 新 規 産 業 室 目 次 1 制 度 全 般 P8-P9 2 優 遇 措 置 の 対 象 P10-P11 3 対 象 企 業 特 定 新 規 中 小 企 業 者 の 要 件 P12-P17 4 個 人 投 資 家 要 件 P18-P19 5 認 定 投 資 事 業 有 限 責 任 組

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

わたしは 市 県 民 税 等 の 申 告 が 必 要? ~ かんたん! 申 告 チェックフローチャート ~ 市 県 民 税 等 の 申 告 が 必 要 となるか 参 考 にしてください ( 公 的 年 金 収 入 家 屋 敷 課 税 は 除 く) 確 定 申 告 を 提 出 された 方 は 市 県

わたしは 市 県 民 税 等 の 申 告 が 必 要? ~ かんたん! 申 告 チェックフローチャート ~ 市 県 民 税 等 の 申 告 が 必 要 となるか 参 考 にしてください ( 公 的 年 金 収 入 家 屋 敷 課 税 は 除 く) 確 定 申 告 を 提 出 された 方 は 市 県 平 成 27 年 2 月 16 日 ( 月 )から 平 成 27 年 3 月 16 日 ( 月 )まで 平 成 27 年 度 ( 平 成 26 年 分 )の 確 定 申 告 市 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 の 申 告 相 談 を 行 います 申 告 が 必 要 な 方 は 申 告 相 談 期 間 内 に 申 告 ください なお 申 告 が 必 要 かどうかは1~3ページにあります かんたん!

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25 贈 与 税 1. 贈 与 税 とは 贈 与 税 は 個 人 が 個 人 から 財 産 の 贈 与 ( 贈 与 者 の 死 亡 によって 効 力 が 生 ずる 死 因 贈 与 は 相 続 税 の 適 用 となり 除 かれます)を 受 けたときに 課 される 税 金 です 法 人 からの 贈 与 は 贈 与 税 ではなく 所 得 税 ( 一 時 所 得 等 )として 課 税 されます 2. 贈 与 税

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予 猶 予 申 請 の 手 引 き 猶 予 制 度 とは 税 金 を 滞 納 すると 納 付 するまで 延 滞 金 がかかります また 督 促 状 を 受 けて 10 日 を 経 過 してもなお 納 付 されない 場 合 は 財 産 を 調 査 し 差 押 えなどの 滞 納 処 分 を 受 ける ことがあります ただし 税 金 を 一 時 に 納 付 することが 困 難 な 理 由 があり 納 税 について

More information

む )の 規 定 は 同 令 第 二 百 六 十 三 条 第 一 項 に 規 定 する 申 告 書 と 併 せて 提 出 する 復 興 特 別 所 得 税 申 告 書 について 準 用 する 2 法 第 十 七 条 第 一 項 第 三 号 に 規 定 する 政 令 で 定 める 金 額 は 所 得

む )の 規 定 は 同 令 第 二 百 六 十 三 条 第 一 項 に 規 定 する 申 告 書 と 併 せて 提 出 する 復 興 特 別 所 得 税 申 告 書 について 準 用 する 2 法 第 十 七 条 第 一 項 第 三 号 に 規 定 する 政 令 で 定 める 金 額 は 所 得 政 令 第 十 六 号 復 興 特 別 所 得 税 に 関 する 政 令 内 閣 は 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 のための 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 の 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 二 十 三 年 法 律 第 百 十 七 号 ) 第 四 章 の 規 定 に 基 づき この 政 令 を 制 定 する ( 定 義 ) 第 一 条 この 政

More information

9 期 末 現 在 の 資 本 金 の 額 又 は 出 資 金 の 額 ( 解 散 日 現 在 の 期 末 ( 中 間 申 告 の 場 合 にあっては その 計 算 期 間 の 末 日 ) 現 在 又 は 解 散 日 現 在 における 資 本 金 の 額 又 は 出 資 金 の 額 を 記 載 しま

9 期 末 現 在 の 資 本 金 の 額 又 は 出 資 金 の 額 ( 解 散 日 現 在 の 期 末 ( 中 間 申 告 の 場 合 にあっては その 計 算 期 間 の 末 日 ) 現 在 又 は 解 散 日 現 在 における 資 本 金 の 額 又 は 出 資 金 の 額 を 記 載 しま 第 6 号 様 式 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 した 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 び これらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用 します なお 事 業 税 及 び 地 方

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

市県民税のしおり

市県民税のしおり 市 県 民 税 のしおり 739-8601 東 広 島 市 西 条 栄 町 8 番 29 号 東 広 島 市 財 務 部 市 民 税 課 TEL (082)420-0910( 直 通 ) FAX (082)422-6810 http://www.city.higashihiroshima.hiroshima.jp/ 目 次 市 県 民 税 の 申 告 申 告 が 必 要 な 人 p 2 申 告 書

More information

Ⅰ 調 査 の 対 象 平 成 7 年 6 月 日 から 平 成 8 年 5 月 日 までの 間 に 貴 社 が 行 った 下 請 取 引 について, 報 告 し てください 下 請 法 の 適 用 を 受 ける 下 請 取 引 を 行 っているか 否 かについては, 次 の 第 取 引 の 内 容

Ⅰ 調 査 の 対 象 平 成 7 年 6 月 日 から 平 成 8 年 5 月 日 までの 間 に 貴 社 が 行 った 下 請 取 引 について, 報 告 し てください 下 請 法 の 適 用 を 受 ける 下 請 取 引 を 行 っているか 否 かについては, 次 の 第 取 引 の 内 容 公 取 下 第 50 号 平 成 8 年 6 月 4 日 代 表 者 殿 公 正 取 引 委 員 会 下 請 事 業 者 との 取 引 に 関 する 調 査 について 公 印 省 略 公 正 取 引 委 員 会 は, 下 請 取 引 の 公 正 化 を 図 るため, 下 請 代 金 支 払 遅 延 等 防 止 法 ( 以 下 下 請 法 といいます )を 中 小 企 業 庁 と 協 力 して 運 用

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 税 額 表 ( 平 成 25 年 分 ) 月 額 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 財 務 省 告 示 第 115 号 別 表 第 一 ) ( 一 ) ( 166, 999 円 ) その 月 の 社 会 保 険 料 等 控 除 後 の 給 与 等 の 金

給 与 所 得 の 源 泉 徴 収 税 額 表 ( 平 成 25 年 分 ) 月 額 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 財 務 省 告 示 第 115 号 別 表 第 一 ) ( 一 ) ( 166, 999 円 ) その 月 の 社 会 保 険 料 等 控 除 後 の 給 与 等 の 金 平 成 25 年 分 源 泉 徴 収 税 額 表 平 成 25 年 1 月 から 源 泉 徴 収 税 額 表 が 変 わります 平 成 25 年 1 月 1 日 から 平 成 49 年 12 月 31 日 までの 間 に 生 ずる 所 得 につ いては 源 泉 所 得 税 を 徴 収 する 際 復 興 特 別 所 得 税 を 併 せて 徴 収 し 源 泉 所 得 税 の 法 定 納 期 限 までに

More information

( 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )の 遵 守 ) 第 1 条 乙 は 別 紙 1の 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )に 従 って 委 託 業 務 を 実 施 しなければならな い 2 甲 は 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 ) 記 載 の 支 出 計 画 により 委 託 業 務 の 実 施 に 必 要 な 経 費 を 負 担 するものとする ( 納 入 物 の 提 出 ) 第 2

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については

公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については 公 共 債 の 税 金 について Q 公 共 債 の 利 子 に 対 する 税 金 はどのようになっていますか? 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 個 人 のお 客 様 が 支 払 いを 受 ける 国 債 や 地 方 債 などの 特 定 公 社 債 ( 注 1) の 利 子 については 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となります なお 利 子 の 支 払 いを 受 ける 際 に 源

More information

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 20 年 3 月 26 日 規 程 第 80 号 改 正 平 成 20 年 12 月 10 日 規 程 第 99 号 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 164 号 改 正 平 成 25 年 3 月 27

More information

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添 茨 木 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 等 で 年 金 制 度 上 の 理 由 により 国 民 年 金 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 141 号 )に 規 定 する 老 齢 年 金 等 を 受 給 することができない 高 齢 者 に 対 し 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 ( 以 下 高

More information

<944692E893C192E894F1896397988A8893AE9640906C90A7937882CC8EE888F882AB8169944692E895D2816A2E786477>

<944692E893C192E894F1896397988A8893AE9640906C90A7937882CC8EE888F882AB8169944692E895D2816A2E786477> 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 制 度 の 手 引 きQ&A 163 164 第 1 章 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 制 度 の 概 要 第 2 章 認 定 NPO 法 人 制 度 について ( 問 1) 認 定 NPO 法 人 制 度 とは どのような 制 度 でしょうか ( 問 2) 認 定 等 を 受 けたいと 考 えていますが どこに 相 談 すればよいでしょうか

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information