労 働 派 遣 法 改 正 見 送 りをきっかけに 考 える 派 遣 のリスク エコノミックニュース 11 月 13 日 安 倍 政 権 は 派 遣 労 働 者 に 柔 軟 な 働 き 方 を 認 めるとして 推 進 していた 労 働 派 遣 法 の 改 正 について 今 国 会 での 成 立 を

Size: px
Start display at page:

Download "労 働 派 遣 法 改 正 見 送 りをきっかけに 考 える 派 遣 のリスク エコノミックニュース 11 月 13 日 安 倍 政 権 は 派 遣 労 働 者 に 柔 軟 な 働 き 方 を 認 めるとして 推 進 していた 労 働 派 遣 法 の 改 正 について 今 国 会 での 成 立 を"

Transcription

1 福 島 ) 偽 装 請 負 の 疑 い 28.3% 作 業 員 アンケート 朝 日 新 聞 東 京 電 力 は27 日 福 島 第 一 原 発 で 働 く 作 業 員 から 回 答 を 得 たアンケートで 28 3%が 作 業 を 指 示 する 会 社 と 賃 金 を 払 っている 会 社 が 違 う と 答 えたと 発 表 した 雇 用 主 と 作 業 の 指 揮 命 令 者 が 異 なれば 職 業 安 定 法 に 違 反 する 偽 装 請 負 が 疑 われ るという アンケートは 東 電 が 定 期 的 に 実 施 し 5 回 目 無 記 名 で 全 体 で4587 人 が 回 答 し 回 収 率 は69 8%だった 作 業 指 示 会 社 と 賃 金 支 払 会 社 の 一 致 を 問 う 項 目 ( 対 象 人 )では 同 じ は56 7% わからない 4 7% 無 回 答 10 3%だった 違 う と 答 えた 作 業 員 は 昨 秋 の 前 回 アンケートより10 4ポイント 上 昇 した ただ 前 回 まで 元 請 け 会 社 がアンケートを 回 収 していたが 今 回 は 入 待 域 管 理 棟 などにも 回 収 箱 を 置 いた 東 電 は 偽 装 請 負 の 疑 いが 増 えた 理 由 について 労 働 セミナーの 実 施 で 理 解 が 進 んだり 元 請 け 会 社 を 気 にせずに 自 由 に 書 ける 人 が 増 えたりしたとみている 疑 いが ある 会 社 について 調 査 し 対 応 を 求 めていくという ( 熊 井 洋 美 ) 使 用 者 に 年 休 時 季 指 定 義 務 厚 労 省 が 提 案 労 基 法 改 正 で 厚 生 労 働 省 は さきごろ 開 催 した 労 働 政 策 審 議 会 労 働 条 件 分 科 会 ( 岩 村 正 彦 分 科 会 長 )に 年 次 有 給 休 暇 の 使 用 者 による 時 季 指 定 義 務 の 創 設 を 提 案 した 確 実 に 年 休 取 得 が 進 む 仕 組 みを 設 けるとしている 使 用 者 委 員 は 同 義 務 の 対 象 となる 年 休 日 数 を 3 日 としたうえ 時 季 の 確 定 に 当 たっては 原 則 的 に 労 働 者 の 希 望 を 聞 くとしている 計 画 的 年 休 を 付 与 していたり 比 例 付 与 対 象 者 は 対 象 外 にすべきと 主 張 した 労 働 新 聞 労 働 者 派 遣 法 改 正 案 などが 廃 案 に 11 月 21 日 NHK 臨 時 国 会 では 安 倍 内 閣 が 提 出 した 法 案 のうち 地 方 創 生 の 関 連 法 など 21 件 が 成 立 した 一 方 派 遣 労 働 の 期 間 制 限 を 一 部 撤 廃 する 労 働 者 派 遣 法 の 改 正 案 などが 衆 議 院 の 解 散 を 受 けて 廃 案 になりました 9 月 29 日 に 召 集 された 第 187 臨 時 国 会 に 安 倍 内 閣 は 合 わせて31 件 の 法 案 を 提 出 し このうち 安 倍 内 閣 の 重 要 課 題 の1つである 地 方 創 生 の 基 本 理 念 を 盛 り 込 んだ まち ひと しごと 創 生 法 や ことし8 月 の 広 島 の 土 砂 災 害 を 受 けて 危 険 性 が 高 い 地 域 を 住 民 に 速 やかに 伝 えることなどを 盛 り 込 んだ 改 正 土 砂 災 害 防 止 法 などが 成 立 しました また エボラ 出 血 熱 や 鳥 インフルエンザなどの 危 険 性 が 高 い 感 染 症 への 対 策 を 強 化 する 改 正 感 染 症 法 なども 成 立 し 内 閣 が 提 出 した 法 案 の68 %に 当 たる21 件 が 成 立 しました 一 方 派 遣 労 働 の 期 間 制 限 を 一 部 撤 廃 する 労 働 者 派 遣 法 の 改 正 案 や 女 性 の 活 躍 を 推 進 するための 法 案 それに2020 年 の 東 京 オリンピック パラリンピックの 開 催 準 備 に 向 けて 閣 僚 の 数 を1 人 増 やし 時 限 的 に 専 任 の 大 臣 を 置 くための 法 案 など10 件 が 衆 議 院 の 解 散 を 受 けて 廃 案 にな りました 議 員 立 法 では 北 朝 鮮 から 拉 致 被 害 者 らが 帰 国 した 場 合 に 備 える 施 策 を 盛 り 込 んだ 改 正 拉 致 被 害 者 支 援 法 や 中 国 漁 船 が サンゴを 密 漁 しているとみられる 問 題 を 受 けて 違 法 な 操 業 への 罰 金 を 引 き 上 げるための 改 正 外 国 人 漁 業 規 制 法 などが 成 立 しました

2 労 働 派 遣 法 改 正 見 送 りをきっかけに 考 える 派 遣 のリスク エコノミックニュース 11 月 13 日 安 倍 政 権 は 派 遣 労 働 者 に 柔 軟 な 働 き 方 を 認 めるとして 推 進 していた 労 働 派 遣 法 の 改 正 について 今 国 会 での 成 立 を 断 念 した 労 働 派 遣 法 の 改 正 が 実 現 するまで 時 間 の 猶 予 ができた 今 労 働 派 遣 法 の 改 正 の 是 非 について 再 検 討 する 価 値 がある 現 行 の 労 働 派 遣 法 は 企 業 が 同 じ 職 場 で 派 遣 労 働 者 を 使 用 できる 期 間 について 専 門 的 な 職 種 として 法 律 に 規 定 された 専 門 26 業 務 を 除 き 原 則 1 年 最 長 3 年 と 上 限 規 制 を 定 める 改 正 法 案 は 全 ての 業 務 について 一 律 に 上 限 を3 年 とする このいわゆる 3 年 ルール は 派 遣 労 働 者 の 能 力 向 上 を 図 り 正 社 員 への 転 換 を 促 す ために 規 定 されている しかし 現 行 の 3 年 ルール に ついても 派 遣 労 働 者 の 正 社 員 への 転 換 には 役 立 っていない 2004 年 に 現 行 の 3 年 ルール が 規 定 された 後 企 業 が3 年 経 った 派 遣 社 員 や 派 遣 契 約 を 一 斉 に 打 ち 切 るといういわゆる 派 遣 切 り が 横 行 した また 派 遣 社 員 に 関 する 派 遣 契 約 についてクーリング 期 間 を 設 けて 3 年 ルール の 抜 け 道 をつき 正 社 員 への 転 換 を 避 ける 企 業 もあった すなわち 現 行 の 労 働 派 遣 法 の 3 年 ルール は 派 遣 労 働 者 の 正 社 員 への 転 換 どころか 企 業 に 派 遣 切 りの 口 実 を 与 え 派 遣 労 働 者 を 正 社 員 にせずに3 年 以 上 使 用 するための 抜 け 道 まで 用 意 したのだ その3 年 ルールを 専 門 26 業 務 にまで 適 用 しても 企 業 にとってのみ 都 合 のよい 状 況 に 拍 車 をかけるだけだ さらに 派 遣 労 働 者 に 追 い 打 ちをかけるのが 改 正 法 案 では 企 業 が 3 年 経 過 した 派 遣 労 働 者 について 派 遣 契 約 を 打 ち 切 り 別 の 派 遣 労 働 者 に 入 れ 替 えることができるようになることだ この 改 正 法 案 が 成 立 すれば 企 業 に3 年 経 過 した 派 遣 労 働 者 を 正 社 員 に 転 換 するインセンティブは 全 くなくな り 派 遣 労 働 者 の 正 社 員 への 転 換 を 抑 制 する 結 果 になってしまう 派 遣 労 働 者 のうち 勤 務 地 や 勤 務 時 間 に 制 限 があるため 敢 えて 派 遣 労 働 者 となることを 選 択 した 人 も 多 い そのような 派 遣 労 働 者 にとっては むしろ 長 期 的 に 同 じ 会 社 に 派 遣 される 方 が 業 務 経 験 やスキル 向 上 という 観 点 から 有 利 といえる 一 方 正 社 員 での 就 職 が 難 しく 派 遣 労 働 者 となった 者 にとっ ても 最 長 3 年 しか 同 じ 会 社 に 派 遣 されないと 職 業 がいつまでも 安 定 しないことになり 不 利 益 が 発 生 する 結 局 労 働 派 遣 法 の 改 正 案 は 派 遣 労 働 者 の 保 護 に 資 するのではなく 企 業 の 一 時 的 利 益 の 保 護 に 資 する 改 正 案 である しかし 労 働 派 遣 法 の 改 正 案 は 企 業 の 優 秀 な 人 材 を 育 てるインセンティブを 奪 い 長 期 的 には 企 業 成 長 を 妨 げることになる そのため 企 業 を 甘 やかし 派 遣 労 働 者 に 冷 たい 労 働 派 遣 法 の 改 正 案 の 今 国 会 での 成 立 が 見 送 りになった 今 労 働 派 遣 法 の 改 正 の 是 非 につき 再 検 討 す るべきである ( 編 集 : 久 保 田 雄 城 ) Economic News 優 良 派 遣 元 認 定 制 度 を 開 始 人 材 サービス 産 業 協 議 会 一 般 社 団 法 人 人 材 サービス 産 業 協 議 会 ( 中 村 恒 一 理 事 長 )は 派 遣 労 働 者 のキャリア 形 成 支 援 や 働 きやすい 労 働 環 境 の 確 保 などの 取 組 みが 一 定 の 水 準 を 満 たす 派 遣 事 業 者 を 認 定 する 優 良 派 遣 事 業 者 認 定 制 度 をスタートさせた 派 遣 社 員 の 処 遇 向 上 の 取 組 み や キャリア 形 成 に 配 慮 した 仕 事 の 紹 介 など 計 36 項 目 の 認 定 基 準 について 現 地 審 査 を 実 施 し 認 定 の 可 否 を 判 断 する 来 年 3 月 に 認 定 証 を 交 付 する 予 定 労 働 新 聞

3 改 正 派 遣 法 成 立 を 断 念 自 公 来 週 解 散 にらみ 2014 年 11 月 12 日 東 京 新 聞 衆 院 厚 生 労 働 委 員 会 は 十 二 日 の 理 事 会 で 与 野 党 が 対 立 している 労 働 者 派 遣 法 改 正 案 の 審 議 を 中 断 した 上 で 参 院 で 可 決 された 感 染 症 法 改 正 案 の 成 立 を 急 ぐ 方 向 で 一 致 した 渡 辺 博 道 委 員 長 ( 自 民 )が 記 者 団 に 明 らかにした 与 党 は 来 週 の 衆 院 解 散 をにらんで 派 遣 法 改 正 案 の 今 国 会 成 立 を 事 実 上 断 念 した 衆 院 が 解 散 されれば 廃 案 になる 解 散 がなくても 今 国 会 の 会 期 中 に 十 分 な 審 議 時 間 を 確 保 するのは 困 難 だ 派 遣 法 改 正 案 は 現 行 で 最 長 三 年 とされている 派 遣 労 働 者 の 受 け 入 れ 期 間 の 上 限 を 実 質 的 に 撤 廃 する 内 容 派 遣 先 の 会 社 は 労 働 組 合 の 意 見 を 聞 けば 三 年 ごとに 派 遣 労 働 者 を 入 れ 替 えながらずっと 受 け 入 れ 続 けられる 民 主 共 産 の 両 党 は 一 生 派 遣 の 人 が 増 える などと 反 対 委 員 会 で 審 議 入 りする 直 前 に 公 明 党 が 修 正 する 意 向 を 示 したほか 塩 崎 恭 久 厚 労 相 も 五 日 の 委 員 会 で 法 案 の 内 容 と 食 い 違 う 答 弁 をしたため 維 新 次 世 代 みんなの 各 党 も 反 発 安 倍 晋 三 首 相 も 出 席 した 七 日 の 委 員 会 では 全 野 党 が 冒 頭 で 退 席 し 審 議 の 再 開 が 見 通 せなく なっていた 今 国 会 の 会 期 末 が 今 月 三 十 日 に 迫 り 与 党 は 成 立 を 目 指 すには 今 週 中 の 衆 院 通 過 が 不 可 欠 と 判 断 野 党 側 に 協 力 を 呼 び 掛 けていた 厚 労 委 の 理 事 会 では 危 険 ドラッグ 対 策 の 強 化 を 盛 り 込 んだ 議 員 立 法 の 審 議 も 急 ぐことでも 一 致 した 派 遣 法 事 実 上 断 念 = 週 内 の 審 議 見 送 り 与 党 時 事 通 信 11 月 12 日 ( 水 )11 時 45 分 配 信 与 党 は12 日 今 国 会 の 焦 点 となっていた 労 働 者 派 遣 法 改 正 案 の 成 立 を 事 実 上 断 念 した 同 改 正 案 を 審 議 している 衆 院 厚 生 労 働 委 員 会 の 理 事 会 で 週 内 の 審 議 を 見 送 る 考 えを 野 党 側 に 伝 えた 安 倍 晋 三 首 相 は 来 週 にも 衆 院 を 解 散 する 公 算 が 大 きく 同 改 正 案 が 審 議 未 了 廃 案 となる 可 能 性 が 高 まったことを 受 け 野 党 の 反 対 を 押 し 切 って 審 議 を 強 行 するのは 得 策 ではないと 判 断 した 派 遣 法 改 正 案 12 日 の 委 員 会 採 決 見 送 り 11 月 11 日 20 時 27 分 NHK 自 民 党 の 佐 藤 国 会 対 策 委 員 長 は 記 者 会 見 で 今 の 国 会 で 焦 点 となっている 労 働 者 派 遣 法 の 改 正 案 について 当 初 目 指 していた 衆 議 院 厚 生 労 働 委 員 会 での12 日 の 採 決 を 見 送 り 引 き 続 き 野 党 側 と 調 整 していく 考 えを 示 しました 後 半 国 会 の 焦 点 となっている 労 働 者 派 遣 法 の 改 正 案 を 巡 って 与 党 側 は 今 の 国 会 での 成 立 を 確 実 にするため12 日 にも 衆 議 院 厚 生 労 働 委 員 会 で 採 決 する 構 えを 示 していました これに 関 連 して 自 民 党 の 佐 藤 国 会 対 策 委 員 長 は 記 者 会 見 で 国 会 を 荒 らさない 方 向 で 臨 みたい 衆 議 院 で 強 行 的 に 採 決 をして 参 議 院 に 送 れば ほかの 重 要 な 法 案 の 審 議 も 止 まる 可 能 性 がある と 述 べました そのうえで 佐 藤 氏 は 今 後 の 国 会 審 議 を 鑑 みて あす 改 正 案 を 衆 議 院 の 委 員 会 で 採 決 することは 控 えたい と 述 べ 当 初 目 指 していた12 日 の 委 員 会 での 採 決 は 見 送 り 引 き 続 き 野 党 側 と 調 整 していく 考 えを 示 しました 国 会 労 働 者 派 遣 法 巡 り 与 野 党 攻 防 続 く 11 月 10 日 NHK 後 半 国 会 は 焦 点 となっている 労 働 者 派 遣 法 の 改 正 案 を 巡 って 与 党 側 が12 日 に も 衆 議 院 の 委 員 会 で 採 決 する 構 えなのに 対 し 委 員 会 運 営 に 反 発 して 欠 席 してい た 野 党 側 も 審 議 に 復 帰 し 問 題 点 を 追 及 していく 方 針 で 与 野 党 の 攻 防 が 続 く 見 通 し です 今 の 国 会 で 焦 点 となっている 派 遣 労 働 の 期 間 制 限 を 一 部 撤 廃 する 労 働 者 派 遣 法 の 改 正 案 を 巡 って 衆 議 院 厚 生 労 働 委 員 会 は 先 週 7 日 自 民 党 の 渡 辺 博 道 委 員 長 が 職 権 で 委 員 会 を 開 いたことなどに 野 党 側 が 反 発 して 欠 席 するなか 安 倍 総 理 大 臣 も 出 席 して 自 民 公 明 両 党 が 質 疑 を 行 いました 与 党 側 は 委 員 長 の 委 員 会 運 営 にかしはない として 引 き 続 き 野 党 が 欠 席 しても 審 議 を 続 ける 方 針 で 12 日 にも 委 員 会 で 採 決 する 構 えです これに 対 し 野 党 側 は 委 員 長 の 委 員 会 運 営 は 乱 暴 だ としながらも これ 以 上 委 員 会 を 欠 席 するのは 得 策 ではないとして 今 週 審 議 に 復 帰 し 改 正 案 の 問 題 点 を 追 及 していく 方 針 です このうち 民 主 党 など 野 党 4 党 は 改 正 案 の 対 案 として 衆 議 院 に 共 同 で 提 出 した 同 じ 仕 事 であれば 非 正 規 労 働 者 が 正 社 員 と 同 じ 賃 金 を 得 ら れるための 法 案 も 十 分 審 議 するよう 与 党 側 に 求 めていく 考 えで 今 月 末 に 国 会 の 会 期 末 を 控 えるなかで 与 野 党 の 攻 防 が 続 く 見 通 しです

4 女 性 も 防 災 も 法 案 解 散 で 廃 案 の 恐 れ 野 党 無 責 任 2014 年 11 月 12 日 00 時 36 分 朝 日 新 聞 年 内 の 解 散 総 選 挙 も 念 頭 に 走 り 始 めた 与 野 党 だが 女 性 活 躍 など 臨 時 国 会 で 首 相 自 ら 掲 げた 重 要 法 案 が 解 散 で 廃 案 になりかねない 野 党 からは 解 散 の 大 義 が 明 確 でないとして 与 党 の 勢 力 維 持 だけを 目 的 にした ご 都 合 主 義 解 散 と の 批 判 も 出 ている 野 党 からは そもそもなぜ 解 散 するのか という 大 義 を 問 う 声 も 出 ている 消 費 増 税 を 凍 結 するなら 凍 結 法 案 を 通 してもらいたいと 強 く 申 し 上 げる 小 沢 鋭 仁 維 新 の 党 国 会 議 員 団 幹 事 長 は11 日 の 記 者 会 見 で 語 った 野 党 にすれば 首 相 は 世 論 の 反 対 が 強 い 消 費 増 税 を 見 送 り 世 論 の 支 持 を 得 た 上 で 解 散 に 打 って 出 て 与 党 の 勢 力 を 維 持 しようとしているだけだと 見 える 単 に 増 税 を 先 延 ばしするだけなら 維 新 などが 出 している 消 費 増 税 の 凍 結 法 案 を 審 議 し 成 立 させればいいではないかというわけだ さらに 首 相 自 らが 重 要 だと 位 置 づけた 法 案 まで 解 散 のタイミング 次 第 では 廃 案 になりかねないことへの 批 判 も 多 い 民 主 党 の 福 山 哲 郎 政 調 会 長 は11 日 の 記 者 会 見 で ( 解 散 は)すべての 政 策 を 投 げ 出 すことにつながる はなはだ 無 責 任 だ と 指 摘 した 安 倍 政 権 が 掲 げる 地 方 創 生 の 目 玉 で 人 口 減 対 策 の 基 本 理 念 を 定 めた まち ひと しごと 創 生 法 案 は 審 議 が 比 較 的 順 調 に 進 み 与 党 は 最 速 で19 日 に 成 立 させる 日 程 を 描 く だが それまでに 解 散 になった 場 合 廃 案 になる 可 能 性 がある 与 党 からさえ 地 方 は 不 愉 快 に 思 っている 全 てやり 遂 げてから 解 散 という 声 が 多 い ( 伊 達 忠 一 自 民 党 参 院 幹 事 長 )との 声 が 出 ている もう 一 つの 看 板 法 案 女 性 活 躍 推 進 法 案 も 成 立 が 危 ぶまれる 与 党 は14 日 に 衆 院 内 閣 委 員 会 で 採 決 する 方 針 だが その 後 の 審 議 日 程 は 白 紙 だ 政 権 が 意 欲 を 見 せる 労 働 者 派 遣 法 改 正 案 をめぐっても 民 主 党 が 政 府 与 党 の 不 手 際 を 指 摘 し 審 議 日 程 を 決 める11 日 の 厚 生 労 働 委 員 会 理 事 懇 談 会 を 欠 席 成 立 のめ どが 立 っていない 民 主 党 の 川 端 達 夫 国 会 対 策 委 員 長 は 目 的 がはっきりしない 解 散 だとして アベノミクスがうまくいかない スキャンダル 続 きということで すべてをリセットした いという ご 都 合 主 義 の 身 勝 手 な 大 義 なき 解 散 だ 何 のためにやるのか 理 解 できない と 批 判 した 今 国 会 の 主 な 法 案 まち ひと しごと 創 生 法 案 ( 衆 院 を 通 過 ) 土 砂 災 害 防 止 法 改 正 案 ( 衆 院 を 通 過 ) 来 春 の 統 一 地 方 選 の 投 票 日 を 定 める 臨 時 特 例 法 案 ( 衆 院 を 通 過 ) 感 染 症 法 改 正 案 ( 参 院 先 議 参 院 を 通 過 ) 女 性 活 躍 推 進 法 案 ( 衆 院 で 審 議 中 ) 労 働 者 派 遣 法 改 正 案 ( 衆 院 で 審 議 中 ) 風 俗 営 業 法 改 正 案 (ダンス 規 制 緩 和 )( 衆 院 で 今 後 審 議 ) 東 京 五 輪 パラリンピック 特 別 措 置 法 案 ( 専 任 の 担 当 相 設 置 )( 衆 院 で 審 議 中 )

5 人 材 派 遣 のテクノプロ 東 証 上 場 へ SnkeiBIz 東 京 証 券 取 引 所 は10 日 人 材 派 遣 の テクノプロ ホールディングス ( 東 京 )の 上 場 を 承 認 したと 発 表 した 上 場 予 定 日 は12 月 15 日 第 1 部 に 指 定 するか 第 2 部 にするかを12 月 4 日 の 売 り 出 し 価 格 決 定 後 に 決 め る テクノプロは 技 術 者 の 派 遣 サービスを 展 開 している 子 会 社 の 多 く は 解 散 した 旧 グッドウィル グループから 引 き 継 いだ 企 業 で 2012 年 以 降 はテクノプロの 傘 下 で 事 業 を 続 けている 製 造 業 向 け 派 遣 各 社 業 績 好 調 人 手 不 足 で 需 要 旺 盛 2014/11/6 日 経 新 聞 製 造 業 向 け 人 材 派 遣 各 社 の 業 績 が 好 調 だ 人 手 不 足 を 映 し 旺 盛 な 需 要 が 収 益 を 支 えている 主 要 顧 客 である 自 動 車 や 電 機 メーカーは 生 産 拠 点 の 海 外 移 転 も 進 めているが 各 社 は 派 遣 先 業 種 の 拡 大 や 新 事 業 で 補 っている 求 人 情 報 大 手 リクルートジョブズによると 9 月 の 三 大 都 市 圏 ( 関 東 東 海 関 西 ) の 派 遣 人 員 の 平 均 時 給 は16カ 月 連 続 で 前 年 を 上 回 った なかでも 専 門 技 術 が 必 要 な 製 造 業 向 け 派 遣 の 人 員 は 時 給 の 伸 びが 高 い アルプス 技 研 の2014 年 1~9 月 期 の 連 結 営 業 利 益 は 前 年 同 期 比 57% 増 の10 億 円 強 となったようだ 14 年 12 月 期 通 期 の 営 業 利 益 は 前 期 比 33% 増 の14 億 円 という 従 来 予 想 を 上 回 る 可 能 性 がある 主 力 の 自 動 車 メーカー 向 けが 堅 調 だったほか 医 療 機 器 向 けなど 新 規 事 業 の 利 益 が 増 えている 主 要 顧 客 の 生 産 移 転 に 伴 う 海 外 進 出 も 収 益... テンプHD パナソニックの 人 材 派 遣 事 業 買 収 へ 100 億 円 規 模 人 材 派 遣 2 位 のテンプホールディングス(HD)はパナソニックの 人 材 派 遣 事 業 を 買 収 する 方 向 で 最 終 調 整 に 入 った 同 6 位 のパナソニックの 全 額 出 資 子 会 社 の 株 式 約 66%を2015 年 3 月 期 中 に 取 得 する 買 収 金 額 は100 億 円 規 模 になる 見 通 し M&A( 合 併 買 収 )をテコに 事 業 拡 大 を 目 指 すテンプHDと 非 中 核 事 業 の 売 却 を 急 ぐパナソニックの 思 惑 が 一 致 派 遣 業 界 再 編 の 呼 び 水 になりそうだ テンプHDが 買 収 交 渉 を 進 めるのはパナソニックエクセルスタッフ( 大 阪 市 )で パナソニックがテンプHDに 優 先 交 渉 権 を 与 え 年 内 をめどに 詰 めの 交 渉 に 入 る パナソニックエクセルスタッフはグループ 内 外 に 事 務 系 従 業 員 を 派 遣 し 電 子 機 器 の 技 術 者 派 遣 に 強 みを 持 っている 3 月 末 の 派 遣 登 録 者 数 は 約 31 万 人 で 14 年 3 月 期 の 売 上 高 は 約 640 億 円 従 業 員 数 は 約 630 人 パナソニックが 同 事 業 の 売 却 方 針 を 決 め 8 月 に 実 施 した1 次 入 札 ではテン プHDをはじめ 複 数 社 が 応 募 10 月 28 日 に 行 われた2 次 入 札 を 経 て 5 日 ま でにテンプ 側 に 優 先 的 に 交 渉 する 意 向 を 伝 えた 2 次 入 札 にはテンプHDの ほか 国 内 3 位 のパソナ 世 界 2 位 の 蘭 ランスタッドが 参 加 したもよう パナソ ニックは 引 き 続 きエクセルスタッフ 株 式 の3 分 の1 超 を 保 有 する 買 収 でテンプHDの 売 上 高 は 単 純 合 算 で 約 4200 億 円 に 膨 らむ リクルート ( 約 1 兆 1900 億 円 )に 次 ぐ 国 内 2 位 は 変 わらない テンプHDはM&Aで 派 遣 登 録 者 や 派 遣 先 企 業 の 拡 大 による 相 乗 効 果 の 発 揮 を 狙 う 17 年 3 月 期 に 売 上 高 5000 億 円 を 目 指 す 人 材 派 遣 業 界 を 巡 っては 今 国 会 で 審 議 中 の 労 働 者 派 遣 法 改 正 案 が 成 立 すると 派 遣 登 録 者 の 教 育 などの 責 任 が 増 す 業 界 団 体 は 制 度 がわかり やすくなる と 賛 成 する 一 方 で 教 育 などの 負 担 が 重 くなるのは 間 違 いない とみている 各 社 とも 規 模 拡 大 で 収 益 力 を 高 め 負 担 増 に 備 える パナソニックはプラズマテレビ 事 業 など 不 採 算 事 業 から 撤 退 する 一 方 利 益 が 出 ていても 非 中 核 の 事 業 を 手 放 し 財 務 体 質 の 改 善 につなげている 今 年 は 売 上 高 1200 億 円 規 模 のヘルスケア 事 業 を 米 投 資 ファンドのKKRに 約 1500 億 円 で 売 却 物 流 事 業 も 日 本 通 運 譲 渡 したほか スマートフォン 向 けの フィルター 事 業 も 米 半 導 体 メーカーに 売 却 している

6 改 正 派 遣 法 の 成 立 に 暗 雲 懸 念 される 労 働 現 場 の 混 乱 週 刊 ダイヤモンド 編 集 部 思 わぬ 誤 算 だった ( 厚 生 労 働 省 幹 部 ) 2 閣 僚 の 辞 任 など 政 治 的 混 乱 で 宙 に 浮 いていた 労 働 者 派 遣 法 改 正 案 が 10 月 28 日 ようやく 衆 議 院 本 会 議 で 審 議 入 りした 改 正 法 の 柱 は 2015 年 4 月 から 全 ての 業 務 において3 年 ごとに 人 を 入 れ 替 えれば 企 業 が 派 遣 社 員 を 使 い 続 けることができる 点 だ 従 来 派 遣 社 員 に 任 せられるの は 最 長 3 年 までで 例 外 的 に 秘 書 や 通 訳 などの 専 門 26 業 務 に 携 わる 派 遣 社 員 に 期 間 制 限 はなかった 専 門 26 業 務 は 定 義 が 曖 昧 であるため 廃 止 する 現 在 改 正 法 の 国 会 会 期 内 成 立 に 暗 雲 が 垂 れ 込 めている かく 乱 要 因 は 維 新 の 党 だ 強 硬 反 対 姿 勢 を 貫 く 民 主 党 と 共 闘 すれば 審 議 日 程 が 遅 れ 次 期 通 常 国 会 で の 継 続 審 議 となってしまう 政 府 与 党 厚 労 省 は 11 月 7 日 に 衆 議 院 で 17 日 に 参 議 院 で 採 決 に 持 ち 込 むベストシナリオを 描 いており 成 立 の 確 率 は70% ( 厚 労 省 幹 部 )と 自 信 を 見 せる だが 綱 渡 りのスケジュールを 勘 案 すれば 成 立 するか 否 かは 五 分 五 分 ( 人 材 会 社 幹 部 )というのが 現 実 的 なラインだ 仮 に 改 正 案 が 次 期 国 会 での 継 続 審 議 となっ た 場 合 来 年 4 月 からの 施 行 に 間 に 合 わせるのは 難 しい 通 称 長 妻 プラン の 余 波 そうなれば 労 働 現 場 では 二 つの 問 題 が 浮 上 するだろう 一 つ 目 は 多 くの 派 遣 社 員 が 失 職 するリスクだ 10 年 2 月 長 妻 昭 厚 労 相 ( 当 時 )の 肝 いりで 専 門 26 業 務 適 正 化 プラン( 通 称 長 妻 プラン ) が 実 施 された 期 間 制 限 のない 派 遣 労 働 者 が 酷 使 されているので 取 り 締 ま ろうという 目 的 だったが この 制 度 は 結 果 的 に 専 門 26 業 務 から 派 遣 社 員 を 長 きにわたって 締 め 出 し 失 職 させた 人 材 会 社 が 業 務 改 善 命 令 を 受 けたり 労 働 局 の 指 導 で 派 遣 社 員 の 雇 用 契 約 が 終 了 するケースが 増 えたりした こうした 状 況 下 で 企 業 が 派 遣 社 員 を 入 れ 替 え 続 ける 期 間 が3 年 程 度 続 いた 結 果 来 年 5~7 月 にかけて 3 年 の 雇 用 期 限 を 迎 える 派 遣 社 員 が 多 数 いる 改 正 法 が 施 行 されなければ 彼 らは 派 遣 先 に 直 接 雇 用 されることなく 路 頭 に 迷 う ( 人 材 会 社 幹 部 )という 二 つ 目 は 派 遣 社 員 を 使 っている 派 遣 先 にも 混 乱 が 生 じる 点 だ 改 正 法 が4 月 に 施 行 されることを 前 提 に 導 入 された 労 働 契 約 申 し 込 みみなし 制 度 (みなし 制 度 ) が 来 年 10 月 1 日 にスタートする 派 遣 先 が 違 法 派 遣 と 知 りながら 派 遣 社 員 を 受 け 入 れている 場 合 に 派 遣 社 員 に 労 働 契 約 の 申 し 込 みをしたもの と 見 なす 制 度 のことをいう 改 正 法 が 施 行 されなければ 定 義 が 不 明 瞭 な 専 門 26 業 務 も 廃 止 されない つまり 違 法 派 遣 であると 判 断 する 根 拠 が 曖 昧 なままに みなし 制 度 が 見 切 り 発 車 してし まう 派 遣 先 の 混 乱 は 避 けられそうにない ( 週 刊 ダイヤモンド 編 集 部 浅 島 亮 子 )

Microsoft Word - 労働者派遣法 質問 高橋千鶴子.docx

Microsoft Word - 労働者派遣法 質問 高橋千鶴子.docx 187- 衆 - 本 会 議 -8 号 平 成 26 年 10 月 28 日 高 橋 千 鶴 子 君 私 は 日 本 共 産 党 を 代 表 し 労 働 者 派 遣 法 改 正 案 に 対 し 質 問 します ( 拍 手 ) 安 倍 総 理 は 所 信 表 明 演 説 で 大 胆 な 規 制 改 革 なくして 成 長 戦 略 の 成 功 はありませんと 述 べ 雇 用 を 医 療 や 農 業 と 並

More information

年 金 抑 制 デフレ 下 でも 実 施 二 重 引 き 下 げ へ (2015 年 1 月 22 日 読 売 新 聞 ) 厚 生 労 働 省 の 社 会 保 障 審 議 会 年 金 部 会 は21 日 公 的 年 金 制 度 の 改 革 に 関 する 報 告 書 を 取 りまとめた 年 金 の 抑

年 金 抑 制 デフレ 下 でも 実 施 二 重 引 き 下 げ へ (2015 年 1 月 22 日 読 売 新 聞 ) 厚 生 労 働 省 の 社 会 保 障 審 議 会 年 金 部 会 は21 日 公 的 年 金 制 度 の 改 革 に 関 する 報 告 書 を 取 りまとめた 年 金 の 抑 社 説 公 的 年 金 見 直 し 低 所 得 者 対 策 を 急 げ 東 京 新 聞 2015 年 1 月 23 日 厚 生 労 働 省 の 審 議 会 がまとめた 公 的 年 金 制 度 の 見 直 しに 関 する 報 告 書 は 給 付 抑 制 の 仕 組 み 強 化 が 柱 で 高 齢 者 に 痛 みを 強 いるものだ 高 齢 者 の 貧 困 が 拡 大 する 中 低 所 得 者 対 策 を

More information

復興特別法人税の前倒し廃止の検討

復興特別法人税の前倒し廃止の検討 税 制 A to Z 2013 年 11 月 25 日 全 6 頁 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 の 検 討 民 間 投 資 活 性 化 等 のための 税 制 改 正 大 綱 の 解 説 その 4( 最 終 回 ) 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 平 成 25 年 10 月 1 日 自 由 民 主 党 および 公 明 党 は 民 間 投 資 活

More information

参 考 税 制 改 正 大 綱 決 定 暮 らしはどう 変 わる? 12 月 10 日 19 時 10 分 自 民 公 明 両 党 は 10 日 それぞれ 税 制 調 査 会 の 総 会 を 開 き 消 費 税 の 軽 減 税 率 の 取 り 扱 いを 除 いて 来 年 度 の 税 制 改 正 大

参 考 税 制 改 正 大 綱 決 定 暮 らしはどう 変 わる? 12 月 10 日 19 時 10 分 自 民 公 明 両 党 は 10 日 それぞれ 税 制 調 査 会 の 総 会 を 開 き 消 費 税 の 軽 減 税 率 の 取 り 扱 いを 除 いて 来 年 度 の 税 制 改 正 大 イイケン 先 生 の 恐 縮 ですが 一 言 コラム 第 659 回 平 成 28 年 暮 らしはどう 変 わりますか? 2015.12.13 暮 らしの 動 向 を 大 きく 左 右 する 一 つの 要 因 は 税 制 の 在 り 方 にある ご 存 知 のように 税 は 政 策 的 側 面 がある 故 毎 年 のように その 制 度 が 変 わる 自 民 公 明 両 党 は 与 党 としての 来

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題 奨 学 金 制 度 の 拡 充 とそれに 伴 う 財 政 的 視 点 からの 課 題 予 算 委 員 会 調 査 室 藤 井 亮 二 人 材 こそが 日 本 が 世 界 に 誇 る 最 大 の 資 源 である 平 成 25 年 6 月 14 日 に 閣 議 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 -JAPAN is BACK- の 一 文 である 今 夏 の 参 院 選 において 各 政 党 は 就

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

Taro-外国人研修生意見書(弁連)

Taro-外国人研修生意見書(弁連) 外 国 人 研 修 技 能 実 習 制 度 の 法 改 正 に 対 する 意 見 書 2009 年 2 月 9 日 内 閣 総 理 大 臣 麻 生 太 郎 殿 法 務 大 臣 森 英 介 殿 外 務 大 臣 中 曽 根 弘 文 殿 厚 生 労 働 大 臣 舛 添 要 一 殿 経 済 産 業 大 臣 二 階 俊 博 殿 国 土 交 通 大 臣 金 子 一 義 殿 外 国 人 研 修 生 問 題 弁 護

More information

た 共 産 党 の 志 位 和 夫 委 員 長 も 議 席 獲 得 の 可 能 性 がある 東 京 で4 回 演 説 した 1 人 区 と 複 数 区 ( 改 選 数 2 以 上 )の 比 率 をみると 首 相 は75% 岡 田 氏 は68%が 1 人 区 山 口 氏 は75% 志 位 氏 は73%

た 共 産 党 の 志 位 和 夫 委 員 長 も 議 席 獲 得 の 可 能 性 がある 東 京 で4 回 演 説 した 1 人 区 と 複 数 区 ( 改 選 数 2 以 上 )の 比 率 をみると 首 相 は75% 岡 田 氏 は68%が 1 人 区 山 口 氏 は75% 志 位 氏 は73% 自 民 接 戦 1 人 区 を 重 点 民 進 共 産 3 分 の 2 阻 止 を 前 面 参 院 選 最 終 盤 攻 防 朝 日 新 聞 2016 年 7 月 8 日 10 日 投 開 票 の 参 院 選 は 選 挙 戦 の 最 終 盤 を 迎 えている 安 倍 晋 三 首 相 ( 自 民 党 総 裁 ) は7 日 福 島 県 を 遊 説 接 戦 の1 人 区 を 重 点 的 に 回 り 単 独

More information

観光立国・地域活性化戦略

観光立国・地域活性化戦略 通 訳 案 内 士 制 度 の 見 直 し 報 酬 を 受 けて 外 国 人 に 付 き 添 い 外 国 語 を 用 いて 旅 行 に 関 する 案 内 をする 通 訳 案 内 士 になるには 観 光 庁 長 官 が 実 施 する 通 訳 案 内 士 試 験 に 合 格 して 都 道 府 県 に 氏 名 住 所 等 を 登 録 する 必 要 がある この 手 続 きを 踏 まずに 上 記 の 業 務

More information

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) 連 合 : 新 谷 信 幸 ( 連 合 総 合 労 働

More information

Korea 2015 Tax Update

Korea 2015 Tax Update 国 際 税 務 研 究 会 国 際 税 務 2015 年 3 月 号 掲 載 韓 国 の 2015 年 税 制 改 正 及 び 実 務 への 影 響 税 理 士 法 人 プライスウォーターハウスクーパース 公 認 会 計 士 ( 韓 国 ) 李 炅 宅 Samil PricewaterhouseCoopers( 三 逸 会 計 法 人 ) 公 認 会 計 士 ( 韓 国 ) 盧 映 錫 2014 年

More information

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1 平 成 27 年 労 働 者 派 遣 法 改 正 法 の 概 要 ~ 平 成 27 年 9 月 30 日 施 行 ~ 厚 生 労 働 省 都 道 府 県 労 働 局 PL271029 派 需 01 目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推

More information

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し 税 制 抜 本 改 革 に 伴 う 車 体 課 税 及 び 地 方 法 人 課 税 の 見 直 し 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 総 務 委 員 会 調 査 室 星 友 佳 1.はじめに 平 成 24 年 8 月 社 会 保 障 税 一 体 改 革 の 一 環 として 消 費 税 率 の 引 上 げ 等 を 内 容 とす る 税 制 抜 本 改 革 法 1 が 成 立

More information

図 表 1 雇 用 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 概 要 現 下 の 雇 用 情 勢 等 を 踏 まえ 失 業 等 給 付 に 係 る 保 険 料 率 を 引 き 下 げるとともに 労 働 者 の 離 職 の 防 止 や 再 就 職 の 促 進 を 図 るため 育 児 休

図 表 1 雇 用 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 概 要 現 下 の 雇 用 情 勢 等 を 踏 まえ 失 業 等 給 付 に 係 る 保 険 料 率 を 引 き 下 げるとともに 労 働 者 の 離 職 の 防 止 や 再 就 職 の 促 進 を 図 るため 育 児 休 みずほインサイト 政 策 2016 年 2 月 4 日 雇 用 保 険 法 等 の 改 正 法 案 国 会 提 出 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けた 改 革 実 施 へ 政 策 調 査 部 上 席 主 任 研 究 員 堀 江 奈 保 子 03-3591-1308 naoko.horie@mizuho-ri.co.jp 2016 年 1 月 29 日 に 雇 用 保 険 法 等 の

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③ 平 成 27 年 9 月 9 日 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 の 3 つのポイント 第 一 東 京 弁 護 士 会 所 属 第 一 芙 蓉 法 律 事 務 所 弁 護 士 東 志 穂 第 1 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 のポイント 1 1 スモールビジネスを 取 り 巻 く 人 材 に 関 する 状 況 小 規 模 事 業 者 においては, 質 量 の 面 で 十 分 な

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施

矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 VL. 8.7 矛 盾 露 呈 小 模 模 低 含 批 判 速 異 気 象 不 興 オ 燃 需 球 温 暖 環 境 極 端 気 象 象 影 響 影 響 言 量 減 少 系 崩 壊 病 害 虫 免 疫 予 想 温 暖 財 洞 爺 湖 球 環 境 責 任 容 4 着 声 叫 ぶ 倍 首 福 田 首 福 田 首 票 施 答 弁 衛 隊 海 外 派 兵 恒 久 般 早 成 米 権 九 条 携 割 公 正 等

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

労働保険特別会計の改革と雇用保険制度

労働保険特別会計の改革と雇用保険制度 ISSUE BRIEF 労 働 保 険 特 別 会 計 の 改 革 と 雇 用 保 険 制 度 国 立 国 会 図 書 館 ISSUE BRIEF NUMBER 674(2010. 3.23.) はじめに Ⅰ 労 働 保 険 特 別 会 計 改 革 の 流 れ 1 労 働 保 険 特 別 会 計 とは 2 改 革 に 至 る 経 緯 3 これまでの 改 革 Ⅱ 平 成 22 年 の 雇 用 保 険

More information

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活 資 料 21 公 務 員 部 関 係 資 料 平 成 28 年 1 月 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 < 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地

More information

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析

. 使 エ ム 阪 名 古 屋 地 ご エ ム 索 筆 D D ロ 析 低 調 像 縦 横 世 紀 投 票 右 ほ 近 づ 角 唱 達 成 二 着 バ 可 察 昨 来 K Y 漢 字 読 麻 太 郎 批 郎 献 件 直 ゴ ゴ 首 並 び 率 影 響 与 遣 村 経 済 暮 必 少 来 推 移 析 逢 坂 巌 教 学 学 助 教 福 岡 県 学 法 学 卒 学 学 法 学 学 研 究 科 博 士 程 退 同 研 究 科 助 手 経 職 共 著 第 投 票 席 獲 得 圧 通 初 成 就 圧 際 圧 原 因 惑 批 相 次 同 圧 敗 北 声 ャ ズ ム ほ む 反 省 約 丁 寧 紹 型 付 刊 肯 世 界 指 摘 声 押 非 難 歴 史 画 ケ 可 世 紀 型 他 批 渦 巻 状 歴 史 健

More information

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

Microsoft Word - csrtopics2013_10.doc

Microsoft Word - csrtopics2013_10.doc No.10-001 No.13-063 2014.1 CSR トピックス CSR トピックスは CSR( 企 業 の 社 会 的 責 任 )およびこれに 関 連 する 内 部 統 制 コンプライアンス ( 法 令 等 遵 守 ) リスクマネジメント 環 境 品 質 CS( 顧 客 満 足 ) 労 働 安 全 衛 生 従 業 員 満 足 人 権 社 会 貢 献 CSR 調 達

More information

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 参 考 資 料 1 ( 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 ) 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 した 成 長 志 向 の 法 人

More information

海外レースの馬券発売をめぐる課題

海外レースの馬券発売をめぐる課題 海 外 レースの 馬 券 発 売 をめぐる 課 題 競 馬 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 農 林 水 産 委 員 会 調 査 室 高 橋 陽 子 はじめに 競 馬 の 国 際 化 の 進 展 等 最 近 の 競 馬 をめぐる 情 勢 の 変 化 に 鑑 み 海 外 で 実 施 される 特 定 の 競 馬 の 競 走 について 日 本 中 央 競 馬 会 等 が 勝 馬 投 票

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

法 人 税 ~ 法 人 実 効 税 率 の 引 下 げ2 法 人 税 等 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 率 中 小 法 人 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 のうち 年 間 所 得 800 万 円 超 の 金 額

法 人 税 ~ 法 人 実 効 税 率 の 引 下 げ2 法 人 税 等 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 率 中 小 法 人 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 のうち 年 間 所 得 800 万 円 超 の 金 額 法 人 税 ~ 法 人 実 効 税 率 の 引 下 げ1 1. 改 正 の 概 要 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 について 法 人 税 の 税 率 が 段 階 的 に 引 下 げられます 平 成 28 及 び29 :23.9%( 改 正 前 ) 23.4 23.4%( ) 平 成 30 :23.9%( 改 正 前 ) 23.2 23.2%( ) 法 人 税 の

More information

<82728271827281406E65777320814032312E318C8E8D86>

<82728271827281406E65777320814032312E318C8E8D86> SRS News Sharoushi Samejima News さめじま 社 会 保 険 労 務 士 事 務 所 1 月 号 ( 第 10 号 ) 発 行 日 : 平 成 20 年 12 月 20 日 裁 判 員 制 度 による 休 みは 有 給? 無 給? 企 業 としての 対 応 が 迫 られている 2009 年 5 月 から 始 まる 裁 判 員 制 度 一 般 市 民 が 司 法 に 参

More information

る 年 金 額 は 毎 年 度 見 直 し 物 価 上 昇 率 か 賃 金 上 昇 率 をそのまま 上 乗 せする マクロスライ ドは 物 価 や 賃 金 が 上 がると 年 金 額 も 増 えてしまうため 一 定 額 を 抑 える 仕 組 みだ 年 金 を 受 け 取 るすべての 人 を 対 象

る 年 金 額 は 毎 年 度 見 直 し 物 価 上 昇 率 か 賃 金 上 昇 率 をそのまま 上 乗 せする マクロスライ ドは 物 価 や 賃 金 が 上 がると 年 金 額 も 増 えてしまうため 一 定 額 を 抑 える 仕 組 みだ 年 金 を 受 け 取 るすべての 人 を 対 象 公 的 年 金 給 付 0.9% 増 15 年 度 抑 制 策 を 実 施 日 本 経 済 新 聞 2015/1/30 厚 生 労 働 省 は 30 日 2015 年 度 の 公 的 年 金 の 受 取 額 を 発 表 した 厚 生 年 金 を 受 け 取 る 夫 婦 二 人 のモデル 世 帯 では 22 万 1507 円 となり 14 年 度 より 2441 円 増 える 年 金 の 伸 び を

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監 日 本 中 央 競 馬 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 注 ) 年 度 は1 月 1 日 ~12 月 31 日 のJRA 事 業 年 度 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 報 酬 については 勝 馬 投 票 券

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平

More information

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援 パ レ 団 展 望 示 運 道 示 C T S 章 習 料 章 粋 像 根 歴 史 ざ 閣 造 次 チ ャ レ 唱 億 総 躍 兼 チ ャ レ 是 掃 述 画 視 建 害 調 査 慣 習 公 表 織 三 式 採 I L 際 踏 府 映 建 委 薦 貴 族 建 ぽ 歯 措 加 承 認 降 図 退 ド ド 是 常 流 ぜ ぜ ざ ざ 表 側 閣 僚 公 歴 然 蔵 岩 盤 直 難 習 料 狙 障 配 番

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478> 資 料 3 年 金 分 野 の 改 革 の 進 捗 状 況 について 平 成 26 年 10 月 10 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 1. 年 金 制 度 の 検 討 課 題 1 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 平 成 16 年 改 正 による 年 金 財 政 フレームが 完 成 するとともに 社 会 経 済 状 態 の 変 化 に 対 応 した 社

More information

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 月 党 現 照 草 草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 我 々 ん じ 美 土 然 環 境 守 や 科 学 技 術 振 興 活 済 活 通

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 平 成 23 年 度 税 制 改 正 平 成 22 年 度 税 制 改 正 により 平 成 23 年 度 から 適 用 される 措 置 http://www.up-firm.com 1 平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平

More information

消費税増税先送りに伴う他政策への影響

消費税増税先送りに伴う他政策への影響 税 制 A to Z 2014 年 11 月 21 日 全 13 頁 消 費 税 増 税 先 送 りに 伴 う 他 政 策 への 影 響 住 宅 ローン 減 税 自 動 車 税 制 年 金 制 度 給 付 措 置 などに 影 響 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 安 倍 首 相 は 2014 年 11 月 18 日 に 記 者 会 見 を 行 い 消 費 税 率 の 10%への

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

厚生労働省

厚生労働省 わが 国 の 自 治 体 立 病 院 の 主 流 は 地 方 公 営 企 業 法 の 財 務 規 定 のみが 適 用 される 一 部 適 用 と なるが 近 年 はこれを 全 部 適 用 とし 企 業 管 理 者 を 設 置 することにより 人 事 労 務 等 をも 委 ねる 手 法 を 採 用 する 事 例 が 段 階 的 に 増 えつつある 下 記 図 1.15 は 経 営 のあり 方 の 差

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去 2014 年 6 月 27 日 政 府 の 15 事 例 に 関 する 見 解 憲 法 総 合 調 査 会 安 全 保 障 総 合 調 査 会 民 主 党 は 3 月 4 日 に 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 憲 法 解 釈 の 変 更 に 関 する 見 解 をとりまとめて 以 降 も 安 保 法 制 懇 の 報 告 やその 後 の 総 理 発 言 政 府 から 与 党 への 15 事 例 の

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 28 年 度 税 制 改 正 について ( 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 ) 平 成 27 年 12 月 中 小 企 業 庁 < 主 な 改 正 事 項 > 新 たな 機 械 装 置 の 投 資 に 係 る 固 定 資 産 税 の 特 例 の 創 設 中 小 企 業 者 等 の 少 額 減 価 償 却 資 産 の 取 得 価 額 の 損 金 算 入 の 特 例 の 延 長

More information

前回の改正労働基準法案の制定経緯

前回の改正労働基準法案の制定経緯 参 考 資 料 3 規 制 改 革 会 議 雇 用 ワーキング グ ループ 提 出 資 料 ( 平 成 26 年 4 月 25 日 ) 多 様 な 正 社 員 (ジョブ 型 正 社 員 )について 3. 多 様 な 正 社 員 の 普 及 拡 大 平 成 26 年 4 月 22 日 ( 火 ) 第 4 回 経 済 財 政 諮 問 会 議 産 業 競 争 力 会 議 合 同 会 議 田 村 厚 生 労

More information

untitled

untitled 国 家 公 務 員 の 人 件 費 削 減 問 題 の 動 向 と 今 後 の 課 題 1.はじめに さえき みちこ 総 務 委 員 会 調 査 室 佐 伯 道 子 民 主 党 が 平 成 21 年 8 月 の 衆 議 院 議 員 総 選 挙 及 び 平 成 22 年 7 月 の 参 議 院 議 員 通 常 選 挙 の マニフェストに 国 家 公 務 員 の 総 人 件 費 を2 割 削 減 することを

More information

平 成 20 年 12 月 17 日 草 加 市 議 会 議 長 大 久 保 和 敏 提 出 者 宇 佐 美 正 隆 賛 成 者 佐 藤 勇 芝 野 勝 利 浅 井 昌 志 大 野 ミヨ 子 新 井 貞 夫 暮 らせる 年 金 の 実 現 を 求 める 意 見 書 上 記 の 議 案 を 別 紙 の

平 成 20 年 12 月 17 日 草 加 市 議 会 議 長 大 久 保 和 敏 提 出 者 宇 佐 美 正 隆 賛 成 者 佐 藤 勇 芝 野 勝 利 浅 井 昌 志 大 野 ミヨ 子 新 井 貞 夫 暮 らせる 年 金 の 実 現 を 求 める 意 見 書 上 記 の 議 案 を 別 紙 の 平 成 2 0 年 草 加 市 議 会 1 2 月 定 例 会 議 員 提 出 議 案 草 加 市 議 会 平 成 20 年 12 月 17 日 草 加 市 議 会 議 長 大 久 保 和 敏 提 出 者 宇 佐 美 正 隆 賛 成 者 佐 藤 勇 芝 野 勝 利 浅 井 昌 志 大 野 ミヨ 子 新 井 貞 夫 暮 らせる 年 金 の 実 現 を 求 める 意 見 書 上 記 の 議 案 を 別

More information

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 3 市 民 税 Ⅰ 概 要 1 個 人 市 民 税 (1) 個 人 市 民 税 の 概 要 1 月 1 日 現 在 区 内 に 住 所 を 有 する 住 民 が その 地 方 公 共 団 体 に 納 税 する 税 金 であ る 市 民 税 は 県 民 税 とあわせて 住 民 税 と 呼 ばれている 住 民 税 は 市 や 県 の 仕 事 を 行 うために 必 要 な 費 用 を 住 民 が その

More information

Microsoft Word - 04-日本塘利枝子.doc

Microsoft Word - 04-日本塘利枝子.doc 幼 兒 教 保 研 究 期 刊 2010 第 5 期 57 57 日 本 における 幼 児 教 育 保 育 と 保 育 者 の 人 材 育 成 塘 利 枝 子 同 志 社 女 子 大 学 はじめに 日 本 における 幼 児 期 の 家 庭 外 保 育 は 主 として3 種 類 の 機 関 が 担 っている 1つ 目 は 文 部 科 学 省 の 管 轄 下 にある 幼 稚 園 2つ 目 は 厚 生 労

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

YACレポート2013.indd

YACレポート2013.indd 税 務 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について YAC 税 理 士 法 人 シニアマネージャー 山 田 晴 康 ( 公 認 会 計 士 ) 自 民 公 明 両 党 は 1 月 24 日 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 を 決 定 しました 今 回 の 税 制 改 正 では 安 倍 政 権 が 掲 げるデフレ 脱 却 と 景 気 浮 揚 を 税 制 面 から 後 押 しするため

More information

ある なお, 中 国 政 府 は 増 値 税 と 営 業 税 の 統 合 を 目 指 しており, 一 部 取 引 に 関 して, 営 業 税 から 増 値 税 への 移 行 を 上 海 市 にて 2012 年 に 試 行 開 始 し, 順 次 その 地 域 を 拡 大 している 対 象 企 業 個

ある なお, 中 国 政 府 は 増 値 税 と 営 業 税 の 統 合 を 目 指 しており, 一 部 取 引 に 関 して, 営 業 税 から 増 値 税 への 移 行 を 上 海 市 にて 2012 年 に 試 行 開 始 し, 順 次 その 地 域 を 拡 大 している 対 象 企 業 個 国 際 税 務 研 究 会 国 際 税 務 2012 年 12 月 号 掲 載 中 国 PE 課 税 の 申 告 納 税 実 務 と 対 応 ポイント 税 理 士 法 人 プライスウォーターハウスクーパース 中 国 ビジネスグループ 公 認 会 計 士 税 理 士 簗 瀬 正 人 中 国 では 現 在, 徴 税 強 化 の 一 環 として 外 国 企 業 に 対 する PE(Permanent Establishment;

More information

局 別 審 査 1 荒 木 由 美 子 委 員 ( 共 産 党 ) 1 今 後 の 財 政 見 通 しについて (1) 中 期 財 政 見 通 しにおける 法 人 市 民 税 の 減 収 要 因 について 伺 いたい (2) 物 価 上 昇 に 賃 上 げが 追 い 付 いていない 現 状 を 踏

局 別 審 査 1 荒 木 由 美 子 委 員 ( 共 産 党 ) 1 今 後 の 財 政 見 通 しについて (1) 中 期 財 政 見 通 しにおける 法 人 市 民 税 の 減 収 要 因 について 伺 いたい (2) 物 価 上 昇 に 賃 上 げが 追 い 付 いていない 現 状 を 踏 平 成 27 年 度 予 算 第 二 特 別 委 員 会 質 問 要 旨 局 別 審 査 平 成 27 年 3 月 10 日 質 問 者 ( 質 問 順 ) 1 荒 木 由 美 子 委 員 ( 共 産 党 ) 2 山 本 尚 志 委 員 ( 自 民 党 ) 3 瀬 之 間 康 浩 委 員 ( 自 民 党 ) 4 尾 崎 太 委 員 ( 公 明 党 ) 5 石 渡 由 紀 夫 委 員 ( 民 主 党

More information

6 日 ( 月 )13:30~ 生 存 権 裁 判 を 支 える 東 京 連 絡 会 幹 事 会 8 日 ( 水 )14:00~ 中 央 社 保 協 第 11 回 運 営 委 員 会 17:30~ 中 央 社 保 協 第 5 回 組 織 財 政 強 化 委 員 会 9 日 ( 木 )09:30~ 医

6 日 ( 月 )13:30~ 生 存 権 裁 判 を 支 える 東 京 連 絡 会 幹 事 会 8 日 ( 水 )14:00~ 中 央 社 保 協 第 11 回 運 営 委 員 会 17:30~ 中 央 社 保 協 第 5 回 組 織 財 政 強 化 委 員 会 9 日 ( 木 )09:30~ 医 第 46 期 第 3 回 常 任 幹 事 会 報 告 日 時 2016 年 6 月 23 日 ( 木 )13:30~ 会 場 東 京 労 働 会 館 5 階 地 評 会 議 室 出 欠 : 竹 崎 井 手 口 丸 山 岡 村 椎 橋 福 井 西 川 寺 川 相 川 阿 久 津 石 上 小 形 深 沢 西 銘 ( 代 稲 垣 ) 星 杉 山 伊 藤 植 松 佐 々 木 中 村 佐 田 酒 井 水 上

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

率 は 現 行 と 同 じ50%となる (2) 男 性 の 育 児 休 業 の 取 得 を 経 済 面 から 支 える 目 的 育 児 休 業 給 付 金 の 拡 充 が 検 討 されている 背 景 には 男 性 の 育 児 休 業 の 取 得 推 進 という 狙 いがある 厚 生 労 働 省 雇

率 は 現 行 と 同 じ50%となる (2) 男 性 の 育 児 休 業 の 取 得 を 経 済 面 から 支 える 目 的 育 児 休 業 給 付 金 の 拡 充 が 検 討 されている 背 景 には 男 性 の 育 児 休 業 の 取 得 推 進 という 狙 いがある 厚 生 労 働 省 雇 みずほインサイト 政 策 2013 年 12 月 5 日 検 討 される 育 児 休 業 給 付 金 の 拡 充 男 性 の 育 児 休 業 の 取 得 は 今 度 こそ 拡 大 するか 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 大 嶋 寧 子 03-3591-1328 yasuko.oshima@mizuho-ri.co.jp 男 性 の 育 児 休 業 の 取 得 を 推 進 する 目 的 から

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

繰 越 欠 損 金 利 用 制 限 資 本 金 1 億 円 超 の 法 人 の 繰 越 欠 損 金 の 控 除 限 度 額 を 段 階 的 に 引 下 げ 中 小 法 人 については 現 行 のまま 欠 損 金 の 繰 越 期 間 を 10 年 ( 現 行 :9 年 )に 延 長 ( 平 成 29

繰 越 欠 損 金 利 用 制 限 資 本 金 1 億 円 超 の 法 人 の 繰 越 欠 損 金 の 控 除 限 度 額 を 段 階 的 に 引 下 げ 中 小 法 人 については 現 行 のまま 欠 損 金 の 繰 越 期 間 を 10 年 ( 現 行 :9 年 )に 延 長 ( 平 成 29 2015 年 1 月 発 行 平 成 27 年 度 税 制 改 正 ( 速 報 ) 昨 年 末 12 月 30 日 に 自 民 党 と 公 明 党 か 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 公 表 されました 12 月 に 解 散 総 選 挙 が 行 われたため 通 常 時 期 よりも 遅 い 大 綱 の 公 表 となりました 今 回 の 税 制 改 正 の 焦 点 は 法 人 課 税

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

施 策 を 実 施 する 方 針 を 明 らかにしている 税 制 については 2014 年 11 月 7 日 に 政 府 税 制 調 査 会 により 働 き 方 の 選 択 に 対 して 中 立 的 な 税 制 の 構 築 をはじめとする 個 人 所 得 課 税 改 革 に 関 する 論 点 整 理

施 策 を 実 施 する 方 針 を 明 らかにしている 税 制 については 2014 年 11 月 7 日 に 政 府 税 制 調 査 会 により 働 き 方 の 選 択 に 対 して 中 立 的 な 税 制 の 構 築 をはじめとする 個 人 所 得 課 税 改 革 に 関 する 論 点 整 理 みずほインサイト 政 策 2014 年 11 月 27 日 働 き 方 に 中 立 的 な 税 社 会 保 障 へ 女 性 の 活 躍 促 進 に 向 けた 改 革 の 実 施 と 今 後 の 課 題 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 政 策 調 査 部 03-3591-1338 女 性 の 働 き 方 の 選 択 に 対 して 中 立 的 な 税 制 社 会 保 障 制 度 とするため

More information

<接待ゴルフも仕事のうち?>

<接待ゴルフも仕事のうち?> 8 月 の 税 務 と 労 務 の 手 続 [ 提 出 先 納 付 先 ] 10 日 源 泉 徴 収 税 額 住 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 納 付 [ 郵 便 局 または 銀 行 ] 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 提 出 < 前 月 以 降 に 採 用 した 労 働 者 がいる 場 合 > [ 公 共 職 業 安 定 所 ] 労 働 保 険 一 括 有 期 事 業

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 労 働 契 約 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 改 正 労 働 契 約 法 が 2012 年 8 月 3 日 に 成 立 し 同 年 8 月 10 日 に 公 布 された 今 回 の 改 正 内 容 のうち いわゆる 雇

More information

スライド 1

スライド 1 2006 2 13 2026 3 2746 1950 4 4758 5 59 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 a 22 b 23 a 24 b 25 a 26 b 27 c 28 29 昭 和 20 年 (1945) 8 月 14.ポツダム 宣 言 受 諾 15. 鈴 木 貫 太 郎 内 閣 総 辞 職 9 月 02.ミズーリ 号 上 で 降

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx

Microsoft Word - ★資料編28年21~44.docx 意 見 書 案 第 7 号 最 低 賃 金 の 改 定 等 に 関 する 意 見 書 日 本 経 済 の 先 行 きについては 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 が 続 く 中 で 緩 やかな 回 復 に 向 かう ことが 期 待 される 一 方 昨 年 11 月 に 国 が 発 表 した 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けて 緊 急 に 実 施 すべき 対 策 では 最 低 賃

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1 オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 オーナー 経 営 者 の 場 合 自 社 株 式 の 大 部 分 を 所 有 しているケースがほとんどです その ようなオーナー

Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1 オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 オーナー 経 営 者 の 場 合 自 社 株 式 の 大 部 分 を 所 有 しているケースがほとんどです その ようなオーナー 経 営 承 継 円 滑 化 法 の 事 業 承 継 対 策 Ⅰ 中 小 企 業 の 事 業 承 継 に 関 する 問 題 を 解 決 する 経 営 承 継 円 滑 化 法 1.オーナー 経 営 者 に 生 じるさまざまな 問 題 2. 納 税 資 金 確 保 の 必 要 性 3. 円 滑 な 事 業 承 継 を 行 うための 経 営 承 継 円 滑 化 法 Ⅱ 納 税 資 金 の 確 保 対 策 1.

More information

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度 資 料 1-1 年 金 に 関 する 資 料 平 成 23 年 5 月 23 日 厚 生 労 働 省 基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

決 算 で 注 意 すべき 復 興 特 別 所 得 税 今 年 1 月 以 降 に 決 算 期 末 を 迎 える 事 業 年 度 の 法 人 税 の 申 告 では 所 得 税 と 復 興 特 別 所 得 税 の 切 り 分 けが 必 要 となります 今 年 1 月 以 降 に 決 算 期 末 を 迎

決 算 で 注 意 すべき 復 興 特 別 所 得 税 今 年 1 月 以 降 に 決 算 期 末 を 迎 える 事 業 年 度 の 法 人 税 の 申 告 では 所 得 税 と 復 興 特 別 所 得 税 の 切 り 分 けが 必 要 となります 今 年 1 月 以 降 に 決 算 期 末 を 迎 ニュースレター 2013 年 4 月 号 Apr. 2013 4 YOSHIKAWA TAX JOURNAL 決 算 で 注 意 すべき 復 興 特 別 所 得 税 注 目 トピックス 01 決 算 で 注 意 すべき 復 興 特 別 所 得 税 今 年 1 月 以 降 に 決 算 期 末 を 迎 える 事 業 年 度 の 法 人 税 の 申 告 では 復 興 特 別 所 得 税 の 税 額 控 除

More information

2002 年 9 月 17 日 小 泉 首 相 訪 朝 日 朝 平 壌 宣 言 に 調 印 2003 年 10 月 5 日 民 主 党 と 自 由 党 との 合 併 大 会 11 月 9 日 第 43 回 衆 院 選 で 民 主 党 が 躍 進 し 177 議 席 へ 2004 年 7 月 11 日

2002 年 9 月 17 日 小 泉 首 相 訪 朝 日 朝 平 壌 宣 言 に 調 印 2003 年 10 月 5 日 民 主 党 と 自 由 党 との 合 併 大 会 11 月 9 日 第 43 回 衆 院 選 で 民 主 党 が 躍 進 し 177 議 席 へ 2004 年 7 月 11 日 民 主 党 政 権 の 樹 立 と 崩 壊 - 略 年 表 別 紙 グラフ 参 照 前 史 1986 年 7 月 6 日 第 38 回 衆 院 選 ( 第 14 回 参 院 選 とのダブル 選 挙 )で 中 曽 根 自 民 党 が 圧 勝 1987 年 2 月 中 曽 根 内 閣 は 新 型 間 接 税 売 上 税 ( 5% ) 法 案 を 提 出 5 月 廃 案 に 1988 年 7 月 リクルート

More information

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め 政 府 全 体 における 外 国 人 材 の 受 入 れ 活 用 に 関 する 動 き 等 日 本 語 小 委 (H27.04.17) 参 考 資 料 4 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014 ~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~ ( 抄 ) 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 第 2 章 2.イノベーションの 促 進 等 による 民 需 主 導 の 成

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

いよいよ適用開始 投信制度改革 目論見書・運用報告書などの見直し

いよいよ適用開始 投信制度改革 目論見書・運用報告書などの見直し 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 いよいよ 適 用 開 始 投 信 制 度 改 革 目 論 見 書 運 用 報 告 書 などの 見 直 し 手 数 料 情 報 リスク 情 報 運 用 報 告 書 の 二 段 階 化 2014 年 12 月 8 日 全 15 頁 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2014 年 12 月 1 日 から 一 連 の 投 信 制 度

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

要 旨 政 府 与 党 社 会 保 障 改 革 検 討 本 部 において 6 月 30 日 に 社 会 保 障 税 一 体 改 革 成 案 ( 以 下 改 革 案 )が 決 定 され 7 月 1 日 に 閣 議 報 告 された 本 稿 では こ のうち 医 療 介 護 分 野 について 取 り 上

要 旨 政 府 与 党 社 会 保 障 改 革 検 討 本 部 において 6 月 30 日 に 社 会 保 障 税 一 体 改 革 成 案 ( 以 下 改 革 案 )が 決 定 され 7 月 1 日 に 閣 議 報 告 された 本 稿 では こ のうち 医 療 介 護 分 野 について 取 り 上 2011 年 8 月 18 日 発 行 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 シリーズ 4 医 療 介 護 改 革 案 の 評 価 と 課 題 ~ 必 要 な 財 源 確 保 の 見 通 しの 提 示 を~ 要 旨 政 府 与 党 社 会 保 障 改 革 検 討 本 部 において 6 月 30 日 に 社 会 保 障 税 一 体 改 革 成 案 ( 以 下 改 革 案 )が 決 定 され 7

More information

26 福選改 第 6 号

26 福選改 第 6 号 写 26 福 選 改 第 6 号 平 成 27 年 3 月 27 日 福 島 市 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 黒 澤 勝 利 様 福 島 市 選 挙 事 務 改 善 委 員 会 委 員 長 委 員 長 職 務 代 理 者 伊 藤 宏 之 小 島 勇 人 委 員 坂 井 道 夫 委 員 宍 戸 俊 夫 福 島 市 における 選 挙 事 務 の 改 善 について( 答 申 ) 平 成 27

More information

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8>

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8> 総 行 選 第 4 7 号 平 成 25 年 6 月 3 日 各 都 道 府 県 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 選 挙 部 長 ( 公 印 省 略 ) 成 年 被 後 見 人 の 選 挙 権 の 回 復 等 のための 公 職 選 挙 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 等 の 施 行 に 伴 う 取 扱 いについて 成 年 被 後 見 人 の

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9

4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻 収 処 資 嶋 呼 勝 廷 4 5 段 階 創 追 及 硬 過 片 6 創 替 需 応 乗 維 穴 埋 7 趣 旨 異 服 材 充 途 8 趣 旨 否 科 服 = 佳 彦 串 博 ガ 感 形 却 純 排 暫 備 程 午 固 近 房 博 9 2 迷 走 ジ 3 枚 岩 矛 盾 爆 昂 揚 因 誌 座 河 添 誠 1 尽 2 玉 混 展 楽 観 激 至 筆 携 験 踏 稿 筆 私 若 干 察 初 3 査 来 式 測 具 字 展 悠 輔 積 極 則 善 呼 翌 宇 街 頭 気 チ 座 昭 足 ぬ 裕 久 色 航 読 売 隠 昭 則 既 統 値 析 展 ぶ 航 甘 徴 称 広 誤 条 4 迷 走 ジ 5 験 備 材 等 撃 走 超 充 資 戻

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

2 2.グループ 法 人 税 制 (とは?) 100%グループ 法 人 その 他 100% 未 満 備 考 H26.01.01 H22.08.07 ( 事 業 部 門 分 社 化 子 会 社 化 ) 経 営 責 任 の 明 確 化 迅 速 な 経 営 判 断 戦 略 立 案 効 率 的 な 資 源

2 2.グループ 法 人 税 制 (とは?) 100%グループ 法 人 その 他 100% 未 満 備 考 H26.01.01 H22.08.07 ( 事 業 部 門 分 社 化 子 会 社 化 ) 経 営 責 任 の 明 確 化 迅 速 な 経 営 判 断 戦 略 立 案 効 率 的 な 資 源 1 第 4 回 グループ 法 人 の 税 務 と 会 計 ( 完 全 支 配 関 係 と 課 税 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 1 月 20 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 企 業 会 計 基 準 税 法 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 日 本 公 認 会 計 士 協 会 全 国 研 修 会 グループ

More information

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2 業 務 委 託 契 約 書 ( 案 ) 収 入 印 紙 1 委 託 業 務 名 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 2 業 務 履 行 場 所 いわき 市 平 下 神 谷 他 35 箇 所 地 内 3 契 約 期 間 平 成 28 年 月 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 4 業 務 履 行 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平

More information