< BD90AC E E7392AC91BA96AF81453F3F3F3F14>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<875681418757816995BD90AC82508253944E937881408E7392AC91BA96AF81453F3F3F3F14>"

Transcription

1 Ⅲ 市 町 村 民 所 得 の 概 念

2 Ⅲ 市 町 村 民 所 得 の 概 念 1 基 本 的 な 考 え 方 市 町 村 民 所 得 とは 一 定 期 間 ( 通 常 1カ 年 )において 市 町 村 居 住 者 の 生 産 活 動 により 新 たに 付 加 された 価 値 の 貨 幣 評 価 額 である それはまた この 生 産 に 参 加 した 諸 要 素 の 所 得 となり 次 いで 消 費 または 投 資 などに 支 出 されるものである これは 基 本 的 には 国 民 所 得 や 県 民 所 得 の 概 念 と 同 一 である 2 市 町 村 内 ベースと 市 町 村 民 ベース 付 加 価 値 を 把 握 する 場 合 市 町 村 内 ベ-ス( 属 地 主 義 )と 市 町 村 民 ベ-ス( 属 人 主 義 )があり そのいずれの 概 念 を 基 準 とするかによって 意 味 と 大 きさが 異 な る 市 町 村 内 ベ-ス( 属 地 主 義 )とは 市 町 村 という 行 政 区 域 内 で 生 み 出 された 所 得 を その 生 産 に 携 わった 者 の 居 住 地 のいかんを 問 わず 把 握 するものである また 市 町 村 民 ベ-ス( 属 人 主 義 )は 市 町 村 居 住 者 が 地 域 のいかんを 問 わず 生 み 出 した 所 得 を 把 握 するものである 本 書 の 推 計 では 産 業 別 生 産 額 純 生 産 は 市 町 村 内 ベ-スで 把 握 し 市 町 村 民 所 得 は 市 町 村 民 ベ-スで 把 握 することとする この 場 合 の 居 住 者 とは 個 人 だけでな く 法 人 企 業 政 府 機 関 など 経 済 主 体 全 般 に 適 用 される 概 念 である 3 市 場 価 格 表 示 と 要 素 費 用 表 示 生 産 物 を 評 価 する 場 合 市 場 価 格 表 示 による 方 法 と 要 素 費 用 表 示 による 方 法 があ る 市 場 価 格 表 示 とは 市 場 で 取 引 される 価 格 による 評 価 方 法 であり 要 素 費 用 表 示 とは 各 商 品 の 生 産 要 素 に 対 して 支 払 われた 費 用 による 評 価 方 法 である これら 二 つの 表 示 方 法 によって 推 計 された 純 生 産 の 間 には 市 場 価 格 表 示 の 純 生 産 = 要 素 費 用 表 示 の 純 生 産 + 生 産 輸 入 品 に 課 される 税 - 経 常 補 助 金 の 関 係 がある この 推 計 では 純 生 産 を 要 素 費 用 表 示 で 評 価 してある 4 純 (ネット)と 総 (グロス) 生 産 物 の 評 価 にあたって 固 定 資 本 減 耗 を 控 除 したものを 純 (ネット) 概 念 といい 固 定 資 本 減 耗 を 含 むものを 総 (グロス) 概 念 という ここでいう 固 定 資 本 減 耗 とは 構 築 物 設 備 及 び 機 械 等 再 生 産 可 能 な 有 形 固 定 資 産 について 通 常 の 摩 損 及 び 損 傷 通 常 生 ずる 程 度 の 事 故 による 損 害 等 の 減 耗 分 を 評 価 した 額 である

3 5 産 業 別 市 町 村 内 純 生 産 産 業 別 市 町 村 内 純 生 産 とは 一 定 期 間 ( 通 常 1カ 年 )に 市 町 村 内 各 産 業 部 門 の 生 産 活 動 によって 新 たに 付 加 された 価 値 ( 純 生 産 物 の 価 値 )の 貨 幣 評 価 額 を 示 した ものである これは 市 町 村 内 の 生 産 活 動 に 対 する 各 産 業 部 門 の 寄 与 を 表 すものであって 各 部 門 の 生 産 に 要 した 要 素 費 用 の 総 額 に 等 しい これはまた 全 ての 生 産 物 の 額 から 中 間 生 産 物 すなわち 原 材 料 等 の 経 費 を 控 除 したものにあたる なお 支 払 利 子 は 経 費 に 含 まれない ここでいう 生 産 には 農 業 製 造 業 などの 物 的 生 産 ばかりではなく 金 融 保 険 不 動 産 業 公 務 などのサ-ビス 生 産 も 含 まれる また これには 農 家 の 自 家 消 費 にあてられた 生 産 物 や 所 有 者 自 身 が 使 用 する 住 居 の 用 役 などのように 貨 幣 と 交 換 されない 生 産 物 も 評 価 されて 含 まれている なお 帰 属 利 子 は 金 融 業 の 生 産 額 を 定 義 するための 特 殊 な 帰 属 計 算 項 目 であ り 金 融 業 の 受 取 利 子 および 配 当 と 支 払 利 子 の 差 額 をさす 利 子 は 主 として 他 産 業 の 付 加 価 値 から 支 払 われたものであるから それを 再 び 生 産 としてとりあげるた め 生 産 額 が 二 重 計 算 になるが この 二 重 計 算 を 除 去 するために 純 生 産 総 額 から 帰 属 利 子 の 額 を 控 除 している 6 市 町 村 民 所 得 市 町 村 民 所 得 は 生 産 要 素 を 提 供 した 市 町 村 の 居 住 者 に 帰 属 する 所 得 として 把 握 される これを 機 能 面 からみた 場 合 には 各 生 産 要 素 である 土 地 労 働 資 本 等 に 分 配 され それぞれ 地 代 賃 金 企 業 利 潤 などの 所 得 を 形 成 する また 経 済 主 体 面 からみれば 各 経 済 主 体 に 分 配 され 企 業 所 得 財 産 所 得 などを 形 成 する ここで は 両 者 を 折 衷 した 分 類 がとられている なお 一 般 財 政 消 費 者 負 債 利 子 等 については 公 共 団 体 個 人 等 の 消 費 活 動 に 関 わるもので 生 産 活 動 に 直 接 結 びつくものではないため 控 除 する 必 要 がある しかし 財 産 所 得 の 推 計 では 分 けて 推 計 することが 困 難 なため 一 括 して 財 産 所 得 を 推 計 後 一 般 財 政 消 費 者 負 債 利 子 等 を 控 除 している 7 市 町 村 内 純 生 産 と 市 町 村 民 所 得 との 関 係 市 町 村 内 で 生 産 された 純 生 産 物 には 他 市 町 村 に 所 得 として 分 配 されるものを 含 むが 反 面 市 町 村 外 からの 所 得 で その 源 泉 が 他 市 町 村 内 の 生 産 にかかるもので あれば これに 含 まれない このように 他 市 町 村 との 間 の 取 引 を 一 般 に 市 町 村 再 取 引 と 呼 ぶが いま 上 記 の 市 町 村 外 からの 所 得 と 他 市 町 村 への 所 得 との 受 払 差 額 ( 市 町 村 外 からの 純 所 得 )を 市 町 村 内 純 生 産 に 加 算 すれば 市 町 村 民 純 生 産 す なわち 市 町 村 民 所 得 が 得 られる つまり 市 町 村 内 純 生 産 と 市 町 村 民 所 得 とは 市 町 村 外 からの 純 所 得 分 だけ 相 違 するものである ( 本 書 冒 頭 の 利 用 にあたって を 参 照 )

4 - 88 -

5 Ⅳ 市 町 村 民 所 得 推 計 標 準 方 式 の 概 要

6 Ⅳ 市 町 村 民 所 得 推 計 標 準 方 式 の 概 要 1 純 生 産 項 目 推 計 の 概 要 資 料 の 出 所 農 業 生 産 額 所 得 率 + 農 業 サービス 生 産 額 = 数 量 単 価 県 統 計 分 析 課 市 町 村 所 得 率 = 農 業 経 営 動 向 統 計 などより 青 森 統 計 情 報 事 務 所 農 業 サービス= 分 配 所 得 より 林 業 生 産 額 所 得 率 県 統 計 分 析 課 水 産 業 県 統 計 分 析 課 市 町 村 鉱 業 県 統 計 分 析 課 建 設 業 県 統 計 分 析 課 製 造 業 県 統 計 分 析 課 市 町 村 卸 売 小 売 業 ~ 公 務 分 配 所 得 ( 雇 用 者 報 酬 一 般 財 政 財 産 所 得 家 計 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 財 産 所 得 民 間 法 人 企 業 所 得 公 的 企 業 所 得 個 人 企 業 所 得 及 び 住 宅 自 己 所 有 帰 属 分 )を 産 業 別 に 組 み 替 え 産 業 別 民 間 法 人 企 業 所 得 = 民 間 法 人 企 業 所 得 産 業 別 構 成 比 産 業 別 構 成 比 = 産 業 別 市 町 村 民 税 法 人 税 市 町 村 割 ( 又 は 事 業 所 統 計 調 査 の 事 業 所 数 県 産 事 業 所 統 計 調 査 業 別 構 成 比 による 産 業 別 ウェイト) 県 統 計 分 析 課 2 市 町 村 民 所 得 ( 分 配 所 得 ) 項 目 推 計 の 概 要 資 料 の 出 所 < 雇 用 者 報 酬 > 農 業 ( 耕 地 面 積 別 農 家 1 戸 当 たり 支 払 労 賃 農 農 業 経 営 動 向 統 計 家 戸 数 + 有 給 家 族 労 賃 )+ 農 業 サービス 農 業 センサス 農 業 事 業 体 所 得 官 公 所 その 他 の 雇 用 者 報 酬 林 業 一 人 当 たり 雇 用 者 報 酬 雇 用 者 数 県 統 計 分 析 課 市 町 村 水 産 業 純 生 産 労 賃 率 県 統 計 分 析 課 市 町 村

7 項 目 推 計 の 概 要 資 料 の 出 所 農 林 水 産 業 以 外 の 産 業 一 人 当 たり 雇 用 者 報 酬 雇 用 者 数 県 統 計 分 析 課 市 町 村 議 員 歳 費 委 員 報 酬 決 算 書 より 市 町 村 給 与 住 宅 差 額 家 賃 県 民 所 得 の 給 与 住 宅 差 額 家 賃 給 与 住 宅 延 住 宅 統 計 調 査 べ 面 積 の 対 県 割 合 雇 主 の 現 実 社 会 負 担 賃 金 俸 給 役 員 給 料 手 当 ( 議 員 歳 費 委 員 県 統 計 分 析 課 市 町 村 報 酬 給 与 住 宅 差 額 家 賃 を 除 く) 雇 主 現 実 社 会 負 担 率 雇 主 の 帰 属 社 会 負 担 賃 金 俸 給 役 員 給 料 手 当 ( 議 員 歳 費 委 員 県 統 計 分 析 課 市 町 村 報 酬 給 与 住 宅 差 額 家 賃 を 除 く) 雇 主 帰 属 社 会 負 担 率 < 財 産 所 得 > 一 般 財 政 国 県 の 受 取 財 産 所 得 = 県 民 所 得 の 国 県 県 統 計 分 析 課 の 受 取 財 産 所 得 対 県 割 合 対 県 割 合 = 国 公 共 企 業 体 地 方 公 共 団 体 事 業 所 統 計 調 査 従 業 者 数 の 対 県 割 合 市 町 村 の 受 取 財 産 所 得 = 決 算 書 より 市 町 村 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 県 民 所 得 の 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 の 受 取 財 県 統 計 分 析 課 産 所 得 対 県 割 合 対 県 割 合 = 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 従 業 者 数 事 業 所 統 計 調 査 の 対 県 割 合 家 計 受 取 利 子 所 得 = 県 民 所 得 の 家 計 の 受 取 利 子 県 統 計 分 析 課 市 町 村 所 得 対 県 割 合 対 県 割 合 = 雇 用 者 報 酬 + 個 人 企 業 所 得 ( 住 県 統 計 分 析 課 市 町 村 宅 自 己 所 有 による 帰 属 分 を 除 く)の 対 県 割 合 受 取 配 当 = 県 民 所 得 の 家 計 の 受 取 配 当 対 県 統 計 分 析 課 市 町 村 県 割 合 対 県 割 合 = 家 計 の 受 取 利 子 所 得 と 同 じ 受 取 役 員 賞 与 = 県 民 所 得 の 家 計 の 受 取 役 員 県 統 計 分 析 課 賞 与 対 県 割 合 対 県 割 合 = 国 勢 調 査 役 員 総 数 の 対 県 割 合 国 勢 調 査 受 取 賃 貸 料 = 田 畑 小 作 料 + 地 代 特 許 料 県 統 計 分 析 課 市 町 村 田 畑 小 作 料 = 小 作 地 面 積 純 小 作 料 純 小 作 料 = 小 作 料 - 固 定 資 産 税 地 代 特 許 料 = 県 民 所 得 の 地 代 特 許 料 対 県 割 合 対 県 割 合 = 固 定 資 産 価 格 等 の 概 要 調 書 の 宅 地 法 定 価 格 の 総 額 の 対 県 割 合 固 定 資 産 価 格 等 の 概 要 調 書

8 項 目 推 計 の 概 要 資 料 の 出 所 < 企 業 所 得 > 民 間 法 人 企 業 所 得 県 民 所 得 の 民 間 法 人 企 業 所 得 対 県 割 合 県 統 計 分 析 課 対 県 割 合 = 市 町 村 民 税 法 人 税 割 ( 標 準 税 率 市 町 村 分 )の 対 県 割 合 公 的 企 業 所 得 国 県 公 的 企 業 所 得 = 県 民 所 得 の 国 県 公 県 統 計 分 析 課 的 企 業 所 得 対 県 割 合 対 県 割 合 = 項 目 毎 に 決 算 書 等 から 推 計 市 町 村 市 町 村 公 的 企 業 所 得 = 決 算 書 より 市 町 村 個 人 企 業 所 得 農 業 = 純 生 産 -( 農 業 支 払 労 賃 + 法 人 所 得 県 統 計 分 析 課 市 町 村 + 農 業 サービス) 林 業 = 民 間 純 生 産 -( 民 間 雇 用 者 報 酬 + 法 県 統 計 分 析 課 市 町 村 人 所 得 + 支 払 賃 貸 料 利 子 ) 水 産 業 = 純 生 産 -( 雇 用 者 報 酬 + 法 人 所 得 県 統 計 分 析 課 市 町 村 + 支 払 賃 貸 料 利 子 ) 農 林 水 産 業 以 外 の 産 業 =1 事 業 主 当 たり 所 県 統 計 分 析 課 市 町 村 得 業 主 数 + 兼 業 所 得 + 内 職 所 得 兼 業 所 得 =1 事 業 主 当 たり 所 得 業 主 数 兼 業 率 内 職 所 得 =1 事 業 主 当 たり 所 得 業 主 数 内 職 率 住 宅 自 己 所 有 による 帰 属 分 = 県 民 所 得 の 住 県 統 計 分 析 課 市 町 村 宅 自 己 所 有 による 帰 属 分 対 県 割 合 格 差 対 県 割 合 = 県 の 床 面 積 に 対 する 市 町 村 の 床 固 定 資 産 価 格 等 の 概 要 面 積 調 書 格 差 = 市 町 村 評 価 額 / 県 評 価 額 <( 控 除 ) 産 業 活 動 に よらない 財 産 所 得 > 一 般 財 政 国 県 の 支 払 財 産 所 得 = 県 民 所 得 の 国 県 県 統 計 分 析 課 の 支 払 財 産 所 得 対 県 割 合 対 県 割 合 = 県 民 所 得 の 家 計 利 子 所 得 に 対 す 市 町 村 る 市 町 村 民 所 得 の 家 計 利 子 所 得 の 割 合 市 町 村 の 支 払 財 産 所 得 = 決 算 書 より 市 町 村 家 計 県 民 所 得 の 家 計 の 支 払 財 産 所 得 対 県 割 合 県 統 計 分 析 課 対 県 割 合 = 家 計 の 受 取 利 子 所 得 と 同 じ 市 町 村 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 県 民 所 得 の 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 の 支 払 財 県 統 計 分 析 課 市 町 村 産 所 得 対 県 割 合 対 県 割 合 = 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 従 業 者 総 事 業 所 統 計 調 査 数 の 対 県 割 合

<34323192AC96AF8F8A93BE90848C762E786C73>

<34323192AC96AF8F8A93BE90848C762E786C73> 平 成 21 年 度 和 泊 町 民 所 得 推 計 報 告 書 平 成 24 年 3 月 鹿 児 島 県 大 島 郡 和 泊 町 は し が き ここに 平 成 21 年 度 町 民 所 得 推 計 結 果 を 公 表 します 御 承 知 の 通 り, 町 民 所 得 推 計 は, 町 民 の1 年 間 の 経 済 活 動 によって 生 み 出 された 所 得 を 総 合 的 に 把 握 して,

More information

4-1_H25riyousyanotameni

4-1_H25riyousyanotameni 1 市 町 村 民 所 得 の 目 的 と 利 用 について 市 町 村 民 所 得 は 市 町 村 の 経 済 実 態 を 包 括 的 に 明 らかにし 併 せて 県 民 経 済 における 市 町 村 経 済 の 位 置 を 明 らかにします また 市 町 村 経 済 相 互 間 の 比 較 をすることにより 県 民 経 済 の 地 域 的 分 析 と 地 域 開 発 施 策 の 基 礎 資 料

More information

Microsoft Word - H25年度の概要

Microsoft Word - H25年度の概要 1 県 民 経 済 計 算 の 概 要 1. 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 概 要 平 成 25 年 度 の 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 について 主 な 経 済 指 標 は 次 のとおりです 3 千 葉 県 [ 参 考 ] 全 国 実 数 増 加 率 実 数 増 加 率 1 県 ( 国 ) 内 総 生 産 県 ( 国 ) 民 所 得 名 目 19 兆 8,112

More information

Taro-25 目次、概念と構成等

Taro-25 目次、概念と構成等 1 県 民 経 済 計 算 の 目 的 県 民 経 済 計 算 の 概 念 と 構 成 県 民 経 済 計 算 は 国 民 経 済 計 算 ( 国 連 提 案 の 現 行 国 際 標 準 方 式 93SNA(a System of National Accounts)による 計 算 体 系 )の 基 本 的 な 考 え 方 や 計 算 体 系 を 県 段 階 に 援 用 し 県 という 行 政 区

More information

賃 金 報 酬 給 与 とは ( 労 働 基 準 法 の 賃 金 ) ( 労 働 基 準 法 この 法 律 ) で 賃 金 とは 賃 金 給 料 手 当 賞 与 その 他 名 称 の 如 何 を 問 わず 労 働 の 対 償 として 使 用 者 が 労 働 者 に 支 払 うすべてのものをいう (

賃 金 報 酬 給 与 とは ( 労 働 基 準 法 の 賃 金 ) ( 労 働 基 準 法 この 法 律 ) で 賃 金 とは 賃 金 給 料 手 当 賞 与 その 他 名 称 の 如 何 を 問 わず 労 働 の 対 償 として 使 用 者 が 労 働 者 に 支 払 うすべてのものをいう ( 給 与 税 金 社 会 保 険 の 知 識 給 与 明 細 を 解 読 してみよう ( 給 与 明 細 のイメージ) 平 成 26 年 8 月 分 給 与 明 細 書 株 式 会 社 氏 名 様 支 給 日 平 成 26 年 9 月 23 日 支 給 控 除 差 引 支 給 額 190,589 基 本 給 ( 月 給 ) 200,000 雇 用 保 険 料 1,149 健 康 保 険 料 11,964

More information

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類

参 考 資 料 経 済 活 動 別 分 類 (93SNA 分 類 )と 対 応 表 経 済 活 動 別 分 類 1 産 業 コード 番 号 は ( 平 成 19 年 11 月 改 定 )による (1) 農 林 水 産 業 a 農 業 01 農 業 (0113 野 菜 作 農 業 のうち きのこ 類 1 市 町 村 民 所 得 の 概 念 (1) 市 町 村 民 所 得 の 概 念 市 町 村 民 所 得 推 計 は 県 民 経 済 計 算 の 概 念 を 市 町 村 という 行 政 区 域 に 適 用 して 市 町 村 単 位 での 1 年 間 に 生 み 出 された 価 値 ( 付 加 価 値 )を 生 産 分 配 の 二 面 からとらえることにより 市 町 村 経 済 の 規 模 や 産

More information

ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を 生 産 分 配 支 出 の3 面 から 体

ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を 生 産 分 配 支 出 の3 面 から 体 平 成 25 年 度 香 川 県 県 民 経 済 計 算 推 計 結 果 平 成 27 年 12 月 香 川 県 政 策 部 統 計 調 査 課 ま え が き 本 書 は 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 を 取 りまとめたものです 県 民 経 済 計 算 は 県 内 の 経 済 活 動 により1 年 間 に 新 たに 生 み 出 された 付 加 価 値 総 額 を

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73>

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73> 平 成 16 事 業 年 度 ( 第 1 期 事 業 年 度 ) 財 務 諸 表 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 ~ 平 成 17 年 3 月 31 日 ) 国 立 大 学 法 人 福 岡 教 育 大 学 資 産 の 部 Ⅰ 固 定 資 産 1 有 形 固 定 資 産 土 地 24,078,450 建 物 1,416,003 減 価 償 却 累 計 額 53,476 1,362,527 構

More information

27概念と構成

27概念と構成 1 県 民 経 済 計 算 の 概 要 (1) 県 民 経 済 計 算 とは 私 たちの 経 済 活 動 は 生 産 活 動 を 営 むことによって 財 (モノ) サービスを 生 産 し 新 たな 価 値 ( 付 加 価 値 )をつくりだし その 付 加 価 値 はその 生 産 に 参 加 した 人 や 企 業 などに 分 配 さ れ 分 配 された 所 得 は 消 費 や 投 資 として 支 出

More information

<95BD90AC825133944E93788C888E5A82CC8A54977620208FEE95F18CF68A4A97702E786C73>

<95BD90AC825133944E93788C888E5A82CC8A54977620208FEE95F18CF68A4A97702E786C73> 平 成 23 年 度 決 算 の 概 要 学 校 法 人 京 都 成 安 学 園 はじめに 1 金 額 は 千 円 未 満 の 端 数 については 四 捨 五 入 し 全 て 千 円 単 位 で 表 記 しているため この 資 料 内 の 表 の 合 計 欄 の 金 額 や この 資 料 と 計 算 書 類 の 金 額 が 一 致 しない 場 合 があります 2 この 資 料 でいう 予 算 額 とは

More information

例 えば 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 はもとより 貨 物 利 用 運 送 事 業 倉 庫 業 港 湾 運 送 事 業 等 の ように 経 営 するすべての 事 業 をその 種 類 ごとに 記 載 する 8 従 業 員 数 の 欄 は 期 中 の 平 均 従 業 員 を 記 載 する

例 えば 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 はもとより 貨 物 利 用 運 送 事 業 倉 庫 業 港 湾 運 送 事 業 等 の ように 経 営 するすべての 事 業 をその 種 類 ごとに 記 載 する 8 従 業 員 数 の 欄 は 期 中 の 平 均 従 業 員 を 記 載 する (1) 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 報 告 規 則 では 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 の 様 式 及 び 勘 定 科 目 については 定 められていない が この 趣 旨 は 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 法 が 事 業 規 制 の 緩 和 を 目 的 としたことにかんがみ 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 についても 一 般 に 公 開

More information

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を 外 形 標 準 課 税 に 関 する 申 告 誤 り 事 例 ( 調 査 で 判 明 した 事 例 ) 平 成 28 年 3 月 福 井 県 税 事 務 所 目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

第25回税制調査会 総25-1

第25回税制調査会 総25-1 平 27.10.27 総 2 5-1 説 明 資 料 相 続 税 贈 与 税 平 成 27 年 10 月 27 日 ( 火 ) 財 務 省 目 次 1. 資 産 課 税 をめぐる 経 済 社 会 構 造 の 変 化 1 家 計 における 資 産 形 成 の 変 容 4 相 続 の 変 容 13 今 後 の 人 口 動 態 の 見 通 し 27 2. 相 続 税 の 現 状 30 3. 贈 与 税 の

More information

Ⅱ 1. 人 口 構 造 及 び 世 帯 と 年 金 (1) 人 口 構 造 わが 国 は 諸 外 国 にも 例 をみないスピードで 高 齢 化 が 進 行 している そこで 年 金 保 険 の 事 業 状 況 に ついて 説 明 するに 先 立 ち 人 口 構 造 の 現 状 及 び 今 後 の 見 通 しについて 触 れる 日 本 人 の 平 成 24 年 の 平 均 寿 命 ( 厚 生 労 働 省

More information

1 道 民 経 済 計 算 の 概 要 (1) 道 民 経 済 計 算 のねらい 道 民 経 済 計 算 は 北 海 道 の 経 済 の 循 環 と 構 造 を 生 産 分 配 支 出 の 各 面 から 計 量 的 に 把 握 することにより 本 道 経 済 の 実 態 を 包 括 的 体 系 的

1 道 民 経 済 計 算 の 概 要 (1) 道 民 経 済 計 算 のねらい 道 民 経 済 計 算 は 北 海 道 の 経 済 の 循 環 と 構 造 を 生 産 分 配 支 出 の 各 面 から 計 量 的 に 把 握 することにより 本 道 経 済 の 実 態 を 包 括 的 体 系 的 第 3 編 道 民 経 済 計 算 の し く み 第 1 章 道 民 経 済 計 算 の し く み - 287 - 1 道 民 経 済 計 算 の 概 要 (1) 道 民 経 済 計 算 のねらい 道 民 経 済 計 算 は 北 海 道 の 経 済 の 循 環 と 構 造 を 生 産 分 配 支 出 の 各 面 から 計 量 的 に 把 握 することにより 本 道 経 済 の 実 態 を 包 括

More information

1. 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています 同 基 準 では 特 定 非

1. 重 要 な 会 計 方 針 財 務 諸 表 の 注 記 財 務 諸 表 の 作 成 は NPO 法 人 会 計 基 準 (2010 年 7 月 20 日 2011 年 11 月 20 日 一 部 改 正 NPO 法 人 会 計 基 準 協 議 会 )によっています 同 基 準 では 特 定 非 記 載 例 1 ( 現 預 金 以 外 に 資 産 負 債 がない 場 合 ) ( 名 称 ) 活 動 計 算 書 ( 注 ) 年 月 日 から 年 月 日 まで Ⅰ 経 常 収 益 1. 受 取 会 費 700,000 2. 受 取 寄 付 金 290,000 3. その 他 収 益 10,000 経 常 収 益 計 1,000,000 Ⅱ 経 常 費 用 1. 事 業 費 臨 時 雇 賃 金 200,000

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車

事 所 に 関 する 集 表 Ⅳ 2 産 ( 小 分 類 ) 別 従 者 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 従 者 数 ( 人 ) 構 成 比 (%) 累 (%) 1 自 動 車 同 附 属 品 製 造 239,644 6.6 6.6 2 一 般 貨 物 自 動 車 Ⅳ 産 分 類 別 愛 知 県 内 ランキング 表 以 下 事 所 数 及 び 従 者 数 は 必 要 な 事 項 の 数 値 が 得 られた 事 所 を 対 象 として 集 した 表 Ⅳ 1 産 ( 小 分 類 ) 別 事 所 数 上 位 50 産 順 位 産 小 分 類 は 内 容 例 示 事 所 数 構 成 比 (%) 累 (%) 1 専 門 料 理 店 日 本 料 理 店, 焼 肉 店,ラーメン

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド

<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド < 購 入 換 金 手 数 料 なし> ニッセイTOPIXインデックスファンド 投 資 信 託 説 明 書 ( 請 求 目 論 見 書 ) < 訂 正 事 項 分 > 2016.01.26 ニッセイアセットマネジメント 株 式 会 社 本 書 は 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 25 号 ) 第 13 条 第 2 項 第 2 号 に 規 定 する 詳 細 情 報 を 記

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

第5回法人課税ディスカッショングループ 法D5-4

第5回法人課税ディスカッショングループ 法D5-4 平 2 6. 5. 9 法 D 5-4 税 制 調 査 会 ( 法 人 課 税 DG5) 中 小 法 人 公 益 法 人 等 ( 地 方 税 ) 平 成 26 年 5 月 9 日 ( 金 ) 総 務 省 目 次 中 小 企 業 に 対 する 特 別 な 取 扱 い( 主 なもの) 地 方 税 1 中 小 法 人 と 個 人 事 業 主 との 税 負 担 率 の 比 較 ( 国 税 地 方 税 ) 2

More information

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 ( 住 民 税 )の 算 出 方 法 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 渋 谷 区 内 に 住 所 がある 人 に 対 して 平 成 27 年 の 1 月 から 12 月 までの 1 年 間 の 所 得 を 基 礎 に 税 額 を 算 出 します 住 民 税 の 算 出 方 法 は 次 のとおりです なお 区 内 に 住 所 がなく 区 内 に 事

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

マネタリーベースと日本銀行の取引(2016年9月)

マネタリーベースと日本銀行の取引(2016年9月) 2016 年 10 月 7 日 日 本 銀 行 企 画 局 マネタリーベースと 日 本 銀 行 の 取 引 (2016 年 9 月 ) 1ストック 表 ( 末 残 億 円 ) 16/4 月 5 6 7 8 9 長 期 国 債 (1) 3,118,227 3,194,697 3,235,673 3,320,639 3,395,500 3,408,735 買 入 等 (2) 3,118,227 3,194,697

More information

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給

Q7 従 業 員 に 対 する 現 物 給 付 は 報 酬 給 与 額 に 含 まれます A7 法 人 が 役 員 又 は 使 用 人 のために 給 付 する 金 銭 以 外 の 物 又 は 権 利 その 他 経 済 的 利 益 (いわ ゆる 現 物 給 与 )については 所 得 税 において 給 外 形 標 準 課 税 に 関 するQ&A 平 成 26 年 3 月 福 島 県 1 付 加 価 値 割 総 論 Q1 期 首 では 資 本 金 1 億 5 千 万 円 だったが 減 資 をしたため 期 末 では 資 本 金 9 千 万 円 にな りました 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となります A1 外 形 標 準 課 税 の 対 象 となるか 否 かは 各 事 業 年 度 終 了 の 日

More information

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年

敷 金 保 証 金 投 資 有 価 証 券 子 会 社 株 式 関 連 会 社 株 式 ( 負 債 の 部 ) 科 目 大 科 目 中 科 目 流 動 負 債 固 定 負 債 ( 正 味 財 産 の 部 ) 基 金 科 支 払 手 形 未 払 金 前 受 金 預 り 金 短 期 借 入 金 1 年 公 益 法 人 会 計 基 準 の 運 用 指 針 ( 平 成 20 年 4 月 平 成 21 年 10 月 改 正 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 ) 抜 粋 12. 財 務 諸 表 の 科 目 ここに 示 した 財 務 諸 表 を 作 成 する 際 の 科 目 は 一 般 的 標 準 的 なものであり 事 業 の 種 類 規 模 等 に 応 じて 科 目 を 追 加 することができる

More information

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光

第 Ⅱ-2-13 図 実 質 消 費 支 出 の 動 向 ( 二 人 以 上 の 世 帯 前 年 同 月 比 伸 び 率 寄 与 度 ) 6 4 2 2 4 6 8 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1 11 12 1 2 3 4 5 6 7 22 年 23 年 ( 月 ) 食 料 住 居 光 震 災 後 の 個 人 消 費 の 動 向 について 震 災 の 影 響 を 受 けた 消 費 者 マインドの 急 激 な 悪 化 自 粛 ムードの 広 がり サプライ チェーン 寸 断 による 供 給 制 約 といった 要 因 等 を 背 景 に 3 月 の 個 人 消 費 は 大 幅 な 落 ち 込 みを 記 録 した 4 月 以 降 は これら 要 因 が 徐 々に 緩 和 してきていることから

More information

新農中政第号

新農中政第号 平 成 25 年 分 の 農 業 所 得 計 算 上 の 留 意 事 項 平 成 2 6 年 1 月 JA 新 潟 中 央 会 この 資 料 の 仕 訳 例 の 科 目 のあとの( )は 消 費 税 の 取 扱 いを 示 す 課 : 課 税 不 : 不 課 税 非 : 非 課 税?: 個 別 内 容 により 判 断 1. 米 の 仮 渡 金 の 入 金 共 計 における 精 算 払 いの 処 理 (1)

More information

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す 9 退 職 金 事 務 に 関 する 注 意 事 項 1 労 務 管 理 の 観 点 から( 労 働 契 約 法 労 働 基 準 法 関 係 ) そもそも 退 職 金 の 支 給 は 法 人 の 任 意 で 必 ず 支 払 わなくてはならないものではありませんが 賃 金 の 後 払 いとして あるいは 長 年 の 功 労 への 報 償 や 退 職 後 の 生 活 保 障 として 制 度 を 設 ける

More information

Microsoft PowerPoint - 講義⑧New

Microsoft PowerPoint - 講義⑧New 国 民 所 得 1 エンゲル 係 数 : 生 活 費 に 占 める 食 事 の 割 合 所 得 の 増 加 と 逆 に 動 く 指 数 なぜなら 食 費 : 所 得 が 増 加 してもそれほど 増 えない 娯 楽 費 : 所 得 が 増 加 すると 増 加 する このエンゲル 係 数 を 国 際 比 較 すれば 各 国 の 生 活 水 準 を 比 べることができる しかし ある 国 の 衣 服 費

More information

平成26年第Ⅱ回短答式試験-財務会計論

平成26年第Ⅱ回短答式試験-財務会計論 平 成 26 年 公 認 会 計 士 試 験 第 Ⅱ 回 短 答 式 試 験 財 務 会 計 論 講 評 ~ 計 算 の 講 評 ~ 財 務 会 計 論 計 算 問 題 に 関 しては, 個 別 問 題 (10 問 )に 加 えて, 問 題 19 以 降, 総 合 問 題 形 式 の 出 題 が 個 別 論 点 の 総 合 問 題 (7 問 )と 連 結 会 計 の 総 合 問 題 (7 問 )の2

More information

国庫事務例規集(代理店用)1

国庫事務例規集(代理店用)1 窓 口 2 歳 入 金 等 歳 入 金 等 とは 歳 入 金 および 国 税 収 納 金 整 理 資 金 の 受 入 金 を 総 称 した 用 語 で ある このうち 歳 入 金 は 一 般 会 計 のほか 年 金 や 労 働 保 険 などの 各 特 別 会 計 に 区 分 されている 歳 入 金 等 には 預 託 金 等 と 異 なり 取 引 店 という 観 念 がないため 特 定 店 に 納 付

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ

畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 Ⅰ 農 業 経 営 の 法 人 化 Ⅱ 農 業 生 産 法 人 の 形 態 と 設 立 の 実 際 Ⅲ 畜 産 経 営 の 法 人 化 - 合 同 会 社 という 新 たな 会 社 形 態 - 日 本 政 策 金 融 公 庫 農 林 水 産 事 業 本 部 情 報 戦 略 部 技 術 情 報 担 当 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法 人 化 平 成 2 5 年 1 2 月 1 7 日 兵 庫 県 畜 産 協 会 研 修 会 日 本 政 策 金 融 公 庫 山 崎 政 行 畜 産 経 営 の 法

More information

関税評価

関税評価 平 成 28 年 度 評 価 研 修 平 成 28 年 4 月 14.15 日 名 古 屋 税 関 業 務 部 関 税 評 価 部 門 1 税 関 における 租 税 収 入 額 について 税 関 約 8.9 兆 円 ( 関 税 輸 入 消 費 税 等 ) 事 後 調 査 における 徴 収 額 等 租 税 収 入 約 58 兆 円 ( 平 成 26 年 度 ) 種 別 申 告 漏 れ 課 税 価 格

More information

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金 別 表 第 二 ( 第 17 条 関 係 ) 水 道 用 水 供 給 事 業 勘 定 科 目 表 収 益 の 部 款 項 目 節 説 明 細 節 事 業 収 益 すべての 収 益 的 収 入 を 記 載 し 営 業 収 益 営 業 外 収 益 及 び 特 別 利 益 に 区 分 する 営 業 収 益 営 業 外 収 益 給 水 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 の 営 業 収 益 受 取 利

More information

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 給 与 規 程 ( 平 26 規 程 第 75 号 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 海 洋 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 以 下 就

More information

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務 平 成 28 年 度 版 CPE カリキュラム 一 覧 表 4. 税 務 40 総 論 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 租 税 法 入 門 税 法 総 論 1. 租 税 の 意 義 種 類 とその 役 割 2. 租 税 法 の 法 体 系 及 び 仕 組 み 3. 憲 法 との 関 係 国 家 と 税 制 1. 財 政 法 2. 会 計 法 3. 国 家 と 税 の 仕 組 み 4. 国

More information

untitled

untitled 24 4 1 25 3 31 33の21 国 税 太 郎 東 京 都 千 代 田 区 霞 ヶ 関 - - 電 話 (03)1234-5678 国 税 太 郎 関 東 信 越 精 機 東 京 都 千 代 田 区 霞 ヶ 関 - - 電 話 (03)1234-5678 東 京 123456 法 人 税 所 得 税 埼 玉 県 さいたま 市 大 宮 区 赤 城 電 話 (048)123-4567 貸 借

More information

) 1. 2. [ ] [ ] 個 別 決 算 4 貸 借 対 照 表 平 成 25 年 3 月 31 日 資 産 の 部 本 州 四 国 連 絡 高 速 道 路 株 式 会 社 ( 単 位 : 百 万 円 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 10,721 高 速 道 路 事 業 営 業 未 収 入 金 5,882 未 収 入 金 144 未 収 還

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE> Ⅱ 会 計 科 目 の 説 明 (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 区 分 大 科 目 小 科 目 内 容 収 入 学 生 生 徒 等 納 学 則 に 記 載 されている 納 付 金 をいう( 在 学 条 件 として 義 務 的 に の 部 付 金 収 入 又 一 律 に 納 付 すべきものをいう ) 授 業 料 収 入 聴 講 料 補 講 料 教 職 課 程 履 修 費 を 含 む 入 学

More information

Microsoft PowerPoint - 表紙

Microsoft PowerPoint - 表紙 216 年 3 月 期 中 間 決 算 記 者 会 見 資 料 215 年 11 月 18 日 (コード 番 号 8766) ページ 1. 東 京 海 上 ホールディングス 連 結 決 算 の 概 況 (1) 東 京 海 上 ホールディングス 連 結 1 (2) 連 結 経 常 収 益 の 主 な 内 訳 1 (3) 連 結 純 利 益 の 内 訳 1 2. 国 内 損 害 保 険 事 業 の 概

More information

認定マニュアル

認定マニュアル 第 2 章 扶 養 手 当 第 1 性 格 扶 養 手 当 は 扶 養 家 族 のある 職 員 に 対 して 支 給 される 手 当 で 扶 養 親 族 のある 職 員 の 生 計 費 を 補 給 しようとするものであり 生 活 給 的 な 性 格 を 有 する 手 当 である 根 拠 : 給 与 条 例 第 12 条 第 1 項 技 労 条 例 第 4 条 第 2 認 定 事 務 の 手 続 1

More information

公立大学法人秋田県立大学給与規程(案)

公立大学法人秋田県立大学給与規程(案) 公 立 大 学 法 人 秋 田 県 立 大 学 給 与 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 19 号 改 正 平 成 20 年 4 月 1 日 改 正 平 成 21 年 1 月 17 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 8 月 4 日 改 正 平 成 22 年 10 月 1 日 改 正 平 成 22 年 12 月 22 日 改 正 平 成 23

More information

0300072008520000E001.xls

0300072008520000E001.xls ( 平 成 年 度 調 査 ) 道 府 県 税 の 課 税 状 況 等 に 関 する 調 調 査 表 一 覧 表 頁 番 号 表 番 号 調 査 表 類 法 人 の 道 府 県 民 税 等 に 関 する 調 P () 道 府 県 民 税 額 等 に 関 する 調 法 人 県 民 税 5P 7 () 業 種 別 及 び 割 基 準 別 に 関 する 調 法 人 県 民 税 7P 9 () 資 本 金

More information

権 移 転 費 用 の 範 囲 として 同 様 の 記 述 が 見 られており 4 新 たに 加 えられた 終 末 費 用 に 関 する 記 載 を 除 いては 1993SNA から 2008SNA の 間 で 所 有 権 移 転 費 用 の 概 念 範 囲 に 大 きな 違 いはない しかし どの

権 移 転 費 用 の 範 囲 として 同 様 の 記 述 が 見 られており 4 新 たに 加 えられた 終 末 費 用 に 関 する 記 載 を 除 いては 1993SNA から 2008SNA の 間 で 所 有 権 移 転 費 用 の 概 念 範 囲 に 大 きな 違 いはない しかし どの 所 有 権 移 転 費 用 に 係 る2008SNA 勧 告 への 対 応 に て 内 閣 府 経 済 社 会 総 合 研 究 所 国 民 経 済 計 算 部 国 民 生 産 課 研 究 専 門 職 1 田 原 慎 二 国 民 資 産 課 研 究 専 門 職 須 賀 優 1.はじめに 我 が 国 の 国 民 経 済 計 算 ( 以 下 JSNA という )では 次 回 基 準 改 定 において 国

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303131F7DCF2C5D0E5DCF5F0A4D3F8E9A9E5B3>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303131F7DCF2C5D0E5DCF5F0A4D3F8E9A9E5B3> Shinsong Bldg. Rm.902,9Fl. 25-4Yeouido-dong,Yeongdeungpo-gu Seoul,150-010, Korea TEL : +82-2-3215-1300 FAX : +82-2-761-6640 退 職 給 付 制 度 (1) 勤 労 者 退 職 給 付 保 障 法 の 制 定 施 行 韓 国 政 府 は 2005 年 1 月 27 日 付 で 従

More information

Microsoft Word - 5-26職員給与規程

Microsoft Word - 5-26職員給与規程 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 5 月 10 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 28

More information

Microsoft PowerPoint - 表紙

Microsoft PowerPoint - 表紙 2016 年 3 月 期 決 算 記 者 会 見 資 料 2016 年 5 月 20 日 (コード 番 号 8766) ページ 1. 東 京 海 上 ホールディングス 連 結 決 算 の 概 況 (1) 東 京 海 上 ホールディングス 連 結 1 (2) 正 味 収 入 保 険 料 および 生 命 保 険 料 の 内 訳 1 (3) 親 会 社 株 主 に 帰 属 する 当 期 純 利 益 の 内

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E5959D82C889FC915082AA8CA98D9E82DC82EA82E98CD9977095DB8CAF8DE090AD8169936EE7B28C5B8B50816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E5959D82C889FC915082AA8CA98D9E82DC82EA82E98CD9977095DB8CAF8DE090AD8169936EE7B28C5B8B50816A2E646F63> 大 幅 な 改 善 が 見 込 まれる 雇 用 保 険 財 政 ~ 弾 力 条 項 発 動 による 保 険 料 率 引 下 げの 可 能 性 ~ 予 算 委 員 会 調 査 室 渡 邊 啓 輝 1.はじめに 現 在 第 14 循 環 の 景 気 拡 張 局 面 は4 年 を 経 過 し 平 成 景 気 ( 谷 : 昭 和 61 年 11 月 山 : 平 成 3 年 2 月 )を 超 える 息 の 長

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

は し が き

は し が き 1 総 資 本 形 成 の 概 念 総 資 本 形 成 とは 一 般 政 府 公 的 企 業 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 民 間 法 人 及 び 家 計 ( 個 人 企 業 )の 支 出 ( 購 入 及 び 自 己 生 産 物 の 使 用 )のうち 中 間 消 費 とならないものであり 総 固 定 資 本 形 成 と 在 庫 品 増 加 に 区 別 される (1) 総 固 定 資 本 形

More information

平成19年度版

平成19年度版 平 成 27 年 度 版 市 税 概 要 松 江 市 目 次 松 江 市 の 概 況 ページ 1 市 域 1 2 町 別 人 口 世 帯 数 2 財 政 1 一 般 会 計 歳 入 決 算 の 推 移 3 2 一 般 会 計 予 算 の 構 成 比 ( 平 成 27 年 度 当 初 ) 3 3 平 成 27 年 度 当 初 予 算 構 成 調 4 4 平 成 26 年 度 決 算 額 調 ( 一 般

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

Microsoft Word - 外貨建取引.docx

Microsoft Word - 外貨建取引.docx 外 貨 建 取 引 第 1 回 : 外 貨 建 取 引 と 在 外 支 店 の 換 算 2010.09.02 新 日 本 有 限 責 任 監 査 法 人 公 認 会 計 士 山 岸 聡 はじめに 外 貨 建 取 引 等 会 計 処 理 基 準 ( 以 下 会 計 基 準 )および 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 4 号 外 貨 建 取 引 等 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針

More information

法 人 の 県 民 税 利 子 割 交 付 金 均 等 割 均 等 割 額 資 本 金 等 の 額 による 法 人 等 の 区 分 ( 年 額 ) 1,000 万 円 以 下 の 法 人 等 2 万 円 1,000 万 円 を 超 え1 億 円 以 下 である 法 人 5 万 円 1 億 円 を 超

法 人 の 県 民 税 利 子 割 交 付 金 均 等 割 均 等 割 額 資 本 金 等 の 額 による 法 人 等 の 区 分 ( 年 額 ) 1,000 万 円 以 下 の 法 人 等 2 万 円 1,000 万 円 を 超 え1 億 円 以 下 である 法 人 5 万 円 1 億 円 を 超 5 神 奈 川 県 の 県 税 県 税 相 談 神 奈 川 県 の 県 税 県 民 の 声 相 談 室 (かながわ 県 民 センター2 階 神 奈 川 区 鶴 屋 町 2-24-2) 土 日 祝 日 年 末 年 始 (12 月 29 日 ~1 月 日 ) を 除 く 毎 日 ( 午 前 9 時 ~12 時 午 後 1 時 ~4 時 ) 平 成 24 年 度 地 方 財 政 計 画 によると 都 道

More information

2 前 項 の 場 合 控 除 すべき 給 料 の1 時 間 あたりの 金 額 の 計 算 は 以 下 のとおりとする (1) 月 給 の 場 合 基 本 給 1か 月 平 均 所 定 労 働 時 間 数 ( ) (365- 年 間 所 定 休 日 日 数 ) 1 日 の 所 定 労 働 時 間 =

2 前 項 の 場 合 控 除 すべき 給 料 の1 時 間 あたりの 金 額 の 計 算 は 以 下 のとおりとする (1) 月 給 の 場 合 基 本 給 1か 月 平 均 所 定 労 働 時 間 数 ( ) (365- 年 間 所 定 休 日 日 数 ) 1 日 の 所 定 労 働 時 間 = 2 給 与 規 程 関 係 この 項 目 では 就 業 規 則 の 給 与 に 関 する 事 項 について 別 に 定 めた 給 与 規 程 として 参 考 例 を 記 載 しています 法 人 会 給 与 規 程 ( 参 考 例 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 就 業 規 則 第 条 の 規 程 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 する 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

主 要 指 標 実 数 前 月 比 前 年 同 月 比 電 力 使 用 量 電 灯 29,56 千 kwh 5.1 % 1.4 % ( 中 電 飯 田 営 業 所 管 内 ) 電 力 59,9 千 kwh 4.3 % 1.9 % 手 形 交 換 高 枚 数 1,375 枚 2.5 % 15.4 %

主 要 指 標 実 数 前 月 比 前 年 同 月 比 電 力 使 用 量 電 灯 29,56 千 kwh 5.1 % 1.4 % ( 中 電 飯 田 営 業 所 管 内 ) 電 力 59,9 千 kwh 4.3 % 1.9 % 手 形 交 換 高 枚 数 1,375 枚 2.5 % 15.4 % 主 要 指 標 実 数 前 月 比 前 年 同 月 比 電 力 使 用 量 電 灯 29,56 千 kwh 5.1 % 1.4 % ( 中 電 飯 田 営 業 所 管 内 ) 電 力 59,9 千 kwh 4.3 % 1.9 % 手 形 交 換 高 枚 数 1,375 枚 2.5 % 15.4 % ( 飯 田 手 形 交 換 所 扱 ) 金 額 11,977,323 千 円 12.2 % 9.5 %

More information

平成21年度版 よくわかる青森県

平成21年度版 よくわかる青森県 平 成 21 年 度 版 よくわかる 青 森 県 現 在 の 姿 と 未 来 への 挑 戦 青 森 県 企 画 政 策 部 は じ め に 平 成 21 年 度 版 よくわかる 青 森 県 を 刊 行 いたしました よくわかる 青 森 県 は 昭 和 41 年 度 から 平 成 15 年 度 にわたって 刊 行 されていた 経 済 開 発 要 覧 をベースにグレードアップし 平 成 19 年 度 に

More information

Ⅱ 1. 厚 生 年 金 保 険 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 が 適 用 されている 事 業 所 をいう すなわち 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げられている 事 業 の 事 業 所 であって 常 時 5 人 以 上 の 従 業 員 を 使 用 する 事 業 所 又 は 船 舶 及 び 国

More information

250912資料.xdw

250912資料.xdw 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 について ~ 会 計 基 準 の 概 要 運 用 指 針 ~ 平 成 25 年 9 月 12 日 ( 木 ) 小 野 瀬 木 下 税 理 士 法 人 小 野 瀬 公 認 会 計 士 事 務 所 大 木 芳 則 本 日 の 研 修 の 目 的 1. 新 会 計 基 準 の 構 成 について 理 解 しましょう! > 基 準 本 文 > 基 準 注 解 > 運 用

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

<8E9197BF DE096B18F94955C2E786C73>

<8E9197BF DE096B18F94955C2E786C73> 平 成 19 年 度 財 務 諸 表 第 1 期 事 業 年 度 自 平 成 19 年 4 月 1 日 至 平 成 20 年 3 月 31 日 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 134 貸 借 対 照 表 ) 567 損 益 計 算 書 キャッシュ フロー 計 算 書 損 失 の 処 理 に 関 する 書 類 ( 案 行 政 サービス 実 施 コスト 計 算 書 注 記 11

More information

江戸川区人事行政の運営等の状況の公表について

江戸川区人事行政の運営等の状況の公表について 江 戸 川 区 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 単 位 = 千 円 ( 参 考 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 人 件 費 率 歳 出 額 (A) 実 質 収 支 人 件 費 (B) 24 年 度 の ( 平 成 27 年 1 月 1 日 ) (B/A) 人 件 費 率 26 年 度 680,262 人 234,193,267

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

Ⅴ 個 別 評 価 貸 倒 引 当 金 ( 法 51)3 不 動 産 所 得 を 生 ずべき 業 務 を 事 業 と 称 するに 至 らない 業 務 として 行 う 者 は その 業 務 の 遂 行 上 生 じた 未 収 家 賃 等 の 貸 倒 による 損 失 の 見 込 額 について 貸 倒 引

Ⅴ 個 別 評 価 貸 倒 引 当 金 ( 法 51)3 不 動 産 所 得 を 生 ずべき 業 務 を 事 業 と 称 するに 至 らない 業 務 として 行 う 者 は その 業 務 の 遂 行 上 生 じた 未 収 家 賃 等 の 貸 倒 による 損 失 の 見 込 額 について 貸 倒 引 035-8900-1091-19 税 15 第 6 5 回 税 理 士 試 験 所 得 税 法 はじめに 第 一 問 の 理 論 については いずれも 本 年 度 の 予 想 出 題 論 点 として 注 目 され 対 策 していた 論 点 からの 出 題 であったため ある 程 度 の 解 答 を 作 成 できた 受 験 生 が 多 かったと 思 われる 第 二 問 の 計 算 については

More information

<91E6825295942E786477>

<91E6825295942E786477> 第 3 部 参 考 資 料 第 1 章 現 行 推 計 方 法 への 経 緯 第 2 章 取 引 主 体 の 分 類 第 3 章 用 語 解 説 第 4 章 推 計 方 法 第 5 章 SNA 経 済 活 動 別 分 類 と 日 本 標 準 産 業 分 類 との 対 応 第 6 章 平 成 25 年 度 の 主 なできごと 第 1 章 現 行 推 計 方 法 への 経 緯 1 国 における 経 緯

More information

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主 設 立 認 可 申 請 書 必 要 書 類 とチェック 事 項 必 要 書 類 チェック 事 項 基 本 書 類 設 立 認 可 申 請 書 定 款 添 付 書 類 目 録 財 産 目 録 土 関 係 土 不 動 産 登 記 事 項 証 明 書 図 面 ( 周 辺 図 配 置 図 平 面 図 ) 土 公 図 土 土 契 約 書 ( 写 ) 身 分 証 明 書 印 鑑 登 録 証 明 書 成 年 被

More information

IFRS適用後も出荷基準は適用できるのか

IFRS適用後も出荷基準は適用できるのか Legal and Tax Report 2010 年 9 月 27 日 全 9 頁 IFRS 適 用 後 も 出 荷 基 準 は 適 用 できるのか 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 鳥 毛 拓 馬 IFRS 業 種 別 レポート1 収 益 認 識 ( 現 行 IFRS)の 業 種 別 影 響 [ 要 約 ] 現 在 わが 国 の 会 計 基 準 設 定 主 体 である 企 業 会

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42 独 立 行 政 法 人 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 は 北 方 領 土 問 題 その 他 北 方 地 域 に 関 する

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている.

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている. 別 紙 高 山 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 月 日 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 千 千 千 2,9 2,64,628 6,8 467,928 8. 2.4 (2) 職 員 給 与 費

More information

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要 株 価 引 き 下 げ 対 策 事 業 承 継 対 策 Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1. 株 価 引 き 下 げの 目 的 2. 株 式 の 評 価 の 仕 組 み 3. 取 引 相 場 のない 株 式 についての 評 価 方 法 4. 株 価 引 き 下 げの3つの 方 法 Ⅱ 株 価 引 き 下 げのポイント 1. 配 当 金 の 引 き 下 げによる 株 価 引 き

More information

Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx

Microsoft Word - 102第Ⅱ章第1節.docx 悪 化 した 企 業 収 益 が 雇 用 と 所 得 に 与 える 影 響 国 内 の 消 費 は 政 府 の 景 気 対 策 の 効 果 もあって このところ 持 ち 直 しの 動 きが 続 いている が 雇 用 所 得 環 境 は 依 然 として 厳 しい 情 勢 が 続 いている 以 下 では 昨 年 末 以 降 の 景 気 後 退 による 製 造 業 を 中 心 とした 企 業 収 益 の

More information

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直 租 税 特 別 措 置 法 関 係 通 達 ( 法 人 税 編 ) 関 係 第 66 条 の4 国 外 関 連 者 との 取 引 に 係 る 課 税 の 特 例 関 係 平 成 23 年 6 月 の 税 制 改 正 において 平 成 22 年 7 月 の OECD 移 転 価 格 ガイドラインの 改 定 を 踏 まえ 以 下 の1 及 び2の 事 項 について 法 令 上 の 措 置 が 講 じられた

More information

<31352095DB8CAF97BF97A6955C2E786C73>

<31352095DB8CAF97BF97A6955C2E786C73> 標 準 報 酬 月 額 等 級 表 ( 厚 生 年 金 ) 標 準 報 酬 報 酬 月 額 厚 生 年 金 保 険 料 厚 生 年 金 保 険 料 率 14.642% ( 平 成 18 年 9 月 ~ 平 成 19 年 8 月 ) 等 級 月 額 全 額 ( 円 ) 折 半 額 ( 円 ) 円 以 上 円 未 満 1 98,000 ~ 101,000 14,349.16 7,174.58 2 104,000

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

区 分 項 設 物 備 品 備 品 資 産 として 計 上 すべき 改 造 とは 具 体 的 にどのよ うな 場 合 でしょう 法 人 税 法 上 の 資 本 的 支 出 に 該 当 する 場 合 です 具 体 的 には 固 定 資 産 の 修 理 改 良 等 のために 支 出

区 分 項 設 物 備 品 備 品 資 産 として 計 上 すべき 改 造 とは 具 体 的 にどのよ うな 場 合 でしょう 法 人 税 法 上 の 資 本 的 支 出 に 該 当 する 場 合 です 具 体 的 には 固 定 資 産 の 修 理 改 良 等 のために 支 出 区 分 項 実 用 化 挑 戦 タイプ( 中 小 ベンチャー 開 発 FAQ 平 成 27 年 4 月 17 日 産 学 共 同 開 発 部 業 務 管 理 G 1001 開 発 経 の 請 求 方 法 を 教 えてください 年 度 を4 期 (4 月 ~6 月,7 月 ~9 月,10 月 ~12 月,1 月 ~3 月 に 区 分 し 各 四 半 期 の 初 月 の15 日 までに 開 発 経 概

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

<96DA8E9F2E786477>

<96DA8E9F2E786477> 総 目 次 Ⅰ 統 計 図 表 編 Ⅱ 統 計 表 編 1 27 土 地 気 象 28 人 口 35 行 政 財 政 産 業 経 済 60 72 建 設 106 民 生 労 働 保 健 衛 生 教 育 文 化 電 気 ガス 上 下 水 道 運 輸 通 信 公 安 司 法 116 138 150 174 183 197 公 害 214 市 民 生 活 220 目 次 Ⅰ 統 計 図 表 編 富 士 市

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです SAYLOR ADVERTISING INC. 最 終 更 新 日 :2015 年 6 月 30 日 セーラー 広 告 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 村 上 義 憲 問 合 せ 先 : 執 行 役 員 総 務 本 部 長 青 木 均 証 券 コード:2156

More information

被扶養者の認定取扱について

被扶養者の認定取扱について 日 本 マクドナルド 健 康 保 険 組 合 被 扶 養 者 認 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 健 康 保 険 法 第 3 条 第 7 項 の 規 定 による 被 扶 養 者 の 認 定 について 日 本 マクドナル ド 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という)が 適 正 かつ 公 平 に 行 うための 具 体 的 事 項 を 定 めることを 目 的 と する

More information

1. 任 免 1-1 採 用 ( 試 験 採 用 ) 1 任 免 試 験 採 用 採 用 者 予 定 者 数 報 告 試 験 公 告 任 命 結 果 通 知 書 1-1-1 採 用 予 定 者 数 の 報 告 1-1-2 採 用 説 明 会 の 計 画 実 施 1-3-6 人 事 異 動 対 象 者

1. 任 免 1-1 採 用 ( 試 験 採 用 ) 1 任 免 試 験 採 用 採 用 者 予 定 者 数 報 告 試 験 公 告 任 命 結 果 通 知 書 1-1-1 採 用 予 定 者 数 の 報 告 1-1-2 採 用 説 明 会 の 計 画 実 施 1-3-6 人 事 異 動 対 象 者 財 務 省, 内 定 者 総 務 省 会 計 部 門 定 員 要 求 書 内 示 書 人 事 記 録 ( 甲 ) 記 載 事 項 の 変 更 申 請 退 職 申 請 ( 辞 職 願 ) 定 年 日 通 知 書 人 事 異 動 通 知 書 内 定 通 知 書 採 用 決 定 通 知 書 任 命 結 果 俸 給 関 係 審 議 協 議 採 用 状 況 報 告 提 示 請 求 選 択 結 果 通 知 派

More information

(2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 該 当 事 項 はありません (3) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 当

(2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 該 当 事 項 はありません (3) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 作 成 に 係 る 会 計 処 理 の 原 則 手 続 表 示 方 法 等 の 変 更 当 定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 会 計 期 間 ( 以 下 当 四 半 期 という)では 米 国 のサブプライムローンに 端 を 発 した 金 融 危 機 が 世 界 的 に 連 鎖 する 中 想 定 をはるかに 超 えた 円 高 株 安 雇 用 環 境 の 悪 化 や 個 人 消 費 の 低 迷

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 類 団 府 分 似 体 平 均 年 齢

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 類 団 府 分 似 体 平 均 年 齢 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 4 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 5 年 3 月 31 日 ) 1, 歳 出 額 5,95,3 A の 給 与 定 員 管 理 等 について 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) B B/A 3 年 度 の 件 費 率 1,4 1,3,9.9 7. () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通

More information

(4) 株 式 利 子 および 配 当 等 の 権 益 性 投 資 所 得 は 所 得 を 分 配 する 企 業 の 所 在 地 に 基 づき 確 定 する; (5) 利 息 所 得 賃 貸 料 所 得 特 許 権 使 用 料 所 得 は これらの 所 得 を 負 担 もしくは 支 払 う 企 業

(4) 株 式 利 子 および 配 当 等 の 権 益 性 投 資 所 得 は 所 得 を 分 配 する 企 業 の 所 在 地 に 基 づき 確 定 する; (5) 利 息 所 得 賃 貸 料 所 得 特 許 権 使 用 料 所 得 は これらの 所 得 を 負 担 もしくは 支 払 う 企 業 中 華 人 民 共 和 国 企 業 所 得 税 法 実 施 条 例 第 1 章 総 則 第 1 条 中 華 人 民 共 和 国 企 業 所 得 税 法 ( 以 下 企 業 所 得 税 法 と 略 称 )の 規 定 に 基 づ き 本 条 例 を 制 定 する 第 2 条 企 業 所 得 税 法 第 1 条 にいう 個 人 独 資 企 業 パートナーシップ 企 業 とは 中 国 の 法 律 行 政 法

More information

目 次 再 任 用 制 度 とは 1 再 任 用 制 度 の 対 象 者 4 採 用 任 期 勤 務 形 態 5 休 暇 6 給 与 7 その 他 の 諸 制 度 8 表 1 再 任 用 職 員 の 俸 給 月 額 9 表 2 再 任 用 職 員 の 医 療 年 金 保 険 11 表 3 再 任 用

目 次 再 任 用 制 度 とは 1 再 任 用 制 度 の 対 象 者 4 採 用 任 期 勤 務 形 態 5 休 暇 6 給 与 7 その 他 の 諸 制 度 8 表 1 再 任 用 職 員 の 俸 給 月 額 9 表 2 再 任 用 職 員 の 医 療 年 金 保 険 11 表 3 再 任 用 再 任 用 を 希 望 される 皆 様 へ 内 閣 官 房 内 閣 人 事 局 平 成 27 年 度 目 次 再 任 用 制 度 とは 1 再 任 用 制 度 の 対 象 者 4 採 用 任 期 勤 務 形 態 5 休 暇 6 給 与 7 その 他 の 諸 制 度 8 表 1 再 任 用 職 員 の 俸 給 月 額 9 表 2 再 任 用 職 員 の 医 療 年 金 保 険 11 表 3 再 任 用

More information

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 株 主 資 本 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 当

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 株 主 資 本 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 当 第 102 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての インターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 1 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 2 計 算 書 類 の 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 9 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 10 上 記 事 項 につきましては 法 令 および 当 社 定

More information

目 次 1 市 の 概 要 1 (1) 位 置 1 (2) 人 口 の 推 移 1 2 行 政 機 構 2 (1) 行 政 組 織 図 2 (2) 務 機 構 事 務 分 掌 職 員 数 等 3 3 財 政 4 (1) 平 成 25 一 般 会 歳 入 歳 出 決 算 4 4 市 総 括 5 (1)

目 次 1 市 の 概 要 1 (1) 位 置 1 (2) 人 口 の 推 移 1 2 行 政 機 構 2 (1) 行 政 組 織 図 2 (2) 務 機 構 事 務 分 掌 職 員 数 等 3 3 財 政 4 (1) 平 成 25 一 般 会 歳 入 歳 出 決 算 4 4 市 総 括 5 (1) おもてのうら 市 概 要 平 成 26 版 ( 平 成 25 決 算 ) 国 立 市 政 策 経 営 部 課 課 目 次 1 市 の 概 要 1 (1) 位 置 1 (2) 人 口 の 推 移 1 2 行 政 機 構 2 (1) 行 政 組 織 図 2 (2) 務 機 構 事 務 分 掌 職 員 数 等 3 3 財 政 4 (1) 平 成 25 一 般 会 歳 入 歳 出 決 算 4 4 市 総 括

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information