湾岸地域経済におけるイランのことなど

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "湾岸地域経済におけるイランのことなど"

Transcription

1 第 8 章 湾 岸 地 域 経 済 におけるイラン はじめに 加 藤 普 血 の 滲 む 対 外 債 務 返 済 つい 先 日 の 1990 年 代 まで 対 イラク 戦 争 とその 後 の 復 興 費 用 で 膨 らんだ 対 外 債 務 の 返 済 のために 厳 しく 輸 入 を 制 限 し 自 動 車 工 作 機 械 など 多 くの 必 需 品 の 内 製 化 を 断 行 し 血 の 滲 むような 節 約 をしながら ペ ルシア 商 人 魂 を 示 すかのように ひたすら 約 束 を 守 り 借 金 の 返 済 を 行 う 渋 いイ メージの 国 それがイランだった 油 価 昂 騰 でバブル 21 世 紀 に 状 況 は 一 転 する イランは 原 油 価 格 昂 騰 で 収 入 を 大 幅 に 増 やし 借 金 総 額 より 多 い 潤 沢 な 外 貨 準 備 を 国 庫 に 溜 め 込 む 純 債 権 国 に 変 身 する 2008 年 半 ばまでの 世 界 的 な 景 気 上 昇 局 面 の 中 で ドバイなど 近 隣 湾 岸 諸 国 の 経 済 も 急 拡 大 を 示 したが イラン 国 内 のテヘラン 都 市 部 などで 公 式 非 公 式 のルートで 湾 岸 諸 国 から 入 ってくるさまざまな 輸 入 物 資 が なに 不 自 由 なく 見 られるようになってきていた どうなる 新 世 代 の 経 済 運 営 格 段 に 改 善 した 経 済 状 況 だが 政 治 面 での 孤 立 化 の 影 響 を 受 けて 西 側 先 進 国 との 経 済 交 流 が 急 速 にシュリンクしようとして いる イスラーム 共 和 国 はこれからどちらに 向 かって 走 っていくのか 1990 年 代 に 経 済 を 牛 耳 っていたバザール 商 人 やボンヤード( 財 団 )から 次 々に 実 権 を 手 中 に 収 めてきたパスダラン( 革 命 防 衛 隊 ) 若 手 世 代 が いまイラン 経 済 を どこ に 向 かって 動 かそうとしているのか 企 業 人 の 目 を 通 して イランに 関 わり 利 益 を 追 求 してきた 我 われ 企 業 人 には 人 道 信 条 が 許 す 範 囲 では 相 手 の 立 場 を 尊 重 し 貸 したお 金 がきちんと 返 るのか ずっと 仲 間 としてつきあえる 国 なのかを 心 配 しながら 自 ずと 騒 擾 や 体 制 転 覆 など の 急 激 な 変 動 がない 漸 進 的 な 変 革 を 望 んできた 面 がある 急 激 な 変 動 や 混 乱 となれ ば 民 間 経 済 交 流 は 尻 込 みせざるを 得 ない おっかなびっくり 明 日 に 目 を 向 けつつ ここではイラン 経 済 の 現 状 を 次 の 順 序 で 見 てまいりたい 1. 最 近 の 経 済 情 勢 経 済 成 長 鈍 化 とインフレ 終 息 中 銀 の 独 立 性 喪 失 不 動 産 バブル 崩 壊 と 信 用 収 縮 国 境 を 超 える 人 口 移 動 2. 湾 岸 地 域 経 済 におけるイラン 各 国 の 地 勢 原 油 天 然 ガスの 動 向 イラン 湾 岸 各 国 の 貿 易 統 計 ドバイ イランの 世 界 への 窓 3.イラン 経 済 の 謎 為 替 相 場 裏 経 済 と 関 係? ボンヤード 90 年 代 の 増 殖 4. 経 済 制 裁 の 影 響 経 済 制 裁 の 進 展 イラン 石 油 天 然 ガス 部 門 への 影 響 (* 今 回 民 営 化 問 題 についてまとめる 時 間 紙 数 が 無 かった 点 ご 容 赦 願 いたい ) -115-

2 1. 最 近 の 経 済 情 勢 (1) 経 済 成 長 の 鈍 化 とインフレの 終 息 ( 例 外 ではなかったイラン) 高 度 成 長 2007 年 度 (イランの 年 度 は 西 暦 3 月 21 日 から 翌 年 の 3 月 20 日 まで)の 実 質 成 長 率 は 石 油 収 入 による 財 政 支 出 拡 大 と 国 内 の 消 費 に 支 えら れて 国 際 通 貨 基 金 (IMF) 推 計 で 7.8%( 後 出 の 表 9 参 照 ) 英 国 経 済 誌 エコ ノミストの 情 報 調 査 部 門 エコノミスト インテリジェンス ユニット(EIU) の 推 計 は 同 率 の 7.8% イラン 中 央 銀 行 (Bank Markazi Iran)の 発 表 も 6.7%の 高 率 となった その 後 の 成 長 鈍 化 しかし 2008 年 度 に 入 るとイランは 旱 魃 のため 農 業 生 産 が 不 振 を 極 め 虎 の 子 だった 輸 出 原 油 の 価 格 も 夏 場 以 降 に 下 落 を 開 始 (7 月 11 日 に 西 テキサス 中 間 油 種 WTI 先 物 相 場 がニューヨーク マーカンタイル 取 引 所 NYMEX で 史 上 最 高 値 ドルを 記 録 したが その 後 買 い 控 えなど 世 界 的 な 需 要 減 少 が 顕 在 化 すると 軟 化 ) さらに 9 月 15 日 のリーマンショック 後 世 界 金 融 恐 慌 が 追 討 ちをかけたため イラン 国 内 の 経 済 成 長 スピードも 急 ブレー キを 余 儀 なくされる 中 銀 既 発 表 の 成 長 率 は 2008 年 度 第 1 四 半 期 3.3% 第 2 四 半 期 2.3%と 低 水 準 になり IMF 推 計 で 2008 年 度 全 体 は 2.5%(EIU は 6.5%) 2009 年 度 も 1.5%(EIU は 0.5%)への 大 幅 な 落 ち 込 みが 見 込 まれている 物 価 上 昇 も 下 火 に インフレ 面 は 2005~06 年 に 11% 前 後 で 推 移 してい た 消 費 者 物 価 上 昇 率 も マフムード アフマディネジャド(Mahmoud Ahmadinejad) 政 権 の 拡 張 的 財 政 運 営 下 で 食 料 飲 料 価 格 不 動 産 賃 料 が 昂 騰 し 始 めた 2007 年 18.4% 消 費 者 物 価 が 上 昇 した 後 中 銀 発 表 の 前 年 同 月 比 計 数 で 2008 年 8-9 月 (イラン 暦 1387 年 Shahrivar 月 )29.4% 同 9-10 月 (Mehr 月 ) 29.5% 同 月 (Aban 月 )28.3%と 12 年 来 の 高 率 を 記 録 2008 年 全 体 でも 25.4%というバブル 状 態 を 呈 するに 至 った( 後 出 の 表 3 と 表 8 参 照 ) その 間 政 権 側 の 干 渉 もあり 中 銀 金 融 政 策 はあまり 有 効 に 機 能 しなかったようだ し かし 世 界 景 気 後 退 に 連 動 して その 後 イランでもバブルがはじけ 急 速 にイ ンフレが 終 息 を 見 せている 中 銀 発 表 の 通 貨 供 給 量 伸 び 率 は 定 期 外 貨 預 金 を 含 む M2 が 2008 年 3 月 +27.7%から 2009 年 3 月 +15.9% 6 月 +3.6%に 現 金 一 覧 性 預 金 だけの M1 で+29.2%から-1.9% -7.4%に 激 減 した IMF が 予 測 する 消 費 者 物 価 上 昇 率 は 2009 年 12.0% 2010 年 10.0%(EIU は 2009 年 15.8% -116-

3 2010 年 13.8%)となっている (2) 中 銀 の 独 立 性 喪 失 総 裁 の 変 死 中 銀 では かつて 革 命 の 中 をしぶとく 生 き 抜 き 59 歳 なが ら 数 度 に 亘 り 財 務 相 中 銀 総 裁 を 歴 任 し 中 銀 の 独 立 性 を 標 榜 していた 大 物 のセ イイェド=モフセン ヌールバフシュ(Seyyed Mohsen Nourbakhsh) 総 裁 が イ ラク 戦 争 のさなかの 2003 年 3 月 22 日 に 突 然 テヘラン=カスピ 海 間 の 山 岳 路 で 変 死 する 事 件 があった その 後 を 米 国 インディアナ 大 Ph.D で 経 済 学 者 のエブラ ヒム シェイバニ(Ebrahim Sheibany) 総 裁 が 襲 い 地 味 ながらも 政 権 から 独 立 した 金 融 政 策 で 物 価 上 昇 と 闘 っていると 言 われていた 相 継 ぐ 総 裁 更 迭 アフマディネジャド 政 権 になり シェイバニ 総 裁 は1 市 中 行 の 財 務 基 盤 や 市 場 の 過 剰 流 動 性 を 度 外 視 した 貸 出 金 利 の 引 下 げの 要 請 や 2 低 所 得 者 層 支 援 のための 埋 蔵 金 として 石 油 安 定 化 基 金 (OSF: Oil Stabilisation Fund と 呼 ばれ 油 価 上 昇 分 を 積 立 てて 将 来 の 価 格 変 動 リスクに 備 える 中 銀 管 理 下 にあった 基 金 )からの 際 限 のない 取 崩 しの 要 求 や 3さらには 経 済 金 融 経 験 の 無 いパスダラン 将 官 の 幹 部 ポストへの 派 遣 のごり 押 しなど 政 府 側 からの 様 々な 介 入 に 徹 底 的 に 抵 抗 した 結 局 2007 年 8 月 同 総 裁 は 更 迭 される 次 々と 主 要 ポストを 去 るセントラル バンカーたちの 中 で セイイ ェド=モハンマド ハタミ(Seyyed Mohammad Khatami) 政 権 の 経 済 財 務 相 を 務 め 最 後 のテクノクラートと 言 われたタフマスブ モザヘリ(Tahmasb Mazaheri) 総 裁 が 一 旦 就 任 することになったが インフレ 沈 静 のために 金 利 引 上 げを 図 った 同 総 裁 も 2008 年 8 月 僅 か 1 年 で 更 迭 されることになる 現 在 は イラン 国 民 銀 行 (Bank Melli Iran:1960 年 の Bank Markazi Iran 設 立 までの 中 銀 発 券 銀 行 ) 生 え 抜 きのマフムード バフマニ(Mahmoud Bahmani) 総 裁 が 就 任 しているが 政 府 の 豊 満 財 政 に 抗 する 筈 の 独 立 した 中 銀 金 融 政 策 は 既 に 相 当 程 度 蝕 まれているものと 見 られる -117-

4 (3) 不 動 産 バブル 崩 壊 による 信 用 の 収 縮 表 1. バブル 崩 壊?( 全 国 銀 行 融 資 残 高 とテヘラン 地 区 建 設 統 計 ) 2005 年 度 (イラン 暦 1384 年 ) 2006 年 度 (イラン 暦 1385 年 ) 2007 年 度 (イラン 暦 1386 年 ) 2008 年 度 (イラン 暦 1387 年 ) 2009 年 度 6 月 9 月 12 月 06 年 3 月 6 月 9 月 12 月 07 年 3 月 6 月 9 月 12 月 08 年 3 月 6 月 9 月 12 月 09 年 3 月 6 月 9 月 銀 行 融 資 残 高 ( 公 社 向 け) 兆 リアル 伸 び 率 ( 前 年 同 月 比 ) % p.a. 2.0% 2.3% 0.3% -0.1% -0.9% 4.8% 6.9% 8.7% 8.8% 12.2% 11.1% 9.5% -1.3% -1.7% 1.9% 3.9% 8.3% 9.5% 銀 行 融 資 残 高 ( 民 間 向 け) 兆 リアル , , , , , , , , , , , ,954.6 伸 び 率 ( 前 年 同 月 比 ) % p.a. 4.1% 14.0% 24.4% 38.3% 4.8% 14.5% 26.4% 41.7% 6.0% 14.2% 24.6% 35.7% 2.2% 3.9% 5.9% 12.2% 2.0% 4.7% テヘラン 建 設 許 可 件 数 2,859 2,792 2,336 2,912 3,052 3,882 3,674 4,087 5,653 7,045 5,909 6,370 6,790 6,540 4,284 3,131 2,576 2,265 伸 び 率 ( 前 年 同 月 比 ) % p.a. -9.4% -21.6% -13.5% -7.6% 6.5% 39.0% 62.3% 40.1% 85.2% 81.5% 62.8% 56.2% 21.1% -7.2% -27.5% -50.8% -62.1% -64.9% テヘラン 新 規 床 面 積 百 万 平 方 メートル 伸 び 率 ( 前 年 同 月 比 ) % p.a % -10.5% -11.2% -14.8% -1.8% 39.8% 52.4% 50.3% 93.8% 99.2% 55.2% 57.9% 42.7% -4.2% -28.3% -46.4% -47.1% -62.7% テヘラン 新 規 民 間 建 設 投 資 兆 リアル 伸 び 率 ( 前 年 同 月 比 ) % p.a. 43.9% -3.3% 15.4% 10.3% -30.8% 28.3% 70.5% 43.9% 82.4% 30.7% 47.6% 63.9% 81.9% 129.4% 42.8% 48.8% -0.6% -13.7% イラン 中 銀 経 済 動 向 (No.57) 1388 年 第 2 四 半 期 他 統 計 の 信 頼 揺 らぐ 政 権 側 の 介 入 があるのか これまで 比 較 的 信 頼 でき ると 思 われていた 中 銀 のさまざまな 統 計 も 何 か 信 憑 性 に 影 が 差 しているよう だ 近 時 計 数 発 表 のスピードが 目 立 って 遅 くなってきている おそらく 嘘 はつきたくないが 政 権 の 顔 色 も 窺 わなければならないセントラル バンカーた ちが 発 表 のタイミングに 苦 慮 しているのだろう 現 地 からは じわじわと 上 昇 してきた 不 動 産 価 格 が 空 前 の 高 値 に 達 した 後 2008 年 夏 に 一 気 にバブルがは じけ 以 後 雪 崩 のような 価 格 下 落 になっているという 話 が 囁 かれる だが 中 銀 の 統 計 資 料 からは その 状 況 がなかなかはっきり 浮 かび 上 がってこない イラン 中 銀 経 済 動 向 (No.56) 1388 年 第 1 四 半 期 他 -118-

5 銀 行 不 良 債 権 が 雪 だるま 化 国 営 銀 行 も 民 間 銀 行 も 我 先 に 不 動 産 建 設 融 資 の 中 止 と 回 収 に 走 ったため ディベロッパーや 買 い 手 の 心 理 が 一 気 に 抑 制 さ れ 物 件 価 格 担 保 価 値 の 下 落 が 助 長 される それがまた 銀 行 側 に 跳 ね 返 り 公 社 向 けも 民 間 向 けも 多 少 なり 不 動 産 建 設 に 関 連 していた 貸 付 金 が 次 々と 不 稼 働 資 産 化 し( 利 息 を 産 まない 不 良 債 権 に 化 し) 銀 行 の 損 失 が 雪 だるまのよう に 増 大 しているのだと やや 大 げさに 語 られる その 結 果 イラン 経 済 に 占 め る 銀 行 融 資 総 額 が 減 少 し 始 め( 信 用 収 縮 ) 消 費 投 資 生 産 企 業 収 益 個 人 所 得 が 減 少 する 負 の 連 鎖 が 起 きつつあるという 2005 年 登 場 したアフマディネ ジャド 政 権 は 公 的 保 証 の 乱 発 で 銀 行 融 資 の 向 け 先 を 退 職 者 新 婚 者 学 生 自 宅 購 入 者 農 民 などの 非 富 裕 庶 民 層 に 拡 げるように 指 導 してきた しかし バブル 崩 壊 の 中 で 次 々と 借 金 漬 けの 庶 民 の 債 務 不 履 行 が 発 生 し 12,000 人 に 達 した 全 国 のデフォルトによる 収 監 者 ( 借 金 のための 囚 人 )が 今 も 増 加 中 だ 銀 行 は 庶 民 から 厳 しく 取 立 を 行 うが 官 民 を 問 わず 有 力 者 とつながる 多 くの 大 企 業 からは 何 ら 有 効 に 貸 付 金 の 回 収 を 進 めない(ラミーネ モタメドネジャド (Ramine Motamed-Nejad) かねが 一 番 のイラン(L Iran sous l emprise de l argent) ル モンド ディプロマティーク 2009 年 6 月 < fr/2009/06/motamed_nejad/17226 >2010 年 2 月 4 日 アクセス) し かし こうしたバブル 崩 壊 の 話 も 中 銀 資 料 の 銀 行 融 資 残 高 推 移 ( 表 1 と 図 1) からは 必 ずしもはっきり 窺 えない 2008 年 6 月 から 9 月 にかけて 公 社 公 団 向 け 融 資 の 伸 び 率 が 多 少 マイナスとなったぐらいだ 一 方 テヘラン 地 区 の 建 設 許 可 件 数 床 面 積 新 規 民 間 投 資 額 の 伸 び 率 ( 図 2)を 見 ると 最 近 の 急 落 の 様 子 がはっきりと 浮 き 彫 りになっている -119-

6 イラン 中 銀 経 済 動 向 (No.56) 1388 年 第 1 四 半 期 他 (4) 国 境 を 超 える 人 口 移 動 イラン 人 ディアスポラ 湾 岸 地 域 との 関 係 を 見 る 前 に イランが 世 界 全 体 と 関 わっていることの 一 つに イラン 人 ディアスポラ( 離 散 在 外 イラン 人 ) の 問 題 がある 何 代 かに 亘 って 居 住 する 者 ( 移 民 後 に 生 まれた 子 孫 )も 含 めて 広 く 数 えた 場 合 その 数 は 世 界 で 450 万 人 に 達 する(Julien Deris, Une diaspora dont les membres affichent une certaine réussite, mais peu organisée, RFG no <L Iran réel> ellipses (mars 2009), p ) シャーの 圧 政 を 逃 れてディアスポ ラとなった 者 たちも 含 まれるが 大 多 数 は 1979 年 のイスラーム 革 命 後 にモッラ ー( 宗 教 指 導 者 ) 為 政 の 体 制 を 逃 れて 故 国 を 離 れた 者 たちだ 2000 年 ごろのデ ータを 基 に 英 国 サセックス 大 が 行 った 移 出 者 数 調 査 (イラン 生 まれでその 後 に 国 外 に 出 国 した 人 たちの 数 )では 約 93 万 人 と 集 計 された( 表 2 図 3 図 4 参 照 ) -120-

7 国 名 表 2.イラン 各 国 間 の 移 住 者 数 一 覧 イランからの 移 出 Émigration de l'iran (Outside Iranians) % イランへの 移 入 Immigration en Iran (Foreign-born residents) % PAYS 欧 州 (+イスラエル+コーカサス) 391, % 7, % Europe ( + Israël + Caucase ) ドイツ( 独 ) 111, % % B.R.D. (Allemagne) スウェーデン( 典 ) 53, % % Sverige (Suède) イスラエル 51, % % Israël 英 国 42, % % U.K. (Royaume-Uni) オランダ( 蘭 ) 21, % % Nederland (Pays-Bas) フランス( 仏 ) 19, % % France アルメニア 16, % 1, % Hayastan (Arménie) オーストリア( 墺 ) 11, % % Österreich (Autriche) デンマーク( 丁 ) 11, % % Danmark (Danemark) ノルウェー( 諾 ) 10, % % Norge (Norvège) イタリア( 伊 ) 7, % % Italia (Italie) スイス( 瑞 ) 6, % % C.H. (Suisse) 旧 セルビア モンテネグロ 5, % % Srbija-Crna Gora (Serbie-Monténégro) ウクライナ 5, % % Ukraine ベルギー( 白 ) 3, % % België (Belgique) スペイン( 西 ) 3, % % España (Espagne) ロシア( 露 ) 3, % 1, % Rossíja (Russie) フィンランド( 芬 ) 2, % % Suomi (Finlande) その 他 欧 州 4, % 1, % Others (les autres) 米 州 369, % 1, % Amérique 米 国 291, % % U.S.A. (E.U.) カナダ( 加 ) 75, % % Canada メキシコ( 墨 ) % % E.U.M. (Mexique) その 他 米 州 2, % % Others (les autres) 中 東 (+ 中 央 アジア) 72, % 2,301, % Moyen-Orient ( + Asie centrale) シリア 14, % % Suriyah (Syrie) トルコ( 土 ) 12, % 1, % Türkiye (Turquie) パキスタン 10, % 20, % Pakistan ヨルダン 10, % % Al Urdunn (Jordanie) クウェート 4, % % Al Kūwait (Koweït) バーレーン 4, % % Al Bahrayn (Bahreïn) アラブ 首 長 国 連 邦 3, % % Al Imārāt (Féd. Émirates Arabes Unis) レバノン 3, % % Lubnān (Liban) ウズベキスタン 2, % % O'zbekiston (Ouzbékistan) カザフスタン 1, % % Qazaqstan (Kazakhstan) イエメン 1, % % Al Yaman (Yémen) オマーン 1, % % Umān (Oman) イラク % 413, % Al Irāq (Iraq) パレスチナ % 1, % Filastīn (Palestine) タジキスタン % % Tojikiston (Tadjikistan) キルギスタン % % Kyrgyzstan (Kirghizistan) トルクメニスタン % % Türkmenistan (Turkménistan) サウジアラビア % % Al Arabiya as Saudiya (Arabie Saoudite) アフガニスタン % 1,858, % Afghānistān (Afghanistan) アゼルバイジャン - 0.0% 2, % Azərbaycan (Azerbaïdjan) カタール - 0.0% % Dawla QaДar (Qatar) アフリカ 47, % 3, % Afrique リビア 25, % % Lībiyā (Libye) アルジェリア 9, % % Al Jazā'ir (Algérie) モロッコ 5, % % Al Maghrib (Maroc) コンゴ(ザイール 旧 白 領 ) 2, % % Rép. Démocratique du Congo (ex.zaïre) チュニジア % % Tūnis (Tunisie) エジプト( 埃 ) % 1, % Misr (Égypte) エチオピア % % Ityop'iya (Éthiopie) スーダン % % Al Sūdān (Soudan) その 他 アフリカ 3, % % Others (les autres) 東 アジア (+ 南 アジア+ 大 洋 州 ) 45, % 8, % Extrême-Orient (+Asie du Sud +Océanie) オーストラリア( 豪 ) 18, % % Commonwealth of Australia (Australie) 香 港 5, % % Hong Kong フィリピン( 比 ) 4, % % Pilipinas (Philippines) 日 本 4, % % Nippon (Japon) 中 国 2, % % Zhōnghuá Rénmín Gònghéguó (Chine) インド( 印 ) 2, % 5, % Bhārat (Inde) ニュージーランド( 新 ) 1, % % New Zealand (Nouvelle-Zélande) インドネシア( 尼 ) % % Indonesia (Indonésie) バングラデシュ % % Bangladesh その 他 東 アジア 1, % % East Asia others (le reste de L'E.-Orient) その 他 南 アジア 1, % % South Asia others (le reste de l'asie-sud.) その 他 大 洋 州 % % Oceania others (le reste de l'océanie) 合 計 926, % 2,321, % TOTAL Globalisation and Poverty, Database (Updated March 2007), DRC Migration, University of Sussex <http://www.migrationdrc.org/research/typesofmigration/global_migrant_origin_database.html>2009 年 11 月 26 日 アクセス -121-

8 図 3.イラン 地 域 間 の 移 住 者 数 Globalisation and Poverty, Database (Updated March 2007), DRC Migration, University of Sussex < > 2009 年 11 月 26 日 アクセス 図 4. 国 別 イランからの 移 出 -122-

9 組 織 化 せず Low-profile だった 在 米 イラン 人 最 大 の 在 外 イラン 人 コミュニ ティは 米 国 にあり その 数 150 万 人 と 言 われるが サセックス 大 移 出 者 数 調 査 では 約 29 万 人 ( 全 イラン 人 移 出 の 31.5%)になっている カリフォルニア 州 ロ サンゼルス 市 近 辺 に 集 中 しているため 同 市 は テヘランゼルス とか イラ ンゼルス と 揶 揄 されたりもする 他 の 民 族 集 団 より 比 較 的 富 裕 だと 言 われる 在 米 イラン 人 たちは 本 国 からの 刺 客 や 訴 追 の 的 になることを 怖 れてか 最 近 まで 目 立 つ 組 織 だった 行 動 を 嫌 う 傾 向 にあった はっきりしない 中 東 調 査 第 2 位 がトルコのイラン 人 コミュニティ 80 万 人 で 次 いでアラブ 首 長 国 連 邦 の 40 万 人 だと 言 われるが 移 出 者 数 調 査 では 在 トルコ 12,957 人 在 アラブ 首 長 国 連 邦 3,965 人 と 少 ない これは 近 隣 中 東 諸 国 での 正 確 な 調 査 統 計 の 難 しさに 因 る 数 字 の 乖 離 なのか 或 いは 何 代 も 前 か らのペルシア 系 コミュニティは 存 在 するが 最 近 の 移 出 者 数 自 体 が 僅 少 だったこ とに 因 る 開 きなのか あまりはっきりしない 独 加 典 イスラエルで 優 勢 なイラン 人 移 出 者 数 で 多 いのは ドイ ツ 111,982 人 を 筆 頭 に スウェーデン 5 万 人 英 国 4 万 人 オランダ 2 万 人 フランス 2 万 人 と 続 く 欧 州 諸 国 だ また 北 米 で 広 く 移 民 を 受 け 容 れているカ ナダも 75,117 人 を 数 える 大 戦 後 のイスラエル 建 国 の 時 期 或 いはその 後 のイ スラーム 革 命 の 混 乱 期 5 万 人 以 上 のユダヤ 人 たちがイランからイスラエルに 移 出 している モシェ カツァブ(Moshe Katsav [Mōshéh Qaŝŝābh]) 前 イスラエ ル 大 統 領 はイラン 中 部 のヤズド 生 まれ 落 下 傘 部 隊 で 名 を 馳 せたシャウル モ ファズ(Shaul Mofaz) 元 国 防 相 もテヘラン 生 まれだ 査 証 相 互 免 除 協 定 下 (1974 ~1992 年 )で 上 野 公 園 代 々 木 公 園 などを 大 いに 賑 わし 33,000 人 のイラン 人 コミュニティがあったと 言 われる 日 本 は その 後 の 不 法 滞 在 取 締 強 化 などで 激 減 し サセックス 大 調 査 で 4,348 人 最 近 の 法 務 省 在 留 イラン 人 登 録 数 でも 5 千 人 程 度 となっている -123-

10 図 5. 国 別 イランへの 移 入 Globalisation and Poverty, Database (Updated March 2007), DRC Migration, University of Sussex < > 2009 年 11 月 26 日 アクセス 移 入 者 の 殆 どが Afghan と Iraqi 一 方 外 国 生 まれでその 後 イランに 移 入 した 者 は 232 万 人 を 数 える( 表 2 図 3 図 5 参 照 ) 移 入 者 の 80.1%の 186 万 人 が 東 隣 りのアフガニスタンから 17.8%の 41 万 人 が 西 隣 りのイラクから 0.9%の 2 万 人 が 東 南 で 接 するパキスタンからで 合 計 でほぼ 99%に 達 する そ の 大 多 数 が それぞれの 隣 国 での 内 戦 迫 害 宗 教 対 立 などの 事 情 で 越 境 難 民 となった 人 たちだ 2005 年 当 時 テヘラン 都 市 圏 人 口 1,300 万 のうち 200 万 人 がアフガン 難 民 だと 言 われ イラン 人 社 会 がその 多 くを 毎 夜 の 道 路 清 掃 建 設 工 事 作 業 に 雇 い 地 方 農 場 でも 家 族 毎 に 受 け 容 れて 定 住 を 支 援 しているのを 見 かけ そこに 何 かペルシア 宗 主 国 精 神 のようなものを 感 じたのを 思 い 出 す ロシア 人 は 何 する 人 ぞ 移 入 者 少 数 の 国 で ロシア 1,121 人 が 目 立 つ ブシェール(Bushehr) 原 発 建 設 が 関 係 しているのだろうか 東 アジアからはフ ィリピンが 678 人 を 数 えるが 多 くが 出 稼 ぎに 来 て そのままイラン 家 庭 に 入 った 婦 人 たちだ -124-

11 2. 湾 岸 地 域 経 済 におけるイラン (1) 湾 岸 各 国 の 地 勢 ペルシア 湾 かアラビア 湾 か かつて 年 末 になると ある 銀 行 の 窓 口 で 顧 客 配 布 用 世 界 地 図 カレンダーが 小 学 生 (の 親 )たちで 奪 い 合 いの 人 気 だった が 日 本 で 普 通 だった ペルシア 湾 という 印 刷 文 字 は 配 布 者 側 が 大 の 得 意 先 のアラブ 各 国 のクレームを 気 遣 った 挙 げ 句 とうとうある 時 から 地 図 の 北 緯 26 度 東 経 50 度 近 辺 の 海 上 から 消 えてしまった( 逆 に 最 近 では 2004 年 12 月 以 降 米 ナショナルジオグラフィック 誌 の アラビア 湾 副 記 や ガルフ 表 記 をめぐ って イラン 政 府 からの 抗 議 が 姦 しい) その 湾 の 岸 辺 に 集 う 国 々は 時 計 と 反 対 回 りでイラン イラク クウェート サウジアラビア バーレーン カタール アラブ 首 長 国 連 邦 オマーンの 8 ヶ 国 を 数 える 図 6. 湾 岸 各 国 の 人 口 とシーア 派 World Economic Outlook Database,October 2009,IMF <http://www.imf.org/external/country/index.htm>2010 年 1 月 16 日 アクセス 他 イランへの 警 戒 と 友 好 湾 岸 人 口 は 2009 年 推 計 で 合 計 1 億 4,400 万 人 そのうち 7,410 万 人 (51.5%)を 有 するイラン 次 に 3,120 万 人 (21.7%)のイラ クの 存 在 が 大 きい( 図 6 参 照 ) 元 来 他 の 6 ヶ 国 間 では 1979 年 のイラン 革 命 とアフガニスタン 侵 攻 1980 年 からのイライラ 戦 争 を 経 て 互 いに 地 域 安 定 の ための 協 力 気 運 が 強 かった(1981 年 5 月 の 湾 岸 協 力 会 議 GCC 設 立 ) 2003 年 のサダムフセイン 政 権 の 瓦 解 後 に 顕 在 化 著 しいシーア 派 勢 力 加 えて 一 連 のイ ラン 核 開 発 問 題 を 前 に 6 ヶ 国 では 共 通 した 強 い 警 戒 感 が 拡 がっている しか -125-

12 し 基 本 姿 勢 として イランやシーア 派 の 存 在 排 除 という 非 現 実 的 な 対 応 はせ ず 米 英 に 安 全 保 障 上 の 支 援 確 保 を 求 める 一 方 で イランに 対 しては 時 に 経 済 的 な 便 宜 供 与 なども 行 いながら 友 好 関 係 をアピールするという 両 睨 み 戦 略 を とる( 寺 中 純 子 ケイワン アブドリ イラン 経 済 内 外 政 治 情 勢 の 変 化 JOI 2009 年 11 月 号 pp.16-17) 許 せない 盟 主 の 座 への 挑 戦 その 中 でサウジアラビアは 米 国 から 多 額 の 武 器 供 与 を 受 けていることで 際 立 っている イラン 核 開 発 の 現 実 性 を 否 定 し た 国 家 情 報 評 価 (2007 年 12 月 3 日 付 NIE)が 米 ブッシュ 政 権 下 で 馬 鹿 正 直 に 発 表 されてしまった 後 サウジアラビアがアフマディネジャド 大 統 領 をメッカ 巡 礼 に 招 いたりするなどイランへの 配 慮 を 示 した 時 期 があったが 2008 年 以 降 レバノンのヒズブッラーをめぐって 両 国 の 対 立 が 深 まった また 南 隣 りイエ メンのシーア 派 勢 力 支 援 問 題 でもイランに 神 経 を 尖 らせる イランが 米 国 と 関 係 改 善 を 図 って 湾 岸 で 力 を 増 すことは 地 域 盟 主 として 地 位 を 脅 かされるサウ ジアラビアにとって 好 ましいことではない バランスに 苦 慮 クウェート バーレーン カタールには 米 軍 が 基 地 を 有 する シーア 派 住 民 が それぞれの 国 民 の 中 で 25%(90 万 人 ) 70%(60 万 人 ) 10%(10 万 人 ) 程 度 を 占 める 沿 岸 警 備 などでイランと 関 心 を 共 有 する クウェートは イエメン シーア 派 問 題 などでは サウジアラビア=イラン 間 のコミュニケーションをとりもったりするらしい(2009 年 11 月 サバーハ ク ウェート 首 相 のテヘラン 訪 問 ) 19 世 紀 までペルシアが 領 有 していたバーレー ンでは 国 会 40 議 席 中 17 議 席 がシーア 系 党 派 であり イラン 側 からも 度 々 属 国 であるかのような 発 言 (2009 年 2 月 ナテグ ヌーリ Nateq Noori 元 国 会 議 長 の かつて 14 番 目 の 属 州 発 言 など)がなされるため バーレーン 政 権 側 に イランに 対 する 根 強 い 警 戒 心 反 発 心 がある 国 際 間 で 仲 介 者 として 立 ち 回 る カタールは ガザ 問 題 でイランやアラブ 連 盟 諸 国 を 召 集 (2009 年 1 月 )したり イラン ロシアと 天 然 ガス 版 OPEC 設 立 を 目 指 したりしたかと 思 えば 湾 岸 で 唯 一 イスラエルとの 関 係 を 維 持 し 続 けている 近 隣 でイランと 最 も 友 好 的 関 係 にあるオマーンは 時 に 国 王 がクリントン=ハタミ 米 イ 大 統 領 間 で 仲 介 に 動 い たりしつつ 米 空 軍 が 基 地 使 用 協 定 を 発 動 してオマーンをイラン 出 撃 のために 使 用 することがないようにと 神 経 を 使 う -126-

13 Īrān (イラン) Al Irāq (イラク) Al Kūwait (クウェート) Al Arabiya as Saudiya (サウジ アラビア) Al Bahrayn (バーレーン) Dawla QaДar (カタール) Al Imārāt (アラブ 首 長 国 連 邦 ) Umān (オマーン) Nippon ( 日 本 ) 表 3. イラン 湾 岸 各 国 日 本 /IMFデータ 比 較 比 較 項 目 単 位 以 降 推 計 比 較 項 目 (IMF 以 外 ) 単 位 近 年 値 国 民 総 生 産 ( 名 目 GDP) ( 十 億 米 ドル) 面 積 ( 千 km2) 1,648 千 一 人 当 たりGDP ( 米 ドル/ 人 ) 1,515 1,781 1,776 2,015 2,390 2,746 3,152 3,990 4,600 4,477 4, シーア 派 人 口 比 率 (CIA) ( % ) 89 % インフレ 率 ( 消 費 者 物 価 : 平 均 ) ( 年 率 %) ペルシア 系 住 民 人 口 (58%-CIA) ( 百 万 人 ) 43 百 万 人 人 口 ( 百 万 人 ) イラン 生 まれ 流 入 住 民 ( 移 民 ) ( 人 ) n.a. 経 常 収 支 ( 十 億 米 ドル) 対 外 債 務 ( , CIA) ( 億 米 ドル) 億 経 常 収 支 /GDP 比 率 ( % ) 外 貨 準 備 ( , CIA) ( 億 米 ドル) 億 国 民 総 生 産 ( 名 目 GDP) ( 十 億 米 ドル) n/a n.a. n.a. n.a. n.a 面 積 ( 千 km2) 437 千 一 人 当 たりGDP ( 米 ドル/ 人 ) n/a n.a. n.a. n.a. n.a. 1,124 1,714 2,109 3,007 2,245 2, シーア 派 人 口 比 率 (CIA) ( % ) 60 % インフレ 率 ( 消 費 者 物 価 : 平 均 ) ( 年 率 %) n/a n.a. n.a. n.a. n.a ペルシア 系 住 民 人 口 ( 人 ) n.a. 人 口 ( 百 万 人 ) n/a n.a. n.a. n.a イラン 生 まれ 流 入 住 民 ( 移 民 ) ( 人 ) 797 人 経 常 収 支 ( 十 億 米 ドル) n/a n.a. n.a. n.a. n.a 対 外 債 務 ( , CIA) ( 億 米 ドル) 億 経 常 収 支 /GDP 比 率 ( % ) n/a n.a. n.a. n.a. n.a 外 貨 準 備 ( , CIA) ( 億 米 ドル) 億 国 民 総 生 産 ( 名 目 GDP) ( 十 億 米 ドル) 面 積 ( 千 km2) 18 千 一 人 当 たりGDP ( 米 ドル/ 人 ) 17,013 15,114 15,761 18,783 21,586 27,013 31,909 33,760 45,920 32,491 37, シーア 派 人 口 比 率 (CIA) ( % ) 25 % インフレ 率 ( 消 費 者 物 価 : 平 均 ) ( 年 率 %) ペルシア 系 住 民 人 口 (4%-CIA) ( 人 ) 140,000 人 人 口 ( 百 万 人 ) イラン 生 まれ 流 入 住 民 ( 移 民 ) ( 人 ) 4,895 人 経 常 収 支 ( 十 億 米 ドル) 対 外 債 務 ( , CIA) ( 億 米 ドル) 億 経 常 収 支 /GDP 比 率 ( % ) 外 貨 準 備 ( , CIA) ( 億 米 ドル) 億 国 民 総 生 産 ( 名 目 GDP) ( 十 億 米 ドル) 面 積 ( 千 km2) 1,961 千 一 人 当 たりGDP ( 米 ドル/ 人 ) 9,216 8,736 8,785 9,758 11,127 13,658 15,050 15,825 18,855 14,871 16, シーア 派 人 口 比 率 (JCCME) ( % ) 6.4 % インフレ 率 ( 消 費 者 物 価 : 平 均 ) ( 年 率 %) ペルシア 系 住 民 人 口 ( 人 ) n.a. 人 口 ( 百 万 人 ) イラン 生 まれ 流 入 住 民 ( 移 民 ) ( 人 ) 109 人 経 常 収 支 ( 十 億 米 ドル) 対 外 債 務 ( , CIA) ( 億 米 ドル) 億 経 常 収 支 /GDP 比 率 ( % ) 外 貨 準 備 ( , CIA) ( 億 米 ドル) 億 国 民 総 生 産 ( 名 目 GDP) ( 十 億 米 ドル) 面 積 ( 千 km2) 1 千 一 人 当 たりGDP ( 米 ドル/ 人 ) 11,890 11,719 12,127 13,726 15,601 18,323 21,157 24,138 27,248 24,355 26, シーア 派 人 口 比 率 ( % ) 70 % インフレ 率 ( 消 費 者 物 価 : 平 均 ) ( 年 率 %) ペルシア 系 住 民 人 口 (8%) ( 人 ) 63,000 人 人 口 ( 百 万 人 ) イラン 生 まれ 流 入 住 民 ( 移 民 ) ( 人 ) 4,109 人 経 常 収 支 ( 十 億 米 ドル) 対 外 債 務 ( , CIA) ( 億 米 ドル) 億 経 常 収 支 /GDP 比 率 ( % ) 外 貨 準 備 ( , CIA) ( 億 米 ドル) 34.7 億 国 民 総 生 産 ( 名 目 GDP) ( 十 億 米 ドル) 面 積 ( 千 km2) 11 千 一 人 当 たりGDP ( 米 ドル/ 人 ) 29,290 27,030 28,355 32,788 41,949 53,333 67,922 76,374 93,204 75,956 94, シーア 派 人 口 比 率 ( % ) 10 % インフレ 率 ( 消 費 者 物 価 : 平 均 ) ( 年 率 %) ペルシア 系 住 民 人 口 ( 人 ) 140,000 人 人 口 ( 百 万 人 ) イラン 生 まれ 流 入 住 民 ( 移 民 ) ( 人 ) n.a. 経 常 収 支 ( 十 億 米 ドル) 対 外 債 務 ( , CIA) ( 億 米 ドル) 億 経 常 収 支 /GDP 比 率 ( % ) 外 貨 準 備 ( , CIA) ( 億 米 ドル) 億 国 民 総 生 産 ( 名 目 GDP) ( 十 億 米 ドル) 面 積 ( 千 km2) 83 千 一 人 当 たりGDP ( 米 ドル/ 人 ) 23,446 21,685 22,661 25,052 28,531 32,927 38,819 40,147 55,028 46,584 50, シーア 派 人 口 比 率 (CIA) ( % ) 15 % インフレ 率 ( 消 費 者 物 価 : 平 均 ) ( 年 率 %) ペルシア 系 住 民 人 口 ( 人 ) 400,000 人 人 口 ( 百 万 人 ) イラン 生 まれ 流 入 住 民 ( 移 民 ) ( 人 ) 3,965 人 経 常 収 支 ( 十 億 米 ドル) 対 外 債 務 ( , CIA) ( 億 米 ドル) 1,286.0 億 経 常 収 支 /GDP 比 率 ( % ) 外 貨 準 備 ( , CIA) ( 億 米 ドル) 億 国 民 総 生 産 ( 名 目 GDP) ( 十 億 米 ドル) 面 積 ( 千 km2) 312 千 一 人 当 たりGDP ( 米 ドル/ 人 ) 8,097 7,994 8,203 8,760 9,954 12,318 14,282 15,180 21,646 18,718 21, シーア 派 人 口 比 率 ( % ) 10 % インフレ 率 ( 消 費 者 物 価 : 平 均 ) ( 年 率 %) ペルシア 系 住 民 人 口 ( 人 ) 200,000 人 人 口 ( 百 万 人 ) イラン 生 まれ 流 入 住 民 ( 移 民 ) ( 人 ) 1,093 人 経 常 収 支 ( 十 億 米 ドル) 対 外 債 務 ( , CIA) ( 億 米 ドル) 74.7 億 経 常 収 支 /GDP 比 率 ( % ) 外 貨 準 備 ( , CIA) ( 億 米 ドル) 億 国 民 総 生 産 ( 名 目 GDP) ( 十 億 米 ドル) 4, , , , , , , , , , , 面 積 ( 千 km2) 378 千 一 人 当 たりGDP ( 米 ドル/ 人 ) 36, , , , , , , , , , , シーア 派 人 口 比 率 ( % ) - インフレ 率 ( 消 費 者 物 価 : 平 均 ) ( 年 率 %) ペルシア 系 住 民 人 口 ( 人 ) - 人 口 ( 百 万 人 ) イラン 生 まれ 流 入 住 民 ( 移 民 ) ( 人 ) 4,348 人 経 常 収 支 ( 十 億 米 ドル) 対 外 債 務 ( , CIA) ( 億 米 ドル) 21,320.0 億 経 常 収 支 /GDP 比 率 ( % ) 外 貨 準 備 ( , 世 銀 ) ( 億 米 ドル) 10,222.4 億 World Economic Outlook Database, October 2009, International Monetary Fund <http://www.imf.org/external/countr y /index.htm> 2010 年 1 月 16 日 アクセス 他 -127-

14 イラン 最 大 の 貿 易 相 手 アラブ 首 長 国 連 邦 とイランの 経 済 的 結 びつきは 強 い そのため 米 国 は 発 展 著 しい 商 都 ドバイが 経 済 制 裁 を 迂 回 するイラン の 世 界 への 窓 になっていることを 警 戒 する アラブ 首 長 国 連 邦 はイランに とって イラクに 次 ぐ 第 2 位 (2006 年 13.3%)の( 非 石 油 ) 輸 出 先 そして 独 仏 中 韓 を 押 さえて 圧 倒 的 第 1 位 (2006 年 22.4%)の 輸 入 先 だ 特 に 輸 入 (50% 以 上 が 自 動 車 電 気 電 子 製 品 機 械 )は 21 世 紀 になってから 倍 々ゲーム 状 態 で 急 増 中 だ アラブ 首 長 国 連 邦 は 面 積 や 人 口 で 小 国 でも 国 富 で 見 れば 1 兆 2,891 億 ドル(2009 年 IMF 推 計 ) の 湾 岸 8 ヶ 国 GDP 中 2,286 億 ドル(17.7%) を 占 める 堂 々 第 3 位 の 大 国 である( 表 3 と 図 7 参 照 ) 一 方 で 1970 年 代 以 来 イランと 3 つの 島 をめぐって 領 有 権 問 題 が 解 決 していない 図 7. 湾 岸 各 国 の 国 民 総 生 産 World Economic Outlook Database, IMF <http://www.imf.org/external/country/index.html> 2010 年 1 月 16 日 アクセス -128-

15 (2) 原 油 天 然 ガスの 動 向 原 油 70ドル 台 回 復 サウスパルス 開 発 が 足 踏 み 世 界 3 位 の 原 油 埋 蔵 量 米 国 エネルギー 省 統 計 は イランの 2008 年 末 の 原 油 確 認 埋 蔵 量 1,362 億 バーレル( 石 油 輸 出 国 機 構 (OPEC)データでは 1,376 億 バーレル)を サウジアラビア カナダに 次 いで 世 界 第 3 位 に イランのコン デンセートを 含 む 原 油 生 産 量 405 万 バーレル/ 日 を ロシア サウジアラビア 米 国 に 次 いで 世 界 第 4 位 に 挙 げている( 図 8 図 9 と 後 出 表 5 参 照 ) OPEC は 2009 年 1 月 からの 減 産 実 施 を 決 定 し イランに 万 バーレル/ 日 の 生 産 枠 を 配 分 したが 輸 出 収 入 確 保 を 狙 ってその 後 もイランは 割 当 枠 を 上 回 る 370 万 バーレル/ 日 以 上 の 生 産 を 行 っている 油 価 の 動 きは イラン 核 問 題 の 緊 張 し た 情 勢 下 で 軽 質 油 イラニアン ライトも 史 上 最 高 値 ドル/バーレル (2008 年 7 月 11 日 )まで 上 昇 したが その 後 あれよあれよと 29.7 ドル/バー レル(12 月 24 日 )まで 100 ドル 以 上 も 急 落 する 2009 年 初 35 ドル 台 で 始 まったイラニアン ライト 油 価 は 中 国 など 新 興 国 の 需 要 回 復 もあって 価 格 は 緩 やかな 上 昇 基 調 を 辿 り 8 月 には 70 ドル 台 を 回 復 2010 年 1 月 末 現 在 で 75 ドル/バーレル 前 後 の 価 格 をつけている 図 8. 各 国 の 原 油 確 認 埋 蔵 量 -129-

16 図 年 国 別 原 油 生 産 漁 夫 の 利 の 中 国? 油 田 開 発 では 2004 年 2 月 に 75% 権 益 を 獲 得 した 日 本 連 合 が イラク 国 境 近 くの 地 雷 原 を 縫 いながら 開 発 する 計 画 だった 中 東 最 大 級 のアザデガン 油 田 がある その 後 に 誕 生 したアフマディネジャド 政 権 に 対 する 米 欧 からの 締 め 付 けが 強 まる 中 2006 年 10 月 日 本 は 操 業 権 と 大 幅 な 権 益 の 返 上 を 余 儀 なくされた( 国 際 石 油 開 発 帝 石 が 10%のみ 権 益 を 維 持 ) 腰 が 曳 ける 日 本 に 代 わって 2009 年 8 月 に 中 国 国 営 石 油 天 然 ガス 公 司 (CNPC)が 同 油 田 権 益 の 70% 取 得 でイラン 側 と 合 意 したことが 報 じられている 輸 出 に 回 らない 埋 蔵 量 2 位 のガス 天 然 ガスに 関 する 米 国 エネルギー 省 統 計 は イラン 埋 蔵 量 992 兆 立 方 フィート(28 兆 立 方 メートル OPEC データで は 29.6 兆 立 方 メートル)をロシアに 次 いで 世 界 第 2 位 に 2008 年 のイラン 生 産 量 6.37 兆 立 方 フィート(1,800 億 立 方 メートル OPEC データの 市 場 向 け 生 産 量 は 1,163 億 立 方 メートル)を 米 国 ロシア カナダ アルジェリアに 次 いで 世 界 第 5 位 に 挙 げている( 図 10 図 11 と 後 出 表 5 参 照 ) 現 在 は 天 然 ガス 産 出 の 全 量 がイラン 国 内 の 発 電 暖 房 用 に 回 っている -130-

17 図 10. 各 国 の 天 然 ガス 埋 蔵 量 図 年 国 別 天 然 ガス 生 産 -131-

18 Exportations ( 輸 出 ) Valeur en millions de US$ ( 百 万 米 ドル) Pays Produit 原 油 402, , , , ,079,338.9 Monde ( 世 界 ) Īrān (イラン) Al Irāq (イラク) Al Kūwait (クウェート) Al Arabiya as Saudiya (サウジアラビア) Al Bahrayn (バーレーン) Dawla QaДar (カタール) Al Imārāt (アラブ 首 長 国 連 邦 ) Umān (オマーン) Importations ( 輸 入 ) U.S.A. ( 米 国 ) Nippon ( 日 本 ) Zhōnghuá Rénmín Gò nghéguó ( 中 国 ) Daehan Minguk ( 韓 国 ) 表 4. イラン 湾 岸 各 国 の 原 油 ガス 輸 出 額 ( 米 日 中 韓 の 輸 入 額 ) 液 化 石 油 ガス 17, , , , ,798.2 天 然 ガス 93, , , , ,744.3 合 計 513, , , ,181, ,328,881.4 ( % ) 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 原 油 26, , , , ,909.6 液 化 石 油 ガス , ,354.0 天 然 ガス n.a. n.a. n.a. n.a. n.a. 合 計 26, , , , ,263.6 ( % ) 5.2% 5.1% 5.0% 4.3% 5.1% 原 油 8, , , , ,530.6 液 化 石 油 ガス n.a. n.a. n.a. n.a. n.a. 天 然 ガス n.a. n.a. n.a. n.a. n.a. 合 計 8, , , , ,530.6 ( % ) 1.7% 2.3% 1.8% 2.4% 3.0% 原 油 11, , , , ,173.8 液 化 石 油 ガス , , , ,287.2 天 然 ガス n.a. n.a. n.a. n.a. n.a. 合 計 12, , , , ,461.0 ( % ) 2.4% 2.6% 3.2% 3.4% 3.3% 原 油 70, , , , ,030.4 液 化 石 油 ガス 2, , , , ,986.0 天 然 ガス , ,853.0 合 計 73, , , , ,869.4 ( % ) 14.3% 14.3% 14.7% 14.4% 14.2% 原 油 n.a. n.a. n.a. n.a. n.a. 液 化 石 油 ガス n.a. n.a. n.a. n.a. n.a. 天 然 ガス n.a. n.a. n.a. n.a. n.a. 合 計 4, , , , ,804.9 ( % ) 0.9% 0.8% 0.8% 0.8% 0.8% 原 油 6, , , , ,181.2 液 化 石 油 ガス , ,255.2 天 然 ガス 4, , , , ,225.2 合 計 11, , , , ,661.6 ( % ) 2.2% 2.2% 2.2% 2.5% 2.3% 原 油 21, , , , ,075.5 液 化 石 油 ガス n.a. n.a. n.a. n.a. n.a. 天 然 ガス 1, , , , ,635.2 合 計 22, , , , ,710.7 ( % ) 4.3% 4.4% 4.3% 4.8% 4.6% 原 油 8, , , , ,443.4 液 化 石 油 ガス n.a. n.a 天 然 ガス , , , ,070.0 合 計 9, , , , ,106.6 ( % ) 1.8% 1.6% 1.6% 1.5% 1.4% 原 油 106, , , , ,048.3 液 化 石 油 ガス 2, , , , ,167.3 天 然 ガス 20, , , , ,466.4 合 計 130, , , , ,682.0 ( % ) 25.4% 24.9% 23.3% 22.6% 21.5% 原 油 45, , , , ,830.2 液 化 石 油 ガス 4, , , , ,421.1 天 然 ガス 14, , , , ,717.5 合 計 65, , , , ,968.8 ( % ) 12.7% 11.2% 10.7% 11.0% 10.5% 原 油 19, , , , ,857.5 液 化 石 油 ガス 1, , , , ,479.3 天 然 ガス n.a. n.a. n.a. n.a. n.a. 合 計 21, , , , ,336.8 ( % ) 4.2% 5.3% 5.2% 5.9% 6.2% 原 油 23, , , , ,322.9 液 化 石 油 ガス 1, , , , ,097.1 天 然 ガス 5, , , , ,653.3 合 計 29, , , , ,073.3 ( % ) 5.7% 5.6% 5.5% 6.0% 5.7% U.N. International Merchandise Trade Statistics <http://comtrade.un.org/pb/commoditypages.aspx?y=2007>2010 年 1 月 16 日 アクセス -132-

19 進 まぬサウスパルス 開 発 カタール 側 で 1971 年 イラン 側 沖 合 では 1990 年 サウスパルス(South Pars: 対 岸 カタールではノースフィールド North Field) と 呼 ばれる 全 体 の 天 然 ガス 埋 蔵 量 900 兆 立 方 フィート(25 兆 立 方 メートル) の 世 界 屈 指 の 巨 大 海 底 ガス 田 が 両 国 境 界 線 を 跨 いで 発 見 された(イラン 側 の 埋 蔵 量 として 半 分 の 450 兆 立 方 フィートをカウント) サウスパルスガス 田 は 一 つの 丸 屋 根 状 に 盛 り 上 がったドーム 地 層 (ノースドーム North Dome)が 両 国 間 に 横 たわるという 単 一 構 造 なるがため 先 に 開 発 を 進 めたカタール 側 の 吸 い 取 り 口 から 順 調 に 天 然 ガスが 産 出 されて 吸 い 取 られてしまうことに イラン 側 が 少 し 焦 りを 感 じているようだ イラン 政 府 は 沿 岸 のアサルイェ(Asaluyeh) に GTL(Gas To Liquid)などの 壮 大 な 化 学 プラントを 建 設 し 産 出 ガスの 一 部 で 転 換 された 液 化 天 然 ガス(LNG)や 石 油 化 学 品 の 本 格 的 な 輸 出 を 開 始 する 計 画 だ が これら 計 画 は 偏 に 今 後 のサウスパルスガス 田 開 発 の 成 否 にかかっている 制 裁 圧 力 の 中 2008 年 5 月 英 蘭 シェルが 共 同 開 発 (フェーズ 13)から 撤 退 を 表 明 するなど 資 金 不 足 や 技 術 導 入 停 止 でサウスパルスの 開 発 は 遅 延 している イラ ン 側 の ホラ 貝 的 な 発 表 では 欧 州 勢 の 空 白 を 埋 めて 最 近 は 露 Gazprom 中 国 CNPC 韓 国 勢 インド 勢 など 新 興 諸 国 が 積 極 的 にサウスパルスガス 田 開 発 に 乗 り 出 したことが 報 じられている 2. ロシア 3. ノルウェー 4. カナダ 6. ナイジェリア 7. ベネズエラ 9. アルジェリア 12. リビア 13. メキシコ 図 12. 原 油 ガスの 輸 出 輸 入 (2007 年 ) 3ドイツ 6フランス 7インド 8イタリア U.N. International Merchandise Trade Statistics <http://comtrade.un.org/pb/commoditypages.aspx?y=2007> 2010 年 1 月 16 日 アクセス -133-

20 (3)イラン 湾 岸 各 国 の 貿 易 統 計 米 亜 欧 の 原 油 需 要 を 支 える 湾 岸 原 油 国 連 統 計 で 原 油 ガスの 輸 出 入 額 を 見 てみよう( 表 4 と 図 12 参 照 ) 2007 年 の 輸 入 は 米 国 日 本 ドイツ 中 国 韓 国 と 上 位 輸 入 国 が 続 く 2003 年 以 後 日 本 は 世 界 での 輸 入 シェアを 12.7%から 10.5%へ 縮 めたが 中 国 が 4.2%から 6.2%へ 大 きく 割 合 を 上 げ この 傾 向 が 続 きそうだ こうしたエネルギー 消 費 国 に 原 油 ガスを 輸 出 する 上 位 14 ヶ 国 に 湾 岸 から 6 ヶ 国 (1 位 サウジアラビア 14.2% 5 位 イラン 5.1% 8 位 アラブ 首 長 国 連 邦 4.6% 10 位 クウェート 3.3% 11 位 イラク 3.0% 14 位 カタール 2.3%) の 顔 が 並 ぶ イランは 世 界 シェアの 5% 前 後 を 安 定 的 に 供 給 しており 油 価 上 昇 で 年 間 輸 出 額 が 265 億 ドル(2003 年 )から 659 億 ドル(2007 年 )へ 2.5 倍 に 増 えた また 戦 後 の 混 乱 期 を 経 て イラクが 3.0%までシェアを 回 復 してき ている 図 年 イラン 原 油 輸 出 先 合 計 2,458,000 B/D (バーレール/ 日 ) Global Trade Atlas, FACTS, U.S. Energy Information Administration < > 2010 年 1 月 20 日 アクセス -134-

21 中 国 に 猛 追 されるイラン 仕 向 先 トップの 日 本 イラン 原 油 の 仕 向 先 では 過 去 30 年 間 ( 時 期 によってシェアが 15%から 34%の 間 を 動 くが) 日 本 が 第 1 位 となってきた 表 5.イラン/OPEC データ 5. イラン /OPECデータ 原 油 確 認 埋 蔵 量 58,296 59,000 92,850 93,700 99,530 99, , , , , , , ,620 ( 百 万 バーレル ) ( % イラン / 全 世 界 埋 蔵 量 ) 9.1% 7.8% 9.3% 9.2% 9.2% 8.8% 11.3% 11.2% 11.1% 11.4% 11.4% 11.2% 10.6% 原 油 生 産 量 ( 千 バーレル / 日 ) 1, , , , , , , , , , , , ,055.7 ( % イラン / 全 世 界 生 産 ) 2.5% 4.2% 5.3% 5.9% 5.6% 5.5% 5.1% 5.6% 5.4% 5.7% 5.7% 5.6% 5.6% 原 油 輸 出 量 ( 千 バーレル 日 ) , , , , , , , , , , , ,438.1 / ( % イラン 輸 出 / イラン 生 産 ) 54.3% 71.5% 70.8% 72.9% 68.1% 61.2% 64.5% 64.0% 70.0% 58.5% 58.4% 61.2% 60.1% ( % イラン 輸 出 / 全 世 界 輸 出 ) 2.6% 7.5% 8.2% 8.1% 6.4% 5.7% 5.9% 6.4% 6.7% 5.9% 5.9% 6.0% 6.1% 日 本 向 け 輸 出 ( % 日 本 向 け / イラン 全 輸 出 ) 33.5% 16.5% 17.5% 14.5% 19.7% 24.6% 25.3% 27.2% 27.2% 34.3% 28.8% 18.3% 18.0% 他 アジア 大 洋 州 向 け 輸 出 , ,104.3 イタリア 向 け 輸 出 フランス 向 け 輸 出 ドイツ 向 け 輸 出 オランダ 向 け 輸 出 英 国 向 け 輸 出 他 欧 州 向 け 輸 出 米 国 向 け 輸 出 他 米 州 向 け 輸 出 中 東 アフリカ 不 明 先 向 け 天 然 ガス 確 認 埋 蔵 量 14,101 13,986 17,003 19,350 26,600 26,600 26,690 27,570 27,500 27,580 26,850 28,080 29,610 ( 十 億 標 準 立 法 メートル ) ( % イラン / 全 世 界 埋 蔵 量 ) 16.8% 14.0% 13.1% 13.6% 16.6% 15.4% 15.4% 15.7% 15.7% 15.6% 15.2% 15.6% 16.2% 天 然 ガス 市 場 生 産 量 ( 百 万 標 準 立 法 メートル ) 7,138 14,600 24,200 38,600 60,240 66,000 75,000 81,500 89, , , , ,300 ( % イラン / 全 世 界 生 産 ) 0.5% 0.8% 1.2% 1.8% 2.5% 2.6% 2.9% 3.1% 3.3% 3.7% 3.8% 3.8% 3.8% 原 油 価 格 =OPECバスケット ( 米 ド ル / バーレル ) 石 油 輸 出 額 ( 百 万 米 ドル ) 11,693 13,012 16,831 14,973 25,443 21,420 19,219 26,124 34,289 53,219 59,131 64,901 88,918 OPEC Annual Statistics <http://www.opec.org/library/annual%20statistical%20bulletin/interactive/2008/filez/main.htm>2010 年 1 月 22 日 アクセス しかし 近 年 は 中 国 とインドが 急 速 に 輸 入 量 を 増 やしており 首 位 の 座 を 奪 う 勢 いだ( 表 5 と 図 13 参 照 OPEC と 米 国 エネルギー 省 の 計 数 に 若 干 相 違 あり) 2007 年 上 位 は 1 位 日 本 2 位 中 国 3 位 インド 4 位 韓 国 のアジア 勢 国 内 需 要 に 消 える 原 油 米 国 エネルギー 省 は イランが 油 井 の 老 朽 化 で 毎 年 40 万 ~70 万 バーレル/ 日 ずつ 減 産 になる 上 に 石 油 国 内 消 費 が 増 大 してい ることから 2007 年 に 246 万 バーレル/ 日 のイラン 原 油 輸 出 が 2015 年 までに ゼロになるかも 知 れないという 見 方 を 紹 介 している(<http://www.eia.doe. gov/ cabs/iran/oil.html> 2010 年 1 月 20 日 アクセス 図 14 参 照 ) また イラン 国 内 原 油 精 製 能 力 が 僅 か 145 万 バーレル/ 日 ( 図 15 参 照 )なのに 対 して 石 油 国 内 消 -135-

22 費 が 少 なくとも 170 万 バーレル/ 日 以 上 であり すでに 精 製 が 消 費 に 追 いつい ていない BP が 1912 年 に 建 設 したアバダーン 精 油 所 は はるか 革 命 前 だが 一 時 は 世 界 最 大 の 精 油 所 と 言 われた 1960 年 以 降 シーラーズ エスファハーン タブリーズ ラヴァン 島 ( 船 舶 用 軽 油 重 油 の 簡 易 型 )などの 精 油 所 が 建 設 さ れ 革 命 とイライラ 戦 争 で 外 国 技 術 陣 が 撤 退 した 後 を 自 力 で 操 業 してきた 1990 年 代 になって 日 揮 がアラック 精 油 所 千 代 田 化 工 がバンダレ アッバース 精 油 所 を 建 設 している( 平 井 晴 己 イランにおける 石 油 精 製 業 の 現 状 と 課 題 IEEJ 2007 年 3 月 p38) 国 内 の 原 油 精 製 能 力 が 頭 打 ちなのと 分 解 装 置 など 二 次 装 置 が 不 足 しているため 精 製 原 油 のうちガソリンの 国 内 生 産 は 25 万 バー レル/ 日 (2007 年 国 内 ガソリン 消 費 40 万 トンの 約 60%)に 留 まっている 2007 年 イランが 輸 出 した 原 油 ガス 673 億 ドルに 対 して 逆 にイランは 60 億 ドルの ガソリンを 英 BP 印 Reliance 仏 Total 英 蘭 瑞 Trafigura 蘭 瑞 Vitol から 輸 入 している 国 際 スポット 市 場 で 高 値 のガソリンを 調 達 後 国 内 でリットル 1,000 リアル( 約 10 円 )の 安 値 で 販 売 する 価 格 補 助 制 度 で 年 々 国 庫 負 担 が 増 してい る また 市 民 生 活 に 直 接 影 響 するガソリンを 国 際 社 会 が 経 済 制 裁 の 禁 輸 対 象 に 加 えるのか 否 か 抜 け 道 の 存 在 で 制 裁 の 効 果 の 程 はどうなのかなどについて 注 目 が 集 まっている -136-

23 図 14.イラン/ 石 油 生 産 消 費 ギャップ 図 年 イラン 原 油 精 製 能 力 合 計 1,451,000 B/D -137-

24 湾 岸 向 けが 1/3 の 非 石 油 輸 出 イランの 輸 出 統 計 は 輸 出 全 体 の 80% 以 上 の 原 油 関 係 が 石 油 省 20%に 足 りない 石 油 以 外 の 産 品 が 統 計 局 (Statistic Centre of Iran)の 所 管 で 一 体 的 把 握 が 難 しく 発 表 も 遅 れがちで 現 在 2006 年 度 (イラン 暦 1385 年 )が 最 新 だ 原 油 では 日 本 中 国 が 輸 出 先 1 位 2 位 を 競 って いたが 非 石 油 輸 出 は 全 体 の 1/3 が 隣 国 湾 岸 諸 国 向 けで 1 位 イラク(13.8%) 2 位 アラブ 首 長 国 連 邦 (13.3%) 3 位 中 国 (8.1%) 4 位 インド(6.4%) 5 位 日 本 (5.1%) 6 位 イタリア(5.0%)と 続 く 2006 年 はピスタチオ 等 乾 燥 果 実 類 (10 億 ドル) 鉄 資 材 (6 億 ドル) 銅 資 材 (5 億 ドル) ペルシア 絨 毯 (4 億 ドル)が 品 目 順 位 ( 国 連 貿 易 統 計 Yearbook 2008) 非 石 油 輸 出 は 近 隣 湾 岸 各 国 やアジア( 中 印 日 ) 向 けを 中 心 に 急 激 に 増 加 し 欧 州 向 けシェアが 減 少 して いる( 表 6 参 照 ) -138-

25 表 6. イラン 国 別 輸 出 額 ( 非 石 油 ) ( 百 万 リアル ) 西 暦 ( イラン 歴 ) ( 1365 ) ( 1370 ) ( 1375 ) ( 1380 ) ( 1381 ) ( 1382 ) ( 1383 ) ( 1384 ) ( 1385 ) イラク عراق ,764 2,405,357 4,660,714 6,109,291 11,059,452 16,462,164 ( % ) 0.0% 0.0% 0.0% 3.4% 6.6% 9.9% 10.5% 11.7% 13.8% امارات متحده عربي アラブ 首 長 国 連 邦 12,508 26, ,843 1,125,223 5,796,882 7,256,032 10,421,730 13,953,547 15,889,150 ( % ) 17.8% 14.7% 8.3% 15.2% 15.9% 15.3% 17.9% 14.7% 13.3% サウジアラビア عربستان سعودي , , ,831 1,014,405 2,009,435 2,316,419 3,228,162 クウェート آويت 416 3,214 63, ,974 1,039, ,611 1,517,485 4,083,995 2,560,566 カタール قطر 119 1,291 16, , , , , , ,924 オマーン عمان // 96 10,641 12,640 45,026 78, , , ,138 バーレーン بحرين 7 1,170 7,264 27, , , ,817 1,069, ,436 ) 区 イラン( 特 (ايران (مناطق ا زاد 1,568 57, , , , , ,090 ( 湾 岸 小 計 ) 13,439 32, ,610 1,893,902 10,761,330 14,904,798 20,705,026 33,699,415 40,305,630 ( % ) 19.2% 18.0% 11.3% 25.5% 29.6% 31.5% 35.6% 35.6% 33.7% 中 国 چين 29 1, , ,808 1,451,781 1,834,043 2,263,096 4,772,538 9,679,116 インド هند 929 1, , ,204 1,485,885 2,345,739 4,020,577 6,904,249 7,688,932 日 本 ژاپن , ,952 1,863,866 2,853,487 2,913,489 4,871,313 6,106,113 アフガニスタン افغانستان ,783 91,128 1,170,042 2,058,678 1,887,031 4,484,591 4,732,087 アゼルバイジャン ا ذربايجان , ,322 1,938,697 2,434,434 2,177,375 2,986,610 3,156,817 トルコ ترآيه , , , , ,033 1,086,379 1,851,635 2,997,931 パキスタン پاآستان 3,563 1,769 58, ,662 1,105,997 1,092,694 1,125,794 2,664,001 2,825,124 韓 国 جمهوري آره ,338 87, , ,408 1,125,537 1,276,828 2,122,782 アルメニア ارمنستان ,438 92, , ,658 1,267,888 1,466,065 1,369,660 トルクメニスタン ترآمنستان , , ,205 1,073, ,673 1,278,216 1,324,842 台 湾 تايوان ,781 93, , , , ,615 1,157,551 シンガポール سنگاپور 984 4, ,553 76, , , , , ,803 カザフスタン قزاقستان ,871 59, , , , , ,949 インドネシア اندونزي ,501 74, , , , , ,978 マレーシア مالزي ,102 27,196 59,063 70, , , ,206 タイ تايلند ,977 76, ,573 56, , , ,871 その 他 アジア سايرآشورهاي ا سيا 323 3, , ,731 3,049,279 3,715,291 1,458,241 7,375,256 8,515,869 アジア 計 (3) ا سيا 20,106 68,284 2,999,002 5,184,263 27,092,208 36,587,475 43,441,753 77,294,951 94,579,260 ( % ) 28.7% 38.4% 55.2% 69.9% 74.5% 77.4% 74.6% 81.7% 79.1% イタリア ايتاليا 5,269 14, , ,127 1,222,494 1,344,457 2,626,193 2,216,348 5,933,385 ドイツ ا لمان 23,073 51, , ,401 2,262,848 2,750,735 2,771,478 3,219,466 3,300,547 ロシア فدراسيون روسيه (4) 000 (4) , , , ,675 1,224,658 1,660,188 2,657,361 ベルギー بلژيك 722 2,726 49,993 49, , ,409 1,184, ,485 1,672,380 スペイン اسپانيا 245 1,940 67, , , ,362 1,357,736 1,304,341 1,476,059 オランダ هلند 1,544 1,968 86,153 22, , , ,490 2,296, ,485 英 国 انگلستان 1,556 6,933 56,282 46, , , , , ,599 ウクライナ اوآراين , , , , , , ,129 フランス فرانسه 1,293 4,201 94, , , , , , ,791 スイス سوي ي 4,246 12, ,141 44, , , , , ,811 スウェーデン سوي د ,402 15,675 74,723 90, ,892 91, ,798 オーストリア اتريش 1,156 2,000 58,407 17,027 57,230 53,612 54,800 93, ,329 デンマーク دانمارك ,152 15,961 72,786 88,287 87, ,174 86,721 その 他 欧 州 سايرآشورهاي اروپا 3,803 6,392 87,740 84, , , , ,325 1,140,734 欧 州 計 (3) اروپا 43, ,819 2,266,200 1,774,232 6,755,814 7,969,653 11,772,131 14,259,450 19,543,131 ( % ) 62.1% 59.5% 41.7% 23.9% 18.6% 16.8% 20.2% 15.1% 16.4% カナダ آانادا 344 2,009 64,176 44, , , , , ,815 ブラジル برزيل ,656 7,070 22,529 28,709 30,211 31, ,522 その 他 米 州 سايرآشورهاي امريكا 5, , ,880 1,150,206 1,245,279 1,074,116 1,268,381 1,875,764 米 州 計 امريكا 5,451 2,453 93, ,036 1,462,382 1,588,599 1,564,064 1,616,660 2,452,101 ( % ) 7.8% 1.4% 1.7% 3.7% 4.0% 3.4% 2.7% 1.7% 2.1% アフリカ 計 افريقا 987 1,039 46, , ,539 1,005,781 1,240,690 1,285,238 2,721,744 ( % ) 1.4% 0.6% 0.9% 2.1% 2.6% 2.1% 2.1% 1.4% 2.3% ,129 21, , , , , ,906 اقيانوسيه 大 洋 州 計 ( % ) 0.1% 0.2% 0.4% 0.3% 0.3% 0.3% 0.3% 0.2% 0.2% 70, ,978 5,434,990 7,413,198 36,373,443 47,299,516 58,202,071 94,646, ,505,142 جمع 合 計 ( % ) 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% Statistic Centre of Iran <http://www.sci.org.ir/content/userfiles/_sci/sci/sel/f10/10.21.html>2010 年 1 月 25 日 アクセス -139-

26 圧 倒 的 な UAE からの 輸 入 自 動 車 電 機 製 品 ガソリンなどが 多 いア ラブ 首 長 国 連 邦 からの 輸 入 は 年 々シェアを 上 げて 2006 年 に 全 体 の 22.4%に 達 し( 表 7 参 照 ) その 後 100 兆 リアル(100 億 ドル)を 超 え 現 在 30% 前 後 のシ ェアまで 増 加 している( 密 輸 製 品 を 考 慮 すると 実 際 のシェアは 更 に 高 い) 2006 年 輸 入 先 順 位 は 2 位 ドイツ 12.2% 3 位 中 国 6.6% 4 位 スイス 5.5% 5 位 フ ランス 5.3%で 日 本 は 10 位 2.2%に 留 まる -140-

27 表 7. イラン 国 別 輸 入 額 ( 百 万 リアル ) 西 暦 ( イラン 歴 ) ( 1370 ) ( 1375 ) ( 1380 ) ( 1381 ) ( 1382 ) ( 1383 ) ( 1384 ) ( 1385 ) امارات متحده عربي アラブ 首 長 国 連 邦 95, ,895 2,865,883 16,714,294 28,004,617 51,790,208 69,341,836 85,963,678 ( % ) 4.7% 3.1% 9.3% 9.7% 13.3% 17.2% 19.6% 22.4% サウジアラビア عربستان سعودي 3,086 35, ,803 2,630,742 2,735,300 2,318,733 2,194,678 5,490,025 ) 区 イラン( 特 (ايران (مناطق ا زاد , , , ,965 3,385,863 3,451,047 クウェート آويت 2,172 6,163 19,628 92, , , ,924 1,546,765 バーレーン بحرين 1,982 93, , , , , ,953 1,173,746 カタール قطر 3,933 8,161 16, , , , , ,872 イラク عراق 0 24,326 39, , , ,078 72, ,563 オマーン عمان 113 2,306 4,787 20,364 40,771 46,208 41, ,846 ( 湾 岸 小 計 ) 106, ,889 3,474,395 20,392,112 33,046,304 56,609,003 76,291,768 98,677,542 ( % ) 5.3% 3.8% 11.2% 11.8% 15.7% 18.8% 21.6% 25.7% 中 国 چين 19, ,505 1,556,402 8,185,768 12,205,256 17,528,701 19,889,760 25,314,458 韓 国 جمهوري آره 49, ,849 1,681,167 7,011,064 10,415,303 15,905,741 19,067,725 17,923,247 インド هند 6, , ,171 5,267,439 6,996,282 10,381,150 10,065,096 13,241,148 日 本 ژاپن 9, ,659 1,381,727 5,592,028 7,897,162 8,079,486 11,813,182 8,428,326 トルコ ترآيه 69, , ,087 2,842,349 4,098,605 6,151,615 7,803,652 8,180,425 シンガポール سنگاپور 216,935 1,245, ,967 2,463,599 3,510,422 5,096,954 4,179,740 3,693,831 台 湾 تايوان 10, , ,634 1,403,554 1,994,074 2,561,672 3,053,492 3,588,258 マレーシア مالزي 2, , ,922 1,527,132 2,137,630 2,540,481 2,962,594 3,386,312 タイ تايلند 7, , , ,060 1,828,786 3,007,608 1,458,322 3,308,731 トルクメニスタン ترآمنستان 0 10,273 27, , ,182 1,434,210 1,381,885 2,634,362 アゼルバイジャン ا ذربايجان 0 407,683 36, , ,025 1,094,509 1,479,419 2,592,380 カザフスタン قزاقستان 0 173, ,955 1,788,920 2,254,088 1,958,896 2,305,966 2,577,718 インドネシア اندونزي 6, , , ,539 1,014,975 1,599,894 1,293,925 1,579,542 パキスタン پاآستان 12,403 83, , , , ,937 1,248,335 1,556,527 アルメニア ارمنستان 0 55,403 73, , , , , ,284 アフガニスタン افغانستان 2 10,878 1,297 3,155 14,287 30,952 57,241 81,714 その 他 アジア سايرآشورهاي ا سيا 50, , ,706 1,971,382 2,718,223 4,479,504 4,656,026 5,170,330 アジア 計 ا سيا 568,478 6,433,846 11,911,921 61,604,461 92,349, ,608, ,266, ,187,135 ( % ) 28.1% 26.9% 38.5% 35.6% 43.8% 46.4% 47.9% 52.7% ドイツ ا لمان 410,742 3,558,233 3,171,029 29,602,032 24,095,015 38,089,887 46,564,172 46,650,431 スイス سوي ي 54,141 1,420, ,188 15,682,107 6,856,898 12,249,891 11,505,509 21,059,385 フランス فرانسه 70, ,740 1,946,421 10,358,683 17,915,166 21,973,206 24,042,225 20,144,967 イタリア ايتاليا 175,729 1,112,388 1,748,140 10,882,701 13,284,304 20,672,221 21,277,847 15,754,902 英 国 انگلستان 94,901 1,171,607 1,169,075 5,882,943 7,032,882 8,753,741 8,860,804 13,241,561 オランダ هلند 56, , ,213 2,414,324 3,326,445 4,510,531 8,380,738 8,404,440 オーストリア اتريش 39, , ,913 1,931,038 3,101,476 5,509,209 6,408,557 7,349,645 ロシア فدراسيون روسيه (4) ,515 1,603,496 6,783,996 8,699,612 7,377,760 9,634,884 6,507,682 ベルギー بلژيك 82,707 1,133, ,657 3,081,822 4,095,144 6,155,109 6,415,025 6,115,344 スウェーデン سوي د 63, , ,096 2,744,790 5,336,415 8,894,962 9,158,257 5,250,156 スペイン اسپانيا 56, , ,077 2,318,194 2,689,305 3,002,128 3,304,822 3,624,065 ウクライナ اوآراين 0 158, ,321 1,531,410 2,633,392 2,719,016 4,341,518 1,291,199 デンマーク دانمارك 16, , , , ,506 1,741,125 2,194, ,244 その 他 欧 州 سايرآشورهاي اروپا 146, ,265 1,002,303 3,075,291 5,136,165 6,733,626 7,460,329 7,668,791 欧 州 計 اروپا 1,266,834 12,593,093 14,752,194 97,022, ,067, ,382, ,548, ,039,811 ( % ) 62.5% 52.6% 47.7% 56.1% 49.9% 49.3% 48.0% 42.8% ブラジル برزيل 49, ,041 1,573,202 6,615,662 6,600,570 6,192,906 7,353,414 7,231,893 カナダ آانادا 29, , ,204 1,468,815 1,612,529 1,602,390 2,037,074 2,265,172 その 他 米 州 سايرآشورهاي امريكا 68,579 2,044, ,038 2,254,724 1,962,710 2,221,802 1,660,414 1,691,225 米 州 計 امريكا 147,376 3,429,081 3,134,444 10,339,201 10,175,809 10,017,098 11,050,903 11,188,289 ( % ) 7.3% 14.3% 10.1% 6.0% 4.8% 3.3% 3.1% 2.9% 大 洋 州 計 اقيانوسيه 35,998 1,046, ,176 2,924,249 1,858,994 1,494,666 1,728,800 3,323,735 ( % ) 1.8% 4.4% 2.7% 1.7% 0.9% 0.5% 0.5% 0.9% アフリカ 計 افريقا 7, , ,257 1,002,973 1,202,382 1,300,398 1,955,274 2,821,475 ( % ) 0.4% 1.8% 1.0% 0.6% 0.6% 0.4% 0.6% 0.7% 2,026,021 23,938,419 30,934, ,893, ,654, ,802, ,582, ,560,445 جمع 合 計 ( % ) 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% Statistic Centre of Iran <http://www.sci.org.ir/content/userfiles/_sci/sci/sel/f10/10.18.html>2010 年 1 月 25 日 アクセス -141-

28 (4)ドバイ イランの 世 界 への 窓 イラン 外 準 の 4 倍 のイラン 人 資 産 アラブ 首 長 国 連 邦 の 人 口 490 万 人 (IMF: 2009 年 推 計 )のうち アラブ 系 自 国 民 は 90 万 人 強 (20% 弱 )で 残 り 400 万 人 (80% 強 )が 外 国 人 だ 労 働 人 口 だけで 見 ると 自 国 民 比 率 は 9% 台 に 下 がる( 外 国 人 の 多 いドバイの 労 働 人 口 に 限 れば 自 国 民 比 率 は 僅 か 2% 台 ) 2005 年 の 同 国 全 体 の 外 国 人 労 働 者 数 として 1 位 インド 110 万 人 2 位 パキスタン 75 万 人 3 位 バングラ デシュ 70 万 人 4 位 イラン 30~40 万 人 という 調 査 もある(Habibul Haque Khondker, Social Change in the UAE: Challenges of Migration and Emiratisation, Middle East Institute, Singapore, 11 July 2008, p.10) 21 世 紀 に 入 って 表 面 に 現 れるイランとの 公 式 貿 易 額 が 急 増 してきたのを 見 た( 表 6 表 7 参 照 )が その 間 に 統 計 で 掴 み 難 いイランからの 移 入 者 数 も 急 増 し 同 国 全 体 でペルシア 系 住 民 が 40 万 ~45 万 人 に 上 る 人 口 160 万 人 のドバイだけに 限 れば 住 民 の 1/4 がペルシア 系 であり ドバ イに 拠 点 を 持 って 商 活 動 につくイラン 企 業 の 数 はバブル 崩 壊 直 前 には5,500 社 とも 8,000 社 とも 言 われた この 辺 の 事 情 は 坂 梨 祥 著 イランとドバイ ( 中 東 協 力 センターニュース 2008 年 8/9 月 号 pp.37-38)に 詳 しい 表 面 上 2007 年 のアラブ 首 長 国 連 邦 全 体 向 け 国 別 年 間 投 資 額 は 1 位 英 国 186 億 ドル(24%) 2 位 日 本 38 億 ドル(20%) 3 位 インド 20 億 ドル(11%) 4 位 米 国 11 億 ドル(6%)で イラ ンは 5 位 の 7.6 億 ドル(4%)に 過 ぎなかったが ドバイの 銀 行 取 引 や 不 動 産 投 資 な どを 通 じて 蓄 積 された 同 国 在 住 イラン 人 イラン 企 業 の 資 産 総 額 は 3,000 億 ドルに 上 り 公 式 のイラン 外 貨 準 備 813 億 ドル(2009 年 CIA 推 計 )の 4 倍 近 くに 達 した 世 界 金 融 不 況 と 経 済 制 裁 の 進 行 その 後 2008 年 9 月 のリーマンショッ クに 端 を 発 した 世 界 金 融 恐 慌 がドバイにも 負 の 影 を 落 とし イラン 人 コミュニ ティとその 資 産 が 縮 小 し 始 めた 同 時 に 米 国 政 府 から 在 アブダビの 連 邦 中 銀 等 に 対 して 強 力 な 圧 力 が 働 き 在 ドバイ 商 業 銀 行 の 窓 口 でかつてのアルカーイ ダ 対 策 (マネーロンダリング 監 視 強 化 )に 留 まらず イラン 人 イラン 企 業 の 金 融 資 産 の 監 視 報 告 や 凍 結 措 置 イラン 向 け 仲 介 貿 易 の 荷 為 替 信 用 状 の 発 行 抑 制 などの 動 きがじわじわと 始 まっている( 寺 中 純 子 ケイワン アブドリ イ ラン 経 済 内 外 政 治 情 勢 の 変 化 JOI 2009 年 11 月 号 p.17) 2009 年 8 月 携 行 用 ロケット 推 進 弾 などの 小 型 兵 器 を 積 んだ 豪 州 貨 物 船 (バハマ 船 籍 )が 北 朝 鮮 からイランに 向 かう 途 中 アラブ 首 長 国 連 邦 当 局 に 摘 発 されて 武 器 が 押 収 -142-

29 される 事 件 が 起 きたが これも 一 連 の 米 国 圧 力 に 配 慮 した 結 果 だ( 同 国 ではな くタイの 話 だが 米 国 圧 力 に 関 連 しては 同 年 12 月 に 携 行 型 ミサイル 部 品 な どを 積 載 したグルジア 籍 のアラブ 首 長 国 連 邦 機 が 北 朝 鮮 からイランに 向 かう 途 中 で 摘 発 された 事 件 も 記 憶 に 新 しい) 3.イラン 経 済 の 謎 (1) 為 替 相 場 裏 経 済 と 関 係? 物 価 が 上 がる 国 の 貨 幣 の 価 値 は 下 がる 二 国 それぞれの 貨 幣 間 の 交 換 率 ( 為 替 相 場 )は それぞれの 国 の 物 価 (それぞれの 貨 幣 の 国 内 での 購 買 力 )の 比 である という 購 買 力 平 価 説 が 唱 えられて 久 しい 為 替 相 場 は 生 き 物 のようにデ ィーラーの 思 惑 や 突 発 事 件 などでぎくしゃくと 動 きはするが 去 年 マクドナル ド ハンバーガーがニューヨークで 1 ドル テヘランで 5,000 リアルで 為 替 相 場 が 1 ドル=5,000 リアルだったものが 1 年 たってニューヨークで 1 ドル( 物 価 上 昇 率 0%) テヘランで 10,000 リアル( 物 価 上 昇 率 +100%)になれば 為 替 相 場 の 方 は 1 ドル=10,000 リアル( 米 ドルの 価 値 が 2 倍 [+100% 上 昇 ] あるいは リアルの 価 値 が 半 分 [-50% 下 落 ])にいずれ 収 束 していく 筈 だという 理 屈 だ こ の 理 論 に 沿 って 米 国 とイランの 物 価 上 昇 率 ( 表 8 図 16 参 照 )を 使 い 2000 年 時 点 の 米 ドル/リアル 為 替 相 場 を 前 後 に 伸 ばして 各 年 の かくあるべき 為 替 相 場 ( 理 論 上 の 相 場 )を 示 したのが 図 17 である 表 8. イラン 為 替 相 場 とインフレ 率 ( 2000 年 基 準 ) 現 実 の 米 ドル 相 場 ( 年 平 均 ) 4,064 4,446 4,782 6,468 8,658 8,188 8,008 8,019 8,323 8,747 9,042 9,226 9,357 9,677 10,000 n.a. * 闇 市 場 (ハ ラレル マーケット) リアル/ 米 ト ル.. イランの 消 費 者 物 価 上 昇 率 ( 年 平 均 ) 49.10% 23.00% 17.40% 18.10% 20.00% 12.80% 11.30% 15.70% 15.60% 15.30% 10.40% 11.90% 18.40% 25.40% 12.00% 10.00% イランの 消 費 者 物 価 指 数 ( 年 平 均 ) 米 国 の 消 費 者 物 価 上 昇 率 ( 年 平 均 ) 2.80% 2.90% 2.30% 1.50% 2.20% 3.40% 2.80% 1.60% 2.30% 2.70% 3.40% 3.20% 2.90% 3.80% -0.40% 1.70% 米 国 の 消 費 者 物 価 指 数 ( 年 平 均 ) 米 国 消 費 者 物 価 比 でのイラン 消 費 者 物 価 上 昇 率 ( 年 平 均 ) % p.a. 米 国 消 費 者 物 価 比 でのイラン 消 費 者 物 価 指 数 ( 年 平 均 ) 2000 年 =100 理 論 上 の 米 ドル 相 場 ( 年 平 均 ) * 米 国 物 価 比 ( 購 買 力 平 価 ) リアル/ 米 ト ル 通 貨 イランリアルの 過 大 評 価 率 =( リアル 現 実 相 場 /リアル 理 論 相 場 )-1 =( 米 ドル 理 論 相 場 / 米 ドル 現 実 相 場 ) % 19.50% 14.70% 16.30% 17.40% 9.10% 8.30% 13.90% 13.00% 12.30% 6.80% 8.40% 15.10% 20.80% 12.40% 8.10% ,006 4,788 5,493 6,390 7,504 8,188 8,867 10,101 11,415 12,824 13,695 14,842 17,084 20,639 23,206 25, % 7.70% 14.90% -1.20% % 0.00% 10.70% 26.00% 37.10% 46.60% 51.50% 60.90% 82.60% % % n.a... 以 下 のデー タから 作 成 ( 推 計 値 ) World Economic Outlook Database, October 2009, IMF < > 2010 年 1 月 29 日 アクセス イラン 中 銀 経 済 動 向 (No.56) 1388 年 第 1 四 半 期 他 < > 2010 年 1 月 29 日 アクセス -143-

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む )

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 1 1 21 22 23 2 2 2 2 2 2 30 31 32 33 3 3 3 3 3 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 責 任 者 氏 名 担 当 者 の 氏 名 電 話 番 号 短 期 債 権 国 ( 地 域 ) 別 ミャンマー 中 国 香

More information

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在 下 記 査 証 情 報 は 日 本 国 籍 での 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 及 び 必 要 な となります 外 国 籍 の 方 は 各 大 使 館 及 び 領 事 館 にお 問 合 せ 下 さい 査 証 情 報 は 各 大 使 館 領 事 館 からの 発 出 情 報 ですが 予 告 なく 変 更 になる 場 合 があります 予 めご 了 承 ください : 観 光 要 : 観 光 不 要

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

untitled

untitled Contents 01 02 03 04 06 1 08 10 12 14 16 18 2 20 22 24 3 26 28 32 4 34 35 36 03 36 01 02 46 03 03 36 04 鰯 05 06 1 A B D C E F G H 08 BCDEFG A B C D E F G H 09 1 2 3 4 5 10 1 2930 晦 11 1 2 A 噌 B C D E 12

More information

Microsoft PowerPoint - 日本安全保障貿易学会20100925.ppt

Microsoft PowerPoint - 日本安全保障貿易学会20100925.ppt 日 本 安 全 保 障 貿 易 学 会 第 11 回 研 究 大 会 イランと 国 連 等 の 制 裁 レジーム 2010 年 9 月 25 日 財 団 法 人 日 本 エネルギー 経 済 研 究 所 中 東 研 究 センター 田 中 浩 一 郎 1 本 報 告 の 焦 点 1. イラン 核 問 題 の 系 譜 2. 制 裁 レジームの 狙 い 3. 国 連 安 保 理 制 裁 の 強 化 4. 独

More information

TOPICs 南 北 アメリカ 大 陸 は 石 油 と 天 然 ガスの 貿 易 にとって 重 要 な 市 場 となっている by EIA 1 月 20 日 北 米 中 米 カリブ 海 南 米 をまとめてアメリカとすれば 世 界 の 石 油 と 天 然 ガスの 貿 易 にはアメリカは 大 きな 割 合

TOPICs 南 北 アメリカ 大 陸 は 石 油 と 天 然 ガスの 貿 易 にとって 重 要 な 市 場 となっている by EIA 1 月 20 日 北 米 中 米 カリブ 海 南 米 をまとめてアメリカとすれば 世 界 の 石 油 と 天 然 ガスの 貿 易 にはアメリカは 大 きな 割 合 週 刊 原 油 世 界 の 原 油 情 報 がここに 凝 縮 されています 毎 週 木 曜 日 午 後 発 行 NY 原 油 価 格 100ドル 超 え 発 行 日 : 2014/2/13 12 日 のNY 原 油 3 月 限 は+0.43ドル 高 の100.37ドル 米 エネルギー 情 報 局 (EIA) 統 計 でのガソリン 在 庫 の 予 想 外 の 減 少 や 受 渡 場 所 となるオクラホマ

More information

スライド 1

スライド 1 ZESDAプロデュースカフェ 特 別 版 未 来 予 測 2014-2025 ~ 第 2 回 サスティナビリティ ~ 株 式 会 社 アクアビット 代 表 取 締 役 チーフ ビジネスプランナー 田 中 栄 1 未 来 予 測 レポート シリーズ 全 産 業 /マスター 版 2011 年 4 月 サスティナビリティ ( 環 境 資 源 エネルギー) 2013 年 7 月 ライフ イノベーション 食

More information

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額 リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 社 団 法 人 日 本 貿 易 会 調 査 グループ 米 国 での 金 融 不 安 の 発 生 とそれに 拍 車 を 掛 けた 年 9 月 のリーマンショックから1 年 が 経 過 した 米 国 経 済 の 急 速 な 景 気 後 退 は 米 国 と 相 互 依 存 関 係 を 深 める 世 界 各 国 の 実 体 経 済 にも 波 及 し 世 界 貿 易

More information

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」 山 崎 志 郎 8 経 済 総 動 員 体 制 の 経 済 構 造 歴 史 学 研 究 会 日 本 史 研 究 会 編,2005 日 本 史 講 座 第 9 巻 近 代 の 転 換 報 告 者 : 松 岡 美 根 子 2006.04.29(SAT) 筆 者 : 山 崎 志 郎 ( 教 授 )1957 年 生 首 都 大 学 東 京 都 市 教 養 学 部 経 営 学 系 経 営 学 コース 社 会

More information

産業トピックス

産業トピックス 平 成 2 年 (28 年 )9 月 12 日 ~オリンピック 後 難 度 を 増 す 政 策 運 営 ~ 1. 経 済 動 向 (1)オリンピック 後 の 景 気 後 退 回 避 策 中 国 では 未 だ 実 質 GDP が 二 桁 成 長 ながら 景 気 は 減 速 傾 向 にあり オ リンピックという 節 目 を 経 て 景 気 後 退 に 陥 るのではないかという 危 惧 が 広 がっている

More information

評判効果-090324

評判効果-090324 景 気 循 環 論 vol.11 オイルショック(1) 小 巻 泰 之 インフレとは 何 か インフレは, 物 価 の 持 続 的 な 上 昇 のこと. 一 度, 持 続 的 なインフレは,インフレ 期 待 を 強 め,さらなるイン フレを 惹 起 させる(インフレの 自 己 実 現 ). 一 度, 起 こると,なかなか, 収 まらない. 本 日 の 講 義 は, (1)インフレの 経 済 効 果

More information

Microsoft Word - GBI欧米 doc

Microsoft Word - GBI欧米 doc September 12, 2014 1.ブラジルの 貸 出 金 利 はなぜ 高 いのか 2.ドバイの 財 政 状 態 は 依 然 ぜい 弱 と 診 断 した IMF 1.ブラジルの 貸 出 金 利 はなぜ 高 いのか 1.ブラジル 民 間 銀 行 の 高 い 貸 出 金 利 ブラジルが 高 金 利 の 国 であることはよく 知 られていることである ブラジル 国 立 銀 行 の 政 策 金 利 であるSelic

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9182CC816888EA91D188EA9848816890ED97AA82C695908AED966688D52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9182CC816888EA91D188EA9848816890ED97AA82C695908AED966688D52E646F63> 地 域 戦 略 安 全 保 障 特 集 : 中 国 の 一 帯 一 路 戦 略 と 武 器 貿 易 漢 和 防 務 評 論 20150805 ( 抄 訳 ) ( 訳 者 コメント) 阿 部 信 行 中 国 の 一 帯 一 路 戦 略 と 中 国 が 最 近 提 唱 した アジアインフラ 投 資 銀 行 は 表 裏 一 体 のものであると 見 られています 中 国 は 必 要 な 資 源 を 獲 得

More information

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 1 immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 Ibrahim Baylan (skolministern) km segregation citizen 3 4 5 1 2 1950 3 4 5 市 民 (Citizens) 自 治 体 ( 県 )による 医 療 支 援 U N H C R 書 類 選 考 受 入 決 定 政 府

More information

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押 2011 年 12 月 26 日 米 国 新 規 失 業 保 険 申 請 件 数 は36.4 万 件 に 減 少 08 年 4 月 以 来 の 低 水 準 となった 11 月 の 中 古 住 宅 販 売 件 数 は 前 月 比 で4% 増 を 示 し 10か 月 ぶりの 高 水 準 となった 米 議 会 が 給 与 減 税 の2ヶ 月 延 長 で 合 意 に 達 し オバマ 大 統 領 の 支 持

More information

      Uchida Report  42

      Uchida Report  42 Uchida Report 42 原 油 1 バレル 100 ドルの 時 代 - 金 融 不 信 ドル 離 れ 政 情 不 安 Ⅰ. 金 融 帝 国 米 国 から 資 金 流 出 - 原 油 価 格 高 騰 の 引 き 金 1. 米 国 金 融 の 混 迷 経 済 減 速 信 用 収 縮 米 国 経 済 は 2007 年 第 3 四 半 期 の GDP は 前 年 比 年 率 3.9% 成 長 の

More information

Microsoft Word - レポートフォーマット1

Microsoft Word - レポートフォーマット1 NYマーケットレポート(2015 年 3 月 13 日 ) NY 市 場 では 序 盤 に 発 表 された 米 生 産 者 物 価 指 数 が 予 想 外 の 悪 化 となり 4ヵ 月 連 続 のマイナスとなったことや ミシガン 大 学 消 費 者 信 頼 感 指 数 が 昨 年 11 月 以 来 4ヵ 月 ぶりの 低 水 準 となったことを 受 けて 米 経 済 に 対 する 楽 観 的 な 見

More information

Microsoft PowerPoint - sample_ ppt

Microsoft PowerPoint - sample_ ppt 追 加 型 証 券 投 資 信 託 /ファンド オブ ファンズ/ 自 動 継 続 投 資 適 用 080324-CS-6 7エジプト 主 な 投 資 対 象 地 域 1サウジアラビア 8モロッコ 2アラブ 首 長 国 連 邦 (UAE) 9チュニジア 8 9 7 10 11 3 6 5 3クウェート 10ヨルダン 1 2 4 4オマーン 11レバノン 5カタール 6バーレーン 上 記 の 国 への

More information

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418 制 定 平 成 22 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 25 年 4 月 18 日 JAHIS 規 程 5010 号 海 外 旅 費 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 会 員 会 社 に 所 属 する 者 一 般 社 団 法 人 保 健 医 療 福 祉 情 報 システム 工 業 会 ( 以 下 本 会 という)への 出 向 者 本 会 が 雇 用 した 職 員 および 業

More information

Microsoft PowerPoint - 150302上村局長講演用資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 150302上村局長講演用資料.pptx 最 近 の 中 東 情 勢 について 外 務 省 中 東 アフリカ 局 長 上 村 司 中 東 北 アフリカ 情 勢 平 成 26 年 8 月 中 東 アフリカ 局 中 東 地 域 の 特 質 と 重 要 性 (1) 異 なる 帰 属 意 識 ( 宗 教 宗 派 民 族 )の 混 在 と 人 為 的 国 境 線 により 国 家 統 治 が 脆 弱 (2)5つの 主 要 勢 力 (サウジ(GCC),エジプト,イラン,イスラエル,トルコ)が

More information

CCB-ARA-L ISBN All information in this document is subject to change without notice. This document is provided for inform

CCB-ARA-L ISBN All information in this document is subject to change without notice. This document is provided for inform Stufe 1 Level 1 アラビア語 ARABISCH ARABIC 단계 1 Livello 1 Nivel 1 ARABO ÁRABE 1级 Nível 1 Niveau 1 レベル 1 아랍어 阿拉伯语 ÁRABE ARABE Course Content Contenido del curso Contenu du cours Kursinhalt Contenuto del corso

More information

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 序 章 2015 年 の 東 アジア - 厳 しさを 増 す 戦 略 環 境 - 1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 上 に シリア 領

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

情勢分析_原油価格下落の状況における中東産油国のインフラストラクチャー整備の動向

情勢分析_原油価格下落の状況における中東産油国のインフラストラクチャー整備の動向 中 東 情 勢 分 析 原 油 価 格 下 落 の 状 況 における 中 東 産 油 国 の インフラストラクチャー 整 備 の 動 向 和 光 大 学 経 済 経 営 学 部 教 授 大 学 院 研 究 科 委 員 長 岩 間 剛 一 予 想 を 超 えた 原 油 価 格 の 下 落 と 石 油 収 入 の 減 少 予 想 を 超 えた 米 国 におけるシェール オイルの 生 産 量 の 増 加,

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

海賊対策の強化に向けた提言

海賊対策の強化に向けた提言 海 賊 対 策 の 強 化 に 向 けた 提 言 2011 年 10 月 18 日 ( 社 ) 日 本 経 済 団 体 連 合 会 ソマリア 沖 アデン 湾 はアジアと 欧 州 を 結 ぶ 海 上 輸 送 の 要 衝 であり 同 海 域 に 出 没 する 海 賊 問 題 への 対 応 は 世 界 各 国 の 海 上 輸 送 の 安 全 の 確 保 にとって 重 要 な 鍵 である そこで NATO(

More information

議論の前提

議論の前提 第 1 章 の 補 足 資 料 ( 消 費 税 はだれが 負 担 するのか) 消 費 税 のしくみ 日 本 の 消 費 税 は 付 加 価 値 税 (value added tax VAT)と 呼 ばれる 税 の 一 種 であり 卸 売 り 小 売 りの 各 段 階 で 生 み 出 された 付 加 価 値 に 対 して 課 税 する 売 り 手 が 納 税 の 義 務 を 負 っているので 消 費

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

Ⅲ 外国人観光客の動向

Ⅲ 外国人観光客の動向 Ⅲ 外 国 人 観 光 客 の 動 向 1 全 国 の 動 向 平 成 24 年 の 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 は 対 前 年 比 34.4% 増 の 835 万 8,105 人 となった 訪 日 外 国 人 旅 行 者 のうち 観 光 客 は 604 万 1,645 人 ( 対 前 年 48.9% 増 ) 商 用 客 は 144 万 2,946 人 ( 同 16% 増 ) 客 は 87

More information

Microsoft Word - insight0410jp[1]

Microsoft Word - insight0410jp[1] 2008 年 4 月 4 日 イーストヒル ジャパン 株 式 会 社 から ある 上 有 海 名 総 な 合 株 指 ストラテジストはある 数 はせいぜい4000 番 点 組 で でこう 底 打 ちと 言 った 思 ったが まさか 中 国 株 式 市 場 底 は の 今 下 ブルトレンドだろう だ ドル 円 100 割 れ G7 が 介 入 するか の 下 これは に 地 最 獄 近 があるとは 流

More information

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378>

<4D F736F F D208F5A91EE838D815B839395D48DCF82C58DA282C182BD82E C8E A2E646F6378> 1 2 じ 夢 マ イ ホ ム 家 放 2 0 0 9 年 度 急 増 ゆ 破 綻 破 綻 招 大 要 因 2 0 0 8 年 秋 始 世 界 大 況 倒 ラ 家 働 激 減 貯 切 崩 消 ろ じ ず 始 シ ナ オ 見 全 国 調 査 銀 強 制 裁 判 戸 建 マ シ ョ 急 増 3 苦 全 国 多 ゃ ょ 家 失 離 婚 自 己 破 少 負 連 鎖 見 聞 び 心 痛 み 避 生 再 タ 苦

More information

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ①

NRIメディアフォーラム:中国人訪日旅行者の実態とニーズ① 第 228 回 メディア フォーラム 中 国 人 訪 日 旅 行 者 の 実 態 とニーズ1 - 統 計 等 からみた 概 況 - 2015 年 10 月 29 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 社 会 システムコンサルティング 部 産 業 インフラグループ グループマネージャー 岡 村 篤 100-0005 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-6-5 丸 の 内 北 口 ビル

More information

<4D F736F F D B8C9A82C4955C8EA690A782A982E B90E68D7382AB82F08CA982E92E646F63>

<4D F736F F D B8C9A82C4955C8EA690A782A982E B90E68D7382AB82F08CA982E92E646F63> 2007 年 12 月 24 日 周 知 の 通 り 石 油 は 現 代 文 明 に 欠 かせない 最 も 重 要 なエネルギー 物 質 である 石 油 は 世 界 経 済 の 血 液 と 言 われるほど 重 要 な 資 源 だから 各 国 の 争 奪 の 的 でもある 石 油 資 源 が 限 られたところに 集 中 していることから 世 界 貿 易 総 額 の 10%のシェアを 占 める 重 要

More information

ベトナム 建 設 省 及 び 政 府 官 房 が 集 計 した 受 注 金 額 データによると 計 上 額 に 偏 在 が 見 ら れるが 全 体 的 な 傾 向 としては 受 注 を 伸 ばしたいという 日 本 の 意 向 に 拘 わらず 特 に 韓 国 に 大 きな 差 をつけられている 状 態

ベトナム 建 設 省 及 び 政 府 官 房 が 集 計 した 受 注 金 額 データによると 計 上 額 に 偏 在 が 見 ら れるが 全 体 的 な 傾 向 としては 受 注 を 伸 ばしたいという 日 本 の 意 向 に 拘 わらず 特 に 韓 国 に 大 きな 差 をつけられている 状 態 建 設 分 野 における 競 合 国 に 関 する 調 査 研 究 概 要 (1) 調 査 研 究 の 目 的 技 術 力 等 の 強 みを 活 かした 海 外 展 開 の 取 組 が 進 められているところ 日 本 の 技 術 力 品 質 信 頼 等 に 関 する 定 評 に 拘 わらず 受 注 に 結 びつかない 状 況 が 生 じている また 人 口 減 少 に 伴 う 日 本 国 内 市 場

More information

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0%

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0% 8 8 グローバル 化 の 急 速 な 進 展 の 中 人 事 行 政 の 分 野 においても 国 際 協 力 や 国 際 交 流 の 重 要 性 は 高 まっており 開 発 途 上 国 政 府 や 国 際 機 関 への 技 術 協 力 を 目 的 とする 日 本 の 公 務 員 に 対 する 派 遣 要 請 に 加 え 各 国 政 府 職 員 の 人 材 育 成 や 公 務 員 制 度 の 整 備

More information

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 職 員 の 外 国 旅 行 の 旅 費 に 関 する 規 程 制 定 平 成 20 年 6 月 1 日 規 程 第 221 号 最 近 改 正 平 成 26 年 5 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 旅 費 規 程 ( 以 下 国 内 旅 費

More information

2005 3 1 2 1 2 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 2 2 3 4 5 5 3 6 3.1 6 3.2 7 3.3. 8 4 5 6 9 10 10 6.1 10 6.2 12 6.3 12 6.4 12 6.5 13 6.6 13 6.7 14 1 7 8 14 14 9 15 10 11 12 13 15 15 16 16 13.1 16 13.2 17 13.3 17

More information

enb2708a.pdf

enb2708a.pdf نشرة مفاوضات من أجل األرض خدمة إخبارية عن المفاوضات المعنية بالبيئة والتنمية الناشر: المعھد الدولي للتنمية المستدامة الموقع على اإلنترنت: http://www.iisd.ca/uncsd/prepa/ المجلد 27 العدد الثامن األربعاء

More information

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得 ハーベスト グローバル インベストメント リミテッド 提 供 の 情 報 に 基 づき SBIアセットマネジメントが 作 成 帯 路 政 策 の 窓 となる 港 2016 年 7 月 吉 日 サミットの 様 子 2016 年 5 が 提 唱 する 帯 路 構 想 に 関 するサミットが 港 特 別 政 区 政 府 主 導 で 開 催 され 全 代 委 員 をはじ め 政 策 の 恩 恵 を 受 ける

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032382083438389839382CC8347836C838B834D815B8E598BC682C6837A838B838083598A438BAC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032382083438389839382CC8347836C838B834D815B8E598BC682C6837A838B838083598A438BAC2E646F63> JJPEC レポート 2011 年 度 第 28 回 平 成 24 年 1 月 20 日 イランのエネルギー 産 業 とホルムズ 海 峡 本 レポートでは イランのエネルギー 産 業 の 現 状 と 同 国 の 核 開 発 に 対 する 米 国 の 制 裁 に 対 抗 して イランが 封 鎖 を 仄 めかしているホルムズ 海 峡 の 重 要 性 について 紹 介 する Ⅰ.イラン イランは 宗 教

More information

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進 第 2 節 安 定 成 長 を 模 索 する 中 国 経 済 中 国 経 済 が 大 規 模 な 景 気 刺 激 策 に 頼 ることなく 自 律 的 かつ 安 定 的 な 成 長 を 実 現 するた めには 過 剰 投 資 過 剰 生 産 過 剰 信 用 の 調 整 と 投 資 から 消 費 への 移 行 を 進 めるとと もに 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 問 題 に 対 処

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A> 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (T I M S S 2 0 1 1) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (TIMSS2011) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 平 成 24 年 12 月 Ⅰ 調 査 の 概 要 -----------------------------------------------------------

More information

2007年X月XX日

2007年X月XX日 復 活 の 予 兆 か ストラテジーブレティン(154 号 ) 中 国 経 済 のフリーランチ 終 わりの 始 まり ~ 世 界 連 鎖 株 安 は 中 国 の 市 場 封 鎖 で 下 げ 止 まる~ (1) 市 場 の 反 乱 に 市 場 規 制 市 場 否 定 で 対 応 する 中 国 悪 循 環 再 作 動 へ 中 国 で 株 と 人 民 元 の 連 鎖 崩 落 が 止 まらない 上 海 深

More information

<4D F736F F D20CEE1C7D5E52090D2C7D1D420D3E3EDE4C7D120C8C720DDE6E4CA31352E646F63>

<4D F736F F D20CEE1C7D5E52090D2C7D1D420D3E3EDE4C7D120C8C720DDE6E4CA31352E646F63> خلاصه گزارش سمینار تخصصی بهینه سازی مصرف انرژی در ساختمان برگزار کننده : دفتر بهبود بهره وری و اقتصاد برق و انرژی وزارت نیرو مکان : پژوهشگاه نیرو زمان :1387/7/7 تهیه و تنظیم : علی محمد اسفندیاری بیژن تقوی

More information

情勢分析_ドバイをはじめ上向き始めたGCC不動産市場

情勢分析_ドバイをはじめ上向き始めたGCC不動産市場 ドバイをはじめ 上 向 き 始 めた GCC 不 動 産 市 場 ( 一 財 ) 国 際 開 発 センター エネルギー 環 境 室 研 究 顧 問 畑 中 美 樹 不 動 産 取 引 手 数 料 を 引 き 上 げたドバイ 土 地 庁 ドバイ 土 地 庁 のスルタン ビン メジュレン 長 官 は,2013 年 9 月 26 日, 記 者 会 見 で 次 のよう に 語 り,10 月 6 日 以 降,

More information

経済・物価情勢の展望(2015年4月)

経済・物価情勢の展望(2015年4月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2015 年 4 月 30 日 日 本 銀 行 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にか けて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけ ては 消 費 税 率 引 き 上

More information

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業 厚 生 労 働 科 学 研 究 推 進 事 業 新 型 インフルエンザ 等 新 興 再 興 感 染 症 研 究 推 進 事 業 公 募 申 込 の 手 引 き Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 公 益 社 団 法 人 国 際 厚 生 事 業 団 目 次 Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 第 1. 事 業 の 目 的 1 第 2. 対 象 となる 日

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378> 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の 状 況 に 関 する 年 次 報 告 書 平 成 28 年 8 月 経 済 産 業 省 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 の 運 用 指 針 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 以 下 運 用 指 針 という )5.(1)により 経 済 産 業 省 は 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の

More information

住宅に係る消費税の負担軽減の具体化についての要望

住宅に係る消費税の負担軽減の具体化についての要望 宅 に 係 る 消 費 の 負 担 軽 減 の 具 体 化 についての 要 望 ( 説 明 資 料 ) 社 団 法 人 宅 生 産 団 体 連 合 会 社 会 保 障 の 安 定 財 源 の 確 保 等 を 図 る 制 の 抜 本 改 革 を 行 うための 消 費 法 等 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 抜 粋 ( 平 成 24 年 3 月 30 日 閣 議 決 定 ) 第 七 条

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082698268826882602E92868D9182CC8376838C835B8393835881698DC58F498CB48D65816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082698268826882602E92868D9182CC8376838C835B8393835881698DC58F498CB48D65816A2E646F63> 第 二 章 軍 事 科 学 技 術 中 国 は 装 備 の 近 代 化 を 急 いでいる ロシアからの 最 新 鋭 兵 器 を 次 々に 買 い 世 界 最 大 の 兵 器 輸 入 国 になった 中 国 は 軍 事 力 の 矛 先 について 台 湾 独 立 阻 止 と 海 洋 権 益 の 保 護 を 挙 げている だが ICBM や SLBM など 戦 略 兵 器 の 開 発 能 力 強 化 も 同

More information

Microsoft PowerPoint - MENA_FMcommentOct08.ppt

Microsoft PowerPoint - MENA_FMcommentOct08.ppt 2009 年 11 月 27 日 シュローダー 証 券 投 信 投 資 顧 問 株 式 会 社 アラブ 首 長 国 連 邦 (UAE)ドバイ 首 長 国 政 府 系 企 業 による 返 済 延 期 要 請 について シュローダー 中 東 / 北 アフリカ ファンド 愛 称 MENA(ミーナ) 概 況 ( 現 地 11 月 26 日 現 在 ) 各 種 報 道 によりますと アラブ 首 長 国 連 邦

More information

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し わが 国 製 造 業 企 業 の 海 外 事 業 展 開 に 関 する 調 査 報 告 -2013 年 度 海 外 直 接 投 資 アンケート 結 果 ( 第 25 回 )- 2013 年 11 月 国 際 協 力 銀 行 業 務 企 画 室 調 査 課 本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

JSA2001/ごあいさつ

JSA2001/ごあいさつ 2007 年 12 月 20 日 海 事 記 者 会 各 位 社 団 法 人 日 本 船 主 協 会 2007 年 海 運 界 10 大 ニュースについて 当 協 会 は 本 年 の 海 運 界 10 大 ニュースを 別 紙 のとおり 選 定 いたしましたので お 知 らせいたします 以 上 本 件 に 関 する 問 い 合 わせ 先 ( 社 ) 日 本 船 主 協 会 総 務 部 (TEL:03-3264-7181

More information

日経平均と騰落レシオ

日経平均と騰落レシオ 今 さら 人 に 聞 けない!!マレーシアってどんな 国? 1 基 礎 データ 面 積 約 33 万 平 方 キロメートル( 日 本 の 約.9 倍 ) 人 口 約 2995 万 人 (213 年 マレーシア 統 計 局 ) 主 な 都 市 クアラルンプール( 首 都 ) ペナン ジョホールバル コタキナバル 南 シナ 海 をはさんで 東 西 に 分 かれている 左 側 のタイから 南 に 延 び

More information

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか-

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか- スウェーデン 企 業 におけるワーク ライフ バランス 調 査 ----- 従 業 員 の 育 児 休 業 にどう 対 応 しているか 1 スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 と 取 得 状 況 (1)スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 (イ) 育 児 休 業 制 度 の 概 要 育 児 休 業 は 両 親 合 わせて 480 労 働 日 ( 約 1 年 10 ヶ 月 に 相 当 ) 取 得

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日 広 角 視 点 : 名 目 マイナス 金 利 のプラス 効 果 ホセ ビニャルス サイモン グレイ ケリー エコールド 2016 年 4 月 10 日 成 長 見 通 しとインフレ 率 への 重 大 なリスクが 認 識 される 中 で IMF は 一 部 の 中 央 銀 行 が 実 施 した マイナス 政 策 金 利 を 支 持 しています このような 大 胆 な 政 策 は 過 去 に 例 がなく

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

1.トピック: 二 極 化 が 進 展 する 中 国 の 住 宅 市 場 回 復 の 色 を 増 す 中 国 の 住 宅 市 場 1 級 都 市 や 一 部 の 2 級 都 市 ではバブルの 恐 れも 3 級 都 市 などの 地 方 の 中 小 都 市 では 住 宅 市 場 の 回 復 ペースは 緩

1.トピック: 二 極 化 が 進 展 する 中 国 の 住 宅 市 場 回 復 の 色 を 増 す 中 国 の 住 宅 市 場 1 級 都 市 や 一 部 の 2 級 都 市 ではバブルの 恐 れも 3 級 都 市 などの 地 方 の 中 小 都 市 では 住 宅 市 場 の 回 復 ペースは 緩 みずほ 中 国 経 済 情 報 216 年 5 月 号 トピック 二 極 化 が 進 展 する 中 国 の 住 宅 市 場 中 国 の 住 宅 市 場 は 足 元 回 復 の 色 を 濃 くしているが 著 しい 二 極 化 が 進 展 しており 大 都 市 ではバブルが 懸 念 される 一 方 地 方 の 中 小 都 市 では 過 剰 在 庫 が 住 宅 市 場 の 回 復 の 重 し になっている

More information

<4D F736F F D A6A8AEB8B4082CC8D7395FB82C689E482AA8D9182D682CC89658BBF2E646F6378>

<4D F736F F D A6A8AEB8B4082CC8D7395FB82C689E482AA8D9182D682CC89658BBF2E646F6378> 平 和 研 所 内 会 議 報 告 ( 概 要 ) 2012 年 5 月 7 日 ( 月 ) 開 催 テーマ: イラン 核 危 機 の 行 方 と 我 が 国 への 影 響 報 告 者 : 大 澤 淳 ( 主 任 研 究 員 ) 概 要 1. 同 時 並 行 的 に 進 行 する 二 つの 危 機 北 朝 鮮 とイラン 本 年 4 月 13 日 北 朝 鮮 は 銀 河 3 号 ロケットと 称 するミサイル

More information

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd ァ メ 専 門 返 運 用 困 相 談 先 世 メ 実 情 違 理 店 専 門 実 際 保 険 理 店 務 仕 事 拠 相 談 保 険 話 後 絶 何 隠 ァ 変 3 多 仕 事 柄 搾 4 程 度 従 員 抱 経 営 者 低 賃 労 働 者 ゆ ワ キ グ ア 高 校 卒 後 飲 食 店 勤 職 場 環 境 ひ ( ブ 企 ) 4 心 身 壊 退 職 ざ 退 職 後 近 無 職 活 送 ハ ワ 通

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

第4章:国連が取り組む人権、環境、難民問題、グローバルコンパルと

第4章:国連が取り組む人権、環境、難民問題、グローバルコンパルと 1989 1991 1993 1995 1997 1999 2001 2003 2005 2007 2009 2011 2013 論 説 混 迷 する 中 東 の 行 方 を 探 る: 難 民 問 題 解 決 のカギは? 滝 澤 三 郎 東 洋 英 和 女 学 院 大 学 大 学 院 客 員 教 授 国 連 UNHCR 協 会 理 事 長 1 始 めに 2015 年 の 難 民 と 難 民 申 請

More information

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04 HR News Letter 2011 年 4 月 号 平 澤 国 際 社 労 士 事 務 所 東 京 都 港 区 芝 大 門 1-3-5 山 田 ビル 3 階 TEL 03-5402-8491 http://www.jp-hrpayroll.com/ ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

هست. از این رو معنای اصلی"اشه" "درون نما=شفاف=صفا" است و این شفافیت است که به پاکی و مقدس بودن ترجمه میگردد. پاک آنچیزیست که نهانش آشکار است. با نگاه

هست. از این رو معنای اصلیاشه درون نما=شفاف=صفا است و این شفافیت است که به پاکی و مقدس بودن ترجمه میگردد. پاک آنچیزیست که نهانش آشکار است. با نگاه کاوشی کوتاه در معنای واژه "ارتا" جمشید جمشیدی مقدمه: این واژه "ارتا" و مشتقات آن بسیار کمیاب و نامأنوس بنظر می آید و شاید بدین سبب است که کم و زیاد معنای آن نیز ناشناخته باقی مانده است. در فرهنگ لغات بدنبالش

More information

第2部-6.indd

第2部-6.indd 第 6 章 金 融 保 険 業 第 6 章 金 融 保 険 業 1 金 融 保 険 業 の 概 況 (1) 再 編 が 進 む 金 融 保 険 業 金 融 保 険 業 は 金 融 取 引 の 規 制 緩 和 を 背 景 に 銀 行 業 や 証 券 業 保 険 業 等 の 業 態 の 垣 根 を 越 えて 収 益 力 の 高 い 金 融 コングロマリット( 複 合 企 業 )を 目 指 す 時 代 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加)

Microsoft PowerPoint - 【セット版】261119 小笠原警戒監視等(会計課追加) 防 衛 省 自 衛 隊 の 警 戒 監 視 態 勢 について 平 成 6 年 11 月 防 衛 省 警 戒 監 視 活 動 海 上 自 衛 隊 は P-3C 哨 戒 機 により 北 海 道 の 周 辺 海 域 日 本 海 並 びに 東 シナ 海 を 航 行 する 船 舶 などの 状 況 を それ ぞれの 海 域 において 監 視 している 航 空 自 衛 隊 においても レーダーサイトによる 常 時

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

GSS1409_H1-H4.indd

GSS1409_H1-H4.indd レポート ウクライナ 混 乱 の 背 景 と 今 後 ~ 危 機 長 期 化 で 影 響 が 拡 大 ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 主 席 エコノミスト 田 中 理 1.ウクライナ 危 機 の 顛 末 ウクライナ 混 乱 の 発 端 は 昨 年 11 にヤヌ コビッチ 大 統 領 ( 当 時 )が 将 来 の 欧 州 連 合 (EU) 加 盟 につながる 連 合 協 定 に 署 名 する

More information

海 外 進 出 企 業 を 取 り 巻 くリスク 火 災 爆 発 電 気 火 災 危 険 物 取 扱 自 然 災 害 地 震 水 災 システム 関 連 物 流 インフラ 停 止 電 気 水 等 ストライキ シ ョフ ホッヒ ンク 海 外 派 遣 社 員 の 安 全 盗 難 労 働 災 害 サフ ライ

海 外 進 出 企 業 を 取 り 巻 くリスク 火 災 爆 発 電 気 火 災 危 険 物 取 扱 自 然 災 害 地 震 水 災 システム 関 連 物 流 インフラ 停 止 電 気 水 等 ストライキ シ ョフ ホッヒ ンク 海 外 派 遣 社 員 の 安 全 盗 難 労 働 災 害 サフ ライ 海 外 進 出 企 業 のリスクについて ~ 中 国 暴 動 リスク タイ 洪 水 リスクを 中 心 に ~ 2012 年 11 月 30 日 海 外 進 出 企 業 を 取 り 巻 くリスク 火 災 爆 発 電 気 火 災 危 険 物 取 扱 自 然 災 害 地 震 水 災 システム 関 連 物 流 インフラ 停 止 電 気 水 等 ストライキ シ ョフ ホッヒ ンク 海 外 派 遣 社 員 の

More information

1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 2. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 特 性 3. 拡 大 するグローバル 市 場 と 熾 烈 な 誘 致 競 争 4. 訪 日 外 国 人 誘 致 に 向 けたJNTOの 取 り 組 み 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセ

1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 2. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 特 性 3. 拡 大 するグローバル 市 場 と 熾 烈 な 誘 致 競 争 4. 訪 日 外 国 人 誘 致 に 向 けたJNTOの 取 り 組 み 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセ 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセミナー 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 と 日 本 政 府 観 光 局 の 取 り 組 み 2012 年 7 月 23 日 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) 理 事 長 松 山 良 一 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセミナー 2012.07.23 作 成 :JNTO 1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の

More information

日 本 銀 行 の 金 融 緩 和 について- 覚 書 井 澤 秀 記 I はじめに 日 本 銀 行 は 2013 年 4 月 に 黒 田 新 総 裁 の 下 アベノミクスの3 本 の 矢 の 一 つである 大 胆 な 金 融 政 策 を 異 次 元 の 量 的 質 的 金 融 緩 和 として マネ

日 本 銀 行 の 金 融 緩 和 について- 覚 書 井 澤 秀 記 I はじめに 日 本 銀 行 は 2013 年 4 月 に 黒 田 新 総 裁 の 下 アベノミクスの3 本 の 矢 の 一 つである 大 胆 な 金 融 政 策 を 異 次 元 の 量 的 質 的 金 融 緩 和 として マネ 日 本 銀 行 の 金 融 緩 和 について- 覚 書 井 澤 秀 記 I はじめに 日 本 銀 行 は 2013 年 4 月 に 黒 田 新 総 裁 の 下 アベノミクスの3 本 の 矢 の 一 つである 大 胆 な 金 融 政 策 を 異 次 元 の 量 的 質 的 金 融 緩 和 として マネタリー ベースを 倍 増 して2 年 程 度 で 消 費 者 物 価 上 昇 率 2 % という 日

More information

1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4 第 二 章 中 小 企 業 支 援 政 策 について... 8 第 一 節 中 小 企 業 金 融

1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4 第 二 章 中 小 企 業 支 援 政 策 について... 8 第 一 節 中 小 企 業 金 融 平 成 27 年 度 証 券 ゼミナール 大 会 第 3テーマ Dブロック 中 小 企 業 における 資 金 調 達 について 1 2 30 大 阪 経 済 大 学 樋 口 ゼミナール 野 田 班 1 1 2 30 3 目 次 序 章... 3 第 一 章 中 小 企 業 の 現 状... 3 第 一 節 中 小 企 業 とは... 4 第 二 節 中 小 企 業 の 現 状 と 課 題... 4

More information

EU離脱で危機に瀕するロンドン国際金融センター

EU離脱で危機に瀕するロンドン国際金融センター 2016 年 6 月 30 日 経 済 レポート EU 離 脱 で 危 機 に 瀕 するロンドン 国 際 金 融 センター ~7 万 人 の 雇 用 が 英 国 から 移 転 し バーゼル 規 制 の 行 方 にも 影 響 か~ 調 査 部 主 席 研 究 員 廉 了 英 国 (ロンドン)は 米 国 (ニューヨーク)と 並 び 金 融 取 引 を 多 く 抱 える 国 際 金 融 センターとして 圧

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817993FA967B8CEA81698DC48DB791D694C5816A817A8A6D92E85F8DE096B18FC85F93FA8FD88BA6835A837E8369815B8E9197BF>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817993FA967B8CEA81698DC48DB791D694C5816A817A8A6D92E85F8DE096B18FC85F93FA8FD88BA6835A837E8369815B8E9197BF> 日 本 国 債 市 場 と 国 債 管 理 政 策 2012 年 10 月 12 日 ( 金 ) 財 務 省 大 臣 官 房 審 議 官 ( 理 財 局 担 当 ) 美 並 義 人 JGB 発 行 残 高 の 推 移 1990 年 代 の 公 共 事 業 費 の 増 加 近 年 の 社 会 保 障 費 の 増 加 による 歳 出 増 景 気 悪 化 や 減 税 による 税 収 減 により 国 の 債

More information

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 旅 費 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 26 年 12 月 24 日 平 成 27 年 3 月 26 日 平 成 28 年 3 月 23 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 (

More information

アベノミクス: 背 景 90 年 代 バブル 崩 壊 と 日 本 経 済 の 構 造 転 換 経 済 成 熟 化 少 子 高 齢 化 長 期 停 滞 デフレ 最 後 の 日 本 型 ケインズ 主 義 ( 赤 字 財 政 と 公 共 事 業 ) 失 敗 と 遺 産 ( 国 債 発 行 残 高 の 激

アベノミクス: 背 景 90 年 代 バブル 崩 壊 と 日 本 経 済 の 構 造 転 換 経 済 成 熟 化 少 子 高 齢 化 長 期 停 滞 デフレ 最 後 の 日 本 型 ケインズ 主 義 ( 赤 字 財 政 と 公 共 事 業 ) 失 敗 と 遺 産 ( 国 債 発 行 残 高 の 激 アベノミクスと 雇 用 改 革 竹 田 茂 夫 法 政 大 学 経 済 学 部 2013 11.16 アベノミクス 雇 用 改 革 背 景 政 策 理 念 背 景 労 働 法 制 をめぐる 対 立 1 アベノミクス: 背 景 90 年 代 バブル 崩 壊 と 日 本 経 済 の 構 造 転 換 経 済 成 熟 化 少 子 高 齢 化 長 期 停 滞 デフレ 最 後 の 日 本 型 ケインズ 主 義

More information

1.アラブ 首 長 国 連 邦 (UAE)の 食 品 流 通 システム UAE は 食 品 に 関 しては 政 治 的 な 規 制 であるアラブボイコット(イスラエル 製 品 の 輸 入 禁 止 :1 次 ボイコ ット)や 宗 教 上 で 規 制 のあるアルコールや 肉 製 品 ( 豚 肉 製 品

1.アラブ 首 長 国 連 邦 (UAE)の 食 品 流 通 システム UAE は 食 品 に 関 しては 政 治 的 な 規 制 であるアラブボイコット(イスラエル 製 品 の 輸 入 禁 止 :1 次 ボイコ ット)や 宗 教 上 で 規 制 のあるアルコールや 肉 製 品 ( 豚 肉 製 品 (ドバイ 発 ) UAE 食 品 流 通 概 観 (2010 年 3 月 ) ジェトロ 食 品 農 林 水 産 輸 出 促 進 海 外 コーディネーター スポット 調 査 免 責 条 項 ジェトロは 本 報 告 書 の 記 載 内 容 に 関 して 生 じた 直 接 的 間 接 的 あるいは 懲 罰 的 損 害 及 び 利 益 の 喪 失 については 一 切 の 責 任 を 負 いません これは たとえジェトロがかかる

More information

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給

発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 世 界 日 本 の 長 期 エネルギー 需 給 の 見 通 し 平 成 21 年 9 月 3 日 第 1 回 エネルギーベストミックス 研 究 会 財 団 法 人 日 本 エネルギー 経 済 研 究 所 計 量 分 析 ユニット 主 任 研 究 員 松 尾 雄 司 1 発 表 内 容 2 1. 世 界 のエネルギー 需 給 見 通 し 2. 25 年 の 日 本 のエネルギー 需 給 1. 世 界

More information

صورة الغالف: يمر سكة حديد موكا عرب نفق من أزهار الكرز وزهور بذور اللفت أثناء فصل الربيع. )الصورة: ناكاي سييا( نافذة عىل اليابان 2017 no. 20 نيبونيكا n

صورة الغالف: يمر سكة حديد موكا عرب نفق من أزهار الكرز وزهور بذور اللفت أثناء فصل الربيع. )الصورة: ناكاي سييا( نافذة عىل اليابان 2017 no. 20 نيبونيكا n نافذة عىل اليابان 2017 20 no. خصائص متميزة رحلة عىل متن السكك الحديدية عرب أرجاء اليابان صورة الغالف: يمر سكة حديد موكا عرب نفق من أزهار الكرز وزهور بذور اللفت أثناء فصل الربيع. )الصورة: ناكاي سييا( نافذة

More information

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 旅 費 規 程 平 成 13 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 平 成 18 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国

More information

シリア内戦とレバノン

シリア内戦とレバノン シリア 内 戦 とレバノン 小 副 川 琢 ( 東 京 外 国 語 大 学 アジア アフリカ 言 語 文 化 研 究 所 機 関 研 究 員 ) はじめに 2011 年 3 月 に 本 格 化 したシリアにおける 反 体 制 の 動 きはその 後 政 権 側 の 強 硬 な 対 応 も あって 武 装 闘 争 が 大 きな 比 重 を 占 めるようになっている こうした 中 で 国 際 社 会 はこれ

More information

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして

(3) 国 際 海 峡 における 通 過 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 領 海 法 により 宗 谷 海 峡 津 軽 海 峡 対 馬 海 峡 東 水 道 対 馬 海 峡 西 水 道 及 び 大 隅 海 峡 を 特 定 海 域 とし 例 外 的 に 領 海 の 幅 を 3 カイリとして 第 9 章 日 本 の 海 洋 安 全 保 障 政 策 カントリー プロファイル 小 谷 哲 男 1. 海 洋 法 の 解 釈 (1) 領 海 における 無 害 通 航 権 についての 考 え 方 日 本 は 1996 年 に 国 連 海 洋 法 条 約 を 批 准 した 後 同 条 約 による 海 域 の 区 分 に 応 じて 領 海 及 び 接 続 水 域 に 関 する 法 律 ( 領 海 法

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE98BC68C6F8963834583468375837D834B835783938782343930>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE98BC68C6F8963834583468375837D834B835783938782343930> 490 2016 8/23 Weeklyエコノミスト レター 2016 年 8 月 16 日 号 2016 2017 年 度 経 済 見 通 し (16 年 8 月 ) 経 済 金 融 フラッシュ 2016 年 8 月 18 日 号 貿 易 統 計 16 年 7 月 ~ 円 高 が 進 む 中 輸 出 数 量 は 横 ばい 圏 で 踏 みとどまる 統 計 調 査 資 料 2016 年 4-6 月 期

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 北 神 塾 第 五 講 世 界 の 中 の 日 本 日 本 の 外 交 安 全 保 障 防 衛 方 針 2 平 成 26 年 9 月 12 日 北 神 圭 朗 1 中 国 の 軍 事 戦 略 1. 中 国 の 軍 事 費 はすでに 日 本 の 3 倍 を 超 えた しかも 単 純 に 経 済 成 長 に 合 わせて 軍 備 拡 張 が 行 われているのではなく 確 固 たる 長 期 戦 略 に 基

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

(ホームページ掲載用原稿)

(ホームページ掲載用原稿) 米 国 の 新 政 権 の 通 商 政 策 に 関 する 調 査 研 究 第 Ⅰ 報 告 市 場 の 上 向 き 傾 向 の 継 続 12 月 上 旬 機 関 投 資 家 やアセットマネージャーは 年 末 をネガティブな 打 撃 に 見 舞 わ れずに 迎 えることばかりを 考 えているように 見 える 彼 らの 関 心 は 主 に その 年 の 利 益 を 計 上 することと 賞 与 を 確 保

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

untitled

untitled 平 成 22 年 (2010 年 )3 月 1 日 NO.2010-09 韓 国 経 済 プレゼンス 拡 大 の 背 景 韓 国 は グローバル 金 融 危 機 後 世 界 的 にみて 比 較 的 早 い 段 階 で 景 気 が 持 ち 直 した ほか 家 電 や 自 動 車 といった 主 力 製 品 の 世 界 市 場 でのシェア 拡 大 など 躍 進 が 目 立 っ ている 以 下 では 最 近

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information