神戸地方裁判所委員会(第25回)議事概要(案)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "神戸地方裁判所委員会(第25回)議事概要(案)"

Transcription

1 神 戸 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 27 回 ) 議 事 概 要 1 日 時 平 成 26 年 7 月 10 日 ( 木 ) 午 後 3 時 から 午 後 5 時 まで 2 場 所 神 戸 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 ( 委 員 ) 麻 田 光 広, 池 澤 憲 司, 梶 川 龍 彦, 杉 本 直 己, 瀬 川 均, 髙 野 伸, 玉 森 たりほ, 陳 來 幸, 中 邨 清 一, 南 部 真 知 子, 野 口 勝 久, 野 﨑 弘, 野 原 神 川, 増 田 耕 兒, 村 田 泰 男 ( 五 十 音 順, 敬 称 略 ) ( 関 係 機 関 からの 出 席 者 ) 神 戸 市 配 偶 者 暴 力 相 談 支 援 センター 長 藤 田 幸 俊 ( 敬 称 略 ) (オブザーバー) 稻 葉 重 子, 鈴 木 幸 男, 原 田 宗 輔, 高 次 秀 幸, 保 田 光 博, 宮 木 由 理 子, 坂 田 雄 一 ( 庶 務 ) 藤 田 敏 之, 笹 井 卓, 新 津 隆 弘, 小 切 俊 昭, 荒 谷 智 一, 安 達 正 広, 松 田 栄 司, 長 野 香 織 4 議 事 ( は 委 員 長, は 委 員 の 発 言 は 関 係 機 関, は 裁 判 所 からの 説 明 ) (1) 委 員 の 交 替 ( 退 任 委 員 及 び 新 任 委 員 の 紹 介 ) 退 任 委 員 として, 平 成 26 年 2 月 9 日 付 け 退 任 の 安 井 宏 委 員, 同 月 23 日 付 け 退 任 の 清 原 桂 子 委 員, 同 年 3 月 31 日 付 け 退 任 の 仁 田 裕 也 委 員, 同 年 4 月 1 日 付 け 退 任 の 中 浜 宏 章 委 員 及 び 細 井 正 広 委 員, 同 年 5 月 21 日 付 け 退 任 の 牧 田 隆 行 委 員, 新 任 委 員 として, 同 年 2 月 10 付 け 就 任 の 陳 來 幸 委 員, 同 月 24 日 付 け 就 任 の 梶 川 龍 彦 委 員, 同 年 4 月 1 日 付 け 就 任 の 野 口 勝 久 委 員 及 び 増 田 耕 兒 1

2 委 員, 同 年 5 月 22 日 付 け 就 任 の 池 澤 憲 司 委 員 及 び 中 邨 清 一 委 員 の 紹 介 があっ た (2) DV 防 止 法 に 基 づく 保 護 命 令 制 度 について( 鈴 木 幸 男 裁 判 官 ) 保 護 命 令 制 度 の 概 要, 裁 判 所 における 手 続 の 流 れ, 事 件 の 処 理 状 況 ( 件 数, 結 果 ), 保 護 命 令 の 種 類 とその 内 容, 保 護 命 令 制 度 の 特 徴, 保 護 命 令 の 申 立 権 者, 保 護 命 令 の 要 件, 手 続 を 運 営 する 上 での 留 意 点 及 び 関 係 機 関 との 連 携 につ いて 説 明 があった (3) 神 戸 市 配 偶 者 暴 力 相 談 支 援 センターにおける 支 援 の 概 要 について( 神 戸 市 配 偶 者 暴 力 相 談 支 援 センター 藤 田 幸 俊 センター 長 ) 神 戸 市 配 偶 者 暴 力 相 談 支 援 センターにおける 支 援 内 容, 相 談 件 数, 被 害 者 が 裁 判 所 へ 保 護 命 令 申 立 てをするに 当 たっての 支 援 等 について, 説 明 があった (4) 裁 判 所 職 員 による 保 護 命 令 事 件 の 模 擬 審 尋 保 護 命 令 事 件 の, 申 立 てから 発 令 までの 手 続 ( 申 立 人 審 尋, 相 手 方 審 尋, 保 護 命 令 の 発 令 及 び 相 手 方 と 書 記 官 とのやり 取 り)について, 模 擬 審 尋 を 行 った (5) DV 防 止 法 に 基 づく 保 護 命 令 制 度 についての 意 見 交 換 保 護 命 令 に 対 する 有 効 性 はどれくらいあるのか 世 間 では 殺 人 事 件 に 至 る ものも 報 道 されているので, 本 当 に 執 着 していたら, 裁 判 所 の 命 令 の 有 効 性 がどれだけあるのだろうかと 思 う 命 令 が 出 たうち,どれだけの 割 合 の 人 が 素 直 に 退 去 して 反 省 しているのか また, 悪 質 な 場 合 を 考 えると, 命 令 の 有 効 性 を 保 つためには, 違 反 に 対 す る 罰 則 が 軽 すぎるのではないかと 思 う 懲 役 何 年 などという 形 で, 被 害 者 か ら 引 き 離 すことが 必 要 ではないか ただし, 夫 婦 関 係 なので, 妻 の 側 も, 暴 力 がなければよりを 戻 してもよいと 考 えているから,この 程 度 になっている のだろうかとも 思 う 兵 庫 県 内 では, 昨 年 1 年 間 で 保 護 命 令 の 申 立 てがあった140 件 のうち, 2

3 8 割 程 度,100 件 超 については 申 立 てが 認 容 されている 状 況 である また, 兵 庫 県 内 で 保 護 命 令 違 反 で 検 挙 された 事 案 は 年 間 数 件 であると 聞 いている よって, 相 手 方 は, 保 護 命 令 に 対 してはおおむね 従 っているのではないかと 受 け 止 めている 今 の 検 挙 というのは, 保 護 命 令 が 出 るとそれが 警 察 に 連 絡 され, 違 反 があ れば 検 挙 されるという 仕 組 みになっていて,その 中 での 検 挙 数 ということか そう 思 う どれくらい 遵 守 されているかについて, 神 戸 市 配 偶 者 暴 力 相 談 支 援 センタ ー( 以 下, 支 援 センター という )での 感 触 はどうか 罰 則 もあるし, 警 察 が, 加 害 者 本 人 に 注 意 するなど,ある 程 度 関 与 してい るのではないかと 思 う 保 護 命 令 が 発 令 された 時 は, 警 察 に 連 絡 している 警 察 は, 連 絡 があれば, できる 範 囲 で, 加 害 者 本 人 を 警 察 署 に 呼 んで, 誓 約 書 を 書 かせるということ を 事 実 上 しているとのことである その 際, 違 反 すれば 検 挙 されることも 説 明 していると 思 う これらのことも 効 果 があるのではないかと 思 う また, 保 護 命 令 の 相 手 方 になる 人 は, 今 回 の 配 偶 者 への 暴 力 で 初 めて 刑 事 事 件 になっている 人 もいるが,それもなく, 前 科 前 歴 が 全 くない 人 も 多 く, 家 庭 以 外 においては 社 会 生 活 を 普 通 にしている 人 が 多 いので, 裁 判 沙 汰 にな った, 警 察 に 呼 ばれて 注 意 されたということが, 相 当 の 抑 止 力 になっている と 見 ている 逮 捕 された 人 は,それで 収 まっているのか 逮 捕 された 後,またよりを 戻 して 再 び 暴 力 を 振 るったというような 事 件 はないのか 極 端 な 例 を 新 聞 など で 見 るが, 一 度 逮 捕 したらその 後 近 付 かないようにきちんとできるのか, 心 配 に 思 う 全 体 的 な 有 効 性 については 理 解 したが, 極 端 な 例 についての 有 効 性 についてはどうか 3

4 極 端 な 人 については, 制 度 として 対 応 しきれない 事 件 も 出 てきていると は 思 う 接 近 禁 止 の 申 立 てがあって 命 令 が 出 ても, 申 立 人 の 方 で 許 してあ げようということで, 取 り 下 げるという 例 もある 取 り 下 げたら, 暴 力 が 再 発 してまた 申 し 立 てたというケースもあるので, 全 てが 対 応 できている とはいえないかもしれないが, 大 方 の 事 件 には 対 応 できているのではない かと 考 えている 支 援 センターでは, 平 成 25 年 には, 相 談 総 件 数 が2,400 件 くらいあ り, 裁 判 所 の 書 面 提 出 請 求 に 回 答 したのが25 件 であるので, 保 護 命 令 申 立 てまで 至 らないで, 電 話 相 談 だけで 済 んだということか 支 援 センターの 支 援 内 容 として 最 初 は 電 話 相 談 があり,そこから 面 接 相 談 などに 至 る また, 住 民 基 本 台 帳 の 閲 覧 を 制 限 するためなどの 証 明 書 発 行 の ために,やり 取 りすることもある 重 複 してやり 取 りすることもあるので, 相 談 件 数 は 多 くなる 相 談 件 数 の 中 には, 本 人 からの 相 談 以 外 に, 区 役 所 な ど 関 係 行 政 機 関 からの 相 談 もある 命 令 の 期 間 は6か 月 ということだが,その 期 間 が 過 ぎた 後 に,また 同 じ 人 から 申 請 が 出 る 実 数 はどうか 6か 月 が 経 過 した 後, 新 たな 暴 力 等 がなくても, 更 なる 身 体 に 対 する 暴 力 によりその 生 命 又 は 身 体 に 重 大 な 危 害 を 受 けるおそれが 大 きいと 認 めるに 足 りる 事 情 があるときは, 再 度 の 申 立 てをして, 認 められるケースもある 神 戸 地 裁 本 庁 では, 平 成 21 年 は42 件 中 7 件,22 年 は44 件 中 2 件,23 年 は30 件 中 3 件,24 年 は50 件 中 10 件,25 年 は42 件 中 5 件 が 再 度 の 申 立 てである 模 擬 審 尋 でもそうであったように, 基 本 的 には, 強 い 男 性, 弱 い 女 性 を 前 提 としていると 思 うが, 最 近 では, 追 い 掛 けられる 男 性, 殴 られる 男 性 など, 逆 もあるのではないかと 思 う 法 律 はそれを 前 提 としているのか また, 現 4

5 実 の 件 数 はどうか 保 護 制 度 の 周 知 の 仕 方 として, 弱 い 女 性 を 救 う とい う 意 味 のみ 前 面 に 出 すぎているのはいかがなものか 妻 が 申 立 人 であることが 多 いが, 申 立 人 が 夫 の 例 もあり, 私 も 神 戸 で1 件 経 験 したことがある 数 は 少 ないが 実 例 はある 理 由 はどうあれ 暴 力 又 は 暴 力 的 言 動 があれば 認 容 されるということだが, 却 下 になっているものは,その 部 分 が 確 認 できなかったということか 暴 力 は 過 去 にあるということがほとんどである 一 番 問 題 となるのは, 更 なる 暴 力 により 重 大 な 危 害 を 受 けるおそれがあるかということである 暴 力 があったのは 大 分 昔 のことで,その 間 一 緒 に 生 活 をしているが 何 も 起 きてい ないというような 場 合 には, 更 なる 暴 力 のおそれがあるかないかというとこ ろで, 要 件 が 認 められないことがある 一, 二 回 の 暴 力 では, 命 令 は 出 しにくいということか どういう 状 況 で 暴 力 が 振 るわれたかということによる 突 発 的 に 何 か 重 大 問 題 が 起 きて 暴 力 が 始 まり,その 問 題 がなかなか 解 決 しないという 状 況 であ れば, 暴 力 が 始 まったのは 間 近 であっても, 今 後 も 続 く 可 能 性 があるかもし れない 暴 力 の 経 緯 が, 更 なる 暴 力 に 発 展 するかの 要 素 になると 思 う 私 自 身 は, 事 件 を 担 当 していないが, 担 当 している 弁 護 士 に 最 近 の 実 情 を 聞 いた 診 断 書 や 写 真 など, 裁 判 所 に 暴 行 を 認 定 してもらうための 証 拠 を 取 っていない 人 がいる そうすると, 申 立 てをしても 相 手 方 が 暴 力 を 否 定 する と, 命 令 を 出 してもらえない 可 能 性 がある その 辺 りを 悩 んで, 慎 重 に 申 立 ての 判 断 をしている 刑 事 処 分 の 判 断 につながるので,よほどはっきりした 証 拠 がないと, 代 理 人 として 相 談 を 受 けた 時 に, 申 立 てがしにくいというこ とである 模 擬 審 尋 のモデル 記 録 では, 中 身 がきれいに 整 っていて, 証 拠 もあるが, 裁 判 所 の 受 付 では 記 載 例 などを 置 いて, 本 人 はそれを 見 て 書 いているのか 5

6 本 人 が 書 きやすいように, 申 立 書 のひな 型 を 渡 している また, 申 立 書 の 書 き 方 について という 案 内 文 書 も 付 けている 窓 口 でも, 申 立 書 記 載 に ついての 教 示 をしている ただ,モデル 記 録 のようなサンプル 的 なものは, 配 布 していない 私 は 仕 事 の 関 係 で 実 際 のDV 事 件 を 調 べる 機 会 があった 模 擬 審 尋 のよう に 相 手 方 があっさり 暴 行 の 事 実 を 認 めるならスムーズにいくだろうが, 実 際 には,けがの 写 真 や 診 断 書 を 添 えて 申 立 てがあった 場 合 でも, 彼 女 は 転 ん だかほかの 誰 かに 暴 行 を 受 けたか 分 からないが, 私 には 一 切 覚 えがない と,トラブルがあった 事 実 そのものを 完 全 に 否 認 する 場 合 もある そのよう な 場 合,けがと 相 手 方 の 暴 行 行 為 の 因 果 関 係 を, 短 い 審 尋 の 中 でどのように 認 定 するのか また, 家 庭 内 暴 力 は, 被 害 者 が 加 害 者 の 支 配 下 に 置 かれ, 加 害 行 為 が 密 室 の 中 で 恒 常 的 に 行 われて,それがいつどういう 形 で 暴 発 するか 分 からないと いう 点 で, 極 めて 深 刻 だと 思 う スッとひいてくれる 相 手 ならこの 制 度 で 対 応 できるかもしれないが,メディアが 伝 えているような, 凶 悪 事 件 に 発 展 す る, 一 番 救 わなければいけない, 生 命 に 及 ぶ 危 険 が 差 し 迫 っているような 人 に 対 して, 保 護 命 令 制 度 がどこまで 実 効 性 を 保 てるのかと 疑 問 に 思 う そう いう 時 に, 差 し 迫 った 危 険 のあるDV 被 害 者 に 対 する 無 料 の 法 律 相 談 や, 一 報 を 入 れたら 弁 護 士 が 警 察 や 裁 判 所,サポートセンターへの 連 絡 を 含 めてガ ードに 入 るようなリーガルサポートは 存 在 するのか まず, 事 実 を 否 定 する 場 合, 裁 判 所 の 事 実 認 定 が 短 時 間 にできるのか, 実 際 にどのようにやっているのかということについてはどうか けがの 証 拠 があっても 自 分 の 暴 行 によるものではないと 否 定 されることは, まれにある そのような 場 合, 相 手 方 がけがの 発 生 に 直 面 してどう 対 応 した か,どう 認 識 しているか,どういう 状 況 でけがが 発 生 したと 考 えるのかなど, 6

7 周 辺 事 情 を 丹 念 に 聞 いて,けがが 相 手 方 とは 関 係 ない 状 況 下 で 発 生 したのか, 相 手 方 との 何 らかの 関 係 で 発 生 したかを 追 求 していき,けがと 相 手 方 の 暴 力 との 因 果 関 係 があるとの 心 証 が 取 れれば, 相 手 方 の 暴 力 によるけがと 認 定 す ることになると 思 う このような 場 合, 通 常 より 多 少 の 時 間 は 掛 かるが 心 証 は 取 れているのが 実 情 である 先 ほど 申 立 人 審 尋 の 中 で, 裁 判 官 は 申 立 人 に 夫 は 暴 力 を 否 定 するでしょ うかね と 聞 いていたが, 否 定 するかどうか 見 当 がつくものか 見 当 がつ けば, 申 立 人 から 細 かく 事 情 を 聞 いておいて, 後 で 相 手 方 審 尋 の 時 に, 相 手 方 に 細 かく 聞 いてみるということがあると 思 う 民 事 訴 訟 法 では, 対 質 というものがあって, 二 人 に 同 時 に これについて は,どうですか と 聞 いていけば 大 体 分 かってくるということがある 保 護 命 令 事 件 では 対 質 をしないので, 事 実 認 定 の 難 しさもあるのかと 思 うが, どうか 意 外 に, 完 全 に 否 認 する 人 は 少 なく, 多 数 回 殴 られたと 主 張 する 申 立 書 に 対 して1 回 しか 殴 っていないなどと 弁 解 するほうが 多 いように 思 う 同 居 し ていてこれだけのけがをしているのに 全 く 知 らないと 相 手 方 が 言 うとなると, これは 非 常 に 不 自 然 だということで,ある 程 度 心 証 が 取 れる 場 合 が 多 く, 心 証 が 取 りにくいものは 少 ない 心 証 が 取 れなければ,すぐに 決 定 せずに,も う1 回 申 立 人 に 事 情 を 聞 くということも,まれにある 本 人 が 納 得 せずに 不 服 申 立 てをするケースは,これまで 実 際 にあったか 保 護 命 令 に 対 し, 不 服 申 立 て( 即 時 抗 告 )をするケースは 僅 かながらある リーガルサポートについてはどうか 兵 庫 県 警 に,110 番 通 報 登 録 制 度 という, 事 前 に 登 録 しておいて,11 0 番 通 報 があった 場 合 に 迅 速 な 対 応 を 図 る 制 度 があると 聞 いている また, 兵 庫 県 警 にはストーカーDV 対 策 室 があり, 対 策 強 化 に 努 めていると 聞 いて 7

8 いる 住 民 票 の 閲 覧 制 限 や, 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 から 外 すなど, 所 在 地 を 知 られ ないようにするための 方 法 もある ただし, 相 手 が 執 拗 に 迫 る 場 合 に100パーセント 防 げるかというと, 難 しいところはあると 思 う 市 や 県 の 相 談 センターは, 弁 護 士 会 又 は 弁 護 士 と 契 約 しており, 弁 護 士 が そこに 定 期 的 に 相 談 に 行 っている そこに 連 絡 があるとすぐに 相 談 内 容 が 弁 護 士 に 伝 わってきて 対 処 できるシステムになっている 相 談 センターは, 兵 庫 県 と 神 戸 市 にあるが, 順 次 広 がってきており, 県 下 の 主 だった 市 にはほと んどあり,そういう 所 で 相 談 に 入 ってくれば, 弁 護 士 などにつながる 率 が 非 常 に 高 くなっていると 聞 いている それから, 先 ほど 話 に 出 たように, 今 の 居 場 所 を 知 られたくないというこ とが 非 常 に 多 いようである 被 害 者 は, 逃 げ 出 してシェルターなどにいる 状 態 で 手 続 が 始 まることが 多 い 申 立 てがあると 申 立 書 などが 裁 判 所 から 相 手 方 に 送 られるが,その 時 に 居 場 所 が 相 手 方 に 知 られないように 裁 判 所 が 非 常 に 注 意 してくれていると 聞 いている ただ,このような 手 続 をすると 怖 いので, 相 手 方 に 居 場 所 が 知 られること を 恐 れて 手 続 をせずにひたすら 逃 げ 回 る 人 も 結 構 いるとも 聞 いている 神 戸 市 には, 外 国 人 同 士 又 は 一 方 が 外 国 人 である 夫 婦 も 多 い 日 本 語 が 不 自 由 な 外 国 人 に 対 する 対 応 はどうなっているのか 通 訳 が 配 されるのか, 又 は 外 国 人 コミュニティが 関 わったりしているのか また, 今 配 られている 支 援 センターのパンフレットには 市 や 県 による 外 国 人 の 生 活 相 談 のための 電 話 番 号 も 載 っているが,どこかに 言 ったら 全 てやっ てくれるようなワンストップサービスのようなものができているのか 過 去 に 通 訳 が 必 要 な 事 件 はあり, 現 在 も1 件 係 属 中 である 母 国 語 の 通 訳 8

9 人 を, 裁 判 所 が 選 任 して 対 応 している 支 援 センターでは, 去 年 は,10 件 ほどあった 神 戸 国 際 コミュニティセ ンターと 連 携 しており, 通 訳 派 遣 についての 相 談 に 乗 ってもらっている また, 今 配 っているパンフレットも, 数 か 国 語 で 作 っている 普 通 の 裁 判 だと 事 実 認 定 が 重 要 だが,この 手 続 は 暴 力 に 対 する 緊 急 避 難 的 な 要 素 が 大 きいので, 普 通 だと 疑 わしきは 罰 せず だが, 疑 わしきは 罰 す みたいな 感 じで, 事 実 認 定 は 置 いておいて,とりあえず 暴 力 から 避 難 したいという 部 分 を 優 先 するという 発 想 が 根 底 にあるように 感 じた 却 下 したから 逆 に 相 手 方 がヒートアップしたり, 暴 力 を 繰 り 返 して 再 度 申 立 てがされるケースはあるか 保 護 が 重 要 だから 事 実 認 定 を 緩 くして, 心 証 が 低 い 状 態 で 発 令 するという ことはあるか あくまでも 証 明 はされないといけないと 思 っている 迅 速 にやらなければ いけないという 条 文 があり, 迅 速 性 ゆえに 解 明 度 が 低 いということがあるか もしれないが, 暴 力 があったという 証 明 はなければいけないということで 運 用 されていると 思 う 却 下 後 の 状 況 は 分 からないが, 再 申 立 てがあったという 記 憶 はない 却 下 されたから,また 後 で 再 申 立 てをしたというケースは 把 握 していない 子 供 や 親 族 への 接 近 禁 止 命 令 には 本 人 への 接 近 禁 止 命 令 の 要 件 に 加 えて 独 自 の 要 件 があるが,その 要 件 を 満 たしていないのに 申 立 てをしようとする 人 がいる その 時 に, 受 付 の 対 応 としては, 明 らかに 却 下 になるだろうという 事 案 であれば, 申 立 てには 挙 がっているので, 相 手 にその 申 立 てをしたと いうことは 伝 わってしまう その 上 で 却 下 されれば, 何 か 副 次 的 な 被 害 が 親 族 や 子 供 にあるかもしれない という 説 明 をして, 申 立 人 の 判 断 に 任 せる が, 要 件 が 必 要 なことを 述 べて, 申 立 書 から 外 してもらうという, 事 前 の 抑 9

10 止 的 な 受 付 事 務 をすることもある 5 次 回 の 議 題 委 員 長 が 裁 判 員 制 度 について を 議 題 としたい 旨 の 提 案 をしたところ, 各 委 員 から 異 論 はなかった 6 次 回 期 日 平 成 27 年 2 月 9 日 ( 月 ) 10

(1) 事 実 の 認 定 について 1 地 方 自 治 法 第 92 条 の2 及 び 公 職 選 挙 法 第 104 条 の 解 釈 について 慎 重 に 審 査 を 行 うため まず 地 方 自 治 法 第 92 条 の2や 公 職 選 挙 法 第 104 条 に 定 める 兼 業 禁 止 規

(1) 事 実 の 認 定 について 1 地 方 自 治 法 第 92 条 の2 及 び 公 職 選 挙 法 第 104 条 の 解 釈 について 慎 重 に 審 査 を 行 うため まず 地 方 自 治 法 第 92 条 の2や 公 職 選 挙 法 第 104 条 に 定 める 兼 業 禁 止 規 平 成 23 年 7 月 22 日 関 係 各 位 大 府 市 議 会 議 員 政 治 倫 理 委 員 会 委 員 長 大 西 勝 彦 政 治 倫 理 委 員 会 ( 平 成 23 年 第 9 回 )の 概 要 について 下 記 のとおり 大 府 市 議 会 議 員 政 治 倫 理 委 員 会 ( 平 成 23 年 第 9 回 )を 開 催 しましたので その 議 事 の 概 要 について 御 報

More information

警 察 からの 支 援 などはあるのですか 警 察 では 交 通 事 故 の 被 害 者 やその 家 族 の 方 に 対 する 支 援 と 連 絡 を 行 う 制 度 があります 指 定 被 害 者 支 援 要 員 制 度 交 通 事 故 が 発 生 して 間 がない 精 神 的 に 動 揺 されている 被 害 者 やその 家 族 の 方 に 警 察 職 員 が 付 き 添 うなどして 交 通 事

More information

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版)

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版) 広 島 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 35 回 ) 議 事 概 要 第 1 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 16 日 ( 月 ) 午 前 9 時 45 分 第 2 開 催 場 所 広 島 地 方 裁 判 所 第 一 会 議 室 第 3 出 席 者 [ 委 員 ] 江 種 則 貴, 大 久 保 隆 志, 後 藤 友 之, 小 西 洋, 佐 々 木 和 宏, 髙 尾 ひとみ, 平 岡

More information

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の 大 津 家 庭 裁 判 所 委 員 会 議 事 録 1 日 時 平 成 20 年 10 月 17 日 ( 金 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 30 分 まで 2 場 所 大 津 家 庭 裁 判 所 本 館 大 会 議 室 3 出 席 者 ( 委 員 ) 五 十 音 順 敬 称 略 飯 田 喜 信, 小 川 素 子, 國 松 完 二, 甲 津 貴 央, 酒 井 康 夫, 十 倉 良

More information

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について ( 平 成 19 年 3 月 6 日 例 規 刑 企 ほか 第 11 号 ) この 度 被 害 者 連 絡 の 一 層 の 推 進 を 図 るため 別 添 のとおり 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 を 定 めたので 通 達 する なお 身 体 犯 等 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定

More information

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477>

<91E6323089F18B638E96985E88C42848509770292D322E786477> 第 20 回 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 平 成 21 年 11 月 24 日 開 催 ) 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 20 回 ) 議 事 概 要 ( 東 京 地 方 裁 判 所 委 員 会 事 務 局 ) 第 1 日 時 平 成 21 年 11 月 24 日 ( 火 )15:00~17:00 第 2 場 所 東 京 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 第

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その4)監査結果

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その4)監査結果 平 成 2 8 年 8 月 1 日 問 い 合 わ せ 先 監 査 事 務 局 監 査 事 務 局 総 務 課 電 話 03-5320-7011 知 事 専 用 車 の 使 用 を 違 法 不 当 と し て そ の 使 用 に 要 し た 経 費 の 返 還 を 求 める 住 民 監 査 請 求 (その4) 監 査 結 果 について 東 京 都 監 査 委 員 同 同 同 同 山 加 朱 美 吉

More information

目 次 はじめに 薬 物 事 件 の 再 発 防 止 を 誓 って 1 頁 Ⅰ. 事 件 の 経 過 概 要 2 頁 Ⅱ. 大 学 の 対 応 3 頁 Ⅲ. 違 法 薬 物 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 4 頁 Ⅳ. 今 後 の 取 り 組 み 7 頁 < 資 料 > 事 件 発 生

目 次 はじめに 薬 物 事 件 の 再 発 防 止 を 誓 って 1 頁 Ⅰ. 事 件 の 経 過 概 要 2 頁 Ⅱ. 大 学 の 対 応 3 頁 Ⅲ. 違 法 薬 物 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 4 頁 Ⅳ. 今 後 の 取 り 組 み 7 頁 < 資 料 > 事 件 発 生 2010 年 に 発 生 した 大 麻 事 件 に 関 する 報 告 書 ( 総 括 ) 2011 年 6 月 西 南 学 院 大 学 薬 物 問 題 等 対 策 委 員 会 目 次 はじめに 薬 物 事 件 の 再 発 防 止 を 誓 って 1 頁 Ⅰ. 事 件 の 経 過 概 要 2 頁 Ⅱ. 大 学 の 対 応 3 頁 Ⅲ. 違 法 薬 物 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 4 頁

More information

日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患 死 亡 病 院 支 際 金 支 払 命 2 審 制 注 務 履 期 待 依 位 援 審 覆 3 棄 却 ⑴

日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患 死 亡 病 院 支 際 金 支 払 命 2 審 制 注 務 履 期 待 依 位 援 審 覆 3 棄 却 ⑴ 概 病 院 医 師 手 術 中 医 療 器 操 患 死 亡 逮 捕 毛 静 岡 秋 魁 以 際 元 医 師 低 死 亡 故 翌 医 療 諸 故 器 操 ミ 器 良 旨 書 所 無 1 医 師 低 請 訴 訟 起 女 子 医 病 院 英 郎 研 究 日 目 専 益 図 故 又 失 ⑵ ニ ュ 読 供 シ テ ム 充 ひ 奉 仕 広 シ テ ム 常 予 困 難 受 己 シ テ ム 萎 審 益 操 ミ 患

More information

委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 11 月 29 日 提 出 井 原 市 議 会 議 長 宮 地 俊 則 様 報 告 者 議 会 運 営 委 員 会 西 田 久 志 期 間 平 成 25 年 11 月 14 日 ( 木 )~ 平 成 25 年 11 月 15 日 ( 金 ) 出 張 先 及 び 担 当 職 員 職 名 氏 名 愛 知 県 大 府 市 議 会 静 岡 県 湖 西

More information

愛知県公安委員会活動概要

愛知県公安委員会活動概要 定 例 公 安 委 員 会 日 時 : 平 成 20 年 1 月 11 日 9 時 00 分 ~12 時 35 分 出 席 委 員 : 髙 山 委 員 長 大 森 委 員 豊 田 委 員 楠 田 委 員 小 笠 原 委 員 1 全 体 審 議 ( 公 安 委 員 会 会 議 室 ) 案 件 件 名 担 当 部 出 席 者 2 月 の 行 事 予 定 警 務 部 本 部 長 年 末 における 特 別

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

160801TOKYO 辰 已 法 律 研 究 所 &リーダーズ 総 合 研 究 所 行 政 法 実 力 診 断 テスト 試 験 問 題 試 験 開 始 の 合 図 があるまで 開 いてはいけません ( 注 意 事 項 ) 1 問 題 は 1 ページから 9 ページまで 10 問 あり 時 間 は 30 分 です 2 解 答 は 別 紙 の 答 案 用 紙 に 記 入 してください 3 答 案 用

More information

無罪判決後の勾留に関する意見書

無罪判決後の勾留に関する意見書 無 罪 判 決 後 の 勾 留 に 関 する 意 見 書 2015 年 ( 平 成 27 年 )10 月 21 日 日 本 弁 護 士 連 合 会 第 1 意 見 の 趣 旨 刑 事 訴 訟 法 第 345 条 に, 第 2 項 として, 判 決 で 無 罪 の 言 渡 しがあったときは, 上 訴 審 において 原 判 決 が 破 棄 されるまで, 新 たに 勾 留 状 を 発 することはできな い

More information

議 事 件 名 議 の 経 過 及 び 結 果 審 議 案 件 (1) 平 成 27 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 特 別 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 )( 案 )について (2) 平 成 28 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 方 針 及 び 事 業

議 事 件 名 議 の 経 過 及 び 結 果 審 議 案 件 (1) 平 成 27 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 特 別 計 補 正 予 算 ( 第 3 号 )( 案 )について (2) 平 成 28 年 度 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 事 業 運 営 方 針 及 び 事 業 戸 田 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 議 事 録 招 集 期 日 平 成 28 年 2 月 12 日 ( 金 ) 場 所 市 役 所 7 階 第 5 室 開 2 月 12 日 午 後 2 時 00 分 遠 藤 英 樹 閉 2 月 12 日 午 後 3 時 25 分 遠 藤 英 樹 遠 藤 英 樹 代 理 早 舩 直 彦 出 席 状 況 駒 﨑 繁 夫 出 欠 石 塚 京 子 出 欠 谷

More information

平 成 22 年 第 18 回 教 育 委 員 会 会 議 録 1 期 日 平 成 22 年 11 月 30 日 火 曜 日 2 場 所 教 育 委 員 会 委 員 室 3 開 会 午 後 5 時 30 分 4 閉 会 午 後 6 時 25 分 5 出 席 委 員 北 林 真 知 子 猪 股 春 夫

平 成 22 年 第 18 回 教 育 委 員 会 会 議 録 1 期 日 平 成 22 年 11 月 30 日 火 曜 日 2 場 所 教 育 委 員 会 委 員 室 3 開 会 午 後 5 時 30 分 4 閉 会 午 後 6 時 25 分 5 出 席 委 員 北 林 真 知 子 猪 股 春 夫 平 成 22 年 第 1 8 回 教 育 委 員 会 会 議 録 秋 田 県 教 育 委 員 会 平 成 22 年 第 18 回 教 育 委 員 会 会 議 録 1 期 日 平 成 22 年 11 月 30 日 火 曜 日 2 場 所 教 育 委 員 会 委 員 室 3 開 会 午 後 5 時 30 分 4 閉 会 午 後 6 時 25 分 5 出 席 委 員 北 林 真 知 子 猪 股 春 夫 田

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 20 日 ( 金 ) 午 後 3 時 15 分 ~ 午 後 4 時 50 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 教 育 長 青 木 洋 委 員 ( 教 育 長 職 務 代 理 者 ) 藤 田 義 嗣 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 土 井 真 一 1 開 会 教

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

 伊勢市放置自動車の発生の防止及び適正な処理に関する条例をこ

 伊勢市放置自動車の発生の防止及び適正な処理に関する条例をこ 平 成 21 年 9 月 7 日 伊 勢 市 公 報 第 92 号 伊 勢 市 公 報 第 92 号 平 成 21 年 9 月 7 日 月 曜 日 目 次 頁 規 則 伊 勢 市 職 員 の 時 間 外 勤 務 手 当 の 支 給 割 合 に 関 する 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 2 告 示 道 路 の 供 用 開 始 について 4 選 挙 管 理 委 員 会 告 示 衆 議 院

More information

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA>

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA> 要 旨 現 行 日 米 地 位 協 定 と 意 見 の 趣 旨 との 対 照 表 日 米 地 位 協 定 ( 要 旨 ) 意 見 の 趣 旨 2 条 1 施 設 区 域 の 提 供 と 返 還 (2 条 関 係 ) 1(a) 合 衆 国 は, 安 保 条 約 6 条 に 基 づき, 日 本 (1) 施 設 区 域 の 提 供 について 国 内 の 施 設 区 域 の 使 用 を 許 与 される 個

More information

デンマーク 住 民 登 録 番 号 10 桁 1968 年 税 務 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 諸 統 計 教 育 等 韓 国 住 民 登 録 番 号 13 桁 1968 年 税 務 社 会 保 険, 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 教 育 等 スウエーデン 住 民 登 録 番

デンマーク 住 民 登 録 番 号 10 桁 1968 年 税 務 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 諸 統 計 教 育 等 韓 国 住 民 登 録 番 号 13 桁 1968 年 税 務 社 会 保 険, 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 教 育 等 スウエーデン 住 民 登 録 番 マイナンバー 制 度 と その 対 策 と 対 応 評 議 員 経 営 労 務 コンサルタント 部 部 長 大 阪 兵 庫 支 部 長 靱 隆 幸 マイナンバーは 国 内 に 住 所 のある 人 に 割 り 当 てられる12 桁 の 番 号 です 制 度 の 開 始 にあたり 個 人 も 企 業 も 準 備 が 要 ります 各 世 帯 には10 月 に 入 るとマイナンバーを 記 載 した 通 知

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

( 3 ) 申 立 人 X 1 の 特 別 受 益 申 立 人 X 1 が 平 成 元 年 8 月 1 5 日 に 1 0 0 万 円 の 贈 与 を 受 け て い る こ と は 当 事 者 間 に 争 い が な い が, 当 時 の B の 経 済 状 態 遺 産 の 総 額 か ら み て

( 3 ) 申 立 人 X 1 の 特 別 受 益 申 立 人 X 1 が 平 成 元 年 8 月 1 5 日 に 1 0 0 万 円 の 贈 与 を 受 け て い る こ と は 当 事 者 間 に 争 い が な い が, 当 時 の B の 経 済 状 態 遺 産 の 総 額 か ら み て File.12< 参 考 判 決 1 > 死 亡 生 命 保 険 金 と 特 別 受 益 神 戸 家 庭 裁 判 所 伊 丹 支 部 平 12 年 ( 家 ) 111 号 112 号 平 13 年 ( 家 ) 1405 号 平 成 15 8 8 審 判 大 阪 高 裁 平 15( ラ ) 953 号 平 成 16 5 10 決 定 最 高 裁 平 16( 許 ) 11 号 平 成 16 10 29

More information

Microsoft Word - 公表文(H ).doc

Microsoft Word - 公表文(H ).doc 福 井 市 監 査 告 示 第 8 号 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 242 条 第 1 項 の 規 定 による 住 民 監 査 請 求 があり 同 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査 を 行 ったので その 結 果 を 公 表 する 平 成 26 年 12 月 18 日 福 井 市 監 査 委 員 村 寄 亮 一 福 井 市 監 査 委 員 滝 波

More information

親 族 には 限 られないが 同 居 とは 法 第 5 条 第 5 項 の 同 居 の 親 族 と 同 じ 概 念 で ある 具 体 的 には 同 一 の 家 屋 であっても 中 が 壁 等 で 仕 切 られており 家 計 炊 事 等 を 一 切 別 個 にしていて 全 くの 別 世 帯 とみなされ

親 族 には 限 られないが 同 居 とは 法 第 5 条 第 5 項 の 同 居 の 親 族 と 同 じ 概 念 で ある 具 体 的 には 同 一 の 家 屋 であっても 中 が 壁 等 で 仕 切 られており 家 計 炊 事 等 を 一 切 別 個 にしていて 全 くの 別 世 帯 とみなされ 大 通 達 甲 ( 生 企 ) 第 4 号 平 成 2 1 年 5 月 2 9 日 本 部 例 規 (1 年 ) 簿 冊 名 学 校 署 例 規 本 部 1 年 保 存 期 間 学 校 署 常 用 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 殿 各 警 察 署 長 生 活 安 全 部 長 銃 砲 刀 剣 類 所 持 等 取 締 法 第 29 条 の 規 定 による 公 安 委 員 会 に 対

More information

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 23 年 5 月 19 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 247 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 25 号 ) 事 件 名 : 特 定 会 社 に 係 る 売 掛 金 内 訳 書 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

Microsoft Word - HP掲載用概要(26(不)8事件).docx

Microsoft Word - HP掲載用概要(26(不)8事件).docx 愛 労 委 平 成 26 年 ( 不 ) 第 8 号 事 件 (7 条 1 号 2 号 3 号 ) 1 事 案 の 概 要 本 件 は 被 申 立 人 会 社 が 申 立 人 組 合 の 分 会 の 組 合 員 に 対 し 1 組 合 の 誹 謗 中 傷 等 を したことが 労 組 法 7 条 3 号 に 23 名 の 異 動 辞 令 を 発 したことが 同 条 1 号 にそれぞれ 該 当 する 不

More information

Microsoft Word - 3..8.......doc

Microsoft Word - 3..8.......doc 第 8 章 保 険 8.1 はじめに 8-1 8.2 保 険 の 種 類 と 解 説 8-2 8.2.1 賠 償 責 任 保 険 8-2 8.2.2 傷 害 保 険 8-5 8.2.3 機 体 動 産 保 険 8-8 8.2.4 その 他 の 保 険 8-10 8.3 保 険 の 運 用 8-11 8.3.1 保 険 に 加 入 するには 8-11 8.3.2 加 入 時 の 確 認 事 項 8-12

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A 目 次 Q1 年 金 生 活 者 ですが 年 金 を 担 保 にお 金 を 借 りることができると 聞 きました 貸 付 制 度 の 内 容 について 教 えてください Q2 震 災 で 家 屋 が 倒 壊 損 傷 しました 家 屋 の 建 替 資 金 補 修 資 金 のための 支 援 や 新 規 融 資 を 受 けられ ないでしょうか Q3 恩 給 共 済 年 金 担 保 貸 付 の 内 容 について

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF817A82A882A882BD8251824F824F825881758B4B90A789FC8A769776965D8F918176>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF817A82A882A882BD8251824F824F825881758B4B90A789FC8A769776965D8F918176> 外 国 人 集 住 都 市 会 議 の 規 制 改 革 要 望 書 2009( 平 成 21) 年 6 月 30 日 提 出 1 2 定 住 者 の 在 留 資 格 により 入 国 をしようとする 外 国 人 の 査 証 発 行 に 対 する 審 査 及 び 入 国 審 査 について 定 住 者 の 在 留 資 格 により 入 国 をしようとする 外 国 人 については 日 本 で 滞 在 するにあたり

More information

(5) 最 終 学 校 卒 業 証 明 書 ( 又 は 同 見 込 証 明 書 ) (6) 連 帯 保 証 人 の 同 意 書 ( 市 内 在 住 者 及 び 近 隣 の 者 2 名 ) (7)その 他 協 会 が 指 定 するもの( 資 格 証 等 ) 2 前 項 の 提 出 書 類 の 記 載

(5) 最 終 学 校 卒 業 証 明 書 ( 又 は 同 見 込 証 明 書 ) (6) 連 帯 保 証 人 の 同 意 書 ( 市 内 在 住 者 及 び 近 隣 の 者 2 名 ) (7)その 他 協 会 が 指 定 するもの( 資 格 証 等 ) 2 前 項 の 提 出 書 類 の 記 載 公 益 財 団 法 人 黒 石 市 体 育 協 会 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 益 財 団 法 人 黒 石 市 体 育 協 会 ( 以 下 協 会 という ) 定 款 第 3 3 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 協 会 職 員 ( 以 下 職 員 という ) の 就 業 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目

More information

自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン

自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 平 成 27 年 12 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 研 究 会 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガイドライン 研 究 会 名 簿 ( 平 成 27 年 12 月 ) < 委 員 > ( 敬 称 略 五 十 音 順 ) 石 毛

More information

Microsoft Word - 税_0110.doc

Microsoft Word - 税_0110.doc 第 3 市 民 税 Ⅰ 概 要 1 個 人 市 民 税 (1) 個 人 市 民 税 の 概 要 1 月 1 日 現 在 区 内 に 住 所 を 有 する 住 民 が その 地 方 公 共 団 体 に 納 税 する 税 金 であ る 市 民 税 は 県 民 税 とあわせて 住 民 税 と 呼 ばれている 住 民 税 は 市 や 県 の 仕 事 を 行 うために 必 要 な 費 用 を 住 民 が その

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

第1回兵庫県後期高齢者医療広域連合情報公開・個人情報保護審査会

第1回兵庫県後期高齢者医療広域連合情報公開・個人情報保護審査会 平 成 24 年 度 第 2 回 兵 庫 県 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 懇 話 会 議 事 録 1 日 時 平 成 24 年 12 月 20 日 ( 木 ) 午 後 2 時 30 分 ~ 午 後 3 時 30 分 2 場 所 兵 庫 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 会 議 室 3 出 席 者 (1) 兵 庫 県 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 懇 話 会 委 員 16

More information

<5461726F2D939A905C91E633378D862E6A7464>

<5461726F2D939A905C91E633378D862E6A7464> 徳 島 県 情 報 公 開 審 査 会 答 申 第 37 号 第 1 審 査 会 の 結 論 実 施 機 関 が 産 業 廃 棄 物 処 理 業 の 事 業 範 囲 変 更 許 可 申 請 書 ( 平 成 11 年 2 月 10 日 付 け) 平 成 11 年 度 分 のダイオキシン 類 測 定 結 果 報 告 書 平 成 11 年 度 分 の 産 業 廃 棄 物 の 処 分 実 績 報 告 書 に

More information

CHÍNH PHỦ

CHÍNH PHỦ 政 府 番 号 :16/2010/NĐ-CP ヴェトナム 社 会 主 義 共 和 国 独 立 - 自 由 - 幸 福 2010 年 3 月 3 日,ハノイ 国 家 賠 償 責 任 法 のいくつかの 条 項 の 詳 細 を 規 定 し, 施 行 を 案 内 する 議 定 政 府 は, 2001 年 12 月 25 日 付 け 政 府 組 織 法 に 基 づき, 2009 年 6 月 18 日 付 け

More information

Microsoft Word - 01 議事次第.docx

Microsoft Word - 01 議事次第.docx 地 方 分 権 の 進 展 に 対 応 した 行 政 の 実 効 性 確 保 のあり 方 に 関 する 検 討 会 ( 第 1 回 ) 議 事 次 第 平 成 24 年 6 月 18 日 ( 月 ) 12:30~14:30 総 務 省 6 階 601 会 議 室 ( 議 事 次 第 ) 1. 開 会 2. 久 元 自 治 行 政 局 長 挨 拶 3. 検 討 会 開 催 要 綱 等 について 4.

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information

税務事務業務委託仕様書

税務事務業務委託仕様書 別 紙 1 税 務 事 務 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 委 託 期 間 平 成 28 年 8 月 1 日 から 平 成 33 年 7 月 31 日 まで 単 年 度 契 約 であるが 初 年 度 を 含 み5 年 間 ( 予 定 )の 継 続 委 託 を 原 則 とする ただし 事 業 評 価 を 行 ったうえで 継 続 の 可 否 を 決 める また 番 号 制 度 における 情 報

More information

ウ 公 判 被 疑 者 が 起 訴 され 公 判 が 開 かれる 日 が 決 められた 後 審 理 が 行 われ 判 決 が 下 されます 判 決 について 検 察 官 や 被 告 人 がその 内 容 に 不 服 がある 場 合 には さらに 上 級 の 裁 判 所 ( 高 等 裁 判 所 等 )に

ウ 公 判 被 疑 者 が 起 訴 され 公 判 が 開 かれる 日 が 決 められた 後 審 理 が 行 われ 判 決 が 下 されます 判 決 について 検 察 官 や 被 告 人 がその 内 容 に 不 服 がある 場 合 には さらに 上 級 の 裁 判 所 ( 高 等 裁 判 所 等 )に 犯 罪 の 被 害 にあわれた 方 へ はじめに このパンフレットは 皆 様 に 捜 査 や 裁 判 はどのように 進 み 犯 人 はどのような 手 続 で 処 罰 されるのか また そこでは どのようなご 協 力 をお 願 いすることになるのか 利 用 できる 制 度 には どのようなものがあるのか といったことをわかり 易 くお 知 らせするためのものです 1 刑 事 手 続 の 概 要 犯 人

More information

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き 第 6 章 1. 各 種 診 断 はどのように 行 うか 児 童 相 談 所 における 子 ども 虐 待 対 応 は 専 門 的 な 科 学 的 知 見 に 基 づき 問 題 の 本 質 背 景 を 分 析 す ることにより 合 理 的 客 観 的 見 地 から 個 々の 事 例 につ の 過 程 が 診 断 であり 診 断 には 児 童 福 祉 司 による 社 会 診 断 児 童 心 理 司 による

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 月 党 現 照 草 草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 我 々 ん じ 美 土 然 環 境 守 や 科 学 技 術 振 興 活 済 活 通

More information

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 平 成 24 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 264 号 ) 答 申 日 : 平 成 25 年 6 月 18 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 60 号 ) 事 件 名 : 特 定 路 線 価 評 定 調 書 兼 決 議 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等

枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 監 査 結 果 報 告 書 ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 給 付 金 返 還 差 止 に 係 る 住 民 監 査 請 求 ) 枚 方 市 監 査 委 員 枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚

More information

札地第 号

札地第 号 ( 仮 称 ) 札 幌 市 暴 力 団 の 排 除 の 推 進 に 関 する 条 例 素 案 ~ご 意 見 を 募 集 します~ 札 幌 市 で は 札 幌 市 における 暴 力 団 の 排 除 の 推 進 に 関 し 基 本 理 念 を 定 め 市 民 事 業 者 市 の 役 割 を 明 ら か に す る と と も に 施 策 等 に つ い て 規 定 す る こ と で 平 穏 な 市 民

More information

諮 問 庁 の 説 明 は, 理 由 説 明 書 によると,おおむね 以 下 のとおりである 1 行 政 文 書 開 示 請 求 の 対 象 となった 文 書 開 示 請 求 の 内 容 は, 国 家 公 務 員 総 合 職 採 用 試 験 合 格 者 による 官 庁 訪 問 において, 公 正 取

諮 問 庁 の 説 明 は, 理 由 説 明 書 によると,おおむね 以 下 のとおりである 1 行 政 文 書 開 示 請 求 の 対 象 となった 文 書 開 示 請 求 の 内 容 は, 国 家 公 務 員 総 合 職 採 用 試 験 合 格 者 による 官 庁 訪 問 において, 公 正 取 諮 問 庁 : 公 正 取 引 委 員 会 委 員 長 諮 問 日 : 平 成 28 年 2 月 12 日 ( 平 成 28 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 136 号 ) 答 申 日 : 平 成 28 年 7 月 7 日 ( 平 成 28 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 183 号 ) 事 件 名 : 平 成 27 年 度 総 合 職 官 庁 訪 問 での 対 応 依 頼 等 の 一 部 開

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

が 終 了 した 後, 他 の 従 業 員 5 名 とともに 同 社 の 車 両 で 医 療 法 人 健 正 会 須 田 医 院 ( 以 下 須 田 医 院 という )に 赴 き,インフルエンザの 予 防 接 種 ( 以 下, 原 告 が 受 けたインフルエンザの 予 防 接 種 を 本 件 予 防

が 終 了 した 後, 他 の 従 業 員 5 名 とともに 同 社 の 車 両 で 医 療 法 人 健 正 会 須 田 医 院 ( 以 下 須 田 医 院 という )に 赴 き,インフルエンザの 予 防 接 種 ( 以 下, 原 告 が 受 けたインフルエンザの 予 防 接 種 を 本 件 予 防 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 請 求 1 処 分 行 政 庁 が 原 告 に 対 して 平 成 25 年 3 月 29 日 付 けでした 労 働 者 災 害 補 償 保 険 法 に 基 づく 療 養 補 償 給 付 を 支 給 しない 旨 の 処 分 を 取 り 消 す 2 処 分 行 政

More information

(通達)アダルトビデオへの強制的な出演等に係る相談等への適切な対応等について

(通達)アダルトビデオへの強制的な出演等に係る相談等への適切な対応等について 原 議 保 存 期 間 1 年 ( 平 成 29 年 6 月 30 日 まで) 有 効 期 間 二 種 ( 平 成 29 年 6 月 30 日 まで) 警 視 庁 生 活 安 全 部 長 殿 警 察 庁 丁 保 発 第 1 1 9 号 各 道 府 県 警 察 ( 方 面 ) 本 部 長 平 成 2 8 年 6 月 1 7 日 ( 参 考 送 付 先 ) 警 察 庁 生 活 安 全 局 保 安 課 長

More information

(2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 井 口 さん 方 の 土 蔵 崩 壊 学 校 幼 稚 園 などを 襲 った 恐 怖 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4) 抗 議 要 請 申 し 入 れ 日 本 共 産 党 民 主 団 体 の 調 査 と 要 請 行 動 津 山

(2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 井 口 さん 方 の 土 蔵 崩 壊 学 校 幼 稚 園 などを 襲 った 恐 怖 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4) 抗 議 要 請 申 し 入 れ 日 本 共 産 党 民 主 団 体 の 調 査 と 要 請 行 動 津 山 安 保 破 棄 岡 山 県 実 行 委 員 会 学 習 会 2011 年 10 月 17 日 ( 岡 山 市 勤 労 者 福 祉 センター) 米 軍 機 の 低 空 飛 行 を 許 さないために 中 尾 元 重 1. 低 空 飛 行 の 被 害 とその 後 (1) 全 国 の 低 空 飛 行 (2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4)

More information

Microsoft Word - 20150609-270609yousei.doc

Microsoft Word - 20150609-270609yousei.doc 福 岡 国 税 局 派 遣 国 税 庁 首 席 監 察 官 福 澤 宏 文 殿 国 税 局 職 員 による 犯 罪 行 為 の 申 し 立 て 及 び 犯 罪 捜 査 の 要 請 平 成 27 年 6 月 3 日 島 根 県 松 江 市 東 本 町 5 丁 目 16 番 地 9 山 根 ビル3 階 株 式 会 社 山 根 総 合 事 務 所 内 山 根 治 税 理 士 事 務 所 税 理 士 山 根

More information

政 務 活 動 の 目 的 とは 違 うため 政 務 活 動 の 経 費 とならない ( 政 治 資 金 パーティ 券 ダメ) 5. 政 務 活 動 費 の 妥 当 性 の 判 断 点 1 政 務 活 動 目 的 と 区 政 の 関 連 性 イ) 23 区 の 議 員 が 漁 業 を 視 察 しても

政 務 活 動 の 目 的 とは 違 うため 政 務 活 動 の 経 費 とならない ( 政 治 資 金 パーティ 券 ダメ) 5. 政 務 活 動 費 の 妥 当 性 の 判 断 点 1 政 務 活 動 目 的 と 区 政 の 関 連 性 イ) 23 区 の 議 員 が 漁 業 を 視 察 しても 調 査 報 告 書 政 務 活 動 費 の 使 途 基 準 --- 地 方 議 員 研 究 会 主 催 ( 講 師 廣 瀬 和 彦 氏 ) 政 務 活 動 費 は 個 々にグレーゾーンがあり それを 裁 判 所 がどう 判 断 しているかと 言 う 事 の 説 明 でした 主 にこれまでの 裁 判 例 に 基 づく 使 途 基 準 の 説 明 がありました 下 記 報 告 します 1. 政 務 活

More information

ウ 3 公 判 審 理 等 のにつき 調 査 した 結 果 では, 裁 判 官 裁 判 では36. 6%である( 裁 判 員 制 度 の 運 用 等 に 関 する 有 識 者 懇 談 会 ( 第 7 回 ) 配 付 資 料 保 護 観 察 比 率 表 グラフ ) なお, 無 期 懲 役 の 求 刑

ウ 3 公 判 審 理 等 のにつき 調 査 した 結 果 では, 裁 判 官 裁 判 では36. 6%である( 裁 判 員 制 度 の 運 用 等 に 関 する 有 識 者 懇 談 会 ( 第 7 回 ) 配 付 資 料 保 護 観 察 比 率 表 グラフ ) なお, 無 期 懲 役 の 求 刑 裁 判 員 裁 判 の 概 況 本 日 中 不 公 表,5 月 21 日 解 禁 でお 願 いします 第 1 これまでの 裁 判 員 裁 判 の 概 要 平 成 22 年 5 月 20 日 最 高 検 察 庁 1 起 訴 件 数 合 計 1, 881 件 ( 平 成 22 年 5 月 20 日 現 在 ) 別 添 資 料 1のとおり 2 判 決 結 果 判 決 言 渡 人 員 合 計 530 人 (

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

諮問第1号

諮問第1号 平 成 28 年 2 月 諮 問 説 明 資 料 ページ 諮 問 第 1 号 退 職 手 当 支 給 制 限 処 分 に 関 する 審 査 請 求 について 1 総 務 企 画 局 諮 問 第 1 号 退 職 手 当 支 給 制 限 処 分 に 関 する 審 査 請 求 について 第 1 議 会 への 諮 問 の 理 由 酒 気 帯 び 運 転 を 行 った 教 員 に 対 して, 平 成 27 年

More information

(Microsoft Word - \214f\216\246\227p\201[.doc)

(Microsoft Word - \214f\216\246\227p\201[.doc) 市 県 民 税 に 係 る 業 務 上 横 領 事 件 の 調 査 報 告 書 平 成 24 年 3 月 9 日 ( 金 ) 大 津 市 目 次 1 はじめに 1P 2 退 職 所 得 に 係 る 市 県 民 税 の 納 入 の 仕 組 み 1P 3 事 件 の 主 な 経 過 2P 4 元 職 員 の 経 歴 3P 5 被 害 額 4P 6 事 件 を 防 止 できなかった 組 織 的 な 問 題

More information

04 資料目次

04 資料目次 参 考 資 料 1 調 査 に 当 たった 委 員 48 2 活 動 経 過 49 3 包 括 罪 種 別 の 刑 法 犯 認 知 件 数 の 推 移 50 4 茨 城 県 安 全 なまちづくり 条 例 に 基 づく 広 報 啓 発 等 について 51 5 電 子 マニフェストを 利 用 した 解 体 自 動 車 等 の 不 適 正 輸 出 対 策 54 6 市 町 村 における 児 童 虐 待 の

More information

平 成 24 年 11 月 1 日 開 催 地 域 協 議 会 会 長 会 議 出 席 者 名 簿 地 域 協 議 会 氏 名 役 職 備 考 高 田 区 地 域 協 議 会 西 山 要 耕 会 長 新 道 区 地 域 協 議 会 岡 田 竹 一 会 長 金 谷 区 地 域 協 議 会 田 村 恒

平 成 24 年 11 月 1 日 開 催 地 域 協 議 会 会 長 会 議 出 席 者 名 簿 地 域 協 議 会 氏 名 役 職 備 考 高 田 区 地 域 協 議 会 西 山 要 耕 会 長 新 道 区 地 域 協 議 会 岡 田 竹 一 会 長 金 谷 区 地 域 協 議 会 田 村 恒 地 域 協 議 会 会 長 会 議 次 第 と き 平 成 24 年 11 月 1 日 ( 木 ) 午 後 3 時 30 分 ~ ところ 上 越 市 春 日 謙 信 交 流 館 集 会 室 1 あいさつ 2 議 題 (1) 地 域 活 動 支 援 事 業 について 資 料 1~3 参 照 (2) 副 市 長 との 意 見 交 換 について [ 資 料 ] 次 第 出 席 者 名 簿 資 料 1 平

More information

東アジアにおける配偶者からの暴力の加害者更生に関する調査研究報告書

東アジアにおける配偶者からの暴力の加害者更生に関する調査研究報告書 第 9 章 大 韓 民 国 ア. 法 体 系 韓 国 においては 大 韓 民 国 憲 法 の 下 国 会 が 定 める 法 律 により 国 民 の 権 利 及 び 義 務 等 が 定 められている 地 方 公 共 団 体 ( 特 別 市 広 域 市 道 市 郡 自 治 区 )は 法 令 の 範 囲 内 において 条 例 を 制 定 できるに 過 ぎず 法 律 による 規 定 がなければ 条 例 で

More information

平 成 25 年 1 月 目 次 ( Q1 後 見 人 の 仕 事 と 証 明 方 法 1 Q2 家 庭 裁 判 所 との 関 係 2 Q3 後 見 人 の 責 任 3 Q4 後 見 人 の 最 初 の 仕 事 4 Q5 被 後 見 人 の 収 入 支 出 の 計 画 5 Q6 被 後 見 人 の 収 入 支 出 の 管 理 6 i Q7 預 貯 金 の 管 理 の 仕 方 7 Q8 被 後 見

More information

平 成 26 年 12 月 定 例 会 地 方 分 権 行 財 政 改 革 新 都 心 整 備 特 別 委 員 会 における 発 言 1 マイナンバー 制 度 の 導 入 後 も 従 来 の 住 民 基 本 台 帳 ネットワーク 制 度 は 別 に 存 在 する ということでよいか 2 セキュリティ

平 成 26 年 12 月 定 例 会 地 方 分 権 行 財 政 改 革 新 都 心 整 備 特 別 委 員 会 における 発 言 1 マイナンバー 制 度 の 導 入 後 も 従 来 の 住 民 基 本 台 帳 ネットワーク 制 度 は 別 に 存 在 する ということでよいか 2 セキュリティ 平 成 26 年 12 月 定 例 会 地 方 分 権 行 財 政 改 革 新 都 心 整 備 特 別 委 員 会 の 概 要 日 時 平 成 26 年 12 月 17 日 ( 水 ) 開 会 午 前 10 時 2 分 閉 会 午 前 10 時 56 分 場 所 第 3 委 員 会 室 出 席 委 員 梅 澤 佳 一 委 員 長 須 賀 敬 史 副 委 員 長 森 伸 一 委 員 荒 木 裕 介 委

More information

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知 税 務 訴 訟 資 料 第 259 号 -7( 順 号 11120) 東 京 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 処 分 の 義 務 付 け 等 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 千 葉 西 税 務 署 長 ) 平 成 21 年 1 月 22 日 棄 却 確 定 ( 第 一 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 19 年 10 月 30 日

More information

障害者虐待防止・対応に関わる法の理解

障害者虐待防止・対応に関わる法の理解 障 害 者 虐 待 防 止 対 応 に 関 わ る 法 の 理 解 H23.12.19 弁 護 士 川 島 志 保 ねらい 1 虐 待 とは 2 障 害 者 虐 待 防 止 法 3 条 何 人 も 障 害 者 に 対 して 虐 待 をしてはならない 3 虐 待 の 関 する 法 律 4 障 害 者 虐 待 防 止 対 応 の 留 意 点 対 応 しない 理 由 を 見 つけるのではなく 1 虐 待

More information

Microsoft Word - 19年度(行個)答申第94号.doc

Microsoft Word - 19年度(行個)答申第94号.doc 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 19 年 9 月 6 日 ( 平 成 19 年 ( 行 個 ) 諮 問 第 86 号 ) 答 申 日 : 平 成 20 年 1 月 30 日 ( 平 成 19 年 度 ( 行 個 ) 答 申 第 94 号 ) 事 件 名 : 本 人 に 係 る 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否

More information

-3- 行 政 概 要 行 政 概 要 市 制 施 行 昭 和 26 年 4 月 1 日 ( 全 国 262 番 目 東 京 都 5 番 目 ) 位 置 東 経 139 度 16 分 30 秒 ( 市 役 所 におけるもの) 北 緯 35 度 47 分 16 秒 海 抜 186.6メートル 規 模 人 口 密 度 人 口 集 中 人 口 面 積 1km 2 地 区 人 口 当 たり 国 勢 調 人

More information

第1 地方公務員災害補償制度の概要

第1 地方公務員災害補償制度の概要 第 1 制 度 の 概 要 - 1 - - 2 - 1 制 度 とは 制 度 とは 公 務 遂 行 又 は 通 勤 に 伴 って 生 じた 地 方 公 務 員 の 災 害 に 対 して 補 償 を 行 う 制 度 です 法 ( 地 公 災 法 )を 根 拠 とし 労 働 者 災 害 補 償 保 険 法 ( 労 災 法 )や 国 家 公 務 員 災 害 補 償 法 ( 国 公 災 法 )に 基 づく

More information

平 成 22 年 12 月 第 5 回 定 例 会 (11 月 26 日 招 集 ) 会 期 日 程 表

平 成 22 年 12 月 第 5 回 定 例 会 (11 月 26 日 招 集 ) 会 期 日 程 表 平 成 22 年 12 月 第 5 回 定 例 会 (11 月 26 日 招 集 ) 会 期 日 程 表 平 成 22 年 12 月 第 5 回 水 俣 市 議 会 定 例 会 会 議 録 目 次 平 成 22 年 11 月 26 日 ( 金 ) 1 日 目 ⑴ 平 成 22 年 12 月 7 日 ( 火 ) 2 日 目 平 成 22 年 12 月 8 日 ( 水 ) 3 日 目 平 成 22

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

Taro-データ公安委員会相互協力事

Taro-データ公安委員会相互協力事 公 安 委 員 会 相 互 協 力 事 務 処 理 要 綱 の 制 定 について( 例 規 ) 最 終 改 正 平 成 26.2.7 例 規 組 二 第 5 号 京 都 府 警 察 本 部 長 から 各 部 長 各 所 属 長 あて 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 事 務 取 扱 いに 関 する 訓 令 ( 平 成 4 年 京 都 府 警 察 本

More information

平成27年4月1日付け人事異動の概要

平成27年4月1日付け人事異動の概要 平 成 27 年 3 月 25 日 相 模 原 市 発 表 資 料 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 の 概 要 1 人 事 異 動 の 規 模 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 1,541 名 その 他 採 用 245 名 (4 月 2 日 付 け1 名 を 含 む ) ( ): 平 成 26 年 4 月 1 日 付 け 職 階 局 級 部 級 参

More information

(4) 手 数 料 等 の 徴 収 制 度 的 には 独 占 となっていない 事 務 事 業 で も 実 態 上 独 占 となっている 場 合 独 占 の 弊 害 を 生 まないための 是 正 措 置 の 内 容 ( 行 っていない 場 合 はその 理 由 ) 手 数 料 等 の 対 価 の 徴 収

(4) 手 数 料 等 の 徴 収 制 度 的 には 独 占 となっていない 事 務 事 業 で も 実 態 上 独 占 となっている 場 合 独 占 の 弊 害 を 生 まないための 是 正 措 置 の 内 容 ( 行 っていない 場 合 はその 理 由 ) 手 数 料 等 の 対 価 の 徴 収 ( 別 添 1) 特 別 の 法 律 により 設 立 される 民 間 法 人 の 運 営 に 関 する 指 導 監 督 基 準 に 基 づく 指 導 監 督 状 況 ( 平 成 2 5 年 度 ) 法 人 名 社 会 保 険 診 療 報 酬 支 払 基 金 根 拠 法 令 名 1. 法 人 の 概 要 社 会 保 険 診 療 報 酬 支 払 基 金 法 業 務 の 概 要 ( 平 成 15 年 10

More information

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 )

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 5 事 業 認 定 の 概 要 6 事 業 認 定 とは 何 か 6 都 市 計 画 事 業 の 取

More information

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2>

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2> 赤 ちゃんポスト と 匿 名 出 産 についての 法 的 検 討 平 成 18 年 12 月 弁 護 士 由 井 照 二 熊 本 市 の 病 院 で 提 案 された 赤 ちゃんポスト 設 置 問 題 と これに 関 連 する 匿 名 出 産 についての 法 律 問 題 の 検 討 内 容 を 以 下 のとおり 検 討 いたします 1はじめに 1この 検 討 書 は いわゆる 赤 ちゃんポスト との

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A その 他 法 律 2012 年 10 月 5 日 全 13 頁 いまさら 人 には 聞 けない 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )のQ&A 金 融 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では 航 空 法 放 送 法 など 個 別 業 法 による 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )に 関 す る 基 本 的 な 事 項 をQ&A

More information

発 覚 理 由 違 反 態 様 在 日 期 間 違 反 期 間 婚 姻 期 間 夫 婦 間 の 子 刑 事 処 分 等 1 出 頭 申 告 不 法 残 留 約 13 年 9 月 約 9 年 11 月 約 1 年 10 月 2 出 頭 申 告 不 法 入 国 約 4 年 2 月 約 4 年 2 月 約

発 覚 理 由 違 反 態 様 在 日 期 間 違 反 期 間 婚 姻 期 間 夫 婦 間 の 子 刑 事 処 分 等 1 出 頭 申 告 不 法 残 留 約 13 年 9 月 約 9 年 11 月 約 1 年 10 月 2 出 頭 申 告 不 法 入 国 約 4 年 2 月 約 4 年 2 月 約 1 在 留 特 別 許 可 について 在 留 特 別 許 可 された 事 例 及 び 在 留 特 別 許 可 されなかった 事 例 について( 平 成 27 年 ) 平 成 28 年 3 月 法 務 省 入 国 管 理 局 入 管 法 第 50 条 に 規 定 する 在 留 特 別 許 可 は, 法 務 大 臣 の 裁 量 的 な 処 分 であり,その 許 否 判 断 に 当 たっては, 個 々の

More information

裁 決 書 審 査 申 立 人 丹 羽 國 臣 上 記 審 査 申 立 人 から 平 成 27 年 7 月 8 日 付 けで 提 起 された 同 年 4 月 26 日 執 行 の 狭 山 市 議 会 議 員 一 般 選 挙 における 当 選 の 効 力 に 関 する 審 査 の 申 立 てについて

裁 決 書 審 査 申 立 人 丹 羽 國 臣 上 記 審 査 申 立 人 から 平 成 27 年 7 月 8 日 付 けで 提 起 された 同 年 4 月 26 日 執 行 の 狭 山 市 議 会 議 員 一 般 選 挙 における 当 選 の 効 力 に 関 する 審 査 の 申 立 てについて 告 示 埼 玉 県 選 管 告 示 第 六 十 四 号 平 成 二 十 七 年 四 月 二 十 六 日 執 行 の 狭 山 市 議 会 議 員 一 般 選 挙 に お け る 当 選 の 効 力 に 関 す る 審 査 の 申 立 て に つ い て 当 委 員 会 は 次 の と お り 裁 決 し た 平 成 二 十 七 年 九 月 四 日 埼 玉 県 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 滝

More information

1から学ぶNPO法人会計基準対応事業報告書&計算書類作成セミナー

1から学ぶNPO法人会計基準対応事業報告書&計算書類作成セミナー 新 しい 公 共 支 援 事 業 NPO 新 時 代 を 拓 く 組 織 運 営 の 力 量 アップ 支 援 事 業 1から 学 ぶ NPO 法 人 会 計 基 準 対 応 事 業 報 告 書 & 計 算 書 類 作 成 セミナー( 名 古 屋 会 場 ) 中 尾 さゆり( 特 定 非 営 利 活 動 法 人 ボランタリーネイバーズ 相 談 事 業 部 長 ) 1. NPO 法 改 正 の 概 要

More information

Ⅰ マイナンバー 制 度 導 入 による 企 業 の 実 務 対 応 1 本 人 確 認 の 方 法 (1) 従 業 員 とその 扶 養 家 族 への 本 人 確 認 マイナンバーを 取 得 する 際 は 他 人 のなりすまし 等 を 防 止 するため 厳 格 な 本 人 確 認 を 行 わなくては

Ⅰ マイナンバー 制 度 導 入 による 企 業 の 実 務 対 応 1 本 人 確 認 の 方 法 (1) 従 業 員 とその 扶 養 家 族 への 本 人 確 認 マイナンバーを 取 得 する 際 は 他 人 のなりすまし 等 を 防 止 するため 厳 格 な 本 人 確 認 を 行 わなくては 不 正 防 止 リスク 対 策 Ⅰ マイナンバー 制 度 導 入 による 企 業 の 実 務 対 応 1. 本 人 確 認 の 方 法 2.マイナンバー 提 出 を 拒 否 された 場 合 の 対 応 方 法 3 ガイドライン 変 更 点 4. 実 務 ( 人 事 労 務 編 ) 5. 実 務 ( 経 理 編 ) Ⅱ マイナンバー 漏 えいと 対 応 方 法 1. 漏 えい 時 の 会 社 の 報

More information

Microsoft Word - 第1回.docx

Microsoft Word - 第1回.docx 会 議 録 会 議 名 開 催 日 時 開 催 場 所 第 1 回 東 浦 町 高 齢 者 福 祉 推 進 協 議 会 平 成 26 年 10 月 7 日 ( 火 ) 午 後 1 時 30 分 から3 時 10 分 東 浦 町 勤 労 福 祉 会 館 2 階 会 議 室 C 出 席 者 吉 田 正 和 氏 安 田 裕 政 氏 近 藤 静 香 氏 戸 田 幸 子 氏 尾 野 大 輔 氏 神 谷 英 一

More information

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 概 要 - 1 - 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 にその

More information

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 第 1 項 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 ( 以 下 大 学 という )に

More information