大阪府生活福祉資金のごあんない

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "大阪府生活福祉資金のごあんない"

Transcription

1 大 阪 府 生 活 福 祉 資 金 福 祉 資 金 貸 付 のごあんない この 貸 付 制 度 は 低 所 得 者 障 がい 者 または 高 齢 者 の 世 帯 に 対 し 資 金 の 貸 付 けと 必 要 な 相 談 支 援 を 行 うこ とにより その 経 済 的 自 立 および 生 活 意 欲 の 助 長 促 進 ならびに 在 宅 福 祉 および 社 会 参 加 の 促 進 を 図 り 安 定 し た 生 活 を 送 れるようにすることを 目 的 とするものです 対 象 となる 世 帯 は 大 阪 府 内 に 居 住 ( 居 住 地 と 住 民 票 が 一 致 すること)する 方 外 国 人 の 場 合 は 大 阪 府 内 に 外 国 人 登 録 があ り かつ 現 在 地 に 6 ヵ 月 以 上 居 住 し 将 来 とも 永 住 する 確 実 な 見 込 みがあること 低 所 得 者 世 帯 ( 福 祉 資 金 を 借 入 する 世 帯 ) 高 齢 者 世 帯 日 常 生 活 上 療 養 または 介 護 を 要 す 65 歳 以 上 の 高 齢 者 が 属 する 世 帯 住 宅 の 補 修 等 の 経 費 を 借 入 する 世 帯 障 がい 者 用 自 動 車 購 入 経 費 を 借 入 する 世 帯 生 活 保 護 基 準 ( 世 帯 人 数 で 異 なる) 以 上 の 収 入 が あり 生 活 保 護 基 準 額 の 1.8 倍 以 内 の 世 帯 生 活 保 護 基 準 ( 世 帯 人 数 で 異 なる) 以 上 の 収 入 が あり 生 活 保 護 基 準 額 の 2.5 倍 以 内 の 世 帯 生 活 保 護 基 準 ( 世 帯 人 数 で 異 なる) 以 上 の 収 入 が あり 生 活 保 護 基 準 額 の 3.0 倍 以 内 の 世 帯 対 象 とならない 世 帯 1 生 活 福 祉 資 金 ( 離 職 者 支 援 資 金 総 合 支 援 資 金 も 含 む 以 下 同 じ)の 連 帯 保 証 人 がいる 世 帯 2 生 活 福 祉 資 金 小 口 生 活 資 金 かけこみ 緊 急 資 金 等 の 公 的 資 金 を 借 り 滞 納 ( 又 は 猶 予 )してい る 世 帯 および 元 世 帯 員 なお 償 還 の 観 点 から 一 部 の 資 金 使 途 以 外 の 重 複 貸 付 は 認 めていません 3 原 則 として 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 その 他 の 公 的 資 金 を 借 りている 世 帯 また 借 入 ができる 世 帯 4 破 産 申 立 手 続 中 または 破 産 後 免 責 決 定 し5 年 が 経 過 していない 世 帯 ( 特 定 調 停 民 事 再 生 任 意 整 理 等 を 含 む) 5 大 阪 府 社 会 福 祉 協 議 会 が 債 権 保 有 する 資 金 に 対 し 破 産 申 し 立 てをした 人 がいる 世 帯 6 暴 力 団 員 がいる 世 帯 連 帯 保 証 人 の 設 定 と 貸 付 金 利 子 借 入 世 帯 とは 別 世 帯 の65 歳 未 満 で 安 定 した 収 入 のある 連 帯 保 証 人 が 原 則 1 名 必 要 です ただし 本 会 の 各 種 貸 付 金 の 連 帯 保 証 人 に 重 複 してなることは 原 則 できません しかし 連 帯 保 証 人 が 設 定 できない 場 合 も 借 入 申 請 は 可 能 です 貸 付 金 利 子 は 下 記 のとおりです 福 祉 資 金 借 入 にあたり 連 帯 保 証 人 を1 名 設 定 できる 場 合 福 祉 資 金 借 入 にあたり 連 帯 保 証 人 を 設 定 できない 場 合 無 利 子 年 1.5パーセント 申 請 にあたってご 留 意 いただきたいこと 1. 借 金 返 済 ( 又 は 先 に 立 替 え 資 金 に 充 てる) という 理 由 では 貸 し 付 けできません 2. 他 の 公 的 な 給 付 や 貸 付 の 制 度 が 利 用 できる 場 合 には そちらを 優 先 して 活 用 していただきます 3. 申 請 は 返 済 能 力 を 超 えないようご 注 意 ください 返 済 が 見 込 めないと 判 断 した 場 合 は 利 用 いただ けません 4. 借 受 後 も 返 済 が 滞 ることのないようにしてください 返 済 が 困 難 になった 時 は 直 ぐにご 相 談 くだ さい 5. 申 請 にかかる 諸 経 費 は 申 請 者 にご 負 担 いただきます 6.ご 提 出 いただいた 申 請 書 類 は 取 り 下 げる 場 合 ( 送 金 前 )を 除 き 一 切 返 却 いたしませんのでご 了 承 ください 7. 審 査 結 果 が 不 承 認 となった 場 合 不 承 認 理 由 はお 答 えいたしませんのでご 了 承 ください

2 連 帯 借 受 人 連 帯 保 証 人 の 設 定 について 1 世 帯 に 属 する 方 が 就 学 または 技 能 を 習 得 するために 技 能 習 得 に 必 要 な 経 費 を 申 請 する 場 合 当 該 者 が 借 入 申 込 者 となり 世 帯 の 生 計 中 心 者 が 連 帯 債 務 を 負 担 する 連 帯 借 受 人 となることが 必 要 です この 場 合 連 帯 保 証 人 を 設 定 したものとし 無 利 子 となります 2 65 歳 以 上 の 方 生 活 保 護 受 給 をされている 方 生 活 保 護 基 準 額 に 満 たない 方 が 借 入 希 望 される 場 合 は 65 歳 未 満 で 収 入 基 準 を 満 たしている 連 帯 保 証 人 の 設 定 がなければ 申 請 できません ( 生 活 保 護 世 帯 に 対 しての 生 活 必 需 品 等 購 入 費 用 の 貸 付 を 除 く) 申 し 込 みに 必 要 な 書 類 ( 各 用 途 別 の 申 請 に 共 通 ) 1 借 入 申 込 書 ( 民 生 委 員 調 査 書 が 必 要 となりますので 受 付 事 務 局 でご 確 認 ください ) 2 借 入 申 込 者 の 住 民 票 ( 世 帯 全 員 が 記 載 され 続 柄 が 明 記 されている3ヵ 月 以 内 発 行 のもの) 3 借 入 申 込 者 と 同 居 ( 単 身 赴 任 等 で 別 居 の 場 合 はその 方 も 含 む)で 収 入 のある 方 全 員 ( 常 勤 雇 用 でない 未 成 年 者 は 除 く) 連 帯 保 証 人 の 所 得 を 証 明 する 直 近 の 市 区 町 村 発 行 の 府 市 町 村 民 税 課 税 証 明 書 ( 全 事 項 証 明 のもの) または 雇 用 主 発 行 の 源 泉 徴 収 票 のどちらか 一 方 4 調 査 確 認 に 関 する 同 意 書 ( 運 転 免 許 証 健 康 保 険 証 など 本 人 を 確 認 できる 証 明 書 類 の 添 付 が 必 要 です) 5 個 人 情 報 取 り 扱 いに 関 する 同 意 書 および 警 察 関 係 機 関 等 への 照 会 に 関 する 同 意 書 6 生 活 保 護 世 帯 の 場 合 は 福 祉 事 務 所 長 ( 大 阪 市 内 は 各 区 保 健 福 祉 センター 所 長 )の 保 護 意 見 書 7 外 国 籍 の 場 合 は 在 留 資 格 が 明 記 されている 住 民 票 8 障 がいのある 方 がいる 世 帯 は 身 体 障 害 者 手 帳 療 育 手 帳 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 写 し 資 金 種 類 により 添 付 する 必 要 な 書 類 がありますので 受 付 窓 口 でご 確 認 ください 申 し 込 みについて 借 入 申 込 書 に 借 入 申 込 者 連 帯 借 受 人 ならびに 連 帯 保 証 人 がそれぞれ 署 名 し(フリガナをご 記 入 ください) ご 捺 印 ください 貸 付 決 定 後 に 提 出 する 借 用 書 に 使 用 する 印 鑑 ( 実 印 )をご 使 用 ください 申 し 込 まれる 資 金 種 類 ごとに 必 要 な 関 係 書 類 を 添 付 して 居 住 地 の 市 区 町 村 社 会 福 祉 協 議 会 または 担 当 す る 民 生 委 員 ( 居 住 地 を 担 当 する 民 生 委 員 の 調 査 書 ( 所 定 様 式 )が 必 要 となります)にご 相 談 ください 貸 付 決 定 と 送 金 貸 付 が 決 定 すれば 貸 付 決 定 通 知 書 と 借 用 書 が 届 きますので 借 用 書 に 借 受 人 連 帯 借 受 人 連 帯 保 証 人 がそれぞれ 署 名 捺 印 し 印 鑑 登 録 証 明 書 を 添 付 して 各 受 付 窓 口 ( 市 区 町 村 社 会 福 祉 協 議 会 )にご 提 出 ください 借 入 金 は 銀 行 振 込 となります 振 込 口 座 申 請 書 に 銀 行 名 支 店 名 預 金 種 目 口 座 番 号 口 座 名 義 (フ リガナは 必 ずご 記 入 ください)の 必 要 事 項 を 記 入 して 印 鑑 証 明 書 などと 一 緒 にご 提 出 ください 生 業 を 営 むために 必 要 な 経 費 住 宅 の 補 修 等 に 必 要 な 経 費 障 がい 者 自 動 車 の 購 入 に 必 要 な 経 費 冠 婚 葬 祭 に 必 要 な 経 費 生 活 保 護 世 帯 に 対 しての 生 活 必 需 品 等 購 入 費 用 の 貸 付 決 定 者 については 資 金 使 途 の 確 認 のため 送 金 完 了 後 1ヵ 月 以 内 に 貸 付 事 業 完 了 報 告 書 ( 業 者 への 支 払 い 証 明 となるもの 住 宅 補 修 後 の 写 真 車 検 証 などの 必 要 な 関 係 書 類 を 添 付 )の 提 出 を 義 務 付 けていますので 必 ずご 提 出 ください 償 還 ( 返 済 )について 元 金 利 子 均 等 償 還 による 返 済 になります 金 融 機 関 口 座 ( 銀 行 郵 便 局 )からの 自 動 払 い 込 みをご 利 用 い ただくことになります( 福 祉 事 務 所 の 代 理 納 付 の 場 合 を 除 く)ので 必 ず 借 用 書 提 出 時 に 預 金 口 座 振 替 依 頼 書 によりお 手 続 きをお 願 いいたします 口 座 振 替 日 は 毎 月 27 日 です( 休 日 の 場 合 は 翌 営 業 日 ) 毎 月 の 返 済 する 金 額 を 前 日 までにご 入 金 ください 残 高 不 足 などで 口 座 振 替 ができなかった 場 合 当 方 から コ ンビニ 払 込 票 (または 銀 行 への 振 込 票 もあります)をお 送 りしますので それでお 支 払 いください 返 済 期 限 内 であれば 貸 付 金 を 繰 上 返 済 することができます 利 子 については 再 計 算 することになりますの で 繰 上 返 済 を 希 望 される 場 合 は 大 阪 府 社 協 までお 問 い 合 わせください なお 最 終 償 還 期 限 までに 償 還 金 を 完 済 できない 場 合 は 延 滞 元 金 につき 年 10.75%の 延 滞 利 子 がつ きますので 期 限 内 に 遅 れないよう 返 済 をお 願 いいたします 償 還 完 了 後 に 借 用 書 をお 返 しします

3 生 業 を 営 むために 必 要 な 経 費 の 貸 付 について 事 業 を 開 始 したり 拡 充 するために 必 要 な 経 費 を 貸 し 付 けるもので 店 舗 確 保 のための 保 証 金 や 権 利 金 な どの 費 用 店 舗 作 業 場 等 の 改 修 などに 要 する 費 用 設 備 機 械 などを 購 入 するための 費 用 が 対 象 となり ます 材 料 商 品 等 の 購 入 費 家 賃 賃 金 などの 運 転 資 金 は 貸 付 金 の 対 象 になりません 1 個 人 事 業 主 を 対 象 としますので 会 社 団 体 など 法 人 組 織 が 経 営 する 場 合 は 対 象 になりません 2 許 認 可 制 により 各 種 証 明 書 が 必 要 な 場 合 や 有 資 格 者 を 要 する 場 合 等 は 関 係 書 類 の 添 付 が 必 要 となりま す 3 安 定 した 事 業 運 営 を 図 るために 資 金 の 保 有 は 必 要 であり 借 入 申 請 にあたり 総 事 業 費 ( 借 入 申 請 額 で はありません)の20%の 自 己 資 金 が 確 保 されていること を 要 件 にしております( 生 活 保 護 世 帯 はこの 限 りではありません) 申 請 日 以 前 継 続 して3か 月 間 安 定 した 収 入 が 自 己 資 金 として 確 保 されていること を 預 貯 金 されている 金 融 機 関 の 通 帳 にて 確 認 させていただきます 4 事 業 を 行 う 場 所 の 付 近 地 図 ( 最 寄 駅 が 表 示 されていること)を 添 付 してください 5 店 舗 賃 貸 借 契 約 などが 物 件 所 有 者 と 借 入 申 込 者 との 契 約 でない 場 合 は 対 象 になりません 6 貸 付 金 使 途 の 確 認 のため 送 金 完 了 後 1ヵ 月 以 内 に 開 店 した 店 舗 の 写 真 や 購 入 した 物 品 の 写 真 など 事 業 ごとに 添 付 書 類 が 異 なりますが 貸 付 事 業 完 了 報 告 書 の 提 出 が 義 務 付 けされています 住 宅 の 増 改 築 補 修 等 に 必 要 な 経 費 の 貸 付 について 低 所 得 者 世 帯 障 がい 者 世 帯 または 高 齢 者 世 帯 ( 日 常 生 活 上 療 養 または 介 護 を 要 する 高 齢 者 が 属 する 世 帯 に 限 る)が 居 住 する 住 宅 を 増 築 改 築 拡 張 補 修 保 全 するのに 必 要 な 経 費 または 公 営 住 宅 を 譲 り 受 けるのに 必 要 な 経 費 が 対 象 になります 新 規 に 住 宅 を 購 入 する 経 費 は 対 象 になりません 障 がい( 重 度 )のある 方 の 身 体 の 状 況 等 に 応 じて 障 がい 者 世 帯 が 居 住 する 住 宅 を 安 全 かつ 利 便 性 に 優 れ たものに 改 修 改 造 する 工 事 または 高 齢 者 世 帯 等 が 介 護 保 険 法 に 基 づく 介 護 予 防 のために 居 住 する 住 宅 を 改 修 改 造 する 工 事 などの 費 用 について 各 種 助 成 金 が 受 けられる 場 合 はその 制 度 を 優 先 して 活 用 し 助 成 額 を 控 除 した 金 額 が 貸 付 対 象 金 額 となります 事 業 完 了 後 1ヵ 月 以 内 に 貸 付 事 業 完 了 報 告 書 ( 住 宅 補 修 後 の 写 真 領 収 書 等 添 付 )の 提 出 が 必 要 となります 障 がい 者 用 自 動 車 の 購 入 に 必 要 な 経 費 の 貸 付 について 障 がいのある 方 が 自 ら 運 転 するか 障 がいのある 方 と 生 計 を 同 一 にする 方 が 専 ら 当 該 障 がいをお 持 ちの 方 の 日 常 生 活 の 便 宜 を 図 るために 自 動 車 ( 四 輪 車 に 限 る)を 購 入 する 場 合 に 対 して 貸 付 を 行 います 1 通 勤 通 院 社 会 参 加 など 障 がい 者 世 帯 が 自 動 車 を 購 入 する 場 合 が 対 象 になります 2 障 がいのある 方 が 生 活 保 護 を 受 給 されている 場 合 は 対 象 になりません 3 近 所 ( 隣 接 市 内 区 内 )に 住 む 親 族 が 障 がい 者 のために 自 動 車 を 運 転 する 場 合 は 障 がいのある 方 が 借 入 申 込 者 となり 運 転 される 親 族 の 方 が 連 帯 保 証 人 として 加 わっていただきます 生 計 を 一 にすると いう 考 え 方 が 基 本 であり この 場 合 のみ ボランティアや 第 三 者 は 連 帯 保 証 人 になることはできません 4 原 則 として 排 気 量 2,000cc 以 下 の 自 動 車 としますが 障 がいの 状 況 により 2,000 cc 以 上 の 自 動 車 を 購 入 する 場 合 は その 必 要 性 をお 示 しいただく 必 要 があります 5 現 在 使 用 中 の 車 を 買 い 替 える 場 合 は 走 行 距 離 が5 万 kmを 超 えている 5 年 以 上 乗 車 している の いずれかが 当 てはまる 場 合 貸 付 の 対 象 となります 6 申 請 書 類 は 車 購 入 先 の 見 積 書 カタログ( 中 古 車 の 場 合 は 写 真 ) 価 格 表 運 転 免 許 証 障 がいのあ る 方 の 身 体 障 害 者 手 帳 療 育 手 帳 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 写 しが 必 要 となります 7 車 輌 本 体 価 格 から 値 引 き した 額 を 基 本 に 貸 付 金 額 を 算 定 いたしますが 最 終 的 に 貸 付 金 額 を 決 定 するにあたり 自 動 車 販 売 業 者 に 金 額 等 確 認 させていただきます 8 申 請 金 額 は 万 円 単 位 ( 端 数 切 捨 )となります ( 他 の 福 祉 資 金 は 千 円 単 位 での 申 請 となります ) 9 付 属 品 購 入 費 用 や 税 金 ( 消 費 税 を 除 く) 保 険 料 手 続 代 行 などの 諸 費 用 は 貸 付 金 の 対 象 になりません

4 10 購 入 される 車 種 は 変 更 することができませんので 十 分 にご 検 討 いただき 借 入 申 請 をお 願 いします 貸 付 金 が 決 定 すれば 見 積 書 の 車 購 入 先 への 直 接 送 金 を 原 則 とします 業 者 への 振 り 込 みについて 同 意 いただくとともに 当 方 から 業 者 への 確 認 ( 送 金 方 法 等 )をさせていただきますのでご 了 承 ください 11 見 積 書 は 自 動 車 販 売 業 者 ( 中 古 含 む)が 発 行 するもので 個 人 取 引 による 契 約 は 対 象 となりません 12 現 在 使 用 している 車 を 買 い 替 える 場 合 は 現 在 の 車 の 車 検 証 駐 車 場 を 確 保 している 証 明 書 ( 自 動 車 保 管 場 所 証 明 書 見 取 図 など)を 添 付 してください 13 貸 付 金 使 途 の 確 認 のため 売 買 契 約 書 自 動 車 検 査 証 購 入 車 両 の 写 真 など 必 要 書 類 を 添 付 して 購 入 後 1ヵ 月 以 内 に 貸 付 事 業 完 了 報 告 書 の 提 出 が 必 要 です 負 傷 または 疾 病 の 療 養 に 必 要 な 経 費 の 貸 付 について 世 帯 員 の 負 傷 または 疾 病 の 療 養 に 必 要 な 経 費 ( 当 該 療 養 期 間 は 原 則 1 年 以 内 とし 特 に 必 要 と 認 められ るときは1 年 6ヵ 月 の 範 囲 内 とする)およびその 療 養 期 間 中 の 生 計 を 維 持 するために 必 要 な 経 費 が 対 象 に なります 1 医 療 費 については 負 傷 または 疾 病 された 方 の 高 額 療 養 費 における 自 己 負 担 限 度 額 となります 高 額 療 養 費 制 度 の 手 続 きを 行 い 事 前 に 健 康 保 険 限 度 額 適 用 認 定 証 の 交 付 を 受 けてください 2 療 養 期 間 中 は 借 入 ができます 医 師 診 断 書 に 基 づく 診 療 見 込 期 間 で 判 断 いたします 3 健 康 保 険 の 適 用 となる 医 療 費 が 対 象 となりますが ベット 差 額 や 入 院 給 食 費 も 借 入 可 能 です 4 療 養 期 間 中 の 生 計 を 維 持 するために 必 要 な 経 費 ( 生 活 費 )については 世 帯 数 による 最 低 生 活 基 準 額 ( 生 活 保 護 基 準 月 額 )を 基 本 に 算 出 いたします 個 人 の 希 望 額 により 算 出 することはできません 5 世 帯 の 生 計 中 心 者 が 療 養 中 で 他 の 世 帯 員 に 全 く 収 入 がない 場 合 世 帯 数 による 生 活 保 護 基 準 月 額 が 生 活 費 となります もし 生 計 中 心 者 でない 世 帯 員 に 収 入 があれば 世 帯 数 による 生 活 保 護 基 準 月 額 からその 世 帯 員 収 入 分 ( 収 入 のある 人 全 員 )を 控 除 した 額 が 当 世 帯 の 生 活 費 となります 療 養 期 間 中 の 借 入 が 可 能 です 6 療 養 期 間 中 の 生 計 を 維 持 するために 必 要 な 経 費 については 返 済 の 観 点 から 生 計 中 心 者 が 療 養 期 間 中 に 一 時 的 に 収 入 が 下 がった 場 合 を 想 定 しておりますので 元 から 収 入 が 少 ない 方 や 職 場 復 帰 の 見 込 み がない 方 は 対 象 となりません( 証 明 する 書 類 の 提 出 を 求 めます) また この 経 費 ( 生 活 費 )のみの 申 請 も 対 象 となりません なお この 経 費 を 申 請 する 場 合 生 計 を 維 持 できていないので 連 帯 保 証 人 の 設 定 が 必 須 となります 生 活 保 護 受 給 世 帯 への 貸 付 について 生 活 保 護 法 にいう 被 保 護 者 については 保 護 の 実 施 機 関 において 当 該 世 帯 の 自 立 更 生 を 促 進 するため 必 要 があると 認 められ 下 記 の 措 置 がとれる 場 合 に 限 り 必 要 な 資 金 を 貸 し 付 けることができます 保 護 意 見 書 の 作 成 に 当 たっては 下 記 の 点 を 十 分 ご 理 解 いただき 償 還 計 画 について 明 記 していただくこ とが 借 入 申 請 の 条 件 となりますので 担 当 するケースワーカーにご 相 談 ください 借 入 申 込 者 が 生 活 保 護 法 にいう 被 保 護 者 である 場 合 および 被 保 護 者 となった 場 合 においては 生 活 保 護 法 による 保 護 の 実 施 要 領 に 定 めるところにより 資 金 は 原 則 として その 者 の 収 入 認 定 において 収 入 から 除 外 して 認 定 されるとともに 貸 付 金 の 元 金 および 利 子 を 償 還 する 場 合 にあっては その 者 の 収 入 認 定 にお いて その 償 還 金 を 控 除 して 認 定 されること になっております 今 後 も 生 活 保 護 受 給 世 帯 である 場 合 は 各 種 扶 助 が 優 先 となります また 収 入 認 定 除 外 できない 世 帯 は 当 貸 付 金 の 対 象 になりません ( 生 業 費 生 活 必 需 品 等 購 入 費 用 は 除 きます ) なお 生 活 保 護 を 申 請 受 給 するために 転 宅 費 用 など 当 貸 付 金 の 利 用 を 希 望 される 世 帯 は 経 済 的 自 立 を 目 的 とする 本 貸 付 制 度 の 趣 旨 に 沿 わず 対 象 とはなりませんのでご 了 承 ください 社 会 福 祉 法 人 大 阪 府 社 会 福 祉 協 議 会 生 活 支 援 部 福 祉 資 金 グループ 大 阪 市 中 央 区 谷 町 TEL

5 福 祉 資 金 福 祉 費 ( 障 がい 者 の 車 は 万 単 位 その 他 福 祉 費 は 千 円 単 位 での 申 請 になります ) No 資 金 使 途 貸 付 限 度 額 据 置 期 間 償 還 期 間 1 生 業 を 営 むために 必 要 な 経 費 事 業 を 開 始 したり 拡 充 するために 必 要 な 経 費 ( 店 舗 権 利 金 店 舗 改 造 460 万 円 6ヵ 月 20 年 以 内 費 機 械 購 入 費 など) (240 回 ) 賃 貸 物 件 見 積 書 購 入 品 見 積 書 カタログ 各 種 免 許 証 許 可 証 事 業 発 注 証 明 書 事 業 所 の 付 近 地 図 総 事 業 費 2 割 の 自 己 資 金 3ヵ 月 以 上 確 保 されている 証 明 ( 金 融 機 関 の 通 帳 で 確 認 )など 2 技 能 習 得 に 必 要 な 経 費 及 びその 期 間 中 の 生 計 を 維 持 するため に 必 要 な 経 費 ホームヘルハ ーなどの 資 格 取 得 厚 生 労 働 省 指 定 講 座 など 受 講 学 校 教 育 法 に 規 定 されていない 各 種 学 校 等 に 就 学 する 場 合 などに 必 要 な 経 費 学 校 種 類 で 学 校 教 育 法 に 規 定 される 学 校 は 教 育 支 援 資 金 貸 付 各 種 学 校 受 講 する 機 関 等 への 就 学 が 証 明 できるもの( 在 学 証 明 書 入 学 許 可 証 合 格 通 知 書 など) 運 転 免 許 等 の 資 格 取 得 講 座 受 講 または 成 人 の 方 の 就 学 については 雇 用 先 の ( 資 格 取 得 の 場 合 は 必 須 条 件 としていることが 明 記 されている) 雇 用 契 約 書 所 要 金 額 がわかる 資 料 など 130 万 円 (6ヵ 月 以 内 ) 220 万 円 (1 年 以 内 ) 400 万 円 (2 年 以 内 ) 580 万 円 (3 年 以 内 ) 習 得 期 間 が6ヵ 月 を 超 える 場 合 は 3 年 の 範 囲 内 で 月 額 15 万 円 以 内 の 額 を 加 算 習 得 後 6ヵ 月 8 年 以 内 (96 回 ) 3 居 住 する 住 宅 を 増 改 築 拡 張 補 修 保 全 するのに 必 要 な 経 費 または 公 営 住 宅 を 譲 り 受 けるのに 必 要 な 経 費 250 万 円 6ヵ 月 7 年 以 内 工 事 費 用 の 見 積 書 平 面 図 現 在 の 状 況 を 証 明 する 写 真 借 地 借 家 の 場 合 は 地 主 家 主 の 承 諾 書 など (84 回 ) 4 福 祉 用 具 等 の 購 入 に 必 要 な 経 費 購 入 しようとする 機 能 回 復 訓 練 器 具 用 具 等 の 見 積 書 カタログ パ ンフレットなど 5 障 がい 者 用 自 動 車 の 購 入 に 必 要 な 経 費 運 転 免 許 証 障 がい 者 手 帳 車 購 入 先 の 見 積 書 カタログ 価 格 表 買 い 替 えの 場 合 は 旧 車 両 の 車 検 証 業 者 振 込 に 関 する 同 意 書 ( 詳 細 については 貸 付 制 度 のごあんない をご 参 照 ください) 170 万 円 6ヵ 月 8 年 以 内 (96 回 ) 250 万 円 6ヵ 月 8 年 以 内 (96 回 ) 6 中 国 残 留 邦 人 等 にかかる 国 民 年 金 保 険 料 の 追 納 に 必 要 な 経 費 万 円 6ヵ 月 10 年 以 内 特 例 措 置 対 象 者 該 当 通 知 追 納 保 険 料 納 付 書 など 7 負 傷 または 疾 病 の 療 養 に 必 要 な 経 費 ( 健 康 保 険 の 例 による 医 療 費 の 自 己 負 担 額 のほか 移 送 経 費 等 療 養 に 付 随 して 要 する 経 費 を 含 む ) 及 びその 療 養 期 間 中 の 生 計 を 維 持 するために 必 要 な 経 費 診 断 書 ( 所 定 様 式 ) 諸 経 費 明 細 がわかる 資 料 など 療 養 期 間 が1 年 を 超 え ないときは170 万 円 1 年 を 超 え1 年 6 月 以 内 であって, 世 帯 の 自 立 に 必 要 なときは230 万 円 8 介 護 サービス 障 がい 福 祉 サービス 等 を 受 けるのに 必 要 な 経 費 ( 介 護 保 険 料 を 含 む) 及 びそのサービスを 受 ける 期 間 中 の 生 計 を 期 間 が1 年 を 超 えない 維 持 するために 必 要 な 経 費 ときは170 万 円 サービス 利 用 料 金 がわかる 資 料 ( 請 求 書 など) 要 介 護 認 定 が 証 明 できるもの 各 種 サービスを 利 用 していることがわかる 資 料 など 1 年 を 超 え1 年 6 月 以 内 であって, 世 帯 の 自 立 に 必 要 なときは230 万 円 6ヵ 月 6ヵ 月 (120 回 ) 5 年 以 内 (60 回 ) 5 年 以 内 (60 回 )

6 No 資 金 使 途 貸 付 限 度 額 据 置 期 間 償 還 期 間 9 災 害 を 受 けたことにより 自 立 のため 臨 時 に 必 要 となる 経 費 火 災 保 険 見 舞 金 等 で 対 応 できるものや 損 害 を 賠 償 する 目 的 のも のは 対 象 外 150 万 円 6ヵ 月 7 年 以 内 (84 回 ) 官 公 署 が 発 行 する り 災 証 明 書 購 入 する 日 常 家 財 道 具 などの 経 費 がわかる 見 積 書 購 入 品 目 カタログ パンフレット 転 宅 先 となる 賃 貸 物 件 の 見 積 書 など 10 冠 婚 葬 祭 に 必 要 な 経 費 結 婚 : 結 婚 式 の 経 費 がわかる 見 積 書 婚 姻 関 係 がわかる 書 類 など 出 産 : 出 産 に 関 する 母 子 健 康 手 帳 必 要 経 費 がわかる 見 積 書 など 葬 祭 : 死 亡 診 断 書 喪 主 との 関 係 がわかる 書 類 葬 儀 費 用 の 見 積 書 または 領 収 書 など 11 住 居 の 移 転 等 給 排 水 設 備 等 の 設 置 に 必 要 な 経 費 住 宅 の 移 転 : 賃 貸 物 件 の 敷 金 などの 見 積 書 運 送 費 用 の 見 積 書 など 給 排 水 設 備 : 設 置 に 必 要 な 経 費 見 積 書 賃 貸 物 件 の 場 合 は 家 主 の 承 諾 書 など 12 就 職 技 能 習 得 等 の 支 度 に 必 要 な 経 費 就 職 や 技 能 習 得 のために 必 要 な 経 費 ( 洋 服 代 定 期 代 などの) 見 積 書 13 その 他 日 常 生 活 上 一 時 的 に 必 要 な 経 費 生 活 保 護 世 帯 に 対 しての 生 活 必 需 品 等 購 入 費 用 国 民 年 金 ( 任 意 加 入 後 納 制 度 )の 掛 け 金 アナログ 放 送 終 了 にともなう 地 上 デジタルチューナー 等 購 入 費 用 修 学 旅 行 等 の 費 用 帰 省 用 費 用 冬 期 間 の 暖 房 用 燃 料 の 一 括 購 入 費 用 生 活 必 需 品 : 自 立 更 生 計 画 が 適 正 であることの 記 載 がある 福 祉 事 務 所 の 保 護 意 見 書 国 民 年 金 : 年 金 ( 任 意 加 入 後 納 制 度 )の 掛 け 金 などの 経 費 がわかる もの( 日 本 年 金 機 構 からの 通 知 書 など) チューナー 等 :アナログ 放 送 機 器 からの 切 り 替 えを 証 明 するもの 帰 省 費 用 : 帰 省 先 との 関 係 を 証 明 するもの この 帰 省 を 本 資 金 を 借 り てまで 行 わなければならない 理 由 がわかるもの( 償 還 の 観 点 から 日 常 的 な 帰 省 は 対 象 となりません) 暖 房 費 用 : 一 括 購 入 の 必 要 性 を 証 明 するもの( 一 括 購 入 が 妥 当 と 判 断 できないものは 対 象 となりません) その 他 必 要 経 費 のわかる 見 積 書 など 貸 付 金 を 他 に 流 用 したとき 社 協 による 相 談 支 援 に 応 じないとき 虚 偽 の 申 請 その 他 不 正 な 手 段 で 貸 付 を 受 けたとき 故 意 に 貸 付 金 の 償 還 を 怠 ったときは 貸 付 金 の 全 部 又 は 一 部 を 一 括 償 還 してい ただきます また 虚 偽 の 申 請 等 不 正 な 申 込 と 判 断 した 場 合 は 警 察 に 通 報 します

税 市 民 税 県 民 税 家 屋 敷 課 税 の 申 告 書 の 提 出 豊 川 市 外 にお 住 まいで 1 月 1 日 現 在 で 市 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する で 申 告 書 を 提 出 される 平 成 29 年 度 以 後 の 年 度 分 の 申 告

税 市 民 税 県 民 税 家 屋 敷 課 税 の 申 告 書 の 提 出 豊 川 市 外 にお 住 まいで 1 月 1 日 現 在 で 市 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する で 申 告 書 を 提 出 される 平 成 29 年 度 以 後 の 年 度 分 の 申 告 市 役 所 窓 口 等 においてマイナンバーの 記 入 が 必 要 となる 手 続 き 等 手 続 きの 通 知 カード 通 知 カード 通 知 カードの 記 載 内 容 ( 住 所 氏 名 等 )の 変 更 等 引 越 し 婚 姻 などで 通 知 カードの 記 載 内 容 ( 住 所 氏 名 等 )に 変 更 が 生 じた 市 民 課 住 民 登 録 係 0533-89-2272 手 続 時 には

More information

奨学資金の受領から返還までの手続

奨学資金の受領から返還までの手続 奨 学 資 金 の 受 領 から 返 還 までの 手 続 Ⅰ 奨 学 資 金 の 受 領 1 奨 学 資 金 の 交 付 スケジュールと 貸 与 月 額 奨 学 資 金 は 新 規 採 用 時 や 年 度 初 め 年 度 末 などの 特 別 な 場 合 を 除 いて 毎 月 15 日 頃 に 交 付 されます (4 5 月 分 は 進 級 確 認 に 時 間 を 要 するため 5 月 中 旬 に 交

More information

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村 死 亡 後 の 手 続 きリスト 1 5 日 以 内 死 後 5 日 以 内 国 民 健 康 保 険 以 外 の 健 康 保 険 証 の 返 却 勤 務 先 社 会 保 険 事 務 所 7 日 以 内 期 限 項 目 手 続 き 先 提 出 先 必 要 書 類 備 考 死 後 知 った 時 から7 日 以 内 死 亡 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 医 師 による

More information

<413035918A926B8ED2977090E096BE8E9197BF8169918D8D878E7889878E918BE0816A2831292E786C73>

<413035918A926B8ED2977090E096BE8E9197BF8169918D8D878E7889878E918BE0816A2831292E786C73> 2013.04~ 総 合 支 援 資 金 を 利 用 して 生 活 建 に 向 けた 取 り 組 みをされる 方 へ 社 会 福 祉 法 人 東 京 都 社 会 福 祉 協 議 会 総 合 支 援 資 金 は 日 常 生 活 全 般 に 困 難 を 抱 えた 世 帯 の 生 活 の 建 て 直 しのために 継 続 的 な 相 談 支 援 と 生 活 費 及 び 一 時 的 な 資 金 の 貸 付 を

More information

世 帯 預 貯 金 総 額 そ 他 資 産 ( 具 体 的 に) 負 債 負 債 総 額 毎 月 返 済 額 備 考 ( 滞 納 猶 予 減 免 有 無 等 ) 資 産 負 債 1 住 宅 ローン 2 公 的 融 資 ( 生 活 福 祉 資 金 以 外 ) 3 消 費 者 ローン カードローン 等

世 帯 預 貯 金 総 額 そ 他 資 産 ( 具 体 的 に) 負 債 負 債 総 額 毎 月 返 済 額 備 考 ( 滞 納 猶 予 減 免 有 無 等 ) 資 産 負 債 1 住 宅 ローン 2 公 的 融 資 ( 生 活 福 祉 資 金 以 外 ) 3 消 費 者 ローン カードローン 等 生 活 復 興 支 援 資 金 ( 東 日 本 大 震 災 特 例 ) 借 入 申 込 書 借 申 込 入 者 氏 名 男 女 生 年 月 日 市 区 町 村 社 協 受 付 福 島 県 社 協 受 付 民 児 協 コード 決 定 日 昭 和 平 成 年 西 暦 西 暦 貸 付 送 金 日 月 日 生 歳 世 帯 及 び 被 災 現 在 住 所 / 居 所 - 現 在 連 絡 先 電 話 番 号 固

More information

11 新 型 インフルエンザ 予 防 接 種 健 康 被 害 救 済 給 付 金 ( 注 4) 12 ( 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の) 副 作 用 救 済 給 付 又 は( 生 物 由 来 製 品 感 染 等 被 害 救 済 制 度 の) 感 染 救 済 給 付 ( 注 4)

11 新 型 インフルエンザ 予 防 接 種 健 康 被 害 救 済 給 付 金 ( 注 4) 12 ( 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の) 副 作 用 救 済 給 付 又 は( 生 物 由 来 製 品 感 染 等 被 害 救 済 制 度 の) 感 染 救 済 給 付 ( 注 4) 様 式 第 1 号 及 び 第 2 号 ( 参 考 資 料 2)( 第 6 条 関 係 ) 留 意 事 項 支 給 対 象 者 について 支 給 対 象 者 は 平 成 26 年 1 月 1 日 において 以 下 の 条 件 を 満 たした 方 です 1 足 寄 町 の 住 民 基 本 台 帳 に 記 録 されている 方 ( ) 2 平 成 26 年 度 分 の 市 町 村 民 税 ( 均 等 割

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57> 平 成 18 年 12 月 平 成 19 年 10 月 ( 追 加 改 正 ) 平 成 20 年 5 月 ( 改 正 ) ポジティブアクション 推 進 プロジェクト 一 人 で 悩 む 前 に まずご 相 談 ください 妊 娠 したのですが どのような 手 続 をすればいいのですか? 産 休 から 育 児 休 暇 への 流 れは 次 の 通 りです 産 前 休 暇 出 産 産 後 休 暇 育 児 休

More information

後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 平 成 20 年 4 か ら 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 が は じ ま り ま した これまでは75 歳 ( 一 定 の 障 害 をお 持 ちの65 歳 ) 以 上 の 方 は 国 民 健 康 保 険 などの 医 療 保 険 に 加 入 しながら 老 人 保 健 医 療 制 度 で 医 療 を 受 けていましたが 平 成 20 年 4 からは 新 しい

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483238906C8E9688D993AE82C994BA82A492F18F6F8F9197DE81698DC58F49816A2E646F6378> が30 ア されたとき(フルタイムの 再 雇 用 職 員 として 採 用 されたときを 含 む ) 人 事 異 動 に 伴 う 提 類 ( 共 済 組 合 互 助 会 関 係 ) 取 組 共 済 組 合, 互 助 会 の 資 格 取 得 の 届 出 1 船 得 合 員 届 員 提 出 書 当 採 組 ( 書 会 員 ) 資 格 用 合 資 格 取 得 員 届 ( 出 会 員 ) 前 人 給 通 歴

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則 金 ケ 崎 町 規 則 第 13 号 金 ケ 崎 町 小 学 生 医 療 費 給 付 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 小 学 生 に 対 して 医 療 費 の 一 部 を 給 付 することにより 保 護 者 の 負 担 を 軽 減 し もって 小 学 生 の 健 全 な 育 成 と 福 祉 の 増 進 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 規 則

More information

平成21年10月30日

平成21年10月30日 職 員 各 位 平 成 24 年 10 月 25 日 法 人 事 務 局 総 務 部 人 事 課 年 末 調 整 に 係 る 申 告 書 等 の 提 出 について 標 記 の 件 年 末 調 整 を 行 いますので 下 記 の 通 り 必 要 書 類 の 提 出 をお 願 いいたします 記 1. 手 続 きについて (1) 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 返 却 および 記 載 内 容 の 確

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

学校事務の手引原稿

学校事務の手引原稿 概 要 子 を 養 する 職 員 継 続 的 な 勤 を 促 進 し 職 員 祉 増 進 を 図 るため 男 女 労 働 者 権 として 保 障 す るととも 行 政 円 滑 な 運 営 を 図 るため 一 定 期 間 職 従 せず 専 念 できる 制 度 である 関 係 法 方 公 員 共 済 組 合 法 第 42 53 54 70 70 条 2 114 条 2 ⑵ 公 立 共 済 組 合 定 款

More information

(2) 対 象 となる 方 75 歳 以 上 の 方 65 歳 ~74 歳 の 一 定 の 障 害 をもつ 方 で 申 請 により 広 域 連 合 の 認 定 を 受 けた 方 身 体 障 害 者 手 帳 (1~3 級 及 び4 級 の 一 部 ) 療 育 手 帳 (A1 A2) または 精 神 障

(2) 対 象 となる 方 75 歳 以 上 の 方 65 歳 ~74 歳 の 一 定 の 障 害 をもつ 方 で 申 請 により 広 域 連 合 の 認 定 を 受 けた 方 身 体 障 害 者 手 帳 (1~3 級 及 び4 級 の 一 部 ) 療 育 手 帳 (A1 A2) または 精 神 障 1. 制 度 の 概 要 (1) 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 とは 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 は 75 歳 以 上 の 方 と 65 歳 ~74 歳 で 一 定 の 障 害 があり 申 請 により 加 入 した 方 を 対 象 とする 独 立 した 医 療 保 険 制 度 として 平 成 20 年 4 月 から 始 まりました この 制 度 では 財 政 運 営 の 安 定 化 と

More information

2 窓 口 申 請 方 式 : 申 請 書 を 窓 口 に 提 出 し 指 定 の 金 融 機 関 口 座 へ 振 込 3 窓 口 現 金 受 領 方 式 : 申 請 書 を 郵 送 又 は 窓 口 に 提 出 し 窓 口 で 現 金 を 受 領 申 請 受 付 開 始 日 及 び 申 請 期 限

2 窓 口 申 請 方 式 : 申 請 書 を 窓 口 に 提 出 し 指 定 の 金 融 機 関 口 座 へ 振 込 3 窓 口 現 金 受 領 方 式 : 申 請 書 を 郵 送 又 は 窓 口 に 提 出 し 窓 口 で 現 金 を 受 領 申 請 受 付 開 始 日 及 び 申 請 期 限 様 式 第 1 号 及 び 第 2 号 ( 参 考 資 料 2)( 第 6 条 関 係 ) 平 成 28 年 度 臨 時 福 祉 給 付 金 の 申 請 に 係 る 留 意 事 項 1. 支 給 対 象 者 について 支 給 対 象 者 は 平 成 28 年 1 月 1 日 において 以 下 の 条 件 を 満 たした 方 です 1 平 成 28 年 1 月 1 日 において 枝 幸 町 の 住 民

More information

学校事務の手引原稿

学校事務の手引原稿 異 動 事 手 続 ( 市 町 村 立 学 校 以 外 ) 島 大 学 小 学 校 への 転 出 事 処 理 手 続 事 項 時 期 先 手 続 内 容 採 3 ⑴ 履 歴 書 1 部 月 で き る 小 又 は 1 学 校 保 管 の 写 しで 長 の 奥 書 証 明 必 要 ⑵ 卒 業 証 明 書 1 高 校 大 学 卒 業 者 高 校 及 び 大 学 の 卒 業 証 明 書 2 大 学 院 修

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63> 健 康 保 険 被 扶 養 者 資 格 について 平 成 21 年 4 月 測 量 地 質 健 康 保 険 組 合 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 資 格 について 健 康 保 険 では 被 保 険 者 だけでなく 被 扶 養 者 についても 病 気 やけが 出 産 または 死 亡 に 対 して 保 険 給 付 が 行 われ ます 被 扶 養 者 となるためには 一 定 の 条 件 ( 下 記

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要 相 続 人 様 へ の お 願 い 相 続 税 の 申 告 にあたり 以 下 の 各 項 目 についてのご 確 認 をお 願 い 致 します Ⅰ 被 相 続 人 に 関 する 確 認 事 項 1 被 相 続 人 について 有 被 相 続 人 の 戸 籍 ( 除 本 籍 地 の 市 区 町 村 要 月 日 籍 ) 謄 本 ( 出 生 から 役 所 ( 場 ) 否 ( 通 ) 相 続 開 始 まで) 被

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

(2) 協 会 加 入 月 の1カ 月 前 までに 様 式 1が 提 出 された 市 町 村 等 に 対 して 契 約 書 及 び 掛 金 請 求 書 を 送 付 します その 後 返 送 されてきた 様 式 2-2を 保 管 し 掛 金 の 納 入 を 確 認 します 第 2 章 契 約 更 新

(2) 協 会 加 入 月 の1カ 月 前 までに 様 式 1が 提 出 された 市 町 村 等 に 対 して 契 約 書 及 び 掛 金 請 求 書 を 送 付 します その 後 返 送 されてきた 様 式 2-2を 保 管 し 掛 金 の 納 入 を 確 認 します 第 2 章 契 約 更 新 事 務 取 扱 要 領 この 事 務 取 扱 要 領 は 防 火 防 災 訓 練 災 害 補 償 等 共 済 契 約 約 款 第 37 条 に 基 づき 防 火 防 災 訓 練 災 害 補 償 等 共 済 に 係 る 市 町 村 特 別 区 及 び 市 町 村 の 一 部 事 務 組 合 ( 以 下 市 町 村 等 という )と 公 益 財 団 法 人 日 本 消 防 協 会 ( 以 下 協 会 という

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主 設 立 認 可 申 請 書 必 要 書 類 とチェック 事 項 必 要 書 類 チェック 事 項 基 本 書 類 設 立 認 可 申 請 書 定 款 添 付 書 類 目 録 財 産 目 録 土 関 係 土 不 動 産 登 記 事 項 証 明 書 図 面 ( 周 辺 図 配 置 図 平 面 図 ) 土 公 図 土 土 契 約 書 ( 写 ) 身 分 証 明 書 印 鑑 登 録 証 明 書 成 年 被

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

昨 年 今 年 退 職 した< 雇 用 保 険 に 関 すること> 1. 雇 用 保 険 ( 失 業 給 付 )を 受 給 予 定 (または 受 給 している) 雇 用 保 険 受 給 資 格 証 のコピー ( 退 職 日 基 本 日 額 処 理 状 況 のわかる 面 ) 日 額 3,611 円 未

昨 年 今 年 退 職 した< 雇 用 保 険 に 関 すること> 1. 雇 用 保 険 ( 失 業 給 付 )を 受 給 予 定 (または 受 給 している) 雇 用 保 険 受 給 資 格 証 のコピー ( 退 職 日 基 本 日 額 処 理 状 況 のわかる 面 ) 日 額 3,611 円 未 被 扶 養 認 定 に 必 要 な 提 出 書 類 申 請 書 全 員 対 象 該 当 する 場 合 必 要 健 康 保 険 被 扶 養 ( 新 規 異 動 ) 届 被 扶 養 ( 子 ) 現 況 届 被 扶 養 ( 子 供 ) 現 況 届 被 扶 養 ( 子 外 ) 現 況 届 全 員 及 び15 歳 上 ( 中 学 除 く)の 子 供 ( が 扶 養 家 族 で 無 い 全 年 齢 の) 子 供

More information

第 40 回 中 央 近 代 化 基 金 補 完 融 資 推 薦 申 込 み 公 募 要 綱 1 公 募 推 薦 総 枠 30 億 円 一 般 物 流 効 率 化 促 進 中 小 企 業 高 度 化 資 金 貸 付 対 象 事 業 の 合 計 枠 2 公 募 期 間 平 成 28 年 6 月 20

第 40 回 中 央 近 代 化 基 金 補 完 融 資 推 薦 申 込 み 公 募 要 綱 1 公 募 推 薦 総 枠 30 億 円 一 般 物 流 効 率 化 促 進 中 小 企 業 高 度 化 資 金 貸 付 対 象 事 業 の 合 計 枠 2 公 募 期 間 平 成 28 年 6 月 20 利 子 補 給 つき 低 利 の 融 資 でトラック 業 界 の 近 代 化 を 第 40 回 ( 平 成 28 年 度 ) 中 央 近 代 化 基 金 補 完 融 資 推 薦 申 込 み 公 募 のしおり この 融 資 の 目 的 この 融 資 は 全 日 本 トラック 協 会 からの 利 子 補 給 により 長 期 低 利 の 融 資 を 推 進 し トラック 運 送 事 業 者 の 近 代 化

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

Microsoft Word - (予約)申請書記入例H28.docx

Microsoft Word - (予約)申請書記入例H28.docx 滋 賀 県 奨 学 資 金 申 請 書 類 一 覧 および 記 入 例 ( 予 約 募 集 ) 提 出 書 類 について 世 帯 の 区 分 ( 申 請 書 類 )の 確 認 滋 賀 県 奨 学 資 金 の 申 請 は 世 帯 の 区 分 により 提 出 書 類 が 異 なります 次 のアからウのうち 該 当 する 世 帯 を 選 択 して 提 出 書 類 を 確 認 してください 世 帯 の 区

More information

次 世 代 育 成 支 援

次 世 代 育 成 支 援 次 世 代 育 成 支 援 [ 保 育 編 ] 町 では 平 成 17 年 度 ~26 年 度 までの10 年 間 次 世 代 育 成 支 援 対 策 ( 子 育 て 支 援 )を 行 っています 保 護 者 の 皆 さんから 保 育 に 関 して 寄 せられた 疑 問 質 問 をま とめましたので 参 考 にしてください 1. 入 園 について Q1 保 育 園 に 入 れる 場 合 は? 保 育

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

平 成 24 年 分 年 末 調 整 チェックシート 氏 名 男 女 年 末 調 整 の 時 期 となりました 下 記 項 目 のチェックと 該 当 書 類 の 提 出 をお 願 いします 今 年 入 社 である はい 本 年 中 前 職 がある 方 は 前 職 の 源 泉 徴 収 票 を 提 出 して 下 さい 源 泉 徴 収 票 の 提 出 有 ( 社 ) 無 住 宅 借 入 金 等 特 別 控

More information

目  次

目  次 年 金 手 当 について 障 害 基 礎 年 金 公 的 年 金 制 度 に 加 入 している 期 間 中 に 被 った 傷 病 により 障 害 者 になった 場 合 に 年 金 や 一 時 金 が 支 給 されます( 申 請 は 原 則 65 歳 までとなりま) 制 度 の 種 類 支 給 要 件 年 金 額 中 央 窓 口 センター 国 民 年 金 係 823-9439 国 民 年 金 障 害

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

奨学事業戦略部個人情報ファイル簿

奨学事業戦略部個人情報ファイル簿 日 本 学 生 支 援 機 構 ファイ 簿 等 名 1 2 ファ イの 名 称 ファイ 奨 学 金 振 込 明 奨 学 事 業 細 データファ 戦 略 イ 貸 与 債 権 管 奨 学 スター 奨 学 事 業 データファイ 戦 略 貸 与 債 権 管 1 奨 学 金 の 定 期 送 金 又 は 手 作 業 送 金 時 金 融 機 関 に 振 込 みを 依 頼 するた 2 金 融 機 関 店 舗 等 の

More information

平成19年度

平成19年度 保 育 園 入 園 のご 案 内 諏 訪 市 健 康 福 祉 部 こども 課 保 育 係 392-8511 諏 訪 市 高 島 1 丁 目 22 番 30 号 0266-52-4141 内 線 446 447 保 育 園 は 保 護 者 ( 父 母 等 )の 就 労 や 病 気 などの 事 情 により 家 庭 で 十 分 な 保 育 ができない 児 童 を 保 護 者 に 代 わって 保 育 する

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

日 雇 い 等 の 収 入 の 場 合 前 々 年 1 月 1 日 以 前 から 引 きつづき 前 々 年 分 所 得 額 証 勤 務 先 が 不 特 定 の 日 雇 いをしている 方 前 年 分 確 定 申 告 書 ( 控 ) 前 々 年 1 月 1 日 以 前 から 引 きつづき 前 々 年 分

日 雇 い 等 の 収 入 の 場 合 前 々 年 1 月 1 日 以 前 から 引 きつづき 前 々 年 分 所 得 額 証 勤 務 先 が 不 特 定 の 日 雇 いをしている 方 前 年 分 確 定 申 告 書 ( 控 ) 前 々 年 1 月 1 日 以 前 から 引 きつづき 前 々 年 分 書 類 審 査 に 必 要 なもの 書 類 審 査 には 次 の1~5の 該 当 する 全 ての 書 類 が 必 要 です 必 要 な 書 類 が 提 出 されない 場 合 は 失 格 になります なお 必 要 事 項 の 記 入 漏 れや 証 明 者 等 の 印 鑑 のないもの およびコピーは 無 効 な 書 類 となります また 提 出 された 書 類 はお 返 しできません 1. 世 帯 員

More information

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す 9 退 職 金 事 務 に 関 する 注 意 事 項 1 労 務 管 理 の 観 点 から( 労 働 契 約 法 労 働 基 準 法 関 係 ) そもそも 退 職 金 の 支 給 は 法 人 の 任 意 で 必 ず 支 払 わなくてはならないものではありませんが 賃 金 の 後 払 いとして あるいは 長 年 の 功 労 への 報 償 や 退 職 後 の 生 活 保 障 として 制 度 を 設 ける

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

( 延 納 ) 第 6 条 前 第 5 条 第 1 項 の 期 日 までに 学 費 の 納 入 ができない 者 は 次 の 期 日 までに 延 納 願 いを 提 出 し 許 可 を 得 なければならない 前 期 分 延 納 願 い 4 月 15 日 後 期 分 延 納 願 い 9 月 10 日 2

( 延 納 ) 第 6 条 前 第 5 条 第 1 項 の 期 日 までに 学 費 の 納 入 ができない 者 は 次 の 期 日 までに 延 納 願 いを 提 出 し 許 可 を 得 なければならない 前 期 分 延 納 願 い 4 月 15 日 後 期 分 延 納 願 い 9 月 10 日 2 人 間 環 境 大 学 学 費 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 人 間 環 境 大 学 学 則 第 55 条 から 第 60 条 人 間 環 境 大 学 大 学 院 学 則 第 54 条 か ら 第 59 条 に 基 づき 学 費 及 びその 他 の 納 付 金 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 学 費 ) 第 2 条 学 費 とは 入 学 金 授 業

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

Microsoft Word - y0813040.doc

Microsoft Word - y0813040.doc 桜 井 市 規 程 要 綱 集 y0813040 桜 井 市 重 度 心 身 障 害 老 等 医 療 費 助 成 要 綱 桜 井 市 重 度 心 身 障 害 老 等 医 療 費 助 成 要 綱 昭 和 58 年 1 月 25 日 告 示 第 9 号 改 正 平 成 12 年 07 月 01 日 告 示 第 82 号 改 正 平 成 14 年 09 月 27 日 告 示 第 146 号 改 正 平 成

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

1. 任 免 1-1 採 用 ( 試 験 採 用 ) 1 任 免 試 験 採 用 採 用 者 予 定 者 数 報 告 試 験 公 告 任 命 結 果 通 知 書 1-1-1 採 用 予 定 者 数 の 報 告 1-1-2 採 用 説 明 会 の 計 画 実 施 1-3-6 人 事 異 動 対 象 者

1. 任 免 1-1 採 用 ( 試 験 採 用 ) 1 任 免 試 験 採 用 採 用 者 予 定 者 数 報 告 試 験 公 告 任 命 結 果 通 知 書 1-1-1 採 用 予 定 者 数 の 報 告 1-1-2 採 用 説 明 会 の 計 画 実 施 1-3-6 人 事 異 動 対 象 者 財 務 省, 内 定 者 総 務 省 会 計 部 門 定 員 要 求 書 内 示 書 人 事 記 録 ( 甲 ) 記 載 事 項 の 変 更 申 請 退 職 申 請 ( 辞 職 願 ) 定 年 日 通 知 書 人 事 異 動 通 知 書 内 定 通 知 書 採 用 決 定 通 知 書 任 命 結 果 俸 給 関 係 審 議 協 議 採 用 状 況 報 告 提 示 請 求 選 択 結 果 通 知 派

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0 長 岡 技 術 科 学 大 学 出 産 子 育 てのための 手 続 パンフレット 総 務 課 平 成 26 年 4 月 現 在 1. 職 務 専 念 義 務 免 除 について 妊 娠 12 週 以 降 又 は 出 産 後 1 年 を 経 過 しない 職 員 ( )が, 医 師 又 は 助 産 師 から 指 示 を 受 け, 保 健 指 導 又 は 健 康 診 査 を 受 けるため 通 院 する 等

More information

東久留米市訓令乙第   号

東久留米市訓令乙第   号 東 久 留 米 市 就 学 援 助 費 事 務 処 理 要 綱 ( 目 的 ) 第 この 要 綱 は 就 学 困 難 な 児 童 及 び 生 徒 に 係 る 就 学 奨 励 についての 国 の 援 助 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 3 年 法 律 第 40 号 ) 学 校 給 食 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 60 号 ) 及 び 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法

More information

平成20年度 就学援助費支給事業について

平成20年度 就学援助費支給事業について 申 請 書 は 取 り 外 して 使 用 願 います 就 学 援 助 を 申 請 する 保 護 者 のみなさまへ 平 成 27 年 度 就 学 援 助 費 支 給 事 業 について 栗 原 市 教 育 委 員 会 このお 知 らせは 申 請 から 認 定 支 給 までの 基 本 的 な 内 容 が 書 いてあります ので 必 ずお 読 みいただき 内 容 を 確 認 していただいた 上 で 申 請

More information

(Microsoft Word - H24

(Microsoft Word - H24 介 護 福 祉 士 等 修 学 資 金 貸 付 制 度 ~ 貸 付 制 度 の 手 引 き~ 平 成 22 年 3 月 改 訂 : 平 成 23 年 3 月 改 訂 : 平 成 24 年 4 月 社 会 福 祉 法 人 埼 玉 県 社 会 福 祉 協 議 会 330-8529 埼 玉 県 さいたま 市 浦 和 区 針 ヶ 谷 4-2-65 介 護 福 祉 士 等 修 学 資 金 貸 付 制 度 について

More information

種 類 控 除 額 小 規 模 企 業 共 済 等 掛 金 控 除 生 命 保 険 料 控 除 地 震 保 険 料 控 除 支 払 った 小 規 模 共 済 心 身 障 害 者 扶 養 共 済 の 掛 金 の 金 額 生 命 保 険 料 控 除 額 = 一 般 生 命 保 険 料 控 除 額 + 個

種 類 控 除 額 小 規 模 企 業 共 済 等 掛 金 控 除 生 命 保 険 料 控 除 地 震 保 険 料 控 除 支 払 った 小 規 模 共 済 心 身 障 害 者 扶 養 共 済 の 掛 金 の 金 額 生 命 保 険 料 控 除 額 = 一 般 生 命 保 険 料 控 除 額 + 個 所 得 税 ( 国 税 )のあらまし 税 額 の 計 算 方 法 市 県 民 税 所 得 割 の 計 算 方 法 とほぼ 同 じです 総 合 課 税 ( 所 得 金 額 - 所 得 控 除 額 ) 税 率 - 税 額 控 除 額 ( 課 税 される 所 得 金 額 ) 分 離 課 税 退 職 所 得 山 林 所 得 土 地 建 物 株 式 等 の 譲 渡 所 得 などは 他 の 所 得 と 分 離

More information

届 届 火 葬 費 補 助 金 町 内 に 住 所 を 有 するかたが 死 亡 ( 死 産 も 含 む)し 火 葬 の 許 可 を 受 け 火 葬 をした 場 合 に 申 請 により 火 葬 料 を 補 助 します なお 平 成 28 年 3 月 までに 許 可 された 分 の 申 請 は 従 前

届 届 火 葬 費 補 助 金 町 内 に 住 所 を 有 するかたが 死 亡 ( 死 産 も 含 む)し 火 葬 の 許 可 を 受 け 火 葬 をした 場 合 に 申 請 により 火 葬 料 を 補 助 します なお 平 成 28 年 3 月 までに 許 可 された 分 の 申 請 は 従 前 届 戸 籍 戸 籍 は 生 から 死 亡 までの 身 分 関 係 を 公 的 に する 大 切 なものです 届 届 の 種 類 届 の 期 間 届 人 必 要 なもの 生 届 書 生 届 生 まれた 日 から 14 日 以 内 父 か 母 または 同 居 人 など 届 人 の 印 鑑 母 子 健 康 手 帳 健 康 保 険 預 金 通 帳 ( 児 童 手 当 申 請 者 名 義 のもの) 死 亡 届

More information

ÿþ

ÿþ 申 込 資 格 現 に 同 居 し 又 は 同 居 しようとする 親 族 ( 内 縁 関 係 にある 方 及 び 婚 約 者 を 含 む) があること 内 縁 関 係 にある 方 は 住 民 票 に 未 届 ( 内 縁 )の 妻 ( 夫 ) と 記 載 されており 戸 籍 謄 本 でもほかに 婚 姻 関 係 がないことが 確 認 できる 場 合 は 申 込 みできます 離 婚 調 停 中 ( 裁 判

More information

所 得 の 種 類 と 所 得 金 額 の 計 算 方 法 所 得 の 種 類 要 件 計 算 方 法 事 業 雑 営 業 等 農 業 小 売 業 製 造 業 飲 食 業 理 容 業 保 険 外 交 員 大 工 集 金 人 ピアノ 講 師 など 農 産 物 の 生 産 果 樹 の 栽 培 家 畜 の

所 得 の 種 類 と 所 得 金 額 の 計 算 方 法 所 得 の 種 類 要 件 計 算 方 法 事 業 雑 営 業 等 農 業 小 売 業 製 造 業 飲 食 業 理 容 業 保 険 外 交 員 大 工 集 金 人 ピアノ 講 師 など 農 産 物 の 生 産 果 樹 の 栽 培 家 畜 の 平 成 27 年 度 市 民 税 道 民 税 ( 国 民 健 康 保 険 税 ) 申 告 の 手 引 き この 手 引 きは 平 成 27 年 度 市 民 税 道 民 税 ( 国 民 健 康 保 険 税 ) 申 告 書 の 記 載 にあたって 一 般 的 な 事 項 について 説 明 しています 申 告 や 各 種 計 算 方 法 などについてお 分 かりにならない 点 がありましたら 北 広 島

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63> 国 民 健 康 保 険 国 民 年 金 国 民 健 康 保 険 手 続 き 問 合 せ 先 / 本 庁 国 保 医 療 課 各 支 所 健 康 福 祉 課 国 民 健 康 保 険 に 加 入 するとき もしくはやめるときは 必 ず14 日 以 内 に 届 出 をして こんなとき 必 要 なもの 職 場 の 健 康 保 険 をやめたとき 職 場 の 健 康 保 険 をやめた 証 明 書 国 民 健 康

More information

提 出 書 類 ア 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 の 非 課 税 適 用 確 認 申 告 書 ( 積 立 終 了 から2ヶ 月 以 内 に 提 出 厳 守 ) 記 入 例 参 照 イ 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 者 の 退 職 等 申 告 書 記 入 例 参 照 年 金 財 形 提 出 書 類

提 出 書 類 ア 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 の 非 課 税 適 用 確 認 申 告 書 ( 積 立 終 了 から2ヶ 月 以 内 に 提 出 厳 守 ) 記 入 例 参 照 イ 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 者 の 退 職 等 申 告 書 記 入 例 参 照 年 金 財 形 提 出 書 類 神 奈 川 県 財 形 貯 蓄 の 手 続 について 市 町 村 費 職 員 ( 給 与 が 市 町 村 から 支 払 われている 方 )の 財 形 貯 蓄 については 各 市 町 村 にお 問 い 合 わせください 財 形 貯 蓄 に 関 する 書 類 は 所 属 を 通 して 共 済 経 理 グループに 提 出 願 います ( 書 類 提 出 の 際 は お 届 け 印 及 びマイナンバーの 記

More information

平成16年度

平成16年度 平 成 28 年 度 町 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 ( 説 明 ) ご 自 分 で 申 告 書 を 記 入 される 方 はこの 書 き 方 を 参 考 に 申 告 書 に 記 入 のうえ 申 告 会 場 にお 持 ちくだ さい 申 告 期 限 は3 月 5 日 です 説 明 をよくお 読 みになり それぞれ 記 入 のうえ 申 告 相 談 日 においで ください この 申 告 をされないと

More information

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0>

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0> 総 税 市 第 2 4 号 平 成 23 年 4 月 27 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 に 対 する 勤 労 者 財 産 形 成 住 宅 ( 年 金 ) 貯 蓄 の 不 適 格 払 出 し に 係 る 還 付 の 取 り 扱 いについて

More information

無年金外国人高齢者福祉手当要綱

無年金外国人高齢者福祉手当要綱 東 浦 町 無 年 金 外 国 人 住 民 高 齢 者 福 祉 手 当 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 う 改 正 後 の 年 金 制 度 において 国 民 年 金 の 受 給 資 格 を 有 しない 在 日 の 外 国 人 住 民 高 齢 者

More information

<5461726F2D95D48AD282CC8EE888F82848323495D48AD28A4A8E6E8ED28145>

<5461726F2D95D48AD282CC8EE888F82848323495D48AD28A4A8E6E8ED28145> 徳 島 県 奨 学 金 返 還 の 手 引 き 返 還 が 完 了 するまで 必 ず 保 管 し, 諸 届 を 提 出 する 際 には, 本 手 引 きの 様 式 をコピーして 御 使 用 ください 大 学 生 版 奨 学 生 番 号 氏 名 徳 島 県 教 育 委 員 会 学 校 政 策 課 770-8570 徳 島 市 万 代 町 1 丁 目 1 番 地 088-621-3132 ファクシミリ

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

住宅改修の手引き(初版)

住宅改修の手引き(初版) 目 次 1. 介 護 保 険 制 度 における 住 宅 改 修 費 支 給 制 度 について 1 2. 対 象 要 件 2 3. 支 給 限 度 基 準 額 3 4. 支 払 方 法 5. 手 続 きの 流 れ 6 7 6. 住 宅 改 修 の 種 類 13 7. 住 宅 改 修 費 が 支 給 できない 場 合 16 8. 現 地 確 認 について 16 参 考 資 料 住 宅 改 修 費 の 支

More information

任 意 保 険 料 の 保 険 料 額 については 下 記 の 理 由 により 変 更 となる 場 合 があります 保 険 料 が 変 更 する 場 合 1 任 意 継 続 加 入 中 に 40 歳 になり 介 護 保 険 被 保 険 者 に 該 当 した 場 合 ( 被 扶 養 者 含 む) (

任 意 保 険 料 の 保 険 料 額 については 下 記 の 理 由 により 変 更 となる 場 合 があります 保 険 料 が 変 更 する 場 合 1 任 意 継 続 加 入 中 に 40 歳 になり 介 護 保 険 被 保 険 者 に 該 当 した 場 合 ( 被 扶 養 者 含 む) ( < 任 意 継 続 保 険 加 入 時 注 意 事 項 > 下 記 内 容 をご 確 認 のうえ お 申 込 みください 任 意 継 続 保 険 とは 退 職 者 が 次 に 就 職 するまでの 間 のつなぎ 的 な 保 険 制 度 で 例 外 的 に 任 意 加 入 が 認 められている 制 度 です 従 って 資 格 喪 失 事 由 ( 脱 会 )も 限 定 されております 1 就 職 して 他

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱 宮 城 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 つなぎ 融 資 利 子 補 給 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は,NPO 等 との 協 働 業 務 を 促 進 して 新 しい 公 共 の 拡 大 と 定 着 を 図 るため, 行 政 から 受 託 した 業 務 の 実 施 に 際 して 金 融 機 関 等 からの 借 入 れ(つなぎ 融 資 )を 利 用 するNPO 等 に 対

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

第 8 条 本 協 議 会 における 研 修 は 以 下 のとおりとする (1) 座 学 研 修 農 業 講 座 や 先 進 農 家 視 察 など 農 業 経 営 基 礎 講 座 やその 他 担 い 手 のための 研 修 会 等 への 参 加 など 年 24 回 程 度 とする (2) 実 務 研

第 8 条 本 協 議 会 における 研 修 は 以 下 のとおりとする (1) 座 学 研 修 農 業 講 座 や 先 進 農 家 視 察 など 農 業 経 営 基 礎 講 座 やその 他 担 い 手 のための 研 修 会 等 への 参 加 など 年 24 回 程 度 とする (2) 実 務 研 南 阿 蘇 村 農 業 研 修 生 受 入 協 議 会 青 年 就 農 給 付 金 ( 準 備 型 ) 農 業 研 修 生 受 入 要 項 平 成 24 年 4 月 27 日 制 定 平 成 24 年 6 月 13 日 一 部 改 正 平 成 24 年 10 月 31 日 一 部 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 本 要 項 は 新 規 就 農 総 合 支 援 事 業 実 施 要 綱 ( 農 林

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

Microsoft Word - 11_トマト・ジャンボローン[1][1].doc

Microsoft Word - 11_トマト・ジャンボローン[1][1].doc トマト ジャンボローン 項 目 内 容 名 称 ジャンボローンⅠ ご 利 用 いただける 方 1. お 申 込 み 時 の 年 齢 が 満 20 歳 以 上 満 65 歳 以 下 の 方 で 完 済 時 満 75 歳 未 満 の 方 2. 勤 務 または 営 業 年 数 が3 年 以 上 ある 方 3. 年 収 200 万 円 以 上 の 安 定 した 収 入 が 得 られる 方 4. 勤 務 地

More information

西関東書式

西関東書式 No.1 件 名 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 金 の 誤 支 給 助 成 額 計 算 時 に 象 者 の 加 入 保 険 情 報 を 確 認 し な か っ た た め に 計 算 を 誤 り 過 払 い が 発 生 し た も の < 過 払 い 金 額 76,002 円 > 職 員 の 計 算 時 の 確 認 不 足 象 者 に 経 緯 を 説 明 し お 詫 び し ま し

More information

<303289C692C08CB88A7A95E28F95905C90BF8F912E786C73>

<303289C692C08CB88A7A95E28F95905C90BF8F912E786C73> 提 出 用 書 類 一 覧 表 ( 民 すま) 文 書 記 入 例 記 入 例 ページ 1 連 絡 メモ なし なし 2 民 間 すまいりんぐ 家 賃 減 額 補 助 申 請 書 A 7ページ 3 住 民 票 又 は 登 録 原 票 記 載 事 項 証 明 書 B B 9,10ページ 4 平 成 22 度 市 民 税 府 民 税 証 明 書 ( 又 は 課 税 証 明 書 ) 役 所 により 総 称

More information

3. 口 座 開 設 のお 手 続 きに 必 要 なもの 書 類 ご 準 備 記 入 捺 印 していただく 方 贈 与 する 方 贈 与 を 受 ける 方 親 権 者 1 戸 籍 謄 本 または 住 民 票 の 写 し( 原 本 ) 2 3 本 人 確 認 資 料 ( 原 本 ) 4 贈 与 契 約

3. 口 座 開 設 のお 手 続 きに 必 要 なもの 書 類 ご 準 備 記 入 捺 印 していただく 方 贈 与 する 方 贈 与 を 受 ける 方 親 権 者 1 戸 籍 謄 本 または 住 民 票 の 写 し( 原 本 ) 2 3 本 人 確 認 資 料 ( 原 本 ) 4 贈 与 契 約 とりぎん 教 育 資 金 贈 与 専 用 口 座 ご 利 用 のご 案 内 1.お 申 込 みにあたって 本 口 座 は 平 成 25 年 度 税 制 改 正 における 教 育 資 金 の 一 括 贈 与 に 係 る 贈 与 税 の 非 課 税 措 置 ( 以 下 非 課 税 措 置 とします)の 対 応 商 品 です 口 座 開 設 にあたり 当 行 と 教 育 資 金 管 理 契 約 を 締 結

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

世 帯 主 変 更 に 関 すること 内 容 必 要 書 類 世 帯 主 であった 方 が 亡 くなられた 場 合 は 世 帯 主 が 変 更 となります 届 出 ができるのは 同 一 世 帯 の 方 です 窓 口 に 来 る 方 の 本 人 資 料 朝 霞 市 では 死 亡 届 が 提 出 された

世 帯 主 変 更 に 関 すること 内 容 必 要 書 類 世 帯 主 であった 方 が 亡 くなられた 場 合 は 世 帯 主 が 変 更 となります 届 出 ができるのは 同 一 世 帯 の 方 です 窓 口 に 来 る 方 の 本 人 資 料 朝 霞 市 では 死 亡 届 が 提 出 された ご 遺 族 の 方 へ 謹 んでお 悔 やみ 申 し 上 げます ご 家 族 ご 親 族 様 が 亡 くなられたことに 伴 い 発 生 する 公 的 手 続 について 代 表 的 なものをご 案 内 いたします 2 3 4 5 6 7 8 9 0 2 3 世 帯 主 変 更 に 関 すること 年 金 に 関 すること 国 民 健 康 保 険 に 関 すること 後 期 高 齢 者 医 療 に 関 すること

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A> 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 に 関 する 助 成 金 等 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 37 号 以 下 条 例 という ) 第 43 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 助 成 金 を 交 付

More information

組合員・会員資格の得喪等について

組合員・会員資格の得喪等について 欠 勤 休 業 等 で 給 与 が 減 額 又 は 無 給 になったとき 共 済 1 傷 病 手 当 金 傷 病 手 当 金 附 加 金 組 合 員 が 公 務 によらない 病 気 やけがによる 療 養 のため 引 き 続 き 勤 務 ができない 場 合 で その 期 間 内 に 給 与 の 全 部 又 は 一 部 が 支 給 されないとき その 間 の 経 済 的 損 失 を 補 てんし 生 活

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については 2015/3/10 8. 事 例 別 事 務 処 理 へ 職 員 が 満 3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 する 場 合 特 別 な 事 情 がある 場 合 を 除 き1 回 に 限 り 延 長 できる ( 男 性 職 員 の 場 合 は 配 偶 者 の 出 産 後 8 週 間 以 内 に 最 初 の を 取 得 していれば 特 別 な 事 情 がなくても 再 度 取 得 することができる )

More information

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3 1. 障 害 年 金 制 度 等 (1) 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 に 診 察 してもらった

More information

2015①.表紙.xdw

2015①.表紙.xdw 2015 年 度 緊 急 入 学 時 給 付 奨 学 金 各 種 証 明 書 類 貼 付 台 帳 台 帳 ごと 提 出 すること 台 帳 に 貼 付 する 書 類 はすべてコピーで 提 出 してください ( 原 本 はお 手 許 で 保 管 ください) 入 学 予 定 ( 希 望 ) 学 部 氏 名 フリカ ナ 台 紙 別 証 明 書 類 貼 付 一 覧 本 冊 子 の 台 紙 A B C D E

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 3 月 29 日 告 示 第 98 号 改 正 平 成 25 年 9 月 27 日 告 示 第 297 号 平 成 27 年 4 月 1 日 告 示 第 155 号 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 空 き 家 の 有 効 活 用 による

More information

1 保育所(園)への入所について

1 保育所(園)への入所について 平 成 28 年 度 阿 久 根 市 保 育 所 等 入 所 案 内 (2 3 号 認 定 ) 平 成 28 年 4 月 からの 利 用 申 し 込 みの 受 け 付 けは 平 成 27 年 12 月 7 日 ( 月 )~ 平 成 27 年 12 月 25 日 ( 金 )です 場 所 阿 久 根 市 役 所 生 きがい 対 策 課 児 童 対 策 係 (1 階 5 番 窓 口 ) 時 間 午 前 8

More information

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに 第 7 章 会 計 規 程 1. 会 計 規 程 の 概 要 (1) 規 程 及 び 目 的 平 成 18 年 度 に 病 院 事 業 管 理 者 を 設 置 して 札 幌 市 病 院 局 会 計 規 程 ( 平 成 18 年 札 幌 市 病 院 局 規 程 第 37 号 以 下 この 章 で 規 程 という )を 定 め これに 則 って 会 計 処 理 が 行 わ れていなお 規 程 の 具 体

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

控 除 を 受 けるための 要 件 と 必 要 な 添 付 書 類 (マイホームの 新 築 や 購 入 増 改 築 等 をして 平 成 28 年 中 に 居 住 の 用 に 供 した 場 合 ) 1 新 築 住 宅 2 中 古 住 宅 増 改 築 等 要 件 イ 住 宅 取 得 後 6か 月 以 内 に 入 居 し 引 き 続 き 居 住 していること ロ 家 屋 の 床 面 積 ( 登 記 面 積

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

介護保険最新情報vol.497

介護保険最新情報vol.497 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 市 町 村 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 介 護 保 険 関 係 団 体 御 中 厚 生 労 働 省 介 護 保 険 計 画 課 振 興 課 老 人 保 健 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 1 高 額 医 療 合 算 介 護 サービス 費 等 の 支 給 の 運 用 等 につい て 等 の 一 部

More information

年 支 給 開 始 年 齢 図 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 ( 給 料 比 例 部 分 ) 昭 和 29 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 老 齢 厚 生 年 昭 和 25 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 退 職 共 済 年

年 支 給 開 始 年 齢 図 特 別 支 給 の 老 齢 厚 生 年 ( 給 料 比 例 部 分 ) 昭 和 29 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 老 齢 厚 生 年 昭 和 25 年 10 月 1 日 生 まれ 以 前 ~ 退 職 共 済 年 年 1 年 制 度 の 概 要 1 厚 生 年 と 基 礎 年 の 種 類 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 が 一 定 の 年 齢 に 達 したとき 病 気 やけがによって 障 害 の 状 態 になったとき 死 亡 したときなどに 給 付 され 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 とその 家 族 の 生 活 の 安 定 を 図 ることを 目 的 としています 厚 生 年 (

More information

申 請 上 の 注 意 1 生 活 保 護 を 受 けている 方 も 必 ず 申 請 してください 申 請 書 の 世 帯 欄 には 住 民 票 に 記 載 されている 世 帯 全 員 を 記 入 してください また 単 身 赴 任 等 ( 国 外 を 含 む )で 住 民 票 が 別 でも 児 童

申 請 上 の 注 意 1 生 活 保 護 を 受 けている 方 も 必 ず 申 請 してください 申 請 書 の 世 帯 欄 には 住 民 票 に 記 載 されている 世 帯 全 員 を 記 入 してください また 単 身 赴 任 等 ( 国 外 を 含 む )で 住 民 票 が 別 でも 児 童 平 成 8 年 度 市 就 学 援 助 制 度 について 市 では 経 済 的 な 理 由 で 教 育 の 機 会 が 失 われないよう 学 用 品 費 給 食 費 校 外 活 動 費 など の 教 育 に 要 する 費 用 の 一 部 を 援 助 しています 就 学 援 助 を 申 請 することができる 方 市 に 住 民 登 録 があり 小 中 学 校 に 在 籍 しているお 子 様 の 保 護

More information