(Microsoft Word - \203R\203\214\203\223\203e297_\223V\226\354)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "(Microsoft Word - \203R\203\214\203\223\203e297_\223V\226\354)"

Transcription

1 コレンテ vol. 36 n.297 agosto 2015 C O R R E N T E イタリア 通 信 20 Centro Culturale Italo-Giapponese * 地 中 海 の 向 こう 側 サミア ユスフ オマールの 物 語 を 読 んで サミア ユスフ オマールの 物 語 を 読 んで * 深 草 真 由 子 Non dirmi che hai pauraという 本 がある 実 話 を 基 にした 小 説 で 2014 年 度 ストレーガ 賞 の 最 終 選 考 まで 残 った 秀 作 である Non dirmi che hai paura 主 人 公 はサミア ユスフ オマール かつてイタ リアの 植 民 地 であったソマリアの 首 都 モガディシュ の 貧 しい 家 庭 に 生 まれた 彼 女 が 自 分 の 才 能 に 目 覚 める 少 女 時 代 のエピソードからこの 小 説 は 始 まる 走 ること 誰 よりも 速 く 走 ること それがサミ アの 夢 であり コーチ 役 を 務 める 幼 なじみと 共 有 する 大 きな 目 標 であった ソマリア 出 身 でイギリス に 移 住 した 長 距 離 ランナー モハメド ファラーが あこがれの 存 在 長 引 く 内 戦 のために 国 は 荒 れ 果 てており ふつうの 暮 らしもままならぬ 環 境 であっ たが 家 族 に 支 えられ サミアは 自 分 の 選 んだ 道 を 突 っ 走 って 行 く わたしのおでこにタオル 地 の バンドをつけてくれた 時 のお 父 さんのしぐさと 言 葉 を 思 い 出 していた いつの 日 かお 前 は 男 たちが 強 制 した 奴 隷 状 態 から ソマリアの 女 性 を 解 放 に 導 くだろう お 前 が 彼 女 らを 引 っ 張 って 行 くのだよ わたしの 小 さな 戦 士 よ (pp ) 自 分 が 一 番 でゴールする 姿 を 見 せて ソマリアの 人 びとを 勇 気 づけることができれば 十 歳 の 誕 生 日 を 迎 えた 日 から 彼 女 はそんなことを 願 うようになった そ して 地 元 の 大 会 で 順 調 に 結 果 を 残 すようになる ところがイスラム 過 激 派 アル シャバブが 街 を 制 圧 するようになって すべてが 一 変 した 音 楽 と 映 画 は 禁 止 男 は 短 パン 禁 止 女 は 何 もかも 禁 止 人 目 につかない 時 間 と 場 所 を 選 んで 長 く 重 い 黒 ブルカに 脚 をとられそうになりながら サミアは 一 人 トレーニングを 続 ける 2008 年 8 月 十 七 歳 の 彼 女 が 挑 んだ 晴 れの 舞 台 北 京 オリンピック 二 百 メ ートル 走 予 選 で 他 の 選 手 より 十 秒 も 遅 れてゴール したが 観 客 から 大 きな 拍 手 を 受 けた しかし 世 界 中 が 注 目 するなかで 手 足 を 露 出 して 走 ったこと で ソマリアでの 彼 女 の 身 はますます 危 うくなる 1

2 次 のオリンピックを 目 指 して 思 う 存 分 練 習 できる 場 所 と 勝 利 へ 導 いてくれる 指 導 者 を 見 つけたい サミアはその 一 心 でエチオピアのアディスアベバ へ 移 り そこからサハラ 砂 漠 を 越 えてリビアのトリ ポリ 海 の 向 こうのイタリア そして 姉 の 暮 らすフィ ンランドまでの 旅 il Viaggio を 決 心 する 生 きる ため 生 きていることの 意 味 を 確 かめるための 移 住 2011 年 7 月 15 日 ロンドンオリンピックまであと 一 年 覚 悟 は 決 まった 荷 物 は 小 さなビニール 袋 に 入 る 分 だけ 両 親 の 思 い 出 の 品 を 持 って サミアは ジープの 荷 台 に 乗 り 込 んだ 窒 息 しそうになりなが ら 気 温 が 五 十 度 にも 達 する 炎 天 下 の 砂 漠 を 運 ば れていく 密 航 業 者 にとって 難 民 は 家 畜 のようなも のだ 金 がなければ 殴 られ 命 令 を 聞 かなければ 殴 られ 言 い 返 そうとすれば 殴 られ 飲 み 水 を 要 求 すると 殴 られる わたしたちはそのとき 初 めて 畜 生 呼 ばわりされた 砂 漠 に 入 る 時 人 間 をやめ る アディスアベバでもすでにtahrib(アラビア 語 で 逃 亡 者 の 意 味 )だったけど 今 では 逃 げ 場 のな いtahribになってしまっていた わたしはひ 弱 で 非 合 法 的 な 存 在 命 をつなぐ 糸 がどんどん 細 くなっ てゆく 一 匹 の 動 物 だった (p. 185) サミアは 刺 繍 工 場 で 働 いて 貯 めたお 金 と ヘルシンキにいる 姉 に 工 面 してもらった 分 を 密 航 業 者 に 払 って 何 度 も だまされながら やっとの 思 いでトリポリに 到 着 す る 2011 年 12 月 15 日 もう 一 生 砂 漠 を 見 なくてよい という 安 心 感 大 好 きな 海 がすぐそこにあるという 解 放 感 ここトリポリで 三 ヶ 月 のあいだ 警 察 に 捕 まる のが 心 配 でほとんど 外 出 できないから みんなと 話 し 込 んでいる 武 力 衝 突 があった 時 と 独 裁 者 カ ダフィーが 死 んだ 直 後 2011 年 の 終 わり 頃 は 状 況 はわりと 落 ち 着 いていた 政 府 がない 時 は 法 も ない 法 がない 時 は わたしたちtahribもtahribじゃ ない その 時 は 誰 もわたしたちのことを 探 さなかっ たし 誰 もわたしたちのことなんて 考 えなかった 密 航 業 者 は 仕 事 を 干 され イタリアへの 旅 費 も 安 かった でも 今 はもう 秩 序 が 戻 ってきた しかも 前 より 厳 しい 秩 序 が もし 路 上 で 見 つかれば 即 サ ハラに 送 り 返 されるとみんな 言 っている (pp ) 身 を 潜 めつつ 待 ちに 待 ち そしてついに やってきた 出 発 の 日 潮 風 の 中 にすでにイタリア の 香 り 自 由 の 香 りが 混 ざっているように 感 じられ サミアの 心 の 中 で 期 待 がどんどんふくらむ ところ が 不 幸 なことに 彼 女 の 乗 った 船 は 海 の 真 ん 中 で 故 障 し 動 かなくなってしまった 通 りかかったイ タリアの 船 によって 発 見 されたものの イタリアに 連 れて 行 ってもらえそうでもない どうやら 船 長 は 警 察 に 通 報 しているようだ そうするとトリポリに 引 き 返 され 下 手 すればまた 刑 務 所 送 りだ それは 困 る 何 人 かがイタリア 船 めがけて 海 に 飛 び 込 ん だ ヴェールを 何 重 にもまとった 女 性 もが 泳 いで いるつもりなのか 水 中 で 体 を 激 しく 動 かしている そして 何 らかの 力 に 押 されるようにして サミアも 年 4 月 2 日 二 十 一 歳 になったばかりだった サミアの 通 過 したルート 彼 女 だけではない たくさんの 人 々の 夢 それ もごくささやかな 夢 が 地 中 海 の 底 に 沈 んで 消 えて いったのを わたしたちはこれまでに 何 度 も 何 度 も 目 にしてきた そのたびに 政 治 家 は 哀 悼 の 意 を 表 し 人 びとはSNS 上 で 情 報 をシェアするが 数 日 後 には 何 事 もなかったかのように 次 の 話 題 に 移 る のだ 慣 れ なのだろうか UNHCR( 国 連 難 民 高 等 弁 務 官 事 務 所 )のレポー トによれば 2015 年 の1 月 から6 月 までの 半 年 間 に 地 中 海 を 渡 った 人 びとの 数 は137,000にのぼり そ のおよそ 半 数 がギリシャに もう 半 数 がイタリアに 上 陸 している 彼 らの 主 な 国 籍 はシリア アフガニ スタン エリトリア ソマリア 戦 争 や 迫 害 から 逃 れ 2

3 てきた 人 たちである 一 方 海 難 事 故 の 犠 牲 者 は 1,867 人 昨 年 の 秋 まではイタリア 海 軍 がMare Nostrumというオペレーションを 展 開 し 人 命 救 助 に 成 果 を 上 げていた だがリビア 沖 までを 広 くカバ ーしていたこの 作 戦 は 他 のヨーロッパ 諸 国 から 逆 効 果 だと 批 判 されていた リビアの 領 海 を 出 さえ すれば イタリア 当 局 によって 保 護 されるので 難 民 を 送 りだす 業 者 にとって 好 都 合 な 状 況 を 生 んで いたからである 現 在 は 国 境 警 備 を 目 的 とする Operazione TritonがEUの 主 導 で 展 開 されており パトロール 船 がイタリア 沖 から 三 十 マイルの 範 囲 を 巡 回 し 必 要 があれば 難 民 の 救 助 や 捜 索 も 行 っ ている しかしAbbate 記 者 の 記 事 が 明 かしている ように 密 航 業 者 は 難 民 船 を 意 図 的 に 転 覆 させて いるというショッキングな 証 言 も 出 てきた そうする ことによってヨーロッパの 世 論 を 揺 すぶり パトロ ールの 範 囲 をリビア 沖 近 くにまで 拡 大 させるため に である ともあれ どんな 危 険 が 待 ち 受 けてい ようと 追 い 込 まれた 難 民 たちに 出 発 を 躊 躇 する 余 地 などない それはサミアも 同 じだった あまり に 悲 しくて 恐 怖 を 感 じなかった 怖 がるなんて ぜいたくよ (p. 160) ~ 会 館 だより~ 翻 訳 コンクールのご 案 内 10 月 19 日 から 25 日 に 開 催 予 定 の 第 15 回 世 界 イタリア 語 週 間 XV Settimana della Lingua Italiana nel mondo の 催 事 の 一 環 として イタリア 語 翻 訳 コンクールが 開 催 されます 日 頃 のイタリア 語 の 学 習 成 果 を 発 表 する 場 でもあ りますので 翻 訳 にご 興 味 をお 持 ちの 方 はこの 機 会 に 是 非 ご 応 募 ください 記 1. 対 象 : 大 学 その 他 でイタリア 語 を 学 習 するグループ ( 当 館 受 講 生 グループも 可 ) 2. 翻 訳 対 象 作 品 : 本 年 度 ストレーガ 賞 の 最 終 選 考 に 残 った 12 作 品 の 指 定 された 冒 頭 部 分 ( 約 2 ページ) 3. 主 催 および 問 い 合 わせ 先 : イタリア 文 化 会 館 大 阪 電 話 : 締 切 : 平 成 27 年 9 月 25 日 ボートピープルの 惨 状 を 伝 えるイタリアの 雑 誌 [ 参 考 文 献 ] Giuseppe Catozzella, Non dirmi che hai paura, Universale Economica Feltrinelli, UNHCR (The UN Refugee Agency), La via del mare verso l Europa: Il passaggio del Mediterraneo nell era dei rifugiati, 1 luglio Lirio Abbate, La loro morte è un affare, in <<l Espresso>>, N.22 anno LXI, 4 giugno その 他 : 本 コンクールは 順 位 づけするものではありません 期 限 内 に 提 出 された 作 品 は 全 て 電 子 ブックに 収 録 されますので 翻 訳 者 としての 実 績 につながる ものとご 理 解 ください ご 応 募 ご 希 望 の 方 は 日 本 イタリア 会 館 京 都 本 校 または 大 阪 梅 田 校 の 事 務 局 までご 連 絡 ください ( 元 当 館 スタッフ) 3

4 ミラノ 万 博 だより2 志 賀 真 奈 木 や 草 花 も 植 えられており ひとつの 島 の 様 な 雰 囲 気 を 醸 し 出 しています 会 場 へのアクセスも 新 たに 整 えられ Trenitalia(イタリアの 鉄 道 会 社 )は Rho Fiera Expo Milano 2015 駅 を 新 たに 建 設 しました 市 内 中 心 部 から 約 30 分 で 会 場 に 到 着 する 事 がで きます ミラノ 国 際 博 覧 会 ( 以 下 ミラノ 博 )は 2015 年 5 月 1 日 から 10 月 31 日 までの 184 日 間 ミ ラノ 北 西 部 の Rho Fiera と 呼 ばれるエリアで 開 催 されています Rho Fiera では 毎 年 各 種 の 見 本 市 が 行 われて おり その 区 域 に 新 しくミラノ 博 用 の 会 場 が 建 設 されました ミラノ 博 のシンボルタワー Albero della vita アメリカ 館 の 外 観 会 場 の 広 さは 約 110 万 m2で その 中 を 十 字 に 走 るメインの 大 通 りが 2 つあります この 構 造 は 古 代 ローマの 都 市 からインスピレーションを 得 ており 2 つの 大 通 りは カルド( 南 北 の 道 と いう 意 味 ) デクマーノ( 東 西 の 道 ) と 名 付 け られました 会 場 内 には 小 川 が 流 れ 多 くの 樹 参 加 国 は 145 ヶ 国 と 過 去 最 多 で 期 間 中 は 2000 万 人 の 来 場 者 が 見 込 まれています ここ 最 近 の 国 際 博 覧 会 は 2005 年 の 日 本 : 愛 知 県 2010 年 の 中 国 : 上 海 と 2 回 連 続 アジアで 開 催 されており 2015 年 については 事 実 上 アジ ア 以 外 での 開 催 が 前 以 って 決 定 していました 2008 年 3 月 末 に 行 われた 国 際 博 覧 会 事 務 局 総 会 での 投 票 で トルコ イズミルを 破 り ミラ ノが 開 催 地 に 決 定 しました 1906 年 以 来 109 年 ぶりとなるミラノでの 開 催 に 国 民 の 期 待 も 非 常 に 高 まっていましたが 会 場 建 設 などに 巨 額 の 資 金 が 投 じられ 汚 職 事 件 も 発 覚 してしまうと いう 何 ともイタリアらしい 残 念 な 事 態 が 起 こ ってしまいました 工 事 も 遅 延 を 極 め 一 部 で は 開 幕 を 危 ぶむ 声 も 上 がっていましたが 何 と か 5 月 1 日 の 開 幕 日 を 迎 え 祝 賀 ムードに 包 ま れたのも 束 の 間 この 日 はミラノ 中 心 地 で 反 対 派 による 破 壊 行 為 や 放 火 事 件 などが 起 こってし まい 大 きなニュースとなりました 市 内 を 歩 くと 今 でも No Expo 等 の 落 書 き がたくさん 見 られますが 開 幕 日 の 暴 動 以 降 は 目 立 った 混 乱 もなく 順 調 に 入 場 者 を 増 やして 4

5 います イタリア 人 に 次 いで フランス 人 ド イツ 人 のゲストが 多 く 日 本 人 のゲストもたく さん 見 かけられます ヨーロッパのみならず 世 界 各 国 からも 注 目 を 集 めるイベントとなって いる 様 です 今 回 のミラノ 博 のテーマは Feeding the Planet, Energy for Life( 地 球 に 食 料 を 生 命 にエネルギーを) 史 上 初 の 食 について 考 える 国 際 博 覧 会 となっています 参 加 国 がそれぞれのパヴィリオンを 持 ち 工 夫 を 凝 らした 展 示 をする 中 で 食 生 活 に 関 する 地 球 規 模 の 課 題 の 提 示 をし その 解 決 策 を 模 索 しています 各 国 パヴィリオンの 中 でも 最 大 規 模 の 広 さを 誇 る 日 本 館 は Harmonious Diversity - 共 存 する 多 様 性 - を 出 展 テーマとし 四 季 に 根 差 した 日 本 食 日 本 食 文 化 を 紹 介 しています 日 本 特 有 の 文 化 に 根 付 く 知 恵 と 技 による 課 題 解 決 への 貢 献 と 未 来 の 共 生 社 会 の 開 拓 をメインメ ッセージとしています また いただきます ごちそうさま もったいない おすそわけ と いう 言 葉 もキーワードとなっています 日 本 館 内 には 9 つの 展 示 エリアがあります プロローグ と 名 付 けられたエントランスは 1 つの 絵 巻 物 の 様 に 見 立 てられており 日 本 の 四 季 をめぐる 物 語 雨 の 一 生 を 紹 介 していま す 続 いて ハーモニー という 壁 に 設 置 され たハーフ ミラーと 最 新 のプロジェクター 演 出 がとても 美 しい 幻 想 的 な 空 間 があります 四 季 折 々の 農 村 風 景 を 映 し 出 し 日 本 の 気 候 と 地 理 条 件 を 生 かした 水 田 の 映 像 を 楽 しむ 事 ができ ます 来 館 者 の 方 々が 思 わず 美 しい! と 声 を 漏 らす 日 本 館 の 中 でも 大 変 人 気 のエリア です 次 の ダイバーシティー という 部 屋 では スマートフォンの 日 本 館 アプリを 使 う 事 で 日 本 の 食 卓 を 楽 しく 知 る 事 ができる 仕 組 みになっ ています 滝 をイメージしたスクリーンを 流 れ 落 ちる 画 像 に 触 れる 事 で その 画 像 が 自 動 的 に スマートフォンに 保 存 され 退 館 後 も 関 連 情 報 と 共 に 楽 しむ 事 ができます その 他 にも 音 と 香 りで 季 節 感 を 演 出 する 押 し 花 掛 軸 日 本 の 伝 統 的 な 祭 事 を 紹 介 するショ ーウィンドー 数 々のお 寿 司 の 模 型 日 本 各 地 の 匠 達 によって 作 られた 和 食 器 を 新 進 気 鋭 のア ーティストがトータルにデザインプロデュース した 展 示 等 があり いずれも 人 気 のカメラスポ ットになっています また 愛 知 万 博 のマスコットキャラクターだ ったモリゾーとキッコロが 現 代 の 地 球 上 の 食 と 環 境 課 題 への 解 決 策 を 提 示 する イノベーシ ョン というエリアもあります 日 本 館 の 締 めくくりは フューチャーレスト ラン という レストラン 形 式 のシアターで 行 われるメインショーです ダイニングテーブル 風 の 客 席 に 着 席 して ショーを 観 賞 します テ ーブル 上 には 最 新 技 術 が 駆 使 されたタッチス クリーンが 設 置 されており ゲストは 日 本 のお 箸 を 使 いながらスクリーンに 触 れ ショーに 参 加 する 事 ができます 食 卓 から 始 まる 人 と 人 の 絆 と 食 に 関 わる 全 ての 人 自 然 の 恵 みに 対 する 感 謝 の 気 持 ちを 体 感 し 日 本 館 の 展 示 はフィナーレを 迎 えます 日 本 館 の 展 示 風 景 各 参 加 国 には 会 期 の 内 1 日 だけ 自 国 に 焦 点 を 当 てたナショナルデーが 割 り 当 てられます 7 月 11 日 は 日 本 の ジャパンデー でした メインイベントとして 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 をテーマにしたパレードが 行 われ 東 北 各 県 の 伝 統 的 な 踊 りがデクマーノ 大 通 りで 披 露 さ れました また 日 本 全 国 の JA( 全 国 農 業 協 同 5

6 組 合 連 合 会 ) 会 員 が 作 った 折 り 鶴 約 20 万 羽 が 日 本 館 来 館 者 に 配 られました 折 り 鶴 の 羽 の 部 分 には 感 謝 ありがとう などのメッセ ージが 書 かれており 大 震 災 への 世 界 各 国 から の 支 援 に 対 する 感 謝 の 気 持 ちが 込 められていま した 夜 のイベントコンサートでは きゃりーぱみ ゅぱみゅさんや 三 味 線 の 吉 田 兄 弟 による 演 奏 書 家 の 紫 舟 さんによる 書 と 和 太 鼓 を 融 合 させた パフォーマンスが 披 露 されました 日 本 の カ ワイイ 文 化 の 代 表 的 存 在 として 海 外 の 若 者 に も 高 い 支 持 を 集 めるきゃりーぱみゅぱみゅさん が 登 場 した 際 は イタリア 人 のお 客 様 から 大 き な 歓 声 が 上 がっていました ジャパンデー の 一 日 を 通 して 日 本 の 様 々 な 文 化 を 伝 え 新 たに 興 味 を 持 った 方 々も 多 か った 事 でしょう Italiana SAGRA イタリアーナ サグラ 歴 史 ある 京 都 の 先 斗 町 で 鴨 川 を 見 ながら 上 質 な 素 材 を 味 わう 最 高 のひとときをお 過 ごしいた だけるイタリア 料 理 店 です イタリアで 5 年 間 修 業 したシェフが 伝 統 料 理 をベースに 新 鮮 な 食 材 を 使 い 現 代 のイタリア 料 理 を お 楽 しみ 頂 けます 特 典 ( 日 本 イタリア 会 館 会 員 証 お 持 ちの 方 ) スパークリングワイン 1 杯 サービス( 期 間 掲 載 から 1 か 月 間 ) 住 所 : 京 都 市 中 京 区 先 斗 町 通 四 条 上 ル 鍋 屋 町 電 話 : HP: ジャパンデーの 日 本 館 ミラノ 博 は 食 を 通 じて 世 界 各 国 の 人 々が 笑 顔 で 繋 がる 事 ができるイベントで その 国 特 有 の 文 化 や 価 値 観 人 間 性 も 知 る 事 ができます 開 幕 から 約 3 ヶ 月 が 経 ち ちょうど 会 期 の 半 分 が 過 ぎましたが 今 後 も 益 々 入 場 者 は 増 えてい くと 思 われます 閉 幕 に 向 けて 更 なる 盛 り 上 が りを 見 せながら 日 本 の 素 晴 らしい 食 文 化 への 認 識 が 世 界 の 人 々に 広 まっていく 事 を 願 います ( 元 当 館 スタッフ) 6 編 集 発 行 /( 公 財 ) 日 本 イタリア 会 館 京 都 市 左 京 区 吉 田 牛 の 宮 町 4 TEL:(075) /FAX:(075) URL:

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd

エッセイ331・西本美彦「スズメたちは西へ飛んでいった」.indd 美 彦 着 六 三 造 経 労 組 合 運 字 泊 ホ 伸 午 ホ 質 素 座 街 並 眺 羽 場 沈 羽 根 ふ 浴 激 素 晴 社 主 義 太 犬 連 兵 士 犬 驚 立 肌 寒 厚 灰 色 雲 淀 有 冷 戦 題 写 真 載 写 真 デ デ 立 図 館 合 ひ 高 県 6 7 ボ 籍 2 0 0 4 京 院 定 退 職 現 ボ 研 究 : 芸 : 2 気 づ 夫 容 疑 捜 査 及 危 険 託

More information

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ

二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 終 二 〇 三 月 東 震 災 福 島 子 力 発 電 所 事 故 犠 牲 者 々 被 災 者 々 衷 心 限 哀 悼 見 舞 申 上 げ 003 夏 暑 過 ぎ 去 秋 気 配 空 見 上 げ 立 空 青 澄 み 切 風 心 良 ひ ガ イ ガ ウ ン タ 手 目 見 恐 怖 感 悲 痛 思 風 景 福 島 県 飯 館 村 美 然 眺 半 深 絶 望 突 落 3 11 経 過 未 復 旧 復 興

More information

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472 抜 錨! ロコモコ 注 意 項 P D F ル ハ メ ル 掲 載 作 品 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 2 年 月 4 日 オ ア 最 西 軍 基 地 サ ド 島 基 地 へ 上 陸 制 圧 作 支 援 参 加 級 番 数 回 渡 航 隊 攻 飽 和 攻 轟 間

More information

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7

併 60 周 記 念 文 コ 最 優 秀 品 鈴 那 奈 P1 優 秀 品 ワ ぞ! 口 孝 太 P2 旭 丘 武 蔵 島 七 星 P2 入 選 品 天 下 結 理 P4 天 渡 邊 梨 P4 天 渡 邊 允 登 P5 太 壮 赳 P5 集 本 果 和 P6 飯 本 拓 輝 P7 飯 口 慧 P7 併 60 周 記 念 文 コ 優 秀 品 テ マ! ロマ 併 60 周 記 念 制 定 希 望 太 陽 輝 春 埜 菰 張 本 宮 八 形 天 城 跡 太 倉 吉 渓 谷 葛 布 背 景 文 字 北 部 林 部 商 南 部 域 遠 州 鎬 羽 闊 歩 遠 州 石 松 遠 州 舞 組 環 境 理 歴 史 文 芸 能 観 光 ベ 特 産 品 モチフ 明 姿 誰 目 広 親 愛 デザ 又 21 世 紀 リド

More information

第 1 回 きいちごパーティー 5 月 23 日 に 開 催 された きいちごパーティー に 学 生 教 員 8 名 がボランティアとして 参 加 しました きいちごパーティーとは 鶴 ヶ 島 市 立 障 害 者 地 域 活 動 支 援 センター きいちご において 開 設 27 年 目 で 初 め

第 1 回 きいちごパーティー 5 月 23 日 に 開 催 された きいちごパーティー に 学 生 教 員 8 名 がボランティアとして 参 加 しました きいちごパーティーとは 鶴 ヶ 島 市 立 障 害 者 地 域 活 動 支 援 センター きいちご において 開 設 27 年 目 で 初 め 2015 さいたまシティマラソン 救 護 ボランティア 2 月 22 日 に 開 催 された 2015 さいたまシティ マラソンに 学 生 教 員 19 名 が 昨 年 度 に 引 き 続 きランナーの 見 守 りなどの 救 護 ボランティ アで 参 加 しました この 大 会 は 今 年 11 月 の 第 1 回 さいたま 国 際 マラソン 兼 第 31 回 オリン ピック 競 技 大 会 (2016/リオデジャネイロ)

More information

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残

を 握 っ て し ま っ た の で す こ こ が 今 回 の 事 故 に 結 び つ く 大 き な 判 断 ミ ス だ っ た の で す 友 人 を 家 ま で 送 り 届 け, そ の ま ま 仮 眠 も 取 ら ず 車 を 走 ら せ 1 時 間 く ら い し, 自 宅 ま で 残 交 通 事 故 防 止 ガ イ ド ラ イ ン 平 成 1 8 年 度 は じ め に 大 磯 町 教 育 委 員 会 ( 平 成 1 8 年 1 0 月 3 1 日 改 正 ) 神 奈 川 県 全 国 の 教 職 員 の 交 通 事 故 が 多 発 し て い ま す 文 部 科 学 省 の 2 0 0 2 年 度 調 査 に よ る と, 交 通 事 故 に 関 わ る 懲 戒 処 分 を 受

More information

第4章:国連が取り組む人権、環境、難民問題、グローバルコンパルと

第4章:国連が取り組む人権、環境、難民問題、グローバルコンパルと 1989 1991 1993 1995 1997 1999 2001 2003 2005 2007 2009 2011 2013 論 説 混 迷 する 中 東 の 行 方 を 探 る: 難 民 問 題 解 決 のカギは? 滝 澤 三 郎 東 洋 英 和 女 学 院 大 学 大 学 院 客 員 教 授 国 連 UNHCR 協 会 理 事 長 1 始 めに 2015 年 の 難 民 と 難 民 申 請

More information

Microsoft PowerPoint - 防災気象講習会_20130531_地震.pptx

Microsoft PowerPoint - 防災気象講習会_20130531_地震.pptx 防 災 気 象 講 習 会 1 平 成 25 年 2 月 25 日 の 栃 木 県 北 部 で 発 生 した 地 震 とその 後 の 状 況 について 2 緊 急 地 震 速 報 を 活 用 した 避 難 訓 練 について 平 成 25 年 5 月 31 日 宇 都 宮 地 方 気 象 台 防 災 業 務 課 藤 崎 発 生 時 刻 平 成 25 年 2 月 25 日 16 時 23 分 震 源 栃

More information

開議           (9時45分)

開議           (9時45分) 松 下 議 長 通 告 7 番 目 15 番 増 田 浩 二 議 員 一 問 一 答 方 式 で 質 問 願 い ま す 増 田 浩 二 議 員 増 田 議 員 15 番 増 田 浩 二 議 長 の 許 可 を 得 ま し た の で 一 般 質 問 を 行 い ま す 今 議 会 は 平 和 行 政 に つ い て 大 池 公 園 の 整 備 公 共 施 設 の 考 え 方 と 投 票 所 に つ

More information

1 学 期 の 終 業 式 での 話 題 夏 休 みを 迎 えるにあたって ( 予 定 ) け 健 康 安 全 に 注 意 すること じ 自 分 のことだけではなく 家 族 の 一 員 として 生 活 すること め めあてをもって 学 習 すること 昨 年 からみんなが 続 けている 私 たちにでき

1 学 期 の 終 業 式 での 話 題 夏 休 みを 迎 えるにあたって ( 予 定 ) け 健 康 安 全 に 注 意 すること じ 自 分 のことだけではなく 家 族 の 一 員 として 生 活 すること め めあてをもって 学 習 すること 昨 年 からみんなが 続 けている 私 たちにでき 平 成 24 年 6 月 29 日 千 代 田 区 立 お 茶 の 水 小 学 校 校 長 山 田 茂 利 http://www.ochanomizu-e.ed.jp/ 4 梅 雨 の 晴 れ 間 プールから 子 どもたちの 歓 声 が 聞 こえてきます 過 日 は 学 校 公 開 にご 来 校 賜 りありがとうございました 子 どもたちの 一 日 一 日 の 積 み 重 ねの 様 子 をご 覧 いただけたかと

More information

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫 紙 父 早 亡 離 暮 知 ゅ 華 料 預 港 町 飲 屋 帰 章 Ⅰ 落 汁 落 レ 炒 汁 淡 黄 褐 色 ょ 個 太 洋 陸 ソ モ 諸 サ モ 諸 抜 ぬ 太 洋 黄 信 ム 発 食 費 円 料 汁 乱 ぷ 岡 箱 細 腕 歩 姿 浮 闇 野 良 犬 ぬ 匹 牙 岡 落 4 ニ ブ 薪 音 閉 務 室 声 苦 労 5 無 修 士 釘 員 廊 寝 近 進 駐 ゅ 軍 ャ プ パ 工 場 付 属

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

先輩たちのとりくみに学ぶ

先輩たちのとりくみに学ぶ 広 島 県 教 職 員 組 合 2016 年 度 版 1. 権 利 獲 得 への 道 ~バトンを 受 け 継 ぐ 私 たち~ 2. 労 働 組 合 とは ~ 働 く 者 にとって 当 たり 前 のしくみ~ 3.どうして 私 たちは 組 合 にこだわるのか 4.さまざまな 活 動 ~ 平 和 人 権 自 主 共 助 ~ 1 広 教 組 結 成 1945 原 爆 投 下 敗 戦 日 本 国 憲 法 国

More information

41 話 題 味 改 止 ゃ 審 査 顔 評 観 変 値 信 個 味 僅 識 駆 使 真 摯 評 団 我 々 声 以 嬉 へ ワ グ ソ 悔 残 他 比 努 不 足 ワ グ 腕 相 接 面 白 ヤ 演 元 チ へ 就 蹴 ワ グ 話 束 尚 宏 説 切 笑 就 応 系 内 深 桐 朋 園 演 科 専

41 話 題 味 改 止 ゃ 審 査 顔 評 観 変 値 信 個 味 僅 識 駆 使 真 摯 評 団 我 々 声 以 嬉 へ ワ グ ソ 悔 残 他 比 努 不 足 ワ グ 腕 相 接 面 白 ヤ 演 元 チ へ 就 蹴 ワ グ 話 束 尚 宏 説 切 笑 就 応 系 内 深 桐 朋 園 演 科 専 MITA-HYORON 2014.5 40 ビ 斎 藤 典 塾 平 5 政 昨 9 月 第 2 Black Sea Conducting Competition 2 2003 ソェ 開 発 長 務 宏 ひ 樹 株 式 表 取 締 長 刀 流 海 外 昨 最 近 簡 単 探 見 齢 制 応 募 D V D 審 査 呼 第 権 威 南 米 北 米 西 ヨ 各 来 実 際 む 次 五 四 ポ 練 習 八

More information

異世界で「マインクラフト」 ID:24410

異世界で「マインクラフト」 ID:24410 kouji 注 意 事 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 中 品 自 動 的 P D F 化 小 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F ァ 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 起 事 話 ぜ! 付 わ ね お さ わ 頭 ど 転 生 憑 依 じ ゃ 断 じ ね 恐 片 鱗 味 わ ぜ 後 続 編 み 逝 誤 字 非 ず 八 五 次 1 八

More information

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願 8 夢 火 翌 敗 工 場 閉 鎖 制 放 験 由 色 掃 授 業 定 徒 等 専 門 野 定 勉 強 深 有 志 誕 装 備 料 グ 単 独 般 皆 南 央 跋 渉 尽 足 袋 3 級 縦 走 冬 単 極 必 研 究 併 慣 習 果 然 系 専 門 誌 例 雑 誌 採 飼 育 発 誇 積 極 性 道 研 究 仲 朝 勝 級 敬 称 彼 京 都 合 組 織 コ ズ 草 存 告 書 松 編 ワ ズ 紀

More information

Taro-ニュース206 年末号

Taro-ニュース206 年末号 国 交 職 組 2013. 12. 24 No.206 発 行 国 土 交 通 省 職 員 組 合 100-8918 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 2-1-3 03-5501-3377 Fax 03-5501-3388 マイクロ 80-59663 https://j-union.com/-/kokkoushokuso/ 今 年 は こ ん な こ と が あ り ま し た 加 藤 委 員

More information

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

Microsoft PowerPoint - ⑯由岐中学校.ppt

Microsoft PowerPoint - ⑯由岐中学校.ppt 次 世 代 に 夢 をつなぐ 防 災 カレンダーづくり 徳 島 県 由 岐 町 立 由 岐 中 学 校 大 田 弘 士 徳 島 県 由 岐 町 総 務 課 浜 大 吾 郎 1/21 2006.2.18 第 3 回 防 災 教 育 チャレンジプランワークショップ 防 災 教 育 の 概 要 目 的 生 徒 達 が 防 災 に 関 する 知 識 技 能 を 習 得 し 地 域 の 防 災 上 の 課 題

More information

Microsoft Word - 白糖06.doc

Microsoft Word - 白糖06.doc 1 続 づ 役 職 差 障 明 気 悪 名 名 乗 訛 隠 我 咎 追 鹿 児 聞 身 構 持 脱 身 妻 伴 追 手 怖 急 甦 随 過 去 警 戒 少 戻 身 緊 張 走 誤 解 膝 進 奴 捕 帰 手 助 体 罪 犯 持 出 固 物 持 出 物 尋 事 関 見 濁 相 手 探 笑 顔 凍 見 逃 目 鋭 注 視 何 食 顔 装 話 続 づ 隈 奄 美 豪 族 男 当 盛 喜 名 改 関 良 助

More information

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近 爪 痕 残 列 言 海 首 都 懸 念 振 返 太 平 洋 ピ 海 米 ユ 想 海 溝 周 辺 海 溝 型 首 都 海 振 返 2 6 三 陸 沖 源 マ グ チ 9 0 栗 7 茨 6 範 囲 揺 観 太 平 洋 沿 岸 沿 岸 晃 望 台 口 粟 野 弱 観 置 置 軽 傷 永 野 翌 前 及 ぼ 宅 困 鉄 ッ 7 校 武 鉄 乗 客 67 夜 過 ガ ソ 蛇 列 製 油 操 止 車 両 優

More information

第 15 回 ジョン 万 次 郎 フェスティバル つづき 万 次 郎 トレール 10 月 4 日 祭 りの 翌 日 は ホイットフィールド 万 次 郎 友 好 協 会 のルーニー 会 長 文 子 さんご 夫 妻 の 案 内 で 万 次 郎 トレール と 呼 ばれる アメリカ 生 活 中 の 万 次

第 15 回 ジョン 万 次 郎 フェスティバル つづき 万 次 郎 トレール 10 月 4 日 祭 りの 翌 日 は ホイットフィールド 万 次 郎 友 好 協 会 のルーニー 会 長 文 子 さんご 夫 妻 の 案 内 で 万 次 郎 トレール と 呼 ばれる アメリカ 生 活 中 の 万 次 土 佐 清 水 市 姉 妹 都 市 友 好 協 会 会 報 ジョン 万 ニュース VOL. 27 土 佐 清 水 市 姉 妹 都 市 友 好 協 会 報 第 27 号 平 成 27 年 11 月 30 日 発 行 : 土 佐 清 水 市 姉 妹 都 市 友 好 協 会 787-0392 高 知 県 土 佐 清 水 市 天 神 町 11 番 2 号 TEL 0880-82-1113 FAX 0880-82-2882

More information

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連

が 決 定 されました ~ 兵 庫 県 連 と 兵 庫 県 連 各 組 合 から 義 捐 金 持 参 し 激 励 ~ 小 雨 がぱらつく 19 日 兵 庫 県 連 から 貴 田 博 明 会 長 ( 全 建 総 連 副 委 員 長 兵 庫 土 建 委 員 長 ) 岡 本 勝 事 務 局 長 と 県 連 2 0 1 1 年 4 月 2 0 日 全 建 総 連 支 援 対 策 本 部 ニュース(No.33 全 建 総 連 東 日 本 大 震 災 支 援 対 策 本 部 全 建 総 連 では 4 月 14 日 原 発 事 故 に 起 因 する 様 々な 被 害 を 受 けた 地 域 の 産 業 及 び 住 民 に 対 して 充 分 な 補 償 を 行 うこと 等 を 主 旨 とした 要 請 を 東 京

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 的 P D F 化 小 作 ハ メ 運 営 無 断 P D F ァ イ 及 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 再 配 布 販 売 禁 新 ガ 任 正 的... 週 ~ 回 更 新 文 章 量 私 友 ニ コ ニ コ 画 u p M M D 作 品 許 可 得 小 化 嬉 ( ネ タ バ 可 能 大 ) 次 7 世 門 立

More information

23 /. 2

23 /. 2 23 /. 2 広 報 Vol. 622 3 広 報 Vol. 622 3 23 /. 4 5 広 報 Vol. 622 23 /. 6 功 労 者 閣 総 理 臣 害 時 人 命 救 助 被 害 拡 止 等 活 動 実 施 平 時 思 想 普 及 又 体 制 整 備 面 貢 献 特 そ 功 績 顕 著 あ 認 め 体 又 個 人 対 象 2 総 理 臣 官 邸 江 加 藤 副 出 席 閣 総 理

More information

た 2. 金 融 恐 慌 から 戦 争 へ( 昭 和 2 年 ~ 昭 和 16 年 ) 昭 和 の 時 代 は 空 前 の 金 融 恐 慌 のなかで 開 幕 しました 川 崎 造 船 も 深 刻 な 金 融 難 に 陥 り 企 業 経 営 存 立 の 危 機 に 立 たされました 人 員 整 理 に

た 2. 金 融 恐 慌 から 戦 争 へ( 昭 和 2 年 ~ 昭 和 16 年 ) 昭 和 の 時 代 は 空 前 の 金 融 恐 慌 のなかで 開 幕 しました 川 崎 造 船 も 深 刻 な 金 融 難 に 陥 り 企 業 経 営 存 立 の 危 機 に 立 たされました 人 員 整 理 に 各 務 原 の 歴 史 (1) 各 務 原 飛 行 場 について 大 正 3 年 (1914)6 月 第 一 次 世 界 大 戦 が 勃 発 し 西 欧 諸 国 の 航 空 兵 力 が 戦 況 を 有 利 な ものにしていました そんな 様 子 に 刺 激 されたわが 国 の 陸 軍 中 央 部 は 航 空 兵 力 の 強 化 を 考 え 航 空 部 隊 の 新 設 を 命 令 しました そして 大

More information

0 現 代 ジオ 学 習 メモ 当 淡 マ チ 件 語 当 切 失 ( 32 34 ) 覚 ひ 読 直 良 : 未

0 現 代 ジオ 学 習 メモ 当 淡 マ チ 件 語 当 切 失 ( 32 34 ) 覚 ひ 読 直 良 : 未 09 現 代 ジオ 学 習 メモ 雪 圏 無 連 絡 誕 外 音 聞 寝 袋 ざ 寝 後 び 配 闇 捜 全 体 新 伝 雪 ぶ 晩 所 暖 灯 通 触 む 妻 酷 所 懸 テ ビ 追 仕 成 星 道 夫 動 物 有 名 メ マ メ 合 衆 国 州 雄 動 物 む 残 念 テ ビ 材 故 亡 各 展 開 催 星 残 教 材 ひ 奥 ぜ 決 読 * * * 理 解 深 講 師 佐 藤 泉 学 習 ポイト

More information

密 4 ぜ ひ 呼 隣 流 隠 雪 泰 木 ホ 密 秘 ヤ 石 掘 軽 狙 誕 待 流 哲 雄 4 4 館 初 黒 字 4 区 口 抱 規 至 極 簡 単 確 保 9 潤 C V 士 交 際 旅 規 ギ 側 曲 師 舞 台 監 督 掘 送 践 豊 社 項 加 価 値 4 副 職 率 践 堀 園 俳

密 4 ぜ ひ 呼 隣 流 隠 雪 泰 木 ホ 密 秘 ヤ 石 掘 軽 狙 誕 待 流 哲 雄 4 4 館 初 黒 字 4 区 口 抱 規 至 極 簡 単 確 保 9 潤 C V 士 交 際 旅 規 ギ 側 曲 師 舞 台 監 督 掘 送 践 豊 社 項 加 価 値 4 副 職 率 践 堀 園 俳 4 結 策 4 爆 乗 ホ 4 屋 栄 陸 彩 団 劇 毎 結 初 伸 び 悩 握 道 6 投 票 露 9 声 ヤ V ヒ 枚 e g i n n e r ミ 達 数 唱 鍛 努 側 幅 広 支 由 姉 妹 ユ 屋 栄 4 誕 珠 玲 ヒ 動 4 H 天 神 札 幌 H 函 館 三 宮 ざ 憶 測 飛 類 似 ネ❶ 北 区 赤 羽 赤 羽 資 ゼ 所 属 ゼ 専 劇 北 区 赤 羽 館 垢 抜 赤

More information

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 YAMAGA 2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 志 望 験 難 突 破 ぱ 格 小 当 小 右 柔 部 所 属 怪 我 柔 練 習 休

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 仮 設 住 宅 1. 仮 設 住 宅 ( 正 式 名 称 : 応 急 仮 設 住 宅 )とは? 2014.4.28 竹 原 谷 川 野 田 災 害 救 助 法 という 法 律 に 基 づき 被 災 者 に 対 して 供 与 するものであり 1 新 たに 建 設 することによって 提 供 される 住 宅 (プレハブ) 2 民 間 の 賃 貸 住 宅 等 の 借 上 げによって 被 災 者 に 提 供

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション ( 日 英 同 時 通 訳 ) 皆 さんこんにちは 滋 賀 県 日 本 からやってまいりました 滋 賀 県 副 知 事 の 西 嶋 栄 治 です 本 日 皆 さんとこのセッションでお 会 いすることがで き 大 変 光 栄 に 存 じます 始 めます 前 に まずは 滋 賀 大 学 の 久 保 教 授 とこのセッションの 開 催 に かかわられた 全 ての 人 に 対 して 私 を 招 待 していただいたこと

More information

- 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域

- 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域 相 模 湖 公 園 の 震 災 時 対 応 の 考 え 方 参 考 資 料 1 - 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 における

More information

小 池 前 参 院 議 員 無 所 属 で 出 馬 へ 都 知 事 選 2011 年 2 月 8 日 東 京 夕 刊 8 280 国 や 都 の 行 財 政 知 事 に 出 馬 要 請 へ 自 民 系 各 種 団 体 2011 年 2 月 8 日 産 経 朝 刊 19 280 国 や 都 の 行 財

小 池 前 参 院 議 員 無 所 属 で 出 馬 へ 都 知 事 選 2011 年 2 月 8 日 東 京 夕 刊 8 280 国 や 都 の 行 財 政 知 事 に 出 馬 要 請 へ 自 民 系 各 種 団 体 2011 年 2 月 8 日 産 経 朝 刊 19 280 国 や 都 の 行 財 東 村 山 に 関 する 新 聞 記 事 INDEX 2011 年 2 月 分 ここに 掲 載 されている 記 事 は 切 り 抜 きをファイルし 中 央 図 書 館 に 保 管 しています 見 出 し 掲 載 日 掲 載 紙 朝 夕 刊 ページ 分 類 第 11 回 大 好 き 東 村 山 写 真 コンクール 入 賞 作 品 決 定 2011 年 2 月 1 日 市 報 ひがしむらやま 1 820

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 新 レ フ ガ 鎮 府 着 任 正 体 一 体 目 的... 週 1 ~ 回 更 新 1 文 章 量 少 私 友 ニ コ ニ コ 動 画 u p M

More information

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc 47 少 主 公 悲 惨 苦 々 族 ぞ 周 囲 達 悲 癒 募 背 翼 食 物 考 食 心 描 写 療 施 設 情 原 題 解 放 周 囲 愛 情 取 戻 様 描 摂 取 障 害 少 過 去 不 ふ 幸 歴 史 代 抱 様 々 問 題 少 目 向 考 折 精 神 折 精 神 座 右 銘 葉 限 ぎ 楽 辛 苦 方 苦 面 立 心 前 進 無 理 折 限 以 発 揮 結 果 必 対 対 常 づ 葉

More information

1リスクへの備え

1リスクへの備え リスクへの 備 え 福 祉 施 設 運 営 は 様 々なリスク 対 応 を 覚 悟 しなければならない 業 務 中 に 負 った 賠 償 責 任 入 所 児 童 が 他 人 に 損 害 を 負 わせた 場 合 施 設 管 理 者 は 損 害 賠 償 金 や 訴 訟 費 用 等 を 法 律 上 負 うべき 事 態 に 見 舞 われる また 財 産 の 損 害 が 生 じる 事 態 もある これらの 事

More information

Microsoft PowerPoint - しこくみちvol.11(原稿).pptx

Microsoft PowerPoint - しこくみちvol.11(原稿).pptx 平 成 25 年 度 農 業 農 村 整 備 事 業 の 概 要 平 成 25 年 度 予 算 が 成 立 し 新 たな 事 業 等 が 設 けられております 今 回 はその 中 から 土 地 改 良 区 が 主 体 となって 取 り 組 むことが 可 能 な 補 助 事 業 を 中 心 にご 紹 介 します 簡 易 な 整 備 や 施 設 の 点 検 ハザードマップの 作 成 等 も 可 能 で

More information

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 ta73 注 意 項 P D F メ 掲 載 中 品 的 P D F 化 小 説 者 メ 運 営 者 断 P D F 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 一 命 捨 生 変 不 死 身? 体 加 減 色 々 1 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 目 次 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 朝 起 夜 寝 成 数 年 後 晩

More information

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94 平 成 26 年 2 月 19 日 海 上 保 安 庁 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 取 締 りの 状 況 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 の 送 致 件 数 は, 対 前 年 比 247 件 (3.3%) 減 の 7,21 件 でした 各 種 法 令 別 の 送 致 件 数 については 前 年 と 比 べ 大 きな 状 況 変 化 はありませんが 近 年 増 加 傾 向 にある 漁

More information

2 浜 松 基 地 納 涼 の 夕 べを 開 催 724 4 月 29 日 著 しく 危 険 性 の 高 い 業 務 に 励 み 社 会 に 貢 献 さ れた 人 を 対 象 とする 第 24 回 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 が 表 彰 され 浜 松 つばさ 会 から 次 に 方 が 叙 勲

2 浜 松 基 地 納 涼 の 夕 べを 開 催 724 4 月 29 日 著 しく 危 険 性 の 高 い 業 務 に 励 み 社 会 に 貢 献 さ れた 人 を 対 象 とする 第 24 回 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 が 表 彰 され 浜 松 つばさ 会 から 次 に 方 が 叙 勲 1 陸 軍 爆 撃 隊 発 祥 之 地 碑 碑 前 祭 について 日 時 : 平 成 27 年 10 月 29 日 ( 木 ) 10 時 から 場 所 : 浜 松 基 地 南 地 区 陸 軍 爆 撃 隊 発 祥 之 地 碑 前 102813 TEL437-5635 平 成 27 年 度 浜 松 つばさ 会 総 会 行 事 を 開 催 浜 松 つばさ 会 は 平 成 27 年 度 総 会 行 事 (

More information

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材

目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有 知 識 や 験 掘 起 5 3 教 材 PISA 型 読 解 力 向 上 へ 授 業 改 善 説 明 的 文 章 取 組 み 通 熊 本 市 立 壺 川 小 学 校 佐 藤 俊 幸 目 次 1 主 題 2 2 主 題 設 定 2 3 授 業 改 善 へ 視 座 (1) 授 業 改 善 阻 害 す 三 誤 解 2 (2) 授 業 改 善 向 け 3 4 研 究 仮 説 4 5 研 究 実 際 (1) 中 1 教 材 分 析 5 2 既 有

More information

「別にいいけど俺の話しじゃ勉強になんねえぞ」

「別にいいけど俺の話しじゃ勉強になんねえぞ」 ハーレーに 乗 った 美 容 師 ~ 背 中 に 名 前 を 刻 み 込 んで~ 別 にいいけど 俺 の 話 じゃ 勉 強 になんねえよ! むっ とした 態 度 でした ヘアーデザインアース 坂 井 健 司 代 表 です 私 と 同 じ 位 の 年 齢 でしょうか 上 下 デニムで 今 風 のファッション 美 容 師 らし い 短 髪 のオシャレな 髪 型 ギョロッ とした 目 最 初 の 印 象

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

7 随 想 曲 正 市 秀 典 氏 塚 顧 問 不 思 議 縁 重 礎 築 へ 謝 賞 賛 率 常 導 力 折 紙 母 倒 迎 宿 敵 率 極 端 世 臨 ズ 夢 導 移 世 闘 背 持 実 輩 十 朝 通 驚 母 嬉 嬉 付 胴 げ デ ィ ア 讃 黙 称 賛 礎 築 拓 結 実 夢 功 績 改

7 随 想 曲 正 市 秀 典 氏 塚 顧 問 不 思 議 縁 重 礎 築 へ 謝 賞 賛 率 常 導 力 折 紙 母 倒 迎 宿 敵 率 極 端 世 臨 ズ 夢 導 移 世 闘 背 持 実 輩 十 朝 通 驚 母 嬉 嬉 付 胴 げ デ ィ ア 讃 黙 称 賛 礎 築 拓 結 実 夢 功 績 改 6 随 想 晩 尚 ざ 6 喬 村 顧 問 兄 麻 布 獣 医 伊 那 家 畜 保 衛 勤 協 理 科 趣 味 馬 聖 東 阪 市 近 鉄 7 段 ぎ 埋 多 観 客 始 待 リ 斉 唱 基 調 何 百 旗 鳴 龍 蛇 意 包 余 裕 笑 顔 力 翻 弄 狂 縦 横 無 尽 奔 放 展 狭 炸 裂 探 終 へ 慢 突 貫 僧 ピ パ 痛 鋭 刺 取 左 振 ポ 作 敵 集 間 髪 外 展 槙 原 福

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C6F8CB18ED089EF8A778AEE91628DC58F49838C837C815B836781698352837E8385836A836583422932612E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C6F8CB18ED089EF8A778AEE91628DC58F49838C837C815B836781698352837E8385836A836583422932612E646F6378> 東 日 本 大 震 災 前 後 のコミュニティに 対 する 考 え 方 の 変 化 1. 目 的 東 日 本 大 震 災 により 被 災 した 地 域 ではこれまであった 地 域 ごとのコミュニティが 崩 壊 し 被 災 者 は 新 しい 生 活 を 余 儀 なくされた 自 宅 を 再 建 する 者 や 避 難 していく 者 など そ れぞれが 意 志 決 定 を 行 い 新 しい 環 境 でのコミュニティの

More information

草 む 座 語 話 題 ね(ね) び 鬼 火 焚 呼 び 名 言 鬼 追 払 五 穀 豊 穣 無 病 息 災 祈 願 小 正 月 火 祭 毎 1 月 炎 囲 竹 弾 音 厄 払 ぐ 央 竹 柱 立 竹 倒 向 幸 福 豊 作 恵 言 風 向 せ 毎 体 同 じ 向 倒 ( 笑 )ね 夜 カッポ 酒

草 む 座 語 話 題 ね(ね) び 鬼 火 焚 呼 び 名 言 鬼 追 払 五 穀 豊 穣 無 病 息 災 祈 願 小 正 月 火 祭 毎 1 月 炎 囲 竹 弾 音 厄 払 ぐ 央 竹 柱 立 竹 倒 向 幸 福 豊 作 恵 言 風 向 せ 毎 体 同 じ 向 倒 ( 笑 )ね 夜 カッポ 酒 馬 頭 観 音 馬 農 耕 用 使 切 馬 安 全 祈 願 馬 頭 観 音 言 現 在 牛 無 病 息 災 安 産 祈 願 主 毎 5 月 畜 産 農 以 前 丘 上 馬 頭 観 音 酔 ぱ 下 迫 落 続 ( 笑 ) 安 全 下 畜 産 繁 栄 発 展 願 焼 酎 酌 交 盛 上 前 以 外 時 期 内 各 前 拝 む 祭 林 管 理 歴 史 百 以 上 言 木 材 薪 取 林 管 理 重 要 視

More information

新 年 総 会 年 賀 交 歓 会 1 月 17 日 ( 土 ) ラポート 十 日 町 にて 一 昨 年 昨 年 と 総 務 広 報 委 員 会 に 所 属 しておりました が 委 員 長 として 初 めての 年 賀 交 歓 会 でした 準 備 段 階 では 議 案 作 成 や 関 係 各 所 との

新 年 総 会 年 賀 交 歓 会 1 月 17 日 ( 土 ) ラポート 十 日 町 にて 一 昨 年 昨 年 と 総 務 広 報 委 員 会 に 所 属 しておりました が 委 員 長 として 初 めての 年 賀 交 歓 会 でした 準 備 段 階 では 議 案 作 成 や 関 係 各 所 との Catch The Moment ~ 今 この 時 を 逃 すな~ Vol.2 2015 年 5 月 1 日 発 行 第 66 回 十 日 町 雪 まつり コミュニティひろば 目 指 せ! 限 界 突 破!! 山 つつじ Vol.1 1 / 6 新 年 総 会 年 賀 交 歓 会 1 月 17 日 ( 土 ) ラポート 十 日 町 にて 一 昨 年 昨 年 と 総 務 広 報 委 員 会 に 所 属

More information

参加各市配布資料(東村山市)

参加各市配布資料(東村山市) 1 東 村 山 市 の 紹 介 東 村 山 市 は 東 京 都 の 北 西 部 荒 川 から 多 摩 川 にかけて 広 がる 武 蔵 野 台 地 の ほぼ 中 央 にあります 行 政 区 画 で 言 うと 北 は 狭 山 丘 陵 柳 瀬 川 によって 所 沢 市 に 東 から 南 東 は 清 瀬 市 東 久 留 米 市 南 は 小 平 市 西 は 東 大 和 市 に 接 して います 当 市 は 東

More information

Taro-外国人研修生意見書(弁連)

Taro-外国人研修生意見書(弁連) 外 国 人 研 修 技 能 実 習 制 度 の 法 改 正 に 対 する 意 見 書 2009 年 2 月 9 日 内 閣 総 理 大 臣 麻 生 太 郎 殿 法 務 大 臣 森 英 介 殿 外 務 大 臣 中 曽 根 弘 文 殿 厚 生 労 働 大 臣 舛 添 要 一 殿 経 済 産 業 大 臣 二 階 俊 博 殿 国 土 交 通 大 臣 金 子 一 義 殿 外 国 人 研 修 生 問 題 弁 護

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 報 道 関 係 者 各 位 ミラノ 万 博 ジャパンデー 東 北 復 興 祭 りパレード in ミラノ 万 博 開 催 概 要 平 成 27 年 6 月 2 日 東 北 復 興 祭 りパレード in ミラノ 万 博 実 行 委 員 会 名 称 テーマ 東 北 復 興 祭 りパレード in ミラノ 万 博 開 催 概 要 東 北 復 興 祭 りパレード in ミラノ 万 博 ~ 復 興 支 援 への

More information

情 報 ワイド 小 学 校 時 代 の 恩 師 からエール! S S の と コ ー チ 森 昌 彦 さん( 長 岡 京 市 第 四 小 学 校 サッカースポーツ 少 年 団 代 表 ) 今 までで 一 番 厳 しい 状 況 だと 思 いますが チーム 一 丸 となって 克 服 できるようにがんばっ

情 報 ワイド 小 学 校 時 代 の 恩 師 からエール! S S の と コ ー チ 森 昌 彦 さん( 長 岡 京 市 第 四 小 学 校 サッカースポーツ 少 年 団 代 表 ) 今 までで 一 番 厳 しい 状 況 だと 思 いますが チーム 一 丸 となって 克 服 できるようにがんばっ 2012 7/15 NAGAOKAKYO No.1068 海 堀 あ ゆ み 女 子 サ ッ カ ー 宇 佐 美 貴 史 男 子 サ ッ カ ー 高 競 橋 泳 美 帆 長 岡 京 市 からロンドン 五 輪 へ from Nagaokakyo to London 池 端 花 奈 恵 フ ェ ン シ ン グ 松 本 整 総 監 督 自 転 車 長 岡 京 市 から 夢 の 舞 台 へ 7 月 27 日

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

平 政 種 郵 便 物 認 可 信 無 埋 般 触 機 可 能 面 幅 繋 待 道 口 ギ 握 定 友 共 感 現 揺 ぶ 趣 志 向 析 展 揺 ぶ 始 博 爆 博 ネ 無 料 ゾ 閉 鎖 室 建 物 空 移 = ゴ 続 難 夢 室 校 病 院 東 六 木 降 湾 ガ 熱 狂 渦 巻 6 員 録

平 政 種 郵 便 物 認 可 信 無 埋 般 触 機 可 能 面 幅 繋 待 道 口 ギ 握 定 友 共 感 現 揺 ぶ 趣 志 向 析 展 揺 ぶ 始 博 爆 博 ネ 無 料 ゾ 閉 鎖 室 建 物 空 移 = ゴ 続 難 夢 室 校 病 院 東 六 木 降 湾 ガ 熱 狂 渦 巻 6 員 録 平 政 種 郵 便 物 認 可 連 載 誘 致 紹 介 電 沖 縄 落 戻 背 景 説 西 南 沖 縄 美 素 晴 ゴ 礁 起 伏 富 形 然 恵 6 平 太 求 先 寒 ピ 下 依 存 球 バ ァ 続 春 軍 崎 移 苦 境 直 面 千 ァ 幅 太 統 頼 呼 模 風 媚 豊 遺 産 紀 6 紀 拠 豪 族 墓 掘 井 戸 深 遺 跡 実 際 十 切 モ 隠 計 認 獲 ギ 応 述 対 青 先 候

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 鹿 島 鉄 道 跡 専 用 道 走 BRT 平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 誘 致 推 室 努 結 柏 原 運 分 野 統 合 央 笑

More information

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc 在 日 コリアンの 相 続 処 理 を 巡 る 実 務 上 の 諸 問 題 2015 年 10 月 4 日 弁 護 士 李 春 熙 第 1 はじめに 1 在 日 コリアンの 相 続 は 植 民 地 と 分 断 の 時 代 を 生 きた 彼 ら/ 彼 女 らの 歴 史 の 縮 図 2 在 日 コリアンの 相 続 事 件 の 特 徴 (1) 日 本 韓 国 朝 鮮 のそれぞれの 法 律 が 適 用 される

More information

ニュースリリース | 第3回市民のリスク意識調査 資料編

ニュースリリース | 第3回市民のリスク意識調査 資料編 第 3 回 市 民 のリスク 意 識 調 査 資 料 編 2 0 0 9 年 7 月 1 0 日 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 1. 調 査 概 要 ( 1 ) 調 査 方 法 : 非 公 開 型 イ ン タ ー ネ ッ ト ア ン ケ ー ト ( 株 式 会 社 マ ク ロ ミ ル ) ( 2 ) 調 査 対 象 : イ ン タ ー ネ ッ ト 調 査 モ ニ タ ー ( 日 本 在

More information

彼 らの 祖 国 に 平 和 が 戻 るまで 滞 在 させてもらう 避 難 所 を 求 めるのは 彼 らの 権 利 だ RT:あなたは 今 後 数 か 月 こういった 人 々の 流 れは 止 まらないだろうと 言 いました な ぜ 状 況 がこんなに 厳 しいのですか? この 問 題 の 根 源 は

彼 らの 祖 国 に 平 和 が 戻 るまで 滞 在 させてもらう 避 難 所 を 求 めるのは 彼 らの 権 利 だ RT:あなたは 今 後 数 か 月 こういった 人 々の 流 れは 止 まらないだろうと 言 いました な ぜ 状 況 がこんなに 厳 しいのですか? この 問 題 の 根 源 は 亡 命 者 が EU へやってくるのは 他 にどうすることもでき ないからだ 訳 者 注 このインタビュー 記 事 のポイントとなる 箇 所 を 太 字 で 示 しておいた RT がイ ンタビューした 国 連 弁 務 官 報 道 官 の のらくらした 応 答 には 意 味 がある この 問 題 の 根 源 は 何 ですか? という 問 いを 繰 り 返 しても 彼 女 は 答 えようとしない( 答

More information

ゲ 揮 欠 員 ひ 異 任 務 個 々 組 解 ご 存 理 解 習 膨 準 欠 知 欲 把 握 析 状 況 準 理 解 習 況 準 適 択 順 典 防 号 石 紹 ゲ 石 研 究 善 気 普 及 構 造 M 移 写 真 尾 川 清 ピ avi 阻 止 三 挑 伯 仲 気 終 盤 毎 球 社 京 木

ゲ 揮 欠 員 ひ 異 任 務 個 々 組 解 ご 存 理 解 習 膨 準 欠 知 欲 把 握 析 状 況 準 理 解 習 況 準 適 択 順 典 防 号 石 紹 ゲ 石 研 究 善 気 普 及 構 造 M 移 写 真 尾 川 清 ピ avi 阻 止 三 挑 伯 仲 気 終 盤 毎 球 社 京 木 特 集 January ピ avi 極 制 主 将 梶 原 誠 失 頂 鍵 握 写 真 岩 苗 o. contents p ピ avi 阻 止 挑 p 特 集 特 集 efense p 池 p 広 告 p 若 支 p 択 肢 消 古 庄 論 告 知 広 告 p IA UH 広 告 p 告 知 広 告 p 驚 異 p 書 籍 広 告 p 程 制 作 http:firstdown.jp ゲ 揮 欠 員

More information

Microsoft Word - No13.doc

Microsoft Word - No13.doc 海 外 と の 日 本 文 化 日 本 文 学 交 流 史 展 望 伊 井 春 樹 ( 国 文 学 研 究 資 料 館 ) 1 海 外 と の 交 流 始 発 中 国 か ら 日 本 に 文 字 が も た ら さ れ た の は 三 世 紀 か ら 五 世 紀 の 頃 6 世 紀 に な る と 仏 教 も 伝 来 し そ れ ま で の 自 然 崇 拝 と し て 形 成 さ れ て い た 神

More information

Taro-下関署(確定版).jtd

Taro-下関署(確定版).jtd 平 成 2 6 年 度 第 2 回 下 関 警 察 署 協 議 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 26 年 8 月 7 日 ( 木 ) 午 後 3 時 から 午 後 4 時 45 分 まで 開 催 場 所 下 関 市 細 江 町 2 丁 目 3 番 8 号 下 関 警 察 署 5 階 講 堂 出 席 者 福 井 会 長 林 副 会 長 児 玉 委 員 松 村 委 員 松 浦 委 員 藤 原 委

More information

練 習 艦 しまゆき しらゆき 入 港!! ~ 豊 橋 みなとフェスティバル プレ~ 7 月 16 日 ( 水 )~18 日 ( 金 ) 豊 橋 みなとフェス ティバルのプレイベントとして 豊 橋 市 に 入 港 した 練 習 艦 しまゆき しらゆき を 支 援 しました 豊 橋 市 に 護 衛 艦

練 習 艦 しまゆき しらゆき 入 港!! ~ 豊 橋 みなとフェスティバル プレ~ 7 月 16 日 ( 水 )~18 日 ( 金 ) 豊 橋 みなとフェス ティバルのプレイベントとして 豊 橋 市 に 入 港 した 練 習 艦 しまゆき しらゆき を 支 援 しました 豊 橋 市 に 護 衛 艦 発 行 元 愛 知 地 方 協 力 本 部 募 集 課 454-0003 名 古 屋 市 中 川 区 松 重 町 3-41 TEL 052-331-6266 URL http://www.mod.go.jp/pco/aichi/ Twitter @AICHI_PCO 愛 地 本 something 砕 氷 艦 しらせ 入 港!! ~ 名 古 屋 港 ガーデンふ 頭 ~ 10 月 3 日 ( 金 )

More information

nck_01.indd

nck_01.indd 論 Ⅰ 何 9 ジ ャ ナ ス ト 忠 衛 杏 林 学 名 誉 教 授 江 永 清 華 学 教 授 歩 平 科 学 院 近 代 史 研 究 長 論 Ⅰ 何 10 注 記 座 談 五 六 月 北 実 施 発 今 五 指 物 肩 書 役 職 当 時 論 Ⅰ 何 11 冷 経 熱 関 係 数 間 関 係 冷 経 熱 葉 通 経 済 貿 易 順 調 成 長 四 毎 桁 伸 び 率 示 治 関 係 途 両 脳

More information

寄生獣 ID:47455

寄生獣 ID:47455 寄 獣 daisy 注 意 事 項 P D F フ ァ ル ハ メ ル 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 え 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 榊 原 寄 記 憶 受 継 彼 同 種 守 為 知 ず 戦 時 彼 泉 会 目 次 1. 記 憶 1 2. 協 力 5 3.

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座 - 高 砂 -- 木 ビ TEL -- FAX -- 編 価 購 読 費 含 輝 築 誇 津 康 歳 J M I U ハ 先 奮 蓮 ハ 築 弱 顧 客 注 屋 台 風 呂 ユ 設 置 築 完 式 作 津 作 ユ 養 ォ 乗 作 ユ 養 積 身 宮 城 石 巻 元 石 巻 高 卒 ハ 就 至 石 巻 家 旧 北 岸 百 震 災 津 波 押 寄 験 築 * 紙 面 * 元 気 面 面 営 面 面 ぶ

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩 車 送 迎 各 場 広 空 ペ 音 療 法 創 ゆ 横 浜 市 横 浜 里 宿 泊 他 八 カ ガ ヘ プ 域 機 能 型 主 強 閉 症 環 境 混 乱 極 減 ひ 配 慮 空

2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩 車 送 迎 各 場 広 空 ペ 音 療 法 創 ゆ 横 浜 市 横 浜 里 宿 泊 他 八 カ ガ ヘ プ 域 機 能 型 主 強 閉 症 環 境 混 乱 極 減 ひ 配 慮 空 第 116 号 平 26 4 20 発 発 保 広 報 委 939-0633 富 県 下 郡 町 浦 2208 TEL076578 1131 http://www.mutsumien.com/ 浦 区 桜 並 木 散 歩 写 真 富 県 央 植 物 外 写 真 右 桜 げ 春 訪 2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩

More information

校生

校生 高 校 生 平 和 大 使 高 校 生 1 万 人 署 名 活 動 実 行 委 員 会 静 岡 ニュース( 第 20 号 ) 422-8067 静 岡 市 駿 河 区 南 町 11-22 静 岡 労 働 会 館 2 階 静 岡 県 平 和 国 民 運 動 センター 気 付 TEL:054-282-4121 FAX:054-284-0191 E-mail :s-heiwa@cy.tnc.ne.jp 被

More information

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援 パ レ 団 展 望 示 運 道 示 C T S 章 習 料 章 粋 像 根 歴 史 ざ 閣 造 次 チ ャ レ 唱 億 総 躍 兼 チ ャ レ 是 掃 述 画 視 建 害 調 査 慣 習 公 表 織 三 式 採 I L 際 踏 府 映 建 委 薦 貴 族 建 ぽ 歯 措 加 承 認 降 図 退 ド ド 是 常 流 ぜ ぜ ざ ざ 表 側 閣 僚 公 歴 然 蔵 岩 盤 直 難 習 料 狙 障 配 番

More information

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc 第 5 編 建 築 物 被 害 の 想 定 5-1 5.1 被 害 基 準 5-1 5.2 現 況 データ 5-5 5.3 揺 れによる 被 害 5-13 5.3.1 予 測 方 針 5-13 5.3.2 予 測 手 法 5-14 5.3.3 予 測 結 果 5-16 5.4 液 状 化 による 被 害 5-20 5.4.1 予 測 方 針 5-20 5.4.2 予 測 手 法 5-21 5.4.3

More information

自 衛 隊 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 () 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 問 あなたは 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 関 心 がありますか この 中 からつだけお 答 えください 平 成 4 平 成 7 関 心 がある( 小 計 ) 69.8% 7.5% 非

自 衛 隊 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 () 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 対 する 関 心 問 あなたは 自 衛 隊 や 防 衛 問 題 に 関 心 がありますか この 中 からつだけお 答 えください 平 成 4 平 成 7 関 心 がある( 小 計 ) 69.8% 7.5% 非 自 衛 隊 防 衛 問 題 に 関 する 世 論 調 査 の 概 要 調 査 対 象 全 国 0 歳 以 上 の 日 本 国 籍 を 有 する 者 3,000 人 有 効 回 収 数,680 人 ( 回 収 率 56.0%) 平 成 7 3 内 閣 府 政 府 広 報 室 調 査 時 期 平 成 7 8 日 ~ 8 日 ( 調 査 員 による 個 別 面 接 聴 取 ) 調 査 目 的 自 衛 隊

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

FP継続教育セミナー

FP継続教育セミナー 2016 年 10 月 目 標 相 続 アドバイザー 公 開 セミナー Ⅰ. 相 続 手 続 き 全 体 像 と 流 れ 1. タイムスケジュールの 概 要 (1) 被 相 続 人 の 死 亡 関 係 者 の 方 への 連 絡 し お 通 夜 や 葬 儀 の 準 備 をする (2) お 通 夜 葬 儀 等 死 亡 届 けの 提 出 ( 手 続 要 ) 死 亡 届 けは 7 日 以 内 に 医 師 の

More information

2つの世界の艦娘達 ID:79436

2つの世界の艦娘達 ID:79436 世 界 達 AOBA 注 意 項 P F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 的 P F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 断 P F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 国 離 島 地 域 安 確 保 空 潜 陸 闘 可 能 間 着 置 開 発 名 移 型 闘 補 助 着 S G 称 開 発 経 ア メ リ カ 指 導 ハ

More information

[ 今 後 の 予 定 ] - 夏 休 みに 新 高 校 1 年 生 になった 歌 津 中 学 校 出 身 の 生 徒 の 卒 業 式 を 行 う ( 夏 休 みの 期 間 については 未 定 ) [その 他 ] - 現 在 物 資 は 十 分 足 りているが 今 後 減 ってくる 可 能 性 があ

[ 今 後 の 予 定 ] - 夏 休 みに 新 高 校 1 年 生 になった 歌 津 中 学 校 出 身 の 生 徒 の 卒 業 式 を 行 う ( 夏 休 みの 期 間 については 未 定 ) [その 他 ] - 現 在 物 資 は 十 分 足 りているが 今 後 減 ってくる 可 能 性 があ Heart on Coin 絆 プロジェクト ~はじめに~ この 度 5 月 6 日 から 5 月 12 日 に 渡 り 西 宮 教 育 委 員 会 職 員 の 方 々に 加 え 大 阪 大 学 同 大 学 院 の 学 生 6 名 と 共 に Heart on Coin 絆 プロジェクトのメンバーである 関 西 学 院 大 学 生 4 名 が 宮 城 県 南 三 陸 町 の 歌 津 中 学 校 に

More information

防災マニュアル 分割1

防災マニュアル 分割1 新 居 浜 特 別 支 援 学 校 防 災 マニュアル - 平 成 4 度 版 - 愛 媛 県 立 新 居 浜 特 別 支 援 学 校 79-004 愛 媛 県 新 居 浜 市 本 郷 丁 目 番 5 号 Tel 0897--6656 Fax 0897-44-5599 目 次 南 海 大 地 震 の 災 害 の 特 性 と 被 害 の 想 定 地 震 発 生 時 の 基 本 的 対 応 地 震 防

More information

会 議 を 開 催 し 市 町 村 との 連 携 を 強 化 して 人 口 問 題 に 対 する 取 り 組 み を 始 めました このような 国 県 の 新 たな 動 きにいち 早 く 対 応 するため 本 市 にお きましても 先 月 18 日 私 を 本 部 長 として 安 来 市 人 口 対

会 議 を 開 催 し 市 町 村 との 連 携 を 強 化 して 人 口 問 題 に 対 する 取 り 組 み を 始 めました このような 国 県 の 新 たな 動 きにいち 早 く 対 応 するため 本 市 にお きましても 先 月 18 日 私 を 本 部 長 として 安 来 市 人 口 対 第 70 回 安 来 市 議 会 定 例 会 の 開 会 にあたり 諸 議 案 の 説 明 に 先 立 ち まして 諸 般 の 事 項 についてご 報 告 申 し 上 げます はじめに 先 月 19 日 深 夜 から20 日 未 明 にかけて 広 島 市 を 襲 った 局 地 的 な 豪 雨 は 広 範 囲 にわたり 大 規 模 な 土 石 流 が 発 生 するなど 死 者 行 方 不 明 者 あわせて70

More information

『チェリー・イングラム』

『チェリー・イングラム』 29 歳 画 像 提 供 プ 1 5 虚 弱 児 立 道 真 珠 婚 旅 転 機 ャ ポ ャ パ 造 涯 仕 脚 危 41 目 幻 滅 古 都 吉 山 京 タ フ ツ 刻 む 種 警 告 誕 75 穂 木 届 種 創 作 ベ 広 清 楚 淫 靡 太 白 偉 太 白 結 ぶ 縁 近 づ 軍 靴 音 117 歴 史 古 江 戸 染 井 吉 登 場 明 治 維 変 救 済 里 染 井 吉 批 判 太 平

More information

美 目 ト 頑 ゃ 娘 答 返 父 周 囲 淡 努 皆 紋 投 野 打 込 父 春 期 巻 族 鮮 野 飛 び 始 帰 回 数 競 ポ ツ 公 聞 達 励 若 合 始 老 立 朝 光 老 温 風 ぎ 腹 ぽ ぽ 点 在 電 向 住 隣 絡 四 徳 島 祖 谷 昔 絡 段 呼 び ご ナ ウ サ 原

美 目 ト 頑 ゃ 娘 答 返 父 周 囲 淡 努 皆 紋 投 野 打 込 父 春 期 巻 族 鮮 野 飛 び 始 帰 回 数 競 ポ ツ 公 聞 達 励 若 合 始 老 立 朝 光 老 温 風 ぎ 腹 ぽ ぽ 点 在 電 向 住 隣 絡 四 徳 島 祖 谷 昔 絡 段 呼 び ご ナ ウ サ 原 動 違 与 果 未 来 提 示 海 信 満 希 教 科 明 願 美 目 ト 頑 ゃ 娘 答 返 父 周 囲 淡 努 皆 紋 投 野 打 込 父 春 期 巻 族 鮮 野 飛 び 始 帰 回 数 競 ポ ツ 公 聞 達 励 若 合 始 老 立 朝 光 老 温 風 ぎ 腹 ぽ ぽ 点 在 電 向 住 隣 絡 四 徳 島 祖 谷 昔 絡 段 呼 び ご ナ ウ サ 原 点 熱 熱 絶 歓 喜 似 絵 圧 倒

More information

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 月 党 現 照 草 草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 我 々 ん じ 美 土 然 環 境 守 や 科 学 技 術 振 興 活 済 活 通

More information

( 資 料 )

( 資 料 ) 読 書 活 動 の 推 進 に 向 けた 取 り 組 み ~ 学 校 図 書 館 支 援 員 の 有 効 活 用 ~ 越 前 市 王 子 保 小 学 校 本 年 度 より 学 校 図 書 館 支 援 事 業 として 本 校 に 毎 週 月 曜 日 と1 3 5 週 の 木 曜 日 に 図 書 支 援 員 を 迎 えることになった 本 校 の 支 援 員 さんは 図 書 ボ ランティアとしての 経 歴

More information

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象

これが 自 民 改 憲 案 だ しんぶん 赤 旗 2016 年 6 月 25 日 ( 土 ) 安 倍 首 相 は 自 民 党 は 改 憲 案 をお 示 ししている と 繰 り 返 しのべています 明 文 改 憲 が 大 争 点 となるもと 自 民 党 改 憲 案 の 中 身 が 審 判 の 対 象 比 例 大 激 戦 9 条 守 れの1 票 共 産 党 へ 改 憲 問 題 が 大 争 点 に しんぶん 赤 旗 2016 年 7 月 6 日 ( 水 ) 投 票 日 まで4 日 となった 参 院 選 は 比 例 代 表 も 選 挙 区 も 大 激 戦 大 接 戦 のまま 最 終 盤 に 入 り 安 保 法 制 = 戦 争 法 の 廃 止 と 憲 法 9 条 改 悪 が 大 争 点 に 浮 上 憲

More information

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼 辞 令 式 5 土 第 7 号 5 第 7 号 公 財 法 : 横 山 公 樹 坂 総 リ ニ 号 館 8 階 室 辞 令 式 執 88 名 レ ュ 迎 隆 島 由 衣 紹 公 財 隆 ざ 佳 迎 両 親 親 戚 慶 び ば ょ 機 頑 張 公 財 法 個 考 幹 範 囲 広 半 球 範 囲 幹 ひ ぶ パ 曲 伸 ば 他 右 左 捻 比 較 単 純 範 囲 肝 根 指 筋 群 小 弱 限 揃 統

More information

危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 )( 可 児 正 樹 長 南 恒 男 西 嶋 尚 文 ) 2012 年 10 月 13 日 東 京 朝 刊 24 頁 010 叙 位 叙 勲 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 ) 瑞 宝 双 光 章 警 察 功 労 ( 可 児 正

危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 )( 可 児 正 樹 長 南 恒 男 西 嶋 尚 文 ) 2012 年 10 月 13 日 東 京 朝 刊 24 頁 010 叙 位 叙 勲 危 険 業 務 従 事 者 叙 勲 ( 敬 称 略 ) 瑞 宝 双 光 章 警 察 功 労 ( 可 児 正 東 村 山 に 関 する 新 聞 記 事 INDEX 2012 年 10 月 分 ここに 掲 載 されている 記 事 は 切 り 抜 きをファイルし 中 央 図 書 館 に 保 管 しています 見 出 し 掲 載 日 掲 載 紙 朝 夕 刊 ページ 分 類 更 衣 室 盗 撮 目 的 侵 入 容 疑 で 逮 捕 東 村 山 市 保 育 園 職 員 2012 年 10 月 2 日 朝 日 朝 刊 29

More information

(2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 井 口 さん 方 の 土 蔵 崩 壊 学 校 幼 稚 園 などを 襲 った 恐 怖 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4) 抗 議 要 請 申 し 入 れ 日 本 共 産 党 民 主 団 体 の 調 査 と 要 請 行 動 津 山

(2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 井 口 さん 方 の 土 蔵 崩 壊 学 校 幼 稚 園 などを 襲 った 恐 怖 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4) 抗 議 要 請 申 し 入 れ 日 本 共 産 党 民 主 団 体 の 調 査 と 要 請 行 動 津 山 安 保 破 棄 岡 山 県 実 行 委 員 会 学 習 会 2011 年 10 月 17 日 ( 岡 山 市 勤 労 者 福 祉 センター) 米 軍 機 の 低 空 飛 行 を 許 さないために 中 尾 元 重 1. 低 空 飛 行 の 被 害 とその 後 (1) 全 国 の 低 空 飛 行 (2)3 月 2 日 の 県 北 低 空 飛 行 (3)9 月 26 日 の 県 南 低 空 飛 行 (4)

More information

西 日 本 新 聞 ( 平 成 24 年 7 月 16 日 ) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) 当 社 は 沖 端 川 決 壊 により 社 屋 70cm ~ 160 cm 浸

西 日 本 新 聞 ( 平 成 24 年 7 月 16 日 ) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 西 日 本 新 聞 7/16) 当 社 は 沖 端 川 決 壊 により 社 屋 70cm ~ 160 cm 浸 西 日 本 新 聞 ( 平 成 24 年 7 月 14 日 夕 刊 ) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) ( 広 報 やながわ 8 月 号 より) 平 成 24 年 7 月 対 馬 海 峡 付 近 に 停 滞 した 梅 雨 前 線 は 11 日 から 14 日 にかけて 九 州 北 部 に 激 しい 雨 をもたらした 柳 川 市 では4 日 間 に 415mmの 降 水 量 を 記 録 特

More information

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd

ToBuyGoldUsingTomorrow_1002.indd ァ メ 専 門 返 運 用 困 相 談 先 世 メ 実 情 違 理 店 専 門 実 際 保 険 理 店 務 仕 事 拠 相 談 保 険 話 後 絶 何 隠 ァ 変 3 多 仕 事 柄 搾 4 程 度 従 員 抱 経 営 者 低 賃 労 働 者 ゆ ワ キ グ ア 高 校 卒 後 飲 食 店 勤 職 場 環 境 ひ ( ブ 企 ) 4 心 身 壊 退 職 ざ 退 職 後 近 無 職 活 送 ハ ワ 通

More information

サッカーの話をしよう 旅するワールドカップ 立ち読み版

サッカーの話をしよう 旅するワールドカップ 立ち読み版 8 旅 ケ 番 号 頼 着 席 ゴ 裏 ポ 中 * 9 7 年 西 ツ 次 グ 第 3 戦 ポ 対 生 初 め 最 終 年 前 オ ピ ク 優 ゼ ハ 連 高 評 価 受 ポ 予 定 ひ お 苦 労 ケ 入 手 シ ュ ツ ガ 陸 上 競 技 ゴ 裏 前 列 席 ほ ピ 高 ャ 周 囲 ぐ 立 上 ょ 立 前 男 め 瞬 間 ピ 視 野 消 陽 楽 シ ュ ツ ガ ツ 南 部 町 ぐ 南 下 縦 断

More information

2015_10_toseiren.indd

2015_10_toseiren.indd INDEX Autumn 秋 号 伊 藤 三 石 広 委 研 究 髙 橋 弘 局 席 表 敬 訪 告 伺 転 極 評 価 頃 感 謝 ぎ 言 葉 9 視 締 薬 喫 緊 課 吸 重 振 込 被 害 ぞ 割 頑 張 熱 受 競 技 傾 光 客 滞 在 先 忌 憚 P 表 敬 訪 挨 拶 8 第 回 次 / 告 / 程 他 7 / 千 央 勉 転 待 訪 左 右 ぶ コミュニケ 誌 昨 投 票 第 7

More information

裁決録

裁決録 平 成 17 年 仙 審 第 36 号 貨 物 船 阿 武 隈 丸 漁 船 第 十 八 徳 洋 丸 衝 突 事 件 言 渡 年 月 日 平 成 18 年 2 月 16 日 審 判 庁 仙 台 地 方 海 難 審 判 庁 ( 半 間 俊 士, 原 清 澄, 大 山 繁 樹 ) 理 事 官 保 田 稔 受 審 人 A 職 名 阿 武 隈 丸 船 長 海 技 免 許 二 級 海 技 士 ( 航 海 ) 補

More information

/インタビュー.indd

/インタビュー.indd 未 踏 遂 度 遥 伺 放 送 タ 駆 ホ ム 庭 好 校 映 画 字 幕 翻 訳 訳 戸 奈 津 憧 仕 就 友 誘 春 ホ ム 機 恵 ホ ム 庭 ホ フ ァ 遊 浮 ズ タ 表 職 員 遥 ひ 国 際 ニ ケ シ ョ 部 卒 6 権 高 校 未 踏 0 連 7 位 入 賞 在 普 及 動 幅 広 三 フ ウ 名 古 屋 短 期 客 員 36 05.9 報 遊 魅 器 械 床 運 動 転 高 3

More information

(Microsoft Word - ROKU\227\230\227p\227v\215j.docx)

(Microsoft Word - ROKU\227\230\227p\227v\215j.docx) ボートレース 鳴 門 特 別 観 覧 施 設 ROKU 利 用 要 綱 平 成 28 年 4 月 鳴 門 市 企 業 局 1 ( 本 要 綱 の 範 囲 および 変 更 等 ) 第 1 条 本 要 綱 は ボートレース 鳴 門 特 別 観 覧 施 設 ROKU ( 以 下 RO KU といいます )を 利 用 する 際 の 鳴 門 市 企 業 局 長 ( 以 下 施 設 管 理 者 といいます )とROKU

More information

葉 を 実 感 する 日 々が 続 いています 事 実 活 動 開 始 から2ヶ 月 で 眼 科 巡 回 検 診 は13 回 に 上 りました 巡 回 検 診 は 主 に 交 通 手 段 の 乏 しい 遠 方 の 村 々で 行 われ 活 動 は 全 て 手 作 りです 約 1900 人 の 方 が

葉 を 実 感 する 日 々が 続 いています 事 実 活 動 開 始 から2ヶ 月 で 眼 科 巡 回 検 診 は13 回 に 上 りました 巡 回 検 診 は 主 に 交 通 手 段 の 乏 しい 遠 方 の 村 々で 行 われ 活 動 は 全 て 手 作 りです 約 1900 人 の 方 が スリランカ トリンコマレー 県 の 眼 科 支 援 事 業 医 師 菊 地 真 紀 子 派 遣 地 域 :スリランカ 派 遣 期 間 :2005 年 11 月 ~2006 年 2 月 2004 年 12 月 26 日 インドネシアスマトラ 沖 で 発 生 した 大 津 波 はインド 洋 に 浮 かぶ 島 ここスリランカにも 甚 大 な 被 害 をもたらしました 東 部 海 岸 地 域 に 位 置 するトリンコマレー

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 集 顔 英 編 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 監 修 目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 富 樫 康 野 亜 紀 建 設 道 務

More information

極悪人の肖像.indd

極悪人の肖像.indd 解 説 真 田 啓 介 訳 255 258 極 肖 像 5 目 次 Portrait of a Scoundrel 1938 by Eden Phillpotts 要 登 場 物 三 長 次 妻 パ 息 メ デ パ 乳 母 ノ マ パ 警 視 庁 警 部 ェ ポ 金 融 ェ デ ポ ェ 娘 ホ ワ ヘ ッ 師 ッ ベ 警 視 庁 任 警 部 序 文 利 己 和 軋 轢 招 反 社 会 徳 違 影 響

More information