目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 裁 決 の 要 旨 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概"

Transcription

1 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所 得 税 の 更 正 の 請 求 に 対 してされた 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知 処 分 棄 却 ) 国 税 不 服 審 判 所 平 成 24 年 12 月 20 日 裁 決 ( 裁 決 事 例 集 89 号 ) 仙 台 国 税 不 服 審 判 所 長 伊 藤 義 之 SUMMARY 源 泉 徴 収 と 確 定 申 告 を 巡 る 関 係 については 最 高 裁 平 成 4 年 2 月 18 日 第 三 小 法 廷 判 決 ( 平 成 4 年 最 高 裁 判 決 )により 源 泉 所 得 税 と 受 給 者 の 申 告 所 得 税 は 別 個 のものとして 成 立 確 定 するのであって 受 給 者 と 国 との 間 には 直 接 的 な 法 律 関 係 が 生 じないものとされているこ と( 最 高 裁 昭 和 45 年 12 月 24 日 第 一 小 法 廷 判 決 )などを 理 由 に 受 給 者 の 確 定 申 告 の 際 に 源 泉 所 得 税 の 徴 収 納 付 における 過 不 足 の 精 算 を 行 うことは 所 得 税 法 の 予 定 するところで はないとして 最 高 裁 として 初 めてその 精 算 を 否 定 する 旨 明 示 している ところで 相 続 税 が 課 された 生 命 保 険 契 約 等 に 基 づく 年 金 への 所 得 課 税 の 適 否 (いわゆる 生 命 保 険 年 金 二 重 課 税 訴 訟 )について 判 示 した 最 高 裁 平 成 22 年 7 月 6 日 第 三 小 法 廷 判 決 ( 本 件 最 高 裁 判 決 )においては もう 一 つの 争 点 であった 源 泉 徴 収 の 適 否 と 受 領 者 の 還 付 請 求 の 可 否 について 所 得 税 の 申 告 等 の 手 続 における 還 付 を 許 容 する 判 断 を 示 している 本 裁 決 は 本 件 最 高 裁 判 決 後 当 該 判 決 を 準 用 して 源 泉 所 得 税 に 係 る 是 正 ( 更 正 の 請 求 を 通 じた 源 泉 所 得 税 額 相 当 分 の 還 付 )を 求 めた 審 査 請 求 において 平 成 4 年 最 高 裁 判 決 を 踏 ま えて 請 求 人 の 主 張 を 棄 却 した 初 めての 事 案 であり 先 例 性 も 高 いことから 本 稿 において 当 該 事 案 を 取 り 上 げ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 や 税 法 上 の 規 定 内 容 を 確 認 するとともに 過 去 の 主 な 裁 判 例 や 裁 決 事 例 をトレースし 同 裁 決 の 妥 当 性 について 検 討 及 び 検 証 を 行 うものである ( 平 成 26 年 12 月 26 日 税 務 大 学 校 ホームページ 掲 載 ) ( 税 大 ジャーナル 編 集 部 ) 本 内 容 については すべて 執 筆 者 の 個 人 的 見 解 であり 税 務 大 学 校 国 税 庁 あるいは 国 税 不 服 審 判 所 等 の 公 式 見 解 を 示 すものではありません 237

2 目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 裁 決 の 要 旨 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 要 240 ⑵ 源 泉 徴 収 制 度 を 巡 る 主 な 先 例 裁 判 例 及 び 裁 決 事 例 242 イ 最 高 裁 昭 和 45 年 12 月 24 日 第 一 小 法 廷 判 決 ( 民 集 24 巻 13 号 2243 頁 ) 242 ロ 最 高 裁 平 成 4 年 2 月 18 日 第 三 小 法 廷 判 決 ( 民 集 46 巻 2 号 77 頁 ) 243 ハ その 他 の 裁 判 例 及 び 裁 決 事 例 244 ニ 最 高 裁 平 成 22 年 7 月 6 日 第 三 小 法 廷 判 決 ( 民 集 64 巻 5 号 1277 頁 ) 244 ⑶ 本 裁 決 における 判 断 の 妥 当 性 について 246 イ 法 令 解 釈 246 ロ 当 てはめ 246 ハ 結 論 事 案 の 概 要 本 件 は 審 査 請 求 人 ( 以 下 請 求 人 とい う )が 裁 判 上 の 和 解 により 配 当 が 取 り 消 さ れたことを 受 けて 配 当 に 係 る 収 入 金 額 は 零 円 であり 源 泉 徴 収 をされた 所 得 税 の 額 は 確 定 申 告 書 記 載 の 額 であるから 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 が 過 少 であるとして 更 正 の 請 求 を したところ 原 処 分 庁 が 配 当 につき 源 泉 徴 収 をされた 所 得 税 の 額 は 請 求 人 の 所 得 税 額 の 計 算 において 算 出 所 得 税 額 から 控 除 できない から 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 が 過 少 である 場 合 には 当 たらないとして 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知 処 分 を 行 ったことに 対 し 請 求 人 がその 処 分 の 全 部 の 取 消 しを 求 めた 事 案 である なお 本 件 は 源 泉 徴 収 義 務 者 である 支 払 者 が 現 金 等 により 給 与 報 酬 を 支 給 する 事 案 ではなく 配 当 支 給 (しかも 不 動 産 を 現 物 支 給 )が 行 われた 事 案 であり 源 泉 所 得 税 相 当 分 を 請 求 人 が 配 当 受 領 後 に 支 払 者 に 支 払 い 支 払 者 により 国 へ 納 付 が 行 われたのであるが 後 日 支 払 者 に 対 する 破 産 手 続 開 始 決 定 がな され 破 産 管 財 人 による 破 産 法 上 の 否 認 権 に 基 づき 請 求 人 らに 対 する 訴 訟 提 起 がなされた ところ 結 果 的 に 本 件 和 解 により 配 当 が 取 り 消 され( 不 動 産 の 返 還 手 続 を 取 っている) 本 件 源 泉 所 得 税 について 支 払 者 ではなく 一 旦 配 当 を 受 領 した 請 求 人 自 身 の 申 告 等 の 手 続 によって 還 付 を 求 めた 特 異 な 事 案 であったこ とに 留 意 する 必 要 がある [ 請 求 人 と 源 泉 徴 収 義 務 者 である 支 払 者 と の 関 係 ] 請 求 人 は 平 成 18 年 10 月 日 に C 社 ( 以 下 C 社 という )から 会 社 法 第 453 条 株 238

3 主 に 対 する 剰 余 金 の 配 当 による 配 当 として 土 地 及 び 建 物 ( 以 下 本 件 土 地 等 という ) の 引 渡 しを 受 けた( 以 下 この 配 当 を 本 件 配 当 という ) 本 件 土 地 等 については D 地 方 法 務 局 e 支 局 において 受 付 年 月 日 平 成 18 年 10 月 日 受 付 番 号 第 号 原 因 を 平 成 18 年 10 月 1 日 贈 与 とする C 社 から 請 求 人 への 所 有 権 移 転 登 記 が 行 われたが その 後 登 記 原 因 に 錯 誤 があったとして 受 付 年 月 日 平 成 18 年 11 月 日 受 付 番 号 第 号 で 原 因 を 会 社 法 第 453 条 による 配 当 とする 所 有 権 更 正 登 記 が 行 われた 請 求 人 は 本 件 配 当 に 係 る 源 泉 徴 収 による 所 得 税 ( 以 下 本 件 源 泉 所 得 税 という )に 相 当 する 金 額 を C 社 に 支 払 った 請 求 人 が 提 出 した 確 定 申 告 書 には 平 成 18 年 分 配 当 剰 余 金 の 分 配 及 び 基 金 利 息 の 支 払 調 書 が 添 付 されており 当 該 支 払 調 書 の 配 当 等 の 金 額 欄 には 円 源 泉 徴 収 税 額 欄 には 円 及 び 支 払 者 の 名 称 欄 には C 社 と 記 載 されている C 社 は 平 成 20 年 12 月 日 に E 地 方 裁 判 所 に 対 し 破 産 手 続 開 始 を 申 し 立 てたところ 平 成 21 年 1 月 日 に 破 産 手 続 開 始 決 定 を 受 け 同 日 E 地 方 裁 判 所 は 破 産 管 財 人 ( 以 下 本 件 破 産 管 財 人 という )を 選 任 した 本 件 破 産 管 財 人 は 破 産 法 第 160 条 破 産 債 権 者 を 害 する 行 為 の 否 認 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 否 認 権 を 根 拠 として 平 成 22 年 3 月 日 に 請 求 人 他 1 法 人 を 被 告 とする 訴 訟 ( 以 下 本 件 訴 訟 という )を E 地 方 裁 判 所 に 提 起 した 本 件 訴 訟 は 平 成 23 年 10 月 日 に E 地 方 裁 判 所 において 和 解 ( 以 下 本 件 和 解 とい う )が 成 立 終 結 した 本 件 和 解 の 要 旨 は 原 告 ( 本 件 破 産 管 財 人 )は 本 件 配 当 を 取 り 消 す 被 告 ( 請 求 人 )は 平 成 18 年 10 月 日 D 地 方 法 務 局 e 支 局 受 付 第 号 により 本 件 土 地 等 についてされている C 社 から 被 告 ( 請 求 人 ) への 所 有 権 移 転 登 記 について 配 当 取 消 を 原 因 とする 抹 消 登 記 手 続 をする である 本 件 土 地 等 については 平 成 23 年 11 月 日 D 地 方 法 務 局 e 支 局 において 受 付 番 号 第 号 原 因 を 平 成 23 年 10 月 27 日 配 当 取 消 として 請 求 人 の 所 有 権 抹 消 登 記 がなされた ⑴ 争 点 本 件 源 泉 所 得 税 は 本 件 和 解 後 においても 所 得 税 法 第 120 条 確 定 所 得 申 告 第 1 項 第 5 号 に 規 定 する 源 泉 徴 収 をされた 又 はされ るべき 所 得 税 の 額 に 該 当 することを 理 由 に 本 件 更 正 の 請 求 により 還 付 を 受 けることがで きるか 否 か ⑵ 当 事 者 の 主 張 イ 請 求 人 の 主 張 (イ) 源 泉 徴 収 はあくまでも 申 告 納 税 制 度 を 補 足 するものとして 位 置 付 けられ 源 泉 徴 収 された 税 額 は 所 得 税 法 第 120 条 第 1 項 第 5 号 の 規 定 により 確 定 申 告 で 精 算 さ れることになる 本 件 の 場 合 は 所 得 税 法 第 181 条 源 泉 徴 収 義 務 の 規 定 に 基 づいて 本 件 源 泉 所 得 税 が 適 法 に 徴 収 納 付 され 請 求 人 はそれに 基 づいて 適 法 に 確 定 申 告 書 を 提 出 していたところ そ の 後 C 社 が 破 産 手 続 開 始 決 定 を 受 け 破 産 管 財 人 が 訴 訟 を 提 起 することとなり 本 件 和 解 が 成 立 した 結 果 本 件 配 当 の 全 部 が 取 り 消 されたものである 本 件 和 解 を 受 けて 本 件 配 当 の 全 部 が 取 り 消 された 事 実 ( 以 下 本 件 事 実 という )は 国 税 通 則 法 ( 以 下 通 則 法 という ) 第 23 条 更 正 の 請 求 第 2 項 第 1 号 の 後 発 的 事 由 に 該 当 するから 本 件 源 泉 所 得 税 は 所 得 税 法 第 120 条 第 1 項 第 5 号 の 規 定 に 基 づいて 精 算 されるべきものである (ロ) 最 高 裁 平 成 22 年 7 月 6 日 第 三 小 法 廷 判 決 ( 平 成 20 年 ( 行 ヒ) 第 16 号 )( 以 下 本 件 最 高 裁 判 決 という )の 主 旨 は 239

4 課 税 処 分 の 取 消 しであり 法 的 には 本 件 と 同 じである 本 件 最 高 裁 判 決 は 適 法 に 源 泉 徴 収 されていれば 年 金 の 受 給 者 が 申 告 等 の 手 続 により 直 接 還 付 を 受 けるこ とを 認 めたものであり 源 泉 徴 収 義 務 者 である 生 命 保 険 会 社 に 還 付 しようとする ものではない 所 得 税 法 第 207 条 源 泉 徴 収 義 務 の 生 命 保 険 契 約 等 に 基 づく 年 金 に 係 る 源 泉 徴 収 の 規 定 も 同 法 第 181 条 の 利 子 所 得 及 び 配 当 所 得 に 係 る 源 泉 徴 収 の 規 定 も 同 じ 源 泉 徴 収 体 系 の 中 にあり 源 泉 徴 収 義 務 の 規 定 も 同 一 性 格 のもので ある 本 件 源 泉 所 得 税 は 適 法 に 徴 収 納 付 されていたもので 請 求 人 は 適 法 に 平 成 18 年 分 の 確 定 申 告 を 行 っていたと ころ 判 決 と 同 一 の 効 力 を 有 する 本 件 和 解 により 本 件 配 当 が 取 り 消 されたもので あるから 本 件 最 高 裁 判 決 を 準 用 し 請 求 人 は 本 件 源 泉 所 得 税 を 申 告 等 の 手 続 に より 精 算 できるものである ロ 原 処 分 庁 の 主 張 (イ) 本 件 の 場 合 は 納 付 の 時 には 適 法 な 国 税 の 納 付 であったものが その 後 に 本 件 和 解 により 本 件 配 当 そのものが 取 り 消 さ れたため 源 泉 徴 収 義 務 者 である 支 払 者 が 納 付 した 税 額 が 超 過 納 付 となったもの であり 超 過 納 付 となった 金 員 はその 国 税 を 納 付 した 源 泉 徴 収 義 務 者 たる 支 払 者 に 対 して 還 付 すべきものである した がって 本 件 和 解 後 の 本 件 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 の 額 は 円 ではなく 零 円 となるから 請 求 人 に 係 る 所 得 税 法 第 120 条 第 1 項 第 5 号 に 規 定 する 源 泉 徴 収 をされた 又 はされるべき 所 得 税 の 額 は 社 会 保 険 庁 からの 年 金 に 係 る 源 泉 徴 収 税 額 円 となる これにより 請 求 人 の 課 税 標 準 等 及 び 税 額 等 を 計 算 す ると 本 件 事 実 に 基 づき 請 求 人 の 課 税 標 準 等 又 は 税 額 等 の 計 算 の 基 礎 に 変 更 が 生 じているものの 通 則 法 第 23 条 第 1 項 の 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 が 過 少 であ るときに 該 当 しない (ロ) 本 件 最 高 裁 判 決 は 所 得 税 法 第 181 条 に 規 定 する 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 配 当 そ のものが 取 り 消 された 本 件 とは 事 情 を 異 にするものである 2 裁 決 の 要 旨 請 求 人 は 本 件 和 解 により 取 り 消 された 本 件 配 当 に 係 る 本 件 源 泉 所 得 税 は 所 得 税 法 第 181 条 の 規 定 に 基 づいて 適 法 に 徴 収 納 税 さ れたものであるから 適 法 に 源 泉 徴 収 された 年 金 について 受 給 者 が 申 告 等 の 手 続 で 精 算 す ることを 認 めた 本 件 最 高 裁 判 決 を 準 用 し 申 告 等 の 手 続 によって 精 算 できる 旨 主 張 する しかしながら 本 件 和 解 により 本 件 配 当 が 取 り 消 された 後 は 本 件 配 当 はその 支 払 の 時 点 まで 遡 って 無 効 となるのであるから 所 得 税 法 第 181 条 の 源 泉 徴 収 義 務 の 適 用 対 象 とな らず 本 件 源 泉 所 得 税 は 同 法 第 120 条 第 1 項 第 5 号 の 源 泉 徴 収 をされた 又 はされるべ き 所 得 税 の 額 には 該 当 しない また 本 件 最 高 裁 判 決 は 生 命 保 険 契 約 等 に 基 づく 年 金 に 係 る 源 泉 徴 収 義 務 について 判 断 したもので あり 源 泉 徴 収 義 務 についての 法 令 の 根 拠 が なくなった 源 泉 所 得 税 についてまでも 申 告 等 の 手 続 においてその 精 算 を 認 めたものではな い 3 評 釈 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 要 最 高 裁 昭 和 45 年 12 月 24 日 第 一 小 法 廷 判 決 は 納 税 告 知 処 分 を 巡 り 源 泉 所 得 税 に 関 する 法 律 関 係 のうち 支 払 者 と 国 支 払 者 と 受 給 者 との 間 の 問 題 に 関 するものであったが 受 給 者 と 国 との 関 係 に 関 して 問 題 となった 最 高 裁 平 成 4 年 2 月 18 日 第 三 小 法 廷 判 決 ( 以 下 平 成 4 年 最 高 裁 判 決 という )が 出 さ れる 以 前 において 国 が 受 給 者 の 確 定 申 告 に 対 して 行 った 更 正 処 分 に 対 する 抗 告 訴 訟 とし 240

5 て 受 給 者 と 国 との 関 係 の 問 題 が 初 めて 正 面 からクローズアップされた (1) と 言 われている 東 京 高 裁 昭 和 55 年 10 月 27 日 判 決 ( 税 務 訴 訟 資 料 115 号 269 頁 ) 文 中 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 並 びに 受 給 者 の 所 得 税 法 上 の 規 定 におけ る 位 置 付 けについて 大 要 以 下 のとおり 説 示 し ている 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 について 見 るのに ( 一 ) 源 泉 徴 収 所 得 税 を 徴 収 して 納 付 する 義 務 は 納 税 義 務 であり( 国 税 通 則 法 15 条 1 項 ) 支 払 者 が 納 税 者 の 地 位 に 立 つ( 同 法 2 条 5 号 ) ( 二 ) 同 税 の 納 税 義 務 は 所 得 の 支 払 の 時 に 成 立 し( 同 法 15 条 2 項 2 号 ) その 税 額 は 右 成 立 と 同 時 に 特 別 の 手 続 を 要 しないで 確 定 する( 同 法 15 条 3 項 2 号 ) ( 三 ) 支 払 者 は 源 泉 徴 収 をすべき 所 得 を 支 払 う 際 法 定 の 所 得 税 を 徴 収 し 法 定 期 限 迄 に 国 に 納 付 しなければならない( 所 得 税 法 181 条 以 下 ) ( 四 ) 徴 収 義 務 者 たる 支 払 者 が 法 定 納 付 期 限 までに 右 税 を 納 付 しない ときは 税 務 署 長 は 支 払 者 に 対 する 納 税 告 知 によりこれを 徴 収 するが( 所 得 税 法 221 条 国 税 通 則 法 36 条 1 項 2 号 ) 右 納 税 告 知 処 分 は 課 税 処 分 ではなく 徴 収 処 分 で あり 徴 収 の 一 段 階 としての 履 行 の 請 求 で ある と 解 される ( 五 ) 支 払 者 は 源 泉 徴 収 所 得 税 の 徴 収 納 付 義 務 の 存 否 又 は 範 囲 を 争 って 納 税 告 知 処 分 に 対 する 抗 告 訴 訟 を 提 起 し 得 るほか これに 合 せて 又 は 別 個 に 右 徴 収 納 付 義 務 の 全 部 又 は 一 部 の 不 存 在 確 認 の 訴 を 提 起 することができる ( 六 ) 支 払 者 が 源 泉 徴 収 をしていなかった 場 合 において 右 ( 四 )により 徴 収 され 又 は 期 限 後 に 納 付 したときは 受 給 者 に 対 し その 税 額 に 相 当 する 金 額 を 爾 後 の 支 払 分 か ら 控 除 するか 又 は 右 金 額 を 求 償 すること ができる( 所 得 税 法 222 条 ) ( 七 ) 右 ( 四 ) の 納 税 告 知 処 分 は 徴 収 処 分 であって 支 払 者 の 納 税 義 務 の 存 否 範 囲 は 右 処 分 の 前 提 問 題 たるにすぎないから 支 払 者 において これに 対 する 不 服 申 立 をせず 又 これをし て 排 除 されたとしても 受 給 者 の 源 泉 納 税 義 務 の 存 否 範 囲 にはいかなる 影 響 も 及 し 得 るものではなく 従 って 受 給 者 は 支 払 者 から 右 ( 六 )の 求 償 権 の 行 使 を 受 けたと きは 自 己 において 源 泉 納 税 義 務 を 負 わな いこと 又 はその 義 務 の 範 囲 を 争 って 支 払 者 の 請 求 の 全 部 又 は 一 部 を 拒 むことができ 又 右 の 次 の 支 払 分 からの 控 除 を 受 けたとき は 残 余 の 支 払 のみでは 債 務 の 一 部 不 履 行 であるとして 右 控 除 にかかる 債 務 の 履 行 を 請 求 することができると 解 される 概 ね このような 法 律 関 係 にあるものと 認 められ る また 右 に 見 たような 基 本 構 造 を 有 す る 現 行 の 源 泉 徴 収 制 度 の 下 においては 国 ( 税 務 官 庁 )と 直 接 の 関 係 に 立 つものは 支 払 者 であって 本 来 の 所 得 税 納 税 義 務 者 たる 受 給 者 は 制 度 上 も 法 律 上 も 国 と 直 接 の 関 係 に 立 つものではないと 考 えられるが この 点 については 更 に 所 得 税 法 の 規 定 に 即 して 検 討 する 必 要 がある まず 同 法 138 条 によると 確 定 申 告 に 伴 う 受 給 者 の 還 付 請 求 が 認 められ この 場 合 受 給 者 は 国 と 直 接 の 法 律 関 係 に 立 つというべきであるが 右 はその 都 度 適 切 な 源 泉 徴 収 の 手 続 が 終 了 した 後 の 段 階 で 源 泉 徴 収 された 税 額 の 合 計 額 が 暦 年 経 過 後 他 の 所 得 も 合 算 した 年 間 総 所 得 に 対 応 する 算 出 税 額 を 上 廻 る 場 合 に 受 給 者 に 還 付 請 求 権 を 認 めることによ りその 間 の 直 截 の 解 決 調 整 をはかるための ものであると 解 される つぎに 給 与 所 得 に 係 る 源 泉 徴 収 においては 年 末 調 整 がな される( 同 法 190 条 ないし 193 条 ) これ は 暦 年 一 年 間 に 源 泉 徴 収 した 所 得 税 額 の 合 計 額 と その 年 中 に 支 給 された 給 与 額 に ついて 正 確 に( 特 に 諸 控 除 を 勘 案 して) 計 算 した 所 定 の 年 税 額 とを その 年 の 最 後 の 給 与 支 払 の 際 に 対 比 して 過 不 足 を 計 算 し これを 過 納 額 を 生 じた 時 は 年 末 の 給 与 に 対 する 源 泉 徴 収 税 額 をそれ 丈 減 額 し 又 は 241

6 還 付 し 不 足 額 を 生 じたときは 年 末 の 給 与 から 通 常 の 源 泉 徴 収 税 額 に 加 算 して 徴 収 することによってその 間 を 清 算 調 整 するも のであるが これに 当 る 者 は 支 払 者 であっ て 受 給 者 が 直 接 関 与 することはない 最 後 に 受 給 者 が 同 法 の 規 定 により 確 定 申 告 をする 場 合 (これに 当 るものは 確 定 申 告 が 義 務 付 けられている 場 合 及 び 医 療 費 控 除 雑 損 控 除 を 受 ける 場 合 のように 年 末 調 整 が 予 定 されていないか 右 でまかなえない 場 合 である)について 考 える 右 確 定 申 告 に おいては 源 泉 徴 収 の 対 象 となった 給 与 等 の 所 得 は 他 の 所 得 と 合 せて 課 税 総 所 得 金 額 を 構 成 し 他 方 右 給 与 等 の 所 得 について 源 泉 徴 収 をし 又 はされるべき 所 得 税 額 は 算 出 税 額 から 控 除 することとされているか ら( 同 法 120 条 1 項 ) 源 泉 徴 収 の 段 階 で 徴 収 納 付 された 所 得 税 額 を 申 告 納 税 の 段 階 で 更 めて 取 込 んだうえ 再 計 算 すること になる これは 所 得 税 の 確 定 申 告 におい ては 暦 年 末 を 基 準 として 年 間 における 所 得 のすべてを 総 合 して 計 上 したうえ 税 率 を 適 用 して 税 額 を 算 出 し これから 別 途 納 付 した 税 額 を 控 除 して 納 付 すべき 税 額 が 確 定 することになっていることによるもの であるが(いわゆる 年 税 主 義 総 合 課 税 主 義 累 進 税 率 ) 源 泉 所 得 税 の 納 税 義 務 者 その 成 立 確 定 の 時 期 手 続 は 右 1 にみたと おりであって 申 告 所 得 税 のそれと 全 く 異 るから 右 両 者 は 従 って 右 両 租 税 債 務 は 法 律 上 同 一 性 がないものというべきである このように 源 泉 所 得 税 の 申 告 所 得 税 との 間 に 同 一 性 がない 以 上 右 再 計 算 にあたって 両 者 の 間 の 清 算 調 整 がなされ 得 る 余 地 はな く 右 再 計 算 は 受 給 者 の 申 告 所 得 税 額 を 算 出 するための 計 算 関 係 にすぎないものとい うべく また 前 記 控 除 項 目 としての 源 泉 徴 収 をし 又 はされるべき 所 得 税 額 とは 法 上 正 当 に 徴 収 された 又 は 徴 収 されるべ きそれを 言 うものと 解 するのが 相 当 である 以 上 のとおりであって 確 定 申 告 に 際 して の 計 算 関 係 の 中 には 源 泉 徴 収 所 得 税 の 過 不 足 を 受 給 者 の 申 告 所 得 税 と 関 連 させて 清 算 調 整 する 機 能 は 存 しないというべきであ る ( 下 線 は 筆 者 が 挿 入 ) ⑵ 源 泉 徴 収 制 度 を 巡 る 主 な 先 例 裁 判 例 及 び 裁 決 事 例 イ 最 高 裁 昭 和 45 年 12 月 24 日 第 一 小 法 廷 判 決 ( 民 集 24 巻 13 号 2243 頁 ) 判 決 要 旨 は 以 下 のとおり (イ) 源 泉 徴 収 による 所 得 税 についての 納 税 の 告 知 は 徴 収 処 分 であって 課 税 処 分 で はない (ロ) 支 払 者 は 源 泉 徴 収 による 所 得 税 の 徴 収 納 付 義 務 の 存 否 または 範 囲 を 争 って 納 税 の 告 知 ( 徴 収 処 分 )に 対 する 抗 告 訴 訟 を 提 起 することができ また これに あわせてまたはこれと 別 個 に 右 徴 収 納 付 義 務 の 存 否 または 範 囲 を 訴 訟 上 確 定 させるため 右 義 務 の 全 部 または 一 部 の 不 存 在 確 認 の 訴 を 提 起 することができる (ハ) 受 給 者 は 源 泉 徴 収 による 所 得 税 を 税 務 署 長 から 徴 収 されまたは 期 限 後 に 納 付 した 支 払 者 から その 税 額 に 相 当 する 金 額 につき 求 償 権 の 行 使 を 受 けたときは 自 己 の 負 担 すべき 源 泉 納 税 義 務 の 存 否 ま たは 範 囲 を 争 って 支 払 者 の 請 求 を 拒 む ことができる (ニ) 源 泉 徴 収 による 所 得 税 を 税 務 署 長 から 徴 収 されまたは 期 限 後 に 納 付 した 支 払 者 の 受 給 者 に 対 する 求 償 権 は 右 所 得 税 の 本 税 相 当 額 についてのみ 行 使 することが でき 附 帯 税 相 当 額 には 及 ばない 本 判 決 は 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 及 びそれ を 巡 る 訴 訟 の 形 式 について 支 払 者 受 給 者 の 権 利 救 済 を 十 分 配 慮 し 詳 細 に 説 示 し た 基 本 判 例 であると 言 われ その 理 論 構 成 の 特 色 としては 納 税 告 知 を 徴 収 処 分 とし て 性 格 決 定 することにより 納 税 告 知 が 確 定 しても 支 払 者 の 納 税 義 務 の 成 立 と 税 額 242

7 が 不 動 のものとならないことになり 受 給 者 は 支 払 者 の 支 払 請 求 ( 所 得 税 法 第 222 条 ) を 拒 みうるとして 一 般 論 としての 行 政 処 分 の 公 定 力 との 理 論 的 整 合 性 を 保 ちつ つ 本 来 の 源 泉 納 税 義 務 者 である 受 給 者 の 権 利 利 益 の 保 護 の 要 請 を 確 保 して いる 点 にあるとされている (2) (3) ロ 最 高 裁 平 成 4 年 2 月 18 日 第 三 小 法 廷 判 決 ( 民 集 46 巻 2 号 77 頁 ) 判 決 要 旨 は 以 下 のとおり 給 与 等 の 受 給 者 が 支 払 者 により 誤 って 所 得 税 の 源 泉 徴 収 をされた 場 合 において 当 該 年 分 の 所 得 税 の 額 から 右 誤 徴 収 額 を 控 除 して 確 定 申 告 することはできない 本 判 決 文 中 源 泉 徴 収 制 度 における 国 と 給 与 支 払 者 そして 給 与 所 得 者 の 三 者 の 法 律 関 係 について 明 確 に 判 示 がなされてい るところ 判 決 文 を 引 用 し これらの 関 係 を 確 認 する 右 の[ 筆 者 注 所 得 税 法 ]120 条 1 項 5 号 にいう 源 泉 徴 収 をされた 又 はされ るべき 所 得 税 の 額 とは 所 得 税 法 の 源 泉 徴 収 の 規 定 ( 第 四 編 )に 基 づき 正 当 に 徴 収 をされた 又 はされるべき 所 得 税 の 額 を 意 味 するものであり 給 与 その 他 の 所 得 についてその 支 払 者 がした 所 得 税 の 源 泉 徴 収 に 誤 りがある 場 合 に その 受 給 者 が 右 確 定 申 告 の 手 続 において 支 払 者 が 誤 って 徴 収 した 金 額 を 算 出 所 得 税 額 か ら 控 除 し 又 は 右 誤 徴 収 額 の 全 部 若 しくは 一 部 の 還 付 を 受 けることはできないもの と 解 するのが 相 当 である けだし 所 得 税 法 上 源 泉 徴 収 による 所 得 税 ( 以 下 源 泉 所 得 税 という )について 徴 収 納 付 の 義 務 を 負 う 者 は 源 泉 徴 収 の 対 象 となる べき 所 得 の 支 払 者 とされ 原 判 示 のとお り その 納 税 義 務 は 当 該 所 得 の 受 給 者 に 係 る 申 告 所 得 税 の 納 税 義 務 とは 別 個 の ものとして 成 立 確 定 し これと 並 存 す るものであり そして 源 泉 所 得 税 の 徴 収 納 付 に 不 足 がある 場 合 には 不 足 分 について 税 務 署 長 は 源 泉 徴 収 義 務 者 た る 支 払 者 から 徴 収 し(221 条 ) 支 払 者 は 源 泉 納 税 義 務 者 たる 受 給 者 に 対 して 求 償 すべきものとされており(222 条 ) また 源 泉 所 得 税 の 徴 収 納 付 に 誤 りがある 場 合 には 支 払 者 は 国 に 対 し 当 該 誤 納 金 の 還 付 を 請 求 することができ( 国 税 通 則 法 56 条 ) 他 方 受 給 者 は 何 ら 特 別 の 手 続 を 経 ることを 要 せず 直 ちに 支 払 者 に 対 し 本 来 の 債 務 の 一 部 不 履 行 を 理 由 とし て 誤 って 徴 収 された 金 額 の 支 払 を 直 接 に 請 求 することができるのである( 最 高 裁 昭 和 43 年 (オ) 第 258 号 同 45 年 12 月 24 日 第 一 小 法 廷 判 決 民 集 24 巻 13 号 2243 頁 参 照 ) このように 源 泉 所 得 税 と 申 告 所 得 税 との 各 租 税 債 務 の 間 には 同 一 性 がなく 源 泉 所 得 税 の 納 税 に 関 して は 国 と 法 律 関 係 を 有 するのは 支 払 者 の みで 受 給 者 との 間 には 直 接 の 法 律 関 係 を 生 じないものとされていることからす れば 前 記 源 泉 徴 収 税 額 の 控 除 の 規 定 は 申 告 により 納 付 すべき 税 額 の 計 算 に 当 た り 算 出 所 得 税 額 から 右 源 泉 徴 収 の 規 定 に 基 づき 徴 収 すべきものとされている 所 得 税 の 額 を 控 除 することとし これによ り 源 泉 徴 収 制 度 との 調 整 を 図 る 趣 旨 のも のと 解 されるのであり 右 税 額 の 計 算 に 当 たり 源 泉 所 得 税 の 徴 収 納 付 におけ る 過 不 足 の 清 算 を 行 うことは 所 得 税 法 の 予 定 するところではない のみならず 給 与 等 の 支 払 を 受 けるに 当 たり 誤 って 源 泉 徴 収 をされた( 給 与 等 を 不 当 に 一 部 天 引 控 除 された) 受 給 者 は その 不 足 分 を 即 時 かつ 直 接 に 支 払 者 に 請 求 して 追 加 支 払 を 受 ければ 足 りるのであるから 右 の ように 解 しても その 者 の 権 利 救 済 上 支 障 は 生 じないものといわなければならな い 本 判 決 は 解 釈 上 疑 義 のあった 所 得 税 法 243

8 第 120 条 第 1 項 第 5 号 の 源 泉 徴 収 をされ た 又 はされるべき 金 額 という 文 言 の 意 義 についての 解 釈 を 示 しつつ 源 泉 所 得 税 と 受 給 者 の 申 告 所 得 税 は 別 個 のものとして 成 立 確 定 するのであってその 間 に 同 一 性 が ないこと また 源 泉 所 得 税 の 納 税 に 関 し て 支 払 者 のみが 国 と 法 律 関 係 を 有 するので あって 受 給 者 と 国 との 間 には 直 接 的 な 法 律 関 係 が 生 じないものとされていること ( 最 高 裁 昭 和 45 年 12 月 24 日 第 一 小 法 廷 判 決 民 集 24 巻 13 号 2243 頁 )などを 理 由 に 受 給 者 の 確 定 申 告 の 際 に 源 泉 所 得 税 の 徴 収 納 付 における 過 不 足 の 清 算 を 行 うことは 所 得 税 法 の 予 定 するところでは ない として 確 定 申 告 時 における 源 泉 所 得 税 の 徴 収 納 付 に 係 る 過 不 足 額 の 精 算 が 否 定 される( 消 極 説 )ことを 最 高 裁 判 所 と して 初 めて 明 示 し 学 説 上 は 積 極 説 が 多 数 占 めていた 中 で 実 務 上 の 解 釈 の 争 いに 一 応 の 決 着 をつけたものと 言 われている (4) (5) (6) ハ その 他 の 裁 判 例 及 び 裁 決 事 例 (イ) 岡 山 地 裁 平 成 16 年 3 月 23 日 判 決 ( 税 資 254 号 順 号 9604) 仮 に 原 告 の 主 張 するように 原 告 が 支 払 者 に 対 し 源 泉 徴 収 の 誤 徴 収 部 分 につき 返 還 請 求 しても 支 払 者 が 容 易 に 応 じない と 予 想 される 場 合 であったとしても そ れは 支 払 者 と 受 給 者 間 の 事 実 上 の 問 題 で あって そもそも 原 告 は 国 に 対 し 直 接 その 清 算 を 求 める 返 還 請 求 権 を 有 し ないのであるから 原 告 の 主 張 [ 筆 者 注 所 得 税 法 120 条 1 項 5 号 の 控 除 すべき 源 泉 徴 収 税 額 は 現 実 に 徴 収 された 源 泉 徴 収 税 額 であるとするもの]は 採 用 できない (ロ) 国 税 不 服 審 判 所 平 成 18 年 11 月 27 日 裁 決 ( 裁 決 事 例 集 72 巻 246 頁 ) 所 得 税 法 第 120 条 第 1 項 第 3 号 に 掲 げ る 算 出 所 得 税 額 から 控 除 すべき 同 項 第 5 号 に 規 定 する 源 泉 徴 収 をされた 又 はさ れるべき 所 得 税 の 額 とは 所 得 税 法 の 源 泉 徴 収 の 規 定 に 基 づき 正 当 に 徴 収 さ れた 又 はされるべき 所 得 税 の 額 を 意 味 す るものであり 給 与 その 他 の 所 得 につい てその 支 払 者 がした 所 得 税 の 源 泉 徴 収 に 誤 りがある 場 合 に その 受 給 者 が 所 得 税 の 確 定 申 告 の 手 続 において 支 払 者 が 誤 って 徴 収 した 金 額 を 算 出 所 得 税 額 から 控 除 し 又 は 誤 徴 収 額 の 全 部 若 しくは 一 部 の 還 付 を 受 けることはできないと 解 する のが 相 当 である( 最 高 裁 平 成 4 年 2 月 18 日 第 三 小 法 廷 判 決 民 集 46 巻 2 号 77 頁 参 照 ) (ハ) 国 税 不 服 審 判 所 平 成 19 年 1 月 12 日 裁 決 ( 裁 決 事 例 集 73 巻 312 頁 ) 源 泉 所 得 税 の 納 税 に 関 し 国 と 法 律 関 係 を 有 するのは 徴 収 義 務 者 のみで その 所 得 の 受 給 者 との 間 には 直 接 の 法 律 関 係 を 生 じるものではなく また その 所 得 の 受 給 者 が 徴 収 されるべき 源 泉 所 得 税 を 確 定 申 告 により 納 税 することはできない のであるから 受 給 者 の 確 定 申 告 によっ て 請 求 人 の 源 泉 徴 収 義 務 が 消 滅 するこ とはない ニ 最 高 裁 平 成 22 年 7 月 6 日 第 三 小 法 廷 判 決 ( 民 集 64 巻 5 号 1277 頁 ) 判 決 要 旨 ( 但 し 源 泉 徴 収 関 係 部 分 のみ 抜 粋 )は 以 下 のとおり 所 得 税 法 ( 平 成 18 年 法 律 第 10 号 による 改 正 前 のもの) 第 207 条 所 定 の 生 命 保 険 契 約 等 に 基 づく 年 金 の 支 払 をする 者 は 当 該 年 金 が 同 法 の 定 める 所 得 として 所 得 税 の 課 税 対 象 となるか 否 かにかかわらず その 支 払 の 際 その 年 金 について 同 法 第 208 条 所 定 の 金 額 を 徴 収 し これを 所 得 税 として 国 に 納 付 する 義 務 を 負 う 本 件 最 高 裁 判 決 は 年 金 払 特 約 付 き 生 命 保 険 契 約 の 被 保 険 者 兼 保 険 料 負 担 者 であっ た 夫 の 死 亡 により 保 険 会 社 からの 保 険 金 244

9 としての 年 金 の 支 払 を 受 けた 妻 X( 原 告 被 控 訴 人 上 告 人 )が 税 務 署 長 からその 年 金 に 対 して 所 得 税 を 課 す 旨 の 更 正 処 分 を 受 けたため 当 該 年 金 は 相 続 税 法 第 3 条 相 続 又 は 遺 贈 により 取 得 したものとみなす 場 合 第 1 項 第 1 号 のみなし 相 続 財 産 として 所 得 税 法 ( 平 成 22 年 法 律 第 6 号 による 改 正 前 のもの) 第 9 条 非 課 税 所 得 第 1 項 第 15 号 ( 現 第 16 号 )の 非 課 税 所 得 に 当 た ると 主 張 して その 取 消 しを 求 めた 事 件 (い わゆる 生 命 保 険 年 金 二 重 課 税 訴 訟 )である 国 側 は 仮 に 当 該 年 金 に 所 得 税 を 課 すこと ができないとした 場 合 には 生 命 保 険 会 社 が 本 件 年 金 についてした 源 泉 徴 収 は 誤 りで あったことになり Xの 申 告 所 得 税 の 計 算 に 当 たってその 誤 って 徴 収 された 金 額 を 差 し 引 くことはできない(Xとしては 生 命 保 険 会 社 に 対 して 誤 徴 収 額 相 当 の 未 払 年 金 の 支 払 を 請 求 すべきである)から このこと を 前 提 として 計 算 しなおせば 当 該 更 正 処 分 は 結 果 的 に 適 法 なものとなると 主 張 した この 主 張 に 対 し 本 件 最 高 裁 判 決 は 上 記 判 決 要 旨 のとおり 判 断 を 示 し 生 命 保 険 会 社 が 本 件 年 金 についてした 源 泉 徴 収 は 適 法 であって Xの 申 告 所 得 税 の 計 算 に 当 たり その 徴 収 金 額 を 差 し 引 くことは 許 されると した そのため 本 件 最 高 裁 判 決 が 確 定 申 告 時 における 源 泉 所 得 税 の 徴 収 納 付 に 係 る 過 不 足 額 の 精 算 を 否 定 した 平 成 4 年 最 高 裁 判 決 と 相 反 する 判 断 なのではないか 平 成 4 年 最 高 裁 判 決 の 射 程 は 及 ばないのかと いった 種 々の 議 論 や 判 例 評 釈 があるが 本 件 最 高 裁 判 決 は 生 命 保 険 会 社 が 源 泉 徴 収 した 額 は 適 法 に 支 払 がなされた 年 金 に 対 し 所 得 税 法 の 規 定 に 基 づき 正 当 に 徴 収 され た 所 得 税 の 額 であると 判 断 した 上 で 確 定 申 告 時 の 精 算 を 認 めているのであって こ の 点 からすれば 平 成 4 年 最 高 裁 判 決 の 事 案 は 支 払 者 が 誤 って 法 令 の 根 拠 なく 源 泉 徴 収 をしたことになるから 適 法 に 源 泉 徴 収 が 行 われた 本 件 とは 事 案 が 異 なると 判 断 したものと 考 えられる (7) ほか 本 件 最 高 裁 判 決 は 支 払 者 にとって 源 泉 徴 収 の 対 象 と なるものと 受 給 者 にとって 所 得 税 の 課 税 対 象 となるものとの 間 における 乖 離 を 認 めた 上 で 支 払 者 が 正 しく 所 得 税 法 第 207 条 に したがって 源 泉 徴 収 している 金 額 は それ が 受 給 者 にとって 課 税 所 得 となるか 否 かを 問 わず 所 得 税 法 の 源 泉 徴 収 の 規 定 ( 第 4 編 )に 基 づき 正 当 に 徴 収 された 又 はされる べき 所 得 税 の 額 であるという 論 理 にした がって 確 定 申 告 時 における 源 泉 所 得 税 の 徴 収 納 付 に 係 る 過 不 足 額 の 精 算 を 認 めた ものであって 本 判 決 の 判 示 を 否 定 するも のではない (8) との 見 解 がある なお その 判 断 理 由 について 最 高 裁 調 査 官 は 1 給 与 所 得 等 に 関 する 所 得 税 法 183 条 1 項 等 の 規 定 が 源 泉 徴 収 の 対 象 を 同 法 の 定 める 課 税 所 得 に 限 る 旨 を 明 示 してい るのに 対 し 同 法 207 条 の 規 定 がその 旨 を 明 示 していないという 文 理 上 の 理 由 と 2 本 判 決 の 考 え 方 によれば 生 命 保 険 契 約 等 に 基 づく 年 金 の 中 に 所 得 税 が 課 される 年 金 とそうでない 年 金 とがあり 更 に 1 つの 年 金 の 中 にも 所 得 税 の 課 税 対 象 となる 部 分 とそうでない 部 分 とがあることになり こ れらを 細 かく 仕 分 けさせることが 支 払 者 の 手 間 と 費 用 を 増 大 させる 結 果 にもなりかね ないことから 一 律 に 所 得 税 法 207 条 208 条 を 適 用 し 確 定 申 告 において 個 別 に 精 算 させるのが 相 当 であるとの 実 質 上 の 理 由 に よるものと 考 えられる (9) と 述 べている また 本 件 最 高 裁 判 決 の 判 断 については 源 泉 徴 収 制 度 の 基 本 ないし 所 得 税 法 等 の 各 規 定 ( 特 に 所 得 税 法 第 120 条 第 1 項 第 5 号 ) との 関 係 において 問 題 であるのみならず 非 課 税 であるのに 何 故 源 泉 徴 収 の 対 象 となり その 還 付 を 受 けるために 別 途 確 定 申 告 の 手 続 を 採 らねばならないのか 245

10 という 素 朴 な 納 税 者 感 情 からの 疑 問 があり 支 払 者 ( 源 泉 徴 収 義 務 者 )と 受 給 者 ( 源 泉 納 税 義 務 者 )との 間 で 年 金 債 務 の 履 行 に 関 わる 紛 争 を 生 じるおそれがあるなどのこ とからすると 生 命 保 険 契 約 等 に 基 づく 年 金 の 支 払 に 係 る 源 泉 徴 収 に 関 し その 廃 止 を 含 め 早 急 に 手 当 をする 必 要 があるよう に 思 われる[ 筆 者 注 実 際 平 成 23 年 度 税 制 改 正 により 生 命 保 険 契 約 等 に 基 づく 年 金 に 係 る 源 泉 徴 収 義 務 を 定 めた 所 得 税 法 第 207 条 の 例 外 規 定 としての 同 法 第 209 条 源 泉 徴 収 を 要 しない 年 金 が 改 正 措 置 済 ] (10) とする 見 解 もともと 所 得 税 法 の 定 める 源 泉 徴 収 制 度 が 所 得 税 の 前 どりの 制 度 で あることにかんがみ 支 払 う 年 金 のうち 所 得 税 法 の 対 象 となる 部 分 についてのみ 源 泉 徴 収 義 務 が 生 ずると 解 すべきである (11) といった 見 解 もある ⑶ 本 裁 決 における 判 断 の 妥 当 性 について イ 法 令 解 釈 本 裁 決 の 法 令 解 釈 では 所 得 税 法 第 120 条 第 1 項 第 5 号 の 趣 旨 として 平 成 4 年 最 高 裁 判 決 を 引 用 し 所 得 税 法 第 120 条 第 1 項 第 5 号 にいう 源 泉 徴 収 をされた 又 はさ れるべき 所 得 税 の 額 とは 所 得 税 法 の 源 泉 徴 収 の 規 定 に 基 づき 正 当 に 徴 収 をされた 又 はされるべき 所 得 税 の 額 を 意 味 するもの であり 給 与 その 他 の 所 得 についてその 支 払 者 がした 所 得 税 の 源 泉 徴 収 に 誤 りがある 場 合 に その 受 給 者 が 所 得 税 の 確 定 申 告 の 手 続 において 支 払 者 が 誤 って 徴 収 した 金 額 を 算 出 所 得 税 額 から 控 除 し 又 は 当 該 誤 徴 収 額 の 全 部 若 しくは 一 部 の 還 付 を 受 ける ことはできないと 解 するのが 相 当 である と 述 べ 更 に 源 泉 徴 収 と 確 定 申 告 との 関 係 に 関 し 同 様 に 平 成 4 年 最 高 裁 判 決 を 引 用 し 所 得 税 法 上 源 泉 所 得 税 について 徴 収 納 税 の 義 務 を 負 う 者 は 源 泉 徴 収 の 対 象 となるべき 所 得 の 支 払 者 とされ その 納 税 義 務 は 当 該 所 得 の 受 給 者 に 係 る 申 告 所 得 税 の 納 税 義 務 とは 別 個 のものとして 成 立 確 定 し これと 並 存 するものであり そし て 源 泉 所 得 税 の 徴 収 納 付 に 不 足 がある 場 合 には 不 足 分 について 税 務 署 長 は 源 泉 徴 収 義 務 者 たる 支 払 者 から 徴 収 し( 所 得 税 法 第 221 条 ) 支 払 者 は 源 泉 納 税 義 務 者 たる 受 給 者 に 対 して 求 償 すべきものとされ ており( 同 法 第 222 条 ) また 源 泉 所 得 税 の 徴 収 納 付 に 誤 りがある 場 合 には 支 払 者 は 国 に 対 し 当 該 誤 納 金 の 還 付 を 請 求 す ることができ( 国 税 通 則 法 第 56 条 ) 他 方 受 給 者 は 何 ら 特 別 の 手 続 を 経 ることを 要 せず 直 ちに 支 払 者 に 対 し 本 来 の 債 務 の 一 部 不 履 行 を 理 由 として 誤 って 徴 収 された 金 額 の 支 払 を 直 接 に 請 求 することができ る と 述 べており 相 当 である そして 最 後 に 生 命 保 険 契 約 等 に 基 づ く 年 金 に 係 る 源 泉 徴 収 義 務 について 判 断 し た 本 件 最 高 裁 判 決 を 確 認 的 に 引 用 している ロ 当 てはめ 本 裁 決 では 本 件 和 解 により 本 件 配 当 が 取 り 消 された 後 は 本 件 配 当 は 当 該 支 払 の 時 点 に 遡 って 無 効 となって 本 件 配 当 には 所 得 税 法 第 24 条 第 1 項 が 適 用 されない そして 同 法 第 181 条 は 同 条 が 適 用 される 源 泉 徴 収 の 対 象 である 配 当 を 第 24 条 第 1 項 ( 配 当 所 得 )に 規 定 する 配 当 等 と 規 定 していることから 本 件 配 当 は 同 法 第 181 条 の 適 用 対 象 にもならない とした 上 で 上 記 の 法 令 解 釈 のとおり 平 成 4 年 最 高 裁 判 決 に 当 てはめ 所 得 税 法 第 120 条 第 1 項 第 5 号 にいう 源 泉 徴 収 をされた 又 はさ れるべき 所 得 税 の 額 とは 所 得 税 法 の 源 泉 徴 収 の 規 定 に 基 づき 正 当 に 徴 収 をされた 又 はされるべき 所 得 税 の 額 を 意 味 すると 解 され 本 件 和 解 後 においては 本 件 配 当 は 源 泉 徴 収 の 対 象 とならないことから 本 件 源 泉 所 得 税 は 同 号 に 規 定 する 源 泉 徴 収 を された 又 はされるべき 所 得 税 の 額 に 該 当 246

11 しない と 判 断 しており 相 当 である また 本 裁 決 では 請 求 人 の 主 張 に 対 し て 大 要 次 のとおり 説 示 の 上 排 斥 して いる 2 本 件 最 高 裁 判 決 の 要 旨 は 同 法 第 207 条 は 同 条 が 適 用 される 源 泉 徴 収 の 対 象 である 年 金 を 第 76 条 第 3 項 第 1 号 から 第 4 号 まで( 生 命 保 険 料 控 除 )に 掲 げる 契 約 第 77 条 第 2 項 ( 損 害 保 険 料 控 除 )に 規 定 する 損 害 保 険 契 約 等 その 他 政 令 で 定 める 年 金 に 係 る 契 約 に 基 づく 年 金 と 規 定 し 初 回 分 年 金 は 同 法 第 207 条 が 適 用 される 年 金 に 該 当 するから その 支 払 をす る 者 は 初 回 分 年 金 が 同 法 第 9 条 の 規 定 に 該 当 するか 否 かに 関 わらず その 支 払 の 際 その 年 金 について 同 法 第 208 条 所 定 の 金 額 を 徴 収 し これを 国 に 納 付 する 義 務 を 負 い 当 該 年 金 受 給 者 が 所 得 税 の 申 告 等 の 手 続 に おいてその 徴 収 された 税 額 を 算 出 所 得 税 額 から 控 除 し 又 はその 全 部 若 しくは 一 部 の 還 付 を 受 けることは 許 されるとしたものであ り 同 法 第 207 条 の 源 泉 徴 収 義 務 について 判 断 したものである として 本 件 最 高 裁 判 決 との 事 件 との 相 違 性 を 述 べ そして 本 件 は 本 件 配 当 が 当 初 から 無 効 となった ことから 源 泉 徴 収 についての 法 令 の 根 拠 が なくなった 場 合 であり 年 金 の 支 払 自 体 は 無 効 とはなっていない 本 件 最 高 裁 判 決 とで は 事 情 を 異 にしており 本 件 最 高 裁 判 決 が 源 泉 徴 収 義 務 についての 法 令 の 根 拠 がなく なった 源 泉 所 得 税 についても 所 得 税 の 申 告 等 の 手 続 においてその 精 算 を 認 めたもので はないことは 明 らかである 旨 説 示 してい るのは 相 当 である なお 本 裁 決 に 係 る 審 判 所 の 判 断 につい て 平 成 4 年 最 高 裁 判 決 及 びそれ 以 後 の 課 税 実 務 等 の 潮 流 に 従 うものといえ 現 行 制 度 上 首 肯 せざるを 得 ないものと 考 える [また ] 請 求 人 が 本 件 最 高 裁 判 決 を 引 き 合 いに 自 己 の 正 当 性 を 主 張 したことについて は ( 裁 決 書 に) 説 示 されたとおり 本 裁 決 に 係 る 事 案 が 本 件 最 高 裁 判 決 の 射 程 外 であ ることを 示 した 点 は 意 義 があるものといえ る との 実 務 家 からの 見 解 がある (12) ハ 結 論 本 裁 決 は 源 泉 徴 収 と 確 定 申 告 との 関 係 についての 問 題 ( 具 体 的 には 支 払 者 によ る 源 泉 徴 収 の 過 程 で 生 じた 過 不 足 額 を 受 給 者 がその 確 定 申 告 の 際 に 精 算 是 正 するこ とができるか 否 か)を 含 んだ 事 件 について 本 件 最 高 裁 判 決 後 当 該 判 決 を 準 用 して 源 泉 所 得 税 に 係 る 是 正 を 求 めた 審 査 請 求 にお いて 本 件 は 年 金 の 支 払 い 自 体 は 無 効 と なっていない 本 件 最 高 裁 判 決 とでは 事 情 が 異 なり 本 件 最 高 裁 判 決 は 生 命 保 険 契 約 等 に 基 づく 年 金 に 係 る 源 泉 徴 収 義 務 につい て 判 断 したものであり 本 件 配 当 が 当 初 か ら 無 効 となったことから 源 泉 徴 収 について の 法 令 の 根 拠 が 無 くなったのであるから そもそも 所 得 税 法 第 181 条 の 源 泉 徴 収 義 務 の 適 用 対 象 とはならず 従 って 本 件 源 泉 所 得 税 は 同 法 第 120 条 第 1 項 第 5 号 の 源 泉 徴 収 をされた 又 はされるべき 所 得 税 の 額 に 該 当 しないこととなり これを 申 告 等 の 手 続 により 精 算 することはできないと して 請 求 人 の 主 張 を 棄 却 した 初 めての 事 案 であったが 上 記 のこれ 迄 の 検 討 結 果 を 踏 まえると 本 裁 決 の 結 論 は 妥 当 と 考 えられる なお 冒 頭 の 1 事 案 の 概 要 でも 触 れたとおり 本 事 案 は 特 異 な 事 案 であり 請 求 人 は 何 らかの 事 由 で 支 払 者 に 対 す る 本 件 源 泉 所 得 税 の 返 還 請 求 が 事 実 上 困 難 であったため 更 正 の 請 求 に 至 ったものと 推 察 されるとともに 本 件 和 解 の 際 の 本 件 源 泉 所 得 税 に 係 る 取 決 め( 和 解 条 項 - 清 算 条 項 や 権 利 放 棄 条 項 など)がどのようなもの であったかも 必 ずしも 明 らかではなく 破 産 法 上 の 取 扱 も 含 めて 検 討 を 要 する 課 題 を 内 包 する 事 例 であったと 考 えられる 本 件 のような 事 例 は 金 子 教 授 が 述 べて いる 徴 収 納 付 された 租 税 は 性 質 上 は 納 247

12 税 義 務 者 の 負 担 に 属 するものといえるから 徴 収 納 付 義 務 者 に 請 求 することが 不 可 能 な いし 困 難 な 場 合 ( 例 えば 徴 収 納 付 義 務 者 である 法 人 が 解 散 してしまった 場 合 破 産 手 続 において 源 泉 徴 収 がなされた 場 合 等 ) は 例 外 的 に 直 接 国 に 対 して 還 付 を 請 求 等 できると 解 すべき (13) 事 例 に 該 当 しうる ものと 考 えられ 私 見 ではあるが あくま で 例 外 的 な 措 置 としての 制 度 的 な 手 当 が 必 要 との 見 解 も 同 意 し 得 るところである (12) 寺 澤 典 洋 確 定 申 告 制 度 における 過 誤 納 された 源 泉 所 得 税 の 取 扱 い - 平 成 24 年 12 月 20 日 裁 決 ) 税 務 弘 報 ( )143 頁 (13) 金 子 前 掲 注 (11)840 頁 (1) 石 原 直 樹 給 与 等 の 受 給 者 が 支 払 者 により 誤 っ て 源 泉 徴 収 をされた 金 額 を 税 額 から 控 除 して 確 定 申 告 をすることの 可 否 ( 平 成 5 年 度 主 要 民 事 判 例 解 説 ) 判 例 タイムズ 852( )282 頁 (2) 髙 木 光 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 納 税 の 告 知 租 税 判 例 百 選 ( 第 5 版 ) 別 冊 ジュリスト 207 ( )206 頁 (3) 木 村 弘 之 亮 納 税 告 知 行 政 判 例 百 選 Ⅰ( 第 4 版 ) 別 冊 ジュリスト 150(1999.2)136 頁 (4) 青 栁 馨 給 与 等 の 受 給 者 が 支 払 者 により 誤 って 源 泉 徴 収 をされた 金 額 を 税 額 から 控 除 して 確 定 申 告 をすることの 可 否 最 判 解 民 事 篇 平 成 4 年 度 46 頁 (5) 石 原 前 掲 注 (1)282 頁 (6) 吉 村 典 久 源 泉 徴 収 と 確 定 申 告 租 税 判 例 百 選 ( 第 5 版 ) 別 冊 ジュリスト 207( ) 208 頁 (7) 澤 田 久 文 年 金 型 生 命 保 険 に 対 する 相 続 税 と 所 得 税 の 課 税 関 係 に 関 する 最 高 裁 判 決 ( 最 高 裁 平 成 22 年 7 月 6 日 第 三 小 法 廷 判 決 ) 法 律 のひろば 号 43 頁 (8) 吉 村 前 掲 注 (6)208 頁 (9) 古 田 孝 夫 時 の 判 例 ジュリスト 1423 ( )100 頁 (10) 佐 藤 孝 一 所 得 税 法 207 条 所 定 の 年 金 の 支 払 者 は 源 泉 徴 収 義 務 を 負 う 旨 判 示 した 最 高 裁 判 決 ( 年 金 二 重 課 税 事 件 )- 源 泉 徴 収 との 関 係 からの 検 討 税 務 事 例 Vol.43 4(2011.4)7 頁 (11) 金 子 宏 租 税 法 ( 第 19 版 ) ( 弘 文 堂 ) 835 頁 248

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

第 1 請 求 1 主 位 的 請 求 新 宿 税 務 署 長 が 平 成 23 年 11 月 28 日 付 けで 原 告 に 対 してした 別 紙 1の 事 業 年 度 欄 記 載 の 各 事 業 年 度 ( 以 下 総 称 するときは 本 件 各 事 業 年 度 といい 同 別 紙 における 事

第 1 請 求 1 主 位 的 請 求 新 宿 税 務 署 長 が 平 成 23 年 11 月 28 日 付 けで 原 告 に 対 してした 別 紙 1の 事 業 年 度 欄 記 載 の 各 事 業 年 度 ( 以 下 総 称 するときは 本 件 各 事 業 年 度 といい 同 別 紙 における 事 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -200( 順 号 12324) 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 すべき 理 由 がない 旨 の 通 知 処 分 取 消 等 請 求 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 新 宿 税 務 署 長 事 務 承 継 者 日 本 橋 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 10 月 30 日 棄 却 控 訴 判 決 原 告 更 生 会 社

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 教 文 社 及 び 教 団 による 著 作 権 侵 害 の 違 法 出 版 差 止 め 請 求 の 訴 訟 に ついて 公 益 財 団 法 人 生 長 の 家 社 会 事 業 団 ⑴ 株 式 会 社 日 本 教 文 社 による 生 命 の 實 相 の 類 纂 生 命 の 教 育 の 違 法 出 版 の 差 止 請 求 について 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 51 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 論 点 の 補 充 的 な 検 討 (2) ~ 中 間 試 案 のたたき 台 ( 概 要 付 き)のサンプルを 兼 ねて~ 目 次 第 1 債 権 者 代 位 権... 1 1 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権... 1 2 代 位 行 使 の 範 囲...

More information

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E>

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E> 42-00 42 00 審 理 の 終 結 及 び 再 開 1. 審 理 の 終 結 ( 結 審 ) 審 判 長 は 特 許 無 効 審 判 以 外 の 審 判 においては 事 件 が 審 決 をするのに 熟 し たときは 審 理 の 終 結 を 当 事 者 及 び 参 加 人 ( 以 下 単 に 当 事 者 という )に 通 知 し なければならない( 特 1561 実 41 意 52 商 561

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考 平 成 25 年 度 知 的 財 産 権 制 度 説 明 会 ( 実 務 者 向 け)テキスト 産 業 財 産 権 登 録 の 実 務 平 成 25 年 度 この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

本 件 は,33の 専 有 部 分 から 構 成 された 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 区 分 所 有 に 係 る 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 という )のうち,1 階 事 務 所 用 物 件 部 分 を 所 有 す る 原 告 が, 札 幌 市 長 により 決 定 され

本 件 は,33の 専 有 部 分 から 構 成 された 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 区 分 所 有 に 係 る 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 という )のうち,1 階 事 務 所 用 物 件 部 分 を 所 有 す る 原 告 が, 札 幌 市 長 により 決 定 され 主 文 1 札 幌 市 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 が 原 告 に 対 して 平 成 24 年 12 月 6 日 付 けでした 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 家 屋 について 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 された 平 成 24 年 度 の 価 格 についての 審 査 の 申 出 を 棄 却 する 旨 の 決 定 のうち, 価 格 1 億 2698 万

More information

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 23 年 5 月 19 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 247 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 25 号 ) 事 件 名 : 特 定 会 社 に 係 る 売 掛 金 内 訳 書 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63> 第 17 回 企 業 法 務 研 究 会 ( 平 成 24 年 1 月 16 日 )レジュメ1 楽 天 対 TBS 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.19 決 定 ) インテリジェンス 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.26 決 定 ) ~ 株 式

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

し 納 税 者 が 本 件 各 競 走 馬 等 の 保 有 に 係 る 管 理 及 び 運 営 の 重 要 な 部 分 を 自 ら 行 っていたため 平 成 1 4 年 分 の 本 件 競 走 馬 所 得 が 事 業 所 得 に 該 当 するか 否 かの 判 断 において 上 記 5,000 万 円

し 納 税 者 が 本 件 各 競 走 馬 等 の 保 有 に 係 る 管 理 及 び 運 営 の 重 要 な 部 分 を 自 ら 行 っていたため 平 成 1 4 年 分 の 本 件 競 走 馬 所 得 が 事 業 所 得 に 該 当 するか 否 かの 判 断 において 上 記 5,000 万 円 税 務 訴 訟 資 料 第 258 号 -120( 順 号 10978) 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 所 得 税 更 正 処 分 取 消 等 請 求 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 浅 草 税 務 署 長 ) 平 成 20 年 6 月 27 日 棄 却 控 訴 判 示 事 項 (1) 事 業 所 得 該 当 性 の 判 断 基 準 (2) 競 走 馬 の 保 有 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc 広 監 第 100027 号 平 成 24 年 9 月 27 日 請 求 人 ( 略 ) 広 島 市 監 査 委 員 南 部 盛 一 同 井 上 周 子 同 谷 口 修 同 平 木 典 道 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について( 通 知 ) 平 成 24 年 8 月 13 日 付 けで 受 け 付 けた 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

<4D F736F F D20826C BB97E18CA48B868CB88E9182C982E682E98AF195748BE082CC8A AB2E646F6378>

<4D F736F F D20826C BB97E18CA48B868CB88E9182C982E682E98AF195748BE082CC8A AB2E646F6378> [ 租 税 判 例 研 究 会 ] 事 業 再 編 / 払 戻 限 度 超 過 額 の 寄 付 該 当 性 ( 東 京 裁 平 成 26 年 6 12 ) 第 60 回 2015 年 ( 平 成 27 年 )6 5 発 表 林 靖 典 MJSS 租 税 判 例 研 究 会 は 株 式 会 社 ミロク 情 報 サービスが主 催 する 研 究 会 です MJSS 租 税 判 例 研 究 会 についての

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減 平 成 27 年 9 月 24 日 判 決 言 渡 し 平 成 27 年 ( 行 コ) 第 64 号 固 定 資 産 価 格 審 査 申 出 棄 却 決 定 取 消 請 求 控 訴 事 件 ( 原 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 473 号 ) 主 文 1 原 審 原 告 の 控 訴 に 基 づき, 原 判 決 を 次 のとおり 変 更 する (1) 東 京 都

More information

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 ( 災 害 損 失 など) に 関 す る 法 人 税 の 取 扱 い に 係 る 質 疑 応 答 事 例 平 成 28 年 6 月 国 税 庁 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 については 平 成 28 年 6 月 16 日 付 課 法 2-5ほか2 課 共 同 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 諸 費 用 の

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(改訂版)

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(改訂版) 会 社 法 施 行 規 則 及 び 会 社 計 算 規 則 による 株 式 会 社 の 各 種 書 類 のひな 型 ( 改 訂 版 ) 2010 年 12 月 17 日 社 団 法 人 日 本 経 済 団 体 連 合 会 経 済 法 規 委 員 会 企 画 部 会 会 社 法 施 行 規 則 及 び 会 社 計 算 による 株 式 会 社 の 各 種 書 類 のひな 型 ( 改 訂 版 ) 目 次

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

型 的 な 労 働 条 件 の 相 違 があることが 認 められるから 本 件 相 違 が 期 間 の 定 め の 有 無 に 関 連 して 生 じたことは 明 らかである よって 本 件 相 違 は 労 働 契 約 法 20 条 にいう 期 間 の 定 めがあることに より 生 じたといえる (2

型 的 な 労 働 条 件 の 相 違 があることが 認 められるから 本 件 相 違 が 期 間 の 定 め の 有 無 に 関 連 して 生 じたことは 明 らかである よって 本 件 相 違 は 労 働 契 約 法 20 条 にいう 期 間 の 定 めがあることに より 生 じたといえる (2 重 要 判 例 速 報 解 説 平 成 28(2016) 年 7 月 29 日 長 澤 運 輸 事 件 ( 東 京 地 判 平 成 28 年 5 月 13 日 )について 定 年 後 再 雇 用 による 嘱 託 社 員 ( 有 期 契 約 労 働 者 )と 正 社 員 ( 無 期 契 約 労 働 者 )との 間 の 賃 金 の 定 めの 相 違 が 不 合 理 であり 労 働 契 約 法 20 条

More information

Microsoft Word - 根本表紙

Microsoft Word - 根本表紙 後 発 的 事 由 による 更 正 の 請 求 についての 考 察 後 発 的 事 由 の 該 当 性 及 び 減 額 更 正 年 度 を 中 心 として 根 本 昌 幸 後 発 的 事 由 による 更 正 の 請 求 についての 考 察 後 発 的 事 由 の 該 当 性 及 び 減 額 更 正 年 度 を 中 心 として 納 税 者 が 過 年 度 の 申 告 内 容 を 自 己 の 有 利 に

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 姫 路 市 廣 野 武 男 2 請 求 年 月 日 姫 路 市 職 員 措 置 請 求 ( 住 民 監 査 請 求 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 以 下 本 件 請 求 という )に 係 る 請 求 書 は 平 成

第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 姫 路 市 廣 野 武 男 2 請 求 年 月 日 姫 路 市 職 員 措 置 請 求 ( 住 民 監 査 請 求 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 以 下 本 件 請 求 という )に 係 る 請 求 書 は 平 成 姫 監 公 表 第 1 号 平 成 2 5 年 1 月 2 5 日 姫 路 市 監 査 委 員 井 神 曉 同 小 林 茂 信 住 民 監 査 請 求 ( 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 につ い て ) に 係 る 監 査 の 結 果 に つ い て 平 成 24 年 11 月 30 日 に 受 付 し た 地 方 自 治 法 第 2 4 2 条 第 1 項

More information

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 総 務 省 自 治 税 務 局 平 成 23 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 1 月 17 日 更 新 ) 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E163726\223\214\213\236\222nH24_\215s\203E\201j229.doc)

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E163726\223\214\213\236\222nH24_\215s\203E\201j229.doc) 平 成 25 年 9 月 27 日 判 決 言 渡 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 229 号 所 得 税 更 正 処 分 取 消 請 求 事 件 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 請 求 四 日 市 税 務 署 長 が 平 成 25 年 3 月 15 日 付 けで 原 告 に 対 してした

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 概 要 - 1 - 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 にその

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

に 沿 っている(ただしこの 意 義 について 後 述 ) 尤 も 令 79 条 1 項 が 限 定 列 挙 ではないという 解 釈 も 所 法 33 条 1 項 の 文 言 の 解 釈 として 不 可 能 ではないと 考 えられる Xらは 所 法 33 条 1 項 の 資 産 の 範 囲 を 論

に 沿 っている(ただしこの 意 義 について 後 述 ) 尤 も 令 79 条 1 項 が 限 定 列 挙 ではないという 解 釈 も 所 法 33 条 1 項 の 文 言 の 解 釈 として 不 可 能 ではないと 考 えられる Xらは 所 法 33 条 1 項 の 資 産 の 範 囲 を 論 1 速 報 税 理 御 中 2011.10.20 2000 字 ( 最 大 4000 字 ) 目 安 連 担 建 築 物 設 計 制 度 下 での 余 剰 容 積 率 の 移 転 の 対 価 は 譲 渡 所 得 ではなく 不 動 産 所 得 である 東 京 地 判 平 成 20 年 11 月 28 日 税 資 258 号 順 号 11089TAINS:Z888-1472 立 教 大 学 法 学 部

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

平成7年4月28日最高裁判決で示された「その意図を外部からも覗い得る特段の行動」の意義(解釈)についての一考察

平成7年4月28日最高裁判決で示された「その意図を外部からも覗い得る特段の行動」の意義(解釈)についての一考察 論 説 平 成 7 年 4 月 28 日 最 高 裁 判 決 で 示 された その 意 図 を 外 部 からも 覗 い 得 る 特 段 の 行 動 の 意 義 ( 解 釈 )についての 一 考 察 - 重 加 算 税 が 賦 課 される 隠 ぺい 仮 装 の 対 象 となるのは 具 体 的 にいかなる 行 為 をいうのか( 過 少 申 告 行 為 そのもの は 隠 ぺい 仮 装 の 対 象 となるか)

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

㈱FESTIVAL PLAZA APPに対する違約金等請求訴訟の提起について

㈱FESTIVAL PLAZA APPに対する違約金等請求訴訟の提起について 費 用 補 償 請 求 事 件 及 び 事 業 配 当 金 請 求 事 件 判 決 概 要 (オスカードリーム) < 判 決 概 要 ( 平 成 23 年 12 月 9 日 )> 費 用 補 償 請 求 事 件 に 係 るみずほ 信 託 銀 行 株 式 会 社 の 請 求 を 認 容 する 事 業 配 当 金 請 求 事 件 に 係 る 大 阪 市 の 請 求 を 棄 却 する この 判 決 は 大

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

183761DAD5529296492570DF001A2E9

183761DAD5529296492570DF001A2E9 主 文 1 本 件 控 訴 をいずれも 棄 却 する 2 控 訴 費 用 は, 控 訴 人 らの 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 控 訴 の 趣 旨 1 原 判 決 を 取 り 消 す 2 被 控 訴 人 玉 川 税 務 署 長 が 控 訴 人 P1に 対 して 平 成 14 年 1 月 31 日 付 けでし た, 控 訴 人 P1の 平 成 12 年 分 所 得 税 についての 過

More information

保険商品を巡る課税上の諸問題

保険商品を巡る課税上の諸問題 保 険 商 品 を 巡 る 課 税 上 の 諸 問 題 - 支 払 保 険 料 の 損 金 性 の 問 題 を 中 心 に- 矢 田 公 一 税 務 大 学 校 研 究 部 教 授 106 要 約 1 研 究 の 目 的 ( 問 題 の 所 在 ) 法 人 が その 役 員 使 用 人 の 福 利 厚 生 のため あるいは 事 故 発 生 時 の 経 営 面 での 打 撃 を 軽 減 するため それらの

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

1 法律の目的と法人格取得の効果

1 法律の目的と法人格取得の効果 第 1 章 認 定 NPO 法 人 制 度 について ( 問 1) 認 定 NPO 法 人 制 度 とは どのような 制 度 でしょうか ( 答 ) NPO 法 人 のうち 一 定 の 基 準 等 に 適 合 するものとして 所 轄 庁 の 認 定 又 は 仮 認 定 を 受 けた 法 人 ( 以 下 認 定 NPO 法 人 等 といいます )に 対 して 支 出 した 寄 附 について 次 のような

More information

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 (

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 ( 認 定 ( 仮 認 定 )NPO 法 人 制 度 申 請 の 手 引 き ( 改 訂 版 ) 平 成 28 年 5 月 神 奈 川 県 NPO 協 働 推 進 課 目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット...

More information

同 森 本 麻 維 子 同 柴 野 高 之 事 実 第 一 当 事 者 の 求 めた 裁 判 一 請 求 の 趣 旨 主 文 同 旨 二 請 求 の 趣 旨 に 対 する 答 弁 1 原 告 の 請 求 を 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 第 二 当 事 者 の 主

同 森 本 麻 維 子 同 柴 野 高 之 事 実 第 一 当 事 者 の 求 めた 裁 判 一 請 求 の 趣 旨 主 文 同 旨 二 請 求 の 趣 旨 に 対 する 答 弁 1 原 告 の 請 求 を 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 第 二 当 事 者 の 主 平 成 11 年 11 月 24 日 判 例 集 未 掲 載 大 阪 地 判 管 理 費 等 の 徴 収 中 間 取 得 者 の 支 払 義 務 1 特 別 修 繕 費 の 未 納 者 から 区 分 所 有 建 物 を 競 売 により 取 得 し さらに 第 三 者 にこれを 売 却 した 中 間 取 得 者 も 特 定 承 継 人 として 特 別 修 繕 費 等 の 支 払 義 務 を 負 うとした

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知 税 務 訴 訟 資 料 第 259 号 -7( 順 号 11120) 東 京 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 処 分 の 義 務 付 け 等 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 千 葉 西 税 務 署 長 ) 平 成 21 年 1 月 22 日 棄 却 確 定 ( 第 一 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 19 年 10 月 30 日

More information

(3) 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 実 行 滞 納 管 理 費 等 に 係 る 債 権 は 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 被 担 保 債 権 となってい るため 債 務 名 義 ( 確 定 判 決 等 )を 取 得 せずとも 先 取 特 権 の

(3) 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 実 行 滞 納 管 理 費 等 に 係 る 債 権 は 区 分 所 有 法 第 7 条 の 先 取 特 権 の 被 担 保 債 権 となってい るため 債 務 名 義 ( 確 定 判 決 等 )を 取 得 せずとも 先 取 特 権 の 滞 納 管 理 費 等 回 収 のための 管 理 組 合 による 措 置 に 係 るフローチャート( 解 説 ) フローチャートにおける 各 手 順 の 概 要 は つぎのとおりである (1) 督 促 管 理 組 合 は 滞 納 者 に 対 して 滞 納 管 理 費 等 の 支 払 の 督 促 とともに 今 後 も 滞 納 が 継 続 する 場 合 には その 状 況 に 応 じてさらなる 措 置

More information

第90回行政苦情救済推進会議資料

第90回行政苦情救済推進会議資料 1 審 議 資 料 (1) 職 業 訓 練 受 講 給 付 金 の 支 給 要 件 である 交 通 費 の 取 扱 いの 見 直 し( 新 規 案 件 ) 1 申 出 要 旨 私 は 現 在 求 職 者 支 援 制 度 で 職 業 訓 練 を 受 けており 平 成 25 年 3 月 19 日 にハロー ワークへ 職 業 訓 練 受 講 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )の 申 請 に 行

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

月 経 過 日 等 といいます )まで( 継 続 して 毎 年 所 定 の 時 期 にされる 定 期 給 与 の 額 の 改 定 が3 月 経 過 日 等 後 にされることについて 特 別 の 事 情 があると 認 められる 場 合 にあっ ては 当 該 改 定 の 時 期 )にされた 定 期 給

月 経 過 日 等 といいます )まで( 継 続 して 毎 年 所 定 の 時 期 にされる 定 期 給 与 の 額 の 改 定 が3 月 経 過 日 等 後 にされることについて 特 別 の 事 情 があると 認 められる 場 合 にあっ ては 当 該 改 定 の 時 期 )にされた 定 期 給 役 員 給 与 に 関 するQ&A 平 成 20 年 12 月 ( 平 成 24 年 4 月 改 訂 ) 国 税 庁 役 員 給 与 の 額 の 改 定 には 様 々な 形 態 があるため 最 終 的 には 個 々の 事 情 に 照 らし 税 務 上 の 取 扱 いを 判 断 することになりますが その 判 断 に 当 たり 参 考 になると 考 えられる 事 例 をQ &A 形 式 により 取 りまとめました

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 株 式 移 動 自 己 株 取 得 増 資 株 主 割 当 増 資 第 三 者 割 当 増 資 新 株 予 約 権 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 1 社 長 ( 父 親 支 配 関 係 株 主 )が 長 男 に 自 社 株 を 贈 与 する

Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 株 式 移 動 自 己 株 取 得 増 資 株 主 割 当 増 資 第 三 者 割 当 増 資 新 株 予 約 権 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 1 社 長 ( 父 親 支 配 関 係 株 主 )が 長 男 に 自 社 株 を 贈 与 する 上 場 準 備 会 社 における 資 本 政 策 上 の 税 務 の 留 意 点 平 成 26 年 12 月 11 日 ( 木 ) 新 日 本 監 査 法 人 EYCベンチャーアカデミー アクティベートジャパン 税 理 士 法 人 代 表 社 員 公 認 会 計 士 税 理 士 尾 崎 充 目 次 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 Ⅱ 税 務 上 の 時 価 概 念 法 人 税 所 得 税

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

123456789012345678901234567890123456

123456789012345678901234567890123456 医 療 保 険 約 款 における 法 的 問 題 上 智 大 学 甘 利 公 人 1.はじめに 医 療 保 険 は 被 保 険 者 が 傷 害 または 疾 病 を 被 り その 直 接 の 結 果 として 入 院 手 術 をした ときに 保 険 金 を 支 払 うものである 被 保 険 者 が 傷 害 や 疾 病 を 原 因 として 入 院 手 術 をしたこ とが 保 険 事 故 となっている 医

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください

1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご 活 用 ください ~ 平 成 25 年 度 税 制 改 正 ~ 新 しい 事 業 承 継 税 制 の 概 要 平 成 25 年 6 月 1 この 資 料 は 財 務 省 主 税 局 が 事 業 承 継 税 制 に 係 る 説 明 会 用 に 作 成 した 資 料 を 基 に 国 税 庁 資 産 課 税 課 において 編 集 したものです 2 事 業 承 継 税 制 についての 理 解 を 深 めていただくために ご

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

答申書

答申書 諮 問 庁 : 法 務 大 臣 諮 問 日 : 平 成 14 年 8 月 1 日 答 申 日 : 平 成 14 年 9 月 18 日 事 件 名 : 熊 本 刑 務 所 が 本 人 に 対 して 行 った 分 類 調 査 や 累 進 審 査 の 結 果 を 記 録 し た 分 類 調 査 票 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に 関 する 件 ( 平 成 14 年 諮 問 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される 狭 監 発 第 25 号 平 成 28 年 6 月 14 日 様 狭 山 市 監 査 委 員 磯 野 和 夫 狭 山 市 職 員 措 置 請 求 書 について( 通 知 ) 平 成 28 年 4 月 6 日 付 けで 提 出 された 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 1 項 の 規 定 による 監 査 請 求 について 請 求 内 容 を 監 査 した 結 果 を

More information

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 33 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 21 号 以 下 教 職 員 就 業 規 則 という ) 第 44 条 の 規 定 に 基

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 高 エネルギー 加 速 器 研 究 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 1 5 号 改 正 平 成 17 年 3 月 29 日 規 程 第 36 号 改 正 平 成 18 年 3 月 30 日 規 程 第 49 号 改 正 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 9 号 改 正 平 成 21 年 3 月

More information

( 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 内 容 ) 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 な 内 容 は 次 とおりです 1 納 義 務 者 法 人 は 基 準 法 人 額 につき 復 興 特 別 法 人 を 納 める 義 務 があります( 復 興 財 源 確 保 法 42) なお 人 格 な

( 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 内 容 ) 復 興 特 別 法 人 制 具 体 的 な 内 容 は 次 とおりです 1 納 義 務 者 法 人 は 基 準 法 人 額 につき 復 興 特 別 法 人 を 納 める 義 務 があります( 復 興 財 源 確 保 法 42) なお 人 格 な 復 興 特 別 法 人 あらまし 東 日 本 大 震 災 から 復 興 ため 施 策 を 実 施 する ために 必 要 な 財 源 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法 関 係 平 成 24 3 月 国 庁 平 成 23 12 月 2 日 に 公 布 された 東 日 本 大 震 災 から 復 興 ため 施 策 を 実 施 するために 必 要 な 財 源 確 保 に 関 する 特 別 措 置 法

More information

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額 ISSN 2187-1329 税 務 事 例 研 究 Vol. 148 2015/11 法 人 税 みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 所 得 税 必 要 経 費 判 定 における 債 務 の 確 定 の 意 義 田 中 治 資 産 税 重 婚 的 内 縁 関 係 をめぐる 相 続 税 法 上 の 課 税 関 係 高 野 幸 大 公 益 財 団 法 人 日 本

More information

平成15年度税制改正の概要

平成15年度税制改正の概要 [ 租 税 判 例 研 究 会 ] 小 規 模 宅 地 / 居 住 の 用 に 供 されていた 宅 地 の 意 義 / 生 活 の 拠 点 第 42 回 2011 年 ( 平 成 23 年 )12 月 2 日 発 表 中 島 孝 一 MJS 租 税 判 例 研 究 会 は 株 式 会 社 ミロク 情 報 サービスが 主 催 する 研 究 会 です MJS 租 税 判 例 研 究 会 についての 詳

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出 所 得 税 法 等 ( 国 外 転 出 時 の 特 例 の 創 設 )の 改 正 目 次 一 制 度 創 設 の 趣 旨 81 二 制 度 の 内 容 82 一 制 度 創 設 の 趣 旨 株 式 等 のキャピタルゲインについては 株 式 等 の 売 却 等 により 実 現 した 時 点 で 株 式 を 売 却 した 納 税 者 が 居 住 している 国 において 課 税 されること が 原 則 となっています

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63> 平 成 21 年 4 月 1 日 借 主 は 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 間 で 新 車 ローン ネット de カー のローン 契 約 ( 以 下 ローン 契 約 といいます )を 行 う 場 合 には 銀 行 と 別 途 締 結 する ローン 契 約 書 ( 兼 保 証 委 託 契 約 書 ) ( 以 下 ローン 契 約 書

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 12 号 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 24 年 12 月 7 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

EFD1A38E7610369249256A57005AF79

EFD1A38E7610369249256A57005AF79 主 文 昭 和 五 七 年 ( 行 コ) 第 二 号 事 件 について 原 判 決 中 控 訴 人 ( 第 一 審 被 告 ) 敗 訴 の 部 分 を 取 り 消 す 被 控 訴 人 ( 第 一 審 原 告 )らの 請 求 を 棄 却 する 訴 訟 費 用 は 第 一 二 審 とも 被 控 訴 人 ( 第 一 審 原 告 )らの 負 担 とする 昭 和 五 七 年 ( 行 コ) 第 三 号 同 第

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

無罪判決後の勾留に関する意見書

無罪判決後の勾留に関する意見書 無 罪 判 決 後 の 勾 留 に 関 する 意 見 書 2015 年 ( 平 成 27 年 )10 月 21 日 日 本 弁 護 士 連 合 会 第 1 意 見 の 趣 旨 刑 事 訴 訟 法 第 345 条 に, 第 2 項 として, 判 決 で 無 罪 の 言 渡 しがあったときは, 上 訴 審 において 原 判 決 が 破 棄 されるまで, 新 たに 勾 留 状 を 発 することはできな い

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information