おも する 也 熱 無 くして 惡 寒 する 者 陰 に 發 する 也 と 謂 うに *4 傷 寒 或 いは 已 に 發 熱 或 つづいて いは 未 だ 發 熱 せず 必 ず 惡 寒 者 の 如 き 之 に 繼 發 熱 を 以 てすると 謂 うは 此 則 ち 陽 に 身 体 を 曲 げる 發 する

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "おも する 也 熱 無 くして 惡 寒 する 者 陰 に 發 する 也 と 謂 うに *4 傷 寒 或 いは 已 に 發 熱 或 つづいて いは 未 だ 發 熱 せず 必 ず 惡 寒 者 の 如 き 之 に 繼 發 熱 を 以 てすると 謂 うは 此 則 ち 陽 に 身 体 を 曲 げる 發 する"

Transcription

1 傷 寒 廣 要 巻 第 三 辨 證 ( 辨 別 し 証 明 する) 惡 寒 傷 寒 惡 寒 何 以 明 万 之 惡 寒 者 風 寒 客 二 於 營 衛 之 中 一 也 惟 其 風 寒 客 二 於 營 衛 一 則 洒 淅 然 惡 寒 也 惟 其 營 衛 之 受 二 風 寒 一 則 嗇 嗇 然 不 万 欲 万 舒 也 其 惡 寒 者 非 二 寒 熱 之 寒 一 也 又 非 二 惡 風 一 也 且 惡 風 者 見 二 風 至 一 則 惡 矣 得 三 以 居 二 密 室 之 内 幃 帳 之 中 一 則 担 然 自 舒 也 至 二 於 惡 寒 者 一 則 不 二 時 風 一 而 寒 雖 二 身 大 熱 一 而 不 万 欲 万 去 万 衣 者 是 也 寒 熱 之 熱 謂 二 寒 熱 更 作 熱 至 則 寒 至 一 矣 其 惡 寒 雖 二 發 熱 一 而 不 万 欲 万 去 万 衣 也 甚 則 至 二 於 向 万 火 被 覆 而 猶 不 一 万 能 万 遏 二 其 寒 一 也 所 二 以 然 一 万 者 由 下 陰 氣 上 入 二 陽 中 一 或 陽 砲 或 風 癪 相 搏 之 所 上 万 致 也 惡 寒 一 切 屬 万 表 雖 二 裏 證 悉 於 一 而 砲 惡 寒 者 亦 是 表 未 万 解 也 猶 當 三 先 解 二 其 外 一 俟 万 不 二 惡 寒 一 爲 二 外 解 一 乃 可 万 攻 万 裏 也 經 曰 發 熱 而 惡 寒 者 發 二 於 陽 一 也 無 万 熱 而 惡 寒 者 發 二 於 陰 一 也 謂 如 下 傷 寒 或 已 發 熱 或 未 二 發 熱 一 必 惡 寒 上 者 謂 三 繼 万 之 以 二 發 熱 一 此 則 發 二 於 陽 一 也 若 惡 寒 而 踡 脉 沈 細 而 緊 者 此 則 發 二 於 陰 一 者 也 在 万 陽 者 可 万 發 万 汗 在 万 陰 者 可 万 皿 万 裏 惡 寒 雖 二 悉 屬 一 万 表 而 在 万 表 者 亦 有 二 癪 實 之 別 一 若 汗 出 而 惡 寒 者 則 爲 二 表 癪 一 無 万 汗 而 惡 寒 者 則 爲 二 表 實 一 表 癪 可 万 解 万 肌 表 實 可 万 發 万 汗 又 有 下 止 稱 二 背 惡 寒 一 者 上 背 爲 二 胸 中 之 府 一 諸 陽 受 二 氣 於 胸 中 一 而 轉 行 二 於 背 一 内 經 曰 人 身 之 陰 陽 者 背 爲 万 陽 腹 爲 万 陰 陽 氣 不 足 陰 寒 盛 則 背 爲 万 之 惡 寒 若 風 寒 在 万 表 而 惡 寒 者 則 一 身 盡 寒 矣 但 背 惡 寒 者 陰 寒 氣 盛 可 万 知 也 經 所 万 謂 少 陰 病 一 二 日 口 中 和 而 背 惡 寒 者 當 万 灸 万 之 處 以 二 附 子 湯 一 者 是 矣 又 或 乘 二 陰 氣 不 足 一 陽 氣 内 陷 入 二 陰 中 一 表 陽 新 癪 有 二 背 砲 惡 寒 者 一 經 所 万 謂 傷 寒 無 二 大 熱 一 口 燥 攻 心 煩 背 砲 惡 寒 者 白 虎 加 人 參 湯 主 万 之 者 是 也 二 者 一 爲 二 陰 寒 氣 盛 一 一 爲 二 陽 氣 内 陷 一 又 何 以 明 万 之 也 且 陰 寒 爲 万 病 則 不 万 能 三 消 二 耗 津 液 一 故 於 二 少 陰 病 一 則 口 中 和 及 二 陽 氣 内 陷 一 則 熱 爍 二 津 液 一 爲 万 乾 故 太 陽 則 口 燥 舌 乾 而 攻 也 二 者 均 是 背 惡 寒 要 万 辨 二 陰 陽 寒 熱 不 一 万 同 者 亦 於 二 口 中 潤 燥 一 可 万 知 明 理 身 をよせる 傷 寒 の 惡 寒 何 を 以 てか 之 を 明 らかにせん 惡 寒 者 風 寒 が 營 衛 の 中 に 客 する 也 おも 水 をそそがれた さま 惟 うに 其 れ 風 寒 が 營 衛 に 客 すれば 則 ち 洒 淅 然 として 惡 寒 する 也 惟 うに 其 つつましやか おだやか 營 衛 が 風 寒 を 受 ければ 則 ち 嗇 嗇 然 として 舒 ならんとせざる 也 其 の 惡 寒 者 あら にく 寒 熱 の 寒 に 非 ざる 也 又 惡 風 にも 非 ざる 也 且 つ 惡 風 者 風 至 り 見 われれば 則 ち 惡 む とばり 平 穏 なさま おだやか 矣 以 て 密 室 の 内 幃 帳 の 中 に 居 るを 得 れば 則 ち 担 然 自 から 舒 也 惡 寒 そのときに 風 が 吹 に 至 る 者 は 則 ち 時 風 く にあらざれど 寒 く 身 大 熱 と 雖 も 衣 を 去 るを 欲 せざる かわるがわる 者 是 也 寒 熱 の 熱 は 寒 熱 を 更 作 な し 熱 至 れば 則 ち 寒 至 るを 謂 う 矣 其 れ 惡 寒 おおう 發 熱 すると 雖 も 衣 を 去 るを 欲 せざる 也 甚 だしきは 則 ち 火 に 向 かい 被 覆 すれど 猶 其 阻 止 とど の 寒 を 遏 める 能 わざるに 至 るがごとき 也 然 る 所 以 は 陰 氣 上 って 陽 中 に 入 る 或 いは *1 微 陽 砲 或 いは *2 風 癪 相 搏 の 致 す 所 に 由 よ 具 る 也 惡 寒 一 切 表 に 屬 す 裏 證 悉 く 於 わ 微 ると 雖 も 砲 惡 寒 者 亦 是 表 未 だ 解 せざる 也 猶 當 に 先 ず 其 外 を 解 すべし 惡 寒 せざるを 俟 ま ちて 外 解 すると 爲 し 乃 ち 裏 を 攻 むべき 也 *3 經 曰 く 發 熱 して 惡 寒 する 者 陽 に 發

2 おも する 也 熱 無 くして 惡 寒 する 者 陰 に 發 する 也 と 謂 うに *4 傷 寒 或 いは 已 に 發 熱 或 つづいて いは 未 だ 發 熱 せず 必 ず 惡 寒 者 の 如 き 之 に 繼 發 熱 を 以 てすると 謂 うは 此 則 ち 陽 に 身 体 を 曲 げる 發 する 也 若 し 惡 寒 して 踡 脉 沈 細 にして 緊 者 此 則 ち 陰 に 發 する 者 也 陽 に 在 る 温 者 は 汗 を 發 すべし 陰 に 在 る 者 は 裏 を 皿 むべし 惡 寒 悉 く 表 に 屬 すると 雖 も 表 に 在 る 者 亦 癪 實 の 別 有 り 若 し 汗 出 して 惡 寒 する 者 則 ち 表 癪 と 爲 す 無 汗 にして 惡 寒 者 則 ち 表 實 と 爲 す 表 癪 は *5 皮 膚 ただ 肌 を 解 すべし 表 實 は 汗 を 發 すべし 又 止 背 惡 寒 を 稱 あ げる 者 めぐ 有 り 背 は 胸 中 の 府 と 爲 す 諸 陽 が 氣 を 胸 中 より 受 けて 轉 じて 背 に 行 らす *6 内 經 曰 く 人 身 の 陰 陽 は 背 が 陽 と 爲 し 腹 が 陰 と 爲 すと 陽 氣 不 足 陰 寒 盛 んなれば 則 ち 背 之 が 爲 に 惡 寒 若 し 風 寒 が 表 に 在 りて 惡 寒 者 則 ち 一 身 盡 寒 矣 但 し 背 惡 寒 者 陰 寒 氣 盛 を 知 るべき 也 *7 經 謂 う 所 の 少 陰 病 一 二 日 口 中 和 して 背 惡 寒 者 當 に 之 に 灸 すべし 処 方 也 處 するに 附 子 湯 を 以 てする 者 是 矣 又 或 いは 陰 氣 不 足 に 乘 じ *8 陥 陽 氣 内 陷 して 陰 中 微 に 入 る 表 陽 新 しく 癪 して 背 砲 惡 寒 者 有 り *9 渇 經 謂 う 所 の 傷 寒 大 熱 無 く 口 燥 攻 心 微 煩 背 砲 惡 寒 者 白 虎 加 人 參 湯 之 を 主 る 者 是 也 二 者 一 は 陰 寒 氣 盛 と 爲 し 一 は 陽 氣 陥 内 陷 と 爲 す 又 何 を 以 てか 之 を 明 らかにする 也 や 且 つ 陰 寒 が 病 を 爲 せば 則 ち 津 液 を 消 およ 陥 耗 するに 能 ばず 故 に 少 陰 病 に 於 いて 則 ち 口 中 和 す 陽 氣 内 陷 に 及 べば 則 ち 熱 が 津 液 シャク とかし かわかす 渇 ひと を 爍 乾 すると 爲 す 故 に 太 陽 は 則 ち 口 燥 舌 乾 して 攻 する 也 二 者 均 しく かなめ お 是 背 惡 寒 なれど 陰 陽 寒 熱 が 同 じからざるを 辨 ずる 要 とするものは 亦 口 中 潤 燥 に 於 い て 知 るべし 明 理 ( 傷 寒 明 理 論 金 成 無 己 ) *1 辨 脈 法 二 十 五 條 師 曰 病 人 脈 微 而 濇 者 此 為 医 所 病 也 大 発 其 汗 又 数 大 下 之 其 人 亡 血 病 當 悪 寒 後 乃 発 熱 無 休 止 時 夏 月 盛 熱 欲 著 複 衣 冬 月 盛 寒 欲 裸 其 身 所 以 然 者 陽 微 則 悪 寒 陰 弱 則 発 熱 此 医 発 其 汗 使 陽 気 微 又 大 下 之 令 陰 気 弱 五 月 之 時 陽 気 在 表 胃 中 冷 以 陽 気 内 微 不 能 勝 冷 故 欲 著 複 衣 十 一 月 之 時 陽 気 在 裏 胃 中 煩 熱 以 陰 気 内 弱 不 能 勝 熱 故 欲 裸 其 身 又 陰 脈 遅 濇 故 知 亡 血 也 *2 辨 脈 法 三 十 五 條 脈 浮 而 数 浮 為 風 数 為 風 為 熱 為 寒 風 相 搏 則 酒 淅 悪 寒 也 風 相 搏 則 酒 淅 悪 寒 也 風 と が 一 緒 になって ぞくぞくと 悪 寒 する 龍 野 一 雄 国 語 訳 傷 寒 論 *3 太 陽 病 上 七 條 病 有 発 熱 悪 寒 者 発 於 陽 也 無 熱 悪 寒 者 発 於 陰 也 発 於 陽 七 日 癒 発 陰 於 者 六 日 癒 以 陽 数 七 陰 数 六 故 也 *4 太 陽 病 上 三 條 太 陽 病 或 已 発 熱 或 未 発 熱 必 悪 寒 体 痛 嘔 逆 脈 陰 陽 倶 緊 者 名 為 傷 寒 *5 太 陽 病 上 十 七 條 桂 枝 本 為 解 肌 若 其 人 脈 浮 緊 発 熱 汗 不 出 者 不 可 与 也 常 須 識 此 勿 令 誤 也 解 肌 無 汗 或 いは 汗 不 出 は 汗 出 に 比 するときは 重 症 である 傷 寒 論 ではこれを 傷 寒 と 中 風 とに 区 別 して 治 療 法 を 厳 重 に 鑑 別 している 中 風 のとき 発 熱 と 共 に 発 汗 を 伴 う 此 は 発 汗 により 熱 の 蓄 積 を 防 止 する 体 内 の 治 療 転 機 の 一 現 象 である しかし 此 の 發 汗 が 余 りに 多 量 に 起 これば 体 内 水 分 の 欠 乏 を 起 こし 循 環 機 能 不 全 を 来 すのみならず 病 は 治 癒 し ない だから 發 汗 が 必 要 以 上 に 起 こらないように 桂 枝 湯 によって 調 節 するので その 調 節 作 用 を 解 肌 というのである も 淺 田 宗 泊 は 桂 枝 湯 の 類 はもと 肌 膚 の 邪 を 和 解 するものと 云 い 表 疎 にして 汗 泄 れるもののために 設 けるなりという 森 田 幸 門 傷 寒 論 入 門 *6 素 問 金 匱 眞 言 論 第 四 夫 言 人 之 陰 陽 則 外 爲 陽 内 爲 陰 言 人 身 之 陰 陽 則 背 爲 陽 腹 爲 陰 言 人 身 之 蔵 府 中 陰 陽 則 蔵 者 爲 陰 府 者 爲 陽 肝 心 脾 肺 腎 五 蔵 皆 爲 陰 胆 胃 大 腸 小 腸 膀 胱 三 焦 六 府 皆 爲 陽 2

3 *7 少 陰 病 二 十 四 條 少 陰 病 得 之 一 二 日 口 中 和 其 背 悪 寒 者 当 炙 之 附 子 湯 主 之 背 悪 寒 者 背 は 陽 経 為 あ り 今 陽 に 邪 氣 之 に 乗 じて 熱 化 を 為 さずして 寒 化 を 為 す 故 に 背 悪 寒 の 證 有 り 乃 ち 四 逆 と 同 理 にして 最 も 重 き 者 也 傷 寒 論 攷 注 *8 陽 氣 内 陥 太 陽 病 下 七 條 太 陽 病 脈 浮 而 動 数 浮 則 為 風 数 則 為 熱 動 則 為 痛 数 則 為 頭 痛 発 熱 微 盗 汗 出 而 反 悪 寒 者 表 未 解 也 医 反 下 之 動 数 変 遅 膈 内 拒 痛 胃 中 空 客 気 動 膈 短 気 躁 煩 心 中 懊 憹 陽 気 内 陥 心 下 因 鞕 則 為 結 胸 大 陥 胸 湯 主 之 若 不 結 胸 但 頭 汗 出 余 処 無 汗 剤 頚 而 還 小 便 不 利 身 必 発 黄 大 陥 胸 湯 陽 気 内 陥 表 層 部 に 現 れていた 病 的 反 応 が 中 心 部 に 移 行 傷 寒 論 入 門 とどまる 陽 気 内 陥 心 下 因 鞕 則 為 結 胸 表 邪 陽 熱 之 氣 随 下 内 陥 與 宿 飲 住 心 下 而 堅 結 故 名 爲 結 胸 又 案 陽 氣 内 陥 者 頭 痛 発 熱 等 證 皆 去 之 謂 也 陽 氣 内 陥 の 陽 氣 は 案 ずるに 陽 氣 とは 自 己 の 元 陽 の 氣 を 謂 う 全 身 を 巡 還 して 玄 府 毛 孔 に 達 とおる 出 するもの 也 此 の 氣 閉 塞 すれば 則 ち 熱 を 為 し 内 陥 すれば 則 ち 寒 を 為 す 有 餘 は 熱 と 為 り 不 足 は 寒 と 為 る 也 傷 寒 論 攷 注 *9 太 陽 病 下 四 十 一 條 傷 寒 無 大 熱 口 燥 渇 心 煩 背 微 悪 寒 者 白 虎 加 人 参 湯 主 之 無 大 熱 者 為 身 無 大 熱 也 口 乾 渇 心 煩 者 當 作 陽 明 病 然 背 微 悪 寒 為 未 全 罷 所 以 属 太 陽 也 背 為 陽 背 微 悪 寒 口 中 和 者 少 陰 病 也 當 與 附 子 湯 今 口 燥 而 渇 背 雖 悪 寒 此 裏 也 則 悪 寒 亦 不 至 甚 故 云 微 悪 寒 與 白 虎 湯 和 表 散 熱 加 人 参 止 渇 生 津 成 無 己 注 解 傷 寒 論 惡 風 傷 寒 惡 風 何 以 明 万 之 乱 帝 鍼 經 曰 衛 氣 者 所 下 以 皿 二 分 肉 一 充 二 皮 膚 一 肥 二 腠 理 一 司 中 開 闔 上 者 也 風 邪 中 二 於 衛 一 也 則 必 惡 風 何 者 以 二 風 則 傷 万 衛 寒 則 傷 一 万 營 爲 二 風 邪 所 一 万 中 二 於 分 肉 一 不 万 皿 而 熱 矣 皮 毛 不 万 充 而 緩 矣 腠 理 失 二 其 肥 一 則 疎 而 不 万 密 開 闔 失 二 其 司 一 則 泄 而 不 万 固 是 以 惡 風 也 是 惡 風 惡 寒 二 者 均 爲 二 表 證 一 其 惡 風 則 比 二 之 惡 寒 一 而 輕 也 惡 寒 者 嗇 嗇 然 畜 万 寒 也 雖 万 不 万 當 万 風 而 自 然 寒 矣 惡 風 者 謂 下 常 居 二 密 室 之 中 幃 幃 帳 之 内 一 則 舒 緩 而 無 上 万 所 万 畏 也 一 或 用 万 扇 一 或 當 万 風 淅 淅 然 而 惡 者 此 爲 二 惡 風 者 一 也 惡 寒 則 有 下 屬 二 於 陽 一 者 上 有 下 屬 二 於 陰 一 者 上 及 二 其 惡 風 者 一 悉 屬 二 於 陽 一 非 万 若 三 惡 寒 之 有 二 陰 陽 一 也 三 陰 之 證 並 無 二 惡 風 一 者 以 万 此 也 惡 風 雖 二 悉 在 一 万 表 而 發 散 又 自 不 万 同 若 無 万 汗 而 惡 風 者 爲 二 傷 寒 一 當 万 發 二 其 汗 一 若 汗 出 而 惡 風 者 則 爲 二 中 風 一 當 万 解 二 其 肌 一 裏 證 雖 万 於 而 惡 風 未 万 罷 者 皆 當 三 先 解 二 其 外 一 也 又 有 二 發 万 汗 多 麿 一 万 陽 與 二 其 風 仔 一 皆 有 二 惡 風 之 證 一 蓋 以 二 發 万 汗 多 漏 不 万 止 則 麿 万 陽 外 不 一 万 固 是 以 惡 風 也 必 以 二 桂 枝 加 附 子 湯 一 皿 二 其 經 一 而 固 二 其 衛 一 風 仔 相 搏 骨 節 疼 煩 仔 勝 自 汗 而 皮 腠 不 万 密 是 以 惡 風 也 必 以 二 甘 草 附 子 湯 一 散 二 其 仔 一 而 實 二 其 衛 一 由 万 是 觀 万 之 惡 風 屬 二 乎 衛 一 者 可 万 知 矣 明 理 傷 寒 の 惡 風 何 を 以 てか 之 を 明 らかにせん * 乱 黄 帝 鍼 經 靈 樞 曰 く 衛 氣 者 以 て 分 肉 肌 肉 を 皿 温 め 皮 膚 を 充 み たし 腠 理 を 肥 盛 さかん にし 開 闔 開 けたり 閉 じたり を 司 つかさど る 所 の 者 也 と 風 邪 が 衛 に 中 あ たる 也 や 則 ち 必 ず ** 惡 風 す 何 者 なんとなれば 風 は 則 ち 衛 を 傷 やぶ り 寒 は 則 ち 營 を 傷 るを 以 て 風 邪 が 分 肉 に 中 たる 所 と 爲 な るに 皿 温 めずして 熱 する 矣 皮 毛 充 ふさが ず して 緩 ゆる む 矣 腠 理 が 其 肥 盛 を 失 えば 則 ち 疎 にして 密 ならず 開 闔 が 其 の 司 管 理 を 失 えば 3

4 則 ち 泄 も かた みな れて 固 めず 是 以 て 惡 風 也 是 惡 風 惡 寒 二 者 均 表 證 と 爲 す 其 の 惡 風 則 むさぼる 憎 当 ち 之 を 惡 寒 に 比 べて 輕 き 也 惡 寒 者 嗇 嗇 然 寒 を 畜 む 也 風 に 當 たらずと 雖 も 自 とばり 静 かで 緩 やか おそ 然 に 寒 い 矣 惡 風 者 常 に 密 室 の 中 幃 帳 の 内 に 居 れば 則 ち 舒 緩 にて 畏 当 風 の 音 風 を れる 所 無 きを 謂 う 也 一 或 いは 扇 を 用 い 一 或 いは 風 に 當 たるに 淅 淅 然 にして 惡 くむ 者 此 惡 風 なる 者 と 爲 す 也 惡 寒 は 則 ち 陽 に 屬 する 者 有 り 陰 に 屬 する 者 有 り 其 惡 如 風 なる 者 に 及 びては 悉 く 陽 に 屬 し 惡 寒 の 陰 陽 に 有 るが 若 きに 非 ざる 也 三 陰 の 證 並 そろって しか 惡 風 無 きは 此 を 以 て 也 惡 風 は 悉 く 表 に 在 りと 雖 も 而 して 發 散 又 自 ら 同 じから ず 若 し 無 汗 にて 惡 風 者 傷 寒 と 爲 し 當 に 其 汗 を 發 すべし 若 し 汗 出 して 惡 風 者 則 ち 具 中 風 と 爲 す 當 に 其 肌 を 解 すべし 裏 證 於 わると 雖 も 惡 風 未 だ 罷 や まざる 者 皆 當 に 先 亡 うしな 濕 湿 と ず 其 外 を 解 すべき 也 又 汗 を 發 すること 多 くして 陽 を 麿 う 有 り 其 れ 風 仔 と 與 も に 皆 惡 風 の 證 有 り *** 亡 うしな かた 蓋 し 發 汗 多 漏 れ 止 まざれば 則 ち 陽 を 麿 い 外 固 まらず 温 是 以 て 惡 風 也 必 ず 桂 枝 加 附 子 湯 を 以 て 其 經 を 皿 めて 其 衛 を 固 める **** 風 仔 相 搏 濕 湿 骨 節 疼 煩 仔 勝 り 自 汗 して 皮 腠 密 にあらず 是 以 て 惡 風 也 必 ず 甘 草 附 子 湯 を 以 て 濕 湿 充 実 み 其 仔 を 散 じて 其 衛 を 實 たす 是 に 由 り 之 を 觀 るに 惡 風 は 衛 に 屬 することを 知 るべき 矣 明 理 ( 傷 寒 明 理 論 金 成 無 己 ) * 霊 樞 本 藏 四 十 七 衞 氣 者. 所 以 温 分 肉. 充 皮 膚. 肥 腠 理. 司 開 闔 者 也. 太 陽 病 中 六 十 九 條 血 弱 気 尽 腠 理 開 邪 気 因 入 与 正 気 相 搏 結 於 脇 下 正 邪 分 争 往 来 寒 熱 休 作 有 時 黙 黙 不 欲 飲 食 臓 府 相 連 其 痛 必 下 邪 高 痛 下 故 使 嘔 也 小 柴 胡 湯 主 之 しわひだ 腠 理 汗 腺 と 皺 襞 森 田 幸 門 傷 寒 論 入 門 ** 太 陽 病 上 二 條 太 陽 病 発 熱 汗 出 悪 風 脈 緩 者 名 為 中 風 *** 太 陽 病 上 二 十 一 條 太 陽 病 発 汗 遂 漏 不 止 其 人 悪 風 小 便 難 四 肢 微 急 難 以 屈 伸 者 桂 枝 加 附 子 湯 主 之 桂 枝 湯 を 処 方 すべきであるのに 麻 黄 湯 類 を 投 与 したために 多 量 に 發 汗 して 容 易 に 止 まらない 傷 寒 論 入 門 **** 太 陽 病 下 四 十 七 條 風 湿 相 搏 骨 節 煩 疼 掣 痛 不 得 屈 伸 近 之 則 痛 劇 汗 出 短 気 小 便 不 利 悪 風 不 欲 去 衣 或 身 微 腫 者 甘 草 附 子 湯 主 之 風 湿 相 搏 風 と 湿 とが 同 時 に 原 因 になって 傷 寒 論 入 門 發 熱 傷 寒 發 熱 何 以 明 万 之 發 熱 者 謂 下 怫 怫 然 發 二 於 皮 膚 之 間 一 熇 熇 然 散 而 成 万 熱 者 上 是 也 與 二 潮 熱 寒 熱 一 若 万 同 而 異 與 二 煩 躁 一 相 類 而 非 煩 躁 者 在 万 内 者 也 潮 熱 之 熱 有 万 時 而 熱 不 万 失 二 其 時 一 寒 熱 之 熱 寒 已 而 熱 相 繼 而 發 至 二 於 發 熱 一 則 無 万 時 而 發 也 有 下 謂 二 翕 翕 發 熱 一 者 上 有 下 謂 二 蒸 蒸 發 熱 一 者 上 此 則 輕 重 不 万 明 表 裏 之 區 別 爾 所 万 謂 翕 翕 發 熱 者 謂 万 若 二 翕 翕 所 一 万 覆 明 二 其 熱 在 一 万 外 也 與 二 桂 枝 湯 一 發 万 汗 以 散 万 之 所 万 謂 蒸 蒸 發 熱 者 謂 万 若 二 熏 蒸 之 蒸 一 明 二 其 熱 在 万 内 故 一 也 與 二 調 胃 承 氣 湯 一 攻 下 以 滌 万 之 其 即 發 熱 屬 万 表 者 侖 風 寒 客 二 於 皮 膚 一 陽 氣 怫 鬱 所 万 致 也 觀 三 其 熱 所 二 從 來 一 而 汗 下 之 證 明 二 其 辨 一 焉 若 熱 先 自 二 皮 膚 一 而 發 者 知 二 邪 氣 之 在 一 万 外 也 若 熱 先 自 万 裏 生 而 發 二 達 於 表 一 者 知 二 邪 氣 之 在 一 万 裏 也 舉 二 斯 二 者 一 爲 二 邪 氣 在 万 表 在 万 裏 而 發 熱 一 也 惟 其 在 万 表 在 万 裏 倶 有 二 發 熱 一 故 邪 在 二 半 表 半 裏 一 者 亦 有 二 發 熱 之 證 一 何 者 以 二 表 證 未 一 万 罷 邪 氣 傳 万 裏 裏 未 万 作 万 實 是 爲 二 半 表 半 裏 一 其 發 熱 者 或 始 万 自 二 皮 膚 一 而 漸 傳 裏 熱 或 4

5 始 万 自 二 内 熱 一 而 外 連 二 於 表 一 蓋 邪 氣 在 万 表 發 熱 者 則 表 熱 裏 不 万 熱 也 邪 氣 在 万 裏 發 熱 者 則 裏 熱 甚 而 達 二 於 表 一 也 其 在 二 半 表 半 裏 一 發 熱 者 則 表 裏 倶 發 熱 而 但 熱 又 輕 二 於 純 在 万 表 者 一 也 經 雖 万 云 下 發 熱 惡 寒 者 發 二 於 陽 一 也 無 万 熱 惡 寒 者 發 二 於 陰 一 也 上 然 少 陰 病 始 得 万 之 亦 有 二 反 發 熱 者 一 然 亦 屬 二 其 表 一 也 特 與 二 麻 乱 細 辛 附 子 湯 一 發 二 其 汗 一 者 是 已 發 熱 爲 二 傷 寒 之 常 一 也 一 或 陰 陽 倶 癪 與 二 下 利 新 汗 後 一 又 皆 惡 二 其 發 熱 一 也 經 云 脉 陰 陽 倶 癪 熱 不 万 止 者 死 下 利 發 熱 者 亦 死 内 經 云 汗 出 輙 復 熱 而 脉 躁 疾 不 二 爲 万 汗 衰 一 狂 言 不 万 能 万 食 此 名 二 陰 陽 交 一 交 者 死 也 斯 亦 發 熱 也 詎 可 下 與 二 尋 常 發 熱 一 一 槩 而 論 上 耶 醫 者 更 當 三 明 二 辨 之 一 明 理 ふさぎこもるさま 傷 寒 の 發 熱 何 を 以 てか 之 を 明 らかにせん 發 熱 者 怫 怫 然 として 皮 膚 の 間 火 が 盛 んに 燃 えるさま ご に 發 し 熇 熇 然 として 散 じて 熱 と 成 る 者 是 を 謂 う 也 潮 熱 寒 熱 と 同 じ 若 と 似 に 違 あたらない きなれども 異 なる 煩 躁 と 相 類 れども 非 煩 躁 は 内 に 在 る 者 也 潮 熱 の 熱 時 有 りて 熱 し 其 時 を 失 わず 寒 熱 の 熱 は 寒 已 や 継 みて 熱 し 相 繼 ぎて 發 す 發 熱 に 至 る は 則 ち 時 無 くて 發 する 也 * 1 翕 翕 發 熱 と 謂 う 者 有 り * 2 蒸 蒸 發 熱 と 謂 う 者 有 り 此 則 ち 区 輕 重 不 明 表 裏 の 區 別 爾 か おお 如 謂 う 所 の 翕 翕 發 熱 者 翕 翕 は 覆 われるが 若 きを 謂 う 其 いぶ 熱 外 に 在 るは 明 らか 也 桂 枝 湯 を 與 え 汗 を 發 し 以 て 之 を 散 らす 所 謂 蒸 蒸 發 熱 者 熏 す むす 如 蒸 の 蒸 の 若 きを 謂 う 其 熱 が 内 に 在 る 故 を 明 らかにする 也 調 胃 承 氣 湯 を 與 え 攻 下 もちい デキ 掃 除 のぞ 即 を 以 て 之 を 滌 く 其 發 熱 が 表 に 屬 する 者 侖 ち 風 寒 が 皮 膚 に 客 する * 3 陽 由 来 也 氣 怫 鬱 致 す 所 也 其 熱 が 從 來 する 所 を 觀 みて 汗 下 の 證 其 辨 明 らか 焉 若 し 熱 先 ま ず 皮 膚 自 よ りして 發 する 者 邪 氣 の 外 に 在 るを 知 る 也 若 し 熱 先 ず 裏 自 よ おい り 生 じて 表 に 於 ここ 挙 て 發 達 する 者 邪 氣 の 裏 に 在 るを 知 る 也 斯 に 二 者 を 舉 げ 邪 氣 が 表 に 在 り 裏 に 在 りて おも とも 發 熱 を 爲 す 也 惟 うに 其 れ 表 に 在 り 裏 に 在 る 倶 に 發 熱 有 り 故 に 邪 が 半 表 半 裏 に 在 なんとなれば る 者 亦 發 熱 の 證 有 り 何 者 表 證 未 だ 罷 や して 伝 まざるに 以 邪 氣 が 裏 に 傳 わる 邪 気 が 満 みつる 爲 裏 未 だ 實 を 作 さず 是 れ 半 表 半 裏 と 爲 す 其 の 發 熱 は 或 いは 皮 膚 自 よ り 始 ま しだいに 伝 りて 漸 傳 わる 裏 熱 或 いは 内 熱 自 よ り 始 まりて 外 表 に 連 なる 蓋 し 邪 氣 が 表 に 在 り 發 熱 者 則 ち 表 熱 して 裏 熱 せず 也 邪 氣 が 裏 に 在 り 發 熱 者 則 ち 裏 熱 甚 だしくて 表 に 達 する 也 其 の 半 表 半 裏 に 在 り 發 熱 者 は 則 ち 表 裏 倶 に 發 熱 すれど 但 だ 熱 又 純 に 表 に 在 軽 る 者 より 輕 き 也 * 4 經 に 發 熱 惡 寒 者 發 於 陽 也 無 熱 惡 寒 者 發 於 陰 也 と 云 うと 雖 も 然 しか して * 5 予 想 に 反 して 少 陰 病 始 之 を 得 亦 反 って 發 熱 する 者 有 り 然 して 亦 其 れ 表 に 屬 する 也 黄 これのみ 特 に 麻 乱 細 辛 附 子 湯 を 與 え 其 汗 を 發 する 是 已 發 熱 は 傷 寒 の 常 と 爲 す 也 一 或 いは * 6 もつ にく 陰 陽 倶 癪 下 利 新 汗 後 を 與 て 又 皆 其 發 熱 を 惡 む 也 * 7 經 云 う 脉 陰 陽 倶 癪 熱 止 まらざる 者 死 す 下 利 發 熱 者 亦 死 * 8 すぐに 内 經 云 汗 出 輙 復 熱 して 脉 躁 疾 汗 を 熱 が これ 爲 しても 衰 えざる 狂 言 食 能 わざる 此 陰 陽 交 と 名 づける 交 者 死 也 斯 亦 發 熱 也 詎 なん 概 ぞ 尋 常 發 熱 と 一 槩 にして 論 ずるべき 耶 や 醫 者 更 に 當 に 之 を 明 辨 すべし 明 理 ( 傷 寒 明 理 論 金 成 無 己 ) *1 太 陽 病 上 十 二 條 太 陽 中 風 陽 浮 而 陰 弱 陽 浮 者 熱 自 発 陰 弱 者 汗 自 出 嗇 嗇 悪 寒 淅 淅 悪 風 翕 翕 発 熱 鼻 鳴 乾 嘔 者 桂 枝 湯 主 之 翕 翕 発 熱 火 にあぶられるがごとく 全 身 の 表 面 が 熱 くなる 森 田 幸 門 傷 寒 論 入 門 5

6 *2 陽 明 病 六 十 六 條 太 陽 病 三 日 発 汗 不 解 蒸 蒸 発 熱 者 属 胃 也 調 胃 承 気 湯 主 之 蒸 蒸 発 熱 体 内 から 蒸 し 立 てられるが 如 く 感 じる 熱 森 田 幸 門 傷 寒 論 入 門 *3 太 陽 病 中 十 八 條 二 陽 併 病 太 陽 初 得 病 時 発 其 汗 汗 先 出 不 徹 因 転 属 陽 明 続 自 微 汗 出 不 悪 寒 若 太 陽 病 証 不 罷 者 不 可 下 下 之 為 逆 如 此 可 小 発 汗 設 面 色 縁 縁 正 赤 者 陽 気 沸 鬱 在 表 当 解 之 薫 之 若 発 汗 不 徹 不 足 言 陽 気 怫 鬱 不 得 越 当 汗 不 汗 其 人 躁 煩 不 知 痛 処 乍 在 腹 中 乍 在 四 肢 按 之 不 可 得 其 人 短 気 但 坐 以 汗 出 不 徹 故 也 更 発 汗 則 癒 何 以 知 汗 出 不 徹 以 脈 濇 故 知 也 陽 気 沸 鬱 在 表 熱 が 肌 表 に 蘊 積 たくわえつむ して 発 散 する 能 わず 傷 寒 論 入 門 *4 太 陽 病 上 七 條 病 有 発 熱 悪 寒 者 発 於 陽 也 無 熱 悪 寒 者 発 於 陰 也 *5 少 陰 病 二 十 一 條 少 陰 病 始 得 之 反 發 熱 脉 沈 者 麻 黄 細 辛 附 子 湯 主 之 少 陰 病 當 無 熱 悪 寒 反 発 熱 者 邪 在 表 也 雖 脈 沈 以 始 得 則 邪 気 未 深 亦 當 温 劑 発 汗 以 散 之 成 無 己 注 解 傷 寒 論 案 少 陰 病 始 得 之 反 發 熱 脈 沈 者 言 少 陰 直 中 最 初 一 日 已 有 此 證 也 傷 寒 論 攷 注 *6 太 陽 病 上 二 十 三 條 太 陽 病 得 之 八 九 日 如 瘧 状 発 熱 悪 寒 熱 多 寒 少 其 人 不 嘔 清 便 欲 自 可 一 日 二 三 度 発 / 脈 微 緩 者 為 欲 癒 也 / 脈 微 而 悪 寒 者 此 陰 陽 倶 不 可 更 発 汗 更 下 更 吐 也 / 面 色 反 有 熱 色 者 未 欲 解 也 以 其 不 能 得 小 汗 出 身 必 痒 宜 桂 枝 麻 黄 各 半 湯 脈 微 而 悪 寒 者 表 裏 倶 也 陽 表 也 陰 裏 也 脈 微 為 裏 悪 寒 為 表 以 表 裏 倶 故 不 可 更 發 汗 更 下 更 吐 也 成 無 己 注 解 傷 寒 論 *7 傷 寒 例 二 十 三 條 脈 陰 陽 倶 熱 不 止 者 死 脈 陰 陽 倶 者 真 氣 弱 也 熱 不 止 者 邪 氣 勝 也 内 経 曰 病 温 甚 者 死 成 無 己 注 解 傷 寒 論 *8 素 問 評 熱 病 論 篇 第 三 十 三 黄 帝 問 曰. 有 病 温 者. 汗 出 輙 復 熱. 而 脉 躁 疾. 不 爲 汗 衰. 狂 言 不 能 食. 病 名 爲 何. 岐 伯 對 曰. 病 名 陰 陽 交. 交 者 死 也 病 名 陰 陽 交 黄 帝 内 經 太 素 楊 上 善 云 汗 者 陰 液 也 熱 者 陽 盛 氣 也 陽 盛 則 無 汗 汗 出 則 熱 衰 今 出 而 熱 不 衰 者 素 問 攷 注 是 陽 邪 盛 而 復 陰 起 両 者 相 交 故 名 陰 陽 交 也 森 立 之 云 陰 陽 交 者 交 是 交 代 之 交 言 陽 熱 之 邪 内 入 尤 深 陰 血 之 汗 外 泄 太 甚 故 名 曰 陰 陽 交 也 史 記 倉 公 列 伝 曰 脈 法 曰 熱 病 陰 陽 交 者 死 島 田 隆 司 素 問 講 義 録 寒 熱 傷 寒 寒 熱 何 以 明 万 之 寒 熱 者 謂 二 往 來 寒 熱 一 也 往 來 寒 熱 屬 二 半 表 半 裏 之 證 一 邪 居 万 表 多 則 多 万 寒 邪 居 万 裏 多 則 多 万 熱 邪 氣 半 在 万 表 半 在 万 裏 則 寒 熱 亦 半 矣 審 二 其 寒 熱 多 少 一 見 二 其 邪 氣 淺 深 一 矣 小 柴 胡 湯 專 主 二 往 來 寒 熱 一 而 又 立 二 成 諸 加 減 法 一 亦 爲 下 邪 氣 在 二 半 表 半 裏 一 未 有 二 定 處 一 往 來 不 上 万 常 又 寒 熱 如 万 瘧 與 二 夫 發 熱 惡 寒 一 皆 似 而 非 也 然 寒 熱 如 万 瘧 者 作 止 有 万 時 者 也 及 二 往 來 寒 熱 一 則 作 止 無 万 時 或 往 來 寒 熱 日 有 下 至 二 於 三 五 發 一 者 上 甚 者 十 数 套 與 二 其 瘧 寔 一 有 二 以 異 一 也 至 二 於 發 熱 惡 寒 者 一 爲 二 發 熱 時 惡 寒 並 不 万 見 惡 寒 時 熱 不 一 万 見 也 不 万 若 二 此 熱 已 而 寒 寒 已 而 熱 者 一 明 理 原 論 二 寒 熱 所 一 万 由 義 不 万 瑩 不 万 録 傷 寒 の 寒 熱 何 を 以 てか 之 を 明 らかにせん 寒 熱 者 * 悪 寒 と 熱 感 が 交 互 に 起 こる 往 來 寒 熱 を 謂 う 也 往 來 寒 熱 半 表 半 裏 の 證 に 屬 す 邪 が 表 に 居 ること 多 ければ 則 ち 寒 多 く 邪 が 裏 に 居 半 分 ること 多 ければ 則 ち 熱 多 し 邪 氣 の 半 が 表 に 在 り 半 が 裏 に 在 れば 則 ち 寒 熱 亦 半 矣 其 6

7 寒 熱 の 多 少 を 審 つまび らかにし 其 邪 氣 の 淺 浅 深 を 見 る 矣 小 柴 胡 湯 專 専 ら 往 來 来 寒 熱 を 主 り て 又 成 さだまった 諸 加 減 法 を 立 てる 亦 邪 氣 が 半 表 半 裏 に 在 り 未 だ 定 處 定 まり 居 る 有 らず 往 來 常 ならざるを 爲 す 又 寒 熱 が 瘧 間 欠 性 の 悪 寒 戦 慄 の 如 きと 夫 こ の 發 熱 惡 悪 寒 とは 皆 似 て 非 な る 也 然 して 寒 熱 が 瘧 の 如 き 者 作 来 止 時 有 る 者 也 ** 往 來 来 寒 熱 に 及 至 れば 則 ち 作 来 止 時 無 し 或 いは 往 來 来 寒 熱 日 に 三 五 發 に 至 る 者 有 り 甚 しき 者 十 数 套 ひとくみ 其 瘧 寔 状 と 以 て 異 なる 有 る 也 發 熱 惡 寒 者 に 至 る 發 熱 時 惡 寒 並 なら び 見 あらわ れず 惡 寒 時 熱 見 れずと 爲 す 也 此 熱 已 や みて 寒 寒 已 みて 熱 する 者 の 若 ごと きにはあらず 明 理 ( 傷 寒 明 理 論 金 成 無 己 ) 原 は 寒 熱 の 由 よ る 所 をも 論 ずる 義 意 味 を 瑩 營 はか れず 録 さず * 太 陽 病 中 六 十 八 條 傷 寒 五 六 日 中 風 往 来 寒 熱 胸 脇 苦 満 黙 黙 不 欲 飲 食 心 煩 喜 嘔 或 胸 中 煩 而 不 嘔 或 渇 或 腹 中 痛 或 脇 下 痞 鞕 或 心 下 悸 小 便 不 利 或 不 渇 身 微 熱 或 欬 者 与 小 柴 胡 湯 主 之 ** 太 陽 病 中 六 十 九 條 血 弱 気 尽 腠 理 開 邪 気 因 入 与 正 気 相 搏 結 於 脇 下 正 邪 分 争 往 来 寒 熱 休 作 有 時 黙 黙 不 欲 飲 食 臓 府 相 連 其 痛 必 下 邪 高 痛 下 故 使 嘔 也 小 柴 胡 湯 主 之 往 来 寒 熱 休 作 有 時 往 来 寒 熱 が 一 定 時 に 起 こり 一 定 時 に 休 止 する 傷 寒 論 入 門 潮 熱 傷 寒 潮 熱 何 以 明 万 之 若 二 潮 水 之 潮 一 其 來 不 万 失 二 其 時 一 也 一 日 一 發 指 万 時 而 發 者 謂 二 之 潮 一 若 日 三 五 發 者 侖 即 是 發 熱 非 二 潮 熱 一 也 潮 熱 屬 二 陽 明 一 必 於 二 日 晡 時 一 發 者 乃 爲 二 潮 熱 一 陽 明 者 胃 屬 万 土 應 万 時 則 王 二 於 四 季 一 應 万 日 則 王 二 於 未 きひつじ 申 一 經 曰 陽 明 居 万 中 土 也 萬 物 所 万 歸 無 万 所 二 復 傳 一 蓋 邪 氣 入 万 胃 謂 二 之 入 一 万 府 府 之 爲 万 言 聚 也 若 二 府 庫 之 府 一 焉 邪 氣 入 二 於 胃 一 而 不 二 復 傳 一 邪 氣 鬱 而 爲 万 實 熱 隨 万 王 而 潮 是 以 日 晡 所 發 二 潮 熱 一 者 屬 二 陽 明 一 也 明 理 此 係 二 節 録 一 以 下 所 万 引 多 然 傷 寒 の 潮 熱 何 を 以 てか 之 を 明 らかにせん 潮 水 海 水 の 潮 満 ち 引 き の 若 如 く 其 來 は 其 時 を 失 わず 也 一 日 一 發 時 を 指 さ して 發 する 者 之 を 潮 と 謂 う 若 し 日 三 五 發 者 侖 即 ち 是 の 發 熱 は 潮 熱 に 非 ざる 也 潮 熱 は 陽 明 に 屬 属 す 必 ず * 日 晡 時 に 發 する 者 乃 ち 潮 熱 と 爲 す 陽 明 者 胃 土 に 属 す 時 に 應 当 あた れば 則 ち 四 季 に 於 いて 王 土 用 日 に 應 れば 則 ち 未 ひつじ 午 後 二 時 申 さる 午 後 四 時 に 於 いて 王 旺 ** 經 曰 く 陽 明 中 に 居 て 土 也 萬 物 が 歸 する 所 復 傳 わる 所 無 しと 蓋 し 邪 氣 胃 に 入 る 之 を 府 に 入 ると 謂 う 府 の 言 爲 るや 聚 あつまる 也 府 庫 くら の 府 の 若 如 し 焉 邪 氣 が 胃 に 入 りて 復 傳 わらず 邪 氣 鬱 あつまりこもる して 實 みちる と 爲 す 熱 が 王 旺 に 隨 したが いて 潮 満 ち る 是 以 て 日 晡 所 に 潮 熱 を 發 する 者 陽 明 に 属 する 也 明 理 ( 傷 寒 明 理 くぎり 記 論 金 成 無 己 ) 此 は 節 録 を 係 ひ く 以 下 引 く 所 多 く 然 しかり * 太 陽 病 中 七 十 八 條 傷 寒 十 三 日 不 解 胸 脇 満 而 嘔 日 晡 所 発 潮 熱 已 而 微 利 此 本 柴 胡 証 下 之 而 不 得 利 今 反 痢 者 知 医 以 丸 薬 下 之 非 其 治 也 潮 熱 者 実 也 先 宜 小 柴 胡 湯 以 解 外 後 以 柴 胡 加 芒 硝 湯 主 之 日 晡 は 午 後 三 時 五 時 ** 陽 明 病 四 條 問 曰 陽 明 病 外 証 云 何 答 曰 身 熱 汗 自 出 不 悪 寒 反 悪 熱 也 問 曰 病 有 得 之 一 日 不 発 熱 而 悪 寒 者 何 也 答 曰 雖 得 之 一 日 悪 寒 将 自 罷 即 自 汗 出 而 悪 熱 也 問 曰 悪 寒 何 故 自 罷 答 曰 陽 明 居 中 主 土 也 万 物 所 帰 無 所 復 伝 始 雖 悪 寒 二 日 自 止 此 為 陽 明 病 也 陽 明 は 中 央 に 位 置 して 土 を 支 配 するが 土 は 万 物 の 帰 する 所 で 更 に 伝 えるところがない 傷 寒 論 入 門 經 云 日 晡 所 發 二 潮 熱 一 者 胃 家 實 也 此 屬 二 陽 明 當 万 下 證 一 然 亦 有 下 毎 至 二 晡 時 一 發 熱 五 7

8 更 復 退 時 大 便 自 利 用 二 薑 附 辛 熱 劑 一 而 愈 上 豈 可 下 以 二 日 晡 潮 熱 一 遽 謂 二 之 陽 一 遽 謂 中 之 實 上 要 須 下 以 二 他 證 一 參 上 万 之 愚 曽 治 下 患 人 沈 二 其 姓 一 之 子 上 乃 所 二 親 見 而 親 試 一 者 也 要 訣 經 云 う 日 晡 所 に 潮 熱 を 發 する 者 * 胃 家 實 也 此 陽 明 當 に 下 すべき 證 に 属 す 然 して 亦 申 の 刻 夕 方 日 没 から 夜 明 け 去 毎 晡 時 に 至 り 發 熱 五 更 復 退 り 時 に 大 便 自 利 薑 附 の 辛 熱 劑 を 用 いて 癒 すみやか あわただ 愈 る 有 り 豈 日 晡 潮 熱 を 以 て 遽 に 之 を 陽 と 謂 い 遽 しく 之 を 實 と 謂 うべきや すべか くらべあわせる かつ 要 は 須 らく 他 の 證 を 以 て 之 を 參 すべし 愚 曽 て 患 人 其 姓 沈 の 子 を 治 す 乃 したしくみる ち 親 見 して 親 試 する 所 の 者 也 要 訣 ( 證 治 要 訣 明 戴 原 禮 ) * 陽 明 病 二 條 陽 明 之 為 病 胃 家 実 也 案 胃 家 実 者 謂 腸 胃 中 邪 氣 充 実 也 凡 云 家 者 総 括 之 詞 後 凡 云 陽 明 病 者 皆 是 胃 家 実 之 義 即 謂 不 大 便 一 證 耳 傷 寒 論 攷 注 自 汗 病 後 自 汗 見 二 餘 證 中 一 傷 寒 自 汗 何 以 明 万 之 自 汗 者 謂 下 不 万 因 二 發 散 一 而 自 然 汗 出 者 上 是 也 自 汗 之 證 有 二 表 裏 之 別 一 焉 癪 實 之 異 焉 若 汗 出 惡 風 及 砲 惡 寒 者 皆 表 未 万 解 也 必 待 二 發 散 一 而 後 愈 至 二 於 漏 不 万 止 而 惡 風 及 發 汗 後 惡 寒 者 一 又 皆 表 之 癪 也 必 待 万 皿 万 經 而 後 愈 諸 如 万 此 皆 邪 氣 在 万 表 也 若 汗 出 不 二 惡 寒 一 者 此 爲 二 表 解 而 裏 未 一 万 和 也 經 曰 陽 明 發 熱 汗 出 此 爲 二 越 熱 一 又 曰 陽 明 病 發 熱 汗 多 者 急 下 万 之 又 非 万 若 二 邪 氣 在 万 表 而 汗 出 之 可 一 万 緩 也 傷 寒 自 汗 之 證 爲 万 常 也 設 或 汗 出 髪 潤 與 下 其 出 之 如 万 油 或 大 如 二 貫 珠 一 者 身 出 而 不 上 万 流 皆 爲 二 不 万 治 之 證 一 也 必 手 足 倶 嶼 遍 身 悉 潤 漐 漐 然 一 時 間 許 煩 熱 已 而 身 涼 和 乃 爲 佳 矣 此 則 陰 陽 氣 和 水 升 火 降 榮 衛 通 流 邪 氣 出 而 解 者 也 内 經 曰 陽 之 汗 以 二 天 地 之 雨 一 名 万 之 此 之 謂 也 明 理 傷 寒 の 自 汗 何 を 以 てか 之 を 明 らかにせん 自 汗 者 發 散 に 因 らずして 自 然 汗 出 者 区 別 微 是 を 謂 う 也 自 汗 の 證 に 表 裏 の 別 有 り 焉 癪 實 の 異 有 り 焉 若 し 汗 出 惡 風 及 び 砲 惡 寒 者 皆 表 未 だ 解 せざる 也 必 ず 發 散 を 待 って 後 愈 ゆ * 1 漏 止 まずして 惡 風 及 び * 2 發 温 もろもろ かく 汗 後 惡 寒 者 に 至 り 又 皆 表 の 癪 也 必 ず 經 を 皿 めるを 待 って 後 愈 ゆ 諸 此 の 如 く 皆 邪 氣 は 表 に 在 る 也 若 し * 3 汗 出 し 惡 寒 せざる 者 此 表 解 せども 裏 未 だ 和 せずと 爲 す 也 *4 經 曰 く 陽 明 發 熱 汗 出 此 越 熱 と 爲 す 又 *5 曰 く 陽 明 病 發 熱 汗 多 者 急 ぎ 之 を 下 せ 及 およ 平 常 と 又 邪 氣 が 表 に 在 りて 汗 出 の 緩 やかなるべきには 若 ばず 也 傷 寒 自 汗 の 證 常 と 爲 す 也 設 も し 或 いは * 6 汗 出 髪 潤 と 其 の 出 の 油 の 如 く 或 いは 大 いなる 貫 珠 の 如 き 者 以 周 あまねく 身 に 出 て 流 れざるを 與 て 皆 不 治 の 證 と 爲 す 也 必 ず 手 足 倶 に 嶼 *7 全 身 遍 身 悉 潤 漐 漐 然 一 時 間 許 煩 熱 已 や すなわ みて 身 涼 和 乃 ち 佳 よ いと 爲 す 矣 此 則 ち 陰 陽 氣 和 し 水 のぼ 升 り 火 降 る 榮 衛 通 流 邪 氣 出 て 解 する 者 也 *8 内 經 曰 陽 の 汗 天 地 の 雨 を 以 て 之 を 名 ずけると 此 の 謂 也 明 理 ( 傷 寒 明 理 論 金 成 無 己 ) *1 太 陽 病 上 二 十 一 條 太 陽 病 発 汗 遂 漏 不 止 其 人 悪 風 小 便 難 四 肢 微 急 難 以 屈 伸 者 桂 枝 加 附 子 湯 主 之 *2 太 陽 病 中 四 十 條 発 汗 後 悪 寒 者 故 也 不 悪 寒 但 熱 者 実 也 当 和 胃 気 与 調 胃 承 気 湯 *3 太 陽 病 下 二 十 五 條 太 陽 中 風 下 利 嘔 逆 表 解 者 乃 可 攻 之 其 人 漐 漐 汗 出 発 作 有 時 頭 痛 心 下 痞 鞕 満 引 脇 下 痛 乾 嘔 短 気 汗 出 不 悪 寒 者 此 表 解 裏 未 和 也 十 棗 湯 主 之 *4 陽 明 病 五 十 四 條 陽 明 病 発 熱 汗 出 者 此 為 熱 越 不 能 発 黄 也 但 頭 汗 出 身 無 汗 剤 頚 而 還 小 便 不 利 渇 引 8

9 水 漿 者 此 為 瘀 熱 在 裏 身 必 発 黄 菌 蔯 蒿 湯 主 之 熱 越 発 熱 と 同 時 に 発 汗 する 内 部 の 熱 が 汗 に 伴 って 体 表 に 発 揚 するの 意 傷 寒 論 入 門 *5 陽 明 病 七 十 一 條 陽 明 病 発 熱 汗 多 者 急 下 之 宜 大 承 気 湯 *6 辨 脈 法 二 十 七 條 脈 浮 而 洪 身 汗 如 油 喘 而 不 休 水 漿 不 下 形 体 不 仁 乍 静 乍 乱 此 為 命 絶 也 又 未 知 何 蔵 先 受 其 災 若 汗 出 髪 潤 喘 不 休 者 此 為 肺 先 絶 也 陽 反 獨 留 形 体 如 煙 薫 直 視 揺 頭 者 此 為 心 絶 也 唇 吻 反 青 四 肢 漐 習 者 此 為 肝 絶 也 環 口 黧 黒 柔 汗 発 黄 者 此 為 脾 絶 也 溲 便 遺 失 狂 言 目 反 直 視 者 此 為 腎 絶 也 又 未 知 何 蔵 陰 陽 前 絶 若 陽 気 前 絶 陰 気 後 竭 者 其 人 死 身 色 必 青 陰 気 前 絶 後 竭 者 其 人 死 身 色 必 赤 腋 下 温 心 下 熱 也 辨 脈 法 三 條 其 脈 浮 而 汗 出 如 流 珠 者 衛 気 衰 也 *7 太 陽 病 上 十 二 条 太 陽 中 風 陽 浮 而 陰 弱 陽 浮 者 熱 自 発 陰 弱 者 汗 自 出 嗇 嗇 悪 寒 淅 淅 悪 風 翕 翕 発 熱 鼻 鳴 乾 嘔 者 桂 枝 湯 主 之 桂 枝 湯 方 桂 枝 三 両 去 皮 芍 薬 三 両 甘 草 二 両 炙 生 薑 三 両 切 大 棗 十 二 枚 擘 右 五 味 寐 咀 三 味 以 水 七 升 微 火 煮 取 三 升 去 滓 適 寒 温 服 一 升 服 已 須 臾 啜 熱 稀 粥 一 升 余 以 助 薬 力 温 ( 二 時 間 ばかり) 覆 令 一 時 許 ( 漐 漐 汗 の 出 るさま 小 雨 の 降 りやまぬさま)として 微 しく 汗 有 るに 似 る 全 身 がし 遍 身 漐 漐 微 似 有 汗 者 っとりと 汗 ばむ 程 度 益 佳 不 可 令 如 水 流 漓 病 必 不 除 若 一 服 汗 出 病 差 停 後 服 不 必 尽 剤 若 不 汗 更 服 依 前 法 又 不 汗 後 服 小 促 其 間 半 日 許 令 三 服 尽 若 病 重 者 一 日 一 夜 服 周 時 観 之 服 一 剤 尽 病 証 猶 在 者 更 作 服 若 汗 不 出 乃 服 至 二 三 剤 禁 生 冷 粘 滑 肉 麺 五 辛 酒 酪 臭 悪 物 等 辨 可 発 汗 病 脈 証 併 治 二 條 凡 発 汗 欲 令 手 足 倶 周 時 出 以 漐 漐 然 一 時 間 許 益 佳 不 可 令 如 水 流 漓 若 病 不 解 当 重 発 汗 汗 多 必 亡 陽 陽 不 得 重 発 汗 也 案 ずるに 此 の 條 の 意 味 已 すで に 太 陽 上 篇 十 二 桂 枝 湯 方 後 中 篇 大 青 龍 湯 方 後 に 在 り 蓋 し 彼 は 方 下 に 在 って 發 汗 の 節 度 を 説 く 此 直 に 發 汗 法 例 おきて を 擧 げる 也 宜 しく 太 陽 篇 と 参 看 すべし 傷 寒 論 攷 注 *8 素 問 陰 陽 應 象 大 論 五 陽 之 汗. 以 天 地 之 雨 名 之 陽 氣 が 発 泄 する 汗 を 天 から 降 雨 するになぞらえる 現 代 語 訳 素 問 自 汗 者 不 万 因 二 發 散 一 自 然 汗 出 也 伏 邪 中 潰 氣 通 得 万 汗 邪 欲 万 去 也 若 脉 長 洪 而 數 身 熱 大 攻 宜 二 白 虎 湯 一 得 二 戰 汗 一 方 解 若 裏 證 下 後 續 得 二 自 汗 一 雖 二 二 三 日 一 不 万 止 甚 者 四 五 日 不 万 止 身 砲 熱 熱 甚 則 汗 甚 熱 砲 汗 亦 砲 此 属 万 裏 若 速 認 爲 二 表 癪 自 汗 一 輙 用 二 乱 茋 一 實 万 表 及 止 万 汗 之 劑 則 速 矣 有 下 裏 證 時 當 二 盛 暑 一 多 作 中 自 汗 上 宜 万 下 万 之 若 面 無 二 突 色 一 脣 口 刮 白 表 裏 無 二 陽 證 一 喜 二 熱 飮 一 稍 冷 則 畏 脉 砲 欲 万 絶 忽 得 二 自 汗 一 淡 而 無 万 味 者 爲 二 癪 脱 一 夜 發 則 晝 死 晝 發 則 夜 麿 急 當 二 峻 補 一 補 不 万 及 者 死 温 疫 論 自 汗 者 發 散 に 因 よ らず 自 然 汗 出 する 也 伏 邪 潜 伏 する 邪 氣 傷 寒 論 攷 注 中 に 潰 あふれる 氣 通 り 汗 を 得 て 邪 去 るを 欲 する 也 若 し * 脉 長 洪 にて 數 身 熱 大 攻 渇 白 虎 湯 に 宜 しい 戰 汗 戦 慄 して 發 汗 を 得 て 方 まさ に 解 す 若 し 裏 證 下 後 續 いて 自 汗 を 得 る 二 三 日 と 雖 ども 止 らず 甚 だ しき 者 四 五 日 止 らず 身 砲 微 熱 熱 甚 だしければ 則 ち 汗 甚 だし 熱 砲 微 汗 亦 砲 微 此 裏 に 属 す 若 し 速 認 見 込 み 違 い して 表 癪 自 汗 と 爲 し 輙 すなわ 乱 黄 茋 耆 を 用 い 表 を 實 す 及 び 止 汗 の 劑 は 則 ち 速 誤 矣 裏 證 で 時 に 盛 暑 に 當 当 たり 多 く 自 汗 を 作 な す 有 り 宜 しく 之 を 下 すべし 若 し 面 に 突 神 色 無 く 脣 口 刮 白 表 裏 に 陽 證 無 く 熱 飮 を 喜 び 稍 すこし 冷 えれば 則 ち 畏 れる 脉 9

10 微 砲 絶 えんと 欲 す 忽 自 汗 を 得 るに 淡 にして 味 無 き 者 癪 脱 と 爲 す 夜 發 すれば 則 ち 晝 亡 死 亡 速 すみやか に 死 す 晝 發 すれば 則 ち 夜 に 麿 す 急 ぎ 當 に 峻 補 すべし 補 及 ばざる 者 は 死 す 皿 疫 論 ( 皿 疫 論 明 呉 有 性 ) * 太 陽 病 上 二 十 六 條 服 桂 枝 湯 大 汗 出 後 大 煩 渇 不 解 脈 洪 大 者 白 虎 加 人 参 湯 主 之 盗 汗 病 後 盗 汗 見 二 餘 證 中 一 傷 寒 盗 汗 何 以 明 万 之 盗 汗 者 謂 二 睡 而 汗 出 者 一 也 自 汗 則 不 或 睡 與 万 不 万 睡 自 然 而 出 也 及 二 盗 汗 者 一 不 万 睡 則 不 万 能 二 汗 出 一 方 二 其 睡 一 也 溱 溱 しん 然 出 焉 覺 則 止 而 不 二 復 出 一 矣 雑 病 盗 汗 者 責 二 其 陽 癪 一 也 傷 寒 盗 汗 者 非 万 若 二 雑 病 之 癪 一 是 由 三 邪 氣 在 二 半 表 半 裏 一 使 万 然 也 何 者 若 邪 氣 一 切 在 万 表 干 二 於 衛 一 則 自 然 汗 出 也 此 則 邪 氣 侵 二 行 於 裏 一 外 連 二 於 表 邪 一 及 万 睡 則 衛 氣 行 二 於 裏 一 乗 二 表 中 陽 氣 不 一 万 緻 津 液 得 万 泄 故 但 睡 而 汗 出 覺 則 氣 散 二 於 表 一 而 汗 止 矣 經 曰 磆 盗 汗 出 反 惡 寒 者 表 未 万 解 也 又 陽 明 病 當 万 作 二 裏 實 一 而 脉 浮 者 云 二 必 盗 汗 一 是 猶 有 二 表 邪 一 故 也 又 三 陽 合 病 目 合 自 汗 是 知 盗 汗 爲 二 邪 氣 在 二 半 表 半 裏 之 間 一 明 矣 且 自 汗 有 下 爲 二 之 癪 一 者 上 有 下 爲 二 之 實 一 者 上 其 於 二 盗 汗 之 證 一 非 万 若 三 自 汗 有 万 實 者 悉 當 二 和 万 表 而 已 一 不 万 可 万 不 万 知 也 明 理 ねむ 傷 寒 の 盗 汗 何 を 以 てか 之 を 明 らかにせん 盗 汗 者 睡 りて 汗 出 る 者 を 謂 う 也 自 汗 非 あら ば 則 ち 不 ずして 或 いは 睡 と 不 睡 とに 自 然 にして 出 る 也 盗 汗 者 に 及 びては 睡 ら 當 あた ざれば 則 ち 汗 出 能 わず 其 睡 に 方 る 也 や 盛 んなさま 溱 溱 然 として 出 る 焉 覺 さ めれば 則 ち 止 みて 復 た 出 ず 矣 * せめ 雑 病 の 盗 汗 者 其 陽 癪 に 責 ある 也 傷 寒 の 盗 汗 者 雑 病 の 癪 の 如 ごと 若 きに 非 ず 是 れ 邪 氣 が 半 表 半 裏 に 在 る 由 よ しか なんとなれば り 然 らしむ 也 何 者 若 し 邪 おか めぐ おか 氣 一 切 表 に 在 り 衛 を 干 せば 則 ち 自 然 汗 出 する 也 此 れ 則 ち 邪 氣 が 行 り 裏 を 侵 す めぐ 密 外 は 表 邪 に 連 なる 睡 に 及 べば 則 ち 衛 氣 が 裏 を 行 り 表 中 の 陽 氣 緻 ならずに 乗 じ 津 液 泄 も 覚 いきわた れるを 得 る 故 に 但 睡 にして 汗 出 る 覺 めれば 則 ち 氣 が 表 に 散 りて 汗 止 む 矣 ** 徴 *** 經 曰 く 磆 盗 汗 出 反 惡 寒 者 表 未 だ 解 せざる 也 と 又 陽 明 病 當 に 裏 實 を 作 な す しか **** 眼 瞼 を 閉 べし 而 るに 脉 浮 者 必 盗 汗 と 云 う 是 猶 表 邪 有 る 故 也 又 三 陽 合 病 目 合 じる わか 断 定 自 汗 是 盗 汗 と 知 る 邪 氣 が 半 表 半 裏 の 間 に 在 ると 爲 すは 明 らか 矣 且 つ 自 汗 爲 な 之 を 癪 と 爲 す 者 有 り 之 を 實 と 爲 す 者 有 り 其 れ 盗 汗 の 證 に 於 いて 自 汗 で 實 と 有 す 癒 いえる 当 如 あら 者 悉 く 表 を 和 して 已 に 當 たるが 若 きには 非 ざるを 知 らざるべからず 也 明 理 ( 傷 寒 明 理 論 金 成 無 己 ) * 金 匱 要 略 血 痺 労 病 六 男 子 平 人. 脉 弱 細 微 者. 善 盗 汗 也 ** 太 陽 病 下 七 條 太 陽 病 脈 浮 而 動 数 浮 則 為 風 数 則 為 熱 動 則 為 痛 数 則 為 頭 痛 発 熱 微 盗 汗 出 而 反 悪 寒 者 表 未 解 也 医 反 下 之 動 数 変 遅 膈 内 拒 痛 胃 中 空 客 気 動 膈 短 気 躁 煩 心 中 懊 憹 陽 気 内 陥 心 下 因 鞕 則 為 結 胸 大 陥 胸 湯 主 之 若 不 結 胸 但 頭 汗 出 余 処 無 汗 剤 頚 而 還 小 便 不 利 身 必 発 黄 *** 陽 明 病 二 十 二 條 陽 明 病 脈 浮 而 緊 者 必 潮 熱 発 作 有 時 但 浮 者 必 盗 汗 出 浮 為 在 経 緊 者 裏 実 脈 浮 而 緊 者 表 熱 裏 実 也 必 潮 熱 發 作 有 時 若 脈 但 浮 而 不 緊 者 止 是 表 熱 也 必 盗 汗 出 盗 汗 者 睡 而 汗 出 也 陽 明 病 裏 熱 者 自 汗 表 熱 者 盗 汗 成 無 己 注 解 傷 寒 論 **** 少 陽 病 五 條 三 陽 合 病 脈 浮 大 上 関 上 但 欲 眠 睡 目 合 則 汗 10

11 凡 人 目 張 則 衛 氣 行 二 於 陽 一 目 瞑 則 衛 氣 行 二 於 陰 一 行 万 陽 謂 三 升 二 發 於 表 一 行 万 陰 謂 三 歛 二 降 於 内 一 今 内 有 二 伏 熱 一 而 又 遇 二 衛 氣 一 兩 陽 相 傭 熱 蒸 二 于 外 一 則 腠 理 開 而 盗 汗 出 矣 温 疫 論 凡 そ 人 目 張 開 ければ 則 ち 衛 氣 が 陽 を 行 めぐ り 目 瞑 つぶ れば 則 ち 衛 氣 が 陰 を 行 る 陽 を 行 るは 表 に 發 し 升 のぼ るを 謂 う 陰 を 行 るは 内 に 降 り 歛 おさ まるを 謂 う 今 内 に 伏 熱 潜 伏 する 熱 有 り 而 して 又 衛 氣 に 遇 い 兩 陽 相 傭 博 熱 が 外 に 蒸 む せば 則 ち 腠 理 開 きて 盗 汗 出 る 矣 温 疫 論 ( 皿 疫 論 明 呉 有 性 ) 頭 汗 頭 汗 之 證 有 万 二 一 爲 二 邪 熱 上 壅 一 一 爲 二 陽 氣 上 脱 一 也 蓋 頭 爲 二 諸 陽 之 會 一 凡 傷 寒 徧 身 得 万 汗 者 謂 二 之 熱 越 一 其 身 無 万 汗 則 熱 不 万 得 万 越 而 上 蒸 二 陽 分 一 故 但 頭 汗 出 也 治 二 熱 蒸 一 者 可 万 清 可 万 散 甚 者 可 万 下 在 万 去 二 其 熱 一 而 病 自 愈 至 万 若 二 氣 脱 一 證 一 則 多 以 二 妄 下 一 傷 万 陰 或 尅 化 太 過 或 泄 瀉 不 万 止 以 致 三 陰 竭 二 於 下 一 則 陽 脱 二 於 上 一 小 水 不 万 通 而 上 見 二 頭 汗 一 則 大 危 矣 景 岳 此 係 万 節 二 明 理 論 文 一 頭 汗 の 證 に 二 有 り 一 は 邪 熱 上 に 壅 塞 がる を 爲 す 一 は 陽 氣 上 に 脱 を 爲 す 也 蓋 し 頭 は 諸 陽 の 會 と 爲 す 凡 そ 傷 寒 徧 身 全 身 に 汗 を 得 る 者 之 を * 熱 越 と 謂 う 其 身 に 汗 無 ければ 則 ち 熱 が 越 を 得 ずして 上 がり 陽 分 を 蒸 む す 故 に 但 頭 汗 出 る 也 熱 蒸 を 治 するには 清 すべし 散 すべし 甚 だしき 者 下 すべし 其 熱 が 去 るに 在 おい て 病 自 ら 愈 ゆ 氣 脱 一 證 の 若 如 きに 至 れ ば 則 ち 多 く 妄 みだ りに 下 するを 以 て 陰 を 傷 つける 或 いは 尅 剋 化 相 剋 ( 相 生 ) 制 約 と 排 斥 太 過 不 及 の 反 対 或 いは 泄 瀉 止 まらず 以 て 下 すにより 陰 竭 つ きるを 致 せば 則 ち 陽 が 上 より 脱 し 小 水 不 通 にして 上 に 頭 汗 を 見 あらわ せば 則 ち 大 いに 危 なし 矣 景 岳 ( 景 岳 全 書 明 張 介 賓 ) 此 れ 明 理 論 の 文 を 節 まとめる 引 を 係 く * 陽 明 病 五 十 四 條 陽 明 病 発 熱 汗 出 者 此 為 熱 越 不 能 発 黄 也 但 頭 汗 出 身 無 汗 剤 頚 而 還 小 便 不 利 渇 引 水 漿 者 此 為 瘀 熱 在 裏 身 必 発 黄 菌 蔯 蒿 湯 主 之 熱 越 案 陽 明 病 發 熱 汗 出 者 此 為 熱 越 越 者 超 出 之 義 言 邪 已 入 府 自 万 裏 経 万 経 而 為 汗 出 故 曰 越 也 傷 寒 論 攷 注 手 足 汗 発 熱 と 同 時 に 発 汗 する 内 部 の 熱 が 汗 に 伴 って 体 表 に 発 揚 するの 意 傷 寒 論 入 門 傷 寒 手 足 汗 出 何 以 明 万 之 四 肢 者 諸 陽 之 本 而 胃 主 二 四 肢 一 手 足 汗 出 者 陽 明 之 證 也 陽 經 邪 熱 傳 二 併 陽 明 一 則 手 足 爲 万 之 汗 出 陽 明 爲 二 津 液 之 主 一 病 則 自 汗 出 其 有 二 自 汗 出 者 一 有 二 但 頭 汗 出 者 一 有 二 手 足 汗 出 者 一 悉 属 二 陽 明 一 也 何 以 使 二 之 然 一 也 若 一 身 自 汗 出 者 謂 二 之 熱 越 一 是 熱 外 達 者 也 但 頭 汗 出 者 是 熱 不 万 得 万 越 而 熱 氣 上 達 者 及 手 足 汗 出 者 爲 三 熱 聚 二 於 胃 一 是 津 液 之 傍 達 也 明 理 傷 寒 の 手 足 汗 出 何 を 以 てか 之 を 明 らかにせん * 四 肢 は 諸 陽 の 本 にして 胃 が 四 肢 を 主 る ** 手 足 汗 出 者 陽 明 の 證 也 陽 經 邪 熱 陽 明 に 傳 併 すれば 則 ち 手 足 之 が 爲 に 汗 出 陽 明 は 津 液 の 主 と 爲 す 病 めれば 則 ち 自 汗 出 其 れ 自 汗 出 者 有 り 但 頭 汗 出 者 有 り 手 足 汗 出 者 有 り 悉 く 陽 明 に 属 する 也 何 を 以 て 之 然 りと 使 せし むる 也 や 若 し 一 身 自 汗 出 者 之 を *** 熱 越 と 謂 う 是 熱 外 達 者 也 但 頭 汗 出 者 是 熱 は 越 を 得 ずして 熱 氣 上 達 者 及 び 手 11

12 足 汗 出 者 熱 が 胃 に 聚 あつ まると 爲 す 是 津 液 の 傍 達 近 づき 至 る 也 明 理 ( 傷 寒 明 理 論 金 成 無 己 ) 肢 * 素 問 陽 明 脉 解 三 十 四 支 者. 諸 陽 之 本 素 問 太 陰 陽 明 論 二 十 九 四 支 皆 稟 氣 於 胃 連 続 するさま ** 陽 明 病 十 二 條 陽 明 病 若 中 寒 者 不 能 食 小 便 不 利 手 足 濈 然 汗 出 此 欲 作 固 瘕 必 大 便 初 鞕 後 溏 所 以 然 者 以 胃 中 冷 水 穀 不 別 故 也 陽 明 病 二 十 九 條 陽 明 病 脈 遅 雖 汗 出 不 悪 寒 者 其 身 必 重 短 気 腹 満 而 喘 有 潮 熱 者 此 外 欲 解 可 攻 裏 也 手 足 濈 然 而 汗 出 者 此 大 便 已 鞕 也 大 承 気 湯 主 之 若 汗 多 微 発 熱 悪 寒 者 外 未 解 也 其 熱 不 潮 未 可 与 承 気 湯 若 腹 大 満 不 通 者 可 与 小 承 気 湯 微 和 胃 気 勿 令 大 泄 下 汗 の 出 るさま 小 雨 の 降 りやまぬさま 陽 明 病 二 十 一 條 二 陽 併 病 太 陽 証 罷 但 発 潮 熱 手 足 漐 漐 汗 出 大 便 難 而 譫 語 者 下 之 則 愈 宜 大 承 気 湯 *** 陽 明 病 五 十 四 條 陽 明 病 発 熱 汗 出 者 此 為 熱 越 不 能 発 黄 也 但 頭 汗 出 身 無 汗 剤 頚 而 還 小 便 不 利 渇 引 水 漿 者 此 為 瘀 熱 在 裏 身 必 発 黄 菌 蔯 蒿 湯 主 之 熱 越 案 陽 明 病 發 熱 汗 出 者 此 為 熱 越 越 者 超 出 之 義 言 邪 已 入 府 自 万 裏 経 万 経 而 為 汗 出 故 曰 越 也 傷 寒 論 攷 注 発 熱 と 同 時 に 発 汗 する 内 部 の 熱 が 汗 に 伴 って 体 表 に 発 揚 するの 意 傷 寒 論 入 門 無 汗 傷 寒 無 万 汗 何 以 明 万 之 腠 理 者 津 液 湊 泄 之 所 爲 万 腠 文 理 縫 會 之 中 爲 万 理 津 液 爲 二 風 暑 仔 氣 一 所 万 干 外 湊 二 皮 腠 一 者 則 爲 二 自 汗 出 一 若 寒 邪 中 万 經 腠 理 緻 密 津 液 内 滲 則 無 万 汗 無 万 汗 之 由 又 有 二 數 種 一 如 下 傷 寒 在 万 表 及 邪 行 二 於 裏 一 或 水 飲 内 蓄 與 中 麿 陽 久 癪 上 皆 令 万 無 万 汗 其 邪 氣 行 二 於 裏 一 無 万 汗 者 爲 下 邪 氣 在 万 表 熏 二 發 腠 理 一 則 汗 出 上 邪 氣 内 傳 不 二 外 熏 發 一 者 則 無 汗 其 水 飲 内 畜 而 無 万 汗 者 爲 下 水 飲 散 而 爲 二 津 液 一 津 液 布 滲 而 爲 上 万 汗 福 水 飲 内 畜 而 不 万 行 則 津 液 不 万 足 而 無 万 汗 其 陽 癪 無 万 汗 者 諸 陽 爲 二 津 液 之 主 一 陽 癪 則 津 液 癪 少 故 無 万 汗 如 万 是 者 理 之 常 也 又 焉 得 万 爲 万 異 哉 一 或 當 万 汗 而 不 万 汗 服 二 湯 一 劑 一 病 證 仍 在 至 三 於 服 二 三 劑 一 而 不 万 汗 者 死 症 也 又 熱 病 脉 躁 盛 而 不 万 得 万 汗 者 乱 帝 謂 陽 脉 之 極 也 死 茲 二 者 以 万 無 万 汗 爲 二 眞 病 一 詎 可 下 與 二 其 餘 無 万 汗 者 一 同 万 日 而 語 上 也 明 理 傷 寒 の 無 汗 何 を 以 てか 之 を 明 らかにせん * 腠 理 者 津 液 湊 あつ まり 泄 くだ す 所 を 腠 皮 膚 のき め 膚 理 と 爲 し 皮 膚 の 文 理 模 様 縫 あわせめ 會 の 中 を 理 と 爲 す 津 液 は 風 暑 仔 濕 湿 氣 を 爲 おさ め 干 乱 す と ころ 外 へ 皮 腠 に 湊 あつ まる 者 は 則 ち 自 汗 出 と 爲 す 若 し 寒 邪 が 經 に 中 あた り 腠 理 緻 密 津 液 が 内 に 滲 し みれば 則 ち 汗 無 し 汗 無 し 由 原 因 又 數 種 有 り 傷 寒 が 表 に 在 り 及 ともに 邪 が 裏 を 行 めぐ る 或 いは 水 飲 内 蓄 して 麿 亡 陽 久 癪 を 與 とも にするが 如 き 皆 汗 無 からしむ 其 邪 氣 が 裏 を 行 らず 無 汗 者 邪 氣 が 表 に 在 り 腠 理 から 熏 發 すれば 則 ち 汗 出 を 爲 す 邪 氣 内 傳 外 熏 發 せざる 者 則 ち 無 汗 其 水 飲 内 畜 して 汗 無 きは 水 飲 散 じて 津 液 と 爲 す 津 液 布 ひろがり 滲 し みて 汗 を 爲 作 つく ると 爲 す 福 既 に 水 飲 内 畜 して 行 めぐ らざれば 則 ち 津 液 不 足 して 無 汗 其 陽 癪 無 汗 者 諸 陽 が 津 液 の 主 を 爲 す 陽 癪 は 則 ち 津 液 癪 少 故 に 無 汗 是 の 如 き 者 理 の 常 也 又 焉 いずく んぞ 異 を 爲 すを 得 ん 哉 や 一 或 いは ** 當 に 汗 すべきに 汗 せ ず 湯 一 劑 を 服 し 病 證 仍 在 り 三 劑 を 服 すに 至 りても 汗 せざる 者 死 症 也 又 *** 熱 病 脉 躁 盛 にして 汗 を 得 ざる 者 乱 黄 帝 謂 う 陽 脉 の 極 也 死 す 茲 この 二 者 無 汗 を 以 て 眞 病 と 爲 12

13 いず 余 残 余 す 詎 くんぞ 其 餘 の 無 汗 者 と 日 を 同 じくして 語 るべき 也 や 明 理 ( 傷 寒 明 理 論 金 成 無 己 ) * 太 陽 病 中 六 十 九 條 血 弱 気 尽 腠 理 開 邪 気 因 入 与 正 気 相 搏 結 於 脇 下 正 邪 分 争 往 来 寒 熱 休 作 有 時 黙 黙 不 欲 飲 食 臓 府 相 連 其 痛 必 下 邪 高 痛 下 故 使 嘔 也 小 柴 胡 湯 主 之 しわひだ 腠 理 汗 腺 と 皺 襞 森 田 幸 門 傷 寒 論 入 門 ** 傷 寒 例 十 七 條 凡 発 汗 温 煖 湯 薬 其 方 雖 言 三 服 若 病 劇 不 解 當 促 其 間 可 半 日 中 尽 三 服 若 与 病 相 阻 即 便 有 所 覚 病 重 者 一 日 一 夜 當 晬 時 観 之 如 服 一 剤 病 証 猶 在 故 當 復 作 本 湯 服 之 至 有 不 肯 汗 出 服 三 剤 乃 解 若 汗 不 出 者 死 病 也 一 般 に 発 汗 や 温 暖 法 湯 藥 を 用 いる 場 合 薬 は 一 日 三 回 服 用 となっていても もし 病 状 が 劇 しくて 緩 解 せぬときは 間 をつめて 服 用 し 半 日 の 中 に 三 回 分 を 飲 み 終 えるようにせねばらなぬ もし 薬 を 受 け 付 けず 病 が 重 くなっているよう に 思 ったら 丸 一 日 昼 夜 観 察 し 一 日 分 を 飲 み 尽 くしても 依 然 として 病 證 があるときはもう 一 度 藥 湯 を 作 って 飲 むがよい なかなか 汗 が 出 て 来 ないことがあっても 三 日 分 も 飲 めば 解 するものだ それでもまだ 汗 が 出 ないのは 死 病 である 龍 野 一 雄 国 語 訳 傷 寒 論 *** 霊 樞 熱 病 二 十 三 熱 病 者. 脉 尚 盛 躁. 而 不 得 汗 者. 此 陽 脉 之 極 也. 死. 八 巻 の 兼 變 諸 證 の 中 胸 脇 滿 胸 滿 治 法 見 二 兼 變 結 胸 一 傷 寒 胸 脇 滿 何 以 明 万 之 胸 脇 滿 者 謂 一 胸 脇 間 氣 塞 滿 悶 一 也 非 二 心 下 滿 者 一 也 脇 滿 者 謂 二 脇 肋 下 氣 脹 填 滿 一 也 非 二 腹 滿 者 一 也 邪 氣 自 万 表 傳 万 裏 必 先 自 二 胸 膈 一 已 次 經 二 心 脇 一 而 入 万 胃 邪 氣 入 万 胃 爲 万 入 万 府 也 是 以 胸 滿 多 帶 二 表 證 一 脇 滿 者 當 二 半 表 半 裏 證 一 也 蓋 胸 中 至 万 表 猶 近 也 及 二 脇 者 一 則 更 不 万 言 万 發 万 汗 但 和 解 而 已 大 抵 胸 脇 滿 以 下 邪 氣 初 入 万 裏 未 二 停 留 爲 一 万 實 氣 鬱 積 而 不 上 万 行 致 万 生 万 滿 也 和 解 斯 可 矣 若 邪 氣 留 二 於 胸 中 一 聚 而 爲 万 實 者 非 二 湧 吐 一 則 不 万 可 万 已 明 理 傷 寒 の 胸 脇 滿 何 を 以 てか 之 を 明 らかにせん 胸 脇 滿 者 胸 脇 間 氣 塞 滿 悶 するを 謂 う 也 心 下 滿 者 には 非 ざる 也 脇 滿 者 脇 肋 下 氣 脹 填 滿 するを 謂 う 也 腹 滿 者 に 非 ざる 也 邪 氣 が 表 自 よ すで り 裏 に 傳 わる 必 ず 先 ず 胸 膈 自 り 已 にして まもなく 次 に 心 脇 を 經 へ て 胃 に 入 る 邪 帯 氣 胃 に 入 り 府 に 入 ると 爲 す 也 是 を 以 て 胸 滿 多 く 表 證 を 帶 びる 脇 滿 者 半 表 半 裏 證 当 に 當 たる 也 蓋 し 胸 中 は 表 に 至 ること 猶 近 き 也 脇 者 に 及 べば 則 ち 更 に 汗 を 發 すると 言 * のみ わず 但 和 解 する 而 已 大 抵 胸 脇 滿 邪 氣 初 めて 裏 に 入 るも 未 だ 停 留 し 實 と 爲 さず めぐ ここ 氣 鬱 積 して 行 らざるを 以 て 滿 を 生 ずるを 致 す 也 和 解 斯 に 可 なり 矣 ** 若 し 邪 氣 が あつ 吐 法 癒 胸 中 に 留 まれば 聚 まりて 實 を 爲 す 湧 吐 に 非 ざれば 則 ち 已 えるべからず 明 理 ( 傷 寒 明 理 論 金 成 無 己 ) * 太 陽 病 中 六 十 八 條 傷 寒 五 六 日 中 風 往 来 寒 熱 胸 脇 苦 満 黙 黙 不 欲 飲 食 心 煩 喜 嘔 或 胸 中 煩 而 不 嘔 或 渇 或 腹 中 痛 或 脇 下 痞 鞕 或 心 下 悸 小 便 不 利 或 不 渇 身 微 熱 或 欬 者 与 小 柴 胡 湯 主 之 胸 脇 苦 満 胸 及 び 側 胸 部 に 物 が 充 填 したるごとく 感 じて 苦 しむこと 胸 満 と 曰 い 胸 脇 満 と 曰 うものみなこの 省 略 したもの 傷 寒 論 入 門 傷 寒 邪 氣 在 表 者 必 漬 形 以 為 汗 邪 氣 在 裏 者 必 蕩 條 以 為 利 其 於 不 外 不 内 半 表 半 裏 既 非 發 汗 之 所 宜 又 非 吐 下 之 所 對 是 當 和 解 則 可 矣 小 柴 胡 湯 為 和 解 表 裏 之 剤 也 成 無 己 傷 寒 明 理 論 13

14 傷 寒 論 攷 注 太 陽 病 中 六 十 八 條 の 解 説 に 引 用 ** 厥 陰 病 二 十 九 條 病 人 手 足 厥 冷 脈 乍 緊 者 邪 結 在 胸 中 心 下 満 而 煩 飢 不 能 食 者 病 在 胸 中 当 須 吐 之 宜 瓜 蔕 散 凡 膻 中 不 万 足 者 多 言 則 氣 怯 感 万 邪 侖 胸 膈 不 万 舒 少 與 二 枳 朴 一 反 見 二 痞 結 一 中 土 不 足 者 受 万 邪 最 易 二 動 泄 一 遂 成 二 滿 結 一 若 万 此 者 皆 未 二 嘗 悞 下 一 而 成 二 滿 結 一 也 醫 級 凡 そ * 膻 中 不 足 者 多 言 すれば 則 ち 氣 怯 おび える 邪 に 感 じて 侖 即 ち 胸 膈 舒 おだやか ならず 少 しく 枳 朴 枳 実 厚 朴 を 與 え 反 って 痞 結 を 見 あらわ すは 中 土 不 足 者 邪 を 受 け 最 も 動 泄 し 易 す く 遂 に 滿 結 と 成 る 此 の 若 如 き 者 皆 未 だ 嘗 て 悞 誤 下 せずして 滿 結 と 成 る 也 ( 醫 級 清 薫 西 園 ) * 霊 樞 海 論 第 三 十 三 膻 中 者 爲 氣 之 海 心 下 滿 凡 心 下 滿 者 正 在 二 心 之 下 胃 之 上 一 也 此 自 滿 而 非 二 下 万 之 所 一 万 致 若 下 蚤 而 致 万 滿 者 此 爲 二 痞 氣 一 凡 心 下 滿 以 万 手 按 万 之 揉 万 之 則 散 而 軟 者 此 癪 氣 也 若 按 万 之 汨 汨 有 万 聲 而 軟 者 此 有 二 停 水 一 也 若 按 万 之 鞕 痛 者 有 二 宿 食 一 也 蘊 要 凡 そ 心 下 滿 者 正 に 心 の 下 胃 の 上 に 在 る 也 此 自 ら 滿 にして 之 を 下 し 致 す 所 に 非 ず * 若 し 下 蚤 はや くして 滿 を 致 す 者 此 痞 氣 と 爲 す 凡 そ 心 下 滿 手 を 以 て 之 を 按 じて 之 を 揉 も めば 則 ち 散 じて 軟 らかい 者 此 癪 氣 也 若 し 之 を 按 じて 汨 汨 盛 んに 聲 音 有 りて 軟 らかき 者 此 停 水 有 る 也 若 し 之 を 按 じて 鞕 痛 者 宿 食 有 る 也 蘊 要 傷 寒 蘊 要 明 寞 綬 * 太 陽 病 下 二 十 二 條 傷 寒 五 六 日 嘔 而 発 熱 者 柴 胡 湯 証 具 而 以 他 薬 下 之 柴 胡 証 仍 在 者 復 与 柴 胡 湯 此 雖 已 下 之 不 為 逆 必 蒸 蒸 而 振 却 発 熱 汗 出 而 解 / 若 心 下 満 而 鞕 痛 者 此 為 結 胸 也 大 陥 胸 湯 主 之 / 但 満 而 不 痛 者 此 為 痞 柴 胡 不 中 与 之 宜 半 夏 写 心 湯 はなはだ 太 陽 病 下 三 條 病 発 於 陽 而 反 下 之 熱 入 因 作 結 胸 病 発 於 陰 而 反 下 之 因 作 痞 也 所 以 成 結 胸 者 以 下 之 太 早 故 也 太 陽 病 下 二 十 四 條 脈 浮 而 緊 而 復 下 之 緊 反 入 裏 則 作 痞 按 之 自 濡 但 気 痞 耳 脈 が 浮 で 緊 なら( 発 汗 すべき なのに) 反 対 に 下 剤 をかけ 脈 緊 (で 知 られる 寒 邪 は 外 に 出 ずに) 反 って 裏 に 陥 り 痞 を 起 こして 来 る 心 下 部 を 触 診 す るともとより 軟 らかく ただ 気 が 痞 つか えているだけのもである 龍 野 一 雄 国 語 訳 傷 寒 論 腹 滿 傷 寒 腹 滿 何 以 明 万 之 腹 滿 者 俗 謂 二 之 肚 脹 一 是 也 華 佗 曰 傷 寒 一 日 在 万 皮 二 日 在 万 膚 三 日 在 万 肌 四 日 在 万 胸 五 日 在 万 腹 六 日 入 万 胃 入 万 胃 謂 万 入 万 府 也 是 在 万 腹 也 猶 未 二 全 入 一 万 裏 者 雖 三 腹 滿 爲 二 裏 證 一 故 亦 有 二 淺 深 之 別 一 經 曰 表 已 解 而 内 不 万 消 非 二 大 滿 一 猶 生 二 寒 熱 一 則 病 不 万 除 是 其 未 二 全 入 一 万 府 若 大 滿 大 實 堅 有 二 燥 屎 一 自 可 三 除 二 下 之 一 雖 二 四 五 日 一 不 万 能 万 爲 万 禍 謂 二 之 邪 氣 已 入 一 万 府 也 傷 寒 邪 入 万 腹 是 裏 證 已 深 故 腹 滿 乃 可 万 下 万 之 者 多 矣 雖 万 曰 四 腹 中 滿 痛 者 是 爲 万 實 也 當 三 下 二 去 之 一 然 腹 滿 不 万 減 者 則 爲 万 實 也 若 腹 滿 時 減 者 又 爲 癪 也 則 不 万 可 万 下 經 曰 腹 滿 不 万 減 減 不 万 足 万 言 當 万 下 万 之 金 匱 要 略 曰 腹 滿 時 減 復 如 万 故 是 癪 寒 從 万 下 上 也 當 下 以 二 皿 薬 一 和 上 万 之 蓋 癪 氣 留 滯 亦 爲 万 之 脹 但 比 二 之 實 者 一 不 万 至 二 堅 痛 一 也 大 抵 腹 滿 属 二 太 陰 證 一 14

15 也 陽 熱 爲 万 邪 者 則 腹 滿 而 咽 乾 陰 寒 爲 万 邪 者 則 腹 滿 而 吐 食 不 万 下 自 利 益 甚 時 腹 自 痛 太 陰 者 脾 土 也 治 二 中 央 一 故 專 主 二 腹 滿 之 候 一 又 發 汗 吐 下 之 後 因 而 成 二 腹 滿 一 者 皆 邪 氣 乘 万 癪 内 客 爲 万 之 而 所 万 主 又 各 不 万 同 原 此 辨 二 厚 朴 生 薑 甘 草 半 夏 人 參 湯 調 胃 承 氣 湯 梔 子 厚 朴 湯 三 方 所 万 主 腹 滿 之 異 一 文 繁 不 万 録 凡 爲 万 醫 者 要 万 識 二 邪 氣 所 万 起 所 一 万 在 審 二 其 所 一 万 起 知 二 邪 氣 之 由 來 一 觀 二 其 所 一 万 在 知 二 邪 氣 之 癪 實 一 發 汗 吐 下 之 不 万 差 皿 補 針 艾 之 適 當 則 十 全 之 功 自 可 万 得 也 明 理 傷 寒 の 腹 滿 何 を 以 てか 之 を 明 らかにせん 腹 滿 者 俗 に 之 を 肚 はら 脹 と 謂 う 是 也 * 華 佗 曰 く 傷 寒 一 日 皮 に 在 り 二 日 膚 に 在 り 三 日 肌 肌 肉 に 在 り 四 日 胸 に 在 り 五 日 腹 に 在 り 六 日 胃 に 入 ると 胃 に 入 るを 府 に 入 ると 謂 う 也 是 腹 に 在 る 也 は 猶 未 だ 全 ては 裏 に 入 らざる 者 のごとし 腹 滿 は 裏 證 を 爲 すと 雖 も 故 もと より 亦 淺 深 の 別 有 り ** 經 曰 く 表 已 に 解 して 内 に 消 解 せず 大 滿 に 非 ず 猶 寒 熱 を 生 じるがごときは 則 ち 病 除 かれず 是 其 未 だ 全 て 府 に 入 らず 若 し 大 滿 大 實 堅 燥 屎 有 り 自 から 下 し 之 を 除 くべし 四 五 日 と 雖 も 禍 を 爲 す 能 わずと 之 れ 邪 氣 已 に 府 に 入 るを 謂 う 也 傷 寒 邪 腹 に 入 る 是 裏 證 已 に 深 い 故 に 腹 滿 乃 ち 之 を 下 すべき 者 多 き 矣 腹 中 滿 痛 者 是 實 と 爲 す 也 當 に 之 を 下 去 す べしと 曰 うと 雖 も 然 り 腹 滿 減 ぜざる 者 則 ち 實 と 爲 す 也 若 し 腹 滿 時 に 減 ずる 者 又 癪 と 爲 す 也 則 ち 下 すべからず *** 經 曰 く 腹 滿 減 ぜず 減 じるも 言 うに 足 らず 當 に 之 を 下 すべし **** 金 匱 要 略 曰 く 腹 滿 時 減 復 故 の 如 し 是 癪 寒 が 下 從 よ り 上 る 也 當 に 皿 温 薬 を 以 て 之 を 和 すべし 蓋 し ***** 癪 氣 留 滯 滞 亦 之 が 爲 に 脹 る 但 之 を 實 者 に 比 べ 堅 痛 に 至 らず 也 は ****** 大 抵 腹 滿 太 陰 證 に 属 す 也 陽 熱 が 邪 と 爲 る 者 なれば 則 ち 腹 滿 して 咽 乾 陰 寒 が 邪 と 爲 なる 者 なれば 則 ち 腹 滿 して 吐 食 下 らず 自 利 益 甚 だしく 時 腹 自 痛 太 陰 者 脾 土 也 中 央 を 治 す 故 に 專 ら 腹 滿 の 候 を 主 とす 又 發 汗 吐 下 の 後 因 って 而 しか して 腹 滿 と 成 る 者 皆 邪 氣 が 癪 に 乘 じ 内 に 客 し 之 を 爲 す 主 る 所 又 各 同 じか らず 原 此 厚 朴 生 薑 甘 草 半 夏 人 參 湯 太 陽 病 中 三 十 六 條 発 汗 後 腹 張 満 者 厚 朴 生 薑 甘 草 半 夏 人 參 湯 主 之 調 胃 承 氣 湯 区 別 ごたごたしている 梔 子 厚 朴 湯 三 方 主 る 所 腹 滿 の 異 を 辨 ず 文 繁 録 せず 凡 そ 醫 爲 たる 者 邪 氣 が 起 る 所 在 る 所 を 識 し るを 要 す 其 の 起 る 所 を 審 つまび らかにし 邪 氣 の 由 來 を 知 り 其 の 在 る 所 を 觀 み て 邪 氣 の 癪 實 を 知 り 發 汗 吐 下 の 差 いえ ざるは 皿 温 補 針 艾 灸 の 適 當 あてはまる なれば 則 ち 十 全 十 分 の 功 はたらき 自 ら 得 るべし 也 明 理 ( 傷 寒 明 理 論 金 成 無 己 ) * 備 急 千 金 要 方 巻 九 傷 寒 例 第 一 華 佗 曰 夫 傷 寒 始 得 一 日 在 皮 ** 傷 寒 例 十 四 條 凡 傷 寒 之 病 多 従 風 寒 得 之 始 表 中 風 寒 入 裏 則 不 消 矣 未 有 温 覆 而 當 不 消 散 者 不 在 証 治 擬 欲 攻 之 猶 當 先 解 表 乃 可 下 之 若 表 已 解 而 内 不 消 非 大 満 猶 生 寒 熱 則 病 不 除 若 表 已 解 而 内 不 消 大 満 大 実 堅 有 燥 屎 自 可 除 下 之 雖 四 五 日 不 能 為 禍 也 若 不 宜 下 而 便 攻 之 内 熱 入 協 熱 遂 利 煩 躁 諸 変 不 可 勝 数 軽 者 困 篤 重 者 必 死 矣 もし 表 証 がすでに 取 れてしかも 内 の 容 態 が 取 れず 腹 が 大 変 に 張 るほどではないが それで もなお 悪 寒 発 熱 を 起 こすのは 病 が 取 り 切 れていなのだ もし 既 に 表 証 が 取 れて しかも 内 の 容 態 が 取 れずに 腹 が 大 いに 張 り 実 して 堅 く 乾 いた 大 便 があれば 下 して 此 を 取 り 除 くのは 自 ら 明 らかなことだ たとえ4,5 日 過 ぎた 後 でも 悪 くは ない 龍 野 一 雄 国 語 訳 傷 寒 論 *** 陽 明 病 七 十 三 條 腹 満 不 減 減 不 足 言 当 下 之 宜 大 承 気 湯 15

16 **** 金 匱 腹 滿 寒 疝 宿 食 病 十 趺 陽 脉 微 弦. 法 當 腹 滿. 不 滿 者 必 便 難. 兩 胠 疼 痛. 此 寒 從 下 上 也. 以 温 藥 服 之. 病 者 腹 滿. 按 之 不 痛 爲. 痛 者 爲 實. 可 下 之. 舌 黄 未 下 者. 下 之 黄 自 去. 腹 滿 時 減. 復 如 故. 此 爲 寒. 當 與 温 藥. ***** 氣 厥 陰 病 四 十 條 下 利 後 更 煩 按 之 心 下 濡 者 為 煩 也 宜 梔 子 豉 湯 金 匱 同 第 十 脇 下 偏 痛 発 熱 其 脉 緊 弦 此 寒 也 以 温 藥 下 之 宜 大 黄 附 子 湯 案 ずるに 厥 陰 下 利 後 更 煩 は 下 利 前 已 に 心 中 疼 熱 厥 一 有 り 疼 熱 即 ち 疼 煩 也 今 下 利 止 む 後 又 發 煩 する 故 に 更 と 云 う 也 何 を 以 って 煩 を 發 せんや 下 利 後 胃 中 す 氣 上 逆 して 心 下 に 至 り 水 飲 餘 熱 と 相 合 以 って 心 家 に 迫 る 故 に 煩 する 醫 其 按 ずるに 心 下 軟 弱 にして 堅 硬 ならず 其 煩 為 るを 知 るべき 也 梔 子 豉 湯 を 用 い 以 って 心 下 の 煩 熱 を 解 すれば 則 ち 其 水 飲 或 いは 上 湧 して 吐 出 者 有 り 一 快 吐 を 得 れば 則 ち 愈 ゆ 若 し 吐 を 得 ざる 者 亦 餘 熱 清 解 四 散 す れば 則 ち 汗 尿 を 得 て 愈 ゆ 必 竟 發 煩 者 應 に 胃 陽 内 旺 有 りて 然 か くのごとしを 知 るべし と 云 うと 雖 も 未 だ 寒 脱 の 甚 しきには 至 らず 也 柯 氏 煩 は 実 熱 に 対 して 言 い 是 空 の 是 弱 の にあらずと 曰 う 非 是 也 傷 寒 論 攷 注 氣 病 理 的 な 気 の 変 動 漢 方 用 語 大 辞 典 大 便 不 通 ****** 太 陰 病 七 條 本 太 陽 病 医 反 下 之 因 爾 腹 満 時 痛 者 属 太 陰 也 桂 枝 加 芍 薬 湯 主 之 大 実 痛 者 桂 枝 加 大 黄 湯 主 之 表 邪 未 罷 醫 下 之 邪 因 乗 傳 於 太 陰 裏 氣 不 和 故 腹 満 時 痛 與 桂 枝 湯 以 解 表 加 芍 薬 以 和 裏 大 実 大 満 自 可 除 下 之 故 加 大 黄 以 下 大 実 成 無 己 注 解 傷 寒 論 傷 寒 少 腹 滿 者 何 以 明 万 之 少 腹 滿 者 臍 下 滿 也 少 腹 者 下 焦 所 万 治 盟 經 曰 下 焦 者 當 二 膀 胱 上 口 一 主 三 分 二 別 清 濁 一 其 治 在 二 臍 下 一 邪 氣 自 万 上 而 下 至 二 於 下 焦 一 結 而 不 万 利 故 少 腹 滿 也 胸 中 滿 心 下 滿 皆 氣 爾 侖 無 万 物 也 及 二 腹 滿 者 一 又 有 二 燥 屎 爲 万 之 者 一 至 二 少 腹 滿 者 一 非 二 止 氣 一 也 必 有 万 物 聚 二 於 此 一 而 爲 万 之 滿 爾 所 万 謂 物 者 溺 與 万 血 爾 邪 氣 聚 二 於 下 焦 一 則 津 液 不 万 得 万 通 血 氣 不 万 得 万 行 或 溺 或 血 留 二 滯 於 下 一 是 生 二 脹 滿 一 而 鞕 痛 也 若 從 二 心 下 一 至 二 少 腹 一 皆 鞕 滿 而 痛 者 是 邪 實 也 須 二 大 陷 胸 湯 下 一 万 之 若 但 少 腹 鞕 滿 而 痛 小 便 利 者 則 是 畜 血 之 證 小 便 不 万 利 者 則 是 溺 澀 之 證 滲 万 之 利 万 之 參 酌 隨 万 宜 可 万 爲 二 上 工 一 同 上 傷 寒 の 少 腹 滿 者 何 を 以 てか 之 を 明 らかにせん 少 腹 滿 者 臍 下 滿 也 少 腹 者 下 焦 が 治 おさ める 所 盟 難 經 曰 く 下 焦 者 膀 胱 上 口 に 當 当 たり 清 濁 を 分 別 するを 主 る 其 治 は 臍 下 に 在 り 邪 氣 が 上 自 よ り 下 がり 下 焦 に 至 る 結 して 利 せず 故 に 少 腹 滿 する 也 胸 中 滿 心 下 滿 皆 氣 爾 のみ 侖 即 ち 物 無 き 也 腹 滿 者 に 及 ぶに 又 燥 屎 之 れ 爲 す 者 有 り * 少 腹 滿 者 に 至 るは 止 ただ 氣 に 非 ず 也 必 ず 物 有 り 此 の 処 に 聚 あつ まりて 之 が 爲 に 滿 する 爾 のみ 謂 う 所 の 物 なる 者 溺 尿 と 血 爾 のみ 邪 氣 が 下 焦 に 聚 あつ まれば 則 ち 津 液 通 ずるを 得 ず 血 氣 行 めぐ るを 得 ず 或 いは 溺 或 いは 血 下 に 留 滯 是 れ 脹 滿 を 生 じて 鞕 痛 する 也 若 し 心 下 從 よ り 少 腹 に 至 れば 皆 鞕 滿 して 痛 む 者 是 邪 實 也 須 すべから く ** 大 陥 陷 胸 湯 で 之 を 下 すべし 若 し 但 *** 少 腹 鞕 滿 して 痛 み 小 便 利 する 者 則 ち 是 畜 血 の 證 **** 小 便 不 利 者 則 ち 是 溺 澀 澁 渋 の 證 之 を 滲 にじ まし 之 を 利 する 參 酌 斟 酌 して 宜 しきに 隨 随 したが うは ***** 上 工 と 爲 すべし 同 上 ( 傷 寒 明 理 論 金 成 無 己 ) 16

17 * 太 陽 病 中 八 十 條 太 陽 病 不 解 熱 結 膀 胱 其 人 如 狂 血 自 下 下 者 癒 其 外 不 解 者 尚 未 可 攻 当 先 解 外 外 解 已 但 少 腹 急 結 者 乃 可 攻 之 宜 桃 核 承 気 湯 ** 太 陽 病 下 十 條 太 陽 病 重 発 汗 而 復 下 之 不 大 便 五 六 日 舌 上 燥 而 渇 日 晡 所 小 有 潮 熱 従 心 下 至 少 腹 硬 満 而 痛 不 可 近 者 大 陥 胸 湯 主 之 *** 太 陽 病 中 九 十 九 條 太 陽 病 六 七 日 表 証 仍 在 脈 微 而 沈 反 不 結 胸 其 人 発 狂 者 以 熱 在 下 焦 少 腹 当 鞕 満 小 便 自 利 者 下 血 乃 癒 所 以 然 者 以 太 陽 随 経 瘀 熱 在 裏 故 也 抵 当 湯 主 之 **** 太 陽 病 中 十 條 傷 寒 表 不 解 心 下 有 水 気 乾 嘔 発 熱 而 欬 或 渇 或 利 或 噎 或 小 便 不 利 少 腹 満 或 喘 者 小 青 龍 湯 主 之 加 減 法 若 渇 去 半 夏 加 栝 樓 根 三 両 若 微 利 去 麻 黄 加 蕘 花 如 一 鶏 子 熬 令 赤 色 若 噎 者 去 麻 黄 加 附 子 一 枚 炮 若 小 便 不 利 少 腹 満 者 去 麻 黄 加 茯 苓 四 両 若 喘 去 麻 黄 加 杏 仁 半 升 去 皮 尖 且 蕘 花 不 治 利 麻 黄 主 喘 ***** 霊 樞 逆 順 五 十 五 上 工 治 未 病. 不 治 已 病 素 問 四 氣 調 神 大 論 二 從 陰 陽 則 生. 逆 之 則 死. 從 之 則 治. 逆 之 則 亂. 反 順 爲 逆. 是 謂 内 格. 是 故 聖 人 不 治 已 病. 治 未 病. 不 治 已 亂. 治 未 亂. 此 之 謂 也. 夫 病 已 成 而 後 藥 之. 亂 已 成 而 後 治 之. 譬 猶 渇 而 穿 井. 鬪 而 鑄 錐. 不 亦 晩 乎. 凡 腹 滿 者 腹 中 脹 滿 也 若 以 万 手 按 万 之 堅 鞕 而 痛 不 万 可 万 按 者 爲 万 實 可 万 按 可 万 揉 内 軟 者 癪 也 蘊 要 凡 そ 腹 滿 者 腹 中 脹 滿 也 若 し 手 を 以 て 之 を 按 ずるに 堅 鞕 にして 痛 み 按 ずるべからざ る 者 實 と 爲 す 按 ずる 可 揉 む 可 内 軟 らかき 者 癪 也 蘊 要 ( 傷 寒 蘊 要 明 寞 綬 ) 結 胸 從 二 心 下 一 起 至 二 少 腹 一 鞕 滿 而 痛 與 二 腹 滿 一 類 也 然 結 胸 按 万 之 則 痛 手 不 万 可 万 近 腹 痛 舉 按 常 痛 手 近 不 万 甚 也 又 痞 亦 從 二 心 下 一 起 至 二 少 腹 一 亦 與 万 滿 類 也 然 痞 或 止 留 二 心 下 一 腹 滿 但 在 二 腹 之 中 一 也 有 万 此 爲 万 異 隨 万 證 宜 万 審 準 縄 * 結 胸 心 下 從 よ 似 たもの り 起 り 少 腹 に 至 り 鞕 滿 して 痛 む 腹 滿 と 類 也 然 れども 結 胸 之 を みな 按 ずれば 則 ち 痛 む 手 近 づくべからず 腹 痛 舉 按 ずるに 常 に 痛 めども 手 近 づけて 甚 だ しからず 也 又 痞 亦 心 下 從 よ ただ り 起 り 少 腹 に 至 る 亦 滿 と 類 也 然 れども 痞 或 いは 止 心 下 に つまびら 留 まる 腹 滿 は 但 腹 の 中 に 在 る 也 此 れ 有 り 異 を 爲 す 證 に 隨 い 宜 しく 審 かにすべし 準 縄 ( 傷 寒 準 繩 明 王 肯 堂 ) * 太 陽 病 下 八 條 傷 寒 六 七 日 結 胸 熱 実 脈 沈 而 緊 心 下 痛 按 之 石 鞕 者 大 陥 胸 湯 主 之 太 陽 病 下 十 條 太 陽 病 重 発 汗 而 復 下 之 不 大 便 五 六 日 舌 上 燥 而 渇 日 晡 所 小 有 潮 熱 従 心 下 至 少 腹 硬 満 而 痛 不 可 近 者 大 陥 胸 湯 主 之 痛 不 可 近 者 手 を 触 れることが 出 来 ないほどに 痛 む 傷 寒 論 入 門 太 陽 病 下 二 十 二 條 傷 寒 五 六 日 嘔 而 発 熱 者 柴 胡 湯 証 具 而 以 他 薬 下 之 柴 胡 証 仍 在 者 復 与 柴 胡 湯 此 雖 已 下 之 不 為 逆 必 蒸 蒸 而 振 却 発 熱 汗 出 而 解 若 心 下 満 而 鞕 痛 者 此 為 結 胸 也 大 陥 胸 湯 主 之 但 満 而 不 痛 者 此 為 痞 柴 胡 不 中 与 之 宜 半 夏 写 心 湯 腹 痛 邪 氣 入 万 裏 與 二 正 氣 一 相 搏 則 爲 二 腹 痛 一 蓋 陽 邪 傳 万 裏 而 痛 者 其 痛 不 万 常 陰 寒 在 万 内 而 痛 者 則 痛 無 二 休 時 一 欲 万 作 万 痢 也 當 下 以 二 熱 藥 一 皿 上 万 之 有 二 燥 屎 宿 食 爲 万 痛 一 者 則 煩 而 不 二 大 便 一 腹 滿 而 痛 也 則 後 用 万 下 六 書 * 相 抗 争 邪 氣 が 裏 に 入 り 正 氣 と 相 搏 てば 則 ち 腹 痛 を 爲 す 蓋 し ** 伝 陽 邪 が 裏 に 傳 わりて 痛 む 者 其 痛 常 ならず 陰 寒 が 内 に 在 りて 痛 む 者 則 ち 痛 に 休 時 無 く 痢 を 作 な さんと 欲 す 17

18 也 當 に 熱 藥 を 以 て 之 を 皿 温 めるべし *** 燥 屎 宿 食 に 痛 を 爲 す 者 有 れば 則 ち 煩 して 大 便 せず 腹 滿 して 痛 む 也 則 ち 後 に 下 を 用 いる 六 書 ( 傷 寒 六 書 明 陶 蕐 ) * 太 陽 病 中 六 十 九 條 血 弱 気 尽 腠 理 開 邪 気 因 入 与 正 気 相 搏 結 於 脇 下 正 邪 分 争 往 来 寒 熱 休 作 有 時 黙 黙 不 欲 飲 食 臓 府 相 連 其 痛 必 下 邪 高 痛 下 故 使 嘔 也 小 柴 胡 湯 主 之 ** 陽 邪 風 燥 火 は その 疾 病 が 陽 熱 証 候 を 呈 しやすいし また 津 陰 を 傷 りやすいので 陽 邪 と 呼 ばれる 漢 方 用 語 大 辞 典 *** 陽 明 病 五 十 九 條 大 下 後 六 七 日 不 大 便 煩 不 解 腹 満 痛 者 此 有 燥 屎 也 所 以 然 者 本 有 宿 食 故 也 宜 大 承 気 湯 凡 傷 寒 腹 痛 者 必 須 下 驗 二 其 寒 熱 一 下 上 万 藥 若 初 得 万 病 身 熱 後 加 以 二 口 乾 喜 飲 万 冷 大 便 閉 小 便 赤 躁 煩 脉 滑 數 一 此 有 二 宿 糞 一 盟 經 曰 痛 爲 万 實 仲 景 論 二 時 滿 時 痛 之 症 一 有 万 曰 三 痛 甚 者 加 二 大 乱 一 意 可 万 見 也 若 初 得 万 病 身 冷 厥 逆 脉 來 沈 細 冷 汗 自 出 者 方 是 陰 證 雖 万 宜 二 熱 藥 一 亦 須 下 消 二 息 輕 重 一 而 用 上 万 之 明 條 凡 そ 傷 寒 の 腹 痛 者 必 ず 須 すべか らく 其 寒 熱 を 驗 しらべ て 藥 を 下 出 すべし 若 し 初 め 病 を 得 て 身 熱 後 加 えるに 口 乾 喜 んで 冷 を 飲 み 大 便 閉 小 便 赤 躁 煩 脉 滑 數 を 以 てする 此 宿 糞 有 り 盟 難 經 曰 く 痛 は 實 と 爲 す * 仲 景 腹 滿 時 痛 の 症 を 論 じ 痛 甚 だしき 者 大 乱 黄 を 加 え ると 曰 う 有 り 意 かんがえ 見 るべき 也 若 し 初 め 病 を 得 て 身 冷 厥 逆 脉 來 沈 細 冷 汗 自 出 者 方 まさ に 是 陰 證 熱 藥 に 宜 しきと 雖 も 亦 須 らく 輕 重 を 消 息 して 之 を 用 いるべし 明 條 ( 傷 寒 證 治 明 條 明 王 震 ) よって 間 歇 的 * 太 陰 病 七 條 本 太 陽 病 医 反 下 之 因 爾 腹 満 時 痛 者 属 太 陰 也 桂 枝 加 芍 薬 湯 主 之 大 実 痛 者 桂 枝 加 大 黄 湯 主 之 大 実 大 便 の 通 ぜざること 傷 寒 論 入 門 腹 痛 不 万 可 万 按 不 万 可 万 揉 者 實 也 可 万 按 可 万 揉 者 癪 也 時 痛 時 止 者 實 也 痛 無 二 休 息 一 者 癪 也 凡 陽 邪 傳 万 裏 裏 氣 作 万 實 腹 脹 大 便 硬 者 實 也 陰 邪 傳 万 裏 裏 氣 停 寒 腹 軟 泄 瀉 者 癪 也 脉 來 滑 大 有 万 力 者 實 也 弦 細 無 万 力 者 癪 也 又 當 下 分 二 大 小 少 三 腹 一 而 治 上 万 之 若 大 腹 痛 者 侖 心 腹 而 有 二 寒 邪 食 積 一 也 小 腹 痛 者 侖 臍 腹 而 有 二 邪 熱 燥 屎 糞 一 也 少 腹 痛 者 侖 臍 以 下 而 有 二 瘀 血 結 溺 一 也 各 從 二 其 寒 熱 癪 實 一 而 治 熱 者 清 万 之 寒 者 皿 万 之 實 者 下 万 之 癪 者 補 万 之 活 人 書 云 傷 寒 腹 痛 當 下 分 二 四 症 一 而 治 上 此 其 法 也 同 上 案 此 分 二 三 腹 一 未 知 二 何 出 一 原 更 配 二 之 三 陰 一 最 属 二 牽 強 一 不 万 録 * 腹 痛 按 ずるべからず 揉 も むべからざる 者 實 也 按 ずべき 揉 むべきざる 者 癪 也 時 痛 時 止 者 實 也 痛 に 休 息 無 き 者 癪 也 凡 そ 陽 邪 が 裏 に 傳 伝 わり 裏 氣 が 實 を 作 な す 腹 脹 大 便 硬 き 者 實 也 陰 邪 が 裏 に 傳 わり 裏 氣 寒 に 停 とどま り 腹 軟 泄 瀉 水 様 便 者 癪 也 脉 來 ること 滑 大 で 力 有 る 者 實 也 弦 細 で 力 無 き 者 癪 也 又 當 に 大 小 少 の 三 腹 を 分 けて 之 を 治 すべし 若 し 大 腹 痛 者 侖 即 ち 心 腹 胸 腹 部 にして 寒 邪 食 積 有 る 也 小 腹 痛 者 侖 即 ち 臍 腹 にして 邪 熱 燥 屎 糞 有 る 也 少 腹 痛 者 侖 即 ち 臍 以 下 にして 瘀 血 結 溺 有 る 也 各 其 の 寒 熱 癪 實 に 從 りて 治 す 熱 者 之 を 清 清 熱 し 寒 者 之 を 皿 温 め 實 者 之 を 下 し 癪 者 之 を 補 う 活 人 書 云 う 傷 寒 腹 痛 當 に 四 症 に 分 けて 治 すべし 此 其 法 也 同 上 ( 傷 寒 證 治 明 條 明 王 震 ) 案 ずるに 此 の 三 腹 に 分 ける 未 だ 何 に 出 記 してある るかを 知 らず 原 更 に 之 に 三 陰 を 配 す 最 も 牽 18

19 ケンキョウ 自 分 の 都 のいいように 無 理 強 にこじつける に 属 す 録 せず * 太 陽 病 下 十 條 太 陽 病 重 発 汗 而 復 下 之 不 大 便 五 六 日 舌 上 燥 而 渇 日 晡 所 小 有 潮 熱 従 心 下 至 少 腹 硬 満 而 痛 不 可 近 者 大 陥 胸 湯 主 之 手 を 触 れることが 出 来 ないほどに 痛 む 傷 寒 論 入 門 亦 有 下 癪 寒 之 人 患 二 腹 痛 一 服 二 皿 補 藥 一 而 相 安 時 止 時 作 痛 仍 不 万 解 甚 則 利 中 清 水 或 白 沫 上 此 癪 中 有 万 實 或 先 有 二 宿 食 一 在 万 腸 不 二 曾 去 一 或 病 中 腸 胃 癪 不 万 能 二 運 化 一 所 万 食 之 物 停 二 于 腸 中 一 侖 一 二 塊 宿 糞 亦 能 作 万 楚 宜 下 用 二 皿 補 藥 一 煎 好 去 万 渣 入 中 大 乱 一 錢 上 不 二 甚 癪 一 者 可 万 加 二 一 錢 五 分 一 四 五 沸 服 万 之 宿 食 自 下 正 氣 不 万 傷 而 病 隨 愈 此 屢 試 屢 験 之 妙 法 也 緒 論 温 亦 癪 寒 の 人 が 腹 痛 を 患 い 皿 補 藥 を 服 して 相 安 じ 時 止 時 作 痛 仍 解 せず 甚 だしけ れば 則 ち 清 水 或 いは 白 沫 を 利 する 有 り 此 癪 中 に 實 有 り 或 いは 先 ず 宿 食 有 り 腸 に 在 曽 とど って 曾 て 去 らず 或 いは 病 中 腸 胃 癪 運 化 能 わず 食 する 所 の 物 腸 中 に 停 まる 侖 即 苦 痛 温 かす ち 一 二 塊 の 宿 糞 亦 能 く 楚 を 作 す 宜 しく 皿 補 藥 を 用 い 煎 じて 好 く 渣 を 去 り 大 黄 乱 一 錢 を 入 れるべし 甚 だしく 癪 せざる 者 一 錢 五 分 を 加 えるべし 四 五 沸 で 之 を 服 したが しばしば 効 験 す 宿 食 自 ら 下 り 正 氣 傷 れずして 病 隨 って 愈 ゆ 此 屢 試 屢 験 の 妙 法 也 緒 論 ( 傷 寒 緒 論 清 張 路 ) 渇 攻 當 万 參 二 雑 載 攻 與 万 水 法 一 ( 當 に 傷 寒 廣 要 最 後 の 雑 載 の 攻 し 水 を 與 える 法 を 參 すべし) 凡 攻 問 二 其 所 万 飲 欲 万 冷 欲 万 熱 欲 万 多 欲 一 万 少 若 飲 多 而 欲 万 冷 者 陽 攻 也 更 須 万 審 三 其 有 二 何 證 在 一 万 經 也 陰 亦 有 二 自 利 而 攻 一 但 陰 有 万 攻 古 人 多 用 二 冷 劑 一 以 三 其 皆 挾 二 陽 氣 一 耳 然 亦 有 下 下 利 清 穀 不 万 係 二 熱 利 一 純 是 陰 證 而 反 見 万 攻 者 上 此 是 陰 在 万 下 隔 二 陽 於 上 一 兼 因 二 泄 瀉 一 津 液 福 去 枯 燥 而 攻 其 人 雖 万 引 万 飲 所 万 飲 自 少 而 常 喜 万 皿 不 万 可 投 二 冷 劑 一 要 訣 渇 凡 そ 攻 は 其 の 飲 む 所 冷 を 欲 するか 熱 を 欲 するか 多 く 欲 するか 少 なく 欲 するかを 問 渇 すべか つま う 若 し 飲 多 くして 冷 を 欲 する 者 陽 攻 也 更 に 須 らく 其 の 何 證 が 經 に 在 るかを 審 び 渇 渇 らかにするべし 也 陰 亦 自 利 して 攻 する 有 り 但 し 陰 に 攻 有 るには 古 人 多 く 冷 劑 を 用 * いる 其 皆 陽 氣 を 挾 むを 以 てする 耳 然 れども 亦 下 利 清 穀 熱 利 に 係 わらず 純 是 陰 證 に 渇 して 反 って 攻 を 見 る 者 有 り 此 是 陰 が 下 に 在 り 陽 が 上 に 隔 する 兼 ねるに 泄 瀉 に 因 る 既 渇 温 津 液 福 に 去 り 枯 燥 にして 攻 其 人 飲 を 引 くと 雖 も 飲 む 所 自 ら 少 にして 常 に 皿 を 喜 ぶ 冷 劑 を 投 ずるべからず 要 訣 ( 證 治 要 訣 明 戴 原 禮 ) * 陽 明 病 四 十 四 條 脈 浮 而 遅 表 熱 裏 寒 下 利 清 穀 者 四 逆 湯 主 之 病 人 有 二 實 熱 而 攻 者 一 有 二 氣 癪 自 汗 過 多 或 速 發 万 汗 津 液 頓 麿 而 攻 者 一 名 曰 二 血 竭 一 治 法 不 万 同 假 令 血 熱 發 万 攻 外 症 四 肢 有 万 熱 小 便 赤 澀 癪 實 辨 疑 渇 誤 にわかに 亡 病 人 實 熱 にして 攻 者 有 り 氣 癪 自 汗 過 多 或 いは 速 って 發 汗 津 液 頓 麿 いて 渇 つきる もしも 渇 攻 する 者 有 り 名 づけて 血 竭 と 曰 う 治 法 同 じからず 假 令 血 熱 で 攻 を 發 するな 渋 らば 外 症 四 肢 熱 有 り 小 便 赤 澀 癪 實 辨 疑 ( 癪 實 辨 疑 明 闕 名 ) 劉 氏 曰 大 抵 陰 癪 煩 躁 發 万 攻 不 万 能 万 飲 万 水 或 有 二 勉 強 飲 下 良 久 復 吐 出 或 飲 万 水 而 嘔 或 噦 逆 者 一 皆 内 寒 也 豈 無 万 根 失 万 守 之 火 遊 二 于 咽 嗌 之 間 一 假 作 二 躁 攻 一 則 不 万 19

20 飲 万 水 也 或 爲 二 能 飲 不 万 吐 復 欲 万 飲 者 一 熱 也 選 録 渇 せいを 出 して 努 める 劉 氏 曰 く 大 抵 陰 癪 煩 躁 し 攻 を 發 するも 水 を 飲 む 能 わず 或 いは 勉 強 だいぶしてから * 飲 下 良 久 復 吐 出 或 いは 飲 水 して 嘔 する 或 いは 噦 逆 者 有 り 皆 内 寒 也 豈 のぞ 渇 為 無 根 失 守 の 火 咽 嗌 の 間 に 遊 ぶ 假 に 躁 攻 を 作 せば 則 ち 水 を 飲 まざる 也 或 い 能 く 飲 み 吐 せず 復 た 飲 を 欲 する 者 と 爲 すは 熱 也 選 録 ( 傷 寒 選 録 明 汪 機 ) * 少 陰 病 三 十 七 條 少 陰 病 下 利 清 穀 裏 寒 外 熱 手 足 厥 逆 脈 微 欲 絶 身 反 不 悪 寒 其 人 面 色 赤 或 腹 痛 或 乾 嘔 或 咽 痛 或 利 止 脈 不 出 者 通 脈 四 逆 湯 主 之 武 陵 陳 氏 云 裏 寒 外 熱 者 寒 甚 於 裏 有 陰 無 陽 而 無 根 失 守 之 火 浮 越 於 外 也 與 通 脈 四 逆 湯 以 温 裏 散 寒 傷 寒 論 辨 證 廣 註 清 汪 琥 傷 寒 論 攷 注 有 下 一 等 中 氣 癪 寒 寒 水 泛 上 逼 二 其 浮 遊 之 火 於 喉 口 舌 之 間 一 者 上 攻 欲 万 引 万 飲 但 飲 万 水 不 万 過 二 一 二 口 一 侖 厭 少 頃 復 攻 飲 亦 不 万 過 万 若 万 此 蓋 上 焦 一 段 欲 万 得 万 水 救 至 一 中 焦 一 則 以 万 水 見 万 水 正 其 所 万 惡 也 西 塘 感 症 中 焦 ( 脾 胃 )の 氣 うかぶ せま 一 等 中 氣 癪 寒 寒 水 泛 上 其 浮 遊 の 火 喉 口 舌 の 間 に 逼 る 者 有 り 攻 渇 即 いや しばらく して 飲 を 引 かんと 欲 す 但 水 を 飲 むに 一 二 口 を 過 ぎずして 侖 ち 厭 がる 少 頃 し 渇 如 て 復 攻 す 飲 亦 此 の 若 きを 過 ぎず 蓋 し 上 焦 一 段 と 水 を 得 んと 欲 す 救 中 焦 に 至 れば 則 ち 水 を 以 て 水 を 見 る 正 に 其 惡 む 所 也 西 塘 感 症 ( 西 塘 感 症 清 董 廃 翁 楊 乘 六 評 ) 煩 躁 煩 如 万 狂 見 二 陽 明 病 一 陰 極 發 万 躁 見 二 少 陰 病 一 傷 寒 煩 躁 何 以 明 万 之 煩 爲 二 擾 擾 而 煩 一 躁 爲 二 憤 躁 之 躁 一 合 而 言 万 之 煩 躁 爲 万 熱 也 析 而 言 万 之 煩 也 躁 也 有 二 陰 陽 之 別 一 焉 煩 陽 也 躁 陰 也 煩 爲 二 熱 之 輕 者 一 躁 爲 二 熱 之 甚 者 一 經 有 二 煩 疼 煩 滿 煩 攻 癪 煩 一 皆 以 万 煩 爲 万 熱 也 有 二 不 万 煩 而 躁 者 一 爲 三 怫 怫 然 便 作 二 躁 悶 一 此 爲 二 陰 盛 隔 一 万 陽 也 雖 下 大 躁 欲 中 於 二 泥 水 中 一 臥 上 但 飲 万 水 不 万 得 万 入 万 口 者 是 矣 所 万 謂 煩 躁 者 謂 二 先 煩 漸 至 一 万 躁 也 所 万 謂 躁 煩 者 謂 二 先 發 万 躁 而 迤 邐 復 煩 者 一 也 煩 躁 之 由 又 爲 万 不 万 同 有 二 邪 氣 在 万 表 而 煩 躁 者 一 有 二 邪 氣 在 万 裏 而 煩 躁 者 一 有 下 因 二 火 刼 一 而 煩 躁 者 上 有 二 陽 癪 而 煩 躁 者 一 有 二 陰 盛 而 煩 躁 者 一 皆 不 万 同 也 煩 躁 爲 二 常 有 之 疾 一 復 有 二 諸 不 万 治 之 證 一 臨 二 病 者 之 側 一 又 當 二 熟 審 一 焉 明 理 みだれるさま もだえ 傷 寒 の 煩 躁 何 を 以 て 之 を 明 らかにせん 煩 擾 擾 にして 煩 を 爲 す 躁 憤 る うごく わけ 者 躁 の 躁 を 爲 し 合 わせて 之 を 言 う 煩 躁 は 熱 を 爲 す 也 析 て 之 を 言 うに 煩 也 者 躁 也 陰 陽 の 別 有 り 焉 煩 陽 也 躁 陰 也 煩 熱 の 輕 き 者 と 爲 す 躁 熱 の 甚 だしき 者 と 爲 す * 渇 經 に 煩 疼 煩 滿 煩 攻 癪 煩 有 り 皆 煩 を 以 て 熱 と 爲 す 也 ** 煩 せずして へだ 躁 者 有 り 怫 怫 然 便 ち 躁 悶 を 作 ると 爲 す 此 陰 盛 に 陽 を 隔 てると 爲 す 也 大 躁 泥 水 中 に 於 いて 臥 を 欲 すると 雖 も 但 水 を 飲 まんと 口 に 入 れるを 得 ざる 者 是 矣 所 謂 煩 躁 者 すす つらなりつづくさま 先 ず 煩 が 漸 み 躁 に 至 るを 謂 う 也 所 謂 躁 煩 者 先 ず 躁 を 發 して 迤 邐 復 煩 者 起 点 を 謂 う 也 煩 躁 の 由 又 同 じからずと 爲 す 邪 氣 が 表 に 在 りて 煩 躁 者 有 り *** 邪 氣 が 裏 に 在 りて 煩 躁 者 有 り **** 劫 おびやかされる 火 に 刼 に 因 りて 煩 躁 者 有 り ***** 陽 癪 にて 煩 躁 者 有 り 陰 盛 にて 煩 躁 者 有 り 皆 同 じからず 也 煩 躁 は 常 に 有 るの 疾 と 爲 す 復 よくよく つまび 諸 不 治 の 證 有 り 病 者 の 側 に 臨 んで 又 當 に 熟 審 らかにすべし 焉 明 理 ( 傷 寒 明 理 論 金 成 無 己 ) 20

21 * 太 陽 病 下 四 十 七 條 風 湿 相 搏 骨 節 煩 疼 掣 痛 不 得 屈 伸 近 之 則 痛 劇 汗 出 短 気 小 便 不 利 悪 風 不 欲 去 衣 或 身 微 腫 者 甘 草 附 子 湯 主 之 骨 節 煩 疼 骨 や 関 節 が 疼 痛 のために 熱 感 を 覚 えて 苦 しむこと 傷 寒 論 入 門 厥 陰 病 十 四 條 傷 寒 熱 少 微 厥 指 頭 寒 黙 黙 不 欲 食 煩 躁 数 日 小 便 利 色 白 者 此 熱 除 也 欲 得 食 其 病 為 愈 若 厥 而 嘔 胸 脇 煩 満 者 其 後 必 便 血 胸 脇 煩 満 胸 部 側 胸 部 に 充 満 感 を 覚 えて 煩 を 訴 える 傷 寒 論 入 門 太 陽 病 中 四 十 二 條 発 汗 已 脈 浮 数 煩 渇 者 五 苓 散 主 之 水 を 飲 まずにはいられないという 渇 きかたを 云 う 方 術 説 話 太 陽 病 中 四 十 八 條 発 汗 吐 下 後 煩 不 得 眠 若 劇 者 必 反 覆 顛 倒 心 中 懊 憹 梔 子 鼓 湯 主 之 若 少 気 者 梔 子 甘 草 鼓 湯 主 之 若 嘔 者 梔 子 生 薑 鼓 湯 主 之 煩 客 観 的 証 候 なくして 煩 すること 多 紀 元 簡 は 煩 は 空 煩 なり 熱 なくして 煩 するの 謂 なりという 傷 寒 論 入 門 ** 少 陰 病 十 八 條 少 陰 病 四 逆 悪 寒 而 身 踡 脈 不 至 不 煩 而 躁 者 死 躁 に 煩 は 付 きもので もだえさわぐと 云 うが 普 通 なれども これはもだえが 無 くただ 身 体 が 騒 ぐだけを 云 う 方 術 説 話 *** 陽 明 病 五 十 七 條 病 人 不 大 便 五 六 日 繞 臍 痛 煩 躁 發 作 有 時 者 此 有 燥 屎 故 使 不 大 便 也 **** 太 陽 病 中 九 十 三 條 火 逆 下 之 因 焼 針 煩 躁 者 桂 枝 甘 草 龍 骨 牡 蛎 湯 主 之 ***** 太 陽 病 上 二 十 九 條 傷 寒 脈 浮 自 汗 出 小 便 数 心 煩 微 悪 寒 脚 攣 急 反 與 桂 枝 欲 攻 其 表 此 誤 也 得 之 便 厥 咽 中 乾 煩 躁 吐 逆 者 作 甘 草 乾 薑 湯 與 之 以 復 其 陽 若 厥 癒 足 温 者 更 作 芍 薬 甘 草 湯 與 之 其 脚 即 伸 若 胃 氣 不 和 皮 語 者 少 與 調 胃 承 氣 湯 若 重 發 汗 復 加 焼 針 者 四 逆 湯 主 之 脈 浮 自 汗 出 小 便 数 者 陽 氣 不 収 摂 也 心 煩 者 真 陽 脱 其 氣 浮 游 而 上 走 也 咽 中 乾 煩 躁 者 誤 汗 損 陽 津 液 耗 竭 陽 煩 躁 作 仮 熱 之 象 也 吐 逆 者 陰 寒 氣 盛 而 拒 膈 也 傷 寒 論 辨 證 廣 註 汪 琥 清 傷 寒 論 攷 注 傷 寒 例 十 五 條 夫 陽 盛 陰 汗 之 則 死 下 之 則 愈 陽 陰 盛 汗 之 則 愈 下 之 則 死 一 作 陽 盛 陰 一 作 陽 陰 盛 王 叔 和 曰 夫 表 和 裏 病 汗 之 而 愈 下 之 則 死 裏 和 表 病 汗 之 而 愈 下 之 則 死 外 臺 巻 一 諸 論 傷 寒 八 家 合 一 十 六 首 案 ずるに 陽 盛 陰 は 外 臺 表 和 裏 病 と 作 な す 義 に 於 いて 二 無 し 陽 盛 は 表 和 無 邪 の 謂 陰 は 裏 病 有 邪 の 謂 蓋 し は 正 邪 実 を 謂 う 也 盛 は 氣 実 無 邪 を 謂 う 也 傷 寒 論 攷 注 有 万 汗 之 煩 躁 裏 症 也 宜 万 清 万 熱 無 万 汗 之 煩 躁 表 症 也 宜 万 散 万 表 脉 浮 之 煩 躁 表 症 也 宜 万 散 万 表 脉 伏 之 煩 躁 伏 邪 也 宜 二 升 提 一 沈 數 之 煩 躁 裏 熱 也 宜 万 清 万 熱 沈 遅 之 煩 躁 裏 寒 也 宜 万 皿 万 經 大 白 有 汗 の 煩 躁 裏 症 也 宜 しく 熱 を 清 すべし 無 汗 の 煩 躁 表 症 也 宜 しく 表 を 散 すべし 脉 浮 の 煩 躁 表 症 也 宜 しく 表 を 散 すべし * 脉 伏 の 煩 躁 ** あげる もちあ 伏 邪 也 宜 しく 升 提 げる すべし 沈 數 の 煩 躁 裏 熱 也 宜 しく 熱 を 清 すべし *** 沈 遅 の 煩 躁 裏 寒 也 宜 しく 温 經 を 皿 めるべし 大 白 ( 傷 寒 大 白 清 秦 之 楨 ) * 平 脈 法 二 十 七 條 趺 陽 脈 伏 而 濇 伏 則 吐 逆 水 穀 不 化 濇 則 食 不 得 入 名 曰 関 格 脉 伏 而 濇 脉 が 甚 だ 深 い 所 にあって 微 かに 手 に 触 れる 程 度 で しかも 渋 っている 荒 木 性 次 方 術 説 話 ** 平 脈 法 六 條 師 曰 伏 氣 之 病 以 意 候 之 今 月 之 内 欲 有 伏 氣 假 令 舊 有 伏 氣 當 須 脈 之 若 脈 微 弱 者 當 喉 中 痛 似 傷 非 喉 痺 也 病 人 云 実 咽 中 痛 雖 爾 今 復 欲 下 利 案 ずるに 伏 氣 者 氣 は 即 ち 邪 氣 伏 即 ち 潜 伏 傷 寒 論 攷 21

22 注 *** 厥 陰 病 十 八 條 傷 寒 六 七 日 脈 微 手 足 厥 冷 煩 躁 灸 厥 陰 厥 不 還 者 死 脉 は 微 に 厥 冷 は 日 に 深 く 煩 氣 海 関 躁 は 日 に 著 しきに 至 る 呉 茱 萸 附 子 四 逆 等 の 湯 を 用 いるも 緩 やかければ 裏 に 及 ばざるを 恐 れる 当 に 厥 陰 元 穴 ( 任 脉 ) に 灸 し 以 てその 陽 を 通 ずべし もし 手 足 の 厥 冷 が 時 を 過 ぎても 還 らざるときは 是 れ 陽 はすでに 亡 ぶ 故 に 死 す 森 田 幸 門 傷 寒 論 入 門 有 二 脉 數 心 煩 而 躁 至 万 夜 不 万 寧 者 一 爲 二 血 癪 一 芍 藥 甘 草 湯 有 二 晝 日 煩 躁 至 万 夜 安 静 者 一 爲 二 陽 癪 一 乾 薑 附 子 湯 有 下 速 用 二 薑 附 一 而 煩 躁 上 癪 則 升 陽 散 火 實 則 乱 連 解 毒 若 躁 極 脉 亂 者 勿 万 治 也 緒 論 脉 數 心 煩 にして 躁 夜 に 至 り 寧 やすらか ならざる 者 有 り * 血 癪 と 爲 す 芍 藥 甘 草 湯 晝 日 煩 躁 夜 に 至 り 安 静 者 有 り ** 陽 癪 と 爲 す 乾 薑 附 子 湯 速 誤 って 薑 附 を 用 いて 煩 躁 する 有 り 癪 すれば 則 ち *** 升 陽 散 火 實 すれば 則 ち 乱 黄 連 解 毒 若 し 躁 極 まり 脉 亂 乱 者 治 勿 な し 緒 論 ( 傷 寒 緒 論 清 張 路 ) * 太 陽 病 上 三 十 條 問 曰 証 象 陽 旦 按 法 治 之 而 増 劇 厥 逆 咽 中 乾 両 脛 拘 急 而 皮 語 師 曰 言 夜 半 手 足 当 温 両 脚 当 伸 後 如 師 言 何 以 知 此 答 曰 寸 口 脈 浮 而 大 浮 為 風 大 為 風 則 生 微 熱 則 両 脛 攣 病 形 象 桂 枝 因 加 附 子 参 其 間 増 桂 令 汗 出 附 子 温 経 亡 陽 故 也 厥 逆 咽 中 乾 煩 燥 陽 明 内 結 皮 語 煩 乱 更 飲 甘 草 乾 薑 湯 夜 半 陽 気 還 しかれば すなわち 両 足 当 熱 脛 尚 微 拘 急 重 与 芍 薬 甘 草 湯 爾 乃 脛 伸 以 承 気 湯 微 溏 則 止 其 皮 語 故 知 病 可 癒 血 するものは 夜 半 陽 氣 復 してもなお 治 らざるあり 故 に 芍 藥 甘 草 湯 を 与 えて 血 を 治 む 芍 藥 は 苦 平 陰 氣 を 補 い 血 より 生 じる 攣 急 を 除 く 効 あり 荒 木 性 次 方 術 説 話 太 陽 病 上 二 十 九 條 傷 寒 脈 浮 自 汗 出 小 便 数 心 煩 微 悪 寒 脚 攣 急 反 与 桂 枝 湯 欲 攻 其 表 此 誤 也 得 之 便 厥 咽 中 乾 煩 燥 吐 逆 者 作 甘 草 乾 薑 湯 与 之 以 復 其 陽 若 厥 癒 足 温 者 更 作 芍 薬 甘 草 湯 与 之 其 脚 即 伸 若 胃 気 不 和 皮 語 者 少 与 調 胃 承 気 湯 若 重 発 汗 復 加 焼 針 者 四 逆 湯 主 之 若 し 厥 冷 が 回 復 して 足 が 温 まる(が 下 肢 の 攣 急 の 癒 え ない) 場 合 は 改 めて 芍 藥 甘 草 湯 を 作 って 与 えるとき 病 人 の 下 肢 はそこで 初 めて 伸 びる 傷 寒 論 入 門 脈 浮 自 汗 出 小 便 数 而 悪 寒 者 陽 氣 不 足 也 心 煩 脚 攣 急 者 陰 氣 不 足 也 陰 陽 血 氣 倶 不 可 發 汗 若 與 桂 枝 湯 攻 表 則 又 損 陽 氣 故 為 誤 也 得 之 便 厥 咽 中 乾 煩 躁 吐 逆 者 先 作 甘 草 乾 薑 湯 復 其 陽 氣 得 厥 愈 足 温 乃 與 芍 薬 甘 草 湯 ます 益 其 陰 血 則 脚 得 伸 陰 陽 雖 復 其 胃 燥 皮 語 少 與 調 胃 承 氣 湯 微 溏 以 和 其 胃 重 發 感 爲 亡 陽 加 焼 針 則 損 陰 内 経 曰 栄 氣 微 者 加 焼 針 則 血 不 流 行 重 發 汗 復 焼 針 是 陰 陽 之 氣 大 四 逆 湯 以 復 陰 陽 之 氣 成 無 己 注 解 傷 寒 論 辨 脉 法 三 條 陽 脈 浮 陰 脈 弱 者 則 血 血 則 筋 急 也 陽 脉 が 浮 陰 脉 が 弱 のものは 血 である 血 すれば 筋 がつれる 龍 野 一 雄 国 語 訳 傷 寒 論 ** 太 陽 病 中 三 十 一 條 下 之 後 復 発 汗 昼 日 煩 躁 不 得 眠 夜 而 安 静 不 嘔 不 渇 無 表 証 脈 沈 微 身 無 大 熱 者 乾 薑 附 子 湯 主 之 下 之 其 裏 汗 之 其 表 既 下 又 汗 則 表 裏 倶 陽 王 於 晝 陽 欲 復 不 勝 邪 正 邪 交 争 故 晝 日 煩 躁 不 得 眠 夜 陰 王 陽 不 能 與 之 争 是 夜 則 安 静 不 嘔 不 渇 者 裏 無 熱 也 身 无 大 熱 者 表 無 熱 也 又 無 表 證 而 脈 沈 微 知 陽 氣 大 陰 寒 氣 與 乾 薑 附 子 湯 退 陰 復 陽 成 無 己 注 解 傷 寒 論 傷 寒 論 攷 注 *** 升 陽 散 火 湯 ( 内 外 傷 弁 惑 論 ) 升 麻 葛 根 独 活 羗 活 芍 藥 人 參 甘 草 柴 胡 防 風 大 棗 炙 甘 草 生 薑 黄 連 解 毒 湯 ( 外 臺 秘 要 ) 黄 連 黄 芩 山 梔 子 黄 柏 22

3_62-95

3_62-95 六 二 疼 痛 沈 遅 枝 加 芍 藥 生 姜 各 一 両 人 参 三 両 新 加 沈 証 過 多 遅 足 証 残 存 筋 養 疼 痛 枝 調 栄 衛 加 芍 藥 滋 養 栄 枝 加 芍 藥 生 姜 各 加 生 姜 温 補 焦 一 両 人 参 新 加 人 参 三 両 益 生 津 過 多 は 沈 遅 舌 は 正 常 枝 加 芍 藥 生 姜 各 一 両 人 参 三 両 新 加 の 証 方 意 悪 風 風

More information

気血津液学説: :奈良上眞作成

気血津液学説: :奈良上眞作成 大 阪 医 療 技 術 学 園 専 門 学 校 東 洋 医 療 技 術 教 員 養 成 学 科 講 義 ノート 気 血 津 液 学 説 気 ( 簡 略 解 説 ) 奈 良 上 眞 参 考 文 献 呉 敦 序 主 編 : 中 医 基 礎 理 論, 上 海 科 学 技 術 出 版 社,1995, 中 国 上 海. 気 血 津 液 気 血 津 液 人 体 の 生 命 活 動 を 維 持 する 基 本 物

More information

スライド 1

スライド 1 青 竜 塾 平 成 27 年 度 第 4 回 漢 方 生 薬 と 方 剤 滋 陰 剤 医 療 法 人 社 団 ひのき 会 証 クリニック 吉 祥 寺 神 田 檜 山 幸 孝 http://www.kampo-future.com 虚 実 寒 熱 の2 次 元 座 標 における 方 剤 の 位 置 http://www.kampo-future.com 陰 陽 虚 実 の2 次 元 座 標 における

More information

滲 入 或 有 為 下 利 者 也 玉 函 経 作 小 便 不 利 亦 欲 作 下 利 之 兆 在 于 此 也 其 脈 寸 浮 関 上 小 細 沈 緊 者 言 浮 脈 在 寸 未 免 太 陽 経 邪 氣 雖 然 其 三 焦 経 絡 腸 胃 外 之 水 道 血 路 寒 実 極 矣 故 関 脈 比 結

滲 入 或 有 為 下 利 者 也 玉 函 経 作 小 便 不 利 亦 欲 作 下 利 之 兆 在 于 此 也 其 脈 寸 浮 関 上 小 細 沈 緊 者 言 浮 脈 在 寸 未 免 太 陽 経 邪 氣 雖 然 其 三 焦 経 絡 腸 胃 外 之 水 道 血 路 寒 実 極 矣 故 関 脈 比 結 辨 太 陽 病 證 并 治 下 第 七 合 三 十 九 法 方 三 十 首 并 見 太 陽 少 陽 合 病 法 一 問 曰 病 有 結 胸 有 臓 結 其 状 何 如 答 曰 按 之 痛 寸 脈 浮 関 脈 沈 名 曰 結 胸 也 玉 函 経 問 曰 病 有 結 胸 有 臓 結 其 状 何 如 答 曰 按 之 痛 寸 口 脈 浮 関 上 自 沈 為 結 胸 三 ノ 一 ヲ 千 金 翼 同 文 玉 函

More information

<タイトル>DES被害の軌跡(1)

<タイトル>DES被害の軌跡(1) 書 評 : 平 成 薬 証 論 を 読 んで 野 口 衛 私 は, 平 成 22 年 12 月 6 日 より 同 20 日 まで, 糖 尿 病 の 検 査 のため 大 阪 市 内 の 西 淀 病 院 に 入 院 することになり,この 間 に 標 記 著 作 に 目 を 通 すことにした そこで, 以 下 に, 簡 単 にその 感 想 を 述 べることにする 1 は じ め に 本 書 の 著 者 渡

More information

平 素 から 服 薬 しないのに 發 汗 して 困 る 場 合 は 栄 の 機 能 は 健 全 であるが 衛 の 機 能 がこれに 調 和 しないからである 栄 は 脈 中 を 行 き 衛 は 脈 外 を 行 く だから 更 に 發 汗 性 治 療 転 機 を 起 こさせて 栄 衛 の 機 能 を

平 素 から 服 薬 しないのに 發 汗 して 困 る 場 合 は 栄 の 機 能 は 健 全 であるが 衛 の 機 能 がこれに 調 和 しないからである 栄 は 脈 中 を 行 き 衛 は 脈 外 を 行 く だから 更 に 發 汗 性 治 療 転 機 を 起 こさせて 栄 衛 の 機 能 を 卷 第 二 述 太 陽 病 太 陽 病 者 表 熱 證 是 也 蓋 邪 之 初 感 必 先 犯 万 表 則 正 氣 不 万 暢 併 而 爲 万 熱 ゆきわたら 太 陽 病 とは 表 熱 證 是 也 蓋 し 邪 の 初 感 必 ず 先 ず 表 を 犯 せば 則 ち 正 氣 暢 ず あわ 併 せて 熱 と 爲 す 山 田 正 珍 注 二 提 綱 一 曰 頭 項 強 痛 謂 二 頭 痛 項 強 一 瓜 蒂

More information

熱 眩 悸 身 瞤 動 欲 擗 地 の 證 有 り 膻 中 の 陽 有 り 上 焦 心 氣 の 主 と 爲 す 此 陽 虚 遂 に 叉 手 冒 心 耳 聾 及 び 奔 豚 の 證 有 り 胃 中 の 陽 有 り 中 焦 水 穀 化 生 の 主 と 爲 す 此 陽 虚 遂 に 腹 脹 滿 胃 中 不

熱 眩 悸 身 瞤 動 欲 擗 地 の 證 有 り 膻 中 の 陽 有 り 上 焦 心 氣 の 主 と 爲 す 此 陽 虚 遂 に 叉 手 冒 心 耳 聾 及 び 奔 豚 の 證 有 り 胃 中 の 陽 有 り 中 焦 水 穀 化 生 の 主 と 爲 す 此 陽 虚 遂 に 腹 脹 滿 胃 中 不 述 兼 變 諸 證 虚 乏 虚 乏 述 太 陽 病 此 病 大 端 大 体 二 つ 有 り 一 は 則 ち 其 人 腠 理 素 もとから 疎 者 倘 もし 邪 客 を 被 こうむ れば 其 の 表 愈 いよいよ 開 き 邪 が 内 迫 せず 徒 いたずら に 肌 肉 に 泛 汎 漫 一 面 に 広 がる 故 に 衛 特 に 傷 敗 を 受 ける 是 れ 表 虚 に 属 する 虚 間 すきまの 意 味

More information

腫瘤病人的中西醫結合治療常見問題

腫瘤病人的中西醫結合治療常見問題 腫 瘤 病 人 的 中 西 醫 結 合 治 療 常 見 問 題 一, 腫 瘤 病 人 要 不 要 服 中 藥? 中 醫 藥 在 癌 腫 治 療 方 面 是 整 體 的 看 待 人 體 的 疾 病 兩 個 方 面, 有 它 自 己 固 有 的 特 點 因 為 腫 瘤 雖 只 有 生 長 在 身 體 的 某 一 局 部, 但 實 際 上 不 少 腫 瘤 的 反 應 的 是 一 個 全 身 性 的 疾 病,

More information

欲 二 作 万 汗 而 出 一 者 若 爲 二 外 風 涼 水 仔 一 所 万 薄 則 怫 熱 反 入 二 於 裏 一 而 不 万 能 二 出 泄 一 病 多 危 極 而 死 矣 亦 不 万 可 下 恨 二 其 汗 遲 一 而 厚 衣 壅 覆 欲 中 令 二 大 汗 快 一 而 早 出 上 也 怫

欲 二 作 万 汗 而 出 一 者 若 爲 二 外 風 涼 水 仔 一 所 万 薄 則 怫 熱 反 入 二 於 裏 一 而 不 万 能 二 出 泄 一 病 多 危 極 而 死 矣 亦 不 万 可 下 恨 二 其 汗 遲 一 而 厚 衣 壅 覆 欲 中 令 二 大 汗 快 一 而 早 出 上 也 怫 傷 寒 廣 要 卷 第 四 太 陽 病 桂 枝 湯 證 東 都 丹 波 元 堅 柔 撰 凡 桂 枝 湯 證 病 者 常 自 汗 出 小 便 不 万 數 手 足 皿 和 或 手 足 指 稍 露 万 之 則 砲 冷 覆 万 之 則 皿 渾 身 熱 砲 煩 而 又 增 寒 始 可 万 行 万 之 若 病 者 身 無 万 汗 小 便 數 或 手 足 逆 冷 不 二 惡 寒 一 反 惡 熱 或 飲 万 酒 後

More information

<4D F736F F F696E74202D2093FA8FED906697C382C996F097A782C28ABF95FB2E707074>

<4D F736F F F696E74202D2093FA8FED906697C382C996F097A782C28ABF95FB2E707074> 日 常 診 療 に 役 立 つ 漢 方 講 座 第 168 回 筑 豊 漢 方 研 究 会 平 成 20 年 (2008)3 月 13 日 入 門 講 座 はじめての 漢 方 診 療 (6) 診 察 の 実 際 : 四 診 飯 塚 病 院 東 洋 医 学 センター 漢 方 診 療 科 三 潴 忠 道 1 N5 N5 漢 方 漢 方 中 国 由 来 の 医 学 漢 とは 中 国 のことを 指 す 漢

More information

    <脉診の基本とその手順>

    <脉診の基本とその手順> < 脉 診 の 基 本 とその 手 順 > 名 古 屋 漢 方 鍼 医 会 はじめに 凡 そ 診 脉 は 須 らく 先 ず 時 脉 胃 脉 と 臓 腑 の 平 脉 とを 知 りて 然 る 後 に 病 脉 に 及 ぶこと を 要 す ( 診 家 枢 要. 景 岳 全 書 - 脉 診 章 等 ) 脉 診 を 行 うには 平 脉 ( 健 康 人 の 脉 )を 知 ってから 病 脉 ( 病 人 の 脉 )を

More information

新竹市八十八學年度公私立幼稚園新生入園注意事項

新竹市八十八學年度公私立幼稚園新生入園注意事項 新 竹 市 北 區 載 熙 國 民 小 學 附 設 幼 兒 園 105 學 年 度 招 生 簡 章 一 依 據 : 新 竹 市 幼 兒 就 讀 公 立 幼 兒 園 及 非 營 利 幼 兒 園 優 先 入 園 辦 法 及 新 竹 市 105 學 年 度 公 立 幼 兒 園 新 生 入 園 登 記 實 施 計 畫 二 辦 理 時 間 : ( 一 ) 招 生 簡 章 公 告 日 期 地 點 及 諮 詢 電

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 漢 方 基 本 講 座 八 網 六 病 位 気 血 水 五 臓 論 医 療 法 人 財 団 北 聖 会 北 聖 病 院 漢 方 内 科 後 藤 博 三 = I-1. 証 とは 証 とは 患 者 が 現 時 点 で 現 している 症 状 を 陰 陽 虚 実 寒 熱 表 裏 六 病 位 気 血 水 五 臓 などの 漢 方 医 学 上 の 基 本 概 念 をとおして 認 識 し さらに 病 態 の 特 異

More information

公立各級學校專任教師兼職處理原則(草案)

公立各級學校專任教師兼職處理原則(草案) 公 立 各 級 學 校 專 任 教 師 兼 職 處 理 原 則 部 分 規 定 修 正 規 定 二 教 師 在 服 務 學 校 以 外 之 機 關 ( 構 ) 兼 職, 依 本 原 則 規 定 辦 理 但 兼 任 行 政 職 務 之 教 師, 其 兼 職 範 圍 及 許 可 程 序, 依 公 務 員 服 務 法 規 定 辦 理, 並 不 適 用 第 三 點 第 四 點 及 第 十 點 規 定 三 教

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2039383039A1405F32335F20B3CCB0AAA6E6AC46AA6BB07C3938A67EABD737A4EBA5F7B2C431A6B8AE78AAF8AA6BA978C170AE75B77CC4B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2039383039A1405F32335F20B3CCB0AAA6E6AC46AA6BB07C3938A67EABD737A4EBA5F7B2C431A6B8AE78AAF8AA6BA978C170AE75B77CC4B32E646F63> 會 議 錄 最 高 行 政 法 院 98 年 度 7 月 份 第 1 次 庭 長 法 官 聯 席 會 議 會 議 日 期 :98 年 7 月 14 日 相 關 法 條 : 教 師 法 第 11 條 第 1 項 第 14 條 第 14 條 之 1 第 1 項 第 29 條 第 1 項 第 2 項 第 31 條 第 33 條 教 師 法 施 行 細 則 第 16 條 教 育 人 員 任 用 條 例 第

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

第37回 漢方で見える!聞こえる!(漢方)

第37回 漢方で見える!聞こえる!(漢方) 第 37 回 漢 方 教 室 ( 漢 方 ) 漢 方 で 見 える! 聞 こえる!- 目 や 耳 の 病 気 は 漢 方 で 治 せるか?- Ⅰ. 漢 方 治 療 の 適 応 1 西 洋 医 学 と 漢 方 の 病 気 に 対 するアプローチの 違 い 漢 方 : 患 者 側 からのアプローチ 不 快 な 自 覚 症 状 など ホスト 側 ( 生 体 側 )に 着 目 ホストの defense 力

More information

修正條文

修正條文 室 內 空 氣 品 質 維 護 管 理 專 責 人 員 設 置 管 理 辦 法 總 說 明 室 內 空 氣 品 質 管 理 法 ( 以 下 簡 稱 本 法 ) 業 於 一 百 年 十 一 月 二 十 三 日 公 布, 並 明 定 自 公 布 後 一 年 施 行 按 本 法 第 九 條 第 一 項 規 定, 公 告 場 所 所 有 人 管 理 人 或 使 用 人 應 置 室 內 空 氣 品 質 維 護

More information

一般用漢方製剤の添付文書等に記載する使用上の注意の一部改正について_3

一般用漢方製剤の添付文書等に記載する使用上の注意の一部改正について_3 143. 十 全 大 補 湯 添 付 文 書 等 に 記 載 すべき 事 項 してはいけないこと ( 守 らないと 現 在 の 症 状 が 悪 化 したり 副 作 用 が 起 こりやすくなる) 次 の 人 は 服 用 しないこと 相 談 すること 1. 次 の 人 は 服 用 前 に 医 師 薬 剤 師 又 は 登 録 販 売 者 に 相 談 すること (3) 胃 腸 の 弱 い 人 (4) 高 齢

More information

98至100年戶政解釋函令彙整一覽表

98至100年戶政解釋函令彙整一覽表 86 至 102 年 戶 政 解 釋 函 令 彙 整 一 覽 表 ( 出 生 地 ) 內 政 部 發 文 函 釋 摘 要 函 釋 內 容 102/08/29 內 授 中 戶 字 第 1025830128 號 有 關 出 生 地 空 白 者 補 辦 出 生 地 登 記, 須 否 同 時 換 領 國 民 身 分 證 收 取 換 證 規 費 及 依 職 權 逕 行 登 記 案 一 依 據 本 部 102

More information

秋 田 県 精 神 科 救 急 搬 送 及 び 受 入 れ 対 応 事 例 集 ( 身 体 合 併 症 を 有 する 精 神 疾 患 患 者 の 受 入 医 療 機 関 確 保 のための 基 準 と 対 応 ) 平 成 28 年 2 月 1 日 秋 田 県 健 康 福 祉 部 障 害 福 祉 課 目 次 秋 田 県 精 神 科 救 急 搬 送 及 び 受 入 れ 対 応 事 例 集 の 概 要 1

More information

Microsoft Word マスターQ&A.doc

Microsoft Word マスターQ&A.doc 長 野 式 臨 床 研 究 会 平 成 20 年 第 10 期 マスタークラス 大 阪 セミナーQ&A 第 6 回 20 年 11 月 23 日 テーマ 動 悸 眩 暈 講 師 長 野 康 司 動 悸 治 療 上 の 注 意 点 まとめ * 動 悸 治 療 のポイント 1 腹 部 瘀 血 処 置 ( 動 悸 治 療 のためには 必 須 ) 2 肝 門 脈 うっ 血 処 置 ( 腹 部 瘀 血 に 連

More information

資 格 列 入 候 用 名 冊 之 增 額 錄 取 人 員, 因 服 兵 役 未 屆 法 定 役 期 或 因 養 育 三 足 歲 以 下 子 女, 無 法 立 即 接 受 分 配 訓 練 者, 得 於 規 定 時 間 內 檢 具 事 證 申 請 延 後 分 配 訓 練 增 額 錄 取 人 員 經 分

資 格 列 入 候 用 名 冊 之 增 額 錄 取 人 員, 因 服 兵 役 未 屆 法 定 役 期 或 因 養 育 三 足 歲 以 下 子 女, 無 法 立 即 接 受 分 配 訓 練 者, 得 於 規 定 時 間 內 檢 具 事 證 申 請 延 後 分 配 訓 練 增 額 錄 取 人 員 經 分 訊 息 摘 要 : 修 正 公 務 人 員 考 試 法 公 ( 發 ) 布 日 期 :103-01-22 內 文 : 中 華 民 國 一 百 零 三 年 一 月 二 十 二 日 總 統 華 總 一 義 字 第 10300008971 號 令 修 正 公 布 全 文 28 條 ; 並 自 公 布 日 施 行 第 1 條 公 務 人 員 之 任 用, 依 本 法 以 考 試 定 其 資 格 第 2 條

More information

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦 36 36 野 崎 京 子 野 崎 長 阪 府 推 薦 136 奈 川 県 ペ 麻 酔 京 都 部 卒 京 都 部 麻 酔 入 局 後 北 野 阪 市 国 立 京 都 阪 赤 十 字 住 友 阪 市 17 3 月 阪 府 豊 中 市 ペ 野 崎 長 阪 府 面 肝 玉 母 ド 頼 長 福 田 正 博 氏 評 博 3 男 1 女 母 顔 著 書 安 向 マガジハ 野 崎 http://www.myclinic.ne.jp/nozaki/

More information

結 胸 其 來 多 くは 太 陽 病 の 誤 下 に 因 る 亦 誤 下 に 因 らざる 者 有 り 心 下 痛 之 を 按 じて 石 鞕 其 證 稍 重 い 太 陽 病 下 八 條 傷 寒 六 七 日 結 胸 熱 実 脈 沈 而 緊 心 下 痛 按 之 石 鞕 者 大 陥 胸 湯 主 之 傷 寒

結 胸 其 來 多 くは 太 陽 病 の 誤 下 に 因 る 亦 誤 下 に 因 らざる 者 有 り 心 下 痛 之 を 按 じて 石 鞕 其 證 稍 重 い 太 陽 病 下 八 條 傷 寒 六 七 日 結 胸 熱 実 脈 沈 而 緊 心 下 痛 按 之 石 鞕 者 大 陥 胸 湯 主 之 傷 寒 傷 寒 廣 要 卷 第 八 兼 變 諸 證 中 結 胸 胸 滿 病 人 以 二 傷 寒 一 爲 二 大 患 一 傷 寒 以 二 結 胸 一 爲 二 惡 證 一 又 結 胸 有 二 陰 陽 一 陽 結 者 陽 盛 下 万 之 太 早 陰 結 者 陰 盛 下 万 之 太 早 拘 結 胸 何 以 辨 明 陽 結 則 實 痛 陰 結 則 暄 痞 其 病 傷 寒 之 又 手 偃 仰 滿 硬 攻 万 心 起 而

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

Taro-入浴介護(2008)

Taro-入浴介護(2008) Ⅰ 生 活 文 化 としての 入 浴 入 浴 介 護 入 浴 は わ た し た ち 人 類 が 持 つ 生 活 の 営 み の 中 で 不 思 議 な 魅 力 を 有 す る 部 分 で あ る 食 事 や 排 泄 睡 眠 性 行 動 攻 撃 逃 避 な ど の よ う に 固 体 や 種 族 の 維 持 の た め に 絶 対 に 必 要 な も の で は な く 何 か の 理 由 で そ

More information

症 状 斑 点 赤 い- 血 熱 血 瘀 白 い- 血 虚 気 滞 発 疹 血 熱 風 風 熱 疱 水 痘 - 湿 熱 膿 疱 - 熱 風 団 ( 皮 膚 面 に 急 に 盛 り 上 がってくるもの)- 風 風 熱 風 寒 落 屑 熱 血 虚 びらん 湿 湿 熱 かさぶた 痂 皮 (かひ) 膿 がた

症 状 斑 点 赤 い- 血 熱 血 瘀 白 い- 血 虚 気 滞 発 疹 血 熱 風 風 熱 疱 水 痘 - 湿 熱 膿 疱 - 熱 風 団 ( 皮 膚 面 に 急 に 盛 り 上 がってくるもの)- 風 風 熱 風 寒 落 屑 熱 血 虚 びらん 湿 湿 熱 かさぶた 痂 皮 (かひ) 膿 がた 皮 膚 病 病 理 外 邪 --- 風 邪 病 気 の 出 方 突 発 速 やかに 消 える あちこちに 出 来 る 移 動 する 全 身 に 広 がる かゆみを 伴 う 湿 性 はあまりない ( 風 湿 は 別 ) 風 寒 --- 冷 風 に 当 ると 出 る 寒 気 を 伴 う 風 熱 --- 熱 赤 み 風 湿 湿 邪 病 気 の 出 方 水 痘 湿 潤 分 泌 物 多 い 糜 爛 し 易 い

More information

防災辦公室報告

防災辦公室報告 第 二 章 地 區 環 境 概 述 第 一 節 地 理 環 境 三 民 區 位 於 高 雄 市 的 中 央 地 帶, 東 接 高 雄 市 的 鳳 山 區 與 鳥 松 仁 武 兩 區 ; 西 至 鼓 山 鹽 埕 二 區, 以 仁 愛 河 為 界 ; 南 連 前 金 新 興 苓 雅 三 區, 以 仁 愛 河 南 支 線 ( 已 改 建 運 河 ) 為 界 ; 北 鄰 鼓 山 左 營 二 區, 以 仁 愛

More information

新竹市國民中學學生成績評量辦法修正草案條文對照表

新竹市國民中學學生成績評量辦法修正草案條文對照表 新 竹 市 國 民 中 學 學 生 成 績 評 量 辦 法 全 案 修 正 條 文 第 一 條 本 辦 法 依 國 民 教 育 法 第 十 三 條 第 一 項 及 國 民 小 學 及 國 民 中 學 學 生 成 績 評 量 準 則 規 定 訂 定 之 第 二 條 國 民 中 學 學 生 成 績 評 量, 以 協 助 學 生 德 智 體 群 美 五 育 均 衡 發 展 為 目 的, 並 具 有 下 列

More information

室 內 空 氣 品 質 維 護 管 理 專 責 人 員 設 置 管 理 辦 法 修 正 第 一 條 條 文 對 照 表 修 正 條 文 現 行 條 文 說 明 本 辦 法 依 室 內 空 氣 品 質 管 理 法 ( 以 下 簡 稱 本 法 ) 第 九 條 第 三 項 規 定 訂 定 之 第 二 條

室 內 空 氣 品 質 維 護 管 理 專 責 人 員 設 置 管 理 辦 法 修 正 第 一 條 條 文 對 照 表 修 正 條 文 現 行 條 文 說 明 本 辦 法 依 室 內 空 氣 品 質 管 理 法 ( 以 下 簡 稱 本 法 ) 第 九 條 第 三 項 規 定 訂 定 之 第 二 條 室 內 空 氣 品 質 維 護 管 理 專 責 人 員 設 置 管 理 辦 法 修 正 總 說 明 室 內 空 氣 品 質 管 理 法 ( 以 下 簡 稱 本 法 ) 於 一 百 年 十 一 月 二 十 三 日 經 總 統 公 布, 並 自 公 布 後 一 年 施 行 為 有 效 推 動 本 法 施 行, 實 施 室 內 空 氣 品 質 專 責 人 員 制 度, 建 立 公 告 場 所 自 我 維

More information

Microsoft PowerPoint - 漢方講座.ppt

Microsoft PowerPoint - 漢方講座.ppt 日 常 診 療 に 役 立 つ 漢 方 講 座 第 165 回 筑 豊 漢 方 研 究 会 平 成 19 年 (2007)11 月 8 日 入 門 講 座 はじめての 漢 方 診 療 (4) 少 陽 2) 諸 方 と 運 用 飯 塚 院 東 洋 医 学 センター 漢 方 診 療 科 三 潴 忠 道 1 しょう 漢 方 医 学 的 な 態 ( 証 )の 二 大 別 N8 陽 証 陰 証 陽 性 の 態

More information

申請される前に

申請される前に 学 校 法 人 佐 藤 学 園 大 阪 生 物 醫 療 工 學 専 門 学 校 日 本 語 學 科 招 生 簡 介 繁 體 版 本 日 語 本 科 課 程 課 程 介 紹 申 請 報 名 時 間 1. 課 程 和 報 名 時 間 課 程 年 限 入 學 時 間 報 名 期 間 2 年 課 程 毎 年 4 月 10 月 1 日 ~11 月 30 日 1 年 6 個 月 課 程 毎 年 10 月 2 月

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

制 度, 並 接 受 政 府 有 關 部 門 的 監 督 管 理 等 就 此 而 言, 此 法 一 方 面 提 供 誘 因 以 鼓 勵 慈 善 活 動 的 推 展, 另 一 方 面 也 加 強 相 關 工 作 的 監 督 與 管 理, 故 同 時 具 有 興 利 與 防 弊 的 目 的 在 興 利

制 度, 並 接 受 政 府 有 關 部 門 的 監 督 管 理 等 就 此 而 言, 此 法 一 方 面 提 供 誘 因 以 鼓 勵 慈 善 活 動 的 推 展, 另 一 方 面 也 加 強 相 關 工 作 的 監 督 與 管 理, 故 同 時 具 有 興 利 與 防 弊 的 目 的 在 興 利 二 大 陸 通 過 慈 善 法 之 觀 察 政 治 大 學 東 亞 研 究 所 教 授 王 信 賢 主 稿 大 陸 透 過 慈 善 法 立 法 鼓 勵 慈 善 活 動 推 展 加 強 相 關 監 督 與 管 理, 並 期 將 慈 善 資 源 挹 注 到 扶 貧 工 作, 以 助 達 成 2020 年 農 村 貧 困 人 口 全 脫 貧 之 目 標 深 究 慈 善 法 內 涵, 大 陸 當 局 主 導

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

腰痛と漢方鍼治療

腰痛と漢方鍼治療 腰 痛 と 漢 方 鍼 治 療 天 野 靖 之 はじめに 腰 痛 は 肩 こりと 供 に 慢 性 急 性 を 問 わず 鍼 灸 治 療 の 最 適 応 症 である ところが 来 院 する 初 診 患 者 の 多 くは 整 形 外 科 接 骨 院 カイロプラクティックなどの 治 療 を 経 験 して 最 後 のよりどころとして 鍼 灸 治 療 に 来 院 する 者 が 多 いのが 現 状 である 鍼

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

Microsoft Word - 1030925院會重要業務報告_12-004韓國日本司法制度_

Microsoft Word - 1030925院會重要業務報告_12-004韓國日本司法制度_ 考 試 院 第 12 屆 第 4 次 會 議 考 選 部 重 要 業 務 報 告 民 國 103 年 9 月 25 日 壹 考 選 行 政 從 德 國 日 本 司 法 考 試 制 度 看 我 國 司 法 官 及 律 師 考 試 制 度 改 進 方 向 一 前 言 本 部 於 102 年 10 月 辦 理 國 際 暨 兩 岸 學 術 研 討 會, 邀 請 多 國 學 者 針 對 該 國 之 公 務 人

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

<5461726F2D8AB496608EA197C382D682CC905682BD82C88E8E82DD2E6A7464>

<5461726F2D8AB496608EA197C382D682CC905682BD82C88E8E82DD2E6A7464> 感 冒 治 療 への 新 たな 試 み ーー 新 型 インフルエンザへの 対 応 を 含 めてーー 中 醫 クリニック コタカ 小 髙 修 司 先 頃 のミャンマーのサイクロン 被 害 そして 四 川 省 を 中 心 とする 大 地 震 被 災 を 見 ても 政 治 が 災 害 時 に 如 何 に 大 きな 役 割 を 果 たすかを 改 めて 認 識 された 方 も 多 かったかと 思 われ る 防

More information

ったためである 期 門 足 之 太 陰 脾 経 足 之 少 陽 胆 経 ( 前 胸 部 ) に 鍼 を 刺 してその 実 実 熱 方 術 説 話 炎 症 の 程 度 傷 寒 論 入 門 に 応 じて 之 を 取 り 去 る べきだ * 血 室 案 血 室 子 宮 也 従 子 宮 支 出 之 脈 為

ったためである 期 門 足 之 太 陰 脾 経 足 之 少 陽 胆 経 ( 前 胸 部 ) に 鍼 を 刺 してその 実 実 熱 方 術 説 話 炎 症 の 程 度 傷 寒 論 入 門 に 応 じて 之 を 取 り 去 る べきだ * 血 室 案 血 室 子 宮 也 従 子 宮 支 出 之 脈 為 傷 寒 廣 要 卷 十 二 児 婦 兒 婦 人 傷 寒 総 説 古 人 治 万 病 先 論 二 其 所 一 万 主 男 子 調 二 其 氣 一 婦 人 調 二 其 血 一 雖 万 然 婦 人 傷 寒 與 二 男 子 一 治 法 不 万 同 男 子 先 調 万 氣 婦 人 先 調 万 血 此 大 略 之 詞 耳 要 万 之 脉 緊 無 万 汗 名 二 傷 寒 一 脉 緩 有 万 汗 爲 二 傷 風 一

More information

更 年 期 障 害 の 所 見 パターンと 臨 床 的 意 味 とまとめ 更 年 期 障 害 症 例 12 症 例 1 更 年 期 障 害 による 全 身 倦 怠 2 膀 胱 炎 女 性 44 歳 銀 行 員 ( 三 十 年 の 軌 跡 P263) 女 性 41 歳 主 婦 ( 新 治 療 法 の

更 年 期 障 害 の 所 見 パターンと 臨 床 的 意 味 とまとめ 更 年 期 障 害 症 例 12 症 例 1 更 年 期 障 害 による 全 身 倦 怠 2 膀 胱 炎 女 性 44 歳 銀 行 員 ( 三 十 年 の 軌 跡 P263) 女 性 41 歳 主 婦 ( 新 治 療 法 の 長 野 式 臨 床 研 究 会 平 成 23 年 第 13 期 マスタークラス 大 阪 セミナーQ&A 第 3 回 23 年 5 月 22 日 テーマ 更 年 期 障 害 講 師 長 野 康 司 1 更 年 期 障 害 更 年 期 とは 卵 巣 機 能 衰 退 消 失 の 時 期 である 生 殖 期 ( 性 成 熟 期 )と 非 生 殖 期 ( 老 年 期 )の 移 行 期 をいう 一 般 的 に

More information

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版)

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版) 表 1. 臨 床 検 査 値 の 異 常 変 動 を 有 害 事 象 と 判 断 するための 基 準 臨 床 検 査 項 目 赤 血 球 数 ヘモグロビン 量 ヘマトクリット 値 白 血 球 数 好 酸 球 数 血 小 板 数 AST(GOT) ALT(GPT) γ-gtp ALP LDH LAP CK 総 ビリルビン 直 接 ビリルビン 血 清 クレアチニン BUN Na K Cl 血 糖 ( 空

More information

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後 主 治 医 様 下 記 太 線 枠 内 をご 記 入 願 います 登 園 許 可 証 光 輪 はさみこども 園 園 長 殿 入 所 園 児 氏 名. 病 名 平 成 年 月 日 から 病 状 も 回 復 し 集 団 生 活 に 支 障 がない 状 態 になったので 登 園 可 能 と 判 断 します 平 成 年 月 日 医 療 機 関 名 医 師 名 印 こども 園 は 乳 幼 児 が 集 団 で

More information

政府服務創新精進方案

政府服務創新精進方案 政 府 服 務 創 新 精 進 方 案 96 年 7 月 23 日 行 政 院 院 授 研 展 字 第 09600152471 號 函 頒 壹 緣 起 本 院 自 民 國 85 年 頒 行 全 面 提 升 服 務 品 質 方 案 以 來, 透 過 行 政 院 服 務 品 質 獎 相 互 競 賽 標 竿 學 習 之 機 制, 已 樹 立 大 量 政 府 機 關 服 務 典 範 方 案 推 動 迄 今,

More information

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況 市 販 直 後 調 査 平 成 26 年 5 月 ~ 平 成 26 年 11 月 製 造 販 売 :サノフィ 株 式 会 社 163-1488 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 三 丁 目 20 番 2 号 発 売 4 ヵ 月 間 の 副 作 用 発 現 状 況 謹 啓 先 生 方 におかれましては 時 下 ますますご 清 祥 のことと お 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 が 製

More information

發 熱 する 也 蘊 要 ( 傷 寒 蘊 要 明 呉 綬 ) 傷 寒 汗 下 後 餘 熱 未 万 除 或 失 二 於 調 攝 一 食 不 万 爲 万 肌 欬 嗽 寒 熱 吐 血 衂 血 纏 綿 日 久 狀 似 二 癆 瘵 一 此 皆 元 氣 既 虚 邪 氣 着 而 不 万 散 例 用 二 黄 連 解

發 熱 する 也 蘊 要 ( 傷 寒 蘊 要 明 呉 綬 ) 傷 寒 汗 下 後 餘 熱 未 万 除 或 失 二 於 調 攝 一 食 不 万 爲 万 肌 欬 嗽 寒 熱 吐 血 衂 血 纏 綿 日 久 狀 似 二 癆 瘵 一 此 皆 元 氣 既 虚 邪 氣 着 而 不 万 散 例 用 二 黄 連 解 傷 寒 廣 要 卷 十 餘 熱 傷 寒 病 後 熱 不 万 除 候 此 謂 下 病 已 間 五 藏 尚 虚 客 邪 未 万 散 眞 氣 不 万 復 故 旦 暮 猶 有 二 餘 熱 一 如 中 瘧 狀 上 此 非 二 眞 實 一 但 客 熱 也 巣 源 傷 寒 病 後 熱 除 かれざるの 候 此 れ 病 已 瘉 間 ころ 五 藏 尚 虚 客 邪 外 からきた 邪 氣 漢 方 用 語 大 辞 典 散 らず

More information

日語漢字由來及演進探討

日語漢字由來及演進探討 投 稿 類 別 : 文 學 類 篇 名 : 日 語 漢 字 的 由 來 及 演 進 探 討 作 者 : 曾 昱 文 台 北 市 立 成 功 高 中 高 二 01 班 指 導 老 師 : 謝 紫 琳 老 師 游 麗 卿 老 師 壹 前 言 一 研 究 動 機 日 本 距 離 台 灣 並 不 遠, 日 本 製 的 商 品 及 日 本 品 牌 並 不 難 見, 近 日 來 哈 日 族 的 增 長 以 及

More information

照 案 核 備 照 案 核 備 1042-2-6 案 由 : 國 際 交 換 生 至 本 校 就 讀 事 宜 1. 應 日 系 交 換 生 修 讀 中 文 課 程 事 宜, 請 學 校 准 予 使 用 該 系 業 務 費 支 給 授 課 教 師 鐘 點 費, 或 請 學 校 核 撥 經 費 支 給

照 案 核 備 照 案 核 備 1042-2-6 案 由 : 國 際 交 換 生 至 本 校 就 讀 事 宜 1. 應 日 系 交 換 生 修 讀 中 文 課 程 事 宜, 請 學 校 准 予 使 用 該 系 業 務 費 支 給 授 課 教 師 鐘 點 費, 或 請 學 校 核 撥 經 費 支 給 國 立 臺 中 科 技 大 學 語 文 學 院 104 學 年 度 第 2 學 期 第 3 次 院 務 會 議 紀 錄 開 會 時 間 : 年 3 月 28 日 ( 星 期 一 ) 上 午 10 時 10 分 開 會 地 點 : 中 正 大 樓 4 樓 3401 院 辦 公 室 會 議 主 席 : 邱 院 長 出 席 列 席 人 員 : 如 簽 到 單 記 錄 : 林 壹 主 席 致 詞 ( 略 )

More information

Microsoft PowerPoint - 高齢者.ppt

Microsoft PowerPoint - 高齢者.ppt 日 常 診 療 に 役 立 つ 漢 方 講 座 第 154 回 筑 豊 漢 方 研 究 会 平 成 18 年 (2006)7 月 13 日 高 齢 者 のための 漢 方 治 療 ~ 尿 路 不 定 愁 訴 痛 み ほてり 感 不 眠 など~ 飯 塚 病 院 東 洋 医 学 センター 漢 方 診 療 科 三 潴 忠 道 1 八 味 地 黄 丸 の 投 与 基 準 P19 ( 厚 生 省 長 寿 科 学

More information

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 )

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 ) 肩 こり 2011 年 9 月 3 日 文 責 : 今 井 力 第 1 肩 こりの 定 義 1 定 義 肩 こり を 明 確 に 定 義 する 教 科 書 的 な 記 載 は 見 当 たらない しかも, 肩 こり と 一 般 的 にいわれるものには, 肩 のこり 背 中 のこり 首 の 筋 肉 の こり 頭 痛 までもが 含 まれる よって,さまざまな 自 覚 的 な 症 状 群 をまと めて 表

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 びに 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相 談

More information

壹 拾 參 加 經 費 : 一 參 加 人 員 所 需 經 費, 概 由 各 單 位 自 行 負 責 二 服 裝 由 各 單 位 自 備, 同 一 單 位 之 運 動 員, 除 男 女 服 裝 樣 式 可 以 不 同 外, 顏 色 質 料 均 須 劃 一 三 每 一 參 加 單 位 均 應 自 行

壹 拾 參 加 經 費 : 一 參 加 人 員 所 需 經 費, 概 由 各 單 位 自 行 負 責 二 服 裝 由 各 單 位 自 備, 同 一 單 位 之 運 動 員, 除 男 女 服 裝 樣 式 可 以 不 同 外, 顏 色 質 料 均 須 劃 一 三 每 一 參 加 單 位 均 應 自 行 新 竹 縣 105 年 全 縣 運 動 會 競 賽 計 畫 壹 主 旨 : 一 提 倡 本 縣 田 徑 運 動, 發 掘 優 秀 運 動 員 二 發 展 全 民 體 育, 提 高 運 動 技 術 水 準 貳 依 據 : 本 競 賽 計 畫 依 據 中 華 民 國 田 徑 協 會 審 定 之 最 新 規 則 訂 定 參 主 辦 單 位 : 新 竹 縣 政 府 肆 承 辦 單 位 : 新 竹 縣 立 新

More information

万 可 三 過 二 用 表 劑 一 若 投 以 二 和 解 養 胃 對 金 之 類 一 不 万 效 者 宜 二 神 朮 散 一 有 三 虚 人 感 冒 發 熱 僅 一 日 熱 不 万 爲 万 久 又 不 万 爲 万 重 便 見 二 讝 語 一 此 乃 虚 不 万 禁 万 熱 不 万 可 三 遽 用

万 可 三 過 二 用 表 劑 一 若 投 以 二 和 解 養 胃 對 金 之 類 一 不 万 效 者 宜 二 神 朮 散 一 有 三 虚 人 感 冒 發 熱 僅 一 日 熱 不 万 爲 万 久 又 不 万 爲 万 重 便 見 二 讝 語 一 此 乃 虚 不 万 禁 万 熱 不 万 可 三 遽 用 傷 寒 廣 要 卷 第 十 一 別 證 * 感 冒 * 風 邪 が 人 体 に 侵 入 しておこるこので 症 状 は 鼻 づまり 鼻 水 頭 痛 惡 風 骨 節 疼 痛 惡 寒 發 熱 あるいは 咳 嗽 喉 痛 な どを 現 す 病 名 彙 解 創 医 会 学 術 部 漢 方 用 語 大 辞 典 燎 原 感 冒 本 與 二 傷 寒 一 治 證 一 同 但 有 二 輕 重 之 分 一 耳 故 重 者

More information

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令 防 衛 庁 訓 令 第 14 号 自 衛 隊 法 施 行 規 則 ( 昭 和 29 年 総 理 府 令 第 40 号 ) 第 27 条 及 び 第 36 条 の 規 定 に 基 き 自 衛 官 及 び 防 衛 大 学 校 の 学 生 の 採 用 のための 身 体 検 査 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 昭 和 29 年 9 月 13 日 防 衛 庁 長 官 木 村 篤 太 郎 自

More information

Microsoft Word - 修正對照表_1000105.doc

Microsoft Word - 修正對照表_1000105.doc 採 購 專 業 人 員 資 格 考 試 訓 練 發 證 及 管 理 辦 法 部 分 條 文 修 正 條 文 對 照 表 修 正 條 文 現 行 條 文 說 明 第 六 條 採 購 單 位 主 管 人 員 宜 取 得 採 購 專 業 人 員 進 階 資 格, 採 購 單 位 非 主 管 人 員 宜 取 得 採 購 專 業 人 員 基 本 資 格 前 項 主 管 及 非 主 管 人 員, 宜 於 其 就

More information

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63>

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63> 日 本 褥 瘡 学 会 第 3 回 実 態 調 査 患 者 用 下 記 の 質 問 に 対 して 該 当 するものの 番 号 に 印 を その 他 の 項 目 を 選 択 する 場 合 には 具 体 的 な 内 容 を 記 入 してください Q1 患 者 ID を 記 入 してください これはあなたがどの 患 者 について 解 答 したか 確 認 できるようにするための 質 問 です 訂 正 の 時

More information

スライド 1

スライド 1 NPO 法 人 健 康 医 療 開 発 機 構 第 7 回 シンポジウム 未 来 志 向 の 漢 方 ポジティブな 多 世 代 共 生 社 会 を 目 指 して 2014 年 3 月 2 日 学 士 会 館 漢 方 への 期 待 ~ 国 民 の 目 線 から NPO 法 人 みんなの 漢 方 理 事 長 女 性 医 療 ジャーナリスト 増 田 美 加 長 年 の 取 材 を 通 して 感 じたこと

More information

<4D F736F F F696E74202D2093FA8FED906697C382C996F097A782C28ABF95FB2E707074>

<4D F736F F F696E74202D2093FA8FED906697C382C996F097A782C28ABF95FB2E707074> 日 常 診 療 に 役 立 つ 漢 方 講 座 第 173 回 筑 豊 漢 方 研 究 会 平 成 20 年 (2008)11 月 13 日 入 門 講 座 はじめての 漢 方 診 療 (11) 気 の 異 常 とその 治 療 飯 塚 病 院 東 洋 医 学 センター 漢 方 診 療 科 三 潴 忠 道 1 21 世 紀 の 医 療 における 知 の 創 造 漢 方 中 国 由 来 の 医 学 漢

More information

文化連情報8月389号.indd

文化連情報8月389号.indd 正 総 合 略 死 臓 器 摘 死 至 ゆ 安 レ バ ボ 取 除 般 従 遷 疎 困 難 特 徴 刺 激 与 ェ ュ 為 促 続 偶 付? 視 線 向 追 右 左 管 膀 胱 挿 声 様 好 音 楽 聴 試 声 録 音 聴 希 望 直 接 般 簡 隅 形 再 驚 ふ 左 伸 首 抱 作 口 ゆ 偶 常 化 情 報 緒 = 種 常 光 濃 厚 報 酬 高 評 与 遅 デ 効 徐 打 費 適 配 部

More information

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前 破 裂 脳 動 脈 瘤 に 対 する 開 頭 クリッピング 術 とは くも 膜 下 出 血 について 頭 蓋 骨 の 内 側 には 硬 膜 くも 膜 軟 膜 と 呼 ばれる 脳 組 織 を 包 んで いる 組 織 があります くも 膜 と 軟 膜 のすき 間 は くも 膜 下 腔 と 呼 ば れています くも 膜 下 腔 に 出 血 を 起 こした 状 態 がくも 膜 下 出 血 で す くも 膜

More information

東 洋 文 化 研 究 所 紀 要 第 166 册 8 2 28 3 4 2 402 1975 3 577 1995 4 245 (40)

東 洋 文 化 研 究 所 紀 要 第 166 册 8 2 28 3 4 2 402 1975 3 577 1995 4 245 (40) 709-788 1 1 64 / 28 426 2008 246 (39) 東 洋 文 化 研 究 所 紀 要 第 166 册 8 2 28 3 4 2 402 1975 3 577 1995 4 245 (40) 759-820 11 5 1974 5 247 1987 244 (41) 東 洋 文 化 研 究 所 紀 要 第 166 册 -775 6 780-841 7 8 8 9 6 28 571

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

而 空 姐 所 面 對 的 是 變 動 率 高 不 固 定 的 一 群 人, 而 老 師 則 是 能 夠 照 看 著 同 一 群 人, 與 之 一 同 學 習 成 長, 對 於 她 而 言, 這 是 兩 種 截 然 不 同 的 刺 激 3. 您 是 什 麼 時 候 修 習 師 培 課 程? 在 當

而 空 姐 所 面 對 的 是 變 動 率 高 不 固 定 的 一 群 人, 而 老 師 則 是 能 夠 照 看 著 同 一 群 人, 與 之 一 同 學 習 成 長, 對 於 她 而 言, 這 是 兩 種 截 然 不 同 的 刺 激 3. 您 是 什 麼 時 候 修 習 師 培 課 程? 在 當 東 海 大 學 中 等 教 育 學 程 師 資 生 實 地 學 習 紀 錄 表 學 生 姓 名 : 邱 鎂 玲 學 號 :1021649 科 目 : 教 育 哲 學 日 期 時 間 :104 年 12 月 24 日 ( 星 期 五 ) 14 時 00 分 至 16 時 30 分 ( 教 師 訪 談 ) 104 年 12 月 25 日 ( 星 期 五 ) 09 時 00 分 至 11 時 30 分 (

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

№ 平 成 26 年 度 保 険 事 例 研 究 会 実 施 予 定 ( 東 京 ) 平 成 26 年 4 月 実 施 日 報 告 者 研 究 課 題 内 容 備 考 1 平 成 26 年 5 月 14 日 ( 水 ) 複 数 の 保 険 契 約 に 1 事 件 複 数 の 保 険 契 約 に 基 づく 解 約 返 戻 金 請 求 権 他 を 弁 護 士 濱 口 善 紀 氏 (1 事 件 ) 東 京 高

More information

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身 第 11 部 麻 酔 通 則 1 麻 酔 の 費 用 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各 の 所 定 点 数 により 算 定 する ただし 麻 酔 に 当 た って 薬 剤 又 は 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 保 険 医 療 材 料 ( 以 下 この 部 において 特 定 保 険 医 療 材 料 という )を 使 用 した 場 合 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

Microsoft Word - 腰痛.doc

Microsoft Word - 腰痛.doc 第 41 回 東 北 鍼 灸 学 会 青 森 大 会 ( 八 戸 市 ) 平 成 19 年 9 月 鍼 灸 臨 床 研 修 会 講 演 第 2 席 腰 痛 福 島 県 鍼 灸 師 会 三 瓶 真 一 はじめに 開 業 鍼 灸 院 にて 腰 痛 はもっとも 来 院 頻 度 の 多 い 疾 患 であろう 海 外 では 生 涯 罹 患 率 が 84.1% 年 間 罹 患 率 が 48.9%(1998,Cassidy)という

More information

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4.7 ICD-9-CM 分 類 コードによる 年 齢 階 層 別 年 間 退 院 患 者 数 ( 平 成 24 年 1 月 ~ 平 成 24 年 12 月 ) コード 術 名 総 数 0 才 ~4 1.02 穿 頭 脳 室 ドレナージ 術 5 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 1 0 70.4 1.09 慢 性 硬 膜 下 血 腫 穿 孔 洗 浄 術 32 0 0 0 0 0 2

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

成 大 病 新 差 血 氣 来 復 餘 熱 未 盡 強 合 陰 陽 得 病 者 名 曰 易 男 子 病 新 差 未 平 復 而 婦 人 與 之 交 得 病 名 曰 陽 易 婦 人 新 病 差 未 平 復 男 子 與 之 交 得 病 名 曰 陰 易 以 陰 陽 相 感 動 其 餘 毒 相 染 著 如

成 大 病 新 差 血 氣 来 復 餘 熱 未 盡 強 合 陰 陽 得 病 者 名 曰 易 男 子 病 新 差 未 平 復 而 婦 人 與 之 交 得 病 名 曰 陽 易 婦 人 新 病 差 未 平 復 男 子 與 之 交 得 病 名 曰 陰 易 以 陰 陽 相 感 動 其 餘 毒 相 染 著 如 辨 陰 陽 易 差 後 労 復 病 脈 證 并 治 第 十 四 合 六 法 方 六 首 一 傷 寒 陰 陽 易 之 為 病 其 人 身 軆 重 少 氣 少 腹 裏 急 或 引 陰 中 拘 攣 熱 上 衝 胸 頭 重 不 欲 擧 眼 中 生 花 花 一 作 眵 膝 脛 拘 急 者 焼 褌 散 主 之 方 一 婦 人 中 褌 近 隠 處 取 焼 作 灰 右 一 味 水 服 方 寸 匕 日 三 服 小 便

More information

1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5

1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5 資 料 Ⅱ-2 救 急 搬 送 実 施 基 準 宮 城 県 平 成 25 年 X 月 1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5 月 1 日 に

More information

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請 File.4 < 判 決 原 文 > 生 計 を 一 に す る 妻 へ の 税 理 士 報 酬 と 必 要 経 費 - 宮 岡 事 件 - 第 1 審 : 東 京 地 裁 平 成 13 年 ( 行 ウ ) 第 423 号 平 成 15 年 7 月 16 日 判 決 ( TAINS 判 例 検 索 Z253-9393 税 務 訴 訟 資 料 253 号 順 号 9393 判 例 時 報 1891 号

More information

Microsoft PowerPoint - 漢方講座 (NXPowerLite) (NXPowerLite).ppt

Microsoft PowerPoint - 漢方講座 (NXPowerLite) (NXPowerLite).ppt 日 常 診 療 に 役 立 つ 漢 方 講 座 第 164 回 筑 豊 漢 方 研 究 会 平 成 19 年 (2007)10 月 11 日 入 門 講 座 はじめての 漢 方 診 療 (3) 少 陽 病 1) 柴 胡 剤 飯 塚 病 院 東 洋 医 学 センター 漢 方 診 療 科 三 潴 忠 道 1 しょう 漢 方 医 学 的 な 病 態 ( 証 )の 二 大 別 N8 陽 証 陰 証 陽 性

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

Microsoft Word - 【HP用】運営状況(~H27)

Microsoft Word - 【HP用】運営状況(~H27) 相 談 実 績 1 年 度 別 相 談 実 績 H19 年 度 H2 年 度 H21 年 度 H22 年 度 H23 年 度 H24 年 度 H25 年 度 H26 年 度 H27 年 度 (9 月 ~) 572 1,41 2,7 2,17 2,111 2,116 2,491 3,61 4,186 (81) (117) (167) (175) (175) (176) (27) (255) (348)

More information

這 些 日 常 業 務 所 需 的 商 用 範 例 都 可 以 直 接 套 用, 您 只 要 依 需 求 加 以 適 度 修 改 即 可, 使 用 起 來 非 常 方 便 除 此 之 外 還 有 練 習 題, 提 供 讀 者 做 反 饋 練 習 如 針 對 商 業 文 書 中 特 有 的

這 些 日 常 業 務 所 需 的 商 用  範 例 都 可 以 直 接 套 用, 您 只 要 依 需 求 加 以 適 度 修 改 即 可, 使 用 起 來 非 常 方 便 除 此 之 外 還 有 練 習 題, 提 供 讀 者 做 反 饋 練 習 如 針 對 商 業 文 書 中 特 有 的 @ 不 論 是 在 日 商 公 司 工 作, 或 是 與 日 本 公 司 有 貿 易 往 來 的 台 商 公 司 工 作, 都 有 機 會 使 用 日 文 商 業 文 書 在 貿 易 往 來 中, 合 宜 的 文 書 溝 通 可 以 讓 彼 此 的 合 作 關 係 更 為 順 暢, 減 少 雙 方 的 摩 擦 以 前 日 文 商 業 文 書 是 以 紙 張 文 書 方 式 寄 送, 但 隨 著 Email

More information

整体講座

整体講座 経 絡 重 要 穴 自 習 用 新 潟 整 体 協 会 電 話 :025-222-7075 経 絡 働 症 状 経 絡 働 症 状 肺 経 外 気 取 入 交 換 肺 機 能 司 呼 吸 器 系 症 状 皮 膚 症 状 浮 腫 呼 吸 器 関 連 不 調 大 腸 経 肺 経 対 外 気 取 入 交 換 大 腸 働 司 便 秘 目 耳 鼻 歯 頭 顔 五 感 不 調 胃 経 気 取 入 消 化 消 化

More information

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診 ~ 予 防 接 種 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 みください~ 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 をご 希 望 の 方 へ 市 では 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 法 律 に 基 づかない 任 意 接 種 と して 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 費 用 の 約 9 割 を 助 成 していましたが 予 防 接 種

More information

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」の一部改正について 健 感 発 0307 第 2 号 平 成 25 年 3 月 7 日 都 道 府 県 各 政 令 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 特 別 区 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 第 12 条 第 1 項 及 び 第 14 条 第 2 項 に 基 づく 届 出 の 基

More information

Microsoft Word - 一般仕様書(H27)

Microsoft Word - 一般仕様書(H27) 一 般 仕 様 書 ( 目 的 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 旧 吉 野 川 浄 化 センターの 運 転 管 理 業 務 を 円 滑 に 実 施 するため 業 務 の 内 容 等 を 定 めることを 目 的 とする ( 業 務 の 履 行 ) 第 2 条 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は 下 水 道 法 水 質 汚 濁 防 止 法 電 気 事 業 法 及 びその 他 の 関 係 法 令

More information

Writer標準

Writer標準 はじめに 結 核 診 断 の 手 引 き 年 間 2 万 人 以 上 の 新 規 患 者 が 登 録 されている 結 核 は 今 なお 国 内 最 大 の 感 染 症 です 但 し 下 記 に 示 すように 患 者 数 は 減 少 傾 向 にあるものの 傾 きは 鈍 化 してきており 特 に 山 形 県 では この 10 年 間 は 毎 年 の 新 規 患 者 数 が 140 人 ( 置 賜 では

More information



 104 年 專 門 職 業 及 技 術 人 員 普 通 考 試 導 遊 人 員 領 隊 人 員 考 試 試 題 代 號 :2701 頁 次 :8-1 等 別 : 普 通 考 試 類 科 : 華 語 領 隊 人 員 科 目 : 領 隊 實 務 ( 包 括 觀 光 法 規 入 出 境 相 關 法 規 外 匯 常 識 民 法 債 編 旅 遊 專 節 與 國 外 定 型 化 旅 遊 契 約 臺 灣 地 區

More information

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc 膵 臓 がんの 症 状 と 治 療 2010 年 4 月 26 日 作 成 医 療 法 人 財 団 神 戸 海 星 病 院 目 次 1 2 3 4 5 膵 臓 の 解 剖 特 徴 診 断 方 法 進 行 度 当 院 での 治 療 法 Ⅰ. 手 術 治 療 Ⅱ. 内 視 鏡 的 ステント 留 置 術 1 2 2 3 4 4 9 Ⅲ. 化 学 療 法 10 手 術 実 績 膵 臓 悪 性 腫 瘍 手 術

More information

( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原

( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原 神 * 石 原 神 2* 佐 藤 神 佐 藤 神

More information

第32回 漢方でがんと向き合う(漢方)

第32回 漢方でがんと向き合う(漢方) 第 32 回 漢 方 教 室 ( 漢 方 ) 漢 方 でがんと 向 き 合 う- 心 と 体 の 免 疫 力 をアップ- Ⅰ. 日 本 における 漢 方 治 療 の 現 状 西 洋 医 学 を 学 んだ 医 師 と 薬 剤 師 だけが 漢 方 治 療 を 実 践 できる( 免 許 の 一 本 化 ) 保 険 医 療 制 度 の 中 で 西 洋 医 学 治 療 と 同 時 に 漢 方 治 療 を 行

More information

禄 食 早 採 ほ 少 輪 曜 半 ド 午 宅 白 黒 ビ 輪 酒 肴 ほ 若 オ ピ 育 因 聞 士 隔 禁 得 校 致 ょ 差 述 逆 輪 裏 輩 育 砂 降 転 誂 快 晴 迎 刷 込 憶 鮮 幼 憶 頼 縁 任 座 秉 燭 ょ 語 検 索 奥 細 冒 頭 李 白 春 夜 桃 李 宴 序 ヒ

禄 食 早 採 ほ 少 輪 曜 半 ド 午 宅 白 黒 ビ 輪 酒 肴 ほ 若 オ ピ 育 因 聞 士 隔 禁 得 校 致 ょ 差 述 逆 輪 裏 輩 育 砂 降 転 誂 快 晴 迎 刷 込 憶 鮮 幼 憶 頼 縁 任 座 秉 燭 ょ 語 検 索 奥 細 冒 頭 李 白 春 夜 桃 李 宴 序 ヒ 起 起 技 課 追 程 例 ヲ 偲 フ ヘ 漸 著 不 振 陥 追 訂 衰 退 因 着 築 ハ 其 面 ヲ ヘ 強 章 終 稿 伊 喜 郎 私 印 捺 ペ 築 ヲ 聯 繋 挙 ハ 真 宜 適 暁 ハ 与 強 ヘ 強 眼 河 結 ぶ 河 削 壌 廃 埋 街 形 河 沿 帯 形 基 起 乱 ょ 1 禄 食 早 採 ほ 少 輪 曜 半 ド 午 宅 白 黒 ビ 輪 酒 肴 ほ 若 オ ピ 育 因 聞 士 隔

More information

(Microsoft Word - 101.08.28\246\333\263\254\257g\301`\267|\244\266\262\320.doc)

(Microsoft Word - 101.08.28\246\333\263\254\257g\301`\267|\244\266\262\320.doc) 中 華 民 國 自 閉 症 總 會 緣 起 本 會 於 民 國 八 十 五 年 元 月 二 十 日 舉 行 成 立 大 會, 同 年 二 月 二 十 六 日 獲 內 政 部 頒 發 立 案 證 書 ( 字 號 : 台 內 社 字 第 8504979 號 ), 正 式 成 立 社 團 法 人 中 華 民 國 自 閉 症 總 會 本 會 是 以 服 務 全 國 自 閉 症 家 庭 為 主 的 人 民 團

More information

044 多発血管炎性肉芽腫症

044 多発血管炎性肉芽腫症 44 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 概 要 1. 概 要 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 は 以 前 はウェゲナー 肉 芽 腫 症 と 称 されていた 疾 患 で 病 理 組 織 学 的 に(1) 全 身 の 壊 死 性 肉 芽 腫 性 血 管 炎 (2) 上 気 道 と 肺 を 主 とする 壊 死 性 肉 芽 腫 性 炎 (3) 半 月 体 形 成 腎 炎 を 呈 し その 発

More information

Microsoft PowerPoint - 大野Dr..ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 大野Dr..ppt [互換モード] 運 動 における 安 全 管 理 バイタルサインということばを ご 存 じですか? ヒトの 生 命 に 基 本 的 な 徴 候 生 命 の 維 持 に 直 接 関 係 する 安 全 管 理 に 最 低 必 要 な 情 報 脈 拍 呼 吸 体 温 血 圧 意 識 状 態 など 脈 拍 をどこで 測 るかご 存 じですか? 脈 拍 を 測 ってみましょう 親 指 側 の 手 首 に 脈 を 触 れ ます

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100

51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 別 紙 一 連 番 号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 催 眠 鎮 静 薬 1-1 催 眠 鎮 静 薬 2-1 催 眠 鎮 静 薬 3-1 鎮 暈 薬

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9892C592C58AD494C28377838B836A834182CC906697C381418347815B8358834E8389836283768CB48D658141323031312E31322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9892C592C58AD494C28377838B836A834182CC906697C381418347815B8358834E8389836283768CB48D658141323031312E31322E646F63> 腰 椎 椎 間 板 ヘルニアについて - 正 しい 理 解 とより 良 い 治 療 を 受 けるために- 金 明 博 [はじめに] 整 形 外 科 の 外 来 を 訪 れる 患 者 さんの 多 くは 腰 痛 を 主 訴 にされてい ます その 腰 痛 の 患 者 さんが 心 配 している 病 気 の 中 で 腰 椎 椎 間 板 ヘルニアほ ど 有 名 な 病 気 はないでしょう 腰 椎 椎 間 板

More information

Microsoft PowerPoint - 筑豊漢方女性.ppt

Microsoft PowerPoint - 筑豊漢方女性.ppt 日 常 診 療 に 役 立 つ 漢 方 講 座 第 152 回 筑 豊 漢 方 研 究 会 平 成 18 年 (2006)3 月 9 日 女 性 のための 漢 方 ~ 当 帰 芍 薬 散, 加 味 逍 遥 散, 桂 枝 茯 苓 丸 を 中 心 に~ 飯 塚 病 院 東 洋 医 学 センター 漢 方 診 療 科 三 潴 忠 道 1 しょう 漢 方 医 学 的 な 病 態 ( 証 )の 二 大 別 陽

More information

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵

致 旧 捉 ギ 夏 漱 公 州 浜 松 申 弁 食 食 易 窓 列 夫 婦 暑 女 肩 窓 音 首 夫 婦 声 首 座 段 髭 互 哀 建 庭 園 御 覧 昔 弁 護 亡 賊 扱 裕 乗 愚 弄 落 付 黙 耳 傾 囚 倒 怯 悟 晩 髭 至 姓 尋 電 鳴 鳴 乗 降 丸 材 木 積 往 古 蔵 礼 旧 消 登 道 標 宅 使 総 門 ゆ 納 交 仲 関 住 助 掛 確 礼 率 低 因 孕 絡 配 偶 嫌 易 申 訳 市 住 宅 乖 掛 金 視 貌 視 終 態 総 昭 〇 段 階 診 所 〇 昇 厚 渡 証 誇 伴 槍 玉 挙 終 占 幸 福 移 昨 隣 押 幼 所 母 繋 較 短 迎 馳 勘 滅 振 運 族 構 処 術 回 打 族 ギ 呈 技 術 勢 素 晴 司 放 患 側 救 遠 昔 僧

More information

森田草平_「三四郎」

森田草平_「三四郎」 5 猫 今 数 年 前 最 手 近 周 囲 描 昨 今 周 囲 描 白 主 猫 材 料 取 扱 多 少 相 違 形 式 猫 無 責 任 6 損 益 有 親 炙 ゃ 方 観 察 数 物 猫 二 つ 挙 げ ざ 得 吾 輩 猫 猫 役 勤 福 岡 県 京 都 郡 真 崎 村 小 川 今 み や 年 熊 本 高 等 学 校 卒 業 東 京 文 科 大 学 へ 青 年 間 猫 存 在 無 視 せ 心 使 周

More information