被扶養者の認定取扱について

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "被扶養者の認定取扱について"

Transcription

1 日 本 マクドナルド 健 康 保 険 組 合 被 扶 養 者 認 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 健 康 保 険 法 第 3 条 第 7 項 の 規 定 による 被 扶 養 者 の 認 定 について 日 本 マクドナル ド 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という)が 適 正 かつ 公 平 に 行 うための 具 体 的 事 項 を 定 めることを 目 的 と する ( 認 定 の 原 則 ) 第 2 条 被 扶 養 者 の 認 定 は 被 保 険 者 から 被 扶 養 者 届 の 提 出 があった 場 合 または 資 格 の 再 調 査 を 行 う 必 要 が 生 じた 場 合 に 行 う 認 定 は 健 康 保 険 法 第 3 条 第 7 項 並 びに 関 係 法 令 通 達 等 に 基 づき 次 の 項 目 に 沿 って 総 合 的 に 審 査 し 被 扶 養 者 として 認 定 することが 実 態 と 著 しくかけ 離 れたものでなく 社 会 通 念 上 妥 当 性 を 欠 いていな いと 認 められた 場 合 には 被 扶 養 者 として 認 定 する (1) 被 保 険 者 にこの 基 準 に 定 める 被 扶 養 者 の 要 件 を 備 える 者 ( 以 下 認 定 対 象 者 )に 対 する 扶 養 義 務 がある (2) 被 保 険 者 の 収 入 により 継 続 的 に 主 として 生 計 が 維 持 されている (3) 被 保 険 者 に 継 続 的 に 認 定 対 象 者 を 扶 養 する 経 済 的 扶 養 能 力 がある (4) 認 定 対 象 者 に 収 入 がある 場 合 は 第 6 条 に 定 める 範 囲 内 である (5) 認 定 対 象 者 にかかわる 扶 養 義 務 者 が 複 数 いる 場 合 は 扶 養 義 務 者 の 収 入 および 扶 養 能 力 被 扶 養 者 とすべき 理 由 生 計 維 持 の 事 実 などを 総 合 的 に 判 断 する なお 夫 婦 親 子 等 社 会 通 念 上 被 保 険 者 よりも 高 い 扶 養 義 務 を 負 う 親 族 がいる 場 合 は 扶 養 の 認 定 は 行 わない ただし 当 該 扶 養 義 務 者 に 扶 養 能 力 が 無 いと 認 められる 場 合 及 び 扶 養 の 事 実 が 無 いと 認 められる 場 合 は こ の 限 りではない ( 被 扶 養 者 の 範 囲 ) 第 3 条 被 扶 養 者 とは 次 に 掲 げる 者 で 主 として 被 保 険 者 の 収 入 により 生 計 を 維 持 する 者 をいう (1) 被 保 険 者 の 直 系 尊 属 配 偶 者 ( 婚 姻 の 届 出 をしていないが 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあ る 者 を 含 む ) 子 孫 及 び 弟 妹 であって 主 としてその 被 保 険 者 により 生 計 を 維 持 している 者 (2) 被 保 険 者 の3 親 等 内 の 親 族 であって その 被 保 険 者 と 同 一 の 世 帯 に 属 し 主 としてその 被 保 険 者 により 生 計 を 維 持 している 者 (3) 被 保 険 者 の 配 偶 者 であって 婚 姻 の 届 出 は 無 いが 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にある 者 の 父 母 及 び 子 で その 被 保 険 者 と 同 一 の 世 帯 に 属 し 主 としてその 被 保 険 者 により 生 計 を 維 持 して いる 者 (4) 前 記 の 配 偶 者 の 死 亡 後 におけるその 父 母 及 び 子 で 引 き 続 きその 被 保 険 者 と 同 一 の 世 帯 に 属 し 主 としてその 被 保 険 者 により 生 計 を 維 持 している 者 ( 認 定 の 基 準 ) 第 4 条 主 としてその 被 保 険 者 により 生 計 を 維 持 している 者 とは 通 常 の 生 計 費 の2 分 の1 以 上 を 被 保 険 者 に 依 存 している 場 合 をいう なお 別 居 の 場 合 における 生 計 維 持 の 確 認 に 際 しては 第 13 条 (3)クに 定 める 毎 月 の 生 計 費 の 送 - 1 -

2 金 を 証 する 書 類 ( 銀 行 振 込 書 の 写 し 現 金 書 留 差 出 人 控 え 等 の 写 し)によることとし 原 則 として 現 金 の 手 渡 しは 認 めないこととする 第 5 条 同 一 世 帯 に 属 し とは 被 保 険 者 と 住 居 及 び 家 計 を 共 同 にすることであり 同 一 戸 籍 内 に あることは 必 ずしも 必 要 とせず また 被 保 険 者 が 必 ずしも 世 帯 主 であることを 必 要 としない ( 昭 和 27 年 6 月 保 文 発 第 3533 号 ) 即 ち 健 康 保 険 法 における 世 帯 とは 住 居 及 び 家 計 をともにする 者 の 集 まりという 意 味 であり 同 一 の 世 帯 というために これ 以 外 に 形 式 的 な 条 件 を 必 要 としない な お 次 に 該 当 する 場 合 には 同 一 世 帯 に 属 していることとする (1) 被 保 険 者 が 事 業 主 の 命 によって 単 身 赴 任 をしている (2) 学 生 の 子 が 住 居 を 別 にしている なお 学 生 の 子 とは 大 学 生 以 下 の 者 とする (3) 従 来 被 保 険 者 と 住 居 を 共 にしていた 被 扶 養 者 が 次 の 施 設 にいる 場 合 1) 病 院 または 診 療 所 2) 老 人 保 健 施 設 3) 障 がい 者 支 援 施 設 第 6 条 収 入 がある 者 の 被 扶 養 者 の 認 定 については 厚 生 労 働 省 保 険 局 長 通 達 により 次 の 通 り 取 り 扱 うこととし その 収 入 は 届 出 日 から 向 こう1 年 間 の 継 続 性 のある 年 間 収 入 見 込 み 額 とする (1) 認 定 対 象 者 が 被 保 険 者 と 同 一 の 世 帯 に 属 する 場 合 には 認 定 対 象 者 の 年 間 収 入 が130 万 円 未 満 ( 認 定 対 象 者 が60 歳 以 上 である 場 合 又 は 概 ね 厚 生 年 金 保 険 法 による 障 がい 年 金 の 受 給 用 件 に 該 当 する 場 合 は180 万 円 未 満 ) であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の2 分 の1 未 満 である 場 合 は 原 則 として 被 扶 養 者 に 該 当 するものとする なお 認 定 対 象 者 が 学 生 の 子 である 場 合 は その 者 の 年 間 収 入 が130 万 円 未 満 かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 未 満 である 場 合 は 認 定 する (2) 認 定 対 象 者 が 被 保 険 者 と 同 一 世 帯 に 属 していない 場 合 は 認 定 対 象 者 の 年 間 収 入 が130 万 円 未 満 ( 認 定 対 象 者 が60 歳 以 上 である 場 合 又 概 ね 厚 生 年 金 保 険 法 による 障 害 年 金 の 受 給 用 件 に 該 当 する 場 合 は180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 からの 援 助 による 収 入 額 より 少 ない 場 合 には 原 則 として 被 扶 養 者 に 該 当 するものとする なお 援 助 ( 仕 送 り) 額 については 下 記 の 要 件 を 満 たすこととする 1 標 準 的 な 生 計 費 を 著 しく 下 回 らない 額 を 最 低 仕 送 り 額 として 毎 月 送 金 ( 手 渡 し 不 可 )す ること 但 し 被 扶 養 対 象 者 が 年 金 受 給 者 の 場 合 は 2 ヶ 月 ごととすることを 認 める なお 標 準 的 な 生 計 費 を 著 しく 下 回 らない 額 とは 収 入 がある 者 についての 被 扶 養 者 の 認 定 につ いて ( 昭 和 52 年 4 月 6 日 厚 生 省 保 険 局 長 通 知 保 発 第 九 号 )で 規 定 する 収 入 基 準 130 万 円 の24 分 の1( 千 円 未 満 切 捨 て)の 額 とする なお 被 扶 養 対 象 者 が 複 数 いる 場 合 は 2 人 目 以 降 は 1 人 目 の 2 分 の 1( 千 円 未 満 切 捨 て)とする 2 仕 送 りが 被 扶 養 者 の 生 計 維 持 に 必 要 であり 仕 送 り 後 の 収 入 額 で 被 保 険 者 及 び 被 扶 養 者 の 生 活 が 成 り 立 っていること ただし 認 定 対 象 者 が 学 生 の 子 である 場 合 は その 者 の 年 間 収 入 が130 万 円 未 満 かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 未 満 である 場 合 は 認 定 する (3) 直 近 の 月 額 の 収 入 により 確 認 する 場 合 は 年 額 130 万 円 を 月 額 108,334 円 に 年 額 1 80 万 円 を 月 額 150,000 円 に 置 き 換 えることとする (4) 雇 用 保 険 法 に 基 づく 基 本 手 当 及 び 健 康 保 険 法 等 に 基 づく 傷 病 手 当 金 を 受 給 中 の 場 合 は その 日 額 ( 付 加 給 付 がある 場 合 はその 額 を 含 む)が3,612 円 未 満 の 者 ただし 前 記 (2)の

3 歳 以 上 の 老 年 者 又 は 障 がい 年 金 の 受 給 要 件 に 該 当 する 者 にあっては 日 額 5,000 円 未 満 の 者 (5) 前 記 (3)に 定 める 年 額 と 月 額 前 記 (4)に 定 める 日 額 を 基 準 額 という 第 7 条 夫 婦 がともに 働 いて 扶 養 している 場 合 の 認 定 に 当 たっては 被 扶 養 者 の 員 数 にかかわらず 将 来 継 続 的 に 収 入 の 多 い 方 の 被 扶 養 者 とする 夫 婦 双 方 の 年 間 収 入 が 同 程 度 である 場 合 は 被 保 険 者 本 人 の 届 出 により 主 として 生 計 を 維 持 する 者 の 被 扶 養 者 とする ( 収 入 の 範 囲 ) 第 8 条 被 保 険 者 の 収 入 の 範 囲 は 原 則 として 被 保 険 者 の 所 属 する 事 業 所 から 支 給 される 就 労 によ るものの 他 一 人 親 などが 市 区 町 村 から 支 給 される 児 童 扶 養 手 当 や 子 への 養 育 費 等 を 含 むものと する なお 任 意 継 続 被 保 険 者 については 任 意 継 続 の 制 度 趣 旨 に 鑑 み 任 意 継 続 による 標 準 報 酬 月 額 を 以 って 収 入 とみなす また 産 前 産 後 休 暇 や 育 児 休 職 中 並 びに 傷 病 による 休 業 中 の 被 保 険 者 については その 期 間 において 健 康 保 険 の 出 産 手 当 金 傷 病 手 当 金 ならびに 雇 用 保 険 の 育 児 休 業 給 付 金 や 労 災 保 険 による 休 業 補 償 給 付 金 が 支 給 されることから 標 準 報 酬 月 額 の3 分 の2の 収 入 があ るものとみなす 2. 認 定 対 象 者 の 収 入 の 範 囲 は 原 則 として 次 に 示 す 現 金 収 入 現 金 に 評 価 しうる 現 物 収 入 のすべ てを 含 むものとする (1) 勤 労 収 入 ( 通 勤 交 通 費 等 の 非 課 税 収 入 及 び 賞 与 を 含 む 総 収 入 ) (2) 年 金 収 入 ( 厚 生 年 金 国 民 年 金 各 種 共 済 年 金 船 員 保 険 年 金 農 業 者 年 金 企 業 年 金 私 的 年 金 各 種 の 恩 給 遺 族 年 金 障 害 年 金 等 で 非 課 税 扱 いの 年 金 を 含 む) (3) 事 業 収 入 ( 自 営 業 農 業 漁 業 林 業 等 ) (4) 健 康 保 険 法 等 に 基 づき 支 給 される 出 産 手 当 金 傷 病 手 当 金 ( 付 加 給 付 を 含 む)や 労 働 保 険 各 法 に 基 づき 支 給 される 給 付 金 等 (5) 利 子 配 当 収 入 (6) 副 業 収 入 ( 原 稿 料 講 演 料 等 ) 不 動 産 賃 貸 料 収 入 (7) 被 保 険 者 以 外 の 者 からの 仕 送 り( 生 計 費 等 ) (8)その 他 継 続 的 に 受 ける 収 入 ( 収 入 額 ) 第 9 条 この 基 準 でいう 収 入 額 とは 次 に 掲 げるもののうち 将 来 にわたっての 恒 常 的 な 収 入 を いう 従 って 退 職 一 時 金 退 職 手 当 及 び 資 産 の 譲 渡 売 却 等 一 時 的 に 生 じた 所 得 は 含 まない (1) 利 子 配 当 不 動 産 事 業 農 業 その 他 の 収 入 額 年 間 の 収 入 額 からその 収 入 額 を 得 るために 必 要 な 経 費 を 控 除 して 得 た 額 収 入 額 を 得 るために 必 要 な 経 費 を 直 接 的 必 要 経 費 と 呼 び 別 表 1に 定 める (2) 公 的 年 金 収 入 額 年 金 額 の 改 定 等 に 係 る 直 近 の 通 知 書 に 記 載 された 額 (3) その 他 の 収 入 額 支 給 された 額 ( 収 入 額 の 算 定 方 法 ) 第 10 条 所 得 税 法 上 は その 年 の 1 月 から 12 月 までの 間 の 収 入 を 基 礎 として 所 得 を 決 定 すること - 3 -

4 とされているが 被 扶 養 者 の 認 定 に 当 たっては 将 来 にわたっての 恒 常 的 な 収 入 の 確 認 により 取 り 扱 うこととし 次 の 方 法 で 算 出 する なお 所 得 税 法 上 は 各 種 の 控 除 規 定 があるが 被 扶 養 者 の 認 定 における 収 入 からの 控 除 は 行 わない (1) 月 額 の 場 合 ( 月 額 12 ヶ 月 )+ 賞 与 等 の 推 計 額 (2) 日 額 の 場 合 ( 日 額 1 ヶ 月 の 平 均 勤 務 日 数 12 ヶ 月 )+ 賞 与 等 の 推 計 額 (3) 時 間 給 の 場 合 ( 時 間 給 1 日 の 平 均 勤 務 時 間 1 ヶ 月 の 平 均 勤 務 日 数 12 ヶ 月 )+ 賞 与 等 の 推 計 額 ( 申 請 手 続 き) 第 11 条 被 保 険 者 は 認 定 対 象 者 がある 場 合 は 被 保 険 者 資 格 取 得 後 5 日 以 内 に 健 康 保 険 被 扶 養 者 異 動 届 ( 以 下 異 動 届 という) と 被 扶 養 者 現 況 書 ( 以 下 現 況 書 という) を 次 号 に 定 め る 必 要 書 類 を 添 えて 事 業 主 を 経 由 して 組 合 に 届 け 出 なければならない その 後 被 扶 養 者 の 要 件 を 備 える 者 が 生 じた 場 合 も 同 様 の 手 続 きをしなければならない 一 方 被 扶 養 者 がその 要 件 を 欠 くに 至 った 場 合 は 被 保 険 者 は 直 ちに 異 動 届 に 当 組 合 が 発 行 する 健 康 保 険 証 等 と 第 13 条 に 定 める 添 付 書 類 を 添 えて 事 業 主 を 経 由 して 組 合 に 届 け 出 なければならない 但 し 次 の 者 は 事 業 主 を 経 由 することは 要 しない (1) 法 第 3 条 4 項 の 規 定 による 被 保 険 者 ( 任 意 継 続 被 保 険 者 ) (2) DV により 被 害 を 受 けている 被 扶 養 者 第 12 条 認 定 対 象 者 が 被 扶 養 者 の 要 件 に 該 当 することについては 被 保 険 者 においてその 事 実 の 立 証 を 行 わなければならない ( 申 請 手 続 き 時 の 添 付 書 類 ) 第 13 条 被 保 険 者 は 認 定 対 象 者 がある 場 合 は 異 動 届 に 次 の 号 に 掲 げる 書 類 のうち 組 合 が 必 要 と 認 める 書 類 を 添 付 しなければならない なお 申 請 にかかる 費 用 は 被 保 険 者 の 負 担 とする (1) 被 扶 養 者 についての 現 況 書 (2) 扶 養 関 係 を 証 する 書 類 ア. 同 居 又 は 別 居 の 状 況 を 証 する 書 類 ( 住 民 票 等 ) イ. 続 柄 を 証 する 書 類 ウ. 学 生 証 ( 有 効 期 限 の 記 載 のあるもの) 又 は 在 学 証 明 書 の 写 し (3) 収 入 を 証 する 書 類 ア. 年 金 恩 給 受 給 に 係 る 直 近 の 通 知 書 の 写 し( 年 金 受 給 者 恩 給 受 給 者 ) イ. 直 近 3 ヶ 月 の 給 与 明 細 書 ならびに 直 近 の 賞 与 明 細 書 の 写 し( 給 与 所 得 者 ) ウ. 源 泉 徴 収 票 ( 給 与 所 得 者 ) エ. 確 定 申 告 書 及 び 収 支 内 訳 書 等 の 写 しならびに 直 接 的 必 要 経 費 申 告 書 ( 自 営 業 者 等 ) オ. 所 得 証 明 書 または 住 民 税 ( 非 ) 課 税 証 明 書 (16 歳 以 上 高 校 生 は 学 生 証 等 の 写 し) カ. 雇 用 保 険 受 給 資 格 証 の 写 し( 雇 用 保 険 受 給 者 ) キ. 雇 用 保 険 を 受 給 しない 場 合 は 離 職 票 1 2の 写 し( 退 職 者 ) ク. 直 近 3 ヶ 月 のひと 月 ごとの 金 融 機 関 等 の 振 込 票 等 客 観 的 に 仕 送 りの 事 実 が 確 認 で きる 書 類 ( 別 居 の 場 合 ) 但 し 被 扶 養 対 象 者 が 年 金 受 給 者 の 場 合 は 2 ヶ 月 ごとも 可 とする また 被 保 険 者 が 単 身 赴 任 の 場 合 の 被 扶 養 配 偶 者 への 仕 送 りや 学 生 の 子 への 仕 送 り 証 明 は 不 - 4 -

5 要 とする (4) その 他 組 合 が 必 要 と 認 める 書 類 第 14 条 被 保 険 者 は 被 扶 養 者 の 要 件 を 欠 くに 至 った 被 扶 養 者 ( 以 下 取 消 対 象 者 という)があ る 場 合 は 異 動 届 に 次 のアからカまでに 掲 げる 書 類 のうち 組 合 が 必 要 と 認 める 書 類 を 添 付 しなけ ればならない ア. 就 職 した 日 を 証 する 書 類 イ. 月 額 収 入 を 証 する 書 類 ウ. 年 金 証 書 又 は 年 金 改 定 通 知 書 の 写 し エ. 雇 用 保 険 受 給 資 格 証 の 写 し オ. 新 たに 加 入 した 健 康 保 険 証 の 写 し カ.その 他 組 合 が 必 要 と 認 める 書 類 第 15 条 DV により 被 害 を 受 けている 被 扶 養 者 は 第 13 条 に 定 める 書 類 の 他 次 の 書 類 を 添 付 しな ければならない ア. 婦 人 相 談 所 等 が 発 行 する 配 偶 者 からの 暴 力 の 被 害 者 の 保 護 に 関 する 証 明 書 ( 資 格 取 得 日 ) 第 16 条 新 たに 被 保 険 者 となった 者 に 認 定 対 象 者 がいる 場 合 には 被 保 険 者 の 資 格 取 得 日 から ま た 被 保 険 者 となった 者 が 新 たに 認 定 対 象 者 が 生 じた 場 合 にはその 事 実 が 生 じた 日 から いずれも 5 日 以 内 に 届 け 出 をした 場 合 は 被 保 険 者 の 資 格 取 得 日 ならびに 当 該 事 実 が 生 じた 日 を 認 定 日 とす る ただし 5 日 を 超 えて 届 出 る 場 合 は 次 の 通 りとする 1 5 日 を 超 えて 2 ヶ 月 以 内 の 場 合 被 保 険 者 の 資 格 取 得 日 ならびに 当 該 事 実 が 生 じた 日 とし その 他 の 場 合 は 組 合 が 届 出 を 受 付 けた 日 とする 2 2 ヶ 月 を 超 える 場 合 原 則 として 組 合 が 届 出 を 受 付 けた 日 とする (1) 次 の 場 合 については 前 記 の 定 めによらず 認 定 対 象 者 の 被 扶 養 者 資 格 を 付 与 する 1 出 生 のときは 出 生 の 日 (2) 前 項 に 定 める 他 の 効 力 が 発 生 する 日 を 次 の 通 り 定 める 1 同 居 を 条 件 とする 被 扶 養 者 が 同 居 した 時 は 同 居 した 日 2 臨 時 及 びパート 職 員 等 の 場 合 は 3 ヶ 月 間 の 平 均 収 入 額 を 年 額 に 換 算 し 基 準 額 未 満 となっ たときは 4 ヶ 月 目 の 初 日 ただし 臨 時 及 びパート 職 員 等 であっても 雇 用 契 約 等 により 明 ら かに 年 間 収 入 額 が 基 準 額 未 満 になると 見 込 まれるときは 明 らかになった 日 3 婚 姻 したときは 入 籍 した 日 ( 資 格 喪 失 日 ) 第 17 条 被 扶 養 者 の 資 格 喪 失 日 は 次 の 通 りとする (1) 死 亡 したときは 死 亡 した 日 の 翌 日 (2) 就 職 したことにより 他 の 健 康 保 険 組 合 の 被 保 険 者 となったときは 当 該 被 保 険 者 となった 日 (3) 同 居 を 条 件 とする 被 扶 養 者 が 別 居 した 時 は 別 居 した 日 (4) 雇 用 保 険 の 基 本 手 当 日 額 が 第 6 条 (4)に 定 める 基 準 額 を 超 える 時 は 受 給 開 始 日 (5) 健 康 保 険 の 出 産 手 当 金 の 日 額 ( 付 加 給 付 がある 場 合 は 付 加 給 付 も 含 む)が 第 6 条 (4)に 定 める 基 準 額 を 超 える 時 は 受 給 開 始 日 - 5 -

6 (6) 新 たに 年 金 受 給 権 が 発 生 し 年 金 受 給 額 が 基 準 額 以 上 のとき 又 は 年 金 の 改 定 により 基 準 額 以 上 となったときは 当 該 年 金 に 係 る 裁 定 通 知 書 若 しくは 改 定 通 知 書 の 交 付 日 (7) 臨 時 及 びパート 職 員 等 の 場 合 は 3 ヶ 月 間 の 平 均 収 入 額 を 年 額 に 換 算 し 基 準 額 以 上 となった ときは 4 ヶ 月 目 の 初 日 ただし 臨 時 及 びパート 職 員 等 であっても 雇 用 契 約 等 により 明 らか に 年 間 収 入 額 が 基 準 額 以 上 になると 見 込 まれるときは 明 らかになった 日 (8) 離 婚 によるときは 戸 籍 上 における 離 婚 が 確 定 した 日 (9) 被 保 険 者 が 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 ( 長 寿 医 療 制 度 )の 被 保 険 者 となった 場 合 には その 日 (10) DV により 被 害 を 受 けている 被 扶 養 者 からの 喪 失 については 保 保 発 第 号 平 成 20 年 2 月 5 日 配 偶 者 からの 暴 力 を 受 けた 被 扶 養 者 の 取 扱 い 等 について にもとづいて 適 正 に 実 施 する ( 組 合 の 調 査 権 ) 第 18 条 組 合 は 被 扶 養 者 の 認 定 を 厳 正 かつ 公 平 に 行 うため 必 要 に 応 じて 被 保 険 者 に 対 して 書 類 の 提 出 もしくは 提 示 を 要 求 し またはその 他 の 方 法 により 事 実 を 確 認 することができる ( 被 扶 養 者 資 格 審 査 の 放 棄 ) 第 19 条 組 合 が 提 出 または 提 示 を 要 求 する 書 類 を 被 保 険 者 が 正 当 な 理 由 なく 指 定 した 期 日 ( 初 回 受 付 時 より 最 長 2 ヶ 月 間 )までに 提 出 もしくは 提 示 しないとき またはその 他 の 方 法 によって 組 合 が 要 求 する 事 実 確 認 の 回 答 を 拒 否 したときは 被 保 険 者 が 認 定 対 象 者 にかかる 資 格 の 審 査 を 受 ける 意 思 を 放 棄 したものとみなし 審 査 の 対 象 から 外 すものとする ( 認 定 後 の 資 格 定 期 見 直 し) 第 20 条 被 扶 養 者 に 対 する 定 期 見 直 しは 一 定 の 期 日 を 決 めて 再 調 査 を 実 施 し 再 認 定 を 行 うこ ととする この 場 合 に 添 付 する 書 類 については 第 14 条 の 定 めの 通 りとするが 下 記 については 12 ヶ 月 間 の 確 認 書 類 の 提 出 を 求 めるものとする (1) 収 入 を 証 する 書 類 ア. 金 融 機 関 等 の 振 込 票 等 客 観 的 に 仕 送 りの 事 実 が 確 認 できる 書 類 ( 別 居 の 場 合 ) なお 再 調 査 時 に 必 要 書 類 の 提 出 が 出 来 ないときは 資 格 を 取 消 す 場 合 がある ( 職 権 による 認 定 の 取 消 し 及 び 給 付 の 調 整 ) 第 21 条 被 保 険 者 から 被 扶 養 者 資 格 喪 失 の 届 出 がなされていない 被 扶 養 者 について 被 扶 養 資 格 の 要 件 を 有 しなくなった 事 実 が 判 明 した 場 合 事 実 の 発 生 日 を 確 定 できるときはその 日 確 定 でき ないときはその 事 実 が 判 明 した 日 をもって 資 格 を 取 消 すものとする 2. 被 扶 養 者 となる 資 格 を 有 しない 事 実 を 隠 し または 虚 偽 その 他 不 正 な 内 容 を 含 む 被 扶 養 者 届 および 書 類 に 基 づき 被 扶 養 者 の 認 定 を 受 けていたことが 判 明 した 場 合 は 前 項 に 準 じて 資 格 を 取 消 すものとする 3. 前 二 項 において 既 に 保 険 給 付 等 を 受 けていた 場 合 組 合 は 原 則 としてその 保 険 給 付 等 に 要 し た 費 用 の 全 部 を 被 保 険 者 に 返 還 させるものとする ( 再 審 査 請 求 ) 第 22 条 被 扶 養 者 の 認 定 に 関 する 組 合 の 決 定 に 不 服 がある 場 合 被 保 険 者 は 認 定 の 対 象 となるこ - 6 -

7 との 妥 当 性 を 立 証 できる 書 類 等 を 追 加 したうえ 事 業 主 を 経 由 して 組 合 に 再 審 査 の 請 求 をすること ができる 但 し 次 の 者 は 事 業 主 を 経 由 することは 要 しない (1) 法 第 3 条 4 項 の 規 定 による 被 保 険 者 ( 任 意 継 続 被 保 険 者 ) (2) DV により 被 害 を 受 けている 被 扶 養 者 ( 特 例 の 事 例 ) 第 23 条 被 扶 養 者 の 認 定 について 新 たな 事 例 が 発 生 した 場 合 は その 都 度 組 合 が 審 査 決 定 を 行 うものとする 附 則 この 基 準 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 適 用 する - 7 -

8 別 表 1 日 本 マクドナルド 健 康 保 険 組 合 が 認 める 直 接 的 必 要 経 費 一 覧 表 自 営 業 者 の 扶 養 認 定 について 原 則 として 総 収 入 から 直 接 的 必 要 経 費 を 差 し 引 いた 額 が 被 扶 養 者 の 要 件 となる 収 入 基 準 額 が 130 万 円 (60 歳 以 上 並 びに 障 害 年 金 受 給 者 は 180 万 円 ) 未 満 である 場 合 に 認 定 します 自 営 業 者 の 収 入 について 健 康 保 険 法 における 被 扶 養 者 の 要 件 は 収 入 が 130 万 円 (60 歳 以 上 の 人 ならびに 障 害 年 金 受 給 者 は 180 万 円 ) 未 満 であり いわゆる 税 法 上 の 所 得 で 勘 案 するものではありません 健 康 保 険 法 における 自 営 業 者 等 の 収 入 については 総 収 入 から 直 接 的 必 要 経 費 ( ) を 差 し 引 いた 額 となっております (なお 給 与 収 入 者 については 総 収 入 にて 判 断 することとなっており 必 要 経 費 は 一 切 認 められておりません ) 直 接 的 必 要 経 費 とは その 費 用 なしには 事 業 が 成 り 立 たない 経 費 をいいます ( 具 体 的 には ケ ーキ 屋 さんの 小 麦 粉 卵 等 ) 日 本 マクドナルド 健 康 保 険 組 合 では 上 記 の 直 接 的 必 要 経 費 を 原 則 として 確 定 申 告 時 の 収 支 内 訳 書 (または 損 益 計 算 書 )の 各 所 得 別 に 定 めております ( 詳 細 は 以 下 一 覧 参 照 ) 収 支 内 訳 書 (または 損 益 計 算 書 )の 収 入 金 額 から 直 接 的 必 要 経 費 として 認 められる 額 を 差 し 引 いて 収 入 を 計 算 することになります 一 覧 直 接 的 必 要 経 費 として 認 める 経 費 条 件 ( 備 考 を 参 照 ) 付 きで 直 接 的 必 要 経 費 として 認 める 経 費 直 接 的 必 要 経 費 として 認 めない 経 費 認 定 可 否 が となっている 経 費 は 原 則 その 裏 付 けとなる 資 料 は 添 付 不 要 ですが 必 要 に 応 じ て 提 出 いただく 場 合 があります 認 定 可 否 が となっている 経 費 は 必 要 に 応 じて 直 接 的 必 要 経 費 申 告 書 を 提 出 して 下 さい 収 支 内 訳 書 ( 損 益 計 算 書 )の 経 費 欄 の 項 目 にない 経 費 については 雑 費 と 同 様 に 取 り 扱 いま す 科 目 認 定 可 否 備 考 給 与 賃 金 外 注 工 賃 減 価 償 却 費 貸 倒 金 地 代 家 賃 収 支 内 訳 書 の 住 所 と 事 業 所 住 所 が 同 一 の 場 合 は 用 途 ( 事 業 用 自 宅 用 )が 混 在 しているため 原 則 50%( 小 数 点 以 下 切 捨 て)のみ 直 接 的 経 費 として 認 めます 利 子 割 引 料 - 8 -

9 科 目 認 定 可 否 備 考 租 税 公 課 荷 造 運 賃 水 道 光 熱 費 旅 費 交 通 費 通 信 費 収 支 内 訳 書 の 住 所 と 事 業 所 住 所 が 同 一 の 場 合 は 用 途 ( 事 業 用 自 宅 用 )が 混 在 しているため 原 則 50%( 小 数 点 以 下 切 捨 て)のみ 直 接 的 経 費 として 認 めます 通 勤 に 伴 う 費 用 については 直 接 的 必 要 経 費 とは 認 めません 混 在 している 場 合 は 直 接 的 必 要 経 費 申 告 書 にて 自 己 申 告 してください 収 支 内 訳 書 の 住 所 と 事 業 所 住 所 が 同 一 の 場 合 は 用 途 ( 事 業 用 自 宅 用 )が 混 在 しているため 原 則 50%( 小 数 点 以 下 切 捨 て)のみ 直 接 的 経 費 として 認 めます 広 告 宣 伝 費 接 待 交 際 費 損 害 保 険 料 修 繕 費 消 耗 品 費 用 途 ( 事 業 用 自 宅 用 )が 混 在 している 場 合 自 宅 用 は 直 接 的 必 要 経 費 とは 認 めません 混 在 している 場 合 は 直 接 的 必 要 経 費 申 告 書 にてご 申 告 く ださい 申 告 がなかった 場 合 は 全 額 直 接 的 経 費 として 認 めません 福 利 厚 生 費 雑 費 青 色 申 告 者 特 別 控 除 - 9 -

京都市職員共済組合被扶養者認定基準

京都市職員共済組合被扶養者認定基準 京 都 市 職 員 共 済 組 合 被 扶 養 者 認 定 基 準 平 成 22 年 12 月 1 日 最 近 改 正 平 成 26 年 3 月 5 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は, 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 152 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 2 号, 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 施 行 令 ( 昭 和

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

被扶養者の資格確認を行います

被扶養者の資格確認を行います H28.8.16 改 訂 重 要 被 扶 養 者 認 定 に 係 る 添 付 書 類 について 被 保 険 者 と 同 じように 保 険 給 付 を 受 けられる 被 扶 養 者 は 健 康 保 険 法 等 によ って 定 められた 家 族 が 対 象 で 被 扶 養 者 として 認 定 されるには 主 として 被 保 険 者 の 収 入 により 生 計 維 持 されていることが 必 要 です この

More information

§5 被扶養者の認定及び取消し

§5 被扶養者の認定及び取消し 7 被 扶 養 者 の 認 定 及 び 取 消 し( 法 第 2 条 第 1 項 第 2 号, 施 行 令 第 条, 運 用 方 針 第 2 条 関 係, 法 第 55 条, 施 行 規 程 第 94 条 ) 共 済 組 合 の 被 扶 養 者 主 として 組 合 員 の 収 入 により 生 計 を 維 持 し, 組 合 員 と 一 定 の 身 分 関 係 にある 人 は, 被 扶 養 者 とし て

More information

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc 利 用 者 負 担 について 1. 所 得 区 分 認 定 個 別 減 免 補 足 給 付 の 認 定 方 法 について 2 (1) 負 担 上 限 月 額 を 定 める 際 の 所 得 区 分 の 設 定 について 2 (2) 個 別 減 免 の 収 入 資 産 等 の 認 定 について 7 (3) 補 足 給 付 の 認 定 について 14 2. 生 活 保 護 境 界 層 対 象 者 に 対

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

認定マニュアル

認定マニュアル 第 2 章 扶 養 手 当 第 1 性 格 扶 養 手 当 は 扶 養 家 族 のある 職 員 に 対 して 支 給 される 手 当 で 扶 養 親 族 のある 職 員 の 生 計 費 を 補 給 しようとするものであり 生 活 給 的 な 性 格 を 有 する 手 当 である 根 拠 : 給 与 条 例 第 12 条 第 1 項 技 労 条 例 第 4 条 第 2 認 定 事 務 の 手 続 1

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則 金 ケ 崎 町 規 則 第 13 号 金 ケ 崎 町 小 学 生 医 療 費 給 付 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 小 学 生 に 対 して 医 療 費 の 一 部 を 給 付 することにより 保 護 者 の 負 担 を 軽 減 し もって 小 学 生 の 健 全 な 育 成 と 福 祉 の 増 進 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 規 則

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63> 健 康 保 険 被 扶 養 者 資 格 について 平 成 21 年 4 月 測 量 地 質 健 康 保 険 組 合 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 資 格 について 健 康 保 険 では 被 保 険 者 だけでなく 被 扶 養 者 についても 病 気 やけが 出 産 または 死 亡 に 対 して 保 険 給 付 が 行 われ ます 被 扶 養 者 となるためには 一 定 の 条 件 ( 下 記

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

2 会 長 は 前 項 の 申 込 みを 承 諾 したときは 共 済 事 業 制 度 加 入 承 諾 書 と 本 退 職 共 済 規 程 を 共 済 契 約 者 に 送 付 するものとする 3 事 業 主 が 施 設 を 新 設 し 新 たにその 施 設 の 職 員 を 加 入 者 としようとする

2 会 長 は 前 項 の 申 込 みを 承 諾 したときは 共 済 事 業 制 度 加 入 承 諾 書 と 本 退 職 共 済 規 程 を 共 済 契 約 者 に 送 付 するものとする 3 事 業 主 が 施 設 を 新 設 し 新 たにその 施 設 の 職 員 を 加 入 者 としようとする 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 社 会 福 祉 事 業 共 助 会 退 職 共 済 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 社 会 福 祉 事 業 共 助 会 ( 以 下 共 助 会 という ) 定 款 第 4 条 に 規 定 する 事 業 ( 以 下 共 済 事 業 という )の 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

(1) 各 給 与 項 目 の 計 算 上 1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを 切 り 捨 てて 計 算 する ただし 1 時 間 あたりの 算 定 給 与 額 に1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは 四 捨 五 入 する (2) 給 与 の 総 支 給 額 に1 円

(1) 各 給 与 項 目 の 計 算 上 1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを 切 り 捨 てて 計 算 する ただし 1 時 間 あたりの 算 定 給 与 額 に1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは 四 捨 五 入 する (2) 給 与 の 総 支 給 額 に1 円 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 職 員 給 与 規 程 最 終 改 正 平 成 15 年 10 月 1 日 独 信 基 (101) 平 成 15 年 第 35 号 平 成 28 年 4 月 20 日 独 信 基 602 平 成 28 年 度 第 5 号 制 定 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 の 業 務 に 常 時 従 事

More information

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 58 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 常 時 勤 務 する 職 員 のうち

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information

組合員・会員資格の得喪等について

組合員・会員資格の得喪等について 欠 勤 休 業 等 で 給 与 が 減 額 又 は 無 給 になったとき 共 済 1 傷 病 手 当 金 傷 病 手 当 金 附 加 金 組 合 員 が 公 務 によらない 病 気 やけがによる 療 養 のため 引 き 続 き 勤 務 ができない 場 合 で その 期 間 内 に 給 与 の 全 部 又 は 一 部 が 支 給 されないとき その 間 の 経 済 的 損 失 を 補 てんし 生 活

More information

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号)

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号) 規 程 第 36 号 理 事 長 決 定 平 成 22 年 1 月 1 日 制 定 施 行 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 25 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 26 年 4 月 1 日 改 正 施 行 日 本 年 金 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 日 本 年 金 機 構 職 員 就 業 規 則 ( 規 程

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

年 間 収 入 とは 扶 養 者 の 収 入 調 査 ( 検 認 ) 時 の 収 入 は 1 月 1 日 ~12 月 31 日 の1 年 間 分 とし 調 査 時 の 前 年 収 入 額 とする 年 度 の 途 中 からの 扶 養 認 定 申 請 の 際 は 今 後 1 年 間 の 収 入 を 概

年 間 収 入 とは 扶 養 者 の 収 入 調 査 ( 検 認 ) 時 の 収 入 は 1 月 1 日 ~12 月 31 日 の1 年 間 分 とし 調 査 時 の 前 年 収 入 額 とする 年 度 の 途 中 からの 扶 養 認 定 申 請 の 際 は 今 後 1 年 間 の 収 入 を 概 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 になるための 条 件 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 になるためには 世 帯 関 係 や 収 入 基 準 および 髙 島 屋 健 康 保 険 組 合 の 被 扶 養 者 認 定 基 準 等 の 条 件 を 満 たす 必 要 があります 認 定 申 請 をする 前 に 必 ず 内 容 をご 確 認 ください 虚 偽 の 申 請 又 は 故 意 による 届 出 をしなかった

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

横断学習①

横断学習① 社 会 保 険 労 務 士 2013 年 横 断 学 習 第 1 章 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 第 7 章 総 則 適 用 事 業 等 被 保 険 者 保 険 給 付 の 通 則 賃 金 報 酬 保 険 給 付 不 服 申 立 雑 則 2013 年 度 版 日 建 学 院 社 労 士 過 去 問 横 断 学 習 用 小 冊 子 株 式 会 社 建 築 資 料 研 究

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾 審 査 基 準 平 成 26 年 11 月 6 日 作 成 法 令 名 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 等 による 犯 罪 被 害 者 等 の 支 援 に 関 する 法 律 根 拠 条 項 : 第 11 条 第 1 項 処 分 の 概 要 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 についての 裁 定 原 権 者 ( 委 任 先 ): 京 都 府 公 安 委 員 会 法

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

5 満 60 歳 以 上 の 祖 父 母 二 親 等 の 直 系 血 族 である 実 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 又 は 養 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 をいう 6 満 22 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 弟

5 満 60 歳 以 上 の 祖 父 母 二 親 等 の 直 系 血 族 である 実 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 又 は 養 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 をいう 6 満 22 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 弟 扶 養 親 族 認 定 事 務 の 取 扱 いについて 昭 和 61 年 6 月 30 日 埼 例 規 第 27 号 務 警 察 本 部 長 扶 養 親 族 認 定 事 務 の 取 扱 いについて( 例 規 通 達 ) 扶 養 手 当 の 認 定 等 については 職 員 の 給 与 に 関 する 条 例 ( 昭 和 27 年 埼 玉 県 条 例 第 19 号 以 下 条 例 という ) 扶 養 手

More information

4. 支 給 内 容 採 用 後 願 書 の 情 報 に 基 づき 奨 学 生 区 分 を 決 定 し 下 記 の 奨 学 金 を 支 給 する なお 支 給 開 始 後 は 原 則 として 奨 学 生 区 分 は 変 更 しない 学 校 納 付 金 相 当 額 として 入 学 金 相 当 30 万

4. 支 給 内 容 採 用 後 願 書 の 情 報 に 基 づき 奨 学 生 区 分 を 決 定 し 下 記 の 奨 学 金 を 支 給 する なお 支 給 開 始 後 は 原 則 として 奨 学 生 区 分 は 変 更 しない 学 校 納 付 金 相 当 額 として 入 学 金 相 当 30 万 日 本 国 際 教 育 支 援 協 会 冠 奨 学 金 事 業 2016 年 度 JT 国 内 大 学 奨 学 金 ( 大 学 推 薦 ) 募 集 推 薦 要 項 公 益 財 団 法 人 日 本 国 際 教 育 支 援 協 会 ( 以 下 本 協 会 という )では 日 本 たばこ 産 業 株 式 会 社 のご 支 援 により JT 国 内 大 学 奨 学 金 ( 大 学 推 薦 ) ( 以 下 本

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹 16 資 金 が 必 要 なとき 共 済 組 合 1 貸 付 けについて (1) 貸 付 申 込 みから 送 金 まで 申 込 締 切 日 毎 月 25 日 ( 休 日 の 場 合 は その 前 日 ) 貸 付 決 定 送 金 申 込 締 切 日 の 翌 月 10 日 頃 に 貸 付 決 定 通 知 書 を 送 付 申 込 締 切 日 の 翌 月 26 日 ( 休 日 の 場 合 はその 前 日 )に

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 施 設 支 援 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き( 改 訂 案 ) 平 成 23 年 10 月 版 Ver.6 留 意 点 10 月 1 日 からの 施 行 を 予 定 している 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 関 係 の 改 正 箇 所 は 赤 字 下 線 今 後 の 政 省 令 等 の 改 正 作 業 等 により 内 容 の 変 更 がありうる

More information

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329>

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 1 0 号 最 新 改 正 平 成 24 年 12 月 28 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 管 理 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案)

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 貸 付 規 程 運 用 方 針 第 1 条 関 係 貸 付 けの 対 象 となる 組 合 員 は 定 款 第 13 条 第 1 号 及 び 第 3 号 に 掲 げる 者 とする 第 6 条 関 係 1 第 一 号 ロ( 物 資 貸 付 ) 第 二 号 ( 特 別 貸 付 ) 第 三 号 ( 住 宅 貸 付 ) 及 び 第 四 号 ( 特 別 住 宅 貸 付 )の

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

伊 勢 丹 奨 学 会 推 薦 基 準

伊 勢 丹 奨 学 会 推 薦 基 準 公 益 財 団 法 人 伊 勢 丹 奨 学 会 大 学 奨 学 生 推 薦 選 考 基 準 [1] 奨 学 生 の 資 格 1. 人 物 学 習 活 動 その 他 生 活 の 全 般 を 通 じて 態 度 行 動 が 学 生 にふさわしく 将 来 良 識 ある 社 会 人 として 活 動 できる 見 込 みがあり かつ 東 京 大 学 一 橋 大 学 横 浜 国 立 大 学 慶 應 義 塾 大 学

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

申告書の書き方HP.indd

申告書の書き方HP.indd 平 成 6 年 度 市 民 税 府 民 税 申 告 の 手 引 き 申 告 書 の 提 出 は 3 日 までです 平 素 は 市 税 務 行 政 につきまして ご 理 解 とご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 市 民 税 府 民 税 は 前 年 の 所 得 に 対 して 課 税 されますので 前 年 ( 日 ~ 3 )の 所 得 等 について 申 告 してください 申 告 書

More information

2 前 項 の 場 合 控 除 すべき 給 料 の1 時 間 あたりの 金 額 の 計 算 は 以 下 のとおりとする (1) 月 給 の 場 合 基 本 給 1か 月 平 均 所 定 労 働 時 間 数 ( ) (365- 年 間 所 定 休 日 日 数 ) 1 日 の 所 定 労 働 時 間 =

2 前 項 の 場 合 控 除 すべき 給 料 の1 時 間 あたりの 金 額 の 計 算 は 以 下 のとおりとする (1) 月 給 の 場 合 基 本 給 1か 月 平 均 所 定 労 働 時 間 数 ( ) (365- 年 間 所 定 休 日 日 数 ) 1 日 の 所 定 労 働 時 間 = 2 給 与 規 程 関 係 この 項 目 では 就 業 規 則 の 給 与 に 関 する 事 項 について 別 に 定 めた 給 与 規 程 として 参 考 例 を 記 載 しています 法 人 会 給 与 規 程 ( 参 考 例 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 就 業 規 則 第 条 の 規 程 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 する 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 17 年 10 月 3 日 規 程 第 50 号 最 終 改 正 平 成 24 年 10 月 24 日 規 程 第 26 号 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就

More information

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書..

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書.. 社 会 保 険 労 働 保 険 労 務 管 理 主 要 手 続 一 覧 (2012.4 現 在 ) 1. 社 会 保 険 の 基 本... 4 関 係 諸 機 関 の 連 絡 先... 4 各 種 手 続 きの 確 認... 5 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 新 規 適 用 届... 7 労 働 保 険 保 険 関 係 成 立 届 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 設 置 届... 8

More information

職員退職手当規則【 】

職員退職手当規則【 】 広 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 100 号 広 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 広 島 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 78 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 4 条 及 び 広 島 大 学 船 員 就 業 規

More information

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 12 号 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 24 年 12 月 7 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

寄 附 税 額 控 除 申 告 書 裏 面 (8)に 記 入 してください あなたが 平 成 27 年 中 に 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 和 歌 山 県 共 同 募 会 日 本 赤 十 字 社 和 歌 山 県 支 部 又 は 和 歌 山 県 及 び 田 辺 市 が 条 例 で 指 定

寄 附 税 額 控 除 申 告 書 裏 面 (8)に 記 入 してください あなたが 平 成 27 年 中 に 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 和 歌 山 県 共 同 募 会 日 本 赤 十 字 社 和 歌 山 県 支 部 又 は 和 歌 山 県 及 び 田 辺 市 が 条 例 で 指 定 申 告 書 の 書 き 方 申 告 書 の 各 項 目 に 記 入 してください 給 与 公 的 年 等 の 収 入 があった 人 事 業 や 不 動 産 による 収 入 があった 人 平 成 27 年 中 に 収 入 がなかった 人 申 告 書 表 面 カキ 67 10~21 申 告 書 表 面 アイウ 123 10~21 申 告 書 裏 面 (1)(2)(3) 申 告 書 表 面 16~21 申

More information

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 20 年 7 月 8 日 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 23 年 1 月 1 日 改 正 平 成 24 年 10 月 1 日

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 プロパー 職 員 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 職 員 就 業 規 程 ( 以 下 就 業 規 程 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき プロパー 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする

More information

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 ) 改 正 平 成 18 年 10 月 2 日 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 改 正 平 成 23 年 10 月 1 日 改 正 平 成 26 年 3 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は

More information

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_ 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 全 国 健 康 保 険 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 職 員 ( 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 20 年 規 程 第 4 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 2 条 に 規 定 する 職 員 を いう )に 対 する 退 職 手 当 の 支 給

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用 2015 年 度 厚 生 年 金 保 険 法 ココだけは 絶 対 に 外 せない!! 会 社 員 などお 仕 事 をされていて 勉 強 時 間 が 限 られる 方 はこちらから 優 先 して 勉 強 すると 良 い でしょう 過 去 問 によく 出 題 されている 箇 所 優 先 で 選 びました 優 先 すべき 箇 所 は 太 文 字 表 示 しております 第 1 回 講 義 厚 生 年 金 保

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

平成28年度市・県民税申告の手引き作成中罫線

平成28年度市・県民税申告の手引き作成中罫線 平 成 28 年 度 ( 平 成 27 年 分 ) 市 県 民 税 申 告 の 手 引 き 渋 川 市 市 民 税 県 民 税 につきましては 日 ごろからご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 市 県 民 税 の 申 告 は 皆 様 からの 申 告 に 基 づいて 税 額 を 決 定 するために 必 要 な 手 続 きです 今 回 申 告 していただく 所 得 は 平 成 27

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び 2016/3/16 1 福 利 厚 生 (1) 公 立 学 校 共 済 組 合 の 保 健 事 業 人 間 ドック 事 業 1 泊 1 日 ド ッ ク 及 び 脳 ド ッ ク ( 35 歳 以 上 ) 婦 人 検 診 ( 25 歳 以 上 女 性 ) 年 齢 は4 月 1 日 現 在 の 満 年 齢 レクリエーション 施 設 宿 泊 利 用 補 助 ( 年 度 当 初 に 冊 子 を 配 付 ) 及

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 20 年 3 月 26 日 規 程 第 80 号 改 正 平 成 20 年 12 月 10 日 規 程 第 99 号 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 164 号 改 正 平 成 25 年 3 月 27

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

Taro-syokuin-taisyoku-teate.JTD

Taro-syokuin-taisyoku-teate.JTD 国 立 大 学 法 人 山 口 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 66 号 改 正 平 成 17 年 1 月 11 日 規 則 第 1 号 平 成 17 年 3 月 24 日 規 則 第 48 号 平 成 18 年 3 月 23 日 規 則 第 38 号 平 成 19 年 3 月 22 日 規 則 第 44 号 平 成 23 年 3 月 31 日

More information

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-29 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 20-92 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日

More information

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 にかかる 請 求 事 務 処 理 要 領 Ver.6 神 戸 市 保 健 福 祉 局 障 害 者 支 援 課 平 成 26 年 4 月 目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記

More information

< 別 表 1> 家 庭 状 況 により 提 出 する 書 類 申 請 時 に 提 出 するもの 区 分 自 宅 外 通 学 者 同 一 生 計 となる 家 族 に 障 がい 者 がいる 世 帯 同 一 生 計 となる 家 族 に 長 期 療 養 者 がいる 世 帯 (6 ヶ 月 以 上 の 期 間

< 別 表 1> 家 庭 状 況 により 提 出 する 書 類 申 請 時 に 提 出 するもの 区 分 自 宅 外 通 学 者 同 一 生 計 となる 家 族 に 障 がい 者 がいる 世 帯 同 一 生 計 となる 家 族 に 長 期 療 養 者 がいる 世 帯 (6 ヶ 月 以 上 の 期 間 提 出 書 類 申 請 書 類 の 記 入 について 2016 年 度 JT 国 内 大 学 奨 学 金 ( 大 学 推 薦 ) 提 出 書 類 について 提 出 書 類 を 必 ず 事 前 に 確 認 のうえ 不 備 のないように 申 請 してください < 必 ず 提 出 が 必 要 なもの> 1) 願 書 2) 応 募 者 の 顔 写 真 ( 最 近 6 カ 月 以 内 に 撮 影 したもの 4.0cm

More information

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 申 告 について 埼 玉 県 県 税 事 務 所 平 成 28 年 4 月 凡 例 法 地 方 税 法 政 令 地 方 税 法 施 行 令 規 則 地 方 税 法 施 行 規 則 通 ( 県 ) 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 道 府 県 関 係 ) 1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の

More information

<4D F736F F D E8D9197A791E58A C986189CC8E5291E58A778BB F591DE90458EE893968B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D E8D9197A791E58A C986189CC8E5291E58A778BB F591DE90458EE893968B4B92F62E646F63> 国 立 大 学 法 人 和 歌 山 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 法 人 和 歌 山 大 学 規 程 第 37 号 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 19 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 15 年 法 律 第 112 号 以 下 法 人 法 という ) 附 則 第 4 条 の

More information

Ⅱ 1. 厚 生 年 金 保 険 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 が 適 用 されている 事 業 所 をいう すなわち 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げられている 事 業 の 事 業 所 であって 常 時 5 人 以 上 の 従 業 員 を 使 用 する 事 業 所 又 は 船 舶 及 び 国

More information

大阪府生活福祉資金のごあんない

大阪府生活福祉資金のごあんない 大 阪 府 生 活 福 祉 資 金 福 祉 資 金 貸 付 のごあんない この 貸 付 制 度 は 低 所 得 者 障 がい 者 または 高 齢 者 の 世 帯 に 対 し 資 金 の 貸 付 けと 必 要 な 相 談 支 援 を 行 うこ とにより その 経 済 的 自 立 および 生 活 意 欲 の 助 長 促 進 ならびに 在 宅 福 祉 および 社 会 参 加 の 促 進 を 図 り 安 定

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63> 東 京 芸 術 大 学 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 21 年 5 月 11 日 平 成 21 年 7 月 17 日 平 成 22 年 3 月 30 日 平 成 22 年 6 月 22 日 第 1 章 総

More information

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408 梅 雨 前 線 豪 雨 等 被 災 農 業 者 向 け 経 営 体 育 成 支 援 事 業 実 施 要 領 第 1 趣 旨 平 成 24 年 6 月 8 日 から7 月 23 日 までの 間 の 豪 雨 及 び 暴 風 雨 による 農 業 被 害 ( 以 下 気 象 災 害 による 農 業 被 害 という )により 農 産 物 の 生 産 に 必 要 な 施 設 が 倒 壊 し 農 業 経 営 の

More information

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 33 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 21 号 以 下 教 職 員 就 業 規 則 という ) 第 44 条 の 規 定 に 基

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章 駐 労 規 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 3 号 改 正 改 正 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 11 号 平 成 18 年 6 月 29 日 駐 労 規 第 13 号 平 成 19 年 7 月 27 日 駐 労 規 第 12 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 駐 労 規 第 8 号 改 正 平 成 22 年 3

More information

留 意 事 項 1. 授 業 料 免 除 申 請 者 は 免 除 の 許 可 又 は 不 許 可 の 通 知 があるまで 授 業 料 の 支 払 いが 猶 予 されま す したがって その 間 授 業 料 を 支 払 わないでください 前 期 は4 月 24 日 後 期 は10 月 24 日 ( 銀

留 意 事 項 1. 授 業 料 免 除 申 請 者 は 免 除 の 許 可 又 は 不 許 可 の 通 知 があるまで 授 業 料 の 支 払 いが 猶 予 されま す したがって その 間 授 業 料 を 支 払 わないでください 前 期 は4 月 24 日 後 期 は10 月 24 日 ( 銀 平 成 27 年 度 ( 後 期 ) 小 樽 商 科 大 学 授 業 料 免 除 徴 収 猶 予 申 請 のしおり 目 次 Ⅰ 授 業 料 免 除 の 対 象 者 2 Ⅱ 提 出 書 類 3 Ⅲ 授 業 料 免 除 願 の 記 入 要 領 5 Ⅳ 家 庭 調 書 の 記 入 要 領 5 Ⅴ 授 業 料 免 除 が 許 可 されなかった 場 合 及 び 半 額 免 除 となった 場 合 6 Ⅵ 授 業

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

大分大学職員給与規程(案)

大分大学職員給与規程(案) 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 16 年 規 程 第 18 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 5 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 分

More information

【発出版】H26年度 街頭防犯カメラ等補助金交付要綱

【発出版】H26年度 街頭防犯カメラ等補助金交付要綱 高 知 県 街 頭 防 犯 カメラ 等 設 置 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 知 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 43 年 高 知 県 規 則 第 7 号 以 下 規 則 という ) 第 24 条 の 規 定 に 基 づき 高 知 県 街 頭 防 犯 カメラ 等 設 置 支 援 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 物 質 材 料 研 究 機 構 定 年 制 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 31 日 18 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 19 年 5 月 8 日 19 規 程 第 33 号 改 正 : 平 成 20 年 2 月 18 日 20 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 29 日 22 規 程 第 22 号 ( 目 的 )

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 高 エネルギー 加 速 器 研 究 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 1 5 号 改 正 平 成 17 年 3 月 29 日 規 程 第 36 号 改 正 平 成 18 年 3 月 30 日 規 程 第 49 号 改 正 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 9 号 改 正 平 成 21 年 3 月

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 する 職 員 が 退 職 ( 死 亡 を

More information

年金制度のあらまし

年金制度のあらまし 実 務 修 習 セミナー( 第 9 回 ) 厚 生 年 金 国 民 年 金 関 係 平 成 24 年 9 月 21 日 < 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 の 仕 組 みと 給 付 のあらまし>( 便 覧 P116) 1 給 付 の 種 類 老 齢 障 害 死 亡 2 公 的 年 金 制 度 の 種 類 種 類 対 象 者 国 民 年 金 日 本 国 内 に 居 住 する 20 歳 以 上

More information

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 4 月 1 日 最 終 改 正 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 以 下 就 業 規 則 という ) 第 54 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

Taro-◆220630育児休業規程.jtd

Taro-◆220630育児休業規程.jtd 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 36 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 41 条 および 公 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information