ず 洪 水 時 の 流 木 の 挙 動 や 構 造 物 周 辺 および 砂 州 高 水 敷 上 への 流 木 堆 積 状 況 を 把 握 することが 重 要 である 本 研 究 では 橋 脚 への 流 木 集 積 機 構 を 解 明 することを 目 的 に 橋 脚 に 監 視 カメラを 設 置 し

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "ず 洪 水 時 の 流 木 の 挙 動 や 構 造 物 周 辺 および 砂 州 高 水 敷 上 への 流 木 堆 積 状 況 を 把 握 することが 重 要 である 本 研 究 では 橋 脚 への 流 木 集 積 機 構 を 解 明 することを 目 的 に 橋 脚 に 監 視 カメラを 設 置 し"

Transcription

1 15.5 河 道 形 成 機 構 の 解 明 と 流 木 による 橋 梁 閉 鎖 対 策 等 への 応 用 に 関 する 研 究 研 究 予 算 : 運 営 費 交 付 金 研 究 期 間 : 平 18~ 平 22 担 当 チーム: 寒 地 河 川 チーム 寒 地 技 術 推 進 室 研 究 担 当 者 : 赤 堀 良 介 村 上 泰 啓 永 多 朋 紀 唐 澤 圭 佐 藤 徳 人 野 村 栄 正 要 旨 急 流 河 川 の 多 い 日 本 では 洪 水 時 にしばしば 大 量 の 流 木 が 発 生 し 被 害 を 拡 大 させる 要 因 になっている 流 木 は 降 雨 によって 山 地 崩 壊 や 河 岸 決 壊 が 発 生 することによって 河 道 に 流 出 し 河 道 を 流 下 しながら 橋 梁 な どの 河 道 内 構 造 物 に 集 積 して 河 道 を 閉 塞 させるなどの 被 害 をもたらす また 海 域 まで 流 下 した 流 木 は 漁 業 被 害 や 航 行 被 害 を 引 き 起 こすため 流 木 が 被 害 をおよぼす 前 に 捕 捉 処 理 することは 河 川 管 理 および 河 道 設 計 において 重 要 な 事 柄 のひとつである 本 研 究 では 橋 脚 周 辺 の 流 木 集 積 機 構 の 解 明 を 目 的 として 橋 梁 周 辺 における 流 木 の 挙 動 監 視 調 査 を 行 った 結 果 出 水 時 に 水 位 がピークに 達 する 前 の 洪 水 初 期 に 最 も 流 木 の 流 下 量 が 多 くなる 傾 向 を 把 握 した また 河 畔 林 の 流 木 補 足 機 能 に 着 目 し 実 験 水 路 において 河 畔 林 粗 密 および 河 畔 林 設 置 個 所 の 違 いによる 流 木 流 下 実 験 を 行 った 結 果 粗 密 の 比 較 では 河 畔 林 が 密 な 場 合 に 最 も 流 木 堆 積 傾 向 が 強 まるが 河 畔 林 設 置 位 置 の 違 いからは 植 生 が 流 れ 場 に 及 ぼす 渦 度 の 分 布 の 変 化 が 流 木 の 集 中 箇 所 に 影 響 を 与 えることが 確 認 された また 流 木 の 流 下 機 構 や 治 水 計 画 に 大 きく 影 響 を 与 える 河 道 の 形 成 機 構 に 関 し 対 策 の 遅 れている 中 小 河 川 を 有 する 谷 底 平 野 の 地 形 的 な 成 り 立 ちと 近 年 問 題 化 している 流 路 固 定 を 引 き 起 こす 水 みちの 形 成 に 着 目 し それぞれ 地 形 情 報 に 対 する 2 重 フーリエ 解 析 や 室 内 実 験 を 用 いて 検 討 を 行 った この 結 果 谷 底 平 野 の 地 形 が 谷 全 体 に 広 がる 大 規 模 な 出 水 と 通 常 の 出 水 の 両 者 の 影 響 を 受 けて 形 成 されていること 水 みちの 形 成 にあたっては 洪 水 減 水 期 のハイドログラフの 形 状 が 大 きく 影 響 すること が 確 認 された キーワード: 流 木, 挙 動 監 視 砂 州 堆 積 水 路 実 験 PTV 谷 底 地 形 流 路 形 成 水 みち 1.はじめに 河 川 区 域 には 多 くの 樹 木 が 存 在 している これら 樹 木 は これまで 洪 水 の 流 下 を 阻 害 し 流 木 化 して 洪 水 被 害 を 拡 大 させるなどとして 治 水 上 問 題 視 されてきた が 近 年 では 生 態 的 機 能 景 観 的 機 能 の 有 効 性 からそ の 存 在 意 義 が 見 直 されている また 河 畔 林 による 流 木 の 捕 捉 機 能 や 超 過 洪 水 対 応 としての 水 防 林 など 治 水 上 の 機 能 の 有 効 性 も 示 唆 されている 1) 洪 水 時 の 流 木 被 害 については 橋 梁 などの 河 道 内 構 造 物 に 堆 積 することにより 河 道 を 閉 塞 させ 流 下 能 力 の 低 減 を 招 く 氾 濫 水 と 一 緒 に 流 下 し 被 害 を 拡 大 させる 河 床 に 堆 積 して 舟 運 の 妨 げになる 海 域 まで 流 下 し 漁 業 舟 運 の 障 害 となる などがあげられる 図 は 胆 振 日 高 地 方 で 2003 年 9 月 に 起 きた 洪 水 で 沙 流 川 ダムに 流 入 し 集 積 した 流 木 の 様 子 である この 時 発 生 した 記 録 的 な 豪 雨 により 沙 流 川 ダムでは 通 常 1 年 間 に 処 理 する 流 木 の50 倍 に 相 当 する 約 5 万 m 3 もの 流 木 が 貯 水 池 内 に 滞 留 した また ダム 上 流 域 では 多 くの 橋 梁 が 被 災 した 2) 図 は2003 年 9 月 洪 水 後 の 沙 流 川 の 支 川 額 平 川 の 貫 気 別 橋 の 被 災 状 況 である 多 量 の 流 木 が 集 積 し 橋 脚 が 傾 倒 していることが 解 る このような 事 例 から 流 木 の 流 下 を 抑 制 することは 洪 水 被 害 の 軽 減 に 大 きく 寄 与 す ることが 期 待 できる 洪 水 後 の 河 道 内 には 大 量 の 流 木 が 堆 積 している ダ ムや 橋 梁 などの 構 造 物 に 堆 積 したものは 収 集 処 分 され るが 砂 州 や 高 水 敷 上 低 水 路 内 に 堆 積 したものは 放 置 されるのがほとんどである 流 木 化 した 樹 木 の 多 く は 過 去 洪 水 で 発 生 したものが 再 流 木 化 したものであ るという 報 告 1) もあることから この 放 置 されている 流 木 を 撤 去 することで 流 木 被 害 を 軽 減 することができ ると 考 えられる また 河 口 域 まで 流 下 し 塩 分 を 含 ん だ 流 木 はチップ 等 に 再 利 用 することができず 焼 却 す るにもダイオキシンが 発 生 してしまうため 処 分 がよ り 困 難 になるという 報 告 もある 1) よって 下 流 まで 流 下 する 前 に 捕 捉 することも 重 要 である 以 上 のように 適 切 な 流 木 管 理 を 行 うためには ま - 1 -

2 ず 洪 水 時 の 流 木 の 挙 動 や 構 造 物 周 辺 および 砂 州 高 水 敷 上 への 流 木 堆 積 状 況 を 把 握 することが 重 要 である 本 研 究 では 橋 脚 への 流 木 集 積 機 構 を 解 明 することを 目 的 に 橋 脚 に 監 視 カメラを 設 置 し 出 水 時 の 橋 脚 周 辺 への 流 木 集 積 状 況 の 調 査 を 行 った また 流 木 を 効 率 よく 処 理 するためには 堆 積 箇 所 を 特 定 することが 必 要 である そこで 砂 州 や 高 水 敷 上 に 堆 積 した 流 木 に 着 目 し 流 木 を 捕 捉 しやすい 河 道 形 状 や 植 生 分 布 に ついて 検 討 した また 流 木 災 害 と 水 災 害 に 対 する 効 率 的 対 策 を 考 慮 する 際 には 流 木 の 挙 動 に 大 きく 影 響 を 与 える 河 道 の 成 り 立 ちについて その 形 成 機 構 を 把 握 する 必 要 があ る たとえば 近 年 多 発 する 局 地 的 な 豪 雨 により 日 本 の 各 地 の 谷 底 平 地 内 を 流 れる 河 川 で 狭 い 谷 底 面 全 体 を 水 没 させるような 状 況 が 各 地 で 起 こっている 谷 底 平 地 を 流 れる 中 小 河 川 の 多 くは 治 水 計 画 が 大 河 川 と 比 較 して 遅 れている そのため 治 水 対 策 減 災 対 策 ( 土 地 利 用 対 策 など)を 効 果 的 に 推 進 するためにも 地 形 形 成 のプロセスやメカニズムを 明 確 にすることが 求 め られる さらに 流 木 の 発 生 と 堆 積 に 大 きく 影 響 を 与 える 河 道 内 の 樹 林 化 については 水 みちと 砂 州 や 高 水 敷 との 比 高 差 が 生 じることにより 進 行 することが 示 されている が 1) その 要 因 となる 水 みちの 形 成 過 程 そのものに 関 しては 未 解 明 な 部 分 が 多 い この 点 に 関 し 災 害 の 対 策 にあたっては 現 象 の 詳 細 な 把 握 が 必 須 である この ような 問 題 に 対 し 本 研 究 では 厚 別 川 の 流 れる 谷 底 平 野 の 地 形 に 着 目 し 2 重 フーリエ 解 析 などを 行 うこ とで 河 道 を 形 成 してきた 要 因 を 探 り 洪 水 時 に 潜 在 的 な 危 険 性 を 有 する 箇 所 に 関 して 検 討 を 行 った また 洪 水 ピークからの 減 水 期 のハイドログラフを 水 理 実 験 により 複 数 パターンで 模 擬 することで 水 みちの 固 定 化 が 進 行 する 状 況 の 把 握 を 試 みた 以 上 より 本 研 究 の 目 的 を 以 下 にまとめる 1) 流 木 の 発 生 流 下 堆 積 のメカニズムを 把 握 し 河 道 内 構 造 物 のあり 方 や 堆 積 防 止 策 などの 河 道 内 構 造 物 の 管 理 手 法 を 検 討 する また 河 畔 林 の 流 失 防 止 河 畔 林 による 流 木 捕 捉 など 流 木 災 害 対 策 のための 河 畔 林 のあり 方 について 検 討 する 特 に 積 雪 寒 冷 地 に おける 河 畔 林 立 地 の 特 性 を 考 慮 して 河 畔 林 の 流 木 化 の 機 構 解 明 と 防 止 策 案 の 検 討 を 行 う 以 上 を 踏 まえて 現 地 への 適 用 性 を 検 討 する 図 年 8 月 沙 流 川 出 水 時 の 二 風 谷 ダム 図 年 8 月 沙 流 川 出 水 時 における 額 平 川 貫 気 別 橋 2) 既 往 の 土 砂 水 理 学 の 知 見 を 用 いて, 地 形 的 成 因 や 潜 在 的 な 水 害 の 危 険 性 などの 研 究 を 行 い, 現 在 の 地 形 の 成 り 立 ちと 洪 水 時 におけるその 地 形 の 特 性 を 把 握 す る 手 法 を 検 討 する. 2. 橋 梁 周 辺 における 流 木 の 挙 動 監 視 調 査 2.1 調 査 概 要 観 測 地 点 は 橋 脚 に 集 積 する 流 木 の 映 像 を 効 率 よく 収 録 するため 中 小 規 模 河 川 で 橋 脚 が 河 道 中 央 部 に 位 置 しており 過 去 の 洪 水 で 流 木 集 積 の 実 績 がある 箇 所 とした 調 査 は H17~H19 鵡 川 水 系 パンケシュル 川 更 生 橋 H19~H21 沙 流 川 平 和 橋 H21~H22 尻 別 川 留 産 橋 H22 額 平 川 のアブシトエナイ 橋 で 行 った 現 地 観 測 機 器 は パンケシュル 川 更 生 橋 沙 流 川 平 和 橋 尻 別 川 留 産 橋 の 観 測 において 図 に 示 す 現 地 観 測 基 地 ( 監 視 カメラ 投 光 器 流 速 センサー 水 位 計 )と 遠 隔 監 視 用 の 札 幌 基 地 を インターネットを 介 してネ - 2 -

3 ットワーク 化 している これらの 機 器 で 得 られた 情 報 はウェブ 上 で 配 信 され 随 時 状 況 確 認 および 遠 隔 によ る 操 作 が 可 能 であり 出 水 時 には 遅 滞 なく 対 応 できる ようなシステムとなっている アブシトエナイ 橋 に 関 しては 商 用 電 源 の 確 保 が 困 難 であるなど 同 システム の 構 築 が 困 難 であったため スタンドアロン 的 な 運 用 が 可 能 な 可 搬 型 の 観 測 システムを 新 たに 構 築 した そ の 際 の 機 器 の 配 置 図 を 図 に 示 す これは 金 属 製 の 架 台 に 監 視 カメラ 夜 間 撮 影 用 の 投 光 器 非 接 触 型 流 速 計 を 配 置 したものであり 機 器 類 は 車 両 内 に 設 置 された 移 動 基 地 に 接 続 され 観 測 情 報 の 集 積 を 行 う また 後 述 する 2010 年 8 月 の 出 水 に 関 しては 可 搬 型 システムの 準 備 期 間 であったため 便 宜 的 に 民 生 品 のビデオカメラを 利 用 した 機 器 配 置 で 観 測 を 行 った 2.2 調 査 結 果 出 水 時 の 流 木 流 下 状 況 については 監 視 カメラで 撮 影 された 画 像 から 目 視 により 流 下 する 流 木 本 数 を 観 測 した H18 年 度 の 結 果 に 関 しては 既 往 論 文 )に 詳 細 を 示 す 図 尻 別 川 留 産 橋 におけるインターネット 型 常 時 観 測 システムの 機 器 設 置 状 況 H19 年 9 月 出 水 の 沙 流 川 平 和 橋 における 流 木 流 下 本 数 と 水 位 の 経 時 変 化 を 図 に 示 す 監 視 カメラ は 各 調 査 地 点 に 2 台 設 置 されているが 撮 影 範 囲 の 違 いなどにより 観 察 できる 流 木 の 数 に 違 いが 見 られる 今 回 はより 多 くの 流 木 を 観 察 できた 監 視 カメラの 結 果 を 示 した 当 地 点 の 水 位 は H19 年 9 月 16 日 9 時 にピー クを 示 したが 流 木 流 下 本 数 のピークはその 前 の H19 年 9 月 16 日 5 時 にきていることがわかる これは 他 の 調 査 でも 同 様 の 傾 向 を 示 している 3) H19 年 5 月 の パンケシュル 川 更 生 橋 の 融 雪 出 水 時 においても 水 位 が H19 年 5 月 2 日 16 時 にピークを 示 しているが 流 木 流 下 本 数 はその 前 の H19 年 5 月 2 日 13 時 に 最 も 多 くな っている( 図 ) H20 年 度 は 大 きな 出 水 が 無 く 良 好 な 観 測 結 果 を 得 ることができなかった H21 年 度 に 関 しては 平 和 橋 観 測 地 点 において 7 月 19 日 22 時 をピークとする 出 水 が 確 認 されている こ の 際 対 象 橋 梁 で 若 干 の 流 木 の 集 積 があったことが 確 認 されたことから 監 視 カメラによるモニタリングに 重 ねて 現 地 での 流 木 集 積 状 況 の 調 査 を 8 月 10 日 に 実 施 した 集 積 した 流 木 は 最 大 のもので 長 さ 12.2m 樹 径 0.45mの 根 がついていない 倒 木 で 梢 を 右 岸 側 に 向 け 橋 脚 の 上 流 端 を 支 点 としてバランスを 取 った 状 態 で 引 っかかり このほかの 集 積 流 木 は 長 さ 1mから 5 m 程 度 樹 径 0.1m 内 外 のものが 橋 脚 部 分 に 集 積 して いた 表 に 現 地 での 計 測 結 果 を 示 し 図 に 集 積 流 木 の 概 略 のレイアウトを 示 した 図 に 示 す1の 流 木 は 平 成 22 年 3 月 22 日 まで 確 認 されて おり 観 測 期 間 中 大 きな 出 水 が 無 かったこともある が 8 か 月 以 上 もの 長 期 にわたり 流 木 が 橋 脚 部 に 残 存 する 可 能 性 を 示 した 出 水 時 の 流 木 流 下 数 について は 監 視 カメラで 撮 影 された 画 像 から 目 視 により 流 下 する 流 木 の 本 数 長 さ 位 置 などを 計 測 した H21 年 7 月 出 水 の 沙 流 川 平 和 橋 における 流 木 流 下 本 数 と 水 位 の 経 時 変 化 を 図 に 示 す 当 地 点 の 水 位 は H21 年 7 月 20 日 0 時 前 後 にピークを 示 したが 流 木 流 下 本 数 の ピークはその 数 時 間 前 に 到 達 していることがわかる このことから 流 木 は 洪 水 初 期 に 最 も 多 く 発 生 する 傾 向 があると 考 えられる これらの 流 木 は 河 岸 周 辺 に 堆 積 していたものが 水 位 上 昇 に 伴 って 洪 水 初 期 に 再 移 動 したものと 考 えられる 図 額 平 川 アブシトエナイ 橋 における 簡 易 型 観 測 システムの 機 器 設 置 状 況 - 3 -

4 図 年 9 月 出 水 時 の 平 和 橋 における 水 位 変 化 及 び 流 木 流 下 数 変 化 図 年 7 月 出 水 時 の 平 和 橋 観 測 地 点 に おける 水 位 変 化 及 び 流 木 流 下 数 変 化 図 年 5 月 出 水 時 の 更 生 橋 における 水 位 変 化 及 び 流 木 流 下 数 変 化 表 年 7 月 出 水 時 の 平 和 橋 観 測 地 点 に おける 橋 脚 への 流 木 集 積 状 況 図 年 7 月 出 水 時 の 平 和 橋 観 測 地 点 に おける 橋 脚 への 流 木 集 積 状 況 略 図 H22 年 度 に 関 して 図 と 図 は 留 産 橋 観 測 地 点 での8 月 と12 月 の 観 測 時 における 流 木 流 下 数 の 時 間 帯 による 変 化 を 示 したもの 図 と 図 はアブシトエナイ 橋 観 測 地 点 での 8 月 と 9 月 の 観 測 時 における 流 木 流 下 数 変 化 を 示 したものであ る 図 に 関 してはハンディのビデオカメラに よる 緊 急 の 撮 影 のため 十 分 な 照 明 が 用 意 出 来 ず 夜 間 の 撮 影 範 囲 が 昼 間 のものと 大 きく 異 なった このため ここでは 昼 間 部 の 結 果 のみ 示 している これらの 結 果 のうち 図 図 図 は 水 防 団 待 機 水 位 以 上 の 出 水 時 のものであるのに 対 し 図 は 平 水 時 と 水 位 が 大 きく 変 化 していない 状 況 での 結 果 となる 図 と 図 の 結 果 に 関 しては 水 位 のピークが 到 達 する 以 前 に 流 木 流 下 数 のピークが 生 じていることが 確 認 された また 図 では 流 下 数 のピークは 水 位 のピークの 到 達 にわずかに 遅 れるが 水 位 ピーク 到 達 以 前 に 期 間 中 の 流 木 数 の 大 半 が 既 に 流 下 しているという 点 ではこれ までの 結 果 と 同 様 の 傾 向 を 示 している しかしながら, 例 えば 図 において m の 長 さを 有 する 流 木 が 先 に 流 下 数 ピークを 迎 え m の 長 さを 有 する 流 木 のピークがその 後 を 追 うといった 傾 向 が 見 ら れるのに 対 し 図 では 12 月 3 日 18:00 から 21:00 の 間 にどちらの 長 さの 流 木 も 急 激 に 最 大 値 を 迎 えるといった 相 違 が 見 られる 河 道 内 流 木 の 再 移 動 に 関 しては その 浮 遊 限 界 や 移 動 限 界 が 流 木 の 直 径 と 水 深 に 依 存 すると 考 えられ 4) 移 動 限 界 の 低 い 小 型 の 流 木 が 水 位 の 上 昇 に 応 じて 先 行 して 移 動 すると 考 えられ るが 図 内 のピーク 時 間 帯 の 傾 向 はそれとは 異 なり 単 純 な 河 道 内 の 流 木 の 再 移 動 とは 異 なる 現 象 が 発 生 していたことが 推 測 される(なお 目 視 による 観 測 では 斜 面 崩 壊 による 流 木 化 のような 大 規 模 な 生 産 が 生 じた 様 子 は 見 られなかった) 例 えば 12 月 の 出 - 4 -

5 15.5 河道形成機構の解明と流木による橋梁閉鎖対策等への応用に関する研究 水では数年に一度の頻度でしか冠水しない箇所からの 流下させる流木の模型は比重が約 0.9 の材料を使用 流木の再移動等があったと考えられることから 洪水 し 長さ 40 φ1 に整形したものを実験対象砂州 5) 履歴の影響等も考慮の必要があると考えられる の上流から 1 本/秒の間隔で投入した 3 流木の堆積と河道形状に関する模型実験 縦断勾配に着目して設定した 砂州の上流側 1/4 の区 3 1 砂州および高水敷の形状と流木捕捉の関連に対する 間については上流から流下してくる流木が砂州上に乗 検討 り上げる部分となるため 各ケース同条件とした Case 実験概要 1 は砂州全体の縦断勾配を河床勾配と同勾配とし 実験ケースは 4 ケースとし(表 ) 主に砂州の 砂州や高水敷による流木の補足に着目し 実験水路 Case 2 は下流側 3/4 の区間をレベルとした さらに による流木流下模型実験を行った 実験は砂州の縦横 Case 3 は下流側を 1/200 の逆勾配としている また 断勾配を変化させ 通水後砂州上に堆積した流木の状 Case 4 は横断勾配ももたせている 実験に用いたハイ 況を観察した ドログラフを図 に示す 砂州や高水敷上に流 実験水路は延長 50m 水路幅 0.9m の直線水路である 木が堆積するのは水位が減衰していく過程であること から洪水後半の流況を再現して実験を行った 河道形状は複断面とし 線形は蛇行河川の平均的な形 状であるサインカーブとした 波長は当実験水路を使 実験結果 用して行った砂州形成実験で得られている安定した交 互砂州の平均的な波長である 6m とした また 低水路 図 に流木流下実験の結果を示す 河床コン 法面は 2 割とし 砂州上および低水路底面は木材を使 ター図に通水後砂州上に堆積した流木の位置を図示し 用し 法面はモルタルを使用して制作した ている 流木は 砂州上に散乱して堆積したものと 砂州と低水路の境界となる低水路肩の部分である水際 部への集積に分けられる 図 年 8 月出水時の留産橋観測地点に 図 年 8 月出水時のアブシトエナイ橋 おける水位変化及び流木流下数変化 観測地点における水位変化及び流木流下数変化 図 年 9 月出水時のアブシトエナイ橋 観測地点における水位変化及び流木流下数変化 図 年 12 月出水時の留産橋観測地点に おける水位変化及び流木流下数変化 -5-

6 表 ケースごとの 改 造 状 況 15.5 河 道 形 成 機 構 の 解 明 と 流 木 による 橋 梁 閉 鎖 対 策 等 への 応 用 に 関 する 研 究 図 実 験 時 流 入 流 量 ハイドログラフ Case 1 では 砂 州 縦 断 勾 配 を 河 床 勾 配 と 同 勾 配 としてい るが 砂 州 全 体 に 流 木 が 散 乱 していることが 解 る ま た Case 2 の 下 流 側 を level にした 場 合 上 流 側 で 若 干 砂 州 上 での 散 乱 が 見 られるが 多 くは 水 際 部 に 集 積 し ている 全 体 の 流 木 堆 積 本 数 は 今 回 のケース 中 最 も 多 かった Case 3 の 下 流 側 を 逆 勾 配 とした 場 合 砂 州 上 での 堆 積 は 見 られず 砂 州 中 央 部 から 上 流 の 水 際 部 のみ の 集 積 となった この 3 ケースの 実 験 結 果 は 流 木 が 砂 州 上 に 乗 り 上 げる 上 流 側 1/4 区 間 の 勾 配 を 同 勾 配 と しており これら 流 木 の 堆 積 状 況 の 相 違 は 下 流 側 の 砂 州 縦 断 勾 配 の 影 響 であると 言 える 順 勾 配 である Case 1 では 砂 州 の 下 流 まで 流 水 があるのに 対 し Case 2 Case 3 のように level 逆 勾 配 となると 砂 州 上 に 進 入 した 流 水 が 早 く 低 水 路 に 戻 ろうとするため 水 際 およ び 上 流 側 での 堆 積 となったことが 伺 える 今 後 さら に 詳 細 な 解 析 を 行 いこれらの 現 象 の 解 明 が 必 要 である また Case 4 の 横 断 勾 配 をもたせた 場 合 には 上 流 側 でのみ 堆 積 した これは 低 水 路 方 向 に 横 断 勾 配 を 持 た せることで 砂 州 から 低 水 路 への 流 水 の 戻 りが 促 進 され たことによると 推 察 できる 3.2 河 畔 林 植 生 密 度 と 流 木 捕 捉 関 連 の 関 連 に 対 する 検 討 実 験 概 要 流 木 流 下 実 験 は 砂 州 形 成 実 験 で 形 成 した 河 道 ( 固 定 化 )を 使 用 し 河 畔 林 の 樹 林 密 度 の 違 いによる 流 木 堆 積 を 比 較 する 目 的 で 行 った 図 実 験 結 果 : 高 水 敷 勾 配 の 差 による 流 木 捕 捉 状 況 の 違 い 実 験 水 路 は 延 長 50m 水 路 幅 0.9m の 直 線 水 路 である 砂 州 形 成 実 験 と 同 様 に 時 間 ~ 流 量 ~バルブの 関 係 から スルースバルブを 開 閉 し 1 分 間 隔 で 流 量 制 御 を 行 った 砂 州 形 成 実 験 で 形 成 された 河 床 に 河 畔 林 を 設 置 し 流 木 実 験 河 道 を 製 作 した 流 木 長 や 河 畔 林 密 度 は 平 成 15 年 8 月 台 風 10 号 災 害 の 厚 別 川 流 域 での 調 査 結 果 から 比 重 が 約 0.9 の 材 料 を 使 用 し 長 さ 40 mm φ1 mmに 整 形 したものを 用 いた 調 査 河 川 の 河 道 形 状 および 実 験 水 路 形 状 から 縮 尺 を 1/125 と 想 定 し 実 際 の 流 木 長 は 調 査 結 果 が 5~10m で あったことから 実 験 水 路 形 状 を 勘 案 し 40mm とした 河 畔 林 密 度 は 調 査 結 果 から 1 本 /8.3m 2 であり 流 木 長 を 勘 案 し 樹 林 間 隔 を 24mm とした 樹 林 間 隔 24mm を 密 な 河 畔 林 とし 流 木 長 より 広 い 樹 林 間 隔 48mm を 疎 な 河 畔 林 および 河 畔 林 がない 場 合 の 3 ケースで 実 験 を 行 った 河 畔 林 は 太 さ 2mm の 針 金 により 必 要 量 製 作 し 固 化 した 河 床 に 穴 を 開 け 設 置 した 併 せて 流 木 判 読 の 視 認 性 を 高 くするため 河 床 を 墨 汁 により 塗 装 した 流 木 実 験 ハイドロは 流 木 が 河 岸 に 堆 積 する 現 象 を 見 るため 先 行 する 砂 州 形 成 実 験 で 用 いた 減 水 期 ハイド ロ Case 1( 図 )を 適 用 した 砂 州 や 河 畔 林 で の 流 木 が 堆 積 する 過 程 を 把 握 するため 60 本 / 分 の 間 隔 で 流 木 を 流 芯 から 投 入 し ビデオカメラを 用 いて 対 象 とする 砂 州 1 波 長 で 流 木 流 下 状 況 を 撮 影 した - 6 -

7 3.2.2 実 験 結 果 図 に 流 木 流 下 実 験 の 流 木 堆 積 状 況 を 示 す 図 の 上 から 河 畔 林 なし 河 畔 林 有 ( 密 ) 河 畔 林 有 ( 粗 ) の 流 木 の 集 積 状 況 を 示 す 流 下 本 数 に 占 める 堆 積 本 数 の 割 合 は 以 下 の 通 りである 河 畔 林 なし : 6 / 2700 本 (0.2%) 河 畔 林 ( 密 ):342 / 2700 本 (12.7%) 河 畔 林 ( 疎 ): 28 / 2700 本 (1.0%) 河 畔 林 なしの 場 合 流 木 は 全 量 砂 州 上 を 通 過 してしま う 河 畔 林 ( 密 )の 場 合 通 水 開 始 時 から 上 流 側 で 捕 捉 する また 上 流 側 河 畔 林 を 通 過 した 場 合 でも 砂 州 上 を 流 下 し 下 流 側 河 畔 林 で 捕 捉 されていた 河 畔 林 ( 疎 ) の 場 合 河 畔 林 ( 密 )と 同 様 の 傾 向 であったが 下 流 側 河 畔 林 を 通 過 する 量 も 多 かった 図 実 験 時 減 水 期 ハイドログラフ 3.3 河 道 内 の 流 れ 場 の 構 造 と 流 木 集 積 機 構 の 関 連 に 対 する 検 討 実 験 概 要 実 験 水 路 は 可 傾 斜 台 上 に 設 置 された 長 さ 30m 幅 1m の 直 線 水 路 である まず 準 備 として 河 床 に 粒 径 0.76mm の 砂 を 敷 き 詰 めて 蛇 行 した 低 水 路 を 事 前 に 形 成 した この 水 路 に 低 水 路 満 杯 流 量 での 予 備 通 水 ( 単 列 砂 州 の 形 成 を 目 的 とし 既 往 実 験 の 値 を 参 照 し 直 線 部 勾 配 1/150 に 設 定 )によって 河 床 に 砂 州 を 形 成 させ た この 河 床 表 面 をセメントにより 硬 化 させ 固 定 床 と し 本 実 験 を 行 った 低 水 路 からの 初 期 河 岸 高 は 15mm 低 水 路 幅 は 0.35m とし 平 面 形 状 に 関 しては 波 長 6m 振 幅 0.5m の sin-curve としている またいくつかのケ ースにおいて 高 水 敷 の 低 水 路 前 縁 に 直 径 1mm の 模 擬 植 生 を 24mm 間 隔 で 千 鳥 状 に 設 置 した( 表 ) 植 生 帯 の 横 断 方 向 幅 は 0.16m 程 度 である この 際 ケース ごとに 植 生 の 設 置 位 置 を 変 えており 前 縁 全 体 にわた り 植 生 を 設 置 するケース(case2-1 case2-2) 上 流 側 のみ 設 置 するケース(case3-1) 下 流 側 のみ 設 置 す るケース(case4-1)としている 計 測 範 囲 は 下 流 端 か ら 12.7m 15.7m の 半 波 長 の 範 囲 とし レーザー 砂 面 計 による 河 床 高 と 水 面 高 の 測 定 および 後 述 する 流 況 撮 影 を 行 った なお 撮 影 範 囲 は 計 測 範 囲 の 上 下 流 に 0.5m ほど 余 裕 を 持 たせている 図 に 予 備 通 水 後 の 測 定 範 囲 に 置 ける 河 床 形 状 を 示 す 流 況 および 流 木 流 下 状 況 の 解 析 には PTV 6) を 用 いた 水 面 流 況 を 代 表 させる 追 跡 粒 子 としては 直 径 3mm の 発 泡 スチロール 球 を 用 い 流 木 の 模 型 としては 直 径 1mm の 木 材 を 40mm の 長 さで 切 り 揃 えた 物 を 用 いた 粒 子 と 流 木 模 型 は 観 測 区 間 の 直 上 流 からランダムに 散 布 した 実 験 は 計 16 ケースを 行 った ここでは Froude 数 の 大 きいケース(Fr: 約 0.8 直 線 水 路 全 体 の 傾 き:1/230) の 水 理 量 等 の 設 定 を 表 に 示 す 流 量 が 最 小 の ときに 低 水 路 満 杯 となり 最 大 の 時 に 高 水 敷 上 に 10mm 程 度 越 流 する PTV 解 析 には 市 販 のアプリケーション(Ditect 社 製 Dipp-Flow)を 用 いており 解 析 アルゴリズムとしては 2 値 化 相 関 解 析 を 用 いた) 図 実 験 結 果 : 河 畔 林 植 生 密 度 の 違 いによる 流 木 捕 捉 状 況 の 差 ( 上 : 河 畔 林 なし 中 : 河 畔 林 植 生 密 下 : 河 畔 林 植 生 粗 ) 実 験 結 果 図 は 各 ケースの 流 速 の 合 成 成 分 の 絶 対 値 をコンター 図 としたもの 図 は 流 木 が 通 過 する 際 の 濃 度 ( 単 位 面 積 あたりの 流 木 本 数 の 移 動 平 均 に 関 し 各 時 刻 ごとデータが 存 在 する 領 域 のみ 積 算 し アンサンブル 平 均 としたもの)を 示 したものである - 7 -

8 15.5 河道形成機構の解明と流木による橋梁閉鎖対策等への応用に関する研究 している 表 実験ケース 図 予備通水後の河床形状 計測区間の抜 粋 実験時の流下状況を目視する限りでは 流木は流速が 最大となる領域をトレースするように集中しているよ う見受けられたが 図 と図 の比較で は 厳密には両者は一致しないことが分かる ここで 平均流速の分布から得られた渦度の分布を図 に示す この図 と図 の比較から 流 図 実験結果 観測対象領域内の 木の濃度が高い領域は 渦度の大きい領域と排他的に 流速の絶対値 (m/s) 存在しており 流木はせん断の強い領域を避けるよう に流路内で集中化していることが推測される 実際に 上流側の植生のために高水敷で一層の流速低下が生じ 主流域と強いせん断が生じている Case2-1 では 前縁 上流部の植生による水刎ねの影響を受けない領域でも 流木が低水路内に集中することで高水敷上にほとんど 流下しておらず 流木の捕捉を目的とした植生の存在 が 却って流木を捕捉域から遠ざける要因となってい るように見受けられる 表 に示す流木の捕捉 数で比較した場合も 植生が存在せず高水敷の地形的 要因のみに捕捉効果を依存している Case1-1 の捕捉数 に対し 植生を有する Case2-1 での捕捉数が同程度か 寧ろ悪化していることが分かる 唯一 植生を高水敷 の下流側にのみ設置した Case4-1 では 上流側での流 木の低水路内への集中化を免れており 捕捉域として の高水敷への流木の導入がスムーズに行われている 捕捉数で比較した場合も Case4-1 が最大の効果を示 -8-

9 15.5 河道形成機構の解明と流木による橋梁閉鎖対策等への応用に関する研究 図 実験結果 流木流下時の濃度 単位面積 図 実験結果 追跡粒子による PTV 計測結果 あたりの流木本数の移動平均に関し 各時刻ごとデー から得られた z 軸まわり渦度の分布 タが存在する領域のみ積算し アンサンブル平均とし 灰色部分は植生設置個所を示す たもの 灰色部分は植生設置個所を示す 表 植生設置位置の違いによる流木捕捉状況 -9-

10 15.5 河道形成機構の解明と流木による橋梁閉鎖対策等への応用に関する研究 図 渚滑川での出水時を参考として与えら れた 実験での流入ハイドログラフ 図 渚滑川模型での流木流下時の軌跡 図 渚滑川に対する内岸砂州側での 実験結果 土地改造案 現況河道および各改造案における ピーク時の流木 3 4 実河川をモデルとした模型河道を対象とした高水敷 挙動に関して代表的な軌跡図を図 に示す 表 上での流木流下に対する検討 示された範囲は改造案の砂州の存在域に相当する 直 実験概要 線的に配置され図示された短い直線群が 各流木の軌 実際に流木災害に見舞われた実河川での流木流下と 跡を示し 間隔が密となる軌跡線では 流速が低下し その堆積の状況 および蛇行部砂州に対する河道改造 ていることが推測され 流木の捕捉が期待できると予 案の流木集積に対する影響を確認するため 渚滑川の 測される 1/175 模型を作製し 流木流下実験を行った 模型は 現況河道では砂州を越流する流れの右岸近傍で流木 実験室内第 3 系統可傾斜水路に作成し 実際の洪水時 の速度低下が著しいほか 低水路左岸での流速低下も のハイドログラフを模擬した流量の非定常流量を通水 確認される 砂州標高を全体に切り下げる改造 1 案で する 図 河道改造案は図 に示し は右岸側の流測低下が抑制され 流木はスムーズに流 た 3 案とし 蛇行部内岸の砂州に対し 標高や勾配を 下することから 堆積による水位の上昇などは生じな 変化させるものとする い代わりに 捕捉の効果も期待できない 砂州部分で 実験時の流木流下状況は 水路上空に設置されたカ 河床勾配と同程度の 1/300 の勾配をつけた改造 2 案で メラにより動画として撮影された これを後処理する は 砂州部分に到達する上流側で流木の速度低下が確 ことで流木群の軌跡を可視化し 上記項目に対する定 認され 砂州上での流れそのものよりも 流木の流下 性的な検討を試みた 状況に影響を与えている 砂州部分の横断方向に勾配

11 を 与 えた 改 造 3 案 では 砂 州 部 分 に 越 粒 し 流 入 する 流 木 の 本 数 が 制 限 される 傾 向 に 見 受 けられ 砂 州 での 捕 捉 が 期 待 できないと 想 像 される 上 記 の 結 果 は 限 られた 流 木 数 から 得 られた 定 性 的 傾 向 であり 結 論 を 得 るにはさらなる 実 験 結 果 の 検 討 と 何 らかの 定 量 化 手 法 が 必 要 となるが 河 道 地 形 が 流 木 流 下 状 況 に 与 える 影 響 を 確 認 できたと 考 えられる 4. 谷 底 平 野 の 地 形 特 性 と 現 在 の 地 形 の 成 り 立 ち 4.1 研 究 概 要 厚 別 川 における 洪 水 氾 濫 と 地 形 の 特 徴 について 2 重 フーリエ 解 析 を 用 いた 検 討 を 行 う. 対 象 とした 北 海 道 の 厚 別 川 は, 流 域 面 積 291km 2, 河 道 長 45km で,2003 年 8 月 の 豪 雨 により, 既 往 最 大 規 模 の 約 2200m 3 /s という 河 道 の 流 下 能 力 1000m 3 /s を 大 幅 に 超 える 出 水 が 生 起 し, 洪 水 流 は 谷 幅 全 体 を 覆 うように 流 れた( 図 ). 堤 内 地 も 含 めた 谷 地 形 を 対 象 とした 各 流 量 の 中 規 模 河 床 形 態 7) を 表 すと 図 となる. 図 か ら 1000m 3 /s 程 度 までは 単 列 砂 州 領 域 にあり, 1000m 3 /s を 超 えると 単 列 砂 州 領 域 から 複 列 砂 州 領 域 へ 遷 移 すると 判 断 される. 洪 水 時 のピーク 流 量 は, 2200m 3 /s であることから,その 時 の 氾 濫 流 の 水 理 条 件 は 複 列 砂 州 領 域 になっていたことがわかる. 図 は 清 水 が 行 った 厚 別 川 の 洪 水 流 の 平 面 2 次 元 計 算 結 果 8) である.これからも 複 列 の 流 れが 生 じて いることが 読 み 取 れる. 図 年 出 水 時 の 厚 別 川 での 流 況 4.2 研 究 結 果 谷 全 体 が 過 去 幾 度 と 繰 り 返 された 洪 水 流 により 形 成 された 地 形 であるとの 仮 説 のもと,2 重 フーリエ 解 析 を 用 いて, 谷 地 形 の 形 状 解 析 を 行 った 9).つまり 谷 全 体 の 氾 濫 現 象 において 谷 壁 を 流 路 側 壁 と 考 えた 場 合 の 形 状 特 性 について, 実 現 象 と 実 験 結 果 との 比 較 を 行 う ものである. 図 にその 結 果 を 示 す. 図 はα22 /α11 の 値 について 先 行 実 験 の 結 果 と 厚 別 川 との 比 較 を 示 した.ここで 厚 別 川 は 谷 規 模 の 氾 濫 時 の 水 理 量, 谷 規 模 の 地 形 の 特 徴 を 示 している. つまり 実 験 で 小 流 量 時 (0.5 l/s)に 形 成 された 流 路 が 出 水 により 水 路 幅 いっぱいに 広 がった 状 態 との 比 較 が 必 要 である. 地 形 学 的 に 長 い 時 間 をかけて 形 成 された 厚 別 川 の 流 路 では, 短 時 間 の 洪 水 に 伴 う 変 形 が 比 較 的 小 さかったことから, 実 際 の 氾 濫 現 象 に 近 い 出 水 時 (1.5 l/s)の 水 面 幅, 水 深 時 についても 併 せて 比 較 した. 図 厚 別 川 における 砂 州 形 状 領 域 区 分 図 の 変 遷 図 清 水 らによる 厚 別 川 出 水 時 を 対 象 とし た 数 値 計 算 ( 白 い 線 は 仮 想 的 な 追 跡 粒 子 の 軌 跡 を 示 す) 図 からは 長 谷 川 による 単 列 砂 州 の 実 験 や Case1 および Case3 のα22 /α11 が 0.1~0.4 と 小 さな 値

12 をとる 一 方,case2 のα22 /α11 が 3.4 と 大 きな 値 をとる 結 果 となった. 厚 別 川 のα22 /α11 は 0.5~1.4 であり, 単 列 砂 州 や 自 由 蛇 行 による 地 形 と 複 列 砂 州 による Case2 の 実 験 結 果 の 中 間 的 な 値 をとることがわかる. 以 上 から 厚 別 川 の 谷 底 平 地 の 地 形 は 谷 幅 を 基 準 として 単 列 と 複 列 の2つの 砂 州 成 分 から 成 り, 過 去 における 幾 度 かの 谷 幅 全 幅 を 覆 い 尽 くす 大 規 模 出 水 によって 形 成 された 単 列 砂 州 成 分 を 持 つ 複 列 砂 州 によって 形 作 ら れていると 判 断 される. 図 厚 別 川 周 辺 の 谷 底 平 野 を 河 道 と 仮 定 し た 場 合 に 対 する2 重 フーリエ 解 析 結 果 図 α22/α11 に 関 する 厚 別 川 と 既 往 実 験 との 比 較 5. 洪 水 減 水 期 ハイドログラフと 砂 州 および 水 みち 形 成 の 関 連 に 対 する 検 討 5.1 実 験 概 要 河 道 内 の 樹 林 化 については 水 みちと 砂 州 や 高 水 敷 との 比 高 差 が 生 じることにより 進 行 することが 示 され ているが 10) その 要 因 となる 水 みちの 形 成 過 程 そのも のに 関 しては 未 解 明 な 部 分 が 多 い 本 研 究 では 水 みち 形 成 機 構 の 解 明 を 目 的 とし 砂 州 が 形 成 された 河 道 に おいて 洪 水 減 水 期 にどの 様 に 水 みちが 形 成 されるの か ハイドロ 波 形 及 び 減 水 時 間 の 違 いに 着 目 した 水 理 実 験 を 行 い 水 みちの 発 達 状 況 について 検 討 した 実 験 は 延 長 50m 幅 0.9m の 直 線 水 路 を 使 用 して 行 った 河 床 勾 配 は 1/80 とし 河 床 材 料 は 4 号 硅 砂 (d=0.764 mm)と 7 号 硅 砂 (d=0.154 mm)の 割 合 を 5:1 とした 混 合 砂 を 用 いた 水 路 の 上 下 流 端 には 堰 を 設 置 しており 下 流 端 の 堰 からの 排 砂 量 を 定 期 的 に 計 測 し 同 量 を 上 流 端 から 給 砂 した 測 定 区 間 は 上 下 流 端 部 の 影 響 を 考 慮 し 下 流 側 より 12m から 27m の 水 路 中 央 部 15m 区 間 としている 実 験 に 用 いた 流 量 を 図 に 示 す 初 期 流 量 (peakq)は 当 実 験 水 路 で 行 った 既 往 の 基 礎 実 験 11) に 基 づき 単 列 交 互 砂 州 が 形 成 される 規 模 とした 通 水 を 開 始 してから 形 成 される 砂 州 の 波 長 と 波 高 を 定 期 的 に 計 測 し 安 定 した 単 列 交 互 砂 州 が 形 成 された 段 階 (t1)で 減 水 を 開 始 した 減 水 終 了 後 の 小 流 量 (minimumq)は 初 期 流 量 の 1/25 程 度 とした 減 水 期 のハイドロ 波 形 は 以 下 の 3 ケースとし 減 水 時 間 は 45 分 間 (t1~t2)とし た case-1; 渡 邊 ら 12) により 示 されている 次 式 で 与 えら れる 波 形 を 基 本 とし 低 流 量 の 通 水 時 間 が 比 較 的 長 くなるパターン 2 δ ( τ + α ) D0 = γ 2 τ + β ここで D 0 : 初 期 水 深 h 0 で 無 次 元 化 した 水 深 (D 0 =h/h 0 ) τ:ハイドログラフの 継 続 時 間 T で 無 次 元 化 した 時 間 (τ=t/t) α β γ δ は 定 数 であ る case-2; 直 線 的 に 大 流 量 から 小 流 量 に 減 水 させたパ ターン case-3;case-1 に 対 して 点 対 象 に 反 転 した 波 形 であ り 大 流 量 の 通 水 時 間 が 比 較 的 長 くなるパタ ーン さらに 減 水 期 終 了 後 には 河 床 が 安 定 状 態 となるま で 小 流 量 を 継 続 して 120 分 間 通 水 した(t2~t3)

13 量 の 通 水 が 十 分 ではなかったことによると 推 察 される 図 実 験 での 各 ケースのハイドログラフ 図 実 験 結 果 : 時 刻 (t2)における 水 路 床 形 状 を 示 すコンター 図 5.2 実 験 結 果 図 は 通 水 後 の 河 床 形 状 のコンター 図 を 示 している 減 水 開 始 初 期 河 床 は 大 流 量 を 通 水 した 後 (t1)の 単 列 交 互 砂 州 の 状 況 である 既 往 実 験 において 同 条 件 で 通 水 した 時 に 形 成 される 単 列 交 互 砂 州 の 平 均 的 な 値 である 波 長 約 6m 波 高 約 5 cmを 基 準 として 十 分 に 砂 州 が 発 達 したことを 確 認 している case-1 から case-3 の 図 は 減 水 期 終 了 後 (t2)の 河 床 形 状 を 示 した 減 水 開 始 初 期 河 床 では 砂 州 前 縁 に 深 掘 れ 部 が 交 互 に 見 られ 単 列 交 互 砂 州 が 形 成 されているが 明 確 な 水 み ちは 見 られない これに 対 し case-1 及 び case-2 では 深 掘 れ 部 は 浅 くなっているが 砂 州 の 前 縁 に 沿 って 深 掘 れ 部 と 深 掘 れ 部 の 間 に 水 みちが 形 成 されていること が 判 る 水 みちの 形 成 状 況 については case-1 と case-2 で 大 きな 差 異 は 見 受 けられなかった 今 回 の 実 験 では case-3 は case-1 case-2 と 同 様 砂 州 前 縁 部 の 深 掘 れ 部 は 浅 くなっているが 水 みちの 形 成 がほとんど 見 られなかった case-3 では 比 較 的 大 流 量 の 通 水 時 間 が 長 く 小 流 量 の 通 水 時 間 が 短 い 波 形 であることから 水 みちの 形 成 に 影 響 をおよぼす 小 流 6.まとめ 橋 梁 周 辺 における 流 木 の 挙 動 監 視 調 査 の 結 果 洪 水 時 に 流 下 する 流 木 は 水 位 がピークに 達 する 前 の 洪 水 初 期 に 最 も 多 くなる 傾 向 をみることができた 橋 脚 への 堆 積 機 構 の 直 接 的 な 観 測 は 実 施 期 間 中 に 結 果 が 得 ら れなかったが 観 測 に 際 してのノウハウの 蓄 積 が 得 ら れたことから 今 後 の 効 率 や 精 度 の 向 上 も 期 待 され 継 続 してモニタリングを 行 うことが 望 ましいと 考 えら れる 流 木 の 堆 積 と 河 畔 林 に 関 する 模 型 実 験 の 結 果 河 畔 林 が 密 な 場 合 に 最 も 流 木 を 捕 捉 し 流 下 本 数 の 10% 強 を 捕 捉 した 一 方 河 畔 林 が 粗 の 場 合 は1% 程 度 であ り 河 畔 林 の 粗 密 による 流 木 捕 捉 効 果 が 明 らかとなっ た また 河 畔 林 設 置 位 置 の 違 いによる 流 木 への 影 響 に 関 しては 植 生 の 存 在 が 流 れ 場 の 渦 度 を 強 くする 場 合 に 流 下 中 の 流 木 がそこから 離 れる 挙 動 を 示 すことが 確 認 された これらの 結 果 から 河 畔 林 の 伐 採 等 の 対 策 に 関 しては 流 木 が 捕 捉 域 となる 砂 州 や 植 生 上 にス ムーズに 導 入 されるように 分 布 や 密 度 に 注 意 して 行 う 必 要 があることが 示 唆 される 厚 別 川 を 例 とした 谷 底 平 野 の 地 形 の 成 り 立 ちに 関 し ての 解 析 結 果 からは 谷 底 平 野 とそこに 有 する 河 川 に 関 して 谷 全 体 に 広 がる 大 規 模 な 出 水 と 通 常 の 出 水 との 両 方 の 影 響 を 受 けた 地 形 が 存 在 することが 示 され た これは 大 規 模 出 水 時 の 河 川 が 通 常 の 流 路 と 大 き く 異 なる 流 路 を 取 り 得 ることを 示 すものであり 洪 水 対 策 に 対 する 重 要 な 知 見 となる 流 路 の 固 定 化 をもたらす 要 因 の 一 つである 水 みちの 形 成 過 程 に 関 しては 水 理 実 験 の 結 果 から 洪 水 時 の 減 衰 過 程 におけるハイドログラフの 形 状 が 重 要 な 影 響 をもたらし 小 流 量 での 通 水 時 間 が 長 い 場 合 に 水 みち の 形 成 が 見 られることが 確 認 された このことから 流 路 の 固 定 化 の 対 策 に 当 たっては 上 流 側 治 水 施 設 で の 出 水 時 のオペレーションが 重 要 な 役 割 を 果 たすこと が 示 唆 される 参 考 文 献 1) 財 団 法 人 河 川 環 境 管 理 財 団 : 河 川 整 備 基 金 自 主 研 究 事 業 流 木 災 害 軽 減 対 策 と 河 川 樹 木 管 理 に 関 する 総 合 的 研 究 ) 阿 部 修 也 渡 邊 康 玄 長 谷 川 和 義 :2003 年 台 風 10 号 出 水 における 沙 流 川 での 橋 梁 被 害 河 川 技 術 論 文 集 第

14 11 巻 pp ) 佐 藤 徳 人 渡 邊 康 玄 白 井 博 彰 : 橋 梁 周 辺 における 流 木 の 挙 動 監 視 調 査 河 川 技 術 論 文 集 第 13 巻 pp ) Braudrick, C. A., Grant, G.E.: When do logs move in rivers?, Water Resources Research, Vol.36, No.2, pp , ) Haga, H., Kumagai, T., Otsuki, K., Ogawa, S.: Transport and retention of coarse woody debris in mountain streams: An in situ field experiment of log transport and a field survey of coarse woody debris distribution, Water Resources Research, Vol.38, No.8, doi: /2001wr001123, ) 植 村 知 正 山 本 富 士 夫 幸 川 光 雄 :2 値 化 相 関 法 - 粒 子 追 跡 法 の 高 速 画 像 解 析 アルゴリズム- 可 視 化 情 報 Vol.10 No.38 pp ) 黒 木 幹 男 岸 力 : 中 規 模 河 床 形 態 の 領 域 区 分 に 関 する 理 論 的 研 究 土 木 学 会 論 文 報 告 集 342 号 pp ) 清 水 康 行 : 厚 別 川 における 洪 水 氾 濫 流 解 析 平 成 15 年 台 風 10 号 北 海 道 豪 雨 災 害 調 査 団 報 告 書 土 木 学 会 水 工 学 委 員 会 pp ) 渡 邊 康 玄 野 上 毅 安 田 浩 保 長 谷 川 和 義 : 谷 底 平 野 に おける 氾 濫 流 の 挙 動 を 規 定 する 地 形 の 成 因, 土 木 学 会 河 川 技 術 論 文 集 第 12 巻 pp ) 清 水 義 彦 小 葉 竹 重 機 岡 田 理 志 :ハリエンジュ による 動 的 河 道 内 樹 林 化 について 水 工 学 論 文 集 第 45 巻 pp ) 渡 邊 康 玄 桑 村 貴 志 : 複 列 砂 州 のモード 減 少 過 程 に 関 する 水 理 実 験 水 工 学 論 文 集 第 48 巻 pp ) 渡 邊 康 玄 Tubino.M Zelezzi.G: 掃 流 砂 により 形 成 される 交 互 砂 州 の 非 定 常 流 下 での 挙 動 北 海 道 開 発 土 木 研 究 所 月 報 576 pp

資 料 -6 平 成 20 年 度 第 2 回 北 陸 地 方 整 備 局 事 業 評 価 監 視 委 員 会 特 定 構 造 物 改 築 事 業 事 後 評 価 説 明 資 料 平 成 20 年 11 月 北 陸 地 方 整 備 局 -0-

資 料 -6 平 成 20 年 度 第 2 回 北 陸 地 方 整 備 局 事 業 評 価 監 視 委 員 会 特 定 構 造 物 改 築 事 業 事 後 評 価 説 明 資 料 平 成 20 年 11 月 北 陸 地 方 整 備 局 -0- 平 成 20 年 度 事 後 評 価 対 象 事 業 の 概 要 事 業 名 特 定 構 造 物 改 築 事 業 ( ) 事 業 区 分 河 川 事 業 事 業 箇 所 新 潟 県 三 条 市 須 頃 地 先 事 業 採 択 平 成 9 年 度 都 市 計 画 決 定 - 用 地 着 手 - 工 事 着 手 平 成 9 年 度 完 成 に 至 る 経 緯 平 成 9 年 度 特 定 構 造 物 改

More information

北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概 要 ( 市 町 村 数 は H18.4.1 現 在 ) 項 目 諸 元 備 考 流 路 延 長 85km 全 国 60 位 流 域 面 積 6

北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概 要 ( 市 町 村 数 は H18.4.1 現 在 ) 項 目 諸 元 備 考 流 路 延 長 85km 全 国 60 位 流 域 面 積 6 甲 66 号 証 国 土 交 通 省 のホームページより 入 手 した 近 隣 の 各 水 系 の 主 要 洪 水 の 概 要 ( 富 山 県 ) 黒 部 川 常 願 寺 川 神 通 川 小 矢 部 川 ( 石 川 県 ) 梯 川 手 取 川 北 又 ダム 出 し 平 ダム 小 屋 平 ダム 仙 人 谷 ダム 黒 部 ダム 図 1-1 黒 部 川 流 域 図 表 1-1 黒 部 川 流 域 の 概

More information

<4D F736F F D F91E D CE97AC814597AC96D891CE8DF48C7689E62E646F63>

<4D F736F F D F91E D CE97AC814597AC96D891CE8DF48C7689E62E646F63> 第 Ⅱ 編 土 石 流 流 木 対 策 計 画 第 Ⅱ 編 土 石 流 流 木 対 策 計 画 目 次 第 Ⅱ 編 土 石 流 流 木 対 策 計 画...Ⅱ-1-1 第 1 章 土 石 流 流 木 対 策 計 画 の 基 本 事 項... Ⅱ-1-1 第 1 節 計 画 策 定 の 基 本 方 針...Ⅱ-1-1 第 2 節 保 全 対 象...Ⅱ-1-2 第 3 節 計 画 規 模...Ⅱ-1-2

More information

国土技術政策総合研究所 研究資料

国土技術政策総合研究所 研究資料 第 4 章 水 位 放 流 方 式 適 用 性 の 検 証 と 改 良 4.1 水 位 放 流 方 式 と VR 方 式 の 必 要 性 第 3 章 で 述 べた WRF による 降 雨 予 測 を 利 用 したダム 洪 水 調 節 手 法 は WRF による 降 雨 予 測 誤 差 のリスク 管 理 が 極 めて 重 要 であり 一 定 の 数 の 洪 水 を 対 象 とした 解 析 を 試 み

More information

漁 獲 の 不 良 が 続 く 漁 場 が 顕 在 化 してきた 特 に, 三 国 川 合 流 点 より 下 流 側 で 大 きく 減 少 し, 上 流 側 と 比 較 して 減 少 の 程 度 が 著 し い( 図 ) 河 川 生 態 系 は, 様 々な 要 因 の 複 雑 な 相 互 作 用 に

漁 獲 の 不 良 が 続 く 漁 場 が 顕 在 化 してきた 特 に, 三 国 川 合 流 点 より 下 流 側 で 大 きく 減 少 し, 上 流 側 と 比 較 して 減 少 の 程 度 が 著 し い( 図 ) 河 川 生 態 系 は, 様 々な 要 因 の 複 雑 な 相 互 作 用 に -- 魚 野 川 におけるアユ 不 振 原 因 の 解 明 伊 藤 陽 人 小 池 利 通 樋 口 正 仁 野 上 泰 宏 森 直 也 新 潟 県 内 水 面 水 産 試 験 場 要 旨 魚 野 川 では,アユ 種 苗 の 放 流 を 行 っているにも 関 わらずアユの 漁 獲 が 不 良 な 漁 場 が 顕 在 化 してい る このため,アユの 漁 獲 が 良 好 な 漁 場 と 不 良 な 漁

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2048323591E63689F190E096BE8E9197BF8169899389EA90EC8FB08FE3816A3134303231348F4390B32E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2048323591E63689F190E096BE8E9197BF8169899389EA90EC8FB08FE3816A3134303231348F4390B32E70707478> 平 成 25 年 度 第 6 回 九 州 地 方 整 備 局 事 業 評 価 監 視 委 員 会 遠 賀 川 床 上 浸 水 対 策 特 別 緊 急 事 業 ( 飯 塚 穂 波 地 区 ) 事 後 評 価 1 事 業 完 了 後 5 年 以 内 の 事 業 2 審 議 結 果 を 踏 まえ 事 後 評 価 の 実 施 主 体 が 改 めて 事 後 評 価 を 行 う 必 要 があると 判 断 した

More information

<874681408E9197BF34814088DB8E9D8AC7979D8C7689E68F9181602E786477>

<874681408E9197BF34814088DB8E9D8AC7979D8C7689E68F9181602E786477> 土 地 改 良 区 の 維 持 管 理 計 画 の 変 更 について 1 土 地 改 良 区 の 維 持 管 理 計 画 とは 平 成 28 年 2 月 4 日 ( 木 ) 熊 本 県 農 村 計 画 課 土 地 改 良 指 導 班 土 地 改 良 法 の 中 には 実 は 維 持 管 理 計 画 という 表 記 はありません 土 地 改 良 法 第 7 条 第 1 項 などに 登 場 する 土 地

More information

熊本地震被害調査 ver. 3.0

熊本地震被害調査 ver. 3.0 2016 年 熊 本 地 震 地 盤 被 害 と 復 旧 状 況 ver. 4.0 一 次 : 4 月 16 日 ~17 日 二 次 : 4 月 22 日 ~24 日 三 次 : 4 月 29 日 ~5 月 1 日 東 京 大 学 生 産 技 術 研 究 所 清 田 隆 ( 一 次 二 次 三 次 ) 長 岡 技 術 科 学 大 学 池 田 隆 明 ( 一 次 二 次 ) 東 京 大 学 内 村 太

More information

表 4.2.2 実 績 降 雨 による 最 大 流 量 候 補 No. 計 画 No. 洪 水 名 日 時 河 北 潟 流 入 量 河 北 潟 水 位 (T.P.+m) 日 時 貯 木 場 流 入 量 貯 木 場 水 位 (T.P.+m) 日 時 宇 ノ 気 気 屋 合 流 点 日 時 能 瀬 石

表 4.2.2 実 績 降 雨 による 最 大 流 量 候 補 No. 計 画 No. 洪 水 名 日 時 河 北 潟 流 入 量 河 北 潟 水 位 (T.P.+m) 日 時 貯 木 場 流 入 量 貯 木 場 水 位 (T.P.+m) 日 時 宇 ノ 気 気 屋 合 流 点 日 時 能 瀬 石 4. 高 水 流 量 のチェック 4.1 検 討 方 針 2.および 3.において 大 野 水 系 の 基 本 高 水 および 計 画 高 水 流 量 を 過 去 の 降 雨 群 を 対 象 とした 高 水 解 析 により 算 定 した 本 章 では 以 下 に 示 すような 他 の 観 点 から 高 水 流 量 を 検 討 し 高 水 流 量 設 定 の 妥 当 性 に 関 する 基 礎 資 料

More information

気 象 状 況 8 月 9 日 から11 日 にかけては 大 型 の 台 風 第 11 号 が 接 近 し 岐 阜 県 の 山 間 部 を 中 心 に 非 常 に 激 しい 降 雨 をもたらしました 8 月 8 日 の 降 り 始 めからの 降 水 量 (11 日 12 時 迄 )は 杉 原 観 測

気 象 状 況 8 月 9 日 から11 日 にかけては 大 型 の 台 風 第 11 号 が 接 近 し 岐 阜 県 の 山 間 部 を 中 心 に 非 常 に 激 しい 降 雨 をもたらしました 8 月 8 日 の 降 り 始 めからの 降 水 量 (11 日 12 時 迄 )は 杉 原 観 測 速 報 版 平 成 26 年 8 月 27 日 平 成 26 年 8 月 9 日 ~11 日 台 風 第 11 号 による 揖 斐 及 び 長 良 流 域 の 出 水 状 況 ( 第 2 報 ) 揖 斐 揖 斐 の 出 水 状 況 (8 月 10 日 19 時 頃 ) 揖 斐 大 橋 付 近 ( 岐 阜 県 大 垣 市 ) 国 土 交 通 省 中 部 地 方 整 備 局 木 曽 上 流 河 事 務

More information

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A>

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A> 16 林 業 専 用 道 作 設 指 針 北 海 道 スタンダ-ド 平 成 23 年 3 月 31 日 各 振 興 局 長 あて 森 林 第 1280 号 水 産 林 務 部 長 [ 沿 革 ] 平 成 26 年 3 月 28 日 森 整 第 1331 号 改 正 平 成 27 年 1 月 13 日 森 整 第 915 号 改 正 平 成 27 年 3 月 30 日 森 整 第 1201 号 改 正

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8DC4955D89BF92B28F915F8D4C93638DBB90E895942E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8DC4955D89BF92B28F915F8D4C93638DBB90E895942E646F63> ( 別 紙 2) 再 評 価 調 書 ( 案 ) Ⅰ 概 要 名 床 上 浸 水 対 策 特 別 緊 急 地 区 名 一 級 河 川 箇 所 岡 崎 市 西 尾 市 幸 田 町 あ らまし は 幸 田 町 桐 山 を 源 とし 右 支 川 である 等 を 合 流 させ 岡 崎 市 市 街 地 を 貫 流 し て 矢 作 古 川 に 注 ぐ 流 域 面 積 約 101km 2 河 川 延 長 約 19km

More information

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477>

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477> 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 銚 子 市 被 害 記 録 集 銚 子 市 平 成 24 年 3 月 刊 行 にあたって このたびの 東 日 本 大 震 災 により 被 災 された 皆 様 にこころからお 見 舞 い 申 し 上 げます また 復 旧 復 興 に 尽 力 されている 方 々に 敬 意 を 表 します 東 日 本 大 震 災 は 我 が 国 において 戦 後

More information

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方 資 料 5 水 力 発 電 設 備 についての 検 討 に 係 る 考 え 方 平 成 26 年 2 月 18 日 商 務 流 通 保 安 グループ 電 力 安 全 課 - 目 次 - Ⅰ. 検 討 範 囲 3 Ⅱ. 水 力 設 備 に 関 する 検 討 項 目 4 Ⅲ.L2 地 震 動 に 対 するダムの 耐 性 評 価 5 Ⅳ. 洪 水 に 対 するダムの 耐 性 評 価 8 Ⅴ. 大 規 模

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63> 阿 武 隈 川 鳴 瀬 川 北 上 川 の 被 害 株 式 会 社 エイト 日 本 技 術 開 発 保 全 耐 震 防 災 事 業 部 東 京 支 社 保 全 耐 震 防 災 部 土 谷 基 大 岩 田 克 司 藤 本 哲 生 1.はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 (Mw=9.0)が 発 生 し 宮 城 県 栗 原 市 築 館 で 最 大 震 度

More information

平成18年7月21日~23日発生

平成18年7月21日~23日発生 平 成 18 年 7 月 鹿 児 島 県 北 部 豪 雨 災 害 後 の 取 組 み 川 内 川 流 域 では, 平 成 18 年 7 月 に 上 流 部 の 西 ノ 野 雨 量 観 測 所 で 総 雨 量 1,165mmを 観 測 するなど 各 地 で 記 録 的 な 豪 雨 となり, 流 域 の 15 の 観 測 所 のうち 11 箇 所 で 既 往 最 高 水 位 を 記 録 し, 上 流 から

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C46967B926E906B8DD08A5192B28DB895F18D908F915F566F6C312E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C46967B926E906B8DD08A5192B28DB895F18D908F915F566F6C312E646F6378> 平 成 28 年 熊 本 地 震 災 害 調 査 報 告 書 ( 第 1 報 ) 名 古 屋 工 業 大 学 豊 橋 技 術 科 学 大 学 合 同 調 査 グループ 平 成 28 年 6 月 1 調 査 概 要 1.1 調 査 目 的 平 成 28 年 4 月 14 日 および 16 日 に 発 生 した 熊 本 県 を 中 心 とする 地 震 被 害 について, 特 に, 土 構 造 物 及 び

More information

Microsoft Word - 3-(2)-0表紙

Microsoft Word - 3-(2)-0表紙 3-(2) 3(2) 事 業 内 容 について 3-(2)-1 土 砂 3-(2)-2 美 謝 川 切 替 3-(2)-3 海 上 ヤード 3-(2)-1 知 事 意 見 への 対 応 方 針 知 事 の 意 見 対 応 方 針 備 考 分 類 土 砂 について (1) 土 砂 の 調 達 計 画 については 沖 縄 県 はも とより 県 外 も 対 象 として 検 討 していますが 現 時 点 において

More information

目 次 海 岸 領 域 における 取 組 状 況 の 報 告 ~ 三 保 松 原 の 海 岸 景 観 の 改 善 ~ 清 水 海 岸 侵 食 対 策 事 業 の 概 要 3 景 観 改 善 検 討 の 概 要 6 参 考 資 料 24

目 次 海 岸 領 域 における 取 組 状 況 の 報 告 ~ 三 保 松 原 の 海 岸 景 観 の 改 善 ~ 清 水 海 岸 侵 食 対 策 事 業 の 概 要 3 景 観 改 善 検 討 の 概 要 6 参 考 資 料 24 資 料 -7 平 成 26 年 12 月 10 日 静 岡 県 河 川 砂 防 局 目 次 海 岸 領 域 における 取 組 状 況 の 報 告 ~ 三 保 松 原 の 海 岸 景 観 の 改 善 ~ 清 水 海 岸 侵 食 対 策 事 業 の 概 要 3 景 観 改 善 検 討 の 概 要 6 参 考 資 料 24 清 水 海 岸 侵 食 対 策 事 業 の 概 要 全 体 必 要 最 小 限 の

More information

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾 少 子 高 齢 化 社 会 に 向 けての 地 震 防 災 分 野 の 課 題 1. 地 震 防 災 で 少 子 化 が 問 題 になってくると 考 えられる 段 階 2. 都 市 密 集 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 3. 中 山 間 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 4. 海 岸 における 津 波 による 被 災 および 対 応 に 関 して 東 京 電

More information

総務部元気宣言

総務部元気宣言 福 井 新 々 元 気 宣 言 推 進 に 関 する 政 策 合 意 私 は 知 事 の 政 策 スタッフとして 福 井 県 民 の 将 来 ビジョン に 基 づき 福 井 新 々 元 気 宣 言 の 元 気 な 産 業 元 気 な 社 会 元 気 な 県 土 元 気 な 県 政 に 掲 げられた 政 策 等 を 実 現 するため 県 民 の 理 解 と 参 加 を 得 な がら 責 任 を 持 って

More information

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378>

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378> 東 近 江 市 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 の 解 説 東 近 江 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 策 定 の 背 景 昭 和 43 年 に 制 定 された 新 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という )で 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域

More information

【1

【1 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 19 年 11 月 大 阪 府 都 市 整 備 部 総 合 計 画 課 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 大 阪 府 が 目 指 す 都 市 の 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

(mm/hour) (mm/hour) (mm/hour) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 南 九 州 から 南 西 諸 島 における 総 合 的 防 災 研 究 の を 超 える 雨 が 3 時 間 連 続 で 降 っている さらに,212 年 6 月

(mm/hour) (mm/hour) (mm/hour) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 連 続 雨 量 (mm) 南 九 州 から 南 西 諸 島 における 総 合 的 防 災 研 究 の を 超 える 雨 が 3 時 間 連 続 で 降 っている さらに,212 年 6 月 豪 雨 による 奄 美 肝 付 町 道 路 被 災 箇 所 調 査 工 学 部 北 村 良 介 酒 匂 一 成 1.はじめに 奄 美 大 島 加 計 呂 麻 島 では,21 年,212 年, 肝 付 町 では 212 年 に 豪 雨 に 伴 う 斜 面 崩 壊 によ り 多 くの 道 路 が 被 災 している 著 者 らは, 奄 美 での 21 年 1 月 2 日,212 年 6 月 1 日 に 発

More information

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若 別 紙 2 工 事 一 時 中 止 ガイドライン Ⅰ 策 定 の 目 的 森 林 整 備 保 全 事 業 の 工 事 の 実 施 において 自 然 的 人 為 的 な 事 象 や 地 元 調 整 各 種 協 議 の 状 況 等 により 準 備 工 本 体 工 事 に 着 手 できない 事 態 や 工 事 の 施 工 途 中 で 中 断 を 余 儀 なくされる 事 態 が 生 じることがある このような

More information

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 -

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 - 第 6 章 河 川 海 岸 第 1 節 河 川 海 岸 の 概 要 秋 田 県 を 流 れる 河 川 は 雄 物 川 米 代 川 子 吉 川 の 一 級 水 系 302 河 川 馬 場 目 川 などの 二 級 水 系 51 河 川 で 合 計 353 河 川 となっており 総 延 長 は3,189kmに 及 んでいます また 海 岸 については 総 延 長 264kmのうち 国 土 交 通 省 で169kmを

More information

【行革委】資料5 アセットマネジメント

【行革委】資料5 アセットマネジメント アセットマネジメントの 推 進 について 資 料 公 共 土 木 施 設 本 県 における 主 な 社 会 インフラ 高 度 経 済 成 長 期 に 集 中 的 に 整 備 された 橋 梁 やトンネル 河 川 砂 防 港 湾 施 設 など 社 会 インフラの 老 朽 化 が 進 行 橋 梁 トンネルの 老 朽 化 の 現 状 県 管 理 の 橋 梁,39 橋 のうち 建 設 後 年 を 経 過 したものが

More information

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産

般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目 指 そ 効 果 早 期 届 期 待 ろ 自 乏 割 占 交 付 況 加 自 根 幹 当 幹 産 産 不 振 継 者 不 足 観 光 産 ご 蛇 易 下 呂 式 No. 発 発 : 青 森 県 編 集 : 広 編 集 - 青 森 県 下 北 郡 大 字 易 字 大 川 目 - TEL --(FAX 兼 ) 常 任 総 常 任 大 原 子 力 発 電 般 質 動 編 集 記 般 当 初 第 般 総 そぞ 億 当 初 比 較.% 増 編 況 般 当 初 総 億 当 初 億.% 増 済 アベノミク 三 矢 期 デフレ 脱 却 済 率 % 目

More information

最上圏域河川整備計画 最上地区小委員会

最上圏域河川整備計画 最上地区小委員会 資 料 6 最 上 小 国 川 流 域 の 治 水 対 策 の 検 討 経 緯 について 平 成 22 年 11 月 5 日 山 形 県 県 土 整 備 部 河 川 課 1 最 上 小 国 川 ダムの 検 討 の 経 緯 と 治 水 対 策 2 たび 重 なる 洪 水 被 害 を 防 ぐための 調 査 等 の 経 緯 S62 年 度 たび 重 なる 洪 水 被 害 のため 最 上 町 が ダム 建

More information

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx

Microsoft PowerPoint - 熊本地震被災調査(増田).pptx 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 公 共 土 木 施 設 の 被 災 状 況 と 斜 面 被 害 愛 媛 県 技 術 士 会 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 1 被 災 調 査 員 : 愛 媛 県 技 術 士 会 会 長 須 賀 幸 一 ( 芙 蓉 コンサルタント) 副 会 長 増 田 信 ( 愛 媛 建 設 コンサルタント) 副 会 長 米 虫 聡 ( アースコンサルタント)

More information

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計 山 口 県 港 湾 施 設 維 持 管 理 点 検 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 8 月 山 口 県 土 木 建 築 部 港 湾 課 目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書

More information

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74>

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74> 資 料 2 かんがい 排 水 事 業 南 酒 出 地 区 1. 第 二 次 評 価 対 象 地 区 となった 要 因 ウ-1 工 期 の 著 しい 変 更 計 画 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 16 年 度 実 施 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 23 年 度 完 成 予 定 : 平 成 23 年 度 平 成 20 年 度 までの 進 捗 率 ( 事 業 費 ベース):94.7%

More information

庄 内 国 有 林 の 地 域 別 の 森 林 計 画 書 ( 案 ) ( 庄 内 森 林 計 画 区 ) 計 画 期 間 自 至 平 成 25 年 4 月 1 日 平 成 35 年 3 月 31 日 東 北 森 林 管 理 局 目 次 Ⅰ 計 画 の 大 綱 1 森 林 計 画 区 の 概 況 1 2 前 期 計 画 の 実 行 結 果 の 概 要 及 びその 評 価 4 3 計 画 樹 立 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030365F819A8E9197BF342D325F8A4388E690B695A882CC8F87899E93498AC7979D81698CF6955C9770816A313430353232>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030365F819A8E9197BF342D325F8A4388E690B695A882CC8F87899E93498AC7979D81698CF6955C9770816A313430353232> 第 2 回 那 覇 空 港 滑 走 路 増 設 事 業 環 境 監 視 委 員 会 資 料 4-2 海 域 生 物 の 順 応 的 管 理 (カサノリ 類 ) 平 成 26 年 6 月 5 日 内 閣 府 沖 縄 総 合 事 務 局 国 土 交 通 省 大 阪 航 空 局 < 目 次 > 1. これまでの 検 討 内 容... 1 1.1 順 応 的 管 理 の 概 要... 1 1.2 評 価

More information

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩 平 成 2 6 年 第 3 回 府 中 町 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 3 号 ) 1. 開 会 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 2 日 ( 金 ) 2. 招 集 の 場 所 府 中 町 議 会 議 事 堂 3. 開 議 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 7 日 ( 水 ) ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

More information

管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青 森 秋 田 岩 手 )3 県 の 中 央 部 に 位 置 してい ます 管 内 の 主 な 道 路 は 八 戸 自 動 車 道 国 道 4 号 340 号 及 び

管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青 森 秋 田 岩 手 )3 県 の 中 央 部 に 位 置 してい ます 管 内 の 主 な 道 路 は 八 戸 自 動 車 道 国 道 4 号 340 号 及 び 平 成 27 年 度 業 務 概 要 県 北 広 域 振 興 局 土 木 部 二 戸 土 木 センター 二 戸 市 浄 法 寺 町 天 台 寺 軽 米 町 フォリストパーク 二 戸 市 馬 仙 峡 九 戸 村 折 爪 五 滝 一 戸 町 御 所 野 縄 文 公 園 管 内 の 概 要 当 管 内 は 二 戸 市 一 戸 町 軽 米 町 九 戸 村 の 4 市 町 村 か らなり 北 東 北 ( 青

More information

( 水 害 の 歴 史 と 治 水 事 業 の 沿 革 ) 下 流 部 では 享 保 15 年 (1730 年 ) 新 発 田 藩 により 松 ヶ 崎 を 分 水 路 として 開 削 したことを 契 機 に 信 濃 から 分 離 大 正 4 年 から 昭 和 8 年 にかけ 新 潟 市 周 辺 地

( 水 害 の 歴 史 と 治 水 事 業 の 沿 革 ) 下 流 部 では 享 保 15 年 (1730 年 ) 新 発 田 藩 により 松 ヶ 崎 を 分 水 路 として 開 削 したことを 契 機 に 信 濃 から 分 離 大 正 4 年 から 昭 和 8 年 にかけ 新 潟 市 周 辺 地 阿 賀 野 水 系 河 整 備 基 本 方 針 の 骨 子 1. 河 の 総 合 的 な 保 全 と 利 用 に 関 する 基 本 方 針 (1) 流 域 及 び 河 の 概 要 ( 概 要 ) 水 源 から 河 口 までの 概 要 河 流 路 延 長 流 域 面 積 流 域 の 土 地 利 用 本 州 日 本 海 側 初 の 政 令 指 定 都 市 である 新 潟 市 や 福 島 県 の 地 方

More information

H19年度

H19年度 首 都 直 下 地 震 等 による 東 京 の 被 害 想 定 概 要 版 東 京 都 0 目 次 Ⅰ.はじめに 1 1. 背 景 と 目 的 1 Ⅱ. 想 定 される 被 害 4 Ⅱ-1. 被 害 想 定 の 前 提 条 件 4 1. 想 定 するシーン 4 2. 想 定 対 象 項 目 5 Ⅱ-2. 被 害 の 全 体 像 6 1. 首 都 直 下 地 震 6 2. 海 溝 型 地 震 8 3.

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

平成25年台風18号の特徴と防災気象情報――初の特別警報発表

平成25年台風18号の特徴と防災気象情報――初の特別警報発表 95 平 成 25 年 台 風 18 号 の 特 徴 と 防 災 気 象 情 報 初 の 特 別 警 報 発 表 水 田 潤 Jun Mizuta リスクエンジニアリング 事 業 本 部 主 席 コンサルタント 佐 々 木 亮 Ryo Sasaki リスクエンジニアリング 事 業 本 部 主 任 コンサルタント はじめに 2013 年 9 月 16 日 午 前 8 時 前 愛 知 県 豊 橋 市 に

More information

第 70 回 奈 良 県 河 川 整 備 委 員 会 (H ) 資 料 2-1 大 和 川 ( 初 瀬 川 ) 河 川 改 修 事 業 再 評 価 平 成 26 年 12 月 県 土 マネジメント 部

第 70 回 奈 良 県 河 川 整 備 委 員 会 (H ) 資 料 2-1 大 和 川 ( 初 瀬 川 ) 河 川 改 修 事 業 再 評 価 平 成 26 年 12 月 県 土 マネジメント 部 事 事 業 業 評 価 項 目 大 和 覧 川 表 名 一 級 河 ( 川 初 瀬 大 やまと 川 和 ) 川 河 ( 川 初 はせ 改 瀬 修 川 事 ) 業 事 業 箇 主 所 体 奈 桜 良 さくらいし 井 県 市 おおいずみ 大 泉 地 内 ~ 三 みわ 河 川 の 概 と 事 業 の 目 的 及 び 必 要 性 評 価 項 目 及 び 評 価 の 内 容 輪 地 内 河 川 の 概 要 流

More information

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域 5. 景 観 形 成 及 び 自 然 環 境 保 全 の 方 針 5-1. 景 観 形 成 の 方 針 景 観 形 成 の 方 針 市 街 地 のシンボル 景 観 軸 形 成 や 景 観 拠 点 ゾーンの 景 観 維 持 市 民 との 協 働 による 景 観 形 成 と 自 然 環 境 の 保 全 活 用 市 民 やまちを 訪 れる 人 々が 潤 いや 安 らぎを 感 じるとともに 市 民 の 誇

More information

. 曖 昧 な 表 現 は 評 価 しません ません 原 則 として するように 努 める 必 要 に 応 じ する 出 来 る 限 り する などの 表 現 は 記 載 内 容 について 履 行 するのかしないのか 不 明 確 ですので 評 価 しません 解 体 工 事 にあたっては 振 動 の

. 曖 昧 な 表 現 は 評 価 しません ません 原 則 として するように 努 める 必 要 に 応 じ する 出 来 る 限 り する などの 表 現 は 記 載 内 容 について 履 行 するのかしないのか 不 明 確 ですので 評 価 しません 解 体 工 事 にあたっては 振 動 の ( 別 紙 ) 簡 易 型 総 合 評 価 落 札 方 式 における 施 工 計 画 評 価 に 関 する 留 意 事 項 について 施 工 計 画 型 では 技 術 的 な 工 夫 の 余 地 の 小 さい 工 事 において 工 事 の 条 件 や 現 場 条 件 等 を 踏 まえて 目 標 を 達 成 するための 施 工 上 の 配 慮 を 評 価 します 施 工 計 画 を 作 成 する 場

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095AA8DFB322D385F89CD90EC97AC88E682A982E782CC97AC8F6F93798DBB82C682C682E082C98A4388E682C997AC8F6F82B782E995FA8ECB90AB835A83568345838082CC92E897CA9349946388AC2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095AA8DFB322D385F89CD90EC97AC88E682A982E782CC97AC8F6F93798DBB82C682C682E082C98A4388E682C997AC8F6F82B782E995FA8ECB90AB835A83568345838082CC92E897CA9349946388AC2E646F6378> 河 川 流 域 からの 流 出 土 砂 とともに 海 域 に 流 出 する 放 射 性 セシウムの 定 量 的 把 握 清 水 康 行 岩 崎 理 樹 Mohamed NABI( 北 海 道 大 学 ) 恩 田 裕 一 ( 筑 波 大 学 ) 1. 目 的 本 検 討 は 阿 武 隈 川 の 流 域 から 土 砂 の 移 動 に 伴 い 河 川 に 流 入 するセシウム 137 の 移 行 を モデル

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B7697E790EC90AE94F58C7689E65F8CF68D90816A2E444F43>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B7697E790EC90AE94F58C7689E65F8CF68D90816A2E444F43> 久 礼 川 水 系 河 川 整 備 計 画 平 成 24 年 2 月 高 知 県 目 次 1. 流 域 および 河 川 の 概 要 1 2. 久 礼 川 の 現 状 と 課 題 3 2.1 治 水 の 現 状 と 課 題 3 2.2 河 川 の 適 正 な 利 用 及 び 流 水 の 正 常 な 機 能 の 現 状 と 課 題 6 2.3 河 川 環 境 の 現 状 と 課 題 7 3. 河 川 整

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8> 東 大 谷 川 水 系 河 川 整 備 基 本 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 第 1 河 川 の 総 合 的 な 保 全 と 利 用 に 関 する 基 本 方 針 1 1 河 川 及 び 流 域 の 現 状 1 (1) 河 川 及 び 流 域 の 概 要 1 (2) 治 水 事 業 の 沿 革 と 現 状 1 (3) 河 川 の 利 用 及 び 住 民 との 関 わり 2 (4)

More information

【HP掲載用】H27 中間評価シート(東近江土木)

【HP掲載用】H27 中間評価シート(東近江土木) 1 2 地 域 の 主 要 渋 滞 箇 所 近 江 八 幡 竜 王 線 等 の 事 業 推 進 2 路 線 彦 根 八 日 市 甲 西 線 等 の 通 学 路 の 歩 道 整 備 事 業 の 推 進 6 路 線 近 江 八 幡 竜 王 線 ( 六 枚 橋 ) 交 差 点 改 良 工 事 着 手 国 道 421 ( 四 ツ 辻 ) 交 差 点 改 良 工 事 着 手 彦 根 八 日 市 甲 西 線 (

More information

Microsoft Word - 提出論文 2007.doc

Microsoft Word - 提出論文 2007.doc 地 上 形 レーザスキャナとVRS-RTKによる 河 川 計 測 手 法 について 伊 藤 与 志 雄 By Yoshio,Ito 1.はじめに わが 国 の 国 土 は 環 太 平 洋 造 山 帯 に 位 置 し,その 成 因 から 地 質 が 脆 弱 で 地 形 も 急 峻 であるため 山 地 の 侵 食 が 生 じやすい. 山 地 部 で 生 産 された 土 砂 は 河 川 をとおして 下 流

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 五 戸 町 の 地 域 に 係 る 地 震 防 災 対 策 に 関 し 必 要 な 体 制 を 確 立 するとともに 関 係 機 関 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 対 策 の 整 備 推 進 を 図 り 住

More information

3 19 2 23 2

3 19 2 23 2 24 3 1 3 19 2 23 2 目 次 目 次 第 I 部 越 水 破 堤 現 象 をとりまく 環 境 5 1. 近 年 の 実 破 堤 事 例 6 2. 越 水 破 堤 現 象 に 関 する 既 往 研 究 6 3. 研 究 過 程 と 本 報 告 書 の 内 容 7 第 II 部 十 勝 川 千 代 田 実 験 水 路 における 破 堤 実 験 9 4. 十 勝 川 千 代 田 実 験 水

More information

盛 土 底 部 は 泥 炭 層 の 中 にめり 込 み 地 下 水 位 以 下 に 飽 和 した 状 態 で 存 在 しており この 部 分 が 液 状 化 したとして いる なお 被 災 後 の 地 盤 調 査 によって 地 下 水 位 以 下 に 盛 土 材 料 が 存 在 したことが 確 認

盛 土 底 部 は 泥 炭 層 の 中 にめり 込 み 地 下 水 位 以 下 に 飽 和 した 状 態 で 存 在 しており この 部 分 が 液 状 化 したとして いる なお 被 災 後 の 地 盤 調 査 によって 地 下 水 位 以 下 に 盛 土 材 料 が 存 在 したことが 確 認 泥 炭 地 盤 における 盛 土 の 地 震 時 沈 下 の 簡 易 予 測 と 補 強 技 術 - 盛 土 底 部 の 液 状 化 による 沈 下 の 発 生 機 構 から 対 策 まで- 寒 地 土 木 研 究 所 寒 地 地 盤 チーム 同 上 同 上 林 宏 親 西 本 聡 橋 本 聖 北 海 道 において 発 生 したいくつかの 大 規 模 地 震 によって 泥 炭 地 盤 上 の 道 路

More information

hennkouzenngo.doc

hennkouzenngo.doc 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン( 改 定 案 前 後 対 照 表 ) 改 定 後 改 定 前 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 平 成 23 年 3 月 に 策 定 した 北 部 大 阪 東 部 大 阪 南

More information

重 要 水 防 箇 所 区 間 及 び 急 傾 斜 山 腹 崩 壊 危 険 箇 所 河 川 番 号 河 川 名 地 先 名 予 想 される 災 害 1 上 生 川 合 志 市 野 々 島 ~ 合 志 市 上 生 (Bランク 県 知 事 管 理 区 間 ) 溢 水 ( 堤 防 高 不 足 ) 2 野

重 要 水 防 箇 所 区 間 及 び 急 傾 斜 山 腹 崩 壊 危 険 箇 所 河 川 番 号 河 川 名 地 先 名 予 想 される 災 害 1 上 生 川 合 志 市 野 々 島 ~ 合 志 市 上 生 (Bランク 県 知 事 管 理 区 間 ) 溢 水 ( 堤 防 高 不 足 ) 2 野 資 料 編 110 重 要 水 防 箇 所 区 間 及 び 急 傾 斜 山 腹 崩 壊 危 険 箇 所 河 川 番 号 河 川 名 地 先 名 予 想 される 災 害 1 上 生 川 合 志 市 野 々 島 ~ 合 志 市 上 生 (Bランク 県 知 事 管 理 区 間 ) 溢 水 ( 堤 防 高 不 足 ) 2 野 々 島 川 合 志 市 野 々 島 辻 ~ (C ランク 県 知 事 管 理 区

More information

<4D F736F F D BB92E892B290AE88F58BC696B1837D836A B>

<4D F736F F D BB92E892B290AE88F58BC696B1837D836A B> 判 定 調 整 員 業 務 マニュアル 平 成 26 年 3 月 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 連 絡 協 議 会 このマニュアルでは 被 災 宅 地 危 険 度 判 定 制 度 を 迅 速 かつ 的 確 に 活 用 し その 目 的 であ る2 次 災 害 の 軽 減 防 止 住 民 の 安 全 確 保 を 確 実 に 行 うために 判 定 調 整 員 が 行 うべきこ とについて 具 体

More information

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部 平 成 2 8 年 4 月 1 日 報 道 機 関 各 位 室 蘭 開 発 建 設 部 広 報 官 お 知 ら せ 件 名 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について お 知 らせ 内 容 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について 別 紙 のとおりお

More information

<4D F736F F D DC58F4994C5816A8AC B E646F63>

<4D F736F F D DC58F4994C5816A8AC B E646F63> 静 岡 県 土 木 施 設 長 寿 命 化 計 画 下 水 道 管 路 ガイドライン 平 成 21 年 3 月 建 設 部 都 市 局 生 活 排 水 室 はじめに 本 ガイドラインは 静 岡 県 土 木 部 ( 当 時 )が 平 成 15 年 度 にとりまとめた 土 木 施 設 長 寿 命 化 行 動 方 針 ( 案 ) を 受 け 県 が 管 理 している 流 域 下 水 道 幹 線 をはじめとする

More information

して TS を 函 体 の 外 ( 吐 き 口 側 または 呑 み 口 側 )に 設 置 し 鋲 を 直 接 視 準 する 方 法 がある しかし 連 結 している 函 体 では 撓 みや 継 手 部 のゴムが 大 きく 変 形 し ている 場 合 があるなど 鋲 を TS で 直 接 視 準 する

して TS を 函 体 の 外 ( 吐 き 口 側 または 呑 み 口 側 )に 設 置 し 鋲 を 直 接 視 準 する 方 法 がある しかし 連 結 している 函 体 では 撓 みや 継 手 部 のゴムが 大 きく 変 形 し ている 場 合 があるなど 鋲 を TS で 直 接 視 準 する 平 成 23 年 度 自 走 装 置 を 用 いた 樋 門 函 体 の 3 次 元 変 位 技 術 の 開 発 ( 独 ) 土 木 研 究 所 寒 地 土 木 研 究 所 寒 地 機 械 技 術 チーム 小 宮 山 一 重 牧 野 正 敏 山 﨑 貴 志 北 海 道 には 泥 炭 性 軟 弱 地 盤 が 広 く 分 布 しており 長 期 にわたり 沈 下 する 特 性 を 有 している 河 川 堤

More information

日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2

日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2 土 砂 災 害 とその 対 策 平 成 17 年 8 月 26 日 国 土 交 通 省 河 川 局 砂 防 部 砂 防 計 画 課 課 長 補 佐 草 野 慎 一 1 日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2 日 本 は 土 砂 災 害 との 共 存 を 運 命 づけられた 唯 一 の 先 進 国 ヨーロッパの 先 進 諸 国 の 多 くは 安 定 した 地 質 の 上 にあり 火 山 噴 火 や 地

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

Microsoft PowerPoint - (資料2)2UP印刷.pptx

Microsoft PowerPoint - (資料2)2UP印刷.pptx 熊 本 地 震 による 農 地 農 業 用 施 設 の 被 災 状 況 と 対 応 について 目 次 熊 本 地 震 の 概 要 2 熊 本 地 震 による 農 林 水 産 関 係 被 害 の 概 要 5 農 地 農 業 用 施 設 の 被 害 の 状 況 6 被 災 後 の 対 応 ( 職 員 等 の 派 遣 ) 13 被 災 後 の 対 応 ( 災 害 復 旧 事 業 の 実 施 ) 15 1

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A8362836794C5817A3132303133308DC58F4982C682E882DC82C682DF8169955C8E8696DA8E9F816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A8362836794C5817A3132303133308DC58F4982C682E882DC82C682DF8169955C8E8696DA8E9F816A2E646F6378> 資 料 3 青 森 県 原 子 力 発 電 所 の 原 子 力 災 害 時 における 避 難 のあり 方 検 討 プロジェクトチーム - 最 終 取 りまとめ - 平 成 24 年 1 月 目 次 1. 青 森 県 原 子 力 発 電 所 の 原 子 力 災 害 時 における 避 難 のあり 方 検 討 プロジェクトチーム の 設 置 趣 旨 1 2. 検 討 に 当 たっての 前 提 条 件 2

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20905A908594ED8A518C9F8FD895F18D908F9181405665722E3237819A8DC58F49819A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20905A908594ED8A518C9F8FD895F18D908F9181405665722E3237819A8DC58F49819A2E646F63> 資 料 小 栗 栖 排 水 機 場 周 辺 における 浸 水 被 害 検 証 報 告 書 ( 案 ) 平 成 25 年 11 月 日 小 栗 栖 排 水 機 場 周 辺 における 浸 水 被 害 検 証 委 員 会 目 次 1 まえがき 1 1 2 検 証 の 目 的 と 方 針 (1) 検 証 の 目 的 2 2 (2) 検 証 の 方 針 2 2 3 小 栗 栖 排 水 機 場 周 辺 における

More information

1. 本 報 告 の 位 置 付 け 本 報 告 は, 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 伴 う 土 砂 災 害 および 構 造 物 被 害 ( 特 に 橋 梁 )について 調 査 した 結 果 を 報 告 するものである.また, 調 査 によって 得 られた 事 実 に 基 づいて 工 学 的

1. 本 報 告 の 位 置 付 け 本 報 告 は, 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 伴 う 土 砂 災 害 および 構 造 物 被 害 ( 特 に 橋 梁 )について 調 査 した 結 果 を 報 告 するものである.また, 調 査 によって 得 られた 事 実 に 基 づいて 工 学 的 平 成 28 年 6 月 3 日 公 開 平 成 28 年 6 月 7 日 修 正 平 成 28 年 熊 本 地 震 調 査 報 告 書 ( 速 報 ) ~ 東 北 大 学 災 害 科 学 国 際 研 究 所 構 造 物 土 砂 災 害 調 査 チーム~ < 調 査 対 象 > 土 砂 災 害 地 盤 災 害 構 造 物 被 害 など < 調 査 対 象 地 域 > 熊 本 県 阿 蘇 郡 南 阿

More information

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案)

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案) 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 狭 山 市 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 10 年 5 月 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 においても 市 町 村 が 定 める 地 区 計 画 の 内 容 に 適 合

More information

三浦市地域防災計画

三浦市地域防災計画 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 ( 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 ) 新 旧 対 照 表 平 成 25 年 度 平 成 25 年 度 修 正 三 浦 市 防 災 会 議 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 目 次 第 1 編 風 水 害 等 災 害 対 策 の 計 画 的 推 進 1 第 1 章 計 画 の 目 的 及 び 性 格 1 第

More information

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2 平 成 28 年 4 月 熊 本 地 震 に 係 る 熊 本 市 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 平 成 28 年 6 月 14 日 ( 第 1 版 ) 熊 本 市 1 目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089CE8DD082F08EF382AF82BD8BB497C082CC91B98F9D82C682BB82CC91CE899E2E444F43>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089CE8DD082F08EF382AF82BD8BB497C082CC91B98F9D82C682BB82CC91CE899E2E444F43> 火 災 を 受 けた 橋 梁 の 損 傷 とその 対 応 久 田 宗 昌 1 1 名 古 屋 市 緑 政 土 木 局 道 路 建 設 課 ( 460-8508 名 古 屋 市 中 区 三 の 丸 3 丁 目 1-1) 本 稿 は, 主 要 地 方 道 名 古 屋 中 環 状 線 の 庄 内 川 に 架 かる 明 徳 橋 の 桁 下 にて 平 成 25 年 6 月 に 発 生 した 火 災 への 対

More information

1

1 参 考 資 料 1-1 上 小 国 ダム 事 業 の 検 証 に 係 る 検 討 概 要 資 料 平 成 2 年 6 月 山 形 県 < 目 次 > 1. 上 小 国 の 流 域 及 び 河 の 概 要... 1 1.1. 流 域 の 概 要... 1 1.2. 過 去 の 主 な 洪... 2 1.. 治 事 業 の 沿 革... 1.. 河 整 備 基 本 方 針 及 び 河 整 備 画 の 概

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

平成28年熊本地震による土砂災害の発生状況 平成28年7月14日10:00現在 土砂災害発生件数 190件 土石流等57件 地すべり10件 がけ崩れ123件 土砂災害による死者数 9名 特に被害の著しい南阿蘇村周辺 阿蘇大橋地区全景 あそおおはし (1)阿蘇大橋地区(南阿蘇村) 直轄砂防事業により斜

平成28年熊本地震による土砂災害の発生状況 平成28年7月14日10:00現在 土砂災害発生件数 190件 土石流等57件 地すべり10件 がけ崩れ123件 土砂災害による死者数 9名 特に被害の著しい南阿蘇村周辺 阿蘇大橋地区全景 あそおおはし (1)阿蘇大橋地区(南阿蘇村) 直轄砂防事業により斜 土 砂 災 害 への 対 応 における 衛 星 の 活 用 について 平 成 28 年 7 月 28 日 国 土 交 通 省 水 管 理 国 土 保 全 局 砂 防 部 砂 防 計 画 課 地 震 火 山 砂 防 室 課 長 補 佐 山 本 悟 司 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 平成28年熊本地震による土砂災害の発生状況

More information

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63>

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63> 磁 気 探 査 実 施 要 領 ( 案 ) 平 成 24 年 10 月 沖 縄 総 合 事 務 局 開 発 建 設 部 目 次 1 総 則 1 1-1 目 的 1 1-2 適 用 範 囲 1 1-3 用 語 の 定 義 1 1-3-1 磁 気 探 査 1 1-3-2 不 発 弾 不 発 弾 等 1 1-3-3 不 発 弾 貫 入 深 度 1 1-3-4 磁 気 量 2 2 探 査 計 画 3 2-1

More information

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378>

<82518255944E937893FC8E4488EA9797955C312D322E786C7378> 実 績 一 覧 表 ( 平 成 26 年 度 ) 平 成 26 年 6 月 ~ 平 成 27 年 5 月 迄 1 1 日 南 土 木 事 務 所 道 路 維 持 工 事 平 成 26 年 度 防 地 橋 補 第 17-38-02-1 号 日 南 高 岡 線 益 安 橋 橋 梁 補 修 工 事 2 日 南 土 木 事 務 所 公 園 工 事 平 成 25 年 度 ダム 管 理 第 11-2-2 号 広

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

る 被 害 が 生 じた.さらには, 漁 網 を 用 いるスズキなどの 漁 では, 網 に 漂 流 物 がひっかかるのを 懸 念 し, 操 業 を 控 えるケースがあった. 加 えて, 9 月 上 旬 までに 漂 流 物 を 回 収 しなければノリ 養 殖 に 甚 大 な 被 害 が 出 ることが

る 被 害 が 生 じた.さらには, 漁 網 を 用 いるスズキなどの 漁 では, 網 に 漂 流 物 がひっかかるのを 懸 念 し, 操 業 を 控 えるケースがあった. 加 えて, 9 月 上 旬 までに 漂 流 物 を 回 収 しなければノリ 養 殖 に 甚 大 な 被 害 が 出 ることが 第 10 章 今 回 の 災 害 における 特 徴 的 な 事 象 10.1 有 明 海 沿 岸 域 への 漂 流 漂 着 物 について 10.1.1 本 豪 雨 災 害 での 漂 流 漂 着 物 の 大 量 発 生 の 概 要 本 豪 雨 災 害 の 特 徴 として 沿 岸 海 域 への 漂 流 漂 着 物 が 大 量 に 発 生 したことが 挙 げられる. 一 般 的 に, 洪 水 時 の 流

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031392D30955C8E8682A982E796DA8E9F82DC82C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031392D30955C8E8682A982E796DA8E9F82DC82C52E646F63> 平 成 19 年 度 京 都 府 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 京 都 府 監 査 委 員 20 監 第 202 号 平 成 20 年 9 月 2 日 京 都 府 知 事 山 田 啓 二 様 京 都 府 監 査 委 員 田 坂 幾 太 同 小 巻 實 司 同 道 林 邦 彦 同 村 山 佳 也 平 成 19 年 度 京 都 府 公 営 企 業 会 計 の 決 算 審 査 について

More information

Microsoft PowerPoint - 02安田先生_HPアップ版.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 02安田先生_HPアップ版.ppt [互換モード] 東 北 地 方 の 液 状 化 地 点 関 東 地 方 の 液 状 化 地 点 東 日 本 大 震 災 における 液 状 化 被 害 の 特 徴 と 課 題 1. 東 京 湾 岸 の 液 状 化 2. 関 東 地 方 のその 他 の 液 状 化 3. 東 北 地 方 の 液 状 化 東 京 電 機 大 学 理 工 学 部 安 田 進 黄 点 : 吉 田, 風 間, 仙 頭 による 赤 点 : 安 田

More information

第1章 総  論

第1章 総  論 下 水 道 地 震 対 策 緊 急 整 備 計 画 策 定 の 手 引 き( 案 ) 平 成 18 年 4 月 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 下 水 道 部 社 団 法 人 日 本 下 水 道 協 会 下 水 道 施 設 の 耐 震 対 策 指 針 等 改 定 調 査 専 門 委 員 会 マニュアル 計 画 小 委 員 会 緊 急 整 備 計 画 策 定 作 業 部 会 委 員 名

More information

2 事 業 により 整 備 された 施 設 の 管 理 状 況 (1) 施 設 の 概 況 本 事 業 で 整 備 された 施 設 は 六 堰 頭 首 工 左 岸 幹 線 導 水 路 右 岸 幹 線 導 水 路 大 里 幹 線 用 水 路 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 玉 井 堰 幹 線 用 水

2 事 業 により 整 備 された 施 設 の 管 理 状 況 (1) 施 設 の 概 況 本 事 業 で 整 備 された 施 設 は 六 堰 頭 首 工 左 岸 幹 線 導 水 路 右 岸 幹 線 導 水 路 大 里 幹 線 用 水 路 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 玉 井 堰 幹 線 用 水 おおさと 事 業 名 国 営 総 合 農 地 防 災 事 業 地 区 名 大 里 県 名 埼 玉 県 関 係 市 町 村 く ま が や し おおさとまち こうなんまち ぎ よ う だ し みなみかわらむら こ う の す し 熊 谷 市 ( 旧 熊 谷 市 旧 大 里 町 旧 江 南 町 ) 行 田 市 ( 旧 行 田 市 旧 南 河 原 村 ) 鴻 巣 市 ふきあげまち ふ か や し かわもとまち

More information

調査表・実績表

調査表・実績表 様 式 -3 新 技 術 調 査 表 (1) 登 録 番 号 1301013 名 称 ドリリングプレス 工 法 作 成 年 月 日 2014 年 1 月 8 日 更 新 年 月 日 2015 年 11 月 25 日 副 題 鋼 管 矢 板 中 掘 圧 入 工 法 (パイラー 式 ) 開 発 年 月 日 2002 年 9 月 1 日 分 開 発 者 野 開 発 会 社 提 案 会 社 兼 問 い 合

More information

2. 地 形 地 質 概 要 地 形 地 質 調 査 と 年 代 測 定 試 料 採 取 の 対 象 としたのは,2011 年 に 斜 面 崩 壊 に 起 因 した 土 石 流 が 流 下 堆 積 した 斜 面 のうち,カルデラ 西 端 の 立 野 新 所 地 区,カルデラ 北 東 部 の 野 中

2. 地 形 地 質 概 要 地 形 地 質 調 査 と 年 代 測 定 試 料 採 取 の 対 象 としたのは,2011 年 に 斜 面 崩 壊 に 起 因 した 土 石 流 が 流 下 堆 積 した 斜 面 のうち,カルデラ 西 端 の 立 野 新 所 地 区,カルデラ 北 東 部 の 野 中 11. 阿 蘇 カルデラ 斜 面 における 斜 面 崩 壊 土 石 流 の 発 生 頻 度 Frequency of occurrence of slope failure and debris flow at the caldera wall slopes of Aso volcano, Central Kyushu 西 山 賢 一 ( 徳 島 大 学 ) 鳥 井 真 之 ( 熊 本 大 学 )

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203133935393B995748BDF82C582CC8D488E968169503139378160323033816A8169938C966B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203133935393B995748BDF82C582CC8D488E968169503139378160323033816A8169938C966B816A2E646F63> 第 13 章 鉄 道 付 近 での 工 事 第 1 節 事 前 協 議 及 び 事 前 調 査 1. 適 用 線 路 に 近 接 して 列 車 運 転 に 影 響 を 及 ぼすおそれのある 土 木 工 事 に 適 用 する なお 鉄 道 の 線 路 内 で 土 木 工 事 を 施 工 する 場 合 は 鉄 道 事 業 者 と 十 分 協 議 のうえ その 指 示 に 従 うこと 2. 事 前 協 議

More information

1

1 参 考 資 料 1- 上 小 国 ダム 事 業 の 検 証 に 係 る 検 討 報 告 書 補 足 資 料 平 成 年 月 山 形 県 < 目 次 > 第 1 章 上 小 国 の 流 域 の 状 況 ( 報 告 書.1.7 自 然 環 境 )... 1 第 章 治 対 の 沿 革 ( 報 告 書... 治 事 業 の 沿 革 )... 第 章 河 整 備 基 本 方 針 及 び 河 整 備 画 の

More information

untitled

untitled 3-1 基 本 理 念 第 3 章 防 災 街 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 本 指 針 の 基 本 理 念 は 以 下 のとおりです ~みんなでつくろう 災 害 に 強 く 安 全 安 心 な 生 活 都 心 ~ 3-2 防 災 街 づくりの 方 針 基 本 理 念 に 基 づく 取 組 の 方 向 性 をより 具 体 的 に 示 すために 以 下 の3つの 視 点 から 防 災 街 づくりの

More information

目 次 まえがき 1 Ⅰ 森 林 の 整 備 及 び 保 全 の 目 標 その 他 森 林 の 整 備 及 び 保 全 に 関 する 基 本 的 な 事 項 1 森 林 の 整 備 及 び 保 全 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 森 林 の 整 備 及 び 保 全 の 目 標 4 Ⅱ 森 林

目 次 まえがき 1 Ⅰ 森 林 の 整 備 及 び 保 全 の 目 標 その 他 森 林 の 整 備 及 び 保 全 に 関 する 基 本 的 な 事 項 1 森 林 の 整 備 及 び 保 全 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 森 林 の 整 備 及 び 保 全 の 目 標 4 Ⅱ 森 林 全 国 森 林 計 画 平 成 25 年 10 月 4 日 閣 議 決 定 農 林 水 産 省 目 次 まえがき 1 Ⅰ 森 林 の 整 備 及 び 保 全 の 目 標 その 他 森 林 の 整 備 及 び 保 全 に 関 する 基 本 的 な 事 項 1 森 林 の 整 備 及 び 保 全 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 森 林 の 整 備 及 び 保 全 の 目 標 4 Ⅱ 森 林 の

More information

天 塩 山 地 中 東 央 部 火 凹 山 地 地 域 夕 張 山 石 地 狩 0~40 m 低 40~100 m 地 勇 100~200 m 払 200 m 以 上 低 地

天 塩 山 地 中 東 央 部 火 凹 山 地 地 域 夕 張 山 石 地 狩 0~40 m 低 40~100 m 地 勇 100~200 m 払 200 m 以 上 低 地 天 塩 山 地 中 東 央 部 火 凹 山 地 地 域 夕 張 山 石 地 狩 0~40 m 低 40~100 m 地 勇 100~200 m 払 200 m 以 上 低 地 降 水 量 (mm) 降 水 量 (mm) 降 水 量 (mm) 250.0 200.0 150.0 100.0 50.0 0.0 250.0 200.0 150.0 100.0 50.0 0.0 250.0 200.0

More information

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc 第 5 編 建 築 物 被 害 の 想 定 5-1 5.1 被 害 基 準 5-1 5.2 現 況 データ 5-5 5.3 揺 れによる 被 害 5-13 5.3.1 予 測 方 針 5-13 5.3.2 予 測 手 法 5-14 5.3.3 予 測 結 果 5-16 5.4 液 状 化 による 被 害 5-20 5.4.1 予 測 方 針 5-20 5.4.2 予 測 手 法 5-21 5.4.3

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

<31342E30382E31398C9F93A289EF8E9197BF2E786264>

<31342E30382E31398C9F93A289EF8E9197BF2E786264> 岐 阜 県 農 業 用 小 水 力 発 電 導 入 技 術 検 討 会 恵 電 測 第 2601 号 県 営 農 村 環 境 整 備 事 業 ( 小 水 力 発 電 整 備 型 ) 鎌 瀬 用 水 地 区 基 本 設 計 業 務 小 水 力 発 電 計 画 概 要 書 平 成 26 年 8 月 19 日 目 次 page 1. 計 画 概 要 -----------------------------------------------------

More information

給 水 人 口 と 普 及 率 の 推 移 給 水 人 口 ( 人 ) 普 及 率 (%) 22,000 88.0% 20,000 86.0% 84.0% 18,000 82.0% 16,000 80.0% 78.0% 14,000 76.0% 12,000 74.0% 72.0% 10,000 給

給 水 人 口 と 普 及 率 の 推 移 給 水 人 口 ( 人 ) 普 及 率 (%) 22,000 88.0% 20,000 86.0% 84.0% 18,000 82.0% 16,000 80.0% 78.0% 14,000 76.0% 12,000 74.0% 72.0% 10,000 給 1 柳 井 市 水 道 事 業 の 現 況 給 水 収 益 ( 千 円 ) 700,000 600,000 500,000 400,000 300,000 200,000 100,000 給 水 収 益 と 有 収 水 量 の 推 移 有 収 水 量 (m3) 2,950.00 2,900.00 2,850.00 2,800.00 2,750.00 2,700.00 0 2,650.00 給 水 収

More information

(4) 洪 水 注 意 報 及 び 警 報 洪 水 注 意 報 洪 水 によって 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 洪 水 警 報 洪 水 によって 重 大 な 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 (5) 気 象 情 報 の 伝 達 系 統 札 幌 管 区 気

(4) 洪 水 注 意 報 及 び 警 報 洪 水 注 意 報 洪 水 によって 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 洪 水 警 報 洪 水 によって 重 大 な 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 (5) 気 象 情 報 の 伝 達 系 統 札 幌 管 区 気 災 情 報 通 信 計 画 災 に 関 する 情 報 通 信 及 び 予 報 ( 注 意 報 を 含 む) 警 報 並 びに 情 報 等 の 伝 達 に 関 する 事 項 は この 計 画 の 定 めるところによる 第 1 節 予 報 ( 注 意 報 を 含 む) 警 報 並 びに 情 報 等 の 伝 達 計 画 1 気 象 情 報 の 種 類 及 び 伝 達 系 等 (1) 気 象 注 意 報 及

More information

1959 ( 昭 34) 9.23~ 26 台 風 第 15 号 ( 伊 勢 湾 台 風 ) 1960 低 気 圧 と 前 ( 昭 35) 線 10.6~ 7 梅 雨 前 線 ( 昭 和 36 年 梅 1961 雨 前 線 豪 雨 ) ( 昭 36) 6.24~ 29 南 部 台 風 第 15 号

1959 ( 昭 34) 9.23~ 26 台 風 第 15 号 ( 伊 勢 湾 台 風 ) 1960 低 気 圧 と 前 ( 昭 35) 線 10.6~ 7 梅 雨 前 線 ( 昭 和 36 年 梅 1961 雨 前 線 豪 雨 ) ( 昭 36) 6.24~ 29 南 部 台 風 第 15 号 三 重 県 における 戦 後 の 主 な 気 象 災 害 主 な 被 害 発 生 年 月 日 要 因 主 な 被 害 地 域 概 況 死 者 行 方 不 明 者 ( 名 ) 負 傷 者 ( 名 ) 住 宅 全 壊 流 出 ( 棟 ) 住 宅 半 壊 一 部 破 損 ( 棟 ) 床 上 浸 1987 年 水 ( 棟 ) までは 住 家 半 壊 の み 床 下 浸 水 ( 棟 ) 台 風 第 28 号

More information

REP02_01.exe

REP02_01.exe 第 1 編 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 及 び 構 成 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 姶 良 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 市 防 災 関 係 機 関 住 民 等 がその 全 機 能 を 発 揮 し 相 互 に 有 機 的 な

More information

1% 95% 9% 85% 8% 75% 1% 97% 道 内 全 体 年 少 人 口 歳 ~14 歳 83% H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H2 H21 表 -1 指 定 通 学 路 の 条 件 交 安 法 施 行 令 第 4 条 より 一 児 童 又 は

1% 95% 9% 85% 8% 75% 1% 97% 道 内 全 体 年 少 人 口 歳 ~14 歳 83% H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H2 H21 表 -1 指 定 通 学 路 の 条 件 交 安 法 施 行 令 第 4 条 より 一 児 童 又 は 北 海 道 における 子 供 が 関 わる 交 通 事 故 分 析 建 設 部 道 路 計 画 課 秩 父 宏 太 郎 青 木 秀 一 武 田 祐 輔 日 本 における 歩 行 中 の 交 通 事 故 の 死 者 の 割 合 は 海 外 に 較 べ 高 い 一 方 人 口 1 万 人 あたり の 歩 行 中 の 死 傷 者 数 では 子 供 が 事 故 に 遭 う 割 合 は 高 齢 者 を 含 めた

More information

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 平 成 2 8 年 2 月 か ら 適 用 す る 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 表 平 成 2 8 年 1 月 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務

More information

2. 原 稿 募 集 要 項 1 原 稿 内 容 : Ⅰ. 調 査 観 測 監 視 に 関 する 技 術 製 品 および Ⅱ. 工 事 施 設 に 関 する 製 品 なお 原 則 としてすでに 実 用 化 されている 技 術 製 品 とします 2 原 稿 様 式 : 本 砂 防 技 術 総 覧 の

2. 原 稿 募 集 要 項 1 原 稿 内 容 : Ⅰ. 調 査 観 測 監 視 に 関 する 技 術 製 品 および Ⅱ. 工 事 施 設 に 関 する 製 品 なお 原 則 としてすでに 実 用 化 されている 技 術 製 品 とします 2 原 稿 様 式 : 本 砂 防 技 術 総 覧 の 付 録 -1 砂 防 技 術 総 覧 の 原 稿 募 集 について ( 社 ) 砂 防 学 会 事 業 部 会 砂 防 技 術 総 覧 に 最 新 の 技 術 の 成 果 を 迅 速 に 取 り 入 れるために 砂 防 技 術 総 覧 に 掲 載 を 希 望 さ れる 原 稿 を 随 時 受 けつけています 新 しい 原 稿 は 砂 防 学 会 のホームページ 内 の 砂 防 技 術 総 覧 に 追

More information