目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5"

Transcription

1 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社

2 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定 する 事 態 3 第 2 編 平 素 からの 備 え 4 第 1 章 組 織 体 制 の 整 備 4 第 1 節 国 民 保 護 体 制 の 組 織 及 び 分 担 業 務 4 第 2 節 社 外 機 関 との 協 調 5 第 2 章 計 画 実 行 のための 準 備 6 第 1 節 教 育 訓 練 の 実 施 等 6 第 2 節 施 設 の 機 能 確 保 等 6 第 3 節 備 蓄 7 第 3 編 武 力 攻 撃 災 害 への 対 処 に 関 する 措 置 8 第 1 章 情 報 の 収 集 及 び 報 告 8 第 1 節 通 報 連 絡 8 第 2 節 被 害 情 報 の 収 集 及 び 報 告 8 第 2 章 災 害 時 における 広 報 8 第 1 節 広 報 活 動 8 第 2 節 広 報 の 方 法 9 第 3 章 防 災 要 員 の 確 保 9 第 1 節 防 災 要 員 の 確 保 9 第 2 節 他 事 業 者 等 との 協 力 9 第 4 章 災 害 時 における 復 旧 用 資 機 材 の 確 保 9 第 1 節 調 達 9 第 2 節 復 旧 用 資 機 材 置 場 等 の 確 保 9 第 5 章 生 活 関 連 等 施 設 の 安 全 確 保 9 第 1 節 生 活 関 連 施 設 の 安 全 確 保 9 第 6 章 応 急 の 復 旧 10 第 4 編 武 力 攻 撃 災 害 の 復 旧 に 関 する 措 置 10 第 1 章 災 害 の 復 旧 10 第 1 節 災 害 復 旧 のための 措 置 10 第 5 編 緊 急 対 処 事 態 への 対 処 11 第 1 章 緊 急 対 処 保 護 措 置 の 実 施 11 別 表 第 別 表 第 別 表 第 2 17 別 表 第 別 表 第 別 表 第 4 20 別 表 第 5 21

3 第 1 編 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 この 国 民 保 護 業 務 計 画 ( 以 下 この 計 画 という )は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 1( 以 下 国 民 保 護 法 という また 同 法 施 行 令 を 以 下 国 民 保 護 法 施 行 令 という ) 第 36 条 第 2 項 及 び 第 182 条 第 2 項 並 びに 国 民 の 保 護 に 関 する 都 道 府 県 の 業 務 計 画 2 に 基 づき 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 ( 以 下 国 民 保 護 措 置 という )の 内 容 及 び 実 施 方 法 その 他 必 要 な 事 項 並 びに 生 活 関 連 等 施 設 3 の 安 全 確 保 のための 措 置 を 定 め その 的 確 かつ 迅 速 な 実 施 に 資 することを 目 的 とする また 同 じ 目 的 で 緊 急 対 処 事 態 4 における 緊 急 対 処 保 護 措 置 5 を 国 民 保 護 措 置 に 準 じた 措 置 として 定 める 1 平 成 16 年 法 律 第 112 号 2 国 民 保 護 法 第 34 条 に 基 づき 都 道 府 県 知 事 が 策 定 3 国 民 保 護 法 第 102 条 第 1 項 に 規 定 する 生 活 関 連 等 施 設 4 武 力 攻 撃 事 態 等 における 我 が 国 の 平 和 と 独 立 並 びに 国 及 び 国 民 の 安 全 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 79 号 以 下 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 ) 第 25 条 第 1 項 に 規 定 する 緊 急 対 処 事 態 5 国 民 保 護 法 第 172 条 第 1 項 に 規 定 する 緊 急 対 処 保 護 措 置 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 この 計 画 において 特 に 以 下 の 点 に 留 意 し 国 民 保 護 措 置 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 することを 基 本 方 針 とする 1. 国 民 保 護 措 置 に 関 する 情 報 提 供 新 聞 放 送 インターネット 等 のほか それぞれの 広 報 手 段 を 活 用 して 迅 速 に 国 民 保 護 措 置 に 関 する 情 報 を 提 供 するよう 努 める 2. 国 民 保 護 措 置 を 行 う 関 係 機 関 相 互 の 連 携 協 力 の 確 保 国 民 保 護 措 置 に 関 し 防 災 のための 連 携 体 制 を 踏 まえ 平 素 から 関 係 機 関 相 互 の 連 携 体 制 の 整 備 に 努 める 3. 国 民 保 護 措 置 の 実 施 方 法 等 に 関 する 自 主 性 国 民 保 護 措 置 を 実 施 するに 当 たって その 実 施 方 法 等 については 国 及 び 地 方 公 共 団 体 か ら 提 供 される 情 報 も 踏 まえ 武 力 攻 撃 事 態 等 の 状 況 に 即 して 自 主 的 に 判 断 する 4. 国 民 保 護 措 置 に 従 事 する 者 等 の 安 全 の 確 保 国 民 保 護 措 置 の 内 容 に 応 じ 国 及 び 千 葉 県 から 提 供 される 武 力 攻 撃 の 状 況 その 他 必 要 な 情 報 のほか 緊 急 時 の 連 絡 及 び 応 援 の 体 制 を 確 立 すること 等 により 国 民 保 護 措 置 に 従 事 する 者 の 安 全 の 確 保 に 十 分 に 配 慮 する また 国 千 葉 県 から 生 活 関 連 等 施 設 の 管 理 者 に 対 し その 管 理 に 係 る 生 活 関 連 等 施 設 の 安 全 確 保 措 置 の 実 施 要 請 が 出 される 場 合 には 国 及 び 千 葉 県 からの 当 該 安 全 確 保 措 置 を 的 確 かつ 1

4 安 全 に 実 施 するために 必 要 な 情 報 を 入 手 すること 等 により 当 該 管 理 者 及 びその 他 当 該 施 設 に 従 事 する 者 の 安 全 確 保 に 十 分 に 配 慮 する 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 1. 他 の 計 画 との 関 連 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ガス 事 業 法 消 防 法 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 等 関 係 法 令 に 基 づく 諸 計 画 等 と 調 整 を 図 り 運 用 する 2. 計 画 の 修 正 この 計 画 は 毎 年 検 討 を 加 え 必 要 があると 認 めるときはこれを 修 正 する 第 4 節 用 語 の 定 義 この 計 画 における 主 な 用 語 の 定 義 は 次 のとおりとする 1. 武 力 攻 撃 我 が 国 に 対 する 外 部 からの 武 力 攻 撃 をいう 武 力 攻 撃 を 加 えてくる 主 体 としては 国 だけで なく 国 に 準 じる 者 もあり 攻 撃 の 規 模 の 大 小 期 間 の 長 短 や 攻 撃 が 行 われる 地 域 攻 撃 の 態 様 等 も 様 々であり 武 力 攻 撃 の 態 様 は 一 概 に 言 えない 2. 武 力 攻 撃 予 測 事 態 武 力 攻 撃 に 至 っていないが 事 態 が 緊 迫 し 武 力 攻 撃 が 予 測 されるに 至 った 事 態 をいう 3. 武 力 攻 撃 事 態 武 力 攻 撃 が 発 生 した 事 態 又 は 武 力 攻 撃 が 発 生 する 明 白 な 危 険 が 切 迫 していると 認 められる に 至 った 事 態 をいう 4. 武 力 攻 撃 事 態 等 武 力 攻 撃 事 態 及 び 武 力 攻 撃 予 測 事 態 をいう 5. 武 力 攻 撃 災 害 武 力 攻 撃 により 直 接 又 は 間 接 に 生 じる 人 の 死 亡 又 は 負 傷 火 事 爆 発 放 射 性 物 質 の 放 出 そ の 他 の 人 的 又 は 物 的 災 害 をいう 6. 緊 急 対 処 事 態 武 力 攻 撃 の 手 段 に 準 じる 手 段 を 用 いて 多 数 の 人 を 殺 傷 する 行 為 が 発 生 した 事 態 又 は 当 該 行 為 が 発 生 する 明 白 な 危 険 が 切 迫 していると 認 められるに 至 った 事 態 で 国 家 として 緊 急 に 対 処 することにより 国 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 することが 必 要 な 事 態 として 内 閣 総 理 大 臣 が 認 定 したものをいう 7. 国 民 保 護 措 置 対 処 基 本 方 針 が 定 められてから 廃 止 されるまでの 間 に 指 定 ( 地 方 ) 行 政 機 関 地 方 公 共 団 2

5 体 指 定 ( 地 方 ) 公 共 機 関 が 法 の 規 定 に 基 づいて 実 施 する 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 第 22 条 第 1 号 に 掲 げる 国 民 の 保 護 に 関 する 措 置 ( 武 力 攻 撃 から 国 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 又 は 武 力 攻 撃 が 国 民 生 活 及 び 国 民 経 済 に 影 響 を 及 ぼす 場 合 において 当 該 影 響 が 最 小 となるよ うにするための 措 置 ただし 同 号 に 掲 げる 措 置 については 対 処 基 本 方 針 が 廃 止 された 後 の ものを 含 む )をいう 8. 生 活 関 連 等 施 設 国 民 生 活 に 関 連 を 有 する 施 設 で その 安 全 を 確 保 しなければ 国 民 生 活 に 著 しい 支 障 を 及 ぼす 恐 れがあると 認 められるもの 又 はその 安 全 を 確 保 しなければ 周 辺 の 地 域 に 著 しい 被 害 を 生 じ させる 恐 れがあると 認 められる 施 設 として 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 保 護 法 施 行 令 第 27 条 に 規 定 する 施 設 をいう ガス 事 業 に 関 しては 同 条 第 2 号 に 定 めるガス 工 作 物 (ガス 発 生 設 備 ガスホルダー 及 びガス 精 製 設 備 に 限 られ 簡 易 ガス 事 業 の 用 に 供 されるものは 除 かれる ) 及 び 同 条 第 10 号 に 定 める 危 険 物 質 等 の 取 扱 所 をいう 9. 危 険 物 質 等 武 力 攻 撃 事 態 において 引 火 若 しくは 爆 発 又 は 空 気 中 への 飛 散 若 しくは 周 辺 地 域 への 流 出 に より 人 の 生 命 身 体 又 は 財 産 に 対 する 危 険 が 生 じる 恐 れがある 物 質 ( 生 物 を 含 む )で 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 保 護 法 施 行 令 第 28 条 に 規 定 するものをいう ガス 事 業 に 関 しては 同 条 第 4 号 に 定 められる 高 圧 ガス 保 安 法 第 2 条 の 高 圧 ガスをいう 第 5 節 想 定 する 事 態 1. 武 力 攻 撃 事 態 この 計 画 で 想 定 される 武 力 攻 撃 事 態 を 以 下 の 4 種 類 とする これらの 事 態 は 複 合 して 起 こることも 想 定 される 種 類 特 徴 着 上 陸 侵 攻 ゲリラや 特 殊 部 隊 による 攻 撃 弾 道 ミサイル 攻 撃 航 空 攻 撃 事 前 の 準 備 が 可 能 であり 戦 闘 予 想 地 域 からの 先 行 避 難 が 必 要 事 前 にその 活 動 を 予 測 察 知 することが 困 難 で 突 発 的 に 被 害 が 生 じることを 想 定 発 射 された 段 階 で 攻 撃 目 標 を 特 定 することは 極 めて 困 難 で 発 射 後 極 めて 短 時 間 で 着 弾 弾 道 ミサイル 攻 撃 の 場 合 に 比 べその 兆 候 を 察 知 すること は 比 較 的 容 易 だが 攻 撃 目 標 を 特 定 することは 困 難 2. 緊 急 対 処 事 態 この 計 画 では 想 定 される 緊 急 対 処 事 態 を 以 下 のとおりとする なお 緊 急 対 処 事 態 への 対 処 については 武 力 攻 撃 事 態 におけるゲリラや 特 殊 部 隊 による 攻 撃 等 と 類 似 の 事 態 が 想 定 されるため 武 力 攻 撃 事 態 等 の 対 処 に 準 じて 行 う 3

6 (1) 攻 撃 対 象 施 設 等 による 分 類 1 危 険 性 を 内 在 する 物 質 を 有 する 施 設 等 に 対 する 攻 撃 が 行 われる 事 態 2 多 数 の 人 が 集 合 する 施 設 大 量 輸 送 機 関 等 に 対 する 攻 撃 が 行 われる 事 態 (2) 攻 撃 手 段 による 分 類 1 多 数 の 人 を 殺 傷 する 特 性 を 有 する 物 質 等 による 攻 撃 が 行 われる 事 態 2 破 壊 の 手 段 として 交 通 機 関 を 用 いた 攻 撃 等 が 行 われる 事 態 第 2 編 平 素 からの 備 え 第 1 章 組 織 体 制 の 整 備 第 1 節 国 民 保 護 体 制 の 組 織 及 び 分 担 業 務 1. 非 常 体 制 の 区 分 非 常 体 制 は 武 力 攻 撃 事 態 が 発 生 するおそれがある 場 合 又 は 武 力 攻 撃 事 態 が 発 生 した 場 合 ( 以 下 非 常 事 態 という )に 発 令 するものとし その 区 分 は 次 による 非 常 事 態 の 情 勢 武 力 攻 撃 事 態 の 発 生 が 予 測 される 場 合 国 に 武 力 攻 撃 事 態 等 対 策 本 部 が 設 置 された 場 合 武 力 攻 撃 等 により 当 社 設 備 が 被 害 を 受 けた 場 合 武 力 攻 撃 等 により 当 社 供 給 区 域 にて 供 給 支 障 が 発 生 した 場 合 非 常 体 制 の 区 分 準 備 体 制 国 民 保 護 体 制 2. 組 織 及 び 分 担 業 務 武 力 攻 撃 事 態 等 に 対 応 する 非 常 体 制 の 組 織 及 び 分 担 業 務 は 別 表 第 のとおりとす る なお 対 策 本 部 の 組 織 編 成 は 災 害 対 策 規 程 の 定 めによる 第 3 次 非 常 体 制 に 準 じるものと する 3. 非 常 体 制 の 発 令 及 び 解 除 (1) 武 力 攻 撃 事 態 等 における 非 常 体 制 の 発 令 及 び 解 除 は 別 表 第 2 により 行 うものとする (2) 別 表 第 4 に 定 める 対 策 本 部 長 代 行 者 は 緊 急 を 要 する 場 合 等 必 要 に 応 じ 非 常 体 制 を 発 令 することができる この 場 合 には ただちに 対 策 本 部 長 に 報 告 しなければならない (3) 非 常 体 制 が 発 令 されたときは ただちに 対 策 本 部 を 設 置 し 別 表 第 1-1 のとおり 各 班 を 組 織 する (4) 対 策 本 部 長 は 武 力 攻 撃 災 害 の 発 生 のおそれがなくなった 場 合 又 は 武 力 攻 撃 災 害 復 旧 が 進 行 して 必 要 がなくなった 場 合 には 非 常 体 制 を 解 除 する (5) 発 令 及 び 解 除 の 伝 達 経 路 は 別 表 第 のとおりとする 4. 権 限 の 行 使 (1) 非 常 体 制 が 発 令 された 場 合 災 害 対 策 活 動 に 関 する 一 切 の 業 務 は 対 策 本 部 のもとで 行 う 4

7 (2) 非 常 体 制 が 発 令 された 場 合 対 策 本 部 長 は 職 務 上 の 権 限 を 行 使 して 活 発 に 災 害 対 策 活 動 を 行 う ただし 権 限 外 の 事 項 であっても 緊 急 に 実 施 する 必 要 のあるものについて は 臨 機 の 措 置 をとることができる なお 権 限 外 の 事 項 については 行 使 後 速 やかに 所 定 の 手 続 きをとる (3) 対 策 本 部 長 に 事 故 あるときは 別 表 第 4 に 定 める 本 部 長 代 行 者 がその 職 務 を 代 行 する 5. 動 員 対 策 本 部 長 は 非 常 体 制 の 発 令 後 ただちにあらかじめ 定 める 防 災 要 員 の 動 員 を 指 令 する 6. 指 令 伝 達 及 び 情 報 連 絡 の 経 路 本 部 及 び 支 部 が 設 置 された 場 合 の 指 令 伝 達 及 び 情 報 連 絡 の 経 路 は 別 表 第 のとお りとする 第 2 節 社 外 機 関 との 協 調 1. 国 地 方 公 共 団 体 との 協 調 国 地 方 公 共 団 体 とは 平 素 から 相 互 の 連 携 体 制 の 整 備 に 努 める (1) 地 方 公 共 団 体 国 民 保 護 協 議 会 等 への 参 加 と 協 力 地 方 公 共 団 体 国 民 保 護 協 議 会 等 には 委 員 等 を 推 薦 し 参 加 させる また 同 協 議 会 等 の 場 を 活 用 し 情 報 の 共 有 化 を 図 るものとする 地 方 公 共 団 体 国 民 保 護 計 画 を 作 成 するため 地 方 公 共 団 体 から 必 要 な 資 料 又 は 情 報 の 提 供 意 見 の 陳 述 その 他 必 要 な 協 力 を 求 められた 場 合 は これに 協 力 する (2) 対 策 本 部 等 との 協 調 この 計 画 が 円 滑 適 切 に 行 われるよう 要 請 に 応 じ 対 策 要 員 を 派 遣 し 次 の 事 項 に 関 し 協 調 をとる 1 武 力 攻 撃 災 害 に 関 する 情 報 の 提 供 及 び 収 集 2 武 力 攻 撃 災 害 の 応 急 対 策 及 び 復 旧 対 策 2. 防 災 関 係 機 関 との 協 調 産 業 保 安 監 督 部 警 察 消 防 署 等 防 災 関 係 機 関 とは 平 常 時 から 協 調 し 防 災 情 報 の 提 供 収 集 等 相 互 連 携 体 制 を 整 備 しておく 防 災 関 係 機 関 との 対 応 は 別 表 第 5 のとおりとする 3. 他 ガス 事 業 者 との 協 調 他 ガス 事 業 者 等 と 協 調 し 要 員 資 材 等 の 相 互 融 通 等 災 害 時 における 相 互 応 援 体 制 の 整 備 に 努 める 4. 情 報 の 収 集 連 絡 武 力 攻 撃 事 態 等 においては 武 力 攻 撃 等 の 状 況 国 民 保 護 措 置 の 実 施 状 況 被 災 情 報 その 他 の 情 報 等 を 収 集 又 は 整 理 し 関 係 機 関 等 への 提 供 等 を 適 時 かつ 適 切 に 実 施 するための 体 制 の 整 備 に 努 める また 武 力 攻 撃 災 害 により 情 報 収 集 連 絡 に 当 たる 担 当 者 や 通 信 手 段 が 被 害 を 受 けた 場 合 に 備 え 情 報 伝 達 ルートの 多 ルート 化 代 行 できる 人 員 の 指 定 など 被 害 発 5

8 生 時 における 情 報 収 集 連 絡 体 制 の 整 備 に 努 める 第 2 章 計 画 実 行 のための 準 備 第 1 節 教 育 訓 練 の 実 施 等 1. 教 育 武 力 攻 撃 災 害 に 関 する 意 識 の 高 揚 を 図 り ガスに 係 る 災 害 の 発 生 防 止 に 努 めるため 災 害 に 関 する 専 門 知 識 関 係 法 令 保 安 規 程 等 について 従 業 員 等 関 係 者 に 対 する 教 育 を 実 施 す る 2. 訓 練 国 民 保 護 措 置 を 円 滑 に 推 進 するため 被 害 の 想 定 を 明 らかにした 実 践 的 な 訓 練 を 行 う 訓 練 は 自 然 災 害 等 を 想 定 した 防 災 訓 練 との 連 携 についても 考 慮 する また 国 及 び 地 方 公 共 団 体 等 が 実 施 する 訓 練 には 積 極 的 に 参 加 する 3. 諸 規 則 の 整 備 災 害 時 における 業 務 を 円 滑 に 推 進 するため この 計 画 に 基 づき 諸 規 則 を 整 備 するとともに 訓 練 等 を 通 じて 社 員 に 周 知 徹 底 し 他 の 計 画 との 整 合 性 を 確 認 する 第 2 節 施 設 の 機 能 確 保 等 1. 施 設 の 機 能 の 確 保 ガス 設 備 については 自 然 災 害 に 対 する 既 存 の 予 防 措 置 を 活 用 しつつ 以 下 のとおり 施 設 の 機 能 確 保 に 努 める (1) 系 統 の 多 重 化 拠 点 の 分 散 ガス 供 給 のための 導 管 ネットワークのループ 化 や 供 給 源 となる 地 区 整 圧 器 の 分 散 配 置 などに 努 める (2) 代 替 施 設 の 整 備 臨 時 供 給 のための 移 動 式 ガス 発 生 設 備 などのガス 供 給 代 替 施 設 の 整 備 に 努 める 2. ガスの 安 定 的 な 供 給 等 ガスを 安 定 的 かつ 適 切 に 供 給 するために 以 下 のとおりの 措 置 を 講 ずる (1) 火 災 等 への 対 策 1 ガス 製 造 設 備 消 防 関 係 法 令 ガス 事 業 法 等 に 基 づき 所 要 の 対 策 を 講 ずるとともに 防 消 火 設 備 の 整 備 点 検 火 気 取 締 等 の 実 施 により 火 災 防 止 を 図 る 2 ガス 供 給 設 備 大 規 模 なガス 漏 えい 等 を 予 防 するため ガス 工 作 物 の 技 術 上 の 基 準 等 に 基 づきガス 遮 断 装 置 の 設 置 導 管 防 護 措 置 他 工 事 に 係 る 導 管 事 故 防 止 措 置 等 を 行 う (2) 非 常 用 設 備 の 整 備 1 連 絡 通 信 設 備 災 害 時 の 情 報 連 絡 指 令 報 告 等 を 迅 速 に 行 うとともに ガス 工 作 物 の 遠 隔 監 視 操 6

9 作 を 的 確 に 行 うため 無 線 通 信 設 備 等 の 連 絡 通 信 設 備 を 整 備 する 2 コンピュータ 設 備 災 害 に 備 え コンピュータシステム データベースのバックアップ 対 策 を 講 じる 3 自 家 発 電 設 備 等 常 用 電 力 の 停 電 時 において 防 災 業 務 設 備 の 機 能 を 維 持 するため 必 要 に 応 じて 自 家 発 電 設 備 等 を 整 備 する 4 防 災 中 枢 拠 点 設 備 対 策 本 部 の 機 能 を 果 たす 施 設 については 通 信 設 備 の 充 実 や 代 替 施 設 の 確 保 等 の 措 置 を 講 ずる (3) ガス 工 作 物 の 巡 視 点 検 検 査 等 ガス 工 作 物 を 常 に 法 令 に 定 めるガス 工 作 物 の 技 術 上 の 基 準 に 適 合 するように 維 持 し さ らに 事 故 の 未 然 防 止 を 図 るため 定 期 的 にガス 工 作 物 の 巡 視 点 検 を 行 い ガス 事 故 の 防 止 を 図 る 第 3 節 備 蓄 1. 災 害 対 策 用 資 機 材 等 の 確 保 製 造 設 備 供 給 設 備 の 配 管 材 料 工 具 等 必 要 資 機 材 は 平 常 時 からその 確 保 に 努 めるとと もに 定 期 的 に 保 管 状 況 を 点 検 整 備 する また 資 機 材 リストの 整 備 に 努 めるとともに 資 機 材 の 調 達 先 等 をあらかじめ 調 査 しておく 2. 車 両 の 確 保 非 常 事 態 における 迅 速 な 出 動 及 び 資 機 材 の 輸 送 手 段 の 確 保 を 図 るため 製 造 所 供 給 所 等 においては 工 作 車 緊 急 自 動 車 等 の 車 両 を 常 時 稼 働 可 能 な 状 態 に 整 備 しておく また 掘 削 車 等 の 特 殊 な 作 業 車 及 び 工 作 機 械 等 は 関 係 工 事 会 社 等 と 連 携 し その 調 達 体 制 を 整 備 する 3. 代 替 熱 源 ガス 供 給 停 止 時 における 代 替 熱 源 の 供 給 について 移 動 式 ガス 発 生 設 備 の 確 保 に 努 めると ともに カセットコンロ 類 の 調 達 ルートを 明 確 化 しておく 4. 生 活 必 需 品 の 確 保 非 常 事 態 に 備 え 食 糧 飲 料 水 寝 具 医 薬 品 等 の 生 活 必 需 品 の 確 保 に 努 めるとともに 定 期 的 に 保 管 状 況 を 点 検 整 備 する 5. 前 進 基 地 等 の 確 保 非 常 事 態 に 備 え 前 進 基 地 用 地 宿 泊 施 設 等 の 候 補 をあらかじめ 調 査 しておく 7

10 第 3 編 武 力 攻 撃 災 害 への 対 処 に 関 する 措 置 第 1 章 情 報 の 収 集 及 び 報 告 第 1 節 通 報 連 絡 1. 通 報 連 絡 の 経 路 (1) 社 内 及 び 社 外 機 関 との 連 絡 が 相 互 に 迅 速 かつ 確 実 に 行 えるよう 情 報 伝 達 ルート 及 び 情 報 交 換 のための 収 集 連 絡 体 制 の 明 確 化 など 体 制 の 確 立 に 努 めるものとする (2) 社 内 及 び 社 外 機 関 に 対 する 通 報 連 絡 の 経 路 は 別 表 第 別 表 第 5 のとおりと する 2. 通 信 の 確 保 (1) 通 報 連 絡 は 災 害 時 優 先 電 話 社 内 電 話 携 帯 電 話 無 線 通 信 等 を 使 用 して 行 う (2) 輻 輳 や 断 線 等 の 通 信 障 害 に 備 え 災 害 時 優 先 電 話 社 内 電 話 携 帯 電 話 無 線 通 信 等 通 信 手 段 の 多 重 化 を 図 るとともに 通 信 設 備 の 停 電 対 策 を 講 じ 通 信 の 確 保 に 努 める 第 2 節 被 害 情 報 の 収 集 及 び 報 告 1. 情 報 の 収 集 報 告 災 害 が 発 生 した 場 合 は 別 表 第 1 における 対 策 組 織 の 各 班 長 は 次 に 掲 げる 各 号 の 情 報 を 迅 速 的 確 に 把 握 し 点 検 調 査 情 報 を 含 め 速 やかに 対 策 本 部 長 に 報 告 する 対 策 本 部 長 は 各 班 長 からの 被 害 情 報 等 の 報 告 及 び 地 方 公 共 団 体 防 災 関 係 諸 機 関 から 収 集 した 情 報 を 集 約 し 総 合 的 被 害 状 況 の 把 握 に 努 める また 産 業 保 安 監 督 部 に 速 やかに 報 告 する (1) 一 般 情 報 1 一 般 被 害 情 報 一 般 公 衆 の 家 屋 被 害 情 報 及 び 人 身 被 害 発 生 情 報 並 びにガス 施 設 等 を 除 く 電 気 水 道 交 通 通 信 放 送 施 設 道 路 橋 梁 等 の 公 共 施 設 をはじめとする 供 給 区 域 内 全 般 の 被 害 情 報 2 対 外 対 応 状 況 ( 地 方 公 共 団 体 の 災 害 対 策 本 部 官 公 署 報 道 機 関 お 客 さま 等 への 対 応 状 況 ) 3 その 他 災 害 に 関 する 情 報 ( 交 通 状 況 等 ) (2) ガス 施 設 等 被 害 の 状 況 及 び 復 旧 状 況 (3) 復 旧 資 材 応 援 隊 食 糧 等 に 関 する 事 項 (4) 社 員 の 被 災 状 況 (5) その 他 災 害 に 関 する 情 報 第 2 章 災 害 時 における 広 報 第 1 節 広 報 活 動 1. 災 害 発 生 時 には その 直 後 ガス 供 給 停 止 時 復 旧 作 業 中 及 び 復 旧 完 了 時 の 各 時 点 にお いて その 状 況 に 応 じた 広 報 活 動 を 行 う 2. 災 害 発 生 後 ガスの 供 給 を 継 続 する 地 区 のお 客 さまに 対 しては 必 要 に 応 じて 保 安 確 保 の ための 広 報 活 動 を 行 う 8

11 第 2 節 広 報 の 方 法 広 報 については テレビ ラジオ 新 聞 等 の 報 道 機 関 を 通 じて 行 うほか 安 全 の 確 保 に 配 慮 した 上 で 広 報 車 等 により 直 接 当 該 地 域 へ 周 知 する また 地 方 公 共 団 体 とも 必 要 に 応 じて 連 携 を 図 る 第 3 章 防 災 要 員 の 確 保 第 1 節 防 災 要 員 の 確 保 動 員 が 指 令 された 場 合 は 防 災 要 員 は 速 やかに 災 害 対 策 規 程 に 基 づいて 定 められた 出 動 場 所 等 に 出 動 する 第 2 節 他 事 業 者 等 との 協 力 1. 関 係 工 事 会 社 等 との 緊 密 な 連 絡 を 確 保 するとともに 武 力 攻 撃 災 害 発 生 後 ただちに 出 動 要 請 できる 体 制 を 確 立 し 必 要 に 応 じて 出 動 を 要 請 する 2. 自 事 業 者 のみでは 早 期 復 旧 が 困 難 であると 考 えられる 場 合 には 被 災 を 免 れたガス 事 業 者 からの 協 力 を 得 るため ( 社 ) 日 本 ガス 協 会 の 地 震 洪 水 等 非 常 事 態 における 救 援 措 置 要 綱 に 基 づき 応 援 を 要 請 する 第 4 章 災 害 時 における 復 旧 用 資 機 材 の 確 保 第 1 節 調 達 資 材 班 長 は 予 備 品 貯 蔵 品 等 の 復 旧 用 資 機 材 の 在 庫 量 を 確 認 し 調 達 を 必 要 とする 資 機 材 は 次 のいずれかの 方 法 により 速 やかに 確 保 する 1. 取 引 先 メーカー 等 からの 調 達 2. 各 拠 点 間 相 互 の 流 用 3. 他 ガス 事 業 者 等 からの 融 通 第 2 節 復 旧 用 資 機 材 置 場 等 の 確 保 災 害 時 において 復 旧 用 資 機 材 置 場 及 び 仮 設 用 用 地 が 緊 急 に 必 要 となった 場 合 あらかじめ 調 査 した 前 進 基 地 用 地 等 の 利 用 を 検 討 し この 確 保 が 困 難 と 思 われる 場 合 は 関 係 省 庁 地 方 自 治 体 等 の 災 害 対 策 本 部 に 依 頼 して 迅 速 な 確 保 に 努 める 第 5 章 生 活 関 連 等 施 設 の 安 全 確 保 第 1 節 生 活 関 連 等 施 設 の 安 全 確 保 1. 共 通 する 安 全 確 保 のための 措 置 (1) 武 力 攻 撃 事 態 等 において 千 葉 県 知 事 から 安 全 確 保 措 置 の 要 請 を 受 けた 場 合 には 必 要 な 安 全 確 保 措 置 を 実 施 する (2) 国 民 保 護 措 置 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するため 必 要 があると 認 めるときは 指 定 行 政 機 関 又 は 地 方 公 共 団 体 に 対 し 応 援 を 要 請 する (3) 武 力 攻 撃 事 態 等 において 施 設 の 安 全 確 保 に 必 要 な 措 置 を 講 じる 場 合 に 警 察 消 防 機 関 その 他 の 行 政 機 関 に 対 し 安 全 確 保 のために 必 要 な 支 援 を 要 請 する (4) 千 葉 県 知 事 の 要 請 に 基 づいて 公 安 委 員 会 又 は 海 上 保 安 本 部 等 から 立 入 規 制 区 域 の 指 定 9

12 を 受 けた 場 合 には これに 協 力 する 2. 危 険 物 質 等 の 取 扱 所 の 使 用 禁 止 命 令 等 に 対 する 措 置 武 力 攻 撃 事 態 等 において 危 険 物 質 等 に 係 る 武 力 攻 撃 災 害 の 発 生 を 防 止 するための 措 置 と して 国 及 び 地 方 公 共 団 体 からの 危 険 物 質 等 の 取 扱 所 の 全 部 又 は 一 部 の 使 用 の 一 時 停 止 又 は 制 限 等 の 命 令 等 が 出 された 場 合 には 当 該 措 置 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 する 3. 石 油 コンビナート 等 に 係 る 武 力 攻 撃 災 害 の 発 生 拡 大 の 防 止 石 油 コンビナート 等 特 別 防 災 区 域 のガス 製 造 所 等 は 防 災 の 施 設 設 備 資 材 等 について 武 力 攻 撃 災 害 への 対 処 にも 活 用 できるよう 適 切 に 維 持 管 理 する 発 災 後 速 やかに 周 辺 の 事 業 者 と 協 力 し 武 力 攻 撃 災 害 の 拡 大 防 止 を 図 る 第 6 章 応 急 の 復 旧 応 急 の 復 旧 に 当 たっては 復 旧 に 従 事 する 者 の 安 全 の 確 保 に 配 慮 した 上 で 武 力 攻 撃 災 害 発 生 後 可 能 な 限 り 速 やかに 施 設 及 び 設 備 の 緊 急 点 検 を 実 施 するとともに これらの 被 害 状 況 等 を 把 握 し 被 害 の 拡 大 防 止 及 び 被 災 者 の 生 活 確 保 を 最 優 先 に 行 う また 国 民 保 護 措 置 の 実 施 上 重 要 な 情 報 通 信 設 備 に 障 害 が 生 じたときには 復 旧 に 従 事 する 者 の 安 全 に 配 慮 した 上 で 速 やかに 応 急 の 復 旧 を 行 うとともに 必 要 に 応 じて バックアップ 体 制 を 確 保 する 第 4 編 武 力 攻 撃 災 害 の 復 旧 に 関 する 措 置 第 1 章 災 害 の 復 旧 第 1 節 災 害 復 旧 のための 措 置 1. 復 旧 計 画 の 策 定 武 力 攻 撃 災 害 により 被 災 した 地 域 の 社 会 経 済 活 動 が 低 下 する 状 況 にかんがみ 被 災 した 地 域 施 設 又 は 設 備 の 復 旧 については 可 能 な 限 り 迅 速 に 行 う また 被 害 状 況 の 把 握 と 復 旧 計 画 の 策 定 については 以 下 のとおり 定 め 復 旧 に 当 たって はその 対 象 となる 施 設 の 被 害 状 況 当 該 被 災 した 地 域 を 管 轄 する 地 方 公 共 団 体 が 定 めた 当 面 の 復 旧 の 方 向 等 を 考 慮 して 実 施 する (1) 災 害 が 発 生 した 場 合 は 被 害 状 況 の 調 査 を 行 い 正 確 な 情 報 を 収 集 し 次 に 掲 げる 各 号 の 事 項 を 明 らかにした 復 旧 計 画 を 策 定 する 1 復 旧 手 順 及 び 方 法 2 復 旧 要 員 の 動 員 及 び 配 置 計 画 3 復 旧 用 資 機 材 の 調 達 4 復 旧 作 業 の 日 程 5 臨 時 供 給 の 実 施 計 画 6 宿 泊 施 設 の 手 配 食 糧 等 の 調 達 計 画 7 その 他 必 要 な 対 策 10

13 (2) 重 要 施 設 の 優 先 復 旧 計 画 被 害 が 甚 大 な 場 合 には 供 給 停 止 地 区 の 病 院 避 難 所 等 を 優 先 的 に 復 旧 するよう 計 画 立 案 する 2. 復 旧 作 業 の 実 施 (1) 製 造 設 備 の 復 旧 作 業 ガスの 製 造 を 停 止 した 製 造 設 備 は 復 旧 計 画 に 基 づき 速 やかに 復 旧 する (2) 供 給 設 備 の 復 旧 作 業 供 給 設 備 の 復 旧 作 業 は 二 次 災 害 の 発 生 防 止 に 万 全 を 期 しつつ 次 の 手 順 により 行 う 1 高 中 圧 導 管 の 復 旧 作 業 ア. 区 間 遮 断 イ. 漏 えい 調 査 ウ. 漏 えい 箇 所 の 修 理 エ.ガス 開 通 2 低 圧 導 管 の 復 旧 作 業 ア. 閉 栓 確 認 作 業 イ. 復 旧 ブロック 内 巡 回 調 査 ウ. 被 災 地 域 の 復 旧 ブロック 化 エ. 復 旧 ブロック 内 の 漏 えい 検 査 オ. 本 支 管 供 給 管 灯 外 内 管 の 漏 えい 箇 所 の 修 理 カ. 本 支 管 混 入 空 気 除 去 キ. 内 管 検 査 及 び 灯 内 内 管 の 修 理 ク. 点 火 燃 焼 試 験 ( 給 排 気 設 備 の 点 検 ) ケ. 開 栓 第 5 編 緊 急 対 処 事 態 への 対 処 第 1 章 緊 急 対 処 保 護 措 置 の 実 施 武 力 攻 撃 事 態 に 準 じるテロ 等 の 事 態 においても 武 力 攻 撃 事 態 等 の 国 民 保 護 措 置 に 準 じた 措 置 を 実 施 するため このような 事 態 を 緊 急 対 処 事 態 とし 緊 急 対 処 保 護 措 置 を 実 施 する なお 緊 急 対 処 事 態 としては 武 力 攻 撃 事 態 におけるゲリラや 特 殊 部 隊 による 攻 撃 等 における 対 処 と 類 似 の 事 態 が 想 定 される 11

14 付 則 平 成 19 年 1 月 制 定 平 成 21 年 4 月 改 正 平 成 22 年 4 月 改 正 平 成 23 年 4 月 改 正 平 成 24 年 6 月 改 正 平 成 25 年 6 月 改 正 平 成 28 年 3 月 最 終 改 正 12

15 組 織 < 国 民 保 護 体 制 > 準 備 体 制 の 組 織 は 国 民 保 護 体 制 に 準 じて 編 成 するものとする 別 表 第 1-1 対 策 本 部 長 対 策 本 部 長 広 報 責 任 者 広 報 責 任 者 災 害 対 災 策 害 本 部 対 策 本 部 司 令 部 司 令 部 情 報 システム 班 総 務 班 情 報 人 事 班 技 術 研 修 センター 班 資 材 班 技 術 研 修 部 本 策 対 害 災 部 本 対 策 本 部 長 副 本 部 長 委 員 非 常 体 制 社 長 供 給 本 部 担 当 役 員 常 務 取 締 役 ネットワーク 保 全 部 長 原 料 班 営 業 班 部 令 司 広 報 責 任 者 司 令 広 報 部 長 供 給 企 画 部 長 供 給 班 副 司 令 供 給 企 画 部 災 害 対 策 室 長 13

16 分 担 業 務 組 織 業 務 別 表 第 1-2 対 策 本 部 ( 本 部 司 令 部 広 報 責 任 者 ) 本 部 被 害 状 況 緊 急 措 置 の 実 施 状 況 に 関 する 司 令 部 の 報 告 に 基 づく 対 策 の 決 定 および 司 令 部 への 指 示 司 令 部 非 常 体 制 組 織 における 各 班 の 統 括 箇 所 として 組 織 を 運 営 供 給 停 止 判 断 等 災 害 全 般 に 係 る 対 策 の 立 案 と 本 部 への 具 申 被 害 状 況 緊 急 措 置 の 実 施 状 況 等 について 各 班 より 情 報 を 入 手 し 本 部 へ 報 告 被 害 予 想 ( 本 支 管 被 害 数 )の 実 施 本 部 の 決 定 連 絡 事 項 を 各 班 へ 伝 達 テレビ ラジオ 等 からの 災 害 情 報 の 収 集 日 本 ガス 協 会 関 係 官 庁 等 への 報 告 及 び 連 絡 ビジネスパートナーへの 応 援 要 請 広 報 内 容 広 報 先 の 決 定 マスコミ 行 政 ホームページを 通 じた 社 外 広 報 各 班 の 状 況 記 録 と 撮 影 体 制 組 織 に 携 わる 組 織 人 員 の 把 握 行 政 対 応 ( 要 員 派 遣 情 報 提 供 ) 派 遣 要 員 支 援 社 内 広 報 被 害 情 報 収 集 に 必 要 な 図 面 等 の 出 力 提 供 必 要 に 応 じて 他 班 への 応 援 広 報 責 任 者 マスコミ 対 応 および 行 政 対 応 等 に 関 する 調 整 情 報 システム 班 総 務 班 情 報 システム( 情 報 システム 部 所 管 )の 稼 働 状 況 の 確 認 と 障 害 対 応 建 屋 および 設 備 の 被 害 状 況 確 認 と 応 急 措 置 各 拠 点 の IT インフラ 整 備 情 報 システムに 係 る 管 理 および 運 用 の 支 援 必 要 人 数 を 除 いて 他 班 への 応 援 建 屋 および 設 備 の 被 害 状 況 確 認 と 応 急 措 置 駐 車 場 資 機 材 廃 棄 物 の 仮 置 場 等 の 確 保 救 援 事 業 者 要 請 に 伴 う 宿 泊 所 の 手 配 と 受 入 準 備 全 社 社 屋 の 被 害 状 況 の 集 計 と 司 令 部 への 報 告 各 社 屋 の 修 繕 対 応 食 料 飲 料 水 等 の 確 保 と 配 送 ルートの 策 定 手 配 必 要 人 数 を 除 いて 他 班 への 応 援 14

17 人 事 班 社 員 及 びその 家 族 の 状 況 確 認 医 療 の 確 保 各 班 の 動 員 状 況 の 集 計 と 司 令 部 への 報 告 非 常 体 制 従 事 者 の 労 務 管 理 統 括 必 要 人 数 を 除 いて 他 班 への 応 援 技 術 研 修 センター 班 資 機 材 準 備 建 屋 および 設 備 の 被 害 状 況 の 確 認 と 応 急 措 置 本 社 西 館 設 備 の 被 害 状 況 の 確 認 の 点 検 と 応 急 措 置 の 実 施 必 要 人 数 を 除 いて 他 班 への 応 援 資 材 班 倉 庫 設 備 の 被 害 状 況 の 確 認 と 応 急 措 置 資 材 の 保 管 状 況 の 調 査 及 び 調 達 可 能 量 の 把 握 資 機 材 の 調 達 及 び 輸 送 燃 料 の 調 達 資 機 材 出 入 庫 管 理 必 要 人 数 を 除 いて 他 班 への 応 援 原 料 班 原 料 供 給 会 社 及 び 原 料 輸 送 ルートの 被 害 状 況 調 査 原 料 の 調 達 必 要 人 数 を 除 いて 他 班 への 応 援 営 業 班 お 客 さま 通 報 の 受 付 料 金 業 務 対 応 マイコンその 他 の 出 動 対 応 建 屋 および 設 備 の 被 害 状 況 確 認 と 応 急 措 置 施 工 現 場 の 点 検 建 設 業 者 等 への 対 応 お 客 さまの 被 害 状 況 の 確 認 広 報 車 等 によるお 客 さまへの 広 報 活 動 お 客 さま 支 援 器 具 類 の 配 布 貸 し 出 し 出 動 時 における 異 常 圧 力 情 報 の 収 集 整 理 と 司 令 部 への 報 告 大 口 特 定 お 客 さま 対 応 優 先 復 旧 順 位 を 踏 まえた 大 口 特 定 お 客 さまの 被 害 状 況 の 確 認 と 司 令 部 への 報 告 移 動 式 ガス 発 生 設 備 の 統 括 管 理 設 置 前 状 況 調 査 設 置 判 断 ASV ESV の 復 帰 操 作 復 旧 支 援 関 連 システムの 操 作 と 運 用 に 基 づく 復 旧 対 応 必 要 人 数 を 除 いて 他 班 への 応 援 15

18 供 給 班 ガス 漏 えい 等 通 報 の 受 付 供 給 継 続 地 区 の 保 安 管 理 緊 急 措 置 地 震 情 報 収 集 製 造 受 入 設 備 および 供 給 設 備 の 点 検 および 緊 急 措 置 供 給 状 況 ( 送 出 量 ガスホルダー 貯 蔵 量 の 推 移 ) 確 認 供 給 設 備 の 巡 回 点 検 および 緊 急 措 置 エコ ステーションの 点 検 および 緊 急 措 置 建 屋 および 設 備 の 被 害 状 況 確 認 および 応 急 措 置 移 動 式 ガス 発 生 設 備 の 設 置 臨 時 供 給 維 持 管 理 撤 去 必 要 人 数 を 除 いて 他 班 への 応 援 16

19 非 常 体 制 発 令 及 び 解 除 の 権 限 者 別 表 第 2 非 常 体 制 の 区 分 発 令 及 び 解 除 権 限 者 国 民 保 護 体 制 対 策 本 部 長 準 備 体 制 対 策 本 部 長 非 常 体 制 の 発 令 及 び 解 除 は 原 則 として 対 策 本 部 長 が 行 う ただし 緊 急 を 要 する 場 合 等 必 要 に 応 じ 別 表 第 4 で 定 める 対 策 本 部 長 代 行 者 は 非 常 体 制 を 発 令 することができる この 場 合 には ただ ちに 対 策 本 部 長 に 報 告 しなければならない 17

20 非 常 体 制 発 令 及 び 解 除 の 伝 達 経 路 別 表 第 3-1 通 常 勤 務 時 間 内 千 葉 県 総 務 部 受 理 責 任 者 供 給 企 画 部 長 受 理 代 行 者 供 給 企 画 部 災 害 対 策 室 長 社 長 常 務 取 締 役 常 勤 取 締 役 常 勤 監 査 役 総 務 部 長 企 画 部 長 技 術 研 修 センター 部 長 経 理 部 長 資 材 部 長 営 業 企 画 部 長 エネルギー 開 発 部 長 広 報 部 長 人 事 部 長 内 部 統 制 室 長 情 報 システム 部 長 ケージー 情 報 システム お 客 さまサービス 部 長 リビング 営 業 部 長 ホームサービス 部 長 緊 急 保 安 部 長 ネットワーク 保 全 部 長 お 客 さま 保 安 部 長 導 管 建 設 部 長 各 関 係 工 事 会 社 18

21 非 常 体 制 発 令 及 び 解 除 の 伝 達 経 路 別 表 第 3-2 通 常 勤 務 時 間 外 受 理 責 任 者 供 給 企 画 部 長 受 理 代 行 者 供 給 企 画 部 災 害 対 策 室 長 社 長 常 務 取 締 役 常 勤 取 締 役 常 勤 監 査 役 広 報 部 長 企 画 部 長 情 報 システム 部 長 ケージー 情 報 システム 総 務 部 長 人 事 部 長 千 葉 県 総 務 部 保 安 責 任 者 経 理 部 長 資 材 部 長 技 術 研 修 センター 部 長 営 業 企 画 部 長 リビング 営 業 部 長 ホームサービス 部 長 エネルギー 開 発 部 長 お 客 さまサービス 部 長 供 給 企 画 部 長 緊 急 保 安 部 長 ネットワーク 保 全 部 長 千 葉 熱 量 調 整 所 お 客 さま 保 安 部 長 導 管 建 設 部 長 各 関 係 工 事 会 社 内 部 統 制 室 19

22 本 部 長 代 行 順 位 別 表 第 4 第 1 位 代 行 者 第 2 位 代 行 者 第 3 位 代 行 者 第 4 位 代 行 者 供 給 本 部 担 当 役 員 ネットワーク 保 全 部 長 緊 急 保 安 部 長 供 給 管 理 センター 所 長 20

23 指 令 伝 達 及 び 情 報 連 絡 経 路 別 表 第 5 日 本 ガス 協 会 警 察 本 部 原 子 力 安 全 保 安 院 産 業 保 安 監 督 部 京 葉 ガス 消 防 機 関 国 千 葉 県 地 方 公 共 団 体 道 路 管 理 者 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 千 葉 県 地 方 公 共 団 体 防 災 担 当 機 関 21

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 LPガス 販 売 事 業 者 一 般 社 団 法 人 山 形 県 LPガス 協 会 山 形 県 高 圧 ガス 地 域 防 災 協 議 会 関 係 機 関 県

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 計 画 の 目 的 鶴 岡 ガス 株 式 会 社 及 び 庄 内 中 部 ガス 株 式 会 社 並 びにその 他 ガス 事 業 者 は 災 害 発 生 後

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

(8) 危 険 物 火 災 等 で 逗 子 北 化 学 1を 必 要 とする 火 災 指 令 時 は 逗 子 北 1を 同 時 編 成 する (9) 未 承 認 対 象 物 からの 即 時 通 報 は 当 該 署 所 の1ケ 部 隊 編 成 とする (10) 通 常 災 害 時 及 び 異 常 災

(8) 危 険 物 火 災 等 で 逗 子 北 化 学 1を 必 要 とする 火 災 指 令 時 は 逗 子 北 1を 同 時 編 成 する (9) 未 承 認 対 象 物 からの 即 時 通 報 は 当 該 署 所 の1ケ 部 隊 編 成 とする (10) 通 常 災 害 時 及 び 異 常 災 第 2 節 消 防 通 信 指 令 体 制 消 防 緊 急 情 報 システムによる 情 報 の 一 元 化 を 図 るとともに 迅 速 的 確 な 情 報 収 集 及 び 消 防 隊 等 に 対 する 指 令 指 示 連 絡 その 他 必 要 な 情 報 の 受 伝 達 を 行 うものとする 1 災 害 通 信 の 取 扱 い 災 害 通 信 の 取 扱 いについては 逗 子 市 消 防 専 用 無

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件

目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 熊 谷 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 8 月 熊 谷 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的... 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 策 定 1 第 3 計 画 の 構 成 2 第 4 用 語 の 意 義 2 第 2 節 計 画 の 前 提 条 件... 3 第 1 自 然 条 件 3 第 2 社 会 条 件 6 第 3

More information

目  次(秦野市地域防災計画)

目  次(秦野市地域防災計画) 目 次 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 第 1 章 総 則 風 -1 第 1 節 計 画 の 目 的 風 -1 第 2 節 構 成 風 -2 1 災 害 予 防 計 画 風 -2 2 災 害 応 急 対 策 計 画 風 -2 3 災 害 復 旧 復 興 計 画 風 -2 4 特 殊 災 害 対 策 風 -2 第 3 節 防 災 関 係 機 関 の 実 施 責 任 及 び 処 理 すべき 事

More information

2014/6/27 長 崎 大 学 電 気 工 作 物 保 安 規 程 長 崎 大 学 電 気 工 作 物 保 安 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 106 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は, 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 以 下 法 という ) 第 42 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき, 長 崎 大 学 ( 以 下

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20925093C689D789B582B581698AAE90AC92CA926D816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20925093C689D789B582B581698AAE90AC92CA926D816A2E646F63> 消 防 危 第 245 号 平 成 1 7 年 1 0 月 2 6 日 各 都 道 府 県 消 防 防 災 主 管 部 長 東 京 消 防 庁 各 指 定 都 市 消 防 長 殿 消 防 庁 危 険 物 保 安 室 長 給 油 取 扱 所 等 における 単 独 荷 卸 しに 係 る 運 用 について 危 険 物 取 扱 者 の 立 会 いなしに 移 動 タンク 貯 蔵 所 に 乗 務 する 危 険

More information

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係 22 災 害 時 の 臨 港 道 路 における 放 置 車 両 対 策 の 充 実 強 化 東 京 都 現 在 提 案 実 現 後 災 害 時 における 放 置 車 両 の 移 動 権 限 の 付 与 等 大 規 模 災 害 発 生 時 の 放 置 車 両 対 策 ( 平 成 26 年 11 月 災 害 対 策 基 本 法 改 正 ) 管 理 者 管 理 対 象 放 置 車 両 の 移 動 権 限

More information

<95CA8E86825281698C668EA695B68F91967B95B6816A8F4390B394C5>

<95CA8E86825281698C668EA695B68F91967B95B6816A8F4390B394C5> 京 都 市 消 防 局 訓 令 乙 第 7 号 各 部 消 防 学 校 各 消 防 署 京 都 市 消 防 局 通 信 規 程 の 全 部 を 次 のように 改 正 する 平 成 27 年 10 月 23 日 京 都 市 消 防 局 長 杉 本 栄 一 京 都 市 消 防 局 通 信 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 通 信 施 設 の 管 理 ( 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震 Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 東 海 地 震 注 意 情 報 発 表 時 (1) 医 務 課 衛 生 薬 務 課 Ⅶ-1 Ⅶ-1 Ⅶ-2 2 病 院 診 療 所 の 対 応 (1) 院 内 の 安 全 確 保 等 (2) 医 療 救 護 活 動 の 準 備 Ⅶ-3 Ⅶ-4 Ⅶ-4 3 基 幹 災 害 拠 点 病 院 基

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

田 原 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 編 水 防 計 画 地 震 災 害 対 策 編 津 波 災 害 対 策 編 津 波 避 難 計 画 原 子 力 災 害 対 策 編 ( 平 成 27 年 6 月 修 正 ) 田 原 市 防 災 会 議 第 1 編 総 則 第 1 章 計 画 の 目 的 方 針 等 1 第 2 章 本 市 の 概 況 5 第 3 章 予 想 される

More information

honbu-38H06_kunrei31

honbu-38H06_kunrei31 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 6 年 12 月 27 日 本 部 訓 令 第 31 号 ) 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 を 次 のように 定 める 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 徳 島 県 警 察 航 空 機 使 用 管 理 規 程 ( 平 成 2 年 徳

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20365F335F8FF08C8F90DD92E8816989FC92F994C5382D32816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20365F335F8FF08C8F90DD92E8816989FC92F994C5382D32816A> X 県 の 防 災 体 制 現 況 体 制 県 庁 は 東 川 市 中 央 部 の 市 街 地 にある 庁 舎 は1 号 庁 舎 ( 平 成 5 年 建 築 のRC11 階 建 ) 2 号 庁 舎 ( 平 成 10 年 建 築 のRC8 階 建 )に 分 かれている 1 号 庁 舎 1 階 に 災 害 対 策 本 部 室 を 常 設 災 害 対 策 本 部 は 災 害 対 策 本 部 室 に 設 置

More information

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71>

<5461726F2D926E88E6895E977089DB81608E528CFB8CA78C788E4082CC8D71> 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 平 成 6 年 9 月 1 日 本 部 訓 令 第 26 号 山 口 県 警 察 の 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 航 空 隊 ( 第 3 条 - 第 13 条 ) 第 3 章 運 用 ( 第 14- 第 25

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

航空隊等の内部組織に関する達

航空隊等の内部組織に関する達 平 成 10 年 12 月 2 日 海 上 自 衛 隊 達 第 32 号 航 空 隊 及 び 教 育 航 空 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 昭 和 40 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 10 号 ) 第 32 条 整 備 補 給 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 平 成 10 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 28 号 ) 第 11 条 及 び 航 空 基 地 隊 の 編

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地 域 では, 防 犯 を 始 め 様 々な 安 心 安 全 活 動 に 熱 心

福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地 域 では, 防 犯 を 始 め 様 々な 安 心 安 全 活 動 に 熱 心 福 山 市 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 に 関 するガイドライン 2014 年 ( 平 成 26 年 )4 月 市 民 局 市 民 部 生 活 安 全 推 進 課 福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

J J.フロント リテイリング 株 式 会 社 内 部 統 制 システム 構 築 の 基 本 方 針 制 定 平 成 19 年 09 月 03 日 改 定 平 成 19 年 11 月 26 日 改 定 平 成 21 年 05 月 26 日 改 定 平 成 22 年 03 月 01 日 改 定 平 成 25 年 04 月 01 日 改 定 平 成 26 年 03 月 01 日 改 定 平 成 27 年 05

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

<5461726F2D303392868AFA9668897197CD90AE94F58C7689E62E6A7464>

<5461726F2D303392868AFA9668897197CD90AE94F58C7689E62E6A7464> 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 3 年 度 ~ 平 成 7 年 度 )について 平 成 2 年 12 月 20 日 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 3 年 度 から 平 成 7 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 3 年 度 以 降 の 防 衛 計 画 の 基 本 的 考 え 方 について ( 平 成 2 年

More information

東京事務所BCP【実施要領】溶け込み版

東京事務所BCP【実施要領】溶け込み版 添 付 資 料 東 京 事 務 所 版 BCP 実 施 要 領 この 実 施 要 領 は 非 常 時 における 具 体 的 な 対 応 方 法 必 要 な 人 員 体 制 連 携 体 制 を 想 定 し これを 実 現 するために 事 前 に 準 備 しておかなければならないこと 等 について 定 めるものです 実 施 要 領 は 次 のように 構 成 します 項 目 非 常 時 事 前 の 備 え(

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め 総 税 企 第 168 号 平 成 23 年 12 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 係 る 地 方 税 の 取 扱 い 等 について 地 方 税 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 120 号 以 下 改 正 法 という ) 地 方 税 法 施 行 令 の 一

More information

学校安全の推進に関する計画の取組事例

学校安全の推進に関する計画の取組事例 学 校 安 全 の 推 進 に 関 する 計 画 と Ⅱ 学 校 安 全 を 推 進 するための 方 策 項 目 1. 安 全 に 関 する 教 育 の 充 実 方 策 (1) 安 全 教 育 にお ける 主 体 的 に 行 動 する 態 度 や 共 助 公 助 の 視 点 (2) 教 育 手 法 の 改 善 被 災 地 へのボランティア 活 動 を 行 う 学 校 等 の 生 きる 力 をはぐくむ

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

Microsoft PowerPoint - 06 資料6 技術基準.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 06  資料6 技術基準.ppt [互換モード] 資 料 6 通 信 放 送 の 法 体 系 における 技 術 基 準 について 平 成 21 年 2 月 27 日 現 行 の 技 術 基 準 の 概 要 放 送 中 止 事 故 への 対 処 1 現 在 の 技 術 基 準 の 概 要 1.コンテンツに 係 る 技 術 基 準 (1) 目 的 放 送 の 品 質 の 確 保 受 信 端 末 の 安 定 的 な 供 給 の 確 保 等 (2) 概 要

More information

実施状況(市ヶ谷地区(防衛省)に係る施設の管理・運営業務)

実施状況(市ヶ谷地区(防衛省)に係る施設の管理・運営業務) 資 料 2 28.6.16 防 衛 省 民 間 競 争 入 札 実 施 事 業 防 衛 省 市 ヶ 谷 地 区 における 施 設 管 理 業 務 の 実 施 状 況 について ( 平 成 26 年 度 及 び27 年 度 ) Ⅰ 事 業 の 概 要 1. 委 託 業 務 内 容 防 衛 省 市 ヶ 谷 地 区 の 施 設 管 理 業 務 建 築 設 備 点 検 保 守 業 務 電 気 設 備 点 検

More information

ア 調 整 テーマ 別 分 科 会 (3テーマ 程 度 各 4か 月 に1 回 程 度 ) 予 定 テーマ (ア) 鎮 守 大 橋 周 辺 地 区 (イ) 内 海 橋 周 辺 地 区 (ウ) 工 事 車 両 交 通 対 策 2 トータルマネジメント 支 援 業 務 復 興 事 業 等 の 円 滑 な

ア 調 整 テーマ 別 分 科 会 (3テーマ 程 度 各 4か 月 に1 回 程 度 ) 予 定 テーマ (ア) 鎮 守 大 橋 周 辺 地 区 (イ) 内 海 橋 周 辺 地 区 (ウ) 工 事 車 両 交 通 対 策 2 トータルマネジメント 支 援 業 務 復 興 事 業 等 の 円 滑 な 平 成 27 年 度 石 巻 市 復 興 まちづくりマネジメント 支 援 業 務 仕 様 書 第 1 条 適 用 範 囲 この 仕 様 書 は 平 成 27 年 度 石 巻 市 復 興 まちづくりマネジメント 支 援 業 務 ( 以 下 本 業 務 という )の 履 行 に 適 用 する 本 仕 様 書 に 定 めのない 事 項 については 宮 城 県 土 木 部 作 成 の 共 通 仕 様 書 (

More information

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画 徳 山 大 学 公 的 研 究 費 取 扱 規 程 ( 平 成 27 年 1 月 30 日 制 定 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 徳 山 大 学 教 育 職 員 倫 理 綱 領 及 び 徳 山 大 学 における 研 究 に 携 わる 者 の 行 動 規 範 の 定 めに 従 い, 徳 山 大 学 ( 以 下 本 学 という )において 公 的 研 究 費 を 適 正 に 運 営

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

大規模特殊災害時における広域航空消防応援実施細目

大規模特殊災害時における広域航空消防応援実施細目 9 大 規 模 特 殊 災 害 時 における 広 域 航 空 消 防 応 援 実 施 細 目 昭 和 61 年 5 月 30 日 消 防 救 第 61 号 改 正 平 成 4 年 3 月 23 日 消 防 救 第 39 号 改 正 平 成 5 年 3 月 26 日 消 防 救 第 36 号 改 正 平 成 5 年 5 月 14 日 消 防 救 第 66 号 改 正 平 成 6 年 4 月 1 日 消

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4 鉾 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 )23 年 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) A B B/A 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % 24 年 度 51,778 20,041,814 1,173,725

More information

Taro-データ公安委員会相互協力事

Taro-データ公安委員会相互協力事 公 安 委 員 会 相 互 協 力 事 務 処 理 要 綱 の 制 定 について( 例 規 ) 最 終 改 正 平 成 26.2.7 例 規 組 二 第 5 号 京 都 府 警 察 本 部 長 から 各 部 長 各 所 属 長 あて 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 事 務 取 扱 いに 関 する 訓 令 ( 平 成 4 年 京 都 府 警 察 本

More information

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案)

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案) 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 認 可 保 育 所 管 理 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 ( 以 下 事 業 団 という )が 設 置 経 営 する 認 可 保 育 所 ( 以 下 園 という )の 運 営 管 理 については 法 令 に 定 めるものの ほか この 規 程 に 定 めるところによる

More information

送 信 局 を 電 気 通 信 事 業 者 に 貸 し 付 けるとともに 電 気 通 信 事 業 者 とあらかじめ 契 約 等 を 締 結 する 必 要 があること なお 既 に 電 気 通 信 事 業 者 において 送 信 局 を 整 備 している 地 域 においては 当 該 設 備 の 整 備

送 信 局 を 電 気 通 信 事 業 者 に 貸 し 付 けるとともに 電 気 通 信 事 業 者 とあらかじめ 契 約 等 を 締 結 する 必 要 があること なお 既 に 電 気 通 信 事 業 者 において 送 信 局 を 整 備 している 地 域 においては 当 該 設 備 の 整 備 消 防 情 第 96 号 平 成 28 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 消 防 防 災 主 管 部 長 殿 消 防 庁 国 民 保 護 防 災 部 防 災 情 報 室 長 ( 公 印 省 略 ) 災 害 時 の 住 民 への 情 報 伝 達 体 制 の 更 なる 強 化 について 昨 今 の 水 害 や 土 砂 災 害 においては 避 難 勧 告 等 や 防 災 気 象 情 報 が 住 民

More information

航空隊及び教育航空隊の編制に関する訓令

航空隊及び教育航空隊の編制に関する訓令 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 10 号 自 衛 隊 法 施 行 令 ( 昭 和 29 年 政 令 第 179 号 ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 航 空 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 昭 和 36 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 48 号 )の 全 部 を 次 のように 改 正 する 昭 和 40 年 3 月 20 日 防 衛 庁 長 官 小 泉 純 也 航 空 隊 及

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( )

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( ) 1 総 括 増 毛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 5,9 4,748,27 24,475 1,134,346 23.9 24.1 (2) 職

More information

新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051102 87 取 組 施 策 国 や 研 究 機 関 への 派 遣 研 修 による 資 質 向 上 の 推 進 鳥 インフルエンザ 等 新 たな 感 染 症 等 に 対 する 検 査 技 術 の 習 得 など 職 員 の 専 門

新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051102 87 取 組 施 策 国 や 研 究 機 関 への 派 遣 研 修 による 資 質 向 上 の 推 進 鳥 インフルエンザ 等 新 たな 感 染 症 等 に 対 する 検 査 技 術 の 習 得 など 職 員 の 専 門 新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051101 86 取 組 施 策 地 方 政 府 を 担 う 職 員 像 の 策 定 と 人 材 育 成 ( 新 人 材 育 成 ビジョンの 策 定 ) 平 成 17 年 度 静 岡 市 人 材 育 成 ビジョン を 策 定 平 成 20 年 度 進 捗 管 理 に 伴 う 一 部 改 訂 職 員 セッションの 試 行 を 行 った

More information

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63>

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63> 防 災 業 務 計 画 平 成 27 年 4 月 西 部 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 防 災 業 務 計 画 の 目 的 第 2 節 防 災 業 務 計 画 の 基 本 構 想 第 3 節 防 災 業 務 計 画 の 運 用 第 2 章 防 災 体 制 の 確 立 2 第 1 節 防 災 体 制 第 2 節 対 策 組 織 の 運 営 第 3 節 災 害 対

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連 巡 回 連 絡 実 施 要 領 平 成 22 年 7 月 1 日 地 第 6 8 7 号 警 察 本 部 長 巡 回 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について( 通 達 ) この 度 巡 回 連 絡 を 適 正 かつ 効 果 的 に 実 施 するため みだしの 要 領 を 別 添 のとおり 制 定 し 平 成 22 年 7 月 2 日 から 実 施 することとしたので 実 効 の 上 がるよう

More information

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 に 係 る 基 準 ( 案 )の 概 要 1. 子 ども 子 育 て 新 制 度 について 平 成 24 年 8 月 幼 児 期 の 学 校 教 育 保 育 の 総 合 的 な 提 供 保 育 の 量 的 拡 大 確 保 地 域 の 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 などを 目 的 に 子 ども 子 育 て3 法 (1 子 ども 子 育 て 支 援

More information

Microsoft Word - h doc

Microsoft Word - h doc 消 防 予 第 192 号 平 成 9 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 消 防 主 管 部 長 殿 消 防 庁 予 防 課 長 消 防 用 設 備 等 に 係 る 届 出 等 に 関 する 運 用 について( 通 知 ) 消 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 17 条 14 規 定 に 基 づく 消 防 用 設 備 等 着 工 届 法 第 17 条 32 規 定 に 基 づく 消 防

More information

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン の 改 訂 について 概 要 建 設 業 における 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にするため 平 成 24 年 11 月 に 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン を 施 行 本 ガイドラインは

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

< F2D AFA CD90AE94F58C7689E62E6A7464>

< F2D AFA CD90AE94F58C7689E62E6A7464> 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 8 年 度 ~ 平 成 12 年 度 )について 平 成 7 年 12 月 14 日 安 全 保 障 会 議 決 定 平 成 7 年 12 月 15 日 閣 議 決 定 平 成 8 年 度 から 平 成 12 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 8 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 に 適

第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 に 適 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 28 年 3 月 山 形 県 企 業 局 第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情 資 料 2-2-1 消 費 者 安 全 法 の 改 正 に 伴 う 関 係 内 閣 府 令 及 びガイドラインの 概 要 ( 案 ) 1. 趣 旨 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 等 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 71 号 以 下 景 表 法 等 改 正 等 法 という )により 消 費 者 安 全 法 ( 平 成 21 年

More information

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 呉 医 療 センタ- 医 療 機 器 安 全 管 理 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 4 条 ) 第 2 章 組 織 及 び 職 務 ( 第 5 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 研 修 ( 第 11 条 ~ 第 12 条 ) 第 4 章 保 守 点 検 及 び 修 理 ( 第 13 条 ~ 第 16 条 ) 第 5 章

More information

<8CF6955C976C8EAE816948323789FC90B3816A81698FED97A491E58B7B8E73816A483236944E93782E786C73>

<8CF6955C976C8EAE816948323789FC90B3816A81698FED97A491E58B7B8E73816A483236944E93782E786C73> 常 陸 大 宮 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 25 年 度 末 ) A B B/A 平 成 24 年 度 の 人 件 費 率 平 成 25 年 度 44,968 人 21,735,069 1,143,961

More information

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ 求 償 権 の 管 理 回 収 に 関 する 事 例 研 究 (その2) - 平 成 23 年 度 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 から- 農 業 第 二 部 前 号 に 引 き 続 き 昨 年 9 月 に 開 催 された 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 で 求 償 権 の 管 理 回 収 事 例 研 究 として 掲 げられたテーマから4つの 事 例 について

More information

(8) 日 本 国 籍 を 有 し 日 本 国 憲 法 及 びその 下 に 成 立 した 政 府 を 暴 力 等 で 破 壊 すること を 主 張 する 団 体 等 その 他 を 結 成 し 又 は 加 入 し 若 しくは 協 力 していないことを 証 明 又 は 誓 約 し 若 しくは 保 証 で

(8) 日 本 国 籍 を 有 し 日 本 国 憲 法 及 びその 下 に 成 立 した 政 府 を 暴 力 等 で 破 壊 すること を 主 張 する 団 体 等 その 他 を 結 成 し 又 は 加 入 し 若 しくは 協 力 していないことを 証 明 又 は 誓 約 し 若 しくは 保 証 で 舞 監 公 示 第 50 号 27.10.1 自 衛 艦 及 び 支 援 船 の 改 造 改 修 工 事 及 び 搭 載 機 器 等 の 装 備 工 事 並 びに 調 査 工 事 の 契 約 希 望 者 募 集 要 項 ( 公 募 ) 次 の 契 約 について 公 募 を 実 施 するので 参 加 を 希 望 する 者 は 下 記 に 基 づき 資 料 等 を 提 出 して 下 さい ( 公 募 実

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

・モニター広告運営事業仕様書

・モニター広告運営事業仕様書 秋 田 市 新 庁 舎 動 画 広 告 放 映 事 業 仕 様 書 1 目 的 多 く の 市 民 の 目 に 触 れ る 市 役 所 の 特 性 を 活 か し 映 像 や 音 声 を 活 用 し た モ ニ タ ー に よ る 動 画 広 告 を 新 庁 舎 内 に 導 入 し 新 庁 舎 の 主 要 機 能 の 一 つ で あ る 情 報 発 信 拠 点 と し て の 役 割 を 果 た す

More information

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について ( 平 成 19 年 3 月 6 日 例 規 刑 企 ほか 第 11 号 ) この 度 被 害 者 連 絡 の 一 層 の 推 進 を 図 るため 別 添 のとおり 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 を 定 めたので 通 達 する なお 身 体 犯 等 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

臨 床 研 究 事 案 に 関 する 主 な 報 道 概 要 ディオバン 事 案 白 血 病 治 療 薬 タシグナ 事 案 (SIGN 試 験 ) ノバルティス 社 の 高 血 圧 症 治 療 薬 ディオバンに 係 る 臨 床 研 究 において データ 操 作 等 があり 研 究 結 果 の 信 頼

臨 床 研 究 事 案 に 関 する 主 な 報 道 概 要 ディオバン 事 案 白 血 病 治 療 薬 タシグナ 事 案 (SIGN 試 験 ) ノバルティス 社 の 高 血 圧 症 治 療 薬 ディオバンに 係 る 臨 床 研 究 において データ 操 作 等 があり 研 究 結 果 の 信 頼 第 2 回 医 学 研 究 等 における 個 人 情 報 の 取 扱 い 等 に 関 する 合 同 会 議 平 成 28 年 5 月 20 日 資 料 5 臨 床 研 究 法 案 について 臨 床 研 究 事 案 に 関 する 主 な 報 道 概 要 ディオバン 事 案 白 血 病 治 療 薬 タシグナ 事 案 (SIGN 試 験 ) ノバルティス 社 の 高 血 圧 症 治 療 薬 ディオバンに

More information

学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う文部科学省関係省令の整備に関する省令等について(通知)

学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う文部科学省関係省令の整備に関する省令等について(通知) 27 文 科 初 第 1593 号 平 成 28 年 3 月 22 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 教 育 委 員 会 各 指 定 都 市 教 育 委 員 会 殿 附 属 学 校 を 置 く 各 国 立 大 学 法 人 学 長 構 造 改 革 特 別 区 域 法 第 12 条 第 1 項 の 認 定 を 受 けた 地 方 公 共 団 体 の 長 文 部 科 学 省 初 等 中 等

More information

〔自 衛 隊〕

〔自 衛 隊〕 基 交 付 金 及 び 調 整 交 付 金 等 総 務 省 所 管 (1) 基 交 付 金 ( 趣 旨 ) 基 交 付 金 は 国 有 提 供 施 設 等 所 在 市 町 村 助 成 交 付 金 に 関 する 法 律 ( 昭 和 32 年 法 律 104 号 ) の 定 めるところにより 国 が 所 有 する 固 定 資 産 のうち 米 軍 等 に 使 用 させている 固 定 資 産 並 びに 自

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

2 生 活 安 全 部 地 域 課 鉄 道 警 察 隊 長 ( 以 下 隊 長 という )は 被 害 相 談 所 の 名 称 を 記 載 した 表 示 板 を 庁 舎 入 口 付 近 に 掲 出 するものとする 3 隊 長 は 臨 時 の 被 害 相 談 所 を 設 置 するときは 当 該 相 談

2 生 活 安 全 部 地 域 課 鉄 道 警 察 隊 長 ( 以 下 隊 長 という )は 被 害 相 談 所 の 名 称 を 記 載 した 表 示 板 を 庁 舎 入 口 付 近 に 掲 出 するものとする 3 隊 長 は 臨 時 の 被 害 相 談 所 を 設 置 するときは 当 該 相 談 女 性 のための 安 全 相 談 所 等 設 置 運 用 要 領 の 制 定 について( 例 規 ) ( 平 成 12 年 5 月 17 日 例 規 第 21 号 ) [ 沿 革 ] 平 成 13 年 12 月 例 規 第 55 号 改 正 この 度 地 域 警 察 部 門 における 女 性 の 安 全 対 策 を 更 に 充 実 強 化 するため みだしの 要 領 を 別 記 のとおり 制 定 し

More information

独立行政法人国立病院機構

独立行政法人国立病院機構 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 仙 台 医 療 センターにおける 医 薬 品 等 の 使 用 成 績 調 査 特 定 使 用 成 績 調 査 及 び 副 作 用 感 染 症 報 告 その 他 の 受 託 研 究 の 実 施 に 関 する 標 準 業 務 手 順 書 平 成 27 年 8 月 3 日 第 8 版 第 1 章 総 則 1. 目 的 と 適 用 範 囲 この 標 準 業 務

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

第3章 災害応急対策計画                     第1節 活動体制計画   

第3章 災害応急対策計画                         第1節 活動体制計画    第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 計 画 の 方 針 地 震 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれのある 場 合 において 災 害 の 予 防 及 び 災 害 応 急 対 策 等 の 防 災 活 動 を 強 力 に 推 進 するために 災 害 対 策 本 部 等 の 設 置 応 援 要 請 応 急 公 用 負 担 等 の 活 動 体 制 を 確 立 する

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information