法的な知識をもとに誠意をもって話し合おう

Size: px
Start display at page:

Download "法的な知識をもとに誠意をもって話し合おう"

Transcription

1 解 雇 退 職 雇 止 めをめぐる 話 合 いQ&A ~ 法 律 と 法 的 な 考 え 方 をもとに 誠 実 に 話 し 合 おう~ Q28 社 長 から 解 雇 すると 言 われました 取 消 しを 求 めるにはどうすればいいですか 解 雇 の 問 題 を 解 決 する 基 本 的 な 方 法 は 労 働 者 と 使 用 者 との 自 主 的 な 話 合 いです 事 実 関 係 をひとつ ひとつ 明 確 にしながら 法 的 な 考 え 方 に 基 づいて 誠 実 に 話 し 合 うことが 最 善 の 方 法 です 労 働 者 の 納 得 しない 解 雇 等 への 対 応 については 次 のような 手 順 が 考 えられます 使 用 者 から 言 われた 労 働 契 約 終 了 のパターンを 確 認 する 社 長 から 辞 めて 欲 しい 明 日 から 来 なくていい などと 言 われた 場 合 まず その 真 意 が 解 雇 な のか 退 職 勧 奨 なのかを 確 認 します なぜなら 解 雇 と 退 職 勧 奨 では 法 的 な 考 え 方 と 対 処 方 法 が 異 なる からです 辞 めて 欲 しい などと 言 われても すぐに クビになった と 思 い 込 まず 慎 重 かつ 冷 静 に 対 応 することが 重 要 です 退 職 勧 奨 への 対 応 は Q16(P26)を 参 照 してください 解 雇 権 濫 用 法 理 が 類 推 適 用 される 実 態 があるような 雇 止 めは Q23(P32)を 参 照 してください 解 雇 通 知 なら 使 用 者 から 書 面 をもらう 使 用 者 から 解 雇 を 通 知 されたら その 事 実 関 係 が 曖 昧 にならないよう まずは 解 雇 通 知 と 解 雇 の 日 付 解 雇 の 理 由 解 雇 の 根 拠 ( 就 業 規 則 など) 通 知 の 責 任 者 などを 明 記 した 書 面 ( 解 雇 通 知 書 解 雇 予 告 通 知 書 など)( 1)の 交 付 を 求 めましょう 使 用 者 に 解 雇 通 知 書 を 交 付 する 義 務 はありませんが 法 律 は 解 雇 を 予 告 された 労 働 者 が 予 告 を 受 けた 日 から 解 雇 日 までの 間 にその 理 由 についての 証 明 書 ( 解 雇 理 由 証 明 書 )( 2)を 請 求 した 場 合 使 用 者 はこれを 遅 滞 なく 交 付 しなければならないと 定 めていますので 労 働 基 準 法 第 22 条 第 2 項 少 な くとも 解 雇 の 理 由 を 記 載 した 証 明 書 は 法 的 に 請 求 することができます また 解 雇 された 後 でも 同 じような 証 明 書 ( 退 職 証 明 書 )( 3)を 請 求 することができます 労 働 基 準 法 第 22 条 第 1 項 書 面 が 交 付 されない 場 合 たとえば 労 働 者 が 必 要 な 内 容 を 記 載 した 書 面 を 作 成 し 使 用 者 に 確 認 を 求 め 署 名 押 印 を 受 けるという 方 法 もあります 雇 止 めの 場 合 でも 使 用 者 から 雇 止 めの 理 由 の 証 明 書 をもらう 使 用 者 から 雇 止 めを 通 知 されたら 雇 止 め 理 由 の 証 明 書 ( 4)の 交 付 を 求 めましょう 使 用 者 は 請 求 があった 場 合 遅 滞 なくこれを 交 付 しなければなりません 有 期 労 働 契 約 の 締 結 更 新 及 び 雇 止 めに 関 する 基 準 P3 を 参 照 してください ( 1) 解 雇 通 知 書 [ 例 ] 解 雇 通 知 書 当 社 は 就 業 規 則 第 条 に 基 づき 下 記 の 理 由 により あなたを 付 で 解 雇 することを 通 知 致 します 記 あなたの の 行 為 は 就 業 規 則 第 条 の 解 雇 事 由 に 該 当 するため ( 被 通 知 人 住 所 ) 様 ( 通 知 人 所 在 地 ) 株 式 会 社 代 表 取 締 役

2 ( 2) 解 雇 理 由 証 明 書 [ 例 ] 解 雇 理 由 証 明 書 様 当 社 が 付 であなたに 予 告 した 解 雇 については 以 下 の 理 由 によるものであることを 証 明 します ( 事 業 所 名 称 及 び 使 用 者 職 氏 名 ) 解 雇 理 由 天 災 その 他 やむを 得 ない 理 由 ( 具 体 的 には によって 事 業 継 続 が 困 難 になったこと )による 解 雇 2 事 業 縮 小 等 当 社 の 都 合 ( 具 体 的 には 当 社 が となったこと )による 解 雇 3 職 務 命 令 による 重 大 な 違 反 行 為 ( 具 体 的 には あなたが したこと )による 解 雇 4 勤 務 について 不 正 行 為 ( 具 体 的 には あなたが したこと )による 解 雇 5 勤 務 態 度 または 勤 務 成 績 不 良 であること( 具 体 的 には あなたが したこと )による 解 雇 6 その 他 ( 具 体 的 には )による 解 雇 1 該 当 するものに を 付 け 具 体 的 な 理 由 などを( )の 中 に 記 入 2 就 業 規 則 の 作 成 を 義 務 付 けられている 事 業 場 においては 上 記 解 雇 理 由 の 記 載 例 にかかわらず 当 該 就 業 規 則 に 記 載 された 解 雇 の 事 由 のうち 該 当 するものを 記 載 ( 3) 退 職 証 明 書 ( 例 ) 退 職 証 明 書 様 以 下 の 事 由 により あなたは 当 社 を に 退 職 したことを 証 明 します ( 事 業 所 名 称 及 び 使 用 者 職 氏 名 ) 1 あなたの 自 己 都 合 による 退 職 (2を 除 く) 2 当 社 の 勧 奨 による 退 職 3 定 年 による 退 職 4 契 約 期 間 の 満 了 による 退 職 5 移 籍 出 向 による 退 職 6 その 他 ( 具 体 的 には )による 退 職 7 解 雇 ( 別 紙 の 理 由 による) 該 当 する 番 号 に を 付 け 具 体 的 な 理 由 などを( )の 中 に 記 入 解 雇 された 労 働 者 が 解 雇 の 理 由 を 請 求 しない 場 合 には 7の ( 別 紙 の 理 由 による)を 二 重 線 で 消 し 別 紙 は 交 付 しないこと 退 職 証 明 書 の 別 紙 ア 天 災 その 他 やむを 得 ない 理 由 ( 具 体 的 には イ 事 業 縮 小 等 当 社 の 都 合 ( 具 体 的 には 当 社 が ウ 職 務 命 令 による 重 大 な 違 反 行 為 ( 具 体 的 には あなたが エ 業 務 について 不 正 行 為 ( 具 体 的 には あなたが 該 当 する 記 号 に を 付 け 具 体 的 な 理 由 などを( )の 中 に 記 入 によって 事 業 継 続 が 困 難 になったこと )による 解 雇 となったこと )による 解 雇 したこと )による 解 雇 したこと )による 解 雇 オ 相 当 長 期 間 にわたる 無 断 欠 勤 をしたこと 等 勤 務 成 績 不 良 であること( 具 体 的 には あなたが こと )による 解 雇 カ その 他 ( 具 体 的 には )による 解 雇 した

3 ( 4) 雇 止 め 理 由 証 明 書 [ 例 ] 有 期 労 働 契 約 を 更 新 しない 理 由 に 関 する 証 明 書 様 当 社 は 付 で 有 期 労 働 契 約 を 更 新 しない 旨 あなたに 通 知 しましたが 更 新 しない 理 由 は 以 下 のとおりであることを 証 明 します ( 事 業 所 名 称 及 び 使 用 者 職 氏 名 ) 1 前 回 契 約 時 に 本 契 約 を 更 新 しないことが 合 意 されていたため 2 契 約 締 結 当 初 から 更 新 回 数 の 上 限 を 定 めており 本 契 約 はその 上 限 に 係 るものであるため 3 担 当 していた 業 務 が 終 了 中 止 したため 4 事 業 縮 小 のため 5 業 務 を 遂 行 する 能 力 が 十 分 ではないと 認 められるため 6 職 務 命 令 に 対 する 違 反 行 為 があったこと 無 断 欠 勤 したことなど 勤 務 不 良 のため 7 その 他 ( 具 体 的 には )による 雇 止 め 該 当 する 番 号 に を 付 け 具 体 的 な 理 由 などを( )の 中 に 記 入 解 雇 雇 止 め 通 知 に 納 得 しないなら 明 確 に 意 思 を 表 示 する 解 雇 に 納 得 できない 場 合 1まず 使 用 者 の 言 う 解 雇 理 由 が 事 実 であるかどうかを 確 認 します 2 次 に それが 事 実 であったとしても その 事 実 が 解 雇 に 値 するほどのものなのかについて 就 業 規 則 など の 根 拠 の 開 示 とともに 説 明 を 受 けます 3その 上 でなお 納 得 できないなら 使 用 者 に 解 雇 は 受 け 入 れ られない ことの 意 思 を 明 確 に 伝 えます たとえば 仕 事 上 のミスが 多 い という 理 由 では 双 方 で 具 体 的 にどのようなミスがあったのか ミスが 事 実 であるとしても それが 本 当 に 解 雇 に 値 するほどのものなのか 他 に 同 じようなミスを した 労 働 者 はいないのか(その 労 働 者 は 解 雇 になっているのか) などについて 整 理 し 誠 実 に 話 し 合 う ことが トラブルを 防 止 する 上 でのポイントです 話 合 いができずに 使 用 者 が 一 方 的 に 解 雇 予 告 手 当 を 支 払 ってきた 場 合 解 雇 に 異 議 を 申 し 出 るのであ れば 原 則 として 受 け 取 ることはできません もし 受 け 取 るのであれば 解 雇 には 異 議 があり ( 解 雇 予 告 手 当 ではなく) 賃 金 の 一 部 として 受 け 取 る ことを 明 確 にすることが 必 要 です 雇 止 めも 同 様 で 1まず 使 用 者 のいう 雇 止 め 理 由 の 事 実 確 認 をします 2 次 にそれが 更 新 しないこ とに 値 するものなのか 労 働 契 約 書 労 働 条 件 通 知 書 就 業 規 則 などの 根 拠 の 開 示 とともに 説 明 を 受 け ます 3その 上 で 客 観 的 に 合 理 的 な 理 由 を 欠 いていたり 社 会 通 念 上 相 当 であると 認 められないときは 使 用 者 に 嫌 だ 困 る 納 得 できない などと 意 思 表 示 を 明 確 にします 話 合 いの 前 に 解 決 の 方 向 性 を 決 めること 労 働 相 談 では 不 当 に 解 雇 雇 止 めする 会 社 でもう 働 く 気 はないが 黙 って 辞 めずに 社 会 的 な 制 裁 を 加 えたい という 声 を 聞 くこともあります しかし 法 的 な 考 え 方 に 基 づいて 解 決 を 図 る 上 では 使 用 者 の 道 義 的 社 会 的 な 責 任 は 別 の 問 題 として 主 張 や 要 求 を 整 理 しなければなりません 納 得 できない 解 雇 雇 止 めについて 使 用 者 と 話 し 合 う 場 合 事 前 にどのような 結 果 を 求 めるのかを 決 めることが 重 要 です 納 得 しない 解 雇 雇 止 めを 解 決 するパターンは 大 きく 分 けて 次 の 2 つです 1 解 雇 雇 止 めが 撤 回 され 職 場 に 復 帰 する 2 退 職 する( 解 雇 雇 止 めそのものを 承 諾 する)ことを 前 提 として その 条 件 について 話 し 合 う また 解 雇 雇 止 めが 不 法 行 為 の 要 件 を 満 たす 場 合 は 使 用 者 に 損 害 賠 償 等 を 請 求 することも 可 能 です いずれにしても 納 得 しない 解 雇 について 話 し 合 うときは まず 自 分 自 身 がめざすべき 方 向 性 を 固 め 法 的 な 知 識 を 身 につけることが 大 切 です 解 雇 雇 止 め 通 知 に 至 るまでの 事 実 経 過 や 背 景 事 情 をできる だけ 客 観 的 に 整 理 し 法 的 な 考 え 方 に 基 づいて 主 張 を 組 み 立 てましょう

4 使 用 者 が 話 合 いに 応 じない 場 合 は 自 分 の 意 思 を 書 面 で 伝 える 解 雇 雇 止 めをめぐる 話 合 いは 労 使 双 方 の 意 思 で 行 われます そのため 話 合 いを 求 めても 使 用 者 が 応 じない 場 合 も 考 えられます 使 用 者 と 話 合 いを 行 うには 職 場 の 同 僚 から 協 力 を 得 るなど 複 数 で 行 うことが 効 果 的 です なぜな ら 解 雇 雇 止 めの 問 題 については 同 じような 立 場 の 労 働 者 が 情 報 や 意 見 を 共 有 しながら 解 決 を 図 っ ていくことが 精 神 的 にも 作 業 的 にも 有 効 であり 解 決 した 後 も 職 場 内 での 人 間 関 係 などが 円 滑 に 進 みやすくなるからです そのため 職 場 の 中 に 労 働 組 合 がある 場 合 には 労 働 組 合 に 相 談 する 労 働 組 合 がない 場 合 には 労 働 組 合 を 結 成 する 労 働 組 合 に 加 入 するということも 方 法 の 1 つ( )です ( ) 労 働 組 合 については P50 を 参 照 してください 使 用 者 が 話 合 いに 応 じない 場 合 当 面 解 雇 雇 止 めの 撤 回 を 求 める あるいは いったん 伝 えた 退 職 すると 受 け 取 られるような 発 言 を 取 り 消 すなどの 意 思 を 使 用 者 に 伝 えなければなりません その 確 実 な 方 法 として 書 面 を 送 付 する 特 に 内 容 証 明 郵 便 ( 内 容 証 明 ) によって 送 付 するという 方 法 があります 内 容 証 明 郵 便 の 作 成 手 続 きは P49 を 参 照 してください 通 知 書 私 は 社 長 から 解 雇 通 告 を 受 けました しかし 私 には 解 雇 される 理 由 はなく 本 通 告 は 無 効 であり 承 諾 いたしません 引 き 続 き 業 務 に 精 励 いたしますので 速 やかに 撤 回 されることを 求 めます ( 被 通 知 人 ) 住 所 株 式 会 社 代 表 取 締 役 ( 氏 名 ) 様 解 雇 通 告 に 対 する 意 思 表 示 文 例 ( 通 知 人 ) 住 所 氏 名 印 通 知 書 私 は 社 長 から 雇 止 め 通 知 を 受 けました 私 は 形 式 的 には6か 月 間 の 有 期 労 働 契 約 ですが 採 用 以 来 8 年 にわたって 何 ら 事 前 の 意 志 確 認 もなく 契 約 が 繰 り 返 し 更 新 されており すでに 期 間 の 定 めがない 労 働 契 約 と 同 視 できる 実 態 になっています 本 件 雇 止 めにあたり 私 に 示 されたその 理 由 には 合 理 性 がなく 社 会 通 念 上 相 当 であるとは 認 められず 承 諾 できません 引 き 続 き 業 務 に 精 励 いたしますの で 速 やかに 撤 回 されることを 求 めます ( 被 通 知 人 ) 住 所 株 式 会 社 代 表 取 締 役 ( 氏 名 ) 様 雇 止 め 通 知 に 対 する 意 思 表 示 文 例 ( 通 知 人 ) 住 所 氏 名 印 話 合 いが 進 まなければ 公 的 機 関 を 活 用 する 解 雇 雇 止 めに 限 らず 労 働 契 約 をめぐるトラブルについては 明 らかな 法 違 反 を 除 き 労 働 者 と 使 用 者 との 自 主 的 な 話 合 いで 解 決 することが 望 ましいことは 言 うまでもありません しかし 現 実 には それまでの 人 間 関 係 や 当 事 者 の 感 情 などが 問 題 を 複 雑 にし 冷 静 かつ 客 観 的 な 話 合 いが 進 まない 場 合 が 多 く 見 られます そのような 場 合 は 自 主 的 な 解 決 を 前 提 にしながら 労 働 相 談 を 行 っている 公 的 な 機 関 に 相 談 し 適 切 な 法 知 識 と 対 処 に 関 するアドバイスを 受 け 打 開 をはかることも 効 果 的 です また 明 らかに 法 律 に

5 違 反 しているような 状 況 があれば その 部 分 について 所 管 の 行 政 機 関 に 指 導 などを 求 めることもありえ ます 解 雇 雇 止 めをめぐるトラブルが 話 合 いで 解 決 しない 場 合 最 終 的 には 労 働 審 判 の 申 立 仮 処 分 の 申 請 などの 法 的 な 手 段 に 訴 えることになりますが その 前 に 身 近 な 公 的 機 関 の 活 用 を 検 討 するこ とが 有 効 な 方 法 といえるでしょう Q29 退 職 を 考 えています 退 職 についての 基 本 的 な 考 え 方 を 教 えてください 労 働 者 には 職 業 選 択 の 自 由 と 退 職 の 自 由 があります 憲 法 第 22 条 労 働 契 約 に 期 間 の 定 めがない 場 合 と 期 間 の 定 めがある 場 合 等 の 考 え 方 は 次 のとおりです 期 間 の 定 めがない 労 働 契 約 の 場 合 正 社 員 のように 契 約 期 間 の 定 めがない 労 働 者 は いつでも 退 職 を 申 入 れることができ 退 職 届 を 提 出 するなど 使 用 者 に 労 働 契 約 の 解 約 を 申 し 入 れた 後 使 用 者 の 承 認 の 有 無 に 関 わらず 申 入 れの 翌 日 から 2 週 間 を 経 過 することで 退 職 となるのが 原 則 です 会 社 の 同 意 がなければ 退 職 できないというものでは ありません なお 労 働 者 と 使 用 者 が 退 職 日 を 合 意 した 場 合 には 2 週 間 を 経 過 しなくても 合 意 した 日 で 退 職 す ることができます 民 法 第 627 条 また 労 働 条 件 通 知 書 や 会 社 の 就 業 規 則 等 で 退 職 の1か 月 前 までに 申 し 出 ること などと 規 定 され ている 場 合 でも 民 法 の 規 定 が 優 先 されるという 考 え 方 もありますが 円 満 な 退 職 を 希 望 する 場 合 は 就 業 規 則 等 の 規 定 を 確 認 し 会 社 とよく 話 し 合 うことが 望 ましいと 言 えます 但 し 就 業 規 則 等 で 極 端 に 長 い 退 職 申 入 れ 期 間 を 定 めている 場 合 などは 労 働 者 の 退 職 の 自 由 が 極 度 に 制 限 され 公 序 良 俗 の 見 地 から 無 効 とされる 場 合 もあります また 完 全 月 給 制 ( 遅 刻 欠 勤 による 控 除 なし)の 場 合 は 翌 月 以 降 に 対 してのみなすことができ し かも 当 月 の 前 半 までに 申 し 出 る 必 要 があります 民 法 第 627 条 第 2 項 さらに 6 か 月 以 上 の 期 間 によ って 報 酬 を 定 めた 場 合 は 3 か 月 前 に 申 し 入 れをしなければなりません 民 法 第 627 条 第 3 項 期 間 の 定 めがある 労 働 契 約 の 場 合 期 間 の 定 めがある 労 働 契 約 の 場 合 は 労 働 者 は 契 約 期 間 中 労 務 を 提 供 する 義 務 があり 期 間 の 途 中 で 退 職 することはできません ただし やむを 得 ない 事 由 ( 重 大 な 傷 病 で 労 務 提 供 不 可 能 な 状 態 とな った 場 合 など)がある 場 合 は 契 約 を 解 除 することができます 民 法 第 628 条 また あらかじめ 定 めた 期 間 が 1 年 を 超 え 3 年 以 内 の 場 合 は 一 定 の 場 合 を 除 き 民 法 の 規 定 にかか わらず 1 年 を 超 えた 日 以 降 はいつでも 退 職 することができます 労 働 基 準 法 第 137 条 労 働 契 約 を 結 ぶ 際 に 明 示 された 労 働 条 件 が 事 実 と 相 違 する 場 合 使 用 者 は 労 働 契 約 を 結 ぶ 際 に 労 働 者 に 対 して 賃 金 労 働 時 間 仕 事 の 内 容 その 他 の 労 働 条 件 を 明 示 しなければなりません 労 働 基 準 法 第 15 条 第 1 項 しかし その 明 示 された 労 働 条 件 が 事 実 と 異 なる 場 合 においては 労 働 者 は 期 間 の 定 めの 有 無 にかかわらず 即 時 に 労 働 契 約 を 解 除 することができます 労 働 基 準 法 第 15 条 第 2 項

6 Q30 退 職 することになりました 最 後 の 賃 金 は いつ 支 払 われるべきものですか 退 職 日 までの 賃 金 は 退 職 後 の 定 例 の 支 払 日 に 支 払 わなければなりません 労 働 基 準 法 第 24 条 また 退 職 した 労 働 者 から 請 求 があれば 使 用 者 は 異 議 のない 賃 金 について 定 例 の 支 払 日 にかかわ らず 7 日 以 内 に 支 払 わなければなりません 労 働 基 準 法 第 23 条 賃 金 が 支 払 われない 場 合 の 請 求 権 の 時 効 は 2 年 間 です 労 働 基 準 法 第 115 条 請 求 方 法 については Q38(P48)を 参 照 してください Q31 ボーナス 支 給 日 の 2 日 前 に 退 職 することになりました 最 後 のボーナスは 支 払 っ てもらえるのですか 解 雇 や 退 職 では 賞 与 の 支 給 日 在 籍 要 件 (= 賞 与 の 支 給 日 の 前 に 退 職 し 支 給 日 に 在 籍 していない ことを 理 由 に 支 給 しない 取 り 扱 い) をめぐってトラブルになる 場 合 が 見 られますが 就 業 規 則 労 働 協 約 労 働 契 約 等 で 支 給 基 準 支 給 額 支 給 方 法 などが 定 められていれば それに 従 って 支 払 われます(こ の 場 合 労 働 基 準 法 上 の 賃 金 となります) 賞 与 の 支 給 対 象 者 は 原 則 として 労 使 で 自 由 に 決 めることができますので 算 定 期 間 ( 支 給 対 象 期 間 ) 中 に 勤 務 していても 支 給 日 に 在 籍 しない 者 には 支 給 しないことが 就 業 規 則 などで 明 確 に 定 め られている 場 合 や そのことが 従 来 からの 慣 行 になっているような 場 合 には 支 給 しなくてもよいこ とになります しかし そのような 規 定 や 慣 行 がなければ 支 給 日 に 在 籍 していなくても 勤 務 期 間 に 応 じて 支 給 する 必 要 があります また もっぱら 使 用 者 の 一 方 的 な 都 合 による 解 雇 の 場 合 は 支 給 日 に 在 籍 して いなくても 算 定 期 間 を 設 定 している 以 上 その 期 間 に 応 じて 支 給 することが 妥 当 な 措 置 であると 言 えます Q32 退 職 しましたが 退 職 金 が 支 給 されていません これは 違 法 ではないですか 退 職 金 について 支 払 われるかどうかは 就 業 規 則 労 働 協 約 労 働 契 約 などに 根 拠 があるかどうか によります 就 業 規 則 等 で 支 給 基 準 支 給 額 支 給 方 法 などが 定 められている 場 合 は 労 働 基 準 法 上 の 賃 金 とし て 取 り 扱 われます そのような 定 めがなくても 支 払 われていた 慣 行 や 労 使 間 で 支 払 うことの 個 別 的 な 合 意 があれば それが 請 求 の 根 拠 になります 法 律 は 就 業 規 則 の 作 成 を 義 務 づけられている 使 用 者 が 退 職 金 を 支 払 うとした 場 合 は その 中 に 対 象 労 働 者 の 範 囲 決 定 計 算 支 払 方 法 支 払 時 期 を 定 めなければならないとしています 労 働 基 準 法 第 89 条 第 1 項 第 3 号 の 2 また 使 用 者 は パートタイム 労 働 者 と 労 働 契 約 を 結 ぶに あたり 退 職 手 当 の 有 無 について 書 面 の 交 付 などにより 明 示 しなければなりません パートタイ ム 労 働 法 第 6 条 第 1 項 同 法 施 行 規 則 第 2 条 支 払 の 時 期 は 通 常 の 賃 金 とは 異 なり あらかじめ 就 業 規 則 等 で 定 められた 時 期 に 支 払 えば 足 りる

7 とされており 定 めがあれば 退 職 した 労 働 者 が 請 求 しても 7 日 以 内 に 支 払 われる 必 要 はありません 昭 基 収 5483 号 昭 基 発 150 号 退 職 金 が 支 払 われない 場 合 の 請 求 権 の 時 効 は5 年 間 です 労 働 基 準 法 第 115 条 他 方 使 用 者 が 中 小 企 業 退 職 金 共 済 制 度 ( 中 退 共 )を 利 用 している 場 合 は 就 業 規 則 等 に 支 払 基 準 がなくても 退 職 金 共 済 契 約 に 基 づき 労 働 者 ( 被 共 済 者 )が 退 職 すれば 請 求 権 が 発 生 します 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 第 10 条 第 1 項 ただし この 退 職 金 は 使 用 者 が 労 働 者 に 直 接 に 支 払 うもので はないので 労 働 基 準 法 上 の 賃 金 ではありません Q33 退 職 しますが 退 職 日 までに 年 次 有 給 休 暇 を 取 得 することはできますか 退 職 日 の 決 まった 労 働 者 が 年 次 有 給 休 暇 ( 年 休 )の 残 日 数 の 取 得 を 申 し 出 た 場 合 退 職 日 までは 法 律 に 定 められた 年 休 権 を 行 使 することができます 労 働 基 準 法 第 39 条 他 方 使 用 者 は 年 休 を 取 得 する 時 季 の 指 定 が 事 業 の 正 常 な 運 営 を 妨 げる 場 合 には それを 変 更 することができますが( 時 季 変 更 権 ) それは 退 職 日 までの 範 囲 でしか 行 うことができません そのため たとえば 退 職 日 までの 勤 務 日 数 が 20 日 である 労 働 者 の 年 休 が 20 日 残 っており 退 職 日 までにすべての 取 得 を 申 し 出 た 場 合 使 用 者 が 退 職 後 に 時 季 の 変 更 を 行 うことはできないため 労 働 者 は 年 休 を 取 得 できることになります また 年 休 の 買 い 上 げを 予 約 し 予 約 された 日 数 について 年 休 の 取 得 を 認 めないことは 年 休 権 の 保 障 に 反 して 違 法 ですが 結 果 的 に 取 得 しきれていない 年 休 の 日 数 に 応 じて 手 当 を 支 給 することは 許 されるとされています Q34 退 職 しましたが 会 社 が 雇 用 保 険 加 入 の 手 続 きをしていませんでした どうすればいいですか 改 めて 事 業 主 に 加 入 を 求 め 受 け 入 れられない 場 合 には 事 業 所 の 所 在 地 を 管 轄 するハローワークに そのことを 申 し 出 て 手 続 きを 進 めてもらうことになります 雇 用 保 険 は 失 業 者 の 生 活 と 雇 用 の 安 定 を 図 り 再 就 職 の 促 進 を 目 的 に 必 要 な 給 付 ( 失 業 等 給 付 ) を 行 う 制 度 です 被 保 険 者 である 労 働 者 が 離 職 した 場 合 本 人 の 住 所 地 を 管 轄 するハローワークで 一 定 の 受 給 申 請 手 続 を 行 えば 原 則 として 離 職 した 翌 日 から1 年 間 ( 受 給 期 間 ) 求 職 者 給 付 ( 基 本 手 当 ) 等 の 支 給 を 受 けることができます ただし すぐに 働 くことができない 場 合 は 受 給 期 間 の 延 長 を 申 請 することができます 雇 用 保 険 は 事 業 主 の 任 意 加 入 ではなく 業 種 規 模 等 を 問 わず すべての 事 業 ( 農 林 水 産 業 の 一 部 を 除 く)が 適 用 を 受 ける 強 制 加 入 の 保 険 です 雇 用 保 険 の 適 用 事 業 所 に 使 用 され 週 の 所 定 労 働 時 間 が20 時 間 以 上 かつ31 日 以 上 引 き 続 き 雇 用 されることが 見 込 まれる 労 働 者 は 被 保 険 者 になります

8 ただし 次 のような 場 合 被 保 険 者 となりません 1 原 則 として 新 たに 雇 用 された 時 の 年 齢 が 65 歳 以 上 の 人 2 日 雇 労 働 被 保 険 者 に 該 当 しない 日 雇 労 働 者 3 短 時 間 労 働 者 で 短 期 雇 用 特 例 被 保 険 者 に 該 当 しない 人 4 季 節 的 事 業 に 4 か 月 以 内 の 期 間 を 定 めて 雇 用 される 人 5 船 員 保 険 の 被 保 険 者 6 国 都 道 府 県 市 町 村 その 他 これに 準 ずるものの 事 業 に 雇 用 される 人 のうち 離 職 した 場 合 に 他 の 法 令 条 例 規 則 等 により 支 給 を 受 ける 諸 給 与 の 内 容 が 求 職 者 給 付 及 び 就 職 促 進 給 付 の 内 容 を 超 えると 認 められる 人 であって 省 令 で 定 める 人 7 取 締 役 ( 業 務 内 容 や 報 酬 支 払 などの 実 態 から 見 て 労 働 者 的 性 格 が 強 い 場 合 は 除 く) 家 事 使 用 人 昼 間 学 生 事 業 主 と 委 任 関 係 にある 外 務 員 など 労 働 者 が 被 保 険 者 であるにもかかわらず 事 業 主 が 加 入 の 手 続 きをしていない 場 合 は 資 格 取 得 届 を 提 出 した 日 から 最 大 2 年 遡 って 加 入 することができます(2 年 分 の 保 険 料 は それぞれの 料 率 に 応 じて 労 働 者 と 事 業 主 双 方 で 負 担 します) また 労 働 者 の 給 与 から 雇 用 保 険 料 が 天 引 きされていたこと が 明 らかで 加 入 の 手 続 きがされていなかった 場 合 には 2 年 を 超 えて 遡 って 加 入 することができま す( ) ( ) 平 成 22 年 10 月 1 日 以 降 に 離 職 した 労 働 者 または 在 職 中 の 労 働 者 が 対 象 です Q35 退 職 しましたが 会 社 が 雇 用 保 険 の 失 業 等 給 付 を 受 けるための 手 続 きをして くれません どうすればいいですか 事 業 主 に 求 めても 手 続 きをしてくれなければ 事 業 所 の 所 在 地 を 管 轄 するハローワークに 相 談 しまし ょう 事 業 主 は 雇 用 していた 労 働 者 が 退 職 し 被 保 険 者 でなくなった 場 合 その 事 実 のあった 翌 日 から 起 算 して 10 日 以 内 に 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届 を 雇 用 保 険 被 保 険 者 離 職 証 明 書 を 添 えて 事 業 所 の 所 在 地 管 轄 のハローワークに 提 出 しなければなりません 雇 用 保 険 法 施 行 規 則 第 7 条 その 後 ハローワークから 雇 用 保 険 被 保 険 者 離 職 票 ( 以 下 離 職 票 といいます)が 事 業 主 に 交 付 され 離 職 した 労 働 者 が 希 望 すれば 事 業 主 は 労 働 者 にそれを 交 付 しなければなりません 特 に 何 日 以 内 に 交 付 しなければならない といった 定 めはありませんが 労 働 者 に 不 利 益 が 生 じる 可 能 性 があるため ハローワークでの 手 続 きの 後 速 やかに 交 付 すべきであると 言 えます 離 職 票 が 交 付 されないことで 労 働 者 が 被 る 不 利 益 としては 1 手 続 きが 遅 れ 最 初 の 給 付 日 が 遅 れる 2 所 定 給 付 日 数 によっては 受 給 期 間 である1 年 間 に 消 化 しきれない 場 合 がある ことが 考 え られます 事 業 主 に 求 めても 交 付 されなければ 事 業 所 の 所 在 地 を 管 轄 するハローワークに 相 談 しま しょう 離 職 した 労 働 者 が 雇 用 保 険 の 求 職 者 給 付 ( 基 本 手 当 )を 受 給 するには 一 般 の 離 職 者 ( 自 己 都 合 退 職 )は 離 職 日 ( 退 職 日 ) 前 2 年 間 に 11 日 以 上 働 いた 完 全 月 が 12 か 月 以 上 あること 倒 産 解 雇 等 で 離 職 した 労 働 者 ( 特 定 受 給 資 格 者 )は 離 職 日 前 1 年 間 に 11 日 以 上 働 いた 完 全 月 が 6 か 月 以 上 あるこ と 期 間 の 定 めがある 労 働 契 約 が 更 新 されなかったことその 他 やむを 得 ない 理 由 により 離 職 した 労 働 者 ( 特 定 理 由 離 職 者 )は 離 職 日 前 1 年 間 に 11 日 以 上 働 いた 完 全 月 が 6 か 月 以 上 あることが 必 要 です

9 事 業 主 が 雇 用 保 険 に 係 る 手 続 きを 行 わない 場 合 は 労 働 者 が 直 接 に 被 保 険 者 であることなどの 確 認 の 請 求 を 行 うことができます 雇 用 保 険 法 第 8 条 これは 労 働 者 が 事 業 所 の 所 在 地 を 管 轄 する ハローワークに 文 書 または 口 頭 で 行 います 雇 用 保 険 法 施 行 規 則 第 8 条 事 業 主 は 労 働 者 が 確 認 の 請 求 をしたことを 理 由 に 不 利 益 な 取 扱 いをしてはなりません 雇 用 保 険 法 第 73 条 Q36 解 雇 されたのに 離 職 票 には 自 主 退 職 と 書 かれています どうすればいいです か 退 職 に 至 った 事 実 関 係 と 離 職 票 に 書 かれている 離 職 理 由 が 違 う 場 合 は 離 職 票 の 所 定 欄 に 異 議 がある ことを 記 載 しましょう 失 業 等 給 付 を 受 給 するまでの 手 順 については 事 業 主 が 雇 用 保 険 被 保 険 者 離 職 証 明 書 において 主 たる 離 職 理 由 に 該 当 する 項 目 を1つ 選 択 し 所 定 欄 に 印 を 記 入 するとともに 具 体 的 事 情 記 載 欄 にその 具 体 事 情 を 記 載 した 上 で 離 職 者 が 事 業 主 の 記 載 した 理 由 に 係 る 異 議 の 有 無 を 記 載 ( 署 名 押 印 含 む)した 後 事 業 主 がハローワークに 同 証 明 書 を 提 出 することから 始 まります 解 雇 や 退 職 勧 奨 による 離 職 が 事 実 であるのに 事 業 主 が 労 働 者 の 個 人 的 な 事 情 による 離 職 とし ている 場 合 労 働 者 が 所 定 の 欄 に 異 議 があることを 記 載 し 最 終 的 にハローワークが 労 使 から 事 情 な どを 確 認 した 上 で 受 給 資 格 が 判 定 されます Q37 契 約 社 員 やパート 社 員 派 遣 社 員 も 雇 用 保 険 に 加 入 することはできるのですか 有 期 労 働 契 約 の 契 約 社 員 パートタイム 労 働 者 ( 短 時 間 労 働 者 ) 派 遣 労 働 者 でも 11 週 間 の 所 定 労 働 時 間 が 20 時 間 以 上 であること 231 日 以 上 の 雇 用 見 込 みがあること の 2 つの 要 件 を 満 たせば 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 となります 31 日 以 上 の 雇 用 見 込 みがあること とは 31 日 以 上 の 雇 用 が 継 続 しないことが 明 確 ではないとい うことです そのため たとえば 次 の 場 合 には 契 約 の 期 間 が 31 日 未 満 であっても 原 則 として 雇 用 保 険 が 適 用 されます 有 期 の 労 働 契 約 書 に 更 新 する 場 合 がある との 定 めがあり 31 日 未 満 での 雇 止 めの 明 示 がない 場 合 有 期 の 労 働 契 約 書 に 更 新 の 定 めはないが 同 様 の 契 約 により 同 一 の 労 働 者 が 31 日 以 上 雇 用 された 実 績 がある 場 合

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

労働法ハンドブック-15.indd

労働法ハンドブック-15.indd 4 会 社 を 辞 めるとき 1 退 職 するとき 労 働 者 の 意 思 で 会 社 を 辞 めることを 退 職 会 社 から 辞 めさせられる ことを 解 雇 と 言 います 会 社 を 退 職 することは 労 働 者 の 自 由 ですが 事 前 に 話 もせず いき なり 会 社 に 行 かなくなるというようなことはルール 違 反 です 退 職 の 意 思 をあらかじめ 伝 え 仕 事 の 引

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

2-3 現 在 もハローワークに 求 人 票 を 提 出 していますが 本 事 業 を 受 託 するにあたり 改 めて 求 人 票 を 出 し 直 す 必 要 はあ るのか 必 ず 改 めて 求 人 票 を 出 していただき 求 人 票 の 備 考 欄 に 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造

2-3 現 在 もハローワークに 求 人 票 を 提 出 していますが 本 事 業 を 受 託 するにあたり 改 めて 求 人 票 を 出 し 直 す 必 要 はあ るのか 必 ず 改 めて 求 人 票 を 出 していただき 求 人 票 の 備 考 欄 に 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造 平 成 25-26 年 度 起 業 支 援 型 地 域 雇 用 創 造 事 業 介 護 雇 用 プログラム 委 託 業 務 ( 平 成 25 年 度 募 集 分 )Q&A ( 別 紙 4) ( 平 成 25.12) 番 号 質 問 回 答 1 応 募 資 格 について 1-1 応 募 は 法 人 名 と 施 設 名 どちらで 行 えばいいですか 県 内 に 複 数 施 設 を 有 している 場 合

More information

国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 4 9 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 教 育 研 究 の 特 性 に 留 意 して 国 立

More information

育 児 休 業 関 連 の 諸 制 度 産 前 6 週 間 出 産 産 後 8 週 間 子 が 1 歳 子 が 1 歳 2 ヶ 月 子 が 3 歳 子 が 小 学 校 入 学 女 性 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 保 育 所 に 入 所 を 希 望 しているが 入 所 できない 等 の 場

育 児 休 業 関 連 の 諸 制 度 産 前 6 週 間 出 産 産 後 8 週 間 子 が 1 歳 子 が 1 歳 2 ヶ 月 子 が 3 歳 子 が 小 学 校 入 学 女 性 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 保 育 所 に 入 所 を 希 望 しているが 入 所 できない 等 の 場 育 児 介 護 休 業 法 が 改 正 されます 改 正 育 児 介 護 休 業 法 が 平 成 22 年 6 月 30 日 に 施 行 されます 今 回 の 育 児 休 業 関 係 の 改 正 は 少 子 化 の 流 れを 変 え 男 女 ともに 子 育 てをしながら 働 き 続 けることができる 社 会 を 目 指 して 行 われます また 介 護 休 業 関 係 の 改 正 は 高 齢 化 が

More information

平 成 23 年 5 月 ( 平 成 25 年 4 月 一 部 改 正 ) 労 働 条 件 通 知 書 について 就 職 が 決 まり 働 き 始 めています 面 接 時 に 社 長 から 労 働 条 件 についておおまかな 話 はありま したが 書 面 での 提 示 は 有 りませんし 就 業 規

平 成 23 年 5 月 ( 平 成 25 年 4 月 一 部 改 正 ) 労 働 条 件 通 知 書 について 就 職 が 決 まり 働 き 始 めています 面 接 時 に 社 長 から 労 働 条 件 についておおまかな 話 はありま したが 書 面 での 提 示 は 有 りませんし 就 業 規 労 働 相 談 Q&A みなくる 通 信 より (H23.4~H25.8 掲 載 分 ) 鳥 取 県 中 小 企 業 労 働 相 談 所 みなくる 目 次 採 用 労 働 契 約 に 関 すること 休 日 休 暇 に 関 すること 労 働 条 件 通 知 書 1 有 給 休 暇 の 付 与 と 請 求 16 求 人 票 の 内 容 と 労 働 条 件 の 違 い 2 休 日 17 試 用 期 間 3

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

- 目 次 - ページ Q1: 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 とはどのような 制 度 でしょうか 3 Q2: 新 たに 従 業 員 を 採 用 したときは どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 5 Q3: 従 業 員 が 退 職 したとき 等 は どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 8 Q4: 扶 養 家 族 を 被 扶 養 者 とするときや 被 扶 養 者 に 異 動

More information

( 月 額 で 支 給 されるもの) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 ( 1 2) 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 等 1 傷 病 手 当 金 出 産 手 当 金 又 は 休 業 手 当 金 ( 以 下 傷 病 手 当 金 等 という ) と 報 酬 との 調 整 につい

( 月 額 で 支 給 されるもの) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 ( 1 2) 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 等 1 傷 病 手 当 金 出 産 手 当 金 又 は 休 業 手 当 金 ( 以 下 傷 病 手 当 金 等 という ) と 報 酬 との 調 整 につい 1 休 業 給 付 と 報 酬 との 調 整 (1) 調 整 方 法 の 変 更 点 標 準 報 酬 制 導 入 前 は 傷 病 手 当 金 出 産 手 当 金 休 業 手 当 金 育 児 休 業 手 当 金 又 は 介 護 休 業 手 当 金 の 支 給 期 間 に 係 る 給 料 の 全 部 又 は 一 部 を 受 ける 場 合 には その 受 ける 金 額 の 限 度 で 調 整 を 行 う

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

<5461726F2D8BB388F5906C8E968B4B91A52E6A7464>

<5461726F2D8BB388F5906C8E968B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 教 員 人 事 規 則 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 平 成 1 6 年 規 則 第 2 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 1 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 3 条 第 1 項

More information

§5 被扶養者の認定及び取消し

§5 被扶養者の認定及び取消し 7 被 扶 養 者 の 認 定 及 び 取 消 し( 法 第 2 条 第 1 項 第 2 号, 施 行 令 第 条, 運 用 方 針 第 2 条 関 係, 法 第 55 条, 施 行 規 程 第 94 条 ) 共 済 組 合 の 被 扶 養 者 主 として 組 合 員 の 収 入 により 生 計 を 維 持 し, 組 合 員 と 一 定 の 身 分 関 係 にある 人 は, 被 扶 養 者 とし て

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正)

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正) 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 38 号 最 終 改 正 平 成 26 年 12 月 18 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 任 免 ( 第 5 条 第 29 条 ) 第 1 節 採 用 ( 第 5 条 第 9 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 等

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

(1) 上 記 1の 計 画 が 認 定 された 日 ( 以 下 受 給 資 格 認 定 日 という)の 翌 日 から6か 月 以 内 に 雇 い 入 れ ること (2)10 人 以 上 雇 い 入 れること (3) 雇 用 保 険 一 般 被 保 険 者 として 雇 い 入 れ 継 続 して 雇

(1) 上 記 1の 計 画 が 認 定 された 日 ( 以 下 受 給 資 格 認 定 日 という)の 翌 日 から6か 月 以 内 に 雇 い 入 れ ること (2)10 人 以 上 雇 い 入 れること (3) 雇 用 保 険 一 般 被 保 険 者 として 雇 い 入 れ 継 続 して 雇 7 中 小 企 業 障 害 者 多 数 雇 用 施 設 設 置 等 助 成 金 障 害 者 の 雇 入 れに 係 る 計 画 を 作 成 し 当 該 計 画 に 基 づき 障 害 者 を10 人 以 上 雇 用 すると ともに 障 害 者 の 雇 入 れに 必 要 な 事 業 所 の 施 設 設 備 等 の 設 置 整 備 をする 中 小 企 業 であ る 事 業 主 に 対 して 助 成 を 行

More information

建築士事務所登録と変更等のご案内

建築士事務所登録と変更等のご案内 建 築 士 事 務 所 登 録 と 変 更 等 の 手 引 き 1 建 築 士 事 務 所 の 登 録 とは( 建 築 士 法 第 23 条 ) 平 成 23 年 4 月 2 登 録 ( 新 規 及 び 更 新 )の 申 請 手 続 き (1) 法 人 の 場 合 (2) 個 人 の 場 合 3 変 更 の 届 出 ( 建 築 士 法 第 23 条 の5) 4 廃 業 等 の 届 出 ( 建 築 士

More information

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D F58F418BC68B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 3 月 30 日 平 成 18 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 30 日 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 5 月 29 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 (

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

<31328B4B96F18DEC90AC8FE382CC97AF88D38E968D8091BC28377E E786C7378>

<31328B4B96F18DEC90AC8FE382CC97AF88D38E968D8091BC28377E E786C7378> 地 縁 団 体 規 約 作 成 例 と 作 成 上 の 留 意 事 項 資 料 1 規 約 の 例 を 示 すと 次 のとおりです ただし これは 一 般 的 な 例 を 示 したものに 過 ぎないの で 各 地 縁 団 体 で 規 約 作 成 に 当 たっては 規 約 例 及 び 留 意 点 を 参 考 としながら 各 地 縁 団 体 の 実 情 に 合 った 定 めをすることが 必 要 です なお

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの 東 京 工 業 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 18 条 ~ 第 42 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 43 条 ~ 第 66 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 67 条 ~ 第

More information

宇都宮大学○○○○規程

宇都宮大学○○○○規程 国 立 大 学 法 人 宇 都 宮 大 学 職 員 就 業 規 則 制 定 平 成 16 規 程 第 10 号 一 部 改 正 平 成 17 規 程 第 18 号 平 成 18 規 程 第 6 号 平 成 19 規 程 第 19 号 平 成 20 規 程 第 77 号 平 成 21 規 程 第 18 号 平 成 22 規 程 第 97 号 平 成 25 規 程 第 20 号 平 成 25 規 程 第

More information

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 20 年 3 月 26 日 規 程 第 80 号 改 正 平 成 20 年 12 月 10 日 規 程 第 99 号 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 164 号 改 正 平 成 25 年 3 月 27

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

平成23年12月13日

平成23年12月13日 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 11 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき 地 方 独 立 行 政 法 人 大

More information

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書..

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書.. 社 会 保 険 労 働 保 険 労 務 管 理 主 要 手 続 一 覧 (2012.4 現 在 ) 1. 社 会 保 険 の 基 本... 4 関 係 諸 機 関 の 連 絡 先... 4 各 種 手 続 きの 確 認... 5 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 新 規 適 用 届... 7 労 働 保 険 保 険 関 係 成 立 届 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 設 置 届... 8

More information

就 業 規 則

就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 契 約 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 平 成 18 年 4 月 1 日 国 語 研 規 則 第 7 号 改 正 平 成 20 年 2 月 12 日 改 正 平 成 21 年 3 月 10 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 ( 以 下 研 究 所 という )の 業 務

More information

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神

More information

は じ め に この 申 請 の 手 引 きは 起 業 者 が 裁 決 の 申 請 と 明 渡 裁 決 の 申 立 てをする 際 に 必 要 になると 思 われる 点 についてまとめたものです まず 収 用 制 度 の 意 味 と 土 地 収 用 法 における 用 語 を 説 明 します 次 に 手

は じ め に この 申 請 の 手 引 きは 起 業 者 が 裁 決 の 申 請 と 明 渡 裁 決 の 申 立 てをする 際 に 必 要 になると 思 われる 点 についてまとめたものです まず 収 用 制 度 の 意 味 と 土 地 収 用 法 における 用 語 を 説 明 します 次 に 手 申 請 の 手 引 平 成 24 年 3 月 東 京 都 収 用 委 員 会 事 務 局 は じ め に この 申 請 の 手 引 きは 起 業 者 が 裁 決 の 申 請 と 明 渡 裁 決 の 申 立 てをする 際 に 必 要 になると 思 われる 点 についてまとめたものです まず 収 用 制 度 の 意 味 と 土 地 収 用 法 における 用 語 を 説 明 します 次 に 手 続 編 で

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号) 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 静 岡 県 静 岡 市 清 水 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 必 要

More information

健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 の 実 際 の 報 酬 と 標 準 との 間 に 大 きな 差 が 生 じないように 7 月 1 日 現 在 で 使 用 している 全 ての 被 保 険 者 に4~6 月 に 支 払 った 賃 金 を 事 業 主 の 方 から 算

健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 の 実 際 の 報 酬 と 標 準 との 間 に 大 きな 差 が 生 じないように 7 月 1 日 現 在 で 使 用 している 全 ての 被 保 険 者 に4~6 月 に 支 払 った 賃 金 を 事 業 主 の 方 から 算 算 定 基 礎 届 の 記 入 提 出 ガイドブック 平 成 25 年 度 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 の 実 際 の 報 酬 と 標 準 との 間 に 大 きな 差 が 生 じないように 7 月 1 日 現 在 で 使 用 している 全 ての 被 保 険 者 に4~6 月 に 支 払 った 賃 金 を 事 業 主 の 方 から 算 定 基 礎 届 によって

More information

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 12 号 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 24 年 12 月 7 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の 準 職 員 就 業 規 則 及 び 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 麦 の 子 会 ( 以 下 法 人 という ) 就 業 規 則 第 3 条 の 規 定 に 基 づいて 雇 用 する 準 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 に 定

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

第1章 総則

第1章 総則 派 遣 社 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 程 は 株 式 会 社 キイパーソン( 以 下 会 社 という)の 派 遣 スタッフの 就 業 に 関 する 事 項 を 定 める 2.この 規 程 および 付 属 規 程 に 定 めのない 事 項 は 個 別 の 就 業 条 件 明 示 書 兼 雇 用 契 約 書 ( 以 下 明 示 書 という)お よび 労

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

学校法人盛岡大学就業規則

学校法人盛岡大学就業規則 学 校 法 人 盛 岡 大 学 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 学 校 法 人 盛 岡 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 の 就 業 に 関 し 基 本 的 な 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 及 びこの 規 則 において 別 に 定 めることとされている 制 度 は すべて 一 体 として 常 に 法

More information

はじめに 労 働 事 件 特 に 解 雇 退 職 の 場 合 事 件 解 決 過 程 で 社 会 保 険 労 働 保 険 の 扱 いが 問 題 となることがあります 例 えば 解 雇 が 無 効 となった 場 合 に 一 度 喪 失 した 厚 生 年 金 保 険 や 健 康 保 険 の 資 格 はど

はじめに 労 働 事 件 特 に 解 雇 退 職 の 場 合 事 件 解 決 過 程 で 社 会 保 険 労 働 保 険 の 扱 いが 問 題 となることがあります 例 えば 解 雇 が 無 効 となった 場 合 に 一 度 喪 失 した 厚 生 年 金 保 険 や 健 康 保 険 の 資 格 はど 平 成 24 年 6 月 13 日 東 京 弁 護 士 会 平 成 24 年 度 春 季 労 働 法 専 門 講 座 労 働 事 件 解 決 の 過 程 で 社 会 保 険 労 働 保 険 はどうなるのか 場 所 ; 弁 護 士 会 館 3 階 301 会 議 室 時 間 ;18:00~20:00 講 師 鳥 井 玲 子 ( 特 定 社 会 保 険 労 務 士 ) 1 はじめに 労 働 事 件 特

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

契約社員・アルバイト規程

契約社員・アルバイト規程 契 約 職 員 アルバイト 規 程 一 般 財 団 法 人 Rubyアソシエーション 平 成 23 年 7 月 27 日 作 成 施 行 平 成 26 年 6 月 12 日 第 2 条 及 び 第 8 条 改 正 第 1 条 ( 目 的 ) 第 1 章 : 総 則 1.この 規 程 は 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 契 約 職 員 およびアルバイトの 服 務 と 就 業 条 件 に

More information

原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 ( 平 成 20 4 月 1 日 改 正 ) (この 保 険 の 概 要 ) この 保 険 は 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 により 増 減 する 積 立 額 または 基 本 保 険 額 に

原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 ( 平 成 20 4 月 1 日 改 正 ) (この 保 険 の 概 要 ) この 保 険 は 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 により 増 減 する 積 立 額 または 基 本 保 険 額 に 原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 目 次 この 保 険 の 概 要 1. 特 別 勘 定 および 積 立 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 特 別 勘 定 群 および 特 別 勘 定 群 に 含 まれる 特 別 勘 定 の 種 類 第 3 条 特 別 勘 定 の 指 定 第 4 条 積 立 第 5 条 特 別 勘 定 の 廃 止 に 伴 う 積 立 の 移 転 9.

More information

Taro-25年度ガイドブック労働法P4

Taro-25年度ガイドブック労働法P4 パートタイマーや 臨 時 日 雇 労 働 者 の 雇 用 は パートタイマーとは パートタイマーという 言 葉 はよく 使 われている 言 葉 ですが 法 令 上 の 定 義 は ありませんでした 平 成 5 年 に 施 行 されたパートタイム 労 働 法 では パートタイム 労 働 者 ( 短 時 間 労 働 者 )を 1 週 間 の 所 定 労 働 時 間 が 同 一 の 事 業 所 に 雇 用

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information

型 的 な 労 働 条 件 の 相 違 があることが 認 められるから 本 件 相 違 が 期 間 の 定 め の 有 無 に 関 連 して 生 じたことは 明 らかである よって 本 件 相 違 は 労 働 契 約 法 20 条 にいう 期 間 の 定 めがあることに より 生 じたといえる (2

型 的 な 労 働 条 件 の 相 違 があることが 認 められるから 本 件 相 違 が 期 間 の 定 め の 有 無 に 関 連 して 生 じたことは 明 らかである よって 本 件 相 違 は 労 働 契 約 法 20 条 にいう 期 間 の 定 めがあることに より 生 じたといえる (2 重 要 判 例 速 報 解 説 平 成 28(2016) 年 7 月 29 日 長 澤 運 輸 事 件 ( 東 京 地 判 平 成 28 年 5 月 13 日 )について 定 年 後 再 雇 用 による 嘱 託 社 員 ( 有 期 契 約 労 働 者 )と 正 社 員 ( 無 期 契 約 労 働 者 )との 間 の 賃 金 の 定 めの 相 違 が 不 合 理 であり 労 働 契 約 法 20 条

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

各種申請手続及び届出の手引きQ&A

各種申請手続及び届出の手引きQ&A 各 種 申 請 手 続 及 び 届 出 に 関 するQ&A 1 研 修 事 業 者 指 定 申 請 研 修 事 業 指 定 申 請 (Q1-1) 通 学 形 式 の 事 業 者 として 指 定 を 受 けましたが 新 たに 通 信 形 式 での 研 修 を 計 画 した 場 合 研 修 事 業 の 指 定 申 請 のみを 行 えばよいですか (A1-1) 違 います 事 業 者 指 定 された 形

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 )

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 ) 任 期 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 16 規 程 第 10 号 平 成 16 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 17 規 程 第 4 号 平 成 17 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 57 号 平 成 19 年 3 月 13 日 平 18 規 程 第 101 号 平 成 19 年 3 月 30 日 平 19 規 程 第 20 号 平 成 19 年 8 月 23 日 平 19 規

More information

国立大学法人島根大学職員の育児休業等に関する規程

国立大学法人島根大学職員の育児休業等に関する規程 国 立 大 学 法 人 島 根 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 16 年 島 大 規 則 第 17 号 ) ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 平 成 16 年 10 月 27 日 一 部 改 正 平 成 17 年 3 月 8 日 一 部 改 正 平 成 17 年 6 月 22 日 一 部 改 正 平 成 18 年 3 月 22 日 一 部 改

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

産業医学振興財団委託研究

産業医学振興財団委託研究 過 重 労 働 メンタルヘルス 対 策 マニュアル 産 業 医 学 振 興 財 団 委 託 研 究 中 小 規 模 事 業 場 におけるメンタルヘルス 対 策 の 進 め 方 に 関 する 研 究 過 重 労 働 メンタルヘルス 対 策 マニュアル 目 次 1. 過 重 労 働 で 引 き 起 こされる 健 康 障 害 と 労 災 認 定 P 1 2. 過 重 労 働 対 策 に 関 係 する 法

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

労働契約の期間を理解しよう

労働契約の期間を理解しよう 労 働 契 約 Q&A ~ 労 働 契 約 のしくみと 契 約 内 容 を 理 解 しよう~ Q1 労 働 契 約 とは どういうものですか 労 働 契 約 は 正 社 員 パートタイム 労 働 者 アルバイト 派 遣 労 働 者 契 約 社 員 など 雇 用 の 形 態 やその 名 称 によらず 労 働 者 が 使 用 者 に 使 用 されて 労 働 ( 労 務 を 提 供 )し 使 用 者 がそれに

More information

Q10 適 用 年 度 の 前 事 業 年 度 末 日 に 雇 用 者 がいない 場 合 には 雇 用 増 加 割 合 が 算 出 できないため 適 用 年 度 において 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 を 受 けることはできな いのか Q11 新 設 法 人 や 新 たに 事 業 を 開 始

Q10 適 用 年 度 の 前 事 業 年 度 末 日 に 雇 用 者 がいない 場 合 には 雇 用 増 加 割 合 が 算 出 できないため 適 用 年 度 において 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 を 受 けることはできな いのか Q11 新 設 法 人 や 新 たに 事 業 を 開 始 雇 用 促 進 税 制 に 関 する Q&A 雇 用 促 進 税 制 について Q1 雇 用 促 進 税 制 とはどのような 制 度 か ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) Q2 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 要 件 を 一 度 でも 満 たした 場 合 には その 後 適 用 年 度 中 であれば 継 続 して 雇 用 促 進 税 制 の 適 用 を 受 けることができるのか

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

 

  雇 用 契 約 書 〇 〇 〇 〇 ( 以 下 従 業 員 という )とA 株 式 会 社 ( 以 下 会 社 という )は 本 日 会 社 による 従 業 員 の 雇 用 に 関 し 以 下 のとおり 契 約 した 第 1 条 ( 従 業 員 の 地 位 契 約 期 間 等 ) 1 会 社 は 従 業 員 を 会 社 の 正 社 員 として 採 用 し 従 業 員 は 平 成 〇 〇 年 〇 〇

More information

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版 年 金 相 談 マニュアル 相 談 事 例 編 2010.07 - 目 次 - 1. 資 格 記 録 1 受 給 要 件 10 厚 生 年 金 の 適 用 関 係 10 2. 国 民 年 金 保 険 料 納 付 還 付 15 納 付 17 任 意 加 入 期 間 の 保 険 料 還 付 23 3. 過 去 記 録 整 備 27 4.ユーザID パスワード 39 5. ねんきん 定 期 便 ( 平 成

More information

<8E9696B195D28169483238944E378C8E816A2E786264>

<8E9696B195D28169483238944E378C8E816A2E786264> 市 町 村 職 員 の 退 職 手 当 の 手 引 き ~ 事 務 編 ~ ( 平 成 28 年 7 月 ) 福 島 県 市 町 村 総 合 事 務 組 合 ~ 事 務 編 ~ 目 次 第 1 職 員 関 係 の 報 告 等 事 項 1 職 員 を 採 用 したとき( 又 は 特 別 職 が 就 任 したとき) 1 (1) 特 別 職 (2) 一 般 職 2 退 職 したとき 2 (1) 特 別 職

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2 全 国 天 然 木 化 粧 合 単 板 工 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 昭 和 47 年 4 月 10 日 設 立 認 可 昭 和 47 年 4 月 21 日 成 立 昭 和 49 年 10 月 3 日 定 款 変 更 昭 和 51 年 6 月 17 日 定 款 変 更 昭 和 53 年 6 月 19 日 定 款 変 更 昭 和 57 年 7 月 1 日 定 款 変 更 昭 和 62 年

More information

1. 算 定 基 礎 届 の 提 出 について ⑴ 提 出 期 間 等 提 出 期 間 : 7 月 1 日 から 7 月 10 日 まで 提 出 方 法 : 郵 送 または 管 轄 の 年 金 事 務 所 へ 持 参 ( 郵 送 での 提 出 にご 協 力 をお 願 いします) 照 会 先 : 管

1. 算 定 基 礎 届 の 提 出 について ⑴ 提 出 期 間 等 提 出 期 間 : 7 月 1 日 から 7 月 10 日 まで 提 出 方 法 : 郵 送 または 管 轄 の 年 金 事 務 所 へ 持 参 ( 郵 送 での 提 出 にご 協 力 をお 願 いします) 照 会 先 : 管 算 定 基 礎 届 の 記 入 提 出 ガイドブック 平 成 26 年 度 1. 算 定 基 礎 届 の 提 出 について ⑴ 提 出 期 間 等 提 出 期 間 : 7 月 1 日 から 7 月 10 日 まで 提 出 方 法 : 郵 送 または 管 轄 の 年 金 事 務 所 へ 持 参 ( 郵 送 での 提 出 にご 協 力 をお 願 いします) 照 会 先 : 管 轄 の 年 金 事 務 所

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

在職年数

在職年数 東 京 都 市 町 村 職 員 退 職 手 当 組 合 退 職 手 当 支 給 条 例 施 行 規 則 ( 昭 和 51 年 3 月 31 日 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 51 年 4 月 9 日 規 則 第 2 号 昭 和 54 年 3 月 24 日 規 則 第 2 号 昭 和 60 年 5 月 1 日 規 則 第 1 号 昭 和 61 年 4 月 1 日 規 則 第 1 号 平 成 2

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 労 働 契 約 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 改 正 労 働 契 約 法 が 2012 年 8 月 3 日 に 成 立 し 同 年 8 月 10 日 に 公 布 された 今 回 の 改 正 内 容 のうち いわゆる 雇

More information

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 平 成 26 年 3 月 25 日 ) 改 正 平 26 規 程 第 16 号 平 成 26 年 11 月 28 日 平 26 規 程 第 41 号 平 成 27 年 1 月 28 日 平 26 規 程 第 67 号 平 成 27 年 3 月 31 日 平 27 規 程 第 28 号 平 成 28 年 3 月

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

筑 波 大 学 平 成 28 年 度 第 1 期 ( 春 学 期 ) 授 業 料 免 除 申 請 のしおり 留 学 生 以 外 用 ~ 新 入 生 版 ~ 申 請 期 間 平 成 28 年 度 新 入 生 平 成 28 年 4 月 7 日 ( 木 )~ 平 成 28 年 4 月 18 日 ( 月 )( 厳 守 ) 4 月 13 日 ( 水 )までに 対 応 支 援 室 にて 申 請 書 類 の 確

More information

被扶養者の認定取扱について

被扶養者の認定取扱について 日 本 マクドナルド 健 康 保 険 組 合 被 扶 養 者 認 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 健 康 保 険 法 第 3 条 第 7 項 の 規 定 による 被 扶 養 者 の 認 定 について 日 本 マクドナル ド 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という)が 適 正 かつ 公 平 に 行 うための 具 体 的 事 項 を 定 めることを 目 的 と する

More information

国立大学法人上越教育大学職員就業規則

国立大学法人上越教育大学職員就業規則 国 立 大 学 法 人 上 越 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 ) 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 4 日 規 則 第 1 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基

More information

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは 神 奈 川 県 タクシー 厚 生 共 済 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする (

More information

ついては, 別 に 定 める 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 任 用 規 程 ( 平 成 17 年 規 程 第 44 号 )による ( 労 働 条 件 の 明 示 ) 第 7 条 学 長 は 職 員 の 採 用 に 際 しては, 採 用 する 職 員 に 対 し, 次 の 事

ついては, 別 に 定 める 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 任 用 規 程 ( 平 成 17 年 規 程 第 44 号 )による ( 労 働 条 件 の 明 示 ) 第 7 条 学 長 は 職 員 の 採 用 に 際 しては, 採 用 する 職 員 に 対 し, 次 の 事 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 10 月 3 日 規 則 第 5 号 最 終 改 正 平 成 26 年 3 月 18 日 規 則 第 2 号 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号

More information

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 10 月 11 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 21 年 4 月 1 日 平 成 22 年 8 月 1 日 平 成 23 年 7 月 20 日 平 成 25 年 3 月 22 日 平 成 26 年 3 月 25 日 平 成 26

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63> 食 肉 センター 事 業 特 別 会 計 に 係 る 過 少 申 告 加 算 税 および 延 滞 税 の 支 出 差 止 め に 関 する 住 民 監 査 請 求 について, 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査 したので,その 結 果 を 同 項 の 規 定 により 次 のとおり 公 表 します 平 成 20 年 11 月 11 日

More information

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 - 1-27.4.1 最 終 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 教 職 員 ( 以 下 教

More information

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事

1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 課 税 について ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 は 収 入 金 額 を 課 税 標 準 として 収 入 割 の 申 告 となります ( 法 72 条 の2 72 条 の 12 第 2 号 ) ガス 供 給 業 とその 他 の 事 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の 申 告 について 埼 玉 県 県 税 事 務 所 平 成 28 年 4 月 凡 例 法 地 方 税 法 政 令 地 方 税 法 施 行 令 規 則 地 方 税 法 施 行 規 則 通 ( 県 ) 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 道 府 県 関 係 ) 1 ガス 供 給 業 を 行 う 法 人 の 事 業 税 の

More information

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2 業 務 委 託 契 約 書 ( 案 ) 収 入 印 紙 1 委 託 業 務 名 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 2 業 務 履 行 場 所 いわき 市 平 下 神 谷 他 35 箇 所 地 内 3 契 約 期 間 平 成 28 年 月 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 4 業 務 履 行 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

21401-21700 離職票の交付

21401-21700 離職票の交付 21401-21700 第 10 離 職 票 の 交 付 21401-21450 1 概 要 21401(1) 離 職 票 交 付 の 安 定 所 離 職 票 の 交 付 は 離 職 者 が 離 職 の 際 雇 用 されていた 事 業 所 の 所 在 地 を 管 轄 する 安 定 所 の 長 が 行 う 求 職 者 給 付 を 受 けようとする 者 は この 離 職 票 をその 者 の 住 所 又

More information