賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 といいます )につ いて 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 す

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 といいます )につ いて 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 す"

Transcription

1 事 故 が 発 生 した 場 合 は (1) 事 故 が 発 生 した 場 合 は ただちに 保 険 会 社 ( 東 京 海 上 日 動 火 災 保 険 株 式 会 社 )へ 連 絡 し 被 害 者 と 損 害 賠 償 の 示 談 を 行 わないようご 注 意 ください 保 険 会 社 の 了 解 なく 示 談 を 行 った 場 合 保 険 金 が 支 払 われないことがあります (2) 保 険 会 社 へ 連 絡 する 際 には 下 記 の 点 をご 報 告 ください 1 当 該 弁 理 士 業 務 を 行 った 日 時 場 所 2 事 故 の 原 因 状 況 経 緯 3 損 害 賠 償 請 求 者 の 住 所 氏 名 4 損 害 賠 償 請 求 の 内 容 (3) 保 険 金 支 払 いについては 厳 正 中 立 な 保 険 事 故 審 査 委 員 会 の 意 見 を 徴 したうえで 支 払 い 手 続 きをいたします 弁 理 士 職 業 賠 償 責 任 保 険 約 款 事 故 の 発 生 時 のご 連 絡 先 東 京 海 上 日 動 火 災 保 険 株 式 会 社 本 店 損 害 サービス 部 企 業 財 産 専 門 賠 責 損 害 サービス 課 東 京 都 千 代 田 区 三 番 町 6-4 TEL: FAX: 保 険 内 容 のお 問 合 せ 先 東 京 海 上 日 動 火 災 保 険 株 式 会 社 広 域 法 人 部 法 人 第 三 課 東 京 都 千 代 田 区 三 番 町 6-4 TEL: 年 4 月 作 成

2 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 といいます )につ いて 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 すること( 以 下 保 険 事 故 といいます )によって 被 る 損 害 に 対 して 保 険 金 を 支 払 います 第 2 条 ( 損 害 の 範 囲 ) 当 会 社 が 保 険 金 を 支 払 う 前 条 の 損 害 は 次 のいずれかに 該 当 するものに 限 ります 1 法 律 上 の 損 害 賠 償 金 法 律 の 規 定 に 基 づき 被 保 険 者 が 被 害 者 に 対 して 行 う 賠 償 債 務 の 弁 済 としての 支 出 をい います 被 保 険 者 が 弁 済 によって 代 位 取 得 するものがある 場 合 は その 価 額 を 控 除 します 2 争 訟 費 用 損 害 賠 償 責 任 に 関 する 争 訟 について 被 保 険 者 が 当 会 社 の 書 面 による 同 意 を 得 て 支 出 し た 費 用 をいいます 3 損 害 防 止 軽 減 費 用 第 12 条 ( 事 故 の 発 生 )(1)3の 規 定 に 基 づき 被 保 険 者 が 他 人 から 損 害 の 賠 償 を 受 ける 権 利 の 保 全 もしくは 行 使 について 必 要 な 手 続 を 行 いまたは 既 に 発 生 した 事 故 に 係 る 損 害 の 発 生 もしくは 拡 大 の 防 止 について 必 要 なその 他 の 手 段 を 講 じた 場 合 (4に 規 定 する 場 合 を 除 きます )において 被 保 険 者 がその 手 続 または 手 段 のために 当 会 社 の 書 面 による 同 意 を 得 て 支 出 した 必 要 または 有 益 な 費 用 をいいます 4 緊 急 措 置 費 用 第 12 条 (1)3の 規 定 に 基 づき 被 保 険 者 が 必 要 な 手 続 を 行 いまたは 手 段 を 講 じた 後 に 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 しないことが 判 明 した 場 合 において 被 保 険 者 が 支 出 した 応 急 手 当 護 送 その 他 の 緊 急 措 置 に 要 した 費 用 または 当 会 社 の 書 面 による 同 意 を 得 て 支 出 したそ の 他 の 費 用 をいいます 5 協 力 費 用 第 13 条 ( 損 害 賠 償 請 求 解 決 のための 協 力 )(1)の 規 定 に 基 づき 当 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 による 損 害 賠 償 請 求 の 解 決 に 当 たる 場 合 において 被 保 険 者 が 当 会 社 の 求 めに 応 じて 協 力 するために 支 出 した 費 用 をいいます 第 3 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 身 体 の 障 害 財 物 損 壊 売 上 高 定 義 人 の 傷 害 および 疾 病 ならびにこれらに 起 因 する 後 遺 障 害 および 死 亡 をいいます 財 産 的 価 値 のある 有 体 物 をいいます 有 体 物 とは 有 形 的 存 在 を 有 する 固 体 液 体 または 気 体 をいい データ ソフトウエアもしくはプログラム 等 の 無 体 物 漁 業 権 特 許 権 もしくは 著 作 権 その 他 の 権 利 または 電 気 もしくはエネルギーを 含 みません 滅 失 破 損 または 汚 損 をいいます 滅 失 とは 財 物 がその 物 理 的 存 在 を 失 うこと をいい 紛 失 盗 取 詐 取 および 横 領 を 含 みません 破 損 とは 財 物 が 予 定 または 意 図 されない 物 理 的 化 学 的 または 生 物 学 的 な 変 化 によりその 客 観 的 な 経 済 的 価 値 を 減 少 させることをいいます 汚 損 とは 財 物 が 予 定 または 意 図 されない 事 由 によって 汚 れることによりその 客 観 的 な 経 済 的 価 値 を 減 少 させることをいいます 保 険 期 間 中 に 被 保 険 者 が 販 売 または 提 供 する 商 品 またはサービスの 税 込 対 価 の 総 額 をいいます 完 成 工 事 高 賃 金 入 場 者 他 の 保 険 契 約 等 保 険 期 間 中 に 被 保 険 者 が 完 成 させる 工 事 に 関 する 税 込 収 益 の 総 額 をいいます 保 険 期 間 中 に 被 保 険 者 が 労 働 の 対 価 として 被 用 者 に 支 払 う 税 込 金 銭 の 総 額 をいいます 保 険 期 間 中 に 施 設 に 入 場 する 利 用 者 の 総 数 をいいます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 損 害 を 補 償 する 他 の 保 険 契 約 または 共 済 契 約 をいいます 第 4 条 ( 責 任 の 限 度 ) (1) 当 会 社 は 法 律 上 の 損 害 賠 償 金 については 1 回 の 事 故 について その 額 が 保 険 証 券 に 記 載 された 免 責 金 額 を 超 過 する 場 合 に 限 り その 超 過 額 のみに 対 して 保 険 金 を 支 払 います ただし 当 会 社 が 支 払 う 保 険 金 の 額 は 保 険 証 券 に 記 載 された 支 払 限 度 額 ( 以 下 支 払 限 度 額 といいます )を 限 度 とします (2) 当 会 社 は 争 訟 費 用 については その 全 額 に 対 して 保 険 金 を 支 払 います ただし 法 律 上 の 損 害 賠 償 金 の 額 が 支 払 限 度 額 を 超 える 場 合 は 次 の 算 式 により 算 出 される 金 額 のみに 対 して 保 険 金 を 支 払 います 支 払 限 度 額 保 険 金 の 額 = 争 訟 費 用 の 額 法 律 上 の 損 害 賠 償 金 の 額 (3) 当 会 社 は 損 害 防 止 軽 減 費 用 緊 急 措 置 費 用 および 協 力 費 用 については それらの 全 額 に 対 して 保 険 金 を 支 払 います 第 5 条 ( 保 険 責 任 の 始 期 および 終 期 ) (1) 当 会 社 の 保 険 責 任 は 保 険 証 券 記 載 の 保 険 期 間 ( 以 下 保 険 期 間 といいます )の 初 日 の 午 後 4 時 ( 保 険 証 券 にこれと 異 なる 時 刻 が 記 載 されている 場 合 は その 時 刻 )に 始 まり 末 日 の 午 後 4 時 に 終 わります (2)(1)の 時 刻 は 日 本 国 の 標 準 時 によるものとします (3) 保 険 期 間 が 始 まった 後 であっても 当 会 社 は 保 険 料 領 収 前 に 発 生 した 事 故 による 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 第 6 条 ( 告 知 義 務 ) (1) 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 になる 者 は 保 険 契 約 締 結 の 際 危 険 ( 損 害 の 発 生 の 可 能 性 をい います 以 下 同 様 とします )に 関 する 重 要 な 事 項 のうち 保 険 契 約 申 込 書 その 他 の 書 類 の 記 載 事 項 とすることによって 当 会 社 が 告 知 を 求 めたもの( 他 の 保 険 契 約 等 に 関 する 事 項 を 含 みます 以 下 告 知 事 項 といいます )について 当 会 社 に 事 実 を 正 確 に 告 げなければなりません (2) 保 険 契 約 締 結 の 際 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 告 知 事 項 について 故 意 または 重 大 な 過 失 によって 事 実 を 告 げなかった 場 合 または 事 実 と 異 なることを 告 げた 場 合 は 当 会 社 は 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 解 除 することができます (3)(2)の 規 定 は 次 のいずれかに 該 当 する 場 合 には 適 用 しません 1 (2)の 事 実 がなくなった 場 合 2 当 会 社 が 保 険 契 約 締 結 の 際 (2)に 規 定 する 事 実 を 知 っていた 場 合 または 過 失 によってこれを 知 らなかった 場 合 ( 当 会 社 のために 保 険 契 約 の 締 結 の 代 理 を 行 う 者 が 事 実 を 告 げることを 妨 げた 場 合 または 事 実 を 告 げないこともしくは 事 実 と 異 なることを 告 げることを 勧 めた 場 合 を 含 みます ) 3 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 事 故 による 損 害 の 発 生 前 に 告 知 事 項 につき 書 面 をもっ て 訂 正 を 当 会 社 に 申 し 出 て 当 会 社 がこれを 承 認 した 場 合 なお 当 会 社 は 訂 正 の 申 出 を 受 けた 場 合 において その 訂 正 を 申 し 出 た 事 実 が 保 険 契 約 締 結 の 際 に 当 会 社 に 告 げられていたとしても 当 会 社 が 保 険 契 約 を 締 結 していた と 認 めるときに 限 り これを 承 認 するものとします 4 当 会 社 が(2)の 規 定 による 解 除 の 原 因 があることを 知 った 時 から1か 月 を 経 過 した 場 合 または 保 険 契 約 締 結 時 から5 年 を 経 過 した 場 合 1 2

3 (4)(2)の 規 定 による 解 除 が 事 故 による 損 害 の 発 生 後 になされた 場 合 であっても 当 会 社 は 第 19 条 ( 保 険 契 約 解 除 の 効 力 )の 規 定 にかかわらず 保 険 金 を 支 払 いません この 場 合 にお いて 既 に 保 険 金 を 支 払 っていたときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 することができます (5)(4)の 規 定 は (2)に 規 定 する 事 実 に 基 づかずに 発 生 した 事 故 による 損 害 には 適 用 しません 第 7 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 ) 当 会 社 は 直 接 であるか 間 接 であるかにかかわらず 次 の 事 由 に 起 因 する 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 1 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 の 故 意 2 戦 争 ( 宣 戦 の 有 無 を 問 いません ) 変 乱 暴 動 騒 じょうまたは 労 働 争 議 3 地 震 噴 火 洪 水 津 波 または 高 潮 第 8 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 ) 当 会 社 は 特 約 を 付 帯 した 場 合 を 除 き 直 接 であるか 間 接 であるかにかかわらず 被 保 険 者 が 次 の 賠 償 責 任 を 負 担 することによって 被 る 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 1 被 保 険 者 と 他 人 との 間 に 損 害 賠 償 に 関 する 特 別 の 約 定 がある 場 合 において その 約 定 に よって 加 重 された 賠 償 責 任 2 被 保 険 者 が 所 有 使 用 または 管 理 する 財 物 の 損 壊 について その 財 物 に 対 し 正 当 な 権 利 を 有 する 者 に 対 して 負 担 する 賠 償 責 任 3 被 保 険 者 と 同 居 する 親 族 に 対 する 賠 償 責 任 4 被 保 険 者 の 使 用 人 が 被 保 険 者 の 業 務 に 従 事 中 に 被 った 身 体 の 障 害 に 起 因 する 賠 償 責 任 5 排 水 または 排 気 ( 煙 を 含 みます )に 起 因 する 賠 償 責 任 第 9 条 ( 調 査 ) (1) 被 保 険 者 は 常 に 保 険 事 故 の 発 生 を 予 防 するために 必 要 な 措 置 を 講 じるものとします (2) 当 会 社 は 保 険 期 間 中 いつでも(1)の 予 防 措 置 の 状 況 を 調 査 し かつ その 不 備 の 改 善 を 被 保 険 者 に 請 求 することができます 第 10 条 ( 通 知 義 務 ) (1) 保 険 契 約 締 結 の 後 告 知 事 項 の 内 容 に 変 更 を 生 じさせる 事 実 ( 告 知 事 項 のうち 保 険 契 約 締 結 の 際 に 当 会 社 が 交 付 する 書 面 等 においてこの 条 の 適 用 がある 事 項 として 定 めたも のに 関 する 事 実 に 限 ります )が 発 生 した 場 合 は 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 は 遅 滞 なく その 旨 を 当 会 社 に 通 知 しなければなりません ただし その 事 実 がなくなった 場 合 は 当 会 社 への 通 知 は 必 要 ありません (2)(1)の 事 実 の 発 生 によって 危 険 増 加 ( 告 知 事 項 についての 危 険 が 高 くなり この 保 険 契 約 で 定 められている 保 険 料 がその 危 険 を 計 算 の 基 礎 として 算 出 される 保 険 料 に 不 足 する 状 態 に なることをいいます 以 下 同 様 とします )が 生 じた 場 合 において 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 故 意 または 重 大 な 過 失 によって 遅 滞 なく(1)の 規 定 による 通 知 をしなかったときは 当 会 社 は 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 解 除 することができます (3)(2)の 規 定 は 当 会 社 が(2)の 規 定 による 解 除 の 原 因 があることを 知 った 時 から1か 月 を 経 過 した 場 合 または 危 険 増 加 が 生 じた 時 から5 年 を 経 過 した 場 合 には 適 用 しません (4)(2)の 規 定 による 解 除 が 事 故 による 損 害 の 発 生 後 になされた 場 合 であっても 解 除 に 係 る 危 険 増 加 が 生 じた 時 から 解 除 がなされた 時 までに 発 生 した 事 故 による 損 害 に 対 しては 第 19 条 ( 保 険 契 約 解 除 の 効 力 )の 規 定 にかかわらず 当 会 社 は 保 険 金 を 支 払 いません この 場 合 において 既 に 保 険 金 を 支 払 っていたときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 することができます (5)(4)の 規 定 は その 危 険 増 加 をもたらした 事 実 に 基 づかずに 発 生 した 事 故 による 損 害 には 適 用 しません (6)(2)の 規 定 にかかわらず (1)の 事 実 の 発 生 によって 危 険 増 加 が 生 じ この 保 険 契 約 の 引 受 範 囲 ( 保 険 料 を 増 額 することにより 保 険 契 約 を 継 続 することができる 範 囲 として 保 険 契 約 締 結 の 際 に 当 会 社 が 交 付 する 書 面 等 において 定 めたものをいいます )を 超 えることとなっ た 場 合 は 当 会 社 は 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 解 除 することができます (7)(6)の 規 定 による 解 除 が 事 故 による 損 害 の 発 生 後 になされた 場 合 であっても 解 除 に 係 る 危 険 増 加 が 生 じた 時 から 解 除 がなされた 時 までに 発 生 した 事 故 による 損 害 に 対 しては 第 19 条 の 規 定 にかかわらず 当 会 社 は 保 険 金 を 支 払 いません この 場 合 において 既 に 保 険 金 を 支 払 っていたときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 することができます 第 11 条 ( 保 険 契 約 者 の 住 所 変 更 ) 保 険 契 約 者 が 保 険 証 券 記 載 の 住 所 または 通 知 先 を 変 更 した 場 合 は 保 険 契 約 者 は 遅 滞 な く その 旨 を 当 会 社 に 通 知 しなければなりません 第 12 条 ( 事 故 の 発 生 ) (1) 保 険 事 故 またはその 原 因 となるべき 偶 然 な 事 故 が 発 生 したことを 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 知 った 場 合 は 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 は 次 の1から5までのすべての 事 項 を 履 行 しなければなりません 1 事 故 発 生 の 日 時 場 所 被 害 者 の 住 所 氏 名 事 故 の 状 況 およびこれらの 事 項 の 証 人 と なる 者 がある 場 合 はその 住 所 氏 名 を また 損 害 賠 償 の 請 求 を 受 けた 場 合 は その 内 容 を 遅 滞 なく 当 会 社 に 書 面 により 通 知 すること 2 他 の 保 険 契 約 等 の 有 無 および 内 容 ( 既 に 他 の 保 険 契 約 等 から 保 険 金 または 共 済 金 の 支 払 を 受 けた 場 合 は その 事 実 を 含 みます )を 遅 滞 なく 当 会 社 に 書 面 により 通 知 すること 3 他 人 から 損 害 の 賠 償 を 受 けることができる 場 合 は その 権 利 の 保 全 または 行 使 につい て 必 要 な 手 続 をすることおよび 既 に 発 生 した 事 故 に 係 る 損 害 の 発 生 または 拡 大 を 防 止 するために 必 要 なその 他 の 一 切 の 手 段 を 講 じること 4 あらかじめ 当 会 社 の 承 認 を 得 ないで 損 害 賠 償 責 任 の 全 部 または 一 部 を 承 認 しないこと な お 応 急 手 当 護 送 その 他 の 緊 急 措 置 については 当 会 社 の 承 認 を 得 る 必 要 はありません 5 損 害 賠 償 責 任 に 関 する 訴 訟 を 提 起 しようとする 場 合 または 提 起 された 場 合 は 直 ちにその 旨 を 当 会 社 に 通 知 すること (2) 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 正 当 な 理 由 なく(1)に 規 定 する 義 務 に 違 反 した 場 合 は 当 会 社 は 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 損 害 の 額 から 次 の 金 額 を 差 し 引 いて 保 険 金 を 支 払 います 1 (1)1 2または5に 規 定 する 義 務 に 違 反 したときは それによって 当 会 社 が 被 った 損 害 の 額 2 (1)3に 規 定 する 義 務 に 違 反 したときは 損 害 の 発 生 または 拡 大 を 防 止 することができ たと 認 められる 額 3 (1)4に 規 定 する 義 務 に 違 反 したときは 被 保 険 者 に 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 がないと 認 められる 額 第 13 条 ( 損 害 賠 償 請 求 解 決 のための 協 力 ) (1) 当 会 社 は 必 要 と 認 めた 場 合 は 被 保 険 者 に 代 わって 自 己 の 費 用 で 被 害 者 による 損 害 賠 償 請 求 の 解 決 に 当 たることができます この 場 合 において 被 保 険 者 は 当 会 社 の 求 めに 応 じ その 遂 行 について 当 会 社 に 協 力 しなければなりません (2) 被 保 険 者 が 正 当 な 理 由 なく(1)の 協 力 の 要 求 に 応 じない 場 合 は 当 会 社 は それによって 当 会 社 が 被 った 損 害 の 額 を 差 し 引 いて 保 険 金 を 支 払 います 第 14 条 ( 保 険 料 の 精 算 ) (1) 保 険 料 が 売 上 高 完 成 工 事 高 賃 金 または 入 場 者 等 に 対 する 割 合 によって 定 められる 場 合 は 保 険 契 約 者 は 保 険 契 約 の 終 了 後 遅 滞 なく 保 険 料 を 確 定 するために 必 要 な 書 類 を 当 会 社 に 提 出 しなければなりません (2) 当 会 社 は 保 険 期 間 中 および 保 険 契 約 の 終 了 後 1 年 間 に 限 り 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 の 書 類 のうち 保 険 料 を 算 出 するために 必 要 と 認 めるものをいつでも 閲 覧 することができるものとします (3)(1)および(2)の 書 類 に 基 づいて 算 出 された 保 険 料 ( 保 険 証 券 記 載 の 最 低 保 険 料 に 達 しな い 場 合 は 最 低 保 険 料 とします )と 当 会 社 が 既 に 領 収 した 保 険 料 との 間 に 過 不 足 がある 場 合 は 当 会 社 は 遅 滞 なく その 差 額 を 保 険 契 約 者 に 請 求 しまたは 返 還 します 第 15 条 ( 保 険 契 約 の 無 効 ) 保 険 契 約 者 が 保 険 金 を 不 法 に 取 得 する 目 的 または 第 三 者 に 保 険 金 を 不 法 に 取 得 させる 目 的 をもって 締 結 した 保 険 契 約 は 無 効 とします 3 4

4 第 16 条 ( 保 険 契 約 の 取 消 し) 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 による 詐 欺 または 強 迫 によって 当 会 社 が 保 険 契 約 を 締 結 した 場 合 は 当 会 社 は 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 取 り 消 すことができます 第 17 条 ( 保 険 契 約 者 による 保 険 契 約 の 解 除 ) 保 険 契 約 者 は 当 会 社 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 解 除 することができます 第 18 条 ( 重 大 事 由 による 解 除 ) (1) 当 会 社 は 次 のいずれかに 該 当 する 事 由 がある 場 合 は 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 解 除 することができます 1 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 当 会 社 にこの 保 険 契 約 に 基 づく 保 険 金 を 支 払 わせる ことを 目 的 として 損 害 を 生 じさせ または 生 じさせようとしたこと 2 被 保 険 者 が この 保 険 契 約 に 基 づく 保 険 金 の 請 求 について 詐 欺 を 行 い または 行 おう としたこと 3 保 険 契 約 者 が 次 のいずれかに 該 当 すること ア. 反 社 会 的 勢 力 ( 暴 力 団 暴 力 団 員 暴 力 団 準 構 成 員 暴 力 団 関 係 企 業 その 他 の 反 社 会 的 勢 力 をいいます なお 暴 力 団 員 には 暴 力 団 員 でなくなった 日 から5 年 を 経 過 しない 者 を 含 みます 以 下 同 様 とします )に 該 当 すると 認 められること イ. 反 社 会 的 勢 力 に 対 して 資 金 等 を 提 供 し または 便 宜 を 供 与 する 等 の 関 与 をしている と 認 められること ウ. 反 社 会 的 勢 力 を 不 当 に 利 用 していると 認 められること エ. 法 人 である 場 合 において 反 社 会 的 勢 力 がその 法 人 の 経 営 を 支 配 し またはその 法 人 の 経 営 に 実 質 的 に 関 与 していると 認 められること オ.その 他 反 社 会 的 勢 力 と 社 会 的 に 非 難 されるべき 関 係 を 有 していると 認 められること 4 1から3までに 掲 げるもののほか 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 1から3までの 事 由 がある 場 合 と 同 程 度 に 当 会 社 のこれらの 者 に 対 する 信 頼 を 損 ない この 保 険 契 約 の 存 続 を 困 難 とする 重 大 な 事 由 を 生 じさせたこと (2) 当 会 社 は 被 保 険 者 が(1)3アからオまでのいずれかに 該 当 する 場 合 は 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 ( 被 保 険 者 が 複 数 である 場 合 は その 被 保 険 者 に 係 る 部 分 とします )を 解 除 することができます (3)(1)または(2)の 規 定 による 解 除 が 事 故 による 損 害 の 発 生 後 になされた 場 合 であっても (1) 1から4までの 事 由 または(2)の 解 除 の 原 因 となる 事 由 が 生 じた 時 から 解 除 がなされた 時 までに 発 生 した 事 故 による 損 害 に 対 しては 次 条 の 規 定 にかかわらず 当 会 社 は 保 険 金 を 支 払 いません この 場 合 において 既 に 保 険 金 を 支 払 っていたときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 することができます (4) 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が(1)3アからオまでのいずれかに 該 当 することにより(1)または (2)の 規 定 による 解 除 がなされた 場 合 は (3)の 規 定 は 次 の 損 害 については 適 用 しません 1 (1)3アからオまでのいずれにも 該 当 しない 被 保 険 者 に 生 じた 損 害 2 (1)3アからオまでのいずれかに 該 当 する 被 保 険 者 に 生 じた 法 律 上 の 損 害 賠 償 金 の 損 害 第 19 条 ( 保 険 契 約 解 除 の 効 力 ) 保 険 契 約 の 解 除 は 将 来 に 向 かってのみその 効 力 を 生 じます 第 20 条 ( 保 険 料 の 返 還 または 請 求 - 告 知 義 務 通 知 義 務 等 の 場 合 ) (1) 第 6 条 ( 告 知 義 務 )(1)により 告 げられた 内 容 が 事 実 と 異 なる 場 合 において 保 険 料 率 を 変 更 する 必 要 があるときは 当 会 社 は 変 更 前 の 保 険 料 率 と 変 更 後 の 保 険 料 率 との 差 に 基 づ き 計 算 した 保 険 料 を 返 還 しまたは 請 求 します (2) 第 10 条 ( 通 知 義 務 )(2)の 危 険 増 加 が 生 じた 場 合 または 危 険 が 減 少 した 場 合 において 保 険 料 率 を 変 更 する 必 要 があるときは 当 会 社 は 変 更 前 の 保 険 料 率 と 変 更 後 の 保 険 料 率 と の 差 に 基 づき 未 経 過 期 間 ( 危 険 増 加 または 危 険 の 減 少 が 生 じた 時 以 降 の 期 間 をいいま す )に 対 し 日 割 をもって 計 算 した 保 険 料 を 返 還 しまたは 請 求 します (3) 保 険 契 約 者 が(1)または(2)の 規 定 による 追 加 保 険 料 の 支 払 を 怠 った 場 合 ( 当 会 社 が 保 険 契 約 者 に 対 し 追 加 保 険 料 の 請 求 をしたにもかかわらず 相 当 の 期 間 内 にその 支 払 がなかった 場 合 に 限 ります )は 当 会 社 は 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 解 除 することができます (4)(1)または(2)の 規 定 による 追 加 保 険 料 を 請 求 する 場 合 において (3)の 規 定 により 当 会 社 が この 保 険 契 約 を 解 除 することができるときは 当 会 社 は 保 険 金 を 支 払 いません この 場 合 に おいて 既 に 保 険 金 を 支 払 っていたときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 することができます (5)(4)の 規 定 は 危 険 増 加 が 生 じた 場 合 における その 危 険 増 加 が 生 じた 時 より 前 に 発 生 し た 事 故 による 損 害 には 適 用 しません (6)(1)および(2)に 規 定 する 場 合 のほか 保 険 契 約 締 結 の 後 保 険 契 約 者 が 書 面 をもって 保 険 契 約 の 条 件 の 変 更 を 当 会 社 に 通 知 して 承 認 を 請 求 し 当 会 社 がこれを 承 認 する 場 合 におい て 保 険 料 を 変 更 する 必 要 があるときは 当 会 社 は 変 更 前 の 保 険 料 と 変 更 後 の 保 険 料 との 差 に 基 づき 計 算 した 未 経 過 期 間 ( 条 件 を 変 更 する 時 以 降 の 期 間 をいいます )に 対 する 保 険 料 を 返 還 しまたは 請 求 します (7)(6)の 規 定 による 追 加 保 険 料 を 請 求 する 場 合 において 当 会 社 の 請 求 に 対 して 保 険 契 約 者 がその 支 払 を 怠 ったときは 当 会 社 は 追 加 保 険 料 領 収 前 に 発 生 した 事 故 による 損 害 に 対 しては 保 険 契 約 条 件 の 変 更 の 承 認 の 請 求 がなかったものとして この 保 険 契 約 に 適 用 される 普 通 保 険 約 款 および 特 約 に 従 い 保 険 金 を 支 払 います 第 21 条 ( 保 険 料 の 返 還 - 無 効 または 失 効 の 場 合 ) (1) 第 15 条 ( 保 険 契 約 の 無 効 )の 規 定 により 保 険 契 約 が 無 効 となる 場 合 は 当 会 社 は 保 険 料 を 返 還 しません (2) 保 険 契 約 が 失 効 した 場 合 は 当 会 社 は 未 経 過 期 間 ( 失 効 した 時 以 降 の 期 間 をいいま す )に 対 し 日 割 をもって 計 算 した 保 険 料 を 返 還 します 第 22 条 ( 保 険 料 の 返 還 - 取 消 しの 場 合 ) 第 16 条 ( 保 険 契 約 の 取 消 し)の 規 定 により 当 会 社 が 保 険 契 約 を 取 り 消 した 場 合 は 当 会 社 は 既 に 払 い 込 まれた 保 険 料 を 返 還 しません 第 23 条 ( 保 険 料 の 返 還 - 解 除 の 場 合 ) (1) 第 6 条 ( 告 知 義 務 )(2) 第 10 条 ( 通 知 義 務 )(2)もしくは(6) 第 18 条 ( 重 大 事 由 による 解 除 ) (1)または 第 20 条 ( 保 険 料 の 返 還 または 請 求 - 告 知 義 務 通 知 義 務 等 の 場 合 )(3)の 規 定 により 当 会 社 が 保 険 契 約 を 解 除 した 場 合 は 当 会 社 は 未 経 過 期 間 ( 解 除 の 時 以 降 の 期 間 をいいます )に 対 し 日 割 をもって 計 算 した 保 険 料 を 返 還 します (2) 第 17 条 ( 保 険 契 約 者 による 保 険 契 約 の 解 除 )の 規 定 により 保 険 契 約 者 が 保 険 契 約 を 解 除 し た 場 合 は 当 会 社 は 保 険 料 から 既 経 過 期 間 ( 保 険 期 間 の 初 日 から 解 除 の 時 までの 期 間 を いいます )に 対 して 別 表 に 掲 げる 短 期 料 率 によって 計 算 した 保 険 料 を 差 し 引 いて その 残 額 を 返 還 します ただし 保 険 料 が 売 上 高 完 成 工 事 高 賃 金 または 入 場 者 等 に 対 する 割 合 に よって 定 められたものであるときは 第 14 条 ( 保 険 料 の 精 算 )(3)の 規 定 に 基 づいて 保 険 料 を 精 算 します 第 24 条 ( 先 取 特 権 - 法 律 上 の 損 害 賠 償 金 ) (1) 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 事 故 につき 被 保 険 者 に 対 して 損 害 賠 償 請 求 権 を 有 する 者 ( 以 下 被 害 者 といいます )は 被 保 険 者 の 当 会 社 に 対 する 保 険 金 請 求 権 ( 第 2 条 ( 損 害 の 範 囲 )1の 損 害 に 対 するものに 限 ります 以 下 この 条 において 同 様 とします )について 先 取 特 権 を 有 します (2) 当 会 社 が 第 2 条 1の 損 害 に 対 して 保 険 金 を 支 払 うのは 次 のいずれかに 該 当 する 場 合 に 限 り ます 1 被 保 険 者 が 被 害 者 に 対 して 賠 償 債 務 を 弁 済 した 後 に 当 会 社 から 被 保 険 者 に 支 払 う 場 合 ( 被 保 険 者 が 弁 済 した 金 額 を 限 度 とします ) 2 被 保 険 者 が 被 害 者 に 対 して 賠 償 債 務 を 弁 済 する 前 に 被 保 険 者 の 指 図 により 当 会 社 から 直 接 被 害 者 に 支 払 う 場 合 5 6

5 3 被 保 険 者 が 被 害 者 に 対 して 賠 償 債 務 を 弁 済 する 前 に 被 害 者 が 被 保 険 者 の 当 会 社 に 対 する 保 険 金 請 求 権 についての 先 取 特 権 を 行 使 したことにより 当 会 社 から 直 接 被 害 者 に 支 払 う 場 合 4 被 保 険 者 が 被 害 者 に 対 して 賠 償 債 務 を 弁 済 する 前 に 当 会 社 が 被 保 険 者 に 保 険 金 を 支 払 うことを 被 害 者 が 承 諾 したことにより 当 会 社 から 被 保 険 者 に 支 払 う 場 合 ( 被 害 者 が 承 諾 した 金 額 を 限 度 とします ) (3) 保 険 金 請 求 権 は 被 害 者 以 外 の 第 三 者 に 譲 渡 することはできません また 保 険 金 請 求 権 を 質 権 の 目 的 とし または(2)3の 場 合 を 除 き 差 し 押 さえることはできません ただし (2)1 または4の 規 定 により 被 保 険 者 が 当 会 社 に 対 して 保 険 金 の 支 払 を 請 求 することができる 場 合 を 除 きます 第 25 条 ( 保 険 金 の 請 求 ) (1) 被 保 険 者 の 保 険 金 請 求 権 は 第 2 条 ( 損 害 の 範 囲 )1の 損 害 に 対 するものは 保 険 事 故 による 損 害 が 発 生 した 時 に 同 条 2から5までの 損 害 に 対 するものは 被 保 険 者 が 費 用 を 支 出 した 時 に それぞれ 発 生 します (2) 被 保 険 者 の 保 険 金 請 求 権 は 次 に 定 める 時 から これを 行 使 できるものとします 1 第 2 条 1の 損 害 に 対 するものは 判 決 調 停 もしくは 裁 判 上 の 和 解 または 被 保 険 者 と 被 害 者 の 間 の 書 面 による 合 意 のいずれかによって 被 保 険 者 の 損 害 賠 償 責 任 の 有 無 お よび 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 損 害 の 額 が 確 定 した 時 2 第 2 条 2から5までの 損 害 に 対 するものは 第 1 条 の 損 害 の 額 が 確 定 した 時 (3) 被 保 険 者 が 保 険 金 の 支 払 を 請 求 する 場 合 は 次 の 書 類 または 証 拠 のうち 当 会 社 が 求 める ものを 保 険 証 券 に 添 えて 当 会 社 に 提 出 しなければなりません 1 保 険 金 の 請 求 書 2 被 保 険 者 が 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 することを 示 す 判 決 書 調 停 調 書 もしくは 和 解 調 書 ま たは 被 保 険 者 と 被 害 者 の 間 の 示 談 書 3 被 保 険 者 が 法 律 上 の 損 害 賠 償 金 を 弁 済 したことおよびその 金 額 を 証 明 する 書 類 4 被 保 険 者 が 保 険 金 の 請 求 をすることについて 被 害 者 の 承 諾 があったことおよびその 金 額 を 証 明 する 書 類 5 第 2 条 2から5までの 費 用 の 支 出 を 証 する 領 収 書 または 精 算 書 6 その 他 当 会 社 が 次 条 (1)に 定 める 必 要 な 事 項 の 確 認 を 行 うために 欠 くことのできない 書 類 または 証 拠 として 保 険 契 約 締 結 の 際 に 当 会 社 が 交 付 する 書 面 等 において 定 めたもの (4) 当 会 社 は 事 故 の 内 容 または 損 害 の 額 等 に 応 じ (3)に 掲 げるもの 以 外 の 書 類 もしくは 証 拠 の 提 出 または 当 会 社 が 行 う 調 査 への 協 力 を 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 に 対 して 求 めることが あります この 場 合 は 当 会 社 が 求 めた 書 類 または 証 拠 を 速 やかに 提 出 し 必 要 な 協 力 を 行 わ なければなりません (5) 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 正 当 な 理 由 なく(4)に 規 定 する 義 務 に 違 反 した 場 合 または (3)もしくは(4)の 書 類 に 事 実 と 異 なる 記 載 をし もしくはその 書 類 もしくは 証 拠 を 偽 造 しもしく は 変 造 した 場 合 は 当 会 社 は それによって 当 会 社 が 被 った 損 害 の 額 を 差 し 引 いて 保 険 金 を 支 払 います 第 26 条 ( 保 険 金 の 支 払 時 期 ) (1) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 前 条 (3)に 規 定 する 手 続 を 完 了 した 日 ( 以 下 この 条 において 請 求 完 了 日 といいます )からその 日 を 含 めて30 日 以 内 に 当 会 社 が 保 険 金 を 支 払 うために 必 要 な 次 の 事 項 の 確 認 を 終 え 保 険 金 を 支 払 います 1 保 険 金 の 支 払 事 由 発 生 の 有 無 の 確 認 に 必 要 な 事 項 として 事 故 の 原 因 事 故 発 生 の 状 況 損 害 発 生 の 有 無 および 被 保 険 者 に 該 当 する 事 実 2 保 険 金 が 支 払 われない 事 由 の 有 無 の 確 認 に 必 要 な 事 項 として 保 険 金 が 支 払 われな い 事 由 としてこの 保 険 契 約 において 定 める 事 由 に 該 当 する 事 実 の 有 無 3 保 険 金 を 算 出 するための 確 認 に 必 要 な 事 項 として 損 害 の 額 および 事 故 と 損 害 との 関 係 4 保 険 契 約 の 効 力 の 有 無 の 確 認 に 必 要 な 事 項 として この 保 険 契 約 において 定 める 解 除 無 効 失 効 または 取 消 しの 事 由 に 該 当 する 事 実 の 有 無 5 1から4までのほか 他 の 保 険 契 約 等 の 有 無 および 内 容 損 害 について 被 保 険 者 が 有 する 損 害 賠 償 請 求 権 その 他 の 債 権 および 既 に 取 得 したものの 有 無 および 内 容 等 当 会 社 が 支 払 うべき 保 険 金 の 額 を 確 定 するために 確 認 が 必 要 な 事 項 (2)(1)の 確 認 を 行 うため 次 に 掲 げる 特 別 な 照 会 または 調 査 が 不 可 欠 な 場 合 は (1)の 規 定 に かかわらず 当 会 社 は 請 求 完 了 日 からその 日 を 含 めて 次 に 掲 げる 日 数 ( 複 数 に 該 当 する 場 合 は そのうち 最 長 の 日 数 )を 経 過 する 日 までに 保 険 金 を 支 払 います この 場 合 において 当 会 社 は 確 認 が 必 要 な 事 項 およびその 確 認 を 終 えるべき 時 期 を 被 保 険 者 に 対 して 通 知 するも のとします 1 (1)1から4までの 事 項 を 確 認 するために 行 う 警 察 検 察 消 防 その 他 の 公 の 機 関 に よる 捜 査 調 査 結 果 の 照 会 ( 弁 護 士 法 に 基 づく 照 会 その 他 法 令 に 基 づく 照 会 を 含 みま す )180 日 2 (1)1から4までの 事 項 を 確 認 するために 行 う 専 門 機 関 による 鑑 定 等 の 結 果 の 照 会 90 日 3 災 害 救 助 法 が 適 用 された 災 害 の 被 災 地 域 における(1)1から5までの 事 項 の 確 認 のた めの 調 査 60 日 4 (1)1から5までの 事 項 の 確 認 を 日 本 国 内 において 行 うための 代 替 的 な 手 段 がない 場 合 の 日 本 国 外 における 調 査 180 日 (3)(1)および(2)に 掲 げる 事 項 の 確 認 または 照 会 もしくは 調 査 に 際 し 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 正 当 な 理 由 なくこれらの 実 行 を 妨 げ またはこれらに 応 じなかった 場 合 ( 必 要 な 協 力 を 行 わなかった 場 合 を 含 みます )は これにより 確 認 が 遅 延 した 期 間 については (1)または(2)の 期 間 に 算 入 しないものとします 第 27 条 ( 他 の 保 険 契 約 等 がある 場 合 の 保 険 金 の 支 払 額 ) 他 の 保 険 契 約 等 がある 場 合 において それぞれの 保 険 契 約 または 共 済 契 約 につき 他 の 保 険 契 約 等 がないものとして 算 出 した 支 払 うべき 保 険 金 または 共 済 金 の 額 ( 以 下 支 払 責 任 額 といいま す )の 合 計 額 が 損 害 の 額 を 超 えるときは 当 会 社 は 次 に 定 める 額 を 保 険 金 として 支 払 います 1 他 の 保 険 契 約 等 から 保 険 金 または 共 済 金 が 支 払 われていない 場 合 この 保 険 契 約 の 支 払 責 任 額 2 他 の 保 険 契 約 等 から 保 険 金 または 共 済 金 が 支 払 われた 場 合 損 害 の 額 から 他 の 保 険 契 約 等 から 支 払 われた 保 険 金 または 共 済 金 の 合 計 額 を 差 し 引 いた 残 額 ただし この 保 険 契 約 の 支 払 責 任 額 を 限 度 とします 第 28 条 ( 時 効 ) 保 険 金 請 求 権 は 第 25 条 ( 保 険 金 の 請 求 )(2)に 定 める 時 の 翌 日 から 起 算 して3 年 を 経 過 した 場 合 は 時 効 によって 消 滅 します 第 29 条 ( 代 位 ) (1) 損 害 が 生 じたことにより 被 保 険 者 が 損 害 賠 償 請 求 権 その 他 の 債 権 を 取 得 した 場 合 におい て 当 会 社 がその 損 害 に 対 して 保 険 金 を 支 払 ったときは その 債 権 は 次 の 額 を 限 度 として 当 会 社 に 移 転 します 1 当 会 社 が 損 害 額 の 全 額 を 保 険 金 として 支 払 った 場 合 被 保 険 者 が 取 得 した 債 権 の 全 額 2 1 以 外 の 場 合 被 保 険 者 が 取 得 した 債 権 の 額 から 保 険 金 が 支 払 われていない 損 害 の 額 を 差 し 引 いた 額 (2)(1)2の 場 合 において 当 会 社 に 移 転 せずに 被 保 険 者 が 引 き 続 き 有 する 債 権 は 当 会 社 に 移 転 した 債 権 よりも 優 先 して 弁 済 されるものとします (3) 保 険 契 約 者 および 被 保 険 者 は 当 会 社 に 移 転 する(1)の 債 権 の 保 全 および 行 使 ならびにそ のために 当 会 社 が 必 要 とする 証 拠 および 書 類 の 入 手 に 協 力 しなければなりません 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 当 会 社 に 協 力 するために 支 出 した 費 用 は 当 会 社 の 負 担 とします 第 30 条 ( 訴 訟 の 提 起 ) この 保 険 契 約 に 関 する 訴 訟 については 日 本 国 内 における 裁 判 所 に 提 起 するものとします 7 8

6 第 31 条 ( 準 拠 法 ) この 保 険 約 款 に 規 定 のない 事 項 については 日 本 国 の 法 令 に 準 拠 します 別 表 ( 短 期 料 率 表 ) 既 経 過 期 間 短 期 料 率 既 経 過 期 間 短 期 料 率 7 日 まで 10% 6か 月 まで 70% 15 日 まで 15% 7か 月 まで 75% 1か 月 まで 25% 8か 月 まで 80% 2か 月 まで 35% 9か 月 まで 85% 3か 月 まで 45% 10か 月 まで 90% 4か 月 まで 55% 11か 月 まで 95% 5か 月 まで 65% 1 年 まで 100% 通 知 等 変 更 特 約 条 項 第 1 条 ( 通 知 義 務 ) 当 会 社 は 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 以 下 普 通 保 険 約 款 といいます ) 第 10 条 ( 通 知 義 務 )の 規 定 を 次 のとおり 読 み 替 えます 第 10 条 ( 通 知 義 務 ) (1) 保 険 契 約 締 結 の 後 保 険 契 約 申 込 書 その 他 の 書 類 の 記 載 事 項 の 内 容 に 変 更 を 生 じさせ る 事 実 ( 保 険 契 約 申 込 書 その 他 の 書 類 の 記 載 事 項 のうち 保 険 契 約 締 結 の 際 に 当 会 社 が 交 付 する 書 面 等 においてこの 条 の 適 用 がある 事 項 として 定 めたものに 関 する 事 実 に 限 ります )が 発 生 した 場 合 は 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 は 事 実 の 発 生 がその 責 めに 帰 すべき 事 由 によるときはあらかじめ 責 めに 帰 すことのできない 事 由 によるときはその 発 生 を 知 った 後 遅 滞 なく 書 面 をもってその 旨 を 当 会 社 に 申 し 出 て 承 認 を 請 求 しなければなりま せん ただし その 事 実 がなくなった 後 は 当 会 社 に 申 し 出 る 必 要 はありません (2)(1)の 事 実 がある 場 合 ((4)ただし 書 の 規 定 に 該 当 する 場 合 を 除 きます )は 当 会 社 は その 事 実 について 変 更 依 頼 書 を 受 領 したかどうかにかかわらず 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 解 除 することができます (3)(2)の 規 定 は 当 会 社 が(2)の 規 定 による 解 除 の 原 因 があることを 知 った 時 から1か 月 を 経 過 した 場 合 または(1)の 事 実 が 生 じた 時 から5 年 を 経 過 した 場 合 には 適 用 しません (4) 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が(1)に 規 定 する 手 続 を 怠 った 場 合 は 当 会 社 は (1)の 事 実 が 発 生 した 時 または 保 険 契 約 者 もしくは 被 保 険 者 がその 発 生 を 知 った 時 から 当 会 社 が 変 更 依 頼 書 を 受 領 するまでの 間 に 生 じた 事 故 による 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません ただし (1)に 規 定 する 事 実 が 発 生 した 場 合 において 変 更 後 の 保 険 料 率 が 変 更 前 の 保 険 料 率 より 高 くならなかったときを 除 きます (5)(4)の 規 定 は (1)の 事 実 に 基 づかずに 発 生 した 事 故 による 損 害 には 適 用 しません 第 2 条 ( 保 険 料 の 返 還 または 請 求 - 告 知 義 務 通 知 義 務 等 の 場 合 ) 当 会 社 は 普 通 保 険 約 款 第 20 条 ( 保 険 料 の 返 還 または 請 求 - 告 知 義 務 通 知 義 務 等 の 場 合 )の 規 定 を 次 のとおり 読 み 替 えます 第 20 条 ( 保 険 料 の 返 還 または 請 求 - 告 知 義 務 通 知 義 務 等 の 場 合 ) (1) 第 6 条 ( 告 知 義 務 )(1)により 告 げられた 内 容 が 事 実 と 異 なる 場 合 において 保 険 料 率 を 変 更 する 必 要 があるときは 当 会 社 は 変 更 前 の 保 険 料 率 と 変 更 後 の 保 険 料 率 との 差 に 基 づき 計 算 した 保 険 料 を 返 還 しまたは 請 求 します (2) 第 10 条 ( 通 知 義 務 )(1)の 事 実 が 生 じた 場 合 において 保 険 料 率 を 変 更 する 必 要 があるときは 当 会 社 は 変 更 前 の 保 険 料 率 と 変 更 後 の 保 険 料 率 との 差 に 基 づき 未 経 過 期 間 (その 事 実 が 生 じた 時 以 降 の 期 間 をいいます )に 対 し 日 割 をもって 計 算 した 保 険 料 を 返 還 しまたは 請 求 します (3) 保 険 契 約 者 が(1)または(2)の 規 定 による 追 加 保 険 料 の 支 払 を 怠 った 場 合 ( 当 会 社 が 保 険 契 約 者 に 対 し 追 加 保 険 料 の 請 求 をしたにもかかわらず 相 当 の 期 間 内 にその 支 払 がなかった 場 合 に 限 ります )は 当 会 社 は 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもっ て この 保 険 契 約 を 解 除 することができます (4)(1)または(2)の 規 定 による 追 加 保 険 料 を 請 求 する 場 合 において (3)の 規 定 により 当 会 社 がこの 保 険 契 約 を 解 除 できるときは 当 会 社 は 保 険 金 を 支 払 いません( 既 に 保 険 金 を 支 払 っていた 場 合 は その 返 還 を 請 求 することができます ) (5)(4)の 規 定 は 第 10 条 (1)の 事 実 が 生 じた 場 合 において その 事 実 が 生 じた 時 より 前 に 発 生 した 事 故 による 損 害 には 適 用 しません (6)(1)および(2)のほか 保 険 契 約 締 結 の 後 保 険 契 約 者 が 書 面 をもって 保 険 契 約 の 条 件 の 変 更 を 当 会 社 に 通 知 して 承 認 を 請 求 し 当 会 社 がこれを 承 認 する 場 合 において 保 険 料 を 変 更 する 必 要 があるときは 当 会 社 は 変 更 前 の 保 険 料 と 変 更 後 の 保 険 料 との 差 に 基 づき 計 算 した 未 経 過 期 間 ( 条 件 を 変 更 する 時 以 降 の 期 間 をいいます )に 対 する 保 険 料 を 返 還 しまたは 請 求 します (7)(6)の 規 定 による 追 加 保 険 料 を 請 求 する 場 合 において 当 会 社 の 請 求 に 対 して 保 険 契 約 者 がその 支 払 を 怠 ったときは 当 会 社 は 追 加 保 険 料 領 収 前 に 生 じた 事 故 による 損 害 に 対 しては 保 険 契 約 条 件 の 変 更 の 承 認 の 請 求 がなかったものとして 保 険 金 を 支 払 います 第 3 条 ( 保 険 金 の 支 払 時 期 ) 当 会 社 は 普 通 保 険 約 款 第 26 条 ( 保 険 金 の 支 払 時 期 )の 規 定 を 次 のとおり 読 み 替 えます 第 26 条 ( 保 険 金 の 支 払 時 期 ) (1) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 前 条 (3)に 規 定 する 手 続 を 完 了 した 日 ( 以 下 この 条 において 請 求 完 了 日 といいます )からその 日 を 含 めて30 日 以 内 に 当 会 社 が 保 険 金 を 支 払 うために 必 要 な 次 の 事 項 の 確 認 を 終 え 保 険 金 を 支 払 います 1 保 険 金 の 支 払 事 由 発 生 の 有 無 の 確 認 に 必 要 な 事 項 として 事 故 の 原 因 事 故 発 生 の 状 況 損 害 発 生 の 有 無 および 被 保 険 者 に 該 当 する 事 実 2 保 険 金 が 支 払 われない 事 由 の 有 無 の 確 認 に 必 要 な 事 項 として 保 険 金 が 支 払 われ ない 事 由 としてこの 保 険 契 約 において 定 める 事 由 に 該 当 する 事 実 の 有 無 3 保 険 金 を 算 出 するための 確 認 に 必 要 な 事 項 として 損 害 の 額 および 事 故 と 損 害 との 関 係 4 保 険 契 約 の 効 力 の 有 無 の 確 認 に 必 要 な 事 項 として この 保 険 契 約 において 定 める 解 除 無 効 失 効 または 取 消 しの 事 由 に 該 当 する 事 実 の 有 無 5 1から4までのほか 他 の 保 険 契 約 等 の 有 無 および 内 容 損 害 について 被 保 険 者 が 有 する 損 害 賠 償 請 求 権 その 他 の 債 権 および 既 に 取 得 したものの 有 無 および 内 容 等 当 会 社 が 支 払 うべき 保 険 金 の 額 を 確 定 するために 確 認 することが 必 要 な 事 項 (2)(1)の 確 認 を 行 うため 次 に 掲 げる 特 別 な 照 会 または 調 査 が 不 可 欠 な 場 合 は (1)の 規 定 に かかわらず 当 会 社 は 請 求 完 了 日 からその 日 を 含 めて 次 に 掲 げる 日 数 ( 複 数 に 該 当 する 場 合 は そのうち 最 長 の 日 数 )を 経 過 する 日 までに 保 険 金 を 支 払 います この 場 合 におい て 当 会 社 は 確 認 が 必 要 な 事 項 およびその 確 認 を 終 えるべき 時 期 を 被 保 険 者 に 対 して 通 知 するものとします 1 (1)1から4までの 事 項 を 確 認 するために 行 う 警 察 検 察 消 防 その 他 の 公 の 機 関 による 捜 査 調 査 結 果 の 照 会 ( 弁 護 士 法 に 基 づく 照 会 その 他 法 令 に 基 づく 照 会 を 含 みます ) 180 日 2 (1)1から4までの 事 項 を 確 認 するために 行 う 専 門 機 関 による 鑑 定 等 の 結 果 の 照 会 90 日 3 災 害 救 助 法 が 適 用 された 災 害 の 被 災 地 域 における(1)1から5までの 事 項 の 確 認 のための 調 査 60 日 4 (1)1から5までの 事 項 の 確 認 を 日 本 国 内 において 行 うための 代 替 的 な 手 段 がない 場 合 の 日 本 国 外 における 調 査 180 日 5 損 害 賠 償 請 求 の 原 因 となる 事 由 もしくは 事 実 の 検 証 分 析 を 行 うために 特 殊 な 専 門 知 識 技 術 を 要 する 場 合 これらの 事 由 もしくは 事 実 が 過 去 の 事 例 判 例 等 に 鑑 みて 特 殊 である 場 合 または 同 一 の 事 故 により 多 数 の 者 の 身 体 の 障 害 または 多 数 の 財 物 の 損 壊 が 生 じる 等 被 害 が 広 範 に 及 ぶ 場 合 において (1)1から4までの 事 項 を 確 認 するために 行 う 専 門 機 関 による 鑑 定 等 の 結 果 の 照 会 180 日 9 10

7 (3)(2)1から5までに 掲 げる 特 別 な 照 会 または 調 査 を 開 始 した 後 (2)1から5までに 掲 げる 期 間 中 に 保 険 金 を 支 払 う 見 込 みがないことが 明 らかになった 場 合 は 当 会 社 は (2)1から5までに 掲 げる 期 間 内 に 被 保 険 者 との 協 議 による 合 意 に 基 づきその 期 間 を 延 長 することができます (4)(1)から(3)までに 掲 げる 事 項 の 確 認 または 照 会 もしくは 調 査 に 際 し 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 正 当 な 理 由 なくこれらの 実 行 を 妨 げ またはこれらに 応 じなかった 場 合 ( 必 要 な 協 力 を 行 わなかった 場 合 を 含 みます )は これにより 確 認 が 遅 延 した 期 間 については (1)から(3)までの 期 間 に 算 入 しないものとします 第 4 条 ( 保 険 料 分 割 払 特 約 条 項 が 付 帯 されている 場 合 の 読 替 え) この 保 険 契 約 に 保 険 料 の 分 割 払 を 行 う 特 約 条 項 ( 以 下 保 険 料 分 割 払 特 約 条 項 といいま す )が 付 帯 されている 場 合 において 下 表 に 掲 げる 保 険 料 を 返 還 しまたは 請 求 すべき 事 由 が 生 じたときは 当 会 社 は 第 2 条 ( 保 険 料 の 返 還 または 請 求 - 告 知 義 務 通 知 義 務 等 の 場 合 )により 読 み 替 えられた 普 通 保 険 約 款 および 保 険 料 分 割 払 特 約 条 項 の 規 定 にかかわらず その 事 由 ご とに 下 表 に 掲 げる 方 法 に 従 って 保 険 料 を 返 還 しまたは 請 求 します 事 由 保 険 料 の 返 還 または 請 求 の 方 法 この 特 約 条 項 により 読 み 替 えられた 普 通 保 変 更 前 の 年 額 保 険 料 と 変 更 後 の 年 額 保 険 料 険 約 款 第 10 条 ( 通 知 義 務 )(1)の 事 実 が 生 との 差 に 基 づき 未 経 過 期 間 (その 事 実 が 生 じ 1 じた 場 合 において 保 険 料 率 を 変 更 する 必 た 時 以 降 の 期 間 をいいます )に 対 し 日 割 をもっ 要 があるとき て 計 算 した 保 険 料 を 返 還 しまたは 請 求 します 次 のいずれかに 該 当 する 規 定 により 保 険 契 約 が 解 除 された 場 合 2 ア.この 特 約 条 項 により 読 み 替 えられた 普 保 険 約 款 第 10 条 (2) イ.この 特 約 条 項 により 読 み 替 えられた 普 通 保 険 約 款 第 20 条 ( 保 険 料 の 返 還 または 請 求 - 告 知 義 務 通 知 義 務 等 の 場 合 )(3) 年 額 保 険 料 から 未 経 過 期 間 ( 解 除 の 時 以 降 の 期 間 をいいます )に 対 し 日 割 をもって 計 算 した 保 険 料 を 返 還 します この 場 合 におい て 未 払 込 保 険 料 があるときは 返 還 する 保 険 料 と 未 払 込 保 険 料 の 差 額 を 返 還 しまたは 請 求 します 第 5 条 ( 読 替 規 定 ) この 保 険 契 約 に 付 帯 される 特 別 約 款 または 特 約 条 項 において 普 通 保 険 約 款 第 10 条 ( 通 知 義 務 )または 普 通 保 険 約 款 第 26 条 ( 保 険 金 の 支 払 時 期 )にかかわる 規 定 がある 場 合 は それら の 規 定 は この 特 約 条 項 の 趣 旨 に 従 い 読 み 替 えるものとします 第 6 条 ( 普 通 保 険 約 款 等 との 関 係 ) この 特 約 条 項 に 規 定 しない 事 項 については この 特 約 条 項 に 反 しないかぎり 普 通 保 険 約 款 ならびにこの 保 険 契 約 に 付 帯 される 特 別 約 款 および 他 の 特 約 条 項 の 規 定 を 適 用 します 弁 理 士 職 業 危 険 特 別 約 款 ( 日 本 弁 理 士 協 同 組 合 用 ) 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) (1) 当 会 社 は 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 以 下 普 通 保 険 約 款 といいます ) 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 規 定 にかかわらず 被 保 険 者 または 業 務 の 補 助 者 による 弁 理 士 業 務 ( 別 紙 記 載 の 遡 及 日 以 降 に 行 われたものに 限 ります )の 遂 行 に 起 因 して 発 生 した 不 測 の 事 故 ( 以 下 事 故 といいます )について 被 保 険 者 が 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 する ことによって 被 る 損 害 に 対 して 保 険 金 を 支 払 います (2) 当 会 社 は (1)の 事 故 に 起 因 する 損 害 賠 償 請 求 ( 以 下 請 求 といいます )が 保 険 証 券 記 載 の 保 険 期 間 ( 以 下 保 険 期 間 といいます ) 中 に 日 本 国 内 においてなされた 場 合 に 限 り 保 険 金 を 支 払 います 第 2 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 特 別 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 次 の 者 をいいます ア. 被 保 険 者 の 社 員 または 使 用 人 業 務 の 補 助 者 イ.ア 以 外 で 被 保 険 者 の 業 務 を 補 助 する 者 ただし 当 会 社 に 所 定 の 書 面 によ り 通 知 された 者 に 限 ります 弁 理 士 法 に 規 定 される 弁 理 士 としての 業 務 をいい 被 保 険 者 が 特 許 業 務 法 弁 理 士 業 務 人 の 場 合 は 特 許 業 務 法 人 としての 業 務 を 含 みます 第 3 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 ) (1) 当 会 社 は 普 通 保 険 約 款 第 7 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 )および 第 8 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 )に 規 定 する 損 害 のほか 直 接 であるか 間 接 であるかにかかわらず 次 の 事 由 に 起 因 する 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 1 被 保 険 者 に 対 する 請 求 が 保 険 期 間 の 開 始 前 に 発 生 した 事 由 によりなされるおそれが あることを 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 保 険 契 約 締 結 時 に 知 っていた 場 合 ( 知 って いたと 推 定 される 合 理 的 な 理 由 がある 場 合 を 含 みます )は その 事 由 2 被 保 険 者 ( 被 保 険 者 が 特 許 業 務 法 人 の 場 合 は その 社 員 または 使 用 人 である 弁 理 士 を 含 みます )が 弁 理 士 としての 資 格 もしくは 登 録 を 有 さない 間 または 業 務 の 停 止 処 分 もしくは 禁 止 処 分 を 受 けている 間 に 行 った 行 為 3 被 保 険 者 もしくは 業 務 の 補 助 者 による 犯 罪 行 為 ( 過 失 犯 を 除 きます )または 被 保 険 者 もしくは 業 務 の 補 助 者 が 他 人 に 損 害 を 与 えるべきことを 予 見 しながら 行 った 行 為 ( 不 作 為 を 含 みます ) 4 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 紛 失 盗 取 もしくは 詐 取 5 秘 密 の 漏 えいまたは 盗 用 6 弁 理 士 法 により 弁 理 士 または 特 許 業 務 法 人 が 業 務 を 行 い 得 ないものとされている 事 件 への 関 与 7 弁 理 士 法 が 定 める 特 定 侵 害 訴 訟 の 代 理 業 務 8 弁 理 士 または 特 許 業 務 法 人 でない 者 が 被 保 険 者 の 名 義 を 利 用 して 行 った 行 為 9 弁 理 士 業 務 に 対 して 支 払 われた 報 酬 の 返 還 (2) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 弁 理 士 業 務 の 結 果 を 保 証 することにより 加 重 された 賠 償 責 任 を 負 担 することによって 被 る 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません (3) 日 本 国 外 の 裁 判 所 に 損 害 賠 償 請 求 訴 訟 が 提 起 された 場 合 は 当 会 社 は 一 切 の 損 害 (た だし その 訴 訟 を 提 起 した 者 に 係 る 部 分 に 限 ります )に 対 して 保 険 金 を 支 払 いません 第 4 条 ( 記 録 の 完 備 ) (1) 被 保 険 者 は 弁 理 士 業 務 の 執 行 に 関 する 記 録 を 備 えておかなければなりません (2) 被 保 険 者 が 正 当 な 理 由 なく(1)に 規 定 する 義 務 を 怠 った 場 合 は 当 会 社 は (1)の 記 録 を 備 えていない 弁 理 士 業 務 に 起 因 する 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 第 5 条 ( 請 求 原 因 の 通 知 ) (1) 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 は 請 求 をなされるおそれのある 原 因 または 事 由 が 発 生 したこ とを 知 った 場 合 は その 原 因 または 事 由 の 具 体 的 な 状 況 を 遅 滞 なく 当 会 社 に 書 面 により 通 知 しなければなりません (2) 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が(1)の 通 知 を 行 った 場 合 において その 原 因 または 事 由 に 起 因 して 保 険 期 間 終 了 後 に 被 保 険 者 に 対 する 請 求 がなされたときは その 請 求 は 第 7 条 (1 請 求 の 定 義 )の 規 定 が 適 用 される 場 合 を 除 き この 保 険 契 約 の 保 険 期 間 の 末 日 になさ れたものとみなします ただし この 規 定 は この 保 険 契 約 が 保 険 期 間 の 末 日 までに 失 効 しま たは 解 除 された 場 合 には 適 用 しません (3) 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 正 当 な 理 由 なく(1)の 通 知 を 怠 った 場 合 は 当 会 社 は それ によって 当 会 社 が 被 った 損 害 の 額 を 差 し 引 いて 保 険 金 を 支 払 います 第 6 条 ( 賠 償 の 解 決 における 被 保 険 者 の 同 意 ) (1) 当 会 社 が 損 害 賠 償 責 任 の 有 無 またはその 額 について 被 害 者 と 協 定 しようとする 場 合 は 当 11 12

8 会 社 は 普 通 保 険 約 款 第 13 条 ( 損 害 賠 償 請 求 解 決 のための 協 力 )(1)の 規 定 にかかわら ず あらかじめ 請 求 をなされた 被 保 険 者 の 同 意 を 得 るものとします この 場 合 において 被 保 険 者 は 当 会 社 の 求 めに 応 じ その 遂 行 について 当 会 社 に 協 力 しなければなりません (2) 請 求 をなされた 被 保 険 者 が 正 当 な 理 由 なく(1)の 同 意 を 行 わない 場 合 は 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )(1)の 損 害 の 額 は 次 の 金 額 とします 1 普 通 保 険 約 款 第 2 条 ( 損 害 の 範 囲 )1の 法 律 上 の 損 害 賠 償 金 については 被 保 険 者 が(1)の 同 意 を 行 ったならば 賠 償 債 務 の 額 として 確 定 したであろうと 認 められる 額 2 普 通 保 険 約 款 第 2 条 2から5までの 費 用 については 当 会 社 が 被 保 険 者 に 対 して (1)の 同 意 を 求 めた 時 までに 発 生 した 額 第 7 条 (1 請 求 の 定 義 ) 支 払 限 度 額 または 免 責 金 額 の 適 用 にあたり 同 一 の 原 因 または 事 由 に 起 因 する 一 連 の 請 求 は 請 求 の 時 もしくは 場 所 または 請 求 者 の 数 にかかわらず 1 請 求 とみなし 被 保 険 者 に 対 し て 最 初 の 請 求 がなされた 時 にすべての 請 求 がなされたものとみなします 第 8 条 ( 求 償 権 の 不 行 使 ) 当 会 社 は 普 通 保 険 約 款 第 29 条 ( 代 位 )の 規 定 に 基 づき 当 会 社 に 移 転 する 権 利 のうち 被 保 険 者 の 業 務 の 補 助 者 に 対 するものに 限 り これを 行 使 しません ただし 損 害 がこれらの 者 の 故 意 によって 生 じたものである 場 合 を 除 きます 第 9 条 ( 読 替 規 定 ) この 特 別 約 款 においては 普 通 保 険 約 款 を 下 表 のとおり 読 み 替 えます 普 通 保 険 約 款 の 規 定 読 替 前 読 替 後 第 4 条 ( 責 任 の 限 度 )(1) 1 回 の 事 故 について 1 請 求 について 第 5 条 ( 保 険 責 任 の 始 期 および 終 期 ) (3) 第 10 条 ( 通 知 義 務 )(4)および (7) 第 18 条 ( 重 大 事 由 による 解 除 ) 発 生 した 事 故 なされた 請 求 (3)ならびに 第 20 条 ( 保 険 料 の 返 還 または 請 求 - 告 知 義 務 通 知 義 務 等 の 場 合 )(5)および(7) 第 6 条 ( 告 知 義 務 )(3)3 事 故 による 損 害 の 発 生 前 請 求 がなされる 前 第 6 条 (4) 第 10 条 (4)および(7)ならびに 事 故 による 損 害 の 発 生 後 請 求 がなされた 後 第 18 条 (3) 第 10 条 ( 普 通 保 険 約 款 との 関 係 ) この 特 別 約 款 に 規 定 しない 事 項 については この 特 別 約 款 に 反 しないかぎり 普 通 保 険 約 款 およびこの 保 険 契 約 に 付 帯 される 特 約 条 項 の 規 定 を 適 用 します 特 定 侵 害 訴 訟 代 理 業 務 追 加 担 保 特 約 条 項 ( 弁 理 士 職 業 危 険 特 別 約 款 ( 日 本 弁 理 士 協 同 組 合 用 ) 用 ) この 保 険 契 約 において 弁 理 士 職 業 危 険 特 別 約 款 ( 日 本 弁 理 士 協 同 組 合 用 ) 第 3 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 )(1)7の 規 定 は 被 保 険 者 が 日 本 国 内 において 行 う 特 定 侵 害 訴 訟 代 理 業 務 に 起 因 する 損 害 には 適 用 しません 受 託 者 危 険 追 加 担 保 特 約 条 項 ( 弁 理 士 職 業 危 険 特 別 約 款 ( 日 本 弁 理 士 協 同 組 合 用 ) 用 ) 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 以 下 普 通 保 険 約 款 といいます ) 第 8 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 )2および 弁 理 士 職 業 危 険 特 別 約 款 ( 日 本 弁 理 士 協 同 組 合 用 )( 以 下 特 別 約 款 といいます ) 第 3 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 )(1)4の 規 定 にかかわらず 被 保 険 者 が 弁 理 士 業 務 の 遂 行 のために 他 人 から 受 託 する 財 物 ( 以 下 受 託 物 といいます )が 保 険 期 間 中 に 損 壊 もしくは 紛 失 しまたは 盗 取 もしくは 詐 取 されたこと( 以 下 損 壊 等 といいます )により 受 託 物 について 正 当 な 権 利 を 有 する 者 に 対 し 被 保 険 者 が 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 する ことによって 被 る 損 害 に 対 して 保 険 金 を 支 払 います 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 ) 当 会 社 は 普 通 保 険 約 款 第 7 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 )および 第 8 条 ( 保 険 金 を 支 払 わな い 場 合 )( 受 託 物 について 2を 除 きます )ならびに 特 別 約 款 第 3 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 ) ( 受 託 物 について (1)4を 除 きます )の 損 害 のほか 直 接 であるか 間 接 であるかにかかわらず 次 の 事 由 に 起 因 する 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 1 次 のいずれかの 者 が 行 いまたは 加 担 した 盗 取 または 詐 取 ア. 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 イ.アの 者 の 法 定 代 理 人 ( 被 保 険 者 が 法 人 である 場 合 は その 理 事 取 締 役 その 他 法 人 の 業 務 を 執 行 する 機 関 をいいます 以 下 同 様 とします )または 使 用 人 ウ. 被 保 険 者 と 同 居 する 親 族 2 1アからウまでに 規 定 するいずれかの 者 が 受 託 物 を 私 的 な 目 的 で 使 用 している 間 に 生 じ た 損 壊 等 3 次 の 受 託 物 の 損 壊 等 ア. 貨 幣 紙 幣 有 価 証 券 印 紙 切 手 証 書 帳 簿 イ. 宝 石 貴 金 属 美 術 品 骨 董 品 勲 章 き 章 ウ. 稿 本 設 計 書 雛 型 エ.その 他 アからウまでに 類 するもの 4 自 然 発 火 または 自 然 爆 発 した 受 託 物 自 体 の 損 壊 5 自 然 の 消 耗 もしくは 性 質 による 蒸 れ かび 腐 敗 変 色 さび 汗 ぬれその 他 これらに 類 似 の 現 象 6 ねずみ 食 い 虫 食 いその 他 類 似 の 現 象 7 建 物 外 部 から 内 部 への 雨 雪 ひょう みぞれまたはあられの 浸 入 または 吹 込 み 8 受 託 物 が 寄 託 者 に 引 き 渡 された 後 に 発 見 された 事 故 9 受 託 物 の 使 用 不 能 ( 収 益 減 少 を 含 みます ) 第 3 条 ( 責 任 の 限 度 ) (1) 受 託 物 の 損 壊 等 に 起 因 する 法 律 上 の 損 害 賠 償 金 については 普 通 保 険 約 款 第 4 条 ( 責 任 の 限 度 )(1)ただし 書 の 規 定 にかかわらず 1 回 の 事 故 について 下 欄 記 載 の 免 責 金 額 を 超 過 する 場 合 に 限 り その 超 過 額 のみに 対 して 保 険 金 を 支 払 います ただし 当 会 社 が 支 払 う 保 険 金 の 額 は 下 欄 記 載 の 支 払 限 度 額 または 事 故 の 生 じた 地 および 時 における 受 託 物 の 価 額 ( 同 一 種 類 同 年 式 で 同 じ 損 耗 度 の 財 物 の 市 場 販 売 価 格 相 当 額 をいいます ) のいずれか 低 い 方 を 限 度 とします 下 欄 1 事 故 かつ 保 険 期 間 中 支 払 限 度 額 1,000 千 円 免 責 金 額 5 千 円 (2)この 保 険 契 約 に 基 づき 当 会 社 が 支 払 う 保 険 金 の 額 は この 特 約 条 項 により 保 険 金 を 支 払 う べき 損 害 の 額 を 含 めて 保 険 証 券 に 記 載 された 支 払 限 度 額 を 限 度 とします 第 4 条 ( 普 通 保 険 約 款 等 との 関 係 ) この 特 約 条 項 に 規 定 しない 事 項 については この 特 約 条 項 に 反 しないかぎり 普 通 保 険 約 款 および 特 別 約 款 ならびにこの 保 険 契 約 に 付 帯 される 他 の 特 約 条 項 の 規 定 を 適 用 します 13 14

9 賠 償 請 求 期 間 延 長 担 保 特 約 条 項 ( 弁 理 士 職 業 危 険 特 別 約 款 ( 日 本 弁 理 士 協 同 組 合 用 ) 用 ) 第 1 条 ( 保 険 責 任 期 間 の 延 長 ) (1) 被 保 険 者 が 保 険 証 券 記 載 の 保 険 期 間 中 にこの 保 険 契 約 から 脱 退 し またはこの 保 険 契 約 の 更 新 契 約 に 加 入 しなかった 場 合 において 被 保 険 者 がこの 保 険 契 約 およびその 継 続 前 契 約 ( 初 めて 被 保 険 者 となった 時 以 降 のすべての 契 約 を 含 みます )に 加 入 していた 期 間 ( 以 下 加 入 期 間 といいます ) 中 に 遂 行 した 弁 理 士 業 務 に 起 因 する 損 害 賠 償 請 求 が 加 入 期 間 の 末 日 からその10 年 後 の 応 当 日 までの 間 に 被 保 険 者 に 対 してなされたときは 当 会 社 は その 請 求 が 加 入 期 間 の 末 日 になされたものとみなして 弁 理 士 職 業 危 険 特 別 約 款 ( 日 本 弁 理 士 協 同 組 合 用 )( 以 下 特 別 約 款 といいます ) 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )(2) の 規 定 を 適 用 します (2)(1)の 規 定 は 当 会 社 が 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 以 下 普 通 保 険 約 款 といいま す ) 第 6 条 ( 告 知 義 務 )(1)または 第 18 条 ( 重 大 事 由 による 解 除 )(1)の 規 定 に 基 づき 保 険 契 約 を 解 除 した 場 合 には 適 用 しません 第 2 条 ( 普 通 保 険 約 款 等 との 関 係 ) この 特 約 条 項 に 規 定 しない 事 項 については この 特 約 条 項 に 反 しないかぎり 普 通 保 険 約 款 および 特 別 約 款 ならびにこの 保 険 契 約 に 付 帯 される 他 の 特 約 条 項 の 規 定 を 適 用 します 国 外 請 求 担 保 特 約 条 項 ( 弁 理 士 職 業 危 険 特 別 約 款 ( 日 本 弁 理 士 協 同 組 合 用 ) 用 ) 第 1 条 ( 読 替 規 定 ) (1)この 保 険 契 約 において 弁 理 士 職 業 危 険 特 別 約 款 ( 日 本 弁 理 士 協 同 組 合 用 )( 以 下 特 別 約 款 といいます ) 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )(2)の 規 定 中 日 本 国 内 において とあ るのは 日 本 国 内 または 国 外 において と 読 み 替 えます (2) 特 別 約 款 第 3 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 )(3)の 規 定 は 適 用 しません 第 2 条 ( 縮 小 支 払 割 合 ) 日 本 国 外 においてなされた 特 別 約 款 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )(1)の 事 故 に 起 因 する 損 害 賠 償 請 求 のうち 法 律 上 の 損 害 賠 償 金 については 当 会 社 は 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 以 下 普 通 保 険 約 款 といいます ) 第 4 条 ( 責 任 の 限 度 )(1)の 規 定 にかかわらず 1 請 求 に ついて その 損 害 の 額 が 保 険 証 券 に 記 載 された 免 責 金 額 を 超 過 する 場 合 に 限 り その 超 過 額 に 下 欄 記 載 の 縮 小 支 払 割 合 を 乗 じて 算 出 される 金 額 のみに 対 して 保 険 金 を 支 払 います ただ し 保 険 証 券 記 載 の 支 払 限 度 額 を 限 度 とします 縮 小 支 払 割 合 :90% 第 3 条 ( 普 通 保 険 約 款 等 との 関 係 ) この 特 約 条 項 に 規 定 しない 事 項 については この 特 約 条 項 に 反 しないかぎり 普 通 保 険 約 款 および 特 別 約 款 ならびにこの 保 険 契 約 に 付 帯 される 他 の 特 約 条 項 の 規 定 を 適 用 します 保 険 料 算 出 基 礎 に 関 する 特 約 条 項 ( 各 種 特 別 約 款 用 ) 当 会 社 は 保 険 証 券 記 載 の 保 険 料 算 出 基 礎 数 字 の 変 更 について 通 知 等 変 更 特 約 条 項 第 1 条 ( 通 知 義 務 )により 読 み 替 えられる 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 第 10 条 ( 通 知 義 務 )(1)の 規 定 を 適 用 せず その 変 更 が 生 じたことによる 保 険 料 の 返 還 または 請 求 を 行 いません 情 報 漏 えい 担 保 特 約 条 項 ( 弁 理 士 職 業 危 険 特 別 約 款 用 ) 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) (1) 当 会 社 は 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 以 下 普 通 保 険 約 款 といいます ) 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )および 弁 理 士 職 業 危 険 特 別 約 款 ( 以 下 特 別 約 款 といいます ) 第 3 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 )(1)5の 規 定 にかかわらず 次 の 損 害 に 対 して 保 険 金 を 支 払 います 1 事 故 について 被 保 険 者 が 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 することによって 被 る 損 害 2 事 故 に 起 因 して 被 保 険 者 が 事 故 対 応 期 間 内 に 生 じた 個 人 情 報 法 人 情 報 漏 えい 対 応 費 用 を 負 担 することによって 被 る 損 害 ( 損 害 が 生 じたことにより 他 人 から 回 収 できる 金 額 がある 場 合 は その 金 額 を 控 除 した 額 とします ) (2) 当 会 社 は (1)1または2の 損 害 について それぞれの 次 の 場 合 に 限 り 保 険 金 を 支 払 います (1)1の 損 害 (1)2の 損 害 事 故 に 起 因 する 損 害 賠 償 請 求 ( 以 下 請 求 といいます )が 保 険 証 券 記 載 の 保 険 期 間 ( 以 下 保 険 期 間 といいます ) 中 に 日 本 国 内 においてなされた 場 合 事 故 が 保 険 期 間 中 に 発 生 し そのことが 次 のいずれかの 事 由 により 客 観 的 に 明 らかになった 場 合 ただし 事 故 の 発 生 時 を 合 理 的 に 推 定 することができな い 場 合 は 保 険 契 約 者 被 保 険 者 または 当 会 社 のいずれかが 最 初 に 事 故 を 発 見 した 時 をもって 事 故 の 発 生 時 とみなします ア. 公 的 機 関 に 対 する 被 保 険 者 による 届 出 または 報 告 等 ( 文 書 によるものに 限 ります ) イ. 新 聞 雑 誌 テレビ ラジオ インターネットまたはこれらに 準 じる 媒 体 による 発 表 または 報 道 なお 法 人 情 報 の 漏 えいによる 事 故 である 場 合 に 限 り 次 の 事 由 を 含 みます ウ. 被 害 法 人 に 対 する 詫 び 状 の 送 付 等 法 人 情 報 の 漏 えいを 客 観 的 に 確 認 できる 事 由 第 2 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 特 約 条 項 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 事 故 用 語 個 人 情 報 法 人 情 報 漏 えい 被 害 法 人 定 義 個 人 情 報 または 法 人 情 報 の 漏 えいをいいます 個 人 に 関 する 情 報 であって その 情 報 に 含 まれる 氏 名 生 年 月 日 その 他 の 記 述 等 により 特 定 の 個 人 を 識 別 することができるものをいい 他 の 情 報 と 容 易 に 照 合 することができ それにより 特 定 の 個 人 を 識 別 することができる 情 報 を 含 みます 実 在 する 法 人 ( 被 保 険 者 に 対 する 弁 理 士 業 務 の 依 頼 者 をいい 個 人 事 業 主 を 含 みます 以 下 同 様 とします )に 関 する 情 報 で その 法 人 が 公 表 していない 内 部 情 報 をいいます 次 のいずれかの 事 由 によって 個 人 情 報 および 法 人 情 報 が 本 人 または 被 害 法 人 以 外 の 第 三 者 に 知 られたこと( 知 られたと 判 断 できる 合 理 的 な 理 由 があ る 場 合 を 含 みます )をいいます ただし 保 険 契 約 者 被 保 険 者 またはこれら の 者 の 法 定 代 理 人 ( 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 法 人 である 場 合 は その 理 事 取 締 役 その 他 法 人 の 業 務 を 執 行 する 機 関 をいいます 以 下 同 様 としま す )が 意 図 的 に 情 報 を 第 三 者 に 知 らせる 行 為 を 除 きます ア.ネットワーク 上 で 生 じた 事 象 イ. 紙 または 磁 気 ディスク 等 の 盗 難 または 紛 失 ウ. 被 保 険 者 の 使 用 人 による 持 出 し 等 漏 えいした 法 人 情 報 によって 識 別 される 法 人 をいいます 15 16

10 事 故 対 応 期 間 個 人 情 報 法 人 情 報 漏 えい 対 応 費 用 第 三 者 初 年 度 契 約 被 害 者 保 険 契 約 者 被 保 険 者 または 当 会 社 のいずれかが 最 初 に 事 故 を 発 見 した 時 からその 翌 日 以 降 180 日 が 経 過 するまでの 期 間 をいいます 次 の 費 用 のうち 事 故 対 応 を 行 うために 必 要 かつ 不 可 欠 と 認 められるものをいいます ア. 新 聞 テレビ 等 のマスメディアを 通 じて 事 故 に 関 する 説 明 または 謝 罪 を 行 う ために 支 出 する 費 用 イ. 事 故 原 因 の 調 査 費 用 ウ. 他 人 に 対 して 損 害 賠 償 請 求 を 行 うための 争 訟 費 用 エ. 通 信 費 もしくは 詫 び 状 の 作 成 費 用 または 通 信 業 務 をコールセンター 会 社 に 委 託 する 費 用 オ. 事 故 に 関 して 支 出 する 次 の 費 用 ただし 当 会 社 の 書 面 による 同 意 を 得 て 支 出 されたものに 限 ります (ア)コンサルティング 費 用 (1 事 故 につき500 万 円 を 限 度 とします) ただし 事 故 発 生 時 の 対 策 または 事 故 の 再 発 防 止 対 策 についての 助 言 の 対 価 として のものに 限 ります (イ) 弁 護 士 報 酬 ただし 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 に 雇 用 され またはこれら の 者 から 定 期 的 に 報 酬 が 支 払 われている 弁 護 士 に 対 するものを 除 きます カ. 被 保 険 者 の 使 用 人 の 超 過 勤 務 手 当 キ. 被 保 険 者 の 役 員 または 使 用 人 の 交 通 費 または 宿 泊 費 ク. 謝 罪 のために 支 出 する 見 舞 品 の 購 入 費 用 ( 被 害 者 1 名 につき500 円 被 害 法 人 1 社 につき3 万 円 を 限 度 とします ) なお 個 人 情 報 法 人 情 報 漏 えい 対 応 費 用 には 次 のものを 含 みません ア.この 保 険 契 約 と 同 種 の 損 害 保 険 契 約 の 保 険 料 イ. 金 利 その 他 資 金 調 達 に 関 する 費 用 ウ. 記 名 被 保 険 者 の 役 員 に 対 する 報 酬 または 給 与 エ. 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )(1)1の 損 害 オ.ネットワーク 構 成 機 器 設 備 (ネットワークを 構 成 するコンピュータ 周 辺 機 器 お よびこれらを 結 ぶ 電 気 通 信 回 線 設 備 をいいます )について 修 理 回 収 代 替 検 査 交 換 または 改 善 を 行 うための 費 用 ( 被 保 険 者 が 直 接 支 出 したもの であるかどうかを 問 いません ) 次 のアからエまでのいずれにも 該 当 しない 者 をいいます ア. 保 険 契 約 者 イ. 被 保 険 者 ウ.アまたはイの 者 によって 個 人 情 報 の 使 用 または 管 理 を 認 められた 事 業 者 エ.アからウまでの 者 の 法 定 代 理 人 または 使 用 人 当 会 社 がこの 保 険 契 約 と 同 一 の 特 別 約 款 および 情 報 漏 えい 担 保 特 約 条 項 ( 弁 理 士 職 業 危 険 特 別 約 款 用 )に 基 づき 同 一 の 記 名 被 保 険 者 を 引 き 受 けた 保 険 契 約 ( 以 下 同 種 契 約 といいます )のうち その 保 険 期 間 の 初 日 が 最 も 早 いものをいいます ただし 初 年 度 契 約 以 降 の 同 種 契 約 とこの 保 険 契 約 との 間 で 保 険 期 間 が 中 断 している 期 間 がある 場 合 は その 保 険 期 間 の 初 日 が 最 近 の 中 断 期 間 より 後 であるもののうち 最 も 早 い 同 種 契 約 を 初 年 度 契 約 とします 漏 えいした 情 報 によって 識 別 される 個 人 をいいます 第 3 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 ) (1) 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )(1)1の 損 害 について 当 会 社 は 普 通 保 険 約 款 第 7 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 )および 第 8 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 )ならびに 特 別 約 款 第 3 条 ( 保 険 金 を 支 払 わ ない 場 合 )に 規 定 する 損 害 のほか 直 接 であるか 間 接 であるかにかかわらず 次 の 事 由 に 起 因 する 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 1 情 報 漏 えい 担 保 特 約 条 項 を 付 帯 した 時 より 前 に 発 生 した 事 故 2 情 報 漏 えい 担 保 特 約 条 項 を 付 帯 した 時 より 前 に 保 険 契 約 者 被 保 険 者 またはこれらの 者 の 法 定 代 理 人 がその 発 生 またはそのおそれを 知 っていた 事 故 ( 知 っていたと 判 断 できる 合 理 的 な 理 由 がある 場 合 を 含 みます ) 3 保 険 契 約 者 被 保 険 者 またはこれらの 者 の 法 定 代 理 人 が 法 令 に 違 反 することまたは 他 人 に 損 害 を 与 えるべきことを 認 識 していた 行 為 ( 認 識 していたと 判 断 できる 合 理 的 な 理 由 がある 場 合 を 含 みます ) 4 他 人 の 身 体 の 障 害 5 他 人 の 財 物 の 損 壊 紛 失 盗 取 もしくは 詐 取 またはその 使 用 の 不 能 もしくは 阻 害 6 クレジットカード 番 号 口 座 番 号 または 暗 証 番 号 等 が 漏 えいし これらの 番 号 が 使 用 されたことに よって 生 じた 他 人 の 経 済 的 な 損 害 7 被 保 険 者 によって または 被 保 険 者 のために 行 われた 広 告 宣 伝 活 動 放 送 活 動 または 出 版 活 動 8 株 価 または 売 上 高 の 変 動 9 信 用 のき 損 信 頼 の 失 墜 またはブランド 力 の 低 下 10 被 保 険 者 が 第 三 者 に 法 人 情 報 を 提 供 または 取 扱 いを 委 託 したことが 法 人 情 報 の 漏 えいにあたる としてなされた 請 求 (2) 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )(1)2の 損 害 について 当 会 社 は 直 接 であるか 間 接 であるかにかかわ らず 次 の 請 求 に 起 因 する 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 1 保 険 契 約 者 被 保 険 者 またはこれらの 者 の 法 定 代 理 人 が 法 令 に 違 反 することまたは 他 人 に 損 害 を 与 えるべきことを 認 識 していた 行 為 ( 認 識 していたと 判 断 できる 合 理 的 な 理 由 がある 場 合 を 含 みます ) 2 他 人 の 身 体 の 障 害 3 他 人 の 財 物 の 損 壊 紛 失 盗 取 もしくは 詐 取 またはその 使 用 の 不 能 もしくは 阻 害 4 被 保 険 者 が 第 三 者 に 法 人 情 報 を 提 供 または 取 扱 いを 委 託 したことが 法 人 情 報 の 漏 えいにあたる としてなされた 請 求 により 生 じた 費 用 (3) 日 本 国 外 の 裁 判 所 に 損 害 賠 償 請 求 訴 訟 が 提 起 された 場 合 は 当 会 社 は 一 切 の 損 害 (ただし その 訴 訟 を 提 起 した 者 に 係 る 部 分 に 限 ります )に 対 して 保 険 金 を 支 払 いません 第 4 条 ( 責 任 の 限 度 ) (1) 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )(1)の 損 害 について 当 会 社 が 支 払 う 保 険 金 の 額 は それぞれ 下 表 の 保 険 金 の 額 欄 に 記 載 された 額 とします ただし それぞれ 下 表 の この 特 約 条 項 における 支 払 限 度 額 欄 に 記 載 された 支 払 限 度 額 を 限 度 とします (2) 事 故 に 起 因 して 被 害 者 または 被 害 法 人 以 外 の 者 が 支 出 した 費 用 について 被 保 険 者 が 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 することによって 被 る 損 害 に 対 して 支 払 う 保 険 金 の 額 は (1)の 規 定 にかかわら ず 1 請 求 および 保 険 期 間 中 につき 下 表 の 第 1 条 (1)2の 損 害 についての この 特 約 条 項 におけ る 支 払 限 度 額 欄 に 記 載 された 支 払 限 度 額 を 限 度 とします (3) 当 会 社 が 第 1 条 (1)1の 損 害 について 支 払 う 保 険 金 の 額 は (2)の 金 額 を 含 め 下 表 の 第 1 条 (1)1 の 損 害 についての この 特 約 条 項 における 支 払 限 度 額 欄 に 記 載 された 支 払 限 度 額 を 限 度 とします 保 険 金 の 額 この 特 約 条 項 における 支 払 限 度 額 弁 理 士 賠 償 責 任 保 険 加 入 者 証 に 普 通 保 険 約 款 第 2 条 ( 損 害 の 範 記 載 された 免 責 金 額 を 超 過 する 額 囲 )2から5までに 規 定 する 費 用 を 第 1 条 (1)1の 損 害 除 き 弁 理 士 賠 償 責 任 保 険 加 入 者 証 に 記 載 された 支 払 限 度 額 弁 理 士 賠 償 責 任 保 険 加 入 者 証 に 弁 理 士 賠 償 責 任 保 険 加 入 者 証 に 第 1 条 (1)2の 損 害 記 載 された 免 責 金 額 を 超 過 する 額 記 載 された 支 払 限 度 額 第 5 条 ( 普 通 保 険 約 款 等 との 関 係 ) この 特 約 条 項 に 規 定 しない 事 項 については この 特 約 条 項 に 反 しないかぎり 普 通 保 険 約 款 および 特 別 約 款 ならびにこの 保 険 契 約 に 付 帯 される 他 の 特 約 条 項 の 規 定 を 適 用 します 17 18

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

地震保険普通保険約款

地震保険普通保険約款 地 震 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 ( 建 物 の 場 合 ) 建 物 の 主 要 構 造 部 の 損 害 の 額 が その 建 物 の 保 険 価 額 ( 注 )の3% 以 上 20% 未 満 である 損

More information

事 故 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 また は 弊 社 にご 連 絡 ください (1)この 保 険 では 保 険 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 行 う 示 談 交 渉 サービス を 行 いません 万 一 被

事 故 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 また は 弊 社 にご 連 絡 ください (1)この 保 険 では 保 険 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 行 う 示 談 交 渉 サービス を 行 いません 万 一 被 2016 1 1 事 故 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 また は 弊 社 にご 連 絡 ください (1)この 保 険 では 保 険 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 行 う 示 談 交 渉 サービス を 行 いません 万 一 被 保 険 者 が 賠 償 責 任 を 負 う 事 故 が 発 生 した 場 合 は 弊

More information

別紙特約(138)

別紙特約(138) 個 人 賠 償 責 任 補 償 特 約 ( 長 期 契 約 用 ) 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) (1) 当 会 社 は 保 険 期 間 中 に 発 生 した 下 表 に 掲 げる 偶 然 な 事 故 のいずれかによる 他 人 の 身 体 の 障 害 (*1)または 他 人 の 財 物 の 損 壊 (*2)もしくは 紛 失 について 被 保 険 者 が 法 律 上 の 損

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

保 険 募 集 人 特 約 この 特 約 が 付 帯 された 保 険 契 約 は この 特 約 で 定 める 規 定 のほか この 保 険 契 約 を 構 成 するすべての 規 定 に 従 うことを 条 件 に 次 の 通 り 約 定 します 1. 補 償 条 項 この 特 約 の 適 用 に 限

保 険 募 集 人 特 約 この 特 約 が 付 帯 された 保 険 契 約 は この 特 約 で 定 める 規 定 のほか この 保 険 契 約 を 構 成 するすべての 規 定 に 従 うことを 条 件 に 次 の 通 り 約 定 します 1. 補 償 条 項 この 特 約 の 適 用 に 限 2015.10 専 門 業 務 事 業 者 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 保 険 募 集 人 特 約 他 保 険 募 集 人 特 約 この 特 約 が 付 帯 された 保 険 契 約 は この 特 約 で 定 める 規 定 のほか この 保 険 契 約 を 構 成 するすべての 規 定 に 従 うことを 条 件 に 次 の 通 り 約 定 します 1. 補 償 条 項 この 特 約

More information

) 親 権 者 等 親 権 者 またはその 他 の 法 定 の 監 督 義 務 者 をいいます 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 -その1) 当 社 は 次 のいずれかに 該 当 する 事 由 によって 生 じた 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 1 保

) 親 権 者 等 親 権 者 またはその 他 の 法 定 の 監 督 義 務 者 をいいます 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 -その1) 当 社 は 次 のいずれかに 該 当 する 事 由 によって 生 じた 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 1 保 賠 償 責 任 危 険 補 償 特 約 用 語 の 説 明 この 特 約 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 普 通 保 険 約 款 用 語 の 説 明 に よる 場 合 のほか 次 のとおりとします 用 語 説 明 財 物 の 破 損 財 産 的 価 値 を 有 する 有 体 物 の 滅 失 破 損 または 汚 損 を いいます ただし 滅 失 には 盗 難 紛 失 または 詐 取

More information

1.IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 の 概 要 IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 は IT 業 務 の 遂 行 またはITユーザー 行 為 に 起 因 して 発 生 した 不 測 の 事 故 について 被 保 険 者 が 法 律 上 の 賠 償 責 任 を 負 担 することによって 被 る

1.IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 の 概 要 IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 は IT 業 務 の 遂 行 またはITユーザー 行 為 に 起 因 して 発 生 した 不 測 の 事 故 について 被 保 険 者 が 法 律 上 の 賠 償 責 任 を 負 担 することによって 被 る IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 のご 案 内 このご 案 内 書 は 上 記 保 険 およびこれに 付 帯 する 特 約 条 項 の 概 要 を 紹 介 したものです 上 記 保 険 に 関 するすべての 事 項 を 記 載 しているものではありません 詳 細 につきましては 保 険 約 款 によりますが 保 険 金 のお 支 払 い 条 件 ご 契 約 手 続 その 他 ご 不 明 な 点

More information

普通火災保険ご契約のしおり(一般物件用)

普通火災保険ご契約のしおり(一般物件用) 2 1 Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ Ⅴ 2 Ⅵ Ⅶ 3 4 5 6 6 7 7 Ⅰ Ⅰ 8 Ⅱ Ⅱ 9 10 11 11 Ⅱ 12 13 13 Ⅱ 14 Ⅱ 15 16 16 17 17 Ⅱ 18 Ⅱ 19 Ⅲ 20 Ⅲ 21 22 Ⅲ 23 24 Ⅲ 25 26 Ⅲ 27 28 28 Ⅲ 29 30 31 31 Ⅲ 32 Ⅳ 33 Ⅳ 34 34 35 Ⅳ 36 36 37 37 Ⅳ Ⅴ 38 Ⅴ 39 Ⅵ

More information

1 2 3 4 P2 P3 P3 P4 P6 P7 P8 P9 P10 P13 P21

1 2 3 4 P2 P3 P3 P4 P6 P7 P8 P9 P10 P13 P21 Architects & Engineers Liability Insurance NEW P9 JAPAN FEDERATION OF ARCHITECTS & BUILDING ENGINEERS ASSOCIATIONS 1 2 3 4 P2 P3 P3 P4 P6 P7 P8 P9 P10 P13 P21 NEW 1 1 NEW 2 2 3 3 4 5,000 1 1 1 5,000 5,000

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 当 社 は 被 保 険 者 が 保 険 中 に 発 生 した 他 人 の 身 体 の 障 害 1) または 財 物 の 滅 失 破 損 もしくは 汚 損 2) ( 以 下 事 故 といいま)について 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 することによって 被 る 損 害 ( 以 下 損 害 といいま) に 対 して この 約 款 に 従

More information

貴 社 の 経 営 に 重 大 賠 償 事 故 に 対 する JISA 情 報 情 報 サービス 業 者 を

貴 社 の 経 営 に 重 大 賠 償 事 故 に 対 する JISA 情 報 情 報 サービス 業 者 を 会 員 企 業 の 皆 様 へ 2015 年 度 JISA 情 報 サービス 業 者 賠 償 責 任 保 険 (IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 ) JISA 情 報 サービス 業 者 賠 償 責 任 保 険 (IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 )は 情 報 サービス 業 者 電 気 通 信 事 業 者 が IT 業 務 の 遂 行 に 起 因 して 発 生 した 不 測 の 事 故 について

More information

10310659_05.indd

10310659_05.indd 2016 年 4 月 1 日 以 降 保 険 始 期 用 学 研 災 付 帯 賠 償 責 任 保 険 加 入 者 のしおり A コース B コース C コース 学 生 教 育 研 究 賠 償 責 任 保 険 ( 略 称 学 研 賠 ) インターンシップ 教 職 資 格 活 動 等 賠 償 責 任 保 険 ( 略 称 インターン 賠 ) 医 学 生 教 育 研 究 賠 償 責 任 保 険 ( 略 称

More information

3 保 険 事 故 が 生 じた 後 に 第 1 項 の 解 除 が 行 われた 場 合 でも 当 会 社 は 損 害 をてん 補 しません もし すでに 損 害 をてん 補 していたときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 することができます この 規 定 は 第 19 条 ( 保 険 契

3 保 険 事 故 が 生 じた 後 に 第 1 項 の 解 除 が 行 われた 場 合 でも 当 会 社 は 損 害 をてん 補 しません もし すでに 損 害 をてん 補 していたときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 することができます この 規 定 は 第 19 条 ( 保 険 契 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 ( 障 害 に 起 因 する 死 亡 を 含 みます )または 財 物 の 滅 失 き 損 もしくは 汚 損 ( 以 下 損 壊 といいます )について 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 することによ って 被 る 損 害 をてん

More information

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 第 1 条 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 2 責 任 開 始 期 第 2 条 責 任 開 始 期 3 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 額 第 4 条 保 険 金 の 支 払 第 5 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 6 条 戦 争 その 他 の 変 乱

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

財形傷害保険 普通保険約款(2015年3月以前)_損保ジャパン日本興亜

財形傷害保険 普通保険約款(2015年3月以前)_損保ジャパン日本興亜 平 成 26 年 9 月 1 日 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 まで 適 用 ) 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 年 金 傷 害 保 険 財 形 住 宅 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 < 目 次 > ページ 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 2 財 形 年 金 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 15 財 形 住 宅 傷 害 保 険 普 通 保

More information

変額個人年金保険普通保険約款

変額個人年金保険普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 特 別 勘 定 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 各 特 別 勘 定 への 繰 入 比 率 の 指 定 変 更 2 積 立 金 第 3 条 積 立 金 第 4 条 積 立 金 の 移 転 3 責 任 開 始 期 第 5 条 責 任 開 始 期 4 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払 日 第 6 条 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

す 免 責 事 由 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 をいいます 損 害 事 故 や 災 害 により 受 ける 金 銭 上 の 不 利 益 をいい 消 防 または 避 難 に 必 要 な 処 理 によって 保 険 の 目 的 について 生 じた 損 害 を 含 みます 家 財 生 活 の 用

す 免 責 事 由 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 をいいます 損 害 事 故 や 災 害 により 受 ける 金 銭 上 の 不 利 益 をいい 消 防 または 避 難 に 必 要 な 処 理 によって 保 険 の 目 的 について 生 じた 損 害 を 含 みます 家 財 生 活 の 用 エイ ワン 少 額 短 期 保 険 株 式 会 社 賃 貸 入 居 者 あんしん 総 合 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 第 1 章 総 則 ( 用 語 の 定 義 ) 第 1 条 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 別 約 款 において 使 用 され る 用 語 の 定 義 は 次 の 各 号 に 掲 げる 通 りとします ただし 別

More information

細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 の 特 徴 細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 は 細 胞 検 査 士 会 の 会 員 の 皆 様 にご 加 入 いただける 保 険 で ご 加 入 者 (= 被 保 険 者 )また はその 業 務 の 補 助 者 による 臨 床 検 査 業 務

細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 の 特 徴 細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 は 細 胞 検 査 士 会 の 会 員 の 皆 様 にご 加 入 いただける 保 険 で ご 加 入 者 (= 被 保 険 者 )また はその 業 務 の 補 助 者 による 臨 床 検 査 業 務 細 胞 検 査 士 会 会 員 の 皆 様 へ 平 成 28 年 度 版 細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 ( 正 式 名 称 : 臨 床 検 査 技 師 特 別 約 款 付 帯 賠 償 責 任 保 険 ) ご 加 入 のおすすめ 細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 とは 団 体 割 引 20% 適 用 細 胞 検 査 士 が 業 務 の 遂 行 に 起 因 して 他 人 の 生

More information

キャッシュワン会員規約

キャッシュワン会員規約 キャッシュワン 会 員 規 約 第 1 条 ( 会 員 ) 会 員 とは 本 規 約 を 承 認 のうえ 株 式 会 社 じぶん 銀 行 ( 以 下 当 行 という )に 当 行 所 定 の 申 込 書 によりキャッ シュワンカードの 入 会 申 込 をされ 当 行 が 審 査 のうえ 入 会 を 認 めた 方 をいいます 第 2 条 (カードの 貸 与 有 効 期 限 等 ) 1. 本 規 約 に

More information

Microsoft Word - s-17-yatukan

Microsoft Word - s-17-yatukan 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 会 社 は, 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 保 険 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行

More information

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社 神 戸 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 46 年 7 月 21 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 神 戸 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 神 戸 手 形 交 換 所 ( 以

More information

目 次 この 普 通 保 険 約 款 特 約 ( 以 下 本 約 款 といいます ) は 保 険 契 約 者 と 当 社 との 間 に 締 結 された 保 険 契 約 の 内 容 としてあらかじめ 定 められた 約 束 事 を 記 載 したも のです 実 際 のご 契 約 につきましては 本 約 款

目 次 この 普 通 保 険 約 款 特 約 ( 以 下 本 約 款 といいます ) は 保 険 契 約 者 と 当 社 との 間 に 締 結 された 保 険 契 約 の 内 容 としてあらかじめ 定 められた 約 束 事 を 記 載 したも のです 実 際 のご 契 約 につきましては 本 約 款 目 次 この 普 通 保 険 約 款 特 約 ( 以 下 本 約 款 といいます ) は 保 険 契 約 者 と 当 社 との 間 に 締 結 された 保 険 契 約 の 内 容 としてあらかじめ 定 められた 約 束 事 を 記 載 したも のです 実 際 のご 契 約 につきましては 本 約 款 および 保 険 証 券 保 険 契 約 継 続 証 をあわせてご 確 認 ください また ご 不 明

More information

養老保険普通保険約款

養老保険普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 責 任 開 始 期 第 1 条 責 任 開 始 期 2 保 険 金 の 支 払 第 2 条 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 戦 争 その 他 の 変 乱 第 5 条 保 険 金 の 請 求 支 払 の 手 続 3 保 険 料 の 払 込 免 除 第 6 条 保 険 料 の 払 込 免 除 第 7 条 保 険

More information

<81798A6D92E894C5817A4A4141979897708B4B96F132332E4D61722E323031305F90BC90EC2E786C73>

<81798A6D92E894C5817A4A4141979897708B4B96F132332E4D61722E323031305F90BC90EC2E786C73> 1/6 利 用 規 約 株 式 会 社 オークション トランスポート 利 用 規 約 標 準 内 航 利 用 運 送 約 款 ( 平 成 十 八 年 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 六 号 ) 株 式 会 社 オークション トランスポート トランスポートWEB 利 用 規 約 第 1 条 ( 定 義 ) 本 規 約 および 輸 送 サービス 利 用 規 約 において 用 いられる 字 句

More information

スライド 1

スライド 1 一 般 社 団 法 人 日 本 口 腔 ケア 学 会 会 員 の 皆 さまへ 医 療 従 事 者 看 護 職 向 け 保 険 制 度 医 療 従 事 者 看 護 職 の 方 が 日 本 国 内 において 医 療 業 務 を 行 うにあたり 事 故 が 発 生 した 場 合 に その 医 療 従 事 者 看 護 職 の 方 が 法 律 上 の を 負 担 することによって 被 る 損 害 を 補 償

More information

スーパー 二 輪 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 第 1 節 対 人 賠 償 責 任 条 項 1 第 2 節 対 人 臨 時 費 用 条 項 3 第 3 節 対 物 賠 償 責 任 条 項 4 第 4 節 他 車 運 転 賠 償 責 任 条 項 6

スーパー 二 輪 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 第 1 節 対 人 賠 償 責 任 条 項 1 第 2 節 対 人 臨 時 費 用 条 項 3 第 3 節 対 物 賠 償 責 任 条 項 4 第 4 節 他 車 運 転 賠 償 責 任 条 項 6 スーパー 二 輪 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 第 1 節 対 人 賠 償 責 任 条 項 1 第 2 節 対 人 臨 時 費 用 条 項 3 第 3 節 対 物 賠 償 責 任 条 項 4 第 4 節 他 車 運 転 賠 償 責 任 条 項 6 第 2 章 人 身 傷 害 条 項 7 第 3 章 搭 乗 者 傷 害 条 項 16 第 4 章 車

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179826782518254837083938374838C83628367817A8F4390B38DCF2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179826782518254837083938374838C83628367817A8F4390B38DCF2E646F63> 神 奈 川 県 保 険 医 協 会 会 員 の 先 生 へ 医 師 賠 償 責 任 保 険 個 人 賠 償 責 任 保 険 のおすすめ 医 師 賠 償 責 任 保 険 : 団 体 割 引 20% 適 用 個 人 賠 償 責 任 保 険 : 団 体 割 引 15% 適 用 神 奈 川 県 保 険 医 協 会 では 三 井 住 友 海 上 火 災 保 険 株 式 会 社 と 医 師 賠 償 責 任 保

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63> 平 成 21 年 4 月 1 日 借 主 は 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 間 で 新 車 ローン ネット de カー のローン 契 約 ( 以 下 ローン 契 約 といいます )を 行 う 場 合 には 銀 行 と 別 途 締 結 する ローン 契 約 書 ( 兼 保 証 委 託 契 約 書 ) ( 以 下 ローン 契 約 書

More information

1 入札説明書

1 入札説明書 平 成 28 年 度 びわこボート 開 催 告 知 広 告 業 務 ( 関 西 スポーツ 新 聞 5 紙 ) 入 札 説 明 書 平 成 28 年 2 月 滋 賀 県 総 務 部 事 業 課 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 平 成 7 年 条 約 第 23 号 ) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号

More information

日本商工会議所.indd

日本商工会議所.indd 1 2 3 Ⅵ 保 険 金 をお 支 払 いしない 主 な 場 合 共 通 費 用 損 害 次 のいずれかに 該 当 する 事 由 事 故 または 行 為 に 起 因 する 損 害 1 被 保 険 者 の 犯 罪 行 為 ( 過 失 犯 を 除 きます ) 2 被 保 険 者 の 故 意 または 重 過 失 による 法 令 違 反 3 被 保 険 者 が 他 人 に 損 失 を 与 えることを 認

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

安心マイカー保険新型自動車総合保険(個人用)普通保険約款および特約.indd

安心マイカー保険新型自動車総合保険(個人用)普通保険約款および特約.indd 新 型 自 動 車 総 合 保 険 ( 個 人 用 ) 普 通 保 険 約 款 < の ( 共 通 )> この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 において 次 の の 意 味 は それぞれ 次 の によりまただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 において 別 途 の がある 場 合 は それによりま 医 学 的 他 覚

More information

タフ・シンプル クルマの保険

タフ・シンプル クルマの保険 N3 P.4 P.6 P.8 P.9 P.13 P.15 P. 19 P.28 P.40 P.50 P.97 4 6 8 9 13 1 2 3 4 15 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 19 1 2 3 4 5 13 13 13 14 15 15 16 16 16 17 18 18 18 18 19 19 20 23 24 26 28 1 2 40 1 2 3 4 5 6 7 8 9

More information

1. 用 語 の 意 義 第 1 条 ( 用 語 の 意 義 ) この 普 通 約 款 において 使 用 されるつぎの 用 語 の 意 義 は それぞれつぎのとおりとします 金 責 任 開 始 期 契 約 応 当 日 用 語 の 意 義 満 期 金 死 亡 金 および 高 度 障 害 金 をいいます

1. 用 語 の 意 義 第 1 条 ( 用 語 の 意 義 ) この 普 通 約 款 において 使 用 されるつぎの 用 語 の 意 義 は それぞれつぎのとおりとします 金 責 任 開 始 期 契 約 応 当 日 用 語 の 意 義 満 期 金 死 亡 金 および 高 度 障 害 金 をいいます この の 概 要 1. 用 語 の 意 義 第 1 条 用 語 の 意 義 (H 普 通 約 款 目 次 2. 金 の 支 第 2 条 金 の 支 第 3 条 金 の 支 に 関 する 補 則 第 4 条 金 の 免 責 事 由 に 該 当 した 場 合 の 取 扱 第 5 条 金 支 方 法 の 選 択 第 6 条 金 の 請 求 支 期 および 支 場 所 3. 当 会 社 の 責 任 開 始

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

特 約 正 式 名 称 掲 載 略 称 特 約 正 式 名 称 ページ 特 別 条 件 付 保 険 特 約 特 別 条 件 付 保 険 特 約 27 団 体 扱 一 般 A 団 体 扱 特 約 ( 一 般 A) 29 団 体 扱 一 般 B 団 体 扱 特 約 ( 一 般 B) 30 団 体 扱 一

特 約 正 式 名 称 掲 載 略 称 特 約 正 式 名 称 ページ 特 別 条 件 付 保 険 特 約 特 別 条 件 付 保 険 特 約 27 団 体 扱 一 般 A 団 体 扱 特 約 ( 一 般 A) 29 団 体 扱 一 般 B 団 体 扱 特 約 ( 一 般 B) 30 団 体 扱 一 2013 年 10 月 1 日 以 降 始 期 用 ロングライフミニ 長 期 医 療 保 険 ご 契 約 のしおり ご 契 約 者 の 皆 様 へ この ご 契 約 のしおり は 長 期 医 療 保 険 契 約 についての 大 切 なことがらを 記 載 したものです ご 一 読 のうえ 保 険 証 券 と 共 にご 保 管 くださいますようお 願 いいたします(なお ご 契 約 者 と 被 保 険

More information

機器保証利用規約

機器保証利用規約 端 末 補 償 for ismart 利 用 規 約 株 式 会 社 フォーバルテレコム( 以 下 当 社 といいます )は 当 社 の 指 定 する 商 品 を 購 入 するお 客 様 ( 以 下 利 用 者 といいます ) 向 けに 以 下 に 定 める 機 器 保 証 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )に 基 づき 端 末 補 償 for ismart ( 以 下 本 サービス

More information

単 体 商 品 <7> 保 険 料 保 険 金 額 ( 保 険 期 間 1 年 団 割 20% 適 用 ) 契 約 型 保 険 金 額 保 険 料 対 人 1 事 故 につき 対 人 期 間 中 医 師 200 型 2 億 円 6 億 円 51,570 円 100 型 1 億 円 3 億 円 40,

単 体 商 品 <7> 保 険 料 保 険 金 額 ( 保 険 期 間 1 年 団 割 20% 適 用 ) 契 約 型 保 険 金 額 保 険 料 対 人 1 事 故 につき 対 人 期 間 中 医 師 200 型 2 億 円 6 億 円 51,570 円 100 型 1 億 円 3 億 円 40, 平 成 26 年 度 版 勤 務 医 師 賠 償 責 任 保 険 ( 個 人 型 ) 単 体 商 品 本 団 体 契 約 は 日 本 病 院 会 を 契 約 者 とする 団 体 保 険 契 約 です 日 本 病 院 会 会 員 が 開 設 もしくは 管 理 している 医 療 機 関 に 勤 務 していることがご 加 入 の 条 件 となりますのでご 注 意 下 さい 勤 務 医 師 等 の 医 療

More information

ホームページ作成サービス利用契約約款

ホームページ作成サービス利用契約約款 ホームページ 作 成 サービス 利 用 契 約 約 款 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. ファーストサーバ 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )は このホームページ 作 成 サービス 利 用 契 約 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます )に 定 めるところにより 本 サービス( 第 3 条 第 1 号 に 定 義 )を 提 供 しま す 本 約 款 は 当 社 とお

More information

株式会社WOWOW有料放送サービス約款「IPTV同時再送信用」

株式会社WOWOW有料放送サービス約款「IPTV同時再送信用」 株 式 会 社 WOWOW 有 料 放 送 サービス 約 款 IPTV 同 時 再 送 信 用 第 1 章 総 則 ( 約 款 の 適 用 ) 第 1 条 当 社 は この 有 料 基 幹 放 送 契 約 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます )を 定 め これにより 衛 星 デ ジタル 有 料 放 送 サービスを 提 供 します ( 約 款 の 変 更 ) 第 2 条 当 社 は 本 約 款

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093599574322D345F3130365F819C91E6825395D25F4F54415F8F9D8A518EA197C394EF977095E28F9E93C196F15F5034332D35302E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093599574322D345F3130365F819C91E6825395D25F4F54415F8F9D8A518EA197C394EF977095E28F9E93C196F15F5034332D35302E646F63> 傷 害 治 療 費 用 補 償 特 約 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 特 約 において 下 表 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 医 学 的 他 覚 所 見 理 学 的 検 査 神 経 学 的 検 査 臨 床 検 査 画 像 検 査 等 により 認 められ る 異 常 所 見 をいいます 競 技 等 競 技 競 争 興 行 (*1)または

More information

タフ・クルマの保険

タフ・クルマの保険 P.4 P.6 P.8 P.9 P.12 P.16 P.21 P.30 P.46 P.56 P.100 N1 4 6 8 9 12 1 2 3 4 5 6 16 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 12 12 13 13 14 15 16 17 17 18 18 19 19 20 20 20 21 1 21 2 21 3 22 4 25 5 26 28 30 1 2 46 1 2 3 4

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

Gi電気料金一括請求サービス約款

Gi電気料金一括請求サービス約款 Gi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービス 約 款 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 本 約 款 の 適 用 ) 株 式 会 社 インボイス( 以 下 当 社 といいます)は このGi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービ ス 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)を 定 め 本 約 款 に 基 づき 第 4 条 に 定 めるサービ ス( 以 下 本 サービス1と 本 サービス2を 総

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条

も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条 も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 賠 償 責 任 保 険 対 人 対 物 事 故 により 相 手 方 への 法 律 上 の 損

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

補 償 の 内 容 保 険 金 をお 支 払 いする 主 な 場 合 とお 支 払 いできない 主 な 場 合 生 産 物 賠 償 責 任 保 険 のあらまし 保 険 金 をお 支 払 いする 主 な 場 合 保 険 金 をお 支 払 いできない 主 な 場 合 この 保 険 では 生 産 物 を

補 償 の 内 容 保 険 金 をお 支 払 いする 主 な 場 合 とお 支 払 いできない 主 な 場 合 生 産 物 賠 償 責 任 保 険 のあらまし 保 険 金 をお 支 払 いする 主 な 場 合 保 険 金 をお 支 払 いできない 主 な 場 合 この 保 険 では 生 産 物 を 補 償 の 内 容 保 険 金 をお 支 払 いする 主 な 場 合 とお 支 払 いできない 主 な 場 合 施 設 所 有 管 理 者 賠 償 責 任 保 険 のあらまし 保 険 金 をお 支 払 いする 主 な 場 合 保 険 金 をお 支 払 いできない 主 な 場 合 この 保 険 では 事 務 所 店 舗 工 場 等 さまざまな 施 設 ( 昇 降 機 を 含 みます )の 所 有 者

More information

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW WAON 利 用 加 盟 店 規 約 第 1 条 目 的 1. 本 規 約 は 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)と 利 用 者 間 の 取 引 代 金 の 決 済 に WAON を 利 用 することに 関 し 甲 とイオンクレジットサービス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という) との 間 におけるWAONの 取 扱 い 及 びWAONに 係 る 契 約 関 係 ( 以 下 本 契 約 という)に

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

Microsoft Word - koukankisoku(28.9

Microsoft Word - koukankisoku(28.9 大 阪 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 47 年 2 月 7 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 大 阪 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 大 阪 手 形 交 換 所 ( 以 下

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

Microsoft Word - 旅行業約款(募集型企画旅行PEX契約)

Microsoft Word - 旅行業約款(募集型企画旅行PEX契約) 旅 行 業 約 款 ( 募 集 型 企 画 旅 行 契 約 /PEX 約 款 ) 社 団 法 人 日 本 旅 行 業 協 会 保 証 社 員 株 式 会 社 シイ.エイ.エヌ 第 一 章 総 則 ( 適 用 範 囲 ) 第 一 条 当 社 が 旅 行 者 との 間 で 締 結 する 募 集 型 企 画 旅 行 に 関 する 契 約 ( 以 下 募 集 型 企 画 旅 行 契 約 といいま)は この

More information

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金 日 本 トーター 株 式 会 社 大 宮 西 武 園 競 輪 事 業 所 大 宮 競 輪 場 及 び 西 武 園 競 輪 場 ポイントサービス 利 用 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 会 員 規 約 に 基 づく 事 項 その 他 当 施 設 におけるポイントサービスの 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 め ることを 目 的 とします ( 定 義 )

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

スルガ 銀 行 が 認 めた 場 合 に 限 り 銀 行 取 引 をご 利 用 いただけるものとします 但 し スルガ 銀 行 ANA 支 店 に おける 固 有 の 特 典 サービスは 一 切 利 用 又 は 享 受 する 権 利 を 失 うものとします 2. SMART BANK 取 引 規 定

スルガ 銀 行 が 認 めた 場 合 に 限 り 銀 行 取 引 をご 利 用 いただけるものとします 但 し スルガ 銀 行 ANA 支 店 に おける 固 有 の 特 典 サービスは 一 切 利 用 又 は 享 受 する 権 利 を 失 うものとします 2. SMART BANK 取 引 規 定 ANAマイレージクラブ Financial Pass 会 員 特 約 第 1 条 定 義 ANAマイレージクラブフィナンシャルパスカード( 以 下 カード という )は 全 日 本 空 輸 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 と いう )とスルガ 銀 行 株 式 会 社 ( 以 下 スルガ 銀 行 という )が 提 携 して 発 行 するものです 第 2 条 カード 機 能 (1) カードには 原

More information

目 まず 始 めに 必 ずお 読 みください 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 財 形 住 宅 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 4 財 形 年 金 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 7 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険

目 まず 始 めに 必 ずお 読 みください 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 財 形 住 宅 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 4 財 形 年 金 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 7 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 住 宅 傷 害 保 険 財 形 年 金 傷 害 保 険 ご 契 約 のしおり 03 年 0 月 日 以 降 用 ご 契 約 者 の 皆 様 へ この ご 契 約 のしおり( 約 款 ) は 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 住 宅 傷 害 保 険 および 財 形 年 金 傷 害 保 険 についての 大 切 なことがらを 記 載 したものです 保 険 約

More information

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号 東 京 手 形 交 換 所 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 参 加 銀 行 第 1 節 参 加 および 脱 退 ( 第 5 条 第 15 条 ) 第 2 節 加 入 金 および 経 費 分 担 金 ( 第 16 条 第 19 条 ) 第 3 節 保 証 金 ( 第 20 条 第 21 条 ) 第 3 章 手 形 交 換 第 1 節 総 則 ( 第 22

More information

WebARENA Suite2

WebARENA Suite2 WebARENA 共 通 利 用 規 約 2015 年 5 月 13 日 改 定 株 式 会 社 NTTPCコミュニケーションズ WebARENA 共 通 利 用 規 約 2015 年 5 月 13 日 改 定 株 式 会 社 NTTPC コミュニケーションズ 第 1 章 総 則... 3 第 1 条 ( 利 用 規 約 の 適 用 )... 3 第 2 条 ( 利 用 規 約 の 変 更 )...

More information

商工団体総合賠償責任保険制度

商工団体総合賠償責任保険制度 1 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 当 社 は 被 保 険 者 が 保 険 期 間 中 に 発 生 した 他 人 の 身 体 の 障 害 1) または 財 物 の 滅 失 破 損 もし くは 汚 損 ( 以 下 事 故 といいま)について 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 することによっ て 被 る 損 害 ( 以 下 損 害 といいま)に 対 して この 約 款

More information

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要 札 幌 市 管 工 事 業 協 同 組 合 定 款 昭 和 48 年 12 月 18 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

<3695CA8E8682A082E782DC82B52E786C73>

<3695CA8E8682A082E782DC82B52E786C73> 平 成 28 年 度 一 般 財 団 法 人 日 本 建 築 設 備 昇 降 機 センター 情 報 交 流 会 会 員 準 会 員 対 象 建 築 設 備 定 期 検 査 業 務 に 携 わる 方 々のための 賠 償 責 任 保 険 のご 案 内 ( 請 負 業 者 賠 償 責 任 保 険 + 受 託 者 賠 償 責 任 保 険 + 生 産 物 賠 償 責 任 保 険 ) 保 険 契 約 者 一 般

More information

4. 本 サービスを 利 用 するために 必 要 な 通 信 費 等 は 本 サービス 利 用 者 の 負 担 とします 第 5 条 ( 利 用 料 金 ) 1. 本 サービスの 利 用 料 金 ( 以 下 本 料 金 といいます )は 当 社 が 別 途 定 めるとおりとします 2. 本 サービス

4. 本 サービスを 利 用 するために 必 要 な 通 信 費 等 は 本 サービス 利 用 者 の 負 担 とします 第 5 条 ( 利 用 料 金 ) 1. 本 サービスの 利 用 料 金 ( 以 下 本 料 金 といいます )は 当 社 が 別 途 定 めるとおりとします 2. 本 サービス 第 1 条 ( 本 サービスの 内 容 ) いつでも 書 店 ( 以 下 本 サービス といいます )は いつでも 書 店 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )がお 客 様 に 対 し いつでも 書 店 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )に 基 づき 提 供 するサービスをいいます 第 2 条 ( 本 サービスの 利 用 ) 1. 本 サービスの 利 用 を 希 望

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可 日 本 ブランド 農 業 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称

More information

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと 千 葉 県 電 気 工 事 工 業 組 合 定 款 ( 昭 和 40 年 8 月 5 日 制 定 ) ( 昭 和 45 年 12 月 25 日 改 正 ) ( 昭 和 54 年 9 月 29 日 改 正 ) ( 昭 和 58 年 5 月 24 日 改 正 ) ( 昭 和 60 年 5 月 21 日 改 正 ) ( 平 成 4 年 5 月 28 日 改 正 ) ( 平 成 5 年 5 月 19 日 改

More information

平成17年3月22日

平成17年3月22日 一 般 社 団 法 人 情 報 通 信 設 備 協 会 会 員 の 皆 様 へ ( 一 社 ) 情 報 通 信 設 備 協 会 賠 償 責 任 保 険 制 度 のご 案 内 請 負 業 者 特 別 約 款 + 損 害 賠 償 請 求 ベース 特 約 条 項 財 物 損 壊 生 産 物 特 別 約 款 + 製 造 物 責 任 法 対 応 特 約 条 項 財 物 損 壊 の 範 囲 拡 大 に 関 する

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

医局医・勤務医のための医師賠償責任保険のご案内(2010/4/1以降用)

医局医・勤務医のための医師賠償責任保険のご案内(2010/4/1以降用) 医 局 医 勤 務 医 のための 医 師 賠 償 責 任 保 険 のご 案 内 2010 年 4 月 91545.2010.2/A3E13/A 目 次 1. 医 師 賠 償 責 任 保 険 とは P.3 2.お 支 払 いする 保 険 金 の 種 類 P.4 3. 保 険 金 をお 支 払 いしない 主 な 場 合 P.5 4.ご 契 約 のしくみ P.6~7 5.ご 注 意 いただきたいこと P.8~11

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

定 款

定 款 ダイヤモンド 工 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第

More information

ファイル共有サービス利用規約

ファイル共有サービス利用規約 平 成 28 年 3 月 22 日 東 北 インテリジェント 通 信 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則... 1 第 1 条 利 用 規 約 の 適 用... 1 第 2 条 利 用 規 約 の 変 更... 1 第 3 条 用 語 の 定 義... 1 第 2 章 サービスの 種 別 等... 3 第 4 条 種 別 等... 3 第 3 章 サービスの 提 供 区 間... 4 第 5

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

この約款は、この組合が漁船損害等補償法(昭和27年法律第28号

この約款は、この組合が漁船損害等補償法(昭和27年法律第28号 保 険 約 款 山 口 県 漁 船 保 険 組 合 目 次 第 1 部 漁 船 保 険 ( 第 1 条 - 第 68 条 ) -------------------------------------------------- 1 第 1 章 保 険 契 約 ( 第 1 条 - 第 47 条 ) -------------------------------------------------- 1

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

ご 加 入 いただける 方 医 局 に 所 属 する 次 のような 方 々はご 加 入 いただくことが 可 能 です 1 それぞれの 医 局 の 先 生 または 病 院 に 勤 務 して 医 療 に 直 接 従 事 されている 方 2 病 院 に 勤 務 して 直 接 医 療 行 為 に 従 事 し

ご 加 入 いただける 方 医 局 に 所 属 する 次 のような 方 々はご 加 入 いただくことが 可 能 です 1 それぞれの 医 局 の 先 生 または 病 院 に 勤 務 して 医 療 に 直 接 従 事 されている 方 2 病 院 に 勤 務 して 直 接 医 療 行 為 に 従 事 し 研 修 医 勤 務 医 のための 医 師 賠 償 責 任 保 険 のご 案 内 ( 医 師 賠 償 責 任 保 険 ) 1 ご 加 入 いただける 方 医 局 に 所 属 する 次 のような 方 々はご 加 入 いただくことが 可 能 です 1 それぞれの 医 局 の 先 生 または 病 院 に 勤 務 して 医 療 に 直 接 従 事 されている 方 2 病 院 に 勤 務 して 直 接 医 療

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 )

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 ) 任 期 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 16 規 程 第 10 号 平 成 16 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 17 規 程 第 4 号 平 成 17 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 57 号 平 成 19 年 3 月 13 日 平 18 規 程 第 101 号 平 成 19 年 3 月 30 日 平 19 規 程 第 20 号 平 成 19 年 8 月 23 日 平 19 規

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208747938B8FE68ED28F9D8A5181698E80965381458CE388E28FE18A51816A93C196F1303730372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208747938B8FE68ED28F9D8A5181698E80965381458CE388E28FE18A51816A93C196F1303730372E646F63> 搭 乗 者 傷 害 ( 死 亡 後 遺 障 害 ) 特 約 < 用 語 のご 説 明 - 定 義 > この 特 約 において 使 用 される 次 の 用 語 は それぞれ 次 の 定 義 によります (1) 正 規 の 乗 車 装 置 乗 車 人 員 が 動 揺 衝 撃 等 により 転 落 または 転 倒 することなく 安 全 な 乗 車 を 確 保 できる 構 造 を 備 えた 道 路 運 送 車

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 平 成 26 年 3 月 25 日 ) 改 正 平 26 規 程 第 16 号 平 成 26 年 11 月 28 日 平 26 規 程 第 41 号 平 成 27 年 1 月 28 日 平 26 規 程 第 67 号 平 成 27 年 3 月 31 日 平 27 規 程 第 28 号 平 成 28 年 3 月

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

自動車保険のしおり・約款(保険開始日(始期日)が2010年3月31日以前のご契約)

自動車保険のしおり・約款(保険開始日(始期日)が2010年3月31日以前のご契約) 自 動 車 保 険 のしおり 約 款 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 特 約 条 項 この 自 動 車 保 険 のしおり 約 款 には ご 契 約 上 の 大 切 なことがらが 記 載 されて おりますので ご 一 読 ください ご 契 約 者 と 補 償 の 対 象 となる 方 が 異 なる 場 合 は ご 契 約 者 よりこの 内 容 を 補 償 の 対 象 となる 方 にもご 説

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information