事 故 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 また は 弊 社 にご 連 絡 ください (1)この 保 険 では 保 険 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 行 う 示 談 交 渉 サービス を 行 いません 万 一 被

Size: px
Start display at page:

Download "事 故 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 また は 弊 社 にご 連 絡 ください (1)この 保 険 では 保 険 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 行 う 示 談 交 渉 サービス を 行 いません 万 一 被"

Transcription

1

2 事 故 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 また は 弊 社 にご 連 絡 ください (1)この 保 険 では 保 険 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 行 う 示 談 交 渉 サービス を 行 いません 万 一 被 保 険 者 が 賠 償 責 任 を 負 う 事 故 が 発 生 した 場 合 は 弊 社 とご 相 談 いただきながら 被 保 険 者 ご 自 身 で 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 進 め ていただくことになります なお あらかじめ 弊 社 の 承 認 を 得 ない で 賠 償 責 任 を 認 めたり 賠 償 金 等 を 支 払 われたりした 場 合 は 被 保 険 者 に 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 がないと 認 められる 額 について 保 険 金 をお 支 払 いできないことがありますので ご 注 意 ください (2) 保 険 金 のご 請 求 にあたっては 次 の 書 類 をご 提 出 いただきます 1 保 険 金 の 請 求 書 2 保 険 金 をお 支 払 いする 場 合 に 該 当 することを 証 明 する 書 類 ( 被 保 険 者 の 登 記 簿 謄 本 戸 籍 謄 本 印 鑑 証 明 会 社 案 内 請 負 契 約 書 業 務 委 託 契 約 書 等 ) 3 事 故 の 原 因 状 況 および 被 害 の 程 度 金 額 を 確 認 できる 書 類 ( 公 の 機 関 が 発 行 する 事 故 証 明 書 被 保 険 者 の 事 故 報 告 書 事 故 現 場 の 写 真 図 面 被 害 物 の 写 真 価 額 を 確 認 できる 書 類 修 理 費 用 等 の 見 積 書 被 害 者 の 診 断 書 被 害 者 の 休 業 損 害 逸 失 利 益 算 定 の 基 礎 となる 収 入 の 額 を 示 す 書 類 等 ) 4 被 保 険 者 が 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 することを 示 す 判 決 書 調 停 調 書 もしくは 和 解 調 書 または 被 保 険 者 と 被 害 者 の 間 の 示 談 書 5 被 保 険 者 が 法 律 上 の 損 害 賠 償 金 を 弁 済 したことおよびその 金 額 を 証 明 する 書 類 6 争 訟 費 用 等 の 費 用 の 支 出 を 証 する 領 収 書 または 精 算 書 7 弊 社 がお 支 払 いする 保 険 金 の 額 を 算 出 するために 必 要 な 書 類 ( 他 の 保 険 契 約 等 の 保 険 金 支 払 内 容 を 記 載 した 支 払 内 訳 書 等 の 書 類 等 ) 8 被 保 険 者 が 保 険 金 の 請 求 をすることについて 被 害 者 の 承 諾 があっ たことおよびその 金 額 を 証 明 する 書 類 9 弊 社 が 保 険 金 を 支 払 うために 必 要 な 事 項 の 確 認 を 行 うための 同 意 書 (3) 保 険 金 請 求 権 には 時 効 (3 年 )がありますので ご 注 意 ください 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 ( 事 故 受 付 センター) 受 付 時 間 :24 時 間 365 日 ご 連 絡 先 :フリーダイヤル 事 故 は119 番 110 番 ( 携 帯 電 話 PHS 衛 星 電 話 からもご 利 用 いただけます) ご 連 絡 をいただく 際 には 必 ず 証 券 番 号 をお 手 元 にご 用 意 ください 事 故 の 受 付 ご 相 談 事 故 のご 連 絡 ご 相 談 をフリーダイヤルにて 承 ります いざというとき 全 国 どこからでもご 利 用 いただけます

3 目 次 1.ご 契 約 後 次 のことにご 注 意 ください 2 2. 約 款 の 構 成 3 3. 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 4 4. 保 険 料 に 関 する 規 定 の 変 更 特 約 条 項 各 種 特 別 約 款 および 添 付 される 特 約 条 項 20 (1) 医 師 特 別 約 款 20 代 位 求 償 権 行 使 に 関 する 特 約 条 項 21 廃 業 担 保 特 約 条 項 21 予 防 接 種 のみ 担 保 特 約 条 項 22 勤 務 医 師 包 括 担 保 特 約 条 項 22 (2) 医 療 施 設 特 別 約 款 23 (3) 医 療 従 事 者 包 括 特 別 約 款 24 看 護 職 のみ 担 保 特 約 条 項 27 6.その 他 の 特 約 条 項 ( 共 通 ) 28 共 同 保 険 に 関 する 特 約 条 項 28 1

4 1.ご 契 約 後 次 のことにご 注 意 ください (1) 保 険 証 券 は 大 切 に 保 存 してください 保 険 証 券 は お 客 様 のご 契 約 内 容 を 記 載 したものです 保 険 金 のご 請 求 時 の 立 証 書 類 であり 保 険 証 券 を 紛 失 等 された 場 合 は 保 険 金 をお 支 払 いできないことがありますので 内 容 をご 確 認 のうえ 大 切 に 保 存 してください (2 )ご 契 約 後 に 保 険 証 券 明 細 書 等 に が 付 された 事 項 ( 通 知 事 項 )に 内 容 の 変 更 が 生 じた 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 または 弊 社 にご 連 絡 いただく 義 務 があります ご 連 絡 がない 場 合 は ご 契 約 を 解 除 し 保 険 金 をお 支 払 いできないことがあります 通 知 義 務 の 対 象 ではありませんが ご 契 約 者 の 住 所 等 を 変 更 した 場 合 にも ご 契 約 の 代 理 店 または 弊 社 にご 連 絡 ください (3 ) 責 任 保 険 において 被 保 険 者 に 対 して 損 害 賠 償 請 求 権 を 有 する 保 険 事 故 の 被 害 者 は 被 保 険 者 が 弊 社 に 対 して 有 する 保 険 金 請 求 権 ( 費 用 保 険 金 に 関 するものを 除 きます )について 先 取 特 権 を 有 しま す( 保 険 法 第 22 条 第 1 項 ) 先 取 特 権 とは 被 害 者 が 保 険 金 給 付 から 他 の 債 権 者 に 先 立 って 自 己 の 債 権 の 弁 済 を 受 ける 権 利 を いいます 被 保 険 者 は 被 害 者 に 弁 済 をした 金 額 または 被 害 者 の 承 諾 を 得 た 金 額 の 限 度 においてのみ 弊 社 に 対 して 保 険 金 をご 請 求 いただくことができます( 保 険 法 第 22 条 第 2 項 ) このため 弊 社 が 保 険 金 をお 支 払 いできるのは 費 用 保 険 金 を 除 き 次 の1から3までの 場 合 に 限 られますので ご 了 解 ください 1 被 保 険 者 が 被 害 者 に 対 して 既 に 損 害 賠 償 としての 弁 済 を 行 っている 場 合 2 被 害 者 が 被 保 険 者 への 保 険 金 支 払 を 承 諾 していることを 確 認 できる 場 合 3 被 保 険 者 の 指 図 に 基 づき 弊 社 から 被 害 者 に 対 して 直 接 保 険 金 を 支 払 う 場 合 (4 )ご 契 約 者 と 被 保 険 者 が 異 なる 場 合 は ご 契 約 の 内 容 を 被 保 険 者 の 方 にご 説 明 いただきますようお 願 い 申 し 上 げます なお 約 款 集 が 必 要 な 場 合 は ご 遠 慮 なく 代 理 店 または 弊 社 までお 申 し 付 けください 2

5 2. 約 款 の 構 成 ご 契 約 いただいた 保 険 契 約 には それぞれ 次 の 表 に 掲 げる 約 款 および 特 約 条 項 ( 特 約 条 項 については 保 険 証 券 に 記 載 されたもの)が 適 用 されますので 該 当 する 部 分 をご 確 認 ください ご 契 約 いただいた 賠 償 責 任 保 険 の 名 称 医 師 賠 償 責 任 保 険 医 療 施 設 賠 償 責 任 保 険 医 療 従 事 者 包 括 賠 償 責 任 保 険 適 用 される 約 款 および 特 約 条 項 普 通 保 険 約 款 + 保 険 料 に 関 する 規 定 の 変 更 特 約 条 項 + 医 師 特 別 約 款 + 代 位 求 償 権 行 使 に 関 する 特 約 条 項 普 通 保 険 約 款 + 保 険 料 に 関 する 規 定 の 変 更 特 約 条 項 + 医 療 施 設 特 別 約 款 普 通 保 険 約 款 + 保 険 料 に 関 する 規 定 の 変 更 特 約 条 項 + 医 療 従 事 者 包 括 特 別 約 款 契 約 ごとに 任 意 に 適 用 される 特 約 条 項 ( 主 な 特 約 条 項 ) 廃 業 担 保 特 約 条 項 予 防 接 種 のみ 担 保 特 約 条 項 勤 務 医 師 包 括 担 保 特 約 条 項 共 同 保 険 に 関 する 特 約 条 項 共 同 保 険 に 関 する 特 約 条 項 看 護 職 のみ 担 保 特 約 条 項 共 同 保 険 に 関 する 特 約 条 項 等 等 等 保 険 証 券 記 載 の 証 券 番 号 が 数 字 から 始 まる(1 桁 目 がアルファベットでない) 保 険 契 約 においては 上 記 の 約 款 および 特 約 条 項 の 適 用 有 無 は 下 記 のとおりです 約 款 および 特 約 条 項 の 名 称 医 師 特 別 約 款 代 位 求 償 権 行 使 に 関 する 特 約 条 項 廃 業 担 保 特 約 条 項 共 同 保 険 に 関 する 特 約 条 項 その 他 の 特 別 約 款 および 特 約 条 項 適 用 される 場 合 保 険 証 券 または 明 細 書 の 特 別 約 款 欄 にコード 92 名 称 医 師 または イシ と 表 示 されているときに 適 用 されます 医 師 特 別 約 款 に 適 用 されます 保 険 証 券 または 明 細 書 の 特 約 条 項 欄 に 廃 業 担 保 (ハイギョウ タンポ) と 表 示 されているとき またはコード 34 と 表 示 さ れているときに 適 用 されます 共 同 保 険 契 約 であるときに 適 用 されます 適 用 されません 3

6 3. 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 また は 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 といいます )に ついて 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 すること ( 以 下 保 険 事 故 といいます )によって 被 る 損 害 に 対 して 保 険 金 を 支 払 います 第 2 条 ( 損 害 の 範 囲 ) 当 会 社 が 保 険 金 を 支 払 う 前 条 の 損 害 は 次 の いずれかに 該 当 するものに 限 ります 1 法 律 上 の 損 害 賠 償 金 法 律 の 規 定 に 基 づき 被 保 険 者 が 被 害 者 に 対 して 行 う 賠 償 債 務 の 弁 済 としての 支 出 を いいます 被 保 険 者 が 弁 済 によって 代 位 取 得 するものがある 場 合 は その 価 額 を 控 除 します 2 争 訟 費 用 損 害 賠 償 責 任 に 関 する 争 訟 について 被 保 険 者 が 当 会 社 の 書 面 による 同 意 を 得 て 支 出 した 費 用 をいいます 3 損 害 防 止 軽 減 費 用 第 12 条 ( 事 故 の 発 生 )(1)3の 規 定 に 基 づき 被 保 険 者 が 他 人 から 損 害 の 賠 償 を 受 ける 権 利 の 保 全 もしくは 行 使 について 必 要 な 手 続 を 行 いまたは 既 に 発 生 した 事 故 に 係 る 損 害 の 発 生 もしくは 拡 大 の 防 止 について 必 要 なその 他 の 手 段 を 講 じた 場 合 (4に 規 定 する 場 合 を 除 きます )において 被 保 険 者 がその 手 続 または 手 段 のために 当 会 社 の 書 面 による 同 意 を 得 て 支 出 した 必 要 また は 有 益 な 費 用 をいいます 4 緊 急 措 置 費 用 第 12 条 (1)3の 規 定 に 基 づき 被 保 険 者 が 必 要 な 手 続 を 行 いまたは 手 段 を 講 じた 後 に 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 しないことが 判 明 し た 場 合 において 被 保 険 者 が 支 出 した 応 急 手 当 護 送 その 他 の 緊 急 措 置 に 要 した 費 用 または 当 会 社 の 書 面 による 同 意 を 得 て 支 出 したその 他 の 費 用 をいいます 5 協 力 費 用 第 13 条 ( 損 害 賠 償 請 求 解 決 のための 協 力 )(1)の 規 定 に 基 づき 当 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 による 損 害 賠 償 請 求 の 解 決 に 当 たる 場 合 において 被 保 険 者 が 当 会 社 の 求 めに 応 じて 協 力 するために 支 出 し た 費 用 をいいます 第 3 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それ ぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 身 体 の 障 害 人 の 傷 害 および 疾 病 ならびにこれらに 起 因 する 後 遺 障 害 および 死 亡 をいいま す 財 物 損 壊 用 語 売 上 高 完 成 工 事 高 賃 金 入 場 者 他 の 保 険 契 約 等 定 義 財 産 的 価 値 のある 有 体 物 をいいます 有 体 物 とは 有 形 的 存 在 を 有 する 固 体 液 体 または 気 体 をいい データ ソフトウエアもしくはプログラム 等 の 無 体 物 漁 業 権 特 許 権 もしくは 著 作 権 その 他 の 権 利 または 電 気 もしくはエ ネルギーを 含 みません 滅 失 破 損 または 汚 損 をいいます 滅 失 とは 財 物 がその 物 理 的 存 在 を 失 うことをいい 紛 失 盗 取 詐 取 および 横 領 を 含 みません 破 損 と は 財 物 が 予 定 または 意 図 されない 物 理 的 化 学 的 または 生 物 学 的 な 変 化 に よりその 客 観 的 な 経 済 的 価 値 を 減 少 さ せることをいいます 汚 損 とは 財 物 が 予 定 または 意 図 されない 事 由 に よって 汚 れることによりその 客 観 的 な 経 済 的 価 値 を 減 少 させることをいいま す 保 険 期 間 中 に 被 保 険 者 が 販 売 または 提 供 する 商 品 またはサービスの 税 込 対 価 の 総 額 をいいます 保 険 期 間 中 に 被 保 険 者 が 完 成 させる 工 事 に 関 する 税 込 収 益 の 総 額 をいいま す 保 険 期 間 中 に 被 保 険 者 が 労 働 の 対 価 と して 被 用 者 に 支 払 う 税 込 金 銭 の 総 額 を いいます 保 険 期 間 中 に 施 設 に 入 場 する 利 用 者 の 総 数 をいいます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 損 害 を 補 償 する 他 の 保 険 契 約 または 共 済 契 約 をいいます 第 4 条 ( 責 任 の 限 度 ) (1) 当 会 社 は 法 律 上 の 損 害 賠 償 金 については 1 回 の 事 故 について その 額 が 保 険 証 券 に 記 載 された 免 責 金 額 を 超 過 する 場 合 に 限 り その 超 過 額 のみに 対 して 保 険 金 を 支 払 います ただ し 当 会 社 が 支 払 う 保 険 金 の 額 は 保 険 証 券 に 記 載 された 支 払 限 度 額 ( 以 下 支 払 限 度 額 と いいます )を 限 度 とします (2) 当 会 社 は 争 訟 費 用 については その 全 額 に 対 して 保 険 金 を 支 払 います ただし 法 律 上 の 損 害 賠 償 金 の 額 が 支 払 限 度 額 を 超 える 場 合 は 次 の 算 式 により 算 出 される 金 額 のみに 対 し て 保 険 金 を 支 払 います 支 払 限 度 額 保 険 金 の 額 = 争 訟 費 用 の 額 法 律 上 の 損 害 賠 償 金 の 額 4

7 (3) 当 会 社 は 損 害 防 止 軽 減 費 用 緊 急 措 置 費 用 および 協 力 費 用 については それらの 全 額 に 対 して 保 険 金 を 支 払 います 第 5 条 ( 保 険 責 任 の 始 期 および 終 期 ) (1) 当 会 社 の 保 険 責 任 は 保 険 証 券 記 載 の 保 険 期 間 ( 以 下 保 険 期 間 といいます )の 初 日 の 午 後 4 時 ( 保 険 証 券 にこれと 異 なる 時 刻 が 記 載 されている 場 合 は その 時 刻 )に 始 まり 末 日 の 午 後 4 時 に 終 わります (2)(1)の 時 刻 は 日 本 国 の 標 準 時 によるも のとします (3) 保 険 期 間 が 始 まった 後 であっても 当 会 社 は 保 険 料 領 収 前 に 発 生 した 事 故 による 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 第 6 条 ( 告 知 義 務 ) (1) 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 になる 者 は 保 険 契 約 締 結 の 際 危 険 ( 損 害 の 発 生 の 可 能 性 を いいます 以 下 同 様 とします )に 関 する 重 要 な 事 項 のうち 保 険 契 約 申 込 書 その 他 の 書 類 の 記 載 事 項 とすることによって 当 会 社 が 告 知 を 求 めたもの( 他 の 保 険 契 約 等 に 関 する 事 項 を 含 み ます 以 下 告 知 事 項 といいます )につい て 当 会 社 に 事 実 を 正 確 に 告 げなければなりま せん (2) 保 険 契 約 締 結 の 際 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 告 知 事 項 について 故 意 または 重 大 な 過 失 によって 事 実 を 告 げなかった 場 合 または 事 実 と 異 なることを 告 げた 場 合 は 当 会 社 は 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 解 除 することができます (3)(2)の 規 定 は 次 のいずれかに 該 当 する 場 合 には 適 用 しません 1 (2)の 事 実 がなくなった 場 合 2 当 会 社 が 保 険 契 約 締 結 の 際 (2)に 規 定 する 事 実 を 知 っていた 場 合 または 過 失 に よってこれを 知 らなかった 場 合 ( 当 会 社 の ために 保 険 契 約 の 締 結 の 代 理 を 行 う 者 が 事 実 を 告 げることを 妨 げた 場 合 または 事 実 を 告 げないこともしくは 事 実 と 異 なること を 告 げることを 勧 めた 場 合 を 含 みます ) 3 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 事 故 による 損 害 の 発 生 前 に 告 知 事 項 につき 書 面 をもっ て 訂 正 を 当 会 社 に 申 し 出 て 当 会 社 がこれ を 承 認 した 場 合 なお 当 会 社 は 訂 正 の 申 出 を 受 けた 場 合 において その 訂 正 を 申 し 出 た 事 実 が 保 険 契 約 締 結 の 際 に 当 会 社 に 告 げられていたとしても 当 会 社 が 保 険 契 約 を 締 結 していたと 認 めるときに 限 り これ を 承 認 するものとします 4 当 会 社 が(2)の 規 定 による 解 除 の 原 因 があることを 知 った 時 から1か 月 を 経 過 し た 場 合 または 保 険 契 約 締 結 時 から5 年 を 経 過 した 場 合 (4)(2)の 規 定 による 解 除 が 事 故 による 損 害 の 発 生 後 になされた 場 合 であっても 当 会 社 は 第 19 条 ( 保 険 契 約 解 除 の 効 力 )の 規 定 にか かわらず 保 険 金 を 支 払 いません この 場 合 に おいて 既 に 保 険 金 を 支 払 っていたときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 することができます (5)(4)の 規 定 は (2)に 規 定 する 事 実 に 基 づかずに 発 生 した 事 故 による 損 害 には 適 用 しま せん 第 7 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 ) 当 会 社 は 直 接 であるか 間 接 であるかにかか わらず 次 の 事 由 に 起 因 する 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 1 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 の 故 意 2 戦 争 ( 宣 戦 の 有 無 を 問 いません ) 変 乱 暴 動 騒 じょうまたは 労 働 争 議 3 地 震 噴 火 洪 水 津 波 または 高 潮 第 8 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 ) 当 会 社 は 特 約 を 付 帯 した 場 合 を 除 き 直 接 であるか 間 接 であるかにかかわらず 被 保 険 者 が 次 の 賠 償 責 任 を 負 担 することによって 被 る 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 1 被 保 険 者 と 他 人 との 間 に 損 害 賠 償 に 関 す る 特 別 の 約 定 がある 場 合 において その 約 定 によって 加 重 された 賠 償 責 任 2 被 保 険 者 が 所 有 使 用 または 管 理 する 財 物 の 損 壊 について その 財 物 に 対 し 正 当 な 権 利 を 有 する 者 に 対 して 負 担 する 賠 償 責 任 3 被 保 険 者 と 同 居 する 親 族 に 対 する 賠 償 責 任 4 被 保 険 者 の 使 用 人 が 被 保 険 者 の 業 務 に 従 事 中 に 被 った 身 体 の 障 害 に 起 因 する 賠 償 責 任 5 排 水 または 排 気 ( 煙 を 含 みます )に 起 因 する 賠 償 責 任 第 9 条 ( 調 査 ) (1) 被 保 険 者 は 常 に 保 険 事 故 の 発 生 を 予 防 す るために 必 要 な 措 置 を 講 じるものとします (2) 当 会 社 は 保 険 期 間 中 いつでも(1)の 予 防 措 置 の 状 況 を 調 査 し かつ その 不 備 の 改 善 を 被 保 険 者 に 請 求 することができます 第 10 条 ( 通 知 義 務 ) (1) 保 険 契 約 締 結 の 後 告 知 事 項 の 内 容 に 変 更 を 生 じさせる 事 実 ( 告 知 事 項 のうち 保 険 契 約 締 結 の 際 に 当 会 社 が 交 付 する 書 面 等 においてこ の 条 の 適 用 がある 事 項 として 定 めたものに 関 す る 事 実 に 限 ります )が 発 生 した 場 合 は 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 は 遅 滞 なく その 旨 を 当 会 社 に 通 知 しなければなりません ただし その 事 実 がなくなった 場 合 は 当 会 社 への 通 知 は 必 要 ありません (2)(1)の 事 実 の 発 生 によって 危 険 増 加 ( 告 知 事 項 についての 危 険 が 高 くなり この 保 険 契 約 で 定 められている 保 険 料 がその 危 険 を 計 算 の 基 礎 として 算 出 される 保 険 料 に 不 足 する 状 態 になることをいいます 以 下 同 様 とします ) が 生 じた 場 合 において 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 故 意 または 重 大 な 過 失 によって 遅 滞 なく (1)の 規 定 による 通 知 をしなかったときは

8 当 会 社 は 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 解 除 することができ ます (3)(2)の 規 定 は 当 会 社 が(2)の 規 定 に よる 解 除 の 原 因 があることを 知 った 時 から1か 月 を 経 過 した 場 合 または 危 険 増 加 が 生 じた 時 か ら5 年 を 経 過 した 場 合 には 適 用 しません (4)(2)の 規 定 による 解 除 が 事 故 による 損 害 の 発 生 後 になされた 場 合 であっても 解 除 に 係 る 危 険 増 加 が 生 じた 時 から 解 除 がなされた 時 ま でに 発 生 した 事 故 による 損 害 に 対 しては 第 19 条 ( 保 険 契 約 解 除 の 効 力 )の 規 定 にかかわらず 当 会 社 は 保 険 金 を 支 払 いません この 場 合 に おいて 既 に 保 険 金 を 支 払 っていたときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 することができます (5)(4)の 規 定 は その 危 険 増 加 をもたらし た 事 実 に 基 づかずに 発 生 した 事 故 による 損 害 に は 適 用 しません (6)(2)の 規 定 にかかわらず (1)の 事 実 の 発 生 によって 危 険 増 加 が 生 じ この 保 険 契 約 の 引 受 範 囲 ( 保 険 料 を 増 額 することにより 保 険 契 約 を 継 続 することができる 範 囲 として 保 険 契 約 締 結 の 際 に 当 会 社 が 交 付 する 書 面 等 において 定 めたものをいいます )を 超 えることとなった 場 合 は 当 会 社 は 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 に よる 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 解 除 するこ とができます (7)(6)の 規 定 による 解 除 が 事 故 による 損 害 の 発 生 後 になされた 場 合 であっても 解 除 に 係 る 危 険 増 加 が 生 じた 時 から 解 除 がなされた 時 ま でに 発 生 した 事 故 による 損 害 に 対 しては 第 19 条 の 規 定 にかかわらず 当 会 社 は 保 険 金 を 支 払 いません この 場 合 において 既 に 保 険 金 を 支 払 っていたときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 することができます 第 11 条 ( 保 険 契 約 者 の 住 所 変 更 ) 保 険 契 約 者 が 保 険 証 券 記 載 の 住 所 または 通 知 先 を 変 更 した 場 合 は 保 険 契 約 者 は 遅 滞 なく その 旨 を 当 会 社 に 通 知 しなければなりません 第 12 条 ( 事 故 の 発 生 ) (1) 保 険 事 故 またはその 原 因 となるべき 偶 然 な 事 故 が 発 生 したことを 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 知 った 場 合 は 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 は 次 の1から5までのすべての 事 項 を 履 行 し なければなりません 1 事 故 発 生 の 日 時 場 所 被 害 者 の 住 所 氏 名 事 故 の 状 況 およびこれらの 事 項 の 証 人 となる 者 がある 場 合 はその 住 所 氏 名 を また 損 害 賠 償 の 請 求 を 受 けた 場 合 は その 内 容 を 遅 滞 なく 当 会 社 に 書 面 により 通 知 すること 2 他 の 保 険 契 約 等 の 有 無 および 内 容 ( 既 に 他 の 保 険 契 約 等 から 保 険 金 または 共 済 金 の 支 払 を 受 けた 場 合 は その 事 実 を 含 みま す )を 遅 滞 なく 当 会 社 に 書 面 により 通 知 すること 3 他 人 から 損 害 の 賠 償 を 受 けることができ る 場 合 は その 権 利 の 保 全 または 行 使 につ いて 必 要 な 手 続 をすることおよび 既 に 発 生 した 事 故 に 係 る 損 害 の 発 生 または 拡 大 を 防 止 するために 必 要 なその 他 の 一 切 の 手 段 を 講 じること 4 あらかじめ 当 会 社 の 承 認 を 得 ないで 損 害 賠 償 責 任 の 全 部 または 一 部 を 承 認 しないこ と なお 応 急 手 当 護 送 その 他 の 緊 急 措 置 については 当 会 社 の 承 認 を 得 る 必 要 は ありません 5 損 害 賠 償 責 任 に 関 する 訴 訟 を 提 起 しよう とする 場 合 または 提 起 された 場 合 は 直 ちに その 旨 を 当 会 社 に 通 知 すること (2) 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 正 当 な 理 由 な く(1)に 規 定 する 義 務 に 違 反 した 場 合 は 当 会 社 は 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 損 害 の 額 から 次 の 金 額 を 差 し 引 いて 保 険 金 を 支 払 い ます 1 (1)1 2または5に 規 定 する 義 務 に 違 反 したときは それによって 当 会 社 が 被 った 損 害 の 額 2 (1)3に 規 定 する 義 務 に 違 反 したとき は 損 害 の 発 生 または 拡 大 を 防 止 すること ができたと 認 められる 額 3 (1)4に 規 定 する 義 務 に 違 反 したとき は 被 保 険 者 に 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 がな いと 認 められる 額 第 13 条 ( 損 害 賠 償 請 求 解 決 のための 協 力 ) (1) 当 会 社 は 必 要 と 認 めた 場 合 は 被 保 険 者 に 代 わって 自 己 の 費 用 で 被 害 者 による 損 害 賠 償 請 求 の 解 決 に 当 たることができます この 場 合 において 被 保 険 者 は 当 会 社 の 求 めに 応 じ その 遂 行 について 当 会 社 に 協 力 しなければなり ません (2) 被 保 険 者 が 正 当 な 理 由 なく(1)の 協 力 の 要 求 に 応 じない 場 合 は 当 会 社 は それによっ て 当 会 社 が 被 った 損 害 の 額 を 差 し 引 いて 保 険 金 を 支 払 います 第 14 条 ( 保 険 料 の 精 算 ) (1) 保 険 料 が 売 上 高 完 成 工 事 高 賃 金 または 入 場 者 等 に 対 する 割 合 によって 定 められる 場 合 は 保 険 契 約 者 は 保 険 契 約 の 終 了 後 遅 滞 な く 保 険 料 を 確 定 するために 必 要 な 書 類 を 当 会 社 に 提 出 しなければなりません (2) 当 会 社 は 保 険 期 間 中 および 保 険 契 約 の 終 了 後 1 年 間 に 限 り 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 の 書 類 のうち 保 険 料 を 算 出 するために 必 要 と 認 めるものをいつでも 閲 覧 することができるもの とします (3)(1)および(2)の 書 類 に 基 づいて 算 出 された 保 険 料 ( 保 険 証 券 記 載 の 最 低 保 険 料 に 達 しない 場 合 は 最 低 保 険 料 とします )と 当 会 社 が 既 に 領 収 した 保 険 料 との 間 に 過 不 足 がある 場 合 は 当 会 社 は 遅 滞 なく その 差 額 を 保 険 契 約 者 に 請 求 しまたは 返 還 します

9 第 15 条 ( 保 険 契 約 の 無 効 ) 保 険 契 約 者 が 保 険 金 を 不 法 に 取 得 する 目 的 ま たは 第 三 者 に 保 険 金 を 不 法 に 取 得 させる 目 的 を もって 締 結 した 保 険 契 約 は 無 効 とします 第 16 条 ( 保 険 契 約 の 取 消 し) 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 による 詐 欺 または 強 迫 によって 当 会 社 が 保 険 契 約 を 締 結 した 場 合 は 当 会 社 は 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 取 り 消 すことが できます 第 17 条 ( 保 険 契 約 者 による 保 険 契 約 の 解 除 ) 保 険 契 約 者 は 当 会 社 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 解 除 することがで きます 第 18 条 ( 重 大 事 由 による 解 除 ) (1) 当 会 社 は 次 のいずれかに 該 当 する 事 由 が ある 場 合 は 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 解 除 することがで きます 1 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 当 会 社 に この 保 険 契 約 に 基 づく 保 険 金 を 支 払 わせる ことを 目 的 として 損 害 を 生 じさせ または 生 じさせようとしたこと 2 被 保 険 者 が この 保 険 契 約 に 基 づく 保 険 金 の 請 求 について 詐 欺 を 行 い または 行 お うとしたこと 3 保 険 契 約 者 が 次 のいずれかに 該 当 する こと ア. 反 社 会 的 勢 力 ( 暴 力 団 暴 力 団 員 暴 力 団 準 構 成 員 暴 力 団 関 係 企 業 その 他 の 反 社 会 的 勢 力 をいいます なお 暴 力 団 員 には 暴 力 団 員 でなくなった 日 から5 年 を 経 過 しない 者 を 含 みます 以 下 同 様 とします )に 該 当 すると 認 められるこ と イ. 反 社 会 的 勢 力 に 対 して 資 金 等 を 提 供 し または 便 宜 を 供 与 する 等 の 関 与 をし ていると 認 められること ウ. 反 社 会 的 勢 力 を 不 当 に 利 用 していると 認 められること エ. 法 人 である 場 合 において 反 社 会 的 勢 力 がその 法 人 の 経 営 を 支 配 し またはそ の 法 人 の 経 営 に 実 質 的 に 関 与 していると 認 められること オ.その 他 反 社 会 的 勢 力 と 社 会 的 に 非 難 さ れるべき 関 係 を 有 していると 認 められる こと 4 1から3までに 掲 げるもののほか 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 1から3までの 事 由 がある 場 合 と 同 程 度 に 当 会 社 のこれら の 者 に 対 する 信 頼 を 損 ない この 保 険 契 約 の 存 続 を 困 難 とする 重 大 な 事 由 を 生 じさせ たこと (2) 当 会 社 は 被 保 険 者 が(1)3アからオま でのいずれかに 該 当 する 場 合 は 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 ( 被 保 険 者 が 複 数 である 場 合 は その 被 保 険 者 に 係 る 部 分 とします )を 解 除 することができ ます (3)(1)または(2)の 規 定 による 解 除 が 事 故 による 損 害 の 発 生 後 になされた 場 合 であって も (1)1から4までの 事 由 または(2)の 解 除 の 原 因 となる 事 由 が 生 じた 時 から 解 除 がな された 時 までに 発 生 した 事 故 による 損 害 に 対 し ては 次 条 の 規 定 にかかわらず 当 会 社 は 保 険 金 を 支 払 いません この 場 合 において 既 に 保 険 金 を 支 払 っていたときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 することができます (4) 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が(1)3ア からオまでのいずれかに 該 当 することにより (1)または(2)の 規 定 による 解 除 がなされ た 場 合 は (3)の 規 定 は 次 の 損 害 について は 適 用 しません 1 (1)3アからオまでのいずれにも 該 当 しない 被 保 険 者 に 生 じた 損 害 2 (1)3アからオまでのいずれかに 該 当 する 被 保 険 者 に 生 じた 法 律 上 の 損 害 賠 償 金 の 損 害 第 19 条 ( 保 険 契 約 解 除 の 効 力 ) 保 険 契 約 の 解 除 は 将 来 に 向 かってのみその 効 力 を 生 じます 第 20 条 ( 保 険 料 の 返 還 または 請 求 - 告 知 義 務 通 知 義 務 等 の 場 合 ) (1) 第 6 条 ( 告 知 義 務 )(1)により 告 げられ た 内 容 が 事 実 と 異 なる 場 合 において 保 険 料 率 を 変 更 する 必 要 があるときは 当 会 社 は 変 更 前 の 保 険 料 率 と 変 更 後 の 保 険 料 率 との 差 に 基 づ き 計 算 した 保 険 料 を 返 還 しまたは 請 求 します (2) 第 10 条 ( 通 知 義 務 )(2)の 危 険 増 加 が 生 じた 場 合 または 危 険 が 減 少 した 場 合 において 保 険 料 率 を 変 更 する 必 要 があるときは 当 会 社 は 変 更 前 の 保 険 料 率 と 変 更 後 の 保 険 料 率 との 差 に 基 づき 未 経 過 期 間 ( 危 険 増 加 または 危 険 の 減 少 が 生 じた 時 以 降 の 期 間 をいいます )に 対 し 日 割 をもって 計 算 した 保 険 料 を 返 還 しまた は 請 求 します (3) 保 険 契 約 者 が(1)または(2)の 規 定 に よる 追 加 保 険 料 の 支 払 を 怠 った 場 合 ( 当 会 社 が 保 険 契 約 者 に 対 し 追 加 保 険 料 の 請 求 をしたにも かかわらず 相 当 の 期 間 内 にその 支 払 がなかった 場 合 に 限 ります )は 当 会 社 は 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって この 保 険 契 約 を 解 除 することができます (4)(1)または(2)の 規 定 による 追 加 保 険 料 を 請 求 する 場 合 において (3)の 規 定 によ り 当 会 社 がこの 保 険 契 約 を 解 除 することができ るときは 当 会 社 は 保 険 金 を 支 払 いません この 場 合 において 既 に 保 険 金 を 支 払 っていた ときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 することが できます (5)(4)の 規 定 は 危 険 増 加 が 生 じた 場 合 に おける その 危 険 増 加 が 生 じた 時 より 前 に 発 生 7

10 した 事 故 による 損 害 には 適 用 しません (6)(1)および(2)に 規 定 する 場 合 のほか 保 険 契 約 締 結 の 後 保 険 契 約 者 が 書 面 をもって 保 険 契 約 の 条 件 の 変 更 を 当 会 社 に 通 知 して 承 認 を 請 求 し 当 会 社 がこれを 承 認 する 場 合 におい て 保 険 料 を 変 更 する 必 要 があるときは 当 会 社 は 変 更 前 の 保 険 料 と 変 更 後 の 保 険 料 との 差 に 基 づき 計 算 した 未 経 過 期 間 ( 条 件 を 変 更 す る 時 以 降 の 期 間 をいいます )に 対 する 保 険 料 を 返 還 しまたは 請 求 します (7)(6)の 規 定 による 追 加 保 険 料 を 請 求 する 場 合 において 当 会 社 の 請 求 に 対 して 保 険 契 約 者 がその 支 払 を 怠 ったときは 当 会 社 は 追 加 保 険 料 領 収 前 に 発 生 した 事 故 による 損 害 に 対 しては 保 険 契 約 条 件 の 変 更 の 承 認 の 請 求 がな かったものとして この 保 険 契 約 に 適 用 される 普 通 保 険 約 款 および 特 約 に 従 い 保 険 金 を 支 払 います 第 21 条 ( 保 険 料 の 返 還 - 無 効 または 失 効 の 場 合 ) (1) 第 15 条 ( 保 険 契 約 の 無 効 )の 規 定 により 保 険 契 約 が 無 効 となる 場 合 は 当 会 社 は 保 険 料 を 返 還 しません (2) 保 険 契 約 が 失 効 した 場 合 は 当 会 社 は 未 経 過 期 間 ( 失 効 した 時 以 降 の 期 間 をいいます ) に 対 し 日 割 をもって 計 算 した 保 険 料 を 返 還 しま す 第 22 条 ( 保 険 料 の 返 還 - 取 消 しの 場 合 ) 第 16 条 ( 保 険 契 約 の 取 消 し)の 規 定 により 当 会 社 が 保 険 契 約 を 取 り 消 した 場 合 は 当 会 社 は 既 に 払 い 込 まれた 保 険 料 を 返 還 しません 第 23 条 ( 保 険 料 の 返 還 - 解 除 の 場 合 ) (1) 第 6 条 ( 告 知 義 務 )(2) 第 10 条 ( 通 知 義 務 ) (2)もしくは(6) 第 18 条 ( 重 大 事 由 によ る 解 除 )(1)または 第 20 条 ( 保 険 料 の 返 還 ま たは 請 求 - 告 知 義 務 通 知 義 務 等 の 場 合 )(3) の 規 定 により 当 会 社 が 保 険 契 約 を 解 除 した 場 合 は 当 会 社 は 未 経 過 期 間 ( 解 除 の 時 以 降 の 期 間 をいいます )に 対 し 日 割 をもって 計 算 した 保 険 料 を 返 還 します (2) 第 17 条 ( 保 険 契 約 者 による 保 険 契 約 の 解 除 )の 規 定 により 保 険 契 約 者 が 保 険 契 約 を 解 除 した 場 合 は 当 会 社 は 保 険 料 から 既 経 過 期 間 ( 保 険 期 間 の 初 日 から 解 除 の 時 までの 期 間 をい います )に 対 して 別 表 に 掲 げる 短 期 料 率 によっ て 計 算 した 保 険 料 を 差 し 引 いて その 残 額 を 返 還 します ただし 保 険 料 が 売 上 高 完 成 工 事 高 賃 金 または 入 場 者 等 に 対 する 割 合 によって 定 められたものであるときは 第 14 条 ( 保 険 料 の 精 算 )(3)の 規 定 に 基 づいて 保 険 料 を 精 算 します 第 24 条 ( 先 取 特 権 - 法 律 上 の 損 害 賠 償 金 ) (1) 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 事 故 につ き 被 保 険 者 に 対 して 損 害 賠 償 請 求 権 を 有 する 者 ( 以 下 被 害 者 といいます )は 被 保 険 者 の 当 会 社 に 対 する 保 険 金 請 求 権 ( 第 2 条 ( 損 害 の 範 囲 )1の 損 害 に 対 するものに 限 ります 以 下 この 条 において 同 様 とします )について 先 取 特 権 を 有 します (2) 当 会 社 が 第 2 条 1の 損 害 に 対 して 保 険 金 を 支 払 うのは 次 のいずれかに 該 当 する 場 合 に 限 ります 1 被 保 険 者 が 被 害 者 に 対 して 賠 償 債 務 を 弁 済 した 後 に 当 会 社 から 被 保 険 者 に 支 払 う 場 合 ( 被 保 険 者 が 弁 済 した 金 額 を 限 度 とし ます ) 2 被 保 険 者 が 被 害 者 に 対 して 賠 償 債 務 を 弁 済 する 前 に 被 保 険 者 の 指 図 により 当 会 社 から 直 接 被 害 者 に 支 払 う 場 合 3 被 保 険 者 が 被 害 者 に 対 して 賠 償 債 務 を 弁 済 する 前 に 被 害 者 が 被 保 険 者 の 当 会 社 に 対 する 保 険 金 請 求 権 についての 先 取 特 権 を 行 使 したことにより 当 会 社 から 直 接 被 害 者 に 支 払 う 場 合 4 被 保 険 者 が 被 害 者 に 対 して 賠 償 債 務 を 弁 済 する 前 に 当 会 社 が 被 保 険 者 に 保 険 金 を 支 払 うことを 被 害 者 が 承 諾 したことによ り 当 会 社 から 被 保 険 者 に 支 払 う 場 合 ( 被 害 者 が 承 諾 した 金 額 を 限 度 とします ) (3) 保 険 金 請 求 権 は 被 害 者 以 外 の 第 三 者 に 譲 渡 することはできません また 保 険 金 請 求 権 を 質 権 の 目 的 とし または(2)3の 場 合 を 除 き 差 し 押 さえることはできません ただし (2)1または4の 規 定 により 被 保 険 者 が 当 会 社 に 対 して 保 険 金 の 支 払 を 請 求 することができ る 場 合 を 除 きます 第 25 条 ( 保 険 金 の 請 求 ) (1) 被 保 険 者 の 保 険 金 請 求 権 は 第 2 条 ( 損 害 の 範 囲 )1の 損 害 に 対 するものは 保 険 事 故 によ る 損 害 が 発 生 した 時 に 同 条 2から5までの 損 害 に 対 するものは 被 保 険 者 が 費 用 を 支 出 した 時 に それぞれ 発 生 します (2) 被 保 険 者 の 保 険 金 請 求 権 は 次 に 定 める 時 から これを 行 使 できるものとします 1 第 2 条 1の 損 害 に 対 するものは 判 決 調 停 もしくは 裁 判 上 の 和 解 または 被 保 険 者 と 被 害 者 の 間 の 書 面 による 合 意 のいずれか によって 被 保 険 者 の 損 害 賠 償 責 任 の 有 無 お よび 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 損 害 の 額 が 確 定 した 時 2 第 2 条 2から5までの 損 害 に 対 するもの は 第 1 条 の 損 害 の 額 が 確 定 した 時 (3) 被 保 険 者 が 保 険 金 の 支 払 を 請 求 する 場 合 は 次 の 書 類 または 証 拠 のうち 当 会 社 が 求 め るものを 保 険 証 券 に 添 えて 当 会 社 に 提 出 しなけ ればなりません 1 保 険 金 の 請 求 書 2 被 保 険 者 が 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 すること を 示 す 判 決 書 調 停 調 書 もしくは 和 解 調 書 または 被 保 険 者 と 被 害 者 の 間 の 示 談 書 3 被 保 険 者 が 法 律 上 の 損 害 賠 償 金 を 弁 済 し たことおよびその 金 額 を 証 明 する 書 類 4 被 保 険 者 が 保 険 金 の 請 求 をすることにつ 8

11 いて 被 害 者 の 承 諾 があったことおよびその 金 額 を 証 明 する 書 類 5 第 2 条 2から5までの 費 用 の 支 出 を 証 す る 領 収 書 または 精 算 書 6 その 他 当 会 社 が 次 条 (1)に 定 める 必 要 な 事 項 の 確 認 を 行 うために 欠 くことのでき ない 書 類 または 証 拠 として 保 険 契 約 締 結 の 際 に 当 会 社 が 交 付 する 書 面 等 において 定 め たもの (4) 当 会 社 は 事 故 の 内 容 または 損 害 の 額 等 に 応 じ (3)に 掲 げるもの 以 外 の 書 類 もしくは 証 拠 の 提 出 または 当 会 社 が 行 う 調 査 への 協 力 を 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 に 対 して 求 めること があります この 場 合 は 当 会 社 が 求 めた 書 類 または 証 拠 を 速 やかに 提 出 し 必 要 な 協 力 を 行 わなければなりません (5) 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 正 当 な 理 由 な く(4)に 規 定 する 義 務 に 違 反 した 場 合 または (3)もしくは(4)の 書 類 に 事 実 と 異 なる 記 載 をし もしくはその 書 類 もしくは 証 拠 を 偽 造 しもしくは 変 造 した 場 合 は 当 会 社 は それに よって 当 会 社 が 被 った 損 害 の 額 を 差 し 引 いて 保 険 金 を 支 払 います 第 26 条 ( 保 険 金 の 支 払 時 期 ) (1) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 前 条 (3)に 規 定 す る 手 続 を 完 了 した 日 ( 以 下 この 条 において 請 求 完 了 日 といいます )からその 日 を 含 めて 30 日 以 内 に 当 会 社 が 保 険 金 を 支 払 うために 必 要 な 次 の 事 項 の 確 認 を 終 え 保 険 金 を 支 払 いま す 1 保 険 金 の 支 払 事 由 発 生 の 有 無 の 確 認 に 必 要 な 事 項 として 事 故 の 原 因 事 故 発 生 の 状 況 損 害 発 生 の 有 無 および 被 保 険 者 に 該 当 する 事 実 2 保 険 金 が 支 払 われない 事 由 の 有 無 の 確 認 に 必 要 な 事 項 として 保 険 金 が 支 払 われな い 事 由 としてこの 保 険 契 約 において 定 める 事 由 に 該 当 する 事 実 の 有 無 3 保 険 金 を 算 出 するための 確 認 に 必 要 な 事 項 として 損 害 の 額 および 事 故 と 損 害 との 関 係 4 保 険 契 約 の 効 力 の 有 無 の 確 認 に 必 要 な 事 項 として この 保 険 契 約 において 定 める 解 除 無 効 失 効 または 取 消 しの 事 由 に 該 当 する 事 実 の 有 無 5 1から4までのほか 他 の 保 険 契 約 等 の 有 無 および 内 容 損 害 について 被 保 険 者 が 有 する 損 害 賠 償 請 求 権 その 他 の 債 権 および 既 に 取 得 したものの 有 無 および 内 容 等 当 会 社 が 支 払 うべき 保 険 金 の 額 を 確 定 するた めに 確 認 が 必 要 な 事 項 (2)(1)の 確 認 を 行 うため 次 に 掲 げる 特 別 な 照 会 または 調 査 が 不 可 欠 な 場 合 は (1)の 規 定 にかかわらず 当 会 社 は 請 求 完 了 日 から その 日 を 含 めて 次 に 掲 げる 日 数 ( 複 数 に 該 当 す る 場 合 は そのうち 最 長 の 日 数 )を 経 過 する 日 までに 保 険 金 を 支 払 います この 場 合 におい て 当 会 社 は 確 認 が 必 要 な 事 項 およびその 確 認 を 終 えるべき 時 期 を 被 保 険 者 に 対 して 通 知 す るものとします 1 (1)1から4までの 事 項 を 確 認 するた めに 行 う 警 察 検 察 消 防 その 他 の 公 の 機 関 による 捜 査 調 査 結 果 の 照 会 ( 弁 護 士 法 に 基 づく 照 会 その 他 法 令 に 基 づく 照 会 を 含 みます ) 180 日 2 (1)1から4までの 事 項 を 確 認 するた めに 行 う 専 門 機 関 による 鑑 定 等 の 結 果 の 照 会 90 日 3 災 害 救 助 法 が 適 用 された 災 害 の 被 災 地 域 における(1)1から5までの 事 項 の 確 認 のための 調 査 60 日 4 (1)1から5までの 事 項 の 確 認 を 日 本 国 内 において 行 うための 代 替 的 な 手 段 がな い 場 合 の 日 本 国 外 における 調 査 180 日 (3)(1)および(2)に 掲 げる 事 項 の 確 認 ま たは 照 会 もしくは 調 査 に 際 し 保 険 契 約 者 また は 被 保 険 者 が 正 当 な 理 由 なくこれらの 実 行 を 妨 げ またはこれらに 応 じなかった 場 合 ( 必 要 な 協 力 を 行 わなかった 場 合 を 含 みます )は こ れにより 確 認 が 遅 延 した 期 間 については (1) または(2)の 期 間 に 算 入 しないものとします 第 27 条 ( 他 の 保 険 契 約 等 がある 場 合 の 保 険 金 の 支 払 額 ) 他 の 保 険 契 約 等 がある 場 合 において それぞ れの 保 険 契 約 または 共 済 契 約 につき 他 の 保 険 契 約 等 がないものとして 算 出 した 支 払 うべき 保 険 金 または 共 済 金 の 額 ( 以 下 支 払 責 任 額 とい います )の 合 計 額 が 損 害 の 額 を 超 えるときは 当 会 社 は 次 に 定 める 額 を 保 険 金 として 支 払 い ます 1 他 の 保 険 契 約 等 から 保 険 金 または 共 済 金 が 支 払 われていない 場 合 この 保 険 契 約 の 支 払 責 任 額 2 他 の 保 険 契 約 等 から 保 険 金 または 共 済 金 が 支 払 われた 場 合 損 害 の 額 から 他 の 保 険 契 約 等 から 支 払 われた 保 険 金 または 共 済 金 の 合 計 額 を 差 し 引 いた 残 額 ただし この 保 険 契 約 の 支 払 責 任 額 を 限 度 とします 第 28 条 ( 時 効 ) 保 険 金 請 求 権 は 第 25 条 ( 保 険 金 の 請 求 )(2) に 定 める 時 の 翌 日 から 起 算 して3 年 を 経 過 した 場 合 は 時 効 によって 消 滅 します 第 29 条 ( 代 位 ) (1) 損 害 が 生 じたことにより 被 保 険 者 が 損 害 賠 償 請 求 権 その 他 の 債 権 を 取 得 した 場 合 におい て 当 会 社 がその 損 害 に 対 して 保 険 金 を 支 払 っ たときは その 債 権 は 次 の 額 を 限 度 として 当 会 社 に 移 転 します 1 当 会 社 が 損 害 額 の 全 額 を 保 険 金 として 支 払 った 場 合 被 保 険 者 が 取 得 した 債 権 の 全 額 9

12 2 1 以 外 の 場 合 被 保 険 者 が 取 得 した 債 権 の 額 から 保 険 金 が 支 払 われていない 損 害 の 額 を 差 し 引 い た 額 (2)(1)2の 場 合 において 当 会 社 に 移 転 せ ずに 被 保 険 者 が 引 き 続 き 有 する 債 権 は 当 会 社 に 移 転 した 債 権 よりも 優 先 して 弁 済 されるもの とします (3) 保 険 契 約 者 および 被 保 険 者 は 当 会 社 に 移 転 する(1)の 債 権 の 保 全 および 行 使 ならびに そのために 当 会 社 が 必 要 とする 証 拠 および 書 類 の 入 手 に 協 力 しなければなりません 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 当 会 社 に 協 力 するために 支 出 した 費 用 は 当 会 社 の 負 担 とします 第 30 条 ( 訴 訟 の 提 起 ) この 保 険 契 約 に 関 する 訴 訟 については 日 本 国 内 における 裁 判 所 に 提 起 するものとします 第 31 条 ( 準 拠 法 ) この 保 険 約 款 に 規 定 のない 事 項 については 日 本 国 の 法 令 に 準 拠 します 別 表 ( 短 期 料 率 表 ) 既 経 過 期 間 7 日 ま で 15 日 ま で 1ヶ 月 ま で 2か 月 ま で 3か 月 ま で 4か 月 ま で 5か 月 ま で 6か 月 ま で 7か 月 ま で 8か 月 ま で 9か 月 ま で 10か 月 ま で 11か 月 ま で 1 年 ま で 短 期 料 率 10% 15% 25% 35% 45% % 65% 70% 75% 80% 85% 90% 95% 100% 10

13 4. 保 険 料 に 関 する 規 定 の 変 更 特 約 条 項 第 1 節 用 語 の 定 義 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 特 約 条 項 において 用 語 の 定 義 は 下 表 のとおりです 用 語 既 経 過 期 間 初 回 保 険 料 書 面 等 追 加 保 険 料 保 険 年 度 未 経 過 期 間 定 義 保 険 期 間 の 初 日 からその 日 を 含 めて 保 険 期 間 中 の 特 定 の 日 までの 既 に 経 過 した 期 間 のことをいいます 保 険 契 約 の 締 結 の 後 最 初 に 払 い 込 まれる 保 険 料 をいいます 保 険 料 の 払 込 方 法 が 一 時 払 の 場 合 の 一 時 払 保 険 料 を 含 みます 書 面 または 当 会 社 の 定 める 通 信 方 法 をいいます 契 約 内 容 変 更 時 等 に 当 会 社 が 追 加 して 請 求 する 保 険 料 をいいます 初 年 度 については 保 険 期 間 が1 年 以 上 の 場 合 には 保 険 期 間 の 初 日 からその 日 を 含 めて1 年 間 とし 保 険 期 間 が1 年 未 満 の 場 合 には 保 険 期 間 の 末 日 までとします 次 年 度 以 降 については 保 険 期 間 の 初 日 応 当 日 からその 日 を 含 めてそれぞれ1 年 間 とし 保 険 期 間 の 初 日 応 当 日 から 保 険 期 間 の 末 日 までが1 年 未 満 の 場 合 には 保 険 期 間 の 末 日 までとします ただし 保 険 証 券 にこれと 異 なる 記 載 がある 場 合 に は 保 険 証 券 の 記 載 によります 保 険 期 間 中 の 特 定 の 日 の 翌 日 から 保 険 期 間 の 末 日 までの 期 間 のことをいいます 第 2 節 保 険 料 の 払 込 み 第 1 条 ( 保 険 料 の 払 込 方 法 等 ) (1) 保 険 契 約 者 は この 保 険 契 約 に 対 する 保 険 料 を この 保 険 契 約 の 締 結 の 際 に 定 めた 回 数 および 金 額 に 従 い 保 険 証 券 記 載 の 払 込 期 日 までに 払 い 込 まなければなりません ただし 保 険 証 券 に 初 回 保 険 料 の 払 込 期 日 の 記 載 がない 場 合 には 初 回 保 険 料 は この 保 険 契 約 の 締 結 と 同 時 に 払 い 込 まなければなり ません (2) 次 の1および2のすべてを 満 たしている 場 合 は 当 会 社 は 初 回 保 険 料 払 込 前 の 事 故 による 損 害 に 対 しては この 保 険 契 約 に 適 用 される 普 通 保 険 約 款 特 別 約 款 および 特 約 条 項 ( 以 下 適 用 約 款 とい います )に 規 定 する 初 回 保 険 料 領 収 前 に 生 じた 事 故 の 取 扱 いに 関 する 規 定 を 適 用 しません 1 保 険 証 券 に 初 回 保 険 料 の 払 込 期 日 の 記 載 があること 2 次 に 規 定 する 期 日 までに 初 回 保 険 料 の 払 込 みがあること 保 険 証 券 記 載 の 初 回 保 険 料 の 払 込 期 日 の 属 する 月 の 翌 月 末 (3) 次 のすべてに 該 当 する 場 合 に 最 初 に 保 険 料 の 払 込 みを 怠 った 保 険 証 券 記 載 の 払 込 期 日 の 属 する 月 の 翌 月 末 までに 被 保 険 者 が 保 険 金 の 支 払 を 受 けるときは その 支 払 を 受 ける 前 に 保 険 契 約 者 は 既 に 到 来 した 保 険 証 券 記 載 の 払 込 期 日 までに 払 い 込 むべき 保 険 料 の 全 額 を 当 会 社 に 払 い 込 まなければなりま せん 保 険 契 約 者 がその 払 い 込 むべき 保 険 料 の 全 額 を 払 い 込 む 前 に 当 会 社 が 保 険 金 を 支 払 っていた 場 合 は 当 会 社 は 既 に 支 払 った 保 険 金 の 返 還 を 請 求 することができます 1 保 険 証 券 に 保 険 料 の 払 込 期 日 の 記 載 がある 場 合 2 保 険 契 約 者 が 事 故 の 発 生 の 日 以 前 に 到 来 した 保 険 証 券 記 載 の 払 込 期 日 に 払 い 込 むべき 保 険 料 に ついて 払 込 みを 怠 った 場 合 (4) 次 のすべてに 該 当 する 場 合 は 当 会 社 は 初 回 保 険 料 が 払 い 込 まれたものとしてその 事 故 による 損 害 に 対 して 保 険 金 を 支 払 います 1 事 故 の 発 生 の 日 が 保 険 証 券 記 載 の 初 回 保 険 料 の 払 込 期 日 以 前 である 場 合 2 保 険 契 約 者 が 初 回 保 険 料 をその 保 険 料 の 保 険 証 券 記 載 の 払 込 期 日 までに 払 い 込 むことの 確 約 を 行 った 場 合 3 当 会 社 が2の 確 約 を 承 認 した 場 合 ( 5)(4)2の 確 約 に 反 して 保 険 契 約 者 が(2)2に 規 定 する 期 日 までに 初 回 保 険 料 の 払 込 みを 怠 った 場 合 は 当 会 社 は 保 険 契 約 者 に 対 して 既 に 支 払 った 保 険 金 相 当 額 の 返 還 を 請 求 することができます 11

14 第 2 条 ( 保 険 料 の 払 込 方 法 ー 口 座 振 替 方 式 ) (1) 保 険 契 約 の 締 結 の 際 に 次 のすべてを 満 たしている 場 合 は 保 険 契 約 者 は 保 険 証 券 記 載 の 払 込 期 日 に 保 険 料 ( 追 加 保 険 料 を 含 みます )を 口 座 振 替 の 方 式 により 払 い 込 むものとします この 場 合 におい て 保 険 契 約 者 は 保 険 証 券 記 載 の 払 込 期 日 の 前 日 までにその 保 険 証 券 記 載 の 払 込 期 日 に 払 い 込 むべき 保 険 料 相 当 額 を 指 定 口 座 ( 保 険 契 約 者 の 指 定 する 口 座 をいいます 以 下 この 条 において 同 様 とします ) に 預 けておかなければなりません 1 指 定 口 座 が 提 携 金 融 機 関 ( 当 会 社 と 保 険 料 の 口 座 振 替 の 取 扱 いを 提 携 している 金 融 機 関 等 をい います 以 下 同 様 とします )に 設 定 されていること 2 当 会 社 の 定 める 損 害 保 険 料 口 座 振 替 依 頼 手 続 がなされていること (2) 保 険 料 払 込 方 法 が 口 座 振 替 の 方 式 の 場 合 で 保 険 証 券 記 載 の 払 込 期 日 が 提 携 金 融 機 関 の 休 業 日 に 該 当 し 指 定 口 座 からの 保 険 料 の 払 込 みがその 休 業 日 の 翌 営 業 日 に 行 われたときは 当 会 社 は 保 険 証 券 記 載 の 払 込 期 日 に 払 込 みがあったものとみなします (3) 保 険 料 払 込 方 法 が 口 座 振 替 の 方 式 の 場 合 で 保 険 証 券 記 載 の 初 回 保 険 料 の 払 込 期 日 に 初 回 保 険 料 の 払 込 みがないときは 保 険 契 約 者 は その 保 険 料 を 第 1 条 ( 保 険 料 の 払 込 方 法 等 )(2)2に 規 定 する 期 日 までに 当 会 社 の 指 定 した 場 所 に 払 い 込 まなければなりません (4) 保 険 契 約 者 が 第 1 条 ( 保 険 料 の 払 込 方 法 等 )(2)2に 規 定 する 期 日 までに 初 回 保 険 料 の 払 込 みを 怠 っ た 場 合 において 下 表 の 左 欄 のいずれかの 事 由 に 該 当 するときは それに 対 応 する 下 表 の 右 欄 の 規 定 を 適 用 します 1 初 回 保 険 料 の 払 込 みを 怠 った 理 由 が 提 携 金 融 機 関 に 対 して 口 座 振 替 請 求 が 行 われなかった ことによるとき ただし 口 座 振 替 請 求 が 行 われなかった 理 由 が 保 険 契 約 者 の 責 に 帰 すべき 事 由 による 場 合 を 除 きます 2 初 回 保 険 料 の 払 込 みを 怠 ったことについて 保 険 契 約 者 に 故 意 または 重 大 な 過 失 がなかった と 当 会 社 が 認 めたとき 保 険 証 券 記 載 の 初 回 保 険 料 の 払 込 期 日 の 属 する 月 の 翌 月 の 応 当 日 をその 初 回 保 険 料 の 保 険 証 券 記 載 の 払 込 期 日 とみなしてこの 特 約 条 項 の 規 定 を 適 用 します 第 1 条 (2)2の 保 険 証 券 記 載 の 初 回 保 険 料 の 払 込 期 日 の 属 する 月 の 翌 月 末 を 保 険 証 券 記 載 の 初 回 保 険 料 の 払 込 期 日 の 属 する 月 の 翌 々 月 末 に 読 み 替 えてこの 特 約 条 項 の 規 定 を 適 用 します この 場 合 において 当 会 社 は 保 険 契 約 者 に 対 して 保 険 証 券 記 載 の 初 回 保 険 料 の 払 込 期 日 の 属 する 月 の 翌 々 月 の 保 険 証 券 記 載 の 払 込 期 日 に 請 求 する 保 険 料 をあわせて 請 求 できるものとします 第 3 条 ( 保 険 料 の 払 込 方 法 ークレジットカード 払 方 式 ) (1) 保 険 契 約 の 締 結 の 際 に 次 のすべてに 該 当 する 場 合 は 保 険 契 約 者 は 保 険 料 ( 追 加 保 険 料 を 含 み ます )をクレジットカード 払 の 方 式 により 払 い 込 むものとします 1 保 険 契 約 者 からクレジットカード 払 の 方 式 による 保 険 料 払 込 みの 申 出 がある 場 合 2 当 会 社 が1の 申 出 を 承 認 する 場 合 (2)(1)の 場 合 次 の 規 定 の 適 用 においては 当 会 社 が 保 険 料 の 払 込 みに 関 し クレジットカード 会 社 に 対 して 払 込 みに 使 用 されるクレジットカード( 当 会 社 の 指 定 するクレジットカードに 限 ります 以 下 同 様 とします )が 有 効 であること 等 の 確 認 を 行 ったことをもって 保 険 料 が 払 い 込 まれたものとみな します 1 第 1 条 ( 保 険 料 の 払 込 方 法 等 )(1)および 同 条 (2) 2 第 5 条 ( 第 2 回 目 以 降 の 保 険 料 不 払 の 場 合 の 免 責 等 )(1) (3) 当 会 社 は 次 のいずれかに 該 当 する 場 合 は (2)の 規 定 は 適 用 しません 1 当 会 社 が クレジットカード 会 社 からその 保 険 証 券 記 載 の 払 込 期 日 に 払 い 込 むべき 保 険 料 相 当 額 を 領 収 できない 場 合 ただし 保 険 契 約 者 が 会 員 規 約 等 に 従 いクレジットカードを 使 用 し クレジッ トカード 会 社 に 対 してその 保 険 証 券 記 載 の 払 込 期 日 に 払 い 込 むべき 保 険 料 相 当 額 を 既 に 払 い 込 んで いるときは 保 険 料 が 払 い 込 まれたものとみなして(2)の 規 定 を 適 用 します 2 会 員 規 約 等 に 規 定 する 手 続 が 行 われない 場 合 (4)(3)1の 保 険 料 相 当 額 を 領 収 できない 場 合 は 当 会 社 は 保 険 契 約 者 に 保 険 料 を 直 接 請 求 できるも のとします ただし 保 険 契 約 者 が クレジットカード 会 社 に 対 して 保 険 料 相 当 額 を 既 に 払 い 込 んでい るときは 当 会 社 は その 払 い 込 んだ 保 険 料 相 当 額 について 保 険 契 約 者 に 直 接 請 求 できないものとしま す (5) 当 会 社 がクレジットカード 会 社 から 保 険 証 券 記 載 の 払 込 期 日 に 払 い 込 むべき 保 険 料 相 当 額 を 領 収 で きない 場 合 は 保 険 契 約 者 は それ 以 降 の 保 険 料 ( 追 加 保 険 料 を 含 みます )については 当 会 社 が 承 認 12

15 しないかぎり クレジットカード 払 の 方 式 による 払 込 みは 行 わないものとします 第 4 条 (クレジットカード 払 方 式 以 外 への 変 更 ) 保 険 料 払 込 方 法 がクレジットカード 払 の 方 式 の 場 合 で 第 3 条 ( 保 険 料 の 払 込 方 法 クレジットカー ド 払 方 式 )(5)の 規 定 に 基 づき 当 会 社 がクレジットカード 払 の 方 式 による 払 込 みを 承 認 しないときは 保 険 契 約 者 は 当 会 社 が 定 める 時 以 降 に 請 求 する 保 険 料 ( 当 会 社 が 定 める 時 以 降 に 請 求 する 保 険 料 には 保 険 料 を 分 割 して 支 払 う 場 合 の 第 2 回 目 以 降 の 保 険 料 および 追 加 保 険 料 を 含 みます )を 当 会 社 が 定 める 方 式 および 払 込 期 日 に 従 って 払 い 込 むものとします ただし 当 会 社 が 定 める 方 式 には 口 座 振 替 の 方 式 またはクレジットカード 払 の 方 式 を 含 みません 第 5 条 ( 第 2 回 目 以 降 の 保 険 料 不 払 の 場 合 の 免 責 等 ) (1) 第 2 回 目 以 降 の 保 険 料 について 保 険 契 約 者 が 次 に 規 定 する 期 日 までにその 払 込 みを 怠 った 場 合 は 当 会 社 は その 保 険 証 券 記 載 の 払 込 期 日 の 翌 日 以 降 に 生 じた 事 故 による 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 い ません その 保 険 料 を 払 い 込 むべき 保 険 証 券 記 載 の 払 込 期 日 の 属 する 月 の 翌 月 末 (2) 次 のすべてに 該 当 する 場 合 は 当 会 社 は (1)の その 保 険 料 を 払 い 込 むべき 保 険 証 券 記 載 の 払 込 期 日 の 属 する 月 の 翌 月 末 を その 保 険 料 を 払 い 込 むべき 保 険 証 券 記 載 の 払 込 期 日 の 属 する 月 の 翌 々 月 末 に 読 み 替 えてこの 特 約 条 項 の 規 定 を 適 用 します この 場 合 において 当 会 社 は 保 険 契 約 者 に 対 して その 保 険 料 を 払 い 込 むべき 保 険 証 券 記 載 の 払 込 期 日 の 属 する 月 の 翌 々 月 の 保 険 証 券 記 載 の 払 込 期 日 に 請 求 する 保 険 料 をあわせて 請 求 できるものとします ただし 保 険 期 間 が1 年 を 超 えない 保 険 契 約 におい て この 規 定 が 既 に 適 用 されている 保 険 契 約 者 に 対 して 当 会 社 は 保 険 期 間 内 に 払 い 込 むべき 保 険 料 を 一 括 して 請 求 できるものとします 1 保 険 料 払 込 方 法 が 口 座 振 替 の 方 式 の 場 合 2 保 険 契 約 者 が(1)に 規 定 する 期 日 までの 第 2 回 目 以 降 の 保 険 料 の 払 込 みを 怠 ったことについて 保 険 契 約 者 に 故 意 または 重 大 な 過 失 がなかったと 当 会 社 が 認 めた 場 合 第 3 節 保 険 契 約 の 解 除 の 特 則 第 1 条 ( 保 険 料 不 払 による 保 険 契 約 の 解 除 ) (1) 当 会 社 は 次 のいずれかに 該 当 する 場 合 には この 保 険 契 約 を 解 除 することができます この 場 合 の 解 除 は 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 行 います 1 初 回 保 険 料 について 第 2 節 第 1 条 ( 保 険 料 の 払 込 方 法 等 )(2)2に 規 定 する 期 日 までに その 払 込 みがない 場 合 ただし 保 険 証 券 に 初 回 保 険 料 の 払 込 期 日 の 記 載 がない 場 合 は 保 険 期 間 の 初 日 の 属 する 月 の 翌 月 末 までに 初 回 保 険 料 の 払 込 みがないときとします 2 保 険 料 を 分 割 して 支 払 う 場 合 の 第 2 回 目 以 降 の 保 険 料 について 第 2 節 第 5 条 ( 第 2 回 目 以 降 の 保 険 料 不 払 の 場 合 の 免 責 等 )(1)に 規 定 する 期 日 までに その 払 込 期 日 に 払 い 込 むべき 保 険 料 の 払 込 みがない 場 合 3 保 険 料 の 払 込 方 法 が 分 割 払 ( 年 払 を 除 きます 以 下 同 様 とします )の 場 合 において 保 険 証 券 記 載 の 払 込 期 日 までに その 払 込 期 日 に 払 い 込 むべき 保 険 料 の 払 込 みがなく かつ 次 回 払 込 期 日 ( 保 険 証 券 記 載 の 払 込 期 日 の 次 回 の 保 険 証 券 記 載 の 払 込 期 日 をいいます 以 下 同 様 とします )までに 次 回 払 込 期 日 に 払 い 込 むべき 保 険 料 の 払 込 みがないとき 4 第 4 節 第 1 条 ( 保 険 料 の 返 還 追 加 または 変 更 )(3)の 追 加 保 険 料 の 払 込 みを 怠 った 場 合 ( 同 節 第 1 条 (1)1または2の 場 合 は 当 会 社 が 保 険 契 約 者 に 対 し 追 加 保 険 料 の 請 求 をしたにもかかわ らず 相 当 の 期 間 内 にその 払 込 みがなかったときに 限 ります ) ただし 変 更 手 続 き 完 了 のお 知 ら せに 追 加 保 険 料 払 込 期 日 ( 当 会 社 が 第 4 節 第 1 条 (1)2の 通 知 を 受 けた 場 合 または 同 節 第 1 条 (1) 1もしくは 同 節 第 1 条 (2)の 承 認 をする 場 合 において 当 会 社 が 設 定 する 追 加 保 険 料 の 払 込 期 日 をいいます 以 下 同 様 とします )が 記 載 されている 場 合 は この 規 定 を 適 用 しません 5 追 加 保 険 料 払 込 期 日 を 設 定 した 場 合 において 第 4 節 第 1 条 (4)に 規 定 する 期 日 までに その 払 込 期 日 に 払 い 込 むべき 追 加 保 険 料 の 払 込 みがないとき 6 保 険 料 の 払 込 方 法 が 分 割 払 の 場 合 において 保 険 契 約 者 が 保 険 料 を 第 2 節 第 1 条 (2)2に 規 定 する 期 日 または 同 節 第 5 条 (1)に 規 定 する 期 日 までに 払 い 込 んだときであっても 保 険 契 約 者 が この 保 険 契 約 における 保 険 料 の 払 込 みを 免 れることを 目 的 として 故 意 にその 次 回 に 払 い 込 むべき 保 険 料 の 払 込 みを 怠 ったと 当 会 社 が 認 めるとき (2)(1)6の 規 定 に 基 づきこの 保 険 契 約 を 解 除 する 場 合 において 当 会 社 が 既 に 支 払 った 保 険 金 ( 払 込 みを 怠 ったと 当 会 社 が 認 めた 保 険 料 を 払 い 込 むべき 保 険 証 券 記 載 の 払 込 期 日 の 前 回 の 保 険 証 券 記 載 の 払 込 期 日 の 翌 日 以 降 に 発 生 した 事 故 による 損 害 に 対 して 支 払 った 保 険 金 に 限 ります )があるときは 当 会 社 はこの 保 険 金 相 当 額 の 返 還 を 請 求 することができます 13

16 第 2 条 ( 保 険 契 約 者 による 保 険 契 約 の 解 除 の 特 則 ) (1) 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 以 下 普 通 保 険 約 款 といいます ) 第 17 条 ( 保 険 契 約 者 による 保 険 契 約 の 解 除 )に 定 める 解 除 の 通 知 が 行 われた 場 合 において 当 会 社 が 保 険 料 を 請 求 したときは 保 険 契 約 者 は その 保 険 料 を 払 い 込 まなければ 保 険 契 約 を 解 除 することができません (2) 普 通 保 険 約 款 第 17 条 ( 保 険 契 約 者 による 保 険 契 約 の 解 除 )による 保 険 契 約 の 解 除 後 に 当 会 社 が 保 険 料 を 請 求 し 第 1 条 ( 保 険 料 不 払 による 保 険 契 約 の 解 除 )(1)のいずれかに 該 当 した 場 合 には 当 会 社 は 普 通 保 険 約 款 第 17 条 に 規 定 する 保 険 契 約 者 による 解 除 を 取 り 消 し この 保 険 契 約 を 解 除 することができ ます この 場 合 の 解 除 は 保 険 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 行 います 第 3 条 ( 保 険 契 約 解 除 の 効 力 ) 普 通 保 険 約 款 第 19 条 ( 保 険 契 約 解 除 の 効 力 )の 規 定 にかかわらず 第 1 条 ( 保 険 料 不 払 による 保 険 契 約 の 解 除 )(1)または 第 2 条 ( 保 険 契 約 者 による 保 険 契 約 の 解 除 の 特 則 )(2)の 規 定 により 保 険 契 約 を 解 除 した 場 合 解 除 の 効 力 は 下 表 の 左 欄 に 対 応 する 下 表 の 右 欄 に 規 定 する 時 から それぞれ 将 来 に 向 かってのみその 効 力 を 生 じます 1 第 1 条 (1)1の 規 保 険 期 間 の 初 日 定 による 解 除 の 場 合 2 第 1 条 (1)2の 規 定 による 解 除 の 場 合 3 第 1 条 (1)3の 規 定 による 解 除 の 場 合 4 第 1 条 (1)4の 規 定 による 解 除 の 場 合 5 第 1 条 (1)5の 規 定 による 解 除 の 場 合 6 第 1 条 (1)6の 規 定 による 解 除 の 場 合 7 第 2 条 (2)の 規 定 による 解 除 の 場 合 第 1 条 (1)2に 規 定 する 保 険 料 を 払 い 込 むべき 払 込 期 日 または 保 険 期 間 の 末 日 のいずれか 早 い 日 第 1 条 (1)3に 規 定 する 次 回 払 込 期 日 または 保 険 期 間 の 末 日 のいずれか 早 い 日 第 4 節 第 1 条 ( 保 険 料 の 返 還 追 加 または 変 更 )(3)の 追 加 保 険 料 の 払 込 み を 怠 った 日 第 4 節 第 1 条 (4)に 規 定 する 期 日 または 保 険 期 間 の 末 日 のいずれか 早 い 日 第 1 条 (1)6に 規 定 する 期 日 の 前 月 の 保 険 証 券 記 載 の 払 込 期 日 普 通 保 険 約 款 第 17 条 ( 保 険 契 約 者 による 保 険 契 約 の 解 除 )により 解 除 した 日 第 4 節 保 険 料 の 返 還 追 加 または 変 更 第 1 条 ( 保 険 料 の 返 還 追 加 または 変 更 ) (1) 当 会 社 は 次 のいずれかに 該 当 する 場 合 において 保 険 料 を 変 更 する 必 要 があるときは (3)に 規 定 する 方 法 により 取 り 扱 います 1 普 通 保 険 約 款 第 6 条 ( 告 知 義 務 )(3)3に 定 める 承 認 をする 場 合 2 普 通 保 険 約 款 第 10 条 ( 通 知 義 務 )(1)に 定 める 通 知 を 受 けた 場 合 (2) 当 会 社 は (1)のほか 保 険 契 約 の 締 結 の 後 保 険 契 約 者 が 当 会 社 に 書 面 等 により 通 知 した 保 険 契 約 の 条 件 の 変 更 を 承 認 する 場 合 において 保 険 料 を 変 更 する 必 要 があるときは (3)に 規 定 する 方 法 に より 取 り 扱 います この 場 合 において 保 険 契 約 者 は 正 当 な 理 由 があり かつ 当 会 社 が 認 めるとき を 除 いてこの 通 知 を 撤 回 することはできません (3)(1)および(2)の 場 合 においては 下 表 の 規 定 により 取 り 扱 います 1 保 険 料 払 込 方 法 が 一 時 払 の 場 合 保 険 契 約 の 条 件 の 変 更 前 の 保 険 料 と 変 更 後 の 保 険 料 の 差 額 に 基 づき 当 会 社 が 算 出 した 未 経 過 期 間 に 対 する 保 険 料 ((1)2の 場 合 は 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 の 通 知 に 基 づき 普 通 保 険 約 款 第 10 条 ( 通 知 義 務 )(1)に 規 定 する 事 実 が 発 生 した 時 以 降 の 期 間 に 対 して 算 出 した 保 険 料 をいいます )を 返 還 し または 追 加 保 険 料 を 請 求 します 14

17 2 保 険 料 払 込 方 法 が 一 時 払 以 外 の 場 合 ( 保 険 料 払 込 方 法 が 一 時 払 以 外 であって も 第 2 節 第 1 条 ( 保 険 料 の 払 込 方 法 等 )(1)に 規 定 するすべての 回 数 の 払 込 み が 終 了 した 場 合 で この 規 定 により 変 更 すべき 保 険 料 がないときまたは 保 険 期 間 を 延 長 し もしくは 短 縮 す るときは 1に 規 定 する 方 法 により 取 り 扱 います ) 下 表 に 規 定 する 保 険 料 を 保 険 契 約 の 条 件 の 変 更 後 の 保 険 料 ((1)2の 場 合 は 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 の 通 知 に 基 づき 普 通 保 険 約 款 第 10 条 (1)に 規 定 する 事 実 が 発 生 した 時 以 降 の 期 間 に 対 して 算 出 し た 保 険 料 をいいます )に 変 更 します ただし 契 約 内 容 変 更 日 の 属 す る 保 険 年 度 においては 当 会 社 が 認 める 場 合 は 1に 規 定 する 方 法 に より 取 り 扱 います ア. 保 険 証 券 に 初 回 保 険 料 の 払 込 期 日 の 記 載 がある 場 合 イ. 保 険 証 券 に 初 回 保 険 料 の 払 込 期 日 の 記 載 がない 場 合 当 会 社 が 通 知 を 受 けた 日 または 承 認 した 日 の 属 する 月 の 翌 月 以 降 の 保 険 料 当 会 社 が 通 知 を 受 けた 日 または 承 認 した 日 以 降 の 保 険 料 (4) 保 険 契 約 者 が(3)の 追 加 保 険 料 の 払 込 みを 怠 った 場 合 ((1)1または2の 場 合 は 当 会 社 が 保 険 契 約 者 に 対 し 追 加 保 険 料 を 請 求 したにもかかわらず 相 当 の 期 間 内 にその 払 込 みがなかったときに 限 り ます )は 追 加 保 険 料 領 収 前 に 生 じた 事 故 ( 当 会 社 が(1)2の 通 知 を 受 けた 場 合 または(1)1も しくは(2)の 承 認 をする 場 合 に 通 知 に 係 る 危 険 増 加 が 生 じた 日 または 当 会 社 が 承 認 を 行 った 日 以 降 かつ 追 加 保 険 料 を 領 収 する 前 に 生 じた 事 故 をいいます ただし 当 会 社 が 保 険 期 間 の 初 日 から 保 険 料 を 変 更 する 必 要 があると 認 めたときは 保 険 期 間 の 初 日 以 降 かつ 追 加 保 険 料 を 領 収 する 前 に 生 じた 事 故 をいいます )による 損 害 に 対 しては 次 の1または2の 規 定 に 従 います ただし 追 加 保 険 料 払 込 期 日 を 設 定 した 場 合 で 次 に 規 定 する 期 日 までに 保 険 契 約 者 が(3)の 追 加 保 険 料 の 払 込 みを 行 ったと きは この 規 定 は 適 用 しません 追 加 保 険 料 払 込 期 日 の 属 する 月 の 翌 月 末 1 (1)および(3)の 規 定 に 基 づき 当 会 社 が 追 加 保 険 料 を 請 求 した 場 合 は 当 会 社 は 保 険 金 を 支 払 いません((1)1または2の 場 合 は 第 3 節 第 1 条 ( 保 険 料 不 払 による 保 険 契 約 の 解 除 )(1) 4の 規 定 により 解 除 できるときに 限 ります ) この 場 合 において 既 に 保 険 金 を 支 払 っていたとき は 当 会 社 は 保 険 金 の 返 還 を 請 求 することができます 2 (2)および(3)の 規 定 に 基 づき 当 会 社 が 追 加 保 険 料 を 請 求 した 場 合 は 当 会 社 は 保 険 契 約 条 件 の 変 更 の 通 知 がなかったものとして 適 用 約 款 に 従 い 保 険 金 を 支 払 います (5) 保 険 契 約 の 失 効 の 場 合 は 当 会 社 は 付 表 1に 規 定 する 保 険 料 を 返 還 します (6) 次 のいずれかの 規 定 により 当 会 社 が 保 険 契 約 を 解 除 した 場 合 は 当 会 社 は 付 表 1に 規 定 する 保 険 料 を 返 還 します 1 普 通 保 険 約 款 第 6 条 ( 告 知 義 務 )(2) 2 普 通 保 険 約 款 第 10 条 ( 通 知 義 務 )(2)または(6) 3 普 通 保 険 約 款 第 18 条 ( 重 大 事 由 による 解 除 )(1)または(2) 4 第 3 節 第 1 条 ( 保 険 料 不 払 による 保 険 契 約 の 解 除 )(1) 5 第 3 節 第 2 条 ( 保 険 契 約 者 による 保 険 契 約 の 解 除 の 特 則 )(2) (7) 普 通 保 険 約 款 第 17 条 ( 保 険 契 約 者 による 保 険 契 約 の 解 除 )により 保 険 契 約 者 が 保 険 契 約 を 解 除 し た 場 合 は 当 会 社 は 付 表 2に 規 定 する 保 険 料 を 返 還 し または 請 求 できます ただし 適 用 約 款 に 保 険 料 の 精 算 に 関 する 規 定 がある 場 合 ( 保 険 料 が 売 上 高 完 成 工 事 高 賃 金 または 入 場 者 等 に 対 する 割 合 によって 定 められたものである 場 合 を 含 みます )は その 規 定 に 基 づいて 保 険 料 を 精 算 します 第 2 条 ( 追 加 保 険 料 の 払 込 み 等 ー 口 座 振 替 方 式 の 場 合 の 特 則 ) (1) 次 の 規 定 に 基 づき 当 会 社 が 請 求 した 追 加 保 険 料 について 追 加 保 険 料 払 込 期 日 に 追 加 保 険 料 の 払 込 みがない 場 合 には 保 険 契 約 者 は 追 加 保 険 料 を 第 1 条 ( 保 険 料 の 返 還 追 加 または 変 更 )(4)に 規 定 する 期 日 までに 当 会 社 の 指 定 した 場 所 に 払 い 込 まなければなりません 1 第 2 節 第 2 条 ( 保 険 料 の 払 込 方 法 口 座 振 替 方 式 ) 2 第 1 条 (3) (2) 次 のすべてに 該 当 する 場 合 は 当 会 社 は 第 1 条 ( 保 険 料 の 返 還 追 加 または 変 更 )(4)の 追 加 保 険 料 払 込 期 日 の 属 する 月 の 翌 月 末 を 追 加 保 険 料 払 込 期 日 の 属 する 月 の 翌 々 月 末 に 読 み 替 えてこ の 特 約 条 項 の 規 定 を 適 用 します この 場 合 において 当 会 社 は 保 険 契 約 者 に 対 して 追 加 保 険 料 払 込 期 日 の 属 する 月 の 翌 々 月 の 払 込 期 日 に 請 求 する 保 険 料 をあわせて 請 求 できるものとします ただし 保 険 期 間 が1 年 の 保 険 契 約 において 保 険 契 約 者 がこの 規 定 を 既 に 適 用 しているときは 保 険 期 間 内 に 払 い 込 むべき 保 険 料 を 一 括 して 請 求 できるものとします 1 保 険 契 約 者 が 追 加 保 険 料 払 込 期 日 までの 追 加 保 険 料 の 払 込 みを 怠 った 場 合 2 1の 払 込 みを 怠 ったことについて 保 険 契 約 者 に 故 意 または 重 大 な 過 失 がなかったと 当 会 社 が 認 め た 場 合 15

18 (3) 当 会 社 は 次 の1および2のすべてに 該 当 する 場 合 においては 追 加 保 険 料 払 込 期 日 の 属 する 月 の 翌 月 の 応 当 日 を 追 加 保 険 料 払 込 期 日 とみなして 下 表 の 規 定 を 適 用 します 1 保 険 契 約 者 が 追 加 保 険 料 払 込 期 日 までの 追 加 保 険 料 の 払 込 みを 怠 った 場 合 2 1の 払 込 みを 怠 った 理 由 が 提 携 金 融 機 関 に 対 して 口 座 振 替 請 求 が 行 われなかったことによる 場 合 ただし 口 座 振 替 請 求 が 行 われなかった 理 由 が 保 険 契 約 者 の 責 に 帰 すべき 事 由 による 場 合 を 除 きます ア. 第 3 節 第 1 条 ( 保 険 料 不 払 による 保 険 契 約 の 解 除 ) イ. 普 通 保 険 約 款 第 19 条 ( 保 険 契 約 解 除 の 効 力 )および 第 3 節 第 3 条 ( 保 険 契 約 解 除 の 効 力 ) ウ. 第 2 条 ( 追 加 保 険 料 の 払 込 み 等 口 座 振 替 方 式 の 場 合 の 特 則 )(1)および(2) エ. 第 4 条 ( 保 険 料 を 変 更 する 必 要 がある 場 合 の 事 故 発 生 時 等 の 取 扱 い) (4) 保 険 料 払 込 方 法 が 口 座 振 替 の 方 式 の 場 合 で 当 会 社 が 保 険 料 を 返 還 するときは 当 会 社 が 認 める 場 合 に 限 り 返 還 保 険 料 の 全 額 を 一 時 にまたは 当 会 社 の 定 める 回 数 に 分 割 し 当 会 社 の 定 める 日 に 指 定 口 座 (この 保 険 契 約 の 保 険 料 に 関 して 当 会 社 が 提 携 金 融 機 関 に 対 して 口 座 振 替 請 求 を 行 う 口 座 をいいま す )に 振 り 込 むことによって 行 うことができるものとします (5)(4)の 規 定 は 保 険 契 約 者 からあらかじめ 当 会 社 に 反 対 の 意 思 表 示 がされている 場 合 には 適 用 しま せん 第 3 条 ( 追 加 保 険 料 の 払 込 み 等 ークレジットカード 払 方 式 の 場 合 の 特 則 ) (1) 次 の 規 定 に 基 づき 当 会 社 が 請 求 した 追 加 保 険 料 について 第 1 条 ( 保 険 料 の 返 還 追 加 または 変 更 ) (4)の 規 定 の 適 用 においては 当 会 社 が 追 加 保 険 料 の 払 込 みに 関 し クレジットカード 会 社 に 対 して 追 加 保 険 料 の 払 込 みに 使 用 されるクレジットカードが 有 効 であること 等 の 確 認 を 行 ったことをもって その 追 加 保 険 料 が 払 い 込 まれたものとみなします 1 第 2 節 第 3 条 ( 保 険 料 の 払 込 方 法 クレジットカード 払 方 式 ) 2 第 1 条 (3) (2) 当 会 社 は 次 のいずれかに 該 当 する 場 合 は(1)の 規 定 を 適 用 しません 1 当 会 社 がクレジットカード 会 社 から 追 加 保 険 料 相 当 額 を 領 収 できない 場 合 ただし 保 険 契 約 者 が 会 員 規 約 等 に 従 いクレジットカードを 使 用 し クレジットカード 会 社 に 対 して 追 加 保 険 料 相 当 額 を 既 に 払 い 込 んでいる 場 合 は その 追 加 保 険 料 が 払 い 込 まれたものとみなして(1)の 規 定 を 適 用 します 2 会 員 規 約 等 に 規 定 する 手 続 が 行 われない 場 合 (3)(2)1の 追 加 保 険 料 相 当 額 を 領 収 できない 場 合 は 当 会 社 は 保 険 契 約 者 に 追 加 保 険 料 を 直 接 請 求 できるものとします ただし 保 険 契 約 者 が クレジットカード 会 社 に 対 して 追 加 保 険 料 相 当 額 を 既 に 払 い 込 んでいるときは 当 会 社 は その 払 い 込 んだ 追 加 保 険 料 相 当 額 について 保 険 契 約 者 に 直 接 請 求 で きないものとします (4) 保 険 料 払 込 方 法 がクレジットカード 払 の 方 式 の 場 合 で 当 会 社 が 保 険 料 を 返 還 するときは 当 会 社 が 認 める 場 合 に 限 り 返 還 保 険 料 の 全 額 を 一 時 にまたは 当 会 社 の 定 める 回 数 に 分 割 し 当 会 社 の 定 める 日 に 次 のいずれかの 方 法 によって 行 うことができるものとします 1 保 険 契 約 者 の 指 定 する 口 座 への 振 込 み 2 クレジットカード 会 社 経 由 の 返 還 (5)(4)の 規 定 は 保 険 契 約 者 からあらかじめ 当 会 社 に 反 対 の 意 思 表 示 がされている 場 合 には 適 用 しま せん 第 4 条 ( 保 険 料 を 変 更 する 必 要 がある 場 合 の 事 故 発 生 時 等 の 取 扱 い) (1) 当 会 社 が 第 1 条 ( 保 険 料 の 返 還 追 加 または 変 更 )(3)の 追 加 保 険 料 の 払 込 みについて 追 加 保 険 料 払 込 期 日 を 設 定 した 場 合 において 次 のすべてに 該 当 するときは 当 会 社 は 同 条 (4)の 規 定 にかか わらず 追 加 保 険 料 が 払 い 込 まれたものとして その 事 故 による 損 害 に 対 して 保 険 金 を 支 払 います 1 事 故 の 発 生 の 日 が 追 加 保 険 料 払 込 期 日 以 前 であること 2 事 故 の 発 生 の 日 の 前 日 までに 到 来 した 保 険 証 券 記 載 の 払 込 期 日 までに 払 い 込 むべき 保 険 料 の 全 額 が 払 い 込 まれていること (2)(1)の 場 合 において 事 故 の 発 生 の 日 が 初 回 保 険 料 払 込 期 日 以 前 のときは (1)に 規 定 する 事 故 の 発 生 の 日 の 前 日 までに 到 来 した 保 険 証 券 記 載 の 払 込 期 日 までに 払 い 込 むべき 保 険 料 の 全 額 を 初 回 保 険 料 と 読 み 替 えて 適 用 します ただし 保 険 契 約 者 が 第 2 節 第 1 条 ( 保 険 料 の 払 込 方 法 等 )(4) 2に 規 定 する 確 約 を 行 い かつ 当 会 社 が 承 認 した 場 合 は 当 会 社 は 追 加 保 険 料 が 払 い 込 まれたもの としてその 事 故 による 損 害 に 対 して 保 険 金 を 支 払 います (3) 当 会 社 が 第 1 条 ( 保 険 料 の 返 還 追 加 または 変 更 )(3)の 追 加 保 険 料 の 払 込 みについて 追 加 保 険 料 払 込 期 日 を 設 定 した 場 合 において 保 険 契 約 者 が 同 条 (4)に 規 定 する 期 日 までに 追 加 保 険 料 の 払 込 み を 怠 ったときは 当 会 社 は その 払 込 期 日 の 翌 日 以 降 に 発 生 した 事 故 による 損 害 に 対 しては 次 の 規 定 に 従 います 16

19 1 追 加 保 険 料 が 第 1 条 (1)および(3)の 規 定 により 請 求 したものである 場 合 は 当 会 社 は 保 険 金 を 支 払 いません 2 追 加 保 険 料 が 第 1 条 (2)および(3)の 規 定 により 請 求 したものである 場 合 は 当 会 社 は 保 険 契 約 条 件 の 変 更 の 通 知 がなかったものとして 適 用 約 款 に 従 い 保 険 金 を 支 払 います (4) 第 1 条 ( 保 険 料 の 返 還 追 加 または 変 更 )(3)2の 規 定 に 基 づき 当 会 社 が 保 険 料 を 変 更 した 場 合 (1) から(3)までの 追 加 保 険 料 を 保 険 料 変 更 後 の 最 初 の 払 い 込 むべき 保 険 料 と 読 み 替 えて 適 用 します (5) 第 1 条 ( 保 険 料 の 返 還 追 加 または 変 更 )(4)ただし 書 の 規 定 が 適 用 され かつ 事 故 が 発 生 した 場 合 において 次 の1から3までに 規 定 する 日 時 の 確 認 に 関 して 当 会 社 が 特 に 必 要 とする 書 類 または 証 拠 となるものを 求 めたときには 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 は 遅 滞 なくこれを 提 出 しなければなり ません また 当 会 社 が 行 う 確 認 に 協 力 しなければなりません 1 普 通 保 険 約 款 第 6 条 ( 告 知 義 務 )(3)3に 規 定 する 訂 正 の 申 出 が 行 われた 日 時 2 普 通 保 険 約 款 第 10 条 ( 通 知 義 務 )(1)または 第 1 条 (2)に 規 定 する 通 知 が 行 われた 日 時 3 事 故 の 発 生 の 日 時 第 5 条 ( 精 算 保 険 料 に 関 する 特 則 ) 普 通 保 険 約 款 第 14 条 ( 保 険 料 の 精 算 )(3) 第 4 節 第 1 条 ( 保 険 料 の 返 還 追 加 または 変 更 )(7) ただし 書 およびその 他 の 保 険 料 の 精 算 に 関 する 適 用 約 款 の 規 定 により 当 会 社 が 請 求 または 返 還 する 保 険 料 については 第 2 節 および 第 1 条 ( 保 険 料 の 返 還 追 加 または 変 更 )(2)の 規 定 を 適 用 しません 第 5 節 その 他 事 項 第 1 条 ( 適 用 約 款 との 関 係 ) (1)この 特 約 条 項 が 付 帯 された 保 険 契 約 においては 普 通 保 険 約 款 の 次 の 規 定 を 適 用 しません 1 第 20 条 ( 保 険 料 の 返 還 または 請 求 告 知 義 務 通 知 義 務 等 の 場 合 ) 2 第 21 条 ( 保 険 料 の 返 還 無 効 または 失 効 の 場 合 )(2) 3 第 23 条 ( 保 険 料 の 返 還 解 除 の 場 合 ) (2)この 特 約 条 項 に 規 定 しない 事 項 については この 特 約 条 項 に 反 しないかぎり 適 用 約 款 の 規 定 を 適 用 します 付 表 1 失 効 当 会 社 による 解 除 の 場 合 の 返 還 保 険 料 保 険 期 間 払 込 方 法 返 還 保 険 料 の 額 1 年 1 年 未 満 1 年 超 一 時 払 一 時 払 以 外 (1) 保 険 契 約 が 失 効 した 日 または 解 除 された 日 の 保 険 契 約 の 条 件 に 基 づく 年 間 適 用 保 険 料 から 既 経 過 期 間 に 対 して 月 割 をもって 算 出 した 保 険 料 を 差 し 引 いた 額 ( 保 険 期 間 中 の 料 率 改 定 の 有 無 にかかわらず 保 険 期 間 の 初 日 に おける 保 険 料 に 基 づき 算 出 するものとします ) (2) 未 払 込 保 険 料 ( 未 経 過 期 間 に 対 応 する 保 険 料 を 含 みます 以 下 同 様 とし ます )がある 場 合 は (1)の 額 からその 未 払 込 保 険 料 を 差 し 引 いた 額 一 時 払 保 険 期 間 が1 年 の 場 合 の 算 出 方 法 に 準 じて 算 出 した 額 一 時 払 以 外 (1) 保 険 契 約 が 失 効 した 日 または 解 除 された 日 の 保 険 契 約 の 条 件 に 基 づき 算 出 したこの 保 険 契 約 の 保 険 期 間 に 対 応 する 保 険 料 に 対 し 保 険 契 約 が 失 効 し た 日 または 解 除 された 日 時 点 を 経 過 年 月 とした 付 表 3の 長 期 保 険 未 経 過 料 一 時 払 率 を 乗 じて 算 出 した 額 ( 保 険 期 間 中 の 料 率 改 定 の 有 無 にかかわらず 保 険 期 間 の 初 日 における 保 険 料 に 基 づき 算 出 するものとします ) (2) 未 払 込 保 険 料 がある 場 合 は (1)の 額 からその 未 払 込 保 険 料 を 差 し 引 いた 額 一 時 払 以 外 保 険 期 間 が1 年 の 場 合 の 算 出 方 法 に 準 じて 算 出 した 額 17

20 付 表 2 保 険 契 約 者 による 解 除 の 場 合 の 返 還 保 険 料 保 険 期 間 払 込 方 法 返 還 保 険 料 の 額 (1) 保 険 契 約 が 解 除 された 日 の 保 険 契 約 の 条 件 に 基 づく 年 間 適 用 保 険 料 から 既 経 過 期 間 に 対 して 普 通 保 険 約 款 別 表 の 短 期 料 率 をもって 算 出 した 保 険 料 を 差 し 引 いた 額 (*1) (2)(1)にかかわらず 契 約 条 件 の 変 更 に 伴 い 当 会 社 の 申 出 に 応 じて 保 険 契 約 者 が 中 途 更 新 ( 保 険 契 約 が 解 除 された 日 を 保 険 期 間 の 初 日 として 当 会 一 時 払 社 と 保 険 契 約 を 締 結 することをいいます 以 下 同 様 とします )を 行 う 場 合 は 保 険 契 約 が 解 除 された 日 の 保 険 契 約 の 条 件 に 基 づく 年 間 適 用 保 険 料 から 既 経 過 期 間 に 対 して 日 割 をもって 算 出 した 保 険 料 を 差 し 引 いた 額 (*1) (3) 未 払 込 保 険 料 がある 場 合 は (1)または(2)の 額 からその 未 払 込 保 1 年 険 料 を 差 し 引 いた 額 (1) 保 険 契 約 が 解 除 された 日 の 保 険 契 約 の 条 件 に 基 づく 年 間 適 用 保 険 料 から 既 経 過 期 間 に 対 して 月 割 をもって 算 出 した 保 険 料 を 差 し 引 いた 額 (*1) (2)(1)にかかわらず 契 約 条 件 の 変 更 に 伴 い 当 会 社 の 申 出 に 応 じて 保 険 契 約 者 が 中 途 更 新 を 行 う 場 合 は 保 険 契 約 が 解 除 された 日 の 保 険 契 約 の 条 件 一 時 払 以 外 に 基 づく 年 間 適 用 保 険 料 から 既 経 過 期 間 に 対 して 日 割 をもって 算 出 した 保 険 料 を 差 し 引 いた 額 (*1) (3) 未 払 込 保 険 料 がある 場 合 は (1)または(2)の 額 からその 未 払 込 保 険 料 を 差 し 引 いた 額 一 時 払 保 険 期 間 が1 年 の 場 合 の 算 出 方 法 に 準 じて 算 出 した 額 (1) 保 険 契 約 が 解 除 された 日 の 保 険 契 約 の 条 件 に 基 づく 年 間 適 用 保 険 料 から 既 経 過 期 間 に 対 して 普 通 保 険 約 款 別 表 の 短 期 料 率 をもって 算 出 した 保 険 料 を 差 し 引 いた 額 (*1) 1 年 未 満 (2)(1)にかかわらず 契 約 条 件 の 変 更 に 伴 い 当 会 社 の 申 出 に 応 じて 保 一 時 払 以 外 険 契 約 者 が 中 途 更 新 を 行 う 場 合 は 保 険 契 約 が 解 除 された 日 の 保 険 契 約 の 条 件 に 基 づく 年 間 適 用 保 険 料 から 既 経 過 期 間 に 対 して 日 割 をもって 算 出 し た 保 険 料 を 差 し 引 いた 額 (*1) (3) 未 払 込 保 険 料 がある 場 合 は (1)または(2)の 額 からその 未 払 込 保 険 料 を 差 し 引 いた 額 (1) 保 険 契 約 が 解 除 された 日 の 保 険 契 約 の 条 件 に 基 づき 算 出 したこの 保 険 契 約 の 保 険 期 間 に 対 応 する 保 険 料 に 対 し 保 険 契 約 が 解 除 された 日 時 点 を 経 過 一 時 払 年 月 とした 付 表 3の 長 期 保 険 未 経 過 料 率 を 乗 じて 算 出 した 額 (*1) (2) 未 払 込 保 険 料 がある 場 合 は (1)の 額 からその 未 払 込 保 険 料 を 差 し 引 1 年 超 いた 額 保 険 期 間 が1 年 の 場 合 における 払 込 方 法 が 一 時 払 のときの 算 出 方 法 に 準 じて 年 払 算 出 した 額 保 険 期 間 が1 年 の 場 合 における 払 込 方 法 が 一 時 払 以 外 のときの 算 出 方 法 に 準 分 割 払 じて 算 出 した 額 (*1) 保 険 期 間 中 の 料 率 改 定 の 有 無 にかかわらず 保 険 期 間 の 初 日 における 保 険 料 に 基 づき 算 出 するものと します 18

21 付 表 3 長 期 保 険 未 経 過 料 率 経 過 年 月 保 険 期 間 2 年 3 年 5 年 1 か 月 96% 97% 98% 2 か 月 91% 94% 96% 3 か 月 87% 91% 95% 4 か 月 82% 88% 93% 5 か 月 78% 85% 91% 6 か 月 74% 82% 89% 7 か 月 69% 79% 87% 8 か 月 65% 76% 85% 9 か 月 60% 73% 84% 10 か 月 56% 70% 82% 11 か 月 51% 67% 80% 1 年 0 か 月 47% 64% 78% 2 年 0 か 月 0% 32% 59% 3 年 0 か 月 0% 40% 4 年 0 か 月 20% 5 年 0 か 月 0% ( 注 1) 経 過 年 月 について 1か 月 未 満 の 端 日 数 は 切 り 上 げて1か 月 とします ( 注 2) 上 表 にない 保 険 期 間 および 経 過 年 月 については 上 表 に 準 じて 決 定 します 19

22 5. 各 種 特 別 約 款 および 添 付 される 特 約 条 項 (1) 医 師 特 別 約 款 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 以 下 普 通 保 険 約 款 といいます ) 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 規 定 にかかわらず 被 保 険 者 またはその 使 用 人 その 他 被 保 険 者 の 業 務 の 補 助 者 が 日 本 国 内 において 医 療 業 務 ( 以 下 業 務 といいます )を 遂 行 するにあたり 職 業 上 相 当 な 注 意 を 用 いなかっ たことに 起 因 して 他 人 (その 医 療 行 為 の 対 象 者 となる 者 をいいます )の 身 体 の 障 害 ( 障 害 に 起 因 す る 死 亡 を 含 みます )が 発 生 したこと( 以 下 事 故 といいます )につき 被 保 険 者 が 法 律 上 の 賠 償 責 任 を 負 担 することによって 被 る 損 害 ( 以 下 損 害 といいます )に 対 して 保 険 金 を 支 払 います 第 2 条 ( 保 険 期 間 と 保 険 責 任 との 関 係 ) (1) 当 会 社 は 普 通 保 険 約 款 第 5 条 ( 保 険 責 任 の 始 期 および 終 期 )(1)に 規 定 する 保 険 期 間 中 に 事 故 が 発 見 された 場 合 に 限 り 損 害 に 対 して 保 険 金 を 支 払 います (2)(1)に 規 定 する 発 見 は 被 保 険 者 が 事 故 を 最 初 に 認 識 した 時 ( 認 識 し 得 た 時 を 含 みます ) または 被 保 険 者 に 対 して 損 害 賠 償 請 求 が 提 起 された 時 ( 提 起 されるおそれがあると 被 保 険 者 が 認 識 した 時 または 認 識 し 得 た 時 を 含 みます )のいずれか 早 い 時 点 をもってなされたものとします (3) 同 一 の 原 因 または 事 由 に 起 因 するすべての 事 故 は 発 生 した 時 もしくは 場 所 発 見 された 時 も しくは 場 所 または 損 害 賠 償 請 求 者 の 数 等 にかかわらず1 事 故 とみなします なお これらの 事 故 は 最 初 に 発 見 された 時 にすべて 発 見 されたものとみなします 第 3 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 ) 当 会 社 は 直 接 であるか 間 接 であるかにかかわらず 普 通 保 険 約 款 第 7 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 )および 第 8 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 )に 規 定 する 損 害 のほか 被 保 険 者 が 次 の 賠 償 責 任 を 負 担 することによって 被 る 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 1 次 のものの 所 有 使 用 または 管 理 に 起 因 する 賠 償 責 任 ア. 被 保 険 者 が 業 務 を 行 う 施 設 または 設 備 イ. 航 空 機 車 両 ( 原 動 力 がもっぱら 人 力 である 場 合 を 含 みます ) 船 舶 または 動 物 2 名 誉 き 損 または 秘 密 漏 えいに 起 因 する 賠 償 責 任 3 美 容 を 唯 一 の 目 的 とする 医 療 行 為 に 起 因 する 賠 償 責 任 4 医 療 の 結 果 を 保 証 することにより 加 重 された 賠 償 責 任 5 所 定 の 免 許 を 有 しない 者 が 遂 行 した 医 療 行 為 に 起 因 する 賠 償 責 任 ただし 所 定 の 許 可 を 有 する 臨 床 修 練 外 国 医 師 または 臨 床 修 練 外 国 歯 科 医 師 が 遂 行 した 医 療 行 為 に 起 因 する 賠 償 責 任 を 除 きます 第 4 条 ( 供 託 金 の 貸 付 等 ) (1) 当 会 社 は この 保 険 契 約 により 当 会 社 が 保 険 金 を 支 払 うべき 場 合 は 保 険 証 券 記 載 の 支 払 限 度 額 の 範 囲 内 で 上 訴 のときの 仮 執 行 を 免 れるため 被 保 険 者 が 供 託 する 供 託 金 相 当 額 を 供 託 金 に 付 さ れると 同 率 の 利 息 で 被 保 険 者 に 貸 し 付 けます ただし 同 一 事 故 につき 既 に 当 会 社 が 支 払 った 保 険 金 がある 場 合 は 保 険 証 券 記 載 の 支 払 限 度 額 からその 支 払 った 全 額 を 差 し 引 いた 額 を 限 度 とします (2)(1)の 規 定 により 当 会 社 が 供 託 金 相 当 額 を 貸 し 付 ける 場 合 は 被 保 険 者 は 当 会 社 のために 供 託 金 ( 利 息 を 含 みます 以 下 この 条 において 同 様 とします )の 取 戻 請 求 権 の 上 に 質 権 を 設 定 する ものとします (3)(1)の 貸 付 けが 行 われている 間 においては 保 険 証 券 記 載 の 支 払 限 度 額 は その 貸 付 金 を 既 に 支 払 った 保 険 金 とみなして 適 用 します (4)(1)の 供 託 金 が 第 三 者 に 還 付 された 場 合 は その 還 付 された 金 額 の 限 度 で (1)の 規 定 する 貸 付 金 ( 利 息 を 含 みます )が 保 険 金 として 支 払 われたものとみなします 第 5 条 ( 事 故 の 発 見 ) 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 は 事 故 を 発 見 したときは 普 通 保 険 約 款 第 12 条 ( 事 故 の 発 生 )(1) 1に 規 定 する 事 項 のほか 事 故 発 見 の 日 時 を 遅 滞 なく 当 会 社 に 書 面 により 通 知 しなければなりませ ん 第 6 条 ( 代 位 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 の 使 用 人 その 他 被 保 険 者 の 業 務 の 補 助 者 に 対 して 普 通 保 険 約 款 第 29 条 ( 代 位 ) の 規 定 に 基 づき 取 得 する 権 利 を 行 使 しません ただし これらの 者 の 故 意 による 事 故 の 場 合 を 除 き ます 20

23 第 7 条 ( 読 替 規 定 ) (1)この 特 別 約 款 においては 普 通 保 険 約 款 を 下 表 のとおり 読 み 替 えます 普 通 保 険 約 款 の 規 定 読 替 前 読 替 後 第 5 条 ( 保 険 責 任 の 始 期 および 終 期 )(3) 発 生 した 事 故 発 見 された 事 故 第 10 条 ( 通 知 義 務 )(4)および(7) 第 18 条 ( 重 大 事 由 による 解 除 )(3)ならびに 第 20 条 ( 保 険 料 の 返 還 または 請 求 - 告 知 義 務 通 知 義 務 等 の 場 合 )(5)および(7) 第 6 条 ( 告 知 義 務 )(3)3 事 故 による 損 害 の 発 生 前 事 故 が 発 見 される 前 第 6 条 (4) 第 10 条 (4)および(7)な 事 故 による 損 害 の 発 生 後 事 故 が 発 見 された 後 らびに 第 18 条 (3) (2)この 特 別 約 款 においては 保 険 料 に 関 する 規 定 の 変 更 特 約 条 項 を 下 表 のとおり 読 み 替 えます 保 険 料 に 関 する 規 定 の 変 更 特 約 条 項 の 規 定 読 替 前 読 替 後 第 2 節 第 1 条 ( 保 険 料 の 払 込 方 法 等 )(2) 生 じた 事 故 発 見 された 事 故 および 第 4 節 第 1 条 ( 保 険 料 の 返 還 追 加 または 変 更 )(4) 第 2 節 第 1 条 (3)2および(4)1なら びに 第 4 節 第 4 条 ( 保 険 料 を 変 更 する 必 要 がある 場 合 の 事 故 発 生 時 等 の 取 扱 い)(1) 1 2および(2) 事 故 の 発 生 の 日 事 故 が 発 見 された 日 第 2 節 第 5 条 ( 第 2 回 目 以 降 の 保 険 料 不 払 の 場 合 の 免 責 等 )(1) 第 3 節 第 1 条 ( 保 険 料 不 払 による 保 険 契 約 の 解 除 )(2)および 第 4 節 第 4 条 (3) 生 じた 事 故 による 損 害 発 生 した 事 故 による 損 害 発 見 された 事 故 による 損 害 発 見 された 事 故 による 損 害 第 4 節 第 4 条 (5) 事 故 が 発 生 した 事 故 が 発 見 された 第 4 節 第 4 条 (5)3 事 故 の 発 生 の 日 時 事 故 が 発 見 された 日 時 第 8 条 ( 普 通 保 険 約 款 との 関 係 ) この 特 別 約 款 に 規 定 しない 事 項 については この 特 別 約 款 に 反 しないかぎり 普 通 保 険 約 款 の 規 定 を 適 用 します 代 位 求 償 権 行 使 に 関 する 特 約 条 項 第 1 条 ( 代 位 ) (1) 当 会 社 は 医 師 特 別 約 款 第 6 条 ( 代 位 )に 規 定 する 被 保 険 者 の 使 用 人 その 他 被 保 険 者 の 業 務 の 補 助 者 ( 以 下 使 用 人 等 といいます ) の 故 意 による 事 故 のほか 使 用 人 等 を 被 保 険 者 とするこの 保 険 契 約 と 同 種 の 保 険 契 約 がある 場 合 に 限 り 普 通 保 険 約 款 第 29 条 ( 代 位 )の 規 定 に 基 づき 取 得 する 権 利 を 行 使 することがありま す (2) 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 は 当 会 社 の 求 めに 応 じて 使 用 人 等 の 保 険 契 約 について 知 っ ている 事 実 を 当 会 社 に 告 げるとともに 調 査 に ついて 当 会 社 に 協 力 しなければなりません (3) 保 険 契 約 者 または 被 保 険 者 が 正 当 な 理 由 な く (2)に 規 定 する 事 実 を 告 げず または 協 力 に 応 じない 場 合 は 当 会 社 は それによって 当 会 社 が 被 った 損 害 の 額 を 差 し 引 いて 保 険 金 を 支 払 います 第 2 条 ( 普 通 保 険 約 款 等 との 関 係 ) この 特 約 条 項 に 規 定 しない 事 項 については この 特 約 条 項 に 反 しないかぎり 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 および 医 師 特 別 約 款 ならびにこの 保 険 契 約 に 付 帯 される 他 の 特 約 条 項 の 規 定 を 適 用 します 廃 業 担 保 特 約 条 項 ( 医 師 特 別 約 款 用 ) 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 以 下 普 通 保 険 約 款 といいます ) 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )および 医 師 特 別 約 款 ( 以 下 特 別 約 款 といいます ) 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 )の 規 定 にかかわらず この 保 険 契 約 の 保 険 期 間 開 始 前 において 特 別 約 款 に 基 づく 保 険 契 約 の 被 保 険 者 ( 以 下 廃 業 前 被 保 険 者 とい います )またはその 使 用 人 その 他 廃 業 前 被 保 険 者 の 業 務 の 補 助 者 が 日 本 国 内 において 医 療 業 務 ( 以 下 業 務 といいます )を 遂 行 する にあたり 職 業 上 相 当 な 注 意 を 用 いなかったこと に 起 因 して 他 人 (その 医 療 行 為 の 対 象 となった 者 をいいます )の 身 体 の 障 害 ( 障 害 に 起 因 す る 死 亡 を 含 みます )が 発 生 したこと( 以 下 事 21

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 といいます )につ いて 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 す

賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 といいます )につ いて 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 す 事 故 が 発 生 した 場 合 は (1) 事 故 が 発 生 した 場 合 は ただちに 保 険 会 社 ( 東 京 海 上 日 動 火 災 保 険 株 式 会 社 )へ 連 絡 し 被 害 者 と 損 害 賠 償 の 示 談 を 行 わないようご 注 意 ください 保 険 会 社 の 了 解 なく 示 談 を 行 った 場 合 保 険 金 が 支 払 われないことがあります (2) 保 険 会

More information

地震保険普通保険約款

地震保険普通保険約款 地 震 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 ( 建 物 の 場 合 ) 建 物 の 主 要 構 造 部 の 損 害 の 額 が その 建 物 の 保 険 価 額 ( 注 )の3% 以 上 20% 未 満 である 損

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

別紙特約(138)

別紙特約(138) 個 人 賠 償 責 任 補 償 特 約 ( 長 期 契 約 用 ) 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) (1) 当 会 社 は 保 険 期 間 中 に 発 生 した 下 表 に 掲 げる 偶 然 な 事 故 のいずれかによる 他 人 の 身 体 の 障 害 (*1)または 他 人 の 財 物 の 損 壊 (*2)もしくは 紛 失 について 被 保 険 者 が 法 律 上 の 損

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179826782518254837083938374838C83628367817A8F4390B38DCF2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179826782518254837083938374838C83628367817A8F4390B38DCF2E646F63> 神 奈 川 県 保 険 医 協 会 会 員 の 先 生 へ 医 師 賠 償 責 任 保 険 個 人 賠 償 責 任 保 険 のおすすめ 医 師 賠 償 責 任 保 険 : 団 体 割 引 20% 適 用 個 人 賠 償 責 任 保 険 : 団 体 割 引 15% 適 用 神 奈 川 県 保 険 医 協 会 では 三 井 住 友 海 上 火 災 保 険 株 式 会 社 と 医 師 賠 償 責 任 保

More information

) 親 権 者 等 親 権 者 またはその 他 の 法 定 の 監 督 義 務 者 をいいます 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 -その1) 当 社 は 次 のいずれかに 該 当 する 事 由 によって 生 じた 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 1 保

) 親 権 者 等 親 権 者 またはその 他 の 法 定 の 監 督 義 務 者 をいいます 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 -その1) 当 社 は 次 のいずれかに 該 当 する 事 由 によって 生 じた 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 1 保 賠 償 責 任 危 険 補 償 特 約 用 語 の 説 明 この 特 約 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 普 通 保 険 約 款 用 語 の 説 明 に よる 場 合 のほか 次 のとおりとします 用 語 説 明 財 物 の 破 損 財 産 的 価 値 を 有 する 有 体 物 の 滅 失 破 損 または 汚 損 を いいます ただし 滅 失 には 盗 難 紛 失 または 詐 取

More information

単 体 商 品 <7> 保 険 料 保 険 金 額 ( 保 険 期 間 1 年 団 割 20% 適 用 ) 契 約 型 保 険 金 額 保 険 料 対 人 1 事 故 につき 対 人 期 間 中 医 師 200 型 2 億 円 6 億 円 51,570 円 100 型 1 億 円 3 億 円 40,

単 体 商 品 <7> 保 険 料 保 険 金 額 ( 保 険 期 間 1 年 団 割 20% 適 用 ) 契 約 型 保 険 金 額 保 険 料 対 人 1 事 故 につき 対 人 期 間 中 医 師 200 型 2 億 円 6 億 円 51,570 円 100 型 1 億 円 3 億 円 40, 平 成 26 年 度 版 勤 務 医 師 賠 償 責 任 保 険 ( 個 人 型 ) 単 体 商 品 本 団 体 契 約 は 日 本 病 院 会 を 契 約 者 とする 団 体 保 険 契 約 です 日 本 病 院 会 会 員 が 開 設 もしくは 管 理 している 医 療 機 関 に 勤 務 していることがご 加 入 の 条 件 となりますのでご 注 意 下 さい 勤 務 医 師 等 の 医 療

More information

ご 加 入 いただける 方 医 局 に 所 属 する 次 のような 方 々はご 加 入 いただくことが 可 能 です 1 それぞれの 医 局 の 先 生 または 病 院 に 勤 務 して 医 療 に 直 接 従 事 されている 方 2 病 院 に 勤 務 して 直 接 医 療 行 為 に 従 事 し

ご 加 入 いただける 方 医 局 に 所 属 する 次 のような 方 々はご 加 入 いただくことが 可 能 です 1 それぞれの 医 局 の 先 生 または 病 院 に 勤 務 して 医 療 に 直 接 従 事 されている 方 2 病 院 に 勤 務 して 直 接 医 療 行 為 に 従 事 し 研 修 医 勤 務 医 のための 医 師 賠 償 責 任 保 険 のご 案 内 ( 医 師 賠 償 責 任 保 険 ) 1 ご 加 入 いただける 方 医 局 に 所 属 する 次 のような 方 々はご 加 入 いただくことが 可 能 です 1 それぞれの 医 局 の 先 生 または 病 院 に 勤 務 して 医 療 に 直 接 従 事 されている 方 2 病 院 に 勤 務 して 直 接 医 療

More information

スライド 1

スライド 1 一 般 社 団 法 人 日 本 口 腔 ケア 学 会 会 員 の 皆 さまへ 医 療 従 事 者 看 護 職 向 け 保 険 制 度 医 療 従 事 者 看 護 職 の 方 が 日 本 国 内 において 医 療 業 務 を 行 うにあたり 事 故 が 発 生 した 場 合 に その 医 療 従 事 者 看 護 職 の 方 が 法 律 上 の を 負 担 することによって 被 る 損 害 を 補 償

More information

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 第 1 条 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 2 責 任 開 始 期 第 2 条 責 任 開 始 期 3 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 額 第 4 条 保 険 金 の 支 払 第 5 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 6 条 戦 争 その 他 の 変 乱

More information

特 約 正 式 名 称 掲 載 略 称 特 約 正 式 名 称 ページ 特 別 条 件 付 保 険 特 約 特 別 条 件 付 保 険 特 約 27 団 体 扱 一 般 A 団 体 扱 特 約 ( 一 般 A) 29 団 体 扱 一 般 B 団 体 扱 特 約 ( 一 般 B) 30 団 体 扱 一

特 約 正 式 名 称 掲 載 略 称 特 約 正 式 名 称 ページ 特 別 条 件 付 保 険 特 約 特 別 条 件 付 保 険 特 約 27 団 体 扱 一 般 A 団 体 扱 特 約 ( 一 般 A) 29 団 体 扱 一 般 B 団 体 扱 特 約 ( 一 般 B) 30 団 体 扱 一 2013 年 10 月 1 日 以 降 始 期 用 ロングライフミニ 長 期 医 療 保 険 ご 契 約 のしおり ご 契 約 者 の 皆 様 へ この ご 契 約 のしおり は 長 期 医 療 保 険 契 約 についての 大 切 なことがらを 記 載 したものです ご 一 読 のうえ 保 険 証 券 と 共 にご 保 管 くださいますようお 願 いいたします(なお ご 契 約 者 と 被 保 険

More information

目 次 この 普 通 保 険 約 款 特 約 ( 以 下 本 約 款 といいます ) は 保 険 契 約 者 と 当 社 との 間 に 締 結 された 保 険 契 約 の 内 容 としてあらかじめ 定 められた 約 束 事 を 記 載 したも のです 実 際 のご 契 約 につきましては 本 約 款

目 次 この 普 通 保 険 約 款 特 約 ( 以 下 本 約 款 といいます ) は 保 険 契 約 者 と 当 社 との 間 に 締 結 された 保 険 契 約 の 内 容 としてあらかじめ 定 められた 約 束 事 を 記 載 したも のです 実 際 のご 契 約 につきましては 本 約 款 目 次 この 普 通 保 険 約 款 特 約 ( 以 下 本 約 款 といいます ) は 保 険 契 約 者 と 当 社 との 間 に 締 結 された 保 険 契 約 の 内 容 としてあらかじめ 定 められた 約 束 事 を 記 載 したも のです 実 際 のご 契 約 につきましては 本 約 款 および 保 険 証 券 保 険 契 約 継 続 証 をあわせてご 確 認 ください また ご 不 明

More information

普通火災保険ご契約のしおり(一般物件用)

普通火災保険ご契約のしおり(一般物件用) 2 1 Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ Ⅴ 2 Ⅵ Ⅶ 3 4 5 6 6 7 7 Ⅰ Ⅰ 8 Ⅱ Ⅱ 9 10 11 11 Ⅱ 12 13 13 Ⅱ 14 Ⅱ 15 16 16 17 17 Ⅱ 18 Ⅱ 19 Ⅲ 20 Ⅲ 21 22 Ⅲ 23 24 Ⅲ 25 26 Ⅲ 27 28 28 Ⅲ 29 30 31 31 Ⅲ 32 Ⅳ 33 Ⅳ 34 34 35 Ⅳ 36 36 37 37 Ⅳ Ⅴ 38 Ⅴ 39 Ⅵ

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 当 社 は 被 保 険 者 が 保 険 中 に 発 生 した 他 人 の 身 体 の 障 害 1) または 財 物 の 滅 失 破 損 もしくは 汚 損 2) ( 以 下 事 故 といいま)について 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 することによって 被 る 損 害 ( 以 下 損 害 といいま) に 対 して この 約 款 に 従

More information

変額個人年金保険普通保険約款

変額個人年金保険普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 特 別 勘 定 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 各 特 別 勘 定 への 繰 入 比 率 の 指 定 変 更 2 積 立 金 第 3 条 積 立 金 第 4 条 積 立 金 の 移 転 3 責 任 開 始 期 第 5 条 責 任 開 始 期 4 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払 日 第 6 条 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払

More information

細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 の 特 徴 細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 は 細 胞 検 査 士 会 の 会 員 の 皆 様 にご 加 入 いただける 保 険 で ご 加 入 者 (= 被 保 険 者 )また はその 業 務 の 補 助 者 による 臨 床 検 査 業 務

細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 の 特 徴 細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 は 細 胞 検 査 士 会 の 会 員 の 皆 様 にご 加 入 いただける 保 険 で ご 加 入 者 (= 被 保 険 者 )また はその 業 務 の 補 助 者 による 臨 床 検 査 業 務 細 胞 検 査 士 会 会 員 の 皆 様 へ 平 成 28 年 度 版 細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 ( 正 式 名 称 : 臨 床 検 査 技 師 特 別 約 款 付 帯 賠 償 責 任 保 険 ) ご 加 入 のおすすめ 細 胞 検 査 士 賠 償 責 任 保 険 とは 団 体 割 引 20% 適 用 細 胞 検 査 士 が 業 務 の 遂 行 に 起 因 して 他 人 の 生

More information

医局医・勤務医のための医師賠償責任保険のご案内(2010/4/1以降用)

医局医・勤務医のための医師賠償責任保険のご案内(2010/4/1以降用) 医 局 医 勤 務 医 のための 医 師 賠 償 責 任 保 険 のご 案 内 2010 年 4 月 91545.2010.2/A3E13/A 目 次 1. 医 師 賠 償 責 任 保 険 とは P.3 2.お 支 払 いする 保 険 金 の 種 類 P.4 3. 保 険 金 をお 支 払 いしない 主 な 場 合 P.5 4.ご 契 約 のしくみ P.6~7 5.ご 注 意 いただきたいこと P.8~11

More information

1.IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 の 概 要 IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 は IT 業 務 の 遂 行 またはITユーザー 行 為 に 起 因 して 発 生 した 不 測 の 事 故 について 被 保 険 者 が 法 律 上 の 賠 償 責 任 を 負 担 することによって 被 る

1.IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 の 概 要 IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 は IT 業 務 の 遂 行 またはITユーザー 行 為 に 起 因 して 発 生 した 不 測 の 事 故 について 被 保 険 者 が 法 律 上 の 賠 償 責 任 を 負 担 することによって 被 る IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 のご 案 内 このご 案 内 書 は 上 記 保 険 およびこれに 付 帯 する 特 約 条 項 の 概 要 を 紹 介 したものです 上 記 保 険 に 関 するすべての 事 項 を 記 載 しているものではありません 詳 細 につきましては 保 険 約 款 によりますが 保 険 金 のお 支 払 い 条 件 ご 契 約 手 続 その 他 ご 不 明 な 点

More information

Microsoft Word - s-17-yatukan

Microsoft Word - s-17-yatukan 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 会 社 は, 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 保 険 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行

More information

財形傷害保険 普通保険約款(2015年3月以前)_損保ジャパン日本興亜

財形傷害保険 普通保険約款(2015年3月以前)_損保ジャパン日本興亜 平 成 26 年 9 月 1 日 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 まで 適 用 ) 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 年 金 傷 害 保 険 財 形 住 宅 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 < 目 次 > ページ 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 2 財 形 年 金 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 15 財 形 住 宅 傷 害 保 険 普 通 保

More information

養老保険普通保険約款

養老保険普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 責 任 開 始 期 第 1 条 責 任 開 始 期 2 保 険 金 の 支 払 第 2 条 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 戦 争 その 他 の 変 乱 第 5 条 保 険 金 の 請 求 支 払 の 手 続 3 保 険 料 の 払 込 免 除 第 6 条 保 険 料 の 払 込 免 除 第 7 条 保 険

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63> 平 成 21 年 4 月 1 日 借 主 は 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 間 で 新 車 ローン ネット de カー のローン 契 約 ( 以 下 ローン 契 約 といいます )を 行 う 場 合 には 銀 行 と 別 途 締 結 する ローン 契 約 書 ( 兼 保 証 委 託 契 約 書 ) ( 以 下 ローン 契 約 書

More information

目 まず 始 めに 必 ずお 読 みください 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 財 形 住 宅 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 4 財 形 年 金 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 7 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険

目 まず 始 めに 必 ずお 読 みください 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 財 形 住 宅 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 4 財 形 年 金 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 7 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 住 宅 傷 害 保 険 財 形 年 金 傷 害 保 険 ご 契 約 のしおり 03 年 0 月 日 以 降 用 ご 契 約 者 の 皆 様 へ この ご 契 約 のしおり( 約 款 ) は 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 住 宅 傷 害 保 険 および 財 形 年 金 傷 害 保 険 についての 大 切 なことがらを 記 載 したものです 保 険 約

More information

日本商工会議所.indd

日本商工会議所.indd 1 2 3 Ⅵ 保 険 金 をお 支 払 いしない 主 な 場 合 共 通 費 用 損 害 次 のいずれかに 該 当 する 事 由 事 故 または 行 為 に 起 因 する 損 害 1 被 保 険 者 の 犯 罪 行 為 ( 過 失 犯 を 除 きます ) 2 被 保 険 者 の 故 意 または 重 過 失 による 法 令 違 反 3 被 保 険 者 が 他 人 に 損 失 を 与 えることを 認

More information

3 保 険 事 故 が 生 じた 後 に 第 1 項 の 解 除 が 行 われた 場 合 でも 当 会 社 は 損 害 をてん 補 しません もし すでに 損 害 をてん 補 していたときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 することができます この 規 定 は 第 19 条 ( 保 険 契

3 保 険 事 故 が 生 じた 後 に 第 1 項 の 解 除 が 行 われた 場 合 でも 当 会 社 は 損 害 をてん 補 しません もし すでに 損 害 をてん 補 していたときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 することができます この 規 定 は 第 19 条 ( 保 険 契 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 ( 障 害 に 起 因 する 死 亡 を 含 みます )または 財 物 の 滅 失 き 損 もしくは 汚 損 ( 以 下 損 壊 といいます )について 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 することによ って 被 る 損 害 をてん

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

保 険 募 集 人 特 約 この 特 約 が 付 帯 された 保 険 契 約 は この 特 約 で 定 める 規 定 のほか この 保 険 契 約 を 構 成 するすべての 規 定 に 従 うことを 条 件 に 次 の 通 り 約 定 します 1. 補 償 条 項 この 特 約 の 適 用 に 限

保 険 募 集 人 特 約 この 特 約 が 付 帯 された 保 険 契 約 は この 特 約 で 定 める 規 定 のほか この 保 険 契 約 を 構 成 するすべての 規 定 に 従 うことを 条 件 に 次 の 通 り 約 定 します 1. 補 償 条 項 この 特 約 の 適 用 に 限 2015.10 専 門 業 務 事 業 者 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 保 険 募 集 人 特 約 他 保 険 募 集 人 特 約 この 特 約 が 付 帯 された 保 険 契 約 は この 特 約 で 定 める 規 定 のほか この 保 険 契 約 を 構 成 するすべての 規 定 に 従 うことを 条 件 に 次 の 通 り 約 定 します 1. 補 償 条 項 この 特 約

More information

団体汎用_医師賠償責任保険のご案内_勤務医

団体汎用_医師賠償責任保険のご案内_勤務医 2015 年 度 募 集 用 北 海 道 臨 床 工 学 技 士 会 団 体 賠 償 責 任 保 険 制 度 のご 案 内 昨 今 の 高 度 な 医 療 技 術 の 進 歩 に 伴 う 医 療 機 器 の 高 度 化 複 雑 化 がいっそう 進 むな か 臨 床 工 学 技 士 の 役 割 期 待 は 益 々 高 まっています 私 たち 医 療 機 器 の 専 門 医 療 職 である 臨 床 工

More information

Gi電気料金一括請求サービス約款

Gi電気料金一括請求サービス約款 Gi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービス 約 款 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 本 約 款 の 適 用 ) 株 式 会 社 インボイス( 以 下 当 社 といいます)は このGi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービ ス 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)を 定 め 本 約 款 に 基 づき 第 4 条 に 定 めるサービ ス( 以 下 本 サービス1と 本 サービス2を 総

More information

原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 ( 平 成 20 4 月 1 日 改 正 ) (この 保 険 の 概 要 ) この 保 険 は 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 により 増 減 する 積 立 額 または 基 本 保 険 額 に

原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 ( 平 成 20 4 月 1 日 改 正 ) (この 保 険 の 概 要 ) この 保 険 は 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 により 増 減 する 積 立 額 または 基 本 保 険 額 に 原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 目 次 この 保 険 の 概 要 1. 特 別 勘 定 および 積 立 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 特 別 勘 定 群 および 特 別 勘 定 群 に 含 まれる 特 別 勘 定 の 種 類 第 3 条 特 別 勘 定 の 指 定 第 4 条 積 立 第 5 条 特 別 勘 定 の 廃 止 に 伴 う 積 立 の 移 転 9.

More information

も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条

も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条 も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 賠 償 責 任 保 険 対 人 対 物 事 故 により 相 手 方 への 法 律 上 の 損

More information

スーパー 二 輪 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 第 1 節 対 人 賠 償 責 任 条 項 1 第 2 節 対 人 臨 時 費 用 条 項 3 第 3 節 対 物 賠 償 責 任 条 項 4 第 4 節 他 車 運 転 賠 償 責 任 条 項 6

スーパー 二 輪 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 第 1 節 対 人 賠 償 責 任 条 項 1 第 2 節 対 人 臨 時 費 用 条 項 3 第 3 節 対 物 賠 償 責 任 条 項 4 第 4 節 他 車 運 転 賠 償 責 任 条 項 6 スーパー 二 輪 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 第 1 節 対 人 賠 償 責 任 条 項 1 第 2 節 対 人 臨 時 費 用 条 項 3 第 3 節 対 物 賠 償 責 任 条 項 4 第 4 節 他 車 運 転 賠 償 責 任 条 項 6 第 2 章 人 身 傷 害 条 項 7 第 3 章 搭 乗 者 傷 害 条 項 16 第 4 章 車

More information

1 2 3 4 P2 P3 P3 P4 P6 P7 P8 P9 P10 P13 P21

1 2 3 4 P2 P3 P3 P4 P6 P7 P8 P9 P10 P13 P21 Architects & Engineers Liability Insurance NEW P9 JAPAN FEDERATION OF ARCHITECTS & BUILDING ENGINEERS ASSOCIATIONS 1 2 3 4 P2 P3 P3 P4 P6 P7 P8 P9 P10 P13 P21 NEW 1 1 NEW 2 2 3 3 4 5,000 1 1 1 5,000 5,000

More information

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社 神 戸 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 46 年 7 月 21 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 神 戸 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 神 戸 手 形 交 換 所 ( 以

More information

補 償 の 内 容 保 険 金 をお 支 払 いする 主 な 場 合 とお 支 払 いできない 主 な 場 合 生 産 物 賠 償 責 任 保 険 のあらまし 保 険 金 をお 支 払 いする 主 な 場 合 保 険 金 をお 支 払 いできない 主 な 場 合 この 保 険 では 生 産 物 を

補 償 の 内 容 保 険 金 をお 支 払 いする 主 な 場 合 とお 支 払 いできない 主 な 場 合 生 産 物 賠 償 責 任 保 険 のあらまし 保 険 金 をお 支 払 いする 主 な 場 合 保 険 金 をお 支 払 いできない 主 な 場 合 この 保 険 では 生 産 物 を 補 償 の 内 容 保 険 金 をお 支 払 いする 主 な 場 合 とお 支 払 いできない 主 な 場 合 施 設 所 有 管 理 者 賠 償 責 任 保 険 のあらまし 保 険 金 をお 支 払 いする 主 な 場 合 保 険 金 をお 支 払 いできない 主 な 場 合 この 保 険 では 事 務 所 店 舗 工 場 等 さまざまな 施 設 ( 昇 降 機 を 含 みます )の 所 有 者

More information

キャッシュワン会員規約

キャッシュワン会員規約 キャッシュワン 会 員 規 約 第 1 条 ( 会 員 ) 会 員 とは 本 規 約 を 承 認 のうえ 株 式 会 社 じぶん 銀 行 ( 以 下 当 行 という )に 当 行 所 定 の 申 込 書 によりキャッ シュワンカードの 入 会 申 込 をされ 当 行 が 審 査 のうえ 入 会 を 認 めた 方 をいいます 第 2 条 (カードの 貸 与 有 効 期 限 等 ) 1. 本 規 約 に

More information

商工団体総合賠償責任保険制度

商工団体総合賠償責任保険制度 1 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 当 社 は 被 保 険 者 が 保 険 期 間 中 に 発 生 した 他 人 の 身 体 の 障 害 1) または 財 物 の 滅 失 破 損 もし くは 汚 損 ( 以 下 事 故 といいま)について 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 することによっ て 被 る 損 害 ( 以 下 損 害 といいま)に 対 して この 約 款

More information

タフ・シンプル クルマの保険

タフ・シンプル クルマの保険 N3 P.4 P.6 P.8 P.9 P.13 P.15 P. 19 P.28 P.40 P.50 P.97 4 6 8 9 13 1 2 3 4 15 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 19 1 2 3 4 5 13 13 13 14 15 15 16 16 16 17 18 18 18 18 19 19 20 23 24 26 28 1 2 40 1 2 3 4 5 6 7 8 9

More information

す 免 責 事 由 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 をいいます 損 害 事 故 や 災 害 により 受 ける 金 銭 上 の 不 利 益 をいい 消 防 または 避 難 に 必 要 な 処 理 によって 保 険 の 目 的 について 生 じた 損 害 を 含 みます 家 財 生 活 の 用

す 免 責 事 由 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 をいいます 損 害 事 故 や 災 害 により 受 ける 金 銭 上 の 不 利 益 をいい 消 防 または 避 難 に 必 要 な 処 理 によって 保 険 の 目 的 について 生 じた 損 害 を 含 みます 家 財 生 活 の 用 エイ ワン 少 額 短 期 保 険 株 式 会 社 賃 貸 入 居 者 あんしん 総 合 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 第 1 章 総 則 ( 用 語 の 定 義 ) 第 1 条 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 別 約 款 において 使 用 され る 用 語 の 定 義 は 次 の 各 号 に 掲 げる 通 りとします ただし 別

More information

4. 本 サービスを 利 用 するために 必 要 な 通 信 費 等 は 本 サービス 利 用 者 の 負 担 とします 第 5 条 ( 利 用 料 金 ) 1. 本 サービスの 利 用 料 金 ( 以 下 本 料 金 といいます )は 当 社 が 別 途 定 めるとおりとします 2. 本 サービス

4. 本 サービスを 利 用 するために 必 要 な 通 信 費 等 は 本 サービス 利 用 者 の 負 担 とします 第 5 条 ( 利 用 料 金 ) 1. 本 サービスの 利 用 料 金 ( 以 下 本 料 金 といいます )は 当 社 が 別 途 定 めるとおりとします 2. 本 サービス 第 1 条 ( 本 サービスの 内 容 ) いつでも 書 店 ( 以 下 本 サービス といいます )は いつでも 書 店 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )がお 客 様 に 対 し いつでも 書 店 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )に 基 づき 提 供 するサービスをいいます 第 2 条 ( 本 サービスの 利 用 ) 1. 本 サービスの 利 用 を 希 望

More information

1. 用 語 の 意 義 第 1 条 ( 用 語 の 意 義 ) この 普 通 約 款 において 使 用 されるつぎの 用 語 の 意 義 は それぞれつぎのとおりとします 金 責 任 開 始 期 契 約 応 当 日 用 語 の 意 義 満 期 金 死 亡 金 および 高 度 障 害 金 をいいます

1. 用 語 の 意 義 第 1 条 ( 用 語 の 意 義 ) この 普 通 約 款 において 使 用 されるつぎの 用 語 の 意 義 は それぞれつぎのとおりとします 金 責 任 開 始 期 契 約 応 当 日 用 語 の 意 義 満 期 金 死 亡 金 および 高 度 障 害 金 をいいます この の 概 要 1. 用 語 の 意 義 第 1 条 用 語 の 意 義 (H 普 通 約 款 目 次 2. 金 の 支 第 2 条 金 の 支 第 3 条 金 の 支 に 関 する 補 則 第 4 条 金 の 免 責 事 由 に 該 当 した 場 合 の 取 扱 第 5 条 金 支 方 法 の 選 択 第 6 条 金 の 請 求 支 期 および 支 場 所 3. 当 会 社 の 責 任 開 始

More information

看護師賠償責任保険

看護師賠償責任保険 組 合 員 の 看 護 師 准 看 護 師 保 健 師 助 産 師 の 皆 さまへ 平 成 25 年 7 月 千 葉 県 庁 生 活 協 同 組 合 看 護 師 賠 償 責 任 保 険 ご 加 入 のおすすめ 取 扱 代 理 店 千 葉 県 庁 生 活 協 同 組 合 保 険 係 千 葉 市 中 央 区 中 央 4-13-28 新 都 市 ビル8 階 TEL:043-227-8100

More information

SI1510-340_33-368.indd

SI1510-340_33-368.indd このたびは 当 社 の 賠 償 責 任 保 険 をご 契 約 いただき 誠 にありがとうござい 心 から 厚 く 御 礼 申 し 上 げ この 冊 子 はご 契 約 に 伴 う 大 切 なことがらを 記 載 したものです 必 ずお 読 みくださいますようお 願 いし 目 次 重 要 事 項 のご 説 明 マークの 項 目 について 1 Ⅰ.ご 注 意 いただきたいこと 2 Ⅱ. 万 一 事 故 が

More information

1 お 客 様 は 当 社 所 定 の 総 合 取 引 申 込 書 に 必 要 事 項 を 記 載 し 署 名 捺 印 のうえ 当 社 に 申 込 むものとし その 際 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 の 規 定 に 従 い 本 人 確 認 を 行 わせていただきま

1 お 客 様 は 当 社 所 定 の 総 合 取 引 申 込 書 に 必 要 事 項 を 記 載 し 署 名 捺 印 のうえ 当 社 に 申 込 むものとし その 際 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 の 規 定 に 従 い 本 人 確 認 を 行 わせていただきま 岡 安 の 証 券 総 合 取 引 約 款 第 1 章 証 券 総 合 取 引 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は 有 価 証 券 の 保 護 預 り 社 債 株 式 等 の 振 替 に 関 する 法 律 ( 以 下 振 替 法 といいます )において 取 扱 う 証 券 の 取 引 累 積 投 資 取 引 外 国 証 券 の 取 引 新 光 MRF(マネー リザーブ フアンド)の

More information

タフ・クルマの保険

タフ・クルマの保険 P.4 P.6 P.8 P.9 P.12 P.16 P.21 P.30 P.46 P.56 P.100 N1 4 6 8 9 12 1 2 3 4 5 6 16 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 12 12 13 13 14 15 16 17 17 18 18 19 19 20 20 20 21 1 21 2 21 3 22 4 25 5 26 28 30 1 2 46 1 2 3 4

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 号 の 取 引 は 三 井 住 友 信 託 の 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 といいます )ができます 1 普 通 預 金 2 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 自 由 金 利

More information

<3695CA8E8682A082E782DC82B52E786C73>

<3695CA8E8682A082E782DC82B52E786C73> 平 成 28 年 度 一 般 財 団 法 人 日 本 建 築 設 備 昇 降 機 センター 情 報 交 流 会 会 員 準 会 員 対 象 建 築 設 備 定 期 検 査 業 務 に 携 わる 方 々のための 賠 償 責 任 保 険 のご 案 内 ( 請 負 業 者 賠 償 責 任 保 険 + 受 託 者 賠 償 責 任 保 険 + 生 産 物 賠 償 責 任 保 険 ) 保 険 契 約 者 一 般

More information

e-Probatio PS2サービス利用約款

e-Probatio PS2サービス利用約款 e-probatio PS2 サービス 利 用 約 款 ( 本 約 款 の 目 的 と 範 囲 ) 第 1 条 e-probatio PS2 サービス 利 用 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)は 株 式 会 社 エヌ テ ィ ティ ネオメイト( 以 下 当 社 といいます)が 運 営 する 電 子 認 証 局 ( 以 下 認 証 局 とい います)が 提 供 する e-probatio

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20837D83938356838783938AC7979D8E6D94858F9E90D3944395DB8CAF837083938374838C83628367816932303136944E94C5298DC58F495B93C782DD8EE682E890EA97705D205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20837D83938356838783938AC7979D8E6D94858F9E90D3944395DB8CAF837083938374838C83628367816932303136944E94C5298DC58F495B93C782DD8EE682E890EA97705D205B8CDD8AB78382815B83685D> 平 成 28 年 1 月 一 般 社 団 法 人 日 本 マンション 管 理 士 会 連 合 会 限 定 安 心 なマンション 管 理 士 業 務 の 実 現 のために マンション 管 理 士 賠 償 責 任 保 険 保 険 期 間 お 申 込 み 締 切 日 平 成 28 年 1 月 1 日 午 後 4 時 ~ 平 成 29 年 1 月 1 日 午 後 4 時 平 成 27 年 12 月 21 日

More information

終身保険(無選択型)普通保険約款

終身保険(無選択型)普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 責 任 開 始 期 第 1 条 責 任 開 始 期 2 保 険 金 の 支 払 第 2 条 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 保 険 金 の 削 減 支 払 第 5 条 保 険 金 の 請 求 支 払 の 手 続 3 保 険 料 の 払 込 第 6 条 保 険 料 の 払 込 第 7 条 保 険 料 の 払 込

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度 取 引 先 の 突 然 の 倒 産 もしものときの 資 金 調 達 しっかりサポートします 経 営 セーフティ 共 済 ( 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 ) 制 度 のしおり 平 成 23 年 10 月 経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため

More information

Microsoft Word - 旅行業約款(募集型企画旅行PEX契約)

Microsoft Word - 旅行業約款(募集型企画旅行PEX契約) 旅 行 業 約 款 ( 募 集 型 企 画 旅 行 契 約 /PEX 約 款 ) 社 団 法 人 日 本 旅 行 業 協 会 保 証 社 員 株 式 会 社 シイ.エイ.エヌ 第 一 章 総 則 ( 適 用 範 囲 ) 第 一 条 当 社 が 旅 行 者 との 間 で 締 結 する 募 集 型 企 画 旅 行 に 関 する 契 約 ( 以 下 募 集 型 企 画 旅 行 契 約 といいま)は この

More information

Microsoft Word - koukankisoku(28.9

Microsoft Word - koukankisoku(28.9 大 阪 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 47 年 2 月 7 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 大 阪 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 大 阪 手 形 交 換 所 ( 以 下

More information

10310659_05.indd

10310659_05.indd 2016 年 4 月 1 日 以 降 保 険 始 期 用 学 研 災 付 帯 賠 償 責 任 保 険 加 入 者 のしおり A コース B コース C コース 学 生 教 育 研 究 賠 償 責 任 保 険 ( 略 称 学 研 賠 ) インターンシップ 教 職 資 格 活 動 等 賠 償 責 任 保 険 ( 略 称 インターン 賠 ) 医 学 生 教 育 研 究 賠 償 責 任 保 険 ( 略 称

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 や 苦 情 等 について お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 はお 取 引 店 または 金 融 商 品 営 業 部 金 融 商 品 管 理 課 (024-541-2304) 苦 情 につきましては 営 業 統 括 部 お 客

お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 や 苦 情 等 について お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 はお 取 引 店 または 金 融 商 品 営 業 部 金 融 商 品 管 理 課 (024-541-2304) 苦 情 につきましては 営 業 統 括 部 お 客 証 券 振 替 決 済 口 座 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) この 書 面 をよくお 読 みください 当 行 では お 客 さまから 有 価 証 券 ( 投 資 信 託 および 国 債 ならびに 地 方 債 をいいます 以 下 同 じ ) の 売 買 等 に 必 要 な 金 銭

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

個人向け国債事務取扱要領

個人向け国債事務取扱要領 でんさいサービス 利 用 規 定 愛 知 信 用 金 庫 ( 以 下 当 金 庫 といいます)は 株 式 会 社 全 銀 電 子 債 権 ネットワーク( 以 下 でんさい ネット といいます)の 窓 口 金 融 機 関 として 利 用 者 ( 以 下 お 客 様 といいます)に 提 供 するでんさい サービス( 以 下 本 サービス といいます)について 次 のとおり 取 扱 いを 行 います なお

More information

株式会社WOWOW有料放送サービス約款「IPTV同時再送信用」

株式会社WOWOW有料放送サービス約款「IPTV同時再送信用」 株 式 会 社 WOWOW 有 料 放 送 サービス 約 款 IPTV 同 時 再 送 信 用 第 1 章 総 則 ( 約 款 の 適 用 ) 第 1 条 当 社 は この 有 料 基 幹 放 送 契 約 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます )を 定 め これにより 衛 星 デ ジタル 有 料 放 送 サービスを 提 供 します ( 約 款 の 変 更 ) 第 2 条 当 社 は 本 約 款

More information

スルガ 銀 行 が 認 めた 場 合 に 限 り 銀 行 取 引 をご 利 用 いただけるものとします 但 し スルガ 銀 行 ANA 支 店 に おける 固 有 の 特 典 サービスは 一 切 利 用 又 は 享 受 する 権 利 を 失 うものとします 2. SMART BANK 取 引 規 定

スルガ 銀 行 が 認 めた 場 合 に 限 り 銀 行 取 引 をご 利 用 いただけるものとします 但 し スルガ 銀 行 ANA 支 店 に おける 固 有 の 特 典 サービスは 一 切 利 用 又 は 享 受 する 権 利 を 失 うものとします 2. SMART BANK 取 引 規 定 ANAマイレージクラブ Financial Pass 会 員 特 約 第 1 条 定 義 ANAマイレージクラブフィナンシャルパスカード( 以 下 カード という )は 全 日 本 空 輸 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 と いう )とスルガ 銀 行 株 式 会 社 ( 以 下 スルガ 銀 行 という )が 提 携 して 発 行 するものです 第 2 条 カード 機 能 (1) カードには 原

More information

安心マイカー保険新型自動車総合保険(個人用)普通保険約款および特約.indd

安心マイカー保険新型自動車総合保険(個人用)普通保険約款および特約.indd 新 型 自 動 車 総 合 保 険 ( 個 人 用 ) 普 通 保 険 約 款 < の ( 共 通 )> この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 において 次 の の 意 味 は それぞれ 次 の によりまただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 において 別 途 の がある 場 合 は それによりま 医 学 的 他 覚

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

サイクル保険約款

サイクル保険約款 2016 10 1 ご 注 意 1. 保 険 料 払 込 みの 際 は 弊 社 所 定 の 保 険 料 領 収 証 を 発 行 しますので お 確 かめください 金 融 機 関 での 口 座 振 替 請 求 書 ( 銀 行 等 での 振 込 み)に より 払 い 込 まれた 保 険 料 については 領 収 証 の 発 行 を 省 略 させていただ きますので 振 込 金 受 取 書 通 帳 等 お

More information

第 7 条 ( 支 払 い)カードショッピングの 利 用 代 金 及 び 手 数 料 ( 以 下 カードショッピングの 支 払 金 または 分 割 払 いの 場 合 には 分 割 支 払 金 合 計 リボルビング 払 いの 場 合 には 弁 済 金 といいます ) 並 びにキャッシングサービスの 融

第 7 条 ( 支 払 い)カードショッピングの 利 用 代 金 及 び 手 数 料 ( 以 下 カードショッピングの 支 払 金 または 分 割 払 いの 場 合 には 分 割 支 払 金 合 計 リボルビング 払 いの 場 合 には 弁 済 金 といいます ) 並 びにキャッシングサービスの 融 NC 第 一 信 販 VISAカード 会 員 規 約 会 員 規 約 を よ く お 読 み く だ さ い 第 Ⅰ 章 一 般 条 項 第 1 条 ( 本 会 員 家 族 会 員 )(1) ) 本 規 約 を 承 認 のうえ 第 一 信 販 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)に 入 会 の 申 込 みをし 当 社 が 適 格 と 認 めた 方 を 本 会 員 とします (2) 本 会 員

More information

第 2 章 補 償 条 項 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) (1) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 日 本 国 内 または 国 外 において 下 表 に 掲 げる 間 に 生 じた 急 激 かつ 偶 然 な 外 来 の 事 故 によっ てその 身 体 に 被 った 傷 害

第 2 章 補 償 条 項 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) (1) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 日 本 国 内 または 国 外 において 下 表 に 掲 げる 間 に 生 じた 急 激 かつ 偶 然 な 外 来 の 事 故 によっ てその 身 体 に 被 った 傷 害 Ⅲ. 学 生 教 育 研 究 災 害 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 下 表 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 医 学 的 他 覚 所 見 理 学 的 検 査 神 経 学 的 検 査 臨 床 検 査 画 像 検 査 等 により 認 められる

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082D082AA82B582F1918D8D878CFB8DC08EE688F893998B4B92E88F572E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082D082AA82B582F1918D8D878CFB8DC08EE688F893998B4B92E88F572E646F63> 当 金 庫 でお 預 りいたしますご 預 金 は 本 規 定 によりお 取 扱 いさせていただきます ひがしん 総 合 口 座 取 引 規 定 1. ( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 取 引 は ひがしん 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 といいます ) ができます 1 普 通 預 金 ( 無 利 息 型 普 通 預 金 を 含 みます 以 下 同

More information

一般社団法人全日本建築士会の会員の皆様へ

一般社団法人全日本建築士会の会員の皆様へ 一 般 社 団 法 人 全 日 本 建 築 士 会 の 会 員 の 皆 さまへ 一 般 社 団 法 人 全 日 本 建 築 士 会 会 員 専 用 団 体 契 約 建 築 士 賠 償 責 任 補 償 制 度 ( 建 築 家 賠 償 責 任 保 険 ) のご 案 内 はじめに ご 存 知 のとおり 今 日 においては 自 動 車 事 故 だけでなく 個 人 の 日 常 生 活 や 企 業 活 動 など

More information

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号 東 京 手 形 交 換 所 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 参 加 銀 行 第 1 節 参 加 および 脱 退 ( 第 5 条 第 15 条 ) 第 2 節 加 入 金 および 経 費 分 担 金 ( 第 16 条 第 19 条 ) 第 3 節 保 証 金 ( 第 20 条 第 21 条 ) 第 3 章 手 形 交 換 第 1 節 総 則 ( 第 22

More information

Microsoft Word - 預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載用.doc

Microsoft Word - 預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載用.doc 預 金 規 定 集 室 蘭 信 用 金 庫 コード No615 平 成 22 年 5 月 改 正 このたびは 室 蘭 信 用 金 庫 にご 預 金 をお 預 け 入 れいただき 誠 にありがとうございます お 客 様 からお 預 かりいたしましたご 預 金 は 本 規 定 集 によりお 取 扱 いさせていただきます ので ご 一 読 のうえ お 手 もとにお 備 えおきください 目 次 1. 共 通

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093599574322D345F3130365F819C91E6825395D25F4F54415F8F9D8A518EA197C394EF977095E28F9E93C196F15F5034332D35302E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093599574322D345F3130365F819C91E6825395D25F4F54415F8F9D8A518EA197C394EF977095E28F9E93C196F15F5034332D35302E646F63> 傷 害 治 療 費 用 補 償 特 約 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 特 約 において 下 表 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 医 学 的 他 覚 所 見 理 学 的 検 査 神 経 学 的 検 査 臨 床 検 査 画 像 検 査 等 により 認 められ る 異 常 所 見 をいいます 競 技 等 競 技 競 争 興 行 (*1)または

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

フリーローン「TOHOスマートネクスト」規定

フリーローン「TOHOスマートネクスト」規定 フリーローン TOHOスマートネクスト 規 定 (WEB 契 約 用 ) 私 はエム ユー 信 用 保 証 株 式 会 社 ( 以 下 保 証 会 社 といいます )の 保 証 に 基 づく 株 式 会 社 東 邦 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 金 銭 消 費 貸 借 契 約 ( 以 下 この 契 約 といいます )について 別 に 定 める 個 人 情 報 の 取 扱 い に 関

More information

自動車保険のしおり・約款(保険開始日(始期日)が2010年4月1日以降のご契約)

自動車保険のしおり・約款(保険開始日(始期日)が2010年4月1日以降のご契約) 保 険 開 始 日 ( 始 期 日 )が 平 成 22 年 4 月 1 日 以 降 のご 契 約 に 適 用 となります 自 動 車 保 険 のしおり 約 款 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 特 約 条 項 この 自 動 車 保 険 のしおり 約 款 には ご 契 約 上 の 大 切 なことがらが 記 載 されて おりますので ご 一 読 ください ご 契 約 者 と 補 償 の 対 象

More information

ファイル共有サービス利用規約

ファイル共有サービス利用規約 平 成 28 年 3 月 22 日 東 北 インテリジェント 通 信 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則... 1 第 1 条 利 用 規 約 の 適 用... 1 第 2 条 利 用 規 約 の 変 更... 1 第 3 条 用 語 の 定 義... 1 第 2 章 サービスの 種 別 等... 3 第 4 条 種 別 等... 3 第 3 章 サービスの 提 供 区 間... 4 第 5

More information

2325 28152810 232513 -1- -2- -3- -4- -5- -6- -7- -8- -9- -10- -11- -12- -13- -14- -15- -16- -17- -18- -19- -20- -21- -22- -23- -24- -25- -26- -27- -28- -29- -30- -31- -32- -33- -34- -35- -36- -37- -38-

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20958192CA95DB8CAF96F18ABC82A882E682D193C196F12E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20958192CA95DB8CAF96F18ABC82A882E682D193C196F12E646F63> 一 般 財 団 法 人 あんしん 財 団 普 通 保 険 約 款 および 特 約 事 業 総 合 傷 害 保 険 (この 保 険 の 趣 旨 ) この 保 険 は 中 小 企 業 の 法 人 または 個 人 事 業 主 が 一 般 財 団 法 人 あんしん 財 団 ( 以 下 当 法 人 といいます )の 会 員 として 保 険 契 約 者 および 保 険 金 受 取 人 になり 事 業 主 および

More information

機器保証利用規約

機器保証利用規約 端 末 補 償 for ismart 利 用 規 約 株 式 会 社 フォーバルテレコム( 以 下 当 社 といいます )は 当 社 の 指 定 する 商 品 を 購 入 するお 客 様 ( 以 下 利 用 者 といいます ) 向 けに 以 下 に 定 める 機 器 保 証 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )に 基 づき 端 末 補 償 for ismart ( 以 下 本 サービス

More information

<313530393234826982608273826097B794852E837083938374838C836283672E786C73>

<313530393234826982608273826097B794852E837083938374838C836283672E786C73> JATA 会 員 の 皆 様 へ JATA 会 員 向 け 団 体 保 険 制 度 覧 保 険 始 期 月 1. 旅 特 別 補 償 保 険 7 月 2. 旅 事 故 対 策 費 保 険 7 月 3.インバウンドトラベル 保 険 7 月 4. 旅 業 者 賠 償 責 任 保 険 12 月 5. 旅 程 保 証 責 任 保 険 12 月 2015 年 度 JATA 旅 行 業 者 賠 償 責 任 保

More information

会員規約(バニラVisaオンライン会員用)

会員規約(バニラVisaオンライン会員用) 会 員 規 約 (バニラ Visa オンライン 会 員 用 ) 第 1 条 ( 目 的 ) (1) 本 規 約 は インターネット 上 の 加 盟 店 で 代 金 決 済 に 利 用 する ことができるインターネット 決 済 専 用 プリペイドカードであって SBI カード 株 式 会 社 ( 以 下 SBI カード 又 は 当 社 という ) が 発 行 するもの( 名 称 :バニラ Visa オンライン(

More information

1 入札説明書

1 入札説明書 平 成 28 年 度 びわこボート 開 催 告 知 広 告 業 務 ( 関 西 スポーツ 新 聞 5 紙 ) 入 札 説 明 書 平 成 28 年 2 月 滋 賀 県 総 務 部 事 業 課 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 平 成 7 年 条 約 第 23 号 ) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号

More information

ご 契 約 のみなさまへ この ご 契 約 のしおり は 法 人 自 動 車 共 済 保 険 についての 主 な 保 障 と 特 徴 ご 契 約 時 ご 契 約 後 に 注 意 していただきたいことや 事 故 が 起 こった 場 合 のお 手 続 きなど 大 切 な 事 柄 を 記 載 したものです

ご 契 約 のみなさまへ この ご 契 約 のしおり は 法 人 自 動 車 共 済 保 険 についての 主 な 保 障 と 特 徴 ご 契 約 時 ご 契 約 後 に 注 意 していただきたいことや 事 故 が 起 こった 場 合 のお 手 続 きなど 大 切 な 事 柄 を 記 載 したものです 法 人 自 動 車 共 済 保 険 法 人 自 動 車 共 済 保 険 ご 契 約 のしおり 普 通 保 険 約 款 特 約 冊 子 2013 年 6 月 版 一 般 財 団 法 人 全 国 勤 労 者 福 祉 共 済 振 興 協 会 ご 契 約 のみなさまへ この ご 契 約 のしおり は 法 人 自 動 車 共 済 保 険 についての 主 な 保 障 と 特 徴 ご 契 約 時 ご 契 約 後

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

平成17年3月22日

平成17年3月22日 一 般 社 団 法 人 情 報 通 信 設 備 協 会 会 員 の 皆 様 へ ( 一 社 ) 情 報 通 信 設 備 協 会 賠 償 責 任 保 険 制 度 のご 案 内 請 負 業 者 特 別 約 款 + 損 害 賠 償 請 求 ベース 特 約 条 項 財 物 損 壊 生 産 物 特 別 約 款 + 製 造 物 責 任 法 対 応 特 約 条 項 財 物 損 壊 の 範 囲 拡 大 に 関 する

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

丸三の総合取引約款

丸三の総合取引約款 総 合 取 引 約 款 第 1 章 総 合 取 引 ( 平 成 28 年 1 月 改 定 ) ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は 取 引 口 座 の 設 定 累 積 投 資 取 引 証 券 総 合 口 座 サービス 自 動 運 用 買 付 換 金 取 引 および 国 内 外 貨 建 債 券 取 引 又 はそれらを 組 合 わせた 取 引 等 ( 以 下 総 合 取 引 といいます

More information

IC カードリーダライタ 本 サービスを 利 用 するためのソフトウェアが 提 供 された 非 接 触 通 信 にて IC チッ プにデータの 読 み 書 きを 行 うための 当 社 所 定 の 装 置 パスワード 登 録 会 員 が 本 サービスを 利 用 するために 当 社 が 登 録 会 員

IC カードリーダライタ 本 サービスを 利 用 するためのソフトウェアが 提 供 された 非 接 触 通 信 にて IC チッ プにデータの 読 み 書 きを 行 うための 当 社 所 定 の 装 置 パスワード 登 録 会 員 が 本 サービスを 利 用 するために 当 社 が 登 録 会 員 楽 天 Edy ユーザー 情 報 登 録 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 1. 本 規 約 は 楽 天 Edy 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )が 提 供 する 第 3 条 に 定 めるサービス( 以 下 本 サービス といいます )の 利 用 について 規 定 するものです 2. 登 録 会 員 は Edy の 発 行 者 がバリュー 発 行 会 社 であること 及 び Edy

More information

取引規定(ANA_.doc

取引規定(ANA_.doc スルガ Visa デビットカード 会 員 規 約 第 1 条 ( 会 員 ) 1.スルガ 銀 行 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という )に 普 通 預 金 ( 総 合 口 座 取 引 の 普 通 預 金 を 含 む ) 口 座 を 開 設 し 本 規 約 を 承 認 のうえ 当 社 が 運 営 するデビットカード 取 引 システム( 以 下 カードシステム という )への 入 会 を 申 し

More information

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2 業 務 委 託 契 約 書 ( 案 ) 収 入 印 紙 1 委 託 業 務 名 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 2 業 務 履 行 場 所 いわき 市 平 下 神 谷 他 35 箇 所 地 内 3 契 約 期 間 平 成 28 年 月 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 4 業 務 履 行 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平

More information

Microsoft Word - 財形預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載.d

Microsoft Word - 財形預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載.d 財 産 形 成 預 金 規 定 集 室 蘭 信 用 金 庫 平 成 22 年 5 月 改 正 このたびは 室 蘭 信 用 金 庫 にご 預 金 をお 預 け 入 れいただき 誠 にありがとうございます お 客 様 からお 預 かりいたしましたご 預 金 は 本 規 定 集 によりお 取 扱 いさせていただきます ので ご 一 読 のうえ お 手 もとにお 備 えおきください 目 次 1. 基 本 規

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

三井住友VISAカード&三井住友マスターカード加盟店規約

三井住友VISAカード&三井住友マスターカード加盟店規約 三 井 住 友 VISAカード& 三 井 住 友 マスターカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 ( 加 盟 店 ) 1. 本 規 約 を 承 認 のうえ 三 井 住 友 カード 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)に 加 盟 を 申 込 み 当 社 が 加 盟 を 認 めた 法 人 個 人 または 団 体 を 加 盟 店 とします なお 本 規 約 に 基 づき 当 社 と 加 盟 店 間

More information

貴 社 の 経 営 に 重 大 賠 償 事 故 に 対 する JISA 情 報 情 報 サービス 業 者 を

貴 社 の 経 営 に 重 大 賠 償 事 故 に 対 する JISA 情 報 情 報 サービス 業 者 を 会 員 企 業 の 皆 様 へ 2015 年 度 JISA 情 報 サービス 業 者 賠 償 責 任 保 険 (IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 ) JISA 情 報 サービス 業 者 賠 償 責 任 保 険 (IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 )は 情 報 サービス 業 者 電 気 通 信 事 業 者 が IT 業 務 の 遂 行 に 起 因 して 発 生 した 不 測 の 事 故 について

More information