目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4.

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4."

Transcription

1 公 益 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 ( 理 事 理 事 会 会 計 監 査 人 評 議 員 評 議 員 会 社 員 社 員 総 会 )

2 目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4. 各 機 関 の 役 割 と 責 任 (1) 理 事 8 (2) 理 事 会 代 表 理 事 9 (3) 10 (4) 会 計 監 査 人 11 (5) 評 議 員 評 議 員 会 12 (6) 社 員 社 員 総 会 13 ( 参 考 ) 公 益 法 人 のガバナンス 情 報 開 示 と 監 督 の 概 要 14 公 益 認 定 取 消 しになる 場 合 15 ( 注 ) 本 資 料 中 カッコ 書 きで 示 した 条 番 号 は 特 に 明 記 したもの 以 外 は 一 般 法 人 法 の 条 項 を 指 します

3 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 旧 民 法 と 異 なり 公 益 法 人 三 法 では 公 益 法 人 を 含 む 一 般 法 人 の 各 機 関 の 役 割 や 責 任 を 明 記 しています これにより 1 法 律 の 規 定 に 基 づき 各 法 人 が 自 律 的 に 運 営 していくことが 可 能 となりますが その 一 方 で 2 役 割 を 適 切 に 果 たさない 役 員 等 は 責 任 追 及 の 対 象 となることが 法 律 で 定 められており 3 公 益 法 人 の 場 合 運 営 が 是 正 されなければ 公 益 認 定 の 取 消 しを 受 ける 可 能 性 もあります 公 益 法 人 一 般 法 人 ( 社 団 財 団 ) 法 人 の 最 高 議 決 機 関 業 務 執 行 の 決 定 理 事 の 職 務 監 視 法 人 の 代 表 業 務 の 執 行 社 員 ( 社 団 ) 評 議 員 ( 財 団 ) 社 員 総 会 ( 社 団 ) 評 議 員 会 ( 財 団 ) 説 明 ( 求 めに 応 じ) 選 任 解 任 説 明 ( 求 めに 応 じ) 理 事 会 報 告 代 表 理 事 理 事 選 定 解 職 監 査 会 計 監 査 人 ( 大 規 模 法 人 は 必 置 ) 理 事 会 代 表 理 事 は 公 益 法 人 には 必 置 ( 一 般 財 団 法 人 にも 必 置 一 般 社 団 法 人 には 置 かないことも 可 能 ) 理 事 の 職 務 執 行 の 監 査 3

4 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 との 関 係 法 人 とその 理 事 会 計 監 査 人 及 び( 財 団 法 人 の) 評 議 員 は 委 任 の 関 係 にあります (64 条 172 条 1 項 ) 民 法 の 規 定 (644 条 )により 委 任 を 受 けた 者 ( 受 任 者 = 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 )は 善 良 な 管 理 者 の 注 意 をもって 委 任 事 務 を 処 理 する 義 務 (= 善 管 注 意 義 務 )を 負 っています このため 理 事 会 計 監 査 人 及 び 評 議 員 は 常 勤 非 常 勤 報 酬 の 有 無 にかかわらず その 職 責 に 応 じた 注 意 義 務 をもって 職 務 に 当 たることが 求 められます 評 議 員 財 団 法 人 の 最 高 議 決 機 関 である 評 議 員 会 を 構 成 法 理 事 業 務 執 行 の 決 定 代 表 理 事 等 の 職 務 の 監 視 を 担 う 理 事 会 を 構 成 人 委 任 会 計 監 査 人 代 表 理 事 は 法 人 を 代 表 し 業 務 を 執 行 理 事 の 職 務 執 行 を 監 査 善 管 注 意 義 務! 計 算 書 類 等 を 監 査 4

5 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 国 民 の 信 頼 あっての 公 益 法 人 公 益 法 人 についても ガバナンスに 関 するルールは 主 に 一 般 法 人 法 に 定 められてお り 基 本 的 には 一 般 法 人 と 共 通 です しかし 公 益 法 人 は 税 制 優 遇 を 受 けて 活 動 する 法 人 であり 国 民 の 信 頼 なくしては 成 り 立 ちません このことについて 役 員 等 の 関 係 者 が 自 覚 を 持 っていただくことが 重 要 です 公 益 目 的 事 業 とは? 公 益 法 人 の 財 産 とは? 公 益 法 人 の 公 益 目 的 事 業 は 不 特 定 かつ 多 数 の 者 の 利 益 の 増 進 に 寄 与 するもので なければなりません また 法 人 の 財 産 は 役 員 や 職 員 の 私 産 私 物 ではなく 特 に 公 益 法 人 の 場 合 は 税 制 優 遇 を 受 けて 形 成 された いわば 国 民 から 託 された 財 産 です 理 事 には 事 業 財 産 管 理 の 義 務 や 責 任 がある 理 事 や は 報 酬 の 有 無 にかかわらず 公 益 法 人 に 対 する 国 民 の 信 頼 が 確 保 され るよう 事 業 や 財 産 の 管 理 を 適 切 に 行 う 必 要 があります これは 法 律 上 の 義 務 でもあり これを 怠 ったことにより 法 人 に 損 害 が 発 生 した 場 合 には 損 害 賠 償 などの 責 任 を 問 わ れることになります 義 務 違 反 は 認 定 取 消 しの 対 象 になることも 公 益 法 人 は 公 益 認 定 法 に 基 づく 認 定 基 準 に 適 合 し 同 法 の 規 定 を 遵 守 するだけで なく 一 般 法 人 法 の 定 めるガバナンスに 関 するルールに 基 づき 法 人 の 各 機 関 がそれ ぞれの 役 割 を 果 たす 必 要 があります 仮 に 理 事 評 議 員 等 の 職 務 上 の 義 務 違 反 等 により 法 人 が 一 般 法 人 法 等 に 違 反 すると 認 められるような 状 況 にある 場 合 には 公 益 認 定 法 に 基 づく 勧 告 命 令 最 悪 の 場 合 は 認 定 取 消 しの 対 象 となることがありますので 御 注 意 ください 5

6 事 例 1: 横 領 事 件 発 生! 役 員 の 注 意 義 務 は? 内 閣 府 における 監 督 事 案 を 基 に 再 構 成 してい ますが 特 定 の 事 案 を 指 すものではありません ~ 事 案 の 概 要 ~ 各 機 関 の 責 任 等 A 公 益 社 団 法 人 では 日 頃 から 現 金 や 預 金 の 管 理 を 特 定 のX 職 員 に 任 せ 切 りにして いたところ ある 時 か らX 職 員 が 出 勤 しなく なり そのまま 行 方 不 明 になってしまった A 法 人 が 預 金 残 高 を 確 認 したところ 法 人 の 事 業 のために 積 み 立 てて いた 数 千 万 円 に 及 ぶ 定 期 預 金 が 引 き 出 されていた X 職 員 は 預 金 通 帳 も 印 鑑 も 一 人 で 管 理 し さらには 残 高 証 明 書 も 偽 造 して 10 年 近 くにわたって 横 領 を 繰 り 返 していたが この 間 1 代 表 理 事 や 業 務 執 行 理 事 2そ の 他 の 理 事 を 含 めた 理 事 会 さらには3 も 誰 も 見 抜 くことができなかった 4 社 員 ( 総 会 ) 2 理 事 会 A 公 益 社 団 法 人 1 代 表 理 事 案 等 の 概 要 X 職 員 3 横 領!! 1 代 表 理 事 等 の 責 任 代 表 理 事 や 業 務 執 行 理 事 は 法 人 の 業 務 執 行 の 責 任 者 として 適 切 な 財 産 管 理 のために 必 要 な( 通 常 の 管 理 者 であれば 当 然 払 うことが 期 待 される) 注 意 義 務 を 怠 っ ていたと 言 わざるを 得 ないでしょう 2 理 事 会 の 責 任 理 事 会 は 法 人 の 重 要 な 業 務 執 行 を 決 定 し 理 事 長 ら の 職 務 を 監 視 する 役 割 を 担 っているのですから 適 切 な 財 産 管 理 のための 体 制 を 構 築 し 理 事 長 らに 実 施 させ てこなかったことは 理 事 会 としての 責 任 も 果 たされてい なかったと 言 えます 3 の 責 任 は 理 事 の 職 務 執 行 の 監 査 や 計 算 書 類 の 監 査 を 行 う 立 場 にあ りますから このように 不 十 分 な 財 産 管 理 体 制 にあるA 法 人 において 十 分 な 注 意 を 払 って 財 産 管 理 状 況 のチェックを 行 い 必 要 な 指 摘 をしな かった 責 任 は 免 れません 4 社 員 による 責 任 追 及 社 員 は 法 人 の 構 成 員 ですから 会 費 などで 形 成 された 多 額 の 資 産 が 横 領 被 害 にあえば 当 然 横 領 行 為 を 行 ったX 職 員 だけでなく 理 事 長 専 務 理 事 その 他 の 理 事 の 上 記 の 責 任 を 追 及 することにな るでしょう これには 法 人 に 生 じた 損 害 の 賠 償 責 任 を 含 みます 社 員 は 法 人 に 代 わって いわゆる 代 表 訴 訟 による 責 任 追 及 も 可 能 です 法 人 の 事 業 活 動 について 税 制 優 遇 を 受 けている 公 益 法 人 においては 盗 られてしまったものは 仕 方 ない では 済 まされません このような 不 祥 事 案 における 責 任 の 所 在 の 明 確 化 は 社 会 的 存 在 としての 公 益 法 人 のガバナンスに とって 避 けることはできません もし 運 営 の 是 正 がなされないとすれば 公 益 法 人 としての 適 格 性 にも 疑 問 が 生 じます 6

7 事 例 2: 相 次 ぐ 不 祥 事 各 機 関 の 対 応 は? 内 閣 府 における 監 督 事 案 を 基 に 再 構 成 してい ますが 特 定 の 事 案 を 指 すものではありません ~ 事 案 の 概 要 ~ 各 機 関 の 責 任 等 B 公 益 財 団 法 人 では 公 益 目 的 B 公 益 財 団 法 人 事 業 における 暴 力 行 為 の 発 生 4 評 議 員 会 国 等 からの 助 成 金 の 不 正 受 給 といった 不 祥 事 が 次 々と 発 覚 した 2 理 事 会 これに 対 し 法 人 の 代 表 理 事 や 業 務 執 行 理 事 は 暴 力 問 題 を 事 案 の 概 要 加 害 者 と 被 害 者 の 間 の 問 題 と 1 代 表 理 事 等 限 定 的 にとらえ 助 成 金 問 題 に ついても 直 接 の 受 給 者 である 公 益 目 的 事 業 法 人 関 係 者 個 人 の 問 題 だとして 公 益 法 人 としての 事 業 遂 行 に 関 暴 力 行 為! 国 等 する 重 要 な 問 題 としてとらえるこ とができず 組 織 的 な 対 応 を 行 お うとしなかった B 法 人 は 暴 力 問 題 や 助 成 金 問 題 の 実 態 解 明 のため 第 三 者 委 員 会 を 設 置 した 第 三 者 委 員 会 の 中 間 報 告 に 対 し 代 表 理 事 等 は 反 論 を 行 い 報 告 書 の 修 正 を 求 めたが 理 事 会 は これを 承 認 していなかった 不 祥 事 自 体 に 加 え 代 表 理 事 等 のこのような 対 応 がさらに 社 会 的 批 判 を 招 き 公 益 法 人 と してのB 法 人 に 対 する 信 頼 は 大 きく 損 なわれ た 3 不 正 受 給! 1 代 表 理 事 等 の 責 任 代 表 理 事 や 業 務 執 行 理 事 は 暴 力 問 題 や 助 成 金 問 題 への 不 適 切 な 対 応 第 三 者 委 員 会 に 対 する 不 適 切 な 反 論 など 法 人 の 業 務 執 行 機 関 として 忠 実 に 職 務 を 執 行 する 義 務 に 違 反 し 職 務 を 怠 っていたと 言 わざるを 得 ません 2 理 事 会 の 責 任 理 事 会 は 執 行 部 の 職 務 を 監 視 し 代 表 理 事 等 を 解 職 する 権 限 を 持 っていますが 不 適 切 な 執 行 部 の 対 応 を 是 正 する 責 務 を 果 たしま せんでした 3 の 責 任 は 理 事 の 職 務 執 行 の 監 査 の 権 限 や これに 伴 う 調 査 権 限 や 報 告 義 務 等 を 有 していますが 執 行 部 の 不 適 切 な 対 応 を 指 摘 し 是 正 を 求 めるなどの 責 務 を 果 たしていません 4 評 議 員 会 の 責 任 評 議 員 会 は 理 事 の 選 任 解 任 の 権 限 をもつ など 法 人 のガバナンス 確 保 のための 最 高 の 責 任 を 負 っていますが 上 記 のようにそれぞれ 責 任 のある 執 行 部 理 事 について 解 任 を 含 む 問 責 の 行 動 をとらないとすれば 評 議 員 会 としての 責 任 を 果 たし たとは 言 えません 一 連 の 不 祥 事 について 執 行 部 だけでなく 理 事 評 議 員 のいずれもその 責 務 を 果 たしておらず 職 務 上 の 義 務 違 反 又 は 職 務 を 怠 っていた 疑 いがあり 責 任 の 追 及 を 受 けてもやむを 得 ないでしょう 7

8 理 事 公 益 法 人 の 理 事 は 理 事 会 の 構 成 員 として 法 人 の 業 務 上 の 意 思 決 定 に 参 画 し 代 表 理 事 等 の 業 務 執 行 を 監 視 する 役 割 を 担 います 善 管 注 意 義 務 忠 実 義 務 などの 義 務 は 個 々の 理 事 に 課 せられており 義 務 違 反 等 の 場 合 には 損 害 賠 償 責 任 を 負 うことがあります 理 事 会 の 決 議 に 参 加 した 理 事 は 議 事 録 に 異 議 をとどめない 場 合 その 決 議 に 賛 成 したものと 推 定 されます 社 員 総 会 ( 社 団 ) 評 議 員 会 ( 財 団 ) 説 明 ( 特 定 の 事 項 について 説 明 を 求 め られたとき) 理 事 会 理 事 理 事 会 の 招 集 ( 招 集 権 者 が 定 め られていないとき 等 ) 招 集 請 求 ( 招 集 権 者 が 定 め られているとき) 理 事 の 選 任 解 任 報 酬 等 の 決 定 ( 定 款 で 額 が 定 めら れていないとき) 報 告 ( 法 人 に 著 しい 損 害 を 及 ぼす おそれのあ る 事 実 ) 理 事 の 解 任 事 由 公 益 社 団 法 人 の 場 合 :なし ( 社 員 総 会 の 決 議 で 解 任 可 能 ) 公 益 財 団 法 人 の 場 合 :1 職 務 上 の 義 務 に 違 反 し 又 は 職 務 を 怠 ったとき 2 心 身 の 故 障 のため 職 務 の 執 行 に 支 障 があり 又 はこれに 堪 えないとき ( 評 議 員 会 の 決 議 で 解 任 可 能 ) 理 事 の 義 務 等 ( 主 なもの) 善 管 注 意 義 務 ( 委 任 の 規 定 に 基 づく 善 良 な 管 理 者 の 注 意 義 務 p.4) (64 条 172 条 1 項 民 法 644 条 ) 忠 実 義 務 ( 法 令 定 款 社 員 総 会 の 決 議 ( 社 団 の 場 合 )を 遵 守 し 法 人 のため 忠 実 に 職 務 を 行 う 義 務 )(83 条 197 条 ) 競 業 及 び 利 益 相 反 取 引 の 制 限 ( 自 己 又 は 第 三 者 のために 法 人 と 取 引 をす る 場 合 等 理 事 会 の 承 認 と 報 告 が 必 要 )(84 条 92 条 197 条 ) 社 員 総 会 評 議 員 会 における 説 明 義 務 ( 社 員 評 議 員 から 特 定 の 事 項 につ いて 説 明 を 求 められたとき)(53 条 190 条 ) に 対 する 報 告 義 務 ( 法 人 に 著 しい 損 害 を 及 ぼすおそれのある 事 実 を 発 見 したとき)(85 条 197 条 ) 理 事 の 責 任 ( 主 なもの) 法 人 に 対 する 損 害 賠 償 責 任 ( 任 務 を 怠 ったことにより 生 じた 損 害 を 賠 償 する 責 任 )(111 条 198 条 ) 第 三 者 に 対 する 損 害 賠 償 責 任 ( 職 務 につき 悪 意 重 大 な 過 失 があった 場 合 に 第 三 者 に 生 じた 損 害 を 賠 償 する 責 任 )(117 条 198 条 ) 特 別 背 任 罪 (7 年 以 下 の 懲 役 or500 万 円 以 下 の 罰 金 )(334 条 ) 法 人 財 産 処 分 罪 (3 年 以 下 の 懲 役 or100 万 円 以 下 の 罰 金 )(335 条 ) 収 賄 罪 (5 年 以 下 の 懲 役 or500 万 円 以 下 の 罰 金 )(337 条 1 項 ) 等 8

9 理 事 会 代 表 理 事 理 事 会 は 法 人 の 業 務 執 行 を 決 定 し 理 事 の 職 務 執 行 を 監 督 するとともに 代 表 理 事 を 選 定 解 職 する 権 限 を 持 っています 代 表 理 事 がその 職 務 上 の 義 務 に 違 反 し 又 は 職 務 を 怠 っている 等 の 場 合 には 解 職 権 限 を 適 切 に 行 使 することも 理 事 会 の 責 務 です 公 益 財 団 法 人 は 一 般 法 人 法 の 規 定 により 公 益 社 団 法 人 は 公 益 認 定 法 の 認 定 基 準 により 理 事 会 は 必 置 の 機 関 です 代 表 理 事 は 法 人 を 代 表 し 業 務 の 執 行 に 当 たる 役 割 を 担 っています 理 事 会 は 代 表 理 事 のほか 法 人 の 業 務 の 執 行 に 当 たる 理 事 (= 業 務 執 行 理 事 )を 選 定 することができます 理 事 代 理 出 席 書 面 表 決 は 不 可! ( 決 議 の 省 略 の 手 続 は 可 ) 理 事 会 の 招 集 招 集 請 求 理 事 会 理 事 会 の 権 限 ( 主 なもの) 法 人 の 業 務 執 行 の 決 定 (90 条 2 項 1 号 197 条 ) 理 事 の 職 務 の 執 行 の 監 督 (90 条 2 項 2 号 197 条 ) 代 表 理 事 の 選 定 及 び 解 職 (90 条 2 項 3 号 197 条 ) 社 員 総 会 評 議 員 会 の 招 集 の 決 定 (38 条 181 条 1 項 ) 競 業 利 益 相 反 取 引 の 承 認 (84 条 92 条 1 項 197 条 ) 計 算 書 類 事 業 報 告 の 承 認 (124 条 3 項 199 条 ) 以 下 の 事 項 の 決 定 を 理 事 に 委 任 することは 不 可 ( 理 事 会 決 議 事 項 ) 1 重 要 な 財 産 の 処 分 譲 受 け 2 多 額 の 借 財 3 重 要 な 使 用 人 の 選 任 解 任 4 従 たる 事 務 所 その 他 の 重 要 な 組 織 の 設 置 変 更 廃 止 5 法 人 の 業 務 の 適 性 を 確 保 するために 必 要 な 体 制 の 整 備 6 定 款 の 定 めに 基 づく 役 員 等 の 責 任 の 免 除 (90 条 4 項 197 条 ) 代 表 理 事 の 選 定 理 事 の 職 務 執 行 の 監 督 代 表 理 事 ( 業 務 執 行 理 事 ) 職 務 執 行 状 況 の 報 告 代 表 理 事 の 権 限 ( は 業 務 執 行 理 事 と 共 通 の 権 限 ) 法 人 の 業 務 に 関 する 一 切 の 裁 判 上 裁 判 外 の 行 為 (77 条 4 項 197 条 ) 法 人 の 業 務 の 執 行 (91 条 1 項 197 条 ) 法 人 は 代 表 理 事 の 職 務 について 第 三 者 に 加 えた 損 害 を 賠 償 する 責 任 を 負 う(78 条 197 条 ) 代 表 理 事 の 義 務 ( は 業 務 執 行 理 事 と 共 通 の 義 務 ) 理 事 会 への 職 務 執 行 状 況 の 報 告 義 務 (3か 月 に1 回 以 上 定 款 により 毎 事 業 年 度 2 回 以 上 (4か 月 以 上 の 間 隔 )に 緩 和 可 報 告 の 省 略 は 不 可 ) (91 条 2 項 197 条 ) 9

10 は 理 事 の 職 務 の 執 行 を 監 査 します このために には 各 種 の 権 限 が 付 与 され また 義 務 が 課 されています が 複 数 いる 場 合 でも その 権 限 は 各 が 独 立 して 行 使 でき 義 務 は 各 がそれぞれ 負 うことになります 公 益 財 団 法 人 は 一 般 法 人 法 の 規 定 により 公 益 社 団 法 人 は 公 益 認 定 法 の 認 定 基 準 により は 必 置 の 機 関 です 社 員 総 会 ( 社 団 ) 評 議 員 会 ( 財 団 ) 議 案 等 の 調 査 説 明 ( 特 定 の 事 項 に ついて 説 明 を 求 められたとき) 職 務 執 行 の 監 査 事 業 の 報 告 要 求 行 為 の 差 し 止 め 請 求 理 事 の 選 任 解 任 報 酬 等 の 決 定 ( 定 款 で 額 が 定 められて いないとき) 理 事 会 出 席 招 集 請 求 の 解 任 事 由 公 益 社 団 法 人 公 益 財 団 法 人 とも 解 任 事 由 については 理 事 と 同 じ ただし 解 任 には 社 員 総 会 又 は 評 議 員 会 の 特 別 決 議 ( p.12,13)が 必 要 の 権 限 ( 主 なもの) 理 事 の 職 務 の 執 行 の 監 査 (99 条 1 項 197 条 ) 計 算 書 類 等 の 監 査 (124 条 1 項 2 項 199 条 ) 事 業 の 報 告 要 求 ( 理 事 使 用 人 に 対 し) 業 務 財 産 の 状 況 調 査 (99 条 2 項 197 条 ) 理 事 会 の 招 集 請 求 (101 条 2 項 3 項 197 条 ) 理 事 の 行 為 の 差 止 め 請 求 ( 理 事 が 法 人 の 目 的 の 範 囲 外 の 行 為 その 他 法 令 定 款 違 反 の 行 為 をし 又 はそのおそれがあり 当 該 行 為 により 法 人 に 著 しい 損 害 が 生 ずるおそれがあるとき)(103 条 197 条 ) 法 人 と 理 事 との 間 の 訴 えにおける 法 人 の 代 表 (104 条 197 条 ) 会 計 監 査 人 の 解 任 ( が 複 数 の 場 合 全 員 の 同 意 が 必 要 )(71 条 177 条 ) の 義 務 ( 主 なもの) 善 管 注 意 義 務 ( 理 事 と 同 じ) 理 事 会 への 出 席 義 務 (101 条 1 項 197 条 ) 理 事 会 への 報 告 義 務 ( 理 事 の 不 正 行 為 又 はそのおそれ 法 令 定 款 違 反 著 しく 不 当 な 事 実 があるとき)(100 条 197 条 ) 社 員 総 会 評 議 員 会 の 議 案 等 の 調 査 報 告 義 務 ( 報 告 義 務 については 法 令 定 款 違 反 又 は 著 しく 不 当 な 事 項 がある 場 合 )(102 条 197 条 ) 社 員 総 会 評 議 員 会 における 説 明 義 務 ( 理 事 と 同 じ) の 責 任 ( 損 害 賠 償 責 任 刑 事 罰 等 いずれも 理 事 と 同 じ) 10

11 会 計 監 査 人 会 計 監 査 人 ( 公 認 会 計 士 又 は 監 査 法 人 )は 計 算 書 類 等 の 監 査 を 行 います 会 計 監 査 人 が 置 かれる 法 人 では 計 算 書 類 ( 及 びその 附 属 明 細 書 )は 理 事 会 の 承 認 を 受 ける 前 に と 会 計 監 査 人 による 二 重 の 監 査 を 受 けることになります 毎 事 業 年 度 における1 損 益 計 算 書 上 の 収 益 が1000 億 円 以 上 2 損 益 計 算 書 上 の 費 用 損 失 が1000 億 円 以 上 3 貸 借 対 照 表 上 の 負 債 が50 億 円 以 上 ある 公 益 法 人 においては 公 益 認 定 法 の 認 定 基 準 により 会 計 監 査 人 が 必 置 とされています 意 見 の 陳 述 ( と 意 見 が 異 なる 場 合 等 ) 社 員 総 会 ( 社 団 ) 評 議 員 会 ( 財 団 ) 会 計 監 査 人 の 選 任 解 任 報 告 ( 求 め があっ たとき 等 ) 会 計 監 査 人 会 計 監 査 人 の 解 任 会 計 監 査 人 の 責 任 ( 損 害 賠 償 責 任 については 理 事 と 同 じ 刑 事 罰 については 贈 収 賄 罪 ( 第 337 条 )は 適 用 あり ) 会 計 監 査 人 の 解 任 事 由 公 益 社 団 法 人 の 場 合 :なし( 社 員 総 会 の 決 議 により 解 任 可 能 ) 公 益 財 団 法 人 の 場 合 :1 職 務 上 の 義 務 に 違 反 し 又 は 職 務 を 怠 ったとき 2 会 計 監 査 人 としてふさわしくない 非 行 があったとき 3 心 身 の 故 障 の ため 職 務 の 執 行 に 支 障 があり 又 はこれに 堪 えないとき( 評 議 員 会 の 決 議 により 解 任 可 能 ) 上 記 のほか 公 益 社 団 法 人 公 益 財 団 法 人 とも 上 記 1~3に 該 当 する 場 合 は による 解 任 も 可 能 会 計 監 査 人 の 権 限 ( 主 なもの) 計 算 書 類 等 の 監 査 (107 条 1 項 124 条 2 項 197 条 199 条 ) 会 計 帳 簿 等 の 閲 覧 謄 写 会 計 に 関 する 報 告 要 求 ( 理 事 使 用 人 に 対 し)(107 条 2 項 197 条 ) 定 時 社 員 総 会 定 時 評 議 員 会 における 意 見 の 陳 述 ( 計 算 書 類 の 適 合 性 について と 意 見 が 異 なる 場 合 )(109 条 1 項 197 条 ) 会 計 監 査 人 の 義 務 ( 主 なもの) 善 管 注 意 義 務 ( 理 事 と 同 じ) への 報 告 義 務 ( 理 事 の 不 正 行 為 法 令 定 款 違 反 の 重 大 な 事 実 を 発 見 したとき からの 求 めがあったとき)(108 条 197 条 ) 定 時 社 員 総 会 定 時 評 議 員 会 における 意 見 の 陳 述 ( 会 計 監 査 人 の 出 席 を 求 める 決 議 があったとき)(109 条 2 項 197 条 ) 11

12 評 議 員 評 議 員 会 評 議 員 は 公 益 ( 一 般 ) 財 団 法 人 の 最 高 議 決 機 関 である 評 議 員 会 の 構 成 員 です 評 議 員 会 は 法 人 の 基 本 的 な 業 務 執 行 体 制 ( 理 事 等 の 選 任 解 任 )や 業 務 運 営 の 基 本 ルール( 定 款 の 変 更 )を 決 定 するとともに 計 算 書 類 の 承 認 等 を 通 じて 法 人 運 営 が 法 令 や 定 款 に 基 づき 適 正 に 行 われているか 監 視 する 役 割 を 担 っています 理 事 や がその 職 務 上 の 義 務 に 違 反 し 又 は 職 務 を 怠 っている 場 合 には 解 任 権 限 を 適 切 に 行 使 することも 評 議 員 会 の 責 務 です 代 理 出 席 書 面 表 決 は 不 可! ( 決 議 の 省 略 の 手 続 は 可 ) 理 事 評 議 員 評 議 員 会 の 招 集 請 求 議 案 等 の 提 案 評 議 員 会 理 事 会 計 監 査 人 の 選 任 解 任 会 計 監 査 人 評 議 員 の 選 任 解 任 定 款 で 定 める 方 法 による ただし 理 事 理 事 会 が 評 議 員 を 選 任 解 任 する 旨 の 定 款 の 定 めは 無 効 (153 条 1 項 8 号 3 項 ) 評 議 員 の 権 限 評 議 員 会 の 招 集 請 求 ( 理 事 が 遅 滞 なく 招 集 手 続 を 行 わない 等 の 場 合 は 裁 判 所 の 許 可 を 得 て 自 ら 招 集 できる)(180 条 ) 評 議 員 提 案 権 ( 評 議 員 会 の 目 的 とする 事 項 議 案 の 提 案 )(184 条 185 条 ) 理 事 評 議 員 の 解 任 の 訴 え ( 不 正 行 為 又 は 法 令 定 款 違 反 にもかかわらず 解 任 決 議 が 評 議 員 会 で 否 決 されたときは 個 々の 評 議 員 が 提 起 可 能 )(284 条 ) 評 議 員 の 義 務 善 管 注 意 義 務 ( 理 事 と 同 じ)(172 条 1 項 民 法 644 条 ) 評 議 員 の 責 任 ( 損 害 賠 償 責 任 刑 事 罰 等 いずれも 理 事 と 同 じ) 評 議 員 会 の 権 限 ( 主 なもの) 理 事 会 計 監 査 人 の 選 任 解 任 の 選 任 (63 条 1 項 176 条 177 条 ) の 解 任 (176 条 1 項 ) 定 款 の 変 更 (200 条 ) 計 算 書 類 の 承 認 (126 条 2 項 199 条 ) 理 事 等 の 責 任 の 一 部 免 除 (113 条 1 項 198 条 ) 合 併 の 承 認 (247 条 251 条 1 項 257 条 ) 本 欄 の の 事 項 は 特 別 決 議 ( 議 決 に 加 わることのできる 評 議 員 の2/3( 又 は 定 款 で 定 めるこれを 上 回 る 割 合 ) 以 上 の 多 数 )によることが 必 要 (189 条 2 項 ) 12

13 社 員 社 員 総 会 社 員 は 公 益 ( 一 般 ) 社 団 法 人 の 基 本 的 な 構 成 要 素 です 最 高 議 決 機 関 である 社 員 総 会 の 構 成 員 としての 役 割 のほか 代 表 訴 訟 等 を 通 じて 理 事 等 の 責 任 を 追 及 することができます 公 益 社 団 法 人 ( 理 事 会 必 置 )における 社 員 総 会 は 法 人 の 基 本 的 な 業 務 執 行 体 制 ( 理 事 等 の 選 任 解 任 )や 業 務 運 営 の 基 本 ルール( 定 款 の 変 更 )を 決 定 するとともに 計 算 書 類 の 承 認 など を 通 じて 法 人 運 営 が 法 令 や 定 款 に 基 づき 適 正 に 行 われているか 監 視 する 役 割 を 担 っています 理 事 や がその 職 務 上 の 義 務 に 違 反 し 又 は 職 務 を 怠 っている 場 合 には 解 任 権 限 を 適 切 に 行 使 することも 社 員 総 会 の 責 務 です 社 員 の 除 名 社 員 社 員 総 会 社 員 総 会 の 招 集 請 求 議 案 等 の 提 案 社 員 の 権 限 ( 主 なもの) 社 員 総 会 の 招 集 請 求 ( 総 社 員 の 議 決 権 の1/10 以 上 の 議 決 権 を 有 する 社 員 により 請 求 が 可 能 理 事 が 遅 滞 なく 招 集 手 続 を 行 わない 等 の 場 合 は 裁 判 所 の 許 可 を 得 て 自 ら 招 集 できる)(37 条 ) 社 員 提 案 権 ( 社 員 総 会 の 目 的 とする 事 項 議 案 の 提 案 )(43 条 44 条 ) 理 事 等 の 責 任 追 及 の 訴 えの 提 起 ( 法 人 に 訴 えの 提 起 を 請 求 し 60 日 以 内 に 法 人 が 訴 えの 提 起 をしない 等 の 場 合 個 々の 社 員 が 提 起 可 能 (いわゆる 代 表 訴 訟 ))(278 条 ) 理 事 の 解 任 の 訴 え ( 不 正 行 為 又 は 法 令 定 款 違 反 にもかかわらず 解 任 決 議 が 社 員 総 会 で 否 決 されたときは 総 社 員 の1/10 以 上 の 議 決 権 を 有 する 社 員 に より 提 起 可 能 )(284 条 ) 社 員 の 義 務 経 費 の 負 担 ( 定 款 の 定 めにより 経 費 を 支 払 う 義 務 )(27 条 ) 理 事 理 事 会 計 監 査 人 の 選 任 解 任 会 計 監 査 人 社 員 総 会 の 権 限 ( 主 なもの) 理 事 会 計 監 査 人 の 選 任 解 任 の 選 任 (63 条 1 項 70 条 1 項 ) の 解 任 (70 条 1 項 ) 社 員 の 除 名 (30 条 1 項 ) 定 款 の 変 更 (146 条 ) 計 算 書 類 の 承 認 (126 条 2 項 ) 理 事 等 の 責 任 の 一 部 免 除 (113 条 1 項 ) 合 併 の 承 認 (247 条 251 条 1 項 257 条 ) 本 欄 の の 事 項 は 特 別 決 議 ( 総 社 員 の 半 数 以 上 かつ 総 社 員 の 議 決 権 の2/3( 又 は 定 款 で 定 めるこれを 上 回 る 割 合 ) 以 上 の 多 数 )によ ることが 必 要 ( 第 49 条 第 2 項 ) 13

14 ( 参 考 ) 公 益 法 人 のガバナンス 情 報 開 示 と 監 督 の 概 要 法 人 による 情 報 開 示 と 自 己 規 律 行 政 庁 による 監 督 公 益 法 人 社 員 総 会 ( 社 団 ) 評 議 員 会 ( 財 団 ) 理 事 会 代 表 理 事 理 事 等 の 選 任 選 定 書 類 の 作 成 備 置 き 公 益 目 的 事 業 の 実 施 会 計 監 査 人 ( 大 規 模 法 人 は 必 置 ) 財 産 目 録 役 員 名 簿 役 員 報 酬 支 給 基 準 定 款 社 員 名 簿 ( 社 団 ) 事 業 計 画 書 事 業 報 告 計 算 書 類 ( 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 ) 等 財 産 目 録 等 閲 覧 請 求 国 民 立 入 検 査 報 告 徴 収 ( 事 業 の 適 正 な 運 営 を 確 保 する ため 必 要 な 限 度 で 実 施 ) 勧 告 命 令 ( 認 定 取 消 事 由 に 該 当 する 相 当 な 疑 いがある 場 合 ) 認 定 取 消 し ( 認 定 基 準 不 適 合 欠 格 事 由 該 当 命 令 違 反 等 の 場 合 ) 事 業 計 画 書 事 業 報 告 等 ( 定 期 提 出 書 類 )の 提 出 ( 毎 年 度 ) 財 産 目 録 等 閲 覧 請 求 行 政 庁 ( 内 閣 総 理 大 臣 都 道 府 県 知 事 ) 答 申 諮 問 勧 告 公 益 認 定 等 委 員 会 都 道 府 県 の 合 議 制 の 機 関 処 分 の 公 表 公 示 14

15 ( 参 考 ) 公 益 認 定 取 消 しになる 場 合 ( 注 ) 本 ページ 内 のカッコ 書 きで 示 した 条 番 号 は いずれも 公 益 認 定 法 の 条 項 を 指 します (1) 必 ず 認 定 取 消 しになる 場 合 (29 条 1 項 ) 1 欠 格 事 由 (6 条 )に 該 当 するに 至 ったとき 欠 格 事 由 の 例 : 理 事 評 議 員 のうちに 禁 錮 以 上 の 刑 ( 認 定 法 違 反 等 の 場 合 は 罰 金 刑 も 含 む)に 処 せられた 者 がい る(1 号 ロ ハ) 定 款 や 事 業 計 画 書 の 内 容 が 法 令 や 法 令 に 基 づく 行 政 機 関 の 処 分 に 違 反 している(3 号 ) 事 業 を 行 うに 当 たり 法 令 上 必 要 な 行 政 機 関 の 許 認 可 等 を 受 けることができない(4 号 ) 国 税 地 方 税 の 滞 納 処 分 が 執 行 されている(5 号 ) 暴 力 団 員 等 が 事 業 活 動 を 支 配 している(6 号 ) 2 偽 りその 他 不 正 の 手 段 により 公 益 認 定 変 更 認 定 等 を 受 けたとき 3 正 当 な 理 由 なく 行 政 庁 の 命 令 (28 条 3 項 )に 従 わ ないとき 4 法 人 から 公 益 認 定 取 消 しの 申 請 があったとき (2) 認 定 取 消 しになりうる 場 合 (29 条 2 項 ) 1 認 定 基 準 (5 条 1 号 ~18 号 )のいずれかに 適 合 しな くなったとき 2 認 定 法 14 条 ~26 条 の 規 定 を 遵 守 していないと き 遵 守 すべき 規 定 の 例 : 収 支 相 償 (14 条 ) 公 益 目 的 事 業 比 率 (15 条 ) 遊 休 財 産 規 制 (16 条 ) 寄 附 の 募 集 に 関 する 禁 止 行 為 (17 条 ) 公 益 目 的 事 業 財 産 の 使 用 処 分 (18 条 ) 収 益 事 業 等 の 区 分 経 理 (19 条 ) 役 員 報 酬 等 の 支 給 (20 条 ) 財 産 目 録 等 の 備 置 き 閲 覧 (21 条 ) 事 業 計 画 書 事 業 報 告 等 の 提 出 (22 条 ) 3 上 記 のほか 法 令 又 は 法 令 に 基 づく 行 政 機 関 の 処 分 に 違 反 したとき 一 般 法 人 法 違 反 も 含 まれます! 認 定 取 消 し 基 本 的 には 直 ちに 認 定 取 消 しということはなく まずは 法 人 に 対 し 是 正 を 求 めていくこととなる ( 必 要 に 応 じ 勧 告 命 令 従 わない 場 合 は(1)3へ) 15

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 定 款 ( 名 称 ) 第 1 条 第 1 章 総 則 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 ( 略 称 NFD)と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 によって 従 たる

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号) 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 静 岡 県 静 岡 市 清 水 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 必 要

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

公益財団法人プラン・ジャパン定款

公益財団法人プラン・ジャパン定款 定 款 公 益 財 団 法 人 プラン インターナショナル ジャパン 公 益 財 団 法 人 プラン インターナショナル ジャパン 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 プラン インターナショナル ジャパン( 以 下 本 財 団 という ) と 称 し その 英 文 名 を Plan International Japan と 称 する (

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc) 定 款 平 成 19 年 6 月 全 国 商 工 会 連 合 会 全 国 商 工 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 連 合 会 ( 以 下 本 連 合 会 という )は 商 工 会 及 び 都 道 府 県 商 工 会 連 合 会 の 健 全 な 発 達 を 図 り もって 商 工 業 の 振 興 に 寄 与 することを 目 的 と する ( 名

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと 千 葉 県 電 気 工 事 工 業 組 合 定 款 ( 昭 和 40 年 8 月 5 日 制 定 ) ( 昭 和 45 年 12 月 25 日 改 正 ) ( 昭 和 54 年 9 月 29 日 改 正 ) ( 昭 和 58 年 5 月 24 日 改 正 ) ( 昭 和 60 年 5 月 21 日 改 正 ) ( 平 成 4 年 5 月 28 日 改 正 ) ( 平 成 5 年 5 月 19 日 改

More information

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは 神 奈 川 県 タクシー 厚 生 共 済 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする (

More information

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2 全 国 天 然 木 化 粧 合 単 板 工 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 昭 和 47 年 4 月 10 日 設 立 認 可 昭 和 47 年 4 月 21 日 成 立 昭 和 49 年 10 月 3 日 定 款 変 更 昭 和 51 年 6 月 17 日 定 款 変 更 昭 和 53 年 6 月 19 日 定 款 変 更 昭 和 57 年 7 月 1 日 定 款 変 更 昭 和 62 年

More information

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要 札 幌 市 管 工 事 業 協 同 組 合 定 款 昭 和 48 年 12 月 18 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を

More information

○協同組合定款

○協同組合定款 近 畿 鍛 工 品 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 )

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

京橋製本協同組合定款

京橋製本協同組合定款 京 橋 製 本 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第 2 条

More information

愛媛県高速運輸事業協同組合定款

愛媛県高速運輸事業協同組合定款 愛 媛 県 高 速 運 輸 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可 日 本 ブランド 農 業 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称

More information

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 青 森 県 青 森 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 協 会 は 県 民 の 正 しい 計 量 思 想 の 啓 発 及 び

More information

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受 神 奈 川 県 司 法 書 士 協 同 組 合 定 款 平 成 7 年 4 月 24 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 1-1 号 認 可 平 成 10 年 6 月 18 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 57-4 号 認 可 平 成 14 年 6 月 27 日 神 奈 川 県 指 令 新 産 第 10040 号 認 可 平 成 20 年 7 月 2 日 神 奈 川 県 指 令 金 第

More information

定 款

定 款 ダイヤモンド 工 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

Microsoft Word - 定款一般財団法人青梅マラソン財団最終

Microsoft Word - 定款一般財団法人青梅マラソン財団最終 一 般 財 団 法 人 青 梅 マラソン 財 団 定 款 平 成 23 年 3 月 18 日 作 成 一 般 財 団 法 人 青 梅 マラソン 財 団 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 当 法 人 は 一 般 財 団 法 人 青 梅 マラソン 財 団 ( 英 文 名 ;Ohme Marathon Foundation)と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 当 法 人 は

More information

ができる 2 本 組 合 は 加 入 の 申 込 みがあったときは 理 事 会 においてその 諾 否 を 決 する ( 加 入 者 の 出 資 払 込 み) 第 10 条 前 条 第 2 項 の 承 諾 を 得 た 者 は 遅 滞 なく その 引 き 受 けようとする 出 資 の 全 額 の 払 込

ができる 2 本 組 合 は 加 入 の 申 込 みがあったときは 理 事 会 においてその 諾 否 を 決 する ( 加 入 者 の 出 資 払 込 み) 第 10 条 前 条 第 2 項 の 承 諾 を 得 た 者 は 遅 滞 なく その 引 き 受 けようとする 出 資 の 全 額 の 払 込 広 島 魚 商 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第 2 条

More information

Taro-一般社団定款(H25.11.26)

Taro-一般社団定款(H25.11.26) 定 款 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 1 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 第 5 条 - 第 7 条 ) 1 第 3 章 会 員 及 び 特 別 会 員 ( 第 8 条 - 第 18 条 ) 2 第 4 章 会 員

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

加茂商工会議所・定款(H12.5改正)

加茂商工会議所・定款(H12.5改正) 加 茂 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

<8265827892E88ABC826782518250824F825582508250944689C22E786C73>

<8265827892E88ABC826782518250824F825582508250944689C22E786C73> 日 本 フラットヤーン 工 業 組 合 定 款 平 成 21 年 6 月 11 日 認 可 日 本 フラットヤーン 工 業 組 合 103-0024 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 舟 町 15 番 17 号 日 本 橋 協 栄 ビル6 階 TEL FAX 03-3661-3834 03-3661-3849 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は フラットヤーン(ポリプロピレン

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

Microsoft Word - 00定款.doc

Microsoft Word - 00定款.doc 定 款 公 益 財 団 法 人 内 視 鏡 医 学 研 究 振 興 財 団 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 内 視 鏡 医 学 研 究 振 興 財 団 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 渋 谷 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 により 従 たる

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

三 賛 助 会 員 この 法 人 の 目 的 に 賛 同 して 事 業 を 援 助 するために 次 条 の 規 定 により 入 会 した 企 業 四 名 誉 会 員 この 法 人 の 活 動 に 特 別 に 寄 与 し 理 事 会 で 承 認 された 個 人 2 この 法 人 の 一 般 社 団 法

三 賛 助 会 員 この 法 人 の 目 的 に 賛 同 して 事 業 を 援 助 するために 次 条 の 規 定 により 入 会 した 企 業 四 名 誉 会 員 この 法 人 の 活 動 に 特 別 に 寄 与 し 理 事 会 で 承 認 された 個 人 2 この 法 人 の 一 般 社 団 法 一 般 社 団 法 人 大 学 英 語 教 育 学 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 大 学 英 語 教 育 学 会 ( 英 語 名 :The Japan Association of College English Teachers 略 称 JACET )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事

More information

H280801規約改正HP掲載用原本H280801一部修正版静岡市地区拡大他

H280801規約改正HP掲載用原本H280801一部修正版静岡市地区拡大他 東 京 都 弁 護 士 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 平 成 28 年 8 月 1 日 現 在 第 一 章 総 則 ( 名 称 及 び 目 的 ) 第 一 条 この 組 合 は 東 京 都 弁 護 士 国 民 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )と 称 し 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 三 十 三 年 法 律 第 百 九 十 二 号 以 下 法 という )に 基

More information

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 技 術 研 究 組 合 は 制 御 システムのセキュリティ 確 保 に 資 する 研 究 開 発 を 遂 行 する ( 名 称 ) 第 2 条 本 組 合 は 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター( 英 文 名 Control System Security

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

賛 助 会 員 名 称

賛 助 会 員 名 称 東 京 都 社 会 保 険 労 務 士 会 会 昭 和 53 年 11 月 2 日 昭 和 53 年 11 月 30 日 認 可 昭 和 54 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 54 年 6 月 26 日 認 可 昭 和 55 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 55 年 6 月 10 日 認 可 昭 和 57 年 3 月 5 日 改 正 昭 和 57 年 3 月 31 日 認 可 昭 和 57

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

第1章 総則

第1章 総則 ( 目 的 ) 第 1 条 一 般 社 団 法 人 日 本 卸 電 力 取 引 所 取 引 会 員 規 程 本 規 程 は, 一 般 社 団 法 人 日 本 卸 電 力 取 引 所 の 運 営 する 日 本 卸 電 力 取 引 所 ( 以 下 本 取 引 所 という ) の 取 引 会 員 に 関 する 手 続 きを 定 めることを 目 的 とする 2. 本 規 程 の 変 更 は, 理 事 会 の

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

財団法人山梨社会保険協会寄付行為

財団法人山梨社会保険協会寄付行為 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 山 梨 県 甲 府 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 山 梨

More information

平成23年12月13日

平成23年12月13日 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 11 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき 地 方 独 立 行 政 法 人 大

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 (

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 ( 認 定 ( 仮 認 定 )NPO 法 人 制 度 申 請 の 手 引 き ( 改 訂 版 ) 平 成 28 年 5 月 神 奈 川 県 NPO 協 働 推 進 課 目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット...

More information

定款

定款 定 款 豊 田 商 工 会 議 所 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464> 独 立 行 政 法 人 海 技 教 育 機 構 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 9 号 改 正 平 成 20 年 3 月 19 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 14 号 改 正 平 成 21 年 2 月 27 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 8 号 改 正 平 成 21 年 7 月 9 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 2

More information

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12 東 京 建 設 職 能 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 45 年 7 月 23 日 制 定 昭 和 55 年 5 月 26 日 一 部 改 正 平 成 4 年 3 月 4 日 一 部 改 正 平 成 15 年 3 月 5 日 一 部 改 正 昭 和 46 年 2 月 27 日 一 部 改 正 昭 和 56 年 2 月 26 日 一 部 改 正 平 成 5 年 3 月 4 日 一 部

More information

飯塚毅育英会第2号

飯塚毅育英会第2号 公 益 財 団 法 人 飯 塚 毅 育 英 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 飯 塚 毅 育 英 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 栃 木 県 宇 都 宮 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 学 業 が 優 れ

More information

を 経 なければならない 3 前 項 の 規 定 にかかわらず 規 約 の 変 更 のう ち 軽 微 な 事 項 及 び 関 係 法 令 の 改 正 ( 条 項 の 移 動 等 当 該 法 令 に 規 定 する 内 容 の 実 質 的 な 変 更 を 伴 わないものに 限 )に 伴 う 規 定 の

を 経 なければならない 3 前 項 の 規 定 にかかわらず 規 約 の 変 更 のう ち 軽 微 な 事 項 及 び 関 係 法 令 の 改 正 ( 条 項 の 移 動 等 当 該 法 令 に 規 定 する 内 容 の 実 質 的 な 変 更 を 伴 わないものに 限 )に 伴 う 規 定 の 定 款 中 の 変 更 しようとする 箇 所 を 記 載 した 書 面 ( 定 款 変 更 条 文 新 旧 対 照 表 ) 第 1 章 総 変 更 後 の 新 条 文 則 第 1 章 総 変 更 前 の 旧 条 文 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正)

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正) 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 38 号 最 終 改 正 平 成 26 年 12 月 18 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 任 免 ( 第 5 条 第 29 条 ) 第 1 節 採 用 ( 第 5 条 第 9 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 等

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

事 業 に 協 力 すること (11) 全 日 本 アマチュア 野 球 連 盟 を 通 じた 国 際 野 球 連 盟 アジア 野 球 連 盟 及 び 公 益 財 団 法 人 日 本 オリンピック 委 員 会 の 事 業 に 協 力 すること (12) 野 球 競 技 に 関 する 刊 行 物 を 発

事 業 に 協 力 すること (11) 全 日 本 アマチュア 野 球 連 盟 を 通 じた 国 際 野 球 連 盟 アジア 野 球 連 盟 及 び 公 益 財 団 法 人 日 本 オリンピック 委 員 会 の 事 業 に 協 力 すること (12) 野 球 競 技 に 関 する 刊 行 物 を 発 公 益 財 団 法 人 日 本 野 球 連 盟 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 日 本 野 球 連 盟 といい 外 国 に 対 しては Japan Amateur Baseball Association( 略 称 JABA)と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 千 代

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

定 款

定 款 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 物 質 材 料 研 究 機 構 定 年 制 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 31 日 18 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 19 年 5 月 8 日 19 規 程 第 33 号 改 正 : 平 成 20 年 2 月 18 日 20 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 29 日 22 規 程 第 22 号 ( 目 的 )

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

Microsoft Word - 120406法人手引改訂確定版(クリーン)

Microsoft Word - 120406法人手引改訂確定版(クリーン) 平 成 24 年 5 月 税 理 士 法 人 の 手 引 日 本 税 理 士 会 連 合 会 目 次 一 はじめに 3 頁 二 税 理 士 法 人 制 度 の 意 義 4 1. 税 理 士 法 人 の 性 格 2. 税 理 士 法 人 の 人 的 構 成 3. 税 理 士 法 人 の 業 務 内 容 4. 税 理 士 法 人 の 業 務 執 行 5. 社 員 の 常 駐 6. 社 員 の 競 業 禁

More information

建築士事務所登録と変更等のご案内

建築士事務所登録と変更等のご案内 建 築 士 事 務 所 登 録 と 変 更 等 の 手 引 き 1 建 築 士 事 務 所 の 登 録 とは( 建 築 士 法 第 23 条 ) 平 成 23 年 4 月 2 登 録 ( 新 規 及 び 更 新 )の 申 請 手 続 き (1) 法 人 の 場 合 (2) 個 人 の 場 合 3 変 更 の 届 出 ( 建 築 士 法 第 23 条 の5) 4 廃 業 等 の 届 出 ( 建 築 士

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 (

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 ( 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 定 款 第 1 章 総 則 認 可 平 成 25 年 12 月 24 日 施 行 平 成 26 年 1 月 6 日 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 ( 以 下 協 会 という ) と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区

More information

Microsoft Word - ★HP版平成27年度検査の結果

Microsoft Word - ★HP版平成27年度検査の結果 平 成 7 年 度 検 査 結 果 について () 検 査 体 制 等 農 政 部 農 地 整 備 課 の 検 査 員 名 以 上 により 土 地 改 良 区 等 あたり 日 間 から 日 間 実 施 しました 農 業 振 興 事 務 所 の 土 地 改 良 区 指 導 担 当 職 員 及 び 関 係 市 町 職 員 が 立 会 いました () 検 査 件 数 定 期 検 査 8( 土 地 改 良

More information

○○○○技術研究組合定款

○○○○技術研究組合定款 ミニマルファブ 技 術 研 究 組 合 定 款 MFAD2-3-1-Rev120426-1300 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 協 同 によるミニマルファブ(ハーフインチウェハを 製 造 単 位 とする 局 所 クリ ーン 化 超 小 規 模 半 導 体 生 産 システム)に 関 する 試 験 研 究 その 他 組 合 員 の 技 術 水 準 の 向

More information

奈良商工会議所定款

奈良商工会議所定款 奈 良 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もって 我 が 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名

More information

第1条を次のように改める

第1条を次のように改める 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 埼 玉 県 熊 谷 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 精 神 疾 患 を 持 つ 人

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

国立大学法人上越教育大学職員就業規則

国立大学法人上越教育大学職員就業規則 国 立 大 学 法 人 上 越 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 ) 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 4 日 規 則 第 1 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基

More information

<92E88ABC2E786477>

<92E88ABC2E786477> 定 款 公 益 財 団 法 人 橋 谷 奨 学 会 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 橋 谷 奨 学 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 江 戸 川 区 に 置 く 2.この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 により 従 たる 事 務 所 を 必 要 な 地 に 置 くことができる

More information

Gi電気料金一括請求サービス約款

Gi電気料金一括請求サービス約款 Gi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービス 約 款 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 本 約 款 の 適 用 ) 株 式 会 社 インボイス( 以 下 当 社 といいます)は このGi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービ ス 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)を 定 め 本 約 款 に 基 づき 第 4 条 に 定 めるサービ ス( 以 下 本 サービス1と 本 サービス2を 総

More information

財団法人日本相撲連盟寄附行為

財団法人日本相撲連盟寄附行為 公 益 財 団 法 人 日 本 相 撲 連 盟 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 日 本 相 撲 連 盟 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 新 宿 区 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 我 が 国 におけるアマチュア

More information

務 に 従 事 する 職 員 ロ 課 外 活 動 指 導 における 学 生 の 教 育, 特 定 の 課 外 活 動 の 技 術 的 な 指 導 及 び 各 種 大 会 の 校 外 引 率 業 務 に 従 事 する 職 員 ハ 学 生 寮 における 学 生 の 教 育, 生 活 指 導 及 び 相

務 に 従 事 する 職 員 ロ 課 外 活 動 指 導 における 学 生 の 教 育, 特 定 の 課 外 活 動 の 技 術 的 な 指 導 及 び 各 種 大 会 の 校 外 引 率 業 務 に 従 事 する 職 員 ハ 学 生 寮 における 学 生 の 教 育, 生 活 指 導 及 び 相 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 非 常 勤 教 職 員 就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 11 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 4 月 20 日 一 部 改 正 平 成 18 年 4 月 4 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの 東 京 工 業 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 18 条 ~ 第 42 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 43 条 ~ 第 66 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 67 条 ~ 第

More information

定 款

定 款 定 款 東 京 地 方 税 理 士 会 データ 通 信 協 同 組 合 定 款 東 京 地 方 税 理 士 会 データ 通 信 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は, 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき, 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い, もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 28 号 ) 改 正 平 20.3 機 構 規 程 51 平 21.3 機 構 規 程 111 平 23.3 機 構 規 程 93 平 25.8 機 構 規 程 014 平 27.8 機 構 規 程 22 平 28.3 機

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information