8.手当・年金・貸付等

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "8.手当・年金・貸付等"

Transcription

1 9 章 手 当 年 金 貸 付 等 手 当 年 金 等 一 覧 対 象 者 や 金 額 の 詳 細 は 該 当 ページを 参 照 してください 年 金 関 係 主 な 対 象 金 額 ページ (1)(2) 障 がい 基 礎 年 金 (3) 特 別 障 がい 給 付 金 (4) 重 度 障 がい 者 特 例 支 援 事 業 (5) 障 がい 厚 生 年 金 障 が い 手 当 金 20 歳 以 上 で 国 民 年 金 法 の 障 がい 等 級 表 1~2 級 障 がい 基 礎 年 金 等 を 受 給 して いない 一 定 の 条 件 を 満 たす 者 障 がい 基 礎 年 金 等 を 受 給 して いない 在 日 外 国 人 等 厚 生 年 金 保 険 法 の 障 がい 等 級 表 1~3 級 (6) 障 がい 者 扶 養 共 済 制 度 制 度 に 規 定 する 障 がい 者 1 級 :975,125 円 / 年 2 級 :780,100 円 / 年 1 級 :51,450 円 / 月 2 級 :41,160 円 / 月 62 貢 63 頁 63 頁 2 万 円 / 月 64 頁 厚 生 年 金 保 険 法 の 規 定 による 2 万 円 / 月 ( 一 口 につき) 65 頁 66 頁 手 当 関 係 主 な 対 象 金 額 ページ (7) 特 別 障 がい 者 手 当 20 歳 以 上 で 在 宅 の 重 度 障 がい 者 26,830 円 / 月 68 頁 (8) 障 がい 児 福 祉 手 当 20 歳 未 満 で 在 宅 の 重 度 障 がい 児 14,600 円 / 月 69 頁 (9) 特 別 児 童 扶 養 手 当 20 歳 未 満 で 在 宅 の 重 度 1 級 : 51,500 円 / 月 中 度 障 がい 児 の 父 母 等 2 級 : 34,300 円 / 月 70 頁 (10) 児 童 扶 養 手 当 9,990~ ひとり 親 家 庭 の 児 童 の 父 母 42,330 円 / 月 等 ( 加 算 等 あり) 71 頁 (11) 重 度 障 がい 者 在 宅 生 活 応 援 制 度 ( 重 度 障 がい 者 在 宅 介 護 支 援 給 付 金 ) 在 宅 の 重 度 障 がい 者 の 介 護 者 1 万 円 / 月 73 頁 貸 付 関 係 主 な 対 象 金 額 ページ 融 資 額 に 係 る 信 用 保 (12) 視 覚 障 がい 者 施 術 所 あん 摩 等 の 施 術 所 を 経 営 す 証 料 相 当 額 整 備 運 営 資 金 融 資 信 73 頁 る 視 覚 障 がい 者 ( 限 度 額 450 万 円 / 用 保 証 料 交 付 事 業 件 ) (13) 生 活 福 祉 資 金 低 所 得 世 帯 等 各 種 貸 付 資 金 により 異 なる 73 頁

2 (1) 障 がい 基 礎 年 金 ( 国 民 年 金 ) 身 精 対 象 者 国 民 年 金 に 加 入 されている 人 が 病 気 やけが 等 により 障 がい 者 となった ときに 支 給 される 年 金 です (20 歳 未 満 の 病 気 やけが 等 により 障 がい 者 と なった 場 合 は 20 歳 に 達 したときから 受 給 可 能 となる 制 度 もあります ) 1 国 民 年 金 の 被 保 険 者 期 間 中 または 被 保 険 者 の 資 格 を 失 った 後 でも60 歳 以 上 65 歳 未 満 で 日 本 国 内 に 住 んでいる 間 に 初 診 日 のある 傷 病 によっ て 初 診 日 ( ) から1 年 6ヵ 月 を 経 過 した 日 あるいは1 年 6ヵ 月 以 内 に 治 っ た 日 (ともに 障 がい 認 定 日 といいます)に 障 がい 等 級 表 の1 級 または2 級 の 障 がいの 状 態 に 該 当 する 場 合 または 障 がい 認 定 日 に 障 がい 等 級 表 の1 級 または2 級 の 障 がいになかった 人 が その 後 65 歳 に 達 する 日 の 前 日 までにその 障 がいが 悪 化 し 障 がい 等 級 表 の1 級 または2 級 の 障 がいの 状 態 になり 65 歳 に 達 する 日 の 前 日 までに 本 人 が 請 求 した 場 合 ( 事 後 重 症 制 度 )で 次 のいずれかの 保 険 料 納 付 要 件 を 満 たしている 人 (ア) 初 診 日 の 前 日 において 初 診 日 の 前 々 月 までの 被 保 険 者 期 間 のうち 保 険 料 を 納 めた 月 と 保 険 料 免 除 を 受 けた 月 を 合 わせて3 分 の2 以 上 ある こと (イ) 平 成 38 年 3 月 31 日 までに 初 診 日 がある 場 合 は 初 診 日 の 属 する 月 の 前 々 月 までの1 年 間 のうちに 保 険 料 の 滞 納 期 間 がないこと( 初 診 日 に おいて65 歳 未 満 の 人 に 限 る) ( ) 初 診 日 = 障 がいの 原 因 となる 傷 病 について 初 めて 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 診 療 を 受 けた 日 2 20 歳 前 の 傷 病 により20 歳 に 達 したとき( 障 がい 認 定 日 が20 歳 以 後 の 場 合 はその 障 がい 認 定 日 )に 障 がい 等 級 表 の1 級 または2 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 人 または20 歳 に 達 したときに 障 がい 等 級 表 の 1 級 または2 級 の 障 がいになかった 人 が その 後 65 歳 に 達 する 日 の 前 日 ま でにその 障 がいが 悪 化 し 障 がい 等 級 表 の1 級 または2 級 の 障 がいの 状 態 になり 65 歳 に 達 する 日 の 前 日 までに 請 求 した 人 ( 事 後 重 症 制 度 ) 年 金 額 は 1 級 が 年 額 975,125 円 2 級 が 年 額 780,100 円 で 毎 年 2 月 4 月 6 月 8 月 10 月 12 月 の6 回 に 分 けて 支 給 されます ( 初 回 払 いなど 特 別 な 場 合 は 奇 数 月 に 支 払 いが 行 われる 場 合 もあります ) また 子 の 加 算 額 は 第 1 子 及 び 第 2 子 については 一 人 につき 年 額 2 24,500 円 で 第 3 子 以 降 については 一 人 につき 年 額 74,800 円 です 年 金 額 等 ( 注 ) 1 対 象 者 の2について 本 人 の 前 年 の 所 得 が 一 定 金 額 以 上 ある 時 は 年 金 の 全 額 または 半 額 が 支 給 停 止 されます 2 子 の 加 算 については 受 給 権 者 によって 生 計 を 維 持 されている 子 (18 歳 に 達 した 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 子 か 20 歳 未 満 で1 級 または2 級 の 障 がいの 状 態 にある 子 )があるときに 加 算 されます 3 年 金 額 等 は 法 律 等 により 改 定 されます 4 身 体 障 がい 者 手 帳 は 身 体 障 害 者 福 祉 法 及 び 精 神 障 がい 者 保 健 福 祉 手 帳 は 精 神 保 健 福 祉 法 により また 障 がい 基 礎 年 金 は 国 民 年 金 法 により 定 められている 異 なる 制 度 です したがって 身 体 障 がい 者 手 帳 及 び 精 神 障 がい 者 保 健 福 祉 手 帳 ( 以 下 障 がい 者 手 帳 という )の 等 級 と 障 がい 基 礎 年 金 の 等 級 とは 連 動 していません 障 がい 者 手 帳 で1 級 ま たは2 級 となっていても 必 ずしも 障 がい 基 礎 年 金 が1 級 または2 級 とは なりません 障 がい 基 礎 年 金 に 関 する 詳 しい 内 容 は 次 の までお 問 い 合 わせく ださい

3 各 市 町 村 国 民 年 金 担 当 課 または 年 金 事 務 所 ( 資 料 編 27ページ) (2) 障 がい 基 礎 年 金 ( 国 民 年 金 ) 知 対 象 者 年 金 額 等 国 民 年 金 に 加 入 されている 人 が 病 気 やけが 等 により 障 がい 者 とな ったときに 支 給 される 年 金 です 20 歳 前 の 傷 病 により20 歳 に 達 したとき( 障 がい 認 定 日 が20 歳 以 後 の 場 合 はその 障 がい 認 定 日 )に 障 がい 等 級 表 の1 級 または2 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 人 または20 歳 に 達 したときに 障 がい 等 級 表 の1 級 または2 級 の 障 がいになかった 人 が その 後 65 歳 に 達 する 日 の 前 日 までにその 障 がいが 悪 化 し 障 がい 等 級 表 の1 級 ま たは2 級 の 障 がいの 状 態 になり 65 歳 に 達 する 日 の 前 日 までに 請 求 した 人 ( 事 後 重 症 制 度 ) 年 金 額 は 1 級 が 年 額 975,125 円 2 級 が 年 額 780,100 円 で 毎 年 2 月 4 月 6 月 8 月 10 月 12 月 の6 回 に 分 けて 支 給 さ れます ( 初 回 払 いなど 特 別 な 場 合 は 奇 数 月 に 支 払 いが 行 われる 場 合 もあります ) また 子 の 加 算 額 は 第 1 子 及 び 第 2 子 については 一 人 につき 年 額 224,500 円 で 第 3 子 以 降 については 一 人 につき 年 額 74,8 00 円 です ( 注 ) 1 対 象 者 について 本 人 の 前 年 の 所 得 が 一 定 金 額 以 上 ある 時 は 年 金 の 全 額 または 半 額 が 支 給 停 止 されます 2 子 の 加 算 については 受 給 権 者 によって 生 計 を 維 持 されている 子 (18 歳 に 達 した 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 子 か 20 歳 未 満 で1 級 または2 級 の 障 がいの 状 態 にある 子 )があるとき に 加 算 されます 3 年 金 額 等 は 法 律 等 により 改 定 されます 障 がい 基 礎 年 金 に 関 する 詳 しい 内 容 は 次 の までお 問 い 合 わせ ください 各 市 町 村 国 民 年 金 担 当 課 または 年 金 事 務 所 ( 資 料 編 27ページ) (3) 特 別 障 がい 給 付 金 身 精 対 象 者 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 がい 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 場 合 について 一 定 の 条 件 を 満 たす 場 合 に 福 祉 的 措 置 として 給 付 されます (1) 平 成 3 年 3 月 以 前 に 国 民 年 金 任 意 加 入 対 象 であった 学 生 (2) 昭 和 61 年 3 月 以 前 に 国 民 年 金 任 意 加 入 対 象 であった 被 用 者 ( 厚 生 年 金 共 済 組 合 等 の 加 入 者 )の 配 偶 者 上 記 (1)または(2)の 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかった 期 間 内 に 初 診 日 ( ) があり 現 在 障 がい 基 礎 年 金 1 級 2 級 相 当 の 障 が いに 該 当 する 方 ただし 65 歳 に 達 する 日 の 前 日 までに 当 該 障 がい 状 態 に 該 当 された 方 に 限 られます

4 なお 障 がい 基 礎 年 金 や 障 がい 厚 生 年 金 障 がい 共 済 年 金 などを 受 給 することができる 方 は 対 象 になりません また 給 付 金 を 受 けるためには 厚 生 労 働 大 臣 の 認 定 が 必 要 になり ます ( ) 初 診 日 = 障 がいの 原 因 となる 傷 病 について 初 めて 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 診 療 を 受 けた 日 障 がい 基 礎 年 金 1 級 に 該 当 する 方 : 月 額 51,450 円 (2 級 の1.25 倍 ) 障 がい 基 礎 年 金 2 級 に 該 当 する 方 : 月 額 41,160 円 ( 注 ) 1 支 給 額 は 毎 年 度 物 価 の 変 動 に 応 じて 改 定 されます 2 ご 本 人 の 所 得 によっては 支 給 が 全 額 又 は 半 額 制 限 される 場 合 があります 3 老 齢 年 金 遺 族 年 金 労 災 補 償 等 を 受 給 されている 場 合 には 年 金 額 等 その 受 給 額 相 当 は 支 給 されません また 経 過 的 福 祉 手 当 を 受 給 されている 方 は 当 該 手 当 の 受 給 資 格 は 喪 失 します 4 給 付 金 は 認 定 を 受 けた 後 請 求 月 の 翌 月 分 から 支 給 されます 5 支 払 いは 毎 年 2 月 4 月 6 月 8 月 10 月 12 月 の 6 回 に 分 けて 支 給 されます ( 初 回 払 いなど 特 別 な 場 合 は 奇 数 月 に 支 払 いが 行 われる 場 合 もあります ) 特 別 障 がい 給 付 金 に 関 する 詳 しい 内 容 は 次 の までお 問 い 合 わせください 各 市 町 村 国 民 年 金 担 当 課 または 年 金 事 務 所 ( 資 料 編 27ページ) (4) 重 度 障 がい 者 特 例 支 援 事 業 身 知 精 重 度 の 障 がいがある 在 日 外 国 人 等 で 年 金 制 度 上 の 理 由 により 国 民 年 金 法 に 規 定 する 障 がい 基 礎 年 金 を 受 給 できない 障 がい 者 に 対 し 手 当 を 支 給 する 制 度 です 対 象 者 重 度 の 障 がいのある 在 日 外 国 人 などで 年 金 制 度 上 の 理 由 により 障 がい 基 礎 年 金 を 受 給 できない 人 で 次 の1 2かつ3または4に 該 当 している 人 1 府 内 に 居 住 する 外 国 人 又 は 外 国 人 であった 人 2 昭 和 57 年 1 月 1 日 前 に 外 国 人 登 録 をしていた 人 3 昭 和 57 年 1 月 1 日 前 に 満 20 歳 に 達 しており 同 日 前 に 身 体 障 が い 者 手 帳 1 2 級 療 育 手 帳 Aの 交 付 を 受 けた 人 もしくは 同 日 以 降 に 手 帳 交 付 を 受 けたが その 障 がい 発 生 原 因 にかかる 傷 病 の 初 診 日 が 同 日 前 に 属 する 人 4 昭 和 57 年 1 月 1 日 前 に 満 20 歳 に 達 しており 精 神 障 がい 者 保 健 福 祉 手 帳 の 等 級 が1 級 であり 障 がい 発 生 原 因 にかかる 傷 病 の 初 診 日 が 同 日 前 に 属 する 人

5 手 当 額 等 支 給 制 限 必 要 書 類 手 当 額 は 月 額 20,000 円 で 毎 年 4 月 10 月 の 年 2 回 に 分 けて 支 給 されます ただし 養 護 老 人 ホーム 入 所 者 の 場 合 一 定 額 を 減 額 す ることがあります 1 生 活 保 護 を 受 けているとき 2 公 的 年 金 を 受 けているとき 3 社 会 福 祉 施 設 入 所 者 で 援 護 の 実 施 者 が 府 内 市 町 村 以 外 であるとき 4 本 人 の 前 年 所 得 が 一 定 金 額 以 上 あるとき 申 請 書 公 的 年 金 未 受 給 状 況 等 申 立 書 障 がい 者 手 帳 の 写 し 外 国 人 登 録 をされていたことを 証 する 書 類 診 断 書 等 居 住 地 の 福 祉 事 務 所 または 町 村 障 がい 福 祉 担 当 課 ( 資 料 編 1ページ) (5) 障 がい 厚 生 年 金 障 がい 手 当 金 身 精 厚 生 年 金 保 険 に 加 入 されている 人 が 病 気 やけが 等 により 障 がい 者 と なったときに 支 給 される 年 金 です また 障 がい 手 当 金 とは 障 がい 厚 生 年 金 を 受 給 できる 障 がいの 程 度 ではないが 一 定 の 障 がいが 残 った 場 合 に 一 時 金 が 支 給 される 制 度 です 1 障 がい 厚 生 年 金 厚 生 年 金 保 険 に 加 入 している 期 間 中 に 初 診 日 のある 病 気 やけがなど により 初 診 日 から1 年 6ヵ 月 を 経 過 した 日 あるいは1 年 6ヵ 月 以 内 に 治 った 日 (ともに 障 がい 認 定 日 といいます)に 障 がい 等 級 表 の1 級 2 級 または3 級 の 障 がいの 状 態 である 場 合 または 障 がい 認 定 日 に 障 が い 等 級 表 の1 級 2 級 または3 級 の 障 がいの 状 態 になかった 人 が そ の 後 65 歳 に 達 する 日 の 前 日 までにその 障 がいが 悪 化 し 障 がい 等 級 表 対 象 者 の1 級 2 級 または3 級 の 障 がいの 状 態 になり 65 歳 に 達 する 日 の 前 日 までに 本 人 が 請 求 した 場 合 ( 事 後 重 症 制 度 )で 障 がい 基 礎 年 金 の 保 険 料 納 付 要 件 を 満 たしている 人 2 障 がい 手 当 金 厚 生 年 金 保 険 に 加 入 している 期 間 中 に 初 診 日 のある 病 気 やけがが 初 診 日 から5 年 以 内 に 治 った 場 合 で 障 がい 厚 生 年 金 を 受 けられる 状 態 ではないが 一 定 の 障 がいの 状 態 にあり 障 がい 基 礎 年 金 と 同 じ 保 険 料 納 付 要 件 を 満 たしている 人 1 障 がい 厚 生 年 金 ( 年 金 額 ) 障 がい 厚 生 年 金 額 ( 年 額 )は (1) 及 び(2)の 計 算 式 により 得 られた 額 の 合 計 額 となります (1) 平 成 15 年 3 月 までの 厚 生 年 金 加 入 期 間 に 係 る 年 金 額 年 金 額 等 平 均 標 準 報 酬 月 額 給 付 乗 率 平 成 15 年 3 月 までの 被 保 険 者 期 間 の 月 数 給 付 乗 率 :7.125/1000 (2) 平 成 15 年 4 月 以 降 の 厚 生 年 金 加 入 期 間 に 係 る 年 金 額 平 均 標 準 報 酬 額 給 付 乗 率 平 成 15 年 4 月 以 降 の 被 保 険 者 期 間 の 月 数 給 付 乗 率 :5.481/

6 ( 注 ) 1 1 級 は 上 記 で 得 られた 額 に1.25を 乗 じます 2 1 級 及 び2 級 については 配 偶 者 加 給 年 金 額 障 がい 基 礎 年 金 額 子 の 加 算 額 を 加 えた 額 となります 3 障 がい 厚 生 年 金 は 毎 年 2 月 4 月 6 月 8 月 10 月 12 月 の6 回 に 分 けて 支 給 されます 4 被 保 険 者 期 間 の 月 数 が300 月 に 満 たない 時 は それぞれの 被 保 険 者 期 間 に 基 づいて 年 金 額 を 計 算 し その 年 金 額 に 次 の 計 算 式 で 得 た 数 を 乗 じて 全 体 を300 月 分 に 増 額 することとします (300/ 全 被 保 険 者 期 間 ) 5 配 偶 者 加 給 年 金 については 受 給 権 者 によって 生 計 を 維 持 されて いる65 歳 未 満 の 配 偶 者 があるとき 加 算 されます(1,2 級 に 限 る) また 配 偶 者 が 厚 生 年 金 保 険 や 他 の 公 的 年 金 制 度 等 から 老 齢 ( 退 職 ) 年 金 または 障 がいについての 年 金 を 受 けられる 場 合 その 支 給 が 停 止 されます 6 障 がい 基 礎 年 金 が 支 給 されない1 級 または2 級 の 障 がい 厚 生 年 金 については 年 金 額 が585,100 円 に 満 たないときは 585,100 円 が 保 障 されます 2 障 がい 手 当 金 ( 一 時 金 ) 平 均 標 準 報 酬 月 額 (ア) 給 付 乗 率 平 成 15 年 3 月 までの 被 保 険 者 期 間 の 月 数 + 平 均 標 準 報 酬 額 (イ) 給 付 乗 率 平 成 15 年 4 月 以 後 の 被 保 険 者 期 間 の 月 数 2) (ア) 給 付 乗 率 :7.125/1000(イ) 給 付 乗 率 :5,481/1000 ( 注 ) 1 被 保 険 者 期 間 の 月 数 が300 月 に 満 たない 時 は それぞれの 被 保 険 年 金 額 等 者 期 間 に 基 づいて 年 金 額 を 計 算 し その 年 金 額 に 次 の 計 算 式 で 得 た 数 を 乗 じて 全 体 を300 月 分 に 増 額 することとします (300/ 全 被 保 険 者 期 間 ) 2 障 がい 手 当 金 では 手 当 金 の 額 が1,170,200 円 に 満 たないとき は 1,170,200 円 が 保 障 されます 3 年 金 額 等 は 法 律 等 により 改 定 されます 障 がい 厚 生 年 金 障 がい 手 当 金 に 関 する 詳 しい 内 容 は 次 の ま でお 問 い 合 わせください 年 金 事 務 所 ( 資 料 編 27ページ) (6) 障 がい 者 扶 養 共 済 制 度 身 知 精 障 がい 者 の 保 護 者 が 加 入 者 となって 掛 金 を 納 入 することにより 加 入 者 が 死 亡 または 重 度 の 障 がいを 有 することとなったとき 障 がい 者 に 終 身 に わたり 年 金 が 支 給 される 任 意 加 入 の 共 済 制 度 です

7 対 象 者 内 容 身 体 障 がい 者 ( 身 体 障 がい 者 手 帳 1~3 級 ) 知 的 障 がい 者 もしくは 精 神 障 がい 者 または 同 程 度 の 永 続 的 な 障 がいのある 人 の 保 護 者 であり 次 の 要 件 を 満 たしている 人 1 政 令 市 ( 大 阪 市 堺 市 )を 除 く 府 内 に 在 住 していること ( 政 令 市 では 各 市 で 運 営 しています ) 2 65 歳 未 満 であること 3 特 別 な 病 気 がないこと 障 がい 者 の 保 護 者 が 加 入 者 となって 掛 金 を 納 入 することにより 加 入 者 が 死 亡 または 重 度 の 障 がいを 有 することとなったとき 障 がい 者 に 終 身 にわたり 年 金 が 支 給 される 任 意 加 入 の 共 済 制 度 です 年 金 額 は 1 口 あたり 月 額 20,000 円 です 障 がい 者 1 人 につき2 口 ま で 加 入 できます 対 象 加 入 世 帯 生 活 保 護 世 帯 市 町 村 民 税 非 課 税 世 帯 市 町 村 民 税 所 得 割 非 課 税 世 帯 減 免 は1 口 目 のみ 減 免 率 (H20.11から) 全 額 免 除 半 額 免 除 3 割 免 除 掛 金 額 ( 加 入 するときの 年 齢 により 異 なります)[1 口 あたりの 月 額 ] H 以 前 加 入 H 以 降 加 入 35 歳 未 満 5,600 円 9,300 円 35~39 歳 6,900 円 11,400 円 40~44 歳 8,700 円 14,300 円 45~49 歳 10,600 円 17,300 円 50~54 歳 11,600 円 18,800 円 55~59 歳 12,800 円 20,700 円 60~64 歳 14,500 円 23,300 円 必 要 書 類 ( 注 ) 1 年 齢 は 4 月 1 日 における 年 齢 で 計 算 しています( 同 年 度 の3 月 1 日 付 け 承 認 分 まで 有 効 ) 2 加 入 を 希 望 する 月 ( 毎 月 1 日 承 認 )の 前 々 月 の 月 末 まで( 詳 しくは 各 市 町 村 へおたずねください )には 各 市 町 村 へ 申 請 してく ださい ( 書 類 の 不 備 等 の 場 合 は 加 入 希 望 月 の 翌 月 以 降 の 承 認 とな ります ) 3 掛 金 は 毎 月 末 日 までに 納 めていただきます 納 付 については 銀 行 等 の 口 座 からの 自 動 振 替 も 利 用 できます なお 3ヶ 月 以 上 掛 金 を 納 められない 場 合 は 加 入 者 の 地 位 を 喪 失 する 恐 れもあります 4 途 中 で 脱 退 されても すでに 払 い 込 んだ 掛 金 は 返 還 されません 加 入 等 申 込 書 加 入 者 及 び 被 加 入 者 の 住 民 票 加 入 申 込 者 告 知 書 被 加 入 者 の 障 がい 証 明 書 年 金 管 理 者 指 定 届 書 等

8 居 住 地 の 福 祉 事 務 所 または 町 村 障 がい 福 祉 担 当 課 ( 資 料 編 1ページ) (7) 特 別 障 がい 者 手 当 身 知 精 難 対 象 者 の めやす 20 歳 以 上 であって 重 度 の 障 がいの 状 態 にあるため 日 常 生 活 において 常 時 特 別 の 介 護 が 必 要 な 障 がい 者 に 対 して 手 当 を 支 給 する 制 度 です 1 身 体 障 がい 者 手 帳 の 障 がい 等 級 のおおむね1 級 または2 級 程 度 の 異 な る 障 がいが 重 複 している 人 またはこれらの 障 がいと 日 常 生 活 での 動 作 及 び 行 動 が 困 難 であり 常 時 の 介 護 を 必 要 とする 精 神 の 障 がい( 最 重 度 の 知 的 障 がい)が 重 複 している 人 2 1の 身 体 障 がいまたは 精 神 障 がいと 身 体 障 がい 者 手 帳 の 障 がい 等 級 の おおむね3 級 程 度 の 障 がい または 日 常 生 活 での 動 作 および 行 動 が 著 し く 困 難 な 状 態 である 知 的 障 がいもしくは 精 神 の 障 がいが 重 複 している 人 3 両 上 肢 両 下 肢 または 体 幹 機 能 の 障 がいで 身 体 障 がい 者 手 帳 の 障 がい 等 級 のおおむね1 級 または2 級 程 度 の 障 がいがあり かつ 日 常 生 活 動 作 ( 両 上 肢 両 下 肢 及 び 体 幹 におよぶ 動 作 )を 行 うのに 著 しい 困 難 があ る 人 4 内 部 機 能 の 障 がいで 身 体 障 がい 者 手 帳 の 障 がい 等 級 のおおむね1 級 程 度 の 障 がいもしくは 身 体 の 機 能 の 障 がいまたは 長 期 にわたる 安 静 を 要 す る 病 状 ( 慢 性 疾 患 等 の 内 部 疾 患 のある 人 も 対 象 )があって そのため 絶 対 安 静 の 状 態 である 人 5 精 神 の 障 がいで 日 常 生 活 において 常 時 介 護 を 要 する 程 度 以 上 の 障 がい または 最 重 度 の 知 的 障 がいであって 日 常 生 活 で 動 作 及 び 行 動 に 著 しい 困 難 がある 人 手 当 額 等 * 身 体 障 がい 者 手 帳 療 育 手 帳 精 神 保 健 福 祉 手 帳 の 取 得 は 要 件 ではあり ません 手 当 額 は 月 額 26,830 円 で 毎 年 2 月 5 月 8 月 11 月 の 年 4 回 に 分 けて 支 給 されます ( 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 ) 必 要 書 類 特 別 障 がい 者 手 当 認 定 請 求 書 診 断 書 所 得 状 況 届 等 その 他 1 受 給 資 格 者 またはその 配 偶 者 もしくは 扶 養 義 務 者 の 前 年 の 所 得 が 一 定 額 以 上 あるとき( 受 給 資 格 者 の 所 得 には 非 課 税 である 障 がい 基 礎 年 金 等 を 含 みます)は 支 給 が 停 止 されます 2 施 設 ( 障 がい 者 支 援 施 設 養 護 老 人 ホーム 等 )に 入 所 された 場 合 または 病 院 診 療 所 ( 老 人 保 健 施 設 )に3か 月 を 超 えて 入 院 された 場 合 は 受 給 資 格 がなくなります 居 住 地 の 福 祉 事 務 所 または 町 村 障 がい 福 祉 担 当 課 ( 資 料 編 1ページ)

9 (8) 障 がい 児 福 祉 手 当 身 知 精 難 対 象 者 の めやす 手 当 額 等 20 歳 未 満 であって 重 度 の 障 がいの 状 態 にあるため 日 常 生 活 において 常 時 の 介 護 が 必 要 な 障 がい 児 ( 者 )に 対 して 手 当 を 支 給 する 制 度 です 1 身 体 障 がい 者 手 帳 の 障 がい 等 級 のおおむね1 級 または2 級 程 度 の 身 体 の 機 能 の 障 がいのある 人 2 身 体 機 能 の 障 がいまたは 長 期 にわたる 安 静 を 必 要 とする 病 状 があり ( 慢 性 疾 患 等 の 内 部 疾 患 のある 児 童 も 対 象 ) その 状 態 が1と 同 程 度 以 上 と 認 められる 人 で 日 常 生 活 において 常 時 の 介 護 を 必 要 とする 人 3 最 重 度 の 知 的 障 がいのある 人 または 精 神 の 障 がいのある 人 で 日 常 生 活 において 常 時 介 護 を 要 する 程 度 以 上 の 人 4 身 体 機 能 の 障 がいもしくは 病 状 または 重 度 の 知 的 障 がいもしくは 精 神 の 障 がいが 重 複 する 人 で その 状 態 が1 2 3と 同 程 度 以 上 と 認 められ る 程 度 の 人 * 身 体 障 がい 者 手 帳 療 育 手 帳 精 神 保 健 福 祉 手 帳 の 取 得 は 要 件 ではあり ません 手 当 額 は 月 額 14,600 円 で 毎 年 2 月 5 月 8 月 11 月 の 年 4 回 に 分 けて 支 給 されます ( 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 ) 必 要 書 類 障 がい 児 福 祉 手 当 認 定 請 求 書 診 断 書 所 得 状 況 届 等 その 他 1 受 給 資 格 者 またはその 配 偶 者 もしくは 扶 養 義 務 者 の 前 年 の 所 得 が 一 定 額 以 上 あるときは 支 給 が 停 止 されます 2 児 童 養 護 施 設 等 の 施 設 に 入 所 された 場 合 及 び 障 がいを 支 給 事 由 とす る 年 金 給 付 を 受 けた 場 合 は 受 給 資 格 がなくなります 居 住 地 の 福 祉 事 務 所 または 町 村 障 がい 福 祉 担 当 課 ( 資 料 編 1ページ)

10 (9) 特 別 児 童 扶 養 手 当 身 知 精 対 象 者 手 当 額 等 支 給 制 限 必 要 書 類 精 神 又 は 身 体 に 障 がいのある 児 童 を 監 護 している 父 母 又 は 父 母 に 代 わっ て 養 育 している 方 に 対 して 手 当 を 支 給 する 制 度 です 20 歳 未 満 で 政 令 に 規 定 する 障 がいの 状 態 にある 児 童 を 監 護 している 父 母 ( 主 として 児 童 の 生 計 を 維 持 するいずれか 一 人 ) 又 は 父 母 にかわって 児 童 を 養 育 ( 児 童 と 同 居 し 監 護 し 生 計 を 維 持 )する 人 ただし つぎのいずれかに 当 てはまる 場 合 は 受 給 することができませ ん 1 父 母 養 育 者 または 対 象 児 童 が 日 本 国 内 に 住 所 を 有 しないとき 2 対 象 児 童 が 障 がいを 支 給 事 由 とする 公 的 年 金 を 受 けることができると き 3 対 象 児 童 が 児 童 福 祉 施 設 ( 母 子 生 活 支 援 施 設 通 所 施 設 を 除 く)に 入 所 しているとき 児 童 福 祉 施 設 入 所 に 伴 い 監 護 又 は 養 育 しなくなったとみなされるた め 障 がいの 程 度 については 制 度 のご 案 内 パンフレットかホームページ を 参 照 してください 手 当 額 は 1 級 : 月 額 51,500 円 2 級 : 月 額 34,300 円 で 毎 年 4 月 8 月 11 月 の 年 3 回 に 分 けて 支 給 されます 物 価 スライド 制 の 適 用 により 改 定 される 場 合 があります 手 当 を 請 求 する 人 の 前 年 の 所 得 が 一 定 金 額 以 上 あるとき または 手 当 を 請 求 する 人 と 同 居 している 配 偶 者 または 扶 養 義 務 者 の 前 年 の 所 得 が 一 定 金 額 以 上 あるとき 1 認 定 請 求 書 2 請 求 者 と 対 象 児 童 の 戸 籍 謄 ( 抄 ) 本 外 国 籍 の 人 は 除 く 3 世 帯 全 員 の 住 民 票 4 診 断 書 ( 指 定 様 式 ) ( 身 体 障 がい 者 手 帳 療 育 手 帳 を 取 得 している 人 は 省 略 できる 場 合 があり ますので 担 当 でおたずねください) 5 その 他 必 要 な 書 類 市 ( 区 ) 町 村 特 別 児 童 扶 養 手 当 担 当

11 (10) 児 童 扶 養 手 当 身 知 精 対 象 者 父 又 は 母 と 生 計 を 同 じくしていない 児 童 が 育 成 されるひとり 親 家 庭 の 生 活 の 安 定 と 自 立 の 促 進 に 寄 与 し 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 図 ることを 目 的 として 当 該 ひとり 親 家 庭 の 父 又 は 母 若 しくは 父 母 に 代 わってその 児 童 を 養 育 してい る 方 に 手 当 を 支 給 する 制 度 です 次 のいずれかの 条 件 にあてはまる18 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 児 童 ( 政 令 で 定 める 程 度 の 障 がいがある 場 合 は20 歳 未 満 )を 監 護 し ている 父 又 は 母 若 しくは 父 母 に 代 わって 児 童 を 養 育 している 人 ( 児 童 と 同 居 し 監 護 し 生 計 を 維 持 している 人 ) 次 のいずれかの 条 件 にあてはまる 児 童 を 監 護 している 母 又 は 母 にかわって 児 童 を 養 育 している 養 育 者 (1) 父 母 が 婚 姻 を 解 消 した 児 童 (2) 父 が 死 亡 した 児 童 (3) 父 が 政 令 で 定 める 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 児 童 (4) 父 の 生 死 が 明 らかでない 児 童 (5) 父 から 引 き 続 き1 年 以 上 遺 棄 されている 児 童 (6) 父 が 配 偶 者 からの 暴 力 の 防 止 及 び 被 害 者 の 保 護 に 関 する 法 律 に 基 づき 裁 判 所 からの 保 護 命 令 ( 児 童 の 母 からの 申 立 によるものに 限 る ) を 受 けた 児 童 (7) 父 が 法 令 により1 年 以 上 拘 禁 されている 児 童 (8) 母 が 婚 姻 ( 事 実 婚 を 含 む)によらないで 出 産 した 児 童 次 のいずれかの 条 件 にあてはまる 児 童 を 監 護 し かつ 生 計 を 同 じくしてい る 父 又 は 父 にかわって 児 童 を 養 育 している 養 育 者 (1) 父 母 が 婚 姻 を 解 消 した 児 童 (2) 母 が 死 亡 した 児 童 (3) 母 が 政 令 で 定 める 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 児 童 (4) 母 の 生 死 が 明 らかでない 児 童 (5) 母 から 引 き 続 き1 年 以 上 遺 棄 されている 児 童 (6) 母 が 配 偶 者 からの 暴 力 の 防 止 及 び 被 害 者 の 保 護 に 関 する 法 律 に 基 づき 裁 判 所 からの 保 護 命 令 ( 児 童 の 父 からの 申 立 によるものに 限 る ) を 受 けた 児 童 (7) 母 が 法 令 により1 年 以 上 拘 禁 されている 児 童 (8) 母 が 婚 姻 によらないで 出 産 した 児 童 父 母 がいない 場 合 で 父 母 にかわって 児 童 を 養 育 している 養 育 者 ただし 上 記 の 場 合 であっても 母 への 手 当 については 次 の1から4のい ずれか 父 に 対 する 手 当 については 次 の1,2,5,6のいずれか 養 育 者 に 対 する 手 当 については 次 の1からのいずれかにあてはまるときは 受 給 する ことができません 1 日 本 に 住 んでいないとき ( 児 童 が 日 本 に 住 んでいないときを 含 みま す ) 2 児 童 が 里 親 に 委 託 されているとき

12 3 児 童 が 父 と 生 計 を 同 じくしているとき (ただし 父 が 政 令 で 定 める 程 度 の 障 がいの 状 態 であるときを 除 きます ) 4 児 童 が 母 の 配 偶 者 に 養 育 されているとき ( 配 偶 者 には 内 縁 関 係 にあ る 者 も 含 み 政 令 で 定 める 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 者 を 除 きま す ) 5 児 童 が 母 と 生 計 を 同 じくしているとき (ただし 母 が 政 令 で 定 める 程 度 の 障 がいの 状 態 であるときを 除 きます ) 6 児 童 が 父 の 配 偶 者 に 養 育 されているとき ( 配 偶 者 には 内 縁 関 係 にあ る 者 も 含 み 政 令 で 定 める 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 母 を 除 きます ) 平 成 26 年 12 月 より 公 的 年 金 を 受 給 している 方 について 公 的 年 金 給 付 額 が 児 童 扶 養 手 当 額 よりも 低 い 場 合 その 差 額 分 が 児 童 扶 養 手 当 として 受 給 できるようになりました 詳 しくは 市 ( 区 ) 町 村 の 児 童 扶 養 手 当 担 当 までご 相 談 ください 対 象 児 童 が 児 童 福 祉 施 設 ( 母 子 生 活 支 援 施 設 通 所 施 設 を 除 く)に 入 所 し ている 場 合 などは 監 護 又 は 養 育 していることにならず 手 当 は 支 給 されま せん (1) 手 当 の 月 額 について 手 当 額 支 給 制 限 対 象 児 童 数 全 部 支 給 一 部 支 給 1 人 目 42,330 円 42,320 円 ~9,990 円 2 人 目 5,000 円 を 加 算 3 人 目 以 降 1 人 増 える 毎 に 3,000 円 を 加 算 手 当 の 月 額 は 物 価 スライド 制 の 適 用 により 改 定 されることがあります (2) 一 部 支 給 の 手 当 月 額 の 計 算 方 法 について 一 部 支 給 は 所 得 に 応 じて 月 額 42,320 円 ~9,990 円 ( 対 象 児 童 1 人 の 場 合 )の 間 で 10 円 きざみの 額 となります 具 体 的 には 次 の 計 算 式 により 計 算 します 手 当 額 =42,320 円 -( 受 給 者 の 所 得 額 - 所 得 制 限 限 度 額 ) (この 係 数 は 改 定 されることがあります) 手 当 を 受 給 する 人 の 前 年 の 所 得 が 一 定 金 額 以 上 であるとき または 手 当 を 請 求 す る 人 と 同 居 している 配 偶 者 または 扶 養 義 務 者 の 前 年 の 所 得 が 一 定 金 額 以 上 あるとき 支 給 期 間 等 による 支 給 停 止 必 要 書 類 児 童 扶 養 手 当 法 では 所 得 額 による 支 給 制 限 の 他 に 手 当 の 支 給 期 間 等 による 一 部 支 給 停 止 の 制 度 があります 1 児 童 扶 養 手 当 認 定 請 求 書 2 請 求 者 と 対 象 児 童 の 戸 籍 謄 本 又 は 抄 本 外 国 籍 の 人 は 除 く 3 世 帯 全 員 の 住 民 票 ( 住 民 票 を 省 略 することができる 市 等 もありますので お 住 まいの 市 区 役 所 又 は 町 村 役 場 の 担 当 課 にお 問 い 合 わせください ) 3 その 他 必 要 な 書 類 ( 詳 しくは お 住 まいの 市 ( 区 ) 町 村 児 童 扶 養 手 当 担 当 でおたずねくださ い ) 市 ( 区 ) 町 村 児 童 扶 養 手 当 担 当

13 (11) 重 度 障 がい 者 在 宅 生 活 応 援 制 度 ( 重 度 障 がい 者 在 宅 介 護 支 援 給 付 金 ) 身 知 障 がい 者 の 自 立 と 社 会 参 加 に 向 け 重 度 障 がい 者 と 介 護 する 者 への さらなる 応 援 により 在 宅 生 活 の 一 層 の 推 進 を 図 ることを 目 的 とし て 重 度 障 がい 者 と 同 居 している 介 護 者 への 給 付 金 を 支 給 する 制 度 で す 対 象 者 手 当 額 等 療 育 手 帳 の 障 がい 程 度 が A( 重 度 ) で かつ 身 体 障 がい 者 手 帳 1 級 または2 級 の 交 付 を 受 けた 人 と 同 居 している 介 護 者 手 当 額 は 月 額 10,000 円 で 毎 年 1 月 4 月 7 月 10 月 の 年 4 回 に 分 けて 支 給 されます 1 施 設 に 入 所 グループホームへの 入 居 医 療 機 関 に 入 院 ( 付 き 添 いが 必 要 な 場 合 を 除 く )しているとき 支 給 制 限 2 特 別 障 がい 者 手 当 を 受 給 した 場 合 は 受 給 資 格 がなくなります ( 障 がい 者 が20 歳 未 満 の 場 合 は 除 く) 必 要 書 類 認 定 申 請 書 身 体 障 害 者 手 帳 の 写 し 療 育 手 帳 の 写 し 居 住 地 の 福 祉 事 務 所 または 町 村 障 がい 福 祉 担 当 課 ( 資 料 編 1ページ) (12) 視 覚 障 がい 者 施 術 所 整 備 運 営 資 金 融 資 信 用 保 証 料 交 付 事 業 身 内 容 あん 摩 マッサージ 指 圧 はり きゅうの 施 術 所 を 経 営 ( 開 設 後 6ヶ 月 以 上 経 過 )する 視 覚 障 がい 者 を 対 象 として 同 施 術 所 の 構 造 設 備 ならびに 衛 生 設 備 の 整 備 改 善 と 近 代 化 をはかるために 一 件 につ き450 万 円 の 融 資 額 を 限 度 に 信 用 保 証 料 を 交 付 します 大 阪 府 健 康 医 療 部 保 健 医 療 室 保 健 医 療 企 画 課 TEL FAX (13) 生 活 福 祉 資 金 身 知 精 低 所 得 者 障 がい 者 や 高 齢 者 世 帯 の 経 済 的 自 立 と 生 活 の 安 定 を 目 的 として 貸 付 を 行 う 制 度 です 内 容 在 宅 福 祉 及 び 社 会 参 加 の 促 進 等 を 図 るため 次 の 表 の 貸 付 を 行 っています 市 町 村 社 会 福 祉 協 議 会 ( 資 料 編 135ページ) 大 阪 市 内 は 各 区 社 会 福 祉 協 議 会 資 料 編 137ページ) 又 は 大 阪 府 社 会 福 祉 協 議 会 ( 資 料 編 40ページ)

14 資 金 種 類 限 度 額 利 率 総 合 支 援 資 金 生 活 支 援 費 ( 貸 付 期 間 は3か 月 月 15 万 円 ( 単 身 世 帯 ) 以 内 ) 月 20 万 円 ( 複 数 人 世 帯 ) 住 宅 入 居 費 40 万 円 一 時 生 活 再 建 費 60 万 円 福 祉 資 金 福 祉 費 生 業 を 営 む 経 費 460 万 円 技 能 習 得 に 係 る 経 費 技 能 習 得 する 期 間 が 6 ヵ 月 以 内 130 万 円 1 年 以 内 220 万 円 2 年 以 内 400 万 円 3 年 以 内 580 万 円 日 常 生 活 で 一 時 的 に 必 要 な 経 費 住 宅 の 増 改 築 等 に 係 る 経 費 福 祉 用 具 等 に 係 る 経 費 障 がい 者 用 自 動 車 購 入 経 費 中 国 残 留 邦 人 等 国 民 年 金 追 納 費 療 養 介 護 等 に 係 る 経 費 災 害 等 により 臨 時 に 係 る 経 費 福 祉 資 金 福 祉 費 生 活 復 興 支 援 資 金 東 日 本 大 震 災 特 例 一 時 生 活 支 援 費 ( 貸 付 期 間 は6 か 月 以 内 ) 生 活 再 建 費 50 万 円 250 万 円 170 万 円 250 万 円 513 万 6 千 円 170 万 円 1 年 超 え 1 年 6 月 以 内 230 万 円 150 万 円 月 15 万 円 ( 単 身 世 帯 ) 月 20 万 円 ( 複 数 人 世 帯 ) 80 万 円 連 帯 1 保 5 証 % 人 な し 連 1 帯 5 保 証 % 人 な し 無 利 子 無 利 子 連 帯 保 証 人 あ り 連 帯 保 証 人 あ り 福 祉 資 金 緊 急 小 口 資 金 教 育 支 援 資 金 教 育 支 援 費 最 短 修 業 年 限 が 貸 付 期 間 留 年 の 期 間 等 は 対 象 外 就 学 支 度 費 臨 時 特 例 つなぎ 資 金 10 万 円 以 内 高 校 月 3.5 万 円 短 大 等 月 6 万 円 大 学 月 6.5 万 円 50 万 円 10 万 円 以 内 証 し 人 な 証 し 人 な 連 帯 保 無 利 子 連 帯 保 無 利 子 無 利 子

2. 相 談 の 窓 口

2. 相 談 の 窓 口 障 害 年 金 制 度 1. 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 の 診 療 を 受 けた 日 ( 初

More information

児童扶養手当(大阪府)

児童扶養手当(大阪府) 児 童 扶 養 手 当 児 童 扶 養 手 当 は 父 又 は 母 と 生 計 を 同 じくしていない18 歳 到 達 後 最 初 の 年 度 末 までの 児 童 ( 児 童 に 政 令 で 定 める 程 度 の 障 がいがある 場 合 は 20 歳 未 満 の 児 童 ) を 監 護 しているひとり 親 家 庭 の 母 又 は 父 等 に 支 給 されます 父 又 は 母 と 生 計 を 同 じくしていない

More information

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3 1. 障 害 年 金 制 度 等 (1) 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 に 診 察 してもらった

More information

障 害 程 度 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 又 は 級 程 度 の 障 害 が 重 複 しており 条 件 を 満 たしている 人 特 に 重 度 の 身 体 機 能 の 障 害 があるため 日 常 生 活 動 作 能 力 の 評 価 が 極 めて 重 度 であると 認 められる 人 内 部

障 害 程 度 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 又 は 級 程 度 の 障 害 が 重 複 しており 条 件 を 満 たしている 人 特 に 重 度 の 身 体 機 能 の 障 害 があるため 日 常 生 活 動 作 能 力 の 評 価 が 極 めて 重 度 であると 認 められる 人 内 部 (1) 年 金 年 金 の 障 害 程 度 の 認 定 基 準 は 身 体 障 害 者 手 帳 療 育 手 帳 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 認 定 基 準 とは 異 なります 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 0 歳 以 上 で 国 民 年 金 法 に 定 める 障 害 を 有 し 次 のいずれかに 該 当 する 人 0 歳 前 から 障 害 者 となった 人 ( 本 人

More information

障害福祉制度あらまし目次

障害福祉制度あらまし目次 4 年 金 手 当 障 害 基 礎 年 金 次 の 要 件 をすべて 満 たす 方 に 障 害 基 礎 年 金 が 支 給 されます 要 年 金 額 支 給 制 限 件 1 初 診 日 が 20 歳 前 であるか 初 診 日 において 国 民 年 金 に 加 入 中 の 方 もしくは 国 民 年 金 に 加 入 したことのある 60 歳 以 上 65 歳 未 満 で 日 本 国 内 に 住 所 がある

More information

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 (

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 ( 年 金 手 当 など 1 各 種 障 害 年 金 制 度 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 国 民 年 金 に 加 入 中 又 は 加 入 していた 方 が 病 気 やけがによって65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 までに 障 害 者 となり 医 療 機 関 を 受 診 していたとき また20 歳 前 に 障 害 者 となった 方 は20 歳 から 障 害 等 級 表 のいずれかの 状

More information

( 前 ページから 続 く) 次 のいずれかに 該 するかたは 受 給 できません 施 設 に 入 所 しているかた 病 院 に3か 月 を 超 えて 続 けて 入 院 しているかた 受 給 者 本 人 または 扶 養 義 務 者 等 の 所 得 が 制 限 額 ( 別 表 1P.135)の 限 度

( 前 ページから 続 く) 次 のいずれかに 該 するかたは 受 給 できません 施 設 に 入 所 しているかた 病 院 に3か 月 を 超 えて 続 けて 入 院 しているかた 受 給 者 本 人 または 扶 養 義 務 者 等 の 所 得 が 制 限 額 ( 別 表 1P.135)の 限 度 心 障 害 者 福 祉 ( 区 の 制 度 ) 難 20 歳 以 上 で 次 のいずれかに 該 するかた 1 愛 の 帳 1~3 度 体 障 害 者 帳 12 級 脳 性 マヒまたは 進 行 性 筋 萎 縮 症 2 愛 の 帳 度 体 障 害 者 帳 3 級 3 区 の 指 定 する 難 病 等 (P.0~1 参 照 )で 医 療 費 助 成 を 受 けているかた 次 のいずれかに 該 するかたは

More information

目  次

目  次 年 金 手 当 について 障 害 基 礎 年 金 公 的 年 金 制 度 に 加 入 している 期 間 中 に 被 った 傷 病 により 障 害 者 になった 場 合 に 年 金 や 一 時 金 が 支 給 されます( 申 請 は 原 則 65 歳 までとなりま) 制 度 の 種 類 支 給 要 件 年 金 額 中 央 窓 口 センター 国 民 年 金 係 823-9439 国 民 年 金 障 害

More information

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0 長 岡 技 術 科 学 大 学 出 産 子 育 てのための 手 続 パンフレット 総 務 課 平 成 26 年 4 月 現 在 1. 職 務 専 念 義 務 免 除 について 妊 娠 12 週 以 降 又 は 出 産 後 1 年 を 経 過 しない 職 員 ( )が, 医 師 又 は 助 産 師 から 指 示 を 受 け, 保 健 指 導 又 は 健 康 診 査 を 受 けるため 通 院 する 等

More information

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用 国 民 年 金 国 民 年 金 は 全 ての 国 民 を 対 象 として 老 齢 障 害 死 亡 について 必 要 な 給 付 を 行 い 健 全 な 国 民 生 活 の 維 持 向 上 に 寄 与 することを 目 的 としています 従 来 は 被 用 者 年 金 制 度 に 加 入 していない 自 営 業 者 等 を 対 象 としていましたが 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する

More information

障がい福祉ガイドブック_本文_CS6.indd

障がい福祉ガイドブック_本文_CS6.indd (1) 手 当 児 童 ( 各 手 当 などの 額 は 平 成 27 年 7 月 1 日 現 在 ) 障 がいの 程 度 所 得 の 制 限 などがありますので 詳 しくは にお 問 い 合 わせください 名 称 対 象 給 制 限 手 当 額 給 月 障 害 児 福 祉 手 20 歳 未 満 で 心 身 に 次 のい 1 施 設 に 入 所 している 方 当 ( 国 手 当 ) ずれかの 障 がいがあり

More information

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ 第 3 章 定 年 後 の 収 入 と 支 出 1 退 職 手 当 制 度 の 概 要 (1) 算 定 式 及 び 支 給 制 限 等 退 職 手 当 は 職 員 が 退 職 した 場 合 に 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 ( 以 下 退 手 法 といいま す )に 基 づいて 支 給 されます 退 職 手 当 は 次 のように 計 算 されます 退 職 手 当 = 基 本 額 ( 退 職

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

Unknown

Unknown 国 民 健 康 44-2000 病 気 やけがをしたときに 医 療 費 の 負 担 が 高 額 とならないように みんなで 支 え 合 うのが 国 民 健 康 で 医 療 費 の 負 担 国 民 健 康 に 入 っている 人 は 医 療 費 の 負 担 額 が3 割 (70 歳 以 上 の 人 は 住 民 税 課 税 所 得 により 異 なります) で 済 みま 国 民 健 康 被 者 証 ( 証

More information

1510新宮町2(SG13)行政最終.indd

1510新宮町2(SG13)行政最終.indd 保 国 民 健 康 保 制 度 問 住 民 課 963-1733 国 民 健 康 保 健 康 保 制 度 とは 病 気 やケガをしたときに 安 心 して 医 療 機 関 などにかかることができるように みなさんが 納 めた 保 税 などで みんなで 助 け 合 おうという 制 度 で す 日 本 では 国 民 皆 保 制 度 になっています この 健 康 保 制 度 のなかで 国 民 健 康 保 はみなさん

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章 第 4 章 金 要 件 と 金 額 1 ( 高 齢 になった 場 合 に 受 け 取 れる 金 ) 要 件 1 受 資 格 期 間 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 を 合 わせて25 以 上 あること (ただし 金 額 には 反 映 されないが 受 資 格 期 間 には 算 入 される 合 算 対 象 期 間 があります) 消 費 税 が 引 き 上 げられる 27

More information

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負 [ 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 ] 経 営 者 にも 退 職 金 を ゆとりある 老 後 を 支 える 安 心 の 共 済 です 小 規 模 企 業 共 済 制 度 のしおり 小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個

More information

自営業世帯

自営業世帯 共 済 組 合 給 付 ( 長 期 給 付 ) 注 意 事 項 被 用 者 年 金 一 元 化 等 に 係 る 今 後 の 決 定 事 項 によって 記 載 内 容 に 変 更 が 生 じる 場 合 があります 第 1 公 的 年 金 制 度 について 1 公 的 年 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 制 度 は 国 民 年 金 と 厚 生 年 金 保 険 により 構 成 されています 国 民

More information

年金制度のあらまし

年金制度のあらまし 実 務 修 習 セミナー( 第 9 回 ) 厚 生 年 金 国 民 年 金 関 係 平 成 24 年 9 月 21 日 < 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 の 仕 組 みと 給 付 のあらまし>( 便 覧 P116) 1 給 付 の 種 類 老 齢 障 害 死 亡 2 公 的 年 金 制 度 の 種 類 種 類 対 象 者 国 民 年 金 日 本 国 内 に 居 住 する 20 歳 以 上

More information

組合員・会員資格の得喪等について

組合員・会員資格の得喪等について 欠 勤 休 業 等 で 給 与 が 減 額 又 は 無 給 になったとき 共 済 1 傷 病 手 当 金 傷 病 手 当 金 附 加 金 組 合 員 が 公 務 によらない 病 気 やけがによる 療 養 のため 引 き 続 き 勤 務 ができない 場 合 で その 期 間 内 に 給 与 の 全 部 又 は 一 部 が 支 給 されないとき その 間 の 経 済 的 損 失 を 補 てんし 生 活

More information

[ 特 別 控 除 の 一 覧 ] 控 除 の 内 容 特 定 扶 養 親 族 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 16 才 以 上 23 才 未 満 の 扶 養 親 族 ) 老 人 扶 養 親 族 配 偶 者 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 70 才 以 上 の

[ 特 別 控 除 の 一 覧 ] 控 除 の 内 容 特 定 扶 養 親 族 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 16 才 以 上 23 才 未 満 の 扶 養 親 族 ) 老 人 扶 養 親 族 配 偶 者 控 除 ( 税 法 上 の 扶 養 親 族 で 満 70 才 以 上 の 8 入 居 収 入 基 準 市 営 住 宅 の 申 込 みには, 世 帯 全 員 の 課 税 対 象 の 収 入 が, 公 営 住 宅 法 で 定 める 一 定 の 基 準 内 ( ) にあることが 必 要 です (1) 市 営 住 宅 の 収 入 基 準 ( )は, 次 の 表 のとおりです 住 宅 種 別 一 般 世 帯 裁 量 階 層 世 帯 ( ) 公 営 住 宅 158,000 以 下 214,000

More information

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については 2015/3/10 8. 事 例 別 事 務 処 理 へ 職 員 が 満 3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 する 場 合 特 別 な 事 情 がある 場 合 を 除 き1 回 に 限 り 延 長 できる ( 男 性 職 員 の 場 合 は 配 偶 者 の 出 産 後 8 週 間 以 内 に 最 初 の を 取 得 していれば 特 別 な 事 情 がなくても 再 度 取 得 することができる )

More information

北 海 道 十 勝 清 水 町 補 助 金 等 ハンドブック 北 海 道 清 水 町 平 成 26 年 11 月 目 次 保 健 医 療 福 祉 分 野 (1) 乳 幼 児 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (2)ひとり 親 家 庭 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (3) 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 制 度 P2 (4) 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

                                       

                                        定 年 退 職 者 の 退 職 共 済 年 金 のしおり 地 方 職 員 共 済 組 合 大 阪 府 支 部 福 利 厚 生 グループ( 年 金 担 当 ) 目 次 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 1 受 給 資 格 と 支 給 開 始 年 齢 1 2 厚 生 年 金 保 険 又 は 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 の 年 金 の 請 求 3 3 老 齢 基 礎 年

More information

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版 育 児 休 業 Q&A 平 成 26 年 改 定 県 立 学 校 版 教 育 人 事 課 目 次 育 児 休 業 の 意 義 目 的 1 Q1 育 児 休 業 の 目 的 は? Q2 育 児 休 業 を 取 得 することによってどういう 効 果 があるの? 育 児 休 業 をすることができる 職 員 2 Q3 誰 でも 育 児 休 業 をすることができるの? Q4 育 児 休 業 中 の 身 分 はどうなるの?

More information

Ⅱ 1. 厚 生 年 金 保 険 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 が 適 用 されている 事 業 所 をいう すなわち 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げられている 事 業 の 事 業 所 であって 常 時 5 人 以 上 の 従 業 員 を 使 用 する 事 業 所 又 は 船 舶 及 び 国

More information

(2) 退 職 後 に 加 入 する 年 金 制 度 と 加 入 手 続 き 退 職 後 はそれぞれの 事 由 により いずれかの 年 金 制 度 に 加 入 することとなります 事 由 退 職 後 配 偶 者 の 被 扶 養 者 になる ( 配 偶 者 が 厚 生 年 金 又 は 共 済 年 金

(2) 退 職 後 に 加 入 する 年 金 制 度 と 加 入 手 続 き 退 職 後 はそれぞれの 事 由 により いずれかの 年 金 制 度 に 加 入 することとなります 事 由 退 職 後 配 偶 者 の 被 扶 養 者 になる ( 配 偶 者 が 厚 生 年 金 又 は 共 済 年 金 第 1 共 済 年 金 について 1 公 的 年 金 制 度 (1) 公 的 年 金 制 度 の 概 要 わが 国 の 公 的 年 金 制 度 は 昭 和 61 年 4 月 以 降 20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 全 国 民 は 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) の 加 入 が 義 務 づけられ 国 民 は 共 通 の 基 礎 年 金 を 受 けられる 制 度 になりました それにより

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 36 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 に 関 し 必 要 な

More information

公 的 年 金 制 度 の 体 系 3 階 2 階 (カ) 追 加 費 用 削 減 のため 恩 給 期 間 に 係 る 給 付 について 本 人 負 担 の 差 に 着 目 して 27% 引 き 下 げる イ 施 行 日 国 民 年 金 基 金 ( 任 意 加 入 ) 上 記 アの 項 目 に 係

公 的 年 金 制 度 の 体 系 3 階 2 階 (カ) 追 加 費 用 削 減 のため 恩 給 期 間 に 係 る 給 付 について 本 人 負 担 の 差 に 着 目 して 27% 引 き 下 げる イ 施 行 日 国 民 年 金 基 金 ( 任 意 加 入 ) 上 記 アの 項 目 に 係 Ⅴ 長 期 給 付 事 業 1 地 方 公 務 員 の 年 金 制 度 地 方 公 務 員 の 年 金 制 度 は 都 道 府 県 や 市 町 村 の 区 分 や 職 種 の 相 違 によって 適 用 される 制 度 が 異 なっていたものが 昭 和 37 年 12 月 1 日 に 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 が 施 行 され 全 ての 公 務 員 に 通 ずる 統 一 的 な 制

More information

Microsoft Word - 18 疑義照会回答(年金給付)これ(17)に組込予定(エクセル原稿のワード版) - 黒田作業中 -

Microsoft Word - 18  疑義照会回答(年金給付)これ(17)に組込予定(エクセル原稿のワード版) - 黒田作業中 - 疑 義 照 会 ( 年 金 給 付 ) 1. 老 齢 給 付 年 金 P1 1~30 2. 障 害 基 礎 年 金 P14 1~15 3. 障 害 給 付 年 金 ( 障 害 厚 生 ) P21 1~7 4. 遺 族 基 礎 年 金 P24 1~4 5. 遺 族 給 付 年 金 ( 遺 族 厚 生 遺 族 基 礎 ) P26 1~10 6. 老 齢 年 金 ( 旧 )( 厚 生 年 金 ) P31

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹 16 資 金 が 必 要 なとき 共 済 組 合 1 貸 付 けについて (1) 貸 付 申 込 みから 送 金 まで 申 込 締 切 日 毎 月 25 日 ( 休 日 の 場 合 は その 前 日 ) 貸 付 決 定 送 金 申 込 締 切 日 の 翌 月 10 日 頃 に 貸 付 決 定 通 知 書 を 送 付 申 込 締 切 日 の 翌 月 26 日 ( 休 日 の 場 合 はその 前 日 )に

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年 金 について 1 2. 年 金 給 付 について 1 3. 年 金 の 支 払 方 法 2 4. 年 金 の 支 給 を 受 けているときに 毎 年 必 要 な 手 続 き 3 5. 住 所

目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年 金 について 1 2. 年 金 給 付 について 1 3. 年 金 の 支 払 方 法 2 4. 年 金 の 支 給 を 受 けているときに 毎 年 必 要 な 手 続 き 3 5. 住 所 年 金 の し お り ( 平 成 25 年 1 月 改 訂 版 ) 日 本 金 属 プレス 工 業 厚 生 年 金 基 金 130 8554 東 京 都 墨 田 区 両 国 4 丁 目 30 番 7 号 金 属 プレス 会 館 8 階 03(5638)7811 FAX03(5638)7815 目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年

More information

1210熊本市(SG330)行政最終.indd

1210熊本市(SG330)行政最終.indd 市 税 国 保 年 市 民 税 区 役 所 税 務 課 1 月 1 日 現 在 で 区 内 に 住 んでいる 方 または 区 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する 方 で その 区 内 に 住 所 を 有 しない 方 に 課 税 されます 前 年 中 の 収 入 所 得 に ついて3 月 15 日 までに 市 民 税 の 申 告 を 行 ってください なお 次 の 方 については

More information

不 動 産 賃 貸 業 の 場 合 は5 棟 10 室 以 上 の 事 業 規 模 であること 下 記 に 該 当 する 場 合 は 加 入 できません (1) 青 色 専 従 者 (2) 法 人 の 役 員 については 登 記 していることが 必 要 です したがって 顧 問 等 の 場 合 には

不 動 産 賃 貸 業 の 場 合 は5 棟 10 室 以 上 の 事 業 規 模 であること 下 記 に 該 当 する 場 合 は 加 入 できません (1) 青 色 専 従 者 (2) 法 人 の 役 員 については 登 記 していることが 必 要 です したがって 顧 問 等 の 場 合 には Q10 小 規 模 企 業 共 済 ( 退 職 金 型 + 年 金 型 )について 教 えて 下 さい ( 平 成 21 年 度 改 正 版 ) ポイント! 2008.12 湊 税 理 士 事 務 所 作 成 退 職 金 準 備 型 1 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 機 構 ( 略 称 中 小 機 構 ))が 運 営 する 制 度 です 2 掛 金 は 全 額 を 課 税 対 象

More information

無年金外国人高齢者福祉手当要綱

無年金外国人高齢者福祉手当要綱 東 浦 町 無 年 金 外 国 人 住 民 高 齢 者 福 祉 手 当 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 う 改 正 後 の 年 金 制 度 において 国 民 年 金 の 受 給 資 格 を 有 しない 在 日 の 外 国 人 住 民 高 齢 者

More information

あぐり1月号

あぐり1月号 VOL.30 2008/1/1 今 月 号 の 掲 載 内 容 医 療 費 控 除 Q&A 1P~ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 5P~ 今 月 のトピック 確 定 申 告 7P~ 2008 年 税 務 カレンダー 9P あけましておめでとうございます 今 年 もよろしくお 願 い 致 します 清 田 会 計 事 務 所 は 電 子 申 告 を 推 進 しています 当 事 務 所 ホームページも

More information

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書..

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書.. 社 会 保 険 労 働 保 険 労 務 管 理 主 要 手 続 一 覧 (2012.4 現 在 ) 1. 社 会 保 険 の 基 本... 4 関 係 諸 機 関 の 連 絡 先... 4 各 種 手 続 きの 確 認... 5 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 新 規 適 用 届... 7 労 働 保 険 保 険 関 係 成 立 届 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 設 置 届... 8

More information

1 老 齢 給 付 金 を 請 求 するとき 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 満 60 歳 に 到 達 し 老 齢 給 付 金 を 請 求 される 方 は 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 を 電 機 年 金 基 金 に 提 出 して ください ただし 全 額 一 時 金 での 受 給 を 選

1 老 齢 給 付 金 を 請 求 するとき 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 満 60 歳 に 到 達 し 老 齢 給 付 金 を 請 求 される 方 は 年 金 給 付 裁 定 請 求 書 を 電 機 年 金 基 金 に 提 出 して ください ただし 全 額 一 時 金 での 受 給 を 選 年 金 一 時 金 請 求 に 関 する 手 続 き 電 機 年 金 基 金 では 受 給 権 者 からの 請 求 に 基 づいて 裁 定 を 行 い 年 金 一 時 金 をお 支 払 いします 電 機 年 金 基 金 が 支 払 う 年 金 または 一 時 金 は 受 給 権 者 からの 請 求 に 基 づいて 電 機 年 金 基 金 が 裁 定 し 受 給 権 者 が 指 定 した 金 融 機

More information

2 会 長 は 前 項 の 申 込 みを 承 諾 したときは 共 済 事 業 制 度 加 入 承 諾 書 と 本 退 職 共 済 規 程 を 共 済 契 約 者 に 送 付 するものとする 3 事 業 主 が 施 設 を 新 設 し 新 たにその 施 設 の 職 員 を 加 入 者 としようとする

2 会 長 は 前 項 の 申 込 みを 承 諾 したときは 共 済 事 業 制 度 加 入 承 諾 書 と 本 退 職 共 済 規 程 を 共 済 契 約 者 に 送 付 するものとする 3 事 業 主 が 施 設 を 新 設 し 新 たにその 施 設 の 職 員 を 加 入 者 としようとする 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 社 会 福 祉 事 業 共 助 会 退 職 共 済 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 社 会 福 祉 事 業 共 助 会 ( 以 下 共 助 会 という ) 定 款 第 4 条 に 規 定 する 事 業 ( 以 下 共 済 事 業 という )の 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

目 次 1.あなたが 受 取 る 年 金 について 1 頁 2. 年 金 の 請 求 について 1 頁 3. 支 給 開 始 年 月 と 支 給 期 間 について 2 頁 4. 年 金 の 支 払 方 法 について 2 頁 5. 基 金 の 年 金 について 4 頁 支 給 額 が 変 更 される

目 次 1.あなたが 受 取 る 年 金 について 1 頁 2. 年 金 の 請 求 について 1 頁 3. 支 給 開 始 年 月 と 支 給 期 間 について 2 頁 4. 年 金 の 支 払 方 法 について 2 頁 5. 基 金 の 年 金 について 4 頁 支 給 額 が 変 更 される 年 金 の し お り 全 国 測 量 業 厚 生 年 金 基 金 このしおりの 最 後 に 届 出 用 紙 ( 住 所 受 取 方 法 変 更 届 氏 名 変 更 届 )がありますの で 住 所 受 取 方 法 氏 名 の 変 更 があった 場 合 に 切 取 ってお 使 いください なお 用 紙 がなくなったときは 基 金 に 請 求 してください 各 種 届 出 用 紙 はホームページからのダウンロードもできます

More information

Taro-【27教育庁版】両立支援ハンドブック

Taro-【27教育庁版】両立支援ハンドブック 両 立 支 援 ハンドブック ~ 働 くパパママ 子 育 て 応 援 プラン~ 平 成 27 年 9 月 沖 縄 県 教 育 委 員 会 教 育 庁 総 務 課 目 次 1 妊 娠 したら (1) 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 p1 (2) 妊 娠 障 害 休 暇 p1 (3) 妊 婦 通 勤 緩 和 休 暇 p2 (4) 妊 娠 中 の 休 息 又 は 補 食 のための 職

More information

日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 2 8 年 5 月 31 日 現 在 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 4 年 9 月 21 日 厚 生 省 収 年 第 6 3 4 0 号 認 可 変 更 平 成 5 年 3 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 5 年 5 月 17 日 ( 認 可 )

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

技 能 労 務 職 高 校 卒 137,200 円 146,700 円 中 学 卒 129,200 円 137,200 円 (3) 職 員 の 経 験 年 数 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 経 験 年 数 15 年 以 上 経 験 年 数 2

技 能 労 務 職 高 校 卒 137,200 円 146,700 円 中 学 卒 129,200 円 137,200 円 (3) 職 員 の 経 験 年 数 別 平 均 給 料 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 区 分 経 験 年 数 15 年 以 上 経 験 年 数 2 上 北 山 村 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 1. 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 平 成 25 年 4 月 1 日 現 平 成 25 年 度 中 の 退 平 成 25 年 度 中 及 び 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 職 員 数 A 職 者 数 平 成 26 年 4 月 1 日 採 在 の 職 員 数 B B-A 用 者 数 36 人 0

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information

(Microsoft Word - H24

(Microsoft Word - H24 介 護 福 祉 士 等 修 学 資 金 貸 付 制 度 ~ 貸 付 制 度 の 手 引 き~ 平 成 22 年 3 月 改 訂 : 平 成 23 年 3 月 改 訂 : 平 成 24 年 4 月 社 会 福 祉 法 人 埼 玉 県 社 会 福 祉 協 議 会 330-8529 埼 玉 県 さいたま 市 浦 和 区 針 ヶ 谷 4-2-65 介 護 福 祉 士 等 修 学 資 金 貸 付 制 度 について

More information

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾 審 査 基 準 平 成 26 年 11 月 6 日 作 成 法 令 名 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 等 による 犯 罪 被 害 者 等 の 支 援 に 関 する 法 律 根 拠 条 項 : 第 11 条 第 1 項 処 分 の 概 要 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 についての 裁 定 原 権 者 ( 委 任 先 ): 京 都 府 公 安 委 員 会 法

More information

市営住宅入居申込みのご案内

市営住宅入居申込みのご案内 鹿 嶋 市 営 住 宅 入 居 申 込 みのしおり 三 笠 山 団 地 平 井 団 地 港 ヶ 丘 団 地 佐 田 団 地 建 設 部 都 市 計 画 課 - 1 - 市 営 住 宅 入 居 申 込 みのご 案 内 市 営 住 宅 は, 民 間 の 賃 貸 住 宅 とは 異 なり, 公 営 住 宅 法 及 び 鹿 嶋 市 営 住 宅 条 例 に 基 づいて 管 理 運 営 されて いる 公 の 住

More information

種 別 給 付 の 内 容 手 続 きに 高 額 養 費 同 じ 人 が 同 じ 月 に 同 じ 機 関 などで 一 定 以 上 の 自 己 負 担 を 支 払 った 場 合 申 請 によりその 超 えた 額 が 支 払 われます( 差 額 の ベッド 代 や 歯 科 自 由 診 などは 除 く)

種 別 給 付 の 内 容 手 続 きに 高 額 養 費 同 じ 人 が 同 じ 月 に 同 じ 機 関 などで 一 定 以 上 の 自 己 負 担 を 支 払 った 場 合 申 請 によりその 超 えた 額 が 支 払 われます( 差 額 の ベッド 代 や 歯 科 自 由 診 などは 除 く) KASHIMACITY 健 康 健 康 ( )は 病 気 やけがに 備 え 加 入 者 がお ( 税 )を 出 し 合 い 費 に 充 てる 相 互 扶 助 を 目 的 とした 制 度 です 健 康 に 加 入 する 人 職 場 の 健 康 ( 健 )に 加 入 している 人 とその 扶 養 家 族 後 期 高 齢 者 ( 長 寿 ) 制 度 に 加 入 している 人 その 他 生 活 護 を 受

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び 2016/3/16 1 福 利 厚 生 (1) 公 立 学 校 共 済 組 合 の 保 健 事 業 人 間 ドック 事 業 1 泊 1 日 ド ッ ク 及 び 脳 ド ッ ク ( 35 歳 以 上 ) 婦 人 検 診 ( 25 歳 以 上 女 性 ) 年 齢 は4 月 1 日 現 在 の 満 年 齢 レクリエーション 施 設 宿 泊 利 用 補 助 ( 年 度 当 初 に 冊 子 を 配 付 ) 及

More information

(2) 家 庭 調 書 ( 第 2 号 様 式 ) 5ページの 家 庭 調 書 の 記 入 について を 参 照 してください (3) 世 帯 全 員 の 住 民 票 別 居 同 居 を 問 わず 生 計 を 一 つにする 家 族 について, 市 役 所 等 で 発 行 する申 請 者 本 人 を

(2) 家 庭 調 書 ( 第 2 号 様 式 ) 5ページの 家 庭 調 書 の 記 入 について を 参 照 してください (3) 世 帯 全 員 の 住 民 票 別 居 同 居 を 問 わず 生 計 を 一 つにする 家 族 について, 市 役 所 等 で 発 行 する申 請 者 本 人 を 平 成 27 度 授 業 料 免 除 授 業 料 徴 収 猶 予 申 請 要 領 1. 提 出 書 類 平 成 27 度 免 除 ( 猶 予 ) 申 請 書 類 確 認 票 の1~25 項 目 中 の1~6 項 目 は 必 ず 提 出 し,7~25 項 目 は 該 当 する 全 ての 書 類 を 提 出 してください 2. 提 出 期 限 授 業 料 免 除, 授 業 料 徴 収 猶 予 申 請 の

More information

260701現在 電子申請受付一覧(事務所・事務C).xls

260701現在 電子申請受付一覧(事務所・事務C).xls 年 金 事 務 所 で 受 付 審 査 を 行 う 電 子 申 請 項 番 手 続 名 称 1 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 所 属 選 択 二 以 上 事 業 所 勤 務 届 2 船 員 保 険 厚 生 年 金 保 険 育 児 休 業 等 取 得 者 申 出 書 ( 新 規 延 長 ) 3 船 員 保 険 厚 生 年 金 保 険 育 児 休 業 等 取 得 者 終 了 届

More information

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添 茨 木 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 等 で 年 金 制 度 上 の 理 由 により 国 民 年 金 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 141 号 )に 規 定 する 老 齢 年 金 等 を 受 給 することができない 高 齢 者 に 対 し 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 ( 以 下 高

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

Taro-◆220630育児休業規程.jtd

Taro-◆220630育児休業規程.jtd 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 36 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 41 条 および 公 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

伊 勢 丹 奨 学 会 推 薦 基 準

伊 勢 丹 奨 学 会 推 薦 基 準 公 益 財 団 法 人 伊 勢 丹 奨 学 会 大 学 奨 学 生 推 薦 選 考 基 準 [1] 奨 学 生 の 資 格 1. 人 物 学 習 活 動 その 他 生 活 の 全 般 を 通 じて 態 度 行 動 が 学 生 にふさわしく 将 来 良 識 ある 社 会 人 として 活 動 できる 見 込 みがあり かつ 東 京 大 学 一 橋 大 学 横 浜 国 立 大 学 慶 應 義 塾 大 学

More information

- 目 次 - ページ Q1: 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 とはどのような 制 度 でしょうか 3 Q2: 新 たに 従 業 員 を 採 用 したときは どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 5 Q3: 従 業 員 が 退 職 したとき 等 は どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 8 Q4: 扶 養 家 族 を 被 扶 養 者 とするときや 被 扶 養 者 に 異 動

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

2 給 与 の 状 況 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 人 件 費 率 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B ( 平 成 24 年 度 末 ) (B/A) 平 成 25 年 3 月 31 日 % 平 成 24 年 度 67,4

2 給 与 の 状 況 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 人 件 費 率 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B ( 平 成 24 年 度 末 ) (B/A) 平 成 25 年 3 月 31 日 % 平 成 24 年 度 67,4 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 に 基 づき 市 職 員 の 給 与 や 勤 務 条 件 研 修 や 福 利 厚 生 等 について 主 に 平 成 24 年 度 の 状 況 を 公 表 します 1 任 免 および 職 員 数 に 関 する 状 況 (1) 職 員 採 用 試 験 の 状 況 ( 平 成

More information

被扶養者の認定取扱について

被扶養者の認定取扱について 日 本 マクドナルド 健 康 保 険 組 合 被 扶 養 者 認 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 健 康 保 険 法 第 3 条 第 7 項 の 規 定 による 被 扶 養 者 の 認 定 について 日 本 マクドナル ド 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という)が 適 正 かつ 公 平 に 行 うための 具 体 的 事 項 を 定 めることを 目 的 と する

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

11 新 型 インフルエンザ 予 防 接 種 健 康 被 害 救 済 給 付 金 ( 注 4) 12 ( 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の) 副 作 用 救 済 給 付 又 は( 生 物 由 来 製 品 感 染 等 被 害 救 済 制 度 の) 感 染 救 済 給 付 ( 注 4)

11 新 型 インフルエンザ 予 防 接 種 健 康 被 害 救 済 給 付 金 ( 注 4) 12 ( 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の) 副 作 用 救 済 給 付 又 は( 生 物 由 来 製 品 感 染 等 被 害 救 済 制 度 の) 感 染 救 済 給 付 ( 注 4) 様 式 第 1 号 及 び 第 2 号 ( 参 考 資 料 2)( 第 6 条 関 係 ) 留 意 事 項 支 給 対 象 者 について 支 給 対 象 者 は 平 成 26 年 1 月 1 日 において 以 下 の 条 件 を 満 たした 方 です 1 足 寄 町 の 住 民 基 本 台 帳 に 記 録 されている 方 ( ) 2 平 成 26 年 度 分 の 市 町 村 民 税 ( 均 等 割

More information

大阪府生活福祉資金のごあんない

大阪府生活福祉資金のごあんない 大 阪 府 生 活 福 祉 資 金 福 祉 資 金 貸 付 のごあんない この 貸 付 制 度 は 低 所 得 者 障 がい 者 または 高 齢 者 の 世 帯 に 対 し 資 金 の 貸 付 けと 必 要 な 相 談 支 援 を 行 うこ とにより その 経 済 的 自 立 および 生 活 意 欲 の 助 長 促 進 ならびに 在 宅 福 祉 および 社 会 参 加 の 促 進 を 図 り 安 定

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 3 6 7 条 お よ び 第 7 0 2 条 の 8 第 7 項 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 5 1 条 の 規 定 を 根 拠 と す る 固 定 資 産 税 お よ び 都 市 計 画 税

( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 3 6 7 条 お よ び 第 7 0 2 条 の 8 第 7 項 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 5 1 条 の 規 定 を 根 拠 と す る 固 定 資 産 税 お よ び 都 市 計 画 税 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 ( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 3 6 7 条 お よ び 第 7 0 2 条 の 8 第 7 項 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 5 1 条 の 規 定 を 根 拠 と す る 固 定 資 産 税 お よ び 都 市 計 画 税 の 減 免

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F905690A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6292E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F905690A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6292E646F6378> 2016 3 目 次 1 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 特 例 付 加 年 金 等 も 申 請 される 方 2 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 へ 2-1 農 業 者 老 齢 年 金 を 受 給 される 方 3 2-2 農 業 者 老 齢 年 金 の 金 額 4 2-3 年 金 の 受 取 り 税 金 5 2-4 現 況 届 の 提 出 7 2-5 受 給

More information

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用 2015 年 度 厚 生 年 金 保 険 法 ココだけは 絶 対 に 外 せない!! 会 社 員 などお 仕 事 をされていて 勉 強 時 間 が 限 られる 方 はこちらから 優 先 して 勉 強 すると 良 い でしょう 過 去 問 によく 出 題 されている 箇 所 優 先 で 選 びました 優 先 すべき 箇 所 は 太 文 字 表 示 しております 第 1 回 講 義 厚 生 年 金 保

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63> 国 民 健 康 保 険 国 民 年 金 国 民 健 康 保 険 手 続 き 問 合 せ 先 / 本 庁 国 保 医 療 課 各 支 所 健 康 福 祉 課 国 民 健 康 保 険 に 加 入 するとき もしくはやめるときは 必 ず14 日 以 内 に 届 出 をして こんなとき 必 要 なもの 職 場 の 健 康 保 険 をやめたとき 職 場 の 健 康 保 険 をやめた 証 明 書 国 民 健 康

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

Ⅱ給付事務

Ⅱ給付事務 Ⅳ 給 付 事 務 1. 基 金 給 付 の 仕 組 み 基 金 の 給 付 は キャッシュ バランス プランによる 生 協 独 自 の 給 付 老 齢 給 付 金 ( 年 金 ) 選 択 一 時 金 脱 退 一 時 金 遺 族 給 付 金 ( 一 時 金 ) です キャッシュ バランス プランでは 加 入 者 一 人 一 人 の 仮 想 個 人 勘 定 残 高 をもとに 給 付 を 行 います 基

More information

4. 支 給 内 容 採 用 後 願 書 の 情 報 に 基 づき 奨 学 生 区 分 を 決 定 し 下 記 の 奨 学 金 を 支 給 する なお 支 給 開 始 後 は 原 則 として 奨 学 生 区 分 は 変 更 しない 学 校 納 付 金 相 当 額 として 入 学 金 相 当 30 万

4. 支 給 内 容 採 用 後 願 書 の 情 報 に 基 づき 奨 学 生 区 分 を 決 定 し 下 記 の 奨 学 金 を 支 給 する なお 支 給 開 始 後 は 原 則 として 奨 学 生 区 分 は 変 更 しない 学 校 納 付 金 相 当 額 として 入 学 金 相 当 30 万 日 本 国 際 教 育 支 援 協 会 冠 奨 学 金 事 業 2016 年 度 JT 国 内 大 学 奨 学 金 ( 大 学 推 薦 ) 募 集 推 薦 要 項 公 益 財 団 法 人 日 本 国 際 教 育 支 援 協 会 ( 以 下 本 協 会 という )では 日 本 たばこ 産 業 株 式 会 社 のご 支 援 により JT 国 内 大 学 奨 学 金 ( 大 学 推 薦 ) ( 以 下 本

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

(3) 費 用 の 負 担 組 合 員 や 被 扶 養 者 が 保 険 医 療 機 関 において 療 養 家 族 療 養 の 給 付 を 受 けるときには 次 により 一 部 負 担 金 ( 自 己 負 担 額 )を 当 該 医 療 機 関 に 支 払 う 必 要 があります ア 組 合 員 の 場

(3) 費 用 の 負 担 組 合 員 や 被 扶 養 者 が 保 険 医 療 機 関 において 療 養 家 族 療 養 の 給 付 を 受 けるときには 次 により 一 部 負 担 金 ( 自 己 負 担 額 )を 当 該 医 療 機 関 に 支 払 う 必 要 があります ア 組 合 員 の 場 第 2 章 短 期 給 付 の 内 容 と 請 求 手 続 第 1 節 傷 病 等 に 係 る 給 付 組 合 員 及 び 被 扶 養 者 が 病 気 や 負 傷 をしたときは 通 常 の 場 合 組 合 員 証 を 保 険 医 療 機 関 に 提 示 する ことによって 療 養 の 給 付 や 家 族 療 養 費 の 現 物 給 付 を 受 けることができます しかし 緊 急 その 他 やむを 得

More information

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ 1. 月 収 額 を 計 算 する 前 に 月 収 額 を 計 算 する 前 に 次 のことを 確 かめてください あなたの 同 居 親 族 又 は 同 居 しようとする 親 族 と 扶 養 親 族 の 数 は 何 人 ですか? 同 居 親 族 とは 入 居 しようとする 親 族 ( 本 人 を 除 く)のことをいいます 扶 養 親 族 とは 入 居 しようとする 扶 養 親 族 及 び 入 居 しない

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information

<93C195CA92A58EFB8E9696B182CC82B582A882E82E786C7378>

<93C195CA92A58EFB8E9696B182CC82B582A882E82E786C7378> ~ 平 成 26 年 度 版 ~ 北 海 道 美 唄 市 個 人 住 民 税 ( 市 民 税 道 民 税 )について 1 特 別 徴 収 の 義 務 1 特 別 徴 収 義 務 者 の 指 定 1 対 象 になる 人 1 給 与 支 払 報 告 書 の 提 出 1 特 別 徴 収 税 額 決 定 通 知 書 の 送 付 1 納 期 と 納 入 方 法 税 額 の 変 更 通 知 2 2 退 職 休

More information

小 中 学 生 対 象 名 称 資 格 校 種 貸 与 額 等 募 集 期 間 貸 与 期 間 等 取 扱 窓 口 問 い 合 わせ 生 活 保 護 法 による 教 育 扶 助 費 生 活 保 護 受 給 世 帯 対 象 受 付 期 間 随 時 県 内 各 振 興 局 健 康 福 祉 部 小 学 校

小 中 学 生 対 象 名 称 資 格 校 種 貸 与 額 等 募 集 期 間 貸 与 期 間 等 取 扱 窓 口 問 い 合 わせ 生 活 保 護 法 による 教 育 扶 助 費 生 活 保 護 受 給 世 帯 対 象 受 付 期 間 随 時 県 内 各 振 興 局 健 康 福 祉 部 小 学 校 平 成 25 年 版 就 学 修 学 就 職 のための 貸 与 制 度 のご 案 内 ( 掲 載 している 制 度 は 平 成 24 年 12 月 現 在 のもの) 和 歌 山 県 教 A 育 委 員 会 小 中 学 生 対 象 名 称 資 格 校 種 貸 与 額 等 募 集 期 間 貸 与 期 間 等 取 扱 窓 口 問 い 合 わせ 生 活 保 護 法 による 教 育 扶 助 費 生 活 保 護

More information

子 ども 子 育 て 新 制 度 について 子 ども 子 育 て 新 制 度 が 平 成 27 年 4 月 から 始 まります 新 制 度 のスタートに 伴 い 教 育 保 育 施 設 を 利 用 する 際 には 支 給 認 定 を 受 ける 必 要 があ ります 保 育 所 への 入 所 を 希

子 ども 子 育 て 新 制 度 について 子 ども 子 育 て 新 制 度 が 平 成 27 年 4 月 から 始 まります 新 制 度 のスタートに 伴 い 教 育 保 育 施 設 を 利 用 する 際 には 支 給 認 定 を 受 ける 必 要 があ ります 保 育 所 への 入 所 を 希 平 成 27 年 度 入 所 用 生 駒 市 保 育 所 入 所 案 内 保 育 所 ( 保 育 園 )とは 保 育 所 ( 保 育 園 )は 保 護 者 が 働 いたり 病 気 の 状 態 にあったりして 家 庭 において 十 分 保 育 することができない 児 童 を 保 護 者 にかわって 保 育 することを 目 的 とした 児 童 福 祉 施 設 です 保 護 者 が 希 望 する 保 育

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08EF38B8B8CA08ED282CC82B582A882E8816990E096BE95B6816A4831382E342E32382E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08EF38B8B8CA08ED282CC82B582A882E8816990E096BE95B6816A4831382E342E32382E646F63> 基 金 型 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 年 金 受 給 権 者 のしおり 大 日 本 印 刷 企 業 年 金 基 金 ( 平 成 18 年 4 月 改 定 ) < 目 次 > はじめに 1ページ 1. 年 金 証 書 について 2ページ 2. 年 金 の 支 払 われ 方 3ページ 3. 給 付 金 の 税 務 4ページ 4. 年 金 受 給 中 に 必 要 な 手 続 き 5ページ (1)

More information

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す 山 口 県 警 察 に 勤 務 する 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 訓 令 平 成 7 年 3 月 31 日 本 部 訓 令 第 1 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 訓 令 は 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 山 口 県 条 例 第 11 号 以 下 勤 務 時 間 条 例 という ) 及

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 か 1 年 間 の 年 金 額 を 確 かめて 前 年 中 の 年 間 総 所 得 金 額 めてください ください を 確 かめてください 計 算 のしか

給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 か 1 年 間 の 年 金 額 を 確 かめて 前 年 中 の 年 間 総 所 得 金 額 めてください ください を 確 かめてください 計 算 のしか (5) 月 収 額 の 計 算 のしかた 月 収 額 を 計 算 する 前 に 次 のことを 確 かめてください (1)あなたの 同 居 親 族 または 同 居 しようとする 親 族 と 扶 養 親 族 の 数 は (2)あなたの 世 帯 の 総 収 入 金 額 または 総 所 得 金 額 は (3)あなたの 世 帯 は 収 入 基 準 に 合 ってますか (1) 同 居 親 族 扶 養 家 族 の

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 の 貸 付 対 象 が 家 庭 にも 拡 大 され 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 となりました この

More information

H26 公表原案.xls

H26 公表原案.xls 水 戸 市 公 告 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 7 年 水 戸 市 条 例 第 3 号 ) 第 6 条 の 規 定 に 基 づき, 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について, 次 のとおり 公 表 する 平 成 6 年 9 月 8 日 水 戸 市 長 高 橋 靖 平 成 6 年 度 水 戸 市 事 行 政 の

More information

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 沖 縄 県 職 員 のための 子 育 てハンドブック 22 年 3 月 総 務 部 人 事 課 1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 中

More information

2 年 金 実 務 3 年 金 実 務 4 年 金 実 務 5 年 金 実 務 6 年 金 実 務 7 年 金 実 務 8 年 金 実 務 9 年 金 実 務 10 年 金 実 務 11 年 金 実 務 12 年 金 実 務 13 年 金 実 務 14 年 金 実 務 15 年 金 実 務 16 年 金 実 務 17 年 金 実 務 ません 18 19 年 金 実 務 20 年 金 実 務 21 年

More information