Ⅰ. 提 案 事 項 1. 国 では 空 港 が 地 域 活 性 化 に 果 たす 役 割 に 着 目 し 空 港 の 上 下 一 体 化 による 民 間 委 託 を 進 めている 上 下 一 体 化 を 通 じた 空 港 の 民 間 委 託 により 着 陸 料 の 低 下 や 空 港 ビル 経 営

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Ⅰ. 提 案 事 項 1. 国 では 空 港 が 地 域 活 性 化 に 果 たす 役 割 に 着 目 し 空 港 の 上 下 一 体 化 による 民 間 委 託 を 進 めている 上 下 一 体 化 を 通 じた 空 港 の 民 間 委 託 により 着 陸 料 の 低 下 や 空 港 ビル 経 営"

Transcription

1 道 内 空 港 の 民 間 委 託 の 方 向 性 について 平 成 28 年 3 月 北 海 道 経 済 連 合 会

2 Ⅰ. 提 案 事 項 1. 国 では 空 港 が 地 域 活 性 化 に 果 たす 役 割 に 着 目 し 空 港 の 上 下 一 体 化 による 民 間 委 託 を 進 めている 上 下 一 体 化 を 通 じた 空 港 の 民 間 委 託 により 着 陸 料 の 低 下 や 空 港 ビル 経 営 グランドハンドリングの 効 率 化 等 が 図 られ 航 空 路 線 の 拡 大 や 旅 客 数 の 増 加 をもたらすこ とが 期 待 される 北 海 道 においても 空 港 の 民 間 委 託 は 経 済 の 活 性 化 に 大 きな 効 果 がある と 認 められる 2. 北 海 道 においては まずは 新 千 歳 空 港 を 核 として 国 管 理 3 空 港 ( 函 館 釧 路 稚 内 )とのバンドリングによる 民 間 委 託 ( 特 定 目 的 会 社 SPCによる 運 営 )を 目 指 す さらに 採 算 性 についてさらなる 検 証 は 必 要 であるものの 需 要 分 散 発 着 枠 規 制 対 応 といった 新 千 歳 空 港 の 機 能 補 完 といった 観 点 を 勘 案 し 国 管 理 4 空 港 に 加 え 地 元 の 意 向 などが 整 えば 帯 広 旭 川 ( 市 管 理 空 港 )を 一 体 的 に 運 営 することが 望 ましい また 利 用 客 数 が 函 館 旭 川 に 次 いで 多 い 女 満 別 空 港 ( 道 管 理 空 港 )についても 広 域 観 光 の 観 点 から まずは 指 定 管 理 者 制 度 によるSPCとの 一 体 運 営 を 目 指 し その 後 経 営 自 立 化 の 道 筋 が 明 確 になれば さらに 踏 み 込 んだ 経 営 統 合 を 考 えるような 段 階 的 な 対 応 が 望 まれる 他 の 道 管 理 空 港 についても 指 定 管 理 者 制 度 によるSPCとの 一 体 管 理 などの 可 能 性 は 残 す 必 要 がある これにより 投 資 や 運 営 面 での 効 率 化 に 加 え 新 千 歳 空 港 と 道 内 他 空 港 が 連 携 して 航 空 路 線 の 維 持 拡 充 を 図 ることが 期 待 される 3. 運 営 権 者 となるSPCに 対 しては 交 渉 力 の 強 化 を 通 じて 道 内 外 の 航 空 路 線 の 維 持 拡 充 を 図 る 努 力 を 促 すことはもとより 上 下 一 体 化 の 効 果 を 全 道 に 波 及 させるために LCCのような 低 料 金 での 移 動 を 可 能 とする 路 線 の 道 内 外 への 拡 充 を 要 請 する 4. 道 内 外 の 航 空 ネットワーク 拡 充 強 化 の 方 策 として 国 に 対 しては 1~15 年 と いう 時 限 的 対 応 として 新 規 路 線 就 航 (LCCなど)に 伴 う 初 期 リスク 低 減 を 図 る 助 成 制 度 などの 支 援 措 置 の 創 設 を 要 請 する 運 営 会 社 への 提 案 の 義 務 付 け( 売 却 代 金 を 減 じ て 必 要 資 金 を 留 保 )や 離 島 補 助 金 の 拡 充 など 国 の 支 援 制 度 としての 措 置 など 様 々な 方 法 が 考 えられるが 実 効 性 が 高 くかつ 弾 力 的 な 制 度 運 営 ができる 仕 組 みを 検 討 してい く 必 要 がある 5. 道 内 空 港 における 民 間 委 託 の 効 果 を 高 めるために 空 港 経 営 を 担 うSPCについては 道 内 企 業 が 主 要 な 役 割 を 担 うことが 望 まれる 1

3 Ⅱ. 提 案 理 由 1. 北 海 道 における 空 港 民 間 委 託 の 早 期 実 現 の 必 要 性 (1) 北 海 道 経 済 の 活 性 化 と 航 空 路 線 の 維 持 拡 充 北 海 道 は 人 口 減 少 が 続 いており この 傾 向 は 長 期 的 に 継 続 すると 考 えられている こ のため 北 海 道 経 済 の 維 持 活 性 化 のためには 生 産 性 向 上 交 流 人 口 増 加 外 貨 獲 得 と いった 取 組 が 必 要 となる このような 経 済 活 性 化 の 取 組 に 加 え 道 民 生 活 の 維 持 向 上 の 上 で 道 内 交 通 ネット ワークを 維 持 発 展 させていくことが 不 可 欠 である 国 の 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン 構 想 会 議 においては 22 年 までにインバ ウンド3 千 万 人 を 達 成 するために 首 都 圏 ~ 関 西 のいわゆるゴールデンルート 以 外 に 地 方 での 受 け 入 れ 拡 大 を 図 ることが 必 要 としている このなかで 北 海 道 は インバウンドの 受 け 入 れ 拡 大 可 能 性 の 高 い 地 域 として 位 置 付 けられており 国 際 航 空 路 線 の 拡 充 が 必 要 で ある (2) 北 海 道 の 航 空 ネットワークに 係 る 現 在 の 課 題 航 空 路 線 については この1 年 間 で 路 線 の 廃 止 機 材 小 型 化 などで 輸 送 力 が 落 ち 込 んでおり 道 内 航 空 路 線 についても 経 営 環 境 が 厳 しく 縮 小 している 北 海 道 としての 観 光 政 策 の 課 題 があるものの 航 空 路 線 の 縮 小 等 によって インバウ ンド 以 外 の 道 外 観 光 客 については 近 年 伸 び 悩 み 傾 向 にあり 好 調 が 続 く 沖 縄 京 都 首 都 圏 などとの 競 争 力 が 弱 まりつつある 道 内 空 港 の 利 用 客 については 新 千 歳 空 港 と 他 空 港 との 格 差 が 大 きく 新 千 歳 空 港 へ の 一 極 集 中 が 顕 著 となっている また 同 空 港 が 自 衛 隊 との 共 管 空 港 であることなどによ り 発 着 枠 の 制 約 共 産 圏 諸 国 からの 乗 り 入 れ 規 制 などの 問 題 が 存 在 する このため 新 千 歳 空 港 における 今 後 の 受 け 入 れ 拡 大 についてはある 程 度 の 制 約 がある 観 光 客 の 新 千 歳 空 港 を 発 着 点 とした 道 内 周 遊 という 定 番 パターンに 限 界 が 見 えており 今 後 は 地 方 空 港 での 受 け 入 れ 拡 充 を 図 り 地 域 構 造 に 見 合 った 多 極 分 散 型 の 拠 点 空 港 形 成 と 道 内 空 港 間 の 航 空 ネットワークの 維 持 も 必 要 と 考 えられている (3) 空 港 の 民 間 委 託 により 期 待 される 効 果 これまで 掲 げた 航 空 ネットワークの 様 々な 課 題 解 決 に 向 けた 対 応 策 として 空 港 の 民 間 委 託 ( 公 共 施 設 運 営 権 (コンセッション) )がある 運 営 権 者 ( 特 定 目 的 会 社 SPC) が 空 港 ビルなどの 空 港 施 設 と 滑 走 路 を 上 下 一 体 化 して 運 営 することにより 柔 軟 な 着 陸 料 の 設 定 空 港 関 連 施 設 の 経 営 効 率 化 と 収 益 性 拡 大 が 期 待 される また 運 営 権 者 が 力 をつ けることで 航 空 会 社 との 交 渉 力 が 強 化 され 航 空 路 線 の 維 持 拡 充 や 国 際 路 線 を 含 めた 新 規 路 線 の 誘 致 を 推 進 することも 期 待 できる 2

4 (4) 国 内 における 空 港 経 営 の 民 間 委 託 の 進 展 全 国 では 仙 台 空 港 関 西 国 際 空 港 が 民 間 委 託 を 開 始 する 予 定 であり 高 松 福 岡 広 島 各 空 港 も 同 様 な 方 向 を 目 指 している 仙 台 空 港 における 運 営 権 者 としては 採 算 性 向 上 を 強 くアピールした 東 急 グループが 高 い 評 価 を 受 け 選 定 された 東 急 グループは 路 線 拡 充 はもとより 採 算 性 向 上 に 向 けた 空 港 ターミナルビルに 入 居 する 事 務 所 やテナント 等 の 配 置 替 えに 加 え 空 港 周 辺 地 域 の 集 客 施 設 の 建 設 等 も 手 がけている (5) 望 まれる 早 期 の 民 間 委 託 全 国 の 空 港 が 民 間 委 託 を 進 めるなかで 今 後 は 空 港 間 の 競 争 も 激 化 していくと 考 えら れる このため 北 海 道 においても 22 年 の 東 京 オリンピック 開 催 に 向 けて 早 期 に 民 間 委 託 を 進 め 航 空 路 線 の 維 持 拡 充 空 港 経 営 の 効 率 化 を 図 ることが 地 域 経 済 活 性 化 の ための 喫 緊 の 課 題 となっている 2. 望 ましいと 考 えられる 空 港 の 民 間 委 託 の 枠 組 み (1) 想 定 される 民 間 委 託 の 枠 組 み 道 内 には5つの 国 管 理 空 港 ( 新 千 歳 函 館 釧 路 稚 内 丘 珠 : 共 用 ) 3つの 道 管 理 空 港 ( 女 満 別 中 標 津 紋 別 ) 2つの 地 方 自 治 体 管 理 空 港 ( 帯 広 旭 川 ) 2つの 離 島 空 港 ( 利 尻 奥 尻 ( 礼 文 )) があり 管 理 者 経 営 状 況 空 港 の 位 置 づけ 路 線 の 特 性 など の 差 異 が 大 きい こうした 複 数 でかつ 基 盤 の 異 なる 空 港 の 民 間 委 託 の 枠 組 みについては 1 路 線 の 拡 大 が 続 き 空 港 施 設 の 経 営 が 順 調 な 新 千 歳 空 港 単 独 でのコンセッション 2 新 千 歳 空 港 を 核 とした 複 数 空 港 のバンドリングによるコンセッションが 想 定 される 1 新 千 歳 空 港 単 独 コンセッション 収 益 力 が 高 く 空 港 施 設 の 経 営 が 順 調 な 新 千 歳 空 港 については 関 係 者 の 調 整 が 円 滑 に 行 われれば 先 行 事 例 よりも 競 争 的 な 流 れが 実 現 する 可 能 性 が 高 い そのことは 全 国 他 空 港 とは 比 較 にならない 価 値 で 運 営 権 を 売 却 できる 可 能 性 がある 一 方 SPCにと って 投 資 負 担 が 重 くのしかかる 可 能 性 も 懸 念 される その 結 果 運 営 権 者 が 収 益 追 求 を 優 先 して 先 述 の 新 千 歳 一 極 集 中 をより 顕 著 にし 収 益 性 の 低 い 路 線 や 空 港 の 需 要 開 拓 を 劣 後 させる 可 能 性 もあり 観 光 客 の 道 内 の 効 率 的 な 移 動 や 地 方 と 札 幌 を 結 ぶ 生 活 の 足 が 奪 われる 懸 念 がある こうした 課 題 への 対 応 策 として 道 内 空 港 全 体 の 需 要 拡 大 ( 需 要 分 散 ) 現 行 航 空 路 線 の 維 持 拡 充 新 規 航 空 路 線 の 道 内 空 港 全 体 への 誘 致 道 内 空 港 全 体 の 経 営 効 率 化 収 益 強 化 などを 運 営 権 者 に 義 務 付 けることにより 運 営 権 者 のノウハウを 生 かした 理 想 的 な 方 向 を 達 成 することも 不 可 能 ではない しかし 上 記 義 務 付 けが 後 述 するバンドリングの 場 合 と 異 なり SPCにとっての 3

5 利 益 確 保 につながらず 新 千 歳 空 港 への 一 極 集 中 をさらに 加 速 させる 懸 念 もある 2 新 千 歳 空 港 を 中 核 とする 複 数 空 港 のバンドリングによるコンセッション 新 千 歳 空 港 を 中 核 とする 複 数 空 港 のバンドリングによるコンセッションは 以 下 のよ うなメリットが 考 えられる 1) 運 営 権 者 が 他 空 港 と 一 体 運 営 することにより 戦 略 的 な 投 資 の 実 行 空 港 間 の 連 携 による 営 業 活 動 が 期 待 される 例 えば 運 営 権 者 が 路 線 維 持 拡 充 のために 各 空 港 の 着 陸 料 グランドハンドリング 料 金 施 設 利 用 料 などを 弾 力 的 に 設 定 することが 考 え られる 2) 空 港 ターミナルビルにおける 商 品 の 仕 入 れ 一 括 化 販 売 ノウハウの 共 有 化 地 域 資 源 を 生 かした 物 産 開 発 と 独 自 性 のある 飲 食 メニューの 提 供 等 によりビル 経 営 の 収 益 性 を 向 上 させることが 期 待 される 3) 複 数 空 港 の 一 体 経 営 により グランドハンドリング 業 務 メンテナンス 労 務 管 理 等 の 効 率 化 を 推 進 することができる 4) 各 地 域 の 観 光 関 係 事 業 者 交 通 機 関 との 連 携 による 地 域 特 性 を 生 かした 空 港 を 拠 点 とする 新 たな 観 光 メニューの 開 発 とエアポートセールスの 連 携 が 期 待 される 一 方 デメリットとして 赤 字 空 港 が 経 営 効 率 化 するインセンティブを 失 い 赤 字 を 当 然 のこととしてしまうような 事 態 が 考 えられる また 旭 川 空 港 や 帯 広 空 港 で 国 際 線 ターミナルの 整 備 が 計 画 されているが その 成 否 を 評 価 することなく 経 営 の 一 体 化 を 図 れば 同 様 の 問 題 が 起 きかねないものと 考 えられる 赤 字 空 港 と 一 体 化 することから 新 千 歳 空 港 単 独 コンセッションと 比 較 して 運 営 権 の 対 価 が 低 下 すると 考 えられているが 少 なくとも 国 が 所 有 する 滑 走 路 施 設 などに 関 し ては 赤 字 にかかる 現 在 価 値 に 見 合 う 将 来 キャッシュフローの 現 在 価 値 が 価 格 から 相 殺 されるという 意 味 では 国 にとっては 等 価 の 取 引 になる 点 は 適 切 に 理 解 する 必 要 がある また 複 数 空 港 の 地 元 関 係 者 空 港 ターミナルビルの 株 主 等 との 調 整 など コンセッシ ョン 実 現 までに 長 時 間 要 する 可 能 性 がある しかし 1.(2)に 掲 げた 航 空 ネットワー クの 諸 課 題 の 解 決 に 当 たっては 複 数 空 港 の 一 体 運 営 により 空 港 間 の 路 線 の 維 持 需 要 の 分 散 などの 相 互 補 完 関 係 を 構 築 できるなどの 観 点 から 新 千 歳 空 港 単 独 コンセッシ ョンより 複 数 空 港 のバンドリングによるコンセッションが 望 ましいと 考 えられる (2) 望 ましいバンドリングの 範 囲 民 間 委 託 を 早 期 にかつ 着 実 に 実 現 させるためには まずは 制 度 上 すでに 認 められてい る 新 千 歳 空 港 を 含 む4つの 国 管 理 空 港 を 先 行 してバンドリングすることが 望 ましい なお 国 管 理 空 港 のうち 丘 珠 空 港 については 自 衛 隊 共 用 空 港 という 特 殊 性 などを 踏 まえ バ ンドリングの 対 象 には 含 めないものとしている 国 管 理 4 空 港 については 関 係 者 や 地 元 調 整 を 積 極 的 に 進 めることとし コンセッシ 4

6 ョンの 早 期 実 現 に 努 める 必 要 がある 収 益 性 の 低 い 空 港 ターミナルビルなどに 関 しては 有 償 譲 渡 がきわめて 難 しい 可 能 性 なども 考 えられ 収 益 確 保 に 向 けてさらなる 経 営 努 力 な ども 必 要 となっている 市 管 理 空 港 である 帯 広 旭 川 両 空 港 については 新 千 歳 空 港 からの 時 間 距 離 が 比 較 的 近 く 新 千 歳 空 港 の 発 着 規 制 ( 発 着 枠 共 産 圏 の 乗 り 入 れ 規 制 等 )への 対 応 や 悪 天 候 時 に おける 代 替 着 陸 などの 補 完 的 な 役 割 が 期 待 できるほか 道 北 道 東 の 拠 点 空 港 としての 機 能 を 発 揮 することが 期 待 される 一 方 道 管 理 空 港 のうち 女 満 別 空 港 については 利 用 者 数 が 函 館 旭 川 に 次 いで 多 く 釧 路 とともに 道 東 の 拠 点 空 港 としての 役 割 を 果 たしてお り まずは 指 定 管 理 者 制 度 によるSPCとの 一 体 運 営 が 望 まれる その 後 道 内 航 空 ネッ トワークの 充 実 などにより 経 営 自 立 化 の 道 筋 が 明 確 になれば さらに 踏 み 込 んだ 経 営 統 合 を 考 えるような 段 階 的 な 対 応 が 望 まれる なお 道 管 理 の 他 空 港 については バンドリ ングによるメリットを 勘 案 し 指 定 管 理 者 制 度 によるSPCとの 運 営 の 一 体 化 の 途 は 残 す 必 要 がある なお インバウンドの 増 加 に 対 応 した 空 港 ターミナルビル 等 への 設 備 投 資 が 複 数 計 画 されているが SPCの 経 営 に 大 きく 影 響 を 及 ぼすような 計 画 については 実 施 時 期 を 見 極 める 必 要 があるほか 実 施 された 投 資 については 供 用 された 効 果 を 検 証 しつつ 一 体 化 の 時 期 や 方 法 などについて 検 討 することが 必 要 となる 3. 道 内 外 の 路 線 拡 充 に 向 けた 取 り 組 みに 関 する 要 望 (1) 運 営 権 者 に 求 める 取 り 組 み 運 営 権 者 となるSPCに 求 められる 役 割 は 道 内 航 空 路 線 の 維 持 拡 大 および 国 内 外 からの 旅 客 の 増 加 を 通 じた 交 流 人 口 の 増 大 による 北 海 道 経 済 の 活 性 化 である SPCには 北 海 道 経 済 の 維 持 活 性 化 に 向 け 長 期 的 な 視 点 で 道 内 航 空 ネットワークの 効 率 化 を 図 ってもらうと 共 に 路 線 の 維 持 拡 大 に 向 けて 邁 進 することが 望 まれる この ため コンセッション 方 式 の 導 入 後 着 陸 料 引 き 下 げ 等 を 通 じて 多 くの 航 空 会 社 の 乗 り 入 れ 可 能 性 を 高 める 等 道 内 外 の 航 空 ネットワークの 維 持 拡 充 を 図 るための 資 金 的 枠 組 み を 確 保 することが 必 要 である (2) 資 金 的 枠 組 みの 確 保 に 向 けた 方 策 北 海 道 の 航 空 ネットワークの 維 持 拡 大 のための 資 金 的 枠 組 みの 確 保 策 として 主 に 2つの 手 法 が 考 えられる 1 当 初 からSPCに 一 定 の 資 金 を 留 保 し 時 限 的 に 航 空 ネットワーク 維 持 拡 充 に 活 用 する 仕 組 みについては 資 金 確 保 が 確 実 である 一 方 資 金 留 保 分 だけ 運 営 権 売 却 価 格 が 低 減 される 等 のインセンティブを 入 札 条 件 に 含 める 必 要 がある 2 北 海 道 特 例 ( 特 区 )として 道 内 外 航 空 路 線 維 持 拡 充 のための 助 成 を 国 から 得 てい く 手 法 もありうるが 現 時 点 で 担 保 されるものではない しかし かかる 特 例 措 置 が 手 当 てされれば 相 応 の 実 効 性 が 見 込 まれる 5

7 なお 旅 客 取 扱 施 設 利 用 料 (PSFC)を 利 用 客 から 徴 収 する 等 した 資 金 を 原 資 とし て 道 内 外 航 空 路 線 の 維 持 拡 充 に 向 けて SPCに 一 定 の 資 金 負 担 をフローで 求 めると いう 考 え 方 もある ただし PSFCは 本 来 は 旅 客 施 設 およびサービスに 対 する 対 価 で あり 航 空 ネットワーク 維 持 への 活 用 は 想 定 されていない いずれの 手 法 にせよ コンセッションの 導 入 直 後 から 限 られた 時 間 の 中 で 北 海 道 経 済 の 活 性 化 に 対 し 確 実 に 効 果 を 発 現 できる 枠 組 み 構 築 が 重 要 である ちなみに 自 治 体 に 空 港 ターミナルビルの 株 式 売 却 代 金 が 入 ることが 想 定 されるが その 資 金 を 空 港 ネットワークの 維 持 活 性 化 に 活 用 することが 望 まれる 4. 運 営 権 者 として 望 ましい 主 体 について 道 内 空 港 の 民 間 委 託 により 北 海 道 経 済 の 維 持 活 性 化 を 図 るためには 空 港 経 営 を 担 う SPCについては 道 内 の 地 元 企 業 が 主 要 な 役 割 を 担 うことが 望 まれる 地 元 企 業 は そ の 特 性 強 みを 活 かすと 共 に 地 域 内 で 資 金 の 好 循 環 を 実 現 することが 可 能 な 主 体 であり コンセッションを 機 会 に 地 域 経 済 への 波 及 を 最 大 化 させることが 期 待 される 以 上 6

8 道 内 空 港 の 民 間 委 託 の 方 向 性 について 参 考 資 料 平 成 28 年 3 月 北 海 道 経 済 連 合 会

9

10 1. 提 案 の 位 置 づけ (1) 目 指 す 方 向 現 在 の 空 港 経 営 改 革 は 地 域 が 主 体 的 に 方 向 性 を 検 討 することとなっているため 道 の 空 港 経 営 改 革 の 方 向 づけに 対 する 経 済 界 としての 意 見 を 表 明 するもの (2) 北 海 道 の 活 性 化 に 向 けた 課 題 1 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 24 年 に 向 けて 人 口 の 大 幅 な 減 少 高 齢 化 の 進 展 が 著 しく 人 口 は 札 幌 市 への 一 極 集 中 が 継 続 し 地 方 圏 では 大 幅 な 減 少 が 見 込 まれる 同 様 に 地 方 圏 での 高 齢 化 も 道 央 圏 と 比 較 して 著 しく 進 展 していく ( 全 国 と 北 海 道 の 人 口 高 齢 化 の 長 期 予 測 ) ( 札 幌 市 の 人 口 シェア) ( 資 料 ) 国 土 交 通 省 北 海 道 局 北 海 道 開 発 の 将 来 展 望 に 関 するとりまとめ ( 平 成 26 年 9 月 ) ( 北 海 道 の6 圏 域 別 将 来 推 計 人 口 ) ( 単 位 : 千 人 ) 1

11 ( 千 人 ) 6, 5, 4, 3, , 1, 3,43 3,357 3,275 3,169 3,44 2,95 2, 年 215 年 22 年 225 年 23 年 235 年 24 年 道 央 圏 道 南 圏 道 北 圏 オホーツク 圏 十 勝 圏 釧 路 根 室 圏 ( 出 所 ) 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 地 域 別 将 来 推 計 人 口 より 作 成 2

12 実 質 道 内 総 生 産 の 低 下 も 見 込 まれ 交 流 人 口 の 増 加 ( 道 内 での 消 費 拡 大 ) 地 域 産 業 の 高 度 化 ( 国 際 競 争 力 ある 産 業 の 維 持 拡 大 ) 基 幹 産 業 であるサービス 産 業 の 生 産 性 の 向 上 などが 必 要 である ( 北 海 道 の 実 質 道 内 総 生 産 の 長 期 予 測 :28 年 までの 過 去 1 年 間 の 推 移 から 推 計 ) 7 25 実 質 域 内 総 生 産 ( 北 海 道 以 外 ) ( 兆 円 ) 平 成 17 年 (25 年 ) 平 成 22 年 (21 年 ) 平 成 32 年 (22 年 ) 平 成 42 年 (23 年 ) 平 成 62 年 (25 年 ) 実 質 道 内 総 生 産 ( 兆 円 ) 東 北 関 東 その 他 全 国 北 海 道 ( 資 料 ) 国 土 交 通 省 収 支 採 算 性 及 び 投 資 効 果 の 確 認 に 関 する 参 考 資 料 ( 整 備 新 幹 線 資 料 ) 3

13 2 道 外 からの 入 込 客 数 宿 泊 客 数 の 低 迷 北 海 道 への 道 外 からの 入 込 客 数 は 高 度 成 長 期 以 降 順 調 な 伸 びを 示 してきたが 平 成 11 年 をピークに 低 下 傾 向 にある 地 域 別 にみると 道 東 (オホーツク 釧 路 根 室 )の 減 少 が 著 しく 道 北 十 勝 道 央 は 減 少 幅 が 小 さいなど 地 域 別 の 差 が 大 きくなっている 道 北 については 旭 山 動 物 園 の 集 客 効 果 が 一 時 期 顕 著 に 表 れていた 道 外 入 込 客 数 の 長 期 推 移 5, 千 人 45, 4, 35, 3, 25, 2, 平 成 11 年 度 15, 1, 5, 昭 和 平 成 元 年 度 ( 資 料 ) 北 海 道 経 済 局 北 海 道 観 光 入 込 客 数 調 査 報 告 書 より 作 成 道 内 地 域 別 道 外 宿 泊 客 数 の 推 移 ( 平 成 11 年 度 =1 とした 場 合 の 推 移 ) 十 勝 圏 道 北 圏 道 央 圏 道 南 圏 釧 路 根 室 圏 6 5 オホーツク 圏 4 平 成 年 度 ( 資 料 ) 北 海 道 経 済 局 北 海 道 観 光 入 込 客 数 調 査 報 告 書 より 作 成 4

14 平 成 26 年 度 の 域 外 ( 同 一 都 道 府 県 外 )からの 宿 泊 客 延 数 をみると 北 海 道 はいわ ゆるゴールデンルート 上 にある 地 域 や 沖 縄 県 よりも 少 なく 23~26 年 度 の 伸 び 率 は 同 じくゴールデンルート 上 の 地 域 や 沖 縄 県 などよりも 低 位 となっている 近 年 における 北 海 道 の 観 光 振 興 において 道 外 客 を 呼 び 込 むための 対 応 が 課 題 と なっている 域 外 ( 同 一 都 道 府 県 外 : 外 国 人 を 除 く)からの 宿 泊 客 延 数 域 外 ( 同 一 都 道 府 県 外 : 外 国 人 を 除 く)からの 宿 泊 客 延 数 の 伸 び(H23~26 年 度 の 比 較 ) ( 資 料 ) 北 海 道 観 光 振 興 機 構 資 料 5

15 2. 道 内 交 通 ネットワークにおける 空 路 の 位 置 づけと 課 題 (1) 空 路 の 位 置 づけ 道 内 道 外 間 輸 送 は そのほとんどを 航 空 が 担 っており 空 路 は 重 要 な 役 割 を 果 たしている 北 海 道 新 幹 線 開 業 により 鉄 道 利 用 者 も 増 えると 考 えられるが 少 なくとも 札 幌 延 伸 までは 今 後 も 航 空 が 道 外 との 交 流 や 短 時 間 で 地 域 間 を 結 ぶこ とから 道 内 産 業 の 生 産 性 の 向 上 を 図 る 上 で 重 要 な 役 割 を 果 たすと 考 えられる 道 内 間 の 移 動 においては 自 動 車 の 比 率 が 圧 倒 的 に 高 く 航 空 の 割 合 は 非 常 に 小 さくなっている( 全 体 の.1% 程 度 ) 平 成 18 年 から 23 年 にかけて 道 内 道 外 間 輸 送 人 数 は 減 少 していたが その 後 増 加 に 転 じている 増 加 分 はそのほとんどが 航 空 利 用 者 である ( 千 人 ) 3, 道 内 道 外 間 輸 送 人 数 輸 送 機 関 別 25, 2, 15, 1, 21,187 21,16 21,738 21,83 19,974 18,679 18,64 17,35 19,112 2,173 21,51 5, 2,84 2,24 1,967 1,997 1,95 1,732 1,695 1,723 1,729 1,73 1, 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 2 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 J R 船 舶 航 空 道 内 道 外 間 輸 送 人 数 ( 構 成 比 ) 輸 送 機 関 別 1.% 8.% 6.% 85.% 85.2% 85.5% 85.1% 84.9% 84.9% 85.% 85.1% 85.7% 86.3% 87.4% 4.% 2.%.% 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 2 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 J R 船 舶 航 空 ( 資 料 ) 国 土 交 通 省 地 域 間 旅 客 流 動 調 査 6

16 (2) 現 在 の 道 内 外 の 航 空 路 線 の 課 題 空 港 乗 降 客 ( 国 内 線 国 際 線 とも)における 新 千 歳 空 港 のシェアは8 割 程 度 を 占 める 国 際 線 の 乗 降 客 数 は 新 規 路 線 就 航 が 相 次 ぐ 新 千 歳 空 港 以 外 に 旭 川 函 館 空 港 に 台 湾 中 国 便 が 新 規 就 航 したことから 両 空 港 での 乗 降 客 数 が 伸 びている 貨 物 取 扱 量 に 関 しては 新 千 歳 空 港 はほぼ 横 ばいで 推 移 しているが その 他 の 地 方 空 港 は 軒 並 み 減 少 している 中 標 津 空 港 だけは 域 内 の 高 付 加 価 値 製 品 ( 主 に 魚 介 類 などの 生 鮮 品 )の 移 輸 出 拡 大 などにより 22 年 度 以 降 回 復 傾 向 にある 新 千 歳 空 港 への 国 内 国 際 搭 乗 客 の 一 極 集 中 国 内 線 乗 降 客 数 割 合 (H26) 国 内 線 乗 降 客 数 割 合 の 推 移 稚 内.8% 帯 広 2.5% 釧 路 2.9% 女 満 別 3.2% 旭 川 4.1% 函 館 6.7% 中 標 津.8% 紋 別.3% 利 尻.2% 丘 珠.8% 新 千 歳 77.6% 1% 8% 6% 4% 2% % 5.3% 4.6% 4.7% 4.4% 4.1% 7.1% 6.8% 6.6% 6.7% 6.7% 75.6% 76.7% 77.1% 77.4% 77.6% H22 H23 H24 H25 H26 新 千 歳 函 館 旭 川 女 満 別 釧 路 帯 広 その 他 道 内 空 港 国 際 線 乗 降 客 数 割 合 (H26) 国 際 線 乗 降 客 数 割 合 の 推 移 女 満 別.1% 旭 川 7.8% 函 館 8.7% 釧 路.3% 帯 広.2% 1% 8% 6% 4% 6.3% 3.9% 3.7% 6.8% 6.2% 3.2% 6.2% 7.8% 8.6% 8.7% 85.% 9.7% 87.7% 83.1% 83.% 新 千 歳 83.% 2% % 新 千 歳 H22 函 館 H23 旭 川 H24 女 満 別 釧 路 H25 帯 広 H26 その 他 道 内 空 港 ( 資 料 ) 国 土 交 通 省 空 港 利 用 状 況 調 書 7

17 道 内 各 空 港 の 乗 降 客 数 の 推 移 千 人 新 千 歳 空 港 25, 国 際 線 国 内 線 2, 15, 1, 5, H 千 人 釧 路 空 港 1,2 国 際 線 国 内 線 1, H 千 人 旭 川 空 港 1,4 1,2 国 際 線 国 内 線 1, H 千 人 稚 内 空 港 35 3 国 際 線 国 内 線 H 千 人 函 館 空 港 3, 2,5 国 際 線 国 内 線 2, 1,5 1, 5 H 千 人 帯 広 空 港 8 国 際 線 国 内 線 H 千 人 1,2 1, 女 満 別 空 港 H 千 人 中 標 津 空 港 H 千 人 1 紋 別 空 港 千 人 4 利 尻 空 港 H H , 礼 文 空 港 千 人 2 奥 尻 空 港 4, 3, 2, 1, H H 千 人 5 札 幌 丘 珠 空 港 H

18 道 内 各 空 港 の 貨 物 取 扱 量 の 推 移 3, 新 千 歳 空 港 国 内 線 国 際 線 1,4 1,2 稚 内 空 港 2, 1, 8 1, H H , 8, 釧 路 空 港 2, 15, 函 館 空 港 国 内 線 国 際 線 6, 4, 1, 2, 5, H H , 旭 川 空 港 1, 帯 広 空 港 1, 8, 6, 4, 2, 8, 6, 4, 2, H H , 女 満 別 空 港 7 中 標 津 空 港 6, 6 5 4, 4 3 2, 2 1 H H 紋 別 空 港 1 利 尻 空 港 H H 礼 文 空 港 2 奥 尻 空 港 H H 札 幌 丘 珠 空 港 H

19 道 内 空 港 道 外 空 港 道 外 との 航 空 路 線 について 新 千 歳 空 港 への 路 線 集 中 が 進 み それ 以 外 の 空 港 で は 減 少 傾 向 にある 一 方 新 千 歳 空 港 も 四 国 九 州 便 を 中 心 に 廃 止 された 路 線 も 多 くなっている 路 線 縮 小 とともに 機 材 の 小 型 化 も 進 み 平 成 17 年 度 以 降 基 幹 路 線 である 新 千 歳 空 港 ~ 東 京 ( 羽 田 ) 路 線 を 含 めて が 大 きく 落 ち 込 んでおり 輸 送 力 が 全 体 的 に 低 下 しつつある 特 に 関 西 方 面 ( 関 西 国 際 空 港 大 阪 伊 丹 空 港 )から 道 内 への は 激 減 している 道 内 空 港 函 館 奥 尻 新 千 歳 丘 珠 旭 川 稚 内 利 尻 礼 文 紋 別 女 満 別 中 標 津 釧 路 帯 広 函 館 H25 H19 H23 H19 奥 尻 1 新 千 歳 2 H H H18 丘 珠 6 H22 1 H17 H24 H22 3 旭 川 H25 H23 H2 稚 内 2 H22 H15 H15 利 尻 1 1 H15 礼 文 H15 紋 別 H25 H17 女 満 別 H19 7 H24 中 標 津 3 H22 釧 路 H H2 帯 広 H19 H18 青 森 5 三 沢 1 H19 1 花 巻 4 秋 田 H5 5 山 形 H13 H22 庄 内 H1 H19 仙 台 H19 15(1) H12 H15 H16 H9 福 島 H14 1 H13 新 潟 H1 4 H15 H15 茨 城 1 羽 田 成 田 19 H16 中 部 H25 1 H22 小 松 1 富 山 H16 1 松 本 1 静 岡 2 伊 丹 1 1 関 西 H25 1 H21 神 戸 5 H23 出 雲 H22 広 島 H15 2 H9 岡 山 1 山 口 宇 部 H14 米 子 H11 高 松 H19 松 山 H23 徳 島 H22 高 知 H13 福 岡 H11 5 H1 H9 長 崎 H12 熊 本 H9 大 分 H9 宮 崎 H9 鹿 児 島 H19 那 覇 1 注 : H2 は 休 止 路 線 白 抜 きは 休 止 年 を 示 す は 現 在 (H27.9) 運 航 中 で 数 字 は1 日 当 たり 便 数 ( 往 復 )を 示 す は 季 節 運 航 を 示 す は21 年 度 より 増 便 となったもの は21 年 度 より 減 便 となったもの ( )は 臨 時 便 で 内 数 ( 資 料 ) 時 刻 表 等 より 作 成 1

20 主 要 路 線 別 の と の 推 移 新 千 歳 ~ 羽 田 間 新 千 歳 ~ 成 田 間 14,5, 74. 2,, 8. 14,, 13,5, 13,, 12,5, 12,, 11,5, 11,, 1,5, H ,8, 1,6, 1,4, 1,2, 1,, 8, 6, 4, 2, H 新 千 歳 ~ 関 西 新 千 歳 ~ 大 阪 3,5, 9. 2,, 9. 3,, 2,5, 2,, 1,5, 1,, 5, ,8, 1,6, 1,4, 1,2, 1,, 8, 6, 4, 2, 函 館 ~ 東 京 函 館 ~ 関 西 3,, 2,5, 2,, , 5, 4, ,5, 4. 3, 4. 1,, 5, , 1, 釧 路 ~ 東 京 1,, 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1, 釧 路 ~ 関 西 釧 路 ~ 大 阪 14, 12, 1, 8, 115, , , 2, 15, 2, ,17 15, , 4, 2, 3. 4, , 5,

21 稚 内 ~ 東 京 稚 内 ~ 関 西 3, 25, 2, 15, 1, 5, , 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1, 旭 川 ~ 東 京 旭 川 ~ 関 西 1,6, 1,4, 1,2, 1,, 8, 6, , 2, 15, 1, , 2, , 帯 広 ~ 東 京 帯 広 ~ 関 西 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1, , 12, 1, 8, 6, 4, 2, ,954 12, , 女 満 別 ~ 東 京 女 満 別 ~ 関 西 1,, 8. 25, 8. 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1, , 15, 1, 5, ( 資 料 ) 国 土 交 通 省 航 空 輸 送 統 計 年 報 より 作 成 12

22 全 国 のLCC 就 航 状 況 と 北 海 道 の 現 状 LCCの 就 航 状 況 を 見 ると 北 海 道 は 広 大 な 面 積 の 割 に 新 千 歳 空 港 のみに 就 航 しているのに 対 して 九 州 地 区 では 福 岡 長 崎 熊 本 大 分 宮 崎 鹿 児 島 など 多 く の 空 港 に 就 航 している 13 ( 資 料 ) 各 航 空 会 社 ホームページより 作 成

23 (3) 道 内 空 港 の 諸 課 題 道 内 での 拠 点 性 を 高 める 新 千 歳 空 港 においても 共 産 圏 諸 国 からの 乗 り 入 れ 規 制 発 着 枠 規 制 交 通 アクセスなどの 課 題 があるほか 他 の 基 幹 空 港 準 基 幹 空 港 につい ては 交 通 アクセス 多 言 語 対 応 グランドハンドリング オープンスポットのPB B(ボーディングブリッジ 等 での 対 応 )への 転 換 Wi-Fi 設 備 などのハード ソフト 両 面 の 課 題 がある ( 基 幹 空 港 ) ( 準 基 幹 空 港 ) ( 資 料 ) 国 土 交 通 省 道 内 空 港 における 現 状 課 題 及 び 対 応 方 針 ( 案 ) 平 成 27 年 6 月 14

24 3. 国 の 空 港 経 営 改 革 の 方 針 と 期 待 される 効 果 (1) 民 活 空 港 運 営 法 の 概 要 1 日 本 再 興 戦 略 ( 中 短 期 工 程 表 )における 空 港 経 営 改 革 の 位 置 づけの 明 確 化 政 策 の 背 景 として オープンスカイの 実 現 LCCの 就 航 拡 大 などの 航 空 業 界 の 環 境 変 化 もある 2 空 港 経 営 の 概 要 ~ 地 域 の 実 態 に 合 わせた 経 営 改 革 が 必 要 空 港 経 営 改 革 ( 民 営 化 等 )のポイントは 空 港 が 存 在 する 地 域 が 地 元 活 性 化 のため に 空 港 をいかに 生 かすかにある 空 港 の 経 営 改 革 による 収 益 拡 大 空 路 の 維 持 につ いては 地 域 振 興 策 と 表 裏 一 体 の 関 係 があることを 認 識 することが 重 要 である 15

25 3コンセッション 方 式 の 活 用 平 成 23 年 6 月 に 改 正 された 民 間 資 金 等 の 活 用 による 公 共 施 設 等 の 整 備 等 の 促 進 に 関 する 法 律 で 導 入 可 能 となった 公 共 施 設 等 運 営 権 (コンセッション) 方 式 は 後 述 のとおり 仙 台 空 港 関 西 国 際 空 港 で 導 入 された 今 後 も 高 松 空 港 福 岡 空 港 などにおける 空 港 経 営 改 革 の 基 本 方 式 となるものである コンセッションは 固 定 資 産 税 が 民 間 企 業 にかからない 等 の 税 制 上 の 有 利 な 点 が あり 民 間 事 業 者 のノウハウや 価 値 向 上 への 取 り 組 みの 推 進 などの 効 果 が 期 待 さ れているが 特 に 現 在 一 律 が 原 則 の 着 陸 料 の 弾 力 的 な 設 定 等 地 域 の 実 情 に 合 わ せた 空 港 経 営 と 空 港 機 能 の 有 効 活 用 が 図 られる 16

26 4コンセッションによる 空 港 運 営 までのプロセス 民 間 運 営 権 者 による 運 営 開 始 に 当 たっては 空 港 ごとにマーケットサウンディン グを 皮 切 りに 一 般 的 に3 年 以 上 の 期 間 が 必 要 とされている 17

27 5 多 様 な 空 港 経 営 改 革 の 手 法 コンセッション 以 外 にも 保 守 管 理 等 一 部 業 務 の 民 間 委 託 ( 指 定 管 理 者 制 度 等 ) の 活 用 など 多 様 な 選 択 肢 があり 地 域 の 実 情 に 応 じた 手 法 の 導 入 が 可 能 であり 静 岡 旭 川 等 民 間 委 託 の 成 果 が 出 ている 例 もある ( 空 港 経 営 改 革 の 様 々な 手 法 ) ( 下 物 の 管 理 所 有 形 態 ) 事 業 規 模 収 益 により 様 々な 運 営 形 態 運 営 形 態 1. 空 港 全 体 の 収 支 が 黒 字 2. 減 価 償 却 費 前 収 支 は 黒 字 3. 減 価 償 却 前 で 赤 字 航 空 ネットワーク 上 や 地 域 にとって 不 可 欠 高 速 交 通 機 関 がないところ( 離 島 等 ) *29 航 空 政 策 研 究 会 資 料 を 参 考 に 作 成 多 様 な 民 営 化 現 在 の 地 方 空 港 の 管 理 運 営 の 姿 独 立 行 政 法 人 の 事 例 ( 出 所 ) 国 土 交 通 省 ( 出 所 ) わが 国 における 地 方 空 港 の 効 率 性 に 及 ぼす 地 理 的 要 因 及 び 組 織 的 要 因 の 影 響 建 設 マネジメント 研 究 室 広 瀬 圭 太 郎 ( 資 料 ) 各 種 資 料 より 作 成 ( 指 定 管 理 者 制 度 の 導 入 例 ) ( 資 料 ) 青 森 空 港 の 管 理 運 営 のあり 方 に 関 する 提 言 ( 参 考 資 料 ) 青 森 県 ( 平 成 24 年 3 月 ) 18

28 ( 旭 川 の 総 合 的 民 間 委 託 制 度 と 効 果 ) 旭 川 市 では 平 成 19 年 より 性 能 発 注 方 式 複 数 年 契 約 を 取 り 入 れた 総 合 的 民 間 委 託 制 度 を 導 入 市 は 空 港 管 理 業 務 のうちの 事 実 行 為 ( 施 設 の 点 検 清 掃 等 の 定 型 業 務 等 ) 施 設 の 維 持 管 理 業 務 駐 車 場 の 維 持 管 理 業 務 を5 年 間 にわたり 1 本 の 契 約 で 旭 川 空 港 ビル 会 社 等 のコンソーシアムに 委 託 し 多 額 の 費 用 節 減 効 果 が 出 てい る ( 資 料 ) 青 森 空 港 の 管 理 運 営 のあり 方 に 関 する 提 言 ( 平 成 24 年 3 月 ) ( 静 岡 空 港 の 経 営 改 革 ) 平 成 15 年 3 月 民 活 空 港 として 民 間 の 創 意 工 夫 を 生 かした 先 進 的 空 港 経 営 を 行 うこ とを 提 言 平 成 18 年 2 月 に 地 元 企 業 ( 県 内 一 円 から 参 加 :( 株 ) 時 之 栖 ( 株 ) 静 岡 銀 行 スズキ( 株 )の3 社 を 幹 事 会 社 として 東 芝 機 械 ( 株 ) 静 岡 鉄 道 ( 株 ) 鈴 与 ( 株 ) ヤマハ( 株 ) 等 )の 異 業 種 からの 幅 広 い 出 資 による 純 民 間 企 業 の 富 士 山 静 岡 空 港 を 設 立 平 成 2 年 7 月 に 運 営 手 法 を 検 討 した 結 果 指 定 管 理 者 制 度 の 導 入 を 決 定 ター ミナルビルを 運 営 する 富 士 山 静 岡 空 港 を 指 定 管 理 者 として 指 定 し 滑 走 路 と 空 港 タ ーミナルビルを 一 体 経 営 して いる 19 ( 資 料 ) 静 岡 県 HP

29 平 成 21 年 6 月 開 港 7 月 フジドリームエアラインズほか 国 内 3 路 線 国 際 2 路 線 就 航 以 降 路 線 数 が 増 加 平 成 27 年 度 から 中 国 路 線 が 相 次 いで 就 航 している 平 成 25 年 度 に 国 交 省 の 先 導 的 官 民 連 携 支 援 調 査 ( 富 士 山 静 岡 空 港 運 営 改 善 検 討 調 査 事 業 )を 実 施 し 方 向 性 を 検 討 ( 下 記 参 照 ) こうした 検 討 を 受 けて 平 成 26 年 3 月 富 士 山 静 岡 空 港 は 県 が 出 資 する 第 三 セクターとなった 第 三 セクター 化 したの は 県 自 らが 旅 客 ターミナルビル 整 備 の 基 本 計 画 を 策 定 し 計 画 に 基 づき 自 ら 増 改 築 を 実 施 ビル 完 成 後 空 港 民 活 法 に 基 づき 空 港 の 運 営 権 を 民 間 事 業 者 に 譲 渡 する 計 画 である ( 資 料 ) 国 土 交 通 省 2

新 千 歳 空 港 の 利 便 性 向 上 に 向 けて 取 り 組 むべきことは 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 各 国 の 国 際 空 港 は24 時 間 運 用 が 普 通 であり 国 際 便 の 受 入 には24 時 間 運 用 は 最 低 限 必 要 な 条 件 必 要 な 地 元 対

新 千 歳 空 港 の 利 便 性 向 上 に 向 けて 取 り 組 むべきことは 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 各 国 の 国 際 空 港 は24 時 間 運 用 が 普 通 であり 国 際 便 の 受 入 には24 時 間 運 用 は 最 低 限 必 要 な 条 件 必 要 な 地 元 対 資 料 2 道 内 空 港 活 性 化 ビジョン( 仮 称 ) 策 定 に 関 する 関 係 機 関 団 体 からの 主 な 意 見 ( 新 千 歳 空 港 ) 新 千 歳 空 港 の 課 題 は 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 新 千 歳 空 港 は 日 本 初 の24 時 間 運 用 が 開 始 されているが 深 夜 早 朝 時 間 帯 の 発 着 は1 日 6 枠 に 制 限 欧 米 に

More information

福 岡 札 幌 ( 千 歳 ) 東 京 ( 羽 田 ) 240 57 24,900 ~ 35,400 37,900 22,800 26,900 40,500 ~ 40,500 40,500 40,500 40,500 51,800 ~ 51,800 51,800 51,800 51,800 福 岡

福 岡 札 幌 ( 千 歳 ) 東 京 ( 羽 田 ) 240 57 24,900 ~ 35,400 37,900 22,800 26,900 40,500 ~ 40,500 40,500 40,500 40,500 51,800 ~ 51,800 51,800 51,800 51,800 福 岡 大 阪 ( 伊 丹 ) 札 幌 ( 千 歳 ) 東 京 ( 羽 田 ) 986 55 21,600 ~ 30,700 30,700 19,000 23,000 31,000 ~ 31,000 31,000 31,000 31,000 42,300 ~ 42,300 42,300 42,300 42,300 大 阪 ( 伊 丹 ) 札 幌 ( 千 歳 ) 東 京 ( 羽 田 ) 14 57 21,600

More information

重 点 プロジェクトの 内 容 テーマ 1. 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 取 組 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 具 体 的 (1) 新 幹 線 駅 から 道 南 はもとより 道 内 各 所 の 観 光

重 点 プロジェクトの 内 容 テーマ 1. 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 取 組 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 具 体 的 (1) 新 幹 線 駅 から 道 南 はもとより 道 内 各 所 の 観 光 資 料 1 北 海 道 交 通 ネットワーク 総 合 ビジョン 重 点 プロジェクトの 推 進 状 況 1 北 海 道 新 幹 線 の 建 設 促 進 と 開 業 効 果 の 拡 大 1 1 新 幹 線 駅 を 起 点 とした 二 次 交 通 ネットワークの 整 備 2 新 幹 線 駅 における 交 通 情 報 案 内 機 能 の 整 備 3 札 幌 までの 早 期 完 成 青 函 共 用 走 行

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

特別乗継割引 2015年9月1日~10月24日ご搭乗分(2015年6月24日更新)

特別乗継割引 2015年9月1日~10月24日ご搭乗分(2015年6月24日更新) 2015 年 ご 搭 乗 分 (2015 年 6 月 24 日 更 新 ) 表 示 される 運 賃 は 当 該 区 間 の 直 行 便 の 運 航 がある 場 合 に 有 効 です 記 載 されている 運 賃 とは 別 に 羽 田 空 港 成 田 空 港 中 部 空 港 北 九 州 空 港 発 着 便 をご 利 用 の 場 合 空 港 ビル 会 社 に 代 わって 旅 客 施 設 使 用 料 を 申

More information

乗継割引28 2015年9月1日~6日ご搭乗分(2015年6月24日更新)

乗継割引28 2015年9月1日~6日ご搭乗分(2015年6月24日更新) 2015 年 ご 搭 乗 分 (2015 年 6 月 24 日 更 新 ) 表 示 される 運 賃 は 当 該 区 間 の 直 行 便 の 運 航 がある 場 合 に 有 効 です 記 載 されている 運 賃 とは 別 に 羽 田 空 港 成 田 空 港 中 部 空 港 北 九 州 空 港 発 着 便 をご 利 用 の 場 合 空 港 ビル 会 社 に 代 わって 旅 客 施 設 使 用 料 を 申

More information

公営地下鉄の建設資金と収益状況

公営地下鉄の建設資金と収益状況 Economic Report 公 営 地 下 鉄 の 建 設 資 金 と 収 益 状 況 ネットワーク 拡 大 から 収 益 向 上 へ 2012 年 5 月 17 日 全 14 頁 金 融 調 査 部 中 里 幸 聖 [ 要 約 ] わが 国 の 地 下 鉄 は 地 方 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであり 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古

More information

Microsoft Word 運用ガイドライン.doc

Microsoft Word 運用ガイドライン.doc 各 位 平 成 24 年 7 月 13 日 不 動 産 投 資 信 託 証 券 発 行 者 名 東 京 都 中 央 区 銀 座 六 丁 目 2 番 1 号 大 和 証 券 オフィス 投 資 法 人 代 表 者 名 執 行 役 員 大 高 和 夫 (コード 番 号 :8976) 資 産 運 用 会 社 名 大 和 リアル エステート アセット マネジメント 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取

More information

調 査 の 概 要 回 答 者 属 性 調 査 方 法 :インターネットによる 調 査 実 施 時 期 :2014 年 9 月 9 日 ~2014 年 9 月 16 日 調 査 地 域 : 韓 国 中 国 台 湾 香 港 タイ シンガポール マレーシア インドネシアの8 地 域 ( 注 ) 中 国

調 査 の 概 要 回 答 者 属 性 調 査 方 法 :インターネットによる 調 査 実 施 時 期 :2014 年 9 月 9 日 ~2014 年 9 月 16 日 調 査 地 域 : 韓 国 中 国 台 湾 香 港 タイ シンガポール マレーシア インドネシアの8 地 域 ( 注 ) 中 国 DBJ 北 海 道 支 店 経 済 ミニレポートNo.17 2014/11 アジア8 地 域 北 海 道 観 光 に 関 する 訪 日 外 国 人 の 意 向 調 査 ( 平 成 26 年 版 ) ~ 引 き 続 き 北 海 道 ブランドの 価 値 は 高 く 国 内 トップクラス~ 1. 日 本 政 策 投 資 銀 行 は 2014 年 9 月 昨 年 に 引 き 続 きアジア8 地 域 ( 韓

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版))

Microsoft Word - 20140523 年次総会資料(HP掲載用(税制効果額削除+新役員体制追加版)) 広 報 用 資 料 2014 年 度 定 期 航 空 協 会 年 次 総 会 資 料 1 2013 年 度 事 業 報 告 P.1 2 2014 年 度 事 業 方 針 P.10 3 役 員 の 選 任 P.12 2014 年 5 月 23 日 1 2013 年 度 事 業 報 告 定 期 航 空 協 会 規 約 第 3 条 に 示 された 本 会 の 目 的 達 成 のため 2013 年 度 事

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶

国 有 財 産 とは 国 有 財 産 の 現 在 額 など 国 は 不 動 産 動 産 債 券 など 多 種 多 様 な 財 産 を 所 有 していますが 国 が 国 有 財 産 というときは 国 有 財 産 法 に 定 められている 財 産 例 えば 土 地 や 建 物 などの 不 動 産 船 舶 私 たちの 国 有 財 産 ご 存 知 ですか? 国 有 財 産 わが 国 には 国 の 行 政 機 関 や 国 会 などの 庁 舎 や 国 道 港 湾 公 園 さらには 国 有 林 など 多 くの 国 有 財 産 があり そのひとつひとつが 私 たちの 生 活 に 関 係 する 大 切 なものになっていま 財 務 省 では 国 民 共 有 の 財 産 である 国 有 財 産 が 有 効 に 活 用

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

6(文書法務)【指摘箇所修正後】6 第3部監査結果 (3)以下 原稿

6(文書法務)【指摘箇所修正後】6 第3部監査結果 (3)以下 原稿 (3) 観 光 交 通 アクセス インフラ 等 に 関 する 課 題 本 県 への 観 光 のための 交 通 アクセス インフラ 等 に 関 する 空 路 陸 路 及 び 海 路 は 震 災 後 地 震 被 害 津 波 被 害 に 加 え 原 発 事 故 被 害 と 風 評 被 害 により 現 在 においても 休 止 不 通 等 の 障 害 が 生 じており 本 県 観 光 利 用 状 況 の 復

More information

行政機関ガイド北海道(防衛省)

行政機関ガイド北海道(防衛省) 防 衛 省 陸 上 自 衛 隊 北 部 方 面 隊 ( 北 部 方 面 総 監 部 ) 064-8510 札 幌 市 中 央 区 南 26 条 西 10 丁 目 ( 札 幌 駐 屯 地 ) TEL (011)511-7116 ( 下 部 機 関 ) 第 2 師 団 司 令 部 070-8630 旭 川 市 春 光 町 国 有 無 番 地 ( 旭 川 駐 屯 地 ) TEL (0166)51-6111

More information

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477>

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477> 基 地 対 策 関 係 施 策 の 充 実 強 化 に 関 する 要 望 我 々 基 地 を 抱 える 関 係 市 町 村 議 会 は 飛 行 場 にお ける 航 空 機 騒 音 や 墜 落 事 故 演 習 場 における 誤 射 山 火 事 在 日 米 軍 による 事 件 事 故 などが 発 生 して いる 状 況 において 基 地 に 対 する 周 辺 住 民 の 理 解 と 協 力 を 得 るため

More information

<4D F736F F D A6D92E8817A95F18F B6389EF8C9A8B638F F990B38CE35F2E646F63>

<4D F736F F D A6D92E8817A95F18F B6389EF8C9A8B638F F990B38CE35F2E646F63> 平 成 25 年 8 月 2 日 市 川 市 長 大 久 保 博 様 市 川 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 会 長 麻 生 幸 市 川 市 特 別 職 等 の 退 職 手 当 について( 建 議 ) 本 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 ( 以 下 本 審 議 会 という )は 市 川 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 条 例 第 2 条 の 規 定 に 基 づき 市 長 副

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832362E31302E323720283129959F89AA8BF38D6082CC96AF8AD488CF91F582C982C282A282C48179967B95D2817A816988C4816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832362E31302E323720283129959F89AA8BF38D6082CC96AF8AD488CF91F582C982C282A282C48179967B95D2817A816988C4816A2E646F6378> 福 岡 空 港 の 民 間 委 託 について( 案 ) 福 岡 空 港 運 営 検 討 協 議 会 平 成 26 年 10 月 1 福 岡 空 港 の 現 状 について (1) 空 港 の 概 要 1 (2) 就 航 路 線 利 用 状 況 3 (3) 福 岡 空 港 の 需 要 予 測 及 び 滑 走 路 処 理 容 量 について 5 (4) 福 岡 空 港 の 整 備 ( 滑 走 路 増 設

More information

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作

2. 住 環 境 の 現 状 と 課 題 町 の 住 環 境 の 実 態 に 即 した 計 画 の 策 定 を 図 るため 町 内 の 市 街 化 区 域 25 ゾーンについて 都 市 計 画 基 礎 調 査 の 指 標 データ 整 理 や 現 地 調 査 を 実 施 し 住 環 境 カルテを 作 開 成 町 住 環 境 整 備 マスタープラン( 概 要 版 ) 1.はじめに 1-1 計 画 の 目 的 開 成 町 では これまで 土 地 区 画 整 理 事 業 等 による 面 的 な 住 環 境 整 備 に 取 り 組 み 主 に 開 成 駅 周 辺 において 都 市 基 盤 の 充 実 を 図 ってきた 平 成 27 年 に 南 部 地 区 土 地 区 画 整 理 事 業 が 完 了 の

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

団 体 名 ( 財 ) 宮 城 県 伊 豆 沼 内 沼 環 境 保 全 財 団 団 体 運 営 の 健 全 化 に 向 けた 経 費 節 減 による 経 営 改 善 を 行 う 必 清 掃, 保 守 業 務 等 の 委 託 は 原 則 として 競 争 入 札 とする H4~ 徹 底 した 管 理 運

団 体 名 ( 財 ) 宮 城 県 伊 豆 沼 内 沼 環 境 保 全 財 団 団 体 運 営 の 健 全 化 に 向 けた 経 費 節 減 による 経 営 改 善 を 行 う 必 清 掃, 保 守 業 務 等 の 委 託 は 原 則 として 競 争 入 札 とする H4~ 徹 底 した 管 理 運 ( 別 添 ) 公 社 等 外 郭 団 体 の 見 直 し 実 施 計 画 ( 特 ) 宮 城 県 土 地 開 発 公 社 団 体 名 多 額 の 借 入 金 と 保 有 土 地 があることから, 経 営 安 定 化 に 向 けて の 経 営 健 全 化 計 画 を 策 定 するとともに, 将 来 的 な 視 点 としては, 類 似 の 団 体 との 統 合 を 検 討 する 必 県 としては, 業

More information

ips 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 研 究 等 国 際 的 に 注 目 され 競 争 が 激 化 しているiPS 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 創 薬 をいち 早 く 推 進 する ための 基 盤 整 備 を 行 うことにより 再 生 医 療 創 薬 をわが 国 のリーディ

ips 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 研 究 等 国 際 的 に 注 目 され 競 争 が 激 化 しているiPS 細 胞 等 を 用 いた 再 生 医 療 創 薬 をいち 早 く 推 進 する ための 基 盤 整 備 を 行 うことにより 再 生 医 療 創 薬 をわが 国 のリーディ 住 宅 建 築 物 省 エネ 改 修 等 緊 急 推 進 事 業 住 宅 建 築 物 ストックの 省 エネ 改 修 等 を 促 進 するため 民 間 等 が 行 う 省 エネ 改 修 工 事 バリアフリー 改 修 工 事 に 対 して 支 援 を 行 う 事 業 の 要 件 以 下 の 要 件 を 満 たす 住 宅 建 築 物 の 改 修 工 事 1 躯 体 ( 壁 天 井 等 )の 省 エネ 改

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

Microsoft Word - 基地協211117表紙重点要望.doc

Microsoft Word - 基地協211117表紙重点要望.doc 基 地 対 策 関 係 施 策 の 充 実 強 化 に 関 する 要 望 我 々 基 地 関 係 市 町 村 議 会 は 基 地 に 対 する 周 辺 住 民 の 十 分 な 理 解 と 協 力 を 得 るため 生 活 環 境 の 整 備 や 住 民 福 祉 の 向 上 等 に 鋭 意 努 力 しているところである しかしながら 基 地 関 係 市 町 村 は 基 地 所 在 に 伴 う 特 殊 な

More information

内    閣

内    閣 防 衛 省 陸 上 自 衛 隊 北 部 方 面 隊 ( 北 部 方 面 総 監 部 ) 064-8510 札 幌 市 中 央 区 南 26 条 西 10 丁 目 ( 札 幌 駐 屯 地 ) TEL (011)511-7116 ( 下 部 機 関 ) 第 2 師 団 司 令 部 070-8630 旭 川 市 春 光 町 国 有 無 番 地 ( 旭 川 駐 屯 地 ) TEL (0166)51-6111

More information

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台 6.8 自 動 車 (1) 概 要 自 動 車 等 関 係 費 は 全 国 平 均 21,862 円 に 対 し て 茨 城 県 (33,353 円 )が 全 国 1 位 以 下 岐 阜 県 (29,989 円 ) 滋 賀 県 (29,011 円 ) 岡 山 県 (28,770 円 ) 栃 木 県 (28,516 円 )の 順 となっており 上 位 10 県 は 図 表 6.8-1 のとおり 全 国

More information

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに 1 現 行 の 電 気 料 金 制 度 と 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 平 成 24 年 2 月 3 日 2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報

More information

報告事項

報告事項 事 業 報 告 自 平 成 26 年 6 月 1 日 至 平 成 27 年 5 月 31 日 1. 現 況 に 関 する 事 項 (1) 事 業 の 経 過 及 びその 成 果 当 期 の 我 が 国 経 済 は 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 駆 け 込 み 需 要 の 反 動 減 等 があったものの 景 気 は 緩 やかに 回 復 基 調 が 続 いており 個 人 消 費 についても 持

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 北 海 道 人 口 ビジョン 骨 子 全 体 構 成 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 口 動 向 分 析 (1) 時 系 列 による 人 口 動 向 分 析 1 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計 2 自 然 増 減 ( 出 生 死 亡 )の 推 移 (ⅰ) 出 生 数 死 亡 数 の 推 移 (ⅱ) 出 生 数 合 計 特 殊 出 生 率 の 推 移 3 社 会

More information

平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結) 平 成 28 年 3 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 4 月 28 日 上 場 会 社 名 京 成 電 鉄 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 9009 URL http://www.keisei.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 三 枝 紀 生 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037208DE096B18FC8816993C18BE691E631368E9F208DC48C9F93A2977690BF89F1939A208CC2955B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037208DE096B18FC8816993C18BE691E631368E9F208DC48C9F93A2977690BF89F1939A208CC2955B816A2E646F63> 07 財 務 省 特 区 第 16 次 再 検 討 要 請 回 答 管 理 コード 070010 プロジェクト 名 要 望 事 項 土 地 区 画 整 理 事 業 における 公 共 施 設 充 当 用 地 につ 都 道 府 県 愛 媛 県 ( 事 項 名 ) 提 案 主 体 名 いての 事 業 施 行 者 の 証 明 書 の 発 行 要 件 の 見 直 し 提 案 事 項 管 理 番 号 1006010

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

また 機 構 の 経 営 の 柱 である 賃 貸 住 宅 事 業 におけるメインストックは 昭 和 40 年 代 に 大 量 供 給 されたものであり 将 来 の 人 口 動 態 等 を 踏 まえた 需 給 バラ ンスを 想 定 しつつ 計 画 的 に 投 資 や 再 生 再 編 を 行 っていかな

また 機 構 の 経 営 の 柱 である 賃 貸 住 宅 事 業 におけるメインストックは 昭 和 40 年 代 に 大 量 供 給 されたものであり 将 来 の 人 口 動 態 等 を 踏 まえた 需 給 バラ ンスを 想 定 しつつ 計 画 的 に 投 資 や 再 生 再 編 を 行 っていかな 平 成 26 年 3 月 31 日 経 営 改 善 に 向 けた 取 組 みについて 1 策 定 の 背 景 及 び 目 的 機 構 の 改 革 については これまで 数 次 の 見 直 しが 行 われてきたが その 集 大 成 として 行 政 改 革 推 進 会 議 独 立 行 政 法 人 改 革 等 に 関 する 分 科 会 第 4ワーキン ググループ 報 告 書 ( 平 成 25 年 12 月

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

基本政策部会 中間とりまとめ(案)のポイント

基本政策部会 中間とりまとめ(案)のポイント 資 料 3 地 方 航 空 路 線 活 性 化 プログラム 対 象 路 線 選 定 に 当 たっての 論 点 平 成 26 年 4 月 30 日 国 土 交 通 省 航 空 局 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 1 交 通 政 策 審 議 会 航 空 分 科 会 基 本 政 策 部 会 とりまとめ( 案 )( 抄 ) (

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

国有財産レポート

国有財産レポート 国 有 財 産 レ ポ ー ト 平 成 28 年 7 月 財 務 省 理 財 局 目 次 はじめに ~ 国 有 財 産 及 び 国 有 財 産 行 政 とは~ 第 一 部 総 論 第 1 章 国 有 財 産 の 概 要 P 4 1 国 有 財 産 の 範 囲 分 類 2 国 有 財 産 価 格 面 積 3 国 有 財 産 台 帳 第 2 章 国 有 財 産 行 政 の 概 要 1 国 有 財 産 行

More information

防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0%

防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0% 平 成 27 年 度 防 衛 関 係 予 算 のポイント 平 成 27 年 1 月 井 口 主 計 官 防 衛 関 係 予 算 のポイント 27 年 度 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 27 年 度 の 防 衛 関 係 費 は 厳 しさを 増 す 安 全 保 障 環 境 や 一 昨 年 策 定 された 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 等 を 踏 まえ 対 前 年 度 比 +2.0%の

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

88 土 地 総 合 研 究 2010 年 夏 号 線 価 )で 大 阪 市 も 最 高 路 線 価 については 同 じ 84 年 に ほぼ 同 様 な 上 昇 率 でバブル がスタートしている 東 京 都 の 上 昇 率 ピークは 86 年 ( 87 年 路 線 価 )で 78.2% 大 阪 市

88 土 地 総 合 研 究 2010 年 夏 号 線 価 )で 大 阪 市 も 最 高 路 線 価 については 同 じ 84 年 に ほぼ 同 様 な 上 昇 率 でバブル がスタートしている 東 京 都 の 上 昇 率 ピークは 86 年 ( 87 年 路 線 価 )で 78.2% 大 阪 市 土 地 総 合 研 究 2010 年 夏 号 87 研 究 ノ ー ト 最 高 路 線 価 で 見 る 地 価 変 動 1982 年 から 2010 年 の 最 高 路 線 価 推 移 - 拡 大 する 較 差 - 草 間 一 郎 7 月 1 日 に 平 成 22 年 分 の 路 線 価 ( 評 価 時 点 =1 月 1 日 )が 公 表 された 現 在 路 線 価 は 地 価 公 示 価 格 売

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生 統 計 表 一 覧 統 計 表 1 統 計 表 2 統 計 表 3 統 計 表 4 統 計 表 5 統 計 表 6 統 計 表 7 統 計 表 8 統 計 表 9 統 計 表 10 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 主 な 生 活 衛 生 関 係 数, 年 次 別 許 可 を 要 する 主 な 食 品 関 係 営 業 数, 年 次 別 年 齢 階 級 別

More information

Microsoft Word - 20130603050.docx

Microsoft Word - 20130603050.docx 東 日 本 大 震 災 からの 住 宅 の 再 建 に 向 けた 取 組 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 廣 原 孝 一 1. はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 においては 津 波 により 東 北 地 方 沿 岸 部 を 中 心 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 しており 建 築 物 の 被 害 は 全 国 で 全 壊 約 13 万 戸

More information

Microsoft PowerPoint - 110201 説明資料(地方ブロック説明会)14 [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 110201 説明資料(地方ブロック説明会)14 [互換モード] 別 紙 3 地 域 公 共 交 通 確 保 維 持 改 善 事 業 について 注 意 本 資 料 で 説 明 する 内 容 は 平 成 23 年 1 月 末 時 点 のものであって 今 後 の 調 整 等 により 変 更 がありうる 国 土 交 通 省 総 合 政 策 局 交 通 計 画 課 地 域 公 共 交 通 確 保 維 持 改 善 事 業 ~ 生 活 交 通 サバイバル 戦 略 ~( 新 規

More information

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応

( 国 連 平 和 維 持 活 動 人 道 支 援 災 害 救 援 等 の 非 伝 統 的 安 全 保 障 問 題 への 対 応 を 始 め 国 際 的 な 安 全 保 障 環 境 を 改 善 するために 国 際 社 会 が 協 力 して 行 う 活 動 をいう 以 下 同 じ ) 等 への 対 応 抜 粋 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 )について 平 成 25 年 12 月 17 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 までを 対 象 とする 中 期 防 衛 力 整 備 計 画 について 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 について

More information

4.3.2.5 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 4.3.1.4 上 記 事 業 所 の 所 在 地 長 野 県 高 森 町 内 4.3.1.5 その 他 無 し 4.3.2 4.3.2.1 その2 一 般 競 争 参 加 資 格 の 認 定 工 事 種 別 4.3.2.2 格 付 ( 対 象

4.3.2.5 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 4.3.1.4 上 記 事 業 所 の 所 在 地 長 野 県 高 森 町 内 4.3.1.5 その 他 無 し 4.3.2 4.3.2.1 その2 一 般 競 争 参 加 資 格 の 認 定 工 事 種 別 4.3.2.2 格 付 ( 対 象 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 詳 細 は 別 紙 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 事 後 審 査 ) 東 日 本 本 部 一 般 土 木 工 事 建 築 工 事 共 通 を 参 照 すること 1 公 告 日 平 成 28 年 09 月 26 日 ( 月 ) 2 契 約 職 東 日 本 本 部 長 松 浦 將 行 3 工 事 概 要

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

基 礎 資 料 2 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 実 績 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 件 数 の 推 移 ( 平 成 16 年 から 平 成 25 年 まで) ( 件 数 ) 9,000 8,000 7,000 6,000 5,000 4,000 3,000 2,000 1

基 礎 資 料 2 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 実 績 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 出 動 件 数 の 推 移 ( 平 成 16 年 から 平 成 25 年 まで) ( 件 数 ) 9,000 8,000 7,000 6,000 5,000 4,000 3,000 2,000 1 基 礎 資 料 1 消 防 防 災 ヘリコプターの 配 備 状 況 1 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 配 備 状 況 76 機 (45 都 道 府 県 55 団 体 ) (1) 消 防 庁 ヘリコプター 5 機 ( 東 京 消 防 庁 京 都 市 消 防 局 埼 玉 県 宮 城 県 高 知 県 に 無 償 使 用 ) (2) 消 防 機 関 ヘリコプター 31 機 ( 東 京 消 防 庁

More information

[ 需 要 動 向 ( 消 費 投 資 )] 個 人 消 費 ~ 緩 やかに 持 ち 直 しているものの 一 部 に 弱 い 動 きもみられる 百 貨 店 スーパー( 全 店 ) 販 売 額 (7 月 ) 百 貨 店 スーパー 販 売 額 は 82 億 円 で 前 年 同 月 比 2.%の 増 加

[ 需 要 動 向 ( 消 費 投 資 )] 個 人 消 費 ~ 緩 やかに 持 ち 直 しているものの 一 部 に 弱 い 動 きもみられる 百 貨 店 スーパー( 全 店 ) 販 売 額 (7 月 ) 百 貨 店 スーパー 販 売 額 は 82 億 円 で 前 年 同 月 比 2.%の 増 加 北 海 道 の 景 気 動 向 ( 平 成 28 年 7 月 の 経 済 指 標 を 中 心 として) 需 要 動 向 ( 消 費 投 資 ) P 個 人 消 費 ( 百 貨 店 スーハ ー 販 売 額 コンヒ ニエンスストア 販 売 額 新 車 登 録 台 数 ) 緩 やかに 持 ち 直 しているものの 一 部 に 弱 い 動 きもみられる P 2 住 宅 建 設 ( 新 設 住 宅 着 工 戸

More information

<31342D3031383793FA967B92CA895E878A2E786C7378>

<31342D3031383793FA967B92CA895E878A2E786C7378> 引 越 サービス 名 称 : 日 本 通 運 株 式 会 社 事 業 者 名 : 日 本 通 運 株 式 会 社 お 客 様 窓 口 : 電 話 :03-6251-1111 事 業 所 名 住 所 電 話 番 号 札 幌 支 店 札 幌 コンテナ 支 店 北 海 道 札 幌 市 流 通 セン4 丁 目 5-1 011-864-3311 札 幌 支 店 千 歳 支 店 営 業 係 北 海 道 千 歳

More information

<5461726F2D93FC8E448CF68D908169915B927590BF8B818B7982D18BC68A45>

<5461726F2D93FC8E448CF68D908169915B927590BF8B818B7982D18BC68A45> 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 一 般 競 争 入 札 総 合 評 価 方 式 ( 施 工 体 制 確 認 型 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 平 成 28 年 9 月 20 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 沖 縄 総 合 事 務 局 南 部 国 道 事 務 所 長 上 原 重 賢 1 工 事 概 要 (1) 工 事 名 平 成 28 年 度 新 川

More information

国保匝瑳市民病院改革プラン

国保匝瑳市民病院改革プラン 国 保 匝 瑳 市 民 病 院 改 革 プラン 平 成 23 年 度 進 捗 状 況 等 の 評 価 書 平 成 25 年 3 月 1 評 価 にあたって 国 保 匝 瑳 市 民 病 院 改 革 プランは 平 成 21 年 度 から 平 成 23 年 度 までの3か 年 を 計 画 期 間 として 経 営 効 率 化 経 営 形 態 の 見 直 し 及 び 再 編 ネットワーク 化 の3つの 視 点

More information

住 民 参 加 型 市 場 公 募 地 方 債 とは 債 券 発 行 によって 資 金 を 調 達 する 市 場 公 募 地 方 債 の 一 類 型 購 入 者 を 当 該 債 券 の 発 行 団 体 内 に 居 住 する 個 人 法 人 に 限 定 する 銘 柄 が 多 い 点 が 特 徴 第 1

住 民 参 加 型 市 場 公 募 地 方 債 とは 債 券 発 行 によって 資 金 を 調 達 する 市 場 公 募 地 方 債 の 一 類 型 購 入 者 を 当 該 債 券 の 発 行 団 体 内 に 居 住 する 個 人 法 人 に 限 定 する 銘 柄 が 多 い 点 が 特 徴 第 1 住 民 参 加 型 市 場 公 募 地 方 債 について ~ 商 品 性 市 場 動 向 今 後 の 課 題 ~ 平 成 28 年 8 月 総 務 省 自 治 財 政 局 地 方 債 課 住 民 参 加 型 市 場 公 募 地 方 債 とは 債 券 発 行 によって 資 金 を 調 達 する 市 場 公 募 地 方 債 の 一 類 型 購 入 者 を 当 該 債 券 の 発 行 団 体 内 に 居

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

3. 広 域 交 通 ネットワークの 施 設 被 害 / 復 旧 の 状 況 をどう 見 るか?~ 既 往 震 災 との 比 較 を 含 めて~ a) 幹 線 道 路 ネットワークに 関 して 道 路 に 関 する 施 設 被 害 は かなり 広 いエリアで 発 生 しているが 大 きな 被 害 の

3. 広 域 交 通 ネットワークの 施 設 被 害 / 復 旧 の 状 況 をどう 見 るか?~ 既 往 震 災 との 比 較 を 含 めて~ a) 幹 線 道 路 ネットワークに 関 して 道 路 に 関 する 施 設 被 害 は かなり 広 いエリアで 発 生 しているが 大 きな 被 害 の 土 木 学 会 熊 本 地 震 広 域 交 通 ネットワーク 調 査 団 調 査 報 告 ( 速 報 ) 2016 年 4 月 27 日 家 田 仁 ( 政 策 研 究 大 学 院 大 学 団 長 ) 岩 倉 成 志 ( 芝 浦 工 業 大 学 ) 平 田 輝 満 ( 茨 城 大 学 ) 柳 沼 秀 樹 ( 東 京 理 科 大 学 ) 目 次 1. 調 査 活 動 の 概 要 2. 大 局 的 に

More information

<8E9197BF8252>

<8E9197BF8252> 資 料 3 市 税 収 入 の 確 保 について 1 1 市 税 収 入 の 現 状, 点 検 京 都 市 の 税 収 構 造 市 税 のあらまし, 市 税 収 入 の 内 訳 個 人 市 民 税, 法 人 市 民 税, 固 定 資 産 税 の3 税 目 で 約 85% 市 税 収 入 の 推 移 市 民 一 人 当 たりの 税 収 から 見 る 本 市 の 特 徴 ( 他 都 市 比 較 ) 2

More information

平成15年度事業報告

平成15年度事業報告 平 成 25 年 度 事 業 報 告 書 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 一 般 財 団 法 人 航 空 保 安 協 会 平 成 25 年 度 事 業 報 告 平 成 25 年 度 は 当 協 会 の 設 立 43 年 目 にあたり 国 土 交 通 省 航 空 局 成 田 関 西 中 部 国 際 空 港 株 式 会 社 日 本 空 港 ビルデング 株 式

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2_20151218木材需給会議資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2_20151218木材需給会議資料.pptx 資 料 2 最 近 の 住 宅 着 工 動 向 等 に 関 する 資 料 平 成 27 年 12 月 ( 独 ) 住 宅 金 融 支 援 機 構 調 査 部 新 設 住 宅 着 工 戸 数 (2015 年 10 月 )は 8か 月 ぶりにマイナス 2015 年 10 月 の 新 設 住 宅 着 工 戸 数 は77,153 戸 前 年 同 月 比 伸 び 率 は 2.5%で 8か 月 ぶりにマイナスに

More information

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書 平 成 24 年 度 国 の 予 算 編 成 に 対 する 東 京 都 の 提 案 要 求 ( 平 成 23 年 11 月 ) 提 案 要 求 先 内 閣 官 房 総 務 省 法 務 省 外 務 省 財 務 省 厚 生 労 働 省 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 環 境 省 防 衛 省 都 所 管 局 知 事 本 局 総 務 局 都 市 整 備 局 環 境 局 福 祉 保 健 局 建 設 局

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20966889718FC88A4A94AD8D718BF38B4082CC96AF8AD4935D977082C98AD682B782E98C9F93A289EF82C682E882DC82C682DF816988C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20966889718FC88A4A94AD8D718BF38B4082CC96AF8AD4935D977082C98AD682B782E98C9F93A289EF82C682E882DC82C682DF816988C4816A2E646F63> 防 衛 省 開 発 航 空 機 の 民 間 転 用 に 関 する 検 討 会 取 りまとめ ( 案 ) 平 成 22 年 月 目 次 1. 防 衛 省 開 発 航 空 機 の 民 間 転 用 の 背 景 2 (1) 我 が 国 防 衛 生 産 技 術 基 盤 を 取 りまく 環 境 の 変 化 (2) 国 内 に 防 衛 生 産 技 術 基 盤 を 保 持 する 意 義 (3) 防 衛 省 開 発

More information

Taro-案文および改正後全文

Taro-案文および改正後全文 ( 改 正 後 全 文 ) 一 部 改 正 雇 児 福 発 0 3 3 1 第 1 号 雇 児 母 発 0 3 3 1 第 2 号 障 障 発 0 3 3 1 第 2 号 平 成 2 7 年 3 月 3 1 日 雇 児 福 発 0 4 0 1 第 2 号 雇 児 母 発 0 4 0 1 第 3 号 障 障 発 0 4 0 1 第 1 号 平 成 2 8 年 4 月 1 日 各 指 定 都 市 民 生

More information

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州 入 札 公 告 情 報 ナビ 発 注 機 関 一 覧 2010/8/25 現 在 種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 国 立 法 府 衆 議 院 関 東 東 京 都 参 議 院 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 西 館 近 畿 京 都 府 国 裁 判 所 最 高 裁 判 所

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言

意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言 資 料 3 安 全 保 障 と 防 衛 力 に 関 する 懇 談 会 平 成 21 年 4 月 9 日 北 海 道 千 歳 市 長 山 口 幸 太 郎 意 見 項 目 1 我 が 国 の 防 衛 に 果 たす 北 海 道 の 特 性 と その 実 態 2 北 海 道 からの 要 望 と 提 言 北 海 道 ( 千 歳 市 )と 防 衛 施 設 自 衛 隊 の 係 わり 北 海 道 千 歳 市 大 正

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

Microsoft Word - 16_2

Microsoft Word - 16_2 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 213 年 8 月 号 ユーロ 圏 中 核 国 に 広 がる 経 済 悪 化 の 影 響 < 要 旨 > 昨 年 9 月 以 降 ユーロ 圏 の 金 融 市 場 は 落 ち 着 いているが 周 縁 国 のみならず 中 核 国 においても 実 体 経 済 の 悪 化 が 長 引 くと 銀 行 の 経 営 状 況 ひいては 金 融 システムの 安 定 性

More information

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義 コンサルティングレポート 2013 年 10 月 11 日 全 13 頁 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 の 現 状 と 政 策 的 意 義 コンサルティング ソリューション 第 一 部 主 任 コンサルタント 米 川 誠 [ 要 約 ] 本 年 3 月 20 日 阪 神 三 宮 駅 の 全 面 改 良 工 事 が 完 成 した これにより アクセス 性 向 上 乗 り 換 え 時 間 短

More information

福岡県を訪れる外国人観光客の特徴について

福岡県を訪れる外国人観光客の特徴について 2013 年 9 月 13 日 日 本 銀 行 福 岡 支 店 Bank of Japan Fukuoka Branch 金 融 経 済 トピックス 福 岡 県 を 訪 れる 外 国 人 観 光 客 の 特 徴 について 当 資 料 は 当 店 ホームページに 掲 載 しています http://www3.boj.or.jp/fukuoka/ < 内 容 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 > 日

More information

総 合 政 策 局 情 報 政 策 課 長 補 佐 内 田 謙 一 総 合 政 策 局 行 政 情 報 化 推 進 課 情 報 システ ム 最 適 化 推 進 総 合 政 策 局 行 政 情 報 化 推 進 課 情 報 システ 浜 田 義 和 総 合 政 策 局 情 報 政 策 課 情 報 危 機

総 合 政 策 局 情 報 政 策 課 長 補 佐 内 田 謙 一 総 合 政 策 局 行 政 情 報 化 推 進 課 情 報 システ ム 最 適 化 推 進 総 合 政 策 局 行 政 情 報 化 推 進 課 情 報 システ 浜 田 義 和 総 合 政 策 局 情 報 政 策 課 情 報 危 機 人 事 異 動 ( 第 1 号 ) 平 成 2 8 年 1 月 1 日 付 国 土 交 通 省 発 令 事 項 氏 名 現 職 大 臣 房 付 即 日 辞 職 (12 月 31 日 付 ) 辞 職 (12 月 31 日 付 )( 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 共 済 業 務 室 長 ) 桑 原 幹 幸 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸

More information

日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25(2013) 年 3 月 推 計 ) - 平 成 22(2010)~52(2040) 年 - Ⅰ. 推 計 方 法 の 概 要... 1 1. 推 計 期 間... 1 2. 推 計 の 対 象 となる... 1 3. 推 計 方 法... 2 4. 基 準 人 口... 2 5. 将 来 の 生 残 率... 2 6. 将 来 の 純

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825589F1959489EF90E096BE95E291AB8E9197BF81698255816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825589F1959489EF90E096BE95E291AB8E9197BF81698255816A> 6. 市 街 地 整 備 の 動 向 都 市 の 中 心 部 の 人 口 密 度 と 小 売 業 販 売 額 の 関 係 市 中 心 部 の 人 口 密 度 が 低 いほど 販 売 額 が 小 さい また 都 市 人 口 が 大 きい 都 市 都 市 圏 人 口 の 大 きい 都 市 圏 の 核 都 市 では 人 口 密 度 が 高 く 販 売 額 も 大 きい 傾 向 三 大 都 市 圏 以 外

More information

Microsoft Word - 表紙&とびら.doc

Microsoft Word - 表紙&とびら.doc 平 成 25 年 度 新 水 道 ビジョン 推 進 支 援 に 伴 う 調 査 業 務 報 告 書 平 成 26 年 3 月 株 式 会 社 日 水 コ ン 報 告 書 目 次 1. 調 査 の 目 的 と 内 容...1 1.1 調 査 の 目 的...1 1.2 調 査 の 内 容...1 1) 新 水 道 ビジョンに 係 るデータ 集 の 作 成 に 伴 う 調 査...1 2) 新 水 道

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4F8A73926391CC82CC91DE90458EE893968DE08CB995E2935594708E7E82C994BA82A48F9590AC8BE08E788B8B82C982C282A282C45F482E32302E312E31365F>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4F8A73926391CC82CC91DE90458EE893968DE08CB995E2935594708E7E82C994BA82A48F9590AC8BE08E788B8B82C982C282A282C45F482E32302E312E31365F> 外 郭 団 体 の 退 職 手 当 財 源 補 填 廃 止 に 伴 う 助 成 金 支 給 について ~ 見 直 し 方 針 ~ 第 1 背 景 外 郭 団 体 ( 以 下 団 体 )は 高 度 化 複 雑 化 する 市 民 ニーズに 対 し 本 市 が 直 接 実 施 するより 機 動 的 かつ 柔 軟 に 公 共 サービスが 提 供 できるよう 設 立 され 高 い 専 門 性 を 発 揮 しつつ

More information

補償業務管理士検定試験(口述試験)

補償業務管理士検定試験(口述試験) 補 償 業 務 管 理 士 検 定 試 験 ( 筆 記 試 験 ) 受 験 の 案 内 ( 平 成 24 年 度 ) 社 団 法 人 日 本 補 償 コンサルタント 協 会 目 次 はじめに 1 1. 筆 記 試 験 受 験 資 格 のある 者 1 2. 筆 記 試 験 に 係 る 研 修 修 了 証 書 ( 共 通 科 目 及 び 専 門 科 目 )の 有 効 期 限 について 1 3. 手 続

More information

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法 インターネット 落 札 情 報 検 索 情 報 収 集 機 関 (2011 年 8 月 8 日 現 在 ) 会 計 検 査 院 会 計 検 査 院 参 議 院 参 議 院 国 立 国 会 図 書 館 国 立 国 会 図 書 館 人 事 院 人 事 院 内 閣 府 内 閣 府 内 閣 府 消 費 者 庁 内 閣 府 国 際 平 和 協 力 本 部 内 閣 府 国 立 公 文 書 館 内 閣 府 沖 縄

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

Microsoft Word - 南島原市過疎計画(H28~H32)ver1.0

Microsoft Word - 南島原市過疎計画(H28~H32)ver1.0 して 活 気 のある 魅 力 的 なまちづくりを 推 進 することで 交 流 人 口 の 拡 大 を 図 る (ア) 現 況 と 問 題 点 Ⅰ( 国 道 県 道 及 び 市 道 ) 本 市 の 主 要 道 路 は 諫 早 方 面 から 一 般 国 道 57 号 が 島 原 半 島 の 西 岸 を 経 て 小 浜 雲 仙 から 島 原 市 に 至 り 市 域 の 東 岸 には 一 般 国 道 251

More information

資 料 3 新 たな 沖 縄 振 興 の 枠 組 みと 展 開 について 平 成 26 年 2 月 7 日 沖 縄 県 企 画 部 沖 縄 21 世 紀 ビジョン 基 本 計 画 ( 沖 縄 振 興 計 画 )の 進 捗 について 平 成 24 年 3 月 28 日 第 63 回 沖 縄 県 振 興 審 議 会 沖 縄 21 世 紀 ビジョン 基 本 計 画 ( 仮 称 )( 案 ) の 答 申

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒 平 成 27 年 8 月 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 書 酒 類 業 中 央 団 体 連 絡 協 議 会 幹 事 日 本 洋 酒 酒 造 組 合 日 本 酒 造 組 合 中 央 会 日 本 蒸 留 酒 酒 造 組 合 ビ ー ル 酒 造 組 合 全 国 卸 売 酒 販 組 合 中 央 会 全 国 小 売 酒 販 組 合 中 央 会 日 本 ワ イ ナ リ ー 協

More information

要 望 事 項

要 望 事 項 平 成 28 年 度 自 動 車 関 係 諸 税 に 関 する 要 望 書 平 成 2 7 年 7 月 自 動 車 総 連 ( 全 日 本 自 動 車 産 業 労 働 組 合 総 連 合 会 ) 会 長 相 原 康 伸 目 次 < 要 望 事 項 > 1. 車 体 課 税 を 抜 本 的 に 見 直 し 簡 素 化 負 担 の 軽 減 を 図 る 1) 自 動 車 取 得 税 を 廃 止 する 2)

More information

三 重 県 阿 部 総 務 部 長 三 浦 主 幹 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 1 日 8 月 4 日 8 月 5 日 8 月 5 日 8 月 19 日 8 月 20 日 8 月 22 日 8 月 25 日 三 重 県 7 宮 城

三 重 県 阿 部 総 務 部 長 三 浦 主 幹 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 1 日 8 月 4 日 8 月 5 日 8 月 5 日 8 月 19 日 8 月 20 日 8 月 22 日 8 月 25 日 三 重 県 7 宮 城 平 成 26 年 度 対 口 支 援 要 請 訪 問 の 概 要 平 成 26 年 6 月 3 日 から11 月 7 日 までの 訪 問 都 道 府 県 数 40 都 道 府 県 日 程 長 野 県 1 金 野 秘 書 広 報 課 長 長 野 県 市 長 会 定 例 会 6 月 3 日 長 野 県 1 宮 城 県 長 野 市 2 塩 竈 市 松 本 市 2 石 巻 市 1, 女 川 町 1 岡 谷

More information

3 連 結 財 務 諸 表 の 概 要 損 益 計 算 書 の 概 要 年 度 年 度 対 前 年 比 営 業 収 益 126,827 153,822 26,995 121% 営 業 費 用 94,213 109,560 15,347 116% 営 業 利 益 32,614 44,261 11,64

3 連 結 財 務 諸 表 の 概 要 損 益 計 算 書 の 概 要 年 度 年 度 対 前 年 比 営 業 収 益 126,827 153,822 26,995 121% 営 業 費 用 94,213 109,560 15,347 116% 営 業 利 益 32,614 44,261 11,64 2015 年 5 月 14 日 2015 年 3 月 期 連 結 決 算 について 関 西 国 際 空 港 の 航 空 機 発 着 回 数 国 際 線 旅 客 数 が 過 去 最 高 となり 商 業 事 業 を 中 心 に 増 収 また OATグループ との 統 合 もあり 営 業 収 益 は1,500 億 円 を 上 回 り 営 業 利 益 経 常 利 益 ともに 前 年 比 110 億 円 以

More information

民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費 に 関 する 法 律 ( 以 下 旅 費 法 ) として 制 定 され 数 次 にわ

民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費 に 関 する 法 律 ( 以 下 旅 費 法 ) として 制 定 され 数 次 にわ 平 成 23 年 度 財 務 省 調 査 民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 23 年 11 月 株 式 会 社 リサーチアンドソリューション 民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費

More information