Ⅰ. 提 案 事 項 1. 国 では 空 港 が 地 域 活 性 化 に 果 たす 役 割 に 着 目 し 空 港 の 上 下 一 体 化 による 民 間 委 託 を 進 めている 上 下 一 体 化 を 通 じた 空 港 の 民 間 委 託 により 着 陸 料 の 低 下 や 空 港 ビル 経 営

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Ⅰ. 提 案 事 項 1. 国 では 空 港 が 地 域 活 性 化 に 果 たす 役 割 に 着 目 し 空 港 の 上 下 一 体 化 による 民 間 委 託 を 進 めている 上 下 一 体 化 を 通 じた 空 港 の 民 間 委 託 により 着 陸 料 の 低 下 や 空 港 ビル 経 営"

Transcription

1 道 内 空 港 の 民 間 委 託 の 方 向 性 について 平 成 28 年 3 月 北 海 道 経 済 連 合 会

2 Ⅰ. 提 案 事 項 1. 国 では 空 港 が 地 域 活 性 化 に 果 たす 役 割 に 着 目 し 空 港 の 上 下 一 体 化 による 民 間 委 託 を 進 めている 上 下 一 体 化 を 通 じた 空 港 の 民 間 委 託 により 着 陸 料 の 低 下 や 空 港 ビル 経 営 グランドハンドリングの 効 率 化 等 が 図 られ 航 空 路 線 の 拡 大 や 旅 客 数 の 増 加 をもたらすこ とが 期 待 される 北 海 道 においても 空 港 の 民 間 委 託 は 経 済 の 活 性 化 に 大 きな 効 果 がある と 認 められる 2. 北 海 道 においては まずは 新 千 歳 空 港 を 核 として 国 管 理 3 空 港 ( 函 館 釧 路 稚 内 )とのバンドリングによる 民 間 委 託 ( 特 定 目 的 会 社 SPCによる 運 営 )を 目 指 す さらに 採 算 性 についてさらなる 検 証 は 必 要 であるものの 需 要 分 散 発 着 枠 規 制 対 応 といった 新 千 歳 空 港 の 機 能 補 完 といった 観 点 を 勘 案 し 国 管 理 4 空 港 に 加 え 地 元 の 意 向 などが 整 えば 帯 広 旭 川 ( 市 管 理 空 港 )を 一 体 的 に 運 営 することが 望 ましい また 利 用 客 数 が 函 館 旭 川 に 次 いで 多 い 女 満 別 空 港 ( 道 管 理 空 港 )についても 広 域 観 光 の 観 点 から まずは 指 定 管 理 者 制 度 によるSPCとの 一 体 運 営 を 目 指 し その 後 経 営 自 立 化 の 道 筋 が 明 確 になれば さらに 踏 み 込 んだ 経 営 統 合 を 考 えるような 段 階 的 な 対 応 が 望 まれる 他 の 道 管 理 空 港 についても 指 定 管 理 者 制 度 によるSPCとの 一 体 管 理 などの 可 能 性 は 残 す 必 要 がある これにより 投 資 や 運 営 面 での 効 率 化 に 加 え 新 千 歳 空 港 と 道 内 他 空 港 が 連 携 して 航 空 路 線 の 維 持 拡 充 を 図 ることが 期 待 される 3. 運 営 権 者 となるSPCに 対 しては 交 渉 力 の 強 化 を 通 じて 道 内 外 の 航 空 路 線 の 維 持 拡 充 を 図 る 努 力 を 促 すことはもとより 上 下 一 体 化 の 効 果 を 全 道 に 波 及 させるために LCCのような 低 料 金 での 移 動 を 可 能 とする 路 線 の 道 内 外 への 拡 充 を 要 請 する 4. 道 内 外 の 航 空 ネットワーク 拡 充 強 化 の 方 策 として 国 に 対 しては 1~15 年 と いう 時 限 的 対 応 として 新 規 路 線 就 航 (LCCなど)に 伴 う 初 期 リスク 低 減 を 図 る 助 成 制 度 などの 支 援 措 置 の 創 設 を 要 請 する 運 営 会 社 への 提 案 の 義 務 付 け( 売 却 代 金 を 減 じ て 必 要 資 金 を 留 保 )や 離 島 補 助 金 の 拡 充 など 国 の 支 援 制 度 としての 措 置 など 様 々な 方 法 が 考 えられるが 実 効 性 が 高 くかつ 弾 力 的 な 制 度 運 営 ができる 仕 組 みを 検 討 してい く 必 要 がある 5. 道 内 空 港 における 民 間 委 託 の 効 果 を 高 めるために 空 港 経 営 を 担 うSPCについては 道 内 企 業 が 主 要 な 役 割 を 担 うことが 望 まれる 1

3 Ⅱ. 提 案 理 由 1. 北 海 道 における 空 港 民 間 委 託 の 早 期 実 現 の 必 要 性 (1) 北 海 道 経 済 の 活 性 化 と 航 空 路 線 の 維 持 拡 充 北 海 道 は 人 口 減 少 が 続 いており この 傾 向 は 長 期 的 に 継 続 すると 考 えられている こ のため 北 海 道 経 済 の 維 持 活 性 化 のためには 生 産 性 向 上 交 流 人 口 増 加 外 貨 獲 得 と いった 取 組 が 必 要 となる このような 経 済 活 性 化 の 取 組 に 加 え 道 民 生 活 の 維 持 向 上 の 上 で 道 内 交 通 ネット ワークを 維 持 発 展 させていくことが 不 可 欠 である 国 の 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン 構 想 会 議 においては 22 年 までにインバ ウンド3 千 万 人 を 達 成 するために 首 都 圏 ~ 関 西 のいわゆるゴールデンルート 以 外 に 地 方 での 受 け 入 れ 拡 大 を 図 ることが 必 要 としている このなかで 北 海 道 は インバウンドの 受 け 入 れ 拡 大 可 能 性 の 高 い 地 域 として 位 置 付 けられており 国 際 航 空 路 線 の 拡 充 が 必 要 で ある (2) 北 海 道 の 航 空 ネットワークに 係 る 現 在 の 課 題 航 空 路 線 については この1 年 間 で 路 線 の 廃 止 機 材 小 型 化 などで 輸 送 力 が 落 ち 込 んでおり 道 内 航 空 路 線 についても 経 営 環 境 が 厳 しく 縮 小 している 北 海 道 としての 観 光 政 策 の 課 題 があるものの 航 空 路 線 の 縮 小 等 によって インバウ ンド 以 外 の 道 外 観 光 客 については 近 年 伸 び 悩 み 傾 向 にあり 好 調 が 続 く 沖 縄 京 都 首 都 圏 などとの 競 争 力 が 弱 まりつつある 道 内 空 港 の 利 用 客 については 新 千 歳 空 港 と 他 空 港 との 格 差 が 大 きく 新 千 歳 空 港 へ の 一 極 集 中 が 顕 著 となっている また 同 空 港 が 自 衛 隊 との 共 管 空 港 であることなどによ り 発 着 枠 の 制 約 共 産 圏 諸 国 からの 乗 り 入 れ 規 制 などの 問 題 が 存 在 する このため 新 千 歳 空 港 における 今 後 の 受 け 入 れ 拡 大 についてはある 程 度 の 制 約 がある 観 光 客 の 新 千 歳 空 港 を 発 着 点 とした 道 内 周 遊 という 定 番 パターンに 限 界 が 見 えており 今 後 は 地 方 空 港 での 受 け 入 れ 拡 充 を 図 り 地 域 構 造 に 見 合 った 多 極 分 散 型 の 拠 点 空 港 形 成 と 道 内 空 港 間 の 航 空 ネットワークの 維 持 も 必 要 と 考 えられている (3) 空 港 の 民 間 委 託 により 期 待 される 効 果 これまで 掲 げた 航 空 ネットワークの 様 々な 課 題 解 決 に 向 けた 対 応 策 として 空 港 の 民 間 委 託 ( 公 共 施 設 運 営 権 (コンセッション) )がある 運 営 権 者 ( 特 定 目 的 会 社 SPC) が 空 港 ビルなどの 空 港 施 設 と 滑 走 路 を 上 下 一 体 化 して 運 営 することにより 柔 軟 な 着 陸 料 の 設 定 空 港 関 連 施 設 の 経 営 効 率 化 と 収 益 性 拡 大 が 期 待 される また 運 営 権 者 が 力 をつ けることで 航 空 会 社 との 交 渉 力 が 強 化 され 航 空 路 線 の 維 持 拡 充 や 国 際 路 線 を 含 めた 新 規 路 線 の 誘 致 を 推 進 することも 期 待 できる 2

4 (4) 国 内 における 空 港 経 営 の 民 間 委 託 の 進 展 全 国 では 仙 台 空 港 関 西 国 際 空 港 が 民 間 委 託 を 開 始 する 予 定 であり 高 松 福 岡 広 島 各 空 港 も 同 様 な 方 向 を 目 指 している 仙 台 空 港 における 運 営 権 者 としては 採 算 性 向 上 を 強 くアピールした 東 急 グループが 高 い 評 価 を 受 け 選 定 された 東 急 グループは 路 線 拡 充 はもとより 採 算 性 向 上 に 向 けた 空 港 ターミナルビルに 入 居 する 事 務 所 やテナント 等 の 配 置 替 えに 加 え 空 港 周 辺 地 域 の 集 客 施 設 の 建 設 等 も 手 がけている (5) 望 まれる 早 期 の 民 間 委 託 全 国 の 空 港 が 民 間 委 託 を 進 めるなかで 今 後 は 空 港 間 の 競 争 も 激 化 していくと 考 えら れる このため 北 海 道 においても 22 年 の 東 京 オリンピック 開 催 に 向 けて 早 期 に 民 間 委 託 を 進 め 航 空 路 線 の 維 持 拡 充 空 港 経 営 の 効 率 化 を 図 ることが 地 域 経 済 活 性 化 の ための 喫 緊 の 課 題 となっている 2. 望 ましいと 考 えられる 空 港 の 民 間 委 託 の 枠 組 み (1) 想 定 される 民 間 委 託 の 枠 組 み 道 内 には5つの 国 管 理 空 港 ( 新 千 歳 函 館 釧 路 稚 内 丘 珠 : 共 用 ) 3つの 道 管 理 空 港 ( 女 満 別 中 標 津 紋 別 ) 2つの 地 方 自 治 体 管 理 空 港 ( 帯 広 旭 川 ) 2つの 離 島 空 港 ( 利 尻 奥 尻 ( 礼 文 )) があり 管 理 者 経 営 状 況 空 港 の 位 置 づけ 路 線 の 特 性 など の 差 異 が 大 きい こうした 複 数 でかつ 基 盤 の 異 なる 空 港 の 民 間 委 託 の 枠 組 みについては 1 路 線 の 拡 大 が 続 き 空 港 施 設 の 経 営 が 順 調 な 新 千 歳 空 港 単 独 でのコンセッション 2 新 千 歳 空 港 を 核 とした 複 数 空 港 のバンドリングによるコンセッションが 想 定 される 1 新 千 歳 空 港 単 独 コンセッション 収 益 力 が 高 く 空 港 施 設 の 経 営 が 順 調 な 新 千 歳 空 港 については 関 係 者 の 調 整 が 円 滑 に 行 われれば 先 行 事 例 よりも 競 争 的 な 流 れが 実 現 する 可 能 性 が 高 い そのことは 全 国 他 空 港 とは 比 較 にならない 価 値 で 運 営 権 を 売 却 できる 可 能 性 がある 一 方 SPCにと って 投 資 負 担 が 重 くのしかかる 可 能 性 も 懸 念 される その 結 果 運 営 権 者 が 収 益 追 求 を 優 先 して 先 述 の 新 千 歳 一 極 集 中 をより 顕 著 にし 収 益 性 の 低 い 路 線 や 空 港 の 需 要 開 拓 を 劣 後 させる 可 能 性 もあり 観 光 客 の 道 内 の 効 率 的 な 移 動 や 地 方 と 札 幌 を 結 ぶ 生 活 の 足 が 奪 われる 懸 念 がある こうした 課 題 への 対 応 策 として 道 内 空 港 全 体 の 需 要 拡 大 ( 需 要 分 散 ) 現 行 航 空 路 線 の 維 持 拡 充 新 規 航 空 路 線 の 道 内 空 港 全 体 への 誘 致 道 内 空 港 全 体 の 経 営 効 率 化 収 益 強 化 などを 運 営 権 者 に 義 務 付 けることにより 運 営 権 者 のノウハウを 生 かした 理 想 的 な 方 向 を 達 成 することも 不 可 能 ではない しかし 上 記 義 務 付 けが 後 述 するバンドリングの 場 合 と 異 なり SPCにとっての 3

5 利 益 確 保 につながらず 新 千 歳 空 港 への 一 極 集 中 をさらに 加 速 させる 懸 念 もある 2 新 千 歳 空 港 を 中 核 とする 複 数 空 港 のバンドリングによるコンセッション 新 千 歳 空 港 を 中 核 とする 複 数 空 港 のバンドリングによるコンセッションは 以 下 のよ うなメリットが 考 えられる 1) 運 営 権 者 が 他 空 港 と 一 体 運 営 することにより 戦 略 的 な 投 資 の 実 行 空 港 間 の 連 携 による 営 業 活 動 が 期 待 される 例 えば 運 営 権 者 が 路 線 維 持 拡 充 のために 各 空 港 の 着 陸 料 グランドハンドリング 料 金 施 設 利 用 料 などを 弾 力 的 に 設 定 することが 考 え られる 2) 空 港 ターミナルビルにおける 商 品 の 仕 入 れ 一 括 化 販 売 ノウハウの 共 有 化 地 域 資 源 を 生 かした 物 産 開 発 と 独 自 性 のある 飲 食 メニューの 提 供 等 によりビル 経 営 の 収 益 性 を 向 上 させることが 期 待 される 3) 複 数 空 港 の 一 体 経 営 により グランドハンドリング 業 務 メンテナンス 労 務 管 理 等 の 効 率 化 を 推 進 することができる 4) 各 地 域 の 観 光 関 係 事 業 者 交 通 機 関 との 連 携 による 地 域 特 性 を 生 かした 空 港 を 拠 点 とする 新 たな 観 光 メニューの 開 発 とエアポートセールスの 連 携 が 期 待 される 一 方 デメリットとして 赤 字 空 港 が 経 営 効 率 化 するインセンティブを 失 い 赤 字 を 当 然 のこととしてしまうような 事 態 が 考 えられる また 旭 川 空 港 や 帯 広 空 港 で 国 際 線 ターミナルの 整 備 が 計 画 されているが その 成 否 を 評 価 することなく 経 営 の 一 体 化 を 図 れば 同 様 の 問 題 が 起 きかねないものと 考 えられる 赤 字 空 港 と 一 体 化 することから 新 千 歳 空 港 単 独 コンセッションと 比 較 して 運 営 権 の 対 価 が 低 下 すると 考 えられているが 少 なくとも 国 が 所 有 する 滑 走 路 施 設 などに 関 し ては 赤 字 にかかる 現 在 価 値 に 見 合 う 将 来 キャッシュフローの 現 在 価 値 が 価 格 から 相 殺 されるという 意 味 では 国 にとっては 等 価 の 取 引 になる 点 は 適 切 に 理 解 する 必 要 がある また 複 数 空 港 の 地 元 関 係 者 空 港 ターミナルビルの 株 主 等 との 調 整 など コンセッシ ョン 実 現 までに 長 時 間 要 する 可 能 性 がある しかし 1.(2)に 掲 げた 航 空 ネットワー クの 諸 課 題 の 解 決 に 当 たっては 複 数 空 港 の 一 体 運 営 により 空 港 間 の 路 線 の 維 持 需 要 の 分 散 などの 相 互 補 完 関 係 を 構 築 できるなどの 観 点 から 新 千 歳 空 港 単 独 コンセッシ ョンより 複 数 空 港 のバンドリングによるコンセッションが 望 ましいと 考 えられる (2) 望 ましいバンドリングの 範 囲 民 間 委 託 を 早 期 にかつ 着 実 に 実 現 させるためには まずは 制 度 上 すでに 認 められてい る 新 千 歳 空 港 を 含 む4つの 国 管 理 空 港 を 先 行 してバンドリングすることが 望 ましい なお 国 管 理 空 港 のうち 丘 珠 空 港 については 自 衛 隊 共 用 空 港 という 特 殊 性 などを 踏 まえ バ ンドリングの 対 象 には 含 めないものとしている 国 管 理 4 空 港 については 関 係 者 や 地 元 調 整 を 積 極 的 に 進 めることとし コンセッシ 4

6 ョンの 早 期 実 現 に 努 める 必 要 がある 収 益 性 の 低 い 空 港 ターミナルビルなどに 関 しては 有 償 譲 渡 がきわめて 難 しい 可 能 性 なども 考 えられ 収 益 確 保 に 向 けてさらなる 経 営 努 力 な ども 必 要 となっている 市 管 理 空 港 である 帯 広 旭 川 両 空 港 については 新 千 歳 空 港 からの 時 間 距 離 が 比 較 的 近 く 新 千 歳 空 港 の 発 着 規 制 ( 発 着 枠 共 産 圏 の 乗 り 入 れ 規 制 等 )への 対 応 や 悪 天 候 時 に おける 代 替 着 陸 などの 補 完 的 な 役 割 が 期 待 できるほか 道 北 道 東 の 拠 点 空 港 としての 機 能 を 発 揮 することが 期 待 される 一 方 道 管 理 空 港 のうち 女 満 別 空 港 については 利 用 者 数 が 函 館 旭 川 に 次 いで 多 く 釧 路 とともに 道 東 の 拠 点 空 港 としての 役 割 を 果 たしてお り まずは 指 定 管 理 者 制 度 によるSPCとの 一 体 運 営 が 望 まれる その 後 道 内 航 空 ネッ トワークの 充 実 などにより 経 営 自 立 化 の 道 筋 が 明 確 になれば さらに 踏 み 込 んだ 経 営 統 合 を 考 えるような 段 階 的 な 対 応 が 望 まれる なお 道 管 理 の 他 空 港 については バンドリ ングによるメリットを 勘 案 し 指 定 管 理 者 制 度 によるSPCとの 運 営 の 一 体 化 の 途 は 残 す 必 要 がある なお インバウンドの 増 加 に 対 応 した 空 港 ターミナルビル 等 への 設 備 投 資 が 複 数 計 画 されているが SPCの 経 営 に 大 きく 影 響 を 及 ぼすような 計 画 については 実 施 時 期 を 見 極 める 必 要 があるほか 実 施 された 投 資 については 供 用 された 効 果 を 検 証 しつつ 一 体 化 の 時 期 や 方 法 などについて 検 討 することが 必 要 となる 3. 道 内 外 の 路 線 拡 充 に 向 けた 取 り 組 みに 関 する 要 望 (1) 運 営 権 者 に 求 める 取 り 組 み 運 営 権 者 となるSPCに 求 められる 役 割 は 道 内 航 空 路 線 の 維 持 拡 大 および 国 内 外 からの 旅 客 の 増 加 を 通 じた 交 流 人 口 の 増 大 による 北 海 道 経 済 の 活 性 化 である SPCには 北 海 道 経 済 の 維 持 活 性 化 に 向 け 長 期 的 な 視 点 で 道 内 航 空 ネットワークの 効 率 化 を 図 ってもらうと 共 に 路 線 の 維 持 拡 大 に 向 けて 邁 進 することが 望 まれる この ため コンセッション 方 式 の 導 入 後 着 陸 料 引 き 下 げ 等 を 通 じて 多 くの 航 空 会 社 の 乗 り 入 れ 可 能 性 を 高 める 等 道 内 外 の 航 空 ネットワークの 維 持 拡 充 を 図 るための 資 金 的 枠 組 み を 確 保 することが 必 要 である (2) 資 金 的 枠 組 みの 確 保 に 向 けた 方 策 北 海 道 の 航 空 ネットワークの 維 持 拡 大 のための 資 金 的 枠 組 みの 確 保 策 として 主 に 2つの 手 法 が 考 えられる 1 当 初 からSPCに 一 定 の 資 金 を 留 保 し 時 限 的 に 航 空 ネットワーク 維 持 拡 充 に 活 用 する 仕 組 みについては 資 金 確 保 が 確 実 である 一 方 資 金 留 保 分 だけ 運 営 権 売 却 価 格 が 低 減 される 等 のインセンティブを 入 札 条 件 に 含 める 必 要 がある 2 北 海 道 特 例 ( 特 区 )として 道 内 外 航 空 路 線 維 持 拡 充 のための 助 成 を 国 から 得 てい く 手 法 もありうるが 現 時 点 で 担 保 されるものではない しかし かかる 特 例 措 置 が 手 当 てされれば 相 応 の 実 効 性 が 見 込 まれる 5

7 なお 旅 客 取 扱 施 設 利 用 料 (PSFC)を 利 用 客 から 徴 収 する 等 した 資 金 を 原 資 とし て 道 内 外 航 空 路 線 の 維 持 拡 充 に 向 けて SPCに 一 定 の 資 金 負 担 をフローで 求 めると いう 考 え 方 もある ただし PSFCは 本 来 は 旅 客 施 設 およびサービスに 対 する 対 価 で あり 航 空 ネットワーク 維 持 への 活 用 は 想 定 されていない いずれの 手 法 にせよ コンセッションの 導 入 直 後 から 限 られた 時 間 の 中 で 北 海 道 経 済 の 活 性 化 に 対 し 確 実 に 効 果 を 発 現 できる 枠 組 み 構 築 が 重 要 である ちなみに 自 治 体 に 空 港 ターミナルビルの 株 式 売 却 代 金 が 入 ることが 想 定 されるが その 資 金 を 空 港 ネットワークの 維 持 活 性 化 に 活 用 することが 望 まれる 4. 運 営 権 者 として 望 ましい 主 体 について 道 内 空 港 の 民 間 委 託 により 北 海 道 経 済 の 維 持 活 性 化 を 図 るためには 空 港 経 営 を 担 う SPCについては 道 内 の 地 元 企 業 が 主 要 な 役 割 を 担 うことが 望 まれる 地 元 企 業 は そ の 特 性 強 みを 活 かすと 共 に 地 域 内 で 資 金 の 好 循 環 を 実 現 することが 可 能 な 主 体 であり コンセッションを 機 会 に 地 域 経 済 への 波 及 を 最 大 化 させることが 期 待 される 以 上 6

8 道 内 空 港 の 民 間 委 託 の 方 向 性 について 参 考 資 料 平 成 28 年 3 月 北 海 道 経 済 連 合 会

9

10 1. 提 案 の 位 置 づけ (1) 目 指 す 方 向 現 在 の 空 港 経 営 改 革 は 地 域 が 主 体 的 に 方 向 性 を 検 討 することとなっているため 道 の 空 港 経 営 改 革 の 方 向 づけに 対 する 経 済 界 としての 意 見 を 表 明 するもの (2) 北 海 道 の 活 性 化 に 向 けた 課 題 1 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 24 年 に 向 けて 人 口 の 大 幅 な 減 少 高 齢 化 の 進 展 が 著 しく 人 口 は 札 幌 市 への 一 極 集 中 が 継 続 し 地 方 圏 では 大 幅 な 減 少 が 見 込 まれる 同 様 に 地 方 圏 での 高 齢 化 も 道 央 圏 と 比 較 して 著 しく 進 展 していく ( 全 国 と 北 海 道 の 人 口 高 齢 化 の 長 期 予 測 ) ( 札 幌 市 の 人 口 シェア) ( 資 料 ) 国 土 交 通 省 北 海 道 局 北 海 道 開 発 の 将 来 展 望 に 関 するとりまとめ ( 平 成 26 年 9 月 ) ( 北 海 道 の6 圏 域 別 将 来 推 計 人 口 ) ( 単 位 : 千 人 ) 1

11 ( 千 人 ) 6, 5, 4, 3, , 1, 3,43 3,357 3,275 3,169 3,44 2,95 2, 年 215 年 22 年 225 年 23 年 235 年 24 年 道 央 圏 道 南 圏 道 北 圏 オホーツク 圏 十 勝 圏 釧 路 根 室 圏 ( 出 所 ) 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 地 域 別 将 来 推 計 人 口 より 作 成 2

12 実 質 道 内 総 生 産 の 低 下 も 見 込 まれ 交 流 人 口 の 増 加 ( 道 内 での 消 費 拡 大 ) 地 域 産 業 の 高 度 化 ( 国 際 競 争 力 ある 産 業 の 維 持 拡 大 ) 基 幹 産 業 であるサービス 産 業 の 生 産 性 の 向 上 などが 必 要 である ( 北 海 道 の 実 質 道 内 総 生 産 の 長 期 予 測 :28 年 までの 過 去 1 年 間 の 推 移 から 推 計 ) 7 25 実 質 域 内 総 生 産 ( 北 海 道 以 外 ) ( 兆 円 ) 平 成 17 年 (25 年 ) 平 成 22 年 (21 年 ) 平 成 32 年 (22 年 ) 平 成 42 年 (23 年 ) 平 成 62 年 (25 年 ) 実 質 道 内 総 生 産 ( 兆 円 ) 東 北 関 東 その 他 全 国 北 海 道 ( 資 料 ) 国 土 交 通 省 収 支 採 算 性 及 び 投 資 効 果 の 確 認 に 関 する 参 考 資 料 ( 整 備 新 幹 線 資 料 ) 3

13 2 道 外 からの 入 込 客 数 宿 泊 客 数 の 低 迷 北 海 道 への 道 外 からの 入 込 客 数 は 高 度 成 長 期 以 降 順 調 な 伸 びを 示 してきたが 平 成 11 年 をピークに 低 下 傾 向 にある 地 域 別 にみると 道 東 (オホーツク 釧 路 根 室 )の 減 少 が 著 しく 道 北 十 勝 道 央 は 減 少 幅 が 小 さいなど 地 域 別 の 差 が 大 きくなっている 道 北 については 旭 山 動 物 園 の 集 客 効 果 が 一 時 期 顕 著 に 表 れていた 道 外 入 込 客 数 の 長 期 推 移 5, 千 人 45, 4, 35, 3, 25, 2, 平 成 11 年 度 15, 1, 5, 昭 和 平 成 元 年 度 ( 資 料 ) 北 海 道 経 済 局 北 海 道 観 光 入 込 客 数 調 査 報 告 書 より 作 成 道 内 地 域 別 道 外 宿 泊 客 数 の 推 移 ( 平 成 11 年 度 =1 とした 場 合 の 推 移 ) 十 勝 圏 道 北 圏 道 央 圏 道 南 圏 釧 路 根 室 圏 6 5 オホーツク 圏 4 平 成 年 度 ( 資 料 ) 北 海 道 経 済 局 北 海 道 観 光 入 込 客 数 調 査 報 告 書 より 作 成 4

14 平 成 26 年 度 の 域 外 ( 同 一 都 道 府 県 外 )からの 宿 泊 客 延 数 をみると 北 海 道 はいわ ゆるゴールデンルート 上 にある 地 域 や 沖 縄 県 よりも 少 なく 23~26 年 度 の 伸 び 率 は 同 じくゴールデンルート 上 の 地 域 や 沖 縄 県 などよりも 低 位 となっている 近 年 における 北 海 道 の 観 光 振 興 において 道 外 客 を 呼 び 込 むための 対 応 が 課 題 と なっている 域 外 ( 同 一 都 道 府 県 外 : 外 国 人 を 除 く)からの 宿 泊 客 延 数 域 外 ( 同 一 都 道 府 県 外 : 外 国 人 を 除 く)からの 宿 泊 客 延 数 の 伸 び(H23~26 年 度 の 比 較 ) ( 資 料 ) 北 海 道 観 光 振 興 機 構 資 料 5

15 2. 道 内 交 通 ネットワークにおける 空 路 の 位 置 づけと 課 題 (1) 空 路 の 位 置 づけ 道 内 道 外 間 輸 送 は そのほとんどを 航 空 が 担 っており 空 路 は 重 要 な 役 割 を 果 たしている 北 海 道 新 幹 線 開 業 により 鉄 道 利 用 者 も 増 えると 考 えられるが 少 なくとも 札 幌 延 伸 までは 今 後 も 航 空 が 道 外 との 交 流 や 短 時 間 で 地 域 間 を 結 ぶこ とから 道 内 産 業 の 生 産 性 の 向 上 を 図 る 上 で 重 要 な 役 割 を 果 たすと 考 えられる 道 内 間 の 移 動 においては 自 動 車 の 比 率 が 圧 倒 的 に 高 く 航 空 の 割 合 は 非 常 に 小 さくなっている( 全 体 の.1% 程 度 ) 平 成 18 年 から 23 年 にかけて 道 内 道 外 間 輸 送 人 数 は 減 少 していたが その 後 増 加 に 転 じている 増 加 分 はそのほとんどが 航 空 利 用 者 である ( 千 人 ) 3, 道 内 道 外 間 輸 送 人 数 輸 送 機 関 別 25, 2, 15, 1, 21,187 21,16 21,738 21,83 19,974 18,679 18,64 17,35 19,112 2,173 21,51 5, 2,84 2,24 1,967 1,997 1,95 1,732 1,695 1,723 1,729 1,73 1, 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 2 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 J R 船 舶 航 空 道 内 道 外 間 輸 送 人 数 ( 構 成 比 ) 輸 送 機 関 別 1.% 8.% 6.% 85.% 85.2% 85.5% 85.1% 84.9% 84.9% 85.% 85.1% 85.7% 86.3% 87.4% 4.% 2.%.% 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 2 年 度 21 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 J R 船 舶 航 空 ( 資 料 ) 国 土 交 通 省 地 域 間 旅 客 流 動 調 査 6

16 (2) 現 在 の 道 内 外 の 航 空 路 線 の 課 題 空 港 乗 降 客 ( 国 内 線 国 際 線 とも)における 新 千 歳 空 港 のシェアは8 割 程 度 を 占 める 国 際 線 の 乗 降 客 数 は 新 規 路 線 就 航 が 相 次 ぐ 新 千 歳 空 港 以 外 に 旭 川 函 館 空 港 に 台 湾 中 国 便 が 新 規 就 航 したことから 両 空 港 での 乗 降 客 数 が 伸 びている 貨 物 取 扱 量 に 関 しては 新 千 歳 空 港 はほぼ 横 ばいで 推 移 しているが その 他 の 地 方 空 港 は 軒 並 み 減 少 している 中 標 津 空 港 だけは 域 内 の 高 付 加 価 値 製 品 ( 主 に 魚 介 類 などの 生 鮮 品 )の 移 輸 出 拡 大 などにより 22 年 度 以 降 回 復 傾 向 にある 新 千 歳 空 港 への 国 内 国 際 搭 乗 客 の 一 極 集 中 国 内 線 乗 降 客 数 割 合 (H26) 国 内 線 乗 降 客 数 割 合 の 推 移 稚 内.8% 帯 広 2.5% 釧 路 2.9% 女 満 別 3.2% 旭 川 4.1% 函 館 6.7% 中 標 津.8% 紋 別.3% 利 尻.2% 丘 珠.8% 新 千 歳 77.6% 1% 8% 6% 4% 2% % 5.3% 4.6% 4.7% 4.4% 4.1% 7.1% 6.8% 6.6% 6.7% 6.7% 75.6% 76.7% 77.1% 77.4% 77.6% H22 H23 H24 H25 H26 新 千 歳 函 館 旭 川 女 満 別 釧 路 帯 広 その 他 道 内 空 港 国 際 線 乗 降 客 数 割 合 (H26) 国 際 線 乗 降 客 数 割 合 の 推 移 女 満 別.1% 旭 川 7.8% 函 館 8.7% 釧 路.3% 帯 広.2% 1% 8% 6% 4% 6.3% 3.9% 3.7% 6.8% 6.2% 3.2% 6.2% 7.8% 8.6% 8.7% 85.% 9.7% 87.7% 83.1% 83.% 新 千 歳 83.% 2% % 新 千 歳 H22 函 館 H23 旭 川 H24 女 満 別 釧 路 H25 帯 広 H26 その 他 道 内 空 港 ( 資 料 ) 国 土 交 通 省 空 港 利 用 状 況 調 書 7

17 道 内 各 空 港 の 乗 降 客 数 の 推 移 千 人 新 千 歳 空 港 25, 国 際 線 国 内 線 2, 15, 1, 5, H 千 人 釧 路 空 港 1,2 国 際 線 国 内 線 1, H 千 人 旭 川 空 港 1,4 1,2 国 際 線 国 内 線 1, H 千 人 稚 内 空 港 35 3 国 際 線 国 内 線 H 千 人 函 館 空 港 3, 2,5 国 際 線 国 内 線 2, 1,5 1, 5 H 千 人 帯 広 空 港 8 国 際 線 国 内 線 H 千 人 1,2 1, 女 満 別 空 港 H 千 人 中 標 津 空 港 H 千 人 1 紋 別 空 港 千 人 4 利 尻 空 港 H H , 礼 文 空 港 千 人 2 奥 尻 空 港 4, 3, 2, 1, H H 千 人 5 札 幌 丘 珠 空 港 H

18 道 内 各 空 港 の 貨 物 取 扱 量 の 推 移 3, 新 千 歳 空 港 国 内 線 国 際 線 1,4 1,2 稚 内 空 港 2, 1, 8 1, H H , 8, 釧 路 空 港 2, 15, 函 館 空 港 国 内 線 国 際 線 6, 4, 1, 2, 5, H H , 旭 川 空 港 1, 帯 広 空 港 1, 8, 6, 4, 2, 8, 6, 4, 2, H H , 女 満 別 空 港 7 中 標 津 空 港 6, 6 5 4, 4 3 2, 2 1 H H 紋 別 空 港 1 利 尻 空 港 H H 礼 文 空 港 2 奥 尻 空 港 H H 札 幌 丘 珠 空 港 H

19 道 内 空 港 道 外 空 港 道 外 との 航 空 路 線 について 新 千 歳 空 港 への 路 線 集 中 が 進 み それ 以 外 の 空 港 で は 減 少 傾 向 にある 一 方 新 千 歳 空 港 も 四 国 九 州 便 を 中 心 に 廃 止 された 路 線 も 多 くなっている 路 線 縮 小 とともに 機 材 の 小 型 化 も 進 み 平 成 17 年 度 以 降 基 幹 路 線 である 新 千 歳 空 港 ~ 東 京 ( 羽 田 ) 路 線 を 含 めて が 大 きく 落 ち 込 んでおり 輸 送 力 が 全 体 的 に 低 下 しつつある 特 に 関 西 方 面 ( 関 西 国 際 空 港 大 阪 伊 丹 空 港 )から 道 内 への は 激 減 している 道 内 空 港 函 館 奥 尻 新 千 歳 丘 珠 旭 川 稚 内 利 尻 礼 文 紋 別 女 満 別 中 標 津 釧 路 帯 広 函 館 H25 H19 H23 H19 奥 尻 1 新 千 歳 2 H H H18 丘 珠 6 H22 1 H17 H24 H22 3 旭 川 H25 H23 H2 稚 内 2 H22 H15 H15 利 尻 1 1 H15 礼 文 H15 紋 別 H25 H17 女 満 別 H19 7 H24 中 標 津 3 H22 釧 路 H H2 帯 広 H19 H18 青 森 5 三 沢 1 H19 1 花 巻 4 秋 田 H5 5 山 形 H13 H22 庄 内 H1 H19 仙 台 H19 15(1) H12 H15 H16 H9 福 島 H14 1 H13 新 潟 H1 4 H15 H15 茨 城 1 羽 田 成 田 19 H16 中 部 H25 1 H22 小 松 1 富 山 H16 1 松 本 1 静 岡 2 伊 丹 1 1 関 西 H25 1 H21 神 戸 5 H23 出 雲 H22 広 島 H15 2 H9 岡 山 1 山 口 宇 部 H14 米 子 H11 高 松 H19 松 山 H23 徳 島 H22 高 知 H13 福 岡 H11 5 H1 H9 長 崎 H12 熊 本 H9 大 分 H9 宮 崎 H9 鹿 児 島 H19 那 覇 1 注 : H2 は 休 止 路 線 白 抜 きは 休 止 年 を 示 す は 現 在 (H27.9) 運 航 中 で 数 字 は1 日 当 たり 便 数 ( 往 復 )を 示 す は 季 節 運 航 を 示 す は21 年 度 より 増 便 となったもの は21 年 度 より 減 便 となったもの ( )は 臨 時 便 で 内 数 ( 資 料 ) 時 刻 表 等 より 作 成 1

20 主 要 路 線 別 の と の 推 移 新 千 歳 ~ 羽 田 間 新 千 歳 ~ 成 田 間 14,5, 74. 2,, 8. 14,, 13,5, 13,, 12,5, 12,, 11,5, 11,, 1,5, H ,8, 1,6, 1,4, 1,2, 1,, 8, 6, 4, 2, H 新 千 歳 ~ 関 西 新 千 歳 ~ 大 阪 3,5, 9. 2,, 9. 3,, 2,5, 2,, 1,5, 1,, 5, ,8, 1,6, 1,4, 1,2, 1,, 8, 6, 4, 2, 函 館 ~ 東 京 函 館 ~ 関 西 3,, 2,5, 2,, , 5, 4, ,5, 4. 3, 4. 1,, 5, , 1, 釧 路 ~ 東 京 1,, 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1, 釧 路 ~ 関 西 釧 路 ~ 大 阪 14, 12, 1, 8, 115, , , 2, 15, 2, ,17 15, , 4, 2, 3. 4, , 5,

21 稚 内 ~ 東 京 稚 内 ~ 関 西 3, 25, 2, 15, 1, 5, , 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1, 旭 川 ~ 東 京 旭 川 ~ 関 西 1,6, 1,4, 1,2, 1,, 8, 6, , 2, 15, 1, , 2, , 帯 広 ~ 東 京 帯 広 ~ 関 西 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1, , 12, 1, 8, 6, 4, 2, ,954 12, , 女 満 別 ~ 東 京 女 満 別 ~ 関 西 1,, 8. 25, 8. 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1, , 15, 1, 5, ( 資 料 ) 国 土 交 通 省 航 空 輸 送 統 計 年 報 より 作 成 12

22 全 国 のLCC 就 航 状 況 と 北 海 道 の 現 状 LCCの 就 航 状 況 を 見 ると 北 海 道 は 広 大 な 面 積 の 割 に 新 千 歳 空 港 のみに 就 航 しているのに 対 して 九 州 地 区 では 福 岡 長 崎 熊 本 大 分 宮 崎 鹿 児 島 など 多 く の 空 港 に 就 航 している 13 ( 資 料 ) 各 航 空 会 社 ホームページより 作 成

23 (3) 道 内 空 港 の 諸 課 題 道 内 での 拠 点 性 を 高 める 新 千 歳 空 港 においても 共 産 圏 諸 国 からの 乗 り 入 れ 規 制 発 着 枠 規 制 交 通 アクセスなどの 課 題 があるほか 他 の 基 幹 空 港 準 基 幹 空 港 につい ては 交 通 アクセス 多 言 語 対 応 グランドハンドリング オープンスポットのPB B(ボーディングブリッジ 等 での 対 応 )への 転 換 Wi-Fi 設 備 などのハード ソフト 両 面 の 課 題 がある ( 基 幹 空 港 ) ( 準 基 幹 空 港 ) ( 資 料 ) 国 土 交 通 省 道 内 空 港 における 現 状 課 題 及 び 対 応 方 針 ( 案 ) 平 成 27 年 6 月 14

24 3. 国 の 空 港 経 営 改 革 の 方 針 と 期 待 される 効 果 (1) 民 活 空 港 運 営 法 の 概 要 1 日 本 再 興 戦 略 ( 中 短 期 工 程 表 )における 空 港 経 営 改 革 の 位 置 づけの 明 確 化 政 策 の 背 景 として オープンスカイの 実 現 LCCの 就 航 拡 大 などの 航 空 業 界 の 環 境 変 化 もある 2 空 港 経 営 の 概 要 ~ 地 域 の 実 態 に 合 わせた 経 営 改 革 が 必 要 空 港 経 営 改 革 ( 民 営 化 等 )のポイントは 空 港 が 存 在 する 地 域 が 地 元 活 性 化 のため に 空 港 をいかに 生 かすかにある 空 港 の 経 営 改 革 による 収 益 拡 大 空 路 の 維 持 につ いては 地 域 振 興 策 と 表 裏 一 体 の 関 係 があることを 認 識 することが 重 要 である 15

25 3コンセッション 方 式 の 活 用 平 成 23 年 6 月 に 改 正 された 民 間 資 金 等 の 活 用 による 公 共 施 設 等 の 整 備 等 の 促 進 に 関 する 法 律 で 導 入 可 能 となった 公 共 施 設 等 運 営 権 (コンセッション) 方 式 は 後 述 のとおり 仙 台 空 港 関 西 国 際 空 港 で 導 入 された 今 後 も 高 松 空 港 福 岡 空 港 などにおける 空 港 経 営 改 革 の 基 本 方 式 となるものである コンセッションは 固 定 資 産 税 が 民 間 企 業 にかからない 等 の 税 制 上 の 有 利 な 点 が あり 民 間 事 業 者 のノウハウや 価 値 向 上 への 取 り 組 みの 推 進 などの 効 果 が 期 待 さ れているが 特 に 現 在 一 律 が 原 則 の 着 陸 料 の 弾 力 的 な 設 定 等 地 域 の 実 情 に 合 わ せた 空 港 経 営 と 空 港 機 能 の 有 効 活 用 が 図 られる 16

26 4コンセッションによる 空 港 運 営 までのプロセス 民 間 運 営 権 者 による 運 営 開 始 に 当 たっては 空 港 ごとにマーケットサウンディン グを 皮 切 りに 一 般 的 に3 年 以 上 の 期 間 が 必 要 とされている 17

27 5 多 様 な 空 港 経 営 改 革 の 手 法 コンセッション 以 外 にも 保 守 管 理 等 一 部 業 務 の 民 間 委 託 ( 指 定 管 理 者 制 度 等 ) の 活 用 など 多 様 な 選 択 肢 があり 地 域 の 実 情 に 応 じた 手 法 の 導 入 が 可 能 であり 静 岡 旭 川 等 民 間 委 託 の 成 果 が 出 ている 例 もある ( 空 港 経 営 改 革 の 様 々な 手 法 ) ( 下 物 の 管 理 所 有 形 態 ) 事 業 規 模 収 益 により 様 々な 運 営 形 態 運 営 形 態 1. 空 港 全 体 の 収 支 が 黒 字 2. 減 価 償 却 費 前 収 支 は 黒 字 3. 減 価 償 却 前 で 赤 字 航 空 ネットワーク 上 や 地 域 にとって 不 可 欠 高 速 交 通 機 関 がないところ( 離 島 等 ) *29 航 空 政 策 研 究 会 資 料 を 参 考 に 作 成 多 様 な 民 営 化 現 在 の 地 方 空 港 の 管 理 運 営 の 姿 独 立 行 政 法 人 の 事 例 ( 出 所 ) 国 土 交 通 省 ( 出 所 ) わが 国 における 地 方 空 港 の 効 率 性 に 及 ぼす 地 理 的 要 因 及 び 組 織 的 要 因 の 影 響 建 設 マネジメント 研 究 室 広 瀬 圭 太 郎 ( 資 料 ) 各 種 資 料 より 作 成 ( 指 定 管 理 者 制 度 の 導 入 例 ) ( 資 料 ) 青 森 空 港 の 管 理 運 営 のあり 方 に 関 する 提 言 ( 参 考 資 料 ) 青 森 県 ( 平 成 24 年 3 月 ) 18

28 ( 旭 川 の 総 合 的 民 間 委 託 制 度 と 効 果 ) 旭 川 市 では 平 成 19 年 より 性 能 発 注 方 式 複 数 年 契 約 を 取 り 入 れた 総 合 的 民 間 委 託 制 度 を 導 入 市 は 空 港 管 理 業 務 のうちの 事 実 行 為 ( 施 設 の 点 検 清 掃 等 の 定 型 業 務 等 ) 施 設 の 維 持 管 理 業 務 駐 車 場 の 維 持 管 理 業 務 を5 年 間 にわたり 1 本 の 契 約 で 旭 川 空 港 ビル 会 社 等 のコンソーシアムに 委 託 し 多 額 の 費 用 節 減 効 果 が 出 てい る ( 資 料 ) 青 森 空 港 の 管 理 運 営 のあり 方 に 関 する 提 言 ( 平 成 24 年 3 月 ) ( 静 岡 空 港 の 経 営 改 革 ) 平 成 15 年 3 月 民 活 空 港 として 民 間 の 創 意 工 夫 を 生 かした 先 進 的 空 港 経 営 を 行 うこ とを 提 言 平 成 18 年 2 月 に 地 元 企 業 ( 県 内 一 円 から 参 加 :( 株 ) 時 之 栖 ( 株 ) 静 岡 銀 行 スズキ( 株 )の3 社 を 幹 事 会 社 として 東 芝 機 械 ( 株 ) 静 岡 鉄 道 ( 株 ) 鈴 与 ( 株 ) ヤマハ( 株 ) 等 )の 異 業 種 からの 幅 広 い 出 資 による 純 民 間 企 業 の 富 士 山 静 岡 空 港 を 設 立 平 成 2 年 7 月 に 運 営 手 法 を 検 討 した 結 果 指 定 管 理 者 制 度 の 導 入 を 決 定 ター ミナルビルを 運 営 する 富 士 山 静 岡 空 港 を 指 定 管 理 者 として 指 定 し 滑 走 路 と 空 港 タ ーミナルビルを 一 体 経 営 して いる 19 ( 資 料 ) 静 岡 県 HP

29 平 成 21 年 6 月 開 港 7 月 フジドリームエアラインズほか 国 内 3 路 線 国 際 2 路 線 就 航 以 降 路 線 数 が 増 加 平 成 27 年 度 から 中 国 路 線 が 相 次 いで 就 航 している 平 成 25 年 度 に 国 交 省 の 先 導 的 官 民 連 携 支 援 調 査 ( 富 士 山 静 岡 空 港 運 営 改 善 検 討 調 査 事 業 )を 実 施 し 方 向 性 を 検 討 ( 下 記 参 照 ) こうした 検 討 を 受 けて 平 成 26 年 3 月 富 士 山 静 岡 空 港 は 県 が 出 資 する 第 三 セクターとなった 第 三 セクター 化 したの は 県 自 らが 旅 客 ターミナルビル 整 備 の 基 本 計 画 を 策 定 し 計 画 に 基 づき 自 ら 増 改 築 を 実 施 ビル 完 成 後 空 港 民 活 法 に 基 づき 空 港 の 運 営 権 を 民 間 事 業 者 に 譲 渡 する 計 画 である ( 資 料 ) 国 土 交 通 省 2

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6 様 式 租 税 特 別 措 置 等 に 係 る 政 策 の 事 前 評 価 書 1 政 策 評 価 の 対 象 とした 産 業 活 力 の 再 生 及 び 産 業 活 動 の 革 新 に 関 する 特 別 措 置 法 に 基 づく 登 録 免 租 税 特 別 措 置 等 の 名 称 許 税 の 特 例 措 置 の 延 長 ( 国 税 32)( 登 録 免 許 税 : 外 ) 2 要 望 の 内 容

More information

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 北 海 道 人 口 ビジョン 骨 子 全 体 構 成 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 口 動 向 分 析 (1) 時 系 列 による 人 口 動 向 分 析 1 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計 2 自 然 増 減 ( 出 生 死 亡 )の 推 移 (ⅰ) 出 生 数 死 亡 数 の 推 移 (ⅱ) 出 生 数 合 計 特 殊 出 生 率 の 推 移 3 社 会

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税 項 目 : 153. 不 動 産 取 得 税 岩 手 県 ( 商 工 労 働 観 光 部 企 業 立 地 推 進 課 ) 被 災 地 域 の 企 業 が 投 資 する 再 生 可 能 エネルギー 設 備 に 対 する 課 税 免 除 大 震 災 津 波 において 被 災 地 域 では 電 気 水 道 ガスなどのインフラ 機 能 が 喪 失 し 工 場 では 稼 働 再 開 まで 長 期 間 を 要

More information

添 付 資 料 の 目 次 1. 当 四 半 期 決 算 に 関 する 定 性 的 情 報 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 説 明 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 説 明 2 (3) 連 結 業 績 予 想 などの 将 来 予 測 情 報 に 関 する 説 明 2 2.サマリー 情 報 ( 注 記 事 項 )に 関 する 事 項 3 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協 平 成 26 年 度 における 東 北 地 区 の 独 占 禁 止 法 の 運 用 状 況 等 について 平 成 27 年 6 月 10 日 公 正 取 引 委 員 会 事 務 総 局 東 北 事 務 所 第 1 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 処 理 状 況 1 公 正 取 引 委 員 会 は, 迅 速 かつ 実 効 性 のある 事 件 審 査 を 行 うとの 基 本 方 針 の 下, 国

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

質 問 票 ( 様 式 3) 質 問 番 号 62-1 質 問 内 容 鑑 定 評 価 依 頼 先 は 千 葉 県 などは 入 札 制 度 にしているが 神 奈 川 県 は 入 札 なのか?または 随 契 なのか?その 理 由 は? 地 価 調 査 業 務 は 単 にそれぞれの 地 点 の 鑑 定

質 問 票 ( 様 式 3) 質 問 番 号 62-1 質 問 内 容 鑑 定 評 価 依 頼 先 は 千 葉 県 などは 入 札 制 度 にしているが 神 奈 川 県 は 入 札 なのか?または 随 契 なのか?その 理 由 は? 地 価 調 査 業 務 は 単 にそれぞれの 地 点 の 鑑 定 62 (Q&A) 目 次 1 鑑 定 評 価 の 委 託 は 入 札 か 随 意 契 約 か またその 理 由 は 何 か 2 委 託 料 は 他 県 と 比 べて 妥 当 性 のある 金 額 か 3 地 価 公 示 ( 国 の 調 査 )との 違 いは 何 か また 国 の 調 査 結 果 はどう 活 用 しているか 4 路 線 価 を 利 用 しない 理 由 は 何 か 5 委 託 料 の 算

More information

1 予 算 の 姿 ( 平 成 25 当 初 予 算 ) 長 野 県 財 政 の 状 況 H25.11.15 現 在 長 野 県 の 予 算 を 歳 入 面 から 見 ると 自 主 財 源 の 根 幹 である 県 税 が 全 体 の5 分 の1 程 度 しかなく 地 方 交 付 税 や 国 庫 支

1 予 算 の 姿 ( 平 成 25 当 初 予 算 ) 長 野 県 財 政 の 状 況 H25.11.15 現 在 長 野 県 の 予 算 を 歳 入 面 から 見 ると 自 主 財 源 の 根 幹 である 県 税 が 全 体 の5 分 の1 程 度 しかなく 地 方 交 付 税 や 国 庫 支 長 野 県 における 行 政 財 政 改 革 の 取 組 について 参 考 資 料 3 1 行 政 財 政 改 革 を 推 進 するための 計 画 1 財 政 改 革 推 進 プログラム(H14~H18 ) 2 長 野 県 行 財 政 改 革 プラン(H19~H23 ) 3 長 野 県 行 政 財 政 改 革 方 針 (H24~H28 ) 事 務 事 業 の 見 直 し 民 間 委 託 など 外 部

More information

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 に 係 る 企 画 提 案 書 募 集 要 領 1 委 託 事 業 名 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 業 務 委 託 2 目 的 離 島 地 域 の 産 業 の 振 興 を 図 るため これまで 開 発 された 離 島 の 特 産 品 等 を 対 象 と して コーディネーター( 受 託 事 業 者 ) 及 び 外 部

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information

1. 本 市 の 保 育 所 運 営 費 と 保 育 料 の 現 状 2 (1) 前 回 (5/29 5/29) 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 資 料 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 分 別 軽 減 率 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区

1. 本 市 の 保 育 所 運 営 費 と 保 育 料 の 現 状 2 (1) 前 回 (5/29 5/29) 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 資 料 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 分 別 軽 減 率 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 資 料 4-1 第 2 回 長 野 市 社 会 福 祉 審 議 会 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 平 成 26 年 7 月 15 日 保 育 課 作 成 1 新 制 度 における 利 用 者 負 担 ( 保 育 料 )の 設 定 について( 案 ) ~ 保 育 所 等 (2 号 3 号 ) 保 育 料 ~ 平 成 26 年 7 月 こども 未 来 部 保 育 課 1. 本 市 の 保 育 所

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63>

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63> 平 成 22 年 11 月 9 日 高 校 等 の 授 業 料 無 償 化 の 拡 大 検 討 案 以 下 は 大 阪 府 の 検 討 案 の 概 要 であり 最 終 的 には 平 成 23 年 2 月 議 会 での 予 算 の 議 決 を 経 て 方 針 を 確 定 する 予 定 です Ⅰ. 検 討 案 の 骨 子 平 成 23 年 度 から 大 阪 の 子 どもたちが 中 学 校 卒 業 時 の

More information

1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向 上

1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向 上 上 士 幌 町 住 生 活 基 本 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 27 年 2 月 上 士 幌 町 1 はじめに 計 画 の 目 的 国 は 平 成 18 年 度 に 住 生 活 基 本 法 を 制 定 し 住 まいに 関 する 基 本 的 な 計 画 となる 住 生 活 基 本 計 画 ( 全 国 計 画 )を 策 定 し 住 宅 セーフティネットの 確 保 や 住 生 活 の 質 の 向

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

資料3

資料3 1 第 2 回 那 覇 空 港 技 術 検 討 委 員 会 資 料 3 費 用 便 益 分 析 の 手 法 平 成 20 年 10 月 24 日 内 閣 府 沖 縄 総 合 事 務 局 2 費 用 便 益 分 析 の 実 施 方 針 費 用 便 益 分 析 は 空 港 整 備 事 業 の 費 用 対 効 果 分 析 マニュアルVer.4 ( 国 土 交 通 省 航 空 局, 平 成 18 年 3 月

More information

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4%

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4% 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 平 成 27 年 9 月 17 日 一 般 社 団 法 人 不 動 産 協 会 我 が 国 の 経 済 は 緩 やかな 回 復 を 続 けているが 少 子 化 高 齢 化 を 伴 う 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 産 業 構 造 の 転 換 グローバル 化 の 急 激 な 進 展 等 著 しい 構 造 変 化 に 直 面 している そのような

More information

小山市保育所整備計画

小山市保育所整備計画 第 1 章 計 画 策 定 にあたり 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 本 格 的 な 少 子 化 時 代 の 到 来 近 年 合 計 特 殊 出 生 率 の 急 速 な 低 下 とともに 総 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなど 我 が 国 は 本 格 的 な 少 子 化 時 代 を 迎 えようとしています 少 子 化 の 進 行 は 家 族 生 活 や 地 域 社 会 の 変 容 のほか

More information

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc)

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc) 平 成 26 年 2 月 20 日 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 ( 以 下 当 基 金 という)は 年 金 給 付 等 積 立 金 ( 以 下 年 金 資 産 という)の 運 用 にあたり 以 下 の 基 本 方 針 を 定 める 当 基 金 から 年 金 資 産 の 管 理 又

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63> 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等

More information

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 第 3 市 町 村 税 関 係 市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 基 づいてとりまとめた 一 平 成 25 年 度 決 算 状 況 1

More information

添 付 資 料 の 目 次 1. 当 四 半 期 決 算 に 関 する 定 性 的 情 報 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 説 明 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 説 明 2 (3) 連 結 業 績 予 想 などの 将 来 予 測 情 報 に 関 する 説 明 2 2.サマリー 情 報 ( 注 記 事 項 )に 関 する 事 項 3 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間

More information

文化政策情報システムの運用等

文化政策情報システムの運用等 名 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 番 号 0406 平 成 25 年 行 政 レビューシート ( 文 部 科 学 省 ) 文 化 政 策 情 報 システム 運 用 等 担 当 部 局 庁 文 化 庁 作 成 責 任 者 平 成 8 年 度 なし 担 当 課 室 長 官 官 房 政 策 課 政 策 課 長 清 水 明 会 計 区 分 一 般 会 計 政 策 施 策 名 根 拠 法 令 ( 具

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

Microsoft Word - 006第Ⅰ章第2節.doc

Microsoft Word - 006第Ⅰ章第2節.doc 分 譲 マンション 市 場 の 動 向 地 価 の 下 げ 止 まり 等 によるマンション 販 売 価 格 上 昇 や 量 的 緩 和 政 策 及 びゼロ 金 利 政 策 解 除 による 金 利 上 昇 など 分 譲 マンション 市 場 を 取 り 巻 く 外 部 環 境 は 変 化 が 生 じてき ている 分 譲 マンション 市 場 をめぐる 最 近 の 動 向 と 今 後 の 先 行 きについて

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農

その 他 事 業 推 進 体 制 平 成 20 年 3 月 26 日 に 石 垣 島 国 営 土 地 改 良 事 業 推 進 協 議 会 を 設 立 し 事 業 を 推 進 ( 構 成 : 石 垣 市 石 垣 市 議 会 石 垣 島 土 地 改 良 区 石 垣 市 農 業 委 員 会 沖 縄 県 農 国 営 かんがい 排 水 事 業 石 垣 島 地 区 事 業 の 概 要 本 事 業 は 沖 縄 本 島 から 南 西 約 400kmにある 石 垣 島 に 位 置 する 石 垣 市 の4,338haの 農 業 地 帯 において 農 業 用 水 の 安 定 供 給 を 図 るため 農 業 水 利 施 設 の 改 修 整 備 を 行 うものである 事 業 の 目 的 必 要 性 本 地 区 は さとうきびを

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 (

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 ( 平 成 27 年 12 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 27 年 5 月 13 日 上 場 会 社 名 KLab 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 3656 URL http://www.klab.com/jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 真 田 哲 弥 問 合 せ 先 責

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 参 考 資 料 ( 都 市 農 地 に 係 る 土 地 利 用 計 画 制 度 について) 平 成 2 4 年 4 月 1. 土 地 利 用 計 画 制 度 における 都 市 農 地 の 位 置 付 けの 変 化 (1) 新 都 市 計 画 法 の 制 定 現 行 の 新 都 市 計 画 法 は 昭 和 43 年 高 度 経 済 成 長 に 伴 い 都 市 への 急 激 な 人 口 流

More information

1. 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 の 目 的 (1) 生 産 性 向 上 の 必 要 性 (3) 業 種 別 の 経 営 課 題 への 対 応 少 子 高 齢 化 人 手 不 足 等 の 状 況 において 効 果 的 に 付 加 価 値 を 生 み 出 せるよう 製 造 業 はもとより

1. 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 の 目 的 (1) 生 産 性 向 上 の 必 要 性 (3) 業 種 別 の 経 営 課 題 への 対 応 少 子 高 齢 化 人 手 不 足 等 の 状 況 において 効 果 的 に 付 加 価 値 を 生 み 出 せるよう 製 造 業 はもとより 資 料 5 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 について 平 成 28 年 6 月 1. 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 の 目 的 (1) 生 産 性 向 上 の 必 要 性 (3) 業 種 別 の 経 営 課 題 への 対 応 少 子 高 齢 化 人 手 不 足 等 の 状 況 において 効 果 的 に 付 加 価 値 を 生 み 出 せるよう 製 造 業 はもとより 相 対 的 により

More information

預 金 を 確 保 しつつ 資 金 調 達 手 段 も 確 保 する 収 益 性 を 示 す 指 標 として 営 業 利 益 率 を 採 用 し 営 業 利 益 率 の 目 安 となる 数 値 を 公 表 する 株 主 の 皆 様 への 還 元 については 持 続 的 な 成 長 による 配 当 可

預 金 を 確 保 しつつ 資 金 調 達 手 段 も 確 保 する 収 益 性 を 示 す 指 標 として 営 業 利 益 率 を 採 用 し 営 業 利 益 率 の 目 安 となる 数 値 を 公 表 する 株 主 の 皆 様 への 還 元 については 持 続 的 な 成 長 による 配 当 可 ミスミグループ コーポレートガバナンス 基 本 方 針 本 基 本 方 針 は ミスミグループ( 以 下 当 社 グループ という)のコーポレートガバナン スに 関 する 基 本 的 な 考 え 方 を 定 めるものである 1. コーポレートガバナンスの 原 則 (1) 当 社 グループのコーポレートガバナンスは 当 社 グループの 持 続 的 な 成 長 と 中 長 期 的 な 企 業 価 値 の

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小

守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学 校 づくりについて 2 第 4 東 小 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 平 成 27 年 2 月 守 口 市 教 育 委 員 会 守 口 市 立 東 小 学 校 大 久 保 小 学 校 の 統 合 実 施 計 画 目 次 第 1 守 口 市 における 学 校 統 合 の 背 景 1 第 2 東 小 学 校 と 大 久 保 小 学 校 の 統 合 について 1 第 3 統 合 校 の 学

More information

<819A955D89BF92B28F91816989638BC690ED97AA8EBA81418FA48BC682CC8A8890AB89BB816A32322E786C7378>

<819A955D89BF92B28F91816989638BC690ED97AA8EBA81418FA48BC682CC8A8890AB89BB816A32322E786C7378> 平 成 27 年 度 施 策 評 価 調 書 施 策 の 名 称 等 整 理 番 号 22 評 価 担 当 課 営 業 戦 略 課 職 氏 名 施 策 名 ( 基 本 事 業 ) 商 業 の 活 性 化 総 合 計 画 の 位 置 づけ 基 本 目 主 要 施 策 4 想 像 力 と 活 力 にあふれたまちづくり 商 業 の 振 興 2 施 策 の 現 状 分 析 と 意 図 施 策 の 対 象 意

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095E291AB90E096BE8E9197BF>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095E291AB90E096BE8E9197BF> 交 通 基 本 法 と 生 活 交 通 サバイバル 戦 略 で 元 気 な 日 本 の 復 活 を 支 えます! 我 が 国 の 経 済 成 長 を 支 える 交 通 のあり 方 地 域 社 会 の 活 性 化 を 支 える 交 通 のあり 方 それぞれの 特 長 を 活 か した 総 合 的 な 交 通 体 系 交 通 基 本 法 まちづくりと 一 体 的 な 交 通 のあり 方 地 域 公 共

More information

一般競争入札について

一般競争入札について ( 一 般 競 争 入 札 ) 総 合 評 価 落 札 方 式 ガイドライン 平 成 21 年 4 月 ( 独 ) 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 1.はじめに 現 在 公 共 調 達 の 透 明 性 公 正 性 をより 一 層 めることが 喫 緊 の 課 題 とな っており 独 立 行 政 法 人 も 含 めた 政 府 全 体 で 随 意 契 約 の 見 直 しに 取 り 組 んで おります

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 添 付 資 料 の 目 次 1. 当 四 半 期 決 算 に 関 する 定 性 的 情 報 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 説 明 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 説 明 2 (3) 連 結 業 績 予 想 などの 将 来 予 測 情 報 に 関 する 説 明 2 2.サマリー 情 報 ( 注 記 事 項 )に 関 する 事 項 2 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene.

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene. 平 成 23 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 22 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 ( 役 職

More information

<5461726F2D83528373815B208160208179308E9197BF817A955C8E868145>

<5461726F2D83528373815B208160208179308E9197BF817A955C8E868145> 資 料 2 平 成 21 年 地 価 公 示 に 基 づく 地 価 動 向 について 平 成 21 年 地 価 公 示 に 基 づく 地 価 動 向 について( 概 括 ) 平 成 21 年 3 月 24 日 国 土 交 通 省 土 地 水 資 源 局 平 成 21 年 1 月 1 日 時 点 の 地 価 公 示 によると 平 成 20 年 1 月 以 降 の1 年 間 の 地 価 は 全 国 平

More information

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 の 供 給 計 画 に 関 する 選 定 基 準 制 定 平 成 24 年 10 月 10 日 改 正 平 成 25 年 5 月 1 日 改 正 平 成 26 年 7 月 8 日 改 正 平 成 27 年 12 月 4 日 改 正 平 成 28 年 6 月 27 日 第 1 目 的 この 基 準 は 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 制

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4 鉾 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 )23 年 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) A B B/A 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % 24 年 度 51,778 20,041,814 1,173,725

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定 資 料 10 減 損 損 失 及 び 資 本 金 の 変 動 に 関 する 調 査 記 載 上 の 注 意 事 項 当 調 査 は 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 資 本 金 の の 変 動 等 を 把 握 するために 調 査 する ものである 調 査 対 象 は 地 方 公 営 企 業 状 況 調 査 の 対 象 となっている 法 適 用 企 業 とする Ⅰ 提 出 物 について

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

個人住民税徴収対策会議

個人住民税徴収対策会議 個 人 住 民 税 徴 収 対 策 会 議 平 成 26 年 8 月 7 日 税 収 に 占 める 個 人 住 民 税 の 割 合 個 人 住 民 税 は 県 市 町 村 いずれも 税 収 の 約 3 割 を 占 めており 重 要 な 財 源 となっている 岡 山 県 現 年 繰 越 合 計 市 町 村 その 他 18.5% 自 動 車 税 13.1% 個 人 県 民 税 29.6% その 他 15.0%

More information

小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全 面 自 由 化 以 降 申

小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全 面 自 由 化 以 降 申 資 料 3-1 小 売 全 面 自 由 化 に 関 する 進 捗 状 況 平 成 28 年 7 月 1 日 資 源 エネルギー 庁 小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全

More information

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計

新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 安 中 市 新 市 建 設 計 画 の 変 更 に 係 る 新 旧 対 照 表 ページ 変 更 後 変 更 前 表 紙 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 安 中 市 松 井 田 町 合 併 協 議 会 平 成 27 年 3 月 変 更 安 中 市 6 2. 計 画 策 定 の 方 針 (3) 計 画 の 期 間 本 計

More information

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考 共 済 年 金 職 域 部 分 と 退 職 給 付 に 関 する 有 識 者 会 議 報 告 書 概 要 1. 民 間 の 企 業 年 金 及 び 退 職 金 に 関 する 人 事 院 調 査 結 果 結 果 民 間 :2547.7 万 円 公 務 2950.3 万 円 ( 差 額 402.6 万 円 ) 人 事 院 の 見 解 官 民 均 衡 の 観 点 から 民 間 との 較 差 を 埋 める

More information

代 議 員 会 決 議 内 容 についてお 知 らせします さる3 月 4 日 当 基 金 の 代 議 員 会 を 開 催 し 次 の 議 案 が 審 議 され 可 決 承 認 されました 第 1 号 議 案 : 財 政 再 計 算 について ( 概 要 ) 確 定 給 付 企 業 年 金 法 第

代 議 員 会 決 議 内 容 についてお 知 らせします さる3 月 4 日 当 基 金 の 代 議 員 会 を 開 催 し 次 の 議 案 が 審 議 され 可 決 承 認 されました 第 1 号 議 案 : 財 政 再 計 算 について ( 概 要 ) 確 定 給 付 企 業 年 金 法 第 代 議 員 会 決 議 内 容 についてお 知 らせします さる3 月 4 日 当 基 金 の 代 議 員 会 を 開 催 し 次 の 議 案 が 審 議 され 可 決 承 認 されました 第 1 号 議 案 : 財 政 再 計 算 について ( 概 要 ) 確 定 給 付 企 業 年 金 法 第 58 条 第 1 項 に 定 める 財 政 再 計 算 の 実 施 第 2 号 議 案 : 基 金 規

More information

3 連 結 財 務 諸 表 の 概 要 損 益 計 算 書 の 概 要 年 度 年 度 対 前 年 比 営 業 収 益 126,827 153,822 26,995 121% 営 業 費 用 94,213 109,560 15,347 116% 営 業 利 益 32,614 44,261 11,64

3 連 結 財 務 諸 表 の 概 要 損 益 計 算 書 の 概 要 年 度 年 度 対 前 年 比 営 業 収 益 126,827 153,822 26,995 121% 営 業 費 用 94,213 109,560 15,347 116% 営 業 利 益 32,614 44,261 11,64 2015 年 5 月 14 日 2015 年 3 月 期 連 結 決 算 について 関 西 国 際 空 港 の 航 空 機 発 着 回 数 国 際 線 旅 客 数 が 過 去 最 高 となり 商 業 事 業 を 中 心 に 増 収 また OATグループ との 統 合 もあり 営 業 収 益 は1,500 億 円 を 上 回 り 営 業 利 益 経 常 利 益 ともに 前 年 比 110 億 円 以

More information

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環 資 料 2-2 容 積 率 規 制 等 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保

More information

<5461726F2D819A8B638E968E9197BF82528E968BC68C7689E68F918145975C>

<5461726F2D819A8B638E968E9197BF82528E968BC68C7689E68F918145975C> 平 成 25年 度 事 業 計 画 書 1. 基 本 方 針 観 光 立 国 の 実 現 を 図 るためには 観 光 の 主 体 である 地 域 におけ る 観 光 振 興 のための 活 動 を 支 援 し その 促 進 を 図 るとともに 地 域 と 産 業 界 の 幅 広 い 連 携 を 促 進 し 提 言 活 動 や 各 種 の 事 業 等 を 行 うことが 重 要 である 今 年 度 より

More information

Microsoft PowerPoint - 110201 説明資料(地方ブロック説明会)14 [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 110201 説明資料(地方ブロック説明会)14 [互換モード] 別 紙 3 地 域 公 共 交 通 確 保 維 持 改 善 事 業 について 注 意 本 資 料 で 説 明 する 内 容 は 平 成 23 年 1 月 末 時 点 のものであって 今 後 の 調 整 等 により 変 更 がありうる 国 土 交 通 省 総 合 政 策 局 交 通 計 画 課 地 域 公 共 交 通 確 保 維 持 改 善 事 業 ~ 生 活 交 通 サバイバル 戦 略 ~( 新 規

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

untitled

untitled - 1 - - 2 - -3- - 4 - - 5 - - 6 - - 7 - - 8 - 2008 年 アクションプラン 事 業 一 覧 ( 千 円 ) 12,108 新 規 50,000 32,000 12,000 再 掲 248,000 20,000 2,000 10,000 11,900 9,500 新 規 1,000 16,465 1,500 18,035 新 規 7,500 新 規 7,500

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

001-00 セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

001-00 セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 1 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) セルフメディケーション

More information

JAL Xxxxxxxx Xxxxxxxx

JAL Xxxxxxxx Xxxxxxxx 平 成 19 年 3 月 期 決 算 2007 年 5 月 9 日 第 07017 号 JALグループは 本 日 平 成 19 年 3 月 期 の 連 結 決 算 並 びに 平 成 20 年 3 月 期 の 連 結 業 績 目 標 を 取 り 纏 めました 概 要 は 以 下 のとおりです 1. JALグループ 連 結 決 算 ( 単 位 : 億 円 ) 平 成 19 年 3 月 期 決 算 平 成

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

平 成 28 年 価 公 示 概 要 ( 札 幌 市 価 動 向 ) 平 成 28 年 (2016 年 )3 月 担 当 : 札 幌 市 市 民 まちづくり 局 都 市 計 画 部 都 市 計 画 課 調 査 係 TEL:011 211 2506 価 公 示 制 度 の 概 要 1. 目 的 価 公 示 は 都 市 及 びその 周 辺 の 域 等 において 国 土 交 通 省 が 設 置 する 土

More information

03 平成28年度文部科学省税制改正要望事項

03 平成28年度文部科学省税制改正要望事項 平 成 28 年 度 文 部 科 学 省 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 8 月 28 日 H27 税 制 改 正 要 望 事 項 1. 寄 附 税 制 の 拡 充 (1) 国 立 大 学 法 人 等 への 個 人 寄 附 に 係 る 税 額 控 除 の 導 入 等 所 得 税 等 新 設 (2) 学 校 法 人 への 個 人 寄 附 に 係 る 所 得 控 除 上 限 額 の 引

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

少子化の急速な進行は、労働力人口の減少、高齢者比率の上昇や市場規模の縮小、現役世代の負担の増大などにより、経済成長へのマイナス効果や地域社会の活力低下、子どもの健全な成長への悪影響など、将来の我が国の社会経済に深刻な影響を与えると懸念されています

少子化の急速な進行は、労働力人口の減少、高齢者比率の上昇や市場規模の縮小、現役世代の負担の増大などにより、経済成長へのマイナス効果や地域社会の活力低下、子どもの健全な成長への悪影響など、将来の我が国の社会経済に深刻な影響を与えると懸念されています 島 田 市 立 保 育 園 民 営 化 計 画 平 成 21 年 3 月 島 田 市 島 田 市 立 保 育 園 民 営 化 計 画 1. 計 画 策 定 の 背 景 趣 旨 島 田 市 の 人 口 規 模 は 平 成 17 年 5 月 の 旧 島 田 市 と 旧 金 谷 町 との 合 併 及 び 平 成 20 年 4 月 の 旧 川 根 町 との 合 併 により 人 口 10 万 を 超 える 人

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 )

加 古 川 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 概 要 ) 第 1 章 総 則 運 用 基 準 の 目 的 地 区 計 画 制 度 の 運 用 により 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 育 成 を 目 的 とする ( 第 1 条 ) 加 古 川 市 域 の 市 街 化 調 整 区 域 では 加 古 川 市 都 市 計 画 マスター プラン( 土 地 利 用 方 針 )に 基 づき 地 域 の 皆 さんが 主 体 となっ て 定 める 地 区 計 画 制 度 により 周 辺 環 境 と 調 和 した 適 切 な 建 築 開 発 行 為 が 容 認 されます この 地 区 計 画 制 度 を 有 効 に 活 用 し 市 街 化 調

More information

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係

参 考 改 正 災 害 対 策 基 本 法 1 ( 災 害 時 における 車 両 の 移 動 等 ) 第 七 十 六 条 の 六 道 路 管 理 者 は その 管 理 する 道 路 の 存 する 都 道 府 県 又 はこれに 隣 接 し 若 しくは 近 接 する 都 道 府 県 の 地 域 に 係 22 災 害 時 の 臨 港 道 路 における 放 置 車 両 対 策 の 充 実 強 化 東 京 都 現 在 提 案 実 現 後 災 害 時 における 放 置 車 両 の 移 動 権 限 の 付 与 等 大 規 模 災 害 発 生 時 の 放 置 車 両 対 策 ( 平 成 26 年 11 月 災 害 対 策 基 本 法 改 正 ) 管 理 者 管 理 対 象 放 置 車 両 の 移 動 権 限

More information

は し が き

は し が き 1 総 資 本 形 成 の 概 念 総 資 本 形 成 とは 一 般 政 府 公 的 企 業 対 家 計 民 間 非 営 利 団 体 民 間 法 人 及 び 家 計 ( 個 人 企 業 )の 支 出 ( 購 入 及 び 自 己 生 産 物 の 使 用 )のうち 中 間 消 費 とならないものであり 総 固 定 資 本 形 成 と 在 庫 品 増 加 に 区 別 される (1) 総 固 定 資 本 形

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 平 成 22 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 サンエツ 金 属 株 式 会 社 上 場 取 引 所 名 コード 番 号 5757 URL http://www.sanetu.co.jp 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 釣 谷 宏 行 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx

Microsoft Word - H25普通会計決算状況 .docx 平 成 25 年 度 佐 倉 市 決 算 ( 普 通 会 計 )の 概 要 各 地 方 公 共 団 体 は 毎 年 度 決 算 状 況 を 1 枚 のカード( 決 算 カード)にまとめて 公 表 していま す この 決 算 状 況 のまとめは 総 務 省 が 行 う 地 方 財 政 状 況 調 査 の 会 計 区 分 である 普 通 会 計 に より 算 定 されます これは 一 般 会 計 及 び

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

記者発表資料

記者発表資料 平 成 27 年 地 価 公 示 の 概 要 地 価 公 示 は 国 土 交 通 省 土 地 鑑 定 委 員 会 が 実 施 した 価 格 判 定 結 果 であり 本 資 料 は その 中 から 愛 媛 県 に 該 当 する 箇 所 を 抽 出 したものである 国 土 交 通 省 土 地 鑑 定 委 員 会 では 全 国 の 都 市 計 画 区 域 等 に 設 定 した 標 準 地 23,380 地

More information

Taro13-公示.jtd

Taro13-公示.jtd 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 に 係 る 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 求 める 公 示 平 成 19 年 4 月 12 日 九 州 地 方 整 備 局 熊 本 河 川 国 道 事 務 所 長 七 條 牧 生 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 する 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 用 地 補 償 総 合 技 術 (

More information

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) ( 計 数 資 料 編 ) 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 計 数 資 料 編 1 歳 入 歳 出 予 算 の 概 要 1 (1) 歳 入 予 算 の 概 要 2 (2) 歳 出 予 算 の 概 要 5 2 計 数 に よ る 予 算 の 概 要 8 ( 参 考 ) 予 算 の 推 移 等 12 3 特 別 会 計 予 算 の 概

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

添 付 資 料 の 目 次 1. 当 四 半 期 決 算 に 関 する 定 性 的 情 報 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 説 明 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 説 明 2 (3) 連 結 業 績 予 想 などの 将 来 予 測 情 報 に 関 する 説 明 3 2.サマリー 情 報 ( 注 記 事 項 )に 関 する 事 項 3 (1) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

スライド 1

スライド 1 835.0 840.0 810.0 900.0 800.0 700.0 706.4 751.5 722.2 739.8 771.2 766.8 784.3 774.3 754.8 739.5 731.3 732.8 736.3 653.7 600.0 556.0 602.2 500.0 400.0 H1 H2 H3 H4 H5 H6 H7 H8 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

<483236958192CA8CF0957490C58E5A92E88C8B89CA8169388C8E8CF6955C816A2E786C73>

<483236958192CA8CF0957490C58E5A92E88C8B89CA8169388C8E8CF6955C816A2E786C73> 平 成 26 中 津 市 における 普 通 交 付 税 算 定 結 果 交 付 決 定 額 ( 千 円 ) 交 付 決 定 額 対 前 伸 び 率 財 政 力 指 数 平 成 22 11,486,011 6.4% 0.490 平 成 23 11,597,848 1.0% 0.473 平 成 24 11,657,421 0.5% 0.471 平 成 25 10,952,521 6.0% 0.488 平

More information

大 田 区 保 育 従 事 職 員 宿 舎 借 り 上 げ 支 援 事 業 Q&A 目 次 Ⅰ 補 助 事 業 全 般 について P3~P4 Ⅱ 補 助 対 象 施 設 について P5 Ⅲ 補 助 対 象 職 員 について P6~P10 Ⅳ 補 助 対 象 経 費 について P11~P13 2

大 田 区 保 育 従 事 職 員 宿 舎 借 り 上 げ 支 援 事 業 Q&A 目 次 Ⅰ 補 助 事 業 全 般 について P3~P4 Ⅱ 補 助 対 象 施 設 について P5 Ⅲ 補 助 対 象 職 員 について P6~P10 Ⅳ 補 助 対 象 経 費 について P11~P13 2 待 機 児 解 消 に 向 けた 保 育 施 設 の 新 規 開 設 ラッシュにより 都 内 及 び 隣 接 県 の 自 治 体 での 保 育 士 の 需 要 が 急 増 しております これを 受 け 大 田 区 では 保 育 人 材 の 確 保 定 着 及 び 離 職 防 止 を 図 り 安 定 的 な 保 育 所 の 運 営 を 可 能 にするため 平 成 27 年 4 月 より 大 田 区 保

More information

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73>

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73> 国 立 大 学 法 人 新 潟 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 18 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 本 学 が 定 める 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において, 役 員 の 本 給

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information