東京大学消費生活協同組合定款

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "東京大学消費生活協同組合定款"

Transcription

1 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第 71 条 ) 第 6 章 会 計 ( 第 72 条 ~ 第 84 条 ) 第 7 章 解 散 ( 第 85 条 ~ 第 86 条 ) 第 8 章 雑 則 ( 第 87 条 ~ 第 89 条 ) 附 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 消 費 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第 2 条 この 組 合 は 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 という ( 事 業 ) 第 3 条 この 組 合 は 第 1 条 の 目 的 を 達 成 するため 次 の 事 業 を 行 う (1) 組 合 員 の 生 活 に 必 要 な 物 資 を 購 入 し これに 加 工 し 又 は 生 産 して 組 合 員 に 供 給 する 事 業 (2) 組 合 員 の 生 活 に 有 用 な 協 同 施 設 を 設 置 し 組 合 員 に 利 用 させる 事 業 (3) 組 合 員 の 生 活 の 改 善 及 び 文 化 の 向 上 を 図 る 事 業 (4) 組 合 員 の 生 活 の 共 済 を 図 る 事 業 (5) 組 合 員 及 び 組 合 従 業 員 の 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 向 上 を 図 る 事 業 (6) 組 合 員 のための 旅 行 業 法 に 基 づく 旅 行 業 に 関 する 事 業 (7) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 ( 区 域 ) 第 4 条 この 組 合 の 区 域 は 国 立 大 学 法 人 東 京 大 学 及 び 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 の 職 域 とす る ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 5 条 この 組 合 は 事 務 所 を 東 京 都 文 京 区 本 郷 7 丁 目 3 番 1 号 東 京 大 学 内 に 置 く 1

2 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 6 条 この 組 合 の 区 域 内 に 通 学 又 は 勤 務 する 者 は この 組 合 の 組 合 員 となることができる 2 この 組 合 の 区 域 の 付 近 に 住 所 を 有 する 者 又 は 区 域 内 に 勤 務 していた 者 でこの 組 合 の 事 業 を 利 用 することを 適 当 とするものは この 組 合 の 承 認 を 受 けて この 組 合 の 組 合 員 となることができ る ( 加 入 の 申 込 み) 第 7 条 前 条 第 1 項 に 規 定 する 者 は 組 合 員 となろうとするときは この 組 合 の 定 める 加 入 申 込 書 に 引 き 受 けようとする 出 資 口 数 に 相 当 する 出 資 金 額 を 添 え これをこの 組 合 に 提 出 しなければなら ない 2 この 組 合 は 前 項 の 申 込 みを 拒 んではならない ただし 前 項 の 申 込 みを 拒 むことにつき 理 事 会 において 正 当 な 理 由 があると 議 決 した 場 合 は この 限 りでない 3 この 組 合 は 前 条 第 1 項 に 規 定 する 者 の 加 入 について 現 在 の 組 合 員 が 加 入 の 際 に 付 された よりも 困 難 な 条 件 を 付 さないものとする 4 第 1 項 の 申 込 みをした 者 は 第 2 項 ただし 書 の 規 定 により その 申 込 みを 拒 まれた 場 合 を 除 き この 組 合 が 第 1 項 の 申 込 みを 受 理 したときに 組 合 員 となる 5 この 組 合 は 組 合 員 となった 者 について 組 合 員 証 を 作 成 し その 組 合 員 に 交 付 するものとす る ( 加 入 承 認 の 申 請 ) 第 8 条 第 6 条 第 2 項 に 規 定 する 者 は 組 合 員 となろうとするときは 引 き 受 けようとする 出 資 口 数 を 明 らかにして この 組 合 の 定 める 加 入 承 認 申 請 書 をこの 組 合 に 提 出 しなければならない 2 この 組 合 は 理 事 会 において 前 項 の 申 請 を 承 認 したときは その 旨 を 同 項 の 申 請 をした 者 に 通 知 するものとする 3 前 項 の 通 知 を 受 けた 者 は 速 やかに 出 資 金 の 払 込 みをしなければならない 4 第 1 項 の 申 請 をした 者 は 前 項 の 規 定 により 出 資 金 の 払 込 みをしたときに 組 合 員 となる 5 この 組 合 は 組 合 員 となった 者 について 組 合 員 証 を 作 成 し その 組 合 員 に 交 付 するものとす る ( 組 合 員 の 権 利 ) 第 9 条 組 合 員 はその 出 資 金 の 多 少 にかかわりなく 平 等 の 議 決 権 及 び 選 挙 権 を 有 し 組 合 の 事 業 の 利 用 については 平 等 の 利 益 を 受 ける ( 届 出 の 義 務 ) 第 10 条 組 合 員 は 組 合 員 たる 資 格 を 喪 失 したとき 又 はその 氏 名 若 しくは 住 所 を 変 更 したときは 速 やかにその 旨 をこの 組 合 に 届 け 出 なければならない ( 自 由 脱 退 ) 第 11 条 組 合 員 は 事 業 年 度 の 末 日 の90 日 前 までにこの 組 合 に 予 告 し 当 該 事 業 年 度 の 終 わり 2

3 において 脱 退 することができる 2 この 組 合 は 組 合 員 が 第 10 条 に 定 める 住 所 の 変 更 届 を2 年 間 行 わなかったときは 脱 退 の 予 告 があったものとみなし 理 事 会 において 脱 退 処 理 を 行 い 当 該 事 業 年 度 の 終 わりにおいて 当 該 組 合 員 は 脱 退 するものとする 3 前 項 の 規 定 により 脱 退 の 予 告 があったものとみなそうとするときは この 組 合 は 事 前 に 組 合 員 に 対 する 年 一 回 以 上 の 所 在 確 認 を 定 期 的 に 行 うとともに 公 告 等 による 住 所 の 変 更 届 出 の 催 告 をしなければならない 4 第 2 項 の 規 定 により 理 事 会 が 脱 退 処 理 を 行 ったときは その 結 果 について 総 代 会 に 報 告 するものとする ( 法 定 脱 退 ) 第 12 条 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 ( 除 名 ) 第 13 条 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するときは 総 代 会 の 議 決 によって 除 名 することができる (1) 1 年 間 この 組 合 の 事 業 を 利 用 しないとき (2) 供 給 物 資 の 代 金 又 は 利 用 料 の 支 払 を 怠 り 催 告 を 受 けてもその 義 務 を 履 行 しないとき (3) この 組 合 の 事 業 を 妨 げ 又 は 信 用 を 失 わせる 行 為 をしたとき 2 前 項 の 場 合 において この 組 合 は 総 代 会 の 会 日 の5 日 前 までに 除 名 しようとする 組 合 員 にそ の 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして そ の 旨 を 通 知 するものとする ( 脱 退 組 合 員 の 払 戻 し 請 求 権 ) 第 14 条 脱 退 した 組 合 員 は 次 の 各 号 に 定 めるところにより その 払 込 済 出 資 額 の 払 戻 しをこの 組 合 に 請 求 することができる (1) 第 11 条 の 規 定 による 脱 退 又 は 第 12 条 第 1 号 若 しくは 第 2 号 の 事 由 による 脱 退 の 場 合 は そ の 払 込 済 出 資 額 に 相 当 する 額 (2) 第 12 条 第 3 号 の 事 由 による 脱 退 の 場 合 は その 払 込 済 出 資 額 の2 分 の1に 相 当 する 額 2 この 組 合 は 脱 退 した 組 合 員 がこの 組 合 に 対 する 債 務 を 完 済 するまでは 前 項 の 規 定 による 払 戻 しを 停 止 することができる 3 この 組 合 は 事 業 年 度 の 終 わりに 当 たり この 組 合 の 財 産 をもってその 債 務 を 完 済 するに 足 らな いときは 第 1 項 の 払 戻 しを 行 わない ( 出 資 ) 第 15 条 組 合 員 は 出 資 1 口 以 上 を 有 しなければならない 2 1 組 合 員 の 有 することのできる 出 資 口 数 の 限 度 は 組 合 員 の 総 出 資 口 数 の4 分 の1とする 3

4 3 組 合 員 は 出 資 金 額 の 払 込 みについて 相 殺 をもってこの 組 合 に 対 抗 することができない 4 組 合 員 の 責 任 は その 出 資 金 額 を 限 度 とする ( 出 資 1 口 の 金 額 及 びその 払 込 み 方 法 ) 第 16 条 出 資 1 口 の 金 額 は 400 円 とし 全 額 一 時 払 込 みとする ( 出 資 口 数 の 増 加 ) 第 17 条 組 合 員 は この 組 合 の 定 める 方 法 により その 出 資 口 数 を 増 加 することができる ( 出 資 口 数 の 減 少 ) 第 18 条 組 合 員 は やむを 得 ない 理 由 があるときは 事 業 年 度 の 末 日 の90 日 前 までに 減 少 しよう とする 出 資 口 数 をこの 組 合 に 予 告 し 当 該 事 業 年 度 の 終 わりにおいて 出 資 口 数 を 減 少 すること ができる 2 組 合 員 は その 出 資 口 数 が 組 合 員 の 総 出 資 口 数 の4 分 の1を 超 えたときは 4 分 の1 以 下 に 達 するまでその 出 資 口 数 を 減 少 しなければならない 3 出 資 口 数 を 減 少 した 組 合 員 は 減 少 した 出 資 口 数 に 応 ずる 払 込 済 出 資 額 の 払 戻 しをこの 組 合 に 請 求 することができる 4 第 14 条 第 3 項 の 規 定 は 出 資 口 数 を 減 少 する 場 合 について 準 用 する 第 3 章 役 職 員 ( 役 員 ) 第 19 条 この 組 合 に 次 の 役 員 を 置 く (1) 理 事 25 人 以 上 30 人 以 内 (2) 監 事 7 人 以 上 11 人 以 内 ただし 理 事 及 び 監 事 の 半 数 以 上 は 学 生 院 生 組 合 員 でなければならない ( 役 員 の 選 挙 ) 第 20 条 役 員 は 役 員 選 挙 規 約 の 定 めるところにより 総 代 会 において 選 挙 する 2 理 事 は 組 合 員 でなければならない ただし 特 別 の 理 由 があるときは 理 事 の 定 数 の3 分 の1 以 内 のものを 組 合 員 以 外 の 者 のうちから 選 挙 することができる 3 役 員 の 選 挙 は 無 記 名 投 票 によって 行 い 投 票 は 総 代 1 人 につき1 票 とする ( 役 員 の 補 充 ) 第 21 条 理 事 又 は 監 事 のうち その 定 数 の5 分 の1を 超 える 者 が 欠 けたときは 役 員 選 挙 規 約 の 定 めるところにより 3 箇 月 以 内 に 補 充 しなければならない ( 役 員 の 任 期 ) 第 22 条 理 事 の 任 期 は 1 年 監 事 の 任 期 は 1 年 とし 前 任 者 の 任 期 満 了 のときから 起 算 する ただし 再 選 を 妨 げない 4

5 2 役 員 は 正 当 な 理 由 がなければ 任 期 中 辞 任 することができない 3 補 欠 役 員 の 任 期 は 前 項 の 規 定 にかかわらず 補 充 した 総 代 会 の 日 において 現 に 在 任 する 役 員 の 任 期 が 終 了 するときまでとする 4 役 員 の 任 期 は その 満 了 のときがそのときの 属 する 事 業 年 度 の 通 常 総 代 会 の 終 了 のときと 異 な るときは 第 1 項 及 び 第 3 項 の 規 定 にかかわらず その 総 代 会 の 終 了 のときまでとする 5 役 員 が 任 期 の 満 了 又 は 辞 任 によって 退 任 した 場 合 において 役 員 の 数 がその 定 数 を 欠 くに 至 ったときは その 役 員 は 後 任 者 が 就 任 するまでの 間 は なお 役 員 としての 権 利 義 務 を 有 するも のとする ( 役 員 の 兼 職 禁 止 ) 第 23 条 監 事 は 次 の 者 と 兼 ねてはならない (1) この 組 合 の 理 事 又 は 使 用 人 (2) この 組 合 の 子 会 社 等 ( 子 会 社 子 法 人 等 及 び 関 連 法 人 等 )の 取 締 役 又 は 使 用 人 ( 役 員 の 責 任 ) 第 24 条 役 員 は 法 令 法 令 に 基 づいてする 行 政 庁 の 処 分 定 款 及 び 規 約 並 びに 総 代 会 の 決 議 を 遵 守 し この 組 合 のため 忠 実 にその 職 務 を 遂 行 しなければならない 2 役 員 は その 任 務 を 怠 ったときは この 組 合 に 対 し これによって 生 じた 損 害 を 賠 償 する 責 任 を 負 う 3 前 項 の 任 務 を 怠 ってされた 行 為 が 理 事 会 の 決 議 に 基 づいて 行 われたときは その 決 議 に 賛 成 した 理 事 は その 行 為 をしたものとみなす 4 第 2 項 の 責 任 は 総 組 合 員 の 同 意 がなければ 免 除 することができない 5 前 項 の 規 定 にかかわらず 第 2 項 の 責 任 は 当 該 役 員 が 職 務 を 行 うにつき 善 意 でかつ 重 大 な 過 失 がないときは 法 令 で 定 める 額 を 限 度 として 総 代 会 の 決 議 によって 免 除 することができる 6 前 項 の 場 合 には 理 事 は 同 項 の 総 代 会 において 次 に 掲 げる 事 項 を 開 示 しなければならな い (1) 責 任 の 原 因 となった 事 実 及 び 賠 償 の 責 任 を 負 う 額 (2) 前 項 の 規 定 により 免 除 することができる 額 の 限 度 及 びその 算 定 の 根 拠 (3) 責 任 を 免 除 すべき 理 由 及 び 免 除 額 7 理 事 は 第 2 項 の 責 任 の 免 除 ( 理 事 の 責 任 の 免 除 に 限 る )に 関 する 議 案 を 総 代 会 に 提 出 する には 各 監 事 の 同 意 を 得 なければならない 8 第 5 項 の 決 議 があった 場 合 において この 組 合 が 当 該 決 議 後 に 同 項 の 役 員 に 対 し 退 職 慰 労 金 等 を 与 えるときは 総 代 会 の 承 認 を 受 けなければならない 9 役 員 がその 職 務 を 行 うについて 悪 意 又 は 重 大 な 過 失 があったときは 当 該 役 員 は これによっ て 第 三 者 に 生 じた 損 害 を 賠 償 する 責 任 を 負 う 10 次 の 各 号 に 掲 げる 者 が 当 該 各 号 に 定 める 行 為 をしたときも 前 項 と 同 様 の 取 扱 いとする た だし その 者 が 当 該 行 為 をすることについて 注 意 を 怠 らなかったことを 証 明 したときは この 限 り でない (1) 理 事 次 に 掲 げる 行 為 イ 法 第 31 条 の7 第 1 項 及 び 第 2 項 の 規 定 により 作 成 すべきものに 記 載 し 又 は 記 録 すべき 重 要 な 事 項 についての 虚 偽 の 記 載 又 は 記 録 5

6 ロ 虚 偽 の 登 記 ハ 虚 偽 の 公 告 (2) 監 事 監 査 報 告 に 記 載 し 又 は 記 録 すべき 重 要 な 事 項 についての 虚 偽 の 記 載 又 は 記 録 11 役 員 が 組 合 又 は 第 三 者 に 生 じた 損 害 を 賠 償 する 責 任 を 負 う 場 合 において 他 の 役 員 も 当 該 損 害 を 賠 償 する 責 任 を 負 うときは これらの 者 は 連 帯 債 務 者 とする ( 理 事 の 自 己 契 約 等 ) 第 25 条 理 事 は 次 に 掲 げる 場 合 には 理 事 会 において 当 該 取 引 につき 重 要 な 事 実 を 開 示 し その 承 認 を 受 けなければならない (1) 理 事 が 自 己 又 は 第 三 者 のためにこの 組 合 と 取 引 しようとするとき (2)この 組 合 が 理 事 の 債 務 を 保 証 することその 他 理 事 以 外 の 者 との 間 においてこの 組 合 と 当 該 理 事 との 利 益 が 相 反 する 取 引 をしようとするとき (3) 理 事 が 自 己 又 は 第 三 者 のためにこの 組 合 の 事 業 の 部 類 に 属 する 取 引 をしようとするとき 2 第 1 項 各 号 の 取 引 を 行 った 理 事 は 当 該 取 引 後 遅 滞 なく 当 該 取 引 についての 重 要 な 事 実 を 理 事 会 に 報 告 しなければならない ( 役 員 の 解 任 ) 第 26 条 総 代 は 総 総 代 の5 分 の1 以 上 の 連 署 をもって 役 員 の 解 任 を 請 求 することができるもの とし その 請 求 につき 総 代 会 において 出 席 者 の 過 半 数 の 同 意 があったときは その 請 求 に 係 る 役 員 は その 職 を 失 う 2 前 項 の 規 定 による 請 求 は 解 任 の 理 由 を 記 載 した 書 面 をこの 組 合 に 提 出 してしなければならな い 3 理 事 長 は 前 項 の 規 定 による 書 面 の 提 出 があったときは その 請 求 を 総 代 会 の 議 に 付 し 総 代 会 の 会 日 の10 日 前 までにその 役 員 にその 書 面 を 送 付 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 4 第 1 項 の 請 求 があった 場 合 は 理 事 会 は その 請 求 のあった 日 から20 日 以 内 に 臨 時 総 代 会 を 招 集 すべきことを 決 しなければならない なお 理 事 の 職 務 を 行 う 者 がないとき 又 は 理 事 が 正 当 な 理 由 がないのに 総 代 会 招 集 の 手 続 きをしないときは 監 事 は 総 代 会 を 招 集 しなければなら ない ( 役 員 の 報 酬 ) 第 27 条 理 事 及 び 監 事 に 対 する 報 酬 は 総 代 会 の 議 決 をもって 定 める この 場 合 において 総 代 会 に 提 出 する 議 案 は 理 事 に 対 する 報 酬 と 監 事 に 対 する 報 酬 を 区 分 して 表 示 しなければならな い 2 監 事 は 総 代 会 において 監 事 の 報 酬 について 意 見 を 述 べることができる 3 第 1 項 の 報 酬 の 算 定 方 法 については 規 則 をもって 定 める ( 代 表 理 事 ) 第 28 条 理 事 会 は 理 事 の 中 からこの 組 合 を 代 表 する 理 事 ( 以 下 代 表 理 事 という )を 選 定 しな ければならない 2 代 表 理 事 は この 組 合 の 業 務 に 関 する 一 切 の 裁 判 上 又 は 裁 判 外 の 行 為 をする 権 限 を 有 する 6

7 ( 理 事 長 副 理 事 長 専 務 理 事 及 び 常 務 理 事 ) 第 29 条 理 事 は 理 事 長 1 人 副 理 事 長 1 人 専 務 理 事 1 人 及 び 常 務 理 事 10 人 以 上 25 人 以 内 を 理 事 会 において 互 選 する 2 理 事 長 は 理 事 会 の 決 定 に 従 ってこの 組 合 の 業 務 を 統 括 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長 を 補 佐 し 理 事 長 に 事 故 があるときは その 職 務 を 代 行 する 4 専 務 理 事 は 理 事 長 副 理 事 長 を 補 佐 してこの 組 合 の 業 務 を 執 行 し 理 事 長 副 理 事 長 に 事 故 があるときは その 職 務 を 代 行 する 5 常 務 理 事 は 理 事 長 を 補 佐 してこの 組 合 の 業 務 の 執 行 を 分 担 し 理 事 長 副 理 事 長 及 び 専 務 理 事 に 事 故 があるときは あらかじめ 理 事 長 の 定 めた 順 序 に 従 ってその 職 務 を 代 行 する 6 理 事 は 理 事 長 副 理 事 長 専 務 理 事 及 び 常 務 理 事 に 事 故 があるときは あらかじめ 理 事 会 に おいて 定 めた 順 序 に 従 ってその 職 務 を 代 行 する ( 理 事 会 ) 第 30 条 理 事 会 は 理 事 をもって 組 織 する 2 理 事 会 は この 組 合 の 業 務 執 行 を 決 し 理 事 の 職 務 の 執 行 を 監 督 する 3 理 事 会 は 理 事 長 が 招 集 する 4 理 事 長 以 外 の 理 事 は 理 事 長 に 対 し 理 事 会 の 目 的 である 事 項 を 示 して 理 事 会 の 招 集 を 請 求 することができる 5 前 項 の 規 定 による 請 求 のあった 日 から5 日 以 内 に その 請 求 があった 日 から2 週 間 以 内 の 日 を 理 事 会 の 日 とする 理 事 会 の 招 集 の 通 知 が 発 せられない 場 合 には その 請 求 をした 理 事 は 理 事 会 を 招 集 することができる 6 理 事 は3 月 に1 回 以 上 業 務 の 執 行 の 状 況 を 理 事 会 に 報 告 しなければならない 7 その 他 理 事 会 の 運 営 に 関 し 必 要 な 事 項 は 規 則 で 定 める ( 理 事 会 招 集 手 続 ) 第 31 条 理 事 会 の 招 集 は その 理 事 会 の 日 の1 週 間 前 までに 各 理 事 及 び 監 事 に 対 してその 通 知 を 発 してしなければならない ただし 緊 急 の 必 要 がある 場 合 には この 期 間 を 短 縮 すること ができる 2 理 事 会 は 理 事 及 び 監 事 の 全 員 の 同 意 があるときは 招 集 の 手 続 を 経 ないで 開 くことができる ( 理 事 会 の 議 決 事 項 ) 第 32 条 この 定 款 に 特 別 の 定 めがあるもののほか 次 の 事 項 は 理 事 会 の 議 決 を 経 なければなら ない (1) この 組 合 の 財 産 及 び 業 務 の 執 行 に 関 する 重 要 な 事 項 (2) 総 会 及 び 総 代 会 の 招 集 並 びに 総 会 及 び 総 代 会 に 付 議 すべき 事 項 (3) この 組 合 の 財 産 及 び 業 務 の 執 行 のための 手 続 その 他 この 組 合 の 財 産 及 び 業 務 の 執 行 につ いて 必 要 な 事 項 を 定 める 規 則 の 設 定 変 更 及 び 廃 止 (4) 取 引 金 融 機 関 の 決 定 (5) 前 各 号 のほか 理 事 会 において 必 要 と 認 めた 事 項 ( 理 事 会 の 議 決 方 法 ) 7

8 第 33 条 理 事 会 の 決 議 は 議 決 に 加 わることができる 理 事 の 過 半 数 が 出 席 し その 過 半 数 をもっ て 行 う 2 前 項 の 決 議 について 特 別 の 利 害 関 係 を 有 する 理 事 は 議 決 に 加 わることができない 3 理 事 が 理 事 会 の 議 決 の 目 的 である 事 項 について 提 案 をした 場 合 において 当 該 議 案 につき 理 事 ( 当 該 事 項 について 議 決 に 加 わることができるものに 限 る )が 書 面 又 は 電 磁 的 記 録 により 同 意 の 意 思 表 示 をしたとき( 監 事 が 当 該 提 案 について 意 義 を 述 べたときを 除 く)は 当 該 議 案 を 可 決 する 旨 の 理 事 会 の 議 決 があったものとみなす 4 理 事 又 は 監 事 が 理 事 及 び 監 事 の 全 員 に 対 して 理 事 会 に 報 告 すべき 事 項 を 通 知 したときは 当 該 事 項 を 理 事 会 へ 報 告 することを 要 しない ( 理 事 会 の 議 事 録 ) 第 34 条 理 事 会 の 議 事 については 法 令 に 定 める 事 項 を 記 載 した 議 事 録 を 作 成 し 出 席 した 理 事 及 び 監 事 は これに 署 名 し 又 は 記 名 押 印 しなければならない 2 前 項 の 議 事 録 を 電 磁 的 記 録 を 持 って 作 成 した 場 合 には 出 席 した 理 事 及 び 監 事 は これに 電 子 署 名 しなければならない ( 定 款 等 の 備 置 ) 第 35 条 この 組 合 は 法 令 に 基 づき 以 下 に 掲 げる 書 類 を 事 務 所 に 備 え 置 かなければならない (1) 定 款 (2) 規 約 (3) 理 事 会 の 議 事 録 (4) 総 代 会 の 議 事 録 (5) 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 剰 余 金 処 分 案 又 は 損 失 処 理 案 ( 以 下 決 算 関 係 書 類 という ) 及 び 事 業 報 告 書 並 びにこれらの 附 属 明 細 書 ( 監 査 報 告 を 含 む ) 2 この 組 合 は 法 令 に 定 める 事 項 を 記 載 した 組 合 員 名 簿 を 作 成 し 事 務 所 に 備 え 置 かなければ ならない 3 この 組 合 は 組 合 員 又 はこの 組 合 の 債 権 者 ( 理 事 会 の 議 事 録 については 裁 判 所 の 許 可 を 得 たこの 組 合 の 債 権 者 )から 法 令 に 基 づき 業 務 取 扱 時 間 内 において 当 該 書 面 の 閲 覧 又 は 謄 写 の 請 求 等 があったときは 正 当 な 理 由 がないのにこれを 拒 んではならない ( 監 事 の 職 務 及 び 権 限 ) 第 36 条 監 事 は 理 事 の 職 務 の 執 行 を 監 査 する この 場 合 において 法 令 で 定 めるところにより 監 査 報 告 を 作 成 しなければならない 2 監 事 は いつでも 理 事 及 びこの 組 合 の 使 用 人 に 対 して 事 業 に 関 する 報 告 を 求 め 又 はこの 組 合 の 業 務 及 び 財 産 の 状 況 を 調 査 することができる 3 監 事 は その 職 務 を 行 うため 必 要 があるときは この 組 合 の 子 会 社 に 対 して 事 業 の 報 告 を 求 め 又 はその 子 会 社 の 業 務 及 び 財 産 の 状 況 を 調 査 することができる 4 前 項 の 子 会 社 は 正 当 な 理 由 があるときは 同 項 の 報 告 又 は 調 査 を 拒 むことができる 5 監 事 は 理 事 会 に 出 席 し 必 要 があると 認 めるときは 意 見 を 述 べなければならない 8

9 6 監 事 は 理 事 が 不 正 の 行 為 をし 若 しくは 当 該 行 為 をするおそれがあると 認 めるとき 又 は 法 令 若 しくは 定 款 に 違 反 する 事 実 若 しくは 著 しく 不 当 な 事 実 があると 認 めるときは 遅 滞 なく その 旨 を 理 事 会 に 報 告 しなければならない 7 監 事 は 前 項 の 場 合 において 必 要 があると 認 めるときは 理 事 に 対 し 理 事 会 の 招 集 を 請 求 す ることができる 8 第 30 条 第 5 項 の 規 定 は 前 項 の 請 求 をした 監 事 について これを 準 用 する 9 監 事 は 総 代 会 において 監 事 の 解 任 又 は 辞 任 について 意 見 を 述 べることができる 10 監 事 を 辞 任 した 者 は 辞 任 後 最 初 に 招 集 される 総 代 会 に 出 席 して 辞 任 した 旨 及 びその 理 由 を 述 べることができる 11 理 事 長 は 前 項 の 者 に 対 し 同 項 の 総 代 会 を 招 集 する 旨 並 びに 総 代 会 の 日 時 及 び 場 所 を 通 知 しなければならない 12 監 査 についての 規 則 の 設 定 変 更 及 び 廃 止 は 監 事 が 行 い 総 代 会 の 承 認 を 受 けるものとす る ( 理 事 の 報 告 義 務 ) 第 37 条 理 事 は この 組 合 に 著 しい 損 害 を 及 ぼすおそれがある 事 実 を 発 見 したときは 直 ちに 監 事 に 報 告 しなければならない ( 監 事 による 理 事 の 行 為 の 差 止 め) 第 38 条 監 事 は 理 事 がこの 組 合 の 目 的 の 範 囲 外 の 行 為 その 他 法 令 若 しくは 定 款 に 違 反 する 行 為 をし 又 はこれらの 行 為 をするおそれがある 場 合 において 当 該 行 為 によって 組 合 に 著 しい 損 害 が 生 ずるおそれがあるときは 当 該 理 事 に 対 し 当 該 行 為 をやめることを 請 求 することがで きる 2 前 項 の 場 合 において 裁 判 所 が 仮 処 分 をもって 同 項 の 理 事 に 対 し その 行 為 をやめることを 命 ずるときは 担 保 を 立 てさせないものとする ( 監 事 の 代 表 権 ) 第 39 条 第 28 条 第 2 項 の 規 定 にかかわらず 次 の 場 合 には 監 事 がこの 組 合 を 代 表 する (1) この 組 合 が 理 事 又 は 理 事 であった 者 ( 以 下 この 条 において 理 事 等 という )に 対 し また 理 事 等 が 組 合 に 対 して 訴 えを 提 起 する 場 合 (2) この 組 合 が 6 箇 月 前 から 引 き 続 き 加 入 する 組 合 員 から 理 事 等 の 責 任 を 追 及 する 訴 えの 提 起 の 請 求 を 受 ける 場 合 (3) この 組 合 が 6 箇 月 前 から 引 き 続 き 加 入 する 組 合 員 から 理 事 等 の 責 任 を 追 及 する 訴 えに 係 る 訴 訟 告 知 を 受 ける 場 合 (4) この 組 合 が 裁 判 所 から 6 箇 月 前 から 引 き 続 き 加 入 する 組 合 員 による 理 事 等 の 責 任 を 追 及 す る 訴 えについて 和 解 の 内 容 の 通 知 及 び 異 議 の 催 告 を 受 ける 場 合 ( 組 合 員 による 理 事 の 不 正 行 為 の 差 止 め) 第 40 条 6 箇 月 前 から 引 き 続 き 加 入 する 組 合 員 は 理 事 が 組 合 の 目 的 の 範 囲 外 の 行 為 その 他 法 令 もしくは 定 款 に 違 反 する 行 為 をし 又 はこれらの 行 為 をするおそれがある 場 合 において 当 該 行 為 によってこの 組 合 に 回 復 することができない 損 害 が 生 ずるおそれがあるときは 当 該 理 事 に 9

10 対 し 当 該 行 為 をやめることを 請 求 することができる ( 組 合 員 の 調 査 請 求 ) 第 41 条 組 合 員 は 総 組 合 員 の100 分 の3 以 上 の 同 意 を 得 て 監 事 に 対 し この 組 合 の 業 務 及 び 財 産 の 状 況 の 調 査 を 請 求 することができる 2 監 事 は 前 項 の 請 求 があったときは 必 要 な 調 査 を 行 わなければならない ( 顧 問 ) 第 42 条 本 組 合 に 顧 問 をおくことができる 2 顧 問 は 理 事 長 の 推 薦 により 理 事 会 の 議 決 を 経 て 理 事 長 が 委 嘱 する 3 顧 問 は 理 事 長 の 諮 問 にこたえ または 理 事 会 に 出 席 し 意 見 を 述 べることができる 4 顧 問 に 関 する 規 定 は 理 事 会 において 別 に 定 める ( 組 織 委 員 ) 第 43 条 本 組 合 は 理 事 会 の 活 動 を 円 滑 に 行 うために 組 織 委 員 をおく 2 組 織 委 員 は 理 事 会 の 決 定 により 理 事 長 が 任 免 する 3 組 織 委 員 は 理 事 を 補 佐 して 業 務 に 従 事 する 4 組 織 委 員 は 職 員 委 員 会 院 生 委 員 会 本 郷 学 生 委 員 会 駒 場 学 生 委 員 会 に 所 属 し 各 委 員 会 を 構 成 する 5 組 織 委 員 に 関 する 規 定 は 理 事 会 において 別 に 定 める ( 運 営 委 員 ) 第 44 条 本 組 合 は 日 常 的 に 組 合 員 の 意 向 を 反 映 させるために 以 下 の 運 営 委 員 をおくことができ る イ) 店 舗 委 員 ロ) 運 営 委 員 ハ) 生 協 委 員 2 運 営 委 員 は 理 事 会 の 議 決 を 経 て 理 事 長 が 委 嘱 する 3 運 営 委 員 に 関 する 規 定 は 理 事 会 において 別 に 定 める ( 職 員 ) 第 45 条 この 組 合 の 職 員 は 理 事 長 が 任 免 する 2 職 員 の 定 数 服 務 給 与 その 他 職 員 に 関 し 必 要 な 事 項 は 規 則 で 定 める 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 総 代 会 の 設 置 ) 第 46 条 この 組 合 に 総 会 に 代 るべき 総 代 会 を 設 ける 10

11 ( 総 代 の 定 数 ) 第 47 条 総 代 の 定 数 は 180 人 以 上 250 人 以 内 において 総 代 選 挙 規 約 で 定 める ( 総 代 の 選 挙 ) 第 48 条 総 代 は 総 代 選 挙 規 約 の 定 めるところにより 組 合 員 のうちから 選 挙 する ( 総 代 の 補 充 ) 第 49 条 総 代 が 欠 けた 場 合 におけるその 補 充 については 総 代 選 挙 規 約 の 定 めるところによる ( 総 代 の 職 務 執 行 ) 第 50 条 総 代 は 組 合 員 の 代 表 として 組 合 員 の 意 思 を 踏 まえ 誠 実 にその 職 務 を 行 わなければ ならない ( 総 代 の 任 期 ) 第 51 条 総 代 の 任 期 は1 年 とする ただし 再 選 を 妨 げない 2 補 欠 総 代 の 任 期 は 前 項 の 規 定 にかかわらず 前 任 者 の 残 任 期 間 とする 3 総 代 は 任 期 満 了 後 であっても 後 任 者 の 就 任 するまでの 間 は その 職 務 を 行 うものとする ( 総 代 名 簿 ) 第 52 条 理 事 は 総 代 の 氏 名 及 びその 選 挙 区 を 記 載 した 総 代 名 簿 を 作 成 し 組 合 員 に 周 知 しな ければならない ( 通 常 総 代 会 の 招 集 ) 第 53 条 通 常 総 代 会 は 毎 事 業 年 度 終 了 の 日 から3 箇 月 以 内 に 招 集 しなければならない ( 臨 時 総 代 会 の 招 集 ) 第 54 条 臨 時 総 代 会 は 必 要 があるときは いつでも 理 事 会 の 議 決 を 経 て 招 集 できる ただし 総 代 がその5 分 の1 以 上 の 同 意 を 得 て 会 議 の 目 的 とする 事 項 及 び 招 集 の 理 由 を 記 載 した 書 面 を 提 出 して 総 代 会 の 招 集 を 請 求 したときは 理 事 会 は その 請 求 のあった 日 から20 日 以 内 に 臨 時 総 代 会 を 招 集 すべきことを 決 しなければならない ( 総 代 会 の 招 集 者 ) 第 55 条 総 代 会 は 理 事 会 の 議 決 を 経 て 理 事 長 が 招 集 する 2 理 事 長 及 びその 職 務 を 代 行 する 理 事 がいないとき 又 は 前 条 の 請 求 があった 場 合 において 理 事 が 正 当 な 理 由 がないのに 総 代 会 招 集 の 手 続 をしないときは 監 事 は 総 代 会 を 招 集 しなけ ればならない ( 総 代 会 の 招 集 手 続 ) 第 56 条 総 代 会 の 招 集 者 が 総 代 会 を 招 集 する 場 合 には 総 代 会 の 日 時 及 び 場 所 その 他 の 法 令 で 定 める 事 項 を 定 めなければならない 2 前 項 の 事 項 の 決 定 は 次 項 の 定 める 場 合 を 除 き 理 事 会 の 決 議 によらなければならない 11

12 3 前 条 第 2 項 の 規 定 により 監 事 が 総 代 会 を 招 集 する 場 合 には 第 1 項 の 事 項 の 決 定 は 監 事 の 全 員 の 合 議 によらなければならない 4 総 代 会 を 招 集 するには 総 代 会 の 招 集 者 は その 総 代 会 の 会 日 の10 日 前 までに 総 代 に 対 し て 第 1 項 の 事 項 を 記 載 した 書 面 をもってその 通 知 を 発 しなければならない 5 通 常 総 代 会 の 招 集 の 通 知 に 際 しては 法 令 で 定 めるところにより 総 代 に 対 し 理 事 会 の 承 認 を 受 けた 決 算 関 係 書 類 及 び 事 業 報 告 書 ( 監 査 報 告 を 含 む )を 提 供 しなければならない ( 総 代 会 提 出 議 案 書 類 の 調 査 ) 第 57 条 監 事 は 理 事 が 総 代 会 に 提 出 しようとする 議 案 書 類 その 他 法 令 で 定 めるものを 調 査 し なければならない この 場 合 において 法 令 若 しくは 定 款 に 違 反 し 又 は 著 しく 不 当 な 事 項 があ ると 認 めるときは その 調 査 の 結 果 を 総 代 会 に 報 告 しなければならない ( 総 代 会 の 会 日 の 延 期 又 は 続 行 の 決 議 ) 第 58 条 総 代 会 の 会 日 は 総 代 会 の 議 決 により 延 期 し 又 は 続 行 することができる この 場 合 に おいては 第 56 条 の 規 定 は 適 用 しない ( 総 代 会 の 議 決 事 項 ) 第 59 条 この 定 款 に 特 別 の 定 めがあるもののほか 次 の 事 項 は 総 代 会 の 議 決 を 経 なければならな い (1) 定 款 の 変 更 (2) 規 約 の 設 定 変 更 及 び 廃 止 (3) 解 散 及 び 合 併 (4) 毎 事 業 年 度 の 予 算 及 び 事 業 計 画 の 設 定 及 び 変 更 (5) 出 資 一 口 の 金 額 の 減 少 (6) 事 業 報 告 書 及 び 決 算 関 係 書 類 (7) 連 合 会 及 び 他 の 団 体 への 加 入 又 は 脱 退 2 この 組 合 は 第 3 条 各 号 に 掲 げる 事 業 を 行 うため 必 要 と 認 められる 他 の 団 体 への 加 入 又 は 脱 退 であって 多 額 の 出 資 若 しくは 加 入 金 又 は 会 費 を 要 しないものについては 前 項 の 規 定 にか かわらず 総 代 会 の 議 決 によりその 範 囲 を 定 め 理 事 会 の 議 決 事 項 とすることができる 3 総 代 会 においては 第 56 条 第 4 項 の 規 定 により あらかじめ 通 知 した 事 項 についてのみ 議 決 を するものとする ただし この 定 款 により 総 代 会 の 議 決 事 項 とされているものを 除 く 事 項 であって 軽 微 かつ 緊 急 を 要 するものについては この 限 りでない 4 規 約 の 変 更 のうち 以 下 の 事 項 については 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 総 代 会 の 議 決 を 経 る ことを 要 しないものとすることができる この 場 合 においては 総 代 会 の 議 決 を 経 ることを 要 しない 事 項 の 変 更 の 内 容 の 組 合 員 に 対 する 通 知 公 告 その 他 の 周 知 の 方 法 は 第 84 条 及 び 第 85 条 に よる (1) 関 係 法 令 の 改 正 ( 条 項 の 移 動 等 当 該 法 令 に 規 定 する 内 容 の 実 質 的 な 変 更 を 伴 わないものに 限 る )に 伴 う 規 定 の 整 理 ( 総 代 会 の 成 立 要 件 ) 第 60 条 総 代 会 は 総 代 の 半 数 が 出 席 しなければ 議 事 を 開 き 議 決 をすることができない 12

13 2 前 項 に 規 定 する 数 の 総 代 の 出 席 がないときは 理 事 会 は その 総 代 会 の 会 日 から20 日 以 内 に さらに 総 代 会 を 招 集 することを 決 しなければならない この 場 合 には 前 項 の 規 定 は 適 用 しな い ( 役 員 の 説 明 義 務 ) 第 61 条 役 員 は 総 代 会 において 総 代 から 特 定 の 事 項 について 説 明 を 求 められた 場 合 には 当 該 事 項 について 必 要 な 説 明 をしなければならない ただし 次 に 掲 げる 場 合 は この 限 りでな い (1) 総 代 が 説 明 を 求 めた 事 項 が 総 代 会 の 目 的 である 事 項 に 関 しないものである 場 合 (2) その 説 明 をすることにより 組 合 員 の 共 同 の 利 益 を 著 しく 害 する 場 合 (3) 総 代 が 説 明 を 求 めた 事 項 について 調 査 をすることが 必 要 である 場 合 ただし 当 該 総 代 が 総 代 会 の 日 より 相 当 の 期 間 前 に 当 該 事 項 を 組 合 に 対 して 通 知 した 場 合 又 は 当 該 事 項 について 説 明 をするために 必 要 な 調 査 が 著 しく 容 易 である 場 合 はこの 限 りでない (4) 総 代 が 説 明 を 求 めた 事 項 について 説 明 をすることにより 組 合 その 他 の 者 ( 当 該 総 代 を 除 く ) の 権 利 を 侵 害 することとなる 場 合 (5) 総 代 が 当 該 総 代 会 において 実 質 的 に 同 一 の 事 項 について 繰 り 返 し 説 明 を 求 める 場 合 (6) 前 各 号 に 掲 げる 場 合 のほか 総 代 が 説 明 を 求 めた 事 項 について 説 明 をしないことにつき 正 当 な 理 由 がある 場 合 ( 議 決 権 及 び 選 挙 権 ) 第 62 条 総 代 は その 出 資 口 数 の 多 少 にかかわらず 各 1 個 の 議 決 権 及 び 選 挙 権 を 有 する ( 総 代 会 の 議 決 方 法 ) 第 63 条 総 代 会 の 議 事 は 出 席 した 総 代 の 過 半 数 で 決 し 可 否 同 数 のときは 議 長 の 決 するとこ ろによる 2 総 代 会 の 議 長 は 総 代 会 において 出 席 した 組 合 員 ( 総 代 )のうちから その 都 度 選 任 する 3 議 長 は 総 代 として 総 代 会 の 議 決 に 加 わる 権 利 を 有 しない 4 総 代 会 において 議 決 をする 場 合 には 議 長 は その 議 決 に 関 して 出 席 した 総 代 の 数 に 算 入 し ない ( 総 代 会 の 特 別 議 決 方 法 ) 第 64 条 次 の 事 項 は 総 代 の 半 数 以 上 が 出 席 し その3 分 の2 以 上 の 多 数 で 決 しなければならな い (1) 定 款 の 変 更 (2) 解 散 及 び 合 併 (3) 組 合 員 の 除 名 (4) 事 業 の 全 部 の 譲 渡 (5) 第 24 条 第 5 項 に 規 定 する 役 員 の 責 任 の 免 除 ( 議 決 権 及 び 選 挙 権 の 書 面 又 は 代 理 人 による 行 使 ) 第 65 条 総 代 は 第 56 条 第 4 項 の 規 定 によりあらかじめ 通 知 のあった 事 項 について 書 面 又 は 代 13

14 理 人 をもって 議 決 権 又 は 選 挙 権 を 行 うことができる ただし 組 合 員 でなければ 代 理 人 となること ができない 2 前 項 の 規 定 により 議 決 権 又 は 選 挙 権 を 行 う 者 は 出 席 者 とみなす 3 第 1 項 の 規 定 により 書 面 をもって 議 決 権 又 は 選 挙 権 を 行 う 者 は 第 56 条 第 4 項 の 規 定 によりあ らかじめ 通 知 のあった 事 項 について その 賛 否 又 は 選 挙 しようとする 役 員 の 氏 名 を 書 面 に 明 示 して 第 69 条 又 は 第 20 条 第 1 項 の 規 定 による 規 約 の 定 めるところにより この 組 合 に 提 出 しなけ ればならない 4 代 理 人 は 3 人 以 上 の 総 代 を 代 理 することができない 5 代 理 人 は 代 理 権 を 証 する 書 面 をこの 組 合 に 提 出 しなければならない ( 組 合 員 の 発 言 権 ) 第 66 条 組 合 員 は 総 代 会 に 出 席 し 議 長 の 許 可 を 得 て 発 言 することができる ただし 総 代 の 代 理 人 として 総 代 会 に 出 席 する 場 合 を 除 き 議 決 権 及 び 選 挙 権 を 有 しない ( 総 代 会 の 議 事 録 ) 第 67 条 総 代 会 の 議 事 については 法 令 で 定 める 事 項 を 記 載 した 議 事 録 を 作 成 し 作 成 した 理 事 及 び 議 長 が これに 署 名 又 は 記 名 押 印 するものとする ( 解 散 又 は 合 併 の 議 決 ) 第 68 条 総 代 会 において 組 合 の 解 散 又 は 合 併 の 議 決 があったときは 理 事 は 当 該 議 決 の 日 か ら10 日 以 内 に 組 合 員 に 当 該 議 決 の 内 容 を 通 知 しなければならない 2 前 項 の 議 決 があった 場 合 において 組 合 員 が 総 組 合 員 の5 分 の1 以 上 の 同 意 を 得 て 会 議 の 目 的 である 事 項 及 び 招 集 の 理 由 を 記 載 した 書 面 を 理 事 会 に 提 出 して 総 会 の 招 集 を 請 求 したと きは 理 事 会 は その 請 求 のあった 日 から3 週 間 以 内 に 総 会 を 招 集 すべきことを 決 しなければな らない この 場 合 において 書 面 の 提 出 は 前 項 の 通 知 に 係 る 事 項 についての 総 代 会 の 議 決 の 日 から1 月 以 内 にしなければならない 3 前 項 の 請 求 の 日 から2 週 間 以 内 に 理 事 が 正 当 な 理 由 がないのに 総 会 招 集 の 手 続 をしないとき は 監 事 は 総 会 を 招 集 しなければならない 4 前 2 項 の 総 会 において 第 1 項 の 通 知 に 係 る 事 項 を 承 認 しなかった 場 合 には 当 該 事 項 につい ての 総 代 会 の 議 決 は その 効 力 を 失 う ( 総 会 及 び 総 代 会 運 営 規 約 ) 第 69 条 この 定 款 に 定 めるもののほか 総 会 及 び 総 代 会 の 運 営 に 関 し 必 要 な 事 項 は 総 会 及 び 総 代 会 運 営 規 約 で 定 める 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 事 業 の 利 用 ) 第 70 条 組 合 員 と 同 一 の 世 帯 に 属 する 者 は この 組 合 の 事 業 の 利 用 については 組 合 員 とみな す 14

15 ( 事 業 の 品 目 等 ) 第 71 条 第 3 条 第 1 号 に 規 定 する 生 活 に 必 要 な 物 資 の 品 目 は 書 籍 教 育 機 器 学 用 品 文 房 具 電 気 製 品 家 具 衣 料 品 皮 革 製 品 化 粧 品 日 用 雑 貨 品 運 動 用 具 品 楽 器 写 真 用 品 写 真 処 理 サービス コピー 時 計 飲 料 食 料 品 葉 書 切 手 類 煙 草 酒 類 医 薬 品 米 穀 類 プレイガイド 斡 旋 物 資 その 他 の 組 合 員 の 日 常 生 活 に 必 要 な 物 資 と する 2 第 3 条 第 2 号 に 規 定 する 生 活 に 有 用 な 協 同 施 設 の 種 類 は 食 堂 及 び 喫 茶 とする 3 第 3 条 第 4 号 に 規 定 する 生 活 の 共 済 を 図 る 事 業 は 全 国 大 学 生 協 共 済 生 活 協 同 組 合 連 合 会 が 行 う 生 命 共 済 事 業 及 び 火 災 共 済 事 業 の 業 務 の 一 部 を 受 託 する 受 託 共 済 事 業 とする 第 6 章 会 計 ( 事 業 年 度 ) 第 72 条 この 組 合 の 事 業 年 度 は 毎 年 3 月 1 日 から 翌 年 2 月 末 日 までとする ( 財 務 処 理 ) 第 73 条 この 組 合 は 法 令 及 びこの 組 合 の 経 理 に 関 する 規 則 の 定 めるところにより この 組 合 の 財 務 の 処 理 を 行 い 決 算 関 係 書 類 及 びその 附 属 明 細 書 を 作 成 するものとする ( 収 支 の 明 示 ) 第 74 条 この 組 合 は この 組 合 が 行 う 事 業 の 種 類 ごとに 収 支 を 明 らかにするものとする ( 法 定 準 備 金 ) 第 75 条 この 組 合 は 出 資 総 額 の2 分 の1に 相 当 する 額 に 達 するまで 毎 事 業 年 度 の 剰 余 金 の10 分 の1に 相 当 する 額 以 上 の 金 額 を 法 定 準 備 金 として 積 み 立 てるものとする ただし この 場 合 に おいて 繰 越 欠 損 金 があるときには 積 み 立 てるべき 準 備 金 の 額 の 計 算 は 当 該 事 業 年 度 の 剰 余 金 からその 欠 損 金 のてん 補 に 充 てるべき 金 額 を 控 除 した 額 について 行 うものとする 2 前 項 の 規 定 による 法 定 準 備 金 は 欠 損 金 のてん 補 に 充 てる 場 合 を 除 き 取 り 崩 すことができな い ( 教 育 事 業 等 繰 越 金 ) 第 76 条 この 組 合 は 毎 事 業 年 度 の 剰 余 金 の20 分 の1に 相 当 する 額 以 上 の 金 額 を 教 育 事 業 等 繰 越 金 として 翌 事 業 年 度 に 繰 り 越 し 繰 り 越 された 事 業 年 度 の 第 3 条 第 5 号 に 定 める 事 業 の 費 用 に 充 てるために 支 出 するものとする なお 全 部 又 は 一 部 を 組 合 員 の 相 互 の 協 力 の 下 に 地 域 及 びこの 組 合 の 区 域 において 行 う 福 祉 の 向 上 に 資 する 活 動 を 助 成 する 事 業 に 充 てることができ る 2 前 条 第 1 項 ただし 書 の 規 定 は 前 項 の 規 定 による 繰 越 金 の 額 の 計 算 について 準 用 する ( 剰 余 金 の 割 戻 し) 15

16 第 77 条 この 組 合 は 剰 余 金 について 組 合 員 の 組 合 事 業 の 利 用 分 量 又 は 払 込 んだ 出 資 額 に 応 じて 組 合 員 に 割 り 戻 すことができる ( 利 用 分 量 に 応 ずる 割 戻 し) 第 78 条 組 合 事 業 の 利 用 分 量 に 応 ずる 剰 余 金 の 割 戻 し( 以 下 利 用 分 量 割 戻 し という )は 毎 事 業 年 度 の 剰 余 金 について 繰 越 欠 損 金 をてん 補 し 第 75 条 第 1 項 の 規 定 による 法 定 準 備 金 と して 積 み 立 てる 金 額 及 び 第 76 条 第 1 項 に 規 定 する 法 定 準 備 金 として 積 み 立 てる 金 額 及 び 第 76 条 第 1 項 の 規 定 による 教 育 事 業 等 繰 越 金 として 繰 り 越 す 金 額 ( 以 下 法 定 準 備 金 等 の 金 額 とい う )を 控 除 した 後 に なお 残 余 があるときに 行 うことができる 2 利 用 分 量 割 戻 しは 各 事 業 年 度 における 組 合 員 の 組 合 事 業 の 利 用 分 量 に 応 じて 行 う 3 この 組 合 は 組 合 事 業 を 利 用 する 組 合 員 に 対 し 組 合 事 業 の 利 用 の 都 度 利 用 した 事 業 の 分 量 を 証 する 領 収 書 ( 利 用 高 券 レシート 等 )を 交 付 するものとする 4 この 組 合 は 組 合 員 が 利 用 した 組 合 事 業 の 利 用 分 量 の 総 額 がこの 組 合 の 事 業 総 額 の5 割 以 上 であると 確 認 した 場 合 でなければ 利 用 分 量 割 戻 しを 行 わない 5 この 組 合 は 利 用 分 量 割 戻 しを 行 うこと 及 び 利 用 分 量 割 戻 金 の 額 について 総 代 会 の 議 決 があ ったときは 速 やかに 利 用 分 量 割 戻 金 の 利 用 分 量 に 対 する 割 合 及 び 利 用 分 量 割 戻 金 の 請 求 方 法 を 組 合 員 に 公 告 するものとする 6 この 組 合 は 利 用 分 量 割 戻 しを 行 うときは その 割 り 戻 すべき 金 額 に 相 当 する 額 を 利 用 分 量 割 戻 金 として 積 み 立 てるものとする 7 組 合 員 は 第 5 項 の 公 告 に 基 づき 利 用 分 量 割 戻 金 をこの 組 合 に 請 求 しようとするときは 利 用 分 量 割 戻 しを 行 うことについての 議 決 が 行 われた 総 代 会 の 終 了 の 日 から6 箇 月 を 経 過 する 日 ま でに 第 3 項 の 規 定 により 交 付 を 受 けた 領 収 書 ( 利 用 高 券 レシート 等 )を 提 出 してこれをしなけ ればならない 8 この 組 合 は 前 項 の 請 求 があったときは 第 6 項 の 規 定 による 利 用 分 量 割 戻 金 の 積 立 てを 行 っ た 事 業 年 度 の 翌 々 事 業 年 度 の 末 日 までに その 利 用 分 量 割 戻 金 を 取 り 崩 して 組 合 員 ごとに 前 項 の 規 定 により 提 出 された 領 収 書 ( 利 用 高 券 レシート 等 )によって 確 認 した 事 業 の 利 用 分 量 に 応 じ 利 用 分 量 割 戻 金 を 支 払 うものとする 9 この 組 合 は 各 組 合 員 ごとの 利 用 分 量 があらかじめ 明 らかである 場 合 には 第 7 項 の 規 定 にか かわらず 組 合 員 からの 利 用 分 量 割 戻 金 の 請 求 があったものとみなして 前 項 の 支 払 を 行 うこと ができる 10 この 組 合 が 前 2 項 の 規 定 により 利 用 分 量 割 戻 しを 行 おうとする 場 合 において この 組 合 の 責 めに 帰 すべき 事 由 以 外 の 事 由 により 第 8 項 に 定 める 期 間 内 に 支 払 を 行 うことができなかったとき は 当 該 組 合 員 は 当 該 期 間 の 末 日 をもって 利 用 分 量 割 戻 金 の 請 求 権 を 放 棄 したものとみな す 11 この 組 合 は 各 事 業 年 度 の 利 用 分 量 割 戻 金 のうち 第 8 項 に 定 める 期 間 内 に 割 戻 しを 行 うこと ができなかった 額 は 当 該 事 業 年 度 の 翌 々 事 業 年 度 における 事 業 の 剰 余 金 に 算 入 するものと する ( 出 資 額 に 応 ずる 割 戻 し) 第 79 条 払 い 込 んだ 出 資 額 に 応 ずる 剰 余 金 の 割 戻 し( 以 下 出 資 配 当 という )は 毎 事 業 年 度 の 剰 余 金 から 法 定 準 備 金 等 の 金 額 を 控 除 した 額 又 は 当 該 事 業 年 度 の 欠 損 金 に 繰 越 剰 余 金 16

17 又 は 繰 越 欠 損 金 を 加 減 し さらに 任 意 積 立 金 取 崩 額 を 加 算 した 額 について 行 うことができる 2 出 資 配 当 は 各 事 業 年 度 の 終 わりにおける 組 合 員 の 払 込 済 出 資 額 に 応 じて 行 う 3 出 資 配 当 金 の 額 は 払 込 済 出 資 額 につき 年 1 割 以 内 の 額 とする 4 この 組 合 は 出 資 配 当 を 行 うこと 及 び 出 資 配 当 金 の 額 について 総 代 会 の 議 決 があったときは 速 やかに 出 資 配 当 金 の 払 込 済 出 資 額 に 対 する 割 合 及 び 出 資 配 当 金 の 請 求 方 法 を 組 合 員 に 公 告 するものとする 5 組 合 員 は 前 項 の 公 告 に 基 づき 出 資 配 当 金 をこの 組 合 に 請 求 しようとするときは 出 資 配 当 を 行 うことについての 議 決 が 行 われた 総 代 会 の 終 了 の 日 から6 箇 月 を 経 過 する 日 までにこれをしな ければならない 6 この 組 合 は 前 項 の 請 求 があったときは 遅 滞 なく 出 資 配 当 金 を 支 払 うものとする 7 この 組 合 は あらかじめ 支 払 方 法 を 明 確 に 定 めている 場 合 には 第 5 項 の 規 定 にかかわらず 組 合 員 からの 出 資 配 当 金 の 請 求 があったものとみなして 前 項 の 支 払 を 行 うことができる 8 この 組 合 が 前 2 項 の 規 定 により 出 資 配 当 金 の 支 払 を 行 おうとする 場 合 において この 組 合 の 責 めに 帰 すべき 事 由 以 外 の 事 由 により 支 払 を 行 えなかったときは 第 4 項 に 定 める 総 代 会 の 終 了 の 日 から2 年 を 経 過 する 日 までの 間 に 請 求 を 行 った 場 合 を 除 き 当 該 組 合 員 は 出 資 配 当 金 の 請 求 権 を 放 棄 したものとみなす ( 端 数 処 理 ) 第 80 条 前 2 条 の 規 定 による 割 戻 金 の 額 を 計 算 する 場 合 において 組 合 員 ごとの 割 戻 金 の 額 に1 0 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを 切 り 捨 てるものとする (その 他 の 剰 余 金 処 分 ) 第 81 条 この 組 合 は 剰 余 金 について 第 77 条 の 規 定 により 組 合 員 への 割 戻 しを 行 った 後 にな お 残 余 があるときは その 残 余 を 任 意 に 積 み 立 て 又 は 翌 事 業 年 度 に 繰 り 越 すものとする ( 欠 損 金 のてん 補 ) 第 82 条 この 組 合 は 欠 損 金 が 生 じたときは 繰 越 剰 余 金 前 条 の 規 定 により 積 み 立 てた 積 立 金 法 定 準 備 金 の 順 に 取 り 崩 してそのてん 補 に 充 てるものとする ( 投 機 取 引 等 の 禁 止 ) 第 83 条 この 組 合 は いかなる 名 義 をもってするを 問 わず この 組 合 の 資 産 について 投 機 的 運 用 及 び 投 機 取 引 を 行 ってはならない ( 組 合 員 に 対 する 情 報 開 示 ) 第 84 条 この 組 合 は この 組 合 が 定 める 規 則 により 組 合 員 に 対 して 事 業 及 び 財 務 の 状 況 に 関 す る 情 報 を 開 示 するものとする 第 7 章 解 散 ( 解 散 ) 17

18 第 85 条 この 組 合 は 総 代 会 の 議 決 による 場 合 のほか 次 の 事 由 によって 解 散 する (1) 目 的 たる 事 業 の 成 功 の 不 能 (2) 合 併 (3) 破 産 手 続 き 開 始 の 決 定 (4) 行 政 庁 の 解 散 命 令 2 この 組 合 は 前 項 の 事 由 によるほか 組 合 員 ( 第 6 条 第 2 項 の 規 定 による 組 合 員 及 び 第 6 条 第 1 項 の 規 定 による 通 学 するものを 除 く )が20 人 未 満 になったときは 解 散 する 3 理 事 は この 組 合 が 解 散 ( 破 産 による 場 合 を 除 く )したときは 遅 滞 なく 組 合 員 に 対 してその 旨 を 通 知 し かつ 公 告 しなければならない ( 残 余 財 産 の 処 分 ) 第 86 条 この 組 合 が 解 散 ( 合 併 又 は 破 産 による 場 合 を 除 く )した 場 合 の 残 余 財 産 ( 解 散 のときに おけるこの 組 合 の 財 産 から その 債 務 を 完 済 した 後 における 残 余 の 財 産 をいう )は 払 込 済 出 資 額 に 応 じて 組 合 員 に 配 分 する ただし 残 余 財 産 の 処 分 につき 総 代 会 において 別 段 の 議 決 をしたときは その 議 決 によるものとする 第 8 章 雑 則 ( 公 告 の 方 法 ) 第 87 条 この 組 合 の 公 告 は この 組 合 の 事 務 所 の 店 頭 に 掲 示 する 方 法 により 行 う 2 法 令 により 官 報 に 掲 載 する 方 法 により 公 告 しなければならないとされている 事 項 に 係 る 公 告 に ついては 官 報 に 掲 載 するほか 前 項 に 規 定 する 方 法 により 行 うものとする ( 組 合 の 組 合 員 に 対 する 通 知 及 び 催 告 ) 第 88 条 この 組 合 が 組 合 員 に 対 してする 通 知 及 び 催 告 は 組 合 員 名 簿 に 記 載 し 又 は 記 録 した その 者 の 住 所 に その 者 が 別 に 通 知 又 は 催 告 を 受 ける 場 所 又 は 連 絡 先 をこの 組 合 に 通 知 した ときは その 場 所 又 は 連 絡 先 にあてて 行 う 2 この 組 合 は 前 項 の 規 定 により 通 知 及 び 催 告 を 行 った 場 合 において 通 常 組 合 員 に 到 達 すべ きときに 組 合 員 に 到 達 したものとみなす ( 実 施 規 則 ) 第 89 条 この 定 款 及 び 規 約 に 定 めるもののほか この 組 合 の 財 産 及 び 業 務 の 執 行 のための 手 続 その 他 この 組 合 の 財 産 及 び 業 務 の 執 行 について 必 要 な 事 項 は 規 則 で 定 める 附 則 ( 施 行 期 日 ) 1 この 定 款 は 2001 年 6 月 2 日 から 実 施 する 2004 年 6 月 5 日 一 部 改 定 18

19 2008 年 5 月 31 日 一 部 改 定 2009 年 3 月 5 日 一 部 改 定 2012 年 7 月 20 日 一 部 改 訂 2 この 定 款 変 更 は 2008 年 4 月 1 日 施 行 の 改 正 消 費 生 活 協 同 組 合 法 附 則 の 定 めのある 場 合 を 除 き 定 款 改 定 の 認 可 日 より 実 施 する 19

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの 東 京 工 業 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 18 条 ~ 第 42 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 43 条 ~ 第 66 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 67 条 ~ 第

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2 全 国 天 然 木 化 粧 合 単 板 工 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 昭 和 47 年 4 月 10 日 設 立 認 可 昭 和 47 年 4 月 21 日 成 立 昭 和 49 年 10 月 3 日 定 款 変 更 昭 和 51 年 6 月 17 日 定 款 変 更 昭 和 53 年 6 月 19 日 定 款 変 更 昭 和 57 年 7 月 1 日 定 款 変 更 昭 和 62 年

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可 日 本 ブランド 農 業 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

京橋製本協同組合定款

京橋製本協同組合定款 京 橋 製 本 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第 2 条

More information

愛媛県高速運輸事業協同組合定款

愛媛県高速運輸事業協同組合定款 愛 媛 県 高 速 運 輸 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名

More information

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要 札 幌 市 管 工 事 業 協 同 組 合 定 款 昭 和 48 年 12 月 18 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を

More information

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと 千 葉 県 電 気 工 事 工 業 組 合 定 款 ( 昭 和 40 年 8 月 5 日 制 定 ) ( 昭 和 45 年 12 月 25 日 改 正 ) ( 昭 和 54 年 9 月 29 日 改 正 ) ( 昭 和 58 年 5 月 24 日 改 正 ) ( 昭 和 60 年 5 月 21 日 改 正 ) ( 平 成 4 年 5 月 28 日 改 正 ) ( 平 成 5 年 5 月 19 日 改

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

○協同組合定款

○協同組合定款 近 畿 鍛 工 品 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 )

More information

定 款

定 款 ダイヤモンド 工 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第

More information

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは 神 奈 川 県 タクシー 厚 生 共 済 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする (

More information

ができる 2 本 組 合 は 加 入 の 申 込 みがあったときは 理 事 会 においてその 諾 否 を 決 する ( 加 入 者 の 出 資 払 込 み) 第 10 条 前 条 第 2 項 の 承 諾 を 得 た 者 は 遅 滞 なく その 引 き 受 けようとする 出 資 の 全 額 の 払 込

ができる 2 本 組 合 は 加 入 の 申 込 みがあったときは 理 事 会 においてその 諾 否 を 決 する ( 加 入 者 の 出 資 払 込 み) 第 10 条 前 条 第 2 項 の 承 諾 を 得 た 者 は 遅 滞 なく その 引 き 受 けようとする 出 資 の 全 額 の 払 込 広 島 魚 商 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第 2 条

More information

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 青 森 県 青 森 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 協 会 は 県 民 の 正 しい 計 量 思 想 の 啓 発 及 び

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受 神 奈 川 県 司 法 書 士 協 同 組 合 定 款 平 成 7 年 4 月 24 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 1-1 号 認 可 平 成 10 年 6 月 18 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 57-4 号 認 可 平 成 14 年 6 月 27 日 神 奈 川 県 指 令 新 産 第 10040 号 認 可 平 成 20 年 7 月 2 日 神 奈 川 県 指 令 金 第

More information

を 経 なければならない 3 前 項 の 規 定 にかかわらず 規 約 の 変 更 のう ち 軽 微 な 事 項 及 び 関 係 法 令 の 改 正 ( 条 項 の 移 動 等 当 該 法 令 に 規 定 する 内 容 の 実 質 的 な 変 更 を 伴 わないものに 限 )に 伴 う 規 定 の

を 経 なければならない 3 前 項 の 規 定 にかかわらず 規 約 の 変 更 のう ち 軽 微 な 事 項 及 び 関 係 法 令 の 改 正 ( 条 項 の 移 動 等 当 該 法 令 に 規 定 する 内 容 の 実 質 的 な 変 更 を 伴 わないものに 限 )に 伴 う 規 定 の 定 款 中 の 変 更 しようとする 箇 所 を 記 載 した 書 面 ( 定 款 変 更 条 文 新 旧 対 照 表 ) 第 1 章 総 変 更 後 の 新 条 文 則 第 1 章 総 変 更 前 の 旧 条 文 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\225\252_\222\371\220\26308.1.10\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\225\252_\222\371\220\26308.1.10\201j.doc) 福 岡 県 運 輸 事 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 会 は 地 区 内 において 主 として 貨 物 自 動 車 運 送 業 を 営 むものの 中 小 企 業 等 組 合 法 に 依 る 協 同 組 合 の 事 業 および 経 営 の 指 導 を 為 し そ の 健 全 な 発 達 をはかるために 必 要 な 事 業 を 行 うことを

More information

Taro-一般社団定款(H25.11.26)

Taro-一般社団定款(H25.11.26) 定 款 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 1 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 第 5 条 - 第 7 条 ) 1 第 3 章 会 員 及 び 特 別 会 員 ( 第 8 条 - 第 18 条 ) 2 第 4 章 会 員

More information

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12 東 京 建 設 職 能 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 45 年 7 月 23 日 制 定 昭 和 55 年 5 月 26 日 一 部 改 正 平 成 4 年 3 月 4 日 一 部 改 正 平 成 15 年 3 月 5 日 一 部 改 正 昭 和 46 年 2 月 27 日 一 部 改 正 昭 和 56 年 2 月 26 日 一 部 改 正 平 成 5 年 3 月 4 日 一 部

More information

し 入 会 したものをもって 会 員 とし 会 員 をもって 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 一 般 法 人 法 という ) 上 の 社 員 とする ( 入 会 ) 第 7 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 必 要 な 書 類

し 入 会 したものをもって 会 員 とし 会 員 をもって 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 一 般 法 人 法 という ) 上 の 社 員 とする ( 入 会 ) 第 7 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 必 要 な 書 類 一 般 社 団 法 人 東 広 島 薬 剤 師 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 会 は 一 般 社 団 法 人 東 広 島 薬 剤 師 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 広 島 県 東 広 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 薬 剤 師 の 倫 理 の 向 上 及 び 学 術 の 振 興 を

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc) 定 款 平 成 19 年 6 月 全 国 商 工 会 連 合 会 全 国 商 工 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 連 合 会 ( 以 下 本 連 合 会 という )は 商 工 会 及 び 都 道 府 県 商 工 会 連 合 会 の 健 全 な 発 達 を 図 り もって 商 工 業 の 振 興 に 寄 与 することを 目 的 と する ( 名

More information

三 賛 助 会 員 この 法 人 の 目 的 に 賛 同 して 事 業 を 援 助 するために 次 条 の 規 定 により 入 会 した 企 業 四 名 誉 会 員 この 法 人 の 活 動 に 特 別 に 寄 与 し 理 事 会 で 承 認 された 個 人 2 この 法 人 の 一 般 社 団 法

三 賛 助 会 員 この 法 人 の 目 的 に 賛 同 して 事 業 を 援 助 するために 次 条 の 規 定 により 入 会 した 企 業 四 名 誉 会 員 この 法 人 の 活 動 に 特 別 に 寄 与 し 理 事 会 で 承 認 された 個 人 2 この 法 人 の 一 般 社 団 法 一 般 社 団 法 人 大 学 英 語 教 育 学 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 大 学 英 語 教 育 学 会 ( 英 語 名 :The Japan Association of College English Teachers 略 称 JACET )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事

More information

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 技 術 研 究 組 合 は 制 御 システムのセキュリティ 確 保 に 資 する 研 究 開 発 を 遂 行 する ( 名 称 ) 第 2 条 本 組 合 は 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター( 英 文 名 Control System Security

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

定款

定款 定 款 豊 田 商 工 会 議 所 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号) 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 静 岡 県 静 岡 市 清 水 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 必 要

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

定 款

定 款 定 款 東 京 地 方 税 理 士 会 データ 通 信 協 同 組 合 定 款 東 京 地 方 税 理 士 会 データ 通 信 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は, 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき, 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い, もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092E88ABCA58B4B96F1816988F38DFC9770816A2E646F63> 定 款 規 約 日 本 機 械 輸 出 組 合 沿 革 昭 和 27 年 12 月 26 日 成 立 昭 和 28 年 4 月 27 日 一 部 変 更 昭 和 28 年 9 月 5 日 一 部 変 更 昭 和 29 年 5 月 21 日 全 文 変 更 昭 和 29 年 9 月 16 日 一 部 変 更 昭 和 30 年 8 月 11 日 一 部 変 更 昭 和 31 年 1 月 19 日 一 部

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 定 款 ( 名 称 ) 第 1 条 第 1 章 総 則 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 ( 略 称 NFD)と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 によって 従 たる

More information

Microsoft Word - 7._1_定款.doc

Microsoft Word - 7._1_定款.doc 一 般 財 団 法 人 むなかた 地 域 農 業 活 性 化 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 当 法 人 は 一 般 財 団 法 人 むなかた 地 域 農 業 活 性 化 機 構 と 称 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 当 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 福 岡 県 宗 像 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 当 法 人 は 宗 像 市

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

<8265827892E88ABC826782518250824F825582508250944689C22E786C73>

<8265827892E88ABC826782518250824F825582508250944689C22E786C73> 日 本 フラットヤーン 工 業 組 合 定 款 平 成 21 年 6 月 11 日 認 可 日 本 フラットヤーン 工 業 組 合 103-0024 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 舟 町 15 番 17 号 日 本 橋 協 栄 ビル6 階 TEL FAX 03-3661-3834 03-3661-3849 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は フラットヤーン(ポリプロピレン

More information

奈良商工会議所定款

奈良商工会議所定款 奈 良 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もって 我 が 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名

More information

H280801規約改正HP掲載用原本H280801一部修正版静岡市地区拡大他

H280801規約改正HP掲載用原本H280801一部修正版静岡市地区拡大他 東 京 都 弁 護 士 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 平 成 28 年 8 月 1 日 現 在 第 一 章 総 則 ( 名 称 及 び 目 的 ) 第 一 条 この 組 合 は 東 京 都 弁 護 士 国 民 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )と 称 し 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 三 十 三 年 法 律 第 百 九 十 二 号 以 下 法 という )に 基

More information

第 2 章 会 員 ( 会 員 の 種 類 ) 第 6 条 本 会 議 所 の 会 員 は 次 の 2 種 とし 正 会 員 をもって 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 一 般 社 団 及 び 財 団 法 人 法 という ) 上 の 社 員 と

第 2 章 会 員 ( 会 員 の 種 類 ) 第 6 条 本 会 議 所 の 会 員 は 次 の 2 種 とし 正 会 員 をもって 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 一 般 社 団 及 び 財 団 法 人 法 という ) 上 の 社 員 と 一 般 社 団 法 人 出 雲 青 年 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 こ の 法 人 は 一 般 社 団 法 人 出 雲 青 年 会 議 所 (Izumo Junior Chamber Inc. 以 下 本 会 議 所 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 議 所 は 主 たる 事 務 所 を 島 根 県 出 雲 市 に 置 く ( 目

More information

加茂商工会議所・定款(H12.5改正)

加茂商工会議所・定款(H12.5改正) 加 茂 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

社会福祉法人みなと工房定款

社会福祉法人みなと工房定款 社 会 福 祉 法 人 港 福 会 定 款 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービス がその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することに より 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 しつつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会

More information

8月9月幹事会検討内容

8月9月幹事会検討内容 一 般 社 団 法 人 電 気 管 理 技 術 者 協 同 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 法 人 は 一 般 社 団 法 人 電 気 管 理 技 術 者 協 同 機 構 ( 略 称 社 団 法 人 電 管 協 )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 法 人 は 事 務 所 を 東 京 都 千 代 田 区 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 法

More information

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 ( 以 下 本 会 とう ) と 称 ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 宮 崎 県 宮 崎 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

財団法人山梨社会保険協会寄付行為

財団法人山梨社会保険協会寄付行為 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 山 梨 県 甲 府 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 山 梨

More information

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 (

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 ( 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 定 款 第 1 章 総 則 認 可 平 成 25 年 12 月 24 日 施 行 平 成 26 年 1 月 6 日 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 ( 以 下 協 会 という ) と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

2. 第 1 項 の 会 員 は 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 上 の 社 員 とする ( 入 会 ) 第 6 条 この 法 人 に 入 会 しようとする 者 は 加 入 金 を 支 払 い 理 事 会 の 定 めるところに より 書 面 をもってその

2. 第 1 項 の 会 員 は 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 上 の 社 員 とする ( 入 会 ) 第 6 条 この 法 人 に 入 会 しようとする 者 は 加 入 金 を 支 払 い 理 事 会 の 定 めるところに より 書 面 をもってその 公 益 社 団 法 人 和 歌 山 県 トラック 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 和 歌 山 県 トラック 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 和 歌 山 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 貨 物 自

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

Microsoft Word - 00定款.doc

Microsoft Word - 00定款.doc 定 款 公 益 財 団 法 人 内 視 鏡 医 学 研 究 振 興 財 団 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 内 視 鏡 医 学 研 究 振 興 財 団 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 渋 谷 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 により 従 たる

More information

○○○○技術研究組合定款

○○○○技術研究組合定款 ミニマルファブ 技 術 研 究 組 合 定 款 MFAD2-3-1-Rev120426-1300 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 協 同 によるミニマルファブ(ハーフインチウェハを 製 造 単 位 とする 局 所 クリ ーン 化 超 小 規 模 半 導 体 生 産 システム)に 関 する 試 験 研 究 その 他 組 合 員 の 技 術 水 準 の 向

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

定 款

定 款 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この

More information

賛 助 会 員 名 称

賛 助 会 員 名 称 東 京 都 社 会 保 険 労 務 士 会 会 昭 和 53 年 11 月 2 日 昭 和 53 年 11 月 30 日 認 可 昭 和 54 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 54 年 6 月 26 日 認 可 昭 和 55 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 55 年 6 月 10 日 認 可 昭 和 57 年 3 月 5 日 改 正 昭 和 57 年 3 月 31 日 認 可 昭 和 57

More information

特定非営利活動法人 定款例

特定非営利活動法人 定款例 特 定 非 営 利 活 動 法 人 3keys 定 款 平 成 26 年 3 月 13 日 変 更 平 成 25 年 5 月 15 日 変 更 平 成 23 年 6 月 29 日 変 更 平 成 22 年 12 月 12 日 作 成 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 3keys という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人

More information

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc) 永 平 寺 町 商 工 会 運 営 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 永 平 寺 町 商 工 会 定 款 第 7 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 永 平 寺 町 商 工 会 ( 以 下 本 商 工 会 という )の 円 滑 な 運 営 及 び 業 務 の 執 行 に 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とす る 第 2 章 会 員 ( 加

More information

一般財団法人 日本環境教育機構 定款

一般財団法人 日本環境教育機構 定款 一 般 財 団 法 人 白 神 山 地 財 団 定 款 ( 名 称 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 白 神 山 地 財 団 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 青 森 県 弘 前 市 大 字 百 石 町 38 番 地 1 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 必 要 の

More information

Microsoft Word - 定款一般財団法人青梅マラソン財団最終

Microsoft Word - 定款一般財団法人青梅マラソン財団最終 一 般 財 団 法 人 青 梅 マラソン 財 団 定 款 平 成 23 年 3 月 18 日 作 成 一 般 財 団 法 人 青 梅 マラソン 財 団 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 当 法 人 は 一 般 財 団 法 人 青 梅 マラソン 財 団 ( 英 文 名 ;Ohme Marathon Foundation)と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 当 法 人 は

More information

(2/10) 第 2 章 会 員 ( 種 別 ) 第 7 条 本 会 の 会 員 は 次 の2 種 類 とする 一 正 会 員 1 本 会 の 目 的 に 賛 同 し 入 会 した 以 下 の 漕 艇 グループの 代 表 者 イ 東 京 都 内 に 所 在 する 大 学 専 門 学 校 高 等 学

(2/10) 第 2 章 会 員 ( 種 別 ) 第 7 条 本 会 の 会 員 は 次 の2 種 類 とする 一 正 会 員 1 本 会 の 目 的 に 賛 同 し 入 会 した 以 下 の 漕 艇 グループの 代 表 者 イ 東 京 都 内 に 所 在 する 大 学 専 門 学 校 高 等 学 (1/10) 平 成 6 年 2 月 2 6 日 制 定 平 成 27 年 2 月 25 日 一 部 改 正 一 般 社 団 法 人 東 京 都 ボート 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 東 京 都 ボート 協 会 と 称 し( 以 下 本 会 という ) 英 文 では Tokyo Amateur Rowing Association(

More information

公益財団法人プラン・ジャパン定款

公益財団法人プラン・ジャパン定款 定 款 公 益 財 団 法 人 プラン インターナショナル ジャパン 公 益 財 団 法 人 プラン インターナショナル ジャパン 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 プラン インターナショナル ジャパン( 以 下 本 財 団 という ) と 称 し その 英 文 名 を Plan International Japan と 称 する (

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要

目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 表 彰 規 程 表 彰 要 項 事 業 実 施 に 関 する 細 則 研 修 要 一 般 社 団 法 人 東 京 都 スポーツ 推 進 委 員 協 議 会 定 款 規 程 集 平 成 28 年 4 月 目 次 1. 定 款 1 2. 定 款 施 行 規 則 8 3. 個 人 情 報 保 護 遵 守 基 本 規 程 10 4. 事 務 局 組 織 運 営 体 制 規 程 12 5. 表 彰 規 程 13 6. 表 彰 要 項 14 7. 事 業 実 施 に 関 する 細 則 15

More information

第 6 条 この 法 人 の 会 員 は 次 の2 種 とし 正 会 員 を 持 って 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 ( 以 下 法 と 言 う) 上 の 社 員 とする (1) 正 会 員 この 法 人 の 目 的 に 賛 同 し 入 会 した 個 人 及 び 団 体 (2) 賛 助 会

第 6 条 この 法 人 の 会 員 は 次 の2 種 とし 正 会 員 を 持 って 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 ( 以 下 法 と 言 う) 上 の 社 員 とする (1) 正 会 員 この 法 人 の 目 的 に 賛 同 し 入 会 した 個 人 及 び 団 体 (2) 賛 助 会 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 セラピュ-ティック ティック ケア 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 セラピュ-ティック ケア 協 会 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 福 岡 県 太 宰 府 市 五 条 2 丁 目 6 番 1 号 におく 第 2

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63> 平 成 21 年 4 月 1 日 借 主 は 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 間 で 新 車 ローン ネット de カー のローン 契 約 ( 以 下 ローン 契 約 といいます )を 行 う 場 合 には 銀 行 と 別 途 締 結 する ローン 契 約 書 ( 兼 保 証 委 託 契 約 書 ) ( 以 下 ローン 契 約 書

More information

社会福祉法人 吉寿会定款

社会福祉法人 吉寿会定款 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービスがその 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 することにより 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 し つつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会 において 営 むことができるよう 支 援 することを

More information

目 次 会 員 規 程 2 会 費 規 程 4 選 挙 管 理 規 程 5 代 議 員 選 出 規 程 6 役 員 候 補 者 選 出 規 程 8 社 員 総 会 運 営 規 程 10 基 金 取 扱 規 程 14 理 事 会 運 営 規 則 19 理 事 の 職 務 権 限 規 程 23 役 員

目 次 会 員 規 程 2 会 費 規 程 4 選 挙 管 理 規 程 5 代 議 員 選 出 規 程 6 役 員 候 補 者 選 出 規 程 8 社 員 総 会 運 営 規 程 10 基 金 取 扱 規 程 14 理 事 会 運 営 規 則 19 理 事 の 職 務 権 限 規 程 23 役 員 公 益 社 団 法 人 日 本 臨 床 工 学 技 士 会 規 程 規 則 平 成 25 年 5 月 目 次 会 員 規 程 2 会 費 規 程 4 選 挙 管 理 規 程 5 代 議 員 選 出 規 程 6 役 員 候 補 者 選 出 規 程 8 社 員 総 会 運 営 規 程 10 基 金 取 扱 規 程 14 理 事 会 運 営 規 則 19 理 事 の 職 務 権 限 規 程 23 役 員

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

三重県美容業生活衛生同業組合定款

三重県美容業生活衛生同業組合定款 定 款 規 約 2016.5.16 三 重 県 美 容 業 生 活 衛 生 同 業 組 合 >>>>> 目 次

More information

Microsoft Word - 02.定款(最終①)

Microsoft Word - 02.定款(最終①) 公 益 財 団 法 人 日 本 スケート 連 盟 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 日 本 スケート 連 盟 といい 外 国 に 対 しては JAPAN SKATING FEDERATION( 略 称 JSF)という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 渋 谷 区 に 置 く 第 2

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

飯塚毅育英会第2号

飯塚毅育英会第2号 公 益 財 団 法 人 飯 塚 毅 育 英 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 飯 塚 毅 育 英 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 栃 木 県 宇 都 宮 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 学 業 が 優 れ

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

<92E88ABC2E786477>

<92E88ABC2E786477> 定 款 公 益 財 団 法 人 橋 谷 奨 学 会 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 橋 谷 奨 学 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 江 戸 川 区 に 置 く 2.この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 により 従 たる 事 務 所 を 必 要 な 地 に 置 くことができる

More information

財団法人○○会における最初の評議員の選任方法(案)

財団法人○○会における最初の評議員の選任方法(案) 一 般 財 団 法 人 生 産 科 学 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 生 産 科 学 研 究 奨 励 会 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 事 務 所 を 福 岡 市 東 区 松 香 台 1 丁 目 10 番 1 号 におく 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF689768ED092639640906C8FE395FB978E8CEA8BA689EF814592E88ABC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF689768ED092639640906C8FE395FB978E8CEA8BA689EF814592E88ABC2E646F63> 公 益 社 団 法 人 上 方 落 語 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 上 方 落 語 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 府 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 上 方 落 語 を 中

More information

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号 東 京 手 形 交 換 所 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 参 加 銀 行 第 1 節 参 加 および 脱 退 ( 第 5 条 第 15 条 ) 第 2 節 加 入 金 および 経 費 分 担 金 ( 第 16 条 第 19 条 ) 第 3 節 保 証 金 ( 第 20 条 第 21 条 ) 第 3 章 手 形 交 換 第 1 節 総 則 ( 第 22

More information

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案)

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案) 山 口 県 PTA 連 合 会 の 運 営 に 関 する 細 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 細 則 は 山 口 県 PTA 連 合 会 規 約 ( 以 下 規 約 という ) 第 37 条 により 山 口 県 PTA 連 合 会 ( 以 下 本 会 という )の 運 営 に 関 する 細 則 を 定 めるものとする 第 2 章 役 員 選 考 ( 総 則 ) 第 2 条

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 2 8 年 5 月 31 日 現 在 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 4 年 9 月 21 日 厚 生 省 収 年 第 6 3 4 0 号 認 可 変 更 平 成 5 年 3 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 5 年 5 月 17 日 ( 認 可 )

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

第1章 総則

第1章 総則 ( 目 的 ) 第 1 条 一 般 社 団 法 人 日 本 卸 電 力 取 引 所 取 引 会 員 規 程 本 規 程 は, 一 般 社 団 法 人 日 本 卸 電 力 取 引 所 の 運 営 する 日 本 卸 電 力 取 引 所 ( 以 下 本 取 引 所 という ) の 取 引 会 員 に 関 する 手 続 きを 定 めることを 目 的 とする 2. 本 規 程 の 変 更 は, 理 事 会 の

More information

社会福祉法人 慶寿会 定款

社会福祉法人 慶寿会 定款 社 会 福 祉 法 人 慶 寿 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 社 会 福 祉 法 人 ( 以 下 法 人 という )は 多 様 な 福 祉 サービスが その 利 用 者 の 意 向 を 尊 重 して 総 合 的 に 提 供 されるよう 創 意 工 夫 するこ とにより 利 用 者 が 個 人 の 尊 厳 を 保 持 しつつ 自 立 した 生 活 を 地 域 社 会

More information

公益財団法人日本体育施設協会定款の変更の案

公益財団法人日本体育施設協会定款の変更の案 公 益 財 団 法 人 日 本 体 育 施 設 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 日 本 体 育 施 設 協 会 と 称 する 2 この 法 人 の 英 語 名 表 記 を JAPAN SPORTS FACILITIES A SSOCIATION(JSFA)とする ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事

More information