Microsoft Word - 温対編_1章_130531

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 温対編_1章_130531"

Transcription

1 第 1 地 球 温 暖 化 問 題 と 我 が 国 の 現 状 地 球 温 暖 化 は 人 間 活 動 によって 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 など 温 室 効 果 ガスの 濃 度 が 増 加 し これに 伴 って 太 陽 からの 日 射 や 地 表 面 から 放 射 する 熱 の 一 部 がバランスを 超 えて 温 室 効 果 ガ スに 吸 収 されることにより 地 表 面 の 温 度 が 上 昇 する 現 象 です 気 温 の 上 昇 に 伴 う 地 球 環 境 影 響 としては 1 海 面 水 位 の 上 昇 に 伴 う 陸 域 の 減 少 2 豪 雨 や 干 ばつ 等 の 異 常 現 象 の 増 加 3 生 態 系 への 影 響 や 砂 漠 化 の 進 行 4 農 業 生 産 や 水 資 源 への 影 響 5マラリアといった 熱 帯 性 感 染 症 の 発 生 地 域 の 拡 大 等 が 挙 げられており 私 たちの 生 活 へ 甚 大 な 被 害 が 及 ぶ 可 能 性 が 指 摘 されています 人 為 的 に 発 生 する 温 室 効 果 ガスとしては 燃 料 の 燃 焼 に 伴 う 二 酸 化 炭 素 の 関 与 が 最 も 多 くを 占 めていますが それ 以 外 にもさまざまな 発 生 源 から 排 出 されています 表 1.1 温 室 効 果 ガスの 種 類 と 発 生 源 ガス 種 類 二 酸 化 炭 素 (CO 2 ) メ タ ン(CH 4 ) 一 酸 化 二 窒 素 (N 2 O) 人 為 的 な 発 生 源 エネルギー 起 源 二 酸 化 炭 素 産 業 家 庭 運 輸 部 門 等 における 燃 料 の 燃 焼 に 伴 うものが 全 温 室 効 果 ガスの9 割 程 度 を 占 め 温 暖 化 への 影 響 が 大 きい 非 エネルギー 起 源 二 酸 化 炭 素 セメント 製 造 生 石 灰 製 造 等 の 工 業 プロセスから 主 に 発 生 する 稲 作 家 畜 の 腸 内 発 酵 等 の 農 業 部 門 から 出 るものが 半 分 以 上 を 占 め 廃 棄 物 の 埋 立 てからも2~3 割 を 占 める 燃 料 の 燃 焼 に 伴 うものや 農 業 部 門 からの 排 出 がそれぞれ3 割 ~4 割 を 占 める 代 替 フロン 等 3ガス ハイドロフルオロ エアゾール 製 品 の 噴 射 剤 カーエアコンや 冷 蔵 庫 の 冷 媒 断 熱 発 泡 剤 カーボン(HFC) 等 に 使 用 される パーフルオロ 半 導 体 等 製 造 用 や 電 子 部 品 等 の 不 活 性 液 体 等 として 使 用 される カーボン(PFC) 六 フッ 化 硫 黄 変 電 設 備 に 封 入 される 電 気 絶 縁 ガスや 半 導 体 等 製 造 用 等 として 使 用 (SF 6 ) される 1

2 < 日 本 の 温 室 効 果 ガス 総 排 出 量 > < 部 門 別 二 酸 化 炭 素 排 出 量 ( 間 接 排 出 量 )> メタン(CH4) 1.6% エネルギー 転 換 部 門 ( 発 電 所 等 )6.8% 工 業 プロセス 3.4% 廃 棄 物 等 2.3% 一 酸 化 二 窒 素 (N2O)1.8% 代 替 フロン 等 3ガス 1.9% 平 成 22 年 度 億 t-co2 二 酸 化 炭 素 (CO2)94.8% 家 庭 部 門 14.4% 運 輸 部 門 ( 自 動 車 船 舶 等 ) 18.2% 産 業 部 門 35.4% 業 務 その 他 部 門 ( 商 業 事 業 所 等 )19.5% 図 1.1 我 が 国 の 2010( 平 成 22) 年 度 温 室 効 果 ガス 排 出 量 出 典 ) 温 室 効 果 ガスインベントリオフィス 日 本 の 2010 年 度 の 温 室 効 果 ガス 排 出 量 データ ( 発 表 ) 国 内 の 温 室 効 果 ガスの 総 排 出 量 ( 各 温 室 効 果 ガスの 排 出 量 に 地 球 温 暖 化 係 数 (GWP) を 乗 じ 合 算 したもの)は 図 のとおり 2010( 平 成 22) 年 度 で 二 酸 化 炭 素 換 算 12 億 5,800 万 t-co 2 となっています 代 表 的 な 温 室 効 果 ガスである 二 酸 化 炭 素 の 排 出 量 についてみると 下 図 の とおり 2010 年 度 では 11 億 9,200 万 t-co 2 であり 一 人 当 たり 排 出 量 は 9.31t-CO 2 となって います 温 室 効 果 ガス 排 出 量 は 2007( 平 成 19) 年 度 以 降 減 少 傾 向 にありましたが 2008 年 に 発 生 したリーマンショック 後 の 景 気 後 退 からの 回 復 の 中 で 製 造 業 等 の 活 動 量 の 増 加 猛 暑 厳 冬 による 電 力 消 費 の 増 加 等 により 排 出 量 が 増 加 しています 平 成 23 年 度 以 降 は 東 日 本 大 震 災 の 影 響 等 により 火 力 発 電 が 増 加 し 化 石 燃 料 消 費 量 が 増 加 すること 等 により 排 出 量 も 増 加 す るものとみられています 地 球 温 暖 化 係 数 (GWP:Global Warming Potential) 温 室 効 果 ガスの 温 室 効 果 をもたらす 程 度 を 二 酸 化 炭 素 の 当 該 程 度 に 対 する 比 で 示 した 係 数 数 値 は 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル(IPCC) 第 2 次 評 価 報 告 書 ( 平 成 7 年 )による 1,600 二 酸 化 炭 素 排 出 量 ( 百 万 t-co2) 一 人 当 たり 排 出 量 (t-co2/ 人 ) 12 二 酸 化 炭 素 総 排 出 量 ( 百 万 t - CO2) 1,400 1,200 1, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , 一 人 当 たり 排 出 量 (t - CO2/ 人 ) 平 成 2 年 度 平 成 3 年 度 平 成 4 年 度 平 成 5 年 度 平 成 6 年 度 平 成 7 年 度 平 成 8 年 度 平 成 9 年 度 平 成 10 年 度 平 成 11 年 度 平 成 12 年 度 平 成 13 年 度 平 成 14 年 度 平 成 15 年 度 平 成 16 年 度 平 成 17 年 度 平 成 18 年 度 平 成 19 年 度 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 平 成 22 年 度 ( 年 度 ) 図 1.2 二 酸 化 炭 素 排 出 量 の 推 移 出 典 ) 温 室 効 果 ガスインベントリオフィス 日 本 の 1990~2010 年 度 の 温 室 効 果 ガス 排 出 量 データ ( 発 表 )をもとに 作 成 2

3 第 2 地 球 温 暖 化 対 策 に 関 する 国 際 的 な 動 き 地 球 温 暖 化 防 止 に 関 する 国 際 的 な 対 策 として 1992 年 に 国 連 気 候 変 動 枠 組 条 約 が 採 択 され 同 年 の 国 連 環 境 開 発 会 議 ( 地 球 サミット)では 世 界 中 の 多 くの 国 が 署 名 を 行 い 1994 年 に は 条 約 が 発 効 しました また これを 受 けて 締 約 国 会 議 が 第 1 回 目 のドイツのベルリン(COP1) から 始 まり 温 室 効 果 ガスの 排 出 および 吸 収 に 関 し 特 定 された 期 限 の 中 で 排 出 抑 制 や 削 減 のための 数 量 化 された 拘 束 力 のある 目 標 を 定 めることが 決 められました 1997 年 には 地 球 温 暖 化 防 止 京 都 会 議 (COP3)が 開 催 され 京 都 議 定 書 が 採 択 されました この 中 で 我 が 国 については 温 室 効 果 ガスの 総 排 出 量 を 2008 年 から 2012 年 の 第 1 約 束 期 間 に 1990 年 レベルから6% 削 減 するとの 目 標 が 定 められました 図 1.3 京 都 議 定 書 の 概 要 環 境 省 資 料 をもとに 作 成 2007 年 の 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル( 国 際 的 な 専 門 家 でつくる 地 球 温 暖 化 についての 科 学 的 な 研 究 の 収 集 整 理 のための 政 府 間 機 構 略 称 IPCC) 第 4 次 報 告 書 によれば 気 候 が 温 暖 化 していることは 疑 う 余 地 がなく 最 近 50 年 は 過 去 100 年 の2 倍 に 温 度 上 昇 が 加 速 し ている とされています また CO 2 の 発 生 を 現 状 に 留 めた 場 合 でも 今 後 20 年 間 は 10 年 で 0.2 の 割 合 で 気 温 の 上 昇 が 見 込 まれる とされています このため 我 が 国 では 2007 年 に 世 界 全 体 の 排 出 量 の 半 減 を 2050 年 までに 実 現 することを 全 世 界 の 共 通 目 標 とすることを 提 案 する 美 しい 星 50(Cool Earth 50) を 発 表 し 2008 年 ダボス 会 議 では 世 界 の 排 出 量 を 今 後 10~20 年 の 間 にピークアウトし 2050 年 には 少 なく とも 半 減 するという クールアース 推 進 構 想 を 表 明 しました 同 年 7 月 の G8 洞 爺 湖 サミ ットにおいても 2050 年 までに 世 界 全 体 の 排 出 量 を 少 なくとも 50% 削 減 する との 目 標 を 気 候 変 動 枠 組 条 約 の 締 約 国 間 で 共 有 し 採 択 を 求 めることで 合 意 しました 3

4 また 我 が 国 の 中 期 目 標 (2020 年 の 温 室 効 果 ガス 排 出 量 についての 削 減 目 標 )については 2009 年 に 鳩 山 総 理 大 臣 から 2020 年 までに 1990 年 比 で 25% 削 減 することが 表 明 されてお り 2010 年 からは 温 暖 化 防 止 のための 国 民 的 運 動 チャレンジ 25 キャンペーン が 展 開 さ れてきました しかし 2011 年 3 月 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 によって 我 が 国 のエネルギー 政 策 は 大 きな 変 革 が 求 められることになりました 2011 年 11 月 の 国 連 気 候 変 動 枠 組 条 約 第 17 回 締 約 国 会 議 (COP17)では 東 日 本 大 震 災 という 国 難 を 乗 り 越 えるべく 最 大 限 努 力 していること 気 候 変 動 問 題 に 積 極 的 に 取 り 組 むという 姿 勢 は 今 後 も 変 わらないことや エネルギーミックス 戦 略 計 画 に 向 けた 検 討 と 温 暖 化 対 策 検 討 を 表 裏 一 体 で 進 めていることを 表 明 しています 一 方 京 都 議 定 書 については 第 二 約 束 期 間 の 設 定 に 向 けた 合 意 が 採 択 されましたが 我 が 国 は 将 来 の 包 括 的 な 枠 組 みの 構 築 に 資 さないことから 第 二 約 束 期 間 には 参 加 しないことを 明 らかにしています 2013 年 以 降 我 が 国 は 自 らを 律 し 地 球 温 暖 化 対 策 の 国 内 対 策 を 引 き 続 き 積 極 的 に 推 進 し ていくこととなります 第 3 地 球 温 暖 化 防 止 に 関 する 国 内 動 向 我 が 国 では 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 が 1998( 平 成 10) 年 10 月 に 公 布 され 1999 年 4 月 に 施 行 されました この 法 律 では 地 球 温 暖 化 対 策 への 取 組 として 国 地 方 公 共 団 体 事 業 者 及 び 国 民 それぞれの 責 務 を 明 らかにするとともに その 後 の 改 正 を 経 て 国 地 方 公 共 団 体 の 実 行 計 画 の 策 定 事 業 者 による 算 定 報 告 公 表 制 度 など 各 主 体 の 取 組 を 促 進 するための 法 的 枠 組 を 整 備 するものとなっています さらに 2008( 平 成 20) 年 6 月 の 法 改 正 により 排 出 抑 制 等 指 針 の 策 定 や 地 方 公 共 団 体 実 行 計 画 の 拡 充 温 室 効 果 ガス 排 出 量 算 定 報 告 公 表 制 度 の 対 象 拡 大 等 が 盛 り 込 まれました 表 1.2 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 第 20 条 ( 抄 ) ( 国 及 び 地 方 公 共 団 体 の 施 策 ) 第 二 十 条 ( 略 ) 2 都 道 府 県 及 び 市 町 村 は 京 都 議 定 書 目 標 達 成 計 画 を 勘 案 し その 区 域 の 自 然 的 社 会 的 条 件 に 応 じて 温 室 効 果 ガスの 排 出 の 抑 制 等 のための 総 合 的 かつ 計 画 的 な 施 策 を 策 定 し 及 び 実 施 するように 努 め るものとする ( 地 方 公 共 団 体 実 行 計 画 等 ) 第 二 十 条 の 三 都 道 府 県 及 び 市 町 村 は 京 都 議 定 書 目 標 達 成 計 画 に 即 して 当 該 都 道 府 県 及 び 市 町 村 の 事 務 及 び 事 業 に 関 し 温 室 効 果 ガスの 排 出 の 量 の 削 減 並 びに 吸 収 作 用 の 保 全 及 び 強 化 のための 措 置 に 関 する 計 画 ( 以 下 地 方 公 共 団 体 実 行 計 画 という )を 策 定 するものとする 2 地 方 公 共 団 体 実 行 計 画 は 次 に 掲 げる 事 項 について 定 めるものとする 一 計 画 期 間 二 地 方 公 共 団 体 実 行 計 画 の 目 標 三 実 施 しようとする 措 置 の 内 容 四 その 他 地 方 公 共 団 体 実 行 計 画 の 実 施 に 関 し 必 要 な 事 項 4

5 また 地 球 温 暖 化 対 策 に 関 する 具 体 的 な 取 組 については 京 都 議 定 書 の 発 効 を 受 けて 2005 年 4 月 に 京 都 議 定 書 目 標 達 成 計 画 が 定 められ 京 都 議 定 書 で 定 められた 基 準 年 比 6% 削 減 の 目 標 達 成 に 向 けた 基 本 的 な 方 針 が 示 されるとともに 温 室 効 果 ガスの 排 出 削 減 吸 収 等 に 関 する 具 体 的 な 対 策 施 策 が 示 され 特 に 地 方 公 共 団 体 に 期 待 される 事 項 も 示 されました さらに 2008 年 3 月 の 改 定 において 集 約 型 低 炭 素 型 都 市 構 造 の 実 現 等 の 追 加 対 策 が 盛 り 込 まれ 地 方 公 共 団 体 の 役 割 がより 重 要 となりました 表 1.3 京 都 議 定 書 目 標 達 成 計 画 ( 抄 ) 第 1 章 : 地 球 温 暖 化 対 策 の 基 本 的 方 向 第 1 節 我 が 国 の 地 球 温 暖 化 対 策 の 目 指 すべき 方 向 1. 京 都 議 定 書 の 6% 削 減 約 束 の 確 実 な 達 成 我 が 国 は 温 室 効 果 ガスの 総 排 出 量 を 2008 年 から 2012 年 の 第 1 約 束 期 間 に 基 準 年 から 6% 削 減 することを 内 容 とする 京 都 議 定 書 の 約 束 達 成 のため 必 要 な 取 組 を 推 進 する 京 都 議 定 書 の 約 束 期 間 において 対 策 が 遅 れれば 遅 れるほど 6% 削 減 約 束 の 達 成 のために 短 期 間 で 大 幅 な 削 減 を 達 成 するための 措 置 を 講 じなければならなくなることから 現 段 階 で 導 入 可 能 な 対 策 施 策 を 直 ちに 実 施 することにより 確 実 な 削 減 を 図 る 2. 地 球 規 模 での 温 室 効 果 ガスの 更 なる 長 期 的 継 続 的 な 排 出 削 減 京 都 議 定 書 に 定 められた 先 進 国 の 削 減 約 束 の 達 成 は 温 室 効 果 ガスの 大 気 中 濃 度 の 安 定 化 と いう 気 候 変 動 枞 組 条 約 の 究 極 的 な 目 的 の 達 成 のための 一 里 塚 である さらに 2007 年 5 月 に 我 が 国 が 発 表 した 美 しい 星 50 においては 世 界 全 体 の 排 出 量 を 現 状 から 2050 年 までに 半 減 という 長 期 目 標 を 世 界 共 通 目 標 として 提 案 している この 目 標 の 達 成 に 積 極 的 に 貢 献 す るために まずは 京 都 議 定 書 の 6% 削 減 約 束 の 達 成 を 図 り 更 なる 長 期 的 継 続 的 かつ 大 幅 な 排 出 削 減 へと 導 く このような 観 点 から 6% 削 減 約 束 の 達 成 のための 対 策 施 策 を 美 しい 星 50 に 基 づく 2013 年 以 降 の 中 期 戦 略 2050 年 までの 長 期 戦 略 につながる 全 体 の 取 組 の 中 に 位 置 付 け 京 都 議 定 書 の 約 束 達 成 の 取 組 とこれら 中 長 期 的 取 組 との 整 合 性 を 確 保 しつつ 革 新 的 な 技 術 開 発 と 併 せ て 温 室 効 果 ガスの 排 出 削 減 が 組 み 込 まれた 低 炭 素 社 会 の 構 築 を 目 指 す また 地 球 温 暖 化 は その 原 因 と 影 響 が 地 球 規 模 にわたることから 世 界 全 体 の 排 出 削 減 に つながるよう 地 球 温 暖 化 対 策 の 国 際 的 連 携 の 確 保 を 進 める 今 後 は 京 都 議 定 書 目 標 達 成 計 画 に 規 定 された 対 策 施 策 について 各 部 門 において 各 主 体 が 全 力 で 取 り 組 むことにより 森 林 吸 収 量 の 目 標 である 1,300 万 炭 素 トン( 基 準 年 総 排 出 量 比 3.8%)の 確 保 京 都 メカニズムの 活 用 ( 同 比 1.6%)と 併 せて 京 都 議 定 書 第 一 約 束 期 間 の 削 減 約 束 を 達 成 することとしています そのほか 地 域 の 自 然 的 社 会 的 条 件 に 応 じた 地 球 温 暖 化 対 策 を 推 進 するため 地 方 公 共 団 体 実 行 計 画 の 策 定 実 施 を 支 援 することとしてい ます 2012( 平 成 24) 年 4 月 に 閣 議 決 定 された 第 4 次 環 境 基 本 計 画 では 2050 年 までに 世 界 全 体 の 温 室 効 果 ガスの 排 出 量 を 少 なくとも 半 減 するとの 目 標 をすべての 国 と 共 有 するよう 努 め る また 長 期 的 な 目 標 として 2050 年 までに 80%の 温 室 効 果 ガスの 排 出 削 減 を 目 指 す 5

6 2020 年 までに 1990 年 比 で 25%の 温 室 効 果 ガスを 排 出 削 減 するとの 中 期 目 標 を 掲 げてい る と 記 載 されています 2011( 平 成 23) 年 6 月 には 革 新 的 エネルギー 環 境 戦 略 を 政 府 一 丸 となって 策 定 するた め エネルギー 環 境 会 議 ( 以 下 同 会 議 という)が 設 置 されました 2012 年 9 月 に 同 会 議 がまとめた 革 新 的 エネルギー 環 境 戦 略 では 原 発 に 依 存 しない 社 会 の 実 現 やグ リーンエネルギー 革 命 の 実 現 エネルギー 安 定 供 給 確 保 等 を 掲 げ 2013 年 以 降 の 地 球 温 暖 化 対 策 の 計 画 を 策 定 することとしていますが 12 月 の 政 権 交 代 によって 進 捗 が 遅 れて いる 状 況 にあります 第 4 計 画 の 目 的 本 計 画 は 我 が 国 の 地 球 温 暖 化 対 策 の 方 針 と 温 室 効 果 ガス 排 出 削 減 目 標 を 踏 まえ 市 域 か ら 排 出 される 温 室 効 果 ガスの 削 減 対 策 と それに 付 随 する 環 境 対 策 を 計 画 的 に 推 進 すること を 目 的 とし 市 域 の 自 然 的 条 件 及 び 社 会 的 条 件 に 応 じた 取 組 の 実 現 を 図 るものです 当 市 における 地 球 温 暖 化 対 策 については 今 後 国 が 新 たに 定 める 2013( 平 成 25) 年 以 降 の 地 球 温 暖 化 対 策 の 計 画 を 踏 まえながら 2012( 平 成 24) 年 度 に 策 定 する 阿 賀 野 市 環 境 基 本 計 画 に 即 しつつ 本 計 画 によって 具 体 的 かつ 計 画 的 な 推 進 が 図 られることとな ります 6

7 本 計 画 は 2011 年 6 月 に 改 正 された 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 第 20 条 第 2 項 に 基 づき 策 定 されるものです 本 計 画 の 推 進 は 市 民 事 業 者 行 政 が 主 体 となり 公 共 政 策 各 主 体 の 自 主 的 な 取 組 主 体 間 の 協 働 により 市 域 全 体 で 推 進 されるものです 温 室 効 果 ガスの 排 出 は あらゆる 分 野 の 活 動 から 生 じているため 横 断 的 な 取 組 が 必 要 と なります そのため 市 のまちづくりの 方 向 性 を 定 めた 阿 賀 野 市 総 合 計 画 や 環 境 行 政 の 方 向 性 を 定 めた 阿 賀 野 市 環 境 基 本 計 画 の 部 門 計 画 に 位 置 付 けられるとともに 他 の 分 野 の 各 種 計 画 との 連 携 を 図 ることとします 図 1.4 計 画 の 位 置 づけ 7

8 本 計 画 の 対 象 地 域 は 市 全 域 とします また 対 象 となる 温 室 効 果 ガスは 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 第 2 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づく6 種 のうち 二 酸 化 炭 素 を 対 象 とします 温 室 効 果 ガス 二 酸 化 炭 素 (CO 2 ) 表 1.4 対 象 とする 温 室 効 果 ガスと 主 な 人 為 的 な 発 生 源 人 為 的 な 発 生 源 石 油 や 石 炭 天 然 ガス 等 の 化 石 燃 料 の 燃 焼 のほか 廃 プラスチック 等 を 燃 焼 したときに 排 出 されます 化 石 燃 料 を 燃 焼 して 作 る 電 気 の 消 費 も 二 酸 化 炭 素 を 排 出 していることになります 表 1.5 温 室 効 果 ガスの 発 生 源 の 部 門 温 室 効 果 ガス 部 門 主 な 発 生 源 産 業 部 門 農 林 水 産 業 ( 耕 地 からの 発 生 を 含 む) 建 設 業 鉱 業 製 造 業 民 生 家 庭 部 門 エネルギー 起 源 ( 以 降 は 家 庭 部 門 と 表 記 ) 家 庭 機 器 の 使 用 に 伴 うフロン 類 漏 洩 二 酸 化 炭 素 民 生 業 務 部 門 ( 以 降 は 業 務 部 門 と 表 記 ) 業 務 ( 店 舗 オフィス 等 ) 運 輸 部 門 自 動 車 ( 自 家 用 運 輸 営 業 用 ) 鉄 道 船 舶 機 器 の 使 用 に 伴 うフロン 類 漏 洩 非 エネルギー 起 源 二 酸 化 炭 素 廃 棄 物 部 門 一 般 廃 棄 物 の 焼 却 廃 棄 物 の 燃 料 利 用 終 末 処 理 場 における 処 理 し 尿 処 理 施 設 にお ける 処 理 浄 化 槽 8

9 ( 参 考 ) 把 握 対 象 について エネルギー 起 源 CO 2 排 出 量 の 現 況 推 計 は すべての 地 方 公 共 団 体 が 算 定 対 象 とすることが 推 奨 されます 原 則 としてエネルギー 起 源 CO 2 以 外 の 温 室 効 果 ガス 排 出 量 を 算 定 対 象 とする 地 方 公 共 団 体 は 都 道 府 県 政 令 市 中 核 市 特 例 市 ですが 中 核 市 特 例 市 では 代 替 フロン 等 3ガスを 必 ずしも 算 定 対 象 とする 必 要 はありません これ 以 外 の 市 区 町 村 では 行 政 が 関 与 しうる 範 囲 として 廃 棄 物 ( 特 に 一 般 廃 棄 物 )からの 排 出 を 算 定 対 象 とすることが 推 奨 されます 出 典 : 地 球 温 暖 化 対 策 地 方 公 共 団 体 実 行 計 画 区 域 施 策 編 策 定 マニュアル( 第 1 版 ) 環 境 省 H21.6 表. 把 握 対 象 の 整 理 都 道 府 県 政 令 市 中 核 市 特 例 市 その 他 の 市 区 町 村 エネルギー 起 源 CO 2 工 業 プロセス (エネルギー 起 源 CH 4 N 2 O を 含 む) 廃 棄 物 農 業 代 替 フロン 等 3ガス 9

10 本 計 画 は 基 準 年 を 2007( 平 成 19) 年 度 とし 短 期 目 標 年 を5 年 後 の 2017( 平 成 29) 年 度 とします また その 後 10 年 ごとに 目 標 年 を 設 定 し 中 期 目 標 年 を 2027( 平 成 39) 年 度 長 期 目 標 年 を 2047( 平 成 59) 年 とします なお 温 室 効 果 ガスの 排 出 量 は 人 口 や 世 帯 数 の 変 動 のほか 技 術 開 発 や 社 会 基 盤 の 整 備 状 況 等 の 様 々な 要 素 が 複 雑 に 関 連 し 合 って 変 化 するため 2017( 平 成 29) 年 度 から5 年 ごとに 計 画 を 見 直 すものとします 表 1.6 計 画 期 間 の 考 え 方 計 画 の 基 準 年 策 定 マニュアル における 計 画 期 間 の 考 え 方 1990( 平 成 2) 年 が 把 握 困 難 な 場 合 は 任 意 の 年 本 計 画 ( 案 ) 2007( 平 成 19) 年 度 短 期 目 標 年 現 在 ~2012 年 京 都 議 定 書 の 第 一 約 束 期 間 (2008~2012 年 )に 対 応 2017( 平 成 29) 年 度 本 計 画 策 定 5 年 後 計 画 期 中 期 目 標 年 2013~2030 年 頃 京 都 議 定 書 の 次 期 枠 組 みの 検 討 では 多 く の 国 が 2020 年 における 中 期 目 標 を 提 示 2027( 平 成 39) 年 度 本 計 画 策 定 15 年 後 間 長 期 目 標 年 2050 年 頃 IPCC( 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル)に よると 産 業 革 命 以 降 の 気 温 上 昇 を 2 以 内 に 抑 えるためには 2050 年 には 世 界 全 体 で 5 割 強 また 先 進 国 全 体 で 1990 年 比 80~95% 削 減 する 必 要 がある 2047( 平 成 59) 年 度 本 計 画 策 定 35 年 後 地 球 温 暖 化 対 策 地 方 公 共 団 体 実 行 計 画 ( 区 域 施 策 編 ) 策 定 マニュアル( 第 1 版 ) 環 境 省 < 参 考 > 他 市 町 村 計 画 での 設 定 例 ( 基 準 年 目 標 年 ) 自 治 体 ( 計 画 策 定 年 月 ) 国 の 方 針 ( 平 成 21 年 ) 新 潟 県 ( 平 成 21 年 3 月 ) 新 潟 市 ( 平 成 21 年 3 月 ) 燕 市 ( 平 成 22 年 3 月 ) 魚 沼 市 ( 平 成 24 年 3 月 ) 基 準 年 短 期 目 標 中 期 目 標 長 期 目 標 1990 年 2012 年 2020 年 2050 年 -6% -25% -60~-80% 1990 年 2012 年 -6% 年 2012 年 2030 年 2050 年 -11% -40% -80% (1990 年 レベル) 1990 年 2012 年 2020 年 2050 年 +0.6% -12.5% -40% 1990 年 2015 年 2020 年 2050 年 -20% -25% -60% 10

地球温暖化対策推進法に基づく

地球温暖化対策推進法に基づく 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 25(2013) 温 の 集 計 結 果 平 成 28 年 6 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 は 温 スを 相 当 程 度 多 く する

More information

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効 果 ガス 排 出 量 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 22(2010) 年 度 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の 集 計 結 果 平 成 25 年 9 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

資料1-3 特別部会にこれまで提出された主な参考資料の一覧

資料1-3 特別部会にこれまで提出された主な参考資料の一覧 2 美 しい 星 へのいざない Invitation Cool Earth to (その14) 50 EUの 動 向 欧 州 理 事 会 ( 首 脳 会 合 )での 合 意 気 温 上 昇 幅 を 工 業 化 前 から2 以 内 に 抑 制 (05 年 3 月 ) EUとして 2020 年 までに1990 年 比 で 排 出 量 を 少 なくとも20%( 国 際 合 意 次 第 で 30%) 削 減

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378> 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 2.1 事 業 の 目 的 我 が 国 のエネルギー 政 策 のグランドデザインは 慎 重 に 描 く 必 要 性 がある 一 方 で 国 内 の 電 力 需 給 は 今 後 数 年 間 厳 しい 状 況 が 継 続 する 見 通 しであり 一 日 も 早 い 新 規 電 源 の 開 発 が 求 められている

More information

世 界 平 均 地 上 気 温 の 上 昇 量 の 予 測 出 典 : 平 成 19 年 度 国 土 交 通 白 書 各 温 室 効 果 ガスの 地 球 温 暖 化 への 影 響 地 球 温 暖 化 の 原 因 となっている 温 室 効 果 ガスには 二 酸 化 炭 素 以 外 にも メタン 一 酸

世 界 平 均 地 上 気 温 の 上 昇 量 の 予 測 出 典 : 平 成 19 年 度 国 土 交 通 白 書 各 温 室 効 果 ガスの 地 球 温 暖 化 への 影 響 地 球 温 暖 化 の 原 因 となっている 温 室 効 果 ガスには 二 酸 化 炭 素 以 外 にも メタン 一 酸 Ⅱ. 運 輸 部 門 における 主 要 な 環 境 問 題 の 現 状 1 地 球 環 境 問 題 の 現 状 わたしたちの 住 む 地 球 は 地 球 温 暖 化 やオゾン 層 の 破 壊 等 深 刻 な 環 境 問 題 に 直 面 しています 次 世 代 の 人 々に 安 心 した 生 活 を 営 める 惑 星 を 受 け つぐため わたしたちの 世 代 が 早 急 な 対 策 を 講 じ ることが

More information

資  料3 総理の新提案(美しい星へのいざない「Invitation to 『Cool Earth 50』」~3つの提案、3つの原則~)

資  料3 総理の新提案(美しい星へのいざない「Invitation to 『Cool Earth 50』」~3つの提案、3つの原則~) 美 しい 星 へのいざない Invitation to Cool Earth 50 ~ 3つの 提 案 3つの 原 則 ~ 資 料 3 冒 頭 杉 田 日 本 経 済 新 聞 社 社 長 アジア 各 国 指 導 者 の 皆 様 御 来 賓 の 皆 様 本 日 各 方 面 でアジアを 代 表 する 皆 様 方 の 前 で スピーチをする 機 会 をいただい たことを 誠 にうれしく 思 います 本 日

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8190EC8CA7926E8B8589B7926789BB91CE8DF4908490698C7689E6816988F38DFC9770816A82512E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8190EC8CA7926E8B8589B7926789BB91CE8DF4908490698C7689E6816988F38DFC9770816A82512E646F6378> 資 料 1 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の 推 計 方 法 二 酸 化 炭 素 (CO 2 ) 部 門 等 推 計 方 法 電 力 都 道 府 県 別 エネルギー 消 費 統 計 ( 経 済 産 業 省 ) 販 売 実 績 ( 電 気 事 業 者 ヒアリング)により 推 計 産 業 部 門 都 市 ガス 都 道 府 県 別 エネルギー 消 費 統 計 ( 経 済 産 業 省 ) 販 売 実 績

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

全国都市再生モデル調査調書(様式1)

全国都市再生モデル調査調書(様式1) 環 境 モデル 都 市 提 案 書 ( 様 式 1) 游 学 のまち 長 崎 推 進 協 議 会 推 進 協 議 会 などにおいて 大 学 関 係 者 などが 参 画 することとしている 5 年 以 内 に 具 体 化 する 予 定 の 取 組 については その 実 施 箇 所 を 一 覧 できる 地 図 を 添 付 すること 必 要 に 応 じて 適 宜 行 や 欄 の 追 加

More information

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2 平 成 28 年 4 月 熊 本 地 震 に 係 る 熊 本 市 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 平 成 28 年 6 月 14 日 ( 第 1 版 ) 熊 本 市 1 目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第

More information

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で みずほインサイト 政 策 2015 年 12 月 18 日 COP21 がパリ 協 定 を 採 択 地 球 温 暖 化 抑 止 に 向 けた 今 後 の 課 題 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 堀 千 珠 03-3591-1304 chizu.hori@mizuho-ri.co.jp 2015 年 11 月 末 からフランスで 開 催 された 気 候 変 動 枠 組 条 約 第 21 回 締

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

3 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 及 び 推 進 体 制 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 [ 基 本 理 念 ] 人 類 が 自 然 と 調 和 し 未 来 にわたり 持 続 可 能 な 発 展 を 実 現 するため NTTグルー

3 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 及 び 推 進 体 制 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 [ 基 本 理 念 ] 人 類 が 自 然 と 調 和 し 未 来 にわたり 持 続 可 能 な 発 展 を 実 現 するため NTTグルー 地 球 温 暖 化 対 策 実 施 状 況 書 1 地 球 温 暖 化 対 策 事 業 者 の 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 事 業 者 ( 届 出 者 ) の 名 称 地 球 温 暖 化 対 策 事 業 者 ( 届 出 者 ) の 住 所 西 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 名 古 屋 支 店 名 古 屋 市 中 区 大 須 四 丁 目 9 番 60 号 工 場 等 の 名 称 NTT

More information

1. 事 業 所 の 概 要 事 業 所 名 : 有 限 会 社 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター 所 在 地 : 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929 番 地 2 代 表 者 : 取 締 役 社 長 宮 原 敏 也 環 境 管 理 責 任 者 : 総 務 部 環 境 計 量 課 伊

1. 事 業 所 の 概 要 事 業 所 名 : 有 限 会 社 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター 所 在 地 : 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929 番 地 2 代 表 者 : 取 締 役 社 長 宮 原 敏 也 環 境 管 理 責 任 者 : 総 務 部 環 境 計 量 課 伊 地 域 の 環 境 保 全 と 循 環 型 社 会 づくり に 貢 献 します!! NEDO 新 エネルギーフィールドテスト 事 業 浮 遊 外 熱 式 高 カロリーガス 化 システム 設 置 風 景 2009 年 3 月 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929の2 ( 有 ) 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター TEL 0942-83-4069 ( 代 表 ) ホームページアドレス http://www.tosukan.co.jp

More information

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書 平 成 24 年 度 国 の 予 算 編 成 に 対 する 東 京 都 の 提 案 要 求 ( 平 成 23 年 11 月 ) 提 案 要 求 先 内 閣 官 房 総 務 省 法 務 省 外 務 省 財 務 省 厚 生 労 働 省 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 環 境 省 防 衛 省 都 所 管 局 知 事 本 局 総 務 局 都 市 整 備 局 環 境 局 福 祉 保 健 局 建 設 局

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

算定報告マニュアル

算定報告マニュアル 第 Ⅳ 編 付 録 1. 業 種 別 の 算 定 事 例 ここでは 主 な 業 種 別 に 対 象 の 判 定 や 報 告 する 排 出 量 の 算 定 を 行 う 事 例 をサンプルとして 示 し ます 1.1 セメント 製 造 事 業 所 1.2 電 気 事 業 者 ( 火 力 発 電 所 ) 1.3 オフィス 等 電 気 及 び 熱 利 用 中 心 の 事 業 者 ( 小 売 業 ) 1.4

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

神 戸 市 地 球 温 暖 化 防 止 実 行 計 画 の 改 定 について ( 答 申 ) ~スマートチャレンジ!みんなで 創 る 低 炭 素 都 市 こうべ ~ 平 成 27 年 8 月 神 戸 市 環 境 保 全 審 議 会 ~ 神 戸 市 地 球 温 暖 化 防 止 実 行 計 画 の 改 定 にあたって~ 神 戸 市 地 球 温 暖 化 防 止 実 行 計 画 は 地 球 温 暖 化 対

More information

b 稼 働 後 40 年 を 経 過 した 原 発 は 順 次 廃 炉 とし 延 長 を 認 めず 新 設 も 認 めない c 重 要 な 電 源 として 今 後 もリプレイス( 建 て 替 え)や 新 設 が 必 要 d その 他 (その 他 の 場 合 は300 字 以 内 で 具 体 的 にお

b 稼 働 後 40 年 を 経 過 した 原 発 は 順 次 廃 炉 とし 延 長 を 認 めず 新 設 も 認 めない c 重 要 な 電 源 として 今 後 もリプレイス( 建 て 替 え)や 新 設 が 必 要 d その 他 (その 他 の 場 合 は300 字 以 内 で 具 体 的 にお 参 議 院 選 挙 に 向 けた 政 策 アンケート 地 球 温 暖 化 対 策 についてのアンケート 調 査 の 結 果 の 公 開 CASAは7 月 の 参 議 院 選 挙 に 向 け 各 党 に 地 球 温 暖 化 対 策 についてのアンケート 調 査 を 行 い ました アンケートは 公 明 党 おおさか 維 新 の 会 新 党 改 革 日 本 のこころを 大 切 にする 党 に 送 付 し

More information

目 次 滴 定 のHIRANUMAへようこそ P 1 1 組 織 の 概 要 P 2 2 対 象 範 囲 P 2 3 環 境 方 針 P 3 4 環 境 目 標 P 4 5 環 境 目 標 の 実 績 P 5 6 環 境 活 動 計 画 の 取 組 結 果 と その 評 価 次 年 度 の 取 組

目 次 滴 定 のHIRANUMAへようこそ P 1 1 組 織 の 概 要 P 2 2 対 象 範 囲 P 2 3 環 境 方 針 P 3 4 環 境 目 標 P 4 5 環 境 目 標 の 実 績 P 5 6 環 境 活 動 計 画 の 取 組 結 果 と その 評 価 次 年 度 の 取 組 2015 年 度 対 象 期 間 :2015 年 4 月 ~2016 年 3 月 発 行 :2016 年 5 月 7 日 目 次 滴 定 のHIRANUMAへようこそ P 1 1 組 織 の 概 要 P 2 2 対 象 範 囲 P 2 3 環 境 方 針 P 3 4 環 境 目 標 P 4 5 環 境 目 標 の 実 績 P 5 6 環 境 活 動 計 画 の 取 組 結 果 と その 評 価 次

More information

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等 伊 賀 市 浄 化 センター 第 1 処 理 場 委 託 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 伊 賀 市 ( 以 下 市 という ) 浄 化 センター 第 1 処 理 場 の 運 転 管 理 業 務 に 関 し 適 正 に 委 託 業 務 を 行 うため 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする ( 業 務 の 名 称 及 び 履 行

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817996D891BA8E518E968AAF95E28DB2817A81798376838D83578346834E835E815B97708E9197BF817A323031363033313696BC8CC389AE91E58A778264826C8CA48B8681458C9F93A289EF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817996D891BA8E518E968AAF95E28DB2817A81798376838D83578346834E835E815B97708E9197BF817A323031363033313696BC8CC389AE91E58A778264826C8CA48B8681458C9F93A289EF2E70707478> 名 古 屋 大 学 エネルギーマネジメント 研 究 検 討 会 平 成 27 年 度 エネルギーに 関 する 文 理 融 合 研 究 合 同 成 果 報 告 会 第 11 回 名 大 発 - 省 エネ 推 進 と 地 球 温 暖 化 防 止 省 エネ 法 等 に 係 る 最 近 の 動 向 平 成 28 年 3 月 16 日 文 部 科 学 省 大 臣 官 房 文 教 施 設 企 画 部 参 事 官

More information

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に 1/7 安 全 データシート(SDS) 1 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : N2タッピングスプレー (N2-TSE) 会 社 名 : トラスコ 中 山 株 式 会 社 住 所 : 105-0004 東 京 都 港 区 新 橋 4 丁 目 28 番 1 号 担 当 部 門 : 東 京 本 社 商 品 部 PB 品 質 保 証 課 電 話 : 0120-509-849 FAX : 0120-509-839

More information

3 技術資料

3 技術資料 3-2 東 京 都 における 制 度 住 民 が 地 域 社 会 における 生 活 環 境 の 保 全 のために 企 業 に 対 して 公 害 防 止 をはじめとす る 々の 要 求 を 行 うことは いわば 住 民 の 基 本 的 な 権 利 です また 企 業 が 地 域 において 安 定 な 事 業 活 動 を 行 うには 公 害 防 止 や 環 境 管 理 に 関 する 活 動 について 住

More information

(Microsoft Word - \221\346\202P\217\315\201i\214\273\217\363\201j.doc)

(Microsoft Word - \221\346\202P\217\315\201i\214\273\217\363\201j.doc) 酸 性 棄 物 とは 廃 棄 物 処 理 法 1で ごみ 粗 大 ごみ 燃 え 殻 汚 泥 ふん 尿 廃 油 廃 で 廃 アルカリ 動 物 の 死 体 その 他 の 汚 物 又 は 不 要 物 であって 固 形 状 又 は 液 状 のもの( 放 射 否 物 売 かは 質 却 及 することができないために びこれによって 占 有 者 の 意 思 その 汚 染 されたものを 性 状 不 等 要 を になったもの

More information

Microsoft Word - 答申本文.doc

Microsoft Word - 答申本文.doc 第 3 章 窒 素 酸 化 物 対 策 の 環 境 改 善 効 果 予 測 1 対 策 効 果 予 測 について 第 2 章 で 検 討 した 更 なる 対 策 について 対 策 の 実 施 による 将 来 の NOx 排 出 量 や 環 境 濃 度 の 低 減 効 果 等 を 把 握 することは 対 策 を 進 めていく 上 で 重 要 な 根 拠 となる そのため 第 1 章 -3で 設 定 した

More information

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73>

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73> デゾレートA( 水 溶 剤 ), 北 興 化 学 工 業 株 式 会 社, 3031-04, 015/10/06, 1/6 作 成 日 014 年 08 月 05 日 改 訂 日 015 年 10 月 06 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 整 理 番 号 供 給 者 の 会 社 名 称 住 所 担 当 部 門 電 話 番 号 FAX 番 号 緊 急 連 絡 電

More information

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策 vol.9 2015 社 会 動 向 レポート 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルに 関 する 課 題 と 解 決 策 チーフコンサルタント 環 境 エネルギー 第 1 部 高 木 重 定 食 品 リサイクル 法 の 見 直 しの 議 論 を 踏 まえ 家 庭 から 発 生 する 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルが 進 まない 理 由 と 解 決 策 について 考 察 を 行 った 1. 食

More information

1. 組 織 の 概 要 2. 対 象 範 囲 社 名 代 表 者 み 株 式 会 社 三 ま つ せ い さ く し ょ 松 製 作 所 事 業 内 容 た か は し し ん い ち 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 慎 一 設 立 年 月 日 1950( 昭 和 25) 年 5 月 25 日

1. 組 織 の 概 要 2. 対 象 範 囲 社 名 代 表 者 み 株 式 会 社 三 ま つ せ い さ く し ょ 松 製 作 所 事 業 内 容 た か は し し ん い ち 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 慎 一 設 立 年 月 日 1950( 昭 和 25) 年 5 月 25 日 2014 年 度 環 境 活 動 レポート 2014 年 3 月 ~2015 年 2 月 株 式 会 社 三 松 製 作 所 認 証 登 録 番 号 0006406 作 成 日 2016 年 5 月 17 日 承 認 日 2016 年 5 月 18 日 作 成 者 環 境 管 理 責 任 者 高 橋 毅 承 認 者 代 表 取 締 役 高 橋 慎 一 1 / 6 1. 組 織 の 概 要 2. 対

More information

(8) 危 険 物 火 災 等 で 逗 子 北 化 学 1を 必 要 とする 火 災 指 令 時 は 逗 子 北 1を 同 時 編 成 する (9) 未 承 認 対 象 物 からの 即 時 通 報 は 当 該 署 所 の1ケ 部 隊 編 成 とする (10) 通 常 災 害 時 及 び 異 常 災

(8) 危 険 物 火 災 等 で 逗 子 北 化 学 1を 必 要 とする 火 災 指 令 時 は 逗 子 北 1を 同 時 編 成 する (9) 未 承 認 対 象 物 からの 即 時 通 報 は 当 該 署 所 の1ケ 部 隊 編 成 とする (10) 通 常 災 害 時 及 び 異 常 災 第 2 節 消 防 通 信 指 令 体 制 消 防 緊 急 情 報 システムによる 情 報 の 一 元 化 を 図 るとともに 迅 速 的 確 な 情 報 収 集 及 び 消 防 隊 等 に 対 する 指 令 指 示 連 絡 その 他 必 要 な 情 報 の 受 伝 達 を 行 うものとする 1 災 害 通 信 の 取 扱 い 災 害 通 信 の 取 扱 いについては 逗 子 市 消 防 専 用 無

More information

目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項 1 2. 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標 4 3. 施 策 の 内 容 6 4. 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価 11 添 付 資 料 様 式 1 循

目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項 1 2. 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標 4 3. 施 策 の 内 容 6 4. 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価 11 添 付 資 料 様 式 1 循 能 代 山 本 地 域 循 環 型 社 会 形 成 推 進 地 域 計 画 平 成 22 年 11 月 9 日 平 成 24 年 1 月 1 日 変 更 報 告 平 成 25 年 1 月 7 日 変 更 報 告 平 成 26 年 1 月 8 日 変 更 報 告 能 代 山 本 広 域 市 町 村 圏 組 合 能 代 市 藤 里 町 三 種 町 八 峰 町 目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会

More information

2 職 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

2 職 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 の 給 与 定 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 ( 平 成 24 年 度 末 ) A 平 成 24 年 度 144,543 42,978,315 実 質 収 支 2,354,861 件 費 B 6,317,67 件 費 率 B/A 14.7 ( 参 考 ) 平 成 23 年 度 の 件 費 率 13.8

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001 森 林 林 業 基 本 法 森 林 の 多 面 的 機 能 の 持 続 的 発 揮 2

森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001 森 林 林 業 基 本 法 森 林 の 多 面 的 機 能 の 持 続 的 発 揮 2 第 3 回 [ミネラルウォーターに 関 する 税 ] 検 討 会 2005.11.15 森 林 の 水 源 涵 養 機 能 森 林 と 地 下 水 の 関 係 を 中 心 に 東 京 農 業 大 学 太 田 猛 彦 1 森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001

More information

2. 予 測 2.1. 予 測 項 目 予 測 項 目 は 以 下 のとおりとした 1 埋 設 廃 棄 物 の 掘 削 除 去 に 伴 う 廃 棄 物 2 造 成 等 の 施 工 の 一 時 的 な 影 響 による 建 設 工 事 に 伴 う 副 産 物 ( 建 設 発 生 土 建 設 廃 棄 物

2. 予 測 2.1. 予 測 項 目 予 測 項 目 は 以 下 のとおりとした 1 埋 設 廃 棄 物 の 掘 削 除 去 に 伴 う 廃 棄 物 2 造 成 等 の 施 工 の 一 時 的 な 影 響 による 建 設 工 事 に 伴 う 副 産 物 ( 建 設 発 生 土 建 設 廃 棄 物 第 12 節 廃 棄 物 等 1. 調 査 1.1. 調 査 する 情 報 調 査 する 情 報 は 以 下 のとおりとする 1 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 1.2. 調 査 手 法 (1) 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 埋 設 廃 棄 物 の 状 況 については 現 在 業 務 実 施 中 である 今 治 市 新 ごみ 処 理 施 設 に 係 る 環 境 影 響 評 価 および 施 設 発

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483234966B8CA98E738AC28BAB94928F918A54977694C591E682508D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483234966B8CA98E738AC28BAB94928F918A54977694C591E682508D862E646F63> 24 年 度 の 北 見 市 の 主 な 出 来 事 節 電 実 施 平 成 23 年 3 月 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 を 機 にエネルギー 問 題 が 国 民 的 議 論 を 呼 び 政 府 は 改 めて 原 子 力 発 電 のあり 方 や 今 後 のエネルギー 政 策 について 協 議 を 始 めま した また 国 内 全 ての 原 子 力 発 電 所 の 稼 動 停 止 に

More information

Microsoft Word - SDS No.1-6

Microsoft Word - SDS No.1-6 1/7 安 全 データシート [SDS No. 1-6] 作 成 日 :1993 年 04 月 01 日 改 訂 日 :2016 年 07 月 01 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 製 品 名 :エレファクスエッチ 液 Fエッチ 液 会 社 情 報 会 社 名 : 岩 崎 通 信 機 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 杉 並 区 久 我 山 1-7-41

More information

1. 事 業 の 概 要 1) 会 社 及 び 代 表 者 名 会 社 名 有 限 会 社 日 本 テック 代 表 者 名 大 浦 文 孝 2) 所 在 地 熊 本 県 玉 名 市 岱 明 町 古 閑 431 Tel: 0968-66-8550 3) 環 境 管 理 責 任 者 氏 名 及 び 担

1. 事 業 の 概 要 1) 会 社 及 び 代 表 者 名 会 社 名 有 限 会 社 日 本 テック 代 表 者 名 大 浦 文 孝 2) 所 在 地 熊 本 県 玉 名 市 岱 明 町 古 閑 431 Tel: 0968-66-8550 3) 環 境 管 理 責 任 者 氏 名 及 び 担 ECO ACTION 21 環 境 活 動 レポート 2014 年 度 (2014 年 4 月 ~2015 年 3 月 ) 発 行 日 : 2015 年 5 月 30 日 有 限 会 社 日 本 テック 1. 事 業 の 概 要 1) 会 社 及 び 代 表 者 名 会 社 名 有 限 会 社 日 本 テック 代 表 者 名 大 浦 文 孝 2) 所 在 地 熊 本 県 玉 名 市 岱 明 町 古

More information

Microsoft Word - 1502(last).docx

Microsoft Word - 1502(last).docx 今 号 のトピックス 環 境 保 護 汚 染 物 質 排 出 削 減 1. 環 境 保 護 部 2014 年 の 汚 染 物 質 総 量 削 減 目 標 を 達 成 2.2014 年 浙 江 省 の PM2.5 平 均 濃 度 53μg/m3 2013 年 比 13.1% 減 3. 浙 江 省 が 2015 年 環 境 汚 染 対 策 を 発 表 水 大 気 工 業 重 金 属 を 重 点 に 4.

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208262826E825182CC8B7A8EFB97A682A982E782DD82BD93FA967B82CC8E5297D182CC8CBB8FF32E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208262826E825182CC8B7A8EFB97A682A982E782DD82BD93FA967B82CC8E5297D182CC8CBB8FF32E646F6378> CO2の 吸 収 率 からみた 日 本 の 山 林 の 現 状 青 木 一 郎 Ⅰ 森 林 に 関 する 京 都 議 定 書 の 内 容 1. 平 成 9 年 (1997 年 )に 京 都 で 気 候 変 動 枠 条 約 第 3 回 締 結 国 会 議 (COP 3)が 開 催 され 京 都 議 定 書 が 全 会 一 致 で 採 択 された 京 都 議 定 書 は 平 成 20 年 (2008 年

More information

1 事 業 の 目 的 二 酸 化 炭 素 分 離 回 収 機 能 を 組 み 合 わせた 廃 棄 物 発 電 の 導 入 に 向 け 廃 棄 物 発 電 施 設 に 二 酸 化 炭 素 分 離 回 収 設 備 を 追 設 し 廃 棄 物 の 排 ガスから 最 適 な 分 離 回 収 プロセスを 検

1 事 業 の 目 的 二 酸 化 炭 素 分 離 回 収 機 能 を 組 み 合 わせた 廃 棄 物 発 電 の 導 入 に 向 け 廃 棄 物 発 電 施 設 に 二 酸 化 炭 素 分 離 回 収 設 備 を 追 設 し 廃 棄 物 の 排 ガスから 最 適 な 分 離 回 収 プロセスを 検 清 掃 工 場 二 酸 化 炭 素 分 離 回 収 設 備 整 備 事 業 ( 二 酸 化 炭 素 回 収 機 能 付 き 廃 棄 物 発 電 検 討 事 業 ) 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 領 佐 賀 市 バイオマス 産 業 都 市 推 進 課 1 事 業 の 目 的 二 酸 化 炭 素 分 離 回 収 機 能 を 組 み 合 わせた 廃 棄 物 発 電 の 導 入 に 向 け 廃 棄

More information

エコアクション21

エコアクション21 エコアクション 21 - 環 境 活 動 レポート - 平 成 25 年 版 ( 第 五 号 ) ( 平 成 25 年 5 月 ~ 平 成 26 年 4 月 ) 平 成 26 年 5 月 26 日 認 証 登 録 番 号 0005547 株 式 会 社 トップ 1 / 12 事 業 の 概 要 事 業 所 名 及 び 代 表 者 氏 名 株 式 会 社 トップ 代 表 取 締 役 髙 安 紀 足 所

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 平 成 4 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 4 年 度 末 ) 平 成 4 年 度 379,678 豊 橋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 ( 注 ) 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 などを 含 む A 114,956,597 実 質 収 支 3,87,17

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書第1作業部会報告書(自然科学的根拠)の公表について

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書第1作業部会報告書(自然科学的根拠)の公表について 報 道 発 表 資 料 平 成 25 年 9 月 2 7 日 文 部 科 学 省 経 済 産 業 省 気 象 庁 環 境 省 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル(IPCC) 第 5 次 評 価 報 告 書 第 1 作 業 部 会 報 告 書 ( 自 然 科 学 的 根 拠 )の 公 表 について 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル(IPCC) 第 36 回 総 会 及 び

More information

表紙_責了.indd

表紙_責了.indd 2012 Vol. 36 環 境 都 市 宣 言 シンボルマーク 稚 内 市 では 生 ごみや 下 水 汚 泥 を 微 生 物 の 発 酵 により 減 容 すると 共 に 発 生 するバイオガスを 回 収 してエネルギーとして 活 用 するため 稚 内 市 バイオエネルギーセンターを 整 備 しました この 施 設 では 生 ごみ(4,200トン/ 年 ) 下 水 汚 泥 (2,100トン/ 年 )を

More information

Microsoft PowerPoint - 151222COP21報告会_名倉様(修正) [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 151222COP21報告会_名倉様(修正) [互換モード] 平 成 27 年 12 月 22 日 地 球 温 暖 化 フォーラム COP21 合 意 を 受 けた 日 本 の 今 後 の 地 球 温 暖 化 対 策 について 環 境 省 地 球 環 境 局 地 球 温 暖 化 対 策 課 調 整 官 名 倉 良 雄 目 次 COP21までの 道 筋 と 結 果 について 日 本 の 約 束 草 案 について 約 束 草 案 達 成 に 向 けた 施 策 について

More information

別紙1

別紙1 Ⅳ. 特 記 事 項 地 域 連 携 地 域 貢 献 を 重 視 した 教 育 研 究 - 地 域 に 愛 される 大 学 として - 基 準 10で 述 べたように 本 学 は 地 域 社 会 との 協 力 を 極 めて 重 視 し 地 域 連 携 地 域 貢 献 を 通 し 地 域 に 愛 される 大 学 として 教 育 研 究 活 動 を 活 発 に 展 開 している その 中 で も 特 に

More information

3 一 般 廃 棄 物 の 排 出 抑 制 及 び 資 源 化 等 の 促 進 の 方 策 に 関 する 事 項 (1) 分 別 収 集 の 徹 底 ごみ 袋 を 指 定 し 分 別 が 不 徹 底 なごみ 袋 には 収 集 できない 理 由 を 明 示 した 警 告 シールを 貼 付 回 収 しな

3 一 般 廃 棄 物 の 排 出 抑 制 及 び 資 源 化 等 の 促 進 の 方 策 に 関 する 事 項 (1) 分 別 収 集 の 徹 底 ごみ 袋 を 指 定 し 分 別 が 不 徹 底 なごみ 袋 には 収 集 できない 理 由 を 明 示 した 警 告 シールを 貼 付 回 収 しな 十 和 田 地 域 広 域 事 務 組 合 告 示 第 3 号 廃 棄 物 の 処 理 及 び 清 掃 に 関 する 法 律 ( 昭 和 45 年 法 律 第 137 号 ) 第 6 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 平 成 27 年 度 一 般 廃 棄 物 処 理 実 施 計 画 を 定 めたので 十 和 田 地 域 広 域 事 務 組 合 廃 棄 物 の 処 理 及 び 清 掃 に 関

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

<288B8B975E8CF6955C295F48323391E58AD98E738CF6955C2E786C73>

<288B8B975E8CF6955C295F48323391E58AD98E738CF6955C2E786C73> 総 括 () 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 人 件 費 率 H22 年 度 人 千 千 千 79,734 32,73,959,224,854,25,85

More information

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 衛 生 管 理 センター 適 正 管 理 計 画 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 アルミニウム 及 びその 化 合 物 TKフロック 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の

More information

目 改 正 項 目 軽 自 動 車 率 の 引 上 げ 〇 国 及 び 地 方 を 通 じた 自 動 車 関 連 制 の 見 直 しに 伴 い 軽 自 動 車 の 標 準 率 が 次 のとおり 引 き 上 げられます 車 種 区 分 引 上 げ 幅 50cc 以 下 1,000 円 2,000 円

目 改 正 項 目 軽 自 動 車 率 の 引 上 げ 〇 国 及 び 地 方 を 通 じた 自 動 車 関 連 制 の 見 直 しに 伴 い 軽 自 動 車 の 標 準 率 が 次 のとおり 引 き 上 げられます 車 種 区 分 引 上 げ 幅 50cc 以 下 1,000 円 2,000 円 平 成 26 年 2 月 19 日 政 策 総 務 財 政 委 員 会 配 付 資 料 財 政 局 平 成 26 年 度 制 改 正 ( 地 方 )の 概 要 について 平 成 26 年 度 制 改 正 のうち に 関 係 する 主 な 改 正 事 項 は 次 のとおりです なお これらの 事 項 について 地 方 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 が 可 決 された 場 合 には

More information

<8E518D6C8E9197BF2E786477>

<8E518D6C8E9197BF2E786477> 参 考 1 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 123 2 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 施 行 令 ( 抄 ) 140 3 愛 知 県 石 油 コンビナート 等 防 災 本 部 条 例 154 4 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 第 28 条 第 5 項 第 6 号 の 規 定 に 基 づく 市 町 村 の 指 定 155 5 愛 知 県 石 油 コンビナート

More information

Microsoft Word - RM最前線2014-14.doc

Microsoft Word - RM最前線2014-14.doc 2014 No.14 IPCC 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル 第 5 次 評 価 報 告 書 第 2 作 業 部 会 報 告 書 の 公 表 2014 年 3 月 25~29 日 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル( 以 下 IPCC:Intergovernmental Panel on Climate Change) 第 38 回 総 会 および 第 2 作 業

More information

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3 待 ったなし! 飯 綱 町 ごみ 減 量 化 計 画 (いいづなG30プラン) 平 成 26 年 11 月 飯 綱 町 目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標

More information

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し 税 制 抜 本 改 革 に 伴 う 車 体 課 税 及 び 地 方 法 人 課 税 の 見 直 し 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 総 務 委 員 会 調 査 室 星 友 佳 1.はじめに 平 成 24 年 8 月 社 会 保 障 税 一 体 改 革 の 一 環 として 消 費 税 率 の 引 上 げ 等 を 内 容 とす る 税 制 抜 本 改 革 法 1 が 成 立

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

<819D483235944E93788B8B975E8CF6955C9770288CF6955C9770292E786C7378>

<819D483235944E93788B8B975E8CF6955C9770288CF6955C9770292E786C7378> 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 岐 阜 市 の 給 与 定 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 人 件 費 率 年 度 人 08,307 1,9,10 9,07,66 7,1,77 18.8 18.7 ( 注 ) 人

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478> 地 方 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 について 資 料 1 背 景 公 的 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられる(ただし 特 定 警 察 職 員 等 ( 警 部 消 防 司 令 以 下 の 職 員 )については 一 般 職 員 より6 年 遅 れで 実 施 ) これにより 現 行 の60

More information

5 視 察 報 告 5 月 10 日 ( 月 ) 千 歳 市 ( 人 口 :92,393 人 面 積 :594.95km 2 ) 千 歳 市 は 北 海 道 の 中 南 部 に 位 置 し 日 本 海 と 太 平 洋 の 間 に 広 がる 広 大 な 石 狩 平 野 の 南 端 の 地 域 であり

5 視 察 報 告 5 月 10 日 ( 月 ) 千 歳 市 ( 人 口 :92,393 人 面 積 :594.95km 2 ) 千 歳 市 は 北 海 道 の 中 南 部 に 位 置 し 日 本 海 と 太 平 洋 の 間 に 広 がる 広 大 な 石 狩 平 野 の 南 端 の 地 域 であり 平 成 22 年 度 総 務 常 任 委 員 会 県 外 行 政 視 察 報 告 書 1 期 日 : 平 成 22 年 5 月 10 日 ( 月 )~5 月 12 日 ( 水 ) 2 視 察 地 : 北 海 道 千 歳 市 5 月 10 日 北 海 道 苫 小 牧 市 5 月 11 日 北 海 道 札 幌 市 5 月 12 日 3 視 察 者 総 務 常 任 委 員 会 委 員 長 平 山 五 郎

More information

我 が 国 の 原 子 力 損 害 賠 償 制 度 の 枠 組 ( 全 体 像 ) 国 際 的 枠 組 原 子 力 損 害 の 補 完 的 な 補 償 に 関 する 条 約 (CSC) 一 定 額 ( 原 則 3 億 SDR( 約 450 億 円 )) 以 上 の 損 害 賠 償 措 置 の 義 務

我 が 国 の 原 子 力 損 害 賠 償 制 度 の 枠 組 ( 全 体 像 ) 国 際 的 枠 組 原 子 力 損 害 の 補 完 的 な 補 償 に 関 する 条 約 (CSC) 一 定 額 ( 原 則 3 億 SDR( 約 450 億 円 )) 以 上 の 損 害 賠 償 措 置 の 義 務 資 料 1-6 我 が 国 の 原 子 力 損 害 賠 償 制 度 の 概 要 我 が 国 の 原 子 力 損 害 賠 償 制 度 の 枠 組 ( 全 体 像 ) 国 際 的 枠 組 原 子 力 損 害 の 補 完 的 な 補 償 に 関 する 条 約 (CSC) 一 定 額 ( 原 則 3 億 SDR( 約 450 億 円 )) 以 上 の 損 害 賠 償 措 置 の 義 務 付 け 一 定 額

More information

80 鹿児島大学

80 鹿児島大学 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 鹿 児 島 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的

ぞれの 能 力 に 基 づいて 適 切 な 貢 献 を 行 い 実 効 的 な 態 勢 確 立 のために 必 要 な 措 置 をとる 迅 速 かつ 実 効 的 な 対 応 のためには 柔 軟 な 能 力 が 必 要 緊 密 な 日 米 間 の 協 力 及 び 政 策 調 整 が 有 益 定 期 的 日 米 同 盟 : 未 来 のための 変 革 と 再 編 ( 骨 子 ) Ⅰ. 概 観 日 米 同 盟 は 日 本 の 安 全 とアジア 太 平 洋 地 域 の 平 和 と 安 定 のために 不 可 欠 な 基 礎 同 盟 に 基 づいた 緊 密 かつ 協 力 的 な 関 係 は 世 界 における 課 題 に 対 処 する 上 で 重 要 な 役 割 を 果 たす 閣 僚 は 役 割 任 務 能 力

More information

目  次(秦野市地域防災計画)

目  次(秦野市地域防災計画) 目 次 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 第 1 章 総 則 風 -1 第 1 節 計 画 の 目 的 風 -1 第 2 節 構 成 風 -2 1 災 害 予 防 計 画 風 -2 2 災 害 応 急 対 策 計 画 風 -2 3 災 害 復 旧 復 興 計 画 風 -2 4 特 殊 災 害 対 策 風 -2 第 3 節 防 災 関 係 機 関 の 実 施 責 任 及 び 処 理 すべき 事

More information

平成23年度税制改正について

平成23年度税制改正について 日 医 発 第 896 号 ( 年 税 48) 平 成 2 2 年 1 2 月 2 2 日 都 道 府 県 医 師 会 長 殿 日 本 医 師 会 長 原 中 勝 征 平 成 23 年 度 税 制 改 正 について 去 る12 月 16 日 平 成 23 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されまし た の で 平 成 23 年 度 税 制 改 正 についてご 報 告 申 し 上 げます

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A> 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 平 成 26 年 1 月 はじめに 東 京 都 住 宅 供 給 公 社 では 公 社 賃 貸 住 宅 ストック 活 用 に 重 点 を 置 いた 事 業 展 開 に 向 けて 建 替 え 等 によるストック 更 新 を 計 画 的 に 推 進 するため 平 成 15 年 5 月 に 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 を

More information

Microsoft Word - 01 議事次第.docx

Microsoft Word - 01 議事次第.docx 地 方 分 権 の 進 展 に 対 応 した 行 政 の 実 効 性 確 保 のあり 方 に 関 する 検 討 会 ( 第 1 回 ) 議 事 次 第 平 成 24 年 6 月 18 日 ( 月 ) 12:30~14:30 総 務 省 6 階 601 会 議 室 ( 議 事 次 第 ) 1. 開 会 2. 久 元 自 治 行 政 局 長 挨 拶 3. 検 討 会 開 催 要 綱 等 について 4.

More information

要 望 事 項

要 望 事 項 平 成 28 年 度 自 動 車 関 係 諸 税 に 関 する 要 望 書 平 成 2 7 年 7 月 自 動 車 総 連 ( 全 日 本 自 動 車 産 業 労 働 組 合 総 連 合 会 ) 会 長 相 原 康 伸 目 次 < 要 望 事 項 > 1. 車 体 課 税 を 抜 本 的 に 見 直 し 簡 素 化 負 担 の 軽 減 を 図 る 1) 自 動 車 取 得 税 を 廃 止 する 2)

More information

競 争 性 が 確 保 されているなど 選 定 は 妥 当 か 所 管 部 局 による 点 検 項 目 評 価 評 価 に 関 する 説 明 国 広 く 国 民 ニーズがあるか 国 費 を 投 入 しなければ 目 的 が 達 成 できないか 必 費 要 投 地 方 自 治 体 民 間 等 に 委 ね

競 争 性 が 確 保 されているなど 選 定 は 妥 当 か 所 管 部 局 による 点 検 項 目 評 価 評 価 に 関 する 説 明 国 広 く 国 民 ニーズがあるか 国 費 を 投 入 しなければ 目 的 が 達 成 できないか 必 費 要 投 地 方 自 治 体 民 間 等 に 委 ね 名 地 層 処 分 に 係 る 地 質 評 価 手 法 等 整 備 番 号 (57,91) 平 成 5 年 行 政 レビューシート ( 環 境 省 ) 担 当 部 局 庁 原 子 力 規 制 委 員 会 原 子 力 規 制 庁 作 成 責 任 者 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 平 成 年 度 平 成 6 年 度 会 計 区 分 エネルギー 対 策 特 別 会 計 ( 電 源 開 発 促 進

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2%の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2%の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 25 年 度 住 民 基 本 台 帳 人 口 (26 年 1 月 1 日 ) 平 成 26 年 度 歳 出 額 の 給 与 定 員 管 理 等 について 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 A B BB B/A ( 参 考 ) 24 年 度 人 件 費 率 人 千 円 千 円 千 円 % % % 35,702 人 18,334,848

More information

国土技術政策総合研究所 研究資料

国土技術政策総合研究所 研究資料 第 1 節 目 的 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 1 目 的 本 ガイドラインは 下 水 道 事 業 における 大 幅 なコスト 縮 減 や 省 エネルギー 創 エネルギー 効 果 の 増 大 に 寄 与 するため 下 水 道 革 新 的 技 術 実 証 事 業 (B-DASH プロジェクト)の 革 新 的 技 術 の1つである 下 水 道 バイオマスからの 電 力 創 造 システムに 関

More information

1

1 青 梅 市 福 生 市 羽 村 市 瑞 穂 町 地 域 循 環 型 社 会 形 成 推 進 地 域 計 画 青 梅 市 福 生 市 羽 村 市 瑞 穂 町 西 多 摩 衛 生 組 合 平 成 24 年 12 月 3 日 1 青 梅 市 福 生 市 羽 村 市 瑞 穂 町 地 域 循 環 型 社 会 形 成 推 進 地 域 計 画 目 次 1 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

乙種第4類(危険物取扱者試験)

乙種第4類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 4 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令

More information

安全データシート

安全データシート 2016.06.01 1/7 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :プリンス スーパー NET 130g 会 社 名 :スタイル 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 墨 田 区 両 国 4-31-11ヒューリック 両 国 ビル5F 担 当 部 門 :SMG 部 電 話 番 号 :03-5625-8180 FAX :03-5625-8185 緊 急 連

More information

2 地 域 手 当 ての 見 直 し 平 成 26 年 度 の 支 給 割 合 見 直 し 後 の 支 給 割 合 平 成 27 年 度 の 支 給 割 合 国 基 準 による 支 給 割 合 0 0 0 魚 沼 市 の 支 給 割 合 0 0 0 3その 他 の 見 直 し 内 容 管 理 職 員

2 地 域 手 当 ての 見 直 し 平 成 26 年 度 の 支 給 割 合 見 直 し 後 の 支 給 割 合 平 成 27 年 度 の 支 給 割 合 国 基 準 による 支 給 割 合 0 0 0 魚 沼 市 の 支 給 割 合 0 0 0 3その 他 の 見 直 し 内 容 管 理 職 員 1 総 括 魚 沼 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 1 月 1 日 ) A B B/A 24 年 度 の 人 件 費 率 平 成 人 千 千 千 40,272 27,751,216 1,487,094 3,834,368

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) H25 年 度 143 358,385 358,242 (0.04) 0.00

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) H25 年 度 143 358,385 358,242 (0.04) 0.00 熊 本 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 23 年 度 の 件 費 率 H24 年 度 731,815 277,665,883 2,881,104 47,758,592

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798D4C95F18C5792F18F6F9770817A8D829378906C8DDE837C83438393836790A782CC89C1935F91CE8FDB82C682C882E98343836D8378815B83568387839391A390698E788987915B927588EA97972E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798D4C95F18C5792F18F6F9770817A8D829378906C8DDE837C83438393836790A782CC89C1935F91CE8FDB82C682C882E98343836D8378815B83568387839391A390698E788987915B927588EA97972E646F63> 高 度 人 材 ポイント 制 の 加 点 対 象 となるイノベーション 促 進 支 援 措 置 一 覧 高 度 人 材 ポイント 制 の 申 請 を 行 う 外 国 人 の 方 が 所 属 する 大 学 企 業 等 の 機 関 が, 次 の1 又 は2に 掲 げる 措 置 を 受 けている 場 合 には, 特 別 加 算 としてポイントが 加 点 されます(1 0 点 所 属 機 関 が 中 小 企

More information

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 先 課 題 推 進 枠 や 地 財 政 計 画 における

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

という )を 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 末 までの 第 3 期 計 画 として 改 正 し 緊 急 防 援 助 隊 の 機 能 強 化 を 進 めているところであり その 概 要 は 以 下 のとおり である. 南 海 トラフ 地 震 首 都 直 下 地 震 等 に 備 えた

という )を 平 成 26 年 度 から 平 成 30 年 度 末 までの 第 3 期 計 画 として 改 正 し 緊 急 防 援 助 隊 の 機 能 強 化 を 進 めているところであり その 概 要 は 以 下 のとおり である. 南 海 トラフ 地 震 首 都 直 下 地 震 等 に 備 えた 特 集 緊 急 防 援 助 隊 の 機 能 強 化 東 日 本 大 震 災 では 発 災 日 から88 日 間 にわたり 延 べ 約 3 万,000 隊 約 万 人 の 緊 急 防 援 助 隊 が 防 救 助 活 動 に 尽 力 し 5,064 人 の 人 命 を 救 助 した 南 海 トラフでは 過 去 00 年 から50 年 程 度 の 周 期 でマグニチュード8クラスの 海 溝 型 地 震 が

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が 福 島 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 23 年 度 (23 年 度 末 ) 人 1,991,865 2,231,214,824 A 5,986,441 275,881,976 B 人 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 ALCA 募 集 説 明 平 成 28 年 8 月 5 日 JST 東 京 本 部 別 館 1Fホール 先 端 的 低 炭 素 化 技 術 開 発 (ALCA; Advanced Low Carbon Technology R&D Program) 国 立 研 究 開 発 法 人 科 学 技 術 振 興 機 構 本 日 のお 話 1. 社 会 情 勢 ALCAの 概 要 2.

More information

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標 資 料 1-2 参 考 資 料 ( 財 政 規 律 情 報 公 開 報 酬 給 与 ) 平 成 25 年 4 月 2 日 参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例

More information

中国の環境汚染と日中環境協力

中国の環境汚染と日中環境協力 2013 年 5 月 1 日 全 6 頁 中 国 の 環 境 汚 染 と 日 中 環 境 協 力 常 務 理 事 金 森 俊 樹 [ 要 約 ] 本 年 初 から 北 京 を 始 めとする 中 国 各 地 で 大 気 中 の PM2.5( 直 径 2.5 マイクロメートル の 微 粒 子 中 国 では 正 式 名 称 として 細 顆 粒 物 と 呼 ぶようになっている)の 値 が 急 上 昇 し 改

More information

Microsoft Word - 2柴原-F1.doc

Microsoft Word - 2柴原-F1.doc 環 境 負 荷 低 減 をめざした 水 稲 栽 培 技 術 の 体 系 化 と GIS を 利 用 した 負 荷 予 測 モデルによる 検 証 - 先 端 技 術 を 活 用 した 農 林 水 産 研 究 高 度 化 事 業 の 研 究 成 果 報 告 - 滋 賀 県 農 業 技 術 振 興 センター( 研 究 総 括 者 ) 柴 原 藤 善. 研 究 の 概 要 近 畿 地 域 では 4 万 人

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 島 根 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 指 針 平 成 27 年 3 月 島 根 県 < 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 3 長 寿

More information

<817995BD90AC3233944E9378817A8B8B975E93998FEE95F18CF6955C83568358836583808E518D6C976C8EAE2E786C73>

<817995BD90AC3233944E9378817A8B8B975E93998FEE95F18CF6955C83568358836583808E518D6C976C8EAE2E786C73> 気 仙 沼 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 人 件 費 率 年 度 人 73,37 8,88,688 1,479,998 6,94,564 1.7

More information

5 市 民 がまちづくりを 楽 しめるまち (2) 市 民 が 自 ら 行 うまちづくり 活 動 を 支 援 します 市 民 協 働 活 動 推 進 事 業 ( 担 当 : 市 民 協 働 課 市 民 協 働 男 女 参 画 係 ) 682 万 円 指 定 管 理 者 による 市 民 活 動 支 援

5 市 民 がまちづくりを 楽 しめるまち (2) 市 民 が 自 ら 行 うまちづくり 活 動 を 支 援 します 市 民 協 働 活 動 推 進 事 業 ( 担 当 : 市 民 協 働 課 市 民 協 働 男 女 参 画 係 ) 682 万 円 指 定 管 理 者 による 市 民 活 動 支 援 5 市 民 がまちづくりを 楽 しめるまち (1) 小 さなコミュニティを 大 切 にした 地 域 づくりを 推 進 します 住 民 自 治 活 動 助 成 事 業 5,979 万 円 市 民 が 創 るくらしたい 栗 原 を 目 指 し 各 地 区 の 自 治 会 やコミュニティ 推 進 協 議 会 の 創 意 工 夫 による 自 立 的 コミュニティ 活 動 を 支 援 するため コミュニティ

More information

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と 三 鷹 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 12 月 三 鷹 市 はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基

More information