森林クラウドシステムに関わる情報セキュリティガイドラインVer3.0

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "森林クラウドシステムに関わる情報セキュリティガイドラインVer3.0"

Transcription

1 平 成 27 年 度 森 林 情 報 高 度 利 活 用 技 術 開 発 事 業 のうち 森 林 クラウドシステム 標 準 化 事 業 森 林 クラウドシステムに 関 わる 情 報 セキュリティガイドライン - Ver 平 成 28 年 3 月 森 林 クラウドシステム 標 準 化 検 討 委 員 会 標 準 仕 様 検 討 ワーキンググループ 1

2 目 次 1 ガイドラインの 概 要 と 目 的 ガイドラインの 概 要 ガイドラインの 目 的 用 語 の 定 義 クラウドコンピュータ ファイアウォール SLA(Service level Agreement) GIS(GIS:Geographic Information System) BCM(business continuity management) ディザスタリカバリ(disaster recovery) 森 林 簿 森 林 計 画 図 森 林 経 営 計 画 林 地 所 有 者 台 帳 ( 平 成 26 年 度 更 新 ) 地 籍 調 査 ( 平 成 26 年 度 更 新 ) 森 林 クラウド トラストフレームワーク( 平 成 27 年 度 更 新 ) ID プロバイダ( 平 成 27 年 度 更 新 ) クラウド 事 業 者 が 講 ずべき 措 置 クラウドシステム 環 境 におけるセキュリティ 要 件 技 術 的 セキュリティ 対 策 物 理 的 セキュリティ 対 策 組 織 的 セキュリティ 対 策 データ 管 理 環 境 におけるセキュリティ 要 件 バックアップ 対 策 データの 保 管 場 所 保 管 期 間 ディザスタリカバリの 対 策 システム 利 用 環 境 におけるセキュリティ 要 件 アプリケーション 管 理 運 用 管 理 ユーザ 管 理 クラウド 利 用 者 が 講 ずべき 措 置 ( 都 道 府 県 市 町 村 林 業 事 業 体 等 ) クラウドシステム 環 境 におけるセキュリティ 要 件 技 術 的 セキュリティ 対 策 物 理 的 セキュリティ 対 策

3 4-1-3 組 織 的 セキュリティ 対 策 データ 管 理 環 境 におけるセキュリティ 要 件 バックアップ 対 策 データ 保 管 場 所 期 間 の 対 策 システム 利 用 環 境 におけるセキュリティ 要 件 アプリケーション 管 理 運 用 管 理 ユーザ 管 理 森 林 クラウドシステムにおける SLA の 合 意 事 項 導 入 のメリット 導 入 のデメリット 森 林 クラウド フレームワーク( 平 成 27 年 度 更 新 ) 森 林 クラウド トラストフレームワークの 機 能 ID プロバイダの 機 能 森 林 クラウド トラストフレームワークの 運 用 森 林 クラウドシステム 利 用 におけるアクターと 役 割 ID プロバイダ 及 びクラウド 事 業 者 の 資 格 要 件 クラウド 事 業 者 に 関 する 評 価 登 録 の 手 順 森 林 クラウドシステムに 係 る 個 人 情 報 森 林 クラウドシステムにおける 個 人 情 報 の 該 当 性 クラウド 事 業 者 の 個 人 情 報 保 護 クラウド 事 業 者 が 講 ずべき 個 人 情 報 保 護 に 関 する 体 制 クラウド 利 用 者 の 個 人 情 報 保 護 と 利 活 用 対 象 となるクラウド 利 用 者 の 個 人 情 報 保 護 に 関 する 法 令 等 クラウド 利 用 者 が 講 ずべき 個 人 情 報 保 護 に 関 する 体 制 森 林 クラウドシステムにおける 個 人 情 報 の 利 用 都 道 府 県 市 町 村 が 保 有 する 森 林 情 報 を 第 三 者 提 供 する 仕 組 み 林 地 所 有 者 台 帳 の 整 備 ( 平 成 27 年 度 更 新 ) 森 林 の 土 地 の 所 有 者 となった 旨 の 届 出 制 度 の 運 用 について 実 施 機 関 内 ( 市 町 村 )の 情 報 提 供 共 有 森 林 クラウドシステムにおける 森 林 情 報 の 第 三 者 提 供 に 関 する 概 念 森 林 所 有 者 のための 分 かり 易 い 表 示 通 知 森 林 所 有 者 への 分 かり 易 い 表 示 通 知 方 法 分 かり 易 い 表 示 通 知 のポイント

4 1ガイドラインの 概 要 と 目 的 1-1ガイドラインの 概 要 本 ガイドラインは 林 野 庁 補 助 事 業 森 林 情 報 高 度 利 活 用 技 術 開 発 事 業 のうち 森 林 クラ ウドシステム 標 準 化 事 業 の 取 組 みにおいて 標 準 化 検 討 委 員 会 の 作 業 部 会 である 森 林 クラウドシステム 標 準 仕 様 検 討 ワーキンググループ( 以 下 標 準 仕 様 検 討 WG という) が 森 林 クラウドシステムに 関 わる 情 報 セキュリティについて 検 討 をおこなった 成 果 をガイドラ インとしてまとめたものである 森 林 クラウドシステムとは クラウド 環 境 で 標 準 化 した 森 林 情 報 システムを 構 築 し 森 林 林 業 に 従 事 する 都 道 府 県 市 町 村 林 業 事 業 体 が 森 林 情 報 の 高 度 利 活 用 を 目 的 として いる 森 林 クラウドシステムにおける 情 報 セキュリティを 検 討 するにあたって 森 林 林 業 の 特 徴 となる 行 政 ( 都 道 府 県 市 町 村 等 )が 保 有 する 森 林 情 報 を 民 間 事 業 者 ( 林 業 事 業 体 森 林 所 有 者 等 )が 共 有 利 用 するため 森 林 クラウドシステム 提 供 事 業 者 に 対 する 信 頼 性 の 確 保 が 重 要 であるとともに 森 林 情 報 には 個 人 情 報 ( 森 林 所 有 者 情 報 )が 含 まれていることから 利 用 者 である 都 道 府 県 市 町 村 林 業 事 業 体 ( 森 林 所 有 者 を 含 む) 等 の 業 務 遂 行 における 安 全 性 の 確 保 が 必 要 である 平 成 25 年 度 26 年 度 は 森 林 クラウドシステム 提 供 事 業 者 ( 以 下 クラウド 事 業 者 とい う)と 都 道 府 県 市 町 村 林 業 事 業 体 等 を 対 象 に 情 報 セキュリティに 係 る 検 討 を 実 施 し そ の 成 果 を 情 報 セキュリティガイドライン( 案 )として 公 表 した 以 下 の 図 0 情 報 セキュリティガイドラインの 範 囲 に 示 す 平 成 26 年 度 成 果 市 町 村 が 講 ずべき 措 置 森 林 情 報 の 高 度 利 活 用 行 政 の 保 有 する 森 林 情 報 の 第 三 者 提 供 に 関 する 環 境 整 備 提 供 先 の 評 価 基 準 クラウド 事 業 者 が 講 ずべき 措 置 平 成 25 年 度 成 果 SLA 契 約 災 害 障 害 等 の 復 旧 対 策 及 び 円 滑 な 稼 働 環 境 の 保 証 情 報 共 有 利 活 用 林 業 事 業 体 が 講 ずべき 措 置 個 人 情 報 等 の 安 全 な 管 理 都 道 府 県 が 講 ずべき 措 置 図 0 情 報 セキュリティガイドラインの 範 囲 4

5 平 成 27 年 度 の 情 報 セキュリティガイドラインは 複 数 のクラウド 事 業 者 がユーザ ID と パスワードを 連 携 する 森 林 クラウド トラストフレームワークに 関 する 検 討 成 果 を 基 に 平 成 26 年 度 に 公 表 した 情 報 セキュリティガイドラインの 検 証 改 善 を 行 い 取 りまとめた 1-2ガイドラインの 目 的 情 報 通 信 技 術 の 発 展 によりあらゆるものがインターネットにつながる 時 代 となった 今 日 コンピュータ 利 用 環 境 も 大 きく 変 わり 始 めている IT を 所 有 する 時 代 から IT を 利 用 す る 時 代 にクラウドコンピューティングは ネットワーク 上 に 存 在 するコンピュータ 資 源 を 活 用 するための 利 用 技 術 の 発 展 成 果 である クラウドコンピューティング 技 術 を 活 用 した 森 林 クラウドシステムの 実 証 が 平 成 25 年 度 より 開 始 されたことにより 森 林 情 報 のシステム 化 が 進 んでいない 市 町 村 及 び 林 業 事 業 体 ( 森 林 所 有 者 を 含 む)への 導 入 が 期 待 される 森 林 クラウドシステムを 安 全 で 効 果 的 に 利 用 することができる 様 にクラウド 事 業 者 や 森 林 クラウドシステムの 利 用 者 ( 以 下 クラウド 利 用 者 という)が 講 ずべき 情 報 セキュリティ 対 策 とクラウド 事 業 者 クラウド 利 用 者 間 でサービス 内 容 範 囲 品 質 等 に 関 する 保 証 基 準 の 共 通 認 識 であるサービスレベルの 合 意 を 得 る SLA(Service level Agreement) 契 約 の 締 結 が 森 林 クラウドシステムの 普 及 のために 重 要 となる 本 ガイドラインはクラウド 利 用 者 が 森 林 クラウドシステムを 利 用 するにあたって 安 全 かつ 効 果 的 に 利 用 することを 目 的 に 森 林 クラウドシステムおよびクラウド 事 業 者 選 定 の 際 に 参 考 となるようなクラウド 利 用 者 への 対 策 向 上 のガイドラインを 提 供 するものである 1-3ガイドラインの 対 象 者 クラウド 利 用 者 及 びクラウド 事 業 者 とする 尚 クラウド 利 用 者 は 都 道 府 県 及 び 市 町 村 林 業 事 業 体 森 林 所 有 者 を 想 定 している 2 用 語 の 定 義 2-1クラウドコンピュータ クラウドコンピューティングとは ネットワーク サーバ ストレージ アプリケーショ ン サービスなどの 構 成 可 能 なコンピューティングリソースの 共 用 プールに 対 して 便 利 かつオンデマンドにアクセスでき 最 小 の 管 理 労 力 またはサービスプロバイダ 間 の 相 互 動 作 によって 迅 速 に 提 供 できるという モデルのひとつである (アメリカ 国 立 標 準 技 術 研 究 所 より) 2-2ファイアウォール 組 織 内 のコンピュータネットワークへ 外 部 から 侵 入 されるのを 防 ぐシステム また そのようなシステムが 組 みこまれたコンピュータ 5

6 2-3SLA(Service level Agreement) サービスプロバイダや 通 信 事 業 者 が 利 用 者 に 対 して 一 定 以 上 のサービスの 品 質 を 保 証 す る 制 度 または 契 約 通 信 速 度 や 利 用 可 能 時 間 などを 定 量 的 に 指 標 化 し ある 水 準 を 下 回 っ た 場 合 には 利 用 料 金 を 減 額 することなどが 規 定 される サービス 品 質 保 証 契 約 2-4GIS(GIS:Geographic Information System) 地 理 情 報 システムは 地 理 的 位 置 を 手 がかりに 位 置 に 関 する 情 報 を 持 ったデータ( 空 間 データ)を 総 合 的 に 管 理 加 工 し 視 覚 的 に 表 示 し 高 度 な 分 析 や 迅 速 な 判 断 を 可 能 に する 技 術 である 2-5BCM(business continuity management) 包 括 的 統 合 的 な 事 業 継 続 のためのマネジメントのこと 2-6ディザスタリカバリ(disaster recovery) 建 物 単 体 での 火 災 などの 小 規 模 なものから 風 水 害 地 震 などの 自 然 災 害 や 不 正 侵 入 テ ロなどの 人 為 的 なものなど 比 較 的 大 きなものまで 原 因 規 模 にかかわらず 広 範 囲 であり このような 災 害 に 対 する 予 防 復 旧 の 対 策 のこと 2-7 森 林 簿 森 林 簿 は 都 道 府 県 が 地 域 森 林 計 画 を 樹 立 するために 作 成 する 基 礎 資 料 であり 森 林 の 所 在 面 積 地 況 林 況 等 が 記 載 されている 特 に 樹 種 林 齢 等 を 正 確 に 把 握 する 事 が 必 要 であることから 5 年 ごとに 空 中 写 真 の 撮 影 や 造 林 実 績 の 資 料 収 集 等 を 行 ったうえで 森 林 簿 の 内 容 を 修 正 している 2-8 森 林 計 画 図 森 林 計 画 図 は 森 林 法 第 5 条 の 規 定 に 基 づいてたてられる 地 域 森 林 計 画 の 図 面 として 対 象 となる 森 林 の 区 域 を 林 班 界 及 び 小 班 界 等 により 示 すものであり 縮 尺 1/5000 で 作 成 され る 森 林 計 画 図 は 所 有 権 所 有 界 面 積 等 土 地 に 関 する 諸 権 利 及 び 立 木 竹 の 評 価 につい て 証 明 する 資 料 としては 使 用 できない 2-9 森 林 経 営 計 画 森 林 経 営 計 画 とは 森 林 所 有 者 又 は 森 林 の 経 営 の 委 託 を 受 けた 者 が 自 らが 森 林 の 経 営 を 行 う 一 体 的 なまとまりのある 森 林 を 対 象 として 森 林 の 施 業 及 び 保 護 について 作 成 する 5 年 を 1 期 とする 計 画 である 一 体 的 なまとまりを 持 った 森 林 において 計 画 に 基 づいた 効 率 的 な 森 林 の 施 業 と 適 切 な 森 林 の 保 護 を 通 じて 森 林 の 持 つ 多 様 な 機 能 を 十 分 に 発 揮 させることを 目 的 としている 6

7 2-10 林 地 所 有 者 台 帳 ( 平 成 26 年 度 更 新 ) 森 林 の 土 地 の 所 有 者 となった 旨 の 届 出 が 義 務 付 けられ 森 林 所 有 者 情 報 等 を 把 握 するため に 市 町 村 が 更 新 管 理 している 台 帳 2-11 地 籍 調 査 ( 平 成 26 年 度 更 新 ) 地 籍 調 査 とは 主 に 市 町 村 が 主 体 となって 一 筆 ( )ごとの 土 地 の 所 有 者 地 番 地 目 を 調 査 し 境 界 の 位 置 と 面 積 を 測 量 する 調 査 である 地 籍 とは いわば 土 地 に 関 する 戸 籍 のことである 地 籍 調 査 が 行 われることにより その 成 果 は 登 記 所 にも 送 られ 登 記 簿 の 記 載 が 修 正 され 地 図 が 更 新 される また 固 定 資 産 税 算 出 の 際 の 基 礎 情 報 となるなど 市 町 村 における 様 々な 行 政 事 務 の 基 礎 資 料 として 活 用 される なお 地 籍 調 査 は 国 土 調 査 法 に 基 づく 国 土 調 査 の1つとして 実 施 される 土 地 の 所 有 権 等 を 公 示 するために 人 為 的 に 分 けた 区 画 のこと 土 地 は 筆 (ひつ)という 単 位 でカウントされる 2-12 森 林 クラウド トラストフレームワーク( 平 成 27 年 度 更 新 ) 森 林 クラウド トラストフレームワークとは 複 数 のクラウド 事 業 者 がそれぞれ ID 連 携 を 行 うことによって ひとつのユーザ ID で 安 全 に 利 用 できる 枠 組 みのことである 2-13ID プロバイダ( 平 成 27 年 度 更 新 ) ID プロバイダとは ID 連 携 及 び アクセス 権 限 制 御 不 正 アクセスの 監 視 等 の 機 能 を 有 する 事 業 者 のことである 3クラウド 事 業 者 が 講 ずべき 措 置 3-1クラウドシステム 環 境 におけるセキュリティ 要 件 クラウドシステム 環 境 におけるセキュリティ 要 件 を 技 術 的 物 理 的 組 織 的 に 対 策 を 区 分 した 技 術 的 セキュリティ 対 策 外 部 からの 脅 威 に 対 して 今 ある 最 新 の 技 術 を 効 果 的 に 導 入 し 安 全 策 を 施 すことが 必 要 で ある ハードウェア 機 器 の 障 害 対 策 常 に 最 新 のウィルス 対 策 が 施 されていること ファイアウォール 等 外 部 からの 不 正 アクセスの 防 止 策 が 施 されていること サーバ OS 等 の 脆 弱 性 判 定 とその 対 策 7

8 通 信 時 の 暗 号 化 措 置 物 理 的 セキュリティ 対 策 施 設 建 物 やサーバ 機 器 等 の 安 全 性 の 確 保 に 対 する 対 策 が 必 要 である 施 設 建 物 の 耐 震 免 震 構 造 であること 利 用 するサーバの 設 置 場 所 は 国 内 とする 非 常 用 電 源 装 置 等 の 対 策 が 施 されている サーバルームの 消 化 設 備 等 が 装 備 されている 入 退 館 管 理 社 員 であっても 関 係 者 以 外 は 制 限 されている 破 壊 侵 入 の 防 止 防 犯 監 視 等 の 対 策 を 講 じる 組 織 的 セキュリティ 対 策 法 令 等 を 遵 守 した 社 内 体 制 の 整 備 や 教 育 の 実 施 森 林 クラウドシステム 利 用 者 の 承 認 と アクセス 制 御 が 重 要 である 法 令 規 範 の 遵 守 運 用 体 制 の 規 程 が 整 備 されている ID 管 理 権 限 の 管 理 林 業 事 業 体 は 複 数 の 市 町 村 又 は 都 道 府 県 との 事 業 連 携 をおこなうことから 複 数 の ユーザファイルへのアクセス 権 限 が 必 要 となる 複 数 の ID を 利 用 者 が 管 理 運 用 する のは 煩 雑 になるため ひとつの ID パスワードでそれぞれ 該 当 するファイルへの アクセス 権 限 を 可 能 となるように 対 策 を 講 じることが 必 要 である ( 平 成 26 年 度 更 新 ) 3-2データ 管 理 環 境 におけるセキュリティ 要 件 データ 管 理 環 境 におけるセキュリティ 要 件 では バックアップ データ 保 管 場 所 期 間 ディザスタリカバリ に 対 策 を 区 分 した 3-2-1バックアップ 対 策 データバックアップのインターバルと 実 施 タイミング バックアップデータの 適 切 な 何 世 代 管 理 設 定 バックアップデータの 二 重 化 3-2-2データの 保 管 場 所 保 管 期 間 データの 保 管 期 間 の 設 定 規 程 等 で 定 められた 期 間 とする データの 保 管 場 所 は 国 内 とする 保 管 するデータは 暗 号 化 等 を 施 し 漏 えい 流 出 時 の 予 防 対 策 である 8

9 3-2-3ディザスタリカバリの 対 策 災 害 などによる 被 害 からの 回 復 措 置 あるいは 被 害 を 最 小 限 の 抑 えるための 予 防 措 置 システムを 災 害 から 守 る のみならず 各 種 の 障 害 は 必 ず 起 こりえるものと 想 定 し いかに 効 率 よく 迅 速 に 復 旧 するかという 点 から 災 害 対 策 を 捉 える システム 停 止 による 利 益 の 損 失 を 最 小 限 に 抑 える 事 を 目 的 とする 多 地 点 でのバックアップデータの 保 管 対 策 データおよびソフトウェアのポータビリティ 対 策 3-3システム 利 用 環 境 におけるセキュリティ 要 件 システム 利 用 環 境 におけるセキュリティ 要 件 では アプリケーション 管 理 運 用 管 理 ユーザ 管 理 に 対 策 を 区 分 した 3-3-1アプリケーション 管 理 クラウド 事 業 者 は 安 全 かつ 安 定 したサービス 提 供 に 努 めなければならない ソフトウェア アプリケーションの 脆 弱 性 判 定 と 対 策 の 実 施 ソフトウェア アプリケーションの 変 更 履 歴 を 管 理 する アクセスログの 管 理 運 用 管 理 サーバやネットワークからの 不 正 アクセスや 攻 撃 に 対 応 する 監 視 機 能 の 整 備 を 行 い 利 用 者 に 必 要 な 情 報 の 通 知 が 迅 速 に 実 行 できる 体 制 整 備 が 望 ましい セキュリティインシデントの 通 知 監 視 サーバ ネットワークの 監 視 サービスの 停 止 障 害 時 等 の 通 知 相 談 窓 口 の 設 置 SLA 契 約 に 基 づくパフォーマンス 監 視 3-3-3ユーザ 管 理 利 用 者 ID およびアクセス 権 限 の 通 知 を 行 い 利 用 者 からの 決 定 または 変 更 通 知 に 迅 速 に 対 応 できる 体 制 を 整 備 する サービス 利 用 契 約 と SLA 契 約 利 用 者 の 特 定 と 認 証 利 用 者 ID およびアクセス 権 限 等 の 通 知 市 町 村 では 共 有 の 電 子 メールアドレスを 利 用 していることから 通 知 手 段 として 電 子 メールは 禁 止 とする ( 平 成 26 年 度 更 新 ) 定 期 点 検 障 害 対 応 等 によるサービス 停 止 の 通 知 9

10 4クラウド 利 用 者 が 講 ずべき 措 置 ( 都 道 府 県 市 町 村 林 業 事 業 体 等 ) 森 林 林 業 事 業 に 携 わる 者 が 森 林 クラウドシステムを 利 用 する 際 に 講 ずべき 対 策 である 4-1クラウドシステム 環 境 におけるセキュリティ 要 件 クラウドシステム 環 境 におけるセキュリティ 要 件 を 技 術 的 物 理 的 組 織 的 に セキュリティ 対 策 を 区 分 した 技 術 的 セキュリティ 対 策 都 道 府 県 クライアント 端 末 の OS( 例 えば Windows7)のパッチ 対 応 を 適 宜 実 施 すること ウィルス 対 策 ソフト 等 が 常 に 最 新 版 に 更 新 されていること クライアント 端 末 に 導 入 されている または 導 入 しようとするアプリケーション ( 市 販 ソフトや 無 償 アプリ 等 )の 管 理 をすることが 望 ましい 市 町 村 クライアント 端 末 の OS( 例 えば Windows7)のパッチ 対 応 を 適 宜 実 施 すること ウィルス 対 策 ソフト 等 が 常 に 最 新 版 に 更 新 されていること クライアント 端 末 に 導 入 されている または 導 入 しようとするアプリケーション ( 市 販 ソフトや 無 償 アプリ 等 )の 管 理 をすることが 望 ましい 共 有 メールアドレスの 脆 弱 性 に 注 意 する 特 に 林 業 事 業 体 への ID パスワード 等 の 通 知 に 利 用 しないこと 林 業 事 業 体 クライアント 端 末 の OS( 例 えば Windows7)のパッチ 対 応 を 適 宜 実 施 すること ウィルス 対 策 ソフト 等 が 常 に 最 新 版 に 更 新 されていること 物 理 的 セキュリティ 対 策 都 道 府 県 市 町 村 林 業 事 業 体 クライアント 端 末 の 破 壊 防 犯 等 の 対 策 を 施 すことが 望 ましい 組 織 的 セキュリティ 対 策 都 道 府 県 法 令 ( 個 人 情 報 保 護 条 例 を 含 む) 規 範 等 の 遵 守 および 遵 守 状 況 の 監 督 適 宜 システム 利 用 環 境 と 運 用 規 程 とが 実 務 に 合 っているかを 精 査 し 必 要 に 応 じて 規 程 等 の 見 直 し 教 育 を 実 施 する 森 林 クラウドシステム 利 用 管 理 責 任 者 を 任 命 し 利 用 者 ID やアクセス 権 限 等 の 認 証 および 利 用 者 の 管 理 をおこなうこと 10

11 SLA の 契 約 等 サービス 内 容 範 囲 等 を 森 林 クラウド 事 業 者 と 合 意 していることが 望 ましい 電 子 媒 体 の 利 用 制 限 および 保 管 場 所 等 の 手 続 きを 明 確 にしておくことが 望 ましい 市 町 村 法 令 ( 個 人 情 報 保 護 条 例 を 含 む) 規 範 等 の 遵 守 および 遵 守 状 況 の 監 督 適 宜 システム 利 用 環 境 と 運 用 規 程 とが 実 務 に 合 っているかを 精 査 し 必 要 に 応 じて 規 程 等 の 見 直 し 教 育 を 実 施 する 森 林 クラウドシステム 利 用 管 理 責 任 者 を 任 命 し 利 用 者 ID やアクセス 権 限 等 の 認 証 および 利 用 者 の 管 理 をおこなうこと SLA の 契 約 等 サービス 内 容 範 囲 等 を 森 林 クラウド 事 業 者 と 合 意 していることが 望 ましい 電 子 媒 体 の 利 用 制 限 および 保 管 場 所 等 の 手 続 きを 明 確 にしておくことが 望 ましい 林 業 事 業 体 法 令 ( 個 人 情 報 保 護 法 を 含 む) 規 範 等 の 遵 守 および 遵 守 状 況 の 監 督 適 宜 システム 利 用 環 境 と 運 用 規 程 とが 実 務 に 合 っているかを 精 査 し 必 要 に 応 じて 規 程 等 の 見 直 し 教 育 を 実 施 する 森 林 クラウドシステム 利 用 管 理 責 任 者 を 任 命 し 利 用 者 ID やアクセス 権 限 等 の 認 証 および 利 用 者 の 管 理 をおこなうこと SLA の 契 約 等 サービス 内 容 範 囲 等 を 森 林 クラウド 事 業 者 と 合 意 していることが 望 ましい 4-2データ 管 理 環 境 におけるセキュリティ 要 件 森 林 クラウドシステムでは データ 管 理 環 境 におけるセキュリティ 要 件 はクラウド 事 業 者 が 対 応 している クラウド 利 用 者 がより 安 全 性 を 確 保 するためには 望 ましい 対 策 である 4-2-1バックアップ 対 策 都 道 府 県 市 町 村 林 業 事 業 体 災 害 復 旧 対 策 は 森 林 クラウド 事 業 者 が 担 っているがバックアップデータが 多 く 存 在 することはより 安 全 性 が 担 保 できるため クラウド 利 用 者 側 も 適 宜 バックアップ を 実 施 することが 望 ましい 4-2-2データ 保 管 場 所 期 間 の 対 策 都 道 府 県 市 町 村 林 業 事 業 体 に 提 供 する 情 報 の 保 管 と 提 供 後 の 削 除 森 林 簿 や 計 画 図 の 更 新 に 合 わせた 保 管 削 除 の 期 間 タイミングを 明 確 にする 11

12 市 町 村 都 道 府 県 から 提 供 された 情 報 の 保 管 と 利 用 後 の 削 除 林 業 事 業 体 から 受 領 した 情 報 の 保 管 と 利 用 後 の 削 除 林 業 事 業 体 都 道 府 県 市 町 村 から 受 領 した 情 報 の 保 管 と 利 用 後 の 削 除 4-3システム 利 用 環 境 におけるセキュリティ 要 件 システム 利 用 環 境 におけるセキュリティでは アプリケーション 管 理 運 用 管 理 ユ ーザ 管 理 に 区 分 した 4-3-1アプリケーション 管 理 森 林 クラウド 事 業 者 が 安 全 かつ 安 定 したサービスを 提 供 するための 対 策 が 講 じられて いるここと 都 道 府 県 森 林 クラウド 利 用 者 は 既 にあるソフトウェアを 利 用 することから 管 理 策 の 対 象 から 外 すこととする 運 用 管 理 都 道 府 県 都 道 府 県 は 市 町 村 や 林 業 事 業 体 に 対 して 森 林 情 報 を 電 子 媒 体 にて 提 供 する 場 合 が あるため 万 一 の 紛 失 や 盗 難 等 の 対 策 にデータの 暗 号 化 またはファイルパスワー ド 等 の 設 定 が 必 要 である 契 約 に 基 づくサービスレベルが 利 用 実 態 と 合 っているか 定 期 的 に 評 価 見 直 しをお こなうことが 望 ましい クラウド 事 業 者 から 通 知 されるアクセスログを 適 宜 確 認 することが 望 ましい 市 町 村 市 町 村 は 契 約 に 基 づくサービスレベルが 利 用 実 態 と 合 っているか 定 期 的 に 評 価 見 直 しを 実 施 することが 望 ましい 都 道 府 県 林 業 事 業 体 に 提 供 する 手 段 が 電 子 媒 体 である 場 合 は データの 暗 号 化 を 施 すか 又 はパスワードの 設 定 を 施 すようにする クラウド 事 業 者 から 定 期 的 に 提 供 されるアクセスログ リストの 確 認 を 実 施 する ことが 望 ましい ( 異 常 なアクセス 回 数 やダウンロード プリント 等 の 確 認 ) 林 業 事 業 体 林 業 事 業 体 は 契 約 に 基 づくサービスレベルが 利 用 実 態 と 合 っているか 定 期 的 に 評 価 見 直 しを 実 施 することが 望 ましい クラウド 事 業 者 から 定 期 的 に 提 供 されるアクセスログ リストの 確 認 を 実 施 するこ とが 望 ましい ( 異 常 なアクセス 回 数 やダウンロード プリント 等 の 確 認 ) 12

13 4-3-3ユーザ 管 理 都 道 府 県 職 員 の 人 事 異 動 や 退 職 等 による 利 用 者 登 録 やアクセス 権 限 の 追 加 失 効 の 認 証 手 続 きやクラウド 事 業 者 への 速 やかな 通 知 と 担 当 者 への 認 証 通 知 を 実 施 すること 利 用 者 登 録 やアクセス 権 限 の 追 加 失 効 等 の 手 順 を 下 図 1 に 示 す 森 林 クラウドシステムの 運 用 を 確 立 するためには クラウド 事 業 者 と 都 道 府 県 間 の 利 用 者 登 録 アクセス 権 限 等 の 情 報 が 双 方 同 一 情 報 であること 常 に 最 新 であ り 正 確 でなくてはならない システム 利 用 者 は 定 期 的 なパスワードの 変 更 をする ( 例 えば6ヶ 月 に1 度 実 施 ) 外 部 とのアクセス 権 限 を 許 可 した 場 合 の ID パスワードの 通 知 方 法 として 電 子 メ ールは 禁 止 とする ( 理 由 : 市 町 村 は 共 有 メールアドレスを 利 用 している 場 合 があ るため) 市 町 村 職 員 / 従 業 者 等 の 配 属 人 事 異 動 退 職 等 でシステムのアクセス 権 限 の 追 加 削 除 等 が 発 生 した 場 合 は 速 やかに 内 部 手 続 き 完 了 の 上 クラウド 事 業 者 に 通 知 しなけれ ばならない 森 林 クラウドシステム 利 用 に 係 るアクセス 権 限 の 追 加 変 更 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なく 担 当 者 に 通 知 しなければならない 森 林 クラウドシステムを 利 用 する 担 当 者 は 定 期 的 に パスワード を 変 更 しなけれ ばならない ( 変 更 する 時 期 を 設 定 すること 例 えば 6 ヶ 月 に 1 回 ) 市 町 村 のシステム 管 理 責 任 者 は 林 業 事 業 体 にアクセス 権 限 を 与 え ID パスワード を 通 知 する 場 合 は 郵 送 もしくは 直 接 手 渡 し 等 とし 電 子 メールでの 通 知 は 禁 止 とす る 林 業 事 業 体 職 員 / 従 業 者 等 の 配 属 人 事 異 動 退 職 等 でシステムのアクセス 権 限 の 追 加 削 除 等 が 発 生 した 場 合 は 速 やかに 内 部 手 続 き 完 了 の 上 クラウド 事 業 者 に 通 知 しなけれ ばならない 森 林 クラウドシステム 利 用 に 係 るアクセス 権 限 の 追 加 変 更 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なく 担 当 者 に 通 知 しなければならない 森 林 クラウドシステムを 利 用 する 担 当 者 は 定 期 的 に パスワード を 変 更 しなけれ ばならない ( 変 更 する 時 期 を 設 定 すること 例 えば 6 ヶ 月 に 1 回 ) 13

14 図 1 利 用 者 登 録 とアクセス 権 限 の 認 証 フロー 5 森 林 クラウドシステムにおける SLA の 合 意 事 項 都 道 府 県 市 町 村 林 業 事 業 体 SLA(Service level Agreement)とは クラウド 事 業 者 とクラウド 利 用 者 ( 都 道 府 県 市 町 村 林 業 事 業 体 が 対 象 となる)との 間 で 森 林 クラウドシステムが 提 供 するサービスの 契 約 を 締 結 する 際 に 提 供 するサービスの 範 囲 内 容 及 び 前 提 となる 諸 事 項 を 踏 まえた 上 で サービスの 品 質 に 対 する 要 求 水 準 を 規 定 するとともに 規 定 した 内 容 が 適 正 に 実 現 される ための 運 営 ルールを 両 者 の 合 意 として 文 書 化 したものであり 森 林 クラウドシステムを 導 入 する 時 は SLA の 合 意 契 約 を 締 結 する 事 が 望 ましい SLA の 構 成 要 素 を 下 表 1 に 示 す 14

15 表 1 SLA の 構 成 要 素 SLAの 構 成 要 素 サービスメニュー サービス 要 件 SLA 評 価 項 目 SLA 設 定 値 報 告 要 件 解 説 SLAの 対 象 となるサービスの 種 別 と 各 サービスの 機 能 要 件 のことです サービスの 範 囲 などもここに 含 めることになるので できるだけ 具 体 的 な 記 述 が 求 めら れます サービスメニューごとに 規 定 される 定 量 的 又 は 定 性 的 要 件 で 後 の 評 価 やパフォー マンス 設 定 の 前 提 となる 要 件 になります サービスメニューに 対 応 する 品 質 を 定 量 的 に 設 定 評 価 する 項 目 で 提 供 されている サービスについて 評 価 する 項 目 となるので できるだけ 測 定 が 可 能 なものにする 必 要 が あります SLA 評 価 項 目 の 具 体 的 な 値 のことです これには 保 証 値 と 目 標 値 の 二 つがあります 保 証 値 は いわば 守 らなくてはいけない 値 です 一 方 で 目 標 値 は あくまで 目 標 であり 必 ずしも 守 らなければならないものではありません 報 告 の 周 期 や 方 法 のほか SLA 測 定 方 法 についてもここで 定 義 することが 望 ましいとい えます ペナルティ 対 象 とするサービスメニューやサービス 要 件 SLA 設 定 値 等 が 達 成 されなかったときの 影 響 度 や 未 達 の 度 合 いなどによって 考 慮 すればよいかと 思 います その 他 免 責 やSLAに 関 し 委 託 元 と 委 託 先 の 義 務 についても 記 述 されると 望 ましいでしょう ( 出 典 : 総 務 省 自 治 体 CIO 育 成 研 修 ) SLA を 設 定 する 対 象 の 判 断 基 準 は 以 下 4 つにあると 考 えられる 1 委 託 するサービスの 重 要 性 はどの 程 度 のものか 2 SLA の 内 容 を 文 書 化 できるか 3 SLA を 設 定 した 場 合 の 測 定 が 可 能 であるか 4 SLA を 設 定 した 場 合 その 内 容 を 達 成 できる 環 境 があるか SLA を 設 定 する 対 象 の 例 を 下 表 2 に 示 すが あくまで 例 であるため 上 記 判 断 基 準 をもとに 森 林 クラウドシステムの 利 用 者 で 考 慮 することが 望 ましい 15

16 表 2 SLA を 設 定 する 対 象 例 対 象 項 目 内 容 セキュリティ サポートデスク 保 守 アプリケーション ネットワーク データセンター ストレージ ファイアウォール ウイルス 対 策 情 報 提 供 ヘルプデスク 障 害 対 策 アプリケーションの 稼 働 ネットワーク 管 理 中 央 監 視 データ 管 理 不 正 アクセスを 検 出 するまでの 時 間 不 正 アクセス 検 出 後 通 知 までの 時 間 パターンファイル 更 新 までの 時 間 ウイルススキャンにかかる 時 間 最 新 セキュリティ 情 報 を 提 供 する 間 隔 最 新 セキュリティ 情 報 を 提 供 する 件 数 受 付 時 間 解 決 率 電 話 がつながらない 確 率 時 間 コールバックまでの 時 間 対 応 時 間 復 旧 時 間 原 因 判 明 率 原 因 究 明 までの 時 間 サービス 提 供 時 間 処 理 完 了 までの 時 間 帳 票 出 力 までの 時 間 稼 働 率 同 時 接 続 可 能 数 バックアップに 要 する 時 間 バックアップタイミング リストアに 要 する 時 間 アプリケーション 変 更 に 要 する 時 間 回 線 の 種 類 稼 働 率 伝 送 遅 延 時 間 トラフィック 管 理 ID パスワードの 変 更 に 要 する 時 間 公 的 認 証 の 取 得 状 況 ログ 収 集 の 間 隔 閾 値 の 監 視 間 隔 世 代 管 理 ディスク 負 荷 率 容 量 の 監 視 間 隔 データベースバージョンアップの 方 法 バックアップ 媒 体 と 保 管 世 代 数 バックアップタイミング バックアップの 保 存 期 間 データリカバリの 復 旧 時 間 ( 出 典 : 総 務 省 自 治 体 CIO 育 成 研 修 ) 相 互 間 で SLA を 設 定 する 対 象 の 決 定 後 は 指 標 の 設 定 をおこなう 指 標 は 具 体 的 な 数 値 とすることが 望 ましいが 場 合 によっては あり/なし で 判 断 する ことになると 思 われる SLA の 導 入 に 関 するメリットとデメリットについて 以 下 の 通 り 整 理 する 16

17 5-1 導 入 のメリット サービスレベルの 質 が 向 上 できる SLAを 設 定 することで 提 供 されるサービ レベルが 明 確 になり それを 継 続 的 に 見 直 すことで 質 の 向 上 が 可 能 となる サービス 全 体 の 水 準 が 統 一 化 できSLAを 設 定 検 証 し それを 展 開 することで 都 道 府 県 や 市 町 村 森 林 組 合 その 他 林 業 事 業 体 で 同 じサービスの 水 準 が 決 定 でき る サービスが 提 供 されない 場 合 の 保 険 となり SLAが 未 達 の 場 合 は 場 合 によってペ ナルティが 与 えられる 5-2 導 入 のデメリット 管 理 するための 確 認 事 項 やSLAを 運 用 するための 様 々な 確 認 事 項 があり 計 画 段 階 でも 管 理 考 慮 するべきことが 多 くなる 管 理 するためのコスト 増 加 や 確 認 事 項 の 増 加 は 結 果 的 にコストに 跳 ね 返 ってく る 森 林 クラウドシステム 事 業 者 もSLA 測 定 など 作 業 内 容 が 増 えるため コスト 増 を 要 求 することが 一 般 的 である 17

18 6 森 林 クラウド フレームワーク( 平 成 27 年 度 更 新 ) 複 数 のクラウド 事 業 者 がユーザ ID とパスワードを 連 携 し ひとつのユーザ ID とパス ワードで 様 々なクラウドサービスの 利 用 が 可 能 となるためのしくみが 必 要 である ID 連 携 トラストフレームワークは このような 複 数 のユーザ ID とパスワードの 管 理 負 担 をなくし 異 なるクラウドシステムをシームレスに 利 用 可 能 にするしくみのひとつである ID 連 携 を 可 能 とした 森 林 クラウドシステムの 概 念 図 を 以 下 の 図 2 現 状 のクラウド 利 用 と ID 連 携 のクラウド 利 用 に 示 す 現 状 での 課 題 森 林 クラウド トラストフレームワーク( 仮 称 ) 第 三 者 認 証 森 林 クラウドA 森 林 クラウドB ルール 化 認 証 監 査 ID 林 業 事 業 体 ID 森 林 クラウドA 都 道 府 県 ID 連 携 森 林 クラウドB 市 町 村 ID ID 林 業 事 業 体 複 数 のクラウドサービス 事 業 間 でID 連 携 を 実 現 するためにはルール 化 が 必 要 であり 事 業 者 の 認 定 制 度 も 必 要 となる 共 通 のID 図 2 現 状 のクラウド 利 用 と ID 連 携 のクラウド 利 用 6-1 森 林 クラウド トラストフレームワークの 機 能 森 林 クラウド トラストフレームワークには 以 下 の 機 能 を 有 する (1) 様 々なクラウドシステムと ID 連 携 を 行 い 安 全 且 つ 信 頼 できる ID プロバイダ 機 能 (2) 利 用 者 のアクセス 権 限 及 びアクセス 制 御 等 の 管 理 機 能 (3) 外 部 内 部 からの 異 常 アクセスの 監 視 機 能 (4) モバイル 端 末 利 用 環 境 のセキュリティ 対 応 機 能 (5) 森 林 情 報 とマイナンバー 個 人 情 報 等 の 制 御 機 能 ( 今 年 度 の 範 囲 から 外 す) それぞれのクラウド 事 業 者 が 上 記 の 機 能 を 有 するよりも 独 立 且 つ 中 立 的 な 組 織 ( 例 えば クラウド 基 盤 事 業 者 ) 組 織 が ID 連 携 機 能 を 司 る ID プロバイダ として 機 能 する 方 が 有 効 である 6-2ID プロバイダの 機 能 都 道 府 県 や 市 町 村 林 業 事 業 体 がそれぞれ 別 のクラウド 事 業 者 を 採 用 する 可 能 性 がある 18

19 ため ID 連 携 を 可 能 とする ID プロバイダ 機 能 が 必 要 であること 既 存 のクラウドサービス を 展 開 している 事 業 者 が 容 易 に 参 加 できる 環 境 を 整 えるために ID 変 換 機 能 を ID プロバイ ダが 有 していなければならない 以 下 の 図 3 ID プロバイダによる ID 連 携 の 概 要 に 示 す 利 用 者 利 用 申 請 と 利 用 環 境 の 連 絡 登 録 の 通 知 と ID パスワードの 発 行 IDプロバイダ 発 行 の ID パスワードでログイン I D プ ロ バ イ ダ ID 変 換 テーブル 利 用 者 の 利 用 申 請 と 利 用 環 境 の 連 絡 クラウド 事 業 者 ID パスワードでログイン ID パスワードの 発 行 利 用 者 の 利 用 申 請 と 利 用 環 境 の 連 絡 クラウド 事 業 者 ID パスワードでログイン ID パスワードの 発 行 A 森 事 林 業 ク 者 ラ ウ ド B 森 事 林 業 ク 者 ラ ウ ド 図 3 ID プロバイダによる ID 連 携 の 概 要 6-3 森 林 クラウド トラストフレームワークの 運 用 森 林 クラウド トラストフレームワークに 参 加 できる 資 格 があるか 個 人 情 報 保 護 や 情 報 セキュリティの 確 保 に 必 要 な 対 策 が 施 されているかを 評 価 するための 基 準 が 必 要 である (1) ID プロバイダは 自 身 の 資 格 要 件 を 満 たしていなければならない (2) クラウド 事 業 者 が ID 連 携 を 行 うためには ID プロバイダに 登 録 しなければならない (3) ID プロバイダは 参 加 を 希 望 するクラウド 事 業 者 に 対 して 資 格 要 件 を 満 たしているか 評 価 した 上 で 登 録 を 行 い 公 表 することが 望 ましい (4) ID プロバイダを 担 う 事 業 者 は 森 林 クラウドシステム 事 業 において 中 立 的 な 立 場 の 事 業 者 ( 例 えば クラウド 基 盤 事 業 者 等 )であることが 望 ましい (5) クラウド 事 業 者 は ID プロバイダから 評 価 を 受 けその 資 格 要 件 を 満 たしていること (6) 情 報 セキュリティ 個 人 情 報 保 護 等 の 規 程 を 策 定 し それを 遵 守 していることが 求 め られる ID プロバイダの 資 格 要 件 を 評 価 する 組 織 や 機 関 がないため ISMS やプライバシーマーク 等 の 第 三 者 認 証 機 関 が 運 営 する 認 証 を 取 得 していることが 望 ましい 6-4 森 林 クラウドシステム 利 用 におけるアクターと 役 割 森 林 クラウドシステム 利 用 におけるアクターと 役 割 を 以 下 の 表 3 に 示 す 19

20 対 象 者 森 林 クラウド 表 3 森 林 クラウドシステム 利 用 におけるアクターと 役 割 森 林 クラウドシステム 利 用 におけるアクターと 役 割 利 用 者 森 林 クラウド 事 業 者 都 道 府 県 森 林 組 合 IDプロバイダ 市 町 村 その 他 林 業 事 業 体 クラウド 基 盤 事 業 者 サービスプロバイダ 森 林 所 有 者 ID パスワード 受 領 ID パスワード 受 領 基 盤 利 用 者 登 録 ID パスワードの 通 知 ID パスワードの 発 行 自 社 利 用 権 限 の 通 知 自 社 利 用 権 限 の 通 知 ユーザファイル 管 理 利 用 者 の 受 領 登 録 利 用 者 確 認 登 録 アクセス 許 可 の 通 知 アクセス 権 限 の 受 領 通 信 トラフィックの 監 視 アクセス 権 限 の 設 定 アクセス 権 限 の 設 定 自 治 体 へアクセス 申 請 不 正 アクセスの 監 視 事 業 者 登 録 申 請 事 業 者 登 録 確 認 アクセス 許 可 の 受 領 不 正 アクセスの 監 視 6-5ID プロバイダ 及 びクラウド 事 業 者 の 資 格 要 件 森 林 クラウド トラストフレームワークでは 利 用 者 と 対 面 する ID プロバイダとサービ スを 提 供 するクラウド 事 業 者 が 信 頼 できる 事 業 者 であることを 利 用 者 に 理 解 してもらうこ とが 重 要 である そのためには ID プロバイダ 及 びクラウド 事 業 者 が 信 頼 に 足 りる 評 価 基 準 を 満 たしていなければならない ID プロバイダ 及 びクラウド 事 業 者 の 資 格 要 件 を 以 下 の 表 4 ID プロバイダの 資 格 要 件 及 び 表 5 クラウド 事 業 者 の 資 格 要 件 に 整 理 をした 表 4 ID プロバイダの 資 格 要 件 資 格 要 件 組 織 の 成 熟 度 サービスの 定 義 情 報 セキュリティの 管 理 体 制 情 報 セキュリティに 関 する 運 営 基 盤 外 部 サービスの 利 用 セキュアな 通 信 の 確 保 IDプロバイダ 備 考 (クラウド 基 盤 事 業 者 等 ) 組 織 第 三 者 認 証 取 得 事 法 律 及 び 契 約 の 遵 守 業 者 である 事 財 務 規 定 (ISMS Pマーク 等 ) データ 保 持 及 び 保 護 サービスの 終 了 利 用 規 約 サービスの 変 更 通 知 利 用 者 との 合 意 利 用 者 との 合 意 の 記 録 利 用 者 情 報 の 変 更 セキュリティポリシーと 手 順 の 文 書 化 セキュリティポリシーの 管 理 と 責 任 リスク 管 理 業 務 継 続 計 画 品 質 管 理 システム 管 理 ソフトウェア 管 理 内 部 監 査 外 部 監 査 の 実 施 監 査 記 録 セキュリティ 管 理 の 手 法 セキュリティ 管 理 に 関 する 役 割 の 定 義 人 材 リソースの 適 切 性 物 理 的 アクセス 制 御 論 理 的 アクセス 制 御 契 約 と 手 続 き 契 約 先 の 監 督 セキュアなリモート 通 信 認 証 メッセージの 検 証 パスワードへのアクセス 制 御 パスワードの 論 理 的 保 護 20

21 表 5 クラウド 事 業 者 の 資 格 要 件 1 2 組 織 の 成 熟 度 サービスの 定 義 資 格 要 件 森 林 クラウド 事 業 者 (サービスプロバイダ 等 ) 法 的 実 在 性 法 令 遵 守 情 報 管 理 能 力 委 託 管 理 能 力 組 織 管 理 能 力 利 用 規 約 サービスの 変 更 通 知 利 用 者 との 合 意 利 用 者 との 合 意 の 記 録 備 考 情 報 セキュリティの 管 理 体 制 情 報 セキュリティに 関 する 運 営 基 盤 外 部 サービスの 利 用 セキュアな 通 信 の 確 保 セキュリティポリシーと 手 順 の 文 書 化 セキュリティポリシーの 管 理 と 責 任 リスク 管 理 業 務 継 続 計 画 品 質 管 理 システム 管 理 ソフトウェア 管 理 内 部 監 査 外 部 監 査 の 実 施 監 査 記 録 セキュリティ 管 理 の 手 法 セキュリティ 管 理 に 関 する 役 割 の 定 義 物 理 的 アクセス 制 御 論 理 的 アクセス 制 御 契 約 と 手 続 き 契 約 先 の 監 督 パスワードへのアクセス 制 御 パスワードの 論 理 的 保 護 21

22 6-6クラウド 事 業 者 に 関 する 評 価 登 録 の 手 順 クラウド 事 業 者 は 登 録 申 請 書 と 資 格 要 件 に 準 じた 資 料 を 作 成 し ID プロバイダに 提 出 した 上 で 評 価 を 受 け 一 定 の 基 準 を 満 たしていると 判 断 した 場 合 は 登 録 認 定 通 知 が 付 与 され 森 林 クラウド トラストフレームワークに 登 録 される これらの 評 価 登 録 の 手 順 を 以 下 の 図 4 評 価 登 録 の 手 順 に 示 す IDプロバイダー 森 林 クラウド 事 業 者 ポータルサイトからの 申 請 を 想 定 森 林 クラウド 事 業 者 登 録 画 面 登 録 申 請 入 力 登 録 申 請 受 付 登 録 申 請 受 付 資 格 要 件 資 料 受 領 資 格 要 件 資 格 要 件 資 料 作 成 評 価 追 加 修 正 資 料 の 要 求 登 録 認 定 通 知 登 録 認 定 受 領 事 業 者 登 録 ポータル 画 面 に 掲 載 事 業 関 連 資 料 事 業 関 連 資 料 作 成 提 出 1サービス 概 要 2プライバシーポリシー 3 利 用 規 約 等 図 4 評 価 登 録 の 手 順 22

23 7 森 林 クラウドシステムに 係 る 個 人 情 報 森 林 クラウドシステムで 有 する 個 人 情 報 の 扱 いを 森 林 クラウド 事 業 者 と 森 林 クラウド 利 用 者 に 区 分 した 7-1 森 林 クラウドシステムにおける 個 人 情 報 の 該 当 性 1 森 林 クラウドシステムにおける 個 人 データ 森 林 簿 森 林 簿 には 森 林 所 有 者 名 及 び 大 字 字 地 番 在 村 不 在 村 が 存 在 する 森 林 計 画 図 地 図 上 に 地 番 が 標 記 されている 場 合 もある 林 地 所 有 者 情 報 所 有 者 名 住 所 連 絡 先 土 地 取 得 日 地 番 面 積 等 地 籍 調 査 情 報 ( 地 籍 簿 地 籍 図 ) 所 有 者 名 地 番 面 積 都 道 府 県 は 森 林 簿 森 林 計 画 図 を 個 人 情 報 ファイルとし 市 町 村 はそれ 以 外 に 林 地 所 有 者 台 帳 地 籍 調 査 情 報 を 個 人 情 報 ファイルとしている 又 一 部 の 都 道 府 県 市 町 村 によっては 所 有 者 名 地 番 以 外 にも 大 字 字 林 相 も 個 人 情 報 の 扱 いとしているところがある 2 森 林 計 画 図 の 個 人 情 報 の 該 当 性 地 理 空 間 情 報 の 活 用 における 個 人 情 報 の 取 扱 いに 関 するガイドライン( 地 理 空 間 情 報 活 用 推 進 会 議 平 成 22 年 9 月 ) 3.1 地 理 空 間 情 報 における 個 人 情 報 保 護 の 考 え 方 (1) 地 理 空 間 情 報 に 係 る 個 人 情 報 該 当 性 では 地 番 や 住 居 番 号 等 の 特 定 の 土 地 や 建 物 の 所 在 を 示 す 地 理 空 間 情 報 に 関 しては 一 般 に 何 人 も 閲 覧 等 が 可 能 な 不 動 産 登 記 情 報 や 市 販 の 住 宅 地 図 と 照 合 することにより 特 定 の 個 人 を 識 別 することができる 傾 向 にある そのため 地 番 や 住 居 番 号 等 の 特 定 の 土 地 や 建 物 の 所 在 を 示 す 地 理 空 間 情 報 であって 他 の 情 報 と 照 合 することで 特 定 の 個 人 が 識 別 できることから 基 本 的 に 個 人 情 報 に 該 当 する と 位 置 づけている 7-2クラウド 事 業 者 の 個 人 情 報 保 護 森 林 クラウドシステムを 提 供 する 事 業 者 ( 提 供 しようとする 事 業 者 )は システム 内 で の 個 人 データの 処 理 や 保 管 等 利 用 者 が 個 人 データを 利 用 するための 安 全 性 を 確 保 しなけ ればならない 又 クラウド 事 業 者 はこの 事 業 のために 自 ら 取 得 している 個 人 情 報 の 安 全 性 を 確 保 しな ければならない クラウド 事 業 者 がこの 事 業 で 取 得 利 用 している 個 人 情 報 クラウド 利 用 者 名 電 話 番 号 メールアドレス ID パスワード アクセス 履 歴 23

24 利 用 者 が 管 理 利 用 している 個 人 情 報 1 森 林 簿 データ 森 林 簿 には 森 林 所 有 者 名 及 び 大 字 字 地 番 在 所 不 在 所 が 存 在 する 2 森 林 計 画 図 データ 地 図 上 に 地 番 が 標 記 されている 場 合 もある 個 人 情 報 の 扱 いは 所 有 者 名 地 番 としている 3 地 籍 調 査 データ 地 籍 簿 地 籍 図 には 所 有 者 名 地 番 面 積 図 面 上 の 位 置 林 地 所 有 者 情 報 は 正 しい 所 有 者 等 を 特 定 するために 利 用 するものでシステム 上 では 森 林 簿 データ に 反 映 される ただし 市 町 村 が 利 用 者 の 場 合 は 過 去 の 所 有 者 も 必 要 な 時 があるのでクラウド 上 で 管 理 する 場 合 があるので 留 意 しなければならない 7-2-1クラウド 事 業 者 が 講 ずべき 個 人 情 報 保 護 に 関 する 体 制 クラウド 事 業 者 は 自 社 が 提 供 するシステム 又 はサービスにおいて 個 人 情 報 保 護 の 重 要 性 を 認 識 し 以 下 の 体 制 を 整 備 しなければならない 法 令 規 範 等 の 遵 守 個 人 情 報 保 護 方 針 の 策 定 と 公 表 個 人 情 報 保 護 規 定 の 策 定 および 体 制 整 備 相 談 問 合 せ 担 当 窓 口 の 設 置 公 表 目 的 外 利 用 の 禁 止 第 三 者 提 供 の 禁 止 運 用 管 理 担 当 者 とシステム 開 発 担 当 者 とアクセスの 権 限 を 分 ける 事 故 障 害 等 による 漏 えい 事 故 発 生 の 体 制 が 整 備 されていること また 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 体 制 が 整 備 されていることを 証 明 する ISMS プライバ シーマーク ASP SaaS 認 証 等 の 第 三 者 認 証 の 取 得 制 度 がある 7-3クラウド 利 用 者 の 個 人 情 報 保 護 と 利 活 用 クラウド 利 用 者 は 法 令 規 範 等 を 遵 守 し 個 人 情 報 の 安 全 且 つ 適 切 な 取 扱 いをしなけ ればならない 対 象 となるクラウド 利 用 者 の 個 人 情 報 保 護 に 関 する 法 令 等 クラウド 利 用 者 は 地 方 公 共 団 体 ( 都 道 府 県 市 町 村 )と 民 間 事 業 者 ( 林 業 事 業 体 )が 対 象 とな ることから 遵 守 する 法 令 規 範 等 がそれぞれ 異 なる 1 都 道 府 県 市 町 村 個 人 情 報 保 護 法 ( 基 本 法 ) 個 人 情 報 保 護 条 例 規 範 等 24

25 2 林 業 事 業 体 個 人 情 報 保 護 法 農 林 水 産 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン 等 7-3-2クラウド 利 用 者 が 講 ずべき 個 人 情 報 保 護 に 関 する 体 制 都 道 府 県 市 町 村 個 人 情 報 保 護 条 例 及 び 内 部 規 程 の 遵 守 システム 管 理 責 任 者 は 個 人 情 報 を 適 切 に 取 扱 うためにその 業 務 に 合 わせたアク セス 権 限 を 与 えなければならない 実 施 機 関 は 担 当 者 が 個 人 情 報 保 護 に 関 する 知 識 等 を 一 定 のレベルに 保 つため 定 期 的 な 教 育 を 実 施 することが 望 ましい 実 施 機 関 は 法 令 規 範 等 の 遵 守 状 況 を 定 期 的 に 確 認 するため 個 人 情 報 保 護 及 び 情 報 セキュリティに 関 する 内 部 監 査 を 実 施 する 必 要 がある 林 業 事 業 体 個 人 情 報 保 護 法 及 び 農 林 水 産 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドラインの 遵 守 法 令 を 遵 守 するための 個 人 情 報 管 理 規 程 の 作 成 とその 遵 守 システム 管 理 責 任 者 は 個 人 情 報 を 適 切 に 取 扱 うためにその 業 務 に 合 わせたアク セス 権 限 を 与 えなければならない 事 業 者 は 担 当 者 が 個 人 情 報 保 護 に 関 する 知 識 等 を 一 定 のレベルに 保 つため 定 期 的 な 教 育 を 実 施 することが 望 ましい 事 業 者 は 法 令 規 範 等 の 遵 守 状 況 を 定 期 的 に 確 認 するため 個 人 情 報 保 護 及 び 情 報 セキュリティに 関 する 内 部 監 査 を 実 施 する 必 要 がある 森 林 クラウドシステムにおける 個 人 情 報 の 利 用 森 林 クラウドシステムは 地 方 自 治 体 の 保 有 する 森 林 情 報 及 び 森 林 所 有 者 情 報 を 施 業 主 体 者 である 林 業 事 業 体 と 情 報 共 有 利 用 することで 森 林 整 備 に 関 する 政 策 が 達 成 できる 環 境 を 整 備 している 森 林 林 業 事 業 では 個 人 情 報 を 提 供 するのは 都 道 府 県 市 町 村 であ り 利 用 する 主 体 者 は 林 業 事 業 体 となる 例 えば 森 林 経 営 計 画 を 達 成 するためには 周 辺 の 森 林 を 一 括 して 施 業 し 森 林 林 業 に 関 する 業 務 の 効 率 化 を 図 る 必 要 がある また 林 業 事 業 体 は 森 林 所 有 者 に 森 林 経 営 の 提 案 をおこなうため 所 有 名 連 絡 先 等 の 個 人 情 報 が 必 要 となる しかし 市 町 村 では 林 業 事 業 体 への 第 三 者 提 供 が 実 現 しているのは 僅 かである 都 道 府 県 市 町 村 が 保 有 する 森 林 情 報 を 第 三 者 提 供 する 仕 組 み 地 方 自 治 体 (1763 団 体 )の 個 人 情 報 保 護 条 例 を 調 査 し 一 定 の 条 件 で 第 三 者 提 供 が 可 能 である ことが 確 認 できた ( 詳 細 は 平 成 26 年 度 森 林 情 報 高 度 利 活 用 技 術 開 発 事 業 ~ 森 林 クラウ 25

26 ドシステム 標 準 化 事 業 ~の 報 告 書 を 参 照 ) 森 林 法 の 抜 粋 ( 農 林 水 産 大 臣 等 の 援 助 ) 第 191 条 農 林 水 産 大 臣 及 び 都 道 府 県 知 事 は 全 国 森 林 計 画 及 び 地 域 森 林 計 画 の 達 成 並 びに 市 町 村 森 林 整 備 計 画 及 び 森 林 経 営 計 画 の 作 成 及 びこれらの 達 成 のために 必 要 な 助 言 指 導 資 金 の 融 通 のあっせんその 他 の 援 助 を 行 う ように 努 めるものとする 2 市 町 村 は 森 林 の 経 営 の 受 託 又 は 委 託 に 必 要 な 情 報 の 提 供 助 言 又 は あっせんを 行 うとともに 市 町 村 森 林 整 備 計 画 の 達 成 並 びに 森 林 経 営 計 画 の 作 成 及 びその 達 成 のために 必 要 な 助 言 指 導 その 他 の 援 助 を 行 うように 努 めるものとする ( 施 業 の 集 約 化 等 の 事 業 の 推 進 ) 第 191 条 の5 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 効 率 的 な 森 林 の 経 営 を 可 能 とするためには 森 林 の 施 業 の 集 約 化 等 の 事 業 の 推 進 が 重 要 であることに 鑑 み これらの 事 業 を 担 うことができる 森 林 組 合 等 の 主 体 の 育 成 当 該 事 業 への 支 援 その 他 の 必 要 な 措 置 を 講 ずるよう 努 めるものとする 林 野 庁 長 官 通 知 ( 平 成 24 年 3 月 30 日 付 23 林 整 計 第 339 号 ) 森 林 の 経 営 の 受 委 託 森 林 施 業 の 集 約 化 等 の 促 進 に 関 する 森 林 関 連 情 報 の 提 供 及 び 整 備 について (1) 森 林 関 連 情 報 の 提 供 について 都 道 府 県 及 び 市 町 村 が 保 有 する 森 林 簿 林 地 所 有 者 台 帳 ( 森 林 の 土 地 の 所 有 者 となった 旨 の 届 出 制 度 の 運 用 について ( 平 成 24 年 3 月 26 日 付 け 23 林 整 計 第 312 号 林 野 庁 長 官 通 知 )の 6 により 整 備 された 林 地 所 有 者 台 帳 をいう 以 下 同 じ ) 森 林 計 画 図 等 の 森 林 に 関 する 情 報 ( 以 下 森 林 関 連 情 報 という )のうち 個 人 情 報 第 三 者 への 提 供 については 都 道 府 県 及 び 市 町 村 の 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 条 例 ( 以 下 個 人 情 報 保 護 条 例 という )において 第 三 者 への 提 供 を 利 用 目 的 とする こと 提 供 される 個 人 情 報 の 項 目 提 供 の 手 段 等 についてあらかじめ 当 該 個 人 情 報 に 係 わる 個 人 が 容 易 に 知 り 得 る 状 態 にしておくことが 求 められているものと 考 え られる 某 市 の 個 人 情 報 保 護 条 例 の 抜 粋 第 7 条 ( 利 用 及 び 提 供 の 制 限 ) 26

27 実 施 機 関 は 利 用 目 的 以 外 の 目 的 のために 保 有 個 人 情 報 を 自 ら 利 用 し 又 は 提 供 しては ならない 2 前 項 の 規 定 にかかわらず 実 施 機 関 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 認 めるときは 利 用 目 的 以 外 の 目 的 のために 保 有 個 人 情 報 を 自 ら 利 用 し 又 は 提 供 することができる ただし 保 有 個 人 情 報 を 利 用 目 的 以 外 の 目 的 のために 自 ら 利 用 し 又 は 提 供 することに よって 本 人 又 は 第 三 者 の 権 利 利 益 を 不 当 に 侵 害 するおそれがあると 認 められるときは この 限 りでない (1) 本 人 の 同 意 のあるとき 又 は 本 人 に 提 供 するとき (2) 法 令 等 に 定 めのあるとき (3) 個 人 の 生 命 身 体 又 は 財 産 の 安 全 を 確 保 するため 緊 急 かつやむを 得 ないと 認 められ るとき (4) 出 版 報 道 等 により 公 にされているもので 提 供 することが 適 当 であると 認 められる とき (5) 実 施 機 関 の 内 部 で 利 用 し 又 は 他 の 実 施 機 関 国 独 立 行 政 法 人 等 他 の 地 方 公 共 団 体 若 しくは 地 方 独 立 行 政 法 人 に 提 供 する 場 合 で 事 務 に 必 要 な 限 度 で 使 用 し かつ 使 用 することに 相 当 の 理 由 があると 認 められるとき (6) 前 各 号 に 掲 げる 場 合 のほか 審 査 会 の 意 見 を 聴 いた 上 で 公 益 上 の 必 要 その 他 の 相 当 の 理 由 があると 実 施 機 関 が 認 めて 利 用 し 又 は 提 供 するとき 第 8 条 (オンライン 結 合 による 提 供 の 制 限 ) 実 施 機 関 は オンライン 結 合 ( 通 信 回 線 を 用 いて 実 施 機 関 が 管 理 する 電 子 計 算 機 と 実 施 機 関 以 外 のものが 管 理 する 電 子 計 算 機 を 結 合 し 実 施 機 関 の 管 理 する 保 有 個 人 情 報 を 実 施 機 関 以 外 のものが 随 時 入 手 し 得 る 状 態 にする 方 法 をいう 以 下 同 じ )により 保 有 個 人 情 報 を 提 供 するときは 個 人 の 権 利 利 益 を 不 当 に 侵 害 することがないように 努 め 法 令 等 に 基 づく 場 合 を 除 き あらかじめ 審 査 会 の 意 見 を 聴 かなければならない 2 実 施 機 関 は 前 項 の 規 定 により 審 査 会 の 意 見 を 聴 いたオンライン 結 合 による 保 有 個 人 情 報 の 提 供 の 内 容 を 変 更 するときは あらかじめ 審 査 会 の 意 見 を 聴 かなければならない 第 9 条 ( 保 有 個 人 情 報 の 提 供 を 受 ける 者 に 対 する 措 置 要 求 ) 実 施 機 関 は 実 施 機 関 以 外 のものに 対 して 保 有 個 人 情 報 を 提 供 する 場 合 において 必 要 があると 認 めるときは 提 供 を 受 けるものに 対 し 提 供 に 係 る 個 人 情 報 について その 利 用 の 目 的 若 しくは 方 法 の 制 限 その 他 必 要 な 制 限 を 付 し 又 はその 漏 えいの 防 止 その 他 の 個 人 情 報 の 適 切 な 管 理 のために 必 要 な 措 置 を 講 じることを 求 めなければならない 第 10 条 ( 安 全 確 保 の 措 置 ) 実 施 機 関 は 保 有 個 人 情 報 の 管 理 にあたっては 個 人 情 報 の 漏 えい 滅 失 及 びき 損 の 27

28 防 止 その 他 の 保 有 個 人 情 報 の 適 正 な 管 理 のために 必 要 な 措 置 を 講 じなければならない 2 実 施 機 関 は 個 人 情 報 を 取 り 扱 う 事 務 の 利 用 目 的 に 照 らし 保 有 の 必 要 がない 又 は 保 有 の 必 要 のなくなった 保 有 個 人 情 報 を 確 実 に かつ 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなけれ ばならない ただし 歴 史 的 若 しくは 文 化 的 な 資 料 又 は 学 術 研 究 用 の 資 料 として 保 存 さ れるものについては この 限 りでない 市 町 村 は 森 林 法 及 び 林 野 庁 長 官 通 知 をもって 市 町 村 の 個 人 情 報 保 護 条 例 にある 利 用 及 び 提 供 の 制 限 の 例 外 措 置 が 適 用 できると 考 えられる (5) 実 施 機 関 の 内 部 で 利 用 し 又 は 他 の 実 施 機 関 国 独 立 行 政 法 人 等 他 の 地 方 公 共 団 体 若 しくは 地 方 独 立 行 政 法 人 に 提 供 する 場 合 で 事 務 に 必 要 な 限 度 で 使 用 し かつ 使 用 することに 相 当 の 理 由 があると 認 められるとき (6) 前 各 号 に 掲 げる 場 合 のほか 審 査 会 の 意 見 を 聴 いた 上 で 公 益 上 の 必 要 その 他 の 相 当 の 理 由 があると 実 施 機 関 が 認 めて 利 用 し 又 は 提 供 するとき 上 記 の 条 件 にあてはめて 実 施 機 関 内 部 の 利 用 及 び 第 三 者 提 供 の 承 認 を 得 ることが 望 ましい 承 認 手 順 例 を 下 図 5 第 三 者 提 供 の 例 外 措 置 に 関 する 承 認 手 順 に 示 す 実 施 機 関 の 内 部 で 利 用 し 又 は 他 の 実 施 機 関 国 独 立 行 政 法 人 等 他 の 地 方 公 共 団 体 若 しくは 地 方 独 立 行 政 法 人 に 提 供 する 場 合 で 事 務 に 必 要 な 限 度 で 使 用 し かつ 使 用 することに 相 当 の 理 由 があると 認 められ るとき 前 各 号 に 掲 げる 場 合 のほか 審 査 会 の 意 見 を 聴 いた 上 で 公 益 上 の 必 要 その 他 の 相 当 の 理 由 があると 実 施 機 関 が 認 めて 利 用 し 又 は 提 供 するとき 図 5 第 三 者 提 供 の 例 外 措 置 に 関 する 承 認 手 順 第 三 者 提 供 に 関 する 手 順 1 実 施 機 関 の 内 部 利 用 に 関 する 承 認 を 得 る 2 課 税 課 等 からの 課 税 台 帳 情 報 から 林 地 所 有 者 台 帳 を 更 新 する 3 林 地 所 有 者 台 帳 等 の 取 扱 要 領 の 作 成 4 第 三 者 提 供 先 の 評 価 基 準 作 成 5 林 地 所 有 者 台 帳 の 第 三 者 提 供 に 関 する 案 件 の 伺 作 成 提 出 6 個 人 情 報 保 護 審 議 会 の 意 見 を 聴 いた 上 で 実 施 機 関 長 が 承 認 28

29 第 三 者 提 供 先 の 評 価 基 準 と 評 価 手 順 ( 林 業 事 業 体 の 提 出 書 類 ) 1 林 地 所 有 者 台 帳 等 貸 与 申 請 書 2 誓 約 書 3 個 人 情 報 保 護 規 程 4 施 業 計 画 の 概 要 書 ( 評 価 基 準 ) 1 書 類 審 査 2 利 用 目 的 3 事 業 実 施 能 力 4 管 理 能 力 第 三 者 提 供 を 可 能 とするためには 都 道 府 県 市 町 村 の 実 施 機 関 の 理 解 が 重 要 である 評 価 手 順 を 下 図 6 第 三 者 提 供 に 関 する 評 価 手 順 に 示 す 林 業 事 業 体 等 市 町 村 市 町 村 森 林 整 備 計 画 関 係 資 料 取 扱 要 領 ( 仮 称 )の 作 成 1 林 地 所 有 者 台 帳 等 貸 与 申 請 書 2 貸 与 に 関 する 誓 約 書 3 個 人 情 報 保 護 規 程 4 施 業 計 画 の 概 要 書 森 林 経 営 計 画 作 成 のための 林 業 事 業 体 への 林 地 所 有 者 台 帳 等 の 貸 与 林 地 所 有 者 台 帳 等 貸 与 申 請 書 貸 与 に 関 する 誓 約 書 個 人 情 報 保 護 規 程 施 業 計 画 の 概 要 書 書 類 の 不 備 等 追 加 資 料 等 の 要 求 提 出 書 類 確 認 審 査 申 請 書 承 認 のための 審 査 基 準 利 用 目 的 事 業 実 施 能 力 管 理 能 力 承 認 図 6 第 三 者 提 供 に 関 する 評 価 手 順 29

30 7-4 林 地 所 有 者 台 帳 の 整 備 ( 平 成 27 年 度 更 新 ) 森 林 所 有 者 の 登 記 未 了 ( 所 有 者 の 変 更 処 理 )や 地 籍 調 査 等 の 遅 れ 等 により 森 林 所 有 者 や 土 地 の 境 界 が 把 握 できなくなり 所 有 者 不 明 森 林 が 増 加 している 市 町 村 は 実 施 機 関 内 での 情 報 提 供 共 有 によって 林 地 所 有 者 台 帳 の 整 備 が 円 滑 に 実 施 できるようにすることが 重 要 である 林 野 庁 は 森 林 所 有 者 情 報 を 整 備 するため 平 成 24 年 3 月 26 日 付 で 通 知 している 森 林 の 土 地 の 所 有 者 となった 旨 の 届 出 制 度 の 運 用 について ( 平 成 24 年 3 月 26 日 23 林 整 計 第 312 号 ) 6 林 地 所 有 者 台 帳 の 調 製 等 法 第 10 条 の7の2の 規 定 は 法 に 基 づく 諸 制 度 の 円 滑 な 実 施 のため 森 林 所 有 者 を 把 握 することを 目 的 としており 届 出 書 によって 得 られた 森 林 の 土 地 の 所 有 者 に 関 する 情 報 を 整 理 するため 市 町 村 の 長 は 次 により 林 地 所 有 者 台 帳 を 整 備 するものとする (1) 台 帳 の 調 製 林 地 所 有 者 台 帳 の 参 考 様 式 は 付 録 第 2のとおりとし その 調 製 は 森 林 の 土 地 の 所 有 者 となった 旨 の 届 出 があったときに 遅 滞 なく 行 うものとする また 法 第 191 条 の2の 規 定 に 基 づく 情 報 の 利 用 等 により 届 出 書 によって 得 られた 森 林 の 土 地 の 所 有 者 に 関 する 情 報 と 異 なる 情 報 が 得 られたときは 備 考 欄 に 当 該 異 なる 情 報 の 内 容 当 該 情 報 が 記 載 されている 資 料 その 他 の 情 報 源 の 名 称 及 び 当 該 情 報 を 得 た 年 月 日 を 記 載 するものとする (2) 台 帳 の 訂 正 森 林 の 土 地 の 所 有 者 となった 旨 の 届 出 により 林 地 所 有 者 台 帳 を 訂 正 する 場 合 には 訂 正 の 年 月 日 を 付 記 して 行 うものとする 7 森 林 所 有 者 情 報 の 整 備 の 推 進 法 第 191 条 の4の 規 定 の 趣 旨 を 踏 まえ 地 方 公 共 団 体 において 森 林 に 関 するデータ ベースの 整 備 を 進 めることが 重 要 であることから 市 町 村 において 6( 林 地 所 有 者 台 帳 の 調 製 等 )の 林 地 所 有 者 台 帳 に 係 る 情 報 その 他 森 林 所 有 者 に 関 する 情 報 について データベーを 整 備 するよう 努 めることが 望 ましい また 市 町 村 の 長 は 法 第 191 条 の2 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 都 道 府 県 知 事 から 森 林 簿 の 調 製 等 のため 森 林 所 有 者 情 報 の 提 供 を 求 められた 場 合 には 当 該 市 町 村 における 個 人 情 報 保 護 条 例 の 定 めるところに 従 い 情 報 の 提 供 に 努 めるものとする 30

31 7-4-2 実 施 機 関 内 ( 市 町 村 )の 情 報 提 供 共 有 森 林 経 営 計 画 の 作 成 と 計 画 達 成 のための 施 業 集 約 化 を 推 進 するためには 森 林 所 有 者 の 特 定 が 重 要 である 市 町 村 内 には 森 林 所 有 者 を 特 定 できる 情 報 を 保 有 している 可 能 性 があると 期 待 できる (1) 地 籍 調 査 による 情 報 法 務 局 より 入 手 できる 登 記 簿 地 番 情 報 等 を 林 務 に 必 要 とする 最 小 限 の 情 報 のみを 森 林 所 有 者 台 帳 に 更 新 追 加 を 行 う (2) 個 人 情 報 保 護 条 例 の 利 用 と 提 供 の 制 限 に 定 められている 例 外 措 置 を 適 用 する (7-3-4 都 道 府 県 市 町 村 が 保 有 する 森 林 情 報 を 第 三 者 提 供 する 仕 組 みを 参 照 ) 以 下 の 図 7 実 施 機 関 内 における 情 報 提 供 共 有 の 概 念 図 に 示 す 市 町 村 管 轄 内 の 森 林 所 有 者 情 報 を 林 地 所 有 者 台 帳 に 整 備 することが 重 要 同 一 実 施 機 関 内 での 情 報 共 有 が 必 要 地 籍 調 査 結 果 地 籍 調 査 担 当 林 務 担 当 登 記 簿 情 報 法 務 局 等 森 林 所 有 者 変 更 届 林 地 所 有 者 台 帳 H 林 整 計 312 森 林 所 有 者 等 森 林 所 有 者 届 や 地 籍 調 査 結 果 等 の 情 報 を 林 地 所 有 者 台 帳 等 で 管 理 個 人 情 報 は 必 要 最 小 限 とする 図 7 実 施 機 関 内 における 情 報 提 供 共 有 の 概 念 図 森 林 クラウドシステムにおける 森 林 情 報 の 第 三 者 提 供 に 関 する 概 念 都 道 府 県 が 保 有 する 森 林 簿 や 計 画 図 等 の 第 三 者 提 供 及 び 市 町 村 が 保 有 する 森 林 所 有 者 台 帳 等 の 第 三 者 提 供 市 町 村 内 での 情 報 提 供 共 有 による 森 林 所 有 者 台 帳 の 整 備 林 業 事 業 体 等 の 個 人 情 報 保 護 に 関 する 体 制 整 備 森 林 クラウドシステム 情 報 セキュリティが 厳 格 に 整 備 され 遵 守 された 概 念 を 以 下 の 図 8 森 林 クラウドシステムによる 森 林 情 報 利 活 用 の 概 念 図 に 示 す 31

32 都 道 府 県 森 林 簿 等 の 交 付 申 請 林 業 事 業 体 等 市 町 村 都 道 府 県 市 町 村 アクセス 承 認 通 知 アクセス 許 可 通 知 アクセス 許 可 通 知 IDプロバイダ ア ク セ ス 許 可 通 知 ア ク セ ス 承 認 通 知 林 地 所 有 者 台 帳 等 交 付 申 請 林 地 所 有 者 台 帳 の 整 備 図 8 森 林 クラウドシステムにおける 森 林 情 報 利 活 用 の 概 念 図 8 森 林 所 有 者 のための 分 かり 易 い 表 示 通 知 8-1 森 林 所 有 者 への 分 かり 易 い 表 示 通 知 方 法 森 林 林 業 事 業 における 個 人 情 報 の 取 扱 いに 関 して 都 道 府 県 市 町 村 及 び 林 業 事 業 体 を 対 象 に 検 討 をおこなってきたがここでは 森 林 所 有 者 に 対 してプライバシーに 配 慮 した 環 境 整 備 について 整 理 する 森 林 経 営 計 画 制 度 及 び 施 業 集 約 化 の 重 要 性 や 必 要 性 について 森 林 所 有 者 ( 特 に 零 細 規 模 の 森 林 所 有 者 )のほとんどの 人 は 認 識 していない 平 成 24 年 度 より 施 行 された 森 林 経 営 計 画 制 度 も 地 域 によっては 森 林 経 営 計 画 が 提 出 され ている 面 積 が 民 有 林 全 体 の 15% 程 度 に 留 まっている 1 施 業 集 約 化 が 進 んでいないのは 森 林 所 有 者 情 報 が 提 供 されないためと 言 われているが 他 の 要 因 として 森 林 所 有 者 の 理 解 が 得 られていないことも 影 響 している 森 林 所 有 者 に 対 して 森 林 経 営 計 画 制 度 への 理 解 と 協 力 個 人 情 報 の 利 用 に 関 する 同 意 を 得 るために 都 道 府 県 市 町 村 林 業 事 業 体 が 一 体 となって 分 かり 易 い 表 示 通 知 を 実 施 することが 望 ましい 1 平 成 26 年 度 の 市 町 村 林 業 事 業 体 への 聞 き 取 り 調 査 より 森 林 経 営 計 画 の 作 成 状 況 は 市 町 村 有 林 を 除 く 民 有 林 全 体 の 15%に 留 まっている 地 域 がある 32

33 実 施 するための 要 件 を 以 下 の 通 り 整 理 した 1 都 道 府 県 に 求 められる 表 示 通 知 内 容 森 林 整 備 の 必 要 性 と 施 業 の 協 力 依 頼 森 林 所 有 者 の 責 務 の 説 明 個 人 情 報 の 提 供 先 の 表 示 提 供 する 個 人 情 報 の 項 目 2 市 町 村 に 求 められる 表 示 通 知 内 容 都 道 府 県 と 共 通 の 内 容 市 町 村 独 自 の 森 林 整 備 に 関 する 事 業 施 策 の 説 明 3 林 業 事 業 体 に 求 められる 表 示 通 知 内 容 森 林 整 備 に 関 する 林 業 事 業 体 の 事 業 説 明 施 業 集 約 化 推 進 に 関 する 特 定 受 託 者 の 認 定 を 取 得 していることの 説 明 森 林 所 有 者 情 報 を 都 道 府 県 市 町 村 から 提 供 されている 理 由 と 目 的 の 説 明 プライバシーポリシーを 作 成 公 表 している これらが 容 易 に 確 認 できることが 重 要 である 8-2 分 かり 易 い 表 示 通 知 のポイント 都 道 府 県 や 市 町 村 の 森 林 林 業 事 業 の 政 策 がそれぞれ 異 なる 特 徴 があることから 表 示 通 知 内 容 まで 規 定 することはしない 同 様 に 林 業 事 業 体 にとっても 経 営 方 針 がそれぞれ 異 なるため 規 定 しないこととする 1 文 書 作 成 のためのポイント 作 成 にあたって 意 味 内 容 に 明 確 な 用 語 を 用 い 一 貫 した 言 葉 遣 いで 平 易 かつ 簡 素 に 記 載 されていることが 求 められる 一 般 的 に 広 く 用 いられる 用 語 を 使 う 専 門 用 語 を 用 いる 場 合 は 法 令 や 規 格 標 準 などで 定 義 された 意 味 内 容 になってい ること 同 じ 意 味 内 容 を 示 すものとして 異 なる 単 語 を 使 わないこと 同 じ 単 語 で 複 数 の 異 なる 意 味 内 容 で 使 わないこと 2 プライバシーポリシーの 作 成 ポイント プライバシーポリシーには 定 められた 様 式 やルールはない できること できないこと をできるだけ 明 確 に 示 すようにすること 33

34 3 プライバシーポリシーの 構 成 目 次 構 成 1. 基 本 方 針 2. 適 用 範 囲 3. 個 人 情 報 の 取 得 と 利 用 目 的 4. 個 人 情 報 の 管 理 1) 情 報 の 正 確 性 の 確 保 2) 安 全 管 理 措 置 3) 従 業 者 の 監 督 4) 委 託 先 の 監 督 5) 保 存 期 間 と 廃 棄 5. 第 三 者 提 供 の 有 無 6. 個 人 情 報 の 開 示 訂 正 利 用 停 止 等 1) 個 人 情 報 取 扱 事 業 者 の 名 称 2) 保 有 個 人 データの 訂 正 等 3) 保 有 個 人 データの 利 用 停 止 等 4) 手 数 料 7. 問 い 合 わせ 先 8. 改 訂 以 上 34

35 考 文 献 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 5 月 30 日 法 律 第 57 号 ) 農 林 水 産 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン 農 林 水 産 省 森 林 計 画 業 務 必 携 平 成 25 年 度 版 株 式 会 社 日 本 林 業 調 査 会 情 報 技 術 -セキュリティ 技 術 - 情 報 セキュリティマネジメントの 実 践 のための 規 範 一 般 財 団 法 人 日 本 規 格 協 会 個 人 情 報 保 護 マネジメントシステム 要 求 事 項 一 般 財 団 法 人 日 本 規 格 協 会 地 方 公 共 団 体 における ASP SaaS 導 入 ガイドライン 総 務 省 クラウドサービス 利 用 のための 情 報 セキュリティガイドライン 経 済 産 業 省 地 理 空 間 情 報 の 活 用 における 個 人 情 報 の 扱 い に 関 するガイドライン 地 理 空 間 情 報 活 用 推 進 会 議 地 理 空 間 情 報 の 二 次 利 用 促 進 に 関 するガイドライン 地 理 空 間 情 報 活 用 推 進 会 議 クラウドコンピューティングのための セキュリティガイダンス V3.0 日 本 クラウドセキュリティアライアンス 平 成 25 年 度 電 子 経 済 産 業 省 構 築 事 業 ID 連 携 トラストフレームワーク の 構 築 のための 実 証 事 業 経 済 産 業 省 履 歴 版 名 日 付 適 用 項 目 策 定 Ver.1.0 平 成 26 年 3 月 都 道 府 県 編 (クラウド 事 業 者 都 道 府 県 ) 改 訂 Ver.2.0 平 成 27 年 3 月 市 町 村 林 業 事 業 体 を 追 記 改 訂 Ver.3.0 平 成 28 年 3 月 森 林 クラウド トラストフレームワークを 追 記 35

36 森 林 クラウドシステムに 関 わる 情 報 セキュリティガイドライン 平 成 27 年 度 林 野 庁 補 助 事 業 森 林 情 報 高 度 利 活 用 技 術 開 発 事 業 のうち 森 林 クラウドシステム 標 準 化 事 業 平 成 28 年 3 月 発 行 発 行 : 住 友 林 業 株 式 会 社 住 友 林 業 フォレストサービス 株 式 会 社 一 般 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 東 京 都 千 代 田 区 大 手 町 一 丁 目 3 番 2 号 経 団 連 会 館 TEL FAX 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 一 丁 目 23 番 7 号 新 宿 ファーストウエスト 5 階 TEL FAX 東 京 都 港 区 六 本 木 一 丁 目 9 番 9 号 六 本 木 ファーストビル 内 TEL FAX C 2016 SUMITOMO FORESTRY, SUMITOMO FORESTRY WOOD PRODUCTS, JIPDEC 本 書 の 全 部 または 一 部 を 無 断 に 引 用 転 載 することは 著 作 権 法 上 での 例 外 を 除 き 禁 じ られています 本 書 からの 引 用 転 載 を 希 望 される 場 合 は 下 記 宛 ご 連 絡 下 さい 問 合 先 住 友 林 業 株 式 会 社 山 林 環 境 本 部 山 林 環 境 部 TEL 住 友 林 業 フォレストサービス 株 式 会 社 森 林 企 画 部 TEL 一 般 総 務 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 広 報 渉 外 部 TEL

Microsoft PowerPoint - 【那須野】セキュリティ問題について

Microsoft PowerPoint - 【那須野】セキュリティ問題について 平 成 26 年 度 森 林 情 報 高 度 利 活 用 開 発 事 業 報 告 会 1 森 林 クラウドシステム 標 準 化 事 業 ~ 情 報 セキュリティ 検 討 ワーキンググループ 活 動 報 告 ~ 2015 年 3 月 20 日 森 林 クラウドシステム 標 準 化 事 業 情 報 セキュリティ 検 討 WG 1. 目 的 2 森 林 の 有 する 多 面 的 機 能 を 将 来 にわたって

More information

Taro13-公示.jtd

Taro13-公示.jtd 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 に 係 る 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 求 める 公 示 平 成 19 年 4 月 12 日 九 州 地 方 整 備 局 熊 本 河 川 国 道 事 務 所 長 七 條 牧 生 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 する 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 用 地 補 償 総 合 技 術 (

More information

Microsoft Word - 不正アクセス行為の禁止等に関する法律等に基づく公安

Microsoft Word - 不正アクセス行為の禁止等に関する法律等に基づく公安 不 正 アクセス 行 為 の 禁 止 等 に 関 する 法 律 等 に 基 づく 公 安 委 員 会 による 援 助 等 の 措 置 に 関 する 訓 令 平 成 12 年 7 月 1 日 警 察 本 部 訓 令 第 25 号 改 正 平 成 14 年 11 月 22 日 本 部 訓 令 第 29 号 平 成 16 年 3 月 25 日 本 部 訓 令 第 6 号 平 成 24 年 5 月 1 日

More information

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本 個 人 情 報 保 護 方 針 ADインベストメント マネジメント 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )は 個 人 情 報 の 重 要 性 を 認 識 し 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 その 他 の 関 係 諸 法 令 及 びガイドライン 等 ( 以 下 個 人 情 報 保 護 法 等 といいます )を 遵 守 するとともに 個 人 情 報 保 護 に 関 する 基

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交 1 マイナンバー 制 度 の 導 について( 案 ) 平 成 27 年 7 22 日 部 会 議 資 料 総 務 部 ( 政 管 理 課 情 報 政 策 課 庶 務 課 ) 市 活 部 ( 市 窓 課 籍 住 記 録 課 ) 通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら)

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本 個 人 情 報 保 護 方 針 アドバンス レジデンス 投 資 法 人 ( 以 下 本 投 資 法 人 といいます )は 個 人 情 報 の 重 要 性 を 認 識 し 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 その 他 の 関 係 諸 法 令 及 びガイドライン 等 ( 以 下 個 人 情 報 保 護 法 等 といいます )を 遵 守 するとともに 個 人 情 報 保 護 に 関 する 基

More information

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件 入 札 公 告 ( 件 名 :S16-386 ソフトウェアの 調 達 に 関 する 入 札 実 施 の 件 ) 2016 年 9 月 30 日 日 本 銀 行 では 下 記 の 要 領 によるソフトウェアの 調 達 を 一 般 競 争 入 札 に 付 します 日 本 銀 行 システム 情 報 局 記 1. 電 子 入 札 システムの 利 用 本 入 札 案 件 は 原 則 として 日 本 銀 行 電

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

J J.フロント リテイリング 株 式 会 社 内 部 統 制 システム 構 築 の 基 本 方 針 制 定 平 成 19 年 09 月 03 日 改 定 平 成 19 年 11 月 26 日 改 定 平 成 21 年 05 月 26 日 改 定 平 成 22 年 03 月 01 日 改 定 平 成 25 年 04 月 01 日 改 定 平 成 26 年 03 月 01 日 改 定 平 成 27 年 05

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上 オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せの 公 示 次 のとおり オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せを 実 施 します 平 成 28 年 5 月 27 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 中 部 支 社 総 務 部 長 畔 柳 健 二 1 調 達 内 容 (1) 調 達 件 名 平 成 28 年 度 共 用 書 庫 機 密 文 書 廃 棄 ( 未 開 封 溶

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

独立行政法人国立病院機構

独立行政法人国立病院機構 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 仙 台 医 療 センターにおける 医 薬 品 等 の 使 用 成 績 調 査 特 定 使 用 成 績 調 査 及 び 副 作 用 感 染 症 報 告 その 他 の 受 託 研 究 の 実 施 に 関 する 標 準 業 務 手 順 書 平 成 27 年 8 月 3 日 第 8 版 第 1 章 総 則 1. 目 的 と 適 用 範 囲 この 標 準 業 務

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

2 導 入 に 係 る 各 課 の 役 割 部 署 名 危 機 管 理 室 主 な 事 務 番 号 法 に 規 定 さ れ た 事 務 へ の 個 人 番 号 の 導 入 に 関 す る こ と 制 度 導 入 に 向 け た 事 務 の 総 括 に 関 す る こ と 個 人 番 号 の 独 自

2 導 入 に 係 る 各 課 の 役 割 部 署 名 危 機 管 理 室 主 な 事 務 番 号 法 に 規 定 さ れ た 事 務 へ の 個 人 番 号 の 導 入 に 関 す る こ と 制 度 導 入 に 向 け た 事 務 の 総 括 に 関 す る こ と 個 人 番 号 の 独 自 飯 能 市 社 会 保 障 税 番 号 制 度 ( マ イ ナ ン バ ー 制 度 ) 導 入 基 本 方 針 平 成 2 7 年 8 月 4 日 市 長 決 裁 行 政 手 続 に お け る 特 定 の 個 人 を 識 別 す る た め の 番 号 の 利 用 等 に 関 す る 法 律 ( 平 成 2 5 年 法 律 第 2 7 号 以 下 番 号 法 と い う ) 等 の 通 称 マ イ

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

・モニター広告運営事業仕様書

・モニター広告運営事業仕様書 秋 田 市 新 庁 舎 動 画 広 告 放 映 事 業 仕 様 書 1 目 的 多 く の 市 民 の 目 に 触 れ る 市 役 所 の 特 性 を 活 か し 映 像 や 音 声 を 活 用 し た モ ニ タ ー に よ る 動 画 広 告 を 新 庁 舎 内 に 導 入 し 新 庁 舎 の 主 要 機 能 の 一 つ で あ る 情 報 発 信 拠 点 と し て の 役 割 を 果 た す

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

続 に 基 づく 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 再 認 定 を 受 けていること ) c) 会 社 更 生 法 に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされている 者 又 は 民 事 再 生 法 に 基 づき 再 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなさ

続 に 基 づく 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 再 認 定 を 受 けていること ) c) 会 社 更 生 法 に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされている 者 又 は 民 事 再 生 法 に 基 づき 再 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなさ 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 ( 総 合 評 価 落 札 方 式 )に 係 る 手 続 開 始 の 公 示 次 のとおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 の 選 定 の 手 続 を 開 始 します 平 成 28 年 9 月 20 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 東 北 地 方 整 備 局 秋 田 河 川 国 道 事 務 所 長 渡 邊 政 義 1. 業 務 概 要

More information

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている 平 成 28 年 度 改 正 関 係 資 料 ( 納 税 環 境 整 備 関 係 ) 国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている ( 参 考 )

More information

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画 徳 山 大 学 公 的 研 究 費 取 扱 規 程 ( 平 成 27 年 1 月 30 日 制 定 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 徳 山 大 学 教 育 職 員 倫 理 綱 領 及 び 徳 山 大 学 における 研 究 に 携 わる 者 の 行 動 規 範 の 定 めに 従 い, 徳 山 大 学 ( 以 下 本 学 という )において 公 的 研 究 費 を 適 正 に 運 営

More information

Microsoft Word - 03.大和高田市仕様書 介護認定業務委託 H27

Microsoft Word - 03.大和高田市仕様書 介護認定業務委託 H27 大 和 高 田 市 要 介 護 認 定 業 務 一 部 委 託 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 4 月 大 和 高 田 市 保 健 部 介 護 保 険 課 1 目 次 1. 委 託 業 務 の 概 要 1 (1) 背 景 及 び 目 的 1 (2) アウトソーシングの 基 本 的 な 考 え 方 1 (3) 受 託 者 に 求 めること 1 (4) 期 待 する 効 果 2 2. 委 託 内

More information

福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地 域 では, 防 犯 を 始 め 様 々な 安 心 安 全 活 動 に 熱 心

福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地 域 では, 防 犯 を 始 め 様 々な 安 心 安 全 活 動 に 熱 心 福 山 市 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 に 関 するガイドライン 2014 年 ( 平 成 26 年 )4 月 市 民 局 市 民 部 生 活 安 全 推 進 課 福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

プライバシーマーク 付 与 適 格 性 審 査 業 務 基 本 規 程 改 廃 履 歴 版 数 制 定 改 定 日 改 訂 箇 所 改 訂 理 由 備 考 1.0 2009 年 8 月 26 日 初 版 制 定 2.0 2011 年 7 月 1 日 JIPDEC プライバシーマーク 制 度 基 本

プライバシーマーク 付 与 適 格 性 審 査 業 務 基 本 規 程 改 廃 履 歴 版 数 制 定 改 定 日 改 訂 箇 所 改 訂 理 由 備 考 1.0 2009 年 8 月 26 日 初 版 制 定 2.0 2011 年 7 月 1 日 JIPDEC プライバシーマーク 制 度 基 本 プライバシーマーク 付 与 適 格 性 審 査 業 務 基 本 規 程 (V2.0) 制 定 日 :2009 年 8 月 26 日 改 訂 日 :2013 年 4 月 1 日 一 般 社 団 法 人 日 本 印 刷 産 業 連 合 会 プライバシーマーク 審 査 センター プライバシーマーク 付 与 適 格 性 審 査 業 務 基 本 規 程 改 廃 履 歴 版 数 制 定 改 定 日 改 訂 箇

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条 学 生 生 徒 等 の 納 入 金 に 関 する 規 則 平 成 15 年 12 月 16 日 規 則 第 19 号 沿 革 1 平 成 17 年 5 月 17 日 改 正 2 平 成 17 年 10 月 3 日 改 正 3 平 成 18 年 1 月 25 日 改 正 5 平 成 21 年 9 月 16 日 改 正 7 平 成 22 年 2 月 12 日 改 正 9 平 成 23 年 12 月 6

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

(Microsoft Word - \203A \225\345\217W\227v\227\314 .doc)

(Microsoft Word - \203A  \225\345\217W\227v\227\314 .doc) ま ち づ く り 推 進 の た め の ア ン ケ ー ト 調 査 及 び 分 析 業 務 委 託 プ ロ ポ ー ザ ル 募 集 要 領 1 趣 旨 本 要 領 は, ま ち づ く り 推 進 の た め の ア ン ケ ー ト 調 査 及 び 分 析 業 務 委 託 の 受 託 者 を 特 定 す る た め, 企 画 提 案 型 プ ロ ポ ー ザ ル 方 式 ( 以 下 プ ロ ポ ー

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について

社会保険の加入に関する下請指導ガイドラインの改訂等について 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン の 改 訂 について 概 要 建 設 業 における 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にするため 平 成 24 年 11 月 に 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン を 施 行 本 ガイドラインは

More information

Taro-07-1提言概要.jtd

Taro-07-1提言概要.jtd 新 たな 在 留 管 理 制 度 に 関 する 提 言 の 概 要 について 資 料 7 1 在 留 管 理 制 度 見 直 しのねらい 法 務 大 臣 が 外 国 人 の 在 留 管 理 に 必 要 な 情 報 を 一 元 的, 正 確 かつ 継 続 的 に 把 握 する 制 度 を 構 築 し, 的 確 な 在 留 管 理 を 行 う一 方 で, 市 区 町 村 において 整 備 される 予 定

More information

第 5 条 ( 有 効 期 間 ) 1. 本 サービスの 有 効 期 間 は 当 社 が 指 定 した 日 をもって 開 始 とし 当 該 サービス 対 象 物 件 に 入 居 する 契 約 が 終 了 した 日 をもって 終 了 とします 2. 既 に 入 居 している 住 戸 が 新 たにサービ

第 5 条 ( 有 効 期 間 ) 1. 本 サービスの 有 効 期 間 は 当 社 が 指 定 した 日 をもって 開 始 とし 当 該 サービス 対 象 物 件 に 入 居 する 契 約 が 終 了 した 日 をもって 終 了 とします 2. 既 に 入 居 している 住 戸 が 新 たにサービ コンシェルジュサービス 会 員 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 適 用 関 係 ) 1.この 会 員 規 約 は 株 式 会 社 三 ラージ( 以 下 当 社 といいます )が 株 式 会 社 アクトコ ールを 通 じて 運 営 するコンシェルジュサービス( 以 下 本 サービス といいます )の 提 供 及 びその 利 用 に 関 して 適 用 されます( 以 下 会 員 規 約 といいます

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20906692668E6D94688CAD8E968BC68EC08E7B977697CC814095BD90AC82518255944E9378348C8E89FC90B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20906692668E6D94688CAD8E968BC68EC08E7B977697CC814095BD90AC82518255944E9378348C8E89FC90B32E646F63> 川 崎 市 木 造 住 宅 耐 震 診 断 士 派 遣 事 業 実 施 要 領 平 成 25 年 4 月 30 日 25 川 ま 情 第 282 号 局 長 決 裁 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 川 崎 市 木 造 住 宅 耐 震 診 断 士 派 遣 事 業 実 施 要 綱 (22 川 ま 情 第 119 号 ) 第 3 条 の 規 定 に 基 づき 診 断 士 の 登 録 に 必

More information

b) 参 加 表 明 書 の 提 出 時 において 東 北 地 方 整 備 局 ( 港 湾 空 港 関 係 を 除 く) における 平 成 27 28 年 度 土 木 関 係 建 設 コンサルタント 業 務 に 係 る 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 認 定 を 受 けて

b) 参 加 表 明 書 の 提 出 時 において 東 北 地 方 整 備 局 ( 港 湾 空 港 関 係 を 除 く) における 平 成 27 28 年 度 土 木 関 係 建 設 コンサルタント 業 務 に 係 る 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 認 定 を 受 けて 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 ( 総 合 評 価 落 札 方 式 )に 係 る 手 続 き 開 始 の 公 示 次 のとおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 の 選 定 の 手 続 を 開 始 します 平 成 28 年 9 月 27 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 東 北 地 方 整 備 局 三 陸 国 道 事 務 所 長 永 井 浩 泰 1. 業 務 概 要 (1)

More information

郵 便 約 款 の 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 及 び 審 査 結 果 ( 本 人 限 定 受 取 郵 便 のサービス 内 容 の 追 加 ) 平 成 21 年 3 月 2 日 総 務 省 1 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 (1) 変 更 の 趣 旨 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 ( 以 下 収 益 移 転 防 止 法 という ) が 平 成

More information

6 設 計 業 務 委 託 契 約 の 締 結 に 関 する 支 援 (3) 設 計 者 の 指 導 及 び 調 整 1 設 計 スケジュールの 管 理 2 設 計 進 捗 の 確 認 3 設 計 内 容 のチェック 及 び 改 善 指 導 4 工 事 費 積 算 書 のチェック 及 び 改 善 指

6 設 計 業 務 委 託 契 約 の 締 結 に 関 する 支 援 (3) 設 計 者 の 指 導 及 び 調 整 1 設 計 スケジュールの 管 理 2 設 計 進 捗 の 確 認 3 設 計 内 容 のチェック 及 び 改 善 指 導 4 工 事 費 積 算 書 のチェック 及 び 改 善 指 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 施 設 改 修 工 事 等 に 関 する コンストラクション マネジメント 業 務 委 託 事 業 者 募 集 要 項 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 は 平 成 25 年 度 から 平 成 27 年 度 において 実 施 が 予 定 される 施 設 改 修 工 事

More information

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢

競 争 参 加 資 格 審 査 等 事 務 取 扱 要 領 ( 抜 粋 ) ( 有 資 格 者 としない 者 ) 第 6 条 契 約 事 務 責 任 者 は 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 及 び 暴 力 団 等 の 反 社 会 的 勢 企 画 競 争 に 係 る 募 集 公 告 平 成 25 年 12 月 16 日 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構 契 約 事 務 責 任 者 理 事 馬 場 一 洋 平 成 25 年 度 消 費 税 確 定 申 告 に 係 る 事 前 準 備 ( 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 等 ) 及 び 確 定 申 告 書 作 成 等 委 託 業 務 に 係 る 企 画 競 争

More information

ずれかに 属 しなければならないものとする 但 し パートは 同 一 種 類 の 楽 器 に 1 パート 以 上 形 成 できないものとし 運 営 委 員 会 の 承 認 を 経 たものであ ることを 要 する ( 団 員 の 義 務 ) 第 8 条 団 員 は 次 の 義 務 を 負 う (1)こ

ずれかに 属 しなければならないものとする 但 し パートは 同 一 種 類 の 楽 器 に 1 パート 以 上 形 成 できないものとし 運 営 委 員 会 の 承 認 を 経 たものであ ることを 要 する ( 団 員 の 義 務 ) 第 8 条 団 員 は 次 の 義 務 を 負 う (1)こ 東 村 山 交 響 楽 団 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 団 は 東 村 山 交 響 楽 団 と 称 する ( 所 在 地 ) 第 2 条 本 団 の 所 在 地 を 次 のとおりとする 東 京 都 東 村 山 市 秋 津 町 4 丁 目 41 番 地 4 ( 目 的 ) 第 3 条 本 団 は 音 楽 愛 好 家 による 演 奏 活 動 を 行 うこと 並 びにその

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

防犯カメラの設置及び運用に関するガイドライン

防犯カメラの設置及び運用に関するガイドライン 成 田 市 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 関 するガイドライン 地 域 の 防 犯 活 動 として 公 道 上 に 設 置 する 防 犯 カメラ ガイドライン 策 定 の 目 的 成 田 市 では 成 田 市 防 犯 まちづくり 推 進 条 例 ( 平 成 19 年 10 月 1 日 施 行 ) 及 び 成 田 市 防 犯 まちづくり 推 進 計 画 に 基 づき 市 民 が 犯 罪

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63> リスクマネジメントおよび コンプライアンス 規 程 株 式 会 社 不 二 ビルサービス リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 1 リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 規 程 は 当 社 におけるリスクマネジメントに 関 して 必 要 な 事 項 を 定 め もってリスクの 防 止 および 会 社 損 失 の 最 小 化

More information

仕様書案

仕様書案 平 成 30 年 度 評 価 替 え 路 線 価 付 設 業 務 基 本 仕 様 書 宜 野 湾 市 総 務 部 税 務 課 1 第 1 章 総 則 ( 適 用 の 範 囲 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 宜 野 湾 市 ( 以 下 甲 という )が 業 務 委 託 する 平 成 30 年 度 評 価 替 え 路 線 価 付 設 業 務 ( 以 下 本 業 務 という )に 必 要 な 事 項

More information

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱 瀬 戸 市 防 犯 カメラ 設 置 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 域 防 犯 のために 必 要 な 箇 所 に 防 犯 カメラを 設 置 する 連 区 自 治 会 及 び 瀬 戸 防 犯 協 会 連 合 会 ( 以 下 連 区 自 治 会 等 という )に 対 し その 設 置 費 用 を 補 助 することにより 安 全 安 心 なまちづくりを 推

More information

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 13 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 改 正 平 成 14 年 3 月 29 日 規 則 第 11 号 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 5 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

中小規模事業者向けはじめてのマイナンバーガイドライン

中小規模事業者向けはじめてのマイナンバーガイドライン 中 小 規 模 事 業 者 向 け はじめてのマイナンバーガイドライン ~マイナンバーガイドラインを 読 む 前 に~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために 中 小 規 模 事 業 者 ( 注 ) 向 けにまとめたものです

More information

(7) 会 社 更 生 法 第 17 条 又 は 民 事 再 生 法 第 21 条 の 規 定 に 基 づく 更 生 手 続 又 は 再 生 手 続 を 行 っていないこと (8) 国 税 県 税 及 び 市 町 村 税 について 未 納 のないこと 指 名 通 知 時 点 または 参 加 意 思

(7) 会 社 更 生 法 第 17 条 又 は 民 事 再 生 法 第 21 条 の 規 定 に 基 づく 更 生 手 続 又 は 再 生 手 続 を 行 っていないこと (8) 国 税 県 税 及 び 市 町 村 税 について 未 納 のないこと 指 名 通 知 時 点 または 参 加 意 思 平 成 28 年 度 嘉 手 納 町 観 光 ガイド 養 成 講 座 委 託 業 務 公 募 プロポーザル 募 集 要 領 1. 事 業 名 称 嘉 手 納 町 観 光 ガイド 養 成 講 座 委 託 業 務 2. 事 業 目 的 別 紙 嘉 手 納 町 観 光 ガイド 養 成 講 座 委 託 業 務 仕 様 書 のとおり 3. 業 務 内 容 嘉 手 納 町 の 観 光 資 源 や 観 光 ガイドとして

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議 第 6 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 個 別 理 論 題 の 出 題 であった 1については 固 定 資 産 評 価 員 及 び 固 定 資 産 評 価 補 助 員 に 関 する 出 題 であったが 個 別 理 論 での 出 題 であり 判 断 に 迷 う 点 もなく 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった については 区 分 所

More information

1 育 児 休 業 代 替 任 期 付 職 員 ( 一 般 事 務 職 )とは 育 児 休 業 代 替 任 期 付 職 員 とは 一 般 の 職 員 が 育 児 休 業 を 取 得 した 際 に 代 替 職 員 とし て 勤 務 する 職 員 です 一 般 事 務 職 については 候 補 者 として

1 育 児 休 業 代 替 任 期 付 職 員 ( 一 般 事 務 職 )とは 育 児 休 業 代 替 任 期 付 職 員 とは 一 般 の 職 員 が 育 児 休 業 を 取 得 した 際 に 代 替 職 員 とし て 勤 務 する 職 員 です 一 般 事 務 職 については 候 補 者 として 川 崎 市 育 児 休 業 代 替 任 期 付 職 員 一 般 事 務 職 の 候 補 者 登 録 案 内 川 崎 市 総 務 企 画 局 人 事 部 人 事 課 概 要 登 録 選 考 ( 教 養 考 査 及 び 作 文 考 査 )を 実 施 し ます 登 録 選 考 実 施 日 平 成 2 8 年 7 月 31 日 ( 日 ) 受 付 期 間 平 成 28 年 6 月 1 日 ( 水 ) ~ 平

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

6. 概 要 コメント 本 法 は 社 会 保 険 関 係 を 規 範 化 し 公 民 の 社 会 保 険 への 参 加 社 会 保 険 待 遇 を 享 受 す る 権 益 を 保 護 し 公 民 に 国 家 発 展 の 成 果 を 共 同 で 享 受 させ 社 会 の 調 和 と 安 定 を 促

6. 概 要 コメント 本 法 は 社 会 保 険 関 係 を 規 範 化 し 公 民 の 社 会 保 険 への 参 加 社 会 保 険 待 遇 を 享 受 す る 権 益 を 保 護 し 公 民 に 国 家 発 展 の 成 果 を 共 同 で 享 受 させ 社 会 の 調 和 と 安 定 を 促 20101129-1 中 国 法 令 調 査 報 告 書 社 会 保 険 法 報 告 日 :2010 年 11 月 29 日 管 理 番 号 :20101129-1 今 回 のご 報 告 のポイント 本 法 は 社 会 保 険 制 度 ( 養 老 保 険 医 療 保 険 労 災 保 険 失 業 保 険 生 育 保 険 )に ついて 定 めるものである これまで 外 国 籍 従 業 員 については 社

More information

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情 資 料 2-2-1 消 費 者 安 全 法 の 改 正 に 伴 う 関 係 内 閣 府 令 及 びガイドラインの 概 要 ( 案 ) 1. 趣 旨 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 等 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 71 号 以 下 景 表 法 等 改 正 等 法 という )により 消 費 者 安 全 法 ( 平 成 21 年

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業 安 来 運 動 公 園 管 理 業 務 仕 様 書 る 安 来 運 動 公 園 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び そ の 範 囲 等 は こ の 仕 様 書 に よ ( 有 料 公 園 施 設 に 関 す る 事 項 ) 1 施 設 の 概 要 1 所 在 地 安 来 市 吉 岡 町 450 番 地 2 面 積 46,614m2 3 概 要 区 分 面 積 等 区 分

More information

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地 ( 資 料 3) 林 地 台 帳 及 び 地 図 整 備 マニュアル( 案 ) 概 要 本 資 料 は 現 時 点 での 検 討 状 況 を 基 に 作 成 したものであり 今 後 事 務 レベルの 検 討 会 等 を 経 て 成 案 を 得 ることとしてい ます 平 成 28 年 7 月 林 野 庁 計 画 課 1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル(

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案)

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案) 監 督 指 針 Ⅱ 保 険 監 督 上 の 評 価 項 目 Ⅱ-2-7 商 品 開 発 に 係 る 内 部 管 理 態 勢 Ⅱ-2-7-2 主 な 着 眼 点 (1)~(4) (5) 関 連 部 門 との 連 携 1~3 4 関 連 部 門 は 販 売 量 拡 大 や 収 益 追 及 を 重 視 する 例 えば 営 業 推 進 部 門 や 収 益 部 門 から 不 当 な 影 響 を 受 けることなく

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

クレジットカード納付導入に伴う指定代理納付書の選定に係る実施要領

クレジットカード納付導入に伴う指定代理納付書の選定に係る実施要領 石 巻 市 立 病 院 クレジットカード 納 付 導 入 に 伴 う 指 定 代 理 納 付 者 選 定 に 係 る プロポーザル 実 施 要 領 1 目 的 この 実 施 要 領 は 石 巻 市 立 病 院 におけるクレジットカード 納 付 導 入 に 関 し 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 231 条 の2 第 6 項 に 規 定 する 指 定 代 理 納

More information

5 民 間 事 業 者 における 取 扱 いについて( 概 要 資 料 P.17~19) 6 法 人 番 号 について( 概 要 資 料 P.4) (3) 社 会 保 障 税 番 号 制 度 のスケジュールについて( 概 要 資 料 P.20) 1 平 成 27 年 10 月 から( 施 行 日 は

5 民 間 事 業 者 における 取 扱 いについて( 概 要 資 料 P.17~19) 6 法 人 番 号 について( 概 要 資 料 P.4) (3) 社 会 保 障 税 番 号 制 度 のスケジュールについて( 概 要 資 料 P.20) 1 平 成 27 年 10 月 から( 施 行 日 は 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 1 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について (1) 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 趣 旨 について( 概 要 資 料 P.1~2) 1 公 平 公 正 な 社 会 の 実 現 行 政 機 関 等 が 所 得 や 他 の 行 政 サービスの 受 給 状 況 を 把 握 しやすくな るため 負 担 を 不 当 に 免 れることや 給 付 を

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料3】中小規模事業者向け+はじめてのマイナンバーガイドライン

Microsoft PowerPoint - 【資料3】中小規模事業者向け+はじめてのマイナンバーガイドライン 中 小 規 模 事 業 者 向 け はじめてのマイナンバーガイドライン ~マイナンバーガイドラインを 読 む 前 に~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために 中 小 規 模 事 業 者 ( 注 ) 向 けにまとめたものです

More information

(別添)特定個人情報の適正な取扱いに関する安全管理措置

(別添)特定個人情報の適正な取扱いに関する安全管理措置 資 料 1 ( 別 添 ) 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する 安 全 管 理 措 置 目 次 要 点... 1 1 安 全 管 理 措 置 の 検 討 手 順... 2 A 個 人 番 号 を 取 り 扱 う 事 務 の 範 囲 の 明 確 化... 2 B 特 定 個 人 情 報 ファイルの 範 囲 の 明 確 化... 2 C 事 務 取 扱 担 当 者 の 明 確

More information

(3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 める 書 類 ( 補 助 金 の 交 付 決 定 ) 第 6 条 市 長 は 前 条 の 申 請 書 を 受 理 したときは 速 やかにその 内 容 を 審 査 し 補 助 金 を 交 付 すべきものと 認 めたときは 規 則 第 7 条 に 規 定 す

(3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 める 書 類 ( 補 助 金 の 交 付 決 定 ) 第 6 条 市 長 は 前 条 の 申 請 書 を 受 理 したときは 速 やかにその 内 容 を 審 査 し 補 助 金 を 交 付 すべきものと 認 めたときは 規 則 第 7 条 に 規 定 す 篠 山 市 防 犯 カメラ 設 置 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 9 月 30 日 要 綱 第 55 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 民 が 安 心 して 暮 らせるまちづくりを 目 指 し 自 主 防 犯 活 動 を 補 完 するため 防 犯 カメラの 設 置 に 係 る 経 費 の 一 部 を 補 助 することに 関 し 篠 山 市 補 助 金 交 付

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 呉 医 療 センタ- 医 療 機 器 安 全 管 理 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 4 条 ) 第 2 章 組 織 及 び 職 務 ( 第 5 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 研 修 ( 第 11 条 ~ 第 12 条 ) 第 4 章 保 守 点 検 及 び 修 理 ( 第 13 条 ~ 第 16 条 ) 第 5 章

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC5905694C5817A3230313230388A4F8D91906C8CA48B868ED282CC8EF393FC>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC5905694C5817A3230313230388A4F8D91906C8CA48B868ED282CC8EF393FC> 鳥 取 大 学 外 国 人 研 究 者 受 入 の 手 引 き 研 究 国 際 協 力 部 国 際 交 流 課 国 際 交 流 係 平 成 24 年 9 月 1 日 改 正 目 次 [ 来 日 前 の 手 続 き] P1 1. 手 続 きの 流 れ 2. 在 留 資 格 認 定 証 明 書 交 付 申 請 手 続 き 3. 住 居 について [ 来 日 後 の 手 続 き] P4 1. 新 規 住

More information

(2) 質 問 受 付 回 答 方 法 電 子 メールにて 行 うものとし 下 記 担 当 宛 に 送 信 すること 誤 認 防 止 のため 電 話 による 質 問 は 受 け 付 けない また 誤 送 信 等 による 不 達 を 防 止 するた め 質 問 を 送 信 後 に 下 記 担 当 に

(2) 質 問 受 付 回 答 方 法 電 子 メールにて 行 うものとし 下 記 担 当 宛 に 送 信 すること 誤 認 防 止 のため 電 話 による 質 問 は 受 け 付 けない また 誤 送 信 等 による 不 達 を 防 止 するた め 質 問 を 送 信 後 に 下 記 担 当 に 東 京 都 下 水 道 局 職 員 等 個 人 番 号 収 集 管 理 委 託 企 画 コンペティション 実 施 要 領 1 企 画 コンペティションの 目 的 本 企 画 コンペティションは 東 京 都 下 水 道 局 職 員 等 個 人 番 号 収 集 管 理 委 託 業 務 ( 以 下 委 託 業 務 という )を 最 も 適 確 に 実 施 できる 企 画 提 案 を 特 定 することを 目

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

(8) 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 ) 第 2 条 第 2 号 に 掲 げる 暴 力 団 及 びそれらの 利 益 となる 活 動 を 行 う 者 でないこと (9) 国 税 県 税 及 び 市 町 村 税

(8) 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 ) 第 2 条 第 2 号 に 掲 げる 暴 力 団 及 びそれらの 利 益 となる 活 動 を 行 う 者 でないこと (9) 国 税 県 税 及 び 市 町 村 税 嘉 手 納 町 住 環 境 整 備 基 本 計 画 ( 基 礎 調 査 ) 業 務 に 関 する 企 画 提 案 募 集 要 領 この 要 領 は 嘉 手 納 町 住 環 境 整 備 基 本 計 画 ( 基 礎 調 査 ) 業 務 に 関 する 企 画 提 案 に 係 る 優 先 候 補 者 の 選 定 にあたり 本 募 集 要 領 に 基 づき 広 く 企 画 提 案 を 募 集 し 最 も 適

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

栃木県アンテナショップ基本計画策定及び設計業務委託に係る標準?プロポーザル実施要領

栃木県アンテナショップ基本計画策定及び設計業務委託に係る標準?プロポーザル実施要領 スカイベリー 高 級 ブランドイメージ 定 着 プロモーション 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 領 本 要 領 は スカイベリー 高 級 ブランドイメージ 定 着 プロモーション 業 務 を 委 託 する 事 業 者 を 選 定 するに 当 たり 公 募 型 プロポーザルの 実 施 方 法 等 必 要 な 事 項 を 定 めるものである 1 業 務 の 概 要 (1)

More information

慶應義塾利益相反対処規程

慶應義塾利益相反対処規程 慶 應 義 塾 利 益 相 反 マネジメント 内 規 平 成 17 年 12 月 6 日 制 定 平 成 23 年 4 月 1 日 施 行 平 成 26 年 4 月 1 日 改 正 平 成 27 年 10 月 30 日 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 慶 應 義 塾 利 益 相 反 マネジメント 内 規 ( 以 下 本 内 規 という )は, 慶 應 義 塾 利 益 相 反 マネジメント ポリシー(

More information

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36.

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36. 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 仕 様 書 1. 適 用 範 囲 本 仕 様 書 は 十 和 田 市 ( 以 下 発 注 者 という )が 実 施 する 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 ( 以 下 本 業 務 委 託 という )に 適 用 するものとする 2. 業 務 目 的 十 和 田 市 営 住

More information