イオン 株 式 会 社 コーポレートガバナンス 基 本 方 針 第 1 章 コーポレートガバナンス 基 本 方 針 の 目 的 と 位 置 づけ コーポレートガバナンス 基 本 方 針 は イオングループ( 以 下 イオン といいます)の 企 業 経 営 と 企 業 統 治 に 関 する 基 本 姿

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "イオン 株 式 会 社 コーポレートガバナンス 基 本 方 針 第 1 章 コーポレートガバナンス 基 本 方 針 の 目 的 と 位 置 づけ コーポレートガバナンス 基 本 方 針 は イオングループ( 以 下 イオン といいます)の 企 業 経 営 と 企 業 統 治 に 関 する 基 本 姿"

Transcription

1 2016 年 4 月 13 日 イ オ ン 株 式 会 社 コーポレートガバナンス 基 本 方 針 の 制 定 について イオン 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 )は 当 社 の 企 業 経 営 と 企 業 統 治 に 関 する 基 本 姿 勢 並 びに 企 業 統 治 システムに 関 する 方 針 を 示 した コーポレートガバナンス 基 本 方 針 ( 以 下 当 方 針 )を 制 定 しました 当 方 針 は コーポレートガバナンス コード への 制 度 的 対 応 にとどまらず 当 社 の 基 本 理 念 に 基 づき 企 業 価 値 の 最 大 化 に 向 けて 長 期 的 視 野 に 立 った 経 営 を 行 うために ガバナンスの 更 なる 進 化 を 目 指 したものです 当 社 は 当 方 針 の 実 践 を 通 じて お 客 さまや 従 業 員 地 域 社 会 株 主 投 資 家 等 すべて のステークホルダーへ 貢 献 すべく 一 層 の 成 長 発 展 に 努 めてまいります 当 方 針 の 詳 細 につきましては 添 付 の イオン コーポレートガバナンス 基 本 方 針 をご 参 照 ください なお 本 方 針 ( 日 本 語 版 英 語 版 )は 当 社 ホームページにも 掲 載 しています 以 上

2 イオン 株 式 会 社 コーポレートガバナンス 基 本 方 針 第 1 章 コーポレートガバナンス 基 本 方 針 の 目 的 と 位 置 づけ コーポレートガバナンス 基 本 方 針 は イオングループ( 以 下 イオン といいます)の 企 業 経 営 と 企 業 統 治 に 関 する 基 本 姿 勢 と 純 粋 持 株 会 社 であるイオン 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます) の 企 業 統 治 システムについての 方 針 を 明 示 したものであり すべての 企 業 活 動 の 指 針 となるもの です 本 方 針 の 制 定 改 廃 は 取 締 役 会 の 承 認 によるものとします 第 2 章 イオンが 目 指 す 企 業 のあり 方 イオンは 創 業 以 来 お 客 さま 志 向 に 徹 し お 客 さまや 地 域 社 会 への 限 りない 貢 献 そして 従 業 員 の 幸 せの 実 現 こそが 小 売 業 の 永 遠 の 使 命 であるとの 信 念 を 貫 いてきました こうした 価 値 観 に 基 づき イオンは お 客 さまを 原 点 に 平 和 を 追 求 し 人 間 を 尊 重 し 地 域 社 会 に 貢 献 する ことを 基 本 理 念 に 定 め 全 ての 企 業 活 動 の 指 針 としてきました この 基 本 理 念 にあるように イオンは 小 売 業 が お 客 さまを 原 点 とした 平 和 産 業 人 間 産 業 地 域 産 業 であると 信 じ グループ 全 体 でその 実 現 を 追 求 しています 平 和 産 業 とは 小 売 業 は 平 和 があってこそ 成 り 立 つ 産 業 であり 小 売 業 の 繁 栄 は 平 和 の 象 徴 であるとの 考 えから 自 ら 平 和 を 追 求 し 続 けなければならないということです 人 間 産 業 とは 人 間 を 尊 重 し 人 間 の 持 つ 可 能 性 を 信 じ 人 間 的 な 絆 つながりを 重 視 する 産 業 であるということであり とりわけ 小 売 業 は 人 間 即 ち 従 業 員 が 最 大 の 資 産 であるというこ とです 地 域 産 業 とは 小 売 業 は 地 域 の 文 化 や 歴 史 風 土 を 踏 まえ 日 々のくらしに 根 ざし 地 域 の 発 展 や 健 全 な 自 然 環 境 の 維 持 に 貢 献 することで 地 域 に 不 可 欠 な 産 業 にならなくてはならないと いうことです このゆるぎない 理 念 のもと 絶 えず 革 新 し 続 ける 企 業 集 団 と 自 らを 位 置 づけ その 実 現 のた めに リスクを 恐 れず 挑 戦 し 続 け 変 化 に 柔 軟 に 即 応 する 企 業 風 土 を 重 視 し 育 んできました イオンの 規 模 事 業 領 域 展 開 国 地 域 が 拡 大 するなか 小 売 ディベロッパー 金 融 サービ スなどすべての 事 業 が 一 丸 となり 絶 えざる 革 新 により 時 代 を 超 えてこの 基 本 理 念 を 実 践 して います 1

3 今 後 ますます 変 化 の 度 合 いが 増 していくこれからの 経 営 環 境 において お 客 さまを 基 点 に す べてのステークホルダーとともに 成 長 発 展 するという 精 神 は より 一 層 重 要 度 が 増 していくも のと 考 えます お 客 さまは 物 質 的 な 充 足 よりも 心 身 ともに 健 康 にくらしたい 地 域 に 根 ざして 働 き 地 域 で 快 適 にくらしたい など 幸 福 感 の 実 現 に 価 値 を 見 出 しています このようなお 客 さまの 新 しい 価 値 観 へ 対 応 することが いま 企 業 に 求 められています 一 方 地 域 社 会 に 目 を 向 けると エネルギーや 環 境 問 題 経 済 的 な 格 差 など 様 々な 課 題 を 抱 えており こうした 地 域 社 会 の 課 題 解 決 における 企 業 の 果 たす 役 割 の 重 要 性 はますます 高 まっています お 客 さまや 地 域 社 会 が 企 業 に 対 して 抱 く 新 たな 期 待 や 企 業 が 果 たすべき 責 任 の 重 要 性 の 高 まりに 応 えるために 企 業 は 利 益 の 追 求 のみならず 心 を 持 った 企 業 市 民 として 長 期 的 持 続 的 な 視 点 に 立 ち 地 域 社 会 全 体 の 豊 かさや 幸 福 感 の 実 現 に 貢 献 することがこれまで 以 上 に 求 められています このような 認 識 の 下 イオンの 基 本 理 念 や 革 新 のDNAを 基 盤 とした 長 期 的 な 視 野 に 立 った 経 営 を 時 代 を 超 えて 継 続 していくために イオンのコーポレートガバナンスにおいて 重 視 すべき 価 値 観 経 営 姿 勢 企 業 統 治 の 基 本 的 な 考 え 方 を 以 下 に 示 す コーポレートガバナンスにおける 基 本 姿 勢 として 定 め これを 中 核 とした コーポレートガバナンス 基 本 方 針 を 制 定 し 公 表 し ます コーポレートガバナンスにおける 基 本 姿 勢 1. お 客 さま 基 点 現 場 主 義 による 価 値 創 造 お 客 さまの 幸 福 感 の 実 現 を 最 大 の 企 業 使 命 として お 客 さまとの 接 点 である 現 場 主 義 を 貫 き 常 にお 客 さま 基 点 で 考 えることで 変 化 するお 客 さまのニーズに 対 応 した 最 適 な 価 値 創 造 を 追 求 し ます 2. 最 大 の 経 営 資 源 である 人 間 の 尊 重 人 間 こそが 最 大 の 経 営 資 源 であるとの 信 念 に 基 づき 従 業 員 を 尊 重 し 多 様 性 を 重 視 し 教 育 機 会 を 積 極 的 に 提 供 することで 従 業 員 が 自 己 成 長 に 努 め 強 い 絆 で 結 ばれ お 客 さまへの 貢 献 を 至 上 の 喜 びとする 従 業 員 で 構 成 された 企 業 を 目 指 します 3. 地 域 社 会 とともに 発 展 する 姿 勢 地 域 社 会 の 一 員 心 を 持 った 企 業 市 民 として 同 じ 地 域 社 会 の 参 加 者 であるお 客 さま 従 業 員 株 主 取 引 先 とともに 発 展 し 地 域 社 会 の 豊 かさ 自 然 環 境 の 持 続 性 平 和 に 貢 献 することを 目 指 します 2

4 4. 長 期 的 な 視 野 と 絶 えざる 革 新 に 基 づく 持 続 的 な 成 長 お 客 さま 地 域 社 会 の 期 待 に 応 え 続 けるために 変 化 する 経 営 環 境 に 対 応 するための 絶 えざる 革 新 に 挑 戦 することで 長 期 的 な 視 野 に 立 った 価 値 創 造 を 伴 う 持 続 的 な 成 長 と グループ 全 体 の 継 続 的 な 価 値 向 上 を 志 向 する 経 営 に 努 めます 5. 透 明 性 があり 規 律 ある 経 営 の 追 求 お 客 さま ステークホルダーとの 積 極 的 な 対 話 に 努 め 評 価 を 真 摯 に 受 け 止 め 常 に 自 らを 律 す ることで 透 明 性 と 規 律 がある 経 営 を 追 求 します 第 3 章 イオンの 基 本 理 念 に 基 づく 経 営 姿 勢 ( 事 業 活 動 ) イオンは 事 業 活 動 のあらゆる 場 面 で 基 本 理 念 に 則 った 行 動 ができるよう イオン 行 動 規 範 を 定 め グループ 全 体 で 徹 底 します 当 社 は 純 粋 持 株 会 社 としてグループの 事 業 や 個 社 の 枠 組 みを 越 え 基 本 理 念 で 掲 げている お 客 さまや 地 域 社 会 に 対 する 価 値 創 造 を 実 践 するために グループが 目 指 すべき 経 営 方 針 の 策 定 や 経 営 資 源 配 分 の 最 適 化 事 業 を 越 えたシナジーの 創 出 に 取 り 組 みます ( 従 業 員 人 材 ) イオンは お 客 さまに 対 する 価 値 創 造 を 担 う 最 も 重 要 な 経 営 資 源 である 従 業 員 を 尊 重 しま す 従 業 員 の 人 権 を 尊 重 し 国 籍 人 種 性 別 学 歴 宗 教 心 身 の 障 害 などを 理 由 とした 差 別 を 行 うことは 一 切 なく 公 平 正 当 な 評 価 と 学 び 成 長 し 能 力 を 発 揮 する 機 会 を 均 等 に 提 供 します 多 様 な 価 値 観 を 活 かした 革 新 ある 経 営 を 実 践 するために ダイバーシティなどの 人 材 育 成 活 用 を 推 進 します ( 環 境 社 会 貢 献 ) イオンは 事 業 を 通 じて 地 域 社 会 に 貢 献 します イオンはサステナブルな 経 営 を 推 進 するために イオン サスティナビリティ 基 本 方 針 を 策 定 し 特 に 重 要 な 課 題 である 低 炭 素 社 会 の 実 現 生 物 多 様 性 の 保 全 資 源 の 有 効 利 用 社 会 的 課 題 への 対 応 へ 取 り 組 みます 3

5 ( 内 部 統 制 リスク 管 理 ) 全 てのステークホルダーに 対 する 責 任 を 果 たすことを 目 的 に 経 営 の 透 明 性 公 正 性 を 担 保 し 持 続 的 で 安 定 的 な 経 営 の 実 践 に 努 め これを 支 える 仕 組 としての 内 部 統 制 に 係 る 体 制 構 築 やコンプライアンス リスクマネジメントを 常 に 進 化 させていきます 内 部 統 制 への 取 り 組 みについては 内 部 監 査 部 門 による 徹 底 したチェック 体 制 を 構 築 し も っとも 適 正 な 組 織 運 営 を 推 進 します コンプライアンスの 実 践 については 経 営 幹 部 をはじ めとするイオンの 全 員 にコンプライアンスの 学 習 と 実 践 を 徹 底 するとともに 内 部 監 査 部 門 がその 実 践 状 況 を 監 視 し 監 査 委 員 会 に 報 告 することで その 徹 底 に 努 めます 代 表 執 行 役 をはじめとする 全 ての 執 行 役 が 責 任 を 持 ってリスク 管 理 を 主 導 します そのため のリスク 管 理 体 制 として イオン マネジメントコミッティ の 直 下 にリスクマネジメント 管 掌 が 主 催 するリスクマネジメント 委 員 会 を 配 置 し 事 業 横 断 的 な 統 括 体 制 を 構 築 すること で 多 様 なリスクや 危 機 に 備 えます また 取 引 先 との 協 力 体 制 のもと 物 資 の 供 給 体 制 の 整 備 や 地 域 の 防 災 拠 点 としての 活 用 などを 含 む 事 業 継 続 基 本 計 画 を 定 め リスクに 対 応 した 事 業 の 継 続 性 の 強 化 に 努 めます ( ステークホルダーコミュニケーション ) 全 てのステークホルダーと 共 に 発 展 していくサステナブルな 経 営 の 実 践 長 期 的 な 視 野 に 基 づく 企 業 価 値 向 上 の 観 点 から 各 ステークホルダーに 対 する 透 明 性 の 高 い 情 報 提 供 と 建 設 的 な 対 話 を 実 践 します お 客 さまの 声 を 経 営 の 原 点 と 考 え 積 極 的 な 情 報 発 信 や 対 話 を 通 じてお 客 さまの 知 る 権 利 に 応 えるとともに お 客 さまのイオンに 対 する 期 待 や 要 望 を 把 握 し お 客 さまの 声 を 活 かし た 経 営 を 実 践 します 経 営 のパートナーである 株 主 に 対 して 長 期 的 な 視 野 に 基 づく 企 業 価 値 向 上 の 観 点 から 経 営 方 針 や 財 務 状 況 などをわかりやすく 正 確 迅 速 に 開 示 することで 透 明 性 の 高 い 経 営 を 実 践 します 株 主 総 会 のみならず 定 期 的 な 対 話 の 場 を 設 けることで 株 主 の 意 見 を 活 かした 開 かれた 経 営 に 努 めます 革 新 的 な 事 業 展 開 の 実 践 に 不 可 欠 である 取 引 先 を 尊 重 し 適 切 な 手 続 きと 信 頼 に 基 づいた 公 正 な 取 引 を 通 じて 互 いの 繁 栄 を 目 指 します 様 々な 機 会 を 設 けて 従 業 員 の 声 に 耳 を 傾 けることで 従 業 員 の 志 を 聞 き 従 業 員 の 心 を 知 り 従 業 員 を 活 かす という 人 事 の 基 本 理 念 の 実 践 に 努 めます また 従 業 員 の 代 表 である 労 働 組 合 との 対 話 を 通 じて 経 営 への 意 見 を 把 握 し 従 業 員 の 声 を 活 かした 経 営 の 革 新 に 努 めます ( 財 務 資 本 政 策 ) 持 続 的 な 成 長 と 収 益 性 および 資 本 効 率 の 向 上 による 企 業 価 値 向 上 を 追 求 するとともに 長 期 的 な 視 点 で 財 務 基 盤 の 強 化 に 努 めます 株 主 との 長 期 的 なパートナーシップを 構 築 することを 目 指 し 安 定 的 な 配 当 と 持 続 的 な 企 業 価 値 向 上 による 株 主 還 元 に 努 めます 4

6 第 4 章 企 業 統 治 ( 企 業 統 治 体 制 ) 当 社 は グループ 全 体 を 視 野 に 入 れた 基 本 理 念 に 基 づく 経 営 透 明 かつ 持 続 性 と 安 定 性 を 持 った 経 営 お 客 さまを 原 点 とした 絶 えざる 革 新 これらを 実 践 するための 最 適 な 企 業 統 治 体 制 として 指 名 委 員 会 等 設 置 会 社 を 選 択 しています 経 営 の 監 督 と 業 務 執 行 を 分 離 し 執 行 役 に 大 幅 な 権 限 移 譲 を 行 い 迅 速 な 経 営 の 意 思 決 定 を 実 現 する 体 制 を 整 える 一 方 社 外 取 締 役 を 過 半 数 とする 指 名 委 員 会 監 査 委 員 会 報 酬 委 員 会 の 3 委 員 会 を 設 置 し 経 営 の 透 明 性 と 客 観 性 を 担 保 します 常 に 最 適 な 企 業 統 治 を 目 指 し 継 続 的 に 体 制 の 検 討 見 直 しを 実 施 します ( 取 締 役 会 の 役 割 と 体 制 ) 取 締 役 会 は 当 社 の 経 営 の 意 思 決 定 機 関 として 法 定 事 項 を 決 議 するとともに 経 営 の 基 本 方 針 ならびに 業 務 執 行 上 の 重 要 な 事 項 を 決 定 承 認 し 取 締 役 及 び 執 行 役 の 職 務 の 遂 行 を 監 督 します 取 締 役 会 の 実 効 性 を 高 めるため 多 様 な 経 験 能 力 専 門 知 識 を 持 つ 取 締 役 により 取 締 役 会 を 構 成 し 適 切 な 員 数 とします 取 締 役 会 の 監 督 機 能 を 高 めるため 社 外 取 締 役 を 過 半 数 とします ( 取 締 役 会 の 運 営 ) 取 締 役 会 議 長 は 取 締 役 会 における 活 発 な 議 論 と 適 切 な 判 断 公 正 な 監 督 を 可 能 にするための 体 制 を 整 備 します 取 締 役 会 資 料 の 事 前 配 布 必 要 に 応 じた 事 前 説 明 経 営 全 般 の 重 要 情 報 の 共 有 などを 通 して 社 外 取 締 役 に 十 分 な 情 報 提 供 をすることで 社 外 取 締 役 の 知 見 や 客 観 性 に 基 づく 意 見 を 取 締 役 会 の 運 営 に 反 映 させます 中 期 経 営 計 画 や 重 要 な 政 策 など 重 点 的 な 議 論 が 必 要 な 課 題 に 対 しては 取 締 役 会 における 審 議 に 向 けて 別 途 議 論 の 機 会 を 設 け 取 締 役 による 十 分 な 議 論 の 時 間 を 確 保 します 年 度 終 了 後 の 取 締 役 会 にて 前 年 度 の 活 動 と 成 果 を 討 議 し その 結 果 を 経 営 陣 に 共 有 するととも に その 概 要 を 開 示 します ( 3 委 員 会 ) 指 名 委 員 会 監 査 委 員 会 報 酬 委 員 会 は 社 外 取 締 役 を 過 半 数 として 構 成 されるとともに 各 委 員 会 の 議 長 を 社 外 取 締 役 より 選 任 することで より 客 観 性 透 明 性 の 高 い 委 員 会 運 営 を 行 い ます 監 査 委 員 会 は 委 員 全 員 を 社 外 取 締 役 とすることで 執 行 から 完 全 に 分 離 し 取 締 役 及 び 執 行 役 の 職 務 が 適 法 かつ 妥 当 に 運 営 されるべく 監 督 します また 業 務 執 行 部 門 より 独 立 した 内 部 監 査 部 門 による 職 務 の 補 助 外 部 会 計 監 査 人 との 連 携 によりその 機 能 向 上 に 努 めます 5

7 ( 執 行 役 ) 代 表 執 行 役 は 当 社 を 代 表 し 取 締 役 会 から 委 任 された 事 項 の 決 定 及 び 業 務 に 関 する 一 切 の 行 為 を 行 います 執 行 役 は 代 表 執 行 役 の 指 揮 命 令 のもとに 取 締 役 会 決 議 に 基 づき 委 任 を 受 けた 事 項 の 決 定 及 び 経 営 執 行 を 行 います ( 業 務 執 行 に 関 わる 意 思 決 定 ) 取 締 役 会 の 権 限 を 会 社 法 上 または 定 款 上 取 締 役 会 で 決 議 しなければならない 事 項 を 除 き 代 表 執 行 役 に 委 任 し より 迅 速 な 意 思 決 定 を 行 います 代 表 執 行 役 をはじめとする 経 営 幹 部 で 構 成 する イオン マネジメントコミッティ において 業 務 執 行 方 針 や 重 要 案 件 を 付 議 し 協 議 を 経 て 代 表 執 行 役 がこれを 決 定 します 代 表 執 行 役 は 各 執 行 役 の 職 務 と 権 限 を 明 確 にすることで 責 任 体 制 の 明 確 化 と 経 営 判 断 の 迅 速 化 を 図 ります ( 経 営 人 材 の 育 成 と 経 営 幹 部 への 情 報 提 供 サポート ) グループ 全 社 より 次 世 代 の 経 営 人 材 を 選 抜 し 経 営 人 材 開 発 委 員 会 にて 個 人 ごとの 育 成 方 針 を 決 定 して その 方 針 に 基 づいた 配 置 教 育 により 経 営 人 材 を 育 成 します グループ 全 社 の 取 締 役 執 行 役 監 査 役 に 対 し 新 任 役 員 セミナーをはじめとする 経 営 幹 部 対 象 の 教 育 を 行 い 経 営 者 として 必 要 な 知 識 を 習 得 できるようにします 社 外 取 締 役 がその 機 能 を 十 分 に 発 揮 できるようにするため 就 任 の 際 または 就 任 後 も 継 続 的 にグループの 戦 略 事 業 組 織 財 務 などに 関 する 情 報 を 提 供 します 更 に 社 外 取 締 役 は 国 内 外 の 店 舗 視 察 政 策 討 議 の 場 やグループ 内 部 での 政 策 方 針 発 表 への 参 加 植 樹 などイ オンの 社 会 貢 献 活 動 への 参 加 などにより イオンのグループ 経 営 への 理 解 を 深 めます ( 内 部 通 報 の 体 制 整 備 と 監 督 ) 内 部 通 報 制 度 を 制 定 し ヘルプライン 窓 口 を 設 置 します 内 部 通 報 の 体 制 整 備 運 用 状 況 は 内 部 監 査 部 門 が 監 視 し イオン マネジメントコミッティ 及 び 監 査 委 員 会 に 報 告 します イオン 行 動 規 範 110 番 運 用 規 程 を 定 め 相 談 者 及 び 調 査 に 協 力 した 者 の 保 護 をはじめとす る 適 切 な 運 用 に 努 めます ( 外 部 会 計 監 査 人 の 役 割 と 選 任 ) 当 社 は 外 部 会 計 監 査 人 が 財 務 報 告 の 信 頼 性 を 担 保 する 重 要 な 役 割 を 担 うことを 認 識 し 適 切 な 監 査 を 行 うことができる 体 制 を 確 保 します 監 査 委 員 会 は 外 部 会 計 監 査 人 の 選 定 評 価 再 任 基 準 を 定 め 毎 年 この 基 準 に 基 づく 評 価 を 実 施 し その 評 価 に 基 づく 再 任 選 定 を 行 います 2016 年 4 月 13 日 制 定 以 上 6

8 参 考 資 料 1 イオンの 基 本 理 念 2 イオン 宣 言 3 イオン 行 動 規 範 宣 言 1 イオンの 基 本 理 念 7

9 2 イオン 宣 言 3 イオン行 動 規 範 宣 言 一 イオンピープルは 常 に 多 くの 人 々から 支 えられていることに 感 謝 し ひとときも 謙 虚 な 気 持 ちを 忘 れません 一 イオンピープルは 人 々との 信 頼 をなによりも 重 んじ いかなる 時 も 正 直 で 誠 実 な 行 動 を 貫 きます 一 イオンピープルは お 客 さまの 期 待 を 感 動 に 高 めるため 常 に 自 らをを 磨 きます 一 イオンピープルは イオンの 理 想 を 実 現 するため ためらうことなく 変 革 への 挑 戦 を 続 け ます 一 イオ オンピープルは 地 域 の 発 展 を 願 い よき 企 業 市 民 として 社 会 への 奉 仕 につとめます 以 上 8

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです ASAHI INTECC CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 3 月 30 日 朝 日 インテック 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 宮 田 昌 彦 問 合 せ 先 : 経 営 戦 略 室 証 券 コード:7747 http://www.asahi-intecc.co.jp

More information

第 2 章 ステークホルダーとの 関 係 1. 株 主 の 権 利 平 等 性 の 確 保 すべての 株 主 に 対 し 対 話 と 情 報 開 示 を 通 じて 平 等 性 が 実 質 的 に 確 保 されるよう 努 める とともに 株 主 利 益 に 影 響 を 与 える 可 能 性 のある 事

第 2 章 ステークホルダーとの 関 係 1. 株 主 の 権 利 平 等 性 の 確 保 すべての 株 主 に 対 し 対 話 と 情 報 開 示 を 通 じて 平 等 性 が 実 質 的 に 確 保 されるよう 努 める とともに 株 主 利 益 に 影 響 を 与 える 可 能 性 のある 事 ヤマトホールディングス コーポレートガバナンス ガイドライン 第 1 章 総 則 1. 目 的 ヤマトホールディングス( 以 下 当 社 という)およびヤマトグループにおけるコーポレ ートガバナンス ガイドライン( 以 下 当 ガイドラインという)を 制 定 し 経 営 の 健 全 性 の 確 保 および 迅 速 かつ 適 正 な 意 思 決 定 と 事 業 遂 行 の 実 現 に 向 け 実 効

More information

Microsoft Word - 20151001_プレス別紙1.doc

Microsoft Word - 20151001_プレス別紙1.doc SMFGコーポレートガバナンス ガイドライン 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 SMFGコーポレートガバナンス ガイドライン( 以 下 本 ガイドライン という )は 株 式 会 社 三 井 住 友 フィナンシャルグループ( 以 下 当 社 と いう )が 実 効 的 なコーポレートガバナンスの 実 現 を 通 じて 不 祥 事 や 企 業 としての 不 健 全 な 事 態 の 発 生

More information

コーポレートガバナンス報告書(全文)1607.xps

コーポレートガバナンス報告書(全文)1607.xps コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです CDG CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 7 月 4 日 株 式 会 社 CDG 代 表 取 締 役 社 長 大 平 孝 問 合 せ 先 :06-6133-5200 証 券 コード:2487 http://www.cdg.co.jp Ⅰコーポレート

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです SAYLOR ADVERTISING INC. 最 終 更 新 日 :2015 年 6 月 30 日 セーラー 広 告 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 村 上 義 憲 問 合 せ 先 : 執 行 役 員 総 務 本 部 長 青 木 均 証 券 コード:2156

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203135313230315F81758269827582628350839383458362836881408352815B837C838C815B8367834B836F83698393835895FB906A817690A792E882C98AD682B782E982A8926D82E782B95F46696E616C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203135313230315F81758269827582628350839383458362836881408352815B837C838C815B8367834B836F83698393835895FB906A817690A792E882C98AD682B782E982A8926D82E782B95F46696E616C2E646F6378> 各 位 会 社 名 代 表 者 名 問 合 せ 先 平 成 27 年 12 月 1 日 株 式 会 社 JVCケンウッド 代 表 取 締 役 会 長 兼 CEO 河 原 春 郎 (コード 番 号 6632 東 証 第 一 部 ) コーポレート コミュニケーション 部 長 西 下 進 一 朗 (TEL 045-444-5232) JVCケンウッド コーポレートガバナンス 方 針 制 定 に 関 するお

More information

支 配 株 主 名 該 当 なし 親 会 社 名 親 会 社 の 上 場 取 引 所 該 当 なし 該 当 なし 補 足 説 明 - 3. 企 業 属 性 上 場 予 定 市 場 区 分 決 算 期 業 種 直 前 事 業 年 度 末 における( 連 結 ) 従 業 員 数 直 前 事 業 年 度

支 配 株 主 名 該 当 なし 親 会 社 名 親 会 社 の 上 場 取 引 所 該 当 なし 該 当 なし 補 足 説 明 - 3. 企 業 属 性 上 場 予 定 市 場 区 分 決 算 期 業 種 直 前 事 業 年 度 末 における( 連 結 ) 従 業 員 数 直 前 事 業 年 度 平 成 27 年 7 月 29 日 ベステラ 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 吉 野 佳 秀 問 合 せ 先 : 03-3630-5555 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです Ⅰ.コーポレート ガバナンスに 関 する 基 本 的 な 考 え 方 及 び 資 本 構 成 企 業 属 性 その 他 の 基 本 情 報 1. 基 本 的 な 考 え 方 当

More information

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです ASKA Pharmaceutical Co., Ltd. 最 終 更 新 日 :2015 年 7 月 6 日 あすか 製 薬 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 山 口 隆 問 合 せ 先 : 総 務 部 TEL(03)5484-8323 証 券 コード:4514

More information

早 期 に 発 送 するとともに 株 主 総 会 招 集 通 知 発 送 前 に 電 子 的 方 法 により 開 示 3 株 主 総 会 の 開 催 日 をいわゆる 集 中 日 を 避 けて 設 定 4 機 関 投 資 家 や 外 国 人 株 主 の 権 利 行 使 を 容 易 にするため 電 子

早 期 に 発 送 するとともに 株 主 総 会 招 集 通 知 発 送 前 に 電 子 的 方 法 により 開 示 3 株 主 総 会 の 開 催 日 をいわゆる 集 中 日 を 避 けて 設 定 4 機 関 投 資 家 や 外 国 人 株 主 の 権 利 行 使 を 容 易 にするため 電 子 NTTドコモ コーポレート ガバナンス 基 本 方 針 平 成 27 年 10 月 30 日 制 定 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 当 社 は 株 主 やお 客 さまをはじめとするステークホルダーから 高 い 信 頼 と 評 価 を 得 られるよう 当 社 グループの 持 続 的 な 成 長 と 中 長 期 的 な 企 業 価 値 の 向 上 を 目 的 として 本 基 本 方 針

More information

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです CANOX CORP. 最 終 更 新 日 :2015 年 10 月 28 日 株 式 会 社 カノークス 取 締 役 社 長 木 下 幹 夫 問 合 せ 先 :052-564-3525 証 券 コード:8076 http://www.canox.co.jp Ⅰコーポレート

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです Suruga Bank Ltd. 最 終 更 新 日 :2015 年 7 月 10 日 スルガ 銀 行 株 式 会 社 取 締 役 社 長 岡 野 光 喜 問 合 せ 先 : 経 営 企 画 企 画 03-3279-5535 証 券 コード:8358 http://www.surugabank.co.jp/surugabank/index.html

More information

行 役 員 等 の 意 思 決 定 機 関 及 び 意 思 決 定 者 が 行 使 しうる 決 裁 審 議 承 認 等 に 関 する 権 限 を 明 確 に 定 めております 原 則 4-8 独 立 社 外 取 締 役 の 有 効 な 活 用 当 社 には 社 外 取 締 役 1 名 社 外 監 査

行 役 員 等 の 意 思 決 定 機 関 及 び 意 思 決 定 者 が 行 使 しうる 決 裁 審 議 承 認 等 に 関 する 権 限 を 明 確 に 定 めております 原 則 4-8 独 立 社 外 取 締 役 の 有 効 な 活 用 当 社 には 社 外 取 締 役 1 名 社 外 監 査 コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです All About,Inc. 最 終 更 新 日 :2016 年 6 月 30 日 株 式 会 社 オールアバウト 代 表 取 締 役 社 長 江 幡 哲 也 問 合 せ 先 :03-6362-1300 証 券 コード:2454 http://corp.allabout.co.jp/

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです GMO CLICK Holdings,Inc. 最 終 更 新 日 :2015 年 4 月 1 日 GMOクリックホールディングス 株 式 会 社 代 表 執 行 役 社 長 鬼 頭 弘 泰 問 合 せ 先 : 経 営 管 理 部 03 6221 0206 証 券

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです ASKA CORPORATION 最 終 更 新 日 :2013 年 2 月 27 日 アスカ 株 式 会 社 取 締 役 社 長 杉 本 篤 哉 問 合 せ 先 : 専 務 取 締 役 竹 之 内 敏 昭 TEL.0566-36-7771 証 券 コード:7227

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= -1- コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです IWABUCHI CORPORATION 最 終 更 新 日 :2011 年 6 月 30 日 イワブチ 株 式 会 社 取 締 役 社 長 加 藤 克 明 問 合 せ 先 :047-368-2222 証 券 コード:5983 http://www.iwabuchi.co.jp/index.htm

More information

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです SAGAMI CHAIN CO., LTD. 最 終 更 新 日 :2015 年 7 月 3 日 株 式 会 社 サガミチェーン 代 表 取 締 役 社 長 鎌 田 敏 行 問 合 せ 先 :052-771-2126 証 券 コード:9900 http//www.sagami.co.jp/

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです NISSAN TOKYO SALES HOLDINGS CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2015 年 11 月 25 日 日 産 東 京 販 売 ホールディングス 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 酒 井 信 也 問 合 せ 先 :03-5496-5234

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです Hakuhodo DY holdings Inc. 最 終 更 新 日 :2015 年 7 月 10 日 株 式 会 社 博 報 堂 DYホールディングス 代 表 取 締 役 社 長 戸 田 裕 一 問 合 せ 先 :IR 部 TEL:03-6441-9033 証

More information

大 株 主 の 状 況 氏 名 又 は 名 称 所 有 株 式 数 ( 株 ) 割 合 (%) 佐 藤 茂 1,560,000 53.06 三 菱 UFJ キャピタル 2 号 投 資 事 業 有 限 責 任 組 合 360,000 12.24 パートナーエージェント 従 業 員 持 株 会 336,

大 株 主 の 状 況 氏 名 又 は 名 称 所 有 株 式 数 ( 株 ) 割 合 (%) 佐 藤 茂 1,560,000 53.06 三 菱 UFJ キャピタル 2 号 投 資 事 業 有 限 責 任 組 合 360,000 12.24 パートナーエージェント 従 業 員 持 株 会 336, 2015 年 9 月 18 日 株 式 会 社 パートナーエージェント 代 表 取 締 役 社 長 佐 藤 茂 問 合 せ 先 : 03-5759-2700 URL : http://www.p-a.jp/ 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです Ⅰ.コーポレート ガバナンスに 関 する 基 本 的 な 考 え 方 及 び 資 本 構 成 企 業 属 性 その 他 の

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです MARUJUN CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2015 年 12 月 4 日 株 式 会 社 丸 順 代 表 取 締 役 社 長 今 川 喜 章 問 合 せ 先 : 管 理 本 部 経 営 企 画 部 証 券 コード:3422 http://www.marujun.co.jp/

More information

コーポレート・ガバナンス報告書

コーポレート・ガバナンス報告書 コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです HOUSE FOODS GROUP INC. 最 終 更 新 日 :2014 年 7 月 7 日 ハウス 食 品 グループ 本 社 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 浦 上 博 史 問 合 せ 先 : 取 締 役 総 務 部 長 小 池 章 06-6788-1214

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 1/10 ページ コーポレートガバナンス C O RPO R ATE G O V ER N A N C E Rem ixpoint,inc. 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです 最 終 更 新 日 :2016 年 7 月 8 日 株 式 会 社 リミックスポイント 代 表 取 締 役 社 長 國 重 惇 史 問 合 せ 先 : 経 営 管 理 部 長 花 田 敏

More information

コーポレート・ガバナンスに関する報告書【22700雪印メグミルクH280708】

コーポレート・ガバナンスに関する報告書【22700雪印メグミルクH280708】 コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです MEGMILK SNOW BRAND Co.,Ltd. 最 終 更 新 日 :2016 年 7 月 8 日 雪 印 メグミルク 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 西 尾 啓 治 問 合 せ 先 : 広 報 部 広 報 グループ 証 券 コード:2270

More information

2/9 ページ 5.その 他 コーポレート ガバナンスに 重 要 な 影 響 を 与 えうる 特 別 な 事 情

2/9 ページ 5.その 他 コーポレート ガバナンスに 重 要 な 影 響 を 与 えうる 特 別 な 事 情 1/9 ページ コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです Electric Power Development Co., Ltd. 最 終 更 新 日 :2014 年 6 月 30 日 電 源 開 発 株 式 会 社 取 締 役 社 長 北 村 雅 良 問 合 せ 先 : 経 営 企 画 部 経 営 管

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

別 紙 三 井 住 友 トラスト グループのフィデューシャリー デューティーに 関 する 取 組 方 針 < 前 文 > フィデューシャリー デューティーは 信 託 の 根 幹 をなす 基 本 概 念 であり 私 どもは 大 正 13 年 の 創 立 以 来 その 概 念 を 信 義 誠 実 奉 仕

別 紙 三 井 住 友 トラスト グループのフィデューシャリー デューティーに 関 する 取 組 方 針 < 前 文 > フィデューシャリー デューティーは 信 託 の 根 幹 をなす 基 本 概 念 であり 私 どもは 大 正 13 年 の 創 立 以 来 その 概 念 を 信 義 誠 実 奉 仕 各 位 平 成 28 年 9 月 30 日 三 井 住 友 トラスト ホールディングス 株 式 会 社 三 井 住 友 トラスト グループのフィデューシャリー デューティーに 関 する 取 組 方 針 について 三 井 住 友 トラスト ホールディングス 株 式 会 社 ( 取 締 役 社 長 : 北 村 邦 太 郎 )は お 客 さま 本 位 の 取 組 方 針 として 三 井 住 友 トラスト

More information

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方 夢 まちづくりはひとづくりから 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 改 訂 版 平 成 16 年 12 月 策 定 平 成 25 年 10 月 改 訂 平 塚 市 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです ALINCO INCORPORATED 最 終 更 新 日 :2016 年 6 月 17 日 アルインコ 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 小 山 勝 弘 問 合 せ 先 : 管 理 本 部 総 務 部 TEL:06-7636-2200 証 券 コード:5933

More information

第 Ⅰ 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 ガイドラインは 群 栄 化 学 工 業 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)が 次 に 定 める 社 是 使 命 ならびに 企 業 コンセプト の 実 現 のた め ステークホルダーと 協 働 して 企 業 価 値 を 向 上 させ 持 続

第 Ⅰ 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 ガイドラインは 群 栄 化 学 工 業 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)が 次 に 定 める 社 是 使 命 ならびに 企 業 コンセプト の 実 現 のた め ステークホルダーと 協 働 して 企 業 価 値 を 向 上 させ 持 続 コーポレートガバナンスガイドライン 群 栄 化 学 工 業 株 式 会 社 1 第 Ⅰ 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 ガイドラインは 群 栄 化 学 工 業 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)が 次 に 定 める 社 是 使 命 ならびに 企 業 コンセプト の 実 現 のた め ステークホルダーと 協 働 して 企 業 価 値 を 向 上 させ 持 続 的 に 発 展 できるよう

More information

_表紙.indd

_表紙.indd リスク 管 理 の 体 制 リスク 管 理 体 制 リスク 管 理 基 本 方 針 利 用 者 の 皆 さまに 安 心 してご 利 用 いただくためには より 健 全 性 の 高 い 経 営 を 確 保 し 信 頼 性 を 高 めていくことが 重 要 であると 感 じております このため 有 効 な 内 部 管 理 態 勢 を 構 築 し 直 面 する 様 々なリスクに 適 切 に 対 応 すべく

More information

<66696C653A2F2F453A5C819C974C89BF8FD88C9495F18D908F915C974C89BF8FD88C9495F18D908F915F3230313530365C74647A7A2E68746D>

<66696C653A2F2F453A5C819C974C89BF8FD88C9495F18D908F915C974C89BF8FD88C9495F18D908F915F3230313530365C74647A7A2E68746D> コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです Area Quest Inc. 最 終 更 新 日 :2016 年 1 月 22 日 株 式 会 社 エリアクエスト 代 表 取 締 役 社 長 清 原 雅 人 問 合 せ 先 : 取 締 役 伊 藤 真 奈 美 証 券 コード:8912 http://www.area-quest.com

More information

コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです Mitsubishi Research Institute, Inc. 最 終 更 新 日 :2015 : 年 8 月 19 日 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 代 表 取 締 役 社 長 大 森 京 太 問 合 せ 先 : 経 営 管 理 部 長 芝

More information

コーポレートガバナンス コードの 各 原 則 に 基 づく 開 示 原 則 14 政 策 保 有 株 式 としての 上 場 株 式 は 保 有 致 しません 原 則 17 当 社 は 役 員 や 主 要 株 主 等 との 取 引 を 行 う 場 合 には 取 締 役 会 において 監 査 等 委 員

コーポレートガバナンス コードの 各 原 則 に 基 づく 開 示 原 則 14 政 策 保 有 株 式 としての 上 場 株 式 は 保 有 致 しません 原 則 17 当 社 は 役 員 や 主 要 株 主 等 との 取 引 を 行 う 場 合 には 取 締 役 会 において 監 査 等 委 員 2016 年 5 月 26 日 株 式 会 社 コメダホールディングス 代 表 取 締 役 社 長 臼 井 興 胤 問 合 せ 先 : 経 営 管 理 本 部 総 務 部 0529368880 証 券 コード:3543 http://www.komedaholdings.co.jp 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです Ⅰ.コーポレート ガバナンスに 関 する 基

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです SystemSoft Corporation 最 終 更 新 日 :2016 年 6 月 24 日 株 式 会 社 システムソフト 代 表 取 締 役 社 長 吉 尾 春 樹 問 合 せ 先 : 管 理 本 部 TEL:092-732-1515 証 券 コード:7527

More information

該 当 事 項 がございません

該 当 事 項 がございません コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです Rakuten,Inc. 最 終 更 新 日 :2015 : 年 3 月 31 日 楽 天 株 式 会 社 代 表 取 締 役 会 長 兼 社 長 三 木 谷 浩 史 問 合 せ 先 :03-6387-1111 証 券 コード:4755 Ⅰコーポレート ガバナンスに

More information

コーポレートガバナンスに関する報告書

コーポレートガバナンスに関する報告書 コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです JAPAN POST HOLDINGS Co.,Ltd. 最 終 更 新 日 :2016 年 9 月 1 日 日 本 郵 政 株 式 会 社 取 締 役 兼 代 表 執 行 役 社 長 長 門 正 貢 問 合 せ 先 : 経 営 企 画 部 門 経 営 企 画 部

More information

します します します します 2. 取 締 役 の 報 酬 は 役 位 別 定 額 報 酬 および 業 績 連 動 型 報 酬 からなる 金 銭 報 酬 とストックオプション 報 酬 で 構 成 します ただし 社 外 取 締 役 の 金 銭 2. 取 締 役 の 報 酬 は 役 位 別 定 額

します します します します 2. 取 締 役 の 報 酬 は 役 位 別 定 額 報 酬 および 業 績 連 動 型 報 酬 からなる 金 銭 報 酬 とストックオプション 報 酬 で 構 成 します ただし 社 外 取 締 役 の 金 銭 2. 取 締 役 の 報 酬 は 役 位 別 定 額 コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです Kuraray Co., Ltd. 最 終 更 新 日 :2016 年 4 月 8 日 株 式 会 社 クラレ 代 表 取 締 役 社 長 伊 藤 正 明 問 合 せ 先 :03-6701-1075 : 証 券 コード:3405 http://www.kuraray.co.jp/index.html

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= - 1 - コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです WORKMAN CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2012 年 7 月 10 日 株 式 会 社 ワークマン 代 表 取 締 役 社 長 栗 山 清 治 問 合 せ 先 : 財 務 部 開 示 グループ TEL:03-3847-7730 証 券

More information

績 等 を 踏 まえ 当 行 の 代 表 者 として 相 応 しいと 判 断 し 代 表 取 締 役 として 選 任 するもの 永 山 勝 教 ( 再 任 ) 長 年 の 金 融 業 務 の 経 験 と 平 成 9 年 6 月 取 締 役 に 就 任 し 平 成 20 年 6 月 以 降 代 表 取

績 等 を 踏 まえ 当 行 の 代 表 者 として 相 応 しいと 判 断 し 代 表 取 締 役 として 選 任 するもの 永 山 勝 教 ( 再 任 ) 長 年 の 金 融 業 務 の 経 験 と 平 成 9 年 6 月 取 締 役 に 就 任 し 平 成 20 年 6 月 以 降 代 表 取 コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです The 77 Bank, Ltd. 最 終 更 新 日 :2016 年 6 月 29 日 株 式 会 社 七 十 七 銀 行 取 締 役 頭 取 氏 家 照 彦 問 合 せ 先 : 総 合 企 画 部 TEL022-267-1111( 代 表 ) 証 券 コード:8341

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 1/12 ページ コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです TOKYO DOME CORPORATION 最 終 更 新 日 :2015 年 4 月 28 日 株 式 会 社 東 京 ドーム 代 表 取 締 役 社 長 久 代 信 次 問 合 せ 先 : 広 報 IR 室 長 庄 司 正 信 証 券 コード:9681

More information

人材育成基本方針

人材育成基本方針 吹 田 市 人 材 育 成 基 本 方 針 社 会 の 変 革 に 対 応 できる 人 材 づくり 平 成 24 年 (2012 年 ) 公 務 制 度 改 革 -1- -2- 新 たな 人 材 育 成 基 本 方 針 の 策 定 にあたって 今 日 本 社 会 は 大 きな 転 換 期 にあります 市 場 や 情 報 がグローバル 化 し 少 子 化 や 人 口 減 少 は 歯 止 めがかからず

More information

平成22年度事業計画書(案)策定に関する前年度との比較資料

平成22年度事業計画書(案)策定に関する前年度との比較資料 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 ~ 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 公 益 財 団 法 人 日 本 容 器 包 装 リサイクル 協 会 当 協 会 は 容 器 包 装 リサイクル 法 ( 正 式 名 称 : 容 器 包 装 に 係 る 分 別 収 集 及 び 再 商 品 化 の 促 進 等 に 関 する 法 律 以 下 容 リ 法 )に 基 づく

More information

Ⅱ 経 営 上 の 意 思 決 定 執 行 及 び 監 督 に 係 る 経 営 管 理 組 織 その 他 のコーポレート ガバナンス 体 制 の 状 況 1. 機 関 構 成 組 織 運 営 等 に 係 る 事 項 組 織 形 態 監 査 役 設 置 会 社 取 締 役 関 係 定 款 上 の 取

Ⅱ 経 営 上 の 意 思 決 定 執 行 及 び 監 督 に 係 る 経 営 管 理 組 織 その 他 のコーポレート ガバナンス 体 制 の 状 況 1. 機 関 構 成 組 織 運 営 等 に 係 る 事 項 組 織 形 態 監 査 役 設 置 会 社 取 締 役 関 係 定 款 上 の 取 コーポレートガバナンス CORPORATEGOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです FUJICORPORATION 最 終 更 新 日 :2015 年 6 月 12 日 株 式 会 社 フジ コーポレーション 代 表 取 締 役 社 長 遠 藤 文 樹 問 合 せ 先 : 管 理 部 IR 担 当 多 賀 睦 実 証 券 コード:7605 htp://www.fujicorporation.com

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303131303331358ED093E091CE8DF488CF88F589EF92868AD495F18D905F8F4390B394C55F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303131303331358ED093E091CE8DF488CF88F589EF92868AD495F18D905F8F4390B394C55F2E646F63> 各 位 平 成 23 年 3 月 15 日 会 社 名 ス リ ー プ ロ グ ル ー プ 株 式 会 社 本 社 所 在 地 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 七 丁 目 21 番 3 号 代 表 者 代 表 取 締 役 水 口 雄 (コード 番 号 2375 東 証 マザーズ) 問 合 せ 先 取 締 役 常 務 執 行 役 員 山 崎 晋 一 ( T E L 0 3-6 8 3 2-3 2

More information

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです SEKISUI CHEMICAL Co.,Ltd 最 終 更 新 日 :2015 年 10 月 29 日 積 水 化 学 工 業 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 下 貞 二 問 合 せ 先 : 経 営 戦 略 部 TEL:03-5521-0522

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=download&uji.id=fw_discloserData&time=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=download&uji.id=fw_discloserData&time= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです Keisei Electric Railway Co,.Ltd. 最 終 更 新 日 :2016 年 7 月 8 日 京 成 電 鉄 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 三 枝 紀 生 問 合 せ 先 : 電 話 (047)712-7000( 代 表 )

More information

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 Ⅸ. 管 理 運 営 財 務 403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 的 に 流 るゝの 恐 れあり 切 に 之 を 戒 慎 す 可 き 事

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

アニュアルレポート2015(2015年3月期)

アニュアルレポート2015(2015年3月期) コーポレートガバナンス 日 立 製 作 所 と 上 場 子 会 社 のうちの8 社 は 日 本 の 会 社 法 に 規 定 する 指 名 委 員 会 等 設 置 会 社 です 経 営 の 監 督 と 執 行 の 分 離 を 徹 底 することにより 事 業 を 迅 速 に 運 営 できる 執 行 体 制 の 確 立 と 透 明 性 の 高 い 経 営 の 実 現 に 努 めています また 日 立 グループの

More information

損害保険の保険金支払に関するガイドライン

損害保険の保険金支払に関するガイドライン 損 害 保 険 の 保 険 金 支 払 に 関 するガイドライン 一 般 社 団 法 人 日 本 損 害 保 険 協 会 2012 年 4 月 Ⅰ.はじめに ~ 本 ガイドラインの 目 的 ~... 2 Ⅱ. 保 険 金 支 払 にあたっての 基 本 姿 勢... 2 1.お 客 さまの 視 点 に 立 った 対 応... 2 2. 損 害 保 険 会 社 の 社 会 的 な 役 割 をふまえた 保

More information

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに 1 現 行 の 電 気 料 金 制 度 と 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 平 成 24 年 2 月 3 日 2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 せき きらめき 女 子 のアクティブプラン み ん な ~ 男 女 がいきいきと 働 く 職 場 をめざして~ 平 成 28 年 3 月 関 市 はじめに 我 が 国 において 女 性 の 就 業 率 は 着 実 に 上 昇 してきているものの 育 児 介 護 等 を 理 由 に 働 けない 女 性 や 出 産 を 機 に 離 職 する 女

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成 財 務 基 盤 の 強 化 Ⅳ 経 営 基 盤 の 強 化 13 長 期 的 安 定 経 営 の 実 現 に 向 けた 財 務 基 盤 の 強 化 賃 貸 事 業 の 収 益 性 確 保 財 務 管 理 の 強 化 及 び 借 入 金 残 高 の 圧 縮 により 経 営 環 境 の 変 化 にも 耐 えうる 強 固 な 財 務 基 盤 を 構 築 する 金 融 市 場 動 向 等 の 把 握 やIR(

More information

-2- 原 則 4-9 独 立 社 外 取 締 役 の 独 立 性 判 断 基 準 及 び 資 質 資 本 取 引 縁 戚 などを 社 外 役 員 の 独 立 性 判 断 項 目 として 一 般 株 主 と 利 益 相 反 が 生 じるおそれがなく 客 観 性 中 立 性 を 発 揮 できる 立 場

-2- 原 則 4-9 独 立 社 外 取 締 役 の 独 立 性 判 断 基 準 及 び 資 質 資 本 取 引 縁 戚 などを 社 外 役 員 の 独 立 性 判 断 項 目 として 一 般 株 主 と 利 益 相 反 が 生 じるおそれがなく 客 観 性 中 立 性 を 発 揮 できる 立 場 -1- コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです TOKYO GAS CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 6 月 30 日 東 京 瓦 斯 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 広 瀬 道 明 問 合 せ 先 : 総 務 部 総 務 グループ(03-5400-3894) 証 券 コード:9531

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

アクション・プラン解説文

アクション・プラン解説文 2014 年 度 東 京 電 力 グループ アクション プラン に 関 する 機 関 投 資 家 アナリスト 向 け 説 明 会 ご 説 明 内 容 開 催 日 :2014 年 4 月 4 日 出 席 者 : 代 表 執 行 役 社 長 廣 瀬 直 己 常 務 執 行 役 村 松 衛 常 務 執 行 役 住 吉 克 之 常 務 執 行 役 フュエル&パワー カンパニー プレジデント 佐 野 敏 弘

More information

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc 幼 児 教 育 のあり 方 と 適 正 配 置 についての 基 本 方 針 平 成 21 年 9 月 橿 原 市 橿 原 市 教 育 委 員 会 はじめに 2 1. 公 立 幼 稚 園 保 育 所 の 現 状 課 題 3 2. 幼 児 教 育 のあり 方 についての 基 本 的 な 考 え 方 3 (1) 幼 稚 園 保 育 所 の 役 割 1 幼 稚 園 の 役 割 2 保 育 所 の 役 割 (2)

More information

J J.フロント リテイリング 株 式 会 社 内 部 統 制 システム 構 築 の 基 本 方 針 制 定 平 成 19 年 09 月 03 日 改 定 平 成 19 年 11 月 26 日 改 定 平 成 21 年 05 月 26 日 改 定 平 成 22 年 03 月 01 日 改 定 平 成 25 年 04 月 01 日 改 定 平 成 26 年 03 月 01 日 改 定 平 成 27 年 05

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら

また 貴 金 属 の 品 位 証 明 等 については 業 界 の 自 主 的 な 取 組 等 民 間 における 実 施 状 況 を 確 認 しつつ 業 務 を 確 実 に 実 施 することにより 中 小 零 細 企 業 の 保 護 育 成 と 消 費 者 の 安 心 に 寄 与 することが 求 めら 独 立 行 政 法 人 造 幣 局 が 平 成 27 年 度 に 達 成 すべき 目 標 Ⅰ. 政 策 体 系 における 法 人 の 位 置 付 けおよび 役 割 (ミッション) 通 貨 は 経 済 活 動 国 民 生 活 の 基 盤 であり 通 貨 に 対 する 信 頼 の 維 持 は 財 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 95 号 )に 定 められた 財 務 省 の 任 務

More information

3-表紙(大内)-se8mm.ai

3-表紙(大内)-se8mm.ai Ⅱ. 我 が 国 における 学 校 マネジメントに 関 する 取 組 の 概 要 1.はじめに 本 稿 では 学 校 マネジメントの 研 究 を 進 めるにあたり 我 が 国 における 学 校 マネジメン トに 関 する 取 組 について 現 在 までの 経 緯 をたどりその 概 要 を 整 理 する なお 本 研 究 では 学 校 マネジメントを 学 校 における 資 源 ヒト モノ 時 間 などを

More information

平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 室 蘭 市 土 地 開 発 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 室 蘭 市 監 査 委 員 室 監 査 第 133 号 平 成 26 年 9 月 30 日 室 蘭 市 長 青 山 剛 様 室 蘭 市 監 査 委 員 土 倉 崇 室 蘭 市 監 査 委 員 羽 立 秀 光 平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4> 日 本 年 金 機 構 の 設 立 について 2009 年 8 月 ( 注 ) 本 資 料 の 内 容 は 現 時 点 における 検 討 状 況 を 踏 まえ 整 理 したものであり 細 部 については 今 後 変 更 があり 得 ます Ⅰ 基 礎 資 料 1. 日 本 年 金 機 構 について 名 称 日 本 年 金 機 構 (にっぽん ねんきん きこう) Japan Pension Service

More information

目 1. 前 経 営 強 化 計 画 の 総 括 P.1 (1) 信 用 供 与 の 円 滑 化 に 向 けた 取 り 組 み P.2 (2) 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 向 けた 取 り 組 み P.3 (3) 経 済 の 活 性 化 に 向 けた 取 り 組 み P.6 (4)

目 1. 前 経 営 強 化 計 画 の 総 括 P.1 (1) 信 用 供 与 の 円 滑 化 に 向 けた 取 り 組 み P.2 (2) 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 向 けた 取 り 組 み P.3 (3) 経 済 の 活 性 化 に 向 けた 取 り 組 み P.6 (4) 経 営 強 化 計 画 (ダイジェスト 版 ) ( 金 融 機 能 の 強 化 のための 特 別 措 置 に 関 する 法 律 第 12 条 ) 平 成 28 年 6 月 目 1. 前 経 営 強 化 計 画 の 総 括 P.1 (1) 信 用 供 与 の 円 滑 化 に 向 けた 取 り 組 み P.2 (2) 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 向 けた 取 り 組 み P.3 (3)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA> 福 岡 教 育 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 教 職 実 践 専 攻 認 証 評 価 結 果 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 の 評 価 ポイント デマンドサイドである 教 育 委 員 会 と 教 職 大 学 院 とが 現 職 教 員 の 派 遣 養 成 する 実 践 的 指 導 力 の 内 容 カリキュラムの 編 成 等 において 十 分 な 協 議 を 行 っており 協

More information

資 料 5 地 方 公 務 員 法 等 一 部 を 改 正 する 法 律 に 関 する 説 明 会 (H26.6.9) 地 方 公 共 団 体 における 人 事 評 価 制 度 導 入 等 について 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 < 目 次 > 人 事 評 価 ねらい 人 事 評 価 制 度 構 築 1 勤 務 評 定 と 人 事 評 価 比 較 人

More information

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め 政 府 全 体 における 外 国 人 材 の 受 入 れ 活 用 に 関 する 動 き 等 日 本 語 小 委 (H27.04.17) 参 考 資 料 4 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014 ~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~ ( 抄 ) 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 第 2 章 2.イノベーションの 促 進 等 による 民 需 主 導 の 成

More information

年度経営計画書

年度経営計画書 平 成 23 年 度 経 営 計 画 の 評 価 滋 賀 県 信 用 保 証 協 会 は 公 的 な 保 証 機 関 として 中 小 企 業 者 の 資 金 調 達 の 円 滑 化 を 図 り 中 小 企 業 者 の 健 全 な 育 成 と 地 域 経 済 の 発 展 に 貢 献 してきました 平 成 23 年 度 の 年 度 経 営 計 画 に 対 する 実 施 評 価 は 以 下 のとおりです

More information

地域密着2012.indd

地域密着2012.indd 平 成 23 年 度 地 域 密 着 型 金 融 の 取 組 み 状 況 について 北 國 銀 行 では 豊 かな 明 日 へ 信 頼 の 架 け 橋 を という 企 業 理 念 のもと 地 域 金 融 機 関 として 円 滑 な 資 金 供 給 と 多 様 で 良 質 な 金 融 サービスの 提 供 を 通 じて 地 域 社 会 の 更 なる 発 展 と 地 域 経 済 の 活 性 化 に 貢 献

More information

日本学術会議第23期1年目(平成26年10月~平成27年9月)の活動状況に関する評価

日本学術会議第23期1年目(平成26年10月~平成27年9月)の活動状況に関する評価 平 成 28 年 3 月 24 日 日 本 学 術 会 議 会 長 大 西 隆 殿 日 本 学 術 会 議 第 23 期 1 年 目 ( 平 成 26 年 10 月 ~ 平 成 27 年 9 月 ) の 活 動 状 況 に 関 する 評 価 外 部 評 価 有 識 者 尾 池 和 夫 ( 座 長 ) 喜 田 宏 ( 座 長 代 理 ) 荒 川 研 清 原 慶 子 田 中 里 沙 林 隆 之 今 般

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

預 金 を 確 保 しつつ 資 金 調 達 手 段 も 確 保 する 収 益 性 を 示 す 指 標 として 営 業 利 益 率 を 採 用 し 営 業 利 益 率 の 目 安 となる 数 値 を 公 表 する 株 主 の 皆 様 への 還 元 については 持 続 的 な 成 長 による 配 当 可

預 金 を 確 保 しつつ 資 金 調 達 手 段 も 確 保 する 収 益 性 を 示 す 指 標 として 営 業 利 益 率 を 採 用 し 営 業 利 益 率 の 目 安 となる 数 値 を 公 表 する 株 主 の 皆 様 への 還 元 については 持 続 的 な 成 長 による 配 当 可 ミスミグループ コーポレートガバナンス 基 本 方 針 本 基 本 方 針 は ミスミグループ( 以 下 当 社 グループ という)のコーポレートガバナン スに 関 する 基 本 的 な 考 え 方 を 定 めるものである 1. コーポレートガバナンスの 原 則 (1) 当 社 グループのコーポレートガバナンスは 当 社 グループの 持 続 的 な 成 長 と 中 長 期 的 な 企 業 価 値 の

More information

2. 現 状 の 要 改 善 事 項 等 当 社 における 現 状 の 問 題 点 は 東 証 からの 平 成 27 年 5 月 13 日 付 の 特 設 注 意 市 場 銘 柄 の 指 定 を 継 続 する 旨 の 通 知 に 記 載 されておりますが 当 社 といたしましては 隠 ぺいに 関 わ

2. 現 状 の 要 改 善 事 項 等 当 社 における 現 状 の 問 題 点 は 東 証 からの 平 成 27 年 5 月 13 日 付 の 特 設 注 意 市 場 銘 柄 の 指 定 を 継 続 する 旨 の 通 知 に 記 載 されておりますが 当 社 といたしましては 隠 ぺいに 関 わ 平 成 27 年 5 月 20 日 各 位 会 社 名 株 式 会 社 マツヤ 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 小 磯 恵 司 (J A S D A Q コード 7452) 問 合 せ 先 執 行 役 員 財 務 本 部 長 北 川 正 一 (TEL (026)241-1314) 当 社 株 式 の 特 設 注 意 市 場 銘 柄 の 指 定 継 続 における 当 社 のこれまでの 状

More information

目 次 第 1 章 人 材 育 成 計 画 の 概 要... 2 1 計 画 の 目 的 方 向 性... 2 2 計 画 の 期 間... 2 3 計 画 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 施 策 体 系 と 取 組 事 項... 4 1 職 場 力 の 強 化... 5 (1) 職 場

目 次 第 1 章 人 材 育 成 計 画 の 概 要... 2 1 計 画 の 目 的 方 向 性... 2 2 計 画 の 期 間... 2 3 計 画 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 施 策 体 系 と 取 組 事 項... 4 1 職 場 力 の 強 化... 5 (1) 職 場 立 川 市 第 3 次 職 員 人 材 育 成 計 画 平 成 27(2015) 年 5 月 立 川 市 目 次 第 1 章 人 材 育 成 計 画 の 概 要... 2 1 計 画 の 目 的 方 向 性... 2 2 計 画 の 期 間... 2 3 計 画 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 施 策 体 系 と 取 組 事 項... 4 1 職 場 力 の 強 化... 5 (1) 職

More information

26-社会人-とおし.indd

26-社会人-とおし.indd 平 成 26 年 度 社 会 人 入 試 学 生 募 集 要 項 夜 間 主 コース 横 浜 国 立 大 学 経 営 学 部 添 付 用 紙 ( 綴 込 み) この 要 項 には 次 の 本 学 所 定 の 用 紙 が 綴 込 みで 添 付 されています 1 入 学 願 書 受 験 票 写 真 票 2 在 職 証 明 書 3 志 望 理 由 書 4 入 学 確 約 書 5 入 学 検 定 料 の 払

More information

法 人 税 ~ 法 人 実 効 税 率 の 引 下 げ2 法 人 税 等 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 率 中 小 法 人 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 のうち 年 間 所 得 800 万 円 超 の 金 額

法 人 税 ~ 法 人 実 効 税 率 の 引 下 げ2 法 人 税 等 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 率 中 小 法 人 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 のうち 年 間 所 得 800 万 円 超 の 金 額 法 人 税 ~ 法 人 実 効 税 率 の 引 下 げ1 1. 改 正 の 概 要 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 について 法 人 税 の 税 率 が 段 階 的 に 引 下 げられます 平 成 28 及 び29 :23.9%( 改 正 前 ) 23.4 23.4%( ) 平 成 30 :23.9%( 改 正 前 ) 23.2 23.2%( ) 法 人 税 の

More information

「地方公務員の新たな労使関係制度に係る主な論点」に対する意見(案)

「地方公務員の新たな労使関係制度に係る主な論点」に対する意見(案) 地 方 公 務 員 の 新 たな 労 使 関 係 制 度 に 係 る 主 な 論 点 に 対 する 意 見 平 成 24 年 1 月 27 日 全 国 市 長 会 地 方 公 務 員 制 度 改 革 検 討 委 員 会 委 員 長 新 見 市 長 石 垣 正 夫 地 方 公 務 員 の 労 働 基 本 権 の 検 討 のあり 方 については 本 会 として 現 在 の 労 使 関 係 は これまでの

More information

Microsoft Word - wako.doc

Microsoft Word - wako.doc 和 歌 山 工 業 高 等 学 校 施 設 整 備 の 基 本 方 針 平 成 18 年 6 月 和 歌 山 県 教 育 委 員 会 目 次 はじめに 第 1 章 施 設 整 備 の 基 本 理 念 キーワード ものづくり を 中 心 とした 技 術 教 育 と 地 域 産 業 に 貢 献 できる 人 づくり 第 2 章 施 設 設 備 の 基 本 的 な 考 え 方 1 安 全 安 心 な 学 校

More information

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施

参 考 介 護 保 険 3 施 設 の 概 要 特 別 養 護 老 人 ホーム 老 人 保 健 施 設 介 護 療 養 型 医 療 施 設 基 本 的 性 格 要 介 護 高 齢 者 のための 生 活 施 設 要 介 護 高 齢 者 にリハビリ 等 を 提 供 し 在 宅 復 帰 を 目 指 す 施 参 考 資 料 1 第 1 回 検 討 委 員 会 資 料 平 成 25 年 度 老 人 保 険 健 康 増 進 等 事 業 養 護 老 人 ホーム 軽 費 老 人 ホーム の 現 状 等 について 高 齢 者 の 住 まいについて 1サービス 付 き 齢 者 向 け 住 宅 2 有 料 ホーム 3 養 護 ホーム 4 軽 費 ホーム 5 認 知 症 高 齢 者 グループホーム 根 拠 法 高 齢

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

『法人関係情報の管理態勢に関する点検』への対応について

『法人関係情報の管理態勢に関する点検』への対応について 平 成 24 年 9 月 28 日 松 井 証 券 株 式 会 社 法 人 関 係 情 報 の 管 理 態 勢 に 関 する 点 検 への 対 応 について 平 成 24 年 8 月 24 日 付 の 日 本 証 券 業 協 会 からの 法 人 関 係 情 報 管 理 態 勢 の 点 検 要 請 に 基 づき 松 井 証 券 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 )の 法 人 関 係 情 報 の 管

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1,

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1, 原 子 力 損 害 賠 償 廃 炉 等 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 機 構 は 未 曽 有 の 大 事 故 となった 平 成 23 年 3 月 の 東 京 電 力 福 島

More information

2015年2月13日

2015年2月13日 各 位 2015 年 2 月 13 日 会 社 名 サントリー 食 品 インターナショナル 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 鳥 井 信 宏 (コード 番 号 :2587 東 証 一 部 ) 問 合 せ 先 コーポレートコミュニケーション 部 長 市 本 徹 雄 (TEL. 03-3275-7022) 定 款 の 一 部 変 更 に 関 するお 知 らせ 当 社 は 本 日

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

第2号議案 平成16年度補正事業計画(案)

第2号議案 平成16年度補正事業計画(案) 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 公 益 社 団 法 人 に 移 行 して 三 年 目 となった 昨 年 は 民 間 部 門 からの 受 注 内 容 の 整 理 を 中 心 とした 適 正 な 就 業 の 実 施 や 地 域 貢 献 事 業 の 伸 張 に 向 け 理 事 会 や 委 員 会 などでの 議 論 を 通 じて 公 益 社 団 法 人 としての 歩 みを 更 に 着 実 に 進

More information

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73>

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73> 組 織 マネジメント: 知 的 障 害 者 通 所 授 産 施 設 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 社 会 福 祉 法 人 まりも 会 小 金 井 市 障 害 者 福 祉 センター 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1

More information

14職員の兼業・兼職の取扱いについて(H27.4.1改正)

14職員の兼業・兼職の取扱いについて(H27.4.1改正) 平 成 16 年 4 月 1 通 知 平 成 27 年 4 月 1 最 終 改 正 ( 一 部 改 正 ) 平 成 17 年 4 月 1, 平 成 18 年 1 月 1, 平 成 18 年 4 月 1, 平 成 19 年 4 月 1, 平 成 19 年 10 月 1, 平 成 21 年 4 月 1, 平 成 22 年 4 月 1, 平 成 22 年 7 月 1, 平 成 23 年 4 月 1, 平

More information

存 しておくべきこと (2) 知 事 の 承 認 を 受 けて 財 産 を 処 分 することにより 収 入 があった 場 には その 収 入 の 全 部 又 は 一 部 を 県 に 納 付 すべきこと (3) 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 の 増 加 した 財 産 については

存 しておくべきこと (2) 知 事 の 承 認 を 受 けて 財 産 を 処 分 することにより 収 入 があった 場 には その 収 入 の 全 部 又 は 一 部 を 県 に 納 付 すべきこと (3) 補 助 事 業 により 取 得 し 又 は 効 用 の 増 加 した 財 産 については 宮 崎 県 まちなか 商 業 再 生 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 21 年 4 月 1 日 商 工 観 光 労 働 部 商 工 政 策 課 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は 商 店 街 等 と 多 様 な 主 体 が 連 携 して 行 う 新 たな 振 興 策 や 起 業 への 取 組 及 び 商 店 街 の 活 性 化 への 取 組 を 促 進 するため 予 算 で

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

平 成 26 年 度 大 学 機 関 別 認 証 評 価 評 価 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 財 団 法 人 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 SBI 大 学 院 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 判 定 評 価 の 結 果 SBI 大 学 院 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 に 適 合 し ていると 認 定 する

More information

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平

More information

豊中市立特別養護老人ホームほづみ

豊中市立特別養護老人ホームほづみ 豊 中 市 立 介 護 老 人 保 健 施 設 指 定 管 理 者 提 案 要 項 平 成 27 年 (2015 年 )5 月 豊 中 市 健 康 福 祉 部 保 健 所 保 健 医 療 課 1. 基 本 的 事 項... 1 (1) 指 定 管 理 者 選 定 の 趣 旨... 1 (2) 基 本 条 件 運 営 方 針... 2 (3) 施 設 の 概 要... 3 2. 管 理 運 営 業 務

More information

<5461726F2D88EA94CA8ED092639640906C817597CF979D8B4B92F681458D73>

<5461726F2D88EA94CA8ED092639640906C817597CF979D8B4B92F681458D73> 倫 理 規 程 行 動 規 範 (2015 年 12 月 4 日 施 行 ) 一 般 社 団 法 人 日 本 損 害 保 険 鑑 定 人 協 会 倫 理 規 程 行 動 規 範 目 次 前 文 : 倫 理 規 程 行 動 規 範 制 定 の 趣 旨 第 1 章 倫 理 綱 領 第 1 条 ( 使 命 ) 1 第 2 条 ( 使 命 の 自 覚 ) 1 第 3 条 ( 信 義 誠 実 ) 1 第 4

More information

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画 徳 山 大 学 公 的 研 究 費 取 扱 規 程 ( 平 成 27 年 1 月 30 日 制 定 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 徳 山 大 学 教 育 職 員 倫 理 綱 領 及 び 徳 山 大 学 における 研 究 に 携 わる 者 の 行 動 規 範 の 定 めに 従 い, 徳 山 大 学 ( 以 下 本 学 という )において 公 的 研 究 費 を 適 正 に 運 営

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information