資料3-1「教育実施状況調査」の分析結果について―臨床教育の事例を中心に―

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "資料3-1「教育実施状況調査」の分析結果について―臨床教育の事例を中心に―"

Transcription

1 資 料 3-1 獣 医 学 教 育 の 改 善 充 実 に 関 する 調 査 研 究 協 力 者 会 議 ( 第 8 回 )H 教 育 実 施 状 況 調 査 の 分 析 結 果 について 臨 床 教 育 の 事 例 を 中 心 に 1. 臨 床 系 の 教 育 内 容 について A.カリキュラムについて 臨 床 系 科 目 全 般 の 傾 向 1) 現 行 カリキュラムについて 単 位 数 に 大 学 ごとのバラツキが 見 られる 28( 帯 畜 大 ) 31 単 位 ( 岩 手 大 宮 崎 大 )から51( 大 阪 府 大 ) 55 単 位 ( 東 大 日 大 )まで 全 体 に 占 める 比 率 は 20%から 30%が 大 部 分 ( 東 大 37%; 大 阪 府 大 24%; 日 大 36% は 多 め) 2) 現 行 カリキュラムについて 小 動 物 と 産 業 動 物 のバランスのバラツキが 見 られる 小 動 物 の 比 率 が 70%を 超 える 大 学 が6 大 学 あり( 帯 畜 大 東 大 鳥 取 大 農 工 大 日 獣 大 日 大 ) 概 ね 都 市 部 で 大 きい 3) 非 臨 床 系 に 比 較 して 臨 床 系 の 教 育 時 間 が 多 い 状 況 も 一 部 指 摘 された 4) 臨 床 教 育 の 開 講 時 期 実 施 期 間 について 以 下 の 表 の 通 り 大 学 ごとに 比 較 的 大 きな 違 いが 見 られる 臨 床 教 育 の 開 始 参 加 型 臨 床 実 習 開 講 時 期 が 異 なる 大 学 の 方 針 教 育 体 制 環 境 によって 異 なると 思 われるが コア カリキュラム 全 体 の 時 期 にも 影 響 するので 共 用 試 験 の 実 施 において 留 意 すべき 事 項 である 附 属 病 院 における 臨 床 実 習 期 間 診 療 科 実 施 形 態 (グループ 人 数 等 )は 大 学 ごとに 差 が 大 きい なお コア カリキュラムへの 対 応 が 充 分 に 為 されている という 前 提 に 立 てば 大 学 ごとの 社 会 学 生 ニーズに 応 え 大 学 の 特 色 を 示 す 点 で 決 してマイナスで はないと 思 われる 表 各 大 学 における 臨 床 系 科 目 の 実 施 時 期 大 学 前 後 前 後 前 後 前 後 北 大 帯 畜 大 岩 手 大 農 工 大 東 大 岐 阜 大 鳥 取 大 山 口 大 鹿 児 島 大 宮 崎 大 大 阪 府 大 酪 農 大 北 里 大 日 大 日 獣 大 麻 布 大 1

2 診 断 学 内 科 総 論 等 の 開 始 病 院 実 習 を 指 標 に およその 実 施 期 間 を で 示 した は 一 部 科 目 が 置 かれていることを 示 す なお あくまで 本 調 査 記 載 のみに 基 づき 整 理 をしているので 実 態 と は 異 なる 可 能 性 もある 5)カリキュラムの 受 け 止 め 方 について 大 学 や 教 員 によって 微 妙 な 違 いが 見 られた コア カリキュラム アドバンスト カリキュラム の 意 味 と 認 識 :これらが 明 示 されている 大 学 が 少 ない コア カリキュラム を 含 む 各 大 学 の コア ブロック における 伴 侶 動 物 臨 床 教 育 の 内 容 レベルと 必 要 性 同 じく 産 業 動 物 臨 床 教 育 の 内 容 レベルと 必 要 性 カリキュラム 授 業 科 目 の 受 け 止 め 方 や 共 用 試 験 (CBT & OSCE)の 意 義 と 受 け 止 め 方 にも 違 いが 見 られた コア カリキュラムへの 対 応 の 事 例 1) 入 学 後 比 較 的 早 期 に 導 入 教 育 として 獣 医 学 概 論 農 畜 産 演 習 産 業 動 物 臨 床 基 礎 実 習 馬 臨 床 体 験 学 習 等 を 開 講 し 特 に 産 業 動 物 臨 床 に 暴 露 することにより 臨 床 獣 医 学 の 多 様 性 と 社 会 的 役 割 の 理 解 ならびに 後 に 開 講 される 臨 床 実 習 にスムーズに 参 加 できる 環 境 をつくることに 効 果 をあげている( 北 大 帯 畜 大 岐 阜 大 鳥 取 大 麻 布 大 他 ) 2) 共 同 教 育 課 程 のなかで 3 年 次 後 期 から 基 礎 科 目 を 踏 まえた 体 系 的 な 学 習 の 流 れを 構 築 しており 病 理 や 衛 生 公 衆 衛 生 教 育 との 連 携 学 外 機 関 との 連 携 が 充 分 に 取 り 入 れられている 参 加 型 実 習 は 小 動 物 を 北 大 産 業 動 物 を 帯 畜 大 と 分 担 し 大 学 組 織 環 境 の 特 徴 を 活 かしている( 北 大 帯 畜 大 共 同 獣 医 学 課 程 ) 3) 従 来 無 かった 科 目 の 新 設 による 臨 床 講 義 の 充 実 を 図 っている 具 体 例 は 次 のとおり 臨 床 薬 理 学 ( 北 大 東 大 日 獣 大 ) 臨 床 解 剖 学 ( 日 獣 大 ) 栄 養 学 ( 東 大 農 工 大 山 口 大 鹿 児 島 大 ) 小 動 物 基 礎 栄 養 学 ( 日 獣 大 ) 臨 床 行 動 学 ( 東 大 山 口 大 鹿 児 島 大 ) 行 動 治 療 学 ( 農 工 大 ) 腫 瘍 学 ( 岐 阜 大 ) 神 経 病 腫 瘍 学 ( 鳥 取 大 ) 野 生 動 物 医 学 ( 大 阪 府 大 北 里 大 日 獣 大 ) 病 院 経 営 学 ( 北 里 大 日 獣 大 ) * 大 阪 府 大 は 野 生 動 物 医 学 腫 瘍 学 行 動 治 療 学 等 を 選 択 科 目 としている * 日 獣 大 は 臨 床 解 剖 学 臨 床 栄 養 学 病 院 経 営 学 救 急 医 療 学 等 が 選 択 必 修 4) 教 授 から 助 教 まで 区 別 なく 学 内 外 の 専 門 分 野 の 教 員 を 適 切 に 配 置 したネステット 型 の 講 義 で 内 容 と 専 門 性 のレベルアップを 図 り 効 果 を 上 げている 連 携 の 方 向 性 次 第 で 実 質 的 な 連 携 手 法 としても 注 目 できる( 東 大 ) 5) 臨 床 科 目 の 総 論 部 分 を 臨 床 系 外 の 教 員 が 担 当 し 基 礎 応 用 と 連 動 一 体 化 した 臨 床 教 育 体 系 を 構 築 することが 検 討 されている( 岐 阜 大 鳥 取 大 共 同 獣 医 学 課 程 ) 6) 社 会 性 に 優 れた 獣 医 師 養 成 を 目 標 とした 臨 床 繁 殖 学 の 講 義 実 習 を 教 員 移 動 と 遠 隔 講 義 で 実 施 している( 岐 阜 大 鳥 取 大 ) 7) 小 動 物 は 臓 器 別 に 系 統 立 てた 効 率 的 な 講 義 を 実 施 し 産 業 動 物 は 動 物 種 別 の 講 義 を 行 う( 山 口 大 鹿 児 島 大 共 同 獣 医 学 部 ) 8) 臨 床 栄 養 学 眼 科 学 歯 科 学 救 急 医 療 学 等 を 選 択 必 修 科 目 として 設 定 して 専 門 性 の 高 い 教 育 を 可 能 としている( 日 獣 大 ) 9) 早 期 から 小 動 物 臨 床 実 習 に 擬 似 クライアントを 活 用 した 教 育 を 取 り 入 れ コミュニケ ーション 能 力 の 涵 養 に 力 を 注 いでおり 手 法 や 経 験 で 獣 医 学 領 域 の 牽 引 役 となっている ( 日 獣 大 ) 2

3 10) 牛 馬 に 止 まらず 豚 を 対 象 にした 内 容 の 濃 い 実 習 を 行 っている( 麻 布 大 ) アドバンスト カリキュラムの 事 例 1) アドバンスト 演 習 : 臨 床 アドバンスト の 設 定 により コース 分 け よりも 緩 やか な 設 定 で 小 動 物 産 業 動 物 の 専 門 性 の 高 い 学 習 が 可 能 になっており また その 内 容 を 吟 味 する 委 員 会 組 織 が 設 置 されている( 北 大 帯 畜 大 ) 2)6 年 前 期 に 行 う 臨 床 実 習 では グループごとに PBL 方 式 の 症 例 発 表 ポスター 発 表 を 課 し 自 主 学 習 を 促 進 している( 山 口 大 鹿 児 島 大 ) 3)5 年 次 後 期 6 年 次 前 期 を 明 確 にコース 別 ( 生 体 機 能 感 染 病 理 衛 生 環 境 生 産 動 物 医 療 伴 侶 動 物 医 療 )の 専 修 教 育 とし 生 産 動 物 医 療 と 伴 侶 動 物 医 療 の 各 コースでは 附 属 動 物 病 院 における 総 合 的 参 加 型 臨 床 実 習 を 実 施 して 専 門 能 力 と 科 学 的 思 考 力 の 涵 養 を 図 る( 酪 農 学 園 大 学 ) 4) 各 大 学 が 従 来 一 般 に 卒 業 論 文 研 究 とされてきたもの あるいは 課 題 研 究 等 それに 相 当 する 科 目 を 通 して 専 門 性 の 高 い 臨 床 知 識 技 術 の 学 修 と 問 題 解 決 能 力 自 学 自 習 能 力 の 涵 養 に 取 り 組 んでいると 思 われる B. 附 属 病 院 / 臨 床 実 習 について 全 般 に 臨 床 実 習 の 充 実 に 向 けた 取 り 組 みが 活 発 である 附 属 病 院 における 臨 床 実 習 の 手 法 や 期 間 伴 侶 動 物 と 産 業 動 物 の 比 重 には 大 学 ごとの 差 が 大 きい 1) 診 療 専 門 科 ごとのローテーションとクリア 課 題 の 設 定 により 参 加 型 臨 床 実 習 の 充 実 を 図 っている( 東 大 ) 2) 学 習 段 階 ごとのステージで 体 系 だった 参 加 型 臨 床 実 習 を 行 っている( 農 工 大 ) 3) 附 属 病 院 において 一 次 診 療 から 核 医 学 までに 対 応 し よくある 疾 患 から 高 度 医 療 まで 幅 広 い 小 動 物 臨 床 教 育 を 実 施 している( 北 里 大 ) 4) 教 育 環 境 整 備 の 効 果 (1) 動 物 病 院 ( 動 物 医 療 センター)の 新 設 増 築 改 修 医 療 設 備 の 高 度 化 などにより 高 度 二 次 診 療 体 制 と 実 習 内 容 の 高 度 化 が 進 められている(ほとんどの 大 学 ) (2) 医 療 設 備 は 伴 侶 動 物 を 対 象 とした CT MRIが 多 くの 大 学 に 整 備 され OV 常 圧 放 射 線 治 療 装 置 や LINACを 導 入 稼 働 している 大 学 も 増 えており 高 度 医 療 の 体 験 実 習 が 可 能 となっている (3) 加 えて 産 業 動 物 についても CT MRIの 導 入 による 先 進 的 診 断 の 体 験 を 可 能 にして いる 大 学 ( 宮 崎 大 ) 計 画 中 の 大 学 もある( 麻 布 大 ) (4)モニタシステム ファイリングシステムなどを 導 入 し 診 療 や 手 術 を 多 くの 学 生 が リアルタイムに あるいは 事 後 に 繰 り 返 し 視 聴 学 習 できる 体 制 整 備 に 取 り 組 んでいる ( 北 大 宮 崎 大 大 阪 府 大 ) (5)ポータブル 超 音 波 エコー 装 置 などの 産 業 動 物 診 断 機 器 を 整 備 し 病 院 内 あるいは フィールドでの 診 断 実 習 を 効 果 的 に 行 っている( 北 大 帯 畜 大 岩 手 大 岐 阜 大 宮 崎 大 大 阪 府 大 酪 農 大 北 里 大 麻 布 大 ) (6) 診 療 車 と 診 断 装 置 を 整 備 してフィールドにおける 産 業 動 物 一 次 診 療 の 実 習 を 可 能 に し 学 習 効 果 を 上 げている( 帯 畜 大 鹿 児 島 大 ) また 鹿 児 島 大 では 独 自 に 動 物 運 搬 車 を 導 入 し 現 場 から 大 学 病 院 への 症 例 動 物 搬 入 を 効 率 化 して 産 業 動 物 臨 床 実 習 の 活 発 化 を 図 っている( 鹿 児 島 大 ) (7)なお 調 査 結 果 にはなかったが 多 くの 大 学 では メディアを 活 用 した 自 学 自 習 の 支 援 についても 計 画 が 進 んでいる これは 実 践 的 な 臨 床 教 育 環 境 の 整 備 とともに 獣 医 学 の 教 育 上 極 めて 有 効 である 臨 床 教 材 を 含 めた 学 習 資 料 を 各 大 学 のデータベースとし て 構 築 し 許 容 範 囲 内 必 要 に 応 じて 全 国 の 大 学 が 提 供 しあえるネットワークを 形 成 で きることが 好 ましい 3

4 C. 学 内 外 関 係 機 関 / 施 設 との 連 携 について C 1 学 内 関 連 施 設 コア カリキュラム < 伴 侶 動 物 臨 床 > 1) 学 内 附 属 実 験 動 物 施 設 等 で 飼 育 する 犬 等 を 用 いて 伴 侶 動 物 関 連 の 基 礎 的 実 習 を 行 って いる( 北 大 日 獣 大 ) < 産 業 動 物 臨 床 > 1) 学 内 の 附 属 牧 場 等 施 設 と 連 携 し 産 業 動 物 臨 床 公 衆 衛 生 関 連 の 基 礎 的 実 習 を 行 って いる( 北 大 帯 畜 大 農 工 大 東 大 鹿 児 島 大 酪 農 大 北 里 大 日 獣 大 日 大 )( 麻 布 大 は 予 定 ) 2) 学 内 の 他 学 科 との 連 携 による 畜 産 水 産 関 連 科 目 の 講 義 実 習 を 実 践 している( 北 大 宮 崎 大 ) アドバンスト カリキュラム 特 になし C 2 学 外 関 連 機 関 施 設 コア カリキュラム < 伴 侶 動 物 臨 床 > 1) 他 大 学 と 連 携 し 専 門 分 野 教 員 を 交 えたネステット 型 講 義 を 開 講 して 専 門 性 内 容 の 高 度 な 教 育 を 行 えている( 東 大 日 獣 大 鹿 児 島 大 北 里 大 ) 2) 専 門 領 域 に 秀 でた 開 業 動 物 病 院 獣 医 師 に 講 義 の 一 部 を 担 当 してもらい 専 門 性 が 高 く 実 践 的 な 臨 床 教 育 を 行 っている( 鹿 児 島 大 ) 3) 開 業 動 物 病 院 と 連 携 し 1~2 週 間 の 病 院 実 習 を 実 施 している( 日 大 日 獣 大 麻 布 大 ) < 産 業 動 物 臨 床 > 1)NOSAI 自 治 体 等 との 連 携 で 学 外 における 臨 床 家 畜 衛 生 の 実 践 的 教 育 を 実 施 してい る ( 概 ね 全 ての 大 学 ) 具 体 的 な 連 携 先 は 次 のとおりである( 講 師 招 聘 による 授 業 も 含 む) 農 業 共 済 組 合 (NOSAI): 北 大 帯 畜 大 岩 手 大 農 工 大 東 大 岐 阜 大 鳥 取 大 山 口 大 鹿 児 島 大 宮 崎 大 大 阪 府 大 酪 農 大 北 里 大 日 獣 大 麻 布 大 自 治 体 の 畜 産 試 験 場 : 北 大 岩 手 大 鳥 取 大 山 口 大 大 阪 府 大 自 治 体 の 家 畜 保 健 衛 生 所 食 肉 衛 生 検 査 所 等 : 北 大 岩 手 大 大 阪 府 大 北 里 大 宮 崎 大 家 畜 改 良 センター: 北 大 岩 手 大 JRA 中 央 競 馬 会 等 : 北 大 東 大 北 里 大 日 獣 大 宮 崎 大 農 業 協 同 組 合 : 北 大 民 間 牧 場 : 北 大 岩 手 大 東 大 日 獣 大 民 間 獣 医 師 : 鹿 児 島 大 宮 崎 大 他 大 学 : 東 大 ( 農 工 大 麻 布 大 宮 崎 大 ) 2) 海 外 (クインズランド タイ) あるいは 国 内 ( 大 学 附 属 牧 場 北 海 道 )のいずれかを 選 択 しての 牧 場 実 習 を2 年 次 に 課 している( 日 獣 大 ) アドバンスト カリキュラム < 伴 侶 動 物 臨 床 > 1) 海 外 での 実 習 研 究 事 例 オハイオ 州 立 大 附 属 動 物 病 院 での 臨 床 研 修 を 行 っている( 酪 農 大 ) 2) 開 業 動 物 病 院 と 連 携 し 3 日 ~2 週 間 の 病 院 実 習 を 実 施 ( 北 大 東 大 鳥 取 大 北 里 4

5 大 ) < 産 業 動 物 臨 床 > 1) 畜 産 業 が 盛 んな 周 辺 環 境 を 活 用 し NOSAI や 自 治 体 の 獣 医 師 あるいは 民 間 獣 医 師 を 任 用 して 臨 床 現 場 に 密 着 した 講 義 や 農 家 牧 場 での 実 践 的 実 習 を 行 う( 北 大 帯 畜 大 岐 阜 大 鳥 取 大 山 口 大 鹿 児 島 大 宮 崎 大 ) 2) 近 隣 の 畜 産 関 連 大 学 と 連 携 して 畜 産 食 品 の 生 産 者 から 消 費 者 までの 流 通 と 安 全 な 食 品 提 供 について 包 括 的 に 理 解 することを 可 能 としている( 宮 崎 大 ) 3) 東 北 臨 床 研 修 センターとしての 機 能 を 利 用 した 実 践 的 な 臨 床 実 習 が 実 施 されている( 岩 手 大 ) 4) 海 外 での 実 習 研 修 事 例 : 下 記 のような 例 が 実 施 されている ただし その 目 的 や 効 果 が 必 ずしも 明 確 ではなく 残 念 である コロラド 州 立 大 学 ( 交 流 協 定 校 )における2 週 間 の 臨 床 研 修 同 大 学 からの 臨 床 系 教 員 招 聘 による 講 演 を 実 施 している( 鳥 取 大 ) ワシントン 州 立 大 学 において 小 動 物 / 牛 馬 コースを 選 択 し 2 週 間 の 臨 床 実 習 を 実 施 している( 日 大 ) ハノーバー 獣 医 科 大 学 における2 週 間 の 臨 床 実 習 を 実 施 している( 酪 農 大 ) アメリカ 中 国 の 教 育 病 院 で2 週 間 の 臨 床 実 習 を 実 施 している( 北 里 大 ) インターンシップ 1) 国 内 外 の 臨 床 施 設 や 大 学 附 属 動 物 病 院 (NOSAI 民 間 牧 場 動 物 園 開 業 伴 侶 動 物 病 院 海 外 大 学 )での 体 験 実 習 により 日 常 の 大 学 における 学 習 では 得 られない 臨 床 体 験 と 理 解 を 深 めることを 目 指 している( 北 大 東 大 岐 阜 大 日 大 )( 他 大 学 は 記 載 ないが 恐 らく 同 様 の 制 度 があると 思 われる) 2)いくつかの 農 水 省 関 連 事 業 補 助 により 産 業 動 物 臨 床 公 衆 衛 生 に 関 する 研 修 プログ ラムが 実 施 されており 大 学 JRA 等 の 施 設 を 活 用 した 体 験 学 習 が 行 われている( 帯 畜 大 東 大 岐 阜 大 酪 農 大 鹿 児 島 大 等 ) 就 職 支 援 1) 産 業 動 物 に 関 しては 全 ての 大 学 において NOSAIによる 説 明 会 等 が 実 施 されている 2) 伴 侶 動 物 に 関 しては 動 物 病 院 関 係 者 による 説 明 会 よりは 学 生 が 訪 問 するケースが 多 い 模 様 D. 教 員 組 織 教 員 数 の 詳 細 は 大 学 毎 に 把 握 の 仕 方 が 異 なっており 実 態 と 異 なっている 可 能 性 がある ため 専 任 教 員 数 のみ 参 照 するが これも 大 学 によっては 実 際 に 獣 医 学 教 育 に 関 与 する 教 員 数 が 計 上 されていない 可 能 性 がある 大 学 間 の 連 携 による 強 化 1)3つの 共 同 教 育 課 程 では 当 然 全 体 の 教 員 数 は 増 加 しており 今 後 各 組 織 人 員 構 成 の 再 編 増 員 等 次 第 で より 充 実 した 教 育 組 織 が 形 成 されると 期 待 できる( 北 大 帯 畜 大 岩 手 大 農 工 大 山 口 大 鹿 児 島 大 )が 同 時 に 以 下 のような 問 題 も 抱 えている 全 体 の 教 員 数 は 増 加 したが 学 生 (1 学 年 )/ 教 員 比 は と 欧 米 の 比 較 的 小 規 模 獣 医 学 大 学 (0.60 程 度 大 規 模 大 学 は さらに 低 値 )に 比 べても 依 然 として 大 きい 総 計 が 増 加 しても 教 員 構 成 は 同 じであり そのままでは 臨 床 や 公 衆 衛 生 関 連 教 育 ス タッフの 充 実 には 直 接 には 結 びつかないため 内 部 での 再 構 築 や 臨 床 教 育 の 機 能 分 化 な どの 努 力 が 必 要 である 3つとも 遠 隔 地 大 学 間 の 共 同 であるため 特 に 臨 床 教 育 の 場 合 教 員 学 生 の 一 時 的 な 移 動 等 では 克 服 できない 要 素 を 含 む 2) 東 大 では 地 の 利 を 活 かし 首 都 地 域 の 大 学 ( 日 獣 大 農 工 大 麻 布 大 )の 教 員 とと 5

6 もにネステット 型 の 臨 床 講 義 や 産 業 動 物 臨 床 実 習 を 実 施 して 専 任 教 員 数 が 少 ない 不 利 を カバーし さらに 専 門 性 の 高 い 教 育 につなげている 一 方 通 行 でなく 相 互 連 携 が 達 成 できればさらに 有 効 であろう 3) 首 都 圏 私 立 3 大 学 ( 日 大 日 獣 大 麻 布 大 )では 学 生 教 員 相 互 乗 り 入 れ 連 携 ( 各 大 学 の 特 色 づけでもある)が 行 われている 現 実 的 な 教 育 組 織 強 化 策 として 有 効 である と 考 えられるため 各 大 学 学 生 数 の 多 さを 克 服 しつつ 充 実 を 図 ることが 望 まれる さらに 地 理 的 な 利 点 を 活 用 した 国 公 立 大 学 私 立 大 学 間 の 連 携 なども 期 待 される 学 内 外 の 教 育 スタッフの 活 用 多 くの 大 学 で 臨 床 教 育 特 に 実 習 における 必 要 性 から 学 外 の 獣 医 師 や 学 内 スタッ フを 活 用 しているが 大 学 ごとに その 数 や 教 育 スタッフとしての 扱 いは 大 きく 異 なる ようである 1) 学 外 の 獣 医 師 の 活 用 臨 床 実 習 では 学 内 教 員 のみでは 対 応 できず また 効 果 も 少 ないことが 明 白 であるた め 現 状 でも 既 に 各 校 が 臨 床 教 授 等 の 称 号 で NOSAIや 開 業 獣 医 師 を 教 育 スタッフと して 任 用 している 今 後 参 加 型 臨 床 実 習 の 本 格 的 実 施 やインターンシップの 充 実 を 考 えた 際 これらス タッフの 充 実 が 必 要 となるため NOSAI 自 治 体 地 域 開 業 動 物 病 院 等 の 獣 医 師 との 連 携 体 制 を 整 備 体 系 化 し 確 保 することが 不 可 欠 である 上 記 のような 任 用 の 事 例 は ボラン ティアではなく 雇 用 制 度 契 約 により 役 割 と 責 任 を 明 らかにする 目 的 で 行 われているも のであり 教 育 スタッフの 質 の 保 証 や 契 約 などについて 共 通 的 な 考 え 方 が 検 討 されるこ とが 望 まれる 2) 学 内 スタッフの 活 用 臨 床 実 習 では 臨 床 研 修 医 動 物 看 護 士 等 の 学 内 スタッフも 教 育 支 援 スタッフとして 活 用 されている 参 加 型 臨 床 実 習 の 実 施 等 に 伴 い これらスタッフの 教 育 支 援 スタッフとしての 充 実 も 必 要 となるため その 質 の 保 証 などについても 共 通 的 な 考 え 方 が 検 討 されることが 望 ま れる 6

7 2. 卒 業 生 進 路 動 向 の 補 足 1) 大 学 規 模 等 の 教 育 環 境 と 進 路 動 向 の 関 係 (1) 産 業 動 物 獣 医 師 産 業 動 物 臨 床 獣 医 学 分 野 の 専 任 教 員 数 が 相 対 的 に 多 い 大 学 ( 帯 畜 大 岩 手 大 酪 農 大 宮 崎 大 鹿 児 島 大 )においては 学 生 定 員 の 規 模 に 関 わらず 産 業 動 物 就 職 者 の 割 合 が 多 い( 別 紙 1 2 参 照 ) これは 進 路 動 向 に 対 する 教 員 の 影 響 を 示 すデータではあるが 一 方 で このような 大 学 については 産 業 動 物 臨 床 教 育 の 環 境 ( 周 辺 の 畜 産 病 院 施 設 設 備 )が 比 較 的 整 っており 就 職 動 向 に 有 意 に 作 用 するはずであることにも 留 意 する 必 要 がある なお 産 業 動 物 臨 床 分 野 における 附 属 動 物 病 院 症 例 数 の 多 い 大 学 からも 多 くの 産 業 動 物 診 療 獣 医 師 を 輩 出 している 状 況 にある( 別 紙 3 参 照 ) 帯 畜 大 岩 手 大 酪 農 大 は 年 間 の 産 業 動 物 診 療 頭 数 が 2,000 頭 1,000 頭 9,000 頭 と 多 く 最 近 やや 減 少 傾 向 が 見 える 宮 崎 大 鹿 児 島 大 も 頭 が 確 保 されている さらに 酪 農 大 岩 手 大 は 附 属 動 物 病 院 の 組 織 が 大 動 物 と 小 動 物 に 分 かれており 産 業 動 物 診 療 に 対 する 教 育 組 織 も 十 分 であるという 特 徴 がある これらの 大 学 では 他 大 学 や 卒 後 獣 医 師 に 対 する 産 業 動 物 臨 床 研 修 も 活 発 に 行 う 環 境 にあり これも 学 部 学 生 の 就 職 動 向 に 影 響 をもたらすと 思 われる (2) 公 務 員 獣 医 師 衛 生 学 分 野 の 専 任 教 員 数 が 多 い 大 学 ( 北 里 大 麻 布 大 日 獣 大 )において 公 務 員 獣 医 師 就 職 者 が 多 い 傾 向 も 見 られるが( 別 紙 1) 学 生 定 員 の 影 響 がある( 別 紙 2) (3) 小 動 物 獣 医 師 特 に 私 立 大 学 5 校 が 圧 倒 的 に 多 い 動 物 病 院 における 小 動 物 臨 床 教 育 環 境 の 整 備 ( 高 度 医 療 設 備 と 人 員 )と 症 例 数 の 多 さは これと 相 互 に 関 連 したものといえる 国 公 立 大 で 相 対 的 に 多 い 大 学 ( 農 工 大 鳥 取 大 山 口 大 大 阪 府 大 )は それぞれ 一 定 数 の 症 例 を 確 保 し 地 域 の 基 幹 動 物 病 院 となっているが そのこととの 関 連 は 必 ず しも 他 大 学 に 当 てはまらない 特 に 大 阪 府 大 は 附 属 動 物 病 院 ( 獣 医 臨 床 センター)の 組 織 上 診 療 部 門 が 明 確 に 区 別 されていると 共 に 診 療 スタッフ 数 が 多 いという 特 徴 がある 小 動 物 臨 床 獣 医 分 野 の 専 任 教 員 数 が 多 い 大 学 ( 日 獣 大 日 大 麻 布 大 )において 小 動 物 診 療 獣 医 師 就 職 者 が 多 い 傾 向 も 見 られるが( 別 紙 1) 学 生 定 員 の 影 響 がある( 別 紙 2) 2) 教 育 理 念 / 教 育 目 的 と 進 路 動 向 の 関 係 教 育 理 念 / 目 的 に 記 載 されていることの 要 旨 は ほとんどの 大 学 で 基 本 的 に 共 通 である それでも 若 干 の 傾 向 が 見 て 取 れる (1) 公 務 員 獣 医 師 公 務 員 獣 医 師 が 多 い 大 学 では 食 の 安 全 安 定 供 給 畜 産 公 衆 衛 生 への 貢 献 等 を 理 念 のなかでも 強 調 している( 岩 手 大 岐 阜 大 酪 農 大 北 里 大 ) 増 加 傾 向 にある 大 学 も 近 年 感 染 症 公 衆 衛 生 食 の 安 全 等 に 注 力 している 点 が 挙 げられる( 北 大 東 大 岐 阜 大 鳥 取 大 鹿 児 島 大 等 ) (2) 産 業 動 物 獣 医 師 (1) 項 と 同 様 産 業 動 物 獣 医 師 が 多 い 大 学 は 食 の 安 全 安 定 供 給 畜 産 公 衆 衛 生 への 貢 献 等 を 強 調 している( 岩 手 大 酪 農 大 ) あるいは 感 染 症 や 食 の 安 全 に 関 する 教 育 を 充 実 させてきた( 帯 畜 大 岩 手 大 酪 農 大 宮 崎 大 鹿 児 島 大 ) 就 職 が 少 なく 企 業 への 就 職 が 多 い 北 大 東 大 は 大 学 院 大 学 としての 目 に 見 えない 理 念 の 影 響 があると 考 えられる 7

8 3) 大 学 立 地 と 進 路 動 向 との 関 係 (1) 産 業 動 物 獣 医 師 酪 農 や 肉 牛 畜 産 が 盛 んな 北 海 道 東 北 九 州 の 大 学 が 地 域 からの 要 求 に 応 える 臨 床 環 境 に 置 かれ 教 育 環 境 に 恵 まれていることから 就 職 に 影 響 しているといえる( 帯 畜 大 岩 手 大 酪 農 大 宮 崎 大 鹿 児 島 大 ) こうした 立 地 環 境 は 地 域 NOSAI 等 関 連 機 関 との 連 携 が 強 固 につながり 結 果 として これも 密 接 に 関 係 しているはずである (2) 公 務 員 獣 医 師 この 場 合 も 畜 産 業 が 盛 んな 環 境 にある 大 学 で 相 対 的 に 多 い 傾 向 が 認 められる( 岩 手 大 岐 阜 大 鳥 取 大 酪 農 大 北 里 大 ) (3) 小 動 物 獣 医 師 大 都 市 近 郊 ( 農 工 大 大 阪 府 大 酪 農 大 日 大 日 獣 大 麻 布 大 ) あるいは 地 方 の 獣 医 療 拠 点 病 院 となっている 大 学 ( 鳥 取 大 山 口 大 北 里 大 ) 就 職 者 に 多 い (4) 会 社 大 都 市 近 郊 大 学 の 就 職 が 多 く( 北 大 東 大 農 工 大 ) 反 面 地 方 都 市 国 立 大 学 は 少 な い( 岩 手 大 岐 阜 大 鳥 取 大 山 口 大 宮 崎 大 ) 畜 産 業 が 盛 んな 地 域 では 企 業 就 職 が 少 ない 傾 向 がある( 岩 手 大 酪 農 大 北 里 大 ) 8

2. 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

2. 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1. 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 ) (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 平 成 25 年 度 人 件 費 とは 一 般 職 の 給 料 諸 手 当 退 職 手 当 共 済 組 合 負 担 金 公 務 災 害 補 償 費 のほか 市 議 員 等 特 別 職 の 給 料 報 酬 などを 含 みます ( 注 ) 1.

More information

<819A4832368B8B975E8CF6955C2E786C73>

<819A4832368B8B975E8CF6955C2E786C73> 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 (H6.1.1 現 在 ) A B B/A ( 参 考 ) 4 年 度 の 人 件 費 率 5 年 度 85,650 人 40,99,763 1,445,080 7,48,057 18.1%

More information

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文 教 員 一 覧 総 合 科 学 部 総 合 科 学 研 究 科 総 合 科 学 科 ( 総 合 科 学 プログラム) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 文 化 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 言 語 コミュニケーション 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 行 動 科 学 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 (スポーツ 健 康 科 学 授 業

More information

2 技 能 労 務 職 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 (A) 清 掃 職 員 51.1 歳 25 人 310,300 円 371,728 円 327,424 円 公 務 員 民 間 参 考 平 均 給 与 月 額 ( 国 比 較 ベース) 対 応 する

2 技 能 労 務 職 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 (A) 清 掃 職 員 51.1 歳 25 人 310,300 円 371,728 円 327,424 円 公 務 員 民 間 参 考 平 均 給 与 月 額 ( 国 比 較 ベース) 対 応 する 1. 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 ) 中 津 川 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 24 年 度 末 ) 歳 出 額 (A) 実 質 収 支 人 件 費 (B) 人 件 費 率 (B/A) ( 参 考 ) 平 成 23 年 度 の 人 件 費 率 平 成 24 年 度 82,514 人 37,448,931

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 本 巣 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 21 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (21 年 度 末 ) (A) (B) 35,523 歳 出 額 14,360,892 実 質 収 支 件 費 999,985 2,521,801 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 17.6 20 年 度 の 件 費 率 18.8

More information

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識 第 1 回 国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 次 第 日 時 平 成 26 年 7 月 23 日 ( 水 ) 午 後 1 時 30 分 から 場 所 国 保 小 見 川 総 合 病 院 附 属 看 護 専 門 学 校 3 階 講 堂 1. 開 会 2. 委 嘱 状 交 付 3. 組 合 長 挨 拶 4. 委 員 紹 介 事 務 局 職 員 紹 介 5.

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 下 関 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 人 件 費 率 人 % % 24 年 度 278,962 117,798,811 3,247,399 21,495,273

More information

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プ ログラ ム 平 成 25 年 度 版 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817589C6927B8F6497768E968D8090E096BE8F9181765F48323481605F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817589C6927B8F6497768E968D8090E096BE8F9181765F48323481605F2E646F63> NOSAI ご 加 入 のみなさまへ 家 畜 共 済 重 要 事 項 説 明 書 NOSAI 事 業 につきましては 日 頃 より 格 別 のご 理 解 ご 協 力 を 頂 き 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて 金 融 商 品 の 販 売 等 に 関 する 法 律 により 共 済 加 入 の 際 にはあらかじめ 重 要 事 項 の 説 明 が 義 務 づけられておりま す この 重 要 事 項

More information

program_0410.docx

program_0410.docx 太 田 総 合 病 院 専 門 研 修 プログラム 目 次 1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 2. 太 田 総 合 病 院 整 形 外 科 専 門 研 修 の 特 徴 3. 太 田 総 合 病 院 整 形 外 科 専 門 研 修 の 目 標 4. 太 田 総 合 病 院 整 形 外 科 専 門 研 修 の 方 法 5. 専 門 研 修 の 評 価 について 6. 研 修

More information

第1号議案 平成14年度事業報告並びに収支決算について

第1号議案 平成14年度事業報告並びに収支決算について 平 成 27 年 度 事 業 報 告 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 1 当 法 人 の 現 況 に 関 する 事 項 (1) 事 業 の 経 過 及 びその 経 過 事 業 別 予 算 額 決 算 額 達 成 率 公 衆 衛 生 推 進 事 業 21,310,809 21,340,463 % 100.1 学 術 普 及 向 上 事 業 5,194,599

More information

80 鹿児島大学

80 鹿児島大学 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 鹿 児 島 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において

More information

(4) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 平 成 26 年 度 398,627 減 額 前 人 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 383,279 15,348 397,629 (0.25%) 勧 告 A B A-B ( 平 均 改 定 率 ) 給 与

(4) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 平 成 26 年 度 398,627 減 額 前 人 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 383,279 15,348 397,629 (0.25%) 勧 告 A B A-B ( 平 均 改 定 率 ) 給 与 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 北 海 道 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 26 年 度 公 表 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 平 成 24 年 度 の 人 件 費 率 平 成 人 千 千 千 % %

More information

目 次

目          次 Ⅴ 教 員 組 織 1 医 学 部 (1) 教 員 組 織 円 滑 で 効 率 的 な 教 育 研 究 活 動 ができるように 適 切 に 教 員 を 配 置 する 教 員 は 本 学 における 教 育 研 究 診 療 を 直 接 担 っている 教 員 をいかに 適 切 に 配 置 するか という 課 題 には 重 要 事 項 を 審 議 する 企 画 委 員 会 及 びその 下 部 組 織 である

More information

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 42.8 類 似 団 体 平 均 年 齢 39.5 43.5 42.6 平 均 給 料 月 額 ( ベ

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 42.8 類 似 団 体 平 均 年 齢 39.5 43.5 42.6 平 均 給 料 月 額 ( ベ 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 237,074 62,820,258 千 2,607,274 千 13,549,661 千 21.6 % (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 決

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( 比 較 ベース) 39.3 歳 309,368 434,2

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( 比 較 ベース) 39.3 歳 309,368 434,2 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 24 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 ( 年 度 末 ) A 千 239,272 62,594,887 実 質 収 支 千 2,514,423 件 費 B 千 12,997,986 件 費 率 B/A % 20.8 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 決

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

2 平 均 病 床 数 の 平 均 病 床 数 では 療 法 人 に 対 しそれ 以 外 の 開 設 主 体 自 治 体 社 会 保 険 関 係 団 体 その 他 公 的 の 規 模 が 2.5 倍 程 度 大 きく 療 法 人 に 比 べ 公 的 病 院 の 方 が 規 模 の 大 き いことが

2 平 均 病 床 数 の 平 均 病 床 数 では 療 法 人 に 対 しそれ 以 外 の 開 設 主 体 自 治 体 社 会 保 険 関 係 団 体 その 他 公 的 の 規 模 が 2.5 倍 程 度 大 きく 療 法 人 に 比 べ 公 的 病 院 の 方 が 規 模 の 大 き いことが II 病 院 経 営 管 理 指 標 に 関 する 調 査 研 究 結 果 1. 平 成 22 年 度 病 院 経 営 管 理 指 標 の 概 要 平 成 22 年 度 病 院 経 営 管 理 指 標 の 詳 細 については 後 述 の 平 成 22 年 度 病 院 経 営 管 理 指 標 に 示 し 以 下 ではその 概 況 を 述 べる 注 有 効 回 答 数 が 5 以 下 の 項 目 には

More information

活力ある健康長寿社会の実現 -新たな政策パッケージの創造-

活力ある健康長寿社会の実現 -新たな政策パッケージの創造- 活 力 ある 健 康 長 寿 社 会 の 実 現 - 新 たな 政 策 パッケージの 創 造 - 自 民 党 国 際 保 健 医 療 戦 略 特 命 委 員 会 委 員 長 参 議 院 議 員 武 見 敬 三 これまでの 教 訓 医 療 政 策 は 経 済 政 策 労 働 政 策 社 会 福 祉 政 策 など 包 括 的 な 国 家 運 営 の 中 で 計 画 実 施 される 必 要 がある また

More information

2 妊 婦 健 康 診 査 妊 婦 健 康 診 査 は 妊 婦 の 健 康 管 理 に 努 めることにより 妊 産 婦 及 び 乳 児 死 亡 の 低 下 や 流 早 産 の 防 止 心 身 障 害 児 の 発 生 を 予 防 するこ とを 目 的 に 実 施 されています 近 年 高 齢 やストレ

2 妊 婦 健 康 診 査 妊 婦 健 康 診 査 は 妊 婦 の 健 康 管 理 に 努 めることにより 妊 産 婦 及 び 乳 児 死 亡 の 低 下 や 流 早 産 の 防 止 心 身 障 害 児 の 発 生 を 予 防 するこ とを 目 的 に 実 施 されています 近 年 高 齢 やストレ 第 4 部 施 策 の 展 開 1 妊 産 婦 乳 幼 児 への 保 健 対 策 の 充 実 < 現 状 と 課 題 > 地 域 で 母 子 が 安 心 して 生 活 するためには 妊 娠 出 産 産 後 における 地 域 での 切 れ 目 の ない 支 援 が 必 要 となります そのためには 医 療 機 関 行 政 NPO 関 係 団 体 等 が 密 接 に 関 わりながら 産 前 から の 相

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030315F3031918D8D87906697C390EA96E58CA48F4381698B408D5C90E096BE89EF816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030315F3031918D8D87906697C390EA96E58CA48F4381698B408D5C90E096BE89EF816A2E70707478> 総 合 診 療 専 門 プログラムについて 北 海 道 第 2 回 新 専 門 医 制 度 説 明 会 北 海 道 家 庭 医 療 学 センター 草 場 鉄 周 ( 日 本 専 門 医 機 構 総 合 診 療 専 門 医 に 関 する 委 員 会 ワーキンググループ メンバー) 総 合 診 療 専 門 医 養 成 の 背 景 ( 専 門 医 の 在 り 方 検 討 会 報 告 書 より) 1. 特

More information

報告

報告 北 区 中 央 地 域 における 在 宅 医 療 介 護 意 見 交 換 会 川 崎 病 院 における 在 宅 医 療 介 護 連 携 カンファレンス ( 第 6 回 岡 山 市 訪 問 診 療 ステップアップ 研 修 会 ) 主 催 : 川 崎 医 科 大 学 付 属 川 崎 病 院 北 区 中 央 地 域 保 健 医 療 福 祉 連 携 懇 話 会 岡 山 市 共 催 : 岡 山 市 医 師 会

More information

No. 2 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 第 1 条 この 法 人 の( 以 下 本 学 会 という) 入 会 については 定 款 に 定 められたことの 他 は この 規 則 による 第 2 条 本 学 会

No. 2 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 第 1 条 この 法 人 の( 以 下 本 学 会 という) 入 会 については 定 款 に 定 められたことの 他 は この 規 則 による 第 2 条 本 学 会 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 定 款 細 則 (2011 年 9 月 ) 目 次 1. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 定 款 2. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 3. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 会 費 規 則 ( 定

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

<453A5C89FC8A76837683898393816991E6318E9F89FC92F9816A955C8E862E646F63>

<453A5C89FC8A76837683898393816991E6318E9F89FC92F9816A955C8E862E646F63> ~ 健 全 で 自 立 した 病 院 経 営 を 目 指 して~ 第 1 次 改 訂 ( 平 成 23~25 ) 平 成 23 年 11 月 岡 山 県 備 前 市 目 次 1 はじめに 1 2 計 画 期 間 1 3 備 前 病 院 1 (1) 現 況 及 び 役 割 1 (2) 経 営 効 率 化 計 画 3 4 日 生 病 院 5 (1) 現 況 及 び 役 割 5 (2) 経 営 効 率 化

More information

Taro-270409_近代化実施要綱

Taro-270409_近代化実施要綱 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 事 業 実 施 要 綱 最 終 改 正 健 政 発 第 7 8 6 号 平 成 5 年 1 2 月 1 5 日 医 政 発 0409 第 29 号 平 成 2 7 年 4 月 9 日 1 目 的 この 事 業 は 医 療 資 源 の 効 率 的 な 再 編 及 び 地 域 医 療 の 確 保 に 配 慮 しつつ 病 院 における 患 者 の 療 養 環 境

More information

中 途 退 学 の 現 状 中 途 退 学 者 名 中 退 率.% 平 成 6 年 5 月 日 在 学 者 96 名 ( 平 成 6 年 4 月 入 学 者 を 含 む) 平 成 7 年 3 月 3 日 在 学 者 94 名 ( 平 成 7 年 3 月 卒 業 生 を 含 む) 中 途 退 学 の

中 途 退 学 の 現 状 中 途 退 学 者 名 中 退 率.% 平 成 6 年 5 月 日 在 学 者 96 名 ( 平 成 6 年 4 月 入 学 者 を 含 む) 平 成 7 年 3 月 3 日 在 学 者 94 名 ( 平 成 7 年 3 月 卒 業 生 を 含 む) 中 途 退 学 の ( 別 紙 様 式 4) 平 成 7 年 4 月 日 現 在 職 業 実 践 専 門 課 程 の 基 本 情 報 について 学 校 名 設 置 認 可 年 月 日 校 長 名 所 在 地 国 際 動 物 専 門 学 校 平 成 9 年 月 7 日 下 薗 惠 子 54-004 東 京 都 世 田 谷 区 新 町 --5 ( 電 話 )03(5430)4400 設 置 者 名 設 立 認 可 年 月

More information

保険薬局におけるハイリスク薬取り扱い時の注意点

保険薬局におけるハイリスク薬取り扱い時の注意点 薬 剤 師 の 病 棟 業 務 の 進 め 方 (Ver.1.2) 一 般 社 団 法 人 日 本 病 院 薬 剤 師 会 平 成 28 年 6 月 4 日 1.はじめに 長 寿 社 会 の 到 来 疾 病 構 造 の 変 化 や 意 識 の 変 化 に 伴 い 国 民 の 医 療 ニーズは 多 様 化 している また 科 学 技 術 の 進 歩 により 医 療 技 術 も 高 度 化 し 専 門

More information

26 年 4 月 1 日 のラスパイレス 指 数 が 13 年 前 に 比 べ1ポイント 以 上 上 昇 している 場 合 23 年 連 続 で 上 昇 して いる 場 合 31 を 超 えている 場 合 について その 理 由 及 び 改 善 の 見 込 み 該 当 なし (4) 給 与 制 度

26 年 4 月 1 日 のラスパイレス 指 数 が 13 年 前 に 比 べ1ポイント 以 上 上 昇 している 場 合 23 年 連 続 で 上 昇 して いる 場 合 31 を 超 えている 場 合 について その 理 由 及 び 改 善 の 見 込 み 該 当 なし (4) 給 与 制 度 八 幡 浜 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 2 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (26 年 1 月 1 日 ) 37,38 出 額 A 18,314,46 実 質 収 支 36,717 件 費 B 2,86,4 件 費 率 B/A % 1.6 ( 参 考 ) 24 年 度 の 件 費 率 % 1.7 (2) 職

More information

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 平 成 4 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 4 年 度 末 ) 平 成 4 年 度 379,678 豊 橋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 ( 注 ) 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 などを 含 む A 114,956,597 実 質 収 支 3,87,17

More information

<817995BD90AC3233944E9378817A8B8B975E93998FEE95F18CF6955C83568358836583808E518D6C976C8EAE2E786C73>

<817995BD90AC3233944E9378817A8B8B975E93998FEE95F18CF6955C83568358836583808E518D6C976C8EAE2E786C73> 気 仙 沼 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 人 件 費 率 年 度 人 73,37 8,88,688 1,479,998 6,94,564 1.7

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43 別 紙 3 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 803,072 349,918,053 1,594,508 54,662,625 15.6 15.4

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

依存症対策に関する厚生労働省の取り組み

依存症対策に関する厚生労働省の取り組み 資 料 4 依 存 症 対 策 に 関 する 厚 生 労 働 省 の 取 り 組 み 自 殺 総 合 対 策 大 綱 自 殺 を 予 防 するための 当 面 の 重 点 施 策 自 殺 の 実 態 を 明 らかにする 実 態 解 明 のための 調 査 の 実 施 情 報 提 供 体 制 の 充 実 自 殺 未 遂 者 遺 族 等 の 実 態 解 明 及 び 支 援 方 策 についての 調 査 の 推

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B5489AA8E7382CC8B8B975E814592E888F58AC7979D939982C982C282A282C4816995BD90AC3234944E937894C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B5489AA8E7382CC8B8B975E814592E888F58AC7979D939982C982C282A282C4816995BD90AC3234944E937894C5816A2E646F63> 別 紙 3 亀 岡 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 24 年 度 版 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 23 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 92,241 32,809,597 千

More information

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療 資 料 5 筑 後 市 立 病 院 概 要 平 成 22 年 度 版 視 察 団 体 埼 玉 県 東 松 山 市 市 議 会 視 察 日 平 成 17 年 10 月 20 日 ( 木 ) 筑 後 市 立 病 院 目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3.

More information

<288B8B975E8CF6955C295F48323391E58AD98E738CF6955C2E786C73>

<288B8B975E8CF6955C295F48323391E58AD98E738CF6955C2E786C73> 総 括 () 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 人 件 費 率 H22 年 度 人 千 千 千 79,734 32,73,959,224,854,25,85

More information

目 次 はじめに 1 第 1 県 立 新 庄 病 院 の 果 たすべき 役 割 1-1 総 括 的 事 項 2 1-2 特 に 重 点 を 置 く 診 療 分 野 3 1-3 病 床 機 能 3 1-4 機 能 分 担 と 連 携 機 能 4 1-5 教 育 実 習 機 能 4 1-6 付 帯 する

目 次 はじめに 1 第 1 県 立 新 庄 病 院 の 果 たすべき 役 割 1-1 総 括 的 事 項 2 1-2 特 に 重 点 を 置 く 診 療 分 野 3 1-3 病 床 機 能 3 1-4 機 能 分 担 と 連 携 機 能 4 1-5 教 育 実 習 機 能 4 1-6 付 帯 する 資 料 2-2 山 形 県 立 新 庄 病 院 改 築 整 備 に 関 する 意 見 書 ( 案 ) 平 成 28 年 1 月 山 形 県 立 新 庄 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 1 第 1 県 立 新 庄 病 院 の 果 たすべき 役 割 1-1 総 括 的 事 項 2 1-2 特 に 重 点 を 置 く 診 療 分 野 3 1-3 病 床 機 能 3 1-4 機

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) H25 年 度 143 358,385 358,242 (0.04) 0.00

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) H25 年 度 143 358,385 358,242 (0.04) 0.00 熊 本 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 23 年 度 の 件 費 率 H24 年 度 731,815 277,665,883 2,881,104 47,758,592

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

様 式 5 平 成 28 年 度 NOSAI 夏 期 臨 床 実 習 事 前 アンケート * 申 込 をした 方 に を 付 けてください スタンダード 編 ステップアップ 編 氏 名 所 属 大 学 学 年 1. NOSAI 夏 期 臨 床 実 習 への 参 加 を 希 望 する 理 由 動 機

様 式 5 平 成 28 年 度 NOSAI 夏 期 臨 床 実 習 事 前 アンケート * 申 込 をした 方 に を 付 けてください スタンダード 編 ステップアップ 編 氏 名 所 属 大 学 学 年 1. NOSAI 夏 期 臨 床 実 習 への 参 加 を 希 望 する 理 由 動 機 様 式 4 北 海 道 実 習 用 平 成 28 年 度 NOSAI 夏 期 臨 床 実 習 北 海 道 で 実 習 を 希 望 する 者 のみ 提 出 すること スタンダード 編 志 望 理 由 書 ふりがな 氏 名 在 籍 大 学 大 学 名 修 学 年 次 年 次 所 属 研 究 室 実 習 希 望 先 県 名 北 海 道 組 合 名 希 望 する 組 合 を 選 んだ 理 由 複 数 回 答

More information

平成15年度 埼玉医科大学大学院医学研究科 博士課程 学生募集要項(案)

平成15年度 埼玉医科大学大学院医学研究科 博士課程 学生募集要項(案) 平 成 27 年 度 ( 後 期 入 学 ) 埼 玉 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 博 士 課 程 学 生 募 集 要 項 < 一 般 選 抜 > < 社 会 人 選 抜 > < 外 国 人 選 抜 > < 科 目 等 履 修 生 > 目 次 埼 玉 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 博 士 課 程 概 要 1 博 士 課 程 募 集 要 項 4 埼 玉 医 科 大

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 給 料 表 の 見 直 し ( 給 料 表 の 改 定 実 施 時 期 ) 平 成 27 年 4 月 日 ( 内 容 ) 一 般 行 政 職 の 給 料 表 について, 国 の 見 直 し 内 容 を 踏 まえ 平 均

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 給 料 表 の 見 直 し ( 給 料 表 の 改 定 実 施 時 期 ) 平 成 27 年 4 月 日 ( 内 容 ) 一 般 行 政 職 の 給 料 表 について, 国 の 見 直 し 内 容 を 踏 まえ 平 均 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 25 78,620 28,350,60,043,224 5,35,540 8.7 7.5 (2) 職 員 給 与 費 の 状

More information

当 しない 範 囲 で 実 施 されなければならない また 医 師 が 行 う 運 動 又 は 栄 養 に 関 する 指 導 助 言 を 書 面 又 は 電 子 データ 等 の 形 で 発 出 す ること 及 びその 対 価 を 徴 収 することが 健 康 保 険 法 第 63 条 に 規 定 され

当 しない 範 囲 で 実 施 されなければならない また 医 師 が 行 う 運 動 又 は 栄 養 に 関 する 指 導 助 言 を 書 面 又 は 電 子 データ 等 の 形 で 発 出 す ること 及 びその 対 価 を 徴 収 することが 健 康 保 険 法 第 63 条 に 規 定 され 健 康 寿 命 延 伸 産 業 分 野 における 新 事 業 活 動 のガイドライン 平 成 26 年 3 月 31 日 厚 生 労 働 省 経 済 産 業 省 1.ガイドラインの 趣 旨 概 要 産 業 競 争 力 強 化 法 第 9 条 において 新 事 業 活 動 を 実 施 しようとする 者 は 主 務 大 臣 に 対 して 事 業 活 動 に 関 する 規 制 法 の 解 釈 及 び 事

More information

1. 地 域 医 療 ビジョン と 議 論 の 現 状 2014 年 6 月 に 成 立 した 医 療 介 護 総 合 確 保 推 進 法 で 都 道 府 県 は 地 域 医 療 計 画 に 将 来 の 医 療 提 供 体 制 に 関 する 構 想 として 地 域 医 療 ビジョン( 地 域 医 療

1. 地 域 医 療 ビジョン と 議 論 の 現 状 2014 年 6 月 に 成 立 した 医 療 介 護 総 合 確 保 推 進 法 で 都 道 府 県 は 地 域 医 療 計 画 に 将 来 の 医 療 提 供 体 制 に 関 する 構 想 として 地 域 医 療 ビジョン( 地 域 医 療 主 な 制 度 仕 組 み( 概 説 ) * 地 域 医 療 計 画 に 関 連 する 主 な 制 度 や 仕 組 みの 現 状 と 課 題 を 概 説 した 趣 旨 と 基 本 的 考 え 方 機 能 分 化 と 連 携 と 併 読 されることを 想 定 している 44 1. 地 域 医 療 ビジョン と 議 論 の 現 状 2014 年 6 月 に 成 立 した 医 療 介 護 総 合 確 保

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 せき きらめき 女 子 のアクティブプラン み ん な ~ 男 女 がいきいきと 働 く 職 場 をめざして~ 平 成 28 年 3 月 関 市 はじめに 我 が 国 において 女 性 の 就 業 率 は 着 実 に 上 昇 してきているものの 育 児 介 護 等 を 理 由 に 働 けない 女 性 や 出 産 を 機 に 離 職 する 女

More information

目 次 はじめに 第 一 章 マニュアルの 概 要 1 狂 犬 病 ( 疑 い) 予 防 の 基 本 方 針 Ⅰ. 狂 犬 病 とは p.3 Ⅱ. 対 象 とする 動 物 p.5 Ⅲ. 狂 犬 病 ( 疑 い)への 対 応 p.6 Ⅳ. 関 係 機 関 ごとの 役 割 分 担 p.7 2 狂 犬 病

目 次 はじめに 第 一 章 マニュアルの 概 要 1 狂 犬 病 ( 疑 い) 予 防 の 基 本 方 針 Ⅰ. 狂 犬 病 とは p.3 Ⅱ. 対 象 とする 動 物 p.5 Ⅲ. 狂 犬 病 ( 疑 い)への 対 応 p.6 Ⅳ. 関 係 機 関 ごとの 役 割 分 担 p.7 2 狂 犬 病 熊 本 県 狂 犬 病 ( 疑 い) 発 生 時 対 応 マニュアル 平 成 24 年 4 月 熊 本 県 健 康 福 祉 部 健 康 危 機 管 理 課 目 次 はじめに 第 一 章 マニュアルの 概 要 1 狂 犬 病 ( 疑 い) 予 防 の 基 本 方 針 Ⅰ. 狂 犬 病 とは p.3 Ⅱ. 対 象 とする 動 物 p.5 Ⅲ. 狂 犬 病 ( 疑 い)への 対 応 p.6 Ⅳ. 関 係

More information

20141113(滋賀県)都道府県計画

20141113(滋賀県)都道府県計画 医 療 保 促 進 法 に 基 づく 滋 賀 県 計 画 平 成 26 年 10 月 滋 賀 県 - 2 - 1. 計 画 の 基 本 的 事 項 (1) 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 本 県 の 人 口 は 現 在 約 141 万 人 であり 全 国 でも 数 少 ない 人 口 増 加 県 であるが 平 成 27 年 (2015 年 )をピークとして 減 少 に 転 じると 見 込 まれている

More information

別紙3

別紙3 美 濃 加 茂 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 (24 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 23 年 度 の 人 件 費 率 24 年 度 55,018 人 17,404,089 1,057,991 2,446,300

More information

診療現場で役立つ         経営分析研究会

診療現場で役立つ         経営分析研究会 MTA2015 メインテーマ ~ビッグデータ 時 代 の 電 子 カルテ 活 用!~ 宮 崎 大 学 医 学 部 附 属 病 院 医 療 情 報 部 荒 木 賢 二 元 気 くん ハニーちゃん みゃおう 宮 大 医 療 情 報 部 ゆるきゃらトリオ 1 自 己 紹 介 荒 木 賢 二 ( 大 阪 出 身 昭 和 33 年 生 まれ) もともとは 心 臓 外 科 医 現 在 も 人 工 心 臓 の 開

More information

は じ め に 学 校 法 人 工 藤 学 園 は1978 年 ( 昭 和 5 年 )に 北 海 道 愛 犬 美 容 学 園 として 設 立 され て 以 来 トリミングや 動 物 看 護 師 の 深 い 知 識 と 高 度 な 技 術 を 身 につけるとともに ペット を 通 じて 社 会 に 貢

は じ め に 学 校 法 人 工 藤 学 園 は1978 年 ( 昭 和 5 年 )に 北 海 道 愛 犬 美 容 学 園 として 設 立 され て 以 来 トリミングや 動 物 看 護 師 の 深 い 知 識 と 高 度 な 技 術 を 身 につけるとともに ペット を 通 じて 社 会 に 貢 平 成 27 年 9 月 0 日 関 係 者 各 位 学 校 法 人 工 藤 学 園 理 事 長 工 藤 典 子 平 成 26 年 度 愛 犬 美 容 看 護 専 門 学 校 自 己 点 検 評 価 報 告 書 の 公 表 について 平 成 26 年 度 の 自 己 点 検 評 価 結 果 をまとめましたので 公 表 いたします 今 後 は 結 果 にある 改 善 事 項 等 を 真 摯 に 受 け

More information

Microsoft Word - 01 原稿

Microsoft Word - 01 原稿 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 千 葉 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 26 年 度 普 通 会 計 ( 決 算 額 )に 占 める 件 費 の 状 況 は 次 のとおりです ( 平 成 27 年 度 ) 件 費 の 内 訳 は 教 育 関 係 職 員 ( 市 町 村 立 小 中 学 校 の 教 員 を 含 む)が 67.5% 警 察 関

More information

<303031204832338D828DE88E7382CC8B8B975E814592E888F58AC7979D939982C982C282A282C42E786477>

<303031204832338D828DE88E7382CC8B8B975E814592E888F58AC7979D939982C982C282A282C42E786477> 別 紙 3 高 崎 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) * 外 国 人 を 含 まない 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 人 件 費 率 22 年 度 人 千 千 千 % % 370,714

More information

平 成 25 年 度 乳 用 種 初 生 牛 の 経 営 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 26 年 2 月 独 立 行 政 法 人 農 畜 産 業 振 興 機 構 はじめに この 報 告 書 は 公 益 社 団 法 人 中 央 畜 産 会 に 委 託 して 実 施 した 平 成 25 年 度 乳 用 種 初 生 牛 の 経 営 に 関 する 調 査 の 成 果 を 取 りまとめたものである

More information

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 情 報 基 本 方 針 の 決 定 ~ 諮 問 書 ~1 平 成 28 年 1 月 13 日 厚 生 労 働 省 から 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 に 向 けて 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 諮 問 書 が 発 出 されました いよいよ 中 医 協 で 細 部 にわたる 審 議 が 行 われることになります それと 同

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032302D312D3730874581408140816B8E9197BF816C91E63689F189C6927B897190B688CF88F589EF89EF8B638A549776288DC58F4994C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032302D312D3730874581408140816B8E9197BF816C91E63689F189C6927B897190B688CF88F589EF89EF8B638A549776288DC58F4994C5816A> 第 6 回 家 畜 衛 生 委 員 会 の 会 議 概 要 ( 畜 産 家 畜 衛 生 部 会 常 設 委 員 会 ) Ⅰ 日 時 平 成 20 年 3 月 3 日 ( 月 ) 13:30~17:00 Ⅱ 場 所 日 本 獣 医 師 会 会 議 室 Ⅲ 出 席 者 委 員 委 員 長 戸 谷 孝 治 日 本 獣 医 師 会 理 事 副 委 員 長 丸 山 崇 全 国 家 畜 衛 生 職 員 会 顧

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B (21 年 度 末 ) 21 年 度 58,068 22,793,598 272,455 4,911,157 件 費 率 B/A % 21.5 ( 参 考 ) 20 年 度 の 件 費 率 % 24.8 (2) 職

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 24 年 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % % 25 年 度 41,213 25,799,074 423,690 4,234,063 16.4 18.0 (2)

More information

薬 物 乱 用 等 も 感 染 の 一 因 となり 得 るため 薬 物 乱 用 者 についても 個 別 施 策 層 として 対 応 す る 必 要 がある なお 具 体 的 な 個 別 施 策 層 については 状 況 の 変 化 に 応 じて 適 切 な 見 直 し がなされるべきである さらに 施

薬 物 乱 用 等 も 感 染 の 一 因 となり 得 るため 薬 物 乱 用 者 についても 個 別 施 策 層 として 対 応 す る 必 要 がある なお 具 体 的 な 個 別 施 策 層 については 状 況 の 変 化 に 応 じて 適 切 な 見 直 し がなされるべきである さらに 施 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 に 関 する 特 定 感 染 症 予 防 指 針 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 ( 平 成 10 年 法 律 第 114 号 ) 第 11 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 後 天 性 免 疫 不 全 症 候 群 に 関 する 特 定 感 染 症 予 防 指 針 ( 平 成 18 年

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

はじめに 市 立 室 蘭 総 合 病 院 ( 以 下 市 立 病 院 という )は 平 成 9 年 6 月 に 現 在 地 へ 移 転 新 築 以 来 非 常 に 厳 しい 経 営 状 況 が 続 き 平 成 19 年 12 月 24 日 に 総 務 省 が 策 定 した 公 立 病 院 改 革 ガ

はじめに 市 立 室 蘭 総 合 病 院 ( 以 下 市 立 病 院 という )は 平 成 9 年 6 月 に 現 在 地 へ 移 転 新 築 以 来 非 常 に 厳 しい 経 営 状 況 が 続 き 平 成 19 年 12 月 24 日 に 総 務 省 が 策 定 した 公 立 病 院 改 革 ガ 市 立 室 蘭 総 合 病 院 新 経 営 改 革 プラン 点 検 評 価 報 告 書 ( 平 成 26 年 度 決 算 ) 平 成 27 年 8 月 市 立 室 蘭 総 合 病 院 経 営 改 革 評 価 委 員 会 はじめに 市 立 室 蘭 総 合 病 院 ( 以 下 市 立 病 院 という )は 平 成 9 年 6 月 に 現 在 地 へ 移 転 新 築 以 来 非 常 に 厳 しい 経 営

More information

(案)

(案) ( 別 紙 ) 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 1 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )については 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 するものとし 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 ) 補 助

More information

はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと 大 きく 転 換 しようとしています また 現 代 は こころの

はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと 大 きく 転 換 しようとしています また 現 代 は こころの 県 立 友 部 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 検 討 結 果 報 告 平 成 15 年 9 月 県 立 友 部 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと

More information

○○県看護協会の報告

○○県看護協会の報告 2 72 470 27 7 1 14 466 352 26 394 46 3 25 18 16 2 1 13 12 2 3 4 4 25 448 21 4 73 25 11 25 12 26 1 ~3 1 4 5 5 26 4 27 3 2 6 74 7 8 75 4 9 30 10 76 11 11 5 2 26 9 10 1 1 12 77 13 14 78 15 16 79 ( ) 2 80

More information

1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 整 形 外 科 専 門 医 は 国 民 の 皆 様 に 質 の 高 い 運 動 器 医 療 を 提 供 することが 求 められます こ のため 整 形 外 科 専 門 医 制 度 は 医 師 として 必 要 な 臨 床 能 力 および 運

1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 整 形 外 科 専 門 医 は 国 民 の 皆 様 に 質 の 高 い 運 動 器 医 療 を 提 供 することが 求 められます こ のため 整 形 外 科 専 門 医 制 度 は 医 師 として 必 要 な 臨 床 能 力 および 運 愛 媛 大 学 整 形 外 科 専 門 研 修 プログラム 目 次 1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 2. 愛 媛 大 学 整 形 外 科 専 門 研 修 後 の 成 果 3. 愛 媛 大 学 整 形 外 科 専 門 研 修 プログラムの 目 標 と 特 徴 4. 研 修 方 法 4.1 基 本 方 針 4.2 研 修 計 画 専 門 知 識 の 習 得 計 画 専 門

More information

01医政局:医療介護総合確保概要(医療部分)

01医政局:医療介護総合確保概要(医療部分) 具 体 的 な 報 告 項 目 報 告 方 法 時 期 等 について 今 年 度 一 般 病 床 療 養 病 床 を 有 する 病 院 診 療 所 は 以 下 の 項 目 を 平 成 26 年 11 月 14 日 ( 金 )までに 報 告 することとする(10 月 1 日 ( 水 ) 受 付 開 始 ) 報 告 項 目 1 平 成 26 年 7 月 1 日 時 点 における 医 療 機 能 ( 病

More information

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監 日 本 中 央 競 馬 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 注 ) 年 度 は1 月 1 日 ~12 月 31 日 のJRA 事 業 年 度 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 報 酬 については 勝 馬 投 票 券

More information

第1号議案  平成16年度事業報告について

第1号議案  平成16年度事業報告について 1. 会 員 区 分 24.4.1 増 減 25.3.31 開 業 部 会 412 14 18 408 正 会 員 衛 生 畜 産 部 会 182 7 14 175 教 育 研 究 他 部 会 127 1 10 118 賛 助 会 員 個 人 団 体 15 0 1 14 計 736 22 43 715 2. 役 員 ( 順 不 同 敬 称 略 平 成 25.3 末 現 在 ) 会 長 松 林 驍 之

More information

別紙1

別紙1 平 塚 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 23 年 度 末 ) 歳 出 額 (A ) 実 質 収 支 人 件 費 (B ) 人 件 費 率 (B / A ) ( 参 考 ) 平 成 22 年 度 の 人 件 費 率 平 成 平 成 24 年 3 月 31 日 %

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

<819D483235944E93788B8B975E8CF6955C9770288CF6955C9770292E786C7378>

<819D483235944E93788B8B975E8CF6955C9770288CF6955C9770292E786C7378> 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 岐 阜 市 の 給 与 定 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 人 件 費 率 年 度 人 08,307 1,9,10 9,07,66 7,1,77 18.8 18.7 ( 注 ) 人

More information

診療行為コード

診療行為コード 別 添 5 オンライン 又 は 光 ディスク 等 による 請 求 に 係 る 診 療 行 為 コード ( 医 科 用 DPC 用 ) 平 成 20 年 4 月 版 凡 例 1 診 療 行 為 コードは 次 により 設 定 している (1) コードの 設 定 対 象 範 囲 コードの 設 定 対 象 範 囲 は 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 3 月 5 日 厚 生 労 働

More information

<819981994832388D589056814696BC8AF18E738B8B975E814592E888F58AC7979D93992E786C7378>

<819981994832388D589056814696BC8AF18E738B8B975E814592E888F58AC7979D93992E786C7378> の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 (26 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 26 年 度 末 ) A B B/A 25 年 度 の 件 費 率 26 年 度 千 千 千 28,726 22,061,345 410,259 3,324,436 15.1

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F976C8EAE8F4390B38DCF82DD5F8B8B975E814592E888F58AC7979D82C982C282A282C4817995BD90AC3232944E937894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F976C8EAE8F4390B38DCF82DD5F8B8B975E814592E888F58AC7979D82C982C282A282C4817995BD90AC3232944E937894C5817A2E646F63> 京 丹 後 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 21 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (20 年 度 末 ) 61,661 歳 出 額 A 34,956,333 実 質 収 支 737,422 件 費 B 5,484,627 件 費 率 B/A 15.7 ( 注 )1 平 成 21 年 度 決 算 ( 一 般 会

More information

(\202g22\214\366\225\\.xls)

(\202g22\214\366\225\\.xls) 別 (1) 紙 3 区 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 21 年 度 分 住 民 基 本 (21 台 年 帳 度 人 末 口 ) 歳 出 額 A 人 件 費 別 海 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (2) 職 員 給 与 16,052 費 の 状 況 ( 普 14,873,338 通 会 計 決 算 ) 586,003千 円 2,316,507 千

More information

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与 電 子 版 職 員 給 与 のあらまし < 公 営 企 業 版 > 平 成 24 年 度 目 次 公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 2 工 業 用 水 道 事 業 3 下 水 道 事 業 4 自 動 車 運 送 事 業 5 高 速 度 鉄 道 事 業 6 病 院 事 業 < 問 い 合 わせ 先 > 上 下 水 道 局 総 務 部 総 務 課 交 通 局 総 務 部 労 務 課

More information

① 公 告 茨 城 県 の 給 与 定 員 管 理 等 の 公 表 茨 城 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 次 のとおり 公 表 する 平 成 25 年 3 月 29 日 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (23 年 度 末 ) 23 年 度 2,973,174 A 1,165,215,035

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (22 年 度 末 ) A B 22 年 度 1,025,619 539,469,112 4,455,499 151,781,717 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年 度 の 件 費 率 28.1 27.9 (2)

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

国 際 観 光 振 興 の 中 で MICE 誘 致 の 役 割 が 明 確 に MICEの 誘 致 の 割 合 は 都 道 府 県 と 政 令 指 定 都 市 とでは 大 きな 差 がみられる また 2010 年 度 調 査 ( )と 比 較 すると 都 道 府 県 の MICEの 誘 致 は 微

国 際 観 光 振 興 の 中 で MICE 誘 致 の 役 割 が 明 確 に MICEの 誘 致 の 割 合 は 都 道 府 県 と 政 令 指 定 都 市 とでは 大 きな 差 がみられる また 2010 年 度 調 査 ( )と 比 較 すると 都 道 府 県 の MICEの 誘 致 は 微 News Release 2014 年 12 月 5 日 都 道 府 県 及 び 政 令 指 定 都 市 の 観 光 政 策 に 関 するアンケート 調 査 公 益 財 団 法 人 日 本 交 通 公 社 横 浜 商 科 大 学 高 崎 経 済 大 学 株 式 会 社 JTB 総 合 研 究 所 は 共 同 研 究 により 都 道 府 県 及 び 政 令 指 定 都 市 における 観 光 の 位 置

More information

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 勢 一 覧 勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 口 推 計 年 報 4 人 口 密 度 社 会 生 活 統 計 指 標 5 世 帯 数

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震 Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 東 海 地 震 注 意 情 報 発 表 時 (1) 医 務 課 衛 生 薬 務 課 Ⅶ-1 Ⅶ-1 Ⅶ-2 2 病 院 診 療 所 の 対 応 (1) 院 内 の 安 全 確 保 等 (2) 医 療 救 護 活 動 の 準 備 Ⅶ-3 Ⅶ-4 Ⅶ-4 3 基 幹 災 害 拠 点 病 院 基

More information

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド 将 来 の 配 置 構 想 ( 案 ) 関 西 全 体 において 未 整 備 地 域 の 解 消 を 図 るため まず 兵 庫 県 南 部 ( 播 磨 地 域 ) への 追 加 配 備 を 行 う また 既 に 運 航 範 囲 となっている 地 域 のうち 30 分 以 内 での 救 急 搬 送 体 制 の 確 立 及 び 補 完 体 制 の 充 実 を 図 るため 滋 賀 県 全 域 及 び 京

More information

博士論文

博士論文 論 文 要 約 伊 関 友 伸 自 治 体 病 院 の 歴 史 住 民 医 療 の 歩 みとこれから ( 三 輪 書 店 ) 本 論 文 は はじめに おわりに のほか 全 7 章 で 構 成 する はじめに は 研 究 の 動 機 研 究 目 的 研 究 の 視 点 などについて 記 述 している 本 論 文 の 主 要 なテーマは 自 治 体 病 院 の 存 在 意 義 である 自 治 体 病

More information

目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持 料 続 給 可 与 能 な 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 のための 取 組

目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持 料 続 給 可 与 能 な 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 のための 取 組 別 記 様 式 第 1 号 計 画 期 間 平 成 年 度 ~ 平 成 3 年 度 福 井 県 酪 農 肉 用 牛 生 産 近 代 化 計 画 書 平 成 3 年 3 月 福 井 県 目 次 Ⅰ 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 近 代 化 に 関 する 方 針 1 福 井 県 における 酪 農 及 び 肉 用 牛 生 産 の 位 置 付 け 並 びに 基 本 的 な 展 開 方 向 飼 持

More information

<5461726F2D906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB58169906C8E9689DB816A817932382E348B8B975E8D58905694C5817A2E6A7464>

<5461726F2D906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB58169906C8E9689DB816A817932382E348B8B975E8D58905694C5817A2E6A7464> 京 都 府 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 平 成 27 年 12 月 京 都 府 この 報 告 書 は 京 都 府 における 職 員 数 や 給 与 勤 務 条 件 人 件 費 の 状 況 などを 広 く 府 民 の 皆 様 に 公 表 することにより 本 府 の 人 事 行 政 の 透 明 性 をさらに 高 めるとともに その 適 正 な 運 営 を 確 保 するた め 職 員

More information

2 / 5 開 催 の 背 景 と 目 的 放 射 線 が 医 療 農 業 工 業 等 の 幅 広 い 分 野 で 利 用 される 中 万 が 一 の 事 故 の ための 備 えが 必 要 であり 海 外 では Dirty bomb( 汚 い 爆 弾 ) 等 の 放 射 性 物 質 を 使 ったテロ

2 / 5 開 催 の 背 景 と 目 的 放 射 線 が 医 療 農 業 工 業 等 の 幅 広 い 分 野 で 利 用 される 中 万 が 一 の 事 故 の ための 備 えが 必 要 であり 海 外 では Dirty bomb( 汚 い 爆 弾 ) 等 の 放 射 性 物 質 を 使 ったテロ 1 / 5 報 道 関 係 者 の 皆 様 へ お 知 らせ 平 成 26 年 8 月 19 日 14 時 独 立 行 政 法 人 放 射 線 医 学 総 合 研 究 所 NIRS 韓 国 医 療 従 事 者 向 け 緊 急 被 ばく 医 療 トレーニングコースを 開 催 -アジアにおける 緊 急 被 ばく 医 療 の 人 材 の 育 成 を 目 指 して- 放 射 線 や 放 射 性 物 質 に

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

月 額 を100として 計 算 した 指 数 2 類 似 団 体 平 均 とは 人 口 規 模 産 業 構 造 が 類 似 している 団 体 のラスパイレス 指 数 を 単 純 平 均 し たものです 3 参 考 値 は 国 家 公 務 員 の 時 限 的 な(2 年 間 ) 給 与 改 定 臨 時

月 額 を100として 計 算 した 指 数 2 類 似 団 体 平 均 とは 人 口 規 模 産 業 構 造 が 類 似 している 団 体 のラスパイレス 指 数 を 単 純 平 均 し たものです 3 参 考 値 は 国 家 公 務 員 の 時 限 的 な(2 年 間 ) 給 与 改 定 臨 時 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1. 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 歳 出 額 人 口 (24 年 度 末 ) A 人 24 年 度 18,191 10,065,529 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) B B/A 23 年 度 人 件 費 率 % ( 注 ) 人 件 費 には 町 長 や 副 町

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資 料 4 ベストパフォーマンスを 発 揮 するための 7つの 疑 問 とその 解 決 すべき 課 題 について ~ 改 めて 確 認 してみよう 自 らの 繁 殖 飼 養 衛 生 管 理 ~ 1 なぜ 生 乳 生 産 量 が 減 少 しているのか? 2 なぜ 乳 用 牛 の 頭 数 が 減 少 しているのか? 3 なぜ 分 娩 事 故 や 子 牛 の 事 故 が 減 らないのか? 4 なぜ 乳 用

More information

鈴木隆雄委員資料

鈴木隆雄委員資料 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 58 回 ) 平 成 28 年 5 月 25 日 鈴 木 隆 雄 委 員 提 出 資 料 後 期 高 齢 者 の 保 健 事 業 のあり 方 に 関 する 研 究 (ポイント) 平 成 27 年 度 厚 生 労 働 科 学 研 究 特 別 研 究 ( 班 長 : 鈴 木 隆 雄 ( 国 立 長 寿 医 療 研 究 センター 理 事 長 特

More information

JAにおける新規就農支援の取り組みの特徴と課題

JAにおける新規就農支援の取り組みの特徴と課題 研 究 レポート JAにおける 新 規 就 農 支 援 の 取 り 組 みの 特 徴 と 課 題 ( 社 )JA 総 合 研 究 所 基 礎 研 究 部 主 席 研 究 員 鴻 巣 正 (こうのす ただし) 1.はじめに 米 国 のサブプライム 問 題 に 端 を 発 した 金 融 危 機 は 実 体 経 済 にも 深 刻 な 影 響 を 及 ぼし 緊 急 雇 用 対 策 が 喫 緊 の 課 題 となった

More information

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc Ⅰ. 市 街 化 区 域 内 農 地 の 資 産 価 値 の 整 理 1. 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 の 負 担 水 準 等 の 経 年 変 化 等 についての 税 制 上 の 整 理 1) 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 制 度 の 基 本 的 な 仕 組 み 農

More information

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯 みずほインサイト 政 策 2015 年 11 月 27 日 地 方 圏 での 戦 略 型 企 業 誘 致 地 場 産 業 と 連 携 した 誘 致 による 自 立 的 発 展 が 有 効 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 上 村 未 緒 03-3591-1336 mio.uemura@mizuho-ri.co.jp 地 方 創 生 の 一 環 として 推 進 される 雇 用 創 出 の 代 表

More information

高梁市の給与・定員管理等について(公表).xls

高梁市の給与・定員管理等について(公表).xls 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 (18 年 度 末 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) A B B/A 17 年 度 の 件 費 率 18 年 度 36,367 22,557,82 千 42,631 千 4,814,936 千 21.4% 2.4%

More information

program_0160.docx

program_0160.docx 埼 玉 医 科 大 学 総 合 医 療 センター 整 形 外 科 専 門 研 修 プログラム 目 次 1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 2. 埼 玉 医 科 大 学 総 合 医 療 センター 整 形 外 科 専 門 研 修 後 の 成 果 3. 埼 玉 医 科 大 学 総 合 医 療 センター 整 形 外 科 専 門 研 修 プログラムの 目 標 と 特 徴 4. 研 修

More information

51号20160202

51号20160202 平 成 28 年 2 月 1 日 白 十 字 病 院 (1) 51 号 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 発 行 ( 医 ) 白 十 字 会 白 十 字 病 院 広 報 委 員 会 2016 年 2 月 ご 意 見 ご 要 望 などありましたら 各 階 フロアーに 設 置 しております ご 意 見 箱 をご 利 用 下 さい 訪 問 看 護 ステーション 白 十 字 開 設 しました 基 本

More information