資  料3 総理の新提案(美しい星へのいざない「Invitation to 『Cool Earth 50』」~3つの提案、3つの原則~)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "資  料3 総理の新提案(美しい星へのいざない「Invitation to 『Cool Earth 50』」~3つの提案、3つの原則~)"

Transcription

1 美 しい 星 へのいざない Invitation to Cool Earth 50 ~ 3つの 提 案 3つの 原 則 ~ 資 料 3 冒 頭 杉 田 日 本 経 済 新 聞 社 社 長 アジア 各 国 指 導 者 の 皆 様 御 来 賓 の 皆 様 本 日 各 方 面 でアジアを 代 表 する 皆 様 方 の 前 で スピーチをする 機 会 をいただい たことを 誠 にうれしく 思 います 本 日 の 会 合 の 関 係 者 の 皆 様 に 感 謝 申 し 上 げます 未 来 に 責 任 を 有 する 政 治 家 として 私 は 地 球 環 境 問 題 とりわけ 気 候 変 動 問 題 に 大 きな 関 心 を 持 っています アジアは 世 界 の 成 長 の 中 心 であり アジアでこの 問 題 への 対 応 を 怠 った 場 合 には 世 界 全 体 の 未 来 に 大 きな 悪 影 響 が 出 てくるおそれがあります 1 月 の 東 アジアサミットでは アロヨ 大 統 領 の 卓 越 した 指 導 力 により この 問 題 の 一 翼 を 担 うエネルギー 安 全 保 障 について 合 意 することができました 改 めて ア ロヨ 大 統 領 に 敬 意 を 表 します その 後 4 月 の 中 国 温 家 宝 首 相 米 国 ブッシュ 大 統 領 との 会 談 においても 気 候 変 動 問 題 の 解 決 に 向 けた 協 力 を 強 化 することで 一 致 しました こうした 経 緯 を 踏 まえ 本 日 この 問 題 に 対 する 私 の 考 え 方 と 提 案 を 皆 様 方 に 申 し 述 べたいと 思 います そして アジアの 皆 様 と 共 有 した 決 意 を 私 は 世 界 全 体 1

2 に 訴 えてまいります 問 題 提 起 地 球 と 人 類 の 歴 史 を 顧 みれば 世 界 中 に 眠 る 石 炭 や 石 油 などの 化 石 資 源 は 地 球 上 の 生 物 が 何 千 万 年 何 億 年 という 長 い 年 月 をかけて 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 を 少 しずつ 固 定 化 しながら 蓄 積 してきたものです しかし 我 々 人 類 は 産 業 革 命 に 突 入 してからわずか200 年 あまりで その 貴 重 な 遺 産 を 急 速 に 燃 やし 尽 くし 大 気 中 に 膨 大 な 量 の 二 酸 化 炭 素 を 放 出 しつつあるのです 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル(IPCC)の 報 告 では 地 球 温 暖 化 は 疑 う 余 地 がないとされています 地 球 温 暖 化 が 進 行 すると 大 洪 水 や 干 ばつなどの 異 常 気 象 の 頻 度 が 高 まり また 感 染 症 による 健 康 被 害 が 増 加 することが 懸 念 されています さらに 水 資 源 の 枯 渇 により 食 糧 生 産 が 危 機 的 状 況 に 陥 るおそれがあります 今 こそ 我 々は 行 動 しなければなりません そうでなければ 将 来 の 子 孫 に 対 し どんな 顔 を 向 けられるでしょうか 一 方 で 我 々は この 問 題 に 精 力 的 に 取 組 んできました 京 都 議 定 書 は 人 類 が 温 室 効 果 ガス 削 減 という 具 体 的 な 温 暖 化 対 策 に 踏 み 出 した 第 一 歩 でありました た だ そこには 限 界 があることも 認 めざるを 得 ません このため 京 都 議 定 書 を 超 え て 世 界 全 体 が 参 加 する 排 出 削 減 のための 新 たな 枠 組 みを 作 ることが 必 要 です 現 在 この 試 みに 対 しては 大 きく3つの 懸 念 が 示 されています しかし 私 は これらの 懸 念 は 克 服 可 能 だと 考 えています 2

3 第 1の 懸 念 は 温 室 効 果 ガスの 排 出 削 減 に 取 り 組 むと 経 済 成 長 が 阻 害 されるの ではないか ということです 私 は 技 術 の 開 発 や 社 会 生 活 の 改 革 に 人 類 の 叡 智 を 結 集 することにより 排 出 削 減 を 進 めながら 経 済 成 長 を 維 持 することが 可 能 であ ると 考 えます 特 に 優 れた 技 術 を 有 する 我 が 国 は その 両 立 に 大 いに 貢 献 するこ とができます 第 2の 懸 念 は 自 国 が 取 組 んでも 他 国 が 取 組 まなければ 地 球 規 模 での 問 題 解 決 にならないのではないか ということです 確 かにその 通 りです 温 暖 化 対 策 は 世 界 全 体 で 取 り 組 むべき 問 題 です 世 界 全 体 が 同 じ 地 球 に 暮 らし 大 気 を 共 有 して いるのです だからこそ 先 進 国 と 途 上 国 がともに 取 り 組 む 仕 組 みを 新 たに 導 入 する ことが 不 可 欠 です 第 3の 懸 念 は 途 上 国 に 対 策 を 求 めるのは 不 公 平 ではないか という 議 論 です 実 際 途 上 国 の 中 にも 大 量 に 温 室 効 果 ガスを 排 出 する 国 があり それらの 国 々の 参 加 が 不 可 欠 です 各 国 の 責 任 と 能 力 に 応 じて 取 り 組 むことのできる 仕 組 みとするこ とで バランスのとれた 枠 組 みを 構 築 することは 可 能 と 考 えます また 先 進 国 か ら 途 上 国 への 技 術 移 転 の 促 進 により 対 応 する 能 力 のギャップを 埋 めていくことも 必 要 です 我 が 国 は 深 刻 な 公 害 や2 度 にわたる 石 油 危 機 に 直 面 し 短 期 的 には 環 境 規 制 や 省 エネ 対 策 という 負 担 を 余 儀 なくされました しかし 今 ではこれらも 賢 い 長 期 的 投 資 だったと 評 価 されています なぜならば こうした 環 境 エネルギーの 厳 しい 制 約 に 対 し 官 民 が 一 体 となって 取 り 組 んだ 結 果 過 去 30 年 でエネルギー 効 率 が 3

4 37% 改 善 し また GDPが2 倍 となる 中 で 石 油 消 費 量 は8% 減 少 したのです さらに 燃 費 に 優 れた 自 動 車 や 省 エネ 型 の 電 気 機 器 を 開 発 することにより 高 い 国 際 競 争 力 を 実 現 しました その 鍵 は 優 れた 技 術 と 環 境 と 調 和 した 社 会 の 仕 組 み や 伝 統 そして 私 達 の 意 志 であったと 考 えます 提 案 の 全 体 像 本 日 私 は 皆 様 を2050 年 の 美 しい 星 地 球 にご 招 待 申 し 上 げたいと 思 います これからお 話 しすることは 私 が 提 唱 している 21 世 紀 環 境 立 国 戦 略 の 中 核 にもしていきます まず この 問 題 に 対 応 するために 次 の3つの 柱 からなる 戦 略 を 美 しい 星 50 という 名 のパッケージとして 提 案 したいと 思 います 第 1の 柱 は 世 界 全 体 の 温 室 効 果 ガスの 排 出 量 を 削 減 するための 長 期 戦 略 の 提 唱 であります 第 2の 柱 は 2013 年 以 降 の 温 暖 化 対 策 の 国 際 的 な 枠 組 みの 構 築 に 向 けた 3 原 則 の 提 唱 であります 第 3の 柱 は 我 が 国 として 京 都 議 定 書 の 目 標 達 成 を 確 実 にするため 国 民 運 動 を 展 開 するという 取 組 みであります 提 案 1: 長 期 戦 略 まず 第 1の 柱 である 長 期 戦 略 を 紹 介 します 4

5 戦 略 を 語 る 上 で 重 要 なことは 目 指 すべき 目 標 の 設 定 です 大 気 中 の 温 室 効 果 ガスの 濃 度 を 安 定 化 させるという 気 候 変 動 枠 組 条 約 の 目 標 の 達 成 のためには 世 界 全 体 の 排 出 量 を 自 然 界 の 吸 収 量 と 同 等 のレベルに 抑 え 込 む 必 要 があります このため 世 界 全 体 の 排 出 量 を 現 状 に 比 して2050 年 までに 半 減 する という 長 期 目 標 を 全 世 界 に 共 通 する 目 標 とすることを 提 案 します 現 状 の 世 界 の 排 出 量 は 自 然 界 の 吸 収 量 の2 倍 を 超 えており 大 気 中 の 濃 度 は 高 まる 一 方 であることを 考 えれば まず この 目 標 を 国 際 的 に 共 有 すべきです では この 目 標 をどのような 手 段 で 実 現 していけばよいのでしょうか 残 念 ながら 現 在 の 技 術 の 延 長 線 上 では この 2050 年 半 減 という 目 標 は 達 成 困 難 です したがって その 実 現 に 向 けて 革 新 的 技 術 の 開 発 とそれを 中 核 とする 低 炭 素 社 会 づくり という 長 期 のビジョンを 示 したいと 思 います まず 革 新 的 技 術 の 開 発 については 経 済 成 長 と 温 室 効 果 ガスの 排 出 削 減 の 双 方 を 同 時 に 達 成 できる 技 術 を 国 際 協 力 により 開 発 していきたいと 考 えています 世 界 の3 割 を 占 める 石 炭 火 力 発 電 からの 二 酸 化 炭 素 の 排 出 量 をゼロにしようとい う 国 際 プロジェクトが 始 まっています 我 が 国 も こうした 取 組 みに 世 界 最 先 端 の 技 術 で 貢 献 いたします また 原 子 力 の 信 頼 性 と 安 全 性 を 高 めるとともに 高 温 ガス 炉 小 型 炉 など 先 進 的 な 原 子 力 発 電 技 術 を 開 発 し 安 全 で 平 和 的 な 利 用 を 拡 大 していきます さらに 太 陽 光 発 電 や 燃 料 電 池 の 低 コスト 化 や 高 効 率 化 を 進 め できるだけ 早 く 次 世 代 自 動 車 を 普 及 させます 5

6 産 業 部 門 では 例 えば 鉄 鉱 石 から 鉄 を 生 産 するときに コークスを 減 らし 水 素 を 用 いる 技 術 が 研 究 されています こういう 産 業 面 での 技 術 革 新 についても 飛 躍 的 に 進 めていきます 低 炭 素 社 会 づくり については 生 活 の 豊 かさの 実 感 と 二 酸 化 炭 素 の 排 出 削 減 が 同 時 に 達 成 できる 社 会 の 実 現 を 目 指 します 具 体 的 には 森 林 などの 自 然 と 共 生 した 生 活 公 共 交 通 等 の 効 率 的 な 移 動 システム コンパクトなまちづくりなど 生 活 様 式 や 社 会 システムの 変 革 にまで 踏 み 込 んだ 改 革 を 打 ち 出 していきます 我 が 国 としては 2050 年 半 減 の 長 期 目 標 とその 実 現 手 段 について 国 際 的 な 合 意 が 得 られるよう 各 国 に 精 力 的 に 働 きかけていきます また わが 国 の 優 れた 技 術 力 と 伝 統 的 な 社 会 の 仕 組 みなどを 活 用 して 大 いに 貢 献 していきます 特 に 日 本 には 昔 から もったいない の 心 があり 徹 底 したリサイクルが 行 わ れています また 緑 も 豊 かな 江 戸 時 代 のまちづくりに 代 表 される 良 き 伝 統 があり ます さらに 日 本 のGDP 当 たりの 二 酸 化 炭 素 排 出 量 は 世 界 の 主 要 国 の 中 で 最 も 少 なく また 公 共 交 通 機 関 を 使 う 割 合 は47%と 先 進 国 の 中 で 抜 きんでています こうしたわが 国 の 伝 統 と 優 れた 技 術 を 活 かし 環 境 と 調 和 した 美 しい 社 会 づくりを 日 本 モデル として 世 界 に 向 けて 発 信 していきます 提 案 2: 中 期 戦 略 地 球 はひとつであり 空 気 に 国 境 はありません いくら 立 派 な 戦 略 を 立 てても 地 球 上 のすべての 人 々が 参 画 するものでなければ 意 味 がありません 6

7 そこで2つ 目 の 柱 として 地 球 上 のすべての 人 々の 参 加 を 目 指 す2013 年 以 降 の 温 暖 化 対 策 の 具 体 的 枠 組 みを 設 計 するための 3 原 則 を 世 界 に 向 けて 提 案 い たします 第 1の 原 則 は 主 要 排 出 国 が 全 て 参 加 し 京 都 議 定 書 を 超 え 世 界 全 体 での 排 出 削 減 につながること であります 2050 年 半 減 という 世 界 の 目 標 の 実 現 に 向 けて 2013 年 以 降 の 温 暖 化 対 策 の 枠 組 みを 現 行 の 京 都 議 定 書 よりも 大 きく 前 進 するものにしなければなりま せん そのため 温 暖 化 対 策 に 地 球 全 体 で 取 り 組 むよう 世 界 で 一 番 多 く 二 酸 化 炭 素 を 排 出 している 米 国 二 番 目 の 中 国 五 番 目 のインドなど 主 要 な 排 出 国 が 全 て 参 加 する 枠 組 みを 構 築 しなければなりません 第 2の 原 則 は 各 国 の 事 情 に 配 慮 した 柔 軟 かつ 多 様 性 のある 枠 組 みとすること であります 全 ての 国 には 共 通 だが 差 異 ある 責 任 と 各 国 の 能 力 の 原 則 の 下 排 出 削 減 に 取 り 組 む 義 務 があります 先 進 国 と 途 上 国 の 取 組 みが 同 じである 必 要 はなく また 途 上 国 というグループの 中 でも 新 興 国 とその 他 の 国 との 間 では 能 力 も 事 情 も 異 な ります したがって 各 国 が 最 大 限 の 取 組 を 行 うことを 可 能 とするよう 柔 軟 かつ 多 様 性 のある 枠 組 みとすべきです 7

8 第 3の 原 則 は 省 エネなどの 技 術 を 活 かし 環 境 保 全 と 経 済 発 展 とを 両 立 するこ と であります 世 界 全 体 で 取 り 組 むためには 各 国 の 経 済 発 展 と 両 立 できることが 必 要 です 経 済 発 展 を 犠 牲 にすることを 求 める 枠 組 みでは 多 くの 国 の 参 加 は 望 めません 両 立 の 鍵 は 技 術 開 発 とその 普 及 にあります ハイブリッド 自 動 車 や 太 陽 電 池 の ような 先 進 技 術 の 進 歩 と その 活 用 を 促 進 するような 枠 組 みを 作 ることで 全 世 界 の 参 加 が 可 能 となります ( 資 金 メカニズム) これらの 原 則 を 実 現 していくため これ 以 上 の 地 球 の 温 暖 化 には ノー と 言 い 温 室 効 果 ガスの 排 出 の 抑 制 と 経 済 成 長 を 両 立 させようとする 志 の 高 い 途 上 国 を 我 が 国 は 広 く 支 援 することを 表 明 します 温 室 効 果 ガスの 排 出 削 減 や 森 林 保 全 海 面 上 昇 や 干 ばつなどの 温 暖 化 の 影 響 を 受 けやすい 地 域 の 対 策 クリーンなエネルギー の 利 用 促 進 など 我 が 国 の 技 術 と 経 験 を 生 かした 支 援 を 途 上 国 の 事 情 にきめ 細 か く 配 慮 しながら 行 っていきます ただし こうした 支 援 は 我 が 国 の 提 案 に 応 えて 自 国 の 政 策 を 積 極 的 に 変 えて いく 途 上 国 に 対 して 行 います したがって これは 日 本 から 政 策 と 協 力 を 提 案 発 信 する 新 しい 形 の 支 援 と 言 えましょう 我 が 国 は 他 国 の 排 出 の 結 果 国 土 の 水 没 砂 漠 化 等 の 危 機 に 晒 されている 途 上 国 特 に 最 貧 国 に 配 慮 していきたいと 思 います 8

9 そして こういった 支 援 のための 新 しい 資 金 メカニズム を 構 築 していきます 我 が 国 としては 単 に 従 来 行 っている 途 上 国 支 援 の 資 金 を 振 り 向 けるのではなく ある 程 度 の 長 期 で 相 当 規 模 の 新 たな 資 金 メカニズムの 構 築 を 検 討 し 他 の 先 進 国 や 世 銀 国 連 などの 国 際 機 関 にも 同 調 を 呼 びかけ 国 際 的 に 協 調 して 行 う 考 えです (エネルギーの 取 組 ) また 気 候 変 動 問 題 と 密 接 不 可 分 なエネルギー 対 策 面 からのアプローチとして 省 エネ 目 標 などの 策 定 に 関 する セブ 宣 言 を 発 展 させ エネルギー 効 率 の 向 上 に 関 するこの 取 組 みを 世 界 に 拡 大 します さらに 原 子 力 の 安 全 で 平 和 的 な 利 用 拡 大 のための 国 際 的 な 取 組 みや 途 上 国 への 原 子 力 導 入 のための 基 盤 整 備 を 始 めとする 支 援 を 積 極 的 に 推 進 します (その 他 の 手 法 の 検 討 ) これらのほか 中 期 戦 略 を 実 現 するため 例 えば 途 上 国 の 公 害 対 策 と 温 暖 化 対 策 との 一 体 的 取 組 みのための 協 力 方 策 や 排 出 量 取 引 経 済 的 インセンティブなど 様 々な 手 法 の 議 論 が 行 われています これらの 手 法 について 我 が 国 や 諸 外 国 の 経 験 を 踏 まえ 施 策 の 効 果 や 経 済 への 影 響 など 幅 広 い 観 点 から 検 討 していきます 提 案 3: 京 都 議 定 書 の 目 標 達 成 に 向 けた 国 民 運 動 の 展 開 提 案 の 第 3の 柱 は 我 が 国 の 京 都 議 定 書 の 目 標 達 成 に 向 けた 国 民 運 動 の 展 開 です 9

10 日 本 が 約 束 した6% 削 減 目 標 を 確 実 に 達 成 するため 総 力 を 挙 げて 国 民 全 体 で 取 り 組 む 決 意 です 特 に 排 出 量 の 伸 びが 著 しいオフィスや 家 庭 を 中 心 に 新 たな 対 策 を 追 加 し 本 年 度 中 に 京 都 議 定 書 目 標 達 成 計 画 を 見 直 します 政 府 は すべての 公 用 車 を 低 公 害 車 にするなど 温 室 効 果 ガスの 削 減 に 率 先 して 取 組 み 既 に 大 きな 効 果 を 挙 げています 自 治 体 や 主 要 な 業 務 部 門 に 計 画 の 公 表 を 要 請 し 行 動 の 加 速 化 を 促 したいと 思 います また 国 民 運 動 を 展 開 し 制 度 的 な 対 応 を 含 めて 取 組 みを 強 化 していきます 1 人 1 日 1kg の 温 室 効 果 ガスの 削 減 をモットーとして ライフスタイルの 見 直 しや 家 庭 と 職 場 での 努 力 や 工 夫 を 呼 びかけます 具 体 的 には クールビズの 定 着 ゴミの 減 量 白 熱 球 の 蛍 光 ランプへの 交 換 省 エネルギーのアドバイス 事 業 などを 推 進 します さらに 国 民 運 動 の 展 開 については 新 しい 提 案 を 公 募 し 効 果 が 確 認 されれば 積 極 的 に 採 用 していきたいと 考 えています 結 び 以 上 のとおり 私 は 日 本 国 民 とともに 温 暖 化 対 策 に 最 大 限 の 取 組 みを 行 ってい く 決 意 であります そして 先 進 国 途 上 国 を 問 わず 各 国 が 私 の 招 待 に 応 え 年 の 美 しい 星 に 向 かって 共 に 歩 んでいくことを 望 みます 私 は この 提 案 に 沿 って 努 力 を 継 続 し 来 年 の 北 海 道 洞 爺 湖 サミットで 成 果 を 上 げられるよう 取 り 組 んでまいりますので 皆 様 のご 理 解 とご 協 力 をお 願 い 申 し 上 げ 10

11 ます 美 しい 国 という 私 の 考 えは 地 球 環 境 との 調 和 を 図 りつつ 人 類 が 発 展 を 続 ける ため 文 明 のあり 方 を 転 換 すべきではないかという 問 題 提 起 でもあります 我 が 国 は 良 き 伝 統 と 世 界 最 先 端 の 技 術 を 存 分 に 発 揮 し 渾 身 の 努 力 を 重 ねることで 全 人 類 の 文 明 に 対 し 必 ず 大 きな 貢 献 ができると 信 じています 美 しい 星 の 実 現 に 向 け 皆 さん 手 を 携 え 共 に 取 り 組 もうではありませんか ご 清 聴 ありがとうございました 11

12 美 しい 星 へのいざない Invitation to Cool Earth 50 問 題 提 起 京 都 議 定 書 を 超 えて 世 界 全 体 が 参 加 する 排 出 削 減 のための 新 たな 枠 組 み 作 りが 必 要 新 たな 枠 組 み 作 りという 試 みに 対 して 次 の3つの 懸 念 が 表 明 さているが いずれの 懸 念 も 克 服 可 能 ( 第 1に) 排 出 削 減 に 取 り 組 むと 経 済 成 長 が 阻 害 されるのではないか? ( 第 2に) 自 国 が 取 組 んでも 他 国 が 取 組 まなければ 問 題 解 決 にならないのではないか? ( 第 3に) 途 上 国 に 対 策 を 求 めるのは 不 公 平 ではないか? 我 が 国 は 深 刻 な 公 害 や 石 油 危 機 を 乗 り 越 え GDPを 2 倍 とする 中 で 石 油 消 費 を 8% 減 少 問 題 解 決 の 鍵 は 優 れた 技 術 環 境 と 調 和 した 社 会 の 仕 組 みや 伝 統 私 達 の 意 志 提 案 の 全 体 像 本 日 皆 様 を 2050 年 の 美 しい 星 地 球 に 招 待 したい このため 次 の3つの 柱 からなる 美 しい 星 50(Cool Earth 50) というパッケージを 提 案 提 案 1: 世 界 全 体 の 排 出 量 削 減 のための 長 期 戦 略 の 提 唱 世 界 全 体 の 排 出 量 を 現 状 から 2050 年 までに 半 減 という 長 期 目 標 を 世 界 共 通 目 標 として 提 案 その 達 成 のため 革 新 的 技 術 の 開 発 と 低 炭 素 社 会 づくり という 長 期 ビジョンを 提 示 提 案 2:2013 年 以 降 の 国 際 枠 組 み 構 築 に 向 けた 3 原 則 の 提 唱 2013 年 以 降 の 温 暖 化 対 策 の 具 体 的 枠 組 みを 設 計 するための 3 原 則 を 世 界 に 提 案 ( 第 1) 主 要 排 出 国 が 全 て 参 加 し 京 都 議 定 書 を 超 え 世 界 全 体 での 排 出 削 減 につながること ( 第 2) 各 国 の 事 情 に 配 慮 した 柔 軟 かつ 多 様 性 のある 枠 組 みとすること ( 第 3) 省 エネなどの 技 術 を 活 かし 環 境 保 全 と 経 済 発 展 とを 両 立 すること 我 が 国 として 志 の 高 い 途 上 国 の 支 援 のために 新 たな 資 金 メカニズム を 国 際 協 調 で 構 築 エネルギー 効 率 の 向 上 の 取 組 を 世 界 に 拡 大 原 子 力 利 用 拡 大 の 国 際 取 り 組 みや 基 盤 整 備 の 支 援 公 害 対 策 と 温 暖 化 対 策 の 一 体 的 取 組 排 出 量 取 引 経 済 的 インセンティブなどの 手 法 を 検 討 提 案 3: 京 都 議 定 書 の 目 標 達 成 に 向 けた 国 民 運 動 の 展 開 京 都 議 定 書 の6% 削 減 目 標 達 成 に 向 けて 京 都 議 定 書 目 標 達 成 計 画 を 見 直 す 政 府 の 率 先 的 取 組 みを 進 め 自 治 体 や 主 要 な 業 務 部 門 の 行 動 の 加 速 化 を 促 す 国 民 運 動 を 展 開 し 1 人 1 日 1kg 削 減 のモットーの 下 で 様 々な 努 力 や 工 夫 を 呼 びかけ また 国 民 運 動 の 展 開 について 新 しい 提 案 を 公 募 し 採 用 する 結 び 美 しい 国 という 私 の 考 えは 地 球 環 境 との 調 和 を 図 りつつ 人 類 が 発 展 を 続 けるため 文 明 のあ り 方 を 転 換 すべきではないかとの 問 題 提 起 でもある 美 しい 星 の 実 現 に 向 け 手 を 携 えて 共 に 取 り 組 もうではありませんか

13

14

15 CO2 CO2

16 18 350MWe-IMR

Microsoft Word - 温対編_1章_130531

Microsoft Word - 温対編_1章_130531 第 1 地 球 温 暖 化 問 題 と 我 が 国 の 現 状 地 球 温 暖 化 は 人 間 活 動 によって 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 など 温 室 効 果 ガスの 濃 度 が 増 加 し これに 伴 って 太 陽 からの 日 射 や 地 表 面 から 放 射 する 熱 の 一 部 がバランスを 超 えて 温 室 効 果 ガ スに 吸 収 されることにより 地 表 面 の 温 度 が

More information

資料1-3 特別部会にこれまで提出された主な参考資料の一覧

資料1-3 特別部会にこれまで提出された主な参考資料の一覧 2 美 しい 星 へのいざない Invitation Cool Earth to (その14) 50 EUの 動 向 欧 州 理 事 会 ( 首 脳 会 合 )での 合 意 気 温 上 昇 幅 を 工 業 化 前 から2 以 内 に 抑 制 (05 年 3 月 ) EUとして 2020 年 までに1990 年 比 で 排 出 量 を 少 なくとも20%( 国 際 合 意 次 第 で 30%) 削 減

More information

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で みずほインサイト 政 策 2015 年 12 月 18 日 COP21 がパリ 協 定 を 採 択 地 球 温 暖 化 抑 止 に 向 けた 今 後 の 課 題 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 堀 千 珠 03-3591-1304 chizu.hori@mizuho-ri.co.jp 2015 年 11 月 末 からフランスで 開 催 された 気 候 変 動 枠 組 条 約 第 21 回 締

More information

世 界 平 均 地 上 気 温 の 上 昇 量 の 予 測 出 典 : 平 成 19 年 度 国 土 交 通 白 書 各 温 室 効 果 ガスの 地 球 温 暖 化 への 影 響 地 球 温 暖 化 の 原 因 となっている 温 室 効 果 ガスには 二 酸 化 炭 素 以 外 にも メタン 一 酸

世 界 平 均 地 上 気 温 の 上 昇 量 の 予 測 出 典 : 平 成 19 年 度 国 土 交 通 白 書 各 温 室 効 果 ガスの 地 球 温 暖 化 への 影 響 地 球 温 暖 化 の 原 因 となっている 温 室 効 果 ガスには 二 酸 化 炭 素 以 外 にも メタン 一 酸 Ⅱ. 運 輸 部 門 における 主 要 な 環 境 問 題 の 現 状 1 地 球 環 境 問 題 の 現 状 わたしたちの 住 む 地 球 は 地 球 温 暖 化 やオゾン 層 の 破 壊 等 深 刻 な 環 境 問 題 に 直 面 しています 次 世 代 の 人 々に 安 心 した 生 活 を 営 める 惑 星 を 受 け つぐため わたしたちの 世 代 が 早 急 な 対 策 を 講 じ ることが

More information

b 稼 働 後 40 年 を 経 過 した 原 発 は 順 次 廃 炉 とし 延 長 を 認 めず 新 設 も 認 めない c 重 要 な 電 源 として 今 後 もリプレイス( 建 て 替 え)や 新 設 が 必 要 d その 他 (その 他 の 場 合 は300 字 以 内 で 具 体 的 にお

b 稼 働 後 40 年 を 経 過 した 原 発 は 順 次 廃 炉 とし 延 長 を 認 めず 新 設 も 認 めない c 重 要 な 電 源 として 今 後 もリプレイス( 建 て 替 え)や 新 設 が 必 要 d その 他 (その 他 の 場 合 は300 字 以 内 で 具 体 的 にお 参 議 院 選 挙 に 向 けた 政 策 アンケート 地 球 温 暖 化 対 策 についてのアンケート 調 査 の 結 果 の 公 開 CASAは7 月 の 参 議 院 選 挙 に 向 け 各 党 に 地 球 温 暖 化 対 策 についてのアンケート 調 査 を 行 い ました アンケートは 公 明 党 おおさか 維 新 の 会 新 党 改 革 日 本 のこころを 大 切 にする 党 に 送 付 し

More information

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考 共 済 年 金 職 域 部 分 と 退 職 給 付 に 関 する 有 識 者 会 議 報 告 書 概 要 1. 民 間 の 企 業 年 金 及 び 退 職 金 に 関 する 人 事 院 調 査 結 果 結 果 民 間 :2547.7 万 円 公 務 2950.3 万 円 ( 差 額 402.6 万 円 ) 人 事 院 の 見 解 官 民 均 衡 の 観 点 から 民 間 との 較 差 を 埋 める

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

全国都市再生モデル調査調書(様式1)

全国都市再生モデル調査調書(様式1) 環 境 モデル 都 市 提 案 書 ( 様 式 1) 游 学 のまち 長 崎 推 進 協 議 会 推 進 協 議 会 などにおいて 大 学 関 係 者 などが 参 画 することとしている 5 年 以 内 に 具 体 化 する 予 定 の 取 組 については その 実 施 箇 所 を 一 覧 できる 地 図 を 添 付 すること 必 要 に 応 じて 適 宜 行 や 欄 の 追 加

More information

中国の環境汚染と日中環境協力

中国の環境汚染と日中環境協力 2013 年 5 月 1 日 全 6 頁 中 国 の 環 境 汚 染 と 日 中 環 境 協 力 常 務 理 事 金 森 俊 樹 [ 要 約 ] 本 年 初 から 北 京 を 始 めとする 中 国 各 地 で 大 気 中 の PM2.5( 直 径 2.5 マイクロメートル の 微 粒 子 中 国 では 正 式 名 称 として 細 顆 粒 物 と 呼 ぶようになっている)の 値 が 急 上 昇 し 改

More information

㈱○○○○○○ 環境活動レポート

㈱○○○○○○ 環境活動レポート 環 境 活 動 レポート ( 対 象 : 平 成 25 年 11 月 1 日 ~ 平 成 26 年 10 月 31 日 ) 株 式 会 社 ロジックス 発 行 日 平 成 27 年 3 月 31 日 修 正 平 成 27 年 8 月 29 日 株 式 会 社 ロジックスのご 紹 介 ご 挨 拶 株 式 会 社 ロジックスは 栄 興 陸 運 株 式 会 社 として 平 成 20 年 に 創 立 以 来

More information

特別部会にこれまで提出された主な参考資料の一覧

特別部会にこれまで提出された主な参考資料の一覧 3. 今 後 1 2 年 で 重 点 的 に 実 施 に 着 手 すべき 八 つの 戦 略 戦 略 1 気 候 変 動 問 題 の 克 服 に 向 けた 国 際 的 リーダーシップ 1 世 界 が 取 り 組 むべき 方 向 (その1) 排 出 量 と 吸 収 量 のバランス 温 室 効 果 ガス 濃 度 安 定 化 のためには 排 出 量 を 今 後 自 然 吸 収 量 と 同 等 まで 減 らさね

More information

Microsoft PowerPoint - 1_MOFA_rev_【再セット】160120外務省中野講演資料(COP21報告) .pptx

Microsoft PowerPoint - 1_MOFA_rev_【再セット】160120外務省中野講演資料(COP21報告) .pptx COP21の 概 要 について 2016 年 1 月 20 日 外 務 省 国 際 協 力 局 気 候 変 動 課 長 中 野 潤 也 2020 年 以 降 の 国 際 枠 組 みに 向 けた 国 際 交 渉 京 都 議 定 書 採 択 時 と 比 べ 世 界 のエネルギー 起 源 CO2 排 出 量 における 途 上 国 のシェ アが 急 速 に 拡 大 2010 年 時 点 において 京 都 議

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817996D891BA8E518E968AAF95E28DB2817A81798376838D83578346834E835E815B97708E9197BF817A323031363033313696BC8CC389AE91E58A778264826C8CA48B8681458C9F93A289EF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817996D891BA8E518E968AAF95E28DB2817A81798376838D83578346834E835E815B97708E9197BF817A323031363033313696BC8CC389AE91E58A778264826C8CA48B8681458C9F93A289EF2E70707478> 名 古 屋 大 学 エネルギーマネジメント 研 究 検 討 会 平 成 27 年 度 エネルギーに 関 する 文 理 融 合 研 究 合 同 成 果 報 告 会 第 11 回 名 大 発 - 省 エネ 推 進 と 地 球 温 暖 化 防 止 省 エネ 法 等 に 係 る 最 近 の 動 向 平 成 28 年 3 月 16 日 文 部 科 学 省 大 臣 官 房 文 教 施 設 企 画 部 参 事 官

More information

社 会 還 元 加 速 プロジェクト 情 報 通 信 技 術 を 用 いた 安 全 で 効 率 的 な 道 路 交 通 システムの 実 現 報 告 書 平 成 25 年 3 月 目 次 1.はじめに 1-1. 社 会 還 元 加 速 プロジェクト 1 1-2. 本 プロジェクトが 目 指 す 道 路 交 通 社 会 の 姿 と 目 標 2 1-3. 具 体 的 な 取 り 組 みと 実 施 計 画

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1

電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1 資 料 2 電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) と 原 子 力 発 電 について 平 成 26 年 10 月 資 源 エネルギー 庁 電 力 システム 改 革 ( 電 力 自 由 化 ) 1 電 力 システム 改 革 の 目 的 2 1. 安 定 供 給 を 確 保 する 震 災 以 降 多 様 な 電 源 の 活 用 が 不 可 避 な 中 で 送 配 電 部 門 の 中 立 化

More information

我 が 国 経 済 はデフレからの 脱 却 に 向 けたアベノミクスにより 回 復 しつつあるも のの 個 人 消 費 や 民 間 投 資 は 力 強 さを 欠 き 新 興 国 の 成 長 鈍 化 や 英 国 のEU 離 脱 の 動 き 等 により 成 長 が 減 速 する 恐 れがある このような

我 が 国 経 済 はデフレからの 脱 却 に 向 けたアベノミクスにより 回 復 しつつあるも のの 個 人 消 費 や 民 間 投 資 は 力 強 さを 欠 き 新 興 国 の 成 長 鈍 化 や 英 国 のEU 離 脱 の 動 き 等 により 成 長 が 減 速 する 恐 れがある このような 平 成 29 年 度 住 宅 土 地 関 連 税 制 改 正 住 宅 関 連 予 算 要 望 平 成 28 年 8 月 一 般 社 団 法 人 住 宅 生 産 団 体 連 合 会 我 が 国 経 済 はデフレからの 脱 却 に 向 けたアベノミクスにより 回 復 しつつあるも のの 個 人 消 費 や 民 間 投 資 は 力 強 さを 欠 き 新 興 国 の 成 長 鈍 化 や 英 国 のEU 離

More information

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに 1 現 行 の 電 気 料 金 制 度 と 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 平 成 24 年 2 月 3 日 2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報

More information

目 標 設 定 時 の 現 状 と 課 題 国 は 東 日 本 大 震 災 及 び 原 発 事 故 を 受 けて 現 行 のエネルギー 基 本 計 画 を 白 紙 から 見 直 し 平 成 24 年 夏 を 目 途 に 新 しいエネルギー 基 本 計 画 を 議 論 する 予 定 である 中 野 区

目 標 設 定 時 の 現 状 と 課 題 国 は 東 日 本 大 震 災 及 び 原 発 事 故 を 受 けて 現 行 のエネルギー 基 本 計 画 を 白 紙 から 見 直 し 平 成 24 年 夏 を 目 途 に 新 しいエネルギー 基 本 計 画 を 議 論 する 予 定 である 中 野 区 35 地 球 温 暖 化 対 策 分 野 (24 年 度 ) 地 球 温 暖 化 対 策 に 取 り 組 むまち 分 野 目 標 脱 温 暖 化 の 取 組 みが 根 付 いた エコシティなかの の 実 現 を 目 指 し 環 境 基 本 計 画 のアクションプログラムを 改 定 し 着 実 に 進 められるよう なかのエコポイントなどのしくみを 活 用 することにより 省 エネや 再 エネ 利 用

More information

11 月 3 日 の 記 事 から 温 室 効 果 ガス 排 出 今 世 紀 末 ゼロにせ よ 国 連 報 告 書 人 類 に 許 されたCO2 残 り1 兆 トン ( 産 経 新 聞 ) 温 暖 化 30 年 で 許 容 上 限 迅 速 対 応 迫 る 毎 日 新 聞 気 温 上 昇 2 度 未

11 月 3 日 の 記 事 から 温 室 効 果 ガス 排 出 今 世 紀 末 ゼロにせ よ 国 連 報 告 書 人 類 に 許 されたCO2 残 り1 兆 トン ( 産 経 新 聞 ) 温 暖 化 30 年 で 許 容 上 限 迅 速 対 応 迫 る 毎 日 新 聞 気 温 上 昇 2 度 未 IPCC 第 5 次 評 価 報 告 書 から 分 かること 気 象 庁 地 球 環 境 海 洋 部 気 候 情 報 課 調 査 官 石 原 幸 司 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 1 11 月 3 日 の 記 事 から 温 室 効 果 ガス 排 出 今 世 紀 末 ゼロにせ よ 国 連 報 告 書 人 類 に 許 されたCO2

More information

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県 平 成 27 年 (2015 年 )2 月 6 日 企 画 振 興 部 総 合 政 策 課 ( 課 長 ) 関 昇 一 郎 ( 担 当 ) 小 池 広 益 平 澤 忍 電 話 :026-235-7014( 直 通 ) 026-232-0111( 代 表 ) 内 線 3718 FAX:026-235-7471 e-mail:seisaku@pref.nagano.lg.jp 人 口 定 着 確 かな

More information

女 性 が 活 躍 する 未 来 に 向 けてスピードアップ! ~ 地 域 をけん 引 する 指 定 都 市 の 提 言 ~ 平 成 26 年 11 月 指 定 都 市 市 長 会 提 言 の 趣 旨 人 口 急 減 超 高 齢 化 への 対 応 が 国 を 挙 げての 喫 緊 の 課 題 となる 中 社 会 の 活 力 を 維 持 していくためには あらゆる 人 が 意 欲 を 持 ち 活 動

More information

橿原市特定事業主行動計画

橿原市特定事業主行動計画 橿 原 市 女 性 職 員 活 躍 推 進 アクションプラン 橿 原 市 (はじめに) 現 在 少 子 超 高 齢 化 や 地 方 分 権 の 進 展 に 伴 い 市 民 に 身 近 なサービスを 提 供 する 地 方 公 共 団 体 の 役 割 は ますます 重 要 となっています 橿 原 市 においても 限 られた 経 営 資 源 のもとで 組 織 力 のさらなる 向 上 を 図 り 持 続 可

More information

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書 平 成 24 年 度 国 の 予 算 編 成 に 対 する 東 京 都 の 提 案 要 求 ( 平 成 23 年 11 月 ) 提 案 要 求 先 内 閣 官 房 総 務 省 法 務 省 外 務 省 財 務 省 厚 生 労 働 省 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 環 境 省 防 衛 省 都 所 管 局 知 事 本 局 総 務 局 都 市 整 備 局 環 境 局 福 祉 保 健 局 建 設 局

More information

なぜ日本はODAを行うのか

なぜ日本はODAを行うのか 気 候 変 動 交 渉 の 見 通 し ~ 国 連 気 候 サミット リマ パリに 向 けて~ 2014 年 9 月 12 日 外 務 省 国 際 協 力 局 気 候 変 動 課 長 中 野 潤 也 1 2020 年 以 降 の 国 際 枠 組 みに 向 けた 国 際 交 渉 2020 年 以 降 の 新 たな 国 際 枠 組 みに, 2015 年 のCOP21で 合 意 すべく, 現 在, 国 連

More information

Microsoft Word - ★03一章0414.doc

Microsoft Word - ★03一章0414.doc 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 時 代 の 潮 流 やまちづくりの 現 状 からみた 課 題 を 整 理 し まちづくりの 目 標 と 目 指 す 県 土 の 姿 を 示 します 5 第 1 時 代 の 潮 流 と 課 題 1 人 口 減 少 超 高 齢 社 会 の 同 時 進 行 本 県 の 人 口 は これまで 一 貫 して 増 加 を

More information

Microsoft Word - 会報No8号(最終版).doc

Microsoft Word - 会報No8号(最終版).doc 温 暖 化 防 止 ながれやま 便 り 第 8 号 平 成 25 年 6 月 温 暖 化 防 止 ながれやま 代 表 春 田 育 男 流 山 市 美 田 69-57 編 集 石 垣 幸 子 平 成 25 年 度 活 動 方 針 決 まる 平 成 25 年 4 月 6 日 に 北 部 公 民 館 で 総 会 を 開 催 下 記 を 承 認 した 1,24 年 度 活 動 報 告 ( 別 記 の 通 り)

More information

Microsoft Word - FINAL_suppliers report.docx

Microsoft Word - FINAL_suppliers report.docx クリーンな 電 力 会 社 選 べる? 電 力 小 売 全 面 自 由 化 を 前 に 電 力 会 社 のクリーン 度 調 査 を 実 施 2016 年 3 月 発 行 グリーンピースレポート 2016 年 4 月 からスタートする 電 力 小 売 市 場 の 全 面 自 由 化 を 前 に 国 際 環 境 NGO グ リーンピース ジャパンは 一 般 電 気 事 業 者 に 代 わるクリーンな 電

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc 幼 児 教 育 のあり 方 と 適 正 配 置 についての 基 本 方 針 平 成 21 年 9 月 橿 原 市 橿 原 市 教 育 委 員 会 はじめに 2 1. 公 立 幼 稚 園 保 育 所 の 現 状 課 題 3 2. 幼 児 教 育 のあり 方 についての 基 本 的 な 考 え 方 3 (1) 幼 稚 園 保 育 所 の 役 割 1 幼 稚 園 の 役 割 2 保 育 所 の 役 割 (2)

More information

森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001 森 林 林 業 基 本 法 森 林 の 多 面 的 機 能 の 持 続 的 発 揮 2

森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001 森 林 林 業 基 本 法 森 林 の 多 面 的 機 能 の 持 続 的 発 揮 2 第 3 回 [ミネラルウォーターに 関 する 税 ] 検 討 会 2005.11.15 森 林 の 水 源 涵 養 機 能 森 林 と 地 下 水 の 関 係 を 中 心 に 東 京 農 業 大 学 太 田 猛 彦 1 森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001

More information

2011年12月10日

2011年12月10日 2011 年 12 月 10 日 プレスリリース COP17 参 加 NGOからの 日 本 政 府 への 緊 急 声 明 平 成 24 年 度 税 制 改 正 における 自 動 車 課 税 地 球 温 暖 化 対 策 税 に 関 して 12 月 10 日 政 府 は 2012 年 度 税 制 改 正 大 綱 を 閣 議 決 定 し 自 動 車 重 量 税 を 1,500 億 円 減 税 することを

More information

登 録 事 業 所 の 概 要 (1) 事 業 者 及 び 代 表 者 名 事 業 所 名 代 表 者 名 株 式 会 社 エイコーサービス 代 表 取 締 役 社 長 福 原 庸 介 (2) 所 在 地 本 社 鈴 鹿 出 張 所 茨 木 出 張 所 三 田 出 張 所 名 古 屋 連 絡 所 大

登 録 事 業 所 の 概 要 (1) 事 業 者 及 び 代 表 者 名 事 業 所 名 代 表 者 名 株 式 会 社 エイコーサービス 代 表 取 締 役 社 長 福 原 庸 介 (2) 所 在 地 本 社 鈴 鹿 出 張 所 茨 木 出 張 所 三 田 出 張 所 名 古 屋 連 絡 所 大 2014 環 境 活 動 レポート 期 間 2014 1 月 ~12 月 目 次 登 録 事 業 所 の 概 要 環 境 方 針 環 境 目 標 と 実 績 環 境 活 動 計 画 の 内 容 環 境 活 動 取 組 結 果 の 評 価 ビル 管 理 法 関 連 の 有 資 格 者 環 境 関 連 法 規 への 違 反 訴 訟 等 の 有 無 株 式 会 社 エイコーサービス 2015 2 月 28

More information

スライド 1

スライド 1 元 気 な 日 本 復 活 予 算 5つのポイント メリハリ/ 従 来 型 の 配 分 を 大 胆 に 組 み 替 えます 拡 充 社 会 保 障 5% 増 科 学 研 究 費 補 助 金 3 割 増 重 点 化 別 枠 で 成 長 と 雇 用 に 重 点 化 見 直 し 公 共 事 業 を 実 質 5% 削 減 税 制 措 置 法 人 減 税 ( 以 降 別 枠 関 連 予 算 は と 表 示 )

More information

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当

証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感 私 D 制 企 他 担 当 京 戻 聴 衆 最 距 離 感 般 論 係 絞 京 識 差 私 何 申 証 明 再 ビ 係 重 伝 ぜ ぜ ょ 整 理 ペ 当 1 玉 木 林 太 郎 証 皆 様 協 構 D 勤 玉 木 申 ぞ 願 証 研 究 与 私 九 八 六 夏 八 八 夏 ブ 差 時 蔵 省 証 局 補 佐 務 当 時 証 館 建 物 当 時 名 前 風 何 回 聞 損 ぜ ひ 耳 傾 昨 春 京 へ 応 少 般 形 証 レビュ 第 56 巻 第 5 号 聞 先 輩 夢 ね 同 様 多 代 係 子 孫 代 ビ 係 受 止 活 N G 懸 命 む 感

More information

国土技術政策総合研究所 研究資料

国土技術政策総合研究所 研究資料 第 1 節 目 的 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 1 目 的 本 ガイドラインは 下 水 道 事 業 における 大 幅 なコスト 縮 減 や 省 エネルギー 創 エネルギー 効 果 の 増 大 に 寄 与 するため 下 水 道 革 新 的 技 術 実 証 事 業 (B-DASH プロジェクト)の 革 新 的 技 術 の1つである 下 水 道 バイオマスからの 電 力 創 造 システムに 関

More information

Microsoft Word - wako.doc

Microsoft Word - wako.doc 和 歌 山 工 業 高 等 学 校 施 設 整 備 の 基 本 方 針 平 成 18 年 6 月 和 歌 山 県 教 育 委 員 会 目 次 はじめに 第 1 章 施 設 整 備 の 基 本 理 念 キーワード ものづくり を 中 心 とした 技 術 教 育 と 地 域 産 業 に 貢 献 できる 人 づくり 第 2 章 施 設 設 備 の 基 本 的 な 考 え 方 1 安 全 安 心 な 学 校

More information

経 済 利 益 追 求 至 上 主 義 が 今 日 国 際 社 会 で 批 判 を 受 けています これと 表 裏 一 体 の 関 係 を なしているのが 国 内 における 生 産 企 業 重 視 の 政 治 行 政 経 済 体 制 です 本 来 政 治 経 済 も 機 構 制 度 も 生 活 者

経 済 利 益 追 求 至 上 主 義 が 今 日 国 際 社 会 で 批 判 を 受 けています これと 表 裏 一 体 の 関 係 を なしているのが 国 内 における 生 産 企 業 重 視 の 政 治 行 政 経 済 体 制 です 本 来 政 治 経 済 も 機 構 制 度 も 生 活 者 公 明 党 綱 領 一 生 命 生 活 生 存 の 人 間 主 義 公 明 党 は 生 命 生 活 生 存 を 最 大 に 尊 重 する 人 間 主 義 を 貫 き 人 間 人 類 の 幸 福 追 求 を 目 的 とする 開 かれた 国 民 政 党 です 人 類 史 的 転 換 期 と 呼 ばれる 二 十 世 紀 から 二 十 一 世 紀 への 時 代 の 大 転 機 に 立 って 今 日 の 状

More information

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 九 度 山 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 九 度 山 町 目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 将 来

More information

平成28年度以降の行政評価局調査テーマ候補についての意見募集結果

平成28年度以降の行政評価局調査テーマ候補についての意見募集結果 平 成 28 年 度 以 降 の 行 政 評 価 局 調 査 テーマ 候 補 についての 意 見 募 集 の 結 果 平 成 28 年 3 月 29 日 総 務 省 行 政 評 価 局 平 成 28 年 度 以 降 の 行 政 評 価 局 調 査 テーマ 候 補 について 平 成 28 年 2 月 2 日 ( 火 )から 同 年 3 月 2 日 ( 水 )までの 間 国 民 の 皆 様 から 広 く

More information

KOEI QUARTERLY 2006 Vol.33 目 次 社 長 インタビュー 統 合 と 集 中 を 通 じて 質 の 高 い 事 業 運 営 を 目 指 す 1 2007 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 のお 知 らせ( 連 結 ) 5 こうえいアプローチ 目 に 見 えない 技

KOEI QUARTERLY 2006 Vol.33 目 次 社 長 インタビュー 統 合 と 集 中 を 通 じて 質 の 高 い 事 業 運 営 を 目 指 す 1 2007 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 のお 知 らせ( 連 結 ) 5 こうえいアプローチ 目 に 見 えない 技 株 主 の 皆 様 へ 季 刊 誌 こうえい 秋 証 券 コード 1954 誠 意 をもってことにあたり 技 術 を 軸 に 社 会 に 貢 献 する KOEI QUARTERLY 2006 Vol.33 KOEI QUARTERLY 2006 Vol.33 目 次 社 長 インタビュー 統 合 と 集 中 を 通 じて 質 の 高 い 事 業 運 営 を 目 指 す 1 2007 年 3 月 期

More information

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464>

<5461726F2D8AAF95F1938A8D9E82DD5F914494958E598BC65F8E968BC695AA96EC95CA8E77906A2E6A7464> 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 国 土 交 通 省 告 示 第 八 百 六 十 五 号 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 ) 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き に 係 る 経 営 力 向 上 に 関 す る 指 針 を 次 の と お り 定 め た の で 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 公 表 す る 船 舶 産 業 分 野 国 土 交

More information

Microsoft Word - 答申本文.doc

Microsoft Word - 答申本文.doc 第 3 章 窒 素 酸 化 物 対 策 の 環 境 改 善 効 果 予 測 1 対 策 効 果 予 測 について 第 2 章 で 検 討 した 更 なる 対 策 について 対 策 の 実 施 による 将 来 の NOx 排 出 量 や 環 境 濃 度 の 低 減 効 果 等 を 把 握 することは 対 策 を 進 めていく 上 で 重 要 な 根 拠 となる そのため 第 1 章 -3で 設 定 した

More information

新 設 拡 充 又 は 延 長 を 必 要 と す る 理 由 (1) 政 策 目 的 1 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 等 を 踏 まえ 以 下 の 見 直 しを 行 う 自 動 車 税 軽 自 動 車 税 消 費 税 10% 時 点 までにグリーン 化 特 例 の 現 行

新 設 拡 充 又 は 延 長 を 必 要 と す る 理 由 (1) 政 策 目 的 1 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 等 を 踏 まえ 以 下 の 見 直 しを 行 う 自 動 車 税 軽 自 動 車 税 消 費 税 10% 時 点 までにグリーン 化 特 例 の 現 行 平 成 28 年 度 税 制 改 正 ( 租 税 特 別 措 置 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 ) 制 度 名 車 体 課 税 の 抜 本 的 見 直 し ( 経 済 産 業 省 製 造 産 業 局 自 動 車 課 ) 税 目 自 動 車 重 量 税 ( 自 動 車 重 量 税 法 全 文 自 動 車 重 量 税 法 施 行 令 全 文 自 動 車 重 量 税 法 施 行 規 則

More information

資 料 1 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 ( 抜 粋 ) 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 四 消 費 課 税 2 車 体 課 税 の 見 直 し ( 地 方 税 ) (1) 自 動 車 の 廃 止 自 動 車 は 平 成 29 年 3 月 31 日 をもって

資 料 1 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 ( 抜 粋 ) 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 四 消 費 課 税 2 車 体 課 税 の 見 直 し ( 地 方 税 ) (1) 自 動 車 の 廃 止 自 動 車 は 平 成 29 年 3 月 31 日 をもって 平 成 28 年 度 税 制 改 正 結 果 概 要 ( 車 体 課 税 関 係 ) 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 ( 抜 粋 ) 資 料 1 ( 参 考 ) 平 成 28 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 ( 抜 粋 ) < 基 本 的 な 考 え 方 > 資 料 2 ( 参 考 ) 平 成 27 年 度 与 党 税 制 改 正 大 綱 ( 抜 粋 ) < 基 本 的 な

More information

アフリカの持続可能な成長に貢献するために

アフリカの持続可能な成長に貢献するために アフリカの 持 続 可 能 な 成 長 に 貢 献 するために ~TICAD Ⅵに 向 けた 経 済 界 のアフリカ 戦 略 ~ 2016 年 1 月 19 日 1.はじめに いまや 最 後 のフロンティアともいえるアフリカ 市 場 は 大 きな 成 長 を 遂 げつ つある 人 口 は 2010 年 には 10 億 人 を 突 破 し 2050 年 には 20 億 人 を 超 え 中 国 インドを

More information

本文.indd

本文.indd 環 境 基 本 計 画 では 区 地 域 特 性 や 環 境 課 題 等 を 踏 まえ 計 画 目 標 を 達 成 するうえで 的 かつ 計 画 的 な 展 開 を 図 っていく 必 要 ある 主 要 なテーマを として 推 進 して います ここでは つ 状 況 について 報 告 します 地 勢 視 1 区 民 や 事 業 者 と 協 働 に より 推 進 すべきも 設 定 つ 視 視 2 先 導

More information

次 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 による 新 たな 成 戦 略 への 提 案 第 1 部 総 論 1. 背 景 課 題 2 2.プロジェクトの 基 本 向 3 3. 実 施 主 体 法 4 4. 規 制 制 度 改 要 望 4 5. 期 待 成 果 5 6.KPI 想 定 項

次 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 による 新 たな 成 戦 略 への 提 案 第 1 部 総 論 1. 背 景 課 題 2 2.プロジェクトの 基 本 向 3 3. 実 施 主 体 法 4 4. 規 制 制 度 改 要 望 4 5. 期 待 成 果 5 6.KPI 想 定 項 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 による 新 たな 成 戦 略 への 提 案 地 球 環 境 への 貢 献 と 新 たな 産 業 の 創 出 に 向 けて 平 成 25 年 9 10 千 代 化 建 設 株 式 会 社 川 崎 市 次 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 による 新 たな 成 戦 略 への 提 案 第 1 部 総 論 1. 背 景 課 題 2 2.プロジェクトの

More information

大船渡市における

大船渡市における 陸 前 高 田 市 災 害 公 営 住 宅 供 給 基 本 方 針 平 成 24 年 6 月 岩 手 県 陸 前 高 田 市 目 次 第 1 章 市 内 の 状 況 の 整 理... 1 1-1 被 災 前 の 状 況... 1 (1) 市 の 概 要... 1 1-2 被 災 状 況... 3 (1) 住 宅 被 災 状 況... 3 (2) 復 興 計 画 における 住 宅 整 備 の 位 置

More information

はじめに 市 立 室 蘭 総 合 病 院 ( 以 下 市 立 病 院 という )は 平 成 9 年 6 月 に 現 在 地 へ 移 転 新 築 以 来 非 常 に 厳 しい 経 営 状 況 が 続 き 平 成 19 年 12 月 24 日 に 総 務 省 が 策 定 した 公 立 病 院 改 革 ガ

はじめに 市 立 室 蘭 総 合 病 院 ( 以 下 市 立 病 院 という )は 平 成 9 年 6 月 に 現 在 地 へ 移 転 新 築 以 来 非 常 に 厳 しい 経 営 状 況 が 続 き 平 成 19 年 12 月 24 日 に 総 務 省 が 策 定 した 公 立 病 院 改 革 ガ 市 立 室 蘭 総 合 病 院 新 経 営 改 革 プラン 点 検 評 価 報 告 書 ( 平 成 26 年 度 決 算 ) 平 成 27 年 8 月 市 立 室 蘭 総 合 病 院 経 営 改 革 評 価 委 員 会 はじめに 市 立 室 蘭 総 合 病 院 ( 以 下 市 立 病 院 という )は 平 成 9 年 6 月 に 現 在 地 へ 移 転 新 築 以 来 非 常 に 厳 しい 経 営

More information

090212 配 布 資 料 過 去 20 世 紀 にわたる 複 数 地 点 の 気 温 変 化 CO2 濃 度 の 過 去 40 万 年 と 産 業 革 命 以 降 の 変 化 過 去 約 120 年 間 の 海 水 面 の 推 移 2 関 西 大 学 楠 見

090212 配 布 資 料 過 去 20 世 紀 にわたる 複 数 地 点 の 気 温 変 化 CO2 濃 度 の 過 去 40 万 年 と 産 業 革 命 以 降 の 変 化 過 去 約 120 年 間 の 海 水 面 の 推 移 2 関 西 大 学 楠 見 090212 配 布 資 料 地 球 環 境 問 題 地 球 温 暖 化 地 球 の 周 り の 二 酸 化 炭 素 が 増 えている CO 2 CO 2 太 陽 温 温 室 室 効 効 果 果 ガ ガ ス ス 熱 CO 2 CO 2 CO 2 熱 熱 太 陽 太 陽 からの エネルギー が 宇 宙 に 戻 る 1940~1980 年 の 平 均 値 に 対 する1995 年 から2004 年 の

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

経済・物価情勢の展望(2015年4月)

経済・物価情勢の展望(2015年4月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2015 年 4 月 30 日 日 本 銀 行 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にか けて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけ ては 消 費 税 率 引 き 上

More information

震災からの再建のための「取組み態勢」のあり方と、「公論形成の場」で取組むべき重要課題

震災からの再建のための「取組み態勢」のあり方と、「公論形成の場」で取組むべき重要課題 震 災 からの 再 建 のための 取 組 み 態 勢 のあり 方 と 公 論 形 成 の 場 で 取 組 むべき 重 要 課 題 2013.7.13 舩 橋 晴 俊 ( 法 政 大 学 ) Q1: 震 災 からの 生 活 再 建 地 域 再 建 のために 取 組 み 態 勢 のあり 方 がなぜ 重 要 か Q2: 巨 視 的 に 見 た 時 に 制 御 中 枢 圏 公 共 圏 原 子 力 複 合 体

More information

経済・物価情勢の展望(2015年10月)

経済・物価情勢の展望(2015年10月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 10 月 ) 2015 年 10 月 30 日 日 本 銀 行 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にかけて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけては 消 費 税 率 引 き 上

More information

<8AC28BAB8A8893AE838C837C815B8367323031322D32>

<8AC28BAB8A8893AE838C837C815B8367323031322D32> 2012 年 度 環 境 活 動 レポート (2012 年 4 月 ~2013 年 3 月 ) 株 式 会 社 地 研 発 行 日 :2013 年 5 月 8 日 目 次 1. 組 織 の 概 要 P. 1 2. 対 象 範 囲 レポートの 対 象 期 間 及 び 発 行 日 P. 2 3. 環 境 方 針 P. 3 4. 環 境 管 理 組 織 体 制 P. 4 5. 環 境 目 標 P. 5 6.

More information

特別部会にこれまで提出された主な参考資料の一覧

特別部会にこれまで提出された主な参考資料の一覧 2 美 しい 星 へのいざない Invitation Cool Earth to (その18) 50 ライフスタイルを 見 直 し 1 人 1 日 で1kgを 目 指 して CO 2 ダイエット 京 都 議 定 書 6% 削 減 目 標 の 達 成 に 向 けて 積 み 重 ねで 1kg 1 億 2,800 万 人 365 日 > = 約 4700 万 t/ 年 家 庭 部 門 の 削 減 目 標

More information

資 料 2-2 国 連 気 候 変 動 枠 組 条 約 第 21 回 締 約 国 会 議 (COP21) 関 連 資 料 国 連 気 候 変 動 枠 組 条 約 第 21 回 締 約 国 会 議 (COP21) 京 都 議 定 書 第 11 回 締 約 国 会 合 (CMP11) 等 ( 概 要 と 評 価 )... 1 安 倍 総 理 によるCOP21 首 脳 会 合 出 席 ( 概 要 )...

More information

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識 第 4 章 これからの 幼 児 教 育 のあり 方 1. 幼 稚 園 における 教 育 の 方 向 性 (1) 幼 稚 園 における 教 育 のあり 方 1 幼 稚 園 の 役 割 幼 稚 園 は 子 どもが 家 庭 では 体 験 できない 友 達 との 集 団 生 活 を 通 して 教 員 に 支 えられながら 幼 児 期 なりの 豊 かさに 出 会 う 場 です 少 子 化 の 進 行 に 伴

More information

Microsoft PowerPoint - 151222COP21報告会_名倉様(修正) [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 151222COP21報告会_名倉様(修正) [互換モード] 平 成 27 年 12 月 22 日 地 球 温 暖 化 フォーラム COP21 合 意 を 受 けた 日 本 の 今 後 の 地 球 温 暖 化 対 策 について 環 境 省 地 球 環 境 局 地 球 温 暖 化 対 策 課 調 整 官 名 倉 良 雄 目 次 COP21までの 道 筋 と 結 果 について 日 本 の 約 束 草 案 について 約 束 草 案 達 成 に 向 けた 施 策 について

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション ( 日 英 同 時 通 訳 ) 皆 さんこんにちは 滋 賀 県 日 本 からやってまいりました 滋 賀 県 副 知 事 の 西 嶋 栄 治 です 本 日 皆 さんとこのセッションでお 会 いすることがで き 大 変 光 栄 に 存 じます 始 めます 前 に まずは 滋 賀 大 学 の 久 保 教 授 とこのセッションの 開 催 に かかわられた 全 ての 人 に 対 して 私 を 招 待 していただいたこと

More information

1. 組 織 の 概 要 2. 対 象 範 囲 社 名 代 表 者 み 株 式 会 社 三 ま つ せ い さ く し ょ 松 製 作 所 事 業 内 容 た か は し し ん い ち 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 慎 一 設 立 年 月 日 1950( 昭 和 25) 年 5 月 25 日

1. 組 織 の 概 要 2. 対 象 範 囲 社 名 代 表 者 み 株 式 会 社 三 ま つ せ い さ く し ょ 松 製 作 所 事 業 内 容 た か は し し ん い ち 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 慎 一 設 立 年 月 日 1950( 昭 和 25) 年 5 月 25 日 2014 年 度 環 境 活 動 レポート 2014 年 3 月 ~2015 年 2 月 株 式 会 社 三 松 製 作 所 認 証 登 録 番 号 0006406 作 成 日 2016 年 5 月 17 日 承 認 日 2016 年 5 月 18 日 作 成 者 環 境 管 理 責 任 者 高 橋 毅 承 認 者 代 表 取 締 役 高 橋 慎 一 1 / 6 1. 組 織 の 概 要 2. 対

More information

(Microsoft PowerPoint - 02.\214\247\223\340IR\216\221\227\2772013\202\2261.0.pptx)

(Microsoft PowerPoint - 02.\214\247\223\340IR\216\221\227\2772013\202\2261.0.pptx) 会 社 説 明 会 資 料 2013 年 3 月 1 日 地 域 とともに 地 域 のために 証 券 コード 9511 沖 縄 電 力 の 概 要 当 社 の 特 徴 広 大 な 海 域 に 点 在 する 沖 縄 本 島 および37 37の の 島 々に 電 力 を 供 給 沖 縄 県 の 発 展 とともに 今 後 も 成 長 本 土 と 送 電 線 が 繋 がっていない 単 独 系 統 のため ため

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が

十 分 な 透 明 性 を 欠 く 形 で 軍 事 力 を 広 範 かつ 急 速 に 強 化 している また 海 空 域 等 における 活 動 を 急 速 に 拡 大 活 発 化 し 力 を 背 景 とした 現 状 変 更 の 試 みを 示 している こうした 軍 事 動 向 等 については 我 が 平 成 26 年 度 以 降 に 係 る 防 衛 計 画 の 大 綱 ( 概 要 ) Ⅰ 策 定 の 趣 旨 今 後 の 我 が 国 の 防 衛 の 在 り 方 について 国 家 安 全 保 障 戦 略 (NSS) を 踏 まえ 新 たな 指 針 を 示 す Ⅱ 我 が 国 を 取 り 巻 く 安 全 保 障 環 境 グローバルな 安 全 保 障 環 境 国 家 間 の 相 互 依 存 関 係 が

More information

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光 長 期 計 画 起 草 委 員 会 配 付 資 料 一 覧 平 成 21 年 10 月 11 日 資 料 名 備 考 第 1 回 1 小 金 井 市 長 期 計 画 起 草 委 員 会 設 置 要 綱 (9 月 12 日 ) 2 素 案 の 骨 格 を 考 える 上 での 各 項 目 の 要 約 (キーワード) 三 橋 委 員 第 4 次 小 金 井 市 基 本 構 想 ( 素 案 ) 前 半 についての

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8190EC8CA7926E8B8589B7926789BB91CE8DF4908490698C7689E6816988F38DFC9770816A82512E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8190EC8CA7926E8B8589B7926789BB91CE8DF4908490698C7689E6816988F38DFC9770816A82512E646F6378> 資 料 1 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の 推 計 方 法 二 酸 化 炭 素 (CO 2 ) 部 門 等 推 計 方 法 電 力 都 道 府 県 別 エネルギー 消 費 統 計 ( 経 済 産 業 省 ) 販 売 実 績 ( 電 気 事 業 者 ヒアリング)により 推 計 産 業 部 門 都 市 ガス 都 道 府 県 別 エネルギー 消 費 統 計 ( 経 済 産 業 省 ) 販 売 実 績

More information

者 にご 連 絡 下 さい 切 替 に 要 する 期 間 は 切 替 日 が 1スマートメーターへの 取 替 工 事 が 必 要 となる 場 合 は 原 則 8 営 業 日 に 2 暦 日 を 加 えた 日 以 降 の 最 初 の 定 例 検 針 日 2 取 替 工 事 が 不 要 である 場 合

者 にご 連 絡 下 さい 切 替 に 要 する 期 間 は 切 替 日 が 1スマートメーターへの 取 替 工 事 が 必 要 となる 場 合 は 原 則 8 営 業 日 に 2 暦 日 を 加 えた 日 以 降 の 最 初 の 定 例 検 針 日 2 取 替 工 事 が 不 要 である 場 合 電 力 小 売 全 面 自 由 化 に 関 する 消 費 者 向 けのFAQについて 1. 概 要 項 目 (9 問 ) 以 下 の 内 容 は 詳 細 項 目 から 主 要 なものを 抜 粋 小 売 の 全 面 自 由 化 により 一 般 家 庭 にとって 何 が 変 わるのですか いつから 小 売 の 全 面 自 由 化 が 行 われるのですか 小 売 電 気 事 業 者 を 切 り 替 えるための

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816992F990B381459094926C8366815B835E92F990B3816A817595BD90AC3238944E82528C8E8AFA81408C888E5A925A904D816B93FA967B8AEE8F80816C816998418C8B816A817682CC88EA959492F990B382C982C282A282C42E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816992F990B381459094926C8366815B835E92F990B3816A817595BD90AC3238944E82528C8E8AFA81408C888E5A925A904D816B93FA967B8AEE8F80816C816998418C8B816A817682CC88EA959492F990B382C982C282A282C42E646F6378> 平 成 28 年 5 月 23 日 各 位 会 社 名 株 式 会 社 小 林 洋 行 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 細 金 成 光 ( コード 番 号 8742 東 証 第 一 部 ) 問 合 せ 先 取 締 役 業 務 部 長 渡 辺 宏 (TEL 0336643511) ( 訂 正 数 値 データ 訂 正 ) 平 成 28 年 3 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連

More information

最終修正 環境活動レポート

最終修正 環境活動レポート 株 式 会 社 山 澤 工 房 2014 年 度 環 境 活 動 レポート ( 対 象 期 間 :2014 年 1 月 ~2014 年 12 月 ) 作 成 日 : 2015 年 3 月 2 日 改 訂 日 :2015 年 12 月 2 日 環 境 理 念 株 式 会 社 山 澤 工 房 環 境 方 針 当 社 は 地 球 規 模 での 環 境 保 全 が 人 類 共 通 の 最 重 要 課 題 の

More information

1 背 景 (1) 人 口 減 少 問 題 本 年 4 月 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 では 我 が 国 の 総 人 口 は 少 子 高 齢 化 の 進 展 により 急 速 に 減 少 し 2048 年 ( 平 成 60 年 )には1 億 人 を 割 って9,913 万 人

1 背 景 (1) 人 口 減 少 問 題 本 年 4 月 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 では 我 が 国 の 総 人 口 は 少 子 高 齢 化 の 進 展 により 急 速 に 減 少 し 2048 年 ( 平 成 60 年 )には1 億 人 を 割 って9,913 万 人 資 料 1 平 成 26 年 10 月 21 日 1 背 景 1 2 女 性 の 活 躍 促 進 の 課 題 3 3 女 性 の 活 躍 支 援 のための 施 策 展 開 3 4 ネットワークの 構 築 4 5 北 の 輝 く 女 性 応 援 会 議 の 今 後 の 取 組 方 向 5 参 考 資 料 北 海 道 らしい 女 性 の 元 気 応 援 ネット 北 の 輝 く 女 性 応 援 会 議 の

More information

AOCホールディングス株式会社

AOCホールディングス株式会社 株 主 のみなさまへ 第 10 期 中 間 報 告 書 平 成 23 年 4 月 1 日 平 成 23 年 9 月 30 日 証 券 コード 5017 株 主 のみなさまへ To Our Shareholders 取 締 役 社 長 関 屋 文 雄 取 締 役 会 長 武 田 邦 靖 ごあいさつ 株 主 のみなさまには 平 素 より 格 別 のご 支 援 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

3 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 及 び 推 進 体 制 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 [ 基 本 理 念 ] 人 類 が 自 然 と 調 和 し 未 来 にわたり 持 続 可 能 な 発 展 を 実 現 するため NTTグルー

3 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 及 び 推 進 体 制 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 [ 基 本 理 念 ] 人 類 が 自 然 と 調 和 し 未 来 にわたり 持 続 可 能 な 発 展 を 実 現 するため NTTグルー 地 球 温 暖 化 対 策 実 施 状 況 書 1 地 球 温 暖 化 対 策 事 業 者 の 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 事 業 者 ( 届 出 者 ) の 名 称 地 球 温 暖 化 対 策 事 業 者 ( 届 出 者 ) の 住 所 西 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 名 古 屋 支 店 名 古 屋 市 中 区 大 須 四 丁 目 9 番 60 号 工 場 等 の 名 称 NTT

More information

新たな海洋基本計画に向けた提言

新たな海洋基本計画に向けた提言 新 たな 海 洋 基 本 計 画 に 向 けた 提 言 2012 年 7 月 17 日 一 般 社 団 法 人 日 本 経 済 団 体 連 合 会 1.はじめに わが 国 は 国 土 の 四 方 を 海 に 囲 まれた 海 洋 国 家 であり 国 土 面 積 は 世 界 第 61 位 の 約 38 万 km2であるのに 対 して 領 海 および 排 他 的 経 済 水 域 (EEZ:Exclusive

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A> 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 平 成 26 年 1 月 はじめに 東 京 都 住 宅 供 給 公 社 では 公 社 賃 貸 住 宅 ストック 活 用 に 重 点 を 置 いた 事 業 展 開 に 向 けて 建 替 え 等 によるストック 更 新 を 計 画 的 に 推 進 するため 平 成 15 年 5 月 に 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 を

More information

1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は 1 広 域 的 な 送 電 線 運 用 の 拡 大 2 小 売 の 全 面 自 由 化 3 法 的 分 離 による 送 配 電 部 門 の 中 立 性 の 一 層 の 確 保 の3つを 大 きな 柱 としています 3つの

1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は 1 広 域 的 な 送 電 線 運 用 の 拡 大 2 小 売 の 全 面 自 由 化 3 法 的 分 離 による 送 配 電 部 門 の 中 立 性 の 一 層 の 確 保 の3つを 大 きな 柱 としています 3つの 電 力 システム 革 について - 電 力 の 小 売 全 面 自 由 化 は 電 力 システム 革 の 一 部 と して 位 置 づけられています ここでは 自 由 化 の 背 景 としての 電 力 システム 革 について 概 要 をご 説 明 します 2015 年 11 月 経 済 産 業 省 資 源 エネルギー 庁 1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は

More information

「(仮称)根津景観形成重点地区」住民説明会

「(仮称)根津景観形成重点地区」住民説明会 参 考 資 料 第 3 号 ( 仮 称 ) 根 津 景 観 形 成 重 点 地 区 住 民 説 明 会 の 結 果 について 1 開 催 概 要 (1) 目 的 景 観 形 成 重 点 地 区 のモデル 地 区 として 選 定 した 根 津 地 区 の 一 部 において 平 成 24 年 度 から 地 区 住 民 との 協 働 による 景 観 づくりの 検 討 を 進 めるため 景 観 形 成 重

More information

Microsoft Word - RM最前線2014-14.doc

Microsoft Word - RM最前線2014-14.doc 2014 No.14 IPCC 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル 第 5 次 評 価 報 告 書 第 2 作 業 部 会 報 告 書 の 公 表 2014 年 3 月 25~29 日 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル( 以 下 IPCC:Intergovernmental Panel on Climate Change) 第 38 回 総 会 および 第 2 作 業

More information

x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置 ふ び 取 込 謝 流 ノ 注 近 無 視 規 模 関 無 数 恩 恵 与 活 枯 渇 源 再 排 廃 棄 吸 収 サ 謝 流 規 模 答 重 指 標 サ

x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置 ふ び 取 込 謝 流 ノ 注 近 無 視 規 模 関 無 数 恩 恵 与 活 枯 渇 源 再 排 廃 棄 吸 収 サ 謝 流 規 模 答 重 指 標 サ ix 序 ハ E 序 ケ ネ ボ ィ み 述! 基 公 ノ 皆 訊 a 正 確 何 b 在 c d 優 先 事 項 考 教 科 扱 ず 思 際 b c d 三 扱 ず a 満 足 答 示 欠 落 埋 貢 献 昔 者 ち 外 言 事 鑑 み 報 告 政 府 格 x 別 驚 ず 正 確 何 ひ ち 販 売 終 財 サ ビ 流 フ 得 有 用 質 ネ ギ サ ブ シ テ ム 産 費 廃 棄 吸 収 装 置

More information

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx 要 旨 本 論 文 の 目 的 は, 日 本 企 業 の 人 材 マネジメントとしての 育 児 期 従 業 員 に 対 する 両 立 支 援 施 策 とその 運 用 が, 育 児 期 の 女 性 正 社 員 の 定 着 と 動 機 づけにもつ 影 響 とそのメカニズムに ついて 理 論 的 に 考 察 し, 実 証 を 行 うことにある. 本 論 での 両 立 支 援 施 策 は, 主 に, 従 業

More information

Microsoft Word - 16_2

Microsoft Word - 16_2 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 213 年 8 月 号 ユーロ 圏 中 核 国 に 広 がる 経 済 悪 化 の 影 響 < 要 旨 > 昨 年 9 月 以 降 ユーロ 圏 の 金 融 市 場 は 落 ち 着 いているが 周 縁 国 のみならず 中 核 国 においても 実 体 経 済 の 悪 化 が 長 引 くと 銀 行 の 経 営 状 況 ひいては 金 融 システムの 安 定 性

More information

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総 村 山 の 概 要 村 山 の 概 要 1) 位 置 及 び 地 勢 村 山 は 京 都 の 北 西 部 北 緯 35 度 45 分 経 139 度 28 分 に 位 置 し 荒 川 から 多 摩 川 に かけて 広 がる 洪 積 層 武 蔵 野 台 地 のほぼ 中 央 部 京 都 心 部 から 約 30kmの 圏 内 に 位 置 してい ます 域 の 北 側 は 埼 玉 県 所 沢 側 は 清 瀬

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031332D312D31352D8A8B8AAA90AD96B192B28DB88E8B8E4095F18D908F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323031332D312D31352D8A8B8AAA90AD96B192B28DB88E8B8E4095F18D908F912E646F63> 自 民 清 風 会 会 長 : 山 崎 憲 伸 印 政 務 調 査 視 察 報 告 書 報 告 者 : 杉 浦 久 直 視 察 日 平 成 25 年 1 月 15 日 ( 火 ) 視 察 内 容 クリーンエネルギーの 取 り 組 みについて 視 察 者 小 野 政 明 野 村 康 治 蜂 須 賀 喜 久 好 田 口 正 夫 内 田 実 川 上 守 杉 浦 久 直 < 葛 巻 町 の 概 要 > 葛

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

目 次 滴 定 のHIRANUMAへようこそ P 1 1 組 織 の 概 要 P 2 2 対 象 範 囲 P 2 3 環 境 方 針 P 3 4 環 境 目 標 P 4 5 環 境 目 標 の 実 績 P 5 6 環 境 活 動 計 画 の 取 組 結 果 と その 評 価 次 年 度 の 取 組

目 次 滴 定 のHIRANUMAへようこそ P 1 1 組 織 の 概 要 P 2 2 対 象 範 囲 P 2 3 環 境 方 針 P 3 4 環 境 目 標 P 4 5 環 境 目 標 の 実 績 P 5 6 環 境 活 動 計 画 の 取 組 結 果 と その 評 価 次 年 度 の 取 組 2015 年 度 対 象 期 間 :2015 年 4 月 ~2016 年 3 月 発 行 :2016 年 5 月 7 日 目 次 滴 定 のHIRANUMAへようこそ P 1 1 組 織 の 概 要 P 2 2 対 象 範 囲 P 2 3 環 境 方 針 P 3 4 環 境 目 標 P 4 5 環 境 目 標 の 実 績 P 5 6 環 境 活 動 計 画 の 取 組 結 果 と その 評 価 次

More information

目 次 1. ガイドライン 作 成 の 考 え 方 2. ガイドラインの 内 容 3. エコ アクション ポイントの 位 置 付 け 等 4. エコ アクション ポイントの 基 本 モデル 5. 他 の 政 府 主 導 型 エコ ポイント 制 度 との 違 い 6. プログラム 参 加 者 の メリ

目 次 1. ガイドライン 作 成 の 考 え 方 2. ガイドラインの 内 容 3. エコ アクション ポイントの 位 置 付 け 等 4. エコ アクション ポイントの 基 本 モデル 5. 他 の 政 府 主 導 型 エコ ポイント 制 度 との 違 い 6. プログラム 参 加 者 の メリ エコ アクション ポイントに 関 する ガイドラインについて 1 目 次 1. ガイドライン 作 成 の 考 え 方 2. ガイドラインの 内 容 3. エコ アクション ポイントの 位 置 付 け 等 4. エコ アクション ポイントの 基 本 モデル 5. 他 の 政 府 主 導 型 エコ ポイント 制 度 との 違 い 6. プログラム 参 加 者 の メリット 7. プログラムへの 参 加

More information

定例市長記者会見資料

定例市長記者会見資料 平 成 26 年 度 第 18 回 定 例 市 長 記 者 会 見 資 料 ( 平 成 27 年 3 月 12 日 ) 札 幌 市 温 暖 化 対 策 推 進 計 画 の 完 成 について 持 続 可 能 な 低 炭 素 社 会 の 実 現 に 向 けた 温 暖 化 対 策 を 推 進 するための 計 画 である 札 幌 市 温 暖 化 対 策 推 進 計 画 が パブリックコメントを 経 て 完

More information

アクション・プラン解説文

アクション・プラン解説文 2014 年 度 東 京 電 力 グループ アクション プラン に 関 する 機 関 投 資 家 アナリスト 向 け 説 明 会 ご 説 明 内 容 開 催 日 :2014 年 4 月 4 日 出 席 者 : 代 表 執 行 役 社 長 廣 瀬 直 己 常 務 執 行 役 村 松 衛 常 務 執 行 役 住 吉 克 之 常 務 執 行 役 フュエル&パワー カンパニー プレジデント 佐 野 敏 弘

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

記 Ⅰ. 産 業 振 興 1. 中 野 区 の 制 度 融 資 における 支 援 ( 信 用 保 証 料 ならびに 利 子 の 補 助 )の 拡 充 過 去 の 要 望 では 制 度 融 資 に 対 する 各 種 要 望 に 柔 軟 な 対 応 をいただき 大 変 感 謝 して いる 昨 年 度 に

記 Ⅰ. 産 業 振 興 1. 中 野 区 の 制 度 融 資 における 支 援 ( 信 用 保 証 料 ならびに 利 子 の 補 助 )の 拡 充 過 去 の 要 望 では 制 度 融 資 に 対 する 各 種 要 望 に 柔 軟 な 対 応 をいただき 大 変 感 謝 して いる 昨 年 度 に 平 成 27 年 7 月 28 日 中 野 区 長 田 中 大 輔 殿 中 野 区 議 会 議 長 北 原 ともあき 殿 東 京 商 工 会 議 所 中 野 支 部 会 長 麻 沼 雅 海 中 野 工 業 産 業 協 会 会 長 溝 口 秀 二 中 野 区 の 産 業 活 性 化 に 関 する 要 望 東 京 商 工 会 議 所 中 野 支 部 および 中 野 工 業 産 業 協 会 は 中 野 区

More information

< 目 次 > 1 軽 四 輪 車 等 に 係 る 税 率 引 上 げ Q1 1 軽 四 輪 車 等 についてなぜ 標 準 税 率 を 引 き 上 げることにしたのですか? 3 Q1 2 自 家 用 乗 用 車 については 税 率 を 1.5 倍 に 引 き 上 げ それ 以 外 ( 貨 物 用 営

< 目 次 > 1 軽 四 輪 車 等 に 係 る 税 率 引 上 げ Q1 1 軽 四 輪 車 等 についてなぜ 標 準 税 率 を 引 き 上 げることにしたのですか? 3 Q1 2 自 家 用 乗 用 車 については 税 率 を 1.5 倍 に 引 き 上 げ それ 以 外 ( 貨 物 用 営 軽 自 動 車 税 における 税 制 改 正 ( 平 成 26 年 度 27 年 度 改 正 関 係 ) に 係 るQ&A 集 平 成 28 年 2 月 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 < 目 次 > 1 軽 四 輪 車 等 に 係 る 税 率 引 上 げ Q1 1 軽 四 輪 車 等 についてなぜ 標 準 税 率 を 引 き 上 げることにしたのですか? 3 Q1 2 自 家

More information